H12 正

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "H12 正"

Transcription

1 平 成 26 年 度 県 内 優 良 果 樹 技 術 経 営 事 例 第 16 回 全 国 果 樹 技 術 経 営 コンクール 全 国 果 樹 研 究 連 合 会 会 長 賞 受 賞 者 鳥 取 西 部 農 業 協 同 組 合 米 子 梨 果 実 部 長 谷 川 彰 一 氏 長 谷 川 美 保 子 氏 1. 推 薦 要 旨 長 谷 川 彰 一 氏 は 大 山 山 系 である 孝 霊 山 の 麓 という 立 地 を 活 かし 高 低 差 を 利 用 しな がら 気 象 災 害 に 対 するリスク 回 避 と 魅 力 ある 新 品 種 を 導 入 することにより 収 穫 時 期 の 分 散 によって 労 力 競 合 を 回 避 した 大 規 模 果 樹 経 営 を 確 立 している 就 農 後 二 十 世 紀 梨 黒 斑 病 対 策 に 耐 病 性 品 種 ゴールド 二 十 世 紀 をいち 早 く 導 入 し 平 成 13 年 に 水 利 用 が 難 航 していた 大 山 山 麓 国 営 総 合 農 地 開 発 事 業 に 係 る 畑 地 か んがい 実 証 調 査 園 を 引 き 受 け ゴールド 二 十 世 紀 梨 栽 培 における 多 目 的 スプリンク ラーによる かん 水 防 除 について 効 果 確 認 し 生 産 安 定 につなげた 平 成 21 年 1 月 に 自 園 を 含 む 甚 大 な 雪 害 被 害 により 基 幹 品 種 である 二 十 世 紀 園 が 壊 滅 的 打 撃 を 受 けた 同 年 米 子 果 実 部 長 に 就 任 し 先 輩 方 関 係 機 関 と 協 力 して 産 地 復 興 活 動 の 中 心 的 役 割 を 果 たし 鳥 取 県 育 成 品 種 新 甘 泉 へ 組 織 的 に 品 種 の 大 転 換 を 図 った 平 成 26 年 には 新 甘 泉 をジョイント 栽 培 した 園 に 網 掛 け 施 設 を 整 備 し 無 袋 栽 培 した 果 実 の 出 荷 を 開 始 した 併 せて 選 果 場 に 糖 度 センサー 選 果 機 を 導 入 するた め 他 の 果 実 部 との 調 整 役 として 尽 力 した また 県 内 では 珍 しい 桃 の 観 光 農 園 を 経 営 している 客 がもぎとった 果 実 を 量 り 売 りする 方 式 で 満 足 度 が 高 く 県 外 からも 常 連 客 が 訪 れる 名 所 として 定 着 している 以 上 氏 は 堅 実 な 経 営 を 実 践 する 技 術 力 の 高 い 生 産 者 であり のびのびと 自 由 な 発 想 で 道 なき 道 を 切 り 開 いてきたチャレンジャーでもあり 困 難 を 不 屈 の 魂 で 乗 り 越 えてき た 栄 光 のリーダーでもある 誠 実 で 木 訥 とした 人 柄 は 梨 づくりの 先 輩 方 からも 愛 され 地 域 に 対 する 貢 献 は 真 に 称 揚 するに 相 応 しい 2. 対 象 経 営 を 取 り 巻 く 環 境 (1) 立 地 条 件 米 子 市 は 鳥 取 県 の 西 側 山 陰 のほぼ 中 央 に 位 置 し 面 積 km2 人 口 149,911 人 ( 平 成 26 年 9 月 現 在 )である 東 に 国 立 公 園 大 山 北 に 日 本 海 西 には 中 海 という 豊 かな 自 然 に 囲 まれている 市 の 大 半 は 平 坦 な 地 形 で 東 にある 標 高 751mの 孝 霊 山 と 大 山 の 山 裾 が 連 なっている その 一 帯 には 大 山 や 中 国 山 地 に 源 を 発 する 日 野 川 のほか 法 勝 寺 川 佐 蛇 川 宇 田 川 などが 流 れ 日 本 海 に 注 いでいる 江 戸 時 代 には 城 下 町 として 繁 栄 し 商 都 米 子 の 礎 が 築 かれている 現 在 では 高 速 道 路 や 鉄 道 さらには 空 路 海 路 の 要 衝 と し て 山 陰 の 玄 関 口 の 顔 も 持 っ て いる 平 成 17 年 3 月 に 淀 江 町 と 新 設 合 併 し ( 新 ) 米 子 市 となった そのうち 淀 江 町 稲 吉 地 区 は 孝 霊 山 の 麓 に 位 置 しており 果 樹 園 は 孝 霊 山 の 麓 に 標 高 40mから300mの 範 囲 に 分 布 している 土 壌 は 表 層 腐 植 質 黒 ボク 土 であり 下 層 は 古 生 層 の 赤 土 であるが 花 崗 岩 が 多 く 排 水 性 は 良 いが 土 壌 改 良 は 困 難 を 極 める 1

2 気 象 は 夏 季 に 好 天 が 多 く 冬 季 の 積 雪 が 多 く 最 多 雨 月 も 冬 になる 日 本 海 側 気 候 区 山 陰 型 に 属 している 年 平 均 気 温 は 15.0 年 間 降 水 量 は1,772mm 年 間 降 雪 量 133cm 年 間 日 照 時 間 1,732 時 間 程 度 となっている (2) 地 域 の 果 樹 農 業 事 情 米 子 市 淀 江 町 稲 吉 地 区 の 梨 栽 培 が 始 まっ たのは 明 治 41 年 であったと 伝 えられてい る 鳥 取 県 の 二 十 世 紀 梨 栽 培 の 黎 明 期 から 栽 培 の 歴 史 があり 今 も90 年 生 を 越 える 二 十 世 紀 梨 の 古 木 が 現 存 し 現 役 で 生 産 して いる 昭 和 46 年 から48 年 に 梨 生 産 が 最 盛 期 になり 米 子 市 大 山 町 淀 江 町 ( 現 米 子 市 ) 岸 本 町 ( 現 伯 耆 町 )の1 市 3 町 の10 選 果 場 を 統 合 し た 広 域 選 果 場 米 子 果 実 共 同 組 合 を 米 子 市 二 本 木 に 設 立 した その 後 昭 和 51 年 に 専 門 農 協 とするため 米 子 果 実 農 業 協 同 組 合 が 発 足 した 平 成 4 年 に 淀 江 町 小 波 ( 現 米 子 市 淀 江 町 小 波 )に 移 転 し 平 成 14 年 にJA 鳥 取 西 部 と 合 併 し JA 鳥 取 西 部 米 子 果 実 部 とし て 発 足 し 現 在 ( 面 積 25ha 生 産 者 65 名 )に 至 っている( 第 1 表 ) 第 1 表 米 子 果 実 部 の 梨 柿 品 種 別 栽 培 面 積 (H25) 品 種 面 積 (ha) 二 十 世 紀 ゴールド 二 十 世 紀 おさゴールド 10.9 ハウス 二 十 世 紀 0.2 梨 豊 水 0.4 既 存 幸 水 1.8 品 新 興 2.2 種 あきづき 0.4 梨 新 品 種 王 秋 0.3 あたご 0.1 なつひめ 0.5 新 甘 泉 1.6 梨 その 他 梨 合 計 富 有 4.7 柿 西 条 0.7 柿 合 計 梨 柿 合 計 対 象 経 営 の 概 況 (1) 経 営 の 履 歴 長 谷 川 彰 一 氏 は 西 部 農 業 高 校 を 卒 業 後 昭 和 55 年 に 県 立 経 営 大 学 校 ( 現 農 業 大 学 校 ) に 進 学 し 2 年 間 果 樹 の 栽 培 技 術 を 学 んだ 昭 和 57 年 に 卒 業 後 直 ちに 親 の 基 盤 を 引 き 継 いで 就 農 した その 当 時 は 梨 水 稲 養 豚 花 野 菜 の 多 角 経 営 であった 梨 の 基 幹 品 種 は 老 木 の 二 十 世 紀 であり 黒 斑 病 による 減 収 に 悩 まされていた 氏 の 就 農 を 契 機 に 果 樹 主 体 の 経 営 に 切 り 換 えていった( 第 2 表 ) 平 成 3 年 より 大 山 山 麓 国 営 総 合 農 地 開 発 事 業 で 造 成 された 団 地 に 黒 斑 病 耐 病 性 品 種 ゴールド 二 十 世 紀 をいち 早 く 植 栽 した さらに 自 家 和 合 性 の おさゴールド も 導 入 し 基 幹 品 種 の 収 量 品 質 の 向 上 によって 経 営 を 安 定 させた 併 せて 梨 園 での 水 2

3 利 用 も 積 極 的 に 推 進 し 生 産 を 安 定 させた また 高 低 差 を 活 かして 園 地 を 分 散 し 交 配 時 期 をずらしながら 収 穫 時 期 の 異 なる 品 種 を 導 入 することにより 規 模 拡 大 した 平 成 12 年 には この 地 域 では 珍 しい 桃 の 観 光 農 園 を 開 園 し 7 月 に 収 入 が 得 られる 品 目 を 開 拓 して 軌 道 に 乗 せた 平 成 16 年 には 米 子 果 実 部 指 導 部 長 に 就 任 し 新 品 種 に 関 する 技 術 情 報 を 積 極 的 に 入 手 し 平 成 18 年 には 高 糖 度 となる 鳥 取 県 育 成 新 品 種 新 甘 泉 なつひめ を 導 入 し ジョイント 栽 培 について 試 行 を 開 始 した 平 成 21 年 の 雪 害 で 自 園 も 甚 大 な 被 害 を 受 け 復 旧 活 動 にあたると 共 に 同 年 米 子 果 実 部 長 に 就 任 し 組 織 的 に 新 甘 泉 なつひめ への 大 転 換 を 図 った 平 成 26 年 には 新 甘 泉 の 網 掛 け ジョイント 栽 培 をモデル 展 示 し 無 袋 化 して 出 荷 を 開 始 した 第 2 表 就 農 時 と 現 在 の 品 種 構 成 と 面 積 就 農 2 年 後 ( 昭 和 59 年 ) 品 種 面 積 (a) 既 二 十 世 紀 60 存 新 世 紀 5 品 新 水 10 種 新 興 5 梨 合 計 (2) 経 営 の 状 況 80 経 営 全 体 のうち 梨 桃 が 粗 収 益 の92%を 占 める ほぼ 果 樹 専 業 経 営 である 1 経 営 規 模 及 び 品 種 構 成 280aのうち 果 樹 園 が200aであり 梨 の 中 心 となる 品 種 は 二 十 世 紀 ゴールド 二 十 世 紀 おさゴールド であるが 青 ナシ 中 心 の 品 種 構 成 を 見 直 し 品 種 更 新 を 進 めた 結 果 青 ナシの 比 率 を35%まで 下 げた 新 品 種 はジョイント 栽 培 に 移 行 し ている 段 階 で 成 園 率 は50%(100a)である 桃 は40aで 順 次 改 植 中 のため 成 園 率 は33%(13a)で 経 営 している( 第 2 表 ) 2 主 要 機 械 施 設 ア) 主 要 な 機 械 出 荷 用 1.2tトラック 土 壌 改 良 用 小 型 ユンボ スピードスプレヤー2 台 ( 共 同 利 用 ) イ) 主 要 な 施 設 梨 既 存 品 種 就 農 21 年 後 ( 平 成 15 年 ) 品 種 面 積 (a) 二 十 世 紀 53 ゴールド 二 十 世 紀 40 おさゴールド 18 二 十 世 紀 系 小 計 111 豊 水 13 幸 水 10 新 興 15 梨 その 他 梨 合 計 桃 日 川 勘 助 他 40 全 体 合 計 204 現 在 ( 平 成 25 年 ) 品 種 面 積 (a) 二 十 世 紀 13 ゴールド 二 十 世 紀 13 梨 おさゴールド 18 既 二 十 世 紀 系 小 計 44 存 豊 水 10 品 種 幸 水 12 新 興 15 王 秋 10 梨 なつひめ 5 新 新 甘 泉 40 品 秋 甘 泉 10 種 涼 月 梨 その 他 あたご あきづき 他 5 9 梨 合 計 160 桃 日 川 勘 助 他 40 全 体 合 計 200 3

4 多 目 的 防 災 網 ( 網 掛 け 施 設 )25a かん 水 施 設 100a ウ) 労 働 力 本 人 妻 子 祖 母 の4 人 の 家 族 労 力 が 中 心 なるべく 雇 用 労 力 は 使 わない 方 針 エ) 生 産 概 要 梨 の 出 荷 量 22,817kgのうち 二 十 世 紀 が11,000kgであり 新 甘 泉 5,580kgと なっている 桃 は 観 光 農 園 で3,970kgをもぎとり 方 式 ( 客 がもぎとった 果 実 を 量 り 売 りする)で 販 売 し 市 場 出 荷 しない (3) 技 術 経 営 的 特 色 氏 は 鳥 取 の 特 産 二 十 世 紀 梨 で 獲 得 した 顧 客 を 大 切 にしながら 高 糖 度 の 新 品 種 を 積 極 的 に 導 入 し 家 族 労 力 でできる 大 規 模 果 樹 経 営 を 確 立 している 以 下 の4 点 の 特 色 がある 1 良 果 多 収 高 値 販 売 による 収 益 性 確 保 基 幹 品 種 であった 二 十 世 紀 から 黒 斑 病 耐 病 性 の ゴールド 二 十 世 紀 おさ ゴールド への 品 種 更 新 により 黒 斑 病 による 減 収 を 皆 無 とした また 果 実 部 長 となってから 進 物 販 売 を 組 織 的 に 進 めた 結 果 二 十 世 紀 梨 ( ゴールド 二 十 世 紀 おさゴールド 含 む)の 販 売 単 価 は 3,100 円 台 だったものが 4,000 円 /10kgを 超 えた また 鳥 取 県 育 成 の 高 糖 度 品 種 新 甘 泉 等 を 約 38% 導 入 し 厳 選 選 果 に より 高 単 価 で 販 売 している 2 家 族 経 営 を 大 事 に 考 える 創 意 工 夫 と 品 種 構 成 詳 細 な 労 働 日 誌 を 記 帳 し ことさらに 規 模 拡 大 するのではなく 雇 用 労 力 に 頼 ら ないよう 創 意 工 夫 してきた 人 工 交 配 は 果 樹 園 の 高 度 を 分 散 して 開 花 期 をずらし 自 家 和 合 性 品 種 導 入 赤 梨 の 混 植 等 により 雇 用 労 力 に 全 く 頼 らない 収 穫 は 7 月 の 桃 から 始 まり 8 月 の 幸 水 9 月 の 二 十 世 紀 系 新 甘 泉 なつひめ 秋 甘 泉 あきづき 10 月 の 王 秋 11 月 の あたご まで 分 散 されている 3 ジョイント 栽 培 網 掛 け 無 袋 化 による 省 力 化 推 進 平 成 18 年 より 今 後 有 望 な 新 甘 泉 なつひめ に 対 して ジョイント 栽 培 に 取 り 組 んだ 平 成 26 年 には 同 園 に 網 掛 け 栽 培 を 行 い 無 袋 化 し 袋 掛 けの 雇 用 労 賃 を70% 以 上 削 減 した 4 桃 の 観 光 農 園 を 経 営 平 成 12 年 より 梨 と 収 穫 時 期 が 競 合 しない 桃 の 観 光 農 園 を 開 園 した 主 な 品 種 は 日 川 白 鳳 勘 助 白 桃 で 収 穫 時 期 が7 月 になり 早 生 梨 幸 水 より 早 く 収 益 を 得 られる 園 の 運 営 については 妻 である 美 保 子 氏 と 後 継 者 である 恵 氏 の 裁 量 に 任 せている 果 樹 園 を 店 舗 にする 発 想 で 客 がもぎとった 果 実 を 量 り 売 りとしたところ 収 穫 労 力 を 省 き 顧 客 満 足 度 が 高 いやり 方 を 確 立 した (4) 地 域 への 波 及 効 果 1 果 樹 園 の 水 利 用 について 推 進 の 突 破 口 となる 大 山 山 麓 国 営 総 合 農 地 開 発 事 業 で 造 成 された 果 樹 団 地 の 土 壌 は 養 分 保 持 力 は 弱 く 保 水 力 がやや 小 さく 過 乾 となる 傾 向 があった 平 成 13 年 に 畑 地 かんがい 4

5 施 設 のモデル 園 を 引 き 受 け 果 樹 園 における 多 目 的 ス プリンクラーの 利 用 による かん 水 防 除 について 展 示 した この 取 り 組 みが 突 破 口 となり 水 利 用 の 合 意 形 成 が 難 航 していた 他 地 域 の 生 産 者 を 刺 激 して 鳥 取 県 西 部 全 域 における 牽 引 役 と なった 2 産 地 存 亡 の 雪 害 被 害 から 再 生 平 成 21 年 1 月 に 稲 吉 地 区 で 自 園 を 含 む7.2ha 7,700 万 円 の 甚 大 な 雪 害 被 害 に より 基 幹 品 種 である 二 十 世 紀 系 の 園 が 壊 滅 的 打 撃 を 受 けたことを 契 機 とし 不 屈 の 精 神 で 新 品 種 新 甘 泉 等 へ 組 織 的 に 品 種 の 大 転 換 ( 組 合 の 約 10%)を 図 っ た さらに 同 年 3 月 に 米 子 果 実 部 長 に 就 任 し 先 輩 方 関 係 機 関 と 協 力 して 精 力 的 な 産 地 復 興 活 動 の 中 心 的 役 割 を 果 たした 新 品 種 への 改 植 運 動 を 進 めた 結 果 被 災 した 農 家 は 1 名 も 栽 培 をやめなかった さらに 平 成 26 年 より 雪 害 後 に 復 旧 した 園 に 前 述 のジョイント 栽 培 と 併 せ た 網 掛 モデル 園 として 設 置 し 新 甘 泉 を 無 袋 栽 培 し 出 荷 を 開 始 するなど 旺 盛 な 生 産 意 欲 で 周 囲 を 勇 気 づけた 低 コスト 化 省 力 化 生 産 安 定 の 技 術 普 及 の 拠 点 となっている 3 新 品 種 の 栽 培 技 術 について 試 行 錯 誤 平 成 20 年 には 鳥 取 西 部 地 区 梨 指 導 協 議 会 長 に 就 任 し 試 験 研 究 機 関 とも 連 携 し 鳥 取 県 西 部 地 区 の 新 品 種 導 入 に 係 る 現 地 試 験 の 展 示 技 術 普 及 のための 研 究 会 など 不 断 の 試 行 錯 誤 を 重 ねた これらの 技 術 情 報 の 共 有 化 実 践 的 指 導 活 動 に よって 導 入 後 間 もない 新 甘 泉 なつひめ 等 の 有 望 品 種 の 栽 培 技 術 普 及 に 努 めた 4 お 客 を 大 事 にする 理 念 満 足 したお 客 は 自 分 の 本 当 に 大 切 な 人 に 食 べさせようとする それは 連 鎖 する 桃 の 観 光 農 園 経 営 からの 気 づきによって お 客 を 大 事 にする 理 念 を 持 った この 理 念 は 米 子 果 実 部 の 役 員 にも 共 有 され 生 産 場 面 から 老 木 の 樹 勢 維 持 若 木 の 肥 培 管 理 等 に 気 を 配 り 健 全 果 を 適 期 収 穫 し 厳 選 選 果 し クレームに 誠 実 に 応 じる 姿 勢 に 応 用 されている 高 い 販 売 単 価 に 結 びついている 5 新 甘 泉 の 糖 度 センサー 選 果 機 を 整 備 し 次 のステップへ 県 の 果 実 部 長 会 で 新 甘 泉 ブランド 確 立 のため 全 果 糖 度 選 別 する 方 針 が 決 定 されており 糖 度 センサー 選 果 機 導 入 が 必 須 となった 他 の 果 実 部 との 調 整 役 として 中 心 的 役 割 を 果 たし 国 の 攻 めの 農 業 実 践 緊 急 対 策 事 業 を 活 用 して 米 子 選 果 場 への 糖 度 センサー 選 果 機 整 備 を 実 現 した 平 成 26 年 産 の 新 甘 泉 な つひめ 秋 甘 泉 は 全 量 糖 度 センサー 選 果 によって 出 荷 された さらに 米 子 選 果 場 への 糖 度 センサー 選 果 機 の 整 備 を 契 機 とし 米 子 果 実 部 は 近 隣 の 果 実 部 と 再 編 統 合 を 含 む 魅 力 ある 果 樹 産 地 未 来 への 襷 (たすき)プラ ン を 一 体 的 に 進 めることとなった 米 子 果 実 部 長 として 責 任 を 果 たしながら プランでは 1こだわりの 進 物 販 売 網 掛 け 栽 培 による 無 袋 ブランドで 売 ってい く2 生 産 者 の 技 術 交 流 を 盛 んにし 気 象 災 害 にも 強 い 産 地 づくりをする3 新 品 種 導 入 生 産 安 定 による 所 得 向 上 ジョイント 栽 培 による 省 力 化 推 進 4 新 しい 担 い 5

6 手 育 成 廃 園 防 止 と 園 の 継 承 の 仕 組 みづくりに 取 り 組 む (5) 今 後 の 経 営 展 開 今 後 とも 雇 用 労 力 に 頼 らず ことさら 規 模 拡 大 するのではなく 家 族 経 営 でできる よう 創 意 工 夫 をこらし 新 しく10 月 の 梨 甘 太 の 導 入 を 検 討 し 新 しい 品 目 として 柿 輝 太 郎 を 植 栽 する また 網 掛 けジョイント 栽 培 による 無 袋 化 など 更 なる 省 力 化 を 進 め 後 継 者 である 恵 氏 への 技 術 継 承 を 進 める 新 品 種 の 成 園 化 によって 粗 収 益 1,500 万 円 を 目 指 す 4. 写 真 平 成 13 年 に 設 置 された 水 利 用 の 調 査 圃 場 長 谷 川 園 米 子 市 淀 江 町 稲 吉 ゴールド 二 十 世 紀 梨 園 かん 水 効 果 について 収 穫 果 実 調 査 の 状 況 平 成 21 年 1 月 19 日 の 雪 害 被 害 状 況 長 谷 川 氏 の 園 も 壊 滅 的 な 打 撃 を 受 けた 6

7 2 月 2 日 復 旧 活 動 の 一 翼 を 担 い 陣 頭 指 揮 120 名 が10 園 で 復 旧 活 動 1 日 で 作 業 を 無 事 完 了 3 月 末 までに 果 樹 棚 施 工 完 了 苗 木 植 栽 を 完 了 網 掛 モデル 園 設 置 新 甘 泉 無 袋 ジョイント 栽 培 7

Taro-H27果振計画3.30

Taro-H27果振計画3.30 計 画 期 間 平 成 28 年 度 ~ 平 成 32 年 度 栃 木 県 果 樹 農 業 振 興 計 画 平 成 28 年 3 月 栃 木 県 目 次 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 2 本 県 果 樹 農 業 の 現 状 と 課 題 2 (1) 果 樹 経 営 (2) 果 実 の 生 産 販 売 (3) 担 い 手 (4) 加 工 (5) 輸 出 の 取 組 3 果 樹 農 業 の 振 興

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F955C8E86814596DA8E9F5F945F8BC683728357838783932E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F955C8E86814596DA8E9F5F945F8BC683728357838783932E646F63> 鷹 栖 町 農 業 ビジョン 平 成 28 年 度 ~ 平 成 29 年 度 ( 第 1 期 ) 平 成 28 年 3 月 北 海 道 鷹 栖 町 目 次 第 1 章 ビジョンの 策 定 にあたって 1 ビジョン 策 定 の 目 的 1 2 ビジョンの 性 格 1 3 ビジョンの 計 画 期 間 2 4 鷹 栖 町 未 来 づくり 構 想 ( 一 部 抜 粋 ) 3 第 2 章 鷹 栖 町 の 現

More information

不 作 付 地 の 解 消 に 向 けて 取 り 組 む イ 飼 料 用 米 主 食 用 米 の 需 要 減 が 見 込 まれる 中 平 成 26 年 度 より 飼 料 用 米 の 取 組 を 開 始 し た 平 成 27 年 度 以 降 は 多 収 品 種 に 取 組 を 拡 大 し 生 産 性

不 作 付 地 の 解 消 に 向 けて 取 り 組 む イ 飼 料 用 米 主 食 用 米 の 需 要 減 が 見 込 まれる 中 平 成 26 年 度 より 飼 料 用 米 の 取 組 を 開 始 し た 平 成 27 年 度 以 降 は 多 収 品 種 に 取 組 を 拡 大 し 生 産 性 斐 川 町 地 域 農 業 再 生 協 議 会 水 田 フル 活 用 ビジョン 1 地 域 の 作 物 作 付 の 現 状 地 域 が 抱 える 課 題 当 地 域 は 全 耕 地 面 積 に 占 める 主 食 用 米 面 積 の 割 合 が 約 61%で 転 作 作 物 については 大 麦 大 豆 加 工 用 米 ハトムギ 飼 料 作 物 を 中 心 として 作 付 が 行 われている また 農

More information

平成14年度

平成14年度 村 上 農 業 振 興 地 域 整 備 計 画 書 平 成 23 年 9 月 新 潟 県 村 上 市 目 第 1 農 用 地 利 用 計 画 1 1 土 地 利 用 区 分 の 方 向 1 (1) 土 地 利 用 の 方 向 1 ア. 土 地 利 用 の 構 想 1 イ. 農 用 地 区 域 の 設 定 方 針 2 (2) 農 業 上 の 土 地 利 用 の 方 向 5 ア. 農 用 地 等 利 用

More information

平成19年度水稲・園芸作物振興計画

平成19年度水稲・園芸作物振興計画 平 成 28 年 度 水 稲 園 芸 作 物 振 興 計 画 島 根 おおち 地 区 本 部 1. 水 稲 の 生 産 振 興 平 成 27 年 における 全 国 の 水 稲 作 付 け 面 積 は 140 万 6 千 ha で 飼 料 米 等 の 新 規 需 要 米 が 増 えた ことが 影 響 し 前 年 産 に 比 べ 6 万 8 千 ha の 減 少 となっています 米 の 全 国 作 況

More information

<5461726F2D8F57978E8BA692E88F9182CC8B4C93FC837D836A83858341838B>

<5461726F2D8F57978E8BA692E88F9182CC8B4C93FC837D836A83858341838B> 農 業 者 用 中 山 間 地 域 等 直 接 支 払 交 付 金 集 落 協 定 書 等 の 書 き 方 記 入 マニュアル 平 成 25 年 5 月 16 日 < 集 落 協 定 を 申 請 する 場 合 > 参 考 様 式 第 6 号 共 通 の 申 請 書 ( 記 入 例 ) 番 号 年 月 日 市 町 村 長 殿 集 落 協 定 代 表 者 氏 名 印 中 山 間 地 域 等 直 接 支

More information

第3回地域水田農業ビジョン策定打合せ会

第3回地域水田農業ビジョン策定打合せ会 策 定 年 度 策 定 地 域 平 成 21 年 度 琴 平 町 琴 平 町 地 域 水 田 農 業 ビジョン 琴 平 町 地 域 水 田 農 業 推 進 協 議 会 目 次 1. 地 域 水 田 農 業 の 改 革 の 基 本 的 な 方 向 について 1) 地 域 水 田 農 業 の 特 性 について 1 2) 作 物 振 興 及 び 水 田 利 用 の 将 来 方 向 1 1 地 域 の 水

More information

(3) 人 口 の 減 少 と 地 域 活 力 の 減 退 国 勢 調 査 の 結 果 における 本 村 の 人 口 については 昭 和 30 年 の9,044 人 をピークに その 後 鉱 山 の 閉 山 や 高 度 経 済 成 長 に 起 因 し 過 疎 化 が 急 激 に 進 み 平 成 22

(3) 人 口 の 減 少 と 地 域 活 力 の 減 退 国 勢 調 査 の 結 果 における 本 村 の 人 口 については 昭 和 30 年 の9,044 人 をピークに その 後 鉱 山 の 閉 山 や 高 度 経 済 成 長 に 起 因 し 過 疎 化 が 急 激 に 進 み 平 成 22 構 造 改 革 特 別 区 域 計 画 1 構 造 改 革 特 別 区 域 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 山 形 県 最 上 郡 大 蔵 村 2 構 造 改 革 特 別 区 域 の 名 称 心 のふるさと おおくら 観 光 交 流 特 区 3 構 造 改 革 特 別 区 域 の 範 囲 山 形 県 最 上 郡 大 蔵 村 の 全 域 4 構 造 改 革 特 別 区 域 の 特 性 (1)

More information

国営農地開発事業の概要

国営農地開発事業の概要 Ⅲ 大 邑 地 区 の 概 要 1 地 区 の 概 要 本 地 区 は 島 根 県 のほぼ 中 央 部 に 位 置 する 大 田 市 及 び 邑 智 郡 美 郷 町 にあり 東 には 標 高 1,126m の 三 瓶 山 西 に 808m の 大 江 高 山 があって これを 主 峰 とする 連 山 に 囲 まれていることから 平 担 地 に 乏 しく 全 体 の 80%が 山 林 原 野 で 耕

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20938C91E5924A90EC90858C6E89CD90EC90AE94F58AEE967B95FB906A5F4832332E338C8E8DF492E8>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20938C91E5924A90EC90858C6E89CD90EC90AE94F58AEE967B95FB906A5F4832332E338C8E8DF492E8> 東 大 谷 川 水 系 河 川 整 備 基 本 方 針 平 成 23 年 3 月 静 岡 県 目 次 第 1 河 川 の 総 合 的 な 保 全 と 利 用 に 関 する 基 本 方 針 1 1 河 川 及 び 流 域 の 現 状 1 (1) 河 川 及 び 流 域 の 概 要 1 (2) 治 水 事 業 の 沿 革 と 現 状 1 (3) 河 川 の 利 用 及 び 住 民 との 関 わり 2 (4)

More information

JAいわき市の地域農業への支援対応 その2

JAいわき市の地域農業への支援対応 その2 JAいわき 市 の 地 域 農 業 への 支 援 対 応 その 2 福 島 県 JA 系 統 機 関 の 原 発 被 害 への 取 組 みレポート 2012.10.05 農 林 中 金 総 合 研 究 所 理 事 研 究 員 渡 部 喜 智 福 島 県 いわき 市 ( 以 下 同 市 )を 管 内 とするJAいわき 市 ( 以 下 同 JA )が 東 日 本 震 災 と 福 島 第 一 原 子 力

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874193C18BE68C7689E681698E528C608CA791E591A091BA816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874193C18BE68C7689E681698E528C608CA791E591A091BA816A2E646F6378> 構 造 改 革 特 別 区 域 計 画 1 構 造 改 革 特 別 区 域 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 山 形 県 最 上 郡 大 蔵 村 2 構 造 改 革 特 別 区 域 の 名 称 大 蔵 トマト リキュール 特 区 3 構 造 改 革 特 別 区 域 の 範 囲 山 形 県 最 上 郡 大 蔵 村 の 全 域 4 構 造 改 革 特 別 区 域 の 特 性 (1) 地 勢 及 び

More information

Microsoft Word - ②特区計画(郡山市).doc

Microsoft Word - ②特区計画(郡山市).doc 構 造 改 革 特 別 区 域 計 画 1 構 造 改 革 特 別 区 域 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 郡 山 市 2 構 造 改 革 特 別 区 域 の 名 称 郡 山 市 湖 南 どぶろく 特 区 3 構 造 改 革 特 別 区 域 の 範 囲 郡 山 市 の 区 域 の 一 部 ( 湖 南 町 ) 4 構 造 改 革 特 別 区 域 の 特 性 本 市 は 福 島 県 のほぼ 中

More information

ロータリ 耕 起 と 同 様 に 作 業 後 雨 が 降 ると 播 種 作 業 が 困 難 になるので 播 種 同 時 作 業 が 望 ましい 4 播 種 (1) 播 種 期 近 年 品 種 の 早 生 化 地 球 温 暖 化 の 影 響 で 麦 の 播 種 適 期 は 以 前 より 遅 くなってい

ロータリ 耕 起 と 同 様 に 作 業 後 雨 が 降 ると 播 種 作 業 が 困 難 になるので 播 種 同 時 作 業 が 望 ましい 4 播 種 (1) 播 種 期 近 年 品 種 の 早 生 化 地 球 温 暖 化 の 影 響 で 麦 の 播 種 適 期 は 以 前 より 遅 くなってい Ⅱ 麦 栽 培 技 術 1 ほ 場 の 準 備 麦 類 は 元 来 乾 燥 した 気 候 に 適 した 畑 作 物 であるため 転 換 畑 では 栽 培 期 間 を 通 して 湿 害 が 最 大 の 減 収 要 因 である したがって 地 表 水 の 排 除 透 水 性 改 善 地 下 水 位 低 下 等 の 排 水 対 策 は 麦 類 の 安 定 栽 培 における 必 須 要 件 であり 前 述

More information

畜 産 経 営 の 法 人 化 平 成 2 5 年 1 2 月 1 7 日 兵 庫 県 畜 産 協 会 研 修 会 日 本 政 策 金 融 公 庫 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法 人 化 Ⅰ 農 業 経 営 の 法 人 化 Ⅱ 農 業 生 産 法 人 の 形 態 と 設 立 の 実 際 Ⅲ

畜 産 経 営 の 法 人 化 平 成 2 5 年 1 2 月 1 7 日 兵 庫 県 畜 産 協 会 研 修 会 日 本 政 策 金 融 公 庫 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法 人 化 Ⅰ 農 業 経 営 の 法 人 化 Ⅱ 農 業 生 産 法 人 の 形 態 と 設 立 の 実 際 Ⅲ 畜 産 経 営 の 法 人 化 - 合 同 会 社 という 新 たな 会 社 形 態 - 日 本 政 策 金 融 公 庫 農 林 水 産 事 業 本 部 情 報 戦 略 部 技 術 情 報 担 当 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法 人 化 平 成 2 5 年 1 2 月 1 7 日 兵 庫 県 畜 産 協 会 研 修 会 日 本 政 策 金 融 公 庫 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法

More information

平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 平 成 2 8 年 4 月 室 蘭 開 発 建 設 部

平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 平 成 2 8 年 4 月 室 蘭 開 発 建 設 部 平 成 2 8 年 4 月 1 日 報 道 機 関 各 位 室 蘭 開 発 建 設 部 広 報 官 お 知 ら せ 件 名 平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 について お 知 らせ 内 容 平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 について 別 紙 のとおりお

More information

左 上 : 子 牛 ( 左 上 ) 沖 縄 風 煮 付 け( 左 下 ) 沖 縄 の 農 産 物 ( 右 ) 右 上 : 中 型 ハ ベスタと 搬 出 機 によるさ と う き び の 収 穫 作 業 ( 南 大 東 村 ) 左 下 : 農 家 に 宿 泊 し 農 業 を 体 験 する 修 学 旅

左 上 : 子 牛 ( 左 上 ) 沖 縄 風 煮 付 け( 左 下 ) 沖 縄 の 農 産 物 ( 右 ) 右 上 : 中 型 ハ ベスタと 搬 出 機 によるさ と う き び の 収 穫 作 業 ( 南 大 東 村 ) 左 下 : 農 家 に 宿 泊 し 農 業 を 体 験 する 修 学 旅 第 1 章 TPP 協 定 と 関 連 対 策 ~ 努 力 が 報 われる 農 林 水 産 業 の 実 現 に 向 けて~ - 41 - 左 上 : 子 牛 ( 左 上 ) 沖 縄 風 煮 付 け( 左 下 ) 沖 縄 の 農 産 物 ( 右 ) 右 上 : 中 型 ハ ベスタと 搬 出 機 によるさ と う き び の 収 穫 作 業 ( 南 大 東 村 ) 左 下 : 農 家 に 宿 泊 し 農

More information

別 記 第 1-2 号 様 式 番 号 年 月 日 〇 〇 総 合 振 興 局 長 ( 振 興 局 長 ) 様 事 業 実 施 主 体 (コンソーシアム 名 ) 代 表 者 氏 名 印 平 成 〇 年 度 次 世 代 施 設 園 芸 導 入 加 速 化 支 援 事 業 のうち 拠 点 整 備 事 業

別 記 第 1-2 号 様 式 番 号 年 月 日 〇 〇 総 合 振 興 局 長 ( 振 興 局 長 ) 様 事 業 実 施 主 体 (コンソーシアム 名 ) 代 表 者 氏 名 印 平 成 〇 年 度 次 世 代 施 設 園 芸 導 入 加 速 化 支 援 事 業 のうち 拠 点 整 備 事 業 別 記 第 1 号 様 式 番 号 年 月 日 総 合 振 興 局 長 ( 振 興 局 長 ) 様 市 町 村 長 氏 名 印 強 い 農 業 づくり 事 業 ( ) 画 承 認 申 請 書 強 い 農 業 づくり 事 業 補 助 金 交 付 事 務 取 扱 要 領 ( 平 成 17 年 7 月 15 日 付 け 支 援 第 432 号 北 海 道 農 政 部 長 通 知 ) 第 2に 基 づき 関

More information

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 -----------------------------------------

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 ----------------------------------------- 富 士 見 都 市 計 画 ( 富 士 見 市 ふじみ 野 市 三 芳 町 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 24 年 9 月 14 日 から 平 成 24 年 10 月 1 日 まで 平 成 25 年 2 月 5 日 埼 玉 県 目 次 1 都 市 計 画

More information

Microsoft PowerPoint - しこくみちvol.11(原稿).pptx

Microsoft PowerPoint - しこくみちvol.11(原稿).pptx 平 成 25 年 度 農 業 農 村 整 備 事 業 の 概 要 平 成 25 年 度 予 算 が 成 立 し 新 たな 事 業 等 が 設 けられております 今 回 はその 中 から 土 地 改 良 区 が 主 体 となって 取 り 組 むことが 可 能 な 補 助 事 業 を 中 心 にご 紹 介 します 簡 易 な 整 備 や 施 設 の 点 検 ハザードマップの 作 成 等 も 可 能 で

More information

特 定 農 作 業 従 事 者 とは 次 の1~3の 全 てに 該 当 する 人 をいいます 1 年 間 の 農 業 生 産 物 ( 畜 産 及 び 養 蚕 に 係 るものを 含 む)の 総 販 売 額 が300 万 円 以 上 または 経 営 耕 地 面 積 が2ヘクタール 以 上 の 規 模 (

特 定 農 作 業 従 事 者 とは 次 の1~3の 全 てに 該 当 する 人 をいいます 1 年 間 の 農 業 生 産 物 ( 畜 産 及 び 養 蚕 に 係 るものを 含 む)の 総 販 売 額 が300 万 円 以 上 または 経 営 耕 地 面 積 が2ヘクタール 以 上 の 規 模 ( のしおり 農 業 者 の 方 も 労 災 保 険 に 加 入 できます 労 災 保 険 は 本 来 労 働 者 の 業 務 または 通 勤 による 負 傷 疾 病 障 害 死 亡 に 対 して 保 険 給 付 を 行 う 制 度 で す が 労 働 者 以 外 で も そ の 業 務 の 実 情 災 害 の 発 生 状 況 などからみて 特 に 労 働 者 に 準 じて 保 護 すること が 適 当

More information

Microsoft Word - P1

Microsoft Word - P1 ( 1) 平 成 26 年 5 月 1 日 第 63 巻 5 号 千 葉 の園 芸 園 芸 産 出 額 全 国 第 1 位 の 奪 還 に 向 けた 力 強 い 産 地 づくり の 推 進 千 葉 県 農 林 水 産 部 生 産 振 興 課 課 長 飯 田 秀 雄 平 成 26 年 度 全 農 千 葉 県 本 部 園 芸 事 業 の 取 り 組 み 全 農 千 葉 県 本 部 園 芸 部 長 木 村

More information

Microsoft Word - 2柴原-F1.doc

Microsoft Word - 2柴原-F1.doc 環 境 負 荷 低 減 をめざした 水 稲 栽 培 技 術 の 体 系 化 と GIS を 利 用 した 負 荷 予 測 モデルによる 検 証 - 先 端 技 術 を 活 用 した 農 林 水 産 研 究 高 度 化 事 業 の 研 究 成 果 報 告 - 滋 賀 県 農 業 技 術 振 興 センター( 研 究 総 括 者 ) 柴 原 藤 善. 研 究 の 概 要 近 畿 地 域 では 4 万 人

More information

農業収支ノート(25年分)

農業収支ノート(25年分) 平 成 年 分 農 業 収 支 ノ ー ト 氏 名 : 住 所 : 電 話 番 号 : このノートに 記 載 した 金 額 を 収 支 内 訳 書 ( 農 業 所 得 用 ) に 転 記 することで 収 支 内 訳 書 ( 農 業 所 得 用 ) を 作 成 することができます 農 産 物 の 棚 卸 高 など 別 に 計 算 が 必 要 な 項 目 もあります 記 載 されている 項 目 や 事

More information

[ 需 要 動 向 ( 消 費 投 資 )] 個 人 消 費 ~ 緩 やかに 持 ち 直 しているものの 一 部 に 弱 い 動 きもみられる 百 貨 店 スーパー( 全 店 ) 販 売 額 (7 月 ) 百 貨 店 スーパー 販 売 額 は 82 億 円 で 前 年 同 月 比 2.%の 増 加

[ 需 要 動 向 ( 消 費 投 資 )] 個 人 消 費 ~ 緩 やかに 持 ち 直 しているものの 一 部 に 弱 い 動 きもみられる 百 貨 店 スーパー( 全 店 ) 販 売 額 (7 月 ) 百 貨 店 スーパー 販 売 額 は 82 億 円 で 前 年 同 月 比 2.%の 増 加 北 海 道 の 景 気 動 向 ( 平 成 28 年 7 月 の 経 済 指 標 を 中 心 として) 需 要 動 向 ( 消 費 投 資 ) P 個 人 消 費 ( 百 貨 店 スーハ ー 販 売 額 コンヒ ニエンスストア 販 売 額 新 車 登 録 台 数 ) 緩 やかに 持 ち 直 しているものの 一 部 に 弱 い 動 きもみられる P 2 住 宅 建 設 ( 新 設 住 宅 着 工 戸

More information

2 主 要 品 目 の 概 要 (1)キク 昭 和 30 年 頃 から 急 激 な 生 産 拡 大 が 図 ら れたが 昭 和 50 年 代 をピークに 作 付 面 積 は 減 少 を 続 けている 平 成 24 年 の 作 付 面 積 は133ha( 前 年 比 9 8%) 生 産 量 は3,60

2 主 要 品 目 の 概 要 (1)キク 昭 和 30 年 頃 から 急 激 な 生 産 拡 大 が 図 ら れたが 昭 和 50 年 代 をピークに 作 付 面 積 は 減 少 を 続 けている 平 成 24 年 の 作 付 面 積 は133ha( 前 年 比 9 8%) 生 産 量 は3,60 Ⅳ 花 き 1 振 興 方 針 (1) 生 産 販 売 の 現 況 本 県 の 花 き 生 産 は 夏 期 の 冷 涼 な 気 候 や 南 北 に 長 く 標 高 差 のあるほ 場 の 立 地 条 件 等 を 活 かして 多 種 多 様 な 切 花 鉢 花 が 栽 培 されていることが 特 徴 である 切 花 類 では 出 荷 量 全 国 第 1 位 のカーネーション トルコギキョウ アルストロメリ

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

スライド 1

スライド 1 収 益 の 伴 う 植 物 工 場 のビジネスモデル 2013 年 11 月 株 式 会 社 日 本 総 合 研 究 所 創 発 戦 略 センター 主 任 研 究 員 三 輪 泰 史 Copyright (C) 2009 The Japan Research Institute, Limited. All Rights Reserved.[tv1.0] < 発 表 者 紹 介 > 三 輪 泰 史 株

More information

本 校 の 沿 革 昭 和 21 年 昭 和 49 年 昭 和 54 年 昭 和 60 年 平 成 9 年 平 成 11 年 平 成 18 年 北 海 道 庁 立 農 業 講 習 所 として 発 足 北 海 道 立 農 業 大 学 校 に 改 組 修 業 年 限 を1 年 制 から2 年 制 に 改

本 校 の 沿 革 昭 和 21 年 昭 和 49 年 昭 和 54 年 昭 和 60 年 平 成 9 年 平 成 11 年 平 成 18 年 北 海 道 庁 立 農 業 講 習 所 として 発 足 北 海 道 立 農 業 大 学 校 に 改 組 修 業 年 限 を1 年 制 から2 年 制 に 改 平 成 2 9 年 度 ( 学 生 募 集 要 項 ) 畜 産 経 営 学 科 畑 作 園 芸 経 営 学 科 農 業 経 営 研 究 科 稲 作 経 営 専 攻 コ ー ス 本 校 の 沿 革 昭 和 21 年 昭 和 49 年 昭 和 54 年 昭 和 60 年 平 成 9 年 平 成 11 年 平 成 18 年 北 海 道 庁 立 農 業 講 習 所 として 発 足 北 海 道 立 農 業 大

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF322D342D31815190B682B282DD8E918CB989BB82C98AD682B782E992F188C45F8CE393A188CF88F582E682E85F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF322D342D31815190B682B282DD8E918CB989BB82C98AD682B782E992F188C45F8CE393A188CF88F582E682E85F2E646F63> 生 ごみ 資 源 化 に 関 する 提 案 資 料 2-4-1 東 京 農 業 大 学 後 藤 逸 男 Ⅰ. 生 ごみの 資 源 化 に 関 する 基 本 原 則 1. 資 源 化 方 法 : 生 ごみの 資 源 化 方 法 には 肥 料 化 ( 厳 密 には 堆 肥 化 と 肥 料 化 に 区 別 すべき) 飼 料 化 エネルギー 化 炭 化 などがある いずれも 設 備 に 多 額 の 経 費

More information

Microsoft Word - 130306_●甲州市甘草活用ビジョン.docx

Microsoft Word - 130306_●甲州市甘草活用ビジョン.docx 地 域 の 歴 史 文 化 資 源 を 活 用 した ~ 甘 草 の 里 づくりビジョン~ 日 本 甘 草 のふるさと 重 要 文 化 財 旧 高 野 家 住 宅 甘 草 屋 敷 と 付 属 の 薬 草 園 で 栽 培 され る 江 戸 時 代 から 伝 わるウラルカンゾウ 平 成 25 年 2 月 甲 州 市 甲 州 市 甘 草 の 里 づくり 研 究 会 1 目 次 第 1 章 計 画 策 定

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817988F38DFC8A6D92E88CB48D65817A819A81798E9197BF312D32817A819F8CE38AFA8AEE967B8C7689E6816995AA96EC95CA8C7689E6816A313230333136>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817988F38DFC8A6D92E88CB48D65817A819A81798E9197BF312D32817A819F8CE38AFA8AEE967B8C7689E6816995AA96EC95CA8C7689E6816A313230333136> 第 基 本 方 針 2 快 適 でうるおいのあるまちづくり 復 興 計 画 にかかわる 施 策 を 含 むもの 施 策 施 策 の 展 開 1 環 境 保 全 対 策 の 充 実 2 循 環 型 社 会 の 構 築 1 住 み 良 い 環 境 の 確 保 2 きれいなまちづくりの 推 進 3 省 エネルギー 新 エネルギーの 促 進 4 保 安 林 の 整 備 5 海 岸 浸 食 対 策 1 廃 棄

More information

Microsoft Word - 再H25ディスクロージャーHP用 (1).docx

Microsoft Word - 再H25ディスクロージャーHP用 (1).docx 8 7. 事 業 の 概 況 ( 平 成 25 年 度 ) 主 要 な 事 業 活 動 の 内 容 信 用 事 業 貯 金 業 務 は 年 度 前 半 はいわゆるアベノミクスの 影 響 を 受 けた 投 資 ブームのあおりにより 貯 金 残 高 は 伸 び 悩 みましたが 冬 季 のボーナスキャンペーンを 積 極 的 に 展 開 した 結 果 純 増 額 に 大 きく 寄 与 し 個 人 貯 金 については

More information

--

-- 第 2 地 域 の 特 性 と 位 置 づけ 1 地 域 の 優 れた 特 性 -- -- -- -- -- -- -- -- 2 主 要 指 標 からみた 熊 毛 地 域 11.0 3588,542 2133146,0752.7 30.92133126.04.9 181,4192.7% 1825.2% 11.5%8.3%4.0% 14.5%19.9% 15.419.2% 1.0 60.3%75.3%

More information

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 ---------------------------------------

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 --------------------------------------- 戸 田 都 市 計 画 ( 戸 田 市 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 25 年 11 月 22 日 から 平 成 25 年 12 月 6 日 まで 平 成 26 年 3 月 28 日 埼 玉 県 目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的

More information

目 次 1 北 海 道 農 業 の 現 状 1 2 北 海 道 の 農 業 農 村 整 備 を 取 り 巻 く 状 況 8 3 農 業 農 村 整 備 における 新 たな 技 術 の 導 入 15 4 農 業 農 村 整 備 の 地 域 経 済 等 への 波 及 17

目 次 1 北 海 道 農 業 の 現 状 1 2 北 海 道 の 農 業 農 村 整 備 を 取 り 巻 く 状 況 8 3 農 業 農 村 整 備 における 新 たな 技 術 の 導 入 15 4 農 業 農 村 整 備 の 地 域 経 済 等 への 波 及 17 資 料 2 北 海 道 における 農 業 農 村 整 備 の 概 況 等 について 平 成 27 年 11 月 13 日 国 土 交 通 省 北 海 道 開 発 局 目 次 1 北 海 道 農 業 の 現 状 1 2 北 海 道 の 農 業 農 村 整 備 を 取 り 巻 く 状 況 8 3 農 業 農 村 整 備 における 新 たな 技 術 の 導 入 15 4 農 業 農 村 整 備 の 地 域

More information

ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始 干 約 ケ 渡 雨 異 象 べ 割 ほ 干 枯 ざ 品 質 面 悪 干 芽 不 芽 枯 雨 更

ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始 干 約 ケ 渡 雨 異 象 べ 割 ほ 干 枯 ざ 品 質 面 悪 干 芽 不 芽 枯 雨 更 6 花 ハナ ナナカド / 098-69 紋 郡 旭 TEL0588- FAX0588-990 編 集 / 6 剣 ポツ 少 団 キ ジュニアクブ P P 5 遠 紋 P6 P6 7 編 集 P8 ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始

More information

私 たちみんなの 森 林 国 有 林 熊 本 森 林 管 理 署 は 白 川 菊 池 川 緑 川 天 草 流 域 に 広 がる 国 有 林 24,897ha と 官 行 造 林 954ha を 管 理 経 営 しています 74 万 人 都 市 熊 本 市 などの 水 源 の 涵 養 のために 重 要

私 たちみんなの 森 林 国 有 林 熊 本 森 林 管 理 署 は 白 川 菊 池 川 緑 川 天 草 流 域 に 広 がる 国 有 林 24,897ha と 官 行 造 林 954ha を 管 理 経 営 しています 74 万 人 都 市 熊 本 市 などの 水 源 の 涵 養 のために 重 要 熊 本 森 林 管 理 署 の 国 有 林 のあらまし 平 成 27 年 度 版 九 州 森 林 管 理 局 熊 本 森 林 管 理 署 私 たちみんなの 森 林 国 有 林 熊 本 森 林 管 理 署 は 白 川 菊 池 川 緑 川 天 草 流 域 に 広 がる 国 有 林 24,897ha と 官 行 造 林 954ha を 管 理 経 営 しています 74 万 人 都 市 熊 本 市 などの

More information

新 規 就 農 者 新 たなチャレンジ!~ 飛 騨 地 域 トマト 研 修 所 入 所 式 ~ 4 月 1 日 JAひだが 運 営 する 飛 騨 地 域 トマト 研 修 所 の 第 2 期 生 の 入 所 式 がJAひだ 及 び 飛 騨 市 の 共 催 によりJAひだ 古 川 支 店 で 開 催 さ

新 規 就 農 者 新 たなチャレンジ!~ 飛 騨 地 域 トマト 研 修 所 入 所 式 ~ 4 月 1 日 JAひだが 運 営 する 飛 騨 地 域 トマト 研 修 所 の 第 2 期 生 の 入 所 式 がJAひだ 及 び 飛 騨 市 の 共 催 によりJAひだ 古 川 支 店 で 開 催 さ 今 月 の 重 点 活 動 飛 騨 農 林 事 務 所 の 普 及 活 動 状 況 平 成 28 年 4 月 28 日 現 在 担 い 手 経 営 改 善 と 地 域 発 展 への 尽 力 が 認 められる ~ 大 西 洋 介 さん 中 日 農 業 賞 受 賞 ~ 3 月 26 日 に 名 古 屋 市 の 中 日 パレスで 第 75 回 中 日 農 業 賞 の 贈 呈 式 が 開 催 され 高 山

More information

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73>

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73> 行 政 文 書 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 大 臣 官 房 文 書 課 文 書 管 理 第 二 電 話 03-3501-3719 FAX 03-3502-7150 開 示 の 実 施 の 申 出 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 保 有 個 人 情 報 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の

More information

2 県 丸 太 の 大 口 需 要 者 である 被 災 した 合 板 工 場 等 の 再 整 備 と 応 急 的 な 流 通 対 策 への 支 援 3 防 潮 堤 防 潮 や 等 の 復 旧 1 津 波 で 海 や 泥 等 に 浸 かったほだ 木 か らのしいたけ 発 生 対 策 2 津 波 で 流

2 県 丸 太 の 大 口 需 要 者 である 被 災 した 合 板 工 場 等 の 再 整 備 と 応 急 的 な 流 通 対 策 への 支 援 3 防 潮 堤 防 潮 や 等 の 復 旧 1 津 波 で 海 や 泥 等 に 浸 かったほだ 木 か らのしいたけ 発 生 対 策 2 津 波 で 流 . 本 部 員 会 議 平 成 23 年 6 月 15 日 部 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 津 波 の 発 生 に 伴 う 課 題 と 対 応 1 区 分 課 題 対 応 畜 1 飼 料 や 燃 油 不 足 による 生 乳 廃 棄 や 家 畜 死 亡 に 対 する 支 援 地 用 2 津 波 により 冠 した 地 の 塩 害 土 砂 堆 積 への 技 術 対 策

More information

農 林 水 産 省 緊 急 自 然 災 害 対 策 本 部 の 構 成 員 区 分 職 名 本 部 長 農 林 水 産 大 臣 本 部 長 代 理 農 林 水 産 副 大 臣 農 林 水 産 副 大 臣 副 本 部 長 農 林 水 産 大 臣 政 務 官 農 林 水 産 大 臣 政 務 官 本 部

農 林 水 産 省 緊 急 自 然 災 害 対 策 本 部 の 構 成 員 区 分 職 名 本 部 長 農 林 水 産 大 臣 本 部 長 代 理 農 林 水 産 副 大 臣 農 林 水 産 副 大 臣 副 本 部 長 農 林 水 産 大 臣 政 務 官 農 林 水 産 大 臣 政 務 官 本 部 平 成 28 年 5 月 18 日 10 時 15 分 ~ 第 一 特 別 会 議 室 平 成 28 年 熊 本 地 震 復 興 推 進 本 部 第 7 回 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 関 する 農 林 水 産 省 緊 急 自 然 災 害 対 策 本 部 議 事 次 第 1 開 会 2 本 部 長 御 発 言 ( 大 臣 ) 3 平 成 28 年 熊 本 地 震 による 被 災 農 林 漁

More information

2 事 業 により 整 備 された 施 設 の 管 理 状 況 (1) 施 設 の 概 況 本 事 業 で 整 備 された 施 設 は 六 堰 頭 首 工 左 岸 幹 線 導 水 路 右 岸 幹 線 導 水 路 大 里 幹 線 用 水 路 奈 良 堰 幹 線 用 水 路 玉 井 堰 幹 線 用 水

2 事 業 により 整 備 された 施 設 の 管 理 状 況 (1) 施 設 の 概 況 本 事 業 で 整 備 された 施 設 は 六 堰 頭 首 工 左 岸 幹 線 導 水 路 右 岸 幹 線 導 水 路 大 里 幹 線 用 水 路 奈 良 堰 幹 線 用 水 路 玉 井 堰 幹 線 用 水 おおさと 事 業 名 国 営 総 合 農 地 防 災 事 業 地 区 名 大 里 県 名 埼 玉 県 関 係 市 町 村 く ま が や し おおさとまち こうなんまち ぎ よ う だ し みなみかわらむら こ う の す し 熊 谷 市 ( 旧 熊 谷 市 旧 大 里 町 旧 江 南 町 ) 行 田 市 ( 旧 行 田 市 旧 南 河 原 村 ) 鴻 巣 市 ふきあげまち ふ か や し かわもとまち

More information

表紙

表紙 2-1 本 市 の 現 況 2-2 都 市 計 画 マスタープラン 策 定 に 向 けた 課 題 のとりまとめ 2. 現 況 と 課 題 の 整 理 2-1 本 市 の 現 況 (1) 歴 史 本 市 は 明 治 の 大 合 併 時 に2 町 9 村 となり 昭 和 29~35 年 の 昭 和 の 大 合 併 時 に 現 在 の 市 の 前 身 の6 市 町 村 になっています さらに 平 成 18

More information

< F2D81698E9197BF33816A926E8BE695CA8E9197BF955C8E862E6A74>

< F2D81698E9197BF33816A926E8BE695CA8E9197BF955C8E862E6A74> 資 料 2 かんがい 排 水 事 業 南 酒 出 地 区 1. 第 二 次 評 価 対 象 地 区 となった 要 因 ウ-1 工 期 の 著 しい 変 更 計 画 工 期 : 平 成 6 年 度 から 平 成 16 年 度 実 施 工 期 : 平 成 6 年 度 から 平 成 23 年 度 完 成 予 定 : 平 成 23 年 度 平 成 20 年 度 までの 進 捗 率 ( 事 業 費 ベース):94.7%

More information

指 標 担 い 手 数 ( 認 定 農 業 者 数 + 集 落 営 農 組 織 数 ) 経 営 体 基 準 値 H 4 (H9) H4 H5 H,,5 農 水 産 業 の 担 い 手 育 や 生 産 性 の 向 上 を 図 ります 新 廃 担 い 手 育 事 業 事 業 名 事 業 所 管 課 農

指 標 担 い 手 数 ( 認 定 農 業 者 数 + 集 落 営 農 組 織 数 ) 経 営 体 基 準 値 H 4 (H9) H4 H5 H,,5 農 水 産 業 の 担 い 手 育 や 生 産 性 の 向 上 を 図 ります 新 廃 担 い 手 育 事 業 事 業 名 事 業 所 管 課 農 第 6 次 総 合 計 実 施 計 施 策 シト(~) ( 様 式 ) 政 策 名 第 7 章 地 域 の 活 力 をつくりだす 産 業 経 済 の 振 興 施 策 名 第 節 農 水 産 業 の 振 興 施 策 の 目 標 良 質 な 農 水 産 物 の 提 供 と 農 水 産 業 の 持 続 的 発 展 を 図 る 事 業 費 ( : 千 円 ) 事 業 数 細 事 業 数 予 算 額 合 計

More information

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 地 震 津 波 対 策 編 第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 2014 年 3 月 31 日 の 74 年 間 のうち 稚 内 市 で

More information

Ⅰ 2010 年 世 界 農 林 業 センサスの 概 要 ( 調 査 の 仕 様 等 ) 1 調 査 の 目 的 本 統 計 は 農 林 業 に 関 する 基 礎 データを 作 成 し 食 料 農 業 農 村 基 本 計 画 及 び 森 林 林 業 基 本 計 画 に 基 づく 諸 施 策 並 びに

Ⅰ 2010 年 世 界 農 林 業 センサスの 概 要 ( 調 査 の 仕 様 等 ) 1 調 査 の 目 的 本 統 計 は 農 林 業 に 関 する 基 礎 データを 作 成 し 食 料 農 業 農 村 基 本 計 画 及 び 森 林 林 業 基 本 計 画 に 基 づく 諸 施 策 並 びに Ⅰ 2010 年 世 界 農 林 業 センサス の 概 要 ( 調 査 の 仕 様 等 ) 2010 年 世 界 農 林 業 センサスマスコットキャラクター Ⅰ 2010 年 世 界 農 林 業 センサスの 概 要 ( 調 査 の 仕 様 等 ) 1 調 査 の 目 的 本 統 計 は 農 林 業 に 関 する 基 礎 データを 作 成 し 食 料 農 業 農 村 基 本 計 画 及 び 森 林 林

More information

(Microsoft PowerPoint - \202R\201`15)

(Microsoft PowerPoint - \202R\201`15) 露 地 ショウガの 安 定 生 産 と 産 地 振 興 策 の 実 践 実 施 地 区 高 知 市 対 象 :JA 高 知 市 朝 生 姜 生 産 組 合 23 年 度 の 目 標 1 環 境 に 配 慮 した 生 産 体 制 の 構 築 2 産 地 振 興 ビジョンの 実 現 に 向 けた 実 践 活 動 3 加 工 用 仕 向 け 量 の 拡 大 取 り 組 み 結 果 現 地 検 討 会 1

More information

<5461726F2D97988DAA9286899B81698DC58F4994C5816A2E6A7464>

<5461726F2D97988DAA9286899B81698DC58F4994C5816A2E6A7464> とねちゆうおう 事 業 名 国 営 かんがい 排 水 事 業 地 区 名 利 根 中 央 県 名 埼 玉 県 関 係 市 町 村 か ぞ し か ぞ し きたさいだまぐん お お と ね ま ち か す か べ し か す か べ し きたかつしかぐんしようわ 加 須 市 ( 旧 加 須 市 北 埼 玉 郡 大 利 根 町 ) 春 日 部 市 ( 旧 春 日 部 市 北 葛 飾 郡 庄 和 まち はにゆうし

More information

Microsoft Word - 修正内容(資料3.__051108_.doc

Microsoft Word - 修正内容(資料3.__051108_.doc 第 2 回 静 岡 県 国 民 保 護 協 議 会 に 諮 問 した 県 計 画 ( 案 )からの 主 な 修 正 1 県 国 民 保 護 計 画 の 構 成 資 料 編 に 盛 り 込 むこととしていた 様 式 文 例 地 形 図 道 路 一 覧 鉄 道 路 線 一 覧 関 係 機 関 連 絡 先 などについては 常 に 変 更 が 見 込 まれるため 計 画 とは 切 り 離 し 別 に 資 料

More information

Microsoft Word - 発表要旨(宮城)2013.10.1.doc

Microsoft Word - 発表要旨(宮城)2013.10.1.doc 家 族 と 経 営 改 善 宮 城 県 刈 田 郡 七 ヶ 宿 町 : 櫻 井 章 子 1. 経 営 の 経 過 昭 和 24 年 祖 父 ( 初 代 )が 酪 農 を 始 める 50 年 祖 父 と 父 が 牛 舎 を 建 築 して 飼 養 頭 数 を 10 頭 に 増 やす 52 年 父 (2 代 目 )が 就 農 してデントコーンの 作 付 けを 始 める 57 年 自 給 飼 料 の 通 年

More information

併 60 周 記 念 文 コ 最 優 秀 品 鈴 那 奈 P1 優 秀 品 ワ ぞ! 口 孝 太 P2 旭 丘 武 蔵 島 七 星 P2 入 選 品 天 下 結 理 P4 天 渡 邊 梨 P4 天 渡 邊 允 登 P5 太 壮 赳 P5 集 本 果 和 P6 飯 本 拓 輝 P7 飯 口 慧 P7

併 60 周 記 念 文 コ 最 優 秀 品 鈴 那 奈 P1 優 秀 品 ワ ぞ! 口 孝 太 P2 旭 丘 武 蔵 島 七 星 P2 入 選 品 天 下 結 理 P4 天 渡 邊 梨 P4 天 渡 邊 允 登 P5 太 壮 赳 P5 集 本 果 和 P6 飯 本 拓 輝 P7 飯 口 慧 P7 併 60 周 記 念 文 コ 優 秀 品 テ マ! ロマ 併 60 周 記 念 制 定 希 望 太 陽 輝 春 埜 菰 張 本 宮 八 形 天 城 跡 太 倉 吉 渓 谷 葛 布 背 景 文 字 北 部 林 部 商 南 部 域 遠 州 鎬 羽 闊 歩 遠 州 石 松 遠 州 舞 組 環 境 理 歴 史 文 芸 能 観 光 ベ 特 産 品 モチフ 明 姿 誰 目 広 親 愛 デザ 又 21 世 紀 リド

More information

建 築 設 備 設 計 監 理 業 務 委 託 料 算 定 基 準 1. 目 的 この 基 準 は 福 島 県 土 木 部 が 所 掌 する 建 築 物 及 びその 附 帯 施 設 ( 以 下 県 有 建 築 物 とい う )に 係 る 設 計 等 の 業 務 ( 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業

More information

通告順

通告順 質 問 者 (7 名 ) 1 2 3 福 井 源 乃 介 今 井 吉 男 山 崎 賢 治 4 平 秀 徳 5 6 松 元 道 芳 名 間 武 忠 7 森 山 進 - 0 - 1 議 席 11 番 福 井 源 乃 介 1. 本 町 の 農 業 再 生 について さとうきびの 2 期 連 続 の 大 不 作 また ばれいしょや 花 卉 の 市 場 価 格 低 迷 など 本 町 農 業 の 根 幹 が 揺

More information

勢 一 覧 129 勢 編 1 土 地 総 面 積 国 土 交 通 省 国 土 地 理 院 ホームページ 全 国 市 区 町 村 別 面 積 調 2 民 有 地 面 積 総 務 省 ホームページ 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 3 人 口 総 務 省 統 計 局 ホームページ 人

勢 一 覧 129 勢 編 1 土 地 総 面 積 国 土 交 通 省 国 土 地 理 院 ホームページ 全 国 市 区 町 村 別 面 積 調 2 民 有 地 面 積 総 務 省 ホームページ 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 3 人 口 総 務 省 統 計 局 ホームページ 人 勢 一 覧 勢 一 覧 129 勢 編 1 土 地 総 面 積 国 土 交 通 省 国 土 地 理 院 ホームページ 全 国 市 区 町 村 別 面 積 調 2 民 有 地 面 積 総 務 省 ホームページ 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 3 人 口 総 務 省 統 計 局 ホームページ 人 口 推 計 年 報 4 人 口 密 度 社 会 生 活 統 計 指 標 5 世 帯 数

More information

特 用 林 産 物 13 施 設 ハウスフル 活 用 プロジェクト 水 産 14 ズワイガニ 活 魚 特 産 物 化 プロジェクト 事 業 実 施 主 体 : 有 限 会 社 後 藤 農 場 ( 飯 豊 町 ) 既 存 の 花 きハウスを 活 用 し 新 たにシイタケ 栽 培 を 導 入 して ハウ

特 用 林 産 物 13 施 設 ハウスフル 活 用 プロジェクト 水 産 14 ズワイガニ 活 魚 特 産 物 化 プロジェクト 事 業 実 施 主 体 : 有 限 会 社 後 藤 農 場 ( 飯 豊 町 ) 既 存 の 花 きハウスを 活 用 し 新 たにシイタケ 栽 培 を 導 入 して ハウ 11 転 作 田 を 活 用 した 枝 豆 の 長 期 出 荷 体 制 の 確 立 による 所 得 向 上 12 新 たに 取 り 組 むハウスのフル 活 用 事 業 実 施 主 体 :イズミ 共 同 農 産 ( 長 井 市 ) 事 業 実 施 主 体 : 五 十 川 生 産 組 合 ( 長 井 市 ) 地 域 の 転 作 地 を 借 り 受 けて 枝 豆 の 栽 培 面 積 を 拡 大 するとともに

More information

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 一 般 社 団 法 人 全 国 農 業 経 営 コンサルタント 協 会 公 益 社 団 法 人 日 本 農 業 法 人 協 会 1 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が

More information

1. 気 象 経 過 1) 融 雪 期 以 降 の 経 過 Ⅱ 作 4 月 : 上 旬 の 平 均 気 温 は 平 年 より 高 く 中 旬 はや や 高 く 下 旬 は 極 めて 低 かった 4 月 の 日 平 均 気 温 は4.3 で 平 年 並 であった(+0.2 ) 上 中 旬 の 降 水 量 は 少 なく 下 旬 は 極 めて 多 く 月 合 計 は56.5mmで 平 年 並 であった 上

More information

JAにおける新規就農支援の取り組みの特徴と課題

JAにおける新規就農支援の取り組みの特徴と課題 研 究 レポート JAにおける 新 規 就 農 支 援 の 取 り 組 みの 特 徴 と 課 題 ( 社 )JA 総 合 研 究 所 基 礎 研 究 部 主 席 研 究 員 鴻 巣 正 (こうのす ただし) 1.はじめに 米 国 のサブプライム 問 題 に 端 を 発 した 金 融 危 機 は 実 体 経 済 にも 深 刻 な 影 響 を 及 ぼし 緊 急 雇 用 対 策 が 喫 緊 の 課 題 となった

More information

北海道の森林・林業・木材産業の 現状と課題

北海道の森林・林業・木材産業の  現状と課題 参 考 資 料 北 海 道 の 森 林 林 業 木 材 産 業 の 主 なデータ 214 年 7 月 北 海 道 水 産 林 務 部 目 次 1 森 林 資 源 等. (1) 森 林 資 源 の 状 況 2p (2) 森 林 に 期 待 する 役 割.. 4p 2 林 業 及 び 木 材 産 業. (1) 森 林 所 有 者 の 状 況 ( 林 業 経 営 の 状 況 ) 5p (2) 林 業 労

More information

表 14-3-1 農 業 農 村 整 備 事 業 等 に 係 る 事 前 評 価 の 結 果 一 覧 事 業 名 経 営 体 育 成 基 盤 整 備 事 業 予 算 科 目 経 営 体 育 成 基 盤 整 備 事 業 費 補 助 事 業 の 主 な 目 的 将 来 の 地 域 農 業 を 担 う 経 営 体 を 育 成 しながら 地 域 農 業 の 展 開 方 向 等 を 勘 案 して 必 要 となる

More information

28)_

28)_ 計 画 策 定 年 度 計 画 主 体 平 成 26 年 度 八 幡 蒲 生 郡 日 野 蒲 生 郡 竜 王 地 域 鳥 獣 被 害 防 止 計 画 連 絡 先 担 当 部 署 名 所 在 地 電 話 番 号 FAX 番 号 メールアドレス 八 幡 都 産 業 部 農 業 振 興 課 滋 賀 県 八 幡 桜 宮 236 番 地 0748-36-5514 0748-32-5032 0011002@city.omihachiman.lg.jp

More information

高 齢 者 社 会 参 加 活 動 支 援 事 業 平 成 27 年 度 福 島 県 高 齢 者 生 きがい 就 労 モデル 事 業 活 動 報 告 書 福 島 県 目 次 高 齢 者 生 きがい 就 労 モデル 事 業 報 告 書 P1 実 績 報 告 認 定 特 定 非 営 利 活 動 法 人 ふくしま 成 年 後 見 センター P2 特 定 非 営 利 活 動 法 人 しんぐるまざあず ふぉーらむ

More information

「レンゲ」で安全で美味しいお米ができる

「レンゲ」で安全で美味しいお米ができる 9H22.2 第 1 回 デジタルカメラ 写 真 コンクール ( 主 催 : 全 国 農 業 改 良 普 及 支 援 協 会 ) 大 賞 越 前 にんじん 坂 井 農 林 総 合 事 務 所 農 業 経 営 支 援 部 田 中 秀 幸 氏 目 次 ホテルでのランチバイキングで 高 志 地 区 の 農 産 加 工 品 をPR!! 福 井 農 林 総 合 事 務 所 2 企 業 などへ さつき 半 ば

More information

農業所得収支計算ノート

農業所得収支計算ノート 平 成 年 分 農 業 所 得 収 支 算 ノート 住 所 米 原 市 氏 名 この 収 支 算 ノート 領 収 書 などは 7 年 間 保 存 してください 滋 賀 県 米 原 市 役 所 市 民 部 税 務 課 この 資 料 は 収 支 算 書 ( 農 業 所 得 用 )を 作 成 するためのものであり 資 料 中 の 1 や イ 等 の 記 号 番 号 は 収 支 内 訳 書 ( 農 業 所

More information

2. 摘 花 の 実 施 早 期 の 摘 花 摘 果 は 良 好 な 果 実 肥 大 や 翌 年 の 花 芽 確 保 の た め に ま た 適 正 樹 勢 の 維 持 の た め に 重 要 な 作 業 と な る 仕 上 げ 摘 果 を 満 開 30 日 後 ま で に 終 了 す る こ と

2. 摘 花 の 実 施 早 期 の 摘 花 摘 果 は 良 好 な 果 実 肥 大 や 翌 年 の 花 芽 確 保 の た め に ま た 適 正 樹 勢 の 維 持 の た め に 重 要 な 作 業 と な る 仕 上 げ 摘 果 を 満 開 30 日 後 ま で に 終 了 す る こ と 5 月 の 栽 培 管 理 リ ン ゴ 平 成 28 年 4 月 28 日 ふ じ の 生 育 状 況 < 県 南 部 ( 果 樹 試 験 場 本 場 ) > 注 発 芽 始 め ( 確 定 ) 4 月 1 日 ( 平 年 1 : 4 月 9 日 平 年 - 8 日 ) 展 葉 ( 確 定 ) 4 月 13 日 ( 平 年 : 4 月 20 日 平 年 - 7 日 ) 開 花 始 め ( 予 測 )

More information

目 次 1.はじめに 1 2. 花 粉 発 生 源 対 策 に 関 する 基 本 方 針 (1) 花 粉 発 生 源 対 策 の 現 状 と 課 題 2 (2) 花 粉 発 生 源 対 策 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 6 3. 花 粉 発 生 源 対 策 区 域 (1) 花 粉 症 対

目 次 1.はじめに 1 2. 花 粉 発 生 源 対 策 に 関 する 基 本 方 針 (1) 花 粉 発 生 源 対 策 の 現 状 と 課 題 2 (2) 花 粉 発 生 源 対 策 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 6 3. 花 粉 発 生 源 対 策 区 域 (1) 花 粉 症 対 山 梨 県 スギ 花 粉 発 生 源 対 策 推 進 プラン 平 成 20 年 12 月 策 定 ( 至 平 成 30 年 3 月 31 日 ) 山 梨 県 森 林 環 境 部 目 次 1.はじめに 1 2. 花 粉 発 生 源 対 策 に 関 する 基 本 方 針 (1) 花 粉 発 生 源 対 策 の 現 状 と 課 題 2 (2) 花 粉 発 生 源 対 策 に 関 する 基 本 的 な 考

More information

<5461726F2D82518254944E9378927B8E5990558BBB82CC82BD82DF82CC8E96>

<5461726F2D82518254944E9378927B8E5990558BBB82CC82BD82DF82CC8E96> 肉 用 牛 関 係 事 業 等 一 覧 表 ( 平 成 25 年 度 当 初 版 ) 目 的 は 具 体 的 には 対 応 する 事 業 実 施 主 体 事 業 の 特 徴 又 は 窓 口 1 規 模 拡 大 を 共 同 利 用 牛 舎 一 般 予 算 図 る を 整 備 したい 強 い 農 業 づくり 交 付 金 公 社 農 協 都 道 府 県 協 業 法 人 経 営 の 開 始 に 伴 う 共

More information

Microsoft Word - 労働移動受入奨励金支給要領(270701改正)

Microsoft Word - 労働移動受入奨励金支給要領(270701改正) 鳥 取 県 労 働 移 動 受 入 奨 励 金 支 給 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 売 上 高 や 生 産 量 の 減 少 等 に 伴 う 人 員 削 減 により 離 職 した 者 を 正 規 雇 用 した 事 業 主 に 鳥 取 県 労 働 移 動 受 入 奨 励 金 ( 以 下 奨 励 金 という )を 支 給 するために 必 要 な 事 項 を 定 める ( 定 義

More information

スライド 1

スライド 1 農 業 の 新 技 術 No. No. 98 2011 農 業 総 合 試 験 場 耐 暑 性 に 優 れた 夏 秋 系 黄 一 輪 ギク 夏 のきらめき なつき 愛 の 特 性 と 栽 培 技 術 夏 のきらめき (2011 年 品 種 登 録 ) なつき 愛 (2012 年 品 種 登 録 ) ( 商 標 : 夏 のあゆみ) 愛 知 県 農 業 総 合 試 験 場 では 愛 知 県 花 き 温

More information

験 識 技 能 還! 詳 細 係 黙 捧 﨑 始 企 団 記 念 品 贈 呈 彰 別 掲 次 来 賓 﨑 誠 也 深 瀬 裕 彦 副 祝 辞 天 恵 美 副 審 告 賠 償 保 険 料 倍 契 率 率 % 収 差 万 余 収 益 運 転 資 借 限 款 改 正 条 資 格 喪 失 費 納 納 更 条

験 識 技 能 還! 詳 細 係 黙 捧 﨑 始 企 団 記 念 品 贈 呈 彰 別 掲 次 来 賓 﨑 誠 也 深 瀬 裕 彦 副 祝 辞 天 恵 美 副 審 告 賠 償 保 険 料 倍 契 率 率 % 収 差 万 余 収 益 運 転 資 借 限 款 改 正 条 資 格 喪 失 費 納 納 更 条 / 公 益 団 法 丸 池 町 書 浜 尚 川 氏 齢 働 No. TEL9 email kochisc@sjc.ne.jp 笑 福 引 々 写 真 ォ 告 他 詳 細 副 祝 辞 職 群 班 設 準 備 ポ 訪 問 記 ポ ユ 紹 ゆぞ 紹 筋 回 紙 館 白 鳳 広 貢 献 験 識 技 能 還! 詳 細 係 黙 捧 﨑 始 企 団 記 念 品 贈 呈 彰 別 掲 次 来 賓 﨑 誠 也 深 瀬

More information

平 成 説 シート 務 総 点 新 規 / 継 続 継 続 ポンプ 場 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 施 設 課 (0)934-345 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 昭 和 5 ポンプ 場 下 水 道

平 成 説 シート 務 総 点 新 規 / 継 続 継 続 ポンプ 場 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 施 設 課 (0)934-345 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 昭 和 5 ポンプ 場 下 水 道 新 規 / 継 続 継 続 管 渠 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 管 理 課 (0)934-963 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 不 管 渠 下 水 道 法 要 綱 等 5-6 下 水 道 整 備 個 別 計 画 下 水 道 中 期 ビジョン あかし 下 水 道 計 画 ガイド 委 託 指 定 管 理

More information

琵琶湖流域下水道

琵琶湖流域下水道 琵 琶 湖 流 域 下 水 道 ストックマネジメントガイドライン 概 要 版 平 成 21 年 7 月 滋 賀 県 琵 琶 湖 環 境 部 下 水 道 課 はじめに 我 が 国 のインフラの 多 くは 戦 後 の 高 度 経 済 成 長 期 に 整 備 され 現 在 では 膨 大 なストックを 有 するに 至 っている それらのストックは 年 々 劣 化 し 修 繕 や 改 築 のコストの 増 大

More information

<874681408E9197BF34814088DB8E9D8AC7979D8C7689E68F9181602E786477>

<874681408E9197BF34814088DB8E9D8AC7979D8C7689E68F9181602E786477> 土 地 改 良 区 の 維 持 管 理 計 画 の 変 更 について 1 土 地 改 良 区 の 維 持 管 理 計 画 とは 平 成 28 年 2 月 4 日 ( 木 ) 熊 本 県 農 村 計 画 課 土 地 改 良 指 導 班 土 地 改 良 法 の 中 には 実 は 維 持 管 理 計 画 という 表 記 はありません 土 地 改 良 法 第 7 条 第 1 項 などに 登 場 する 土 地

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E738D9196AF95DB8CEC8C7689E6817C91E6825095D22E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E738D9196AF95DB8CEC8C7689E6817C91E6825095D22E646F63> 第 1 編 総 論 第 1 章 市 の 責 務 計 画 の 位 置 づけ 構 成 等 廿 日 市 市 ( 市 長 及 びその 他 の 執 行 機 関 をいう 以 下 市 という )は 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 する 責 務 にかんがみ 国 民 の 保 護 のための 措 置 を 的 確 かつ 迅 速 に 実 施 するため 以 下 のとおり 市 の 責 務 を 明 らかにするとともに

More information

1 国 産 野 菜 の 流 通 の 現 状 我 が 国 の 野 菜 生 産 は 北 海 道 関 東 九 州 が 中 心 これらの 地 域 で 全 体 の 約 6 割 を 占 める 大 消 費 地 である 首 都 圏 への 野 菜 出 荷 は 北 海 道 関 東 九 州 が 中 心 で 全 体 の7

1 国 産 野 菜 の 流 通 の 現 状 我 が 国 の 野 菜 生 産 は 北 海 道 関 東 九 州 が 中 心 これらの 地 域 で 全 体 の 約 6 割 を 占 める 大 消 費 地 である 首 都 圏 への 野 菜 出 荷 は 北 海 道 関 東 九 州 が 中 心 で 全 体 の7 青 果 物 の 流 通 をめぐる 状 況 平 成 26 年 11 月 1 国 産 野 菜 の 流 通 の 現 状 我 が 国 の 野 菜 生 産 は 北 海 道 関 東 九 州 が 中 心 これらの 地 域 で 全 体 の 約 6 割 を 占 める 大 消 費 地 である 首 都 圏 への 野 菜 出 荷 は 北 海 道 関 東 九 州 が 中 心 で 全 体 の7 割 を 占 める 首 都 圏 への

More information

第 号 希 望 練 圃 ず レ 塾 昨 ズ 圃 引 具 充 希 望 乗 購 共 万 点 努 盤 永 承 ワ 相 談 窓 口 捉 極 二 盤 幅 路 特 病 溝 渠 路 老 朽 損 傷 著 否 緊 急 性 慮 改 三 城 kg 能 含 む 童 意 向 JA 店 舗 数 街 格 街 JA JA 四 棄

第 号 希 望 練 圃 ず レ 塾 昨 ズ 圃 引 具 充 希 望 乗 購 共 万 点 努 盤 永 承 ワ 相 談 窓 口 捉 極 二 盤 幅 路 特 病 溝 渠 路 老 朽 損 傷 著 否 緊 急 性 慮 改 三 城 kg 能 含 む 童 意 向 JA 店 舗 数 街 格 街 JA JA 四 棄 第 号 住 電 - 相 二 丁 番 号 役 相 仮 庁 舎 線 通 斐 容 ペジ 書 回 答 旬 ほ 政 情 報 版 知 第 号 天 王 神 祭 : 桜 井 第 号 希 望 練 圃 ず レ 塾 昨 ズ 圃 引 具 充 希 望 乗 購 共 万 点 努 盤 永 承 ワ 相 談 窓 口 捉 極 二 盤 幅 路 特 病 溝 渠 路 老 朽 損 傷 著 否 緊 急 性 慮 改 三 城 kg 能 含 む 童 意

More information

八 重 山 要 覧 平 成 26 年 度 版 ( 平 成 27 年 11 月 発 行 ) この 八 重 山 要 覧 は 平 成 27 年 1 月 に 沖 縄 県 企 画 部 地 域 離 島 課 より 発 行 された 離 島 関 係 資 料 から 八 重 山 圏 域 3 市 町 に 該 当 する 部

八 重 山 要 覧 平 成 26 年 度 版 ( 平 成 27 年 11 月 発 行 ) この 八 重 山 要 覧 は 平 成 27 年 1 月 に 沖 縄 県 企 画 部 地 域 離 島 課 より 発 行 された 離 島 関 係 資 料 から 八 重 山 圏 域 3 市 町 に 該 当 する 部 八 重 山 要 覧 平 成 26 年 度 版 平 成 27 年 11 月 沖 縄 県 八 重 山 事 務 所 八 重 山 要 覧 平 成 26 年 度 版 ( 平 成 27 年 11 月 発 行 ) この 八 重 山 要 覧 は 平 成 27 年 1 月 に 沖 縄 県 企 画 部 地 域 離 島 課 より 発 行 された 離 島 関 係 資 料 から 八 重 山 圏 域 3 市 町 に 該 当 する

More information

目 次 第 1 農 用 地 利 用 計 画 1 1 土 地 利 用 区 分 の 方 向 1 (1) 土 地 利 用 の 方 向 1 ア 土 地 利 用 の 構 想 1 イ 農 用 地 区 域 の 設 定 方 針 2 (2) 農 業 上 の 土 地 利 用 の 方 向 4 ア 農 用 地 等 利 用

目 次 第 1 農 用 地 利 用 計 画 1 1 土 地 利 用 区 分 の 方 向 1 (1) 土 地 利 用 の 方 向 1 ア 土 地 利 用 の 構 想 1 イ 農 用 地 区 域 の 設 定 方 針 2 (2) 農 業 上 の 土 地 利 用 の 方 向 4 ア 農 用 地 等 利 用 地 域 指 定 年 度 計 画 策 定 年 度 計 画 見 直 し 年 度 昭 和 44 年 度 昭 和 46 年 度 昭 和 52 年 度 昭 和 61 年 度 平 成 9 年 度 川 俣 農 業 振 興 地 域 整 備 計 画 書 平 成 18 年 5 月 福 島 県 伊 達 郡 川 俣 町 目 次 第 1 農 用 地 利 用 計 画 1 1 土 地 利 用 区 分 の 方 向 1 (1) 土

More information

NO. 46 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-17-3 総 交 付 対 象 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 全 体 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目

NO. 46 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-17-3 総 交 付 対 象 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 全 体 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目 NO. 40 道 路 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-2-1 総 交 付 対 象 事 業 費 14,247,860( 千 円 ) 全 体 事 業 費 14,247,860( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目 標 である 防 災 減 災 によるまちづくり の 柱 として 集 団 移 転 事 業 を 掲 げている 今 次 津 波 により 被 災 した 沿 岸

More information

Microsoft PowerPoint - 131003【シンポ資料】北開局小水力ver130925提出版.pptx

Microsoft PowerPoint - 131003【シンポ資料】北開局小水力ver130925提出版.pptx 農 業 水 利 施 設 を 活 用 した 小 水 力 等 発 電 の 導 入 促 進 について 平 成 25 年 10 月 3 日 国 土 交 通 省 北 海 道 開 発 局 農 業 水 産 部 農 業 振 興 課 目 次 1. 小 水 力 等 発 電 導 入 の 状 況 について 2. 制 度 手 続 き 規 制 緩 和 について 3. 農 業 農 村 整 備 事 業 等 における 助 成 制 度

More information

2013 年 倉 吉 市 市 勢 要 覧 統 計 資 料 編 市 章 市 民 憲 章 はク はラ は 吉 で クとラと 吉 を 組 み 合 わせてまとめたものです 円 形 を 型 どるは 円 満 なる 融 和 を 示 し 市 民 の 強 固 なる 団 結 を 表 現 また 中 央 の 突 起 は 将 来 倉 吉 市 の 発 展 を 表 徴 しています 昭 和 29 年 3 月 29 日 議 決 わたくしたち

More information

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc 出 雲 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 島 根 県 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 1) 都 市 づくりの 基 本 理 念... 1 2) 地 域 毎 の 市 街 地 像... 3 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 1) 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無... 4 3. 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 土

More information

目 次 1 対 象 鳥 獣 の 種 類 被 害 防 止 計 画 の 期 間 及 び 対 象 地 域 1 2 鳥 獣 による 農 林 水 産 業 に 係 る 被 害 の 防 止 に 関 する 基 本 的 な 方 針 1 (1) 被 害 の 現 状 ( 平 成 26 年 度 実 績 ) 1 (2) 被

目 次 1 対 象 鳥 獣 の 種 類 被 害 防 止 計 画 の 期 間 及 び 対 象 地 域 1 2 鳥 獣 による 農 林 水 産 業 に 係 る 被 害 の 防 止 に 関 する 基 本 的 な 方 針 1 (1) 被 害 の 現 状 ( 平 成 26 年 度 実 績 ) 1 (2) 被 ( 別 記 様 式 第 1 号 ) 計 画 作 成 年 度 平 成 27 年 度 計 画 主 体 相 生 市 相 生 市 鳥 獣 被 害 防 止 計 画 < 連 絡 先 > 担 当 部 署 名 相 生 市 建 設 農 林 部 農 林 水 産 課 所 在 地 相 生 市 旭 一 丁 目 1 番 3 号 電 話 番 号 0791(23)7156 F A X 番 号 0791(23)7160 メールアドレス

More information

技術資料 一段密植栽培による高糖度トマトの周年安定生産技術

技術資料 一段密植栽培による高糖度トマトの周年安定生産技術 技 術 資 料 九 州 の 温 暖 な 気 象 条 件 を 活 用 し 冬 季 生 産 を 可 能 にする アスパラガス 伏 せ 込 み 栽 培 2011 年 3 月 独 立 行 政 法 人 農 業 食 品 産 業 技 術 総 合 研 究 機 構 九 州 沖 縄 農 業 研 究 センター 暖 地 施 設 野 菜 花 き 研 究 チーム アスパラガス 伏 せ 込 み 栽 培 とは アスパラガスの 伏

More information

職 能 国 際 情 報 平 成 年 度 実 施 調 査 事 業 報 告 書 本 会 掲 載 活 用 平 成 年 度 老 人 保 健 事 業 推 進 費 等 補 助 金 老 人 保 健 健 康 増 進 等 事 業 介 護 予 防 地 域 包 括 推 進 対 国 民 意 識 調 査 研 究 事 業 平

職 能 国 際 情 報 平 成 年 度 実 施 調 査 事 業 報 告 書 本 会 掲 載 活 用 平 成 年 度 老 人 保 健 事 業 推 進 費 等 補 助 金 老 人 保 健 健 康 増 進 等 事 業 介 護 予 防 地 域 包 括 推 進 対 国 民 意 識 調 査 研 究 事 業 平 お 知 らせ 会 費 第 回 理 学 療 法 士 国 家 試 験 合 格 者 発 表 年 月 日 行 合 格 者 数 名 合 格 率 % 出 願 者 数 12,505 名 受 験 者 数 12,035 名 合 格 者 数 9,952 名 合 格 率 82.7% 累 計 合 格 者 数 129,942 名 今 回 合 格 者 数 前 年 度 名 名 名 増 加 合 格 率 % 昨 年 合 格 率 (

More information

00 平成23年度業務実績報告書

00 平成23年度業務実績報告書 7.その 他 参 考 となり 得 る 情 報 (1) 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 支 援 の 取 組 み 東 日 本 大 震 災 に 関 連 し 機 構 は 以 下 に 示 すような 取 組 みを 通 して 復 旧 復 興 に 貢 献 している 1 鉄 道 建 設 業 務 関 連 1) 東 北 新 幹 線 復 旧 支 援 JR 東 日 本 に 対 して 東 北 新 幹 線 の 早

More information

第 8 条 本 協 議 会 における 研 修 は 以 下 のとおりとする (1) 座 学 研 修 農 業 講 座 や 先 進 農 家 視 察 など 農 業 経 営 基 礎 講 座 やその 他 担 い 手 のための 研 修 会 等 への 参 加 など 年 24 回 程 度 とする (2) 実 務 研

第 8 条 本 協 議 会 における 研 修 は 以 下 のとおりとする (1) 座 学 研 修 農 業 講 座 や 先 進 農 家 視 察 など 農 業 経 営 基 礎 講 座 やその 他 担 い 手 のための 研 修 会 等 への 参 加 など 年 24 回 程 度 とする (2) 実 務 研 南 阿 蘇 村 農 業 研 修 生 受 入 協 議 会 青 年 就 農 給 付 金 ( 準 備 型 ) 農 業 研 修 生 受 入 要 項 平 成 24 年 4 月 27 日 制 定 平 成 24 年 6 月 13 日 一 部 改 正 平 成 24 年 10 月 31 日 一 部 改 正 ( 目 的 ) 第 1 条 本 要 項 は 新 規 就 農 総 合 支 援 事 業 実 施 要 綱 ( 農 林

More information

白 ねぎ 1. 白 ねぎ 栽 培 の 魅 力 2. 白 ねぎ 栽 培 導 入 のメリット 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 ねぎたん 夏 秋 どり 秋 冬 どり ねぎたん の 紹 介!(こんな 白 ねぎもあります) 7

白 ねぎ 1. 白 ねぎ 栽 培 の 魅 力 2. 白 ねぎ 栽 培 導 入 のメリット 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 ねぎたん 夏 秋 どり 秋 冬 どり ねぎたん の 紹 介!(こんな 白 ねぎもあります) 7 経 営 複 合 化 に 向 けた 取 り 組 みを 進 めましょう! ~ 特 色 ある 園 芸 作 物 生 産 のすすめ ~ 10aあたりの 売 上 が 大 きい 一 連 の 省 力 機 械 が 整 備 されている 多 様 な 作 型 の 組 み 合 わせで 継 続 出 荷 ができる 周 年 的 な 労 働 力 活 用 ができる ( 大 麦 枝 豆 ) 後 作 の 高 度 利 用 に 最 適 県 産

More information

<483235944E93788CF6955C81698E738BE692AC91BA94C5816A2E786C73>

<483235944E93788CF6955C81698E738BE692AC91BA94C5816A2E786C73> 別 紙 常 総 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 年 度 の 人 件 費 率 人 % 年 度,,71,79 97,8,,81 1. 11.1 % () 給 与 費 の 状 況

More information

Microsoft PowerPoint - 140825_各種取組事例(部長指摘版).pptx

Microsoft PowerPoint - 140825_各種取組事例(部長指摘版).pptx (2) 地 域 内 経 済 循 環 の 取 組 あ ま ち ょ う 地 域 内 経 済 循 環 の 取 組 事 例 島 根 県 海 士 町 平 成 23 年 から25 年 の 社 会 増 減 をみると 24 年 25 年 は 転 入 超 過 に 転 じてい る 平 成 20 年 と25 年 の 年 齢 階 層 別 の 人 口 を 比 較 すると 25 歳 から44 歳 の 年 齢 層 ( 平 成 25

More information

議 案 目 録 議 案 第 7 3 号 明 石 市 住 民 投 票 条 例 検 討 委 員 会 条 例 制 定 のこと 第 7 4 号 明 石 市 農 業 委 員 会 委 員 の 選 挙 区 及 び 各 選 挙 区 において 選 挙 すべき 委 員 の 数 に 関 する 条 例 を 廃 止 する 条

議 案 目 録 議 案 第 7 3 号 明 石 市 住 民 投 票 条 例 検 討 委 員 会 条 例 制 定 のこと 第 7 4 号 明 石 市 農 業 委 員 会 委 員 の 選 挙 区 及 び 各 選 挙 区 において 選 挙 すべき 委 員 の 数 に 関 する 条 例 を 廃 止 する 条 平 成 25 年 6 月 定 例 市 議 会 提 出 議 案 概 要 書 総 務 部 法 務 課 総 務 部 総 務 課 財 務 部 財 政 課 議 案 目 録 議 案 第 7 3 号 明 石 市 住 民 投 票 条 例 検 討 委 員 会 条 例 制 定 のこと 第 7 4 号 明 石 市 農 業 委 員 会 委 員 の 選 挙 区 及 び 各 選 挙 区 において 選 挙 すべき 委 員 の 数

More information

その 他 事 業 推 進 体 制 平 成 20 年 3 月 26 日 に 石 垣 島 国 営 土 地 改 良 事 業 推 進 協 議 会 を 設 立 し 事 業 を 推 進 ( 構 成 : 石 垣 市 石 垣 市 議 会 石 垣 島 土 地 改 良 区 石 垣 市 農 業 委 員 会 沖 縄 県 農

その 他 事 業 推 進 体 制 平 成 20 年 3 月 26 日 に 石 垣 島 国 営 土 地 改 良 事 業 推 進 協 議 会 を 設 立 し 事 業 を 推 進 ( 構 成 : 石 垣 市 石 垣 市 議 会 石 垣 島 土 地 改 良 区 石 垣 市 農 業 委 員 会 沖 縄 県 農 国 営 かんがい 排 水 事 業 石 垣 島 地 区 事 業 の 概 要 本 事 業 は 沖 縄 本 島 から 南 西 約 400kmにある 石 垣 島 に 位 置 する 石 垣 市 の4,338haの 農 業 地 帯 において 農 業 用 水 の 安 定 供 給 を 図 るため 農 業 水 利 施 設 の 改 修 整 備 を 行 うものである 事 業 の 目 的 必 要 性 本 地 区 は さとうきびを

More information

古賀市土地対策指導要綱に関する公共・公益施設整備の手引き

古賀市土地対策指導要綱に関する公共・公益施設整備の手引き 古 賀 市 土 地 対 策 指 導 要 綱 に 関 する 公 共 公 益 施 設 整 備 の 手 引 き ( 平 成 25 年 4 月 1 日 ) 本 書 は 古 賀 市 土 地 対 策 指 導 要 綱 に 定 められた 公 共 公 益 施 設 の 各 整 備 指 導 基 準 を 要 約 したものです この 他 各 基 準 の 詳 細 については 各 担 当 課 にお 尋 ねください 1. 道 路

More information

1 岩手県における住宅及び住宅政策の現状と課題

1 岩手県における住宅及び住宅政策の現状と課題 第 1 章 の 住 環 境 を 取 り 巻 く 現 状 住 宅 政 策 基 本 計 画 1 の 位 置 づけ は 西 には 奥 羽 山 脈 東 には 北 上 山 系 が 相 対 し 北 上 川 と 和 賀 川 が 合 流 する 地 域 に 肥 よくな 土 地 に 美 しい 田 園 地 帯 が 広 がる 北 上 平 野 の 中 央 に 位 置 しています には 北 へ 約 45km 仙 台 市 には

More information

Microsoft PowerPoint - Vol.14原稿(最終版)

Microsoft PowerPoint - Vol.14原稿(最終版) 多 面 的 機 能 支 払 交 付 金 の 概 要 農 業 農 村 は 国 土 の 保 全 水 源 のかん 養 自 然 環 境 の 保 全 良 好 な 景 観 の 形 成 等 の 多 面 的 機 能 を 有 しており その 利 益 は 広 く 国 民 が 享 受 しています しかしながら 近 年 の 農 村 地 域 の 過 疎 化 高 齢 化 混 住 化 等 の 進 行 に 伴 う 集 落 機 能

More information

第 4 小 水 力 等 発 電 導 入 について 1 県 全 体 の 発 電 導 入 の 取 組 の 考 え 方 (1) 導 入 可 能 性 調 査 県 は 農 業 水 利 施 設 管 理 者 である 土 地 改 良 区 等 ( 以 下 施 設 管 理 者 という ) から 発 電 設 備 導 入

第 4 小 水 力 等 発 電 導 入 について 1 県 全 体 の 発 電 導 入 の 取 組 の 考 え 方 (1) 導 入 可 能 性 調 査 県 は 農 業 水 利 施 設 管 理 者 である 土 地 改 良 区 等 ( 以 下 施 設 管 理 者 という ) から 発 電 設 備 導 入 秋 田 県 農 業 水 利 施 設 を 活 用 した 小 水 力 等 発 電 マスタープラン 第 1 策 定 の 趣 旨 このマスタープランは 秋 田 県 における 農 業 水 利 施 設 を 活 用 した 小 水 力 等 発 電 設 備 の 計 画 的 な 設 置 を 推 進 するため 発 電 設 備 の 導 入 可 能 性 が 高 い 農 業 水 利 施 設 への 設 備 設 置 に 必 要 な

More information

2-3.xdw

2-3.xdw 第 2 章 第 3 節 路 計 画 第 3 節 路 計 画 [ 幅 員 に 関 する 担 当 : 開 発 審 査 課 ] [ 構 造 に 関 する 担 当 : 各 区 役 所 建 設 センター] 路 の 基 準 は 都 市 計 画 法 の 技 術 基 準 により 幅 員 などに 関 する 具 体 的 な 基 準 が 定 められてお ります 本 市 では それらの 基 準 に 従 うと 共 に 小 規

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63> 都 市 計 画 全 般 7 8 Ⅱ 八 王 子 市 の 都 市 計 画 1. 都 市 計 画 全 般 (1) 都 市 計 画 の 内 容 と 決 定 状 況 都 市 計 画 は 農 林 漁 業 との 健 全 な 調 和 を 図 りつつ 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するために 土 地 利 用 都 市 施 設 の 整 備 及 び 市 街

More information