関連データ及び参考資料(1)

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "関連データ及び参考資料(1)"

Transcription

1 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 71

2 72 目 次 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 1. 学 校 を 取 り 巻 く 状 況 公 共 施 設 における 学 校 施 設 の 割 合 学 校 数 幼 児 児 童 生 徒 数 の 推 移 小 中 学 校 数 児 童 生 徒 数 の 推 移 一 校 当 たりの 児 童 生 徒 数 の 推 移 公 立 小 中 学 校 の 年 度 別 廃 校 発 生 数 公 立 小 中 学 校 施 設 保 有 面 積 の 推 移 小 中 学 校 の 保 有 面 積 と 児 童 生 徒 数 学 級 数 の 推 移 児 童 生 徒 一 人 当 たり 一 学 級 当 たりの 保 有 面 積 の 推 移 小 中 学 校 の 保 有 面 積 必 要 面 積 の 推 移 耐 震 化 の 状 況 耐 震 化 の 進 捗 状 況 ( 公 立 小 中 学 校 ) 設 置 者 別 の 耐 震 化 状 況 非 構 造 部 材 の 耐 震 対 策 の 状 況 ( 公 立 小 中 学 校 ) 老 朽 化 の 状 況 老 朽 化 による 被 害 等 の 例... 8 老 朽 化 が 原 因 の 事 故 事 例 1( 窓 の 障 子 の 落 下 )... 8 老 朽 化 が 原 因 の 事 故 事 例 2( 手 すり 落 下 ) 経 年 別 保 有 面 積 経 年 別 保 有 面 積 ( 公 立 小 中 学 校 ) 経 年 別 保 有 面 積 割 合 の 推 移 ( 公 立 小 中 学 校 ) 設 置 者 の 平 均 築 年 数 別 分 布 ( 公 立 小 中 学 校 ) 経 年 別 保 有 面 積 ( 公 立 小 中 学 校 都 道 府 県 別 ) 経 年 別 保 有 面 積 ( 市 町 村 の 分 類 別 ) 改 築 ( 建 て 替 え)までの 平 均 年 数 改 築 大 規 模 構 造 の 事 業 件 数 の 割 合 の 推 移 公 立 小 中 学 校 の 建 築 費 修 繕 費 の 推 移 経 年 別 保 有 面 積 と 修 繕 費 の 推 移 文 部 科 学 省 の 取 施 設 整 備 基 本 方 針 と 施 設 整 備 基 本 計 画 施 設 整 備 基 本 方 針 と 施 設 整 備 基 本 計 画 の 改 正 公 立 学 校 施 設 整 備 費 予 算 額 の 推 移 ( 平 成 5 年 度 ~ 平 成 24 年 度 ) 公 立 学 校 施 設 整 備 事 業 の 概 要 改 築 事 業 の 概 要 耐 力 度 調 査 について 大 規 模 改 造 ( 老 朽 ) 事 業 の 概 要 大 規 模 改 造 ( 老 朽 ) 事 業 に 関 する 制 度 の 変 遷... 9 大 規 模 改 造 ( 老 朽 :エコ 改 修 ) 事 業 の 概 要... 9 老 朽 関 連 事 業 における 地 方 財 政 措 置 ( 平 成 24 年 度 ) 公 立 学 校 施 設 の 維 持 管 理 に 要 する 経 費 老 朽 化 対 策 に 関 する 財 政 支 援 措 置 のイメージ( 標 準 的 な 規 模 の 自 治 体 学 校 の 場 合 平 成 24 年 度 ) 公 立 学 校 施 設 の 必 要 面 積 エコスクール 化 の 推 進 近 年 の 老 朽 化 対 策 に 関 する 報 告 書 取 組 事 例 手 引 等 の 一 覧 公 立 学 校 施 設 に 係 る 転 用 手 続 ( 財 産 処 分 手 続 ) 財 産 処 分 制 限 期 間 ~ 未 来 につなごう~ みんなの 廃 校 プロジェクト( 平 成 22 年 9 月 ~) 廃 校 活 用 例 その 他 余 裕 教 室 の 活 用 状 況 ( 平 成 21 年 5 月 1 日 現 在 ) 避 難 所 に 指 定 されている 学 校 数 避 難 所 に 指 定 されている 学 校 施 設 の 防 災 関 係 施 設 設 備 の 整 備 状 況... 97

3 6. 参 考 資 料 ( 参 考 1) 目 標 耐 用 年 数 について ( 参 考 2) 建 築 物 の 部 位 部 材 の 計 画 更 新 年 数 ( 参 考 3)ライフサイクルコストについて ( 参 考 4) 公 共 施 設 の 更 新 等 に 関 する 推 計 需 要 増 大 が 懸 念 される 施 設 ( 参 考 5) 予 防 保 全 と 事 後 保 全 のコスト 比 較 (イメージ) ( 参 考 6) 改 築 改 修 時 の 廃 棄 物 発 生 量... 1 ( 参 考 7) 保 有 面 積 と 修 繕 費 の 関 係 について( 試 算 )... 1 ( 参 考 8-1) 既 存 不 適 格 建 築 物 について( 国 土 交 通 省 資 料 ) ( 参 考 8-2) 既 存 不 適 格 建 築 物 の 増 改 築 大 規 模 な 修 繕 模 様 替 に 係 る 緩 和 措 置 ( 国 土 交 通 省 資 料 ) ( 参 考 8-3) 建 築 基 準 法 における 増 改 築 等 の 解 釈 について( 国 土 交 通 省 資 料 ) 公 立 小 中 学 校 における 将 来 の 更 新 費 用 の 試 算 公 立 小 中 学 校 における 将 来 の 更 新 費 用 の 試 算 公 立 小 中 学 校 における 将 来 の 更 新 費 用 の 試 算 公 立 小 中 学 校 における 将 来 の 更 新 費 用 の 試 算 公 立 小 中 学 校 における 将 来 の 更 新 費 用 の 試 算 長 寿 命 化 改 良 事 業 の 創 設 ( 平 成 25 年 度 予 算 案 ) 学 校 施 設 老 朽 化 対 策 先 導 事 業 公 立 学 校 施 設 の 老 朽 化 対 策 の 検 討 に 係 るアンケート 調 査 結 果 公 立 学 校 施 設 の 老 朽 化 対 策 の 検 討 に 係 るアンケート 調 査 結 果 学 校 施 設 全 般 について 現 在 保 有 する 学 校 施 設 に 対 する 意 見 今 後 特 に 重 要 と 考 える 学 校 施 設 整 備 の 課 題 学 校 施 設 の 老 朽 化 対 策 について (1) 老 朽 化 の 現 状 について 主 に 老 朽 化 が 原 因 で 発 生 した 不 具 合 老 朽 化 対 策 において 課 題 と 考 えている 事 項 (2) 計 画 的 な 整 備 について 老 朽 化 対 策 の 中 長 期 計 画 の 策 定 状 況 校 舎 体 育 館 の 老 朽 化 に 係 る 改 築 周 期 校 舎 体 育 館 の 大 規 模 改 修 の 周 期 中 規 模 な 改 修 の 周 期 ( 目 標 目 安 設 定 の 有 無 ) 中 規 模 な 改 修 の 周 期 改 修 改 築 事 業 の 優 先 順 位 付 けの 方 法 改 修 改 築 事 業 の 優 先 順 位 付 けの 方 法 ( 自 治 体 の 規 模 別 ) 改 修 ではなく 改 築 を 選 択 する 理 由 老 朽 化 対 策 の 積 極 的 取 組 状 況 老 朽 化 対 策 の 積 極 的 取 組 状 況 ( 自 治 体 の 規 模 別 ) (3) 老 朽 化 対 策 に 関 する 要 望 について 国 に 提 供 してほしい 情 報 ( 自 由 記 述 ) 補 助 制 度 への 要 望 ( 自 由 記 述 ) その 他 教 育 委 員 会 における 施 設 担 当 技 術 職 員 の 数 老 朽 化 対 策 の 積 極 的 取 組 状 況 ( 技 術 職 員 の 有 無 別 ) 公 立 学 校 施 設 の 老 朽 化 対 策 の 検 討 に 係 るアンケート 調 査 結 果 ( 追 加 ) 公 立 学 校 施 設 の 老 朽 化 対 策 の 検 討 に 係 るアンケート 調 査 結 果 ( 追 加 ) 現 状 の 把 握 分 析 情 報 の 蓄 積 中 長 期 計 画 の 検 討 策 定 (グラフ) 中 長 期 計 画 の 検 討 策 定 ( 具 体 的 な 取 組 例 ) 改 修 の 実 施 (グラフ) 改 修 の 実 施 ( 具 体 的 な 取 組 例 ) その 他 の 取 組 老 朽 化 による 不 具 合 の 例 外 部 内 部 設 備

4 1. 学 校 を 取 り 巻 く 状 況 公 共 施 設 における 学 校 施 設 の 割 合 学 校 施 設 は 市 区 町 村 が 所 有 管 理 している 公 共 施 設 の 約 4 割 を 占 めている 体 育 館 2% 庁 舎 消 防 署 等 5% 社 会 福 祉 施 設 等 8% その 他 12% 学 校 施 設 37% 公 民 館 等 8% 公 営 住 宅 職 員 宿 舎 等 28% 棟 数 の 割 合 平 成 22 年 度 末 時 点 市 区 町 村 が 所 有 又 は 管 理 している 公 共 施 設 等 防 災 拠 点 となる 公 共 施 設 等 の 耐 震 化 推 進 状 況 調 査 報 告 書 ( 平 成 23 年 12 月 消 防 庁 )を 元 に 作 成 1. 学 校 を 取 り 巻 く 状 況 学 校 数 幼 児 児 童 生 徒 数 の 推 移 幼 稚 園 小 中 学 校 高 等 学 校 の 幼 児 児 童 生 徒 数 は 近 年 減 少 傾 向 にある 一 方 で 特 別 支 援 学 校 は 増 加 傾 向 ( 千 人 ) ( 千 校 ) 14, 35 小 中 学 校 小 学 校 数 中 学 校 数 12, 小 学 校 児 童 数 3 中 学 校 生 徒 数 1, 25 8, 2 ( 千 人 ) ( 千 校 ) 2,5 25 幼 稚 園 数 幼 稚 園 幼 稚 園 幼 児 数 2, 1, , 15 1, 1 4, 2, 昭 和 23 年 ( 千 人 ) ( 千 校 ) ( 千 人 ) ( 百 校 ) 6, 高 等 学 校 数 特 別 支 援 学 校 高 等 学 校 高 等 学 校 生 徒 数 特 別 支 援 学 校 児 童 生 徒 数 特 別 支 援 学 校 5, 昭 和 23 年 , 3, 2, , 昭 和 23 年 昭 和 23 年 学 校 基 本 調 査 による 国 公 私 立 の 合 計 数 である 中 等 教 育 学 校 は 含 まれていない 特 別 支 援 学 校 は 平 成 18 年 度 までは 盲 学 校 聾 学 校 及 び 養 護 学 校

5 1. 学 校 を 取 り 巻 く 状 況 小 中 学 校 数 児 童 生 徒 数 の 推 移 小 中 学 校 の 児 童 生 徒 数 は 第 2 次 ベビーブーム 世 代 が 在 籍 した 昭 和 5~6 年 頃 を 境 に 減 少 ( 小 ) 昭 和 33 年 1,349 万 人 ( 小 ) 昭 和 56 年 1,193 万 人 ( 小 ) 平 成 24 年 676 万 人 (2 万 1 千 校 ) ( 中 ) 昭 和 37 年 733 万 人 ( 中 ) 昭 和 61 年 611 万 人 ( 中 ) 平 成 24 年 355 万 人 (1 万 1 千 校 ) 学 校 基 本 調 査 による 国 公 私 立 の 合 計 数 である 中 学 校 に 中 等 教 育 学 校 前 期 課 程 は 含 まれていない 平 成 24 年 以 降 は 国 勢 調 査 を 元 に 作 成 1. 学 校 を 取 り 巻 く 状 況 一 校 当 たりの 児 童 生 徒 数 の 推 移 ( 人 ) 校 当 たりの 児 童 生 徒 数 は ピーク 期 には5 人 を 超 えていたが 近 年 は3 人 程 度 で 推 移 ( 中 ) 昭 和 37 年 579 人 / 校 ( 中 ) 昭 和 61 年 546 人 / 校 ( 小 ) 昭 和 33 年 5 人 / 校 小 学 校 中 学 校 4 3 ( 小 ) 昭 和 56 年 477 人 / 校 ( 中 ) 平 成 24 年 332 人 / 校 2 1 ( 小 ) 平 成 24 年 315 人 / 校 昭 和 23 年 平 成 2 年 学 校 基 本 調 査 を 元 に 算 出 75 中 学 校 に 中 等 教 育 学 校 前 期 課 程 は 含 まれていない

6 1. 学 校 を 取 り 巻 く 状 況 校 数 6 公 立 小 中 学 校 の 年 度 別 廃 校 発 生 数 公 立 学 校 の 年 度 別 廃 校 発 生 数 近 年 廃 校 数 は 小 中 学 校 合 わせて 年 間 4 校 前 後 で 推 移 小 学 校 中 学 校 5 平 成 16 年 :491 校 491 平 成 23 年 :416 校 H4 H5 H6 H7 H8 H9 H1 H11 H12 H13 H14 H15 H16 H17 H18 H19 H2 H21 H22 H23 年 度 廃 校 施 設 等 活 用 状 況 実 態 調 査 による 設 置 条 例 上 廃 止 された 学 校 数 を 計 上 1. 学 校 を 取 り 巻 く 状 況 公 立 小 中 学 校 施 設 保 有 面 積 の 推 移 保 有 面 積 ( 単 位 : 千 m2) 2, 小 学 校 戦 後 児 童 生 徒 の 増 加 に 伴 い 保 有 面 積 は 増 加 してきたが 近 年 は 横 ばいからやや 減 少 傾 向 に 中 学 校 平 成 16 年 1 億 6,37 万 m2 15, 平 成 22 年 1 億 6,322 万 m2 1, 昭 和 26 年 5,328 万 m2 5, 昭 和 26 年 平 成 3 年 ( 公 立 学 校 施 設 実 態 調 査 )

7 1. 学 校 を 取 り 巻 く 状 況 ( 千 m2) 昭 和 36 年 昭 和 57 年 ( 万 人 ) 1,874 万 人 1,753 万 人 3, 25, 2, 15, 1, 5, - 3, 25, 2, 15, 1, 5, - 昭 和 32 年 度 昭 和 32 年 度 (34) (34) 小 中 学 校 の 保 有 面 積 と 児 童 生 徒 数 学 級 数 の 推 移 保 有 面 積 は 戦 後 増 加 してきたが 近 年 は 横 ばいからやや 減 少 傾 向 児 童 生 徒 数 学 級 数 は 昭 和 5~6 年 頃 を 境 に 減 少 保 有 面 積 児 童 生 徒 数 平 成 22 年 1,55 万 人 平 成 元 年 度 昭 和 37 年 44 万 学 級 保 有 面 積 学 級 数 平 成 元 年 度 , 1,5 1, ( 千 m2) 昭 和 58 年 ( 学 級 ) 5 万 学 級 1. 学 校 を 取 り 巻 く 状 況 平 成 22 年 4 万 学 級 5 6, 5, 4, 3, 2, 1, - 学 校 基 本 調 査 及 び 公 立 学 校 施 設 実 態 調 査 による 児 童 生 徒 数 学 級 数 に 中 等 教 育 学 校 前 期 課 程 は 含 まれていない 鉄 骨 その 他 造 及 び 木 造 の 一 部 については 鉄 筋 換 算 後 の 面 積 を 計 上 括 弧 内 の 年 度 の 数 値 は 前 後 の 数 値 の 平 均 値 平 成 4 年 度 以 前 は 沖 縄 県 は 含 まない 昭 和 43 年 度 以 前 の 数 値 に 寄 宿 舎 は 含 まない 児 童 生 徒 一 人 当 たり 一 学 級 当 たりの 保 有 面 積 の 推 移 昭 和 3 年 代 後 半 と 比 較 して 児 童 生 徒 一 人 当 たりの 保 有 面 積 は 約 3 倍 に 増 加 しているが 一 学 級 当 たりの 保 有 面 積 の 増 加 は 約 2 倍 程 度 (m2/ 人 ) (m2/ 学 級 ) 2 児 童 生 徒 一 人 当 たりの 保 有 面 積 一 学 級 当 たりの 保 有 面 積 平 成 22 年 15.5m2/ 人 昭 和 32 年 3.8m2/ 人 昭 和 39 年 5.m2/ 人 平 成 22 年 41m2/ 学 級 昭 和 32 年 171m2/ 学 級 昭 和 39 年 192m2/ 学 級 1 昭 和 32 年 度 33 (34) (47) 平 成 元 年 度 学 校 基 本 調 査 及 び 公 立 学 校 施 設 実 態 調 査 を 元 に 算 出 児 童 生 徒 数 学 級 数 に 中 等 教 育 学 校 前 期 課 程 は 含 まれていない カッコ 括 弧 内 内 の の 数 数 値 値 は は 前 前 後 後 の の 数 数 値 値 の の 平 平 均 均 値 値

8 1. 学 校 を 取 り 巻 く 状 況 小 中 学 校 の 保 有 面 積 必 要 面 積 の 推 移 ( 千 m2) 35, 3, 学 校 施 設 の 高 機 能 化 多 機 能 化 に 伴 い 数 次 にわたって 必 要 面 積 の 見 直 しを 実 施 必 要 面 積 に 対 する 保 有 面 積 の 割 合 は 概 ね1% 程 度 で 推 移 S39 年 度 ~ 1 人 当 たりの 基 準 面 積 から 1 学 級 当 たりの 基 準 面 積 へ S53 年 度 ~ 理 科 室 保 健 室 職 員 室 便 所 通 路 部 分 の 充 実 S59 年 度 ~ 多 目 的 スペースの 確 保 H9 年 度 ~ 生 活 教 室 外 国 語 教 室 の 新 設 コンピュータ 教 室 の 基 準 化 特 別 教 室 の 高 規 格 化 カウンセ リング 機 能 管 理 諸 室 の 充 実 14% 12% 25, 1% 2, 15, S48 年 度 ~ 特 別 教 室 関 係 の 充 実 ( 準 備 室 図 書 室 視 聴 覚 スペースの 充 実 ) 8% 6% 1, 4% 5, - 昭 和 32 年 度 33 (34) (47) 平 成 元 年 度 参 考 必 要 面 積 に 対 する 保 有 面 積 の 割 合 ( 学 校 種 別 建 物 区 分 別 ) 小 学 校 中 学 校 校 舎 12% 11% 屋 体 81% 95%( 平 成 22 年 5 月 1 日 現 在 ) 必 要 面 積 保 有 面 積 保 有 面 積 / 必 要 面 積 % 公 立 学 校 公 施 立 設 学 実 校 態 施 調 設 査 実 より態 調 査 より 鉄 骨 その 換 算 他 造 後 の 及 数 び 値 木 造 の 一 部 については 鉄 筋 換 算 後 の 面 積 を 計 上 括 弧 内 の カッコ 年 度 内 の の 数 値 年 は 度 前 の 後 数 の 値 数 は 値 前 の 後 平 均 の 値 数 値 の 平 均 値 平 成 4 年 平 度 成 以 4 前 年 は 以 沖 前 縄 は 県 は 沖 含 縄 まない 県 は 含 まない 昭 和 43 昭 年 和 度 以 43 前 年 の 度 数 以 値 前 に 寄 の 宿 数 舎 値 は に 含 寄 まない 宿 舎 は 含 まない % 2. 耐 震 化 の 状 況 耐 震 化 の 進 捗 状 況 ( 公 立 小 中 学 校 ) 公 立 小 中 学 校 の 耐 震 化 率 は 平 成 24 年 4 月 現 在 で84.8% 平 成 24 年 度 予 算 ( 予 備 費 及 び 補 正 予 算 を 含 む )により 約 93%まで 進 捗 する 見 込 み 1 万 棟 1% 9 万 棟 8 万 棟 7 万 棟 6 万 棟 5 万 棟 4 万 棟 3 万 棟 2 万 棟 1 万 棟 44.5% 耐 震 化 が 必 要 な 棟 数 耐 震 化 率 46.6% 49.1% 小 中 学 校 の 全 棟 数 : 約 12 万 2 千 棟 (H24.4 現 在 ) 51.8% 54.7% 58.6% 62.3% 67.% 73.3% 8.3% 84.8% 約 1 万 9 千 棟 93.% H24 年 度 当 初 予 算 執 行 後 約 9% 予 備 費 執 行 後 約 91% 補 正 予 算 執 行 後 約 93% 約 9 千 棟 調 査 年 14 年 4 月 15 年 4 月 16 年 4 月 17 年 4 月 18 年 4 月 19 年 4 月 2 年 4 月 21 年 4 月 22 年 4 月 23 年 4 月 24 年 4 月 平 成 27 年 度 までのできるだけ 早 い 時 期 に 耐 震 化 を 完 了 9% 8% 7% 6% 5% 4% 耐 震 化 率 78 ( 公 立 学 校 施 設 の 耐 震 改 修 状 況 調 査 を 元 に 作 成 )

9 2. 耐 震 化 の 状 況 設 置 者 別 の 耐 震 化 状 況 設 置 者 別 の 耐 震 化 率 分 布 耐 震 化 1%を 達 成 した 自 治 体 数 は 約 4 割 ( 平 成 24 年 4 月 ) 平 成 24 年 度 以 降 も 増 加 する 見 込 み 耐 震 化 率 ( 平 成 24(212) 年 4 月 1 日 現 在 ) 耐 震 化 率 設 置 者 数 割 合 1% % 9%~1% 未 満 % 8%~9% 未 満 % 7%~8% 未 満 % 6%~7% 未 満 % 5%~6% 未 満 89 5.% 4%~5% 未 満 % 3%~4% 未 満 15.8% 2%~3% 未 満 3.2% 1%~2% 未 満 3.2% % 超 ~1% 未 満 1.1% % 4.2% 合 計 1,78 1.% 宮 城 県 及 び 福 島 県 の 一 部 は 除 く 1,5 1, ( 設 置 者 数 ) 8.6% 12.3% 161 1% 達 成 自 治 体 数 全 設 置 者 に 占 める 割 合 % % 375 1% 9%~1% 未 満 8%~9% 未 満 7%~8% 未 満 6%~7% 未 満 5%~6% 未 満 4%~5% 未 満 3%~4% 未 満 2%~3% 未 満 1%~2% 未 満 % 超 ~1% 未 満 % 耐 震 化 率 1%を 達 成 した 設 置 者 数 の 推 移 3.6% 545 耐 震 化 率 % 75 H19 H2 H21 H22 H23 H24 H25 H26 H27 ( 割 合 ) 1% 8% 6% 4% 2% % ( 設 置 者 数 ) ( 公 立 学 校 施 設 の 耐 震 改 修 状 況 調 査 を 元 に 作 成 ) 2. 耐 震 化 の 状 況 非 構 造 部 材 の 耐 震 対 策 の 状 況 ( 公 立 小 中 学 校 ) 公 立 小 中 学 校 の 耐 震 化 率 ( 建 物 の 構 造 体 )は84.8%まで 進 捗 している 一 方 天 井 材 等 の 非 構 造 部 材 の 耐 震 対 策 の 実 施 率 は32.% 非 構 造 部 材 : 建 物 の 構 造 体 以 外 の 天 井 材 照 明 器 具 窓 ガラス 外 装 材 内 装 材 設 備 機 器 家 具 等 耐 震 点 検 状 況 学 校 教 職 員 と 学 校 設 置 者 が 点 検 実 施 7,566 校 (24.9%) 学 校 設 置 者 のみ 点 検 実 施 1,758 校 (5.8%) 耐 震 対 策 状 況 点 検 未 実 施 1,326 校 (34.%) 全 学 校 数 3,395 校 点 検 を 実 施 2,69 校 (66.%) 対 策 未 実 施 1,339 校 (51.5%) 対 策 を 実 施 9,73 校 (48.5%) 学 校 教 職 員 のみ 点 検 実 施 1,745 校 (35.4%) 平 成 24(212) 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 全 学 校 のうち 非 構 造 部 材 の 耐 震 対 策 の 実 施 率 :32.%( 前 年 度 29.7%) 79 ( 公 立 学 校 施 設 の 非 構 造 部 材 の 耐 震 点 検 及 び 耐 震 対 策 の 状 況 調 査 )

10 3. 老 朽 化 の 状 況 老 朽 化 による 被 害 等 の 例 施 設 の 老 朽 化 により 安 全 面 機 能 面 両 面 で 様 々な 不 具 合 が 発 生 外 装 材 の 著 しい 劣 化 老 朽 化 により コンクリート 片 が 落 下 屋 上 防 水 の 老 朽 化 で 頻 発 する 雨 漏 り 度 重 なる 配 管 の 破 損 床 に 生 じた 段 差 老 朽 化 により モルタルが 落 下 床 の 段 差 トイレの 老 朽 化 による 臭 気 3. 老 朽 化 の 状 況 老 朽 化 が 原 因 の 事 故 事 例 1 ( 窓 の 障 子 の 落 下 ) 平 成 21 年 12 月 建 築 年 : 昭 和 53 年 3 月 ( 築 31 年 ) 被 害 : 窓 の 直 下 に 駐 車 していた 自 動 車 が 損 傷 平 成 22 年 3 月 建 築 年 : 昭 和 62 年 3 月 ( 築 22 年 ) 被 害 :なし 障 子 の 落 下 箇 所 障 子 の 落 下 箇 所 落 下 して 破 損 した 障 子 落 下 した 障 子 推 測 される 一 原 因 上 框 に 内 蔵 された 障 子 の 外 れ 止 め 部 品 の 外 れ 推 測 される 一 原 因 戸 車 の 劣 化 ( 戸 車 のすり 減 りに より 障 子 と 枠 のすき 間 が 拡 大 ) 既 存 学 校 施 設 の 維 持 管 理 について ( 平 成 22 年 8 月 16 日 文 部 科 学 省 大 臣 官 房 文 教 施 設 企 画 部 施 設 企 画 課 長 事 務 連 絡 )より 8

11 3. 老 朽 化 の 状 況 老 朽 化 が 原 因 の 事 故 事 例 2 ( 手 すり 落 下 ) 平 成 22 年 4 月 建 築 年 : 昭 和 49 年 6 月 ( 築 35 年 ) 概 要 : 校 舎 2 階 の 教 室 前 のバルコニーにおいて 生 徒 2 名 が 手 すりに 寄 りかかったところ 手 すりが 壊 れ 生 徒 2 名 が 転 落 1 名 はかかとを 骨 折 する 重 傷 もう1 名 は 頭 部 打 撲 手 すりの 接 合 部 ( 支 持 部 ) 推 測 される 一 原 因 プレキャストコンクリート 製 の 手 すりとバルコニー 支 柱 の 隙 間 に 雨 水 潮 風 が 浸 入 し 取 付 け 金 物 が 腐 食 既 存 学 校 施 設 の 維 持 管 理 の 徹 底 について( 依 頼 ) ( 平 成 22 年 4 月 23 日 文 部 科 学 省 大 臣 官 房 文 教 施 設 企 画 部 施 設 企 画 課 長 通 知 )より 3. 老 朽 化 の 状 況 経 年 別 保 有 面 積 老 朽 化 は 小 中 学 校 だけでなく 幼 稚 園 や 高 等 学 校 特 別 支 援 学 校 でも 進 行 している 保 有 面 積 ( 単 位 : 万 m2) 保 有 面 積 ( 単 位 : 万 m2) 4, 3,5 公 立 小 中 学 校 8 7 公 立 幼 稚 園 3, 3,37 6 2,5 2, , 1,5 1, 5 保 有 面 積 ( 単 位 : 万 m2) ,583 2,294 1, S36 以 前 S37~S41 S42~S46 S47~S51 S52~S56 S57~S61 S62~H3 H4~H8 H9~H13 H14~H18 H19~H 公 立 高 等 学 校 保 有 面 積 ( 単 位 : 万 m2) S36 以 前 S37~S41 S42~S46 S47~S51 S52~S56 S57~S61 S62~H3 H4~H8 H9~H13 H14~H18 H19~H23 公 立 特 別 支 援 学 校 S36 以 前 S37~S41 S42~S46 S47~S51 S52~S56 S57~S61 S62~H3 H4~H8 H9~H13 H14~H18 H19~H S36 以 前 S37~S41 S42~S46 S47~S51 S52~S56 S57~S61 S62~H3 H4~H8 H9~H13 H14~H18 H19~H23 37 ~19 年 2~29 年 3 年 以 上 81 岩 手 県 宮 城 県 福 島 県 を 除 く 平 成 23 年 5 月 1 日 現 在 特 別 支 援 学 校 は 平 成 18 年 度 までは 盲 学 校 聾 学 校 及 び 養 護 学 校

12 3. 老 朽 化 の 状 況 経 年 別 保 有 面 積 ( 公 立 小 中 学 校 ) 老 朽 化 が 進 行 している 経 年 25 年 以 上 の 要 改 修 施 設 は9,934 万 m2 全 体 の7 割 (65.4%)を 占 める ( 公 立 学 校 施 設 実 態 調 査 を 元 に 作 成 ) 3. 老 朽 化 の 状 況 経 年 別 保 有 面 積 割 合 の 推 移 ( 公 立 小 中 学 校 ) 経 年 別 保 有 面 積 の 推 移 築 3 年 以 上 の 施 設 は1 年 前 の2.5 倍 を 超 えており 今 後 更 に 増 加 する 見 込 み 2 ~19 年 未 年 満 2~29 2~29 年 3 3 年 以 上 H % 4.7% 19.8% H % 39.1% 35.7% H % 26.8% 53.5% H27 ( 推 計 ) 17.1% 16.4% 66.5% % 2% 4% 6% 8% 1% 82 ( 公 立 学 校 施 設 実 態 調 査 を 元 に 作 成 )

13 3. 老 朽 化 の 状 況 設 置 者 の 平 均 築 年 数 別 分 布 ( 公 立 小 中 学 校 ) 約 半 数 の 自 治 体 において 保 有 している 公 立 小 中 学 校 施 設 の 平 均 築 年 数 が3 年 を 上 回 っている ( 設 置 者 数 ) 5 年 未 満 6 5 年 ~1 年 未 満 7 1 年 ~15 年 未 満 年 ~2 年 未 満 68 2 年 ~25 年 未 満 年 ~3 年 未 満 年 ~35 年 未 満 年 ~4 年 未 満 年 ~45 年 未 満 1 45 年 ~5 年 未 満 ( 公 立 学 校 施 設 実 態 調 査 を 元 に 作 成 ) 3. 老 朽 化 の 状 況 1% 経 年 別 保 有 面 積 ( 公 立 小 中 学 校 都 道 府 県 別 ) 東 京 都 や 大 阪 府 愛 知 県 などの 大 都 市 圏 は 築 3 年 以 上 の 施 設 の 保 有 割 合 が 高 い 傾 向 ~19 年 2~29 年 3 年 以 上 全 国 平 均 81.2% 8% 6% 全 国 平 均 57.5% 4% 2% % 北 青 岩 宮 秋 山 福 茨 栃 群 埼 千 東 神 新 富 石 福 山 長 岐 静 愛 三 滋 京 大 兵 奈 和 鳥 島 岡 広 山 徳 香 愛 高 福 佐 長 熊 大 宮 鹿 沖 海 森 手 城 田 形 島 城 木 馬 玉 葉 京 奈 潟 山 川 井 梨 野 阜 岡 知 重 賀 都 阪 庫 良 歌 取 根 山 島 口 島 川 媛 知 岡 賀 崎 本 分 崎 児 縄 道 川 山 島 83 施 設 公 実 立 態 学 校 調 施 査 設 を 実 元 態 に 調 作 査 成 を 元 に 作 成 平 成 年 5 月 1 日 現 在 ( 但 ( し 但 し 岩 岩 手 手 県 県 宮 城 県 福 島 県 の 数 値 は 平 成 22 年 5 月 11 日 現 在 ) )

14 3. 老 朽 化 の 状 況 経 年 別 保 有 面 積 ( 市 町 村 の 分 類 別 ) 政 令 指 定 都 市 中 核 市 及 び 特 例 市 は 全 国 平 均 より 老 朽 化 した 施 設 の 保 有 割 合 がやや 高 い 傾 向 全 国 ( 参 考 ) 3 年 以 上 57.5% 全 国 ( 参 考 ) 2 年 以 上 81.2% ~19 3 年 以 年 上 2~29 2~29 年 3 ~19 年 以 年 上 政 令 指 定 都 市 6.6% 22.4% 17.1% 中 核 市 61.1% 24.8% 14.% 特 例 市 62.8% 22.5% 14.7% 一 般 市 ( 東 京 23 区 を 含 む) 57.2% 23.5% 19.2% 町 村 ( 組 合 を 含 む) 51.% 24.9% 24.1% % 1% 2% 3% 4% 5% 6% 7% 8% 9% 1% 公 立 学 校 施 設 実 態 調 査 を 元 に 作 成 非 木 造 かつ2m2 超 の 建 物 を 対 象 岩 手 県 宮 城 県 福 島 県 を 除 く 3. 老 朽 化 の 状 況 改 築 ( 建 て 替 え)までの 平 均 年 数 鉄 筋 コンクリート 造 の 施 設 の 改 築 までの 平 均 年 数 は 約 42 年 であり 近 年 改 築 までの 年 数 が 延 びる 傾 向 にある ( 年 ) 鉄 筋 コンクリート 造 ( 年 ) 鉄 骨 造 ( 年 ) 木 造 校 舎 屋 内 運 動 場 平 成 12 年 平 成 12 年 平 成 12 年 公 立 学 校 施 設 実 態 調 査 を 元 に 作 成 平 成 12~17 年 度 は17 年 度 調 査 平 成 18~23 年 度 は23 年 度 調 査 から 抽 出 抽 出 条 件 :2m2 以 上 稼 動 年 数 1 年 以 上 木 造 校 舎 や 木 造 屋 内 運 動 場 については データの 母 数 が 少 ないため 数 値 の 変 動 が 大 きい 84

15 3. 老 朽 化 の 状 況 改 築 大 規 模 改 造 の 事 業 件 数 の 割 合 の 推 移 大 改 規 築 模 改 と 大 造 規 の 模 事 改 業 造 件 の 数 事 の 業 割 量 合 推 が 増 移 加 傾 向 1% 大 規 模 改 造 ( 補 強 を 除 く) 62% 69% 66% 6% 77% 79% 5% 38% 31% 34% 4% 改 築 ( 危 険 不 適 格 ) 23% 21% % 平 成 18 年 度 平 成 19 年 度 平 成 2 年 度 平 成 21 年 度 平 成 22 年 度 平 成 23 年 度 ( 公 立 学 校 施 設 整 備 事 業 による 事 業 件 数 を 元 に 作 成 ) 3. 老 朽 化 の 状 況 公 立 小 中 学 校 の 建 築 費 修 繕 費 の 推 移 約 2~3 年 前 のピーク 時 に1 兆 2 千 億 円 を 超 えていた 建 築 費 は 近 年 8 千 億 円 程 度 で 推 移 今 後 ピーク 時 に 建 設 された 施 設 の 更 新 需 要 が 増 加 することが 見 込 まれる 建 築 費 : 昭 和 55 年 1 兆 3,666 億 円 建 築 費 : 平 成 4 年 1 兆 3,597 億 円 ( 地 方 教 育 費 調 査 を 元 に 作 成 ) 85

16 86 3. 老 朽 化 の 状 況 経 年 別 保 有 面 積 と 修 繕 費 の 推 移 経 年 3 年 以 上 の 施 設 の 面 積 は 増 加 しているが 修 繕 費 は 減 少 傾 向 ( 万 m2) 2, 15, 修 繕 費 築 2 年 未 満 築 2 年 以 上 3 年 未 満 築 3 年 以 上 ( 億 円 ) 1,25 1, 75 1, 5 5, 25 平 成 元 年 2 年 3 年 4 年 5 年 6 年 7 年 8 年 9 年 1 年 11 年 12 年 13 年 14 年 15 年 16 年 17 年 18 年 19 年 2 年 21 年 ( 経 年 別 保 有 面 積 は 公 立 学 校 施 設 実 態 調 査 修 繕 費 は 地 方 教 育 費 調 査 を 元 に 作 成 ) 4. 文 部 科 学 省 の 取 組 施 設 整 備 基 本 方 針 と 施 設 整 備 基 本 計 画 公 立 学 校 施 設 整 備 に 対 する 国 庫 補 助 負 担 金 : 校 舎 等 の 新 増 築 交 付 金 : 校 舎 等 の 耐 震 補 強 改 築 大 規 模 改 造 等 施 設 整 備 基 本 方 針 と 施 設 整 備 基 本 計 画 平 成 18 年 度 に 大 きな 制 度 改 正 交 付 金 化 ととも に 施 設 整 備 基 本 方 針 と 施 設 整 備 基 本 計 画 を 作 成 し 施 設 整 備 の 目 標 を 示 す 制 度 へ 移 行 平 成 18 年 度 に 初 めて 作 成 した 施 設 整 備 基 本 方 針 の 中 で 作 成 後 概 ね5 年 をメドに 見 直 すことを 規 定 平 成 23 年 5 月 に 改 正

17 4. 文 部 科 学 省 の 取 組 施 設 整 備 基 本 方 針 と 施 設 整 備 基 本 計 画 の 改 正 施 設 整 備 基 本 方 針 の 改 正 内 容 (H 文 部 科 学 省 告 示 改 正 ) 耐 震 性 の 確 保 されていない 公 立 学 校 施 設 について 地 震 防 災 対 策 特 別 措 置 法 が 平 成 23 年 3 月 に 改 正 され 公 立 学 校 施 設 の 耐 震 化 事 業 に 対 する 国 庫 補 助 率 の 嵩 上 げ 措 置 が 平 成 27 年 度 末 まで 延 長 されたことを 踏 まえ 平 成 27 年 度 までのできるだけ 早 い 時 期 に 耐 震 化 を 完 了 さ せるという 目 標 を 記 載 耐 震 化 に 当 たっては 建 物 自 体 のみならず 天 井 材 や 外 装 材 等 の 非 構 造 部 材 の 耐 震 化 を 推 進 することを 記 載 地 震 等 の 災 害 発 生 時 に 応 急 避 難 場 所 として 役 割 を 果 たすため 防 災 機 能 の 強 化 することを 記 載 公 立 学 校 施 設 の 老 朽 化 が 深 刻 になっており 児 童 生 徒 等 の 安 全 を 守 り 安 心 で 豊 かな 教 育 環 境 を 整 備 するためには 老 朽 化 対 策 を 推 進 することを 記 載 環 境 を 考 慮 した 学 校 施 設 であるエコスクール 化 の 推 進 や 太 陽 光 をはじめとした 新 エネル ギーの 導 入 や 教 育 の 情 報 化 等 の 様 々な 社 会 的 要 請 に 適 切 に 対 応 するための 施 設 整 備 を 推 進 することや 公 民 館 等 の 社 会 教 育 施 設 や 福 祉 施 設 との 複 合 化 等 による 施 設 整 備 を 促 進 するこ とを 記 載 施 設 整 備 基 本 計 画 の 改 正 内 容 (H 文 部 科 学 省 告 示 改 正 ) 施 設 整 備 基 本 方 針 の 改 正 内 容 を 踏 まえ 地 方 公 共 団 体 が 作 成 する 施 設 整 備 計 画 の 目 標 達 成 のために 必 要 な 事 業 として 非 構 造 部 材 の 耐 震 化 防 災 機 能 の 強 化 老 朽 化 した 施 設 の 再 生 太 陽 光 発 電 等 の 環 境 を 考 慮 した 学 校 施 設 の 整 備 校 内 LANの 整 備 を 明 記 4. 文 部 科 学 省 の 取 組 公 立 学 校 施 設 整 備 費 予 算 額 の 推 移 ( 平 成 5 年 度 ~ 平 成 24 年 度 ) 区 分 , ( 億 円 ) (259) (238) (152) (882) (197) (2) (184) (56) (28) (587) (1,17) (1,111) (1,119) (2,778) (1,177) (34) (1,884) 予 算 2,732 2,497 2,478 2,92 1,878 1,731 1,638 1,61 1,619 1,42 1,452 1,311 1,221 1,39 1,42 1,51 1,51 1, ,246 ( 注 ) 上 段 ( ) 書 きは 補 正 予 算 等 で 外 数 ( 平 成 13 年 度 2 年 度 及 び21 年 度 は 中 段 が1 次 補 正 上 段 が2 次 補 正 (21 年 度 については 執 行 停 止 額 ) 22 年 度 及 び24 年 度 は 中 段 が 補 正 上 段 が 予 備 費 平 成 23 年 度 は 中 段 が1 次 補 正 上 段 が3 次 補 正 ) 平 成 24 年 度 予 備 費 は 経 済 危 機 対 応 地 域 活 性 化 予 備 費 (149 億 円 )と 東 日 本 大 震 災 復 興 特 別 会 計 予 備 費 (581 億 円 )の 合 算 億 円 4,5 4, 3,5 予 備 費 補 正 予 算 等 当 初 予 算 3, 2,5 2, 1,5 1,

18 88 4. 文 部 科 学 省 の 取 組 1. 趣 旨 学 校 教 育 の 機 会 均 等 の 確 保 と 水 準 の 維 持 向 上 を 図 るため 義 務 教 育 諸 学 校 等 の 施 設 費 の 国 庫 負 担 等 に 関 する 法 律 ( 施 設 費 負 担 法 ) 等 に 基 づき 公 立 学 校 建 物 ( 公 立 小 中 学 校 特 別 支 援 学 校 幼 稚 園 の 校 舎 体 育 館 等 )の 施 設 整 備 に 要 する 経 費 の 一 部 を 国 庫 補 助 することにより 学 校 教 育 の 円 滑 な 実 施 を 担 保 する 2. 主 な 国 庫 補 助 事 業 負 担 ( 算 定 ) 割 合 事 業 名 負 担 ( 算 定 ) 割 合 事 業 の 内 容 新 増 築 1/2 学 校 建 物 ( 校 舎 体 育 館 等 )を 新 しく 建 設 又 は 増 築 ( 教 室 不 足 の 解 消 学 校 統 合 ) 改 築 1/2 ( 嵩 上 げ) 地 震 による 倒 壊 の 危 険 性 が 高 いもの(Is 値.3 未 満 )のうち やむ を 得 ない 理 由 により 補 強 が 困 難 なため 行 う 場 合 1/3 ( 上 記 以 外 ) 地 震 補 強 2/3 ( 嵩 上 げ) 地 震 による 倒 壊 の 危 険 性 が 高 い(Is 値.3 未 満 ) 場 合 1/2 ( 嵩 上 げ) 地 震 による 倒 壊 の 危 険 性 がある(Is 値.3~.7) 場 合 大 規 模 改 造 1/3 エコ 改 修 や 老 朽 化 に 伴 う 補 修 など 既 存 の 学 校 建 物 を 建 て 替 えずに 改 修 武 道 場 1/2( 新 築 ) 1/3( 改 築 ) 公 立 学 校 施 設 整 備 事 業 の 概 要 中 学 校 に 柔 道 場 剣 道 場 等 を 整 備 太 陽 光 発 電 等 設 置 1/2 太 陽 光 発 電 等 の 再 生 可 能 エネルギーの 整 備 その 他 1/3 屋 外 教 育 環 境 学 校 プール 社 会 体 育 施 設 学 校 給 食 施 設 等 Is 値 : 構 造 耐 震 指 標 (Seismic Index of Structure) 建 物 の 構 造 的 な 耐 震 性 能 を 評 価 する 指 標 Is 値 が 大 きいほど 耐 震 性 が 高 い 4. 文 部 科 学 省 の 取 組 改 築 事 業 の 概 要 1. 危 険 改 築 趣 旨 構 造 上 危 険 な 状 態 にある 建 物 について その 改 築 に 要 する 経 費 の 一 部 を 国 庫 補 助 し 公 立 学 校 における 教 育 の 円 滑 な 実 施 を 確 保 する 補 助 要 件 ( 非 木 造 建 物 の 場 合 ) 建 物 の 構 造 耐 力 保 存 度 及 び 外 力 条 件 を 要 因 とする 耐 力 度 調 査 ( 次 頁 参 照 )の 点 数 が 1, 点 満 点 で4,5 点 以 下 の 建 物 ( )について 構 造 上 危 険 な 状 態 にある 建 物 ( 危 険 建 物 )として 判 定 する ( 平 成 19 年 度 までに 耐 力 度 の 測 定 を 行 ったものについては5, 点 以 下 ) 算 定 割 合 原 則 1/3 2. 不 適 格 改 築 趣 旨 教 育 を 行 うのに 著 しく 不 適 当 な 建 物 で 特 別 な 事 情 のあるものについて その 改 築 に 要 する 経 費 の 一 部 を 国 庫 補 助 し 教 育 条 件 の 改 善 を 図 る 補 助 要 件 耐 震 力 不 足 建 物 (Is 値.3 未 満 等 ) 全 面 改 築 又 は 適 正 配 置 条 件 を 満 たすもの 算 定 割 合 原 則 1/3

19 89 4. 文 部 科 学 省 の 取 組 概 要 判 定 基 準 耐 力 度 調 査 について 公 立 学 校 施 設 における1 建 物 の 構 造 耐 力 2 経 年 による 耐 力 低 下 3 立 地 条 件 による 影 響 の3 点 の 項 目 を 総 合 的 に 調 査 し 建 物 の 老 朽 化 を 総 合 的 に 評 価 する 耐 力 度 点 数 = 1 構 造 耐 力 2 保 存 度 3 外 力 条 件 1 構 造 耐 力 の 評 価 項 目 水 平 耐 力 剛 性 率 偏 心 率 コンクリート 圧 縮 強 度 層 間 変 形 角 基 礎 構 造 構 造 使 用 材 料 2 保 存 度 の 評 価 項 目 経 過 年 数 コンクリート 中 性 化 深 さ 及 び 鉄 筋 かぶり 厚 さ 鉄 筋 腐 食 度 不 同 沈 下 量 ひび 割 れ 火 災 による 疲 弊 度 3 外 力 条 件 の 評 価 項 目 地 震 地 域 係 数 地 盤 種 別 積 雪 寒 冷 地 域 海 岸 からの 距 離 所 要 の 耐 力 度 点 数 に 達 しないものは 構 造 上 危 険 な 状 態 にある 建 物 として 危 険 改 築 事 業 の 補 助 対 象 となる( 地 域 学 校 種 別 等 により 5 点 の 緩 和 措 置 あり) 建 物 の 構 造 鉄 筋 コンクリート 造 鉄 骨 造 補 強 コンクリートブロック 造 耐 力 度 点 数 (1, 点 満 点 ) 4,5 点 以 下 ( ) 木 造 5,5 点 以 下 耐 震 診 断 の 普 及 や 耐 震 補 強 技 術 の 進 展 から 耐 震 性 能 が 低 いことによる 危 険 改 築 の 要 件 を 見 直 すこととし 平 成 18 年 度 に5 点 の 引 き 下 げを 行 っている 4. 文 部 科 学 省 の 取 組 大 規 模 改 造 ( 老 朽 ) 事 業 の 概 要 昭 和 58 年 度 創 設 目 的 経 年 により 発 生 する 学 校 建 物 の 損 耗 機 能 低 下 に 対 する 復 旧 措 置 教 育 環 境 の 改 善 を 図 り 学 校 教 育 の 円 滑 な 実 施 に 資 するとともに 建 物 の 耐 久 性 の 確 保 を 図 る 対 象 建 築 後 2 年 以 上 の 建 物 外 部 及 び 内 部 の 両 方 を 同 時 に 全 面 的 に 改 造 する 工 事 建 物 全 体 の 延 べ 床 面 積 の 約 7% 以 上 を 改 造 する 工 事 算 定 割 合 1/3 ( 財 政 力 指 数 が1.を 超 える 設 置 者 にあっては 2/7) 下 限 額 :7, 万 円 ( 学 校 単 位 ) 耐 震 補 強 工 事 と 合 併 施 行 する 場 合 は 耐 震 補 強 工 事 費 を 含 む 上 限 額 :2 億 円 ( 過 去 急 増 市 町 村 にあっては3 億 円 ) 小 規 模 校 の 場 合 ( 建 物 区 分 ごとに8m2 以 下 ) 下 限 額 :1, 万 円 ( 学 校 単 位 ) 効 果 建 築 部 材 の 老 朽 化 に 対 応 ( 改 修 )することで 施 設 の 安 全 性 を 確 保 する ( 床 の 損 傷 による 転 倒 事 故 防 止 等 ) 教 育 内 容 方 法 の 変 化 に 対 応 した 改 修 を 行 うことにより 教 育 環 境 の 改 善 が 期 待 できる

20 4. 文 部 科 学 省 の 取 組 大 規 模 改 造 ( 老 朽 ) 事 業 に 関 する 制 度 の 変 遷 昭 和 58 年 の 制 度 創 設 以 降 市 町 村 の 整 備 状 況 の 実 態 等 を 踏 まえ 国 と 地 方 の 適 切 な 役 割 分 担 の 下 上 下 限 額 など 対 象 事 業 の 見 直 しを 段 階 的 に 実 施 昭 和 58 年 大 規 模 改 修 費 < 補 助 制 度 創 設 > ( 対 象 地 域 ) 離 島 豪 雪 地 帯 台 風 常 襲 地 帯 及 び 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 ( 対 象 校 ) 市 町 村 立 小 学 校 中 学 校 特 別 支 援 学 校 ( 小 中 学 部 ) ( 補 助 率 ) 1/3 ( 対 象 事 業 ) 非 木 造 建 物 で 建 築 後 15 年 以 上 経 過 した 建 物 下 限 2, 万 円 上 限 1 億 円 昭 和 6 年 ( 対 象 地 域 ) 地 域 制 限 を 撤 廃 ( 全 国 を 対 象 ) ( 補 助 率 ) 2/7 ( 財 政 力 指 数 1.を 超 える 市 町 村 ) 昭 和 63 年 大 規 模 改 造 へと 名 称 変 更 ( 対 象 校 ) 都 道 府 県 立 特 別 支 援 学 校 ( 小 中 学 部 )を 追 加 ( 対 象 事 業 ) 小 規 模 校 の 下 限 を 緩 和 2, 万 円 1, 万 円 平 成 元 年 ( 対 象 校 ) 市 町 村 立 幼 稚 園 を 追 加 ( 対 象 事 業 ) 木 造 建 物 で 建 築 後 15 年 以 上 経 過 した 建 物 を 追 加 下 限 額 4 万 円 ( 幼 稚 園 ) 平 成 4 年 ( 対 象 事 業 ) 建 築 後 2 年 以 上 経 過 した 建 物 15 年 2 年 下 限 4, 万 円 上 限 1.5 億 円 ( 下 限 2, 万 円 4, 万 円 上 限 1 億 円 1.5 億 円 ) 平 成 7 年 ( 対 象 事 業 ) 下 限 5, 万 円 上 限 2 億 円 ( 下 限 4, 万 円 5, 万 円 上 限 1.5 億 円 2 億 円 ) 平 成 9 年 ( 対 象 事 業 ) 下 限 7, 万 円 ( 下 限 5, 万 円 7, 万 円 ) 平 成 1 年 ( 対 象 事 業 ) 上 限 3 億 円 ( 過 去 急 増 市 町 村 に 限 る) 4. 文 部 科 学 省 の 取 組 大 規 模 改 造 ( 老 朽 :エコ 改 修 ) 事 業 の 概 要 平 成 23 年 度 創 設 目 的 学 校 施 設 の 老 朽 化 が 深 刻 であるため 老 朽 改 修 の 実 施 が 急 務 改 正 省 エネ 法 に 基 づき 作 成 した 省 エネ 計 画 の 達 成 が 必 要 猛 暑 等 の 対 策 として 室 内 の 温 熱 環 境 等 の 改 善 が 必 要 環 境 に 配 慮 した 計 画 的 効 率 的 な 老 朽 改 修 を 促 進 する 対 象 建 築 後 2 年 以 上 の 建 物 算 定 割 合 1/3 ( 財 政 力 指 数 が1.を 超 える 設 置 者 にあっては2/7) 下 限 額 :7, 万 円 ( 地 方 公 共 団 体 単 位 ) かつ4 万 円 以 上 ( 事 業 単 位 ) 上 限 額 :2 億 円 ( 過 去 急 増 市 町 村 にあっては3 億 円 ) 小 規 模 自 治 体 の 場 合 ( 小 中 学 校 数 が6 校 以 下 ) 下 限 額 :1, 万 円 ( 地 方 公 共 団 体 単 位 ) かつ4 万 円 以 上 ( 事 業 単 位 ) 建 物 区 分 ごとに 老 朽 改 修 の 工 事 費 全 体 に 占 めるエコ 改 修 の 工 事 費 の 割 合 が5% 以 上 となること 実 施 例 (これまでの 老 朽 改 修 ) 23 年 度 A 小 B 小 C 小 D 中 ( 今 後 の 老 朽 エコ 改 修 の 例 (イメージ)) 23 年 度 A 小 B 小 C 小 D 中 高 効 率 照 明 への 更 新 壁 の 断 熱 化 二 重 サッシ 高 効 率 空 調 への 更 新 大 規 模 改 造 ( 老 朽 :エコ 改 修 )の 創 設 により 分 割 して 計 画 的 効 率 的 に 改 修 することが 可 能 に 効 果 費 用 対 効 果 の 高 いものから 順 次 実 施 できる 多 くの 学 校 を 同 時 に 環 境 改 善 できる 一 括 発 注 によるコストダウンも 可 能 9

21 4. 文 部 科 学 省 の 取 組 老 朽 関 連 事 業 における 地 方 財 政 措 置 ( 平 成 24 年 度 ) 大 規 模 改 造 事 業 ( 老 朽 )の 財 源 内 訳 地 方 債 5% 一 般 会 計 事 業 として 実 施 する 場 合 16.7% 国 費 33.3% 実 質 的 な 地 方 負 担 66.7% 改 築 事 業 の 財 源 内 訳 地 方 債 6% 6.7% 国 費 33.3% 元 利 償 還 金 に 対 する 交 付 税 措 置 4% 実 質 的 な 地 方 負 担 26.7% 参 考 新 増 築 事 業 の 財 源 内 訳 地 方 債 45% 5% 国 費 5% 元 利 償 還 金 に 対 する 交 付 税 措 置 3% 実 質 的 な 地 方 負 担 2% 4. 文 部 科 学 省 の 取 組 1. 趣 旨 公 立 学 校 施 設 の 維 持 管 理 に 要 する 経 費 経 常 的 に 発 生 する 建 物 の 維 持 補 修 や 小 規 模 な 改 良 については 設 置 者 が 自 らの 判 断 で 適 時 適 切 に 行 うものであるが 建 物 の 維 持 管 理 に 要 する 経 費 については 地 方 交 付 税 等 により 所 要 の 措 置 を 講 じてい る 2. 老 朽 した 建 物 に 対 する 措 置 地 方 単 独 事 業 で 実 施 される 以 下 の 事 業 に 対 しては 地 方 債 措 置 がなされる 対 象 事 業 建 物 : 建 築 後 15 年 以 上 経 過 した 小 中 学 校 中 等 教 育 学 校 ( 前 期 課 程 ) 及 び 特 別 支 援 学 校 ( 小 中 学 部 )の 校 舎 及 び 屋 内 運 動 場 工 事 : 一 部 改 造 又 は 全 面 改 造 下 限 額 : 2, 万 円 以 上 起 債 充 当 率 対 象 事 業 費 の75%( 元 利 償 還 金 の3%を 地 方 交 付 税 措 置 ) 3. 建 物 の 維 持 管 理 費 に 対 する 措 置 ( 平 成 23 年 度 ) 維 持 管 理 に 要 する 経 費 を 地 方 交 付 税 の 単 位 費 用 に 以 下 のとおり 算 定 している 個 別 算 定 経 費 ( 建 物 等 維 持 修 繕 費 ) 小 学 校 18 学 級 につき 3,27 千 円 中 学 校 15 学 級 につき 3,54 千 円 包 括 算 定 経 費 ( 改 修 等 事 業 費 ) 標 準 団 体 ( 人 口 1 万 人 )の 事 業 費 として 単 位 費 用 に 積 算 小 学 校 分 145, 千 円 中 学 校 分 67, 千 円 91

22 4. 文 部 科 学 省 の 取 組 老 朽 化 対 策 に 関 する 財 政 支 援 措 置 イメージ( 標 準 的 な 規 模 の 自 治 体 学 校 の 場 合 平 成 24 年 度 ) 国 と 地 方 の 役 割 分 担 の 観 点 から 原 則 として 事 業 費 7, 万 円 以 上 の 大 規 模 な 事 業 を 国 庫 補 助 対 象 それ 以 外 は 地 方 単 独 事 業 としている ただし 政 策 的 な 観 点 から 各 個 別 課 題 の 推 進 に 必 要 な 事 業 については 一 部 国 による 財 政 支 援 を 実 施 事 業 費 改 築 国 庫 補 助 地 方 債 措 置 交 付 金 算 定 割 合 :1/3 起 債 充 当 率 : 対 象 事 業 費 の6%( 交 付 税 措 置 : 対 象 事 業 費 の4%) 2 億 円 7 万 円 2 万 円 4 万 円 大 規 模 改 造 ( 老 朽 ) 国 庫 補 助 交 付 金 算 定 割 合 :1/3 起 債 充 当 率 : 対 象 事 業 費 の5% 老 朽 建 物 の 改 造 地 方 債 措 置 起 債 充 当 率 : 対 象 事 業 費 の75% 交 付 税 措 置 : 対 象 事 業 費 の22.5% 建 物 の 維 持 管 理 地 方 交 付 税 措 置 建 物 等 維 持 修 繕 費 : 学 級 数 に 応 じ 配 分 改 修 等 事 業 費 : 標 準 団 体 ( 人 口 1 万 人 )の 事 業 費 として 単 位 費 用 に 積 算 大 規 模 改 造 (エコ 改 修 教 育 内 容 トイレ 法 令 適 合 障 害 児 対 策 防 犯 対 策 等 ) 国 庫 補 助 交 付 金 算 定 割 合 :1/3 事 業 により 上 下 限 額 は 異 なる 4. 文 部 科 学 省 の 取 組 公 立 学 校 施 設 の 必 要 面 積 1. 必 要 面 積 ( 国 庫 補 助 基 準 面 積 ) 必 要 面 積 は 学 習 指 導 要 領 に 即 した 学 校 教 育 の 実 施 を 確 保 する 上 で 必 要 となる 標 準 的 な 面 積 を 学 校 種 別 建 物 種 別 ごとに 定 めたもの 各 学 校 設 置 者 において 弾 力 的 に 多 様 な 学 校 施 設 を 整 備 することができるよう 教 室 等 の 個 々の 室 の 面 積 を 定 めたものではなく 学 校 規 模 に 応 じた 総 面 積 を 定 めている また 必 要 面 積 は 教 育 内 容 方 法 等 の 多 様 化 等 に 伴 う 学 習 指 導 要 領 の 改 正 等 を 踏 まえ 所 要 の 改 善 を 図 っている 2. 小 中 学 校 校 舎 の 必 要 面 積 の 例 ( 現 行 ) ( 温 暖 地 ) 学 校 種 別 6 学 級 12 学 級 18 学 級 24 学 級 小 学 校 2,468m2 3,881m2 5,m2 6,38m2 中 学 校 3,181m2 5,129m2 6,88m2 7,39m2 多 目 的 スペースを 設 置 する 場 合 は 上 表 の 面 積 に 小 学 校 は18.% 中 学 校 は1.5%をそれぞれ 加 算 できる 積 雪 寒 冷 地 については 上 表 の 面 積 に 加 算 補 正 する ( 参 考 ) 学 級 数 に 応 じた 基 準 となった 昭 和 39 年 当 時 の 必 要 面 積 の 例 ( 温 暖 地 ) 現 行 基 準 の 概 ね 半 分 程 度 学 校 種 別 6 学 級 12 学 級 18 学 級 24 学 級 小 学 校 1,9m2 1,852m2 2,645m2 3,425m2 中 学 校 1,324m2 2,348m2 3,34m2 4,1m2 92

49.6 1

49.6 1 49.6 1 t-co2 120 100 80 60 40 20 0 2 4 8 40 52 53 53 59 64 79 83 83 108 101 104 2 3 鳥 取 県 3 2,876 t 岡 山 県 83,782 t 島 根 県 8 1,660 t 広 島 県 15 3,995t 福 岡 県 19 4,141 t 佐 賀 県 3 952 t 大 分 県 53,181 t 長 崎 県 2

More information

(案)

(案) ( 別 紙 ) 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 1 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )については 予 算 の 範 囲 内 において 交 付 するものとし 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 昭 和 30 年 法 律 第 179 号 ) 補 助

More information

資 料 10 山 梨 県 まち ひと し ごと 創 生 人 口 ビジョン ( 中 間 報 告 ) 山 梨 県 まち ひと しごと 創 生 人 口 ビジョン 中 間 報 告 山 梨 県 人 口 減 少 対 策 戦 略 本 部 平 成 27 年 6 月 目 次 1 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 1 2 人 口 の 現 状 分 析 (1) 人 口 動 向 分 析 総 人 口 2 自 然 増 減

More information

平成25年教育施策の概要091 教育環境整備課

平成25年教育施策の概要091 教育環境整備課 県 立 学 校 関 係 1 県 立 学 校 施 設 設 備 の 整 備 充 実 校 舎 体 育 施 設 産 業 教 育 施 設 等 の 新 増 改 築 等 を 進 めるとともに 既 存 施 設 の 延 命 化 を 図 る ための 大 規 模 改 修 及 び 情 報 教 育 機 器 等 設 備 の 充 実 を 計 画 的 に 進 める 校 地 等 整 備 事 業 (411,771 千 円 ) 教 :1-14

More information

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や 1 平 成 25 年 度 水 産 関 係 補 正 予 算 の 概 要 平 成 25 年 12 月 水 産 庁 総 額 556 億 円 1 漁 業 コストの 低 減 対 策 230 億 円 漁 業 コスト 構 造 改 革 緊 急 対 策 事 業 228 億 円 1 省 燃 油 活 動 推 進 事 業 80 億 円 燃 油 消 費 量 を 削 減 するために 漁 業 者 グループが 行 う 省 燃 油

More information

(Microsoft Word - \221\317\220k\214v\211\346hp.doc)

(Microsoft Word - \221\317\220k\214v\211\346hp.doc) 守 口 市 立 小 中 学 校 耐 震 化 推 進 計 画 平 成 20 年 3 月 守 口 市 教 育 委 員 会 目 次 第 1 章 耐 震 化 計 画 の 主 旨 1 第 1 節 計 画 策 定 の 背 景 1 文 部 科 学 省 の 対 応 2 国 土 交 通 省 の 対 応 第 2 節 小 中 学 校 耐 震 化 計 画 の 位 置 づけ 第 3 節 計 画 期 間 第 2 章 小 中 学

More information

2. 上 尾 市 における 公 共 施 設 マネジメントの 原 則 公 共 建 築 物 (ハコモノ)における 原 則 施 設 の 複 合 化 や 多 機 能 化 及 び 更 新 の 際 に 必 要 とされる 機 能 の 峻 別 と 補 完 により 総 量 を 縮 減 し 新 規 整 備 は 抑 制

2. 上 尾 市 における 公 共 施 設 マネジメントの 原 則 公 共 建 築 物 (ハコモノ)における 原 則 施 設 の 複 合 化 や 多 機 能 化 及 び 更 新 の 際 に 必 要 とされる 機 能 の 峻 別 と 補 完 により 総 量 を 縮 減 し 新 規 整 備 は 抑 制 第 3 章 公 共 施 設 マネジメントの 方 針 1. 現 状 や 課 題 に 関 する 基 本 認 識 上 尾 市 が 置 かれている 人 口 や 財 政 などの 現 状 を 踏 まえると 公 共 施 設 等 をこれまでと 同 じ 規 模 や 手 法 で 整 備 維 持 管 理 していくことは 現 実 的 ではありません 公 共 建 築 物 の 更 新 費 用 予 測 から 建 替 えや 大 規

More information

平成26年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」について

平成26年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」について 平 成 26 年 度 児 童 生 徒 の 問 題 行 動 等 生 徒 指 導 上 の 諸 問 題 に 関 する 調 査 について 平 成 27 年 9 月 16 日 ( 水 ) 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 児 童 生 徒 課 目 次 1 調 査 の 概 要... 1 (1) 調 査 項 目 調 査 対 象... 1 (2) 調 査 結 果 の 主 な 特 徴... 1 (3) 調

More information

特別企画コンファレンス

特別企画コンファレンス 地 域 資 源 としての 空 き 家 の 利 活 用 と これからのまちづくり 2014 年 10 月 6 日 富 士 通 総 研 経 済 研 究 所 上 席 主 任 研 究 員 米 山 秀 隆 yoneyama.hide@jp.fujitsu.com 本 日 の 内 容 1. 空 き 家 の 現 状 2. 空 き 家 の 利 活 用 促 進 策 3. コンパクトシティ 化 と 空 き 家 の 利

More information

【行革委】資料5 アセットマネジメント

【行革委】資料5 アセットマネジメント アセットマネジメントの 推 進 について 資 料 公 共 土 木 施 設 本 県 における 主 な 社 会 インフラ 高 度 経 済 成 長 期 に 集 中 的 に 整 備 された 橋 梁 やトンネル 河 川 砂 防 港 湾 施 設 など 社 会 インフラの 老 朽 化 が 進 行 橋 梁 トンネルの 老 朽 化 の 現 状 県 管 理 の 橋 梁,39 橋 のうち 建 設 後 年 を 経 過 したものが

More information

平成23年度 住宅リフォーム実例調査

平成23年度 住宅リフォーム実例調査 平 成 26 年 度 第 12 回 住 宅 リフォーム 実 例 調 査 報 告 書 平 成 27 年 3 月 ォーム 推 進 協 議 会 目 次 Ⅰ. 調 査 の 概 要... 1 Ⅱ. 調 査 結 果 の 分 析... 3 Ⅲ. 調 査 結 果... 8 1. 結 果 の 概 要... 8 2. 調 査 結 果 の 詳 細... 14 1. 世 帯 住 宅 の 基 本 属 性... 14 (1)

More information

... 1... 1... 1 1... 2 1.1... 2 1.2... 3 1.3... 3 1.4... 4 1.5... 5 2... 6 2.1... 6 2.1.1... 6 2.1.2 10... 7 2.1.3 10... 8 2.1.4 10... 9 2.2... 10 2.2

... 1... 1... 1 1... 2 1.1... 2 1.2... 3 1.3... 3 1.4... 4 1.5... 5 2... 6 2.1... 6 2.1.1... 6 2.1.2 10... 7 2.1.3 10... 8 2.1.4 10... 9 2.2... 10 2.2 2016 1 20 12-6288 ... 1... 1... 1 1... 2 1.1... 2 1.2... 3 1.3... 3 1.4... 4 1.5... 5 2... 6 2.1... 6 2.1.1... 6 2.1.2 10... 7 2.1.3 10... 8 2.1.4 10... 9 2.2... 10 2.2.1... 10 2.2.2... 11 2.3... 12 2.3.1...

More information

Microsoft Word - 実例調査-報告書20130307-01.doc

Microsoft Word - 実例調査-報告書20130307-01.doc 平 成 24 年 度 住 宅 リフォーム 実 例 調 査 報 告 書 平 成 25 年 3 月 ォーム 推 進 協 議 会 目 次 Ⅰ. 調 査 の 概 要 ------------------------------------------------------ 1 Ⅱ. 調 査 結 果 の 分 析 --------------------------------------------------

More information

1

1 第 3 章 大 規 模 修 繕 及 び 建 替 えにかかる 将 来 用 3. 大 規 模 修 繕 及 び 建 替 えにかかる 将 来 用 1 将 来 用 試 算 のための 条 件 現 在 市 が 保 有 している 建 物 借 用 物 件 は 除 くについて 将 来 もそのまま 保 有 し 続 け るために 必 要 となる 用 を 試 算 します ア 建 替 えコストの 考 え 方 1 建 替 え

More information

長く住みたくなる いえ 長期優良住宅制度のご案内(2015.04.01)

長く住みたくなる いえ 長期優良住宅制度のご案内(2015.04.01) 認 定 長 期 優 良 住 宅 のご 案 内 1 あなたが 家 に 求 めるものは 何 ですか? 価 格? 間 取 りや デザイン? 多 くのアンケート 調 査 で 価 格 や 間 取 り デザインなどが 上 位 を 占 めます 思 い 描 いた 家 を 建 てるためには これらももちろん 大 切 な 要 件 となります しかし それだけで 決 めることは 絶 対 にしないでください 家 によって

More information

2011年5月26日

2011年5月26日 2016 年 6 月 10 日 全 国 私 立 学 校 教 職 員 組 合 連 合 ( 全 国 私 教 連 ) 中 央 執 行 委 員 長 永 島 民 男 2015 年 度 私 立 高 校 中 学 生 の 経 済 的 理 由 による 退 学 と 学 費 滞 納 調 査 のまとめ 1. 調 査 の 目 的 今 回 の 調 査 は 2015 年 度 (2015 年 4 月 ~2016 年 3 月 末 )に

More information

Microsoft Word - 概況(確定版).doc

Microsoft Word - 概況(確定版).doc 平 成 25 年 2 月 28 日 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 小 野 暁 史 課 長 補 佐 關 雅 夫 ( 内 線 7471) 計 析 第 一 係 ( 内 線 7470) ( 代 表 電 話 ) 03(5253)1111 ( 直 通 電 話 ) 03(3595)2812 ( F A X ) 03(3595)1670 平 成

More information

平成25年住宅・土地統計調査(速報集計) 結果の概要

平成25年住宅・土地統計調査(速報集計) 結果の概要 平 成 25 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 速 報 集 計 結 果 の 概 要 平 成 26 年 7 月 29 日 総 務 省 統 計 局 目 次 結 果 の 概 要 第 1 章 住 宅 世 帯 の 概 況 1 総 住 宅 数 と 総 世 帯 数 1 2 居 住 世 帯 の 有 無 2 第 2 章 住 宅 の 状 況 1 住 宅 の 種 類 3 2 建 て 方, 構 造 4 3 建 築 の 時

More information

スライド 1

スライド 1 第 1 回 生 活 保 護 制 度 に 関 する 国 と 地 方 協 議 平 成 23 年 5 月 30 日 資 料 3 生 活 保 護 制 度 現 状 等 について 厚 生 労 働 省 - 目 次 - 頁 1 生 活 保 護 制 度 概 要 1 被 保 護 世 帯 数 等 動 向 2 被 保 護 世 帯 数 被 保 護 人 員 保 護 率 年 次 推 移 3 3 世 帯 類 型 別 保 護 世 帯

More information

Ⅰ 第 6 章 公 共 施 等 の 管 理 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 1. 公 共 施 公 共 施 の 総 合 的 かつ 計 画 的 な 管 理 は, 図 表 6-1 に 示 す 通 り, 概 ね4つの 段 階 で 構 成 され, 中 長 期 保 全 計 画 を 策 定 実 行 することにあります まず, 実 態 把 握 として, 構 造 躯 体 の 健 全 性 を 把 握 することで

More information

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人 平 成 8 年 度 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 等 集 団 指 導 ( 地 域 移 行 支 援 地 域 定 着 支 援 ) 資 料 長 野 県 障 がい 者 支 援 課 (1) 地 域 相 談 の 必 要 性 15 施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 違 反 是 正 の 推 進 について 平 成 27 年 7 月 10 日 ( 金 ) 消 防 庁 予 防 課 目 次 1 重 大 な 消 防 法 令 違 反 対 象 物 に 係 る 実 態 等 の 調 査 2 違 反 対 象 物 の 公 表 制 度 3 査 察 規 程 の 作 成 例 1 重 大 な 消 防 法 令 違 反 対 象 物 に 係 る 実 態 等 の 調 査 重 大 な 消 防 法 令

More information

犬山市公共施設マネジメント基本計画

犬山市公共施設マネジメント基本計画 犬 山 市 公 共 施 設 マネジメント 基 本 計 画 概 要 版 平 成 27 年 3 月 犬 山 市 企 画 財 政 部 財 政 課 - 0 - 目 次 第 1 章 はじめに... 1 1. 公 共 施 設 マネジメントの 必 要 性... 2. 公 共 施 設 の 定 義... 3. 公 共 施 設 マネジメント 計 画 の 手 順... 4. 本 基 本 計 画 の 位 置 づけ... 5.

More information

< 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第

< 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第 島 根 県 県 有 施 設 長 寿 命 化 指 針 平 成 27 年 3 月 島 根 県 < 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第 3 長 寿

More information

基 礎 資 料 2 消 防 防 災 ヘリコプターの 出 動 実 績 1 消 防 防 災 ヘリコプターの 出 動 件 数 の 推 移 ( 平 成 16 年 から 平 成 25 年 まで) ( 件 数 ) 9,000 8,000 7,000 6,000 5,000 4,000 3,000 2,000 1

基 礎 資 料 2 消 防 防 災 ヘリコプターの 出 動 実 績 1 消 防 防 災 ヘリコプターの 出 動 件 数 の 推 移 ( 平 成 16 年 から 平 成 25 年 まで) ( 件 数 ) 9,000 8,000 7,000 6,000 5,000 4,000 3,000 2,000 1 基 礎 資 料 1 消 防 防 災 ヘリコプターの 配 備 状 況 1 平 成 27 年 4 月 1 日 現 在 配 備 状 況 76 機 (45 都 道 府 県 55 団 体 ) (1) 消 防 庁 ヘリコプター 5 機 ( 東 京 消 防 庁 京 都 市 消 防 局 埼 玉 県 宮 城 県 高 知 県 に 無 償 使 用 ) (2) 消 防 機 関 ヘリコプター 31 機 ( 東 京 消 防 庁

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081A193878DAA8CA78DE090AD82CC8CBB8BB581A18169506F776572506F696E74816A81408255815E8250825189EF8B6397708169826F826382658CB48D65816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081A193878DAA8CA78DE090AD82CC8CBB8BB581A18169506F776572506F696E74816A81408255815E8250825189EF8B6397708169826F826382658CB48D65816A> 参 考 資 料 資 料 No.5 財 政 制 度 財 政 用 語 目 次 地 方 交 付 税 について 1 普 通 交 付 税 における 財 源 調 整 機 能 2 財 政 力 指 数 3 標 準 財 政 規 模 4 地 方 債 について 5 地 方 債 の 効 果 6 地 方 債 の 償 還 7 人 事 委 員 会 勧 告 制 度 8 民 間 給 与 との 比 較 方 法 9 地 方 財 政 をめぐる

More information

写 真 は 機 械 室 ( 受 水 槽 とポンプ 設 備 ( 上 )) 電 気 室 ( 受 変 電 設 備 ( 下 )) 72

写 真 は 機 械 室 ( 受 水 槽 とポンプ 設 備 ( 上 )) 電 気 室 ( 受 変 電 設 備 ( 下 )) 72 3 第 章 この 章 の 要 点 施 設 の 改 築 改 修 経 費 1 平 成 22 年 ごろから 建 築 後 5 年 の 耐 用 年 数 を 迎 える 施 設 が 増 えてきます 2 小 中 学 校 の 耐 震 改 修 工 事 は 改 築 対 象 になったもの 以 外 は 平 成 24 年 度 に 完 了 する 予 定 です 3 小 中 学 校 の 改 築 経 費 を 想 定 すると 平 成 21

More information

1 2 3 4 5

1 2 3 4 5 1 2 3 4 5 1 人 口 及 び 世 帯 数 の 推 移 (3 月 末 現 在 ) 年 別 世 帯 数 人 口 男 女 人 口 伸 指 数 人 口 密 度 平 成 13 年 20,991 43,184 19,620 23,564 100.0 701.6 14 20,931 42,740 19,441 23,299 99.0 694.4 15 21,087 42,582 19,318 23,264

More information

Ⅰ 各種整備計画の策定について

Ⅰ 各種整備計画の策定について 地 区 市 民 センターの 整 備 に 関 する 方 針 2015( 平 成 27) 年 9 月 伊 賀 市 (1) 方 針 策 定 の 経 緯 と 目 的 地 区 市 民 センターは 条 例 において 地 域 住 民 の 連 帯 意 識 を 高 め 健 康 で 文 化 的 な 近 隣 社 会 の 建 設 とその 発 展 に 寄 与 する ことを 目 的 に 設 置 されています また 自 治 基

More information

annaka

annaka 序 章 計 画 のあらまし 1 計 画 の 目 的 と 位 置 づけ 1) 計 画 策 定 の 背 景 と 目 的 (1) 背 景 近 年 の 急 速 な 少 子 高 齢 化 の 進 展 人 口 減 少 社 会 の 到 来 を 踏 まえ 平 成 18 年 6 月 現 在 及 び 将 来 における 国 民 の 豊 かな 住 生 活 を 実 現 するため 住 生 活 基 本 法 が 制 定 され 同 年

More information

(6) 明 渡 し 請 求 から 組 合 解 散 までの 手 続 きに 関 わる 書 式 等 書 式 6-1 施 行 マンション 等 の 明 渡 し 通 知 F... 資 38 書 式 6-2 マンション 建 替 組 合 解 散 認 可 申 請 書 F... 資 39 書 式 6-3 決 算 報 告

(6) 明 渡 し 請 求 から 組 合 解 散 までの 手 続 きに 関 わる 書 式 等 書 式 6-1 施 行 マンション 等 の 明 渡 し 通 知 F... 資 38 書 式 6-2 マンション 建 替 組 合 解 散 認 可 申 請 書 F... 資 39 書 式 6-3 決 算 報 告 資 料 1 建 替 え 関 連 書 式 1. 参 考 様 式 (1) 建 替 え 決 議 の 手 続 きに 関 わる 書 式 書 式 1-1 建 替 え 決 議 集 会 招 集 通 知 書 ( 説 明 会 開 催 通 知 書 と 併 せた 場 合 ) A... 資 1~3 書 式 1-2 議 決 権 行 使 書 ( 建 替 え 決 議 ) A... 資 4 書 式 1-3 議 決 権 行 使 者 選

More information

資  料

資  料 資 料 7 固 定 資 産 税 課 関 係 説 明 資 料 平 成 27 年 1 月 23 日 目 次 負 担 調 整 措 置 等 1 特 例 関 係 11 償 却 資 産 課 税 16 その 他 制 度 関 係 22 固 定 資 産 評 価 関 係 29 負 担 調 整 措 置 等 1 商 業 地 の 地 価 公 示 価 格 の 動 向 ( 平 成 9 年 度 ~ 平 成 26 年 度 ) 全

More information

<4D F736F F F696E74202D E38BA A A8D9195DB91678D8795E28F958CA992BC82B DC58F4994C52E >

<4D F736F F F696E74202D E38BA A A8D9195DB91678D8795E28F958CA992BC82B DC58F4994C52E > 23.9.28 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 説 明 資 料 国 民 健 康 保 険 組 合 に 対 する 補 助 の 見 直 しについて 平 成 23 年 9 月 28 日 厚 生 労 働 省 保 険 局 国 民 健 康 保 険 課 1 国 民 健 康 保 険 組 合 の 概 要 同 種 の 事 業 又 は 業 務 に 従 事 する 従 業 員 等 を 組 合 員 として 組 織 された

More information

大 分 類 小 分 類 建 設 工 事 の 種 類 土 木 建 築 工 事 業 前 記 による 総 合 工 事 業 土 木 工 事 業 ( 土 木 工 事 が 完 成 工 事 高 の8 割 以 上 ) 建 築 工 事 業 ( 土 木 工 事 が 完 成 工 事 高 の2 割 未 満 ) 設 備 工

大 分 類 小 分 類 建 設 工 事 の 種 類 土 木 建 築 工 事 業 前 記 による 総 合 工 事 業 土 木 工 事 業 ( 土 木 工 事 が 完 成 工 事 高 の8 割 以 上 ) 建 築 工 事 業 ( 土 木 工 事 が 完 成 工 事 高 の2 割 未 満 ) 設 備 工 建 設 業 の 経 営 分 析 ( 平 成 26 年 度 ) ( 概 要 版 ) 1. 調 査 の 概 要 (1) 調 査 目 的 建 設 企 業 の 経 営 分 析 を 行 い 建 設 業 の 健 全 な 発 展 に 資 する 基 礎 資 料 を 得 ることを 目 的 とする (2) 調 査 事 項 各 財 務 比 率 の 平 均 値 を 調 査 した (3) 調 査 対 象 一 般 財 団 法

More information

本 書 は 東 京 都 認 証 保 育 所 事 業 実 施 要 綱 ( 以 下 要 綱 という )に 規 定 する 建 物 設 備 の 基 準 及 び 職 員 配 置 の 基 準 について 解 説 するものです 1 建 物 設 備 の 基 準 ( 要 綱 6) 基 本 的 な 考

本 書 は 東 京 都 認 証 保 育 所 事 業 実 施 要 綱 ( 以 下 要 綱 という )に 規 定 する 建 物 設 備 の 基 準 及 び 職 員 配 置 の 基 準 について 解 説 するものです 1 建 物 設 備 の 基 準 ( 要 綱 6) 基 本 的 な 考 H25.4.1 版 認 証 保 育 所 施 設 基 準 解 説 平 成 22 年 10 月 東 京 都 福 祉 保 健 局 少 子 社 会 対 策 部 保 育 支 援 課 0/15 本 書 は 東 京 都 認 証 保 育 所 事 業 実 施 要 綱 ( 以 下 要 綱 という )に 規 定 する 建 物 設 備 の 基 準 及 び 職 員 配 置 の 基 準 について 解 説 するものです 1 建

More information

日 本 の 地 域 別 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 25(2013) 年 3 月 推 計 ) - 平 成 22(2010)~52(2040) 年 - Ⅰ. 推 計 方 法 の 概 要... 1 1. 推 計 期 間... 1 2. 推 計 の 対 象 となる... 1 3. 推 計 方 法... 2 4. 基 準 人 口... 2 5. 将 来 の 生 残 率... 2 6. 将 来 の 純

More information

1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費

1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費 資 料 5 医 療 費 等 現 状 について 健 康 祉 政 策 課 1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費 状 況 (4)1 人 当 たり

More information

Microsoft Word - 国民年金の加入納付状況H25

Microsoft Word - 国民年金の加入納付状況H25 平 成 25 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 25 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平 成 25 の 保 険 料

More information

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc 参 考 4 平 成 23 年 度 庁 舎 等 の 公 用 財 産 に 対 する 監 査 結 果 一 覧 表 一 覧 表 記 号 欄 の 凡 例 3ページ 下 段 に 記 載 した 指 摘 の 主 な 内 容 を 表 しています 指 摘 内 容 庁 舎 等 の 有 効 活 用 余 剰 面 積 等 の 有 効 活 用 財 産 管 理 の 不 備 庁 舎 保 全 関 係 の 不 備 異 なる 間 の 有

More information

目 次 2 公 立 学 校 における 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 の 現 状 3 自 治 体 における 加 配 教 員 の 配 置 状 況 の 例 6 日 本 語 が 母 語 ではない 子 供 等 の 中 学 校 卒 業 後 の 進 路 ( 外 国 人 集 住 都 市 会 議

目 次 2 公 立 学 校 における 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 の 現 状 3 自 治 体 における 加 配 教 員 の 配 置 状 況 の 例 6 日 本 語 が 母 語 ではない 子 供 等 の 中 学 校 卒 業 後 の 進 路 ( 外 国 人 集 住 都 市 会 議 参 考 資 料 1 日 本 語 能 力 が 十 分 でない について 平 成 28 年 3 月 22 日 文 部 科 学 省 目 次 2 公 立 学 校 における 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 の 現 状 3 自 治 体 における 加 配 教 員 の 配 置 状 況 の 例 6 日 本 語 が 母 語 ではない 子 供 等 の 中 学 校 卒 業 後 の 進 路 ( 外 国 人

More information

Microsoft Word - Ⅰ章_100525.doc

Microsoft Word - Ⅰ章_100525.doc Ⅰ. 市 街 化 区 域 内 農 地 の 資 産 価 値 の 整 理 1. 一 般 農 地 市 街 化 区 域 内 農 地 及 び 宅 地 に 係 る 固 定 資 産 税 の 負 担 水 準 等 の 経 年 変 化 等 についての 税 制 上 の 整 理 1) 一 般 農 地 市 街 化 区 域 内 農 地 及 び 宅 地 に 係 る 固 定 資 産 税 制 度 の 基 本 的 な 仕 組 み 農

More information

私 大 退 職 金 財 団 報 2012.9.24 第 77 号 財 団 法 人 私 立 大 学 退 職 金 財 団 平 成 24 年 度 退 職 金 等 に 関 する 実 態 調 査 報 告 書 平 成 24 年 度 退 職 金 等 に 関 する 実 態 調 査 報 告 について 調 査 結 果 の 概 略 1 2 調 査 方 法 等 の 概 要 と 前 提 条 件 4 調 査 結 果 Q1 Q2

More information

3 維 持 整 備 実 施 計 画 財 務 局 等 は 1により 把 握 した 要 整 備 案 件 について 毎 年 1 月 1 日 時 点 において 所 要 額 処 理 能 力 等 を 勘 案 の 上 別 紙 第 1 号 様 式 による 翌 年 度 の 維 持 整 備 実 施 計 画 を 作 成

3 維 持 整 備 実 施 計 画 財 務 局 等 は 1により 把 握 した 要 整 備 案 件 について 毎 年 1 月 1 日 時 点 において 所 要 額 処 理 能 力 等 を 勘 案 の 上 別 紙 第 1 号 様 式 による 翌 年 度 の 維 持 整 備 実 施 計 画 を 作 成 合 同 宿 舎 の 維 持 整 備 について 昭 和 44 年 2 月 24 日 蔵 理 第 643 号 改 正 昭 和 46 年 10 月 20 日 蔵 理 第 4554 号 同 52 年 6 月 10 日 同 第 2513 号 同 56 年 6 月 24 日 同 第 2538 号 平 成 元 年 4 月 1 日 同 第 1668 号 同 4 年 6 月 19 日 同 第 2379 号 同 26

More information

目 次 Ⅰ. 調 査 の 概 要... 1 Ⅱ. 調 査 結 果 の 分 析... 3 今 年 度 調 査 結 果 の 特 徴... 3 第 1 編 世 帯 住 宅 の 基 本 属 性 および 住 宅 リフォームの 実 例 / 基 本 集 計... 5 1. 世 帯 住 宅 の 基 本 属 性...

目 次 Ⅰ. 調 査 の 概 要... 1 Ⅱ. 調 査 結 果 の 分 析... 3 今 年 度 調 査 結 果 の 特 徴... 3 第 1 編 世 帯 住 宅 の 基 本 属 性 および 住 宅 リフォームの 実 例 / 基 本 集 計... 5 1. 世 帯 住 宅 の 基 本 属 性... 平 成 22 年 度 住 宅 リフォーム 実 例 調 査 報 告 書 平 成 23 年 3 月 一 般 社 団 法 人 住 宅 リフォーム 推 進 協 議 会 目 次 Ⅰ. 調 査 の 概 要... 1 Ⅱ. 調 査 結 果 の 分 析... 3 今 年 度 調 査 結 果 の 特 徴... 3 第 1 編 世 帯 住 宅 の 基 本 属 性 および 住 宅 リフォームの 実 例 / 基 本 集 計...

More information

建 築 設 備 設 計 監 理 業 務 委 託 料 算 定 基 準 1. 目 的 この 基 準 は 福 島 県 土 木 部 が 所 掌 する 建 築 物 及 びその 附 帯 施 設 ( 以 下 県 有 建 築 物 とい う )に 係 る 設 計 等 の 業 務 ( 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業

More information

勢 一 覧 129 勢 編 1 土 地 総 面 積 国 土 交 通 省 国 土 地 理 院 ホームページ 全 国 市 区 町 村 別 面 積 調 2 民 有 地 面 積 総 務 省 ホームページ 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 3 人 口 総 務 省 統 計 局 ホームページ 人

勢 一 覧 129 勢 編 1 土 地 総 面 積 国 土 交 通 省 国 土 地 理 院 ホームページ 全 国 市 区 町 村 別 面 積 調 2 民 有 地 面 積 総 務 省 ホームページ 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 3 人 口 総 務 省 統 計 局 ホームページ 人 勢 一 覧 勢 一 覧 129 勢 編 1 土 地 総 面 積 国 土 交 通 省 国 土 地 理 院 ホームページ 全 国 市 区 町 村 別 面 積 調 2 民 有 地 面 積 総 務 省 ホームページ 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 3 人 口 総 務 省 統 計 局 ホームページ 人 口 推 計 年 報 4 人 口 密 度 社 会 生 活 統 計 指 標 5 世 帯 数

More information

Ⅰ 平成14年度の状況

Ⅰ 平成14年度の状況 平 成 22 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 22 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 数 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平 成 22 の 保 険

More information

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす 全 国 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 制 定 昭 和 29 年 11 月 15 日 改 正 平 成 14 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 8 月 18 日 改 正 平 成 19 年 3 月 29 日 改 正 平 成 20 年 3 月 27 日 改 正 平 成 22 年 3 月 29 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条

More information

松 江 市 庁 舎 総 合 評 価 業 務 報 告 書 概 要 版 目 次 1. 庁 舎 の 物 理 的 状 況 の 評 価 1 (1) 建 物 概 要 1 (2)これまでの 検 討 経 緯 1 (3) 評 価 対 象 1 (4) 各 種 調 査 データの 整 理 2 1 耐 震 診 断 3 2 躯

松 江 市 庁 舎 総 合 評 価 業 務 報 告 書 概 要 版 目 次 1. 庁 舎 の 物 理 的 状 況 の 評 価 1 (1) 建 物 概 要 1 (2)これまでの 検 討 経 緯 1 (3) 評 価 対 象 1 (4) 各 種 調 査 データの 整 理 2 1 耐 震 診 断 3 2 躯 松 江 市 庁 舎 総 合 評 価 業 務 報 告 書 概 要 版 平 成 26 年 12 月 株 式 会 社 ファインコラボレート 研 究 所 松 江 市 庁 舎 総 合 評 価 業 務 報 告 書 概 要 版 目 次 1. 庁 舎 の 物 理 的 状 況 の 評 価 1 (1) 建 物 概 要 1 (2)これまでの 検 討 経 緯 1 (3) 評 価 対 象 1 (4) 各 種 調 査 データの

More information

目 次 1.はじめに 学 校 施 設 の 現 状 (1) 学 校 施 設 の 現 状 (2)これまでの 学 校 施 設 の 改 築 改 修 の 経 過 木 造 校 舎 の 不 燃 化 事 業 創 意 ある 教

目 次 1.はじめに 学 校 施 設 の 現 状 (1) 学 校 施 設 の 現 状 (2)これまでの 学 校 施 設 の 改 築 改 修 の 経 過 木 造 校 舎 の 不 燃 化 事 業 創 意 ある 教 中 野 区 立 小 中 学 校 施 設 整 備 計 画 平 成 26 年 10 月 中 野 区 教 育 委 員 会 目 次 1.はじめに... - 1-2. 学 校 施 設 の 現 状... - 1 - (1) 学 校 施 設 の 現 状... - 1 - (2)これまでの 学 校 施 設 の 改 築 改 修 の 経 過... - 2-1 木 造 校 舎 の 不 燃 化 事 業... - 2-2 創

More information

琵琶湖流域下水道

琵琶湖流域下水道 琵 琶 湖 流 域 下 水 道 ストックマネジメントガイドライン 概 要 版 平 成 21 年 7 月 滋 賀 県 琵 琶 湖 環 境 部 下 水 道 課 はじめに 我 が 国 のインフラの 多 くは 戦 後 の 高 度 経 済 成 長 期 に 整 備 され 現 在 では 膨 大 なストックを 有 するに 至 っている それらのストックは 年 々 劣 化 し 修 繕 や 改 築 のコストの 増 大

More information

Taro-案文および改正後全文

Taro-案文および改正後全文 ( 改 正 後 全 文 ) 一 部 改 正 雇 児 福 発 0 3 3 1 第 1 号 雇 児 母 発 0 3 3 1 第 2 号 障 障 発 0 3 3 1 第 2 号 平 成 2 7 年 3 月 3 1 日 雇 児 福 発 0 4 0 1 第 2 号 雇 児 母 発 0 4 0 1 第 3 号 障 障 発 0 4 0 1 第 1 号 平 成 2 8 年 4 月 1 日 各 指 定 都 市 民 生

More information

目 次 1 計 画 導 入 に 至 る 背 景 1 (1) 県 人 口 の 動 向 1 (2) 財 政 状 況 3 (3) 職 員 数 の 推 移 3 (4) 普 通 建 事 業 費 維 持 修 繕 費 の 推 移 4 2 県 有 施 の 現 状 と 課 題 5 (1) 県 有 施 の 現 状 5

目 次 1 計 画 導 入 に 至 る 背 景 1 (1) 県 人 口 の 動 向 1 (2) 財 政 状 況 3 (3) 職 員 数 の 推 移 3 (4) 普 通 建 事 業 費 維 持 修 繕 費 の 推 移 4 2 県 有 施 の 現 状 と 課 題 5 (1) 県 有 施 の 現 状 5 県 有 施 の 中 長 期 修 繕 計 画 ~ 中 長 期 修 繕 経 費 の 推 計 ~ 県 有 資 産 マネジメント 検 討 委 員 会 1 目 次 1 計 画 導 入 に 至 る 背 景 1 (1) 県 人 口 の 動 向 1 (2) 財 政 状 況 3 (3) 職 員 数 の 推 移 3 (4) 普 通 建 事 業 費 維 持 修 繕 費 の 推 移 4 2 県 有 施 の 現 状 と 課

More information

改正耐震改修促進法について

改正耐震改修促進法について 事 務 所 ビルの 耐 震 化 を 巡 る 課 題 と 取 組 ( 一 社 ) 日 本 ビルヂング 協 会 連 合 会 常 務 理 事 小 川 富 由 平 成 25 年 11 月 1 本 日 のお 話 震 災 での 建 築 物 の 被 害 と 耐 震 改 修 東 日 本 大 震 災 阪 神 大 震 災 での 被 害 耐 震 改 修 促 進 法 の 仕 組 み 平 成 25 年 耐 震 改 修 促 進

More information

目 次 はじめに... 1 1 方 針 の 策 定 について... 2 2 公 共 施 設 の 現 況 と 課 題... 人 口 の 推 移... 8 ⑴ 将 来 推 計 人 口... 8 ア 日 本 の 総 人 口 の 推 移... 8 イ 島 本 町 の 人 口 推 移 と 将 来 推 計...

目 次 はじめに... 1 1 方 針 の 策 定 について... 2 2 公 共 施 設 の 現 況 と 課 題... 人 口 の 推 移... 8 ⑴ 将 来 推 計 人 口... 8 ア 日 本 の 総 人 口 の 推 移... 8 イ 島 本 町 の 人 口 推 移 と 将 来 推 計... 島 本 町 公 共 施 設 適 正 化 基 本 方 針 ( 案 ) 平 成 2 月 島 本 町 目 次 はじめに... 1 1 方 針 の 策 定 について... 2 2 公 共 施 設 の 現 況 と 課 題... 人 口 の 推 移... 8 ⑴ 将 来 推 計 人 口... 8 ア 日 本 の 総 人 口 の 推 移... 8 イ 島 本 町 の 人 口 推 移 と 将 来 推 計... 9

More information

Ⅲ. 低 炭 素 循 環 型 社 会 関 連 税 制 1. 省 エネ グリーン 化 の 推 進 1 認 定 省 エネ 住 宅 ( 仮 称 )の 普 及 促 進 のため 以 下 の 措 置 を 創 設 住 宅 ローン 減 税 制 度 の 控 除 対 象 借 入 限 度 額 の 引 き 上 げ(H24

Ⅲ. 低 炭 素 循 環 型 社 会 関 連 税 制 1. 省 エネ グリーン 化 の 推 進 1 認 定 省 エネ 住 宅 ( 仮 称 )の 普 及 促 進 のため 以 下 の 措 置 を 創 設 住 宅 ローン 減 税 制 度 の 控 除 対 象 借 入 限 度 額 の 引 き 上 げ(H24 平 成 24 年 度 国 土 交 通 省 税 制 改 正 の 概 要 ( 住 宅 関 係 抜 粋 ) Ⅰ. 暮 らしの 安 全 安 心 確 保 関 連 税 制 1. 住 まいの 質 の 向 上 無 理 のない 負 担 での 住 宅 の 確 保 等 1 新 築 住 宅 に 係 る 固 定 資 産 税 の 減 額 措 置 ( 戸 建 て3 年 間 マンション5 年 間 1/2)を2 年 間 延 長 2

More information

Microsoft PowerPoint - 資料2_20151218木材需給会議資料.pptx

Microsoft PowerPoint - 資料2_20151218木材需給会議資料.pptx 資 料 2 最 近 の 住 宅 着 工 動 向 等 に 関 する 資 料 平 成 27 年 12 月 ( 独 ) 住 宅 金 融 支 援 機 構 調 査 部 新 設 住 宅 着 工 戸 数 (2015 年 10 月 )は 8か 月 ぶりにマイナス 2015 年 10 月 の 新 設 住 宅 着 工 戸 数 は77,153 戸 前 年 同 月 比 伸 び 率 は 2.5%で 8か 月 ぶりにマイナスに

More information

<8C7689E68F91816982508FCD814182518FCD81605038816A2E786477>

<8C7689E68F91816982508FCD814182518FCD81605038816A2E786477> 佐 賀 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 19 年 3 月 佐 賀 県 県 土 づくり 本 部 建 築 住 宅 課 目 次 はじめに 1 第 1 章 計 画 の 概 要 1. 計 画 策 定 の 趣 旨 3 2. 計 画 策 定 の 位 置 づけ 3 3. 計 画 の 期 間 4 4. 計 画 の 基 本 構 成 4 第 2 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の

More information

近 年 発 生 状 況 我 国 国 であり 近 年 日 本 全 国 お 発 生 ( 気 象 庁 ホームページり) ( 平 成 8 年 ~ 平 成 17 年 ) ( 平 成 18 年 ~ 平 成 25 年 4 月 ) 将 来 予 測 将 来 予 測 お 日 本 全 国 で き 発 生 可 能 性 あ

近 年 発 生 状 況 我 国 国 であり 近 年 日 本 全 国 お 発 生 ( 気 象 庁 ホームページり) ( 平 成 8 年 ~ 平 成 17 年 ) ( 平 成 18 年 ~ 平 成 25 年 4 月 ) 将 来 予 測 将 来 予 測 お 日 本 全 国 で き 発 生 可 能 性 あ 1. 促 進 正 概 要 1 近 年 発 生 状 況 我 国 国 であり 近 年 日 本 全 国 お 発 生 ( 気 象 庁 ホームページり) ( 平 成 8 年 ~ 平 成 17 年 ) ( 平 成 18 年 ~ 平 成 25 年 4 月 ) 将 来 予 測 将 来 予 測 お 日 本 全 国 で き 発 生 可 能 性 あ 主 海 溝 型 評 価 結 果 主 要 活 層 評 価 結 果 文 部

More information

○00表紙

○00表紙 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 廣 瀨 滋 樹 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 山 口 浩 司 ( 内 線 7475) 担 当 係 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 27 年 人 口 動 態 統 計 月 報

More information

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 速 報 1. 改 正 の 概 要 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 1 復 興 特 別 法 人 税 の 課 される 期 間 が1 年 前 倒 しで 廃 止 とされます 法 人 が 受 け 取 る 利 子 及 び 配 当 等 に 課 される 復 興 特 別 所 得 税 の 額 は 所 得 税 と 合 せて 法 人 税 の

More information

Microsoft Word 秋田報告書3章

Microsoft Word 秋田報告書3章 第 3 章 学 校 施 設 の 老 朽 化 状 況 の 把 握 1. 構 造 躯 体 の 健 全 性 の 把 握 29 第 3 章 学 校 施 設 の 老 朽 化 状 況 の 把 握 1. 構 造 躯 体 の 健 全 性 の 把 握 老 朽 化 状 況 の 把 握 フロー 老 朽 化 状 況 は 1 躯 体 の 健 全 性 調 査 と2 躯 体 以 外 の 劣 化 状 況 調 査 の2つに 分 けて

More information

Microsoft Word - 00第20回別冊 表紙.doc

Microsoft Word - 00第20回別冊 表紙.doc 第 20 回 本 宮 町 白 沢 村 合 併 協 議 会 別 冊 目 次 1. 経 過 報 告 別 紙 資 料 1 2. 合 併 協 定 項 目 具 体 的 調 整 内 容 一 覧 表 ( 要 協 議 会 報 告 ) 4 3. 報 告 第 73 号 関 係 本 宮 市 市 章 デザイン 応 募 結 果 7 4. 報 告 第 80 号 別 紙 指 定 金 融 機 関 等 一 覧 14 本 宮 町 白

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

目 次 はじめに... 1 1. 背 景 と 目 的... 1 2. 計 画 の 位 置 づけ... 1 3. 計 画 期 間... 1 4. 計 画 の 対 象... 2 Ⅰ 公 共 施 設 等 の 現 状 と 課 題... 3 1. 本 市 の 現 状... 3 2. 公 共 施 設 の 現 状

目 次 はじめに... 1 1. 背 景 と 目 的... 1 2. 計 画 の 位 置 づけ... 1 3. 計 画 期 間... 1 4. 計 画 の 対 象... 2 Ⅰ 公 共 施 設 等 の 現 状 と 課 題... 3 1. 本 市 の 現 状... 3 2. 公 共 施 設 の 現 状 志 木 市 公 共 施 設 等 マネジメント 戦 略 ( 志 木 市 公 共 施 設 等 総 合 管 理 計 画 ) 平 成 27 年 8 月 志 木 市 目 次 はじめに... 1 1. 背 景 と 目 的... 1 2. 計 画 の 位 置 づけ... 1 3. 計 画 期 間... 1 4. 計 画 の 対 象... 2 Ⅰ 公 共 施 設 等 の 現 状 と 課 題... 3 1. 本 市

More information

目 次 はじめに 1 Ⅰ 概 況 1 県 が 保 有 又 は 管 理 借 用 する 財 産 の 現 状 と 課 題 3 (1) 財 産 の 現 状 (2) 課 題 2 これまでの 取 組 み 12 (1) 県 有 施 設 の 長 寿 命 化 (2) 県 有 財 産 の 有 効 活 用 (3) 県 有

目 次 はじめに 1 Ⅰ 概 況 1 県 が 保 有 又 は 管 理 借 用 する 財 産 の 現 状 と 課 題 3 (1) 財 産 の 現 状 (2) 課 題 2 これまでの 取 組 み 12 (1) 県 有 施 設 の 長 寿 命 化 (2) 県 有 財 産 の 有 効 活 用 (3) 県 有 山 形 県 県 有 財 産 総 合 管 理 (ファシリティマネジメント) 基 本 方 針 平 成 26 年 12 月 山 形 県 目 次 はじめに 1 Ⅰ 概 況 1 県 が 保 有 又 は 管 理 借 用 する 財 産 の 現 状 と 課 題 3 (1) 財 産 の 現 状 (2) 課 題 2 これまでの 取 組 み 12 (1) 県 有 施 設 の 長 寿 命 化 (2) 県 有 財 産 の 有

More information

Microsoft Word - 0300第3章中表紙.doc

Microsoft Word - 0300第3章中表紙.doc 第 3 章 公 共 建 築 物 維 持 保 全 計 画 第 3 章 公 共 建 築 物 維 持 保 全 計 画 1 計 画 の 目 的 と 位 置 付 け 本 計 画 は, 公 共 建 築 物 の 現 状 と 維 持 保 全 の 課 題 を 踏 まえ, 公 共 建 築 物 の 長 寿 命 化 や ライフサイクルコストの 縮 減 を 基 本 に, 安 全 かつ 良 好 な 状 態 で 維 持 保 全

More information

Microsoft PowerPoint - 090908 ③検討会資料.ppt

Microsoft PowerPoint - 090908 ③検討会資料.ppt 県 営 住 宅 耐 震 性 確 保 策 等 検 討 委 員 会 ( 第 3 回 ) 1 前 回 宿 題 事 項 ( 土 地 の 利 用 状 況 の 追 加 説 明 等 ) 及 び 事 業 シミュレーションについて 2 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 の 策 定 について 3 高 齢 者 居 住 安 定 確 保 計 画 の 策 定 について 平 成 21 年 9 月 徳 島 県 県 土 整

More information

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 要 望 事 項 の 内 容 及 び 説 明 - 15 - 1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 還 等 の 促 進 > ア 基 地 の 整

More information

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 名 古 屋 市 アセットマネジメント 基 本 方 針 平 成 21 年 3 月 名 古 屋 市 目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 備 保

More information

Ⅰ 平成14年度の状況

Ⅰ 平成14年度の状況 資 料 3-2 平 成 23 度 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 23 度 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 数 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 26 年 4 月 21 日 第 74 回 社 会 保 障 審 議 会 医 療 保 険 部 会 資 料 2-2 出 産 育 児 一 時 金 について 平 成 26 年 4 月 21 日 厚 生 労 働 省 保 険 局 出 産 育 児 一 時 金 について 出 産 育 児 一 時 金 とは 健 康 保 険 法 等 に 基 づく 保 険 給 付 として 健 康 保 険 や 国 民 健 康 保 険

More information

< E A E096BE816A82AB82DF97D52B92CA8FED95AA2E786C73>

< E A E096BE816A82AB82DF97D52B92CA8FED95AA2E786C73> 平 成 21 年 度 3 月 補 正 予 算 の 概 要 平 成 21 年 度 3 月 補 正 予 算 ( ) 会 計 名 補 正 前 の 額 通 常 分 補 正 額 き め 細 か な 計 補 正 後 の 額 前 年 度 同 期 比 一 般 会 計 ( 第 8 号 ) 54,617,600 1,446,638 621,062 2,067,700 56,685,300 2.0% 特 別 会 計 37,519,857

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208370836C838A835883678DB289EA8CA781458D5D938789DB92B7707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208370836C838A835883678DB289EA8CA781458D5D938789DB92B7707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 佐 賀 県 の 災 害 廃 棄 物 対 策 平 成 27 年 11 月 6 日 循 環 型 社 会 推 進 課 県 内 の 有 感 地 震 ( 震 度 1 以 上 ) 回 数 佐 賀 地 方 気 象 台 資 料 提 供 ( 単 位 : 回 ) 震 度 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 1 3 85 5 3 3 7 1 6 5 4 2

More information

81 平 均 寿 命 女 単 位 : 年 全 国 86.35 長 野 県 87.18 1 島 根 県 87.07 2 沖 縄 県 87.02 3 熊 本 県 86.98 4 新 潟 県 86.96 5 三 重 県 86.25 30 岩 手 県 85.86 43 茨 城 県 85.83 44 和 歌

81 平 均 寿 命 女 単 位 : 年 全 国 86.35 長 野 県 87.18 1 島 根 県 87.07 2 沖 縄 県 87.02 3 熊 本 県 86.98 4 新 潟 県 86.96 5 三 重 県 86.25 30 岩 手 県 85.86 43 茨 城 県 85.83 44 和 歌 80 平 均 寿 命 男 単 位 : 年 全 国 79.59 長 野 県 80.88 1 滋 賀 県 80.58 2 福 井 県 80.47 3 熊 本 県 80.29 4 神 奈 川 県 80.25 5 三 重 県 79.68 21 長 崎 県 78.88 43 福 島 県 78.84 44 岩 手 県 78.53 45 秋 田 県 78.22 46 青 森 県 77.28 47 平 均 寿 命

More information

<81793139313231388BC792B797B989F094C5817A838983588CF6955C8E9197BF2E786C73>

<81793139313231388BC792B797B989F094C5817A838983588CF6955C8E9197BF2E786C73> 平 成 19 年 地 方 公 務 員 給 与 実 態 調 査 結 果 の 概 要 ( 平 成 19 年 4 月 1 日 現 在 ) 平 成 19 年 12 月 総 務 省 ( 連 絡 先 ) 自 治 行 政 局 公 務 員 部 給 与 能 率 推 進 室 担 当 : 岡 田 山 家 (やまが) 電 話 : 03-5253-5551( 直 ) 03-5253-5111( 代 ) ( 内 線 3245

More information

萩 市 立 小 中 学 校 施 設 耐 震 化 計 画 はじめに 平 成 7 年 1 月 の 阪 神 淡 路 大 震 災 以 後 近 年 まで 全 国 的 に 大 規 模 な 地 震 が 発 生 しており 公 共 施 設 の 耐 震 性 の 確 保 が 改 めて 重 要 視 されている このような

萩 市 立 小 中 学 校 施 設 耐 震 化 計 画 はじめに 平 成 7 年 1 月 の 阪 神 淡 路 大 震 災 以 後 近 年 まで 全 国 的 に 大 規 模 な 地 震 が 発 生 しており 公 共 施 設 の 耐 震 性 の 確 保 が 改 めて 重 要 視 されている このような 萩 市 立 小 中 学 校 施 設 耐 震 化 計 画 平 成 20 年 2 月 萩 市 教 育 委 員 会 萩 市 立 小 中 学 校 施 設 耐 震 化 計 画 はじめに 平 成 7 年 1 月 の 阪 神 淡 路 大 震 災 以 後 近 年 まで 全 国 的 に 大 規 模 な 地 震 が 発 生 しており 公 共 施 設 の 耐 震 性 の 確 保 が 改 めて 重 要 視 されている このような

More information

<5461726F31332D91CF906B89BB8C7689E68F912E6A7464>

<5461726F31332D91CF906B89BB8C7689E68F912E6A7464> 阿 武 町 学 校 施 設 耐 震 化 計 画 平 成 19 年 6 月 阿 武 町 教 育 委 員 会 1 阿 武 町 基 本 構 想 基 本 計 画 における 学 校 施 設 整 備 計 画 について 阿 武 町 では 昭 和 58 年 に 阿 武 町 基 本 構 想 を 策 定 更 に 平 成 元 年 には これ に 基 づく 阿 武 町 基 本 計 画 さんサントピア 阿 武 7 箇 年 計

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074> 東 海 地 震 対 策 について 東 海 地 震 の 切 迫 性 について 九 州 四 国 紀 伊 半 島 南 海 トラフ 東 海 地 震 東 海 地 震 の 想 定 震 源 域 では 概 ね100~150 年 の 間 隔 で 大 規 模 な 地 震 が 発 生 しているが 東 南 海 地 震 (1944)でひず みが 解 放 されず 安 政 東 海 地 震 (1854)から157 年 間 大 地

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B AB ( 改 定 率 ) 24 年 度 386,022 381,317 4,705 ( 注 ) 月 例 給 については 県 国 ともに 勧 告 が

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B AB ( 改 定 率 ) 24 年 度 386,022 381,317 4,705 ( 注 ) 月 例 給 については 県 国 ともに 勧 告 が 福 島 県 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 23 年 度 (23 年 度 末 ) 人 1,991,865 2,231,214,824 A 5,986,441 275,881,976 B 人 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 22 年

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63> 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 < 概 要 版 > 平 成 22 年 3 月 北 海 道 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 の 背 景 国 では 公 的 直 接 供 給 やフローを 重 視 する 住 宅 建 設 計 画 法 を 廃 止 し 平 成 18 年 6 月 に 新 たな 時 代 の

More information

目 次 1 野 生 鳥 獣 による 農 作 物 被 害 の 概 況 1 2 鳥 獣 被 害 防 止 特 措 法 3 3 抜 本 的 な 鳥 獣 捕 獲 強 化 対 策 ( 概 要 ) 6 4 ニホンザル 被 害 対 策 強 化 の 考 え 方 ( 概 要 ) 7 5 鳥 獣 被 害 対 策 実 施

目 次 1 野 生 鳥 獣 による 農 作 物 被 害 の 概 況 1 2 鳥 獣 被 害 防 止 特 措 法 3 3 抜 本 的 な 鳥 獣 捕 獲 強 化 対 策 ( 概 要 ) 6 4 ニホンザル 被 害 対 策 強 化 の 考 え 方 ( 概 要 ) 7 5 鳥 獣 被 害 対 策 実 施 鳥 獣 被 害 の 現 状 と 対 策 平 成 2 8 年 3 月 目 次 1 野 生 鳥 獣 による 農 作 物 被 害 の 概 況 1 2 鳥 獣 被 害 防 止 特 措 法 3 3 抜 本 的 な 鳥 獣 捕 獲 強 化 対 策 ( 概 要 ) 6 4 ニホンザル 被 害 対 策 強 化 の 考 え 方 ( 概 要 ) 7 5 鳥 獣 被 害 対 策 実 施 隊 8 6 鳥 獣 被 害 防 止

More information

Microsoft PowerPoint - 131003【シンポ資料】北開局小水力ver130925提出版.pptx

Microsoft PowerPoint - 131003【シンポ資料】北開局小水力ver130925提出版.pptx 農 業 水 利 施 設 を 活 用 した 小 水 力 等 発 電 の 導 入 促 進 について 平 成 25 年 10 月 3 日 国 土 交 通 省 北 海 道 開 発 局 農 業 水 産 部 農 業 振 興 課 目 次 1. 小 水 力 等 発 電 導 入 の 状 況 について 2. 制 度 手 続 き 規 制 緩 和 について 3. 農 業 農 村 整 備 事 業 等 における 助 成 制 度

More information

2 設 計 の 進 め 方 2.1 設 計 の 進 め 方 ( 全 般 ) (1) 受 託 者 は 建 築 基 準 法 及 び 建 築 士 法 等 の 法 令 上 の 設 計 者 となるので その 責 任 を 全 うしなければな らない (2) 設 計 は 建 築 基 準 法 及 び 関 係 法 令

2 設 計 の 進 め 方 2.1 設 計 の 進 め 方 ( 全 般 ) (1) 受 託 者 は 建 築 基 準 法 及 び 建 築 士 法 等 の 法 令 上 の 設 計 者 となるので その 責 任 を 全 うしなければな らない (2) 設 計 は 建 築 基 準 法 及 び 関 係 法 令 新 居 浜 市 防 災 拠 点 施 設 建 設 設 計 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 この 仕 様 書 は 新 居 浜 市 ( 以 下 発 注 者 という )が 発 注 する 下 記 の 業 務 に 関 して 受 注 者 が 当 該 業 務 を 履 行 するために 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 1 業 務 概 要 1.1 委 託 業 務 名 新 居 浜 市 防 災 拠 点 施 設

More information

第 4 章 基 本 的 な 方 針 1 課 題 ⑴ 希 望 する 市 営 住 宅 に 入 居 できる 世 帯 は 限 られており 住 宅 困 窮 者 の 入 居 機 会 の 向 上 や 入 居 者 と 住 宅 困 窮 者 間 の 公 平 性 の 確 保 世 帯 人 員 数 と 住 戸 規 模 のミス

第 4 章 基 本 的 な 方 針 1 課 題 ⑴ 希 望 する 市 営 住 宅 に 入 居 できる 世 帯 は 限 られており 住 宅 困 窮 者 の 入 居 機 会 の 向 上 や 入 居 者 と 住 宅 困 窮 者 間 の 公 平 性 の 確 保 世 帯 人 員 数 と 住 戸 規 模 のミス 広 島 市 市 営 住 宅 マネジメント 計 画 基 本 方 針 編 ( 素 案 )< 概 要 版 > 平 成 26 年 8 月 広 島 市 住 宅 政 策 課 第 1 章 計 画 の 目 的 等 1 計 画 策 定 の 背 景 と 目 的 人 口 減 少 社 会 の 到 来 や 一 層 の 高 齢 化 の 進 展 が 見 込 まれること また 高 度 経 済 成 長 期 に 建 設 された 市 営

More information

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 資 料 3 復 興 関 係 について 平 成 28 年 4 月 4 日 0 - 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 平 成 23 年

More information

が 448 m2で 全 国 1 位 となっており 茨 城 県 の 一 戸 建 て 住 宅 には 敷 地 内 に 自 動 車 を 駐 車 するスペ ースに ゆとり があることがわかる また 茨 城 県 の 自 家 用 乗 用 車 保 有 台 数 ( 千 人 あたり) ( 注 1) は 525.6 台

が 448 m2で 全 国 1 位 となっており 茨 城 県 の 一 戸 建 て 住 宅 には 敷 地 内 に 自 動 車 を 駐 車 するスペ ースに ゆとり があることがわかる また 茨 城 県 の 自 家 用 乗 用 車 保 有 台 数 ( 千 人 あたり) ( 注 1) は 525.6 台 6.8 自 動 車 (1) 概 要 自 動 車 等 関 係 費 は 全 国 平 均 21,862 円 に 対 し て 茨 城 県 (33,353 円 )が 全 国 1 位 以 下 岐 阜 県 (29,989 円 ) 滋 賀 県 (29,011 円 ) 岡 山 県 (28,770 円 ) 栃 木 県 (28,516 円 )の 順 となっており 上 位 10 県 は 図 表 6.8-1 のとおり 全 国

More information

機 11. 心 神 喪 失 者 等 医 療 観 察 法 指 定 医 療 機 関 の 整 備 等 について 医 療 観 察 法 ( 以 下 法 という ) は 平 成 15 年 7 月 に 公 布 平 成 17 年 7 月 に 施 行 され 心 神 喪 失 者 等 の 状 態 で 重 大 な 他 害 行 為 を 行 った 法 対 象 者 に 対 して 適 切 な 医 療 を 提 供 し 社 会 復 帰 の

More information

( 目 次 ) 1. 指 針 の 目 的 と 効 果 1 (1) 指 針 の 目 的 (2) 施 設 の 長 寿 命 化 (3) 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 2. 長 寿 命 化 の 目 標 と 施 設 の 機 能 3 (1) 耐 用 年 数 ( 寿 命 )の 考 え 方 (2) 目 標 使

( 目 次 ) 1. 指 針 の 目 的 と 効 果 1 (1) 指 針 の 目 的 (2) 施 設 の 長 寿 命 化 (3) 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 2. 長 寿 命 化 の 目 標 と 施 設 の 機 能 3 (1) 耐 用 年 数 ( 寿 命 )の 考 え 方 (2) 目 標 使 青 森 県 県 有 施 設 長 寿 命 化 指 針 平 成 20 年 3 月 県 土 整 備 部 建 築 住 宅 課 総 務 部 財 産 管 理 課 ( 目 次 ) 1. 指 針 の 目 的 と 効 果 1 (1) 指 針 の 目 的 (2) 施 設 の 長 寿 命 化 (3) 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 2. 長 寿 命 化 の 目 標 と 施 設 の 機 能 3 (1) 耐 用 年 数

More information

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A>

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A> 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 災 害 復 旧 計 画 編 第 1 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 事 故 対 策 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2 第 4 災 害 対 策 本 部 1-4 第 2 節

More information

Taro-20160325記載要領通知(溶け

Taro-20160325記載要領通知(溶け 別 添 3 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 等 の 記 載 要 領 について ( 平 成 18 年 3 月 30 日 保 医 発 第 0330008 号 ) 別 紙 Ⅰ 一 般 的 事 項 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 等 の 記 載 要 領 1 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 及 び 訪 問 看 護 療 養 費 明 細 書 ( 以 下 請 求 書 等 という )については

More information

1 草 津 市 の 報 酬 等 改 定 状 況 民 間 春 闘 等 のベースアップ 議 員 特 別 職 報 酬 関 係 1 草 津 市 の 報 酬 等 改 定 状 況 ( 据 置 きは 除 く) 昭 和 63 年 1 月 1 日 平 成 2 年 1 月 1 日 平 成 2 年 2 月 1 日 平 成

1 草 津 市 の 報 酬 等 改 定 状 況 民 間 春 闘 等 のベースアップ 議 員 特 別 職 報 酬 関 係 1 草 津 市 の 報 酬 等 改 定 状 況 ( 据 置 きは 除 く) 昭 和 63 年 1 月 1 日 平 成 2 年 1 月 1 日 平 成 2 年 2 月 1 日 平 成 草 津 市 議 員 報 酬 および 特 別 職 給 料 審 ( 平 成 26 年 度 ) 資 料 < 改 定 状 況 > 1 草 津 市 の 報 酬 等 改 定 状 況 民 間 春 闘 等 のベースアップ < 類 団 比 較 > 2 類 似 都 市 および 県 内 市 一 覧 3 類 似 都 市 および 県 内 各 市 の 概 要 4 報 酬 等 の 現 状 5 期 末 手 当 支 給 率 一 覧

More information

目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費 13 下 水 道 費 14 その 他 の 土 木 費 16

目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費 13 下 水 道 費 14 その 他 の 土 木 費 16 普 通 交 付 税 算 定 事 務 の 手 引 きについて 平 成 26 年 12 月 改 訂 岐 阜 県 清 流 の 国 推 進 部 市 町 村 課 税 政 係 目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費

More information

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 に 関 する 重 点 提 言 東 日 本 大 震 災 からの 速 やかな 被 災 地 の 復 旧 復 興 を 図 るため 国 は 次 の 事 項 につ いて 迅 速 かつ 積 極 的 な 措 置 を 講 じられたい 1. 復 興 事 業 予 算 の 実 態 に 即 した 財 政 支 援 等 について (1) 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金

More information

研究会報告書等 No.44

研究会報告書等 No.44 第 5 章 地 震 保 険 の 実 務 的 な 課 題 株 式 会 社 損 害 保 険 ジャパン 個 人 商 品 業 務 部 個 人 火 災 グループ 吉 田 彰 要 旨 地 震 保 険 制 度 は 1966 年 の 地 震 保 険 に 関 する 法 律 の 制 定 を 受 けて 政 府 と 民 間 の 損 害 保 険 会 社 が 共 同 で 運 営 する 制 度 として 発 足 した 地 震 保

More information

<5461726F2D30362D955C8E8648313681699286955C8E86816A2E6A7464>

<5461726F2D30362D955C8E8648313681699286955C8E86816A2E6A7464> 参 考 人 権 教 育 のための 国 連 10 年 に 係 る 各 都 道 府 県 の 取 組 状 況 について 人 権 教 育 のための 国 連 10 年 に 係 る 各 都 道 府 県 の 取 組 状 況 について 人 権 教 育 のための 国 連 10 年 推 進 本 部 は, 平 成 9 年 7 月 に 人 権 教 育 のた めの 国 連 10 年 に 関 する 国 内 行 動 計 画 を

More information

坂 戸 市 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 目 次 はじめに~ 計 画 の 位 置 付 け 1 第 Ⅰ 章 坂 戸 市 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 基 本 方 針 1 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 導 入 の 背 景 ( 本 市 の 現 状 と 課 題 ) 2 (

坂 戸 市 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 目 次 はじめに~ 計 画 の 位 置 付 け 1 第 Ⅰ 章 坂 戸 市 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 基 本 方 針 1 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 導 入 の 背 景 ( 本 市 の 現 状 と 課 題 ) 2 ( 坂 戸 市 公 共 施 設 等 マネシ メント 計 画 2015( 平 成 27) 年 4 月 坂 戸 市 坂 戸 市 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 目 次 はじめに~ 計 画 の 位 置 付 け 1 第 Ⅰ 章 坂 戸 市 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 基 本 方 針 1 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 導 入 の 背 景 ( 本 市 の 現 状 と 課 題 )

More information

平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 決 算 審 査 意 見 書 愛 知 県 監 査 委 員 27 監 査 第 71 号 平 成 27 年 9 月 7 日 愛 知 県 知 事 大 村 秀 章 殿 愛 知 県 監 査 委 員 西 川 洋 二 同 青 山 學 同 後 藤 貞 明 同 中 野 治 美 同 神 戸 洋 美 平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 の 決

More information

このため 地 震 による 死 者 数 を 半 減 させること 等 を 目 的 に 建 築 物 の 耐 震 化 をより 一 層 促 進 するため 平 成 25 年 5 月 に 耐 震 改 修 促 進 法 が 改 正 ( 平 成 25 年 11 月 施 行 )されました 宇 部 市 耐 震 改 修 促

このため 地 震 による 死 者 数 を 半 減 させること 等 を 目 的 に 建 築 物 の 耐 震 化 をより 一 層 促 進 するため 平 成 25 年 5 月 に 耐 震 改 修 促 進 法 が 改 正 ( 平 成 25 年 11 月 施 行 )されました 宇 部 市 耐 震 改 修 促 ( 趣 旨 ) 改 正 後 宇 部 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 趣 旨 ) 現 行 第 1 章 計 画 の 基 本 的 事 項 第 1 節 計 画 の 背 景 と 目 的 1 計 画 の 背 景 平 成 7 年 1 月 17 日 に 発 生 した 阪 神 淡 路 大 震 災 を 契 機 に 現 行 の 建 築 基 準 法 の 構 造 基 準 ( 以 下 現 行 基 準 という )を 満

More information

1. 河 川 河 川 については 平 成 23 年 4 月 に 計 画 的 避 難 区 域 に 指 定 され 全 避 難 を 余 儀 なく されたため 地 震 による 詳 細 な 被 害 の 把 握 ができていない 今 後 周 辺 の 除 染 作 業 の 工 程 にあわせ 線 量 の 減 衰 を 見

1. 河 川 河 川 については 平 成 23 年 4 月 に 計 画 的 避 難 区 域 に 指 定 され 全 避 難 を 余 儀 なく されたため 地 震 による 詳 細 な 被 害 の 把 握 ができていない 今 後 周 辺 の 除 染 作 業 の 工 程 にあわせ 線 量 の 減 衰 を 見 福 島 県 飯 舘 ( 基 本 方 針 ) インフラ( 道 路 水 道 集 落 排 水 等 )については の 復 興 に 必 要 な 社 会 基 盤 であ り 早 急 に 復 旧 をしなければならない では 避 難 をするまでの 間 に 道 路 水 道 集 落 排 水 等 は 応 急 的 に 復 旧 をし 一 時 帰 宅 等 で 必 要 な 最 低 限 の 生 活 基 盤 は 整 っている 状 況

More information