一 層 会 場 を 盛 り 上 げました 普 段 はおとなしめの 掛 高 生 徒 諸 君 も テンションが 上 がって 楽 しんでいたようです お 昼 からも 様 々な 催 し 物 が 行 われました 模 擬 店 では 三 年 フード 選 択 者 によるスィーツ 販 売 一 年 によるカレー 販 売

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "一 層 会 場 を 盛 り 上 げました 普 段 はおとなしめの 掛 高 生 徒 諸 君 も テンションが 上 がって 楽 しんでいたようです お 昼 からも 様 々な 催 し 物 が 行 われました 模 擬 店 では 三 年 フード 選 択 者 によるスィーツ 販 売 一 年 によるカレー 販 売"

Transcription

1 大 奮 闘! 掛 高 文 化 祭 本 来 は 生 徒 全 員 の 発 表 を 皆 様 に 見 ていただけたら 良 かったのですが 時 間 の 都 合 もあ り 生 徒 発 表 は 代 表 だけの 発 表 となりました そこで 十 六 日 の 午 後 お 客 様 の 前 では 披 露 できなかった 生 徒 たちの 発 表 も 含 めて およそ 一 時 間 半 の 発 表 会 を 開 きました 三 年 生 の 発 表 では 六 十 年 前 の 雲 南 六 十 年 後 の 雲 南 についての 発 表 も 行 いました そして 十 七 日 ( 日 )には いよいよ 文 化 祭 二 日 目 昨 年 度 と 同 じく 掛 合 分 校 と 掛 合 小 学 校 体 育 館 を 会 場 にして 様 々な 催 し 物 を 実 施 しました 今 年 のテーマは 六 十 周 年 記 念 に 合 わせて 創 造 六 十 年 分 の 想 いを 胸 に です 文 化 祭 は 掛 合 小 学 校 の 山 根 毅 校 長 先 生 を 講 師 に 招 いた 講 演 会 で 幕 を 開 けました 演 題 は 国 境 って 何 だ!? ヨーロッパ 生 活 を 振 り 返 って で 山 根 先 生 ご 自 身 が 体 験 されたオランダ とベルギーでの 滞 在 経 験 をもとに 文 化 や 伝 統 習 慣 の 違 いな どを 分 かりやすく そして 面 白 おかしく 説 明 してくださいまし た 特 に 二 三 年 生 はシンガポールへ 研 修 旅 行 に 行 った 経 験 が あるので 海 外 での 体 験 談 は 自 身 の 経 験 と 重 なって 興 味 深 く 聞 けたようです 続 いて 十 時 半 から 文 化 委 員 と 生 徒 会 執 行 部 の 企 画 運 営 によるステージパフォーマンスが 行 わ れました トップバッターの 三 年 生 コンビによ るダンスから 始 まり 三 年 有 志 によるカラオケ 何 とサプライズで 大 国 先 生 によるカラオケ 昴 の 熱 唱 二 年 生 全 員 によるダンス(これは 研 修 旅 行 で 交 流 校 に 披 露 したダ ンスです) そ して 二 年 女 子 有 志 に よ る KARA+ 少 女 時 代 のダンスで 会 場 は 盛 り 上 がりました そし てトリは 三 年 生 三 名 と 石 原 先 生 のバンド 演 奏 で

2 一 層 会 場 を 盛 り 上 げました 普 段 はおとなしめの 掛 高 生 徒 諸 君 も テンションが 上 がって 楽 しんでいたようです お 昼 からも 様 々な 催 し 物 が 行 われました 模 擬 店 では 三 年 フード 選 択 者 によるスィーツ 販 売 一 年 によるカレー 販 売 PTA 主 催 によるコロッケ 販 売 が 繁 盛 しました 三 年 のスィ ーツは 三 種 類 と 種 類 も 多 くて 好 評 でした そして 今 年 初 めて の 試 みである 一 年 のカレー 販 売 は 初 めてながらも 一 年 生 が ご 飯 も 食 べずに 大 奮 闘 し 盛 況 のうちに 販 売 を 終 えることが できました またPTAの 皆 さんも 慣 れた 手 際 でコロッケを 揚 げていきます このコロッケの 味 は 絶 品 と 評 判 になりまし た 講 堂 で 行 われるバザーは 保 護 者 の 方 による 持 ち 寄 りの 品 と 地 元 の 企 業 や 県 内 専 門 高 校 の 協 賛 によるヨーグルト プ リン ジャム パンやサバ 缶 に 加 え のどぐろフリカケと いった 変 わり 種 も 販 売 し 今 年 も 多 くの 人 で 賑 わいました バザーと 平 行 して 図 書 室 ではお 昼 から 三 年 生 による 読 み 語 りが 行 われました 五 六 人 のちびっ 子 たちはおや つを 食 べながらじっと 話 に 聞 き 入 っていました 普 段 か らボランティア 活 動 の 一 環 として 掛 合 小 学 校 へ 読 み 語 り に 行 かせてもらっており これからも 継 続 していく 予 定 です 午 後 の 最 初 の 執 行 部 企 画 壁 画 を 作 ろう では 二 年 生 の 現 生 徒 会 執 行 部 主 催 で 行 われ ました 下 絵 をもとにして 色 紙 を 貼 付 けてちぎり 絵 の 大 きな 壁 画 を 作 ろうという 企 画 で 生 徒 だけでなく 子 どもたちや 保 護 者 他 の 高 校 の 生 徒 たちも 加 わって 大 人 数 で 取 り 組 みま した 色 合 いを 判 別 するのが 難 しく 思 ったような 絵 を 作 るのは 難 しかったのですが 何 とか 大 きな 一 つの 壁 画 を 創 り 上 げることができました 全 員 で 一 体 となって 取 り 組 ん だ 素 晴 らしいイベントだったと 思 います また 続 いて 三 年 生 の 前 生 徒 会 執 行 部 によ る 宝 探 しゲーム が 行 わ れました 会 場 に 集 まった ちびっ 子 たちによる 宝 探 しゲームがスタートし 前 生 徒 会 長 の 進 行 でちびっ 子 たちは 体 育 館 の 様 々なところに 隠 された おやつの 引 き 換 えカードを 探 し 当 てていました 子 どもたち

3 と 前 生 徒 会 長 とのやり 取 りがとても 微 笑 ましく 皆 の 笑 顔 を 誘 っていたのが 印 象 的 でした 続 いて 高 校 生 と 有 志 参 加 によるクイズを 交 えた 宝 探 しゲームです それぞれグループに 分 かれ 分 校 校 舎 内 の 様 々な 場 所 にいるクイズ 出 題 者 を 探 し 当 て クイズに 答 えてカードを 集 めてキーワードを 当 てるという 凝 ったゲームでした クイズ 出 題 者 の 一 人 の 大 国 先 生 が 体 育 館 の 方 に 隠 れていて 皆 探 し 当 てることができずに 校 舎 内 を 走 り 回 るというハプニン グがありましたが 皆 無 事 にキーワードを 当 ててゴールすることができたようです クイ ズによってはなかなか 難 しいものもあり グループ 皆 で 頭 を 抱 えるというシーンも 見 られ ました また 体 育 館 入 り 口 側 半 分 を 使 った 展 示 にも 力 作 が 多 く 見 られました 体 育 祭 の 様 子 を 飾 った 展 示 六 十 周 年 記 念 式 典 の 生 徒 研 究 発 表 展 示 などのイベント 展 示 や 授 業 の 一 環 で 作 られた 二 年 生 の 家 庭 科 ホームプロジェクト 展 示 やT シャツデザイン 展 示 は 個 性 的 なものが 多 くなかなかの 力 作 でした また 三 年 A 四 新 聞 は それぞれ 興 味 を 持 っている 内 容 の 新 聞 をA 四 版 の 新 聞 に 仕 立 てたもので イカ 釣 りのエギングについて 熱 心 に 書 かれ たものや 車 について 書 かれたものなど 特 徴 豊 かな 展 示 が 多 く 楽 しめました 一 年 生 の 書 道 展 示 も 渾 身 の 気 持 ちが 漢 字 一 字 に 込 められており 見 応 えがありました 委 員 会 からは 保 健 委 員 会 がメディアと 健 康 をテーマにポスター 展 示 を 行 って 啓 発 運 動 に 努 めていました 部 活 動 では 書 道 部 やデッサン イラスト 同 好 会 による 作 品 の 展 示 ESSはマイヤ 先 生 の 故 郷 であるニュージーランドをテーマにした 展 示 パソコン 部 も 今 年 は 占 いとゲームを 中 心 にイベントを 行 うなど 本 当 に 盛 りだくさんのイベントや 展 示 が 行 われました 今 回 の 文 化 祭 を 通 して 感 じたことは 掛 合 分 校 の 生 徒 の 皆 さんは 本 当 にテキパキとよく 動 いて 仕 事 をするということです 皆 が 頼 まれたことを 決 して 嫌 な 顔 一 つせず 明 るい 返 事 で 引 き 受 け 自 分 に 何 かできることはないか 探 して 動 いたり 尋 ねたりする 姿 勢 で 動 きま す この 学 校 規 模 でこれほどの 文 化 祭 はなかなかできないのではないかと 思 います 皆 の 働 きが 光 った 一 日 でした また 生 徒 会 長 の 朝 日 さんをはじめ 二 年 生 主 体 の 生 徒 会 執 行 部 は 研 修 旅 行 から 帰 って 休 む 間 もなくずっと 準 備 作 業 に 明 け 暮 れ 当 日 のイベントの 進 行 な ど 本 当 に 大 変 だったと 思 います 皆 さんお 疲 れ 様 でした また 地 域 の 方 々や 保 護 者 の 皆 様 の 暖 かくさりげない 支 援 もいただき 文 化 祭 の 成 功 は 必 然 だったと 言 い 切 れます 掛 合 分 校 の 魅 力 とは 大 規 模 校 と 異 なりゆとりのある 中 で 一 人 一 人 に 活 躍 の 場 面 が 多 くあることです 課 題 を 自 ら 探 し 自 ら 解 決 方 法 を 模 索 し 解 決 に 向 けて 努 力 するといった 能 力 を 持 った 今 後 の 社 会 に 必 要 な 人 材 を 育 成 するには 一 人 一 人 にスポットが 当 たる 小 規 模 校 の 掛 合 分 校 は 最 適 であると 改 めて 自 信 を 深 めました 掛 合 分 校 に 関 わってくださった 多 くの 方 々にこの 場 を 借 りて 改 めてお 礼 を 申 し 上 げます 六 十 年 分 の 想 いを 胸 に 新 たな 教 育 の 創 造 を 目 指 す 掛 合 分 校 をこれからも 暖 かく 見 守 っ ていただければ 幸 いです ( 文 責 飯 塚 )

4 バザー 協 力 奥 出 雲 マザーズ 山 光 園 パン 工 房 むくげ 松 江 農 林 高 校 出 雲 農 林 高 校 隠 岐 水 産 高 校 浜 田 水 産 高 校 出 雲 商 業 高 校 保 護 者 バザー 提 供 ( 敬 称 略 ) 大 変 お 世 話 になりありがとうございました 60 周 年 記 念 キャラクター どせおくん 生 徒 作 品 文 化 祭 を 終 えて 生 徒 会 長 新 生 徒 会 執 行 部 になってから 初 めての 行 事 文 化 祭 も 無 事 に 終 えることができました 一 日 目 には 創 立 六 十 周 年 記 念 式 典 があり 多 くの 来 賓 の 方 々に 御 臨 席 いただきました 苦 労 して 準 備 してきた 各 学 年 の 研 究 発 表 も 無 事 に 終 えること ができました この 準 備 では 作 業 や 話 し 合 いが 思 うよう にいかず いろいろな 人 とぶつかり 合 ってしまったことも あったと 思 います しかしその 分 結 束 力 やクラスの 絆 が 深 まったことと 思 います 二 日 目 の 文 化 祭 は スローガン 創 造 ~ 六 十 年 分 の 想 いを 胸 に~ を 掲 げ 来 校 してくださっ たお 客 様 に 対 しておもてなしの 心 をもって 運 営 に 取 り 組 みました 掛 合 小 学 校 の 山 根 毅 校 長 先 生 の 講 演 に 始 まり 文 化 委 員 企 画 のカラオケやダンス バンド 演 奏 の 発 表 生 徒 会 企 画 などを 行 いました 生 徒 会 企 画 では 本 来 なら 私 たちが 企 画 を 考 えなくてはならないと ころを 前 期 の 生 徒 会 に 任 せてしまう 形 になってしまったことが 少 し 心 残 りですが 本 当 に 助 かり 感 謝 しています また 壁 画 を 作 ろうでは 参 加 してくださったお 客 様 や 生 徒 の 皆 さんに 楽 しんでいただかなくてはいけなかったのに 準 備 不 足 説 明 不 足 などもあり 時 間 をオーバーしてしまったり つまらない 飽 きた などの 声 が 聞 かれ 力 不 足 を 感 じ ました しかし 多 くの 皆 様 に 協 力 していただき 何 とか 完 成 することができ よかったです また 多 くの 皆 様 が 三 年 生 のフード 選 択 者 一 年 生 保 護 者 の 方 による 模 擬 店 やバザーを 利 用 してくださり うれしかったです 見 直 していくべき 点 がたくさんある 文 化 祭 でしたが 地 域 の 皆 様 や 保 護 者 の 皆 様 のおか げで 無 事 終 えることができました ありがとうございました 来 年 は 今 年 を 超 える 内 容 の 濃 い 文 化 祭 を 作 ってもらえることを 期 待 しています

5 生 徒 会 副 会 長 今 年 掛 合 分 校 は 創 立 六 十 周 年 を 迎 える 節 目 の 年 となりました そのため 今 年 の 文 化 祭 ではたくさんの 地 域 の 皆 様 にお 越 しいただきました 私 たち 生 徒 会 執 行 部 では その 創 立 六 十 周 年 記 念 として 生 徒 会 企 画 で 壁 画 を 作 ろう という 企 画 を 提 案 しました 六 十 周 年 記 念 として 何 か 思 い 出 に 残 るようなものをみんなで つくろうということで 壁 画 を 作 ることに 決 めました 壁 画 を 作 るにあたって 生 徒 会 執 行 部 が 一 人 一 人 役 割 を 分 担 して 壁 画 を 仕 上 げていきました 放 課 後 も 全 員 で 集 まって い ろいろと 意 見 を 交 わしながら 下 絵 を 作 ったり 下 絵 に 貼 るパ ーツを 作 ったり 全 員 で 協 力 して 無 事 文 化 祭 に 間 に 合 わせるこ とができました 初 めは 文 化 祭 までにその 壁 画 の 下 絵 やパーツ ができるのかとても 不 安 でしたが 生 徒 会 役 員 以 外 の 人 たちの 手 も 借 りながら 無 事 間 に 合 ったのでよかったです そして 文 化 祭 二 日 目 には 予 定 通 り 生 徒 会 企 画 を 行 うことができました しかし 初 めは 人 がなかな か 集 まらなくてとても 困 りました 先 生 が 放 送 で 招 集 してくださり それからだんだん 集 まってきてもらえました そして それからは 地 域 の 皆 さんや 掛 合 分 校 の 生 徒 と 先 生 方 の 協 力 で 文 化 祭 テーマ 壁 画 を 作 りました みなさんが 一 体 となって 一 つ 一 つのパーツを 作 っておられました そしてパーツを 貼 り 合 わせ 一 枚 の 壁 画 にしていきました 結 局 壁 画 は 時 間 内 には 完 成 しませんでしたが 皆 さん 時 間 いっぱい 取 り 組 んでいただきました そ して 少 し 生 徒 会 役 員 が 最 後 の 仕 上 げをしました 地 域 の 皆 さんや 掛 合 分 校 の 生 徒 先 生 方 のおかげでとても 素 晴 らしい 壁 画 を 作 ることができ 六 十 周 年 記 念 の 良 い 思 い 出 となりま した この 企 画 を 通 して 地 域 のたくさんの 人 と 交 流 することができたこと みんなで 力 を 合 わせ 協 力 する 大 切 さを 再 確 認 したことは 大 きな 収 穫 でした 無 事 生 徒 会 企 画 が 成 功 に 終 わってよかったです

[ 今 後 の 予 定 ] - 夏 休 みに 新 高 校 1 年 生 になった 歌 津 中 学 校 出 身 の 生 徒 の 卒 業 式 を 行 う ( 夏 休 みの 期 間 については 未 定 ) [その 他 ] - 現 在 物 資 は 十 分 足 りているが 今 後 減 ってくる 可 能 性 があ

[ 今 後 の 予 定 ] - 夏 休 みに 新 高 校 1 年 生 になった 歌 津 中 学 校 出 身 の 生 徒 の 卒 業 式 を 行 う ( 夏 休 みの 期 間 については 未 定 ) [その 他 ] - 現 在 物 資 は 十 分 足 りているが 今 後 減 ってくる 可 能 性 があ Heart on Coin 絆 プロジェクト ~はじめに~ この 度 5 月 6 日 から 5 月 12 日 に 渡 り 西 宮 教 育 委 員 会 職 員 の 方 々に 加 え 大 阪 大 学 同 大 学 院 の 学 生 6 名 と 共 に Heart on Coin 絆 プロジェクトのメンバーである 関 西 学 院 大 学 生 4 名 が 宮 城 県 南 三 陸 町 の 歌 津 中 学 校 に

More information

会 長 の あ い さ つ 長 野 県 松 本 ろう 学 校 長 葦 澤 正 敏 新 緑 の 候 同 窓 会 の 皆 様 にはお 元 気 でお 過 ごしのこととお 慶 び 申 し 上 げます 松 本 ろう 学 校 を 卒 業 された 皆 様 就 職 進 学 おめでとうござい ます また 松 本 ろう

会 長 の あ い さ つ 長 野 県 松 本 ろう 学 校 長 葦 澤 正 敏 新 緑 の 候 同 窓 会 の 皆 様 にはお 元 気 でお 過 ごしのこととお 慶 び 申 し 上 げます 松 本 ろう 学 校 を 卒 業 された 皆 様 就 職 進 学 おめでとうござい ます また 松 本 ろう 2013 年 (H25 年 )5 月 19 日 ( 日 ) 第 64 号 発 行 長 野 県 松 本 ろう 学 校 同 窓 会 同 窓 会 第 68 回 定 期 総 会 開 催 の 報 告 去 る 3 月 23 日 ( 土 ) 午 前 10 時 より 松 本 市 総 合 社 会 福 祉 センターにて 第 68 回 定 期 総 会 が 開 催 されました 出 席 者 ( 会 員 来 賓 賛 助 会 員

More information

学 校 だより 10 月 1 日 ( 金 ) 羽 生 市 立 新 郷 第 二 小 学 校 : 学 校 の 教 育 活 動 をまとめた 新 二 小 だより を 発 行 し 彩 の 国 教 育 の 日 にちなんだ 本 校 の 取 組 を 紹 介 しまし すずかけまつり 10 月

学 校 だより 10 月 1 日 ( 金 ) 羽 生 市 立 新 郷 第 二 小 学 校 : 学 校 の 教 育 活 動 をまとめた 新 二 小 だより を 発 行 し 彩 の 国 教 育 の 日 にちなんだ 本 校 の 取 組 を 紹 介 しまし すずかけまつり 10 月 羽 生 市 立 羽 生 北 小 学 校 : 048-561-0058 校 内 絵 画 展 10 月 21 日 ( 月 )~ 10 月 29 日 ( 火 ) 子 供 たちの 作 品 の 絵 画 展 を 公 開 することにより いろいろ な 表 現 の 仕 方 を 知 っていただいたり 作 品 の 良 さやおもし ろさを 味 わっていただきまし 個 人 面 談 10 月 21 日 ( 月 )~ 10 月

More information

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ WARABI 0/ 平 平 / http://www.city.warabi.saitama.jp/ 面 積.0km :,0 比 +9 男 6,99 女,08 帯 :6,068 密 度 :,6 /km 餅 ブ 恒 8 南 ブ 恒 餅 使 米 ブ 稲 田 ぼ 収 穫 物 伝 米 0ロ ぱ 座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴

More information

Microsoft Word - 07fiida

Microsoft Word - 07fiida 富 里 高 校 における 台 湾 の 学 校 との 学 校 交 流 について 千 葉 県 立 富 里 高 等 学 校 教 諭 飯 田 太 (1)はじめに 本 校 は, 成 田 空 港 に 隣 接 した 場 所 に 立 地 しており, 教 育 目 標 の 一 つを 国 際 社 会 の 中 で 広 く 活 躍 できる 積 極 的 な 人 間 の 育 成 をめざす としている 一 昨 年 度 から 海 外

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483235944E93788E968BC695F18D9028838F815B836890EA9770292E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483235944E93788E968BC695F18D9028838F815B836890EA9770292E646F63> 社 会 福 祉 法 人 高 松 児 童 福 祉 会 平 成 25 年 度 事 業 報 告 平 成 25 年 度 事 業 経 過 について 次 のようにご 報 告 いたします 1 法 人 の 運 営 について 監 事 の 監 査 平 成 25 年 5 月 24 日 ( 金 ) 第 一 回 理 事 会 日 時 平 成 25 年 5 月 28 日 ( 火 ) 議 案 (1) 平 成 24 年 度 決 算

More information

下 図 は 三 隅 町 広 報 昭 和 28 年 5 月 15 日 号 掲 載 の 招 魂 祭 の 案 内 である 明 治 以 来 の 戦 没 者 397 柱 とある その 後 の 慰 安 会 では 浪 曲 を 披 露 するとあるのが 時 代 を 感 じさせる 三 隅 町 広 報 昭 和 29 年

下 図 は 三 隅 町 広 報 昭 和 28 年 5 月 15 日 号 掲 載 の 招 魂 祭 の 案 内 である 明 治 以 来 の 戦 没 者 397 柱 とある その 後 の 慰 安 会 では 浪 曲 を 披 露 するとあるのが 時 代 を 感 じさせる 三 隅 町 広 報 昭 和 29 年 自 衛 官 募 集 の 変 遷 と 世 相 の 変 化 について( 昭 和 26 年 ~ 昭 和 49 年 ) 長 門 市 の 古 い 広 報 誌 がホームページで 紹 介 されています その 中 に 自 衛 官 募 集 の 案 内 があるのを 見 つけました また 旧 軍 に 関 係 する 事 柄 も 掲 載 されていたので これらを 紹 介 します はじめに 長 門 市 について 平 成 17

More information

キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 段 階 本 人 お よ び 家 族 近 親 者 な ど 葬 儀 社 関 連 事 業 者 教 会 司 祭 / 牧 師 ( *1) 健 健 康 時 他 者 の 葬 儀 へ の 参 加 な ど 体 験 を 葬 儀 や 関 連 事 項 に つ い て の 情 報 の

キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 段 階 本 人 お よ び 家 族 近 親 者 な ど 葬 儀 社 関 連 事 業 者 教 会 司 祭 / 牧 師 ( *1) 健 健 康 時 他 者 の 葬 儀 へ の 参 加 な ど 体 験 を 葬 儀 や 関 連 事 項 に つ い て の 情 報 の ひ と め で わ か る キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 目 次 キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ キ リ ス ト 教 会 葬 儀 研 究 所 ( CCFI= Christ Church Funeral Institute) は 日 本 に お け る キ リ ス ト 教 信 仰 共 同 体 の 葬 儀 を よ り 豊 か な も の と す る た め に キ リ ス ト 教 諸

More information

2 入 学 試 験 について (1) 筆 記 用 具 は 何 を 使 用 しますか 新 1 年 生 入 学 試 験 用 の 筆 記 具 はクーピーを 学 校 で 用 意 いたします 転 編 入 学 試 験 は 2B の 鉛 筆 5 本 と 消 しゴム 1 個 を 持 参 してください (2) 行 動

2 入 学 試 験 について (1) 筆 記 用 具 は 何 を 使 用 しますか 新 1 年 生 入 学 試 験 用 の 筆 記 具 はクーピーを 学 校 で 用 意 いたします 転 編 入 学 試 験 は 2B の 鉛 筆 5 本 と 消 しゴム 1 個 を 持 参 してください (2) 行 動 これまでの 本 校 での 学 校 説 明 会 や 各 所 開 催 の 説 明 会 での 質 疑 応 答 個 別 相 談 会 での 相 談 内 容 を Q&A の 形 式 でまとめました 学 校 理 解 のご 参 考 になれば 幸 いです 平 成 27 年 10 月 平 成 28 年 度 江 戸 川 学 園 取 手 小 学 校 説 明 会 Q&A 1 年 間 の 学 費 アフタースクール 代 (1)

More information

平成23年12月31日

平成23年12月31日 平 成 28 年 度 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 みなと 振 興 財 団 事 業 計 画 平 成 28 年 度 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 みなと 振 興 財 団 事 業 計 画 平 成 28 年 度 は 本 財 団 が 名 古 屋 港 管 理 組 合 から3 期 目 の 指 定 管 理 者 として 各 施 設 ( 名 古 屋 港 水 族 館 名 古 屋 港 ポートビル 南 極 観

More information

Microsoft Word - SCP_ALL.doc

Microsoft Word - SCP_ALL.doc SCP 事 業 では 中 部 ブロック 小 学 校 は 各 中 学 校 区 に 含 まれます 東 中 学 校 城 北 中 学 校 城 南 中 学 校 鷹 取 中 学 校 中 央 中 学 校 東 部 ブロック 城 東 中 学 校 鳳 中 学 校 培 遠 中 学 校 大 門 中 学 校 一 ツ 橋 中 学 校 東 朋 中 学 校 南 西 部 ブロック 済 美 中 学 校 向 丘 中 学 校 鞆 中 学

More information

同 日 午 後 には 園 舎 内 の 見 学 会 が 行 われ 一 般 町 民 約 800 人 が 来 園 新 園 舎 の 設 備 について 職 員 から 説 明 を 受 けていました 詳 しくは http://www.town.shonai.lg.jp/gyousei/kouhou/syashin

同 日 午 後 には 園 舎 内 の 見 学 会 が 行 われ 一 般 町 民 約 800 人 が 来 園 新 園 舎 の 設 備 について 職 員 から 説 明 を 受 けていました 詳 しくは http://www.town.shonai.lg.jp/gyousei/kouhou/syashin 自 然 は み ん な の エ ネ ル ギ ー い き い き 元 気 な 田 園 タ ウ ン 山 形 県 庄 内 町 ======================================================= 庄 内 町 メールマガジン 第 182 号 2016.4.8 ========================================================

More information

学 校 だより 10 月 1 日 ( 水 ) 11 月 4 日 ( 火 ) 羽 生 市 立 新 郷 第 二 小 学 校 : 学 校 の 教 育 活 動 をまとめた 新 二 小 だより を 発 行 し 彩 の 国 教 育 の 日 にちなんだ 本 校 の 取 組 を 紹 介 しま

学 校 だより 10 月 1 日 ( 水 ) 11 月 4 日 ( 火 ) 羽 生 市 立 新 郷 第 二 小 学 校 : 学 校 の 教 育 活 動 をまとめた 新 二 小 だより を 発 行 し 彩 の 国 教 育 の 日 にちなんだ 本 校 の 取 組 を 紹 介 しま 校 内 絵 画 展 10 月 20 日 ( 月 )~ 10 月 28 日 ( 火 ) 10 月 20 日 ( 月 )~ 10 月 28 日 ( 火 ) 11 月 27 日 ( 木 ) 校 内 音 楽 会 11 月 1 日 ( 土 ) 羽 生 市 立 羽 生 北 小 学 校 : 048-561-0058 子 どもたちの 作 品 の 絵 画 展 を 公 開 することにより いろい ろな 表 現 の 仕

More information

目 指 す 学 校 像 の 取 り 組 みについて 校 長 井 村 好 延 光 陰 矢 のごとしと 申 しますが 早 3 月 となり 年 度 末 を 迎 えます 子 供 たちは 次 の 学 年 に 進 級 し 6 年 生 は 中 学 校 へと 進 みます 期 待 に 胸 躍 る 季 節 となりました

目 指 す 学 校 像 の 取 り 組 みについて 校 長 井 村 好 延 光 陰 矢 のごとしと 申 しますが 早 3 月 となり 年 度 末 を 迎 えます 子 供 たちは 次 の 学 年 に 進 級 し 6 年 生 は 中 学 校 へと 進 みます 期 待 に 胸 躍 る 季 節 となりました 自 分 の 目 標 に 向 かって 校 内 持 久 走 記 録 会 浜 松 市 立 気 賀 小 学 校 PTA 発 行 日 平 成 28 年 3 月 17 日 第 107 号 目 指 す 学 校 像 の 取 り 組 みについて 校 長 井 村 好 延 光 陰 矢 のごとしと 申 しますが 早 3 月 となり 年 度 末 を 迎 えます 子 供 たちは 次 の 学 年 に 進 級 し 6 年 生 は

More information

優 秀 賞 城 生 野 自 治 会 築 館 地 区 の 北 部 に 位 置 し 世 帯 数 155 世 帯 人 口 493 人 の 自 治 会 です 活 動 事 例 1 城 生 野 大 文 化 祭 お 互 いの 趣 味 や 特 技 を 知 り 合 い 語 り 合 える 文 化 祭 です 地 区 民

優 秀 賞 城 生 野 自 治 会 築 館 地 区 の 北 部 に 位 置 し 世 帯 数 155 世 帯 人 口 493 人 の 自 治 会 です 活 動 事 例 1 城 生 野 大 文 化 祭 お 互 いの 趣 味 や 特 技 を 知 り 合 い 語 り 合 える 文 化 祭 です 地 区 民 自 治 会 事 例 発 表 会 発 表 自 治 会 の 紹 介 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 住 基 人 口 ) グランプリ 西 町 自 治 会 ( 築 館 地 区 ) 築 館 地 区 の 西 部 に 位 置 し 世 帯 数 494 世 帯 人 口 1,213 人 の 自 治 会 です 活 動 事 例 1 西 町 夏 まつり 事 業 流 しそうめん 太 鼓 盆 踊 り お 楽 しみ

More information

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指 学 校 事 務 職 員 の 資 質 向 上 - 研 修 プログラムの 工 夫 - 事 務 指 導 員 西 田 邦 子 Nishida kuniko 要 旨 学 校 運 営 の 重 要 な 一 翼 を 担 っている 学 校 事 務 職 員 としての 重 要 性 を 認 識 し 教 育 行 政 の 専 門 家 として 学 校 経 営 に 主 体 的 にかかわるためには 学 校 事 務 職 員 の 資 質

More information

3月31日をもちまして無事定年退職となりました

3月31日をもちまして無事定年退職となりました 4 月 16 日 ( 金 ) 離 任 式 退 職 異 動 された 先 生 主 事 さん 方 か らメッセージをいただきました 3 月 31 日 をもちまして 無 事 定 年 退 職 とな りました 25 日 最 後 の 授 業 には お 母 様 方 が かけつけてくださり 子 どもたちと 共 に 涙 ぐんでいただいたことを 有 難 く 終 生 忘 れません 皆 様 方 からもらった 花 束 が 枯

More information

目 次 はじめに 1 観 光 動 向 2 1. 観 光 客 の 入 込 み 状 況 3 2. 外 国 人 観 光 客 の 入 込 み 状 況 4 3. 交 通 機 関 の 利 用 状 況 6 4. 教 育 旅 行 等 の 入 込 み 状 況 7 5. 観 光 施 設 の 入 込 み 状 況 8 6.

目 次 はじめに 1 観 光 動 向 2 1. 観 光 客 の 入 込 み 状 況 3 2. 外 国 人 観 光 客 の 入 込 み 状 況 4 3. 交 通 機 関 の 利 用 状 況 6 4. 教 育 旅 行 等 の 入 込 み 状 況 7 5. 観 光 施 設 の 入 込 み 状 況 8 6. 平 成 26 年 観 光 統 計 ( 平 成 26 年 1 月 1 日 ~12 月 31 日 ) 古 い 町 並 高 山 市 商 工 観 光 部 観 光 課 目 次 はじめに 1 観 光 動 向 2 1. 観 光 客 の 入 込 み 状 況 3 2. 外 国 人 観 光 客 の 入 込 み 状 況 4 3. 交 通 機 関 の 利 用 状 況 6 4. 教 育 旅 行 等 の 入 込 み 状 況 7

More information

早 島 板 野 細 西 金 細 秋 叶 西 渕 井 裕 秀 義 友 明 幸 正 美 由 戸 田 市 保 健 対 策 推 進 協 議 会 委 員 名 簿 任 期 : 平 成 27 年 5 月 1 日 から 平 成 29 年 4 月 30 日 まで 選 出 区 分 氏 名 埼 玉 県 立 大 学 副 学

早 島 板 野 細 西 金 細 秋 叶 西 渕 井 裕 秀 義 友 明 幸 正 美 由 戸 田 市 保 健 対 策 推 進 協 議 会 委 員 名 簿 任 期 : 平 成 27 年 5 月 1 日 から 平 成 29 年 4 月 30 日 まで 選 出 区 分 氏 名 埼 玉 県 立 大 学 副 学 平 成 27 年 度 第 2 回 戸 田 市 保 健 対 策 推 進 協 議 会 日 時 : 平 成 28 年 2 月 15 日 ( 月 ) 午 後 2 時 から 場 所 : 福 祉 保 健 センター 1 階 健 診 室 < 次 第 > 1 開 会 2 会 長 挨 拶 3 出 席 委 員 報 告 4 議 題 (1) 平 成 27 年 度 事 業 について( 報 告 ) P1~P5 (2) 第 2 次

More information

<91E63489F18E9197BF332E786477>

<91E63489F18E9197BF332E786477> 第 4 回 大 隅 地 域 の 公 立 高 校 の 在 り 方 検 討 委 員 会 ( 資 料 ) 目 次 日 程 1 当 該 高 校 の 在 り 方 案 に 対 する 検 討 委 員 会 意 見 2 各 地 区 検 討 会 からの 当 該 高 校 の 在 り 方 ( 案 ) 鹿 屋 地 区 ( 鹿 屋 市 内 5 校 ) 3 肝 付 地 区 ( 高 山 高 校 ) 4 南 大 隅 錦 江 地 区

More information

2 主 な 学 校 行 事 等 Page 2 (1) 月 10/1~10/6 第 3 回 定 期 考 査 10/6 人 権 教 育 講 演 会 10/9 前 期 終 業 式 生 徒 の 地 域 探 訪 ( 遠 足 ) 10/10 小 論 文 模 試 10/13 後 期 始 業 式 10/

2 主 な 学 校 行 事 等 Page 2 (1) 月 10/1~10/6 第 3 回 定 期 考 査 10/6 人 権 教 育 講 演 会 10/9 前 期 終 業 式 生 徒 の 地 域 探 訪 ( 遠 足 ) 10/10 小 論 文 模 試 10/13 後 期 始 業 式 10/ 1 橡 峰 通 信 Page INDEX: 1 校 長 挨 拶 2 主 な 学 校 行 事 等 3 人 権 教 育 講 演 会 4 薬 物 乱 用 防 止 教 室 5 栃 尾 の 自 然 歴 史 文 化 に ふれた 地 域 探 訪 6 全 国 総 文 祭 への 切 符 を 手 に! 7 北 信 越 大 会 で 入 賞! 8 授 業 点 描 9 東 小 フェスティバル に 参 加 10 県 立 長 岡

More information

Taro-平成27年度事業計画.jtd

Taro-平成27年度事業計画.jtd 平 成 2 7 年 度 事 業 計 画 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 平 成 2 7 年 度 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 事 業 計 画 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 に 関 す る 事 業 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 児 童 青 少 年 の 健 全 育 成 勤 労 者 の 福 祉 の 増 進 及 び

More information

Microsoft Word - 第4回会議録(公開用)

Microsoft Word - 第4回会議録(公開用) 平 成 26 年 度 第 4 回 鳴 門 市 児 童 福 祉 審 議 会 会 議 概 要 日 時 平 成 26 年 10 月 30 日 ( 木 ) 午 後 2 時 ~ 場 所 本 庁 舎 3 階 会 議 室 出 席 者 委 員 14 名 関 係 課 事 務 局 職 員 12 名 欠 席 委 員 2 名 議 事 1 開 会 2 議 事 (1) 利 用 調 整 の 取 り 扱 いについて 利 用 調 整

More information

Taro-H28いじめ防止基本方針(大

Taro-H28いじめ防止基本方針(大 平 成 28 年 度 いじめ 防 止 基 本 方 針 柏 市 立 大 津 ケ 丘 中 学 校 目 次 第 1 章 いじめ 防 止 等 のための 対 策 の 基 本 的 な 考 え 方 p1-p2 1 いじめの 定 義 p1 2 いじめの 防 止 等 の 対 策 に 関 する 基 本 理 念 p1 (1) 基 本 方 針 p1 (2)いじめの 問 題 への 指 導 p2 (3)いじめの 問 題 への

More information

本 校 10 年 間 の 歴 史 を 振 り 返 る( 後 半 ) 学 校 だより12 月 号 に 続 き 本 校 開 校 十 周 年 行 事 の 折 の 式 辞 をもとに 本 校 の 歴 史 を 振 り 返 り 本 校 のあゆみを 掲 載 させていただきます 4 高 岡 正 見 校 長 先 生 時

本 校 10 年 間 の 歴 史 を 振 り 返 る( 後 半 ) 学 校 だより12 月 号 に 続 き 本 校 開 校 十 周 年 行 事 の 折 の 式 辞 をもとに 本 校 の 歴 史 を 振 り 返 り 本 校 のあゆみを 掲 載 させていただきます 4 高 岡 正 見 校 長 先 生 時 千 寿 常 東 小 だより1 月 号 第 9 号 平 成 24 年 1 月 10 日 ( 火 ) 発 行 足 立 区 立 千 寿 常 東 小 学 校 長 山 田 誠 平 成 24 年 を 迎 えて 千 寿 常 東 小 学 校 長 山 田 誠 あけましておめでとうございます 昨 年 中 は 本 校 の 教 育 活 動 につきまして 大 変 ご 理 解 とご 協 力 をいただきまして ありがとうござ いました

More information

実 施 内 容 中 学 生 へのお 返 し 2/26( 木 ) 郡 山 市 立 明 健 中 学 校 : メッセージ 色 紙 とサイネリアのプランターの 贈 呈 明 健 中 学 校 では 郡 山 地 区 建 設 業 協 同 組 合 から 除 染 作 業 員 の 二 瓶 重 信 さん 関 雅 人 さん

実 施 内 容 中 学 生 へのお 返 し 2/26( 木 ) 郡 山 市 立 明 健 中 学 校 : メッセージ 色 紙 とサイネリアのプランターの 贈 呈 明 健 中 学 校 では 郡 山 地 区 建 設 業 協 同 組 合 から 除 染 作 業 員 の 二 瓶 重 信 さん 関 雅 人 さん 2015 年 3 月 5 日 ONEふくしま サンクスヘルメット 除 染 作 業 員 からの お 返 し を 後 押 し ONEふくしま 事 務 局 ~ 郡 山 市 立 明 健 中 学 校 薫 小 学 校 橘 小 学 校 にて 除 染 作 業 員 から 心 のこもった お 返 し ~ 福 島 の 再 生 を 目 指 す ONEふくしま では 昨 年 10 月 に 開 催 した サンクスヘルメット 贈

More information

3 質 問 議 員 松 任 中 中 村 澄 答 弁 者 竹 内 茂 市 民 生 活 部 長 西 尾 実 玲 奈 質 問 内 容 道 路 での 自 動 車 と 自 転 車 による 接 触 事 故 が 増 えてきて おり これらを 解 消 するため 自 転 車 専 用 道 路 をつくっ てはどうか また

3 質 問 議 員 松 任 中 中 村 澄 答 弁 者 竹 内 茂 市 民 生 活 部 長 西 尾 実 玲 奈 質 問 内 容 道 路 での 自 動 車 と 自 転 車 による 接 触 事 故 が 増 えてきて おり これらを 解 消 するため 自 転 車 専 用 道 路 をつくっ てはどうか また 白 山 市 子 ども 議 会 一 般 質 問 1 質 問 議 員 笠 間 中 塚 田 梨 奈 答 弁 者 山 田 憲 昭 市 長 江 下 唯 華 質 問 内 容 現 在 過 疎 が 進 んでいる 白 山 ろく 地 域 は 少 子 高 齢 化 も 進 んでおり 10 年 後 にはさらに 深 刻 化 していると 思 われ る そういった 地 域 に 若 い 人 たちを 呼 び 込 むため 空 き 家 バンクを

More information

7 随 想 曲 正 市 秀 典 氏 塚 顧 問 不 思 議 縁 重 礎 築 へ 謝 賞 賛 率 常 導 力 折 紙 母 倒 迎 宿 敵 率 極 端 世 臨 ズ 夢 導 移 世 闘 背 持 実 輩 十 朝 通 驚 母 嬉 嬉 付 胴 げ デ ィ ア 讃 黙 称 賛 礎 築 拓 結 実 夢 功 績 改

7 随 想 曲 正 市 秀 典 氏 塚 顧 問 不 思 議 縁 重 礎 築 へ 謝 賞 賛 率 常 導 力 折 紙 母 倒 迎 宿 敵 率 極 端 世 臨 ズ 夢 導 移 世 闘 背 持 実 輩 十 朝 通 驚 母 嬉 嬉 付 胴 げ デ ィ ア 讃 黙 称 賛 礎 築 拓 結 実 夢 功 績 改 6 随 想 晩 尚 ざ 6 喬 村 顧 問 兄 麻 布 獣 医 伊 那 家 畜 保 衛 勤 協 理 科 趣 味 馬 聖 東 阪 市 近 鉄 7 段 ぎ 埋 多 観 客 始 待 リ 斉 唱 基 調 何 百 旗 鳴 龍 蛇 意 包 余 裕 笑 顔 力 翻 弄 狂 縦 横 無 尽 奔 放 展 狭 炸 裂 探 終 へ 慢 突 貫 僧 ピ パ 痛 鋭 刺 取 左 振 ポ 作 敵 集 間 髪 外 展 槙 原 福

More information

< 事 業 の 概 要 等 > 続 いて, 鹿 嶋 市 のまちづくりの 実 績 並 びに 概 要 についてご 説 明 申 し 上 げます (スポーツ 先 進 のまち) 先 ず,スポーツ 先 進 のまちづくりについてであります 今 年 度 も, 市 内 のスポーツ 界 は 元 気 いっぱいであります

< 事 業 の 概 要 等 > 続 いて, 鹿 嶋 市 のまちづくりの 実 績 並 びに 概 要 についてご 説 明 申 し 上 げます (スポーツ 先 進 のまち) 先 ず,スポーツ 先 進 のまちづくりについてであります 今 年 度 も, 市 内 のスポーツ 界 は 元 気 いっぱいであります 市 長 提 案 説 明 要 旨 平 成 22 年 6 月 10 日 平 成 22 年 第 2 回 鹿 嶋 市 議 会 定 例 会 の 開 会 にあたり, 当 面 の 事 業 概 要 及 び 提 出 いたしました 議 案 等 の 説 明 を 申 し 上 げます ( 日 本 の 政 治 経 済 情 勢 ) 国 民 の 大 きな 期 待 を 受 けて 誕 生 した 鳩 山 内 閣 が 退 陣

More information

教 職 を 終 えて 保 護 者 地 域 の 皆 様 へ ( 前 拠 点 校 指 導 教 員 濱 田 せつ 子 ) 私 が 小 学 校 の 教 員 に 採 用 されたのは 昭 和 55 年 4 月 1 日 何 も 分 からず ただ 子 ども 達 と 過 ごす 毎 日 が 楽 しくてしかたがありません

教 職 を 終 えて 保 護 者 地 域 の 皆 様 へ ( 前 拠 点 校 指 導 教 員 濱 田 せつ 子 ) 私 が 小 学 校 の 教 員 に 採 用 されたのは 昭 和 55 年 4 月 1 日 何 も 分 からず ただ 子 ども 達 と 過 ごす 毎 日 が 楽 しくてしかたがありません 校 訓 友 愛 めあて 平 岡 東 小 だより 日 本 一 気 持 ちのよいあいさつができる 学 校 に 加 古 川 市 立 平 岡 東 小 学 校 675-0104 加 古 川 市 平 岡 町 土 山 109 TEL (078)943-5886 平 成 24 年 4 月 11 日 発 行 平 成 23 年 度 末 の 教 職 員 の 異 動 について 平 成 23 年 度 末 の 教 職 員 の

More information

平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企

平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企 鹿 島 鉄 道 跡 専 用 道 走 BRT 平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企 誘 致 推 室 努 結 柏 原 運 分 野 統 合 央 笑

More information

5 月 28 日 ( 土 ) 優 勝 目 指 して 一 致 団 結 爆 発 させろ ブナっ 子 魂 の 大 会 スローガンのもと 松 之 山 小 学 校 大 運 動 会 が 行 われました 子 どもたちは 優 勝 をめざし 競 技 はもちろんのこと 応 援 でも 全 力 を 出 し 切 りました 最

5 月 28 日 ( 土 ) 優 勝 目 指 して 一 致 団 結 爆 発 させろ ブナっ 子 魂 の 大 会 スローガンのもと 松 之 山 小 学 校 大 運 動 会 が 行 われました 子 どもたちは 優 勝 をめざし 競 技 はもちろんのこと 応 援 でも 全 力 を 出 し 切 りました 最 松 之 山 小 学 校 学 校 だより 平 成 28 年 度 重 点 目 標 ふるさと 松 之 山 を 愛 し 自 ら 考 え 判 断 し 挑 戦 する 子 ども け や き 平 成 28 年 度 6 月 24 日 号 十 日 町 市 立 松 之 山 小 学 校 TEL025(596)2014 FAX025(596)2149 http://www.edu.city.tokamachi.niigata.jp/els/matsunoyama/

More information

28

28 日 本 赤 十 字 社 27 28 日 本 赤 十 字 社 との 活 動 について 明 治 学 院 が 横 浜 にヘボン 塾 を 開 いてから 150 年 に 当 たる 2013 年 は 赤 十 字 の 歴 史 においても 五 人 委 員 会 が 誕 生 し 赤 十 字 規 約 赤 十 字 の 標 章 が 決 められた 節 目 の 年 でもあった 4 月 5 日 には 日 本 赤 十 字 社 明 治

More information

( 資 料 )

( 資 料 ) 読 書 活 動 の 推 進 に 向 けた 取 り 組 み ~ 学 校 図 書 館 支 援 員 の 有 効 活 用 ~ 越 前 市 王 子 保 小 学 校 本 年 度 より 学 校 図 書 館 支 援 事 業 として 本 校 に 毎 週 月 曜 日 と1 3 5 週 の 木 曜 日 に 図 書 支 援 員 を 迎 えることになった 本 校 の 支 援 員 さんは 図 書 ボ ランティアとしての 経 歴

More information

これからの 私 三 雲 中 学 校 柔 道 部 大 西 亜 虹 全 国 大 会 はスポーツをやっている 人 にとって, 憧 れの 舞 台 です 私 が 小 学 5 年 生 の 時 に, 三 重 県 のサンアリーナで 中 学 生 の 全 国 大 会 がありま した 体 の 大 きさももちろんですが,ス

これからの 私 三 雲 中 学 校 柔 道 部 大 西 亜 虹 全 国 大 会 はスポーツをやっている 人 にとって, 憧 れの 舞 台 です 私 が 小 学 5 年 生 の 時 に, 三 重 県 のサンアリーナで 中 学 生 の 全 国 大 会 がありま した 体 の 大 きさももちろんですが,ス 中 体 連 を 通 じて 学 んだこと 四 日 市 市 立 三 滝 中 学 校 柔 道 部 川 村 幸 穂 私 たちは 昨 年 の 中 体 連 県 大 会 の 準 決 勝 では 接 戦 の 末 に 負 けてしまい 目 標 だ った 全 国 大 会 出 場 を 逃 しとても 悔 しい 思 いをしました それから 次 の 夏 の 中 体 連 ではいい 結 果 が 出 せるように 必 死 に 練 習 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20303594AD8CBE97768E7C81698CF68A4A94C5816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20303594AD8CBE97768E7C81698CF68A4A94C5816A> 平 成 25 年 度 第 2 回 教 育 関 係 者 懇 談 会 発 言 要 旨 ( 教 員 ) 開 催 日 時 : 平 成 25 年 10 月 16 日 ( 水 )10:00~14:50 場 所 : 藤 枝 市 立 西 益 津 小 学 校 参 加 者 藤 枝 市 立 西 益 津 小 学 校 教 職 員 ( 外 国 語 指 導 助 手 ) 藤 枝 市 教 育 会 指 導 主 事 県 教 育 会 教

More information

Microsoft Word - kyouno_hatoniwa1109.html

Microsoft Word - kyouno_hatoniwa1109.html 9 月 30 日 ( 金 ) 前 期 終 業 式 授 業 終 了 後 に 前 期 の 終 業 式 が 行 われまし た 学 校 長 の 講 話 後 に 交 換 留 学 生 バミシさ んの 自 己 紹 介 つづいて 生 徒 指 導 係 の 先 生 からお 話 がありました キーワードは consortium 共 同 と 場 を 清 める でしたね 今 年 度 もいよいよ 後 半 へ 突 入 します あら

More information

1801号

1801号 No.1801 号 2014 年 10 月 2 日 発 行 会 員 誕 生 日 岡 田 会 員 米 山 功 労 40 回 目 取 得 の 相 澤 会 員 大 学 院 での 近 況 を 報 告 する 米 山 奨 学 生 李 大 維 君 本 日 の 卓 話 人 生 いろいろ 蔵 田 英 明 様 第 1801 回 例 会 2014.9.25 雨 司 会 相 澤 会 員 ロータリーソング 手 に 手 つないで

More information

カラオケボックス 歌 声 喫 茶 まなびcan 音 楽 室 等 にて 抒 情 歌 外 国 の 民 謡 歌 謡 曲 を 唄 って います 年 1 回 は ハーモニカ 等 他 のサークルと 合 同 でミニ 音 楽 会 などを 行 っています 20 名 (H26) 歌 声 同 好 会 新 規 募 集 無

カラオケボックス 歌 声 喫 茶 まなびcan 音 楽 室 等 にて 抒 情 歌 外 国 の 民 謡 歌 謡 曲 を 唄 って います 年 1 回 は ハーモニカ 等 他 のサークルと 合 同 でミニ 音 楽 会 などを 行 っています 20 名 (H26) 歌 声 同 好 会 新 規 募 集 無 長 寿 大 学 阿 波 踊 りサークル 毎 年 8 月 に 本 場 阿 波 踊 りと 東 京 高 円 寺 の 踊 りに 参 加 しています その 他 各 施 設 にボランティア 活 動 を 行 っています ( 元 気 風 呂 エデンの 丘 三 木 町 さぬき 市 仏 生 山 等 の 施 設 ) また 長 寿 大 学 ふれあい 文 化 祭 にも 参 加 しおおとりを 務 めています 53 名 かがわ

More information

2011 年 3 月 ~の 歩 み 震 災 後 直 ちに 被 災 地 へ 入 り 宮 城 県 南 三 陸 町 登 米 市 に 拠 点 を 置 き 支 援 活 動 を 開 始 ベイサイドアリーナ ベースキャンプ 登 米 市 オフィス 社 会 福 祉 協 議 会 と 連 動 し 南 三 陸 町 災 害

2011 年 3 月 ~の 歩 み 震 災 後 直 ちに 被 災 地 へ 入 り 宮 城 県 南 三 陸 町 登 米 市 に 拠 点 を 置 き 支 援 活 動 を 開 始 ベイサイドアリーナ ベースキャンプ 登 米 市 オフィス 社 会 福 祉 協 議 会 と 連 動 し 南 三 陸 町 災 害 2011 年 ユナイテッド アース 震 災 支 援 活 動 記 録 主 な 活 動 2011 年 3 月 ~2011 年 12 月 まで 産 業 の 復 興 と 雇 用 の 創 出 のために 南 三 陸 町 へ 義 援 金 1000 万 円 を 寄 付 日 本 再 生 のモデルとなる 発 信 基 地 コンテナ 名 店 街 設 置 計 画 を 提 案 プロデュース (2012 年 2 月 25 日 志

More information

(案)3

(案)3 平 成 25 年 度 第 10 回 阿 波 市 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 阿 波 市 教 育 委 員 会 平 成 25 年 度 第 10 回 阿 波 市 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 1 日 時 平 成 26 年 2 月 28 日 ( 金 ) 開 会 午 後 1 時 00 分 閉 会 午 後 2 時 40 分 2 場 所 吉 野 支 所 2 階 会 議 室 3 出 席

More information

SEPTEMBE 過 酷 状 況 互 助 消 防 職 員 懸 命 救 救 助 誰 協 姿 底 感 感 謝 耐 ご 負 挑 参 計 計 住 宅 旧 害 盤 盤 直 容 計 割 完 了 初 達 残 割 共 需 況 呈 需 束 据 維 主 導 円 滑 移 不 可 欠 官 街 周 辺 セ 官 雇 確 起 起

SEPTEMBE 過 酷 状 況 互 助 消 防 職 員 懸 命 救 救 助 誰 協 姿 底 感 感 謝 耐 ご 負 挑 参 計 計 住 宅 旧 害 盤 盤 直 容 計 割 完 了 初 達 残 割 共 需 況 呈 需 束 据 維 主 導 円 滑 移 不 可 欠 官 街 周 辺 セ 官 雇 確 起 起 SEPTEMBE V 字 U 字 奥 深 綾 ょ 里 越 喜 浜 急 峻 迫 典 変 富 景 源 恵 農 漁 治 艦 雷 電 注 昭 臨 形 極 導 セ 水 営 水 第 次 黒 潮 親 潮 漁 水 揚 誇 ケ 魚 介 類 水 揚 沿 静 穏 養 殖 漁 営 美 注 例 鳥 Ⅱ 乗 歓 触 変 評 毎 唯 浜 ダ コ 航 私 第 協 働 始 矢 先 弱 m 超 津 波 死 不 害 8 未 曾 害 受

More information

2 119 号 24 7 15 又 計 有 通 通 常 ぱ 使 用 車 対 車 得 税 車 税 減 免 設 減 免 対 象 範 囲 直 24 4 1 下 肢 又 移 機 能 7 級 帳 交 付 受 新 対 象 新 減 免 対 象 下 肢 又 移 機 能 7 級 帳 交 付 受 帳 下 肢 又 移 機

2 119 号 24 7 15 又 計 有 通 通 常 ぱ 使 用 車 対 車 得 税 車 税 減 免 設 減 免 対 象 範 囲 直 24 4 1 下 肢 又 移 機 能 7 級 帳 交 付 受 新 対 象 新 減 免 対 象 下 肢 又 移 機 能 7 級 帳 交 付 受 帳 下 肢 又 移 機 告 収 算 評 理 致 承 認 施 域 緊 密 携 係 機 得 着 執 努 初 針 効 果 げ 基 基 差 別 禁 止 仮 称 ざ 向 態 求 反 映 べ 携 革 望 受 託 精 代 表 資 拡 充 展 浜 崎 情 交 換 売 店 財 貴 重 財 源 確 保 引 続 効 率 発 財 人 戸 井 田 愛 2210844 浜 区 沢 渡 42 電 話 0453118736 FAX 0453166860

More information

宮 構 央 自 由 通 路 設 置 デ 電 子 広 告 看 板 旅 客 鉄 道 株 社 様 宮 乗 車 数 約 万 全 8 位 誇 北 形 秋 田 越 北 陸 幹 線 接 続 秋 ズ 合 せ ポ 映 像 流 宣 伝 効 果 収 期 宝 有 茅 北 海 道 函 館 森 八 戸 形 舟 形 携 関 演

宮 構 央 自 由 通 路 設 置 デ 電 子 広 告 看 板 旅 客 鉄 道 株 社 様 宮 乗 車 数 約 万 全 8 位 誇 北 形 秋 田 越 北 陸 幹 線 接 続 秋 ズ 合 せ ポ 映 像 流 宣 伝 効 果 収 期 宝 有 茅 北 海 道 函 館 森 八 戸 形 舟 形 携 関 演 . 46 数 :,6 宮 デ 宝 宮 構 央 自 由 通 路 設 置 デ 電 子 広 告 看 板 柱 面 ポ 映 像 流 公 合 せ 関 丸 視 察 宮 歓 迎 受 詳 細 面 48-88 通 番 TEL- FAX-644 E-mail info@tokamachi-cci.or.jp UL http:www.tokamachi-cci.or.jp October 宮 構 央 自 由 通 路 設 置

More information

   教育委員会定例会(平成23年8月)会議録   

   教育委員会定例会(平成23年8月)会議録    教 育 委 員 会 定 例 会 ( 平 成 24 年 6 月 ) 会 議 録 1. 日 時 平 成 24 年 6 月 7 日 ( 木 )15:00~15:55 2. 場 所 新 居 浜 市 庁 舎 3 階 応 接 会 議 室 3. 出 席 者 委 員 長 三 木 由 紀 子 委 員 伊 藤 嘉 秀 宮 内 文 久 長 野 美 和 子 教 育 長 阿 部 義 澄 事 務 局 長 寺 田 政 則 総 括

More information

(第1号様式)

(第1号様式) 射 水 市 新 湊 博 物 館 奈 呉 の 浦 の 祈 り~ 海 のまつり~ 展 h 開 催 期 間 : 平 成 27 年 7 月 10 日 ( 金 )~9 月 13 日 ( 日 ) 企 画 展 の 内 容 目 的 射 水 市 を 会 場 として 開 催 された 第 35 回 全 国 豊 かな 海 づくり 大 会 ~ 富 山 大 会 ~ に 合 わせ 地 域 と 海 との 関 わりや 豊 かな 海

More information

二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 対 する 相 談 苦 情 の 申 し 出 等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職 員

二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 対 する 相 談 苦 情 の 申 し 出 等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職 員 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 秋 田 県 職 員 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 10 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき また 障 害 を 理 由 とする 差 別 の

More information

広 げよう 深 めよう 鎌 足 文 化 11/2~3 鎌 足 公 民 館 盆 栽 陶 芸 絵 手 紙 生 け 花 書 道 子 どもの 作 品 他 11/3 鎌 足 公 民 館 大 正 琴 民 謡 踊 り カラオケ フラダンス 小 学 生 の 歌 他 11/3 鎌 足 公 民 館 PTAバザー 焼 き

広 げよう 深 めよう 鎌 足 文 化 11/2~3 鎌 足 公 民 館 盆 栽 陶 芸 絵 手 紙 生 け 花 書 道 子 どもの 作 品 他 11/3 鎌 足 公 民 館 大 正 琴 民 謡 踊 り カラオケ フラダンス 小 学 生 の 歌 他 11/3 鎌 足 公 民 館 PTAバザー 焼 き 平 成 22 年 度 木 更 津 市 公 民 館 ( 地 区 ) 文 化 祭 公 民 館 まつり 事 業 一 覧 ( 概 要 ) * 詳 しい 日 程 については 各 公 民 館 へお 問 合 せください* 問 合 せ 先 中 央 公 民 館 25 4581 第 34 回 中 央 公 民 館 まつり 11 月 6 日 ( 土 )~7 日 ( 日 ) 学 ぼう 築 こう 文 化 の 輪 11/6~7

More information

新 発 田 市

新 発 田 市 新 発 田 市 平 成 2 5 年 度 第 6 回 定 例 記 者 会 見 1 日 時 平 成 2 5 年 8 月 3 0 日 ( 金 ) 午 前 1 1 時 2 場 所 3 階 応 接 室 3 内 容 住 民 票 の 写 し 等 第 三 者 交 付 に 関 す る 本 人 通 知 制 度 子 育 て き ら き ら カ ー ド の 利 用 が 始 ま り ま す 地 域 支 え 合 い 団 体 の

More information

9 号 消 サ 然 荷 限 転 換 指 循 型 律 各 町 村 独 歴 史 始 極 排 処 器 購 M 終 処 排 層 聞 9 9 率 % 幸 暮 仕 不 件 族 ョ 欠 如 原 因 ョ 葉 互 特 精 神 ィ 働 振 興 ふ ィ 精 神 働 球 暖 界 洞 爺 湖 サ 球 % 削 標 低 炭 素

9 号 消 サ 然 荷 限 転 換 指 循 型 律 各 町 村 独 歴 史 始 極 排 処 器 購 M 終 処 排 層 聞 9 9 率 % 幸 暮 仕 不 件 族 ョ 欠 如 原 因 ョ 葉 互 特 精 神 ィ 働 振 興 ふ ィ 精 神 働 球 暖 界 洞 爺 湖 サ 球 % 削 標 低 炭 素 9 号 ざ 答 弁 既 構 想 作 新 完 着 段 捗 況 規 模 機 具 む ね 敷 便 可 角 比 較 説 幸 楽 荘 親 件 絶 起 孤 傾 妊 娠 親 援 義 命 救 赤 ゃ 就 幼 ホ ペ 紙 況 険 赤 ゃ カ 乳 母 ホ ペ 絡 紹 介 ダ ヤ 紹 介 紙 弁 族 構 築 朽 訓 練 文 文 松 浩 五 嵐 9 号 消 サ 然 荷 限 転 換 指 循 型 律 各 町 村 独 歴 史 始

More information

報告事項1 第1回村山デエダラまつりの実績について(中間報告)

報告事項1 第1回村山デエダラまつりの実績について(中間報告) ふ う ど 第 1 回 武 蔵 村 山 市 Food( 風 土 )グランプリ 実 績 報 告 書 1 開 催 目 的 p1 2 開 催 日 時 p2 3 開 催 場 所 p2 4 主 催 者 p2 5 事 業 内 容 ( 概 要 ) p2 6 来 場 者 数 p2 7 収 支 決 算 p2 8 来 賓 p3 9 出 店 関 係 p3 10 投 票 方 法 p5 11 開 票 p5 12 表 彰 式

More information

平 成 2 6 年 1 月 1 5 日 定 例 記 者 会 見 資 料 学 校 教 育 課 かけがわ 道 徳 の 推 進 及 び 道 徳 副 読 本 なるほどなっとく 金 次 郎 さん の 一 般 販 売 について 1 かけがわ 道 徳 の 推 進 (1) 目 的 かけがわ 道 徳 を 推 進 する

平 成 2 6 年 1 月 1 5 日 定 例 記 者 会 見 資 料 学 校 教 育 課 かけがわ 道 徳 の 推 進 及 び 道 徳 副 読 本 なるほどなっとく 金 次 郎 さん の 一 般 販 売 について 1 かけがわ 道 徳 の 推 進 (1) 目 的 かけがわ 道 徳 を 推 進 する 第 63 期 王 将 戦 七 番 勝 負 第 1 局 掛 川 市 開 催 実 施 報 告 書 1 対 局 ( 1 ) 日 程 第 1 日 目 1 月 12 日 ( 日 ) 午 前 9 時 ~ 午 後 6 時 ( 封 じ 手 ) 第 2 日 目 1 月 13 日 ( 月 祝 ) 午 前 9 時 ~ 終 局 ( 午 後 6 時 48 分 ) ( 2 ) 会 場 掛 川 城 公 園 内 二 の 丸 茶 室

More information

01 表紙・目次

01 表紙・目次 平 成 27 年 松 前 町 議 会 第 4 回 臨 時 会 会 議 録 平 成 27 年 7 月 1 日 開 会 平 成 27 年 7 月 1 日 閉 会 松 前 町 議 会 各 位 会 議 録 の 作 成 にあたっては 誤 りのないよう 留 意 しておりますが 時 間 の 関 係 上 原 稿 校 正 は 初 校 しかできなく 誤 字 脱 字 等 があります ことを 深 くお 詫 び 申 し 上

More information

スライド 1

スライド 1 2014 香 川 県 庁 インターンシップ レポート 目 的 香 川 県 庁 でのインターンシップを 通 して 職 業 観 や 就 労 意 識 の 向 上 を 図 り 自 らの 適 性 適 職 を 考 えるとともに 県 職 員 の 仕 事 の 魅 力 に 触 れ 県 政 への 理 解 の 促 進 を 図 ることを 目 的 として 実 施 しました 参 加 者 36 校 (35 大 学 ( 大 学 院

More information

記者会見資料

記者会見資料 2016 長 岡 まつり 説 明 会 資 料 1 平 成 28 年 7 月 26 日 長 岡 ま つ り 協 議 会 ま つ り 振 興 課 長 岡 復 興 祭 から70 年 深 化 した 長 岡 花 火 を 安 全 安 心 に 長 岡 まつり 大 花 火 大 会 を 開 催 長 岡 空 襲 から1 年 後 の 昭 和 21 年 8 月 1 日 に 焼 け 野 原 からの 再 起 を 誓 い 開 催

More information

フェンシング-表紙.indd

フェンシング-表紙.indd フェンシング 競 技 プログラム 期 間 平 成 28 年 8 月 27 日 ( 土 )~28 日 ( 日 ) 場 所 箕 輪 町 社 会 体 育 館 開 催 の 趣 旨 国 民 体 育 大 会 の 趣 旨 に 則 り その 予 選 会 として 北 信 越 地 域 の 人 々 に 広 くスポーツを 普 及 し スポーツ 精 神 の 高 揚 を 図 り 健 康 増 進 と 体 力 向 上 を 目 指

More information

大 東 市 市 制 施 行 60 周 年 スポーツイベント 実 行 委 員 会 役 員 名 簿 平 成 27 年 11 月 1 日 現 在 役 職 氏 名 所 属 会 長 東 坂 浩 一 大 東 市 長 実 行 委 員 長 秋 山 悦 子 大 東 市 体 育 協 会 副 委 員 長 下 簗 健 一

大 東 市 市 制 施 行 60 周 年 スポーツイベント 実 行 委 員 会 役 員 名 簿 平 成 27 年 11 月 1 日 現 在 役 職 氏 名 所 属 会 長 東 坂 浩 一 大 東 市 長 実 行 委 員 長 秋 山 悦 子 大 東 市 体 育 協 会 副 委 員 長 下 簗 健 一 資 料 1 第 2 回 大 東 市 市 制 施 行 60 周 年 スポーツイベント 実 行 委 員 会 会 議 録 ( 要 旨 ) 日 時 : 平 成 28 年 2 月 16 日 ( 火 ) 午 後 7 時 ~ 場 所 : 大 東 市 立 総 合 文 化 センター3F 視 聴 覚 室 1. 出 席 者 社 会 教 育 団 体 :19 名 事 務 局 :6 名 2. 会 議 内 容 (1)マラソンの

More information

03会報(6頁).indd

03会報(6頁).indd 東 毛 経 済 同 友 会 第 43 期 会 報 誌 ド ー ユ ウ 豊 かさを 求 めて 発 行 責 任 者 発 行 発 行 日 東 毛 経 済 同 友 会 会 長 広 報 委 員 会 2016 年 6 月 吉 日 43 期 を 振 り 返 って 第 43 期 会 長 岡 田 昌 彦 ありがとうございました! 43 期 を 振 り 返 って 伊 丹 明 尋 副 会 長 担 当 させていただ いた

More information

CONTENTS P1 CONTENTS P2 NEWS P3~P4 TREND 合 唱 祭 ~ 練 習 から 当 日 までをお 届 け!~ P5~P6 TREND 南 魂 祭 ~ 暑 い 夏 に 密 着 ~ 都 立 南 多 摩 中 等 教 育 学 校 後 期 広 報 放 送 委 員 会 NIZI

CONTENTS P1 CONTENTS P2 NEWS P3~P4 TREND 合 唱 祭 ~ 練 習 から 当 日 までをお 届 け!~ P5~P6 TREND 南 魂 祭 ~ 暑 い 夏 に 密 着 ~ 都 立 南 多 摩 中 等 教 育 学 校 後 期 広 報 放 送 委 員 会 NIZI 生 徒 が 発 信 する 南 多 摩 ライフをお 届 け 2014 合 唱 祭 のウラ 側 全 部 お 見 せします! 笑 顔 あり 涙 ありアフロもあり?! 960 人 の 暑 い 夏 南 魂 祭 に 密 着 CONTENTS P1 CONTENTS P2 NEWS P3~P4 TREND 合 唱 祭 ~ 練 習 から 当 日 までをお 届 け!~ P5~P6 TREND 南 魂 祭 ~ 暑 い

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 資 料 3 福 島 12 市 町 村 の 教 育 人 材 育 成 ~ 現 状 今 後 の 取 組 つ~ 12 市 町 村 の 小 中 学 校 の 状 況 1( 仮 設 校 舎 や 他 施 設 利 用 の 状 況 ) 飯 舘 村 : 草 野 飯 樋 臼 石 小 学 校 3 校 の 仮 校 舎 体 育 館 福 島 市 会 津 若 松 市 震 災 前 現 在 南 相 馬 市 小 高 区 南 相 馬 市 鹿

More information

台 湾 遠 征 日 記 1 月 2 日 北 海 道 の 天 候 は 大 荒 れで 札 幌 地 区 は 大 雪 とのこと こちらは 最 低 気 温 16 最 高 気 温 27 もう 朝 から 半 袖 この 時 期 に 5 回 ほど 台 湾 を 訪 れていますが これほど 好 天 で 気 温 の 高 い

台 湾 遠 征 日 記 1 月 2 日 北 海 道 の 天 候 は 大 荒 れで 札 幌 地 区 は 大 雪 とのこと こちらは 最 低 気 温 16 最 高 気 温 27 もう 朝 から 半 袖 この 時 期 に 5 回 ほど 台 湾 を 訪 れていますが これほど 好 天 で 気 温 の 高 い 台 湾 遠 征 日 記 1 月 3 日 今 日 の 気 温 は 最 低 17 最 高 27 体 感 気 温 はもっと 高 かったような 気 がします 5 日 に 新 千 歳 で 選 手 の 顔 を 見 て 多 分 その 暑 さを 実 感 していただけるでしょう 疲 労 もピークで 腰 を 痛 めるもの 足 をいためるものが 出 てきました ただ 熱 中 症 などにはかからないように 大 量 の 水

More information

会 議 録 ( 敬 称 略 ) 会 議 の 名 称 開 催 日 時 開 催 場 所 平 成 27 年 度 第 2 回 茨 木 市 中 心 市 街 地 活 性 化 協 議 会 平 成 28 年 2 月 1 日 ( 月 ) 午 後 2 時 00 分 開 会 午 後 4 時 00 分 閉 会 茨 木 商

会 議 録 ( 敬 称 略 ) 会 議 の 名 称 開 催 日 時 開 催 場 所 平 成 27 年 度 第 2 回 茨 木 市 中 心 市 街 地 活 性 化 協 議 会 平 成 28 年 2 月 1 日 ( 月 ) 午 後 2 時 00 分 開 会 午 後 4 時 00 分 閉 会 茨 木 商 平 成 27 年 度 第 2 回 茨 木 市 中 心 市 街 地 活 性 化 協 議 会 - 会 議 録 - 会 議 録 ( 敬 称 略 ) 会 議 の 名 称 開 催 日 時 開 催 場 所 平 成 27 年 度 第 2 回 茨 木 市 中 心 市 街 地 活 性 化 協 議 会 平 成 28 年 2 月 1 日 ( 月 ) 午 後 2 時 00 分 開 会 午 後 4 時 00 分 閉 会 茨

More information

総 合 病 院 なのでたくさんの 診 療 科 がありましたが すべての 診 療 科 で 共 通 していたことは 患 者 さんのこと を 第 一 に 考 えていて 安 心 して 過 ごせるように 工 夫 していることでした 大 学 病 院 仕 事 とは 何 か 医 療 とは 何 か ということを 考

総 合 病 院 なのでたくさんの 診 療 科 がありましたが すべての 診 療 科 で 共 通 していたことは 患 者 さんのこと を 第 一 に 考 えていて 安 心 して 過 ごせるように 工 夫 していることでした 大 学 病 院 仕 事 とは 何 か 医 療 とは 何 か ということを 考 職 場 体 験 学 習 11 月 11 日 ( 水 )~13 日 ( 金 ) 2 年 生 が3 日 間 の 職 場 体 験 学 習 に 行 って 来 ました 本 校 では 本 人 の 希 望 する 職 場 を 体 験 できるように 時 間 と 労 力 をかけて 各 事 業 所 を 選 定 し 依 頼 しています 自 分 の 一 番 興 味 のある 職 場 での 仕 事 を 体 験 できるの で 皆

More information

Microsoft Word - sennsyuu mennkyojyou 1.doc

Microsoft Word - sennsyuu mennkyojyou 1.doc 私 たち 養 護 教 諭 の 職 務 は 時 代 と 共 にかたちを 変 え,そのニーズに 応 えようと 学 ぶべき 研 修 内 容 も 変 化 してきました 県 内 には, 幅 広 い 年 齢 層 の 養 護 教 諭 が 勤 務 していますが,その 職 務 への 期 待 は 年 齢 に 関 係 ありません 静 岡 県 内 には, 与 えられた 研 修 だけでなく 自 ら 進 んで 資 質 向 上

More information

第 1 種 区 域 第 2 種 区 域 第 3 種 区 域 第 4 種 区 域 第 1 種 低 層 住 居 専 用 地 域 第 1 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 近 隣 商 業 地 域 工 業 地 域 第 2 種 低 層 住 居 専 用 地 域 第 2 種 中 高 層 住 居 専 用 地

第 1 種 区 域 第 2 種 区 域 第 3 種 区 域 第 4 種 区 域 第 1 種 低 層 住 居 専 用 地 域 第 1 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 近 隣 商 業 地 域 工 業 地 域 第 2 種 低 層 住 居 専 用 地 域 第 2 種 中 高 層 住 居 専 用 地 騒 音 の 概 況 1 騒 音 の 概 要 邪 魔 な 音 と 快 い 音 うるさい 音 と 静 かな 音 の 判 断 は 聞 き 手 により 違 います 騒 音 公 害 は 音 に 対 する 感 じ 方 の 個 人 差 及 び 慣 れにより 快 音 雑 音 騒 音 と 各 個 人 が 主 観 的 に 判 断 するものです 歌 っているカラオケの 音 は 心 地 よい 音 だが 店 から 漏 れるカラオケの

More information

局 概 次 増 昨 政 ば 図 聞 相 談 ベ 開 催 盛 取 未 来 政 昨 政 接 遇 周 辺 流 込 企 働 々 む 選 ぶ チ 何 ば 選 魅 奨 返 完 納 材 報 奨 営 居 宅 以 下 供 賃 割 引 供 応 最 拡 増 勤 労 宅 資 貸 医 療 無 9 期 開 政 7 報 告 増

局 概 次 増 昨 政 ば 図 聞 相 談 ベ 開 催 盛 取 未 来 政 昨 政 接 遇 周 辺 流 込 企 働 々 む 選 ぶ チ 何 ば 選 魅 奨 返 完 納 材 報 奨 営 居 宅 以 下 供 賃 割 引 供 応 最 拡 増 勤 労 宅 資 貸 医 療 無 9 期 開 政 7 報 告 増 む 坂登穏穀豊穣 ノ宮 伊勢 撮影フォカ友笠智宏 2 歯科腔健 副選 優逝去哀悼 91 傍聴 593 午9 編集 運 営 7 9 郡字99 埼郡 察9 77 77 http://www.town.kamikawa.saitama.jp 局 概 次 増 昨 政 ば 図 聞 相 談 ベ 開 催 盛 取 未 来 政 昨 政 接 遇 周 辺 流 込 企 働 々 む 選 ぶ チ 何 ば 選 魅 奨 返 完 納

More information

(2) 実 施 主 体 等 主 催 : 幡 多 地 域 観 光 キャンペーン 実 行 委 員 会 ( 高 知 県 ) 協 力 :( 公 財 ) 高 知 県 観 光 コンベンション 協 会 法 政 大 学 総 長 室 広 報 課 *(セミナー 実 施 協 力 ) * 本 インターン 事 業 に 複 数

(2) 実 施 主 体 等 主 催 : 幡 多 地 域 観 光 キャンペーン 実 行 委 員 会 ( 高 知 県 ) 協 力 :( 公 財 ) 高 知 県 観 光 コンベンション 協 会 法 政 大 学 総 長 室 広 報 課 *(セミナー 実 施 協 力 ) * 本 インターン 事 業 に 複 数 楽 しまんと!はた 博 関 連 企 画 幡 多 7DAYS 首 都 圏 大 学 生 ( 情 報 発 信 )インターン 塾 成 果 発 表 会 in 東 京 のお 知 らせ 2013 年 9 月 18 日 幡 多 地 域 観 光 キャンペーン 実 行 委 員 会 ( 高 知 県 ) 2013 年 夏 日 本 最 高 気 温 を 記 録 した あの 高 知 県 四 万 十 川 首 都 圏 からの 大 学

More information

新 発 田 市

新 発 田 市 新 発 田 市 平 成 27 年 度 第 2 回 定 例 記 者 会 見 1 日 時 平 成 27 年 5 月 8 日 ( 金 ) 午 前 11 時 2 場 所 3 階 応 接 室 3 内 容 渡 仏 90 周 年 記 念 蕗 谷 虹 児 の 描 く ド ラ マ チ ッ ク 絵 本 原 画 展 婚 活 イ ベ ン ト 和 ス イ ー ツ を 囲 ん で 楽 し い ひ と 時 を 新 庁 舎 駅 前

More information

毎 刊 号 号 表 樽 富 髙 伊 坂 井 太 撰 髙 取 廣 坂 濵 ぞ ろ 千 塩 白 石 稲 澤 富 監 表 級 詞 遂 表 級 詞 遂 遠 治 梁 敏 改 勇 操 縦 故 森 柴 祐 級 詞 遂 濵 仁 文 洋 雄 林 慧 改 林 優 表 転 熊 仁 普 三 警 央 都 城 古 九 州 給

毎 刊 号 号 表 樽 富 髙 伊 坂 井 太 撰 髙 取 廣 坂 濵 ぞ ろ 千 塩 白 石 稲 澤 富 監 表 級 詞 遂 表 級 詞 遂 遠 治 梁 敏 改 勇 操 縦 故 森 柴 祐 級 詞 遂 濵 仁 文 洋 雄 林 慧 改 林 優 表 転 熊 仁 普 三 警 央 都 城 古 九 州 給 OB 絡 8-8 番 号 -8-88 賛 -8- 増 手 デ 道 産 四 産 駅 弁 弁 即 売 宇 都 ぎ ょ 店 舗 ゃ ぽ ガ 横 舞 鶴 肉 ゃ 肉 ゃ 仲 競 横 横 ュ 写 真 掲 速 む 私 趣 毎 週 金 曜 昼 宅 ケ 販 売 ナ 折 買 求 製 販 売 商 品 輸 送 為 値 段 道 飛 騨 牛 製 雰 囲 材 to to 号 号 察 材 青 兒 玉 枇 杷 ぞ 運 営 得 監

More information

『環境元年』施策

『環境元年』施策 平 成 26 年 度 予 算 主 要 事 業 抜 粋 単 位 千 円 印 は 新 規 事 業 基 本 目 標 1 魅 力 と 活 力 にあふれるにぎわいのあるまちづくり 観 光 宣 伝 対 策 事 業 イ ン タ ー ネ ッ ト を 活 用 し た 誘 客 宣 伝 パ ン フ レ ッ ト な ど の 印 刷 ポ ス タ ー 観 光 宣 伝 箱 根 駅 伝 で の 誘 客 キ ャ ラ バ ン の 委

More information

Microsoft Word - 会報(第14号).doc

Microsoft Word - 会報(第14号).doc 第 14 号 (2014 年 9 月 15 日 ) 発 行 : 広 島 大 学 マスターズ 広 島 事 務 局 目 次 1. 平 成 26 年 度 ( 第 5 回 ) 総 会 懇 親 会 の 開 催 状 況 について 2. 広 島 大 学 マスターズ( 東 広 島 )の 平 成 26 年 度 総 会 懇 親 会 に 出 席 して 事 務 局 幹 事 松 水 征 夫 3. 第 8 回 広 島 大 学

More information

二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 関 する 相 談 苦 情 の 申 出 等 ( 以 下 相 談 等 という )があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された

二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 関 する 相 談 苦 情 の 申 出 等 ( 以 下 相 談 等 という )があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 石 川 県 知 事 部 局 議 会 事 務 局 及 び 行 政 委 員 会 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 10 条 第 1 項 の

More information

広報きたがわNO.566.ec9

広報きたがわNO.566.ec9 2カ 月 目 の 北 川 村 村 の 生 活 はどう? 慣 れましたか? 村 の 人 々と 話 しをするとき よく 聞 かれる 質 問 です 北 川 村 に 来 てから6 週 間 を 過 ごして 慣 れ ていないこともたくさんありますが だんだん 慣 れてきています 私 はオーストラリア 人 ですが アジア 系 ですから 育 ってきた 文 化 は 日 本 文 化 と 似 ているところがあります 例

More information

趣 旨 学 生 が 国 際 社 会 の 中 で 社 会 人 としてのスキルを 身 に 付 け, 教 養 を 深 めて 高 い 見 識 を 持 ち, 豊 かな 人 間 性 を 培 うために 共 通 教 育 の 役 割 は 大 きい.そのため, 共 通 教 育 の 今 後 の 充 実 が 望 まれる.そ

趣 旨 学 生 が 国 際 社 会 の 中 で 社 会 人 としてのスキルを 身 に 付 け, 教 養 を 深 めて 高 い 見 識 を 持 ち, 豊 かな 人 間 性 を 培 うために 共 通 教 育 の 役 割 は 大 きい.そのため, 共 通 教 育 の 今 後 の 充 実 が 望 まれる.そ 平 成 25 年 度 新 しい 共 通 教 育 について 語 り 合 う 会 フクトーーク 報 告 書 主 催 福 山 大 学 大 学 教 育 センター ( 全 学 共 通 教 育 部 門 ) 平 成 26 年 3 月 趣 旨 学 生 が 国 際 社 会 の 中 で 社 会 人 としてのスキルを 身 に 付 け, 教 養 を 深 めて 高 い 見 識 を 持 ち, 豊 かな 人 間 性 を 培 うために

More information

47 8 二 十 八 ざ 希 満 慶 旧 格 厚 陰 昨 0 周 始 賓 臨 席 無 終 厚 次 代 可 織 英 導 鞭 撻 必 須 願 具 標 強 財 容 強 ず 減 少 傾 頼 為 応 織 必 条 制 約 是 非 相 談 次 費 比 率 直 器 更 配 分 金 直 処 遇 改 善 信 頼 遂 研

47 8 二 十 八 ざ 希 満 慶 旧 格 厚 陰 昨 0 周 始 賓 臨 席 無 終 厚 次 代 可 織 英 導 鞭 撻 必 須 願 具 標 強 財 容 強 ず 減 少 傾 頼 為 応 織 必 条 制 約 是 非 相 談 次 費 比 率 直 器 更 配 分 金 直 処 遇 改 善 信 頼 遂 研 47 8 47 8 公 町 央 -5-5 ワザ TEL084-5 FAX084-505 柿 所 柿 町 原 8- TEL/FAX0857-9 素 晴 底 づ 47 8 二 十 八 ざ 希 満 慶 旧 格 厚 陰 昨 0 周 始 賓 臨 席 無 終 厚 次 代 可 織 英 導 鞭 撻 必 須 願 具 標 強 財 容 強 ず 減 少 傾 頼 為 応 織 必 条 制 約 是 非 相 談 次 費 比 率 直

More information

H28学生募集要項(原稿)

H28学生募集要項(原稿) 平 成 28 年 度 学 生 募 集 要 項 ( 養 成 部 門 ) 島 根 県 立 農 林 大 学 校 農 業 科 699-2211 島 根 県 大 田 市 波 根 町 970-1 TEL 0854-85-7011 FAX 0854-85-7113 林 業 科 690-3405 島 根 県 飯 石 郡 飯 南 町 上 来 島 1207 ( 島 根 県 中 山 間 地 域 研 究 センター 内 )

More information

資 料 1 相 談 事 例 事 例 1 支 店 長 から 恒 常 的 にセクハラを 受 け 出 勤 が 辛 くなった 事 案 相 談 内 容 支 店 長 から 臀 部 脚 手 などに 触 られたり 下 着 を 脱 いでおけ 上 半 身 は 細 いの に 太 腿 は 太 いな など 言 われたりしていた 最 初 は 人 間 関 係 を 壊 したくないと 我 慢 したが セクハラが 恒 常 的 にあるので

More information

その 他 と 回 答 された 方 の 内 訳 友 人 に 誘 われて 2 研 究 室 の 先 輩 方 に 聞 いて 2) 今 回 のイベントに 参 加 した 理 由 は 何 ですか? インターンシップの 予 行 練 習 として 就 活 という 言 葉 に 惹 かれて 5 他 学 部 と 交 流 がし

その 他 と 回 答 された 方 の 内 訳 友 人 に 誘 われて 2 研 究 室 の 先 輩 方 に 聞 いて 2) 今 回 のイベントに 参 加 した 理 由 は 何 ですか? インターンシップの 予 行 練 習 として 就 活 という 言 葉 に 惹 かれて 5 他 学 部 と 交 流 がし 平 成 28 年 月 4 日 城 西 大 学 水 田 記 念 図 書 館 学 生 アドバイザー 主 催 第 6 回 ライブラリーラウンジ あなたのコミュニケーション 能 力 って 就 活 で 活 かせますか?? アンケート 集 計 結 果. 企 画 の 概 要 目 : 学 生 の 就 活 に 関 する 意 識 改 革 他 学 部 との 学 生 の 交 流 的 学 生 アドバイザーの 認 知 度 向

More information

高 士 区 地 域 活 動 支 援 事 業 ヒアリング 日 程 表 日 時 : 平 成 27 年 5 月 7 日 午 後 1 時 30 分 ~ 資 料 No 1 場 所 : 公 民 館 高 士 分 館 中 会 議 室 時 間 提 案 団 体 名 事 業 名 士 -2 13:40~13:55 高 士

高 士 区 地 域 活 動 支 援 事 業 ヒアリング 日 程 表 日 時 : 平 成 27 年 5 月 7 日 午 後 1 時 30 分 ~ 資 料 No 1 場 所 : 公 民 館 高 士 分 館 中 会 議 室 時 間 提 案 団 体 名 事 業 名 士 -2 13:40~13:55 高 士 平 成 27 年 度 第 2 回 高 士 区 地 域 協 議 会 次 第 日 時 : 平 成 27 年 5 月 7 日 ( 木 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 会 場 : 公 民 館 高 士 分 館 2 階 中 会 議 室 1 開 会 2 会 長 挨 拶 3 議 題 地 域 活 動 支 援 事 業 について 高 士 区 の 提 案 状 況 について 提 案 事 業 に 関 する 概 要 説 明 及

More information

Taro-学年便り4月8日号

Taro-学年便り4月8日号 那 須 塩 原 市 立 三 島 中 学 校 第 3 学 年 だより Step by Step 2016.4.8 号 文 責 : 小 森 平 成 28 年 度 が 始 まりました 3 年 生 にとっては 中 学 校 生 活 最 後 の 年 になります 今 年 度 が 生 徒 たちにとって 充 実 した 中 身 の 濃 い1 年 になるよう 3 学 年 職 員 一 同 最 善 を 尽 くしてがんばりますので

More information

弓 道 やアーチェリー 乗 馬 などの 体 験 と 各 クラブ サーク ルがさまざまにアプローチして 新 入 部 員 獲 得 に 奮 闘 会 場 は 熱 気 にあふれた 1 年 生 は 高 校 までと 違 って 大 学 では 多 くのクラブや サークルがあって どこに 入 部 しようか 迷 います

弓 道 やアーチェリー 乗 馬 などの 体 験 と 各 クラブ サーク ルがさまざまにアプローチして 新 入 部 員 獲 得 に 奮 闘 会 場 は 熱 気 にあふれた 1 年 生 は 高 校 までと 違 って 大 学 では 多 くのクラブや サークルがあって どこに 入 部 しようか 迷 います 2012 年 5 月 1 日 AUE News 第 39 号 編 集 発 行 愛 知 教 育 大 学 広 報 部 会 TEL 0566-26-2738 FAX 0566-26-2500 0 目 次 行 事 予 定 (5 月 1 日 15 日 ) トピックス 新 入 生 歓 迎 ランチコンサート クラブ サークルオリエンテーション 外 国 人 留 学 生 ガイダンス 天 文 台 一 般 公 開 招 へい

More information

る 規 制 の 対 象 となる また 視 覚 に 訴 える 広 告 及 び 宣 伝 のみならず 聴 覚 に 訴 える 広 告 及 び 宣 伝 も 同 条 による 規 制 の 対 象 となる( 風 俗 営 業 等 の 規 制 及 び 業 務 の 適 正 化 等 に 関 する 法 律 等 の 解 釈 運

る 規 制 の 対 象 となる また 視 覚 に 訴 える 広 告 及 び 宣 伝 のみならず 聴 覚 に 訴 える 広 告 及 び 宣 伝 も 同 条 による 規 制 の 対 象 となる( 風 俗 営 業 等 の 規 制 及 び 業 務 の 適 正 化 等 に 関 する 法 律 等 の 解 釈 運 原 議 保 存 期 間 1 0 年 ( 平 成 34 年 12 月 31 日 まで) 各 管 区 警 察 局 広 域 調 整 担 当 部 長 警 察 庁 丁 保 発 第 102 号 警 視 庁 生 活 安 全 部 長 殿 平 成 24 年 7 月 13 日 各 道 府 県 警 察 ( 方 面 ) 本 部 長 警 察 庁 生 活 安 全 局 保 安 課 長 ぱちんこ 営 業 における 広 告 宣 伝

More information

1 会議の名称

1 会議の名称 平 成 27 年 10 月 富 津 市 教 育 委 員 会 定 例 会 議 会 議 録 1 会 議 の 名 秒 富 津 市 教 育 委 員 会 定 例 会 議 2 開 催 日 時 平 成 27 年 10 月 29 日 ( 木 ) 10 時 00 分 から 10 時 35 分 3 開 催 場 所 富 津 市 役 所 本 庁 舎 4 階 401 会 議 室 報 告 事 項 4 審 議 等 事 項 報 告

More information

平成27年度 教育行政執行方針

平成27年度 教育行政執行方針 平 成 2 8 年 度 教 育 行 政 執 行 方 針 Ⅰ はじめに 平 成 28 年 第 1 回 定 例 会 の 開 会 に あ た り 名 寄 市 教 育 委 員 会 の 教 育 行 政 の 執 行 に 関 す る 基 本 的 な 方 針 に つ い て 申 し 上 げ ま す 現 在 国 に お い て は 第 2 期 教 育 振 興 基 本 計 画 の も と 教 育 改 革 を 着 実 に

More information

平成24年7月3日

平成24年7月3日 平 成 27 年 11 月 4 日 六 ツ 川 中 学 校 PTA 運 営 委 員 会 第 6 回 運 営 委 員 会 議 事 録 日 時 平 成 27 年 11 月 4 日 ( 水 ) 10:00~ 場 所 PTA 会 議 室 司 会 柳 副 会 長 記 録 盛 田 書 記 出 席 者 32 名 ( 副 校 長, 会 長, 副 会 長 2 名, 書 記 2 名, 会 計, 校 外 1 名, 学 年

More information

所信表明に先立ちまして、一言申し述べさせていただきます

所信表明に先立ちまして、一言申し述べさせていただきます 第 84 回 安 来 市 議 会 定 例 会 の 開 会 にあたり 諸 議 案 の 説 明 に 先 立 ち まして 諸 般 の 事 項 についてご 報 告 申 し 上 げます はじめに 8 月 31 日 の 高 潮 についてであります 行 政 告 知 放 送 な どによります 市 民 への 周 知 を 行 うとともに 早 い 段 階 でのポンプによ る 排 水 の 準 備 土 のうの 設 置 を 行

More information

Taro-H26第1回学校評価運営協議

Taro-H26第1回学校評価運営協議 日 時 : 平 成 26 年 6 月 17 日 ( 火 ) 場 所 : 本 校 大 会 議 室 参 長 校 長 加 委 学 校 評 議 員 2 名 者 員 学 校 関 係 者 評 価 5 名 保 護 者 代 表 2 名 ( 学 校 関 係 者 評 価 1 名 を 含 む) 生 徒 代 表 前 期 生 徒 会 執 行 部 員 4 名 学 校 代 表 3 名 幹 事 副 校 長 教 頭 1 校 長 挨

More information

OFvol15-T

OFvol15-T 客 把 握 デ 来 目 前 前 デ ィ ペ 名 づ 因 巻 朝 代 登 卒 業 バ 写 写 真 点 バ 代 仲 悪 信 程 度 詳 細 報 告 存 在 ざ 連 携 個 抱 込 ゆペ 葉 代 表 増 具 有 効 今 回 9 5 月 足 東 京 組 心 ご 紹 介 複 雑 様 奪 膨 奪 8 香 川 県 左 グ フ 4 割 6 月 4 次 降 続 殊 6 度 勤 務 文 科 省 施 84 8 83 8

More information

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ 平 成 2 8 年 度 施 政 方 針 安 中 市 本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじめに 私 は 市 長 と し て 安 中 市 の

More information

組 体 操 の 写 真 紹 介 します! 県 教 委 ニュース では 各 学 校 の 組 体 操 の 写 真 を 募 集 しています 頑 張 った 小 学 生 さすがは 中 学 生 高 校 生! という 写 真 を 送 ってください 宛 先

組 体 操 の 写 真 紹 介 します! 県 教 委 ニュース では 各 学 校 の 組 体 操 の 写 真 を 募 集 しています 頑 張 った 小 学 生 さすがは 中 学 生 高 校 生! という 写 真 を 送 ってください 宛 先 県 教 委 ニュース 11 月 号 -1 P7 県 内 学 校 ミニ ニュース 目 次 へもどる プロジェクトⅡ: 元 気 プロジェクト 施 策 7 豊 かな 学 びを 支 える 学 校 づくり お 問 合 わせ 教 育 政 策 課 教 育 広 報 室 043(223)4015 送 付 先 k-kouhou@mz.pref.chiba.lg.jp 県 教 委 ニュース では 各 学 校 の 特 色

More information

平 成 2 6 年 度 公 益 財 団 法 人 君 津 市 文 化 振 興 財 団 単 位 : 千 円 公 演 日 事 業 区 分 タ イ ト ル 出 演 者 プ ロ フ ィ ー ル 予 算 額 4 /1 0 第 1 号 選 り す ぐ り の 名 作 映 画 と 話 題 の 最 収 入 ( 木 )

平 成 2 6 年 度 公 益 財 団 法 人 君 津 市 文 化 振 興 財 団 単 位 : 千 円 公 演 日 事 業 区 分 タ イ ト ル 出 演 者 プ ロ フ ィ ー ル 予 算 額 4 /1 0 第 1 号 選 り す ぐ り の 名 作 映 画 と 話 題 の 最 収 入 ( 木 ) 平 成 26 年 度 事 業 計 画 君 津 市 民 文 化 ホールの 指 定 管 理 者 として 平 成 26 年 度 より3 年 間 当 財 団 が 君 津 市 より 指 定 を 受 けることとなりました 君 津 から 発 信 する 新 たなる 芸 術 文 化 をミッションとし 自 らが 創 造 し 発 信 できる 芸 術 の 創 作 場 所 であること また 地 域 の 皆 さまに 親 しまれ

More information

Microsoft PowerPoint - ⑯由岐中学校.ppt

Microsoft PowerPoint - ⑯由岐中学校.ppt 次 世 代 に 夢 をつなぐ 防 災 カレンダーづくり 徳 島 県 由 岐 町 立 由 岐 中 学 校 大 田 弘 士 徳 島 県 由 岐 町 総 務 課 浜 大 吾 郎 1/21 2006.2.18 第 3 回 防 災 教 育 チャレンジプランワークショップ 防 災 教 育 の 概 要 目 的 生 徒 達 が 防 災 に 関 する 知 識 技 能 を 習 得 し 地 域 の 防 災 上 の 課 題

More information

Taro-栃木県教育委員会における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領(本文)

Taro-栃木県教育委員会における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領(本文) 栃 木 県 教 育 委 員 会 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 10 条 第 1 項 の 規 定

More information

積 み 込 み 作 業 積 み 込 み 終 了 茅 場 での 集 合 写 真 古 代 住 居 への 収 納 作 業 全 て 収 納 完 了! 今 年 度 最 後 の 集 合 写 真

積 み 込 み 作 業 積 み 込 み 終 了 茅 場 での 集 合 写 真 古 代 住 居 への 収 納 作 業 全 て 収 納 完 了! 今 年 度 最 後 の 集 合 写 真 第 6 回 茅 運 びだし 作 業 および 収 納 作 業 日 時 : 平 成 28 年 2 月 7 日 ( 日 ) 10:00~15:00 今 回 の 参 加 者 は16 名 1 月 17 日 に 予 定 されていた 茅 の 運 びだし 作 業 は 先 日 の 寒 波 による 雪 のため 再 延 期 となっていました そして 今 回 は 心 配 していた 気 温 も 低 くなく 真 っ 青 な 晴

More information

貝塚市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例

貝塚市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例 貝 塚 市 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 を 解 消 するための 職 員 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 10 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づ き 障 害

More information

みどりと 環 境 誯 よ り 経 過 説 明 公 園 管 理 の 現 状 と し て 市 内 に は 約 150 か 所 の 公 園 が あ り 緊 急 性 等 に 応 じ て 優 先 順 位 を つ け て 整 備 し て い る が 日 常 の 管 理 は 行 政 だ け で は 困 難 現 在

みどりと 環 境 誯 よ り 経 過 説 明 公 園 管 理 の 現 状 と し て 市 内 に は 約 150 か 所 の 公 園 が あ り 緊 急 性 等 に 応 じ て 優 先 順 位 を つ け て 整 備 し て い る が 日 常 の 管 理 は 行 政 だ け で は 困 難 現 在 市 民 活 動 のはじめ 方 ~ 地 域 のためになにから 始 める? ~ 開 催 日 時 1 平 成 24 年 9 月 2 日 ( 日 ) 10:00~ 12:00 2 平 成 24 年 9 月 16 日 ( 日 ) 13:30~16:30 3 平 成 24 年 10 月 14 日 ( 日 ) 10:00~11:30 開 催 場 所 1 3 東 村 山 市 役 所 北 庁 舎 第 2 会 議 室

More information

グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚 悪 口 被 害 妄 想 襲 立 信 用 病 院 種 状 態 ぜ 虚

グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚 悪 口 被 害 妄 想 襲 立 信 用 病 院 種 状 態 ぜ 虚 グ グ? 質 問 エ 答 ょ 々 折 闘 与 タ 添 進 エ ネ ギ 注 不 測 ブ 起 関 係 レ ふ む 余 裕 必 死 片 付 多 姿 瞬 好 苦 労 末 ェ 功 グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚

More information

避難所についての内閣府等のこれまでの対応

避難所についての内閣府等のこれまでの対応 ( 資 料 5 関 連 : 参 考 資 料 ) 避 難 所 の 確 保 と 質 の 向 上 に 関 する 検 討 会 について 平 成 27 年 7 月 22 日 内 閣 府 ( 防 災 担 当 ) 1. 取 組 指 針 での トイレ に 関 する 主 な 規 定 P9 第 1-2-(2) 福 祉 避 難 所 の 整 備 福 祉 避 難 所 とは 要 配 慮 者 のために 特 別 の 配 慮 がなされた

More information

2 浜 松 基 地 納 涼 の 夕 べを 開 催 724 4 月 29 日 著 しく 危 険 性 の 高 い 業 務 に 励 み 社 会 に 貢 献 さ れた 人 を 対 象 とする 第 24 回 危 険 業 務 従 事 者 叙 勲 が 表 彰 され 浜 松 つばさ 会 から 次 に 方 が 叙 勲

2 浜 松 基 地 納 涼 の 夕 べを 開 催 724 4 月 29 日 著 しく 危 険 性 の 高 い 業 務 に 励 み 社 会 に 貢 献 さ れた 人 を 対 象 とする 第 24 回 危 険 業 務 従 事 者 叙 勲 が 表 彰 され 浜 松 つばさ 会 から 次 に 方 が 叙 勲 1 陸 軍 爆 撃 隊 発 祥 之 地 碑 碑 前 祭 について 日 時 : 平 成 27 年 10 月 29 日 ( 木 ) 10 時 から 場 所 : 浜 松 基 地 南 地 区 陸 軍 爆 撃 隊 発 祥 之 地 碑 前 102813 TEL437-5635 平 成 27 年 度 浜 松 つばさ 会 総 会 行 事 を 開 催 浜 松 つばさ 会 は 平 成 27 年 度 総 会 行 事 (

More information

その 監 督 する 職 員 の 注 意 を 喚 起 し 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 する 認 識 を 深 めさせること 二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 対 する 相 談 苦 情 の 申 し 出 等 があ

その 監 督 する 職 員 の 注 意 を 喚 起 し 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 する 認 識 を 深 めさせること 二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 対 する 相 談 苦 情 の 申 し 出 等 があ 内 閣 官 房 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 平 成 27 年 11 月 16 日 内 閣 総 理 大 臣 決 定 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下

More information