年々増加する投資信託のトラブル-元本割れなどのリスクを再確認し、トラブルの未然・拡大防止を-

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "年々増加する投資信託のトラブル-元本割れなどのリスクを再確認し、トラブルの未然・拡大防止を-"

Transcription

1 報 道 発 表 資 料 平 成 24 年 7 月 26 日 独 立 行 政 法 人 国 民 生 活 センター 年 々 増 加 する 投 資 信 託 のトラブル - 元 本 割 れなどのリスクを 再 確 認 し トラブルの 未 然 拡 大 防 止 を- 投 資 信 託 全 体 の 純 資 産 総 額 は 2011( 平 成 23) 年 末 で 約 90 兆 円 となっており 市 場 規 模 は 非 常 に 大 きなものとなっている 1 こうした 背 景 のもと 国 民 生 活 センターでは 2009 年 1 月 にい わゆる ノックイン 型 投 資 信 託 に 関 する 注 意 喚 起 を 行 った 2 しかし 全 国 の 消 費 生 活 セン ターに 寄 せられる 投 資 信 託 に 関 する 相 談 はそれ 以 降 も 増 加 傾 向 にあり 2011 年 度 は 1,700 件 を 超 えている 相 談 内 容 としては 契 約 解 約 や 販 売 方 法 に 関 するものが 多 く 中 でも 元 本 保 証 がな いことなどについての 説 明 不 足 や 解 約 に 関 する 相 談 が 目 立 っている また 契 約 当 事 者 は 60 歳 以 上 の 高 齢 者 が 多 く 契 約 金 額 の 平 均 が 1,000 万 円 を 超 えていることも 投 資 信 託 に 関 する 相 談 の 特 徴 である 他 方 2012 年 2 月 には 投 資 信 託 に 関 する 監 督 指 針 の 改 正 が 金 融 庁 により 行 われており 3 今 後 は 消 費 者 トラブルの 増 加 傾 向 に 歯 止 めがかかることも 期 待 されるが 投 資 信 託 の 市 場 規 模 は 非 常 に 大 きく 消 費 者 トラブルの 件 数 自 体 も 非 常 に 多 いのが 現 状 である そこで 更 なる 消 費 者 トラブルの 未 然 拡 大 防 止 のため 全 国 に 寄 せられる 相 談 情 報 の 傾 向 分 析 を 行 い 消 費 者 への 注 意 喚 起 のために 情 報 提 供 を 行 う 1.PIO-NET( 全 国 消 費 生 活 情 報 ネットワーク システム) 4 に 見 る 相 談 の 概 要 (1) 年 度 別 相 談 件 数 の 推 移 年 々 増 加 傾 向 が 続 く 1 社 団 法 人 投 資 信 託 協 会 の 統 計 資 料 ( 2 ローリスクと 勧 誘 されたが 想 定 外 に 大 きく 元 本 割 れする 可 能 性 が 生 じた ノックイン 型 投 資 信 託 (2009 年 1 月 8 日 公 表 )( 参 照 3 金 融 商 品 取 引 業 者 等 向 けの 総 合 的 な 監 督 指 針 ( 新 旧 対 照 表 ) ( 金 融 庁 ホームページ 参 照 監 督 指 針 改 正 の 主 な 内 容 として 1 通 貨 選 択 型 ファンドについては 投 資 対 象 資 産 の 価 格 変 動 リスクに 加 えて 複 雑 な 為 替 変 動 リスクを 伴 うことから 通 貨 選 択 型 ファンドへの 投 資 経 験 が 無 い 顧 客 への 勧 誘 販 売 時 において 顧 客 から 商 品 特 性 リスク 特 性 を 理 解 した 旨 の 確 認 書 を 受 け 入 れ これを 保 存 するなどの 措 置 をとっているか 2 元 本 の 安 全 性 を 重 視 するとしている 顧 客 に 対 して 通 貨 選 択 型 ファンドなどのリスクの 高 い 商 品 を 販 売 する 場 合 には 管 理 職 による 承 認 制 とするなどの 慎 重 な 販 売 管 理 を 行 っているか 3 投 資 信 託 の 分 配 金 に 関 して 分 配 金 の 一 部 又 は 全 てが 元 本 の 一 部 払 戻 しに 相 当 する 場 合 があることを 顧 客 に 分 かり 易 く 説 明 しているか などが 盛 り 込 まれた 4 PIO-NET(パイオネット: 全 国 消 費 生 活 情 報 ネットワーク システム)とは 国 民 生 活 センターと 全 国 の 消 費 生 活 センターをオンラインネットワークで 結 び 消 費 生 活 に 関 する 情 報 を 蓄 積 しているデータベースのこと なお PIO-NET 情 報 は 相 談 者 の 申 し 出 情 報 に 基 づいたものである 1

2 投 資 信 託 に 関 する 相 談 件 数 を 年 度 別 に 見 ると 2007 年 度 は 929 件 であったが 年 々 増 加 する 傾 向 が 続 いており 2011 年 度 は 2007 年 度 の 約 1.9 倍 である 1,792 件 の 相 談 が 全 国 の 消 費 生 活 セン ターに 寄 せられている( 図 1) なお 2008 年 度 に 相 談 件 数 が 急 増 した 背 景 としては 世 界 的 な 金 融 危 機 の 発 生 が 考 えられる 図 1 投 資 信 託 に 関 する 相 談 件 数 の 年 度 別 推 移 件 数 1,800 1,500 世 界 的 な 金 融 危 機 の 発 生 1, ,629 1,601 1,315 1, 年 度 2012 年 6 月 末 日 までの 登 録 分 以 下 同 じ (2) 相 談 内 容 の 特 徴 説 明 不 足 に 関 するものが 目 立 つ 1 相 談 内 容 別 分 類 相 談 内 容 別 分 類 ごとの 相 談 件 数 を 見 ると 契 約 解 約 ( 契 約 自 体 や 解 約 が 問 題 になっている ケース)に 関 する 相 談 が 最 も 多 く 全 体 の 約 8 割 を 占 めている 次 いで 販 売 方 法 ( 勧 誘 時 の 販 売 方 法 が 問 題 になっているケース)に 関 する 相 談 が 多 く 全 体 の 約 6 割 を 占 めている( 図 2) ま た これらの 年 度 ごとの 割 合 を 見 ると 販 売 方 法 に 関 する 相 談 の 割 合 が 2007 年 度 以 降 増 加 傾 向 にあることが 分 かる( 図 3) 図 2 相 談 内 容 別 分 類 ごとの 相 談 件 数 図 3 相 談 内 容 別 分 類 の 年 度 別 割 合 推 移 契 約 解 約 5958 販 売 方 法 4361 接 客 対 応 価 格 料 金 件 数 2007 年 度 以 降 全 体 (n=7,266) 以 下 同 じ 割 合 100.0% 80.0% 60.0% 40.0% 20.0% 0.0% 81.8% 88.1% 83.7% 78.8% 78.2% 63.6% 65.3% 59.5% 52.9% 55.1% 20.2% 20.1% 18.4% 19.2% 22.3% 11.6% 11.0% 11.8% 15.7% 14.0% 契 約 解 約 販 売 方 法 接 客 対 応 価 格 料 金 なお 相 談 内 容 別 分 類 は 複 数 カウント 項 目 の 年 度 ため 重 複 がある 2

3 2 具 体 的 な 相 談 内 容 相 談 の 具 体 的 な 内 容 を 見 ると 5 勧 誘 時 や 契 約 時 に 商 品 の 仕 組 みやリスクの 説 明 が 十 分 でなか った などといった 説 明 不 足 に 関 する 相 談 が 最 も 多 く 全 体 の 約 4 割 を 占 めている 次 いで 投 資 信 託 の 契 約 をしたが 解 約 したい などといった 解 約 全 般 に 関 するものが 多 い( 表 1) このうち 説 明 不 足 に 関 する 相 談 について さらに 内 訳 を 分 析 すると 元 本 割 れ に 関 する ものが 上 位 にあがっており これらの 事 例 を 見 ると 元 本 割 れをするとは 説 明 されなかった 元 本 保 証 ではないという 説 明 がなかった などといった 相 談 が 見 られる 6 ( 表 2) 表 1 主 な 相 談 内 容 ごとの 割 合 表 2 説 明 不 足 に 関 する 相 談 の 主 な 内 容 (n=7,266: 投 資 信 託 全 体 ) ごとの 割 合 (n=2,601: 投 資 信 託 のうち 説 明 不 足 ) 投 資 信 託 全 体 相 談 内 容 説 明 不 足 解 約 全 般 元 本 割 れ 強 引 返 金 投 資 信 託 のうち 説 明 不 足 割 合 相 談 内 容 割 合 35.8% 解 約 全 般 33.0% 30.5% 元 本 割 れ 29.6% 22.5% 返 金 11.8% 15.1% 補 償 11.6% 10.7% 強 引 10.6% 表 1 は 2007 年 度 以 降 の 投 資 信 託 全 体 (7,266 件 )を 母 数 としている 複 数 回 答 項 目 のため 項 目 間 に 重 複 がある( 表 2も 同 様 ) 表 2 は 2007 年 度 以 降 の 投 資 信 託 全 体 のうち 説 明 不 足 (2,601 件 )を 母 数 としている (3) 契 約 当 事 者 の 特 徴 60 歳 以 上 が 約 8 割 を 占 める 契 約 当 事 者 の 年 齢 を 見 ると 70 歳 以 上 が 全 体 の 約 半 数 を 占 めており これに 60 歳 代 を 加 える と 全 体 の 約 8 割 を 占 める( 図 4) また 60 歳 以 上 の 割 合 は 2007 年 度 以 降 年 々 増 加 する 傾 向 にあ り( 図 5) 高 齢 者 の 相 談 が 多 いことが 特 徴 として 伺 える 図 4 契 約 当 事 者 年 代 別 割 合 図 5 契 約 当 事 者 年 代 別 割 合 の 年 度 別 推 移 80 歳 以 上 17% 70 歳 代 33% 40 歳 未 満 4% 40 歳 代 7% 60 歳 代 27% 50 歳 代 12% 不 明 無 回 答 等 を 除 いて 割 合 を 算 出 以 下 同 じ 割 合 100% 90% 80% 70% 60% 50% 40% 30% 20% 10% 0% 12% 16% 17% 18% 19% 30% 31% 35% 80 歳 以 上 35% 34% 70 歳 代 60 歳 代 25% 50 歳 代 27% 40 歳 代 27% 28% 28% 40 歳 未 満 16% 13% 11% 9% 11% 11% 8% 7% 8% 5% 5% 5% 3% 3% 3% 年 度 5 相 談 内 容 を 表 すキーワードの 集 計 による 6 表 1 は 投 資 信 託 に 関 する 相 談 全 体 を 分 析 集 計 対 象 としたものであり 表 2 は 投 資 信 託 に 関 する 相 談 のうち 説 明 不 足 に 関 するものについてさらに 分 析 集 計 したものである 表 1 と 表 2 における 同 じ 項 目 名 のものは データの 一 部 が 重 複 している 3

4 (4)その 他 の 傾 向 平 均 契 約 金 額 は 約 1,200 万 円 と 高 額 1 契 約 金 額 100 万 円 以 上 500 万 円 未 満 が 最 も 多 く 次 いで 1,000 万 円 以 上 3,000 万 円 未 満 が 多 い 平 均 契 約 金 は 約 1,200 万 円 と 高 額 であった( 図 6) 2 販 売 購 入 形 態 等 相 談 事 例 に 係 る 販 売 購 入 形 態 としては 証 券 会 社 や 銀 行 等 の 店 舗 購 入 が 最 も 多 く 全 体 の 約 6 割 を 占 めており 次 いで 訪 問 販 売 が 約 3 割 であった また インターネット 等 による 通 信 販 売 の 割 合 は 小 さかった( 図 7) 相 談 は 証 券 会 社 銀 行 等 とも 同 じぐらいの 割 合 であった 図 6 契 約 金 額 別 相 談 件 数 件 数 図 7 契 約 購 入 形 態 別 相 談 件 数 通 信 販 売 3% 電 話 勧 誘 販 売 10% その 他 2% 訪 問 販 売 27% 店 舗 購 入 59% 万 円 未 満 100 万 円 以 上 500 万 円 未 満 500 万 円 以 上 1000 万 円 未 満 1000 万 円 以 上 3000 万 円 未 満 万 円 以 上 5000 万 円 未 満 万 円 以 上 1 億 円 未 満 52 1 億 円 以 上 2. 主 な 相 談 事 例 投 資 信 託 に 関 する 主 な 相 談 事 例 としては 大 きく 分 けて 以 下 のようなものがある (1) 説 明 不 足 や 説 明 内 容 に 関 するもの 事 例 1 元 本 保 証 と 言 って ノックイン 型 の 投 資 信 託 を 勧 誘 された 5 年 前 に 定 期 預 金 にしようとして 銀 行 に 出 向 いたところ 定 期 預 金 よりも 利 率 の 高 い 金 融 商 品 があり しかも 元 本 保 証 と 言 われ 投 資 信 託 を 紹 介 された 元 本 保 証 があるなら 良 いと 思 って 900 万 円 の 契 約 をした それから 数 年 後 株 価 が 下 落 した 際 に 担 当 者 から 連 絡 があったので 元 本 保 証 ですよね と 聞 いたところ 株 価 が 一 定 の 金 額 以 下 になると 元 本 保 証 はなくなる と 説 明 され た そのような 説 明 は 契 約 時 には 聞 いていないし 元 本 割 れの 可 能 性 がある と 聞 いていたら 契 約 していない 元 本 割 れをしたので 補 償 を 求 めたい ( 相 談 受 付 :2012 年 3 月 契 約 当 事 者 : 北 海 道 80 歳 代 男 性 無 職 ) 事 例 2 分 配 金 が 倍 になると 言 われて 通 貨 選 択 型 の 投 資 信 託 を 契 約 したがやめたい 以 前 から 取 引 のある 証 券 会 社 から 分 配 金 はこれまで 持 っていた 商 品 の 倍 になると 言 われて 通 貨 選 択 型 で 為 替 ヘッジのある 投 資 信 託 を 契 約 した( 契 約 金 額 約 400 万 円 ) 目 論 見 書 などは 契 約 後 に 渡 され 後 で 読 んでみるとリスクの 高 い 商 品 であることが 分 かった 翌 日 解 約 したいと 申 し 出 たが すでに 契 約 書 にサインしているので 解 約 できないと 言 われた 支 払 いは 以 前 取 引 してい た 投 資 信 託 の 解 約 金 を 充 当 し 不 足 分 は1 週 間 以 内 に 支 払 う 約 束 をしていた 納 得 できないので 4

5 やめたい ( 相 談 受 付 :2012 年 3 月 契 約 当 事 者 : 広 島 県 60 歳 代 女 性 家 事 従 事 者 ) 事 例 3 毎 月 分 配 型 の 投 資 信 託 を 契 約 したが 説 明 と 異 なる 点 があり 解 約 したい 数 日 前 に 定 期 預 金 をする 予 定 で 銀 行 に 行 ったところ 利 率 の 良 い 商 品 がある と 投 資 信 託 を 勧 められ 断 ったが 分 配 は 必 ずある と 言 われ 2 種 類 の 投 資 信 託 ( 年 2 回 分 配 と 毎 月 分 配 )を 合 計 1,000 万 円 契 約 した 後 から 資 料 に 目 を 通 していたら 分 配 金 を 出 すために 元 本 が 減 っていく と 記 載 があった そのような 説 明 は 受 けていない 話 が 違 うので 解 約 したい また 元 本 保 証 の 商 品 に 変 更 したい ( 相 談 受 付 :2011 年 8 月 契 約 当 事 者 : 愛 知 県 50 歳 代 男 性 給 与 生 活 者 ) 事 例 4 家 中 の 資 金 を 集 め 投 資 したが 思 っていた 以 上 に 元 本 割 れし 納 得 できない 4 年 前 に 定 期 預 金 が 満 期 になり 銀 行 の 窓 口 に 出 向 いた 窓 口 で 投 資 信 託 を 購 入 するよう 勧 めら れた 毎 月 分 配 金 が 約 24 万 円 もらえるという 説 明 があり 家 中 の 資 金 を 集 め 約 3,000 万 円 で 投 資 信 託 の 契 約 をした 分 配 金 はもらっているが 元 本 割 れもあり 現 在 の 元 本 は 約 2,000 万 円 である と 言 われている リスクの 説 明 はあったが こんなに 元 本 が 割 れるとは 想 定 していなかった 投 資 目 的 の 金 融 商 品 はそれまで 購 入 したことがなく 予 想 外 の 損 害 額 に 納 得 できない ( 相 談 受 付 :2012 年 1 月 契 約 当 事 者 : 北 陸 地 域 60 歳 代 男 性 無 職 ) 事 例 5 戦 争 が 起 きない 限 り 元 本 は 絶 対 大 丈 夫 と 言 われ 契 約 したが 説 明 と 違 った 4 年 前 定 期 預 金 をする 目 的 で 銀 行 に 行 った 際 に 戦 争 が 起 きない 限 り 元 本 は 絶 対 大 丈 夫 保 証 する などと 何 度 も 説 明 を 受 け 投 資 信 託 を 契 約 した その 1 年 後 解 約 しに 行 ったら 今 解 約 してもほとんどお 金 は 戻 らない と 言 われそのまま 継 続 しているが 最 初 の 説 明 と 全 く 違 い だ まされたのでないかと 思 う ( 相 談 受 付 :2011 年 4 月 契 約 当 事 者 : 山 形 県 60 歳 代 女 性 家 事 従 事 者 ) (2) 適 合 性 に 関 するもの 事 例 6 認 知 症 高 齢 者 が 仕 組 みを 理 解 せずに 契 約 したが 取 り 消 したい 要 介 護 認 定 と 認 知 症 の 診 断 を 受 けている 高 齢 の 母 が 証 券 会 社 で 投 資 信 託 などを 契 約 している 約 600 万 円 で 契 約 した 投 資 信 託 の 残 高 が 約 200 万 円 になっている 契 約 書 などは 見 つからないし いつから 取 引 をしていたのか 分 からない 母 は 全 く 仕 組 みを 理 解 しておらず 契 約 を 取 り 消 した い ( 相 談 受 付 :2012 年 1 月 契 約 当 事 者 : 東 京 都 80 歳 代 女 性 無 職 ) (3) 勧 誘 方 法 に 関 するもの 事 例 7 窓 口 で 勧 誘 され 根 負 けして 契 約 したが 解 約 したい 数 日 前 満 期 になった 定 期 預 金 の 手 続 きをしに 銀 行 の 窓 口 へ 行 ったところ 1 年 間 利 率 のいい 定 期 預 金 とセットで 投 資 信 託 を 勧 められた 元 本 割 れすると 説 明 されたので 元 本 保 証 でないの は 嫌 だと 何 度 も 言 ったが 1 時 間 くらい 粘 られ 根 負 けして 契 約 してしまった 解 約 したい 5

6 ( 相 談 受 付 :2011 年 4 月 契 約 当 事 者 : 愛 知 県 70 歳 代 女 性 無 職 ) 事 例 8 自 宅 に 何 度 も 来 訪 され 断 れずに 契 約 したが 解 約 したい 数 日 前 に 亡 夫 名 義 の 株 を 預 けてあった 証 券 会 社 の 担 当 者 が 来 訪 した リスクはあるがこれは とても 良 くて 安 心 3 カ 月 経 てば 解 約 できる( ) と 海 外 の 国 債 を 扱 う 投 資 信 託 を 勧 められた が 夫 に 先 立 たれ 気 持 ちが 弱 っていたこともあり 仕 組 みは 理 解 できなかった 夜 に 再 度 来 訪 され 気 が 弱 くて 断 れず 約 270 万 円 の 契 約 をした よく 考 えやはり 断 ろうと 思 っていたところ 翌 日 担 当 者 から 電 話 があった 契 約 しないと 伝 えたが 変 なものは 勧 めない などと 言 われ 結 局 押 し 切 られてしまった 後 日 やはり 不 安 で 電 話 したが すでに 契 約 は 成 立 しており クーリング オ フできないので 今 日 中 に 払 ってほしい と 言 われた 資 金 に 余 裕 がないことは 説 明 している こ の 契 約 のことで 夜 も 眠 れない 解 約 したい なお 当 該 契 約 について 相 談 窓 口 で 目 論 見 書 を 確 認 したところ クローズド 期 間 7 について は ありません との 記 載 がなされていた ( 相 談 受 付 :2011 年 1 月 契 約 当 事 者 : 東 京 都 50 歳 代 女 性 家 事 従 事 者 ) (4) 解 約 自 体 に 関 するもの 事 例 9 言 われるままに 契 約 したが 解 約 に 応 じてもらえない 以 前 から 株 の 売 買 をしていたが 4 年 前 に 証 券 会 社 の 担 当 者 が 来 訪 し 株 を 売 って 投 資 信 託 を 購 入 したほうが 良 いと 勧 められ 分 かりやすい 説 明 もなく 言 われるままに 契 約 した その 後 どん どん 資 産 が 目 減 りした もう 年 なので 解 約 したいと 言 うと 7 年 後 に 利 息 が 上 がるので 持 ってい るように 言 われた 7 年 後 は 分 からないので 解 約 してほしいと 伝 えても 子 どもが 引 き 継 げると 言 って 解 約 させてくれない 早 く 解 約 したい ( 相 談 受 付 :2012 年 2 月 契 約 当 事 者 : 大 阪 府 80 歳 代 女 性 家 事 従 事 者 ) 3. 相 談 事 例 から 見 た 問 題 点 (1) 元 本 保 証 ではないこと 等 リスクについての 説 明 が 十 分 ではない 投 資 信 託 は 元 本 保 証 の 金 融 商 品 ではなく 元 本 割 れのリスクがあるが 元 本 割 れをするとは 説 明 されなかった といったように 元 本 割 れなどのリスクの 説 明 がなされていない もしくは 契 約 をする 消 費 者 にとって 十 分 ではないケースが 目 立 っている このような 説 明 の 不 十 分 さが 消 費 者 の 誤 解 を 招 き トラブルを 誘 引 しているおそれもある 8 事 例 1~5 こうした 場 合 のうち ノックイン 型 のように 一 定 の 条 件 を 満 たせば 元 本 が 保 証 されるタイ 7 投 資 信 託 によっては 一 定 期 間 は 解 約 を 認 めない クローズド 期 間 を 設 けているものもある 8 金 融 商 品 販 売 法 では 証 券 会 社 や 銀 行 などの 金 融 商 品 販 売 業 者 等 は 投 資 信 託 などの 金 融 商 品 の 販 売 が 行 われる までの 間 に 元 本 割 れなどが 生 じるおそれがある 旨 などの 重 要 事 項 について 顧 客 の 知 識 経 験 財 産 の 状 況 や 契 約 締 結 の 目 的 に 照 らして 顧 客 に 理 解 されるために 必 要 な 方 法 や 程 度 によって 説 明 しなければならないとされ ている( 金 融 商 品 販 売 法 第 3 条 ) また 金 融 商 品 取 引 法 では 証 券 会 社 や 銀 行 などの 金 融 商 品 取 引 業 者 等 は 原 則 として 投 資 信 託 の 契 約 など 金 融 商 品 取 引 契 約 を 締 結 しようとするときは あらかじめ 契 約 締 結 前 交 付 書 面 を 顧 客 に 交 付 しなければならないと されている この 契 約 締 結 前 交 付 書 面 には 損 失 が 生 ずることとなるおそれがあるときは その 旨 を 記 載 しなけ ればならない( 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の 3) なお 金 融 商 品 取 引 業 者 等 やその 営 業 員 などは 金 融 商 品 取 引 契 約 の 締 結 又 はその 勧 誘 に 関 して 顧 客 に 対 して 虚 偽 のことを 告 げる 行 為 や 不 確 実 な 事 項 について 断 定 的 な 判 断 を 提 供 する 等 して 勧 誘 をしてはならない( 金 融 商 品 取 引 法 第 38 条 ) 6

7 プの 投 資 信 託 では 株 価 が 一 定 の 金 額 を 下 回 ると 元 本 が 保 証 されなくなるなどといった 元 本 保 証 の 条 件 についての 説 明 が 不 十 分 であるケースが 見 られた 事 例 1 他 方 分 配 金 のあるタイプの 投 資 信 託 では 分 配 金 の 支 払 いなどのメリットは 説 明 されているが 契 約 前 のリスクの 説 明 が 十 分 ではなくトラブルになっているケースもあった 事 例 2 また 分 配 金 を 毎 月 受 け 取 れる 毎 月 分 配 型 では 分 配 金 が 運 用 益 からではなく 元 本 を 取 り 崩 して 支 払 われることがあるが こ の 点 の 説 明 が 不 十 分 であるケースが 見 られた 事 例 3 その 他 戦 争 でも 起 こらない 限 り 大 丈 夫 などといった 抽 象 的 な 説 明 をされているケースもあ る 事 例 5 このようなケースでは 消 費 者 が 適 切 に 商 品 のリスクを 認 識 できないまま 契 約 に 至 り トラブルになるおそれがある この 他 にも かたい 商 品 プロが 運 用 しているから 大 丈 夫 などという 説 明 をされている 例 も 見 られた (2) 商 品 自 体 が 複 雑 で そもそもリスクの 内 容 等 を 認 識 できない 投 資 信 託 の 中 には 商 品 の 仕 組 みや 想 定 されるリスクやリターンを 消 費 者 が 認 識 するには 一 定 の 知 識 経 験 が 必 要 な 複 雑 な 内 容 のものもある このうち 事 例 1 のような ノックイン 型 9 は 特 殊 な 条 件 が 定 められた 債 券 (デリバティブを 活 用 した 仕 組 債 )を 投 資 対 象 としており 仕 組 み 自 体 が 複 雑 な 商 品 であると 思 われる 特 に 事 例 2 のような 通 貨 選 択 型 は 投 資 対 象 資 産 の 価 格 変 動 リスクに 加 えて 複 雑 な 為 替 変 動 リスクを 伴 うこともあり 一 般 の 消 費 者 にとって は 非 常 に 複 雑 な 商 品 であると 思 われる 10 投 資 信 託 では 契 約 金 額 が 高 額 であることも 多 く 中 には 本 人 のリスクの 許 容 度 を 超 えた 損 失 に なるおそれもあり 先 行 きに 不 安 をかかえる 高 齢 者 にとって 生 活 の 根 幹 をゆるがしかねないよう な 過 大 な 損 失 を 被 るケースも 見 られた 11 事 例 4 (3) 判 断 能 力 が 不 十 分 な 消 費 者 による 契 約 認 知 症 高 齢 者 などのように 記 憶 力 や 判 断 能 力 が 不 十 分 な 消 費 者 が 勧 誘 を 受 け 内 容 を 全 く 理 解 12 しないまま 契 約 するなど 消 費 者 の 適 合 性 に 問 題 のあるケースも 見 られた 事 例 6 この 場 合 特 に 一 人 暮 らしだと 契 約 している 事 実 が 家 族 や 周 りの 人 にも 気 づかれにくい 場 合 もある (4) 断 っているのにしつこく 勧 誘 される 契 約 するつもりはない などと 言 って 断 っているのにしつこく 勧 誘 するといった 問 題 勧 誘 も 見 られた 事 例 7~8 こうしたケースでは しつこい 勧 誘 に 仕 方 なく 契 約 してしまうこともあ り 解 約 トラブルになることがある 9 リスク 限 定 ( 軽 減 ) 型 条 件 付 元 本 確 保 型 などと 呼 ばれることもある 10 この 点 について 日 本 弁 護 士 連 合 会 が 2012 年 6 月 20 日 に 金 融 庁 等 に 提 出 した 投 資 信 託 投 資 法 人 法 制 の 見 直 しに 関 する 意 見 書 ( で は 一 般 投 資 家 に 販 売 される 投 資 信 託 について 一 般 投 資 家 に 適 さない 複 雑 な 仕 組 みの 商 品 やリスクの 高 い 商 品 が 販 売 されることのないよう 商 品 規 制 ( 商 品 の 内 容 を 画 する 運 用 規 制 を 含 む )に 関 する 規 定 を 整 備 すべきであ る との 意 見 が 述 べられている 11 金 融 商 品 取 引 業 者 等 は 顧 客 の 知 識 経 験 財 産 の 状 況 や 契 約 を 締 結 する 目 的 に 照 らして 不 適 当 と 認 められる 勧 誘 を 行 って 投 資 者 の 保 護 に 欠 けることのないように 業 務 を 行 わなければならない( 適 合 性 の 原 則 )( 金 融 商 品 取 引 法 第 40 条 第 1 号 ) 12 前 掲 注 11 参 照 7

8 (5) 解 約 に 応 じられないというケースも 事 例 9 のように 消 費 者 が 事 業 者 に 対 して 解 約 したい と 申 し 出 ても 解 約 に 応 じられな かったというケースが 見 られた 13 また 投 資 信 託 によっては 一 定 期 間 は 解 約 を 認 めない ク ローズド 期 間 を 設 けているものもあるが この 点 につき 事 例 8 では クローズド 期 間 が 設 けられていないにも 関 わらず 3 カ 月 は 解 約 できない など 事 実 と 異 なる 説 明 を 行 っているケー スが 見 られた この 他 にも なかなか 解 約 に 応 じてもらえず どうしたらよいか といった 相 談 が 寄 せられている なお 事 例 8 のように クーリング オフできないと 言 われた といった 相 談 も 寄 せられて いるが そもそも 投 資 信 託 の 契 約 には 金 融 商 品 取 引 法 上 のクーリング オフの 制 度 は 適 用 されな い (6) 銀 行 窓 口 販 売 の 特 徴 と 問 題 点 1 特 徴 : 投 資 信 託 の 契 約 を 元 々の 目 的 としていなかった 消 費 者 がトラブルに 遭 っている 定 期 預 金 にしようとして 銀 行 に 出 向 いたところ 投 資 信 託 を 紹 介 された など 元 々は 預 金 目 的 で 銀 行 に 出 向 いた 消 費 者 が 契 約 する 予 定 のなかった 投 資 信 託 の 勧 誘 を 受 け トラブルに 遭 っているケースが 非 常 に 多 くの 事 例 で 見 られる 事 例 1 事 例 3 事 例 4 事 例 5 事 例 7 これは 元 本 保 証 の 預 金 を 扱 う 銀 行 窓 口 販 売 で 見 られる 特 徴 である 2 問 題 点 : 消 費 者 が 望 んでいる 商 品 性 と 一 致 していない 相 談 事 例 を 見 ると 元 本 割 れの 可 能 性 がある と 聞 いていたら 契 約 していない 事 例 1 元 本 保 証 の 商 品 に 変 更 したい 事 例 3 元 本 保 証 でない 商 品 は 嫌 だ 事 例 7 など 元 本 保 証 の 商 品 を 望 んでいる 消 費 者 に 対 して 元 本 割 れリスクが 生 じる 投 資 信 託 の 勧 誘 を 行 っているケース が 目 立 つ 銀 行 が 勧 める 商 品 性 と 消 費 者 の 意 向 がそもそも 一 致 しておらず 問 題 である 加 えて 商 品 性 が 一 致 していないことを 消 費 者 に 十 分 認 識 させていないケース 事 例 1 や 一 致 してい ないにも 関 わらずしつこく 勧 誘 するケース 事 例 7 なども 見 られた 4. 消 費 者 へのアドバイス (1) 元 本 保 証 ではないことを 改 めて 認 識 し 販 売 員 の 説 明 内 容 を 十 分 に 確 認 すること 投 資 信 託 は 預 貯 金 とは 異 なり 元 本 が 保 証 されたものではないことを 改 めて 認 識 し 販 売 員 の 説 明 する 商 品 の 内 容 を 十 分 に 確 認 したうえで 契 約 すること もし 確 実 に 元 本 が 保 証 された 商 品 を 希 望 するのであれば 投 資 信 託 の 契 約 は 避 けること (2)リスクや 仕 組 みを 十 分 に 理 解 できず リスクの 程 度 を 適 切 に 測 ることができなければ 契 約 しないこと 投 資 信 託 の 中 には ノックイン 型 や 通 貨 選 択 型 などのように 複 雑 な 仕 組 みの 商 品 もある 13 金 融 商 品 取 引 法 では 金 融 商 品 取 引 契 約 に 基 づく 金 融 商 品 取 引 行 為 を 行 うことその 他 の 当 該 金 融 商 品 取 引 契 約 に 基 づく 債 務 の 全 部 又 は 一 部 の 履 行 を 拒 否 し 又 は 不 当 に 遅 延 させる 行 為 が 禁 止 されている( 金 融 商 品 取 引 法 第 38 条 第 7 号 金 商 業 等 府 令 第 117 条 第 1 項 第 5 号 ) 8

9 商 品 の 仕 組 みやリスクについて パンフレットや 目 論 見 書 などの 資 料 で 十 分 に 確 認 し 納 得 が 行 くまで 説 明 してもらったうえで それでも 仕 組 みが 理 解 できなかったり リスクの 程 度 を 適 切 に 測 ることができなければ 契 約 しないこと また 毎 月 分 配 型 などの 場 合 には 分 配 金 の 一 部 ま たは 全 てが 元 本 の 一 部 払 戻 しに 相 当 する 場 合 があるので あらかじめよく 確 認 しておくこと (3) 自 分 が 許 容 できるリスクの 範 囲 内 で 契 約 すること 投 資 信 託 では 契 約 金 額 が 高 額 になる 例 も 見 られ 市 場 の 動 向 等 によっては 多 額 の 損 失 を 伴 う 可 能 性 もある 自 分 の 収 入 や 資 産 状 況 を 十 分 に 考 慮 したうえで 自 分 が 許 容 できるリスクの 範 囲 を 明 確 にしたうえで その 範 囲 内 で 契 約 をすること (4) 解 約 条 件 についてもあらかじめ 確 認 しておくこと 投 資 信 託 によっては 一 定 期 間 は 解 約 を 認 めない クローズド 期 間 を 設 けているものもある また 解 約 するときに 手 数 料 がかかったり 手 数 料 とは 別 に 一 定 の 金 額 が 差 し 引 かれるものも あるため 契 約 する 前 にあらかじめ 解 約 条 件 についても 確 認 しておくこと また 投 資 信 託 の 契 約 にはクーリング オフ 制 度 の 適 用 がないため 注 意 する 必 要 がある (5)トラブルにあったら 消 費 生 活 センターに 相 談 すること 投 資 信 託 に 関 してトラブルにあったり 契 約 前 に 不 安 な 点 などがあれば 最 寄 りの 消 費 生 活 セ ンター 等 に 相 談 すること 情 報 提 供 先 消 費 者 庁 消 費 者 政 策 課 消 費 者 委 員 会 事 務 局 金 融 庁 監 督 局 証 券 課 日 本 証 券 業 協 会 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 社 団 法 人 投 資 信 託 協 会 14 このほか 証 券 会 社 や 銀 行 の 監 督 官 庁 である 金 融 庁 では 金 融 サービス 利 用 者 相 談 室 ( ) にて 金 融 サービスに 関 する 質 問 相 談 意 見 等 を 受 け 付 けている 9

10 ( 参 考 資 料 )ノックイン 型 通 貨 選 択 型 毎 月 分 配 型 の 投 資 信 託 の 概 要 について 15 * 以 下 では ノックイン 型 通 貨 選 択 型 毎 月 分 配 型 の 投 資 信 託 について 概 要 をまとめた 詳 細 については 目 論 見 書 などを 必 ず 参 照 し 十 分 に 説 明 を 受 けること 16 1ノックイン 型 ノックイン 型 の 投 資 信 託 は 株 価 指 数 など 対 象 となる 資 産 の 価 格 が 一 定 の 範 囲 を 超 えて 下 落 しなければ 一 定 の 利 回 りが 支 払 われるといった 特 殊 な 条 件 が 定 められた 債 券 ( 仕 組 債 ) を 投 資 対 象 とする 投 資 信 託 である 一 定 の 範 囲 を 超 えて 下 落 した 場 合 (これを ノックイン と いう) その 下 落 分 がそのまま 投 資 家 の 損 失 になるというリスクがある 2 通 貨 選 択 型 通 貨 選 択 型 の 投 資 信 託 は 株 式 や 債 券 などといった 投 資 対 象 資 産 に 加 えて 投 資 対 象 通 貨 も 選 択 することができるよう 設 計 された 投 資 信 託 である 通 貨 選 択 型 の 投 資 信 託 の 収 益 ( 損 失 ) 源 の 要 素 としては 1 利 子 配 当 収 入 投 資 対 象 資 産 の 価 格 変 動 2 為 替 ヘッジプレミアム/コ スト 3 為 替 差 益 / 為 替 差 損 がある( 下 図 参 照 ) 図 通 貨 選 択 型 の 投 資 信 託 のイメージ 17 ヘッジ 対 象 通 貨 3( 為 替 変 動 ) 2( 為 替 ヘッジ) ( 投 資 ) ( 申 込 金 ) 受 益 者 投 資 信 託 投 資 対 象 資 産 ( 分 配 金 償 還 金 など) 1( 利 子 配 当 収 入 投 資 対 象 資 産 の 価 格 変 動 ) 収 益 ( 損 失 ) 源 の 要 素 1 利 子 配 当 収 入 投 資 対 象 資 産 の 価 格 変 動 2 為 替 ヘッジプレミア ム/コスト = 為 替 差 益 / 為 替 差 損 収 益 を 得 ら れるケース 投 資 対 象 資 産 の 市 況 の 好 転 ( 金 利 の 低 下 等 )* 投 資 対 象 資 産 ( 債 券 等 )の 価 格 の 上 昇 ヘッジ 対 象 通 貨 の 短 期 金 利 が 投 資 対 象 資 産 の 短 期 金 利 を 上 回 る ヘッジプレミアムの 発 生 ヘッジ 対 象 通 貨 が 対 円 で 上 昇 ( 円 安 ) 為 替 差 益 の 発 生 損 失 やコス トが 発 生 す るケース 投 資 対 象 資 産 ( 債 券 等 )の 価 格 の 下 落 投 資 対 象 資 産 の 市 況 の 悪 化 ( 金 利 の 上 昇 発 行 体 の 信 用 状 況 の 悪 化 等 )* ヘッジコストの 発 生 ヘッジ 対 象 通 貨 の 短 期 金 利 が 投 資 対 象 資 産 の 短 期 金 利 を 下 回 る * 投 資 対 象 資 産 の 価 格 の 上 昇 / 下 落 の 要 因 は 資 産 の 種 類 ( 債 券 株 式 不 動 産 等 )により 異 なる 為 替 差 損 の 発 生 ヘッジ 対 象 通 貨 が 対 円 で 下 落 ( 円 高 ) 15 日 本 証 券 業 協 会 ホームページ( 及 び 事 業 者 の 目 論 見 書 等 より 一 部 抜 粋 した 詳 細 に ついては 同 協 会 ホームページ 及 び 事 業 者 の 目 論 見 書 等 を 参 照 16 国 民 生 活 センター 報 道 発 表 資 料 ローリスクと 勧 誘 されたが 想 定 外 に 大 きく 元 本 割 れする 可 能 性 が 生 じた ノ ックイン 型 投 資 信 託 (2009 年 1 月 8 日 公 表 )( 参 照 17 通 貨 選 択 型 の 投 資 信 託 のイメージであり 実 際 の 成 果 を 示 唆 するものではない 10

11 3 毎 月 分 配 型 毎 月 分 配 型 の 投 資 信 託 は 1 カ 月 ごとに 決 算 を 行 い 収 益 等 の 一 部 を 収 益 分 配 金 ( 分 配 金 ) として 毎 月 分 配 する 運 用 方 針 になっている 投 資 信 託 の 分 配 金 には 普 通 分 配 金 ( 個 別 元 本 を 上 回 る 部 分 からの 分 配 金 )と 元 本 払 戻 金 ( 特 別 分 配 金 )( 個 別 元 本 を 下 回 る 部 分 からの 分 配 金 )があ る 元 本 払 戻 金 ( 特 別 分 配 金 )は 投 資 した 元 本 の 一 部 払 戻 し に 当 たり その 金 額 だけ 個 別 元 本 は 減 少 する <title> 年 々 増 加 する 投 資 信 託 のトラブル - 元 本 割 れなどのリスクを 再 確 認 し トラブルの 未 然 拡 大 防 止 を - </title> 11

なかなか減らない新聞のトラブル-高齢者に10年以上の契約も!解約しようとしたら断られた!-

なかなか減らない新聞のトラブル-高齢者に10年以上の契約も!解約しようとしたら断られた!- 報 道 発 表 資 料 平 成 25 年 8 月 22 日 独 立 行 政 法 人 国 民 生 活 センター なかなか 減 らない 新 聞 のトラブル 高 齢 者 に 10 年 以 上 の 契 約 も! 解 約 しようとしたら 断 られた! 新 聞 の 訪 問 販 売 に 関 する 相 談 については PIO-NET 1 にこの 10 年 間 毎 年 1 万 件 前 後 の 消 費 者 苦 情 がよせられている(

More information

<3135383834365F8E4F88E48F5A97468145826382628A4F8D918DC28C948343839383668362834E835883748340839383685F32303136303732395F4D2E786C7378>

<3135383834365F8E4F88E48F5A97468145826382628A4F8D918DC28C948343839383668362834E835883748340839383685F32303136303732395F4D2E786C7378> 6 枚 組 の1 枚 目 です # 基 準 価 額 および 純 資 産 総 額 7/29 前 月 比 基 準 価 額 ( 円 ) 18,489 293 純 資 産 総 額 ( 百 万 円 ) 47,913 968 基 準 価 額 は10000 口 当 たりの 金 額 です 基 準 価 額 および 純 資 産 総 額 の 推 移 ファンド 設 定 日 25,000 22,500 H14.4.1 純 資

More information

個 人 向 け 国 債 この 書 面 には 個 人 向 け 国 債 のお 取 引 を 行 っていただく 上 でのリスクや 留 意 点 が 記 載 されています あらかじめよくお 読 みください 発 行 日 から 1 年 未 満 の 中 途 換 金 は 原 則 できません 中 途 換 金 時 の 受

個 人 向 け 国 債 この 書 面 には 個 人 向 け 国 債 のお 取 引 を 行 っていただく 上 でのリスクや 留 意 点 が 記 載 されています あらかじめよくお 読 みください 発 行 日 から 1 年 未 満 の 中 途 換 金 は 原 則 できません 中 途 換 金 時 の 受 個 人 向 け 国 債 商 品 説 明 書 公 共 債 保 護 預 り 兼 振 替 決 済 口 座 に 関 する 契 約 のご 説 明 商 品 説 明 書 (2016 年 8 月 ): 次 ページより(5)ページ 公 共 債 保 護 預 り 兼 振 替 決 済 口 座 に 関 する 契 約 のご 説 明 (2016 年 8 月 ):(6)ページ 個 人 向 け 国 債 この 書 面 には 個 人 向

More information

「クレジットカード現金化」をめぐるトラブルに注意!

「クレジットカード現金化」をめぐるトラブルに注意! 報 道 発 表 資 料 平 成 22 年 4 月 7 日 独 立 行 政 法 人 国 民 生 活 センター クレジットカード 現 金 化 をめぐるトラブルに 注 意! - 利 用 者 自 身 も 思 わぬ 大 きなトラブルに 巻 き 込 まれるおそれが- クレジットカードで 現 金 化 するとうたって クレジットカードのショッピング 枠 で 商 品 等 を 購 入 させ それを 業 者 が 買 い

More information

目 論 見 書 補 完 書 面 ( 投 資 信 託 ) (この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の3の 規 定 によりお 渡 しするものです ) この 書 面 及 び 目 論 見 書 の 内 容 をよくお 読 みください 当 ファンドのお 取 引 に 関 しては 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の6の 規 定 (いわゆる クーリング オフ)の 適 用 はありません 当

More information

あっせんの申立て事案の概要とその結果 平成23年度第2四半期 その他

あっせんの申立て事案の概要とその結果 平成23年度第2四半期 その他 別 冊 あっせんの 申 立 て 事 案 の 概 要 とその 結 果 ( 平 成 23 年 度 第 2 四 半 期 ) 1 その 他 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 事 案 番 号 22 年 度 (あ) 第 200 号 申 立 ての 概 要 外 国 為 替 予 約 が 延 長 されなかったことによる 損 害 賠 償 要 求 申 立 人 の 属 性 法 人 B 銀 行 との 為 替 予

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

  西播磨消費者団体連絡協議会理事会及び研究班会議について(6/22)

  西播磨消費者団体連絡協議会理事会及び研究班会議について(6/22) ( 別 紙 ) 平 成 22 年 度 西 播 磨 生 活 科 学 センター( 現 西 播 磨 消 費 生 活 センター)の 消 費 生 活 相 談 状 況 センターの 相 談 件 数 は 市 町 窓 口 の 設 置 等 により 昨 年 度 の 約 8 割 に 減 少 インターネット ( 出 会 い 系 サイト アダルトサイト 等 )の 苦 情 が 最 多 年 代 別 では 70 歳 以 上 の 苦

More information

記 事 座 談 会 裁 判 員 裁 判 における 弁 護 活 動 の 日 本 司 法 支 援 セン 現 状 と 課 題 ター( 法 テラス) 3 現 代 型 取 引 をめぐる 裁 判 例 (350) 升 田 純 26 判 決 録 行 政 一 繰 越 控 除 限 度 額 に 係 る 最 も 古 い 年

記 事 座 談 会 裁 判 員 裁 判 における 弁 護 活 動 の 日 本 司 法 支 援 セン 現 状 と 課 題 ター( 法 テラス) 3 現 代 型 取 引 をめぐる 裁 判 例 (350) 升 田 純 26 判 決 録 行 政 一 繰 越 控 除 限 度 額 に 係 る 最 も 古 い 年 判 例 時 報 平 成 26 年 6 月 21 日 号 座 談 会 裁 判 員 裁 判 における 弁 護 活 動 の 日 本 司 法 支 援 セ 現 状 と 課 題 ンター( 法 テラス) 3 現 代 型 取 引 をめぐる 裁 判 例 (350) 升 田 純 26 判 決 録 < 行 政 > 1 件 33 < 民 事 > 6 件 46 < 知 の 財 産 権 > 2 件 100 < 商 事 > 1

More information

東京土建国民健康保険組合

東京土建国民健康保険組合 東 京 土 建 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 4 5 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 46 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 47 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 48 年 2 月 20 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 2 月 25 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 7 月 24 日 一 部 改 正 昭 和 50 年 2 月 19 日 一 部

More information

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 介 護 保 険 最 新 情 報 今 回 の 内 容 全 国 介 護 保 険 高 齢 者 保 健 福 祉 担 当 課 長 会 議 資 料 につ いてのQ&A 6 月 29 日 版 の 送 付 について 計 33 枚 ( 本 紙 を 除 く) Vol.486 平 成 27

More information

生 命 保 険 会 社 損 益 状 況 を 見 る 通 常 事 業 活 動 による 損 益 ( 経 常 損 益 ) 一 般 に 経 常 損 益 とは 通 常 事 業 活 動 で 発 生 した 損 益 得 られる 収 益 です ことです 経 常 損 益 中 には 経 常 収 益 経 常 費 用 これに

生 命 保 険 会 社 損 益 状 況 を 見 る 通 常 事 業 活 動 による 損 益 ( 経 常 損 益 ) 一 般 に 経 常 損 益 とは 通 常 事 業 活 動 で 発 生 した 損 益 得 られる 収 益 です ことです 経 常 損 益 中 には 経 常 収 益 経 常 費 用 これに 生 命 保 険 会 社 損 益 状 況 を 見 る 損 益 計 算 書 は 事 業 年 度 経 営 成 績 を 表 すもです こ 章 では まず 生 命 保 険 会 社 損 益 計 算 特 徴 を 説 明 し さらに 主 な 項 目 について どように 損 益 を 計 算 しているかを 解 説 していきます 生 命 保 険 会 社 損 益 計 算 特 徴 を 知 る 生 命 保 険 会 社 損 益

More information

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に 法 制 WG19-2-4 参 考 資 料 平 成 19 年 10 月 31 日 金 融 庁 目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 における 課

More information

「高齢者被害特別相談(高齢者110番)」実施結果

「高齢者被害特別相談(高齢者110番)」実施結果 報 道 発 表 資 料 平 成 22 年 10 月 27 日 独 立 行 政 法 人 国 民 生 活 センター 高 齢 者 被 害 特 別 相 談 ( 高 齢 者 110 番 ) 実 施 結 果 高 齢 者 の 消 費 者 被 害 を 未 然 に 防 ぎ 被 害 拡 大 を 防 止 するため 9 月 16 日 ~17 日 にかけて 9 都 ( 注 県 市 1) ( 注 2) 3 団 体 共 同 して

More information

4. 購 入 方 法 (1) 購 入 最 低 金 額 (2) 購 入 単 位 (3) 購 入 対 価 のお 支 払 方 法 5 万 円 5 万 円 単 位 新 しく 発 行 される 国 債 のご 購 入 で 発 行 日 の 前 営 業 日 までに 約 定 された 場 合 は 発 行 日 が 受 渡

4. 購 入 方 法 (1) 購 入 最 低 金 額 (2) 購 入 単 位 (3) 購 入 対 価 のお 支 払 方 法 5 万 円 5 万 円 単 位 新 しく 発 行 される 国 債 のご 購 入 で 発 行 日 の 前 営 業 日 までに 約 定 された 場 合 は 発 行 日 が 受 渡 国 債 商 品 概 要 説 明 書 ( 兼 契 約 締 結 前 交 付 書 面 ) (この 書 面 は 法 令 の 規 定 に 基 づく 契 約 締 結 前 交 付 書 面 です ) この 書 面 には 国 債 のお 取 引 を 行 っていただく 上 でのリスクや 留 意 点 が 記 載 されています あらかじめよくお 読 みいただき ご 不 明 な 点 はお 取 引 開 始 前 にご 確 認 ください

More information

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定 1.( 自 動 継 続 ) (1) 自 動 継 続 自 由 金 利 型 定 期 預 金 ( 以 下 この 預 金 といいます )は 通 帳 記 載 の 満 期 日 に 前 回 と 同 一 期 間 の 自 由 金 利 型 定 期 預 金 に 自 動 的 に 継 続 します 継 続 された 預 金 についても 同 様 とします (2) この 預 金 の 継 続 後 の 利 率 は 継 続 日 ( 継 続

More information

平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 における 主 な 要 望 項 目 <> 内 はページ 番 号 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 家 計 の 安 定 的 な 資 産 形 成 の 実 現 少 額 からの 積 立 分 散 投 資 の 促 進 のためのNISAの 改 善 <p.3> 金

平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 における 主 な 要 望 項 目 <> 内 はページ 番 号 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 家 計 の 安 定 的 な 資 産 形 成 の 実 現 少 額 からの 積 立 分 散 投 資 の 促 進 のためのNISAの 改 善 <p.3> 金 平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 項 目 平 成 28 年 8 月 金 融 庁 平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 における 主 な 要 望 項 目 内 はページ 番 号 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 家 計 の 安 定 的 な 資 産 形 成 の 実 現 少 額 からの 積 立 分 散 投 資 の 促 進 のためのNISAの 改 善 金 融 所 得

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082D082AA82B582F1918D8D878CFB8DC08EE688F893998B4B92E88F572E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082D082AA82B582F1918D8D878CFB8DC08EE688F893998B4B92E88F572E646F63> 当 金 庫 でお 預 りいたしますご 預 金 は 本 規 定 によりお 取 扱 いさせていただきます ひがしん 総 合 口 座 取 引 規 定 1. ( 総 合 口 座 取 引 ) (1) 次 の 各 取 引 は ひがしん 総 合 口 座 として 利 用 すること( 以 下 この 取 引 といいます ) ができます 1 普 通 預 金 ( 無 利 息 型 普 通 預 金 を 含 みます 以 下 同

More information

Microsoft Word - 財形預金規定集改定平成22年5月ホームページ掲載.d

Microsoft Word - 財形預金規定集改定平成22年5月ホームページ掲載.d 財 産 形 成 預 金 規 定 集 室 蘭 信 用 金 庫 平 成 22 年 5 月 改 正 このたびは 室 蘭 信 用 金 庫 にご 預 金 をお 預 け 入 れいただき 誠 にありがとうございます お 客 様 からお 預 かりいたしましたご 預 金 は 本 規 定 集 によりお 取 扱 いさせていただきます ので ご 一 読 のうえ お 手 もとにお 備 えおきください 目 次 1. 基 本 規

More information

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ 県 民 税 利 子 割 に 係 る 事 務 取 扱 いについて 昭 和 63 年 4 月 30 日 税 第 36 号 総 務 部 長 このことについて 別 紙 のとおり 定 めたので 事 務 処 理 に 遺 憾 のないようされたい 別 紙 ( 非 課 税 の 範 囲 等 ) 1 (1) 非 課 税 に 該 当 するか 否 かの 判 定 は 利 子 等 の 支 払 の 時 点 の 現 況 によつて 行

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

Microsoft PowerPoint - tap2014_03

Microsoft PowerPoint - tap2014_03 用 語 説 明 2014 年 度 3 学 期 専 門 科 目 タックス プランニング Ⅲ 納 税 義 務 者 利 子 ~ 配 当 所 得 村 上 裕 太 郎 控 除 : 収 入 あるいは 所 得 から 引 くこと 源 泉 徴 収 : 受 取 前 に 税 金 を 前 もって 引 かれること 総 合 課 税 :あとで 他 の 所 得 と 合 算 される 分 離 課 税 : 他 の 所 得 とは 合 算

More information

税務セミナー「FX取引の所得申告ノウハウ」

税務セミナー「FX取引の所得申告ノウハウ」 ~ 税 務 セミナー ~ FX 取 引 の 所 得 申 告 ノウハウ 公 認 会 計 士 税 理 士 玉 置 栄 一 氏 セミナーに 先 立 って(その1) 脱 税 は 犯 罪 行 為 である!! 2005 年 までの3 年 間 で4 億 円 の 所 得 がありながら 確 定 申 告 せず1 億 3,900 万 円 を 脱 税 したとして 東 京 の 主 婦 が 懲 役 1 年 6 月 執 行 猶

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208169323893FA8E6797708A4A8E6E816A8179303431358DEC90AC817A8269826082CC826C826C826581408CF0957496DA985F8CA98F91313630352E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208169323893FA8E6797708A4A8E6E816A8179303431358DEC90AC817A8269826082CC826C826C826581408CF0957496DA985F8CA98F91313630352E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 ) 使 用 開 始 日 2016.5.28 JAのMMF 追 加 型 投 信 / 国 内 / 株 式 /インデックス 型 分 配 金 再 投 資 ( 累 積 投 資 ) 可 能 (マネー マネージメント ファンド) 追 加 型 投 信 / 国 内 / 債 券 /MMF 分 配 金 再 投 資 ( 累 積 投 資 ) 専 用 単 位 型 追 加

More information

温 泉 付 有 料 老 人 ホームの 利 用 権 の 勧 誘 に 関 する 注 意 喚 起 1. 温 泉 付 有 料 老 人 ホームの 利 用 権 に 関 するトラブルの 状 況 温 泉 付 有 料 老 人 ホームの 利 用 権 の 売 買 に 関 する 勧 誘 を 巡 るトラブルについては 本 年

温 泉 付 有 料 老 人 ホームの 利 用 権 の 勧 誘 に 関 する 注 意 喚 起 1. 温 泉 付 有 料 老 人 ホームの 利 用 権 に 関 するトラブルの 状 況 温 泉 付 有 料 老 人 ホームの 利 用 権 の 売 買 に 関 する 勧 誘 を 巡 るトラブルについては 本 年 News Release 平 成 23 年 6 月 24 日 温 泉 付 有 料 老 人 ホームの 利 用 権 の 勧 誘 に 関 する 注 意 喚 起 温 泉 付 有 料 老 人 ホームの 利 用 権 の 売 買 に 関 する 勧 誘 を 巡 るトラブルについ ては 本 年 3 月 頃 から 各 地 の 消 費 生 活 センターに 多 数 の 相 談 が 寄 せられていま す 勧 誘 にあたり 震

More information

お 取 引 内 容 に 関 するご 確 認 ご 相 談 や 苦 情 等 について お 取 引 内 容 に 関 するご 確 認 ご 相 談 はお 取 引 店 または 金 融 商 品 営 業 部 金 融 商 品 管 理 課 (024-541-2304) 苦 情 につきましては 営 業 統 括 部 お 客

お 取 引 内 容 に 関 するご 確 認 ご 相 談 や 苦 情 等 について お 取 引 内 容 に 関 するご 確 認 ご 相 談 はお 取 引 店 または 金 融 商 品 営 業 部 金 融 商 品 管 理 課 (024-541-2304) 苦 情 につきましては 営 業 統 括 部 お 客 証 券 振 替 決 済 口 座 契 約 締 結 前 交 付 書 面 (この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の 3 の 規 定 によりお 渡 しするものです ) この 書 面 をよくお 読 みください 当 行 では お 客 さまから 有 価 証 券 ( 投 資 信 託 および 国 債 ならびに 地 方 債 をいいます 以 下 同 じ ) の 売 買 等 に 必 要 な 金 銭

More information

販 売 用 資 料 Q1.なぜ を 引 き 下 げたのですか? A1. 当 ファンドの 収 益 分 配 方 針 に 基 づき 現 在 の 基 準 価 額 の 水 準 および 市 況 動 向 等 を 勘 案 し 当 期 の (1 万 口 当 たり 税 引 前 )を30 円 とし 前 期 の50 円 か

販 売 用 資 料 Q1.なぜ を 引 き 下 げたのですか? A1. 当 ファンドの 収 益 分 配 方 針 に 基 づき 現 在 の 基 準 価 額 の 水 準 および 市 況 動 向 等 を 勘 案 し 当 期 の (1 万 口 当 たり 税 引 前 )を30 円 とし 前 期 の50 円 か 販 売 用 資 料 投 資 家 の 皆 様 へ 2015 年 10 月 5 日 三 井 住 友 アセットマネジメント 株 式 会 社 コーポレート ボンド インカム( 為 替 ヘッジ 型 ) 愛 称 : 泰 平 航 路 第 77 期 決 算 および のお 支 払 いについて 平 素 は コーポレート ボンド インカム( 為 替 ヘッジ 型 ) ( 以 下 当 ファンド)をご 愛 顧 賜 り 厚 く

More information

Taro-別紙1 パブコメ質問意見とその回答

Taro-別紙1 パブコメ質問意見とその回答 別 紙 1 国 際 連 合 安 全 保 障 理 事 会 決 議 第 千 二 百 六 十 七 号 等 を 踏 まえ 我 が 国 が 実 施 す る 国 際 テ ロリ スト の 財 産 の 凍 結 等 に 関 す る 特 別 措 置 法 施 行 令 案 等 に 対 す る 御 意 見 御 質 問 に 対 する 警 察 庁 の 考 え 方 について 1 国 際 連 合 安 全 保 障 理 事 会 決 議

More information

えている 生 活 保 護 や 生 活 福 祉 資 金 貸 付 制 度 等 多 重 債 務 問 題 に 関 わる 法 律 家 としては 社 会 的 弱 者 のために 制 度 化 された 社 会 保 障 に 対 する 深 い 理 解 も 求 められる また 関 係 機 関 との 連 携 を 深 めること

えている 生 活 保 護 や 生 活 福 祉 資 金 貸 付 制 度 等 多 重 債 務 問 題 に 関 わる 法 律 家 としては 社 会 的 弱 者 のために 制 度 化 された 社 会 保 障 に 対 する 深 い 理 解 も 求 められる また 関 係 機 関 との 連 携 を 深 めること 11/01/14 関 東 ブロック 新 人 研 修 会 静 岡 県 司 法 書 士 会 中 里 功 多 重 債 務 整 理 事 件 3 - 消 費 者 破 産 - 本 稿 は 個 人 破 産 の 中 でもいわゆる 消 費 者 破 産 ( 非 事 業 者 に 関 する 破 産 事 件 )に 関 する 基 礎 的 論 点 の 修 得 を 目 的 としており 事 業 者 の 破 産 事 件 や 会 社 の

More information

2325 28152810 232513 -1- -2- -3- -4- -5- -6- -7- -8- -9- -10- -11- -12- -13- -14- -15- -16- -17- -18- -19- -20- -21- -22- -23- -24- -25- -26- -27- -28- -29- -30- -31- -32- -33- -34- -35- -36- -37- -38-

More information

190309_東証REIT指数上場投信_20160831_M.xlsx

190309_東証REIT指数上場投信_20160831_M.xlsx 6 枚 組 の1 枚 目 です # 基 準 価 額 および 純 資 産 総 額 8/31 基 準 価 額 ( 円 ) 184,839 純 資 産 総 額 ( 百 万 円 ) 23,212 前 月 比 -3,766 695 基 準 価 額 および 純 資 産 総 額 の 推 移 ファンド 設 定 日 H27.3.24 純 資 産 総 額 ( 億 円 : 右 軸 ) 基 準 価 額 ( 円 : 左 軸

More information

地震防災対策の現状と課題~住宅の耐震化と地震保険~

地震防災対策の現状と課題~住宅の耐震化と地震保険~ 第 119 回 NRIメディアフォーラム 地 震 防 災 対 策 の 現 状 と 課 題 ~ 住 宅 の 耐 震 化 と 地 震 保 険 ~ 2009 年 11 月 13 日 株 式 会 社 野 村 総 合 研 究 所 社 会 システムコンサルティング 部 上 級 コンサルタント 主 任 コンサルタント 浅 野 憲 周 野 崎 洋 之 100-0005 東 京 都 千 代 田 区 丸 の 内 1-6-5

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

本 書 の 特 徴 本 書 はFP 技 能 士 2 級 AFP 実 技 ( 資 産 設 計 提 案 業 務 ) 試 験 合 格 を 支 援 します FP2 級 技 能 士 2 級 AFP 実 技 ( 資 産 ) 試 験 の 特 徴 は 1 実 技 というものの 出 題 形 式 はテーマが 与 えられ

本 書 の 特 徴 本 書 はFP 技 能 士 2 級 AFP 実 技 ( 資 産 設 計 提 案 業 務 ) 試 験 合 格 を 支 援 します FP2 級 技 能 士 2 級 AFP 実 技 ( 資 産 ) 試 験 の 特 徴 は 1 実 技 というものの 出 題 形 式 はテーマが 与 えられ ファイナンシャル プランニング 技 能 士 2 級 AFP 実 技 ( 資 産 ) 予 想 問 題 ( 日 本 FP 協 会 試 験 ) 2016 年 9 月 11 日 試 験 対 応 (2016 年 4 月 1 日 法 令 準 拠 ) 本 書 の 特 徴 本 書 は 2016 年 9 月 の 試 験 に 確 実 に 短 時 間 で 合 格 するための 電 子 書 籍 です 実 技 試 験 合 格

More information

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月 青 警 組 8 5 4 8 月 3 0 属 長 殿 青 森 警 察 本 長 布 4 53 180 回 本 8 月 1 別 添 1 新 旧 照 文 別 添 布 ろ 概 遺 憾 1 運 留 意 別 途 示 市 民 活 危 険 整 備 1 抗 争 危 険 措 置 1 抗 争 発 抗 争 凶 器 身 体 危 害 加 方 抗 争 更 様 危 害 加 3 月 期 間 警 戒 域 抗 争 抗 争 15 抗 争 警

More information

Microsoft Word - 預金規定集改定平成22年5月ホームページ掲載用.doc

Microsoft Word - 預金規定集改定平成22年5月ホームページ掲載用.doc 預 金 規 定 集 室 蘭 信 用 金 庫 コード No615 平 成 22 年 5 月 改 正 このたびは 室 蘭 信 用 金 庫 にご 預 金 をお 預 け 入 れいただき 誠 にありがとうございます お 客 様 からお 預 かりいたしましたご 預 金 は 本 規 定 集 によりお 取 扱 いさせていただきます ので ご 一 読 のうえ お 手 もとにお 備 えおきください 目 次 1. 共 通

More information

〔平成27年6月1日〕商品先物取引業務に関する規則第18条第1項に基づく留意事項 一部改正

〔平成27年6月1日〕商品先物取引業務に関する規則第18条第1項に基づく留意事項 一部改正 平 成 27 年 6 月 1 日 商 品 先 物 取 引 業 務 に 関 する 規 則 第 18 条 第 1 項 に 基 づく 留 意 事 項 一 部 改 正 12~17 ページ 新 Ⅲ. 不 招 請 勧 誘 禁 止 の 例 外 の 遵 守 に 関 する 事 項 Ⅳ. 適 合 性 原 則 の 遵 守 に 関 する 事 項 ( 新 設 ) Ⅲ. 適 合 性 原 則 の 遵 守 に 関 する 事 項 5.

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

4 勧 誘 に 関 する 紛 争 説 明 義 務 違 反 債 券 女 79 < 申 立 人 の 主 張 > 被 申 立 人 より 仕 組 債 の 購 入 を 勧 められ 言 われるままに 購 入 した 申 立 人 は 高 齢 で 商 品 知 識 がないにもかかわらず 被 申 立 人 は 十 分 な

4 勧 誘 に 関 する 紛 争 説 明 義 務 違 反 債 券 女 79 < 申 立 人 の 主 張 > 被 申 立 人 より 仕 組 債 の 購 入 を 勧 められ 言 われるままに 購 入 した 申 立 人 は 高 齢 で 商 品 知 識 がないにもかかわらず 被 申 立 人 は 十 分 な 1 勧 誘 に 関 する 紛 争 説 明 義 務 違 反 債 券 男 67 < 申 立 人 の 主 張 > 被 申 立 人 より 勧 められて 購 入 した 社 債 において 重 要 事 項 の 説 明 がな かったため 本 件 社 債 購 入 により 生 じた 損 害 200 万 円 の 賠 償 を 求 める 平 成 24 年 1 月 紛 争 解 決 委 員 は 次 の 見 解 を 示 したところ

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

丸三の総合取引約款

丸三の総合取引約款 総 合 取 引 約 款 第 1 章 総 合 取 引 ( 平 成 28 年 1 月 改 定 ) ( 約 款 の 趣 旨 ) 第 1 条 この 約 款 は 取 引 口 座 の 設 定 累 積 投 資 取 引 証 券 総 合 口 座 サービス 自 動 運 用 買 付 換 金 取 引 および 国 内 外 貨 建 債 券 取 引 又 はそれらを 組 合 わせた 取 引 等 ( 以 下 総 合 取 引 といいます

More information

アプリコット合同会社の「温泉付き有料老人ホーム利用権」は契約しないで!

アプリコット合同会社の「温泉付き有料老人ホーム利用権」は契約しないで! 報 道 発 表 資 料 消 費 者 被 害 注 意 速 報 平 成 23 年 6 月 24 日 独 立 行 政 法 人 国 民 生 活 センター アプリコット 合 同 会 社 の 温 泉 付 き 有 料 老 人 ホーム 利 用 権 は 契 約 しないで! 被 災 者 支 援 などを 名 目 とした 温 泉 付 き 有 料 老 人 ホームの 利 用 権 の 買 取 り 等 の 勧 誘 に 御 注 意

More information

JA 岩 手 県 信 連 現 況 014 会 員 地 域 住 民 事 主 貯 金 預 普 通 貯 金 当 座 貯 金 定 期 貯 金 定 期 積 金 総 合 口 座 各 種 貯 金 目 的 期 間 金 額 利 用 岩 手 県 収 納 代 理 金 融 機 関 県 市 町 村 指 定 代 理 収 納 代

JA 岩 手 県 信 連 現 況 014 会 員 地 域 住 民 事 主 貯 金 預 普 通 貯 金 当 座 貯 金 定 期 貯 金 定 期 積 金 総 合 口 座 各 種 貯 金 目 的 期 間 金 額 利 用 岩 手 県 収 納 代 理 金 融 機 関 県 市 町 村 指 定 代 理 収 納 代 貯 金 融 資 為 替 証 券 他 手 数 料 19 JA 岩 手 県 信 連 現 況 014 会 員 地 域 住 民 事 主 貯 金 預 普 通 貯 金 当 座 貯 金 定 期 貯 金 定 期 積 金 総 合 口 座 各 種 貯 金 目 的 期 間 金 額 利 用 岩 手 県 収 納 代 理 金 融 機 関 県 市 町 村 指 定 代 理 収 納 代 理 金 融 機 関 役 割 果 日 銀 歳 入

More information

158946_きらきら星_20160831_M.xlsx

158946_きらきら星_20160831_M.xlsx 10 枚 組 の1 枚 目 です 新 聞 掲 載 略 称 :きらきら # 基 準 価 額 および 純 資 産 総 額 基 準 価 額 の 推 移 ( 円 ) 前 月 比 ファンド 設 定 日 H20.5.27 基 準 価 額 ( 円 ) 8,019 108 18,000 基 準 価 額 純 資 産 総 額 ( 百 万 円 ) 1,871 27 16,000 基 準 価 額 は10000 口 当 たりの

More information

H22年度年報(データ)訂正press.xls

H22年度年報(データ)訂正press.xls インターネットでの 情 報 提 供 情 報 提 供 日 6 月 11 日 平 成 2 3 年 6 月 1 日 県 政 記 者 ク ラ ブ 資 料 配 付 所 属 担 当 者 担 当 連 絡 先 県 民 生 活 相 談 セ ン タ ー 朝 倉 純 子 58-277 -13 平 成 22 年 度 岐 阜 県 の 消 費 生 活 相 談 窓 口 における 相 談 状 況 岐 阜 県 の 消 費 生 活 相

More information

2 II. 法 律 案 の 骨 子 仮 想 通 貨 に 関 する 法 律 案 の 骨 子 は 以 下 の 通 りである ( 資 金 決 済 法 関 連 ) 1 仮 想 通 貨 の 定 義 2 仮 想 通 貨 交 換 業 に 係 る 登 録 制 の 導 入 3 仮 想 通 貨 交 換 業 者 の 業

2 II. 法 律 案 の 骨 子 仮 想 通 貨 に 関 する 法 律 案 の 骨 子 は 以 下 の 通 りである ( 資 金 決 済 法 関 連 ) 1 仮 想 通 貨 の 定 義 2 仮 想 通 貨 交 換 業 に 係 る 登 録 制 の 導 入 3 仮 想 通 貨 交 換 業 者 の 業 FINANCIAL SERVICES & TRANSACTIONS GROUP NEWSLETTER 2016 年 3 月 仮 想 通 貨 に 関 する 国 会 提 出 法 案 について 弁 護 士 中 崎 尚 / 同 河 合 健 本 年 3 月 4 日 仮 想 通 貨 に 関 する 初 めての 法 律 案 が 国 会 に 提 出 された 同 法 案 中 改 正 資 金 決 済 法 ( 案 )では

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FA495698A54977690E096BE8F91817987562D303150817A83748340837E838A815B837C8343839383678354815B83728358816982BB82CC91BC816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FA495698A54977690E096BE8F91817987562D303150817A83748340837E838A815B837C8343839383678354815B83728358816982BB82CC91BC816A> ひろしん ファミリーポイントサービス ( 平 成 28 年 4 月 1 日 現 在 ) 1.サービス 名 ひろしん ファミリーポイントサービス 2. 対 象 個 人 および 個 人 事 業 主 の 方 ( 非 居 住 者 任 意 団 体 は 対 象 外 とします) 3. 内 容 お 客 さまのお 取 引 項 目 を 当 金 庫 の 所 定 の 基 準 によりポイント 化 し そのポイント 合 計 に

More information

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 石 井 信 芳 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)の 間 に 医 療 情 報 データベースに 関 するデータマッピング 業 務 ( 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 )( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する

More information

商 品 分 類 属 性 区 分 単 位 型 追 加 型 投 資 対 象 地 域 投 資 対 象 資 産 ( 収 益 の 源 泉 ) 投 資 対 象 資 産 決 算 頻 度 投 資 対 象 地 域 投 資 形 態 追 加 型 国 内 債 券 資 産 複 合 ( 債 券 そ の 他 資 産 ( 投 資

商 品 分 類 属 性 区 分 単 位 型 追 加 型 投 資 対 象 地 域 投 資 対 象 資 産 ( 収 益 の 源 泉 ) 投 資 対 象 資 産 決 算 頻 度 投 資 対 象 地 域 投 資 形 態 追 加 型 国 内 債 券 資 産 複 合 ( 債 券 そ の 他 資 産 ( 投 資 公 社 債 投 信 (4 月 号 ) 追 加 型 投 信 / 国 内 / 債 券 投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 ) 2016 年 3 月 23 日 本 文 書 は 金 融 商 品 取 引 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 25 号 ) 第 13 条 の 規 定 に 基 づく 目 論 見 書 です 委 託 会 社 [ファンドの 運 用 の 指 図 を 行 なう 者 ] 大

More information

セカンドライフは 公 的 年 金 が 支 えています 人 生 にはさまざまなライフイベントがあり そ れ ぞ れ の ラ イ フ イベ ン ト を 実 行 するには 大 きな 支 出 を 伴 うことがあります 特 にセカンドライフは 必 要 資 金 額 が 大 きくなる 可 能 性 があります 公

セカンドライフは 公 的 年 金 が 支 えています 人 生 にはさまざまなライフイベントがあり そ れ ぞ れ の ラ イ フ イベ ン ト を 実 行 するには 大 きな 支 出 を 伴 うことがあります 特 にセカンドライフは 必 要 資 金 額 が 大 きくなる 可 能 性 があります 公 販 売 用 資 料 /2015.7 東 京 海 上 年 金 運 用 型 戦 略 ファンド ( 年 1 回 決 算 型 ) 追 加 型 投 信 / 内 外 / 資 産 複 合 愛 称 の 年 金 ぷらす とは 将 来 の 年 金 受 給 とは 別 の ゆとりあるセカンドライフ に 備 えた 資 産 づくりを めざすことを 意 味 しており 当 ファンドをお 申 込 みいただくことで 年 金 額 が 上

More information

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 協 会 は 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 と 称 し 英 文 では Type II Financial Instruments Firms Associationと 表 示 する ( 主 たる 事 務 所 ) 第 2 条 本 協

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 85,772 流 動 負 債 22,025 現 金 及 び 預 金 49,232 営 業 未 払 金 1,392 営 業 未 収 入 金 6,597 未 払 金 1,173 前 払 費 用 313 未

More information

第 1 問 問 1 正 解 (ア) (イ) (ウ) (エ) 難 易 度 A (ア) 不 適 切 税 理 士 資 格 を 有 していないFPは 無 償 有 償 を 問 わず 顧 客 からの 依 頼 に より 確 定 申 告 書 を 作 成 することは 税 理 士 法 に 抵 触 する (イ) 適 切

第 1 問 問 1 正 解 (ア) (イ) (ウ) (エ) 難 易 度 A (ア) 不 適 切 税 理 士 資 格 を 有 していないFPは 無 償 有 償 を 問 わず 顧 客 からの 依 頼 に より 確 定 申 告 書 を 作 成 することは 税 理 士 法 に 抵 触 する (イ) 適 切 平 成 27 年 9 月 2 級 FP 技 能 検 定 / 実 技 試 験 < 資 産 設 計 提 案 業 務 > 解 答 と 解 説 < 正 解 > 第 1 問 問 20 2 問 1 (ア) (イ) (ウ) (エ) 問 21 (ア) (イ) (ウ) (エ) 問 2 4 第 7 問 第 2 問 問 22 194( 万 円 ) 問 3 2 問 23 395( 万 円 ) 問 4 1.632(%) 問

More information

疑わしい取引の参考事例

疑わしい取引の参考事例 ( 別 添 ) 疑 わしい 取 引 の 参 考 事 例 記 号 記 号 記 号 記 号 預 金 取 扱 い 金 融 機 関 保 険 会 社 証 券 会 社 外 国 証 券 会 社 及 び 投 資 信 託 委 託 業 者 証 券 金 融 会 社 貸 金 業 者 抵 当 証 券 業 者 商 品 投 資 販 売 業 者 小 口 債 権 販 売 業 者 不 動 産 特 定 共 同 事 業 者 金 融 先 物

More information

野村資本市場研究所|課税繰延措置を導入した中国の確定拠出型企業年金の展望(PDF)

野村資本市場研究所|課税繰延措置を導入した中国の確定拠出型企業年金の展望(PDF) 特 集 1: 私 的 年 金 拡 充 策 課 税 繰 延 措 置 を 導 入 した 中 国 の 確 定 拠 出 型 企 業 年 金 の 展 望 1 課 税 繰 延 措 置 を 導 入 した 中 国 の 確 定 拠 出 型 企 業 年 金 の 展 望 関 根 栄 一 杜 進 ( 翻 訳 協 力 ) 要 約 1. 中 国 では 2013 年 12 月 6 日 財 政 部 人 力 資 源 社 会 保 障

More information

4 勧 誘 に 関 する 説 明 義 務 違 反 債 券 男 76 < 申 立 人 の 主 張 > 被 申 立 人 より 勧 誘 され 社 債 を 購 入 したが 勧 誘 時 に 証 券 取 引 等 監 視 委 員 会 より 指 摘 された 事 実 関 係 について 知 らされずに 購 入 したもの

4 勧 誘 に 関 する 説 明 義 務 違 反 債 券 男 76 < 申 立 人 の 主 張 > 被 申 立 人 より 勧 誘 され 社 債 を 購 入 したが 勧 誘 時 に 証 券 取 引 等 監 視 委 員 会 より 指 摘 された 事 実 関 係 について 知 らされずに 購 入 したもの 1 勧 誘 に 関 する 説 明 義 務 違 反 債 券 女 47 < 申 立 人 の 主 張 > 無 担 保 私 募 債 を 購 入 したが その 後 の 発 行 体 の 財 務 状 況 について 何 の 説 明 もないまま 追 加 購 入 した 重 要 事 項 に 係 る 説 明 義 務 違 反 であり 買 付 代 金 200 万 円 の 返 還 を 求 める 本 件 私 募 債 は 特 定 の

More information

第98回行政苦情救済推進会議_付議資料

第98回行政苦情救済推進会議_付議資料 (1) 年 金 受 給 権 者 死 亡 後 に 支 給 された 年 金 の 返 納 請 求 通 知 の 改 善 ( 新 規 案 件 ) 1 相 談 内 容 私 の 母 は 多 額 の 借 金 をしていたため 同 居 している 私 は 相 続 放 棄 をし ていた 母 が 死 亡 した 際 市 町 村 に 死 亡 届 を 提 出 したが 日 本 年 金 機 構 に 対 しては このようなこともあり 母

More information

僅 追 加 型 証 券 投 資 信 託 パン パシフィック 外 国 債 券 オープン 約 款 明 治 安 田 アセットマネジメント 株 式 会 社 運 用 の 基 本 方 針 約 款 第 22 条 に 基 づき 委 託 者 の 定 める 運 用 の 基 本 方 針 は 次 のものとします 1. 基 本 方 針 この 投 資 信 託 は 安 定 した 収 益 の 確

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D839383568387839395578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F9182CC89FC90B382CC837C8343839383672E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D839383568387839395578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F9182CC89FC90B382CC837C8343839383672E646F63> マンション 標 準 管 理 委 託 契 約 書 の 改 正 ポイント 平 成 22 年 7 月 1 マンションの 管 理 業 務 の 委 託 マンションの 管 理 組 合 の 管 理 業 務 には 管 理 費 等 の 収 支 の 調 定 出 納 建 物 設 備 の 維 持 又 は 修 繕 に 関 する 企 画 又 は 実 施 等 標 準 的 にはマンション 標 準 管 理 規 約 ( 単 棟 型 )(

More information

G-REITオープン_販T(SMBC)_1604.indd

G-REITオープン_販T(SMBC)_1604.indd 販 売 用 資 料 2016 年 月 追 加 型 投 信 / 内 外 / 不 動 産 投 信 お 申 込 み 投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 )ご 請 求 設 定 運 用 株 式 会 社 三 井 住 友 銀 行 登 録 融 機 関 関 東 財 務 局 長 ( 登 ) 第 5 号 加 入 協 会 日 本 証 券 業 協 会 一 般 社 団 法 人 融 先 物 取 引 業 協 会

More information

Microsoft Word - 洲崎190号_訂正済み.docx

Microsoft Word - 洲崎190号_訂正済み.docx 保 険 業 法 施 行 規 則 第 234 条 第 1 項 第 4 号 四 保 険 契 約 者 若 しくは 被 保 険 者 又 は 不 特 定 の 者 に 対 して 保 険 契 約 等 に 関 する 事 項 であってその 判 断 に 影 響 を 及 ぼすこととなる 重 要 なものにつき 誤 解 させるおそれのあることを 告 げ 又 は 表 示 する 行 為 Ⅰ 趣 旨 本 号 は 保 険 契 約 等

More information

1 お 客 様 は 当 社 所 定 の 総 合 取 引 申 込 書 に 必 要 事 項 を 記 載 し 署 名 捺 印 のうえ 当 社 に 申 込 むものとし その 際 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 の 規 定 に 従 い 本 人 確 認 を 行 わせていただきま

1 お 客 様 は 当 社 所 定 の 総 合 取 引 申 込 書 に 必 要 事 項 を 記 載 し 署 名 捺 印 のうえ 当 社 に 申 込 むものとし その 際 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 の 規 定 に 従 い 本 人 確 認 を 行 わせていただきま 岡 安 の 証 券 総 合 取 引 約 款 第 1 章 証 券 総 合 取 引 ( 約 款 の 趣 旨 ) 第 1 条 この 約 款 は 有 価 証 券 の 保 護 預 り 社 債 株 式 等 の 振 替 に 関 する 法 律 ( 以 下 振 替 法 といいます )において 取 扱 う 証 券 の 取 引 累 積 投 資 取 引 外 国 証 券 の 取 引 新 光 MRF(マネー リザーブ フアンド)の

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

公共債のご案内

公共債のご案内 1 頁 / 全 5 頁 ( 契 約 締 結 前 交 付 書 面 ) 公 共 債 のご 案 内 この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の3の 規 定 ( 契 約 締 結 前 の 書 面 交 付 )によりお 渡 しするものです 公 共 債 とは 国 地 方 公 共 団 体 政 府 関 係 機 関 等 が 発 行 する 債 券 です この 書 面 には 公 共 債 の 売 買 等 のお

More information

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

消 費 生 活 相 談 統 計 によれば 全 国 消 費 生 活 情 報 ネットワーク システム (Practical Living Information Online Network System;PIO-NET)における 保 険 の 相 談 は 多 くの 商 品 役 務 の 中 で 毎 年 上

消 費 生 活 相 談 統 計 によれば 全 国 消 費 生 活 情 報 ネットワーク システム (Practical Living Information Online Network System;PIO-NET)における 保 険 の 相 談 は 多 くの 商 品 役 務 の 中 で 毎 年 上 消 費 生 活 相 談 情 報 にみる 保 険 契 約 の 現 状 と 課 題 A Review of Consumer Inquiries regarding Insurance contracts Through PIO-NET to Identify Issues 磯 村 浩 子 Hiroko ISOMURA 要 約 生 命 保 険 損 害 保 険 その 他 の 保 険 は 生 活 経 済 の

More information

1 信 用 取 引 の 契 約 締 結 前 交 付 書 面 (この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の 3 の 規 定 によりお 渡 しするものです ) (1) 信 用 取 引 とは この 書 面 には 信 用 取 引 を 行 っていただく 上 でのリスクや 留 意 点 が 記

1 信 用 取 引 の 契 約 締 結 前 交 付 書 面 (この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の 3 の 規 定 によりお 渡 しするものです ) (1) 信 用 取 引 とは この 書 面 には 信 用 取 引 を 行 っていただく 上 でのリスクや 留 意 点 が 記 信 用 取 引 の 契 約 締 結 前 交 付 書 面 (この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の3の 規 程 によりお 渡 しするものです ) 1 信 用 取 引 の 契 約 締 結 前 交 付 書 面 (1) 信 用 取 引 とは (2) 信 用 取 引 の 手 数 料 など 諸 費 用 リスク 等 について (3) 信 用 取 引 の 仕 組 みについて (4) 信 用

More information

Microsoft Word - 200016_円真力_表紙.doc

Microsoft Word - 200016_円真力_表紙.doc 月 次 運 用 レポート 作 成 基 準 日 : 2016 年 3 月 24 日 資 料 作 成 日 : 2016 年 3 月 25 日 明 治 安 田 円 戦 略 債 券 ファンド( 毎 月 分 配 型 ) < 愛 称 > 円 真 力 追 加 型 投 信 / 内 外 / 債 券 投 資 信 託 ご 購 入 時 の 注 意 事 項 ファンドの 取 得 のお 申 込 みを 行 う 場 合 には 投 資

More information

ファンドの 目 的 特 色 ファンドの 目 的 主 にブラジル レアル 建 てのブラジル 国 債 に 投 資 を 行 うことにより 信 託 財 産 の 中 長 期 的 成 長 を 目 指 して 運 用 を 行 います ファンドの 特 色 特 色 1 主 としてブラジル レアル 建 てのブラジル 国

ファンドの 目 的 特 色 ファンドの 目 的 主 にブラジル レアル 建 てのブラジル 国 債 に 投 資 を 行 うことにより 信 託 財 産 の 中 長 期 的 成 長 を 目 指 して 運 用 を 行 います ファンドの 特 色 特 色 1 主 としてブラジル レアル 建 てのブラジル 国 投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 ) 使 用 開 始 日 2016.6.10 LM ブラジル 国 債 ファンド ( 毎 月 分 配 型 )/( 年 2 回 型 ) 追 加 型 投 信 / 海 外 / 債 券 商 品 分 類 属 性 区 分 単 位 型 追 加 型 投 資 対 象 地 域 投 資 対 象 資 産 ( 収 益 の 源 泉 ) 投 資 対 象 資 産 頻 度 投 資

More information

SNSの思わぬ落とし穴にご注意!-消費者トラブルのきっかけは、SNSの広告や知人から?-

SNSの思わぬ落とし穴にご注意!-消費者トラブルのきっかけは、SNSの広告や知人から?- 報 道 発 表 資 料 平 成 26 年 4 月 24 日 独 立 行 政 法 人 国 民 生 活 センター SNSの 思 わぬ 落 とし 穴 にご 注 意! 消 費 者 トラブルのきっかけは SNSの 広 告 や 知 人 から? 新 年 度 を 迎 え 新 たな 生 活 の 始 まりや 人 間 関 係 の 広 がりをきっかけにSNS(ソーシャル ネ ットワーキング サービス) 1 を 始 めたり

More information

平成■■年■■月■■日

平成■■年■■月■■日 入 札 公 告 事 後 審 査 型 制 限 付 き 一 般 競 争 入 札 を 行 うので 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の6の 規 定 及 び 西 宮 市 上 下 水 道 局 契 約 規 程 ( 昭 和 42 年 西 宮 市 水 道 局 管 理 規 程 第 13 号 )において 準 用 する 西 宮 市 契 約 規 則 ( 昭 和

More information

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給 国 立 大 学 法 人 筑 波 大 学 本 部 等 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 3 月 24 日 法 人 規 則 第 7 号 改 正 平 成 18 年 法 人 規 則 第 8 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 45 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 53 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 10 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 56 号 平 成 20 年

More information

第1章 総則

第1章 総則 ( 目 的 ) 第 1 条 一 般 社 団 法 人 日 本 卸 電 力 取 引 所 取 引 会 員 規 程 本 規 程 は, 一 般 社 団 法 人 日 本 卸 電 力 取 引 所 の 運 営 する 日 本 卸 電 力 取 引 所 ( 以 下 本 取 引 所 という ) の 取 引 会 員 に 関 する 手 続 きを 定 めることを 目 的 とする 2. 本 規 程 の 変 更 は, 理 事 会 の

More information

継 続 雇 用 を 拒 否 する 客 観 的 に 合 理 的 な 理 由 があり 社 会 通 念 上 相 当 であることが 必 要 ( 指 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 560 号 ) 解 雇 権 濫 用 法 理 ( 正 社 員 の 解 雇 )のもとで 解 雇

継 続 雇 用 を 拒 否 する 客 観 的 に 合 理 的 な 理 由 があり 社 会 通 念 上 相 当 であることが 必 要 ( 指 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 560 号 ) 解 雇 権 濫 用 法 理 ( 正 社 員 の 解 雇 )のもとで 解 雇 第 1 回 定 年 後 再 雇 用 に 関 わる 有 期 雇 用 やパートタイム 雇 用 の 制 度 について の 解 説 平 成 27 年 7 月 24 日 高 知 会 館 講 師 / 経 営 法 曹 会 議 所 属 弁 護 士 石 井 妙 子 氏 Ⅰ 定 年 後 再 雇 用 に 関 わる 有 期 契 約 1 定 年 後 再 雇 用 制 度 概 要 (1) 定 年 後,65 歳 までの 雇 用 確

More information

【ドラフト②】260326_三菱UFJ国際機関債券ファンド(毎月決算・ニュージーランドドル型)_臨時_ .pdf

【ドラフト②】260326_三菱UFJ国際機関債券ファンド(毎月決算・ニュージーランドドル型)_臨時_ .pdf 当 レポートは7ページ 組 です 臨 時 レポート 2014 年 7 月 11 日 第 70 期 分 配 金 のお 知 らせ 追 加 型 投 信 / 海 外 / 債 券 平 素 は をご 愛 顧 賜 り 厚 く 御 礼 申 しあげます 当 ファンドは2014 年 7 月 9 日 に 迎 えた 第 70 期 の 決 算 において 60 円 (1 万 口 当 たり 税 引 前 )の 分 配 金 をお 支

More information

消費者契約法チェックシート

消費者契約法チェックシート 消 費 者 契 約 法 チェックシート 本 チェックシートは 消 費 者 が 遭 われたトラブルを 消 費 者 契 約 法 で 解 決 できるかどうかを 判 断 する 材 料 として 作 成 したものです ただし 万 一 消 費 者 契 約 法 で 解 決 できない 場 合 でも 民 法 の 詐 欺 等 で 取 り 消 しできる 場 合 があります トラブルの 具 体 的 な 相 談 は 本 チェックシートを

More information

第 2 章 口 座 売 買 注 文 の 取 扱 い 等 第 4 条 取 引 口 座 の 開 設 1.お 客 様 は 以 下 の 要 件 をすべて 満 たす 場 合 に 店 頭 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 口 座 ( 以 下 本 口 座 といいます )の 開 設 を 申 込 むことができ 本

第 2 章 口 座 売 買 注 文 の 取 扱 い 等 第 4 条 取 引 口 座 の 開 設 1.お 客 様 は 以 下 の 要 件 をすべて 満 たす 場 合 に 店 頭 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 口 座 ( 以 下 本 口 座 といいます )の 開 設 を 申 込 むことができ 本 店 頭 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 取 扱 規 定 ( ダイワFX 取 扱 規 定 ) 第 1 章 総 則 第 1 条 規 定 の 趣 旨 この 規 定 ( 以 下 本 規 定 といいます )は お 客 様 と 大 和 証 券 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 とい います )との 間 でインターネットを 利 用 して 行 う 店 頭 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 (ダイワFX)(

More information

Microsoft PowerPoint - 基金制度

Microsoft PowerPoint - 基金制度 基 金 制 度 の 創 設 ( 医 療 法 施 行 規 則 第 30 条 の37 第 30 条 の38) 医 療 法 人 の 非 営 利 性 の 徹 底 に 伴 い 持 分 の 定 めのない 社 団 医 療 法 人 の 活 動 の 原 資 となる 資 金 の 調 達 手 段 として 定 款 の 定 めるところにより 基 金 の 制 度 を 採 用 することができるものとする ( 社 会 医 療 法

More information

ファンドの 目 的 特 色 ファンドの 目 的 確 定 拠 出 年 金 制 度 のための 専 用 ファンドとして 長 期 的 な 信 託 財 産 の 成 長 を 目 指 して 運 用 を 行 います ファンドの 特 色 わが 国 の 企 業 が 発 行 する 株 式 に 投 資 を 行 います 個

ファンドの 目 的 特 色 ファンドの 目 的 確 定 拠 出 年 金 制 度 のための 専 用 ファンドとして 長 期 的 な 信 託 財 産 の 成 長 を 目 指 して 運 用 を 行 います ファンドの 特 色 わが 国 の 企 業 が 発 行 する 株 式 に 投 資 を 行 います 個 確 定 拠 出 年 金 専 用 ファンド 投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 ) 2013 年 3 月 1 日 DC 日 本 株 式 エクセレント フォーカス 追 加 型 投 信 / 国 内 / 株 式 商 品 分 類 属 性 区 分 単 位 型 追 加 型 投 資 対 象 地 域 投 資 対 象 資 産 ( 収 益 の 源 泉 ) 投 資 対 象 資 産 決 算 頻 度 投 資

More information

H280801規約改正HP掲載用原本H280801一部修正版静岡市地区拡大他

H280801規約改正HP掲載用原本H280801一部修正版静岡市地区拡大他 東 京 都 弁 護 士 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 平 成 28 年 8 月 1 日 現 在 第 一 章 総 則 ( 名 称 及 び 目 的 ) 第 一 条 この 組 合 は 東 京 都 弁 護 士 国 民 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という )と 称 し 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 三 十 三 年 法 律 第 百 九 十 二 号 以 下 法 という )に 基

More information

【(修正)権14-013】260326_三菱UFJ国際機関債券ファンド(毎月決算・ニュージーランドドル型)ボーナス分配のお知らせ.pdf

【(修正)権14-013】260326_三菱UFJ国際機関債券ファンド(毎月決算・ニュージーランドドル型)ボーナス分配のお知らせ.pdf 当 レポートは7ページ 組 です 臨 時 レポート 2014 年 6 月 10 日 ボーナス 分 配 のお 知 らせ 追 加 型 投 信 / 海 外 / 債 券 平 素 は をご 愛 顧 賜 り 厚 く 御 礼 申 しあげます 当 ファンドは2014 年 6 月 9 日 に 迎 えた 第 69 期 の 決 算 において (1 万 口 当 たり 税 引 前 )の 分 配 金 をお 支 払 いすることといたしましたので

More information

一 部 が 含 まれていても 他 の 要 件 を 満 たせば 当 該 他 人 の 土 地 の 一 部 の 所 有 権 を 時 効 によって 取 得 することができる ( ) 3 時 効 期 間 は 時 効 の 基 礎 たる 事 実 が 開 始 された 時 を 起 算 点 としなければなら ず 時 効

一 部 が 含 まれていても 他 の 要 件 を 満 たせば 当 該 他 人 の 土 地 の 一 部 の 所 有 権 を 時 効 によって 取 得 することができる ( ) 3 時 効 期 間 は 時 効 の 基 礎 たる 事 実 が 開 始 された 時 を 起 算 点 としなければなら ず 時 効 2010 年 度 [ 問 1] 制 限 行 為 能 力 者 に 関 する 次 の 記 述 のうち 民 法 の 規 定 によれば 正 し いものはどれか 1 土 地 を 売 却 すると 土 地 の 管 理 義 務 を 免 れることになるので 婚 姻 していな い 未 成 年 者 が 土 地 を 売 却 するに 当 たっては その 法 定 代 理 人 の 同 意 は 必 要 な い ( ) 2 成 年

More information

組合規約1 前半   :13年3月6日改正 P1~P12

組合規約1 前半   :13年3月6日改正 P1~P12 東 京 建 設 職 能 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 45 年 7 月 23 日 制 定 昭 和 55 年 5 月 26 日 一 部 改 正 平 成 4 年 3 月 4 日 一 部 改 正 平 成 15 年 3 月 5 日 一 部 改 正 昭 和 46 年 2 月 27 日 一 部 改 正 昭 和 56 年 2 月 26 日 一 部 改 正 平 成 5 年 3 月 4 日 一 部

More information

Microsoft Word - koukankisoku(28.9

Microsoft Word - koukankisoku(28.9 大 阪 手 形 交 換 所 規 則 ( 昭 和 47 年 2 月 7 日 総 会 決 議 ) 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 大 阪 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 2 号 の 規 定 にもとづき 協 会 が 設 置 運 営 する 大 阪 手 形 交 換 所 ( 以 下

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

悪 化 等 により 元 本 や 利 子 の 支 払 いが 滞 ったり 支 払 不 能 が 生 じるリスク があります 3. 金 融 商 品 市 場 における 相 場 その 他 の 指 標 にかかる 金 利 変 動 による 損 失 可 能 性 について 1 金 融 政 策 の 変 更 経 済 情 勢

悪 化 等 により 元 本 や 利 子 の 支 払 いが 滞 ったり 支 払 不 能 が 生 じるリスク があります 3. 金 融 商 品 市 場 における 相 場 その 他 の 指 標 にかかる 金 利 変 動 による 損 失 可 能 性 について 1 金 融 政 策 の 変 更 経 済 情 勢 2016 年 1 月 4 日 現 在 契 約 締 結 前 交 付 書 面 兼 商 品 概 要 説 明 書 (この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の 3 の 規 定 によりお 渡 しするものです ) 国 債 等 公 共 債 窓 口 販 売 ( 除 く 個 人 向 け 国 債 ) この 書 面 には 個 人 向 け 国 債 を 除 く 国 債 地 方 債 政 府 保 証 債 (

More information

不動産コンサルティング業務委託契約書(案)

不動産コンサルティング業務委託契約書(案) Ⅰ. 学 習 にあたって この 学 習 にあたって は 不 動 産 コンサルティング 技 能 試 験 の 受 験 のために 学 習 すべき 範 囲 なら びに 学 習 上 の 留 意 点 を 示 したものです 以 下 各 科 目 別 に 説 明 します なお 試 験 問 題 の 主 な 出 題 範 囲 については Ⅱ.に 記 載 していますので 参 照 してください 1. 事 業 実 務 不 動 産

More information

多 額 の 損 失 が 発 生 する 可 能 性 を 有 しています したがって 信 用 取 引 の 開 始 にあたって は 下 記 の 内 容 を 十 分 に 把 握 する 必 要 があります 信 用 取 引 を 行 うにあたっては 株 式 相 場 金 利 水 準 為 替 相 場 不 動 産 相

多 額 の 損 失 が 発 生 する 可 能 性 を 有 しています したがって 信 用 取 引 の 開 始 にあたって は 下 記 の 内 容 を 十 分 に 把 握 する 必 要 があります 信 用 取 引 を 行 うにあたっては 株 式 相 場 金 利 水 準 為 替 相 場 不 動 産 相 信 用 取 引 の 契 約 締 結 前 交 付 書 面 (この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の 3 の 規 定 によりお 渡 しするものです ) この 書 面 には 信 用 取 引 を 行 っていただく 上 でのリスクや 留 意 点 が 記 載 されています あ らかじめよくお 読 みいただき ご 不 明 な 点 は お 取 引 開 始 前 にご 確 認 ください なお 本

More information

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 福 祉 機 構 法 発 令 : 平 成 14 年 12 月 13 日 号 外 法 律 第 171 号 最 終 改 正 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 改 正 内 容 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 [ 平 成 28 年 4 月 1 日 ] 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 安

More information

<3131343335375F8A948EAE83418369838983438355815B8349815B837683935F32303136303533315F4D2E786C7378>

<3131343335375F8A948EAE83418369838983438355815B8349815B837683935F32303136303533315F4D2E786C7378> 7 枚 組 の1 枚 目 です # 基 準 価 額 および 純 資 産 総 額 基 準 価 額 の 推 移 ( 円 ) 前 月 比 ファンド 設 定 日 H9.1.29 基 準 価 額 ( 円 ) 7,613 165 基 準 価 額 税 引 前 分 配 金 再 投 資 基 準 価 額 参 考 指 数 35, 純 資 産 総 額 ( 百 万 円 ) 2,957 55 3, 基 準 価 額 は1 口 当

More information

株 式 や 債 券 の 発 行 会 社 が 倒 産 したら どうなるのですか? 証 券 会 社 の 分 別 管 理 とは どういうものですか? 株 式 や 債 券 は 大 幅 な 価 格 下 落 が 生 じます 元 本 はもちろん 配 当 や 利 息 なども 受 け 取 れなくなる 場 合 がありま

株 式 や 債 券 の 発 行 会 社 が 倒 産 したら どうなるのですか? 証 券 会 社 の 分 別 管 理 とは どういうものですか? 株 式 や 債 券 は 大 幅 な 価 格 下 落 が 生 じます 元 本 はもちろん 配 当 や 利 息 なども 受 け 取 れなくなる 場 合 がありま 証 券 会 社 が 破 たんした 場 合 のセーフティネット 投 資 者 の 保 護 について 証 券 会 社 が 破 たんしたら 株 式 や 債 券 はどうなるのですか? 破 たんした 証 券 会 社 の 発 行 した 株 式 や 社 債 に 投 資 した 場 合 で なければ 資 産 は 返 還 されます 2009 年 1 月 5 日 から 上 場 会 社 の 株 券 電 子 化 が スタートしました

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D203230313630373230938A8E918ED282CC8A46976C82D65F91E58DE3814595BA8CC9899E89878A4F8D918DC28C948349815B8376839395AA947A8BE082C982C282A282C42E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D203230313630373230938A8E918ED282CC8A46976C82D65F91E58DE3814595BA8CC9899E89878A4F8D918DC28C948349815B8376839395AA947A8BE082C982C282A282C42E70707478> 情 報 提 供 用 資 料 2016 年 7 20 ご 投 資 者 の 皆 様 へ 岡 三 アセットマネジメント 株 式 会 社 阪 兵 庫 応 援 外 国 債 券 オープン 愛 称 まごころ 応 援 団 の 分 配 について 平 素 は 当 ファンドに 格 別 のご 配 を 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げます さて 皆 様 にご 愛 顧 頂 いております 阪 兵 庫 応 援 外 国 債 券

More information

目 論 見 書 補 完 書 面 ( 投 資 信 託 ) <コード 8027> 当 ファンドに 係 る 当 社 は ファンドの 販 売 会 社 として 募 集 の 取 扱 いおよび 販 売 等 に 関 する 事 務 を 行 います 金 融 商 品 取 引 契 約 の 概 要 当 社 が 行 う 金 融

目 論 見 書 補 完 書 面 ( 投 資 信 託 ) <コード 8027> 当 ファンドに 係 る 当 社 は ファンドの 販 売 会 社 として 募 集 の 取 扱 いおよび 販 売 等 に 関 する 事 務 を 行 います 金 融 商 品 取 引 契 約 の 概 要 当 社 が 行 う 金 融 目 論 見 書 補 完 書 面 ( 投 資 信 託 ) (この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の 3 の 規 定 によりお 渡 しするものです ) この 書 面 および 目 論 見 書 の 内 容 をよくお 読 みください この 書 面 および 目 論 見 書 は ご 投 資 にあたってのリスクやご 留 意 点 が 記 載 されております お 客 様 がお

More information