目 次 第 1 部 メディカルタウン 構 想 の 策 定 にあたって 1 構 想 策 定 の 意 義 1 2 地 域 の 特 徴 強 み 2 3 構 想 の 目 指 すところ 4 第 2 部 構 想 実 現 に 向 けた 取 組 み 5 1 医 療 機 器 の 研 究 開 発 の 促 進 6 2 地

Size: px
Start display at page:

Download "目 次 第 1 部 メディカルタウン 構 想 の 策 定 にあたって 1 構 想 策 定 の 意 義 1 2 地 域 の 特 徴 強 み 2 3 構 想 の 目 指 すところ 4 第 2 部 構 想 実 現 に 向 けた 取 組 み 5 1 医 療 機 器 の 研 究 開 発 の 促 進 6 2 地"

Transcription

1 延 岡 市 メディカルタウン 構 想 平 成 23 年 2 月 21 日 宮 崎 県 延 岡 市

2 目 次 第 1 部 メディカルタウン 構 想 の 策 定 にあたって 1 構 想 策 定 の 意 義 1 2 地 域 の 特 徴 強 み 2 3 構 想 の 目 指 すところ 4 第 2 部 構 想 実 現 に 向 けた 取 組 み 5 1 医 療 機 器 の 研 究 開 発 の 促 進 6 2 地 場 企 業 の 医 療 産 業 参 入 の 支 援 7 3 医 療 技 術 者 の 育 成 と 交 流 促 進 8 4 医 療 関 連 企 業 の 誘 致 9 5 健 康 長 寿 施 策 の 研 究 等 10 第 3 部 構 想 の 推 進 11 資 料 編

3 第 1 部 メディカルタウン 構 想 の 策 定 にあたって 1 構 想 策 定 の 意 義 平 成 22 年 10 月 25 日 に 宮 崎 大 分 両 県 が 策 定 した 東 九 州 地 域 医 療 産 業 拠 点 構 想 ( 東 九 州 メディカルバレー 構 想 )においては 血 液 や 血 管 に 関 する 医 療 機 器 の 生 産 開 発 拠 点 が 集 積 している 東 九 州 地 域 にお いて 血 液 や 血 管 に 関 する 医 療 を 中 心 に 産 学 官 が 連 携 を 深 め 医 療 機 器 産 業 の 一 層 の 集 積 と 地 域 経 済 への 波 及 更 には 産 業 集 積 を 活 かした 地 域 活 性 化 と 医 療 の 分 野 でアジアに 貢 献 する 地 域 を 目 指 す こととし ています この 東 九 州 メディカルバレー 構 想 における4つの 拠 点 づくり( 研 究 開 発 の 拠 点 づくり 医 療 技 術 人 材 育 成 の 拠 点 づくり 血 液 血 管 に 関 する 医 療 拠 点 づくり 医 療 機 器 産 業 の 拠 点 づくり)が 医 療 機 器 産 業 の 集 積 地 である 本 市 をはじめとする 県 北 部 地 域 において 推 進 されることで 本 市 県 北 部 地 域 ひいては 宮 崎 県 全 体 の 活 性 化 に 繋 がることが 期 待 され ます また 産 学 官 連 携 による 高 度 かつ 安 全 性 の 高 い 医 療 機 器 の 開 発 等 は 治 療 のみならず 予 防 医 療 をはじめとするより 優 れた 医 療 技 術 の 提 供 につ ながり 本 市 が 市 民 協 働 により 取 り 組 んでいる 健 康 長 寿 のまちづくり にも 大 きく 寄 与 します このようなことから 東 九 州 メディカルバレー 構 想 の4つの 拠 点 づく りに 関 する 本 市 の 取 組 みや 産 学 官 連 携 による 健 康 長 寿 の 取 組 みに 関 して 関 係 者 との 協 議 を 重 ね 延 岡 市 メディカルタウン 構 想 を 策 定 しました メディカルタウン 構 想 の 推 進 にあたっては 東 九 州 メディカルバレー 構 想 との 連 携 を 主 眼 に 置 きながら 同 構 想 に 掲 げる4つの 拠 点 づくりが 本 市 県 北 部 地 域 において 実 施 されるよう 宮 崎 県 をはじめとする 関 係 機 関 と 連 携 しながら 積 極 的 に 各 種 施 策 に 取 り 組 んでいきます 1

4 2 地 域 の 特 徴 強 み (1) 集 積 する 医 療 機 器 産 業 本 市 を 含 む 県 北 部 地 域 には 人 工 腎 臓 やカテーテル アフェレシス( 血 液 浄 化 ) 製 品 などの 血 液 血 管 に 関 する 医 療 機 器 の 研 究 生 産 を 行 う 旭 化 成 クラレメディカル 旭 化 成 メディカル 東 郷 メディキット などの 世 界 トップクラスの 医 療 機 器 産 業 が 集 積 しています また 旭 化 成 関 連 の 透 析 事 業 アフェレシス 事 業 セパセル 事 業 プ ラノバ 事 業 の 既 存 4 事 業 の 材 料 関 連 研 究 機 能 を 集 約 し 相 分 離 技 術 構 造 制 御 技 術 化 学 修 飾 技 術 等 の 共 通 技 術 の 融 合 と 高 度 化 を 図 るために 平 成 23 年 6 月 に 基 盤 材 料 研 究 所 が 延 岡 市 内 に 建 設 される 予 定 とな っており 市 内 において 医 療 機 器 の 開 発 が 促 進 されることが 期 待 されて います 医 療 関 連 産 業 は 国 の 新 成 長 戦 略 ( 平 成 22 年 6 月 18 日 閣 議 決 定 ) において 高 い 成 長 と 雇 用 創 出 が 見 込 める 日 本 の 成 長 牽 引 産 業 と 明 確 に 位 置 付 けられています また このなかで 強 みを 活 かす 成 長 分 野 の 一 つとして ライフ イノベーションによる 健 康 大 国 戦 略 を 掲 げ 医 療 介 護 健 康 関 連 サ ービスの 需 要 に 見 合 った 産 業 育 成 と 雇 用 の 創 出 新 規 市 場 約 50 兆 円 新 規 雇 用 284 万 人 を2020 年 までの 目 標 としています (2) 医 療 を 担 う 人 材 育 成 機 関 本 市 には 医 療 機 器 の 操 作 等 を 行 う 臨 床 工 学 技 士 や 薬 剤 師 を 養 成 する 九 州 保 健 福 祉 大 学 が 存 在 します 同 大 学 の 保 健 科 学 部 臨 床 工 学 科 は 4 床 のICU( 集 中 治 療 室 )と10 床 の 透 析 室 など 国 内 でもトップクラ スの 設 備 を 備 えています さらには 平 成 23 年 度 地 域 医 療 に 貢 献 できる 高 い 人 間 力 を 持 った 人 材 を 育 成 するため 宮 崎 県 立 延 岡 高 等 学 校 にメディカルサイエンス 科 が 新 設 されることになっています セパセル: 旭 化 成 メディカル の 独 自 技 術 で 開 発 した 高 性 能 輸 血 用 白 血 球 除 去 フィルター プラノバ:バイオ 医 薬 品 等 の 生 物 学 的 製 剤 の 製 造 工 程 で 有 害 なウイルスを 除 去 する 中 空 糸 型 ウイルス 除 去 フィルター 2

5 (3) 優 れたものづくり 技 術 を 有 する 地 場 企 業 群 市 内 はもとより 県 北 部 地 域 は 旭 化 成 や 旭 有 機 材 等 の 中 核 企 業 と 精 密 機 械 の 部 品 加 工 をはじめとする 中 小 企 業 群 の 周 辺 集 積 によって 東 九 州 有 数 の 工 業 都 市 として 発 展 を 遂 げており 歴 史 ある ものづくり のなか で 脈 々と 受 け 継 がれてきた 優 れた 技 術 や 優 秀 な 人 材 を 有 しています (4) 住 民 の 地 域 医 療 や 健 康 長 寿 に 対 する 意 識 や 取 組 み 本 市 では 平 成 21 年 9 月 市 町 村 では 全 国 初 となる 地 域 医 療 を 守 り 良 好 な 地 域 医 療 体 制 のもとで 市 民 の 健 康 長 寿 を 推 進 するための 延 岡 市 地 域 医 療 を 守 る 条 例 を 制 定 しました この 条 例 を 柱 とした 取 組 みのなかで 市 民 との 協 働 により かかり つけ 医 を 持 つ 安 易 な 時 間 外 受 診 を 控 える 医 師 や 看 護 師 などへ 感 謝 の 気 持 ちを 持 つ 検 診 健 康 診 査 などへの 協 力 の 啓 発 を 行 い 市 民 の 地 域 医 療 や 健 康 長 寿 に 対 する 意 識 が 高 揚 しつつあります このようななか 市 民 団 体 宮 崎 県 北 の 地 域 医 療 を 守 る 会 において 地 域 医 療 を 守 り 健 康 長 寿 を 目 指 す 市 民 宣 言 を 行 うとともに 平 成 22 年 12 月 22 日 には 延 岡 市 健 康 長 寿 推 進 市 民 会 議 が 健 康 長 寿 の まちづくり 市 民 運 動 行 動 計 画 書 を 策 定 するなど 健 康 長 寿 のまち を 目 指 した 市 民 運 動 が 広 く 展 開 されています これらの 取 組 みは 単 に 地 域 医 療 を 守 るという 視 点 のみではなく 地 域 住 民 が 自 らの 生 涯 を 通 じて 健 康 であることを 目 指 し 日 頃 から 自 分 の 健 康 管 理 に 努 めようというもので 医 師 や 看 護 師 をはじめとする 医 療 従 事 者 の 負 担 軽 減 につながり また 医 療 従 事 者 の 皆 さんにとって 魅 力 あ る 地 域 づくりに 繋 がると 考 えています 3

6 3 構 想 の 目 指 すところ メディカルタウン 構 想 は 世 界 に 誇 れる 優 れた 医 療 機 器 産 業 の 集 積 医 療 を 担 う 人 材 育 成 機 関 医 療 及 び 健 康 長 寿 に 関 する 住 民 意 識 の 高 まり 優 れたものづくり 技 術 を 有 する 地 場 企 業 など 地 域 の 特 徴 強 みを 最 大 限 に 活 かし 産 学 官 連 携 により 東 九 州 メディカルバレー 構 想 におけ る4つの 拠 点 づくりに 関 する 取 組 みや 健 康 長 寿 の 推 進 に 関 する 取 組 み を 行 うことにより 延 岡 市 ひいては 県 北 部 地 域 全 体 の 医 療 関 連 産 業 の 振 興 及 び 住 民 の 健 康 長 寿 を 推 進 し 企 業 立 地 や 雇 用 の 拡 大 医 療 の 充 実 医 療 関 係 者 等 の 交 流 拡 大 などの 好 循 環 を 生 み 出 し 活 力 ある 地 域 づくり と 住 民 の 健 康 と 福 祉 の 向 上 を 目 指 すものです メディカルタウン 構 想 の 推 進 にあたっては 東 九 州 メディカルバレ ー 構 想 と 連 携 するとともに 市 民 協 働 による 健 康 長 寿 のまちづくり と 連 動 した 取 組 みを 行 うことにより より 効 果 的 な 施 策 の 実 現 を 図 って いきます メディカルタウン 構 想 の 全 体 イメージ 医 療 関 連 産 業 の 振 興 健 康 長 寿 の 推 進 医 療 の 充 実 企 業 立 地 雇 用 の 拡 大 医 療 関 係 者 等 の 交 流 拡 大 東 九 州 メ デ ィ カ ル バ レ ー 構 想 連 携 産 学 官 連 携 による 医 療 機 器 の 研 究 開 発 の 促 進 地 場 企 業 の 医 療 関 連 産 業 参 入 の 支 援 医 療 技 術 者 の 育 成 と 交 流 促 進 医 療 関 連 企 業 の 誘 致 健 康 長 寿 施 策 の 研 究 等 連 動 健 康 長 寿 の ま ち づ く り に 関 す る 取 組 4

7 第 2 部 構 想 実 現 に 向 けての 取 組 み 延 岡 市 メディカルタウン 構 想 を 着 実 に 推 進 し 医 療 関 連 産 業 の 振 興 等 や 市 民 の 健 康 長 寿 を 推 進 するため 東 九 州 メディカルバレー 構 想 との 連 携 を 図 りながら 主 に 次 の 項 目 について 取 り 組 むとともに 構 想 推 進 に 資 する 新 たな 取 組 みについても 研 究 や 検 討 を 行 います 医 療 機 器 の 研 究 開 発 の 促 進 延 岡 市 県 北 部 地 域 において 医 療 機 器 の 研 究 開 発 をさらに 促 進 す るための 環 境 整 備 などに 取 り 組 みます 地 場 企 業 の 医 療 関 連 産 業 参 入 の 支 援 地 場 企 業 が 医 療 機 器 をはじめとする 医 療 関 連 産 業 へ 参 入 するための 支 援 などに 取 り 組 みます 医 療 技 術 者 の 育 成 と 交 流 促 進 国 内 外 の 医 療 技 術 者 を 対 象 とした 医 療 機 器 を 使 用 したトレーニング の 実 施 と 医 療 関 係 者 の 交 流 促 進 などに 取 り 組 みます 医 療 関 連 企 業 の 誘 致 上 記 の 各 取 組 みの 着 実 な 推 進 と 合 わせ 医 療 関 連 企 業 が 立 地 するため の 環 境 整 備 などに 取 り 組 みます 健 康 長 寿 施 策 の 研 究 等 これまでの 市 民 協 働 による 良 好 な 医 療 環 境 づくりや 健 康 長 寿 の 推 進 に 関 する 取 組 みに 加 えて 新 たな 健 康 長 寿 施 策 の 研 究 や 医 療 技 術 の 研 究 支 援 などに 取 り 組 みます 医 療 関 連 産 業 : 本 構 想 では 医 療 機 器 産 業 や 介 護 健 康 機 器 産 業 医 薬 品 産 業 を 指 す 5

8 1 医 療 機 器 の 研 究 開 発 の 促 進 医 療 機 器 は 医 療 現 場 のニーズに 基 づくたゆまぬ 改 良 改 善 によって より 安 全 で 有 効 性 が 高 い 製 品 に 進 化 しながら 医 療 の 進 歩 に 大 きく 貢 献 してきました 一 方 国 内 の 医 療 機 器 の 研 究 開 発 環 境 は 海 外 と 比 較 して 多 くの 課 題 を 有 していると 言 われており 国 の 新 成 長 戦 略 においても これらの 課 題 解 決 につながる 方 策 が 示 されています また 東 九 州 メディカルバレー 構 想 においても 産 学 官 連 携 による 研 究 開 発 の 推 進 研 究 開 発 環 境 の 整 備 研 究 開 発 資 金 の 確 保 研 究 開 発 を 促 進 する 制 度 の 活 用 などに 取 り 組 むことで 研 究 開 発 の 拠 点 づくりを 進 めることとしています 本 市 をはじめとする 県 北 部 地 域 で 医 療 機 器 産 業 の 振 興 や 集 積 を 図 る ためには 研 究 や 開 発 の 促 進 につながる 環 境 づくりは 必 要 不 可 欠 です そのため 本 構 想 においては 医 療 従 事 者 と 企 業 のエンジニア 等 との 意 見 交 換 の 環 境 整 備 や 医 療 機 器 の 迅 速 な 開 発 に 必 要 な 研 究 開 発 施 設 等 の 誘 致 や 整 備 などに 取 り 組 みます 6

9 2 地 場 企 業 の 医 療 関 連 産 業 参 入 の 支 援 医 療 関 連 産 業 は 今 後 高 い 成 長 が 見 込 めるだけではなく 比 較 的 景 気 に 左 右 されにくい 産 業 であると 言 われています 特 に 医 療 機 器 の 開 発 には 機 械 電 子 加 工 材 料 など 広 範 囲 な 技 術 が 関 わるため 本 市 をはじめとする 県 北 部 地 域 に 集 積 する 地 場 企 業 の 技 術 力 を 活 かすことのできる 分 野 でもあります 一 方 薬 事 法 による 規 制 産 業 であることや 人 命 に 直 接 関 わる 分 野 ゆえ のリスクの 高 さ さらには 医 療 現 場 が 有 する 課 題 やニーズに 関 する 情 報 の 不 足 など 経 営 基 盤 の 弱 い 中 小 企 業 にとっては 新 規 参 入 の 障 壁 が 高 いとも 言 われています しかしながら 地 場 企 業 は 地 域 経 済 の 重 要 な 担 い 手 であり 持 続 的 な 成 長 が 見 込 まれる 産 業 分 野 への 参 入 は 本 市 をはじめとする 県 北 部 地 域 の ものづくり を 支 える 方 策 の 一 つともなりえます また 東 九 州 メディカルバレー 構 想 においても 地 場 企 業 に 対 する 支 援 に 取 り 組 むことで 医 療 機 器 産 業 の 拠 点 づくりを 進 めることとしてい ます そのため 本 構 想 においても 地 場 企 業 の 医 療 機 器 や 介 護 健 康 機 器 などの 医 療 関 連 産 業 への 新 規 参 入 を 図 るため 薬 事 法 許 認 可 取 得 を 支 援 するためのセミナーの 開 催 や 医 療 介 護 健 康 機 器 関 連 メーカーとのマ ッチングによる 事 業 化 の 促 進 などに 取 り 組 みます 7

10 3 医 療 技 術 者 の 育 成 と 交 流 促 進 優 れた 医 療 機 器 の 研 究 開 発 は 高 度 な 医 療 の 提 供 につながりますが そのためには 医 療 機 器 の 操 作 等 を 行 う 医 療 技 術 者 に 高 い 技 術 力 が 求 め られます このようなことから 実 際 に 開 発 された 医 療 機 器 に 関 する 手 技 トレーニングの 実 施 や 将 来 を 担 う 医 療 技 術 者 の 育 成 が 必 要 になります また 東 九 州 メディカルバレー 構 想 においても 医 療 技 術 に 係 る 人 材 育 成 将 来 を 担 う 医 療 人 材 の 育 成 などに 取 り 組 むことで 医 療 技 術 人 材 育 成 の 拠 点 づくりを 進 めることとしています さらに 九 州 保 健 福 祉 大 学 は 優 れた 教 授 陣 と 国 内 でもトップクラス の 実 習 設 備 を 備 えるとともに アジアをはじめとする 海 外 の 複 数 の 大 学 と 教 育 交 流 協 定 を 結 んでいます このようなことから 本 構 想 においても 九 州 保 健 福 祉 大 学 の 施 設 等 を 活 用 しながら 国 内 外 の 医 療 技 術 者 を 対 象 としたトレーニングを 行 う ための 施 設 や 受 入 体 制 の 整 備 などに 取 り 組 みます また このようなトレーニングが 本 市 において 実 施 されることにより 本 市 をはじめとする 県 北 部 地 域 において 国 内 外 の 医 療 関 係 者 の 交 流 が 促 進 され 様 々な 分 野 における 交 流 や 地 域 経 済 の 活 性 化 さらには 国 産 医 療 機 器 の 販 路 拡 大 につながることも 期 待 できるため 医 療 関 係 者 の 交 流 環 境 の 整 備 などにも 取 り 組 みます 医 療 技 術 者 : 本 構 想 では 医 師 看 護 師 臨 床 工 学 技 士 臨 床 検 査 技 師 等 を 指 す 8

11 4 医 療 関 連 企 業 の 誘 致 近 年 国 内 製 造 業 の 海 外 進 出 の 流 れは 増 加 傾 向 にあり 産 業 集 積 にお ける 国 内 の 地 域 間 競 争 は 厳 しさを 増 してきており 県 北 部 地 域 において 安 定 した 就 業 の 場 を 確 保 するためには 景 気 に 左 右 されにくい 産 業 の 集 積 が 望 まれます このような 中 地 域 住 民 が 長 年 望 んでいた 東 九 州 自 動 車 道 延 岡 ~ 宮 崎 間 が 平 成 25 年 度 には 開 通 する 見 込 みであるほか 日 向 市 の 細 島 港 が 重 点 港 湾 に 指 定 されるなど 県 北 部 地 域 の 物 流 機 能 は 大 きく 向 上 しよ うとしています また 本 市 のクレアパーク 延 岡 工 業 団 地 第 2 工 区 ( 有 効 面 積 11ha)を はじめ 近 隣 の 門 川 町 や 日 向 市 にも 良 好 な 環 境 に 恵 まれた 工 業 団 地 が 存 在 しています このような 立 地 環 境 を 背 景 に 前 述 した1から3までの 取 り 組 みを 着 実 に 推 進 することにより 県 北 部 地 域 が 医 療 関 連 企 業 にとって 魅 力 的 な エリアとなります このようなことから 平 成 22 年 5 月 に 策 定 された 宮 崎 県 北 定 住 自 立 圏 共 生 ビジョン においても 宮 崎 大 分 両 県 が 進 める 東 九 州 地 域 の 医 療 産 業 拠 点 構 想 を 踏 まえながら 本 圏 域 の 医 療 機 器 産 業 の 集 積 に 関 す る 産 学 官 連 携 の 支 援 取 組 を 行 う こととしています また 東 九 州 メディカルバレー 構 想 においても 更 なる 企 業 誘 致 の 推 進 に 取 り 組 むことで 医 療 機 器 産 業 の 拠 点 づくりを 進 めることとして います そのため 本 構 想 においても クレアパーク 延 岡 工 業 団 地 第 2 工 区 の 整 備 や 医 療 関 連 産 業 に 特 化 した 企 業 立 地 奨 励 補 助 事 業 拡 充 の 検 討 をはじ め 東 九 州 自 動 車 道 や 九 州 中 央 自 動 車 道 さらには 重 点 港 湾 細 島 港 の 整 備 促 進 などに 取 り 組 み 医 療 関 連 企 業 の 誘 致 を 積 極 的 に 推 進 します 9

12 5 健 康 長 寿 施 策 の 研 究 等 わが 国 は 近 年 の 生 活 環 境 の 改 善 や 医 学 の 進 歩 等 により 世 界 有 数 の 長 寿 国 となりましたが 高 齢 になっても 健 康 な 人 生 を 送 ることは 全 ての 人 の 共 通 の 願 いであると 言 えます このような 中 本 市 では 健 康 で 幸 せな 人 生 を 送 るための 市 民 の 健 康 づくりに 関 する 健 康 長 寿 のまちづくり 市 民 運 動 行 動 計 画 書 が 策 定 され 運 動 や 食 事 健 診 受 診 を 中 心 とした 取 り 組 みが 進 められており 健 康 や 長 寿 に 対 する 市 民 意 識 が 高 まっています また 宮 崎 県 北 部 広 域 行 政 事 務 組 合 においては 医 療 機 関 の 安 易 な 時 間 外 受 診 の 自 粛 や 適 正 受 診 等 の 推 進 などのため 地 域 医 療 問 題 に 関 する 啓 発 パンフレット 等 の 作 成 を 行 い 構 成 市 町 村 を 対 象 に 配 布 しており 医 療 に 関 する 住 民 の 理 解 を 促 し 地 域 医 療 を 自 ら 守 るという 意 識 の 醸 成 を 図 る 取 組 みが 進 められています 本 構 想 では こうした 市 民 協 働 の 取 組 みなどと 連 動 しながら 産 学 官 の 連 携 による 新 たな 健 康 長 寿 施 策 の 研 究 を 行 います また 住 民 の 健 康 長 寿 の 推 進 並 びに 医 療 の 充 実 のため 血 液 や 血 管 に 関 する 先 端 医 療 技 術 をはじめとする 医 療 技 術 研 究 の 支 援 なども 行 います 10

13 第 3 部 構 想 の 推 進 1 推 進 体 制 メディカルタウン 構 想 を 着 実 に 推 進 するため 市 役 所 内 に メディカ ルタウン 推 進 室 を 設 置 します また 構 想 の 進 捗 に 応 じてその 体 制 の 強 化 を 図 ります さらに 市 の 行 政 経 営 会 議 のもとに メディカルタウン 推 進 室 工 業 振 興 課 健 康 長 寿 推 進 室 地 域 医 療 対 策 室 経 営 政 策 課 の 関 係 課 室 によ る 庁 内 推 進 会 議 を 設 置 し 定 期 的 臨 時 的 に 協 議 を 行 い 関 係 課 室 一 体 となって 構 想 を 推 進 します 2 産 学 官 連 携 メディカルタウン 構 想 の 推 進 にあたっては 東 九 州 メディカルバレー 構 想 推 進 会 議 等 において 次 の 関 係 者 との 緊 密 な 連 携 を 図 ります また メディカルタウン 構 想 の 取 組 み 項 目 ごとに 関 係 者 との 協 議 を 行 い 効 果 的 な 連 携 を 図 ります < 産 > 旭 化 成 クラレメディカル 旭 化 成 メディカル をはじめとする 旭 化 成 グループ 各 社 東 郷 メディキット 地 場 企 業 他 < 学 > 宮 崎 大 学 九 州 保 健 福 祉 大 学 < 官 > 宮 崎 県 日 向 市 門 川 町 諸 塚 町 椎 葉 村 美 郷 町 高 千 穂 町 日 之 影 町 五 ヶ 瀬 町 他 工 程 管 理 構 想 の 推 進 にあたっては 東 九 州 メディカルバレー 構 想 と 歩 調 を 合 わ せ それぞれの 取 組 みごとに 工 程 を 設 定 して 計 画 的 に 取 り 組 んでいき ます 11

14 資 料 編 1 既 存 資 源 宮 崎 県 宮 崎 県 北 地 域 延 岡 市 門 川 町 旭 化 成 クラレメディカル 旭 化 成 メディカル 九 州 保 健 福 祉 大 学 延 岡 高 等 学 校 メテ ィカルサイエンス 科 日 向 市 東 郷 メディキット 宮 崎 大 学 1-1 既 存 医 療 機 器 メーカー 旭 化 成 クラレメディカル 人 工 腎 臓 (ダイアライザー)や 血 液 浄 化 (アフェレシス) 機 器 を 製 造 大 分 市 延 岡 市 に 生 産 開 発 拠 点 を 持 っている 血 液 透 析 器 (ダイアライザー) 老 廃 物 及 び 余 分 な 水 分 を 体 外 循 環 の 透 析 療 法 により 除 去 する <シェア: 日 本 No.1 世 界 No.2> アフェレシス 関 連 製 品 免 疫 疾 患 や 難 病 治 療 の 各 々の 病 因 物 質 を 膜 分 離 吸 着 分 離 技 術 を 核 とした 血 液 浄 化 治 療 で 除 去 する <シェア: 日 本 No.1 世 界 No.1>

15 旭 化 成 メディカル 生 物 学 的 製 剤 からウイルスを 除 去 するフィルターや 血 液 から 白 血 球 を 除 去 するフィルターを 製 造 大 分 市 延 岡 市 に 生 産 開 発 拠 点 を 持 っている 白 血 球 除 去 フィルター 輸 血 用 血 液 から 白 血 球 を 吸 着 除 去 する <シェア: 日 本 No.1 世 界 No.1> ウイルス 除 去 フィルター 生 物 由 来 製 剤 の 製 造 プロセスで 製 剤 中 の ウイルスを 除 去 する <シェア: 日 本 No.1 世 界 No.1> 東 郷 メディキット 輸 液 用 静 脈 留 置 針 人 工 透 析 用 留 置 針 血 管 用 カテーテルを 製 造 日 向 市 に 生 産 開 発 拠 点 を 持 っている 静 脈 留 置 針 点 滴 などの 輸 液 療 法 において 使 用 される 腕 の 血 管 に 刺 す 針 <シェア: 日 本 No.1(セーフティータイフ )> 透 析 用 留 置 針 人 工 透 析 を 行 う 際 の 血 液 の 出 入 り 口 となる 針 <シェア: 日 本 No.1>

16 血 管 用 カテーテル 脳 心 臓 腹 部 下 肢 などの 血 管 内 治 療 で 使 用 するカテーテル <シェア: 日 本 No.1( 脳 血 管 造 影 用 )>

17 1-2 人 材 育 成 機 関 九 州 保 健 福 祉 大 学 平 成 11 年 に 公 私 協 力 方 式 により 社 会 福 祉 学 部 保 健 科 学 部 の2 学 部 6 学 科 で 開 設 平 成 15 年 には 薬 学 部 を 増 設 するとともに 平 成 19 年 には 保 健 科 学 部 に 臨 床 工 学 科 を 設 置 してお り 3 学 部 9 学 科 を 擁 する 医 療 保 健 福 祉 の 総 合 大 学 として 発 展 している(H22.3 月 現 在 ) 薬 学 部 薬 学 科 は 薬 剤 師 国 家 試 験 の 新 卒 合 格 率 が3 年 連 続 90% 以 上 (H18 年 20 年 は 日 本 一 )となっており 医 療 を 支 える 優 秀 な 人 材 を 輩 出 している また 保 健 科 学 部 臨 床 工 学 科 においては 即 戦 力 となる 学 生 の 養 成 を 実 現 するため ICU や 血 液 透 析 室 工 作 室 保 守 点 検 実 習 室 など 国 内 のトップクラスの 設 備 を 有 するとともに 医 療 現 場 の 第 一 線 で 活 躍 していた 教 授 陣 が 指 導 にあたっている 医 療 のための 医 学 と 工 学 の 知 識 の 兼 備 という 高 い 水 準 が 求 められるため 国 内 の 養 成 校 は 50 校 程 度 に 留 まるものの 医 療 機 関 における 臨 床 工 学 技 士 の 勤 務 者 数 は 年 々 増 加 傾 向 にあり 今 後 も 医 療 の 現 場 を 支 える 人 材 として 命 を 守 る 重 責 を 担 うことが 期 待 されている < 保 健 科 学 部 臨 床 工 学 科 の 実 習 風 景 > 延 岡 高 等 学 校 メディカルサイエンス 科 医 師 や 技 術 者 など 地 域 医 療 や 先 端 技 術 産 業 などの 将 来 を 担 う 人 材 の 育 成 を 目 的 とした 県 内 初 の 学 科 理 科 数 学 英 語 での 少 人 数 指 導 による 質 の 高 い 学 びを 提 供 するとともに 病 院 や 地 域 最 先 端 企 業 への 訪 問 やインターンシップ 医 学 部 や 薬 学 部 理 工 系 学 部 の 大 学 や 企 業 による 出 前 講 座 地 域 医 療 担 当 医 師 らによる 講 演 会 も 充 実 させ 地 域 に 貢 献 できる 人 材 を 育 成 することを 目 指 す

18 2 国 内 医 療 機 器 生 産 額 の 推 移 ( 指 数 平 成 11 年 =100) 年 平 成 11 年 平 成 12 年 平 成 13 年 平 成 14 年 平 成 15 年 平 成 16 年 平 成 17 年 平 成 18 年 平 成 19 年 平 成 20 年 生 産 金 額 ( 百 万 円 ) 1,487,902 1,486,266 1,516,989 1,503,507 1,498,918 1,534,365 1,572,401 1,688,344 1,684,465 1,692,352 対 前 年 増 減 指 数 月 平 均 生 産 金 額 増 減 額 ( 百 万 円 ) 比 ( %) (%) ( 百 万 円 ) -33, ,856-1, ,856 30, ,416-13, ,292-4, ,910 35, ,864 38, , , ,695-3, ,372 7, ,029 平 成 20 年 薬 事 工 業 生 産 動 態 統 計 年 報 3 都 道 府 県 別 医 療 機 器 生 産 金 額 都 道 府 県 名 生 産 金 額 対 前 年 増 減 構 成 割 合 20 年 ( 百 万 円 ) 19 年 ( 百 万 円 ) 増 減 額 ( 百 万 円 ) 比 (%) 20 年 (%) 19 年 (%) 全 国 1,692,352 1,684,465 7, 栃 木 213, ,984-20, 静 岡 181, ,714-5, 東 京 141, ,130-13, 大 分 114, ,489 5, 埼 玉 98,449 93,826 4, ~ 27 宮 崎 11,508 11, 平 成 20 年 薬 事 工 業 生 産 動 態 統 計 年 報

19 4 血 液 や 血 管 に 関 する 医 療 人 工 透 析 ( 透 析 療 法 ) 人 工 透 析 ( 透 析 療 法 )とは 機 能 の 低 下 した 腎 臓 に 代 わって 血 液 中 の 老 廃 物 や 過 剰 な 水 分 を 人 工 的 に 取 り 除 く 療 法 で 血 液 透 析 と 腹 膜 透 析 の 二 つの 方 法 がある 血 液 透 析 は 腕 の 血 管 から 血 液 を 透 析 装 置 に 送 り 血 液 をろ 過 してきれいになった 血 液 を 体 内 に 送 り 返 す 方 法 であり 通 常 病 院 やクリニックなどの 透 析 施 設 で 週 3~4 回 (1 回 4~5 時 間 )の 治 療 を 行 う 腹 膜 透 析 は 自 分 の 腹 膜 を 使 って 血 液 をきれいにする 方 法 であり 腹 腔 に 透 析 液 を 入 れ て 自 宅 や 職 場 など 社 会 生 活 の 中 で 治 療 を 行 う 国 内 の 慢 性 透 析 患 者 は 約 29 万 人 ( 時 点 )であり そのほとんどが 血 液 透 析 治 療 を 行 っているが 治 療 のために 病 院 やクリニックに 頻 繁 に 通 う 必 要 があるなど 患 者 の 負 担 が 大 きいことが 指 摘 されている 現 在 九 州 保 健 福 祉 大 学 の 竹 澤 真 吾 教 授 と 国 内 医 療 機 器 メーカーが 患 者 の QOL の 向 上 や 透 析 医 療 経 済 上 の 効 果 を 目 指 して 操 作 が 簡 単 で 低 価 格 な 全 自 動 型 の 透 析 装 置 を 開 発 中 であり 在 宅 透 析 の 普 及 やアジア 地 域 における 透 析 治 療 の 機 会 拡 大 と 医 療 の 質 の 向 上 が 期 待 されている アフェレシス アフェレシスとは 有 効 な 治 療 薬 がない 難 病 治 療 分 野 や 副 作 用 等 の 影 響 で 医 薬 品 での 治 療 が 困 難 な 症 例 などに 対 する 治 療 法 として また 予 防 医 療 分 野 でも 注 目 されている 治 療 法 である 具 体 的 には 血 液 を 体 外 の 装 置 に 通 し ろ 過 吸 着 などの 分 離 技 術 で 病 気 に 関 わる 物 質 を 取 り 除 く 医 薬 品 とは 異 なり 自 分 の 血 液 を 浄 化 して 有 用 な 成 分 を 体 内 へ 戻 すため 体 に やさしい 治 療 法 として 患 者 の QOL の 向 上 につながるとともに 今 後 の 医 療 の 進 歩 や 疾 患 の 原 因 解 明 に 応 じて 多 くの 疾 患 に 対 して 大 きく 貢 献 することが 期 待 されている

薬 物 乱 用 等 も 感 染 の 一 因 となり 得 るため 薬 物 乱 用 者 についても 個 別 施 策 層 として 対 応 す る 必 要 がある なお 具 体 的 な 個 別 施 策 層 については 状 況 の 変 化 に 応 じて 適 切 な 見 直 し がなされるべきである さらに 施

薬 物 乱 用 等 も 感 染 の 一 因 となり 得 るため 薬 物 乱 用 者 についても 個 別 施 策 層 として 対 応 す る 必 要 がある なお 具 体 的 な 個 別 施 策 層 については 状 況 の 変 化 に 応 じて 適 切 な 見 直 し がなされるべきである さらに 施 後 天 性 免 疫 不 全 症 候 群 に 関 する 特 定 感 染 症 予 防 指 針 感 染 症 の 予 防 及 び 感 染 症 の 患 者 に 対 する 医 療 に 関 する 法 律 ( 平 成 10 年 法 律 第 114 号 ) 第 11 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 後 天 性 免 疫 不 全 症 候 群 に 関 する 特 定 感 染 症 予 防 指 針 ( 平 成 18 年

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 証 券 コード:7749 Ⅰ. 業 績 の 推 移 売 上 高 ( 百 万 円 ) 営 業 経 常 利 益 ( 百 万 円 ) 1 1, 8, 1,31 1,339 3,41 3,219 11,62 3,399 11,574 3,168 11,926 2,995 5, 4, 3, 6, 3,13 2,828 3,93 2,786 2,62 4, 1, 24/3 25/3 26/3 27/3 28/3

More information

(Microsoft Word - \223\354\221\212\224n\216s\222\206\220S\216s\220\351\214\276H21.3.25.doc)

(Microsoft Word - \223\354\221\212\224n\216s\222\206\220S\216s\220\351\214\276H21.3.25.doc) 定 住 自 立 圏 構 想 中 心 市 宣 言 書 ともにつくる 活 力 に 満 ちた 安 心 で 潤 いのある 南 相 馬 国 指 定 重 要 無 形 民 俗 文 化 財 相 馬 野 馬 追 1 南 相 馬 市 定 住 自 立 圏 中 心 市 宣 言 少 子 高 齢 化 と 人 口 減 少 地 方 圏 から 東 京 圏 への 人 口 の 流 出 地 域 経 済 の 低 迷 に 伴 う 厳 しい 財

More information

建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 め

建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 め 政 府 全 体 における 外 国 人 材 の 受 入 れ 活 用 に 関 する 動 き 等 日 本 語 小 委 (H27.04.17) 参 考 資 料 4 経 済 財 政 運 営 と 改 革 の 基 本 方 針 2014 ~デフレから 好 循 環 拡 大 へ~ ( 抄 ) 平 成 26 年 6 月 24 日 閣 議 決 定 第 2 章 2.イノベーションの 促 進 等 による 民 需 主 導 の 成

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D203281798E51975E92F18F6F8E9197BF939693FA8E9D82BF8D9E82DD817A817988E38B40984189AC96EC89EF92B7817A8C928D4E814588E397C390ED97AA8E51975E89EF8B632E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D203281798E51975E92F18F6F8E9197BF939693FA8E9D82BF8D9E82DD817A817988E38B40984189AC96EC89EF92B7817A8C928D4E814588E397C390ED97AA8E51975E89EF8B632E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 第 1 回 健 康 医 療 戦 略 参 与 会 合 日 本 の 医 療 機 器 産 業 の 現 状 課 題 期 待 2013 年 3 月 18 日 日 本 医 療 機 器 産 業 連 合 会 会 長 荻 野 和 郎 1 日 本 医 療 機 器 産 業 連 合 会 とは 加 盟 19 団 体 ( 企 業 約 4900 社 ) 取 扱 品 目 数 ( 約 30 万 品 目 ) ( 一 社 ) 日 本 画

More information

2016 January 内 診 療 科 月 ( 新 患 ) 熊 部 呼 吸 器 ( 再 診 ) 山 口 科 血 液 外 山 消 化 器 大 園 鈴 木 腎 臓 外 科 消 化 器 外 科 大 地 火 山 口 中 嶋 外 山 工 藤 水 外 山 戸 井 田 木 中 嶋 山 口 外 山 大 地 金 熊 部 外 山 大 園 鈴 木 石 躍 備 考 ( 水 ) 午 後 気 管 支

More information

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc 肝 炎 対 策 の 推 進 に 関 する 基 本 的 な 指 針 平 成 23 年 5 月 16 日 目 次 第 1 第 2 第 3 第 4 第 5 第 6 第 7 第 8 第 9 肝 炎 の 予 防 及 び 肝 炎 医 療 の 推 進 の 基 本 的 な 方 向 肝 炎 の 予 防 のための 施 策 に 関 する 事 項 肝 炎 検 査 の 実 施 体 制 及 び 検 査 能 力 の 向 上 に

More information

総 合 科 学 研 究 科 ( 留 学 生 担 当 ) 文 学 部 文 学 研 究 科 哲 学 思 想 文 化 学 コース 歴 史 学 コース 地 理 学 考 古 学 文 化 財 学 コース 日 本 中 国 文 学 語 学 コース 翀 欧 米 文 学 語 学 言 語 学 コース 比 較 日 本 文

総 合 科 学 研 究 科 ( 留 学 生 担 当 ) 文 学 部 文 学 研 究 科 哲 学 思 想 文 化 学 コース 歴 史 学 コース 地 理 学 考 古 学 文 化 財 学 コース 日 本 中 国 文 学 語 学 コース 翀 欧 米 文 学 語 学 言 語 学 コース 比 較 日 本 文 教 員 一 覧 総 合 科 学 部 総 合 科 学 研 究 科 総 合 科 学 科 ( 総 合 科 学 プログラム) 人 間 探 究 領 域 ( 人 間 文 化 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 ( 言 語 コミュニケーション 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 ( 人 間 行 動 科 学 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 (スポーツ 健 康 科 学 授 業

More information

2013 April 内 外 診 療 科 科 心 臓 血 管 セ ン タ ー 呼 吸 器 ( 新 患 ) 呼 吸 器 ( 再 診 ) 血 液 消 化 器 腎 臓 科 心 臓 血 管 外 科 月 熊 部 山 口 佐 々 木 中 村 竹 田 大 地 火 山 口 須 加 原 外 山 工 藤 水 佐 々 木 松 本 中 村 新 名 木 須 加 原 山 口 外 山 大 地 7 階

More information

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要 保 医 発 0325 第 8 号 平 成 28 年 3 月 25 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 ( 公

More information

救急科  臨床研修プログラム

救急科  臨床研修プログラム 13. 救 急 科 初 期 臨 床 研 修 カリキュラム 特 徴 1. 内 因 性 疾 患 外 傷 熱 中 症 急 性 薬 物 中 毒 各 種 ショック ( 出 血 敗 血 症 アナフィラ キシーなど) 院 外 心 肺 機 能 停 止 など 軽 症 から 超 重 症 まで 診 るER 型 救 急 を 行 っている 2. 初 療 処 置 諸 検 査 を 行 い 診 断 がついた 時 点 で 各 科 専

More information

【分割ファイル4-4】

【分割ファイル4-4】 4 糖 尿 病 - 81 - 糖 尿 病 の 医 療 連 携 体 制 ( 不 可 ) 重 症 急 性 増 悪 時 治 療 目 標 糖 尿 病 昏 睡 等 重 症 な 急 性 合 併 症 の 治 療 を 実 施 すること 求 められる 主 な 機 能 糖 尿 病 昏 睡 等 急 性 合 併 症 の 治 療 が4 時 間 実 施 可 能 であること 等 支 援 機 関 血 糖 コントロール 不 可 例

More information

これまでに 策 定 された 地 方 人 口 ビジョン と 地 方 版 総 合 戦 略 をみると 総 じて 2060 年 に1 億 人 程 度 の 人 口 を 維 持 するという 国 の 方 針 を 踏 まえた 内 容 となっている すなわち 長 期 的 に 各 自 治 体 の 人 口 流 出 に 歯

これまでに 策 定 された 地 方 人 口 ビジョン と 地 方 版 総 合 戦 略 をみると 総 じて 2060 年 に1 億 人 程 度 の 人 口 を 維 持 するという 国 の 方 針 を 踏 まえた 内 容 となっている すなわち 長 期 的 に 各 自 治 体 の 人 口 流 出 に 歯 みずほインサイト 政 策 2015 年 11 月 27 日 地 方 圏 での 戦 略 型 企 業 誘 致 地 場 産 業 と 連 携 した 誘 致 による 自 立 的 発 展 が 有 効 政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 上 村 未 緒 03-3591-1336 mio.uemura@mizuho-ri.co.jp 地 方 創 生 の 一 環 として 推 進 される 雇 用 創 出 の 代 表

More information

目 次 A 維 持 透 析 症 例 A 維 持 透 析 症 例 A 維 持 透 析 症 例 A 維 持 透 析 症 例 A 維 持 透 析 症 例 A 維 持 透 析 症 例 A 維 持 透 析 症 例 A 維 持 透 析 症 例 A 維 持 透 析 症 例

目 次 A 維 持 透 析 症 例 A 維 持 透 析 症 例 A 維 持 透 析 症 例 A 維 持 透 析 症 例 A 維 持 透 析 症 例 A 維 持 透 析 症 例 A 維 持 透 析 症 例 A 維 持 透 析 症 例 A 維 持 透 析 症 例 目 次 A 維 持 透 析 症 例 A 維 持 透 析 症 例 A 維 持 透 析 症 例 A 維 持 透 析 症 例 A 維 持 透 析 症 例 A 維 持 透 析 症 例 A 維 持 透 析 症 例 A 維 持 透 析 症 例 A 維 持 透 析 症 例 A 維 持 透 析 症 例 A 維 持 透 析 症 例 A 維 持 透 析 症 例 B 慢 性 腎 不 全 透 析 導 入 症 例 B 慢 性

More information

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について 精 神 障 害 者 の 地 域 移 行 について 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 精 神 保 健 医 療 福 祉 の 現 状 について 2 精 神 疾 患 の 患 者 数 ( 医 療 機 関 にかかっている 患 者 ) ( 万 人 ) 350 300 250 200 218.1 204.1 258.4 302.8 323.3 320.1

More information

第3節 重点的な取り組み

第3節 重点的な取り組み 第 4 節 高 齢 者 の 生 きがいづくりと 社 会 参 加 の 促 進 1 生 きがいづくり 活 動 等 への 参 加 団 塊 の 世 代 が 定 年 退 職 し さまざまな 価 値 観 を 持 った 高 齢 者 が 増 えてきました 社 会 の 中 で 高 齢 者 の 占 める 割 合 が 高 くなるにつれて 高 齢 者 が 社 会 的 弱 者 である というイメージは 徐 々に 変 わりつつあり

More information

(10) 療 養 病 棟 の 在 宅 復 帰 機 能 強 化 加 算 在 宅 復 帰 率 の 計 算 式 及 び 指 標 見 直 す (11) 障 害 者 施 設 等 入 院 基 本 料 特 殊 疾 患 病 棟 入 院 料 等 について 対 象 疾 患 評 価 見 直 し 意 識 障 害 を 有 す

(10) 療 養 病 棟 の 在 宅 復 帰 機 能 強 化 加 算 在 宅 復 帰 率 の 計 算 式 及 び 指 標 見 直 す (11) 障 害 者 施 設 等 入 院 基 本 料 特 殊 疾 患 病 棟 入 院 料 等 について 対 象 疾 患 評 価 見 直 し 意 識 障 害 を 有 す 平 成 28 年 度 診 療 報 酬 改 定 情 報 基 本 方 針 の 決 定 ~ 諮 問 書 ~1 平 成 28 年 1 月 13 日 厚 生 労 働 省 から 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 に 向 けて 平 成 28 年 度 診 療 報 酬 改 定 の 諮 問 書 が 発 出 されました いよいよ 中 医 協 で 細 部 にわたる 審 議 が 行 われることになります それと 同

More information

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 計 画 独 立 行 政 法 人 通 則 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 103 号 ) 第 29 条 第 1 項 に 基 づき 平 成 26 年 3 月 14 日 付 けをもって 厚 生 労 働 大 臣 から 指 示 のあった 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 目 標 を 達 成 するため 同 法 第 30 条 の

More information

第8回地方独立行政法人神戸市民病院機構評価委員会

第8回地方独立行政法人神戸市民病院機構評価委員会 平 成 23 年 度 第 4 回 神 戸 市 保 健 医 療 審 議 会 保 健 医 療 連 絡 協 議 専 門 分 科 会 ( 議 事 録 ) 日 時 : 平 成 23 年 10 月 17 日 ( 月 ) 午 後 1 時 30 分 ~2 時 32 分 場 所 : 神 戸 市 役 所 1 号 館 14 階 大 会 議 室 議 題 : 病 院 開 設 許 可 事 務 に 係 る 意 見 について 神

More information

Taro-第1~4-2.jtd

Taro-第1~4-2.jtd 第 8 章 保 健 医 療 福 祉 ( 介 護 )の 総 合 的 な 取 組 の 促 進 第 1 節 保 健 医 療 福 祉 ( 介 護 )の 連 携 ( 現 状 及 び 課 題 ) 保 健 医 療 福 祉 は 相 互 に 密 接 に 関 わっており 医 療 連 携 体 制 の 構 築 にあ たっても 疾 病 の 予 防 特 定 健 診 特 定 保 健 指 導 各 種 の 相 談 治 療 リハビ リテーション

More information

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7 平 成 28 年 8 月 31 日 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 書 1. 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 額 区 分 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 %) 対 前 年 度 比 金 額 伸 率 (1) 財 政 融 資 7,668 7,944 276 3.5 (2) 産 業

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

<5461726F2D8AAF95F1938A8D9E82DD5F914494958E598BC65F8E968BC695AA96EC95CA8E77906A2E6A7464>

<5461726F2D8AAF95F1938A8D9E82DD5F914494958E598BC65F8E968BC695AA96EC95CA8E77906A2E6A7464> 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 国 土 交 通 省 告 示 第 八 百 六 十 五 号 ( 平 成 十 一 年 法 律 第 十 八 号 ) 第 十 二 条 第 一 項 の 規 定 に 基 づ き に 係 る 経 営 力 向 上 に 関 す る 指 針 を 次 の と お り 定 め た の で 同 条 第 五 項 の 規 定 に 基 づ き 公 表 す る 船 舶 産 業 分 野 国 土 交

More information

提案説明

提案説明 平 成 2 8 年 松 本 市 議 会 2 月 定 例 会 市 長 提 案 説 明 [ 2 8. 2. 12( 金 ) AM10:00] 本 日 こ こ に 平 成 2 8 年 松 本 市 議 会 2 月 定 例 会 を 招 集 い た し ま し た と こ ろ 議 員 の 皆 様 方 に は お そ ろ い で ご 出 席 を い た だ き 厚 く 御 礼 を 申 し あ げ ま す さ て

More information

2 青 コ 催 工 青 高 橋 昇 男 4 25 午 5 時 ラ ポ 催 題 及 び 収 支 決 算 件 28 計 画 案 及 び 収 支 算 案 承 認 件 等 上 程 致 承 認 卒 油 品 登 美 シ ョ ッ み み 阿 正 義 結 建 築 設 計 室 古 澤 郁 夫 朝 堂 宮 徳 村 尾

2 青 コ 催 工 青 高 橋 昇 男 4 25 午 5 時 ラ ポ 催 題 及 び 収 支 決 算 件 28 計 画 案 及 び 収 支 算 案 承 認 件 等 上 程 致 承 認 卒 油 品 登 美 シ ョ ッ み み 阿 正 義 結 建 築 設 計 室 古 澤 郁 夫 朝 堂 宮 徳 村 尾 Tokamachi 工 4-5 2016 No.482 市 ちテ 市 民 流 市 民 動 竣 工 市 街 化 拠 点 施 設 市 民 流 分 じろ 旧 市 本 分 庁 舎 市 民 動 じろ 旧 西 脇 様 4 23 竣 工 両 施 設 5 30 オ 準 備 間 様 々イベ 催 6 1 グ ラドオ :1,328 工 948-0088 市 駅 17 番 TEL025757-5111 FAX025752-6044

More information

ips 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 研 究 等 国 際 的 に 注 目 され 競 争 が 激 化 しているiPS 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 創 薬 をいち 早 く 推 進 する ための 基 盤 整 備 を 行 うことにより 再 生 医 療 創 薬 をわが 国 のリーディ

ips 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 研 究 等 国 際 的 に 注 目 され 競 争 が 激 化 しているiPS 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 創 薬 をいち 早 く 推 進 する ための 基 盤 整 備 を 行 うことにより 再 生 医 療 創 薬 をわが 国 のリーディ 住 宅 建 築 物 省 エネ 改 修 等 緊 急 推 進 事 業 住 宅 建 築 物 ストックの 省 エネ 改 修 等 を 促 進 するため 民 間 等 が 行 う 省 エネ 改 修 工 事 バリアフリー 改 修 工 事 に 対 して 支 援 を 行 う 事 業 の 要 件 以 下 の 要 件 を 満 たす 住 宅 建 築 物 の 改 修 工 事 1 躯 体 ( 壁 天 井 等 )の 省 エネ 改

More information

施 策 構 築 の 基 本 的 視 点 総 合 戦 略 の4つの 分 野 の 施 策 構 築 に 当 たり 信 州 の 強 みを 活 かすため 以 下 の 基 本 的 視 点 に 基 づき 検 討 を 行 い 特 色 ある 施 策 を 打 ち 出 していきます 人 生 を 楽 しむことができる 県

施 策 構 築 の 基 本 的 視 点 総 合 戦 略 の4つの 分 野 の 施 策 構 築 に 当 たり 信 州 の 強 みを 活 かすため 以 下 の 基 本 的 視 点 に 基 づき 検 討 を 行 い 特 色 ある 施 策 を 打 ち 出 していきます 人 生 を 楽 しむことができる 県 平 成 27 年 (2015 年 )2 月 6 日 企 画 振 興 部 総 合 政 策 課 ( 課 長 ) 関 昇 一 郎 ( 担 当 ) 小 池 広 益 平 澤 忍 電 話 :026-235-7014( 直 通 ) 026-232-0111( 代 表 ) 内 線 3718 FAX:026-235-7471 e-mail:seisaku@pref.nagano.lg.jp 人 口 定 着 確 かな

More information

〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護

〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 訪 問 看 護 について 診 療 報 酬 改 定 の 主 な 改 正 点 は 次 のとおりです なお 詳 しくは このあとの 表 で 医 療 保 険 と 介 護 保 険 との 較 訪 問 看 護 ステーションが う 訪 問 看 護 について 記 載 しています 平 成 26 年 改 定 同 建 物 居 住 者 訪 問 看 護 指 導 料 において 同 に3 以 上 訪 問 した 場 合 の 点 数

More information

国 保 小 見 川 総 合 病 院 建 て 替 え 整 備 検 討 委 員 会 委 員 名 簿 区 分 所 属 氏 名 1 医 療 に 関 わる 有 識 者 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 副 病 院 長 企 画 情 報 部 教 授 高 林 克 日 己 2 医 療 に 関 わる 有 識

国 保 小 見 川 総 合 病 院 建 て 替 え 整 備 検 討 委 員 会 委 員 名 簿 区 分 所 属 氏 名 1 医 療 に 関 わる 有 識 者 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 副 病 院 長 企 画 情 報 部 教 授 高 林 克 日 己 2 医 療 に 関 わる 有 識 第 1 回 国 保 小 見 川 総 合 病 院 建 て 替 え 整 備 検 討 委 員 会 次 第 日 時 平 成 26 年 7 月 23 日 ( 水 ) 午 後 1 時 30 分 から 場 所 国 保 小 見 川 総 合 病 院 附 属 看 護 専 門 学 校 3 階 講 堂 1. 開 会 2. 委 嘱 状 交 付 3. 組 合 長 挨 拶 4. 委 員 紹 介 事 務 局 職 員 紹 介 5.

More information

資 料 63 平 成 21 年 10 月 8 日 第 4 次 基 本 構 想 前 期 基 本 計 画 に 関 する 意 見 今 井 啓 一 郎 1 商 店 会 への 支 援 < 必 要 であれば 法 人 化 も 検 討 > コミュニティ 防 犯 災 害 時 にも 貢 献 するものである 2 観 光

資 料 63 平 成 21 年 10 月 8 日 第 4 次 基 本 構 想 前 期 基 本 計 画 に 関 する 意 見 今 井 啓 一 郎 1 商 店 会 への 支 援 < 必 要 であれば 法 人 化 も 検 討 > コミュニティ 防 犯 災 害 時 にも 貢 献 するものである 2 観 光 長 期 計 画 起 草 委 員 会 配 付 資 料 一 覧 平 成 21 年 10 月 11 日 資 料 名 備 考 第 1 回 1 小 金 井 市 長 期 計 画 起 草 委 員 会 設 置 要 綱 (9 月 12 日 ) 2 素 案 の 骨 格 を 考 える 上 での 各 項 目 の 要 約 (キーワード) 三 橋 委 員 第 4 次 小 金 井 市 基 本 構 想 ( 素 案 ) 前 半 についての

More information

震災予防計画

震災予防計画 第 5 編 第 1 節 概 要 第 5 編 広 域 応 援 編 第 1 節 概 要 1 都 6 県 と 県 境 を 接 する 本 県 は 関 東 の 中 央 に 位 置 し さいたま 新 都 心 には 国 の 行 政 機 関 等 が 集 積 してい5つの 高 速 道 路 と 主 要 国 道 が 縦 横 に 設 けられ 東 北 や 上 信 越 から 首 都 への 玄 関 口 でもあ 首 都 圏 同 時

More information

・職員研修等において,法令遵守に関する講義を実施する。

・職員研修等において,法令遵守に関する講義を実施する。 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 平 成 25 年 度 の 業 務 運 営 に 関 する 計 画 ( 年 度 計 画 ) 平 成 25 年 3 月 29 日, 届 出 平 成 25 年 度 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 年 度 計 画 Ⅰ 大 学 の 教 育 研 究 等 の 質 の 向 上 に 関 する 目 標 を 達 成 するためにとるべき 措 置 1 教 育 に 関 する 目

More information

指 導 担 当 医 山 谷 秀 喜 (やまや ひでき) 講 師 日 本 腎 臓 学 会 所 属 日 本 移 植 学 会 所 属 日 本 アフェレシス 学 会 所 属 慢 性 腎 臓 病 の 管 理 内 シャント 拡 張 術 奥 山 宏 (おくやま ひろし) 講 師 日 本 腎 臓 学 会 専 門 医

指 導 担 当 医 山 谷 秀 喜 (やまや ひでき) 講 師 日 本 腎 臓 学 会 所 属 日 本 移 植 学 会 所 属 日 本 アフェレシス 学 会 所 属 慢 性 腎 臓 病 の 管 理 内 シャント 拡 張 術 奥 山 宏 (おくやま ひろし) 講 師 日 本 腎 臓 学 会 専 門 医 腎 臓 内 科 科 長 のメッセージ 腎 炎 から 腎 臓 移 植 まですべての 領 域 をカバーしている 日 本 唯 一 といっていい 総 合 腎 臓 内 科 であ り 6つの 専 門 医 が 取 得 可 能 です One for all, all for one の 精 神 で 皆 が 連 帯 しています 科 長 横 山 仁 (よこやま ひとし) 教 授 腎 臓 内 科 学 腎 炎 ネフローゼ

More information

20141113(滋賀県)都道府県計画

20141113(滋賀県)都道府県計画 医 療 保 促 進 法 に 基 づく 滋 賀 県 計 画 平 成 26 年 10 月 滋 賀 県 - 2 - 1. 計 画 の 基 本 的 事 項 (1) 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 本 県 の 人 口 は 現 在 約 141 万 人 であり 全 国 でも 数 少 ない 人 口 増 加 県 であるが 平 成 27 年 (2015 年 )をピークとして 減 少 に 転 じると 見 込 まれている

More information

01医政局:医療介護総合確保概要(医療部分)

01医政局:医療介護総合確保概要(医療部分) 具 体 的 な 報 告 項 目 報 告 方 法 時 期 等 について 今 年 度 一 般 病 床 療 養 病 床 を 有 する 病 院 診 療 所 は 以 下 の 項 目 を 平 成 26 年 11 月 14 日 ( 金 )までに 報 告 することとする(10 月 1 日 ( 水 ) 受 付 開 始 ) 報 告 項 目 1 平 成 26 年 7 月 1 日 時 点 における 医 療 機 能 ( 病

More information

活力ある健康長寿社会の実現 -新たな政策パッケージの創造-

活力ある健康長寿社会の実現 -新たな政策パッケージの創造- 活 力 ある 健 康 長 寿 社 会 の 実 現 - 新 たな 政 策 パッケージの 創 造 - 自 民 党 国 際 保 健 医 療 戦 略 特 命 委 員 会 委 員 長 参 議 院 議 員 武 見 敬 三 これまでの 教 訓 医 療 政 策 は 経 済 政 策 労 働 政 策 社 会 福 祉 政 策 など 包 括 的 な 国 家 運 営 の 中 で 計 画 実 施 される 必 要 がある また

More information

資 料 1 平 成 28 年 6 月 22 日 関 西 圏 におけるライフサイエンス 産 業 振 興 にかかる 要 望 ~ 日 本 を 牽 引 するライフサイエンスイノベーション 拠 点 形 成 に 向 けて~ 大 阪 商 工 会 議 所 京 都 商 工 会 議 所 神 戸 商 工 会 議 所 ライ

資 料 1 平 成 28 年 6 月 22 日 関 西 圏 におけるライフサイエンス 産 業 振 興 にかかる 要 望 ~ 日 本 を 牽 引 するライフサイエンスイノベーション 拠 点 形 成 に 向 けて~ 大 阪 商 工 会 議 所 京 都 商 工 会 議 所 神 戸 商 工 会 議 所 ライ 記 者 発 表 資 料 平 成 28 年 6 月 22 日 大 阪 経 済 記 者 クラブ 会 員 各 位 ( 同 時 配 布 先 : 京 都 経 済 記 者 クラブ 神 戸 経 済 記 者 クラブ) 初 共 同 提 案 京 阪 神 三 商 工 会 議 所 関 西 圏 におけるライフサイエンス 産 業 振 興 にかかる 要 望 建 議 お 問 合 先 大 阪 商 工 会 議 所 経 済 産 業 部

More information

5 運 航 経 費 に 係 る 負 担 の 考 え 方 (1)ドクターヘリ 事 業 に 係 る 経 費 厚 生 労 働 省 における ドクターヘリ 導 入 促 進 事 業 の 基 準 額 を 参 考 にすると 1 機 当 たり 約 2 億 円 の 経 費 が 必 要 となる 平 成 23 年 度 ド

5 運 航 経 費 に 係 る 負 担 の 考 え 方 (1)ドクターヘリ 事 業 に 係 る 経 費 厚 生 労 働 省 における ドクターヘリ 導 入 促 進 事 業 の 基 準 額 を 参 考 にすると 1 機 当 たり 約 2 億 円 の 経 費 が 必 要 となる 平 成 23 年 度 ド 将 来 の 配 置 構 想 ( 案 ) 関 西 全 体 において 未 整 備 地 域 の 解 消 を 図 るため まず 兵 庫 県 南 部 ( 播 磨 地 域 ) への 追 加 配 備 を 行 う また 既 に 運 航 範 囲 となっている 地 域 のうち 30 分 以 内 での 救 急 搬 送 体 制 の 確 立 及 び 補 完 体 制 の 充 実 を 図 るため 滋 賀 県 全 域 及 び 京

More information

供 した 例 がある しかし このような 船 舶 の 利 活 用 が 被 災 地 全 体 に 普 及 しなかったのは 活 用 可 能 な 船 舶 の 情 報 が 把 握 されていないことに 加 え 船 舶 において 医 療 活 動 を 実 施 すること 自 体 の 認 知 が 進 んでいなかったこと

供 した 例 がある しかし このような 船 舶 の 利 活 用 が 被 災 地 全 体 に 普 及 しなかったのは 活 用 可 能 な 船 舶 の 情 報 が 把 握 されていないことに 加 え 船 舶 において 医 療 活 動 を 実 施 すること 自 体 の 認 知 が 進 んでいなかったこと 自 分 を 守 る! ビジネスにつなげる! 社 会 貢 献 をする! 23 円 滑 な 医 療 体 制 を 構 築 している 例 事 例 番 号 174 兵 庫 県 内 の 大 学 と 医 療 団 体 海 事 団 体 で 災 害 時 医 療 支 援 船 構 想 推 進 協 議 会 設 立 取 組 主 体 災 害 時 医 療 支 援 船 構 想 推 進 協 議 会 取 組 の 実 施 地 域 兵 庫

More information

P01.AI

P01.AI グ 紹 介 ブ No. 号 0 0 般 予 算 歳 算 剰 余 繰 越 普 通 交 税 交 増 ほ 経 済 交 復 旧 庫 支 増 歳 職 期 異 職 給 与 道 整 備 交 増 配 分 橋 梁 寿 命 道 舗 追 加 火 水 槽 領 漁 港 増 陸 競 技 レ 整 備 図 書 館 テ 更 ほ 8 豪 雨 農 林 土 木 復 旧 追 加 歳 歳 億 増 予 算 総 9 億 ギ ヨ ァ 管 ぎ 験 農

More information

はじめに 平 成 18 年 の 教 育 基 本 法 改 正 に 伴 い 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 についての 基 本 的 な 方 針 及 び 構 ずべき 施 策 その 他 必 要 な 事 項 を 定 めることが 国 や 地 方 公 共 団 体 に 求 められました そこで 小 山 市

はじめに 平 成 18 年 の 教 育 基 本 法 改 正 に 伴 い 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 についての 基 本 的 な 方 針 及 び 構 ずべき 施 策 その 他 必 要 な 事 項 を 定 めることが 国 や 地 方 公 共 団 体 に 求 められました そこで 小 山 市 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 の 大 綱 豊 かな 心 と 健 全 な 身 体 を 育 む ふるさと 小 山 の 教 育 2015 年 ( 平 成 27 年 )4 月 栃 木 県 小 山 市 はじめに 平 成 18 年 の 教 育 基 本 法 改 正 に 伴 い 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 についての 基 本 的 な 方 針 及 び 構 ずべき 施 策 その 他 必 要 な

More information

1. 中 小 企 業 者 の 経 営 安 定 化 対 策 について (1) 消 費 税 転 嫁 対 策 相 談 窓 口 の 設 置 について 消 費 税 は 製 造 卸 小 売 などの 各 取 引 の 段 階 で 課 税 され 価 格 に 転 嫁 され て 最 終 的 には 消 費 者 が 負 担

1. 中 小 企 業 者 の 経 営 安 定 化 対 策 について (1) 消 費 税 転 嫁 対 策 相 談 窓 口 の 設 置 について 消 費 税 は 製 造 卸 小 売 などの 各 取 引 の 段 階 で 課 税 され 価 格 に 転 嫁 され て 最 終 的 には 消 費 者 が 負 担 平 成 26 年 度 防 府 市 商 工 業 振 興 施 策 に 関 す る 要 望 1. 中 小 企 業 者 の 経 営 安 定 化 対 策 について (1) 消 費 税 転 嫁 対 策 相 談 窓 口 の 設 置 に ついて (2) 消 費 税 増 税 に 伴 う 効 果 的 な 経 済 対 策 事 業 について 1 住 宅 リフォーム 助 成 事 業 の 継 続 実 施 に ついて 2 中 心

More information

4. 申 請 に 必 要 な 書 類 等 全 員 が 提 出 す る も の 〇 1569 様 式 は 広 島 市 ホームページよりダウンロードできます 〇 28 医 療 意 見 書 は 小 児 慢 性 特 定 疾 病 情 報 センターホームページ(http://www.shouman.jp/) 1

4. 申 請 に 必 要 な 書 類 等 全 員 が 提 出 す る も の 〇 1569 様 式 は 広 島 市 ホームページよりダウンロードできます 〇 28 医 療 意 見 書 は 小 児 慢 性 特 定 疾 病 情 報 センターホームページ(http://www.shouman.jp/) 1 (H28.4 新 規 申 請 用 ) 小 児 慢 性 特 定 疾 病 医 療 費 助 成 事 業 申 請 手 続 きの 御 案 内 〇 小 児 慢 性 特 定 疾 病 医 療 費 助 成 事 業 とは 小 児 慢 性 特 定 疾 病 にかかっている 児 童 等 について 健 全 育 成 の 観 点 から 患 児 家 庭 の 医 療 費 の 負 担 軽 減 を 図 るため その 医 療 費 の 一 部

More information

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4>

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4> 別 表 第 一 医 科 診 療 報 酬 点 数 表 [ 目 次 ] 第 1 章 基 本 診 療 料 第 1 部 初 再 診 料 通 則 第 1 節 初 診 料 第 2 節 再 診 料 第 2 部 入 院 料 等 通 則 第 1 節 入 院 基 本 料 第 2 節 入 院 基 本 料 等 加 算 第 3 節 特 定 入 院 料 第 4 節 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 第 2 章 特 掲 診 療

More information

平成21年度教育関係共同利用様式

平成21年度教育関係共同利用様式 ( 別 紙 様 式 4) 職 業 実 践 専 門 課 程 の 基 本 情 報 について 学 校 名 設 置 認 可 年 月 日 校 長 名 所 在 地 国 際 メディカル 専 門 平 成 4 年 月 9 日 渡 辺 敏 彦 950 094 学 校 新 潟 市 中 央 区 紫 竹 山 6 丁 目 4 番 号 ( 電 話 )05(55)5 設 置 者 名 設 立 認 可 年 月 日 代 表 者 名 所

More information

アフリカの持続可能な成長に貢献するために

アフリカの持続可能な成長に貢献するために アフリカの 持 続 可 能 な 成 長 に 貢 献 するために ~TICAD Ⅵに 向 けた 経 済 界 のアフリカ 戦 略 ~ 2016 年 1 月 19 日 1.はじめに いまや 最 後 のフロンティアともいえるアフリカ 市 場 は 大 きな 成 長 を 遂 げつ つある 人 口 は 2010 年 には 10 億 人 を 突 破 し 2050 年 には 20 億 人 を 超 え 中 国 インドを

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF332D3120939C9441956181418C7689E68169916688C4816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF332D3120939C9441956181418C7689E68169916688C4816A2E646F63> 糖 尿 病 の 医 療 体 制 構 築 について 第 1 糖 尿 病 の 現 状 1 糖 尿 病 の 疫 学 状 況 糖 尿 病 は 血 液 中 のブドウ 糖 ( 血 糖 )が 過 剰 に 増 える 疾 病 で 血 糖 値 を 下 げるホルモンである インスリンの 不 足 により 主 に 幼 児 から 小 児 期 に 発 症 する1 型 糖 尿 病 と 過 食 運 動 不 足 肥 満 な どによりインスリンの

More information

目 次 はじめに 1 第 1 県 立 新 庄 病 院 の 果 たすべき 役 割 1-1 総 括 的 事 項 2 1-2 特 に 重 点 を 置 く 診 療 分 野 3 1-3 病 床 機 能 3 1-4 機 能 分 担 と 連 携 機 能 4 1-5 教 育 実 習 機 能 4 1-6 付 帯 する

目 次 はじめに 1 第 1 県 立 新 庄 病 院 の 果 たすべき 役 割 1-1 総 括 的 事 項 2 1-2 特 に 重 点 を 置 く 診 療 分 野 3 1-3 病 床 機 能 3 1-4 機 能 分 担 と 連 携 機 能 4 1-5 教 育 実 習 機 能 4 1-6 付 帯 する 資 料 2-2 山 形 県 立 新 庄 病 院 改 築 整 備 に 関 する 意 見 書 ( 案 ) 平 成 28 年 1 月 山 形 県 立 新 庄 病 院 改 築 整 備 検 討 委 員 会 目 次 はじめに 1 第 1 県 立 新 庄 病 院 の 果 たすべき 役 割 1-1 総 括 的 事 項 2 1-2 特 に 重 点 を 置 く 診 療 分 野 3 1-3 病 床 機 能 3 1-4 機

More information

Ⅰ 総論

Ⅰ 総論 女 性 活 躍 推 進 特 定 事 業 主 行 動 計 画 せき きらめき 女 子 のアクティブプラン み ん な ~ 男 女 がいきいきと 働 く 職 場 をめざして~ 平 成 28 年 3 月 関 市 はじめに 我 が 国 において 女 性 の 就 業 率 は 着 実 に 上 昇 してきているものの 育 児 介 護 等 を 理 由 に 働 けない 女 性 や 出 産 を 機 に 離 職 する 女

More information

はじめに 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 ( 以 下 新 病 院 という )におけ る 物 品 管 理 業 務 の 実 施 にあたっては この 仕 様 書 に 定 めるところにより 行 い 当 該 委 託 業 務 が 適 正 かつ 円 滑 に

はじめに 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 ( 以 下 新 病 院 という )におけ る 物 品 管 理 業 務 の 実 施 にあたっては この 仕 様 書 に 定 めるところにより 行 い 当 該 委 託 業 務 が 適 正 かつ 円 滑 に 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 物 品 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 目 次 I. 業 務 概 要... 2 1 委 託 業 務 名... 2 2 業 務 の 目 的... 2 3 期 間... 2 4 病 院 概 要... 2 5 開 院 スケジュール... 3 6 対 象 業 務... 3 1 7 管 理 対 象 及 び 搬 送 対

More information

鈴木隆雄委員資料

鈴木隆雄委員資料 社 会 保 障 審 議 会 介 護 保 険 部 会 ( 第 58 回 ) 平 成 28 年 5 月 25 日 鈴 木 隆 雄 委 員 提 出 資 料 後 期 高 齢 者 の 保 健 事 業 のあり 方 に 関 する 研 究 (ポイント) 平 成 27 年 度 厚 生 労 働 科 学 研 究 特 別 研 究 ( 班 長 : 鈴 木 隆 雄 ( 国 立 長 寿 医 療 研 究 センター 理 事 長 特

More information

3 実務研修内容【分野別】

3 実務研修内容【分野別】 6) 地 域 栄 養 分 野 地 域 栄 養 ( 項 目 番 号 :T21-101 T21-201) 科 目 名 生 活 習 慣 病 の 発 症 予 防 と 重 症 化 予 防 単 位 数 講 義 3 単 位 がん 循 環 器 疾 患 糖 尿 病 及 び COPD( 慢 性 閉 塞 性 肺 疾 患 ) 対 処 するため 一 次 予 防 に 重 点 を 置 いた 対 策 を 推 進 するとともに 合

More information

25年度 全国アンケート結果

25年度 全国アンケート結果 在 宅 医 療 推 進 会 議 日 本 薬 剤 師 会 の 取 り 組 みについて 平 成 28 年 2 月 4 日 公 益 社 団 法 人 日 本 薬 剤 師 会 常 務 理 事 有 澤 賢 二 在 宅 医 療 に 関 する 日 本 薬 剤 師 会 の 取 り 組 み 薬 剤 師 の 関 与 を 必 要 とする 在 宅 患 者 に 過 不 足 なく 訪 問 薬 剤 管 理 指 導 を 提 供 できる

More information

2 ペインクリニック ペインクリニック 科 に 関 しては 先 ずは 様 々な 痛 みの 症 例 を 正 確 に 診 断 できる 能 力 の 養 成 を 最 大 の 目 標 にします その 過 程 で 薬 物 療 法 神 経 ブロック( 超 音 波 透 視 下 を 含 む) Intervention

2 ペインクリニック ペインクリニック 科 に 関 しては 先 ずは 様 々な 痛 みの 症 例 を 正 確 に 診 断 できる 能 力 の 養 成 を 最 大 の 目 標 にします その 過 程 で 薬 物 療 法 神 経 ブロック( 超 音 波 透 視 下 を 含 む) Intervention 専 攻 医 ( 後 期 臨 床 研 修 )プログラム 西 宮 市 立 中 央 病 院 6. 麻 酔 科 ペインクリニック 科 当 院 の 麻 酔 科 は 手 術 臨 床 麻 酔 に 加 えて 活 発 なペインクリニック 科 と 緩 和 医 療 に 特 徴 があります 日 本 麻 酔 科 学 会 日 本 ペインクリニック 学 会 日 本 緩 和 医 療 学 会 の 研 修 指 定 病 院 であり 2

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下 雇 児 母 発 1211 第 2 号 平 成 26 年 12 月 11 日 都 道 府 県 各 指 定 都 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 中 核 市 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 母 子 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 小 児 慢 性 特 定 疾 病 指 定 医 の 指 定 について 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 )

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

Kainan Hospital 作 言 語 段 有 効 空 建 西 窓 木 曽 川 遠 養 老 山 脈 鈴 鹿 山 脈 む 角 呼 吸 器 作 向 明 言 語 配 A B 脳 神 経 整 形 便 始 改 築 工 ほ 完 旬 旬 順 次 稼 働 以 回 稼 働 門 移 玄 近 命 横 右 む 察 隣

Kainan Hospital 作 言 語 段 有 効 空 建 西 窓 木 曽 川 遠 養 老 山 脈 鈴 鹿 山 脈 む 角 呼 吸 器 作 向 明 言 語 配 A B 脳 神 経 整 形 便 始 改 築 工 ほ 完 旬 旬 順 次 稼 働 以 回 稼 働 門 移 玄 近 命 横 右 む 察 隣 Vol. 特 集 ムペ 念 私 倫 見 据 質 高 提 供 守 信 頼 築 権 責 務. 良 質 権. 選 択 権. 為 選 択 決 権. 情 報 説 明 権. バ 保 権. 人 的 尊 厳 求 権. 加 責 務 ヘポ ドヘ 離 着 陸 訓 練 8 9 0 Kainan Hospital 作 言 語 段 有 効 空 建 西 窓 木 曽 川 遠 養 老 山 脈 鈴 鹿 山 脈 む 角 呼 吸 器 作

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進 [ 成

目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進 [ 成 益 田 市 社 会 教 育 推 進 計 画 益 田 市 教 育 委 員 会 平 成 26 年 2 月 策 定 目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進

More information

被 災 企 業 等 への 支 援 策 の 充 実 について 被 災 企 業 の 支 援 策 について 復 興 計 画 の 遅 れや 人 件 費 資 材 不 足 等 の 現 状 に 配 慮 し グループ 補 助 金 制 度 の 継 続 や 運 用 の 改 善 等 を 国 に 強 く 求 めると 共 に

被 災 企 業 等 への 支 援 策 の 充 実 について 被 災 企 業 の 支 援 策 について 復 興 計 画 の 遅 れや 人 件 費 資 材 不 足 等 の 現 状 に 配 慮 し グループ 補 助 金 制 度 の 継 続 や 運 用 の 改 善 等 を 国 に 強 く 求 めると 共 に 被 災 したJR 各 線 の 復 旧 について 被 災 したJR 山 田 線 大 船 渡 線 の 復 旧 については あくまでも 鉄 路 での 復 旧 が 果 たされるよう 関 係 自 治 体 と 共 に 国 やJR 東 日 本 に 対 して 強 く 働 き 掛 けること 復 興 計 画 が 完 了 するまでの 復 興 予 算 の 確 保 について 被 災 自 治 体 が 安 心 して 復 興 に

More information

Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集

Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集 平 成 28 年 度 主 な 税 制 改 正 要 望 の 概 要 平 成 27 年 8 月 厚 生 労 働 省 目 次 セルフメディケーション 推 進 のための 一 般 用 医 薬 品 等 に 関 する 所 得 控 除 制 度 の 創 設 1 セルフメディケーション 推 進 に 資 する 薬 局 に 係 る 税 制 措 置 の 創 設 2 個 人 の 健 康 増 進 疾 病 予 防 の 推 進 のための

More information

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5>

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5> 1 技 能 実 習 制 度 の 見 直 し 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014 抜 粋 第 一 ( 総 論 ) Ⅱ. 改 定 戦 略 における 鍵 となる 施 策 2. 担 い 手 を 生 み 出 す ~ 女 性 の 活 躍 促 進 と 働 き 方 改 革 (3) 外 国 人 材 の 活 用 多 様 な 価 値 観 や 経 験, 技 術 を 持 った 海 外 からの 人 材 がもっと 日 本

More information

4. 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 特 例 の 延 長 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 以 下 の 特 例 措 置 の 適 用 期 限 ( 平 成 28 年 3 月 31 日 )を 延 長 する 1 登 録 免 許 税 の 特 例 ( 所 有 権 の 保 存 登 記 : 本 則 0.4%

4. 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 特 例 の 延 長 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 以 下 の 特 例 措 置 の 適 用 期 限 ( 平 成 28 年 3 月 31 日 )を 延 長 する 1 登 録 免 許 税 の 特 例 ( 所 有 権 の 保 存 登 記 : 本 則 0.4% 平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 平 成 27 年 9 月 17 日 一 般 社 団 法 人 不 動 産 協 会 我 が 国 の 経 済 は 緩 やかな 回 復 を 続 けているが 少 子 化 高 齢 化 を 伴 う 人 口 減 少 社 会 の 到 来 や 産 業 構 造 の 転 換 グローバル 化 の 急 激 な 進 展 等 著 しい 構 造 変 化 に 直 面 している そのような

More information

Microsoft Word - 5腎、膠原病内科 後期臨床研修プログラム、専門医養成

Microsoft Word - 5腎、膠原病内科 後期臨床研修プログラム、専門医養成 5 腎 膠 原 病 内 科 後 期 臨 床 研 修 カリキュラム 専 門 医 養 成 コース 1. 腎 膠 原 病 内 科 の 概 要 1.スタッフ 部 長 1 名 小 山 勝 志 医 長 1 名 医 員 3 名 後 期 研 修 医 3 名 日 本 内 科 学 会 : 認 定 内 科 医 3 名 専 門 医 1 名 指 導 医 1 名 日 本 腎 臓 学 会 : 専 門 医 2 名 指 導 医 1

More information

88

88 第 4 章 高 齢 者 福 祉 施 策 の 推 進 87 88 第 4 章 高 齢 者 福 祉 施 策 の 推 進 1 自 立 支 援 と 生 活 の 質 の 向 上 (1) 高 齢 者 の 生 活 支 援 施 設 等 の 活 用 生 活 に 関 する 不 安 の 解 消 や 寝 たきりにならないための 予 防 事 業 を 推 進 する 場 として 高 齢 者 の 生 活 支 援 施 設 等 の 活

More information

No.26_蜂屋氏cs5.indd

No.26_蜂屋氏cs5.indd 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 調 査 部 主 任 研 究 員 蜂 屋 勝 弘 目 次 1. 基 礎 的 財 政 収 支 の 現 状 2. 財 政 健 全 化 の 高 いハードル 3. 財 政 健 全 化 の 地 方 財 政 への 影 響 (1) 国 の 税 収 増 加 の 地 方 財 政 への 影 響 (2) 国 庫 支 出 金 の 削 減 の 地 方 財 政 への 影

More information

目 次 1. 筑 後 市 立 病 院 のあゆみ... 2 2. 筑 後 市 立 病 院 の 施 設 概 要... 4 1. 所 在 地 等... 4 2. 病 院 の 理 念... 4 3. 構 造 等... 4 4. 診 療 時 間 等... 4 5. 病 床 数... 4 6. 標 榜 診 療

目 次 1. 筑 後 市 立 病 院 のあゆみ... 2 2. 筑 後 市 立 病 院 の 施 設 概 要... 4 1. 所 在 地 等... 4 2. 病 院 の 理 念... 4 3. 構 造 等... 4 4. 診 療 時 間 等... 4 5. 病 床 数... 4 6. 標 榜 診 療 資 料 5 筑 後 市 立 病 院 概 要 平 成 22 年 度 版 視 察 団 体 埼 玉 県 東 松 山 市 市 議 会 視 察 日 平 成 17 年 10 月 20 日 ( 木 ) 筑 後 市 立 病 院 目 次 1. 筑 後 市 立 病 院 のあゆみ... 2 2. 筑 後 市 立 病 院 の 施 設 概 要... 4 1. 所 在 地 等... 4 2. 病 院 の 理 念... 4 3.

More information

(4) 研 修 手 当 月 手 当 248,000 円 夏 期 及 び 年 末 には 謝 礼 として それぞれ 150,000 円 支 給 住 居 手 当 として 最 高 28,500 円 まで 該 当 者 に 支 給 通 勤 手 当 を 該 当 者 に 支 給 臨 時 服 務 手 当 (5) 社

(4) 研 修 手 当 月 手 当 248,000 円 夏 期 及 び 年 末 には 謝 礼 として それぞれ 150,000 円 支 給 住 居 手 当 として 最 高 28,500 円 まで 該 当 者 に 支 給 通 勤 手 当 を 該 当 者 に 支 給 臨 時 服 務 手 当 (5) 社 京 都 第 一 赤 十 字 病 院 看 護 職 員 募 集 要 項 (2 次 募 集 ) 京 都 第 一 赤 十 字 病 院 研 修 歯 科 医 師 募 集 要 項 募 集 職 種 研 修 歯 科 医 師 募 集 人 員 1 名 試 験 日 平 成 28 年 8 月 10 日 ( 水 ) 受 験 票 試 験 日 の 案 内 を 応 募 期 間 終 了 後 別 途 送 付 選 考 方 法 筆 記 試

More information

平 成 20 年 度

平 成 20 年 度 議 案 第 9 号 滋 賀 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 一 般 会 計 歳 入 歳 出 決 算 の 認 定 について 滋 賀 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 一 般 会 計 歳 入 歳 出 決 算 は 別 冊 決 算 書 のとおりであるので 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 233 条 第 3 項 の 規 定 により 滋 賀

More information

目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割 16 Ⅶ. 産 学 界 の 役 割 17 Ⅷ.その 他

目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割 16 Ⅶ. 産 学 界 の 役 割 17 Ⅷ.その 他 インフラ 長 寿 命 化 基 本 計 画 平 成 25 年 11 月 インフラ 老 朽 化 対 策 の 推 進 に 関 する 関 係 省 庁 連 絡 会 議 目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割

More information

行財政改革推進プラン【H22進捗状況】

行財政改革推進プラン【H22進捗状況】 羽 村 市 行 財 政 改 革 推 進 プラン 進 捗 状 況 ( 平 成 22 年 度 分 ) 及 び 羽 村 市 事 業 仕 分 け 結 果 ( 市 の 方 針 )に 対 する 進 捗 状 況 ( 平 成 22 年 度 分 ) 羽 村 市 企 画 部 企 画 課 羽 村 市 行 財 政 改 革 推 進 プラン 進 捗 状 況 ( 平 成 22 年 度 分 ) 及 び 羽 村 市 事 業 仕 分

More information

目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 基 本 的 な 考 え 方 3 1 まちひとしごと 創 生 鰺 ヶ 沢 町 総 合 戦 略 の 位 置 づけ 3 2 まちひとしごと 創 生 鰺 ヶ 沢 町 総 合 戦 略 の 対 象 期 間 4 3 まちひとしごと 創 生 鰺 ヶ 沢 町 総 合 戦 略 の 推 進

目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 基 本 的 な 考 え 方 3 1 まちひとしごと 創 生 鰺 ヶ 沢 町 総 合 戦 略 の 位 置 づけ 3 2 まちひとしごと 創 生 鰺 ヶ 沢 町 総 合 戦 略 の 対 象 期 間 4 3 まちひとしごと 創 生 鰺 ヶ 沢 町 総 合 戦 略 の 推 進 まち ひと しごと 創 生 鰺 ヶ 沢 町 総 合 戦 略 平 成 27 年 12 月 青 森 県 鰺 ヶ 沢 町 目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 基 本 的 な 考 え 方 3 1 まちひとしごと 創 生 鰺 ヶ 沢 町 総 合 戦 略 の 位 置 づけ 3 2 まちひとしごと 創 生 鰺 ヶ 沢 町 総 合 戦 略 の 対 象 期 間 4 3 まちひとしごと 創 生 鰺 ヶ 沢 町 総 合 戦 略

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

総務部元気宣言

総務部元気宣言 福 井 新 々 元 気 宣 言 推 進 に 関 する 政 策 合 意 私 は 知 事 の 政 策 スタッフとして 福 井 県 民 の 将 来 ビジョン に 基 づき 福 井 新 々 元 気 宣 言 の 元 気 な 産 業 元 気 な 社 会 元 気 な 県 土 元 気 な 県 政 に 掲 げられた 政 策 等 を 実 現 するため 県 民 の 理 解 と 参 加 を 得 な がら 責 任 を 持 って

More information

【報告】組合要求書回答(総務部).xls

【報告】組合要求書回答(総務部).xls 1 全 職 場 で 共 通 する 要 求 について (1) 15 人 勧 での 地 域 手 当 偏 重 では 私 たちの 生 活 は 実 質 的 に 賃 下 げです 政 府 に 地 域 手 当 廃 止 を 求 め るとともに 生 計 費 ( 地 公 法 第 24 条 第 3 項 ( 均 衡 の 原 則 ))に 考 慮 し 給 与 の 改 善 に 努 めるこ (2) 県 に 準 拠 し 新 幹 線 利

More information

平成24年度税制改正要望 公募結果 153. 不動産取得税

平成24年度税制改正要望 公募結果 153. 不動産取得税 項 目 : 153. 不 動 産 取 得 税 岩 手 県 ( 商 工 労 働 観 光 部 企 業 立 地 推 進 課 ) 被 災 地 域 の 企 業 が 投 資 する 再 生 可 能 エネルギー 設 備 に 対 する 課 税 免 除 大 震 災 津 波 において 被 災 地 域 では 電 気 水 道 ガスなどのインフラ 機 能 が 喪 失 し 工 場 では 稼 働 再 開 まで 長 期 間 を 要

More information

川 辺 町 総 合 戦 略 平 成 28 年 2 月 岐 阜 県 川 辺 町 目 次 第 1 章 総 合 戦 略 の 概 要... 1 1. 目 的... 1 2. 計 画 期 間... 1 3. 総 合 戦 略 の 位 置 づけ... 2 4. 推 進 検 証 体 制... 3 第 2 章 総 合 戦 略 の 基 本 方 針... 4 1. 基 本 方 針... 4 2. 基 本 的 方 向 性...

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874295BD90AC82518253944E937881408EA98CC8935F8C9F8145955D89BF82CC93E09765816B48508C668DDA5665722E816C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874295BD90AC82518253944E937881408EA98CC8935F8C9F8145955D89BF82CC93E09765816B48508C668DDA5665722E816C2E646F6378> 平 成 4 年 度 自 己 点 検 評 価 大 学 名 研 究 科 専 攻 名 入 学 定 員 徳 島 大 学 大 学 院 薬 科 学 教 育 部 薬 学 専 攻 4 名 理 念 とミッション 教 育 研 究 上 の 理 念 4 年 制 大 学 院 では 医 薬 品 をどう 使 い, 及 びどの 点 を 改 良 することで, 薬 を 通 じた 医 療 の 質 の 向 上 に 寄 与 し 国 民 の

More information

別紙3

別紙3 平 成 26 年 度 保 健 福 祉 局 予 算 要 求 方 針 目 次 1 平 成 26 年 度 保 健 福 祉 局 予 算 要 求 総 括 表 及 び 経 営 方 針 1 2 重 点 的 に 取 り 組 みを 行 う 主 なもの 5 1 平 成 26 年 度 保 健 福 祉 局 予 算 要 求 総 括 表 及 び 経 営 方 針 (1) 平 成 26 年 度 保 健 福 祉 局 予 算 要 求

More information

南 空 知 4 町 における 広 域 連 携 のあり 方 に 関 する 報 告 書 ( 平 成 23 年 度 ) 平 成 24 年 3 月 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 ( 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 ) 目 次 1. 南 空 知 4 町 による 広 域 連 携 の 検 討 の 目 的 と 経 過 1 (1) 広 域 連 携 の 検 討 趣 旨 (2) 南

More information

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 ---------------------------------------

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 --------------------------------------- 戸 田 都 市 計 画 ( 戸 田 市 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 25 年 11 月 22 日 から 平 成 25 年 12 月 6 日 まで 平 成 26 年 3 月 28 日 埼 玉 県 目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的

More information

当 しない 範 囲 で 実 施 されなければならない また 医 師 が 行 う 運 動 又 は 栄 養 に 関 する 指 導 助 言 を 書 面 又 は 電 子 データ 等 の 形 で 発 出 す ること 及 びその 対 価 を 徴 収 することが 健 康 保 険 法 第 63 条 に 規 定 され

当 しない 範 囲 で 実 施 されなければならない また 医 師 が 行 う 運 動 又 は 栄 養 に 関 する 指 導 助 言 を 書 面 又 は 電 子 データ 等 の 形 で 発 出 す ること 及 びその 対 価 を 徴 収 することが 健 康 保 険 法 第 63 条 に 規 定 され 健 康 寿 命 延 伸 産 業 分 野 における 新 事 業 活 動 のガイドライン 平 成 26 年 3 月 31 日 厚 生 労 働 省 経 済 産 業 省 1.ガイドラインの 趣 旨 概 要 産 業 競 争 力 強 化 法 第 9 条 において 新 事 業 活 動 を 実 施 しようとする 者 は 主 務 大 臣 に 対 して 事 業 活 動 に 関 する 規 制 法 の 解 釈 及 び 事

More information

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477>

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477> 平 成 26 年 度 (2014 年 度 ) 豊 島 区 当 初 予 算 の 概 要 平 成 26 年 3 月 豊 島 区 - 目 次 - 1 編 成 方 針 1 2 財 政 規 模 2 3 26 年 度 予 算 の 特 徴 3 4 歳 入 の 概 要 4 5 歳 出 の 概 要 6 6 消 費 税 率 引 き 上 げに 伴 う 区 財 政 への 影 響 12 7 基 金 と 起 債 の 残 高 15

More information

様式1

様式1 岩 手 県 エイズ 対 策 推 進 プラン 平 成 26 年 2 月 岩 手 県 目 次 1 推 進 プランの 基 本 的 考 え 方 1 2 HIV 感 染 者 及 びエイズ 患 者 の 現 状 と 本 県 の 課 題 3 3 目 標 及 び 重 点 施 策 15 4 具 体 的 な 取 組 17 5 プランを 推 進 するための 各 実 施 主 体 の 役 割 25 1 推 進 プランの 基 本

More information

Taro-4-1-4糖尿病(PDF用).jtd

Taro-4-1-4糖尿病(PDF用).jtd 4 糖 尿 病 現 状 と 課 題 ア 糖 尿 病 の 現 状 管 内 における 糖 尿 病 による 死 亡 数 は, 平 成 21 年 は8 人 ( 男 性 6 人, 女 性 2 人 )で, 死 亡 率 は, 男 性 は 全 国, 県 を 上 回 っていますが, 女 性 は 全 国, 県 を 下 回 っています 死 亡 率 のここ 数 年 の 年 次 推 移 をみると, 全 国 や 県 を 上 回

More information

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科 06. 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 Ⅰ 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 の 教 育 目 標 と 特 徴 06-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 06-4 分 析 項 目 Ⅰ 教 育 の 実 施 体 制 06-4 分 析 項 目 Ⅱ 教 育 内 容 06-6 分 析 項 目 Ⅲ 教 育 方 法 06-8 分 析 項 目 Ⅳ 学 業 の 成 果 06-10 分 析

More information

Microsoft Word - 浜田港長期構想(素案)20160308ver2.docx

Microsoft Word - 浜田港長期構想(素案)20160308ver2.docx 鰐 石 地 区 港 湾 関 連 用 地 6.4ha(H30 年 度 完 成 に 向 け 整 備 中 ) 背 後 圏 島 根 県 ( 万 人 ) ( 万 人 ) 全 国 注 ) 年 齢 不 詳 は 含 まない 輸 出 23 千 トン 移 出 30 千 トン 輸 入 273 千 トン 移 入 138 千 トン 速 報 値 浜 田 港 利 用 企 業 福 井 3 号 280m( 暫 定 水

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 平 成 27 年 1 14 日 資 料 2 第 31 次 地 方 制 度 調 査 会 第 12 回 専 門 小 委 員 会 資 料 三 原 市 三 原 やっさ 祭 府 中 町 水 分 峡 森 林 公 園 安 芸 高 田 市 神 楽 熊 野 町 筆 まつり 東 酒 蔵 通 り 岩 国 市 錦 帯 橋 広 島 広 域 都 市 圏 の 取 組 まつい かずみ 長 松 井 一 實 竹 原 市 重 要 伝 統

More information

雇 い 人 がいる 人 をいう (2) 自 営 業 主 ( 雇 入 なし) 個 人 経 営 の 商 店 主 工 場 主 農 業 主 などの 事 業 主 や 開 業 医 弁 護 士 著 述 家 などで 個 人 または 家 族 のみで 事 業 を 営 んでいる 人 をいう (3) 家 族 従 事 者 農

雇 い 人 がいる 人 をいう (2) 自 営 業 主 ( 雇 入 なし) 個 人 経 営 の 商 店 主 工 場 主 農 業 主 などの 事 業 主 や 開 業 医 弁 護 士 著 述 家 などで 個 人 または 家 族 のみで 事 業 を 営 んでいる 人 をいう (3) 家 族 従 事 者 農 2 主 な 用 語 の 説 明 世 帯 世 帯 とは 調 査 基 準 日 現 在 同 一 住 居 又 は 同 一 敷 地 内 の 別 棟 に 居 住 しており かつ 生 計 を 共 にしている 人 ( 世 帯 員 )の 集 まり 又 は 独 立 して 生 計 を 営 む 単 身 者 をいう 世 帯 員 世 帯 員 とは 調 査 基 準 日 現 在 この 世 帯 に 住 んでいる 人 のほか 一 時

More information

がん治療(放射線療法、化学療法の評価)

がん治療(放射線療法、化学療法の評価) 平 成 22 年 2 月 12 日 厚 生 労 働 大 臣 長 妻 昭 殿 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 会 長 遠 藤 久 夫 答 申 書 ( 平 成 22 年 度 診 療 報 酬 改 定 について) 平 成 22 年 1 月 15 日 付 け 厚 生 労 働 省 発 保 0115 第 1 号 をもって 諮 問 のあった 件 について 別 紙 1から 別 紙 6までの 改 正 案 を

More information

分 野 別 の 目 標 達 成 状 況 栄 養 運 動 心 の 健 康 喫 煙 飲 酒 歯 の 健 康 その 他 A) 達 成 B) 改 善 C) 悪 化 D) 評 価 不 能 合 計

分 野 別 の 目 標 達 成 状 況 栄 養 運 動 心 の 健 康 喫 煙 飲 酒 歯 の 健 康 その 他 A) 達 成 B) 改 善 C) 悪 化 D) 評 価 不 能 合 計 本 市 で は 国 の 健 康 増 進 計 画 で あ る 健 康 日 本 21 愛 知 県 の 健 康 日 本 21あ い ち 計 画 を 受 け て 第 1 次 健 康 増 進 計 画 を 策 定 し 平 成 15 年 度 から 平 成 25 年 度 まで また 食 育 推 進 計 画 についても 食 育 基 本 法 に 基 づき 平 成 20 年 度 から 平 成 25 年 度 まで それぞれ

More information

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 新 潟 県 政 令 指 定 都 市 平 均 平 均 年 齢 43

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 新 潟 県 政 令 指 定 都 市 平 均 平 均 年 齢 43 別 紙 3 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A B B/A 21 年 度 の 件 費 率 22 年 度 803,072 349,918,053 1,594,508 54,662,625 15.6 15.4

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819D93C192E88E968BC68EE58D7393AE8C7689E6362E31358DC58F492E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819D93C192E88E968BC68EE58D7393AE8C7689E6362E31358DC58F492E646F6378> 名 寄 市 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ( 第 2 期 前 期 計 画 ) 名 寄 市 長 名 寄 市 議 会 議 長 名 寄 市 選 挙 管 理 委 員 会 名 寄 市 代 表 監 査 委 員 名 寄 市 外 2 組 合 公 平 委 員 会 名 寄 市 農 業 委 員 会 名 寄 市 教 育 委 員 会 名 寄 地 区 衛 生 施 設 事 務 組 合 上 川 北 部 消 防 事 務 組 合

More information

<453A5C89FC8A76837683898393816991E6318E9F89FC92F9816A955C8E862E646F63>

<453A5C89FC8A76837683898393816991E6318E9F89FC92F9816A955C8E862E646F63> ~ 健 全 で 自 立 した 病 院 経 営 を 目 指 して~ 第 1 次 改 訂 ( 平 成 23~25 ) 平 成 23 年 11 月 岡 山 県 備 前 市 目 次 1 はじめに 1 2 計 画 期 間 1 3 備 前 病 院 1 (1) 現 況 及 び 役 割 1 (2) 経 営 効 率 化 計 画 3 4 日 生 病 院 5 (1) 現 況 及 び 役 割 5 (2) 経 営 効 率 化

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63> 釜 石 市 復 興 推 進 計 画 平 成 25 年 3 月 12 日 平 成 28 年 3 月 4 日 変 更 岩 手 県 釜 石 市 1 計 画 の 区 域 岩 手 県 釜 石 市 2 計 画 の 目 標 東 日 本 大 震 災 により 沿 岸 部 の 全 域 にわたり 壊 滅 的 な 被 害 を 受 け 店 舗 事 業 所 住 宅 などが 津 波 により 流 出 した また 震 災 の 被 害

More information

平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優

平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優 平 成 27 年 度 予 算 のポイント 平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優 先 課 題 推 進 枠 や 地 財 政 計 画 における

More information

00本文

00本文 保 医 発 1 2 2 2 第 2 号 平 成 2 6 年 1 2 月 2 2 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課

More information

● 外科初期研修プログラム 

● 外科初期研修プログラム  外 科 臨 床 研 修 プログラム Ⅰ 研 修 スケジュール 1. 研 修 期 間 は 原 則 として1 年 目 の4 週 間 とする ただし 可 能 な 範 囲 で 選 択 のため 希 望 に 応 じる < 研 修 方 法 > 1 一 般 外 科 研 修 中 に 消 化 器 外 科 呼 吸 器 ( 胸 部 ) 心 臓 血 管 外 科 内 分 泌 外 科 症 例 も 研 修 する 2 指 導 医 のもとに

More information