MELSEC-QシリーズとMELSEC iQ-Rシリーズの相違点

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "MELSEC-QシリーズとMELSEC iQ-Rシリーズの相違点"

Transcription

1 三 菱 シーケンサ テクニカルニュース No.FAD0171 1/ 年 9 月 発 行 表 題 MELSECQシリーズとMELSEC iqrシリーズの 相 違 点 適 用 機 種 MELSEC iqrシリーズ 三 菱 シーケンサMELSECQシリーズに 格 別 のご 愛 顧 を 賜 り 厚 くお 礼 申 し 上 げます 本 テクニカルニュースでは MELSECQシリーズとMELSEC iqrシリーズの 相 違 点 について 説 明 します なお 本 テクニカルニュースに 示 す 参 照 マニュアルおよび 参 照 先 は 2014 年 9 月 のものです 目 次 本 テクニカルニュースで する 総 称 2 1. MELSECQシリーズとMELSEC iqrシリーズの 相 違 点 1.1 構 成 可 能 機 器 CPUユニット(QnUDVCPUとRCPU) 電 源 ベース I/Oユニット 電 源 ユニット ベースユニット I/Oユニット インテリジェント 機 能 ユニット アナログディジタル 変 換 ユニット ディジタルアナログ 変 換 ユニット シンプルモーションユニット 位 置 決 めユニット 高 速 カウンタユニット 情 報 ネットワークユニット 情 報 ネットワークユニット 共 通 事 項 Ethernetインタフェースユニット CCLink IEフィールドネットワークマスタ ローカルユニット CCLinkシステムマスタ ローカルユニット シリアルコミュニケーションユニット MELSEC iqr シリーズと Q シリーズの 仕 様 差 異 一 覧 2.1 CPUユニット 電 源 ベース I/Oユニット インテリジェント 機 能 ユニット アナログディジタル 変 換 ユニット ディジタルアナログ 変 換 ユニット 位 置 決 めユニット 高 速 カウンタユニット 情 報 ネットワークユニット Ethernetインタフェースユニット CCLink IEフィールドネットワークマスタ ローカルユニット CCLinkシステムマスタ ローカルユニット シリアルコミュニケーションユニット 43 三 菱 電 機 株 式 会 社 名 古 屋 製 作 所 名 古 屋 市 東 区 矢 田 南 5114

2 三 菱 シーケンサ テクニカルニュース No.FAD0171 2/44 本 テクニカルニュースで する 総 称 RCPU QnUDVCPU 総 称 内 容 R04CPU R08CPU R16CPU R32CPU R120CPU Q03UDVCPU Q04UDVCPU Q06UDVCPU Q13UDVCPU Q26UDVCPU の 総 称

3 三 菱 シーケンサ テクニカルニュース No.FAD0171 3/44 1. MELSECQシリーズとMELSEC iqrシリーズの 相 違 点 MELSECQシリーズとMELSEC iqrシリーズの 相 違 点 について 以 降 で 示 します 1.1. 構 成 可 能 機 器 MELSECQシリーズとMELSEC iqrシリーズで 構 成 可 能 な 機 器 ( 可 能 ユニット)の 相 違 点 を 示 します MELSEC iqrシリーズで 可 能 なユニットの 詳 細 は MELSEC iqr ユニット 構 成 マニュアル[SH081222]を 参 照 ください なお MELSEC iqrシリーズとmelsec Qシリーズで 消 費 電 流 値 が 異 なるため 機 種 選 定 時 は 電 源 容 量 に 注 意 してください 下 記 サイトにて 機 種 選 定 時 の 電 源 容 量 をご 確 認 いただけます No. 項 目 MELSECQシリーズ MELSEC iqrシリーズ 1 シーケンサCPU Q03UDVCPU/Q04UDVCPU/Q06UDVCPU/Q13UDVCPU/ Q26UDVCPU R04CPU/R08CPU/R16CPU/R32CPU/R120CPU 2 モーションCPU Q172DSCPU/Q173DSCPU R16MTCPU/R32MTCPU 3 SDメモリカード L1MEM2GBSD/L1MEM4GBSD L1MEM2GBSD/L1MEM4GBSD 4 拡 張 SRAMカセット Q4MCA1MBS/Q4MCA2MBS/Q4MCA4MBS/Q4MCA8MBS NZ2MC1 MBS/NZ2MC2 MBS/NZ2MC4 MBS/ NZ2MC8MBS 5 基 本 ベース Q35DB/Q38DB/Q312DB R35B/R38B/R312B 6 増 設 ベース Q65B/Q68B/Q612B R65B/R68B/R612B 7 増 設 ケーブル QC06B/QC12B/QC30B/QC50B RC06B/RC12B/RC30B/RC50B 8 電 源 Q61P/Q63P R61P/R63P 9 入 力 QX10/QX40/QX40TS/QX40S1/QX41/ QX41S1/ QX42/QX42S1/QX80/QX80TS/QX81/QX82/QX82S1 RX10/RX40C7/RX41C4/RX42C4 10 割 込 み QI60 RX40C7 11 出 力 QY10/QY10TS/QY40P/QY40PTS/QY41P/QY42P/ RY10R2/RY40NT5P/RY41NT2P/RY42NT2P/ QY80/QY80TS/QY81P/QY82P RY40PT5P/RY41PT1P/RY42PT1P 12 入 出 力 混 合 QH42P RH42C4NT2P 13 アナログ 入 力 Q64AD/Q68ADV/Q68ADI R60AD4/R60ADV8/R60ADI8 14 アナログ 出 力 64DAN/Q68DAVN/Q68DAIN R60DA4/R60DAV8/R60DAI8 15 シンプルモーション QD77MS2/QD77MS4/QD77MS16 RD77MS2/RD77MS4/RD77MS8/RD77MS16 16 位 置 決 め QD75P2(N)/QD75P4(N)/QD75D2(N)/QD75D4(N) RD75P2/RD75P4/RD75D2/RD75D4 17 高 速 カウンタ QD62/QD62E/QD62D RD62P2/RD62P2E/RD62D2 18 Ethernet QJ71E71100 RJ71EN71 19 CCLink IEコントローラ ネットワーク QJ71GP21SX RJ71GP21SX 20 CCLink IEフィールド ネットワーク QJ71GF11T2 RJ71GF11T2 21 CCLink QJ61BT11N RJ61BT11 22 シリアル コミュニケーション QJ71C24N/QJ71C24NR2/QJ71C24NR4 RJ71C24/RJ71C24R2/RJ71C24R4 23 GOT GOT2000/GOT1000 GOT2000/GOT MELSEC iqrシリーズ ユニット できません できます 25 MELSECQシリーズ ユニット できます できます 2 26 MELSECAシリーズ ユニット できます できません 27 エンジニアリング ソフトウエア GX Works2/GX Developer GX Works3 1:MELSEC iqrシリーズに 接 続 可 能 なGOTと 接 続 形 態 については GOT2000 NEWS Vol.1[L08296A]を 参 照 ください 2: 可 能 なMELSECQシリーズユニットは MELSEC iqr ユニット 構 成 マニュアル[SH081222]を 参 照 ください

4 三 菱 シーケンサ テクニカルニュース No.FAD0171 4/ CPUユニット(QnUDVCPUとRCPU) QnUDVCPUとRCPUの 相 違 点 を 示 します RCPUの 命 令 の 詳 細 は MELSEC iqr プログラミングマニュアル( 命 令 / 汎 用 FUN/ 汎 用 FB 編 )[SH081226]を 機 能 やデバイス 等 の 詳 細 は MELSEC iqr CPUユニットユーザーズマニュアル( 応 用 編 )[SH081224]を 参 照 く ださい なお GX Works2のQnUDVCPUのプロジェクトを GX Works3の"GX Works2 形 式 プロジェクトを 開 く"で 編 集 する ことができます GX Works3の"GX Works2 形 式 プロジェクトを 開 く"の 詳 細 は GX Works3オペレーティングマニュ アル[SH081214]を 参 照 ください 命 令 No. 分 類 QnUDVCPU RCPU 参 照 1 基 本 命 令 BIN16ビットデータ 32ビット 浮 動 小 数 点 型 実 数 変 換 FLT INT2FLT (a) 2 BIN32ビットデータ 32ビット 浮 動 小 数 点 型 実 数 変 換 DFLT DINT2FLT 3 BIN16ビットデータ 64ビット 浮 動 小 数 点 型 実 数 変 換 FLTD INT2DBL 4 BIN32ビットデータ 64ビット 浮 動 小 数 点 型 実 数 変 換 DFLTD DINT2DBL 5 32ビット 浮 動 小 数 点 型 実 数 BIN16ビットデータ 変 換 INT FLT2INT 6 32ビット 浮 動 小 数 点 型 実 数 BIN32ビットデータ 変 換 DINT FLT2DINT 7 64ビット 浮 動 小 数 点 型 実 数 BIN16ビットデータ 変 換 INTD DBL2INT 8 64ビット 浮 動 小 数 点 型 実 数 BIN32ビットデータ 変 換 DINTD DBL2DINT 9 BIN16ビットデータ BIN32ビットデータ 変 換 DBL INT2DINT 10 BIN32ビットデータ BIN16ビットデータ 変 換 WORD DINT2INT 11 32ビット 浮 動 小 数 点 型 実 数 ECON FLT2DBL 64ビット 浮 動 小 数 点 型 実 数 変 換 12 64ビット 浮 動 小 数 点 型 実 数 EDCON DBL2FLT 32ビット 浮 動 小 数 点 型 実 数 変 換 13 応 用 命 令 16 進 アスキーコード BIN16ビットデータ 変 換 HEX ASC2INT 14 BIN16ビットデータ 16 進 アスキーコード 変 換 ASC INT2ASC 15 32ビット 浮 動 小 数 点 型 実 数 平 方 根 演 算 SQR ESQRT 16 64ビット 浮 動 小 数 点 型 実 数 平 方 根 演 算 SQRD EDSQRT 17 BCD4 桁 平 方 根 演 算 BSQR BSQRT 18 BCD8 桁 平 方 根 演 算 BDSQR BDSQRT 19 傾 斜 信 号 命 令 RAMP RAMPQ 20 BIN16ビットデータのサーチ SER SERDATA 21 BIN32ビットデータのサーチ DSER DSERDATA 22 BIN16ビットデータのソート SORT SORTD 23 BIN32ビットデータのソート DSORT DSORTD 24 時 間 データの 変 換 ( 時 分 秒 秒 ) SECOND TIME2SEC 25 時 間 データの 変 換 ( 秒 時 分 秒 ) HOUR SEC2TIME 26 BIN32ビットデータのデータリード DFRO DFROM (バッファメモリアクセス) 27 デバイスコメントの 読 出 し COMRD できません (b) 28 コメントファイルセット QCDSET 29 ファイルレジスタ 高 速 ブロック 転 送 RBMOV BMOV 30 リフレッシュ COM( 実 行 条 件 なし) COM( 実 行 条 件 付 き) (c) 31 CCOM( 実 行 条 件 付 き) 32 自 号 機 CPU 共 有 メモリ 書 込 み TO/S.TO TO (d) 33 ユニット 情 報 読 出 し UNIRD UNIINFRD (e) 34 割 込 禁 止 DI( 実 行 条 件 なし) DI( 実 行 条 件 付 き) (f) 35 割 込 許 可 EI( 実 行 条 件 なし) EI( 実 行 条 件 付 き)

5 三 菱 シーケンサ テクニカルニュース No.FAD0171 5/44 (a) FLT FLTD HEX ASC 他 QnUDVCPUとRCPUでは 命 令 名 称 が 異 なります RCPUでは 変 換 前 変 換 後 の 動 作 が 命 令 名 から 想 像 できるようにするなど 命 令 名 称 をわかりやすくする 改 善 を 図 っています (b) QCDSET COMRD RCPUでは QCDSET COMRDは できません デバイスコメントをMELSEC iqrシリーズ 対 応 のGOTに 格 納 し 表 示 するよう 変 更 してください (c) CCOM COM RCPUでは CCOMを できません COMを してください RCPUのCOMは 実 行 条 件 を 付 加 した 命 令 としていますので QnUDVCPUのCCOMと 同 じ 動 作 となります GX Works2でのプログラム GX Works3でのプログラム (d) S.TO RCPUでは S.TOを できません TOを してください TOは 命 令 実 行 時 に 書 き 込 みを 完 了 するため 書 き 込 み 完 了 にて1スキャンONするデバイス(D)はありません (D)をプログラム 中 で している 場 合 は プログラムを 見 直 す 必 要 があります なお 下 記 プログラム 例 では 書 き 込 み 完 了 にて1スキャンONするデバイス(D)は"M0"になります GX Works2でのプログラム GX Works3でのプログラム 書 込 み 完 了 後 の 処 理 内 容

6 三 菱 シーケンサ テクニカルニュース No.FAD0171 6/44 (e) UNIRD RCPUでは UNIRDを できません UNIINFRDを してください なお UNIINFRDは 読 み 出 すユニット 情 報 が2ワード 構 成 となっているため UNIRDで 読 み 出 したユニット 情 報 (1ワード 構 成 )を しているプログラムは プログラムを 見 直 す 必 要 があります GX Works2でのプログラム GX Works3でのプログラム (f) DI EI RCPUでは DI EI 命 令 は 実 行 条 件 を 付 加 した 命 令 としています 従 って RCPUでは 命 令 を 実 行 しない 場 合 には ジャンプ 命 令 等 を する 必 要 がありません RCPUにて QnUDVCPUと 同 じ 動 作 ( 常 時 実 行 )とする 場 合 は 実 行 条 件 を"LD SM400( 常 時 ON)"としてください GX Works2でのプログラム GX Works3でのプログラム

7 三 菱 シーケンサ テクニカルニュース No.FAD0171 7/ パラメータ No. 項 目 QnUDVCPU RCPU 参 照 1 CPUユニット PCパラメータ(PARAM.QPA) システムパラメータ(SYSTEM.PRM) CPUパラメータ(CPU.PRM) ユニットパラメータ(UNIT.PRM) メモリカードパラメータ(MEMCARD.PRM) 2 インテリジェント 機 能 ユニット インテリジェント 機 能 ユニットパラメータ (IPARAM.QPA) ユニットパラメータ(UNIT.PRM) (a) 各 ユニット の 項 目 (a) CPUユニット RCPUでは I/O 割 付 設 定 などのマルチCPU 構 成 時 に 全 CPUユニットで 同 一 と 設 定 するパラメータは "システムパラ メータ"で プログラム 設 定 などのCPUユニット 固 有 で 設 定 可 能 なパラメータは"CPUパラメータ"で 設 定 します また CPUユニットの 内 蔵 Ethernet 機 能 を する 場 合 は "ユニットパラメータ"(UNIT.PRM)にて 設 定 し ブート 設 定 を 行 う 場 合 は "メモリカードパラメータ"(MEMCARD.PRM)にて 設 定 します GX Works2でのPCパラメータ 設 定 画 面 とPC 書 込 画 面 GX Works3でのシステムパラメータ CPUパラメータ 設 定 画 面 とシーケンサへの 書 込 み 画 面

8 三 菱 シーケンサ テクニカルニュース No.FAD0171 8/44 内 蔵 Ethernet 機 能 のTCP(MELSOFT 接 続 )/ UDP (MELSOFT 接 続 ) 設 定 RCPUでは 接 続 するコネクションNo.を 設 定 してください 未 とするコネクションを 設 ける 場 合 は 未 とするコネクションNo. に MELSOFT 接 続 機 器 を 設 定 してください なお GOTなどをUDPで 接 続 する 際 オープン 設 定 は 不 要 です( 自 動 UDPポートを します) GX Works2でのPCパラメータの 内 蔵 Ethernet 設 定 画 面 GX Works3でのユニットパラメータ 設 定 画 面 内 蔵 Ethernet 機 能 のソケット 通 信 (TCP/IP 接 続 )の TCP 接 続 方 式 の 設 定 RCPUでは Ethernet 機 器 設 定 で Active 接 続 機 器 /Unpassive 接 続 機 器 /Fullpassive 接 続 機 器 を 選 択 し 交 信 手 段 で ソケット 通 信 を 設 定 します GX Works2でのPCパラメータの 内 蔵 Ethernet 設 定 画 面 GX Works3でのユニットパラメータ 設 定 画 面

9 三 菱 シーケンサ テクニカルニュース No.FAD0171 9/44 内 蔵 Ethernet 機 能 のソケット 通 信 (UDP/IP 接 続 )の 一 斉 同 報 通 信 の 設 定 RCPUでは UDP 接 続 機 器 を 選 択 後 交 信 手 段 で ブロードキャスト 送 信 または ブロードキャスト 受 信 を 設 定 してください GX Works2でのPCパラメータの 内 蔵 Ethernet 設 定 画 面 GX Works3でのユニットパラメータ 設 定 画 面 内 蔵 Ethernet 機 能 の 時 刻 設 定 (SNTPクライアント)のタイムゾーン 設 定 RCPUでは CPUユニットの 時 計 データにタイムゾーンの 設 定 が 可 能 なため CPUパラメータの 時 計 関 連 設 定 にて タイムゾーンを 設 定 します GX Works2でのPCパラメータの 内 蔵 Ethernet 設 定 画 面 GX Works3でのユニットパラメータ 設 定 画 面 GX Works3でのCPUパラメータ 設 定 画 面 内 蔵 Ethernet 機 能 の 通 信 プロトコルによる 交 信 設 定 ( 通 信 プロトコル 動 作 状 態 格 納 用 デバイス) RCPUでは CPUバッファメモリ(U3En\G*)にて プロトコル 実 行 状 態 プロトコル 実 行 回 数 などを 確 認 します PCパラメータのオープン 設 定 で 通 信 プロトコルの 動 作 状 態 を 格 納 する 先 頭 デバイスを 設 定 し プログラム 中 で している 場 合 は プログラムを 見 直 す 必 要 があります

10 三 菱 シーケンサ テクニカルニュース No.FAD / デバイス ファイル QnUDVCPU と RCPU のデバイス ファイル 仕 様 の 相 違 点 を 示 します No. 項 目 QnUDVCPU RCPU 参 照 1 特 殊 リレー レジスタ SM0~2047/SD0~2047 SM0~4095/SD0~4095 (a) 2 拡 張 データレジスタ(D) 拡 張 データレジスタ(D) できません (b) 拡 張 リンクレジスタ(W) 拡 張 リンクレジスタ(W) 3 ローカルデバイス M0 D0など ( 区 別 なし) #M0 #D0など("#" (シャープ) 記 号 を 付 加 ) (c) 4 ファイル 名 ASCII Unicode (d) (a) 特 殊 リレー レジスタ RCPUでは SM/SD 番 号 および 機 能 の 一 部 が 異 なります SM/SDをプログラムで している 場 合 は プログ ラムを 見 直 す 必 要 があります なお GX Works2のQnUDVCPUのプロジェクトを GX Works3の"GX Works2 形 式 プロジェクトを 開 く"で 編 集 し た 場 合 RCPUで 格 納 するデータを 変 更 していないものは SM/SDまたはCPUバッファメモリ(U3En\G*)に 自 動 変 換 されます CPUバッファメモリ(U3En\G*)としている 機 能 については "n"は1 号 機 固 定 で 変 換 され ます 2~4 号 機 で される 場 合 は "n"を される 号 機 番 号 に 変 更 してください 項 目 QnUDVCPU RCPU 診 断 エラー SD0 SD0 診 断 エラー 発 生 時 刻 SD1~3 SD1~7( 最 新 自 己 診 断 エラー 発 生 時 刻 ) 1 エラー 共 通 情 報 エラー 個 別 情 報 SM5 SM16 できません エラー 情 報 区 分 エラー 共 通 情 報 個 別 情 報 SD4 SD5~15 SD16~26 SD80~143( 詳 細 情 報 1~2) 1 エラー 解 除 SD50 SM84 SD81~85 できません バッテリ 低 下 SD51~52 できません IPパケット 中 継 機 能 用 SD180~183 U3En\G310~313 スイッチ 状 態 LED 状 態 SD200 SD201 SD200 SD201 CPU 動 作 状 態 SD203 SD203 LED 消 灯 指 令 LED 表 示 色 LED 表 示 優 先 順 位 SM202 SD202 SD204 できません SD207~209 PAUSE 許 可 コイル SM206 できません 時 計 データ SD210~213 SD210~216 1 表 示 器 データ SD220~227 できません デバイス 範 囲 チェック 禁 止 フラグ SM237 できません ベースモード SD240 できません Qベース 装 着 有 無 SD242 SD242(Qシリーズユニット 装 着 判 別 ) n 号 機 停 止 エラーフラグ SM244~247 SM230~233 全 局 リフレッシュ 指 令 SM254 できません デバイス 割 付 SD282~311 SD260~309 ラッチクリア 機 能 SM339 SD339 できません Ethernet 情 報 SD340~368 できません マルチCPUシステム 情 報 SD393~399 SD228~233 初 期 最 小 最 大 スキャンタイム END 処 理 時 間 コンスタントスキャン 待 ち 時 間 スキャ ンプログラム 実 行 時 間 SD522~523 SD524~525 SD526~527 SD540~541 SD542~543 SD548~549 SD518~519 SD522~523 SD524~525 SD526~527 SD528~529 SD530~531 メモリカード 状 況 SD604 SD604(SDメモリカード 状 況 ) ドライブ2 容 量 (1Kバイト 単 位 ) SD603 SD606~607(SDメモリカード 容 量 (1Kバイト 単 位 )) ドライブ2 容 量 (1Mバイト 単 位 ) SD606~607 カード 脱 着 許 可 フラグ SM609 できません ドライブ2 空 き 容 量 (1Mバイト 単 位 ) SD616~617 SD610~611(SDメモリカード 空 き 容 量 (1Kバイト 単 位 )) ドライブ3/4 種 別 SM620~624 SD620 できません ドライブ3 容 量 (1Kバイト 単 位 ) SD622 SD618~619 ドライブ4 容 量 (1Kバイト 単 位 ) SD623 SD622~623 ドライブ3/4 状 況 SD624 SD614(ドライブ3 状 況 ) SD620(ドライブ4 状 況 ) ディレクトリ 一 括 削 除 SM638 SD638 SD639 できません ファイルレジスタ 情 報 SM640 SD640~647 できません ファイルレジスタブロックNo. SD648 SD312 コメントファイル 情 報 SM650 SD650~656 できません プログラムメモリ 標 準 ROM 書 込 み SM680~682 SD681~683 SM685~687 SD686~688 SM628~630 SD629~631 SM632~634 SD633~635 標 準 ROMへの 書 込 み 命 令 実 行 回 数 指 定 SD695 SD771

11 三 菱 シーケンサ テクニカルニュース No.FAD /44 項 目 QnUDVCPU RCPU ブート 運 転 情 報 SM660 SD660~666 できません パラメータ 有 効 ドライブ 情 報 SD670 できません EIフラグ SM715 できません ブロック 比 較 SM716~718 SM704 IMASK 命 令 マスクパターン SD715~717 SD781~793 SD1400~1415 ファイルアクセス 中 SM721 SM753 BIN,DBIN 命 令 エラー 不 可 フラグ SM722 SM754 スケーリング 命 令 探 索 方 法 設 定 SM750 SM755 PIDバンプレス 処 理 リミット 制 限 設 定 SM774 SD774 SD775 SM792 SD792 SD793 アキュームレータ SD718~719 できません COM 命 令 実 行 時 リフレッシュ 処 理 選 択 SD778 SD775 オートロギング 状 態 SM841 できません RAM ERROR 発 生 時 のデバイス 情 報 SD927~928 できません リモートパスワード 累 積 回 数 SD979~999 U3En\G320~340 A Q 変 換 対 応 SM1000~1255 SD1000~1255 できません IPアドレス SD1260~1265 U3En\G50~65( 自 ノードIPアドレス) MACアドレス SD1266~1268 U3En\G74~76( 自 ノードMACアドレス) 時 刻 設 定 機 能 (SNTP) 用 SM1270 SD1270~ U3En\G290~299 1 リモートパスワード 累 積 回 数 クリア SM1273 できません コネクション 強 制 無 効 化 設 定 SD1276~1277 U3En\G280~281 オープン 信 号 オープン 要 求 信 号 受 信 状 態 信 号 SD1282 SD1284 SD1286 SD1504 SD1505 SD1506 内 蔵 Ethernetポート 接 続 状 態 SD1288 できません Ethernet 基 本 タイムアウト 時 間 SD1289 できません IPアドレス 変 更 機 能 用 SM1292~1297 SD1292~1299 SM1520~1523 SD1520~1527 通 信 プロトコル 機 能 用 SM1354~ SD1359~1381 U3En\G692 U3En\G710~729 内 蔵 Ethernetポート 用 カウンタ SD1395 U3En\G226( 受 信 FIFOオーバーフロー 回 数 ) ヒューズ 断 ユニット SD1300~1331 できません 入 出 力 ユニット 照 合 SD1400~1431 できません データロギング SM1940~2037 SD1940~2036 SM1210~1307 SD1210~1306 1:RCPU では 格 納 するデータが 異 なります 従 って "GX Works2 形 式 プロジェクトを 開 く"では 自 動 変 換 されません 2:QnUDVCPU の SM1355( 通 信 プロトコル 設 定 チェック 要 求 )は RCPU では できません (b) 拡 張 データレジスタ(D) 拡 張 リンクレジスタ(W) RCPUでは 拡 張 データレジスタ(D) 拡 張 リンクレジスタ(W)は できません CPUパラメータで デバイスエリアの 容 量 を 増 加 し データレジスタ(D) リンクレジスタ(W)の 点 数 を 増 やしてくだ さい (ファイル 格 納 エリアの 容 量 を 削 減 し デバイスエリアの 容 量 を 増 加 させてください ) GX Works2でのPCパラメータ 設 定 画 面 GX Works3でのCPUパラメータ 設 定 画 面

12 三 菱 シーケンサ テクニカルニュース No.FAD /44 (c) ローカルデバイス RCPUでは ローカルデバイスは "#" (シャープ) 付 きで 表 現 します ただし インデックスレジスタ(Z)およびプログラム 毎 のファイルレジスタ(R/ZR)は "#" (シャープ) 付 きで 表 現 しま せん RCPUは ローカルデバイスファイルの 指 定 は 不 要 ですが ローカルデバイスを するエリアの 設 定 が 必 要 です GX Works2でのPCパラメータ 設 定 画 面 GX Works2でのプログラム(MAIN/MAIN1) GX Works3でのCPUパラメータ 設 定 画 面 GX Works3でのプログラム(MAIN/MAIN1) (d) ファイル 名 RCPUでは ファイル 名 はUnicodeで 扱 うため FTP 等 の 外 部 機 器 からファイルを 読 み 出 す 場 合 は Unicodeで 指 定 してください なお プログラム 上 で 文 字 列 (ダブルクォーテーション( ))で 指 定 しているファイル 名 の 変 更 は 不 要 ですが デバ イスに 格 納 した 文 字 列 データを 扱 う 場 合 プログラムを 見 直 す 必 要 があります

13 三 菱 シーケンサ テクニカルニュース No.FAD / 機 能 No. 項 目 QnUDVCPU RCPU 参 照 1 SFCプログラム SFCプログラム できません 2 構 造 化 ラダー/FBD 構 造 化 ラダー/FBD できません 3 サンプリングトレース サンプリングトレース 機 能 できません (a) 機 能 4 標 準 ROMへのラッチ 標 準 ROMへのラッチデータバックアップ 機 能 できません (b) データバックアップ 機 能 5 メモリカードによる メモリカードによるCPU ユニット 交 換 機 能 できません (c) CPU ユニット 交 換 機 能 6 モニタ モニタ 条 件 の 設 定 できません (d) 7 実 行 条 件 付 デバイステスト できません (e) 8 外 部 入 出 力 の 強 制 ON/OFF できません (f) 9 実 行 時 間 計 測 スキャンタイム 測 定 できません (g) 10 MELSECA シリーズ 互 換 機 能 A 互 換 1C/1Eフレームによるアクセス (A Q 変 換 SM/SD(SM1000~SM1255/SD1000~ SD1255)) できません (h) 11 高 速 割 込 み 機 能 高 速 割 込 み(I49) ( 高 速 I/Oリフレッシュ 高 速 バッファ 転 送 設 定 ) I49 割 込 み (イベント 実 行 タイププログラム(I49の 割 込 み 発 生 をトリガに 指 定 ) プログラムごとのリ フレッシュ 設 定 ) 12 サービス 処 理 サービス 処 理 設 定 デバイス ラベルアクセスサービス 処 理 設 定 (j) 13 データロギング 機 能 データロギングファイル 転 送 機 能 できません (k) 14 マルチCPU 機 能 CPU 共 有 メモリ"U3En\G0~"の 自 号 機 動 作 情 報 できません (l) エリアへのアクセス 15 マルチCPU 間 共 有 デバイスのマルチCPU 間 高 速 通 信 エリア"U3En\G10000~" CPUバッファメモリアクセスデバイスの 定 周 期 通 信 エリア"U3En\HG0~" (m) 16 マルチCPU 間 高 速 通 信 エリアを したリフ レッシュ(END 処 理 実 行 時 のリフレッシュ) 定 周 期 通 信 エリアを したリフレッシュ (マルチCPU 間 同 期 割 込 みプログラム(I45) 実 行 時 のリフレッシュ) ファイルパスワード ( 有 効 文 字 数 :6~32 文 字 ) 17 ファイルパスワード リモートパスワード ファイルパスワード32 ( 有 効 文 字 数 :4~32 文 字 ) 18 リモートパスワード( 有 効 文 字 数 :4 文 字 ) リモートパスワード( 有 効 文 字 数 :6~32 文 字 ) 19 自 己 診 断 機 能 エラーの 解 除 エラーの 解 除 ( 任 意 に 指 定 した 続 行 エラーのエラー 解 除 ) ( 現 在 発 生 している 続 行 エラーの 一 括 解 除 ) (i) (n) (o) (p) (a) サンプリングトレース 機 能 RCPUでは サンプリングトレース 機 能 は できません データロギング 機 能 のトリガロギングを してください ただし データの 格 納 先 に CPU 内 蔵 メモリが できな いため SDメモリカードを 用 意 していただく 必 要 があります (b) 標 準 ROMへのラッチデータバックアップ 機 能 RCPUでは 標 準 ROMへのラッチデータバックアップ 機 能 は できません GOTのバックアップ/リストア 機 能 をご いただくか GX Works3でデータを 読 み 出 し 保 存 または 再 度 書 き 込 んでください (c) メモリカードによるCPU ユニット 交 換 機 能 RCPUでは メモリカードによるCPUユニット 交 換 機 能 は できません GOTのバックアップ/リストア 機 能 をご いただくか GX Works3でデータを 読 み 出 し 保 存 または 再 度 書 き 込 んでください (d) モニタ 条 件 の 設 定 RCPUでは モニタ 条 件 の 設 定 は できません データロギング 機 能 のトリガロギングを してください トリガロギングはデータ 収 集 タイミングをデバイスデータの 条 件 やステップNo.で 指 定 します

14 三 菱 シーケンサ テクニカルニュース No.FAD /44 (e) 実 行 条 件 付 デバイステスト RCPUでは 実 行 条 件 付 きデバイステストは できません 値 を 変 更 したい 箇 所 に 下 記 に 示 す 代 替 となるプログラムをRUN 中 書 込 みで 追 加 削 除 してください 実 行 条 件 付 きデバイステストにおいて 実 行 タイミングを 命 令 実 行 前 に 指 定 していた 場 合 RCPUでは 該 当 ステッ プの 前 に 代 替 となるプログラムを 追 加 してください 命 令 実 行 後 に 指 定 していた 場 合 は 該 当 ステップの 後 に 代 替 となるプログラムを 追 加 してください GX Works2でのプログラムと 実 行 条 件 付 きデバイステスト 実 行 画 面 GX Works3でのプログラム

15 三 菱 シーケンサ テクニカルニュース No.FAD /44 (f) 外 部 入 出 力 の 強 制 ON/OFF RCPUでは 外 部 入 出 力 の 強 制 ON/OFFは できません 下 記 に 示 す 代 替 プログラムをご ください Xデバイスを 強 制 ON/OFFさせたい 場 合 は スキャンプログラムの 先 頭 にSET/RST 命 令 を Yデバイスを 強 制 ON/OFFさせたい 場 合 は スキャンプログラムの 最 終 にSET/RST 命 令 を 追 加 してください <Xデバイスを 強 制 ON/OFFさせたい 場 合 > <Yデバイスを 強 制 ON/OFFさせたい 場 合 > GX Works2での 外 部 入 出 力 強 制 ON/OFF 画 面 GX Works3でのプログラム < 制 約 事 項 > 下 記 の 場 合 は 適 用 することができません ダイレクト 入 力 デバイス(DX) ダイレクト 出 力 デバイス(DY)により 強 制 ON/OFF 対 象 の 入 出 力 を 参 照 または 変 更 している 割 込 みプログラム 内 で 強 制 ON/OFF 対 象 の 入 出 力 を 参 照 または 変 更 している (g) スキャンタイム 測 定 RCPUでは スキャンタイム 測 定 は できません プログラム 単 位 でスキャンタイムを 確 認 する 場 合 は プログラム 一 覧 モニタを してください また 任 意 区 間 の 処 理 時 間 は MELSEC iqr プログラミングマニュアル( 命 令 / 汎 用 FUN/ 汎 用 FB 編 )に 記 載 して いる 命 令 処 理 時 間 から 算 出 してください (h) A 互 換 1C/1Eフレームによるアクセス(A Q 変 換 SM/SD(SM1000~SM1255/SD1000~SD1255)) RCPUでは A 互 換 1C/1Eフレームによるアクセス(A Q 変 換 SM/SD(SM1000~SM1255/SD1000~SD1255))は できません QnA 互 換 3E/3Cフレームを し RCPUのSM/SDにアクセス 先 を 変 更 してください

16 三 菱 シーケンサ テクニカルニュース No.FAD /44 (i) 高 速 割 込 み 機 能 の 高 速 I/Oリフレッシュ 高 速 バッファ 転 送 設 定 RCPUでは "CPUパラメータ"のプログラム 設 定 でI49の 割 込 み 発 生 をトリガとしたイベント 実 行 タイププログラムを 設 定 し プログラムごとのリフレッシュを 設 定 します また I/Oリフレッシュ およびバッファメモリの 転 送 は 対 象 とするユニットの"ユニットパラメータ"で リフレッシュす るデータ およびリフレッシュグループを 設 定 します GX Works2でのPCパラメータ 設 定 画 面 とプログラム GX Works3でのCPUパラメータ ユニットパラメータ 設 定 画 面 とプログラム

17 三 菱 シーケンサ テクニカルニュース No.FAD /44 (j) サービス 処 理 RCPUでは プログラムファイルの 読 出 し 等 のファイルアクセス 処 理 は ファイルアクセスによるスキャンタイムの 遅 延 が 発 生 しないよう END 処 理 ではなく スキャンと 非 同 期 で 処 理 を 行 います 従 って デバイス ラベルアクセスサービス 処 理 設 定 で サービス 処 理 の 回 数 を 増 加 させても ファイルアクセスの 応 答 性 能 が 向 上 しません(COM 命 令 による 指 定 も 同 様 にファイルアクセスの 応 答 性 能 が 向 上 しません) なお デバイスの 読 出 し 等 のデバイスアクセス 処 理 などは END 処 理 にて 処 理 を 行 うため デバイス ラベルアクセ スサービス 処 理 設 定 や COM 命 令 によるサービス 処 理 の 回 数 増 加 で デバイスアクセスの 応 答 性 能 を 向 上 させるこ とができます (k) データロギングファイル 転 送 機 能 RCPUでは データロギングファイル 転 送 機 能 は できません RCPUでは 内 蔵 EthernetのFTPサーバ 機 能 を してパソコン 等 のサーバからCPUユニット 内 のロギング 結 果 ファイルを 取 得 ( 転 送 )します CPUユニットロギング 設 定 ツール ファイル 転 送 画 面 コマンドプロンプトでのFTPファイル 転 送 (FTPサーバ) 画 面

18 三 菱 シーケンサ テクニカルニュース No.FAD /44 (l) CPU 共 有 メモリの 自 号 機 動 作 情 報 エリアへのアクセス RCPUでは CPU 共 有 メモリ"U3En\G0~"の 自 号 機 動 作 情 報 エリアはありません プログラム 上 で 自 号 機 動 作 情 報 エリアを している 場 合 プログラムを 見 直 す 必 要 があります なお 他 号 機 の 動 作 情 報 を 確 認 する 場 合 は 他 号 機 の 特 殊 レジスタ(SD)をリフレッシュし アクセスしてください (m) マルチCPU 間 高 速 通 信 エリアへのアクセス RCPUでは マルチCPU 間 のデータ 交 信 可 能 なエリアのサイズ 拡 張 に 伴 い マルチCPU 間 高 速 通 信 エリア "U3En\G10000~"は 別 のデバイス 記 号 "U3En\HG0~"( 定 周 期 通 信 エリアへのアクセス)としています プログラム 上 で マルチCPU 間 高 速 通 信 エリアを している 場 合 プログラムを 見 直 す 必 要 があります なお GX Works2のQnUDVCPUのプロジェクトを GX Works3の"GX Works2 形 式 プロジェクトを 開 く"で 編 集 した 場 合 U3En G10000~は U3En\HG0~に 自 動 変 換 されます ただし FROM/TO 命 令 を して 定 周 期 通 信 エリアへアクセスしている 場 合 データ 転 送 命 令 +CPUバッファメモリアクセスデバイスによるアクセス( 例 :MOV U3En\HG* D0)を してください GX Works2でのマルチCPU 間 高 速 通 信 エリアへのアクセスプログラム GX Works3での 定 周 期 通 信 エリアへのアクセスプログラム

19 三 菱 シーケンサ テクニカルニュース No.FAD /44 (n) マルチCPU 間 高 速 通 信 エリアを したリフレッシュ RCPUでは マルチCPU 間 のリフレッシュは END 処 理 実 行 時 とマルチCPU 間 同 期 割 込 みプログラム(I45) 実 行 時 の2つのタイミングで 行 います リフレッシュ 処 理 のタイミングが 異 なるため プログラム 上 で マルチCPU 間 高 速 通 信 エリア(END 処 理 実 行 時 )のリフレッシュを している 場 合 プログラムを 見 直 す 必 要 があります なお QnUDVCPUと 同 じEND 処 理 のタイミングでリフレッシュさせたい 場 合 CPUバッファメモリ(END 処 理 時 )のリ フレッシュを 設 定 してください GX Works2でのPCパラメータ 設 定 (マルチCPU 設 定 ) 画 面 とリフレッシュ 実 行 タイミング GX Works3でのシステムパラメータ 設 定 (マルチCPU 設 定 ) 画 面 とリフレッシュ 実 行 のタイミング

20 三 菱 シーケンサ テクニカルニュース No.FAD /44 (o) ファイルパスワード リモートパスワード RCPUでは パスワードの 有 効 文 字 数 が 異 なります 6~32 文 字 のパスワードを 設 定 してください なお FTP 等 の 外 部 機 器 からシーケンサへアクセスする 場 合 外 部 機 器 側 のパスワード 文 字 数 を 変 更 してくださ い (p) 自 己 診 断 機 能 RCPU では 現 在 発 生 している 続 行 エラーを 一 括 で 解 除 します 従 って 現 在 発 生 している 続 行 エラーを 個 別 に 解 除 する 必 要 はありません なお RCPU では エラーコード 体 系 を 一 新 しています 従 って エラーコードを 動 作 条 件 やインタロック 条 件 に 設 定 している 場 合 プログラムを 見 直 す 必 要 があります 1.3. 電 源 ベース I/Oユニット MELSECQシリーズとMELSEC iqrシリーズの 電 源 ベース I/Oユニットの 相 違 点 を 示 します 電 源 ユニット MELSECQシリーズとMELSEC iqrシリーズの 電 源 ユニットの 相 違 点 を 示 します No. 項 目 MELSECQシリーズ MELSEC iqrシリーズ 1 端 子 台 ネジサイズ M3.5 M ベースユニット MELSECQシリーズとMELSEC iqrシリーズのベースユニットの 相 違 点 を 示 します No. 項 目 MELSECQシリーズ MELSEC iqrシリーズ 1 増 設 ベース 段 数 設 定 コネクタピンで 設 定 自 動 認 識 2 増 設 ケーブル 固 定 固 定 ネジ ロックボタン I/Oユニット MELSECQシリーズとMELSEC iqrシリーズのi/oユニットの 相 違 点 を 示 します (1) コネクタ 形 状 No. 項 目 MELSECQシリーズ (QX81 QY81P) MELSEC iqrシリーズ (RX41C4 RY41PT1P) 1 コネクタ 37ピンDサブコネクタ 40ピンコネクタ (2) 割 込 み 機 能 ( 割 込 みユニット) MELSECiQRシリーズで 割 込 み 機 能 を する 場 合 は 入 力 ユニットを してください 割 込 み 機 能 は 入 力 ユニットのユニットパラメータで 設 定 します (3) パラメータ No. 項 目 MELSECQシリーズ MELSEC iqrシリーズ 1 入 力 応 答 時 間 設 定 PCパラメータI/O 割 付 設 定 ユニットパラメータ 2 割 込 み 設 定 3 エラー 時 出 力 モード 設 定

21 三 菱 シーケンサ テクニカルニュース No.FAD / インテリジェント 機 能 ユニット アナログディジタル 変 換 ユニット MELSECQシリーズ(Q64AD/Q68ADV/Q68ADI) と MELSEC iqrシリーズ(r60ad4/r60adv8/r60adi8)の 相 違 点 を 示 します MELSEC iqrシリーズの 詳 細 は MELSEC iqr アナログーディジタル 変 換 ユニットユーザーズマニュアル( 応 用 編 )[SH081231]を 参 照 ください (1) 専 用 命 令 MELSECQシリーズとMELSEC iqrシリーズで 専 用 命 令 に 相 違 はありません (2) パラメータ No. MELSECQシリーズ MELSEC iqrシリーズ 1 エラー 時 出 力 モード PCパラメータI/O 割 付 設 定 ユニットパラメータ 2 スイッチ 設 定 インテリジェント 機 能 ユニット 3 パラメータ( 各 設 定 ) パラメータ 4 自 動 リフレッシュ (3) 入 出 力 信 号 バッファメモリ MELSECQシリーズとMELSEC iqrシリーズでは 入 出 力 信 号 バッファメモリの 配 置 が 違 います 入 出 力 信 号 バッファメモリをプログラムで している 場 合 は プログラムを 見 直 す 必 要 があります なお Q 互 換 モードを する 場 合 以 下 信 号 および 以 下 機 能 の 相 違 点 以 外 は プログラムをそのまま す ることができます No. 信 号 名 称 MELSECQシリーズ MELSEC iqrシリーズ 1 X1 温 度 ドリフト 補 正 状 態 フラグ できません 2 X8 高 分 解 能 モード 状 態 フラグ 警 報 出 力 信 号 (4) 機 能 No. 項 目 MELSECQシリーズ MELSEC iqrシリーズ 参 照 1 分 解 能 モード 切 替 機 能 分 解 能 モード 切 替 機 能 できません (a) 2 温 度 ドリフト 機 能 温 度 ドリフト 機 能 できません (b) (a) 分 解 能 モード 切 替 機 能 MELSEC iqrシリーズは 分 解 能 を 向 上 させているため 分 解 能 モード 切 替 機 能 を 搭 載 していません スケーリング 機 能 を することでMELSECQシリーズ 相 当 に 換 算 した 値 を 得 ることができます ただし 換 算 した 値 は ディジタル 演 算 値 に 格 納 されるため 参 照 するバッファメモリアドレスを 変 更 する 必 要 があります (b) 温 度 ドリフト 機 能 MELSEC iqrシリーズは 精 度 を 向 上 させているため 温 度 ドリフト 機 能 を 搭 載 していません ( 温 度 ドリフト 機 能 時 のMELSECQシリーズと 同 等 の 精 度 です ) 温 度 ドリフト 機 能 を している 場 合 はプログラムを 見 直 す 必 要 があります

22 三 菱 シーケンサ テクニカルニュース No.FAD / ディジタルーアナログ 変 換 ユニット MELSECQシリーズ(Q64DAN/Q68DAIN/Q68DAVN) と MELSEC iqrシリーズ (R60DA4/R60DAI8/R60DAV8)の 相 違 点 を 示 します MELSEC iqrシリーズの 詳 細 は MELSEC iqr ディジタルアナログ 変 換 ユニットユーザーズマニュアル( 応 用 編 )[SH081236]を 参 照 ください (1) 専 用 命 令 MELSECQシリーズとMELSEC iqrシリーズで 専 用 命 令 に 相 違 はありません (2) パラメータ No. MELSECQシリーズ MELSEC iqrシリーズ 1 エラー 時 出 力 モード PCパラメータI/O 割 付 設 定 ユニットパラメータ 2 スイッチ 設 定 インテリジェント 機 能 ユニット 3 パラメータ( 各 設 定 ) パラメータ 4 自 動 リフレッシュ (3) 入 出 力 信 号 バッファメモリ MELSECQシリーズとMELSEC iqrシリーズでは 入 出 力 信 号 バッファメモリの 配 置 が 違 います 入 出 力 信 号 バッファメモリをプログラムで している 場 合 は プログラムを 見 直 す 必 要 があります なお Q 互 換 モードを する 場 合 以 下 信 号 および 以 下 機 能 の 相 違 点 以 外 は プログラムをそのまま す ることができます No. 信 号 名 称 MELSECQシリーズ MELSEC iqrシリーズ 1 X8 高 分 解 能 モード 状 態 フラグ できません 2 XD 同 期 出 力 モード 状 態 フラグ 断 線 検 出 信 号 3 YD 同 期 出 力 要 求 できません (4) 機 能 No. 項 目 MELSECQシリーズ MELSEC iqrシリーズ 参 照 1 分 解 能 モード 切 替 機 能 分 解 能 モード 切 替 機 能 できません (a) (a) 分 解 能 モード 切 替 機 能 MELSEC iqrシリーズは 分 解 能 を 向 上 させているため 分 解 能 モード 切 替 機 能 を 搭 載 していません スケーリング 機 能 を することにより MELSEC Qシリーズ 相 当 に 換 算 した 値 を 得 ることができます ただし 換 算 した 値 は ディジタル 演 算 値 に 格 納 されるため 参 照 するバッファメモリアドレスを 変 更 する 必 要 がありま す

23 三 菱 シーケンサ テクニカルニュース No.FAD / シンプルモーションユニット MELSECQシリーズ(QD77MS2/QD77MS4/QD77MS16) と MELSEC iqrシリーズ (RD77MS2/RD77MS4/RD77MS8/RD77MS16)のシンプルモーションユニットの 相 違 点 を 示 します MELSEC iqrシリーズの 詳 細 はMELSEC iqr シンプルモーションユニットユーザーズマニュアル( 応 用 編 ) [IB ]を 参 照 ください (1) 配 線 MELSECQシリーズとMELSEC iqrシリーズで 配 線 に 相 違 点 はありません (2) プログラム (a) 入 出 力 信 号 MELSECQシリーズとMELSEC iqrシリーズでは 入 出 力 信 号 の 配 置 が 違 います 入 出 力 信 号 をプログラムで している 場 合 は プログラムを 見 直 す 必 要 があります なお RD77MS16は プログラムをそのまま することができます (b)バッファメモリ MELSECQシリーズとMELSEC iqrシリーズでは バッファメモリの 配 置 が 違 います バッファメモリをプログラムで している 場 合 は プログラムを 見 直 す 必 要 があります (c)エラーコード,アラームコード MELSEC iqrシリーズではエラーコード 体 系 を 一 新 しています 従 って エラーコードを 動 作 条 件 やイ ンタロック 条 件 に 設 定 している 場 合 プログラムを 見 直 す 必 要 があります

24 三 菱 シーケンサ テクニカルニュース No.FAD / 位 置 決 めユニット MELSECQシリーズ(QD75P2N/QD75P4N/QD75D2N/QD75D4N)とMELSEC iqrシリーズ (RD75P2/RD75P4/RD75D2/RD75D4)の 相 違 点 を 示 します MELSEC iqrシリーズの 詳 細 は MELSEC iqrシリーズ 位 置 決 めユニットユーザーズマニュアル( 応 用 編 ) [SH081244] MELSEC iqrシリーズ 位 置 決 めユニットユーザーズマニュアル(スタートアップ 編 )[SH081242] を 参 照 ください (1) 配 線 QD75D2N/QD75D4N と RD75D2/RD75D4 では PULSE COM 端 子 の 配 置 が 異 なります QD75D2N/QD75D4N で されている40 ピンコネクタを RD75D2/RD75D4 へ 流 用 される 場 合 40 ピンコ ネクタ(2B20 2B19 ピン)へ 新 規 に 配 線 が 必 要 となります (2) 専 用 命 令 MELSECQシリーズとMELSEC iqrシリーズで 相 違 ある 命 令 はありません (3) パラメータ No. MELSECQシリーズ MELSEC iqrシリーズ 1 エラー 時 出 力 モード PCパラメータI/O 割 付 設 定 ユニットパラメータ 2 パラメータ( 各 設 定 ) インテリジェント 機 能 ユニット 3 自 動 リフレッシュ パラメータ 4 位 置 決 めデータ インテリジェント 機 能 ユニット ユニット 拡 張 パラメータ 5 ブロック 始 動 データ パラメータの 書 込 み MELSEC iqrシリーズでは 位 置 決 めユニット 本 体 への 書 き 込 みの 他 に CPUユニットにパラメータを 書 き 込 むことができます これにより パラメータをCPUユニットで 一 元 管 理 できるため 保 守 時 のユニット 交 換 が 容 易 となります なお CPUユニットに 格 納 されたユニットパラメータおよびユニット 拡 張 パラメータは 電 源 OFF ON CPU ユニットのRESET 操 作 およびSTOP RUN 操 作 で 位 置 決 めユニットに 反 映 されます プログラムにてユニット 拡 張 パラメータの 設 定 を 行 う 場 合 は ユニットアクセスフラグのON 後 に 実 行 してくださ い CPU ユニットのSTOP RUN 操 作 で CPUユニットに 格 納 されているパラメータが 上 書 きされるため パ ラメータ 設 定 プログラムを 再 度 実 行 してください 加 工 するワークごとに 位 置 決 めデータを 変 更 するシステムや GOTなどから 設 定 変 更 を 行 うシステムなど プ ログラムから 位 置 決 めデータを 設 定 する 場 合 や ティーチング 機 能 を 用 いて 位 置 決 めデータを 変 更 する 場 合 は,ユニットパラメータの 基 本 設 定 内 の 拡 張 パラメータ 格 納 設 定 を 位 置 決 めユニット に 設 定 し ユニット バックアップ 機 能 を して 位 置 決 めユニット 内 にパラメータを 保 存 してください (4) 入 出 力 信 号 バッファメモリ MELSECQシリーズとMELSEC iqrシリーズでは 入 出 力 信 号 バッファメモリの 配 置 が 違 います 入 出 力 信 号 バッファメモリをプログラムで している 場 合 は プログラムを 見 直 す 必 要 があります No. 信 号 名 称 MELSECQシリーズ MELSEC iqrシリーズ 1 X1 同 期 用 フラグ ユニットアクセスフラグ (5) 機 能 MELSECQシリーズとMELSEC iqrシリーズで 差 異 ある 機 能 はありません

25 三 菱 シーケンサ テクニカルニュース No.FAD / 高 速 カウンタユニット MELSECQシリーズ(QD62/QD62D/QD62E)とMELSEC iqrシリーズ(rd62p2/ RD62D2/ RD62P2E)の 相 違 点 を 示 します MELSEC iqrシリーズの 詳 細 は MELSEC iqrシリーズ 高 速 カウンタユニットユーザーズマニュアル( 応 用 編 ) [SH081240] MELSEC iqr 高 速 カウンタユニットユーザーズマニュアル(スタートアップ 編 )[SH081238]を 参 照 ください (1) 配 線 QD62E と RD62P2Eのみ, 一 致 出 力 の 配 線 が 異 なります QD62Eで されている40ピンコネクタを RD62P2Eへ 流 用 する 場 合 A01,A02への 配 線 は 不 要 です(A01 A02はN.C.) (2) 専 用 命 令 MELSECQシリーズとMELSEC iqrシリーズで 相 違 ある 専 用 命 令 はありません (3) パラメータ No. MELSECQシリーズ MELSEC iqrシリーズ 1 エラー 時 出 力 モード PCパラメータI/O 割 付 設 定 ユニットパラメータ 2 スイッチ 設 定 インテリジェント 機 能 ユニット 3 パラメータ( 各 設 定 ) パラメータ 4 自 動 リフレッシュ (4) 入 出 力 信 号 バッファメモリ MELSECQシリーズとMELSEC iqrシリーズでは 入 出 力 信 号 バッファメモリの 配 置 が 違 います 入 出 力 信 号 バッファメモリをプログラムで している 場 合 は プログラムを 見 直 す 必 要 があります No. 信 号 名 称 MELSECQシリーズ MELSEC iqrシリーズ 1 XF ヒューズ 断 検 出 フラグ できません (5) 機 能 MELSECQシリーズとMELSEC iqrシリーズで 差 異 ある 機 能 はありません

26 三 菱 シーケンサ テクニカルニュース No.FAD / 情 報 ネットワークユニット 情 報 ネットワークユニット 共 通 事 項 (1) パラメータ 設 定 MELSEC iqrシリーズの 情 報 ネットワークユニットでは パラメータ 設 定 はユニット 毎 に 設 定 します GX Works2でのネットワークパラメータ 設 定 画 面 GX Works3でのユニットパラメータ 設 定 画 面 (2) 割 込 み 設 定 MELSEC iqrシリーズの 情 報 ネットワークユニットは ユニットパラメータで 割 込 みポインタの 番 号 を 設 定 しま す GX Works2でのユニットパラメータ 設 定 画 面

27 三 菱 シーケンサ テクニカルニュース No.FAD /44 GX Works3でのユニットパラメータ 設 定 画 面 (3) 専 用 命 令 (Ethernet/CCLink IEフィールド/CCLink IEコントローラ 共 通 ) MELSEC iqrシリーズでは 専 用 命 令 のネットワークNo.に 他 局 アクセス 時 有 効 ユニット 指 定 :254を 指 定 できま せん 自 局 ネットワークNo.を 指 定 してください Ethernetインタフェースユニット MELSECQシリーズ(QJ71E71100)とMELSEC iqrシリーズ(rj71en71)の 相 違 点 を 示 します MELSEC iqrシリーズの 詳 細 は MELSEC iqr Ethernet ユーザーズマニュアル( 応 用 編 )[SH081253] を 参 照 ください (1) 専 用 命 令 No. 分 類 MELSECQシリーズ MELSEC iqrシリーズ 参 照 1 Ethernet 用 コネクションの 確 立 ZP.OPEN ZP.OPEN (a) 2 命 令 エラー 情 報 クリア ZP.ERRCLR ZP.ERRCLEAR 3 受 信 している 電 子 メールを 読 み 出 す ZP.MRECV できません 4 電 子 メールを 送 信 する ZP.MSEND (a) ZP.OPEN MELSEC iqrシリーズでは コントロールデータを してオープン 処 理 を 実 施 する 際 相 手 機 器 を MACアドレスで 指 定 している 場 合 は IPアドレス 指 定 に 変 更 してください No (2) パラメータ 項 目 設 定 箇 所 MELSECQシリーズ MELSEC iqrシリーズ 1 SLMP(MCプロトコル)による 交 信 の 設 定 ネットワークパラメー オープン 設 定 ユニットパラメータ (a) 2 ランダムアクセスバッファ 交 信 の 設 定 タ (b) 3 一 斉 同 報 の 設 定 (c) 4 未 コネクションの 設 定 (d) 5 TCP/IP 接 続 機 器 の 設 定 (e) 6 生 存 確 認 の 設 定 (f) 7 RUN 中 書 込 み 設 定 動 作 設 定 (g) 8 送 信 フレーム 設 定 (h) 9 ルータ 中 継 (ゲートウェイ)パラメータ 設 定 ルータ 中 継 パラメータ (i) 10 割 込 み 設 定 割 込 み 設 定 (j) 参 照 (a) SLMP(MCプロトコル)による 交 信 の 設 定 MELSEC iqrシリーズでは SLMP 接 続 機 器 を 選 択 してください GX Works2でのユニットパラメータ 設 定 画 面 GX Works3でのユニットパラメータ 設 定 画 面

28 三 菱 シーケンサ テクニカルニュース No.FAD /44 (b) ランダムアクセスバッファ 交 信 の 設 定 MELSEC iqrシリーズは 接 続 機 器 を 選 択 後 交 信 手 段 で ランダムアクセスバッファ を 選 択 してくださ い GX Works2でのユニットパラメータ 設 定 画 面 GX Works3でのユニットパラメータ 設 定 画 面 (c) 一 斉 同 報 の 設 定 MELSEC iqrシリーズはudp 接 続 機 器 を 選 択 後 交 信 手 段 で ブロードキャスト 送 信 または ブロー ドキャスト 受 信 を 選 択 してください GX Works2でのユニットパラメータ 設 定 画 面 GX Works3でのユニットパラメータ 設 定 画 面 (d) 未 コネクションの 設 定 MELSEC iqrシリーズは 未 とするコネクションNo.に MELSOFT 接 続 機 器 を 設 定 してください GX Works2でのユニットパラメータ 設 定 画 面 GX Works3でのユニットパラメータ 設 定 画 面

29 三 菱 シーケンサ テクニカルニュース No.FAD /44 (e) TCP/IP 接 続 機 器 の 設 定 MELSEC iqrシリーズでは オープン 方 式 を 決 定 することで プロトコル も 決 定 します GX Works2でのユニットパラメータ 設 定 画 面 GX Works3でのユニットパラメータ 設 定 画 面 (f) 生 存 確 認 の 設 定 MELSEC iqrシリーズでは 相 手 機 器 構 成 設 定 でコネクション 毎 に 設 定 してください また TCP/IPの 生 存 確 認 はKeepAliveのみ 可 能 です GX Works2でのユニットパラメータ 設 定 画 面 GX Works3でのユニットパラメータ 設 定 画 面

30 三 菱 シーケンサ テクニカルニュース No.FAD /44 (g) RUN 中 書 き 込 み 設 定 MELSEC iqrシリーズでは SLMP 交 信 は 基 本 設 定 自 ノード 設 定 RUN 中 の 書 込 み 許 可 / 禁 止 設 定 から FTPサーバ 機 能 は 応 用 設 定 FTPサーバ 設 定 RUN 中 書 込 み 許 可 からそれぞれ 設 定 してくださ い GX Works2でのユニットパラメータ 設 定 画 面 GX Works3でのユニットパラメータ 設 定 画 面 (h) 送 信 フレーム 設 定 MELSEC iqrシリーズでは Ethernet(V2.0) のみ 可 能 です なお IEEE802.3 フレームは 受 信 の み 可 能 です

31 三 菱 シーケンサ テクニカルニュース No.FAD /44 (i) ゲートウェイパラメータ 設 定 (ルータ 中 継 パラメータ) MELSEC iqrシリーズでは 基 本 設 定 自 ノード 設 定 で サブネットマスク デフォルトゲートウェイ 応 用 設 定 ゲートウェイ 設 定 パラメータ で ゲートウェイ 情 報 を 設 定 します MELSEC iqrシリーズは 設 定 項 目 の 名 称 がMELSEC Qシリーズから 変 更 になっています サブネットマスクパターン サブネットマスク デフォルトルータIPアドレス デフォルトゲートウェイ ルータ 情 報 ゲートウェイ 情 報 ルータIPアドレス ゲートウェイIPアドレス GX Works2でのユニットパラメータ 設 定 画 面 GX Works3でのユニットパラメータ 設 定 画 面 (j) 割 込 み 設 定 MELSEC iqrシリーズは 設 定 項 目 の 名 称 がMELSECQシリーズから 変 更 になっています RECVS 命 令 SEND 命 令 データ 受 信 固 定 バッファ コネクション 受 信 (3) 入 出 力 信 号 バッファメモリ MELSECQシリーズとMELSEC iqrシリーズでは 入 出 力 信 号 バッファメモリの 配 置 が 違 います 入 出 力 信 号 バッファメモリをプログラムで している 場 合 は プログラムを 見 直 す 必 要 があります (4) 機 能 No. 項 目 MELSECQシリーズ MELSEC iqrシリーズ 参 照 1 電 子 メール 機 能 電 子 メール 機 能 できません 2 Web 機 能 Web 機 能 できません 3 SLMP(MCプロトコル) A 互 換 1Eフレーム できません

32 三 菱 シーケンサ テクニカルニュース No.FAD / CCLink IEフィールドネットワークマスタ ローカルユニット MELSECQシリーズ(QJ71GF11T2) と MELSEC iqrシリーズ(rj71gf11t2(rj71en71 1 ))の 相 違 点 を 示 します MELSEC iqrシリーズの 詳 細 は MELSEC iqr CCLink IEフィールドネットワークユーザーズマニュ アル( 応 用 編 )[SH081255]を 参 照 ください 1:RJ71EN71は パラメータ 設 定 によりCCLink IEフィールドネットワークとEthernetを 切 り 替 えて できます 本 書 で は 区 別 する 必 要 がない 場 合 パラメータ 設 定 によりCCLink フィールドネットワークとしたRJ71EN71を RJ71GF11T2と 称 します (1) システム 構 成 RJ71GF11T2 以 外 をマスタ 局 に する 場 合 するマスタ 局 のシリアルNo.に 制 約 があります マスタ 局 には 下 記 ユニットを してください 形 名 シリアルNo.の 上 5 桁 2 QJ71GF11T2 LJ71GF11T2 Q81BDJ71GF11T2 QS0J71GF11T 以 降 以 降 以 降 以 降 2:マスタ 局 のシリアルNo.が 上 記 以 前 の 場 合 マスタ 局 の ネットワーク 構 成 設 定 の RX/RY 設 定 を 以 下 表 のようにし てください 処 置 方 法 割 付 点 数 を 変 更 する 予 約 局 を 追 加 するな ど 全 局 で 一 番 大 きい 最 終 番 号 が32の 倍 数 1 となるようにしてくだ さい 処 置 例 変 更 前 変 更 後 全 局 で 一 番 大 きい 最 終 番 号 を7FH 以 下 にして ください 変 更 前 変 更 後 (2) 専 用 命 令 MELSECQシリーズとMELSEC iqrシリーズで 相 違 のある 専 用 命 令 はありません

33 三 菱 シーケンサ テクニカルニュース No.FAD /44 (3) パラメータ No. MELSECQシリーズ MELSEC iqrシリーズ 参 照 1 ネットワーク ネットワーク 構 成 設 定 ユニット 基 本 設 定 ネットワーク 構 成 設 定 (a) 2 パラメータ モード パラメータ 応 用 設 定 ユニット 動 作 モード 設 定 (b) (a) ネットワーク 構 成 設 定 MELSECQシリーズでは 構 成 設 定 を 表 形 式 とCC IE Field 構 成 ウィンドウで 設 定 可 能 でしたが MELSEC iqrシリーズでは CC IE Field 構 成 ウィンドウのみ 設 定 可 能 です (b)ユニット 動 作 モード 設 定 MELSEC iqrシリーズでは H/Wテストと 自 己 折 返 しテストは 単 体 通 信 テストに 統 合 しています また 回 線 テストは できません GX Works3のCCLink IEフィールドネットワーク 診 断 画 面 で 確 認 してください No. 項 目 MELSECQシリーズ MELSEC iqrシリーズ 1 H/Wテスト H/Wテスト 単 体 通 信 テスト 2 自 己 折 返 しテスト 自 己 折 返 しテスト 3 回 線 テスト 回 線 テスト できません (4) リンク 特 殊 リレー(SB) リンク 特 殊 レジスタ(SW) MELSEC iqrシリーズでは リンク 特 殊 リレー(SB) リンク 特 殊 レジスタ(SW)の 番 号 の 一 部 が 異 な ります SB/SWをプログラムで している 場 合 は プログラムを 見 直 す 必 要 があります 項 目 MELSECQシリーズ MELSEC iqrシリーズ イベント 履 歴 クリア 受 付 状 態 / 完 了 状 態 SB0061~62 できません イベント 履 歴 発 生 状 態 SB007A できません イベント 履 歴 累 積 回 数 SW007A できません ハードウェアテスト 完 了 状 態 SB0090~91 できません 自 己 折 り 返 しテスト 完 了 状 態 正 常 / 異 常 完 了 状 態 SB0092~93 できません 回 線 テスト 完 了 状 態 正 常 / 異 常 完 了 状 態 SB0094~95 できません 回 線 テスト 指 示 受 付 け 状 態 SB009A できません 回 線 テスト 結 果 SW0194 できません 回 線 テスト 詳 細 結 果 SW01A0~SW 01A7 できません (5) 機 能 MELSECQシリーズとMELSEC iqrシリーズで 相 違 ある 機 能 はありません

34 三 菱 シーケンサ テクニカルニュース No.FAD / CCLinkシステムマスタ ローカルユニット MELSECQシリーズ(QJ61BT11N) と MELSEC iqrシリーズ(rj61bt11)の 相 違 点 を 示 します MELSEC iqrシリーズの 詳 細 は MELSEC iqr CCLinkシステムマスタ ローカルユニットユーザーズマニュア ル( 応 用 編 )[SH081268]を 参 照 ください (1) 専 用 命 令 No. 分 類 MELSECQシリーズ MELSEC iqrシリーズ 参 照 1 マスタ 局 のネットワークパラメータ 設 定 RLPASET RLPASET (a) (a) RLPASET MELSECQシリーズではコントロールデータのデバイス(S1+1) 設 定 フラグ のb14,b15で モード を 設 定 し ていましたが MELSEC iqrシリーズではユニットパラメータで 設 定 するため 0 固 定 にしてください QJ61BT11N での 設 定 データ RJ61BT11N での 設 定 データ (2) パラメータ No. 項 目 MELSECQシリーズ MELSEC iqrシリーズ 参 照 1 局 番 設 定 / 伝 送 速 度 ロータリースイッチで 設 定 ユニットパラメータで 設 定 2 モード 設 定 ネットワークパラメータまたは ユニットパラメータで 設 定 スイッチ 設 定 で 設 定 3 リフレッシュ デバイス 番 号 の 先 頭 を 設 定 ユニット 側 のデバイスの 先 頭 番 号 と 最 終 番 号 デバイス 番 号 の 先 頭 を 設 定 4 CCLink 構 成 設 定 局 情 報 設 定 ( 表 形 式 )または CCLink 構 成 設 定 で 設 定 CCLink 構 成 設 定 で 設 定 (3) リンク 特 殊 リレー(SB) リンク 特 殊 レジスタ(SW) MELSEC iqrシリーズでは リンク 特 殊 リレー(SB) リンク 特 殊 レジスタ(SW)の 番 号 および 機 能 の 一 部 が 異 なります SB/SWをプログラムで している 場 合 は プログラムを 見 直 す 必 要 があります 項 目 MELSECQシリーズ MELSEC iqrシリーズ スイッチ 設 定 状 態 SB006A できません 自 局 スイッチ 変 化 検 出 SB0078 できません 自 動 CCLink 起 動 実 行 結 果 SW0052 できません スイッチ 設 定 状 態 SW006A できません リモートデバイス 局 イニシャライズ 手 順 登 録 実 行 個 別 情 報 SW0110~SW011F Un\G23680~23743 (4) バッファメモリ MELSECQシリーズとMELSEC iqrシリーズでは バッファメモリの 配 置 が 違 います バッファメモリをプログラムで している 場 合 は プログラムを 見 直 す 必 要 があります (5) 機 能 No. 項 目 MELSECQシリーズ MELSEC iqrシリーズ 参 照 1 モード 設 定 リモートネット 追 加 モード できません 2 自 動 CCLink 起 動 機 能 自 動 CCLink 起 動 できません

35 三 菱 シーケンサ テクニカルニュース No.FAD / シリアルコミュニケーションユニット MELSECQシリーズ(QJ71C24N/QJ71C24NR2/QJ71C24NR4) と MELSEC iqrシリーズ (RJ71C24/RJ71C24R2/RJ71C24R4)の 相 違 点 を 示 します MELSEC iqrシリーズの 詳 細 は MELSEC iqr シリアルコミュニケーションユニットユーザーズマニュアル( 応 用 編 )[SH081249]を 参 照 ください (1) 専 用 命 令 MELSECQシリーズとMELSEC iqrシリーズで 相 違 のある 専 用 命 令 はありません (2) パラメータ No. MELSECQシリーズ MELSEC iqrシリーズ 1 スイッチ 設 定 PC パラメータI/O 割 付 設 定 ユニットパラメータ 2 各 種 制 御 指 定 インテリジェント 機 能 ユニット 3 シーケンサCPU 監 視 機 能 4 ユーザ 登 録 指 定 5 自 動 リフレッシュ 6 モデム 機 能 7 ユーザ 登 録 内 容 パラメータ ユニット 拡 張 パラメータ 1 1:モデム 接 続 用 データのページャ 受 信 機 指 定 報 知 状 況 確 認 用 のリフレッシュ 設 定 は できません パラメータの 書 込 み MELSEC iqrシリーズでは シリアルコミュニケーションユニット 本 体 への 書 き 込 みの 他 に CPUユニットにパ ラメータを 書 き 込 むことができます これにより パラメータをCPUユニットで 一 元 管 理 できるため 保 守 時 のユ ニット 交 換 が 容 易 となります なお CPUユニットに 格 納 されたユニットパラメータおよびユニット 拡 張 パラメータは 電 源 OFF ON CPUユ ニットのRESET 操 作 およびSTOP RUN 操 作 で シリアルコミュニケーションユニットに 反 映 されます (3) 入 出 力 信 号 MELSEC iqrシリーズでは 入 出 力 信 号 の 配 置 が 違 います 入 出 力 信 号 をプログラムで している 場 合 は プログラムを 見 直 す 必 要 があります No. 信 号 名 称 MELSECQシリーズ MELSEC iqrシリーズ 1 X15 報 知 正 常 完 了 できません 2 X16 報 知 異 常 完 了 できません 3 X19 フラッシュROM システム 設 定 完 了 できません 4 YE CH1エラー 初 期 化 要 求 エラー 初 期 化 要 求 5 YF CH2エラー 初 期 化 要 求 できません 6 Y14 報 知 発 行 要 求 できません 7 Y19 フラッシュROM システム 要 求 できません (4) バッファメモリ MELSEC iqrシリーズではバッファメモリの 配 置 が 違 います バッファメモリをプログラムで している 場 合 は プログラムを 見 直 す 必 要 があります (5) 機 能 MELSECQシリーズとMELSEC iqrシリーズで 相 違 ある 機 能 はありません

36 三 菱 シーケンサ テクニカルニュース No.FAD /44 2. MELSEC iqrシリーズとqシリーズの 仕 様 差 異 一 覧 2.1. CPUユニット(QnUDVCPUとRCPU) No. 機 能 名 QnUDVCPU 備 考 RnCPU 備 考 1 システム ユニット 装 着 枚 数 最 大 64 枚 最 大 64 枚 2 構 成 Ethernetユニット 最 大 4 枚 制 約 なし 3 CCLink IEコントローラネットワークユニット 最 大 4 枚 最 大 8 枚 / 最 大 32 枚 (マルチCPU 構 成 時 ) 4 CCLink IE フィールドネットワークユニット 最 大 8 枚 / 最 大 32 枚 (マルチCPU 構 成 時 ) 最 大 8 枚 / 最 大 32 枚 (マルチCPU 構 成 時 ) 5 CCLinkユニット 最 大 8 枚 / 最 大 32 枚 (マルチCPU 構 成 時 ) 最 大 8 枚 / 最 大 32 枚 (マルチCPU 構 成 時 ) 6 ユニット 装 着 枚 数 MELSECNET/Hユニット 最 大 4 枚 7 (Qシリーズ) 割 込 みユニット(エンジニアリングツールによる 設 定 なし 時 ) 最 大 1 枚 / 最 大 4 枚 (マルチCPU 構 成 時 ) 最 大 1 枚 / 最 大 4 枚 (マルチCPU 構 成 時 ) 8 可 能 ユニット MELSEC iqrシリーズユニット 9 MELSECQシリーズユニット 一 部 ユニット 制 約 あり 10 MELSECAnS/Aシリーズユニット 一 部 ユニット 制 約 あり 11 バス 接 続 によるGOT (Ethernetによる 接 続 を 行 ってください) 12 増 設 ベース 段 数 最 大 7 段 (コネクタピンで 設 定 ) 最 大 7 段 ( 自 動 認 識 ) 13 増 設 ケーブル 長 最 大 13.2m 最 大 20m 14 プログラ プログラミング 言 語 ラダーダイアグラム(LD) 15 ミング シーケンシャルファンクションチャート(SFC) 16 ストラクチャードテキスト(ST) 17 ファンクション ブロック ダイアグラム(FBD)/ 構 造 化 ラダー 18 ファンクションブロック(FB) 19 プログラム 実 行 タイ 初 期 実 行 タイプ 20 プ スキャン 実 行 タイプ 21 定 周 期 実 行 タイプ 22 待 機 タイプ 23 イベント 実 行 タイプ 新 機 能 24 入 出 力 点 数 [X/Y] [ 点 ] ユーザデバイス デバイス 配 置 変 更 あり 26 ファイルレジスタ 拡 張 データレジスタ/ 拡 張 リンクレジスタなし 27 システムデバイス SM/SD 一 部 配 置 変 更 あり 28 コンスタントスキャン [ms] 0.5~2000(0.1ms 単 位 ) 0.2~2000(0.1ms 単 位 ) 29 定 周 期 割 込 み I28~31 [ms] 0.5~1000(0.5ms 単 位 ) 0.5~1000(0.5ms 単 位 ) 30 I49 [ms] 0.1~1.0(0.1ms 単 位 ) 0.05~1000(0.05ms 単 位 ) 31 メモリ 容 プログラム 容 量 [ステップ] 30K/40K/60K/130K/260K 40K/80K/160K/320K/1200K 32 量 プログラムメモリ [バイト] 120K/160K/240K/520K/1040K 160K/320K/640K/1280K/4800K 33 標 準 RAM/デバイス/ラベルメモリ [バイト] 192K/256K/768K/1024K/1280K 400K/1188K/1720K/2316K/3380K 34 標 準 ROM/データメモリ [バイト] K/1025.5K/1025.5K/2051K/4102K 2M/5M/10M/20M/40M 35 処 理 時 命 令 処 理 時 間 LD 命 令 [ns] 間 OUT 命 令 [ns] MOV 命 令 [ns] PC MIX 値 [ 命 令 /μs] 命 令 シーケンス 命 令 40 基 本 命 令 41 BIN16ビットデータ 32ビット 浮 動 小 数 点 型 実 数 変 換 FLT INT2FLT 42 BIN32ビットデータ 32ビット 浮 動 小 数 点 型 実 数 変 換 DFLT DINT2FLT 43 BIN16ビットデータ 64ビット 浮 動 小 数 点 型 実 数 変 換 FLTD INT2DBL 44 BIN32ビットデータ 64ビット 浮 動 小 数 点 型 実 数 変 換 DFLTD DINT2DBL 45 32ビット 浮 動 小 数 点 型 実 数 BIN16ビットデータ 変 換 INT FLT2INT 46 32ビット 浮 動 小 数 点 型 実 数 BIN32ビットデータ 変 換 DINT FLT2DINT 47 64ビット 浮 動 小 数 点 型 実 数 BIN16ビットデータ 変 換 INTD DBL2INT 48 64ビット 浮 動 小 数 点 型 実 数 BIN32ビットデータ 変 換 DINTD DBL2DINT 49 BIN16ビットデータ BIN32ビットデータ 変 換 DBL INT2DINT 50 BIN32ビットデータ BIN16ビットデータ 変 換 WORD DINT2INT 51 32ビット 浮 動 小 数 点 型 実 数 64ビット 浮 動 小 数 点 型 実 数 変 換 ECON FLT2DBL 52 64ビット 浮 動 小 数 点 型 実 数 32ビット 浮 動 小 数 点 型 実 数 変 換 EDCON DBL2FLT 53 応 用 命 令 進 アスキーコード BIN16ビットデータ 変 換 HEX ASC2INT 55 BIN16ビットデータ 16 進 アスキーコード 変 換 ASC INT2ASC 56 32ビット 浮 動 小 数 点 型 実 数 平 方 根 演 算 SQR ESQRT 57 64ビット 浮 動 小 数 点 型 実 数 平 方 根 演 算 SQRD EDSQRT 58 BCD4 桁 平 方 根 演 算 BSQR BSQRT 59 BCD8 桁 平 方 根 演 算 BDSQR BDSQRT 60 傾 斜 信 号 命 令 RAMP RAMPQ 61 BIN16ビットデータのサーチ SER SERDATA 62 BIN32ビットデータのサーチ DSER DSERDATA 63 BIN16ビットデータのソート SORT SORTD 64 BIN32ビットデータのソート DSORT DSORTD 65 時 間 データの 変 換 ( 時 分 秒 秒 ) SECOND TIME2SEC 66 時 間 データの 変 換 ( 秒 時 分 秒 ) HOUR SEC2TIME 67 BIN32ビットデータのデータリード(バッファメモリアクセス) DFRO DFROM 68 割 込 禁 止 DI( 実 行 条 件 なし( 常 時 実 行 )) DI( 実 行 条 件 付 き) 69 割 込 許 可 EI( 実 行 条 件 なし( 常 時 実 行 )) EI( 実 行 条 件 付 き) 70 リフレッシュ COM( 実 行 条 件 なし( 常 時 実 行 )) COM( 実 行 条 件 付 き) 71 リフレッシュ( 実 行 条 件 付 き) CCOM COM 72 デバイスコメントの 読 出 し COMRD 73 コメントファイルセット QCDSET 74 ファイルレジスタ 高 速 ブロック 転 送 RBMOV BMOVを 75 自 号 機 CPU 共 有 メモリ 書 込 み TO/S.TO TO 76 ユニット 情 報 読 出 し UNIRD UNIINFRD

37 三 菱 シーケンサ テクニカルニュース No.FAD /44 No. 機 能 名 QnUDVCPU 備 考 RnCPU 備 考 77 機 能 時 計 機 能 タイムゾーン 設 定 機 能 あり 78 LED 表 示 機 能 79 スキャン 監 視 機 能 (WDT 設 定 ) 80 割 込 み 機 能 多 重 割 込 み 機 能 あり 81 高 速 割 込 み(I49) 高 速 I/Oリフレッシュ, 高 速 バッファ 転 送 あり 高 速 I/Oリフレッシュ, 高 速 バッファ 転 送 なし 82 データベース 機 能 新 機 能 83 デバイス 84 ローカルデバイス # (シャープ) 記 号 を 付 加 して 85 デバイス 初 期 値 86 ラベル 87 ローカルラベル 88 ラベル 初 期 値 (グローバルラベル/ローカルラベル) 新 機 能 89 外 部 機 器 からのラベルアクセス 新 機 能 90 ラッチ 機 能 91 標 準 ROMへのラッチデータバックアップ 機 能 GOTのバックアップ/リストア 機 能 を 92 ブート 運 転 93 サービス 処 理 設 定 94 A 互 換 1C/1Eフレームによるアクセス (A Q 変 換 SM/SD(SM1000~SM1255/SD1000~SD1255) 95 マルチCPU 機 能 グループ 外 入 出 力 取 り 込 み 96 CPU 停 止 エラー 時 の 動 作 モード 97 マルチCPU 間 同 期 立 上 げ 98 マルチCPU 間 時 計 同 期 99 リフレッシュによる 交 信 END 処 理 で 交 信 END 処 理 で 交 信 100 マルチCPU 間 共 有 メモリ/CPUバッファメモリアクセスへの FROM/TO 命 令 /マルチCPU 間 共 有 デバイス FROM/TO 命 令 /CPUバッファメモリアクセスデ アクセス 方 法 (U3En\G0~) バイス(U3En\G0~) 101 マルチCPU 間 高 速 通 信 マルチCPU 間 同 期 割 込 み(I45) [ms] 0.88( 固 定 ) 0.10~10.00( 可 変 ) 102 / 定 周 期 通 信 リフレッシュによる 交 信 END 処 理 で 交 信 I45 実 行 時 に 交 信 103 エリアへのアクセス 方 法 FROM/TO 命 令 /マルチCPU 間 共 有 デバイス CPUバッファメモリアクセスデバイス (U3En\G10000~) (U3En\HG0~) 104 マルチCPU 間 専 用 命 令 105 サンプリングトレース トリガロギングを 106 データロギング 機 能 トリガロギング, 連 続 ロギング 107 保 存 ファイル 形 式 CSV 形 式 Unicode 形 式,バイナリ 形 式 108 ファイル 転 送 機 能 109 スキャンタイム 測 定 110 診 断 機 能 自 己 診 断 機 能 エラーコードの 変 更 あり 111 エラー 解 除 エラー 種 別 によるエラー 解 除 あり 一 括 解 除 のみ 112 履 歴 機 能 エラー 履 歴 操 作 情 報 などのイベント 履 歴 機 能 あり 113 モニタ 機 能 モニタ 114 モニタ 条 件 の 設 定 115 外 部 入 出 力 の 強 制 ON/OFF 116 実 行 条 件 付 きデバイステスト 117 RUN 中 書 込 み 回 路 モードでのRUN 中 書 込 み 118 ファイルのRUN 中 書 込 み 119 T/C 設 定 値 変 更 GX Works3のウォッチ 機 能 を 120 メモリカードによるCPUユニット 交 換 機 能 GOTのバックアップ/リストア 機 能 を 121 セキュリティ ファイルパスワード(ファイルパスワード32) 4~32 文 字 ( 可 変 ) 6~32 文 字 ( 可 変 ) 122 リモートパスワード 4 文 字 ( 固 定 ) 6~32 文 字 ( 可 変 ) 123 内 蔵 Ethernet 機 能 MELSOFT 製 品 およびGOTとの 接 続 124 MCプロトコル/SLMPによる 交 信 125 ソケット 通 信 による 交 信 126 通 信 プロトコルによる 交 信 127 時 刻 設 定 機 能 (SNTPクライアント) 128 ファイル 転 送 機 能 (FTPサーバ) 129 IPアドレス 変 更 機 能 2.2. 電 源 ベース I/Oユニット No. 機 能 名 MELSECQシリーズ 備 考 MELSEC iqrシリーズ 備 考 1 電 源 定 格 出 力 電 流 6.0A 6.5A 2 端 子 台 ネジサイズ M3.5 M4.0 3 ベース 増 設 ケーブル 固 定 固 定 ネジ ロックボタン 4 増 設 ベース 段 数 設 定 コネクタピンで 設 定 自 動 認 識 5 DINレール 取 付 け 用 アダプタ Qシリーズ 用 DINレールアダプタ Rシリーズ 用 DINレールアダプタ 6 I/O 入 力 ユニット 入 力 応 答 時 間 設 定 設 定 可 ( 全 点 一 括 ) 設 定 可 (1 点 毎 ) 7 OFF 電 圧 /OFF 電 流 32 点 64 点 タイプ 11V 以 下 /1.7mA 以 下 6V 以 下 /1mA 以 下 8 応 答 時 間 ON OFF 設 定 値 :0.1 QX40S1:0.20ms 0.35ms (MAX) 設 定 値 :0.2 QX40S1:0.30ms 0.40ms 9 割 込 み 機 能 QI60( 全 点 一 括 ) 入 力 ユニット(1 点 毎 ) 10 入 出 力 混 合 ユニット OFF 電 圧 /OFF 電 流 11V 以 下 /1.7mA 以 下 6V 以 下 /1mA 以 下

38 三 菱 シーケンサ テクニカルニュース No.FAD / インテリジェント 機 能 ユニット アナログディジタル 変 換 ユニット No. 機 能 名 Q64AD,Q68ADV,Q68ADI 備 考 1 2 性 能 仕 様 ディジタル 出 力 ( 分 解 能 ) 精 度 (ディジタル 出 力 値 の 最 大 値 に 対 する 精 度 ) ディジタルアナログ 変 換 ユニット 16ビット 符 号 付 バイナリ 通 常 分 解 能 モード:4096~4095 高 分 解 能 モード:12288~12287,16384~16383 周 囲 温 度 0~55 温 度 ドリフト 補 正 あり 時 :±0.3% 温 度 ドリフト 補 正 なし 時 :±0.4% 16ビット 符 号 付 バイナリ 32768~32767 周 囲 温 度 0~55 ±0.3% 3 機 能 アナログ 入 力 レンジ 拡 張 レンジ 未 対 応 1~5V( 拡 張 )レンジ,4~20mA( 拡 張 )レンジを 選 択 可 能 4 温 度 ドリフト 補 正 なし( 温 度 ドリフト 補 正 なしでも 精 度 向 上 しているため) 5 入 出 力 信 号 X1: 温 度 ドリフト 補 正 状 態 フラグ X8: 高 分 解 能 モード 状 態 フラグ XC: 禁 止 6 移 動 平 均, 一 次 遅 れフィルタ 未 対 応 A/D 変 換 方 式 平 均 時 間 :2~1500ms 7 スケーリング 機 能 8 シフト 機 能 9 ディジタルクリップ 機 能 10 差 分 変 換 機 能 11 警 報 出 力 機 能 (プロセスアラーム) 12 警 報 出 力 機 能 (レートアラーム) 13 入 力 信 号 異 常 検 出 機 能 14 ロギング 機 能 15 ユニット 間 同 期 機 能 16 エラー 履 歴 機 能 17 イベント 履 歴 機 能 18 割 込 み 機 能 1 性 能 仕 様 2 機 能 名 ディジタル 入 力 ( 分 解 能 ) 入 出 力 信 号 16ビット 符 号 付 バイナリ 通 常 分 解 能 モード:4096~4095 高 分 解 能 モード:12288~12287,16384~16383 X7: 禁 止 X8: 高 分 解 能 モード 状 態 フラグ XD: 同 期 出 力 モード 状 態 フラグ XE: 禁 止 YD: 同 期 出 力 要 求 YE: 禁 止 3 バッファメモリ 4 スケーリング 機 能 5 シフト 機 能 6 警 報 出 力 機 能 7 レート 制 御 機 能 8 外 部 供 給 電 源 断 検 出 機 能 9 同 期 出 力 10 波 形 出 力 機 能 11 ユニット 間 同 期 機 能 12 エラー 履 歴 機 能 13 イベント 履 歴 機 能 14 割 込 み 機 能 R60AD4,R60ADV8,R60ADI8 備 考 X1: 禁 止 X8: 警 報 出 力 信 号 XC: 入 力 信 号 異 常 検 出 信 号 移 動 平 均, 一 次 遅 れフィルタを 選 択 可 能 平 均 時 間 :2~5000ms No. 機 能 名 Q64DA,Q68DAV,Q68DAI R60DA4,R60DAV8,R60DAI8 備 考 備 考 16ビット 符 号 付 バイナリ 32768~32767 X7: 外 部 供 給 電 源 READYフラグ X8: 禁 止 XD: 断 線 検 出 信 号 XE: 警 報 出 力 信 号 YD: 断 線 検 出 クリア 要 求 YE: 警 報 出 力 クリア 要 求

39 三 菱 シーケンサ テクニカルニュース No.FAD / 位 置 決 めユニット No. 項 目 QD75P2N/QD75P4N/QD75D2N/QD75D4N 備 考 RD75P2/RD75P4/RD75D2/RD75D4 備 考 1 性 能 仕 様 最 大 出 力 パルス 数 ( 差 動 ドライバタイプのみ) 4,000,000 pulse/s 5,000,000 pulse/s 2 手 動 パルサ1パルス 入 力 倍 率 1~1,000 倍 1~10,000 倍 3 トルク 制 限 値 1~500 1~ 機 能 オーバライド 機 能 0% 設 定 は 無 効 0% 設 定 を 有 効 5 原 点 復 帰 未 完 了 時 の 動 作 原 点 復 帰 未 完 了 時 も 位 置 決 め 動 作 可 能 原 点 復 帰 未 完 了 時 に, 位 置 決 め 始 動 可 能 / 不 可 能 を 選 択 可 能 6 機 械 原 点 復 帰 方 式 (データセット 式 ) データセット 式 に 未 対 応 データセット 式 に 対 応 7 Mコード 出 力 機 能 WITH/AFTERの 切 換 えはシーケンサレディの OFF ON 時 のみ 変 更 可 能 8 補 間 速 度 指 定 方 法 位 置 決 めデータ 毎 に 切 り 替 え 不 可 ( 位 置 決 めデータ 毎 の 切 り 替 え) 9 Degree 時 ABS 方 向 指 定 位 置 決 めデータ 毎 に 切 り 替 え 不 可 ( 位 置 決 めデータ 毎 の 切 り 替 え) 10 電 子 ギア パラメータの 電 子 ギアに 関 する 領 域 16bitの み 位 置 決 めデータ 毎 にWITH/AFTERが 切 換 え 可 能 パラメータの 電 子 ギアに 関 する 領 域 16bitと 32bitを 選 択 可 能 11 フラッシュROM 書 込 み 情 報 フラッシュROM 書 込 み 回 数 のみ フラッシュROM 書 込 み 回 数 に,フラッシュ ROM 書 込 み 日 時 を 追 加 12 差 動 ドライバコモン 端 子 ( 差 動 ドライバタイプのみ) 13 速 度 位 置 / 位 置 速 度 切 換 え 制 御 外 部 信 号 速 度 位 置 / 位 置 速 度 切 換 え 信 号 による 制 御 切 換 え 別 コネクタ 外 部 機 器 接 続 用 コネクタに 統 合 14 始 動 時 間 1.5ms 0.3ms 15 degree 軸 指 令 速 度 0~ ~ エラーリセット 軸 エラーリセット 全 軸 エラーリセット 軸 エラーリセット 17 ユニットアクセスフラグ(X01) CPUユニットの 電 源 ON/CPUユニットのリ セット 後 CPUユニットからQD75N へのアク セス 可 能 状 態 でON 名 称 は 同 期 用 フラグ です 18 CPUユニットへのパラメータ 格 納 電 源 ON 時 に フラッシュROMに 保 存 されたパ ラメータが 有 効 外 部 信 号 速 度 位 置 / 位 置 速 度 切 換 え 信 号 Cd.46 速 度 位 置 切 換 え 指 令 による 切 換 え CPUユニットがSTOP 中 はOFF CPUユニットのRUN 後 CPUユニットから RD75へのアクセス 可 能 状 態 でON ユニットパラメータ: 電 源 ON 時 CPUのSTOP RUN 時 にCPUユニットに 格 納 されたユニッ トパラメータが 有 効 拡 張 パラメータ: 電 源 ON 時 CPUのSTOP RUN 時 に 拡 張 パラメータ 格 納 設 定 で 指 定 した 格 納 先 の 拡 張 パラメータが 有 効 高 速 カウンタユニット No 項 目 性 能 仕 様 機 能 計 数 速 度 切 換 設 定 カウンタ 一 致 出 力 外 部 入 力 比 較 結 果 プリセット フィルタの 設 定 ファンクション フィルタの 設 定 QD62,QD62E DC 入 力 時 1 逓 倍 時 2 逓 倍 時 10kpps,100kpps,200kpps 3 逓 倍 時 外 部 出 力 一 致 出 力 2 点 パルス 測 定 PWM 出 力 測 定 分 解 能 出 力 周 波 数 範 囲 デューティ 比 一 致 出 力 ( 高 速 ) 32ビット 符 号 つきバイナリ ( ~ ) UP/DOWNプリセットカウンタ+リングカウンタ 機 能 32ビット 符 号 付 きバイナリ 設 定 値 <カウント 値 設 定 値 =カウント 値 設 定 値 >カウント 値 トランシ スタ(ソースタイフ ) 出 力 2 点 /チャンネル 出 力 点 数 8 ユニット 間 同 期 機 能 不 可 不 可 32ビット 符 号 つきバイナリ( ~ ) UP/DOWNプリセットカウンタ+リングカウンタ 機 能 32ビット 符 号 付 きバイナリ 設 定 値 <カウント 値 設 定 値 =カウント 値 設 定 値 >カウント 値 2 点 ( 高 速 ) RD62D2 DC 入 力 時 10kpps,100kpps,200kpps 最 高 計 数 速 度 200kpps 200kpps 計 数 範 囲 型 比 較 範 囲 形 名 式 測 定 項 目 測 定 入 力 点 数 動 作 中 の 設 定 変 更 1 点 (プリセット)/チャンネル 可 1 点 /チャンネル 可 トランシ スタ(ソースタイフ ) 出 力 2 点 ( 高 速 )/チャンネル パルス 幅 (H 幅 L 幅 立 ち 上 がり 立 ち 上 がり 立 下 り 立 下 り) 100ns 2 点 /チャンネル(Func) DC~ 最 大 200kHz 任 意 (0.1μs 単 位 で 設 定 可 能 ) 2 点 /チャンネル

40 三 菱 シーケンサ テクニカルニュース No.FAD /44 No. 項 目 1 性 能 仕 様 2 計 数 速 度 切 換 設 定 形 名 QD62D 差 動 入 力 時 1 逓 倍 時 10kpps,100kpps, 2 逓 倍 時 200Kpps,500kpps 3 逓 倍 時 最 高 計 数 速 度 500kpps カウンタ 計 数 範 囲 32ビット 符 号 つきバイナリ ( ~ ) 型 式 UP/DOWNプリセットカウンタ+リングカウンタ 機 能 3 比 較 範 囲 32ビット 符 号 付 きバイナリ 一 致 出 力 比 較 結 果 設 定 値 <カウント 値 設 定 値 =カウント 値 設 定 値 >カウント 値 4 機 能 プリセット フィルタの 設 定 不 可 外 部 入 力 ファンクション フィルタの 設 定 不 可 5 外 部 出 力 一 致 出 力 2 点 6 測 定 項 目 パルス 測 定 測 定 分 解 能 測 定 入 力 点 数 7 出 力 周 波 数 範 囲 一 致 出 力 ( 高 速 ) デューティ 比 PWM 出 力 動 作 中 の 設 定 変 更 出 力 点 数 8 ユニット 間 同 期 機 能 RD62D2 差 動 入 力 時 10kpps,100kpps, 200Kpps,500kpps, 1Mpps,2Mpps 10kpps,100kpps, 200Kpps,500kpps, 1Mpps 2Mpps 4Mpps 10kpps,100kpps, 200Kpps,500kpps, 1Mpps,2Mpps,4Mpps,8Mpps 8Mpps (2 相 4 逓 倍 時 ) 32ビット 符 号 つきバイナリ ( ~ ) UP/DOWNプリセットカウンタ+リングカウンタ 機 能 32ビット 符 号 付 きバイナリ 設 定 値 <カウント 値 設 定 値 =カウント 値 設 定 値 >カウント 値 1 点 (プリセット)/チャンネル 可 1 点 /チャンネル 可 2 点 ( 高 速 ) パルス 幅 (H 幅 L 幅 立 ち 上 がり 立 ち 上 がり 立 下 り 立 下 り) 100ns 2 点 /チャンネル(Func) DC~ 最 大 200kHz 任 意 (0.1μs 単 位 で 設 定 可 能 ) 2 点 /チャンネル

41 三 菱 シーケンサ テクニカルニュース No.FAD / 情 報 ネットワークユニット Ethernetインタフェースユニット No. 機 能 名 QJ71E71100 RJ71EN71(Ethernet) 備 考 備 考 1 性 能 仕 様 伝 送 データ 伝 送 速 度 100Mbps/10Mbps 1Gbps/100Mbps/10Mbps 2 通 信 モード 1000BASET 全 二 重 3 100BASETX 全 二 重 / 半 二 重 全 二 重 / 半 二 重 4 10BASET 半 二 重 全 二 重 / 半 二 重 5 インターフェース RJ45コネクタ(MDI 固 定 ) RJ45コネクタ(AUTO MDI/MDIX) 6 伝 送 方 法 ベースバンド ベースバンド 7 最 大 フレームサイズ 1518バイト 1518バイト 9022バイト(ジャンボフレーム 時 ) 8 ジャンボフレーム *5 9 最 大 セグメント 長 100m(ハブとノード 間 の 長 さ)*2 100m(ハブとノード 間 の 長 さ)*2 10 カスケード 接 続 段 数 1000BASET * BASETX 最 大 2 段 *4 最 大 2 段 * BASET 最 大 4 段 *4 最 大 4 段 *4 13 IPバージョン IPv4に 対 応 IPv4に 対 応 14 送 受 信 データ 格 納 同 時 オープン 可 能 数 16コネクション 128コネクション 用 メモリ (プログラムで できるコネクション) (プログラムで できるコネクション) 15 固 定 バッファ 5Kワード ソケット 通 信 5Kワード 48(P1のみ 時 ) *5 5Kワード 112(P1/P2 時 ) *5 17 ランダムアクセス 用 バッファ 6Kワード 1 6Kワード 1 18 電 子 メール 添 付 ファイル 6Kワード 1 19 本 文 960Kワード 1 20 命 令 リンク 専 用 命 令 他 局 のワードデバイスのデータを 読 み 出 す READ READ 21 他 局 デバイスを 読 み 出 す( 完 了 デバイス 付 き) SREAD SREAD 22 他 局 デバイスに 書 き 込 む WRITE WRITE 23 他 局 デバイスに 書 き 込 む( 完 了 デバイス 付 き) SWRITE SWRITE 24 他 局 デバイスを 読 み 出 す(ACPU 用 ) ZNRD ZNRD 25 他 局 デバイスに 書 き 込 む(ACPU 用 ) ZNWR ZNWR 26 他 局 へデータを 送 信 する SEND SEND 27 他 局 からの 受 信 データを 読 み 出 す (メインプログラム 用 ) RECV RECV 28 他 局 からの 受 信 データを 読 み 出 す ( 割 込 みプログラム 用 ) RECVS RECVS 29 時 計 読 出 し/ 書 込 みリモートRUN/STOP REQ REQ 30 Ethernet 用 命 令 コネクションの 確 立 OPEN OPEN/CONOPEN 31 コネクションの 切 断 CLOSE CLOSE/CONCLOSE 32 データ 送 信 [ソケット 通 信 ] SOCSND 33 データ 送 信 [ 固 定 バッファ 交 信 ] BUFSND BUFSND 34 受 信 データ 読 出 し [ソケット 通 信 ] SOCRCV 35 受 信 データ 読 出 し [ 固 定 バッファ 交 信 ] BUFRCV BUFRCV 36 受 信 データ 読 出 し( 割 込 みプログラム 用 ) [ソケット 通 信 ] SOCRCVS 37 受 信 データ 読 出 し( 割 込 みプログラム 用 ) [ 固 定 バッファ 交 信 ] BUFRCVS BUFRCVS 38 再 イニシャル 処 理 UINI UINI *6 39 通 信 プロトコル 支 援 機 能 の 登 録 プロトコル 実 行 ECPRTCL ECPRTCL 40 エラー 情 報 クリア ERRCLR ERRCLEAR 41 エラー 情 報 読 出 し ERRRD ERRRD 42 受 信 している 電 子 メールを 読 み 出 す MRECV 43 電 子 メールを 送 信 する MSEND 44 機 能 MELSOFT 製 品 およびGOTとの 接 続 45 SLMPによる 交 信 46 通 信 プロトコルによる 交 信 47 ソケット 通 信 による 交 信 *5 48 固 定 バッファによる 交 信 49 ランダムアクセス 用 バッファによる 交 信 50 リンク 専 用 命 令 による 交 信 51 ファイル 転 送 機 能 (FTPサーバ) 52 時 刻 設 定 機 能 (SNTPクライアント) *5 53 IPフィルタ 機 能 *5 54 リモートパスワード 55 ユニット 再 イニシャル 処 理 *6 56 Ethernet 診 断 57 電 子 メール 機 能 58 Web 機 能 *1:1Gbps で する 場 合 は 応 用 設 定 の 通 信 速 度 設 定 を オートネゴシエーション に 設 定 してください ( 1Gbps は 選 択 できません) *2: 最 大 セグメント 長 (ハブとハブ 間 の 長 さ)は するハブのメーカに 確 認 してください *3: するスイッチングハブのメーカに 確 認 してください *4:リピータハブ 時 の 接 続 可 能 段 数 です スイッチングハブ 時 の 接 続 可 能 段 数 は するスイッチングハブのメーカに 確 認 してください *5:Q 互 換 Ethernet の 場 合 には できません *6:Q 互 換 Ethernet の 場 合 に できます

42 三 菱 シーケンサ テクニカルニュース No.FAD / CCLink IEフィールドネットワークマスタ ローカルユニット No. 機 能 名 QJ71GF11T2 備 考 1 性 能 仕 様 1ネットワークあたりの 最 大 リンク 点 数 RX 16K 点 (16384 点,2Kバイト) 16K 点 (16384 点,2Kバイト) 2 RY 16K 点 (16384 点,2Kバイト) 16K 点 (16384 点,2Kバイト) 3 RWr 8K 点 (8192 点,16Kバイト) 8K 点 (8192 点,16Kバイト) 4 RWw 8K 点 (8192 点,16Kバイト) 8K 点 (8192 点,16Kバイト) 5 1 局 あたりの マスタ 局 RX 16K 点 (16384 点,2Kバイト) 16K 点 (16384 点,2Kバイト) 6 最 大 リンク 点 数 RY 16K 点 (16384 点,2Kバイト) 16K 点 (16384 点,2Kバイト) 7 RWr 8K 点 (8192 点,16Kバイト) 8K 点 (8192 点,16Kバイト) 8 RWw 8K 点 (8192 点,16Kバイト) 8K 点 (8192 点,16Kバイト) 9 サブマスタ 機 能 時 マスタ 動 作 局 RX 16K 点 16K 点 10 RY 16K 点 ( 自 局 の 送 信 範 囲 は2K 点 ) 16K 点 ( 自 局 の 送 信 範 囲 は2K 点 ) 11 RWr 8K 点 8K 点 12 RWw 8K 点 ( 自 局 の 送 信 範 囲 は1024 点 ) *1 8K 点 ( 自 局 の 送 信 範 囲 は1024 点 ) *1 13 サブマスタ RX 2K 点 ( 局 番 0またはサブマスタ 局 番 への 割 付 け 分 ) 2K 点 ( 局 番 0またはサブマスタ 局 番 への 割 付 け 分 ) 14 動 作 局 RY 2K 点 ( 局 番 0またはサブマスタ 局 番 への 割 付 け 分 ) 2K 点 ( 局 番 0またはサブマスタ 局 番 への 割 付 け 分 ) 15 RWr 1024 点 ( 局 番 0またはサブマスタ 局 番 への 割 付 け 分 ) * 点 ( 局 番 0またはサブマスタ 局 番 への 割 付 け 分 ) *2 16 RWw 1024 点 ( 局 番 0またはサブマスタ 局 番 への 割 付 け 分 ) * 点 ( 局 番 0またはサブマスタ 局 番 への 割 付 け 分 ) *2 17 ローカル 局 RX 2K 点 (2048 点,256バイト) 2K 点 (2048 点,256バイト) 18 RY 2K 点 (2048 点,256バイト) 2K 点 (2048 点,256バイト) 19 RWr 1K 点 (1024 点,2Kバイト) *2 1K 点 (1024 点,2Kバイト) *2 20 RWw 1K 点 (1024 点,2Kバイト) *2 1K 点 (1024 点,2Kバイト) *2 21 トランジェント 伝 送 容 量 最 大 1920バイト 最 大 1920バイト 22 通 信 速 度 1Gbps 1Gbps 23 伝 送 路 形 式 24 通 信 ケーブル ライン 型, スター 型 (ライン 型 とスター 型 の 混 在 も 可 能 ), リング 型 1000BASETの 規 格 を 満 たす Ethernetケーブル:カテゴリ5e 以 上, ( 二 重 シールド 付 STP)ストレートケーブル 25 最 大 局 間 距 離 100m(ANSI/TIA/EIA568B(Category 5e)に 準 拠 ) 100m(ANSI/TIA/EIA568B(Category 5e)に 準 拠 ) 26 総 延 長 距 離 ライン 型 : 12000m(121 台 接 続 時 ) ライン 型 : 12000m(121 台 接 続 時 ) 27 スター 型 : システム 構 成 による スター 型 : システム 構 成 による 28 リング 型 : 12100m(121 台 接 続 時 ) リング 型 : 12100m(121 台 接 続 時 ) 29 カスケード 接 続 段 数 最 大 20 段 最 大 20 段 30 最 大 接 続 局 数 121 台 (マスタ 局 1 台,スレーブ 局 120 台 ) 121 台 (マスタ 局 1 台,スレーブ 局 120 台 ) 31 最 大 ネットワーク 数 通 信 方 式 トークンパッシング 方 式 トークンパッシング 方 式 33 命 令 リンク 専 用 命 令 READ READ 34 SREAD SREAD 35 WRITE WRITE 36 SWRITE SWRITE 37 SEND SEND 38 RECV RECV 39 RECVS RECVS 40 REQ REQ 41 REMFR REMFR 42 REMTO REMTO 43 CCLink 専 用 命 令 RIRD RIRD 44 RIWT RIWT 45 その 他 CCPASET CCPASET 46 UINI UINI 47 機 能 サイクリック 伝 他 局 との 交 信 RX,RYによる 交 信 48 送 RWr,RWwによる 交 信 49 デバイスとリンクデバイスのア リンクリフレッシュ 50 クセス リンクデバイスへの ダイレクトアクセス 51 サイクリックデータのデータ 保 証 52 リンク 間 転 送 53 サイクリック 伝 送 のモード 選 択 54 シーケンススキャン 同 期 指 定 55 サイクリック 伝 送 の 定 時 性 保 証 56 データリンク 異 常 局 の 入 力 状 態 設 定 57 CPU STOP 時 の 出 力 状 態 設 定 58 CPU 停 止 エラー 時 の 出 力 状 態 設 定 59 サイクリック 伝 送 の 停 止 と 再 開 60 トランジェント 同 一 ネットワーク 内 の 交 信 61 伝 送 異 なるネットワークとの 交 信 62 専 用 命 令 63 RAS スレーブ 局 の 切 離 し 64 自 動 復 列 65 ユニットエラー 履 歴 収 集 機 能 イベント 履 歴 機 能 を して 下 さい 66 ループバック 機 能 67 サブマスタ 機 能 68 診 断 CCLink IE フィールドネットワーク 診 断 69 ユニット 単 体 の 診 断 H/Wテスト 単 体 通 信 テストを して 下 さい 70 自 己 折 返 しテスト 単 体 通 信 テストを して 下 さい 71 回 線 テスト 単 体 通 信 テストを して 下 さい 72 単 体 通 信 テスト H/Wテスト 自 己 折 返 しテスト 回 線 テストを 一 つのモー ドとし 単 体 通 信 テストへ 名 称 変 更 しています 73 自 ネットワークの 診 断 ケーブルテスト 74 他 ネットワークの 診 断 交 信 テスト 75 IP 通 信 テスト 76 その 他 CCLink IE フィールドネットワーク 同 期 通 信 機 能 新 機 能 77 予 約 局 指 定 78 予 約 局 一 時 解 除 79 エラー 無 効 局, 一 時 エラー 無 効 局 設 定 80 CPUユニットへの 割 込 み 要 求 81 IPパケット 中 継 機 能 82 プログラムでの 局 番 設 定 1: 通 信 モードが" 高 速 "の 場 合 は 8K 点 ( 自 局 の 送 信 範 囲 は256 点 ) 2: 通 信 モードが 高 速 の 場 合 は 256 点 RJ71GJ11T2/RJ71EN71 備 考 ライン 型, スター 型 (ライン 型 とスター 型 の 混 在 も 可 能 ), リング 型 1000BASETの 規 格 を 満 たす Ethernetケーブル:カテゴリ5e 以 上, ( 二 重 シールド 付 STP)ストレートケーブル

スクリプト機能 (SD→USBファイルコピー) サンプル画面説明書

スクリプト機能 (SD→USBファイルコピー) サンプル画面説明書 スクリプト 機 能 (SD USB ファイルコピー) サンプル 画 面 説 明 書 三 菱 電 機 株 式 会 社 サンプルのご 利 用 について サンプル 用 の 画 面 データ 取 扱 説 明 書 などのファイルは 以 下 の 各 項 に 同 意 の 上 でご 利 用 いただくものとします (1) 当 社 製 品 をご 使 用 中 またはご 使 用 検 討 中 のお 客 様 がご 利 用 の 対

More information

PowerPoint-Präsentation

PowerPoint-Präsentation 発 行 :Dec. 2015 サービス パーツ 部 MG41-NC Q&A 集 (CC-Link) この 内 容 以 外 のご 質 問 等 ございましたら 質 問 事 情 を 下 記 のメルアドへご 返 信 ください E-mail: info-css@magnescale.com 1/9 Q&A 目 次 操 作 方 法 に 関 する 質 問 3 CC-Linkのバージョンと 占 有 局 数 占 有

More information

目 次 1. Web メールのご 利 用 について... 2 2. Web メール 画 面 のフロー 図... 3 3. Web メールへのアクセス... 4 4. ログイン 画 面... 5 5. ログイン 後 (メール 一 覧 画 面 )... 6 6. 画 面 共 通 項 目... 7 7.

目 次 1. Web メールのご 利 用 について... 2 2. Web メール 画 面 のフロー 図... 3 3. Web メールへのアクセス... 4 4. ログイン 画 面... 5 5. ログイン 後 (メール 一 覧 画 面 )... 6 6. 画 面 共 通 項 目... 7 7. Web メール 操 作 説 明 書 京 都 与 謝 野 町 有 線 テレビ 0 目 次 1. Web メールのご 利 用 について... 2 2. Web メール 画 面 のフロー 図... 3 3. Web メールへのアクセス... 4 4. ログイン 画 面... 5 5. ログイン 後 (メール 一 覧 画 面 )... 6 6. 画 面 共 通 項 目... 7 7. メール 一 覧 画 面...

More information

Microsoft Word - GS108P_installation_guide.docx

Microsoft Word - GS108P_installation_guide.docx インストールガイド ProSafe 8 ポート PoE ギガビットスイッチ GS108P 本 書 では GS108P 8 ポート PoE ギガビットスイッチの 設 置 方 法 を 説 明 しています GS108P 外 観 前 面 パッケージ 内 容 本 パッケージには 次 のものが 含 まれています GS108P スイッチ 本 体 電 源 アダプタ(1 個 ) 電 源 コード(2 本 : 日 本 仕

More information

3.1 ネットワーク 機 器 ケーブルには ツイストペアケーブルや 光 ファイバ 同 軸 ケーブルなどが 利 用 されていま すが 企 業 や 家 庭 では 一 般 的 にツイストペアケーブルと 呼 ばれる 銅 線 を2 本 ずつより 合 わせ て 対 にし さらにそれを2 4 組 まとめて1 本

3.1 ネットワーク 機 器 ケーブルには ツイストペアケーブルや 光 ファイバ 同 軸 ケーブルなどが 利 用 されていま すが 企 業 や 家 庭 では 一 般 的 にツイストペアケーブルと 呼 ばれる 銅 線 を2 本 ずつより 合 わせ て 対 にし さらにそれを2 4 組 まとめて1 本 第 3 章 ネットワーク 3.1 ネットワーク 機 器 ネットワークを 構 築 する 上 で 使 用 するネットワーク 機 器 の 機 能 や 性 能 は 重 要 な 要 因 に なります そのため 適 切 なネットワークを 構 築 するためには ネットワーク 機 器 の 特 徴 を 理 解 することが 基 本 となります ここでは ネットワーク 構 築 に 用 いられる ネットワーク 機 器 について

More information

FlexNetViewer HD 本体管理ユーティリティ

FlexNetViewer HD 本体管理ユーティリティ FlexNetViewer HD 本 体 管 理 ユーティリティ 本 書 の 内 容 の 全 部 または 一 部 を 無 断 で 転 載 することは 禁 止 されています 本 書 の 内 容 に 関 しては 将 来 予 告 なしに 変 更 することがあります 本 書 の 内 容 については 万 全 を 期 しておりますが 万 一 ご 不 審 な 点 や 記 載 もれなどお 気 づきのことがありま したら

More information

2015. All rights reserved. 書 面 による Huawei の 事 前 承 諾 なしに 本 書 のいかなる 部 分 も いかなる 形 式 またはいかなる 手 段 によっても 複 製 または 転 載 することはできません 商 標 および 許 可 およびその 他 の Huawei

2015. All rights reserved. 書 面 による Huawei の 事 前 承 諾 なしに 本 書 のいかなる 部 分 も いかなる 形 式 またはいかなる 手 段 によっても 複 製 または 転 載 することはできません 商 標 および 許 可 およびその 他 の Huawei 版 数 08 日 付 2015-09-10 HUAWEI TECHNOLOGIES CO., LTD. 2015. All rights reserved. 書 面 による Huawei の 事 前 承 諾 なしに 本 書 のいかなる 部 分 も いかなる 形 式 またはいかなる 手 段 によっても 複 製 または 転 載 することはできません 商 標 および 許 可 およびその 他 の Huawei

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CB4907D817A936497CD8AC7979D835C837483678E64976C8F915F3131313230322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CB4907D817A936497CD8AC7979D835C837483678E64976C8F915F3131313230322E646F63> 1 - 目 次 - 1. 適 用 範 囲...2 1-1. システムの 概 要...2 1-2. LAN 接 続 型...2 1-3. シリアル 接 続 型...3 2. LAN 接 続 型 電 力 管 理 システム...4 2-1. システム 系 統 図...4 2-2. 適 合 端 末...5 2-3. データの 流 れ...5 2-3-1. 計 測 値 および 電 力 量...5 2-3-2.

More information

目 次 必 ずお 読 みください...2 1. 接 続 方 法...2 1-1 WEB ブラウザ 操 作 方 法... 3 1-2 閲 覧 用 PC で 直 接 ZERO 本 体 と 接 続 する 場 合... 3 2. 各 ページについて...3 2-1 発 電 状 況 画 面 表 示... 3

目 次 必 ずお 読 みください...2 1. 接 続 方 法...2 1-1 WEB ブラウザ 操 作 方 法... 3 1-2 閲 覧 用 PC で 直 接 ZERO 本 体 と 接 続 する 場 合... 3 2. 各 ページについて...3 2-1 発 電 状 況 画 面 表 示... 3 Solar Link ZERO WEB アプリケーション 取 扱 説 明 書 Ver1.2 株 式 会 社 ラプラス システム 2010 年 10 月 4 日 目 次 必 ずお 読 みください...2 1. 接 続 方 法...2 1-1 WEB ブラウザ 操 作 方 法... 3 1-2 閲 覧 用 PC で 直 接 ZERO 本 体 と 接 続 する 場 合... 3 2. 各 ページについて...3

More information

【DNSP イーサネットで広がる可能性】ダイヤトレンドネットワークソリューション製品

【DNSP イーサネットで広がる可能性】ダイヤトレンドネットワークソリューション製品 Diatrend Network Solution Products 産 業 用 無 線 LAN アダプタ DAP-P1 IEEE802.11b/g/n 無 線 LAN 規 格 準 拠 耐 環 境 性 に 優 れた オールインワンタイプの 無 線 LAN アダプタ 屋 外 設 置 可 能 デモ 機 IEEE802. 11b/g/n 即 納 122,157 時 間 PoE 給 電 詳 細 Web RoHS

More information

目 次 内 容 1.はじめに... 4 2. 免 責 事 項... 4 3.お 取 り 扱 い 上 の 注 意... 5 4. 本 装 置 の 概 要... 5 5. 使 用 方 法... 6 5-1. 使 用 するための 準 備... 6 5-2. 接 続 方 法... 6 5-3. 特 殊 キー

目 次 内 容 1.はじめに... 4 2. 免 責 事 項... 4 3.お 取 り 扱 い 上 の 注 意... 5 4. 本 装 置 の 概 要... 5 5. 使 用 方 法... 6 5-1. 使 用 するための 準 備... 6 5-2. 接 続 方 法... 6 5-3. 特 殊 キー ランニングエレクトロニクス X1 用 キーボードアダプタ REX1KBC ユーザーズマニュアル 2014/05/20 版 目 次 内 容 1.はじめに... 4 2. 免 責 事 項... 4 3.お 取 り 扱 い 上 の 注 意... 5 4. 本 装 置 の 概 要... 5 5. 使 用 方 法... 6 5-1. 使 用 するための 準 備... 6 5-2. 接 続 方 法... 6 5-3.

More information

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 Active! mail 6.52 ユーザーズマニュアル(スマートフォン 版 ) Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 権 の 侵 害 とな

More information

端 末 型 払 い 出 しの 場 合 接 続 構 成 図 フレッツ グループから 払 出 されたIPアドレス /32 NTT 西 日 本 地 域 IP 網 フレッツ グループ フレッツ グループから 払 出 されたIPアドレス /

端 末 型 払 い 出 しの 場 合 接 続 構 成 図 フレッツ グループから 払 出 されたIPアドレス /32 NTT 西 日 本 地 域 IP 網 フレッツ グループ フレッツ グループから 払 出 されたIPアドレス / CTU 端 末 型 接 続 設 定 例 H19 年 10 月 端 末 型 払 い 出 しの 場 合 接 続 構 成 図 フレッツ グループから 払 出 されたIPアドレス 172.25.1.1/32 NTT 西 日 本 地 域 IP 網 フレッツ グループ フレッツ グループから 払 出 されたIPアドレス 172.25.1.2/32 172.25.1.1 172.25.1.2 192.168.24.1

More information

目 次 1. はじめに...... 3 2. 動 作 環 境...... 3 3. 機 器 構 成 結 線...... 4 3.1 ETC カードリーダーと 接 続 する 場 合... 4 3.2 卓 上 プリンタ( 別 売 ) 連 動 の 場 合... 5 4. 操 作 方 法 と 各 種 設 定

目 次 1. はじめに...... 3 2. 動 作 環 境...... 3 3. 機 器 構 成 結 線...... 4 3.1 ETC カードリーダーと 接 続 する 場 合... 4 3.2 卓 上 プリンタ( 別 売 ) 連 動 の 場 合... 5 4. 操 作 方 法 と 各 種 設 定 第 6.0 版 利 用 履 歴 管 理 ETCPRO5 ソフトウェアパッケージ 取 扱 説 明 書 (Ver5.001) 第 6 版 Windows 8 対 応 を 追 加 しました 第 5 版 カードリーダー モデル 変 更 (DU211 表 示 付 き DU530 表 示 なし)に 伴 い ETCPRO5 へバ ージョンアップ グループ 名 追 加 ( 管 理 上 の 分 類 をし 易 くしました)

More information

スライド 1

スライド 1 セキュリティ 安 心 ブラウザ Android 版 WEBフィルタリングソフト 簡 単 マニュアル 本 マニュアルはAndroid4.2.2をベースに 構 成 しております 端 末 やOSのバージョンによって 名 称 が 違 う 場 合 があります ファイナル スマホ セキュリティのインストール ファイナル スマホ セキュリティの 初 期 設 定 ファイナル スマホ セキュリティの 使 い 方 (ブラウザ)

More information

はじめに このたびは 株 式 会 社 ミントウェーブのシンクライアント 端 末 をお 買 い 求 めいただき ま ことにありがとうございます シンクライアント 端 末 の 持 つ 機 能 を 最 大 限 に 引 き 出 すためにも ご 使 用 になる 前 に 本 マ ニュアルをよくお 読 みになり

はじめに このたびは 株 式 会 社 ミントウェーブのシンクライアント 端 末 をお 買 い 求 めいただき ま ことにありがとうございます シンクライアント 端 末 の 持 つ 機 能 を 最 大 限 に 引 き 出 すためにも ご 使 用 になる 前 に 本 マ ニュアルをよくお 読 みになり TS15-034-02 Basilware64ユーザーズマニュアル 第 2 版 :2016-02-04 株 式 会 社 ミントウェーブ はじめに このたびは 株 式 会 社 ミントウェーブのシンクライアント 端 末 をお 買 い 求 めいただき ま ことにありがとうございます シンクライアント 端 末 の 持 つ 機 能 を 最 大 限 に 引 き 出 すためにも ご 使 用 になる 前 に 本 マ

More information

PPMC-3 測 定 精 度 1. 電 圧 :± 1% FS ( 注 )FS(フルスパン):200V 2. 電 流 :± 1% FS ( 注 )FS:5A CT 比 (5A(2 次 )CT の 場 合 ) 1A CT 比 (1A(2 次 )CT の 場 合 ) 3. 電 力 :± 1.5% FS (

PPMC-3 測 定 精 度 1. 電 圧 :± 1% FS ( 注 )FS(フルスパン):200V 2. 電 流 :± 1% FS ( 注 )FS:5A CT 比 (5A(2 次 )CT の 場 合 ) 1A CT 比 (1A(2 次 )CT の 場 合 ) 3. 電 力 :± 1.5% FS ( 仕 様 書 交 流 電 力 モニタ(SD カードタイプ) AC POWER MONITOR PPMC-3 交 流 電 力 モニタは, 単 相 または 三 相 の 交 流 電 圧 交 流 電 流 を 測 定 して, 有 効 電 力 無 効 電 力, 積 算 電 力 積 算 無 効 電 力, 周 波 数, 力 率 を 演 算 し, 表 示 と 測 定 データの 保 存 をします 電 圧 は 直 接 または

More information

1. 総 則 本 書 は 車 輌 運 動 計 測 装 置 (TA7871: 以 下 本 装 置 と 称 す)の 機 器 仕 様 についてまとめ たものである 1.1 概 要 本 装 置 はセンサとして 3 軸 ジャイロ 3 軸 加 速 度 計 及 び GPS 受 信 機 を 搭 載 し 本 装 置

1. 総 則 本 書 は 車 輌 運 動 計 測 装 置 (TA7871: 以 下 本 装 置 と 称 す)の 機 器 仕 様 についてまとめ たものである 1.1 概 要 本 装 置 はセンサとして 3 軸 ジャイロ 3 軸 加 速 度 計 及 び GPS 受 信 機 を 搭 載 し 本 装 置 車 輌 運 動 計 測 装 置 機 器 仕 様 書 改 訂 番 号 年 月 日 ページ 改 訂 理 由 作 成 点 検 承 認 1 14 1 30 3,4,6,7,12 方 位 角 リセットスイッチ 追 加 DS D DATE MODEL No. TITLE 13. 7.20 SCALE CH D TA7871 ED N No... 車 輌 運 動 計 測 装 置 機 器 仕 様 書 APP D S

More information

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作

Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 Active! mail 6.54 ユーザーズマニュアル(スマートフォン 版 ) Active! mail のプログラムとマニュアルは 著 作 権 法 で 保 護 された 著 作 物 で その 全 部 または 一 部 を 許 可 なく 複 製 したり 複 製 物 を 配 布 したり あるいは 他 のコンピュータ 用 に 変 換 したり 他 の 言 語 に 翻 訳 すると 著 作 権 の 侵 害 とな

More information

改 訂 履 歴 版 数 日 付 改 訂 内 容 改 訂 箇 所 1.0 2015 年 3 月 31 日 初 版 作 成 - - i -

改 訂 履 歴 版 数 日 付 改 訂 内 容 改 訂 箇 所 1.0 2015 年 3 月 31 日 初 版 作 成 - - i - ( 事 業 者 向 け) 1.0 版 2015 年 3 月 31 日 改 訂 履 歴 版 数 日 付 改 訂 内 容 改 訂 箇 所 1.0 2015 年 3 月 31 日 初 版 作 成 - - i - 目 次 1. はじめに... 1 2. システム 動 作 環 境... 1 2.1. 動 作 の 条 件 注 意 事 項... 1 2.1.1. JAVA スクリプトの 設 定... 1 2.1.2.

More information

アナログ入力モジュール AI 4xI 2-/4- 線式 ST (6ES7134-6GD00-0BA1)

アナログ入力モジュール AI 4xI 2-/4- 線式 ST (6ES7134-6GD00-0BA1) アナログ 入 力 モジュール AI 4xI 2-/4- 線 式 ST (6ES7134-6GD00-0BA1) SIMATIC ET 200SP アナログ 入 力 モジュール AI 4xI 2-/4- 線 式 ST (6ES7134-6GD00-0BA1) マニュアル はじめに 文 書 へのご 案 内 1 製 品 概 要 2 接 続 3 パラメータ 割 り 付 け/アドレ 4 ス 指 定 割 り 込

More information

<83568389836F835832372020288FEE95F1292E786C7378>

<83568389836F835832372020288FEE95F1292E786C7378> 情 報 工 学 概 論 系 基 礎 学 科 一 年 次 第 一 期 20 コンピュータシステムに 関 する 知 識 の 習 得 ( 情 報 処 理 技 術 者 試 験 の 午 前 科 目 の 知 識 ) 情 報 処 理 に 関 する 基 礎 知 識 を 習 得 する 1 コンピュータの 歴 史 2 コンピュータの 五 大 装 置 3 データの 表 現 4 2 10 16 進 数 と 基 数 変 換

More information

WATCH LOGGER

WATCH LOGGER WATCH LOGGER 取 扱 説 明 書 Ver1.0.10 ハル エンジニアリング 株 式 会 社 2016/05/26 目 次 1. はじめに... 3 1.1. 履 歴... 3 2. アプリケーション 起 動 準 備... 4 2.1. NFC の 準 備 (スマートフォンの 場 合 )... 4 2.2. NFC の 準 備 (タブレットの 場 合 )... 4 2.3. アプリケーション

More information

大阪芸術大学 WEB履修登録システム操作マニュアル

大阪芸術大学 WEB履修登録システム操作マニュアル 2016( 平 成 28) 年 度 WEB 履 修 登 録 システム 操 作 マニュアル 大 阪 芸 術 大 学 - 1 - 1.はじめに 1-1 WEB 履 修 登 録 システムについて 1-2 予 備 登 録 と 本 登 録 について 2.ログインの 方 法 2-1 ユーザーID パスワード 2-2 学 内 (インターネットルーム)で 利 用 する 場 合 2-3 学 外 から 利 用 する 場

More information

QuartusII SOPC_Builderで利用できるGPIF-AVALONブリッジとは?

QuartusII SOPC_Builderで利用できるGPIF-AVALONブリッジとは? Excel VBA 向 け ボード 制 御 ソフトウエアの 使 い 方 1. Excel VBA でできること Excel VBA 機 能 を 利 用 して Smart-USB Plus 製 品 の FPGA コンフィギュレーション ハードウエアレジスタ 制 御 メモリデータ 転 送 I2C 制 御 ができます 通 常 Smart-USB Plus 製 品 に 添 付 している 制 御 ソフトウエア

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208366815B835E9197904D8363815B838B91808DEC90E096BE8F915F91E6312E3194C55F5F4A453030303234322E444F43>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208366815B835E9197904D8363815B838B91808DEC90E096BE8F915F91E6312E3194C55F5F4A453030303234322E444F43> 東 洋 ワイヤレス 計 測 システム データ 送 信 ツール 操 作 説 明 書 第 1.1 版 2012 年 4 月 25 日 JE000242 はじめに て この 操 作 をお 買 い 上 げいただき 誠 にありがとうございます なお 解 説 したものです 本 説 明 書 このたびは μturtle-monitor は μturtle-monitorの に 記 載 正 の しくお 会 社 名 使

More information

4.スケジューラ...21 4.1 編 集 機 能 の 強 化... 21 4.2 パルス 出 力 機 能 追 加 ( 設 定 項 目 の 追 加 )... 21 4.3 オンライン 出 力 先 設 定 機 能 の 追 加... 22 5.Ethernet IFA...24 5.1 二 重 化 機

4.スケジューラ...21 4.1 編 集 機 能 の 強 化... 21 4.2 パルス 出 力 機 能 追 加 ( 設 定 項 目 の 追 加 )... 21 4.3 オンライン 出 力 先 設 定 機 能 の 追 加... 22 5.Ethernet IFA...24 5.1 二 重 化 機 み た ろ う つばき モニターメーカー 看 太 郎 32 Ver6.0(F-5A) 機 能 追 加 内 容 > 1.プロジェクト 管 理 モジュール... 3 2.グラフィックモジュール... 4 2.1 グラフィック エディタ... 4 1) 文 字 列 のセンタリング... 4 2) 図 形 オブジェクトのスイッチの 文 字 列 複 数 行 表 示... 4 3) コピー 貼

More information

F-Secure Anti-Virus for Mac 2014

F-Secure Anti-Virus for Mac 2014 F-Secure Anti-Virus for Mac 2014 目 次 2 目 次 第 1 章 : 製 品 を 使 用 するには...3 1.1 インストールした 後 に...4 1.1.1 ライセンスの 管 理...4 1.1.2 本 製 品 を 起 動 する...4 1.2 コンピュータの 保 護 状 況 を 確 認 するには...4 1.2.1 全 体 の 保 護 ステータスを 表 示 する...4

More information

(3) 操 作 設 定 最 大 64 台 のエアコン 又 は16グループまでの 操 作 設 定 を 個 別 グループ 単 位 一 括 で 実 施 します 項 目 内 容 1 運 転 / 停 止 運 転 又 は 停 止 操 作 を 行 う 2 運 転 モード 冷 房 暖 房 除 湿 送 風 自 動 (

(3) 操 作 設 定 最 大 64 台 のエアコン 又 は16グループまでの 操 作 設 定 を 個 別 グループ 単 位 一 括 で 実 施 します 項 目 内 容 1 運 転 / 停 止 運 転 又 は 停 止 操 作 を 行 う 2 運 転 モード 冷 房 暖 房 除 湿 送 風 自 動 ( (1) 入 力 出 力 センターコンソール スーパーリンク 対 応 室 内 機 ( 1) 使 用 時 周 囲 温 度 0~40 電 源 消 費 電 力 外 形 寸 法 ( 高 さ X 幅 X 奥 行 ) 質 量 室 内 ユニット 最 大 接 続 台 数 外 部 タイマー 入 力 3 緊 急 停 止 信 号 入 力 3 デマンド 信 号 入 力 3 一 括 運 転 出 力 4 一 括 異 常 出 力

More information

三菱電機技報2014年9月号 論文05

三菱電機技報2014年9月号 論文05 FA 用 コントローラの 技 術 革 新 と 適 用 分 野 拡 大 名 古 屋 製 作 所 FAシステム 統 括 部 長 森 田 英 昭 1.まえがき 三 菱 電 機 はFA 事 のメインコンセプトとして 顧 客 の TCO(Total Cost of Ownership) 削 減 を 図 る e F@ctory ( 図 1)を 提 唱 し, 工 場 の 自 動 化, 見 える 化 を 推 進 してきた

More information

目 次 1.システムの 動 作 環 境 3 2.セットアップ 手 順 4 3.マクロのセキュリティレベルについて 5 4.システムの 操 作 説 明 5.システムの 基 本 構 成 6. 基 本 情 報 設 定 7.マスタ 設 定 8.データの 取 り 込 み 削 除 9.バックアップ 復 元 10

目 次 1.システムの 動 作 環 境 3 2.セットアップ 手 順 4 3.マクロのセキュリティレベルについて 5 4.システムの 操 作 説 明 5.システムの 基 本 構 成 6. 基 本 情 報 設 定 7.マスタ 設 定 8.データの 取 り 込 み 削 除 9.バックアップ 復 元 10 教 科 書 事 務 執 行 管 理 システム( 設 置 者 用 ) システム 操 作 マニュアル Ver.1.6.0 平 成 28 年 5 月 11 日 1 / 163 目 次 1.システムの 動 作 環 境 3 2.セットアップ 手 順 4 3.マクロのセキュリティレベルについて 5 4.システムの 操 作 説 明 5.システムの 基 本 構 成 6. 基 本 情 報 設 定 7.マスタ 設 定

More information

03 CMS機能審査表.xls

03 CMS機能審査表.xls 厚 真 町 ホームページ 構 築 業 務 CMS 機 能 調 査 表 ( 別 紙 ) 対 応 欄 : 本 業 務 の 委 託 費 用 内 で 対 応 可 能 : 代 替 案 により 本 業 務 の 委 託 費 用 内 で 対 応 可 能 ( 代 替 案 欄 に 代 替 案 をご 記 入 ください ) : 対 応 不 可 項 目 番 号 要 件 対 応 代 替 案 1 1.システム 基 本 要 件 Windows

More information

別 紙 メールシステムの 変 更 について 設 定 手 順 について および 別 紙 4 Office 65 アドレス 帳 移 行 手 順 について を 参 考 に 必 ず 移 行 作 業 を 実 施 ください 転 送 設 定 の 移 行 作 業 を 実 施 されてい ない 場 合 月 4 日 (

別 紙 メールシステムの 変 更 について 設 定 手 順 について および 別 紙 4 Office 65 アドレス 帳 移 行 手 順 について を 参 考 に 必 ず 移 行 作 業 を 実 施 ください 転 送 設 定 の 移 行 作 業 を 実 施 されてい ない 場 合 月 4 日 ( 別 紙 メールシステムの 変 更 について 利 用 者 各 位 05 年 月 7 日 摂 大 情 報 メディアセンター 事 務 室 メールシステムの 変 更 について 05 年 度 システムリプレースに 伴 い メールシステムが Active! mail から Office 65 に 変 更 とな ります つきましては 変 更 内 容 等 詳 細 について 下 記 のとおりご 連 絡 します ご 迷

More information

 <基礎領域>

 <基礎領域> 1. 科 目 コード 1223 2. 科 目 名 情 報 ネットワーク 特 別 実 験 1(Advanced Experiments in Information Network 1) 3. 担 当 教 員 赤 松 徹 (Toru AKAMATSU) 4. 開 講 期 秋 1 期 (( 昼 ) 火 曜 4-5 時 限 金 曜 4-5 時 限 ( 夜 ) 火 曜 6-7 時 限 金 曜 6-7 時 限

More information

同 期 を 開 始 する( 初 期 設 定 ) 2 1 Remote Link PC Sync を 起 動 する 2 1 接 続 機 器 の [PIN コード ] [ ユーザー 名 ] [ パスワード ] を 入 力 する [PIN コード ] などの 情 報 は 接 続 機 器 の 設 定 画 面

同 期 を 開 始 する( 初 期 設 定 ) 2 1 Remote Link PC Sync を 起 動 する 2 1 接 続 機 器 の [PIN コード ] [ ユーザー 名 ] [ パスワード ] を 入 力 する [PIN コード ] などの 情 報 は 接 続 機 器 の 設 定 画 面 画 面 で 見 る マ ニ ュ ア ル Remote Link 3 対 応 自 動 同 期 アプリ Remote Link PC Sync Remote Link PC Sync は 接 続 機 器 とパソコンとの 間 でファイルの 自 動 同 期 をするアプリです 本 アプリサイトの 対 応 製 品 型 番 に 記 載 された 機 器 動 作 環 境 機 種 OS Windows 8.1(32/64

More information

目 次 1.システムの 動 作 環 境 2.セットアップ 手 順 3.マクロのセキュリティレベルについて 4.システムの 操 作 説 明 5.システムの 基 本 構 成 6. 基 本 情 報 設 定 7.マスタ 設 定 8.バックアップ 復 元 9.データ 削 除 エラーリセット 10. 需 要 数

目 次 1.システムの 動 作 環 境 2.セットアップ 手 順 3.マクロのセキュリティレベルについて 4.システムの 操 作 説 明 5.システムの 基 本 構 成 6. 基 本 情 報 設 定 7.マスタ 設 定 8.バックアップ 復 元 9.データ 削 除 エラーリセット 10. 需 要 数 教 科 書 事 務 執 行 管 理 システム( 学 校 用 ) システム 操 作 マニュアル Ver.1.6.1 平 成 28 年 5 月 11 日 1 / 232 目 次 1.システムの 動 作 環 境 2.セットアップ 手 順 3.マクロのセキュリティレベルについて 4.システムの 操 作 説 明 5.システムの 基 本 構 成 6. 基 本 情 報 設 定 7.マスタ 設 定 8.バックアップ

More information

Q&A 目 次 操 作 方 法 に 関 する 質 問 CC-Linkのバージョンと 占 有 局 数 3 初 めて 測 長 ユニット(DKシリーズ)をMG40シリーズと 接 続 する 際 の 注 意 MG42-4(ハブユニット) 接 続 時 のID 番 号 設 定 動 作 モード 4 初 期 設 定

Q&A 目 次 操 作 方 法 に 関 する 質 問 CC-Linkのバージョンと 占 有 局 数 3 初 めて 測 長 ユニット(DKシリーズ)をMG40シリーズと 接 続 する 際 の 注 意 MG42-4(ハブユニット) 接 続 時 のID 番 号 設 定 動 作 モード 4 初 期 設 定 発 行 :Mar. 2016 サービス パーツ 部 MG41-NC Q&A 集 (CC-Link) この 内 容 以 外 のご 質 問 等 ございましたら 質 問 事 情 を 下 記 のメールアドレスへご 返 信 ください E-mail: info-css@magnescale.com 1/15 Q&A 目 次 操 作 方 法 に 関 する 質 問 CC-Linkのバージョンと 占 有 局 数 3

More information

目 次 本 書 では GP-Webシステムの 購 入 先 操 作 方 法 を 説 明 します 1 1. GP-Webを 活 用 した 化 学 物 質 情 報 収 集 の 流 れ 2. GP-Webへログインする 3. 調 査 依 頼 情 報 を 確 認 する 4. 製 品 情 報 を 登 録 する

目 次 本 書 では GP-Webシステムの 購 入 先 操 作 方 法 を 説 明 します 1 1. GP-Webを 活 用 した 化 学 物 質 情 報 収 集 の 流 れ 2. GP-Webへログインする 3. 調 査 依 頼 情 報 を 確 認 する 4. 製 品 情 報 を 登 録 する GP-Webシステム 購 入 先 様 用 基 本 操 作 説 明 書 2011 年 12 月 29 日 パナソニック 株 式 会 社 コーポレート 情 報 システム 社 0 目 次 本 書 では GP-Webシステムの 購 入 先 操 作 方 法 を 説 明 します 1 1. GP-Webを 活 用 した 化 学 物 質 情 報 収 集 の 流 れ 2. GP-Webへログインする 3. 調 査 依

More information

Microsoft Word - 不正アクセス行為の禁止等に関する法律等に基づく公安

Microsoft Word - 不正アクセス行為の禁止等に関する法律等に基づく公安 不 正 アクセス 行 為 の 禁 止 等 に 関 する 法 律 等 に 基 づく 公 安 委 員 会 による 援 助 等 の 措 置 に 関 する 訓 令 平 成 12 年 7 月 1 日 警 察 本 部 訓 令 第 25 号 改 正 平 成 14 年 11 月 22 日 本 部 訓 令 第 29 号 平 成 16 年 3 月 25 日 本 部 訓 令 第 6 号 平 成 24 年 5 月 1 日

More information

DQ 16x24VDC/0,5A STデジタル出力モジュール(6ES7132-6BH00-0BA0)

DQ 16x24VDC/0,5A STデジタル出力モジュール(6ES7132-6BH00-0BA0) DQ 16x24VDC/0,5A STデジタル 出 力 モ ジュール (6ES7132-6BH00-0BA0) はじめに 文 書 へのご 案 内 1 SIMATIC ET 200SP DQ 16x24VDC/0,5A ST デジタル 出 力 モジュール (6ES7132-6BH00-0BA0) マニュアル 製 品 概 要 2 接 続 3 パラメータ 割 り 付 け/アドレ 4 ス 指 定 割 り 込

More information

はじめに

はじめに 目 次 第 1 章 情 報 リテラシーの 必 要 性 1 1.1 情 報 リテラシーの 必 要 性 1 情 報 リテラシーとは/ 医 療 薬 学 と 情 報 リテラシー 章 末 問 題 1 7 第 2 章 パソコンの 仕 組 みとハードウェア 10 2.1 コンピュータ 内 部 の 情 報 伝 達 と 2 進 数 10 2.2 論 理 回 路 11 2.3 パソコンの 基 本 構 成 13 2.4

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 部 内 向 けスキルアップ 研 修 組 込 みOS 自 作 入 門 2013 年 8 月 4thステップ 担 当 : 中 村 目 次 はじめに ブート ローダー シリアル 経 由 でのファイル 転 送 XMODEMを 実 装 する(もくもく 会 ) アセンブラ プログラミング はじめに 前 回 やったこと ROM RAM 自 動 変 数 静 的 変 数 データ 領 域 に 関 する 学 習 今 回

More information

アスラテック株式会社 会社案内

アスラテック株式会社 会社案内 V-Sido CONNECT RC スタートアップガイド GR-001 編 アスラテック 株 式 会 社 はじめに 本 マニュアルの 概 要 このマニュアルでは HPI Japanのロボット GR-001 で V-Sido CONNECT RCを 利 用 するための 初 期 設 定 例 を 解 説 した スタートアッ プガイドです ここでは V-Sido CONNECT RCでBluetoothによる

More information

Ver.1.6.3.0 (2014 年 6 月 16 日 リリース) Windows 8.1 に 対 応 しました デスクトップアプリケーションとして 動 作 します 64 ビット 版 では WOW64 (Windows On Windows 64) として 動 作 します LabelianⅡをイン

Ver.1.6.3.0 (2014 年 6 月 16 日 リリース) Windows 8.1 に 対 応 しました デスクトップアプリケーションとして 動 作 します 64 ビット 版 では WOW64 (Windows On Windows 64) として 動 作 します LabelianⅡをイン LabelianⅡ バージョン 履 歴 Ver.1.7.0.0 (2015 年 2 月 6 日 リリース) 発 行 端 末 モードに 対 応 しました タブレットで 利 用 時 ひらがなや 漢 字 が 含 まれるデータを 編 集 して 発 行 する 運 用 には 適 しません 画 面 解 像 度 はタスクバーを 除 いたエリアが 1024x768 以 上 必 要 です ( 解 像 度 に 満 たない

More information

参 考 1 無 線 局 情 報 入 力 支 援 ( 基 地 局 と 固 定 局 の 事 項 書 のみに 対 応 ) 無 線 局 情 報 入 力 支 援 機 能 とは 過 去 に 申 請 したデータをダウンロードし 無 線 局 インターネット 申 請 アプリケーション で 利 用 できる 便 利 な

参 考 1 無 線 局 情 報 入 力 支 援 ( 基 地 局 と 固 定 局 の 事 項 書 のみに 対 応 ) 無 線 局 情 報 入 力 支 援 機 能 とは 過 去 に 申 請 したデータをダウンロードし 無 線 局 インターネット 申 請 アプリケーション で 利 用 できる 便 利 な 3-2. 申 請 の 新 規 作 成 3 内 容 確 認 A-4. 申 請 手 数 料 画 面 (もしくは A-6. 申 請 手 数 料 の 前 納 の 申 出 事 項 その2 画 面 ) において 入 力 完 了 ボタンをクリックすると 送 信 画 面 が 表 示 されます ここで 内 容 確 認 ボタンをクリックし 入 力 内 容 を 確 認 します 上 書 き 保 存 しておくことをお 勧 め

More information

Manual.xls

Manual.xls Rev 1.0 小 型 無 線 加 速 度 センサ データ 収 集 パソコン 用 ソフト マニュアル AccelViewer Hybrid ver1.1.2 1/12 Rev 1.0 目 次 1.AccelViewerHybridとは 3 2. 動 作 環 境 3 3. 仕 様 許 諾 3 4. 概 要 4 4.1.メイン 画 面 4 4.2. 使 用 コマンドの 選 択 6 4.3.ポート&バッテリー

More information

学生用_目次

学生用_目次 メーリングリストを 削 除 する 1.メーリングリストの 管 理 画 面 にログインします 2. このメーリングリストを 削 除 する のリンクをクリックします 3.リストのパスワードを 入 力 して [このリストを 削 除 ]をクリックしま す * 一 度 削 除 したメーリングリストは 元 に 戻 せませんので 十 分 注 意 してください 自 分 のためのデータの 保 存 場 所 それが ホームディレクトリ

More information

Microsoft Word - マニュアル2014.doc

Microsoft Word - マニュアル2014.doc 1.はじめに 1-1 WEB 履 修 登 録 システムについて 1-2 予 備 登 録 と 本 登 録 について 2.ログインの 方 法 2-1 ユーザーID パスワード 2-2 学 内 (インターネットルーム)で 利 用 する 場 合 2-3 学 外 から 利 用 する 場 合 2-4 操 作 上 の 諸 注 意 2-5 タイムアウトについて 2-6 登 録 作 業 の 途 中 で 利 用 可 能

More information

3G Watcher の 終 了 3G Watcher を 終 了 するには 次 の 手 順 に 従 ってください 1. 3G Watcher ツールバーから [3G Watcher] > [3G Watcher を 終 了 ] を 選 択 します 3G Watcherに 表 示 されるアイコン と

3G Watcher の 終 了 3G Watcher を 終 了 するには 次 の 手 順 に 従 ってください 1. 3G Watcher ツールバーから [3G Watcher] > [3G Watcher を 終 了 ] を 選 択 します 3G Watcherに 表 示 されるアイコン と SoftBank 3G Watcherのヘルプ (Mac OS X 用 ) 3G Watcher は 以 下 のような C01SW USB モデムとネット ワーク 間 の 接 続 状 態 を 確 認 できます 電 波 の 強 さ ローミングサービス 3G 無 線 通 信 サービス その 他 のネットワークサービスの 状 態 ネットワークへの 接 続 および 切 断 3G Watcher のアンインストール

More information

三 菱 シーケンサ テクニカルニュース No.FA-D-0060-A 2/63 はじめに QD75P/QD75Dは,AD71と 比 較 すると 以 下 の 点 で 優 れています (1) 始 動 処 理 時 間 の 高 速 化 (a) 位 置 決 め 始 動 時 の 処 理 の 高 速 化 により

三 菱 シーケンサ テクニカルニュース No.FA-D-0060-A 2/63 はじめに QD75P/QD75Dは,AD71と 比 較 すると 以 下 の 点 で 優 れています (1) 始 動 処 理 時 間 の 高 速 化 (a) 位 置 決 め 始 動 時 の 処 理 の 高 速 化 により 三 菱 シーケンサ テクニカルニュース No.FA-D-0060-A 1/63 表 題 位 置 決 めユニットAD71からQD75に 置 き 換 える 場 合 の 手 順 について 2009 年 3 月 発 行 (2010 年 5 月 改 訂 A 版 ) 適 用 機 種 QD75P /QD75D 三 菱 シーケンサMELSECに 格 別 のご 愛 顧 を 賜 り 厚 くお 礼 申 し 上 げます 本

More information

画像計測アプリケーション

画像計測アプリケーション 画 像 計 測 アプリケーション MicroMeasure バージョン.07 取 扱 説 明 書 第 7 版 スカラ 株 式 会 社 目 次. はじめに... 4 2. 同 梱 品 について... 4 3. 動 作 環 境... 4 4. セットアップ... 5 5. 操 作 方 法... 5 5-. 静 止 画 像 の 準 備... 6 5--. 画 像 ファイルの 読 込... 6 5--2.カメラ

More information

あ EDI 版 電 子 マニフェストシステム 接 続 仕 様 書 2006 年 版 仕 様 第 三 版 仕 様 有 効 期 間 : 平 成 19 年 4 月 2 日 ~ 平 成 19 年 4 月 財 団 法 人 日 本 産 業 廃 棄 物 処 理 振 興 センター 情 報 処 理 センター あ はじめに マニフェスト 制 度 は 産 業 廃 棄 物 の 不 法 投 棄 などの 不 適 正 処 理 を 未

More information

目 次 Ⅰ. はじめに 1. の 概 要 1 2. の 共 通 操 作 2 3. のログイン 方 法 8 Ⅱ. 届 出 情 報 管 理 機 能 1. 届 出 情 報 ( 事 業 者 ( 法 人 ) 情 報 )を 検 索 する [ 国 ][ 県 ][ 市 ] 13 2. 届 出 情 報 ( 事 業 者

目 次 Ⅰ. はじめに 1. の 概 要 1 2. の 共 通 操 作 2 3. のログイン 方 法 8 Ⅱ. 届 出 情 報 管 理 機 能 1. 届 出 情 報 ( 事 業 者 ( 法 人 ) 情 報 )を 検 索 する [ 国 ][ 県 ][ 市 ] 13 2. 届 出 情 報 ( 事 業 者 操 作 マニュアル 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 企 画 課 第 0.1 版 目 次 Ⅰ. はじめに 1. の 概 要 1 2. の 共 通 操 作 2 3. のログイン 方 法 8 Ⅱ. 届 出 情 報 管 理 機 能 1. 届 出 情 報 ( 事 業 者 ( 法 人 ) 情 報 )を 検 索 する [ 国 ][ 県 ][ 市 ] 13 2. 届 出 情 報

More information

システム設計書

システム設計書 二 松 學 舍 大 学 二 松 メール(Gmail) 利 用 マニュアル バージョン 2.00 発 効 日 改 訂 日 2016 年 04 月 06 日 二 松 学 舎 大 学 情 報 センター i 目 次 1. はじめに...1 2. 二 松 メール(Gmail)ログイン ログアウト 方 法...1 2.1. 二 松 メール(Gmail)ログイン 方 法... 1 2.2. 二 松 メール(Gmail)ログアウト

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 目 次 EC 店 長 画 面 操 作 マニュアル 初 期 画 面 申 込 管 理 基 本 情 報 契 約 情 報 店 舗 管 理 カテゴリ 管 理 商 品 管 理 商 品 管 理 在 庫 管 理 商 品 編 集 履 歴 在 庫 送 信 履 歴 設 定 管 理 基 本 設 定 管 理 商 品 複 製 時 紐 づけ 商 品 テンプレート CSVテンプレート メールテンプレート 受 注 ステータス 売 上

More information

ICTを 最 大 限 利 用 して 計 測 の 世 界 を 革 新 する がどこでもデータ.NETのシステムコンセプトです 現 場 のデータを 価 値 あるもの 転 換 することを 追 求 しました いつでも どこでも だれでも どこから でもが 可 能 なネットワークと 誰 でもが 使 えるソフト

ICTを 最 大 限 利 用 して 計 測 の 世 界 を 革 新 する がどこでもデータ.NETのシステムコンセプトです 現 場 のデータを 価 値 あるもの 転 換 することを 追 求 しました いつでも どこでも だれでも どこから でもが 可 能 なネットワークと 誰 でもが 使 えるソフト DokodemoData.NET ト ットネット どこでもデータ.NET ICTを 活 用 した 分 散 サーバー 型 計 測 データ 共 有 システム ICTを 最 大 限 利 用 して 計 測 の 世 界 を 革 新 する がどこでもデータ.NETのシステムコンセプトです 現 場 のデータを 価 値 あるもの 転 換 することを 追 求 しました いつでも どこでも だれでも どこから でもが

More information

変 更 (C)... ボタンをクリックする コンピュータ 名 の 変 更 ウィンドウが 新 規 に 開 く (5-1) コンピュータ 名 の 変 更 コンピュータ 名 の 変 更 ウィンドウで コンピュータ 名 (C): 1 グループの 学 生 s070?? (??は 学 生 番 号 の 下 2 桁

変 更 (C)... ボタンをクリックする コンピュータ 名 の 変 更 ウィンドウが 新 規 に 開 く (5-1) コンピュータ 名 の 変 更 コンピュータ 名 の 変 更 ウィンドウで コンピュータ 名 (C): 1 グループの 学 生 s070?? (??は 学 生 番 号 の 下 2 桁 2007 WinVista08 (2007-04-17 版 ) Microsoft Windows Vista でのネットワークの 設 定 エクスプローラ 関 連 の 設 定 の 続 き < 主 な 設 定 値 > ホスト 名 : s07 ( 1) 1 1 グループの 学 生 s070?? (??は 学 生 番 号 の 下 2 桁 の 数 字 ) 2 グループの 学 生 s071?? (??は 学

More information

第 7 章 セットアップソフトウェア(MR Configurator) セットアップソフトウェア(MR Configurator:LEC-MR-SETUP )はドライバの 通 信 機 能 を 使 用 して,パーソナルコンピュータによるパラメータ 設 定 値 の 変 更 グラフ 表 示 テスト 運 転

第 7 章 セットアップソフトウェア(MR Configurator) セットアップソフトウェア(MR Configurator:LEC-MR-SETUP )はドライバの 通 信 機 能 を 使 用 して,パーソナルコンピュータによるパラメータ 設 定 値 の 変 更 グラフ 表 示 テスト 運 転 第 7 章 セットアップソフトウェア(MR Configurator)...2 7.1 仕 様...2 7.2 システム 構 成...3 7.3 局 選 択...5 7.4 パラメータ...6 7.5 ポイントテーブル...8 7.6 デバイス 設 定...10 7.7 テスト 運 転...14 7.7.1 JOG 運 転...14 7.7.2 位 置 決 め 運 転...17 7.7.3 モータ

More information

Microsoft Word - 150410_e-Gov提出マニュアル(化審法3条).doc

Microsoft Word - 150410_e-Gov提出マニュアル(化審法3条).doc e-gov 電 子 申 請 システムを 使 用 した 少 量 新 規 化 学 物 質 製 造 輸 入 申 出 提 出 マニュアル 平 成 27 年 4 月 経 済 産 業 省 製 造 産 業 局 化 学 物 質 管 理 課 化 学 物 質 安 全 室 e-gov 電 子 申 請 システムを 使 用 した 少 量 新 規 化 学 物 質 製 造 輸 入 申 出 の 提 出 マニュアル 目 次 提 出

More information

3.コンテンツの 作 成 機 能 3-1 IDごとに 編 集 権 限 を 設 け 権 限 に 応 じたメニューが 表 示 されること 3-2 管 理 者 はすべてのページにおいて 編 集 する 権 限 があること 3-3 複 数 のユーザーが 同 時 に 同 一 のページを 更 新 できないこと 基

3.コンテンツの 作 成 機 能 3-1 IDごとに 編 集 権 限 を 設 け 権 限 に 応 じたメニューが 表 示 されること 3-2 管 理 者 はすべてのページにおいて 編 集 する 権 限 があること 3-3 複 数 のユーザーが 同 時 に 同 一 のページを 更 新 できないこと 基 ( 別 紙 ) 志 摩 市 ホームページ 構 築 業 務 CMS 機 能 調 査 表 対 応 欄 : 本 業 務 の 委 託 費 用 内 で 対 応 可 能 : 代 替 案 により 本 業 務 の 委 託 費 用 内 で 対 応 可 能 ( 代 替 案 欄 に 代 替 案 をご 記 入 ください ) : 対 応 不 可 項 目 番 号 要 件 対 応 代 替 案 1-1 1.システム 基 本 要 件

More information

目 次 目 次 1 ログイン ログアウト...1 1.1 ログインする...1 ログイン 画 面 が 表 示 されないときは?... 1 初 めてログインするときのパスワードは?... 2 初 期 パスワードを 忘 れてしまったときは?... 2 変 更 したパスワードを 忘 れてしまったときは?.

目 次 目 次 1 ログイン ログアウト...1 1.1 ログインする...1 ログイン 画 面 が 表 示 されないときは?... 1 初 めてログインするときのパスワードは?... 2 初 期 パスワードを 忘 れてしまったときは?... 2 変 更 したパスワードを 忘 れてしまったときは?. よこしん 外 為 インターネットバンキング 基 本 操 作 編 最 終 更 新 日 :2014 年 12 月 25 日 目 次 目 次 1 ログイン ログアウト...1 1.1 ログインする...1 ログイン 画 面 が 表 示 されないときは?... 1 初 めてログインするときのパスワードは?... 2 初 期 パスワードを 忘 れてしまったときは?... 2 変 更 したパスワードを 忘 れてしまったときは?...

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 楽 天 の 商 品 登 録 でお 困 りの 時 は 1 FTPについて FTPクライアントソフトの 設 定 エラー 確 認 方 法 2 エラー 内 容 一 覧 3 項 目 選 択 肢 別 在 庫 の 変 更 追 加 4 項 目 選 択 肢 Selectタイプ Checkboxタイプの 変 更 追 加 1 FTPについて RMSでの 商 品 登 録 と 違 い EC 店 長 はCSVでの 登 録 となります

More information

ぷららQ&A リモートアクセス(一般回線接続)

ぷららQ&A リモートアクセス(一般回線接続) M コード:FIOS89-05 ぷらら へ ようこそ! 株 式 会 社 NTTぷらら フレッツISDNセットMacOS 8.5~9.x 用 設 定 マニュアル 平 素 より ぷらら をご 利 用 いただきまして 誠 にありがとうございます 本 書 にてインターネット 電 子 メールの 設 定 方 法 を ご 説 明 させていただきます なお 本 書 での 説 明 は Mac OS 8.5 以 降 (OS

More information

警 告 誤 った 取 り 扱 いをすると 人 が 死 亡 または 重 傷 を 負 う 可 能 性 が 想 定 される 内 容 を 示 しています 屋 外 に 設 置 しない 本 機 は 屋 内 専 用 品 です 屋 外 に 設 置 すると 部 品 の 劣 化 により 機 器 が 落 下 して けがの

警 告 誤 った 取 り 扱 いをすると 人 が 死 亡 または 重 傷 を 負 う 可 能 性 が 想 定 される 内 容 を 示 しています 屋 外 に 設 置 しない 本 機 は 屋 内 専 用 品 です 屋 外 に 設 置 すると 部 品 の 劣 化 により 機 器 が 落 下 して けがの IP 告 知 端 末 設 置 説 明 書 NX-220HU このたびは TOA IP 告 知 端 末 をお 買 い 上 げいただき まことにありがとうございます 正 しくご 使 用 いただくために 必 ずこの 設 置 説 明 書 をお 読 みになり 末 長 くご 愛 用 くださいますようお 願 い 申 し 上 げます 目 次 安 全 上 のご 注 意... 1 概 要... 2 使 用 上 のご 注

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2049548354837C815B836782B297989770834B8343836881698343839383588367815B838B95D2816A312E392E3394C52E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2049548354837C815B836782B297989770834B8343836881698343839383588367815B838B95D2816A312E392E3394C52E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> ITサポートご 利 用 ガイド (インストール 編 ) 1.9.3 版 東 日 本 電 信 電 話 株 式 会 社 1 はじめに このたびは NTT 東 日 本 の オフィスまるごとサポート ITサポート をお 申 し 込 みくださいま して 誠 にありがとうございます 本 書 では オフィスまるごとサポート ITサポート ( 以 下 ITサポート )のインストール 方 法 についてご 案 内 しておりますので

More information

目 次 1 インストール 1.1 インストーラのダウンロード 1.2 セットアップ ウィザードの 起 動 1.3 CloudDisk のインストール 1.4 CloudDisk の 起 動 と 設 定 2 機 能 2.1 ファイル 転 送 (アップロード/ダウンロード) 2.2 操 作 中 ファイル

目 次 1 インストール 1.1 インストーラのダウンロード 1.2 セットアップ ウィザードの 起 動 1.3 CloudDisk のインストール 1.4 CloudDisk の 起 動 と 設 定 2 機 能 2.1 ファイル 転 送 (アップロード/ダウンロード) 2.2 操 作 中 ファイル CloudDisk 操 作 マニュアル ver.2.3 PC クライアント 版 株 式 会 社 目 次 1 インストール 1.1 インストーラのダウンロード 1.2 セットアップ ウィザードの 起 動 1.3 CloudDisk のインストール 1.4 CloudDisk の 起 動 と 設 定 2 機 能 2.1 ファイル 転 送 (アップロード/ダウンロード) 2.2 操 作 中 ファイルの 一

More information

(案)

(案) 平 成 22 年 7 月 16 日 リ ン ク エス 高 画 質 映 像 配 信 サービス 対 応 光 LINK ダブルエー-1100-S WA の 販 売 開 始 について ~ 簡 単 便 利 に 宅 内 無 線 LAN 環 境 を 構 築 ~ NTT 東 日 本 は 電 源 コンセントに 差 し 込 み 電 源 を 入 れるだけで 簡 単 便 利 に 宅 内 無 線 LAN 環 境 が 構 築

More information

8 顧 問 料 管 理 支 援 ソフト 報 酬 名 人 操 作 マニュアル 第 1 版 報 酬 名 人 操 作 の 流 れ 報 酬 名 人 では 煩 雑 になりがちな 顧 問 料 の 請 求 処 理 入 金 処 理 を 一 括 管 理 顧 問 先 の 様 々な 請 求 形 態 ( 毎 月 請 求 各 月 請 求 等 )にも 対 応 しています 請 求 書 領 収 書 はもちろん 支 払 調 書 や 所

More information

Microsoft Word - AVRマイコンを用いた交通信号機制御.docx

Microsoft Word - AVRマイコンを用いた交通信号機制御.docx AVR マイコンを 用 いた 交 通 信 号 機 制 御 佐 藤 哲 也 麓 裕 太 妹 尾 淳 暉 1. 研 究 概 要 近 年, 様 々なワンチップマイコンが 登 場 し ており, 電 子 工 作 を 行 う 上 で 身 近 な 存 在 とな っている 私 たちはその 中 の1つである,AVR マイコンの 活 用 について 研 究 し, 道 路 にある 交 通 信 号 機 模 型 の 製 作 を

More information

CY8CKIT-049使い方

CY8CKIT-049使い方 PSoC 4 CY8CKIT-049 4xxx Prototyping Kit 使 い 方 日 本 サイプレス 株 式 会 社 2014/04/07 この 資 料 の 目 的 この 資 料 はPSoC 4 Prototyping Kit Guide (001-90711) (http://www.cypress.com/?docid=48142) の 抜 粋 です 詳 細 は 原 文 を 参 照 してください

More information

Microsoft Word - SKYLAB-HYBRID.doc

Microsoft Word - SKYLAB-HYBRID.doc SKYLAB-HYBRID 設 定 マニュアル 1. 初 期 設 定 ファームウェアアップデート 手 順 (1) SKYLAB-HYBRID 本 体 に 付 属 の 電 源 コードを 接 続 し コンセントに 接 続 してください また テレビと 本 体 を 接 続 してください HDMI 接 続 を 推 奨 (2) SKYLAB-HYBRID 本 体 とルータを LAN ケーブルで 接 続 してください

More information

項 目 を 入 力 し [ 内 容 確 認 ]をクリック *がついているものは 必 須 項 目 になります 入 力 情 報 の 確 認 のページが 表 示 されるので 間 違 いがなければ[ 送 信 ]をクリック 以 上 で 登 録 フォーム 処 理 の 完 了 フォームから 送 られたデータを 確

項 目 を 入 力 し [ 内 容 確 認 ]をクリック *がついているものは 必 須 項 目 になります 入 力 情 報 の 確 認 のページが 表 示 されるので 間 違 いがなければ[ 送 信 ]をクリック 以 上 で 登 録 フォーム 処 理 の 完 了 フォームから 送 られたデータを 確 1. 登 録 フォーム 送 信 ろけっと 開 発 の Web サイト 内 てるてるコールクラウドのページ (http://rocket-dev.jp/teltelcloud.html)の 一 番 下 の[ 登 録 フォーム]をクリック 登 録 フォームページが 表 示 される 項 目 を 入 力 し [ 内 容 確 認 ]をクリック *がついているものは 必 須 項 目 になります 入 力 情 報

More information

PN24099(S9GPWR).manual_2版.indd

PN24099(S9GPWR).manual_2版.indd 取 扱 説 明 書 Switch-S9GPWR 品 番 PN24099 お 買 い 上 げいただき まことにありがとうございます 説 明 書 をよくお 読 みのうえ 正 しく 安 全 にお 使 いください ご 使 用 前 に 安 全 上 のご 注 意 ( 2 ~ 3 ページ )を 必 ずお 読 みください いかなる 場 合 でも お 客 様 で 本 体 を 分 解 した 場 合 には 保 証 対 象

More information

1.Web 履 修 登 録 とは 大 学 では 同 じ 学 科 の 学 生 であっても 全 員 が 同 じ 科 目 を 受 けるわけではなく 各 自 が 選 択 した 科 目 を 履 修 しますので 学 生 ごとに 履 修 科 目 が 異 なります 学 生 は 毎 学 期 の 始 めに その 学 期

1.Web 履 修 登 録 とは 大 学 では 同 じ 学 科 の 学 生 であっても 全 員 が 同 じ 科 目 を 受 けるわけではなく 各 自 が 選 択 した 科 目 を 履 修 しますので 学 生 ごとに 履 修 科 目 が 異 なります 学 生 は 毎 学 期 の 始 めに その 学 期 東 北 工 業 大 学 ( 注 ) 各 種 問 い 合 わせ 窓 口 統 合 認 証 システムのパスワードを 忘 れた 場 合 の 再 発 行 について 情 報 サービスセンター 演 習 システム 管 理 室 八 木 山 ( 八 木 山 キャンパス8 号 館 1 階 ) 長 町 ( 長 町 キャンパス2 号 館 3 階 ) 統 合 認 証 システムのユーザID パスワードとは 本 学 情 報 サービスセンターが

More information

Microsoft Word - 工事サイトマニュアル2.doc

Microsoft Word - 工事サイトマニュアル2.doc 電 納 ASPer 工 事 サイト マニュアル 2 KSS サポートセンター 電 話 番 号 :06-6543-2841 代 表 メールアドレス:office@wingbeatnet 1 工 事 サイト 2 目 次 標 準 帳 票 様 式 3 標 準 帳 票 様 式 3 新 規 登 録 4 フォルダ 管 理 5 検 索 6 共 通 文 書 7 閲 覧 7 打 合 せ 簿 登 録 10 文 書 登 録

More information

Microsoft PowerPoint - US291-2016-02-kakeya-win10.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - US291-2016-02-kakeya-win10.ppt [互換モード] 雲 南 夢 ネットインターネット 接 続 サービス 設 定 手 順 書 ( 掛 合 中 継 所 用 ) Windows 10 版 雲 南 市 飯 南 町 事 務 組 合 US291-2016-02 設 定 手 順 書 の 構 成 導 入 編 設 定 を 行 う 前 にお 読 みください 1 ケーブルモデムの 設 置 ケーブルモデムの 概 要 と 接 続 についてご 説 明 いたします 設 定 手 順

More information

NEI

NEI 操 作 マニュアル 明 星 電 気 株 式 会 社 ML 1.3622(2) 1 お 知 らせ POTEKA Lab.は2013 年 10 月 20 日 よりPOTEKA Sta.2に 対 応 した 機 能 を 実 装 しました 次 頁 以 降 (P2~P6) POTEKA Sta.2 及 びPOTEKA Lab. 対 応 機 能 に ついて 記 載 します 2 お 知 らせ POTEKA Sta.2について

More information

目 次 はじめに...... 4 1 2 3 3.1 アプリケーションのインストール...... 5 初 期 設 定......... 6 電 話 帳 を る......... 8 電 話 帳 の 種 類......... 8 3.1.1 社 内 電 話 帳......... 8 3.1.2 共 有

目 次 はじめに...... 4 1 2 3 3.1 アプリケーションのインストール...... 5 初 期 設 定......... 6 電 話 帳 を る......... 8 電 話 帳 の 種 類......... 8 3.1.1 社 内 電 話 帳......... 8 3.1.2 共 有 Web 電 話 帳 アプリ Android ユーザガイド 050 plus for Biz 4.1 版 平 成 28 年 6 月 20 日 NTT コミュニケーションズ 株 式 会 社 目 次 はじめに...... 4 1 2 3 3.1 アプリケーションのインストール...... 5 初 期 設 定......... 6 電 話 帳 を る......... 8 電 話 帳 の 種 類.........

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation オフィス 宅 ふぁいる 便 パッケージ 版 のご 紹 介 株 式 会 社 オージス 総 研 企 業 間 のファイル 交 換 における 課 題 セキュリティ 責 任 者 のニーズ 重 要 情 報 ファイルの 取 扱 いには 十 分 な 対 策 を 行 いたい 現 状 社 内 メールサーバで 転 送 ファイルの 容 量 制 限 は 実 施 しているものの 現 状 業 務 では 制 限 サイズを 超 えるファイルを

More information

Microsoft Word - 学内ネットワーク利用手引き_v2.8.4_20160401.doc

Microsoft Word - 学内ネットワーク利用手引き_v2.8.4_20160401.doc 学 内 ネットワーク 利 用 手 引 き 第 2.8.4 版 平 成 28 年 4 月 1 日 総 合 情 報 システム 部 (KUDOS) 目 次 1 学 内 ネットワーク 利 用 について... 1 2 研 究 室 でのネットワーク 利 用... 2 2.1 はじめに... 2 2.2 ネットワークの 利 用 方 法 (B 館 C 館 G 館 18 号 館 編 )... 2 2.2.1 情 報

More information

(Microsoft PowerPoint - \201yArcstar Smart PBX\201z\203A\203v\203\212\221\200\215\354\203}\203j\203\205\203A\203\213\201iWindowsPC\201jver.1.3.0_20150507.pptx)

(Microsoft PowerPoint - \201yArcstar Smart PBX\201z\203A\203v\203\212\221\200\215\354\203}\203j\203\205\203A\203\213\201iWindowsPC\201jver.1.3.0_20150507.pptx) Arcstar Smart PBX ver..0 アプリ 操 作 マニュアル for Windows PC 05 年 月 目 次 基 本 画 面 P. キーパッド P. 電 話 をかける P.4 キーパッドから 電 話 をかける 電 話 帳 から 電 話 をかける お 気 に 入 りから 電 話 をかける 履 歴 から 電 話 をかける 無 料 通 話 先 050 番 号 判 別 機 能 P.4 電

More information

お問い合わせコードと対処方法

お問い合わせコードと対処方法 と 対 処 方 法 は 末 尾 の 数 字 別 に 分 類 されています ( 例 : 293 末 尾 の 数 字 3 ) 末 尾 の 数 字 をもとに 対 応 するページをご 覧 ください 対 応 するページ 内 では は 昇 順 に 収 録 されています なお 末 尾 の 数 字 は 下 表 右 覧 に 示 すように が 表 示 される 場 所 を 表 します お 問 い 合 せの 末 尾 の 数

More information

後 SSID として jindai-apply を 選 択 して 無 線 ネットワークに 接 続 してください ( 接 続 用 キー パスワードは wificonnect )その 後 Web ブラウザにより http://www.jindai.ac.jp/ju-net/wi-fi/ にアクセスし そ

後 SSID として jindai-apply を 選 択 して 無 線 ネットワークに 接 続 してください ( 接 続 用 キー パスワードは wificonnect )その 後 Web ブラウザにより http://www.jindai.ac.jp/ju-net/wi-fi/ にアクセスし そ 学 内 無 線 LAN(Jindai Wi-Fi)の 利 用 について 20160322 版 仁 愛 大 学 情 報 ネットワーク 管 理 室 http://www.jindai.ac.jp/ju-net/ 無 線 LAN 本 学 では 学 内 無 線 LAN 環 境 ( 以 下 Jindai Wi-Fi)により 学 生 教 職 員 来 学 研 究 者 一 般 来 学 者 の 方 々が ノート PC

More information

1. 全 体 的 事 項 Q1 オンラインで 申 請 書 等 を 受 付 けてもらえるのでしょうか? A1 DWAPを 利 用 して 作 成 した 申 請 書 は 従 来 どおり 代 表 者 印 を 押 して 書 面 により 提 出 していただく 必 要 があります DWAP 上 の 提 出 ボタン

1. 全 体 的 事 項 Q1 オンラインで 申 請 書 等 を 受 付 けてもらえるのでしょうか? A1 DWAPを 利 用 して 作 成 した 申 請 書 は 従 来 どおり 代 表 者 印 を 押 して 書 面 により 提 出 していただく 必 要 があります DWAP 上 の 提 出 ボタン 医 療 機 器 WEB 申 請 プラットフォーム(DWAP)に 関 する 質 疑 応 答 集 (Q&A) Ver.7 更 新 履 歴 2011/06/15 業 界 説 明 会 等 で 質 問 のあった 事 項 を 追 加 2011/07/21 A51 に なお 書 き を 追 記 QA52 を 追 加 2013/03/18 改 修 に 伴 う 変 更 箇 所 の 修 正 2014/11/14 法 改

More information

目 次 1. 必 要 機 器... 3 2. 概 要... 5 3. 付 属 ファイル... 6 4. 手 順... 8 5. 商 標... 19 6. 改 訂 履 歴... 20 2

目 次 1. 必 要 機 器... 3 2. 概 要... 5 3. 付 属 ファイル... 6 4. 手 順... 8 5. 商 標... 19 6. 改 訂 履 歴... 20 2 MAXREFDES42# IO-Link RTD 温 度 センサー クイックスタートガイド Rev 0; 1/15 価 格 納 期 発 注 情 報 についてはMaxim Direct (0120-551056)にお 問 い 合 わせいただくか Maximのウェブサイト(www.maximintegrated.com/jp)をご 覧 ください Maxim Integratedは 完 全 にMaxim

More information

もくじ

もくじ メルマガ 管 理 機 能 マニュアル 2016/7/4 株 式 会 社 ビズクリエイト 目 次 1. メルマガ 配 信 手 順... 3 2. メルマガ 作 成... 4 新 規 メルマガを 作 成 する... 4 3. メルマガ 一 覧... 8 作 成 したメルマガを 一 覧 で 確 認 する... 8 メルマガの 基 本 設 定 を 確 認 変 更 する... 9 メルマガの 基 本 設 定

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション オールインワン 認 証 DHCPサーバ RADIUS GUARD のご 紹 介 2012 年 12 月 SCSK 株 式 会 社 スマートデバイスの 業 務 利 用 の 増 大 スマートデバイスの 利 用 急 増 2011 年 度 上 期 の 国 内 スマートフォン 出 荷 台 数 は 前 年 比 4.5 倍 の1,004 万 台 となり 総 出 荷 台 数 の 49.5%を 占 めた (MM 総

More information

APS(GL220_820)-UM-101

APS(GL220_820)-UM-101 目 次 1. 主 な 特 徴... 4 1-1. 多 彩 なデータ 表 示... 4 1-2. 誰 でも 簡 単 操 作... 5 1-3. 多 CH 計 測 対 応... 5 1-4.ダイレクトEXCEL 機 能... 6 1-5.サムネイル 波 形 表 示... 6 1-6.CSV 一 括 変 換 機 能... 6 1-7. 演 算 機 能... 7 1-8. 画 面 印 刷 保 存 機 能...

More information

目 次 フリーランスシンプル 会 計 Excel 版 の 起 動 方 法 マクロプログラムの 確 認 方 法 使 用 上 の 注 意 メインメニュー 最 初 のデータ 登 録 までの 手 順 経 費 データの 登 録 請 求 入 金 データの 登 録 入 力 支 援 語 句 の 登 録 編 集 削

目 次 フリーランスシンプル 会 計 Excel 版 の 起 動 方 法 マクロプログラムの 確 認 方 法 使 用 上 の 注 意 メインメニュー 最 初 のデータ 登 録 までの 手 順 経 費 データの 登 録 請 求 入 金 データの 登 録 入 力 支 援 語 句 の 登 録 編 集 削 フリーランスシンプル 会 計 (Excel 版 )マニュアル Version 1.11 2015/3/4 このソフトの 実 行 環 境 について このソフト フリーランスシンプル 会 計 (Excel 版 )を 実 行 するには マイクロソフト(Microsoft) 社 のOffice 製 品 に 含 まれるExcel( 表 計 算 ソフト)が 必 要 です Excelの 操 作 ができる 方 を

More information

屋外広告物管理システム システムフロー

屋外広告物管理システム システムフロー 屋 外 広 告 物 管 理 システムASPサービス 提 供 業 務 仕 様 書 目 次 1 屋 外 広 告 物 システムフロー 1 2 屋 外 広 告 物 管 理 システム 機 能 要 件 3 1 屋 外 広 告 物 管 理 3 (1) 屋 外 広 告 物 許 可 申 請 等 処 理 3 (2) 屋 外 広 告 物 データ 管 理 4 (3) 屋 外 広 告 物 催 促 管 理 5 (4) 屋 外

More information

T8200UD

T8200UD T8200UD 共 振 周 波 数 検 査 機 製 品 仕 様 書 Ver.1.04 平 成 25 年 08 月 20 日 第 1.04 版 販 売 元 株 式 会 社 テ ス ト ラ ム 製 造 元 株 式 会 社 V-SAT 年 月 日 版 作 成 者 説 明 2012 年 10 月 19 日 1.0 宮 田 新 規 作 成 2012 年 12 月 12 日 1.01 宮 田 機 能 仕 様 追

More information

Mac OS X 10.9(Mavericks) 無線接続用

Mac OS X 10.9(Mavericks) 無線接続用 持 込 PC 接 続 マニュアル [Mac OS X 10.9(Mavericks) 以 降 無 線 接 続 用 ] 作 成 :2013 年 12 月 改 訂 :2015 年 12 月 情 報 環 境 機 構 目 次 STEP.1 学 内 ネットワークに 接 続 できる 機 器 の 環 境 と 情 報 環 境 機 構 への 申 請 方 法... 1 1.1 学 内 ネットワークに 接 続 できる 機

More information

1. はじめに

1. はじめに 標 準 ソフト 1 はじめに 2 2 標 準 ソフトのインストール 3 3 USBドライバーのインストール(Windows10/ 8) 7 (Windows7) 12 (Windows10/ 8 / 7 共 通 ) 13 4 USBドライバーが 正 常 動 作 しない 場 合 18 5 標 準 ソフトのアンインストール 19 6 USBドライバーのアンインストール 20 7 LTシリーズの 動 作

More information

9 要 件 定 義 書 第 3 章 (1)-4 今 回 ご 提 案 するサーバ 機 器 を 接 続 するL2スイッチについては 構 成 に 含 める 必 要 がありますでしょうか 提 案 いただく 機 器 の 構 成 上 L2スイッチが 必 要 な 場 合 は 提 案 の 内 容 に 含 めてくださ

9 要 件 定 義 書 第 3 章 (1)-4 今 回 ご 提 案 するサーバ 機 器 を 接 続 するL2スイッチについては 構 成 に 含 める 必 要 がありますでしょうか 提 案 いただく 機 器 の 構 成 上 L2スイッチが 必 要 な 場 合 は 提 案 の 内 容 に 含 めてくださ 1 募 集 要 項 2 南 相 馬 市 インターネット 閲 覧 環 境 構 築 プロポーザルに 係 る 質 問 及 び 回 答 南 相 馬 市 インターネット 閲 覧 環 境 構 築 要 件 定 義 書 を 満 たすシステ ムを 提 案 してください とありますが 提 案 書 の 内 容 が 要 件 定 義 書 を 満 たしていない 場 合 は 失 格 となるのでしょうか 2 募 集 要 項 6 評

More information

2

2 現 / 旧 EDI 版 を 引 き 続 き 使 用 する 場 合 の 仕 様 の 変 更 点 概 要 編 現 EDI 版 : 2003 年 8 月 発 行 の EDI 版 電 子 マニフェストシステム 接 続 仕 様 書 ( 以 下 現 接 続 仕 様 書 という ) ( 青 色 の 表 紙 )に 基 づき 構 築 されたシステム 旧 EDI 版 : 2001 年 3 月 発 行 の EDI 版 電

More information

ITF Finder ヘルプ

ITF Finder ヘルプ もくじ 1.はじめに 1-1.ITF Finder について 1-2. 動 作 環 境 2.ITF Finder の 起 動 と 終 了 2-1.ITF Finder を 起 動 する 2-2.ITF Finder を 終 了 する 3.ITF Finder の 画 面 概 要 4.ITFファイルを 閲 覧 する 5.ITFファイルを 印 刷 する 6.ITFファイルをメールに 添 付 する 7.NETセキュリティのセキュリティ

More information

管 理 画 面 へのアクセス 方 法 1. RAIDar を 実 行 し ストレージを 検 知 します ( 尚 既 に IP アドレスがわかっている 場 合 にはこのステップはスキップして 頂 いても 構 いません ) 対 象 のストレージを 選 択 し 管 理 者 ページ をクリックします MAC

管 理 画 面 へのアクセス 方 法 1. RAIDar を 実 行 し ストレージを 検 知 します ( 尚 既 に IP アドレスがわかっている 場 合 にはこのステップはスキップして 頂 いても 構 いません ) 対 象 のストレージを 選 択 し 管 理 者 ページ をクリックします MAC ReadyNAS OS6(6.x.x) 簡 易 使 用 方 法 前 提 条 件 : 初 期 設 定 (RAIDar インストール NAS 管 理 画 面 へのアクセス)が 完 了 していること 完 了 していない 方 はこちらを 参 照 願 います Windows での 操 作 方 法 となります ブラウザアクセス 以 降 は 他 の OS でも 共 通 です データ 保 存 方 法 ( 最 も 簡

More information

前 書 き 広 域 機 関 システム System for Organization for Cross-regional Coordination of Transmission Operators(OCCTO) rev:2016-01-00 商 標 類 Windows Office Excel

前 書 き 広 域 機 関 システム System for Organization for Cross-regional Coordination of Transmission Operators(OCCTO) rev:2016-01-00 商 標 類 Windows Office Excel 広 域 機 関 システム 操 作 マニュアル 共 通 2016-01-00 前 書 き 広 域 機 関 システム System for Organization for Cross-regional Coordination of Transmission Operators(OCCTO) rev:2016-01-00 商 標 類 Windows Office Excel Word Internet

More information

Microsoft Word - 仕様書_VR710AVA_1.7.21.87_5版_150706.doc

Microsoft Word - 仕様書_VR710AVA_1.7.21.87_5版_150706.doc 本 仕 様 はアプリケーション Ver.1.7.21.87 以 降 に 準 じています 本 仕 様 はアプリケーション Ver.1.7.21.87 以 降 に 準 じています 商 品 概 要 INS ネット 1500 INS ネット 64 電 話 回 線 電 話 機 AC 100V PRI ラインボード BRI ラインボード アナログラインボード 本 機 キーボード マウス TFT ディスプレイ UPS

More information

IBM SPSS Statistics for Linux のインストール手順 (ネットワーク ライセンス)

IBM SPSS Statistics for Linux のインストール手順 (ネットワーク ライセンス) IBM SPSS Statistics for Linux のイ ンストール 手 順 (ネットワーク ライ センス) 以 下 に 示 すのは ネットワーク ライセンス を 使 用 したIBM SPSS Statistics バー ジョン 21 のインストール 手 順 です この 文 書 は デスクトップ コンピュータに SPSS Statistics をインストールするエンド ユーザーが 対 象 です

More information