4 第 1 項 第 1 号 の 規 定 は, 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 にいう 配 偶 者 の 意 義 について( 大 蔵 省 主 計 局 長 照 会 昭 和 38 年 9 月 28 日 決 裁 )の 見 解 による 5 職 員 の 死 亡 当 時, 第 1 項 に 規 定 する 遺

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "4 第 1 項 第 1 号 の 規 定 は, 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 にいう 配 偶 者 の 意 義 について( 大 蔵 省 主 計 局 長 照 会 昭 和 38 年 9 月 28 日 決 裁 )の 見 解 による 5 職 員 の 死 亡 当 時, 第 1 項 に 規 定 する 遺"

Transcription

1 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 平 成 19 年 4 月 1 日 改 正 平 成 20 年 7 月 8 日 改 正 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日 改 正 平 成 23 年 1 月 1 日 改 正 平 成 24 年 10 月 1 日 改 正 平 成 25 年 1 月 22 日 改 正 平 成 25 年 11 月 26 日 改 正 平 成 26 年 11 月 25 日 改 正 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 50 条 の 規 定 に 基 づき, 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 の 職 員 ( 職 員 就 業 規 則 第 2 条 第 2 項 に 規 定 す る 特 命 教 授, 特 命 准 教 授, 特 命 講 師, 特 命 助 教 及 び 特 別 研 究 教 授 ( 以 下 特 命 教 授 等 という )を 除 く )が 退 職 した 場 合 に 支 給 する 退 職 手 当 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目 的 とする ( 適 用 範 囲 ) 第 2 条 この 規 則 による 退 職 手 当 は, 職 員 が 退 職 ( 死 亡 及 び 解 雇 を 含 む )した 場 合 に,その 者 ( 死 亡 による 退 職 の 場 合 には,その 遺 族 )に 支 給 する 2 前 項 に 規 定 する 退 職 には, 職 員 就 業 規 則 第 2 条 第 2 項 に 規 定 する 寄 附 講 座 教 員 及 び 寄 附 研 究 部 門 教 員 ( 以 下 寄 附 講 座 等 教 員 という ) 以 外 の 職 員 が 寄 附 講 座 等 教 員 となる 場 合 又 は 寄 附 講 座 等 教 員 が 寄 附 講 座 等 教 員 以 外 の 職 員 となる 異 動 を 含 む ( 遺 族 の 範 囲 及 び 順 位 ) 第 2 条 の 2 この 規 則 において, 遺 族 とは, 次 に 掲 げる 者 をいう (1) 配 偶 者 ( 届 出 をしないが, 職 員 の 死 亡 当 時 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にあった 者 を 含 む ) (2) 子, 父 母, 孫, 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 で 職 員 の 死 亡 当 時 主 としてその 収 入 によって 生 計 を 維 持 していたもの (3) 前 号 に 掲 げる 者 のほか, 職 員 の 死 亡 当 時 主 としてその 収 入 によって 生 計 を 維 持 して いた 親 族 ( 民 法 第 725 条 に 規 定 する 者 をいう ) (4) 子, 父 母, 孫, 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 で 第 2 号 に 該 当 しないもの 2 この 規 則 の 規 定 による 退 職 手 当 を 受 けるべき 遺 族 の 順 位 は, 前 項 各 号 の 順 位 により, 同 項 第 2 号 及 び 第 4 号 に 掲 げる 者 のうちにあっては, 当 該 各 号 に 掲 げる 順 位 による この 場 合 において, 父 母 については, 養 父 母 を 先 にし 実 父 母 を 後 にし, 祖 父 母 については, 養 父 母 の 父 母 を 先 にし 実 父 母 の 父 母 を 後 にし, 父 母 の 養 父 母 を 先 にし 父 母 の 実 父 母 を 後 にする 3 この 規 則 の 規 定 による 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けるべき 遺 族 に 同 順 位 の 者 が 2 人 以 上 ある 場 合 には,その 人 数 によって 当 該 退 職 手 当 を 等 分 して 当 該 各 遺 族 に 支 給 する 1 / 24

2 4 第 1 項 第 1 号 の 規 定 は, 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 にいう 配 偶 者 の 意 義 について( 大 蔵 省 主 計 局 長 照 会 昭 和 38 年 9 月 28 日 決 裁 )の 見 解 による 5 職 員 の 死 亡 当 時, 第 1 項 に 規 定 する 遺 族 がいないときは, 退 職 手 当 を 支 給 しない 6 次 に 掲 げる 者 は,この 規 則 の 規 定 による 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 とし ない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に, 当 該 職 員 の 死 亡 によってこの 規 則 の 規 定 による 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 先 順 位 又 は 同 順 位 の 遺 族 となるべき 者 を 故 意 に 死 亡 させた 者 ( 退 職 手 当 の 支 払 ) 第 2 条 の 3 この 規 則 による 退 職 手 当 は, 他 の 法 令 及 び 本 学 の 職 員 就 業 規 則 に 別 段 の 定 めがあ る 場 合 を 除 き,その 全 額 を, 現 金 で, 直 接 この 規 則 の 規 定 によりその 支 給 を 受 けるべき 者 に 支 払 うものとする ただし,その 支 給 を 受 ける 者 の 同 意 を 得 て 預 金 口 座 への 振 り 込 みにより 支 払 う 場 合 は,この 限 りでない 2 次 条 及 び 第 6 条 の 3 の 規 定 による 退 職 手 当 は, 職 員 が 退 職 した 日 から 起 算 して 1 月 以 内 に 支 払 わなければならない ただし, 死 亡 により 退 職 した 者 に 対 する 退 職 手 当 の 支 給 を 受 ける べき 者 を 確 知 することができない 場 合 その 他 特 別 の 事 情 がある 場 合 は,この 限 りでない ( 退 職 手 当 ) 第 2 条 の 4 退 職 した 者 に 対 する 退 職 手 当 の 額 は, 次 条 から 第 6 条 までの 規 定 により 計 算 した 退 職 手 当 の 基 本 額 に, 第 6 条 の 2 の 規 定 により 計 算 した 退 職 手 当 の 調 整 額 を 加 えて 得 た 額 と する ( 自 己 の 都 合 による 退 職 等 の 場 合 の 退 職 手 当 の 基 本 額 ) 第 3 条 次 条 又 は 第 5 条 の 規 定 に 該 当 する 場 合 を 除 くほか, 退 職 した 者 に 対 する 退 職 手 当 の 基 本 額 は, 退 職 の 日 におけるその 者 の 本 給 の 月 額 ( 職 員 就 業 規 則 第 25 条 第 1 項 に 定 める 本 給 並 びに 同 条 第 2 項 に 定 める 本 給 の 調 整 額 及 び 教 職 調 整 額 の 月 額 の 合 計 額 とする ( 以 下 次 条, 第 5 条, 第 5 条 の 2 及 び 第 5 条 の 3 において 同 じ ) 以 下 退 職 日 本 給 の 月 額 という )に, その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して, 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 と する (1) 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき 100 分 の 100 (2) 11 年 以 上 15 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき 100 分 の 110 (3) 16 年 以 上 20 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき 100 分 の 160 (4) 21 年 以 上 25 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき 100 分 の 200 (5) 26 年 以 上 30 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき 100 分 の 160 (6) 31 年 以 上 の 期 間 については,1 年 につき 100 分 の 前 項 に 規 定 する 者 のうち, 負 傷 若 しくは 病 気 ( 以 下 傷 病 という ) 又 は 死 亡 によらず, かつ, 第 9 条 の 2 第 5 項 に 規 定 する 認 定 を 受 けないで,その 者 の 都 合 により 退 職 した 者 ( 第 10 条 第 1 項 に 該 当 する 者 及 び 傷 病 によらず, 職 員 就 業 規 則 第 20 条 第 2 項 第 1 号 から 第 3 号 2 / 24

3 までの 規 定 により 解 雇 された 者 を 含 む 以 下 この 項 及 び 第 6 条 の 2 第 4 項 において 自 己 都 合 等 退 職 者 という )に 対 する 退 職 手 当 の 基 本 額 は, 自 己 都 合 等 退 職 者 が 次 の 各 号 に 掲 げる 者 に 該 当 するときは, 前 項 の 規 定 にかかわらず, 同 項 の 規 定 により 計 算 した 額 に 当 該 各 号 に 定 める 割 合 を 乗 じて 得 た 額 とする (1) 勤 続 期 間 1 年 以 上 10 年 以 下 の 者 100 分 の 60 (2) 勤 続 期 間 11 年 以 上 15 年 以 下 の 者 100 分 の 80 (3) 勤 続 期 間 16 年 以 上 19 年 以 下 の 者 100 分 の 90 3 第 2 項 に 掲 げる 傷 病 とは, 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 第 81 条 第 2 項 に 規 定 する 障 害 等 に 該 当 する 程 度 の 状 態 の 負 傷 若 しくは 病 気 をいう ( 以 下 次 条 第 3 項, 第 5 条 第 1 項 及 び 第 3 項 において 同 じ ) (11 年 以 上 25 年 未 満 勤 続 後 の 定 年 退 職 等 の 場 合 の 退 職 手 当 の 基 本 額 ) 第 4 条 11 年 以 上 25 年 未 満 の 期 間 勤 続 した 者 であって, 次 に 掲 げる 者 に 対 する 退 職 手 当 の 基 本 額 は, 退 職 日 本 給 の 月 額 に,その 者 の 勤 続 期 間 の 区 分 ごとに 当 該 区 分 に 応 じた 割 合 を 乗 じ て 得 た 額 の 合 計 額 とする (1) 職 員 就 業 規 則 第 17 条 第 1 項 の 規 定 により 退 職 した 者 (2) その 者 の 事 情 によらないで 引 き 続 いて 勤 務 することを 困 難 とする 理 由 により 退 職 した 者 (3) 第 9 条 の 2 第 5 項 に 規 定 する 認 定 ( 同 条 第 1 項 第 1 号 に 係 るものに 限 る )を 受 けて 同 条 第 7 項 に 規 定 する 退 職 すべき 期 日 に 退 職 した 者 2 前 項 に 規 定 する 職 員 の 事 情 によらないで 引 き 続 いて 勤 続 することを 困 難 とする 理 由 により 退 職 した 者 とは, 次 に 掲 げる 者 とする (1) 25 年 未 満 の 期 間 勤 続 し, 事 業 場 の 移 転 により 退 職 した 者 (2) 11 年 以 上 25 年 未 満 の 期 間 勤 続 し, 任 期 を 終 えて 退 職 した 者 3 第 1 項 の 規 定 は,11 年 以 上 25 年 未 満 の 期 間 勤 続 した 者 で, 通 勤 ( 労 働 者 災 害 補 償 保 険 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 50 号 ) 第 7 条 第 2 項 に 規 定 する 通 勤 をいう 以 下 同 じ )による 傷 病 により 退 職 し, 死 亡 ( 業 務 上 の 死 亡 を 除 く )により 退 職 し, 又 は 定 年 に 達 した 日 以 後 その 者 の 非 違 によることなく 退 職 した 者 ( 第 1 項 の 規 定 に 該 当 する 者 を 除 く )に 対 する 退 職 手 当 の 基 本 額 について 準 用 する 4 第 1 項 に 規 定 する 勤 続 期 間 の 区 分 及 び 当 該 区 分 に 応 じた 割 合 は, 次 のとおりとする (1) 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき 100 分 の 125 (2) 11 年 以 上 15 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき 100 分 の (3) 16 年 以 上 24 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき 100 分 の 200 (25 年 以 上 勤 続 後 の 定 年 退 職 等 の 場 合 の 退 職 手 当 の 基 本 額 ) 第 5 条 次 に 掲 げるものに 対 する 退 職 手 当 の 基 本 額 は, 退 職 日 本 給 の 月 額 に,その 者 の 勤 続 期 間 の 区 分 ごとに 当 該 区 分 に 応 じた 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする (1) 25 年 以 上 勤 続 し, 職 員 就 業 規 則 第 17 条 第 1 項 の 規 定 により 退 職 した 者 (2) 第 9 条 の 2 第 5 項 に 規 定 する 認 定 ( 同 条 第 1 項 第 2 号 に 係 るものに 限 る )を 受 けて 同 条 3 / 24

4 第 7 項 に 規 定 する 退 職 すべき 期 日 に 退 職 した 者 (3) 業 務 上 の 傷 病 又 は 死 亡 により 退 職 した 者 (4) 25 年 以 上 勤 続 し,その 者 の 事 情 によらないで 引 き 続 いて 勤 務 することを 困 難 とする 理 由 により 退 職 した 者 (5) 25 年 以 上 勤 続 し, 第 9 条 の 2 第 5 項 に 規 定 する 認 定 ( 同 条 第 1 項 第 1 号 に 係 るものに 限 る )を 受 けて 同 条 第 7 項 に 規 定 する 退 職 すべき 期 日 に 退 職 した 者 2 前 項 に 規 定 する 職 員 の 事 情 によらないで 引 き 続 いて 勤 続 することを 困 難 とする 理 由 により 退 職 した 者 とは, 次 に 掲 げる 者 とする (1) 25 年 以 上 の 期 間 勤 続 し, 事 業 場 の 移 転 により 退 職 した 者 (2) 25 年 以 上 の 期 間 勤 続 し, 任 期 を 終 えて 退 職 した 者 3 第 1 項 の 規 定 は,25 年 以 上 勤 続 した 者 で, 通 勤 による 傷 病 により 退 職 し, 死 亡 により 退 職 し, 又 は 定 年 に 達 した 日 以 後 その 者 の 非 違 によることなく 退 職 した 者 ( 第 1 項 の 規 定 に 該 当 する 者 を 除 く )に 対 する 退 職 手 当 の 基 本 額 について 準 用 する 4 第 1 項 に 規 定 する 勤 続 期 間 の 区 分 及 び 当 該 区 分 に 応 じた 割 合 は, 次 のとおりとする (1) 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき 100 分 の 150 (2) 11 年 以 上 25 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき 100 分 の 165 (3) 26 年 以 上 34 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき 100 分 の 180 (4) 35 年 以 上 の 期 間 については,1 年 につき 100 分 の 105 ( 本 給 の 月 額 の 減 額 改 定 以 外 の 理 由 により 本 給 の 月 額 が 減 額 されたことがある 場 合 の 退 職 手 当 基 本 額 に 係 る 特 例 ) 第 5 条 の 2 退 職 した 者 の 基 礎 在 職 期 間 中 に, 本 給 の 月 額 の 減 額 改 定 ( 規 則 の 改 正 及 び 他 関 係 規 則 等 の 改 正 による 減 額 改 定 をいう 以 下 同 じ ) 以 外 の 理 由 によりその 者 の 本 給 の 月 額 が 減 額 されたことがある 場 合 において, 当 該 理 由 が 生 じた 日 ( 以 下 減 額 日 という )における 当 該 理 由 により 減 額 されなかったものとした 場 合 のその 者 の 本 給 の 月 額 のうち 最 も 多 いもの ( 以 下 特 定 減 額 前 本 給 の 月 額 という )が, 退 職 日 本 給 の 月 額 よりも 多 いときは,その 者 に 対 する 退 職 手 当 の 基 本 額 は, 第 3 条 から 前 条 までの 規 定 にかかわらず, 次 の 各 号 に 掲 げる 額 の 合 計 額 とする (1) その 者 が 特 定 減 額 前 本 給 の 月 額 に 係 る 減 額 日 のうち 最 も 遅 い 日 の 前 日 に 現 に 退 職 した 理 由 と 同 一 の 理 由 により 退 職 したものとし,かつ,その 者 の 同 日 までの 勤 続 期 間 及 び 特 定 減 額 前 本 給 の 月 額 を 基 礎 として, 第 3 条 から 前 条 までの 規 定 により 計 算 した 場 合 の 退 職 手 当 の 基 本 額 に 相 当 する 額 (2) 退 職 日 本 給 の 月 額 に,イに 掲 げる 割 合 からロに 掲 げる 割 合 を 控 除 した 割 合 を 乗 じて 得 た 額 イ その 者 に 対 する 退 職 手 当 の 基 本 額 が 第 3 条 から 前 条 までの 規 定 により 計 算 した 額 で あるものとした 場 合 における 当 該 退 職 手 当 の 基 本 額 の 退 職 日 本 給 の 月 額 に 対 する 割 合 ロ 前 号 に 掲 げる 額 の 特 定 減 額 前 本 給 の 月 額 に 対 する 割 合 4 / 24

5 2 前 項 の 基 礎 在 職 期 間 とは,その 者 に 係 る 退 職 (この 規 則 の 規 定 により, 退 職 手 当 を 支 給 しないこととしている 退 職 を 除 く )の 日 以 前 の 期 間 のうち, 次 の 各 号 に 掲 げる 在 職 期 間 に 該 当 するもの( 当 該 期 間 中 にこの 規 則 の 規 定 による 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けたこと 又 は 第 7 条 第 5 項 に 規 定 する 他 の 国 立 大 学 法 人 等 の 職 員, 第 7 条 の 2 第 1 項 に 規 定 する 国 家 公 務 員 等 として 退 職 したことにより 退 職 手 当 (これに 相 当 する 給 付 を 含 む )の 支 給 を 受 けたことがある 場 合 におけるこれらの 退 職 手 当 に 係 る 退 職 の 日 以 前 の 期 間 及 び 第 7 条 第 6 項 の 規 定 により 職 員 としての 引 き 続 いた 在 職 期 間 の 全 期 間 が 切 り 捨 てられたこと 又 は 第 10 条 第 1 項 若 しくは 第 12 条 第 1 項 の 規 定 により 退 職 手 当 の 全 部 を 支 給 しないこ ととする 処 分 を 受 けたことにより 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けなかったことがある 場 合 におけ る 当 該 退 職 手 当 に 係 る 退 職 の 日 以 前 の 期 間 (これらの 退 職 の 日 に 職 員, 第 7 条 第 5 項 に 規 定 する 他 の 国 立 大 学 法 人 等 の 職 員, 第 7 条 の 2 第 1 項 に 規 定 する 国 家 公 務 員 等 となっ たときは, 当 該 退 職 の 日 前 の 期 間 )を 除 く )をいう (1) 職 員 として 引 き 続 いた 在 職 期 間 (2) 第 7 条 第 5 項 の 規 定 により 職 員 としての 引 き 続 いた 在 職 期 間 に 含 むものとされた 他 の 国 立 大 学 法 人 等 の 職 員 としての 引 き 続 いた 在 職 期 間 (3) 第 7 条 の 2 第 1 項 に 規 定 する 再 び 職 員 となった 者 の 同 項 に 規 定 する 国 家 公 務 員 等 と しての 引 き 続 いた 在 職 期 間 (4) 第 7 条 の 2 第 2 項 に 規 定 する 場 合 における 国 家 公 務 員 等 としての 引 き 続 いた 在 職 期 間 (5) 第 8 条 第 2 項 に 規 定 する 場 合 における 役 員 としての 引 き 続 いた 在 職 期 間 ( 定 年 前 早 期 退 職 者 に 対 する 退 職 手 当 の 基 本 額 に 係 る 特 例 ) 第 5 条 の 3 第 4 条 第 1 項 第 3 号 及 び 第 5 条 第 1 項 ( 第 1 号 を 除 く )の 規 定 に 規 定 する 者 のう ち, 定 年 に 達 する 日 から6 月 前 までに 退 職 した 者 であって,その 勤 続 期 間 が20 年 以 上 であり, かつ,その 年 齢 が 退 職 の 日 において 定 めている 当 該 職 員 に 係 る 定 年 から 15 年 を 減 じた 年 齢 以 上 であるものに 対 する 第 4 条 第 1 項, 第 5 条 第 1 項 及 び 前 条 第 1 項 の 規 定 の 適 用 については, 次 の 表 の 左 欄 に 掲 げる 規 定 中 同 表 の 中 欄 に 掲 げる 字 句 は,それぞれ 同 表 の 右 欄 に 掲 げる 字 句 に 読 み 替 えるものとする 読 み 替 える 規 定 読 み 替 えられる 字 句 読 み 替 える 字 句 第 4 条 第 1 項 及 び 退 職 日 本 給 の 月 額 退 職 日 本 給 の 月 額 及 び 退 職 日 本 給 の 月 額 に 退 第 5 条 第 1 項 職 の 日 において 定 められているその 者 に 係 る 定 年 と 退 職 の 日 におけるその 者 の 年 齢 との 差 に 相 当 する 年 数 1 年 につき 当 該 年 数 及 び 退 職 日 本 給 の 月 額 に 応 じて 100 分 の 3 を 超 えない 範 囲 内 で 別 に 定 める 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 第 5 条 の 2 第 1 項 及 び 特 定 減 額 前 本 給 並 びに 特 定 減 額 前 本 給 の 月 額 及 び 特 定 減 額 前 本 5 / 24

6 第 1 号 の 月 額 給 の 月 額 に 退 職 の 日 において 定 められているそ の 者 に 係 る 定 年 と 退 職 の 日 におけるその 者 の 年 齢 との 差 に 相 当 する 年 数 1 年 につき 当 該 年 数 及 び 特 定 減 額 前 本 給 の 月 額 に 応 じて 100 分 の 3 を 超 えない 範 囲 内 で 別 に 定 める 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 第 5 条 の2 第 1 項 第 2 号 退 職 日 本 給 の 月 額 に, 退 職 日 本 給 の 月 額 及 び 退 職 日 本 給 の 月 額 に 退 職 の 日 において 定 められているその 者 に 係 る 定 年 と 退 職 の 日 におけるその 者 の 年 齢 との 差 に 相 当 する 年 数 1 年 につき 当 該 年 数 及 び 特 定 減 額 前 本 給 の 月 額 に 応 じて 100 分 の 3 を 超 えない 範 囲 内 で 別 に 定 める 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 に, 第 5 条 の2 第 1 項 第 2 号 ロ 前 号 に 掲 げる 額 その 者 が 特 定 減 額 前 本 給 の 月 額 に 係 る 減 額 日 のうち 最 も 遅 い 日 の 前 日 に 現 に 退 職 した 理 由 と 同 一 の 理 由 により 退 職 したものとし,かつ, その 者 の 同 日 までの 勤 続 期 間 及 び 特 定 減 額 前 本 給 の 月 額 を 基 礎 として, 第 3 条 から 前 条 ま での 規 定 により 計 算 した 場 合 の 退 職 手 当 の 基 本 額 に 相 当 する 額 2 定 年 に 達 する 日 の 属 する 年 度 に 職 員 の 非 違 によることなく 勧 奨 を 受 けて 退 職 した 者 には, 前 項 を 適 用 しない 3 第 1 項 に 定 める 割 合 の 適 用 は, 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 施 行 令 ( 以 下 退 職 手 当 法 施 行 令 と いう ) 第 5 条 の 3 を 準 用 する ( 退 職 手 当 支 給 率 の 調 整 ) 第 5 条 の 4 当 分 の 間,35 年 以 下 の 期 間 勤 続 して 退 職 した 者 に 対 する 退 職 手 当 の 基 本 額 は, 第 3 条 から 第 5 条 の 3 までの 規 定 により 計 算 した 額 にそれぞれ 100 分 の 87 を 乗 じて 得 た 額 とす る この 場 合 において, 第 6 条 の 3 第 1 項 中 前 条 とあるのは, 前 条 並 びに 第 5 条 の 4 第 1 項 とする 2 当 分 の 間,36 年 以 上 42 年 以 下 の 期 間 勤 続 して 退 職 した 者 で 第 3 条 第 1 項 の 規 定 に 該 当 する 退 職 をしたものに 対 する 退 職 手 当 の 基 本 額 は, 同 項 又 は 第 5 条 の 2 の 規 定 により 計 算 した 額 に 前 項 に 定 める 割 合 を 乗 じて 得 た 額 とする 3 第 5 条 の 規 定 に 該 当 する 退 職 をし,かつ,その 勤 続 期 間 が 35 年 を 超 える 者 に 対 する 退 職 手 当 の 基 本 額 は, 第 5 条 から 第 5 条 の 3 までの 規 定 にかかわらず, 当 分 の 間,その 者 の 勤 続 期 間 を 35 年 として 第 1 項 の 規 定 の 例 により 計 算 して 得 られた 額 とする ( 退 職 手 当 の 基 本 額 の 最 高 限 度 額 ) 第 6 条 退 職 した 者 について, 第 3 条 から 第 5 条 までの 規 定 により 計 算 した 退 職 手 当 の 基 本 額 6 / 24

7 が, 退 職 日 本 給 の 月 額 に を 乗 じて 得 た 額 を 超 えるときは, 当 分 の 間,これらの 規 定 に かかわらず,59.28 を 乗 じて 得 た 額 をその 者 の 退 職 手 当 の 基 本 額 とする 2 第 5 条 の 2 第 1 項 の 規 定 により 計 算 した 退 職 手 当 の 基 本 額 が, 次 の 各 号 に 掲 げる 同 項 第 2 号 ロに 掲 げる 割 合 の 区 分 に 応 じ 当 該 各 号 に 定 める 額 を 超 えるときは, 同 項 の 規 定 にかかわらず, 当 該 各 号 に 定 める 額 をその 者 の 退 職 手 当 の 基 本 額 とする (1) 以 上 特 定 減 額 前 本 給 の 月 額 に を 乗 じて 得 た 額 (2) 未 満 特 定 減 額 前 本 給 の 月 額 に 第 5 条 の 2 第 1 項 第 2 号 ロに 掲 げる 割 合 を 乗 じ て 得 た 額 及 び 退 職 日 本 給 の 月 額 に から 当 該 割 合 を 控 除 した 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 ( 退 職 手 当 の 調 整 額 ) 第 6 条 の 2 退 職 した 者 に 対 する 退 職 手 当 の 調 整 額 は,その 者 の 基 礎 在 職 期 間 ( 第 5 条 の 2 第 2 項 に 規 定 する 基 礎 在 職 期 間 をいう 以 下 同 じ )の 初 日 の 属 する 月 からその 者 の 基 礎 在 職 期 間 の 末 日 の 属 する 月 までの 各 月 ( 職 員 就 業 規 則 第 11 条 第 1 項 各 号 ( 第 6 号 及 び 第 8 号 を 除 く ) の 規 定 による 休 職 ( 業 務 上 の 傷 病 又 は 通 勤 による 傷 病 による 休 職, 及 び 職 員 を 大 学 で 定 める 法 人 その 他 団 体 の 業 務 に 従 事 させるための 休 職 を 除 く ), 同 規 則 第 33 条 第 1 項 の 規 定 による 育 児 休 業 及 び 同 規 則 第 39 条 第 3 号 の 規 定 による 出 勤 停 止 その 他 これらに 準 ずる 事 由 により 現 実 に 職 務 をとることを 要 しない 期 間 のある 月 ( 現 実 に 職 務 をとることを 要 する 日 のあった 月 を 除 く 以 下 休 職 月 等 という )を 除 く )ごとに, 当 該 各 月 にその 者 が 属 していた 次 の 各 号 に 掲 げる 職 員 の 区 分 に 応 じて 当 該 各 号 に 定 める 額 ( 以 下 調 整 月 額 という )のうちそ の 額 が 最 も 多 いものから 順 次 その 順 位 を 付 し,その 第 1 順 位 から 第 60 順 位 までの 調 整 月 額 ( 当 該 各 月 の 月 数 が 60 月 に 満 たない 場 合 には, 当 該 各 月 の 調 整 月 額 )を 合 計 した 額 とする (1) 第 1 号 区 分 95,400 円 (2) 第 2 号 区 分 78,750 円 (3) 第 3 号 区 分 70,400 円 (4) 第 4 号 区 分 65,000 円 (5) 第 5 号 区 分 59,550 円 (6) 第 6 号 区 分 54,150 円 (7) 第 7 号 区 分 43,350 円 (8) 第 8 号 区 分 32,500 円 (9) 第 9 号 区 分 27,100 円 (10) 第 10 号 区 分 21,700 円 (11) 第 11 号 区 分 零 2 退 職 した 者 の 基 礎 在 職 期 間 に 第 5 条 の 2 第 2 項 第 2 号 から 第 5 号 までに 掲 げる 期 間 が 含 まれる 場 合 における 前 項 の 規 定 の 適 用 については,その 者 は, 当 該 期 間 において 職 員 と して 在 職 していたものとみなして 適 用 させることとする 3 第 1 項 各 号 に 掲 げる 職 員 の 区 分 は, 職 の 職 制 上 の 段 階, 職 務 の, 階 その 他 職 員 の 職 務 の 7 / 24

8 複 雑, 困 難 及 び 責 任 の 度 に 関 する 事 項 を 考 慮 して, 別 表 第 1 のとおりとする 4 次 の 各 号 に 掲 げる 者 に 対 する 退 職 手 当 の 調 整 額 は, 第 1 項 の 規 定 にかかわらず, 当 該 各 号 に 定 める 額 とする (1) 退 職 した 者 ( 第 6 号 に 掲 げる 者 を 除 く 以 下 この 項 において 同 じ )のうち 自 己 都 合 等 退 職 者 以 外 のものでその 勤 続 期 間 が 5 年 以 上 24 年 以 下 のもの 第 1 項 第 1 号 から 第 9 号 まで 又 は 第 11 号 に 掲 げる 職 員 の 区 分 にあっては 当 該 各 号 に 定 める 額, 同 項 第 10 号 に 掲 げる 職 員 の 区 分 にあっては 零 として, 同 項 の 規 定 を 適 用 して 計 算 した 額 (2) 退 職 した 者 のうち 自 己 都 合 等 退 職 者 以 外 のものでその 勤 続 期 間 が 1 年 以 上 4 年 以 下 のもの 前 号 の 規 定 により 計 算 した 額 の 2 分 の 1 に 相 当 する 額 (3) 退 職 した 者 のうち 自 己 都 合 等 退 職 者 以 外 のものでその 勤 続 期 間 が 零 のもの 零 (4) 自 己 都 合 等 退 職 者 でその 勤 続 期 間 が 10 年 以 上 24 年 以 下 のもの 第 1 号 の 規 定 に より 計 算 した 額 の 2 分 の 1 に 相 当 する 額 (5) 自 己 都 合 等 退 職 者 でその 勤 続 期 間 が 9 年 以 下 のもの 零 (6) 次 に 該 当 する 者 第 3 条 から 前 条 までの 規 定 により 計 算 した 退 職 手 当 の 基 本 額 の 100 分 の 6 に 相 当 する 額 イ 退 職 日 本 給 の 月 額 が 特 定 職 本 給 表 第 8 号 給 の 額 に 相 当 する 額 を 超 える 者 その 他 これに 類 する 者 5 前 各 項 に 定 めるもののほか, 調 整 月 額 に 順 位 を 付 す 方 法 その 他 の 本 条 の 規 定 による 退 職 手 当 の 調 整 額 の 計 算 に 関 し 必 要 な 事 項 は, 退 職 手 当 法 施 行 令 を 準 用 する 6 第 4 項 第 6 号 に 定 めるその 他 これに 類 する 者 の 適 用 は, 退 職 手 当 法 施 行 令 第 6 条 の 4 別 表 第 2 を 準 用 する ( 退 職 手 当 の 額 に 係 る 特 例 ) 第 6 条 の 3 第 5 条 第 1 項 に 規 定 する 者 で 次 の 各 号 に 掲 げる 者 に 該 当 するものに 対 する 退 職 手 当 の 額 が, 退 職 の 日 におけるその 者 の 基 本 給 月 額 に 当 該 各 号 に 定 める 割 合 を 乗 じて 得 た 額 に 満 たないときは, 第 2 条 の 4, 第 5 条, 第 5 条 の 2 及 び 前 条 の 規 定 にかかわらず,その 乗 じ て 得 た 額 をその 者 の 退 職 手 当 の 額 とする (1) 勤 続 期 間 1 年 未 満 の 者 100 分 の 270 (2) 勤 続 期 間 1 年 以 上 2 年 未 満 の 者 100 分 の 360 (3) 勤 続 期 間 2 年 以 上 3 年 未 満 の 者 100 分 の 450 (4) 勤 続 期 間 3 年 以 上 の 者 100 分 の 前 項 の 基 本 給 月 額 とは, 本 給 及 び 扶 養 手 当 の 月 額 並 びこれらに 対 する 地 域 手 当, 広 域 異 動 手 当 の 月 額 の 合 計 額 をいう ( 勤 続 期 間 の 計 算 ) 第 7 条 退 職 手 当 の 算 定 の 基 礎 となる 勤 続 期 間 の 計 算 は, 職 員 としての 引 き 続 いた 在 職 期 間 ( 特 命 教 授 等 の 在 職 期 間 を 除 く )による 2 前 項 の 規 定 による 在 職 期 間 の 計 算 は, 職 員 となった 日 の 属 する 月 から 退 職 した 日 又 は 解 雇 し 8 / 24

9 た 日 の 属 する 月 までの 月 数 による 3 職 員 が 退 職 した 場 合 ( 第 10 条 第 1 項 に 該 当 する 場 合 を 除 く )において,その 者 が 退 職 の 日 又 はその 翌 日 に 再 び 職 員 となったときは, 前 2 項 の 規 定 による 在 職 期 間 の 計 算 については, 引 き 続 いて 在 職 したものとみなす 4 前 3 項 の 規 定 による 在 職 期 間 のうちに 休 職 月 等 が 一 以 上 あったときは, 次 の 各 号 に 掲 げる 月 数 を 前 3 項 の 規 定 により 計 算 した 在 職 期 間 から 除 算 する (1) 職 員 就 業 規 則 第 11 条 第 1 項 第 8 号 の 規 定 による 休 職 又 はこれに 準 ずる 事 由 により 現 実 に 勤 務 をとることを 要 しなかった 期 間 については,その 月 数 (2) 職 員 就 業 規 則 第 33 条 第 1 項 の 規 定 による 育 児 休 業 の 期 間 については,その 月 数 の 2 分 の 1 に 相 当 する 月 数 ( 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 が 1 歳 に 達 した 日 の 属 する 月 までの 期 間 につい ては,その 月 数 の 3 分 の 1 に 相 当 する 月 数 ) (3) 職 員 就 業 規 則 第 33 条 第 2 項 の 規 定 による 育 児 短 時 間 勤 務 をした 期 間 については,その 月 数 の 3 分 の 1 に 相 当 する 月 数 (4) 前 3 項 に 掲 げる 以 外 の 現 実 に 職 務 をとることを 要 しなかった 期 間 については, 休 職 月 等 の 月 数 の 2 分 の 1 に 相 当 する 月 数 5 第 1 項 に 規 定 する 職 員 としての 引 き 続 いた 在 職 期 間 には, 他 の 国 立 大 学 法 人, 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人, 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構, 独 立 行 政 法 人 大 学 評 価 学 位 授 与 機 構, 独 立 行 政 法 人 国 立 大 学 財 務 経 営 センター, 放 送 大 学 学 園 ( 旧 独 立 行 政 法 人 メデ ィア 教 育 開 発 センターの 解 散 により 放 送 大 学 学 園 に 引 き 継 がれた 職 員 に 限 る ), 独 立 行 政 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 ( 同 機 構 の 就 業 規 則 に 規 定 する 教 育 職 職 員 に 限 る ), 独 立 行 政 法 人 国 立 青 少 年 教 育 振 興 機 構, 独 立 行 政 法 人 日 本 スポーツ 振 興 センター 及 び 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター( 以 下 他 の 国 立 大 学 法 人 等 という )の 職 員 が 引 き 続 いて 本 学 の 職 員 となったときにおけるその 者 の 他 の 国 立 大 学 法 人 等 の 職 員 としての 引 き 続 いた 在 職 期 間 ( 在 職 期 間 に 通 算 されることとなっていた 期 間 を 含 む )を 含 むものとする ただ し, 当 該 他 の 国 立 大 学 法 人 等 の 退 職 手 当 (これに 相 当 する 給 付 を 含 む )に 関 する 規 定 にお いて, 本 学 との 勤 続 期 間 の 通 算 を 認 めている 場 合 に 限 る また, 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 契 約 職 員 就 業 規 則 で 規 定 する 職 員 及 び 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 診 療 助 手, 医 員, 大 学 院 医 員 及 び 臨 床 研 修 医 就 業 規 則 で 規 定 する 職 員 ( 以 下 契 約 職 員 等 という )が 引 き 続 いて 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 就 業 規 則 で 規 定 する 職 員 となったときにおけるその 者 の 契 約 職 員 等 としての 引 き 続 いた 在 職 期 間 ( 在 職 期 間 に 通 算 されることとなっていた 期 間 を 含 む )は 第 1 項 に 規 定 する 職 員 としての 引 き 続 いた 在 職 期 間 に 含 むものとする 6 前 各 項 の 規 定 により 計 算 した 在 職 期 間 に 1 年 未 満 の 端 数 がある 場 合 には,その 端 数 は, 切 り 捨 てる ただし,その 在 職 期 間 が 6 月 以 上 1 年 未 満 ( 第 3 条 第 1 項 ( 傷 病 又 は 死 亡 による 退 職 に 係 る 部 分 に 限 る ), 第 4 条 第 1 項 又 は 第 5 条 第 1 項 の 規 定 により 退 職 手 当 の 基 本 額 を 計 算 する 場 合 にあっては,1 年 未 満 )の 場 合 には,これを 1 年 とする 7 前 項 の 規 定 は, 第 6 条 の 3 の 規 定 により 退 職 手 当 の 額 を 計 算 する 場 合 における 勤 続 期 間 の 計 9 / 24

10 算 については 適 用 しない ( 国 等 の 機 関 から 復 帰 した 職 員 の 在 職 期 間 の 計 算 ) 第 7 条 の 2 職 員 のうち, 大 学 の 要 請 に 応 じ, 引 き 続 いて 国, 特 定 独 立 行 政 法 人 ( 独 立 行 政 法 人 通 則 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 103 号 ) 第 2 条 第 1 項 に 規 定 する 特 定 独 立 行 政 法 人 をいう 以 下 同 じ ), 地 方 公 共 団 体 ( 退 職 手 当 に 関 する 条 例 等 において, 引 き 続 いて 当 該 地 方 公 共 団 体 に 使 用 される 者 となった 場 合 に, 職 員 としての 勤 続 期 間 を 当 該 地 方 公 共 団 体 に 使 用 される 者 としての 勤 続 期 間 に 通 算 することを 定 めている 地 方 公 共 団 体 に 限 る 以 下 同 じ ) 又 は 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 ( 以 下 退 職 手 当 法 という ) 第 7 条 の 2 第 1 項 に 規 定 する 公 庫 等 ( 退 職 手 当 に 関 する 規 程 等 において, 引 き 続 いて 当 該 公 庫 等 に 使 用 される 者 となった 場 合 に, 職 員 と しての 勤 続 期 間 を 当 該 公 庫 等 に 使 用 される 者 としての 勤 続 期 間 に 通 算 することを 定 めている 公 庫 等 に 限 る )( 以 下 国 等 の 機 関 という )に 使 用 される 者 ( 以 下 国 家 公 務 員 等 と いう )となるため 退 職 をし,かつ, 引 き 続 き 国 家 公 務 員 等 として 在 職 (その 者 がさらに 引 き 続 き 当 該 国 家 公 務 員 等 以 外 の 他 の 国 等 の 機 関 に 係 る 国 家 公 務 員 等 として 在 職 した 場 合 を 含 む )した 後 引 き 続 いて 再 び 職 員 となった 者 の 前 条 第 1 項 の 規 定 による 在 職 期 間 の 計 算 につい ては, 先 の 職 員 としての 在 職 期 間 の 始 期 から 後 の 職 員 としての 在 職 期 間 の 終 期 までの 全 期 間 を 職 員 としての 引 き 続 いた 在 職 期 間 とみなす 2 国 家 公 務 員 等 が, 国 等 の 機 関 の 要 請 に 応 じ, 引 き 続 いて 職 員 となるため 退 職 し,かつ, 引 き 続 いて 職 員 となった 場 合 におけるその 者 の 前 条 第 1 項 に 規 定 する 職 員 としての 引 き 続 いた 在 職 期 間 に,その 者 の 国 家 公 務 員 等 としての 引 き 続 いた 在 職 期 間 を 含 むものとする 3 前 2 項 に 規 定 する 国 等 の 機 関 は, 退 職 手 当 (これに 相 当 する 給 付 を 含 む )に 関 する 規 定 に おいて, 本 学 の 職 員 としての 勤 続 期 間 を 当 該 機 関 に 使 用 される 者 としての 勤 続 期 間 に 通 算 す ることと 定 めている 機 関 に 限 る 4 第 1 項 及 び 第 2 項 の 場 合 における 国 家 公 務 員 等 としての 在 職 期 間 の 計 算 については, 前 条 の 規 定 を 準 用 する 5 職 員 が 第 1 項 の 規 定 に 該 当 する 退 職 をし,かつ, 引 き 続 いて 国 家 公 務 員 等 となった 場 合 又 は 第 2 項 の 規 定 に 該 当 する 職 員 が 退 職 し,かつ, 引 き 続 いて 国 家 公 務 員 等 となった 場 合 におい ては,この 規 定 による 退 職 手 当 は 支 給 しない 6 国 等 の 機 関 の 職 員 が 休 職 等 によりその 身 分 を 保 有 したまま 引 き 続 いて 職 員 となり, 再 び 国 等 の 機 関 へ 復 帰 する 場 合 には, 職 員 としての 在 職 期 間 はなかったものとみなす ( 役 員 との 在 職 期 間 の 通 算 ) 第 8 条 職 員 が, 引 き 続 いて 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 役 員 ( 常 時 勤 務 に 服 することを 要 しな い 者 を 除 く 以 下 役 員 という )となったときは,この 規 則 による 退 職 手 当 は 支 給 し ない 2 第 7 条 第 1 項 に 規 定 する 職 員 としての 引 き 続 いた 在 職 期 間 には, 役 員 が 引 き 続 いて 職 員 となったときにおけるその 者 の 役 員 としての 引 き 続 いた 在 職 期 間 を 含 むものとする 3 前 項 の 場 合 における 役 員 としての 在 職 期 間 の 計 算 については, 第 7 条 第 4 項 の 規 定 を 準 10 / 24

11 用 する ( 役 員 の 在 職 期 間 を 有 する 職 員 の 退 職 手 当 の 額 の 特 例 ) 第 9 条 引 き 続 いた 役 員 の 期 間 を 有 する 職 員 の 退 職 手 当 の 額 は, 第 3 条, 第 4 条, 第 5 条, 第 5 条 の 2, 第 5 条 の 3, 第 5 条 の 4 及 び 第 6 条 にかかわらず, 当 該 職 員 に 係 る 役 員 の 在 職 期 間 について, 当 該 役 員 の 業 績 に 応 じ,これを 増 額 し 又 は 減 額 することができる ( 定 年 前 に 退 職 する 意 思 を 有 する 職 員 の 募 集 等 ) 第 9 条 の 2 学 長 は, 定 年 前 に 退 職 する 意 思 を 有 する 職 員 の 募 集 であって, 次 の 募 集 を 行 う ことができる (1) 職 員 の 年 齢 別 構 成 の 適 正 化 を 図 ることを 目 的 とし, 第 5 条 の 3 第 1 項 で 定 める 年 齢 以 上 の 年 齢 である 職 員 を 対 象 として 行 う 募 集 (2) 組 織 の 改 廃 又 は 事 業 場 の 移 転 を 円 滑 に 実 施 することを 目 的 とし, 当 該 組 織 又 は 事 業 場 に 属 する 職 員 を 対 象 として 行 う 募 集 2 前 項 の 規 定 による 募 集 ( 以 下 募 集 という )を 行 うに 当 たっては, 同 項 各 号 の 別, 第 5 項 の 規 定 により 認 定 を 受 けた 場 合 に 退 職 すべき 日 又 は 期 間, 募 集 の 人 数 及 び 期 間 そ の 他 当 該 募 集 に 関 し 必 要 な 事 項 を 記 載 した 要 項 ( 以 下 募 集 実 施 要 項 という )を 当 該 募 集 の 対 象 となるべき 職 員 に 周 知 しなければならない 3 次 に 掲 げる 者 以 外 の 職 員 は, 募 集 の 期 間 中 いつでも 応 募 し, 第 8 項 第 3 号 に 規 定 する 退 職 すべき 日 が 到 来 するまでの 間 いつでも 応 募 の 取 下 げを 行 うことができる (1) 任 期 を 定 めて 採 用 された 者 (2) 前 項 に 規 定 する 退 職 すべき 日 又 は 期 間 中 に 定 年 に 達 する 者 (3) 本 学 の 役 員 となるために 退 職 する 者 (4) 職 員 就 業 規 則 第 38 条 の 規 定 による 懲 戒 処 分 ( 管 理 又 は 監 督 に 係 る 職 務 を 怠 った 場 合 における 処 分 を 除 く ) 又 はこれに 準 ずる 処 分 を 募 集 の 開 始 の 日 において 受 けている 者 又 は 募 集 の 期 間 中 に 受 けた 者 4 前 項 の 規 定 による 応 募 ( 以 下 応 募 という ) 又 は 応 募 の 取 下 げは 職 員 の 自 発 的 な 意 思 に 委 ねられるものであって, 学 長 は 職 員 に 対 しこれらを 強 制 してはならない 5 学 長 は, 応 募 をした 職 員 ( 以 下 応 募 者 という )について, 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 場 合 を 除 き, 応 募 による 退 職 が 予 定 されている 職 員 である 旨 の 認 定 ( 以 下 認 定 という )をするものとする ただし, 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 しない 応 募 者 の 数 が 第 2 項 に 規 定 する 募 集 の 人 数 を 超 える 場 合 であって, 当 該 場 合 において 認 定 をする 者 の 数 を 当 該 補 修 をする 人 数 の 範 囲 内 に 制 限 するために 必 要 な 方 法 を 定 め, 募 集 実 施 要 項 と 併 せて 周 知 していたときは, 学 長 は, 当 該 方 法 に 従 い, 当 該 募 集 の 人 数 を 超 える 分 の 応 募 者 について 認 定 をしないことができる (1) 応 募 が 募 集 実 施 要 項 又 は 第 3 項 の 規 定 に 適 合 しない 場 合 (2) 応 募 者 が 応 募 をした 後 職 員 就 業 規 則 第 38 条 の 規 定 による 懲 戒 処 分 又 はこれに 準 ずる 処 分 を 受 けた 場 合 11 / 24

12 (3) 応 募 者 が 前 号 に 規 定 する 処 分 を 受 けるべき 行 為 ( 在 職 期 間 中 の 応 募 者 の 非 違 に 当 た る 行 為 であって,その 非 違 の 内 容 及 び 程 度 に 照 らして 当 該 処 分 に 値 することが 明 らか なものをいう )をしたことを 疑 うに 足 りる 相 当 な 理 由 がある 場 合 (4) 応 募 者 を 引 き 続 き 職 務 に 従 事 させることが 大 学 の 能 率 的 運 営 を 確 保 し, 又 は 長 期 的 な 人 事 管 理 を 計 画 的 に 推 進 するために 特 に 必 要 であると 認 める 場 合 6 学 長 は, 認 定 をし, 又 はしない 旨 の 決 定 をしたときは, 遅 滞 なく,その 旨 ( 認 定 をしな い 旨 の 決 定 をした 場 合 においてはその 理 由 を 含 む )を 応 募 者 に 書 面 により 通 知 するもの とする 7 学 長 が 募 集 実 施 要 項 において 退 職 すべき 期 間 を 記 載 した 場 合 には, 認 定 を 行 った 後 遅 滞 なく, 当 該 期 間 内 のいずれかの 日 から 退 職 すべき 期 日 を 定 め, 前 項 の 規 定 により 認 定 を した 旨 を 通 知 した 応 募 者 に 当 該 期 日 を 書 面 により 通 知 するものとする 8 認 定 を 受 けた 応 募 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するときは, 認 定 は,その 効 力 を 失 う (1) 職 員 就 業 規 則 第 38 条 の 規 定 による 諭 旨 解 雇 及 び 懲 戒 解 雇 の 処 分 を 受 けて 退 職 するに 至 ったとき (2) 第 17 条 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定 により 退 職 手 当 を 支 給 しない 場 合 に 該 当 するに 至 っ たとき (3) 募 集 実 施 要 項 に 記 載 された 退 職 すべき 期 日 若 しくは 前 項 の 規 定 により 応 募 者 に 通 知 された 退 職 すべき 期 日 が 到 来 するまでに 退 職 し, 又 はこれらの 期 日 に 退 職 しなかった とき( 前 2 号 に 掲 げるときを 除 く ) (4) 職 員 就 業 規 則 第 38 条 の 規 定 による 懲 戒 処 分 ( 諭 旨 解 雇 及 び 懲 戒 解 雇 の 処 分 並 びに 管 理 又 は 監 督 に 係 る 職 務 を 怠 った 場 合 における 処 分 を 除 く ) 又 はこれに 準 ずる 処 分 を 受 けたとき (5) 第 3 項 の 規 定 により 応 募 を 取 り 下 げたとき ( 懲 戒 解 雇 等 処 分 を 受 けた 場 合 等 の 退 職 手 当 の 支 給 制 限 ) 第 10 条 学 長 は, 懲 戒 解 雇 等 処 分 ( 職 員 就 業 規 則 第 39 条 第 5 号 に 規 定 する 懲 戒 解 雇, 同 条 第 4 号 に 規 定 する 諭 旨 解 雇 その 他 の 職 員 としての 身 分 を 当 該 職 員 の 非 違 を 理 由 として 失 わせる 処 分 をいう 以 下 同 じ )を 受 けて 退 職 をした 者 ( 当 該 退 職 をした 者 が 死 亡 した ときは, 当 該 退 職 に 係 る 退 職 手 当 の 額 の 支 払 を 受 ける 権 利 を 承 継 した 者 )に 対 し, 当 該 退 職 をした 者 が 占 めていた 職 の 職 務 及 び 責 任, 当 該 退 職 をした 者 の 勤 務 の 状 況, 当 該 退 職 をした 者 が 行 った 非 違 の 内 容 及 び 程 度, 当 該 非 違 に 至 った 経 緯, 当 該 非 違 後 における 当 該 退 職 をした 者 の 言 動, 当 該 非 違 が 大 学 の 運 営 に 及 ぼす 支 障 の 程 度, 並 びに 当 該 非 違 が 大 学 に 対 する 社 会 の 信 頼 に 及 ぼす 影 響 等 の 事 情 を 勘 案 して, 当 該 退 職 手 当 の 全 部 又 は 一 部 を 支 給 しないこととする 処 分 を 行 うことができる 2 学 長 は, 前 項 の 規 定 による 処 分 を 行 うときは,その 理 由 を 付 記 した 書 面 により,その 旨 を 当 該 処 分 を 受 けるべき 者 に 通 知 しなければならない 3 学 長 は, 前 項 の 規 定 による 通 知 をする 場 合 において, 当 該 処 分 を 受 けるべき 者 の 所 在 が 12 / 24

13 知 れないときは, 公 示 送 達 をもって 通 知 に 代 えることができる この 場 合 においては, 民 法 第 98 条 第 3 項 の 規 定 により, 公 示 された 日 から 起 算 して 2 週 間 を 経 過 した 日 に, 通 知 が 当 該 処 分 を 受 けるべき 者 に 到 達 したものとみなす ( 退 職 手 当 の 支 払 の 差 止 め) 第 11 条 退 職 をした 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するときは, 学 長 は, 当 該 退 職 をした 者 に 対 し, 当 該 退 職 に 係 る 退 職 手 当 の 額 の 支 払 を 差 し 止 める 処 分 を 行 うものとする (1) 職 員 が 刑 事 事 件 に 関 し 起 訴 ( 当 該 起 訴 に 係 る 犯 罪 について 禁 錮 以 上 の 刑 が 定 められ ているものに 限 り, 刑 事 訴 訟 法 第 6 編 に 規 定 する 略 式 手 続 によるものを 除 く 以 下 同 じ )をされた 場 合 において,その 判 決 の 確 定 前 に 退 職 をしたとき (2) 退 職 した 者 に 対 しまだ 当 該 退 職 手 当 の 額 が 支 払 われていない 場 合 において, 当 該 退 職 をした 者 が 基 礎 在 職 期 間 中 の 行 為 に 係 る 刑 事 事 件 に 関 し 起 訴 をされたとき 2 退 職 した 者 に 対 しまだ 当 該 退 職 に 係 る 退 職 手 当 の 額 が 支 払 われていない 場 合 において, 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するときは, 学 長 は, 当 該 退 職 をした 者 に 対 し, 当 該 退 職 手 当 の 額 の 支 払 を 差 し 止 める 処 分 を 行 うことができる (1) 当 該 退 職 をした 者 の 基 礎 在 職 期 間 中 の 行 為 に 係 る 刑 事 事 件 に 関 して,その 者 が 逮 捕 されたとき 又 は 学 長 がその 者 から 聴 取 した 事 項 若 しくは 調 査 により 判 明 した 事 実 に 基 づきその 者 に 犯 罪 があると 思 料 するに 至 ったときであって,その 者 に 対 し 退 職 手 当 を 支 払 うことが, 大 学 に 対 する 社 会 の 信 頼 を 確 保 する 上 で 支 障 を 生 ずると 認 めるとき (2) 学 長 が, 当 該 退 職 をした 者 について, 当 該 退 職 手 当 の 額 の 算 定 の 基 礎 となる 職 員 と しての 引 き 続 いた 在 職 期 間 中 に 懲 戒 解 雇 等 処 分 を 受 けるべき 行 為 ( 在 職 期 間 中 の 職 員 の 非 違 に 当 たる 行 為 であって,その 非 違 の 内 容 及 び 程 度 に 照 らして 懲 戒 解 雇 等 処 分 に 値 することが 明 らかなものをいう 以 下 同 じ )をしたことを 疑 うに 足 りる 相 当 な 理 由 があると 思 料 するに 至 ったとき 3 死 亡 による 退 職 をした 者 の 遺 族 ( 退 職 をした 者 ( 死 亡 による 退 職 の 場 合 には,その 遺 族 ) が 当 該 退 職 に 係 る 退 職 手 当 の 額 の 支 払 を 受 ける 前 に 死 亡 したことにより 当 該 退 職 手 当 の 額 の 支 払 を 受 ける 権 利 を 承 継 した 者 を 含 む 以 下 この 項 において 同 じ )に 対 しまだ 当 該 退 職 手 当 の 額 が 支 払 われていない 場 合 において, 前 項 第 2 号 に 該 当 するときは, 学 長 は, 当 該 遺 族 に 対 し, 当 該 退 職 手 当 の 額 の 支 払 を 差 し 止 める 処 分 を 行 うことができる 4 前 3 項 の 規 定 による 退 職 手 当 の 額 の 支 払 を 差 し 止 める 処 分 ( 以 下 支 払 差 止 処 分 とい う )のうち, 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定 による 支 払 差 止 処 分 を 行 い, 次 の 各 号 のいずれか に 該 当 するに 至 った 場 合 には, 学 長 は, 速 やかに 当 該 支 払 差 止 処 分 を 取 り 消 さなければ ならない ただし, 第 3 号 に 該 当 する 場 合 において, 当 該 支 払 差 止 処 分 を 受 けた 者 がそ の 者 の 基 礎 在 職 期 間 中 の 行 為 に 係 る 刑 事 事 件 に 関 し 現 に 逮 捕 されているときその 他 これ を 取 り 消 すことが 支 払 差 止 処 分 の 目 的 に 明 らかに 反 すると 認 めるときは,この 限 りでな い (1) 当 該 支 払 差 止 処 分 を 受 けた 者 について, 当 該 支 払 差 止 処 分 の 理 由 となった 起 訴 又 は 13 / 24

14 行 為 に 係 る 刑 事 事 件 につき 無 罪 の 判 決 が 確 定 した 場 合 (2) 当 該 支 払 差 止 処 分 を 受 けた 者 について, 当 該 支 払 差 止 処 分 の 理 由 となった 起 訴 又 は 行 為 に 係 る 刑 事 事 件 につき, 判 決 が 確 定 した 場 合 ( 禁 錮 以 上 の 刑 に 処 せられた 場 合 及 び 無 罪 の 判 決 が 確 定 した 場 合 を 除 く ) 又 は 公 訴 を 提 起 しない 処 分 があった 場 合 であっ て, 次 条 第 1 項 の 規 定 による 処 分 を 受 けることなく, 当 該 判 決 が 確 定 した 日 又 は 当 該 公 訴 を 提 起 しない 処 分 があった 日 から 6 月 を 経 過 した 場 合 (3) 当 該 支 払 差 止 処 分 を 受 けた 者 について,その 者 の 基 礎 在 職 期 間 中 の 行 為 に 係 る 刑 事 事 件 に 関 し 起 訴 をされることなく,かつ, 次 条 第 1 項 の 規 定 による 処 分 を 受 けること なく, 当 該 支 払 差 止 処 分 を 受 けた 日 から 1 年 を 経 過 した 場 合 5 第 3 項 の 規 定 による 支 払 差 止 処 分 を 行 い, 当 該 支 払 差 止 処 分 を 受 けた 者 が 次 条 第 2 項 の 規 定 による 処 分 を 受 けることなく 当 該 支 払 差 止 処 分 を 受 けた 日 から 1 年 を 経 過 した 場 合 には, 学 長 は, 速 やかに 当 該 支 払 差 止 処 分 を 取 り 消 さなければならない 6 前 2 項 の 規 定 は, 学 長 が, 当 該 支 払 差 止 処 分 後 に 判 明 した 事 実 又 は 生 じた 事 情 に 基 づき, 当 該 退 職 手 当 の 額 の 支 払 を 差 し 止 める 必 要 がなくなったとして 当 該 支 払 差 止 処 分 を 取 り 消 すことを 妨 げるものではない 7 前 条 第 2 項 及 び 第 3 項 の 規 定 は, 支 払 差 止 処 分 について 準 用 する ( 退 職 後 禁 錮 以 上 の 刑 に 処 せられた 場 合 等 の 退 職 手 当 の 支 給 制 限 ) 第 12 条 退 職 をした 者 に 対 しまだ 当 該 退 職 に 係 る 退 職 手 当 の 額 が 支 払 われていない 場 合 に おいて, 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するときは, 学 長 は, 当 該 退 職 をした 者 ( 第 1 号 に 該 当 する 場 合 において, 当 該 退 職 をした 者 が 死 亡 したときは, 退 職 手 当 の 額 の 支 払 を 受 ける 権 利 を 承 継 した 者 )に 対 し, 第 10 条 第 1 項 に 定 める 事 情 及 び 同 項 に 規 定 する 退 職 を した 場 合 の 退 職 手 当 の 額 との 権 衡 を 勘 案 して, 当 該 退 職 手 当 の 全 部 又 は 一 部 を 支 給 しな いこととする 処 分 を 行 うことができる (1) 当 該 退 職 をした 者 が 刑 事 事 件 ( 当 該 退 職 後 に 起 訴 された 場 合 にあっては, 基 礎 在 職 期 間 中 の 行 為 に 係 る 刑 事 事 件 に 限 る )に 関 し 当 該 退 職 後 に 禁 錮 以 上 の 刑 に 処 せられた とき (2) 学 長 が, 当 該 退 職 をした 者 について, 当 該 退 職 後 に 当 該 退 職 手 当 の 額 の 算 定 の 基 礎 となる 職 員 としての 引 き 続 いた 在 職 期 間 中 に 懲 戒 解 雇 等 処 分 を 受 けるべき 行 為 をした と 認 めたとき 2 死 亡 による 退 職 をした 者 の 遺 族 ( 退 職 をした 者 ( 死 亡 による 退 職 の 場 合 には,その 遺 族 ) が 当 該 退 職 に 係 る 退 職 手 当 の 額 の 支 払 を 受 ける 前 に 死 亡 したことにより 当 該 退 職 手 当 の 額 の 支 払 を 受 ける 権 利 を 承 継 した 者 を 含 む 以 下 この 項 において 同 じ )に 対 しまだ 当 該 退 職 手 当 の 額 が 支 払 われていない 場 合 において, 前 項 第 2 号 に 該 当 するときは, 学 長 は, 当 該 遺 族 に 対 し, 第 10 条 第 1 項 に 定 める 事 情 を 勘 案 して, 当 該 退 職 手 当 の 全 部 又 は 一 部 を 支 給 しないこととする 処 分 を 行 うことができる 3 学 長 は, 第 1 項 第 2 号 又 は 前 項 の 規 定 による 処 分 を 行 おうとするときは, 当 該 処 分 を 受 14 / 24

15 けるべき 者 の 意 見 を 聴 取 しなければならない 4 第 10 条 第 2 項 及 び 第 3 項 の 規 定 は, 第 1 項 及 び 第 2 項 の 規 定 による 処 分 について 準 用 する 5 支 払 差 止 処 分 に 係 る 退 職 手 当 に 関 し 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定 により 当 該 退 職 手 当 の 一 部 を 支 給 しないこととする 処 分 が 行 われたときは, 当 該 支 払 差 止 処 分 は, 取 り 消 されたも のとみなす ( 退 職 をした 者 の 退 職 手 当 の 返 還 ) 第 13 条 退 職 をした 者 に 対 し 当 該 退 職 に 係 る 退 職 手 当 の 額 が 支 払 われた 後 において, 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するときは, 学 長 は, 当 該 退 職 をした 者 に 対 し, 第 10 条 第 1 項 に 規 定 する 事 情 のほか, 当 該 退 職 をした 者 の 生 計 の 状 況 を 勘 案 して, 当 該 退 職 手 当 の 額 の 全 部 又 は 一 部 の 返 還 を 命 ずる 処 分 を 行 うことができる (1) 当 該 退 職 をした 者 が 基 礎 在 職 期 間 中 の 行 為 に 係 る 刑 事 事 件 に 関 し 禁 錮 以 上 の 刑 に 処 せられたとき (2) 学 長 が, 当 該 退 職 をした 者 について, 当 該 退 職 手 当 の 額 の 算 定 の 基 礎 となる 職 員 と しての 引 き 続 いた 在 職 期 間 中 に 懲 戒 解 雇 等 処 分 を 受 けるべき 行 為 をしたと 認 めたとき 2 前 項 第 2 号 に 該 当 するときにおける 同 項 の 規 定 による 処 分 は, 当 該 退 職 の 日 から 5 年 以 内 に 限 り, 行 うことができる 3 学 長 は, 第 1 項 の 規 定 による 処 分 を 行 おうとするときは, 当 該 処 分 を 受 けるべき 者 の 意 見 を 聴 取 しなければならない 4 第 10 条 第 2 項 の 規 定 は, 第 1 項 の 規 定 による 処 分 について 準 用 する ( 遺 族 の 退 職 手 当 の 返 還 ) 第 14 条 死 亡 による 退 職 をした 者 の 遺 族 ( 退 職 をした 者 ( 死 亡 による 退 職 の 場 合 には,そ の 遺 族 )が 当 該 退 職 に 係 る 退 職 手 当 の 額 の 支 払 を 受 ける 前 に 死 亡 したことにより 当 該 退 職 手 当 の 額 の 支 払 を 受 ける 権 利 を 承 継 した 者 を 含 む 以 下 この 項 において 同 じ )に 対 し 当 該 退 職 手 当 の 額 が 支 払 われた 後 において, 前 条 第 1 項 第 2 号 に 該 当 するときは, 学 長 は, 当 該 遺 族 に 対 し, 当 該 退 職 の 日 から 1 年 以 内 に 限 り, 第 10 条 第 1 項 に 定 める 事 情 の ほか, 当 該 遺 族 の 生 計 の 状 況 を 勘 案 して, 当 該 退 職 手 当 の 額 の 全 部 又 は 一 部 の 返 還 を 請 求 することができる 2 第 10 条 第 2 項 並 びに 前 条 第 3 項 の 規 定 は, 前 項 の 規 定 による 処 分 について 準 用 する ( 退 職 手 当 受 給 者 の 相 続 人 からの 退 職 手 当 相 当 額 の 返 還 ) 第 15 条 退 職 をした 者 ( 死 亡 による 退 職 の 場 合 には,その 遺 族 )に 対 し 当 該 退 職 に 係 る 退 職 手 当 の 額 が 支 払 われた 後 において, 当 該 退 職 手 当 の 額 の 支 払 を 受 けた 者 ( 以 下 この 条 において 退 職 手 当 の 受 給 者 という )が 当 該 退 職 の 日 から 6 月 以 内 に 第 13 条 第 1 項 又 は 前 条 第 1 項 の 規 定 による 処 分 を 受 けることなく 死 亡 した 場 合 ( 次 項 から 第 4 項 まで に 規 定 する 場 合 を 除 く )において, 学 長 が, 当 該 退 職 手 当 の 受 給 者 の 相 続 人 ( 包 括 受 遺 者 を 含 む 以 下 この 条 において 同 じ )に 対 し, 当 該 退 職 の 日 から 6 月 以 内 に, 当 該 退 職 15 / 24

16 をした 者 が 当 該 退 職 手 当 の 額 の 算 定 の 基 礎 となる 職 員 としての 引 き 続 いた 在 職 期 間 中 に 懲 戒 解 雇 等 処 分 を 受 けるべき 行 為 をしたことを 疑 うに 足 りる 相 当 な 理 由 がある 旨 の 通 知 をしたときは, 学 長 は, 当 該 通 知 が 当 該 相 続 人 に 到 達 した 日 から 6 月 以 内 に 限 り, 当 該 相 続 人 に 対 し, 当 該 退 職 をした 者 が 当 該 退 職 手 当 の 額 の 算 定 の 基 礎 となる 職 員 としての 引 き 続 いた 在 職 期 間 中 に 懲 戒 解 雇 等 処 分 を 受 けるべき 行 為 をしたと 認 められることを 理 由 として, 当 該 退 職 手 当 の 額 の 全 部 又 は 一 部 に 相 当 する 額 の 返 還 を 請 求 することができ る 2 退 職 手 当 の 受 給 者 が, 当 該 退 職 の 日 から 6 月 以 内 に 第 13 条 第 3 項 又 は 前 条 第 2 項 の 規 定 により 意 見 を 聴 取 することの 通 知 を 受 けた 場 合 において, 第 13 条 第 1 項 又 は 前 条 第 1 項 の 規 定 による 処 分 を 受 けることなく 死 亡 したとき( 次 項 から 第 4 項 までに 規 定 する 場 合 を 除 く )は, 学 長 は, 当 該 退 職 手 当 の 受 給 者 の 死 亡 の 日 から 6 月 以 内 に 限 り, 当 該 退 職 手 当 の 受 給 者 の 相 続 人 に 対 し, 当 該 退 職 をした 者 が 当 該 退 職 に 係 る 退 職 手 当 の 額 の 算 定 の 基 礎 となる 職 員 としての 引 き 続 いた 在 職 期 間 中 に 懲 戒 解 雇 等 処 分 を 受 けるべき 行 為 をしたと 認 められることを 理 由 として, 当 該 退 職 手 当 の 額 の 全 部 又 は 一 部 に 相 当 する 額 の 返 還 を 請 求 することができる 3 退 職 手 当 の 受 給 者 ( 遺 族 を 除 く 以 下 この 項 及 び 次 項 において 同 じ )が, 当 該 退 職 の 日 から 6 月 以 内 に 基 礎 在 職 期 間 中 の 行 為 に 係 る 刑 事 事 件 に 関 し 起 訴 をされた 場 合 ( 第 11 条 第 1 項 第 1 号 に 該 当 する 場 合 を 含 む 次 項 において 同 じ )において, 当 該 刑 事 事 件 に つき 判 決 が 確 定 することなく,かつ, 第 13 条 第 1 項 の 規 定 による 処 分 を 受 けることなく 死 亡 したときは, 学 長 は, 当 該 退 職 手 当 の 受 給 者 の 死 亡 の 日 から 6 月 以 内 に 限 り, 当 該 退 職 手 当 の 受 給 者 の 相 続 人 に 対 し, 当 該 退 職 をした 者 が 当 該 退 職 に 係 る 退 職 手 当 の 額 の 算 定 の 基 礎 となる 職 員 としての 引 き 続 いた 在 職 期 間 中 に 懲 戒 解 雇 等 処 分 を 受 けるべき 行 為 をしたと 認 められることを 理 由 として, 当 該 退 職 手 当 の 額 の 全 部 又 は 一 部 に 相 当 する 額 の 返 還 を 請 求 することができる 4 退 職 手 当 の 受 給 者 が, 当 該 退 職 の 日 から 6 月 以 内 に 基 礎 在 職 期 間 中 の 行 為 に 係 る 刑 事 事 件 に 関 し 起 訴 をされた 場 合 において, 当 該 刑 事 事 件 に 関 し 禁 錮 以 上 の 刑 に 処 せられた 後 において 第 13 条 第 1 項 の 規 定 による 処 分 を 受 けることなく 死 亡 したときは, 学 長 は, 当 該 退 職 手 当 の 受 給 者 の 死 亡 の 日 から 6 月 以 内 に 限 り, 当 該 退 職 手 当 の 受 給 者 の 相 続 人 に 対 し, 当 該 退 職 をした 者 が 当 該 刑 事 事 件 に 関 し 禁 錮 以 上 の 刑 に 処 せられたことを 理 由 と して, 当 該 退 職 手 当 の 額 の 全 部 又 は 一 部 に 相 当 する 額 の 返 還 を 請 求 することができる 5 前 各 項 の 規 定 による 処 分 に 基 づき 返 還 する 金 額 は, 第 10 条 第 1 項 に 定 める 事 情 のほか, 当 該 退 職 手 当 の 受 給 者 の 相 続 財 産 の 額, 当 該 退 職 手 当 の 受 給 者 の 相 続 財 産 の 額 のうち 前 各 項 の 規 定 による 処 分 を 受 けるべき 者 が 相 続 又 は 遺 贈 により 取 得 をした 又 は 取 得 をする 見 込 みである 財 産 の 額, 当 該 退 職 手 当 の 受 給 者 の 相 続 人 の 生 計 の 状 況 及 び 当 該 退 職 手 当 に 係 る 租 税 の 額 等 の 事 情 を 勘 案 して 定 めるものとする この 場 合 において, 当 該 相 続 人 が 2 人 以 上 あるときは, 各 相 続 人 が 返 還 する 金 額 の 合 計 額 は, 当 該 退 職 手 当 の 額 を 超 え 16 / 24

17 ることとなってはならない 6 第 10 条 第 2 項 並 びに 第 13 条 第 3 項 の 規 定 は, 第 1 項 から 第 4 項 までの 規 定 による 処 分 について 準 用 する ( 役 員 会 等 の 審 査 ) 第 16 条 学 長 は, 第 12 条 第 1 項 第 2 号 若 しくは 第 2 項, 第 13 条 第 1 項, 第 14 条 第 1 項 又 は 前 条 第 1 項 から 第 4 項 までの 規 定 による 処 分 ( 以 下 この 条 において 退 職 手 当 の 支 給 制 限 等 の 処 分 という )を 行 おうとするときは, 役 員 会 において 審 査 しなければなら ない 2 役 員 会 は, 第 12 条 第 2 項, 第 14 条 第 1 項 又 は 前 条 第 1 項 から 第 4 項 までの 規 定 による 処 分 を 受 けるべき 者 から 申 立 てがあった 場 合 には, 当 該 処 分 を 受 けるべき 者 に 口 頭 で 意 見 を 述 べる 機 会 を 与 えなければならない 3 役 員 会 は, 必 要 があると 認 める 場 合 には, 退 職 手 当 の 支 給 制 限 等 の 処 分 に 係 る 事 件 に 関 し, 当 該 処 分 を 受 けるべき 者 又 は 学 長 にその 主 張 を 記 載 した 書 面 又 は 資 料 の 提 出 を 求 め ること, 適 当 と 認 める 者 にその 知 っている 事 実 の 陳 述 又 は 鑑 定 を 求 めることその 他 必 要 な 調 査 をすることができる 4 役 員 会 は, 必 要 があると 認 める 場 合 には, 退 職 手 当 の 支 給 制 限 等 の 処 分 に 係 る 事 件 に 関 し, 関 係 機 関 に 対 し, 資 料 の 提 出, 意 見 の 開 陳 その 他 必 要 な 協 力 を 求 めることができる ( 職 員 が 退 職 した 後 に 引 き 続 き 職 員 となった 場 合 等 における 退 職 手 当 の 不 支 給 ) 第 17 条 職 員 ( 寄 附 講 座 等 教 員 を 除 く 以 下 この 条 において 同 じ )が 退 職 した 場 合 ( 第 10 条 第 1 項 に 該 当 する 場 合 を 除 く )において,その 者 が 退 職 の 日 又 はその 翌 日 に 再 び 職 員 となったときは,この 規 則 による 退 職 手 当 は, 支 給 しない 2 職 員 が, 引 き 続 いて 他 の 国 立 大 学 法 人 等 の 職 員 となるため 退 職 し,かつ, 引 き 続 き 当 該 他 の 国 立 大 学 法 人 等 に 就 職 した 場 合 において,その 者 の 職 員 としての 勤 続 期 間 が, 当 該 他 の 国 立 大 学 法 人 等 の 退 職 手 当 (これに 相 当 する 給 付 を 含 む )に 関 する 規 定 によりその 者 の 当 該 他 の 国 立 大 学 法 人 の 勤 続 期 間 に 通 算 されることに 定 められているときは,この 規 則 による 退 職 手 当 は, 支 給 しない 3 職 員 が, 第 7 条 の 2 第 1 項 の 規 定 に 該 当 する 退 職 をし,かつ, 引 き 続 いて 国 家 公 務 員 等 となった 場 合 又 は 同 条 第 2 項 の 規 定 に 該 当 する 職 員 が 退 職 し,かつ 引 き 続 いて 国 家 公 務 員 等 となった 場 合 においては,この 規 則 の 規 定 による 退 職 手 当 は 支 給 しない ( 端 数 の 処 理 ) 第 18 条 この 規 則 により 計 算 した 確 定 金 額 に 1 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは,これを 切 り 捨 て るものとする ( 実 施 規 定 ) 第 19 条 この 規 則 に 定 めるもののほか 退 職 手 当 の 支 給 に 関 し, 必 要 な 事 項 は 大 学 が 定 める ( 規 則 の 見 直 し) 17 / 24

18 第 20 条 退 職 手 当 法 の 改 正 及 び 本 学 の 業 務 の 実 績 等 を 考 慮 し, 必 要 に 応 じてこの 規 則 を 見 直 す ものとする 附 則 1 この 規 則 は, 平 成 17 年 10 月 1 日 から 施 行 する 2 当 分 の 間,44 年 を 超 える 期 間 勤 続 して 退 職 した 者 で 第 3 条 第 1 項 の 規 定 に 該 当 する 退 職 をした 者 に 対 する 退 職 手 当 の 額 は, 同 項 の 規 定 にかかわらず,その 者 が 第 5 条 の 規 定 に 該 当 する 退 職 をしたものとし,かつ,その 者 の 勤 続 期 間 を 35 年 として 第 5 条 の 4 の 規 定 の 例 により 計 算 して 得 られる 額 とする 3 この 規 則 の 施 行 日 の 前 日 において, 旧 富 山 大 学 法 人, 旧 富 山 医 科 薬 科 大 学 法 人 及 び 旧 高 岡 短 期 大 学 法 人 の 員 であった 者 が, 施 行 日 に 富 山 大 学 法 人 の 職 員 となった 場 合, 施 行 日 前 の 在 職 期 間 ( 在 職 期 間 に 通 算 されることとなっていた 期 間 を 含 む )は 第 7 条 で 定 め る 勤 続 期 間 に 通 算 することができる 4 国 立 大 学 法 人 法 附 則 第 6 条 第 1 項 の 規 定 により 退 職 手 当 が 支 給 されなかった 者 が, 引 き 続 き 職 員 として 在 職 し 退 職 等 した 場 合 には, 平 成 16 年 3 月 31 日 以 前 の 退 職 手 当 法 第 2 条 第 1 項 に 規 定 する 職 員 ( 同 条 第 2 項 に 規 定 する 職 員 を 含 む )として 在 職 した 期 間 を 職 員 の 在 職 期 間 とみなす 5 国 立 大 学 法 人 法 附 則 第 4 条 の 適 用 を 受 けた 者 が, 引 き 続 き 職 員 として 在 職 した 後, 国 家 公 務 員 等 となるため 退 職 等 した 場 合 に 当 該 職 員 としての 在 職 期 間 が 国 家 公 務 員 等 の 在 職 期 間 に 通 算 されることが 定 められているときは,この 規 則 による 退 職 手 当 は 支 給 しない 附 則 この 規 則 は, 平 成 18 年 4 月 1 日 から 施 行 する 第 1 条 この 規 則 による 本 給 の 月 額 については, 退 職 した 者 の 基 礎 在 職 期 間 中 に 本 給 の 月 額 の 減 額 改 定 によりその 者 の 本 給 の 月 額 が 減 額 されたことがある 場 合 において,その 者 の 減 額 後 の 本 給 の 月 額 が 減 額 前 の 本 給 の 月 額 に 達 しない 場 合 にその 差 額 に 相 当 する 額 を 支 給 することとする 規 則 又 はこれに 準 ずる 給 与 細 則 若 しくは 給 与 の 支 給 の 基 準 の 適 用 を 受 けたことがあるときは, 当 該 差 額 を 含 まないものとする ただし, 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 基 本 給 月 額 に 含 まれる 本 給 の 月 額 については,この 限 りでない 第 2 条 職 員 が 新 制 度 適 用 職 員 ( 職 員 であって,その 者 が 新 制 度 切 替 日 以 後 に 退 職 するこ とにより 新 規 則 の 規 定 による 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることとなる 者 をいう 以 下 同 じ ) として 退 職 した 場 合 においてその 者 が 新 制 度 切 替 日 の 前 日 に 現 に 退 職 した 理 由 と 同 一 の 理 由 により 退 職 したものとし,かつ,その 者 の 同 日 までの 勤 続 期 間 及 び 同 日 における 本 給 の 月 額 を 基 礎 として 改 正 前 の 職 員 退 職 手 当 規 則 の 規 定 により 計 算 した 退 職 手 当 の 額 が, 新 規 則 の 規 定 により 計 算 した 退 職 手 当 の 額 ( 以 下 新 規 則 等 退 職 手 当 額 という )より も 多 いときは,これらの 規 定 にかかわらず,その 多 い 額 をもってその 者 に 支 給 すべきこ 18 / 24

19 れらの 規 定 による 退 職 手 当 の 額 とする 2 前 項 の 新 制 度 切 替 日 とは, 次 の 各 号 に 掲 げる 職 員 の 区 分 に 応 じ, 当 該 各 号 に 定 める 日 をいう (1) 施 行 日 の 前 日 及 び 施 行 日 において 職 員 として 在 職 していた 者 施 行 日 (2) 職 員 として 在 職 した 後, 施 行 日 以 後 に 引 き 続 いて 本 学 役 員, 他 の 国 立 大 学 法 人 等 の 職 員 及 び 国 家 公 務 員 等 ( 以 下 本 学 役 員 等 という )として 在 職 した 後 引 き 続 いて 職 員 となったもの(その 者 の 本 学 役 員 等 となった 日 の 前 の 期 間 が 通 算 されな い 者 に 限 る ) 本 学 役 員 等 となった 日 (3) 施 行 日 の 前 日 に 本 学 役 員 等 として 在 職 していた 者 のうち, 本 学 役 員 等 としての 在 職 期 間 を 職 員 としての 在 職 期 間 に 通 算 される 者 施 行 日 (4) 施 行 日 の 前 日 に 本 学 役 員 等 として 在 職 していた 者 のうち 職 員 から 引 き 続 いて 本 学 役 員 等 となった 者 で 本 学 役 員 等 として 在 職 した 後 引 き 続 いて 職 員 となったもの ( 本 学 役 員 等 として 在 職 した 期 間 を 通 算 される 者 に 限 る ) 施 行 日 (5) 前 各 号 に 掲 げる 者 に 準 ずる 者 で 別 に 定 める 者 別 に 定 める 日 3 前 項 第 3 号 及 び 第 4 号 に 掲 げる 者 が 新 制 度 適 用 職 員 として 退 職 した 場 合 における 当 該 退 職 による 退 職 手 当 についての 第 1 項 の 規 定 の 適 用 については, 同 項 中 退 職 したものと し とあるのは 職 員 として 退 職 したものとし と, 勤 続 期 間 とあるのは 勤 続 期 間 として 取 り 扱 われるべき 期 間 と, 本 給 の 月 額 とあるのは 職 員 として 在 職 していたと みなした 場 合 に,その 者 が 新 制 度 切 替 日 の 前 日 において 受 けるべき 本 給 の 月 額 とする なお, 新 制 度 切 替 日 の 前 日 に 本 学 役 員 又 は 独 立 行 政 法 人 役 員 として 在 職 していた 者 の 受 けるべき 本 給 の 月 額 は, 特 定 職 本 給 表 を 適 用 した 場 合 に 受 けるべき 本 給 の 月 額 とする 第 3 条 職 員 が 新 制 度 切 替 日 ( 前 条 第 2 項 に 規 定 する 新 制 度 切 替 日 をいう 以 下 同 じ ) 以 後 平 成 21 年 3 月 31 日 までの 間 に 新 制 度 適 用 職 員 として 退 職 した 場 合 において,その 者 についての 新 規 則 等 退 職 手 当 額 がその 者 の 新 制 度 切 替 日 の 前 日 に 受 けていた 本 給 の 月 額 を 退 職 の 日 の 本 給 の 月 額 とみなして 旧 規 則 の 規 定 により 計 算 した 退 職 手 当 の 額 ( 以 下 旧 規 則 等 退 職 手 当 額 という )よりも 多 いときは,これらの 規 定 にかかわらず, 新 規 則 等 退 職 手 当 額 から 次 の 各 号 に 掲 げる 退 職 した 者 の 区 分 に 応 じ 当 該 各 号 に 定 める 額 を 控 除 し た 額 をもってその 者 に 支 給 すべき 退 職 手 当 の 額 とする (1) 退 職 した 者 でその 勤 続 期 間 が 25 年 以 上 のもの 次 に 掲 げる 額 のうちいずれか 少 ない 額 (その 少 ない 額 が 10 万 円 を 超 える 場 合 には,10 万 円 ) イ 退 職 手 当 の 調 整 額 の 100 分 の5に 相 当 する 額 ロ 新 規 則 等 退 職 手 当 額 から 旧 規 則 等 退 職 手 当 額 を 控 除 した 額 (2) 新 制 度 切 替 日 以 後 平 成 19 年 3 月 31 日 までの 間 に 退 職 した 者 でその 勤 続 期 間 が 24 年 以 下 のもの 次 の 掲 げる 額 のうちいずれか 少 ない 額 (その 少 ない 額 が 100 万 円 を 超 える 場 合 には,100 万 円 ) イ 退 職 手 当 の 調 整 額 の 100 分 の 70 に 相 当 する 額 19 / 24

20 ロ 新 規 則 等 退 職 手 当 額 から 旧 規 則 等 退 職 手 当 額 を 控 除 した 額 (3) 平 成 19 年 4 月 1 日 以 後 平 成 21 年 3 月 31 日 までの 間 に 退 職 した 者 でその 勤 続 期 間 が 24 年 以 下 のもの 次 に 掲 げる 額 のうちいずれか 少 ない 額 (その 少 ない 額 が 50 万 円 を 超 える 場 合 には,50 万 円 ) イ 退 職 手 当 の 調 整 額 の 100 分 の 30 に 相 当 する 額 ロ 新 規 則 等 退 職 手 当 額 から 旧 規 則 等 退 職 手 当 額 を 控 除 した 額 2 前 条 第 2 項 第 3 号 及 び 第 4 号 に 掲 げる 者 が 新 制 度 適 用 職 員 として 退 職 した 場 合 における 当 該 退 職 による 退 職 手 当 についての 前 項 の 規 定 の 適 用 については, 同 項 中 受 けていた 本 給 の 月 額 とあるのは, 受 けていた 本 給 の 月 額 に 相 当 する 額 として 別 に 定 める 額 と する 第 4 条 基 礎 在 職 期 間 の 初 日 が 新 制 度 切 替 日 前 である 者 に 対 する 規 則 第 5 条 の 2 の 規 定 の 適 用 については, 同 条 第 1 項 中 基 礎 在 職 期 間 とあるのは, 基 礎 在 職 期 間 ( 附 則 第 2 条 第 2 項 に 規 定 する 新 制 度 切 替 日 以 後 の 期 間 に 限 る ) とする 2 新 制 度 適 用 職 員 として 退 職 した 者 で,その 者 の 基 礎 在 職 期 間 のうち 新 制 度 切 替 日 以 後 の 期 間 に, 新 制 度 適 用 職 員 以 外 の 職 員 としての 在 職 期 間 が 含 まれるものに 対 する 規 則 第 5 条 の 2 の 規 定 の 適 用 については, 別 に 定 める 第 5 条 退 職 手 当 の 調 整 額 を 計 算 する 場 合 において, 基 礎 在 職 期 間 の 初 日 が 平 成 8 年 4 月 1 日 前 である 者 に 対 する 規 則 第 6 条 の2の 規 定 の 適 用 については, 次 の 表 の 左 欄 に 掲 げる 同 条 の 規 定 中 同 表 の 中 欄 に 掲 げる 字 句 は,それぞれ 同 表 の 右 欄 に 掲 げる 字 句 に 読 み 替 え るものとする 読 み 替 える 規 定 読 み 替 えられる 字 句 読 み 替 える 字 句 第 1 項 その 者 の 基 礎 在 職 期 間 ( 平 成 8 年 4 月 1 日 以 後 のその 者 の 基 礎 在 職 期 間 ( 第 2 項 基 礎 在 職 期 間 平 成 8 年 4 月 1 日 以 後 の 基 礎 在 職 期 間 第 4 項 第 3 号 ロ その 者 の 基 礎 在 職 期 間 平 成 8 年 4 月 1 日 以 後 のその 者 の 基 礎 在 職 期 間 附 則 この 規 則 は, 平 成 19 年 4 月 1 日 から 施 行 する 附 則 この 規 則 は, 平 成 20 年 7 月 8 日 から 施 行 する 附 則 この 規 則 は, 平 成 21 年 4 月 1 日 から 施 行 する 20 / 24

21 附 則 1 この 規 則 は, 平 成 22 年 4 月 1 日 から 施 行 する 2 改 正 後 の 規 定 は,この 規 則 の 施 行 の 日 以 後 の 退 職 に 係 る 退 職 手 当 について 適 用 し, 同 日 前 の 退 職 に 係 る 退 職 手 当 については,なお 従 前 の 例 による 附 則 この 規 則 は, 平 成 23 年 1 月 1 日 から 施 行 する 附 則 この 規 則 は, 平 成 24 年 10 月 1 日 から 施 行 する 附 則 第 1 条 この 規 則 は, 平 成 25 年 2 月 1 日 から 施 行 する 第 2 条 この 規 則 改 正 後 の 平 成 17 年 10 月 1 日 施 行 職 員 退 職 手 当 規 則 附 則 第 2 項 中 44 年 を 42 年 とする 第 3 条 この 規 則 改 正 後 の 平 成 18 年 4 月 1 日 施 行 職 員 退 職 手 当 規 則 附 則 第 2 条 第 1 項 中 退 職 手 当 の 額 が, を 額 ( 当 該 勤 続 期 間 が 43 年 又 は 44 年 の 者 であって, 傷 病 若 しくは 死 亡 によらずにその 者 の 都 合 により 又 は 業 務 によらない 傷 病 により 退 職 したものにあって は,その 者 が 旧 規 則 第 5 条 の 規 定 に 該 当 する 退 職 をしたものとみなし,かつ,その 者 の 当 該 勤 続 期 間 を 35 年 として 旧 規 則 第 7 条 第 1 項 の 規 定 の 例 により 計 算 して 得 られる 額 ) にそれぞれ 100 分 の 87( 当 該 勤 続 期 間 が 20 年 以 上 の 者 (42 年 以 下 の 者 で 傷 病 又 は 死 亡 によらずにその 者 の 都 合 により 退 職 したもの 及 び 37 年 以 上 42 年 以 下 の 者 で 業 務 によら ない 傷 病 により 退 職 したものを 除 く )にあっては,104 分 の 87)を 乗 じて 得 た 額 が, とする 第 4 条 この 規 則 改 正 後 の 第 5 条 の 4 第 1 項 ( 第 5 条 の 4 第 3 項 及 び 平 成 17 年 10 月 1 日 施 行 職 員 退 職 手 当 規 則 附 則 第 2 項 においてその 例 による 場 合 を 含 む ) 及 び 第 5 条 の 4 第 2 項 の 規 定 の 適 用 については, 第 5 条 の 4 第 1 項 中 100 分 の 87 とあるのは, 平 成 25 年 2 月 1 日 から 同 年 9 月 30 日 までの 間 においては 100 分 の 98 と, 同 年 10 月 1 日 か ら 平 成 26 年 6 月 30 日 までの 間 においては 100 分 の 92 とする 第 5 条 この 規 則 改 正 後 の 平 成 18 年 4 月 1 日 施 行 職 員 退 職 手 当 規 則 附 則 第 2 条 第 1 項 の 規 定 の 適 用 については, 同 項 中 100 分 の 87 とあるのは, 平 成 25 年 2 月 1 日 から 同 年 9 月 30 日 までの 間 においては 100 分 の 98 と, 同 年 10 月 1 日 から 平 成 26 年 6 月 30 日 までの 間 においては 100 分 の 92 と, 104 分 の 87 とあるのは, 平 成 25 年 2 月 1 日 から 同 年 9 月 30 日 までの 間 においては 104 分 の 98 と, 同 年 10 月 1 日 から 平 成 26 年 6 月 30 日 までの 間 においては 104 分 の 92 とする 21 / 24

22 附 則 この 規 則 は, 平 成 25 年 12 月 1 日 から 施 行 する 附 則 この 規 則 は, 平 成 26 年 11 月 25 日 から 施 行 する 22 / 24

23 別 表 第 1 イ 平 成 8 年 4 月 1 日 から 平 成 18 年 3 月 31 日 までの 間 の 基 礎 在 職 期 間 における 職 員 の 区 分 表 退 職 手 当 の 調 整 額 算 定 上 の 区 分 の 適 用 範 囲 専 門 職 技 能 職 教 育 職 ( 一 ) 区 分 適 用 範 囲 適 用 範 囲 適 用 範 囲 教 育 職 ( 二 ) 教 育 職 ( 三 ) 医 療 職 ( 一 ) 医 療 職 ( 二 ) 適 用 範 囲 適 用 範 囲 適 用 範 囲 適 用 範 囲 特 定 職 適 用 範 囲 第 1 号 9 号 給 以 上 第 2 号 第 3 号 4 号 給 から 8 号 給 まで 1 号 給 から 3 号 給 まで 第 4 号 (11) (5) Ⅰ 種 かつ 20% (20) 第 5 号 (10) (5) 20% (20) (4) (20) (4) (20) 第 6 号 (9) (5) 上 記 以 外 の 者 (15) (4) Ⅳ 種 14% 以 上 (15) (4) Ⅳ 種 14% 以 上 (15) (8) (7) 第 7 号 (8) (4) 第 8 号 (7) 第 9 号 (6) 第 10 号 第 11 号 (4) 又 は (5) 上 記 以 外 の 者 (6)( 別 に 定 める 者 ) (6)( 第 8 号 区 分 に 掲 げ る 者 を 除 く) (3)( 別 に 定 める 者 ) 又 は(4) 若 し くは(5) 上 記 以 外 の 者 (4) 15% (15) (4) Ⅳ 種 (15) (4) Ⅳ 種 (15) (6) 又 は(7) (6) 上 記 以 外 の 者 (10) (3) Ⅳ 種 (10) (3) Ⅳ 種 (10) (5)( 別 に 定 める 者 ) (5)( 第 8 号 区 分 に 掲 げる 者 を 除 く) (2) *1 (10) (2) *1 (10) (2)( 別 に 定 める 者 ) 又 は (3) 若 しくは (4) 3 (10) (3) Ⅴ 種 以 上 (10) (3) Ⅴ 種 以 上 (10) 2 (5) (2) *2 (5) (2) *2 (5) 1 (2) 上 記 以 外 の 者 (5) (2) 1 1 上 記 以 外 の 者 (5) 上 記 以 外 の 者 (5) (4) (2)( 別 に 定 める 者 ) 又 は(3) 上 記 以 外 の 者 *1 経 験 年 数 30 年 ( 大 学 4 卒 ) 以 上 *2 経 験 年 数 12 年 ( 大 学 4 卒 ) 以 上 ( 注 1) 区 分 の 上 段 の 適 用 は, 平 成 18 年 3 月 31 日 現 在 の 本 学 の 本 給 表 である ( 注 2) 平 成 16 年 4 月 1 日 から 平 成 17 年 9 月 30 日 までの 本 給 表 は, 一 般 職 本 給 表 ( 一 )については 専 門 職 本 給 表 とし, 一 般 職 本 給 表 ( 二 )については 技 能 職 本 給 表 とし, 教 育 職 本 給 表 については 教 育 職 本 給 表 ( 一 ) とし, 医 療 職 本 給 表 については 医 療 職 本 給 表 ( 二 )とし, 指 定 職 本 給 表 については 特 定 職 本 給 表 として,それぞれ 適 用 する ( 注 3) 平 成 8 年 4 月 1 日 から 平 成 16 年 3 月 31 日 までの 本 給 表 は, 行 政 職 俸 給 表 ( 一 )については 専 門 職 本 給 表 とし, 行 政 職 俸 給 表 ( 二 )については 技 能 職 本 給 表 とし, 教 育 職 俸 給 表 については 教 育 職 本 給 表 とし, 医 療 職 俸 給 表 ( 二 )については 医 療 職 本 給 表 ( 一 )とし, 医 療 職 俸 給 表 ( 三 )については 医 療 職 本 給 表 ( 二 )とし, 指 定 職 俸 給 表 については 特 定 職 本 給 表 として,それぞれ 適 用 する 23 / 24

24 別 表 第 1 ロ 平 成 18 年 4 月 1 日 以 降 の 基 礎 在 職 期 間 における 職 員 の 区 分 表 退 職 手 当 の 調 整 額 算 定 上 の 区 分 の 適 用 範 囲 専 門 職 技 能 職 教 育 職 ( 一 ) 教 育 職 ( 二 ) 区 分 第 1 号 第 2 号 第 3 号 (10) 適 用 範 囲 適 用 範 囲 適 用 範 囲 適 用 範 囲 教 育 職 ( 三 ) 医 療 職 ( 一 ) 医 療 職 ( 二 ) 特 定 職 適 用 範 囲 適 用 範 囲 加 算 適 用 範 囲 適 用 範 囲 7 号 給 以 上 1 号 給 から 6 号 給 まで 第 4 号 (9) (5) 第 5 号 (8) (5) 第 6 号 (7) (5) 第 7 号 (6) (4) 第 8 号 (5) 第 9 号 (4) 第 10 号 第 11 号 (3) 上 記 以 外 の 者 (5)( 別 に 定 める 者 ) (5)( 第 8 号 区 分 に 掲 げ る 者 を 除 く) (3)( 別 に 定 める 者 ) 又 は(4) 上 記 以 外 の 者 Ⅰ 種 かつ 20% 20% 上 記 以 外 の 者 (20) (20) (4) (20) (4) (20) (15) (4) Ⅳ 種 14% 以 上 (15) (4) Ⅳ 種 14% 以 上 (15) (8) (7) 15% (15) (4) Ⅳ 種 (15) (4) Ⅳ 種 (15) (6) 又 は(7) (6) (4) 上 記 以 外 (10) (3) Ⅳ 種 (10) (3) Ⅳ 種 (10) (5)( 別 に 定 の 者 める 者 ) (5) (5)( 第 8 号 3 (10) (3) Ⅴ 種 以 上 (10) (3) Ⅴ 種 以 上 (10) 区 分 に 掲 げ る 者 を 除 (4) く) (2) *1 (10) (2) *1 (10) 2 (5) (2) *2 (5) (2) *2 (5) 1 (2) 上 記 以 外 の 者 (5) (2) 1 1 *1 経 験 年 数 30 年 ( 大 学 4 卒 ) 以 上 *2 経 験 年 数 12 年 ( 大 学 4 卒 ) 以 上 上 記 以 外 の 者 (5) (2)( 別 に 定 める 者 ) 又 は(3) 若 し くは(4) 上 記 以 外 の 者 (2)( 別 に 定 める 者 ) 又 は(3) 上 記 以 外 の 者 24 / 24

(6) 31 年 以 上 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の120 2 前 項 に 規 定 する 者 のうち 負 傷 若 しくは 病 気 ( 以 下 傷 病 という 傷 病 は 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 128 号 ) 第 81 条

(6) 31 年 以 上 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の120 2 前 項 に 規 定 する 者 のうち 負 傷 若 しくは 病 気 ( 以 下 傷 病 という 傷 病 は 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 128 号 ) 第 81 条 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 17 年 10 月 3 日 規 程 第 50 号 最 終 改 正 平 成 24 年 10 月 24 日 規 程 第 26 号 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 就

More information

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E>

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E> 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 22 日 規 則 第 23 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 52 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 38 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

Taro-29職員退職手当支給規程

Taro-29職員退職手当支給規程 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 付 け 1 7 水 研 本 第 2 0 5 8 号 改 正 平 成 1 8 年 1 0 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 0 7 7 号 改 正 平 成 1 9 年 4 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 7 8 0 号 改 正 平 成

More information

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4)

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4) 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 施 行 ) ( 平 成 19 年 3 月 1 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 3 月 31 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 5 月 31 日 改 正 ) ( 目 的 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構

More information

27-042職員退職手当規程270401

27-042職員退職手当規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 10 月 1 日 18 規 程 第 39 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 42 号 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則

More information

(3) 勤 続 期 間 が 10 年 以 上 であって 定 年 により 退 職 したとき (4) 勤 続 期 間 が 15 年 以 上 であって 職 務 上 特 に 功 労 があった 者 が 退 職 したとき (5) 前 各 号 に 準 ずる 理 由 により 増 額 する 必 要 があると 理 事

(3) 勤 続 期 間 が 10 年 以 上 であって 定 年 により 退 職 したとき (4) 勤 続 期 間 が 15 年 以 上 であって 職 務 上 特 に 功 労 があった 者 が 退 職 したとき (5) 前 各 号 に 準 ずる 理 由 により 増 額 する 必 要 があると 理 事 独 立 行 政 法 人 国 際 観 光 振 興 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 8 号 ) 改 正 平 成 18 年 3 月 23 日 規 程 第 6 号 平 成 19 年 8 月 10 日 規 程 第 19 号 平 成 20 年 3 月 31 日 規 程 第 22 号 平 成 23 年 3 月 31 日 規 程 第 3 号 平 成 25

More information

< F2D87542D F591DE90458EE893968E788B8B8B4B>

< F2D87542D F591DE90458EE893968E788B8B8B4B> 独 立 行 政 法 人 自 動 車 事 故 対 策 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 機 構 規 程 第 7 号 改 正 平 成 16 年 3 月 24 日 平 成 16 年 機 構 規 程 第 4 号 改 正 平 成 18 年 3 月 27 日 平 成 18 年 機 構 規 程 ( 総 務 ) 第 4 号 改 正 平 成 21 年 3 月 27 日

More information

( 退 職 手 当 の 支 払 ) 第 3 条 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 は 他 の 法 令 に 別 段 の 定 めがある 場 合 又 は 労 使 協 定 に 基 づく 場 合 を 除 き その 全 額 を 通 貨 で 直 接 この 規 程 の 規 定 によりその 支 給 を

( 退 職 手 当 の 支 払 ) 第 3 条 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 は 他 の 法 令 に 別 段 の 定 めがある 場 合 又 は 労 使 協 定 に 基 づく 場 合 を 除 き その 全 額 を 通 貨 で 直 接 この 規 程 の 規 定 によりその 支 給 を 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 4 月 1 日 平 18 規 程 第 12 号 平 成 23 年 3 月 31 日 一 部 改 正 平 成 24 年 12 月 7 日 一 部 改 正 平 成 26 年 3 月 14 日 一 部 改 正 平 成 27 年 3 月 13 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

shokuin-taisyoku

shokuin-taisyoku 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 19 号 ) ( 総 則 ) 第 1 条 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 医 療 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 ( 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 第 2 条 に 規

More information

当 が 支 払 われない 場 合 において 前 項 第 2 号 に 該 当 するときは 機 構 は 当 該 遺 族 に 対 し 第 2 項 に 規 定 する 事 情 を 勘 案 して 当 該 退 職 手 当 の 全 部 又 は 一 部 を 支 給 しないこととする 措 置 を 行 うことができる 5

当 が 支 払 われない 場 合 において 前 項 第 2 号 に 該 当 するときは 機 構 は 当 該 遺 族 に 対 し 第 2 項 に 規 定 する 事 情 を 勘 案 して 当 該 退 職 手 当 の 全 部 又 は 一 部 を 支 給 しないこととする 措 置 を 行 うことができる 5 職 員 退 職 金 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 平 成 15 年 規 程 第 10 号 ) 改 正 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 19 年 規 程 第 7 号 平 成 20 年 5 月 20 日 平 成 20 年 規 程 第 12 号 平 成 22 年 6 月 23 日 平 成 22 年 規 程 第 15 号 平 成 25 年 9 月 30 日 平 成 25

More information

Microsoft Word - 教職員退職手当規程( ).doc

Microsoft Word - 教職員退職手当規程( ).doc 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 - 1-27.4.1 最 終 改 正 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 に 基 づき 就 業 規 則 第 2 条 に 規 定 する 教 職 員 ( 以 下 教

More information

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 国 立 研 究 開 発 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-29 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 20-92 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日

More information

役員退職手当規程

役員退職手当規程 役 員 退 職 手 当 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 5 号 改 正 平 成 16 年 1 月 21 日 規 程 第 21 号 改 正 平 成 23 年 9 月 30 日 規 程 第 17 号 改 正 平 成 25 年 3 月 29 日 規 程 第 10 号 改 正 平 成 27 年 6 月 4 日 規 程 第 4 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立

More information

職員退職手当規程

職員退職手当規程 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 高 エネルギー 加 速 器 研 究 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 1 5 号 改 正 平 成 17 年 3 月 29 日 規 程 第 36 号 改 正 平 成 18 年 3 月 30 日 規 程 第 49 号 改 正 平 成 20 年 3 月 31 日 規 程 第 9 号 改 正 平 成 21 年 3 月

More information

Microsoft Word - 21退職手当規程.doc

Microsoft Word - 21退職手当規程.doc 国 立 大 学 法 人 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 58 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 国 立 大 学 法 人 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 常 時 勤 務 する 職 員 のうち

More information

Microsoft Word 職員退職手当規程.doc

Microsoft Word 職員退職手当規程.doc 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 34 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 する 職 員 が 退 職 ( 死 亡 を

More information

独立行政法人物質・材料研究機構定年制職員退職手当規程

独立行政法人物質・材料研究機構定年制職員退職手当規程 独 立 行 政 法 人 物 質 材 料 研 究 機 構 定 年 制 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 31 日 18 規 程 第 7 号 改 正 : 平 成 19 年 5 月 8 日 19 規 程 第 33 号 改 正 : 平 成 20 年 2 月 18 日 20 規 程 第 7 号 改 正 : 平 成 22 年 3 月 29 日 22 規 程 第 22 号 ( 目 的 )

More information

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 規 程 第 17 号 改 正 平 成 20 年 3 月 26 日 規 程 第 80 号 改 正 平 成 20 年 12 月 10 日 規 程 第 99 号 改 正 平 成 23 年 3 月 31 日 規 程 第 164 号 改 正 平 成 25 年 3 月 27

More information

2004syuki027職員退職手当規程

2004syuki027職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 九 州 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 度 九 大 就 規 第 27 号 制 定 : 平 成 16 年 4 月 1 日 最 終 改 正 : 平 成 27 年 3 月 30 日 ( 平 成 26 年 度 九 大 就 規 第 21 号 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 九 州 大 学 就 業 通 則 ( 平 成 16

More information

Microsoft Word - 12 職員退職手当規程_H 改正_

Microsoft Word - 12 職員退職手当規程_H 改正_ 全 国 健 康 保 険 協 会 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 総 則 ) 第 1 条 全 国 健 康 保 険 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 職 員 ( 全 国 健 康 保 険 協 会 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 20 年 規 程 第 4 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 2 条 に 規 定 する 職 員 を いう )に 対 する 退 職 手 当 の 支 給

More information

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 和 医 大 規 程 第 53 号 最 終 改 正 平 成 26 年 5 月 27 日 和 医 大 規 程 第 14 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 18

More information

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案)

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案) 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 5 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 50 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

Taro-syokuin-taisyoku-teate.JTD

Taro-syokuin-taisyoku-teate.JTD 国 立 大 学 法 人 山 口 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 66 号 改 正 平 成 17 年 1 月 11 日 規 則 第 1 号 平 成 17 年 3 月 24 日 規 則 第 48 号 平 成 18 年 3 月 23 日 規 則 第 38 号 平 成 19 年 3 月 22 日 規 則 第 44 号 平 成 23 年 3 月 31 日

More information

の 親 族 については 職 員 との 親 等 の 近 い 者 を 先 順 位 とする 3 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けるべき 遺 族 のうち 同 順 位 の 者 が2 人 以 上 ある 場 合 には そ の 人 数 によって 等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職

の 親 族 については 職 員 との 親 等 の 近 い 者 を 先 順 位 とする 3 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けるべき 遺 族 のうち 同 順 位 の 者 が2 人 以 上 ある 場 合 には そ の 人 数 によって 等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 機 構 規 程 第 28 号 ) 改 正 平 20.3 機 構 規 程 51 平 21.3 機 構 規 程 111 平 23.3 機 構 規 程 93 平 25.8 機 構 規 程 014 平 27.8 機 構 規 程 22 平 28.3 機

More information

(1) 配 偶 者 ( 届 出 をしないが 教 職 員 の 死 亡 当 時 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にあった 者 を 含 む ) (2) 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 で 教 職 員 の 死 亡 当 時 主 としてその 収 入 によって 生 計 を

(1) 配 偶 者 ( 届 出 をしないが 教 職 員 の 死 亡 当 時 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にあった 者 を 含 む ) (2) 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 で 教 職 員 の 死 亡 当 時 主 としてその 収 入 によって 生 計 を 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 33 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 21 号 以 下 教 職 員 就 業 規 則 という ) 第 44 条 の 規 定 に 基

More information

< F2D904588F591DE90458EE893968B4B91A52E6A7464>

< F2D904588F591DE90458EE893968B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 制 定 平 成 16 年 4 月 7 日 平 成 16 年 規 則 第 41 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 1 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 56 条

More information

< B4B92F F8D F591DE90458EE893968B4B92F FC90B329>

< B4B92F F8D F591DE90458EE893968B4B92F FC90B329> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 1 0 号 最 新 改 正 平 成 24 年 12 月 28 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 管 理 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規

More information

< F2D F591DE90458EE893968B4B92F62E6A7464>

< F2D F591DE90458EE893968B4B92F62E6A7464> 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 事 務 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 54 条 及 び 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 教 員 就 業 規 則 ( 以 下 教 員 就 業 規

More information

本 給 月 額 という )に,その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して, 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする ただし, 大 学 教 員 基 準 日 後 に 退 職 した 大 学 教 員 に 対 する 勤 続 期 間 は,そ

本 給 月 額 という )に,その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して, 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする ただし, 大 学 教 員 基 準 日 後 に 退 職 した 大 学 教 員 に 対 する 勤 続 期 間 は,そ 国 立 大 学 法 人 三 重 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 三 重 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 80 条 の 規 定 に 基 づき, 国 立 大 学 法 人 三 重 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 勤 務 する 職 員 ( 国 立 大 学 法 人 三 重 大

More information

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 16 年 7 月 1 日 規 程 第 8 号 ) 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 総 則 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 に 対 する 退 職 手 当 の 支 給 については この 規 程 の 定 めるところによる

More information

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 73 号 ) 改 正 平 成 23 年 3 月 29 日 10 規 程 第 74 号 改 正 平 成 25 年 2 月 19 日 12 規 程 第 44 号 改 正 平 成 26 年 6 月 3 日 14 規 程 第 01 号 改 正

More information

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 28 年 4 月 1 日 最 終 改 正 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 以 下 就 業 規 則 という ) 第 54 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 滋 賀

More information

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 最 終 改 正 平 成 28 年 3 月 30 日 規 則 第 156 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 73 条 の 規 定

More information

国立大学法人福島大学職員退職手当規程

国立大学法人福島大学職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 20 年 4 月 1 日 平 成 22 年 4 月 1 日 平 成 24 年 4 月 1 日 平 成 25 年 2 月 1 日 平

More information

(3) 16 年 以 上 20 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき100 分 の160 (4) 21 年 以 上 25 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき100 分 の200 (5) 26 年 以 上 30 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき100 分

(3) 16 年 以 上 20 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき100 分 の160 (4) 21 年 以 上 25 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき100 分 の200 (5) 26 年 以 上 30 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき100 分 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 78 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 法 ( 平 成 15 年 法 律 第 112 号 ) 第 35 条 の 規 定 により 準 用 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 103 号 ) 第 50 条

More information

職員退職手当規則【 】

職員退職手当規則【 】 広 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 100 号 広 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 広 島 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 78 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 4 条 及 び 広 島 大 学 船 員 就 業 規

More information

独立行政法人勤労者退職金共済機構職員退職手当規程

独立行政法人勤労者退職金共済機構職員退職手当規程 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 ) 改 正 平 成 18 年 10 月 2 日 改 正 平 成 21 年 12 月 1 日 改 正 平 成 23 年 10 月 1 日 改 正 平 成 26 年 3 月 1 日 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は

More information

Microsoft Word - ac16-8.doc

Microsoft Word - ac16-8.doc 国 立 大 学 法 人 大 分 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 6 年 4 月 日 制 定 平 成 6 年 規 程 第 29 号 ( 趣 旨 ) 第 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 大 分 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 6 年 規 則 第 5 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 8 条 の 規 定 により, 国 立 大 学 法 人 大 分 大 学

More information

<4D F736F F D E8D9197A791E58A C986189CC8E5291E58A778BB F591DE90458EE893968B4B92F62E646F63>

<4D F736F F D E8D9197A791E58A C986189CC8E5291E58A778BB F591DE90458EE893968B4B92F62E646F63> 国 立 大 学 法 人 和 歌 山 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 法 人 和 歌 山 大 学 規 程 第 37 号 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 19 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 法 ( 平 成 15 年 法 律 第 112 号 以 下 法 人 法 という ) 附 則 第 4 条 の

More information

Microsoft Word 日本年金機構職員退職手当規程(規程第36号)

Microsoft Word 日本年金機構職員退職手当規程(規程第36号) 規 程 第 36 号 理 事 長 決 定 平 成 22 年 1 月 1 日 制 定 施 行 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 施 行 平 成 25 年 4 月 1 日 改 正 施 行 平 成 26 年 4 月 1 日 改 正 施 行 日 本 年 金 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 日 本 年 金 機 構 職 員 就 業 規 則 ( 規 程

More information

与 規 則 第 42 条 に 規 定 する 教 職 調 整 額 の 月 額 の 合 計 額 ( 職 員 が 退 職 の 日 において 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 によりその 給 与 (これに 相 当 する 給 与 を 含 む )の 一 部 又 は 全 部 を 支 給 され ない 場

与 規 則 第 42 条 に 規 定 する 教 職 調 整 額 の 月 額 の 合 計 額 ( 職 員 が 退 職 の 日 において 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 によりその 給 与 (これに 相 当 する 給 与 を 含 む )の 一 部 又 は 全 部 を 支 給 され ない 場 国 立 大 学 法 人 筑 波 大 学 職 員 の 退 職 金 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 法 人 規 則 第 8 号 改 正 平 成 16 年 法 人 規 則 第 27 号 平 成 17 年 法 人 規 則 第 28 号 平 成 17 年 法 人 規 則 第 29 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 10 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 25 号 平 成

More information

(4) 勤 続 20 年 を 超 え 30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき 100 分 の 200 (5) 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき 100 分 の 100 ( 退 職 手 当 の 調 整 額 ) 第 5 条 の3 退 職 手

(4) 勤 続 20 年 を 超 え 30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき 100 分 の 200 (5) 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき 100 分 の 100 ( 退 職 手 当 の 調 整 額 ) 第 5 条 の3 退 職 手 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 2 月 29 日 2004 年 ( 総 企 ) 規 程 第 12 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 ( 以 下 機 構 という )

More information

から2.0の 範 囲 内 で 印 刷 局 の 業 務 実 績 に 対 する 評 価 に 応 じて 決 定 する 業 績 勘 案 率 を 乗 じた 額 とする ただし 第 6 条 第 1 項 及 び 第 7 条 後 段 の 規 定 によ り 引 き 続 き 在 職 したものとみなされた 者 の 退 職

から2.0の 範 囲 内 で 印 刷 局 の 業 務 実 績 に 対 する 評 価 に 応 じて 決 定 する 業 績 勘 案 率 を 乗 じた 額 とする ただし 第 6 条 第 1 項 及 び 第 7 条 後 段 の 規 定 によ り 引 き 続 き 在 職 したものとみなされた 者 の 退 職 国 立 印 刷 局 規 則 第 10 号 改 訂 平 15 規 則 第 69 号 改 訂 平 16 規 則 第 4 号 改 訂 平 21 規 則 第 11 号 改 訂 平 24 規 則 第 22 号 改 訂 平 27 規 則 第 11 号 独 立 行 政 法 人 国 立 印 刷 局 役 員 退 職 手 当 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 独 立 行 政 法 人 通 則 法 (

More information

Taro-役員退職手当規程(H27.10改正)HP版

Taro-役員退職手当規程(H27.10改正)HP版 役 員 退 職 手 当 規 程 目 次 第 1 条 総 則 第 2 条 退 職 手 当 の 受 給 者 第 2 条 の2 遺 族 の 範 囲 及 び 順 位 第 3 条 退 職 手 当 の 額 第 4 条 在 職 期 間 の 計 算 第 5 条 再 任 等 の 場 合 の 取 り 扱 い 第 6 条 解 任 された 場 合 の 退 職 手 当 の 支 給 制 限 第 7 条 退 職 手 当 の 支

More information

役員退職金支給規程

役員退職金支給規程 平 成 17 年 10 月 1 日 17( 規 程 ) 第 62 号 ( 改 正 ) 平 成 21 年 12 月 1 日 21( 規 程 ) 第 42 号 ( 改 正 ) 平 成 25 年 3 月 26 日 24( 規 程 ) 第 56 号 ( 改 正 ) 平 成 26 年 6 月 30 日 26( 規 程 ) 第 32 号 ( 改 正 ) 平 成 27 年 4 月 14 日 27( 規 程 ) 第

More information

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 法 ( 平 成 1 5 年 法 律 第 112 号 ) 第 3 5 条 の 規 定 及 び 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう

More information

平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療

平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

となるため 退 職 をし かつ 引 き 続 き 国 家 公 務 員 等 として 在 職 (その 者 が 更 に 引 き 続 き 当 該 国 家 公 務 員 以 外 の 他 の 国 等 の 機 関 に 係 る 国 家 公 務 員 等 として 在 職 した 場 合 を 含 む )した 後 引 き 続 い

となるため 退 職 をし かつ 引 き 続 き 国 家 公 務 員 等 として 在 職 (その 者 が 更 に 引 き 続 き 当 該 国 家 公 務 員 以 外 の 他 の 国 等 の 機 関 に 係 る 国 家 公 務 員 等 として 在 職 した 場 合 を 含 む )した 後 引 き 続 い 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 規 程 第 5 号 最 新 改 正 平 成 27 年 7 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 の 退 職 手 当 について は この 規 程 の 定 めるところによる 2 この

More information

平成28年岩手県条例第8号

平成28年岩手県条例第8号 職 員 の 退 職 手 当 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 をここに 公 布 する 平 成 28 年 3 月 25 日 岩 手 県 知 事 達 増 拓 也 岩 手 県 条 例 第 8 号 職 員 の 退 職 手 当 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 職 員 の 退 職 手 当 に 関 する 条 例 ( 昭 和 28 年 岩 手 県 条 例 第 40

More information

○ 町 村 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 改 正 平 成 9 年 8 月 5 日 条 例 第 6 号 平 成 13 年 1 月 16 日 条 例 第 1 号 平 成 13 年 8 月 1 日 条 例 第 9 号 平 成 8 年 4 月 1 日 条 例 第 11 号 平 成 9 年 10 月 16 日 条 例 第 8 号 平 成 13 年 3 月 28 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年

More information

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 教 職 員 の 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 制 定 平 成 18. 4. 1 規 程 126 最 近 改 正 平 成 27. 7. 1 規 程 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 の 育 児 休 業 育 児

More information

職員退職手当支給条例

職員退職手当支給条例 小 樽 市 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 全 部 改 正 昭 和 36 年 10 月 18 日 条 例 第 31 号 最 近 改 正 平 成 28 年 3 月 23 日 条 例 第 3 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 2 条 の2) 第 2 章 一 般 の 退 職 手 当 ( 第 2 条 の3- 第 9 条 ) 第 3 章 特 別 の 退 職 手 当 ( 第 10

More information

<4D F736F F D2096F088F582CC8B8B975E814191DE90458EE B4997A B794EF82C98AD682B782E98B4B91A E352E3129>

<4D F736F F D2096F088F582CC8B8B975E814191DE90458EE B4997A B794EF82C98AD682B782E98B4B91A E352E3129> 国 立 大 学 法 人 室 蘭 工 業 大 学 役 員 の 給 与, 退 職 手 当, 紀 律, 旅 費 に 関 する 規 則 平 成 16 年 度 室 工 大 規 則 第 9 号 改 正 平 成 16 年 度 室 工 大 規 則 第 125 号 改 正 平 成 16 年 度 室 工 大 規 則 第 164 号 改 正 平 成 17 年 度 室 工 大 規 則 第 25 号 改 正 平 成 17 年

More information

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 38 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 休 暇 等 に 関 す る 規 則 ( 以 下 教 職 員 勤 務 時 間 等 規 則 という ) 第 36

More information

職員退職手当規程

職員退職手当規程 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 36 条 の 規 定 に 基 づき, 職 員 に 対 する 退 職 手 当 の 支 給 に 関 し 必 要 な

More information

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口 国 立 大 学 法 人 横 浜 国 立 大 学 年 俸 制 教 職 員 給 与 規 則 ( 平 成 19 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 ) 改 正 平 成 19 年 11 月 29 日 規 則 第 130 号 平 成 20 年 2 月 28 日 規 則 第 14 号 平 成 20 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 平 成 21 年 5 月 29 日 規 則 第 67 号 平

More information

2 前 項 に 定 める 日 に 支 給 する 給 与 は 総 額 給 与 を12 分 割 した 額 ( 以 下 給 与 月 額 という ) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 及 び 業 績 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務

2 前 項 に 定 める 日 に 支 給 する 給 与 は 総 額 給 与 を12 分 割 した 額 ( 以 下 給 与 月 額 という ) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 及 び 業 績 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 給 与 規 程 ( 平 26 規 程 第 75 号 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 海 洋 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 機 構 とい う )の 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 就 業 規 程 ( 平 25 規 程 第 80 号 以 下 就

More information

(2) 懲 戒 については 戒 告 は 3 ヵ 月 減 給 は 6 ヵ 月 停 職 は 9 ヵ 月 4 病 気 休 暇 休 職 欠 勤 により 勤 務 しなかった 職 員 が 再 び 勤 務 するに 至 った 場 合 において 他 の 職 員 との 均 衡 上 必 要 があると 認 められるときは

(2) 懲 戒 については 戒 告 は 3 ヵ 月 減 給 は 6 ヵ 月 停 職 は 9 ヵ 月 4 病 気 休 暇 休 職 欠 勤 により 勤 務 しなかった 職 員 が 再 び 勤 務 するに 至 った 場 合 において 他 の 職 員 との 均 衡 上 必 要 があると 認 められるときは 財 団 法 人 大 分 県 文 化 スポーツ 振 興 財 団 プロパー 職 員 給 与 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 財 団 法 人 大 分 県 文 化 スポーツ 振 興 財 団 職 員 就 業 規 程 ( 以 下 就 業 規 程 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき プロパー 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする

More information

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就

More information

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職 公 益 社 団 法 人 全 国 市 有 物 件 災 害 共 済 会 職 員 の 育 児 休 業 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 平 成 24 年 10 月 15 日 制 定 平 成 25 年 10 月 21 日 一 部 改 正 平 成 26 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 目 的 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という

More information

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 大 和 市 条 例 第 4 号 )の 一 部 を 次 のよ うに 改 正 する 第 1 条 中 第 8 条 の 次 に 第 10 条 第 1 項 及 び 第 2 項 第 14 条 及 び 第 15 条 (こ れらの

More information

Microsoft Word - 制度の概要_ED.docx

Microsoft Word - 制度の概要_ED.docx 退 職 手 当 制 度 について 制 度 の 概 要 1 退 職 手 当 の 支 給 根 拠 退 職 手 当 は 地 方 自 治 法 第 204 条 第 2 項 ( 諸 手 当 )の 規 定 に 基 づき 地 方 公 共 団 体 が 職 員 に 支 給 する 手 当 の 一 つです 同 条 第 3 項 において その 額 及 びその 支 給 方 法 は 条 例 で 定 めなければならな いとしており

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

○00106 年俸制適用職員給与規則( 改正)

○00106 年俸制適用職員給与規則( 改正) 国 立 大 学 法 人 熊 本 大 学 年 俸 制 適 用 職 員 給 与 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 7 条 ) 第 2 章 基 本 年 俸 給 の 決 定 ( 第 8 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 業 績 給 ( 第 12 条 第 13 条 ) 第 4 章 手 当 ( 第 14 条 - 第 40 条 ) 第 5 章 給 与 の 特 例 等 ( 第 41 条

More information

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例 共 立 蒲 原 総 合 病 院 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 平 成 4 年 3 月 2 6 日 条 例 第 1 号 改 正 平 成 7 年 3 月 16 日 条 例 第 2 号 平 成 13 年 3 月 26 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年 12 月 24 日 条 例 第 8 号 平 成 21 年 3 月 19 日 条 例 第 5 号 平 成 22 年 9

More information

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで 定 年 後 再 雇 用 職 員 就 業 規 則 01- 一 般 -00006 平 成 13 年 4 月 1 日 改 正 03- 一 般 -00030 平 成 15 年 12 月 4 日 改 正 06- 一 般 -00117 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 09- 一 般 -00109 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 10- 一 般 -00258 平 成 22 年 6 月 30 日

More information

Microsoft Word - 04特定任期付職員(特任事務)給与規程【溶込】

Microsoft Word - 04特定任期付職員(特任事務)給与規程【溶込】 特 定 任 期 付 職 員 ( 特 定 事 務 ) 給 与 規 程 平 成 20 年 3 月 31 日 平 成 19 年 度 規 程 第 56 号 一 部 改 正 平 成 21 年 3 月 31 日 平 成 20 年 度 規 程 第 45 号 一 部 改 正 平 成 21 年 12 月 1 日 平 成 21 年 度 規 程 第 42 号 一 部 改 正 平 成 22 年 3 月 31 日 平 成 21

More information

退職手当とは

退職手当とは 第 3 退 職 手 当 について 1 退 職 手 当 とは 退 職 手 当 は 教 職 員 が 退 職 ( 又 は 死 亡 )した 場 合 に その 者 又 は 遺 族 に 一 時 金 として 支 給 される 給 与 で 給 料 の 補 充 的 な 性 格 をもつ 他 の 手 当 とは 異 なり 勤 続 報 償 的 な 性 格 を 有 する 手 当 であ って その 取 扱 いは 教 職 員 及 び

More information

育児・介護休業等に関する規則

育児・介護休業等に関する規則 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 則 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 ( 以 下 本 会 という )の 職 員 の 育 児 介 護 休 業 子 の 看 護 休 暇 介 護 休 暇 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 制 限

More information

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63>

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63> 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 勤 務 時 間, 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 す る 規 程 ( 以 下 勤 務 時 間 規 程 という ) 第 28 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき, 国 立 大 学 法

More information

公平委員会設置条例

公平委員会設置条例 熊 本 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 熊 本 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 19 年 条 例 第 13 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 1 条 中 法 を 育 児 休 業 法 に 改 め

More information

公立大学法人秋田県立大学給与規程(案)

公立大学法人秋田県立大学給与規程(案) 公 立 大 学 法 人 秋 田 県 立 大 学 給 与 規 程 平 成 18 年 4 月 1 日 規 程 第 19 号 改 正 平 成 20 年 4 月 1 日 改 正 平 成 21 年 1 月 17 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 8 月 4 日 改 正 平 成 22 年 10 月 1 日 改 正 平 成 22 年 12 月 22 日 改 正 平 成 23

More information

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例 東 近 江 行 政 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 改 正 平 成 6 年 12 月 27 日 条 例 第 5 号 平 成 10 年 3 月 12 日 条 例 第 1 号 平 成 11 年 12 月 24 日 条 例 第 7 号 平 成 13 年 3 月 19 日 条 例 第 3 号 平 成 14 年 3 月 11 日 条 例 第 5 号 平 成 18 年 3 月 16

More information

国立大学法人 東京医科歯科大学教職員就業規則

国立大学法人 東京医科歯科大学教職員就業規則 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 育 児 休 業 等 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 3 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 37 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 国

More information

Microsoft Word - 基金規約(新).docx

Microsoft Word - 基金規約(新).docx 第 6 章 給 付 第 1 節 通 則 ( 給 付 の 種 類 ) 第 47 条 この 基 金 が 行 う 給 付 は 次 のとおりとする (1) 第 1 種 退 職 年 金 (2) 第 2 種 退 職 年 金 (3) 遺 族 一 時 金 (4) 退 職 一 時 金 ( 裁 定 ) 第 48 条 給 付 を 受 ける 権 利 は その 権 利 を 有 する 者 ( 以 下 受 給 権 者 という )の

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

議案第   号

議案第   号 議 案 第 149 号 宝 塚 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 制 定 について 宝 塚 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のとおり 制 定 するもの とする 平 成 26 年 (2014 年 )12 月 9 日 提 出 宝 塚 市 長 中 川 智 子 宝 塚 市

More information

- 141 - 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 6 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 規 則 第 14-1 号 以 下 育 児 休 業 規 則 という ) 第 1 条 の2の 育 児 休

- 141 - 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 6 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 規 則 第 14-1 号 以 下 育 児 休 業 規 則 という ) 第 1 条 の2の 育 児 休 - 140 - 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 12 月 24 日 法 律 第 110 号 ) 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 新 潟 県 条 例 第 4 号 ) 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 4 年 3 月 30 日 人 委 規 則 第 14-1 号 ) 育 児 休

More information

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 34 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 育 児 休 業 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 免 除 時 間 外 労 働 及 び 深 夜 業 の 制 限 並

More information

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という )

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という ) 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 3 日 平 成 21 年 6 月 23 日 平 成 22 年 3 月 19 日 平 成 22 年 11 月 30 日 平 成 23 年 3 月 29 日 平 成 24 年 3 月 30 日 平 成 26 年 12 月

More information

Taro-◆220630育児休業規程.jtd

Taro-◆220630育児休業規程.jtd 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 規 程 第 36 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 41 条 および 公 立 大 学 法 人 滋 賀

More information

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和 福 山 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 家 庭 の 所 得 状 況 に 応 じて 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るとともに, 公 私 立 幼 稚 園 間 の 保 護 者 負 担 の 格 差 の 是 正 を 図 るため, 予 算 の 範 囲 内 において 福 山 市 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨

More information

<4D F736F F D2088E78E998B788BC C98AD682B782E98B4B92F62E646F63>

<4D F736F F D2088E78E998B788BC C98AD682B782E98B4B92F62E646F63> 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 (2) 子 が1 歳 に 達 する 日 を 超 えて 雇 用 関 係 が 継 続 することが 見 込 まれること (3) 子 が1 歳 に 達 する 日 から1 年 を 経 過 する 日 までに 労 働 契 約 期 間 が 満 了 し 更 新 されないことが 明 らかでないこと 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 学 校 法 人

More information

5 次 のいずれにも 該 当 する 従 業 員 は 子 が1 歳 6ヶ 月 に 達 するまでの 間 で 必 要 な 日 数 について 育 児 休 業 をするこ とができる なお 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 日 は 原 則 として 子 の1 歳 の 誕 生 日 に 限 るものとする (1

5 次 のいずれにも 該 当 する 従 業 員 は 子 が1 歳 6ヶ 月 に 達 するまでの 間 で 必 要 な 日 数 について 育 児 休 業 をするこ とができる なお 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 日 は 原 則 として 子 の1 歳 の 誕 生 日 に 限 るものとする (1 育 児 介 護 休 業 規 定 第 1 章 目 的 第 1 条 ( 目 的 ) 本 規 定 は 従 業 員 の 育 児 介 護 休 業 育 児 介 護 のための 時 間 外 労 働 および 深 夜 業 の 制 限 並 びに 育 児 介 護 短 時 間 勤 務 等 に 関 する 取 り 扱 いについて 定 めるものである ( 適 用 対 象 者 ) 第 2 章 育 児 休 業 制 度 第 2 条 育

More information

27-045人事規程270401

27-045人事規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 人 事 規 程 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 17 規 程 第 21 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 45 号 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規

More information

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活 西 宮 市 外 国 人 等 高 齢 者 特 別 給 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 制 度 上 国 籍 要 件 があったために 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできなかった 外 国 人 ( 外 国 人 登 録 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 125 号 )に 規 定 する 外 国 人 で 本 市 を 居 住 地

More information

Taro-%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E8%81%B

Taro-%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E8%81%B 務 第 864 号 会 第 972 号 平 成 23 年 12 月 28 日 各 所 属 長 殿 岐 阜 県 警 察 本 部 長 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 要 領 の 制 定 について これまで 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについては 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 いに ついて ( 平 成 22 年 9 月 1 日 付 け 務

More information

事務連絡

事務連絡 Ⅰ 本 組 合 退 職 手 当 条 例 等 の 一 部 改 正 概 要 について 1 改 正 概 要 退 職 給 付 における 官 民 較 差 ( 平 均 402.6 万 円 )の 解 消 を 図 るための 国 家 公 務 員 の 退 職 手 当 の 支 給 水 準 引 下 げに 準 じ 本 組 合 退 職 手 当 条 例 本 則 の 規 定 により 計 算 した 退 職 手 当 の 基 本 額 に

More information

国立大学法人東京医科歯科大学職員の労働時間、休暇等に関する規則(案)

国立大学法人東京医科歯科大学職員の労働時間、休暇等に関する規則(案) 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 の 労 働 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 3 号 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という

More information

取 り 消 された 後 当 該 産 前 の 休 業 又 は 出 産 に 係 る 子 若 しくは 同 号 に 規 定 する 承 認 に 係 る 子 が 死 亡 し 又 は 養 子 縁 組 等 により 職 員 と 別 居 することとなったこと (2) 育 児 休 業 をしている 職 員 が 休 職 又

取 り 消 された 後 当 該 産 前 の 休 業 又 は 出 産 に 係 る 子 若 しくは 同 号 に 規 定 する 承 認 に 係 る 子 が 死 亡 し 又 は 養 子 縁 組 等 により 職 員 と 別 居 することとなったこと (2) 育 児 休 業 をしている 職 員 が 休 職 又 群 馬 県 市 町 村 会 館 管 理 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 平 成 5 年 4 月 1 日 条 例 第 2 号 改 正 平 成 5 年 6 月 8 日 条 例 第 1 号 平 成 7 年 3 月 31 日 条 例 第 4 号 平 成 12 年 2 月 15 日 条 例 第 1 号 平 成 12 年 11 月 10 日 条 例 第 2 号 平 成 14 年 2

More information

(2) 広 島 国 際 学 院 大 学 ( 以 下 大 学 という ) (3) 広 島 国 際 学 院 大 学 自 動 車 短 期 大 学 部 ( 以 下 短 大 という ) (4) 広 島 国 際 学 院 高 等 学 校 ( 以 下 高 校 という ) ( 学 納 金 の 種 類 ) 第 3 条

(2) 広 島 国 際 学 院 大 学 ( 以 下 大 学 という ) (3) 広 島 国 際 学 院 大 学 自 動 車 短 期 大 学 部 ( 以 下 短 大 という ) (4) 広 島 国 際 学 院 高 等 学 校 ( 以 下 高 校 という ) ( 学 納 金 の 種 類 ) 第 3 条 学 生 生 徒 等 の 納 入 金 に 関 する 規 則 平 成 15 年 12 月 16 日 規 則 第 19 号 沿 革 1 平 成 17 年 5 月 17 日 改 正 2 平 成 17 年 10 月 3 日 改 正 3 平 成 18 年 1 月 25 日 改 正 5 平 成 21 年 9 月 16 日 改 正 7 平 成 22 年 2 月 12 日 改 正 9 平 成 23 年 12 月 6

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 (

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 ( 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについての 改 正 について 平 成 23 年 8 月 1 日 通 達 ( 務 人 ) 第 44 号 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 110 号 以 下 法 という )の 改 正 に 鑑 み このたび 山 梨 県 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 山 梨 県 条

More information

件名

件名 湖 北 地 域 消 防 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 趣 旨 ) 平 成 18 年 4 月 1 日 条 例 第 15 号 改 正 平 成 20 年 3 月 3 日 条 例 第 2 号 平 成 22 年 3 月 29 日 条 例 第 5 号 平 成 22 年 8 月 26 日 条 例 第 8 号 平 成 22 年 11 月 25 日 条 例 第 12 号 平 成 23

More information

240709

240709 綾 瀬 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 障 害 者 等 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 の 高 齢 者 障 害 者 等 に 福 祉 給 付 金 を 支 給 し 福 祉 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該

More information

19

19 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 19 年 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 規 則 第 2 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 33 条 の 規 定 に 基 づき 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 (

More information

人 に 使 用 される 者 としての 勤 続 期 間 を 当 該 職 員 となつた 者 の 職 員 としての 勤 続 期 間 に 通 算 することと 定 められている 法 人 に 限 る )をいう 3 第 一 項 の 退 職 手 当 通 算 予 定 職 員 とは 任 命 権 者 又 はその 委 任

人 に 使 用 される 者 としての 勤 続 期 間 を 当 該 職 員 となつた 者 の 職 員 としての 勤 続 期 間 に 通 算 することと 定 められている 法 人 に 限 る )をいう 3 第 一 項 の 退 職 手 当 通 算 予 定 職 員 とは 任 命 権 者 又 はその 委 任 地 方 公 務 員 法 ( 抜 粋 ) 第 六 節 の 二 退 職 管 理 ( 再 就 職 者 による 依 頼 等 の 規 制 ) 第 三 十 八 条 の 二 職 員 ( 臨 時 的 に 任 用 された 職 員 条 件 付 採 用 期 間 中 の 職 員 及 び 非 常 勤 職 員 ( 第 二 十 八 条 の 五 第 一 項 に 規 定 する 短 時 間 勤 務 の 職 を 占 める 職 員 を 除

More information

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱 防 府 市 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 齢 者 のうち 国 民 年 金 制 度 上 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできない 在 日 外 国 人 及 び 帰 国 者 等 に 対 し 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 ( 以 下 給 付 金 という )を

More information

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 21 年 7 月 3 日 決 裁 )の 全 部 を 改 正 する ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るため 私 立 幼 稚 園 又 は 無 認 可 幼 稚 園 に 在 園 する

More information