は じ め に

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "は じ め に"

Transcription

1 第 9 次 庄 内 町 交 通 安 全 計 画 平 成 23 年 度 ~ 平 成 27 年 度 庄 内 町

2 ま え が き 交 通 安 全 対 策 の 総 合 的 かつ 計 画 的 な 推 進 を 図 るため 交 通 安 全 対 策 基 本 法 ( 昭 和 45 年 法 律 第 110 号 )に 基 づき 国 においては 交 通 安 全 基 本 計 画 を また 山 形 県 および 本 町 においては 交 通 安 全 計 画 をそれぞれ8 次 にわたって 策 定 し 県 町 及 び 関 係 機 関 団 体 が 一 体 となって 交 通 安 全 対 策 を 強 力 に 実 施 してきました 交 通 事 故 の 防 止 は 県 町 及 び 関 係 機 関 団 体 はもちろん 町 民 一 人 ひとりが 全 力 を 挙 げて 取 り 組 まなければならない 緊 急 かつ 重 要 な 課 題 であり 人 命 尊 重 の 理 念 の 下 に 交 通 事 故 のない 安 全 で 安 心 して 暮 らせる 庄 内 町 を 目 指 して 総 合 的 かつ 長 期 的 な 施 策 をまとめた 計 画 を 策 定 し これに 基 づいて 諸 施 策 を 協 力 に 推 進 していかなければなりません この 安 全 計 画 は 交 通 安 全 対 策 基 本 法 第 26 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 平 成 23 年 度 から 平 成 27 年 度 までの 5 年 間 に 講 ずべき 交 通 安 全 に 関 する 施 策 の 大 綱 を 定 めたものであります この 安 全 計 画 に 基 づいた 施 策 の 推 進 にあたっては 関 係 機 関 の 連 携 を 図 りなが ら 実 施 することが 必 要 であり 町 民 一 人 ひとりが 交 通 社 会 の 一 員 として 交 通 安 全 教 育 を 重 視 しながら 交 通 安 全 対 策 を 強 力 に 推 進 し 明 るい 町 づくりに 資 するもの であります

3 目 次 計 画 の 基 本 理 念 1 第 1 編 道 路 交 通 の 安 全 第 1 章 道 路 交 通 安 全 の 目 標 等 2~3 1 道 路 交 通 事 故 のすう 勢 等 2 第 9 次 交 通 安 全 計 画 における 目 標 第 2 章 道 路 交 通 安 全 についての 対 策 第 1 節 今 後 の 道 路 交 通 安 全 対 策 を 考 える 視 点 4 1 高 齢 者 及 び 子 供 の 安 全 確 保 2 歩 行 者 及 び 自 転 車 の 安 全 確 保 3 町 民 一 人 ひとりの 意 識 改 革 第 2 節 道 路 交 通 安 全 対 策 の 重 点 事 項 5~6 1 高 齢 者 と 子 どもの 交 通 安 全 対 策 の 推 進 2 交 差 点 での 交 通 事 故 防 止 対 策 の 推 進 3 夕 方 から 夜 間 にかけての 交 通 事 故 防 止 対 策 の 推 進 4 シートベルト チャイルドシートの 着 用 の 徹 底 5 冬 期 間 の 交 通 安 全 の 推 進 第 3 節 道 路 交 通 安 全 のための 施 策 の 展 開 7~14 1 交 通 安 全 思 想 の 普 及 徹 底 (1) 段 階 的 かつ 体 系 的 な 交 通 安 全 教 育 の 推 進 (2) 効 果 的 な 交 通 安 全 教 育 の 推 進 (3) 交 通 安 全 に 関 する 普 及 啓 発 活 動 の 推 進 (4) 飲 酒 運 転 の 撲 滅 (5) 自 転 車 の 安 全 利 用 の 推 進

4 2 安 全 運 転 の 確 保 (1) 運 転 者 教 育 等 の 推 進 (2) 高 齢 運 転 者 対 策 の 充 実 (3) シートベルト チャイルドシート 及 び 乗 車 用 ヘルメット の 正 しい 着 用 の 徹 底 (4) 事 業 用 自 動 車 の 運 転 者 教 育 の 充 実 3 道 路 交 通 環 境 の 整 備 (1) 通 学 路 等 の 整 備 (2) 冬 期 間 の 安 全 確 保 (3) 交 通 安 全 施 設 等 の 整 備 (4) 総 合 的 な 駐 車 対 策 の 推 進 (5) 災 害 発 生 時 における 交 通 規 制 等 4 車 両 の 安 全 性 の 確 保 (1) 不 正 改 造 車 の 排 除 (2) 自 転 車 の 安 全 性 の 確 保 5 道 路 交 通 秩 序 の 維 持 (1) 暴 走 族 追 放 気 運 の 高 揚 (2) 暴 走 行 為 をさせないための 環 境 づくり 6 救 助 救 急 業 務 体 制 の 整 備 (1) 集 団 救 助 救 急 業 務 体 制 の 整 備 (2) 心 肺 蘇 生 法 等 の 応 急 手 当 の 普 及 啓 発 活 動 の 推 進 7 交 通 事 故 被 害 者 等 支 援 の 推 進 (1) 無 保 険 ( 無 共 済 ) 車 両 対 策 の 徹 底 と 任 意 の 自 動 車 保 険 の 充 実 (2) 交 通 災 害 共 済 への 加 入 の 促 進 (3) 交 通 事 故 相 談 所 の 活 用 第 2 編 踏 切 道 における 交 通 の 安 全 15 第 1 章 踏 切 道 における 交 通 安 全 目 標 第 2 章 踏 切 道 の 安 全 対 策

5 計 画 の 基 本 理 念 交 通 安 全 の 推 進 にあたり 人 命 尊 重 の 理 念 に 立 ち 交 通 事 故 及 び 死 傷 者 の 根 絶 を 目 標 として 実 態 に 応 じた 安 全 対 策 を 推 進 していく 必 要 があります 本 計 画 においては 交 通 安 全 施 設 の 整 備 充 実 運 転 者 の 知 識 技 能 の 向 上 及 び 交 通 安 全 意 識 の 高 揚 生 涯 各 期 に 適 応 した 交 通 安 全 に 関 する 教 育 普 及 啓 発 活 動 の 充 実 広 報 活 動 の 充 実 等 各 種 の 交 通 安 全 対 策 を 総 合 的 に 実 施 し 安 全 円 滑 かつ 快 適 な 交 通 社 会 の 実 現 に 努 めるものとします 以 上 のような 対 策 は 関 係 機 関 団 体 との 連 携 を 緊 密 に 行 い 町 民 一 人 ひとり の 理 解 協 力 及 び 積 極 的 な 参 加 の 下 に 実 施 し 交 通 事 故 の 根 絶 という 最 終 目 標 に 向 け 平 成 27 年 度 までの 交 通 事 故 を 大 幅 に 減 尐 させることを 基 本 理 念 とします 1

6 第 1 編 道 路 交 通 の 安 全 第 1 章 道 路 交 通 安 全 の 目 標 等 1 道 路 交 通 事 故 のすう 勢 等 庄 内 町 は 山 形 県 の 北 西 部 にあり 庄 内 平 野 の 南 東 部 から 中 央 にかけて 位 置 し 中 心 を 国 道 47 号 が 貫 き それを 軸 として 複 数 の 県 道 町 道 が 走 っていま す 交 通 事 故 の 状 況 は 第 8 次 交 通 安 全 計 画 期 間 内 ( 平 成 18 年 から 平 成 22 年 ) の 発 生 件 数 は 下 記 表 1.2のとおりとなっており 前 計 画 期 間 と 比 較 すると 減 尐 傾 向 にあります ( 表 1) 平 成 18 年 ~ 平 成 22 年 庄 内 署 管 内 交 通 事 故 発 生 件 数 18 年 19 年 20 年 21 年 22 年 計 前 回 比 発 生 件 数 負 傷 者 数 死 者 数 ( 表 2) 平 成 18 年 ~ 平 成 22 年 庄 内 署 管 内 交 通 死 亡 事 故 一 覧 年 月 日 発 生 場 所 事 故 形 態 内 容 前 田 野 目 地 内 県 道 交 差 点 車 対 車 一 時 停 止 標 識 のある 交 差 点 を 直 進 してきた 軽 乗 用 車 と 狩 川 方 面 へ 直 進 中 の 中 型 貨 物 車 (48 歳 男 性 運 転 ) が 衝 突 し 軽 自 動 車 を 運 転 する 80 歳 男 性 が 死 亡 連 枝 地 内 町 道 交 差 点 車 対 原 付 町 道 を 上 堀 野 方 面 へ 直 進 中 の 乗 用 車 (33 歳 男 性 運 転 )と 一 時 停 止 標 識 のある 交 差 点 を 南 進 中 の 原 付 バイクが 衝 突 し 原 付 バイクを 運 転 する 72 歳 女 性 が 死 亡 廿 六 木 地 内 県 道 車 対 自 転 車 県 道 を 酒 田 方 面 へ 北 進 中 の 軽 自 動 車 (51 歳 女 性 運 転 )が 前 方 不 注 視 により 自 転 車 に 衝 突 し 自 転 車 を 運 転 する 73 歳 男 性 が 死 亡 福 原 地 内 県 道 車 対 自 転 車 県 道 を 南 進 中 の 軽 乗 用 車 (53 歳 男 性 運 転 )と 一 時 停 止 標 識 がある 交 差 点 を 東 進 中 の 自 転 車 が 衝 突 し 自 転 車 を 運 転 する 71 歳 女 性 が 死 亡 三 人 谷 地 地 内 県 道 車 対 歩 行 者 県 道 を 北 進 中 の 軽 乗 用 車 (27 歳 男 性 運 転 )が 前 方 不 注 視 により 右 から 左 へ 横 断 中 の 歩 行 者 と 衝 突 し 歩 行 者 の 61 歳 男 性 が 死 亡 2

7 交 通 事 故 の 特 徴 を 見 ると 1 高 齢 者 が 犠 牲 となる 事 故 が 多 い 2 朝 夕 の 出 勤 退 社 ( 登 下 校 ) 時 間 及 び 午 前 中 に 多 く 発 生 している 3 交 差 点 での 事 故 が 多 い 等 があげられます また 第 8 次 計 画 期 間 ( 平 成 18 年 から 平 成 22 年 )における 庄 内 署 管 内 の 交 通 死 亡 事 故 (24 時 間 死 者 )は5 件 (5 名 死 亡 ) 発 生 しており その 特 徴 として 1 犠 牲 者 がすべて 60 歳 以 上 2 一 時 停 止 標 識 のある 交 差 点 での 発 生 が 多 い(5 件 中 3 件 ) 3 前 方 不 注 視 による 事 故 が 多 い (5 件 中 2 件 ) 等 があげられます 道 路 交 通 を 取 り 巻 く 状 況 は 経 済 社 会 情 勢 の 動 向 に 伴 い 今 後 複 雑 に 変 化 し 自 動 車 乗 車 中 の 事 故 や 高 齢 者 の 死 者 数 が 増 加 するものと 見 込 まれ 現 状 よりもな お 一 層 憂 慮 すべき 事 態 になることが 懸 念 されます 従 って 交 通 安 全 対 策 を 積 極 的 に 推 進 するため 第 9 次 庄 内 町 交 通 安 全 計 画 を 策 定 します 2 第 9 次 交 通 安 全 計 画 における 目 標 交 通 事 故 による 死 傷 者 をゼロに 近 づけ 安 全 で 安 心 して 暮 らせる 庄 内 町 を 達 成 することが 目 標 でありますが 24 時 間 死 者 のみならず 道 路 交 通 事 故 に 起 因 する 死 者 (30 日 以 内 死 者 数 等 )もゼロに 近 づけるとともに 前 計 画 期 間 の 平 均 事 故 発 生 件 数 が 件 平 均 負 傷 者 数 が 名 であることから 平 成 27 年 ま での 事 故 発 生 件 数 を 100 件 以 内 および 負 傷 者 数 を 110 名 以 下 とすることを 目 指 します 3

8 第 2 章 道 路 交 通 安 全 についての 対 策 第 1 節 今 後 の 道 路 交 通 安 全 対 策 を 考 える 視 点 従 来 の 交 通 安 全 対 策 を 基 本 としつつ 経 済 社 会 情 勢 交 通 情 勢 の 変 化 等 に 対 応 し 効 果 的 な 対 策 への 改 善 を 図 るとともに 有 効 性 が 見 込 まれる 新 たな 対 策 を 推 進 します 1 高 齢 者 及 び 子 供 の 安 全 確 保 高 齢 者 の 交 通 安 全 を 図 っていくためには 高 齢 者 が 日 常 的 に 利 用 する 機 会 の 多 い 医 療 機 関 や 福 祉 施 設 と 連 携 して 交 通 安 全 活 動 を 実 施 していくことや 地 域 で 活 動 している 老 人 クラブ 単 位 等 の 交 通 安 全 活 動 の 充 実 を 図 ります また 高 齢 化 と 同 時 に 考 えなければならないのが 尐 子 化 の 進 展 であり そ のためには 安 心 して 子 どもを 育 てることができる 社 会 を 実 現 するために 幼 児 から 心 身 の 発 達 段 階 に 応 じた 交 通 安 全 教 育 の 推 進 や 通 学 路 等 において 歩 道 等 の 歩 行 空 間 等 の 整 備 を 推 進 します 2 歩 行 者 及 び 自 転 車 の 安 全 確 保 自 動 車 と 比 較 して 弱 い 立 場 にある 歩 行 者 の 安 全 を 確 保 することが 必 要 不 可 欠 であり 特 に 高 齢 者 や 子 どもに 身 近 な 道 路 の 安 全 性 を 高 めることがより 一 層 求 められています こうしたことから 人 優 先 の 考 えの 下 通 学 路 生 活 道 路 市 街 地 の 幹 線 道 路 等 において 歩 道 の 整 備 等 による 歩 行 空 間 の 確 保 を 一 層 積 極 的 に 進 めるなど 歩 行 者 の 安 全 確 保 を 図 る 対 策 を 推 進 します また 自 転 車 については 自 動 車 と 衝 突 した 場 合 には 被 害 を 受 ける 反 面 歩 行 者 と 衝 突 した 場 合 には 加 害 者 となり また 自 転 車 が 事 故 を 誘 発 するケース も 増 加 していることからそれぞれの 対 策 を 講 じます 3 町 民 一 人 ひとりの 意 識 改 革 交 通 事 故 のない 町 を 目 指 し 交 通 事 故 は 起 こさない 交 通 事 故 にあわな い という 意 識 を 再 確 認 するため 交 通 安 全 に 関 する 広 報 啓 発 活 動 を 一 層 充 実 するとともに 各 種 の 交 通 安 全 対 策 事 業 に 参 加 していただき 交 通 安 全 意 識 の 高 揚 を 図 ります 4

9 第 2 節 道 路 交 通 安 全 対 策 の 重 点 事 項 第 8 次 庄 内 町 交 通 安 全 計 画 期 間 内 における 交 通 事 故 の 特 徴 等 を 踏 まえ 次 の5 項 目 を 重 点 として 取 組 みます 1 高 齢 者 及 び 子 どもの 交 通 安 全 対 策 の 推 進 高 齢 者 に 対 しては 道 路 及 び 交 通 状 況 に 応 じて 安 全 に 道 路 を 通 行 するため に 必 要 な 実 践 的 技 能 及 び 交 通 ルール 等 の 知 識 を 習 得 させることを 目 標 に 体 験 実 践 型 の 交 通 安 全 教 育 を 推 進 します また 平 成 22 年 度 4 月 より 実 施 している 高 齢 者 運 転 免 許 証 自 主 返 納 支 援 事 業 を 継 続 して 実 施 し 運 転 が 困 難 となっている 高 齢 ドライバーが 免 許 証 を 自 主 返 納 しやすい 環 境 を 整 えます これにより 高 齢 ドライバーが 加 害 者 と なる 交 通 事 故 の 減 尐 を 目 的 とします 子 どもに 対 しては 発 達 段 階 に 応 じて 交 通 安 全 教 育 を 実 施 し 交 通 事 故 防 止 に 必 要 な 体 験 参 加 型 の 教 育 を 推 進 します さらに 夜 光 反 射 材 等 交 通 安 全 用 品 の 普 及 に 努 めることにより 子 どもや 高 齢 者 自 らが 自 分 を 守 る 意 識 を 醸 成 されるよう 誘 導 します 2 交 差 点 での 交 通 事 故 防 止 対 策 の 推 進 近 年 における 規 範 意 識 低 下 の 風 潮 や 運 転 中 の 携 帯 電 話 の 使 用 などにみら れるように 他 車 ( 者 )への 思 いやりや 運 転 行 為 に 対 する 危 険 性 の 認 識 が 低 下 し これが 交 通 安 全 意 識 の 低 下 に 結 びついていると 考 えられます 具 体 的 な 対 策 としては 交 差 点 における しっかり 止 まってはっきり 確 認 を 浸 透 させるとともに 交 通 安 全 県 民 運 動 山 形 路 いつも 心 に 思 いやり の 普 及 により 道 路 を 利 用 する 全 ての 者 が 互 いに 相 手 を 思 いやり 交 通 マナー アップの 高 揚 を 図 ります 3 夕 方 から 夜 間 にかけての 交 通 事 故 防 止 対 策 の 推 進 夕 暮 れ 時 から 夜 間 にかけて 高 齢 者 等 が 道 路 を 歩 行 中 に 交 通 事 故 にあう 危 険 が 高 まることから 車 両 運 転 手 に 対 し 前 照 灯 の 早 め 点 灯 およびハイビーム の 有 効 活 用 の 呼 びかけを 防 災 行 政 無 線 や 広 報 等 で 周 知 を 図 ります また 交 通 安 全 協 会 交 通 安 全 母 の 会 等 関 係 機 関 団 体 と 連 携 し 夜 光 反 射 材 等 の 交 通 安 全 用 品 を 普 及 させて 交 通 事 故 防 止 対 策 の 推 進 を 図 ります 4 シートベルト チャイルドシートの 着 用 の 徹 底 自 動 車 乗 車 中 の 死 亡 事 故 において シートベルト 非 着 用 の 割 合 が 高 いこと 5

10 から シートベルト 及 びチャイルドシートの 正 しい 着 用 の 徹 底 を 図 ります あわせて 後 部 座 席 におけるシートベルト 着 用 の 推 進 を 図 ります このため 警 察 関 係 機 関 団 体 等 との 相 互 の 協 力 により 普 及 活 動 を 展 開 します 5 冬 期 間 の 交 通 安 全 の 推 進 冬 期 間 の 交 通 安 全 は 地 域 に 根 ざした 課 題 であることに 鑑 み 沿 道 の 地 域 住 民 のニーズや 道 路 の 利 用 実 態 交 通 量 の 実 態 等 を 把 握 し その 特 性 に 応 じ た 道 路 交 通 環 境 の 整 備 を 推 進 するとともに 雪 崩 危 険 箇 所 の 雪 崩 予 防 防 護 施 設 等 の 整 備 を 行 います また 高 齢 者 の 交 通 事 故 対 策 と 子 供 が 安 全 に 通 学 できるように 冬 期 の 歩 道 空 間 の 確 保 を 図 ります 6

11 第 3 節 道 路 交 通 安 全 のための 施 策 の 展 開 交 通 安 全 対 策 をより 効 果 的 に 推 進 するため 前 述 の 基 本 理 念 の 視 点 と5つの 重 点 事 項 を 踏 まえ 以 下 の 7 つの 柱 を 中 心 とした 施 策 を 展 開 して 行 きます 1 交 通 安 全 思 想 の 普 及 徹 底 交 通 安 全 教 育 は 自 他 の 生 命 尊 重 という 理 念 の 下 に 交 通 社 会 の 一 員 とし ての 責 任 を 自 覚 し 交 通 安 全 意 識 と 交 通 マナーの 向 上 に 努 めるため 生 涯 にわ たる 学 習 として 促 進 します (1) 段 階 的 かつ 体 系 的 な 交 通 安 全 教 育 の 推 進 1 幼 児 に 対 する 交 通 安 全 教 育 幼 児 の 発 達 段 階 や 地 域 の 実 情 に 応 じた 交 通 安 全 教 育 を 行 う 必 要 が あることから 正 しい 交 通 ルールやマナーを 実 践 するため かもし かクラブを 通 じての 交 通 安 全 教 育 に 重 点 をおき これを 積 極 的 に 推 進 します 2 小 中 学 生 に 対 する 交 通 安 全 教 育 関 係 機 関 団 体 等 と 連 携 協 力 を 図 りながら 登 下 校 における 歩 行 指 導 を 行 うとともに 自 転 車 の 安 全 な 乗 り 方 ルール 等 の 指 導 自 転 車 教 室 等 への 参 加 を 推 進 し 交 通 事 故 防 止 を 図 ります 3 高 校 生 に 対 する 交 通 安 全 教 育 自 転 車 の 利 用 者 として 安 全 に 道 路 を 通 行 するため 交 通 社 会 にお いて 必 要 なマナーを 身 につけさせる 交 通 安 全 教 育 に 関 する 意 識 の 高 揚 を 図 ります 4 成 人 に 対 する 交 通 安 全 教 育 運 転 者 については 地 域 職 場 における 各 種 講 習 会 への 参 加 を 推 進 し 歩 行 者 及 び 自 転 車 利 用 者 の 保 護 シートベルト チャイルドシ ートの 着 用 を 推 進 し 思 いやりのある 交 通 社 会 人 としての 自 覚 を 醸 成 します 地 域 においては 交 通 安 全 協 会 交 通 安 全 母 の 会 等 の 民 間 交 通 安 全 団 体 と 連 絡 協 調 し 正 しい 交 通 ルールとマナーの 実 践 の 交 通 安 全 意 識 の 高 揚 を 図 ります 特 に 交 通 事 故 率 の 高 い 青 年 ドライバーに 対 しては 公 民 館 等 社 会 教 育 活 動 の 機 会 をとらえての 交 通 安 全 教 育 を 推 進 し PTA 婦 人 会 町 内 会 等 による 実 践 活 動 を 推 進 します 5 高 齢 者 に 対 する 交 通 安 全 教 育 急 速 な 人 口 比 率 の 高 齢 化 に 伴 い 高 齢 者 の 交 通 事 故 が 増 加 している 7

12 ことから 高 齢 者 に 対 しては 加 齢 に 伴 う 身 体 機 能 の 変 化 が 歩 行 者 又 は 運 転 者 としての 交 通 安 全 行 動 に 及 ぼす 影 響 を 理 解 させるととも に 道 路 及 び 交 通 状 況 に 応 じて 安 全 に 道 路 を 通 行 するために 必 要 な 知 識 を 習 得 させるため 参 加 体 験 実 践 型 の 交 通 安 全 教 育 の 充 実 を 努 めるとともに 老 人 クラブ 等 に 対 する 交 通 安 全 教 室 等 の 機 会 を 活 用 した 交 通 安 全 教 育 を 推 進 します また 夜 間 における 歩 行 者 自 転 車 利 用 者 の 事 故 を 防 止 するため 交 通 安 全 協 会 交 通 安 全 母 の 会 と 連 携 して 視 認 性 の 高 い 明 るい 服 装 の 着 用 を 促 進 するとともに 反 射 材 の 普 及 に 努 めます (2) 効 果 的 な 交 通 安 全 教 育 の 推 進 1 交 通 安 全 教 育 の 推 進 かもしかクラブ 学 校 子 ども 会 町 内 会 老 人 クラブ 等 で 交 通 安 全 教 室 を 開 く 際 に 町 交 通 安 全 専 門 指 導 員 の 派 遣 を 行 い 必 要 に 応 じて 県 交 通 安 全 専 門 指 導 員 の 派 遣 を 要 請 します 2 交 通 安 全 教 育 用 機 材 等 の 利 用 促 進 各 種 交 通 安 全 教 室 の 実 施 時 に 交 通 安 全 教 育 用 ビデオ プロジェ クター 等 機 材 の 利 用 促 進 を 図 ります (3) 交 通 安 全 に 関 する 普 及 啓 発 活 動 の 推 進 1 交 通 安 全 運 動 の 推 進 春 秋 の 全 国 交 通 安 全 運 動 及 び 夏 年 末 の 交 通 安 全 運 動 を 中 心 に 交 通 事 故 の 実 態 に 即 した 運 動 を 展 開 するほか 高 齢 者 の 交 通 事 故 防 止 広 報 強 化 月 間 等 その 他 の 時 期 においても 実 情 に 即 した 交 通 安 全 運 動 を 実 施 します 2 普 及 啓 発 活 動 の 効 果 的 な 展 開 交 通 安 全 意 識 の 普 及 高 揚 を 図 るため 関 係 機 関 団 体 等 が 連 携 の 下 に 街 頭 等 における 啓 発 キャンペーンをするなど 効 果 的 な 運 動 を 実 施 して 行 きます また 町 民 一 人 ひとりの 交 通 安 全 に 対 する 意 識 を 高 め 相 手 に 対 する 思 いやりの 気 持 ちを 基 調 とした 正 しい 交 通 ルー ルとマナーの 実 践 を 習 慣 づけるため 交 通 安 全 協 会 交 通 安 全 母 の 会 等 との 連 携 を 図 り 家 庭 学 校 職 場 等 に 対 し 広 報 を 推 進 します 3 シートベルト 及 びチャイルドシート 着 用 の 徹 底 自 動 車 乗 車 中 の 死 亡 事 故 においてシートベルトの 非 着 用 率 が 高 い ことを 踏 まえ シートベルトの 正 しい 着 用 の 理 解 と 徹 底 を 図 ります あわせて 後 部 座 席 におけるシートベルト 着 用 子 どもを 同 乗 させ 8

13 る 際 のチャイルドシートの 着 用 を 推 進 するため 関 係 機 関 団 体 等 が 連 携 し 街 頭 活 動 などあらゆる 機 会 に 着 用 の 徹 底 を 広 く 呼 びかけ ます 4 薄 暮 時 におけるヘッドライトの 早 め 点 灯 の 促 進 薄 暮 の 時 間 帯 から 夜 間 にかけて 重 大 事 故 が 多 発 する 傾 向 にあるこ とから 早 めのヘッドライト 点 灯 が 効 果 的 であることを 広 く 周 知 し ます (4) 飲 酒 運 転 の 撲 滅 飲 酒 運 転 は 極 めて 危 険 な 行 為 であるとともに 犯 罪 でもあり 平 成 20 年 3 月 に 制 定 された 山 形 県 飲 酒 運 転 をしない させない 許 さない 条 例 の 目 的 に 沿 って 飲 酒 運 転 の 撲 滅 に 取 り 組 みます 1 職 場 家 庭 等 における 飲 酒 運 転 追 放 運 動 の 展 開 飲 酒 運 転 は 重 大 な 交 通 事 故 を 引 き 起 こす 要 因 となっていること から 警 察 交 通 安 全 協 会 関 係 機 関 団 体 等 と 連 携 し 職 場 家 庭 飲 食 店 等 での 取 組 みを 促 進 し 飲 酒 運 転 の 追 放 を 図 ります 2 交 通 安 全 県 民 運 動 と 連 携 したキャンペーン 等 の 実 施 交 通 安 全 県 民 運 動 と 連 携 したキャンペーンを 実 施 し 飲 酒 運 転 し ない!させない! 許 さない! を 町 民 に 周 知 させ 飲 酒 運 転 の 防 止 活 動 を 促 進 します 3 飲 酒 運 転 の 撲 滅 飲 酒 運 転 4 しない 運 動 の 徹 底 を 広 報 等 で 周 知 を 図 ります 1 運 転 するときは 酒 を 飲 まない 2 酒 を 飲 んだら 車 を 運 転 しない 3 運 転 する 人 に 酒 を 飲 ませない 4 酒 飲 み 運 転 は 見 逃 さない (5) 自 転 車 の 安 全 利 用 の 推 進 1 自 転 車 の 安 全 利 用 推 進 小 中 高 校 生 及 び 高 齢 者 を 主 たる 対 象 に 警 察 学 校 交 通 安 全 協 会 等 と 連 携 して 体 験 実 践 型 の 交 通 安 全 教 育 等 を 推 進 し 自 転 車 の 正 しい 乗 り 方 の 周 知 徹 底 を 図 ります また 自 転 車 運 転 によ る 被 害 者 加 害 者 交 通 事 故 の 誘 発 を 防 止 するために 主 たる 対 象 者 のみならず 大 人 がまず 見 本 を 見 せることを 重 視 し 啓 発 チラシ の 配 布 や 大 人 の 自 転 車 講 習 会 を 実 施 するなどして 地 域 をあげて 規 則 やマナーの 周 知 徹 底 に 努 めます 9

14 2 薄 暮 時 の 早 め 点 灯 等 の 推 進 薄 暮 の 時 間 帯 から 夜 間 にかけて 自 転 車 の 重 大 事 故 が 多 発 する 傾 向 にあることを 踏 まえ 自 転 車 の 灯 火 点 灯 を 徹 底 するとともに 自 転 車 の 側 面 等 への 反 射 材 の 取 り 付 けを 推 進 します 2 安 全 運 転 の 確 保 安 全 運 転 を 確 保 するためには 運 転 者 の 能 力 や 資 質 の 向 上 を 図 ることが 必 要 であり そのために 安 全 運 転 教 育 体 制 の 整 備 教 育 等 の 充 実 を 促 進 します (1) 運 転 者 教 育 等 の 推 進 自 動 車 自 動 二 輪 車 及 び 原 動 機 付 自 転 車 の 交 通 安 全 対 策 として 関 係 機 関 の 活 動 に 協 力 するとともに 安 全 運 転 教 育 体 制 の 整 備 教 育 内 容 の 充 実 等 について 積 極 的 に 働 きかけます (2) 高 齢 運 転 者 対 策 の 充 実 高 齢 運 転 者 の 交 通 事 故 防 止 を 図 るため 関 係 機 関 団 体 等 に 協 力 要 請 し 高 齢 者 にベテランドライバー 講 習 会 等 に 参 加 を 促 し 運 転 能 力 の 維 持 向 上 を 図 ります また 高 齢 運 転 者 の 安 全 意 識 を 高 めるため 高 齢 者 マークの 積 極 的 な 使 用 の 促 進 を 図 ります (3) シートベルト チャイルドシート 及 び 乗 車 用 ヘルメットの 正 しい 着 用 の 徹 底 シートベルト チャイルドシート 及 び 乗 車 用 ヘルメットの 正 しい 着 用 の 徹 底 を 図 るため 関 係 機 関 団 体 と 連 携 し 各 種 講 習 交 通 安 全 運 動 等 あらゆる 機 会 を 通 じて 着 用 効 果 の 啓 発 等 を 積 極 的 に 推 進 します (4) 事 業 用 自 動 車 の 運 転 者 教 育 の 充 実 事 業 用 自 動 車 の 運 転 者 は 一 般 の 運 転 者 よりも 高 い 資 質 が 求 められて いることから 関 係 機 関 との 連 携 を 密 にし 実 践 的 専 門 的 かつ 高 度 な 安 全 運 転 意 識 技 能 についての 研 修 等 を 実 施 するように 積 極 的 に 働 きか けます 3 道 路 交 通 環 境 の 整 備 道 路 交 通 環 境 の 整 備 については 公 安 委 員 会 や 県 町 等 の 関 係 機 関 が 連 携 し 幹 線 道 路 と 生 活 道 路 の 両 面 で 対 策 を 推 進 して 事 故 多 発 地 点 対 策 等 で 事 故 抑 止 効 果 が 確 認 されています 今 後 は 尐 子 高 齢 化 等 の 社 会 情 勢 の 変 化 に 対 応 し 子 どもを 事 故 から 守 り 高 齢 者 が 安 全 にかつ 安 心 して 外 出 できる 交 通 社 会 の 形 成 を 図 る 観 点 から 歩 道 等 の 整 備 等 の 安 全 安 心 な 歩 行 空 間 の 確 保 を 図 ります 10

15 (1) 通 学 路 等 の 整 備 園 児 児 童 等 の 安 全 を 確 保 するため 歩 道 等 の 整 備 を 推 進 します (2) 冬 期 間 の 安 全 確 保 冬 期 間 は 積 雪 によるスリップ 事 故 や 交 通 渋 滞 がおきやすく 交 通 安 全 対 策 が 必 要 となっております 円 滑 な 道 路 交 通 を 確 保 するため 積 雪 対 策 として 適 時 適 切 な 除 排 雪 を 実 施 し 車 道 や 歩 道 空 間 の 確 保 を 図 るととも に 防 雪 柵 の 計 画 的 整 備 を 行 います (3) 交 通 安 全 施 設 等 の 整 備 交 通 事 故 防 止 のため 事 故 多 発 地 点 及 び 通 学 路 等 の 交 通 安 全 の 確 保 に 必 要 な 道 路 については 安 全 かつ 円 滑 快 適 な 交 通 の 確 保 を 図 り 各 種 交 通 安 全 施 設 の 整 備 を 総 合 的 に 推 進 します 1 道 路 反 射 鏡 および 赤 色 回 転 灯 の 整 備 町 道 等 の 新 設 による 見 通 しの 悪 い 交 差 点 部 落 内 の 見 通 しの 悪 い 交 差 点 等 には 道 路 反 射 鏡 の 整 備 を 行 います また 既 設 の 道 路 反 射 鏡 で 雨 風 等 により 視 認 性 の 悪 くなったものは 随 時 交 換 修 理 をしていきます 町 内 における 危 険 箇 所 には 赤 色 回 転 灯 やスポットフラッシャーを 整 備 し ドライバーへの 注 意 喚 起 を 促 します 2 防 護 柵 及 び 道 路 照 明 灯 の 整 備 歩 行 者 及 び 自 転 車 利 用 者 の 安 全 を 確 保 するため 防 護 柵 及 び 道 路 照 明 灯 防 犯 灯 等 の 安 全 施 設 を 整 備 します 3 カラー 舗 装 等 による 道 路 の 整 備 路 側 帯 や 交 差 点 へカラー 舗 装 を 実 施 することにより 走 行 速 度 の 抑 制 を 図 ります 4 道 路 環 境 の 整 備 車 両 の 通 行 上 視 界 の 妨 げになる 空 き 家 等 の 樹 木 については 所 有 者 へ 連 絡 するなどして 早 期 に 解 決 を 図 り 円 滑 な 道 路 交 通 を 確 保 します (4) 総 合 的 な 駐 車 対 策 の 推 進 1 秩 序 ある 駐 車 の 推 進 道 路 交 通 の 安 全 と 円 滑 化 を 図 るため 関 係 機 関 との 連 携 を 図 り 幹 線 道 路 商 店 街 道 路 等 において 正 しい 駐 車 方 法 等 の 啓 発 に 努 めます 2 違 法 駐 車 締 め 出 し 気 運 の 醸 成 高 揚 違 法 駐 車 の 排 除 及 び 保 管 場 所 の 確 保 に 関 し 関 係 機 関 団 体 地 域 住 民 等 と 密 接 な 連 携 を 図 りながら 広 報 啓 発 活 動 を 効 果 的 に 展 開 し 違 法 駐 車 を 排 除 しようとする 機 運 の 醸 成 を 図 ります 11

16 (5) 災 害 発 生 時 における 交 通 規 制 等 1 災 害 発 生 時 における 交 通 規 制 大 規 模 な 災 害 発 生 時 は 交 通 の 混 乱 が 予 想 されることから これらを 防 止 するために 次 のような 迅 速 かつ 的 確 な 交 通 規 制 を 行 います (ア) 災 害 の 状 況 規 模 発 生 地 区 の 交 通 事 情 を 把 握 し それに 応 じた 車 両 通 行 禁 止 等 の 必 要 な 交 通 規 制 の 要 請 (イ) 迅 速 な 迂 回 路 の 表 示 と 広 報 (ウ) 道 路 交 通 に 関 する 情 報 の 表 示 と 広 報 2 災 害 に 備 えた 道 路 の 整 備 豪 雨 豪 雪 地 震 洪 水 等 の 災 害 が 発 生 した 場 合 においても 安 全 で 安 心 な 生 活 を 支 える 道 路 交 通 を 確 保 します 3 積 雪 寒 冷 地 等 地 域 に 応 じた 安 全 確 保 冬 期 の 安 全 な 道 路 環 境 を 確 保 するため 冬 期 積 雪 凍 結 路 面 対 策 と して 適 切 な 除 雪 や 凍 結 防 止 剤 散 布 の 実 施 を 図 ります 4 車 両 の 安 全 性 の 確 保 (1) 不 正 改 造 車 の 排 除 道 路 交 通 に 危 険 を 及 ぼすなど 社 会 問 題 となっている 暴 走 族 の 不 正 改 造 車 や 過 積 載 を 目 的 とした 不 正 改 造 車 等 を 排 除 し 自 動 車 の 安 全 運 行 を 確 保 すために 関 係 機 関 の 支 援 及 び 自 動 車 関 係 団 体 の 協 力 の 下 に 不 正 改 造 車 を 排 除 する 運 動 を 展 開 し 広 報 活 動 の 推 進 街 頭 指 導 を 強 化 する ことにより 不 正 改 造 防 止 について 自 動 車 使 用 者 及 び 自 動 車 関 係 事 業 者 等 の 認 識 を 高 めます (2) 自 転 車 の 安 全 性 の 確 保 自 転 車 の 安 全 を 図 るため 自 転 車 利 用 者 に 対 して 規 格 基 準 に 適 合 した 自 転 車 利 用 を 呼 びかけ 安 全 意 識 及 び 点 検 整 備 の 徹 底 を 図 るととも に 児 童 生 徒 が 利 用 する 自 転 車 の 点 検 整 備 について 関 係 団 体 の 積 極 的 な 協 力 を 求 めます さらに 夜 間 における 交 通 事 故 の 防 止 を 図 るため 灯 火 の 取 付 けの 徹 底 と 反 射 器 材 の 普 及 促 進 を 図 ります 12

17 5 道 路 交 通 秩 序 の 維 持 (1) 暴 走 族 追 放 気 運 の 高 揚 暴 走 族 追 放 気 運 を 高 揚 させるため 関 係 団 体 との 連 携 を 強 化 して 凶 悪 化 する 暴 走 族 の 実 態 を 的 確 かつ 迅 速 に 把 握 するよう 努 めるなど 広 報 活 動 も 積 極 的 に 行 います また 暴 走 族 問 題 と 青 尐 年 の 非 行 問 題 行 動 と の 関 連 性 に 鑑 み 青 尐 年 育 成 団 体 との 連 携 を 図 り 青 尐 年 の 健 全 育 成 を 推 進 します (2) 暴 走 行 為 をさせないための 環 境 づくり 暴 走 族 及 びこれに 伴 う 群 集 の 集 合 場 所 として 利 用 されやすい 施 設 の 管 理 者 に 協 力 を 求 め 暴 走 族 等 を 集 合 させないための 施 設 管 理 改 善 等 の 環 境 づくりを 推 進 します 6 救 助 救 急 業 務 体 制 の 整 備 (1) 集 団 救 助 救 急 業 務 体 制 の 整 備 集 団 救 助 救 急 事 故 の 際 には 酒 田 地 区 消 防 組 合 における 傷 病 者 の 搬 送 能 力 収 容 能 力 を 超 えるおそれがあるため 他 の 消 防 機 関 における 広 域 応 援 体 制 を 推 進 します (2) 心 肺 蘇 生 法 等 の 応 急 手 当 の 普 及 啓 発 活 動 の 推 進 交 通 事 故 による 負 傷 者 の 救 命 率 を 向 上 させるためには 事 故 現 場 に 居 合 わせた 関 係 者 等 による 負 傷 者 に 対 する 迅 速 かつ 適 切 な 応 急 手 当 が 必 要 なことから 心 肺 蘇 生 に 関 する 応 急 手 当 講 習 会 等 を 開 催 し 応 急 手 当 の 知 識 実 技 の 普 及 を 図 るとともに 関 係 機 関 と 連 携 し 広 報 活 動 を 積 極 的 に 推 進 します 7 交 通 事 故 被 害 者 等 支 援 の 推 進 交 通 事 故 被 害 者 等 は 精 神 的 にも 大 きな 打 撃 を 受 けている 上 交 通 事 故 に 係 わる 知 識 情 報 が 乏 しいことが 尐 なくないことから 交 通 事 故 に 関 する 相 談 を 受 けられる 機 会 の 充 実 を 図 ります (1) 無 保 険 ( 無 共 済 ) 車 両 対 策 の 徹 底 と 任 意 の 自 動 車 保 険 の 充 実 自 賠 責 保 険 ( 自 賠 責 共 済 )の 期 限 切 れ 掛 け 忘 れに 注 意 が 必 要 であるこ とを 広 報 活 動 等 を 通 じて 周 知 します また 自 賠 責 保 険 ( 自 賠 責 共 済 )と 共 に 重 要 な 役 割 を 果 たしている 任 意 の 自 動 車 保 険 は 交 通 事 故 被 害 者 の 救 済 に 大 きな 役 割 を 果 たしている が 被 害 者 救 済 等 の 充 実 に 資 するよう その 普 及 に 努 めます 13

18 (2) 交 通 災 害 共 済 への 加 入 の 促 進 山 形 県 市 町 村 交 通 災 害 共 済 への 加 入 の 促 進 を 図 るとともに 交 通 安 全 意 識 の 高 揚 に 努 めます (3) 交 通 事 故 相 談 所 の 活 用 県 の 交 通 事 故 相 談 所 における 交 通 事 故 相 談 活 動 の 周 知 を 図 り 交 通 事 故 による 賠 償 問 題 や 示 談 等 広 く 相 談 の 機 会 を 提 供 します また 社 会 福 祉 協 議 会 の 心 配 ごと 相 談 への 紹 介 を 行 います 14

19 第 2 編 踏 切 道 における 交 通 の 安 全 第 1 章 踏 切 道 における 交 通 安 全 目 標 踏 切 事 故 ( 鉄 道 の 運 転 事 故 のうち 踏 切 障 害 及 びこれに 起 因 する 列 車 事 故 をい う )は 長 期 的 に 減 尐 傾 向 にあり 県 内 では 平 成 18 年 以 降 1~4 件 死 傷 者 数 は0~2 人 と 推 移 しています 踏 切 事 故 の 減 尐 は 踏 切 道 の 改 良 や 安 全 対 策 を 積 極 的 に 推 進 したことによるも のと 考 えられますが 依 然 踏 切 事 故 は 鉄 道 の 運 転 事 故 の4 割 を 占 めている 現 状 にあります 引 き 続 き 踏 切 道 の 構 造 の 改 良 踏 切 保 安 設 備 の 整 備 その 他 踏 切 道 における 交 通 の 安 全 と 円 滑 化 を 図 るための 措 置 を 積 極 的 に 推 進 し 踏 切 事 故 件 数 ゼロを 目 標 とします 第 2 章 踏 切 道 の 安 全 対 策 踏 切 事 故 は 直 前 横 断 落 輪 等 に 起 因 するものが 多 いことから 踏 切 道 の 安 全 通 行 や 鉄 道 防 止 事 故 に 関 する 知 識 を 広 く 一 般 に 普 及 する 必 要 があります 運 転 者 や 歩 行 者 等 の 踏 切 道 通 行 者 に 対 し 安 全 意 識 の 向 上 及 び 踏 切 故 障 時 にお ける 非 常 ボタンの 操 作 等 の 周 知 徹 底 を 図 るため 交 通 安 全 県 民 運 動 等 の 機 会 をと らえてポスターの 掲 示 チラシの 配 布 等 による 広 報 活 動 を 積 極 的 に 推 進 します 15

ま え が き 京 丹 後 市 交 通 安 全 対 策 会 議 では 市 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 交 通 事 故 から 守 るため 合 併 した 平 成 16 年 度 に 第 1 次 京 丹 後 市 交 通 安 全 計 画 を 策 定 また 平 成 18 年 度 に は 第 2

ま え が き 京 丹 後 市 交 通 安 全 対 策 会 議 では 市 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 交 通 事 故 から 守 るため 合 併 した 平 成 16 年 度 に 第 1 次 京 丹 後 市 交 通 安 全 計 画 を 策 定 また 平 成 18 年 度 に は 第 2 第 3 次 京 丹 後 市 交 通 安 全 計 画 ( 案 ) ( 平 成 23 年 度 ~27 年 度 ) ~ 交 通 事 故 のない 京 丹 後 市 を 目 指 して~ 京 丹 後 市 交 通 安 全 対 策 会 議 ま え が き 京 丹 後 市 交 通 安 全 対 策 会 議 では 市 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 交 通 事 故 から 守 るため 合 併 した 平 成 16

More information

1

1 平 成 28 年 6 月 23 日 現 在 加 須 市 交 通 安 全 計 画 平 成 28 年 度 ~ 平 成 32 年 度 ( 案 ) 加 須 市 1 加 須 市 交 通 安 全 計 画 はじめに 平 成 27 年 の 全 国 の 交 通 事 故 による 死 者 数 は4,117 人 で 15 年 ぶりに 増 加 と なりましたが 交 通 事 故 発 生 件 数 及 び 負 傷 者 数 は11

More information

平成16年度

平成16年度 平 成 28 年 度 新 発 田 市 交 通 安 全 実 施 計 画 新 発 田 市 交 通 安 全 対 策 会 議 ま え が き この 計 画 は 交 通 安 全 対 策 基 本 法 ( 昭 和 45 年 法 律 第 110 号 ) 第 26 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 度 において 新 発 田 市 の 区 域 における 陸 上 交 通 の 安 全 に 関 し 関

More information

目 次 はじめに 2 第 1 章 計 画 の 策 定 にあたって 3 第 2 章 犯 罪 及 び 交 通 事 故 等 の 現 状 1 犯 罪 件 数 3 2 不 審 者 情 報 件 数 4 3 交 通 事 故 件 数 4 4 振 り 込 め 詐 欺 被 害 件 数 5 5 消 費 生 活 相 談 件

目 次 はじめに 2 第 1 章 計 画 の 策 定 にあたって 3 第 2 章 犯 罪 及 び 交 通 事 故 等 の 現 状 1 犯 罪 件 数 3 2 不 審 者 情 報 件 数 4 3 交 通 事 故 件 数 4 4 振 り 込 め 詐 欺 被 害 件 数 5 5 消 費 生 活 相 談 件 恵 庭 市 安 全 で 安 心 なまちづくり 推 進 計 画 計 画 期 間 平 成 23 年 度 ~ 平 成 27 年 度 平 成 23 年 4 月 恵 庭 市 恵 庭 市 安 全 で 安 心 なまちづくり 実 行 委 員 会 目 次 はじめに 2 第 1 章 計 画 の 策 定 にあたって 3 第 2 章 犯 罪 及 び 交 通 事 故 等 の 現 状 1 犯 罪 件 数 3 2 不 審 者 情

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 24 年 秋 の 全 国 交 通 安 全 運 動 推 進 要 綱 目 的 この 運 動 は 広 く 府 民 に 交 通 安 全 思 想 の 普 及 浸 透 を 図 り 交 通 ルールの 遵 守 と 正 しい 交 通 マナーの 実 践 を 習 慣 づけ るとともに 府 民 自 身 による 道 路 交 通 環 境 の 改 善 に 向 けた 取 組 を 推 進 することにより 交 通 事 故 防

More information

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc 第 1 章 総 則 広 尾 町 地 域 防 災 計 画 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 及 び 広 尾 町 防 災 会 議 条 例 ( 昭 和 38 年 条 例 第 5 号 ) 第 2 条 第 1 項 第 1 号 の 規 定 に 基 づき 広 尾 町 防 災 会 議 が 作 成

More information

2

2 1 2 自 転 車 は 免 許 を 持 たずに 誰 でも 乗 れる 便 利 な 乗 り 物 です それゆ え 交 通 ルールを 知 らない あるいは 知 っていても 守 らない 利 用 者 も 多 くいるのが 実 態 です 本 区 では 自 転 車 交 通 量 の 増 加 に 伴 い 自 転 車 利 用 者 のマナー 改 善 や 自 転 車 通 行 空 間 の 整 備 を 求 める 声 も 多 く

More information

現 状 と 課 題 自 転 車 の 関 与 する 事 故 の 割 合 が 全 国 平 均 を 大 きく 上 回 っています 自 転 車 が 第 1 当 事 者 となった 交 通 事 故 件 数 は 横 ばいで 推 移 しています 中 卒 ~20 歳 代 で 自 転 車 事 故 の 遭 遇 率 が 高

現 状 と 課 題 自 転 車 の 関 与 する 事 故 の 割 合 が 全 国 平 均 を 大 きく 上 回 っています 自 転 車 が 第 1 当 事 者 となった 交 通 事 故 件 数 は 横 ばいで 推 移 しています 中 卒 ~20 歳 代 で 自 転 車 事 故 の 遭 遇 率 が 高 4. 1 まもる ルール マナーの 普 及 啓 発 4. 2 はしる 通 行 環 境 4. 3 とめる 駐 車 環 境 - 10 - 現 状 と 課 題 自 転 車 の 関 与 する 事 故 の 割 合 が 全 国 平 均 を 大 きく 上 回 っています 自 転 車 が 第 1 当 事 者 となった 交 通 事 故 件 数 は 横 ばいで 推 移 しています 中 卒 ~20 歳 代 で 自 転 車

More information

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に 宮 城 県 警 察 組 織 犯 罪 対 策 要 綱 第 1 要 綱 の 目 的 この 要 綱 は 組 織 犯 罪 が 治 安 に 重 大 な 影 響 を 与 えるものであることに 鑑 み 本 県 警 察 が 一 体 的 に 犯 罪 組 織 の 実 態 を 的 確 に 把 握 し 所 要 の 対 策 を 講 じ 効 果 的 な 打 撃 を 与 えることにより 犯 罪 組 織 の 弱 体 化 及 び 壊

More information

<4D F736F F D B98EE68E7388C C588C C882DC82BF82C382AD82E88AEE967B8C7689E C B95B6816A2E646F63>

<4D F736F F D B98EE68E7388C C588C C882DC82BF82C382AD82E88AEE967B8C7689E C B95B6816A2E646F63> 鳥 取 市 ( 平 成 18 年 6 月 ) 第 1 章 基 本 計 画 策 定 の 趣 旨 1 1. 基 本 計 画 策 定 の 趣 旨 2. 基 本 計 画 の 施 策 対 象 の 範 囲 3. 計 画 期 間 第 2 章 現 状 と 課 題 2 1. 犯 罪 の 現 状 2. 生 活 環 境 の 変 化 3. 課 題 第 3 章 基 本 計 画 推 進 の 基 本 的 な 考 え 方 4 1.

More information

5. 政 策 目 標 の 達 成 ( 進 捗 ) 状 況 達 成 状 況 A 概 ね 順 調 犯 罪 に 強 い 安 全 なまちづくりの 推 進 については 住 民 自 身 の 防 犯 活 動 として 民 間 パトロール 隊 や 青 色 回 転 灯 装 備 車 両 によるパトロール 活 動 が 県

5. 政 策 目 標 の 達 成 ( 進 捗 ) 状 況 達 成 状 況 A 概 ね 順 調 犯 罪 に 強 い 安 全 なまちづくりの 推 進 については 住 民 自 身 の 防 犯 活 動 として 民 間 パトロール 隊 や 青 色 回 転 灯 装 備 車 両 によるパトロール 活 動 が 県 政 策 評 価 表 政 策 とりまとめ 課 : 知 事 政 策 局 防 災 危 機 管 理 課 TEL( 直 通 ):076-444-4124 政 策 の 柱 安 心 とやま 政 策 名 19 防 犯 交 通 安 全 対 策 の 推 進 による 安 全 なまちづくり 政 策 目 標 犯 罪 や 交 通 事 故 の 発 生 しにくい 環 境 づくりが 進 み 県 民 が 安 全 で 安 心 して 暮

More information

神栖市児童館指定管理業務仕様書

神栖市児童館指定管理業務仕様書 神 栖 市 児 童 館 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 平 成 28 年 8 月 茨 城 県 神 栖 市 神 栖 市 児 童 館 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 児 童 館 等 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 びその 範 囲 は, 募 集 要 項 のほかこの 仕 様 書 による 第 1 管 理 運 営 の 基 本 方 針 児 童 館 は, 地 域 児 童 の 健

More information

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センター 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 及 びその 範 囲 等 は 条 例 に 定 めるもののほか この 仕 様 書 によるものとする 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 の 募 集 を 行 うにあたり

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

止 できる 者 を 配 置 し 夜 間 における 酒 類 の 販 売 体 制 を 整 備 するよう 必 要 な 助 言 と 指 導 を 実 施 ( 平 成 10 年 4 月 ~) 5 年 齢 確 認 の 実 施 をはじめとする 取 組 を 推 進 していくためには 酒 類 販 売 に 従 事 する

止 できる 者 を 配 置 し 夜 間 における 酒 類 の 販 売 体 制 を 整 備 するよう 必 要 な 助 言 と 指 導 を 実 施 ( 平 成 10 年 4 月 ~) 5 年 齢 確 認 の 実 施 をはじめとする 取 組 を 推 進 していくためには 酒 類 販 売 に 従 事 する 25 未 成 年 者 の 飲 酒 防 止 等 に 関 する 取 組 等 国 税 庁 においては アルコール 飲 料 としての 酒 類 の 特 性 に 鑑 み より 良 い 飲 酒 環 境 を 形 成 して 消 費 者 利 益 と 酒 類 業 の 健 全 な 発 達 を 期 する 観 点 から 従 来 から 酒 類 業 界 に 対 し 未 成 年 者 飲 酒 防 止 に 配 意 し た 販 売 や 広

More information

第1編

第1編 平 成 27 年 6 月 9 日 糸 島 市 防 災 会 議 資 料 -4 糸 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 第 3 章 風 水 害 応 急 対 策 計 画 ) 修 正 ( 新 旧 対 照 表 ) 抜 粋 記 述 の 凡 例 下 線 : 災 害 対 策 基 本 法 改 正 防 災 基 本 計 画 改 正 による 福 岡 県 地 域 防 災 計 画 の 見 直 しに 基 づく 修 正 部 分 二

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 策 定 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 以 下 基 本 法 という ) 第 4 2 条 の 規 定 に 基 づき 鹿 部 町 ( 以 下 本 町 という )の 地 域 に 係 る 防 災 に 関 し 災 害 予 防 災 害 応 急 対 策 及 び 災 害 復 旧 等 の 災 害 対 策 を

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E6825889F18BB388E78DA7926B89EF8E9197BF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E6825889F18BB388E78DA7926B89EF8E9197BF2E70707478> 第 9 回 教 育 懇 談 会 資 料 国 の 教 育 改 革 と 愛 知 県 の 取 組 状 況 について 1 教 育 再 生 実 行 会 議 で 示 された 教 育 課 題 第 一 次 提 言 平 成 25 年 2 月 26 日 いじめの 問 題 等 への 対 応 について 道 徳 教 育 いじめ 対 策 体 罰 禁 止 第 二 次 提 言 平 成 25 年 4 月 15 日 教 育 委 員 会

More information

第 1 章 <目的>

第 1 章 <目的> 市 民 の 安 全 のための 指 針 ( 平 成 24 年 3 月 ) 東 大 和 市 目 次 はじめに 1 第 1 章 < 目 的 > 2 第 2 章 < 犯 罪 の 起 きにくいまちづくり> 2 第 3 章 < 児 童 等 の 安 全 確 保 > 4 第 4 章 < 民 間 事 業 者 によるまちの 安 全 確 保 > 6 第 5 章 < 高 齢 者 障 がい 者 女 性 の 安 全 確 保 >

More information

<5461726F2D8F4390B394C581408AE28EE88CA782CC8EA188C08FEE90A88179>

<5461726F2D8F4390B394C581408AE28EE88CA782CC8EA188C08FEE90A88179> 平 成 23 年 岩 手 県 の 治 安 情 勢 平 成 24 年 1 月 岩 手 県 警 察 本 部 1 刑 法 犯 認 知 検 挙 ( 値 は 暫 定 値 です ) これまでの 推 移 刑 法 犯 認 知 は 平 成 13 年 の15,125 をピークに 概 ね 減 少 傾 向 平 成 23 年 は 平 成 22 年 の 戦 後 最 小 記 録 (7,4 )を 下 回 り 6,353 前 年 比

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6> 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 について 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 都 市 計 画 課 都 市 計 画 法 改 正 のポイント 2 拡 散 型 から 集 約 型 へ 都 市 に 必 要 な 施 設 を 街 なか に 誘 導 拡 散 型 の 都 市 では 暮 らしにくく 非 効 率 自 動 車 に 過 度 に 依 存 交 通 エネルギー 消 費 量 が 多 い 既 存 ストックが

More information

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A>

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A> 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 災 害 復 旧 計 画 編 第 1 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 事 故 対 策 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2 第 4 災 害 対 策 本 部 1-4 第 2 節

More information

三条市安全・安心な

三条市安全・安心な 三 条 市 安 全 安 心 な まちづくり 推 進 計 画 ( 案 ) 三 条 市 1 目 次 第 1 章 計 画 の 基 礎 事 項 1 第 1 節 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 節 計 画 の 位 置 付 け 1 第 3 節 計 画 期 間 1 第 4 節 計 画 の 見 直 し 1 第 2 章 犯 罪 の 状 況 2 第 1 節 刑 法 犯 発 生 状 況 2 (1) 刑 法 犯 認

More information

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5>

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5> 佐 賀 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 等 規 則 ( 平 成 15 年 2 月 12 日 佐 賀 県 公 安 委 員 会 規 則 第 2 号 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 法 律 法 律 に 基 づく 命 令 条 例 等 に 基 づく 佐 賀 県 公 安 委 員 会 ( 以 下 公 安 委 員 会 という )の 権 限 に 属 する 事 務 ( 知 事 の 権 限 に

More information

資 料 63 平 成 21 年 10 月 8 日 第 4 次 基 本 構 想 前 期 基 本 計 画 に 関 する 意 見 今 井 啓 一 郎 1 商 店 会 への 支 援 < 必 要 であれば 法 人 化 も 検 討 > コミュニティ 防 犯 災 害 時 にも 貢 献 するものである 2 観 光

資 料 63 平 成 21 年 10 月 8 日 第 4 次 基 本 構 想 前 期 基 本 計 画 に 関 する 意 見 今 井 啓 一 郎 1 商 店 会 への 支 援 < 必 要 であれば 法 人 化 も 検 討 > コミュニティ 防 犯 災 害 時 にも 貢 献 するものである 2 観 光 長 期 計 画 起 草 委 員 会 配 付 資 料 一 覧 平 成 21 年 10 月 11 日 資 料 名 備 考 第 1 回 1 小 金 井 市 長 期 計 画 起 草 委 員 会 設 置 要 綱 (9 月 12 日 ) 2 素 案 の 骨 格 を 考 える 上 での 各 項 目 の 要 約 (キーワード) 三 橋 委 員 第 4 次 小 金 井 市 基 本 構 想 ( 素 案 ) 前 半 についての

More information

【3-6-11】シート

【3-6-11】シート 自 主 防 犯 意 識 の 醸 成 促 進 事 業 生 活 安 全 課 防 犯 対 策 推 進 室 問 合 せ 先 ( 電 話 番 号 ) 2333 計 画 番 号 95 警 察 市 町 村 と 連 携 を 図 り 特 定 の 罪 種 あるいは 特 定 の 被 害 者 層 に 的 を 絞 った 実 効 性 のある 効 果 的 な 広 報 啓 発 活 動 を 協 力 に 実 施 する また 高 齢 者

More information

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 地 震 津 波 対 策 編 第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 2014 年 3 月 31 日 の 74 年 間 のうち 稚 内 市 で

More information

昭 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 平 成 25 年 修 正 ) 昭 島 市 防 災 会 議 凡 例 本 計 画 で 使 用 する 用 語 等 は 次 によるものとする (1) 市 昭 島 市 (2) 市 防 災 会 議 昭 島 市 防 災 会 議 (3) 市 本 部 昭 島 市 災 害 対 策 本 部 (4) 本 部 長 又 は 市 長 昭 島 市 災 害 対 策 本 部 長 又 は 昭 島

More information

避難所についての内閣府等のこれまでの対応

避難所についての内閣府等のこれまでの対応 ( 資 料 5 関 連 : 参 考 資 料 ) 避 難 所 の 確 保 と 質 の 向 上 に 関 する 検 討 会 について 平 成 27 年 7 月 22 日 内 閣 府 ( 防 災 担 当 ) 1. 取 組 指 針 での トイレ に 関 する 主 な 規 定 P9 第 1-2-(2) 福 祉 避 難 所 の 整 備 福 祉 避 難 所 とは 要 配 慮 者 のために 特 別 の 配 慮 がなされた

More information

第1章(総則)第1節~第5節       01~07

第1章(総則)第1節~第5節       01~07 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 大 阪 府 石 油 コンビナート 等 防 災 計 画 ( 以 下 防 災 計 画 という )は 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 ( 昭 和 50 年 法 律 第 84 号 以 下 石 災 法 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき 特 別 防 災 区 域 に 指 定 された 大 阪 北 港 地 区 堺 泉 北 臨 海 地 区 関 西

More information

海士町地域防災計画改正の概要

海士町地域防災計画改正の概要 海 士 町 地 域 防 災 計 画 改 正 の 概 要 海 士 町 目 次 Ⅰ 海 士 町 地 域 防 災 計 画 に 係 る 改 正 概 要 について----------------1 Ⅱ 修 正 ポイントの 概 要 --------------------------------------2 Ⅲ 修 正 ポイントに 基 づいた 主 な 修 正 追 加 項 目 について--------5 修 正

More information

伊勢市地域防災計画

伊勢市地域防災計画 伊 勢 市 地 震 防 災 強 化 計 画 平 成 28 年 3 月 伊 勢 市 防 災 会 議 目 次 第 1 節 総 則...1 第 2 節 地 震 災 害 警 戒 本 部 の 設 置 等...6 第 3 節 情 報 伝 達 計 画...8 第 4 節 広 報 計 画...9 第 5 節 自 主 防 災 活 動... 11 第 6 節 避 難 対 策 計 画... 13 第 7 節 緊 急 輸

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 19 年 4 月 昭 島 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想 定

More information

ミニ統計平成27年(HP用 訂正版)

ミニ統計平成27年(HP用 訂正版) 平 成 2 7 年 宮 崎 県 の 交 通 事 故 平 成 28 年 宮 崎 県 交 通 安 全 スローガン 高 齢 者 事 故 抑 止 部 門 ま だ 行 け る! 若 い つ も り は 事 故 の も と 脇 見 安 全 不 確 認 等 の 漫 然 運 転 追 放 部 門 一 瞬 の 脇 見 や 油 断 が 事 故 の も と 飲 酒 運 転 根 絶 部 門 あ ぶ ね え が! 飲 ん で

More information

資 料 編

資   料   編 第 1.1 深 谷 市 防 災 会 議 条 例 ( 平 成 18 年 1 月 1 日 条 例 第 23 号 ) 深 谷 市 防 災 会 議 条 例 平 成 18 年 1 月 1 日 条 例 第 23 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 条 例 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 16 条 第 6 項 の 規 定 に 基 づき 深 谷 市 防 災 会

More information

<5461726F2D8341834E83568387839383768389839381698CF6955C94C5816A>

<5461726F2D8341834E83568387839383768389839381698CF6955C94C5816A> 犯 罪 防 御 京 都 ア ク シ ョ ン プ ラ ン ~ アンダー3 万 件 新 予 防 システム ~ 担 当 部 課 府 民 生 活 部 安 心 安 全 まちづくり 推 進 課 警 察 本 部 現 状 と 課 題 刑 法 犯 の 認 知 件 数 は 地 域 防 犯 活 動 の 活 性 化 と 警 察 力 の 強 化 により 平 成 14 年 (65,082 件 )をピークとして 減 少 傾 向

More information

署協議会議事録

署協議会議事録 平 成 28 年 第 1 回 仙 台 南 警 察 署 協 議 会 議 事 録 日 時 : 平 成 28 年 2 月 16 日 ( 火 ) 13:30~15:00 場 所 : 仙 台 南 警 察 署 3 階 大 会 議 室 1 会 長 挨 拶 本 協 議 会 は 年 間 4 回 開 催 される 予 定 で その 都 度 治 安 情 勢 や 懸 案 事 項 等 につい て 審 議 し 地 域 の 安 心

More information

Microsoft Word - 140509概要版.doc

Microsoft Word - 140509概要版.doc 概 要 版 藤 沢 市 2014 年 ( 平 成 26 年 )9 月 環 境 に 負 荷 を 与 えない 自 転 車 は 近 年 新 たな 交 通 手 段 として 見 直 されてきています その 一 方 で 交 通 事 故 全 体 の 件 数 が 減 少 傾 向 にある 中 自 転 車 関 連 の 交 通 事 故 は 横 ばいで 推 移 しており その 要 因 として 歩 道 上 にお ける 自 転

More information

<5461726F2D4832358EE597768E7B8DF490AC89CA92B28F9181698DC58F49>

<5461726F2D4832358EE597768E7B8DF490AC89CA92B28F9181698DC58F49> 平 成 25 年 度 主 要 施 策 の 成 果 に 関 する 調 書 警 察 本 部 目 次 3 安 心 安 全 な 社 会 の 形 成 と 県 土 づくり 1 (1) 日 本 一 安 心 安 全 な 鹿 児 島 づくり 1 (2) 災 害 に 強 い 県 土 づくり 7 6 誰 もがいきいきと 活 躍 できる 雇 用 環 境 づくり 8 (1) ふるさとでいきいきと 働 ける 環 境 づくり 8

More information

により 速 やかに 情 報 提 供 を 行 い 自 主 防 犯 意 識 の 高 揚 と 犯 罪 の 予 防 に 努 める 防 犯 協 会 のホームページの 改 修 (よりタイムリーな 情 報 提 供 と 防 犯 信 州 購 読 拡 大 も) (3) 防 犯 ポスターコンクールの 実 施 と 防 犯

により 速 やかに 情 報 提 供 を 行 い 自 主 防 犯 意 識 の 高 揚 と 犯 罪 の 予 防 に 努 める 防 犯 協 会 のホームページの 改 修 (よりタイムリーな 情 報 提 供 と 防 犯 信 州 購 読 拡 大 も) (3) 防 犯 ポスターコンクールの 実 施 と 防 犯 平 成 2 8 年 度 事 業 計 画 長 野 県 における 平 成 27 年 中 の 刑 法 犯 認 知 件 数 は 1 万 1, 503 件 で 前 年 と 比 べて 12.9 % 減 少 し 戦 後 最 少 となり 刑 法 犯 の 認 知 件 数 が 戦 後 最 多 を 記 録 した 平 成 13 年 の 34, 764 件 の 3 分 の 1 以 下 で 平 成 14 年 から 14 年 連

More information

目 次 重 点 目 頁 1 府 民 の 期 待 と 信 頼 に 応 える 警 察 の 確 立 1 2 街 頭 犯 罪 抑 止 総 合 対 策 の 推 進 2 3 府 民 の 生 命 身 体 を 脅 かす 犯 罪 対 策 の 推 進 3 4 組 織 犯 罪 対 策 の 推 進 4 5 少 年 の 健

目 次 重 点 目 頁 1 府 民 の 期 待 と 信 頼 に 応 える 警 察 の 確 立 1 2 街 頭 犯 罪 抑 止 総 合 対 策 の 推 進 2 3 府 民 の 生 命 身 体 を 脅 かす 犯 罪 対 策 の 推 進 3 4 組 織 犯 罪 対 策 の 推 進 4 5 少 年 の 健 報 告 書 大 阪 府 警 察 本 部 目 次 重 点 目 頁 1 府 民 の 期 待 と 信 頼 に 応 える 警 察 の 確 立 1 2 街 頭 犯 罪 抑 止 総 合 対 策 の 推 進 2 3 府 民 の 生 命 身 体 を 脅 かす 犯 罪 対 策 の 推 進 3 4 組 織 犯 罪 対 策 の 推 進 4 5 少 年 の 健 全 育 成 を 図 る 諸 対 策 の 推 進 5 6 地 域

More information

三浦市地域防災計画

三浦市地域防災計画 三 浦 市 地 域 防 災 計 画 ( 風 水 害 等 災 害 対 策 計 画 編 ) 新 旧 対 照 表 平 成 25 年 度 平 成 25 年 度 修 正 三 浦 市 防 災 会 議 三 浦 市 地 域 防 災 計 画 風 水 害 等 災 害 対 策 計 画 編 目 次 第 1 編 風 水 害 等 災 害 対 策 の 計 画 的 推 進 1 第 1 章 計 画 の 目 的 及 び 性 格 1 第

More information

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業 第 4 部 災 害 種 別 対 策 計 画 第 1 章 海 上 災 害 対 策 第 1 節 周 辺 海 域 の 状 況 及 び 海 上 災 害 の 態 様 1 本 市 周 辺 海 域 の 状 況 本 市 の 海 岸 及 び 周 辺 海 域 は 本 市 港 湾 区 域 を 含 む 東 京 湾 側 と 5 つの 漁 港 区 域 を 含 む 相 模 湾 側 に 分 かれる 東 京 湾 側 は その 正 面

More information

自 転 車 盗 難 被 害 の 防 止 街 頭 犯 罪 の6 割 程 度 を 占 める 自 転 車 盗 は 駅 付 近 や 遊 技 施 設 大 型 スーパー 周 辺 で 多 く 被 害 が 発 生 しています 盗 難 被 害 を 未 然 に 防 止 するため 自 転 車 の 盗 難 防 止 対 策

自 転 車 盗 難 被 害 の 防 止 街 頭 犯 罪 の6 割 程 度 を 占 める 自 転 車 盗 は 駅 付 近 や 遊 技 施 設 大 型 スーパー 周 辺 で 多 く 被 害 が 発 生 しています 盗 難 被 害 を 未 然 に 防 止 するため 自 転 車 の 盗 難 防 止 対 策 第 2 次 朝 霞 市 防 犯 推 進 計 画 ( 案 )のコンセプト 本 市 では 平 成 18 年 5 月 に 朝 霞 市 防 犯 推 進 計 画 ( 現 計 画 )を 策 定 し 市 市 民 事 業 者 土 地 建 物 所 有 者 等 及 びその 他 関 係 団 体 が 一 体 となり さまざまな 防 犯 施 策 を 実 施 してきました また 朝 霞 警 察 署 においても この 間 犯 罪

More information

1 会 長 挨 拶 会 長 から 今 回 の 諮 問 事 項 は 自 転 車 利 用 者 のマナーアップ 方 策 についてで ある 交 通 事 故 抑 止 のため 活 発 な 意 見 をお 願 いする 旨 の 挨 拶 があった 2 署 長 挨 拶 3 管 内 の 治 安 情 勢 ( 署 長 説 明

1 会 長 挨 拶 会 長 から 今 回 の 諮 問 事 項 は 自 転 車 利 用 者 のマナーアップ 方 策 についてで ある 交 通 事 故 抑 止 のため 活 発 な 意 見 をお 願 いする 旨 の 挨 拶 があった 2 署 長 挨 拶 3 管 内 の 治 安 情 勢 ( 署 長 説 明 議 事 録 会 議 名 平 成 28 年 第 2 回 知 多 警 察 署 協 議 会 ( 定 例 会 ) 日 時 場 所 平 成 28 年 4 月 27 日 ( 水 ) 午 後 3 時 30 分 から 午 後 5 時 10 分 までの 間 知 多 警 察 署 講 堂 1 委 員 出 席 者 2 警 察 署 員 宍 戸 由 明 会 長 竹 内 由 香 理 副 会 長 岡 戸 千 尋 委 員 篠 原 早

More information

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会 宮 城 県 の 任 用, 給 与, 勤 務 条 件 等 の 人 事 行 政 運 営 の 全 般 を 明 らかにし, 人 事 行 政 における 公 正 性 及 び 透 明 性 を 確 保 するため, 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 宮 城 県 条 例 第 20 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき, 宮 城 県 の 平 成 26

More information

目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件

目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件 熊 谷 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 8 月 熊 谷 市 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件 6 第 3

More information

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 本 計 画 の 目 的 及 び 構 成 1 第 2 章 実 施 方 針 2 第 2 編 地 震 災 害 対 策 3 第 1 章 国 家 公 安 委 員 会 及 び 警 察 庁 がとるべき 措 置 3 第 1 節 災 害 に 備 えての 措 置 3 第 1

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 本 計 画 の 目 的 及 び 構 成 1 第 2 章 実 施 方 針 2 第 2 編 地 震 災 害 対 策 3 第 1 章 国 家 公 安 委 員 会 及 び 警 察 庁 がとるべき 措 置 3 第 1 節 災 害 に 備 えての 措 置 3 第 1 国 家 公 安 委 員 会 警 察 庁 防 災 業 務 計 画 平 成 26 年 3 月 作 成 修 正 昭 和 3 8 年 6 月 昭 和 4 2 年 8 月 昭 和 4 5 年 3 月 昭 和 5 2 年 9 月 昭 和 5 5 年 2 月 平 成 7 年 9 月 平 成 9 年 1 1 月 平 成 1 2 年 7 月 平 成 1 5 年 2 月 平 成 1 6 年 3 月 平 成 1 9 年

More information

川 越 市 防 犯 の ま ち づ く り 基 本 方 針 平 成 16 年 3 月 平 成 26 年 4 月 改 定 川 越 市 は じ め に 改 定 にあたって 川 越 市 が 行 政 の 立 場 で 取 り 組 むべき 防 犯 対 策 の 基 本 方 針 をまとめた 川 越 市 防 犯 のま ちづくり 基 本 方 針 が 策 定 され 早 いもので10 年 が 経 過 しました この 間

More information

04 資料目次

04 資料目次 参 考 資 料 1 調 査 に 当 たった 委 員 48 2 活 動 経 過 49 3 包 括 罪 種 別 の 刑 法 犯 認 知 件 数 の 推 移 50 4 茨 城 県 安 全 なまちづくり 条 例 に 基 づく 広 報 啓 発 等 について 51 5 電 子 マニフェストを 利 用 した 解 体 自 動 車 等 の 不 適 正 輸 出 対 策 54 6 市 町 村 における 児 童 虐 待 の

More information

団 体 と 連 携 して 十 分 な 検 討 を 行 うとともに 情 報 共 有 を 図 ること (2) 再 点 検 及 び 再 構 築 に 係 る 実 施 事 項 ア 検 討 すべき 事 項 災 害 に 係 る 危 機 管 理 体 制 の 再 点 検 及 び 再 構 築 に 当 たっては 別 添

団 体 と 連 携 して 十 分 な 検 討 を 行 うとともに 情 報 共 有 を 図 ること (2) 再 点 検 及 び 再 構 築 に 係 る 実 施 事 項 ア 検 討 すべき 事 項 災 害 に 係 る 危 機 管 理 体 制 の 再 点 検 及 び 再 構 築 に 当 たっては 別 添 原 議 保 存 期 間 10 年 ( 平 成 34 年 3 月 31 日 まで) 各 附 属 機 関 の 長 警 察 庁 乙 備 発 第 10 号 乙 官 発 第 16 号 各 地 方 機 関 の 長 殿 乙 生 発 第 9 号 乙 刑 発 第 9 号 各 都 道 府 県 警 察 の 長 乙 交 発 第 9 号 乙 情 発 第 9 号 ( 参 考 送 付 先 ) 平 成 23 年 11 月 30 日

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63> 伊 予 市 暴 力 団 排 除 条 例 質 疑 応 答 集 平 成 23 年 10 月 伊 予 市 総 務 部 総 務 課 目 次 総 論 問 1 本 条 例 の 概 要 は 1 問 2 本 条 例 を 制 定 する 目 的 は 1 問 3 本 条 例 の 特 徴 は 2 問 4 全 国 における 暴 力 団 情 勢 は 2 問 5 愛 媛 県 における 暴 力 団 情 勢 は 3 問 6 伊 予

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074> 東 海 地 震 対 策 について 東 海 地 震 の 切 迫 性 について 九 州 四 国 紀 伊 半 島 南 海 トラフ 東 海 地 震 東 海 地 震 の 想 定 震 源 域 では 概 ね100~150 年 の 間 隔 で 大 規 模 な 地 震 が 発 生 しているが 東 南 海 地 震 (1944)でひず みが 解 放 されず 安 政 東 海 地 震 (1854)から157 年 間 大 地

More information

年間行事

年間行事 第 1 章 自 主 防 災 組 織 とは 1. 自 主 防 災 組 織 の 必 要 性 東 海 地 震 を 含 む 南 海 トラフの 巨 大 地 震 等 から 自 分 や 家 族 の 命 を 守 るためには さまざまな 被 害 の 発 生 に 備 え 普 段 から 十 分 な 対 策 を 講 じておかなくてはなりません しかし ひとた び 大 地 震 が 発 生 すると 災 害 の 拡 大 を 防

More information

( 省 庁 名 : 人 事 院 ) 1. 国 家 公 務 員 安 全 週 間 各 府 省 各 機 関 が 災 害 の 根 絶 を 期 するために 安 全 管 理 に 関 する 施 策 の 充 実 安 全 意 識 の 高 揚 及 び 安 全 活 動 の 定 着 を 図 り 職 員 の 安 全 を 確

( 省 庁 名 : 人 事 院 ) 1. 国 家 公 務 員 安 全 週 間 各 府 省 各 機 関 が 災 害 の 根 絶 を 期 するために 安 全 管 理 に 関 する 施 策 の 充 実 安 全 意 識 の 高 揚 及 び 安 全 活 動 の 定 着 を 図 り 職 員 の 安 全 を 確 参 考 資 料 各 省 庁 における 平 成 27 年 度 安 全 行 政 施 策 の 概 要 目 次 人 事 院 1 内 閣 府 2 警 察 庁 3 消 費 者 庁 6 消 防 庁 7 外 務 省 10 文 部 科 学 省 11 厚 生 労 働 省 13 農 林 水 産 省 14 林 野 庁 15 水 産 庁 16 経 済 産 業 省 17 国 土 交 通 省 20 環 境 省 25 ( 省 庁

More information

目 次 防 犯 活 動 行 動 計 画 (アクションプラン) 策 定 にあたって 2 基 本 方 針 重 点 目 標 3 重 点 目 標 の 事 業 展 開 4 施 策 体 系 目 標 年 次 5 6 情 報 連 携 のあり 方 7 Ⅰ 犯 罪 を 予 防 する 意 識 の 高 揚 9 Ⅱ 犯 罪

目 次 防 犯 活 動 行 動 計 画 (アクションプラン) 策 定 にあたって 2 基 本 方 針 重 点 目 標 3 重 点 目 標 の 事 業 展 開 4 施 策 体 系 目 標 年 次 5 6 情 報 連 携 のあり 方 7 Ⅰ 犯 罪 を 予 防 する 意 識 の 高 揚 9 Ⅱ 犯 罪 第 3 次 みよし 市 防 犯 活 動 行 動 計 画 ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) 地 域 力 を 高 めて 安 全 で 安 心 して 暮 らせるまち みよし 市 目 次 防 犯 活 動 行 動 計 画 (アクションプラン) 策 定 にあたって 2 基 本 方 針 重 点 目 標 3 重 点 目 標 の 事 業 展 開 4 施 策 体 系 目 標 年 次 5 6 情 報

More information

2 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 1. 概 況 総 務 省 の 人 口 推 計 並 びに 厚 生 労 働 省 の 人 口 動 態 統 計 によると 2007 年 以 降 人 口 減 少 社 会 となっていますが その 中 でも 65 歳 から 74 歳 までの 前 期 高 齢 者 の 比 率 と 75 歳 以 上 の 後 期 高 齢 者 の 絶 対 数 がまもなく 入 れ 替 わる 更 なる

More information

1 署 長 挨 拶 署 長 から 春 の 異 動 で 出 席 幹 部 が4 人 入 れ 替 わりました 先 日 の 熊 本 地 震 の 応 援 に 愛 知 県 警 察 からも 広 域 緊 急 援 助 隊 が 派 遣 されました 本 日 は 大 規 模 災 害 対 策 として 皆 さんの 忌 憚 のな

1 署 長 挨 拶 署 長 から 春 の 異 動 で 出 席 幹 部 が4 人 入 れ 替 わりました 先 日 の 熊 本 地 震 の 応 援 に 愛 知 県 警 察 からも 広 域 緊 急 援 助 隊 が 派 遣 されました 本 日 は 大 規 模 災 害 対 策 として 皆 さんの 忌 憚 のな 議 事 録 会 議 名 平 成 28 年 第 2 回 一 宮 警 察 署 協 議 会 ( 定 例 会 ) 日 時 場 所 平 成 28 年 4 月 26 日 ( 火 ) 午 後 2 時 00 分 から 午 後 4 時 00 分 までの 間 一 宮 警 察 署 講 堂 1 委 員 高 間 正 道 会 長 杉 本 昇 副 会 長 岩 田 武 志 委 員 小 川 典 子 委 員 大 塚 良 雄 委 員 川

More information

震災予防計画

震災予防計画 第 5 編 第 1 節 概 要 第 5 編 広 域 応 援 編 第 1 節 概 要 1 都 6 県 と 県 境 を 接 する 本 県 は 関 東 の 中 央 に 位 置 し さいたま 新 都 心 には 国 の 行 政 機 関 等 が 集 積 してい5つの 高 速 道 路 と 主 要 国 道 が 縦 横 に 設 けられ 東 北 や 上 信 越 から 首 都 への 玄 関 口 でもあ 首 都 圏 同 時

More information

第2章                        

第2章                         基 本 目 標 4 子 どもと 子 育 て 家 庭 にやさしいまちづくりのために ( 1)ユニバーサルデザイン(みんなのためのデザイン)の 推 進 (2) 生 活 環 境 の 整 備 (3) 交 通 安 全 の 推 進 (4) 犯 罪 防 止 の 推 進 135 (1) ユニバーサルデザイン(み んなのためのデザイン)の 推 進 1 ユニバーサルデザインの 充 実 2 赤 ちゃんの 駅 の 推 進

More information

各省庁における平成28年度安全行政施策の概要

各省庁における平成28年度安全行政施策の概要 参 考 資 料 各 省 庁 における 平 成 28 年 度 安 全 行 政 施 策 の 概 要 目 次 人 事 院 1 内 閣 府 2 警 察 庁 3 消 費 者 庁 6 消 防 庁 7 外 務 省 10 文 部 科 学 省 11 厚 生 労 働 省 13 農 林 水 産 省 14 林 野 庁 15 水 産 庁 16 経 済 産 業 省 17 国 土 交 通 省 20 環 境 省 25 ( 省 庁

More information

甲府市中央卸売市場清掃業務委託

甲府市中央卸売市場清掃業務委託 市 立 甲 府 病 院 警 備 等 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 1. 目 的 本 業 務 は 市 立 甲 府 病 院 の 建 物 内 及 び 敷 地 内 の 秩 序 維 持 火 災 等 の 事 故 防 止 に 努 め 施 設 財 産 と 利 用 者 等 の 安 全 と 快 適 な 医 療 環 境 を 確 保 することを 目 的 とする 2. 業 務 名 市 立 甲 府 病 院 警 備 等

More information

<31967B95D25F3031918D91A52E786477>

<31967B95D25F3031918D91A52E786477> 第 1 編 総 則 第 1 章 計 画 の 方 針 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 周 南 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であって 周 南 市 の 地 域 における 災 害 予 防 災 害 応 急 対 策 及 び 復 旧 復 興 に 関 し 市 県 指 定 地 方 行 政 機 関 指 定 公 共 機 関 指 定

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63> 釜 石 市 復 興 推 進 計 画 平 成 25 年 3 月 12 日 平 成 28 年 3 月 4 日 変 更 岩 手 県 釜 石 市 1 計 画 の 区 域 岩 手 県 釜 石 市 2 計 画 の 目 標 東 日 本 大 震 災 により 沿 岸 部 の 全 域 にわたり 壊 滅 的 な 被 害 を 受 け 店 舗 事 業 所 住 宅 などが 津 波 により 流 出 した また 震 災 の 被 害

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 10 月 大 分 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 想 定 する 事 態 2 第 2 編 平

More information

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター 指 定 管 理 業 務 業 務 仕 様 書 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター( 以 下 センター という )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 範 囲 等 は この 仕 様 書 による 1 施 設 の 設 置 目 的 運 営 方 針 (1) 設 置 目 的 映 像 音 楽 デザイン コンピュータゲーム 等 の 分 野

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088CF88F589EF8E9197BF81698DD693A194C58F4390B38252816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088CF88F589EF8E9197BF81698DD693A194C58F4390B38252816A2E646F63> 高 速 道 路 上 での 活 動 における 安 全 管 理 検 討 委 員 会 を 踏 まえての 対 応 について 1 交 通 事 故 発 生 状 況 (1) 発 生 日 時 平 成 24 年 1 月 21 日 ( 土 )22 時 40 分 頃 (2) 発 生 場 所 神 戸 市 垂 水 区 本 多 聞 7 丁 目 25 番 第 2 神 明 道 路 上 り 車 線 大 蔵 谷 - 高 丸 間 7.6

More information

岡山県公安委員会事務決裁規程

岡山県公安委員会事務決裁規程 岡 山 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 規 程 ( 平 成 11 年 3 月 23 日 公 安 委 員 会 規 程 第 1 号 ) 改 正 平 成 12 年 11 月 24 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 13 年 10 月 4 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 14 年 3 月 29 日 公 安 委 員 会 規 程 第 5 号 平 成 15 年 10

More information

1 応 急 活 動 体 制 の 基 本 事 項 (1) 応 急 活 動 の 基 本 1 応 急 活 動 の 種 類 災 害 応 急 対 策 は 次 の5 種 の 活 動 からなる ア 人 命 救 助 活 動 イ 消 火 活 動 ウ 情 報 活 動 エ 救 急 医 療 活 動 オ 避 難 活 動 2

1 応 急 活 動 体 制 の 基 本 事 項 (1) 応 急 活 動 の 基 本 1 応 急 活 動 の 種 類 災 害 応 急 対 策 は 次 の5 種 の 活 動 からなる ア 人 命 救 助 活 動 イ 消 火 活 動 ウ 情 報 活 動 エ 救 急 医 療 活 動 オ 避 難 活 動 2 活 動 体 制 を 速 やかに 確 立 するために 第 1 節 災 害 対 策 本 部 の 組 織 運 営 計 画 の 方 針 大 規 模 な 地 震 が 発 生 したときは 速 やかに 市 災 害 対 策 本 部 を 設 置 し 全 市 を 挙 げて 災 害 対 策 活 動 に 従 事 する 必 要 がある 従 って 適 切 な 災 害 応 急 活 動 を 実 施 するに 当 たり 役 割 分 担

More information

人 口 10 万 人 あたりの 交 通 事 故 死 傷 者 数 を 比 較 すると 甲 賀 市 の 負 傷 者 数 は 全 国 滋 賀 県 と 比 べて 少 ない 傾 向 にありますが 死 者 数 は 多 い 傾 向 にあります 消 防 統 計 により 人 口 10 万 人 あたりの 救 急 出 動

人 口 10 万 人 あたりの 交 通 事 故 死 傷 者 数 を 比 較 すると 甲 賀 市 の 負 傷 者 数 は 全 国 滋 賀 県 と 比 べて 少 ない 傾 向 にありますが 死 者 数 は 多 い 傾 向 にあります 消 防 統 計 により 人 口 10 万 人 あたりの 救 急 出 動 3. 事 故 けが 等 の 実 態 と 特 徴 交 通 事 故 の 実 態 と 特 徴 < 発 生 件 数 の 推 移 > 交 通 事 故 の 推 移 をみると 発 生 件 数 と 負 傷 者 数 は 連 動 しており 2008 年 にいったん 減 少 しましたが その 後 再 び 増 加 し 2010 年 から 2012 年 にかけては 減 少 傾 向 にあります 人 口 10 万 人 あたりの

More information

Microsoft Word - ★保険部会まとめ(案) 

Microsoft Word - ★保険部会まとめ(案)  平 成 26 年 10 月 自 転 車 保 険 の 加 入 促 進 方 策 ( 案 ) 自 転 車 保 険 専 門 部 会 目 次 1 はじめに 1 2 自 転 車 事 故 の 現 状 と 問 題 点 2 3 自 転 車 保 険 加 入 の 必 要 性 4 4 自 転 車 保 険 の 加 入 促 進 方 策 6 5 おわりに 10 自 転 車 保 険 専 門 部 会 員 名 簿 自 転 車 保 険

More information

福井の交通

福井の交通 福 井 の 交 通 ( 平 成 18 年 中 の 実 態 ) 福 井 市 交 通 安 全 課 ~ は じ め に ~ 平 成 18 年 中 の 福 井 市 の 交 通 事 故 は 人 身 事 故 1,991 件 ( -104 件 ) 死 者 数 12 人 ( -4 人 ) 傷 者 数 2,397 人 ( -130 人 ) ( 高 速 道 路 での 事 故 は 除 く) といずれも 前 年 に 比 べて

More information

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 (1012) 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 4 月 京 葉 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第

More information

滋賀県いじめ防止基本方針 構成案

滋賀県いじめ防止基本方針 構成案 滋 賀 県 立 大 津 商 業 高 等 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 はじめに いじめは いじめを 受 けた 生 徒 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し その 心 身 の 健 全 な 成 長 および 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響 を 与 えるのみならず 広 く 子 どもの 人 権 を 侵 害 す る 行 為 であるとともに その 生 命 または 身 体

More information

<92C3946794F093EF8C7689E681698A6D92E894C5816A>

<92C3946794F093EF8C7689E681698A6D92E894C5816A> 浦 河 町 津 波 避 難 計 画 平 成 26 年 2 月 第 1 章 総 則 1 目 的 この 計 画 は 津 波 が 発 生 した 場 合 または 発 生 する 恐 れがある 場 合 の 津 波 災 害 に 対 し 住 民 の 命 を 守 る ことを 最 優 先 した ソフト 面 の 対 策 を 充 実 させるため 地 震 津 波 発 生 直 後 か ら 津 波 が 終 息 するまでの 概 ね

More information

第1 防 災 計 画

第1 防 災 計 画 第 5 章 消 防 計 画 消 防 計 画 は 下 記 のとおり 定 める 1. 消 防 組 織 及 び 編 成 (1) 有 明 広 域 行 政 事 務 組 合 の 組 織 理 事 会 議 会 消 防 本 部 事 務 局 会 計 管 理 者 監 査 委 員 玉 名 消 防 署 荒 尾 消 防 署 第 一 衛 生 セ ン タ ー 第 二 衛 生 セ ン タ ー 第 一 清 掃 セ ン タ ー 第 二

More information

目 次 第 1 章 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 P1 1 計 画 策 定 の 経 緯 P1 2 計 画 の 目 的 P2 3 防 犯 まちづくりの 範 囲 P2 4 計 画 期 間 P2 5 基 本 理 念 P2 第 2 章 防 犯 に 対 する 取 り 組 みの 課 題 P3 第 3

目 次 第 1 章 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 P1 1 計 画 策 定 の 経 緯 P1 2 計 画 の 目 的 P2 3 防 犯 まちづくりの 範 囲 P2 4 計 画 期 間 P2 5 基 本 理 念 P2 第 2 章 防 犯 に 対 する 取 り 組 みの 課 題 P3 第 3 第 2 次 久 留 米 市 防 犯 まちづくり 推 進 計 画 久 留 米 市 目 次 第 1 章 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 P1 1 計 画 策 定 の 経 緯 P1 2 計 画 の 目 的 P2 3 防 犯 まちづくりの 範 囲 P2 4 計 画 期 間 P2 5 基 本 理 念 P2 第 2 章 防 犯 に 対 する 取 り 組 みの 課 題 P3 第 3 章 防 犯 まちづくり

More information

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残 交 通 事 故 防 止 ガ イ ド ラ イ ン 平 成 1 8 年 度 は じ め に 大 磯 町 教 育 委 員 会 ( 平 成 1 8 年 1 0 月 3 1 日 改 正 ) 神 奈 川 県 全 国 の 教 職 員 の 交 通 事 故 が 多 発 し て い ま す 文 部 科 学 省 の 2 0 0 2 年 度 調 査 に よ る と, 交 通 事 故 に 関 わ る 懲 戒 処 分 を 受

More information

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 *

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 * 市 街 化 調 整 区 域 における 計 画 開 発 ( 地 区 計 画 )の 取 扱 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 別 表 に 掲 げるものに 限 る 以 下 対 象 開 発 行 為 という )が 見 込 まれる 地 区 計 画 の 決 定 又 は 変 更 ( 以 下 決 定 等 という )については 土

More information

予 防 対 策 1 章 自 助 共 助 を 育 む 対 策 の 推 進 1 章 自 助 共 助 を 育 む 対 策 の 推 進 1 節 市 民 や 地 域 離 島 の 防 災 対 策 の 促 進 1 項 防 災 重 点 目 標 現 在 の 状 態 家 庭 での 食 料 や 飲 料 水 の 備 蓄 家

予 防 対 策 1 章 自 助 共 助 を 育 む 対 策 の 推 進 1 章 自 助 共 助 を 育 む 対 策 の 推 進 1 節 市 民 や 地 域 離 島 の 防 災 対 策 の 促 進 1 項 防 災 重 点 目 標 現 在 の 状 態 家 庭 での 食 料 や 飲 料 水 の 備 蓄 家 予 防 対 策 予 防 対 策 1 章 自 助 共 助 を 育 む 対 策 の 推 進 1 章 自 助 共 助 を 育 む 対 策 の 推 進 1 節 市 民 や 地 域 離 島 の 防 災 対 策 の 促 進 1 項 防 災 重 点 目 標 現 在 の 状 態 家 庭 での 食 料 や 飲 料 水 の 備 蓄 家 屋 の 耐 震 化 や 家 具 固 定 発 災 時 の 家 族 間 の 連 絡 方

More information

天理駅前自転車等駐車場管理業務委託仕様書

天理駅前自転車等駐車場管理業務委託仕様書 天 理 市 自 転 車 等 駐 車 場 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 平 成 28 年 9 月 天 理 市 自 転 車 等 駐 車 場 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 趣 旨 天 理 市 自 転 車 等 駐 車 場 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 及 び 内 容 等 については この 仕 様 書 による 1 自 転 車 等 駐 車 場 の 管 理 に 関 する

More information

(2) 公 安 委 員 会 へ 報 告 等 警 察 本 部 等 は こ 計 画 実 施 状 況 について 時 機 を 逸 することなく 大 分 県 公 安 委 員 会 に 報 告 し 所 要 指 導 等 を 受 けるとともに 同 委 員 会 を 的 確 に 補 佐 するもとす る 3 被 害 想 定

(2) 公 安 委 員 会 へ 報 告 等 警 察 本 部 等 は こ 計 画 実 施 状 況 について 時 機 を 逸 することなく 大 分 県 公 安 委 員 会 に 報 告 し 所 要 指 導 等 を 受 けるとともに 同 委 員 会 を 的 確 に 補 佐 するもとす る 3 被 害 想 定 大 分 県 警 察 継 続 計 画 策 定 について 平 成 2 4 年 1 1 月 1 日 大 通 達 甲 ( 備 ) 第 10 号 大 通 達 甲 ( 警 ) 第 16 号 大 通 達 甲 ( 生 ) 第 13 号 大 通 達 甲 ( 刑 ) 第 15 号 大 通 達 甲 ( 交 ) 第 9 号 大 分 県 警 察 本 部 長 から 本 部 各 課 所 隊 室 長 警 察 学 校 長 各 警 察

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 21 年 5 月 苫 小 牧 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

愛知県公安委員会活動概要

愛知県公安委員会活動概要 定 例 公 安 委 員 会 日 時 : 平 成 20 年 1 月 11 日 9 時 00 分 ~12 時 35 分 出 席 委 員 : 髙 山 委 員 長 大 森 委 員 豊 田 委 員 楠 田 委 員 小 笠 原 委 員 1 全 体 審 議 ( 公 安 委 員 会 会 議 室 ) 案 件 件 名 担 当 部 出 席 者 2 月 の 行 事 予 定 警 務 部 本 部 長 年 末 における 特 別

More information

(3) 犯 罪 弱 者 の 安 全 対 策 青 少 年 の 犯 罪 被 害 防 止 と 健 全 育 成 活 動 の 薬 物 などの 犯 罪 や 誘 惑 の 無 い 青 少 年 が 健 やかに 育 つことができる 環 境 づくりを するため 関 係 機 関 等 と 連 携 した 青 少 年 の 育 成

(3) 犯 罪 弱 者 の 安 全 対 策 青 少 年 の 犯 罪 被 害 防 止 と 健 全 育 成 活 動 の 薬 物 などの 犯 罪 や 誘 惑 の 無 い 青 少 年 が 健 やかに 育 つことができる 環 境 づくりを するため 関 係 機 関 等 と 連 携 した 青 少 年 の 育 成 小 金 井 市 防 犯 指 針 に 基 づく 等 について 主 要 な 施 策 1 日 常 生 活 における 安 全 安 心 の 確 保 日 常 生 活 における 体 感 治 安 の 低 下 を 防 ぐために (1) 地 域 防 犯 力 の 向 上 CoCoパトロール 隊 による 地 域 パトロール 青 色 回 転 灯 を 装 備 した 庁 用 車 16 台 から 成 るCoCoパトロール 隊 で

More information

Microsoft Word - HP掲載用_表紙・目次.docx

Microsoft Word - HP掲載用_表紙・目次.docx 宇 和 島 市 地 域 防 災 計 画 第 2 編 風 水 害 等 対 策 編 平 成 26 年 度 修 正 宇 和 島 市 防 災 会 議 宇 和 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 第 2 編 風 水 害 等 対 策 編 ) 目 次 第 1 章 災 害 予 防 計 画... 1 第 1 節 気 象 予 警 報 等 の 伝 達 1 第 1 主 旨... 1 第 2 警 報 等 の 定 義...

More information

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A>

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A> 戸 田 市 地 域 防 災 計 画 ( 素 案 ) 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 戸 田 市 防 災 会 議 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2

More information

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd 6 章 広 域 的 な 視 点 からの 応 急 対 応 力 の 強 化 基 本 方 針 予 防 対 策 1 節 初 動 対 応 体 制 の 整 備 2 節 事 業 継 続 体 制 の 確 保 3 節 消 火 救 助 救 急 活 動 体 制 の 整 備 4 節 応 急 活 動 拠 点 の 整 備 応 急 対 策 1 節 初 動 態 勢 2 節 消 火 救 助 救 急 活 動 3 節 応 援 協 力 派

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 富 里 市 地 域 防 災 計 画 大 規 模 事 故 編 平 成 26 年 修 正 富 里 市 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 論 第 1 節 計 画 の 方 針 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 対 象 1 第 3 計 画 の 修 正 1 第 2 節 対 策 の 基 本 方 針 2 第 1 対 策 の 実 施 者 及 び 役 割 2 第 2 市 の 配 備 体 制

More information

週間情報(2717号)

週間情報(2717号) 週 間 情 報 2717 発 行 日 平 成 27 年 4 月 28 日 発 行 所 全 国 消 防 長 会 一 般 財 団 法 人 全 国 消 防 協 会 担 当 企 画 部 企 画 課 電 話 03(3234)1321 行 事 消 防 本 部 の 動 き 新 入 社 員 防 火 教 室 を 実 施 堺 市 消 防 局 ( 大 阪 ) 堺 市 消 防 局 では 平 成 27 年 4 月 23 日

More information

<4D F736F F D A6D92E894C5817A96688DD08BC696B18C7689E62E646F63>

<4D F736F F D A6D92E894C5817A96688DD08BC696B18C7689E62E646F63> 防 災 業 務 計 画 平 成 27 年 4 月 西 部 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 章 総 則 1 第 1 節 防 災 業 務 計 画 の 目 的 第 2 節 防 災 業 務 計 画 の 基 本 構 想 第 3 節 防 災 業 務 計 画 の 運 用 第 2 章 防 災 体 制 の 確 立 2 第 1 節 防 災 体 制 第 2 節 対 策 組 織 の 運 営 第 3 節 災 害 対

More information

村 山 の 概 要 2) 人 口 動 向 (1) 人 口 世 帯 数 平 成 27 年 1 月 1 日 現 在 の 村 山 の 人 口 は15 万 1,412 人 であり 平 成 7 年 の13 万 6,095 人 と 比 べて 約 1.1 倍 に 増 加 しました その 推 移 を 見 ると 総

村 山 の 概 要 2) 人 口 動 向 (1) 人 口 世 帯 数 平 成 27 年 1 月 1 日 現 在 の 村 山 の 人 口 は15 万 1,412 人 であり 平 成 7 年 の13 万 6,095 人 と 比 べて 約 1.1 倍 に 増 加 しました その 推 移 を 見 ると 総 村 山 の 概 要 村 山 の 概 要 1) 位 置 及 び 地 勢 村 山 は 京 都 の 北 西 部 北 緯 35 度 45 分 経 139 度 28 分 に 位 置 し 荒 川 から 多 摩 川 に かけて 広 がる 洪 積 層 武 蔵 野 台 地 のほぼ 中 央 部 京 都 心 部 から 約 30kmの 圏 内 に 位 置 してい ます 域 の 北 側 は 埼 玉 県 所 沢 側 は 清 瀬

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し

More information

地震対応マニュアル(防災計画・避難計画などを含む)の見直しについて

地震対応マニュアル(防災計画・避難計画などを含む)の見直しについて 学 校 防 災 マニュアル ( 修 正 版 ) 本 マニュアルは 平 成 24 年 3 月 に 全 面 改 定 した 学 校 防 災 マニュアルを 平 成 25 年 3 月 に 修 正 された 目 黒 区 地 域 防 災 計 画 と 整 合 性 を 図 るため 平 成 25 年 6 月 に 一 部 修 正 したものである 平 成 25 年 6 月 目 黒 区 教 育 委 員 会 目 次 災 害 時

More information

<8C7689E68F91816982508FCD814182518FCD81605038816A2E786477>

<8C7689E68F91816982508FCD814182518FCD81605038816A2E786477> 佐 賀 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 19 年 3 月 佐 賀 県 県 土 づくり 本 部 建 築 住 宅 課 目 次 はじめに 1 第 1 章 計 画 の 概 要 1. 計 画 策 定 の 趣 旨 3 2. 計 画 策 定 の 位 置 づけ 3 3. 計 画 の 期 間 4 4. 計 画 の 基 本 構 成 4 第 2 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の

More information

目 次 第 1 はじめに 1. 策 定 の 目 的 1 2. 計 画 策 定 の 背 景 1 3. 計 画 の 位 置 づけ 2 4. 計 画 の 期 間 3 5. 対 象 となる 区 域 及 び 建 築 物 3 第 2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 す

目 次 第 1 はじめに 1. 策 定 の 目 的 1 2. 計 画 策 定 の 背 景 1 3. 計 画 の 位 置 づけ 2 4. 計 画 の 期 間 3 5. 対 象 となる 区 域 及 び 建 築 物 3 第 2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 す 深 谷 市 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 28 年 3 月 深 谷 市 目 次 第 1 はじめに 1. 策 定 の 目 的 1 2. 計 画 策 定 の 背 景 1 3. 計 画 の 位 置 づけ 2 4. 計 画 の 期 間 3 5. 対 象 となる 区 域 及 び 建 築 物 3 第 2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目

More information

されていることから 発 電 所 全 体 の 安 全 性 が 総 合 的 に 確 保 されていると 判 断 し 放 射 性 物 質 の 放 出 が 管 理 され 放 射 線 量 が 大 幅 に 抑 えられている というステ ップ2の 目 標 達 成 と 完 了 を 確 認 した また 今 後 使 用

されていることから 発 電 所 全 体 の 安 全 性 が 総 合 的 に 確 保 されていると 判 断 し 放 射 性 物 質 の 放 出 が 管 理 され 放 射 線 量 が 大 幅 に 抑 えられている というステ ップ2の 目 標 達 成 と 完 了 を 確 認 した また 今 後 使 用 ステップ2の 完 了 を 受 けた 警 戒 区 域 及 び 避 難 指 示 区 域 の 見 直 し に 関 する 基 本 的 考 え 方 及 び 今 後 の 検 討 課 題 について 1. はじめに 平 成 23 年 12 月 26 日 原 子 力 災 害 対 策 本 部 ( 警 戒 区 域 及 び 避 難 指 示 区 域 に 関 する 経 緯 及 び 現 状 ) (1) 本 年 3 月 11 日

More information