(3) 16 年 以 上 20 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき100 分 の160 (4) 21 年 以 上 25 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき100 分 の200 (5) 26 年 以 上 30 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき100 分

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "(3) 16 年 以 上 20 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき100 分 の160 (4) 21 年 以 上 25 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき100 分 の200 (5) 26 年 以 上 30 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき100 分"

Transcription

1 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 78 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 法 ( 平 成 15 年 法 律 第 112 号 ) 第 35 条 の 規 定 により 準 用 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 103 号 ) 第 50 条 の10 第 2 項 の 規 定 並 びに 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 94 条 の 規 定 及 び 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 特 定 職 員 就 業 規 則 第 86 条 の 規 定 に 基 づき, 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 勤 務 する 職 員 及 び 特 定 職 員 の 退 職 手 当 の 支 給 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする ( 適 用 範 囲 ) 第 2 条 この 規 程 による 退 職 手 当 は, 職 員 ( 就 業 規 則 第 3 条 第 1 項 第 2 号 の 職 員 を 除 く ) 及 び 特 定 職 員 ( 以 下 職 員 という )が 退 職 し, 又 は 解 雇 された 場 合 に,その 者 ( 死 亡 による 退 職 の 場 合 には,その 遺 族 ) に 支 給 する ( 遺 族 の 範 囲 及 び 順 位 ) 第 2 条 の2 この 規 程 において, 遺 族 とは, 次 の 各 号 に 掲 げる 者 をいう (1) 配 偶 者 ( 婚 姻 の 届 出 をしないが, 職 員 の 死 亡 当 時 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にあった 者 を 含 む ) (2) 子, 父 母, 孫, 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 で 職 員 の 死 亡 当 時 主 としてその 収 入 によって 生 計 を 維 持 してい たもの (3) 前 号 に 掲 げる 者 のほか, 職 員 の 死 亡 当 時 主 としてその 収 入 によって 生 計 を 維 持 していた 親 族 (4) 子, 父 母, 孫, 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 で 第 2 号 に 該 当 しないもの 2 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 を 受 けるべき 遺 族 の 順 位 は, 前 項 各 号 の 順 位 により, 同 項 第 2 号 及 び 第 4 号 に 掲 げる 者 のうちにあっては, 当 該 各 号 に 掲 げる 順 位 による この 場 合 において, 父 母 については, 養 父 母 を 先 にし 実 父 母 を 後 にし, 祖 父 母 については, 養 父 母 の 父 母 を 先 にし 実 父 母 の 父 母 を 後 にし, 父 母 の 養 父 母 を 先 にし 父 母 の 実 父 母 を 後 にする 3 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けるべき 遺 族 に 同 順 位 の 者 が2 人 以 上 ある 場 合 には,その 人 数 に よって 当 該 退 職 手 当 を 等 分 して 当 該 各 遺 族 に 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は,この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に, 当 該 職 員 の 死 亡 によってこの 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 先 順 位 又 は 同 順 位 の 遺 族 となるべき 者 を 故 意 に 死 亡 させた 者 ( 退 職 手 当 の 支 払 ) 第 3 条 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 は, 法 令 に 別 段 の 定 めがある 場 合 を 除 き,その 全 額 を, 現 金 で, 直 接 こ の 規 程 の 規 定 によりその 支 給 を 受 けるべき 者 に 支 払 うものとする ただし,その 支 給 を 受 けるべき 者 の 預 金 若 しくは 貯 金 への 振 込 み 又 は 隔 地 送 金 の 方 法 により 支 払 う 場 合 は,この 限 りでない 2 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 は, 職 員 が 退 職 し 又 は 解 雇 された 日 から 起 算 して1 月 以 内 に 支 払 うもの とする ただし, 死 亡 により 退 職 した 者 に 対 する 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けるべき 者 を 確 認 することができ ない 場 合,その 他 特 別 の 事 情 がある 場 合 は,この 限 りでない ( 一 般 の 退 職 手 当 ) 第 3 条 の2 退 職 した 者 に 対 する 退 職 手 当 の 額 は, 次 条 から 第 8 条 の4までの 規 定 により 計 算 した 退 職 手 当 の 基 本 額 に, 第 8 条 の5の 規 定 により 計 算 した 退 職 手 当 の 調 整 額 を 加 えて 得 た 額 とする ( 自 己 の 都 合 による 退 職 等 の 場 合 の 退 職 手 当 の 基 本 額 ) 第 4 条 次 条 又 は 第 6 条 の 規 定 に 該 当 する 場 合 を 除 くほか, 退 職 し 又 は 解 雇 された 者 に 対 する 退 職 手 当 の 基 本 額 は, 退 職 又 は 解 雇 の 日 におけるその 者 の 俸 給 月 額 ( 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 職 員 給 与 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 と いう ) 第 3 条 に 規 定 する 俸 給, 俸 給 の 調 整 額 及 び 教 職 調 整 額 をいい, 職 員 が 退 職 又 は 解 雇 の 日 において 休 職 ( 就 業 規 則 第 14 条 及 び 第 15 条 に 規 定 する 休 職 をいう 以 下 同 じ ), 停 職 ( 就 業 規 則 第 78 条 第 1 項 第 4 号 に 規 定 する 停 職 をいう 以 下 同 じ ), 出 勤 停 止 ( 就 業 規 則 第 78 条 第 1 項 第 3 号 に 規 定 する 出 勤 停 止 をいう 以 下 同 じ ), 減 給 その 他 の 理 由 によりその 一 部 又 は 全 部 を 支 給 されていない 場 合 においては,これらの 理 由 がないとした 場 合 においてその 者 が 受 けるべき 俸 給 月 額 をいう 以 下 退 職 日 俸 給 月 額 という ) に,その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して, 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする (1) 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき100 分 の100 (2) 11 年 以 上 15 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき100 分 の110

2 (3) 16 年 以 上 20 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき100 分 の160 (4) 21 年 以 上 25 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき100 分 の200 (5) 26 年 以 上 30 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき100 分 の160 (6) 31 年 以 上 の 期 間 については,1 年 につき100 分 の120 2 前 項 に 規 定 する 者 ( 就 業 規 則 第 23 条 第 1 項 第 2 号, 第 3 号, 第 5 号, 第 6 号 又 は 第 7 号 の 規 定 により 退 職 した 者, 定 年 に 達 した 日 以 後 その 者 の 非 違 によることなく 退 職 した 者 を 除 く )のうち, 負 傷, 病 気 ( 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 128 号 ) 第 81 条 第 2 項 に 規 定 する 障 害 等 級 に 該 当 する 程 度 の 障 害 の 状 態 にある 負 傷 又 は 病 気 とする 以 下 傷 病 という ) 又 は 死 亡 によらず,かつ, 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 職 員 の 早 期 退 職 に 関 する 規 程 ( 以 下 早 期 退 職 規 程 という ) 第 6 条 に 規 定 する 認 定 を 受 けないで,その 者 の 都 合 により 退 職 した 者 ( 第 13 条 第 1 項 各 号 に 掲 げる 者 を 含 む ) 以 下 この 項 及 び 第 8 条 の5 第 4 項 において 自 己 都 合 等 退 職 者 という )に 対 する 退 職 手 当 の 基 本 額 は, 自 己 都 合 等 退 職 者 が 次 の 各 号 に 掲 げる 者 に 該 当 す るときは, 前 項 の 規 定 にかかわらず, 同 項 の 規 定 により 計 算 した 額 に 当 該 各 号 に 定 める 割 合 を 乗 じて 得 た 額 と する (1) 勤 続 期 間 1 年 以 上 10 年 以 下 の 者 100 分 の60 (2) 勤 続 期 間 11 年 以 上 15 年 以 下 の 者 100 分 の80 (3) 勤 続 期 間 16 年 以 上 19 年 以 下 の 者 100 分 の90 (11 年 以 上 25 年 未 満 勤 続 後 の 定 年 退 職 等 の 場 合 の 退 職 手 当 の 基 本 額 ) 第 5 条 11 年 以 上 25 年 未 満 の 期 間 勤 続 した 者 であって, 次 に 掲 げるものに 対 する 退 職 手 当 の 基 本 額 は, 退 職 日 俸 給 月 額 に,その 者 の 勤 続 期 間 の 区 分 ごとに 当 該 区 分 に 応 じた 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする (1) 就 業 規 則 第 23 条 第 1 項 第 2 号, 第 3 号 又 は 第 6 号 の 規 定 により 退 職 した 者 (2) 就 業 規 則 第 23 条 第 1 項 第 7 号 の 規 定 により 退 職 した 者 のうち, 早 期 退 職 規 程 第 3 条 第 1 項 第 1 号 の 規 定 に 基 づく 募 集 により 退 職 した 者 (3) 就 業 規 則 第 28 条 第 2 項 の 規 定 により 解 雇 された 者 2 前 項 の 規 定 は,11 年 以 上 25 年 未 満 の 期 間 勤 続 した 者 で, 通 勤 による 傷 病 ( 労 働 者 災 害 補 償 保 険 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 50 号 )その 他 の 法 律 により 職 員 の 通 勤 による 災 害 に 対 する 補 償 が 実 施 される 場 合 の 認 定 基 準 に よる 傷 病 をいう 以 下 同 じ )により 退 職 し, 死 亡 ( 業 務 上 の 死 亡 を 除 く )により 退 職 し, 又 は 定 年 に 達 した 日 以 後 その 者 の 非 違 によることなく 退 職 した 者 ( 前 項 の 規 定 に 該 当 する 者 を 除 く )に 対 する 退 職 手 当 の 基 本 額 について 準 用 する 3 第 1 項 に 規 定 する 勤 続 期 間 の 区 分 及 び 当 該 区 分 に 応 じた 割 合 は, 次 のとおりとする (1) 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき100 分 の125 (2) 11 年 以 上 15 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき100 分 の137.5 (3) 16 年 以 上 24 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき100 分 の200 (25 年 以 上 勤 続 後 の 定 年 退 職 等 の 場 合 の 退 職 手 当 の 基 本 額 ) 第 6 条 次 に 掲 げる 者 に 対 する 退 職 手 当 の 基 本 額 は, 退 職 日 俸 給 月 額 に,その 者 の 勤 続 期 間 の 区 分 ごとに 当 該 区 分 に 応 じた 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする (1) 25 年 以 上 勤 続 し, 就 業 規 則 第 23 条 第 1 項 第 2 号 の 規 定 により 退 職 した 者 (2) 25 年 以 上 勤 続 し, 就 業 規 則 第 23 条 第 1 項 第 6 号 の 規 定 により 退 職 した 者 (3)25 年 以 上 勤 続 し, 就 業 規 則 第 23 条 第 1 項 第 7 号 の 規 定 により 退 職 した 者 のうち, 早 期 退 職 規 程 第 3 条 第 1 項 第 2 号 の 規 定 に 基 づく 募 集 により 退 職 したも 者 (4) 就 業 規 則 第 23 条 第 1 項 第 7 号 の 規 定 により 退 職 した 者 のうち, 早 期 退 職 規 程 第 3 条 第 1 項 第 2 号 の 規 定 に 基 づく 募 集 により 退 職 したも 者 (5) 25 年 以 上 勤 続 し, 就 業 規 則 第 28 条 第 2 項 の 規 定 により 解 雇 された 者 (6) 業 務 上 の 傷 病 又 は 死 亡 ( 労 働 者 災 害 補 償 保 険 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 50 号 )その 他 の 法 律 により 職 員 の 業 務 上 による 災 害 に 対 する 補 償 が 実 施 される 場 合 の 認 定 基 準 による 傷 病 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ )により 退 職 した 者 2 前 項 の 規 定 は,25 年 以 上 勤 続 した 者 で, 通 勤 による 傷 病 により 退 職 し, 死 亡 により 退 職 し, 又 は 定 年 に 達 した 日 以 後 その 者 の 非 違 によることなく 退 職 した 者 ( 前 項 の 規 定 に 該 当 する 者 を 除 く )に 対 する 退 職 手 当 の 基 本 額 について 準 用 する 3 第 1 項 に 規 定 する 勤 続 期 間 の 区 分 及 び 当 該 区 分 に 応 じた 割 合 は, 次 のとおりとする (1) 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき100 分 の150 (2) 11 年 以 上 25 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき100 分 の165 (3) 26 年 以 上 34 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき100 分 の180 (4) 35 年 以 上 の 期 間 については,1 年 につき100 分 の105

3 ( 俸 給 月 額 の 減 額 改 定 以 外 の 理 由 により 俸 給 月 額 が 減 額 されたことがある 場 合 の 退 職 手 当 の 基 本 額 に 係 る 特 例 ) 第 6 条 の2 退 職 した 者 の 基 礎 在 職 期 間 中 に, 俸 給 月 額 の 減 額 改 定 ( 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 職 員 給 与 規 程 が 改 正 された 場 合 において, 当 該 規 程 による 改 定 により 当 該 改 定 前 に 受 けていた 俸 給 月 額 が 減 額 されることをいう 以 下 同 じ ) 以 外 の 理 由 によりその 者 の 俸 給 月 額 が 減 額 されたことがある 場 合 において, 当 該 理 由 が 生 じた 日 ( 以 下 減 額 日 という )における 当 該 理 由 により 減 額 されなかつたものとした 場 合 のその 者 の 俸 給 月 額 の うち 最 も 多 いもの( 以 下 特 定 減 額 前 俸 給 月 額 という )が, 退 職 日 俸 給 月 額 よりも 多 いときは,その 者 に 対 する 退 職 手 当 の 基 本 額 は, 前 3 条 の 規 定 にかかわらず, 次 の 各 号 に 掲 げる 額 の 合 計 額 とする (1) その 者 が 特 定 減 額 前 俸 給 月 額 に 係 る 減 額 日 のうち 最 も 遅 い 日 の 前 日 に 現 に 退 職 した 理 由 と 同 一 の 理 由 によ り 退 職 したものとし,かつ,その 者 の 同 日 までの 勤 続 期 間 及 び 特 定 減 額 前 俸 給 月 額 を 基 礎 として, 前 3 条 の 規 定 により 計 算 した 場 合 の 退 職 手 当 の 基 本 額 に 相 当 する 額 (2) 退 職 日 俸 給 月 額 に,イに 掲 げる 割 合 からロに 掲 げる 割 合 を 控 除 した 割 合 を 乗 じて 得 た 額 イ その 者 に 対 する 退 職 手 当 の 基 本 額 が 前 3 条 の 規 定 により 計 算 した 額 であるものとした 場 合 における 当 該 退 職 手 当 の 基 本 額 の 退 職 日 俸 給 月 額 に 対 する 割 合 ロ 前 号 に 掲 げる 額 の 特 定 減 額 前 俸 給 月 額 に 対 する 割 合 2 前 項 の 基 礎 在 職 期 間 とは,その 者 に 係 る 退 職 (この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 を 支 給 しないこととして いる 退 職 を 除 く )の 日 以 前 の 期 間 のうち, 次 の 各 号 に 掲 げる 在 職 期 間 に 該 当 するもの( 当 該 期 間 中 にこの 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けたこと 又 は 第 9 条 第 5 項 に 規 定 する 特 定 国 立 大 学 法 人 等 職 員 若 しくは 第 10 条 第 1 項 に 規 定 する 国 家 公 務 員 等 若 しくは 第 11 条 第 1 項 に 規 定 する 役 員 として 退 職 したことにより 退 職 手 当 (これに 相 当 する 給 付 を 含 む )の 支 給 を 受 けたことがある 場 合 におけるこれらの 退 職 手 当 に 係 る 退 職 の 日 以 前 の 期 間 及 び 第 9 条 第 7 項 の 規 定 により 職 員 としての 引 き 続 いた 在 職 期 間 の 全 期 間 が 切 り 捨 てられたこと 又 は 第 13 条 第 1 項 若 しくは 第 15 条 第 1 項 の 規 定 により 一 般 の 退 職 手 当 等 ( 一 般 の 退 職 手 当 及 び 第 12 条 の 規 定 による 退 職 手 当 をいう 以 下 同 じ )の 全 部 を 支 給 しないこととする 処 分 を 受 けたことにより 一 般 の 退 職 手 当 等 の 支 給 を 受 けなかったことがある 場 合 における 当 該 一 般 の 退 職 手 当 等 に 係 る 退 職 の 日 以 前 の 期 間 (これらの 退 職 の 日 に 職 員, 第 9 条 5 項 に 規 定 する 特 定 国 立 大 学 法 人 等 職 員, 第 10 条 第 1 項 に 規 定 する 国 家 公 務 員 等 又 は 第 11 条 第 1 項 に 規 定 する 役 員 となったときは, 当 該 退 職 の 日 前 の 期 間 )を 除 く )をいう (1) 職 員 としての 引 き 続 いた 在 職 期 間 (2) 第 9 条 第 5 項 の 規 定 により 職 員 としての 引 き 続 いた 在 職 期 間 に 含 むものとされた 特 定 国 立 大 学 法 人 等 に 使 用 される 者 としての 引 き 続 いた 在 職 期 間 (3) 第 10 条 第 1 項 に 規 定 する 再 び 職 員 となった 者 の 同 項 に 規 定 する 国 家 公 務 員 等 としての 引 き 続 いた 在 職 期 間 (4) 第 10 条 第 2 項 に 規 定 する 場 合 における 国 家 公 務 員 等 としての 引 き 続 いた 在 職 期 間 (5) 第 11 条 第 1 項 に 規 定 する 再 び 職 員 となった 者 の 同 項 に 規 定 する 役 員 としての 引 き 続 いた 在 職 期 間 6) 前 各 号 に 掲 げる 期 間 に 準 ずるものとして 別 に 定 める 在 職 期 間 ( 定 年 前 早 期 退 職 者 に 対 する 退 職 手 当 の 基 本 額 に 係 る 特 例 ) 第 7 条 第 5 条 第 1 項 第 2 号 及 び 第 6 条 第 1 項 ( 第 1 号 を 除 く )の 規 定 に 該 当 する 者 のうち, 定 年 に 達 す る 日 から6 月 前 までに 退 職 した 者 であって,その 勤 続 年 数 が20 年 以 上 であり,かつ,その 者 に 係 る 定 年 から15 年 を 減 じた 年 齢 以 上 である 者 に 対 する 第 5 条 第 1 項, 第 6 条 第 1 項 及 び 前 条 第 1 項 の 規 定 の 適 用 については, 次 の 表 の 左 欄 に 掲 げる 規 定 中 同 表 の 中 欄 に 掲 げる 字 句 は,それぞれ 同 表 の 右 欄 に 掲 げ る 字 句 に 読 み 替 えるものとする 読 み 替 える 規 定 読 み 替 えられる 字 句 読 み 替 える 字 句 第 5 条 第 1 項 及 び 退 職 日 俸 給 月 額 退 職 日 俸 給 月 額 及 び 退 職 日 俸 給 月 額 に 退 職 の 日 に 第 6 条 第 1 項 おいて 定 められているその 者 に 係 る 定 年 と 退 職 の 日 におけるその 者 の 年 齢 との 差 に 相 当 する 年 数 1 年 につき 当 該 年 数 及 び 退 職 日 俸 給 月 額 に 応 じて1 00 分 の3(ただし 退 職 の 日 において 定 められて いるその 者 に 係 る 定 年 と 退 職 の 日 におけるその 者 の 年 齢 との 差 に 相 当 する 年 齢 が1 年 である 職 員 又 は 就 業 規 則 第 23 条 第 1 項 第 6 号 の 規 定 により 退 職 した 職 員 にあっては,100 分 の2)を 乗 じて

4 得 た 額 の 合 計 額 第 6 条 の2 第 1 項 及 び 特 定 減 額 前 俸 給 並 びに 特 定 減 額 前 俸 給 月 額 及 び 特 定 減 額 前 俸 給 月 第 1 号 月 額 額 に 退 職 の 日 において 定 められているその 者 に 係 る 定 年 と 退 職 の 日 におけるその 者 の 年 齢 との 差 に 相 当 する 年 数 一 年 につき 当 該 年 数 及 び 特 定 減 額 前 俸 給 月 額 に 応 じて100 分 の3(ただし 退 職 の 日 において 定 められているその 者 に 係 る 定 年 と 退 職 の 日 におけるその 者 の 年 齢 との 差 に 相 当 する 年 齢 が1 年 である 職 員 又 は 就 業 規 則 第 23 条 第 1 項 第 6 号 の 規 定 により 退 職 した 職 員 にあっては,10 0 分 の2)を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 第 6 条 の2 第 1 項 退 職 日 俸 給 月 額 に, 退 職 日 俸 給 月 額 及 び 退 職 日 俸 給 月 額 に 退 職 の 日 に 第 2 号 おいて 定 められているその 者 に 係 る 定 年 と 退 職 の 日 におけるその 者 の 年 齢 との 差 に 相 当 する 年 数 1 年 につき 当 該 年 数 及 び 特 定 減 額 前 俸 給 月 額 に 応 じ て100 分 の3(ただし 退 職 の 日 において 定 めら れているその 者 に 係 る 定 年 と 退 職 の 日 におけるそ の 者 の 年 齢 との 差 に 相 当 する 年 齢 が1 年 である 職 員 又 は 就 業 規 則 第 23 条 第 1 項 第 6 号 の 規 定 によ り 退 職 した 職 員 にあっては,100 分 の2)を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 に, 第 6 条 の2 第 1 項 前 号 に 掲 げる 額 その 者 が 特 定 減 額 前 俸 給 月 額 に 係 る 減 額 日 のうち 第 2 号 ロ 最 も 遅 い 日 の 前 日 に 現 に 退 職 した 理 由 と 同 一 の 理 由 により 退 職 したものとし,かつ,その 者 の 同 日 までの 勤 続 期 間 及 び 特 定 減 額 前 俸 給 月 額 を 基 礎 と して, 第 4 条 から 前 条 までの 規 定 により 計 算 した 場 合 の 退 職 手 当 の 基 本 額 に 相 当 する 額 ( 退 職 手 当 支 給 率 の 調 整 ) 第 8 条 35 年 以 下 の 期 間 勤 続 して 退 職 し 又 は 解 雇 された 者 に 対 する 退 職 手 当 の 基 本 額 は, 第 4 条 から 第 7 条 までの 規 定 により 計 算 した 額 に100 分 の87を 乗 じて 得 た 額 とする 2 36 年 以 上 42 年 以 下 の 期 間 勤 続 して 退 職 し 又 は 解 雇 された 者 で, 第 4 条 第 1 項 の 規 定 に 該 当 する 退 職 をし, 又 は 同 項 の 規 定 に 該 当 する 解 雇 された 者 に 対 する 退 職 手 当 の 基 本 額 は, 同 項 又 は 第 6 条 の2の 規 定 により 計 算 した 額 に 前 項 に 定 める 割 合 を 乗 じて 得 た 額 とする 3 35 年 を 超 える 期 間 勤 続 して 退 職 をした 者 で, 第 6 条 の 規 定 に 該 当 する 退 職 をした 者 に 対 する 退 職 手 当 の 基 本 額 は,その 者 の 勤 続 期 間 を35 年 として 第 1 項 の 規 定 の 例 により 計 算 して 得 られる 額 とする 4 42 年 を 超 える 期 間 勤 続 して 退 職 し 又 は 解 雇 された 者 で, 第 4 条 第 1 項 の 規 定 に 該 当 する 退 職 をし, 又 は 同 項 の 規 定 に 該 当 する 解 雇 された 者 に 対 する 退 職 手 当 の 基 本 額 は, 同 項 の 規 定 にかかわらず,その 者 が 第 6 条 の 規 定 に 該 当 する 退 職 をしたものとし,かつ,その 者 の 勤 続 期 間 を35 年 として 第 1 項 の 規 定 の 例 により 計 算 して 得 られる 額 とする ( 退 職 手 当 の 基 本 額 の 最 高 限 度 額 ) 第 8 条 の2 第 4 条 から 第 6 条 までの 規 定 により 計 算 した 退 職 手 当 の 基 本 額 が 職 員 の 退 職 日 俸 給 月 額 に5 9.28を 乗 じて 得 た 額 を 超 えるときは,これらの 規 定 にかかわらず,その 乗 じて 得 た 額 をその 者 の 退 職 手 当 の 基 本 額 とする 第 8 条 の3 第 6 条 の2 第 1 項 の 規 定 により 計 算 した 退 職 手 当 の 基 本 額 が 次 の 各 号 に 掲 げる 同 項 第 2 号 ロ に 掲 げる 割 合 の 区 分 に 応 じ 当 該 各 号 に 定 める 額 を 超 えるときは, 同 項 の 規 定 にかかわらず, 当 該 各 号 に 定 める 額 をその 者 の 退 職 手 当 の 基 本 額 とする (1) 以 上 特 定 減 額 前 俸 給 月 額 に59.28を 乗 じて 得 た 額 (2) 未 満 特 定 減 額 前 俸 給 月 額 に 第 6 条 の2 第 1 項 第 2 号 ロに 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 及 び 退 職 日 俸 給 月 額 に59.28から 当 該 割 合 を 控 除 した 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 第 8 条 の4 第 7 条 に 規 定 する 者 に 対 する 前 2 条 の 規 定 の 適 用 については, 次 の 表 の 左 欄 に 掲 げる 規 定 中

5 同 表 の 中 欄 に 掲 げる 字 句 は,それぞれ 同 表 の 右 欄 に 掲 げる 字 句 に 読 み 替 えるものとする 読 み 替 える 規 定 読 み 替 えられる 字 句 読 み 替 える 字 句 第 8 条 の2 第 4 条 から 第 6 条 ま 前 条 の 規 定 により 読 み 替 えて 適 用 する 第 6 条 で 退 職 日 俸 給 月 額 退 職 日 俸 給 月 額 及 び 退 職 日 俸 給 月 額 に 退 職 の 日 に おいて 定 められているその 者 に 係 る 定 年 と 退 職 の 日 におけるその 者 の 年 齢 との 差 に 相 当 する 年 数 1 年 につき 当 該 年 数 及 び 退 職 日 俸 給 月 額 に 応 じて1 00 分 の3(ただし 退 職 の 日 において 定 められて いるその 者 に 係 る 定 年 と 退 職 の 日 におけるその 者 の 年 齢 との 差 に 相 当 する 年 齢 が1 年 である 職 員 又 は 就 業 規 則 第 23 条 第 1 項 第 6 号 の 規 定 により 退 職 した 職 員 にあっては,100 分 の2)を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 前 条 の 規 定 により 読 み 替 えて 適 用 する 第 6 条 の これらの 第 8 条 の3 第 6 条 の2 第 1 項 の 第 7 条 の 規 定 により 読 み 替 えて 適 用 する 第 6 条 の 2 第 1 項 の 同 項 第 2 号 ロ 第 7 条 の 規 定 により 読 み 替 えて 適 用 する 同 項 第 2 号 ロ 同 項 の 同 条 の 規 定 により 読 み 替 えて 適 用 する 同 項 の 第 8 条 の3 第 1 号 特 定 減 額 前 俸 給 月 額 特 定 減 額 前 俸 給 月 額 及 び 特 定 減 額 前 俸 給 月 額 に 退 職 の 日 において 定 められているその 者 に 係 る 定 年 と 退 職 の 日 におけるその 者 の 年 齢 との 差 に 相 当 す る 年 数 1 年 につき 当 該 年 数 及 び 特 定 減 額 前 俸 給 月 額 に 応 じて100 分 の3(ただし 退 職 の 日 におい て 定 められているその 者 に 係 る 定 年 と 退 職 の 日 に おけるその 者 の 年 齢 との 差 に 相 当 する 年 齢 が1 年 である 職 員 又 は 就 業 規 則 第 23 条 第 1 項 第 6 号 の 規 定 により 退 職 した 職 員 にあっては,100 分 の 2)を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 第 8 条 の3 第 2 号 特 定 減 額 前 俸 給 月 額 特 定 減 額 前 俸 給 月 額 及 び 特 定 減 額 前 俸 給 月 額 に 退 職 の 日 において 定 められているその 者 に 係 る 定 年 と 退 職 の 日 におけるその 者 の 年 齢 との 差 に 相 当 す る 年 数 1 年 につき 当 該 年 数 及 び 特 定 減 額 前 俸 給 月 額 に 応 じて100 分 の3(ただし 退 職 の 日 におい て 定 められているその 者 に 係 る 定 年 と 退 職 の 日 に おけるその 者 の 年 齢 との 差 に 相 当 する 年 齢 が1 年 である 職 員 又 は 就 業 規 則 第 23 条 第 1 項 第 6 号 の 規 定 により 退 職 した 職 員 にあっては,100 分 の 2)を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 第 6 条 の2 第 1 項 第 第 7 条 の 規 定 により 読 み 替 えて 適 用 する 第 6 条 の 2 号 ロ 2 第 1 項 第 2 号 ロ 及 び 退 職 日 俸 給 月 額 並 びに 退 職 日 俸 給 月 額 及 び 退 職 日 俸 給 月 額 に 退 職 の 日 において 定 められているその 者 に 係 る 定 年 と 退 職 の 日 におけるその 者 の 年 齢 との 差 に 相 当 する 年 数 1 年 につき 当 該 年 数 及 び 特 定 減 額 前 俸 給 月 額 に 応 じて100 分 の3(ただし 退 職 の 日 において 定 められているその 者 に 係 る 定 年 と 退 職 の 日 にお けるその 者 の 年 齢 との 差 に 相 当 する 年 齢 が1 年 で ある 職 員 又 は 就 業 規 則 第 23 条 第 1 項 第 6 号 の 規

6 当 該 割 合 定 により 退 職 した 職 員 にあっては,100 分 の2) を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 当 該 第 7 条 の 規 定 により 読 み 替 えて 適 用 する 同 号 ロに 掲 げる 割 合 ( 退 職 手 当 の 調 整 額 ) 第 8 条 の5 退 職 した 者 に 対 する 退 職 手 当 の 調 整 額 は,その 者 の 基 礎 在 職 期 間 ( 第 6 条 の2に 規 定 する 基 礎 在 職 期 間 をいう 以 下 同 じ )の 初 日 の 属 する 月 からその 者 の 基 礎 在 職 期 間 の 末 日 の 属 する 月 までの 各 月 ( 休 職 ( 業 務 上 の 傷 病 による 休 職, 通 勤 による 傷 病 による 休 職 及 び 就 業 規 則 第 15 条 第 1 項 第 6 号 に 規 定 する 出 向 休 職 を 除 く ), 育 児 休 業 ( 就 業 規 則 第 69 条 に 規 定 する 育 児 休 業 をいう ), 介 護 休 業 ( 就 業 規 則 第 70 条 に 規 定 する 介 護 休 業 をいう ), 自 己 啓 発 等 休 業 ( 就 業 規 則 第 70 条 の2に 規 定 する 自 己 啓 発 等 休 業 をいう ), 停 職, 出 勤 停 止 又 は 大 学 院 修 学 休 業 ( 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 教 員 規 程 第 15 条 第 1 項 に 規 定 する 大 学 院 修 学 休 業 をいう )により 現 実 に 職 務 をとることを 要 しない 期 間 のある 月 ( 現 実 に 職 務 をとるこ とを 要 する 日 のあつた 月 を 除 く 以 下 休 職 月 等 という )のうち, 別 に 定 めるものを 除 く )ごとに 当 該 各 月 にその 者 が 属 していた 次 の 各 号 に 掲 げる 職 員 の 区 分 に 応 じて 当 該 各 号 に 定 める 額 ( 以 下 調 整 月 額 という )のうちその 額 が 最 も 多 いものから 順 次 その 順 位 を 付 し,その 第 1 順 位 から 第 60 順 位 までの 調 整 月 額 ( 当 該 各 月 の 月 数 が60 月 に 満 たない 場 合 には, 当 該 各 月 の 調 整 月 額 )を 合 計 した 額 とする (1) 第 1 号 区 分 円 (2) 第 2 号 区 分 円 (3) 第 3 号 区 分 円 (4) 第 4 号 区 分 円 (5) 第 5 号 区 分 円 (6) 第 6 号 区 分 円 (7) 第 7 号 区 分 円 (8) 第 8 号 区 分 円 (9) 第 9 号 区 分 円 (10) 第 10 号 区 分 円 (11) 第 11 号 区 分 0 2 退 職 した 者 の 基 礎 在 職 期 間 に 第 6 条 の2 第 2 項 第 2 号 から 第 6 号 までに 掲 げる 期 間 が 含 まれる 場 合 に おける 前 項 の 規 定 の 適 用 については,その 者 は, 別 に 定 めるところにより, 当 該 期 間 において 職 員 とし て 在 職 していたものとみなす 3 第 1 項 各 号 に 掲 げる 職 員 の 区 分 は, 別 に 定 めるところによる 4 次 の 各 号 に 掲 げる 者 に 対 する 退 職 手 当 の 調 整 額 は, 第 1 項 の 規 定 にかかわらず, 当 該 各 号 に 定 める 額 とする (1) 退 職 した 者 のうち 自 己 都 合 等 退 職 者 以 外 のものでその 勤 続 期 間 が1 年 以 上 4 年 以 下 のもの 第 1 項 の 規 定 により 計 算 した 額 の2 分 の1に 相 当 する 額 (2) 退 職 した 者 のうち 自 己 都 合 等 退 職 者 以 外 のものでその 勤 続 期 間 が0のもの 0 (3) 自 己 都 合 等 退 職 者 でその 勤 続 期 間 が10 年 以 上 24 年 以 下 のもの 第 1 項 の 規 定 により 計 算 した 額 の2 分 の1に 相 当 する 額 (4) 自 己 都 合 等 退 職 者 でその 勤 続 期 間 が9 年 以 下 のもの 0 5 前 各 項 に 定 めるもののほか, 調 整 月 額 のうちにその 額 が 等 しいものがある 場 合 において, 調 整 月 額 に 順 位 を 付 す 方 法 その 他 の 本 条 の 規 定 による 退 職 手 当 の 調 整 額 の 計 算 に 関 し 必 要 な 事 項 は, 別 に 定 めると ころによる ( 一 般 の 退 職 手 当 の 額 に 係 る 特 例 ) 第 8 条 の6 第 6 条 第 1 項 に 規 定 する 者 で 次 の 各 号 に 掲 げる 者 に 該 当 するものに 対 する 退 職 手 当 の 額 が 退 職 の 日 におけるその 者 の 基 本 給 月 額 に 当 該 各 号 に 定 める 割 合 を 乗 じて 得 た 額 に 満 たないときは, 第 3 条 の2, 第 6 条, 第 6 条 の2 及 び 前 条 の 規 定 にかかわらず,その 乗 じて 得 た 額 をその 者 の 退 職 手 当 の 額 と する (1) 勤 続 期 間 1 年 未 満 の 者 100 分 の270 (2) 勤 続 期 間 1 年 以 上 2 年 未 満 の 者 100 分 の360 (3) 勤 続 期 間 2 年 以 上 3 年 未 満 の 者 100 分 の450

7 (4) 勤 続 期 間 3 年 以 上 の 者 100 分 の540 2 前 項 の 基 本 給 月 額 とは, 俸 給 月 額 及 び 給 与 規 程 に 規 定 する 扶 養 手 当 の 月 額 並 びにこれらに 対 する 地 域 手 当 の 月 額 の 合 計 額 をいう ( 勤 続 期 間 の 計 算 ) 第 9 条 退 職 手 当 の 算 定 の 基 礎 となる 勤 続 期 間 の 計 算 は, 職 員 としての 引 き 続 いた 在 職 期 間 による 2 前 項 の 規 定 による 在 職 期 間 の 計 算 は, 職 員 となった 日 の 属 する 月 から 退 職 し, 又 は 解 雇 された 日 の 属 する 月 までの 月 数 による 3 職 員 が 退 職 した 場 合 ( 第 13 条 第 1 項 各 号 のいずれかに 該 当 する 場 合 を 除 く )において,その 者 が 退 職 の 日 又 はその 翌 日 に 再 び 職 員 となったときは, 前 2 項 の 規 定 による 在 職 期 間 の 計 算 については, 引 き 続 いて 在 職 したものとみなす 4 前 3 項 の 規 定 による 在 職 期 間 のうちに 休 職 月 等 が1 以 上 あったときは,その 月 数 の2 分 の1に 相 当 す る 月 数 を 前 3 項 の 規 定 により 計 算 した 在 職 期 間 から 除 算 する 5 第 1 項 に 規 定 する 職 員 としての 引 き 続 いた 在 職 期 間 には, 国 立 大 学 法 人 法 第 2 条 に 定 める 国 立 大 学 法 人 又 は 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人, 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 法 ( 平 成 15 年 法 律 第 113 号 ) 第 2 条 に 定 める 独 立 行 政 法 人 高 等 専 門 学 校, 独 立 行 政 法 人 大 学 評 価 学 位 授 与 機 構 法 ( 平 成 15 年 法 律 第 114 号 ) 第 2 条 に 定 める 独 立 行 政 法 人 大 学 評 価 学 位 授 与 機 構, 独 立 行 政 法 人 国 立 大 学 財 務 経 営 セ ンター 法 ( 平 成 15 年 法 律 第 115 号 ) 第 2 条 に 定 める 独 立 行 政 法 人 国 立 大 学 財 務 経 営 センター, 独 立 行 政 法 人 メディア 教 育 開 発 センター 法 ( 平 成 15 年 法 律 第 116 号 ) 第 2 条 に 定 める 独 立 行 政 法 人 メ ディア 教 育 開 発 センター, 独 立 行 政 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 161 号 ) 第 3 条 に 定 める 独 立 行 政 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 ( 同 機 構 就 業 規 則 に 規 定 する 教 育 職 職 員 に 限 る 以 下 同 じ ) 若 しくは 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 166 号 ) 第 2 条 に 定 める 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター( 退 職 手 当 に 関 する 規 定 において, 他 の 国 立 大 学 法 人 又 は 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人, 独 立 行 政 法 人 高 等 専 門 学 校, 独 立 行 政 法 人 大 学 評 価 学 位 授 与 機 構, 独 立 行 政 法 人 国 立 大 学 財 務 経 営 セ ンター, 独 立 行 政 法 人 メディア 教 育 開 発 センター, 独 立 行 政 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 若 しくは 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センターに 使 用 される 者 が 退 職 手 当 を 支 給 されないで 当 該 国 立 大 学 法 人 又 は 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人, 独 立 行 政 法 人 高 等 専 門 学 校, 独 立 行 政 法 人 大 学 評 価 学 位 授 与 機 構, 独 立 行 政 法 人 国 立 大 学 財 務 経 営 センター, 独 立 行 政 法 人 メディア 教 育 開 発 センター, 独 立 行 政 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 若 しくは 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センターに 使 用 される 者 となった 場 合 に 他 の 国 立 大 学 法 人 又 は 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人, 独 立 行 政 法 人 高 等 専 門 学 校, 独 立 行 政 法 人 大 学 評 価 学 位 授 与 機 構, 独 立 行 政 法 人 国 立 大 学 財 務 経 営 センター, 独 立 行 政 法 人 メディア 教 育 開 発 センター, 独 立 行 政 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 若 しくは 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センターに 使 用 される 者 としての 在 職 期 間 を 当 該 国 立 大 学 法 人 又 は 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人, 独 立 行 政 法 人 高 等 専 門 学 校, 独 立 行 政 法 人 大 学 評 価 学 位 授 与 機 構, 独 立 行 政 法 人 国 立 大 学 財 務 経 営 センター, 独 立 行 政 法 人 メディア 教 育 開 発 センター, 独 立 行 政 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 若 しくは 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センターとしての 在 職 期 間 に 含 めることを 定 めているものに 限 る 以 下 特 定 国 立 大 学 法 人 等 という )に 使 用 される 者 が 機 構 の 改 廃, 施 設 の 移 譲 その 他 の 事 由 によ って 引 き 続 いて 職 員 となったときにおけるその 者 の 特 定 国 立 大 学 法 人 等 に 使 用 される 者 としての 引 き 続 いた 在 職 期 間 を 含 むものとする 6 本 学 以 外 の 機 関 に 使 用 される 者 がその 身 分 を 保 有 したまま 引 き 続 いて 職 員 となった 場 合 におけるその 者 の 第 2 項 の 規 定 による 在 職 期 間 の 計 算 については, 職 員 としての 在 職 期 間 はなかったものとみなす ただし, 学 長 が 別 に 定 める 場 合 においては,この 限 りでない 7 前 6 項 の 規 定 により 計 算 した 在 職 期 間 に1 年 未 満 の 端 数 がある 場 合 には,その 端 数 は 切 り 捨 てる た だし,その 在 職 期 間 が6 月 以 上 1 年 未 満 ( 第 4 条 第 1 項 ( 傷 病 又 は 死 亡 による 退 職 に 係 る 部 分 に 限 る ), 第 5 条 又 は 第 6 条 第 1 項 の 規 定 による 退 職 手 当 の 基 本 額 を 計 算 する 場 合 にあっては,1 年 未 満 )の 場 合 には,これを1 年 とする 8 前 項 の 規 定 は, 第 8 条 の6の 規 定 による 退 職 手 当 の 基 本 額 を 計 算 する 場 合 における 勤 続 期 間 の 計 算 に ついては, 適 用 しない 9 第 5 項 の 規 定 は, 特 定 職 員 には 適 用 しない ( 国 等 の 機 関 から 復 帰 した 職 員 等 の 在 職 期 間 の 計 算 ) 第 10 条 職 員 又 は 特 定 国 立 大 学 法 人 等 ( 退 職 手 当 に 関 する 規 定 において, 当 該 特 定 国 立 大 学 法 人 等 に 使 用 される 者 又 は 他 の 特 定 国 立 大 学 法 人 等 に 使 用 される 者 から, 任 命 権 者 又 はその 委 任 を 受 けた 者 の 要 請 に 応 じ, 引 き 続 いて, 国, 特 定 独 立 行 政 法 人 ( 独 立 行 政 法 人 通 則 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 103 号 ) 第 2

8 条 第 2 項 に 規 定 する 特 定 独 立 行 政 法 人 をいう 以 下 同 じ ), 地 方 公 共 団 体 ( 退 職 手 当 に 関 する 条 例 にお いて, 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 第 7 条 の2 第 1 項 に 規 定 する 公 庫 等 ( 以 下 公 庫 等 という )に 使 用 され る 者 が 公 庫 等 の 要 請 に 応 じ, 引 き 続 いて 当 該 地 方 公 共 団 体 に 使 用 される 者 となった 場 合 に, 公 庫 等 職 員 としての 在 職 期 間 を 当 該 地 方 公 共 団 体 に 使 用 される 者 としての 在 職 期 間 に 通 算 することを 定 めている 地 方 公 共 団 体 に 限 る 以 下 同 じ ) 又 は 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 ( 昭 和 28 年 法 律 第 182 号 ) 第 7 条 の2 第 1 項 に 規 定 する 公 庫 等 ( 特 定 国 立 大 学 法 人 等 を 除 く )( 以 下 国 等 の 機 関 という )に 使 用 される 者 ( 役 員 及 び 常 時 勤 務 に 服 することを 要 しない 者 を 除 く 以 下 国 家 公 務 員 等 という )となるために 退 職 を し,かつ, 引 き 続 いて 国 家 公 務 員 等 として 在 職 した 後 引 き 続 いて 再 び 当 該 特 定 国 立 大 学 法 人 等 に 使 用 さ れる 者 となった 場 合 に, 先 の 当 該 特 定 国 立 大 学 法 人 等 に 使 用 される 者 又 は 他 の 特 定 国 立 大 学 法 人 等 に 使 用 される 者 としての 在 職 期 間 の 始 期 から 後 の 当 該 特 定 国 立 大 学 法 人 等 に 使 用 される 者 の 在 職 期 間 の 終 期 までの 期 間 を 当 該 特 定 国 立 大 学 法 人 等 に 使 用 される 者 としての 引 き 続 いた 在 職 期 間 とみなすことを 定 め ているものに 限 る )に 使 用 される 者 が, 任 命 権 者 又 はその 委 任 を 受 けた 者 の 要 請 に 応 じ, 国 家 公 務 員 等 となるために 退 職 をし,かつ, 引 き 続 いて 国 家 公 務 員 等 として 在 職 した 後 引 き 続 いて 再 び 職 員 となった 者 の 在 職 期 間 の 計 算 については, 先 の 職 員 又 は 特 定 国 立 大 学 法 人 等 に 使 用 される 者 としての 在 職 期 間 の 始 期 から 後 の 職 員 としての 在 職 期 間 の 終 期 までの 期 間 は, 職 員 の 引 き 続 いた 在 職 期 間 とみなす 2 国 家 公 務 員 等 が 国 等 の 機 関 の 要 請 に 応 じ, 引 き 続 いて 職 員 となるために 退 職 をし,かつ, 引 き 続 いて 職 員 となった 場 合 におけるその 者 の 職 員 としての 引 き 続 いた 在 職 期 間 には,その 者 の 国 家 公 務 員 等 とし ての 引 き 続 いた 在 職 期 間 を 含 むものとする 3 前 2 項 の 場 合 における 国 家 公 務 員 等 としての 在 職 期 間 の 計 算 については, 前 条 の 規 定 を 準 用 する ( 引 き 続 いて 役 員 となつた 者 の 在 職 期 間 の 計 算 ) 第 11 条 職 員 のうち, 学 長 の 要 請 に 応 じ, 引 き 続 いて 本 学 又 は 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 2 条 第 1 項 に 規 定 する 独 立 行 政 法 人 その 他 特 別 の 法 律 により 設 立 された 法 人 でその 業 務 が 本 学 の 事 務 又 は 事 業 と 密 接 な 関 連 を 有 するもの( 退 職 手 当 (これに 相 当 する 給 付 を 含 む )に 関 する 規 程 において, 職 員 が 学 長 の 要 請 に 応 じ, 引 き 続 いて 当 該 法 人 の 役 員 となつた 場 合 に, 職 員 としての 在 職 期 間 を 当 該 法 人 の 役 員 としての 在 職 期 間 に 通 算 することと 定 めている 法 人 に 限 る )の 役 員 ( 常 時 勤 務 に 服 することを 要 しない 者 を 除 く 以 下 役 員 という )となるために 退 職 をし,かつ, 引 き 続 いて 役 員 として 在 職 した 後 引 き 続 いて 再 び 職 員 となつた 者 の 第 9 条 第 1 項 の 規 定 による 在 職 期 間 の 計 算 については, 先 の 職 員 としての 在 職 期 間 の 始 期 から 後 の 職 員 として の 在 職 期 間 の 終 期 までの 期 間 は, 職 員 としての 引 き 続 いた 在 職 期 間 とみなす 2 前 項 の 場 合 における 役 員 としての 在 職 期 間 の 計 算 については, 第 9 条 の 規 定 を 準 用 する 3 第 1 項 の 場 合 における 職 員 の 退 職 手 当 の 額 は, 第 4 条 から 第 6 条 までの 規 定 にかかわらず, 当 該 職 員 に 係 る 役 員 の 在 職 期 間 について, 当 該 役 員 の 業 績 を 勘 案 し, 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 役 員 退 職 手 当 規 程 第 4 条 第 2 項 に 規 定 する 業 績 評 価 率 に 応 じ,これを 増 額 し, 又 は 減 額 することができる ( 育 児 休 業 及 び 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 に 対 する 退 職 手 当 に 係 る 特 例 ) 第 11 条 の2 第 8 条 の5 第 1 項 及 び 第 9 条 第 4 項 の 規 定 の 適 用 については, 育 児 休 業 及 び 育 児 短 時 間 勤 務 をした 期 間 は, 第 8 条 の5 第 1 項 に 規 定 する 現 実 に 職 務 をとることを 要 しない 期 間 に 該 当 するものと みなす 2 育 児 休 業 をした 期 間 ( 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 が1 歳 に 達 した 日 の 属 する 月 までの 期 間 に 限 る )につい ての 第 9 条 第 4 項 の 規 定 の 適 用 については, 同 項 中 その 月 数 の2 分 の1に 相 当 する 月 数 とあるのは, その 月 数 の3 分 の1に 相 当 する 月 数 とする 3 育 児 短 時 間 勤 務 をした 期 間 についての 第 9 条 第 4 項 の 規 定 の 適 用 については, 同 項 中 その 月 数 の2 分 の1に 相 当 する 月 数 とあるのは, その 月 数 の3 分 の1に 相 当 する 月 数 とする 4 育 児 短 時 間 勤 務 の 期 間 中 のこの 規 程 による 退 職 手 当 の 計 算 の 基 礎 となる 俸 給 月 額 は, 育 児 短 時 間 勤 務 をしなかったと 仮 定 した 場 合 の 勤 務 時 間 により 勤 務 したときに 受 けるべき 俸 給 月 額 とする ( 自 己 啓 発 等 休 業 をした 職 員 に 対 する 退 職 手 当 に 係 る 特 例 ) 第 11 条 の3 第 8 条 の5 第 1 項 及 び 第 9 条 第 4 項 の 規 定 の 適 用 については, 自 己 啓 発 等 休 業 をした 期 間 は, 第 8 条 の5 第 1 項 に 規 定 する 現 実 に 職 務 をとることを 要 しない 期 間 に 該 当 するものとする 2 自 己 啓 発 等 休 業 をした 期 間 についての 第 9 条 第 4 項 の 規 定 の 適 用 については, 同 項 中 その 月 数 の2 分 の1に 相 当 する 月 数 とあるのは, その 月 数 ( 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 職 員 の 自 己 啓 発 等 休 業 に 関 する 規 程 第 2 条 第 3 項 に 規 定 する 自 己 啓 発 等 休 業 の 期 間 中 の 同 条 第 1 項 又 は 第 2 項 に 規 定 する 大 学 等 におけ る 修 学 又 は 国 際 貢 献 活 動 の 内 容 が 職 務 の 能 率 的 な 運 営 に 特 に 資 するものと 認 められる 場 合 については, その 月 数 の2 分 の1に 相 当 する 月 数 ) とする ( 予 告 を 受 けない 退 職 者 の 退 職 手 当 )

9 第 12 条 職 員 の 解 雇 において, 就 業 規 則 第 30 条 の 規 定 に 該 当 する 場 合 におけるこの 規 定 による 解 雇 予 告 手 当 が 支 給 されている 場 合 において,その 解 雇 予 告 手 当 は 退 職 手 当 に 含 まれるものとする ( 懲 戒 解 雇 等 処 分 を 受 けた 場 合 等 の 退 職 手 当 の 支 給 制 限 ) 第 13 条 退 職 をした 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するときは, 学 長 は, 当 該 退 職 をした 者 ( 当 該 退 職 をした 者 が 死 亡 したときは, 当 該 退 職 に 係 る 一 般 の 退 職 手 当 等 の 額 の 支 払 を 受 ける 権 利 を 承 継 した 者 ) に 対 し, 当 該 退 職 をした 者 が 占 めていた 職 の 職 務 及 び 責 任, 当 該 退 職 をした 者 が 行 った 非 違 の 内 容 及 び 程 度, 当 該 非 違 が 職 務 に 対 する 国 民 の 信 頼 に 及 ぼす 影 響 その 他 の 事 情 を 勘 案 して, 当 該 一 般 の 退 職 手 当 等 の 全 部 又 は 一 部 を 支 給 しないこととする 処 分 を 行 うことができる (1) 就 業 規 則 第 78 条 第 1 項 第 5 号 の 規 定 による 諭 旨 解 雇 又 は 同 項 第 6 号 の 規 定 による 懲 戒 解 雇 ( 以 下 懲 戒 解 雇 等 処 分 という )を 受 けて 退 職 をした 者 (2) 就 業 規 則 第 28 条 第 1 項 第 2 号 の 規 定 による 解 雇 又 はこれに 準 ずる 退 職 をした 者 2 学 長 は, 前 項 の 規 定 による 処 分 を 行 うときは,その 理 由 を 付 記 した 書 面 により,その 旨 を 当 該 処 分 を 受 けるべき 者 に 通 知 しなければならない 3 学 長 は, 前 項 の 規 定 による 通 知 をする 場 合 において, 当 該 処 分 を 受 けるべき 者 の 所 在 が 知 れないとき は, 当 該 処 分 の 内 容 を 官 報 に 掲 載 することをもって 通 知 に 代 えることができる この 場 合 においては, その 掲 載 した 日 から 起 算 して2 週 間 を 経 過 した 日 に, 通 知 が 当 該 処 分 を 受 けるべき 者 に 到 達 したものと みなす ( 退 職 手 当 の 支 払 の 差 止 め) 第 14 条 退 職 をした 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するときは, 学 長 は, 当 該 退 職 をした 者 に 対 し, 当 該 退 職 に 係 る 一 般 の 退 職 手 当 等 の 額 の 支 払 を 差 し 止 める 処 分 を 行 うものとする (1) 職 員 が 刑 事 事 件 に 関 し 起 訴 ( 当 該 起 訴 に 係 る 犯 罪 について 禁 錮 以 上 の 刑 が 定 められているものに 限 り, 刑 事 訴 訟 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 131 号 ) 第 6 編 に 規 定 する 略 式 手 続 によるものを 除 く 以 下 同 じ )をされた 場 合 において,その 判 決 の 確 定 前 に 退 職 をしたとき (2) 退 職 をした 者 に 対 しまだ 当 該 一 般 の 退 職 手 当 等 の 額 が 支 払 われていない 場 合 において, 当 該 退 職 を した 者 が 基 礎 在 職 期 間 中 の 行 為 に 係 る 刑 事 事 件 に 関 し 起 訴 をされたとき 2 退 職 をした 者 に 対 しまだ 当 該 退 職 に 係 る 一 般 の 退 職 手 当 等 の 額 が 支 払 われていない 場 合 において, 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するときは, 学 長 は, 当 該 退 職 をした 者 に 対 し, 当 該 一 般 の 退 職 手 当 等 の 額 の 支 払 を 差 し 止 める 処 分 を 行 うことができる (1) 当 該 退 職 をした 者 の 基 礎 在 職 期 間 中 の 行 為 に 係 る 刑 事 事 件 に 関 して,その 者 が 逮 捕 されたとき 又 は 学 長 がその 者 から 聴 取 した 事 項 若 しくは 調 査 により 判 明 した 事 実 に 基 づきその 者 に 犯 罪 があると 思 料 するに 至 ったときであって,その 者 に 対 し 一 般 の 退 職 手 当 等 の 額 を 支 払 うことが 職 務 に 対 する 国 民 の 信 頼 を 確 保 する 上 で 支 障 を 生 ずると 認 めるとき (2) 学 長 が, 当 該 退 職 をした 者 について, 当 該 一 般 の 退 職 手 当 等 の 額 の 算 定 の 基 礎 となる 職 員 としての 引 き 続 いた 在 職 期 間 中 に 懲 戒 解 雇 等 処 分 を 受 けるべき 行 為 ( 在 職 期 間 中 の 職 員 の 非 違 に 当 たる 行 為 で あって,その 非 違 の 内 容 及 び 程 度 に 照 らして 懲 戒 解 雇 等 処 分 に 値 することが 明 らかなものをいう 以 下 同 じ )をしたことを 疑 うに 足 りる 相 当 な 理 由 があると 思 料 するに 至 ったとき 3 死 亡 による 退 職 をした 者 の 遺 族 ( 退 職 をした 者 ( 死 亡 による 退 職 の 場 合 には,その 遺 族 )が 当 該 退 職 に 係 る 一 般 の 退 職 手 当 等 の 額 の 支 払 を 受 ける 前 に 死 亡 したことにより 当 該 一 般 の 退 職 手 当 等 の 額 の 支 払 を 受 ける 権 利 を 承 継 した 者 を 含 む 以 下 この 項 において 同 じ )に 対 しまだ 当 該 一 般 の 退 職 手 当 等 の 額 が 支 払 われていない 場 合 において, 前 項 第 2 号 に 該 当 するときは, 学 長 は, 当 該 遺 族 に 対 し, 当 該 一 般 の 退 職 手 当 等 の 額 の 支 払 を 差 し 止 める 処 分 を 行 うことができる 4 前 3 項 の 規 定 による 一 般 の 退 職 手 当 等 の 額 の 支 払 を 差 し 止 める 処 分 ( 以 下 支 払 差 止 処 分 という ) を 受 けた 者 は, 学 長 に 対 し,その 理 由 となった 事 実 認 定 や 手 続 に 不 服 がある 場 合 には, 処 分 を 受 けた 日 の 翌 日 から 起 算 して60 日 以 内 にその 取 消 しを 申 し 立 てることができる また,60 日 を 経 過 した 後 に おいては, 当 該 支 払 差 止 処 分 後 の 事 情 の 変 化 を 理 由 にその 取 消 しを 申 し 立 てることができる 5 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定 による 支 払 差 止 処 分 を 行 った 学 長 は, 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するに 至 つ た 場 合 には, 速 やかに 当 該 支 払 差 止 処 分 を 取 り 消 さなければならない ただし, 第 3 号 に 該 当 する 場 合 において, 当 該 支 払 差 止 処 分 を 受 けた 者 がその 者 の 基 礎 在 職 期 間 中 の 行 為 に 係 る 刑 事 事 件 に 関 し 現 に 逮 捕 されているときその 他 これを 取 り 消 すことが 支 払 差 止 処 分 の 目 的 に 明 らかに 反 すると 認 めるときは, この 限 りでない (1) 当 該 支 払 差 止 処 分 を 受 けた 者 について, 当 該 支 払 差 止 処 分 の 理 由 となった 起 訴 又 は 行 為 に 係 る 刑 事

10 事 件 につき 無 罪 の 判 決 が 確 定 した 場 合 (2) 当 該 支 払 差 止 処 分 を 受 けた 者 について, 当 該 支 払 差 止 処 分 の 理 由 となった 起 訴 又 は 行 為 に 係 る 刑 事 事 件 につき, 判 決 が 確 定 した 場 合 ( 禁 錮 以 上 の 刑 に 処 せられた 場 合 及 び 無 罪 の 判 決 が 確 定 した 場 合 を 除 く ) 又 は 公 訴 を 提 起 しない 処 分 があった 場 合 であって, 次 条 第 1 項 の 規 定 による 処 分 を 受 けるこ となく, 当 該 判 決 が 確 定 した 日 又 は 当 該 公 訴 を 提 起 しない 処 分 があった 日 から6 月 を 経 過 した 場 合 (3) 当 該 支 払 差 止 処 分 を 受 けた 者 について,その 者 の 基 礎 在 職 期 間 中 の 行 為 に 係 る 刑 事 事 件 に 関 し 起 訴 をされることなく,かつ, 次 条 第 1 項 の 規 定 による 処 分 を 受 けることなく, 当 該 支 払 差 止 処 分 を 受 け た 日 から1 年 を 経 過 した 場 合 6 第 3 項 の 規 定 による 支 払 差 止 処 分 を 行 った 学 長 は, 当 該 支 払 差 止 処 分 を 受 けた 者 が 次 条 第 2 項 の 規 定 による 処 分 を 受 けることなく 当 該 支 払 差 止 処 分 を 受 けた 日 から1 年 を 経 過 した 場 合 には, 速 やかに 当 該 支 払 差 止 処 分 を 取 り 消 さなければならない 7 前 2 項 の 規 定 は, 当 該 支 払 差 止 処 分 を 行 った 学 長 が, 当 該 支 払 差 止 処 分 後 に 判 明 した 事 実 又 は 生 じた 事 情 に 基 づき, 当 該 一 般 の 退 職 手 当 等 の 額 の 支 払 を 差 し 止 める 必 要 がなくなったとして 当 該 支 払 差 止 処 分 を 取 り 消 すことを 妨 げるものではない 8 前 条 第 2 項 及 び 第 3 項 の 規 定 は, 支 払 差 止 処 分 について 準 用 する 9 学 長 は, 支 払 差 止 処 分 を 行 おうとする 場 合 には,あらかじめ, 役 員 会 の 議 に 基 づかなければならない 支 払 差 止 処 分 を 取 り 消 した 場 合 も 同 様 とする ( 退 職 後 禁 錮 以 上 の 刑 に 処 せられた 場 合 等 の 退 職 手 当 の 支 給 制 限 ) 第 15 条 退 職 をした 者 に 対 しまだ 当 該 退 職 に 係 る 一 般 の 退 職 手 当 等 の 額 が 支 払 われていない 場 合 におい て, 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するときは, 学 長 は, 当 該 退 職 をした 者 ( 第 1 号 又 は 第 2 号 に 該 当 する 場 合 において, 当 該 退 職 をした 者 が 死 亡 したときは, 当 該 一 般 の 退 職 手 当 等 の 額 の 支 払 を 受 ける 権 利 を 承 継 した 者 )に 対 し, 第 13 条 第 1 項 に 規 定 する 事 情 及 び 同 項 各 号 に 規 定 する 退 職 をした 場 合 の 一 般 の 退 職 手 当 等 の 額 との 権 衡 を 勘 案 して, 当 該 一 般 の 退 職 手 当 等 の 全 部 又 は 一 部 を 支 給 しないこととする 処 分 を 行 うことができる (1) 当 該 退 職 をした 者 が 刑 事 事 件 ( 当 該 退 職 後 に 起 訴 をされた 場 合 にあっては, 基 礎 在 職 期 間 中 の 行 為 に 係 る 刑 事 事 件 に 限 る )に 関 し 当 該 退 職 後 に 禁 錮 以 上 の 刑 に 処 せられたとき (2) 学 長 が, 当 該 退 職 をした 者 について, 当 該 退 職 後 に 当 該 一 般 の 退 職 手 当 等 の 額 の 算 定 の 基 礎 となる 職 員 としての 引 き 続 いた 在 職 期 間 中 に 懲 戒 解 雇 等 処 分 を 受 けるべき 行 為 をしたと 認 めたとき 2 死 亡 による 退 職 をした 者 の 遺 族 ( 退 職 をした 者 ( 死 亡 による 退 職 の 場 合 には,その 遺 族 )が 当 該 退 職 に 係 る 一 般 の 退 職 手 当 等 の 額 の 支 払 を 受 ける 前 に 死 亡 したことにより 当 該 一 般 の 退 職 手 当 等 の 額 の 支 払 を 受 ける 権 利 を 承 継 した 者 を 含 む 以 下 この 項 において 同 じ )に 対 しまだ 当 該 一 般 の 退 職 手 当 等 の 額 が 支 払 われていない 場 合 において, 前 項 第 2 項 に 該 当 するときは, 学 長 は, 当 該 遺 族 に 対 し, 第 13 条 第 1 項 に 規 定 する 事 情 を 勘 案 して, 当 該 一 般 の 退 職 手 当 等 の 全 部 又 は 一 部 を 支 給 しないこととする 処 分 を 行 うことができる 3 学 長 は, 第 1 項 第 2 号 又 は 前 項 の 規 定 による 処 分 を 行 おうとするときは, 当 該 処 分 を 受 けるべき 者 の 意 見 を 聴 取 しなければならない 4 行 政 手 続 法 ( 平 成 5 年 法 律 第 88 号 ) 第 3 章 第 2 節 ( 第 28 条 を 除 く )の 規 定 は, 前 項 の 規 定 による 意 見 の 聴 取 について 準 用 する 5 第 13 条 第 2 項 及 び 第 3 項 の 規 定 は, 第 1 項 及 び 第 2 項 の 規 定 による 処 分 について 準 用 する 6 支 払 差 止 処 分 に 係 る 一 般 の 退 職 手 当 等 に 関 し 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定 により 当 該 一 般 の 退 職 手 当 等 の 一 部 を 支 給 しないこととする 処 分 が 行 われたときは, 当 該 支 払 差 止 処 分 は, 取 り 消 されたものとみなす ( 退 職 をした 者 の 退 職 手 当 の 返 納 ) 第 16 条 退 職 をした 者 に 対 し 当 該 退 職 に 係 る 一 般 の 退 職 手 当 等 の 額 が 支 払 われた 後 において, 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するときは, 学 長 は, 当 該 退 職 をした 者 に 対 し, 第 13 条 第 1 項 に 規 定 する 事 情 のほ か, 当 該 退 職 をした 者 の 生 計 の 状 況 を 勘 案 して, 当 該 一 般 の 退 職 手 当 等 の 額 の 全 部 又 は 一 部 の 返 納 を 命 ずる 処 分 を 行 うことができる (1) 当 該 退 職 をした 者 が 基 礎 在 職 期 間 中 の 行 為 に 係 る 刑 事 事 件 に 関 し 禁 錮 以 上 の 刑 に 処 せられたとき (2) 学 長 が, 当 該 退 職 をした 者 について, 当 該 一 般 の 退 職 手 当 等 の 額 の 算 定 の 基 礎 となる 職 員 としての 引 き 続 いた 在 職 期 間 中 に 懲 戒 解 雇 等 処 分 を 受 けるべき 行 為 をしたと 認 めたとき 2 前 項 第 2 号 に 該 当 するときにおける 同 項 の 規 定 による 処 分 は, 当 該 退 職 の 日 から5 年 以 内 に 限 り, 行 うことができる

11 3 学 長 は, 第 1 項 の 規 定 による 処 分 を 行 おうとするときは, 当 該 処 分 を 受 けるべき 者 の 意 見 を 聴 取 しな ければならない 4 行 政 手 続 法 第 3 章 第 2 節 ( 第 28 条 を 除 く )の 規 定 は, 前 項 の 規 定 による 意 見 の 聴 取 について 準 用 す る 5 第 13 条 第 2 項 の 規 定 は, 第 1 項 の 規 定 による 処 分 について 準 用 する ( 遺 族 の 退 職 手 当 の 返 納 ) 第 17 条 死 亡 による 退 職 をした 者 の 遺 族 ( 退 職 をした 者 ( 死 亡 による 退 職 の 場 合 には,その 遺 族 )が 当 該 退 職 に 係 る 一 般 の 退 職 手 当 等 の 額 の 支 払 を 受 ける 前 に 死 亡 したことにより 当 該 一 般 の 退 職 手 当 等 の 額 の 支 払 を 受 ける 権 利 を 承 継 した 者 を 含 む 以 下 この 項 において 同 じ )に 対 し 当 該 一 般 の 退 職 手 当 等 の 額 が 支 払 われた 後 において, 前 条 第 1 項 第 2 号 に 該 当 するときは, 学 長 は, 当 該 遺 族 に 対 し, 当 該 退 職 の 日 から1 年 以 内 に 限 り, 第 13 条 第 1 項 に 規 定 する 事 情 のほか, 当 該 遺 族 の 生 計 の 状 況 を 勘 案 して, 当 該 一 般 の 退 職 手 当 等 の 額 の 全 部 又 は 一 部 の 返 納 を 命 ずる 処 分 を 行 うことができる 2 第 13 条 第 2 項 並 びに 前 条 第 2 項 及 び 第 4 項 の 規 定 は, 前 項 の 規 定 による 処 分 について 準 用 する 3 行 政 手 続 法 第 3 章 第 2 節 ( 第 28 条 を 除 く )の 規 定 は, 前 項 において 準 用 する 前 条 第 4 項 の 規 定 によ る 意 見 の 聴 取 について 準 用 する ( 役 員 会 への 諮 問 ) 第 18 条 学 長 は, 第 15 条 第 1 項 第 2 号 若 しくは 第 2 項, 第 16 条 第 1 項, 第 17 条 第 1 項 の 規 定 によ る 処 分 ( 以 下 この 条 において 退 職 手 当 の 支 給 制 限 等 の 処 分 をいう )を 行 おうとするときは, 役 員 会 に 諮 問 しなければならない 2 役 員 会 は, 第 15 条 第 2 項, 第 17 条 第 1 項 の 規 定 による 処 分 を 受 けるべき 者 から 申 立 てがあった 場 合 には, 当 該 処 分 を 受 けるべき 者 に 口 頭 で 意 見 を 述 べる 機 会 を 与 えなければならない 3 役 員 会 は, 必 要 があると 認 める 場 合 には, 退 職 手 当 の 支 給 制 限 等 の 処 分 に 係 る 事 件 に 関 し, 当 該 処 分 を 受 けるべき 者 又 は 学 長 にその 主 張 を 記 載 した 書 面 又 は 資 料 の 提 出 を 求 めること, 適 当 と 認 める 者 にそ の 知 っている 事 実 の 陳 述 又 は 鑑 定 を 求 めることその 他 必 要 な 調 査 をすることができる 4 役 員 会 は, 必 要 があると 認 める 場 合 には, 退 職 手 当 の 支 給 制 限 等 の 処 分 に 係 る 事 件 に 関 し, 関 係 機 関 に 対 し, 資 料 の 提 出, 意 見 の 開 陳 その 他 必 要 な 協 力 を 依 頼 することができる ( 職 員 が 退 職 した 後 に 引 き 続 き 職 員 となった 場 合 等 における 退 職 手 当 の 不 支 給 ) 第 19 条 職 員 が 退 職 をした 場 合 ( 第 13 条 第 1 項 各 号 のいずれかに 該 当 する 場 合 を 除 く )において,そ の 者 が 退 職 の 日 又 はその 翌 日 に 再 び 職 員 となったときは,この 規 程 による 退 職 手 当 は, 支 給 しない 2 職 員 が, 機 構 の 改 革, 施 設 の 移 譲 その 他 の 事 由 によって, 引 き 続 いて 特 定 国 立 大 学 法 人 等 に 使 用 される 者 と なったときは,この 規 程 による 退 職 手 当 は, 支 給 しない 3 職 員 が 第 10 条 第 1 項 に 該 当 する 退 職 をし,かつ, 引 き 続 いて 国 家 公 務 員 等 となった 場 合 又 は 第 2 項 の 規 定 に 該 当 する 職 員 が 退 職 し,かつ, 引 き 続 いて 国 家 公 務 員 等 となった 場 合 においては,この 規 程 による 退 職 手 当 は 支 給 しない 4 職 員 のうち, 学 長 の 要 請 に 応 じ, 引 き 続 いて 役 員 となるため 退 職 をし,かつ, 引 き 続 いて 役 員 となった 場 合 においては,この 規 程 による 退 職 手 当 は 支 給 しない ( 実 施 規 定 ) 第 20 条 この 規 程 の 実 施 のための 手 続 その 他 その 執 行 について 必 要 な 事 項 は, 別 に 定 める 1 この 規 程 は, 平 成 16 年 4 月 1 日 から 施 行 する 2 平 成 16 年 4 月 1 日 から 平 成 16 年 9 月 30 日 までの 間 における 第 5 条 第 3 項 の 規 定 の 適 用 について は, 同 項 中 とあるのは, 60 とする 3 平 成 16 年 4 月 1 日 から 平 成 16 年 9 月 30 日 までの 間 における 第 8 条 の 規 定 の 適 用 については, 第 1 項 中 100 分 の104 とあるのは, 100 分 の107 とする 4 平 成 16 年 4 月 1 日 から 平 成 16 年 9 月 30 日 までの 間 における 第 8 条 第 2 項 の 規 定 の 適 用 について は, 同 項 中 36 年 とあるのは, 35 年 を 超 え37 年 以 下 とする 5 国 立 大 学 法 人 法 第 4 条 の 規 定 の 適 用 を 受 けた 職 員, 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 法 第 3 条 の 規 定 の 適 用 を 受 けた 職 員, 独 立 行 政 法 人 大 学 評 価 学 位 授 与 機 構 法 第 3 条 の 規 定 の 適 用 を 受 けた 職 員, 独 立 行 政 法 人 財 務 経 営 センター 法 第 3 条 の 規 定 の 適 用 を 受 けた 職 員 及 び 独 立 行 政 法 人 メディア 教 育 開 発 センター 法 第 3 条 の 規 定 の 適 用 を 受 けた 職 員 ( 以 下 旧 機 関 等 から 引 き 継 がれた 職 員 という )の 退 職 に 際 し, 退 職 手 当 を 支 給 しようとするときは, 第 9 条 第 1 項 の 規 定 による 在 職 期

12 間 の 計 算 については,その 者 の 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 第 2 条 第 1 項 に 規 定 する 職 員 としての 引 き 続 いた 在 職 期 間 を 同 項 の 職 員 としての 引 き 続 いた 在 職 期 間 とみなす 6 旧 機 関 等 から 引 き 継 がれた 職 員 が, 職 員 として 在 職 した 後 引 き 続 いて 国 家 公 務 員 等 ( 旧 機 関 等 から 引 き 継 がれた 職 員 が, 引 き 続 いて 国 家 公 務 員 等 となった 場 合 に,その 職 員 としての 在 職 期 間 を 当 該 国 家 公 務 員 等 として 引 き 続 いた 在 職 期 間 とみなすことを 定 めているものに 限 る )となった 場 合 には,この 規 程 に 基 づく 退 職 手 当 は 支 給 しない 7 国 立 大 学 法 人 法 別 表 第 1の 上 欄 に 掲 げる 機 関, 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 法 第 3 条 に 規 定 する 旧 国 立 高 等 専 門 学 校, 独 立 行 政 法 人 大 学 評 価 学 位 授 与 機 構 法 第 3 条 に 規 定 する 旧 機 構, 独 立 行 政 法 人 財 務 経 営 センター 法 第 3 条 に 規 定 する 旧 センター 及 び 独 立 行 政 法 人 メディア 教 育 開 発 センター 法 第 3 条 に 規 定 する 旧 機 関 ( 以 下 旧 機 関 等 という )に 使 用 されていた 者 が, 任 命 権 者 又 はその 委 任 を 受 け た 者 の 要 請 に 応 じ, 地 方 公 共 団 体 又 は 公 庫 等 ( 以 下 地 方 等 の 機 関 という )に 使 用 される 者 ( 役 員 及 び 常 時 勤 務 に 服 することを 要 しない 者 を 除 く 以 下 地 方 公 務 員 等 )となるために 退 職 をし,かつ, 引 き 続 いて 地 方 公 務 員 等 として 在 職 した 後, 引 き 続 いて 職 員 となった 場 合 におけるその 者 の 第 9 条 第 1 項 の 規 定 による 在 職 期 間 の 計 算 については, 旧 機 関 等 に 使 用 されていた 者 としての 在 職 期 間 の 始 期 から 地 方 公 務 員 等 としての 在 職 期 間 の 終 期 までの 期 間 を 同 項 の 職 員 としての 引 き 続 いた 在 職 期 間 とみなす ただし,その 者 が, 地 方 等 の 機 関 を 退 職 したことにより 退 職 手 当 (これに 相 当 する 給 付 を 含 む )の 支 給 を 受 けているときは,この 限 りでな い 8 地 方 公 務 員 等 が, 任 命 権 者 又 はその 委 任 を 受 けた 者 の 要 請 に 応 じ, 引 き 続 いて 旧 機 関 等 に 使 用 される 者 とな った 後, 旧 機 関 等 から 引 き 継 がれた 職 員 となり,かつ, 引 き 続 いて 地 方 公 務 員 等 となるために 退 職 した 場 合 に おいて,その 者 の 職 員 としての 在 職 期 間 が, 当 該 地 方 等 の 機 関 の 退 職 手 当 の 規 定 により, 当 該 地 方 公 務 員 等 と しての 在 職 期 間 に 通 算 されることが 定 められているときは,この 規 程 による 退 職 手 当 は 支 給 しない 9 旧 機 関 等 から 引 き 継 がれた 職 員 のうち, 本 学 の 成 立 の 日 から 雇 用 保 険 法 ( 昭 和 40 年 法 律 第 116 号 )によ る 失 業 等 給 付 の 受 給 資 格 を 取 得 するまでの 間 に 本 学 を 退 職 したものであって,その 退 職 した 日 まで 旧 機 関 等 に 使 用 される 者 として 在 職 したものとしたならば 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 第 10 条 の 規 定 による 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができるものに 対 しては, 同 条 の 規 定 の 例 により 算 定 した 退 職 手 当 に 相 当 する 額 を 退 職 手 当 として 支 給 する 10 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 契 約 職 員 就 業 規 則 第 4 項 に 規 定 する 日 契 約 職 員 (8 時 間 勤 務 した 日 が18 日 以 上 ある 月 が 引 き 続 いて6 月 を 超 えるに 至 った 者 に 限 る )の 退 職 手 当 の 支 給 については, 第 2 条 の 規 定 にかか わらず, 当 分 の 間, 当 該 職 員 を 第 2 条 の 職 員 とみなして,この 規 程 を 適 用 する この 場 合 において, 第 4 条 第 1 項 の 規 定 の 適 用 については, 同 項 中 俸 給 月 額 ( 給 与 規 程 第 3 条 に 規 定 する 俸 給, 俸 給 の 調 整 額 及 び 教 職 調 整 額 をいい, 職 員 が 退 職 又 は 解 雇 の 日 において 休 職, 停 職, 減 給 その 他 の 理 由 によりその 一 部 又 は 全 部 を 支 給 されていない 場 合 においては,これらの 理 由 がないとした 場 合 においてその 者 が 受 けるべき 俸 給 月 額 をいう ) とあるのは, 日 給 を 算 定 するための 基 礎 となった 俸 給 月 額 又 は 日 給 の21 倍 に 相 当 する 額 とし, 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とあるのは, 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 の100 分 の50に 相 当 する 金 額 とする 1 この 規 程 は, 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 する ただし, 第 9 条 第 5 項 の 規 定 は, 平 成 16 年 12 月 16 日 から 適 用 する 2 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 外 国 人 教 師 退 職 手 当 規 程 は 廃 止 する 1 この 規 程 は, 平 成 18 年 4 月 1 日 から 施 行 する 2 退 職 した 者 の 基 礎 在 職 期 間 中 に 俸 給 月 額 の 減 額 改 定 ( 平 成 18 年 3 月 31 日 以 前 に 行 われた 俸 給 月 額 等 の 減 額 改 定 を 除 く )によりその 者 の 俸 給 月 額 が 減 額 されたことがある 場 合 において,その 者 の 減 額 後 の 俸 給 月 額 が 減 額 前 の 俸 給 月 額 に 達 しない 場 合 にその 差 額 に 相 当 する 額 を 支 給 することとする 規 程 の 適 用 を 受 けたことが あるときは,この 規 程 による 俸 給 月 額 には, 当 該 差 額 を 含 まないものとする ただし, 第 8 条 の6 第 2 項 に 規 定 する 基 本 給 月 額 に 含 まれる 俸 給 月 額 については,この 限 りでない ( 経 過 措 置 ) 3 職 員 が 施 行 日 以 降 に 退 職 した 場 合 において,その 者 が 施 行 日 前 日 に 現 に 退 職 した 理 由 と 同 一 の 理 由 により 退 職 したものとし,かつ,その 者 の 同 日 までの 勤 続 期 間 及 び 同 日 における 俸 給 月 額 を 基 礎 として, 改 正 前 のこの 規 程 ( 以 下 旧 規 程 という ) 第 4 条 から 第 8 条 の2までの 規 定 により 計 算 した 額 ( 当 該 勤 続 期 間 が43 年 又 は44 年 の 者 であって, 傷 病 若 しくは 死 亡 によらずにその 者 の 都 合 により 又 は 業 務 によらない 傷 病 により 退 職 したものにあっては,その 者 が 旧 規 程 第 6 条 の 規 定 に 該 当 する 退 職 をしたものとみなし,かつ, その 者 の 当 該 勤 続 期 間 を35 年 として 旧 規 程 第 8 条 第 1 項 の 規 定 の 例 により 計 算 して 得 られる 額 )にそれぞれ

13 100 分 の87( 当 該 勤 続 期 間 が20 年 以 上 の 者 (42 年 以 下 の 者 で 傷 病 又 は 死 亡 によらずにその 者 の 都 合 に より 退 職 したもの 及 び37 年 以 上 42 年 以 下 の 者 で 業 務 によらない 傷 病 により 退 職 したものを 除 く )にあっ ては,104 分 の87)を 乗 じて 得 た 額 が, 改 正 後 のこの 規 程 ( 以 下 新 規 程 という ) 第 3 条 の2から 第 8 条 の6までにより 計 算 した 退 職 手 当 の 額 ( 以 下 新 規 程 退 職 手 当 額 という )よりも 多 いときは,これら の 規 定 にかかわらず,その 多 い 額 をもってその 者 に 支 給 すべきこれらの 規 定 による 退 職 手 当 の 額 とする 4 職 員 が 施 行 日 以 後 平 成 21 年 3 月 31 日 までの 間 に 退 職 した 場 合 において,その 者 についての 新 規 程 退 職 額 がその 者 が 施 行 日 の 前 日 に 受 けていた 俸 給 月 額 を 退 職 の 日 の 俸 給 月 額 とみなして 旧 規 程 第 4 条 から 第 8 条 まで の 規 定 により 計 算 した 退 職 手 当 の 額 ( 以 下 旧 規 程 退 職 手 当 額 という )よりも 多 いときは,これらの 規 定 にかかわらず, 新 規 程 退 職 手 当 額 から 次 の 各 号 に 掲 げる 退 職 した 者 の 区 分 に 応 じ 当 該 各 号 に 定 める 額 を 控 除 し た 額 をもってその 者 に 支 給 すべき 退 職 手 当 の 額 とする (1) 退 職 した 者 でその 者 の 勤 続 期 間 が25 年 以 上 のもので, 次 に 掲 げる 額 のうちいずれか 少 ない 額 (その 少 な い 額 が10 万 円 を 超 える 場 合 には,10 万 円 ) イ 新 規 程 第 8 条 の5の 規 定 により 計 算 した 退 職 手 当 の 調 整 額 の100 分 の5に 相 当 する 額 ロ 新 規 程 退 職 手 当 額 から 旧 規 程 退 職 手 当 額 を 控 除 した 額 (2) 施 行 日 以 後 平 成 19 年 3 月 31 日 までの 間 に 退 職 した 者 でその 勤 続 期 間 が24 年 以 下 のもの 次 に 掲 げる 額 のうちいずれか 少 ない 額 (その 少 ない 額 が100 万 円 を 超 える 場 合 には,100 万 円 ) イ 新 規 程 第 8 条 の5の 規 定 により 計 算 した 退 職 手 当 の 調 整 額 の100 分 の70に 相 当 する 額 ロ 新 規 程 退 職 手 当 額 から 旧 規 程 退 職 手 当 額 を 控 除 した 額 (3) 平 成 19 年 4 月 1 日 以 後 平 成 21 年 3 月 31 日 までの 間 に 退 職 した 者 でその 勤 続 期 間 が24 年 以 下 のも の 次 に 掲 げる 額 のうちいずれか 少 ない 額 (その 少 ない 額 が50 万 円 を 超 える 場 合 には,50 万 円 ) イ 新 規 程 第 8 条 の5の 規 定 により 計 算 した 退 職 手 当 の 調 整 額 の100 分 の30に 相 当 する 額 ロ 新 規 程 退 職 手 当 額 から 旧 規 程 退 職 手 当 額 を 控 除 した 額 5 基 礎 在 職 期 間 の 初 日 が 施 行 日 前 である 者 に 対 する 新 規 程 第 6 条 の2の 規 定 の 適 用 については, 同 条 第 1 項 中 基 礎 在 職 期 間 とあるのは, 基 礎 在 職 期 間 ( 施 行 日 以 降 の 期 間 に 限 る ) とする 6 新 規 程 第 8 条 の5の 規 定 により 退 職 手 当 の 調 整 額 を 計 算 する 場 合 において, 基 礎 在 職 期 間 の 初 日 が 平 成 8 年 4 月 1 日 前 である 者 に 対 する 同 条 の 規 定 の 適 用 については, 次 の 表 の 左 欄 に 掲 げる 同 条 の 規 定 中 同 表 の 中 欄 に 掲 げる 字 句 は,それぞれ 同 表 の 右 欄 に 掲 げる 字 句 に 読 み 替 えるものとする 読 み 替 える 規 定 読 み 替 えられる 字 句 読 み 替 える 字 句 第 1 項 その 者 の 基 礎 在 職 期 間 ( 平 成 8 年 4 月 1 日 以 後 のその 者 の 基 礎 在 職 期 間 ( 第 2 項 基 礎 在 職 期 間 平 成 8 年 4 月 1 日 以 後 の 基 礎 在 職 期 間 この 規 程 は, 平 成 19 年 10 月 1 日 から 施 行 する この 規 程 は, 平 成 20 年 4 月 1 日 から 施 行 する この 規 程 は, 平 成 21 年 4 月 1 日 から 施 行 する この 規 程 は, 平 成 23 年 4 月 1 日 から 施 行 する この 規 程 は, 平 成 24 年 4 月 1 日 から 施 行 する この 規 程 は, 平 成 24 年 8 月 30 日 から 施 行 する 1 この 規 程 は, 平 成 25 年 1 月 1 日 から 施 行 する ( 経 過 措 置 ) 2 改 正 後 の 第 8 条 第 1 項 の 規 定 の 適 用 については, 同 項 中 100 分 の87 とあるのは, 平 成 25 年 1 月 1 日 から 同 年 9 月 30 日 までの 間 においては 100 分 の98 と, 同 年 10 月 1 日 から 平 成 26 年 6 月 3 0 日 までの 間 においては, 100 分 の92 とする 3 改 正 後 の 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 の 一 部 を 改 正 する 規 程 ( 平 成 18 年 規 則 第 115 号 ) 第 3 項 の 規 定 の 適 用 については, 同 項 中 100 分 の87 とあるのは, 平 成 25 年 1 月 1 日 から 同 年 9 月 3 0 日 までの 間 においては 100 分 の98 と, 同 年 10 月 1 日 から 平 成 26 年 6 月 30 日 までの 間 において

14 は 100 分 の92 と, 104 分 の87 とあるのは, 平 成 25 年 1 月 1 日 から 同 年 9 月 30 日 までの 間 においては 104 分 の98 と, 同 年 10 月 1 日 から 平 成 26 年 6 月 30 日 までの 間 においては 104 分 の92 とする この 規 程 は, 平 成 26 年 4 月 1 日 から 施 行 する この 規 程 は, 平 成 27 年 4 月 1 日 から 施 行 する この 規 程 は, 平 成 28 年 4 月 1 日 から 施 行 する

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E>

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E> 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 22 日 規 則 第 23 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 52 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 38 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

(6) 31 年 以 上 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の120 2 前 項 に 規 定 する 者 のうち 負 傷 若 しくは 病 気 ( 以 下 傷 病 という 傷 病 は 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 128 号 ) 第 81 条

(6) 31 年 以 上 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の120 2 前 項 に 規 定 する 者 のうち 負 傷 若 しくは 病 気 ( 以 下 傷 病 という 傷 病 は 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 128 号 ) 第 81 条 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 17 年 10 月 3 日 規 程 第 50 号 最 終 改 正 平 成 24 年 10 月 24 日 規 程 第 26 号 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 就

More information

shokuin-taisyoku

shokuin-taisyoku 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 19 号 ) ( 総 則 ) 第 1 条 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 医 療 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 ( 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 第 2 条 に 規

More information

27-042職員退職手当規程270401

27-042職員退職手当規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 10 月 1 日 18 規 程 第 39 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 42 号 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則

More information

2004syuki027職員退職手当規程

2004syuki027職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 九 州 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 度 九 大 就 規 第 27 号 制 定 : 平 成 16 年 4 月 1 日 最 終 改 正 : 平 成 27 年 3 月 30 日 ( 平 成 26 年 度 九 大 就 規 第 21 号 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 九 州 大 学 就 業 通 則 ( 平 成 16

More information

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 国 立 研 究 開 発 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-29 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 20-92 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日

More information

( 退 職 手 当 の 支 払 ) 第 3 条 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 は 他 の 法 令 に 別 段 の 定 めがある 場 合 又 は 労 使 協 定 に 基 づく 場 合 を 除 き その 全 額 を 通 貨 で 直 接 この 規 程 の 規 定 によりその 支 給 を

( 退 職 手 当 の 支 払 ) 第 3 条 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 は 他 の 法 令 に 別 段 の 定 めがある 場 合 又 は 労 使 協 定 に 基 づく 場 合 を 除 き その 全 額 を 通 貨 で 直 接 この 規 程 の 規 定 によりその 支 給 を 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 4 月 1 日 平 18 規 程 第 12 号 平 成 23 年 3 月 31 日 一 部 改 正 平 成 24 年 12 月 7 日 一 部 改 正 平 成 26 年 3 月 14 日 一 部 改 正 平 成 27 年 3 月 13 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

< F2D87542D F591DE90458EE893968E788B8B8B4B>

< F2D87542D F591DE90458EE893968E788B8B8B4B> 独 立 行 政 法 人 自 動 車 事 故 対 策 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 機 構 規 程 第 7 号 改 正 平 成 16 年 3 月 24 日 平 成 16 年 機 構 規 程 第 4 号 改 正 平 成 18 年 3 月 27 日 平 成 18 年 機 構 規 程 ( 総 務 ) 第 4 号 改 正 平 成 21 年 3 月 27 日

More information

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案)

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案) 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 5 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 50 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 規 程 第 17 号 改 正 平 成 20 年 3 月 26 日 規 程 第 80 号 改 正 平 成 20 年 12 月 10 日 規 程 第 99 号 改 正 平 成 23 年 3 月 31 日 規 程 第 164 号 改 正 平 成 25 年 3 月 27

More information

Microsoft Word 職員退職手当規程.doc

Microsoft Word 職員退職手当規程.doc 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 34 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 する 職 員 が 退 職 ( 死 亡 を

More information

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4)

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4) 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 施 行 ) ( 平 成 19 年 3 月 1 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 3 月 31 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 5 月 31 日 改 正 ) ( 目 的 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構

More information

(3) 勤 続 期 間 が 10 年 以 上 であって 定 年 により 退 職 したとき (4) 勤 続 期 間 が 15 年 以 上 であって 職 務 上 特 に 功 労 があった 者 が 退 職 したとき (5) 前 各 号 に 準 ずる 理 由 により 増 額 する 必 要 があると 理 事

(3) 勤 続 期 間 が 10 年 以 上 であって 定 年 により 退 職 したとき (4) 勤 続 期 間 が 15 年 以 上 であって 職 務 上 特 に 功 労 があった 者 が 退 職 したとき (5) 前 各 号 に 準 ずる 理 由 により 増 額 する 必 要 があると 理 事 独 立 行 政 法 人 国 際 観 光 振 興 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 8 号 ) 改 正 平 成 18 年 3 月 23 日 規 程 第 6 号 平 成 19 年 8 月 10 日 規 程 第 19 号 平 成 20 年 3 月 31 日 規 程 第 22 号 平 成 23 年 3 月 31 日 規 程 第 3 号 平 成 25

More information

Taro-syokuin-taisyoku-teate.JTD

Taro-syokuin-taisyoku-teate.JTD 国 立 大 学 法 人 山 口 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 66 号 改 正 平 成 17 年 1 月 11 日 規 則 第 1 号 平 成 17 年 3 月 24 日 規 則 第 48 号 平 成 18 年 3 月 23 日 規 則 第 38 号 平 成 19 年 3 月 22 日 規 則 第 44 号 平 成 23 年 3 月 31 日

More information

独立行政法人物質・材料研究機構定年制職員退職手当規程

独立行政法人物質・材料研究機構定年制職員退職手当規程 独 立 行 政 法 人 物 質 材 料 研 究 機 構 定 年 制 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 31 日 18 規 程 第 7 号 改 正 : 平 成 19 年 5 月 8 日 19 規 程 第 33 号 改 正 : 平 成 20 年 2 月 18 日 20 規 程 第 7 号 改 正 : 平 成 22 年 3 月 29 日 22 規 程 第 22 号 ( 目 的 )

More information

< F2D904588F591DE90458EE893968B4B91A52E6A7464>

< F2D904588F591DE90458EE893968B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 制 定 平 成 16 年 4 月 7 日 平 成 16 年 規 則 第 41 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 1 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 56 条

More information

当 が 支 払 われない 場 合 において 前 項 第 2 号 に 該 当 するときは 機 構 は 当 該 遺 族 に 対 し 第 2 項 に 規 定 する 事 情 を 勘 案 して 当 該 退 職 手 当 の 全 部 又 は 一 部 を 支 給 しないこととする 措 置 を 行 うことができる 5

当 が 支 払 われない 場 合 において 前 項 第 2 号 に 該 当 するときは 機 構 は 当 該 遺 族 に 対 し 第 2 項 に 規 定 する 事 情 を 勘 案 して 当 該 退 職 手 当 の 全 部 又 は 一 部 を 支 給 しないこととする 措 置 を 行 うことができる 5 職 員 退 職 金 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 平 成 15 年 規 程 第 10 号 ) 改 正 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 19 年 規 程 第 7 号 平 成 20 年 5 月 20 日 平 成 20 年 規 程 第 12 号 平 成 22 年 6 月 23 日 平 成 22 年 規 程 第 15 号 平 成 25 年 9 月 30 日 平 成 25

More information

Microsoft Word - 21退職手当規程.doc

Microsoft Word - 21退職手当規程.doc 国 立 大 学 法 人 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 58 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 国 立 大 学 法 人 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 常 時 勤 務 する 職 員 のうち

More information

役員退職手当規程

役員退職手当規程 役 員 退 職 手 当 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 5 号 改 正 平 成 16 年 1 月 21 日 規 程 第 21 号 改 正 平 成 23 年 9 月 30 日 規 程 第 17 号 改 正 平 成 25 年 3 月 29 日 規 程 第 10 号 改 正 平 成 27 年 6 月 4 日 規 程 第 4 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立

More information

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 和 医 大 規 程 第 53 号 最 終 改 正 平 成 26 年 5 月 27 日 和 医 大 規 程 第 14 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 18

More information

Microsoft Word - 12 職員退職手当規程_H 改正_

Microsoft Word - 12 職員退職手当規程_H 改正_ 全 国 健 康 保 険 協 会 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 総 則 ) 第 1 条 全 国 健 康 保 険 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 職 員 ( 全 国 健 康 保 険 協 会 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 20 年 規 程 第 4 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 2 条 に 規 定 する 職 員 を いう )に 対 する 退 職 手 当 の 支 給

More information

Microsoft Word - 教職員退職手当規程( ).doc

Microsoft Word - 教職員退職手当規程( ).doc 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 - 1-27.4.1 最 終 改 正 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 に 基 づき 就 業 規 則 第 2 条 に 規 定 する 教 職 員 ( 以 下 教

More information

Taro-29職員退職手当支給規程

Taro-29職員退職手当支給規程 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 付 け 1 7 水 研 本 第 2 0 5 8 号 改 正 平 成 1 8 年 1 0 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 0 7 7 号 改 正 平 成 1 9 年 4 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 7 8 0 号 改 正 平 成

More information

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 28 年 4 月 1 日 最 終 改 正 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 以 下 就 業 規 則 という ) 第 54 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 滋 賀

More information

(1) 配 偶 者 ( 届 出 をしないが 教 職 員 の 死 亡 当 時 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にあった 者 を 含 む ) (2) 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 で 教 職 員 の 死 亡 当 時 主 としてその 収 入 によって 生 計 を

(1) 配 偶 者 ( 届 出 をしないが 教 職 員 の 死 亡 当 時 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にあった 者 を 含 む ) (2) 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 で 教 職 員 の 死 亡 当 時 主 としてその 収 入 によって 生 計 を 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 33 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 21 号 以 下 教 職 員 就 業 規 則 という ) 第 44 条 の 規 定 に 基

More information

本 給 月 額 という )に,その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して, 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする ただし, 大 学 教 員 基 準 日 後 に 退 職 した 大 学 教 員 に 対 する 勤 続 期 間 は,そ

本 給 月 額 という )に,その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して, 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする ただし, 大 学 教 員 基 準 日 後 に 退 職 した 大 学 教 員 に 対 する 勤 続 期 間 は,そ 国 立 大 学 法 人 三 重 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 三 重 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 80 条 の 規 定 に 基 づき, 国 立 大 学 法 人 三 重 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 勤 務 する 職 員 ( 国 立 大 学 法 人 三 重 大

More information

の 親 族 については 職 員 との 親 等 の 近 い 者 を 先 順 位 とする 3 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けるべき 遺 族 のうち 同 順 位 の 者 が2 人 以 上 ある 場 合 には そ の 人 数 によって 等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職

の 親 族 については 職 員 との 親 等 の 近 い 者 を 先 順 位 とする 3 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けるべき 遺 族 のうち 同 順 位 の 者 が2 人 以 上 ある 場 合 には そ の 人 数 によって 等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 機 構 規 程 第 28 号 ) 改 正 平 20.3 機 構 規 程 51 平 21.3 機 構 規 程 111 平 23.3 機 構 規 程 93 平 25.8 機 構 規 程 014 平 27.8 機 構 規 程 22 平 28.3 機

More information

< B4B92F F8D F591DE90458EE893968B4B92F FC90B329>

< B4B92F F8D F591DE90458EE893968B4B92F FC90B329> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 1 0 号 最 新 改 正 平 成 24 年 12 月 28 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 管 理 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規

More information

< F2D F591DE90458EE893968B4B92F62E6A7464>

< F2D F591DE90458EE893968B4B92F62E6A7464> 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 事 務 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 54 条 及 び 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 教 員 就 業 規 則 ( 以 下 教 員 就 業 規

More information

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 最 終 改 正 平 成 28 年 3 月 30 日 規 則 第 156 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 73 条 の 規 定

More information

職員退職手当規程

職員退職手当規程 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 高 エネルギー 加 速 器 研 究 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 1 5 号 改 正 平 成 17 年 3 月 29 日 規 程 第 36 号 改 正 平 成 18 年 3 月 30 日 規 程 第 49 号 改 正 平 成 20 年 3 月 31 日 規 程 第 9 号 改 正 平 成 21 年 3 月

More information

Microsoft Word - ac16-8.doc

Microsoft Word - ac16-8.doc 国 立 大 学 法 人 大 分 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 6 年 4 月 日 制 定 平 成 6 年 規 程 第 29 号 ( 趣 旨 ) 第 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 大 分 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 6 年 規 則 第 5 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 8 条 の 規 定 により, 国 立 大 学 法 人 大 分 大 学

More information

<4D F736F F D E8D9197A791E58A C986189CC8E5291E58A778BB F591DE90458EE893968B4B92F62E646F63>

<4D F736F F D E8D9197A791E58A C986189CC8E5291E58A778BB F591DE90458EE893968B4B92F62E646F63> 国 立 大 学 法 人 和 歌 山 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 法 人 和 歌 山 大 学 規 程 第 37 号 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 19 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 法 ( 平 成 15 年 法 律 第 112 号 以 下 法 人 法 という ) 附 則 第 4 条 の

More information

職員退職手当規則【 】

職員退職手当規則【 】 広 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 100 号 広 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 広 島 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 78 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 4 条 及 び 広 島 大 学 船 員 就 業 規

More information

国立大学法人福島大学職員退職手当規程

国立大学法人福島大学職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 20 年 4 月 1 日 平 成 22 年 4 月 1 日 平 成 24 年 4 月 1 日 平 成 25 年 2 月 1 日 平

More information

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 16 年 7 月 1 日 規 程 第 8 号 ) 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 総 則 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 に 対 する 退 職 手 当 の 支 給 については この 規 程 の 定 めるところによる

More information

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 73 号 ) 改 正 平 成 23 年 3 月 29 日 10 規 程 第 74 号 改 正 平 成 25 年 2 月 19 日 12 規 程 第 44 号 改 正 平 成 26 年 6 月 3 日 14 規 程 第 01 号 改 正

More information

Microsoft Word 日本年金機構職員退職手当規程(規程第36号)

Microsoft Word 日本年金機構職員退職手当規程(規程第36号) 規 程 第 36 号 理 事 長 決 定 平 成 22 年 1 月 1 日 制 定 施 行 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 施 行 平 成 25 年 4 月 1 日 改 正 施 行 平 成 26 年 4 月 1 日 改 正 施 行 日 本 年 金 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 日 本 年 金 機 構 職 員 就 業 規 則 ( 規 程

More information

与 規 則 第 42 条 に 規 定 する 教 職 調 整 額 の 月 額 の 合 計 額 ( 職 員 が 退 職 の 日 において 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 によりその 給 与 (これに 相 当 する 給 与 を 含 む )の 一 部 又 は 全 部 を 支 給 され ない 場

与 規 則 第 42 条 に 規 定 する 教 職 調 整 額 の 月 額 の 合 計 額 ( 職 員 が 退 職 の 日 において 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 によりその 給 与 (これに 相 当 する 給 与 を 含 む )の 一 部 又 は 全 部 を 支 給 され ない 場 国 立 大 学 法 人 筑 波 大 学 職 員 の 退 職 金 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 法 人 規 則 第 8 号 改 正 平 成 16 年 法 人 規 則 第 27 号 平 成 17 年 法 人 規 則 第 28 号 平 成 17 年 法 人 規 則 第 29 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 10 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 25 号 平 成

More information

独立行政法人勤労者退職金共済機構職員退職手当規程

独立行政法人勤労者退職金共済機構職員退職手当規程 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 ) 改 正 平 成 18 年 10 月 2 日 改 正 平 成 21 年 12 月 1 日 改 正 平 成 23 年 10 月 1 日 改 正 平 成 26 年 3 月 1 日 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は

More information

4 第 1 項 第 1 号 の 規 定 は, 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 にいう 配 偶 者 の 意 義 について( 大 蔵 省 主 計 局 長 照 会 昭 和 38 年 9 月 28 日 決 裁 )の 見 解 による 5 職 員 の 死 亡 当 時, 第 1 項 に 規 定 する 遺

4 第 1 項 第 1 号 の 規 定 は, 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 にいう 配 偶 者 の 意 義 について( 大 蔵 省 主 計 局 長 照 会 昭 和 38 年 9 月 28 日 決 裁 )の 見 解 による 5 職 員 の 死 亡 当 時, 第 1 項 に 規 定 する 遺 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 平 成 19 年 4 月 1 日 改 正 平 成 20 年 7 月 8 日 改 正 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日 改 正 平 成 23 年 1 月 1 日 改 正 平 成 24 年 10 月 1 日

More information

平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療

平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神

More information

から2.0の 範 囲 内 で 印 刷 局 の 業 務 実 績 に 対 する 評 価 に 応 じて 決 定 する 業 績 勘 案 率 を 乗 じた 額 とする ただし 第 6 条 第 1 項 及 び 第 7 条 後 段 の 規 定 によ り 引 き 続 き 在 職 したものとみなされた 者 の 退 職

から2.0の 範 囲 内 で 印 刷 局 の 業 務 実 績 に 対 する 評 価 に 応 じて 決 定 する 業 績 勘 案 率 を 乗 じた 額 とする ただし 第 6 条 第 1 項 及 び 第 7 条 後 段 の 規 定 によ り 引 き 続 き 在 職 したものとみなされた 者 の 退 職 国 立 印 刷 局 規 則 第 10 号 改 訂 平 15 規 則 第 69 号 改 訂 平 16 規 則 第 4 号 改 訂 平 21 規 則 第 11 号 改 訂 平 24 規 則 第 22 号 改 訂 平 27 規 則 第 11 号 独 立 行 政 法 人 国 立 印 刷 局 役 員 退 職 手 当 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 独 立 行 政 法 人 通 則 法 (

More information

役員退職金支給規程

役員退職金支給規程 平 成 17 年 10 月 1 日 17( 規 程 ) 第 62 号 ( 改 正 ) 平 成 21 年 12 月 1 日 21( 規 程 ) 第 42 号 ( 改 正 ) 平 成 25 年 3 月 26 日 24( 規 程 ) 第 56 号 ( 改 正 ) 平 成 26 年 6 月 30 日 26( 規 程 ) 第 32 号 ( 改 正 ) 平 成 27 年 4 月 14 日 27( 規 程 ) 第

More information

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 法 ( 平 成 1 5 年 法 律 第 112 号 ) 第 3 5 条 の 規 定 及 び 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう

More information

Taro-役員退職手当規程(H27.10改正)HP版

Taro-役員退職手当規程(H27.10改正)HP版 役 員 退 職 手 当 規 程 目 次 第 1 条 総 則 第 2 条 退 職 手 当 の 受 給 者 第 2 条 の2 遺 族 の 範 囲 及 び 順 位 第 3 条 退 職 手 当 の 額 第 4 条 在 職 期 間 の 計 算 第 5 条 再 任 等 の 場 合 の 取 り 扱 い 第 6 条 解 任 された 場 合 の 退 職 手 当 の 支 給 制 限 第 7 条 退 職 手 当 の 支

More information

<4D F736F F D2096F088F582CC8B8B975E814191DE90458EE B4997A B794EF82C98AD682B782E98B4B91A E352E3129>

<4D F736F F D2096F088F582CC8B8B975E814191DE90458EE B4997A B794EF82C98AD682B782E98B4B91A E352E3129> 国 立 大 学 法 人 室 蘭 工 業 大 学 役 員 の 給 与, 退 職 手 当, 紀 律, 旅 費 に 関 する 規 則 平 成 16 年 度 室 工 大 規 則 第 9 号 改 正 平 成 16 年 度 室 工 大 規 則 第 125 号 改 正 平 成 16 年 度 室 工 大 規 則 第 164 号 改 正 平 成 17 年 度 室 工 大 規 則 第 25 号 改 正 平 成 17 年

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

(4) 勤 続 20 年 を 超 え 30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき 100 分 の 200 (5) 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき 100 分 の 100 ( 退 職 手 当 の 調 整 額 ) 第 5 条 の3 退 職 手

(4) 勤 続 20 年 を 超 え 30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき 100 分 の 200 (5) 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき 100 分 の 100 ( 退 職 手 当 の 調 整 額 ) 第 5 条 の3 退 職 手 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 2 月 29 日 2004 年 ( 総 企 ) 規 程 第 12 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 ( 以 下 機 構 という )

More information

○ 町 村 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 改 正 平 成 9 年 8 月 5 日 条 例 第 6 号 平 成 13 年 1 月 16 日 条 例 第 1 号 平 成 13 年 8 月 1 日 条 例 第 9 号 平 成 8 年 4 月 1 日 条 例 第 11 号 平 成 9 年 10 月 16 日 条 例 第 8 号 平 成 13 年 3 月 28 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年

More information

となるため 退 職 をし かつ 引 き 続 き 国 家 公 務 員 等 として 在 職 (その 者 が 更 に 引 き 続 き 当 該 国 家 公 務 員 以 外 の 他 の 国 等 の 機 関 に 係 る 国 家 公 務 員 等 として 在 職 した 場 合 を 含 む )した 後 引 き 続 い

となるため 退 職 をし かつ 引 き 続 き 国 家 公 務 員 等 として 在 職 (その 者 が 更 に 引 き 続 き 当 該 国 家 公 務 員 以 外 の 他 の 国 等 の 機 関 に 係 る 国 家 公 務 員 等 として 在 職 した 場 合 を 含 む )した 後 引 き 続 い 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 規 程 第 5 号 最 新 改 正 平 成 27 年 7 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 の 退 職 手 当 について は この 規 程 の 定 めるところによる 2 この

More information

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 教 職 員 の 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 制 定 平 成 18. 4. 1 規 程 126 最 近 改 正 平 成 27. 7. 1 規 程 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 の 育 児 休 業 育 児

More information

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 38 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 休 暇 等 に 関 す る 規 則 ( 以 下 教 職 員 勤 務 時 間 等 規 則 という ) 第 36

More information

職員退職手当支給条例

職員退職手当支給条例 小 樽 市 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 全 部 改 正 昭 和 36 年 10 月 18 日 条 例 第 31 号 最 近 改 正 平 成 28 年 3 月 23 日 条 例 第 3 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 2 条 の2) 第 2 章 一 般 の 退 職 手 当 ( 第 2 条 の3- 第 9 条 ) 第 3 章 特 別 の 退 職 手 当 ( 第 10

More information

(2) 懲 戒 については 戒 告 は 3 ヵ 月 減 給 は 6 ヵ 月 停 職 は 9 ヵ 月 4 病 気 休 暇 休 職 欠 勤 により 勤 務 しなかった 職 員 が 再 び 勤 務 するに 至 った 場 合 において 他 の 職 員 との 均 衡 上 必 要 があると 認 められるときは

(2) 懲 戒 については 戒 告 は 3 ヵ 月 減 給 は 6 ヵ 月 停 職 は 9 ヵ 月 4 病 気 休 暇 休 職 欠 勤 により 勤 務 しなかった 職 員 が 再 び 勤 務 するに 至 った 場 合 において 他 の 職 員 との 均 衡 上 必 要 があると 認 められるときは 財 団 法 人 大 分 県 文 化 スポーツ 振 興 財 団 プロパー 職 員 給 与 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 財 団 法 人 大 分 県 文 化 スポーツ 振 興 財 団 職 員 就 業 規 程 ( 以 下 就 業 規 程 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき プロパー 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする

More information

Microsoft Word - 制度の概要_ED.docx

Microsoft Word - 制度の概要_ED.docx 退 職 手 当 制 度 について 制 度 の 概 要 1 退 職 手 当 の 支 給 根 拠 退 職 手 当 は 地 方 自 治 法 第 204 条 第 2 項 ( 諸 手 当 )の 規 定 に 基 づき 地 方 公 共 団 体 が 職 員 に 支 給 する 手 当 の 一 つです 同 条 第 3 項 において その 額 及 びその 支 給 方 法 は 条 例 で 定 めなければならな いとしており

More information

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで 定 年 後 再 雇 用 職 員 就 業 規 則 01- 一 般 -00006 平 成 13 年 4 月 1 日 改 正 03- 一 般 -00030 平 成 15 年 12 月 4 日 改 正 06- 一 般 -00117 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 09- 一 般 -00109 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 10- 一 般 -00258 平 成 22 年 6 月 30 日

More information

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口 国 立 大 学 法 人 横 浜 国 立 大 学 年 俸 制 教 職 員 給 与 規 則 ( 平 成 19 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 ) 改 正 平 成 19 年 11 月 29 日 規 則 第 130 号 平 成 20 年 2 月 28 日 規 則 第 14 号 平 成 20 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 平 成 21 年 5 月 29 日 規 則 第 67 号 平

More information

平成28年岩手県条例第8号

平成28年岩手県条例第8号 職 員 の 退 職 手 当 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 をここに 公 布 する 平 成 28 年 3 月 25 日 岩 手 県 知 事 達 増 拓 也 岩 手 県 条 例 第 8 号 職 員 の 退 職 手 当 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 職 員 の 退 職 手 当 に 関 する 条 例 ( 昭 和 28 年 岩 手 県 条 例 第 40

More information

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職 公 益 社 団 法 人 全 国 市 有 物 件 災 害 共 済 会 職 員 の 育 児 休 業 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 平 成 24 年 10 月 15 日 制 定 平 成 25 年 10 月 21 日 一 部 改 正 平 成 26 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 目 的 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という

More information

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例 東 近 江 行 政 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 改 正 平 成 6 年 12 月 27 日 条 例 第 5 号 平 成 10 年 3 月 12 日 条 例 第 1 号 平 成 11 年 12 月 24 日 条 例 第 7 号 平 成 13 年 3 月 19 日 条 例 第 3 号 平 成 14 年 3 月 11 日 条 例 第 5 号 平 成 18 年 3 月 16

More information

2 前 項 に 定 める 日 に 支 給 する 給 与 は 総 額 給 与 を12 分 割 した 額 ( 以 下 給 与 月 額 という ) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 及 び 業 績 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務

2 前 項 に 定 める 日 に 支 給 する 給 与 は 総 額 給 与 を12 分 割 した 額 ( 以 下 給 与 月 額 という ) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 及 び 業 績 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 給 与 規 程 ( 平 26 規 程 第 75 号 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 海 洋 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 機 構 とい う )の 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 就 業 規 程 ( 平 25 規 程 第 80 号 以 下 就

More information

退職手当とは

退職手当とは 第 3 退 職 手 当 について 1 退 職 手 当 とは 退 職 手 当 は 教 職 員 が 退 職 ( 又 は 死 亡 )した 場 合 に その 者 又 は 遺 族 に 一 時 金 として 支 給 される 給 与 で 給 料 の 補 充 的 な 性 格 をもつ 他 の 手 当 とは 異 なり 勤 続 報 償 的 な 性 格 を 有 する 手 当 であ って その 取 扱 いは 教 職 員 及 び

More information

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例 共 立 蒲 原 総 合 病 院 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 平 成 4 年 3 月 2 6 日 条 例 第 1 号 改 正 平 成 7 年 3 月 16 日 条 例 第 2 号 平 成 13 年 3 月 26 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年 12 月 24 日 条 例 第 8 号 平 成 21 年 3 月 19 日 条 例 第 5 号 平 成 22 年 9

More information

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 大 和 市 条 例 第 4 号 )の 一 部 を 次 のよ うに 改 正 する 第 1 条 中 第 8 条 の 次 に 第 10 条 第 1 項 及 び 第 2 項 第 14 条 及 び 第 15 条 (こ れらの

More information

職員退職手当規程

職員退職手当規程 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 36 条 の 規 定 に 基 づき, 職 員 に 対 する 退 職 手 当 の 支 給 に 関 し 必 要 な

More information

Microsoft Word - 基金規約(新).docx

Microsoft Word - 基金規約(新).docx 第 6 章 給 付 第 1 節 通 則 ( 給 付 の 種 類 ) 第 47 条 この 基 金 が 行 う 給 付 は 次 のとおりとする (1) 第 1 種 退 職 年 金 (2) 第 2 種 退 職 年 金 (3) 遺 族 一 時 金 (4) 退 職 一 時 金 ( 裁 定 ) 第 48 条 給 付 を 受 ける 権 利 は その 権 利 を 有 する 者 ( 以 下 受 給 権 者 という )の

More information

育児・介護休業等に関する規則

育児・介護休業等に関する規則 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 則 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 ( 以 下 本 会 という )の 職 員 の 育 児 介 護 休 業 子 の 看 護 休 暇 介 護 休 暇 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 制 限

More information

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就

More information

公立大学法人秋田県立大学給与規程(案)

公立大学法人秋田県立大学給与規程(案) 公 立 大 学 法 人 秋 田 県 立 大 学 給 与 規 程 平 成 18 年 4 月 1 日 規 程 第 19 号 改 正 平 成 20 年 4 月 1 日 改 正 平 成 21 年 1 月 17 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 8 月 4 日 改 正 平 成 22 年 10 月 1 日 改 正 平 成 22 年 12 月 22 日 改 正 平 成 23

More information

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活 西 宮 市 外 国 人 等 高 齢 者 特 別 給 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 制 度 上 国 籍 要 件 があったために 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできなかった 外 国 人 ( 外 国 人 登 録 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 125 号 )に 規 定 する 外 国 人 で 本 市 を 居 住 地

More information

Microsoft Word - 04特定任期付職員(特任事務)給与規程【溶込】

Microsoft Word - 04特定任期付職員(特任事務)給与規程【溶込】 特 定 任 期 付 職 員 ( 特 定 事 務 ) 給 与 規 程 平 成 20 年 3 月 31 日 平 成 19 年 度 規 程 第 56 号 一 部 改 正 平 成 21 年 3 月 31 日 平 成 20 年 度 規 程 第 45 号 一 部 改 正 平 成 21 年 12 月 1 日 平 成 21 年 度 規 程 第 42 号 一 部 改 正 平 成 22 年 3 月 31 日 平 成 21

More information

議案第   号

議案第   号 議 案 第 149 号 宝 塚 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 制 定 について 宝 塚 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のとおり 制 定 するもの とする 平 成 26 年 (2014 年 )12 月 9 日 提 出 宝 塚 市 長 中 川 智 子 宝 塚 市

More information

公平委員会設置条例

公平委員会設置条例 熊 本 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 熊 本 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 19 年 条 例 第 13 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 1 条 中 法 を 育 児 休 業 法 に 改 め

More information

Taro-◆220630育児休業規程.jtd

Taro-◆220630育児休業規程.jtd 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 規 程 第 36 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 41 条 および 公 立 大 学 法 人 滋 賀

More information

- 141 - 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 6 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 規 則 第 14-1 号 以 下 育 児 休 業 規 則 という ) 第 1 条 の2の 育 児 休

- 141 - 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 6 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 規 則 第 14-1 号 以 下 育 児 休 業 規 則 という ) 第 1 条 の2の 育 児 休 - 140 - 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 12 月 24 日 法 律 第 110 号 ) 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 新 潟 県 条 例 第 4 号 ) 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 4 年 3 月 30 日 人 委 規 則 第 14-1 号 ) 育 児 休

More information

○00106 年俸制適用職員給与規則( 改正)

○00106 年俸制適用職員給与規則( 改正) 国 立 大 学 法 人 熊 本 大 学 年 俸 制 適 用 職 員 給 与 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 7 条 ) 第 2 章 基 本 年 俸 給 の 決 定 ( 第 8 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 業 績 給 ( 第 12 条 第 13 条 ) 第 4 章 手 当 ( 第 14 条 - 第 40 条 ) 第 5 章 給 与 の 特 例 等 ( 第 41 条

More information

国立大学法人 東京医科歯科大学教職員就業規則

国立大学法人 東京医科歯科大学教職員就業規則 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 育 児 休 業 等 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 3 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 37 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 国

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

件名

件名 湖 北 地 域 消 防 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 趣 旨 ) 平 成 18 年 4 月 1 日 条 例 第 15 号 改 正 平 成 20 年 3 月 3 日 条 例 第 2 号 平 成 22 年 3 月 29 日 条 例 第 5 号 平 成 22 年 8 月 26 日 条 例 第 8 号 平 成 22 年 11 月 25 日 条 例 第 12 号 平 成 23

More information

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事 独 立 行 政 法 人 年 金 健 康 保 険 福 祉 施 設 整 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 17 年 10 月 1 日 1 7 規 程 第 6 号 改 正 平 成 18 年 3 月 29 日 18 規 程 第 4 号 改 正 平 成 19 年 3 月 28 日 19 規 程 第 2 号 改 正 平 成 19 年 8 月 29 日 19 規 程 第 6 号 改 正 平 成 19 年

More information

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 34 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 育 児 休 業 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 免 除 時 間 外 労 働 及 び 深 夜 業 の 制 限 並

More information

人 に 使 用 される 者 としての 勤 続 期 間 を 当 該 職 員 となつた 者 の 職 員 としての 勤 続 期 間 に 通 算 することと 定 められている 法 人 に 限 る )をいう 3 第 一 項 の 退 職 手 当 通 算 予 定 職 員 とは 任 命 権 者 又 はその 委 任

人 に 使 用 される 者 としての 勤 続 期 間 を 当 該 職 員 となつた 者 の 職 員 としての 勤 続 期 間 に 通 算 することと 定 められている 法 人 に 限 る )をいう 3 第 一 項 の 退 職 手 当 通 算 予 定 職 員 とは 任 命 権 者 又 はその 委 任 地 方 公 務 員 法 ( 抜 粋 ) 第 六 節 の 二 退 職 管 理 ( 再 就 職 者 による 依 頼 等 の 規 制 ) 第 三 十 八 条 の 二 職 員 ( 臨 時 的 に 任 用 された 職 員 条 件 付 採 用 期 間 中 の 職 員 及 び 非 常 勤 職 員 ( 第 二 十 八 条 の 五 第 一 項 に 規 定 する 短 時 間 勤 務 の 職 を 占 める 職 員 を 除

More information

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63>

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63> 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 勤 務 時 間, 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 す る 規 程 ( 以 下 勤 務 時 間 規 程 という ) 第 28 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき, 国 立 大 学 法

More information

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱 防 府 市 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 齢 者 のうち 国 民 年 金 制 度 上 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできない 在 日 外 国 人 及 び 帰 国 者 等 に 対 し 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 ( 以 下 給 付 金 という )を

More information

5 次 のいずれにも 該 当 する 従 業 員 は 子 が1 歳 6ヶ 月 に 達 するまでの 間 で 必 要 な 日 数 について 育 児 休 業 をするこ とができる なお 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 日 は 原 則 として 子 の1 歳 の 誕 生 日 に 限 るものとする (1

5 次 のいずれにも 該 当 する 従 業 員 は 子 が1 歳 6ヶ 月 に 達 するまでの 間 で 必 要 な 日 数 について 育 児 休 業 をするこ とができる なお 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 日 は 原 則 として 子 の1 歳 の 誕 生 日 に 限 るものとする (1 育 児 介 護 休 業 規 定 第 1 章 目 的 第 1 条 ( 目 的 ) 本 規 定 は 従 業 員 の 育 児 介 護 休 業 育 児 介 護 のための 時 間 外 労 働 および 深 夜 業 の 制 限 並 びに 育 児 介 護 短 時 間 勤 務 等 に 関 する 取 り 扱 いについて 定 めるものである ( 適 用 対 象 者 ) 第 2 章 育 児 休 業 制 度 第 2 条 育

More information

27-045人事規程270401

27-045人事規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 人 事 規 程 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 17 規 程 第 21 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 45 号 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規

More information

取 り 消 された 後 当 該 産 前 の 休 業 又 は 出 産 に 係 る 子 若 しくは 同 号 に 規 定 する 承 認 に 係 る 子 が 死 亡 し 又 は 養 子 縁 組 等 により 職 員 と 別 居 することとなったこと (2) 育 児 休 業 をしている 職 員 が 休 職 又

取 り 消 された 後 当 該 産 前 の 休 業 又 は 出 産 に 係 る 子 若 しくは 同 号 に 規 定 する 承 認 に 係 る 子 が 死 亡 し 又 は 養 子 縁 組 等 により 職 員 と 別 居 することとなったこと (2) 育 児 休 業 をしている 職 員 が 休 職 又 群 馬 県 市 町 村 会 館 管 理 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 平 成 5 年 4 月 1 日 条 例 第 2 号 改 正 平 成 5 年 6 月 8 日 条 例 第 1 号 平 成 7 年 3 月 31 日 条 例 第 4 号 平 成 12 年 2 月 15 日 条 例 第 1 号 平 成 12 年 11 月 10 日 条 例 第 2 号 平 成 14 年 2

More information

240709

240709 綾 瀬 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 障 害 者 等 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 の 高 齢 者 障 害 者 等 に 福 祉 給 付 金 を 支 給 し 福 祉 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該

More information

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という )

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という ) 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 3 日 平 成 21 年 6 月 23 日 平 成 22 年 3 月 19 日 平 成 22 年 11 月 30 日 平 成 23 年 3 月 29 日 平 成 24 年 3 月 30 日 平 成 26 年 12 月

More information

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 (

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 ( 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについての 改 正 について 平 成 23 年 8 月 1 日 通 達 ( 務 人 ) 第 44 号 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 110 号 以 下 法 という )の 改 正 に 鑑 み このたび 山 梨 県 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 山 梨 県 条

More information

<4D F736F F D2088E78E998B788BC C98AD682B782E98B4B92F62E646F63>

<4D F736F F D2088E78E998B788BC C98AD682B782E98B4B92F62E646F63> 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 (2) 子 が1 歳 に 達 する 日 を 超 えて 雇 用 関 係 が 継 続 することが 見 込 まれること (3) 子 が1 歳 に 達 する 日 から1 年 を 経 過 する 日 までに 労 働 契 約 期 間 が 満 了 し 更 新 されないことが 明 らかでないこと 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 学 校 法 人

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20904588F582CC88E78E998B788BC693998FF097E15F81693232944E31318C8E333093FA816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20904588F582CC88E78E998B788BC693998FF097E15F81693232944E31318C8E333093FA816A> 滋 賀 県 市 町 村 職 員 研 修 センター 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 [ 平 成 14 年 4 月 1 日 滋 賀 県 市 町 村 職 員 研 修 センター 条 例 第 8 号 ] 改 正 平 成 15 年 2 月 17 日 条 例 第 2 号 平 成 18 年 2 月 17 日 条 例 第 1 号 平 成 20 年 2 月 29 日 条 例 第 2 号 平 成 21

More information

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和 福 山 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 家 庭 の 所 得 状 況 に 応 じて 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るとともに, 公 私 立 幼 稚 園 間 の 保 護 者 負 担 の 格 差 の 是 正 を 図 るため, 予 算 の 範 囲 内 において 福 山 市 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨

More information

部 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) 参 事 官 首 席 監 察 官 警 務 部 長 参 事 所 属 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) そ の 他 の 職 員 所 属 長 2 指 定 権 者 は 勤 務 指 定 を 行 ったときは 職 員 に 対 し 速 やかにこれを 明 示 す

部 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) 参 事 官 首 席 監 察 官 警 務 部 長 参 事 所 属 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) そ の 他 の 職 員 所 属 長 2 指 定 権 者 は 勤 務 指 定 を 行 ったときは 職 員 に 対 し 速 やかにこれを 明 示 す 山 口 県 警 察 に 勤 務 する 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 訓 令 平 成 7 年 3 月 31 日 本 部 訓 令 第 1 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 訓 令 は 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 条 例 ( 昭 和 28 年 山 口 県 条 例 第 11 号 以 下 勤 務 時 間 条 例 という ) 及

More information

日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 規 約 平 成 2 8 年 5 月 31 日 現 在 日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 規 約 平 成 4 年 9 月 21 日 厚 生 省 収 年 第 6 3 4 0 号 認 可 変 更 平 成 5 年 3 月 31 日 ( 認 可 ) 平 成 5 年 5 月 17 日 ( 認 可 )

More information

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱 桜 井 市 外 国 人 高 齢 者 及 び 外 国 人 重 度 心 身 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 平 成 7 年 3 月 31 日 告 示 第 21 号 改 正 平 成 12 年 12 月 28 日 告 示 第 151 号 改 正 平 成 14 年 04 月 01 日 告 示 第 59 号 改 正 平 成 22 年 05 月 27 日 告 示 第 132 号 改 正 平 成 24

More information

Taro-%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E8%81%B

Taro-%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E8%81%B 務 第 864 号 会 第 972 号 平 成 23 年 12 月 28 日 各 所 属 長 殿 岐 阜 県 警 察 本 部 長 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 要 領 の 制 定 について これまで 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについては 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 いに ついて ( 平 成 22 年 9 月 1 日 付 け 務

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 )

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 嘱 託 等 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 16 規 程 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 17 規 程 第 17 号 平 成 17 年 10 月 27 日 17 規 程 第 37 号 平 成 18 年 3 月 22 日 18 規 程 第 4 号 平 成 18 年 11 月 27 日 18

More information