株主総会タイトル

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "株主総会タイトル"

Transcription

1 GIPS2010 不 動 産 プライベート エクイティ 基 準 の 解 説 GIPSセミナーシリーズ 第 4 回 平 成 23 年 2 月 4 日 桒 原 洋 SAAJ 投 資 パフォーマンス 基 準 委 員 会 委 員 長 GIPS Interpretations Subcommittee 委 員 ( 新 日 本 有 限 責 任 監 査 法 人 )

2 内 容 1. 第 I 章 第 6 節 不 動 産 2. 第 I 章 第 7 節 プライベートエクイティ 3. 第 II 章 GIPS 評 価 基 準

3 第 I 章 第 6 節 不 動 産 第 I 章 第 0 節 ~ 第 5 節 を 補 完 するもの 2006 年 1 月 1 日 以 降 のパフォーマンスに 適 用 さ れる 以 下 の 資 産 は 適 用 対 象 とされない ( 第 0 節 ~ 第 5 節 が 適 用 される) 公 に 取 引 される 不 動 産 証 券 商 業 用 不 動 産 担 保 証 券 (CMBS) 商 業 用 および 居 住 用 不 動 産 ローンを 含 む 私 募 型 デット 投 資 であって 期 待 リターンが 契 約 金 額 のみに 連 動 し 現 資 産 となる 不 動 産 の 経 済 的 なパフォーマンスには 関 連 しないもの

4 不 動 産 基 準 の 特 徴 適 用 対 象 期 間 は2006/1/1 以 降 (2000/1/1) 四 半 期 ごとの 評 価 ( 大 きなキャッシュフロー 発 生 の 都 度 ) 外 部 評 価 の 実 施 ( 必 要 とされない) 時 間 加 重 収 益 率 ( 同 一 ) トータル リターンの 他 にインカム/キャピタル リターン ( 構 成 リターン)の 提 示 ( 必 要 とされない) クローズド エンド ファンドのコンポジットについては PE 基 準 の 一 部 が 追 加 的 に 適 用 ( 例 えばSI-IRRの 提 示 ) ( 必 要 とされない) ( )は 一 般 資 産 に 関 する 規 定

5 第 I 章 第 7 節 プライベートエクイティ 第 I 章 第 0 節 ~ 第 5 節 を 補 完 するもの 2006 年 1 月 1 日 以 降 のパフォーマンスに 適 用 さ れる 以 下 の 資 産 が 適 用 対 象 となる プライマリー ファンドおよびファンド オブ ファンズを 含 む 存 続 期 間 お よび 出 資 金 額 が 確 定 しているプライベート エクイティ 存 続 期 間 および 出 資 約 束 金 額 が 確 定 しているセカンダリー ファンド 以 下 の 資 産 は 適 用 対 象 とされない ( 第 0 節 ~ 第 5 節 が 適 用 される) オープンエンド 型 ファンドおよびエバーグリーン ファンド プライマリー ファンド: 他 の 投 資 ビークルに 投 資 するのではなく 直 接 投 資 (DIRECT INVESTMENT)を 行 う 投 資 ビークル セカンダリー ファンド: 現 存 する 投 資 ビークルの 持 ち 分 を 購 入 する 投 資 ビークル ファンド オブ ファンズ: 原 資 産 としての 複 数 の 投 資 ビークルに 投 資 する 投 資 ビークル プライベート エクイティのファンド オブ ファンズは 主 にクローズドエンド 型 ファンド(CLOSED END FUND)に 投 資 するが オポチュニスティックな 直 接 投 資 (DIRECT INVESTMENT)を 行 うこともある

6 プライベートエクイティ 基 準 の 特 徴 適 用 対 象 期 間 は2006 年 1 月 1 日 以 降 (2000/1/1) 開 始 来 内 部 収 益 率 (SI-IRR) ( 時 間 加 重 収 益 率 ) コンポジットは 組 成 年 および(および/または) 投 資 マンデート 投 資 目 的 あるいは 投 資 戦 略 に 応 じて 設 定 () 内 はファンド オブ ファンズの 場 合 ( 投 資 目 的 投 資 マンデートあるいは 投 資 戦 略 ) いくつかのユニークな 指 標 の 提 示 ( 必 要 とされ ない) ( )は 一 般 資 産 に 関 する 規 定

7 第 II 章 GIPS 評 価 原 則 A. 公 正 価 値 の 定 義 公 正 価 値 は 十 分 な 知 識 と 思 慮 に 基 づいて 行 動 する 自 発 的 な 当 事 者 間 で 行 われる 独 立 した 立 場 (arm s length)での 現 在 の 取 引 において ある 投 資 対 象 が 交 換 されるであろう 価 格 と 定 義 される 同 一 の 投 資 対 象 について 測 定 日 における 活 発 な 市 場 での 客 観 的 かつ 観 察 可 能 な 調 整 前 の 公 表 価 格 (quoted market price)が 入 手 可 能 である 場 合 には それを 使 用 して 評 価 を 決 定 しなければならない 同 一 の 投 資 対 象 について 測 定 日 における 活 発 な 市 場 での 客 観 的 かつ 観 察 可 能 な 調 整 前 の 公 表 価 格 が 入 手 できない 場 合 には 会 社 による 時 価 の 最 良 推 計 値 で 評 価 しなければならない 公 正 価 値 には 経 過 利 子 を 含 めなければならない 時 価 MARKET VALUE ある 時 点 において 投 資 家 がある 投 資 対 象 取 得 または 売 却 することが 可 能 な 価 格 に 保 有 数 を 乗 じ 経 過 利 子 を 足 したもの (GIPS 用 語 集 )

8 不 動 産 およびプライベート エクイティに 関 するGIPS 評 価 原 則 一 般 資 産 に 係 る 評 価 原 則 (II.A, B1-8, C1-5)は 適 用 される それらに 加 えて 不 動 産 ではB9-16, C6-9が 追 加 的 に 適 用 となり プライベート エクイティではB17-20, C10-12が 追 加 的 に 適 用 となる 追 加 的 に 適 用 される 原 則 の 多 くは 第 6 節 ある いは 第 7 節 で 個 別 に 必 須 基 準 または 勧 奨 基 準 と して 規 定 されているものである

9 入 力 データ 必 須 基 準 6.A.1 第 I 章 第 6 節 不 動 産 2011 年 1 月 1 日 以 降 の 運 用 実 績 については 不 動 産 投 資 は 第 II 章 における 公 正 価 値 の 定 義 およびGIPS 評 価 原 則 に 従 って 評 価 しなければならない ( 注 )2011 年 1 月 1 日 以 前 の 運 用 実 績 については 不 動 産 投 資 は 市 場 価 格 で 評 価 しな ければならない(GIPS 基 準 の2005 年 版 において 不 動 産 について 以 前 規 定 されていた もの) 6.A.2 6.A.3 6.A.4 6.A 年 1 月 1 日 以 降 の 運 用 実 績 については 不 動 産 投 資 は 少 なくとも 四 半 期 ごとに 評 価 しなければならない ( 注 ) 2008 年 1 月 1 日 より 以 前 の 運 用 実 績 については 不 動 産 投 資 は 少 なくとも12ヶ 月 ごと に 評 価 しなければならない 2010 年 1 月 1 日 以 降 の 運 用 実 績 については 会 社 は 各 四 半 期 末 または 当 該 四 半 期 の 最 終 営 業 日 にポートフォリオを 評 価 しなければならない 不 動 産 投 資 は 次 により 外 部 評 価 しなければならない a 年 1 月 1 日 より 以 前 の 運 用 実 績 については 少 なくとも36ヶ 月 ごとに 外 部 評 価 すること b 年 1 月 1 日 以 降 の 運 用 実 績 については 少 なくとも12ヶ 月 ごとに 外 部 評 価 す ること ただし 顧 客 との 合 意 文 書 で 他 の 定 めがある 場 合 を 除 く その 場 合 不 動 産 投 資 は 少 なくとも36ヶ 月 ごと もしくは 顧 客 から36ヶ 月 ごとよりも 高 い 頻 度 での 外 部 評 価 を 求 められる 場 合 は 当 該 頻 度 で 外 部 評 価 しなければならない 外 部 評 価 は 独 立 した 外 部 の 専 門 職 として 認 定 公 認 または 免 許 された 商 業 用 不 動 産 を 評 価 する 資 格 のある 評 価 人 または 鑑 定 人 により 行 わなければならな い そのような 専 門 家 が 存 在 しない 市 場 においては 会 社 が 適 格 な 独 立 した 評 価 人 または 鑑 定 人 のみを 使 用 するよう 必 要 な 措 置 を 講 じなければならない ( 適 用 除 外 )1.A.3.a: 2001 年 1 月 1 日 以 降 の 運 用 実 績 については 少 なくとも 月 次 で 評 価 す ること ( 適 用 除 外 )1.A.3.b: 2001 年 1 月 1 日 以 降 の 運 用 実 績 については すべての 大 きなキャッ シュフローの 発 生 の 日 ごとに 評 価 すること 会 社 は コンポジット 中 のポートフォリオの 評 価 日 を 決 定 するため 大 きなキャッシュフローをコンポジットごとに 定 義 しておかなければ ならない ( 適 用 除 外 )1.A.4: 2010 年 1 月 1 日 以 降 の 運 用 実 績 については ポートフォリオは 月 末 ま たは 当 該 月 の 最 終 営 業 日 に 評 価 しなければならない 計 算 方 法 必 須 基 準 6.A.6 6.A.7 会 社 は ポートフォリオ リターンを 少 なくとも 四 半 期 ごとに 計 算 しなければなら ない リターンはすべて 当 該 期 間 にかかる 実 際 の 取 引 費 用 を 控 除 して 計 算 しなければな らない ( 適 用 除 外 ) 2.A.2.a: 2001 年 1 月 1 日 以 降 の 運 用 実 績 については 会 社 は ポートフォリ オ リターンを 少 なくとも 月 次 で 計 算 しなければならない ( 適 用 除 外 ) 2.A.4: リターンはすべて 当 該 期 間 にかかる 実 際 の 取 引 費 用 を 控 除 して 計 算 しなければならない 会 社 は 推 定 された 取 引 費 用 を 使 用 してはならない 取 引 費 用 の 内 容 が 不 動 産 プライベートエクイティと 一 般 資 産 との 間 で 相 違 している 用 語 集 を 参 照 のこと Page 1 of 17

10 6.A.8 6.A.9 第 I 章 第 6 節 不 動 産 2011 年 1 月 1 日 以 降 の 運 用 実 績 については インカム リターンおよびキャピタ ル リターン( 構 成 リターン)は 幾 何 的 にリンクした 時 間 加 重 収 益 率 を 使 用 して 個 別 に 計 算 しなければならない コンポジットの 時 間 加 重 収 益 率 は 構 成 リターンを 含 め 個 々のポートフォリ オ リターンを 資 産 額 加 重 して 少 なくとも 四 半 期 ごとに 計 算 しなければならな い ( 適 用 除 外 ) 2.A.7: コンポジット リターンは 次 により 計 算 しなければならない a 年 1 月 1 日 以 降 の 運 用 実 績 については 少 なくとも 四 半 期 ごとに 個 々のポートフォ リオ リターンを 資 産 額 加 重 して 計 算 すること b 年 1 月 1 日 以 降 の 運 用 実 績 については 少 なくとも 月 次 で 個 々のポートフォリオ リ ターンを 資 産 額 加 重 して 計 算 すること ディスクロージャー( 開 示 ) 必 須 基 準 6.A.10 各 準 拠 提 示 資 料 において 次 の 事 項 を 開 示 しなければならない a. 会 社 の 投 資 一 任 の 概 略 b. 直 近 の 期 間 について 不 動 産 投 資 評 価 のために 使 用 した 内 部 評 価 方 法 c 年 1 月 1 日 以 降 の 運 用 実 績 について 評 価 方 針 ないし 評 価 方 法 の 重 要 な 変 更 d 年 1 月 1 日 以 降 の 運 用 実 績 について 外 部 評 価 とパフォーマンス 報 告 で 使 用 された 評 価 との 重 要 な 差 異 およびその 理 由 e. 独 立 した 外 部 の 専 門 職 として 認 定 公 認 または 免 許 された 商 業 用 不 動 産 を 評 価 する 資 格 のある 評 価 人 または 鑑 定 人 による 不 動 産 投 資 の 評 価 の 頻 度 f. 構 成 リターンが 幾 何 リンクした 時 間 加 重 収 益 率 を 使 用 して 個 別 に 計 算 されてい るときはその 旨 g 年 1 月 1 日 より 以 前 の 運 用 実 績 については 構 成 リターンがインカム リ ターンとキャピタル リターンの 合 計 がトータル リターンに 等 しくなるように 調 整 されているときは その 旨 6.A 年 1 月 1 日 より 以 前 の 運 用 実 績 について GIPS 基 準 に 準 拠 していないパフォー ( 適 用 除 外 ) 4.A.15: 2000 年 1 月 1 日 より 以 前 の 運 用 実 績 についてGIPS 基 準 に 準 拠 してい マンスを 提 示 している 場 合 は 会 社 は 非 準 拠 の 期 間 を 開 示 しなければならない ないパフォーマンスが 提 示 されているときは 会 社 は 非 準 拠 の 期 間 を 開 示 しなければな らない 6.A.12 フィー 控 除 前 リターンの 提 示 において 取 引 費 用 に 加 えてその 他 のフィーを 控 除 し ているときは 会 社 はその 旨 を 開 示 しなければならない 6.A.13 フィー 控 除 後 リターンの 提 示 において 運 用 報 酬 および 取 引 費 用 に 加 えてその 他 の フィーを 控 除 しているときは 会 社 はその 旨 を 開 示 しなければならない ( 適 用 除 外 ) 4.A.5: フィー( 運 用 報 酬 ) 控 除 前 リターンの 提 示 において 取 引 費 用 に 加 えて その 他 のフィーを 控 除 しているときは 会 社 はその 旨 を 開 示 しなければならない 取 引 費 用 の 内 容 が 不 動 産 プライベートエクイティと 一 般 資 産 との 間 で 相 違 している 用 語 集 を 参 照 のこと ( 適 用 除 外 ) 4.A.6: フィー( 運 用 報 酬 ) 控 除 後 リターンを 提 示 するときは 会 社 は 次 の 事 項 を 開 示 しなければならない a. 運 用 報 酬 および 取 引 費 用 に 加 えてその 他 のフィーを 控 除 しているときはその 旨 取 引 費 用 の 内 容 が 不 動 産 プライベートエクイティと 一 般 資 産 との 間 で 相 違 している 用 語 集 を 参 照 のこと Page 2 of 17

11 第 I 章 第 6 節 不 動 産 提 示 および 報 告 必 須 基 準 6.A.14 会 社 は トータル リターンに 加 えて 構 成 リターンを 提 示 しなければならな い コンポジットの 構 成 リターンについて フィー 控 除 前 フィー 控 除 後 のどち らであるか 明 示 しなければならない ( 適 用 除 外 ) 4.A.26: 会 社 は 2010 年 1 月 1 日 より 以 前 の 運 用 実 績 について 月 末 または 当 該 月 の 最 終 営 業 日 ベースでポートフォリオを 評 価 していなかった 場 合 には その 旨 を 開 示 しなければならない ( 適 用 除 外 ) 4.A.33: 会 社 は 36 個 の 月 次 リターンが 入 手 できないことを 理 由 にコンポジット および/またはベンチマークの3 年 間 の 年 率 換 算 した 事 後 的 な 標 準 偏 差 を 提 示 しないとき は その 旨 を 開 示 しなければならない ( 適 用 除 外 ) 4.A.34: 会 社 は 3 年 間 の 年 率 換 算 した 事 後 的 な 標 準 偏 差 は 関 連 性 がないま たは 適 切 でないと 判 断 する 場 合 は 次 を 記 載 しなければならない a. 事 後 的 な 標 準 偏 差 は 関 連 性 がないまたは 適 切 でないと 判 断 した 理 由 b. 提 示 される 追 加 的 なリスク 指 標 とその 選 択 理 由 6.A.15 会 社 は 2006 年 1 月 1 日 以 降 の 運 用 実 績 についてGIPS 非 準 拠 パフォーマンスをGIPS 準 拠 パフォーマンスにリンクしてはならない 2006 年 1 月 1 日 以 降 の 運 用 実 績 につ いてGIPS 準 拠 パフォーマンスのみが 提 示 される 場 合 に 限 り 会 社 は GIPS 非 準 拠 パフォーマンスをGIPS 準 拠 パフォーマンスにリンクしてもよい ( 適 用 除 外 ) 5.A.3: 会 社 は 2000 年 1 月 1 日 以 降 の 運 用 実 績 についてGIPS 非 準 拠 パ フォーマンスをGIPS 準 拠 パフォーマンスにリンクしてはならない 2000 年 1 月 1 日 以 降 の 運 用 実 績 についてGIPS 準 拠 パフォーマンスのみが 提 示 されている 場 合 に 限 り 会 社 は GIPS 非 準 拠 パフォーマンスをGIPS 準 拠 パフォーマンスにリンクしてもよい 6.A.16 各 準 拠 提 示 資 料 において 次 の 事 項 を 提 示 しなければならない a. 内 部 的 な 散 らばりの 測 度 として コンポジット 内 の 個 々のポートフォリオの 年 間 時 間 加 重 収 益 率 の 最 高 位 と 最 低 値 その1 年 間 を 通 してコンポジットに 組 み 入 れられ ていたポートフォリオの 数 が5 以 下 の 場 合 は 内 部 的 な 散 らばりの 測 度 の 提 示 は 必 須 では ない b. 各 年 度 末 現 在 におけるコンポジット 資 産 に 占 める 年 度 中 に 外 部 評 価 を 使 用 して 評 価 された 資 産 の 割 合 ( 適 用 除 外 ) 5.A.1.i: 各 年 度 について ポートフォリオ リターンの 内 部 的 散 らばりの 測 度 その1 年 間 を 通 してコンポジットに 組 み 入 れられていたポートフォリオの 数 が5 以 下 の 場 合 は 内 部 的 散 らばりの 測 度 の 報 告 は 必 須 ではない ( 適 用 除 外 ) 5.A.2: 2011 年 1 月 1 日 以 降 を 期 末 とする 期 間 の 運 用 実 績 については 会 社 は 各 年 度 末 現 在 の 次 の 両 事 項 を 提 示 しなければならない a. コンポジットおよびベンチマークについて 3 年 間 の 年 率 換 算 した 事 後 的 な 標 準 偏 差 ( 月 次 リターンを 使 用 ) b. 会 社 が 3 年 間 の 年 率 換 算 した 事 後 的 な 標 準 偏 差 は 関 連 性 がないまたは 適 切 でない と 判 断 する 場 合 は ベンチマークおよびコンポジットに 関 する 追 加 的 な3 年 間 の 事 後 的 なリ スク 指 標 (ベンチマークについてはそのような 指 標 が 入 手 可 能 で 適 切 であるとき) 事 後 的 なリスク 指 標 を 計 算 するときは 観 測 期 間 は コンポジットとベンチマークで 同 一 でなけれ ばならない 入 力 データ 勧 奨 基 準 Page 3 of 17

12 第 I 章 第 6 節 不 動 産 6.B 年 1 月 1 日 より 以 前 の 運 用 実 績 についても 不 動 産 投 資 は 独 立 した 外 部 の 専 門 職 として 認 定 公 認 または 免 許 された 商 業 用 不 動 産 を 評 価 する 資 格 のある 評 価 人 または 鑑 定 人 により 少 なくとも12ヶ 月 ごとに 評 価 すべきである 6.B.2 不 動 産 投 資 は 独 立 した 外 部 の 専 門 職 として 認 定 公 認 または 免 許 された 商 業 用 不 動 産 を 評 価 する 資 格 のある 評 価 人 または 鑑 定 人 により 年 度 末 現 在 で 評 価 すべきである ディスクロージャー( 開 示 ) 勧 奨 基 準 6.B.3 6.B.4 会 社 は コンポジット 中 のポートフォリオに 適 用 されている 会 計 基 準 ( 例 えば U.S. GAAP IFRS)を 開 示 すべきである 会 社 は 各 年 度 末 現 在 における パフォーマンス 報 告 で 使 用 した 評 価 と 財 務 報 告 で 使 用 した 評 価 との 間 の 重 要 な 差 異 について 説 明 し 開 示 すべきである ( 適 用 除 外 ) 1.B.1: 会 社 は 外 部 キャッシュフローの 発 生 の 日 ごとにポートフォリオを 評 価 すべきである 6.B 年 1 月 1 日 より 以 前 の 運 用 実 績 についても 会 社 は 評 価 方 針 ないし 評 価 方 法 の 重 要 な 変 更 を 開 示 すべきである 提 示 および 報 告 勧 奨 基 準 6.B.6 会 社 は フィー 控 除 前 リターンおよびフィー 控 除 後 リターンの 両 方 を 提 示 すべきで ( 参 考 ) 5.B.1: 会 社 は フィー( 運 用 報 酬 ) 控 除 前 リターンを 提 示 すべきである ある 6.B.7 6.B.8 会 社 は 各 年 度 末 現 在 における コンポジット 総 資 産 額 に 占 める 不 動 産 ではない 資 産 の 割 合 を 開 示 すべきである 会 社 は 提 供 可 能 な 場 合 は ベンチマークの 構 成 リターンを 提 示 すべきである ( 適 用 除 外 ) 5.B.3: 2011 年 1 月 1 日 より 以 前 の 運 用 実 績 についても 会 社 は コンポジットと ベンチマークについて 各 年 度 末 における3 年 間 の 年 率 換 算 した 事 後 的 な 標 準 偏 差 ( 月 次 リターンを 使 用 )を 提 示 すべきである ( 適 用 除 外 ) 5.B.4: コンポジットとベンチマークの 年 率 換 算 した 事 後 的 な 標 準 偏 差 が 提 示 されている 各 期 について 対 応 する 期 間 のコンポジットとベンチマークの 年 率 換 算 したリ ターンも 提 示 されるべきである ( 適 用 除 外 ) 5.B.5: コンポジットとベンチマークの 年 率 換 算 したリターンが 提 示 されている 各 期 について 対 応 する 期 間 のコンポジットとベンチマークの 年 率 換 算 した 事 後 的 な 標 準 偏 差 も 提 示 されるべきである 以 下 の 基 準 は クローズド エンド 型 不 動 産 ファンドのコンポジットに 適 用 される 追 加 的 な 必 須 基 準 及 び 勧 奨 基 準 計 算 方 法 必 須 基 準 Page 4 of 17

13 第 I 章 第 6 節 不 動 産 6.A.17 会 社 は 年 率 換 算 した 開 始 来 内 部 収 益 率 (SINCE INCEPTION INTERNAL RATES OF RETURN, SI-IRR)を 計 算 しなければならない 6.A.18 SI-IRRは 少 なくとも 四 半 期 ごとのキャッシュフローを 使 用 して 計 算 しなければな らない コンポジットの 構 築 必 須 基 準 6.A.19 コンポジットは 組 成 年 および 投 資 マンデート 投 資 目 的 または 投 資 戦 略 により 定 義 されなければならない コンポジットの 定 義 は コンポジットの 存 続 期 間 を 通 じて 一 貫 していなければならない ディスクロージャー( 開 示 ) 必 須 基 準 6.A.20 会 社 は 清 算 したコンポジットについて 最 終 清 算 日 を 開 示 しなければならな い 6A21 6.A.21 会 社 は SI-IRRの IRRの 計 算 において 使 用 したキャッシュフローの 頻 度 を 開 示 しなければ ならない 6.A.22 会 社 は コンポジットの 組 成 年 および 組 成 年 がどのように 定 義 されているかについ て 開 示 しなければならない 提 示 および 報 告 必 須 基 準 6.A.23 各 準 拠 提 示 資 料 において 次 の 事 項 を 提 示 しなければならない a. 会 社 は コンポジットの 各 年 度 末 までのフィー 控 除 後 SI-IRRを 提 示 しなければ ならない 会 社 は 初 めに 少 なくとも5 年 間 (または 会 社 またはコンポジットの 存 続 期 間 が5 年 未 満 のときは 会 社 の 開 始 またはコンポジット 開 始 日 以 降 )のGIPS 基 準 の 必 須 基 準 に 準 拠 したパフォーマンスを 提 示 しなければならない それ 以 降 の 各 年 について 会 社 は 追 加 年 のパフォーマンスを 提 示 しなければならない ( 参 考 ) 7.A.4: 2011 年 1 月 1 日 以 降 を 期 末 とする 期 間 については SI-IRRは 日 次 キャッシュフローを 使 用 して 計 算 しなければならない 株 式 の 分 配 は キャッシュフローとして 含 めなければなら ず かつ 分 配 時 点 の 評 価 を 用 いなければならない ( 注 ) 2011 年 1 月 1 日 より 以 前 を 期 末 とする 期 間 については SI-IRRは 日 次 または 月 次 の キャッシュフローを 使 用 して 計 算 しなければならない ( 疑 問 ) 3.A.4はクローズド エンド 型 不 動 産 投 資 ファンドのコンポジットに 対 しても 適 用 され る( 適 用 除 外 とされていない)のだが 6.A.19と 整 合 的 か? 3.A.4: コンポジットは 投 資 マンデート 投 資 目 的 または 投 資 戦 略 に 従 って 定 義 しなけれ ばならない コンポジットは 当 該 コンポジットの 定 義 に 合 致 するポートフォリオのすべてを 組 み 入 れなければならない コンポジットの 定 義 の 変 更 は 遡 及 適 用 してはならない コン ポジットの 定 義 は 請 求 に 応 じて 提 供 可 能 としなければならない b 年 1 月 1 日 以 降 の 期 間 については 当 初 期 間 が1 年 に 満 たないときは 会 社 は 当 初 年 度 末 までの 年 率 換 算 していないフィー 控 除 後 SI-IRRを 提 示 しなければな らない c 年 1 月 1 日 以 降 を 期 末 とする 期 間 については 会 社 は コンポジット 最 終 清 算 日 までのフィー 控 除 後 SI-IRRを 提 示 しなければならない Page 5 of 17

14 第 I 章 第 6 節 不 動 産 6.A.24 コンポジットのフィー 控 除 前 SI-IRRを 準 拠 提 示 資 料 において 提 示 する 場 合 は 会 社 は フィー 控 除 後 SI-IRRが 提 示 されている 期 間 と 同 じ 期 間 について コンポジッ トのフィー 控 除 前 SI-IRRを 提 示 しなければならない 6.A.25 会 社 は 各 年 度 末 現 在 の 次 の 事 項 を 開 示 しなければならない a. コンポジット 開 始 来 の 払 込 出 資 金 b. コンポジット 開 始 来 の 分 配 金 c. コンポジットの 累 積 出 資 約 束 金 d. 評 価 総 額 / 開 始 来 払 込 出 資 金 倍 率 ( 投 資 倍 率 またはTVPI) e. 開 始 来 分 配 金 / 開 始 来 払 込 出 資 金 倍 率 ( 実 現 倍 率 またはDPI) f. 開 始 来 払 込 出 資 金 / 累 積 出 資 約 束 金 倍 率 (PIC 倍 率 ) g. 残 余 価 値 / 開 始 来 払 込 出 資 金 倍 率 ( 未 実 現 倍 率 またはRVPI) 6.A.26 会 社 は 各 年 度 末 までのベンチマークのSI-IRRを 提 示 しなければならない ベンチ マークは 次 を 満 たしていなければならない a. コンポジットの 投 資 マンデート 投 資 目 的 または 投 資 戦 略 を 反 映 しているこ と b. コンポジット 提 示 期 間 と 同 じ 期 間 について 提 示 されていること c. コンポジットと 同 じ 組 成 年 であること 計 算 方 法 勧 奨 基 準 6.B.9 SI-IRRは 日 次 キャッシュフローを 使 用 して 計 算 すべきである Page 6 of 17

15 入 力 データ 必 須 基 準 7.A.1 7.A.2 第 I 章 第 7 節 プライベートエクイティ 2011 年 1 月 1 日 以 降 を 期 末 とする 期 間 については プライベート エクイティ 投 資 は 第 II 章 の 公 正 価 値 の 定 義 およびGIPS 評 価 原 則 に 従 って 評 価 しなければならな い ( 注 ) 2011 年 1 月 1 日 より 以 前 を 期 末 とする 期 間 については プライベート エクイ ティ 投 資 は GIPS 基 準 2005 年 版 付 属 資 料 DのGIPSプライベート エクイティ 評 価 原 則 またはGIPS 基 準 2010 年 版 第 II 章 のGIPS 評 価 原 則 に 従 って 評 価 しなければなら ない プライベート エクイティは 少 なくとも 年 次 ベースで 評 価 されなければならな い 計 算 方 法 必 須 基 準 7.A.3 会 社 は 年 率 換 算 した 開 始 来 内 部 収 益 率 (SINCE INCEPTION INTERNAL RATE OF RETURN, SI-IRR)を 計 算 しなければならない ( 適 用 除 外 )1.A.3.a: 2001 年 1 月 1 日 以 降 の 運 用 実 績 については 少 なくとも 月 次 で 評 価 す ること ( 適 用 除 外 )1.A.3.b: 2001 年 1 月 1 日 以 降 の 運 用 実 績 については すべての 大 きなキャッ シュフローの 発 生 の 日 ごとに 評 価 すること 会 社 は コンポジット 中 のポートフォリオの 評 価 日 を 決 定 するため 大 きなキャッシュフローをコンポジットごとに 定 義 しておかなければ ならない ( 適 用 除 外 )1.A.4: 2010 年 1 月 1 日 以 降 の 運 用 実 績 については ポートフォリオは 月 末 ま たは 当 該 月 の 最 終 営 業 日 に 評 価 しなければならない ( 適 用 除 外 ) 2.A.2: 会 社 は 外 部 キャッシュフローを 調 整 した 時 間 加 重 収 益 率 を 計 算 しな ければならない 期 間 リターンおよびサブ 期 間 リターンは 幾 何 的 にリンクしなければなら ない 外 部 キャッシュフローは 会 社 の 当 該 コンポジットに 関 する 方 針 に 従 って 取 り 扱 わな ければならない さらに 少 なくとも 次 の 事 項 を 満 たさなければならない a 年 1 月 1 日 以 降 の 運 用 実 績 については 会 社 は ポートフォリオ リターンを 少 なくと も 月 次 で 計 算 しなければならない b 年 1 月 1 日 以 降 の 運 用 実 績 については 会 社 は 外 部 キャッシュフローを 日 数 加 重 で 調 整 したポートフォリオ リターンを 計 算 しなければならない 7.A.4 7.A 年 1 月 1 日 以 降 を 期 末 とする 期 間 については SI-IRRは 日 次 キャッシュフ ローを 使 用 して 計 算 しなければならない 株 式 の 分 配 は キャッシュフローとして 含 めなければならず かつ 分 配 時 点 の 評 価 を 用 いなければならない ( 注 ) 2011 年 1 月 1 日 より 以 前 を 期 末 とする 期 間 については SI-IRRは 日 次 または 月 次 のキャッシュフローを 使 用 して 計 算 しなければならない リターンはすべて 当 該 期 間 にかかる 実 際 の 取 引 費 用 を 控 除 して 計 算 しなければな らない ( 適 用 除 外 ) 2.A.4: リターンはすべて 当 該 期 間 にかかる 実 際 の 取 引 費 用 を 控 除 して 計 算 しなければならない 会 社 は 推 定 された 取 引 費 用 を 使 用 してはならない 取 引 費 用 の 内 容 が 不 動 産 プライベートエクイティと 一 般 資 産 との 間 で 相 違 している 用 語 集 を 参 照 のこと 7of17

16 7.A.6 第 I 章 第 7 節 プライベートエクイティ フィー 控 除 後 リターンは 実 際 の 運 用 報 酬 ( 成 功 報 酬 を 含 む) 控 除 後 で 計 算 しな ければならない ( 参 考 ) 4.A.6:.フィー( 運 用 報 酬 ) 控 除 後 リターンを 提 示 するときは 会 社 は 次 の 事 項 を 開 示 しなければならない b: モデルの 運 用 報 酬 または 実 際 の 運 用 報 酬 のいずれが 使 用 されているか c: リターンがパフォーマンス フィー 控 除 後 であるときはその 旨 一 般 資 産 のコンポジットではモデル フィーを 使 用 してフィー 控 除 後 リターンを 計 算 しても 良 い 7.A.7 ファンド オブ ファンズについては リターンはすべて 成 功 報 酬 を 含 む 投 資 先 のパートナーシップおよび/またはファンドのフィーおよび 費 用 のすべてを 控 除 して 計 算 しなければならない ( 適 用 除 外 ) 2.A.6: コンポジット リターンは 期 首 時 価 をウエイトとして または 期 首 時 価 と 外 部 キャッシュフローの 両 方 を 反 映 させる 方 法 で 個 々のポートフォリオ リターンを 資 産 額 加 重 して 計 算 しなければならない ( 適 用 除 外 ) 2.A.7: コンポジット リターンは 次 により 計 算 しなければならない a 年 1 月 1 日 以 降 の 運 用 実 績 については 少 なくとも 四 半 期 ごとに 個 々のポートフォ リオ リターンを 資 産 額 加 重 して 計 算 すること b 年 1 月 1 日 以 降 の 運 用 実 績 については 少 なくとも 月 次 で 個 々のポートフォリオ リ ターンを 資 産 額 加 重 して 計 算 すること コンポジットの 構 築 必 須 基 準 7A8 7.A.8 コンポジットの 定 義 は コンポジットの 存 続 期 間 を 通 じて 一 貫 していなければな ( 疑 問 )4A17は 4.A.17は 適 用 除 外 となっていても 良 いのではないだろうか? らない 4.A.17: 会 社 は コンポジットを 再 定 義 したときは 当 該 再 定 義 の 日 付 概 略 および 理 由 を 開 示 しなければならない 7.A.9 プライマリー ファンドは 組 成 年 および 投 資 マンデート 投 資 目 的 または 投 資 戦 略 により 定 義 された 少 なくとも1つのコンポジットに 組 み 入 れなければならな い 7.A.10 ファンド オブ ファンズは ファンド オブ ファンズの 組 成 年 および/または 投 資 マンデート 投 資 目 的 または 投 資 戦 略 により 定 義 された 少 なくとも1つのコ ンポジットに 組 み 入 れなければならない ディスクロージャー( 開 示 ) 必 須 基 準 7.A.11 会 社 は コンポジットの 組 成 年 および 組 成 年 がどのように 定 義 されているかについ て 開 示 しなければならない 7.A.12 会 社 は 清 算 したコンポジットの 最 終 清 算 日 を 開 示 しなければならない 7.A.13 会 社 は 直 近 期 間 について プライベート エクイティ 投 資 の 評 価 のために 使 用 し た 評 価 方 法 を 開 示 しなければならない 8of17 ( 参 考 ) 3.A.4: コンポジットは 投 資 マンデート 投 資 目 的 または 投 資 戦 略 に 従 って 定 義 し なければならない コンポジットは 当 該 コンポジットの 定 義 に 合 致 するポートフォリオのす べてを 組 み 入 れなければならない コンポジットの 定 義 の 変 更 は 遡 及 適 用 してはならな い コンポジットの 定 義 は 請 求 に 応 じて 提 供 可 能 としなければならない 同 上 ( 適 用 除 外 ) 3.A.10: 重 大 なキャッシュフローが 発 生 した 場 合 に 当 該 ポートフォリオをコン ポジットから 除 外 したい 会 社 は 重 大 な についてコンポジットごとに 事 前 に 定 義 し コン ポジットごとの 方 針 に 一 貫 して 従 わなければならない

17 第 I 章 第 7 節 プライベートエクイティ 7.A 年 1 月 1 日 以 降 を 期 末 とする 期 間 について 会 社 は 評 価 方 針 および/または 評 価 方 法 の 重 要 な 変 更 を 開 示 しなければならない 7.A.15 会 社 は GIPS 評 価 原 則 に 加 えて 業 界 の 評 価 ガイドラインに 従 っている 場 合 は ど のガイドラインを 適 用 したか 開 示 しなければならない 7.A.16 会 社 は 使 用 したベンチマーク 計 算 方 法 を 開 示 しなければならない 会 社 は コ ンポジットのパブリック マーケット エクイバレントをベンチマークとして 提 示 する 場 合 は パブリック マーケット エクイバレント 計 算 のために 使 用 した インデックスを 開 示 しなければならない 7.A.17 会 社 は 2011 年 1 月 1 日 より 以 前 の 期 間 について 日 次 キャッシュフローを 使 用 して いない 場 合 は SI-IRRの 計 算 で 使 用 したキャッシュフローの 頻 度 を 開 示 しなければ ならない 7.A.18 フィー 控 除 前 リターンについて 取 引 費 用 に 加 えてその 他 のフィーを 控 除 している ときは 会 社 はその 旨 を 開 示 しなければならない 7.A.19 フィー 控 除 後 リターンについて 運 用 報 酬 および 取 引 費 用 に 加 えてその 他 のフィー を 控 除 しているときは 会 社 はその 旨 を 開 示 しなければならない 7.A.20 会 社 は 2006 年 1 月 1 日 より 前 を 期 末 とする 期 間 についてGIPS 基 準 に 準 拠 していな いパフォーマンスを 提 示 している 場 合 は 当 該 非 準 拠 期 間 を 開 示 しなければならな い ( 適 用 除 外 ) 4.A.5: フィー( 運 用 報 酬 ) 控 除 前 リターンの 提 示 において 取 引 費 用 に 加 えて その 他 のフィーを 控 除 しているときは 会 社 はその 旨 を 開 示 しなければならない 取 引 費 用 の 内 容 が 不 動 産 プライベートエクイティと 一 般 資 産 との 間 で 相 違 している 用 語 集 を 参 照 のこと ( 適 用 除 外 ) 4.A.6: フィー( 運 用 報 酬 ) 控 除 後 リターンを 提 示 するときは 会 社 は 次 の 事 項 を 開 示 しなければならない a. 運 用 報 酬 および 取 引 費 用 に 加 えてその 他 のフィーを 控 除 しているときはその 旨 b. モデルの 運 用 報 酬 または 実 際 の 運 用 報 酬 のいずれが 使 用 されているか 取 引 費 用 の 内 容 が 不 動 産 プライベートエクイティと 一 般 資 産 との 間 で 相 違 している 用 語 集 を 参 照 のこと ( 適 用 除 外 ) 4.A.15: 2000 年 1 月 1 日 より 以 前 の 運 用 実 績 についてGIPS 基 準 に 準 拠 してい ないパフォーマンスが 提 示 されているときは 会 社 は 非 準 拠 の 期 間 を 開 示 しなければな らない ( 適 用 除 外 ) 4.A.8: 会 社 は どの 内 部 的 散 らばりの 測 度 を 提 示 しているか 開 示 しなければ ならない ( 適 用 除 外 ) 4.A.26: 会 社 は 2010 年 1 月 1 日 より 以 前 の 運 用 実 績 について 月 末 または 当 該 月 の 最 終 営 業 日 ベースでポートフォリオを 評 価 していなかった 場 合 には その 旨 を 開 示 しなければならない ( 適 用 除 外 ) 4.A.32: 会 社 は 特 定 のコンポジットについて 重 大 なキャッシュフローに 関 する 方 針 を 採 用 しているときは 当 該 コンポジットについて 重 大 なキャッシュフローをどのように 定 義 しているか また その 適 用 期 間 を 開 示 しなければならない ( 適 用 除 外 ) 4.A.33: 会 社 は 36 個 の 月 次 リターンが 入 手 できないことを 理 由 にコンポジット および/またはベンチマークの3 年 間 の 年 率 換 算 した 事 後 的 な 標 準 偏 差 を 提 示 しないとき は その 旨 を 開 示 しなければならない ( 適 用 除 外 ) 4.A.34: 会 社 は 3 年 間 の 年 率 換 算 した 事 後 的 な 標 準 偏 差 は 関 連 性 がないま たは 適 切 でないと 判 断 する 場 合 は 次 を 記 載 しなければならない a. 事 後 的 な 標 準 偏 差 は 関 連 性 がないまたは 適 切 でないと 判 断 した 理 由 b. 提 示 される 追 加 的 なリスク 指 標 とその 選 択 理 由 9of17

18 提 示 および 報 告 必 須 基 準 第 I 章 第 7 節 プライベートエクイティ 7.A.21 各 準 拠 提 示 資 料 において 次 の 事 項 を 提 示 しなければならない a. 会 社 は コンポジットの 各 年 度 末 までのフィー 控 除 後 およびフィー 控 除 前 SI- IRRの 双 方 を 提 示 しなければならない 会 社 は 初 めに 少 なくとも5 年 間 (また は 会 社 またはコンポジットの 存 続 期 間 が5 年 未 満 のときは 会 社 の 開 始 またはコン ポジット 開 始 日 以 降 )のGIPS 基 準 の 必 須 事 項 に 準 拠 したパフォーマンスを 提 示 し なければならない それ 以 降 の 各 年 について 会 社 は 追 加 年 のパフォーマンスを 提 示 しなければならない コンポジット リターンについて フィー 控 除 前 フィー 控 除 後 のどちらであるか 明 示 しなければならない b 年 1 月 1 日 以 降 の 期 間 については 当 初 期 間 が1 年 に 満 たないときは 会 社 は 当 初 年 度 末 までの 年 率 換 算 していないフィー 控 除 後 およびフィー 控 除 前 のSI- IRRを 提 示 しなければならない c 年 1 月 1 日 以 降 を 期 末 とする 期 間 については 会 社 は コンポジット 最 終 清 算 日 までのフィー 控 除 後 およびフィー 控 除 前 のSI-IRRを 提 示 しなければならな い 7.A 年 1 月 1 日 以 降 を 期 末 とする 期 間 については ファンド オブ ファンズ コ ンポジットが 投 資 マンデート 投 資 目 的 投 資 戦 略 によってのみ 定 義 される 場 合 に は 会 社 は 構 成 するファンドを 組 成 年 別 に 分 類 した 場 合 のSI-IRRおよび7.A.23で IRRおよび7 A23で 必 須 とされるその 他 指 標 についても 提 示 しなければならない これら 指 標 は ファ ンド オブ ファンズの 運 用 報 酬 控 除 前 直 近 年 度 末 現 在 で 提 示 しなければなら ない 7.A.23 会 社 は 各 年 度 末 現 在 の 次 の 事 項 を 開 示 しなければならない a. コンポジット 開 始 来 の 払 込 出 資 金 b. コンポジット 開 始 来 の 分 配 金 c. コンポジットの 累 積 出 資 約 束 金 d. 評 価 総 額 / 開 始 来 払 込 出 資 金 倍 率 ( 投 資 倍 率 またはTVPI) e. 開 始 来 分 配 金 / 開 始 来 払 込 出 資 金 倍 率 ( 実 現 倍 率 またはDPI) f. 開 始 来 払 込 出 資 金 / 累 積 出 資 約 束 金 倍 率 (PIC 倍 率 ) g. 残 余 価 値 / 開 始 来 払 込 出 資 金 倍 率 ( 未 実 現 倍 率 またはRVPI) 7.A.24 会 社 は 各 年 度 末 までのベンチマークのSI-IRRを 提 示 しなければならない ベンチ マークは 次 を 満 たしていなければならない a. コンポジットの 投 資 マンデート 投 資 目 的 または 投 資 戦 略 を 反 映 しているこ と b. コンポジット 提 示 期 間 と 同 じ 期 間 について 提 示 されていること c. コンポジットと 同 じ 組 成 年 であること 10of17 ( 適 用 除 外 ) 5.A.1.a: 少 なくとも5 年 間 (または 会 社 またはコンポジットの 存 続 期 間 が5 年 未 満 のときは 会 社 の 開 始 またはコンポジット 開 始 日 以 降 )のGIPS 基 準 の 必 須 事 項 に 準 拠 したパフォーマンス 最 低 限 5 年 間 (または 会 社 またはコンポジットの 存 続 期 間 が5 年 未 満 のときは 会 社 の 開 始 またはコンポジット 開 始 日 以 降 )のGIPS 基 準 に 準 拠 したパフォーマ ンスを 提 示 した 後 会 社 は 少 なくとも10 年 分 のGIPS 基 準 に 準 拠 したパフォーマンスとなる よう 毎 年 パフォーマンスを 追 加 提 示 しなければならない ( 適 用 除 外 ) 5.A.1.b: 各 年 度 のコンポジット リターン コンポジット リターンは フィー( 運 用 報 酬 ) 控 除 前 またはフィー( 運 用 報 酬 ) 控 除 後 のどちらで 表 示 されているか 明 記 しなけれ ばならない ( 適 用 除 外 ) 5.A.1.c: コンポジット 開 始 日 が2011 年 1 月 1 日 以 降 であるコンポジットについて は 当 初 期 間 が1 年 に 満 たないときは コンポジット 開 始 日 から 初 年 度 末 までのリターン ( 適 用 除 外 ) 5.A.1.d: コンポジット 終 了 日 が2011 年 1 月 1 日 以 降 であるコンポジットについて は 最 終 年 度 末 からコンポジット 終 了 日 までのリターン ( 適 用 除 外 ) 5.A.1.e: 各 年 度 のベンチマークのトータル リターン ベンチマークは コンポ ジットの 投 資 マンデート 投 資 目 的 または 投 資 戦 略 を 反 映 していなければならない

19 第 I 章 第 7 節 プライベートエクイティ 7.A.25 ファンド オブ ファンズ コンポジットが 投 資 マンデート 投 資 目 的 または 投 資 戦 略 によってのみ 定 義 されており かつ 構 成 する 投 資 についてベンチマークが 提 示 される 場 合 には ベンチマークは 構 成 する 投 資 と 同 じ 組 成 年 および 投 資 マン デート 投 資 目 的 または 投 資 戦 略 を 有 するものでなければならない 7.A 年 1 月 1 日 以 降 を 期 末 とする 期 間 については ファンド オブ ファンズ コ ンポジット 中 に(ファンド 投 資 ヴィークル 以 外 の) 直 接 投 資 資 産 がある 場 合 には 会 社 は 各 年 度 末 現 在 におけるコンポジット 資 産 に 占 める 直 接 投 資 資 産 の 割 合 を 提 示 しなければならない 7.A 年 1 月 1 日 以 降 を 期 末 とする 期 間 については プライマリー ファンド コン ポジット 中 に( 直 接 投 資 以 外 の)ファンド 投 資 ヴィークルによる 資 産 がある 場 合 に は 会 社 は 各 年 度 末 現 在 におけるコンポジット 資 産 に 占 めるファンド 投 資 ヴィー クル 資 産 の 割 合 を 提 示 しなければならない 7.A.28 会 社 は 2006 年 1 月 1 日 以 降 を 期 末 とする 期 間 についてGIPS 非 準 拠 パフォーマンス を 提 示 してはならない 2006 年 1 月 1 日 より 前 を 期 末 とする 期 間 については 会 社 は GIPS 非 準 拠 パフォーマンスを 提 示 することができる 入 力 データ 勧 奨 基 準 7.B.1 プライベート エクイティ 投 資 は 四 半 期 ごとに 評 価 すべきである 計 算 方 法 勧 奨 基 準 7.B 年 1 月 1 日 より 前 を 期 末 とする 期 間 についても SI-IRRは 日 次 キャッシュフ ローを 使 用 して 計 算 すべきである ( 適 用 除 外 ) 5.A.3: 会 社 は 2000 年 1 月 1 日 以 降 の 運 用 実 績 についてGIPS 非 準 拠 パ フォーマンスをGIPS 準 拠 パフォーマンスにリンクしてはならない 2000 年 1 月 1 日 以 降 の 運 用 実 績 についてGIPS 準 拠 パフォーマンスのみが 提 示 されている 場 合 に 限 り 会 社 は GIPS 非 準 拠 パフォーマンスをGIPS 準 拠 パフォーマンスにリンクしてもよい ( 適 用 除 外 ) 5.A.1.i: 各 年 度 について ポートフォリオ リターンの 内 部 的 散 らばりの 測 度 その1 年 間 を 通 してコンポジットに 組 み 入 れられていたポートフォリオの 数 が5 以 下 の 場 合 は 内 部 的 散 らばりの 測 度 の 報 告 は 必 須 ではない ( 適 用 除 外 ) 5.A.2: 2011 年 1 月 1 日 以 降 を 期 末 とする 期 間 の 運 用 実 績 については 会 社 は 各 年 度 末 現 在 の 次 の 両 事 項 を 提 示 しなければならない a. コンポジットおよびベンチマークについて 3 年 間 の 年 率 換 算 した 事 後 的 な 標 準 偏 差 ( 月 次 リターンを 使 用 ) b. 会 社 が 3 年 間 の 年 率 換 算 した 事 後 的 な 標 準 偏 差 は 関 連 性 がないまたは 適 切 でない と 判 断 する 場 合 は ベンチマークおよびコンポジットに 関 する 追 加 的 な3 年 間 の 事 後 的 なリ スク 指 標 (ベンチマークについてはそのような 指 標 が 入 手 可 能 で 適 切 であるとき) 事 後 的 なリスク 指 標 を 計 算 するときは 観 測 期 間 は コンポジットとベンチマークで 同 一 でなけれ ばならない ( 適 用 除 外 ) 1.B.1: 会 社 は 外 部 キャッシュフローの 発 生 の 日 ごとにポートフォリオを 評 価 すべきである 11of17

20 コンポジットの 構 築 勧 奨 基 準 第 I 章 第 7 節 プライベートエクイティ ( 適 用 除 外 ) 2.B.2: 2010 年 1 月 1 日 より 以 前 の 運 用 実 績 についても 会 社 は 少 なくとも 月 次 で 個 々のポートフォリオ リターンを 資 産 額 加 重 してコンポジット リターンを 計 算 すべき である ( 適 用 除 外 ) 3.B.2: 重 大 なキャッシュフローの 影 響 を 除 くため 会 社 は 一 時 的 新 規 口 座 を 使 用 すべきである ディスクロージャー( 開 示 ) 勧 奨 基 準 7.B.3 7.B.4 会 社 は 各 年 度 末 現 在 における パフォーマンス 報 告 で 使 用 した 評 価 と 財 務 報 告 で 使 用 した 評 価 との 間 の 重 要 な 差 異 について 説 明 し 開 示 すべきである 2011 年 1 月 1 日 より 以 前 の 期 間 についても 会 社 は 評 価 方 針 および/または 評 価 方 法 の 重 要 な 変 更 を 開 示 すべきである 提 示 および 報 告 勧 奨 基 準 7.B 年 1 月 1 日 以 降 を 期 末 とする 期 間 については ファンド オブ ファンズ コ ンポジットがファンド オブ ファンズの 組 成 年 によってのみ 定 義 される 場 合 に は 会 社 は 構 成 するファンドを 投 資 マンデート 投 資 目 的 または 投 資 戦 略 別 に 分 類 した 場 合 のSI-IRRおよび7.A.23で 必 須 とされるその 他 指 標 についても 提 示 すべ きである これら 指 標 は ファンド オブ ファンズの 運 用 報 酬 控 除 前 で 提 示 す べきである 7.B.6 7.B 年 1 月 1 日 より 前 を 期 末 とする 期 間 についても ファンド オブ ファンズ コンポジット 中 に(ファンド 投 資 ヴィークル 以 外 の) 直 接 投 資 資 産 がある 場 合 に は 会 社 は 各 年 度 末 現 在 におけるコンポジット 資 産 に 占 める 直 接 投 資 資 産 の 割 合 を 提 示 しすべきである 2011 年 1 月 1 日 より 前 を 期 末 とする 期 間 についても プライマリー ファンド コ ンポジット 中 に( 直 接 投 資 以 外 の)ファンド 投 資 ヴィークルによる 資 産 がある 場 合 には 会 社 は 各 年 度 末 現 在 におけるコンポジット 資 産 に 占 めるファンド 投 資 ヴィークル 資 産 の 割 合 を 提 示 すべきである ( 適 用 除 外 ) 5.B.2: 会 社 は 次 に 掲 げる 事 項 を 提 示 すべきである a. コンポジットおよびベンチマークのすべての 期 間 にかかる 累 積 リターン b. コンポジットの 等 加 重 平 均 リターンおよびリターンの 中 央 値 c. 四 半 期 および/または 月 次 のリターン d. 12ヶ 月 を 超 える 期 間 について コンポジットおよびベンチマークの 年 率 換 算 リターン ( 適 用 除 外 ) 5.B.3: 2011 年 1 月 1 日 より 以 前 の 運 用 実 績 についても 会 社 は コンポジットと ベンチマークについて 各 年 度 末 における3 年 間 の 年 率 換 算 した 事 後 的 な 標 準 偏 差 ( 月 次 リターンを 使 用 )を 提 示 すべきである 12of17

21 第 I 章 第 7 節 プライベートエクイティ ( 適 用 除 外 ) 5.B.4: コンポジットとベンチマークの 年 率 換 算 した 事 後 的 な 標 準 偏 差 が 提 示 されている 各 期 について 対 応 する 期 間 のコンポジットとベンチマークの 年 率 換 算 したリ ターンも 提 示 されるべきである ( 適 用 除 外 ) 5.B.5: コンポジットとベンチマークの 年 率 換 算 したリターンが 提 示 されている 各 期 について 対 応 する 期 間 のコンポジットとベンチマークの 年 率 換 算 した 事 後 的 な 標 準 偏 差 も 提 示 されるべきである 13of17

22 第 II 章 GIPS 評 価 原 則 GIPS 基 準 は 公 正 な 表 示 と 完 全 な 開 示 という 倫 理 原 則 に 基 づいている パフォーマンス 計 算 が 意 味 を 持 つためには ポートフォリオの 投 資 対 象 の 評 価 は 一 貫 性 (integrity)をもって 行 われ その 価 値 を 公 正 に 反 映 したものでなければならない GIPS 基 準 は 2011 年 1 月 1 日 付 で 会 社 が 以 下 に 掲 げる 定 義 および 必 須 事 項 に 従 って 公 正 価 値 による 方 法 を 適 用 することを 必 須 としている GIPS 評 価 原 則 は 公 正 価 値 の 定 義 を 含 め 国 際 会 計 基 準 審 議 会 (IASB)および 米 国 財 務 会 計 基 準 審 議 会 (FASB)その 他 機 関 が 行 った 作 業 を 考 慮 して 策 定 されたものである より 広 範 な 内 容 を 包 含 する 公 正 価 値 による 評 価 を 必 須 化 することは GIPS 基 準 への 準 拠 を 表 明 するすべての 会 社 に 影 響 を 及 ぼすことになる 活 発 な 市 場 で 取 引 さ れる 流 動 性 のある 投 資 対 象 の 場 合 時 価 から 公 正 価 値 に 変 更 しても 一 般 的 には 評 価 が 変 わることはないであろう 会 社 は 同 一 の 投 資 対 象 について 測 定 日 におけ る 活 発 な 市 場 での 客 観 的 かつ 観 察 可 能 な 調 整 前 の 公 表 価 格 (quoted market price) が 入 手 可 能 である 場 合 には それを 使 用 しなければならない 市 場 に 常 に 流 動 性 があるとは 限 らず 投 資 対 象 の 価 格 が 常 に 客 観 的 および/または 観 察 可 能 であるとは 限 らない 流 動 性 がなく 評 価 の 困 難 な 投 資 対 象 あるいは 観 察 可 能 な 時 価 のない 投 資 対 象 については 追 加 的 な 手 段 が 必 要 となる 類 似 しているが 同 一 ではない 投 資 対 象 の 市 場 価 格 が 入 手 可 能 である 場 合 評 価 のための インプットが 客 観 的 ではなく 主 観 的 である 場 合 および/または 市 場 の 取 引 が 活 発 ではなく 不 活 発 な 場 合 について 会 社 の 方 針 および 手 続 で 記 述 しなければならな い 以 下 の 第 C 節 に 勧 奨 される 評 価 階 層 (valuation hierarchy)が 示 されている 会 社 は コンポジットの 評 価 階 層 が 勧 奨 される 評 価 階 層 と 大 きく(materially) 異 なる 場 合 はその 旨 を 開 示 しなければならない 会 社 は 投 資 対 象 の 評 価 に 外 部 の 第 三 者 を 使 用 してもよいが その 場 合 でも 会 社 はGIPS 評 価 原 則 を 含 め GIPS 基 準 への 準 拠 責 任 を 有 している GIPS 基 準 への 準 拠 を 表 明 する 会 社 は 以 下 に 掲 げる 必 須 事 項 のすべてに 従 わなければならず また 以 下 に 掲 げる 勧 奨 事 項 に 準 拠 すべきである A. 公 正 価 値 の 定 義 公 正 価 値 は 十 分 な 知 識 と 思 慮 に 基 づいて 行 動 する 自 発 的 な 当 事 者 間 で 行 われる 独 立 した 立 場 (arm s length)での 現 在 の 取 引 において ある 投 資 対 象 が 交 換 されるであろう 価 格 と 定 義 される 同 一 の 投 資 対 象 について 測 定 日 における 活 発 な 市 場 での 客 観 的 かつ 観 察 可 能 な 調 整 前 の 公 表 価 格 (quoted market price)が 入 手 可 能 である 場 合 には それを 使 用 して 評 価 を 決 定 しなければならない 同 一 の 投 資 対 象 について 測 定 日 における 活 発 な 市 場 での 客 観 的 かつ 観 察 可 能 な 調 整 前 の 公 表 価 格 が 入 手 できない 場 合 には 会 社 による 時 価 の 最 良 推 計 値 で 評 価 しなければならない 公 正 価 値 には 経 過 利 子 を 含 めなければならない B. 評 価 の 必 須 事 項 会 社 は 以 下 に 掲 げる 評 価 の 必 須 事 項 に 準 拠 しなければならない 年 1 月 1 日 以 降 の 運 用 実 績 については ポートフォリオは 第 II 章 における 公 正 価 値 の 定 義 およびGIPS 評 価 原 則 に 従 って 評 価 しなければならない ( 基 準 1.A.2) 2 会 社 は 同 一 の 投 資 対 象 について 測 定 日 における 活 発 な 市 場 での 客 観 的 かつ 観 察 可 能 な 調 整 前 の 公 表 価 格 (quoted market price)が 入 手 可 能 である 場 合 に は それを 使 用 して 投 資 対 象 を 評 価 しなければならない 3 会 社 は パフォーマンスの 計 算 と 報 告 に 関 して 適 用 される すべての 法 律 および 規 制 を 遵 守 しなければならない( 基 準 0.A.2) したがって 会 社 は 評 価 に 関 して 適 用 される 法 律 および 規 制 を 遵 守 しなければならない 14of17

23 4 準 拠 提 示 資 料 がGIPS 基 準 の 必 須 事 項 に 抵 触 する 法 律 および/または 規 制 に 従 っているときは 会 社 は その 旨 および 当 該 法 律 および/または 規 制 が GIPS 基 準 と 異 なる 内 容 を 開 示 しなければならない( 基 準 4.A.22) 法 律 および/または 規 制 とGIPS 評 価 原 則 の 間 における 差 異 もこれに 含 まれる 5 会 社 は GIPS 基 準 に 準 拠 し かつ 準 拠 を 維 持 するために 使 用 される 会 社 の 方 針 および 手 続 を 顧 客 資 産 の 実 在 と 所 有 権 を 確 認 するための 施 策 を 含 め て 文 書 化 しなければならず かつその 方 針 および 手 続 を 一 貫 して 適 用 しなければならない( 基 準 0.A.5) したがって 会 社 は 評 価 の 方 針 手 続 方 法 および 階 層 (hierarchy) について その 変 更 事 項 も 含 めて 文 書 化 しなければならず それらを 一 貫 して 適 用 しなければならない 6 会 社 は ポートフォリオ 評 価 パフォーマンス 計 算 および 準 拠 提 示 資 料 の 作 成 に 関 する 方 針 が 請 求 に 応 じて 提 供 可 能 であることを 開 示 しなければな らない( 基 準 4.A.12) 年 1 月 1 日 以 降 の 運 用 実 績 については 会 社 は 主 観 的 で 観 察 不 可 能 なインプットを 使 用 して 評 価 したポートフォリオの 投 資 対 象 がコンポジットに おいて 重 要 であるときは ポートフォリオの 投 資 対 象 の 評 価 において( 第 II 章 のGIPS 評 価 原 則 に 記 述 されている) 主 観 的 で 観 察 不 可 能 なインプットを 使 用 している 旨 を 開 示 しなければならない( 基 準 4.A.27) 年 1 月 1 日 以 降 の 運 用 実 績 については 会 社 は コンポジットの 評 価 階 層 (valuation hierarchy)が 第 II 章 のGIPS 評 価 原 則 で 勧 奨 される 階 層 と 大 きく (materially) 異 なるときは その 旨 を 開 示 しなければならない( 基 準 4.A.28) 9 不 動 産 投 資 は 外 部 評 価 しなければならない( 基 準 6.A.4) 不 動 産 の 評 価 に 関 する 追 加 的 な 必 須 事 項 10 外 部 評 価 のプロセスは 関 連 する 評 価 基 準 設 定 運 営 主 体 の 実 務 慣 習 に 従 っていなければならない 11 会 社 は 評 価 人 または 鑑 定 人 の 報 酬 が 投 資 対 象 の 評 価 額 に 応 じて 決 まるような 外 部 評 価 を 使 用 してはならない 12 外 部 評 価 は 独 立 した 外 部 の 専 門 職 として 認 定 公 認 または 免 許 された 商 業 用 不 動 産 を 評 価 する 資 格 のある 評 価 人 または 鑑 定 人 により 行 わなけれ ばならない そのような 専 門 職 が 存 在 しない 市 場 においては 会 社 は 適 格 な 独 立 した 不 動 産 の 評 価 人 または 鑑 定 人 のみを 使 用 するよう 必 要 な 措 置 を 講 じなければならない( 基 準 6.A.5) 13 会 社 は 直 近 の 期 間 において 不 動 産 投 資 評 価 のために 使 用 した 内 部 評 価 方 法 を 開 示 しなければならない( 基 準 6.A.10.b) 年 1 月 1 日 以 降 の 運 用 実 績 については 会 社 は 評 価 方 針 および/または 評 価 方 法 の 重 要 な 変 更 を 開 示 しなければならない( 基 準 6.A.10.c) 年 1 月 1 日 以 降 の 運 用 実 績 については 会 社 は 外 部 評 価 とパフォーマンス 報 告 で 使 用 された 評 価 との 重 要 な 差 異 およびその 理 由 を 開 示 しなければ ならない( 基 準 6.A.10.d) 16 会 社 は 各 年 度 末 現 在 におけるコンポジット 資 産 に 占 める 年 度 中 に 外 部 評 価 を 使 用 して 評 価 された 資 産 の 割 合 を 提 示 しなければならない( 基 準 6.A.16.b) 15of17

24 プライベート エクイティの 評 価 に 関 する 追 加 的 な 必 須 事 項 17 選 択 された 評 価 方 法 は 投 資 対 象 の 性 質 事 実 および 状 況 に 基 づき 当 該 投 資 対 象 に 最 も 適 合 したものでなければならない 18 会 社 は 直 近 期 間 について プライベート エクイティ 投 資 の 評 価 のために 使 用 した 評 価 方 法 を 開 示 しなければならない( 基 準 7.A.13) 年 1 月 1 日 以 降 を 期 末 とする 期 間 について 会 社 は 評 価 方 針 および/または 評 価 方 法 の 重 要 な 変 更 を 開 示 しなければならない( 基 準 7.A.14) 20 会 社 は GIPS 評 価 原 則 に 加 えて 業 界 の 評 価 ガイドラインに 従 っている 場 合 は どのガイドラインを 適 用 したか 開 示 しなければならない( 基 準 7.A.15) C. 評 価 の 勧 奨 事 項 会 社 は 以 下 に 掲 げる 評 価 の 勧 奨 事 項 に 従 うべきである 1 評 価 階 層 (valuation hierarchy): 会 社 は コンポジットごとに ポートフォリオの 投 資 対 象 の 公 正 価 値 を 決 定 する 方 針 および 手 続 に 以 下 の 階 層 を 取 り 入 れるべきである a. 同 一 の 投 資 対 象 について 測 定 日 における 活 発 な 市 場 での 客 観 的 かつ 観 察 可 能 な 調 整 前 の 公 表 価 格 (quoted market price)が 入 手 可 能 である 場 合 には そ れを 使 用 して 投 資 対 象 を 評 価 しなければならない 入 手 できない 場 合 は 投 資 対 象 は 以 下 を 使 用 して 評 価 すべきある b. 活 発 な 市 場 での 類 似 の 投 資 対 象 に 関 する 客 観 的 かつ 観 察 可 能 な 市 場 取 引 価 格 (quoted market price) これが 入 手 できない 場 合 または 適 切 でない 場 合 は 投 資 対 象 は 以 下 を 使 用 して 評 価 すべきある c. 活 発 ではない 市 場 ( 投 資 対 象 の 取 引 がほとんどなく 価 格 が 最 新 のものではなく もしくは 気 配 値 が 時 点 および/またはマーケット メーカーによって 大 きく 変 動 するような 市 場 )における 同 一 または 類 似 の 投 資 対 象 の 取 引 価 格 (quoted price) これが 入 手 できない 場 合 または 適 切 でない 場 合 は 投 資 対 象 は 以 下 に 基 づいて 評 価 すべきある d. 投 資 対 象 について 公 表 価 格 (quoted price) 以 外 の 観 察 可 能 な 市 場 に 基 づくインプット これが 入 手 できない 場 合 または 適 切 でない 場 合 は 投 資 対 象 は 以 下 に 基 づいて 評 価 すべきある e. 測 定 日 に 市 場 が 活 発 ではない 場 合 における 投 資 対 象 の 主 観 的 で 観 察 不 可 能 なインプット 観 察 不 可 能 なインプットは 観 察 可 能 なインプットおよび 価 格 が 入 手 できない 場 合 またはそれらが 適 切 ではない 場 合 に 限 り 公 正 価 値 の 測 定 に 使 用 されるべきである 観 察 不 可 能 なインプットは 市 場 参 加 者 が 当 該 投 資 対 象 のプライシングに 使 用 するであろう 仮 定 についての 会 社 独 自 の 仮 定 を 反 映 しており その 状 況 下 で 入 手 可 能 な 最 良 の 情 報 に 基 づいて 設 定 されるべきである 2 会 社 は 評 価 方 針 および/または 評 価 方 法 の 重 要 な 変 更 を 開 示 すべきである( 基 準 4.B.1) 3 会 社 は ポートフォリオの 投 資 対 象 の 評 価 に 使 用 した 主 要 な 仮 定 条 件 を 開 示 すべきである( 基 準 4.B.4) 16of17

25 年 1 月 1 日 より 以 前 の 運 用 実 績 についても 会 社 は 主 観 的 で 観 察 不 可 能 なインプットを 使 用 して 評 価 したポートフォリオの 投 資 対 象 がコンポジッ トにおいて 重 要 であるときは ポートフォリオの 投 資 対 象 の 評 価 において( 第 II 章 のGIPS 評 価 原 則 に 記 述 されている) 主 観 的 で 観 察 不 可 能 なインプッ トを 使 用 している 旨 を 開 示 すべきである 5 評 価 情 報 は 適 格 な 独 立 した 第 三 者 から 取 得 すべきである( 基 準 1.B.2) 不 動 産 の 評 価 に 関 する 追 加 的 な 勧 奨 事 項 6 鑑 定 基 準 により 評 価 額 について 一 定 の 幅 が 許 容 される 場 合 があるが パフォーマンス 報 告 に 使 用 される 評 価 額 は 単 一 の 値 となるため 外 部 の 評 価 人 ま たは 鑑 定 人 から 取 得 するのは 単 一 の 評 価 額 とすることが 勧 奨 される 7 外 部 の 鑑 定 会 社 は3 年 から5 年 ごとに 交 替 することが 勧 奨 される 8 会 社 は 各 年 度 末 現 在 における パフォーマンス 報 告 で 使 用 した 評 価 と 財 務 報 告 で 使 用 した 評 価 との 間 の 重 要 な 差 異 について 説 明 し 開 示 すべきであ る( 基 準 6.B.4) 年 1 月 1 日 より 以 前 の 運 用 実 績 についても 会 社 は 評 価 方 針 および/または 評 価 方 法 の 重 要 な 変 更 を 開 示 すべきである( 基 準 6.B.5) プライベート エクイティの 評 価 に 関 する 追 加 的 な 勧 奨 事 項 10 会 社 は 各 年 度 末 現 在 における パフォーマンス 報 告 で 使 用 した 評 価 と 財 務 報 告 で 使 用 した 評 価 との 間 の 重 要 な 差 異 について 説 明 し 開 示 すべきであ る( 基 準 7.B.3) 年 1 月 1 日 より 以 前 の 期 間 についても 会 社 は 評 価 方 針 および/または 評 価 方 法 の 重 要 な 変 更 を 開 示 すべきである( 基 準 7.B.4) 12 以 下 の 留 意 事 項 を 評 価 プロセスに 取 り 入 れるべきである a. 各 方 法 で 使 用 したデータの 品 質 および 信 頼 性 b. 企 業 データまたは 取 引 データの 比 較 可 能 性 c. 企 業 の 発 展 段 階 d. 企 業 に 特 有 の 追 加 的 留 意 事 項 17of17

GIPS 不 動 産 基 準 改 訂 のポイント クローズドエンド ファンドに 対 する 基 準 の 追 加 現 基 準 の 不 動 産 コンポジット 全 般 に 対 するフレームに 加 えて クローズドエンド ファンド についての 基 準 を 追 加 クローズドエンド ファンドの 定 義 は 用

GIPS 不 動 産 基 準 改 訂 のポイント クローズドエンド ファンドに 対 する 基 準 の 追 加 現 基 準 の 不 動 産 コンポジット 全 般 に 対 するフレームに 加 えて クローズドエンド ファンド についての 基 準 を 追 加 クローズドエンド ファンドの 定 義 は 用 社 団 法 人 日 本 証 券 アナリスト 協 会 主 催 GIPS セミナー グローバル 投 資 パフォーマンス 基 準 (GIPS)2010 年 改 訂 - 主 要 ポイントと 実 務 への 影 響 - セッション3 不 動 産 に 関 する 改 訂 基 準 2010.3.8 加 藤 えり 子 1 GIPS 不 動 産 基 準 改 訂 のポイント クローズドエンド ファンドに 対 する 基 準

More information

この基本運用方針は、地方公務員共済組合連合会(以下「連合会」という

この基本運用方針は、地方公務員共済組合連合会(以下「連合会」という 厚 生 年 金 保 険 給 付 調 整 積 立 金 に 関 する 基 本 方 針 ( 平 成 27 年 10 月 1 日 制 定 ) 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 ( 昭 和 37 年 法 律 第 152 号 以 下 法 という ) 第 112 条 の4 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 厚 生 年 金 保 険 給 付 調 整 積 立 金 ( 法 第 3 8 条 の8 第 1 項

More information

(Microsoft Word - \212\356\226{\225\373\220j2014220_\217C\220\263\201j.doc)

(Microsoft Word - \212\356\226{\225\373\220j2014220_\217C\220\263\201j.doc) 平 成 26 年 2 月 20 日 日 本 医 師 従 業 員 国 民 年 金 基 金 年 金 資 産 運 用 の 基 本 方 針 日 本 医 師 従 業 員 国 民 年 金 基 金 ( 以 下 当 基 金 という)は 年 金 給 付 等 積 立 金 ( 以 下 年 金 資 産 という)の 運 用 にあたり 以 下 の 基 本 方 針 を 定 める 当 基 金 から 年 金 資 産 の 管 理 又

More information

ファンドの 目 的 世 界 各 国 の 取 引 所 に 上 場 されている 投 資 信 託 証 券 への 投 資 を 通 じて 世 界 ( 日 本 を 含 みます )の 株 式 債 券 不 動 産 投 資 信 託 (REIT) 商 品 (コモディティ)へ 実 質 的 に 分 散 投 資 を 行 ない

ファンドの 目 的 世 界 各 国 の 取 引 所 に 上 場 されている 投 資 信 託 証 券 への 投 資 を 通 じて 世 界 ( 日 本 を 含 みます )の 株 式 債 券 不 動 産 投 資 信 託 (REIT) 商 品 (コモディティ)へ 実 質 的 に 分 散 投 資 を 行 ない 投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 ) 使 用 開 始 日 :2015 年 11 月 20 日 楽 天 グローバル バランス ( 安 定 型 / 成 長 型 / 積 極 型 ) ほうじょう ( 愛 称 ) 豊 饒 の 木 追 加 型 投 信 / 内 外 / 資 産 複 合 商 品 分 類 および 属 性 区 分 商 品 分 類 投 資 対 象 資 産 単 位 型 追 加 型 投

More information

(3) 保 険 期 間 の 始 期 は 保 険 契 約 の 成 立 した 日 とするものであること (4) 保 険 料 と 保 険 金 とは 相 殺 しないものであること 5 第 2 項 の 特 定 信 託 契 約 の 内 容 は 基 金 令 第 31 条 に 規 定 するもののほか 第 3 項 の

(3) 保 険 期 間 の 始 期 は 保 険 契 約 の 成 立 した 日 とするものであること (4) 保 険 料 と 保 険 金 とは 相 殺 しないものであること 5 第 2 項 の 特 定 信 託 契 約 の 内 容 は 基 金 令 第 31 条 に 規 定 するもののほか 第 3 項 の 日 本 金 型 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 ( 抜 粋 ) 第 1 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 及 び 業 務 の 委 託 ( 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 の 締 結 ) 第 83 条 この 基 金 は 法 第 13 条 の2 第 1 項 及 び 法 第 136 条 の3 第

More information

目 次 ページ Ⅰ. はじめに 1. 本 開 示 例 利 用 にあたっての 留 意 事 項 1 2. 本 開 示 例 について 2 3. IFRS の 開 示 規 定 を 適 用 する 際 の 留 意 事 項 (IAS 第 1 号 の 改 訂 概 要 ) 4 4. 本 開 示 例 で 取 り 扱 っ

目 次 ページ Ⅰ. はじめに 1. 本 開 示 例 利 用 にあたっての 留 意 事 項 1 2. 本 開 示 例 について 2 3. IFRS の 開 示 規 定 を 適 用 する 際 の 留 意 事 項 (IAS 第 1 号 の 改 訂 概 要 ) 4 4. 本 開 示 例 で 取 り 扱 っ IFRSに 基 づく 連 結 財 務 諸 表 の 開 示 例 2016 年 3 月 31 日 金 融 庁 目 次 ページ Ⅰ. はじめに 1. 本 開 示 例 利 用 にあたっての 留 意 事 項 1 2. 本 開 示 例 について 2 3. IFRS の 開 示 規 定 を 適 用 する 際 の 留 意 事 項 (IAS 第 1 号 の 改 訂 概 要 ) 4 4. 本 開 示 例 で 取 り 扱

More information

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc 参 考 資 料 6 不 動 産 投 資 信 託 及 び 不 動 産 投 資 法 人 に 関 する 規 平 成 13 年 3 月 16 日 制 定 平 成 13 年 5 月 24 日 改 正 平 成 13 年 9 月 21 日 改 正 平 成 16 年 3 月 19 日 改 正 平 成 17 年 11 月 18 日 改 正 平 成 18 年 4 月 21 日 改 正 平 成 19 年 2 月 16 日

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

利 回 り( 積 立 金 の 運 用 利 回 りから 名 目 賃 金 上 昇 率 を 差 し 引 いたものをいう )を 最 低 限 のリスクで 確 保 するよう 基 本 ポートフォリオを 定 め これを 適 切 に 管 理 する その 際 市 場 の 価 格 形 成 や 民 間 の 投 資 行 動

利 回 り( 積 立 金 の 運 用 利 回 りから 名 目 賃 金 上 昇 率 を 差 し 引 いたものをいう )を 最 低 限 のリスクで 確 保 するよう 基 本 ポートフォリオを 定 め これを 適 切 に 管 理 する その 際 市 場 の 価 格 形 成 や 民 間 の 投 資 行 動 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 に 関 する 基 本 方 針 公 本 財 第 390の96 号 平 成 27 年 10 月 1 日 制 定 公 立 学 校 共 済 組 合 ( 以 下 当 共 済 組 合 という )は 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 ( 昭 和 37 年 法 律 第 152 号 以 下 法 という ) 第 112 条 の4 第 1 項 の 規 定 に

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

ファイナンシャル プランニング 技 能 検 定 (2) 国 民 年 金 (3) 厚 生 年 金 保 険 (4) 共 済 年 金 (5) 老 齢 給 付 (6) 障 害 給 付 (7) 遺 族 給 付 (8) 併 給 調 整 (9) 離 婚 時 年 金 分 割 (10) 請 求 手 続 6. 企 業

ファイナンシャル プランニング 技 能 検 定 (2) 国 民 年 金 (3) 厚 生 年 金 保 険 (4) 共 済 年 金 (5) 老 齢 給 付 (6) 障 害 給 付 (7) 遺 族 給 付 (8) 併 給 調 整 (9) 離 婚 時 年 金 分 割 (10) 請 求 手 続 6. 企 業 ファイナンシャル プランニング 技 能 検 定 ファイナンシャル プランニング3 級 学 科 試 験 A ライフプランニングと 資 金 計 画 1. ファイナンシャル プランニングと 倫 理 2. ファイナンシャル プランニングと 関 連 法 規 3. ライフプランニングの 考 え 方 手 法 ファイナンシャル プランニングと 倫 理 に 関 し 次 に 掲 げる 事 項 について 詳 細 な 知

More information

建設特別・資産運用の基本方針

建設特別・資産運用の基本方針 建 設 業 退 職 金 特 別 共 済 事 業 資 産 運 用 の 基 本 方 針 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 ) 変 更 平 成 22 年 12 月 27 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 改 正 平 成 27 年 10 月 1 日 変 更 平 成 28 年 3 月 1 日 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機

More information

IFRS適用後も出荷基準は適用できるのか

IFRS適用後も出荷基準は適用できるのか Legal and Tax Report 2010 年 9 月 27 日 全 9 頁 IFRS 適 用 後 も 出 荷 基 準 は 適 用 できるのか 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 鳥 毛 拓 馬 IFRS 業 種 別 レポート1 収 益 認 識 ( 現 行 IFRS)の 業 種 別 影 響 [ 要 約 ] 現 在 わが 国 の 会 計 基 準 設 定 主 体 である 企 業 会

More information

AJPI AJFIご 利 用 上 の 注 意 点 AJPI(ARES Japan Property Index) 及 びAJFI(ARES Japan Fund Index)は 実 際 の 運 用 成 果 に 基 づく 日 本 の 不 動 産 投 資 インデックス であり 時 価 (AJPIにおいて

AJPI AJFIご 利 用 上 の 注 意 点 AJPI(ARES Japan Property Index) 及 びAJFI(ARES Japan Fund Index)は 実 際 の 運 用 成 果 に 基 づく 日 本 の 不 動 産 投 資 インデックス であり 時 価 (AJPIにおいて データ 更 新 日 ARES Japan Fund Index(AJFI) ( 年 率 換 算 前 四 半 期 収 益 率 ) 2016/06/29 (AJFIのユニバースを 構 成 する 全 ファンドのデータから 算 出 ) 変 化 ( 時 点 ) - 過 去 1 年 間 過 去 3 年 間 過 去 5 年 間 過 去 10 年 間 インカム 収 益 率 1.25% 1.31% 1.33% -0.02%

More information

厚生年金保険給付積立金等の管理運用の方針

厚生年金保険給付積立金等の管理運用の方針 厚 生 年 金 保 険 給 付 積 立 金 等 の 管 理 運 用 の 方 針 ( 平 成 27 年 9 月 30 日 制 定 ) 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 ( 以 下 私 学 事 業 団 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 第 7 9 条 の6 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 同 法 第 79 条 の4 第 1 項 に 規 定 する 積 立 金 基 本 指 針

More information

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い 実 務 対 応 報 告 第 23 号 信 託 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 上 の 取 扱 い 平 成 19 年 8 月 2 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 20 年 12 月 26 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている (1) 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に

More information

目 次 ( 地 方 共 済 事 務 局 ) Ⅰ 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 の 基 本 的 な 方 針 1 基 本 的 な 方 針 2 2 運 用 の 目 標 2 3 年 金 資 産 運 用 検 討 委 員 会 の 活 用 3 4 資 金 運 用

目 次 ( 地 方 共 済 事 務 局 ) Ⅰ 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 の 基 本 的 な 方 針 1 基 本 的 な 方 針 2 2 運 用 の 目 標 2 3 年 金 資 産 運 用 検 討 委 員 会 の 活 用 3 4 資 金 運 用 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 係 る 基 本 的 な 方 針 地 方 職 員 共 済 組 合 ( 平 成 27 年 10 月 1 日 制 定 ) 目 次 ( 地 方 共 済 事 務 局 ) Ⅰ 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 の 基 本 的 な 方 針 1 基 本 的 な 方 針 2 2 運 用 の

More information

解説シリーズ:収益認識「「顧客との契約から生じる収益に関する論点の整理」及び「我が国の収益認識に関する研究報告(中間報告)」について」

解説シリーズ:収益認識「「顧客との契約から生じる収益に関する論点の整理」及び「我が国の収益認識に関する研究報告(中間報告)」について」 顧 客 との 契 約 から 生 じる 収 益 に 関 する 論 点 の 整 理 及 び 我 が 国 の 収 益 認 識 に 関 する 研 究 報 告 ( 中 間 報 告 ) について 第 1 回 : 収 益 認 識 に 関 する 検 討 状 況 の 背 景 2011.06.24 新 日 本 有 限 責 任 監 査 法 人 ナレッジセンター 公 認 会 計 士 井 澤 依 子 I.はじめに 平 成 20

More information

ETF通期決算短信(サマリー情報様式)

ETF通期決算短信(サマリー情報様式) 平 成 28 年 8 月 期 決 算 短 信 ( 平 成 27 年 10 月 19 日 ~ 平 成 28 年 8 月 9 日 ) 平 成 28 年 9 月 27 日 フ ァ ン ド 名 i シェアーズ MSCI 日 本 株 最 小 分 散 ETF 上 場 取 引 所 東 大 名 福 札 コ ー ド 番 号 1477 売 買 単 位 1 口 連 動 対 象 指 標 MSCI 日 本 株 最 小 分 散

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

ファンドの 目 的 特 色 ファンドの 目 的 確 定 拠 出 年 金 制 度 のための 専 用 ファンドとして 長 期 的 な 信 託 財 産 の 成 長 を 目 指 して 運 用 を 行 います ファンドの 特 色 わが 国 の 企 業 が 発 行 する 株 式 に 投 資 を 行 います 個

ファンドの 目 的 特 色 ファンドの 目 的 確 定 拠 出 年 金 制 度 のための 専 用 ファンドとして 長 期 的 な 信 託 財 産 の 成 長 を 目 指 して 運 用 を 行 います ファンドの 特 色 わが 国 の 企 業 が 発 行 する 株 式 に 投 資 を 行 います 個 確 定 拠 出 年 金 専 用 ファンド 投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 ) 2013 年 3 月 1 日 DC 日 本 株 式 エクセレント フォーカス 追 加 型 投 信 / 国 内 / 株 式 商 品 分 類 属 性 区 分 単 位 型 追 加 型 投 資 対 象 地 域 投 資 対 象 資 産 ( 収 益 の 源 泉 ) 投 資 対 象 資 産 決 算 頻 度 投 資

More information

2 / 6 通 貨 別 配 分 比 率 (2016 年 5 月 末 ) スウェーデン クロー ナ, 1.2% オーストラリア ドル, 2.7% その 他, 4.7% 英 ポンド, 6.4% 米 ドル, 49.7% ユーロ, 35.4% 比 率 は 各 組 入 ファンドにおける 債 券 ポートフォリオ

2 / 6 通 貨 別 配 分 比 率 (2016 年 5 月 末 ) スウェーデン クロー ナ, 1.2% オーストラリア ドル, 2.7% その 他, 4.7% 英 ポンド, 6.4% 米 ドル, 49.7% ユーロ, 35.4% 比 率 は 各 組 入 ファンドにおける 債 券 ポートフォリオ 1 / 6 投 資 者 の 皆 さまへ 基 準 価 額 純 資 産 の 推 移 2016 年 6 月 30 日 現 在 ダイワファンドラップ 専 用 投 資 信 託 ダイワファンドラップ 外 国 債 券 セレクト Monthly Fund Report 追 加 型 投 信 / 海 外 / 債 券 信 託 期 間 : 平 成 19 年 11 月 1 日 から 無 期 限 基 準 日 : 2016 年

More information

Microsoft Word - 1608 ETF・日経400ベア決算短信.doc

Microsoft Word - 1608 ETF・日経400ベア決算短信.doc 平 成 ( 平 成 27 年 8 月 21 日 ~ 平 成 28 年 8 月 20 日 ) 決 算 短 信 平 成 28 年 9 月 28 日 上 場 取 引 所 東 証 フ ァ ン ド 名 JPX 日 経 400ベア 上 場 投 信 (インバース) コ ー ド 番 号 1468 連 動 対 象 指 標 JPX 日 経 400インバース インデックス 主 要 投 資 資 産 公 社 債 売 買 単

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20838A815B8367837D83938358838A815B32303136944E328C8E8D862E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20838A815B8367837D83938358838A815B32303136944E328C8E8D862E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> M リート マーケット マンスリー リート 不 動 産 を 中 心 に 運 用 を 行 う 投 資 信 託 正 式 英 語 名 称 は Real Estate Investment Trusts( 略 語 REIT) 情 報 提 供 資 料 2016 年 2 月 号 図 1 リート 市 場 動 向 S&P 先 進 国 REIT 指 数 ( 配 当 込 み) : 先 進 国 円 ベース 0 年 以 降

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CFA90B6944E8BE095DB8CAF8E968BC682CC8EC08E7B8B408AD690CF97A78BE082CC8AC7979D8B7982D1895E977082C98C5782E98BEF91CC934982C895FB906A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CFA90B6944E8BE095DB8CAF8E968BC682CC8EC08E7B8B408AD690CF97A78BE082CC8AC7979D8B7982D1895E977082C98C5782E98BEF91CC934982C895FB906A2E646F63> 厚 生 年 金 保 険 事 業 の 実 施 機 関 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 係 る 具 体 的 な 方 針 平 成 27 年 10 月 1 日 制 定 警 察 共 済 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 厚 生 年 金 保 険 事 業 の 実 施 機 関 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 係 る 基 本 的 な 方 針 ( 以 下 基 本 的 な 方 針 という

More information

ある このコア 原 則 を 達 成 するため 企 業 は 以 下 のステップを 踏 むことによ り 収 益 を 認 識 することとなる 1. 顧 客 との 契 約 の 識 別 2. 契 約 に 含 まれる 別 個 の 履 行 義 務 の 識 別 3. 取 引 価 格 の 決 定 4. 契 約 に 含

ある このコア 原 則 を 達 成 するため 企 業 は 以 下 のステップを 踏 むことによ り 収 益 を 認 識 することとなる 1. 顧 客 との 契 約 の 識 別 2. 契 約 に 含 まれる 別 個 の 履 行 義 務 の 識 別 3. 取 引 価 格 の 決 定 4. 契 約 に 含 解 説 IASBとFASBで 共 通 化 された 収 益 認 識 に 関 する 会 計 基 準 国 際 会 計 基 準 審 議 会 (IASB) 客 員 研 究 員 米 国 財 務 会 計 基 準 審 議 会 (FASB) 国 際 研 究 員 かわ にし 川 西 やす のぶ 安 喜 はじめに 2014 年 5 月 28 日 国 際 会 計 基 準 審 議 会 (IASB)は 国 際 財 務 報 告

More information

<3135383834365F8E4F88E48F5A97468145826382628A4F8D918DC28C948343839383668362834E835883748340839383685F32303136303732395F4D2E786C7378>

<3135383834365F8E4F88E48F5A97468145826382628A4F8D918DC28C948343839383668362834E835883748340839383685F32303136303732395F4D2E786C7378> 6 枚 組 の1 枚 目 です # 基 準 価 額 および 純 資 産 総 額 7/29 前 月 比 基 準 価 額 ( 円 ) 18,489 293 純 資 産 総 額 ( 百 万 円 ) 47,913 968 基 準 価 額 は10000 口 当 たりの 金 額 です 基 準 価 額 および 純 資 産 総 額 の 推 移 ファンド 設 定 日 25,000 22,500 H14.4.1 純 資

More information

M3784-20150731.xls

M3784-20150731.xls 1 / 6 投 資 者 の 皆 さまへ 基 準 価 額 純 資 産 の 推 移 2015 年 7 月 31 日 現 在 基 準 価 額 純 資 産 総 額 期 間 別 騰 落 率 期 間 1カ 月 間 3カ 月 間 6カ 月 間 1 年 間 3 年 間 5 年 間 年 初 来 設 定 来 12,601 円 912 億 円 ファンド +1.3 % +0.6 % +0.7 % +12.6 % +56.4

More information

米証券取引委員会(SEC)による市中協議文書「誤って支給された報酬の返還に係る上場規則」に対するコメント

米証券取引委員会(SEC)による市中協議文書「誤って支給された報酬の返還に係る上場規則」に対するコメント 2015 年 9 月 14 日 米 証 券 取 引 委 員 会 (SEC)による 市 中 協 議 文 書 誤 って 支 給 された 報 酬 の 返 還 に 係 る 上 場 規 則 に 対 するコメント 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 全 国 銀 行 協 会 として 米 証 券 取 引 委 員 会 (SEC)から7 月 1 日 に 公 表 された 誤 って 支 給 された 報 酬 の

More information

僅 追 加 型 証 券 投 資 信 託 パン パシフィック 外 国 債 券 オープン 約 款 明 治 安 田 アセットマネジメント 株 式 会 社 運 用 の 基 本 方 針 約 款 第 22 条 に 基 づき 委 託 者 の 定 める 運 用 の 基 本 方 針 は 次 のものとします 1. 基 本 方 針 この 投 資 信 託 は 安 定 した 収 益 の 確

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

<ご 参 考 資 料 1> 要 約 連 結 財 政 状 態 計 算 書 ( 単 位 : 億 円 ) 平 成 21 年 3 月 31 日 平 成 22 年 3 月 31 日 資 産 : 現 金 及 び 預 け 金 6,681 10,278 コールローン 298 1,124 債 券 貸 借 取 引 支

<ご 参 考 資 料 1> 要 約 連 結 財 政 状 態 計 算 書 ( 単 位 : 億 円 ) 平 成 21 年 3 月 31 日 平 成 22 年 3 月 31 日 資 産 : 現 金 及 び 預 け 金 6,681 10,278 コールローン 298 1,124 債 券 貸 借 取 引 支 各 位 平 成 22 年 11 月 9 日 米 国 証 券 取 引 委 員 会 宛 て Form F-4 の 提 出 について ( 以 下 中 央 三 井 )と ( 以 下 住 友 信 託 )は 両 社 の 経 営 統 合 につき 米 国 証 券 法 に 基 づく 登 録 届 出 書 Form F-4 を 作 成 し 中 央 三 井 は 平 成 22 年 11 月 8 日 ( 米 国 東 部 時 間

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798D5A97B994C5817A91E598618FD88C94976C5F837D8343838B836883578383837083935F8376838C837E834183578383837083935F94CC948497708E9197BF5F32303136303531322E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798D5A97B994C5817A91E598618FD88C94976C5F837D8343838B836883578383837083935F8376838C837E834183578383837083935F94CC948497708E9197BF5F32303136303531322E70707478> 投 資 者 の 皆 さまへ ( 販 売 用 資 料 ) (2016 年 5 月 作 成 ) 課 税 上 は 株 式 投 資 信 託 として 取 扱 われます 投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 )のご 請 求 お 申 込 み 設 定 運 用 < 販 売 会 社 > 商 号 等 大 和 証 券 株 式 会 社 金 融 商 品 取 引 業 者 関 東 財 務 局 長 ( 金 商 )

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2097988976918A94BD837D836C83578381839383678B4B92F62E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2097988976918A94BD837D836C83578381839383678B4B92F62E646F6378> 一 般 社 団 法 人 日 本 ジェネリック 医 薬 品 学 会 利 益 相 反 マネジメント 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 一 般 社 団 法 人 日 本 ジェネリック 医 薬 品 学 会 ( 以 下 本 学 会 と 略 す)は その 活 動 におい て 社 会 的 責 任 と 倫 理 性 が 求 められていることに 鑑 み 利 益 相 反 マネジメント 規 程 を 策 定 する その 目

More information

2325 28152810 232513 -1- -2- -3- -4- -5- -6- -7- -8- -9- -10- -11- -12- -13- -14- -15- -16- -17- -18- -19- -20- -21- -22- -23- -24- -25- -26- -27- -28- -29- -30- -31- -32- -33- -34- -35- -36- -37- -38-

More information

私募REITは新たな投資対象になりうるのか

私募REITは新たな投資対象になりうるのか 金 融 資 本 市 場 2013 年 5 月 9 日 全 9 頁 私 募 REIT は 新 たな 投 資 対 象 になりうるのか 私 募 REIT 投 資 ガイドラインの 試 案 金 融 調 査 部 研 究 員 佐 川 あぐり ロンドンリサーチセンター 主 任 研 究 員 菅 野 泰 夫 [ 要 約 ] 近 年 私 募 REIT は 年 金 基 金 や 金 融 機 関 の 間 で 注 目 されており

More information

会計制度委員会研究資料第4号「時価の算定に関する研究資料~非金融商品の時価算定~」の概要(会計情報2013年9月号)  

会計制度委員会研究資料第4号「時価の算定に関する研究資料~非金融商品の時価算定~」の概要(会計情報2013年9月号)   会 計 監 査 会 計 制 度 委 員 会 研 究 資 料 第 4 号 時 価 の 算 定 に 関 す る 研 究 資 料 非 金 融 商 品 の 時 価 算 定 の 概 要 公 認 会 計 士 こ 小 ぼり 堀 かずひで 一 英 はじめに 日 本 公 認 会 計 士 協 会 (JICPA)は 平 成 25 年 7 月 9 日 付 けで 会 計 制 度 委 員 会 研 究 資 料 第 4 号 時 価

More information

ファンドの 内 容 に 関 して 重 大 な 変 更 を 行 なう 場 合 には 投 資 信 託 及 び 投 資 法 人 に 関 する 法 律 ( 昭 和 26 年 法 律 第 198 号 )に 基 づき 事 前 に 投 資 者 ( 受 益 者 )の 意 向 を 確 認 いたします ファンドの 財

ファンドの 内 容 に 関 して 重 大 な 変 更 を 行 なう 場 合 には 投 資 信 託 及 び 投 資 法 人 に 関 する 法 律 ( 昭 和 26 年 法 律 第 198 号 )に 基 づき 事 前 に 投 資 者 ( 受 益 者 )の 意 向 を 確 認 いたします ファンドの 財 投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 ) 2016.4.9 上 場 インデックスファンド 海 外 債 券 (Citi WGBI) 毎 月 分 配 型 上 場 外 債 ( 愛 称 ) 追 加 型 投 信 / 海 外 / 債 券 /ETF/インデックス 型 本 書 は 金 融 商 品 取 引 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 25 号 ) 第 13 条 の 規 定 に 基 づく 目

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2097D58E9E838C837C815B83675F89A28F42838A815B83675F3230313630375F8DC58F4994C52E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2097D58E9E838C837C815B83675F89A28F42838A815B83675F3230313630375F8DC58F4994C52E646F6378> ( 愛 称 ラ グレイス) < 毎 月 決 算 型 / 年 2 回 決 算 型 > 平 成 28 年 7 月 7 日 一 部 の 英 国 不 動 産 投 資 信 託 の 解 約 受 付 停 止 と アムンディ 欧 州 セレクティブ リート ファンド に 及 ぼす 影 響 について アムンディ ジャパン 株 式 会 社 6 月 23 日 ( 現 地 時 間 )に 実 施 された 英 国 の EU( 欧

More information

190309_東証REIT指数上場投信_20160831_M.xlsx

190309_東証REIT指数上場投信_20160831_M.xlsx 6 枚 組 の1 枚 目 です # 基 準 価 額 および 純 資 産 総 額 8/31 基 準 価 額 ( 円 ) 184,839 純 資 産 総 額 ( 百 万 円 ) 23,212 前 月 比 -3,766 695 基 準 価 額 および 純 資 産 総 額 の 推 移 ファンド 設 定 日 H27.3.24 純 資 産 総 額 ( 億 円 : 右 軸 ) 基 準 価 額 ( 円 : 左 軸

More information

参 議 院 決 算 委 員 会 において 平 成 23 年 12 月 7 日 国 家 財 政 の 経 理 及 び 国 有 財 産 の 管 理 に 関 する 調 査 のため 会 計 検 査 院 に 対 し 年 金 積 立 金 ( 厚 生 年 金 及 び 国 民 年 金 )の 管 理 運 用 に 係 る

参 議 院 決 算 委 員 会 において 平 成 23 年 12 月 7 日 国 家 財 政 の 経 理 及 び 国 有 財 産 の 管 理 に 関 する 調 査 のため 会 計 検 査 院 に 対 し 年 金 積 立 金 ( 厚 生 年 金 及 び 国 民 年 金 )の 管 理 運 用 に 係 る 会 計 検 査 院 法 第 30 条 の3の 規 定 に 基 づく 報 告 書 年 金 積 立 金 ( 厚 生 年 金 及 び 国 民 年 金 )の 管 理 運 用 に 係 る 契 約 の 状 況 等 に 関 する 会 計 検 査 の 結 果 について 平 成 24 年 10 月 会 計 検 査 院 参 議 院 決 算 委 員 会 において 平 成 23 年 12 月 7 日 国 家 財 政 の 経

More information

セカンドライフは 公 的 年 金 が 支 えています 人 生 にはさまざまなライフイベントがあり そ れ ぞ れ の ラ イ フ イベ ン ト を 実 行 するには 大 きな 支 出 を 伴 うことがあります 特 にセカンドライフは 必 要 資 金 額 が 大 きくなる 可 能 性 があります 公

セカンドライフは 公 的 年 金 が 支 えています 人 生 にはさまざまなライフイベントがあり そ れ ぞ れ の ラ イ フ イベ ン ト を 実 行 するには 大 きな 支 出 を 伴 うことがあります 特 にセカンドライフは 必 要 資 金 額 が 大 きくなる 可 能 性 があります 公 販 売 用 資 料 /2015.7 東 京 海 上 年 金 運 用 型 戦 略 ファンド ( 年 1 回 決 算 型 ) 追 加 型 投 信 / 内 外 / 資 産 複 合 愛 称 の 年 金 ぷらす とは 将 来 の 年 金 受 給 とは 別 の ゆとりあるセカンドライフ に 備 えた 資 産 づくりを めざすことを 意 味 しており 当 ファンドをお 申 込 みいただくことで 年 金 額 が 上

More information

金 融 負 債 の 分 類 および 測 定 に 関 する IFRS 第 9 号 のガイダンスは 現 在 IAS 第 39 号 に 含 まれる 金 融 負 債 の 分 類 規 準 を 変 更 していない 言 い 換 えれば 金 融 負 債 は 引 き 続 き 全 部 または 一 部 が 償 却 原 価

金 融 負 債 の 分 類 および 測 定 に 関 する IFRS 第 9 号 のガイダンスは 現 在 IAS 第 39 号 に 含 まれる 金 融 負 債 の 分 類 規 準 を 変 更 していない 言 い 換 えれば 金 融 負 債 は 引 き 続 き 全 部 または 一 部 が 償 却 原 価 IFRS Global office 2010 年 11 月 IFRS in Focus IASB 金 融 負 債 の 会 計 に 関 する IFRS 第 9 号 の 改 訂 を 公 表 注 : 本 資 料 は Deloitte の IFRS Global Office が 作 成 し 有 限 責 任 監 査 法 人 トーマツ が 翻 訳 したものです この 日 本 語 版 は 読 者 のご 理 解

More information

東日本大震災の被災地における不動産の価格等調査のための運用指針(No1)(案)

東日本大震災の被災地における不動産の価格等調査のための運用指針(No1)(案) 平 成 28 年 5 月 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガ イドライン に 対 応 する 不 動 産 の 価 格 等 調 査 の ための 運 用 指 針 ( 研 究 報 告 ) 個 人 債 務 者 の 債 務 整 理 における 不 動 産 の 評 価 公 益 社 団 法 人 日 本 不 動 産 鑑 定 士 協 会 連 合 会 実 務 指 針 不 動 産 鑑 定

More information

厚生年金基金の制度改正201404

厚生年金基金の制度改正201404 厚 生 年 金 基 金 の 制 度 改 正 に 係 る 解 説 ~ 政 省 令 告 示 の 公 布 および 通 知 の 発 出 を 受 けて~ 2014 年 4 月 AD908- 年 14-01 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. はじめに 2013( 平 成 25) 年 6 月 19 日 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しおよび

More information

商 品 分 類 属 性 区 分 単 位 型 追 加 型 投 資 対 象 地 域 投 資 対 象 資 産 ( 収 益 の 源 泉 ) 補 足 分 類 投 資 対 象 資 産 決 算 頻 度 投 資 対 象 地 域 投 資 形 態 対 象 インデックス 追 加 型 国 内 株 式 インデックス 型 その

商 品 分 類 属 性 区 分 単 位 型 追 加 型 投 資 対 象 地 域 投 資 対 象 資 産 ( 収 益 の 源 泉 ) 補 足 分 類 投 資 対 象 資 産 決 算 頻 度 投 資 対 象 地 域 投 資 形 態 対 象 インデックス 追 加 型 国 内 株 式 インデックス 型 その 投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 ) 使 用 開 始 日 2014.11.14 ニッセイ 日 経 225インデックスファンド 追 加 型 投 信 / 国 内 / 株 式 /インデックス 型 本 書 は 金 融 商 品 取 引 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 25 号 ) 第 13 条 の 規 定 に 基 づく 目 論 見 書 です ファンドに 関 する 投 資 信 託 説

More information

1.ファンドの 目 的 特 色 ファンドの 目 的 シティ 世 界 国 債 インデックス( 除 く 日 本 円 ベース 為 替 ヘッジなし)の 動 きに 連 動 する 投 資 成 果 をめざして 運 用 を 行 います ファンドの 特 色 1 主 に 外 国 債 券 パッシブ ファンド マザーファン

1.ファンドの 目 的 特 色 ファンドの 目 的 シティ 世 界 国 債 インデックス( 除 く 日 本 円 ベース 為 替 ヘッジなし)の 動 きに 連 動 する 投 資 成 果 をめざして 運 用 を 行 います ファンドの 特 色 1 主 に 外 国 債 券 パッシブ ファンド マザーファン 投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 ) 2016 年 7 月 13 日 DIAM 外 国 債 券 パッシブ ファンド 追 加 型 投 信 / 海 外 / 債 券 (インデックス 型 ) 単 位 型 追 加 型 商 品 分 類 投 資 対 象 投 資 対 象 資 産 補 足 分 類 地 域 ( 収 益 の 源 泉 ) 投 資 対 象 資 産 属 性 区 分 投 資 対 象 投 資

More information

営 業 利 益 法 といった 利 益 法 は 基 本 三 法 を 用 いることができない 場 合 に 限 り 適 用 すること とされていた しかしながら 平 成 22 年 7 月 OECD において こうした 優 先 順 位 が 実 態 に 沿 わなくなっていること 等 を 背 景 とした 見 直

営 業 利 益 法 といった 利 益 法 は 基 本 三 法 を 用 いることができない 場 合 に 限 り 適 用 すること とされていた しかしながら 平 成 22 年 7 月 OECD において こうした 優 先 順 位 が 実 態 に 沿 わなくなっていること 等 を 背 景 とした 見 直 租 税 特 別 措 置 法 関 係 通 達 ( 法 人 税 編 ) 関 係 第 66 条 の4 国 外 関 連 者 との 取 引 に 係 る 課 税 の 特 例 関 係 平 成 23 年 6 月 の 税 制 改 正 において 平 成 22 年 7 月 の OECD 移 転 価 格 ガイドラインの 改 定 を 踏 まえ 以 下 の1 及 び2の 事 項 について 法 令 上 の 措 置 が 講 じられた

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378> 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 改 訂 案 現 行 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という )について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年

More information

ファンドの 目 的 特 色 <ファンドの 目 的 > 主 として 国 内 外 の 公 社 債 およびわが 国 の 株 式 に 実 質 的 に 投 資 し 投 資 信 託 財 産 の 成 長 と 安 定 した 収 益 の 確 保 を 目 的 として 安 定 運 用 を 行 います <ファンドの 特 色

ファンドの 目 的 特 色 <ファンドの 目 的 > 主 として 国 内 外 の 公 社 債 およびわが 国 の 株 式 に 実 質 的 に 投 資 し 投 資 信 託 財 産 の 成 長 と 安 定 した 収 益 の 確 保 を 目 的 として 安 定 運 用 を 行 います <ファンドの 特 色 投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 ) 使 用 開 始 日 :2016.4.29 財 形 株 投 ( 年 金 住 宅 財 形 30) 追 加 型 投 信 / 国 内 / 資 産 複 合 単 位 型 追 加 型 商 品 分 類 投 資 対 象 地 域 投 資 対 象 資 産 ( 収 益 の 源 泉 ) 属 性 区 分 投 資 対 象 資 産 決 算 頻 度 投 資 対 象 地 域

More information

Board Approved 3-26-2013-ExOne_insider_trading_policy_JA

Board Approved 3-26-2013-ExOne_insider_trading_policy_JA 株 式 会 社 ExOne(エクスワン) インサイダー 取 引 に 関 するポリシー (2013 年 3 月 26 日 改 正 ) 本 インサイダー 取 引 ポリシーは 機 密 情 報 を 所 有 している 間 に 当 社 の 証 券 また は 他 の 上 場 会 社 の 証 券 を 取 引 する または 取 引 させる 場 合 の 株 式 会 社 ExOne デラ ウェア 州 法 人 ( 以 下

More information

( 質 問 5)[ 論 点 2-2] 履 行 義 務 の 充 足 支 配 の 考 え 方 及 び 顧 客 が 財 又 はサービスの 支 配 を 獲 得 している 指 標 は 実 態 に 応 じた 判 断 を 行 うために 十 分 であると 考 えますか 不 十 分 であるとすれば どのような 考 え

( 質 問 5)[ 論 点 2-2] 履 行 義 務 の 充 足 支 配 の 考 え 方 及 び 顧 客 が 財 又 はサービスの 支 配 を 獲 得 している 指 標 は 実 態 に 応 じた 判 断 を 行 うために 十 分 であると 考 えますか 不 十 分 であるとすれば どのような 考 え 企 業 会 計 基 準 委 員 会 御 中 社 団 法 人 日 本 証 券 アナリスト 協 会 顧 客 との 契 約 から 生 じる 収 益 に 関 する 論 点 の 整 理 について 2011 年 1 月 20 日 に 公 表 された 標 記 の 論 点 整 理 ( 以 下 論 点 整 理 )について 当 協 会 の 企 業 会 計 研 究 会 で 検 討 した 結 果 下 記 のとおり 意 見

More information

スライド 1

スライド 1 2016 年 9 月 10,400 10,200 平 素 は 新 光 バンクローン ファンド( 円 ヘッジ 型 )2015-09をご 愛 顧 賜 り 厚 くお 礼 申 し 上 げます さて 当 ファンドは2016 年 9 月 26 日 の 決 算 において 収 益 分 配 金 を 下 記 のとおり 決 定 しましたことを ご 報 告 いたします 当 期 分 配 金 ( 税 引 前 1 万 口 当 たり)

More information

いよいよ適用開始 投信制度改革 目論見書・運用報告書などの見直し

いよいよ適用開始 投信制度改革 目論見書・運用報告書などの見直し 証 券 金 融 取 引 の 法 制 度 いよいよ 適 用 開 始 投 信 制 度 改 革 目 論 見 書 運 用 報 告 書 などの 見 直 し 手 数 料 情 報 リスク 情 報 運 用 報 告 書 の 二 段 階 化 2014 年 12 月 8 日 全 15 頁 金 融 調 査 部 主 任 研 究 員 横 山 淳 [ 要 約 ] 2014 年 12 月 1 日 から 一 連 の 投 信 制 度

More information

1.ファンドの 目 的 特 色 ファンドの 目 的 明 治 安 田 米 国 リート インカム プレミアム ファンド( 毎 月 決 算 型 )( 以 下 当 ファンド ということがあります )は 主 として 米 国 の 金 融 商 品 取 引 所 に 上 場 ( 予 定 を 含 みます ) または 店

1.ファンドの 目 的 特 色 ファンドの 目 的 明 治 安 田 米 国 リート インカム プレミアム ファンド( 毎 月 決 算 型 )( 以 下 当 ファンド ということがあります )は 主 として 米 国 の 金 融 商 品 取 引 所 に 上 場 ( 予 定 を 含 みます ) または 店 明 治 安 田 米 国 リート インカム プレミアム ファンド( 毎 月 決 算 型 )の 受 益 権 の 募 集 については 明 治 安 田 アセットマネジメント 株 式 会 社 は 金 融 商 品 取 引 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 25 号 ) 第 5 条 の 規 定 により 有 価 証 券 届 出 書 を 平 成 28 年 4 月 28 日 に 関 東 財 務 局 長 に 提 出

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

 

  投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 ) 2016 年 10 月 1 日 たわらノーロード 先 進 国 債 券 追 加 型 投 信 / 海 外 / 債 券 (インデックス 型 ) 単 位 型 追 加 型 商 品 分 類 投 資 対 象 投 資 対 象 資 産 補 足 分 類 地 域 ( 収 益 の 源 泉 ) 投 資 対 象 資 産 決 算 頻 度 属 性 区

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208169323893FA8E6797708A4A8E6E816A8179303431358DEC90AC817A8269826082CC826C826C826581408CF0957496DA985F8CA98F91313630352E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208169323893FA8E6797708A4A8E6E816A8179303431358DEC90AC817A8269826082CC826C826C826581408CF0957496DA985F8CA98F91313630352E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 ) 使 用 開 始 日 2016.5.28 JAのMMF 追 加 型 投 信 / 国 内 / 株 式 /インデックス 型 分 配 金 再 投 資 ( 累 積 投 資 ) 可 能 (マネー マネージメント ファンド) 追 加 型 投 信 / 国 内 / 債 券 /MMF 分 配 金 再 投 資 ( 累 積 投 資 ) 専 用 単 位 型 追 加

More information

ファンドの 特 色 販 売 用 資 料 主 として ニュージーランドドル 建 ての 債 券 に 投 資 を 行 ない インカム 収 益 の 確 保 と 信 託 財 産 の 成 長 をめざします ニュージーランドドル 建 ての 国 債 地 方 債 政 府 保 証 債 政 府 機 関 債 国 際 機 関

ファンドの 特 色 販 売 用 資 料 主 として ニュージーランドドル 建 ての 債 券 に 投 資 を 行 ない インカム 収 益 の 確 保 と 信 託 財 産 の 成 長 をめざします ニュージーランドドル 建 ての 国 債 地 方 債 政 府 保 証 債 政 府 機 関 債 国 際 機 関 高 格 付 ニュージーランドドル 債 ファンド 2014-07 ( 早 期 償 還 条 項 付 ) 愛 称 ニュージー トライ 2014-07 単 位 型 投 信 / 海 外 / 債 券 販 売 用 資 料 2014 年 6 月 作 成 設 定 運 用 は 日 興 アセットマネジメント 株 式 会 社 金 融 商 品 取 引 業 者 関 東 財 務 局 長 ( 金 商 ) 第 368 号 加 入 協

More information

販 売 用 資 料 Q1.なぜ を 引 き 下 げたのですか? A1. 当 ファンドの 収 益 分 配 方 針 に 基 づき 現 在 の 基 準 価 額 の 水 準 および 市 況 動 向 等 を 勘 案 し 当 期 の (1 万 口 当 たり 税 引 前 )を30 円 とし 前 期 の50 円 か

販 売 用 資 料 Q1.なぜ を 引 き 下 げたのですか? A1. 当 ファンドの 収 益 分 配 方 針 に 基 づき 現 在 の 基 準 価 額 の 水 準 および 市 況 動 向 等 を 勘 案 し 当 期 の (1 万 口 当 たり 税 引 前 )を30 円 とし 前 期 の50 円 か 販 売 用 資 料 投 資 家 の 皆 様 へ 2015 年 10 月 5 日 三 井 住 友 アセットマネジメント 株 式 会 社 コーポレート ボンド インカム( 為 替 ヘッジ 型 ) 愛 称 : 泰 平 航 路 第 77 期 決 算 および のお 支 払 いについて 平 素 は コーポレート ボンド インカム( 為 替 ヘッジ 型 ) ( 以 下 当 ファンド)をご 愛 顧 賜 り 厚 く

More information

158946_きらきら星_20160831_M.xlsx

158946_きらきら星_20160831_M.xlsx 10 枚 組 の1 枚 目 です 新 聞 掲 載 略 称 :きらきら # 基 準 価 額 および 純 資 産 総 額 基 準 価 額 の 推 移 ( 円 ) 前 月 比 ファンド 設 定 日 H20.5.27 基 準 価 額 ( 円 ) 8,019 108 18,000 基 準 価 額 純 資 産 総 額 ( 百 万 円 ) 1,871 27 16,000 基 準 価 額 は10000 口 当 たりの

More information

<3136343230395F93FA8BBB834183808393836683428145834F838D815B836F838B8BE0975A8B408AD6836E83438375838A836283685F32303136303633305F4D2E786C7378>

<3136343230395F93FA8BBB834183808393836683428145834F838D815B836F838B8BE0975A8B408AD6836E83438375838A836283685F32303136303633305F4D2E786C7378> 8 枚 組 の1 枚 目 です # 当 レポートで 見 出 しに**が 付 いている 項 目 は 組 入 ファンドの 運 用 会 社 であるアムンディ アセットマネジメントから 提 供 を 受 けたデータおよび 情 報 に 基 づいて 作 成 しております 基 準 価 額 および 純 資 産 総 額 基 準 価 額 の 推 移 ( 円 ) 6/30 前 月 比 ファンド 設 定 日 H26.1.24

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

Microsoft Word 差替_【900】(旧69)「交代」120111CL.docx

Microsoft Word 差替_【900】(旧69)「交代」120111CL.docx 監 査 基 準 委 員 会 報 告 書 900 監 査 人 の 交 代 平 成 23 年 12 月 22 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 監 査 基 準 委 員 会 ( 報 告 書 : 第 6 9 号 ) 項 番 号 Ⅰ 本 報 告 書 の 範 囲 及 び 目 的 1. 本 報 告 書 の 範 囲... 1 2. 監 査 人 の 責 任... 3 3. 本 報 告 書 の 目 的... 4

More information

<4D F736F F D2096EC91BA93FA967B957393AE8E59938A904D816993FC8D6594C531828B816A2E646F6378>

<4D F736F F D2096EC91BA93FA967B957393AE8E59938A904D816993FC8D6594C531828B816A2E646F6378> 野 村 日 本 不 動 産 投 信 ( 毎 月 型 ) 追 加 型 投 信 国 内 不 動 産 投 信 投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 ) < 使 用 開 始 日 > 2016 年 9 月 10 日 商 品 類 属 性 区 単 位 型 追 加 型 投 資 対 象 地 域 投 資 対 象 資 産 ( 収 益 の 源 泉 ) 投 資 対 象 資 産 その 他 資 産 ( 投 資

More information

第4回税制調査会 総4-1

第4回税制調査会 総4-1 平 成 25 年 12 月 国 際 課 税 原 則 の 総 合 主 義 から 帰 属 主 義 への 見 直 し 税 制 調 査 会 国 際 課 税 ディスカッショングループ 国 際 課 税 原 則 の 総 合 主 義 から 帰 属 主 義 への 見 直 し 1. 見 直 しの 背 景 意 義 外 国 法 人 及 び 非 居 住 者 ( 以 下 外 国 法 人 等 という )に 対 する 課 税 原

More information

1.ファンドの 目 的 特 色 ファンドの 目 的 信 託 財 産 の 中 長 期 的 な 成 長 を 図 ることを 目 標 として 運 用 を 行 います ファンドの 特 色 主 に 外 国 債 券 パッシブ ファンド マザーファンドに 投 資 を 行 い シティ 世 界 国 債 インデックス (

1.ファンドの 目 的 特 色 ファンドの 目 的 信 託 財 産 の 中 長 期 的 な 成 長 を 図 ることを 目 標 として 運 用 を 行 います ファンドの 特 色 主 に 外 国 債 券 パッシブ ファンド マザーファンドに 投 資 を 行 い シティ 世 界 国 債 インデックス ( 投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 ) 2016 年 5 月 21 日 DIAM 外 国 債 券 インデックスファンド 追 加 型 投 信 / 海 外 / 債 券 (インデックス 型 ) 商 品 分 類 単 位 型 投 資 対 象 投 資 対 象 資 産 補 足 分 類 追 加 型 地 域 ( 収 益 の 源 泉 ) 追 加 型 海 外 債 券 インデックス

More information

インプライド・キャップレートによる不動産取引価格の予測可能性

インプライド・キャップレートによる不動産取引価格の予測可能性 インプライド キャップレートによる 不 動 産 取 引 価 格 の 予 測 可 能 性 REPORT 2011 年 11 月 11 日 投 資 調 査 第 2 部 研 究 員 川 村 康 人 本 稿 は 不 動 産 取 引 価 格 の 動 向 を 代 理 する 指 標 のうち J-REIT 運 用 不 動 産 の 継 続 鑑 定 価 格 や J-REIT のイ ンプライド キャップレートを 取 り

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63> リース 取 引 の 税 務 上 の 取 扱 いに 関 するQ&A 法 人 税 編 平 成 20 年 7 月 25 日 最 終 改 正 平 成 22 年 1 月 18 日 社 団 法 人 リース 事 業 協 会 1. 税 制 改 正 の 概 要... 1 Q1 税 制 改 正 の 背 景... 1 Q2 リース 取 引 に 関 係 する 法 令... 1 Q3 リース 税 制 の 主 な 改 正 内

More information

投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 ) 使 用 開 始 日 2016.08.19 < 購 入 換 金 手 数 料 なし> ニッセイ 外 国 債 券 インデックスファンド 追 加 型 投 信 / 海 外 / 債 券 /インデックス 型 本 書 は 金 融 商 品 取 引 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 25 号 ) 第 13 条 の 規 定 に 基 づく 目 論 見 書 です

More information

2013_06不動産105_03_4K.mcd

2013_06不動産105_03_4K.mcd 第 Ⅲ 部 投 資 法 人 資 産 運 用 業 における 利 益 相 反 取 引 の 諸 規 制 について ケネディクス( 株 ) 小 松 浩 樹 著 者 紹 介 小 松 浩 樹 (こまつ こうじゅ) 1996 年 早 稲 田 大 学 法 学 部 卒 業 同 年 三 井 信 託 銀 行 株 式 会 社 ( 現 三 井 住 友 信 託 銀 行 株 式 会 社 ) 入 社 同 社 不 動 産 営 業 部

More information

投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 ) 使 用 開 始 日 2016.06.14 ニッセイ 日 本 好 配 当 利 回 り 株 式 ファンド 追 加 型 投 信 / 国 内 / 株 式 本 書 は 金 融 商 品 取 引 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 25 号 ) 第 13 条 の 規 定 に 基 づく 目 論 見 書 です ファンドに 関 する 投 資 信 託

More information

Microsoft Word - AsiaBR_Vol.20

Microsoft Word - AsiaBR_Vol.20 発 行 番 号 : 20 号 発 行 日 : 2007 年 2 月 内 容 : ベトナムにおける 個 人 所 得 税 の 申 告 納 税 の 実 務 筆 者 : IGL (VIETNAM) CO., LTD. グェン ディン フク 1. はじめに ベトナムに 居 住 して 働 く あるいは 居 住 はしないがベトナムで 働 いた 対 価 として 個 人 が 所 得 を 得 る 場 合 この 所 得

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20464C5F333237362D8352815B837C838C815B83678145836E83438375838A836283688FD88C948374834083938368323031362D3032816988D791D683778362835782A082E8815E8CC092E892C789C18C5E816A816988A48FCC814683818357838

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20464C5F333237362D8352815B837C838C815B83678145836E83438375838A836283688FD88C948374834083938368323031362D3032816988D791D683778362835782A082E8815E8CC092E892C789C18C5E816A816988A48FCC814683818357838 1 / 5 第 1 期 分 配 金 は100 円 (1 万 口 当 たり 税 引 前 ) 2016 年 7 月 25 日 平 素 は ( 愛 称 :メジャー カン パニーズ16-02) をご 愛 顧 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げます さて 当 ファンドは 2016 年 7 月 22 日 に 第 1 期 計 算 期 末 を 迎 え 当 期 の 収 益 分 配 金 につきまして 組 み 入 れてい

More information

2016年3月期用 3月末改訂版 公表済みであるが未適用のIFRSs

2016年3月期用 3月末改訂版 公表済みであるが未適用のIFRSs 東 京 都 千 代 田 区 内 幸 町 二 丁 目 2 番 3 号 日 比 谷 国 際 ビル 100-0011 Tel:+81 3 3503 1100( 代 表 ) www.shinnihon.or.jp :2016 年 4 月 1 日 2016 年 3 月 期 用 公 表 されているが 未 だ 適 用 されていない IFRSs の 一 覧 (2016 年 3 月 31 日 現 在 ) 1. 本 資

More information

日 本 MRF(マネー リザーブ ファンド) 追 加 型 投 信 / 国 内 / 債 券 /MRF 投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 ) 使 用 開 始 日 2011 年 2 月 23 日 本 書 は 金 融 商 品 取 引 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 25 号 ) 第 13 条 の 規 定 に 基 づく 目 論 見 書 です ご 購 入 に 際 しては 本 書 の

More information

マザーファンドの 資 産 組 入 状 況 (2016 年 1 月 29 日 現 在 ) 事 業 債 政 保 債 12.67% 1.66% 国 債 85.68% 組 入 上 位 10 銘 柄 銘 柄 名 利 率 (%) 満 期 日 投 資 比 率 (%) 1 第 95 回 利 付 国 債 (20 年

マザーファンドの 資 産 組 入 状 況 (2016 年 1 月 29 日 現 在 ) 事 業 債 政 保 債 12.67% 1.66% 国 債 85.68% 組 入 上 位 10 銘 柄 銘 柄 名 利 率 (%) 満 期 日 投 資 比 率 (%) 1 第 95 回 利 付 国 債 (20 年 マイナス 金 利 政 策 導 入 による への 影 響 について 2016 年 1 月 29 日 日 本 銀 行 ( 以 下 日 銀 )はわが 国 史 上 初 めてとなるマイナス 金 利 政 策 の 導 入 を 決 定 しました その 結 果 わが 国 の 金 利 は 大 きく 低 下 ( 債 券 価 格 は 上 昇 )しています ファンドの 状 況 基 準 価 額 純 資 産 の 推 移 (2002

More information

⑫企業会計基準適用指針第6号

⑫企業会計基準適用指針第6号 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 6 号 固 定 資 産 の 減 損 に 係 る 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 15 年 10 月 31 日 改 正 平 成 20 年 1 月 24 日 最 終 改 正 平 成 21 年 3 月 27 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 3 範 囲 3 用 語 の 定 義 4 対 象 資 産 5 資

More information

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド)

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド) 投 資 契 約 書 目 次 第 1 章 本 契 約 の 目 的 払 込 手 続 等... - 1 - 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 )... - 1 - 第 2 条 ( 本 株 式 の 発 行 及 び 取 得 )... - 1 - 第 3 条 ( 払 込 手 続 き)... - 1 - 第 4 条 ( 前 提 条 件 )... - 1 - 第 2 章 発 行 会 社 及 び 経 営 株 主

More information

匿名組合出資契約

匿名組合出資契約 匿 名 組 合 契 約 書 SBIソーシャルレンディング 株 式 会 社 ( 以 下 営 業 者 と 言 う )と ( 以 下 本 匿 名 組 合 員 と 言 う )は 20 年 月 日 付 で 以 下 のとおり 匿 名 組 合 契 約 ( 以 下 本 契 約 と 言 う )を 締 結 する ( 目 的 ) 第 1 条 本 契 約 は 本 匿 名 組 合 員 が 営 業 者 に 対 し 本 契 約

More information

野村MMF(マネー・マネージメント・ファンド)(確定拠出年金向け)

野村MMF(マネー・マネージメント・ファンド)(確定拠出年金向け) 野 村 MMF (マネー マネージメント ファンド) ( 確 定 拠 出 年 金 向 け) 追 加 型 投 信 国 内 債 券 MMF 投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 ) < 使 用 開 始 日 > 2016 年 7 月 29 日 単 位 型 追 加 型 投 資 対 象 地 域 商 品 類 投 資 対 象 資 産 ( 収 益 の 源 泉 ) 属 性 区 独 立 区 投 資 対

More information

Capital gain/loss (unrealized) キャピタルゲイン/キャピタルロス( 実 現 ) ビークルのすべての 資 産 および 債 務 に 関 する 実 現 キャピタルゲイン/キャピタルロスをいう Carried interest 成 功 報 酬 マネジャーに 生 じるビークルの

Capital gain/loss (unrealized) キャピタルゲイン/キャピタルロス( 実 現 ) ビークルのすべての 資 産 および 債 務 に 関 する 実 現 キャピタルゲイン/キャピタルロスをいう Carried interest 成 功 報 酬 マネジャーに 生 じるビークルの Definition 11. 定 義 この 定 義 は さまざまな 技 術 や 専 門 用 語 について 共 通 の 理 解 を 得 るために 作 成 したものである ただし これらの 定 義 は 法 的 価 値 を 持 つものではなく それゆえ 法 的 なファンドの 資 料 で 使 用 してはならないものとする Definition 11.1. 定 義 Acquisition fee 取 得 手

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

運 用 経 過 (2015 年 2 月 17 日 から2016 年 2 月 15 日 まで) 基 準 価 額 等 の 推 移 ( 円 ) ( 億 円 ) 25,000 1,500 純 資 産 総 額 ( 右 軸 ) 基 準 価 額 ( 左 軸 ) 23,000 税 引 前 分 配 金 再 投 資 基

運 用 経 過 (2015 年 2 月 17 日 から2016 年 2 月 15 日 まで) 基 準 価 額 等 の 推 移 ( 円 ) ( 億 円 ) 25,000 1,500 純 資 産 総 額 ( 右 軸 ) 基 準 価 額 ( 左 軸 ) 23,000 税 引 前 分 配 金 再 投 資 基 第 12 期 末 (2016 年 2 月 15 日 ) 基 準 価 額 17,132 円 純 資 産 総 額 984 億 円 騰 落 率 9.8% 分 配 金 0 円 ニッセイ 日 経 225インデックスファンド 追 加 型 投 信 / 国 内 / 株 式 /インデックス 型 交 付 運 用 報 告 書 作 成 対 象 期 間 :2015 年 2 月 17 日 ~ 2016 年 2 月 15 日 第

More information

1. 目 的 本 業 務 は 第 2 期 みどりの 里 づくり 基 本 計 画 に 基 づく 久 留 米 市 世 界 のつばき 館 整 備 に 伴 い 集 客 交 流 及 び 耳 納 北 麓 の 回 遊 性 向 上 を 図 るため 当 該 施 設 情 報 や 耳 納 北 麓 の 花 の 開 花 や

1. 目 的 本 業 務 は 第 2 期 みどりの 里 づくり 基 本 計 画 に 基 づく 久 留 米 市 世 界 のつばき 館 整 備 に 伴 い 集 客 交 流 及 び 耳 納 北 麓 の 回 遊 性 向 上 を 図 るため 当 該 施 設 情 報 や 耳 納 北 麓 の 花 の 開 花 や みどりの 里 ウェブサイト 構 築 業 務 に 係 る 公 募 型 プロポーザル 方 式 実 施 要 領 1 1. 目 的 本 業 務 は 第 2 期 みどりの 里 づくり 基 本 計 画 に 基 づく 久 留 米 市 世 界 のつばき 館 整 備 に 伴 い 集 客 交 流 及 び 耳 納 北 麓 の 回 遊 性 向 上 を 図 るため 当 該 施 設 情 報 や 耳 納 北 麓 の 花 の 開

More information

投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 ) 使 用 開 始 日 2016.02.20 < 購 入 換 金 手 数 料 なし> ニッセイ 外 国 株 式 インデックスファンド 追 加 型 投 信 / 海 外 / 株 式 /インデックス 型 本 書 は 金 融 商 品 取 引 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 25 号 ) 第 13 条 の 規 定 に 基 づく 目 論 見 書 です

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 区 分 民 間 給 与 事 委 員 会 の 勧 告 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 ( 参 考 ) 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 24 年 度 412,128 412,194 66 0.02 ( 注

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 区 分 民 間 給 与 事 委 員 会 の 勧 告 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 ( 参 考 ) 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 24 年 度 412,128 412,194 66 0.02 ( 注 2 職 員 の 給 与 の 状 況 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 千 千 千 937,146 367,677,948 1,140,255 59,319,473 16.13 15.93 (

More information

1. 三 井 住 友 DC 年 金 プラン ファンド(ターゲット イヤー 型 )2010 三 井 住 友 DC 年 金 プラン ファンド(ターゲット イヤー 型 )2020 三 井 住 友 DC 年 金 プラン ファ ンド(ターゲット イヤー 型 )2030 三 井 住 友 DC 年 金 プラン フ

1. 三 井 住 友 DC 年 金 プラン ファンド(ターゲット イヤー 型 )2010 三 井 住 友 DC 年 金 プラン ファンド(ターゲット イヤー 型 )2020 三 井 住 友 DC 年 金 プラン ファ ンド(ターゲット イヤー 型 )2030 三 井 住 友 DC 年 金 プラン フ 投 資 信 託 説 明 書 ( 請 求 目 論 見 書 ) 使 用 開 始 日 :2016 年 9 月 21 日 三 井 住 友 DC 年 金 プラン ファンド(ターゲット イヤー 型 ) 2010/2020/2030/2040 追 加 型 投 信 / 内 外 / 資 産 複 合 本 書 は 金 融 商 品 取 引 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 25 号 ) 第 13 条 の 規 定 に 基

More information

A.504 円 B.503 円 C.502 円 D.501 円 問 5. 上 の 問 で 板 寄 せ 方 式 によって 取 引 される 株 数 はいくらか A. 60 千 株 B.1 千 株 C.130 千 株 D.140 千 株 問 6. 日 本 の 金 融 証 券 市 場 に 関 する 次 の

A.504 円 B.503 円 C.502 円 D.501 円 問 5. 上 の 問 で 板 寄 せ 方 式 によって 取 引 される 株 数 はいくらか A. 60 千 株 B.1 千 株 C.130 千 株 D.140 千 株 問 6. 日 本 の 金 融 証 券 市 場 に 関 する 次 の 証 券 アナリスト 基 礎 講 座 サンプル 問 題 以 下 の 問 に 対 する 答 えとして 最 も 適 切 なものを A~D の 中 から1つ 選 びなさい 問 1. 日 本 経 済 に 関 する 次 の 記 述 のうち 正 しくないものはどれか A. 実 質 GDP( 実 質 国 内 総 生 産 )とは 物 価 変 動 の 影 響 を 除 いた 生 産 活 動 の 水 準 のことである B.インフレーションは

More information

商 品 分 類 属 性 区 分 単 位 型 追 加 型 投 資 対 象 地 域 投 資 対 象 資 産 ( 収 益 の 源 泉 ) 投 資 対 象 資 産 決 算 頻 度 投 資 対 象 地 域 投 資 形 態 追 加 型 国 内 債 券 資 産 複 合 ( 債 券 そ の 他 資 産 ( 投 資

商 品 分 類 属 性 区 分 単 位 型 追 加 型 投 資 対 象 地 域 投 資 対 象 資 産 ( 収 益 の 源 泉 ) 投 資 対 象 資 産 決 算 頻 度 投 資 対 象 地 域 投 資 形 態 追 加 型 国 内 債 券 資 産 複 合 ( 債 券 そ の 他 資 産 ( 投 資 公 社 債 投 信 (4 月 号 ) 追 加 型 投 信 / 国 内 / 債 券 投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 ) 2016 年 3 月 23 日 本 文 書 は 金 融 商 品 取 引 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 25 号 ) 第 13 条 の 規 定 に 基 づく 目 論 見 書 です 委 託 会 社 [ファンドの 運 用 の 指 図 を 行 なう 者 ] 大

More information

年金資産運用に関する実務ガイドライン.PDF

年金資産運用に関する実務ガイドライン.PDF 年 金 資 産 運 用 に 関 する 実 務 ガイドライン 実 務 ガイドラインは 年 金 資 産 運 用 の 基 本 方 針 及 び 各 社 に 提 示 した 運 用 ガイドラインの 内 容 を 補 完 するものとして 策 定 したものである 年 金 資 産 運 用 の 基 本 方 針 及 び 運 用 ガイドライ ンの 内 容 について 実 務 上 必 要 な 解 説 を 加 え 内 容 を 具

More information

質 問 1 契 約 上 のサービス マージンの 調 整 次 のようにすれば 財 務 諸 表 が 企 業 の 財 政 状 態 及 び 財 務 業 績 を 忠 実 に 表 現 する 目 的 適 合 性 のある 情 報 を 提 供 するものとなることに 同 意 するか (a) 将 来 のカバー 及 び 他

質 問 1 契 約 上 のサービス マージンの 調 整 次 のようにすれば 財 務 諸 表 が 企 業 の 財 政 状 態 及 び 財 務 業 績 を 忠 実 に 表 現 する 目 的 適 合 性 のある 情 報 を 提 供 するものとなることに 同 意 するか (a) 将 来 のカバー 及 び 他 IASB 公 開 草 案 保 険 契 約 に 対 する 意 見 平 成 2 5 年 1 0 月 2 5 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 日 本 公 認 会 計 士 協 会 は 国 際 会 計 基 準 審 議 会 (IASB)の 継 続 的 な 努 力 に 敬 意 を 表 すと ともに 公 開 草 案 ED/2013/7 保 険 契 約 ( 以 下 改 訂 ED という )に 対 するコメント

More information

LEC東京リーガルマインド(2008年12月9日)

LEC東京リーガルマインド(2008年12月9日) LEC 東 京 リーガルマインド(2008 年 12 月 19 日 ) 45 期 2 級 FP AFP 養 成 講 座 金 融 資 産 運 用 設 計 講 義 詳 細 目 次 第 1 回 一 貯 蓄 型 金 融 商 品 何 事 も 基 本 が 大 切 これは 資 産 運 用 も 同 様 です 金 利 や 預 貯 金 など 資 産 運 用 を 行 うに は 知 っておかなくてはならない 事 は 少 なくありません

More information

Microsoft Word 住宅ローン債権

Microsoft Word 住宅ローン債権 ( 最 終 更 新 日 :2012 年 6 月 1 日 ) 1. 住 宅 ローンのリスクと 信 用 補 完 RMBS(Residential Mortgage Backed Securities: 住 宅 ローン 担 保 証 券 )の 信 用 補 完 は 貸 倒 リ スク 対 応 部 分 金 利 リスク 対 応 部 分 コミングルリスク 対 応 部 分 相 殺 リスク 対 応 部 分 に 分 解 でき

More information

( 交 付 の 申 請 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 申 請 しよ うとする 者 ( 以 下 申 請 者 という )は 様 式 第 1 による 交 付 申 請 書 に SIIが 定 める 書 類 を 添 付 して SIIが 別 に 定 める 時 期 までに 提 出 しなけ れ ばならな

( 交 付 の 申 請 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 申 請 しよ うとする 者 ( 以 下 申 請 者 という )は 様 式 第 1 による 交 付 申 請 書 に SIIが 定 める 書 類 を 添 付 して SIIが 別 に 定 める 時 期 までに 提 出 しなけ れ ばならな 中 小 企 業 等 の 省 エネ 生 産 性 革 命 投 資 促 進 事 業 費 補 助 金 交 付 規 程 平 成 28 年 2 月 16 日 SII-2 7X- 規 程 -001 ( 目 的 ) 第 1 条 こ の 規 程 は 一 般 社 団 法 人 環 境 共 創 イニシアチ ブ( 以 下 S II という )が 行 う 経 済 産 業 省 からの 中 小 企 業 等 の 省 エネ 生 産 性

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030365F95618940939982F091CE8FDB82C682B782E98377838B83588350834152454954834B834383688389834383938C9F93A288CF88F589EF81404152455390E096BE8E9197BF323031343130323366466E616C4472616674>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030365F95618940939982F091CE8FDB82C682B782E98377838B83588350834152454954834B834383688389834383938C9F93A288CF88F589EF81404152455390E096BE8E9197BF323031343130323366466E616C4472616674> 資 料 3 第 2 回 病 院 等 を 対 象 とするヘルスケアリートの 活 用 に 係 るガイドライン 検 討 委 員 会 THE ASSOCIATION FOR REAL ESTATE SECURITIZATION 投 資 法 人 の 活 動 及 び 資 産 運 用 の 範 囲 等 について 2014 年 10 月 23 日 ( 木 ) 一 般 社 団 法 人 不 動 産 証 券 化 協 会 Jリートの

More information

 

  投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 ) 2016 年 10 月 1 日 たわらノーロード 国 内 リート 追 加 型 投 信 / 国 内 / 不 動 産 投 信 (インデックス 型 ) 単 位 型 追 加 型 投 資 対 象 地 域 商 品 分 類 投 資 対 象 資 産 ( 収 益 の 源 泉 ) 追 加 型 国 内 不 動 産 投 信 インデックス 型 補

More information

答申第630号

答申第630号 別 紙 諮 問 第 756 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 23 収 委 審 第 号 鑑 定 評 価 書 正 本 について を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 であ る 2 異 議 申 立 ての 内 容 (1) 異 議 申 立 ての 趣 旨 本 件 異 議 申 立 ての 趣 旨 は 東 京 都 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 11 年 東 京 都 条 例 第 5 号 以 下

More information

たものであり 必 ずしも 理 屈 の 面 から 定 められたものではないことから 5 年 を 超 える 見 積 可 能 期 間 に 係 る 繰 延 税 金 資 産 の 計 上 金 額 と 計 上 根 拠 を 開 示 する 理 由 が 乏 し いこと 結 果 として 企 業 の 分 類 を 開 示 す

たものであり 必 ずしも 理 屈 の 面 から 定 められたものではないことから 5 年 を 超 える 見 積 可 能 期 間 に 係 る 繰 延 税 金 資 産 の 計 上 金 額 と 計 上 根 拠 を 開 示 する 理 由 が 乏 し いこと 結 果 として 企 業 の 分 類 を 開 示 す 第 332 回 企 業 会 計 基 準 委 員 会 資 料 番 号 日 付 審 議 事 項 (6)-3 2016 年 3 月 23 日 プロジェクト 項 目 税 効 果 会 計 税 効 果 会 計 に 関 する 開 示 の 検 討 - 合 理 的 な 説 明 に 関 連 する 開 示 本 資 料 の 目 的 1. 本 資 料 は 税 効 果 会 計 に 係 る 開 示 に 関 する 論 点 のうち

More information

Microsoft PowerPoint - 投資ゼミナール_第1回.ppt

Microsoft PowerPoint - 投資ゼミナール_第1回.ppt Column 投 資 ゼミナール ご 参 考 資 料 2012 年 6 月 20 日 第 1 回 分 配 金 について ~ 分 配 原 資 とは~ このファンドの 分 配 金 は 収 益 以 上 に 出 しているのでは? 分 配 原 資 はどのくらいあるの? という 質 問 が 当 社 に 寄 せられることがあります そこで 今 回 より 数 回 にわたり 運 用 報 告 書 の 分 配 金 に 関

More information