Microsoft PowerPoint - 兵庫県_観光庁提案参考資料(公表用)

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft PowerPoint - 兵庫県_観光庁提案参考資料(公表用)"

Transcription

1 観 光 庁 の 兵 庫 神 戸 への 移 転 提 案 1 地 方 創 生 上 の 意 義 (1) 今 後 の 日 本 成 長 の 象 徴 地 方 創 生 の 意 義 は 東 京 一 極 集 中 を 是 正 し 地 方 主 導 で 日 本 に 成 長 をも たらすこと 成 長 力 の 中 核 観 光 行 政 の 司 令 塔 が 地 方 創 生 の 旗 頭 として 関 西 神 戸 に 位 置 することは 日 本 発 展 の 象 徴 となる (2) 観 光 庁 の 地 方 移 転 は 地 方 発 の 活 性 化 を 生 む 観 光 行 政 には 各 地 方 の 資 源 を 知 り フル 活 用 する 企 画 立 案 が 必 要 兵 庫 関 西 は 日 本 の 縮 図 日 本 の 魅 力 をほとんど 具 備 しており 全 国 各 地 の 資 源 を 活 かす 政 策 立 案 拠 点 として 最 適 の 地 地 方 の 視 線 で 効 果 的 先 導 的 施 策 を 立 案 することで 観 光 振 興 と 地 域 活 性 化 の 好 循 環 が 生 まれる 2 兵 庫 神 戸 への 立 地 理 由 (1) 外 国 文 化 技 術 を 吸 収 発 信 してきた 歴 史 ある 国 際 都 市 神 戸 は 開 国 以 来 外 国 文 化 を 吸 収 全 国 に 発 信 多 様 な 人 文 化 技 術 を 受 け 入 れることができる 懐 の 深 い 多 文 化 共 生 都 市 (2) 全 国 の 観 光 資 源 が 域 内 に 凝 縮 兵 庫 が 持 つ 多 様 性 各 地 に 点 在 する 歴 史 文 化 資 産 は 日 本 の 観 光 資 源 の 縮 図 温 泉 ( 城 崎 温 泉 湯 村 温 泉 有 馬 温 泉 洲 本 温 泉 等 ) スキー(ハチ 高 原 神 鍋 高 原 千 種 高 原 等 ) 食 ( 神 戸 ビーフ 丹 波 黒 豆 明 石 鯛 神 戸 スイーツ 等 ) 芸 術 文 化 ( 淡 路 人 形 浄 瑠 璃 丹 波 篠 山 デカンショ 節 宝 塚 歌 劇 芸 術 文 化 センター 等 ) 島 山 ( 家 島 沼 島 六 甲 山 氷 ノ 山 等 ) 城 寺 ( 姫 路 城 竹 田 城 書 寫 山 圓 教 寺 等 ) スポーツ( 甲 子 園 球 場 広 野 ゴルフ 場 阪 神 競 馬 場 等 ) 先 駆 的 なツーリズム 資 源 も 集 積 ( 産 業 : 灘 の 酒 蔵 淡 路 瓦 / 医 療 : 神 戸 医 療 産 業 都 市 西 播 磨 粒 子 線 治 療 / 環 境 :コウノトリ ジオパーク/ 防 災 : 人 と 防 災 未 来 センター 等 ) 多 様 な 観 光 資 源 に 満 ちた 兵 庫 神 戸 は 全 国 を 俯 瞰 し 実 態 に 即 した 観 光 政 策 の 企 画 立 案 の 地 として 最 適 (3) 国 内 外 からの 充 実 したアクセス 兵 庫 は 国 内 交 通 の 結 節 点 陸 海 空 による 国 内 外 からのアクセスが 充 実 (4) 充 実 した 生 活 環 境 良 好 な 住 宅 や 教 育 環 境 豊 かな 自 然 文 化 など 生 活 環 境 が 充 実 3 向 上 が 期 待 される 機 能 (1) 企 画 立 案 機 能 施 策 効 果 検 証 機 能 の 向 上 日 本 の 多 様 な 観 光 資 源 に 囲 まれた 兵 庫 で 勤 務 生 活 することで 資 源 の 価 値 課 題 を 体 感 でき 地 域 の 状 況 に 根 ざした 施 策 展 開 が 可 能 現 場 主 義 の 施 策 展 開 を 図 ることで 施 策 効 果 の 検 証 機 能 が 向 上 1

2 (2) 関 西 の 自 治 体 経 済 界 との 連 携 による 情 報 受 発 信 機 能 の 向 上 平 成 11 年 の 関 西 広 域 連 携 協 議 会 (KC) 設 立 以 来 関 西 全 体 で 行 政 と 経 済 団 体 が 連 携 し 観 光 文 化 情 報 の 海 外 受 発 信 に 注 力 全 国 唯 一 の 府 県 を 構 成 団 体 とする 広 域 自 治 体 関 西 広 域 連 合 でも 広 域 観 光 行 政 を 推 進 今 年 4 月 に 官 民 一 体 の 関 西 国 際 観 光 推 進 本 部 も 設 置 ( 構 成 団 体 : 関 西 広 域 連 合 関 西 経 済 連 合 会 日 本 旅 行 業 協 会 関 西 支 部 等 ) 観 光 庁 と 連 携 した 日 本 全 体 の 観 光 文 化 情 報 の 受 発 信 機 能 が 向 上 (3) 日 本 全 体 の 外 国 人 観 光 客 受 入 機 能 の 向 上 1 高 いポテンシャルを 有 する 地 域 の 社 会 資 源 の 活 用 LCC の 拠 点 関 西 国 際 をはじめ 伊 丹 神 戸 の3 空 港 や クルーズ 船 の 入 港 が 相 次 ぐ 阪 神 港 が 立 地 これらの 社 会 資 本 の 高 いポテンシャルをフル 活 用 した 政 策 展 開 により 日 本 全 体 の 外 国 人 観 光 客 受 入 機 能 が 向 上 兵 庫 関 西 は 国 際 会 議 場 展 示 場 が 充 実 日 本 全 体 のMICE 機 能 情 報 発 信 機 能 が 強 化 ( 神 戸 国 際 会 議 場 淡 路 夢 舞 台 国 際 会 議 場 京 都 迎 賓 館 京 都 国 際 会 館 大 阪 国 際 会 議 場 インテックス 大 阪 等 ) ゴールデンルート 以 外 への 誘 客 が 全 国 的 な 課 題 2つの 広 域 観 光 周 遊 ル ートの 結 節 点 兵 庫 への 立 地 により 多 様 な 観 光 動 線 の 形 成 が 可 能 東 日 本 大 震 災 時 にはカウンターパート 方 式 により 被 災 地 の 観 光 振 興 を 支 援 し た 実 績 もあるなど 日 本 全 体 への 誘 客 促 進 施 策 の 展 開 が 可 能 2 先 進 的 取 組 の 活 用 関 西 は 歴 史 的 にアジアとの 交 流 実 績 が 豊 富 官 民 連 携 組 織 の 活 用 により アジアからの 誘 客 が 拡 大 (H27 だけでも 中 国 韓 国 タイ マレーシア 等 を 対 象 としたファムトリップ トッププロモーション 現 地 出 展 等 を 展 開 ) 兵 庫 では 在 日 外 国 人 のブログ 等 での 情 報 発 信 ボランティアガイドの 育 成 を 推 進 人 材 活 用 人 材 育 成 を 図 るとともに 観 光 庁 と 連 携 した 観 光 情 報 の 発 信 により 日 本 全 体 の 誘 客 促 進 力 が 向 上 (4) 危 機 管 理 対 応 力 の 向 上 首 都 直 下 型 地 震 が 今 後 30 年 以 内 に70%の 確 立 で 発 生 することが 想 定 関 西 への 立 地 により 観 光 庁 の 安 全 度 が 向 上 4 移 転 への 期 待 要 望 の 背 景 (1) 観 光 文 化 振 興 の 一 体 的 推 進 京 都 府 への 移 転 が 検 討 されている 文 化 庁 とともに 観 光 文 化 振 興 の 一 体 的 推 進 が 期 待 (2) 国 土 の 双 眼 構 造 の 構 築 日 本 全 体 の 発 展 のためには 首 都 圏 以 外 にも 核 を 持 つことが 必 要 その 地 は 地 勢 歴 史 文 化 集 積 から 関 西 以 外 にはない 2

3 参 考 観 光 庁 の 兵 庫 県 への 移 転 提 案 について 平 成 28 年 1 月 兵 庫 県 観 光 庁 の 兵 庫 県 への 移 転 提 案 について Ⅱ 向 上 が 期 待 される 機 能 Ⅲ 移 転 要 望 の 背 景 移 転 に 期 待 するもの Ⅳ 東 京 からの 移 転 への 対 応 1

4 1 観 光 政 策 の 司 令 塔 観 光 庁 の 立 地 にふさわしい 兵 庫 神 戸 人 口 減 少 が 進 む 中 全 世 界 からの 訪 日 者 の 拡 大 により 日 本 文 化 を 発 信 し 日 本 経 済 を 活 性 化 する 観 光 政 策 は 政 府 の 最 重 要 課 題 観 光 立 国 日 本 実 現 に 向 け その 司 令 塔 としての 機 能 を 担 う 観 光 庁 の 立 地 場 所 として 神 戸 は 最 適 の 地 2 1 観 光 政 策 の 司 令 塔 観 光 庁 の 立 地 にふさわしい 兵 庫 神 戸 日 米 修 好 通 商 条 約 の 締 結 に 際 し 国 運 を 賭 けた 議 論 の 末 兵 庫 を 含 む5 港 の 開 港 が 決 まった 兵 庫 の 港 と 神 戸 のまちは その 期 待 に 応 え 西 洋 の 技 術 文 化 を 吸 収 日 本 全 国 に 発 信 し 我 が 国 の 近 代 化 を 推 進 神 戸 から 広 まった 外 国 文 化 技 術 映 画 ゴルフ 洋 菓 子 マッチ ゴム 工 業 ほか 多 数 領 事 館 ピーク 時 (1959 年 )には17か 国 の 領 事 館 が 立 地 高 度 経 済 成 長 時 代 には 神 戸 港 は 世 界 有 数 の 貿 易 港 とし て 日 本 の 経 済 発 展 を 牽 引 (コンテナ 取 扱 量 1980 年 世 界 第 3 位 ) 阪 神 淡 路 大 震 災 からの 復 興 を 経 て 豊 かな 生 活 文 化 や 充 実 した 科 学 技 術 基 盤 自 然 に 恵 まれた 環 境 を 有 する 国 際 都 市 として 発 展 日 本 が 平 成 の 開 国 に 臨 む 今 開 港 150 年 を 迎 える 神 戸 に 再 びその 司 令 塔 の 役 割 を 3

5 2 日 本 の 縮 図 兵 庫 には 日 本 の 魅 力 が 凝 縮 兵 庫 が 持 つ 多 様 性 各 地 に 点 在 する 歴 史 文 化 資 産 は 訪 日 外 国 人 からニーズが 高 い 魅 力 ある 観 光 資 源 (ex. 城 崎 温 泉 の 外 国 人 宿 泊 者 数 :H27 上 期 /H26 上 期 =204%) 凝 縮 された 多 様 な 観 光 資 源 に 日 常 的 に 触 れる 環 境 により きめ 細 やかで 効 果 的 な 我 が 国 全 体 の 観 光 施 策 の 企 画 立 案 が 可 能 (1) 多 様 な 自 然 日 本 海 から 太 平 洋 に 面 し 山 地 や 離 島 な ど 多 様 な 自 然 豪 雪 地 帯 から 温 暖 地 帯 と いった 多 様 な 気 候 を 有 する (2) 多 様 なまち 人 口 密 集 の 大 都 会 から 歴 史 と 伝 統 を 残 す 城 下 町 山 間 の 農 村 地 域 など 多 様 な まち を 有 する ハチ 北 スキー 場 ( 養 父 市 ) 鳴 門 の 渦 潮 ( 南 あわじ 市 ) 姫 路 城 城 下 町 篠 山 家 島 群 島 ( 姫 路 市 ) 城 崎 温 泉 ( 豊 岡 市 ) ( 写 真 : 日 経 電 子 版 ) 4 2 日 本 の 縮 図 兵 庫 には 日 本 の 魅 力 が 凝 縮 (3) 歴 史 多 文 化 共 生 兵 庫 県 は 摂 津 播 磨 但 馬 丹 波 淡 路 の 旧 五 国 から 成 り 多 様 な 歴 史 文 化 が 融 合 凝 縮 とくに 神 戸 は 様 々な 外 国 文 化 を 受 け 入 れており 多 様 な 文 化 が 共 生 県 内 在 留 外 国 人 数 : 約 10 万 人 県 内 外 国 人 学 校 :12 校 神 戸 南 京 町 神 戸 ムスリムモスク (4) 伝 統 文 化 国 指 定 重 要 無 形 民 俗 文 化 財 淡 路 人 形 浄 瑠 璃 など 多 様 で 奥 深 い 伝 統 文 化 を 有 する (5) 知 の 集 積 世 界 最 大 規 模 の 放 射 光 施 設 SPring-8やスーハ ーコン ヒ ュータ 京 など 世 界 最 高 水 準 の 研 究 機 関 が 集 積 淡 路 人 形 浄 瑠 璃 灘 のけんかまつり SPring-8 スーハ ーコンヒ ュータ 京 5

6 3 広 域 観 光 モデルの 拠 点 関 西 広 域 連 合 の 美 の 伝 説 瀬 戸 内 ブランド 推 進 連 合 の せとうち 海 の 道 の2 つの 広 域 観 光 周 遊 ルートに 参 画 するなど 地 域 の 結 節 点 としての 多 様 性 も 有 する 美 の 伝 説 兵 庫 せとうち 海 の 道 広 島 姫 路 神 戸 6 4 国 内 外 へ 開 かれたアクセス 環 境 兵 庫 関 西 は 成 長 するアジアとの 距 離 が 近 く ゲートウェイ としての 高 いポテン シャルを 持 ち アジアからの 外 国 人 旅 行 者 は 東 京 に 匹 敵 国 際 コンテナ 戦 略 港 である 阪 神 港 や 西 日 本 のハブ 機 能 を 担 う 関 西 国 際 空 港 大 阪 国 際 空 港 神 戸 空 港 など 世 界 からの 人 モノの 受 け 入 れを 可 能 とするインフラも 充 実 関 西 国 際 空 港 の 国 際 線 LCC 便 は 大 幅 に 増 加 し 平 成 27 年 8 月 時 点 で21 都 市 へ 週 291 便 就 航 LCCに 対 するニーズの 高 まりを 踏 まえ 第 3ターミナルの 整 備 (2016 年 度 供 用 ) が 進 められるなど ネットワークの 充 実 が 進 展 ( 便 / 週 ) H20 夏 H21 夏 H22 夏 H23 夏 H24 夏 H25 夏 H26 夏 H27 夏 関 西 国 際 空 港 における 国 際 線 LCC 便 数 の 推 移 7

7 4 国 内 外 へ 開 かれたアクセス 環 境 全 国 主 要 都 市 からの 所 要 時 間 ( 平 均 )は 東 京 (2:13)と 神 戸 (2:22)はほぼ 同 じ 主 要 都 市 から 東 京 神 戸 への 所 要 時 間 乗 換 案 内 ソフトで 検 索 ( 最 短 時 間 の 交 通 機 関 を 使 用 するとして 計 算 ) 区 分 札 幌 仙 台 新 潟 東 京 名 古 屋 神 戸 広 島 博 多 那 覇 東 京 2:33 1:32 1:59-1:41 2:54 2:38 2:29 3:13 神 戸 3:03 2:20 2:10 2:54 1:05-1:15 2:17 2:27 新 千 歳 へ1 日 28 便 ( 神 戸 6 便 伊 丹 10 便 関 西 12 便 ) 那 覇 へ1 日 21 便 ( 神 戸 5 便 伊 丹 5 便 関 西 11 便 ) 鉄 道 航 空 アクセスが 充 実 しており 東 京 駅 ~ 新 神 戸 間 は3 時 間 程 度 < 新 幹 線 > 新 神 戸 6:09 発 東 京 8:53 着 東 京 20:50 発 新 神 戸 23:38 着 新 神 戸 から 東 京 への 新 幹 線 のぞみ は1 日 57 便 < 飛 行 機 > 神 戸 7:10 発 羽 田 8:20 着 羽 田 20:15 発 神 戸 21:30 着 羽 田 へ1 日 53 便 ( 神 戸 10 便 伊 丹 30 便 関 西 13 便 ) 8 6 働 く 人 家 族 にとって 暮 らしやすい 良 好 な 環 境 職 住 近 接 ( 交 通 の 便 に 優 れた 安 価 で 良 好 な 住 宅 の 確 保 が 可 能 ) 充 実 した 子 どもの 教 育 環 境 ( 灘 甲 陽 学 院 神 戸 女 学 院 など 全 国 有 数 の 中 高 一 貫 校 へ 至 近 ) 豊 かな 自 然 文 化 ( 六 甲 山 神 戸 旧 居 留 地 宝 塚 歌 劇 などに 日 常 的 に 接 することがで きる 環 境 ) 兵 庫 県 立 美 術 館 六 甲 山 牧 場 神 戸 旧 居 留 地 須 磨 海 岸 9

8 7 関 西 全 体 での 官 民 連 携 体 制 によるバックアップ 関 西 広 域 連 合 関 西 地 域 振 興 財 団 瀬 戸 内 ブランド 推 進 連 合 など 地 域 連 携 官 民 連 携 による 広 域 観 光 振 興 の 先 進 的 な 取 組 を 実 施 人 材 交 流 や 共 同 事 業 共 同 研 究 等 により 関 西 瀬 戸 内 での 進 んだ 取 組 を 日 本 全 体 の 観 光 施 策 に 展 開 が 可 能 瀬 戸 内 ブランド 推 進 連 合 では 全 国 に 先 駆 け 国 が 進 める 日 本 版 DMOの 構 築 を 予 定 するなど 全 国 のモデルとなる 取 組 を 実 施 関 西 へのインバウンド 旅 客 を 拡 大 するために 関 係 機 関 が 一 堂 に 会 すプラットフォー ムとして 関 西 国 際 観 光 推 進 本 部 ( 仮 称 )を 平 成 28 年 4 月 に 設 立 経 済 団 体 観 光 振 興 団 体 関 西 経 済 連 合 会 関 西 国 際 観 光 推 進 本 部 ( 仮 称 ) 関 西 広 域 連 合 企 業 関 西 地 域 振 興 財 団 自 治 体 10 Ⅱ 向 上 が 期 待 される 機 能 1 MICE 機 能 の 充 実 関 西 は 豊 富 な 文 化 観 光 資 源 関 西 国 際 空 港 等 の 充 実 したアクセス 環 境 に 加 え 京 都 大 阪 神 戸 などがそれぞれ 特 色 のあるMICE 施 設 を 有 しており 多 様 なMI CE 誘 致 が 可 能 であるため 日 本 全 体 のMICE 機 能 の 向 上 につながる 観 光 庁 の グローバルMICE 都 市 に 関 西 から 京 都 市 大 阪 市 神 戸 市 の 3 都 市 が 選 定 ( 全 7 都 市 ) 2 地 方 の 実 態 を 踏 まえた 観 光 振 興 施 策 の 展 開 観 光 の 主 役 は 地 方 である 日 本 の 縮 図 であり 観 光 に 対 する 高 い 民 間 意 識 をもつ 兵 庫 への 移 転 により 地 方 の 実 情 を 踏 まえた 施 策 展 開 が 可 能 であり 全 国 の 各 地 方 の 観 光 施 策 の 一 層 の 活 発 化 が 期 待 できる 順 位 ホ ランティアカ イト 数 ホ ランティアカ イト 組 織 数 1 位 愛 知 県 2,595 人 山 形 県 73 2 位 奈 良 県 1,686 人 兵 庫 県 67 3 位 兵 庫 県 1,552 人 愛 知 県 60 4 位 山 形 県 1,418 人 北 海 道 58 5 位 北 海 道 1,373 人 静 岡 県 56 ( 公 社 ) 日 本 観 光 振 興 協 会 観 光 ボランティアガイド 組 織 の 現 況 ( 平 成 25 年 1~3 月 調 査 ) 関 西 では 広 域 観 光 に 関 する 全 国 モデル 的 取 組 も 進 めており 文 化 庁 の 誘 致 を 図 る 京 都 をはじめ 関 西 広 域 連 合 としても 観 光 庁 の 兵 庫 での 施 策 展 開 を 全 面 的 に 連 携 しながら バックアップが 可 能 11

9 Ⅲ 移 転 要 望 の 背 景 移 転 に 期 待 するもの 1 観 光 文 化 振 興 の 一 体 的 推 進 京 都 府 への 移 転 が 検 討 されている 文 化 庁 とともに 観 光 文 化 振 興 の 一 体 的 推 進 に 期 待 2 国 土 の 複 眼 構 造 の 構 築 首 都 直 下 型 地 震 が 今 後 30 年 以 内 に70%の 確 立 で 発 生 することが 想 定 危 機 管 理 の 面 か らも 東 京 と 並 ぶ 西 の 拠 点 として 政 府 機 能 の 関 西 への 移 転 が 望 ましい 兵 庫 県 は 国 連 国 際 防 災 戦 略 事 務 局 (UNISDR)が 実 施 する 世 界 防 災 キャンペー ン 災 害 に 強 い 都 市 の 構 築 において 世 界 で 初 めて 先 進 的 な 防 災 都 市 ロール モデル( 模 範 ) 都 市 に 認 定 ( 国 内 では 他 に 仙 台 市 のみ)されるなど 先 進 的 な 防 災 の 取 組 を 実 施 関 西 への 主 な 政 府 関 係 機 関 の 移 転 提 案 提 案 府 県 移 転 提 案 機 関 提 案 府 県 移 転 提 案 機 関 京 都 府 文 化 庁 和 歌 山 県 総 務 省 統 計 局 大 阪 府 特 許 庁 中 小 企 業 庁 徳 島 県 消 費 者 庁 兵 庫 県 観 光 庁 12 Ⅳ 東 京 からの 移 転 への 対 応 1 ICT 等 を 活 用 した 対 応 国 会 対 応 大 臣 協 議 他 省 庁 との 連 携 などの 観 点 から 東 京 との 利 便 性 は 重 要 だが ICTを 活 用 したテレビ 会 議 システムの 構 築 や 東 京 分 室 等 の 設 置 により 対 応 可 能 神 戸 ~ 東 京 へのアクセスは3 時 間 程 度 新 幹 線 便 航 空 便 とも 毎 日 多 数 発 着 してお り 緊 急 時 にも 迅 速 な 対 応 が 可 能 県 庁 執 務 室 等 を 活 用 した 一 部 機 能 の 試 行 的 移 転 も 対 応 可 能 13

別 紙 一 般 社 団 法 人 京 都 経 済 同 友 会 代 表 幹 事 増 田 寿 幸 ( 京 都 信 用 金 庫 理 事 長 ) 代 表 幹 事 鈴 木 順 也 ( 日 本 写 真 印 刷 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 ) 会 員 数 584 名 所 在 地 京 都 市 中 京

別 紙 一 般 社 団 法 人 京 都 経 済 同 友 会 代 表 幹 事 増 田 寿 幸 ( 京 都 信 用 金 庫 理 事 長 ) 代 表 幹 事 鈴 木 順 也 ( 日 本 写 真 印 刷 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 ) 会 員 数 584 名 所 在 地 京 都 市 中 京 政 府 機 関 の 京 都 府 大 阪 府 兵 庫 県 への 移 転 実 現 に 関 する 要 請 私 たち 京 都 関 西 神 戸 の 京 阪 神 3 経 済 同 友 会 は 京 都 府 への 文 化 庁 大 阪 府 への 中 小 企 業 庁 特 許 庁 ( 西 日 本 を 対 象 とする 特 許 審 査 拠 点 ) 兵 庫 県 への 観 光 庁 の 移 転 を 強 く 要 請 します 政 府 の

More information

須 磨 区 ( 神 戸 水 上 警 察 の 管 轄 区 域 を 除 く 区 域 ) 兵 庫 県 垂 水 警 察 神 戸 市 垂 水 区 神 戸 市 のうち 垂 水 区 ( 神 戸 水 上 警 察 の 管 轄 区 域 を 除 く 区 域 ) 兵 庫 県 神 戸 水 上 警 神 戸 市 中 央 区 水

須 磨 区 ( 神 戸 水 上 警 察 の 管 轄 区 域 を 除 く 区 域 ) 兵 庫 県 垂 水 警 察 神 戸 市 垂 水 区 神 戸 市 のうち 垂 水 区 ( 神 戸 水 上 警 察 の 管 轄 区 域 を 除 く 区 域 ) 兵 庫 県 神 戸 水 上 警 神 戸 市 中 央 区 水 警 察 の 名 称 位 置 及 び 管 轄 区 域 平 成 18 年 4 月 1 日 現 在 名 称 位 置 管 轄 区 域 兵 庫 県 東 灘 警 察 神 戸 市 東 灘 区 神 戸 市 のうち 東 灘 区 ( 兵 庫 県 神 戸 水 上 警 察 の 管 轄 区 域 を 除 く 区 域 ) 兵 庫 県 灘 警 察 神 戸 市 灘 区 神 戸 市 のうち 灘 区 ( 兵 庫 県 神 戸 水 上 警

More information

Microsoft Word - ■27091726年度観光客動態調査結果(速報)

Microsoft Word - ■27091726年度観光客動態調査結果(速報) 平 成 26 年 度 兵 庫 県 観 光 客 動 態 調 査 結 果 ( 速 報 ) 平 成 27 年 9 月 29 日 1 観 光 入 込 客 数 平 成 26 年 度 に 本 県 を 訪 れた 観 光 入 込 客 数 は133,256 千 人 となり 前 年 度 (130,27 2 千 人 )に 比 べて2,984 千 人 増 加 した(+2.3%) < 参 考 : 調 査 対 象 > 調 査

More information

航 空 賃 名 鉄 バス 片 道 往 復 泊 距 離 運 賃 特 急 等 北 海 道 大 学 1,520.1 16,630 13,730 30,910 58,480 はやぶさ 利 用 札 幌 札 幌 市 北 海 道 工 業 大 学 46.6 1,070 34,950 1,240 37,260 73,

航 空 賃 名 鉄 バス 片 道 往 復 泊 距 離 運 賃 特 急 等 北 海 道 大 学 1,520.1 16,630 13,730 30,910 58,480 はやぶさ 利 用 札 幌 札 幌 市 北 海 道 工 業 大 学 46.6 1,070 34,950 1,240 37,260 73, 一 般 職 2 級 相 当 国 立 大 学 独 立 行 政 法 人 公 立 私 立 教 育 職 研 究 職 大 学 研 究 所 大 学 研 究 所 学 長 理 事 長 学 長 副 学 長 理 事 副 学 長 理 事 監 事 教 授 研 究 所 長 教 授 研 究 所 長 学 長 研 究 所 長 准 教 授 研 究 センター 准 教 授 研 究 部 長 副 学 長 研 究 部 長 名 誉 教 授 研

More information

三 重 県 阿 部 総 務 部 長 三 浦 主 幹 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 1 日 8 月 4 日 8 月 5 日 8 月 5 日 8 月 19 日 8 月 20 日 8 月 22 日 8 月 25 日 三 重 県 7 宮 城

三 重 県 阿 部 総 務 部 長 三 浦 主 幹 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 1 日 8 月 4 日 8 月 5 日 8 月 5 日 8 月 19 日 8 月 20 日 8 月 22 日 8 月 25 日 三 重 県 7 宮 城 平 成 26 年 度 対 口 支 援 要 請 訪 問 の 概 要 平 成 26 年 6 月 3 日 から11 月 7 日 までの 訪 問 都 道 府 県 数 40 都 道 府 県 日 程 長 野 県 1 金 野 秘 書 広 報 課 長 長 野 県 市 長 会 定 例 会 6 月 3 日 長 野 県 1 宮 城 県 長 野 市 2 塩 竈 市 松 本 市 2 石 巻 市 1, 女 川 町 1 岡 谷

More information

スライド 1

スライド 1 資 料 2 観 光 の 現 状 と 政 府 の 取 組 平 成 28 年 2 月 17 日 観 光 庁 長 官 田 村 明 比 古 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 の 推 移 万 人 2000 1900 1800 1700 1600 1973.7 万 人 (47.1% 増 ) 12 月 :177.3 万 人 (43.4% 増 ) 11 月 :164.8 万 人 (41.0% 増 ) 10 月 :182.9

More information

Microsoft Word - Ⅰ 01 表紙(土地利用審査会用)

Microsoft Word - Ⅰ 01 表紙(土地利用審査会用) 解 禁 日 時 ラジオ テレビ インターネット:3 月 18 日 ( 水 )16 時 50 分 以 降 解 禁 ( 記 者 発 表 資 料 ) 新 聞 :3 月 19 日 ( 木 ) 付 朝 刊 以 降 解 禁 参 考 2 ( 取 扱 注 意 ) 記 者 発 表 ( 発 表 資 料 配 付 ) 月 / 日 ( 曜 ) 担 当 課 電 話 番 号 発 表 者 名 ( 担 当 主 幹 名 ) その 他

More information

(Microsoft PowerPoint - \212\317\214\365\216Y\213\306\(\225\275\220\25427\224NH\202o\227p\) .ppt)

(Microsoft PowerPoint - \212\317\214\365\216Y\213\306\(\225\275\220\25427\224NH\202o\227p\) .ppt) GIFU ECONOMIC AND INDUSTRIAL PROMOTION CENTER 観 光 平 成 27 年 度 担 当 者 : 主 任 調 査 役 堀 邦 裕 報 告 内 容 1 岐 阜 県 の 観 光 の 動 向 2 全 国 から 見 た 岐 阜 県 の 観 光 3 最 近 の 動 向 と 課 題 4 観 光 振 興 等 についての 意 見 要 望 等 5 主 な 観 光 宿 泊 地 の

More information

法 務 省 法 務 局 前 橋 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 静 岡 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 甲 府 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 長 野 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 新 潟 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 名 古 屋 法

法 務 省 法 務 局 前 橋 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 静 岡 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 甲 府 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 長 野 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 新 潟 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 名 古 屋 法 インターネット 落 札 情 報 検 索 情 報 収 集 機 関 (2011 年 8 月 8 日 現 在 ) 会 計 検 査 院 会 計 検 査 院 参 議 院 参 議 院 国 立 国 会 図 書 館 国 立 国 会 図 書 館 人 事 院 人 事 院 内 閣 府 内 閣 府 内 閣 府 消 費 者 庁 内 閣 府 国 際 平 和 協 力 本 部 内 閣 府 国 立 公 文 書 館 内 閣 府 沖 縄

More information

6(文書法務)【指摘箇所修正後】6 第3部監査結果 (3)以下 原稿

6(文書法務)【指摘箇所修正後】6 第3部監査結果 (3)以下 原稿 (3) 観 光 交 通 アクセス インフラ 等 に 関 する 課 題 本 県 への 観 光 のための 交 通 アクセス インフラ 等 に 関 する 空 路 陸 路 及 び 海 路 は 震 災 後 地 震 被 害 津 波 被 害 に 加 え 原 発 事 故 被 害 と 風 評 被 害 により 現 在 においても 休 止 不 通 等 の 障 害 が 生 じており 本 県 観 光 利 用 状 況 の 復

More information

<955C8E86814597A0955C8E862E6169>

<955C8E86814597A0955C8E862E6169> 徳 島 県 の 海 岸 保 全 基 本 計 画 改 定 ( 概 要 版 ) ~ 自 然 と 人 が 息 づく 阿 波 の 海 岸 づくり ~ 徳 島 県 1. 海 岸 保 全 基 本 計 画 とは 海 岸 保 全 基 本 計 画 とは 海 岸 法 の 改 正 ( 平 成 11 年 )に 伴 い 美 しく 安 全 で いきい きとした 海 岸 の 継 承 を 基 本 理 念 とする 国 の 定 めた

More information

三 重 県 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 4 日 三 重 県 4 宮 城 県 津 市 1 山 元 町 桑 名 市 1 石 巻 市 鈴 鹿 市 1 石 巻 市 鳥 羽 市 1 南 三 陸 町 伊 賀 市 1 石 巻 市 菰 野 町 1

三 重 県 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 4 日 三 重 県 4 宮 城 県 津 市 1 山 元 町 桑 名 市 1 石 巻 市 鈴 鹿 市 1 石 巻 市 鳥 羽 市 1 南 三 陸 町 伊 賀 市 1 石 巻 市 菰 野 町 1 職 員 派 遣 に 係 る3 県 合 同 訪 問 要 請 について 平 成 27 年 7 月 2 日 から11 月 25 日 までの 訪 問 都 道 府 県 数 41 都 道 府 県 日 程 7 月 2 日 7 月 3 日 7 月 10 日 岡 山 県 岡 山 県 4 宮 城 県 3, 東 松 島 市 1 岡 山 市 2 石 巻 市 1, 気 仙 沼 市 1 倉 敷 市 1 塩 竈 市 新 見 市

More information

4 商 業 に 関 する 学 科 ( 全 県 学 区 ) 松 陽 姫 路 商 業 商 業 科 小 野 国 際 経 済 科 明 石 商 業 市 神 港 洲 本 実 業 国 際 ビ ジ ネ ス 科 神 戸 商 業 相 生 産 市 兵 庫 商 業 氷 上 * 明 石 商 業 は 推 薦 入 試 の み 受

4 商 業 に 関 する 学 科 ( 全 県 学 区 ) 松 陽 姫 路 商 業 商 業 科 小 野 国 際 経 済 科 明 石 商 業 市 神 港 洲 本 実 業 国 際 ビ ジ ネ ス 科 神 戸 商 業 相 生 産 市 兵 庫 商 業 氷 上 * 明 石 商 業 は 推 薦 入 試 の み 受 4. 本 校 からの 進 学 可 能 な 学 校 Ⅰ. 公 立 高 校 ( 学 力 試 験 による = 一 般 入 試 ) 3 月 12 日 1 複 数 志 願 校 ( 第 3 学 区 ) 5 工 業 に 関 する 学 科 ( 全 県 学 区 ) 普 通 科 加 古 川 東 加 古 川 西 高 砂 南 東 播 工 業 機 械 電 気 建 築 土 木 加 古 川 南 ( 総 合 学 科 ) 高 砂 姫

More information

要 望 書 平 成 28 年 2 月 京 都 府 北 部 地 域 連 携 都 市 圏 形 成 推 進 協 議 会 ( 福 知 山 市 舞 鶴 市 綾 部 市 宮 津 市 京 丹 後 市 伊 根 町 与 謝 野 町 )

要 望 書 平 成 28 年 2 月 京 都 府 北 部 地 域 連 携 都 市 圏 形 成 推 進 協 議 会 ( 福 知 山 市 舞 鶴 市 綾 部 市 宮 津 市 京 丹 後 市 伊 根 町 与 謝 野 町 ) 報 道 資 料 京 都 府 北 部 地 域 を 経 由 する 北 陸 新 幹 線 のルート 延 伸 の 実 現 に 係 る 要 望 書 の 提 出 について 平 成 28 年 2 月 8 日 京 都 府 北 部 地 域 連 携 都 市 圏 形 成 推 進 協 議 会 ( 福 知 山 市 舞 鶴 市 綾 部 市 宮 津 市 京 丹 後 市 伊 根 町 与 謝 野 町 ) 京 都 府 北 部 地 域 連

More information

- 305 - - 306 - - 307 - - 308 - - 309 - - 310 - - 311 - - 312 - - 313 - - 314 - - 315 - - 316 - 318 614 -325- H21 40 20 327 328 329 3291 3292 330 331 332 332 333 334 1 兵 庫

More information

兵庫県公報(平成27年10月20日 第2741号)

兵庫県公報(平成27年10月20日 第2741号) 兵 庫 県 公 報 火 曜 日 第 2741 号 目 発 行 人 兵 庫 県 神 戸 市 中 央 区 下 山 手 通 5 丁 目 10 番 1 号 毎 週 火 曜 日 及 び 金 曜 日 発 行 その 日 が 休 日 のときはその 翌 日 ( 兵 庫 県 民 の 旗 = 県 旗 ) 次 告 示 ヘ ーシ 地 方 卸 売 市 場 における 卸 売 業 務 の 許 可 ( 消 費 流 通 課 ) 1 土

More information

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2)

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2) 東 京 の 湾 計 画 等 の 策 定 1 節 湾 計 画 の 系 譜 71 2 節 東 京 7 次 改 訂 湾 計 画 ( 東 京 から 発 信 する 日 本 のみなと 改 革 ) 74 節 東 京 ベイエリア 21 80-69 - 東 京 の 湾 計 画 等 の 策 定 1 節 湾 計 画 の 系 譜 湾 整 備 部 計 画 課 湾 計 画 は その 必 要 性 目 的 計 画 事 項 作 成

More information

スライド 1

スライド 1 2016 年 10 月 6 日 株 式 会 社 日 本 政 策 投 資 銀 行 公 益 財 団 法 人 日 本 交 通 公 社 参 考 資 料 1 DBJ JTBF アジア 欧 米 豪 訪 日 外 国 人 旅 行 者 の 意 向 調 査 ( 平 成 28 年 版 ) 地 域 別 の 特 徴 1. 韓 国 2 温 泉 への 入 浴 3 自 然 や 風 景 の 見 物 4 現 地 の 人 の 普 段 の

More information

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 資 料 3 復 興 関 係 について 平 成 28 年 4 月 4 日 0 - 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 平 成 23 年

More information

資  料

資  料 資 料 7 固 定 資 産 税 課 関 係 説 明 資 料 平 成 27 年 1 月 23 日 目 次 負 担 調 整 措 置 等 1 特 例 関 係 11 償 却 資 産 課 税 16 その 他 制 度 関 係 22 固 定 資 産 評 価 関 係 29 負 担 調 整 措 置 等 1 商 業 地 の 地 価 公 示 価 格 の 動 向 ( 平 成 9 年 度 ~ 平 成 26 年 度 ) 全

More information

<5461726F2D83528373815B208160208179308E9197BF817A955C8E868145>

<5461726F2D83528373815B208160208179308E9197BF817A955C8E868145> 資 料 2 平 成 21 年 地 価 公 示 に 基 づく 地 価 動 向 について 平 成 21 年 地 価 公 示 に 基 づく 地 価 動 向 について( 概 括 ) 平 成 21 年 3 月 24 日 国 土 交 通 省 土 地 水 資 源 局 平 成 21 年 1 月 1 日 時 点 の 地 価 公 示 によると 平 成 20 年 1 月 以 降 の1 年 間 の 地 価 は 全 国 平

More information

種 別 発 注 機 関 グループ 名 包 含 される 発 注 機 関 名 地 域 都 道 府 県 熊 本 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 熊 本 県 大 分 地 方 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 大 分 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 宮 崎 地 方 裁 判 所 九 州

種 別 発 注 機 関 グループ 名 包 含 される 発 注 機 関 名 地 域 都 道 府 県 熊 本 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 熊 本 県 大 分 地 方 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 大 分 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 宮 崎 地 方 裁 判 所 九 州 入 札 公 告 情 報 ナビ 発 注 機 関 一 覧 2010/8/25 現 在 種 別 発 注 機 関 グループ 名 包 含 される 発 注 機 関 名 地 域 都 道 府 県 国 立 法 府 衆 議 院 関 東 東 京 都 参 議 院 関 東 東 京 都 国 立 国 会 図 書 館 関 東 東 京 都 国 立 国 会 図 書 館 関 西 館 近 畿 京 都 府 国 裁 判 所 最 高 裁 判 所

More information

Microsoft Word - ②特区計画(郡山市).doc

Microsoft Word - ②特区計画(郡山市).doc 構 造 改 革 特 別 区 域 計 画 1 構 造 改 革 特 別 区 域 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 郡 山 市 2 構 造 改 革 特 別 区 域 の 名 称 郡 山 市 湖 南 どぶろく 特 区 3 構 造 改 革 特 別 区 域 の 範 囲 郡 山 市 の 区 域 の 一 部 ( 湖 南 町 ) 4 構 造 改 革 特 別 区 域 の 特 性 本 市 は 福 島 県 のほぼ 中

More information

2012年4月 日本政府観光局(JNTO)

2012年4月 日本政府観光局(JNTO) PRESS RELEASE( 報 道 発 表 資 料 ) 経 営 戦 略 部 総 務 広 報 グループ TEL:03-3216-1905 FAX:03-3214-7680 http://www.jnto.go.jp 本 リリースは 国 土 交 通 記 者 会 交 通 運 輸 記 者 会 に 配 布 しております 平 成 26 年 5 月 23 日 理 事 長 松 山 良 一 中 国 旅 行 会 社

More information

Microsoft Word - 271201答申最終

Microsoft Word - 271201答申最終 なお 立 体 交 差 工 事 の 実 施 にあたっては 交 通 を 確 保 しながらの 施 工 となるため 十 分 安 全 に 配 慮 するとともに 路 線 の 重 要 性 に 鑑 み 早 期 完 成 に 努 められたい また 盛 土 区 間 の 法 面 緑 化 など 緑 の 確 保 にも 配 慮 されたい 海 岸 港 湾 事 業 (2) 福 良 港 海 岸 福 良 地 区 ( 南 あわじ 市 )

More information

<31342D3031383793FA967B92CA895E878A2E786C7378>

<31342D3031383793FA967B92CA895E878A2E786C7378> 引 越 サービス 名 称 : 日 本 通 運 株 式 会 社 事 業 者 名 : 日 本 通 運 株 式 会 社 お 客 様 窓 口 : 電 話 :03-6251-1111 事 業 所 名 住 所 電 話 番 号 札 幌 支 店 札 幌 コンテナ 支 店 北 海 道 札 幌 市 流 通 セン4 丁 目 5-1 011-864-3311 札 幌 支 店 千 歳 支 店 営 業 係 北 海 道 千 歳

More information

2 月 分 3 岡 崎 市 ( 会 派 ) 動 物 愛 護 センター 3 長 野 市 ( 会 派 ) 新 幹 線 開 業 に 伴 う 観 光 戦 略 4 川 崎 市 ( 会 派 ) 赤 ちゃんポスト 動 物 愛 護 センター 4 半 田 市 ( 議 会 運 営 委 員 会 ) 一 般 質 問 の 総

2 月 分 3 岡 崎 市 ( 会 派 ) 動 物 愛 護 センター 3 長 野 市 ( 会 派 ) 新 幹 線 開 業 に 伴 う 観 光 戦 略 4 川 崎 市 ( 会 派 ) 赤 ちゃんポスト 動 物 愛 護 センター 4 半 田 市 ( 議 会 運 営 委 員 会 ) 一 般 質 問 の 総 1 月 分 9 安 芸 太 田 町 ( 特 別 委 員 会 ) 河 内 小 学 校 白 浜 分 校 の 教 育 環 境 14 高 松 市 ( 常 任 委 員 会 ) 企 業 誘 致 商 店 街 活 性 化 15 龍 ヶ 崎 市 ( 常 任 委 員 会 ) 自 立 支 援 プログラム( 就 労 )の 実 施 15 栃 木 県 ( 会 派 ) 地 域 包 括 ケア 16 愛 媛 県 ( 特 別 委 員

More information

り 変 更 する 平 成 28 年 7 月 に 着 工 予 定 東 京 都 市 計 画 都 市 再 生 特 別 地 区 ( 大 手 町 一 丁 目 2 地 区 ) 別 紙 5 4 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 が 東 京 メトロ 日 比 谷 線 神 谷 町 駅 から 霞 ヶ 関 駅

り 変 更 する 平 成 28 年 7 月 に 着 工 予 定 東 京 都 市 計 画 都 市 再 生 特 別 地 区 ( 大 手 町 一 丁 目 2 地 区 ) 別 紙 5 4 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 が 東 京 メトロ 日 比 谷 線 神 谷 町 駅 から 霞 ヶ 関 駅 東 京 圏 国 家 戦 略 特 別 区 域 区 域 計 画 1 国 家 戦 略 特 別 区 域 の 名 称 東 京 圏 国 家 戦 略 特 別 区 域 2 法 第 2 条 第 2 項 に 規 定 する 特 定 事 業 の 名 称 及 び 内 容 (1) 名 称 : 国 家 戦 略 民 間 都 市 再 生 事 業 内 容 : 民 間 都 市 再 生 事 業 計 画 の 認 定 に 係 る 都 市 再

More information

目 次 Ⅰ 福 岡 県 の 将 来 像 1 1 福 岡 県 総 合 計 画 1 2 福 岡 県 の 産 業 戦 略 1 Ⅱ 空 港 を 取 り 巻 く 状 況 3 1 東 アジアにおける 空 港 間 競 争 3 2 航 空 の 自 由 化 の 進 展 3 (1) 国 内 航 空 における 規 制 緩

目 次 Ⅰ 福 岡 県 の 将 来 像 1 1 福 岡 県 総 合 計 画 1 2 福 岡 県 の 産 業 戦 略 1 Ⅱ 空 港 を 取 り 巻 く 状 況 3 1 東 アジアにおける 空 港 間 競 争 3 2 航 空 の 自 由 化 の 進 展 3 (1) 国 内 航 空 における 規 制 緩 福 岡 県 の 空 港 の 将 来 構 想 ~ 福 岡 空 港 と 北 九 州 空 港 の 役 割 分 担 と 相 互 補 完 ~ 平 成 26 年 11 月 福 岡 県 目 次 Ⅰ 福 岡 県 の 将 来 像 1 1 福 岡 県 総 合 計 画 1 2 福 岡 県 の 産 業 戦 略 1 Ⅱ 空 港 を 取 り 巻 く 状 況 3 1 東 アジアにおける 空 港 間 競 争 3 2 航 空 の 自

More information

国 有 財 産 とは 国 有 財 産 の 現 在 額 など 国 は 不 動 産 動 産 債 券 など 多 種 多 様 な 財 産 を 所 有 していますが 国 が 国 有 財 産 というときは 国 有 財 産 法 に 定 められている 財 産 例 えば 土 地 や 建 物 などの 不 動 産 船 舶

国 有 財 産 とは 国 有 財 産 の 現 在 額 など 国 は 不 動 産 動 産 債 券 など 多 種 多 様 な 財 産 を 所 有 していますが 国 が 国 有 財 産 というときは 国 有 財 産 法 に 定 められている 財 産 例 えば 土 地 や 建 物 などの 不 動 産 船 舶 私 たちの 国 有 財 産 ご 存 知 ですか? 国 有 財 産 わが 国 には 国 の 行 政 機 関 や 国 会 などの 庁 舎 や 国 道 港 湾 公 園 さらには 国 有 林 など 多 くの 国 有 財 産 があり そのひとつひとつが 私 たちの 生 活 に 関 係 する 大 切 なものになっていま 財 務 省 では 国 民 共 有 の 財 産 である 国 有 財 産 が 有 効 に 活 用

More information

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5>

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5> 1 技 能 実 習 制 度 の 見 直 し 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014 抜 粋 第 一 ( 総 論 ) Ⅱ. 改 定 戦 略 における 鍵 となる 施 策 2. 担 い 手 を 生 み 出 す ~ 女 性 の 活 躍 促 進 と 働 き 方 改 革 (3) 外 国 人 材 の 活 用 多 様 な 価 値 観 や 経 験, 技 術 を 持 った 海 外 からの 人 材 がもっと 日 本

More information

37 沖 縄 総 合 事 務 局 平 良 港 湾 事 務 所 38 沖 縄 総 合 事 務 局 石 垣 港 湾 事 務 所 39 沖 縄 総 合 事 務 局 国 営 沖 縄 記 念 公 園 事 務 所 40 沖 縄 総 合 事 務 局 伊 江 農 業 水 利 事 業 所 41 沖 縄 総 合 事 務

37 沖 縄 総 合 事 務 局 平 良 港 湾 事 務 所 38 沖 縄 総 合 事 務 局 石 垣 港 湾 事 務 所 39 沖 縄 総 合 事 務 局 国 営 沖 縄 記 念 公 園 事 務 所 40 沖 縄 総 合 事 務 局 伊 江 農 業 水 利 事 業 所 41 沖 縄 総 合 事 務 立 法 府 1 衆 議 院 2 参 議 院 3 国 立 国 会 図 書 館 4 国 立 国 会 図 書 館 関 西 館 裁 判 所 1 最 高 裁 判 所 2 札 幌 高 等 裁 判 所 3 札 幌 地 方 裁 判 所 4 札 幌 家 庭 裁 判 所 5 函 館 地 方 裁 判 所 6 函 館 家 庭 裁 判 所 7 旭 川 地 方 裁 判 所 8 旭 川 家 庭 裁 判 所 9 釧 路 地 方 裁

More information

平成24年度兵庫県公立高等学校入学者選抜要綱

平成24年度兵庫県公立高等学校入学者選抜要綱 平 成 28 年 度 兵 庫 県 公 立 高 等 学 校 入 学 者 選 抜 要 綱 兵 庫 県 教 育 委 員 会 目 次 第 1 入 学 者 選 抜 の 対 象 となる 学 校 等 p 1 第 2 入 学 者 選 抜 の 基 本 方 針 p 1 第 3 調 査 書 学 年 学 習 評 定 一 覧 表 等 p 3 第 4 学 力 検 査 実 施 要 領 ( 多 部 制 については 第 7による)

More information

資料1

資料1 資 料 1 平 成 28 年 5 月 19 日 国 税 庁 大 阪 国 税 局 平 成 26 27 年 度 民 間 競 争 入 札 実 施 事 業 大 阪 国 税 局 が 管 理 する 庁 舎 における 施 設 管 理 運 営 業 務 の 実 施 状 況 について Ⅰ 事 業 の 概 要 1 委 託 業 務 内 容 大 阪 国 税 局 が 管 理 する 大 阪 国 税 局 管 内 ( 滋 賀 県 京

More information

第2回基幹的交通システム部会_資料1

第2回基幹的交通システム部会_資料1 (8) 都 市 空 間 の 魅 力 と 基 幹 的 交 通 システムのデザイン 性 が 相 まって 魅 力 的 な 都 市 空 間 の 形 成 に 寄 与 できるルート を 選 定 する 銀 座 地 区 では 銀 座 の 個 性 的 な 景 観 や 空 間 を 考 慮 し 銀 座 らしさを 演 出 し ヒューマンスケールの 都 市 空 間 形 成 に 寄 与 できるルートを 選 定 する 特 に 銀

More information

福岡県を訪れる外国人観光客の特徴について

福岡県を訪れる外国人観光客の特徴について 2013 年 9 月 13 日 日 本 銀 行 福 岡 支 店 Bank of Japan Fukuoka Branch 金 融 経 済 トピックス 福 岡 県 を 訪 れる 外 国 人 観 光 客 の 特 徴 について 当 資 料 は 当 店 ホームページに 掲 載 しています http://www3.boj.or.jp/fukuoka/ < 内 容 に 関 するお 問 い 合 わせ 先 > 日

More information

Microsoft PowerPoint - 131003【シンポ資料】北開局小水力ver130925提出版.pptx

Microsoft PowerPoint - 131003【シンポ資料】北開局小水力ver130925提出版.pptx 農 業 水 利 施 設 を 活 用 した 小 水 力 等 発 電 の 導 入 促 進 について 平 成 25 年 10 月 3 日 国 土 交 通 省 北 海 道 開 発 局 農 業 水 産 部 農 業 振 興 課 目 次 1. 小 水 力 等 発 電 導 入 の 状 況 について 2. 制 度 手 続 き 規 制 緩 和 について 3. 農 業 農 村 整 備 事 業 等 における 助 成 制 度

More information

(差し替え)資料1-2 国有:補足資料

(差し替え)資料1-2 国有:補足資料 補 足 資 料 主 要 庁 舎 の 移 転 再 配 置 計 画 (イメージ) 第 2 期 初 築 地 の 海 洋 情 報 部 を 臨 海 部 に 仮 移 転 (1) 第 2 期 末 東 京 国 税 局 を 築 地 に 移 転 気 象 庁 を 霞 が 関 近 辺 ( 虎 ノ 門 )に 移 転 (2) 25 年 内 閣 府 新 合 同 庁 舎 建 設 (3) 第 3 期 初 大 手 町 を (4) 第

More information

国 際 観 光 振 興 の 中 で MICE 誘 致 の 役 割 が 明 確 に MICEの 誘 致 の 割 合 は 都 道 府 県 と 政 令 指 定 都 市 とでは 大 きな 差 がみられる また 2010 年 度 調 査 ( )と 比 較 すると 都 道 府 県 の MICEの 誘 致 は 微

国 際 観 光 振 興 の 中 で MICE 誘 致 の 役 割 が 明 確 に MICEの 誘 致 の 割 合 は 都 道 府 県 と 政 令 指 定 都 市 とでは 大 きな 差 がみられる また 2010 年 度 調 査 ( )と 比 較 すると 都 道 府 県 の MICEの 誘 致 は 微 News Release 2014 年 12 月 5 日 都 道 府 県 及 び 政 令 指 定 都 市 の 観 光 政 策 に 関 するアンケート 調 査 公 益 財 団 法 人 日 本 交 通 公 社 横 浜 商 科 大 学 高 崎 経 済 大 学 株 式 会 社 JTB 総 合 研 究 所 は 共 同 研 究 により 都 道 府 県 及 び 政 令 指 定 都 市 における 観 光 の 位 置

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

調 査 の 概 要 回 答 者 属 性 調 査 方 法 :インターネットによる 調 査 実 施 時 期 :2014 年 9 月 9 日 ~2014 年 9 月 16 日 調 査 地 域 : 韓 国 中 国 台 湾 香 港 タイ シンガポール マレーシア インドネシアの8 地 域 ( 注 ) 中 国

調 査 の 概 要 回 答 者 属 性 調 査 方 法 :インターネットによる 調 査 実 施 時 期 :2014 年 9 月 9 日 ~2014 年 9 月 16 日 調 査 地 域 : 韓 国 中 国 台 湾 香 港 タイ シンガポール マレーシア インドネシアの8 地 域 ( 注 ) 中 国 DBJ 北 海 道 支 店 経 済 ミニレポートNo.17 2014/11 アジア8 地 域 北 海 道 観 光 に 関 する 訪 日 外 国 人 の 意 向 調 査 ( 平 成 26 年 版 ) ~ 引 き 続 き 北 海 道 ブランドの 価 値 は 高 く 国 内 トップクラス~ 1. 日 本 政 策 投 資 銀 行 は 2014 年 9 月 昨 年 に 引 き 続 きアジア8 地 域 ( 韓

More information

大 分 刑 務 所 福 島 刑 務 所 網 走 刑 務 所 月 形 刑 務 所 山 形 刑 務 所 静 岡 刑 務 所 八 王 子 医 療 刑 務 所 岡 崎 医 療 刑 務 所 大 阪 医 療 刑 務 所 北 九 州 医 療 刑 務 所 喜 連 川 社 会 復 帰 促 進 センター 播 磨 社 会

大 分 刑 務 所 福 島 刑 務 所 網 走 刑 務 所 月 形 刑 務 所 山 形 刑 務 所 静 岡 刑 務 所 八 王 子 医 療 刑 務 所 岡 崎 医 療 刑 務 所 大 阪 医 療 刑 務 所 北 九 州 医 療 刑 務 所 喜 連 川 社 会 復 帰 促 進 センター 播 磨 社 会 刑 務 所 少 年 刑 務 所 及 び 拘 置 所 組 織 規 則 ( 平 成 十 三 年 一 月 六 日 法 務 省 令 第 三 号 ) 最 終 改 正 : 平 成 二 一 年 一 二 月 二 五 日 法 務 省 令 第 四 八 号 法 務 省 設 置 法 ( 平 成 十 一 年 法 律 第 九 十 三 号 ) 第 九 条 第 三 項 の 規 定 に 基 づき 及 び 同 法 を 実 施 するため

More information

Microsoft Word - ★03一章0414.doc

Microsoft Word - ★03一章0414.doc 第 1 章 まちづくりの 課 題 と 目 標 第 1 章 まちづくりの 課 題 と 目 標 時 代 の 潮 流 やまちづくりの 現 状 からみた 課 題 を 整 理 し まちづくりの 目 標 と 目 指 す 県 土 の 姿 を 示 します 5 第 1 時 代 の 潮 流 と 課 題 1 人 口 減 少 超 高 齢 社 会 の 同 時 進 行 本 県 の 人 口 は これまで 一 貫 して 増 加 を

More information

平成29年度国立大学法人等施設整備概算要求

平成29年度国立大学法人等施設整備概算要求 平 成 29 年 度 国 立 大 学 法 人 等 施 設 整 備 概 算 要 求 事 業 82 国 立 大 学 法 人 377 事 業 4 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 18 事 業 25 国 立 高 等 専 門 学 校 31 事 業 計 426 事 業 1) 概 算 要 求 事 業 は, 今 後 の 予 算 編 成 過 程 等 において 実 施 事 業 とならな いなど 変 更 の 可

More information

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業 地 域 再 生 基 本 方 針 の 一 部 変 更 について 平 成 26 年 12 月 27 日 閣 議 決 定 案 地 域 再 生 法 ( 平 成 17 年 法 律 第 24 号 ) 第 4 条 第 7 項 において 準 用 する 同 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 地 域 再 生 基 本 方 針 ( 平 成 17 年 4 月 22 日 閣 議 決 定 )の 一 部 を 次 のとおり

More information

(部局運営プログラム(仮称)の様式例)

(部局運営プログラム(仮称)の様式例) < 総 括 表 > 平 成 27 年 度 商 工 労 働 観 光 部 観 光 経 済 交 流 局 運 営 プログラム 基 本 的 考 え 方 今 年 度 は おもてなし 山 形 県 観 光 計 画 のスタート 初 年 度 であり 観 光 立 県 山 形 の 実 現 に 向 けて 計 画 に 掲 げる 施 策 を 総 合 的 かつ 一 体 的 に 展 開 し 観 光 に よる 交 流 人 口 の 着

More information

< BA689EF8E7B8D488EC090D1955C32372E313294C52E786C7378>

< BA689EF8E7B8D488EC090D1955C32372E313294C52E786C7378> 柱 状 体 圧 入 補 強 協 会 施 工 実 績 表 Kui Taishin - SSP 工 法 PCウェル - リフレ 工 法 ピア - リフレ 工 法 ピア - リフレ 工 法 ( 曲 げ 補 強 仕 様 ) 平 成 7 年 月 Kui Taishin-SSP 工 法 道 路 橋 耐 震 補 強 5 上 今 泉 跨 道 橋 外 耐 震 補 強 工 事 7, 袋 井 大 須 賀 線 ( 馬 伏

More information

北海道の観光における課題等について20140110

北海道の観光における課題等について20140110 2014 年 1 月 10 日 日 本 銀 行 札 幌 支 店 北 海 道 金 融 経 済 レポート 北 海 道 の 観 光 における 課 題 等 について 本 レポートの 執 筆 は 札 幌 支 店 営 業 課 金 森 渉 が 担 当 しました 本 レポートで 示 された 意 見 は 執 筆 者 に 属 し 必 ずしも 日 本 銀 行 札 幌 支 店 の 見 解 を 示 すものではありません 照

More information

4-3 目 標 本 計 画 では 鉄 路 や 道 路 と 並 ぶ 第 3の 路 である 空 路 を 活 用 した 国 内 遠 隔 地 からの 観 光 誘 客 に 着 目 し 観 光 経 済 文 化 をはじめとする 様 々な 分 野 で 市 民 が 相 互 に 行 き 交 う 交 流 事 業 を 実

4-3 目 標 本 計 画 では 鉄 路 や 道 路 と 並 ぶ 第 3の 路 である 空 路 を 活 用 した 国 内 遠 隔 地 からの 観 光 誘 客 に 着 目 し 観 光 経 済 文 化 をはじめとする 様 々な 分 野 で 市 民 が 相 互 に 行 き 交 う 交 流 事 業 を 実 地 域 再 生 計 画 1 地 域 再 生 計 画 の 名 称 都 市 間 交 流 を 軸 とした Local o Localの t 観 光 誘 客 九 州 戦 略 プロジェクト 2 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 松 本 市 3 地 域 再 生 計 画 の 区 域 松 本 市 の 全 域 4 地 域 再 生 計 画 の 目 標 4-1 地 域 の 現 状 松 本 市 は 400

More information

観 光 圏 整 備 による 観 光 旅 客 の 滞 在 の 長 期 化 観 光 圏 整 備 のイメージ 地 域 が 連 携 して 行 う 取 組 への 国 の 主 な 支 援 メニュー 観 光 資 源 の 活 用 促 進 魅 力 ある 観 光 資 源 を 生 かした 観 光 商 品 の 開 発 観

観 光 圏 整 備 による 観 光 旅 客 の 滞 在 の 長 期 化 観 光 圏 整 備 のイメージ 地 域 が 連 携 して 行 う 取 組 への 国 の 主 な 支 援 メニュー 観 光 資 源 の 活 用 促 進 魅 力 ある 観 光 資 源 を 生 かした 観 光 商 品 の 開 発 観 地 域 が いきいき する 創 意 工 夫 とは? キーワードを 探 る 地 域 資 源 素 朴 な 農 村 景 観 と 農 業 海 の 豊 かさと かさと 漁 業 森 の 静 けさと けさと 山 間 地 の 生 活 そぞろ そぞろ 歩 きできる 温 泉 地 産 業 遺 構 と 地 場 産 業 きちんと 保 全 された された 大 自 然 の 生 態 系 伝 統 ある ある 芸 能 工 芸 貴 重

More information

新 千 歳 空 港 の 利 便 性 向 上 に 向 けて 取 り 組 むべきことは 何 か 深 夜 早 朝 発 着 枠 各 国 の 国 際 空 港 は24 時 間 運 用 が 普 通 であり 国 際 便 の 受 入 には24 時 間 運 用 は 最 低 限 必 要 な 条 件 必 要 な 地 元 対

新 千 歳 空 港 の 利 便 性 向 上 に 向 けて 取 り 組 むべきことは 何 か 深 夜 早 朝 発 着 枠 各 国 の 国 際 空 港 は24 時 間 運 用 が 普 通 であり 国 際 便 の 受 入 には24 時 間 運 用 は 最 低 限 必 要 な 条 件 必 要 な 地 元 対 資 料 2 道 内 空 港 活 性 化 ビジョン( 仮 称 ) 策 定 に 関 する 関 係 機 関 団 体 からの 主 な 意 見 ( 新 千 歳 空 港 ) 新 千 歳 空 港 の 課 題 は 何 か 深 夜 早 朝 発 着 枠 新 千 歳 空 港 は 日 本 初 の24 時 間 運 用 が 開 始 されているが 深 夜 早 朝 時 間 帯 の 発 着 は1 日 6 枠 に 制 限 欧 米 に

More information

4-2 主 な 産 業 の 動 向 (1) 食 関 連 産 業 分 野 当 市 の 食 料 品 製 造 業 は 優 良 漁 場 が 生 み 出 す 豊 富 なイカや 昆 布 などの 水 産 資 源 を 背 景 に 水 産 加 工 業 が 集 積 しているほか 北 海 道 大 学 大 学 院 水 産

4-2 主 な 産 業 の 動 向 (1) 食 関 連 産 業 分 野 当 市 の 食 料 品 製 造 業 は 優 良 漁 場 が 生 み 出 す 豊 富 なイカや 昆 布 などの 水 産 資 源 を 背 景 に 水 産 加 工 業 が 集 積 しているほか 北 海 道 大 学 大 学 院 水 産 地 域 再 生 計 画 1 地 域 再 生 計 画 の 名 称 函 館 ブランド 確 立 による 雇 用 創 出 拡 大 プロジェクト 2 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 函 館 市 3 地 域 再 生 計 画 の 区 域 函 館 市 の 全 域 4 地 域 再 生 計 画 の 目 標 4-1 地 域 の 現 状 函 館 市 は 津 軽 海 峡 に 面 した 北 海 道 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20315F8B638E968E9F91E68145947A957A8E9197BF88EA97978169939693FA947A957A816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20315F8B638E968E9F91E68145947A957A8E9197BF88EA97978169939693FA947A957A816A2E646F6378> 総 合 特 別 区 域 推 進 本 部 ( 第 3 回 ) 総 合 特 別 区 域 における 国 と 地 方 の 協 議 のための 合 同 会 議 議 事 次 第 平 成 24 年 1 月 18 日 ( 水 ) 16 時 35 分 ~16 時 50 分 目 途 総 理 大 臣 官 邸 小 ホール 1. 開 会 2. 総 合 特 別 区 域 の 推 進 について 3. 国 と 地 方 の 協 議 会

More information

平成28年度国立大学法人等施設整備実施予定事業<当初予算>

平成28年度国立大学法人等施設整備実施予定事業<当初予算> 平 成 28 年 度 国 立 大 学 法 人 等 施 設 整 備 実 施 予 定 事 業 < 当 初 予 算 > 79 国 立 大 学 法 人 175 事 業 4 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 7 事 業 6 国 立 高 等 専 門 学 校 6 事 業 計 188 事 業 1)これらの 事 業 は 予 定 であり, 今 後, 財 政 法 に 基 づく 財 務 省 との 実 施 計 画 協

More information

( 選 挙 管 理 委 員 会 ) 第 5 条 役 員 選 挙 を 主 宰 する 機 関 として 選 挙 管 理 委 員 会 を 設 ける 2 選 挙 管 理 委 員 会 は 役 員 選 挙 の 実 施 される 直 近 の 社 員 総 会 において 正 会 員 のな かから 選 出 した5 名 の

( 選 挙 管 理 委 員 会 ) 第 5 条 役 員 選 挙 を 主 宰 する 機 関 として 選 挙 管 理 委 員 会 を 設 ける 2 選 挙 管 理 委 員 会 は 役 員 選 挙 の 実 施 される 直 近 の 社 員 総 会 において 正 会 員 のな かから 選 出 した5 名 の 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 神 緑 会 定 款 ( 以 下 定 款 という) 第 59 条 の 規 定 に 基 づき この 法 人 の 運 営 に 関 して 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目 的 とする 第 2 章 役 員 選 挙 ( 役 員 選 挙 の 方 法 ) 第 2 条 この 法 人 の 役 員 の 選 挙 は 定 款

More information

が 決 定 されました ~ 兵 庫 県 連 と 兵 庫 県 連 各 組 合 から 義 捐 金 持 参 し 激 励 ~ 小 雨 がぱらつく 19 日 兵 庫 県 連 から 貴 田 博 明 会 長 ( 全 建 総 連 副 委 員 長 兵 庫 土 建 委 員 長 ) 岡 本 勝 事 務 局 長 と 県 連

が 決 定 されました ~ 兵 庫 県 連 と 兵 庫 県 連 各 組 合 から 義 捐 金 持 参 し 激 励 ~ 小 雨 がぱらつく 19 日 兵 庫 県 連 から 貴 田 博 明 会 長 ( 全 建 総 連 副 委 員 長 兵 庫 土 建 委 員 長 ) 岡 本 勝 事 務 局 長 と 県 連 2 0 1 1 年 4 月 2 0 日 全 建 総 連 支 援 対 策 本 部 ニュース(No.33 全 建 総 連 東 日 本 大 震 災 支 援 対 策 本 部 全 建 総 連 では 4 月 14 日 原 発 事 故 に 起 因 する 様 々な 被 害 を 受 けた 地 域 の 産 業 及 び 住 民 に 対 して 充 分 な 補 償 を 行 うこと 等 を 主 旨 とした 要 請 を 東 京

More information

が 448 m2で 全 国 1 位 となっており 茨 城 県 の 一 戸 建 て 住 宅 には 敷 地 内 に 自 動 車 を 駐 車 するスペ ースに ゆとり があることがわかる また 茨 城 県 の 自 家 用 乗 用 車 保 有 台 数 ( 千 人 あたり) ( 注 1) は 525.6 台

が 448 m2で 全 国 1 位 となっており 茨 城 県 の 一 戸 建 て 住 宅 には 敷 地 内 に 自 動 車 を 駐 車 するスペ ースに ゆとり があることがわかる また 茨 城 県 の 自 家 用 乗 用 車 保 有 台 数 ( 千 人 あたり) ( 注 1) は 525.6 台 6.8 自 動 車 (1) 概 要 自 動 車 等 関 係 費 は 全 国 平 均 21,862 円 に 対 し て 茨 城 県 (33,353 円 )が 全 国 1 位 以 下 岐 阜 県 (29,989 円 ) 滋 賀 県 (29,011 円 ) 岡 山 県 (28,770 円 ) 栃 木 県 (28,516 円 )の 順 となっており 上 位 10 県 は 図 表 6.8-1 のとおり 全 国

More information

◎共産党遼寧省委員会表敬訪問

◎共産党遼寧省委員会表敬訪問 台 湾 訪 問 (H25.12.23~24)の 活 動 結 果 について 1 日 程 月 日 概 要 12/23( 月 ) 東 京 ( 羽 田 ) 台 北 ( 松 山 ) (1) 台 湾 ファミリーマート 潘 董 事 長 との 面 談 (2) 県 高 等 学 校 野 球 連 盟 選 抜 チーム 激 励 (3)チャイナエアライン 孫 董 事 長 林 総 経 理 との 面 談 台 北 泊 12/24(

More information

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 ---------------------------------------

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 --------------------------------------- 戸 田 都 市 計 画 ( 戸 田 市 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 25 年 11 月 22 日 から 平 成 25 年 12 月 6 日 まで 平 成 26 年 3 月 28 日 埼 玉 県 目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的

More information

【事務連絡】地域区分の見直しについて

【事務連絡】地域区分の見直しについて 事 務 連 絡 平 成 28 年 2 月 1 日 各 都 道 府 県 福 祉 主 管 課 ( 室 ) ご 担 当 者 様 厚 生 労 働 省 社 会 護 局 保 健 福 祉 部 福 祉 課 地 域 区 分 見 直 しについて 保 健 福 祉 行 政 推 進 につきましては 日 々 御 尽 力 いただき 厚 くお 礼 申 し 上 げます さて サービス 地 域 区 分 については 厚 生 労 働 大

More information

観光意向調査報告書(概要版)※みだし修正

観光意向調査報告書(概要版)※みだし修正 平 成 26 年 度 栃 木 県 観 光 意 向 調 査 報 告 書 ( 概 要 版 ) 平 成 27 年 3 月 栃 木 県 産 業 労 働 観 光 部 観 光 交 流 課 目 次 調 査 の 概 要... 1 1. 調 査 目 的... 1 2. 調 査 対 象... 1 3. 調 査 期 間... 1 4. 調 査 方 法... 1 Ⅰ. 県 内 居 住 者 の 調 査 結 果... 3

More information

Ⅰ. 提 案 事 項 1. 国 では 空 港 が 地 域 活 性 化 に 果 たす 役 割 に 着 目 し 空 港 の 上 下 一 体 化 による 民 間 委 託 を 進 めている 上 下 一 体 化 を 通 じた 空 港 の 民 間 委 託 により 着 陸 料 の 低 下 や 空 港 ビル 経 営

Ⅰ. 提 案 事 項 1. 国 では 空 港 が 地 域 活 性 化 に 果 たす 役 割 に 着 目 し 空 港 の 上 下 一 体 化 による 民 間 委 託 を 進 めている 上 下 一 体 化 を 通 じた 空 港 の 民 間 委 託 により 着 陸 料 の 低 下 や 空 港 ビル 経 営 道 内 空 港 の 民 間 委 託 の 方 向 性 について 平 成 28 年 3 月 北 海 道 経 済 連 合 会 Ⅰ. 提 案 事 項 1. 国 では 空 港 が 地 域 活 性 化 に 果 たす 役 割 に 着 目 し 空 港 の 上 下 一 体 化 による 民 間 委 託 を 進 めている 上 下 一 体 化 を 通 じた 空 港 の 民 間 委 託 により 着 陸 料 の 低 下 や 空

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20323031313037323020966889718E7B90DD8C9A90DD8D488E9682C6918D8D87955D89BF978E8E4495FB8EAE82C982C282A282C42E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20323031313037323020966889718E7B90DD8C9A90DD8D488E9682C6918D8D87955D89BF978E8E4495FB8EAE82C982C282A282C42E707074> 防 衛 施 設 建 設 工 事 と 総 合 評 価 落 札 方 式 について 平 成 23 年 7 月 防 衛 省 装 備 施 設 本 部 施 設 計 画 課 1 Ⅰ 平 成 22 年 度 建 設 工 事 等 の 契 約 統 計 上 の 傾 向 Ⅱ 平 成 23 年 度 における 総 合 評 価 落 札 方 式 の 改 正 点 Ⅲ 平 成 23 年 度 における 調 達 部 長 支 局 長 顕 彰

More information

00表紙・目次【案なし・解禁設定なし】P.1の案もとること!

00表紙・目次【案なし・解禁設定なし】P.1の案もとること! 第 3 次 行 革 プラン3 年 目 の 総 点 検 における 課 題 と 検 討 方 向 について 平 成 28 年 8 月 兵 庫 県 目 次 1 総 点 検 の 趣 旨 1 2 3カ 年 の 取 組 2 3 平 成 30 年 度 の 財 政 運 営 の 目 標 達 成 に 向 けた 総 点 検 7 4 平 成 31 年 度 以 降 の 行 財 政 構 造 改 革 について 11 5 新 たな

More information

6 T140229-1(4) 日 通 トランスポート 株 式 会 社 横 浜 中 央 支 店 神 奈 川 県 横 浜 市 鶴 見 区 大 黒 町 9 番 17 号 DPL 横 浜 大 黒 5 階 2010/09/10 2016/09/10 2018/09/09 7 T140229-2(4) 日 通

6 T140229-1(4) 日 通 トランスポート 株 式 会 社 横 浜 中 央 支 店 神 奈 川 県 横 浜 市 鶴 見 区 大 黒 町 9 番 17 号 DPL 横 浜 大 黒 5 階 2010/09/10 2016/09/10 2018/09/09 7 T140229-2(4) 日 通 平 成 28 年 9 月 9 日 発 行 分 グリーン 経 営 認 証 登 録 事 業 者 認 証 登 録 された 環 境 にやさしい 運 輸 事 業 者 一 覧 はこちら http://www.green-m.jp/#list 新 規 登 録 トラック 事 業 者 ( )は 登 録 回 数 5630 T110256(1) 日 隆 産 業 株 式 会 社 東 京 営 業 所 埼 玉 県 加 須 市

More information

4a.xls

4a.xls 道 路 整 備 特 別 会 計 予 算 で 建 築 した 職 員 宿 舎 リスト 国 土 交 通 省 管 理 事 務 所 宿 舎 名 北 海 道 開 発 局 南 20 条 職 員 宿 舎 55.79 8,283 2 北 海 道 開 発 局 南 20 条 職 員 宿 舎 11.57 793 15 北 海 道 開 発 局 平 岸 宿 舎 (2) 43.20 5,079 1 北 海 道 開 発 局 平 岸

More information

Microsoft Word - 南島原市過疎計画(H28~H32)ver1.0

Microsoft Word - 南島原市過疎計画(H28~H32)ver1.0 して 活 気 のある 魅 力 的 なまちづくりを 推 進 することで 交 流 人 口 の 拡 大 を 図 る (ア) 現 況 と 問 題 点 Ⅰ( 国 道 県 道 及 び 市 道 ) 本 市 の 主 要 道 路 は 諫 早 方 面 から 一 般 国 道 57 号 が 島 原 半 島 の 西 岸 を 経 て 小 浜 雲 仙 から 島 原 市 に 至 り 市 域 の 東 岸 には 一 般 国 道 251

More information

3.11測量(一般)公表用

3.11測量(一般)公表用 一 般 競 争 入 札 入 札 の 別 電 子 国 土 基 本 図 ( 基 盤 地 図 情 報 ) 迅 速 更 新 業 務 ( 単 価 契 約 ) 平 成 27 年 4 月 9 日 ~ 平 成 28 年 3 月 29 日 平 成 27 年 4 月 9 日 ( 株 )テクノマップ 石 川 県 金 沢 市 疋 田 1-93 45,900 35,964 78.4% 単 価 契 約 空 中 写 真 撮 影

More information

*Ł\”ƒ

*Ł\”ƒ 全 国 に 拡 がるアフターサービス 網 お 買 い 上 げ 商 品 のご 相 談 は 最 寄 りのマキタ 登 録 販 売 店 もしくは 下 記 の 当 社 営 業 所 へお 気 軽 にお 尋 ねください 事 業 所 名 電 話 番 号 札 幌 支 店 011 (783) 8141 札 幌 営 業 所 011 (783) 8141 旭 川 営 業 所 0166 ( 釧 路 営 業 所 0154 (37)

More information

額 を 基 礎 として 求 めるものとする 額 を 基 礎 として 求 めるものとする 1 略 1 略 2 宅 地 の 価 額 については 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 ( 昭 和 49 年 政 令 第 387 2 宅 地 の 価 額 については 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 (

額 を 基 礎 として 求 めるものとする 額 を 基 礎 として 求 めるものとする 1 略 1 略 2 宅 地 の 価 額 については 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 ( 昭 和 49 年 政 令 第 387 2 宅 地 の 価 額 については 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 ( 固 定 資 産 評 価 基 準 新 旧 対 照 表 改 正 案 現 行 固 定 資 産 評 価 基 準 固 定 資 産 評 価 基 準 目 次 略 目 次 略 第 1 章 土 地 第 1 章 土 地 第 1 節 ~ 第 10 節 略 第 1 節 ~ 第 10 節 略 第 11 節 その 他 第 11 節 その 他 一 砂 防 指 定 地 の 評 価 一 砂 防 指 定 地 の 評 価 砂 防 法 (

More information

< B838B B83688EC090D1955C E322E786C73>

< B838B B83688EC090D1955C E322E786C73> 岐 阜 県 付 儀 郡 板 取 川 浦 水 力 発 電 所 1 2 1997 年 8 月 1999 年 5 月 村 神 奈 川 県 川 崎 市 発 電 所 取 り 付 けトンネル 工 事 エステ シティ ツインタワー 川 崎 新 築 工 事 300m3/Hr 10m3/Hr 放 流 基 準 不 明 放 流 基 準 不 明 砕 石 の 洗 浄 水 のSS 除 去 原 水 3 2000 年 2 月 福

More information

ips 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 研 究 等 国 際 的 に 注 目 され 競 争 が 激 化 しているiPS 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 創 薬 をいち 早 く 推 進 する ための 基 盤 整 備 を 行 うことにより 再 生 医 療 創 薬 をわが 国 のリーディ

ips 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 研 究 等 国 際 的 に 注 目 され 競 争 が 激 化 しているiPS 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 創 薬 をいち 早 く 推 進 する ための 基 盤 整 備 を 行 うことにより 再 生 医 療 創 薬 をわが 国 のリーディ 住 宅 建 築 物 省 エネ 改 修 等 緊 急 推 進 事 業 住 宅 建 築 物 ストックの 省 エネ 改 修 等 を 促 進 するため 民 間 等 が 行 う 省 エネ 改 修 工 事 バリアフリー 改 修 工 事 に 対 して 支 援 を 行 う 事 業 の 要 件 以 下 の 要 件 を 満 たす 住 宅 建 築 物 の 改 修 工 事 1 躯 体 ( 壁 天 井 等 )の 省 エネ 改

More information

再 提 案 (10 項 目 ) 部 局 名 提 案 事 項 健 康 福 祉 部 公 立 保 育 所 民 間 立 保 育 所 等 の 一 体 的 な 運 営 を 図 るため 公 立 保 育 所 における 給 食 の 外 部 搬 入 を 特 区 として 認 められている 地 域 において 公 立 保 育

再 提 案 (10 項 目 ) 部 局 名 提 案 事 項 健 康 福 祉 部 公 立 保 育 所 民 間 立 保 育 所 等 の 一 体 的 な 運 営 を 図 るため 公 立 保 育 所 における 給 食 の 外 部 搬 入 を 特 区 として 認 められている 地 域 において 公 立 保 育 作 成 年 月 日 平 成 22 年 6 月 28 日 作 成 部 局 企 画 県 民 部 政 策 室 課 室 名 地 域 振 興 課 [ 兵 庫 県 地 域 再 生 構 造 改 革 特 区 推 進 会 議 ( 平 成 22 年 度 第 1 回 )] 構 造 改 革 特 区 ( 第 18 次 ) 及 び 地 域 再 生 ( 第 8 次 )の 提 案 標 記 の 提 案 については 6 月 7 日 から

More information

Microsoft PowerPoint - 2011[1].10.31講演スライド(いのうえ)

Microsoft PowerPoint - 2011[1].10.31講演スライド(いのうえ) シンポジウム: 大 地 震 大 津 波 に 備 えて ~ 海 からの 視 点 で 考 える~ 阪 神 淡 路 大 震 災 からの 教 訓 はどう 活 かされたか 2011 年 10 月 31 日 神 戸 国 際 会 議 場 井 上 欣 三 神 戸 大 学 名 誉 教 授 ( 大 学 院 海 事 科 学 研 究 科 ) 阪 神 淡 路 大 震 災 からの 教 訓 はどう 活 かされたか 1996 年

More information

H24.11.8 坂 ノ 下 急 傾 斜 地 崩 壊 工 事 高 知 県 幡 多 土 木 事 務 所 H24.10.25 山 のみち 第 13 号 幹 線 林 道 開 設 事 業 中 村 大 正 線 2 工 区 工 事 高 知 県 幡 多 林 業 事 務 所 H24.9.29 海 陸 常 第 09-

H24.11.8 坂 ノ 下 急 傾 斜 地 崩 壊 工 事 高 知 県 幡 多 土 木 事 務 所 H24.10.25 山 のみち 第 13 号 幹 線 林 道 開 設 事 業 中 村 大 正 線 2 工 区 工 事 高 知 県 幡 多 林 業 事 務 所 H24.9.29 海 陸 常 第 09- * 工 事 名 はこちらで 分 かる 範 囲 を 明 記 しており ます H26.11.1 平 成 26 年 度 山 伏 トンネル 取 付 道 路 改 良 工 事 国 土 交 通 省 中 筋 川 総 合 開 発 事 務 所 H26.10.20 道 交 国 防 安 ( 防 災 ) 第 9116-006-1 号 国 道 321 号 防 災 安 全 交 付 金 工 事 高 知 県 幡 多 土 木 事 務

More information

統 合 ( 予 定 ) 日 店 番 号 統 合 店 店 番 号 継 承 店 電 話 番 号 H17.8.8 ( 月 ) 917 下 馬 支 店 78 世 田 谷 支 店 (03)5430-5311 H17.7.11 ( 月 ) 19 世 田 谷 通 支 店 597 経 堂 支 店 (03)3425-

統 合 ( 予 定 ) 日 店 番 号 統 合 店 店 番 号 継 承 店 電 話 番 号 H17.8.8 ( 月 ) 917 下 馬 支 店 78 世 田 谷 支 店 (03)5430-5311 H17.7.11 ( 月 ) 19 世 田 谷 通 支 店 597 経 堂 支 店 (03)3425- 店 舗 統 合 のお 知 らせ( 統 合 日 順 ) 店 舗 統 合 にともない 以 下 の 通 り 店 番 号 店 名 を 変 更 させていただきます お 客 さまにはご 不 便 をおかけいたしますが ご 了 承 いただきますようお 願 いいたします 統 合 ( 予 定 ) 日 店 番 号 統 合 店 店 番 号 継 承 店 電 話 番 号 H28.3.14 ( 月 ) 456 姫 路 南 支 店

More information

鳥獣保護区

鳥獣保護区 1. 鳥 獣 保 護 ( 県 指 定 ) 索 引 番 号 名 称 所 在 地 域 期 間 伊 丹 鳥 獣 保 護 1 伊 丹 市 ( 特 ) 2 西 宮 市 表 山 鳥 獣 保 護 西 宮 市 伊 丹 市 昆 陽 における 国 道 171 号 と 県 道 米 谷 昆 陽 尼 崎 線 との 交 点 を 起 点 として 同 所 から 同 県 道 を 北 西 進 して 市 道 北 村 中 野 線 との 交

More information

目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワーク

目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワーク 太 田 市 都 市 計 画 道 路 見 直 し 案 平 成 28 年 3 月 太 田 市 目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワークの 検 証

More information

苫 小 牧 港 の 優 位 性 地 理 気 象 面 の 優 位 性 道 央 圏 の 太 平 洋 側 積 雪 が 少 ない 道 ~ 本 州 間 の 定 期 航 路 の 集 積 太 平 洋 側 日 本 海 側 に 週 100 便 以 上 陸 海 空 の 交 通 ターミナル 機 能 新 千 歳 空 港 J

苫 小 牧 港 の 優 位 性 地 理 気 象 面 の 優 位 性 道 央 圏 の 太 平 洋 側 積 雪 が 少 ない 道 ~ 本 州 間 の 定 期 航 路 の 集 積 太 平 洋 側 日 本 海 側 に 週 100 便 以 上 陸 海 空 の 交 通 ターミナル 機 能 新 千 歳 空 港 J 苫 小 牧 港 管 理 組 合 専 任 副 管 理 者 柏 葉 導 徳 苫 小 牧 港 の 優 位 性 地 理 気 象 面 の 優 位 性 道 央 圏 の 太 平 洋 側 積 雪 が 少 ない 道 ~ 本 州 間 の 定 期 航 路 の 集 積 太 平 洋 側 日 本 海 側 に 週 100 便 以 上 陸 海 空 の 交 通 ターミナル 機 能 新 千 歳 空 港 JR 貨 物 駅 高 速 道 路

More information

概要版

概要版 あま 市 都 市 計 画 マスタープラン( 平 成 24 年 度 策 定 ) 概 要 版 都 市 計 画 マスタープランとは 策 定 の 趣 旨 目 的 都 市 計 画 マスタープラン とは 都 市 計 画 法 第 18 条 の 2 に 規 定 される 市 町 村 の 都 市 計 画 に 関 する 基 本 方 針 を 指 します 都 市 計 画 マスタープラン は 概 ね 次 に 示 す 基 本 的

More information

学生確保の見通し2

学生確保の見通し2 ( 資 料 22) ジオパーク 数 の 変 遷 ジオツーリズムは 貴 重 なあるいは 重 要 な 地 質 地 形 学 的 景 観 を 保 全 して いる 地 域 における その 景 観 や 環 境 を 損 なうことのない 持 続 可 能 な 観 光 であ り 子 どもの 教 育 や 大 人 の 生 涯 学 習 に 資 する 観 光 でもある さらにその 観 光 を 通 じて 地 域 経 済 の 発

More information

目 次 はじめに 1 観 光 動 向 2 1. 観 光 客 の 入 込 み 状 況 3 2. 外 国 人 観 光 客 の 入 込 み 状 況 4 3. 交 通 機 関 の 利 用 状 況 6 4. 教 育 旅 行 等 の 入 込 み 状 況 7 5. 観 光 施 設 の 入 込 み 状 況 8 6.

目 次 はじめに 1 観 光 動 向 2 1. 観 光 客 の 入 込 み 状 況 3 2. 外 国 人 観 光 客 の 入 込 み 状 況 4 3. 交 通 機 関 の 利 用 状 況 6 4. 教 育 旅 行 等 の 入 込 み 状 況 7 5. 観 光 施 設 の 入 込 み 状 況 8 6. 平 成 26 年 観 光 統 計 ( 平 成 26 年 1 月 1 日 ~12 月 31 日 ) 古 い 町 並 高 山 市 商 工 観 光 部 観 光 課 目 次 はじめに 1 観 光 動 向 2 1. 観 光 客 の 入 込 み 状 況 3 2. 外 国 人 観 光 客 の 入 込 み 状 況 4 3. 交 通 機 関 の 利 用 状 況 6 4. 教 育 旅 行 等 の 入 込 み 状 況 7

More information

2 5.19. 日 大 分 県 断 酒 連 合 会 県 例 会 5.19. 日 愛 西 断 酒 会 25 周 年 記 念 新 阿 武 山 病 院 新 阿 武 山 クリニック 5.19. 日 きづな 会 5.20. 月 滋 賀 県 断 酒 同 友 会 草 津 支 部 36 周 年 記 念 5.25.

2 5.19. 日 大 分 県 断 酒 連 合 会 県 例 会 5.19. 日 愛 西 断 酒 会 25 周 年 記 念 新 阿 武 山 病 院 新 阿 武 山 クリニック 5.19. 日 きづな 会 5.20. 月 滋 賀 県 断 酒 同 友 会 草 津 支 部 36 周 年 記 念 5.25. 1 行 事 予 定 表 月 日 曜 行 事 名 開 催 場 所 時 間 参 加 費 締 切 等 備 考 4.24. 水 滋 賀 県 断 酒 同 友 会 信 楽 支 部 23 周 年 記 念 滋 賀 県 甲 賀 市 信 楽 町 長 野 信 楽 山 村 開 発 センター 19:00~21:00 4.29.( 祝 ) ( 社 ) 埼 玉 県 断 酒 新 生 会 こころの 広 場 7 周 年 記 念 さいたま

More information

北 海 道 地 下 鉄 ( 鉄 道 駅 ) 地 下 街 トンネル 地 下 鉄 平 岸 ~ 地 下 鉄 南 平 岸 宮 城 県 地 下 鉄 ( 鉄 道 駅 ) 地 下 街 トンネル 仙 台 市 高 速 鉄 道 南 北 線 ( 仙 台 市 営 地 下 鉄 ) 長 町 南 駅 宮 城 県 地 下 鉄 (

北 海 道 地 下 鉄 ( 鉄 道 駅 ) 地 下 街 トンネル 地 下 鉄 平 岸 ~ 地 下 鉄 南 平 岸 宮 城 県 地 下 鉄 ( 鉄 道 駅 ) 地 下 街 トンネル 仙 台 市 高 速 鉄 道 南 北 線 ( 仙 台 市 営 地 下 鉄 ) 長 町 南 駅 宮 城 県 地 下 鉄 ( 北 海 道 ゴルフ 場 大 沼 国 際 CC 北 海 道 宿 泊 施 設 ホテル 恵 風 北 海 道 商 業 施 設 浦 河 ショッピングセンター 北 海 道 商 業 施 設 千 歳 タウンプラザ 北 海 道 商 業 施 設 オフィスビル 読 売 北 海 道 ビル 北 海 道 商 業 施 設 オフィスビル 北 都 システム 北 海 道 商 業 施 設 オフィスビル パーク95ビル 北 海 道 商 業

More information

3 / 5 1

3 / 5 1 第 3 回 埼 玉 県 道 路 メンテナンス 会 議 日 時 : 平 成 27 年 1 月 13 日 ( 火 ) 13:30~15:30 場 所 : 国 土 交 通 省 関 東 地 方 整 備 局 5 階 大 研 修 室 5A 議 事 次 第 1. 開 会 2. 挨 拶 3. 議 事 (1)これまでの 動 き 資 料 -1 (2) 道 路 インフラの 老 朽 化 対 策 に 関 するアンケート 追

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63> 田 方 広 域 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 平 成 23 年 3 月 静 岡 県 目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 都 市 づくりの 基 本 理 念 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 2 附 図 1 将 来 市 街 地 像 図 4 2 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 及 び 区 域 区 分 を 定 める 際

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF33203132303420817994BD896694C5817A8FAB97889357965D82C682E882DC82C682DF88C4817988CF88F58FC689EF817A208D58905694C5>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF33203132303420817994BD896694C5817A8FAB97889357965D82C682E882DC82C682DF88C4817988CF88F58FC689EF817A208D58905694C5> 北 海 道 開 発 の 将 来 展 望 に 関 するとりまとめ( 案 ) 資 料 3 1. 我 が 国 をめぐる 長 期 的 な 潮 流 と 課 題 人 口 急 減 超 高 齢 化 我 が 国 は 今 後 も 人 口 減 少 が 続 き 25 年 後 には 年 間 100 万 人 減 35% 超 の 高 齢 化 率 とな る 人 口 急 減 超 高 齢 化 が 予 測 されている これにより 経 済

More information

平 成 28 年 度 国 の 施 策 および 予 算 に 関 する 要 望 長 引 くデフレからの 脱 却 と 経 済 の 再 生 を 掲 げた 安 倍 政 権 は 発 足 以 来 アベノミク ス 3 本 の 矢 の 経 済 政 策 に 取 組 んだ 結 果 中 央 を 中 心 に 経 済 の 好

平 成 28 年 度 国 の 施 策 および 予 算 に 関 する 要 望 長 引 くデフレからの 脱 却 と 経 済 の 再 生 を 掲 げた 安 倍 政 権 は 発 足 以 来 アベノミク ス 3 本 の 矢 の 経 済 政 策 に 取 組 んだ 結 果 中 央 を 中 心 に 経 済 の 好 平 成 28 年 度 国 の 施 策 および 予 算 に 関 する 要 望 書 平 成 27 年 7 月 北 海 道 経 済 連 合 会 平 成 28 年 度 国 の 施 策 および 予 算 に 関 する 要 望 長 引 くデフレからの 脱 却 と 経 済 の 再 生 を 掲 げた 安 倍 政 権 は 発 足 以 来 アベノミク ス 3 本 の 矢 の 経 済 政 策 に 取 組 んだ 結 果 中

More information

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈 平 成 26 年 度 神 奈 川 県 政 に 関 する 要 望 書 平 成 25 年 9 月 横 浜 商 工 会 議 所 神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26

More information

注 1) 朝 食 グは 毎 日 実 施 している 店 舗 と 土 日 祝 のみ 実 施 している 店 舗 がございます 注 2) 朝 食 グ 最 終 時 より30 分 後 までお 料 理 をご 利 用 いただけます( 例 : 最 終 時 が10:00の 店 舗 はまで) 注 3) 朝 食 グご 利

注 1) 朝 食 グは 毎 日 実 施 している 店 舗 と 土 日 祝 のみ 実 施 している 店 舗 がございます 注 2) 朝 食 グ 最 終 時 より30 分 後 までお 料 理 をご 利 用 いただけます( 例 : 最 終 時 が10:00の 店 舗 はまで) 注 3) 朝 食 グご 利 注 1) 朝 食 グは 毎 日 実 施 している 店 舗 と 土 日 祝 のみ 実 施 している 店 舗 がございます 注 2) 朝 食 グ 最 終 時 より30 分 後 までお 料 理 をご 利 用 いただけます( 例 : 最 終 時 が10:00の 店 舗 はまで) 注 3) 朝 食 グご 利 用 のお 客 様 は 店 内 ご 利 用 は11 時 30 分 まででお 願 い 致 します 注 4)

More information

<3135303930385F2833298370838F837C8E9197BF5F91E6825189F15F328341836283762E786477>

<3135303930385F2833298370838F837C8E9197BF5F91E6825189F15F328341836283762E786477> 明 日 香 村 総 合 戦 略 検 討 会 議 第 2 回 平 成 27 年 9 月 14 日 ( 月 ) 19:00~ 本 日 のスケジュール 1.はじめに 2.グループディスカッション 3.おわりに 2 1.はじめに 3 本 会 議 のグラウンドルール 全 員 が 思 いついたことを 付 箋 に 書 き メンバーに 話 す 他 人 の 意 見 を 否 定 しない グループとしての 意 見 をまとめ

More information

通 信 訓 練 救 援 物 資 情 報 伝 達 訓 練 (11 月 から12 月 上 旬 のうち1 日 ) 新 規 県 災 害 対 策 本 部 市 町 村 防 災 関 係 機 関 が 連 携 し 通 信 用 資 器 材 やシステムを 用 いた 情 報 伝 達 訓 練 を 併 せて 救 援 物 資 の

通 信 訓 練 救 援 物 資 情 報 伝 達 訓 練 (11 月 から12 月 上 旬 のうち1 日 ) 新 規 県 災 害 対 策 本 部 市 町 村 防 災 関 係 機 関 が 連 携 し 通 信 用 資 器 材 やシステムを 用 いた 情 報 伝 達 訓 練 を 併 せて 救 援 物 資 の 平 成 26 年 7 月 29 日 記 者 発 表 平 成 26 年 度 防 災 訓 練 について 災 害 対 応 力 の 強 化 に 資 するため 防 災 訓 練 の 更 なる 充 実 を 図 るとともに 実 践 的 な 訓 練 を します 訓 練 計 画 方 針 訓 練 計 画 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 上 旬 中 旬 下 旬 上 旬 中 旬 下 旬 上 旬 中 旬 下

More information

48423本編表紙out

48423本編表紙out 2 神 戸 地 域 の 将 来 像 楽 しいまち 神 戸 をめざそう 神 戸 はどのような 地 域 をめざしていくべきなのでしょうか その 将 来 像 はどのよ うなものなのでしょうか 神 戸 らしさ もふまえながら 地 域 のめざす 目 標 として 提 案 します 夢 提 案 1 ( 地 域 の 将 来 像 ) 人 々が 集 い 喜 びと 感 動 が 共 有 できる 楽 しいまち 神 戸 をめざそう

More information

表 14-3-1 農 業 農 村 整 備 事 業 等 に 係 る 事 前 評 価 の 結 果 一 覧 事 業 名 経 営 体 育 成 基 盤 整 備 事 業 予 算 科 目 経 営 体 育 成 基 盤 整 備 事 業 費 補 助 事 業 の 主 な 目 的 将 来 の 地 域 農 業 を 担 う 経 営 体 を 育 成 しながら 地 域 農 業 の 展 開 方 向 等 を 勘 案 して 必 要 となる

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E6825589F1959489EF90E096BE95E291AB8E9197BF81698255816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E6825589F1959489EF90E096BE95E291AB8E9197BF81698255816A> 6. 市 街 地 整 備 の 動 向 都 市 の 中 心 部 の 人 口 密 度 と 小 売 業 販 売 額 の 関 係 市 中 心 部 の 人 口 密 度 が 低 いほど 販 売 額 が 小 さい また 都 市 人 口 が 大 きい 都 市 都 市 圏 人 口 の 大 きい 都 市 圏 の 核 都 市 では 人 口 密 度 が 高 く 販 売 額 も 大 きい 傾 向 三 大 都 市 圏 以 外

More information

35 Dパーキング 柏 森 駅 前 愛 知 県 丹 羽 郡 扶 桑 町 大 字 柏 森 天 神 113 番 2 36 Dパーキング 栄 1 丁 目 愛 知 県 名 古 屋 市 中 区 栄 1 丁 目 1904 番 1 37 Dパーキングささしま 愛 知 県 名 古 屋 市 中 村 区 平 池 町 4

35 Dパーキング 柏 森 駅 前 愛 知 県 丹 羽 郡 扶 桑 町 大 字 柏 森 天 神 113 番 2 36 Dパーキング 栄 1 丁 目 愛 知 県 名 古 屋 市 中 区 栄 1 丁 目 1904 番 1 37 Dパーキングささしま 愛 知 県 名 古 屋 市 中 村 区 平 池 町 4 1 Dパーキング 上 桂 北 ノ 口 町 京 都 府 京 都 市 西 京 区 上 桂 北 ノ 口 町 153 番 2 Dパーキング 諏 訪 4 丁 目 大 阪 府 大 阪 市 城 東 区 諏 訪 4 丁 目 8-3 3 Dパーキング 敷 津 西 1 丁 目 大 阪 府 大 阪 市 浪 速 区 敷 津 西 1 丁 目 3-10 4 Dパーキング 福 島 大 阪 府 大 阪 市 福 島 区 福 島 6

More information

01:表紙(風水害)

01:表紙(風水害) 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 基 本 方 針 第 1 章 基 本 方 針 基 本 方 針 災 害 応 急 対 策 計 画 は 次 の 考 え 方 のもとに 作 成 する 第 1 迅 速 な 災 害 応 急 活 動 体 制 の 確 立 災 害 応 急 対 策 を 迅 速 に 展 開 するため 県 その 他 の 防 災 関 係 機 関 の 緊 急 時 の 組 織 体 制 情

More information

兵庫県公報(平成25年5月31日 第2496号)

兵庫県公報(平成25年5月31日 第2496号) 発 兵 庫 県 公 報 金 曜 日 第 2496 号 目 行 人 兵 庫 県 神 戸 市 中 央 区 下 山 手 通 5 丁 目 10 番 1 号 毎 週 火 曜 日 及 び 金 曜 日 発 行 その 日 が 休 日 のときはその 翌 日 ( 兵 庫 県 民 の 旗 = 県 旗 ) 次 告 示 ヘ ーシ 土 地 改 良 区 役 員 の 退 任 の 届 出 ( 農 地 整 備 課 ) 1 土 地 改

More information

堺 泉 北 港 各 地 区 の 役 割 について 堺 泉 北 臨 海 工 業 地 帯 基 幹 的 広 域 防 災 拠 点 阪 神 高 速 4 号 湾 岸 線 堺 7 区 堺 2 区 汐 見 沖 地 区 助 松 地 区 堺 5 区 堺 6 区 大 浜 地 区 堺 市 汐 見 地 区 小 松 地 区 泉

堺 泉 北 港 各 地 区 の 役 割 について 堺 泉 北 臨 海 工 業 地 帯 基 幹 的 広 域 防 災 拠 点 阪 神 高 速 4 号 湾 岸 線 堺 7 区 堺 2 区 汐 見 沖 地 区 助 松 地 区 堺 5 区 堺 6 区 大 浜 地 区 堺 市 汐 見 地 区 小 松 地 区 泉 堺 泉 北 港 港 湾 計 画 一 部 変 更 ( 前 回 改 訂 : 平 成 18 年 2 月 目 標 年 次 : 平 成 20 年 代 後 半 ) 港 湾 管 理 者 : 大 阪 府 平 成 27 年 3 月 10 日 交 通 政 策 審 議 会 第 59 回 港 湾 分 科 会 資 料 5 堺 泉 北 港 各 地 区 の 役 割 について 堺 泉 北 臨 海 工 業 地 帯 基 幹 的 広 域

More information

山 陽 新 幹 線 千 種 川 橋 梁 兵 庫 県 国 鉄 熊 谷 組 6, 山 陽 新 幹 線 白 水 橋 梁 国 鉄 三 井 建 設 2,500 阪 急 電 鉄 宝 塚 南 口 兵 庫

山 陽 新 幹 線 千 種 川 橋 梁 兵 庫 県 国 鉄 熊 谷 組 6, 山 陽 新 幹 線 白 水 橋 梁 国 鉄 三 井 建 設 2,500 阪 急 電 鉄 宝 塚 南 口 兵 庫 1 1964 営 団 5 号 線 営 団 馬 場 駅 東 京 都 東 京 都 大 成 建 設 10,000 1964 1964 1965 1965 1966 1967 1967 1968 1968 1968 1968 1969 1969 1969 1970 1970 1970 営 団 5 号 線 営 団 竹 平 東 京 都 東 京 都 間 組 13,000 渋 谷 駅 道 地 下 道 東 京 都 東

More information