本:燧 xdw

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "本:燧 xdw"

Transcription

1 燧 灘 沿 岸 海 岸 保 全 基 本 計 画 平 成 27 年 9 月 愛 媛 県

2 目 次 序 論 海 岸 保 全 基 本 計 画 策 定 にあたって 1. 燧 灘 沿 岸 の 概 要 序 燧 灘 沿 岸 の 区 域 序 燧 灘 沿 岸 の 海 岸 保 全 に 関 する 基 本 理 念 序 -3 第 1 編 燧 灘 沿 岸 海 岸 保 全 基 本 計 画 ( 愛 媛 県 域 ) 第 1 章 海 岸 の 保 全 に 関 する 事 項 1. 海 岸 の 防 護 に 関 する 事 項 海 岸 環 境 の 整 備 及 び 保 全 に 関 する 事 項 海 岸 における 公 衆 の 適 正 な 利 用 に 関 する 事 項 第 2 章 海 岸 保 全 施 設 整 備 に 関 する 事 項 1. 海 岸 保 全 施 設 の 新 設 又 は 改 良 に 関 する 事 項 海 岸 保 全 施 設 を 新 設 又 は 改 良 しようとする 区 域 海 岸 保 全 施 設 の 種 類 規 模 及 び 配 置 海 岸 保 全 施 設 による 受 益 の 地 域 及 びその 状 況 海 岸 保 全 施 設 の 維 持 又 は 修 繕 に 関 する 事 項 海 岸 保 全 施 設 の 存 する 区 域 海 岸 保 全 施 設 の 種 類 規 模 及 び 配 置 海 岸 保 全 施 設 の 維 持 又 は 修 繕 の 方 法 第 2 編 燧 灘 沿 岸 海 岸 保 全 基 本 計 画 ( 香 川 県 域 ) ( 省 略 )

3 序 論 海 岸 保 全 基 本 計 画 策 定 にあたって 1. 燧 灘 沿 岸 の 概 要 燧 灘 沿 岸 は 愛 媛 県 高 縄 半 島 先 端 の 錨 掛 ノ 鼻 から 香 川 県 荘 内 半 島 先 端 の 三 崎 に 至 る 瀬 戸 内 海 に 面 した 沿 岸 で 四 国 の 陸 地 部 と しまなみ 海 道 が 渡 る 島 しょ 部 に 大 きく 区 分 される 多 島 美 を 誇 る 沿 岸 西 部 の 島 しょ 部 周 辺 と 風 光 明 媚 な 海 岸 線 が 残 さ れる 沿 岸 東 部 の 荘 内 半 島 周 辺 は それぞれ 瀬 戸 内 海 国 立 公 園 の 指 定 を 受 けている 瀬 戸 内 海 に 面 する 当 沿 岸 の 陸 地 部 では 海 岸 が 遠 浅 であるた めに 江 戸 時 代 以 降 何 回 かにわたって 干 拓 が 進 められ その 後 近 世 において 工 業 地 帯 が 形 成 されている 一 方 今 治 市 の 桜 井 海 岸 や 志 島 ヶ 原 海 岸 観 音 寺 市 の 有 明 海 岸 など 日 本 の 渚 100 選 や 日 本 の 白 砂 青 松 100 選 に 選 ばれる 美 しい 砂 浜 海 岸 も 多 く カブトガニ 繁 殖 地 や 加 茂 川 河 口 西 干 潟 有 明 浜 の 砂 丘 植 生 など 豊 かな 自 然 も 多 く 残 されている また こうした 砂 浜 海 岸 を 中 心 に 海 水 浴 などのレクリエーシ ョン 活 動 も 盛 んな 地 域 である しまなみ 海 道 桜 井 海 岸 変 化 に 富 んだ 多 島 海 特 有 の 美 しい 景 観 を 有 している 島 しょ 部 は タイやヒラメなど 高 級 魚 の 産 地 となっているなど 漁 業 が 盛 んな 地 域 であるとともに 歴 史 的 な 海 上 交 通 の 要 所 であるこ とから 村 上 水 軍 に 関 わる 歴 史 的 文 化 財 が 多 く 残 されている また しまなみ 海 道 により 交 通 環 境 は 飛 躍 的 に 向 上 してお り この 整 備 効 果 と 豊 かな 自 然 を 活 かした 観 光 振 興 が 進 められ ている 台 風 等 による 被 害 は 比 較 的 少 ないものの 高 潮 偏 差 が 大 きい ため 高 潮 波 浪 による 浸 水 被 害 の 危 険 性 は 高 い また 沿 岸 一 帯 の 地 層 は 沖 積 層 が 大 半 を 占 めるため 地 震 時 における 液 状 化 の 発 生 が 予 想 され 津 波 高 は 比 較 的 低 いも のの 堤 防 等 が 沈 下 や 倒 壊 した 場 合 地 震 発 生 直 後 から 浸 水 の 危 険 性 が 高 い 昭 和 南 海 地 震 からすでに70 年 近 くが 経 過 し 2014 年 1 月 には 地 震 調 査 研 究 本 部 から 南 海 トラフを 震 源 とするマグニチュード8~9クラスの 地 震 発 生 確 率 が 今 後 30 年 以 内 で70% 程 度 と 公 表 されるなど 地 震 津 波 対 策 の 必 要 性 が 高 まっている 海 水 浴 荷 内 海 岸 このように 燧 灘 沿 岸 は 豊 かな 自 然 と 文 化 が 残 され 産 業 レクリエーションが 活 発 な 地 域 であるが 高 潮 波 浪 や 地 震 津 波 による 浸 水 被 害 の 危 険 性 が 高 い 地 域 も 多 い このため 貴 重 な 自 然 環 境 の 保 全 と 利 用 に 十 分 配 慮 し 防 災 対 策 の 強 化 が 必 要 な 地 域 である 有 明 海 岸 序 - 1

4 2. 燧 灘 沿 岸 の 区 域 燧 灘 沿 岸 の 区 域 は 下 記 のとおりで 愛 媛 県 4 市 1 町 と 香 川 県 2 市 に 及 ぶ N 燧 灘 沿 岸 延 長 640 km 愛 媛 県 域 延 長 574 km 640 錨 掛 ノ 鼻 上 島 町 香 川 県 域 延 長 66 km 今 治 市 三 崎 愛 媛 県 西 条 市 伊 吹 島 新 居 浜 市 観 音 寺 市 三 豊 市 香 川 県 四 国 中 央 市 高 知 県 徳 島 県 km 愛 媛 県 : 今 治 市 上 島 町 西 条 市 新 居 浜 市 四 国 中 央 市 香 川 県 : 観 音 寺 市 三 豊 市 序 - 2

5 3. 燧 灘 沿 岸 の 海 岸 保 全 に 関 する 基 本 理 念 愛 媛 県 と 香 川 県 では 安 全 で 豊 かな ふれあいを 育 む 海 岸 づくり を 両 県 共 通 の 燧 灘 沿 岸 の 海 岸 保 全 に 関 する 基 本 理 念 とし これに 基 づき 各 県 域 での 海 岸 保 全 を 実 施 する 安 全 で 豊 かな ふれあいを 育 む 海 岸 づくり 防 護 面 での 基 本 方 針 地 域 を 守 る 安 全 な 海 岸 の 整 備 を 最 優 先 に 考 え 高 潮 波 浪 や 侵 食 地 震 津 波 に 対 する 危 険 性 が 高 い 地 域 など 緊 急 に 防 護 が 必 要 な 箇 所 から 計 画 的 に 整 備 を 進 めてい く また 貴 重 な 自 然 砂 浜 が 残 されている 地 域 や 侵 食 による 汀 線 の 後 退 傾 向 が 著 しい 地 域 では 現 状 の 砂 浜 の 保 全 維 持 に 取 り 組 む さらに 南 海 トラフ 地 震 等 による 地 震 津 波 に 対 しては 一 定 の 防 護 施 設 を 備 え つつ 安 全 な 場 所 への 避 難 を 基 本 に 円 滑 な 避 難 を 支 援 する 施 設 整 備 情 報 伝 達 及 び 避 難 体 制 の 強 化 を 図 り ソフト 対 策 と 一 体 となって 地 域 住 民 や 観 光 客 をはじめと する 全 ての 海 岸 利 用 者 にとって 安 全 で 安 心 できる 海 岸 づくりを 進 める なお 持 続 的 に 海 岸 保 全 施 設 の 安 全 を 確 保 するため 予 防 保 全 の 考 え 方 に 基 づく 適 切 な 維 持 管 理 を 徹 底 する 環 境 面 での 基 本 方 針 海 峡 や 多 島 海 独 特 の 自 然 景 観 を 有 するとともに カブトガニの 繁 殖 地 や 貴 重 な 鳥 類 の 飛 来 地 として 知 られる 加 茂 川 河 口 西 干 潟 が 現 存 するなど 瀬 戸 内 の 貴 重 な 自 然 環 境 が 残 されており こうした 周 辺 の 自 然 環 境 に 支 障 を 及 ぼす 行 為 をできるだけ 回 避 し 自 然 との 共 生 を 図 ることで 環 境 に 配 慮 した 海 岸 づくりを 目 指 し 優 れた 海 岸 環 境 を 次 世 代 に 継 承 していく 利 用 面 での 基 本 方 針 しまなみ 海 道 を 含 め 瀬 戸 内 の 多 島 美 や 歴 史 的 資 源 等 を 活 用 した 地 域 振 興 や 観 光 振 興 等 にも 配 慮 するとともに 海 岸 利 用 のルールづくりやマナー 啓 発 により 適 正 な 海 岸 利 用 を 促 進 する また 地 域 産 業 の 拠 点 となる 港 湾 機 能 や 生 活 拠 点 となる 漁 港 機 能 との 調 和 を 図 り つつ より 多 くの 人 々が 海 と 親 しむことのできる 海 岸 づくりに 配 慮 する 序 - 3

6 序 - 4

7 第 1 編 燧 灘 沿 岸 海 岸 保 全 基 本 計 画 ( 愛 媛 県 域 ) 愛 媛 県 全 体 の 海 岸 保 全 に 関 する 基 本 理 念 愛 媛 県 特 有 の 海 岸 を 県 民 の 様 々な 要 求 に 対 応 しつつ 県 民 共 有 の 財 産 として 次 世 代 へ 継 承 していくために 人 も 自 然 も 愛 顔 あふれる えひめの 海 岸 づくり を 県 全 体 の 海 岸 保 全 のための 基 本 理 念 とし これに 基 づき 各 沿 岸 毎 の 基 本 理 念 を 定 める 愛 媛 県 では 人 命 財 産 の 災 害 からの 防 護 に 優 先 的 に 取 り 組 むこととし 緊 急 に 防 護 が 必 要 で 投 資 効 果 の 高 い 箇 所 から その 地 域 に 適 した 海 岸 保 全 施 設 の 整 備 整 備 にあたっては 単 に 防 護 からの 視 点 だけでなく 自 然 環 境 や 自 然 景 観 の 保 全 海 岸 利 用 面 への 配 慮 も 踏 まえた 対 策 に 取 り 組 む また 防 護 の 必 要 性 が 低 く 優 れた 自 然 環 境 や 自 然 景 観 を 有 する 箇 所 については 原 則 と して 海 岸 保 全 施 設 を 整 備 せず 現 在 の 自 然 を 大 切 に 保 存 していくための 管 理 1-1

8 第 1 章 海 岸 の 保 全 に 関 する 事 項 1. 海 岸 の 防 護 に 関 する 事 項 防 護 面 での 基 本 方 針 南 海 トラフ 地 震 に 備 えた 地 震 津 波 対 策 の 推 進 南 海 トラフ 地 震 により 発 生 する 地 震 津 波 に 対 しては 住 民 の 生 命 を 守 ることを 最 優 先 と し 一 定 の 防 護 施 設 を 備 えつつ 安 全 な 場 所 への 避 難 を 基 本 に ハード ソフト 両 面 での 総 合 的 な 防 災 対 策 を 推 進 する ハード 面 からの 対 策 である 海 岸 保 全 施 設 は 内 閣 府 の 新 たな 津 波 対 策 の 考 え 方 を 踏 まえ 発 生 頻 度 の 高 い 津 波 ( 設 計 津 波 :L1 津 波 )に 対 しての 整 備 を 基 本 とする 設 計 津 波 に 対 して 現 況 堤 防 高 が 確 保 されている 場 合 でも 地 震 による 地 盤 沈 下 及 び 液 状 化 の 恐 れのある 海 岸 においては 地 盤 沈 下 量 を 想 定 し 堤 防 の 嵩 上 げと 液 状 化 対 策 の 複 合 対 策 を 基 本 に 堤 防 の 強 化 を 図 る ただし 発 生 頻 度 の 高 い 津 波 (L1 津 波 )を 超 える 津 波 に 対 しても 全 壊 しにくく 全 壊 に 至 る 時 間 を 少 しでも 長 く 延 ばすことが 可 能 な 粘 り 強 い 構 造 への 工 夫 を 図 る なお 液 状 化 等 による 堤 防 の 沈 下 量 が 著 しい 場 合 等 は 津 波 からの 時 間 を 稼 ぐために 必 要 な 対 策 や 津 波 が 堤 防 を 越 えるまでに 逃 げる 避 難 場 所 の 確 保 など 沿 岸 自 治 体 と 協 働 のもと ハード ソフト 両 面 から 地 域 の 状 況 に 応 じた 整 備 を 検 討 する また 河 川 の 津 波 遡 上 対 策 と 連 携 し 沿 岸 域 の 一 体 防 御 計 画 的 な 高 潮 波 浪 対 策 の 推 進 地 域 を 守 る 安 全 な 海 岸 の 整 備 を 最 優 先 に 考 え 高 潮 波 浪 による 浸 水 の 危 険 性 が 高 い 地 域 など 緊 急 に 防 護 が 必 要 で 投 資 効 果 が 高 い 箇 所 から 計 画 的 に 整 備 を 進 める 海 岸 保 全 施 設 の 整 備 に 際 しては 施 設 の 耐 震 化 や 液 状 化 対 策 を 考 慮 するとともに 津 波 対 策 との 整 合 性 を 図 る 総 合 的 な 侵 食 対 策 の 推 進 貴 重 な 自 然 砂 浜 が 残 されている 地 域 では 砂 浜 による 消 波 効 果 が 低 下 しないよう 現 状 の 砂 浜 の 保 全 維 持 に 努 めていく また 侵 食 による 汀 線 の 後 退 傾 向 が 著 しい 地 域 では 適 切 な 土 砂 供 給 が 図 られるよう 河 川 の 上 流 から 海 岸 までの 総 合 的 な 土 砂 管 理 を 推 進 していくた め 海 岸 管 理 者 と 河 川 ダム 又 は 砂 防 施 設 などの 関 連 機 関 との 連 携 を 図 る 1-2

9 災 害 に 強 い 地 域 づくりの 推 進 災 害 による 被 害 を 最 小 限 にとどめるため 県 及 び 市 町 の 地 域 防 災 計 画 に 基 づき 地 域 住 民 と 行 政 が 一 体 となった 災 害 に 強 い 地 域 づくりを 推 進 する このため 地 域 住 民 を 含 む 関 係 者 が 海 岸 の 防 災 減 災 対 策 を 協 議 するための 協 議 会 や 意 見 交 換 の 機 会 を 必 要 に 応 じて 設 け 災 害 時 における 情 報 伝 達 や 避 難 誘 導 などのあり 方 について 共 有 し 地 域 の 協 力 体 制 の 強 化 を 図 る 津 波 や 高 潮 波 浪 の 被 害 想 定 を 踏 まえ 避 難 や 水 防 活 動 等 の 訓 練 実 施 の 支 援 などを 行 い 避 難 路 や 避 難 場 所 を 周 知 するとともに 防 災 知 識 の 普 及 また 関 係 市 町 が 行 う 津 波 や 高 潮 ハザードマップの 作 成 や 津 波 避 難 計 画 の 策 定 促 進 などにより 地 域 住 民 の 防 災 意 識 の 向 上 や 避 難 体 制 の 強 化 を 図 る 海 岸 保 全 施 設 の 整 備 によっても 地 震 津 波 高 潮 波 浪 等 の 災 害 に 対 して 全 てのリス クは 現 実 的 に 回 避 できないため 行 政 による 公 助 はもとより 自 分 の 身 は 自 分 で 守 る こ とを 念 頭 に 自 助 及 び 身 近 な 地 域 コミュニティ 等 による 共 助 の 精 神 の 普 及 啓 発 が 必 要 であ り 各 地 域 での 地 域 防 災 力 の 強 化 を 図 る 安 全 で 適 切 な 維 持 管 理 の 推 進 既 存 の 海 岸 保 全 施 設 については 持 続 的 に 施 設 の 機 能 を 確 保 するため 定 期 的 な 巡 視 や 施 設 点 検 を 行 うとともに 予 防 保 全 の 考 え 方 に 基 づく 適 切 な 維 持 管 理 を 図 る 老 朽 化 等 により 所 定 の 防 護 機 能 が 確 保 されていない 海 岸 保 全 施 設 を 更 新 及 び 修 繕 する 場 合 地 震 津 波 や 高 潮 等 に 対 する 防 護 機 能 の 評 価 を 行 い 必 要 に 応 じて 耐 震 補 強 や 液 状 化 対 策 を 講 じるとともに 減 災 効 果 を 高 めることを 目 的 とした 粘 り 強 い 構 造 の 導 入 を 検 討 す る 堤 防 の 嵩 上 げ 等 の 改 良 が 必 要 な 海 岸 保 全 施 設 を 修 繕 する 場 合 改 良 の 内 容 や 実 施 時 期 を 考 慮 の 上 手 戻 りが 生 じることの 無 いよう 調 整 を 図 る 水 門 陸 閘 等 については 操 作 従 事 者 の 安 全 確 保 を 最 優 先 に 操 作 規 則 を 策 定 し 適 切 な 操 作 と 効 果 的 な 管 理 運 用 体 制 の 確 保 を 図 る また 操 作 従 事 者 の 危 険 時 における 安 全 最 優 先 の 退 避 ルールの 明 確 化 を 図 るとともに 津 波 等 の 異 常 気 象 発 生 時 に 水 門 陸 閘 等 の 開 口 部 を 迅 速 に 閉 鎖 させるため 統 廃 合 や 常 時 閉 鎖 自 動 化 遠 隔 操 作 化 を 推 進 する 海 面 上 昇 や 台 風 の 巨 大 化 など 気 候 変 動 に 伴 う 外 力 の 変 化 に 対 しては 最 新 の 知 見 を 踏 まえ た 指 針 等 の 改 定 に 注 視 し 必 要 に 応 じて 検 討 を 加 える 1-3

10 < 海 岸 防 護 の 目 標 > 防 護 すべき 地 域 次 項 に 掲 げる 防 護 水 準 に 対 し 海 岸 保 全 施 設 を 新 設 または 改 良 しない 場 合 に 海 岸 背 後 の 家 屋 土 地 等 に 被 害 が 発 生 すると 想 定 された 区 域 1 高 潮 波 浪 に 対 しては 設 定 した 潮 位 波 浪 が 発 生 した 場 合 の 浸 水 区 域 2 侵 食 に 対 しては 現 在 と 同 様 の 速 度 で 侵 食 が 進 む 場 合 の 影 響 区 域 または 現 時 点 で 海 浜 を 保 全 維 持 する 必 要 が 認 められた 区 域 3 津 波 に 対 しては 想 定 した 津 波 が 発 生 した 場 合 の 浸 水 区 域 4 地 震 による 液 状 化 や 地 殻 変 動 に 伴 う 地 盤 の 沈 降 に 対 しては 想 定 した 液 状 化 等 が 発 生 した 場 合 の 浸 水 区 域 防 護 水 準 1 高 潮 波 浪 過 去 に 発 生 した 高 潮 の 記 録 に 基 づく 既 往 最 高 潮 位 に 適 切 に 推 算 した 波 浪 の 影 響 を 加 えた 想 定 外 力 に 対 し 防 護 可 能 な 施 設 の 整 備 を 基 本 とする 2 侵 食 侵 食 の 進 行 している 海 岸 では 現 状 の 汀 線 を 保 全 維 持 することが 可 能 な 施 設 の 整 備 を 基 本 とする 3 津 波 南 海 トラフ 地 震 を 想 定 した 新 たな 津 波 対 策 への 対 応 として 設 計 津 波 (L1 津 波 )の 水 位 に 対 する 施 設 の 整 備 を 基 本 とする 4 液 状 化 等 南 海 トラフ 地 震 による 液 状 化 や 地 殻 変 動 に 伴 う 地 盤 の 沈 降 の 危 険 性 が 高 い 海 岸 では 過 去 の 地 盤 沈 下 の 履 歴 から 想 定 される 沈 下 量 に 対 し 防 護 可 能 な 施 設 の 整 備 を 基 本 とする 1-4

11 新 しい 津 波 対 策 の 考 え 方 内 閣 府 中 央 防 災 会 議 専 門 調 査 会 ( 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 を 教 訓 とした 地 震 津 波 に 関 する 専 門 調 査 会 報 告 平 成 23 年 9 月 )から 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 の 甚 大 な 津 波 被 害 を 教 訓 に 今 後 津 波 対 策 を 構 築 するにあたっては 基 本 的 に 二 つのレベルの 津 波 を 想 定 す る 新 しい 津 波 対 策 の 考 え 方 が 示 された 二 つのレベルの 津 波 最 大 クラスの 津 波 (L2 津 波 ) 津 波 レベル 発 生 頻 度 は 極 めて 低 いものの 発 生 すれば 甚 大 な 被 害 をもたらす 津 波 ( 概 ね 数 百 年 から 千 年 に 一 度 の 発 生 頻 度 ) 対 策 の 基 本 的 な 考 え 方 ( 減 災 ) 住 民 等 の 生 命 を 守 ることを 最 優 先 とし 住 民 の 避 難 を 軸 にソフト ハードの 取 り 得 る 手 段 を 尽 くした 総 合 的 な 対 策 を 確 立 していく 被 害 の 最 小 化 を 主 眼 とする 減 災 の 考 え 方 に 基 づき 対 策 を 講 ずることが 重 要 である そのために 海 岸 保 全 施 設 等 のハード 対 策 によって 津 波 による 被 害 をできるだけ 軽 減 す るとともに それを 超 える 津 波 に 対 しては 避 難 することを 中 心 とするソフト 対 策 を 実 施 していく 対 策 内 容 津 波 浸 水 想 定 区 域 図 の 作 成 ハザードマップの 整 備 率 先 避 難 の 啓 発 ( 津 波 防 災 教 育 自 主 防 災 組 織 との 連 携 等 ) 避 難 施 設 ( 避 難 路 の 確 保 津 波 避 難 ビルの 指 定 津 波 避 難 タワーの 整 備 等 ) 津 波 防 護 施 設 の 指 定 ( 道 路 公 園 等 ) 比 較 的 発 生 頻 度 の 高 い 津 波 (L1 津 波 = 設 計 津 波 ) 津 波 レベル 最 大 クラスの 津 波 に 比 べて 発 生 頻 度 は 高 く 津 波 高 は 低 いものの 大 きな 被 害 をもたらす 津 波 ( 概 ね 数 十 年 から 百 数 十 年 に 一 度 の 発 生 頻 度 ) 対 策 の 基 本 的 な 考 え 方 ( 防 災 ) 人 命 財 産 の 保 護 と 地 域 経 済 の 安 定 化 のため 海 岸 保 全 施 設 等 を 整 備 していく 海 岸 保 全 施 設 等 については 比 較 的 発 生 頻 度 の 高 い 津 波 に 対 して 整 備 を 進 めるとともに 設 計 対 象 の 津 波 高 を 越 えた 場 合 でも 施 設 の 効 果 が 粘 り 強 く 発 揮 できるような 構 造 への 改 良 も 検 討 していく 対 策 内 容 海 岸 保 全 施 設 等 の 整 備 の 目 安 となる 設 計 津 波 の 水 位 を 設 定 海 岸 保 全 施 設 等 の 整 備 ( 堤 防 等 の 整 備 堤 防 水 門 等 の 耐 震 化 液 状 化 対 策 等 ) 1-5

12 海 岸 保 全 施 設 の 整 備 の 考 え 方 海 岸 保 全 施 設 は 発 生 頻 度 の 高 い 津 波 ( 設 計 津 波 :L1 津 波 ) 及 び 高 潮 波 浪 から 人 命 財 産 を 守 ることを 基 本 とし 整 備 を 行 う 海 岸 保 全 施 設 整 備 の 目 安 となる 設 計 津 波 の 水 位 は 湾 の 形 状 や 山 付 け 等 の 自 然 条 件 等 から 勘 案 して 同 一 の 津 波 外 力 を 設 定 しうると 判 断 される 一 連 の 海 岸 地 域 海 岸 毎 に 発 生 頻 度 の 高 い 津 波 (L1 津 波 )を 対 象 として 海 岸 堤 防 等 での せり 上 がり を 考 慮 して 設 定 する 海 岸 堤 防 等 の 整 備 高 さは 設 計 津 波 の 水 位 を 基 に 環 境 保 全 周 辺 環 境 との 調 和 沿 岸 の 利 用 地 域 住 民 の 意 向 等 を 総 合 的 に 考 慮 して 適 切 に 設 定 する 設 計 津 波 を 生 じさせる 地 震 の 発 生 に 伴 う 断 層 運 動 により 広 域 にわたって 地 殻 変 動 に 伴 う 地 盤 沈 下 ( 初 期 地 盤 変 動 )が 予 測 される 場 合 には 当 該 地 震 の 発 生 後 に 堤 防 高 が 不 足 しないように 海 岸 堤 防 高 等 の 整 備 高 さに 予 め 初 期 地 盤 変 動 量 を 考 慮 する 設 計 津 波 に 対 して 現 況 堤 防 高 が 確 保 されている 場 合 でも 地 震 発 生 時 の 地 盤 の 液 状 化 等 により 堤 防 等 の 沈 下 や 倒 壊 の 恐 れがある 海 岸 については 耐 震 対 策 を 行 い 背 後 地 への 浸 水 を 防 止 するよう 堤 防 等 の 機 能 を 確 保 する 発 生 頻 度 の 高 い 津 波 (L1 津 波 )を 超 える 津 波 に 対 しても 全 壊 しにくく 全 壊 に 至 る 時 間 を 少 しでも 長 く 延 ばすことが 可 能 な 粘 り 強 い 構 造 への 工 夫 を 図 る 海 岸 堤 防 等 の 粘 り 強 い 構 造 により 施 設 の 効 果 が 発 揮 された 場 合 には 避 難 のための リードタイムを 長 くする 効 果 浸 水 面 積 や 浸 水 深 を 低 減 し 浸 水 被 害 を 軽 減 する 効 果 第 2 波 以 降 の 被 害 を 軽 減 する 効 果 等 が 期 待 される 海 岸 堤 防 等 の 粘 り 強 い 構 造 の 工 夫 では 裏 法 尻 部 の 保 護 裏 法 の 緩 勾 配 化 天 端 保 護 工 裏 法 保 護 工 表 法 被 覆 工 波 返 工 の 補 強 鉄 筋 等 を 検 討 する 参 考 通 知 : 設 計 津 波 の 水 位 の 設 定 方 法 等 について ( 農 林 水 産 省 農 村 振 興 局 整 備 部 防 災 課 長 等 平 成 23 年 7 月 8 日 ) 海 岸 堤 防 等 の 粘 り 強 い 構 造 及 び 耐 震 対 策 について ( 農 林 水 産 省 農 村 振 興 局 整 備 部 防 災 課 長 等 平 成 23 年 12 月 15 日 ) 地 震 津 波 対 策 を 踏 まえた 海 岸 堤 防 の 整 備 イメージ レベル2 津 波 レベル1 津 波 高 潮 越 波 が 高 い 場 合 はこれに 対 応 した 高 さとする 既 設 堤 防 嵩 上 げ 盛 土 法 面 の 被 覆 地 震 に 対 する 耐 震 化 液 状 化 対 策 地 盤 改 良 耐 震 設 計 液 状 化 等 による 地 盤 沈 下 配 慮 事 項 粘 り 強 い 構 造 への 改 良 自 然 砂 浜 海 岸 防 災 林 の 保 全 など 景 観 構 造 物 の 圧 迫 感 の 低 減 など 利 用 へ 配 慮 海 岸 アク セスへの 配 慮 など 天 端 の 保 護 法 面 の 被 覆 法 尻 の 洗 堀 防 止 対 策 など 1-6

13 地 域 の 状 況 に 応 じた 地 震 津 波 対 策 の 考 え 方 液 状 化 等 による 堤 防 の 沈 下 量 が 著 しく 大 きい 場 合 は 地 震 発 生 直 後 に 浸 水 が 始 まり 円 滑 な 避 難 が 困 難 となることが 想 定 される このため 堤 防 等 の 耐 震 化 や 液 状 化 対 策 により 地 震 発 生 直 後 の 浸 水 を 防 ぐとともに 関 係 市 町 と 協 働 のもと 津 波 が 堤 防 を 越 えるまでに 逃 げ 切 れる 避 難 場 所 を 確 保 するなど ハード ソフト 両 面 から 地 域 の 状 況 に 応 じた 整 備 を 検 討 する 地 盤 沈 下 量 が 著 しく 大 きい 場 合 の 津 波 対 策 のイメージ レベル2 津 波 逃 げる 対 策 津 波 が 堤 防 を 越 えるまでに 逃 げ 切 れ る 避 難 場 所 を 確 保 する レベル1 津 波 地 盤 沈 下 津 波 避 難 ビルの 指 定 等 堤 防 等 の 耐 震 化 液 状 化 対 策 高 台 への 避 難 路 の 確 保 堤 防 の 大 きな 沈 下 を 防 止 し 地 震 直 後 の 浸 水 を 軽 減 解 消 また 津 波 が 堤 防 を 越 える 時 間 を 遅 らせ 越 流 量 を 低 減 し 逃 げる 時 間 を 確 保 する 津 波 対 策 のイメージ( 断 面 ) 堤 防 の 整 備 により 地 震 直 後 の 浸 水 を 軽 堤 防 の 減 解 消 暫 定 整 備 津 波 避 難 ビル 避 難 路 の 確 保 高 台 の 避 難 場 所 津 波 浸 水 地 域 浸 水 しない 地 域 既 存 堤 防 液 状 化 等 による 堤 防 の 沈 下 による 浸 水 地 域 ( 地 震 発 生 とともに 浸 水 ) 津 波 避 難 ビルの 指 定 等 高 台 の 避 難 場 所 避 難 路 の 確 保 津 波 対 策 のイメージ( 平 面 ) 1-7

14 2. 海 岸 環 境 の 整 備 及 び 保 全 に 関 する 事 項 環 境 面 での 基 本 方 針 優 れた 自 然 環 境 の 保 全 燧 灘 沿 岸 域 は 島 しょ 部 や 今 治 市 から 西 条 市 にかけての 沿 岸 西 部 を 中 心 として 瀬 戸 内 海 国 立 公 園 に 指 定 されている 他 数 多 くの 風 光 明 媚 な 天 然 海 岸 が 残 され カブトガニの 繁 殖 地 や 愛 媛 県 内 最 大 級 の 加 茂 川 河 口 西 干 潟 など 優 れた 自 然 環 境 を 有 している こうした 優 れた 自 然 環 境 への 影 響 をできるだけ 回 避 するとともに 景 観 の 保 全 も 含 め 自 然 と 共 生 する 海 岸 環 境 の 保 全 を 図 るため 生 物 多 様 性 の 確 保 に 向 けた 藻 場 干 潟 の 保 全 やミ ティゲーション( 回 避 最 小 化 代 償 措 置 )の 視 点 からの 施 設 整 備 及 び 施 設 の 維 持 管 理 に 取 り 組 む また 貴 重 な 自 然 環 境 や 植 物 等 で 津 波 等 の 破 壊 により 保 全 できない 可 能 性 があるものに ついて 将 来 的 な 復 元 に 備 え 記 録 として 残 すこと 生 物 多 様 性 基 本 法 平 成 20 年 6 月 施 行 生 物 多 様 性 えひめ 戦 略 平 成 23 年 12 月 関 連 機 関 等 との 連 携 による 広 域 的 な 取 組 沿 岸 域 の 環 境 を 守 るためには カブトガニの 繁 殖 地 など 貴 重 な 自 然 環 境 資 源 の 保 護 保 全 だけでなく 身 近 に 存 在 する 藻 場 干 潟 砂 浜 など 海 浜 生 物 の 生 息 環 境 及 び 背 後 地 の 森 林 河 川 なども 含 めた 広 域 的 な 視 点 から 関 連 機 関 や 関 係 市 町 地 域 住 民 との 連 携 強 化 を 図 る 事 前 調 査 追 跡 調 査 の 実 施 海 岸 整 備 にあたり 特 に 自 然 環 境 への 配 慮 が 必 要 な 場 合 においては 自 然 環 境 に 関 する 事 前 の 調 査 を 行 い 環 境 保 全 に 配 慮 した 施 設 計 画 等 の 検 討 を 行 う さらに 施 工 時 や 施 工 後 における 追 跡 調 査 を 実 施 し 環 境 保 全 に 配 慮 した 施 設 の 効 果 を 検 証 し 今 後 の 海 岸 事 業 に 反 映 させる 環 境 保 全 活 動 の 推 進 と 支 援 優 れた 海 岸 環 境 の 保 全 のため 海 岸 利 用 者 のマナー 向 上 に 向 けた 啓 発 活 動 を 推 進 し 環 境 保 全 に 対 する 理 解 や 自 然 を 大 切 に 思 う 心 を 育 むため 海 岸 協 力 団 体 制 度 の 活 用 を 図 り 愛 ビ ーチ 制 度 の 普 及 や 体 験 学 習 会 等 の 提 供 水 質 汚 濁 の 防 止 や 漂 着 物 対 策 の 推 進 良 好 な 海 岸 の 水 質 を 維 持 するため 水 質 環 境 の 継 続 的 な 監 視 とともに 河 川 管 理 者 や 関 係 市 町 と 連 携 して 生 活 排 水 対 策 の 推 進 等 また 海 浜 部 の 漂 着 ごみ 対 策 として 環 境 教 育 清 掃 事 業 の 鋭 意 実 施 や 適 正 なごみ 処 理 等 を 理 解 実 践 につなげる 工 夫 を 行 う 海 岸 漂 着 物 処 理 促 進 法 平 成 21 年 7 月 15 日 施 行 海 岸 漂 着 物 等 の 処 理 に 係 る 責 任 の 明 確 化 愛 媛 県 グリーンニューディール 基 金 平 成 21 年 度 ~23 年 度 愛 媛 県 海 岸 漂 着 物 対 策 推 進 地 域 計 画 平 成 24 年 1 月 策 定 1-8

15 3. 海 岸 における 公 衆 の 適 正 な 利 用 に 関 する 事 項 利 用 面 での 基 本 方 針 安 全 に 利 用 できる 海 岸 づくり 関 係 市 町 との 連 携 のもと 津 波 からの 避 難 情 報 等 を 表 示 する 案 内 板 を 整 備 するなど 海 岸 利 用 者 の 安 全 性 の 向 上 多 様 なニーズに 対 応 した 複 合 的 な 海 岸 づくり 海 岸 では 緑 地 や 人 工 海 浜 の 整 備 などにより レクリエーション 活 動 の 推 進 漁 業 振 興 地 域 性 豊 かなイベントによる 地 域 振 興 など 多 様 な 人 々が 交 流 するにぎわいのある 水 際 空 間 の 整 備 を 検 討 する 誰 もが 快 適 な 海 岸 づくり 利 用 頻 度 の 高 い 海 岸 では 誰 もが 海 辺 に 近 づきやすいアクセス 路 階 段 護 岸 や 海 岸 利 用 の 増 進 に 役 立 つ 施 設 についてユニバーサルデザイン 化 に 努 め 自 然 とのふれあいの 場 等 として 海 浜 の 整 備 を 推 進 する 適 正 な 海 岸 利 用 の 推 進 誰 もが 快 適 に 海 岸 を 利 用 できるよう 他 の 利 用 者 の 迷 惑 となる 行 為 の 制 限 や 海 岸 環 境 へ 支 障 を 及 ぼす 行 為 の 制 限 など 地 域 特 性 に 応 じた 海 岸 利 用 のルールづくりを 進 める 海 岸 利 用 のルール 等 については 利 用 者 にわかりやすく 表 示 するとともに 利 用 者 へのマ ナーの 啓 発 などにも 取 り 組 む 1-9

16 第 2 章 海 岸 保 全 施 設 整 備 に 関 する 事 項 1. 海 岸 保 全 施 設 の 新 設 又 は 改 良 に 関 する 事 項 県 の 基 本 方 針 と 沿 岸 の 海 岸 保 全 に 関 する 基 本 理 念 及 びゾーン 毎 の 基 本 方 針 を 踏 まえ 今 後 海 岸 整 備 を 行 っていくべき 整 備 対 象 海 岸 を 抽 出 する また 厳 しい 財 政 状 況 の 中 防 護 面 における 対 策 の 緊 急 性 や 背 後 地 の 重 要 度 さらに 背 後 地 に おける 防 災 上 重 要 施 設 の 立 地 状 況 等 の 観 点 から 整 備 対 象 海 岸 の 中 から 計 画 期 間 内 の 概 ね 20 年 間 に 重 点 的 に 整 備 を 行 っていくべき 重 点 整 備 海 岸 を 選 定 する 本 計 画 の 施 設 概 要 等 は 整 備 の 方 向 性 を 示 すものであり 具 体 的 な 施 設 規 模 構 造 工 法 等 につい ては 各 事 業 の 詳 細 検 討 段 階 で 決 定 していく また 自 然 的 社 会 的 状 況 の 変 化 等 により 必 要 に 応 じて 内 容 の 見 直 しを 行 う 1-1. 海 岸 保 全 施 設 を 新 設 又 は 改 良 しようとする 区 域 防 護 環 境 利 用 面 から 各 海 岸 の 現 況 評 価 を 行 い 地 震 津 波 対 策 高 潮 対 策 侵 食 対 策 施 設 改 良 の 必 要 性 や 背 後 地 の 重 要 度 を 検 討 のうえ 新 設 又 は 改 良 しようとする 区 域 を 抽 出 し 整 備 対 象 海 岸 位 置 図 及 び 整 備 対 象 海 岸 整 理 表 の 計 画 施 設 概 要 の 欄 に 示 す 1-2. 海 岸 保 全 施 設 の 種 類 規 模 及 び 配 置 抽 出 した 整 備 対 象 海 岸 において 整 備 をしようとする 海 岸 保 全 施 設 の 種 類 規 模 及 び 配 置 について は 整 備 対 象 海 岸 整 理 表 の 計 画 施 設 概 要 の 欄 に 示 す 1-3. 海 岸 保 全 施 設 による 受 益 の 地 域 及 びその 状 況 海 岸 保 全 施 設 により 防 護 される 地 域 及 びその 地 域 の 土 地 利 用 状 況 については 整 備 対 象 海 岸 整 理 表 の 受 益 の 地 域 及 びその 状 況 の 欄 に 示 す 1-10

17 整 備 対 象 海 岸 整 理 表 NO. 海 岸 名 地 区 名 所 管 関 係 市 町 保 全 延 長 (m) 計 画 施 設 概 要 ( 区 域 種 類 規 模 配 置 ) 1 二 名 海 岸 - 国 土 ( 水 国 ) 四 国 中 央 市 2580 策 を 検 討 ( 約 600m) 約 0.9ha 受 益 の 地 域 及 びその 状 況 工 業 地 帯 等 国 道 (R11) 重 点 整 備 海 岸 津 波 高 潮 対 策 として 護 岸 等 の 機 能 強 化 を 検 2 二 名 漁 港 海 岸 - 水 産 四 国 中 央 市 612 討 ( 約 700m) 津 波 高 潮 対 策 として 護 岸 等 の 機 能 強 化 を 検 3 川 之 江 漁 港 海 岸 - 水 産 四 国 中 央 市 388 討 ( 約 250m) 4-1 三 島 川 之 江 港 海 岸 川 之 江 地 区 国 土 ( 港 ) 四 国 中 央 市 5589 策 を 検 討 ( 約 2,600m) 4-2 三 島 川 之 江 港 海 岸 三 島 地 区 国 土 ( 港 ) 四 国 中 央 市 1372 策 を 検 討 ( 約 436m) 5 中 之 庄 海 岸 国 土 ( 水 国 ) 四 国 中 央 市 2940 策 を 検 討 ( 約 500m) 津 波 高 潮 対 策 として 護 岸 等 の 機 能 強 化 を 検 6 寒 川 港 海 岸 - 国 土 ( 港 ) 四 国 中 央 市 709 討 ( 約 330m) 7 寒 川 海 岸 - 国 土 ( 水 国 ) 四 国 中 央 市 3398 策 を 検 討 ( 約 2,080m) 約 1ha 約 0.2ha 約 48ha 約 13ha 約 0.7ha 約 4ha 約 16ha 集 落 ( 連 担 ) 鉄 道 国 道 (R11) 広 範 囲 の 人 家 連 担 地 域 国 道 (R11) 広 範 囲 の 人 家 連 担 地 域 工 業 地 帯 等 国 道 (R11) 四 国 中 央 市 川 之 江 庁 舎 三 島 川 之 江 港 広 範 囲 の 人 家 連 担 地 域 工 業 地 帯 等 国 道 (R11) 四 国 中 央 市 川 之 江 庁 舎 四 国 中 央 警 察 署 四 国 中 央 市 消 防 本 部 三 島 川 之 江 港 広 範 囲 の 人 家 連 担 地 域 鉄 道 国 道 (R11) 四 国 中 央 警 察 署 広 範 囲 の 人 家 連 担 地 域 鉄 道 国 道 (R11) 集 落 ( 連 担 ) 鉄 道 農 地 ( 連 担 ) 国 道 (R11) 8 豊 岡 漁 港 海 岸 - 水 産 四 国 中 央 市 m) 約 7ha 鉄 道 農 地 ( 連 担 ) 集 落 病 院 9 寒 川 西 海 岸 - 国 土 ( 水 国 ) 四 国 中 央 市 247 状 化 対 策 を 検 討 ( 約 240m) 津 波 高 潮 対 策 として 護 岸 等 の 機 能 強 化 を 検 10 長 津 漁 港 海 岸 - 水 産 四 国 中 央 市 620 討 ( 約 1,000m) 約 6ha 約 14ha 集 落 鉄 道 病 院 国 道 (R11) 集 落 ( 連 担 ) 県 道 11 東 宮 海 岸 - 国 土 ( 水 国 ) 四 国 中 央 市 1061 状 化 対 策 を 検 討 ( 約 150m) 約 2ha 県 道 農 地 ( 連 担 ) 12 八 日 市 海 岸 - 農 村 四 国 中 央 市 2573 津 波 高 潮 対 策 として 堤 防 嵩 上 ( 約 2,500m) 約 122ha 地 域 生 活 を 支 える 農 地 国 道 (R11) 13 藤 原 海 岸 - 国 土 ( 水 国 ) 四 国 中 央 市 1450 策 を 検 討 ( 約 1,428m) 14 蕪 崎 天 満 海 岸 - 国 土 ( 水 国 ) 四 国 中 央 市 m) 15 蕪 崎 漁 港 海 岸 - 水 産 四 国 中 央 市 m) 約 37ha 約 77ha 県 道 地 域 生 活 を 支 える 農 地 広 範 囲 の 人 家 連 担 地 域 県 道 地 域 生 活 を 支 える 農 地 国 道 (R11) 約 19ha 集 落 県 道 ( 県 13) 16 天 満 漁 港 海 岸 - 水 産 四 国 中 央 市 m) 約 23ha 集 落 市 道 地 震 津 波 対 策 として 護 岸 等 の 耐 震 補 強 を 検 20 荷 内 西 海 岸 - 国 土 ( 水 国 ) 新 居 浜 市 1142 討 ( 約 410m) 津 波 高 潮 対 策 として 護 岸 等 の 機 能 強 化 を 検 21-1 新 居 浜 港 海 岸 本 港 地 区 国 土 ( 港 ) 新 居 浜 市 (13422) 討 ( 約 2,500m) 護 岸 改 良 防 潮 堤 等 の 整 備 21-2 新 居 浜 港 海 岸 東 港 地 区 国 土 ( 港 ) 新 居 浜 市 (13422) 6,300m) 約 2ha 約 106ha 約 95ha 集 落 県 道 広 範 囲 の 人 家 連 担 地 域 工 業 地 帯 等 国 道 (R11) 県 道 ( 県 13) 新 居 浜 市 役 所 新 居 浜 警 察 署 新 居 浜 市 消 防 本 部 新 居 浜 港 工 業 地 帯 等 市 道 農 地 ( 連 担 ) 県 道 ( 県 13) 新 居 浜 港 津 波 高 潮 対 策 として 護 岸 等 の 機 能 強 化 ( 約 21-3 新 居 浜 港 海 岸 黒 島 地 区 国 土 ( 港 ) 新 居 浜 市 (13422) 4,000m) 約 23ha 工 業 地 帯 等 県 道 ( 県 13) 新 居 浜 港 津 波 高 潮 対 策 として 護 岸 等 の 機 能 強 化 を 検 22-1 垣 生 漁 港 海 岸 垣 生 地 区 水 産 新 居 浜 市 1190 討 ( 約 110m) 22-2 垣 生 漁 港 海 岸 長 岩 地 区 水 産 新 居 浜 市 m) 地 震 津 波 対 策 として 堤 防 水 門 等 の 耐 震 補 23 多 喜 浜 新 田 海 岸 - 国 土 ( 水 国 ) 新 居 浜 市 1443 強 を 検 討 ( 約 1,400m) 地 震 津 波 高 潮 対 策 として 堤 防 等 の 機 能 強 24 沢 津 海 岸 - 国 土 ( 水 国 ) 新 居 浜 市 2948 化 及 び 耐 震 補 強 を 検 討 ( 約 2,950m) 約 4ha 約 0.2ha 約 113ha 約 205ha 集 落 ( 連 担 ) 市 道 広 範 囲 の 人 家 連 担 地 域 県 道 ( 県 13) 広 範 囲 の 人 家 連 担 地 域 市 道 県 道 ( 県 13) 新 居 浜 市 北 消 防 署 川 東 分 署 広 範 囲 の 人 家 連 担 地 域 国 道 (R11) 県 道 ( 県 13) 25 沢 津 漁 港 海 岸 - 水 産 新 居 浜 市 m) 約 0.2ha 広 範 囲 の 人 家 連 担 地 域 27 大 島 ( 大 島 ) 漁 港 海 岸 - 水 産 新 居 浜 市 ,600m) 約 1ha 広 範 囲 の 人 家 連 担 地 域 公 共 施 設 地 震 津 波 対 策 として 護 岸 等 の 耐 震 補 強 を 検 29-2 東 予 港 海 岸 西 条 地 区 国 土 ( 港 ) 西 条 市 (15150) 討 ( 約 400m) 地 震 津 波 対 策 として 堤 防 等 の 耐 震 補 強 を 検 29-3 東 予 港 海 岸 市 塚 地 区 国 土 ( 港 ) 西 条 市 (15150) 討 ( 約 900m) 地 震 津 波 対 策 として 堤 防 水 門 等 の 耐 震 補 29-4 東 予 港 海 岸 神 拝 地 区 国 土 ( 港 ) 西 条 市 (15150) 強 を 検 討 ( 約 1,500m) 地 震 津 波 対 策 として 堤 防 水 門 等 の 耐 震 補 29-5 東 予 港 海 岸 禎 瑞 地 区 国 土 ( 港 ) 西 条 市 (15150) 強 を 検 討 ( 約 4,500m) 地 震 津 波 対 策 として 堤 防 水 門 等 の 耐 震 補 29-6 東 予 港 海 岸 今 在 家 地 区 国 土 ( 港 ) 西 条 市 (19831) 強 を 検 討 ( 約 3,200m) 高 潮 波 浪 対 策 として 堤 防 等 の 機 能 強 化 を 検 討 ( 約 1,500m) 地 震 津 波 高 潮 波 浪 対 策 として 堤 防 等 の 29-7 東 予 港 海 岸 北 条 地 区 国 土 ( 港 ) 西 条 市 (19831) 機 能 強 化 及 び 堤 防 水 門 等 の 耐 震 補 強 を 検 討 ( 約 1,100m) 約 5ha 工 業 地 帯 等 県 道 ( 県 13) 約 236ha 約 364ha 約 817ha 約 241ha 約 198ha 工 業 地 帯 等 農 地 ( 連 担 ) 国 道 (R11) 県 道 ( 県 13) 西 条 警 察 署 西 条 市 消 防 本 部 広 範 囲 の 人 家 連 担 地 域 工 業 地 帯 等 県 道 ( 県 13) 西 条 市 役 所 東 予 地 方 局 集 落 ( 連 担 ) 地 域 生 活 を 支 える 農 地 県 道 ( 県 13) 小 学 校 東 予 港 工 業 地 帯 等 農 地 ( 連 担 ) 国 道 (R196) 県 道 ( 県 13) 東 予 港 工 業 地 帯 等 農 地 ( 連 担 ) 国 道 (R196) 1-11

18 保 全 延 長 計 画 施 設 概 要 ( 区 域 種 類 規 模 配 置 ) NO. 海 岸 名 地 区 名 所 管 関 係 市 町 受 益 の 地 域 及 びその 状 況 (m) 29-8 東 予 港 海 岸 大 新 田 地 区 国 土 ( 港 ) 西 条 市 地 震 津 波 高 潮 波 浪 対 策 として 堤 防 等 の 集 落 ( 連 担 ) 工 業 地 帯 等 (19831) 機 能 強 化 及 び 堤 防 水 門 等 の 耐 震 補 強 を 検 討 約 377ha 農 地 ( 連 担 ) 国 道 (R196) ( 約 3,500m) 29-9 東 予 港 海 岸 河 原 津 地 区 国 土 ( 港 ) 西 条 市 (19831) 面 的 防 護 等 対 策 を 検 討 ( 約 800m) 約 2ha 集 落 ( 連 担 ) 農 地 ( 点 在 ) 国 道 (R196) 重 点 整 備 海 岸 31 楠 河 西 海 岸 - 農 村 西 条 市 1564 高 潮 対 策 として 堤 防 等 の 機 能 強 化 ( 約 1,200m) 約 24ha 32 河 原 津 漁 港 海 岸 - 水 産 西 条 市 836 波 高 低 減 対 策 を 検 討 ( 約 200m) 約 24ha 地 域 生 活 を 支 える 農 地 国 道 (R196) 地 域 生 活 を 支 える 農 地 国 道 (R196) 河 原 津 漁 港 津 波 対 策 として 波 高 低 減 対 策 を 検 討 ( 約 33 沖 浦 海 岸 - 国 土 ( 水 国 ) 今 治 市 ,000m) 護 岸 補 強 を 行 う( 約 760m) 約 10ha 広 範 囲 の 人 家 連 担 地 域 農 地 34 桜 井 河 口 港 海 岸 - 国 土 ( 港 ) 今 治 市 902 策 を 検 討 ( 約 900m) 約 4ha 集 落 ( 連 担 ) 津 波 高 潮 対 策 として 面 的 防 護 対 策 と 液 状 化 35 桜 井 海 岸 - 国 土 ( 水 国 ) 今 治 市 408 対 策 を 検 討 ( 約 400m) 約 0.6ha 集 落 ( 連 担 ) 市 道 36 桜 井 漁 港 海 岸 - 水 産 今 治 市 m) 約 0.8ha 広 範 囲 の 人 家 連 担 地 域 国 道 (R196) 桜 井 漁 港 海 37 古 国 分 海 岸 - 国 土 ( 水 国 ) 今 治 市 1575 策 を 検 討 ( 約 200m) 38 富 田 海 岸 - 国 土 ( 水 国 ) 今 治 市 3975 策 を 検 討 ( 約 200m) 39-1 今 治 港 海 岸 大 新 田 地 区 国 土 ( 港 ) 今 治 市 津 波 高 潮 対 策 として 離 岸 堤 突 堤 等 護 岸 1361 等 の 機 能 強 化 ( 約 600m) 護 岸 等 の 嵩 上 げ 及 び 液 状 化 対 策 (L=1,329m) 39-2 今 治 港 海 岸 片 原 地 区 国 土 ( 港 ) 今 治 市 2486 状 化 対 策 を 検 討 ( 約 2,460m) 39-3 今 治 港 海 岸 蔵 敷 地 区 国 土 ( 港 ) 今 治 市 1308 状 化 対 策 を 検 討 ( 約 1,308m) 39-4 今 治 港 海 岸 鳥 生 地 区 国 土 ( 港 ) 今 治 市 594 状 化 対 策 を 検 討 ( 約 2,250m) 津 波 高 潮 対 策 として 護 岸 等 の 機 能 強 化 を 検 39-5 今 治 港 海 岸 富 田 地 区 国 土 ( 港 ) 今 治 市 1283 討 ( 約 200m) 護 岸 等 の 液 状 化 対 策 を 検 討 ( 約 1,270m) 40 大 浜 漁 港 海 岸 - 水 産 今 治 市 2332 策 の 検 討 ( 約 1,100m) 約 10ha 約 0.9ha 約 110ha 約 270ha 約 150ha 約 250ha 約 210ha 約 1ha 集 落 ( 連 担 ) 県 道 広 範 囲 の 人 家 連 担 地 域 市 道 集 落 ( 連 担 ) 国 道 (R317) 病 院 市 街 地 国 道 (R317) 今 治 市 役 所 今 治 警 察 署 今 治 市 消 防 本 部 病 院 今 治 港 県 道 今 治 土 木 事 務 所 市 街 地 県 道 ( 県 38) 今 治 市 消 防 本 部 今 治 港 集 落 ( 連 担 ) 工 業 地 帯 県 道 ( 県 38) 集 落 ( 連 担 ) 工 業 地 帯 県 道 ( 県 38) 病 院 広 範 囲 の 人 家 連 担 地 域 大 浜 漁 港 41 小 浦 東 海 岸 - 共 管 ( 水 国 ) 今 治 市 m) 約 0.9ha 集 落 42-1 波 止 浜 港 海 岸 波 止 浜 A 地 区 国 土 ( 港 ) 今 治 市 (3049) 策 を 検 討 ( 約 1,400m) 43 波 止 浜 海 岸 - 国 土 ( 水 国 ) 今 治 市 7969 状 化 対 策 を 検 討 ( 約 2,000m) 水 門 の 改 修 を 行 う( 約 50m) 45 馬 島 海 岸 - 農 村 今 治 市 m) 約 5ha 約 18ha 集 落 ( 連 担 ) 国 道 工 業 地 帯 国 道 (R317) 県 道 ( 県 15) 集 落 ( 連 担 ) 国 道 (R317) 県 道 ( 県 15) 約 0.5ha 農 地 46 馬 島 漁 港 海 岸 - 水 産 今 治 市 m) 約 0.6ha 集 落 48 小 島 漁 港 海 岸 - 水 産 今 治 市 723 策 を 検 討 ( 約 450m) 約 0.3ha 集 落 49 来 島 漁 港 海 岸 - 水 産 今 治 市 m) 約 0.4ha 集 落 ( 連 担 ) 津 波 対 策 として 胸 壁 と 護 岸 等 の 液 状 化 対 策 を 52 波 方 港 海 岸 - 国 土 ( 港 ) 今 治 市 1608 検 討 (230m) 津 波 高 潮 対 策 として 護 岸 等 の 機 能 強 化 を 検 53 波 方 漁 港 海 岸 - 水 産 今 治 市 914 討 ( 約 800m) 約 0.6ha 約 0ha 集 落 ( 連 担 ) 県 道 集 落 ( 連 担 ) 県 道 54 江 戸 泊 海 岸 - 農 村 今 治 市 m) 約 2ha 町 道 農 地 ( 連 担 ) 施 設 対 策 として 護 岸 等 の 機 能 強 化 を 検 討 ( 約 56 西 浦 海 岸 - 共 管 ( 水 国 ) 今 治 市 m) 約 0.1ha 集 落 県 道 農 地 津 波 高 潮 対 策 として 護 岸 等 の 嵩 上 及 び 液 状 57 森 上 港 海 岸 - 国 土 ( 港 ) 今 治 市 585 化 対 策 を 検 討 ( 約 340m) 約 4ha 集 落 県 道 農 地 58 森 上 海 岸 - 共 管 ( 水 国 ) 今 治 市 m) 約 0.2ha 集 落 ( 連 担 ) 県 道 農 地 64-2 岡 村 港 海 岸 白 潟 地 区 国 土 ( 港 ) 今 治 市 518 状 化 対 策 を 検 討 ( 約 460m) 約 5ha 県 道 農 地 ( 連 担 ) 63 フキ 谷 海 岸 - 農 村 今 治 市 m) 約 0.9ha 県 道 農 地 ( 連 担 ) 64-1 岡 村 港 海 岸 岡 村 地 区 国 土 ( 港 ) 今 治 市 1293 状 化 対 策 を 検 討 ( 約 680m) 約 11ha 集 落 県 道 農 地 ( 連 担 ) 今 治 市 関 前 支 所 1-12

19 NO. 海 岸 名 地 区 名 所 管 関 係 市 町 保 全 計 画 施 設 概 要 延 長 ( 区 域 種 類 規 模 配 置 ) 受 益 の 地 域 及 びその 状 況 (m) 集 落 県 道 農 地 65 城 谷 漁 港 海 岸 - 水 産 今 治 市 581 約 0.5ha 200m) 重 点 整 備 海 岸 67 小 大 下 漁 港 海 岸 - 水 産 今 治 市 1063 状 化 対 策 を 検 討 ( 約 800m) 69 大 下 港 海 岸 - 国 土 ( 港 ) 今 治 市 960 状 化 対 策 を 検 討 ( 約 260m) 約 0.5ha 約 15ha 集 落 ( 連 担 ) 県 道 集 落 県 道 農 地 高 潮 対 策 として 護 岸 等 の 機 能 強 化 を 検 討 70 大 下 島 海 岸 - 農 村 今 治 市 5742 (400m) 高 潮 対 策 として 護 岸 等 の 機 能 強 化 を 検 討 72 甲 口 海 岸 - 共 管 ( 農 村 ) 今 治 市 2721 (300m) 約 1ha 市 道 農 地 ( 連 担 ) 約 0.5ha 集 落 農 地 ( 連 担 ) 津 波 高 潮 対 策 として 波 高 低 減 対 策 を 検 討 ( 約 73 宗 方 海 岸 - 農 村 今 治 市 3618 約 0.9ha 県 道 農 地 800m) 護 岸 等 の 機 能 強 化 を 検 討 (200m) 74 宗 方 海 岸 - 国 土 ( 水 国 ) 今 治 市 1800 策 を 検 討 ( 約 1,492m) 75 宗 方 漁 港 海 岸 - 水 産 今 治 市 1500 状 化 対 策 を 検 討 ( 約 1,000m) 76 浦 戸 海 岸 - 農 村 今 治 市 3605 高 潮 対 策 として 波 高 低 減 対 策 を 検 討 ( 約 400m) 約 0.2ha 77 口 総 漁 港 海 岸 - 水 産 今 治 市 2211 状 化 対 策 を 検 討 ( 約 1,200m) 81 野 野 江 漁 港 海 岸 - 水 産 今 治 市 1070 状 化 対 策 を 検 討 ( 約 600m) 約 15ha 約 5ha 約 36ha 約 7ha 集 落 ( 連 担 ) 県 道 農 地 集 落 ( 連 担 ) 県 道 農 地 集 落 県 道 農 地 集 落 ( 連 担 ) 県 道 口 総 漁 港 集 落 県 道 農 地 ( 連 担 ) 保 健 センター 83 台 漁 港 海 岸 - 水 産 今 治 市 m) 84-1 宮 浦 港 海 岸 明 日 地 区 国 土 ( 港 ) 今 治 市 (2383) 策 を 検 討 ( 約 200m) 84-2 宮 浦 港 海 岸 宮 浦 地 区 国 土 ( 港 ) 今 治 市 (2383) 策 を 検 討 ( 約 700m) 約 1ha 集 落 ( 連 担 ) 農 地 約 2ha 約 7ha 集 落 ( 連 担 ) 県 道 農 地 ( 連 担 ) 県 道 ( 県 21) 今 治 市 大 三 島 支 所 集 落 ( 連 担 ) 県 道 県 道 ( 県 21) 今 治 市 大 三 島 支 所 86 大 見 港 海 岸 - 国 土 ( 港 ) 今 治 市 297 状 化 対 策 を 検 討 ( 約 250m) 約 3ha 集 落 県 道 農 地 87 鏡 大 の 浜 海 岸 - 共 管 ( 農 村 ) 今 治 市 m) 約 3ha 集 落 市 道 農 地 ( 連 担 ) 津 波 高 潮 対 策 として 護 岸 等 の 機 能 強 化 を 検 89 肥 海 漁 港 海 岸 - 水 産 今 治 市 616 討 ( 約 300m) 約 0ha 集 落 町 道 農 地 90 肥 海 海 岸 - 農 村 今 治 市 m) 約 0.3ha 農 地 ( 連 担 ) 県 道 91 肥 島 海 岸 - 農 村 今 治 市 m) 93 大 横 島 海 岸 - 農 村 今 治 市 m) 約 1ha 農 地 ( 連 担 ) 約 2ha 農 地 ( 連 担 ) 津 波 高 潮 対 策 として 護 岸 等 の 機 能 強 化 を 検 96 盛 漁 港 海 岸 - 水 産 今 治 市 1511 討 ( 約 700m) 約 1ha 広 範 囲 の 人 家 連 担 地 域 県 道 農 地 97 泊 海 岸 - 国 土 ( 水 国 ) 今 治 市 2263 策 を 検 討 ( 約 2,257m) 約 5ha 県 道 農 地 上 浦 港 海 岸 井 ノ 口 地 区 国 土 ( 港 ) 今 治 市 2791 状 化 対 策 を 検 討 ( 約 280m) 100 瀬 戸 崎 海 岸 - 国 土 ( 水 国 ) 今 治 市 3199 策 を 検 討 ( 約 1,952m) 約 95ha 約 15ha 集 落 ( 連 担 ) 国 道 (R317) 県 道 ( 県 21) 今 治 市 上 浦 支 所 集 落 国 道 農 地 国 道 (R317) 上 浦 港 海 岸 甘 崎 地 区 国 土 ( 港 ) 今 治 市 1270 状 化 対 策 を 検 討 ( 約 1,160m) 約 22ha 集 落 国 道 (R317) 上 浦 港 海 岸 瀬 戸 地 区 国 土 ( 港 ) 今 治 市 396 状 化 対 策 を 検 討 ( 約 400m) 高 潮 対 策 として 護 岸 等 の 機 能 強 化 と 波 高 低 減 107 平 草 海 岸 - 共 管 ( 農 村 ) 今 治 市 2005 対 策 を 検 討 ( 約 400m) 津 波 高 潮 対 策 として 護 岸 等 の 機 能 強 化 を 検 108 志 津 見 漁 港 海 岸 - 水 産 今 治 市 552 討 ( 約 200m) 約 6ha 約 2ha 約 0.3ha 農 地 国 道 (R317) 県 道 集 落 県 道 農 地 集 落 ( 連 担 ) 県 道 農 地 111 南 浦 漁 港 海 岸 - 水 産 今 治 市 m) 約 0.1ha 集 落 ( 連 担 ) 県 道 農 地 113 下 田 水 漁 港 海 岸 - 水 産 今 治 市 2057 状 化 対 策 を 検 討 ( 約 1,700m) 約 2ha 集 落 ( 連 担 ) 国 道 農 地 国 道 (R317) 115 ワキイ 海 岸 - 国 土 ( 水 国 ) 今 治 市 m) 約 0ha 集 落 ( 連 担 ) 県 道 農 地 津 波 高 潮 対 策 として 護 岸 等 の 機 能 強 化 を 検 116 椋 名 漁 港 海 岸 - 水 産 今 治 市 1161 討 ( 約 1,000m) 約 0.5ha 集 落 ( 連 担 ) 県 道 農 地 1-13

20 保 全 延 長 計 画 施 設 概 要 ( 区 域 種 類 規 模 配 置 ) NO. 海 岸 名 地 区 名 所 管 関 係 市 町 受 益 の 地 域 及 びその 状 況 (m) 117 丸 山 海 岸 - 国 土 ( 水 国 ) 今 治 市 2692 高 潮 対 策 として 面 的 防 護 対 策 を 検 討 ( 約 100m) 約 0.9ha 集 落 県 道 農 地 重 点 整 備 海 岸 吉 海 港 海 岸 津 倉 地 区 国 土 ( 港 ) 今 治 市 (5862) 策 を 検 討 ( 約 272m) 吉 海 港 海 岸 本 庄 地 区 国 土 ( 港 ) 今 治 市 (5862) 状 化 対 策 を 検 討 ( 約 200m) 吉 海 港 海 岸 幸 地 区 国 土 ( 港 ) 今 治 市 (5862) 策 を 検 討 ( 約 2,089m) 吉 海 港 海 岸 福 田 地 区 国 土 ( 港 ) 今 治 市 (5862) 策 を 検 討 ( 約 1,400m) 119 福 田 海 岸 - 国 土 ( 水 国 ) 今 治 市 520 高 潮 対 策 として 波 高 低 減 対 策 を 検 討 ( 約 100m) 約 0ha 津 波 高 潮 対 策 として 護 岸 等 の 機 能 強 化 を 検 120 泊 ( 大 山 ) 漁 港 海 岸 - 水 産 今 治 市 823 討 ( 約 300m) 約 3ha 約 10ha 約 84ha 約 4ha 約 0ha 集 落 町 道 農 地 今 治 市 吉 海 支 所 集 落 県 道 農 地 今 治 市 吉 海 支 所 広 範 囲 の 人 家 連 担 地 域 県 道 農 地 国 道 (R317) 今 治 市 吉 海 支 所 集 落 県 道 農 地 今 治 市 吉 海 支 所 集 落 県 道 農 地 今 治 市 吉 海 支 所 集 落 県 道 農 地 122 田 ノ 浦 港 海 岸 - 国 土 ( 港 ) 今 治 市 412 状 化 対 策 を 検 討 ( 約 480m) 約 2ha 県 道 農 地 施 設 対 策 として 護 岸 等 の 機 能 強 化 を 検 討 ( 約 田 浦 北 海 岸 - 国 土 ( 水 国 ) 今 治 市 m) 126 津 島 漁 港 海 岸 - 水 産 今 治 市 m) 約 0.5ha 約 0.1ha 集 落 県 道 農 地 集 落 ( 連 担 ) 町 道 農 地 127 早 川 港 海 岸 - 国 土 ( 港 ) 今 治 市 736 状 化 対 策 を 検 討 ( 約 740m) 約 5ha 集 落 県 道 農 地 129 余 所 国 漁 港 海 岸 - 水 産 今 治 市 m) 131 宮 窪 漁 港 海 岸 - 水 産 今 治 市 3072 状 化 対 策 を 検 討 ( 約 1,8000m) 高 潮 対 策 として 護 岸 等 の 機 能 強 化 と 面 的 防 護 133 友 浦 海 岸 - 農 村 今 治 市 5370 対 策 を 検 討 ( 約 800m) 約 0.2ha 約 1ha 集 落 ( 連 担 ) 県 道 農 地 広 範 囲 の 人 家 連 担 地 域 県 道 農 地 国 道 (R317) 今 治 市 宮 窪 支 所 宮 窪 漁 港 約 3ha 市 道 農 地 134 久 米 海 岸 - 国 土 ( 水 国 ) 今 治 市 m) 約 0.1ha 集 落 ( 連 担 ) 県 道 農 地 津 波 高 潮 対 策 として 護 岸 等 の 機 能 強 化 を 検 135 友 浦 漁 港 海 岸 - 水 産 今 治 市 643 討 ( 約 250m) 約 0.1ha 集 落 県 道 農 地 137 見 近 島 海 岸 - 農 村 今 治 市 1655 高 潮 対 策 として 面 的 防 護 対 策 を 検 討 ( 約 100m) 約 0.6ha 高 速 道 路 農 地 142 熊 口 港 海 岸 - 国 土 ( 港 ) 今 治 市 1535 状 化 対 策 を 検 討 ( 約 1,540m) 高 潮 対 策 として 面 的 防 護 対 策 ( 約 400m) 護 岸 144 前 浜 港 海 岸 - 国 土 ( 港 ) 今 治 市 2111 等 の 機 能 強 化 と 液 状 化 対 策 を 検 討 ( 約 1,370m) 146 北 浦 港 海 岸 - 国 土 ( 港 ) 今 治 市 2507 状 化 対 策 を 検 討 ( 約 2,300m) 147 北 浦 海 岸 - 国 土 ( 水 国 ) 今 治 市 640 策 を 検 討 ( 約 697m) 約 19ha 約 36ha 約 53ha 約 10ha 集 落 国 道 (R317) 農 地 ( 連 担 ) 集 落 県 道 農 地 集 落 県 道 集 落 ( 連 担 ) 県 道 149 北 浦 ( 伯 方 ) 漁 港 海 岸 - 水 産 今 治 市 m) 約 0.2ha 集 落 県 道 151 竹 田 海 岸 - 国 土 ( 水 国 ) 今 治 市 765 策 を 検 討 ( 約 415m) 152 古 江 海 岸 - 国 土 ( 水 国 ) 今 治 市 4997 策 を 検 討 ( 約 400m) 153 古 江 港 海 岸 - 国 土 ( 港 ) 今 治 市 2909 状 化 対 策 を 検 討 ( 約 2,300m) 約 0ha 約 30ha 約 130ha 集 落 県 道 集 落 ( 連 担 ) 県 道 集 落 ( 連 担 ) 県 道 156 池 海 辺 海 岸 - 共 管 ( 農 村 ) 今 治 市 m) 津 波 対 策 として 護 岸 等 の 機 能 強 化 を 検 討 伯 方 港 海 岸 木 之 浦 地 区 国 土 ( 港 ) 今 治 市 (3233) (100m) 161 有 津 港 海 岸 - 国 土 ( 港 ) 今 治 市 2182 状 化 対 策 を 検 討 ( 約 2,220m) 約 0.2ha 集 落 農 地 約 0.3ha 集 落 ( 連 担 ) 県 道 県 道 ( 県 50) 今 治 市 伯 方 支 所 伯 方 警 察 署 約 30ha 集 落 ( 連 担 ) 国 道 (R317) 162 道 下 海 岸 - 共 管 ( 農 村 ) 今 治 市 m) 163 枝 越 港 海 岸 - 国 土 ( 港 ) 今 治 市 2253 状 化 対 策 を 検 討 ( 約 570m) 岩 城 漁 港 海 岸 岩 城 地 区 水 産 上 島 町 m) 約 0.3ha 約 30ha 約 0.1ha 集 落 国 道 農 地 集 落 高 速 道 路 農 地 北 消 防 署 国 道 (R317) 集 落 ( 連 担 ) 県 道 上 島 町 岩 城 総 合 支 所 岩 城 漁 港 海 岸 海 原 地 区 水 産 上 島 町 m) 約 0.2ha 集 落 ( 連 担 ) 県 道 1-14

21 NO. 海 岸 名 地 区 名 所 管 関 係 市 町 保 全 延 長 (m) 計 画 施 設 概 要 ( 区 域 種 類 規 模 配 置 ) 岩 城 漁 港 海 岸 津 波 地 区 水 産 上 島 町 m) 165 菰 隠 海 岸 - 農 村 上 島 町 m) 169 二 又 海 岸 - 農 村 上 島 町 m) 約 0.1ha 約 0.1ha 受 益 の 地 域 及 びその 状 況 レクリエーション 施 設 集 落 町 道 公 共 施 設 ( 小 学 校 保 育 所 ) 農 地 上 島 町 岩 城 総 合 支 所 約 0ha 集 落 農 地 ( 連 担 ) 重 点 整 備 海 岸 施 設 対 策 として 護 岸 等 の 機 能 強 化 を 検 討 波 170 小 漕 港 海 岸 - 国 土 ( 港 ) 上 島 町 400 高 低 減 対 策 を 検 討 ( 約 200m) 老 朽 化 対 策 約 1ha 集 落 171 獺 越 細 浜 海 岸 - 共 管 ( 農 村 ) 上 島 町 m) 172 長 江 港 海 岸 - 国 土 ( 港 ) 上 島 町 m) 約 0.1ha 約 8ha 村 道 農 地 ( 連 担 ) 工 場 等 ( 連 担 ) 集 落 県 道 農 地 ( 連 担 ) 津 波 対 策 として 護 岸 と 護 岸 等 の 液 状 化 対 策 を 173 掛 の 浦 海 岸 - 国 土 ( 水 国 ) 上 島 町 1567 検 討 (500m) 約 7ha 集 落 県 道 174 暮 坂 海 岸 - 国 土 ( 水 国 ) 上 島 町 m) 約 0.4ha 集 落 ( 連 担 ) 村 道 175 船 越 海 岸 - 農 村 上 島 町 m) 176 赤 穂 根 島 西 部 海 岸 - 農 村 上 島 町 m) 177 赤 穂 根 島 東 部 海 岸 - 共 管 ( 農 村 ) 上 島 町 m) 約 0.5ha 集 落 農 地 ( 連 担 ) 約 1ha 村 道 農 地 約 1ha 村 道 農 地 浸 食 対 策 として 護 岸 等 の 機 能 強 化 と 面 的 防 御 178 津 波 島 海 岸 - 共 管 ( 農 村 ) 上 島 町 4473 対 策 を 検 討 ( 約 500m) 179 後 新 開 海 岸 - 国 土 ( 水 国 ) 上 島 町 1371 状 化 対 策 を 検 討 ( 約 1,214m) 高 潮 対 策 として 護 岸 等 の 機 能 強 化 離 岸 堤 181 生 名 北 海 岸 - 共 管 ( 農 村 ) 上 島 町 1910 (60m) 突 堤 (2 基 ) 養 浜 ( 一 式 )を 検 討 ( 約 300m) 182 立 石 港 海 岸 - 国 土 ( 港 ) 上 島 町 850 策 を 検 討 ( 約 850m) 約 2ha 集 落 農 地 約 4ha 集 落 ( 連 担 ) 県 道 農 地 約 1ha 県 道 農 地 ( 連 担 ) 約 8ha 集 落 ( 連 担 ) 県 道 184 生 名 港 海 岸 - 国 土 ( 港 ) 上 島 町 837 策 を 検 討 ( 約 830m) 約 1ha 集 落 ( 連 担 ) 県 道 ( 県 338) 上 島 町 生 名 総 合 支 所 185 生 名 南 部 海 岸 - 農 村 上 島 町 m) 施 設 対 策 として 護 岸 等 の 機 能 強 化 を 検 討 ( 約 186 平 内 島 海 岸 - 農 村 上 島 町 m) 187 鶴 島 海 岸 - 農 村 上 島 町 m) 約 0.2ha 村 道 農 地 ( 連 担 ) 約 0.1ha 農 地 ( 連 担 ) 約 2ha 農 地 ( 連 担 ) 津 波 対 策 として 護 岸 の 機 能 強 化 と 波 高 低 減 対 189 上 弓 削 漁 港 海 岸 - 水 産 上 島 町 325 策 を 検 討 ( 約 260m) 津 波 対 策 として 護 岸 の 機 能 強 化 と 波 高 低 減 対 190 鯨 漁 港 海 岸 - 水 産 上 島 町 786 策 を 検 討 ( 約 160m) 約 0.4ha 約 0.1ha 集 落 ( 連 担 ) 県 道 集 落 ( 連 担 ) 県 道 191 島 尻 海 岸 - 農 村 上 島 町 1960 高 潮 対 策 として 波 高 低 減 対 策 を 検 討 ( 約 500m) 約 0.3ha 農 地 ( 連 担 ) 192 上 弓 削 東 海 岸 - 農 村 上 島 町 3800 高 潮 対 策 として 波 高 低 減 対 策 を 検 討 ( 約 400m) 約 0.4ha 津 波 対 策 として 護 岸 等 の 機 能 強 化 と 波 高 低 減 194 浜 都 漁 港 海 岸 - 水 産 上 島 町 514 対 策 を 検 討 ( 約 310m) 約 0.3ha 集 落 県 道 農 地 集 落 県 道 195 下 弓 削 東 海 岸 - 農 村 上 島 町 m) 弓 削 港 海 岸 明 神 地 区 国 土 ( 港 ) 上 島 町 (5833) 1,200m) 弓 削 港 海 岸 下 弓 削 地 区 国 土 ( 港 ) 上 島 町 (5833) 800m) 弓 削 港 海 岸 伊 勢 山 地 区 国 土 ( 港 ) 上 島 町 (5833) 1,300m) 約 3ha 約 0.4ha 約 0.3ha 約 1ha 集 落 町 道 農 地 集 落 ( 連 担 ) 県 道 上 島 町 ( 本 庁 ) 上 島 町 消 防 本 部 集 落 ( 連 担 ) 県 道 ( 県 172) 上 島 町 ( 本 庁 ) 集 落 ( 連 担 ) 県 道 上 島 町 ( 本 庁 ) 津 波 高 潮 対 策 として 波 高 低 減 対 策 を 検 討 ( 約 弓 削 港 海 岸 佐 島 地 区 国 土 ( 港 ) 上 島 町 (5833) 約 0.2ha 1,050m) 高 潮 対 策 として 護 岸 等 の 機 能 強 化 と 波 高 低 減 197 佐 島 東 海 岸 - 農 村 上 島 町 3511 対 策 を 検 討 ( 約 800m) 約 4ha 集 落 県 道 集 落 町 道 農 地 ( 連 担 ) 198 佐 島 西 海 岸 - 農 村 上 島 町 m) 約 3ha 集 落 町 道 農 地 ( 連 担 ) 津 波 対 策 として 護 岸 等 の 機 能 強 化 と 波 高 低 減 199 佐 島 漁 港 海 岸 - 水 産 上 島 町 939 対 策 を 検 討 ( 約 100m) 約 0ha 集 落 ( 連 担 ) 県 道 ( 県 338) 200 豊 島 漁 港 海 岸 - 水 産 上 島 町 m) 約 0.8ha 集 落 1-15

22 NO. 海 岸 名 地 区 名 所 管 関 係 市 町 保 全 延 長 (m) 計 画 施 設 概 要 ( 区 域 種 類 規 模 配 置 ) 津 波 対 策 として 護 岸 等 の 機 能 強 化 と 波 高 低 減 201 高 井 神 漁 港 海 岸 - 水 産 上 島 町 466 対 策 を 検 討 ( 約 170m) 受 益 の 地 域 及 びその 状 況 約 0.3ha 町 道 集 落 ( 連 担 ) 重 点 整 備 海 岸 津 波 対 策 として 護 岸 等 の 機 能 強 化 と 波 高 低 減 203 篠 塚 漁 港 海 岸 - 水 産 上 島 町 522 対 策 を 検 討 ( 約 470m) 204 魚 島 南 海 岸 - 農 村 上 島 町 m) 海 岸 保 全 区 域 延 長 について 今 後 海 岸 保 全 区 域 を 指 定 する 予 定 であるため 現 時 点 で 0mとなっている 区 域 がある 地 区 毎 の 延 長 が 定 められていない 海 岸 については 当 該 海 岸 の 全 体 延 長 を 括 弧 書 きとしている 約 0.3ha 集 落 ( 連 担 ) 約 2ha 村 道 農 地 海 岸 数 保 全 延 長 計 画 施 設 延 長 海 岸 数 , , 地 区 数 地 区 数

23 1-17

24 2. 海 岸 保 全 施 設 の 維 持 又 は 修 繕 に 関 する 事 項 海 岸 保 全 施 設 の 機 能 を 維 持 するため 定 期 的 な 巡 視 または 点 検 を 行 い 施 設 の 損 傷 劣 化 その 他 の 変 状 の 把 握 に 努 め 変 状 が 認 められたときは 適 切 な 維 持 修 繕 の 措 置 を 講 じる また 今 後 急 速 に 老 朽 化 施 設 の 増 加 が 見 込 まれていることから 早 期 に 施 設 の 長 寿 命 化 計 画 を 策 定 し 施 設 を 良 好 な 状 態 に 保 つよう 施 設 の 維 持 及 び 修 繕 を 計 画 的 に 実 施 していく なお 長 寿 命 化 計 画 では 点 検 により 構 造 物 の 防 護 機 能 及 び 性 能 を 適 切 に 把 握 評 価 し 構 造 物 の 劣 化 予 測 等 を 行 い ライフサイクルを 通 じて 所 定 の 防 護 機 能 を 確 保 することを 目 標 に ライフサイ クルコストの 縮 減 と 各 年 の 点 検 修 繕 に 要 する 費 用 の 平 準 化 を 実 現 する 仕 組 みの 構 築 を 図 る 2-1. 海 岸 保 全 施 設 の 存 する 区 域 施 設 の 機 能 を 維 持 しようとする 海 岸 保 全 施 設 の 存 する 区 域 として 海 岸 保 全 施 設 整 理 表 を 示 す 2-2. 海 岸 保 全 施 設 の 種 類 規 模 及 び 配 置 海 岸 保 全 施 設 の 種 類 規 模 及 び 配 置 について 海 岸 保 全 施 設 整 理 表 の 現 況 施 設 概 要 の 欄 に 示 す 2-3. 海 岸 保 全 施 設 の 維 持 又 は 修 繕 の 方 法 各 海 岸 の 地 域 特 性 や 海 岸 保 全 施 設 の 種 類 構 造 等 を 勘 案 し 維 持 又 は 修 繕 の 考 え 方 を 海 岸 保 全 施 設 整 理 表 の 維 持 又 は 修 繕 の 方 法 の 欄 に 示 す 維 持 又 は 修 繕 にかかる 巡 視 点 検 の 例 巡 視 (パトロール) 防 護 機 能 や 背 後 地 利 用 者 の 安 全 に 影 響 を 及 ぼすような 大 きな 変 状 の 発 見 目 的 効 率 的 効 果 的 な 点 検 の 実 施 内 容 一 次 点 検 施 設 の 防 護 機 能 に 影 響 を 及 ぼす 変 状 の 把 握 ( 天 端 高 の 沈 下 等 ) 施 設 全 体 の 変 状 の 有 無 の 把 握 二 次 点 検 応 急 措 置 等 の 実 施 の 必 要 性 の 判 断 長 寿 命 化 計 画 の 策 定 変 更 陸 上 からの 目 視 と 近 接 目 視 コンクリート 部 材 の 大 きな 変 状 や 天 端 定 期 点 検 等 の 後 の 変 状 の 進 展 の 高 等 の 確 認 監 視 や 新 たな 変 状 の 発 見 のため 陸 上 からの 目 視 等 重 点 的 かつ 概 括 的 に 実 施 二 次 点 検 施 設 健 全 度 の 把 握 長 寿 命 化 計 画 の 策 定 変 更 対 策 の 検 討 近 接 目 視 簡 易 な 計 測 必 要 に 応 じ 詳 細 な 調 査 間 隔 数 回 /1 年 1 回 程 度 /5 年 ( 同 左 ) 実 施 海 岸 の 利 用 が 見 込 まれる 連 休 前 時 期 や 地 域 特 性 を 考 慮 して 設 定 地 域 特 性 を 考 慮 して 設 定 ( 冬 季 波 浪 後 台 風 期 前 後 等 ) 一 次 点 検 の 結 果 より 必 要 と 判 断 された 場 合 定 期 点 検 等 において 確 認 された 対 象 施 設 の 全 延 長 を 対 象 とするが 一 次 点 検 の 結 果 より 必 要 と 判 断 重 点 点 検 箇 所 ( 地 形 等 により 変 状 概 ね5 年 で 一 巡 するように 順 次 実 施 された 箇 所 ( 代 表 断 面 での 実 施 実 施 が 起 こりやすい 箇 所 実 際 に 変 状 なお 点 検 の 実 施 において 特 に 重 要 も 可 ) 範 囲 が 確 認 された 箇 所 等 ) 等 の 監 視 な 箇 所 は 毎 年 実 施 することが 望 ましい それ 以 外 の 施 設 の 全 体 の 概 観 出 典 : 海 岸 保 全 施 設 維 持 管 理 マニュアル H26.3 農 林 水 産 省 農 村 振 興 局 防 災 課 農 林 水 産 省 水 産 庁 防 災 漁 村 課 国 土 交 通 省 水 管 理 国 土 保 全 局 海 岸 室 国 土 交 通 省 港 湾 局 海 岸 防 災 課 各 海 岸 毎 の 具 体 的 な 巡 視 点 検 計 画 については 今 後 策 定 予 定 の 長 寿 命 化 計 画 等 により 示 すこととし ここでは 巡 視 点 検 の 概 要 について 例 示 する 1-18

25 海 岸 保 全 施 設 整 理 表 NO. 海 岸 名 地 区 名 所 管 関 係 市 町 保 全 延 長 現 況 施 設 概 要 (m) ( 種 類 規 模 及 び 配 置 ) 維 持 又 は 修 繕 の 方 法 突 堤 (266.0m) 護 岸 (2,655.0m) 陸 閘 (20 基 ) 離 岸 堤 (10 1 二 名 海 岸 - 国 土 ( 水 国 ) 四 国 中 央 市 2580 基 ) 胸 壁 (140.0m) 消 波 工 (1,538.0m) 開 こう(2 基 ) 2 二 名 漁 港 海 岸 - 水 産 四 国 中 央 市 612 護 岸 (351.0m) 3 川 之 江 漁 港 海 岸 - 水 産 四 国 中 央 市 388 護 岸 (91.0m) 三 島 川 之 江 港 海 岸 三 島 川 之 江 港 海 岸 川 之 江 地 区 国 土 ( 港 ) 四 国 中 央 市 5589 防 波 堤 (1,768.0m) 防 潮 堤 (2,678.2m) 護 岸 (1,513.7m) 三 島 地 区 国 土 ( 港 ) 四 国 中 央 市 1372 防 波 堤 (2,630.3m) 防 潮 堤 (1,336.0m) 護 岸 (2,388.6m) 5 中 之 庄 海 岸 国 土 ( 水 国 ) 四 国 中 央 市 2940 突 堤 (160.0m) 護 岸 (1,681.0m) 消 波 工 (1,181.0m) 防 潮 堤 (614.0m) 導 流 堤 (40.0m) 護 岸 (339.1m) 水 門 (1 6 寒 川 港 海 岸 - 国 土 ( 港 ) 四 国 中 央 市 709 基 ) 防 波 堤 (868.5m) 特 に 海 水 浴 などのレクリエーション 面 での 海 岸 利 用 が 盛 んな 地 域 であ り 海 岸 利 用 の 促 進 に 配 慮 した 施 設 の 維 持 管 理 漁 業 などの 産 業 活 動 はあるものの 利 用 促 進 や 自 然 環 境 の 復 元 対 策 など 特 別 な 配 慮 を 必 要 としないため 防 護 を 中 心 とした 施 設 の 維 持 管 理 に 努 める 漁 業 などの 産 業 活 動 はあるものの 利 用 促 進 や 自 然 環 境 の 復 元 対 策 など 特 別 な 配 慮 を 必 要 としないため 防 護 を 中 心 とした 施 設 の 維 持 管 理 に 努 める 漁 業 などの 産 業 活 動 はあるものの 利 用 促 進 や 自 然 環 境 の 復 元 対 策 など 特 別 な 配 慮 を 必 要 としないため 防 護 を 中 心 とした 施 設 の 維 持 管 理 に 努 める 港 湾 などの 利 用 はあるものの 利 用 促 進 や 自 然 環 境 の 復 元 対 策 など 特 別 な 配 慮 を 必 要 としないため 防 護 を 中 心 とした 施 設 の 維 持 管 理 に 努 め る 突 堤 (1,116.5m) 護 岸 (922.0m) 陸 閘 (2 基 ) 離 岸 堤 (385.0m) 消 波 7 寒 川 海 岸 - 国 土 ( 水 国 ) 四 国 中 央 市 3398 工 (155.0m) 開 こう(21 基 ) 堤 防 (1,982.0m) 防 潮 堤 (295.0m) 防 波 堤 (352.0m) 階 段 (200.0m) 樋 門 (1 基 ) 8 豊 岡 漁 港 海 岸 - 水 産 四 国 中 央 市 560 護 岸 (68.1m) 防 砂 堤 (46.0m) 防 潮 堤 (500.0m) 9 寒 川 西 海 岸 - 国 土 ( 水 国 ) 四 国 中 央 市 247 突 堤 (188.0m) 堤 防 (236.0m) 樋 門 (2 基 ) 10 長 津 漁 港 海 岸 - 水 産 四 国 中 央 市 620 護 岸 (543.7m) 特 に 海 水 浴 などのレクリエーション 面 での 海 岸 利 用 が 盛 んな 地 域 であ り 海 岸 利 用 の 促 進 に 配 慮 した 施 設 の 維 持 管 理 漁 業 などの 産 業 活 動 はあるものの 利 用 促 進 や 自 然 環 境 の 復 元 対 策 など 特 別 な 配 慮 を 必 要 としないため 防 護 を 中 心 とした 施 設 の 維 持 管 理 に 努 める レクリエーション 面 での 海 岸 利 用 の 維 持 管 理 利 用 促 進 や 自 然 環 境 の 復 元 対 策 など 特 別 な 配 慮 を 必 要 としないため 防 護 を 中 心 とした 施 設 の 維 持 管 理 漁 業 などの 産 業 活 動 はあるものの 利 用 促 進 や 自 然 環 境 の 復 元 対 策 など 特 別 な 配 慮 を 必 要 としないため 防 護 を 中 心 とした 施 設 の 維 持 管 理 に 努 める 護 岸 (800.0m) 陸 閘 (1 基 ) 開 こう(20 基 ) 堤 防 (575.0m) 樋 利 用 促 進 や 自 然 環 境 の 復 元 対 策 など 特 別 な 配 慮 を 必 要 としないため 防 11 東 宮 海 岸 - 国 土 ( 水 国 ) 四 国 中 央 市 1061 門 (1 基 ) 導 流 堤 (82.0m) 防 波 堤 (669.0m) 突 堤 (207m) 護 を 中 心 とした 施 設 の 維 持 管 理 レクリエーション 面 での 海 岸 利 用 はあるものの 利 用 促 進 や 自 然 環 境 の 堤 防 (2,573m) 樋 門 (2 基 ) 防 波 堤 (245n) 潮 遊 池 (7,129m) 12 八 日 市 海 岸 - 農 村 四 国 中 央 市 2573 復 元 対 策 など 特 別 な 配 慮 を 必 要 としないため 防 護 を 中 心 とした 既 存 施 根 固 (967m) 消 波 工 (1,668m) 設 の 維 持 管 理 突 堤 (95.0m) 開 こう(12 基 ) 堤 防 (1,428.0m) 樋 門 (4 基 ) 13 藤 原 海 岸 - 国 土 ( 水 国 ) 四 国 中 央 市 1450 消 波 工 (58.0m) 導 流 堤 (99.0m) 突 堤 (485.5m) 護 岸 (195.0m) 陸 閘 (2 基 ) 消 波 工 (285.0m) 利 用 促 進 や 自 然 環 境 の 復 元 対 策 など 特 別 な 配 慮 を 必 要 としないため 防 14 蕪 崎 天 満 海 岸 - 国 土 ( 水 国 ) 四 国 中 央 市 2569 開 こう(5 基 ) 堤 防 (2,848.0m) 樋 門 (7 基 ) 導 流 堤 (35.0m) 護 を 中 心 とした 施 設 の 維 持 管 理 潜 堤 (238.0m) 水 門 (1 基 ) 15 蕪 崎 漁 港 海 岸 - 水 産 四 国 中 央 市 610 護 岸 (453.0m) 防 砂 堤 (24.0m) 16 天 満 漁 港 海 岸 - 水 産 四 国 中 央 市 885 防 砂 堤 (114.6m) 護 岸 (688.4m) 17 磯 浦 海 岸 - 国 土 ( 水 国 ) 四 国 中 央 市 2700 突 堤 (43.0m) 護 岸 (447.0m) 堤 防 (178.0m) 18 荷 内 東 海 岸 - 国 土 ( 水 国 ) 新 居 浜 市 漁 業 などの 産 業 活 動 はあるものの 利 用 促 進 や 自 然 環 境 の 復 元 対 策 など 特 別 な 配 慮 を 必 要 としないため 防 護 を 中 心 とした 施 設 の 維 持 管 理 に 努 める 漁 業 などの 産 業 活 動 はあるものの 利 用 促 進 や 自 然 環 境 の 復 元 対 策 など 特 別 な 配 慮 を 必 要 としないため 防 護 を 中 心 とした 施 設 の 維 持 管 理 に 努 める 突 堤 (162.8m) 護 岸 (591.0m) 陸 閘 (1 基 ) 離 岸 堤 (255.0m) 自 然 環 境 と 人 々の 生 活 や 漁 業 などの 利 用 が 共 存 している 地 域 であり 環 19 荷 内 海 岸 - 国 土 ( 水 国 ) 新 居 浜 市 473 樋 門 (1 基 ) 階 段 (2 基 ) 境 面 と 利 用 面 に 配 慮 した 施 設 の 維 持 管 理 20 荷 内 西 海 岸 - 国 土 ( 水 国 ) 新 居 浜 市 1142 突 堤 (194.5m) 護 岸 (1,142.0m) 陸 閘 (4 基 ) 樋 門 (1 基 ) 防 波 堤 (407.0m) 護 岸 (12,034.0m) 突 堤 (137.0m) 陸 閘 ( 新 居 浜 港 海 岸 本 港 地 区 国 土 ( 港 ) 新 居 浜 市 (13422) 基 ) 防 波 堤 (940.0m) 防 砂 堤 (528.0m) 導 流 堤 (20.0m) 護 岸 21-2 新 居 浜 港 海 岸 東 港 地 区 国 土 ( 港 ) 新 居 浜 市 (13422) (6,154.0m) 堤 防 (179.0m) 突 堤 (120.0m) 樋 門 (1 基 ) 21-3 新 居 浜 港 海 岸 黒 島 地 区 国 土 ( 港 ) 新 居 浜 市 (13422) 防 波 堤 (135.0m) 護 岸 (5,028.0m) 陸 閘 (1 基 ) 樋 門 (1 基 ) 22-1 垣 生 漁 港 海 岸 垣 生 地 区 水 産 新 居 浜 市 1190 護 岸 (777.0m) 樋 門 (2 基 ) 22-2 垣 生 漁 港 海 岸 長 岩 地 区 水 産 新 居 浜 市 1003 防 砂 堤 (79.0m) 胸 壁 (45.0m) 護 岸 (818.6m) 樋 門 (2 基 ) 23 多 喜 浜 新 田 海 岸 - 国 土 ( 水 国 ) 新 居 浜 市 1443 堤 防 (1,210.0m) 樋 門 (2 基 ) 階 段 (1 基 ) 自 然 環 境 と 人 々の 生 活 や 漁 業 などの 利 用 が 共 存 している 地 域 であり 環 境 面 と 利 用 面 に 配 慮 した 施 設 の 維 持 管 理 境 面 と 利 用 面 に 配 慮 した 施 設 の 維 持 管 理 利 用 促 進 や 自 然 環 境 の 復 元 対 策 など 特 別 な 配 慮 を 必 要 としないため 防 護 を 中 心 とした 施 設 の 維 持 管 理 レクリエーション 面 での 海 岸 利 用 や 漁 業 などの 産 業 活 動 はあるものの 利 用 促 進 や 自 然 環 境 の 復 元 対 策 など 特 別 な 配 慮 を 必 要 としないため 防 護 を 中 心 とした 施 設 の 維 持 管 理 漁 業 などの 産 業 活 動 はあるものの 利 用 促 進 や 自 然 環 境 の 復 元 対 策 など 特 別 な 配 慮 を 必 要 としないため 防 護 を 中 心 とした 施 設 の 維 持 管 理 に 努 める 堤 防 護 岸 (2,520.0m) 突 堤 (602.0m) 樋 門 (1 基 ) 階 段 (10 24 沢 津 海 岸 - 国 土 ( 水 国 ) 新 居 浜 市 2948 基 ) 人 々の 生 活 やレクリエーション 面 での 海 岸 利 用 があり 環 境 面 と 利 用 面 に 配 慮 した 施 設 の 維 持 管 理 25 沢 津 漁 港 海 岸 - 水 産 新 居 浜 市 228 護 岸 (227.5m) 26 大 島 海 岸 - 農 村 新 居 浜 市 6555 護 岸 (1,609.7m) 27 大 島 ( 大 島 ) 漁 港 海 岸 - 水 産 新 居 浜 市 1868 護 岸 (1,128.7m) 樋 門 (1 基 ) 陸 閘 (1 基 ) 28 阿 島 海 岸 - 国 土 ( 水 国 ) 新 居 浜 市 172 突 堤 (55.0m) 護 岸 (135.0m) 29-1 東 予 港 海 岸 新 居 浜 地 区 国 土 ( 港 ) 新 居 浜 市 0 護 岸 (8295.0m) 29-2 東 予 港 海 岸 西 条 地 区 国 土 ( 港 ) 西 条 市 (15150) 陸 閘 (1 基 ) 護 岸 (8,115.0m) 防 潮 堤 (804.0m) 護 岸 (4,704.0m) 突 堤 (165.0m) 樋 門 ( 東 予 港 海 岸 市 塚 地 区 国 土 ( 港 ) 西 条 市 (15150) 基 ) 陸 閘 (16 基 ) 港 湾 などの 利 用 はあるものの 利 用 促 進 や 自 然 環 境 の 復 元 対 策 など 特 別 な 配 慮 を 必 要 としないため 防 護 を 中 心 とした 施 設 の 維 持 管 理 に 努 め る 港 湾 などの 利 用 はあるものの 貴 重 な 自 然 環 境 景 観 資 源 などが 豊 富 な 地 域 であり 特 に 自 然 環 境 の 保 全 に 配 慮 した 施 設 の 維 持 管 理 1-19

26 NO. 海 岸 名 地 区 名 所 管 関 係 市 町 保 全 延 長 現 況 施 設 概 要 (m) ( 種 類 規 模 及 び 配 置 ) 維 持 又 は 修 繕 の 方 法 防 潮 堤 (4,906.0m) 護 岸 (1617.0m) 突 堤 (56.0m) 樋 門 ( 東 予 港 海 岸 神 拝 地 区 国 土 ( 港 ) 西 条 市 (15150) 基 ) 陸 閘 (13 基 ) 港 湾 などの 利 用 はあるものの 貴 重 な 自 然 環 境 景 観 資 源 などが 豊 富 な 地 域 であり 特 に 自 然 環 境 の 保 全 に 配 慮 した 施 設 の 維 持 管 理 防 砂 堤 (808.0m) 防 潮 堤 (4,435.0m) 導 流 堤 (270.0m) 突 堤 29-5 東 予 港 海 岸 禎 瑞 地 区 国 土 ( 港 ) 西 条 市 (15150) (174.0m) 水 門 (1 基 ) 樋 門 (3 基 ) 陸 閘 (28 基 ) 29-6 東 予 港 海 岸 今 在 家 地 区 護 岸 (1,100.0m) 防 潮 堤 (4,538.0m) 水 門 (2 基 ) 樋 門 (4 国 土 ( 港 ) 西 条 市 (19831) 基 ) 陸 閘 (12 基 ) 防 潮 堤 (1,507.0m) 護 岸 (2,545.0m) 突 堤 (20.0m) 水 門 ( 東 予 港 海 岸 北 条 地 区 国 土 ( 港 ) 西 条 市 (19831) 基 ) 樋 門 (8 基 ) 陸 閘 (4 基 ) 29-8 東 予 港 海 岸 29-9 東 予 港 海 岸 大 新 田 地 区 河 原 津 地 区 防 砂 堤 (237.0m) 防 潮 堤 (4,389.0m) 導 流 堤 (121.0m) 護 岸 国 土 ( 港 ) 西 条 市 (19831) (1,204.0m) 突 堤 (97.0m) 水 門 (1 基 ) 樋 門 (2 基 ) 陸 閘 (38 基 ) 胸 壁 (35.0m) 国 土 ( 港 ) 西 条 市 (19831) 防 潮 堤 (1,462.0m) 導 流 堤 (45.0m) 陸 閘 (8 基 ) 堤 防 (2,150.0m) 消 波 工 (1,033.9m) 汐 遊 工 (2,524.2m) 樋 30 三 芳 海 岸 - 農 村 西 条 市 2150 門 (3 基 ) 排 水 機 場 (1 基 ) 護 岸 (581.5m) 堤 防 (1,564.0m) 樋 門 (1 基 ) 突 堤 (40.0m) 汐 遊 工 31 楠 河 西 海 岸 - 農 村 西 条 市 1564 (1,485.0m) 階 段 (5 基 ) 排 水 機 場 (1 基 ) 32 河 原 津 漁 港 海 岸 - 水 産 西 条 市 836 防 潮 堤 (193.6m) 突 堤 (438.5m) 護 岸 (2,479.0m) 胸 壁 (40.0m) 開 こう(7 33 沖 浦 海 岸 - 国 土 ( 水 国 ) 今 治 市 4163 基 ) 堤 防 (106.3m) 樋 門 (1) 樋 管 (7) 34 桜 井 河 口 港 海 岸 - 国 土 ( 港 ) 今 治 市 902 護 岸 (1,227.5m) 開 こう(1 基 ) 樋 門 (3) 階 段 (16) 水 門 (1) レクリエーション 面 での 海 岸 利 用 や 漁 業 などの 産 業 活 動 があるものの 貴 重 な 自 然 環 境 景 観 資 源 などが 豊 富 な 地 域 であり 特 に 自 然 環 境 の 保 全 に 配 慮 した 施 設 の 維 持 管 理 レクリエーション 面 での 海 岸 利 用 や 港 湾 などの 利 用 があるものの 貴 重 な 自 然 環 境 景 観 資 源 などが 豊 富 な 地 域 であり 特 に 自 然 環 境 の 保 全 に 配 慮 した 施 設 の 維 持 管 理 レクリエーション 面 での 海 岸 利 用 や 港 湾 などの 利 用 があるものの 貴 重 な 自 然 環 境 景 観 資 源 などが 豊 富 な 地 域 であり 特 に 自 然 環 境 の 保 全 に 配 慮 した 施 設 の 維 持 管 理 海 水 浴 などのレクリエーション 面 での 海 岸 利 用 が 盛 んであるが 貴 重 な 自 然 環 境 景 観 資 源 などが 豊 富 な 地 域 であり 特 に 自 然 環 境 の 保 全 に 配 慮 した 施 設 の 維 持 管 理 海 水 浴 などのレクリエーション 面 での 海 岸 利 用 が 盛 んであるが 貴 重 な 自 然 環 境 景 観 資 源 などが 豊 富 な 地 域 であり 特 に 自 然 環 境 の 保 全 に 配 慮 した 施 設 の 維 持 管 理 レクリエーション 面 での 海 岸 利 用 があるものの 貴 重 な 自 然 環 境 景 観 資 源 などが 豊 富 な 地 域 であり 特 に 自 然 環 境 に 配 慮 した 施 設 の 維 持 管 理 レクリエーション 面 での 海 岸 利 用 があるものの 貴 重 な 自 然 環 境 景 観 資 源 などが 豊 富 な 地 域 であり 特 に 自 然 環 境 に 配 慮 した 施 設 の 維 持 管 理 漁 業 などの 産 業 活 動 があるものの 貴 重 な 自 然 環 境 景 観 資 源 などが 豊 富 な 地 域 であり 特 に 自 然 環 境 の 保 全 に 配 慮 した 施 設 の 維 持 管 理 に 努 め る 海 水 浴 などのレクリエーション 面 での 海 岸 利 用 が 盛 んであるが 貴 重 な 自 然 環 境 景 観 資 源 などが 豊 富 な 地 域 であり 特 に 自 然 環 境 の 保 全 に 配 慮 した 施 設 の 維 持 管 理 特 にマリーナなどのレクリエーション 面 での 海 岸 利 用 が 盛 んな 地 域 であ り 海 岸 利 用 の 促 進 に 配 慮 した 施 設 の 維 持 管 理 35 桜 井 海 岸 - 国 土 ( 水 国 ) 今 治 市 408 護 岸 (367.0m) 陸 閘 (1 基 ) 開 こう(3 基 ) 階 段 (1 基 ) 36 桜 井 漁 港 海 岸 - 水 産 今 治 市 900 護 岸 (207.0m) 胸 壁 (98.5m) 37 古 国 分 海 岸 - 国 土 ( 水 国 ) 今 治 市 1575 護 岸 (564.0m) 樋 門 (2 基 ) 導 流 堤 (165.0m) 海 水 浴 などのレクリエーション 面 での 海 岸 利 用 が 盛 んであるが 貴 重 な 自 然 環 境 景 観 資 源 などが 豊 富 な 地 域 であり 特 に 自 然 環 境 の 保 全 に 配 慮 した 施 設 の 維 持 管 理 特 に 海 水 浴 などのレクリエーション 面 での 海 岸 利 用 が 盛 んな 地 域 であ り 海 岸 利 用 の 促 進 に 配 慮 した 施 設 の 維 持 管 理 突 堤 (29.0m) 護 岸 (3,638.0m) 開 こう(10 基 ) 堤 防 38 富 田 海 岸 - 国 土 ( 水 国 ) 今 治 市 3975 (142.7m) 樋 門 (3 基 ) 樋 管 (3 基 ) 導 流 堤 (170.0m) 水 門 (1 基 ) 39-1 今 治 港 海 岸 大 新 田 地 区 護 岸 (647m) 突 堤 (157m) 離 岸 堤 (100m) 防 潮 堤 (492m) 陸 国 土 ( 港 ) 今 治 市 1361 閘 (17 基 ) 胸 壁 (312m) 39-2 今 治 港 海 岸 片 原 地 区 国 土 ( 港 ) 今 治 市 2486 護 岸 (1002.3m), 防 潮 堤 (1076.0m), 陸 こう(17 基 ) 39-3 今 治 港 海 岸 蔵 敷 地 区 国 土 ( 港 ) 今 治 市 1308 防 潮 堤 (1,123m) 陸 閘 (1 基 ) 39-4 今 治 港 海 岸 鳥 生 地 区 国 土 ( 港 ) 今 治 市 特 に 海 水 浴 などのレクリエーション 面 での 海 岸 利 用 が 盛 んな 地 域 であ り 海 岸 利 用 の 促 進 に 配 慮 した 施 設 の 維 持 管 理 自 然 環 境 と 人 々の 生 活 レクリエーション 活 動 や 港 湾 などの 利 用 が 共 存 している 地 域 であり 環 境 面 と 利 用 面 に 配 慮 した 施 設 の 維 持 管 理 に 努 め る 39-5 今 治 港 海 岸 富 田 地 区 国 土 ( 港 ) 今 治 市 大 浜 漁 港 海 岸 - 水 産 今 治 市 2332 護 岸 (1,337.1m) 防 砂 堤 (92.0m) 胸 壁 (1,010.7m) 41 小 浦 東 海 岸 - 共 管 ( 水 国 ) 今 治 市 1877 護 岸 (130.0m) 樋 管 (1 基 ) 貴 重 な 自 然 環 境 景 観 資 源 などが 豊 富 な 地 域 であり 特 に 自 然 環 境 の 保 全 に 配 慮 した 施 設 の 維 持 管 理 42-1 波 止 浜 港 海 岸 波 止 浜 A 地 区 国 土 ( 港 ) 今 治 市 (3049) 護 岸 (1,594.7m) 水 門 (6 基 ) 境 面 と 利 用 面 に 配 慮 した 施 設 の 維 持 管 理 42-2 波 止 浜 港 海 岸 波 止 浜 B 地 区 国 土 ( 港 ) 今 治 市 (3049) - 境 面 と 利 用 面 に 配 慮 した 施 設 の 維 持 管 理 堤 防 (95.0m) 護 岸 (6,581.0m) 水 門 (2 基 ) 樋 管 (1 基 ) 開 こ 利 用 促 進 や 自 然 環 境 の 復 元 対 策 など 特 別 な 配 慮 を 必 要 としないため 防 43 波 止 浜 海 岸 - 国 土 ( 水 国 ) 今 治 市 7969 う(4 基 ) 護 を 中 心 とした 施 設 の 維 持 管 理 44 比 岐 島 海 岸 - 農 村 今 治 市 530 護 岸 (249.6m) 離 岸 堤 (40.0m) 突 堤 工 (40.0m) 45 馬 島 海 岸 - 農 村 今 治 市 3321 護 岸 (901.1m) 46 馬 島 漁 港 海 岸 - 水 産 今 治 市 342 護 岸 (58.8m) 胸 壁 (173.4m) 47 小 島 海 岸 - 農 村 今 治 市 2320 護 岸 (1,618.5m) 48 小 島 漁 港 海 岸 - 水 産 今 治 市 723 護 岸 (595.9m) 胸 壁 (43.2m) 49 来 島 漁 港 海 岸 - 水 産 今 治 市 421 護 岸 (286.7m) 胸 壁 (50.0m) 50 来 島 海 岸 - 国 土 ( 水 国 ) 今 治 市 310 護 岸 (294.0m) 突 堤 (32.0m) 開 こう(4 基 ) 階 段 (2 基 ) 51 大 浦 海 岸 - 国 土 ( 水 国 ) 今 治 市 1182 護 岸 (959.0m) 堤 防 (64.0m) 開 こう(5 基 ) 樋 管 (1 基 ) 自 然 環 境 と 人 々の 生 活 が 共 存 している 地 域 であり 環 境 面 と 利 用 面 に 配 慮 した 施 設 の 維 持 管 理 貴 重 な 自 然 環 境 景 観 資 源 などが 豊 富 な 地 域 であり 特 に 自 然 環 境 の 保 全 に 配 慮 した 施 設 の 維 持 管 理 漁 業 などの 産 業 活 動 があるものの 貴 重 な 自 然 環 境 景 観 資 源 などが 豊 富 な 地 域 であり 特 に 自 然 環 境 の 保 全 に 配 慮 した 施 設 の 維 持 管 理 に 努 め る 海 水 浴 などのレクリエーション 面 での 海 岸 利 用 が 盛 んであるが 貴 重 な 自 然 環 境 景 観 資 源 などが 豊 富 な 地 域 であり 特 に 自 然 環 境 の 保 全 に 配 慮 した 施 設 の 維 持 管 理 漁 業 などの 産 業 活 動 があるものの 貴 重 な 自 然 環 境 景 観 資 源 などが 豊 富 な 地 域 であり 特 に 自 然 環 境 の 保 全 に 配 慮 した 施 設 の 維 持 管 理 に 努 め る 52 波 方 港 海 岸 - 国 土 ( 港 ) 今 治 市 1608 防 波 堤 (600.3m) 防 潮 堤 (71.6m) 護 岸 (554.2m) 樋 門 (1 基 ) 53 波 方 漁 港 海 岸 - 水 産 今 治 市 914 護 岸 (555.7m) 胸 壁 (144.9m) 自 然 環 境 と 人 々の 生 活 レクリエーション 活 動 や 港 湾 などの 利 用 が 共 存 している 地 域 であり 環 境 面 と 利 用 面 に 配 慮 した 施 設 の 維 持 管 理 に 努 め る 1-20

27 保 全 NO. 海 岸 名 地 区 名 所 管 関 係 市 町 延 長 現 況 施 設 概 要 (m) ( 種 類 規 模 及 び 配 置 ) 54 江 戸 泊 海 岸 - 農 村 今 治 市 1744 護 岸 (975.6m) 堤 防 (549.7m) 突 堤 (155.0m) 55 西 浦 北 海 岸 - 国 土 ( 水 国 ) 今 治 市 788 護 岸 (495.0m) 陸 閘 (3 基 ) 樋 管 (1 基 ) 離 岸 堤 (200.0m) 56 西 浦 海 岸 - 共 管 ( 水 国 ) 今 治 市 710 樋 管 (6 基 ) 開 こう(5 基 ) 護 岸 (699.0m) 離 岸 堤 (400.0m) 57 森 上 港 海 岸 - 国 土 ( 港 ) 今 治 市 585 防 潮 堤 (377.0m), 陸 こう(4 基 ), 樋 門 (1 基 ) 58 森 上 海 岸 - 共 管 ( 水 国 ) 今 治 市 346 護 岸 (320.5m) 樋 管 (1 基 ) 開 こう(1 基 ) 離 岸 堤 (200.0m) 59 馬 刀 潟 海 岸 - 農 村 今 治 市 1588 堤 防 (1286.8m) 消 波 工 (95m) 60 唐 津 崎 海 岸 - 農 村 今 治 市 1540 堤 防 (121.1m) 61 槇 の 前 海 岸 - 農 村 今 治 市 3986 護 岸 (3,985.6m) 消 波 ブロック(261m) 64-2 岡 村 港 海 岸 白 潟 地 区 国 土 ( 港 ) 今 治 市 518 護 岸 (217m) 63 フキ 谷 海 岸 - 農 村 今 治 市 2044 護 岸 (1261.9m) 消 波 ブロック(762m) 突 堤 (2 基 ) 64-1 岡 村 港 海 岸 岡 村 地 区 国 土 ( 港 ) 今 治 市 1293 護 岸 (570m) 突 堤 (56m) 離 岸 堤 (120m) 防 潮 堤 (107m) 65 城 谷 漁 港 海 岸 - 水 産 今 治 市 581 護 岸 (320.0m) 66 岡 村 東 部 海 岸 - 共 管 ( 農 村 ) 今 治 市 1711 護 岸 (1254.2m) 消 波 ブロック(488m) 67 小 大 下 漁 港 海 岸 - 水 産 今 治 市 1063 護 岸 (812.6m) 護 岸 (242m) 突 堤 (22m) 樋 管 (2 基 ) 開 こう(1 基 ) 階 段 (2 68 明 神 海 岸 - 国 土 ( 水 国 ) 今 治 市 213 基 ) 69 大 下 港 海 岸 - 国 土 ( 港 ) 今 治 市 960 護 岸 (715.5m), 胸 壁 (273.6m), 陸 こう(1 基 ) 70 大 下 島 海 岸 - 農 村 今 治 市 5742 護 岸 (4,304.4m) 消 波 ブロック(2,709m) 維 持 又 は 修 繕 の 方 法 海 水 浴 などのレクリエーション 面 での 海 岸 利 用 が 盛 んであるが 貴 重 な 自 然 環 境 景 観 資 源 などが 豊 富 な 地 域 であり 特 に 自 然 環 境 の 保 全 に 配 慮 した 施 設 の 維 持 管 理 海 水 浴 などのレクリエーション 面 での 海 岸 利 用 が 盛 んであるが 貴 重 な 自 然 環 境 景 観 資 源 などが 豊 富 な 地 域 であり 特 に 自 然 環 境 の 保 全 に 配 慮 した 施 設 の 維 持 管 理 貴 重 な 自 然 環 境 景 観 資 源 などが 豊 富 な 地 域 であり 特 に 自 然 環 境 の 保 全 に 配 慮 した 施 設 の 維 持 管 理 特 に 海 水 浴 などのレクリエーション 面 での 海 岸 利 用 が 盛 んな 地 域 であ り 海 岸 利 用 の 促 進 に 配 慮 した 施 設 の 維 持 管 理 境 面 と 利 用 面 に 配 慮 した 施 設 の 維 持 管 理 海 水 浴 などのレクリエーション 面 での 海 岸 利 用 が 盛 んであるが 貴 重 な 自 然 環 境 景 観 資 源 などが 豊 富 な 地 域 であり 特 に 自 然 環 境 の 保 全 に 配 慮 した 施 設 の 維 持 管 理 港 湾 などの 利 用 があるものの 貴 重 な 自 然 環 境 景 観 資 源 などが 豊 富 な 地 域 であり 特 に 自 然 環 境 の 保 全 に 配 慮 した 施 設 の 維 持 管 理 境 面 と 利 用 面 に 配 慮 した 施 設 の 維 持 管 理 護 岸 (2,751m) 突 堤 (78m) 離 岸 堤 (323m) 樋 管 (4 基 ) 開 こ 71 野 々 江 坂 海 岸 - 国 土 ( 水 国 ) 今 治 市 3277 う(2 基 ) 陸 閘 (4 基 ) 階 段 (4 基 ) 護 岸 (1,324m) 突 堤 (57m) 離 岸 堤 (324m) 消 波 ブロック 72 甲 口 海 岸 - 共 管 ( 農 村 ) 今 治 市 2721 (388.6m) 護 岸 (1,754.9m) 離 岸 堤 (100.0m) 突 堤 (95.0m) 消 波 堤 73 宗 方 海 岸 - 農 村 今 治 市 3618 (513m) 74 宗 方 海 岸 - 国 土 ( 水 国 ) 今 治 市 1800 護 岸 (1,492m) 樋 門 (1 基 ) 開 口 (22 基 ) 75 宗 方 漁 港 海 岸 - 水 産 今 治 市 1500 護 岸 (1,065.6m) 堤 防 (240.6m) 水 門 (1 基 ) 76 浦 戸 海 岸 - 農 村 今 治 市 3605 護 岸 (2,451.8m) 消 波 ブロック(1,715m) 77 口 総 漁 港 海 岸 - 水 産 今 治 市 2211 護 岸 (1,108.2m) 堤 防 (791.9m) 水 門 (3 基 ) 78 大 浜 大 谷 海 岸 - 農 村 今 治 市 1334 護 岸 (1,056.6m) 消 波 ブロック(410m) 護 岸 (1,067m) 突 堤 (25m) 開 こう(5 基 ) 陸 閘 (2 基 ) 坂 路 79 下 長 瀬 海 岸 - 国 土 ( 水 国 ) 今 治 市 1258 (1 基 ) 80 上 長 瀬 海 岸 - 国 土 ( 水 国 ) 今 治 市 1086 護 岸 (771m) 樋 管 (1 基 ) 開 こう(5 基 ) 81 野 野 江 漁 港 海 岸 - 水 産 今 治 市 1070 護 岸 (585.7m) 堤 防 (273.3m) 水 門 (1 基 ) 砂 防 堤 (43.2m) 特 に 海 水 浴 などのレクリエーション 面 での 海 岸 利 用 が 盛 んな 地 域 であ り 海 岸 利 用 の 促 進 に 配 慮 した 施 設 の 維 持 管 理 自 然 環 境 と 人 々の 生 活 レクリエーション 活 動 や 漁 業 などの 産 業 活 動 が 共 存 している 地 域 であり 環 境 面 と 利 用 面 に 配 慮 した 施 設 の 維 持 管 理 に 努 める 海 水 浴 などのレクリエーション 面 での 海 岸 利 用 が 盛 んであるが 貴 重 な 護 岸 (1,977m) 突 堤 (51m) 突 堤 (1 基 ) 樋 門 (3 基 ) 開 こう(6 82 台 海 岸 - 国 土 ( 水 国 ) 今 治 市 1948 自 然 環 境 景 観 資 源 などが 豊 富 な 地 域 であり 特 に 自 然 環 境 の 保 全 に 配 基 ) 陸 閘 (1 基 ) 慮 した 施 設 の 維 持 管 理 83 台 漁 港 海 岸 - 水 産 今 治 市 198 護 岸 (40.3m) 堤 防 (84.5m) 水 門 (1 基 ) 防 波 堤 (74.0m) 護 岸 (856.7m) 堤 防 (35.0m) 胸 壁 84-1 宮 浦 港 海 岸 明 日 地 区 国 土 ( 港 ) 今 治 市 (2383) (135.0m) 水 門 (2 基 ) 開 口 (1 基 ) 階 段 (1 基 ) 護 岸 (810.4m) 陸 閘 (4 基 ) 階 段 (6 基 ) 水 門 (1 基 ) 胸 壁 84-2 宮 浦 港 海 岸 宮 浦 地 区 国 土 ( 港 ) 今 治 市 (2383) (135m) 境 面 と 利 用 面 に 配 慮 した 施 設 の 維 持 管 理 境 面 と 利 用 面 に 配 慮 した 施 設 の 維 持 管 理 護 岸 (1,678m) 突 堤 (53.5m) 樋 門 (1 基 ) 開 こう(5 基 ) 陸 閘 85 大 見 海 岸 - 国 土 ( 水 国 ) 今 治 市 1747 (1 基 ) 86 大 見 港 海 岸 - 国 土 ( 港 ) 今 治 市 297 護 岸 (88.0m) 護 岸 (191.6m) 堤 防 (2,555.3m) 消 波 ブロック(1,392.4m) 87 鏡 大 の 浜 海 岸 - 共 管 ( 農 村 ) 今 治 市 4618 樋 門 (2 基 ) 1-21

<955C8E86814597A0955C8E862E6169>

<955C8E86814597A0955C8E862E6169> 徳 島 県 の 海 岸 保 全 基 本 計 画 改 定 ( 概 要 版 ) ~ 自 然 と 人 が 息 づく 阿 波 の 海 岸 づくり ~ 徳 島 県 1. 海 岸 保 全 基 本 計 画 とは 海 岸 保 全 基 本 計 画 とは 海 岸 法 の 改 正 ( 平 成 11 年 )に 伴 い 美 しく 安 全 で いきい きとした 海 岸 の 継 承 を 基 本 理 念 とする 国 の 定 めた

More information

下 北 八 戸 沿 岸 海 岸 保 全 基 本 計 画 平 成 26 年 3 月 青 森 県 青 い 海 はみんなの 宝 下 北 八 戸 沿 岸 の 基 本 理 念 本 州 最 北 の 幾 多 の 自 然 美 と 風 土 を 守 り 水 産 都 市 の 発 展 を 支 えてきた 山 海 の 豊 かな 恵 みを 後 世 へ 受 け 継 ぎ 海 と 共 に 活 きる 下 北 八 戸 沿 岸 の 海 岸

More information

Microsoft PowerPoint - 01-1 津波法説明資料.pptx

Microsoft PowerPoint - 01-1 津波法説明資料.pptx 資 料 1-1 第 2 回 津 波 避 難 対 策 推 進 マニュアル 検 討 会 津 波 防 災 地 域 づくりに 関 する 法 律 について 平 成 24 年 8 月 22 日 ( 水 ) Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 津 波 防 災 地 域 づくりに 関 する 法 律 の 制 定 経 緯 平 成 23 年 3 月

More information

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc 出 雲 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 島 根 県 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 1) 都 市 づくりの 基 本 理 念... 1 2) 地 域 毎 の 市 街 地 像... 3 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 1) 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無... 4 3. 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 土

More information

目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書 の 作 成 2.1. 維 持 管 理 計

目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書 の 作 成 2.1. 維 持 管 理 計 山 口 県 港 湾 施 設 維 持 管 理 点 検 マニュアル( 案 ) 平 成 25 年 8 月 山 口 県 土 木 建 築 部 港 湾 課 目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書

More information

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2)

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2) 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 105 2 節 防 災 事 業 計 画 10 3 節 施 設 の 現 況 と 管 理 110 参 考 東 京 都 の 災 害 対 策 分 掌 事 務 及 び 組 織 113-103 - 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 港 湾 整 備 部 計 画 課 東 京 港 の 臨 海 部 は 東 京 湾 の 最 奥

More information

【行革委】資料5 アセットマネジメント

【行革委】資料5 アセットマネジメント アセットマネジメントの 推 進 について 資 料 公 共 土 木 施 設 本 県 における 主 な 社 会 インフラ 高 度 経 済 成 長 期 に 集 中 的 に 整 備 された 橋 梁 やトンネル 河 川 砂 防 港 湾 施 設 など 社 会 インフラの 老 朽 化 が 進 行 橋 梁 トンネルの 老 朽 化 の 現 状 県 管 理 の 橋 梁,39 橋 のうち 建 設 後 年 を 経 過 したものが

More information

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や 1 平 成 25 年 度 水 産 関 係 補 正 予 算 の 概 要 平 成 25 年 12 月 水 産 庁 総 額 556 億 円 1 漁 業 コストの 低 減 対 策 230 億 円 漁 業 コスト 構 造 改 革 緊 急 対 策 事 業 228 億 円 1 省 燃 油 活 動 推 進 事 業 80 億 円 燃 油 消 費 量 を 削 減 するために 漁 業 者 グループが 行 う 省 燃 油

More information

秋 田 県 河 川 概 要 図 浅 内 海 岸 能 代 北 秋 田 大 館 鹿 角 琴 浜 海 岸 男 鹿 秋 田 岩 城 二 古 海 岸 窪 堰 川 本 荘 海 岸 大 仙 横 手 由 利 本 湯 沢 - 72 -

秋 田 県 河 川 概 要 図 浅 内 海 岸 能 代 北 秋 田 大 館 鹿 角 琴 浜 海 岸 男 鹿 秋 田 岩 城 二 古 海 岸 窪 堰 川 本 荘 海 岸 大 仙 横 手 由 利 本 湯 沢 - 72 - 第 6 章 河 川 海 岸 第 1 節 河 川 海 岸 の 概 要 秋 田 県 を 流 れる 河 川 は 雄 物 川 米 代 川 子 吉 川 の 一 級 水 系 302 河 川 馬 場 目 川 などの 二 級 水 系 51 河 川 で 合 計 353 河 川 となっており 総 延 長 は3,189kmに 及 んでいます また 海 岸 については 総 延 長 264kmのうち 国 土 交 通 省 で169kmを

More information

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc 参 考 4 平 成 23 年 度 庁 舎 等 の 公 用 財 産 に 対 する 監 査 結 果 一 覧 表 一 覧 表 記 号 欄 の 凡 例 3ページ 下 段 に 記 載 した 指 摘 の 主 な 内 容 を 表 しています 指 摘 内 容 庁 舎 等 の 有 効 活 用 余 剰 面 積 等 の 有 効 活 用 財 産 管 理 の 不 備 庁 舎 保 全 関 係 の 不 備 異 なる 間 の 有

More information

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 地 震 津 波 対 策 編 第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 2014 年 3 月 31 日 の 74 年 間 のうち 稚 内 市 で

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63> 都 市 計 画 全 般 7 8 Ⅱ 八 王 子 市 の 都 市 計 画 1. 都 市 計 画 全 般 (1) 都 市 計 画 の 内 容 と 決 定 状 況 都 市 計 画 は 農 林 漁 業 との 健 全 な 調 和 を 図 りつつ 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するために 土 地 利 用 都 市 施 設 の 整 備 及 び 市 街

More information

<4D F736F F D208D8791CC94C581698D958E9A816A955C8E DA8E9F81698E5D8AF288A A E646F63>

<4D F736F F D208D8791CC94C581698D958E9A816A955C8E DA8E9F81698E5D8AF288A A E646F63> 第 2 章 海 岸 保 全 施 の 整 備 に 関 する 基 本 的 な 事 項 1. 海 岸 保 全 施 を 整 備 しようとする 区 域 < 長 期 的 な 海 岸 整 備 の 方 向 性 > 香 川 県 下 約 700 km の 海 岸 から 県 の 基 本 方 針 及 びゾーン 毎 の 基 本 方 針 を 踏 まえ 施 整 備 の 必 要 性 を 検 討 する 区 域 ( 区 域 )を 選

More information

計 19,931

計 19,931 事 業 番 号 復 興 庁 :94 農 林 水 産 省 :0423 平 成 24 年 行 政 事 業 レビューシート ( 復 興 庁 農 林 水 産 省 ) 事 業 名 農 地 農 業 用 施 設 等 の 復 興 関 連 事 業 担 当 部 局 庁 作 成 責 任 者 事 業 開 始 終 了 ( 予 定 ) 年 度 平 成 23 年 度 ~ 担 当 課 室 会 計 区 分 一 般 会 計 東 日 本

More information

平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 平 成 2 8 年 4 月 室 蘭 開 発 建 設 部

平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 平 成 2 8 年 4 月 室 蘭 開 発 建 設 部 平 成 2 8 年 4 月 1 日 報 道 機 関 各 位 室 蘭 開 発 建 設 部 広 報 官 お 知 ら せ 件 名 平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 について お 知 らせ 内 容 平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 について 別 紙 のとおりお

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し

More information

靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 捗 靱 靱 靱 靱 靱 捗 靱 靱 捗 捗 捗 靱 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 樋 樋 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 迂 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 靱 捗 捗 捗 捗 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 基 本 目 標 事 前 に 備 えるべき 目 標 プログラムにより 回 避 すべき 起 きてはならな

More information

(新)瀬戸内海環境保全特別措置法(一部改正後).xlsx

(新)瀬戸内海環境保全特別措置法(一部改正後).xlsx 瀬 戸 内 海 環 境 保 全 特 別 措 置 法 ( 昭 和 四 十 八 年 十 月 二 日 法 律 第 百 十 号 ) 第 章 総 則 ( 第 条 - 第 二 条 の 二 ) 第 二 章 瀬 戸 内 海 の 環 境 の 保 全 に 関 する 計 画 ( 第 三 条 - 第 四 条 の 二 ) 第 三 章 瀬 戸 内 海 の 環 境 の 保 全 に 関 する 特 別 の 措 置 第 節 特 定 施

More information

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 -----------------------------------------

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 ----------------------------------------- 富 士 見 都 市 計 画 ( 富 士 見 市 ふじみ 野 市 三 芳 町 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 24 年 9 月 14 日 から 平 成 24 年 10 月 1 日 まで 平 成 25 年 2 月 5 日 埼 玉 県 目 次 1 都 市 計 画

More information

<8C7689E68F91816982508FCD814182518FCD81605038816A2E786477>

<8C7689E68F91816982508FCD814182518FCD81605038816A2E786477> 佐 賀 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 19 年 3 月 佐 賀 県 県 土 づくり 本 部 建 築 住 宅 課 目 次 はじめに 1 第 1 章 計 画 の 概 要 1. 計 画 策 定 の 趣 旨 3 2. 計 画 策 定 の 位 置 づけ 3 3. 計 画 の 期 間 4 4. 計 画 の 基 本 構 成 4 第 2 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の

More information

<94ED8A518B4C985E8F5781698CB48D65816A2E786477>

<94ED8A518B4C985E8F5781698CB48D65816A2E786477> 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 銚 子 市 被 害 記 録 集 銚 子 市 平 成 24 年 3 月 刊 行 にあたって このたびの 東 日 本 大 震 災 により 被 災 された 皆 様 にこころからお 見 舞 い 申 し 上 げます また 復 旧 復 興 に 尽 力 されている 方 々に 敬 意 を 表 します 東 日 本 大 震 災 は 我 が 国 において 戦 後

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63> 田 方 広 域 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 平 成 23 年 3 月 静 岡 県 目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 都 市 づくりの 基 本 理 念 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 2 附 図 1 将 来 市 街 地 像 図 4 2 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 及 び 区 域 区 分 を 定 める 際

More information

Microsoft Word - 05編_建築物被害.doc

Microsoft Word - 05編_建築物被害.doc 第 5 編 建 築 物 被 害 の 想 定 5-1 5.1 被 害 基 準 5-1 5.2 現 況 データ 5-5 5.3 揺 れによる 被 害 5-13 5.3.1 予 測 方 針 5-13 5.3.2 予 測 手 法 5-14 5.3.3 予 測 結 果 5-16 5.4 液 状 化 による 被 害 5-20 5.4.1 予 測 方 針 5-20 5.4.2 予 測 手 法 5-21 5.4.3

More information

関連データ及び参考資料(1)

関連データ及び参考資料(1) 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 71 72 目 次 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 1. 学 校 を 取 り 巻 く 状 況 公 共 施 設 における 学 校 施 設 の 割 合... 74 学 校 数 幼 児 児 童 生 徒 数 の 推 移... 74 小 中 学 校 数 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 一 校 当 たりの 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 公

More information

東 日 本 大 震 災 対 応 報 告 書 ~ 地 球 観 測 衛 星 及 び 通 信 衛 星 による 対 応 の 記 録 ~ 4 近 代 技 術 で 大 規 模 に 構 築 された 港 湾 の 浸 水 災 害 対 策 にも 万 全 を 期 して 設 計 された と 思 われる 港 湾 施 設 宮

東 日 本 大 震 災 対 応 報 告 書 ~ 地 球 観 測 衛 星 及 び 通 信 衛 星 による 対 応 の 記 録 ~ 4 近 代 技 術 で 大 規 模 に 構 築 された 港 湾 の 浸 水 災 害 対 策 にも 万 全 を 期 して 設 計 された と 思 われる 港 湾 施 設 宮 2.1.7 現 地 調 査 結 果 2.1.7.1 現 地 調 査 世 界 観 測 史 上 4 番 目 の 規 模 となる M9.0 の 東 日 本 大 震 災 では 広 域 に 亘 る 津 波 による 被 災 が 発 生 した 高 さ 数 十 メートルの 地 盤 までの 浸 水 海 岸 付 近 の 低 地 部 の 沈 下 海 没 湛 水 津 波 の 河 川 遡 上 津 波 堤 防 の 破 壊 市

More information

犬山市公共施設マネジメント基本計画

犬山市公共施設マネジメント基本計画 犬 山 市 公 共 施 設 マネジメント 基 本 計 画 概 要 版 平 成 27 年 3 月 犬 山 市 企 画 財 政 部 財 政 課 - 0 - 目 次 第 1 章 はじめに... 1 1. 公 共 施 設 マネジメントの 必 要 性... 2. 公 共 施 設 の 定 義... 3. 公 共 施 設 マネジメント 計 画 の 手 順... 4. 本 基 本 計 画 の 位 置 づけ... 5.

More information

(Microsoft Word - H27.3.27 \222\206\222\303\216s\221\317\220k\211\374\217C\221\243\220i\214v\211\346.doc)

(Microsoft Word - H27.3.27 \222\206\222\303\216s\221\317\220k\211\374\217C\221\243\220i\214v\211\346.doc) 中 津 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 大 分 県 中 津 市 ( 平 成 27 年 3 月 ) 目 次 第 1 章 総 則 1. 目 的 2. 位 置 付 け 3. 計 画 期 間 第 2 章 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 1. 想 定 される 地 震 の 規 模 被 害 の 状 況 2. 耐 震 化 の 現 状 3. 耐 震 改 修 等 の 目 標

More information

Ⅱ 点 検 項 目. 費 用 対 効 果 分 析 の 算 定 基 礎 となった 要 因 の 変 化 直 前 の 評 価 今 回 の 評 価 総 費 用 ( ) 総 便 益 ( ),8,7,99,7,8,,0,9 別 紙 費 用 対 効 果 分 析 集 計 表 の とおり 費 用 便 益 費 (B/C

Ⅱ 点 検 項 目. 費 用 対 効 果 分 析 の 算 定 基 礎 となった 要 因 の 変 化 直 前 の 評 価 今 回 の 評 価 総 費 用 ( ) 総 便 益 ( ),8,7,99,7,8,,0,9 別 紙 費 用 対 効 果 分 析 集 計 表 の とおり 費 用 便 益 費 (B/C 事 業 評 価 書 ( 期 中 の 評 価 ) 整 理 番 号 都 道 府 県 名 千 葉 県 関 係 市 町 村 フッツ 富 津 シ 市 期 中 評 価 実 施 の 理 由 事 業 名 水 産 物 供 給 基 盤 整 備 事 業 ( 水 産 流 通 基 盤 整 備 事 業 ) フッツ 地 区 名 事 業 主 体 千 葉 県 Ⅰ 基 本 事 項. 地 区 概 要 フッツ 漁 港 名 ( 種 別 )

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

NO. 46 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-17-3 総 交 付 対 象 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 全 体 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目

NO. 46 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-17-3 総 交 付 対 象 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 全 体 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目 NO. 40 道 路 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-2-1 総 交 付 対 象 事 業 費 14,247,860( 千 円 ) 全 体 事 業 費 14,247,860( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目 標 である 防 災 減 災 によるまちづくり の 柱 として 集 団 移 転 事 業 を 掲 げている 今 次 津 波 により 被 災 した 沿 岸

More information

<81A188EF8FE98AEE967B8C7689E65F C88D7E8F4390B35F89FC92F988C45F413494C581798D95817A48502E786477>

<81A188EF8FE98AEE967B8C7689E65F C88D7E8F4390B35F89FC92F988C45F413494C581798D95817A48502E786477> 3. 海 岸 の 保 全 に 関 する 基 本 的 な 事 項 3. 海 岸 の 保 全 に 関 する 基 本 的 な 事 項 3.1 茨 城 沿 岸 の 保 全 の 方 向 茨 城 沿 岸 は 東 に 雄 大 な 太 平 洋 に 開 け, 北 部 は 海 食 崖 や 岩 礁 等 の 勇 壮 な 海 岸 景 観, 南 部 は 鹿 島 灘 の 長 大 な 砂 浜 景 観 を 有 している これらの 海

More information

別 紙 1 国 家 公 務 員 宿 舎 削 減 計 画 ( 中 国 財 務 局 管 内 分 )の 概 要 中 国 財 務 局 管 内 における 国 家 公 務 員 宿 舎 の 削 減 にあたっては 国 家 公 務 員 宿 舎 の 削 減 のあり 方 についての 検 討 会 が 昨 年 12 月 1

別 紙 1 国 家 公 務 員 宿 舎 削 減 計 画 ( 中 国 財 務 局 管 内 分 )の 概 要 中 国 財 務 局 管 内 における 国 家 公 務 員 宿 舎 の 削 減 にあたっては 国 家 公 務 員 宿 舎 の 削 減 のあり 方 についての 検 討 会 が 昨 年 12 月 1 平 成 24 年 12 月 10 日 中 国 財 務 局 報 道 発 表 国 家 公 務 員 宿 舎 削 減 計 画 ( 中 国 財 務 局 管 内 分 )の 公 表 平 成 24 年 11 月 26 日 財 務 省 が 国 家 公 務 員 宿 舎 削 減 計 画 の 公 表 を 行 ったことを 受 け 中 国 財 務 局 管 内 分 の 国 家 公 務 員 宿 舎 削 減 計 画 を 別 紙 のとおり

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E595AA81458D6081698CA793EC816A30358C7689E68F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E595AA81458D6081698CA793EC816A30358C7689E68F912E646F63> 地 域 再 生 計 画 1. 地 域 再 生 計 画 の 名 称 地 場 産 業 の 活 性 化 と 民 生 安 定 と 都 会 との 交 流 を 推 進 する 地 域 づくり 計 画 2. 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 大 分 県 佐 伯 市 3. 地 域 再 生 計 画 の 区 域 浦 代 港 ( 佐 伯 市 ) 臼 杵 港 ( 臼 杵 市 ) 下 浦 漁 港 ( 大

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20938C91E5924A90EC90858C6E89CD90EC90AE94F58AEE967B95FB906A5F4832332E338C8E8DF492E8>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20938C91E5924A90EC90858C6E89CD90EC90AE94F58AEE967B95FB906A5F4832332E338C8E8DF492E8> 東 大 谷 川 水 系 河 川 整 備 基 本 方 針 平 成 23 年 3 月 静 岡 県 目 次 第 1 河 川 の 総 合 的 な 保 全 と 利 用 に 関 する 基 本 方 針 1 1 河 川 及 び 流 域 の 現 状 1 (1) 河 川 及 び 流 域 の 概 要 1 (2) 治 水 事 業 の 沿 革 と 現 状 1 (3) 河 川 の 利 用 及 び 住 民 との 関 わり 2 (4)

More information

< 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第

< 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第 島 根 県 県 有 施 設 長 寿 命 化 指 針 平 成 27 年 3 月 島 根 県 < 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第 3 長 寿

More information

<92C3946794F093EF8C7689E681698A6D92E894C5816A>

<92C3946794F093EF8C7689E681698A6D92E894C5816A> 浦 河 町 津 波 避 難 計 画 平 成 26 年 2 月 第 1 章 総 則 1 目 的 この 計 画 は 津 波 が 発 生 した 場 合 または 発 生 する 恐 れがある 場 合 の 津 波 災 害 に 対 し 住 民 の 命 を 守 る ことを 最 優 先 した ソフト 面 の 対 策 を 充 実 させるため 地 震 津 波 発 生 直 後 か ら 津 波 が 終 息 するまでの 概 ね

More information

南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 章 総 則 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 章 総 則 実 施 担 当 全 部 班. 推 進 計 画 の 目 的 この 計 画 は 南 海 トラフ 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 の 推 進 に 関 する 特 別 措 置 法 ( 平 成 年 法 律 9 号 以 下 南 海 トラフ 法 という ) 条 項 の

More information

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 資 料 3 復 興 関 係 について 平 成 28 年 4 月 4 日 0 - 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 平 成 23 年

More information

参 考 資 料 国 土 強 靱 化 基 本 計 画 - 強 くて しなやかなニッポンへ- 平 成 26 年 6 月 3 日 目 次 ( 頁 ) はじめに 1 第 1 章 国 土 強 靱 化 の 基 本 的 考 え 方 2 第 2 章 脆 弱 性 評 価 10 第 3 章 国 土 強 靱 化 の 推 進 方 針 14 第 4 章 計 画 の 推 進 と 不 断 の 見 直 し 30 おわりに 34

More information

在 地 区 分 の 概 要 1 a1 法 務 省 青 森 地 方 検 察 庁 一 般 - 弘 前 支 部 弘 前 区 検 察 庁 1,874.68 青 森 県 弘 前 市 大 字 上 白 銀 町 5-6 青 森 地 方 検 察 庁 弘 前 支 部 弘 前 区 検 察 庁 は 入 居 官 署 の 退

在 地 区 分 の 概 要 1 a1 法 務 省 青 森 地 方 検 察 庁 一 般 - 弘 前 支 部 弘 前 区 検 察 庁 1,874.68 青 森 県 弘 前 市 大 字 上 白 銀 町 5-6 青 森 地 方 検 察 庁 弘 前 支 部 弘 前 区 検 察 庁 は 入 居 官 署 の 退 資 料 3の 参 考 2 平 成 27 年 度 庁 舎 等 の 公 用 財 産 に 対 する 監 査 結 果 一 覧 表 一 覧 表 記 号 欄 の 凡 例 平 成 27 年 度 国 有 財 産 監 査 の 結 果 について の 2 ページに 記 載 した の 主 な 内 容 を 別 に 表 しています 内 容 庁 舎 等 の 有 効 活 用 余 剰 面 積 等 の 有 効 活 用 財 産 管 理

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074> 東 海 地 震 対 策 について 東 海 地 震 の 切 迫 性 について 九 州 四 国 紀 伊 半 島 南 海 トラフ 東 海 地 震 東 海 地 震 の 想 定 震 源 域 では 概 ね100~150 年 の 間 隔 で 大 規 模 な 地 震 が 発 生 しているが 東 南 海 地 震 (1944)でひず みが 解 放 されず 安 政 東 海 地 震 (1854)から157 年 間 大 地

More information

写 真 は 機 械 室 ( 受 水 槽 とポンプ 設 備 ( 上 )) 電 気 室 ( 受 変 電 設 備 ( 下 )) 72

写 真 は 機 械 室 ( 受 水 槽 とポンプ 設 備 ( 上 )) 電 気 室 ( 受 変 電 設 備 ( 下 )) 72 3 第 章 この 章 の 要 点 施 設 の 改 築 改 修 経 費 1 平 成 22 年 ごろから 建 築 後 5 年 の 耐 用 年 数 を 迎 える 施 設 が 増 えてきます 2 小 中 学 校 の 耐 震 改 修 工 事 は 改 築 対 象 になったもの 以 外 は 平 成 24 年 度 に 完 了 する 予 定 です 3 小 中 学 校 の 改 築 経 費 を 想 定 すると 平 成 21

More information

Microsoft Word - 271201答申最終

Microsoft Word - 271201答申最終 なお 立 体 交 差 工 事 の 実 施 にあたっては 交 通 を 確 保 しながらの 施 工 となるため 十 分 安 全 に 配 慮 するとともに 路 線 の 重 要 性 に 鑑 み 早 期 完 成 に 努 められたい また 盛 土 区 間 の 法 面 緑 化 など 緑 の 確 保 にも 配 慮 されたい 海 岸 港 湾 事 業 (2) 福 良 港 海 岸 福 良 地 区 ( 南 あわじ 市 )

More information

資料1

資料1 資 料 1 平 成 28 年 5 月 19 日 国 税 庁 大 阪 国 税 局 平 成 26 27 年 度 民 間 競 争 入 札 実 施 事 業 大 阪 国 税 局 が 管 理 する 庁 舎 における 施 設 管 理 運 営 業 務 の 実 施 状 況 について Ⅰ 事 業 の 概 要 1 委 託 業 務 内 容 大 阪 国 税 局 が 管 理 する 大 阪 国 税 局 管 内 ( 滋 賀 県 京

More information

大阪狭山市市街化調整区域における地区計画のガイドライン(案)

大阪狭山市市街化調整区域における地区計画のガイドライン(案) 大 阪 狭 山 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 27 年 4 月 大 阪 狭 山 市 大 阪 狭 山 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 10 年 5 月 の 都 市 計 画 法 の 改 正 により 市 街 化 調 整 区 域 においても 市 町 村 が 定 める 地 区 計 画 の 内 容 に 適 合

More information

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業 第 4 部 災 害 種 別 対 策 計 画 第 1 章 海 上 災 害 対 策 第 1 節 周 辺 海 域 の 状 況 及 び 海 上 災 害 の 態 様 1 本 市 周 辺 海 域 の 状 況 本 市 の 海 岸 及 び 周 辺 海 域 は 本 市 港 湾 区 域 を 含 む 東 京 湾 側 と 5 つの 漁 港 区 域 を 含 む 相 模 湾 側 に 分 かれる 東 京 湾 側 は その 正 面

More information

地区復興まちづくり計画のイメージ

地区復興まちづくり計画のイメージ 愛 宕 築 地 光 岸 地 地 区 復 興 まちづくり 計 画 ( 素 案 ) 1. 地 区 の 現 況 (1) 地 区 の 特 性 愛 宕 築 地 光 岸 地 地 区 は 中 心 市 街 地 と 鍬 ヶ 崎 地 区 の 間 に 位 置 し 国 道 45 号 が 東 西 に 通 っ ており 沿 道 には 商 業 業 務 施 設 等 が 立 地 し その 背 後 には 住 宅 地 が 形 成 されています

More information

大船渡市における

大船渡市における 陸 前 高 田 市 災 害 公 営 住 宅 供 給 基 本 方 針 平 成 24 年 6 月 岩 手 県 陸 前 高 田 市 目 次 第 1 章 市 内 の 状 況 の 整 理... 1 1-1 被 災 前 の 状 況... 1 (1) 市 の 概 要... 1 1-2 被 災 状 況... 3 (1) 住 宅 被 災 状 況... 3 (2) 復 興 計 画 における 住 宅 整 備 の 位 置

More information

Microsoft Word - Ⅰ 01 表紙(土地利用審査会用)

Microsoft Word - Ⅰ 01 表紙(土地利用審査会用) 解 禁 日 時 ラジオ テレビ インターネット:3 月 18 日 ( 水 )16 時 50 分 以 降 解 禁 ( 記 者 発 表 資 料 ) 新 聞 :3 月 19 日 ( 木 ) 付 朝 刊 以 降 解 禁 参 考 2 ( 取 扱 注 意 ) 記 者 発 表 ( 発 表 資 料 配 付 ) 月 / 日 ( 曜 ) 担 当 課 電 話 番 号 発 表 者 名 ( 担 当 主 幹 名 ) その 他

More information

Microsoft Word - 20130603050.docx

Microsoft Word - 20130603050.docx 東 日 本 大 震 災 からの 住 宅 の 再 建 に 向 けた 取 組 国 土 交 通 委 員 会 調 査 室 廣 原 孝 一 1. はじめに 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 においては 津 波 により 東 北 地 方 沿 岸 部 を 中 心 に 甚 大 な 被 害 が 発 生 しており 建 築 物 の 被 害 は 全 国 で 全 壊 約 13 万 戸

More information

様式第5 法第48条第1項第6号関係(地域森林計画区域の変更関係)

様式第5 法第48条第1項第6号関係(地域森林計画区域の変更関係) 様 式 第 17 法 第 49 条 第 4 項 第 8 号 関 係 ( 特 別 地 域 内 工 作 物 の 新 ( 改 増 ) 築 の 許 可 等 ) 目 場 行 為 地 及 びその 付 近 の 状 況 自 然 公 園 法 第 20 条 第 3 項 の 許 可 等 に 関 する 事 項 的 工 作 物 の 種 類 施 行 方 法 敷 地 面 積 規 構 行 為 者 住 所 宮 城 県 牡 鹿 郡 女

More information

背 景 と 目 的 - 東 日 本 震 災 では の 上 部 構 造 の 流 出 が 多 発 - は 復 旧 に 時 間 を 要 する 一 方 交 通 機 能 の 回 復 は 待 ったなし 活 動 項 目 数 活 動 項 目 数 ( 全 体 ) 50 40 30 20 10 全 体 は24hで ピー

背 景 と 目 的 - 東 日 本 震 災 では の 上 部 構 造 の 流 出 が 多 発 - は 復 旧 に 時 間 を 要 する 一 方 交 通 機 能 の 回 復 は 待 ったなし 活 動 項 目 数 活 動 項 目 数 ( 全 体 ) 50 40 30 20 10 全 体 は24hで ピー 巨 津 波 の 基 本 特 性 の 把 握 と 対 津 波 設 計 への 活 用 国 土 交 通 省 国 土 技 術 政 策 総 合 研 究 所 危 機 管 理 技 術 研 究 センター 地 震 防 災 研 究 室 防 災 減 災 に 向 けた 研 究 成 果 報 告 会 ~ 東 日 本 震 災 から3 年 ~ 平 成 26 年 3 月 19 日 背 景 と 目 的 - 東 日 本 震 災 では の

More information

北 又 ダム 出 し 平 ダム 小 屋 平 ダム 仙 人 谷 ダム 黒 部 ダム 図 1-1 黒 部 川 流 域 図 表 1-1 黒 部 川 流 域 の 概 要 ( 市 町 村 数 は H18.4.1 現 在 ) 項 目 諸 元 備 考 流 路 延 長 85km 全 国 60 位 流 域 面 積 6

北 又 ダム 出 し 平 ダム 小 屋 平 ダム 仙 人 谷 ダム 黒 部 ダム 図 1-1 黒 部 川 流 域 図 表 1-1 黒 部 川 流 域 の 概 要 ( 市 町 村 数 は H18.4.1 現 在 ) 項 目 諸 元 備 考 流 路 延 長 85km 全 国 60 位 流 域 面 積 6 甲 66 号 証 国 土 交 通 省 のホームページより 入 手 した 近 隣 の 各 水 系 の 主 要 洪 水 の 概 要 ( 富 山 県 ) 黒 部 川 常 願 寺 川 神 通 川 小 矢 部 川 ( 石 川 県 ) 梯 川 手 取 川 北 又 ダム 出 し 平 ダム 小 屋 平 ダム 仙 人 谷 ダム 黒 部 ダム 図 1-1 黒 部 川 流 域 図 表 1-1 黒 部 川 流 域 の 概

More information

Microsoft Word - 基地協211117表紙重点要望.doc

Microsoft Word - 基地協211117表紙重点要望.doc 基 地 対 策 関 係 施 策 の 充 実 強 化 に 関 する 要 望 我 々 基 地 関 係 市 町 村 議 会 は 基 地 に 対 する 周 辺 住 民 の 十 分 な 理 解 と 協 力 を 得 るため 生 活 環 境 の 整 備 や 住 民 福 祉 の 向 上 等 に 鋭 意 努 力 しているところである しかしながら 基 地 関 係 市 町 村 は 基 地 所 在 に 伴 う 特 殊 な

More information

( 水 害 の 歴 史 と 治 水 事 業 の 沿 革 ) 下 流 部 では 享 保 15 年 (1730 年 ) 新 発 田 藩 により 松 ヶ 崎 を 分 水 路 として 開 削 したことを 契 機 に 信 濃 から 分 離 大 正 4 年 から 昭 和 8 年 にかけ 新 潟 市 周 辺 地

( 水 害 の 歴 史 と 治 水 事 業 の 沿 革 ) 下 流 部 では 享 保 15 年 (1730 年 ) 新 発 田 藩 により 松 ヶ 崎 を 分 水 路 として 開 削 したことを 契 機 に 信 濃 から 分 離 大 正 4 年 から 昭 和 8 年 にかけ 新 潟 市 周 辺 地 阿 賀 野 水 系 河 整 備 基 本 方 針 の 骨 子 1. 河 の 総 合 的 な 保 全 と 利 用 に 関 する 基 本 方 針 (1) 流 域 及 び 河 の 概 要 ( 概 要 ) 水 源 から 河 口 までの 概 要 河 流 路 延 長 流 域 面 積 流 域 の 土 地 利 用 本 州 日 本 海 側 初 の 政 令 指 定 都 市 である 新 潟 市 や 福 島 県 の 地 方

More information

<4D F736F F D A6D92E894C5817A96688DD08BC696B18C7689E62E646F63>

<4D F736F F D A6D92E894C5817A96688DD08BC696B18C7689E62E646F63> 防 災 業 務 計 画 平 成 27 年 4 月 西 部 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 章 総 則 1 第 1 節 防 災 業 務 計 画 の 目 的 第 2 節 防 災 業 務 計 画 の 基 本 構 想 第 3 節 防 災 業 務 計 画 の 運 用 第 2 章 防 災 体 制 の 確 立 2 第 1 節 防 災 体 制 第 2 節 対 策 組 織 の 運 営 第 3 節 災 害 対

More information

Microsoft PowerPoint - しこくみちvol.11(原稿).pptx

Microsoft PowerPoint - しこくみちvol.11(原稿).pptx 平 成 25 年 度 農 業 農 村 整 備 事 業 の 概 要 平 成 25 年 度 予 算 が 成 立 し 新 たな 事 業 等 が 設 けられております 今 回 はその 中 から 土 地 改 良 区 が 主 体 となって 取 り 組 むことが 可 能 な 補 助 事 業 を 中 心 にご 紹 介 します 簡 易 な 整 備 や 施 設 の 点 検 ハザードマップの 作 成 等 も 可 能 で

More information

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 に 関 する 重 点 提 言 東 日 本 大 震 災 からの 速 やかな 被 災 地 の 復 旧 復 興 を 図 るため 国 は 次 の 事 項 につ いて 迅 速 かつ 積 極 的 な 措 置 を 講 じられたい 1. 復 興 事 業 予 算 の 実 態 に 即 した 財 政 支 援 等 について (1) 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817988F38DFC8A6D92E88CB48D65817A819A81798E9197BF312D32817A819F8CE38AFA8AEE967B8C7689E6816995AA96EC95CA8C7689E6816A313230333136>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817988F38DFC8A6D92E88CB48D65817A819A81798E9197BF312D32817A819F8CE38AFA8AEE967B8C7689E6816995AA96EC95CA8C7689E6816A313230333136> 第 基 本 方 針 2 快 適 でうるおいのあるまちづくり 復 興 計 画 にかかわる 施 策 を 含 むもの 施 策 施 策 の 展 開 1 環 境 保 全 対 策 の 充 実 2 循 環 型 社 会 の 構 築 1 住 み 良 い 環 境 の 確 保 2 きれいなまちづくりの 推 進 3 省 エネルギー 新 エネルギーの 促 進 4 保 安 林 の 整 備 5 海 岸 浸 食 対 策 1 廃 棄

More information

徳 島 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 26 年 3 月 徳 島 市 目 次 はじめに 1 計 画 策 定 の 背 景 1 2 計 画 の 目 的 と 位 置 付 け 3 3 計 画 の 対 象 期 間 3 第 1 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 1-1 概 要 4 1-2 想 定 される 地 震 の 規 模 被 害 等 の

More information

H24.11.8 坂 ノ 下 急 傾 斜 地 崩 壊 工 事 高 知 県 幡 多 土 木 事 務 所 H24.10.25 山 のみち 第 13 号 幹 線 林 道 開 設 事 業 中 村 大 正 線 2 工 区 工 事 高 知 県 幡 多 林 業 事 務 所 H24.9.29 海 陸 常 第 09-

H24.11.8 坂 ノ 下 急 傾 斜 地 崩 壊 工 事 高 知 県 幡 多 土 木 事 務 所 H24.10.25 山 のみち 第 13 号 幹 線 林 道 開 設 事 業 中 村 大 正 線 2 工 区 工 事 高 知 県 幡 多 林 業 事 務 所 H24.9.29 海 陸 常 第 09- * 工 事 名 はこちらで 分 かる 範 囲 を 明 記 しており ます H26.11.1 平 成 26 年 度 山 伏 トンネル 取 付 道 路 改 良 工 事 国 土 交 通 省 中 筋 川 総 合 開 発 事 務 所 H26.10.20 道 交 国 防 安 ( 防 災 ) 第 9116-006-1 号 国 道 321 号 防 災 安 全 交 付 金 工 事 高 知 県 幡 多 土 木 事 務

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E738D9196AF95DB8CEC8C7689E6817C91E6825095D22E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E738D9196AF95DB8CEC8C7689E6817C91E6825095D22E646F63> 第 1 編 総 論 第 1 章 市 の 責 務 計 画 の 位 置 づけ 構 成 等 廿 日 市 市 ( 市 長 及 びその 他 の 執 行 機 関 をいう 以 下 市 という )は 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 する 責 務 にかんがみ 国 民 の 保 護 のための 措 置 を 的 確 かつ 迅 速 に 実 施 するため 以 下 のとおり 市 の 責 務 を 明 らかにするとともに

More information

公 示 価 格 一 覧 の 見 方 1 < 番 号 > 一 連 番 号 2 < 標 準 地 番 号 > 冠 記 番 号 例 示 標 準 地 の 用 途 なし -1-2 住 宅 地 5 5-1 5-2 商 業 地 9 9-1 9-2 工 業 地 3 < 市 町 名 > 標 準 地 が 属 する 市 町

公 示 価 格 一 覧 の 見 方 1 < 番 号 > 一 連 番 号 2 < 標 準 地 番 号 > 冠 記 番 号 例 示 標 準 地 の 用 途 なし -1-2 住 宅 地 5 5-1 5-2 商 業 地 9 9-1 9-2 工 業 地 3 < 市 町 名 > 標 準 地 が 属 する 市 町 平 成 28 年 地 価 公 示 ( 山 口 県 分 ) 公 示 価 格 一 覧 < 基 準 日 : 平 成 28 年 1 月 1 日 > 山 口 県 総 合 企 画 部 政 策 企 画 課 ( 資 料 : 国 土 交 通 省 ) 公 示 価 格 一 覧 の 見 方 1 < 番 号 > 一 連 番 号 2 < 標 準 地 番 号 > 冠 記 番 号 例 示 標 準 地 の 用 途 なし -1-2 住

More information

<819D303181798E96914F817A816988A289A589598B998D60816A32303132303232332E786C73>

<819D303181798E96914F817A816988A289A589598B998D60816A32303132303232332E786C73> 事 前 評 価 書 整 理 番 号 都 道 府 県 名 長 崎 県 関 係 市 町 村 松 浦 市 事 業 名 地 区 名 水 産 物 供 給 基 盤 整 備 事 業 アオウウラ 阿 翁 浦 地 区 ( 水 産 流 通 基 盤 整 備 事 業 ) 事 業 主 体 長 崎 県 Ⅰ 基 本 事 項. 地 区 概 要 漁 港 名 ( 種 別 ) 阿 翁 浦 漁 港 ( 種 ) 漁 場 名 陸 揚 金 額,09

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し 平 常 時 からの

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

<30358E9197BF95D2816932816A2E786264>

<30358E9197BF95D2816932816A2E786264> 南 三 陸 町 地 域 防 災 計 画 資 料 編 平 成 26 年 3 月 南 三 陸 町 防 災 会 議 資 料 編 資 料 編 目 次 1 南 三 陸 町 防 災 会 議 条 例 1 2 南 三 陸 町 災 害 対 策 本 部 条 例 3 3 南 三 陸 町 災 害 対 策 本 部 運 営 規 程 4 4 指 定 避 難 所 避 難 場 所 一 覧 12 5 急 傾 斜 地 崩 壊 危 険

More information

( 削 除 ) 第 16 区 に 統 合 第 31 区 高 松 市 香 川 大 野 香 川 寺 井 4 人 第 17 区 高 松 市 香 川 川 内 原 川 東 下 川 東 上 東 谷 安 原 下 塩 江 安 原 下 13 人 第 32 区 ( 削 除 ) 第 17 区 に 統 合 第 33 区 第

( 削 除 ) 第 16 区 に 統 合 第 31 区 高 松 市 香 川 大 野 香 川 寺 井 4 人 第 17 区 高 松 市 香 川 川 内 原 川 東 下 川 東 上 東 谷 安 原 下 塩 江 安 原 下 13 人 第 32 区 ( 削 除 ) 第 17 区 に 統 合 第 33 区 第 定 款 附 属 書 総 代 選 挙 規 程 変 更 新 対 照 表 別 表 新 第 1 区 東 かがわ 市 坂 元 馬 宿 南 野 黒 羽 川 股 吉 田 第 1 区 東 かがわ 市 坂 元 馬 宿 南 野 黒 羽 川 股 吉 田 第 2 区 東 かがわ 市 引 田 小 海 第 2 区 東 かがわ 市 引 田 ( 削 除 ) 第 2 区 に 統 合 第 3 区 東 かがわ 市 小 海 2 人 ( 削

More information

歳入金等取扱庁一覧

歳入金等取扱庁一覧 ア 00036256 相 生 税 務 署 国 税 収 納 金 整 理 資 金 678-0055 相 生 市 那 波 本 町 6-1 管 理 運 営 徴 収 部 門 0791(23)0231 ア 00008837 愛 光 女 子 学 園 一 般 会 法 務 省 201-0001 狛 江 市 西 野 川 3-14-6 庶 務 課 0424(480)2178-9 ア 00077445 愛 知 県 一 般

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323388A295908C4790EC814596C290A390EC8145966B8FE390EC82CC94ED8A512E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323388A295908C4790EC814596C290A390EC8145966B8FE390EC82CC94ED8A512E646F63> 阿 武 隈 川 鳴 瀬 川 北 上 川 の 被 害 株 式 会 社 エイト 日 本 技 術 開 発 保 全 耐 震 防 災 事 業 部 東 京 支 社 保 全 耐 震 防 災 部 土 谷 基 大 岩 田 克 司 藤 本 哲 生 1.はじめに 2011 年 3 月 11 日 に 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 (Mw=9.0)が 発 生 し 宮 城 県 栗 原 市 築 館 で 最 大 震 度

More information

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc 第 1 章 総 則 広 尾 町 地 域 防 災 計 画 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 及 び 広 尾 町 防 災 会 議 条 例 ( 昭 和 38 年 条 例 第 5 号 ) 第 2 条 第 1 項 第 1 号 の 規 定 に 基 づき 広 尾 町 防 災 会 議 が 作 成

More information

管 内 の 概 要 当 管 内 は 二 戸 市 一 戸 町 軽 米 町 九 戸 村 の 4 市 町 村 か らなり 北 東 北 ( 青 森 秋 田 岩 手 )3 県 の 中 央 部 に 位 置 してい ます 管 内 の 主 な 道 路 は 八 戸 自 動 車 道 国 道 4 号 340 号 及 び

管 内 の 概 要 当 管 内 は 二 戸 市 一 戸 町 軽 米 町 九 戸 村 の 4 市 町 村 か らなり 北 東 北 ( 青 森 秋 田 岩 手 )3 県 の 中 央 部 に 位 置 してい ます 管 内 の 主 な 道 路 は 八 戸 自 動 車 道 国 道 4 号 340 号 及 び 平 成 27 年 度 業 務 概 要 県 北 広 域 振 興 局 土 木 部 二 戸 土 木 センター 二 戸 市 浄 法 寺 町 天 台 寺 軽 米 町 フォリストパーク 二 戸 市 馬 仙 峡 九 戸 村 折 爪 五 滝 一 戸 町 御 所 野 縄 文 公 園 管 内 の 概 要 当 管 内 は 二 戸 市 一 戸 町 軽 米 町 九 戸 村 の 4 市 町 村 か らなり 北 東 北 ( 青

More information

電気設備自然災害等対策WG 水力設備に係る検討項目及び検討の進め方

電気設備自然災害等対策WG 水力設備に係る検討項目及び検討の進め方 資 料 5 水 力 発 電 設 備 についての 検 討 に 係 る 考 え 方 平 成 26 年 2 月 18 日 商 務 流 通 保 安 グループ 電 力 安 全 課 - 目 次 - Ⅰ. 検 討 範 囲 3 Ⅱ. 水 力 設 備 に 関 する 検 討 項 目 4 Ⅲ.L2 地 震 動 に 対 するダムの 耐 性 評 価 5 Ⅳ. 洪 水 に 対 するダムの 耐 性 評 価 8 Ⅴ. 大 規 模

More information

名 概 要 主 体 期 間 進 捗 状 況 7 河 川 改 修 堤 防 のかさ 上 げの 検 討 護 岸 の 改 修 な ど 盛 川 須 崎 川 大 立 川 など 県 管 理 河 川 茶 屋 前 水 路 ほか 市 管 理 河 川 県 市 23~ 着 手 済 3 須 崎 川 河 川 改 修 の 設 計

名 概 要 主 体 期 間 進 捗 状 況 7 河 川 改 修 堤 防 のかさ 上 げの 検 討 護 岸 の 改 修 な ど 盛 川 須 崎 川 大 立 川 など 県 管 理 河 川 茶 屋 前 水 路 ほか 市 管 理 河 川 県 市 23~ 着 手 済 3 須 崎 川 河 川 改 修 の 設 計 名 概 要 主 体 期 間 進 捗 状 況 方 針 1 被 災 した 都 市 基 盤 施 設 を 早 期 に 復 旧 するとともに 防 災 機 能 向 上 のために 必 要 な 整 備 を 行 います 施 策 ア 道 路 河 川 港 湾 施 設 などを 復 旧 します 1 道 路 復 旧 被 災 した 道 路 の 復 旧 主 要 地 方 道 大 船 渡 綾 里 三 陸 線 主 要 地 方 道 大 船

More information

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 *

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 * 市 街 化 調 整 区 域 における 計 画 開 発 ( 地 区 計 画 )の 取 扱 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 別 表 に 掲 げるものに 限 る 以 下 対 象 開 発 行 為 という )が 見 込 まれる 地 区 計 画 の 決 定 又 は 変 更 ( 以 下 決 定 等 という )については 土

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2031305F8E9197BF332D315F89CE8E5296688DD08BA68B6389EF90DD927582CC9084906982C98CFC82AF82BD8C9F93A22E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2031305F8E9197BF332D315F89CE8E5296688DD08BA68B6389EF90DD927582CC9084906982C98CFC82AF82BD8C9F93A22E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 資 料 3-1 火 山 防 災 協 議 会 設 置 の 推 進 に 向 けた 検 討 火 山 防 災 対 策 の 推 進 に 係 る 検 討 会 1 第 3 回 検 討 会 における 委 員 意 見 への 対 応 火 山 防 災 協 議 会 設 置 の 推 進 に 向 けた 検 討 に 対 するご 意 見 委 員 からの 主 なご 意 見 今 後 日 本 各 地 で 火 山 活 動 が 活 発 化

More information

<95F18D908F9182525F313030373232>

<95F18D908F9182525F313030373232> 平 成 21 年 度 臼 杵 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 22 年 7 月 臼 杵 市 報 告 書 目 次 第 1 章 計 画 策 定 の 目 的 1-1 耐 震 化 の 必 要 性 1 1-2 計 画 の 目 的 1 1-3 計 画 の 位 置 づけ 1 1-4 計 画 の 期 間 2 1-5 計 画 の 対 象 2 第 2 章 臼 杵 市 における 地 震 の 危 険 性 2-1

More information

Microsoft PowerPoint - 131003【シンポ資料】北開局小水力ver130925提出版.pptx

Microsoft PowerPoint - 131003【シンポ資料】北開局小水力ver130925提出版.pptx 農 業 水 利 施 設 を 活 用 した 小 水 力 等 発 電 の 導 入 促 進 について 平 成 25 年 10 月 3 日 国 土 交 通 省 北 海 道 開 発 局 農 業 水 産 部 農 業 振 興 課 目 次 1. 小 水 力 等 発 電 導 入 の 状 況 について 2. 制 度 手 続 き 規 制 緩 和 について 3. 農 業 農 村 整 備 事 業 等 における 助 成 制 度

More information

( 構 成 ) Ⅰ. 高 潮 対 策 の 現 状 Ⅱ. 東 日 本 大 震 災 を 踏 まえた 津 波 対 策 Ⅲ. 外 力 設 定 について Ⅳ. 警 戒 避 難 体 制 の 充 実 Ⅴ. 砂 浜 の 保 全 ( 海 岸 侵 食 対 策 )

( 構 成 ) Ⅰ. 高 潮 対 策 の 現 状 Ⅱ. 東 日 本 大 震 災 を 踏 まえた 津 波 対 策 Ⅲ. 外 力 設 定 について Ⅳ. 警 戒 避 難 体 制 の 充 実 Ⅴ. 砂 浜 の 保 全 ( 海 岸 侵 食 対 策 ) 今 後 さらに 取 り 組 むべき 適 応 策 ( 高 潮 海 面 水 位 の 上 昇 )について 資 料 4 ( 構 成 ) Ⅰ. 高 潮 対 策 の 現 状 Ⅱ. 東 日 本 大 震 災 を 踏 まえた 津 波 対 策 Ⅲ. 外 力 設 定 について Ⅳ. 警 戒 避 難 体 制 の 充 実 Ⅴ. 砂 浜 の 保 全 ( 海 岸 侵 食 対 策 ) Ⅰ. 高 潮 対 策 の 現 状 高 潮 の

More information

◆安全と安心

◆安全と安心 第 6 章 地 域 別 の 環 境 配 慮 宇 土 市 を 分 割 した7 地 区 について,それぞれの 特 性 を 踏 まえた 計 画 の 方 向 性 について, 地 域 別 の 環 境 配 慮 指 針 として 明 らかにします なお, 地 区 区 分 は 上 位 計 画 である 宇 土 市 総 合 計 画 や 関 連 計 画 である 宇 土 市 都 市 計 画 マス タープラン * の 考 え

More information

表 14-3-1 農 業 農 村 整 備 事 業 等 に 係 る 事 前 評 価 の 結 果 一 覧 事 業 名 経 営 体 育 成 基 盤 整 備 事 業 予 算 科 目 経 営 体 育 成 基 盤 整 備 事 業 費 補 助 事 業 の 主 な 目 的 将 来 の 地 域 農 業 を 担 う 経 営 体 を 育 成 しながら 地 域 農 業 の 展 開 方 向 等 を 勘 案 して 必 要 となる

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63> 海 洋 汚 染 の 準 備 対 応 に 関 する 国 家 防 除 基 本 計 画 目 次 Ⅰ. 総 則 1. 計 画 の 目 的...1 2. 適 用 の 範 囲...1 3.その 他 の 計 画 と 関 係...1 Ⅱ. 油 汚 染 の 防 除 体 制 1. 防 除 体 制 等...2 2. 防 除 対 策 本 部...2 3. 海 洋 汚 染 防 除 対 策 委 員 会...5 4. 地 域 海

More information

<3134303831398BF8967B92AC816991E6825195D28145975C9668816A81698CA98FC196B3816A2D322E786477>

<3134303831398BF8967B92AC816991E6825195D28145975C9668816A81698CA98FC196B3816A2D322E786477> 第 1 部 災 害 に 強 いまちづくり 第 1 章 防 災 都 市 計 画 担 当 関 係 各 課 等 1. 現 況 人 口 産 業 が 集 中 している 市 街 地 の 密 集 地 域 においては 地 震 発 生 時 には 大 規 模 な 災 害 が 起 きる 危 険 性 が 高 い 都 市 計 画 としては 避 難 地 避 難 路 等 としての 都 市 基 盤 施 設 の 整 備 や 建 築

More information

仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 案 ) 序. 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 について 1. 都 市 計 画 の 目 標 (1) 基 本 的 事 項 (2) 都 市 づくりの 基 本 理 念 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有

仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 案 ) 序. 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 について 1. 都 市 計 画 の 目 標 (1) 基 本 的 事 項 (2) 都 市 づくりの 基 本 理 念 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 都 市 計 画 法 第 6 条 の 2 に 規 定 する 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 平 成 25 年 3 月 宮 城 県 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 案 ) 序. 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域

More information

Microsoft Word - 03_県地域防災計画(印刷用)0611 時点

Microsoft Word - 03_県地域防災計画(印刷用)0611 時点 震 災 対 策 編 第 1 部 災 害 予 防 計 画 第 2 章 被 害 想 定 (2) 被 害 等 の 概 況 区 分 人 的 被 害 建 物 被 害 交 通 施 設 被 害 ライフ ライン 施 設 362 内 容 ( 死 傷 者 ) 鹿 野 吉 岡 断 層 による 地 震 の 場 合 の 冬 18 時 の 設 定 が 最 も 死 者 及 び 負 傷 者 が 多 くなる この 地 震 の 場 合

More information

Microsoft Word - 3-(2)-0表紙

Microsoft Word - 3-(2)-0表紙 3-(2) 3(2) 事 業 内 容 について 3-(2)-1 土 砂 3-(2)-2 美 謝 川 切 替 3-(2)-3 海 上 ヤード 3-(2)-1 知 事 意 見 への 対 応 方 針 知 事 の 意 見 対 応 方 針 備 考 分 類 土 砂 について (1) 土 砂 の 調 達 計 画 については 沖 縄 県 はも とより 県 外 も 対 象 として 検 討 していますが 現 時 点 において

More information

平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 決 算 審 査 意 見 書 愛 知 県 監 査 委 員 27 監 査 第 71 号 平 成 27 年 9 月 7 日 愛 知 県 知 事 大 村 秀 章 殿 愛 知 県 監 査 委 員 西 川 洋 二 同 青 山 學 同 後 藤 貞 明 同 中 野 治 美 同 神 戸 洋 美 平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 の 決

More information

表 2 技 術 基 準 対 象 施 設 区 分 具 体 的 な 施 設 水 域 施 設 航 路 泊 地 船 だまり 外 郭 施 設 こうもん 防 波 堤 防 砂 堤 防 潮 堤 導 流 堤 水 門 閘 門 護 岸 堤 防 きょうへき 突 堤 胸 壁 係 留 施 設 けいせんふひょう もの あげば ふ

表 2 技 術 基 準 対 象 施 設 区 分 具 体 的 な 施 設 水 域 施 設 航 路 泊 地 船 だまり 外 郭 施 設 こうもん 防 波 堤 防 砂 堤 防 潮 堤 導 流 堤 水 門 閘 門 護 岸 堤 防 きょうへき 突 堤 胸 壁 係 留 施 設 けいせんふひょう もの あげば ふ 第 3 行 政 評 価 監 視 の 結 果 1 社 会 資 本 の 維 持 管 理 及 び 更 新 等 の 実 施 状 況 (1) 港 湾 施 設 ア 港 湾 施 設 の 現 状 (ア) 港 湾 施 設 の 種 類 設 置 数 等 現 状 港 湾 の 種 類 は 港 湾 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 218 号 ) 第 2 条 第 2 項 に 基 づき 国 際 戦 略 港 湾 国 際 拠 点

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030365F819A8E9197BF342D325F8A4388E690B695A882CC8F87899E93498AC7979D81698CF6955C9770816A313430353232>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030365F819A8E9197BF342D325F8A4388E690B695A882CC8F87899E93498AC7979D81698CF6955C9770816A313430353232> 第 2 回 那 覇 空 港 滑 走 路 増 設 事 業 環 境 監 視 委 員 会 資 料 4-2 海 域 生 物 の 順 応 的 管 理 (カサノリ 類 ) 平 成 26 年 6 月 5 日 内 閣 府 沖 縄 総 合 事 務 局 国 土 交 通 省 大 阪 航 空 局 < 目 次 > 1. これまでの 検 討 内 容... 1 1.1 順 応 的 管 理 の 概 要... 1 1.2 評 価

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082A982D982AD8E738F5A91EE837D8358835E815B8376838983932E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082A982D982AD8E738F5A91EE837D8358835E815B8376838983932E646F63> 第 3 章 宅 環 境 をめぐる 課 題 整 理 1 現 況 特 性 まとめ 1 現 況 特 性 まとめ 項 目 現 況 まとめ 課 題 人 口 と 世 帯 数 人 口 世 帯 総 数 推 移 2005 年 国 勢 調 査 によるかほく 市 総 人 口 は 34,847 人 人 口 伸 び 悩 みが 見 られ 世 帯 数 は 増 加 傾 向 にあり 1 世 帯 当 たり 人 員 は 減 少 2005

More information

7. 自 然 害 実 態 7-1 平 成 18 年 害 発 生 状 況 害 名 区 分 発 生 年 月 日 死 者 人 的 被 害 行 方 不 明 者 大 雪 豪 雨 5 月 10 日 ~ 5 月 11 日 6 月 豪 雨 6 月 5 日 6 月 15 日 人 1 1 人 負 傷 重 傷 人 1 1 者 軽 傷 人 1 1 棟 5 5 全 壊 世 帯 5 5 人 19 19 棟 2 2 半 壊 世

More information

徳 島 小 松 島 港 の 機 能 継 続 のための 活 動 指 針 平 成 26 年 3 月 国 土 交 通 省 四 国 地 方 整 備 局 徳 島 県 目 次 徳 島 小 松 島 港 の 機 能 継 続 のための 活 動 指 針 1. 被 災 想 定 1 2. 参 集 体 制 設 置 7 3. 被 災 施 設 応 急 復 旧 活 動 13 4. 救 援 物 資 輸 送 活 動 43 5. 人

More information

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 名 古 屋 市 アセットマネジメント 基 本 方 針 平 成 21 年 3 月 名 古 屋 市 目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 備 保

More information

国 有 財 産 とは 国 有 財 産 の 現 在 額 など 国 は 不 動 産 動 産 債 券 など 多 種 多 様 な 財 産 を 所 有 していますが 国 が 国 有 財 産 というときは 国 有 財 産 法 に 定 められている 財 産 例 えば 土 地 や 建 物 などの 不 動 産 船 舶

国 有 財 産 とは 国 有 財 産 の 現 在 額 など 国 は 不 動 産 動 産 債 券 など 多 種 多 様 な 財 産 を 所 有 していますが 国 が 国 有 財 産 というときは 国 有 財 産 法 に 定 められている 財 産 例 えば 土 地 や 建 物 などの 不 動 産 船 舶 私 たちの 国 有 財 産 ご 存 知 ですか? 国 有 財 産 わが 国 には 国 の 行 政 機 関 や 国 会 などの 庁 舎 や 国 道 港 湾 公 園 さらには 国 有 林 など 多 くの 国 有 財 産 があり そのひとつひとつが 私 たちの 生 活 に 関 係 する 大 切 なものになっていま 財 務 省 では 国 民 共 有 の 財 産 である 国 有 財 産 が 有 効 に 活 用

More information

【HP掲載用】H27 中間評価シート(東近江土木)

【HP掲載用】H27 中間評価シート(東近江土木) 1 2 地 域 の 主 要 渋 滞 箇 所 近 江 八 幡 竜 王 線 等 の 事 業 推 進 2 路 線 彦 根 八 日 市 甲 西 線 等 の 通 学 路 の 歩 道 整 備 事 業 の 推 進 6 路 線 近 江 八 幡 竜 王 線 ( 六 枚 橋 ) 交 差 点 改 良 工 事 着 手 国 道 421 ( 四 ツ 辻 ) 交 差 点 改 良 工 事 着 手 彦 根 八 日 市 甲 西 線 (

More information

都計法等講習会における説明メモ

都計法等講習会における説明メモ 国 住 街 第 1 4 5 号 平 成 2 6 年 12 月 5 日 各 都 道 府 県 建 築 行 政 主 務 部 長 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 市 街 地 建 築 課 長 マンションの 建 替 え 等 の 円 滑 化 に 関 する 法 律 第 105 条 の 規 定 の 運 用 について 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 ) 第 59 条 の2に 基 づくいわゆる

More information

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 要 望 事 項 の 内 容 及 び 説 明 - 15 - 1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 還 等 の 促 進 > ア 基 地 の 整

More information

1. 基 本 方 針 管 理 番 号 作 成 部 局 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 改 訂 履 歴 改 訂 理 由 ページ 2/19 適 用 工 程 環 境 汚 染 の 防 止 に 関 する 方 針 当 組 合 はし 尿 処 理 施 設 を 有 し 環 境 に 配 慮 した 事 業 活 動

1. 基 本 方 針 管 理 番 号 作 成 部 局 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 改 訂 履 歴 改 訂 理 由 ページ 2/19 適 用 工 程 環 境 汚 染 の 防 止 に 関 する 方 針 当 組 合 はし 尿 処 理 施 設 を 有 し 環 境 に 配 慮 した 事 業 活 動 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 衛 生 管 理 センター 適 正 管 理 計 画 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 アルミニウム 及 びその 化 合 物 TKフロック 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 21 年 5 月 苫 小 牧 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想

More information

( 別 紙 1) 国 土 の 強 靭 性 (レジリエンス)を 確 保 するうえで 目 標 1 大 規 模 災 害 が 発 生 したときでもすべての 人 命 を 守 る Ⅰ. 人 命 を 守 る 大 規 模 災 害 発 生 直 後 から 救 助 救 急 医 療 活 動 等 が 2 迅 速 に 行 われる(それがなされない 場 合 の 必 要 な 対 応 を 含 む) Ⅱ. 行 政 経 済 社 会 を

More information