PowerPoint プレゼンテーション

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "PowerPoint プレゼンテーション"

Transcription

1 金 融 資 産 性 所 得 に 対 する 個 人 住 民 税 の 課 税 時 期 と 課 税 団 体 について

2 目 次 1 年 の 途 中 で 出 国 した 者 のキャピタルゲインに 対 する 個 人 住 民 税 の 課 税 のあり 方 について 2 配 当 割 株 式 等 譲 渡 所 得 割 のあり 方 について 1 13

3 1 年 の 途 中 で 出 国 した 者 のキャピタルゲインに 対 する 個 人 住 民 税 の 課 税 のあり 方 について 1

4 所 得 税 課 税 範 囲 居 住 者 全 世 界 所 得 に 課 税 非 居 住 者 国 内 源 泉 所 得 のみに 課 税 基 本 的 な 非 居 住 者 に 対 する 個 人 所 得 課 税 について ( 例 ) 内 国 法 人 から 支 払 われる 配 当 所 得 課 税 国 外 で 売 買 された 株 式 の 譲 渡 益 非 課 税 国 外 転 出 時 国 外 転 出 をする 納 税 者 は 納 税 管 理 人 を 定 めなければならない ( 国 税 通 則 法 117) 納 税 管 理 人 を 届 け 出 た 場 合 は 翌 年 の3 月 15 日 までに 納 税 管 理 人 が 確 定 申 告 を 行 う 納 税 管 理 人 を 届 け 出 ずに 国 外 転 出 をする 納 税 者 は 出 国 の 時 までの 所 得 についての 確 定 申 告 ( 準 確 定 申 告 )を 行 い 所 得 税 額 を 納 付 しなければならない ( 所 法 ) 個 人 住 民 税 課 税 範 囲 所 得 の 生 じた 年 の 翌 年 1 月 1 日 に 国 内 に 住 所 を 有 する 者 に 課 税 所 得 の 生 じた 年 に 非 居 住 者 期 間 を 有 する 場 合 には 居 住 者 期 間 については 全 世 界 所 得 非 居 住 者 期 間 につい ては 国 内 源 泉 所 得 のみに 課 税 する 年 の 途 中 で 出 国 し 翌 年 1 月 1 日 に 国 内 に 住 所 を 有 しない 場 合 には 出 国 年 の 所 得 に 対 す る 個 人 住 民 税 は 課 税 されない ただし 現 年 課 税 される 個 人 住 民 税 については 出 国 の 時 までに 納 税 義 務 が 生 じたものは 課 税 される 2

5 平 成 27 年 度 税 制 改 正 において 導 入 された 未 実 現 のキャピタルゲインに 対 する 課 税 について 背 景 租 税 条 約 上 株 式 等 のキャピタルゲインについては 株 式 等 を 売 却 した 者 が 居 住 している 国 に 課 税 権 があるとされている これを 利 用 し 巨 額 の 含 み 益 を 有 する 株 式 等 を 保 有 したまま 国 外 に 転 出 し キャピタルゲイン 非 課 税 国 ( 例 :シンガポール 香 港 )において 売 却 することにより 課 税 逃 れを 行 うことが 可 能 所 得 税 (H27.7.1~ 導 入 ) 一 定 の 高 額 資 産 家 を 対 象 に 国 外 転 出 時 に 未 実 現 のキャピタルゲイン( 含 み 益 )に 対 して 特 例 的 に 課 税 する 国 外 転 出 時 の 有 価 証 券 等 の 評 価 額 が1 億 円 以 上 の 者 であり かつ 国 外 転 出 の 日 前 10 年 以 内 において5 年 を 超 えて 居 住 者 であった 者 課 税 対 象 は 有 価 証 券 等 及 び 未 決 済 デリバティブ 取 引 等 また 納 税 資 金 が 不 十 分 であることを 勘 案 し 納 税 猶 予 ( 最 長 10 年 )を 選 択 できる 適 切 な 担 保 の 提 供 納 税 猶 予 継 続 届 出 書 の 提 出 ( 毎 年 )が 必 要 納 税 猶 予 期 間 内 に 対 象 資 産 を 売 却 せずに 帰 国 した 場 合 には 利 子 税 を 含 め 免 除 個 人 住 民 税 国 外 転 出 時 における 未 実 現 のキャピタルゲインに 対 する 課 税 について H27 年 度 改 正 における 導 入 は 見 送 り 引 き 続 き 検 討 を 行 うこととされた 3

6 出 国 時 の 譲 渡 所 得 課 税 の 特 例 について H27 改 正 時 に 党 税 調 へ 提 出 した 資 料 個 人 住 民 税 については 翌 年 1 月 1 日 に 地 方 団 体 内 に 住 所 を 有 する 者 に 課 税 される 税 であるため 年 の 途 中 で 出 国 した 者 については 当 該 年 中 に 実 現 したキャピタルゲイン( 例 えば 出 国 の 直 前 に 売 却 した 株 式 の 譲 渡 益 )に 係 る 個 人 住 民 税 は 課 税 されないこととの 公 平 性 を 踏 まえると 所 得 税 と 同 様 の 措 置 を 講 ずることは 現 時 点 では 困 難 個 人 住 民 税 に 係 る 出 国 時 における 未 実 現 のキャピタルゲインに 対 する 譲 渡 所 得 課 税 の 特 例 につい ては 年 の 途 中 で 出 国 した 者 等 の 実 現 したキャピタルゲイン 等 についての 課 税 のあり 方 の 検 討 と 併 せて 引 き 続 き 検 討 する 出 国 者 等 に 係 るキャピタルゲインに 対 する 課 税 関 係 出 国 年 の1 月 1 日 から 出 国 時 までの 間 に 実 現 したキャピタルゲイン 未 実 現 の キャピタルゲイン 個 人 住 民 税 におけるキャピタルゲインに 対 する 課 税 関 係 (イメージ) 1 月 1 日 譲 渡 益 国 内 1 月 1 日 ( 住 所 あり) 所 得 税 ( 国 税 ) 課 税 新 たに 課 税 課 税 個 人 住 民 税 ( 地 方 税 ) 課 税 されない 賦 課 期 日 ( 出 国 年 の 翌 年 1 月 1 日 ) 時 点 にお いて 住 所 を 有 しないため 納 税 義 務 者 にあたらない ( 引 き 続 き 検 討 ) 1 月 1 日 国 内 譲 渡 益 出 国 譲 渡 益 ( 未 実 現 ) 国 外 1 月 1 日 ( 住 所 なし) 課 税 されない 課 税? 出 国 時 の 譲 渡 所 得 課 税 の 特 例 を 導 入 した 場 合 4

7 所 得 の 発 生 した 年 に 課 税 されている 個 人 住 民 税 H27 改 正 時 に 党 税 調 へ 提 出 した 資 料 課 税 対 象 課 税 方 式 課 税 団 体 徴 収 時 期 地 方 団 体 への 納 入 預 貯 金 公 社 債 等 の 利 子 等 利 子 割 ( 特 別 徴 収 ) 利 子 等 の 支 払 の 事 務 等 を 行 う 営 業 所 等 所 在 地 の 都 道 府 県 支 払 の 際 徴 収 の 日 の 属 する 月 の 翌 月 10 日 徴 収 の 日 の 属 する 月 の 翌 月 10 日 上 場 株 式 等 の 配 当 等 配 当 割 ( 特 別 徴 収 ) 支 払 を 受 ける 者 の 支 払 時 の 住 所 地 の 都 道 府 県 支 払 の 際 特 定 口 座 ( 源 泉 徴 収 選 択 口 座 ) 内 の 上 場 株 式 等 の 配 当 等 については 当 該 口 座 内 で 生 じた 譲 渡 損 失 と 損 益 通 算 した 後 徴 収 の 日 の 属 する 年 の 翌 年 1 月 10 日 に 納 入 ( ) 上 場 株 式 等 の 株 式 等 譲 渡 所 得 ( 特 定 口 座 ( 源 泉 徴 収 選 択 口 座 ) 分 に 限 る) 株 式 等 譲 渡 所 得 割 ( 特 別 徴 収 ) 支 払 を 受 けるべき 日 の 属 する 年 の1 月 1 日 時 点 の 住 所 地 の 都 道 府 県 支 払 の 際 徴 収 の 日 の 属 する 年 の 翌 年 の1 月 10 日 ( ) 退 職 手 当 等 分 離 課 税 に 係 る 所 得 割 ( 特 別 徴 収 ) 支 払 を 受 けるべき 日 の 属 する 年 の1 月 1 日 時 点 の 住 所 地 の 都 道 府 県 市 町 村 支 払 の 際 徴 収 の 日 の 属 する 月 の 翌 月 10 日 ( ) 特 定 口 座 廃 止 届 出 書 又 は 特 定 口 座 開 設 者 死 亡 届 出 書 の 提 出 があった 場 合 提 出 があった 日 の 属 する 月 の 翌 月 10 日 に 納 入 5

8 平 成 27 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 抜 粋 ) 第 一 平 成 27 年 度 税 制 改 正 の 基 本 的 考 え 方 平 成 26 年 12 月 30 日 自 由 民 主 党 公 明 党 Ⅴ 国 境 を 越 えた 取 引 等 に 係 る 課 税 の 国 際 的 調 和 に 向 けた 取 組 み 国 境 を 越 えた 人 の 動 きに 係 る 租 税 回 避 を 防 止 する 観 点 から 出 国 時 における 株 式 等 に 係 る 未 実 現 のキャピタルゲインに 対 する 譲 渡 所 得 課 税 の 特 例 を 創 設 する これにあわせて 現 行 の 財 産 債 務 明 細 書 について 所 得 税 相 続 税 の 申 告 の 適 正 性 を 確 保 するため 記 載 内 容 を 充 実 するなどの 見 直 しを 行 う その 際 記 載 に 係 る 事 務 負 担 が 過 重 なものとならないよう 運 用 上 適 切 に 配 慮 することとする なお 個 人 住 民 税 に 係 る 譲 渡 所 得 課 税 の 特 例 の 導 入 について 引 き 続 き 検 討 を 行 う 6

9 出 国 者 のキャピタルゲインに 対 する 個 人 住 民 税 の 課 税 のあり 方 を 検 討 するに 当 たっての 視 点 出 国 者 の 未 実 現 のキャピタルゲインに 対 する 課 税 については 所 得 税 においては 平 成 27 年 度 税 制 改 正 により 導 入 された 一 方 個 人 住 民 税 においての 導 入 は 見 送 られたところ 未 実 現 のキャピタルゲインに 対 する 課 税 により 課 税 逃 れを 防 止 することは 意 義 のあることで あり この 観 点 からも 個 人 住 民 税 においても 引 き 続 き 導 入 を 検 討 する 必 要 しかしながら 個 人 住 民 税 は 出 国 者 の 出 国 年 中 に 実 現 したキャピタルゲインに 対 しても 課 税 さ れないという 点 で 所 得 税 とは 異 なっており 公 平 性 の 観 点 からも 出 国 者 のキャピタルゲインに 対 する 個 人 住 民 税 の 課 税 のあり 方 を 検 討 するに 当 たっては まずは 出 国 者 の 出 国 年 中 に 実 現 した キャピタルゲインに 対 する 課 税 のあり 方 を 検 討 する 必 要 があるのではないか 出 国 者 の 未 実 現 のキャピタルゲインに 対 する 課 税 のあり 方 については 実 現 したキャピタルゲ インに 対 する 課 税 のあり 方 の 検 討 を 踏 まえて 検 討 を 行 う 7

10 実 現 したキャピタルゲインに 対 する 個 人 住 民 税 の 課 税 関 係 課 税 対 象 課 税 方 式 課 税 団 体 課 税 時 期 徴 収 時 期 源 泉 徴 収 選 択 口 座 内 株 式 等 譲 渡 所 得 割 ( 特 別 徴 収 ) 支 払 を 受 けるべき 日 の 属 する 年 の 1 月 1 日 時 点 の 住 所 地 の 都 道 府 県 現 年 課 税 支 払 の 際 上 場 株 式 等 の 株 式 等 譲 渡 所 得 源 泉 徴 収 選 択 口 座 外 申 告 分 離 課 税 ( 普 通 徴 収 ) 所 得 の 生 じた 年 の 翌 年 1 月 1 日 時 点 の 住 所 地 の 都 道 府 県 市 町 村 翌 年 度 課 税 翌 年 度 非 上 場 株 式 等 の 株 式 等 譲 渡 所 得 申 告 分 離 課 税 ( 普 通 徴 収 ) 所 得 の 生 じた 年 の 翌 年 1 月 1 日 時 点 の 住 所 地 の 都 道 府 県 市 町 村 翌 年 度 課 税 翌 年 度 先 物 取 引 に 係 る 雑 所 得 申 告 分 離 課 税 ( 普 通 徴 収 ) 所 得 の 生 じた 年 の 翌 年 1 月 1 日 時 点 の 住 所 地 の 都 道 府 県 市 町 村 翌 年 度 課 税 翌 年 度 8

11 出 国 者 のキャピタルゲインに 対 する 個 人 住 民 税 所 得 税 の 課 税 関 係 の 現 状 出 国 年 の 出 国 の 日 までに 実 現 したキャピタルゲインについては 所 得 税 は 課 税 される 一 方 個 人 住 民 税 は 翌 年 1 月 1 日 に 国 内 に 住 所 を 有 しない 場 合 には 課 税 されない 実 現 したキャピタルゲインに 係 る 課 税 1 月 1 日 A 年 1 月 1 日 A+1 年 納 税 義 務 者 の 住 所 地 国 内 出 国 個 人 住 民 税 課 税 課 税 なし( ) 国 内 に 住 所 を 有 す る 間 の 所 得 である が 個 人 住 民 税 が 課 税 されない 所 得 税 課 税 課 税 ( ) 源 泉 徴 収 選 択 口 座 内 の 株 式 等 については 出 国 日 までの 間 の 譲 渡 所 得 についても 特 別 徴 収 により 課 税 9

12 出 国 者 の 出 国 年 に 係 るキャピタルゲインに 対 する 個 人 住 民 税 の 課 税 について 個 人 所 得 課 税 ( 所 得 税 個 人 住 民 税 )は 個 人 が 行 った 経 済 活 動 の 成 果 である 所 得 に 担 税 力 を 見 出 して 課 税 しているものであり 特 に 個 人 住 民 税 は 市 町 村 内 ( 道 府 県 内 )に 住 所 等 を 有 する という 継 続 的 な 事 実 を 課 税 客 体 としているが 課 税 団 体 納 税 義 務 者 等 とあわせ 課 税 要 件 を 確 定 するため 課 税 技 術 上 の 理 由 から 賦 課 期 日 として 一 定 の 期 日 を 定 めているところ 本 来 個 人 所 得 課 税 は 所 得 に 担 税 力 を 見 出 して 課 税 するものであるところ 課 税 技 術 上 の 理 由 から 翌 年 1 月 1 日 に 住 所 等 を 有 しない 者 ( 年 の 中 途 で 出 国 した 者 )につ いて その 年 における 住 所 等 を 有 する 出 国 までのキャピタルゲインに 課 税 できていな い 状 況 が 生 じていることは 税 負 担 の 公 平 性 等 の 観 点 から 解 消 することを 検 討 すべ きではないか 10

13 出 国 者 の 実 現 したキャピタルゲインに 対 する 個 人 住 民 税 の 課 税 についての 検 討 論 点 賦 課 期 日 課 税 団 体 確 定 の 基 準 日 について < 課 題 > 出 国 者 に 課 税 することとした 場 合 1 月 1 日 には 住 所 を 有 しないこととなるため 賦 課 期 日 及 び 課 税 団 体 確 定 の 基 準 日 について 新 たに 整 理 する 必 要 < 検 討 内 容 > 賦 課 期 日 は 1 出 国 日 2 出 国 日 の 属 する 年 の 翌 年 の1 月 1 日 の2 案 が また 賦 課 団 体 確 定 の 基 準 日 は 1 出 国 日 の 属 する 年 の1 月 1 日 2 出 国 日 の2 案 が 考 えられる 賦 課 期 日 及 び 賦 課 団 体 確 定 の 基 準 日 のパターンとして 以 下 の4 案 が 考 えられるか 賦 課 団 体 確 定 の 基 準 日 課 題 1 出 国 日 の 属 する 年 の 1 月 1 日 1 出 国 日 案 A 賦 課 期 日 2 出 国 日 の 属 する 年 の 翌 年 の1 月 1 日 上 記 案 A~Dのパターンについて 出 国 に 関 する 手 続 を 行 う 地 方 団 体 ( 国 外 転 出 届 を 受 ける 団 体 税 の 申 告 の 慫 慂 も 行 うことが 想 定 される )との 関 係 も 含 め 課 税 団 体 の 実 務 の 円 滑 な 実 施 の 観 点 から それぞれどのように 考 えられるか 案 B 2 出 国 日 案 C 案 D 同 一 年 に 他 団 体 へ 帰 国 した 場 合 の 税 額 調 整 出 国 者 に 係 る 課 税 状 況 につい ての 情 報 を 共 有 する 仕 組 みの 構 築 同 一 年 中 に 他 団 体 へ 帰 国 して いる 場 合 の 把 握 方 法 当 初 賦 課 時 期 における 出 国 に 係 る 調 査 等 が 可 能 か 課 題 出 国 の 事 実 を 把 握 できない 場 合 が 考 えられるが 出 国 情 報 をどう 入 手 するか 同 一 年 に 出 国 が 複 数 回 ある 場 合 の 課 税 方 法 ( 各 案 共 通 の 課 題 ) 準 確 定 申 告 書 の 速 やか かつ 確 実 な 回 付 納 税 通 知 書 の 送 達 11

14 本 検 討 を 進 めるに 当 たり 留 意 すべき 論 点 出 国 者 の 実 現 したキャピタルゲインに 対 する 個 人 住 民 税 の 課 税 を 検 討 を 進 めるに 当 たって 以 下 の 点 に 留 意 する 必 要 賦 課 期 日 を 出 国 日 とした 場 合 における 出 国 をした 後 同 一 年 に 再 入 国 ( 帰 国 )をした 場 合 の 課 税 について 整 理 が 必 要 出 国 者 の 実 現 したキャピタルゲインに 対 する 個 人 住 民 税 の 課 税 を 検 討 する 場 合 出 国 者 の キャピタルゲイン 以 外 の 所 得 に 対 する 課 税 については どのように 考 えるか キャピタルゲインに 対 する 課 税 に 当 たって( )のマイナンバーの 活 用 範 囲 が 今 後 どのように なるのか ( ) 課 税 資 料 の 回 付 や 出 入 国 事 実 の 把 握 などへの 活 用 の 可 能 性 など 12

15 2 配 当 割 株 式 等 譲 渡 所 得 割 の あり 方 について 13

16 配 当 割 及 び 株 式 等 譲 渡 所 得 割 の 概 要 配 当 割 及 び 株 式 等 譲 渡 所 得 割 は 金 融 機 関 等 が 特 別 徴 収 をして 都 道 府 県 に 納 入 する 都 道 府 県 は 収 入 額 から 徴 税 費 相 当 額 (1%)を 控 除 した 後 の 金 額 の5 分 の3を 市 区 町 村 へ 交 付 す る 市 区 町 村 への 交 付 金 は 都 道 府 県 内 市 区 町 村 の 前 3ヵ 年 度 における 個 人 住 民 税 の 額 で 按 分 ( ) 平 成 16 年 の 創 設 時 から 特 別 徴 収 義 務 者 である 金 融 機 関 等 の 事 務 負 担 に 配 慮 し 都 道 府 県 が 課 税 し 市 区 町 村 へ 交 付 する 制 度 となっている 配 当 割 及 び 株 式 等 譲 渡 所 得 割 に 係 る 所 得 を 申 告 した 場 合 には 当 該 所 得 について 所 得 割 で 課 税 され すでに 特 別 徴 収 された 配 当 割 額 及 び 株 式 等 譲 渡 所 得 割 額 が 所 得 割 額 から 税 額 控 除 ( 所 得 割 額 から 控 除 しきれない 場 合 は 充 当 還 付 )される 配 当 割 株 式 等 譲 渡 所 得 割 ( 参 考 ) 利 子 割 1 課 税 主 体 2 納 税 義 務 者 3 課 税 標 準 一 定 の 上 場 株 式 等 の 配 当 等 ( 特 定 配 当 等 )の 支 払 を 受 けるもの( 都 道 府 県 内 に 住 所 を 有 する 個 人 に 限 る ) 特 定 配 当 等 の 額 都 道 府 県 所 得 税 において 源 泉 徴 収 を 選 択 した 特 定 口 座 ( 源 泉 徴 収 口 座 )における 上 場 株 式 等 の 譲 渡 の 対 価 等 の 支 払 を 受 けるもの( 都 道 府 県 内 に 住 所 を 有 する 個 人 に 限 る ) 源 泉 徴 収 口 座 における 上 場 株 式 等 の 譲 渡 に 係 る 所 得 等 の 金 額 ( 特 定 株 式 等 譲 渡 所 得 金 額 ) 都 道 府 県 利 子 等 の 支 払 を 受 けるもの ( 都 道 府 県 内 に 所 在 する 金 融 機 関 等 を 通 じて 支 払 を 受 ける 個 人 に 限 る ) 支 払 を 受 けるべき 利 子 等 の 額 4 税 率 5%( 所 得 税 15%) 5%( 所 得 税 15%) 5%( 所 得 税 15%) 5 徴 収 方 法 等 特 別 徴 収 義 務 者 特 定 配 当 等 の 支 払 をする 株 式 の 発 行 会 社 等 源 泉 徴 収 口 座 を 開 設 している 金 融 証 券 会 社 等 利 子 等 の 支 払 又 はその 取 扱 いをする 金 融 機 関 納 入 先 特 定 配 当 等 の 支 払 を 受 ける 者 の 支 払 時 の 住 所 地 の 都 道 府 県 その 支 払 を 受 けるべき 日 の 属 する 年 の1 月 1 日 時 点 の 住 所 地 の 都 道 府 県 利 子 等 の 支 払 の 事 務 等 を 行 う 営 業 所 等 所 在 地 の 都 道 府 県 納 入 方 法 その 支 払 の 際 に 徴 収 し 徴 収 の 翌 月 の10 日 ま でに 納 入 源 泉 徴 収 口 座 における 上 場 株 式 等 の 譲 渡 の 対 価 等 の 支 払 の 際 に 徴 収 し 原 則 として 徴 収 の 翌 年 の1 月 10 日 までに 納 入 その 支 払 等 の 際 に 徴 収 し 徴 収 の 翌 月 の10 日 までに 納 入 6 所 得 割 との 調 整 納 税 義 務 者 が 特 定 配 当 等 特 定 株 式 等 譲 渡 所 得 金 額 について 申 告 した 場 合 には 所 得 割 で 課 税 し 所 得 割 額 から 配 当 割 額 及 び 株 式 等 譲 渡 所 得 割 額 を 控 除 ( 申 告 不 可 のため 所 得 割 との 調 整 はない) 収 入 額 から 徴 税 費 相 当 額 (1%)を 控 除 した 後 7 交 付 金 各 収 入 額 から 徴 税 費 相 当 額 (1%)を 控 除 した 後 の 金 額 の5 分 の3を 市 区 町 村 へ 交 付 の 金 額 の5 分 の3を 市 区 町 村 へ 交 付 8 税 収 1,301 億 円 (25 年 度 決 算 額 ) 2,168 億 円 (25 年 度 決 算 額 ) 1,149 億 円 (25 年 度 決 算 額 ) 14

17 配 当 割 及 び 株 式 等 譲 渡 所 得 割 の 申 告 納 入 事 務 特 別 徴 収 義 務 者 による 配 当 割 及 び 株 式 等 譲 渡 所 得 割 の 申 告 納 入 は 納 入 申 告 書 等 及 び 特 別 徴 収 税 額 計 算 書 を 申 告 納 入 する 都 道 府 県 ごとに 作 成 し 各 都 道 府 県 の 指 定 金 融 機 関 の 口 座 に 納 入 する 申 告 納 入 事 務 は ほとんどの 特 別 徴 収 義 務 者 が 本 店 等 で 全 都 道 府 県 分 を 一 括 して 行 っている 特 別 徴 収 税 額 計 算 書 は 特 別 徴 収 義 務 者 が 当 該 申 告 納 入 期 限 内 において 当 該 都 道 府 県 に 納 入 すべき 特 別 徴 収 税 額 の 総 額 を 記 載 することとなっており 各 納 税 義 務 者 ごとの 税 額 は 記 載 して いない 納 入 申 告 書 及 び 特 別 徴 収 税 額 計 算 書 様 式 配 当 割 株 式 等 譲 渡 所 得 割 15

18 配 当 割 額 株 式 等 譲 渡 所 得 割 額 控 除 と 交 付 金 に 係 る 手 続 の 流 れ 配 当 割 及 び 株 式 等 譲 渡 所 得 割 に 係 る 所 得 について 納 税 者 が 申 告 して 所 得 割 を 課 された 場 合 には 当 該 所 得 割 を 課 する 市 区 町 村 が 受 け 取 っていた 交 付 金 の 額 と 当 該 市 区 町 村 の 税 収 減 と なる 配 当 割 額 株 式 等 譲 渡 所 得 割 額 控 除 の 控 除 額 とが 乖 離 することとなる 配 当 支 払 者 特 定 口 座 設 置 証 券 会 社 配 当 金 株 式 等 譲 渡 所 得 源 泉 徴 収 15% 特 別 徴 収 5% 配 当 割 納 税 者 株 式 等 譲 渡 所 得 割 給 与 所 得 等 他 の 所 得 と 併 せて 確 定 申 告 ( 任 意 ) 税 務 署 翌 年 1 月 住 所 地 市 区 町 村 控 除 等 の 適 用 所 得 割 で 課 税 ( 翌 年 度 課 税 ) 配 当 割 額 株 式 等 譲 渡 所 得 割 額 の 税 額 控 除 控 除 額 は 都 道 府 県 市 区 町 村 で 分 担 ( 都 道 府 県 : 市 区 町 村 =2:3) 住 所 地 都 道 府 県 配 当 割 : 配 当 の 支 払 時 株 式 等 譲 渡 所 得 割 : 支 払 を 受 けるべき 日 の 属 する 年 の1 月 1 日 時 点 交 付 金 ( 総 額 の5 分 の3) 域 内 市 区 町 村 確 定 申 告 情 報 前 3ヵ 年 度 における 市 区 町 村 ごとの 個 人 の 都 道 府 県 民 税 ( 均 等 割 所 得 割 )の 額 の 合 計 額 で 按 分 16

19 17 A 町 の 事 例 1 A 町 の 納 税 義 務 者 ( 甲 )は N 年 に 約 36 億 円 の 株 式 譲 渡 所 得 が 発 生 し 株 式 等 譲 渡 所 得 割 約 1 億 円 が 特 別 徴 収 さ れている 国 3 地 方 団 体 2 特 別 徴 収 された 約 1 億 円 のうち 約 6 割 については 県 内 市 区 町 村 に 住 民 税 額 で 案 分 して 交 付 されており A 町 へは 約 100 万 円 が 交 付 されている 所 得 税 源 泉 徴 収 7% 寄 附 金 7 億 円 3 甲 は N 年 中 に 地 方 団 体 に 約 7 億 円 の 寄 附 を 行 ってい る 4 甲 は N+1 年 度 分 の 住 民 税 について 株 式 譲 渡 所 得 を 申 告 するとともに 寄 附 金 税 額 控 除 の 申 告 を 行 った 株 式 譲 渡 所 得 を 申 告 した 場 合 には 二 重 課 税 とならないように 特 別 徴 収 された 株 式 等 譲 渡 所 得 割 額 が 税 額 控 除 され 控 除 しきれない 額 については 還 付 することとされている 5 甲 は 申 告 により 株 式 譲 渡 所 得 等 に 対 して 所 得 割 として 約 1 億 円 ( 税 額 控 除 前 )が 課 税 されることとなったが 寄 附 金 税 額 控 除 として 約 8,000 万 円 が 控 除 され 残 額 の 約 2,000 万 円 から 特 別 徴 収 された 約 1 億 円 を 控 除 しきれない ため 約 8,000 万 円 の 還 付 をA 町 が 行 うこととなった 6 還 付 される 約 8,000 万 円 のうち 県 分 である4 割 ( 約 3,200 万 円 )については 県 からA 町 に 還 付 金 として 交 付 されるが 残 りの 約 4,800 万 円 についてはA 町 が 負 担 することとなり 株 式 等 譲 渡 所 得 割 交 付 金 ( 約 100 万 円 )との 差 額 ( 約 4,700 万 円 )がA 町 の 実 質 的 な 持 ち 出 しとなっている 特 別 徴 収 義 務 者 ( 証 券 会 社 ) 1 2 株 式 等 譲 渡 所 得 割 交 付 金 100 万 円 株 式 等 譲 渡 所 得 36 億 円 株 式 等 譲 渡 所 得 割 特 別 徴 収 3% 1 億 円 B 県 ( 税 率 は 当 時 ) 6 還 付 金 県 税 分 3,200 万 円 A 町 4 申 告 納 税 義 務 者 ( 甲 ) 5 還 付 金 8,000 万 円 (うち 県 分 3,200 万 円 )

20 配 当 割 株 式 等 譲 渡 所 得 割 のあり 方 の 検 討 に 当 たっての 視 点 平 成 28 年 からマイナンバー 制 度 が 施 行 されることを 一 つの 契 機 として 今 後 の 個 人 住 民 税 に おける 金 融 所 得 課 税 について 各 納 税 義 務 者 の 住 所 地 団 体 に 対 し 当 該 納 税 義 務 者 に 係 る 税 収 がより 正 確 に 帰 属 するような 仕 組 みが 考 え 得 るのではないか 住 所 地 団 体 への 税 収 帰 属 の 実 現 により 配 当 割 株 式 等 譲 渡 所 得 割 に 係 る 交 付 金 と 配 当 割 額 控 除 株 式 等 譲 渡 所 得 割 額 控 除 との 乖 離 という 課 題 や それに 起 因 するA 町 の 事 例 のよう な 事 態 の 解 消 にもつながるのではないか また 住 所 地 課 税 ( 個 人 住 民 税 収 の 住 所 地 地 方 団 体 への 帰 属 )の 徹 底 の 前 進 にもつながるのではないか 個 人 住 民 税 における 金 融 所 得 課 税 について 住 所 地 課 税 の 徹 底 が 図 られることにより 金 融 所 得 課 税 の 一 体 化 の 更 なる 推 進 につながるのではないか すなわち 誰 の 税 がどの 団 体 に 納 められるのか が 明 らかになることで 損 益 通 算 対 象 となる 金 融 所 得 の 範 囲 の 一 層 の 拡 大 を はじめ 金 融 所 得 課 税 の 更 なる 一 体 化 の 検 討 を 行 いやすい 環 境 を 整 えることにもつながるの ではないか 18

21 考 えられる 検 討 の 方 向 性 方 向 性 1 個 人 住 民 税 の 原 則 である 住 所 地 課 税 が 一 定 前 進 することを 踏 まえ 特 別 徴 収 義 務 者 が 納 税 義 務 者 の 住 所 所 在 の 市 区 町 村 に 対 し 配 当 割 及 び 株 式 等 譲 渡 所 得 割 額 を 納 入 することとし 都 道 府 県 分 は 市 区 町 村 から 都 道 府 県 に 対 し 払 い 込 むこととする ( 均 等 割 所 得 割 と 同 様 の 方 式 ) 留 意 点 納 税 義 務 者 名 まで 明 示 して 市 区 町 村 に 納 入 する 方 法 の 方 が 住 所 地 課 税 の 徹 底 につながるが 納 税 義 務 者 名 の 明 示 を 伴 わなくても 住 所 地 市 区 町 村 への 税 収 の 帰 属 という 意 味 においては 住 所 地 課 税 が 一 定 前 進 税 収 変 動 の 幅 も 個 々の 市 区 町 村 にとっては 大 きくなる 可 能 性 があり 税 収 変 動 の 見 込 みが 困 難 となるおそれ 方 向 性 2 現 行 制 度 のあり 方 を 前 提 としつつ できる 限 り 納 税 義 務 者 の 住 所 地 市 区 町 村 へ 当 該 納 税 義 務 者 に 係 る 配 当 割 額 株 式 等 譲 渡 所 得 割 額 の5 分 の3に 相 当 する 額 が 交 付 されるよう 都 道 府 県 から 市 区 町 村 への 交 付 金 の 交 付 基 準 を 見 直 す 新 たな 交 付 基 準 としては 特 別 徴 収 義 務 者 が 納 税 義 務 者 ごとの 税 額 及 びマイナンバー 等 を 記 載 し て 都 道 府 県 に 納 入 し 都 道 府 県 は 各 納 税 義 務 者 の 税 額 の5 分 の3を 当 該 納 税 義 務 者 の 住 所 地 市 区 町 村 ( 配 当 割 : 支 払 い 時 株 式 等 譲 渡 所 得 割 : 支 払 を 受 けるべき 日 の 属 する 年 の1 月 1 日 時 点 )へ 交 付 する 留 意 点 税 収 変 動 の 幅 が 個 々の 市 区 町 村 にとって 大 きくなる 可 能 性 納 税 義 務 者 ごとの 税 を 明 確 にした 上 で 住 所 地 市 区 町 村 に 帰 属 させようとすると 例 えば 金 融 機 関 等 に 登 録 されている 住 所 と 住 民 票 上 の 住 所 が 異 なっている 場 合 正 確 な 住 所 地 を 追 求 し 住 所 地 市 区 町 村 を 確 定 させることを 制 度 上 も 実 務 上 も 求 められることになる 事 後 的 に 納 入 先 が 異 なることが 判 明 した 場 合 団 体 間 精 算 をする 必 要 都 都 道 府 県 をまたぐ 精 算 や 都 都 道 府 県 間 の 精 算 も 必 要 となり 制 度 全 体 が 複 雑 となるおそれ 19

22 方 向 性 1の 場 合 に 想 定 される 手 続 の 流 れ 配 当 支 払 者 特 定 口 座 設 置 証 券 会 社 配 当 金 株 式 等 譲 渡 所 得 源 泉 徴 収 15% 納 税 者 特 別 徴 収 5% 配 当 割 給 与 所 得 等 他 の 所 得 と 併 せて 確 定 申 告 ( 任 意 ) 株 式 等 譲 渡 所 得 割 税 務 署 翌 年 1 月 住 所 地 市 区 町 村 控 除 等 の 適 用 所 得 割 で 課 税 ( 翌 年 度 課 税 ) 配 当 割 額 株 式 等 譲 渡 所 得 割 額 の 税 額 控 除 控 除 額 は 都 道 府 県 市 区 町 村 で 分 担 ( 都 道 府 県 : 市 区 町 村 =2:3) 住 所 地 都 道 府 県 ( 当 該 市 区 町 村 が 所 在 する 都 道 府 県 ) 徴 収 金 の 払 込 み ( 総 額 の5 分 の2) 住 所 地 市 区 町 村 配 当 割 : 配 当 の 支 払 時 株 式 等 譲 渡 所 得 割 : 支 払 を 受 けるべき 日 の 属 する 年 の1 月 1 日 時 点 確 定 申 告 情 報 20

23 方 向 性 2の 場 合 に 想 定 される 手 続 の 流 れ 配 当 支 払 者 特 定 口 座 設 置 証 券 会 社 配 当 金 株 式 等 譲 渡 所 得 納 税 者 ごとに 税 額 マイナン バー 等 を 記 載 源 泉 徴 収 15% 特 別 徴 収 5% 配 当 割 納 税 者 株 式 等 譲 渡 所 得 割 給 与 所 得 等 他 の 所 得 と 併 せて 確 定 申 告 ( 任 意 ) 税 務 署 翌 年 1 月 住 所 地 市 区 町 村 控 除 等 の 適 用 所 得 割 で 課 税 ( 翌 年 度 課 税 ) 配 当 割 額 株 式 等 譲 渡 所 得 割 額 の 税 額 控 除 控 除 額 は 都 道 府 県 市 区 町 村 で 分 担 ( 都 道 府 県 : 市 区 町 村 =2:3) 住 所 地 都 道 府 県 配 当 割 : 配 当 の 支 払 時 株 式 等 譲 渡 所 得 割 : 支 払 を 受 けるべき 日 の 属 する 年 の1 月 1 日 時 点 交 付 金 ( 総 額 の5 分 の3) 住 所 地 市 区 町 村 配 当 割 : 配 当 の 支 払 時 株 式 等 譲 渡 所 得 割 : 支 払 を 受 けるべき 日 の 属 する 年 の1 月 1 日 時 点 確 定 申 告 情 報 市 区 町 村 内 に 住 所 を 有 する 納 税 者 に 係 る 税 額 の5 分 の 3の 合 計 額 を 当 該 市 区 町 村 に 交 付 21

スライド 1

スライド 1 総 則 関 係 説 明 資 料 自 治 税 務 局 企 画 課 平 成 27 年 4 月 10 日 ( 金 ) 平 成 26 年 度 税 制 改 正 における 猶 予 制 度 の 見 直 し 平 成 26 年 度 与 党 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 25 年 12 月 12 日 自 由 民 主 党 公 明 党 )( 抄 ) 4 円 滑 適 正 な 納 税 のための 環 境 整 備 納 税 者

More information

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平 個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 1 消 費 税 率 10%の 引 上 げ 時 期 が 平 成 29 年 4 月 1 日 へ 変 更 されたことに 伴 い 消 費 税 率 の 引 上 げによる 住 宅 投 資 への 影 響 の 平 準 化 及 び 緩 和 の 推 進 のため 次 に 掲 げる 住 宅 取 得 等 に 係 る 措 置 について 適

More information

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

Microsoft Word - 【第17期】有価証券報告書(課税上の取り扱い)

Microsoft Word - 【第17期】有価証券報告書(課税上の取り扱い) (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 の 通 りです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

内 において 管 理 されている 上 場 株 式 等 のうち 非 課 税 管 理 勘 定 に 係 るもの( 新 規 投 資 額 で 毎 年 80 万 円 を 上 限 とします )に 係 る 配 当 等 で 未 成 年 者 口 座 に 非 課 税 管 理 勘 定 を 設 けた 日 から 同 日 の 属

内 において 管 理 されている 上 場 株 式 等 のうち 非 課 税 管 理 勘 定 に 係 るもの( 新 規 投 資 額 で 毎 年 80 万 円 を 上 限 とします )に 係 る 配 当 等 で 未 成 年 者 口 座 に 非 課 税 管 理 勘 定 を 設 けた 日 から 同 日 の 属 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 平 成 28 年 7 月 1 日 現 在 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 以 下 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937890C590A789FC90B38FDA8DD72E747874>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937890C590A789FC90B38FDA8DD72E747874> 平 成 22 年 度 税 制 改 正 [ 詳 細 ] 法 人 税 関 連 の 改 正 グループ 内 取 引 等 に 係 る 税 制 対 象 となる 100%グループ 内 法 人 とは 完 全 支 配 関 係 ( 原 則 として 発 行 済 株 式 の 全 部 を 直 接 又 は 間 接 に 保 有 する 関 係 )のある 法 人 をいいます (1)100%グループ 内 の 法 人 間 の 資 産 の

More information

公 共 債 の 税 金 について Q 公 共 債 の 利 子 に 対 する 税 金 はどのようになっていますか? 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 に 個 人 のお 客 様 が 支 払 いを 受 ける 国 債 や 地 方 債 などの 特 定 公 社 債 ( 注 1) の 利 子 については

公 共 債 の 税 金 について Q 公 共 債 の 利 子 に 対 する 税 金 はどのようになっていますか? 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 に 個 人 のお 客 様 が 支 払 いを 受 ける 国 債 や 地 方 債 などの 特 定 公 社 債 ( 注 1) の 利 子 については 公 共 債 の 税 金 について Q 公 共 債 の 利 子 に 対 する 税 金 はどのようになっていますか? 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 に 個 人 のお 客 様 が 支 払 いを 受 ける 国 債 や 地 方 債 などの 特 定 公 社 債 ( 注 1) の 利 子 については 申 告 分 離 課 税 の 対 象 となります なお 利 子 の 支 払 いを 受 ける 際 に 源

More information

所令要綱

所令要綱 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 要 旨 一 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 の 一 部 改 正 ( 第 1 条 関 係 ) 1 個 人 所 得 課 税 ⑴ 次 に 掲 げる 書 類 等 については それぞれ 次 に 定 める 個 人 番 号 の 記 載 を 要 しな いこととする ( 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 第 3

More information

第一部【証券情報】

第一部【証券情報】 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 本 書 の 日 付 現 在 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 い( 本 投 資 法 人 が 上 場 することを 前 提 とします )は 以 下 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以

More information

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 Ⅱ 国 地 方 公 共 団 体 公 共 公 益 法 人 等 の 消 費 税 Q&A ( 問 1) 免 税 期 間 における 起 債 の 償 還 元 金 に 充 てるための 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 Q 地 方 公 共 団 体 の 特 別 会 計 が 消 費 税 の 納 税 義 務 が 免 除 される 課 税 期 間

More information

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た 市 民 税 減 免 取 扱 要 綱 函 館 市 財 務 部 目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た た め, 生 活 が 著 し く 困 難

More information

<4D F736F F D2095BD90AC E937890C590A789FC90B382CC8EE582C893E09765>

<4D F736F F D2095BD90AC E937890C590A789FC90B382CC8EE582C893E09765> 平 成 27 年 度 税 制 改 正 の 主 な 内 容 実 施 年 度 等 にご 注 意 ください 1 軽 自 動 車 税 の 見 直 し 2 住 宅 ローン 減 税 の 期 限 延 長 3 納 税 に 係 る 特 例 額 の 拡 充 及 び 申 告 手 続 きの 簡 素 化 4 固 定 資 産 税 等 の 負 担 調 整 措 置 及 び 特 例 措 置 5 旧 3 級 品 の 製 造 たばこに

More information

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等 8 資 料 ( 1 ) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) ( 2 ) 最 近 の 主 な 制 改 正 一 覧 (1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し

More information

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関 所 得 税 確 定 申 告 等 ( 平 成 23 年 分 ) 手 続 名 所 得 税 申 告 帳 票 名 平 成 年 分 の 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 B( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 ( 分 離 課 税 用 )( 第 三 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税

More information

5

5 社 会 保 障 審 議 会 介 護 保 険 部 会 ( 第 55 回 ) 資 料 5 平 成 28 年 2 月 17 日 介 護 保 険 制 度 における 所 得 指 標 の 見 直 しについて 介 護 保 険 制 度 における 所 得 指 標 の 見 直 しについて 現 状 課 題 介 護 保 険 制 度 では 所 得 の 状 況 に 応 じて 保 険 料 や 利 用 者 負 担 額 等 を 負

More information

資    料 (法人課税)

資    料 (法人課税) 平 成 23 年 度 改 正 関 係 参 考 資 料 ( 国 際 課 税 関 係 ) 1 外 国 税 額 控 除 制 度 の 適 正 化 外 国 税 額 控 除 制 度 は 国 際 的 二 重 課 税 を 排 除 するために 外 国 で 納 付 した 外 国 税 額 を 国 外 所 得 に 対 しわが 国 で 納 付 すべき 法 人 の 税 額 ( 控 除 限 度 額 )の 範 囲 内 で 控 除

More information

2. 前 項 の 規 定 にかかわらず 証 券 会 社 等 又 は 機 構 を 通 じた 届 出 の 対 象 となっていない 事 項 については 当 会 社 の 定 める 書 式 により 株 主 名 簿 管 理 人 宛 に 届 け 出 るものとす る ( 法 人 株 主 等 の 代 表 者 ) 第

2. 前 項 の 規 定 にかかわらず 証 券 会 社 等 又 は 機 構 を 通 じた 届 出 の 対 象 となっていない 事 項 については 当 会 社 の 定 める 書 式 により 株 主 名 簿 管 理 人 宛 に 届 け 出 るものとす る ( 法 人 株 主 等 の 代 表 者 ) 第 日 本 ユニシス 株 式 会 社 株 式 取 扱 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 当 会 社 における 株 主 権 行 使 手 続 きその 他 株 式 に 関 する 取 扱 い 及 びその 手 数 料 につい ては 株 式 会 社 証 券 保 管 振 替 機 構 ( 以 下 機 構 という) 又 は 株 主 が 振 替 口 座 を 開 設 している 証 券 会 社 銀 行 又

More information

40 総 論 41 法 人 課 税 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 02 税 制 の 動 向 ( 4002 ) 91 事 例 研 究 ( 4091 ) 99 その 他 ( 4099 ) 01 法 人 税 ( 4101 ) 3. 税 務 官 庁 の 組 織 4. 不 服 申 立 て 税 務

40 総 論 41 法 人 課 税 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 02 税 制 の 動 向 ( 4002 ) 91 事 例 研 究 ( 4091 ) 99 その 他 ( 4099 ) 01 法 人 税 ( 4101 ) 3. 税 務 官 庁 の 組 織 4. 不 服 申 立 て 税 務 平 成 28 年 度 版 CPE カリキュラム 一 覧 表 4. 税 務 40 総 論 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 租 税 法 入 門 税 法 総 論 1. 租 税 の 意 義 種 類 とその 役 割 2. 租 税 法 の 法 体 系 及 び 仕 組 み 3. 憲 法 との 関 係 国 家 と 税 制 1. 財 政 法 2. 会 計 法 3. 国 家 と 税 の 仕 組 み 4. 国

More information

 

  (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

kyoukai.indd

kyoukai.indd 個 人 投 資 家 の 皆 さまへ 主 なポイント 株 式 の 売 買 益 については 特 定 口 座 ( 源 泉 徴 収 選 択 口 座 ) の 利 用 で 税 務 署 に 申 告 しなくてもよくなり 預 貯 金 並 みの 手 軽 さで 株 式 投 資 を 行 うことができます 株 式 売 買 益 税 率 ( 平 成 15 年 1 月 1 日 ~ 平 成 19 年 12 月 31 日 ) 年 間

More information

c. 投 資 口 の 譲 渡 に 係 る 税 務 個 人 投 資 主 が 投 資 口 を 譲 渡 した 際 の 譲 渡 益 は 株 式 等 に 係 る 譲 渡 所 得 等 として 原 則 20%( 所 得 税 15% 住 民 税 5%)の 税 率 による 申 告 分 離 課 税 の 対 象 となりま

c. 投 資 口 の 譲 渡 に 係 る 税 務 個 人 投 資 主 が 投 資 口 を 譲 渡 した 際 の 譲 渡 益 は 株 式 等 に 係 る 譲 渡 所 得 等 として 原 則 20%( 所 得 税 15% 住 民 税 5%)の 税 率 による 申 告 分 離 課 税 の 対 象 となりま (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 以 下 のとおりです な お 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の 別 表 五 別 ( 表 一 五 )( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 金 等 等 の 額 の 額 計 の 算 計 に 算 関 に する 関 明 する 細 書 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に

More information

平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の 支 給 等 に 関 する 特 別 措 置 法 の 概 要 配 付 資 料 趣 旨 現 下 の 子 ども 及 び 子 育 て 家 庭 をめぐる 状 況 に 鑑 み 平 成 24 年 度 からの 恒 久 的 な 子 どものための 金 銭 の 給 付 の 制 度 に 円 滑 に 移 行 できるよう 平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の

More information

国 税 クレジットカード 納 付 の 創 設 国 税 のクレジットカード 納 付 については マイナンバー 制 度 の 活 用 による 年 金 保 険 料 税 に 係 る 利 便 性 向 上 に 関 するアクションプログラム( 報 告 書 ) においてその 導 入 の 方 向 性 が 示 されている

国 税 クレジットカード 納 付 の 創 設 国 税 のクレジットカード 納 付 については マイナンバー 制 度 の 活 用 による 年 金 保 険 料 税 に 係 る 利 便 性 向 上 に 関 するアクションプログラム( 報 告 書 ) においてその 導 入 の 方 向 性 が 示 されている 平 成 28 年 度 改 正 関 係 資 料 ( 納 税 環 境 整 備 関 係 ) 国 税 クレジットカード 納 付 の 創 設 国 税 のクレジットカード 納 付 については マイナンバー 制 度 の 活 用 による 年 金 保 険 料 税 に 係 る 利 便 性 向 上 に 関 するアクションプログラム( 報 告 書 ) においてその 導 入 の 方 向 性 が 示 されている ( 参 考 )

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 用 語 意 義 所 得 税 法 ( 所 法 ) 所 得 税 法 ( 昭 和 40 年 法 律 第 33 号 )をいいます 所 得 税 法 施 行 令 ( 所 令 ) 所 得 税 法 施 行 令 ( 昭

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 用 語 意 義 所 得 税 法 ( 所 法 ) 所 得 税 法 ( 昭 和 40 年 法 律 第 33 号 )をいいます 所 得 税 法 施 行 令 ( 所 令 ) 所 得 税 法 施 行 令 ( 昭 国 外 転 出 時 課 税 制 度 (FAQ) 平 成 27 年 4 月 国 税 庁 平 成 27 年 度 税 制 改 正 において 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 及 び 贈 与 等 により 非 居 住 者 に 資 産 が 移 転 した 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 が 創 設 され 平 成 27 年 7 月 1 日 から 施 行 されます このFAQは

More information

(ⅴ) 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 期 間 未 成 年 者 に 係 る 少 額 上 場 株 式 等 の 非 課 税 口 座 制 度 に 基 づき 証 券 会 社 等 の 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 開 設 した 未 成 年 者 口

(ⅴ) 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 期 間 未 成 年 者 に 係 る 少 額 上 場 株 式 等 の 非 課 税 口 座 制 度 に 基 づき 証 券 会 社 等 の 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 開 設 した 未 成 年 者 口 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

[Q1] 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 はいつから 行 う 必 要 があるのですか 平 成 25 年 1 月 1 日 から 平 成 49 年 12 月 31 日 までの 間 に 生 ずる 所 得 について 源 泉 所 得 税 を 徴 収 する 際 復 興 特 別 所 得 税 を 併

[Q1] 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 はいつから 行 う 必 要 があるのですか 平 成 25 年 1 月 1 日 から 平 成 49 年 12 月 31 日 までの 間 に 生 ずる 所 得 について 源 泉 所 得 税 を 徴 収 する 際 復 興 特 別 所 得 税 を 併 復 興 特 別 所 得 税 ( 源 泉 徴 収 関 係 )Q&A 平 成 24 年 4 月 国 税 庁 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 のための 施 策 を 実 施 するために 必 要 な 財 源 の 確 保 に 関 する 特 別 措 置 法 ( 平 成 23 年 法 律 第 117 号 )( 以 下 復 興 財 源 確 保 法 といいます )が 公 布 され 平 成 25 年 1 月 1

More information

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か 別 表 五 ( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 等 の 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に 規 定 する 利 益 積 立 金 額 を 計 算 するために 使 用

More information

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A>

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A> 平 成 25 年 度 国 土 交 通 省 税 制 改 正 事 項 ( 住 宅 関 係 抜 粋 ) 平 成 25 年 5 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 平 成 25 年 度 住 宅 関 連 税 制 の 改 正 概 要 ( 主 要 事 項 目 次 ) 1. 消 費 税 率 引 上 げを 踏 まえた 住 宅 取 得 対 策 P2 1 住 宅 ローン 減 税 P2 2 投 資 型 減 税 ( 現 金

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 2 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適

More information

<95CA8E86315F8A6D92E8905C8D908F9182C98AD682B782E9837483408343838B8B4C985E8D8096DA2E786C7378>

<95CA8E86315F8A6D92E8905C8D908F9182C98AD682B782E9837483408343838B8B4C985E8D8096DA2E786C7378> 別 紙 1_ 確 定 申 告 書 に 関 するファイル 記 録 項 目 1 平 成 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 1 平 成 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 2 申 告 書 第 一 表 3 申 告 書 見 出 し 部 ( 第 一

More information

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A>

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A> 平 成 23 年 平 成 24 年 改 正 等 に 伴 う 理 論 マスタ-の 改 訂 ( 理 論 マスターに 貼 付 可 能 ) 平 成 23 年 改 正 等 2ー4 給 与 所 得 者 の 特 定 支 出 控 除 の 特 例 Ⅲ 申 告 要 件 ( 法 57の23) この 規 定 は 確 定 申 告 書 修 正 申 告 書 又 は 更 正 請 求 書 にこの 規 定 の 適 用 を 受 け る

More information

Microsoft PowerPoint - tap2014_05

Microsoft PowerPoint - tap2014_05 給 与 所 得 1( 給 与 所 得 とは?) 2014 年 度 3 学 期 専 門 科 目 タックス プランニング 村 上 裕 太 郎 Ⅴ 給 与 退 職 所 得 給 与 所 得 とは? 給 与 所 得 とは 俸 給 給 料 賃 金 歳 費 及 び 賞 与 並 びにこれらの 性 質 を 有 する 給 与 に 係 る 所 得 をいう 非 課 税 出 張 旅 費 等 旅 費 規 定 に 基 づくものならば

More information

TOBに 応 じた 株 主 の 会 計 税 務 処 理 1.みなし 配 当 の 課 税 関 係 上 場 会 社 が 株 式 公 開 買 付 で 自 己 株 式 を 取 得 する 場 合 は 市 場 取 引 で 取 得 するケースと 相 違 して 原 則 として 株 主 にみなし 配 当 課 税 と

TOBに 応 じた 株 主 の 会 計 税 務 処 理 1.みなし 配 当 の 課 税 関 係 上 場 会 社 が 株 式 公 開 買 付 で 自 己 株 式 を 取 得 する 場 合 は 市 場 取 引 で 取 得 するケースと 相 違 して 原 則 として 株 主 にみなし 配 当 課 税 と 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 の 法 令 等 に 準 拠 UP!Consulting Up Newsletter TOBに 応 じた 株 主 の 会 計 税 務 処 理 企 業 買 収 ストラクチャーの 有 利 選 択 ( 法 人 株 主 と 個 人 株 主 の 財 務 戦 略 ) http://www.up-firm.com 1 TOBに 応 じた 株 主 の 会 計 税 務 処 理

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 28 年 度 市 県 民 税 の 計 算 方 法 ( 鳥 取 市 ) まず 計 算 の 全 体 の 流 れを 示 すと 以 下 のようになります 総 所 得 金 - 所 得 控 除 = ( 千 円 未 満 切 り 捨 て ) 課 税 標 準 所 得 割 の 税 率 6% 所 得 割 の 税 率 4% 算 出 調 整 税 控 均 等 割 所 得 割 - - + 控 除 除 = 算 出 調 整

More information

消 費 ~ 軽 減 率 消 費 の 軽 減 率 制 度 が 消 費 率 10% 時 に 導 入 することとされています 平 成 26 年 4 月 1 日 平 成 27 年 10 月 1 日 ( 予 定 ) 消 費 率 5% 消 費 率 8% 消 費 率 10% 軽 減 率 の 導 入 平 成 26

消 費 ~ 軽 減 率 消 費 の 軽 減 率 制 度 が 消 費 率 10% 時 に 導 入 することとされています 平 成 26 年 4 月 1 日 平 成 27 年 10 月 1 日 ( 予 定 ) 消 費 率 5% 消 費 率 8% 消 費 率 10% 軽 減 率 の 導 入 平 成 26 消 費 ~ 簡 易 課 制 度 のみなし 仕 入 率 の 見 直 し 簡 易 課 制 度 におけるみなし 仕 入 率 が 以 下 のとおり 見 直 されます 該 当 する 区 分 改 正 前 みなし 仕 入 率 みなし 仕 入 率 改 正 後 区 分 卸 売 業 小 売 業 製 造 業 等 金 融 業 その 他 の サービス 及 び 業 等 保 険 業 不 動 産 業 第 1 種 第 2 種 第 3

More information

確 定 申 告 書 を 提 出 することができるが 居 住 者 が 年 の 中 途 で 出 国 する 場 合 において その 年 分 の 所 得 税 につ いてその 申 告 書 を 提 出 することができる 場 合 に 該 当 するときは 税 務 署 長 に 対 し 確 定 申 告 書 を 提 出

確 定 申 告 書 を 提 出 することができるが 居 住 者 が 年 の 中 途 で 出 国 する 場 合 において その 年 分 の 所 得 税 につ いてその 申 告 書 を 提 出 することができる 場 合 に 該 当 するときは 税 務 署 長 に 対 し 確 定 申 告 書 を 提 出 036-8900-1090-19 税 16 第 6 6 回 税 理 士 試 験 所 得 税 法 はじめに 第 一 問 の 理 論 については いずれも 本 年 度 の 予 想 出 題 論 点 として 注 目 され 対 策 していた 論 点 からの 出 題 であったため ある 程 度 の 解 答 を 作 成 できた 受 験 生 が 多 かったと 思 われる 第 二 問 の 計 算 については

More information

第4回税制調査会 総4-1

第4回税制調査会 総4-1 平 成 25 年 12 月 国 際 課 税 原 則 の 総 合 主 義 から 帰 属 主 義 への 見 直 し 税 制 調 査 会 国 際 課 税 ディスカッショングループ 国 際 課 税 原 則 の 総 合 主 義 から 帰 属 主 義 への 見 直 し 1. 見 直 しの 背 景 意 義 外 国 法 人 及 び 非 居 住 者 ( 以 下 外 国 法 人 等 という )に 対 する 課 税 原

More information

10 期 末 現 在 の 資 本 金 等 の 額 次 に 掲 げる 法 人 の 区 分 ごとに それぞれに 定 める 金 額 を 記 載 します 連 結 申 告 法 人 以 外 の 法 人 ( に 掲 げる 法 人 を 除 きます ) 法 第 292 条 第 1 項 第 4 号 の5イに 定 める

10 期 末 現 在 の 資 本 金 等 の 額 次 に 掲 げる 法 人 の 区 分 ごとに それぞれに 定 める 金 額 を 記 載 します 連 結 申 告 法 人 以 外 の 法 人 ( に 掲 げる 法 人 を 除 きます ) 法 第 292 条 第 1 項 第 4 号 の5イに 定 める 第 20 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します この 申 告 書 は 事 務 所 又 は

More information

平成16年度

平成16年度 平 成 28 年 度 町 県 民 税 申 告 書 の 書 き 方 ( 説 明 ) ご 自 分 で 申 告 書 を 記 入 される 方 はこの 書 き 方 を 参 考 に 申 告 書 に 記 入 のうえ 申 告 会 場 にお 持 ちくだ さい 申 告 期 限 は3 月 5 日 です 説 明 をよくお 読 みになり それぞれ 記 入 のうえ 申 告 相 談 日 においで ください この 申 告 をされないと

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平

国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平 平 成 23 年 度 改 正 関 係 参 考 資 料 ( 国 税 通 則 法 関 係 ) 国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平 成 25

More information

<8F8A93BE96CD94CD89F0939A>

<8F8A93BE96CD94CD89F0939A> 第 66 回 税 理 士 試 験 解 答 速 報 所 得 税 法 合 ついて 本 があります また 解 答 保 の は 証 著 平 するものではありません 作 成 権 28 は 年 学 本 8 校 解 月 法 答 12 人 は 日 大 学 原 校 15 学 法 時 園 人 30 に 大 分 帰 原 に 属 学 学 します 園 校 が 法 独 人 自 無 大 の 断 原 見 転 学 解 用 園 で 転

More information

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 細 則 第 1 総 則 1 趣 旨 この 細 則 は 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 要 領 ( 以 下 要 領 という ) 第 26 条 の 規 定 に 基 づ き 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 財 産 形 成 貯 蓄 残 高 明 細 表 福 利

More information

平成28年度税制改正に関する要望

平成28年度税制改正に関する要望 平 成 28 年 度 税 制 改 正 に 関 する 要 望 日 証 協 平 成 27 年 9 月 本 協 会 投 資 信 託 協 会 全 国 証 券 取 引 所 は 今 般 平 成 28 年 度 税 制 改 正 に 関 する 要 望 を 取 りまとめた 本 要 望 は 我 が 国 が 経 済 の 好 循 環 を 維 持 し 持 続 的 な 成 長 を 実 現 するためには 日 本 再 興 戦 略 (

More information

係 に 提 出 する 2 財 形 担 当 係 は 前 項 の 規 定 による 財 形 貯 蓄 等 の 申 込 みがあった 場 合 には 当 該 申 込 みの 内 容 を 点 検 し 財 形 貯 蓄 等 の 契 約 の 要 件 ( 第 6 条 に 規 定 する 基 準 を 含 む )を 満 たしている

係 に 提 出 する 2 財 形 担 当 係 は 前 項 の 規 定 による 財 形 貯 蓄 等 の 申 込 みがあった 場 合 には 当 該 申 込 みの 内 容 を 点 検 し 財 形 貯 蓄 等 の 契 約 の 要 件 ( 第 6 条 に 規 定 する 基 準 を 含 む )を 満 たしている 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 財 産 形 成 貯 蓄 等 関 係 事 務 取 扱 規 則 平 成 13 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 改 正 平 成 14 年 3 月 29 日 規 則 第 11 号 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 5 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22

More information

連結計算書

連結計算書 第 54 期 決 算 公 告 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 728,213 流 動 負 債 527,973 現 金 及 び 預 金 22,917 短 期 借 入 金 398,450 営 業 貸 付 金 714,350 1 年 内 返

More information

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt 工 賃 控 除 の 見 直 しについて 入 所 施 設 工 賃 4 万 円 以 下 の 場 合 )の 利 用 者 負 担 見 直 し 後 ) 約 4 万 円 までの 工 賃 について 定 率 負 担 をゼロとする 食 費 負 担 を 行 った 後 の 手 元 金 が 現 行 2.5 万 円 に 加 え 最 大 約 2.4 万 円 年 額 28.8 万 円 )まで 残 ることとなる 2 級 年 金 と

More information

む )の 規 定 は 同 令 第 二 百 六 十 三 条 第 一 項 に 規 定 する 申 告 書 と 併 せて 提 出 する 復 興 特 別 所 得 税 申 告 書 について 準 用 する 2 法 第 十 七 条 第 一 項 第 三 号 に 規 定 する 政 令 で 定 める 金 額 は 所 得

む )の 規 定 は 同 令 第 二 百 六 十 三 条 第 一 項 に 規 定 する 申 告 書 と 併 せて 提 出 する 復 興 特 別 所 得 税 申 告 書 について 準 用 する 2 法 第 十 七 条 第 一 項 第 三 号 に 規 定 する 政 令 で 定 める 金 額 は 所 得 政 令 第 十 六 号 復 興 特 別 所 得 税 に 関 する 政 令 内 閣 は 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 のための 施 策 を 実 施 するために 必 要 な 財 源 の 確 保 に 関 する 特 別 措 置 法 ( 平 成 二 十 三 年 法 律 第 百 十 七 号 ) 第 四 章 の 規 定 に 基 づき この 政 令 を 制 定 する ( 定 義 ) 第 一 条 この 政

More information

後期高齢者医療制度

後期高齢者医療制度 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 平 成 20 年 4 か ら 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 が は じ ま り ま した これまでは75 歳 ( 一 定 の 障 害 をお 持 ちの65 歳 ) 以 上 の 方 は 国 民 健 康 保 険 などの 医 療 保 険 に 加 入 しながら 老 人 保 健 医 療 制 度 で 医 療 を 受 けていましたが 平 成 20 年 4 からは 新 しい

More information

第5回法人課税ディスカッショングループ 法D5-4

第5回法人課税ディスカッショングループ 法D5-4 平 2 6. 5. 9 法 D 5-4 税 制 調 査 会 ( 法 人 課 税 DG5) 中 小 法 人 公 益 法 人 等 ( 地 方 税 ) 平 成 26 年 5 月 9 日 ( 金 ) 総 務 省 目 次 中 小 企 業 に 対 する 特 別 な 取 扱 い( 主 なもの) 地 方 税 1 中 小 法 人 と 個 人 事 業 主 との 税 負 担 率 の 比 較 ( 国 税 地 方 税 ) 2

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾 付 議 第 3 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 に 係 る 意 見 聴 取 に 関 する 議 案 平 成 26 年 2 月 高 知 県 議 会 定 例 会 提 出 予 定 の 条 例 議 案 に 係 る 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 ( 昭 和 31 年 法 律 第 162 号 )

More information

所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 予 定 納 税 額 の 減 額 申 請 ( 平 成 19 年 以 降 用 ) ( 平 成 24 年 以 降 用 ) 平 成 年 分 公 的 年 金 等 の 源 泉 徴 収 票 ( 平 成 25 年 以 降 用 ) 平 成 年 分 公 的 年 金 等

所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 予 定 納 税 額 の 減 額 申 請 ( 平 成 19 年 以 降 用 ) ( 平 成 24 年 以 降 用 ) 平 成 年 分 公 的 年 金 等 の 源 泉 徴 収 票 ( 平 成 25 年 以 降 用 ) 平 成 年 分 公 的 年 金 等 被 相 続 人 の 国 税 に 関 する 書 類 の 受 領 に 係 る 相 続 人 代 表 者 の 指 死 亡 した 者 の 平 成 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 付 表 ( 兼 相 続 人 の 代 表 者 指 定 の 届 出 定 届 出 書 ) 被 相 続 人 の 国 税 に 関 する 書 類 の 受 領 に 係 る 相 続 人 代 表 者

More information

税制面での支援

税制面での支援 税 制 面 での 支 援 平 成 28 年 熊 本 地 震 によって 直 接 間 接 的 に 被 害 を 受 けた 中 小 企 業 個 人 に 対 しては さ まざまな 税 制 面 での 支 援 が 行 われています ( 確 定 申 告 などの 期 間 延 長 については その 他 手 続 きなどの 支 援 ( 特 例 措 置 ) をご 参 照 ください) 1. 災 害 に 関 するおもな 税 務

More information

Microsoft Word - 制度の概要_ED.docx

Microsoft Word - 制度の概要_ED.docx 退 職 手 当 制 度 について 制 度 の 概 要 1 退 職 手 当 の 支 給 根 拠 退 職 手 当 は 地 方 自 治 法 第 204 条 第 2 項 ( 諸 手 当 )の 規 定 に 基 づき 地 方 公 共 団 体 が 職 員 に 支 給 する 手 当 の 一 つです 同 条 第 3 項 において その 額 及 びその 支 給 方 法 は 条 例 で 定 めなければならな いとしており

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

6. 共 有 等 に 係 る 固 定 資 産 の 判 定 3 共 有 に 係 る 固 定 資 産 については それぞれの 共 有 者 が 他 に 固 定 資 産 を 所 有 している 場 合 であっても その 資 産 とは 別 個 に 共 有 されている 固 定 資 産 を 別 の 人 格 が 所

6. 共 有 等 に 係 る 固 定 資 産 の 判 定 3 共 有 に 係 る 固 定 資 産 については それぞれの 共 有 者 が 他 に 固 定 資 産 を 所 有 している 場 合 であっても その 資 産 とは 別 個 に 共 有 されている 固 定 資 産 を 別 の 人 格 が 所 第 64 回 税 理 士 試 験 固 定 資 産 税 はじめに 第 一 問 については 免 税 点 及 び 固 定 資 産 課 税 台 帳 からの 出 題 であった 問 1の 免 税 点 については 判 断 に 迷 う 点 もないことから 高 得 点 を 取 ることが 可 能 な 問 題 であった 問 の 固 定 資 産 課 税 台 帳 については 事 例 部 分 の 解 答 方 法 に 迷 う 問

More information

所 得 税 と 住 民 税 の 税 率 表 所 得 税 と 住 民 税 の 税 率 は 以 下 の 通 りです 退 職 所 得 の 場 合 も この 税 率 表 を 使 います 1. 平 成 19 年 1 月 1 日 以 降 ( 所 法 891) 課 税 所 得 所 得 税 率 控 除 額 ~195

所 得 税 と 住 民 税 の 税 率 表 所 得 税 と 住 民 税 の 税 率 は 以 下 の 通 りです 退 職 所 得 の 場 合 も この 税 率 表 を 使 います 1. 平 成 19 年 1 月 1 日 以 降 ( 所 法 891) 課 税 所 得 所 得 税 率 控 除 額 ~195 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 の 法 令 等 に 準 拠 UP!Consulting Up Newsletter 所 得 税 と 住 民 税 の 税 率 表 退 職 所 得 の 計 算 退 職 金 の 選 択 課 税 特 例 外 国 税 額 控 除 と 役 員 従 業 員 の 差 異 http://www.up-firm.com 1 所 得 税 と 住 民 税 の 税 率 表 所 得 税

More information

03 平成28年度文部科学省税制改正要望事項

03 平成28年度文部科学省税制改正要望事項 平 成 28 年 度 文 部 科 学 省 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 8 月 28 日 H27 税 制 改 正 要 望 事 項 1. 寄 附 税 制 の 拡 充 (1) 国 立 大 学 法 人 等 への 個 人 寄 附 に 係 る 税 額 控 除 の 導 入 等 所 得 税 等 新 設 (2) 学 校 法 人 への 個 人 寄 附 に 係 る 所 得 控 除 上 限 額 の 引

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091DE90458F8A93BE82C991CE82B782E98F5A96AF90C582CC93C195CA92A58EFB82CC8EE888F882AB81694832355B315D2E312E318160816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091DE90458F8A93BE82C991CE82B782E98F5A96AF90C582CC93C195CA92A58EFB82CC8EE888F882AB81694832355B315D2E312E318160816A2E646F63> 退 職 所 得 に 対 する 住 民 税 の 特 別 徴 収 の 手 引 ( 平 成 25 年 1 月 1 日 以 降 適 用 ) 愛 知 県 清 須 市 - 1 - は じ め に 個 人 の 住 民 税 は 納 税 義 務 者 の 前 年 中 の 所 得 を 課 税 標 準 としてその 翌 年 に 課 税 するいわゆる 前 年 所 得 課 税 をたてまえとしておりますが 退 職 所 得 に 対

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

Microsoft Word sozei-sample1.doc

Microsoft Word sozei-sample1.doc 第 1 章 受 取 配 当 等 の 益 金 不 算 入 Ⅱ 第 1 節 受 取 配 当 等 の 益 金 不 算 入 の 趣 旨 (A) 法 人 が, 他 の 内 国 法 人 から 利 益 の 配 当 等 を 受 けた 場 合 には, 企 業 会 計 上, 営 業 外 収 益 に 計 上 されるため, 収 益 の 額 を 構 成 する しかし, 法 人 税 法 上 は, 別 段 の 定 めにより, 原

More information

2. 会 計 規 程 の 業 務 (1) 規 程 と 実 際 の 業 務 の 調 査 規 程 や 運 用 方 針 に 規 定 されている 業 務 ( 帳 票 )が 実 際 に 行 われているか( 作 成 されている か)どうかについて 調 べてみた 以 下 の 表 は 規 程 の 条 項 とそこに

2. 会 計 規 程 の 業 務 (1) 規 程 と 実 際 の 業 務 の 調 査 規 程 や 運 用 方 針 に 規 定 されている 業 務 ( 帳 票 )が 実 際 に 行 われているか( 作 成 されている か)どうかについて 調 べてみた 以 下 の 表 は 規 程 の 条 項 とそこに 第 7 章 会 計 規 程 1. 会 計 規 程 の 概 要 (1) 規 程 及 び 目 的 平 成 18 年 度 に 病 院 事 業 管 理 者 を 設 置 して 札 幌 市 病 院 局 会 計 規 程 ( 平 成 18 年 札 幌 市 病 院 局 規 程 第 37 号 以 下 この 章 で 規 程 という )を 定 め これに 則 って 会 計 処 理 が 行 わ れていなお 規 程 の 具 体

More information

Ⅲ 相 続 財 産 の 分 割 に 関 する 確 認 事 項 1 遺 言 がありますか? 有 遺 言 公 正 証 書 又 は 家 公 証 人 役 場 等 要 月 日 無 庭 裁 判 所 の 検 認 を 受 否 ( 通 ) けた 遺 言 書 2 死 因 贈 与 があります 有 贈 与 契 約 書 要

Ⅲ 相 続 財 産 の 分 割 に 関 する 確 認 事 項 1 遺 言 がありますか? 有 遺 言 公 正 証 書 又 は 家 公 証 人 役 場 等 要 月 日 無 庭 裁 判 所 の 検 認 を 受 否 ( 通 ) けた 遺 言 書 2 死 因 贈 与 があります 有 贈 与 契 約 書 要 相 続 人 様 へ の お 願 い 相 続 税 の 申 告 にあたり 以 下 の 各 項 目 についてのご 確 認 をお 願 い 致 します Ⅰ 被 相 続 人 に 関 する 確 認 事 項 1 被 相 続 人 について 有 被 相 続 人 の 戸 籍 ( 除 本 籍 地 の 市 区 町 村 要 月 日 籍 ) 謄 本 ( 出 生 から 役 所 ( 場 ) 否 ( 通 ) 相 続 開 始 まで) 被

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A30318F5A91EE838D815B839392CA926D95B62E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A30318F5A91EE838D815B839392CA926D95B62E646F6378> 総 税 市 第 5 3 号 平 成 21 年 11 月 6 日 各 道 府 県 総 務 部 長 東 京 都 総 務 主 税 局 長 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 市 町 村 税 課 長 住 宅 借 入 金 等 特 税 額 控 除 に 係 る 取 扱 いについて 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 以 下 法 という ) 附 則 第 5 条 の 4 及 び 第 5 の

More information

Q10 適 用 年 度 の 前 事 業 年 度 末 日 に 雇 用 者 がいない 場 合 には 雇 用 増 加 割 合 が 算 出 できないため 適 用 年 度 において 雇 用 促 進 税 制 の 適 用 を 受 けることはできな いのか Q11 新 設 法 人 や 新 たに 事 業 を 開 始

Q10 適 用 年 度 の 前 事 業 年 度 末 日 に 雇 用 者 がいない 場 合 には 雇 用 増 加 割 合 が 算 出 できないため 適 用 年 度 において 雇 用 促 進 税 制 の 適 用 を 受 けることはできな いのか Q11 新 設 法 人 や 新 たに 事 業 を 開 始 雇 用 促 進 税 制 に 関 する Q&A 雇 用 促 進 税 制 について Q1 雇 用 促 進 税 制 とはどのような 制 度 か ( 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 ) Q2 雇 用 促 進 税 制 の 適 用 要 件 を 一 度 でも 満 たした 場 合 には その 後 適 用 年 度 中 であれば 継 続 して 雇 用 促 進 税 制 の 適 用 を 受 けることができるのか

More information

<4D F736F F D2091E F18CB48D C481698E7B90DD8F9590AC89DB816A2E646F63>

<4D F736F F D2091E F18CB48D C481698E7B90DD8F9590AC89DB816A2E646F63> 平 成 18 年 7 月 独 立 行 政 法 人 国 立 大 学 財 務 経 営 センター 国 立 大 学 法 人 等 による 国 立 大 学 財 務 経 営 センターへの 土 地 譲 渡 収 入 の 一 部 納 付 の 仕 組 みについて 国 立 大 学 法 人 等 が 国 から 出 資 された 土 地 を 譲 渡 した 場 合 文 部 科 学 大 臣 が 定 める 基 準 に より 算 定 した

More information

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼 高 浜 市 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援 事 業 実 施 要 綱 平 成 27 年 9 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 1 05 号 以 下 法 という ) 第 6 条 第 1 項 第 3 号 の 規 定 に 基 づ き 市 が 実 施 する 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援

More information

. 負 担 調 整 措 置 8 (1) 宅 地 等 調 整 固 定 資 産 税 額 宅 地 に 係 る 固 定 資 産 税 額 は 当 該 年 度 分 の 固 定 資 産 税 額 が 前 年 度 課 税 標 準 額 又 は 比 準 課 税 標 準 額 に 当 該 年 度 分 の 価 格 ( 住 宅

. 負 担 調 整 措 置 8 (1) 宅 地 等 調 整 固 定 資 産 税 額 宅 地 に 係 る 固 定 資 産 税 額 は 当 該 年 度 分 の 固 定 資 産 税 額 が 前 年 度 課 税 標 準 額 又 は 比 準 課 税 標 準 額 に 当 該 年 度 分 の 価 格 ( 住 宅 035-8900-1095-15 税 15 第 6 5 回 税 理 士 試 験 固 定 資 産 税 はじめに 第 一 問 については 負 担 調 整 措 置 及 び 情 報 開 示 並 びに 不 服 救 済 制 度 からの 出 題 であった 問 1の 負 担 調 整 措 置 については 解 答 しづらい 部 分 はあったが それ 以 外 の 部 分 は 解 答 しやすい 問 題 であ った

More information

不 動 産 所 得 の 赤 字 < 土 地 等 の 取 得 の 負 債 利 子 なら 300 万 500 万 不 動 産 所 得 の 赤 字 300 万 のうち 利 子 分 の500 万 は 通 算 できない = 赤 字 分 の300 万 は 全 額 通 算 できないことになる = 損 益 通 算

不 動 産 所 得 の 赤 字 < 土 地 等 の 取 得 の 負 債 利 子 なら 300 万 500 万 不 動 産 所 得 の 赤 字 300 万 のうち 利 子 分 の500 万 は 通 算 できない = 赤 字 分 の300 万 は 全 額 通 算 できないことになる = 損 益 通 算 7. 損 益 通 算 繰 越 控 除 損 益 通 算 の 対 象 となる 損 失 原 則 不 動 産 所 得 事 業 所 得 山 林 所 得 譲 渡 所 得 に 生 じた 損 失 ( 赤 字 ) 一 定 の 順 序 によって 他 の 黒 字 の 所 得 から 控 除 して 相 殺 できる これら4つ 以 外 の 所 得 は 赤 字 でも 控 除 できない 例 外 損 益 通 算 できる 所 得 の

More information

税金読本(8-5)特定口座と確定申告

税金読本(8-5)特定口座と確定申告 と 確 申 告 8-5 複 数 の 証 券 会 社 で 源 泉 徴 収 を 開 設 している 場 合 の 損 益 通 算 の 方 法 における 株 式 債 券 投 資 信 託 と 税 金 源 泉 徴 収 と 確 申 告 源 泉 徴 収 の 場 合 内 の 譲 するか 否 かは 1つの ごとに 選 渡 益 については 確 申 告 は 不 要 です 択 することができます つまり 投 資 家 が 内 の

More information

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務 職 場 積 立 NISAに 関 するガイドライン 第 1 章 総 則 1. 制 定 の 趣 旨 NISA 推 進 連 絡 協 議 会 は NISA 推 進 連 絡 協 議 会 に 参 加 する 業 界 団 体 等 に 属 する 金 融 商 品 取 引 業 者 及 び 金 融 機 関 等 ( 以 下 NISA 取 扱 業 者 という )が 取 り 扱 う 職 場 積 立 NISAについて 適 正 かつ

More information

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税 相 続 税 法 の 改 正 目 一 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 の 創 設 に 伴 う 相 続 税 及 び 贈 与 税 の 納 税 義 務 等 の 見 直 し 536 次 二 保 険 に 関 する 調 書 の 見 直 し 541 三 その 他 の 見 直 し 543 はじめに 本 稿 では 平 成 27 年 度 税 制 改 正 に 盛 り 込 まれた 事 項

More information

Microsoft Word )40期決算公開用.doc

Microsoft Word )40期決算公開用.doc 貸 借 対 照 表 [ 株 式 会 社 ニラク] ( 平 成 21 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 売 掛 金 有 価 証 券 商 品 貯 蔵 品 前 払 費 用 短 期 貸 付 金 未 収 入 金 繰 延 税 金 資 産 貸 倒 引 当 金 固 定

More information

<5461726F2D31313034323720938C93FA967B91E5906B8DD082CC94ED8DD0>

<5461726F2D31313034323720938C93FA967B91E5906B8DD082CC94ED8DD0> 総 税 市 第 2 4 号 平 成 23 年 4 月 27 日 各 道 府 県 総 務 部 長 東 京 都 総 務 主 税 局 長 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 市 町 村 税 課 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 の 被 災 者 に 対 する 勤 労 者 財 産 形 成 住 宅 ( 年 金 ) 貯 蓄 の 不 適 格 払 出 し に 係 る 還 付 の 取 り 扱 いについて

More information

平成21年10月30日

平成21年10月30日 職 員 各 位 平 成 24 年 10 月 25 日 法 人 事 務 局 総 務 部 人 事 課 年 末 調 整 に 係 る 申 告 書 等 の 提 出 について 標 記 の 件 年 末 調 整 を 行 いますので 下 記 の 通 り 必 要 書 類 の 提 出 をお 願 いいたします 記 1. 手 続 きについて (1) 扶 養 控 除 等 申 告 書 の 返 却 および 記 載 内 容 の 確

More information

法 人 等 に 対 する 課 税 際 課 税 原 則 の 帰 属 主 義 への 見 直 しのポイント 総 合 主 義 から 帰 属 主 義 への 移 行 法 人 及 び 非 居 住 者 ( 法 人 等 )に 対 する 課 税 原 則 について 従 来 のいわゆる 総 合 主 義 を 改 め OECD

法 人 等 に 対 する 課 税 際 課 税 原 則 の 帰 属 主 義 への 見 直 しのポイント 総 合 主 義 から 帰 属 主 義 への 移 行 法 人 及 び 非 居 住 者 ( 法 人 等 )に 対 する 課 税 原 則 について 従 来 のいわゆる 総 合 主 義 を 改 め OECD 平 成 26 年 度 改 正 関 係 参 考 資 料 ( 際 課 税 関 係 ) 法 人 等 に 対 する 課 税 際 課 税 原 則 の 帰 属 主 義 への 見 直 しのポイント 総 合 主 義 から 帰 属 主 義 への 移 行 法 人 及 び 非 居 住 者 ( 法 人 等 )に 対 する 課 税 原 則 について 従 来 のいわゆる 総 合 主 義 を 改 め OECDモデル 租 税 条

More information

N 一 般 の 住 宅 について 控 除 の 対 象 となる 借 入 金 は 平 成 26 年 4 月 平 成 31 年 6 月 30 日 までの 入 居 の 場 合 は4,000 万 円 ( 平 成 26 年 3 月 までの 入 居 の 場 合 は2,000 万 円 )までとなります 建 物 や

N 一 般 の 住 宅 について 控 除 の 対 象 となる 借 入 金 は 平 成 26 年 4 月 平 成 31 年 6 月 30 日 までの 入 居 の 場 合 は4,000 万 円 ( 平 成 26 年 3 月 までの 入 居 の 場 合 は2,000 万 円 )までとなります 建 物 や 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 100 40 50 年 の12 月 31 日 まで 引 き 続 き 居 住 の 用 に 供 するこ とが 条 件 です) N 日 本 に 居 住 する 者 が 借 入 金 で 自 己 の 居 住 用 住 宅 の 取 得 等 をしたときに 次 の 要 件 に 該 当 する 場 合 には その 年 の12 月 31 日 の 借 入 金 の 残 高 に 応 じて 一

More information

の 基 礎 の 欄 にも 記 載 します ア 法 人 税 の 中 間 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 合 は 中 間 イ 法 人 税 の 確 定 申 告 書 ( 退 職 年 金 等 積 立 金 に 係 るものを 除 きます ) 又 は 連 結 確 定 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場

の 基 礎 の 欄 にも 記 載 します ア 法 人 税 の 中 間 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 合 は 中 間 イ 法 人 税 の 確 定 申 告 書 ( 退 職 年 金 等 積 立 金 に 係 るものを 除 きます ) 又 は 連 結 確 定 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 第 20 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1) この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します (2) この 申 告 書 は 千

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093C195CA92A58EFB82C98AD682B782E9827081954182512E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093C195CA92A58EFB82C98AD682B782E9827081954182512E646F63> 特 別 徴 収 に 関 するQ&A 2 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 介 護 保 険 課 国 民 健 康 保 険 課 高 齢 者 医 療 制 度 施 行 準 備 室 問 1 年 度 途 中 において 保 険 料 が 増 額 された 場 合 は 特 別 徴 収 と 普 通 徴 収 を 併 用 すること( 併 徴 )が 可 能 であるとのことだが 特 別 徴 収 依 頼 の 時 点

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

給 与 所 得 者 の 住 民 税 は 特 別 徴 収 されますが 退 職 で 給 与 が 支 払 われなくなった 場 合 給 与 からの 天 引 きを することができなくなります この 場 合 特 別 徴 収 ができなくなる 残 額 について 普 通 徴 収 の 方 法 で 納 付 していた だく

給 与 所 得 者 の 住 民 税 は 特 別 徴 収 されますが 退 職 で 給 与 が 支 払 われなくなった 場 合 給 与 からの 天 引 きを することができなくなります この 場 合 特 別 徴 収 ができなくなる 残 額 について 普 通 徴 収 の 方 法 で 納 付 していた だく 個 人 住 民 税 のあらまし 市 区 町 村 民 税 と 都 道 府 県 民 税 を 合 わせて 住 民 税 とよびます 住 民 税 は 主 に 均 等 割 と 所 得 割 で 構 成 されています (ほかに 利 子 割 配 当 割 株 式 等 譲 渡 割 があります) 個 人 の 住 民 税 の 均 等 割 は 応 益 原 則 に 基 づく 制 度 でそこに 住 む 会 費 的 な 意 味 合

More information

老発第    第 号

老発第    第 号 事 務 連 絡 平 成 23 年 10 月 7 日 各 都 道 府 県 介 護 保 険 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 高 額 医 療 合 算 介 護 ( 予 防 )サービス 費 の 受 給 権 及 び 介 護 報 酬 の 返 還 請 求 権 の 消 滅 時 効 の 取 扱 いに 関 する 事 務 連 絡 等 の 一 部 改 正 について

More information

1_2013BS(0414)

1_2013BS(0414) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) 三 井 住 友 金 属 鉱 山 伸 銅 株 式 会 社 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 25,869,002 流 動 負 債 9,707,274 現 金 及 び 預 金 987,167 買 掛 金 3,612,919 受 取 手 形 1,225,710 短 期 借

More information

<8AC48DB88C8B89CA82C98AEE82C382AD915B92758169955C8E8682C696DA8E9F2832362E313129816A>

<8AC48DB88C8B89CA82C98AEE82C382AD915B92758169955C8E8682C696DA8E9F2832362E313129816A> 平 成 26 年 度 監 査 結 果 に 基 づく 措 置 監 査 結 果 に 基 づく 措 置 について 監 査 結 果 に 基 づく 措 置 が 次 のとおり 講 じられましたので 地 方 自 治 法 第 199 条 第 12 項 の 規 定 により 公 表 します 浜 松 市 監 査 委 員 [ 監 査 結 果 に 基 づく 措 置 ] 産 業 部 産 業 総 務 課 1 産 業 振 興 課

More information

( 復 興 特 別 法 人 制 具 体 的 内 容 ) 復 興 特 別 法 人 制 具 体 的 な 内 容 は 次 とおりです 1 納 義 務 者 法 人 は 基 準 法 人 額 につき 復 興 特 別 法 人 を 納 める 義 務 があります( 復 興 財 源 確 保 法 42) なお 人 格 な

( 復 興 特 別 法 人 制 具 体 的 内 容 ) 復 興 特 別 法 人 制 具 体 的 な 内 容 は 次 とおりです 1 納 義 務 者 法 人 は 基 準 法 人 額 につき 復 興 特 別 法 人 を 納 める 義 務 があります( 復 興 財 源 確 保 法 42) なお 人 格 な 復 興 特 別 法 人 あらまし 東 日 本 大 震 災 から 復 興 ため 施 策 を 実 施 する ために 必 要 な 財 源 確 保 に 関 する 特 別 措 置 法 関 係 平 成 24 3 月 国 庁 平 成 23 12 月 2 日 に 公 布 された 東 日 本 大 震 災 から 復 興 ため 施 策 を 実 施 するために 必 要 な 財 源 確 保 に 関 する 特 別 措 置 法

More information

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

資料2 利用者負担(保育費用)

資料2 利用者負担(保育費用) 新 制 度 の 保 育 料 ( 利 用 者 負 担 額 )について 資 料 2 新 制 度 における 保 育 料 については 子 ども 子 育 て 支 援 法 に 基 づき 現 行 の 保 育 制 度 と 同 様 世 帯 の 所 得 の 状 況 その 他 の 事 情 を 勘 案 し 国 が 定 める 水 準 を 上 限 として 市 町 村 が 定 めることになりま す 国 が 定 める 水 準 については

More information

大津市私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

大津市私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 大 津 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 が 保 育 料 等 を 減 免 することに 要 する 経 費 に 対 し 予 算 の 範 囲 内 において 当 該 設 置 者 に 補 助 金 を 交 付 し もって 就 学 前 教 育 の 振 興 を 図 ることを 目 的 とする ( 定

More information

所 得 税 ~ 株 式 譲 渡 所 得 等 の 分 離 課 税 制 度 の 変 更 上 場 株 式 等 及 び 特 定 公 社 債 等 と 非 上 場 株 式 等 及 び 一 般 公 社 債 等 が 別 々の 分 離 課 税 制 度 となります 特 定 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 及

所 得 税 ~ 株 式 譲 渡 所 得 等 の 分 離 課 税 制 度 の 変 更 上 場 株 式 等 及 び 特 定 公 社 債 等 と 非 上 場 株 式 等 及 び 一 般 公 社 債 等 が 別 々の 分 離 課 税 制 度 となります 特 定 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 及 所 得 税 ~ 公 社 債 等 の 課 税 方 式 の 変 更 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 および 譲 渡 所 得 等 の 課 税 方 式 が 変 更 されます 利 子 源 泉 分 離 特 定 公 社 債 等 ( 1 2) 売 却 益 非 課 税 ( 4) 申 告 分 離 所 得 税 15% 住 民 税 5% ( 5) 償 還 差 益 総 合 課 税 ( 雑 所 得 ) 利 子 源

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一 貸 借 対 照 表 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 内 訳 金 額 科 目 内 訳 金 額 流 動 資 産 千 円 千 円 流 動 負 債 千 円 千 円 預 金 5,145,515 預 り 金 240, 有 価 証 券 2,000,000 未 払 金 274, 前 払 費 用 61,184 未 払 収 益 分 配 金 789 未 収 入 金 未

More information

[Q20] 扶 養 控 除 等 申 告 書 が 提 出 された 際 に その 申 告 書 に 記 載 された 国 外 居 住 親 族 に 係 る 親 族 関 係 書 類 が 提 示 されず 事 後 に 提 示 された 場 合 いつから 扶 養 控 除 等 を 適 用 して 源 泉 徴 収 税 額 を

[Q20] 扶 養 控 除 等 申 告 書 が 提 出 された 際 に その 申 告 書 に 記 載 された 国 外 居 住 親 族 に 係 る 親 族 関 係 書 類 が 提 示 されず 事 後 に 提 示 された 場 合 いつから 扶 養 控 除 等 を 適 用 して 源 泉 徴 収 税 額 を 国 外 居 住 親 族 に 係 る 扶 養 控 除 等 Q&A( 源 泉 所 得 税 関 係 ) 平 成 27 年 9 月 国 税 庁 所 得 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 9 号 )により 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 に 支 払 うべき 給 与 等 及 び 公 的 年 金 等 から 国 外 居 住 親 族 に 係 る 扶 養 控

More information

平 成 28 年 度 版 岩 出 市 誕 生 10 周 年 記 念 ロゴマーク 2,749 円 1,717 円 1,358 円 1,135 円 1,090 円 889 円 607 円 301 円 154 円 平 成 26 年 度 1 課 税 所 得 金 額 に 応 じた 税 額 を 負 担 16 歳 未 満 の 扶 養 親 族 も 含 みます 3,500 2,000 2 公 的 年 金 等 の 雑

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20303282D382E982B382C68AF1958D8BE090A7937882C98AD682B782E9834183938350815B83678C8B89CA81698CF6955C9770816A2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20303282D382E982B382C68AF1958D8BE090A7937882C98AD682B782E9834183938350815B83678C8B89CA81698CF6955C9770816A2E70707478> ふるさと 納 税 に 関 する 調 査 結 果 ( 概 要 ) ( 対 象 団 体 : 都 道 府 県 47 団 体 市 区 町 村 1,742 団 体 ) 総 務 省 自 治 税 務 局 1 寄 附 金 の 納 付 手 続 きについて ふるさと 納 税 に 関 する 調 査 結 果 ( 概 要 ) 寄 附 手 続 きに 係 る 改 善 すべき 点 としては クレジットカード 決 済 コンビニ 納

More information

目 次 第 1 部 個 人 所 得 税 の 概 要 居 住 者 非 居 住 者 の 定 義 4 個 人 所 得 税 の 納 付 のしかた( 給 不 所 得 者 ) 5 居 住 者 の 個 人 所 得 税 額 の 計 算 のしくみ( 給 不 所 得 者 ) 6 非 居 住 者 の 個 人 所 得 税

目 次 第 1 部 個 人 所 得 税 の 概 要 居 住 者 非 居 住 者 の 定 義 4 個 人 所 得 税 の 納 付 のしかた( 給 不 所 得 者 ) 5 居 住 者 の 個 人 所 得 税 額 の 計 算 のしくみ( 給 不 所 得 者 ) 6 非 居 住 者 の 個 人 所 得 税 個 人 所 得 税 の 現 状 - 駐 在 員 のための 個 人 所 得 税 - 2011 年 6 月 目 次 第 1 部 個 人 所 得 税 の 概 要 居 住 者 非 居 住 者 の 定 義 4 個 人 所 得 税 の 納 付 のしかた( 給 不 所 得 者 ) 5 居 住 者 の 個 人 所 得 税 額 の 計 算 のしくみ( 給 不 所 得 者 ) 6 非 居 住 者 の 個 人 所 得 税

More information