目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱"

Transcription

1 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会

2 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 い ⑵ 安 全 管 理 措 置 特 定 個 人 情 報 の 提 供 制 限 等 ⑴ 個 人 番 号 の 提 供 の 要 求 ⑵ 個 人 番 号 の 提 供 の 求 めの 制 限 特 定 個 人 情 報 の 提 供 制 限 ⑶ 収 集 保 管 制 限 ⑷ 本 人 確 認 第 三 者 提 供 の 停 止 に 関 する 取 扱 い 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 個 人 情 報 保 護 法 の 主 な 規 定 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 第 4 各 論 に 相 当 する 部 分 を 構 成 するものである 参 考 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) 目 次 第 1 はじめに 第 2 用 語 の 定 義 等 第 3 総 論 第 3-1 目 的 第 3-2 本 ガイドラインの 適 用 対 象 等 第 3-3 本 ガイドラインの 位 置 付 け 等 第 3-4 番 号 法 の 特 定 個 人 情 報 に 関 する 保 護 措 置 第 3-5 特 定 個 人 情 報 保 護 のための 主 体 的 な 取 組 について 第 3-6 特 定 個 人 情 報 の 漏 えい 事 案 等 が 発 生 した 場 合 の 対 応 第 3-7 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 でない 個 人 番 号 取 扱 事 業 者 における 特 定 個 人 情 報 の 取 扱 い 第 3-8 本 ガイドラインの 見 直 しについて 第 4 各 論

3 別 冊 の 位 置 付 け 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) ( 以 下 事 業 者 ガイドライン という )は 事 業 者 が 主 として 従 業 員 等 の 個 人 番 号 を 取 り 扱 う 事 務 を 行 うことを 前 提 に 作 成 されている 一 方 金 融 分 野 ( 金 融 庁 作 成 の 金 融 分 野 における 個 人 情 報 保 護 に 関 する ガイドライン 第 1 条 第 1 項 に 定 義 される 金 融 分 野 をいう )における 事 業 者 ( 以 下 金 融 機 関 という )は 番 号 法 所 得 税 法 ( 昭 和 40 年 法 律 第 33 号 ) 等 の 規 定 により 税 及 び 災 害 対 策 の 分 野 において 顧 客 の 個 人 番 号 を 取 り 扱 う 事 務 も 行 うこととなる ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイド ライン は 事 業 者 ガイドラインの 別 冊 として 金 融 機 関 が 金 融 業 務 に 関 連 して 顧 客 の 個 人 番 号 を 取 り 扱 う 事 務 において 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 い を 確 保 するための 具 体 的 な 指 針 を 定 めるものである 本 別 冊 ガイドラインは 事 業 者 ガイドラインの 第 4 各 論 に 相 当 する 部 分 を 構 成 するものであり 第 1 はじめに から 第 3 総 論 までに ついては 事 業 者 ガイドラインを 参 照 するものとする また 金 融 機 関 が 行 う 金 融 業 務 以 外 の 業 務 については 事 業 者 ガイドラインを 適 用 するものとす る 本 別 冊 ガイドラインの 中 で しなければならない 及 び してはならな い と 記 述 している 事 項 については これらに 従 わなかった 場 合 法 令 違 反 と 判 断 される 可 能 性 がある 一 方 望 ましい と 記 述 している 事 項 につい ては これに 従 わなかったことをもって 直 ちに 法 令 違 反 と 判 断 されることは ないが 番 号 法 の 趣 旨 を 踏 まえ 可 能 な 限 り 対 応 することが 望 まれるもので ある

4 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 要 点 個 人 番 号 を 利 用 できる 事 務 については 番 号 法 によって 限 定 的 に 定 め られており 金 融 機 関 が 金 融 業 務 に 関 連 して 個 人 番 号 を 利 用 するのは 主 として 支 払 調 書 等 に 顧 客 の 個 人 番 号 を 記 載 して 税 務 署 長 に 提 出 する 場 合 である 1 また 例 外 的 な 利 用 について 番 号 法 は 個 人 情 報 保 護 法 に 比 べ より 限 定 的 に 定 めている 金 融 機 関 の 場 合 利 用 目 的 を 超 えて 個 人 番 号 を 利 用 することができるのは 1 激 甚 災 害 が 発 生 したとき 等 に 金 銭 の 支 払 を するために 個 人 番 号 を 利 用 する 場 合 及 び2 人 の 生 命 身 体 又 は 財 産 の 保 護 のために 個 人 番 号 を 利 用 する 必 要 がある 場 合 である 2 ( 関 係 条 文 ) 番 号 法 第 9 条 第 29 条 第 3 項 第 32 条 個 人 情 報 保 護 法 第 16 条 1 個 人 番 号 の 原 則 的 な 取 扱 い ( 注 個 人 番 号 ) は 番 号 法 があらかじめ 限 定 的 に 定 めた 事 務 の 範 囲 の 中 から 具 体 的 な 利 用 目 的 を 特 定 した 上 で 利 用 するのが 原 則 である 金 融 機 関 が 金 融 業 務 に 関 連 して 個 人 番 号 を 利 用 するのは 主 として 支 払 調 書 等 に 顧 客 の 個 人 番 号 を 記 載 して 税 務 署 長 に 提 出 する 場 合 である( 個 人 番 号 関 係 事 務 ) 金 融 機 関 は 個 人 情 報 保 護 法 とは 異 なり 本 人 の 同 意 があったとしても 例 外 として 認 められる 場 合 を 除 き(2 参 照 ) これらの 事 務 以 外 で 個 人 番 号 を 利 用 してはならない * 金 融 機 関 は 顧 客 の 管 理 のために 個 人 番 号 を 顧 客 番 号 として 利 用 してはならな い ( 注 ) 個 人 番 号 には 個 人 番 号 に 対 応 して 当 該 個 人 番 号 に 代 わって 用 いられる 番 号 等 も 含 まれる( 番 号 法 第 2 条 第 8 項 ) 例 えば 数 字 をアルファベットに 読 み 替 えるという 法 則 に 従 って 個 人 番 号 をアルファベットに 置 き 換 えた 場 合 であって も 当 該 アルファベットは 個 人 番 号 に 該 当 することとなる 一 方 金 融 機 関 が 顧 客 を 管 理 するために 付 している 顧 客 番 号 等 ( 当 該 顧 客 の 個 人 番 号 を 一 定 の 法 則 に 従 って 変 換 したものではないもの)は 個 人 番 号 には 該 当 しない 1

5 A 個 人 番 号 関 係 事 務 ( 番 号 法 第 9 条 第 3 項 ) 金 融 機 関 が 金 融 業 務 に 関 連 して 個 人 番 号 を 取 り 扱 うこととなるのが 個 人 番 号 関 係 事 務 である 具 体 的 には 金 融 機 関 が 法 令 に 基 づき 顧 客 の 個 人 番 号 を 利 子 等 の 支 払 調 書 特 定 口 座 年 間 取 引 報 告 書 等 の 書 類 に 記 載 して 税 務 署 長 に 提 出 する 事 務 等 である B 利 用 目 的 を 超 えた 個 人 番 号 の 利 用 禁 止 a 利 用 目 的 を 超 えた 個 人 番 号 の 利 用 禁 止 ( 番 号 法 第 29 条 第 3 項 により 読 み 替 えて 適 用 される 個 人 情 報 保 護 法 第 16 条 第 1 項 番 号 法 第 32 条 ) 金 融 機 関 は 個 人 番 号 の 利 用 目 的 をできる 限 り 特 定 しなければならな い( 個 人 情 報 保 護 法 第 15 条 第 1 項 )が その 特 定 の 程 度 としては 本 人 が 自 らの 個 人 番 号 がどのような 目 的 で 利 用 されるのかを 一 般 的 かつ 合 理 的 に 予 想 できる 程 度 に 具 体 的 に 特 定 する 必 要 がある * 金 融 商 品 取 引 に 関 する 支 払 調 書 作 成 事 務 保 険 取 引 に 関 する 支 払 調 書 作 成 事 務 のように 特 定 することが 考 えられる 番 号 法 は 個 人 情 報 保 護 法 とは 異 なり 本 人 の 同 意 があったとしても 利 用 目 的 を 超 えて 特 定 個 人 情 報 を 利 用 してはならないと 定 めている したがって 個 人 番 号 についても 利 用 目 的 ( 個 人 番 号 を 利 用 できる 事 務 の 範 囲 で 特 定 した 利 用 目 的 )の 範 囲 内 でのみ 利 用 することができる 利 用 目 的 を 超 えて 個 人 番 号 を 利 用 する 必 要 が 生 じた 場 合 には 当 初 の 利 用 目 的 と 相 当 の 関 連 性 を 有 すると 合 理 的 に 認 められる 範 囲 内 で 利 用 目 的 を 変 更 して 本 人 への 通 知 等 を 行 うことにより 変 更 後 の 利 用 目 的 の 範 囲 内 で 個 人 番 号 を 利 用 することができる( 個 人 情 報 保 護 法 第 15 条 第 2 項 第 18 条 第 3 項 ) * 前 の 保 険 契 約 を 締 結 した 際 に 保 険 金 支 払 に 関 する 支 払 調 書 作 成 事 務 のために 提 供 を 受 けた 個 人 番 号 については 後 の 保 険 契 約 に 基 づく 保 険 金 支 払 に 関 する 支 払 調 書 作 成 事 務 のために 利 用 することができると 解 される * 金 融 機 関 が 顧 客 から 個 人 番 号 の 提 供 を 受 けるに 当 たり 想 定 される 全 ての 支 払 調 書 作 成 事 務 等 を 利 用 目 的 として 特 定 して 本 人 への 通 知 等 を 行 うことが 考 えら れる なお 通 知 等 の 方 法 としては 従 来 から 行 っている 個 人 情 報 の 取 得 の 際 と 同 様 に 利 用 目 的 を 記 載 した 書 類 の 提 示 等 の 方 法 が 考 えられる b 合 併 等 の 場 合 ( 番 号 法 第 29 条 第 3 項 により 読 み 替 えて 適 用 される 個 人 情 報 保 護 法 第 16 条 第 2 項 ) 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は 合 併 等 の 理 由 で 事 業 を 承 継 することに 伴 って 他 の 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 から 当 該 事 業 者 の 顧 客 の 特 定 個 人 情 報 を 取 得 し 2

6 た 場 合 には 承 継 前 に 特 定 されていた 利 用 目 的 に 従 って 特 定 個 人 情 報 を 利 用 することができる ただし 本 人 の 同 意 があったとしても 承 継 前 に 特 定 されていた 利 用 目 的 を 超 えて 特 定 個 人 情 報 を 利 用 してはならない * 金 融 機 関 甲 が 金 融 機 関 乙 の 事 業 を 承 継 し 支 払 調 書 作 成 事 務 等 のために 乙 が 保 有 していた 乙 の 顧 客 の 個 人 番 号 を 承 継 した 場 合 当 該 顧 客 の 個 人 番 号 を 当 該 顧 客 に 関 する 支 払 調 書 作 成 事 務 等 の 範 囲 で 利 用 することができる 2 例 外 的 な 取 扱 いができる 場 合 番 号 法 では 次 に 掲 げる 場 合 に 例 外 的 に 利 用 目 的 を 超 えた 個 人 番 号 の 利 用 を 認 めている a 金 融 機 関 が 激 甚 災 害 時 等 に 金 銭 の 支 払 を 行 う 場 合 ( 番 号 法 第 9 条 第 4 項 第 29 条 第 3 項 により 読 み 替 えて 適 用 される 個 人 情 報 保 護 法 第 16 条 第 3 項 ( 注 ) 第 1 号 番 号 法 第 32 条 番 号 法 施 行 令 第 10 条 ) 1 銀 行 等 の 預 金 等 取 扱 金 融 機 関 2 証 券 会 社 3 生 命 保 険 会 社 4 損 害 保 険 会 社 5 生 命 保 険 会 社 又 は 損 害 保 険 会 社 と 同 様 の 業 務 を 行 う 共 済 団 体 は 激 甚 災 害 に 対 処 するための 特 別 の 財 政 援 助 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 37 年 法 律 第 150 号 ) 第 2 条 第 1 項 の 激 甚 災 害 が 発 生 したとき 又 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 63 条 第 1 項 その 他 内 閣 府 令 で 定 める 法 令 の 規 定 により 一 定 の 区 域 への 立 入 りを 制 限 禁 止 され 若 しくは 当 該 区 域 からの 退 去 を 命 ぜられたときに 支 払 調 書 の 作 成 等 の 個 人 番 号 関 係 事 務 を 処 理 する 目 的 で 保 有 している 個 人 番 号 について 顧 客 に 対 する 金 銭 の 支 払 を 行 うという 別 の 目 的 のために 顧 客 の 預 金 情 報 等 の 検 索 に 利 用 する ことができる ( 注 ) 番 号 法 施 行 令 とは 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 するための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 26 年 政 令 第 155 号 )をいう( 以 下 同 じ ) b 人 の 生 命 身 体 又 は 財 産 の 保 護 のために 必 要 がある 場 合 であって 本 人 の 同 意 があり 又 は 本 人 の 同 意 を 得 ることが 困 難 である 場 合 ( 番 号 法 第 29 条 第 3 項 により 読 み 替 えて 適 用 される 個 人 情 報 保 護 法 第 16 条 第 3 項 第 2 号 番 号 法 第 32 条 ) 人 の 生 命 身 体 又 は 財 産 の 保 護 のために 必 要 がある 場 合 であって 本 人 の 同 意 があり 又 は 本 人 の 同 意 を 得 ることが 困 難 であるときは 支 払 調 書 の 作 成 等 の 個 人 番 号 関 係 事 務 を 処 理 する 目 的 で 保 有 している 個 人 番 号 につ いて 人 の 生 命 身 体 又 は 財 産 を 保 護 するために 利 用 することができる 3

7 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 要 点 個 人 番 号 関 係 事 務 を 処 理 するために 必 要 な 範 囲 に 限 って 特 定 個 人 情 報 ファイルを 作 成 することができる ( 関 係 条 文 ) 番 号 法 第 28 条 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 ( 番 号 法 第 28 条 ) 金 融 機 関 が 金 融 業 務 に 関 連 して 特 定 個 人 情 報 ファイルを 作 成 することがで きるのは 個 人 番 号 関 係 事 務 を 処 理 するために 必 要 な 範 囲 に 限 られている 法 令 に 基 づき 行 う 顧 客 の 支 払 調 書 作 成 事 務 等 に 限 って 特 定 個 人 情 報 ファイ ルを 作 成 することができるものであり これらの 場 合 を 除 き 特 定 個 人 情 報 フ ァイルを 作 成 してはならない 4

8 2 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 2-⑴ 委 託 の 取 扱 い 要 点 個 人 番 号 関 係 事 務 の 全 部 又 は 一 部 の 委 託 をする 者 は 委 託 先 におい て 番 号 法 に 基 づき 委 託 者 自 らが 果 たすべき 安 全 管 理 措 置 と 同 等 の 措 置 が 講 じられるよう 必 要 かつ 適 切 な 監 督 を 行 わなければならない 1 A 2C 必 要 かつ 適 切 な 監 督 には 1 委 託 先 の 適 切 な 選 定 2 安 全 管 理 措 置 に 関 する 委 託 契 約 の 締 結 3 委 託 先 における 特 定 個 人 情 報 の 取 扱 状 況 の 把 握 が 含 まれる 1B 安 全 管 理 措 置 の 具 体 的 な 内 容 については 2-⑵ 安 全 管 理 措 置 及 び 事 業 者 ガイドラインの ( 別 添 ) 特 定 個 人 情 報 に 関 する 安 全 管 理 措 置 ( 事 業 者 編 ) を 参 照 のこと 個 人 番 号 関 係 事 務 の 全 部 又 は 一 部 の 委 託 を 受 けた 者 は 委 託 者 の 許 諾 を 得 た 場 合 に 限 り 再 委 託 を 行 うことができる 2A 再 委 託 を 受 けた 者 は 個 人 番 号 関 係 事 務 の 委 託 を 受 けた 者 とみなさ れ 最 初 の 委 託 者 の 許 諾 を 得 た 場 合 に 限 り 更 に 再 委 託 することができ る 2B ( 関 係 条 文 ) 番 号 法 第 10 条 第 11 条 個 人 情 報 保 護 法 第 22 条 1 委 託 先 の 監 督 ( 番 号 法 第 11 条 個 人 情 報 保 護 法 第 22 条 ) A 委 託 先 における 安 全 管 理 措 置 個 人 番 号 関 係 事 務 の 全 部 又 は 一 部 の 委 託 をする 者 ( 以 下 委 託 者 とい う )は 委 託 した 個 人 番 号 関 係 事 務 で 取 り 扱 う 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 が 適 切 に 講 じられるよう 委 託 を 受 けた 者 に 対 する 必 要 かつ 適 切 な 監 督 を 行 わなければならない このため 委 託 者 は 委 託 を 受 けた 者 において 番 号 法 に 基 づき 委 託 者 自 らが 果 たすべき 安 全 管 理 措 置 と 同 等 の 措 置 が 講 じられるよう 必 要 か つ 適 切 な 監 督 を 行 わなければならない なお 委 託 を 受 けた 者 を 適 切 に 監 督 するために 必 要 な 措 置 を 講 じず 又 は 必 要 かつ 十 分 な 監 督 義 務 を 果 たすための 具 体 的 な 対 応 をとらなかっ た 結 果 特 定 個 人 情 報 の 漏 えい 等 が 発 生 した 場 合 番 号 法 違 反 と 判 断 され る 可 能 性 がある 5

9 * 保 険 会 社 から 個 人 番 号 関 係 事 務 の 全 部 又 は 一 部 の 委 託 を 受 け 個 人 番 号 を 取 り 扱 う 代 理 店 は 番 号 法 上 の 委 託 を 受 けた 者 となり 委 託 者 である 保 険 会 社 は 代 理 店 において 保 険 会 社 自 らが 果 たすべき 安 全 管 理 措 置 と 同 等 の 措 置 が 講 じられる よう 必 要 かつ 適 切 な 監 督 を 行 わなければならない B 必 要 かつ 適 切 な 監 督 必 要 かつ 適 切 な 監 督 には 1 委 託 先 の 適 切 な 選 定 2 委 託 先 に 安 全 管 理 措 置 を 遵 守 させるために 必 要 な 契 約 の 締 結 3 委 託 先 における 特 定 個 人 情 報 の 取 扱 状 況 の 把 握 が 含 まれる 委 託 先 の 選 定 については 委 託 者 は 委 託 先 において 番 号 法 に 基 づき 委 託 者 自 らが 果 たすべき 安 全 管 理 措 置 と 同 等 の 措 置 が 講 じられるか 否 かに ついて あらかじめ 確 認 しなければならない 具 体 的 な 確 認 事 項 としては ( 注 委 託 先 の 設 備 技 術 水 準 従 業 者 ) に 対 する 監 督 教 育 の 状 況 その 他 委 託 先 の 経 営 環 境 等 が 挙 げられる 委 託 契 約 の 締 結 については 契 約 内 容 として 秘 密 保 持 義 務 事 業 所 内 からの 特 定 個 人 情 報 の 持 出 しの 禁 止 特 定 個 人 情 報 の 目 的 外 利 用 の 禁 止 再 委 託 における 条 件 漏 えい 事 案 等 が 発 生 した 場 合 の 委 託 先 の 責 任 委 託 契 約 終 了 後 の 特 定 個 人 情 報 の 返 却 又 は 廃 棄 従 業 者 に 対 する 監 督 教 育 契 約 内 容 の 遵 守 状 況 について 報 告 を 求 める 規 定 等 を 盛 り 込 まなければなら ない また これらの 契 約 内 容 のほか 特 定 個 人 情 報 を 取 り 扱 う 従 業 者 の 明 確 化 委 託 者 が 委 託 先 に 対 して 実 地 の 調 査 を 行 うことができる 規 定 等 を 盛 り 込 むことが 望 ましい ( 注 ) 従 業 者 とは 金 融 機 関 の 組 織 内 にあって 直 接 間 接 に 金 融 機 関 の 指 揮 監 督 を 受 けて 金 融 機 関 の 業 務 に 従 事 している 者 をいう 具 体 的 には 従 業 員 のほか 取 締 役 監 査 役 理 事 監 事 派 遣 社 員 等 を 含 む 2 再 委 託 ( 番 号 法 第 10 条 第 11 条 ) A 再 委 託 の 要 件 ( 第 10 条 第 1 項 ) 個 人 番 号 関 係 事 務 の 全 部 又 は 一 部 の 委 託 を 受 けた 者 は 委 託 者 の 許 諾 を 得 た 場 合 に 限 り 再 委 託 をすることができる * 金 融 機 関 甲 が 個 人 番 号 関 係 事 務 を 事 業 者 乙 に 委 託 している 場 合 乙 は 委 託 者 で ある 甲 の 許 諾 を 得 た 場 合 に 限 り 同 事 務 を 別 の 事 業 者 丙 に 委 託 することができる B 再 委 託 の 効 果 ( 第 10 条 第 2 項 ) 再 委 託 を 受 けた 者 は 個 人 番 号 関 係 事 務 の 全 部 又 は 一 部 の 委 託 を 受 け た 者 とみなされ 再 委 託 を 受 けた 個 人 番 号 関 係 事 務 を 行 うことができる ほか 最 初 の 委 託 者 の 許 諾 を 得 た 場 合 に 限 り その 事 務 を 更 に 再 委 託 する ことができる 6

10 * 更 に 再 委 託 をする 場 合 も その 許 諾 を 得 る 相 手 は 最 初 の 委 託 者 である したがって 個 人 番 号 関 係 事 務 が 甲 乙 丙 丁 と 順 次 委 託 される 場 合 丙 は 最 初 の 委 託 者 である 甲 の 許 諾 を 得 た 場 合 に 限 り 別 の 事 業 者 丁 に 再 委 託 を 行 うこと ができる 更 に 再 委 託 が 繰 り 返 される 場 合 も 同 様 である なお 乙 は 丙 を 監 督 する 義 務 があるため 乙 丙 間 の 委 託 契 約 の 内 容 に 丙 が 再 委 託 する 場 合 の 取 扱 いを 定 め 再 委 託 を 行 う 場 合 の 条 件 再 委 託 した 場 合 の 乙 に 対 する 通 知 義 務 等 を 盛 り 込 むことが 望 ましい C 再 委 託 先 の 監 督 ( 第 11 条 ) 1Aにおける 委 託 を 受 けた 者 とは 委 託 者 が 直 接 委 託 する 事 業 者 を 指 すが 甲 乙 丙 丁 と 順 次 委 託 される 場 合 乙 に 対 する 甲 の 監 督 義 務 の 内 容 には 再 委 託 の 適 否 だけではなく 乙 が 丙 丁 に 対 して 必 要 かつ 適 切 な 監 督 を 行 っているかどうかを 監 督 することも 含 まれる したがって 甲 は 乙 に 対 する 監 督 義 務 だけではなく 再 委 託 先 である 丙 丁 に 対 しても 間 接 的 に 監 督 義 務 を 負 うこととなる 7

11 2-⑵ 安 全 管 理 措 置 安 全 管 理 措 置 ( 番 号 法 第 12 条 第 33 条 第 34 条 個 人 情 報 保 護 法 第 20 条 第 21 条 ) 個 人 番 号 関 係 事 務 実 施 者 である 金 融 機 関 は 個 人 番 号 及 び 特 定 個 人 情 報 ( 以 下 特 定 個 人 情 報 等 という )の 漏 えい 滅 失 又 は 毀 損 の 防 止 等 特 定 個 人 情 報 等 の 管 理 のために 必 要 かつ 適 切 な 安 全 管 理 措 置 を 講 じなければ ( 注 ならない また 従 業 者 ) に 特 定 個 人 情 報 等 を 取 り 扱 わせるに 当 たって は 特 定 個 人 情 報 等 の 安 全 管 理 措 置 が 適 切 に 講 じられるよう 当 該 従 業 者 に 対 する 必 要 かつ 適 切 な 監 督 を 行 わなければならない ( 注 ) 従 業 者 とは 金 融 機 関 の 組 織 内 にあって 直 接 間 接 に 金 融 機 関 の 指 揮 監 督 を 受 けて 金 融 機 関 の 業 務 に 従 事 している 者 をいう 具 体 的 には 従 業 員 のほか 取 締 役 監 査 役 理 事 監 事 派 遣 社 員 等 を 含 む 安 全 管 理 措 置 の 具 体 的 な 内 容 については 事 業 者 ガイドラインの ( 別 添 ) 特 定 個 人 情 報 に 関 する 安 全 管 理 措 置 ( 事 業 者 編 ) を 参 照 することとするが 金 融 庁 作 成 の 金 融 分 野 における 個 人 情 報 保 護 に 関 するガイドラインの 安 全 管 理 措 置 等 につ いての 実 務 指 針 を 遵 守 することを 前 提 とする 8

12 3 特 定 個 人 情 報 の 提 供 制 限 等 3-⑴ 個 人 番 号 の 提 供 の 要 求 要 点 個 人 番 号 関 係 事 務 実 施 者 は 個 人 番 号 関 係 事 務 を 処 理 するために 必 要 がある 場 合 に 限 って 本 人 又 は 他 の 個 人 番 号 関 係 事 務 実 施 者 に 対 して 個 人 番 号 の 提 供 を 求 めることができる ( 関 係 条 文 ) 番 号 法 第 14 条 1 提 供 の 要 求 ( 番 号 法 第 14 条 第 1 項 ) 金 融 機 関 は 金 融 業 務 に 関 連 する 個 人 番 号 関 係 事 務 を 行 うため 本 人 又 は 他 の 個 人 番 号 関 係 事 務 実 施 者 から 個 人 番 号 の 提 供 を 受 ける 必 要 がある 番 号 法 第 14 条 第 1 項 は 個 人 番 号 関 係 事 務 実 施 者 が 個 人 番 号 の 提 供 を 求 めるため の 根 拠 となる 規 定 である 個 人 番 号 関 係 事 務 実 施 者 は 本 条 により 個 人 番 号 関 係 事 務 を 処 理 するた めに 必 要 がある 場 合 本 人 又 は 他 の 個 人 番 号 関 係 事 務 実 施 者 に 対 し 個 人 番 号 の 提 供 を 求 めることとなる A 本 人 に 対 する 個 人 番 号 の 提 供 の 要 求 金 融 機 関 は 本 条 を 根 拠 として 顧 客 に 対 し 支 払 調 書 作 成 事 務 等 に 必 要 な 個 人 番 号 の 提 供 を 求 めることとなる B 他 の 個 人 番 号 関 係 事 務 実 施 者 に 対 する 個 人 番 号 の 提 供 の 要 求 金 融 機 関 は 本 条 を 根 拠 として 他 の 個 人 番 号 関 係 事 務 実 施 者 に 対 し 支 払 調 書 作 成 事 務 等 に 必 要 な 個 人 番 号 の 提 供 を 求 めることとなる * 株 式 等 振 替 制 度 において 株 式 発 行 者 から 株 主 名 簿 に 関 する 事 務 の 委 託 を 受 けた 株 主 名 簿 管 理 人 ( 信 託 銀 行 等 )は 振 替 機 関 に 対 して 株 主 の 個 人 番 号 の 提 供 を 求 めることとなる 2 提 供 を 求 める 時 期 個 人 番 号 関 係 事 務 実 施 者 は 個 人 番 号 関 係 事 務 を 処 理 するために 必 要 があ るときに 個 人 番 号 の 提 供 を 求 めることとなる 金 融 機 関 は 個 人 番 号 関 係 事 務 が 発 生 した 時 点 で 個 人 番 号 の 提 供 を 求 める ことが 原 則 であるが 顧 客 との 法 律 関 係 等 に 基 づき 個 人 番 号 関 係 事 務 の 発 生 が 予 想 される 場 合 には 契 約 を 締 結 した 時 点 等 の 当 該 事 務 の 発 生 が 予 想 で きた 時 点 で 個 人 番 号 の 提 供 を 求 めることが 可 能 であると 解 される なお 契 約 内 容 等 から 個 人 番 号 関 係 事 務 が 明 らかに 発 生 しないと 認 められる 場 合 には 9

13 個 人 番 号 の 提 供 を 求 めてはならない * 特 定 口 座 に 係 る 所 得 計 算 等 に 伴 う 特 定 口 座 年 間 取 引 報 告 書 の 作 成 事 務 の 場 合 は 租 税 特 別 措 置 法 第 37 条 の11の3 第 4 項 の 規 定 により 顧 客 は 特 定 口 座 開 設 届 出 書 を 提 出 する 時 点 で 個 人 番 号 を 告 知 する 義 務 があるため その 時 点 で 提 供 を 求 めることと なる * 先 物 取 引 の 差 金 等 決 済 に 伴 う 支 払 調 書 の 作 成 事 務 の 場 合 は 所 得 税 法 第 224 条 の 5 第 1 項 及 び 同 法 施 行 令 第 350 条 の3 第 1 項 の 規 定 により 差 金 等 決 済 をする 日 まで に その 都 度 個 人 番 号 の 告 知 を 求 めることが 原 則 であるが 先 物 取 引 等 の 委 託 に 係 る 契 約 の 締 結 時 点 で 個 人 番 号 の 提 供 を 求 めることも 可 能 であると 解 される * 生 命 保 険 契 約 に 基 づく 保 険 金 等 の 支 払 に 伴 う 支 払 調 書 の 作 成 事 務 の 場 合 は 保 険 契 約 の 締 結 時 点 で 保 険 契 約 者 等 及 び 保 険 金 等 受 取 人 の 個 人 番 号 の 提 供 を 求 めること も 可 能 であると 解 される * 協 同 組 織 金 融 機 関 の 出 資 配 当 金 の 支 払 に 伴 う 支 払 調 書 の 作 成 事 務 の 場 合 は 所 得 税 法 第 224 条 第 1 項 及 び 同 法 施 行 令 第 336 条 第 1 項 の 規 定 により 支 払 の 確 定 の 都 度 個 人 番 号 の 告 知 を 求 めることが 原 則 であるが 協 同 組 織 金 融 機 関 に 加 入 する 時 点 で 個 人 番 号 の 提 供 を 求 めることも 可 能 であると 解 される 10

14 3-⑵ 個 人 番 号 の 提 供 の 求 めの 制 限 特 定 個 人 情 報 の 提 供 制 限 要 点 番 号 法 で 限 定 的 に 明 記 された 場 合 を 除 き 個 人 番 号 の 提 供 を 求 めては ならない 1 番 号 法 で 限 定 的 に 明 記 された 場 合 を 除 き 特 定 個 人 情 報 を 提 供 しては ならない 2 ( 関 係 条 文 ) 番 号 法 第 15 条 第 19 条 第 29 条 第 3 項 個 人 情 報 保 護 法 第 23 条 1 提 供 の 求 めの 制 限 ( 番 号 法 第 15 条 ) 何 人 も 番 号 法 第 19 条 各 号 のいずれかに 該 当 し 特 定 個 人 情 報 の 提 供 を 受 け ることができる 場 合 を 除 き 他 人 の 個 人 番 号 の 提 供 を 求 めてはならない 金 融 機 関 が 金 融 業 務 に 関 連 して 個 人 番 号 の 提 供 を 求 めることとなるのは 顧 客 に 対 し 支 払 調 書 作 成 事 務 等 のために 個 人 番 号 の 提 供 を 求 める 場 合 に 限 られる * 金 融 機 関 は 支 払 調 書 作 成 事 務 等 を 処 理 する 目 的 で 顧 客 に 対 し 個 人 番 号 の 提 供 を 求 めることとなる( 番 号 法 第 19 条 第 3 号 に 該 当 ) 一 方 法 令 で 定 められた 支 払 調 書 作 成 事 務 等 を 処 理 する 場 合 を 除 き 個 人 番 号 の 提 供 を 求 めてはならない 2 特 定 個 人 情 報 の 提 供 制 限 ( 番 号 法 第 19 条 ) 何 人 も 番 号 法 で 限 定 的 に 明 記 された 場 合 を 除 き 特 定 個 人 情 報 を 提 供 してはならない 金 融 機 関 が 特 定 個 人 情 報 を 提 供 できるのは 支 払 調 書 等 に 顧 客 の 個 人 番 号 を 記 載 して 税 務 署 長 に 提 出 する 場 合 等 に 限 られる A 提 供 の 意 義 について 提 供 とは 法 的 な 人 格 を 超 える 特 定 個 人 情 報 の 移 動 を 意 味 するもの であり 同 一 法 人 の 内 部 等 の 法 的 な 人 格 を 超 えない 特 定 個 人 情 報 の 移 動 は 提 供 ではなく 利 用 に 当 たり 利 用 制 限 ( 番 号 法 第 9 条 第 28 条 第 29 条 第 3 項 第 32 条 )に 従 うこととなる なお 個 人 情 報 保 護 法 においては 個 人 データを 特 定 の 者 との 間 で 共 同 して 利 用 する 場 合 には 第 三 者 提 供 に 当 たらないとしている( 個 人 情 報 保 護 法 第 23 条 第 4 項 第 3 号 )が 番 号 法 においては 個 人 情 報 保 護 法 第 23 条 第 4 項 第 3 号 の 適 用 を 除 外 している( 番 号 法 第 29 条 第 3 項 )ことから こ の 場 合 も 通 常 の 提 供 に 当 たり 提 供 制 限 ( 同 法 第 14 条 から 第 16 条 まで 第 19 条 第 20 条 第 29 条 第 3 項 )に 従 うこととなる 11

15 * 提 供 に 当 たらない 場 合 金 融 機 関 甲 の 中 のX 部 からY 部 へ 特 定 個 人 情 報 が 移 動 する 場 合 X 部 Y 部 はそ れぞれ 甲 の 内 部 の 部 署 であり 独 立 した 法 的 人 格 を 持 たないから 提 供 には 当 たらない 例 えば 顧 客 の 個 人 番 号 が 営 業 所 の 担 当 者 を 通 じ 支 払 調 書 を 作 成 す る 目 的 で 経 理 部 に 提 出 された 場 合 には 提 供 には 当 たらず 法 令 で 認 められた 利 用 となる * 提 供 に 当 たる 場 合 金 融 機 関 甲 から 他 の 事 業 者 乙 へ 特 定 個 人 情 報 が 移 動 する 場 合 は 提 供 に 当 たる 同 じ 系 列 の 会 社 間 等 での 特 定 個 人 情 報 の 移 動 であっても 別 の 法 人 である 以 上 提 供 に 当 たり 提 供 制 限 に 従 うこととなるため 留 意 が 必 要 である 例 えば 甲 銀 行 と 子 会 社 である 乙 証 券 会 社 が 同 一 の 顧 客 と 取 引 しており その 顧 客 から 非 公 開 情 報 の 授 受 について 書 面 による 同 意 を 得 ている 場 合 であっても 甲 乙 間 で 顧 客 の 個 人 番 号 を 提 供 又 は 共 同 利 用 してはならない B 特 定 個 人 情 報 を 提 供 できる 場 合 ( 番 号 法 第 19 条 第 1 号 から 第 14 号 まで) 特 定 個 人 情 報 を 提 供 できる 場 合 として 番 号 法 第 19 条 各 号 が 定 めている もののうち 金 融 業 務 に 関 わるものは 次 のとおりである a 個 人 番 号 関 係 事 務 実 施 者 からの 提 供 ( 第 2 号 ) 個 人 番 号 関 係 事 務 実 施 者 である 金 融 機 関 は 個 人 番 号 関 係 事 務 を 処 理 するために 法 令 に 基 づき 税 務 署 長 等 に 特 定 個 人 情 報 を 提 供 すること となる * 金 融 機 関 ( 個 人 番 号 関 係 事 務 実 施 者 )は 所 得 税 法 第 225 条 第 1 項 の 規 定 に 従 って 支 払 調 書 の 提 出 という 個 人 番 号 関 係 事 務 を 処 理 するために 税 務 署 長 に 対 し 顧 客 の 個 人 番 号 が 記 載 された 支 払 調 書 を 提 出 することとなる * 金 融 機 関 ( 個 人 番 号 関 係 事 務 実 施 者 )は 租 税 特 別 措 置 法 第 37 条 の11の3 第 7 項 の 規 定 に 従 って 特 定 口 座 年 間 取 引 報 告 書 の 提 出 という 個 人 番 号 関 係 事 務 を 処 理 するために 顧 客 の 個 人 番 号 が 記 載 された 特 定 口 座 年 間 取 引 報 告 書 を2 通 作 成 し 1 通 を 税 務 署 長 に 提 出 し 他 の1 通 を 本 人 に 交 付 することとなる b 本 人 又 は 代 理 人 からの 提 供 ( 第 3 号 ) 本 人 又 はその 代 理 人 は 個 人 番 号 関 係 事 務 実 施 者 である 金 融 機 関 に 対 し 本 人 の 個 人 番 号 を 含 む 特 定 個 人 情 報 を 提 供 することとなる * 顧 客 は 支 払 調 書 作 成 事 務 等 のために 個 人 番 号 関 係 事 務 実 施 者 である 金 融 機 関 に 対 し 自 己 の 個 人 番 号 を 提 供 することとなる 12

16 c 委 託 合 併 に 伴 う 提 供 ( 第 5 号 ) 特 定 個 人 情 報 の 取 扱 いの 全 部 若 しくは 一 部 の 委 託 又 は 合 併 その 他 の 事 由 による 事 業 の 承 継 が 行 われたときは 特 定 個 人 情 報 を 提 供 することが 認 められている * 金 融 機 関 甲 が 金 融 機 関 乙 を 吸 収 合 併 した 場 合 吸 収 される 乙 は 支 払 調 書 作 成 事 務 等 に 必 要 な 顧 客 の 個 人 番 号 を 存 続 する 甲 に 提 供 することができる d 株 式 等 振 替 制 度 を 活 用 した 提 供 ( 第 10 号 番 号 法 施 行 令 第 24 条 第 25 条 ) 振 替 機 関 又 は 口 座 管 理 機 関 は 社 債 等 の 発 行 会 社 他 の 振 替 機 関 又 は 口 座 管 理 機 関 に 対 し 各 者 をつなぐオンラインシステムを 利 用 して 社 債 株 式 等 の 振 替 に 関 する 法 律 ( 平 成 13 年 法 律 第 75 号 )の 規 定 等 に 基 づき 支 払 調 書 に 記 載 されるべき 個 人 番 号 として 株 主 が 振 替 機 関 又 は 口 座 管 理 機 関 に 告 知 した 特 定 個 人 情 報 を その 特 定 個 人 情 報 の 安 全 ( 注 を 確 保 するための 必 要 な 措 置 ) を 講 じた 上 で 提 供 することができる * 株 主 口 座 管 理 機 関 ( 証 券 会 社 X) 口 座 管 理 機 関 ( 証 券 会 社 Y) 振 替 機 関 株 式 発 行 者 税 務 署 長 という 順 番 で 株 主 の 特 定 個 人 情 報 が 提 供 される 例 でみ ると 証 券 会 社 X 証 券 会 社 Y 証 券 会 社 Y 振 替 機 関 振 替 機 関 株 式 発 行 者 間 の 特 定 個 人 情 報 の 提 供 がこれに 該 当 する 証 券 会 社 X 証 券 会 社 Y 及 び 振 替 機 関 は 社 債 株 式 等 の 振 替 に 関 する 命 令 第 62 条 の 規 定 により 特 定 個 人 情 報 の 提 供 が 義 務 付 けられている なお 株 主 証 券 会 社 X 間 の 特 定 個 人 情 報 の 提 供 は 番 号 法 第 19 条 第 3 号 (b) を 株 式 発 行 者 税 務 署 長 間 の 特 定 個 人 情 報 の 提 供 は 同 条 第 2 号 (a)を 根 拠 と して 行 われることとなる ( 注 ) 特 定 個 人 情 報 の 安 全 を 確 保 するための 必 要 な 措 置 については 番 号 法 施 行 令 第 25 条 に 次 のとおり 定 められている 1 特 定 個 人 情 報 を 提 供 する 者 の 使 用 に 係 る 電 子 計 算 機 に 特 定 個 人 情 報 の 提 供 を 受 ける 者 の 名 称 提 供 の 日 時 及 び 主 務 省 令 で 定 める 事 項 を 記 録 し その 記 録 を7 年 間 保 存 すること 2 提 供 する 特 定 個 人 情 報 が 漏 えいした 場 合 において その 旨 及 びその 理 由 を 遅 滞 なく 委 員 会 に 報 告 するために 必 要 な 体 制 を 整 備 するとともに 提 供 を 受 ける 者 が 同 様 の 体 制 を 整 備 していることを 確 認 すること 3 主 務 省 令 によって 定 められた 特 定 個 人 情 報 の 安 全 を 確 保 するための 措 置 の 実 施 を 行 うこと e 委 員 会 からの 提 供 の 求 め( 第 11 号 ) 委 員 会 が 特 定 個 人 情 報 の 取 扱 いに 関 し 番 号 法 第 52 条 第 1 項 の 規 定 13

17 により 特 定 個 人 情 報 の 提 出 を 求 めた 場 合 には この 求 めに 応 じ 委 員 会 に 対 し 特 定 個 人 情 報 を 提 供 しなければならない f 各 議 院 審 査 等 その 他 公 益 上 の 必 要 があるときの 提 供 ( 第 12 号 番 号 法 施 行 令 第 26 条 同 施 行 令 別 表 ) 1 各 議 院 の 審 査 調 査 の 手 続 2 訴 訟 手 続 その 他 の 裁 判 所 における 手 続 3 裁 判 の 執 行 4 刑 事 事 件 の 捜 査 5 租 税 に 関 する 法 律 の 規 定 に 基 づく 犯 則 事 件 の 調 査 6 会 計 検 査 院 の 検 査 が 行 われるとき 7 公 益 上 の 必 要 があるときには 特 定 個 人 情 報 を 提 供 することができる 7の 公 益 上 の 必 要 があるときは 番 号 法 施 行 令 第 26 条 で 定 められており 私 的 独 占 の 禁 止 及 び 公 正 取 引 の 確 保 に 関 する 法 律 ( 昭 和 22 年 法 律 第 54 号 ) の 規 定 による 犯 則 事 件 の 調 査 ( 番 号 法 施 行 令 別 表 第 2 号 ) 金 融 商 品 取 引 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 25 号 )の 規 定 による 犯 則 事 件 の 調 査 ( 同 表 第 4 号 ) 租 税 調 査 ( 同 表 第 8 号 ) 個 人 情 報 保 護 法 の 規 定 による 報 告 徴 収 ( 同 表 第 19 号 ) 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 22 号 )の 規 定 による 届 出 ( 同 表 第 23 号 ) 等 がある g 人 の 生 命 身 体 又 は 財 産 の 保 護 のための 提 供 ( 第 13 号 ) 人 の 生 命 身 体 又 は 財 産 の 保 護 のために 必 要 がある 場 合 において 本 人 の 同 意 があり 又 は 本 人 の 同 意 を 得 ることが 困 難 であるときは 特 定 個 人 情 報 を 提 供 することができる C 個 人 情 報 保 護 法 上 の 第 三 者 提 供 との 違 い 個 人 情 報 保 護 法 は 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 に 対 し 個 人 データについて 本 人 の 同 意 がある 場 合 法 令 の 規 定 に 基 づく 場 合 等 には 第 三 者 に 提 供 す ることができることとしている 番 号 法 においては 全 ての 事 業 者 を 対 象 に 同 法 第 19 条 で 特 定 個 人 情 報 を 提 供 できる 場 合 を 限 定 的 に 定 めており 特 定 個 人 情 報 の 提 供 については 個 人 情 報 保 護 法 第 23 条 は 適 用 されない 特 定 個 人 情 報 の 提 供 を 求 められた 場 合 には その 提 供 を 求 める 根 拠 が 番 号 法 第 19 条 各 号 に 該 当 するものかどうかをよく 確 認 し 同 条 各 号 に 該 当 しない 場 合 には 特 定 個 人 情 報 を 提 供 してはならない * 個 人 情 報 保 護 法 第 25 条 に 基 づく 開 示 の 求 め 同 法 第 26 条 に 基 づく 訂 正 等 の 求 め 又 は 同 法 第 27 条 に 基 づく 利 用 停 止 等 の 求 めにおいて 本 人 から 個 人 番 号 を 付 して 求 めが 行 われた 場 合 や 本 人 に 対 しその 個 人 番 号 又 は 特 定 個 人 情 報 を 提 供 する 場 合 は 番 号 法 第 19 条 各 号 に 定 めはないものの 法 の 解 釈 上 当 然 に 特 定 個 人 情 報 の 提 供 が 認 められるべき 場 合 であり 特 定 個 人 情 報 を 提 供 することができる 14

18 3-⑶ 収 集 保 管 制 限 要 点 番 号 法 第 19 条 各 号 のいずれかに 該 当 する 場 合 を 除 き 特 定 個 人 情 報 を 収 集 又 は 保 管 してはならない ( 関 係 条 文 ) 番 号 法 第 20 条 収 集 保 管 の 制 限 ( 番 号 法 第 20 条 ) 何 人 も 番 号 法 第 19 条 各 号 のいずれかに 該 当 する 場 合 を 除 き 他 人 の 個 人 番 号 を 含 む 特 定 個 人 情 報 を 収 集 又 は 保 管 してはならない A 収 集 制 限 収 集 とは 集 める 意 思 を 持 って 自 己 の 占 有 に 置 くことを 意 味 し 例 えば 人 から 個 人 番 号 を 記 載 したメモを 受 け 取 ること 人 から 聞 き 取 った 個 人 番 号 をメモすること 等 直 接 取 得 する 場 合 のほか 電 子 計 算 機 等 を 操 作 して 個 人 番 号 を 画 面 上 に 表 示 させ その 個 人 番 号 を 書 き 取 ること プリ ントアウトすること 等 を 含 む 一 方 特 定 個 人 情 報 の 提 示 を 受 けただけで は 収 集 に 当 たらない * 金 融 機 関 の 支 払 調 書 作 成 事 務 担 当 者 として 個 人 番 号 関 係 事 務 に 従 事 する 者 が 個 人 番 号 関 係 事 務 以 外 の 目 的 で 顧 客 の 特 定 個 人 情 報 をノートに 書 き 写 してはなら ない * 金 融 機 関 が 個 人 番 号 関 係 事 務 に 関 係 のない 預 金 払 戻 し 業 務 において 預 金 者 から 本 人 確 認 書 類 として 個 人 番 号 カードが 提 示 された 場 合 窓 口 担 当 者 は 個 人 番 号 カードに 記 載 された 個 人 番 号 を 書 き 写 し 又 は 個 人 番 号 カードの 個 人 番 号 が 記 載 された 部 分 をコピーして 特 定 個 人 情 報 を 収 集 してはならない * 金 融 機 関 が 借 入 申 込 時 の 所 得 証 明 書 類 として 給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 票 等 の 個 人 番 号 が 記 載 された 書 類 の 提 出 を 受 けた 場 合 番 号 法 第 19 条 各 号 のいずれにも 該 当 しないため そのまま 当 該 書 類 を 受 け 取 ることはできないが 当 該 書 類 の 個 人 番 号 部 分 を 復 元 できない 程 度 にマスキングすれば 受 け 取 ることは 可 能 である * 金 融 機 関 の 中 で 単 に 個 人 番 号 が 記 載 された 書 類 等 を 受 け 取 り 支 払 調 書 作 成 事 務 に 従 事 する 者 に 受 け 渡 す 立 場 の 者 は 独 自 に 個 人 番 号 を 保 管 する 必 要 がないため 個 人 番 号 の 確 認 等 の 必 要 な 事 務 を 行 った 後 はできるだけ 速 やかにその 書 類 を 受 け 渡 すこととし 自 分 の 手 元 に 個 人 番 号 を 残 してはならない 例 えば 顧 客 から 個 人 番 号 が 記 載 された 書 類 等 を 受 け 取 る 営 業 担 当 者 と 個 人 番 号 15

19 を 管 理 する 担 当 者 が 異 なるときは 書 類 等 を 受 け 取 る 営 業 担 当 者 は 個 人 番 号 を 管 理 する 担 当 者 にできるだけ 速 やかにその 書 類 を 受 け 渡 すこととし 自 分 の 手 元 に 個 人 番 号 を 残 してはならない なお 個 人 番 号 が 記 載 された 書 類 等 を 受 け 取 る 担 当 者 も 個 人 番 号 関 係 事 務 に 従 事 する 金 融 機 関 の 一 部 として 当 該 事 務 に 従 事 するのであるから 当 該 個 人 番 号 によ り 特 定 される 本 人 から 当 該 書 類 等 を 受 け 取 る 際 に 当 該 書 類 等 の 不 備 がないかどう か 個 人 番 号 を 含 めて 確 認 することができる * 保 険 会 社 から 個 人 番 号 関 係 事 務 の 全 部 又 は 一 部 の 委 託 を 受 け 個 人 番 号 を 取 り 扱 う 代 理 店 は 委 託 契 約 に 基 づいて 個 人 番 号 を 保 管 する 必 要 がない 限 り できるだけ 速 やかに 顧 客 の 個 人 番 号 が 記 載 された 書 類 等 を 保 険 会 社 に 受 け 渡 すこととし 代 理 店 の 中 に 個 人 番 号 を 残 してはならない B 保 管 制 限 と 廃 棄 個 人 番 号 は 番 号 法 で 限 定 的 に 明 記 された 事 務 を 処 理 するために 収 集 又 は 保 管 されるものであるから それらの 事 務 を 行 う 必 要 がある 場 合 に 限 り 特 定 個 人 情 報 を 保 管 し 続 けることができる また 個 人 番 号 が 記 載 された 書 類 等 については 所 管 法 令 によって 一 定 期 間 保 存 が 義 務 付 けられている ものがあるが これらの 書 類 等 に 記 載 された 個 人 番 号 については その 期 間 保 管 することとなる 一 方 それらの 事 務 を 処 理 する 必 要 がなくなった 場 合 で 所 管 法 令 にお いて 定 められている 保 存 期 間 を 経 過 した 場 合 には 個 人 番 号 をできるだけ 速 やかに 廃 棄 又 は 削 除 しなければならない なお その 個 人 番 号 部 分 を 復 元 できない 程 度 にマスキング 又 は 削 除 した 上 で 保 管 を 継 続 することは 可 能 である * 金 融 機 関 は 支 払 調 書 作 成 事 務 等 を 処 理 する 目 的 で 顧 客 の 個 人 番 号 を 保 管 する ことができる( 番 号 法 第 19 条 第 3 号 に 該 当 ) 一 方 法 令 で 定 められた 支 払 調 書 作 成 事 務 等 を 処 理 する 場 合 を 除 き 顧 客 の 個 人 番 号 を 保 管 することはできない * 特 定 口 座 非 課 税 口 座 等 毎 年 取 引 報 告 書 の 提 出 が 義 務 付 けられている 場 合 には 顧 客 から 提 供 を 受 けた 個 人 番 号 を 取 引 報 告 書 作 成 事 務 のために 翌 年 度 以 降 も 継 続 的 に 利 用 する 必 要 があることから 特 定 個 人 情 報 を 継 続 的 に 保 管 できると 解 される * 特 定 口 座 開 設 届 出 書 は 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 第 18 条 の13の4 第 1 項 第 3 号 により 当 該 届 出 書 に 係 る 特 定 口 座 につき 特 定 口 座 廃 止 届 出 書 等 の 提 出 があった 日 の 属 する 年 の 翌 年 から5 年 間 保 存 することとなっていることから 当 該 期 間 を 経 過 した 場 合 には 当 該 特 定 口 座 開 設 届 出 書 に 記 載 された 個 人 番 号 を 保 管 しておく 必 要 はなく 原 則 として 個 人 番 号 が 記 載 された 特 定 口 座 開 設 届 出 書 をできるだけ 速 や かに 廃 棄 しなければならない 16

20 そのため 個 人 番 号 が 記 載 された 特 定 口 座 開 設 届 出 書 等 の 書 類 については 保 存 期 間 経 過 後 における 廃 棄 を 前 提 とした 保 管 体 制 をとることが 望 ましい * 支 払 調 書 作 成 事 務 のために 提 供 を 受 けた 特 定 個 人 情 報 を 電 磁 的 記 録 として 保 存 し ている 場 合 においても その 事 務 に 用 いる 必 要 がなく 所 管 法 令 で 定 められている 保 存 期 間 を 経 過 した 場 合 には 原 則 として 個 人 番 号 をできるだけ 速 やかに 廃 棄 又 は 削 除 しなければならない そのため 特 定 個 人 情 報 を 保 存 するシステムにおいては 保 存 期 間 経 過 後 におけ る 廃 棄 又 は 削 除 を 前 提 としたシステムを 構 築 することが 望 ましい 廃 棄 方 法 等 の 具 体 的 な 内 容 については 事 業 者 ガイドラインの ( 別 添 ) 特 定 個 人 情 報 に 関 する 安 全 管 理 措 置 ( 事 業 者 編 ) を 参 照 のこと 17

21 3-⑷ 本 人 確 認 本 人 確 認 ( 番 号 法 第 16 条 ) ( 注 ) 本 人 確 認 については 番 号 法 番 号 法 施 行 令 番 号 法 施 行 規 則 及 び 個 人 番 号 利 用 事 務 実 施 者 が 認 める 方 法 に 従 うこととなるため 適 切 に 対 応 する 必 要 がある ( 注 ) 番 号 法 施 行 規 則 とは 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 するための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 施 行 規 則 ( 平 成 26 年 内 閣 府 総 務 省 令 第 3 号 )をいう( 以 下 同 じ ) 参 考 番 号 法 番 号 法 施 行 令 及 び 番 号 法 施 行 規 則 における 本 人 確 認 の 概 要 は 次 のとおりである この 項 目 において 法 は 番 号 法 令 は 番 号 法 施 行 令 規 は 番 号 法 施 行 規 則 をいう( 番 号 法 施 行 規 則 第 1 条 第 1 項 第 1 号 の 場 合 は 規 11 一 と 表 記 する ) 1 本 人 から 個 人 番 号 の 提 供 を 受 ける 場 合 ⅰ 個 人 番 号 カードの 提 示 を 受 ける 場 合 個 人 番 号 カード ( 法 16) ⅱ 通 知 カードの 提 示 を 受 ける 場 合 通 知 カード + 本 人 の 身 元 確 認 書 類 ( 法 16) ( 規 11) 運 転 免 許 証 等 ( 規 11 一 二 ) 困 難 な 場 合 ( 規 11 三 ) 財 務 大 臣 等 の 特 則 ( 規 13 一 から 四 まで) 困 難 な 場 合 ( 規 13 五 ) 特 定 の 個 人 と 同 一 の 者 であることが 明 らかな 場 合 ( 規 35) ⅲ ⅰ ⅱ 以 外 の 場 合 (ⅰ) 書 類 の 提 示 を 受 ける 場 合 等 番 号 確 認 書 類 + 本 人 の 身 元 確 認 書 類 ( 令 121 一 ) ( 令 121 二 ) 住 民 票 の 運 転 免 許 証 等 ( 規 2) 写 し 等 困 難 な 場 合 ( 規 32) 困 難 な 場 合 財 務 大 臣 等 の 特 則 ( 規 33) ( 規 31) 電 話 による 場 合 ( 規 34) 特 定 の 個 人 と 同 一 の 者 であることが 明 らかな 場 合 ( 規 35) 18

22 (ⅱ) 電 子 情 報 処 理 組 織 を 使 用 して 個 人 番 号 の 提 供 を 受 ける 場 合 個 人 番 号 カードのICチップの 読 み 取 り 電 子 署 名 等 の 送 信 個 人 番 号 利 用 事 務 実 施 者 による 地 方 公 共 団 体 情 報 システム 機 構 への 確 認 等 ( 規 4) 2 本 人 の 代 理 人 から 個 人 番 号 の 提 供 を 受 ける 場 合 ⅰ 書 類 の 提 示 を 受 ける 場 合 等 代 理 権 確 認 書 類 + 代 理 人 の 身 元 確 認 書 類 + 本 人 の 番 号 確 認 書 類 ( 令 122 一 ) ( 令 122 二 ) ( 令 122 三 ) 戸 籍 謄 本 個 人 番 号 カード 本 人 に 係 る 委 任 状 等 運 転 免 許 証 等 個 人 番 号 カード 等 ( 規 61 一 二 ) ( 規 71) ( 規 8) 困 難 な 場 合 代 理 人 が 法 人 の 場 合 困 難 な 場 合 ( 規 61 三 ) ( 規 72) ( 規 95) 代 理 人 が 法 人 の 困 難 な 場 合 場 合 ( 規 62) ( 規 91) 財 務 大 臣 等 の 特 則 ( 規 92) 電 話 による 場 合 電 話 による 場 合 ( 規 93) ( 規 93) 特 定 の 個 人 と 同 一 の 者 であることが 明 らかな 場 合 ( 規 94) ⅱ 電 子 情 報 処 理 組 織 を 使 用 して 個 人 番 号 の 提 供 を 受 ける 場 合 代 理 権 証 明 情 報 及 び 代 理 人 の 電 子 署 名 等 の 送 信 個 人 番 号 利 用 事 務 実 施 者 による 地 方 公 共 団 体 情 報 システム 機 構 への 確 認 等 ( 規 10) 書 面 の 送 付 により 個 人 番 号 の 提 供 を 受 ける 場 合 は 上 記 で 提 示 を 受 けることとさ れている 書 類 又 はその 写 しの 提 出 を 受 けなければならない( 規 11) 19

23 4 第 三 者 提 供 の 停 止 に 関 する 取 扱 い 要 点 特 定 個 人 情 報 を 提 供 することができるのは 番 号 法 第 19 条 各 号 に 当 て はまる 場 合 に 限 定 されている したがって 特 定 個 人 情 報 が 違 法 に 第 三 者 に 提 供 されていることを 知 った 本 人 から その 提 供 の 停 止 が 求 められ た 場 合 であって その 求 めに 理 由 があることが 判 明 したときには 第 三 者 への 提 供 を 停 止 しなければならない なお 特 定 個 人 情 報 を 適 正 に 取 り 扱 っていれば 第 三 者 への 提 供 の 停 止 を 求 められる 事 態 は 生 じない ( 関 係 条 文 ) 番 号 法 第 29 条 第 3 項 個 人 情 報 保 護 法 第 27 条 第 三 者 提 供 の 停 止 ( 番 号 法 第 29 条 第 3 項 により 読 み 替 えて 適 用 される 個 人 情 報 保 護 法 第 27 条 第 2 項 ) 特 定 個 人 情 報 を 提 供 することができるのは 番 号 法 第 19 条 各 号 に 当 てはま る 場 合 に 限 定 されており それ 以 外 の 場 合 で 特 定 個 人 情 報 を 提 供 してはなら ない 保 有 個 人 データである 特 定 個 人 情 報 が 同 条 各 号 に 違 反 して 違 法 に 第 三 者 に 提 供 されているという 理 由 により 本 人 から 第 三 者 への 当 該 特 定 個 人 情 報 の 提 供 の 停 止 を 求 められた 場 合 であって その 求 めに 理 由 があることが 判 明 したときには 遅 滞 なく 当 該 特 定 個 人 情 報 の 第 三 者 への 提 供 を 停 止 し なければならない ただし 第 三 者 への 提 供 を 停 止 することが 困 難 であり 本 人 の 権 利 利 益 を 保 護 するために 代 わりの 措 置 をとるときは 第 三 者 への 提 供 を 停 止 しないこ とが 認 められており この 点 は 従 来 の 個 人 情 報 保 護 法 の 取 扱 いと 同 様 である 20

24 5 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 ( 番 号 法 第 26 条 第 27 条 ) 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 とは 情 報 提 供 ネットワークシステムを 使 用 して 情 報 連 携 を 行 う 事 業 者 が 特 定 個 人 情 報 の 漏 えいその 他 の 事 態 を 発 生 させるリ スクを 分 析 し そのようなリスクを 軽 減 するための 適 切 な 措 置 を 講 ずること を 宣 言 するものである 金 融 機 関 は 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 の 実 施 が 義 務 付 けられていないが 任 意 に 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 の 手 法 を 活 用 することは 特 定 個 人 情 報 の 保 護 の 観 点 から 有 益 である 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 の 詳 細 については 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 に 関 する 規 則 ( 平 成 26 年 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 規 則 第 1 号 ) 及 び 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 指 針 ( 平 成 26 年 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 告 示 第 4 号 )を 参 照 のこと 21

25 6 個 人 情 報 保 護 法 の 主 な 規 定 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は 特 定 個 人 情 報 の 取 扱 いについて 次 のとおり 個 人 情 報 保 護 法 の 適 用 を 受 けるので 留 意 する 必 要 がある A 利 用 目 的 の 特 定 ( 個 人 情 報 保 護 法 第 15 条 ) a 利 用 目 的 の 特 定 ( 第 1 項 ) 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は 個 人 情 報 を 取 り 扱 うに 当 たっては その 利 用 目 的 をできる 限 り 特 定 しなければならない b 利 用 目 的 の 変 更 ( 第 2 項 ) 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は 利 用 目 的 を 変 更 する 場 合 には 変 更 前 の 利 用 目 的 と 相 当 の 関 連 性 を 有 すると 合 理 的 に 認 められる 範 囲 を 超 えて 行 ってはな らない B 利 用 目 的 の 通 知 等 ( 個 人 情 報 保 護 法 第 18 条 ) a 利 用 目 的 の 通 知 等 ( 第 1 項 ) 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は 個 人 情 報 を 取 得 した 場 合 は あらかじめその 利 用 目 的 を 公 表 している 場 合 を 除 き 速 やかに その 利 用 目 的 を 本 人 に 通 知 し 又 は 公 表 しなければならない b 利 用 目 的 の 明 示 ( 第 2 項 ) 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は aの 規 定 にかかわらず 本 人 との 間 で 契 約 を 締 結 することに 伴 って 契 約 書 その 他 の 書 面 ( 電 子 的 方 式 等 で 作 られる 記 録 を 含 む 以 下 bにおいて 同 じ )に 記 載 された 当 該 本 人 の 個 人 情 報 を 取 得 す る 場 合 その 他 本 人 から 直 接 書 面 に 記 載 された 当 該 本 人 の 個 人 情 報 を 取 得 す る 場 合 は あらかじめ 本 人 に 対 し その 利 用 目 的 を 明 示 しなければなら ない ただし 人 の 生 命 身 体 又 は 財 産 の 保 護 のために 緊 急 に 必 要 がある 場 合 は この 限 りでない c 変 更 された 利 用 目 的 の 通 知 等 ( 第 3 項 ) 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は 利 用 目 的 を 変 更 した 場 合 は 変 更 された 利 用 目 的 について 本 人 に 通 知 し 又 は 公 表 しなければならない d 適 用 除 外 ( 第 4 項 ) aからcまでの 規 定 は ⅰ 本 人 等 の 権 利 利 益 を 害 するおそれがある 場 合 ⅱ 当 該 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 の 権 利 又 は 正 当 な 利 益 を 害 するおそれがある 場 合 ⅲ 国 の 行 政 機 関 又 は 地 方 公 共 団 体 が 法 令 の 定 める 事 務 を 遂 行 すること に 対 して 協 力 する 必 要 がある 場 合 であって 当 該 事 務 の 遂 行 に 支 障 を 及 ぼ すおそれがあるとき ⅳ 取 得 の 状 況 からみて 利 用 目 的 が 明 らかであると 認 められる 場 合 には 適 用 しない 22

26 C データ 内 容 の 正 確 性 の 確 保 ( 個 人 情 報 保 護 法 第 19 条 ) 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は 利 用 目 的 の 達 成 に 必 要 な 範 囲 内 において 個 人 デ ータを 正 確 かつ 最 新 の 内 容 に 保 つよう 努 めなければならない D 適 正 取 得 ( 個 人 情 報 保 護 法 第 17 条 ) 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は 偽 りその 他 不 正 の 手 段 により 個 人 情 報 を 取 得 して はならない E 保 有 個 人 データに 関 する 事 項 の 公 表 等 ( 個 人 情 報 保 護 法 第 24 条 個 人 情 報 保 護 法 施 行 令 第 5 条 ) a 保 有 個 人 データに 関 する 事 項 の 公 表 ( 第 1 項 ) 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は 保 有 個 人 データに 関 し ⅰ 当 該 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 の 氏 名 又 は 名 称 ⅱ 全 ての 保 有 個 人 データの 利 用 目 的 (Bdⅰからⅲ までに 該 当 する 場 合 を 除 く ) ⅲ 利 用 目 的 の 通 知 開 示 訂 正 等 利 用 停 止 等 の 求 めに 応 じる 手 続 等 ⅳⅰからⅲまでに 掲 げるもののほか 保 有 個 人 データの 適 正 な 取 扱 いの 確 保 に 関 し 必 要 な 事 項 として 個 人 情 報 保 護 法 施 行 令 第 5 条 で 定 めるものについて 本 人 の 知 り 得 る 状 態 ( 本 人 の 求 めに 応 じて 遅 滞 なく 回 答 する 場 合 を 含 む )に 置 かなければならない b 利 用 目 的 の 通 知 の 求 め( 第 2 項 ) 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は 本 人 から 当 該 本 人 が 識 別 される 保 有 個 人 デー タの 利 用 目 的 の 通 知 を 求 められたときは 本 人 に 対 し 遅 滞 なく これを 通 知 しなければならない ただし ⅰaの 規 定 により 当 該 本 人 が 識 別 され る 保 有 個 人 データの 利 用 目 的 が 明 らかな 場 合 ⅱBdⅰからⅲまでに 該 当 する 場 合 のいずれかに 該 当 する 場 合 は この 限 りでない c 本 人 に 対 する 通 知 ( 第 3 項 ) 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は bの 規 定 に 基 づき 求 められた 保 有 個 人 データの 利 用 目 的 を 通 知 しない 旨 の 決 定 をしたときは 本 人 に 対 し 遅 滞 なく そ の 旨 を 通 知 しなければならない F 開 示 ( 個 人 情 報 保 護 法 第 25 条 個 人 情 報 保 護 法 施 行 令 第 6 条 ) a 開 示 ( 第 1 項 ) 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は 本 人 から 当 該 本 人 が 識 別 される 保 有 個 人 デー タの 開 示 ( 当 該 本 人 が 識 別 される 保 有 個 人 データが 存 在 しないときにその 旨 を 知 らせることを 含 む 以 下 同 じ )を 求 められたときは 本 人 に 対 し 個 人 情 報 保 護 法 施 行 令 第 6 条 で 定 める 方 法 により 遅 滞 なく 当 該 保 有 個 人 データを 開 示 しなければならない ただし 開 示 することにより ⅰ 本 人 等 の 権 利 利 益 を 害 するおそれがある 場 合 ⅱ 当 該 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 の 業 務 の 適 正 な 実 施 に 著 しい 支 障 を 及 ぼすおそれがある 場 合 ⅲ 他 の 法 令 に 23

27 違 反 することとなる 場 合 のいずれかに 該 当 する 場 合 は その 全 部 又 は 一 部 を 開 示 しないことができる b 本 人 に 対 する 通 知 ( 第 2 項 ) 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は aの 規 定 に 基 づき 求 められた 保 有 個 人 データの 全 部 又 は 一 部 について 開 示 しない 旨 の 決 定 をしたときは 本 人 に 対 し 遅 滞 なく その 旨 を 通 知 しなければならない c 他 の 法 令 による 開 示 ( 第 3 項 ) 他 の 法 令 の 規 定 により 本 人 に 対 しaの 本 文 に 規 定 する 方 法 に 相 当 する 方 法 により 当 該 本 人 が 識 別 される 保 有 個 人 データの 全 部 又 は 一 部 を 開 示 す ることとされている 場 合 には 当 該 全 部 又 は 一 部 の 保 有 個 人 データについ ては aの 規 定 は 適 用 しない G 訂 正 等 ( 個 人 情 報 保 護 法 第 26 条 ) a 訂 正 等 ( 第 1 項 ) 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は 本 人 から 当 該 本 人 が 識 別 される 保 有 個 人 デー タの 内 容 が 事 実 でないという 理 由 によって 当 該 保 有 個 人 データの 内 容 の 訂 正 追 加 又 は 削 除 ( 以 下 a 及 びbにおいて 訂 正 等 という )を 求 めら れた 場 合 には その 内 容 の 訂 正 等 に 関 して 他 の 法 令 の 規 定 により 特 別 の 手 続 が 定 められている 場 合 を 除 き 利 用 目 的 の 達 成 に 必 要 な 範 囲 内 において 遅 滞 なく 必 要 な 調 査 を 行 い その 結 果 に 基 づき 当 該 保 有 個 人 データの 内 容 の 訂 正 等 を 行 わなければならない b 本 人 に 対 する 通 知 ( 第 2 項 ) 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は aの 規 定 に 基 づき 求 められた 保 有 個 人 データの 内 容 の 全 部 若 しくは 一 部 について 訂 正 等 を 行 ったとき 又 は 訂 正 等 を 行 わ ない 旨 の 決 定 をしたときは 本 人 に 対 し 遅 滞 なく その 旨 ( 訂 正 等 を 行 ったときは その 内 容 を 含 む )を 通 知 しなければならない H 利 用 停 止 等 ( 個 人 情 報 保 護 法 第 27 条 ) a 利 用 停 止 等 ( 第 1 項 ) 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は 本 人 から 当 該 本 人 が 識 別 される 保 有 個 人 デー タが1-⑴1B( 利 用 目 的 を 超 えた 個 人 番 号 の 利 用 禁 止 )の 規 定 に 違 反 し て 取 り 扱 われているという 理 由 又 はDの 規 定 に 違 反 して 取 得 されたもので あるという 理 由 によって 当 該 保 有 個 人 データの 利 用 の 停 止 又 は 消 去 ( 以 下 a 及 びbにおいて 利 用 停 止 等 という )を 求 められた 場 合 であって その 求 めに 理 由 があることが 判 明 したときは 違 反 を 是 正 するために 必 要 な 限 度 で 遅 滞 なく 当 該 保 有 個 人 データの 利 用 停 止 等 を 行 わなければな らない ただし 当 該 保 有 個 人 データの 利 用 停 止 等 に 多 額 の 費 用 を 要 する 24

28 場 合 その 他 の 利 用 停 止 等 を 行 うことが 困 難 な 場 合 であって 本 人 の 権 利 利 益 を 保 護 するため 必 要 なこれに 代 わるべき 措 置 をとるときは この 限 りで ない b 本 人 に 対 する 通 知 ( 第 3 項 ) 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は aの 規 定 に 基 づき 求 められた 保 有 個 人 データの 全 部 若 しくは 一 部 について 利 用 停 止 等 を 行 ったとき 若 しくは 利 用 停 止 等 を 行 わない 旨 の 決 定 をしたとき 又 は 個 人 情 報 保 護 法 第 27 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 求 められた 保 有 個 人 データの 全 部 若 しくは 一 部 について 第 三 者 への 提 供 を 停 止 したとき 若 しくは 第 三 者 への 提 供 を 停 止 しない 旨 の 決 定 をした ときは 本 人 に 対 し 遅 滞 なく その 旨 を 通 知 しなければならない I 理 由 の 説 明 ( 個 人 情 報 保 護 法 第 28 条 ) 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は Ec Fb Gb 又 はHbの 規 定 により 本 人 か ら 求 められた 措 置 の 全 部 又 は 一 部 について その 措 置 をとらない 旨 を 通 知 す る 場 合 又 はその 措 置 と 異 なる 措 置 をとる 旨 を 通 知 する 場 合 は 本 人 に 対 し その 理 由 を 説 明 するよう 努 めなければならない J 開 示 等 の 求 めに 応 じる 手 続 ( 個 人 情 報 保 護 法 第 29 条 個 人 情 報 保 護 法 施 行 令 第 7 条 第 8 条 ) a 開 示 等 の 求 めの 受 付 方 法 ( 第 1 項 ) 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は Eb Fa Ga 又 はHa 若 しくは4( 第 三 者 提 供 の 停 止 に 関 する 取 扱 い)の 規 定 による 求 め( 以 下 aからdまでにおい て 開 示 等 の 求 め という )に 関 し 個 人 情 報 保 護 法 施 行 令 第 7 条 で 定 めるところにより その 求 めを 受 け 付 ける 方 法 を 定 めることができる こ の 場 合 において 本 人 は 当 該 方 法 に 従 って 開 示 等 の 求 めを 行 わなけれ ばならない b 特 定 するに 足 りる 事 項 の 提 示 ( 第 2 項 ) 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は 本 人 に 対 し 開 示 等 の 求 めに 関 し その 対 象 と なる 保 有 個 人 データを 特 定 するに 足 りる 事 項 の 提 示 を 求 めることができる この 場 合 において 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は 本 人 が 容 易 かつ 的 確 に 開 示 等 の 求 めをすることができるよう 当 該 保 有 個 人 データの 特 定 に 資 する 情 報 の 提 供 その 他 本 人 の 利 便 を 考 慮 した 適 切 な 措 置 をとらなければならない c 代 理 人 ( 第 3 項 ) 開 示 等 の 求 めは 個 人 情 報 保 護 法 施 行 令 第 8 条 で 定 めるところにより 代 理 人 によってすることができる 25

29 d 本 人 に 対 する 配 慮 ( 第 4 項 ) 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は aからcまでの 規 定 に 基 づき 開 示 等 の 求 めに 応 じる 手 続 を 定 めるに 当 たっては 本 人 に 過 重 な 負 担 を 課 するものとならな いよう 配 慮 しなければならない K 手 数 料 ( 個 人 情 報 保 護 法 第 30 条 ) a 手 数 料 の 徴 収 ( 第 1 項 ) 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は Ebの 規 定 による 利 用 目 的 の 通 知 又 はFaの 規 定 による 開 示 を 求 められたときは 当 該 措 置 の 実 施 に 関 し 手 数 料 を 徴 収 することができる b 手 数 料 の 額 の 定 め( 第 2 項 ) 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は aの 規 定 により 手 数 料 を 徴 収 する 場 合 は 実 費 を 勘 案 して 合 理 的 であると 認 められる 範 囲 内 において その 手 数 料 の 額 を 定 めなければならない L 苦 情 の 処 理 ( 個 人 情 報 保 護 法 第 31 条 ) a 苦 情 の 処 理 ( 第 1 項 ) 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は 個 人 情 報 の 取 扱 いに 関 する 苦 情 の 適 切 かつ 迅 速 な 処 理 に 努 めなければならない b 体 制 の 整 備 ( 第 2 項 ) 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 は aの 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 体 制 の 整 備 に 努 めなければならない 26

目 次 第 1 はじめに... 1 第 2 用 語 の 定 義 等... 3 第 3 総 論... 7 第 3-1 目 的... 7 第 3-2 本 ガイドラインの 適 用 対 象 等... 7 第 3-3 本 ガイドラインの 位 置 付 け 等... 8 第 3-4 番 号 法 の 特 定 個 人

目 次 第 1 はじめに... 1 第 2 用 語 の 定 義 等... 3 第 3 総 論... 7 第 3-1 目 的... 7 第 3-2 本 ガイドラインの 適 用 対 象 等... 7 第 3-3 本 ガイドラインの 位 置 付 け 等... 8 第 3-4 番 号 法 の 特 定 個 人 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 する ガイドライン( 事 業 者 編 ) 平 成 26 年 12 月 11 日 ( 平 成 28 年 1 月 1 日 一 部 改 正 ) 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 第 1 はじめに... 1 第 2 用 語 の 定 義 等... 3 第 3 総 論... 7 第 3-1 目 的... 7 第 3-2 本 ガイドラインの 適

More information

マイナンバーガイドライン入門

マイナンバーガイドライン入門 マイナンバーガイドライン 入 門 ~ 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) ( 案 )の 概 要 ~ 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 事 務 局 長 其 田 真 理 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) ( 案 )の

More information

( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務 に

( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務 に 資 料 3 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 する ガイドラインの 概 要 平 成 27 年 2 月 16 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個

More information

(5) 組 織 体 制 の 整 備 特 定 個 人 情 報 ガイドライン 第 4-2 別 添 2 -C 組 織 的 安 全 管 理 措 置 a 組 織 体 制 の 整 備 (51 頁 ) 参 照 組 織 体 制 として 整 備 する 項 目 は 次 に 掲 げるものが 挙 げられる 1 事 務 にお

(5) 組 織 体 制 の 整 備 特 定 個 人 情 報 ガイドライン 第 4-2 別 添 2 -C 組 織 的 安 全 管 理 措 置 a 組 織 体 制 の 整 備 (51 頁 ) 参 照 組 織 体 制 として 整 備 する 項 目 は 次 に 掲 げるものが 挙 げられる 1 事 務 にお マイナンバー 法 等 に 関 するガイドラインとその 取 扱 に 関 するQ&Aについて ( 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 作 成 分 の 抜 粋 ) (1) 定 義 特 定 個 人 情 報 ガイドライン 第 2 用 語 の 定 義 等 (3 頁 ) 参 照 (2) 個 人 番 号 関 係 事 務 マイナンバー 法 第 9 条 第 3 項 特 定 個 人 情 報 ガイドライン 第 4-1-⑴

More information

なお 生 存 しない 個 人 に 関 する 情 報 が 同 時 に 遺 族 等 の 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 に 当 たる 場 合 には 当 該 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 となる また 企 業 名 等 法 人 その 他 の 団 体 に 関 する 情 報 は 基 本

なお 生 存 しない 個 人 に 関 する 情 報 が 同 時 に 遺 族 等 の 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 に 当 たる 場 合 には 当 該 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 となる また 企 業 名 等 法 人 その 他 の 団 体 に 関 する 情 報 は 基 本 金 融 分 野 における 個 人 情 報 保 護 に 関 するガイドライン 第 1 条 目 的 ( 法 第 1 条 関 連 ) 1 本 ガイドラインは 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 平 成 15 年 法 律 第 57 号 以 下 法 という ) 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 15 年 政 令 第 507 号 以 下 施 行 令 という

More information

( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務 に

( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務 に マイナンバーガイドライン 入 門 ~ 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 )の 概 要 ~ 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 課 長 補 佐 検 事 磯 村 建 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理

More information

1 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務

1 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務 マイナンバーガイドライン 入 門 ~ 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 )の 概 要 ~ 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 1 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです

More information

< 目 次 > 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) 2 第 2 条 ( 定 義 ) 3 第 3 条 ( 基 本 理 念 ) 8 第 4 条 ( 国 の 責 務 ) 11 第 5 条 ( 地 方 公 共 団 体 の 責 務 ) 12 第 6 条 ( 事 業 者 の 努 力 ) 13 第 2

< 目 次 > 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) 2 第 2 条 ( 定 義 ) 3 第 3 条 ( 基 本 理 念 ) 8 第 4 条 ( 国 の 責 務 ) 11 第 5 条 ( 地 方 公 共 団 体 の 責 務 ) 12 第 6 条 ( 事 業 者 の 努 力 ) 13 第 2 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 す るための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 逐 条 解 説 内 閣 府 大 臣 官 房 番 号 制 度 担 当 室 < 目 次 > 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) 2 第 2 条 ( 定 義 ) 3 第 3 条 ( 基 本 理 念 ) 8 第 4 条 ( 国 の 責 務 ) 11 第 5 条 ( 地 方 公 共

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20355F315F32322E322E32348CC2906C8FEE95F182CC95DB8CEC82C98AD682B782E98EE688B58E77906A8140915395B62E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20355F315F32322E322E32348CC2906C8FEE95F182CC95DB8CEC82C98AD682B782E98EE688B58E77906A8140915395B62E646F63> 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 取 扱 指 針 平 成 17 年 3 月 23 日 理 事 会 決 議 平 成 19 年 10 月 24 日 一 部 改 正 平 成 22 年 2 月 24 日 一 部 改 正 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 取 扱 指 針 取 扱 指 針 の 考 え 方 参 照 条 文 ( 目 的 ) 第 1 条 この 取 扱 指 針 は 個 人 情 報 の 保

More information

1 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務

1 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いについて 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 1 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的

More information

マイナンバー制度と企業の実務対応

マイナンバー制度と企業の実務対応 マイナンバー 制 度 と 企 業 の 実 務 対 応 2014 年 11 10 株 式 会 社 富 通 総 研 経 済 研 究 所 主 席 研 究 員 榎 並 利 博 迫 るマイナンバー 対 応 2015 年 10 から 番 号 通 知 2016 年 1 から 番 号 利 開 始 マイナンバー 法 とは 1 1.マイナンバー 法 とは マイナンバー 法 の 構 成 基 本 理 念 個 番 号 個 番

More information

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) の 公 表 について 平 成 27 年 1 月 8 日 本 規 定 案 ( 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) )は 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 す るための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 27 号 )に 基 づき 特 定 個 人 情 報 の 適

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

第 8 保 有 個 人 データの 開 示 等 に 関 する 義 務 1 保 有 個 人 データに 関 する 事 項 の 公 表 等 ( 法 第 24 条 関 係 ) 2 保 有 個 人 データの 開 示 ( 法 第 25 条 関 係 ) 3 保 有 個 人 データの 訂 正 等 ( 法 第 26 条

第 8 保 有 個 人 データの 開 示 等 に 関 する 義 務 1 保 有 個 人 データに 関 する 事 項 の 公 表 等 ( 法 第 24 条 関 係 ) 2 保 有 個 人 データの 開 示 ( 法 第 25 条 関 係 ) 3 保 有 個 人 データの 訂 正 等 ( 法 第 26 条 農 林 水 産 分 野 における 個 人 情 報 保 護 に 関 するガイドライン ( 平 成 27 年 7 月 1 日 農 林 水 産 省 告 示 第 1675 号 ) 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 平 成 15 年 法 律 第 57 号 ) 第 8 条 の 規 定 に 基 づき 農 林 水 産 分 野 における 個 人 情 報 保 護 に 関 するガイドライン( 平 成

More information

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について 資 料 2 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 概 要 基 本 理 念 個 人 番 号 及 び 法 人 番 号 の 利 用 に 関 する 施 策 の 推 進 は 個 人 情 報 の 保 護 に 十 分 に 配 慮 しつつ 社 会 保 障 制 度 税 制 災 害 対 策 に 関 する 分 野 に おける 利 用 の 促 進 を 図 るとともに 他 の

More information

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及 規 約 等 目 次 1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 66 2. 同 保 険 給 付 規 程 77 3. 同 保 険 料 賦 課 徴 収 規 程 78 4. 同 保 険 料 減 免 規 程 79 5. 同 常 務 理 事 専 決 規 程 79 6. 同 支 部 規 程 80 7. 同 職 員 事 務 分 掌 規 程 81 8. 同 会 計 事 務 規 程 82 9.

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

( 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 )の 遵 守 ) 第 1 条 乙 は 別 紙 1の 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 )に 従 って 委 託 業 務 を 実 施 しなければならな い 2 甲 は 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 ) 記 載 の 支 出 計 画 により 委 託 業 務 の 実 施 に 必 要 な 経 費 を 負 担 するものとする ( 納 入 物 の 提 出 ) 第 2

More information

中小規模事業者向けはじめてのマイナンバーガイドライン

中小規模事業者向けはじめてのマイナンバーガイドライン 中 小 規 模 事 業 者 向 け はじめてのマイナンバーガイドライン ~マイナンバーガイドラインを 読 む 前 に~ 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために 中 小 規 模 事 業 者 ( 注 ) 向 けにまとめたものです

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

Microsoft PowerPoint - 【資料3】中小規模事業者向け+はじめてのマイナンバーガイドライン

Microsoft PowerPoint - 【資料3】中小規模事業者向け+はじめてのマイナンバーガイドライン 中 小 規 模 事 業 者 向 け はじめてのマイナンバーガイドライン ~マイナンバーガイドラインを 読 む 前 に~ 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために 中 小 規 模 事 業 者 ( 注 ) 向 けにまとめたものです

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015 居 宅 介 護 サービス 事 業 等 の 手 引 き Ⅴ 居 宅 療 養 管 理 指 導 平 成 27 年 6 月 島 根 県 高 齢 者 福 祉 課 平 成 27 年 度 報 酬 改 定 反 映 版 [ 注 意 事 項 ] 介 護 予 防 サービスについては 居 宅 介 護 サービスと 同 趣 旨 の 場 合 記 載 を 省 略 した 事 項 があります 掲 載 した Q&A は 一 部 ですので

More information

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の Page 1 of 5 伊 東 市 個 人 情 報 保 護 条 例 平 成 9 年 4 月 1 日 伊 東 市 条 例 第 14 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 個 人 情 報 の 管 理 等 ( 第 6 条 第 12 条 ) 第 3 章 自 己 情 報 の 開 示 等 ( 第 13 条 第 20 条 ) 第 4 章 救 済 手 続 及 び 救 済 機 関

More information

この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に 作 成 されています 参 考

この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に 作 成 されています 参 考 平 成 25 年 度 知 的 財 産 権 制 度 説 明 会 ( 実 務 者 向 け)テキスト 産 業 財 産 権 登 録 の 実 務 平 成 25 年 度 この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に

More information

ガイドライン(案)に対する修文案

ガイドライン(案)に対する修文案 不 動 産 業 における 個 人 情 報 保 護 のあり 方 に 関 する 研 究 会 報 告 ( 不 動 産 流 通 業 における 個 人 情 報 保 護 法 の 適 用 の 考 え 方 ) 平 成 1 7 年 1 月 ( 改 正 : 平 成 2 4 年 6 月 ) 目 次 1. はじめに 2 2. 論 点 一 覧 3 3. 論 点 とその 考 え 方 6 不 動 産 業 における 個 人 情 報

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

(別添)特定個人情報の適正な取扱いに関する安全管理措置

(別添)特定個人情報の適正な取扱いに関する安全管理措置 資 料 1 ( 別 添 ) 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 する 安 全 管 理 措 置 目 次 要 点... 1 1 安 全 管 理 措 置 の 検 討 手 順... 2 A 個 人 番 号 を 取 り 扱 う 事 務 の 範 囲 の 明 確 化... 2 B 特 定 個 人 情 報 ファイルの 範 囲 の 明 確 化... 2 C 事 務 取 扱 担 当 者 の 明 確

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第 定 款 沿 革 昭 和 29 年 11 月 1 日 制 定 昭 和 30 年 3 月 28 日 改 正 昭 和 31 年 3 月 17 日 改 正 昭 和 32 年 3 月 13 日 改 正 昭 和 33 年 5 月 16 日 改 正 昭 和 34 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 35 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 39 年 3 月 29 日 改 正 昭 和 42 年 5 月 25 日

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気 別 添 2 て 電 気 事 業 法 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 の 設 立 の 認 可 の 基 準 につい 電 気 事 業 法 ( 昭 和 39 年 法 律 第 170 号 ) 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 推 進 機 関 という )の 設 立 の 認 可 に 係 る 審 査 基 準 については

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

○福島県社会保険労務士会会則

○福島県社会保険労務士会会則 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 ( 名 称 ) 第 1 章 総 第 1 条 本 会 は 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 と 称 する ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 2 条 本 会 は 事 務 所 を 福 島 県 福 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 社 会 保 険 労 務 士 会 の 会

More information

定   款

定   款 定 款 損 害 保 険 契 約 者 保 護 機 構 1 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 保 険 契 約 者 保 護 機 構 ( 以 下 本 機 構 という )は 保 険 業 法 ( 平 成 7 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という )の 定 めるところにより 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会

More information

パソコン賃貸借契約

パソコン賃貸借契約 委 託 契 約 書 ( 案 ) 公 立 大 学 法 人 福 井 県 立 大 学 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という ) とは 福 井 県 立 大 学 の 情 報 ネットワーク 管 理 補 助 業 務 に 関 し 次 の 各 条 項 により 委 託 契 約 を 締 結 し 信 義 に 従 って 誠 実 にこれを 履 行 するものとする ( 総 則 ) 第 1 条 甲 は 情 報 ネットワーク

More information

む ) と 当 該 外 務 員 につき とあるのは 当 該 役 員 又 は 使 用 人 につき と 読 み 替 えるものとする ( 不 都 合 行 為 者 及 び 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 者 の 外 務 員 の 職 務 の 禁 止 ) 第 4 条 の3 会 員 等 は 指 導 等 規

む ) と 当 該 外 務 員 につき とあるのは 当 該 役 員 又 は 使 用 人 につき と 読 み 替 えるものとする ( 不 都 合 行 為 者 及 び 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 者 の 外 務 員 の 職 務 の 禁 止 ) 第 4 条 の3 会 員 等 は 指 導 等 規 会 員 等 の 外 務 員 の 登 録 等 に 関 する 規 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 は 商 品 先 物 取 引 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 239 号 以 下 法 という ) 第 206 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 主 務 大 臣 から 委 任 を 受 けた 外 務 員 の 登 録 事 務 に 関 し 外 務 員 の 登 録 申 請 手 続 き 登 録 の 拒

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額 国 民 年 金 法 目 次 第 1 章 総 則 及 び 被 保 険 者 1 1 目 的 2 2 管 掌 等 2 3 権 限 の 委 任 等 3 4 用 語 の 定 義 4 5 被 保 険 者 7 6 資 格 の 取 得 12 7 資 格 の 喪 失 14 8 被 保 険 者 期 間 の 計 算 と 種 別 の 変 更 16 9 国 民 年 金 原 簿 等 18 第 2 章 費 用 21 1 国 庫

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63> Ⅱ マンション 標 準 管 理 委 託 契 約 書 コメント 1 全 般 関 係 1 この 契 約 書 は マンションの 管 理 組 合 ( 以 下 管 理 組 合 という )とマンショ ン 管 理 業 者 の 間 で 協 議 がととのった 事 項 を 記 載 した 管 理 委 託 契 約 書 を マンション の 管 理 の 適 正 化 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 12 年 法 律

More information

第1章 総則

第1章 総則 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 うとともに 地 区 内 の 環 境 の 整 備 改 善 を 図 るための 事 業 を 行 うことにより 組 合 員 の 事 業 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 し 併 せて 公 共

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14 特 定 秘 密 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 特 定 秘 密 保 護 法 ) 概 説 Cubic Argument 代 表 平 成 26 年 2 月 9 日 大 江 弘 之 1.はじめに 法 律 の 構 造 について 法 律 用 語 ( 及 び, 並 びに,ものとする) 2. 特 定 秘 密 保 護 法 の 概 観 法 律 としての 特 徴 他 の 法 律 との 関 係 3. 各 章 概 説

More information

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9>

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9> 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 市 町 村 税 関 係 ) ( 平 成 22 年 4 月 1 日 総 税 市 第 16 号 ) ( 改 正 ) 平 成 22 年 8 月 23 日 総 税 市 第 60 号 平 成 23 年 6 月 30 日 総 税 市 第 34 号 平 成 23 年 12 月 2 日 総 税 市 第 70 号 平 成 24 年 4 月 1 日 総 税

More information

委託契約書フォーマット02(精算払用)

委託契約書フォーマット02(精算払用) 16 規 総 第 XXX 号 平 成 28 年 度 事 業 名 に 関 する 委 託 契 約 書 ( テ ー マ 名 ) 一 般 財 団 法 人 日 本 規 格 協 会 ( 以 下 甲 という )は 再 委 託 事 業 者 ( 以 下 乙 という )と 甲 が 経 済 産 業 省 ( 以 下 丙 という )との 間 に 締 結 した 平 成 28 年 度 事 業 に 関 する 委 託 契 約 書 に

More information

<5461726F2D32353035333191498B93959492B792CA926D88C481798A6D92E8>

<5461726F2D32353035333191498B93959492B792CA926D88C481798A6D92E8> 総 行 選 第 4 7 号 平 成 25 年 6 月 3 日 各 都 道 府 県 選 挙 管 理 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 選 挙 部 長 ( 公 印 省 略 ) 成 年 被 後 見 人 の 選 挙 権 の 回 復 等 のための 公 職 選 挙 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 等 の 施 行 に 伴 う 取 扱 いについて 成 年 被 後 見 人 の

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

株式会社WOWOW有料放送サービス約款「IPTV同時再送信用」

株式会社WOWOW有料放送サービス約款「IPTV同時再送信用」 株 式 会 社 WOWOW 有 料 放 送 サービス 約 款 IPTV 同 時 再 送 信 用 第 1 章 総 則 ( 約 款 の 適 用 ) 第 1 条 当 社 は この 有 料 基 幹 放 送 契 約 約 款 ( 以 下 本 約 款 といいます )を 定 め これにより 衛 星 デ ジタル 有 料 放 送 サービスを 提 供 します ( 約 款 の 変 更 ) 第 2 条 当 社 は 本 約 款

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

(13) カード 発 行 者 WAONブランドオーナーとの 契 約 によりWAONカードを 発 行 する 事 業 者 及 びWAONカードを 発 行 する 主 体 としてのイオンリテール 株 式 会 社 (14) WAON 端 末 WAONのチャージ 利 用 残 高 照 会 利 用 履 歴 等 のW

(13) カード 発 行 者 WAONブランドオーナーとの 契 約 によりWAONカードを 発 行 する 事 業 者 及 びWAONカードを 発 行 する 主 体 としてのイオンリテール 株 式 会 社 (14) WAON 端 末 WAONのチャージ 利 用 残 高 照 会 利 用 履 歴 等 のW WAON 利 用 加 盟 店 規 約 第 1 条 目 的 1. 本 規 約 は 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)と 利 用 者 間 の 取 引 代 金 の 決 済 に WAON を 利 用 することに 関 し 甲 とイオンクレジットサービス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という) との 間 におけるWAONの 取 扱 い 及 びWAONに 係 る 契 約 関 係 ( 以 下 本 契 約 という)に

More information

ー ただお 課 長 を 表 示 するものとする ( 第 三 者 に 対 する 許 諾 ) 第 4 条 甲 は 第 三 者 に 対 して 本 契 約 において 乙 に 与 えた 許 諾 と 同 一 又 は 類 似 の 許 諾 を することができる この 場 合 において 乙 は 甲 に 対 して 当

ー ただお 課 長 を 表 示 するものとする ( 第 三 者 に 対 する 許 諾 ) 第 4 条 甲 は 第 三 者 に 対 して 本 契 約 において 乙 に 与 えた 許 諾 と 同 一 又 は 類 似 の 許 諾 を することができる この 場 合 において 乙 は 甲 に 対 して 当 様 式 第 4 号 ( 第 5 条 関 係 ) 忠 岡 町 イメージキャラクター 使 用 契 約 書 忠 岡 町 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )とは 忠 岡 町 イメージキャラクター( 以 下 キャラクター という )の 使 用 について 次 のとお り 契 約 を 締 結 する (キャラクターの 使 用 許 諾 ) 第 1 条 甲 は 乙 に 対 して キャラクターを 使

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

これは 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 取 得 届 の 新 様 式 のイメージです 被 保 険 者 のマイナンバーを 記 入 することになります 原 則 として 基 礎 年 金 番 号 は 記 入 不 要 ですが 裏 面 の 注 意 書 きのとおり 海 外 在 住 や

これは 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 取 得 届 の 新 様 式 のイメージです 被 保 険 者 のマイナンバーを 記 入 することになります 原 則 として 基 礎 年 金 番 号 は 記 入 不 要 ですが 裏 面 の 注 意 書 きのとおり 海 外 在 住 や 健 康 保 険 の 給 付 関 係 事 務 の 変 更 される 申 請 書 です 健 康 保 険 の 給 付 関 係 事 務 については 具 体 的 にこのような 変 更 があります 食 事 療 養 標 準 負 担 額 の 減 額 に 関 する 申 請 生 活 療 養 標 準 負 担 額 の 減 額 に 関 する 申 請 療 養 費 の 支 給 の 申 請 傷 病 手 当 金 の 支 給 の 申 請

More information

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

スター報酬規定

スター報酬規定 第 1 章 総 則 スター 綜 合 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 程 平 成 27 年 1 月 1 日 施 行 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 当 事 務 所 所 属 の 弁 護 士 が,その 職 務 に 関 して 受 ける 弁 護 士 の 受 託 業 務 の 対 価 等 に 関 する 基 準 を 示 すことを 目 的 とする ( 個 別 契 約 による 修 正 ) 第

More information

Microsoft Word - 103030

Microsoft Word - 103030 国 立 大 学 法 人 北 陸 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 北 院 大 規 則 第 17 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 格 及 び 降 格 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 3 節 異 動

More information

Taro-理事の手引き(最終案).jtd

Taro-理事の手引き(最終案).jtd 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 の 手 引 き 埼 玉 県 福 祉 部 福 祉 施 設 監 査 課 編 集 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 1 理 事 の 役 割 1 2 法 人 と 理 事 の 関 係 2 3 理 事 の 要 件 (1) 理 事 に 期 待 される 要 件 3 (2) 理 事 の 定 数 欠 員 の 補 充 4 (3) 理 事 の

More information

賛 助 会 員 名 称

賛 助 会 員 名 称 東 京 都 社 会 保 険 労 務 士 会 会 昭 和 53 年 11 月 2 日 昭 和 53 年 11 月 30 日 認 可 昭 和 54 年 5 月 21 日 改 正 昭 和 54 年 6 月 26 日 認 可 昭 和 55 年 5 月 21 日 改 正 昭 和 55 年 6 月 10 日 認 可 昭 和 57 年 3 月 5 日 改 正 昭 和 57 年 3 月 31 日 認 可 昭 和 57

More information

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 井 上 誠 一 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)とは 法 定 調 書 提 出 業 務 ( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する 記 ( 信 義 誠 実 の 原 則 ) 第 1 条 甲 および 乙 は 信 義 に 従

More information

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引 資 料 3 横 手 市 上 下 水 道 部 料 金 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1. 目 的 この 仕 様 書 は 横 手 市 ( 以 下 委 託 者 という )の 委 託 する 業 務 等 ( 以 下 委 託 業 務 とい う )について 必 要 な 事 項 を 定 める 2. 法 令 の 遵 守 受 託 者 は 委 託 業 務 の 施 行 に 当 たり 委 託 業 務

More information

第98回行政苦情救済推進会議_付議資料

第98回行政苦情救済推進会議_付議資料 (1) 年 金 受 給 権 者 死 亡 後 に 支 給 された 年 金 の 返 納 請 求 通 知 の 改 善 ( 新 規 案 件 ) 1 相 談 内 容 私 の 母 は 多 額 の 借 金 をしていたため 同 居 している 私 は 相 続 放 棄 をし ていた 母 が 死 亡 した 際 市 町 村 に 死 亡 届 を 提 出 したが 日 本 年 金 機 構 に 対 しては このようなこともあり 母

More information

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 の 運 用 方 針 昭 和 60 年 4 月 30 日 総 人 第 261 号 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 19 日 閣 人 人 第 67 号 第 二 条 関 係 一 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 施 行 令 ( 昭 和 二 十 八 年 政 令 第 二 百 十 五 号 以 下 施 行 令 という ) 第 一 条 第 一 項 第 二 号

More information

京都市行財政局税務部電算データ入力等業務仕様書

京都市行財政局税務部電算データ入力等業務仕様書 ( 別 紙 1) 京 都 市 クレジットカード 納 税 業 務 委 託 仕 様 書 1 本 仕 様 書 について 本 仕 様 書 は, 京 都 市 ( 以 下 市 という )の 個 人 市 府 民 税 ( 普 通 徴 収 ), 固 定 資 産 税 ( 償 却 資 産 含 む) 都 市 計 画 税, 軽 自 動 車 税 のクレジットカード 納 税 業 務 ( 以 下 委 託 業 務 という )について,その

More information

PMK220プライバシーマーク付与適格性審査の実施基準

PMK220プライバシーマーク付与適格性審査の実施基準 プライバシーマーク 付 与 適 格 性 審 査 の 実 施 基 準 一 般 財 団 法 人 日 本 情 報 経 済 社 会 推 進 協 会 プライバシーマーク 推 進 センター 改 廃 履 歴 版 制 定 改 定 日 改 定 箇 所 理 由 施 行 日 1.0 平 成 22 年 10 月 15 日 プライバシーマーク 制 度 設 置 及 び 運 営 要 平 成 23 年 3 月 1 日 領 の 全

More information

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給 国 立 大 学 法 人 筑 波 大 学 本 部 等 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 3 月 24 日 法 人 規 則 第 7 号 改 正 平 成 18 年 法 人 規 則 第 8 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 45 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 53 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 10 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 56 号 平 成 20 年

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

別 添 巡 回 連 絡 実 施 要 領 第 1 趣 旨 この 要 領 は 埼 玉 県 地 域 警 察 運 営 規 程 ( 平 成 15 年 埼 玉 県 警 察 本 部 訓 令 第 51 号 以 下 運 営 規 程 という ) 第 5 条 第 2 項 第 4 号 イの 規 定 に 基 づき 巡 回 連

別 添 巡 回 連 絡 実 施 要 領 第 1 趣 旨 この 要 領 は 埼 玉 県 地 域 警 察 運 営 規 程 ( 平 成 15 年 埼 玉 県 警 察 本 部 訓 令 第 51 号 以 下 運 営 規 程 という ) 第 5 条 第 2 項 第 4 号 イの 規 定 に 基 づき 巡 回 連 巡 回 連 絡 実 施 要 領 平 成 22 年 7 月 1 日 地 第 6 8 7 号 警 察 本 部 長 巡 回 連 絡 実 施 要 領 の 制 定 について( 通 達 ) この 度 巡 回 連 絡 を 適 正 かつ 効 果 的 に 実 施 するため みだしの 要 領 を 別 添 のとおり 制 定 し 平 成 22 年 7 月 2 日 から 実 施 することとしたので 実 効 の 上 がるよう

More information

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63>

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63> 指 定 管 理 業 務 マニュアル 平 成 22 年 10 月 栗 山 町 1. 目 的 本 マニュアルは 指 定 管 理 者 制 度 の 運 用 における 町 の 考 え 方 や 事 務 処 理 等 について 町 と 指 定 管 理 者 で 締 結 する 協 定 の 内 容 に 沿 って 整 理 したもので 指 定 管 理 者 が 指 定 管 理 業 務 を 実 施 するに 当 たり 理 解 することによって

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F3039313132368DB791D682A65F5B46494E414C5D836A8385815B8358838C835E815B5F8E918BE08C888DCF82C98AD682B782E9964097A52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F3039313132368DB791D682A65F5B46494E414C5D836A8385815B8358838C835E815B5F8E918BE08C888DCF82C98AD682B782E9964097A52E646F63> 資 金 決 済 に 関 する 法 律 の 制 定 について 平 成 21 年 6 月 24 日 資 金 決 済 に 関 する 法 律 ( 平 成 21 年 法 律 第 59 号 ) 1 ( 以 下 資 金 決 済 法 とい う )が 公 布 された 本 法 律 は 公 布 の 日 から 起 算 して1 年 を 超 えない 範 囲 内 において 政 令 で 定 め る 日 から 施 行 される( 資

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 の 作 成 下 落 修 正 の 検 証 報 告 書 の 作 成 審 査 申 出 困 難 事 例 等 の 対 応 等 新 設 街 路 の 設 定 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅰ Ⅱ 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 主 要

平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 の 作 成 下 落 修 正 の 検 証 報 告 書 の 作 成 審 査 申 出 困 難 事 例 等 の 対 応 等 新 設 街 路 の 設 定 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅰ Ⅱ 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 主 要 秋 田 市 固 定 資 産 土 地 評 価 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 秋 田 市 ( 以 下 甲 という )が 受 託 者 ( 以 下 乙 という ) に 対 し 秋 田 市 固 定 資 産 土 地 評 価 業 務 を 委 託 するために 定 めたものである ( 目 的 ) 第 2 条 甲 が 委 託 する 秋 田 市 固 定 資 産 土

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208169836D815B836793FC82E8816A30313135208E968BC68ED28CFC82AF837D834383698393836F815B8E9197BF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208169836D815B836793FC82E8816A30313135208E968BC68ED28CFC82AF837D834383698393836F815B8E9197BF2E70707478> マイナンバー( 社 会 保 障 税 番 号 ) 制 度 における 民 間 事 業 者 の 対 応 ( 基 礎 編 ) 平 成 27 年 10 月 からのマイナンバーの 通 知 平 成 28 年 1 月 からのマイナンバー 利 用 開 始 まで 期 間 が 迫 ってきました マイナンバーは 社 会 保 障 税 災 害 対 策 の3 分 野 での 利 用 から 制 度 が スタートしますが 従 業 員

More information

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則 公 立 大 学 法 人 京 都 市 立 芸 術 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 理 事 長 決 定 ) ( 平 成 25 年 3 月 26 日 一 部 改 正 ) 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 7 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 11 条, 第

More information

東京土建国民健康保険組合

東京土建国民健康保険組合 東 京 土 建 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 4 5 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 46 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 47 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 48 年 2 月 20 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 2 月 25 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 7 月 24 日 一 部 改 正 昭 和 50 年 2 月 19 日 一 部

More information

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 協 会 は 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 と 称 し 英 文 では Type II Financial Instruments Firms Associationと 表 示 する ( 主 たる 事 務 所 ) 第 2 条 本 協

More information

2. 個 人 情 報 の 利 用 目 的 (1) 本 投 資 法 人 による 物 件 ( 信 託 受 益 権 に 係 る 不 動 産 を 含 みます 以 下 同 様 )の 取 得 取 得 に 先 立 つ 調 査 及 び 取 得 の 検 討 並 びに 事 後 管 理 業 務 を 行 うため (2) 本

2. 個 人 情 報 の 利 用 目 的 (1) 本 投 資 法 人 による 物 件 ( 信 託 受 益 権 に 係 る 不 動 産 を 含 みます 以 下 同 様 )の 取 得 取 得 に 先 立 つ 調 査 及 び 取 得 の 検 討 並 びに 事 後 管 理 業 務 を 行 うため (2) 本 個 人 情 報 保 護 方 針 アドバンス レジデンス 投 資 法 人 ( 以 下 本 投 資 法 人 といいます )は 個 人 情 報 の 重 要 性 を 認 識 し 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 その 他 の 関 係 諸 法 令 及 びガイドライン 等 ( 以 下 個 人 情 報 保 護 法 等 といいます )を 遵 守 するとともに 個 人 情 報 保 護 に 関 する 基

More information

2 II. 法 律 案 の 骨 子 仮 想 通 貨 に 関 する 法 律 案 の 骨 子 は 以 下 の 通 りである ( 資 金 決 済 法 関 連 ) 1 仮 想 通 貨 の 定 義 2 仮 想 通 貨 交 換 業 に 係 る 登 録 制 の 導 入 3 仮 想 通 貨 交 換 業 者 の 業

2 II. 法 律 案 の 骨 子 仮 想 通 貨 に 関 する 法 律 案 の 骨 子 は 以 下 の 通 りである ( 資 金 決 済 法 関 連 ) 1 仮 想 通 貨 の 定 義 2 仮 想 通 貨 交 換 業 に 係 る 登 録 制 の 導 入 3 仮 想 通 貨 交 換 業 者 の 業 FINANCIAL SERVICES & TRANSACTIONS GROUP NEWSLETTER 2016 年 3 月 仮 想 通 貨 に 関 する 国 会 提 出 法 案 について 弁 護 士 中 崎 尚 / 同 河 合 健 本 年 3 月 4 日 仮 想 通 貨 に 関 する 初 めての 法 律 案 が 国 会 に 提 出 された 同 法 案 中 改 正 資 金 決 済 法 ( 案 )では

More information

1 入札説明書

1 入札説明書 平 成 28 年 度 びわこボート 開 催 告 知 広 告 業 務 ( 関 西 スポーツ 新 聞 5 紙 ) 入 札 説 明 書 平 成 28 年 2 月 滋 賀 県 総 務 部 事 業 課 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 平 成 7 年 条 約 第 23 号 ) 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号

More information

経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため 共 済 契 約 者 の 拠 出 による 掛 金 を 原 資 として 共 済 金 の 貸 付 けを 行 う 制 度

経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため 共 済 契 約 者 の 拠 出 による 掛 金 を 原 資 として 共 済 金 の 貸 付 けを 行 う 制 度 取 引 先 の 突 然 の 倒 産 もしものときの 資 金 調 達 しっかりサポートします 経 営 セーフティ 共 済 ( 中 小 企 業 倒 産 防 止 共 済 ) 制 度 のしおり 平 成 23 年 10 月 経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え 疑 義 照 会 ( ) 1. 二 以 上 事 業 所 勤 務 被 保 険 者 の 保 険 料 登 録 P1 1 2. 定 期 保 険 料 の 調 査 決 定 及 び 納 入 告 知 P2 1~2 3. 調 査 決 定 の 変 更 P3 1~2 4. 歳 入 金 の 還 付 P5 1 5. 還 付 請 求 P6 1 6. 歳 入 金 の 徴 収 P7 1 7. 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 P8

More information

○ 町 村 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 改 正 平 成 9 年 8 月 5 日 条 例 第 6 号 平 成 13 年 1 月 16 日 条 例 第 1 号 平 成 13 年 8 月 1 日 条 例 第 9 号 平 成 8 年 4 月 1 日 条 例 第 11 号 平 成 9 年 10 月 16 日 条 例 第 8 号 平 成 13 年 3 月 28 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年

More information

3. 窓 口 相 談 ( 第 一 次 対 応 ) 窓 口 相 談 の 業 務 手 順 は 以 下 のとおりとする 1 実 施 部 門 は 相 談 に 応 じる 時 間 を 定 め 保 証 人 及 び 支 援 専 門 家 (ガイドライン 第 5 項 (2)ロに 規 定 する 支 援 専 門 家 以 下

3. 窓 口 相 談 ( 第 一 次 対 応 ) 窓 口 相 談 の 業 務 手 順 は 以 下 のとおりとする 1 実 施 部 門 は 相 談 に 応 じる 時 間 を 定 め 保 証 人 及 び 支 援 専 門 家 (ガイドライン 第 5 項 (2)ロに 規 定 する 支 援 専 門 家 以 下 中 小 企 業 再 生 支 援 協 議 会 等 の 支 援 による 経 営 者 保 証 に 関 する ガイドラインに 基 づく 保 証 債 務 の 整 理 手 順 本 手 順 は 産 業 競 争 力 強 化 法 第 127 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 中 小 企 業 再 生 支 援 業 務 を 行 う 者 として 認 定 を 受 けた 者 ( 以 下 認 定 支 援 機 関 という )

More information

2. 個 人 情 報 の 利 用 目 的 (1) 本 投 資 法 人 による 物 件 ( 信 託 受 益 権 に 係 る 不 動 産 を 含 みます 以 下 同 様 )の 取 得 取 得 に 先 立 つ 調 査 及 び 取 得 の 検 討 並 びに 事 後 管 理 業 務 を 行 うため (2) 本

2. 個 人 情 報 の 利 用 目 的 (1) 本 投 資 法 人 による 物 件 ( 信 託 受 益 権 に 係 る 不 動 産 を 含 みます 以 下 同 様 )の 取 得 取 得 に 先 立 つ 調 査 及 び 取 得 の 検 討 並 びに 事 後 管 理 業 務 を 行 うため (2) 本 個 人 情 報 保 護 方 針 ADインベストメント マネジメント 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます )は 個 人 情 報 の 重 要 性 を 認 識 し 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 その 他 の 関 係 諸 法 令 及 びガイドライン 等 ( 以 下 個 人 情 報 保 護 法 等 といいます )を 遵 守 するとともに 個 人 情 報 保 護 に 関 する 基

More information

無年金外国人高齢者福祉手当要綱

無年金外国人高齢者福祉手当要綱 東 浦 町 無 年 金 外 国 人 住 民 高 齢 者 福 祉 手 当 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 う 改 正 後 の 年 金 制 度 において 国 民 年 金 の 受 給 資 格 を 有 しない 在 日 の 外 国 人 住 民 高 齢 者

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション マイナンバー( 社 会 保 障 税 番 号 ) 制 度 における 民 間 事 業 者 の 対 応 平 成 27 年 10 月 からのマイナンバーの 通 知 平 成 28 年 1 月 からのマイナンバー 利 用 開 始 まで 期 間 が 迫 ってきました マイナンバーは 社 会 保 障 税 災 害 対 策 の3 分 野 での 利 用 から 制 度 が スタートしますが 従 業 員 を 雇 用 している

More information

目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項 5 ( 事 例 1) 6 ( 事 例 2) 7 4.

目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項 5 ( 事 例 1) 6 ( 事 例 2) 7 4. 公 益 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 ( 理 事 理 事 会 会 計 監 査 人 評 議 員 評 議 員 会 社 員 社 員 総 会 ) 目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項

More information

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 規 程 第 25 号 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 を 次 のとおり 定 める 平 成 18 年 11 月 9 日 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 高 橋 文 雄 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 改 正 平 成 20 年 5 月 22 日 中 日 本 高 速

More information

匿名組合出資契約

匿名組合出資契約 匿 名 組 合 契 約 書 SBIソーシャルレンディング 株 式 会 社 ( 以 下 営 業 者 と 言 う )と ( 以 下 本 匿 名 組 合 員 と 言 う )は 20 年 月 日 付 で 以 下 のとおり 匿 名 組 合 契 約 ( 以 下 本 契 約 と 言 う )を 締 結 する ( 目 的 ) 第 1 条 本 契 約 は 本 匿 名 組 合 員 が 営 業 者 に 対 し 本 契 約

More information

様式第2                                        (別添)

様式第2                                        (別添) 外 部 用 科 学 技 術 学 術 政 策 局 研 究 振 興 局 及 び 研 究 開 発 局 委 託 契 約 事 務 処 理 要 領 平 成 20 年 1 月 改 正 平 成 19 年 2 月 制 定 文 部 科 学 省 科 学 技 術 学 術 政 策 局 研 究 振 興 局 研 究 開 発 局 目 次 1. 科 学 技 術 学 術 政 策 局 研 究 振 興 局 及 び 研 究 開 発 局 委

More information

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす 全 国 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 制 定 昭 和 29 年 11 月 15 日 改 正 平 成 14 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 8 月 18 日 改 正 平 成 19 年 3 月 29 日 改 正 平 成 20 年 3 月 27 日 改 正 平 成 22 年 3 月 29 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条

More information