平成26年度日本留学試験結果の概要(第2回)

Size: px
Start display at page:

Download "平成26年度日本留学試験結果の概要(第2回)"

Transcription

1 平 成 6 年 度 日 本 留 学 試 験 ( 第 回 ) 実 施 結 果 の 概 要 目 次 平 成 6 年 度 (04 年 度 ) 日 本 留 学 試 験 実 施 要 項 実 施 状 況 3 科 目 別 平 均 点 等 一 覧 7 得 点 分 布 図 8 得 点 累 積 分 布 図 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構

2 平 成 6 年 度 (04 年 度 ) 日 本 留 学 試 験 実 施 要 項. 目 的 外 国 人 留 学 生 として, 我 が 国 の 大 学 ( 学 部 ) 等 に 入 学 を 希 望 する 者 について, 日 本 語 力 及 び 基 礎 学 力 の 評 価 を 行 う. 実 施 者 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 が, 文 部 科 学 省, 外 務 省, 大 学 及 び 国 内 外 の 関 係 機 関 の 協 力 を 得 て 実 施 する 3. 試 験 の 方 法, 内 容 等 () 対 象 : 外 国 人 留 学 生 として, 我 が 国 の 大 学 等 に 入 学 を 希 望 する 者 () 試 験 日 : 第 回 平 成 6 年 (04 年 ) 6 月 5 日 ( 日 ) 第 回 平 成 6 年 (04 年 ) 月 9 日 ( 日 ) (3) 実 施 地 : 国 内 北 海 道, 宮 城 県, 群 馬 県, 埼 玉 県, 千 葉 県, 東 京 都, 神 奈 川 県, 富 山 県 又 は 石 川 県, 静 岡 県, 愛 知 県, 京 都 府, 大 阪 府, 兵 庫 県, 岡 山 県 又 は 広 島 県, 福 岡 県 及 び 沖 縄 県 国 外 インド(ニューデリー),インドネシア(ジャカルタ 及 びスラバヤ), 韓 国 (ソウル 及 びプサン),シンガポール,スリランカ(コロンボ), タイ(バンコク), 台 湾 ( 台 北 ),フィリピン(マニラ),ベトナム(ハノイ 及 びホーチミン), 香 港,マレーシア(クアラルンプール),ミャンマー(ヤンゴ ン),モンゴル(ウランバートル) 及 びロシア(ウラジオストク) (4) 出 題 科 目 等 受 験 者 は, 受 験 希 望 の 大 学 等 の 指 定 に 基 づき, 以 下 の 科 目 の 中 から 選 択 して 受 験 する 科 目 目 的 時 間 得 点 範 囲 読 解 日 本 語 日 本 の 大 学 等 での 勉 学 に 対 応 できる 日 本 語 力 (アカデミック ジ ャパニーズ)を 測 定 する 5 分 聴 解 聴 読 解 0~400 点 記 述 0~50 点 理 科 日 本 の 大 学 等 の 理 系 学 部 での 勉 学 に 必 要 な 理 科 ( 物 理 化 学 生 物 )の 基 礎 的 な 学 力 を 測 定 する 80 分 0~00 点 総 合 科 目 日 本 の 大 学 等 での 勉 学 に 必 要 な 文 系 の 基 礎 的 な 学 力, 特 に 思 考 力, 論 理 的 能 力 を 測 定 する 80 分 0~00 点 数 学 日 本 の 大 学 等 での 勉 学 に 必 要 な 数 学 の 基 礎 的 な 学 力 を 測 定 する 80 分 0~00 点 [ 備 考 ] 日 本 語 の 科 目 は, 記 述, 読 解, 聴 解 聴 読 解 の3 領 域 から 構 成 される 理 科 について, 受 験 者 は, 受 験 希 望 の 大 学 等 の 指 定 に 基 づき, 物 理 化 学 生 物 から 科 目 を 選 択 す る 3 数 学 について, 受 験 者 は, 受 験 希 望 の 大 学 等 の 指 定 に 基 づき, 文 系 学 部 及 び 数 学 を 必 要 とする 程 度 が 比 較 的 少 ない 理 系 学 部 用 のコース, 数 学 を 高 度 に 必 要 とする 学 部 用 のコースのどちらかを 選 択 する 4 理 科 と 総 合 科 目 を 同 時 に 選 択 することはできない 5 上 記 の 得 点 範 囲 は, 日 本 語 の 科 目 の 記 述 を 除 き, 素 点 ではなく, 共 通 の 尺 度 上 で 表 示 する また, 記 述 については 基 準 に 基 づき 採 点 する 6 出 題 範 囲 は, 各 科 目 のシラバスを 参 照 のこと (5) 出 題 言 語 : 日 本 語 及 び 英 語 により 出 題 するので, 受 験 者 は, 受 験 希 望 の 大 学 等 の 指 定 を 踏 まえて, 出 願 の 際 にどちらかを 申 告 する( 日 本 語 の 科 目 は 日 本 語 による 出 題 のみ) (6) 解 答 方 式 : 多 肢 選 択 方 式 (マークシート)( 日 本 語 の 科 目 は 記 述 式 を 含 む ) - -

3 4. 出 願 の 手 続 き 等 () 出 願 手 続 き 願 書 : 所 定 のもの 受 験 料 : 国 内 ( 科 目 のみの 受 験 者 ) 6,30 円 ( 税 込 み) ( 科 目 以 上 の 受 験 者 ),60 円 ( 税 込 み) 国 外 インド 800 ルピー インドネシア 50,000 ルピア 韓 国 ( 科 目 のみの 受 験 者 ) 40,000 ウォン ( 科 目 以 上 の 受 験 者 ) 65,000 ウォン シンガポール 36 シンガポールドル スリランカ 700 スリランカルピー タイ 300 バーツ 台 湾 ( 科 目 のみの 受 験 者 ),00 台 湾 ドル ( 科 目 以 上 の 受 験 者 ),600 台 湾 ドル フィリピン 50 ペソ ベトナム 00,000 ドン 香 港 ( 科 目 のみの 受 験 者 ) 400 香 港 ドル ( 科 目 以 上 の 受 験 者 ) 750 香 港 ドル マレーシア 60 リンギット ミャンマー 5 米 ドル モンゴル 0,000 トゥグルグ ロシア 300 ルーブル 3 受 付 期 間 : 国 内 ( 第 回 ) 平 成 6 年 (04 年 ) 月 0 日 ( 月 )から3 月 7 日 ( 金 )まで (3 月 7 日 消 印 有 効 ) ( 第 回 ) 平 成 6 年 (04 年 )6 月 30 日 ( 月 )から7 月 5 日 ( 金 )まで (7 月 5 日 消 印 有 効 ) 国 外 国 内 と 同 じ 4 出 願 : 国 内 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 留 学 生 事 業 部 留 学 試 験 課 に 提 出 する 国 外 各 国 地 域 の 現 地 機 関 に 提 出 する () 受 験 案 内 出 願 手 続 き 等 の 細 目 については, 平 成 6 年 度 (04 年 度 ) 日 本 留 学 試 験 受 験 案 内 により 公 表 する 販 売 の 方 法 : 国 内 平 成 6 年 (04 年 ) 月 0 日 ( 月 )から 部 本 体 486 円 + 消 費 税 で 全 国 の 主 要 書 店 において 販 売 予 定 国 外 各 国 地 域 の 現 地 機 関 と 調 整 のうえ, 決 定 する (3) 受 験 票 の 送 付 国 内 : 願 書 を 受 理 したものについて, 次 に 掲 げる 期 日 ( 予 定 )に 発 送 する 第 回 平 成 6 年 (04 年 ) 5 月 6 日 ( 金 ) 第 回 平 成 6 年 (04 年 )0 月 7 日 ( 金 ) 国 外 : 各 国 地 域 の 現 地 機 関 と 調 整 のうえ, 決 定 する [ 備 考 ] 受 験 票, 結 果 の 通 知 の 発 送 料 については, 受 験 案 内 等 で 公 表 する 5. 結 果 の 通 知 等 () 受 験 者 への 通 知 次 に 掲 げる 期 日 ( 予 定 )に, 試 験 の 成 績 を 通 知 する 第 回 平 成 6 年 (04 年 ) 7 月 8 日 ( 金 ) 第 回 平 成 6 年 (04 年 ) 月 6 日 ( 火 ) () 大 学 等 への 通 知 第 回 については7 月 下 旬 から, 第 回 については 月 下 旬 から, 大 学 等 からの 成 績 照 会 への 対 応 を 開 始 する 照 会 先 : 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 留 学 生 事 業 部 留 学 試 験 課 東 京 都 目 黒 区 駒 場 電 話 : FAX:

4 平 成 6 年 度 日 本 留 学 試 験 ( 第 回 ) 実 施 状 況. 実 施 地 別 応 募 者 数 及 び 受 験 者 数 国 内 国 外 実 施 地 応 募 者 数 ( 人 ) 受 験 者 数 ( 人 ) 北 海 道 東 北 宮 城 群 馬 9 8 埼 玉 54 4 関 東 千 葉 東 京 8,088 6,697 神 奈 川 富 山 6 58 中 部 静 岡 7 30 愛 知, 京 都 近 畿 大 阪,567,349 兵 庫 80 3 中 国 岡 山 九 州 福 岡,50,940 沖 縄 国 内 小 計 6,804 4,95 イ ン ド ニューデリー 33 8 インドネシア ジャカルタ 0 48 ス ラ バ ヤ 58 3 韓 国 ソ ウ ル, プ サ ン シンガポール 6 4 スリランカ コ ロ ン ボ 86 3 タ イ バ ン コ ク 4 86 台 湾 台 北 75 3 フィリピン マ ニ ラ 0 7 ベ ト ナ ム ハ ノ イ ホーチミン 3 3 香 港 40 8 マレーシア クアラルンフ ール 57 5 ミャンマー ヤ ン ゴ ン モ ン ゴ ル ウランハ ートル ロ シ ア ウラシ オストク 6 国 外 小 計,974,63 合 計 9,778 6,458 備 考 : 基 礎 学 力 科 目 の 出 題 言 語 に 英 語 を 選 択 した 者 は 次 のとおりであった 応 募 者 数 受 験 者 数 国 内 国 外 合 計,

5 備 考 : 障 害 負 傷 等 の 理 由 で 受 験 上 の 配 慮 の 申 し 出 があった 応 募 者 に 対 し 次 のとおり 承 認 した 受 験 上 の 配 慮 申 請 者 数 名 ( 国 内 名 国 外 名 ) 承 認 した 受 験 上 の 配 慮 内 容 障 害 種 件 数 記 述 (.5 倍 / 30 分 45 分 ) 全 盲 時 間 延 長 読 解 (.5 倍 / 40 分 60 分 ) 全 盲 聴 解 聴 読 解 ( 約 55 分 約 77 分 ) 全 盲 問 題 冊 子 出 題 方 法 点 字 による 出 題 全 盲 解 答 用 紙 解 答 方 法 点 字 による 解 答 全 盲 聴 覚 補 助 具 の 使 用 補 聴 器 の 持 参 使 用 難 聴 別 室 受 験 難 聴 全 盲 その 他 座 席 をスピーカーの 近 くに 指 定 難 聴 注 意 事 項 等 の 文 書 による 伝 達 難 聴 点 字 器 の 持 参 使 用 全 盲 同 一 申 請 者 が 複 数 の 受 験 上 の 配 慮 を 受 けているため のべ 件 数 である - 4 -

6 . 実 施 会 場 国 内 北 海 道 : 北 海 道 大 学 札 幌 キャンパス 宮 城 県 : 東 北 大 学 川 内 北 キャンパス 群 馬 県 : 高 崎 商 科 大 学 埼 玉 県 : 埼 玉 大 学 千 葉 県 : 千 葉 大 学 西 千 葉 キャンパス 東 京 都 : 国 士 舘 大 学 世 田 谷 キャンパス 東 京 大 学 教 養 学 部 駒 場 キャンパス 早 稲 田 大 学 早 稲 田 キャンパス 神 奈 川 県 : 横 浜 国 立 大 学 常 盤 台 キャンパス 富 山 県 : 富 山 大 学 五 福 キャンパス 静 岡 県 : 日 本 大 学 国 際 関 係 学 部 三 島 校 舎 愛 知 県 : 星 城 大 学 京 都 府 : 同 志 社 大 学 京 田 辺 キャンパス 大 阪 府 : 大 阪 大 学 豊 中 キャンパス 兵 庫 県 : 兵 庫 県 立 大 学 姫 路 工 学 キャンパス 岡 山 県 : 岡 山 大 学 津 島 キャンパス 福 岡 県 : 九 州 共 立 大 学 沖 縄 県 : 琉 球 大 学 千 原 キャンパス 国 外 イ ン ド(ニューデリー) : Sri Venkateswara College, Delhi インドネシア(ジ ャカルタ) : インドネシア 大 学 DEPOK キャンパス (ス ラ バ ヤ) : SMA Negeri 5 Surabaya 韓 国 (ソ ウ ル) : 汝 矣 島 中 学 校 汝 矣 島 女 子 高 等 学 校 (プ サ ン) : 慶 南 工 業 高 等 学 校 シンガポール : シンガポール 日 本 文 化 協 会 スリランカ(コ ロ ン ボ) : スリランカ 日 本 文 化 センター(ササカワホール) タ イ(バ ン コ ク) : タイ 国 元 日 本 留 学 生 協 会 (OJSAT) 台 湾 ( 台 北 ) : 語 言 訓 練 測 験 中 心 台 湾 大 学 語 文 中 心 フィリピン(マ ニ ラ) : デ ラ サール 大 学 セント ベニール 校 ベ ト ナ ム(ハ ノ イ) : ハノイ 貿 易 大 学 (ベトナム 日 本 人 材 協 力 センター) (ホーチミン) : ホーチミン 市 社 会 科 学 人 文 大 学 香 港 : 恵 僑 英 文 中 学 マレーシア(クアラルンフ ール) : 尊 孔 独 立 中 学 ミャンマー(ヤ ン ゴ ン) : ミャンマー 元 日 本 留 学 生 協 会 (MAJA) モ ン ゴ ル(ウ ラ ン ハ ートル) : モンゴル 日 本 センター ロ シ ア(ウラシ オストク) : 極 東 連 邦 総 合 大 学 - 5 -

7 3. 国 地 域 別 受 験 者 数 内 訳 ( 国 内 実 施 分 ) 国 地 域 受 験 者 数 ( 人 ) 国 地 域 受 験 者 数 ( 人 ) 中 国 ベトナム ネパール 韓 国 台 湾 マレーシア 香 港 インドネシア ミャンマー モンゴル サウジアラビア タイ スリランカ ロシア フィリピン スウェーデン アメリカ バングラデシュ インド カナダ トルコ イタリア フランス カザフスタン カンボジア シンガポール ウズベキスタン ウクライナ セネガル パキスタン ブラジル マカオ イラン オーストラリア ドイツ ナイジェリア ペルー イギリス ギリシャ 8,96, キルギス コロンビア スイス ニュージーランド フィンランド ベナン ベルギー メキシコ モロッコ アフガニスタン アルジェリア ウガンダ ガーナ カタール カメルーン ギニア キプロス ケニア コンゴ 民 主 共 和 国 シリア スペイン スーダン タジキスタン デンマーク トルクメニスタン ニューカレドニア ノルウェー バーレーン ブルガリア ブータン ベラルーシ ポルトガル 南 アフリカ モルドバ ラオス ラトビア その 他 合 計 (75の 国 地 域 ) 4,95-6 -

8 平 成 6 年 度 日 本 留 学 試 験 ( 第 回 ) 科 目 別 平 均 点 等 一 覧 科 目 等 ( 得 点 範 囲 ) 聴 解 聴 読 解 (0~00) 読 解 日 本 語 (0~00) 合 計 (0~400) 記 述 (0~50) 物 理 (0~00) 化 学 理 科 (0~00) 生 物 (0~00) 総 合 科 目 (0~00) コース (0~00) 数 学 コース (0~00) 受 験 者 数 ( 人 ) 平 均 点 ( 点 ) 最 高 点 ( 点 ) 最 低 点 ( 点 ) 標 準 偏 差 6,7,809 3, (5.3%) 6.4 (63.%) 3.0 (57.8%) 30.6 (6.%) 53. (53.%) 5.9 (5.9%) 6.3 (6.3%) 6, (60.4%) 6, (5.7%) 3, (57.%) 77 (88.5%) 94 (97.0%) 37 (9.8%) 50 (00.0%) 95 (95.0%) 96 (96.0%) 94 (94.0%) 99 (99.5%) 80 (90.0%) 99 (99.5%) 5 (.5%) 7 (3.5%) 5 (3.0%) 0 (0.0%) 3 (3.0%) (.0%) (.0%) 9 (4.5%) 50 (5.0%) 60 (30.0%) 9.9 (5.0%) 39.4 (9.7%) 65.3 (6.3%).0 (4.0%) 4.8 (4.8%) 5.3 (5.3%) 5.0 (5.0%) 38. (9.%) 3.7 (.9%) 6. (3.%) 備 考 : 平 均 点 最 高 点 最 低 点 及 び 標 準 偏 差 欄 の 下 段 の( ) 内 の 数 字 は 得 点 範 囲 の 上 限 に 対 する 割 合 を 表 す - 7 -

9 平 成 6 年 度 日 本 留 学 試 験 ( 第 回 ) 得 点 分 布 図 - 8 -

10 - 9 -

11 - 0 -

12 平 成 6 年 度 日 本 留 学 試 験 ( 第 回 ) 得 点 累 積 分 布 図 - -

13 ここに 掲 載 した 図 は 受 験 者 のとった 得 点 が 全 体 の 順 位 でどの 位 置 にあたるかを 示 す パー センタイル 順 位 のグラフです 日 本 語 の 試 験 で 領 域 合 計 40 点 をとった 人 を 例 にとると 横 軸 の 40 の 位 置 に 対 応 する 縦 軸 ( 順 位 )が 70% の 位 置 にあた ります これは この 受 験 者 以 下 の 順 位 に 位 置 する 受 験 者 の 数 が 全 受 験 者 数 の70%を 占 め る ということです このことを この 受 験 者 のパーセンタイル 順 位 は70である と 言 います パーセンタイル 順 位 によって 受 験 者 が 当 該 試 験 を 受 験 した 集 団 において 全 体 のどの 位 置 に いるか 相 対 的 な 比 較 が 可 能 となります - -

14 - 3 -

15 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 留 学 生 事 業 部 留 学 試 験 課 東 京 都 目 黒 区 駒 場 電 話 FAX

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 結 果 調 査 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 現 在 神 奈 川 県 県 民 局 くらし 文 化 部 国 際 課 1 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 概 要 2 調 査 対 象 者 程 神 ) 奈 川 高 県

More information

immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2

immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2 1 immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2 Ibrahim Baylan (skolministern) km segregation citizen 3 4 5 1 2 1950 3 4 5 市 民 (Citizens) 自 治 体 ( 県 )による 医 療 支 援 U N H C R 書 類 選 考 受 入 決 定 政 府

More information

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 23 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 22 年 度 調 査 により 把

More information

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書 1 1 21 22 23 2 2 2 2 2 2 30 31 32 33 3 3 3 3 3 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 別 紙 様 式 第 三 十 三 財 務 大 臣 殿 ( 日 本 銀 行 経 由 ) 責 任 者 氏 名 担 当 者 の 氏 名 電 話 番 号 短 期 債 権 国 ( 地 域 ) 別 ミャンマー 中 国 香

More information

Microsoft Word - 本編2-3.doc

Microsoft Word - 本編2-3.doc 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 19 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 18 年 度 調 査 により 把

More information

Ⅲ 外国人観光客の動向

Ⅲ 外国人観光客の動向 Ⅲ 外 国 人 観 光 客 の 動 向 1 全 国 の 動 向 平 成 24 年 の 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 は 対 前 年 比 34.4% 増 の 835 万 8,105 人 となった 訪 日 外 国 人 旅 行 者 のうち 観 光 客 は 604 万 1,645 人 ( 対 前 年 48.9% 増 ) 商 用 客 は 144 万 2,946 人 ( 同 16% 増 ) 客 は 87

More information

2 図 8-2 平 成 26 年 度 末 派 遣 先 機 関 別 状 況 指 令 で 定 める 機 関 11 人 ( 2.8%) 研 究 所 8 人 ( 2.0%) 外 国 政 府 140 人 (35.8%) 国 際 連 合 116 人 (29.7%) 派 遣 者 総 数 391 人 (100.0%

2 図 8-2 平 成 26 年 度 末 派 遣 先 機 関 別 状 況 指 令 で 定 める 機 関 11 人 ( 2.8%) 研 究 所 8 人 ( 2.0%) 外 国 政 府 140 人 (35.8%) 国 際 連 合 116 人 (29.7%) 派 遣 者 総 数 391 人 (100.0% 8 8 グローバル 化 の 急 速 な 進 展 の 中 人 事 行 政 の 分 野 においても 国 際 協 力 や 国 際 交 流 の 重 要 性 は 高 まっており 開 発 途 上 国 政 府 や 国 際 機 関 への 技 術 協 力 を 目 的 とする 日 本 の 公 務 員 に 対 する 派 遣 要 請 に 加 え 各 国 政 府 職 員 の 人 材 育 成 や 公 務 員 制 度 の 整 備

More information

スイス 連 邦 国 だが 他 のシェンゲン 協 定 加 盟 国 の 滞 在 はス イスの 滞 在 と 別 に 計 算 される ため 注 意 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スウェーデン 王 国 国 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スペイン 国 入 国 時 に 往 復 航 空 券 滞 在

スイス 連 邦 国 だが 他 のシェンゲン 協 定 加 盟 国 の 滞 在 はス イスの 滞 在 と 別 に 計 算 される ため 注 意 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スウェーデン 王 国 国 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スペイン 国 入 国 時 に 往 復 航 空 券 滞 在 下 記 査 証 情 報 は 日 本 国 籍 での 観 光 旅 行 者 を 対 象 とした 及 び 必 要 な となります 外 国 籍 の 方 は 各 大 使 館 及 び 領 事 館 にお 問 合 せ 下 さい 査 証 情 報 は 各 大 使 館 領 事 館 からの 発 出 情 報 ですが 予 告 なく 変 更 になる 場 合 があります 予 めご 了 承 ください : 観 光 要 : 観 光 不 要

More information

人 6 年 が11 人 平 成 27 年 が 統 計 を 有 している3 月 末 日 時 点 で2 人 である 申 請 数 と 認 定 数 認 定 率 の 推 移 6 5 4 3 2 1 25 26 27 28 29 21 211 212 213 214 215 年 3 月 申 請 数 ( 人 )

人 6 年 が11 人 平 成 27 年 が 統 計 を 有 している3 月 末 日 時 点 で2 人 である 申 請 数 と 認 定 数 認 定 率 の 推 移 6 5 4 3 2 1 25 26 27 28 29 21 211 212 213 214 215 年 3 月 申 請 数 ( 人 ) 人 第 189 回 国 会 質 問 第 233 号 参 議 院 議 員 石 橋 通 宏 議 員 我 が 国 における 難 民 認 定 の 状 況 に 関 す る 質 問 主 意 書 (215 年 8 月 1 日 ) 答 弁 書 第 233 号 参 議 院 議 員 石 橋 通 宏 君 提 出 我 が 国 における 難 民 認 定 の 状 況 に 関 する 質 問 に 対 する 答 弁 書 (215 年

More information

スライド 1

スライド 1 摂 南 大 学 講 演 会 資 料 テーマ 税 の 役 割 と 税 務 署 の 仕 事 平 成 24 年 6 月 27 日 枚 方 税 務 署 税 の 役 割 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ 財 政 の 現 状 社 会 資 本 整 備 と 公 共 サービスの 費 用 教 育 費 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ ~ 支 え 合 いにより 成 り 立 っている 社 会 ~ 公

More information

数字で見る国連WFP 2014

数字で見る国連WFP 2014 2014 レベル3の 緊急支援 2014年 国連WFPはレベル3の緊急支援活動6件に並行して取り組みました レベル3とは 国連WFPが定める緊急事態の最高段階です 国連WFPは レベル3と判断した事態には 国事務所や地域事務所を中心としつつ 全組織を挙げて対応します 数字で見る国連WFP 2014 レベル3の 緊急支援 中央アフリカ共和国 法と秩序の崩壊により住む家を追われた100万人以上に支援を届けました

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63> 世 界 50カ 国 潜 在 力 調 査 2007 年 ( 要 約 ) 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 センター Japan Center for Economic Research 2008 年 1 月 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 13 位 にやや 後 退 50 カ 国 を 対 象 に 潜 在 競 争 力 ランキングを 作 成 した 潜 在 競 争 力 とは

More information

Microsoft Word - CERAプレスリリース#2.doc

Microsoft Word - CERAプレスリリース#2.doc 平 成 25 年 3 月 8 日 社 団 法 人 日 本 アクチュアリー 会 平 成 24 年 度 CERA 資 格 認 定 について 日 本 アクチュアリー 会 ( 理 事 長 : 野 呂 順 一 )は 平 成 24 年 度 から ERM(エンタープライズ リ スク マネジメント)の 専 門 資 格 である CERA の 資 格 認 定 を 開 始 いたしました CERA 資 格 認 定 の 概

More information

大 学 専 門 校 等 卒 業 後 の 在 留 資 格 の 切 り 替 えのルールと 手 続 き 資 料 1: 在 留 資 格 一 覧 表 資 料 2: 平 成 26 年 における 留 学 生 の 日 本 企 業 等 への 就 職 状 況 について 資 料 3: 技 術 人 文 知 識 国 際 業 務 の 在 留 資 格 の 明 確 化 等 について 資 料 4: 就 労 資 格 の 在 留 諸 申

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378> 経 済 産 業 省 20140304 貿 局 第 4 号 輸 出 注 意 事 項 26 第 6 号 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 包 括 承 認 取 扱 要 領 を 次 のとおり 制 定 する 平 成 26 年 3 月 14 日 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 長 横 尾 英 博 包 括 承 認 取 扱 要 領 の 制 定 について 包 括 承 認 取 扱 要 領

More information

1 覚 醒 剤 密 輸 入 事 犯 の 概 況 押 収 量 は 5 年 連 続 で2kg 超 となる 約 289kgであった 摘 発 件 数 124 件 は 過 去 1 年 間 で2 番 目 となった 東 京 税 関 における 覚 醒 剤 摘 発 実 績 4 35 kg 押 収 量 件 数 件 2

1 覚 醒 剤 密 輸 入 事 犯 の 概 況 押 収 量 は 5 年 連 続 で2kg 超 となる 約 289kgであった 摘 発 件 数 124 件 は 過 去 1 年 間 で2 番 目 となった 東 京 税 関 における 覚 醒 剤 摘 発 実 績 4 35 kg 押 収 量 件 数 件 2 報 道 発 表 平 成 27 年 2 月 23 日 東 京 税 関 不 正 薬 物 の 摘 発 件 数 196 件 押 収 量 約 346kg 覚 醒 剤 大 麻 の 押 収 量 が 不 正 薬 物 全 体 の 約 98%を 占 めた 覚 醒 剤 の 摘 発 件 数 が 過 去 1 年 間 で2 番 目 を 記 録 ~ 平 成 26 年 の 東 京 税 関 における 不 正 薬 物 密 輸 入 事

More information

: 用 : 観 光 査 証 渡 ギリシャ 共 和 国 6ヵ 月 間 で90 日 以 内 の 滞 在 は 査 証 不 シェンゲン 協 定 加 盟 国 入 国 時 3ヵ 月 + 滞 在 日 数 (ギリシャ 含 むシェンゲン 加 盟 国 ) 以 上 必 グリーンランド 6ヶ 月 間 で90 日 以 内 の

: 用 : 観 光 査 証 渡 ギリシャ 共 和 国 6ヵ 月 間 で90 日 以 内 の 滞 在 は 査 証 不 シェンゲン 協 定 加 盟 国 入 国 時 3ヵ 月 + 滞 在 日 数 (ギリシャ 含 むシェンゲン 加 盟 国 ) 以 上 必 グリーンランド 6ヶ 月 間 で90 日 以 内 の 日 本 国 籍 の 日 本 人 観 光 旅 行 者 を 対 象 とした 査 証 渡 航 認 証 及 び 必 要 な です 訪 問 の 目 的 や 訪 問 頻 度 滞 在 日 数 によっては 査 証 が 必 要 な 国 地 域 があります インドネシアやタイなどでは 訪 問 目 的 が 技 術 指 導 機 械 設 置 やメンテナンスの 場 合 には 目 的 に 応 じた 査 証 が 必 要 となります

More information

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 平 成 22 年 (2010 年 ) 外 国 貿 易 年 表 長 崎 税 関 凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 月 まで)を 含 む )

More information

地方独立行政法人大阪市立工業研究所職員旅費規程

地方独立行政法人大阪市立工業研究所職員旅費規程 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 市 立 工 業 研 究 所 職 員 の 外 国 旅 行 の 旅 費 に 関 する 規 程 制 定 平 成 20 年 6 月 1 日 規 程 第 221 号 最 近 改 正 平 成 26 年 5 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 市 立 工 業 研 究 所 旅 費 規 程 ( 以 下 国 内 旅 費

More information

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書 別 紙 様 式 第 三 十 三 財 務 大 臣 殿 ( 日 本 銀 行 経 由 ) 銀 行 等 の 非 居 住 者 等 に 対 する 国 別 債 権 債 務 に 関 する 報 告 書 ( 年 月 末 現 在 ) 報 告 年 月 日 : 根 拠 法 規 : 外 国 為 替 の 取 引 等 の 報 告 に 関 する 省 令 主 務 官 庁 : 財 務 省 短 期 債 権 報 告 者 : 名 称 及 び

More information

目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV ファイルの

目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV ファイルの (28.3) ハローワークシステム 外 国 人 雇 用 状 況 届 出 雇 用 情 報 複 数 登 録 手 順 書 目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV

More information

<8370836C838B9357323031308366815B835E2E786C73>

<8370836C838B9357323031308366815B835E2E786C73> 生 活 1 人 口 世 帯 数 世 帯 人 員 の 減 少 傾 向 が 続 く 人 口,, 3, 3,,,, 1,, 17,7 9,1 13,13 1,1 39,7 人 17,19 戸,9 人 17,7 人 19 19 19 197 197 19 19 199 199 9 女 男 世 帯 数 人 口 の 合 計 世 帯 数 ( 戸 ), 1, 1, 1, 1, 1,,,,, 豊 中 市 の 人 口

More information

2009年度調査国際結果の要約

2009年度調査国際結果の要約 OECD 生 徒 の 学 習 到 達 度 調 査 Programme for International Student Assessment ~2009 年 調 査 国 際 結 果 の 要 約 ~ PISA 調 査 の 概 要 参 加 国 が 共 同 して 国 際 的 に 開 発 し 実 施 している 15 歳 児 を 対 象 とする 学 習 到 達 度 調 査 読 解 力 数 学 的 リテラシー

More information

区 分 産 業 災 害 保 険 雇 用 保 険 国 民 年 金 保 険 ( 老 人 長 期 療 養 保 険 を 含 む) ( 原 則 ) *ただし 建 設 の 場 合 年 金 健 康 におい ては 日 雇 勤 労 者 は 現 場 別 に 適 用 するの が 原 則 例 外 当 然 一 括 適 用 分

区 分 産 業 災 害 保 険 雇 用 保 険 国 民 年 金 保 険 ( 老 人 長 期 療 養 保 険 を 含 む) ( 原 則 ) *ただし 建 設 の 場 合 年 金 健 康 におい ては 日 雇 勤 労 者 は 現 場 別 に 適 用 するの が 原 則 例 外 当 然 一 括 適 用 分 Ⅳ 社 会 保 険 社 会 保 険 とは 国 民 に 発 生 する 社 会 的 危 険 を 保 険 方 式 により 対 処 することで 国 民 の 健 康 及 び 所 得 を 保 障 する 制 度 を 意 味 する( 社 会 保 障 基 本 法 第 3 条 第 2 項 ) 同 制 度 は 国 家 及 び 社 会 が 責 任 を 持 って 国 民 生 活 を 脅 かす 様 々な 生 活 上 の 危 険

More information

平成26年要約版(閲覧用)

平成26年要約版(閲覧用) 海 外 在 留 邦 人 数 調 査 統 (Annual Report of Statistics on Japanese Nationals Overseas) 平 成 26 年 要 約 版 ( 平 成 25 年 (2013 年 )10 月 1 日 現 在 ) 外 務 省 領 事 局 政 策 課 目 次 利 用 の 手 引 き 1 1. 統 の 目 的 調 査 方 法 及 び 用 語 の 定 義

More information

JCER 世 界 50ヶ 国 潜 在 力 調 査 2006 年 ( 要 約 ) 別 紙 1-1 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 セ ン タ ー Japan Center for Economic Research 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 12 位 に 浮

JCER 世 界 50ヶ 国 潜 在 力 調 査 2006 年 ( 要 約 ) 別 紙 1-1 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 セ ン タ ー Japan Center for Economic Research 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 12 位 に 浮 都 市 力 について 考 えましょう H20.3.21 春 夏 秋 冬 本 音 クラブ 話 題 提 供 者 安 達 司 郎 あなたは 今 の 日 本 を 東 京 をどんな 街 にしたいですか 都 市 力 とは 将 来 に 向 かっての 都 市 の 競 争 力 や 社 会 資 本 の 充 実 度 その 都 市 の 多 様 な 魅 力 の 総 合 力 と 仮 定 します 1. 今 日 の 議 論 のポイント

More information

平成28年度_本文(p00目次-p110).indd

平成28年度_本文(p00目次-p110).indd 学 園 の 現 況 平 成 28(2016) 28 (2016) 年 度 学 校 法 人 大 東 文 化 学 園 学 校 法 人 大 東 文 化 学 園 教 育 研 究 組 織 平 成 28 年 4 月 1 日 現 在 学 校 法 人 大 東 文 化 学 園 日 本 文 学 専 攻 ( 博 士 課 程 前 期 課 程 後 期 課 程 ) 大 学 院 文 学 研 究 科 中 国 学 専 攻 ( 博 士

More information

21 北 朝 鮮 22 台 湾 23 大 韓 民 国 24 香 港 特 別 行 政 区 25 中 華 人 民 共 和 国 26 アイスランド 共 和 国 27 アイルランド 28 アルバニア 共 和 国 29 アンドラ 公 国 (フランス) 30 イタリア 共 和 国 31 オランダ 王 国 32

21 北 朝 鮮 22 台 湾 23 大 韓 民 国 24 香 港 特 別 行 政 区 25 中 華 人 民 共 和 国 26 アイスランド 共 和 国 27 アイルランド 28 アルバニア 共 和 国 29 アンドラ 公 国 (フランス) 30 イタリア 共 和 国 31 オランダ 王 国 32 日 本 国 籍 の 観 光 査 証 渡 航 認 証 要 否 旅 券 の 残 存 期 間 ご 注 意! 渡 航 される 場 合 は 必 ず 関 係 諸 機 関 へお 問 い 合 わせいただき その 時 点 の 最 新 情 報 を 入 手 してください 弊 社 では 下 記 情 報 に 起 因 する 一 切 の 責 任 を 負 いかねます 事 をあらかじめご 承 知 おきください 2013 年 9 月

More information

内表紙 (1)外国人研究者招へい事業

内表紙 (1)外国人研究者招へい事業 厚 生 労 働 科 学 研 究 推 進 事 業 新 型 インフルエンザ 等 新 興 再 興 感 染 症 研 究 推 進 事 業 公 募 申 込 の 手 引 き Ⅱ. 外 国 への 日 本 人 研 究 者 派 遣 事 業 公 益 社 団 法 人 国 際 厚 生 事 業 団 目 次 Ⅱ. 外 国 への 日 本 人 研 究 者 派 遣 事 業 第 1. 事 業 の 目 的 1 第 2. 対 象 となる 日

More information

融 インフラ から 政 策 の 翼 を 担 う 港 港 は 世 界 最 のオフショア 元 市 場 を 持 つことから 世 界 の 融 センターとしての ち 位 置 があります オフショアとは 融 の 世 界 においては 規 制 が 非 常 に 少 なく 国 外 からの 所 得 に 対 して 所 得

融 インフラ から 政 策 の 翼 を 担 う 港 港 は 世 界 最 のオフショア 元 市 場 を 持 つことから 世 界 の 融 センターとしての ち 位 置 があります オフショアとは 融 の 世 界 においては 規 制 が 非 常 に 少 なく 国 外 からの 所 得 に 対 して 所 得 ハーベスト グローバル インベストメント リミテッド 提 供 の 情 報 に 基 づき SBIアセットマネジメントが 作 成 帯 路 政 策 の 窓 となる 港 2016 年 7 月 吉 日 サミットの 様 子 2016 年 5 が 提 唱 する 帯 路 構 想 に 関 するサミットが 港 特 別 政 区 政 府 主 導 で 開 催 され 全 代 委 員 をはじ め 政 策 の 恩 恵 を 受 ける

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323132303381798267826F9770817A874094AD955C8E9197BF8169955C8E86816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323132303381798267826F9770817A874094AD955C8E9197BF8169955C8E86816A> 国 際 数 学 理 科 教 育 動 向 調 査 の 2011 年 調 査 (T I M S S 2 0 1 1) 国 際 調 査 結 果 報 告 ( 概 要 ) 国 際 数 学 理 科 教 育 動 向 調 査 の 2011 年 調 査 (TIMSS2011) 国 際 調 査 結 果 報 告 ( 概 要 ) 平 成 24 年 12 月 Ⅰ 調 査 の 概 要 -----------------------------------------------------------

More information

ASEAN NOW (Vol.15)

ASEAN NOW (Vol.15) 東 南 アジア 経 済 1 年 月 日 全 13 頁 ASEAN NOW (Vol.) アセアンへの 外 国 人 観 光 客 事 情 経 済 調 査 部 佐 藤 清 一 郎 [ 要 約 ] 外 国 人 観 光 客 数 の 増 加 は 旅 行 サービス 輸 出 増 や 消 費 増 を 通 じて 訪 問 国 の 経 済 活 動 にプ ラスとなる 11 年 世 界 の 観 光 収 入 は 初 めて 1 兆

More information

取扱説明書[SH705iⅡ]

取扱説明書[SH705iⅡ] 海 国 際 ローミング(WORLD WING)の 概 要...................... 378 海 で できるサービスについて......................... 378 海 でご になる 前 の 確 認............................... 379 滞 在 先 で 電 話 をかける.....................................

More information

旅費規程改正案(2012.4.1~)

旅費規程改正案(2012.4.1~) 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 旅 費 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 規 程 第 43 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 13 条 ) 第 2 章 内 国 旅 行 の 旅 費 ( 第 14 条 - 第 26 条 ) 第 3 章 外 国 旅 行 の 旅 費 ( 第 27 条 - 第 34 条 ) 第 4

More information

凡 例 本 資 料 の 来 日 外 国 人 とは 我 が 国 に 存 在 する 外 国 人 のうち いわゆる 定 着 居 住 者 ( 永 住 者 永 住 者 の 配 偶 者 等 及 び 特 別 永 住 者 ) 在 日 米 軍 関 係 者 及 び 在 留 資 格 不 明 者 を 除 いた 外 国 人

凡 例 本 資 料 の 来 日 外 国 人 とは 我 が 国 に 存 在 する 外 国 人 のうち いわゆる 定 着 居 住 者 ( 永 住 者 永 住 者 の 配 偶 者 等 及 び 特 別 永 住 者 ) 在 日 米 軍 関 係 者 及 び 在 留 資 格 不 明 者 を 除 いた 外 国 人 平 成 27 年 4 月 来 日 外 国 人 犯 罪 の 検 挙 状 況 ( 平 成 26 年 ) 警 察 庁 刑 事 局 組 織 犯 罪 対 策 部 国 際 捜 査 管 理 官 凡 例 本 資 料 の 来 日 外 国 人 とは 我 が 国 に 存 在 する 外 国 人 のうち いわゆる 定 着 居 住 者 ( 永 住 者 永 住 者 の 配 偶 者 等 及 び 特 別 永 住 者 ) 在 日 米

More information

危機にある世界遺産

危機にある世界遺産 人 間 開 発 指 標 (HDI) 高 0.8 中 ベネズエラ エクアドル アセ ルハ イシ ャン イラン アルジェリア カンボジア パキスタン ネパール 0.5 イエメン ウガンダ ギニア コートジボアール コンゴ 民 主 エチオピア ニジェール 低 中 央 アフリカ ポーランド クロアチア アルバニア ブルガリア ブラジル オーマン ペルー ヨルダン チュニジア フィリピン エジプト ホンジュラス

More information

(3) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 出 張 中 に 退 職 等 となった 場 合 ( 当 該 退 職 等 に 伴 う 旅 行 を 必 要 としない 場 合 を 除 く )には 当 該 役 職 員 (4) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 旅 行 中 に 死 亡 した 場 合 に

(3) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 出 張 中 に 退 職 等 となった 場 合 ( 当 該 退 職 等 に 伴 う 旅 行 を 必 要 としない 場 合 を 除 く )には 当 該 役 職 員 (4) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 旅 行 中 に 死 亡 した 場 合 に 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 旅 費 規 程 平 成 13 年 4 月 1 日 規 程 第 9 号 平 成 18 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 23 年 3 月 31 日 一 部 改 正 平 成 26 年 3 月 14 日 一 部 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国

More information

学校制度(学制)-諸外国との比較

学校制度(学制)-諸外国との比較 資 料 1 学 校 制 度 ( 学 制 )- 諸 外 国 との 比 較 再 生 実 行 会 議 平 成 25 年 11 月 26 日 ( 火 )17:45-19:15 官 邸 2 階 小 ホール あきら 二 宮 皓 比 治 山 大 学 比 治 山 大 学 短 期 大 学 部 学 長 二 宮 皓 @ 比 治 山 大 学 1 1 学 制 学 校 体 系 ( 学 校 段 階 の 区 分 接 続 及 び 学

More information

《株価急落の背景》

《株価急落の背景》 エマージングにとって 一 人 当 たり GDP3, ドルの 壁 ~タイの 教 訓 ~ 29 年 7 月 2 日 アセットマネジメント 部 チーフ エコノミスト チーフ ストラテジスト 黒 瀬 浩 一 近 年 エマージング 向 けの 株 式 投 資 がある 種 のブームとなっている 昨 年 秋 には リーマン ショッ ク で 株 価 と 通 貨 が 共 に 大 きく 下 落 したものの 景 気 の 底

More information

Microsoft Word - 5010号(旧1701-8) 海外旅費規程20130418

Microsoft Word - 5010号(旧1701-8) 海外旅費規程20130418 制 定 平 成 22 年 10 月 1 日 改 訂 平 成 25 年 4 月 18 日 JAHIS 規 程 5010 号 海 外 旅 費 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 会 員 会 社 に 所 属 する 者 一 般 社 団 法 人 保 健 医 療 福 祉 情 報 システム 工 業 会 ( 以 下 本 会 という)への 出 向 者 本 会 が 雇 用 した 職 員 および 業

More information

平 成 26 年 宮 崎 県 観 光 入 込 客 統 計 調 査 結 果 宮 崎 県 観 光 推 進 課 本 県 の 観 光 統 計 に 関 する 調 査 結 果 は 国 におい 推 計 手 法 が 全 国 統 一 化 された 共 通 基 準 に 基 づき 平 成 22 年 より 宮 崎 県 観 光 入 込 客 統 計 調 査 とし 推 計 及 び 公 表 しお ります 共 通 基 準 の 詳 細

More information

Microsoft Word - 09 P88~102 研究ノート 青木健.doc

Microsoft Word - 09  P88~102  研究ノート 青木健.doc 研 究 ノ ー ト 廃 プラスチックと 古 紙 にみる リサイクル 資 源 の 世 界 貿 易 青 木 健 Takeshi Aoki 杏 林 大 学 総 合 政 策 学 部 教 授 ( 財 ) 国 際 貿 易 投 資 研 究 所 客 員 研 究 員 東 アジア 諸 国 の 多 くは 世 界 平 均 を 上 回 る 経 済 成 長 を 遂 げている そのた め 中 国 を 筆 頭 に 東 アジア 諸

More information

イ ン チ ー ザ ヴ ィ チ ェ ン ツ ァ ヴ ィ ッ ロ ル バ ( ト レ ビ ゾ 近 郊 ) ヴ ィ ン チ ヴ ェ ル バ ニ ア ヴ ェ ロ ー ナ エ リ チ ェ カ タ ー ニ ャ ( 3 月 ~ 1 0 月 ) ( 1 1 月 ~ 2 月 ) 5 0 ユ ー ロ 以 上 介 護

イ ン チ ー ザ ヴ ィ チ ェ ン ツ ァ ヴ ィ ッ ロ ル バ ( ト レ ビ ゾ 近 郊 ) ヴ ィ ン チ ヴ ェ ル バ ニ ア ヴ ェ ロ ー ナ エ リ チ ェ カ タ ー ニ ャ ( 3 月 ~ 1 0 月 ) ( 1 1 月 ~ 2 月 ) 5 0 ユ ー ロ 以 上 介 護 イタリア 各 都 市 における 滞 在 税 ( 宿 泊 税 )の に 関 して 平 素 は 格 別 の お 引 き 立 て を 賜 り 誠 に 有 難 う ご ざ い ま す こ の 度 2 0 1 1 年 1 月 1 日 よ り ロ ー マ に お い て ご 宿 泊 の お 客 様 を 対 象 に 滞 在 寄 付 金 ( C o n t r i b u t o d i S o g g i o r

More information

資料3 東アジアにおける文化交流のあり方について(文化庁提出資料)

資料3 東アジアにおける文化交流のあり方について(文化庁提出資料) 資 料 3 東 アジアにおける 文 化 交 流 のあり 方 について 平 成 22 年 4 月 8 日 文 化 庁 目 次 1. 国 際 文 化 交 流 の 枠 組 み (1) 国 の 機 関 (2) 地 方 公 共 団 体 (3) 民 間 団 体 (4) 東 アジアにおける 既 存 の 交 流 枠 組 み 2. 国 際 文 化 交 流 の 実 績 (1) 舞 台 芸 術 交 流 実 績 (2) 映

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 参 考 資 料 観 光 を 取 り 巻 く 現 状 平 成 28 年 5 月 11 日 東 京 都 目 次 世 界 の 旅 行 者 数 の 推 移 ( 今 後 の 予 測 ) 1 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 の 推 移 2 国 地 域 別 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 の 内 訳 (2015 年 ) 3 外 国 人 旅 行 者 受 入 数 の 国 際 比 較 (2014 年 ) 4 空

More information

スライド 1

スライド 1 資 料 2 観 光 の 現 状 と 政 府 の 取 組 平 成 28 年 2 月 17 日 観 光 庁 長 官 田 村 明 比 古 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 の 推 移 万 人 2000 1900 1800 1700 1600 1973.7 万 人 (47.1% 増 ) 12 月 :177.3 万 人 (43.4% 増 ) 11 月 :164.8 万 人 (41.0% 増 ) 10 月 :182.9

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030365F95618940939982F091CE8FDB82C682B782E98377838B83588350834152454954834B834383688389834383938C9F93A288CF88F589EF81404152455390E096BE8E9197BF323031343130323366466E616C4472616674>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030365F95618940939982F091CE8FDB82C682B782E98377838B83588350834152454954834B834383688389834383938C9F93A288CF88F589EF81404152455390E096BE8E9197BF323031343130323366466E616C4472616674> 資 料 3 第 2 回 病 院 等 を 対 象 とするヘルスケアリートの 活 用 に 係 るガイドライン 検 討 委 員 会 THE ASSOCIATION FOR REAL ESTATE SECURITIZATION 投 資 法 人 の 活 動 及 び 資 産 運 用 の 範 囲 等 について 2014 年 10 月 23 日 ( 木 ) 一 般 社 団 法 人 不 動 産 証 券 化 協 会 Jリートの

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 海 外 旅 行 調 査 2014 Market Survey Of Overseas Travel ~2013 年 海 外 旅 行 者 の 選 択 プロセス 評 価 と 今 後 の 意 向 ~ 目 次 序 章 本 報 告 書 の 概 要 5 1. 調 査 概 要 6 2. 回 答 者 プロフィール 7 参 考 2013 年 の 海 外 渡 航 状 況 11 1. 調 査 概 要 12 2.2013

More information

各 薬 物 事 犯 における 密 輸 入 事 犯 や 営 利 犯 などの 違 反 態 様 別 の 数 値 には 国 際 的 な 協 力 の 下 に 規 制 薬 物 に 係 る 不 正 行 為 を 助 長 する 行 為 等 の 防 止 を 図 るための 麻 薬 及 び 向 精 神 薬 取 締 法 等

各 薬 物 事 犯 における 密 輸 入 事 犯 や 営 利 犯 などの 違 反 態 様 別 の 数 値 には 国 際 的 な 協 力 の 下 に 規 制 薬 物 に 係 る 不 正 行 為 を 助 長 する 行 為 等 の 防 止 を 図 るための 麻 薬 及 び 向 精 神 薬 取 締 法 等 平 成 26 年 3 月 平 成 2 5 年 の 薬 物 銃 器 情 勢 確 定 値 警 察 庁 刑 事 局 組 織 犯 罪 対 策 部 薬 物 銃 器 対 策 課 各 薬 物 事 犯 における 密 輸 入 事 犯 や 営 利 犯 などの 違 反 態 様 別 の 数 値 には 国 際 的 な 協 力 の 下 に 規 制 薬 物 に 係 る 不 正 行 為 を 助 長 する 行 為 等 の 防 止 を

More information

天 神 祭 奉 納 2007 日 本 国 際 ドラゴンボート 選 手 権 大 会 開 催 趣 旨 日 本 三 大 祭 の ひ と つ 大 阪 の 天 神 祭 に 奉 納 す る 2007 日 本 国 際 ドラ ゴ ン ボー ト 選 手 権 大 会 を 7 月 15 日 ( 日 )に 大 阪 大 川

天 神 祭 奉 納 2007 日 本 国 際 ドラゴンボート 選 手 権 大 会 開 催 趣 旨 日 本 三 大 祭 の ひ と つ 大 阪 の 天 神 祭 に 奉 納 す る 2007 日 本 国 際 ドラ ゴ ン ボー ト 選 手 権 大 会 を 7 月 15 日 ( 日 )に 大 阪 大 川 天 神 祭 奉 納 2007 日 本 国 際 ドラゴンボート 選 手 権 大 会 ( 第 8 回 アシ ア 選 手 権 ペ ナ ン 大 会 最 終 代 表 選 考 会 ) 開 催 要 項 開 催 期 日 平 成 19 年 7 月 15 日 ( 日 ) 08: 45~ 17: 30 予 定 練 習 会 7 月 7 日 ( 土 ) 8 日 ( 日 ) 1 4 日 ( 土 ) 午 前 10 時 ~ 午 後

More information

議論の前提

議論の前提 第 1 章 の 補 足 資 料 ( 消 費 税 はだれが 負 担 するのか) 消 費 税 のしくみ 日 本 の 消 費 税 は 付 加 価 値 税 (value added tax VAT)と 呼 ばれる 税 の 一 種 であり 卸 売 り 小 売 りの 各 段 階 で 生 み 出 された 付 加 価 値 に 対 して 課 税 する 売 り 手 が 納 税 の 義 務 を 負 っているので 消 費

More information

平 成 26 年 訪 日 外 客 数 出 国 日 本 人 数 2014 Visitor Arrivals & Japanese Overseas Travelers 日 本 政 府 観 光 局 (JNTO) Japan National Tourism Organization(JNTO) 訪 日

平 成 26 年 訪 日 外 客 数 出 国 日 本 人 数 2014 Visitor Arrivals & Japanese Overseas Travelers 日 本 政 府 観 光 局 (JNTO) Japan National Tourism Organization(JNTO) 訪 日 PRESS RELEASE( 報 道 発 表 資 料 ) 経 営 戦 略 部 総 務 広 報 グループ TEL:03-3216-1905 FAX:03-3214-7680 http://www.jnto.go.jp 本 リリースは 国 土 交 通 記 者 会 交 通 運 輸 記 者 会 に 配 布 しております 平 成 27 年 1 月 20 日 理 事 長 松 山 良 一 2014 年 過 去 最

More information

スライド 1

スライド 1 訪 日 旅 行 の 全 体 像 4 ( 単 位 : 千 人 ) 9, 8, 7, 6, 5, 4, 3, 2, 1, 訪 日 旅 行 者 数 訪 日 旅 行 マーケットの 全 体 像 -199 年 以 降 の 訪 日 旅 行 者 数 の 推 移 - 日 本 政 府 観 光 局 (JNTO)がまとめた 訪 日 旅 行 者 数 の199 年 からの 推 移 をみると 24 年 から 急 速 に 訪 日

More information

スライド 1

スライド 1 タイ 投 資 セミナー in 仙 台 札 幌 最 近 の 日 本 企 業 の 進 出 動 向 とタイの 魅 力 目 次 1. タイへの 日 本 企 業 の 進 出 状 況 2. タイのビジネス 環 境 上 の 優 位 点 ~ 生 産 拠 点 として 消 費 市 場 として~ 3. の 課 題 4.まとめ 2 1.タイへの 日 本 企 業 の 進 出 状 況 3 ASEANでは 日 本 企 業 はタイに

More information

日 本 の 地 域 と 途 上 国 相 互 依 存 度 調 査 愛 知 県 ファイナル レポート 要 約 版 平 成 24 年 3 月 (202 年 ) 独 立 行 政 法 人 国 際 協 力 機 構 (JICA) 中 部 国 際 センター 三 菱 UFJリサーチ&コンサルティング 株 式 会 社 序 調 査 の 目 的 日 本 の 経 済 社 会 は 戦 後 の 高 度 経 済 成 長 を 経

More information

第 49 回 1996 年 2 月 村 山 富 市 前 内 閣 総 理 大 臣 今 川 幸 雄 前 駐 カンボジア 大 使 第 50 回 1996 年 3 月 加 藤 紘 一 自 民 党 幹 事 長 第 51 回 1996 年 4 月 三 塚 博 前 自 民 党 幹 事 長 黒 河 内 康 前 駐

第 49 回 1996 年 2 月 村 山 富 市 前 内 閣 総 理 大 臣 今 川 幸 雄 前 駐 カンボジア 大 使 第 50 回 1996 年 3 月 加 藤 紘 一 自 民 党 幹 事 長 第 51 回 1996 年 4 月 三 塚 博 前 自 民 党 幹 事 長 黒 河 内 康 前 駐 第 1 回 1992 年 1 月 加 藤 紘 一 内 閣 官 房 長 官 栗 山 尚 一 次 期 駐 米 大 使 第 2 回 1992 年 2 月 小 沢 一 郎 元 自 民 党 幹 事 長 中 平 立 日 朝 交 渉 首 席 代 表 第 3 回 1992 年 3 月 C Fバーグステン 米 国 際 経 済 研 究 所 長 渡 辺 泰 造 前 外 務 省 報 道 官 第 4 回 1992 年 4 月

More information

( 東 京 都 の 特 別 区 にあっては 特 別 区 の 存 する 地 域 )をいい 外 国 にあってはこれに 準 ずる 地 域 をいうものとする ただし 本 邦 において 在 勤 地 という 場 合 には 在 勤 事 務 所 (バイオテクノロジーセンター( 木 更 津 市 )を 除 く)から8キ

( 東 京 都 の 特 別 区 にあっては 特 別 区 の 存 する 地 域 )をいい 外 国 にあってはこれに 準 ずる 地 域 をいうものとする ただし 本 邦 において 在 勤 地 という 場 合 には 在 勤 事 務 所 (バイオテクノロジーセンター( 木 更 津 市 )を 除 く)から8キ 独 立 行 政 法 人 製 品 評 価 技 術 基 盤 機 構 出 張 旅 費 支 給 規 程 制 定 平 成 13 年 4 月 1 日 最 終 改 正 平 成 28 年 1 月 1 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 製 品 評 価 技 術 基 盤 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 役 員 及 び 職 員 ( 派 遣 労 働 者 を

More information

大学生・高校生の地理的認識の調査報告

大学生・高校生の地理的認識の調査報告 2008 年 3 月 19 日 ( 社 ) 日 本 地 理 学 会 地 理 教 育 専 門 委 員 会 大 学 生 高 校 生 の 地 理 的 認 識 の 調 査 報 告 高 校 生 調 査 宮 崎 はどこ? 半 数 以 上 の 高 校 生 が 答 えられない 宮 崎 の 位 置 は 57.3% 日 本 の 食 糧 自 給 率 は 64.7%が 不 正 解! 大 学 生 調 査 高 校 における 地

More information

2010.8 A C P F N E W S No.49 (31) 平 成 21 年 9 月 1 日 アジア 刑 政 通 信 48 号 発 刊 平 成 21 年 9 月 30 日 本 部 支 部 運 営 会 議 敷 田 先 生 感 謝 の 集 い 平 成 21 年 12 月 カレンダー 作 成 配

2010.8 A C P F N E W S No.49 (31) 平 成 21 年 9 月 1 日 アジア 刑 政 通 信 48 号 発 刊 平 成 21 年 9 月 30 日 本 部 支 部 運 営 会 議 敷 田 先 生 感 謝 の 集 い 平 成 21 年 12 月 カレンダー 作 成 配 (30) A C P F N E W S No.49 2010.8 役 員 会 で 東 京 支 部 設 立 を 決 定 平 成 22 年 6 月 30 日 に 第 92 回 役 員 会 ( 理 事 会 )が 開 催 され 21 年 度 事 業 報 告 収 支 決 算 等 についての 承 認 及 びこ れらの 法 務 大 臣 報 告 等 並 びに 東 京 支 部 の 新 規 設 立 につい て 議 決

More information

1. 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の 現 状 2. 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の 特 性 3. 拡 大 するグローバル 市 場 と 熾 烈 な 誘 致 競 争 4. 訪 日 外 国 人 誘 致 に 向 けたJNTOの 取 り 組 み 首 都 大 学 東 京 観 光 経 営 トップセ

1. 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の 現 状 2. 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の 特 性 3. 拡 大 するグローバル 市 場 と 熾 烈 な 誘 致 競 争 4. 訪 日 外 国 人 誘 致 に 向 けたJNTOの 取 り 組 み 首 都 大 学 東 京 観 光 経 営 トップセ 首 都 大 学 東 京 観 光 経 営 トップセミナー 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の 現 状 と 日 本 政 府 観 光 局 の 取 り 組 み 2012 年 7 月 23 日 日 本 政 府 観 光 局 (JNTO) 理 事 長 松 山 良 一 首 都 大 学 東 京 観 光 経 営 トップセミナー 2012.07.23 作 成 :JNTO 1. 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の

More information

1 諸 外 国 における 第 三 国 定 住 難 民 受 入 れ 状 況 (1) 受 入 れ 数 世 界 全 体 で 難 民 問 題 解 決 のために 第 三 国 定 住 が 必 要 と 考 えられる 難 民 は,UNHCRによると, 平 成 24 年 には 約 17 万 2 千 人 に 上 るとさ

1 諸 外 国 における 第 三 国 定 住 難 民 受 入 れ 状 況 (1) 受 入 れ 数 世 界 全 体 で 難 民 問 題 解 決 のために 第 三 国 定 住 が 必 要 と 考 えられる 難 民 は,UNHCRによると, 平 成 24 年 には 約 17 万 2 千 人 に 上 るとさ 諸 外 国 における 第 三 国 定 住 による 難 民 の 受 入 れの 概 要 平 成 24 年 6 月 19 日 1 1 諸 外 国 における 第 三 国 定 住 難 民 受 入 れ 状 況 (1) 受 入 れ 数 世 界 全 体 で 難 民 問 題 解 決 のために 第 三 国 定 住 が 必 要 と 考 えられる 難 民 は,UNHCRによると, 平 成 24 年 には 約 17 万 2

More information

中国造船業における各国舶用品のシェアに関する調査報告書

中国造船業における各国舶用品のシェアに関する調査報告書 刊 行 によせて 一 般 社 団 法 人 日 本 舶 用 工 業 会 では 我 が 国 の 造 船 関 係 事 業 の 振 興 に 資 するために ボートレース 事 業 の 交 付 金 による 日 本 財 団 の 助 成 金 を 受 けて 造 船 関 連 海 外 情 報 収 集 及 び 海 外 業 務 協 力 事 業 を 実 施 しております その 一 環 としてジェトロ 関 係 海 外 事 務 所

More information

フェイスブック 離 れ その 理 由 とは フェイスブック 離 れが 進 んでいる 理 由 として ユーザーにとってフェイスブックが 当 たり 前 になってし まい サービスに 対 する 刺 激 が 少 なくなってきていることが 考 えられます 米 国 のビジネス 情 報 メディ Bloomberg

フェイスブック 離 れ その 理 由 とは フェイスブック 離 れが 進 んでいる 理 由 として ユーザーにとってフェイスブックが 当 たり 前 になってし まい サービスに 対 する 刺 激 が 少 なくなってきていることが 考 えられます 米 国 のビジネス 情 報 メディ Bloomberg リサーチ Press Release 報 道 関 係 者 各 位 2015 年 1 月 14 日 ウンコンサルティング 株 式 会 社 世 界 40 カ 国 のフェイスブック(facebook) 人 口 推 移 2015 年 1 月 ~フェイスブック 人 口 世 界 で 減 少 傾 向 フェイスブック 離 れが 進 む~ 東 京 沖 縄 台 湾 香 港 タイ シンガポール 韓 国 のジ 7 拠 点

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092868D9182CC816888EA91D188EA9848816890ED97AA82C695908AED966688D52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092868D9182CC816888EA91D188EA9848816890ED97AA82C695908AED966688D52E646F63> 地 域 戦 略 安 全 保 障 特 集 : 中 国 の 一 帯 一 路 戦 略 と 武 器 貿 易 漢 和 防 務 評 論 20150805 ( 抄 訳 ) ( 訳 者 コメント) 阿 部 信 行 中 国 の 一 帯 一 路 戦 略 と 中 国 が 最 近 提 唱 した アジアインフラ 投 資 銀 行 は 表 裏 一 体 のものであると 見 られています 中 国 は 必 要 な 資 源 を 獲 得

More information

ヨーロッパ各国における乗用車の安全要件

ヨーロッパ各国における乗用車の安全要件 オーストリア 視 界 不 良 時 は 防 塵 で 頑 丈 な 箱 で 保 管 のこと 任 意 ドライバーは 市 街 地 や 高 速 道 路 において 故 障 に より 自 車 を 離 れざるを 得 ない 場 合 は 着 用 が 必 要 ベラルーシ けん 引 車 を 伴 う 自 動 車 お よび 特 殊 自 動 車 1 は 自 動 車 はすべて 救 急 セットの 車 載 が 必 須 ベルギー 乗 用

More information

第 49 回 全 日 本 実 業 団 バドミントン 選 手 権 大 会 ( 長 岡 京 ) 男 子 団 体 1 N T T 東 日 本 ( 東 京 ) 77 ト ナ ミ 運 輸 ( 富 山 ) 2 日 立 高 崎 ( 群 馬 ) 5 89 105 78 北 陸 電 力 福 井 ( 福 井 ) 1 4 2 21 東 芝 姫 路 ( 兵 庫 ) 0 2 79 N E C 相 模 原 ( 神 奈 川 )

More information

進 路 支 援 国 際 交 流 Ⅰ 進 路 支 援 窓 口 甲 府 キャンパス:キャリアセンター 各 学 部 学 科 ( 専 攻 ) 就 職 担 当 教 員 医 学 部 キャンパス( 看 護 学 科 ): 医 学 域 学 務 課 キャリアセンターでは 学 生 が 大 学 で 身 につけた 知 識 や

進 路 支 援 国 際 交 流 Ⅰ 進 路 支 援 窓 口 甲 府 キャンパス:キャリアセンター 各 学 部 学 科 ( 専 攻 ) 就 職 担 当 教 員 医 学 部 キャンパス( 看 護 学 科 ): 医 学 域 学 務 課 キャリアセンターでは 学 生 が 大 学 で 身 につけた 知 識 や Ⅰ 進 路 支 援 1. 進 路 支 援 事 業 63 2. 進 路 支 援 体 制 64 3.キャリア アドバイザー 制 度 64 4.キャリアセンターの 利 用 案 内 64 5. 進 路 資 料 室 ( 看 護 学 科 )の 利 用 案 内 64 Ⅱ 国 際 交 流 1. 交 流 協 定 の 締 結 状 況 65 (1) 大 学 間 交 流 協 定 (2) 学 部 間 交 流 協 定 2. 海

More information

平成26年1-3月期 報告書

平成26年1-3月期 報告書 訪 日 外 国 人 の 消 費 動 向 訪 日 外 国 人 消 費 動 向 調 査 結 果 及 び 分 析 平 成 26 年 1-3 月 期 報 告 書 JAPAN TOURISM AGENCY 2 訪 日 外 国 人 消 費 動 向 調 査 平 成 26 年 1-3 月 期 報 告 書 訪 日 外 国 人 の 消 費 動 向 平 成 26 年 1-3 月 期 目 次 報 告 書 Ⅰ 平 成 26

More information

<30305F947A957A8E9197BF955C8E86>

<30305F947A957A8E9197BF955C8E86> 参 考 資 料 教 職 員 及 び 高 校 生 の 国 際 化 について 1 県 内 教 職 員 及 び 高 校 生 の 国 際 化 等 に 関 する 現 状 (1) 高 校 生 の 海 外 渡 航 の 状 況... 1 (2) 海 外 高 校 生 の 受 入 れ 状 況 等... 4 (3) 県 内 教 職 員 の 海 外 研 修 等 の 実 績... 5 (4) 私 立 高 等 学 校 の 国

More information

持 しているものをいう (8) 遺 族 とは 職 員 等 の 配 偶 者 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 並 びに 職 員 等 の 死 亡 当 時 職 員 等 と 生 計 を 一 にしていた 他 の 親 族 をいう 2 この 規 程 において 何 級 の 職 務 という 場 合

持 しているものをいう (8) 遺 族 とは 職 員 等 の 配 偶 者 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 並 びに 職 員 等 の 死 亡 当 時 職 員 等 と 生 計 を 一 にしていた 他 の 親 族 をいう 2 この 規 程 において 何 級 の 職 務 という 場 合 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 旅 費 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 23 年 3 月 29 日 平 成 26 年 12 月 24 日 平 成 27 年 3 月 26 日 平 成 28 年 3 月 23 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 (

More information

* 海 外 旅 行 平 均 費 用 は 燃 油 サーチャージ 旅 行 先 での 交 通 費 宿 泊 費 食 費 を 含 む < 年 末 年 始 の 旅 行 の 特 徴 > 12 月 28 日 から1 月 5 日 まで11 年 ぶりの 最 大 9 連 休 冬 のボーナス 増 も 旅 行 を 後 押 し

* 海 外 旅 行 平 均 費 用 は 燃 油 サーチャージ 旅 行 先 での 交 通 費 宿 泊 費 食 費 を 含 む < 年 末 年 始 の 旅 行 の 特 徴 > 12 月 28 日 から1 月 5 日 まで11 年 ぶりの 最 大 9 連 休 冬 のボーナス 増 も 旅 行 を 後 押 し JTB 広 報 室 140-8602 東 京 都 品 川 区 東 品 川 2-3-11 TEL.03-5796 -5833 FAX.03-5796 -5848 http://jtb 2013 年 第 109 号 (2013.12. 4) 年 末 年 始 (2013 年 12 月 23 日 ~2014 年 1 月 3 日 )の 旅 行 動 向 国 内 旅 行 海 外 旅 行 共 に 過 去 最 高 国

More information

Microsoft PowerPoint - ACN2015スポンサー募集要項.pptx

Microsoft PowerPoint - ACN2015スポンサー募集要項.pptx 第 12 回 アジア 栄 養 学 会 議 12th Asian Congress of Nutrition (ACN2015) スポンサー 募 集 要 項 主 催 公 益 社 団 法 人 日 本 栄 養 食 糧 学 会 共 同 主 催 ( 予 定 ) 日 本 学 術 会 議 母 体 団 体 アジア 栄 養 学 会 連 合 (FANS) ご 挨 拶 挨 拶 この 度 第 12 回 アジア 栄 養 学

More information

目 次 はじめに 1 観 光 動 向 2 1. 観 光 客 の 入 込 み 状 況 3 2. 外 国 人 観 光 客 の 入 込 み 状 況 4 3. 交 通 機 関 の 利 用 状 況 6 4. 教 育 旅 行 等 の 入 込 み 状 況 7 5. 観 光 施 設 の 入 込 み 状 況 8 6.

目 次 はじめに 1 観 光 動 向 2 1. 観 光 客 の 入 込 み 状 況 3 2. 外 国 人 観 光 客 の 入 込 み 状 況 4 3. 交 通 機 関 の 利 用 状 況 6 4. 教 育 旅 行 等 の 入 込 み 状 況 7 5. 観 光 施 設 の 入 込 み 状 況 8 6. 平 成 26 年 観 光 統 計 ( 平 成 26 年 1 月 1 日 ~12 月 31 日 ) 古 い 町 並 高 山 市 商 工 観 光 部 観 光 課 目 次 はじめに 1 観 光 動 向 2 1. 観 光 客 の 入 込 み 状 況 3 2. 外 国 人 観 光 客 の 入 込 み 状 況 4 3. 交 通 機 関 の 利 用 状 況 6 4. 教 育 旅 行 等 の 入 込 み 状 況 7

More information

スウェーデン企業におけるワーク・ライフ・バランス調査-従業員の育児休業にどう対応しているのか-

スウェーデン企業におけるワーク・ライフ・バランス調査-従業員の育児休業にどう対応しているのか- スウェーデン 企 業 におけるワーク ライフ バランス 調 査 ----- 従 業 員 の 育 児 休 業 にどう 対 応 しているか 1 スウェーデンの 育 児 休 業 制 度 と 取 得 状 況 (1)スウェーデンの 育 児 休 業 制 度 (イ) 育 児 休 業 制 度 の 概 要 育 児 休 業 は 両 親 合 わせて 480 労 働 日 ( 約 1 年 10 ヶ 月 に 相 当 ) 取 得

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A944E8E9F95F18D908F912E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A944E8E9F95F18D908F912E646F6378> 防 衛 装 備 の 海 外 移 転 の 許 可 の 状 況 に 関 する 年 次 報 告 書 平 成 28 年 8 月 経 済 産 業 省 防 衛 装 備 移 転 三 原 則 の 運 用 指 針 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 以 下 運 用 指 針 という )5.(1)により 経 済 産 業 省 は 防 衛 装 備 の 海 外 移 転 の 許 可 の

More information

平成14年度定時評議員会(議題)

平成14年度定時評議員会(議題) 平 成 19 年 度 事 業 報 告 書 Ⅰ. 事 業 の 状 況 平 成 19 年 度 の 事 業 は 以 下 のとおり 実 施 した 1. 野 球 競 技 の 普 及 振 興 及 び 調 査 研 究 野 球 競 技 の 普 及 振 興 を 図 るため 次 の 措 置 を 講 じた (1) 野 球 競 技 の 普 及 振 興 を 図 るため 全 日 本 アマチュア 野 球 連 盟 の 行 う 事

More information

本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの ではありません また 本 資 料 の 無 断 転 用 公 表 等 は 固 くお 断 りします 本 資 料 の 利 用 に 際 して 損 害 が 発 生 し

本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの ではありません また 本 資 料 の 無 断 転 用 公 表 等 は 固 くお 断 りします 本 資 料 の 利 用 に 際 して 損 害 が 発 生 し わが 国 製 造 業 企 業 の 海 外 事 業 展 開 に 関 する 調 査 報 告 -2013 年 度 海 外 直 接 投 資 アンケート 結 果 ( 第 25 回 )- 2013 年 11 月 国 際 協 力 銀 行 業 務 企 画 室 調 査 課 本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの

More information

NRIメディアフォーラム:中国人訪日旅行者の実態とニーズ①

NRIメディアフォーラム:中国人訪日旅行者の実態とニーズ① 第 228 回 メディア フォーラム 中 国 人 訪 日 旅 行 者 の 実 態 とニーズ1 - 統 計 等 からみた 概 況 - 2015 年 10 月 29 日 株 式 会 社 野 村 総 合 研 究 所 社 会 システムコンサルティング 部 産 業 インフラグループ グループマネージャー 岡 村 篤 100-0005 東 京 都 千 代 田 区 丸 の 内 1-6-5 丸 の 内 北 口 ビル

More information

発 表 内 容 2 1. 世 界 のエネルギー 需 給 見 通 し 2. 25 年 の 日 本 のエネルギー 需 給

発 表 内 容 2 1. 世 界 のエネルギー 需 給 見 通 し 2. 25 年 の 日 本 のエネルギー 需 給 世 界 日 本 の 長 期 エネルギー 需 給 の 見 通 し 平 成 21 年 9 月 3 日 第 1 回 エネルギーベストミックス 研 究 会 財 団 法 人 日 本 エネルギー 経 済 研 究 所 計 量 分 析 ユニット 主 任 研 究 員 松 尾 雄 司 1 発 表 内 容 2 1. 世 界 のエネルギー 需 給 見 通 し 2. 25 年 の 日 本 のエネルギー 需 給 1. 世 界

More information

日 本 のホテル 市 場 は 1980 年 代 の 不 動 産 バブル 1990 年 代 の 失 われた 10 年 と 呼 ばれる 長 期 不 況 期 2008 年 のリーマンショックにかけての ファンドバブル その 後 のデフレ 不 況 という 景 気 の 浮 沈 の 中 で 紆 余 曲 折 を

日 本 のホテル 市 場 は 1980 年 代 の 不 動 産 バブル 1990 年 代 の 失 われた 10 年 と 呼 ばれる 長 期 不 況 期 2008 年 のリーマンショックにかけての ファンドバブル その 後 のデフレ 不 況 という 景 気 の 浮 沈 の 中 で 紆 余 曲 折 を 663-8006 兵 庫 県 西 宮 市 段 上 町 3-14-4-607 TEL:0798-52-7470 FAX:0798-52-7480 ホテルマーケットレポート ~ 変 革 期 に 入 った 日 本 のホテル 市 場 ~ 2015 年 12 月 24 日 エーエム ワークス 日 本 のホテル 市 場 は 1980 年 代 の 不 動 産 バブル 1990 年 代 の 失 われた 10 年 と

More information

平 成 6 の 全 国 の 税 関 における 関 税 法 違 反 事 件 の 取 締 り 状 況. 不 正 薬 物 等 不 正 薬 物 全 体 の 摘 発 件 数 は 9 件 ( 前 比 % 増 )と 微 増 し 押 収 量 は 約 6kg( 前 比 % 減 ) と 過 去 で 最 高 を 記 録

平 成 6 の 全 国 の 税 関 における 関 税 法 違 反 事 件 の 取 締 り 状 況. 不 正 薬 物 等 不 正 薬 物 全 体 の 摘 発 件 数 は 9 件 ( 前 比 % 増 )と 微 増 し 押 収 量 は 約 6kg( 前 比 % 減 ) と 過 去 で 最 高 を 記 録 平 成 月 日 財 務 省 財 務 省 は 平 成 6 の 間 に 全 国 の 税 関 が 空 港 や 港 湾 等 において 不 正 薬 物 の 密 輸 入 その 他 の 関 税 法 違 反 事 件 を 取 り 締 まった 実 績 をまとめましたのでお 知 らせします. 不 正 薬 物 等 報 道 発 表 不 正 薬 物 の 押 収 量 が 連 続 で 6kg 超 え 覚 醒 剤 の 摘 発 件 数

More information

スリランカの 主 権 独 立 統 一 および 領 土 保 全 に 対 する 理 事 会 の 公 約 を 再 確 認 し 各 国 の 全 住 民 のあらゆる 人 権 および 基 本 的 自 由 の 完 全 な 享 受 を 確 保 することは 各 国 の 責 任 で あることもまた 再 確 認 し テロ

スリランカの 主 権 独 立 統 一 および 領 土 保 全 に 対 する 理 事 会 の 公 約 を 再 確 認 し 各 国 の 全 住 民 のあらゆる 人 権 および 基 本 的 自 由 の 完 全 な 享 受 を 確 保 することは 各 国 の 責 任 で あることもまた 再 確 認 し テロ 総 会 A/HRC/RES/25/1 配 布 : 一 般 2014 年 4 月 9 日 原 文 : 英 語 人 権 理 事 会 第 25 会 期 議 事 日 程 議 題 2 国 際 連 合 人 権 高 等 弁 務 官 年 次 報 告 書 および 高 等 弁 務 官 事 務 所 並 びに 事 務 総 長 報 告 書 人 権 理 事 会 により 採 択 された 決 議 25/1. スリランカにおける 和

More information

インデックス 全 体 2/7 インデックス 全 体 図 3 現 地 通 貨 建 てエマージング 債 券 ( 米 ドルベース) 騰 落 率 (2013 年 12 月 末 ~2014 年 11 月 14 日 ) 図 4 現 地 通 貨 建 てエマージング 債 券 ( 円 ベース) 騰 落 率 (2013

インデックス 全 体 2/7 インデックス 全 体 図 3 現 地 通 貨 建 てエマージング 債 券 ( 米 ドルベース) 騰 落 率 (2013 年 12 月 末 ~2014 年 11 月 14 日 ) 図 4 現 地 通 貨 建 てエマージング 債 券 ( 円 ベース) 騰 落 率 (2013 1/7 エマージング カレンシー 債 券 ファンド( 毎 月 分 配 型 ) 米 国 の 利 上 げの 影 響 について 米 国 の 経 済 が 好 調 なため 2015 年 にも 利 上 げが 行 われ エマージング 債 市 場 にマイナスの 影 響 を 与 えるのではな いかという 懸 念 が 一 部 で 見 られます これを 受 けて 米 国 の 利 上 げおよび 当 ファンドに 対 する 影

More information

NCGM2013_0章-はじめに.indd

NCGM2013_0章-はじめに.indd Appendix 2013 年 度 長 期 派 遣 者 リスト 氏 名 出 発 日 帰 国 日 派 遣 国 区 分 業 務 内 容 岡 林 広 哲 2010/5/25 2013/5/24 ラオス JICA 母 子 保 健 統 合 統 合 サービス 強 化 プロジェクト 長 期 派 遣 専 門 家 (チーフアドバイザー) 永 井 真 理 2011/4/23 2014/4/22 セネガル JICA 保

More information

委託契約書

委託契約書 資 料 目 次 資 料 1 福 岡 女 子 大 学 の 沿 革 資 料 2 公 立 大 学 法 人 福 岡 女 子 大 学 中 期 目 標 中 期 計 画 資 料 3 福 岡 女 子 大 学 改 革 基 本 計 画 の 概 要 資 料 4 福 岡 県 の 主 要 施 策 資 料 5 福 岡 県 の 貿 易 額 の 推 移 資 料 6 福 岡 県 の 輸 出 入 国 ( 地 域 ) 順 位 表 資 料

More information

平 成 の 全 国 の 税 関 における 関 税 法 違 反 事 件 の 取 締 り 状 況. 不 正 薬 物 等 不 正 薬 物 全 体 の 押 収 量 は 約 5kg( 前 比 8% 減 )と 連 続 で 減 少 したものの 5 連 続 で 5kg を 超 えた また 指 定 薬 物 が 関 税

平 成 の 全 国 の 税 関 における 関 税 法 違 反 事 件 の 取 締 り 状 況. 不 正 薬 物 等 不 正 薬 物 全 体 の 押 収 量 は 約 5kg( 前 比 8% 減 )と 連 続 で 減 少 したものの 5 連 続 で 5kg を 超 えた また 指 定 薬 物 が 関 税 平 成 8 月 日 財 務 省 財 務 省 は 平 成 の 間 に 全 国 の 税 関 が 空 港 や 港 湾 等 において 不 正 薬 物 の 密 輸 入 その 他 の 関 税 法 違 反 事 件 を 取 り 締 まった 実 績 をまとめましたのでお 知 らせします. 不 正 薬 物 等 報 道 発 表 指 定 薬 物 の 輸 入 してはならない 貨 物 への 追 加 に 伴 い 摘 発 件 数

More information

はじめに 本 報 告 書 は 2012 年 に 実 施 された OECD( 経 済 協 力 開 発 機 構 ) 生 徒 の 学 習 到 達 度 調 査 (PISA: Programme for International Student Assessment)のうち 国 際 オプ ションとして 実 施 された 問 題 解 決 能 力 の 国 際 調 査 結 果 を 基 に 日 本 にとって 特 に

More information

新 興 国 の 経 済 1 経 済 新 興 国 は 底 堅 い 内 需 に 下 支 えされ 堅 調 なペースでの 成 長 を 続 けているが 米 経 済 減 速 の 影 響 に 注 意 が 必 要 1 前 月 の 振 り 返 り 月 1 日 開 催 のFOMC( 米 連 邦 公 開 市 場 委 員

新 興 国 の 経 済 1 経 済 新 興 国 は 底 堅 い 内 需 に 下 支 えされ 堅 調 なペースでの 成 長 を 続 けているが 米 経 済 減 速 の 影 響 に 注 意 が 必 要 1 前 月 の 振 り 返 り 月 1 日 開 催 のFOMC( 米 連 邦 公 開 市 場 委 員 21 年 9 月 7 日 住 信 アセットマネジメント 株 式 会 社 21 年 9 月 号 月 末 7 月 末 月 間 騰 落 率 新 興 国 MSCI エマージング マーケット インデックス ( 円 換 算 ベース) 2.27 59.55.57% 中 国 上 海 総 合 指 数 2,3. 2,37.5.5% インド ムンバイ SENSEX3 種 指 数 17,971. 17,.29.5% アジア

More information

1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 について 決 定 した 都 道 府 県 別 職 種 別 の 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 一 覧 を 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 に 示 す

1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 について 決 定 した 都 道 府 県 別 職 種 別 の 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 一 覧 を 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 に 示 す 平 成 28 年 1 月 20 日 土 地 建 設 産 業 局 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 について 農 林 水 産 省 及 び 国 土 交 通 省 が 平 成 27 年 10 月 に 実 施 した 公 共 事 業 労 務 費 調 査 に 基 づき 平 成 28 年 2 月 からの 公 共 工 事 の 工 事 費 の 積 算 に 用 いるための

More information

22 610407487 ロ ペ ミ ッ ク 小 児 用 0. 0 5 % 2319001C1072 23 610412059 ゲ シ ン L 錠 5 0 m g 2478001G1046 24 610412105 ソ レ ル モ ン S R カ プ セ ル 3 7. 5 m g 1147002N1

22 610407487 ロ ペ ミ ッ ク 小 児 用 0. 0 5 % 2319001C1072 23 610412059 ゲ シ ン L 錠 5 0 m g 2478001G1046 24 610412105 ソ レ ル モ ン S R カ プ セ ル 3 7. 5 m g 1147002N1 お 知 ら せ ( 薬 ) 0 0 5 平 成 2 0 年 8 月 2 9 日 医 薬 品 マ ス タ ー の 改 定 に つ い て 今 般 下 記 の と お り 医 薬 品 マ ス タ ー を 改 定 し ま し た の で お 知 ら せ し ま す 記 次 の 医 薬 品 に つ い て は 平 成 2 0 年 3 月 5 日 付 け 厚 生 労 働 省 告 示 第 7 2 号 に 基 づ

More information

11-021

11-021 第 11 021 号 2012 年 1 月 17 日 ANA セールス 株 式 会 社 ANAセールス 2012 年 度 の 販 売 と 国 内 海 外 旅 行 商 品 の 概 要 について ANAセールス 株 式 会 社 ( 代 表 取 締 役 社 長 稲 岡 研 士 本 社 東 京 都 港 区 )は 本 年 1 月 8 日 で 設 立 10 周 年 目 を 迎 え 新 たな10 年 に 向 け

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DEC90AC8EE888F882AB816995A8956990BB91A29399816A3230313630313038>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DEC90AC8EE888F882AB816995A8956990BB91A29399816A3230313630313038> 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 審 査 申 請 書 類 ( 物 品 製 造 等 )の 作 成 の 手 引 き 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 の 物 品 製 造 等 ( 物 品 の 製 造 物 品 の 販 売 役 務 の 提 供 等 物 品 の 買 受 け)の 契 約 に 係 る 競 争 入 札 参 加 者 に 必 要 な 資 格 の 取

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 同 梱 機 器 取 扱 マニュアル(MF910) MF910( 端 末 ) 予 備 バッテリー ( 有 料 オプション 品 2タイプ 有 ) マルチ 変 換 プラグ ( 有 料 オプション 品 ) はじめに このたびは GLOBAL WIFIにお 申 し 込 み 頂 き 誠 にありがとうございます こちらの 説 明 書 は レンタルさせて 頂 く 端 末 エネループなどのオプション 品 等 の 機

More information

International Economic Review

International Economic Review 2016.09.06 (No.19, 2016) 欧 州 の 難 民 受 け 入 れ 問 題 ~EU は 危 機 をのりきれるか?~ 公 益 財 団 法 人 国 際 通 貨 研 究 所 経 済 調 査 部 上 席 研 究 員 山 口 綾 子 yamaguchi@iima.or.jp < 要 旨 > 1. 欧 州 への 難 民 流 入 は 2015 年 に 急 増 した 中 東 北 アフリカ 地 域

More information

’00

’00 明 石 の 人 口 平 成 17 年 (2005 年 ) 国 勢 調 査 結 果 報 告 書 平 成 17 年 国 勢 調 査 の 概 要 調 査 の 目 的 及 び 沿 革 国 勢 調 査 は, 我 が 国 の 人 口 の 状 況 を 明 らかにするため, 大 正 9 年 以 来 ほぼ 5 年 ごとに 行 われており, 平 成 17 年 国 勢 調 査 はその 18 回 目 に 当 たる 国 勢

More information

Taro-平成27年度事業計画.jtd

Taro-平成27年度事業計画.jtd 平 成 2 7 年 度 事 業 計 画 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 平 成 2 7 年 度 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 事 業 計 画 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 に 関 す る 事 業 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 児 童 青 少 年 の 健 全 育 成 勤 労 者 の 福 祉 の 増 進 及 び

More information

untitled

untitled 国 際 緊 急 援 助 隊 の 沿 革 と 今 日 の 課 題 ~ 求 められる 大 規 模 災 害 に 対 する 国 際 協 力 の 推 進 ~ 外 交 防 衛 委 員 会 調 査 室 なかうち 中 内 やすお 康 夫 1.はじめに 2011 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 に 対 しては 海 外 から 様 々な 形 での 緊 急 援 助 が 寄 せられた これまでに

More information

目 次 はじめに/ 調 査 について...3 第 一 章 : 新 たな 需 要 の 牽 引 者 に 接 触 する 方 法... 5 新 車 / 中 古 車 とも 枠 にとらわれない 販 売 戦 略 を 考 える... 6 感 情 的 な 要 素 を 強 調 して 購 入 を 促 進 ( 特 にミレニ

目 次 はじめに/ 調 査 について...3 第 一 章 : 新 たな 需 要 の 牽 引 者 に 接 触 する 方 法... 5 新 車 / 中 古 車 とも 枠 にとらわれない 販 売 戦 略 を 考 える... 6 感 情 的 な 要 素 を 強 調 して 購 入 を 促 進 ( 特 にミレニ これからの 需 要 と マーケティング 世 界 の 需 要 拡 大 に 応 える4つの 戦 略 2014 年 4 月 Copyright 2014 The Nielsen Company 目 次 はじめに/ 調 査 について...3 第 一 章 : 新 たな 需 要 の 牽 引 者 に 接 触 する 方 法... 5 新 車 / 中 古 車 とも 枠 にとらわれない 販 売 戦 略 を 考 える...

More information

別冊

別冊 平 成 19 年 度 食 品 規 制 実 態 調 査 タイの 農 業 政 策 農 業 の 現 状 と 周 辺 国 を 巡 る 動 き 別 冊 タイの 主 要 農 水 産 物 の 生 産 貿 易 統 計 集 2008 年 3 月 (2006 年 までの 統 計 データ 収 載 ) 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 目 次 1. 米 1 2. 米 粉 および 米 菓 子 10 3. メイズ

More information