高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版)

Size: px
Start display at page:

Download "高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版)"

Transcription

1 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 処 理 要 領 ( 旧 制 度 )( 第 6 版 ) ( 都 道 府 県 事 務 担 当 者 用 ) まえがき 本 要 領 は 公 立 高 等 学 校 に 係 る 授 業 料 の 及 び 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 90 号 ) による 改 正 前 の 公 立 高 等 学 校 に 係 る 授 業 料 の 不 徴 収 及 び 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 法 律 ( 平 成 22 年 法 律 第 18 号 以 下 旧 法 という ) に 基 づき 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 ( 以 下 就 学 支 援 金 という ) の 制 度 の 概 要 及 び 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 事 務 処 理 の 標 準 的 な 手 順 等 について 記 載 したも のである 各 都 道 府 県 においては 円 滑 な 制 度 の 実 施 のため 本 要 領 に 沿 い 実 施 していただくようお 願 いしたい また 就 学 支 援 金 の 支 給 に 係 る 事 務 処 理 については 法 令 等 に 記 載 される 事 項 以 外 は 就 学 支 援 金 の 支 給 事 業 主 体 である 都 道 府 県 の 判 断 による 取 扱 いをすることが 許 容 される 就 学 支 援 金 の 支 給 に 加 えて 都 道 府 県 独 自 の 授 業 料 減 免 制 度 を 実 施 する 場 合 もあると 考 えられること から 各 都 道 府 県 においては 本 要 領 を 参 考 にして 各 都 道 府 県 としての 事 務 処 理 要 領 等 を 作 成 し 各 学 校 設 置 者 に 配 布 するなど 適 宜 本 要 領 の 活 用 を 図 られたい 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 財 務 課 高 校 修 学 支 援 室 第 1 版 第 2 版 第 3 版 第 4 版 第 5 版 第 6 版 平 成 22 年 4 月 平 成 22 年 6 月 改 訂 平 成 24 年 4 月 改 訂 平 成 24 年 9 月 改 訂 平 成 25 年 4 月 改 訂 平 成 26 年 4 月 改 訂

2 目 次 第 1 章 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 制 度 ( 旧 制 度 )の 概 要 1 第 2 章 都 道 府 県 における 事 務 1 就 学 支 援 金 交 付 金 の 申 請 受 領 に 関 する 事 務 4 2 就 学 支 援 金 の 支 給 5 3 就 学 支 援 金 の 実 績 報 告 就 学 支 援 金 の 額 の 確 定 17 4 就 学 支 援 金 の 受 給 資 格 消 滅 の 通 知 就 学 支 援 金 支 給 実 績 証 明 書 17 5 休 学 に 伴 う 就 学 支 援 金 の 支 給 停 止 再 開 17 6 転 学 に 伴 う 就 学 支 援 金 の 取 扱 い 18 7 退 学 除 籍 に 伴 う 就 学 支 援 金 の 取 扱 い 18 8 株 式 会 社 立 高 等 学 校 の 扱 い 19 9 広 域 通 信 制 高 等 学 校 の 扱 い 公 立 高 等 専 門 学 校 公 立 専 修 学 校 高 等 課 程 の 扱 い 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 費 交 付 金 19 第 3 章 学 校 における 事 務 1 生 徒 保 護 者 への 制 度 の 周 知 20 2 就 学 支 援 金 に 係 る 補 助 金 等 の 交 付 申 請 等 20 3 受 給 資 格 認 定 申 請 書 の 配 付 とりまとめ 都 道 府 県 への 提 出 20 4 就 学 支 援 金 の 加 算 届 出 書 のとりまとめ 都 道 府 県 への 提 出 20 5 受 給 資 格 認 定 書 の 受 理 生 徒 への 配 付 21 6 就 学 支 援 金 支 給 額 決 定 ( 交 付 決 定 ) 21 7 就 学 支 援 金 の 代 理 受 領 授 業 料 との 相 殺 21 8 就 学 支 援 金 の 実 績 報 告 就 学 支 援 金 の 額 の 確 定 22 9 就 学 支 援 金 受 給 資 格 認 定 消 滅 通 知 就 学 支 援 金 の 支 給 停 止 再 開 23 参 考 資 料 各 種 様 式 本 要 領 で 示 す 各 種 様 式 のうち 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 交 付 金 に 関 する 様 式 については 交 付 要 綱 において 示 すものが 正 式 なものとなる このため 本 要 領 で 示 す 様 式 についても 交 付 要 綱 に 沿 って 変 更 することがあり 得 るものである

3 第 1 章 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 制 度 ( 旧 制 度 )の 概 要 (1) 対 象 となる 学 校 種 在 学 する 生 徒 が 就 学 支 援 金 の 対 象 となる 学 校 種 は 以 下 のとおりである 高 等 学 校 ( 全 定 通 ), 中 等 教 育 学 校 ( 後 期 課 程 ), 特 別 支 援 学 校 ( 高 等 部 ) 高 等 専 門 学 校 (1~3 年 ) 専 修 学 校 ( 高 等 課 程 ) 各 種 学 校 ( 注 2) 国 立 * 公 立 * * 私 立 * * * * ( 注 1)*は 低 所 得 者 について 就 学 支 援 金 の 加 算 の 対 象 となるもの ( 注 2) 各 種 学 校 となっている 外 国 人 学 校 のうち 高 等 学 校 の 課 程 に 類 する 課 程 を 置 くものとし て 告 示 で 定 めるもの (2) 支 給 の 対 象 となる 者 上 記 (1)の 印 に 該 当 する 私 立 高 等 学 校 等 に 在 学 する 生 徒 が 対 象 となる ただし 以 下 の 者 については 支 給 の 対 象 とならない 1 日 本 国 内 に 住 所 を 有 しない 者 本 制 度 は 高 等 学 校 等 に 係 る 教 育 の 成 果 が 社 会 全 体 に 還 元 されるものであり その 教 育 費 について 社 会 全 体 で 負 担 するという 考 え 方 に 立 脚 するものであることから 我 が 国 に 在 住 し 我 が 国 の 社 会 を 構 成 する 者 についてその 対 象 とするものである 2 高 等 学 校 等 ( 修 業 年 限 が3 年 未 満 のものを 除 く)を 卒 業 し 又 は 修 了 した 者 3 私 立 高 等 学 校 等 に 在 学 した 期 間 が 通 算 して 36 月 ( 高 等 学 校 中 等 教 育 学 校 後 期 課 程 の 定 時 制 通 信 制 課 程 及 び 専 修 学 校 高 等 課 程 の 夜 間 等 学 科 通 信 制 学 科 の 場 合 は 48 月 )を 超 える 者 これらの 者 については 所 定 の 修 業 年 限 で 高 等 学 校 等 を 卒 業 する 者 が 受 けることが できる 就 学 支 援 金 の 総 額 との 均 衡 や 無 制 限 に 公 費 を 支 出 し 続 けることがないように する 観 点 から 支 給 しないこととしたものである (3)2 校 以 上 の 私 立 高 等 学 校 等 に 同 時 に 在 学 している 場 合 の 取 扱 い 同 時 に 2 校 以 上 の 私 立 高 等 学 校 等 に 在 学 している 生 徒 については 当 該 生 徒 の 選 択 に より いずれか1 校 の 授 業 料 に 対 する 就 学 支 援 金 を 支 給 する (4) 就 学 支 援 金 の 額 就 学 支 援 金 は 以 下 の 額 を 限 度 に 月 を 単 位 として 支 給 される 高 等 学 校 中 等 教 育 学 校 特 別 支 援 学 校 高 等 専 門 学 校 専 修 学 校 各 種 学 校 国 立 9, ,900* 9,900 9,900 公 立 9,900* 9,900* 9,900 私 立 9,900* 9,900* 9,900* 9,900* 9,900* *は 低 所 得 者 について 就 学 支 援 金 の 加 算 の 対 象 となるもの なお 授 業 料 の 額 が 上 記 の 額 に 達 しない 場 合 には 授 業 料 の 額 を 限 度 として 就 学 支 援 金 が 支 給 される (5) 単 位 あたりの 授 業 料 を 設 定 する 高 等 学 校 等 における 就 学 支 援 金 の 支 給 額 の 特 例 単 位 制 高 等 学 校 や 専 修 学 校 高 等 課 程 の 単 位 制 学 科 の 中 には 単 位 あたりの 授 業 料 を 設 定 しているところがあることから その 場 合 の 就 学 支 援 金 の 支 給 限 度 額 については 特 例 を 設 けることとしている なお 1 単 位 あたり 授 業 料 を 設 定 し 徴 収 している 場 合 のルールについては 第 2 章 2 (4) 参 照 (6) 就 学 支 援 金 の 加 算 1 制 度 の 概 要 - 1 -

4 私 立 高 等 学 校 等 の 生 徒 については 就 学 支 援 金 として 年 間 118,800 円 を 支 給 ( 学 校 設 置 者 が 代 理 受 領 )する そのうち 低 所 得 世 帯 の 生 徒 については 所 得 に 応 じて 支 給 金 額 を1.5 倍 または2 倍 した 額 を 上 限 として 支 給 する a 年 収 250 万 円 未 満 程 度 の 世 帯 : 年 間 118,800 円 の2 倍 の 額 (237,600 円 ) b 年 収 250 ~ 350 万 円 未 満 程 度 の 世 帯 : 年 間 118,800 円 の1.5 倍 の 額 (178,200 円 ) これらの 年 収 はあくまで 目 安 であり 具 体 的 な 所 得 確 認 基 準 は 以 下 のとおり 2 所 得 確 認 所 得 確 認 の 基 準 は 世 帯 構 成 を 考 慮 した 基 準 である 市 町 村 民 税 所 得 割 額 により 判 断 具 体 的 な 基 準 a 237,600 円 を 支 給 する 基 準 ( 年 収 250 万 円 未 満 程 度 に 相 当 ) 市 町 村 民 税 所 得 割 が 非 課 税 である 場 合 b 178,200 円 を 支 給 する 基 準 ( 年 収 250 ~ 350 万 円 未 満 程 度 に 相 当 ) 市 町 村 民 税 所 得 割 額 が 18,900 円 に1 2の 合 計 を 加 えた 額 未 満 である 場 合 1 16 歳 未 満 の 扶 養 親 族 の 数 21,300 円 2 16 歳 以 上 19 歳 未 満 の 扶 養 親 族 の 数 11,100 円 年 収 は 4 人 家 族 ( 妻 は 専 業 主 婦 子 ども2 人 (うち 高 校 生 1 人 ))の 世 帯 を 想 定 した 場 合 を 参 考 として 掲 げている 扶 養 親 族 の 年 齢 は 前 年 (4~6 月 分 については 前 々 年 以 下 同 じ )の 12 月 末 時 点 ( 前 年 の 途 中 で 死 亡 した 扶 養 親 族 はその 死 亡 の 日 時 点 ) 1. 5 倍 加 算 の 基 準 額 早 見 表 1 ( H ~ H 分 ) * 19 歳 未 満 の 扶 養 親 族 の 数 ( H6.1.2 以 降 生 ま れ ) 基 準 額 う ち 16 歳 未 満 う ち 16 歳 以 上 19 歳 未 満 ( 市 町 村 民 税 ( H9.1.2 以 降 生 ま れ ) ( H6.1.2 ~ H9.1.1 生 ま れ ) 所 得 割 額 ) * 2 0 人 0 人 0 人 18,900 円 未 満 1 人 0 人 1 人 30,000 円 未 満 1 人 0 人 40,200 円 未 満 2 人 0 人 2 人 41,100 円 未 満 1 人 1 人 51,300 円 未 満 2 人 0 人 61,500 円 未 満 3 人 0 人 3 人 52,200 円 未 満 1 人 2 人 62,400 円 未 満 2 人 1 人 72,600 円 未 満 3 人 0 人 82,800 円 未 満 *1 H ~ H に 死 亡 した 扶 養 親 族 も 含 む( 年 齢 は 死 亡 の 日 時 点 ) *2 生 徒 本 人 が 扶 養 親 族 でない 場 合 1. 5 倍 加 算 の 基 準 額 早 見 表 2 ( H ~ H 分 ) * 19 歳 未 満 の 扶 養 親 族 の 数 ( H7.1.2 以 降 生 ま れ ) 基 準 額 う ち 16 歳 未 満 う ち 16 歳 以 上 19 歳 未 満 ( 市 町 村 民 税 ( H 以 降 生 ま れ ) ( H7.1.2 ~ H 生 ま れ ) 所 得 割 額 ) * 2 0 人 0 人 0 人 18,900 円 未 満 1 人 0 人 1 人 30,000 円 未 満 1 人 0 人 40,200 円 未 満 2 人 0 人 2 人 41,100 円 未 満 1 人 1 人 51,300 円 未 満 2 人 0 人 61,500 円 未 満 3 人 0 人 3 人 52,200 円 未 満 1 人 2 人 62,400 円 未 満 2 人 1 人 72,600 円 未 満 3 人 0 人 82,800 円 未 満 - 2 -

5 *1 H ~ H に 死 亡 した 扶 養 親 族 も 含 む( 年 齢 は 死 亡 の 日 時 点 ) *2 生 徒 本 人 が 扶 養 親 族 でない 場 合 実 際 の 税 額 の 算 定 においては 100 円 未 満 の 端 数 は 切 捨 てとなり 市 町 村 民 税 所 得 割 額 が 1 ~ 99 円 となることはない この 場 合 市 町 村 民 税 所 得 割 額 は 非 課 税 と なるため 課 税 証 明 書 等 の 内 訳 において 1 ~ 99 円 と 記 載 されている 場 合 であって も 2 倍 加 算 の 対 象 となる (7) 就 学 支 援 金 交 付 金 の 支 払 請 求 支 払 国 は 就 学 支 援 金 の 支 給 に 要 する 費 用 の 全 額 に 相 当 する 金 額 を 都 道 府 県 に 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 交 付 金 として 交 付 する この 交 付 金 は 4 ~ 6 月 の 第 1 期 7 ~ 9 月 の 第 2 期 10 ~ 12 月 の 第 3 期 及 び 1 ~ 3 月 の 第 4 期 の 年 4 回 に 分 けた 支 払 計 画 に 基 づき 国 が 交 付 額 を 決 定 し 国 から 都 道 府 県 に 交 付 される (8) 支 給 期 間 就 学 支 援 金 の 支 給 期 間 は 最 大 で 36 月 である ただし 高 等 学 校 中 等 教 育 学 校 後 期 課 程 の 定 時 制 通 信 制 課 程 及 び 専 修 学 校 高 等 課 程 の 夜 間 等 学 科 通 信 制 学 科 に 在 籍 す る 場 合 は 最 大 で 48 月 である (9) 受 給 資 格 認 定 私 立 高 等 学 校 等 に 在 学 する 生 徒 は 就 学 支 援 金 の 支 給 を 受 けようとする 場 合 には 当 該 生 徒 が 在 学 する 学 校 の 設 置 者 を 通 じて 都 道 府 県 に 対 して 就 学 支 援 金 の 受 給 資 格 を 有 することの 認 定 を 申 請 し その 認 定 を 受 ける 必 要 がある (10) 就 学 支 援 金 の 支 給 就 学 支 援 金 の 支 給 は 受 給 資 格 認 定 申 請 のあった 月 ( 月 の 初 日 に 在 学 している 場 合 に 限 る )から 始 まり 受 給 事 由 の 消 滅 ( 当 該 私 立 高 等 学 校 等 の 卒 業 中 退 転 学 等 )し た 月 に 終 了 する なお やむを 得 ない 理 由 により 受 給 資 格 認 定 申 請 を 行 うことができない 場 合 に その 理 由 がやんだ 後 15 日 以 内 に 申 請 を 行 った 場 合 には 当 該 理 由 により 申 請 できなくなっ た 日 を 申 請 日 とみなして 支 給 を 受 けることができる (11) 代 理 受 領 就 学 支 援 金 の 支 給 は 学 校 設 置 者 による 代 理 受 領 でもって 行 われる これは 就 学 支 援 金 について 確 実 に 授 業 料 の 支 払 いに 充 当 されるようにするとともに 事 務 経 費 を 極 力 抑 えることを 目 的 として 実 施 するものである 具 体 的 には 就 学 支 援 金 について 学 校 設 置 者 が 在 学 する 生 徒 に 代 わって 都 道 府 県 から 受 領 し 学 校 設 置 者 がその 生 徒 に 対 して 有 する 授 業 料 債 権 の 弁 済 の 一 部 に 充 てるこ とにより 代 理 受 領 を 行 うことになる したがって 学 校 設 置 者 は それぞれの 授 業 料 の 徴 収 方 法 を 踏 まえ 適 宜 受 領 した 就 学 支 援 金 を 当 該 生 徒 に 対 する 授 業 料 債 権 の 弁 済 に 充 てることになるが 例 えば 年 額 の 授 業 料 について 就 学 支 援 金 の 受 給 前 に 一 括 納 付 を 受 けており 生 徒 に 対 して 有 する 授 業 料 債 権 が 存 在 しないような 場 合 には 後 日 納 入 分 において 相 殺 するか 若 しくは 就 学 支 援 金 が 交 付 された 後 に 就 学 支 援 金 相 当 額 を 返 金 する 必 要 がある (12) 休 学 生 徒 が 休 学 する 場 合 受 給 権 者 である 生 徒 は 就 学 支 援 金 の 支 給 の 停 止 を 学 校 設 置 者 を 通 じて 都 道 府 県 知 事 に 申 し 出 ることができる 生 徒 が 就 学 支 援 金 の 支 給 停 止 を 申 し 出 れ ば 当 該 申 出 の 日 の 属 する 月 の 翌 月 から 復 学 して 支 給 再 開 を 申 し 出 た 日 の 属 する 月 ま で 就 学 支 援 金 の 支 給 は 停 止 され 当 該 休 学 期 間 は(8)の 支 給 期 間 に 算 入 されない - 3 -

6 第 2 章 都 道 府 県 における 事 務 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 し 都 道 府 県 において 行 う 事 務 の 内 容 は 以 下 のとおり なお 法 令 等 で 都 道 府 県 が 行 うことと 定 められている 事 項 以 外 の 事 務 については 都 道 府 県 の 判 断 により 事 務 を 学 校 設 置 者 や 外 部 団 体 等 に 委 託 することができる 1 就 学 支 援 金 交 付 金 の 申 請 受 領 に 関 する 事 務 (1) 都 道 府 県 予 算 への 計 上 就 学 支 援 金 は 都 道 府 県 の 事 務 として 受 給 権 者 である 生 徒 に 支 給 するため 国 から 交 付 される 交 付 金 は 都 道 府 県 において まず 国 から 資 金 を 受 け 入 れるために 歳 入 予 算 に 計 上 し 就 学 支 援 金 の 支 給 に 係 る 費 用 を 歳 出 予 算 に 計 上 する 必 要 がある 歳 入 予 算 については 国 から 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 交 付 金 また 事 務 費 について は 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 費 交 付 金 として 交 付 されることを 踏 まえ 歳 入 に 計 上 す る 歳 出 予 算 については 都 道 府 県 において 就 学 支 援 金 の 支 給 事 務 を 実 施 するための 科 目 として 適 切 な 節 で 予 算 計 上 する (2) 就 学 支 援 金 交 付 金 の 交 付 申 請 都 道 府 県 は 交 付 要 綱 に 基 づき 別 途 連 絡 する 期 日 までに 算 定 した 概 算 額 に 基 づき 文 部 科 学 大 臣 に 交 付 申 請 ( 旧 様 式 24)を 行 う 文 部 科 学 大 臣 は 当 該 申 請 に 基 づき 就 学 支 援 金 交 付 金 の 概 算 交 付 額 を 決 定 し 都 道 府 県 に 通 知 ( 様 式 25)する (3) 就 学 支 援 金 交 付 金 の 変 更 交 付 申 請 都 道 府 県 は 受 給 権 者 数 の 変 更 等 により(2)の 交 付 決 定 額 に 変 更 がある 場 合 には 文 部 科 学 大 臣 に 変 更 承 認 申 請 書 ( 様 式 26)を 提 出 する 文 部 科 学 大 臣 は 就 学 支 援 金 交 付 金 の 変 更 交 付 額 を 決 定 し 都 道 府 県 に 通 知 ( 様 式 27) する なお 変 更 承 認 申 請 がない 場 合 でも 文 部 科 学 大 臣 から 都 道 府 県 に 対 して 就 学 支 援 金 交 付 金 の 額 の 変 更 のために 必 要 な 調 査 を 依 頼 し これに 基 づいて 変 更 承 認 申 請 を 行 っていただく 場 合 がある (4) 就 学 支 援 金 交 付 金 の 支 払 国 は (2)の 交 付 決 定 額 及 び(3)の 変 更 交 付 決 定 額 を 4 ~ 6 月 の 第 1 期 7 ~ 9 月 の 第 2 期 10 ~ 12 月 の 第 3 期 及 び 1 ~ 3 月 の 第 4 期 ( 以 下 各 四 半 期 という )に 分 けて 都 道 府 県 に 対 して 各 四 半 期 の 最 初 の 月 を 目 途 として 就 学 支 援 金 交 付 金 を 支 払 う 旧 制 度 と 新 制 度 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 施 行 )の 適 用 について 新 制 度 は 平 成 26 年 4 月 1 日 以 降 に 高 等 学 校 等 に 入 学 した 生 徒 に 適 用 される 原 則 として 平 成 26 年 4 月 1 日 前 から 引 き 続 き 高 等 学 校 等 に 在 学 する 者 は 旧 制 度 が 適 用 される ただし 平 成 26 年 4 月 1 日 前 に 高 等 学 校 等 に 在 学 していた 場 合 でも 一 旦 退 学 し 相 当 の 期 間 を 空 けて 平 成 26 年 4 月 1 日 以 降 に 再 入 学 する 際 には 新 制 度 が 適 用 される 高 等 学 校 等 間 で 転 学 した 者 編 入 学 した 者 についても 引 き 続 き 高 等 学 校 等 に 在 学 する 者 に 含 むものとする 編 入 学 に 関 しては 退 学 入 学 手 続 において 退 学 日 入 学 日 に 一 定 期 間 (2 3 日 1 ~ 2 週 間 など)が 空 く 場 合 があるが 都 道 府 県 において 転 学 の 場 合 と 同 様 に 引 き 続 き 高 等 学 校 等 に 在 学 していると 認 められるときは 旧 制 度 の 対 象 者 とする - 4 -

7 2 就 学 支 援 金 の 支 給 (1) 受 給 資 格 認 定 都 道 府 県 は 学 校 設 置 者 がとりまとめた 受 給 資 格 認 定 申 請 書 ( 様 式 1( 旧 省 令 様 式 第 1 号 ))( 以 下 認 定 申 請 書 という ) 及 び 就 学 支 援 金 の 受 給 資 格 認 定 申 請 者 一 覧 を 受 け 取 り 生 徒 の 受 給 資 格 を 審 査 し 受 給 資 格 の 認 定 又 は 不 認 定 を 決 定 する ただし 学 校 設 置 者 は 生 徒 の 同 意 を 得 て 認 定 申 請 に 関 する 手 続 を 代 わって 行 うこと ができる( 様 式 2)( 旧 省 令 様 式 第 1 号 の 2)) 結 果 については 受 給 権 者 である 生 徒 に 直 接 通 知 ( 認 定 通 知 は 様 式 5 不 認 定 通 知 は 様 式 6)するか 学 校 設 置 者 を 通 じて 通 知 ( 様 式 7)する ( 留 意 事 項 ) ア 認 定 申 請 を 行 う 者 は 生 徒 である したがって 認 定 申 請 書 は 生 徒 本 人 が 記 入 す れば 足 り 申 請 に 当 たって 保 護 者 の 同 意 は 必 要 ない なお 心 身 の 障 害 等 により 生 徒 本 人 が 記 入 することが 困 難 な 場 合 などは 親 権 者 等 の 法 定 代 理 人 が 記 入 して 差 し 支 え ない イ 受 給 資 格 は 一 度 認 定 を 受 ければ 在 学 中 継 続 して 有 効 であり 年 度 毎 に 改 めて 認 定 を 受 ける 必 要 はない ただし 転 学 などの 場 合 には 再 度 認 定 を 受 ける 必 要 がある ウ 認 定 申 請 は 当 該 私 立 高 等 学 校 等 に 在 学 中 に 限 り 可 能 ( 私 立 高 等 学 校 等 に 在 学 してい ない 者 が 将 来 私 立 高 等 学 校 等 に 入 学 することを 前 提 として 申 請 することは 不 可 能 ) エ 日 本 国 内 に 住 所 を 有 していれば 外 国 籍 の 者 であっても 対 象 となる オ 海 外 からの 留 学 生 についても 対 象 となる(ただし いわゆる 国 費 留 学 生 や 交 換 留 学 生 等 で 授 業 料 の 支 払 いが 免 除 されている 者 には 就 学 支 援 金 は 支 給 されない) カ 日 本 の 高 等 学 校 等 に 在 籍 しながら 海 外 に 留 学 している 者 や 海 外 から 日 本 の 広 域 通 信 制 高 校 等 の 授 業 を 受 けている 者 についても 住 民 票 を 元 の 住 所 に 維 持 するなど 日 本 国 内 に 住 所 を 有 していると 認 められる 場 合 には 支 給 対 象 となる ただし 住 民 票 により 日 本 国 内 に 住 所 を 有 していることの 確 認 が 困 難 な 者 について は 日 本 国 内 に 本 籍 地 を 有 していることが 確 認 できれば 支 給 対 象 として 差 し 支 えな い キ いわゆる 交 換 留 学 生 協 定 などに 基 づき 留 学 先 の 現 地 校 ではなく 在 籍 する 日 本 の 高 等 学 校 等 に 授 業 料 を 支 払 っており また 留 学 先 の 現 地 校 での 学 習 が 卒 業 に 必 要 な 単 位 に 換 算 されるような 場 合 においては 就 学 支 援 金 を 支 給 して 差 し 支 えない ク 定 時 制 や 通 信 制 等 の 併 修 先 であって 就 学 支 援 金 の 支 給 を 受 ける 高 等 学 校 等 でない 他 の 高 等 学 校 等 において 授 業 を 受 ける 場 合 や 高 等 学 校 等 以 外 の 学 校 ( 大 学 専 門 学 校 就 学 支 援 金 制 度 の 対 象 となっていない 専 修 学 校 一 般 課 程 など)において 授 業 を 受 ける 場 合 であっても 就 学 支 援 金 の 支 給 を 受 ける 高 等 学 校 等 に 当 該 授 業 に 係 る 授 業 料 を 支 払 っており また 併 修 先 等 での 学 習 が 卒 業 に 必 要 な 単 位 に 換 算 されるような 場 合 に おいては 就 学 支 援 金 を 支 給 して 差 し 支 えない ただし 就 学 支 援 金 の 支 給 を 受 ける 高 等 学 校 等 に 授 業 料 を 支 払 わない 場 合 は 卒 業 に 必 要 な 単 位 に 換 算 される 場 合 であっても 就 学 支 援 金 は 支 給 されない ケ 過 去 に 就 学 支 援 金 を 受 給 したことがある 生 徒 には 受 給 資 格 消 滅 通 知 又 は 支 給 実 績 証 明 書 を 添 付 させ これにより 過 去 の 支 給 実 績 を 確 認 の 上 支 給 期 間 を 決 定 すること コ 旧 法 第 4 条 第 2 項 により 高 等 学 校 等 ( 修 業 年 限 が 3 年 未 満 のものを 除 く)を 卒 業 し 又 は 修 了 した 者 については 卒 業 した 学 校 の 国 公 私 立 の 別 を 問 わず 就 学 支 援 金 を 受 給 することができない 私 立 高 等 学 校 等 に 在 学 した 期 間 ( 月 の 初 日 に 在 学 した 月 を 1 月 として 計 算 )が 通 算 して 36 月 (3 年 制 か 4 年 制 にかかわらず 高 等 学 校 中 等 教 育 学 校 の 定 時 制 通 信 制 課 程 又 は 専 修 学 校 高 等 課 程 の 夜 間 等 学 科 通 信 制 学 科 の 場 合 は 48 月 )を 超 える 者 は 就 学 支 援 金 を 受 給 することができない また 平 成 22 年 4 月 以 前 に 私 立 高 等 学 校 等 を 休 学 した 期 間 就 学 支 援 金 の 対 象 校 として 指 定 される 前 の 各 種 学 校 における 在 学 期 間 日 本 に 住 所 を 有 しない 期 間 ( 例 え ば 海 外 の 高 等 学 校 から 日 本 の 高 等 学 校 に 転 学 する 場 合 の 海 外 の 高 等 学 校 における 在 - 5 -

8 学 期 間 )は 36 月 の 期 間 の 通 算 から 除 く サ 授 業 料 が 全 額 免 除 されたことにより 授 業 料 支 払 債 務 が 発 生 していない 生 徒 (いわゆ る 特 待 生 )には 支 給 されない 授 業 料 が 一 部 のみ 免 除 され 授 業 料 の 支 払 債 務 があ る 生 徒 はその 債 務 額 を 限 度 として 支 給 される シ 生 徒 から 認 定 申 請 書 が 提 出 されないことは 想 定 していないが 仮 に 生 徒 自 身 の 意 思 で 認 定 申 請 を 行 わない 場 合 は 当 該 生 徒 は 就 学 支 援 金 を 受 給 することができない ( 学 校 設 置 者 は 通 常 の 授 業 料 を 生 徒 から 徴 収 することになる ) ス 専 攻 科 及 び 別 科 の 生 徒 や 聴 講 生 科 目 履 修 生 は 支 給 対 象 とならない セ 受 給 資 格 認 定 において 年 齢 は 問 わない ソ 旧 法 第 7 条 第 3 項 に 規 定 する やむを 得 ない 理 由 としては 災 害 への 被 災 や 長 期 にわたる 病 欠 など 本 人 の 責 めに 帰 さない 場 合 が 考 えられる 認 定 申 請 をすること ができなかった 場 合 の やむを 得 ない 理 由 の 判 断 を 行 うのは 都 道 府 県 であるが 実 質 的 な 確 認 作 業 を 学 校 設 置 者 が 行 ってもよい タ 就 学 支 援 金 の 支 給 は 原 則 として 認 定 申 請 書 が 代 理 受 給 者 である 学 校 設 置 者 に 到 達 した 日 が 属 する 月 の 分 から 支 給 される ( 例 えば 4 月 に 入 学 した 者 が 5 月 になって 認 定 申 請 書 を 学 校 に 提 出 した 場 合 や むを 得 ない 理 由 により 申 請 をすることができなかった 場 合 ( 旧 法 第 7 条 第 3 項 )に 当 たると 認 められない 限 り 4 月 分 は 支 給 されない ) チ 就 学 支 援 金 は 受 給 権 者 である 生 徒 がその 初 日 において 支 給 対 象 高 等 学 校 等 に 在 学 する 月 について 支 給 されるものである 入 学 日 は 学 校 長 が 許 可 するものであり 入 学 日 は 学 校 長 が 許 可 した 日 となるが 通 常 学 年 は 4 月 1 日 に 始 まり 3 月 31 日 に 終 わることから 4 月 分 の 支 給 に 関 しては 特 段 の 定 めがない 場 合 は 入 学 式 の 日 にかかわらず 入 学 日 は 4 月 1 日 として 取 り 扱 っ て 差 し 支 えない ただし 学 則 等 において 入 学 日 を 4 月 2 日 以 降 の 日 として 規 定 している 場 合 は 4 月 分 が 支 給 されないが 例 えば 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 限 りにおい て 生 徒 が 4 月 1 日 に 在 学 しているものとみなす などと 学 則 等 において 規 定 する ことにより 4 月 分 の 就 学 支 援 金 を 支 給 することは 可 能 ( 学 校 設 置 者 が 代 理 申 請 を 行 う 場 合 の 留 意 事 項 ) ア 学 校 設 置 者 が 認 定 申 請 手 続 を 生 徒 に 代 わって 行 うための 同 意 を 得 るに 当 たっては 入 学 関 係 書 類 に 別 段 の 申 出 がなければ 受 給 意 思 と 申 請 手 続 の 代 理 に 関 する 同 意 が あるものとみなし 学 校 が 代 わって 申 請 手 続 を 行 いますので 受 給 を 希 望 しない 場 合 は 月 日 までに 申 し 出 てください と 記 載 するなど 黙 示 の 同 意 による 方 法 でも 差 し 支 えない イ 過 去 に 在 学 期 間 が 存 在 し 得 ない 生 徒 ( 満 15 歳 で 4 月 1 日 に 入 学 する 生 徒 ) 以 外 か らは 過 去 の 在 学 期 間 について 別 途 確 認 する 必 要 があるため 在 学 期 間 申 告 書 ( 様 式 3)を 学 校 設 置 者 に 提 出 させる ウ 就 学 支 援 金 の 受 給 を 希 望 しない 生 徒 は 不 受 給 申 出 書 ( 様 式 4)を 学 校 設 置 者 に 提 出 する (2) 就 学 支 援 金 の 加 算 就 学 支 援 金 の 加 算 を 望 む 生 徒 は 加 算 届 出 書 ( 様 式 15( 旧 省 令 様 式 第 2 号 ))に 保 護 者 等 の 課 税 証 明 書 等 を 添 付 して 学 校 設 置 者 に 提 出 する 学 校 設 置 者 は 生 徒 から 提 出 さ れた 加 算 届 出 書 等 をとりまとめて 加 算 支 給 届 出 者 一 覧 ( 様 式 16)を 作 成 し 都 道 府 県 に 提 出 する 都 道 府 県 は 学 校 設 置 者 から 提 出 された 届 出 者 一 覧 により 加 算 の 可 否 を 判 定 する なお 加 算 要 件 の 確 認 に 係 る 事 務 については 他 の 事 務 と 同 様 学 校 設 置 者 等 にその 業 務 を 委 託 等 することができるが その 際 には 個 人 情 報 の 取 扱 に 関 する 保 護 者 や 学 校 設 置 者 の 意 見 等 を 十 分 に 斟 酌 した 上 で 具 体 的 な 取 扱 いを 定 めることが 必 要 である - 6 -

9 ( 留 意 事 項 ) ア 4 ~ 6 月 の 加 算 支 給 については 前 年 度 の 課 税 証 明 書 等 ( 前 々 年 の 所 得 を 証 明 する もの 以 下 同 じ )を 提 出 し 7 月 ~ 翌 年 3 月 については 当 該 年 度 の 課 税 証 明 書 等 ( 前 年 の 所 得 を 証 明 するもの 以 下 同 じ )を 提 出 することが 必 要 となる 課 税 証 明 書 等 の 保 護 者 の 所 得 を 証 明 する 書 類 は 通 常 毎 年 6 月 中 に 発 行 されるとこ ろ 就 学 支 援 金 の 加 算 を 希 望 する 生 徒 は 第 1 学 年 時 の 4 月 ( )に 前 年 度 の 課 税 証 明 書 等 を 添 付 した 加 算 届 出 書 を 提 出 し 6 月 以 降 の 都 道 府 県 の 定 める 提 出 期 限 までに 当 該 年 度 の 課 税 証 明 書 等 を 添 付 した 加 算 届 出 書 を 提 出 する 必 要 がある その 後 は 第 2 学 年 時 及 び 第 3 学 年 時 の 6 月 以 降 の 都 道 府 県 の 定 める 提 出 期 限 まで に 当 該 年 度 の 課 税 証 明 書 等 を 添 付 した 加 算 届 出 書 を 提 出 する 4 ~ 6 月 分 の 加 算 支 給 を 受 けるための 前 年 度 の 課 税 証 明 書 等 についても 4 月 に 提 出 する ことを 基 本 とする(なお 来 年 度 以 降 の 2 年 生 3 年 生 については 前 年 度 の 7 月 に 提 出 し た 証 明 書 等 により 6 月 まで 就 学 支 援 金 を 加 算 することができる)が 具 体 的 には 都 道 府 県 の 定 める 期 限 までに 提 出 すること ただし 例 えば 都 道 府 県 が 定 める 期 限 を 7 月 とする 必 要 がある 場 合 7 月 に 前 年 度 の 課 税 証 明 書 等 を 提 出 すれば 4 ~ 6 月 分 の 加 算 額 についても 支 給 することは 可 能 また 当 該 期 限 までに 提 出 できないやむを 得 ない 理 由 がある 場 合 には 遡 って 支 給 することは 可 能 ( 保 護 者 の 所 得 を 証 明 する 書 類 の 提 出 ) 第 1 学 年 時 (2 回 提 出 ) 4 月 6 月 3 月 前 年 度 の 当 該 年 度 の 課 税 証 明 書 等 の 提 出 課 税 証 明 書 等 の 提 出 第 2 学 年 時 (1 回 提 出 ) 4 月 6 月 3 月 当 該 年 度 の 課 税 証 明 書 等 の 提 出 第 3 学 年 時 (1 回 提 出 ) 4 月 6 月 3 月 当 該 年 度 の 課 税 証 明 書 等 の 提 出 イ 加 算 額 は 加 算 届 出 書 の 提 出 があった 日 の 属 する 月 の 翌 月 分 から 支 給 する(ただし 加 算 届 出 書 の 提 出 があった 日 が 月 の 初 日 である 場 合 には 当 該 月 分 から 支 給 する ) なお 入 学 時 など 認 定 申 請 書 と 併 せて 加 算 届 出 書 が 提 出 される 場 合 就 学 支 援 金 は 認 定 申 請 書 の 提 出 があった 日 が 属 する 月 分 から 支 給 される( 月 の 初 日 に 在 学 している 場 合 に 限 る )ことから 加 算 届 出 書 の 提 出 があった 日 が 月 の 初 日 でなくとも 当 該 月 分 から 加 算 額 を 支 給 する ウ 保 護 者 等 の 所 得 を 証 明 する 書 類 をどのような 書 類 とするかは 市 町 村 民 税 所 得 割 額 が 確 認 できるもの( 課 税 証 明 書 納 税 通 知 書 など)について 都 道 府 県 が 判 断 する < 課 税 証 明 書 以 外 で 市 町 村 民 税 所 得 割 額 が 確 認 できる 書 類 > 保 護 者 等 が 給 与 所 得 者 で 勤 務 先 以 外 からの 収 入 がない 場 合 は 毎 年 5 ~ 6 月 に 勤 務 先 から 配 付 される 市 町 村 民 税 の 特 別 徴 収 額 の 決 定 変 更 通 知 書 自 営 業 などの 場 合 は 毎 年 6 月 に 発 行 される 市 町 村 民 税 の 納 税 通 知 書 所 得 確 認 の 際 は 原 則 所 得 の 有 無 にかかわらず 保 護 者 等 全 員 についての 課 税 証 明 書 等 を 提 出 する 必 要 がある 一 方 で 保 護 者 のうち 片 方 が 控 除 対 象 扶 養 者 であれば ほとんどの 場 合 収 入 が 100 万 円 以 下 となるため 地 方 税 法 の 規 定 により 市 町 村 民 税 所 得 割 が 非 課 税 となるが 控 除 対 象 配 偶 者 であっても 収 入 が 100 万 円 を 超 える 場 合 には 市 町 村 民 税 所 得 割 が 課 さ れることとなる ただし 市 町 村 民 税 所 得 割 が 課 されたとしても 最 大 で 3,000 円 程 度 であるため 所 得 制 限 の 要 件 や 加 算 支 給 の 区 分 に 影 響 がないことが 明 らかな 場 合 は 必 ずしも 非 課 税 証 明 書 の 提 出 を 求 める 必 要 はない なお 収 入 が 100 万 円 以 下 であ - 7 -

10 る 場 合 には 地 方 税 法 の 規 定 により 市 町 村 民 税 所 得 割 は 課 することができない エ 1.5 倍 加 算 については 保 護 者 の 扶 養 親 族 の 人 数 年 齢 を 確 認 するため 1 扶 養 親 族 の 記 載 ( 16 歳 未 満 扶 養 親 族 その 他 扶 養 等 の 人 数 )が 省 略 されて いない 課 税 証 明 書 等 (a b 参 照 ) 2 16 歳 以 上 19 歳 未 満 の 扶 養 親 族 分 の 健 康 保 険 証 の 写 し(c ~ h 参 照 ) の 提 出 が 必 要 となる ただし 所 得 割 額 の 合 算 が 18,900 円 未 満 の 場 合 は 扶 養 親 族 の 有 無 にかかわらず 基 準 を 満 たすため 健 康 保 険 証 の 写 しの 提 出 を 不 要 としてもよい 基 準 額 の 算 定 に 用 いる 扶 養 親 族 は 税 法 上 の 扶 養 親 族 であり 課 税 証 明 書 に 記 載 された 人 数 をベースとする( 課 税 手 続 上 申 告 していない 扶 養 親 族 は 含 めない)が 課 税 証 明 書 のみでは 扶 養 親 族 のうち 16 歳 未 満 16 歳 以 上 19 歳 未 満 の 人 数 が 把 握 できないため 健 康 保 険 証 の 写 しなどにより 当 該 扶 養 親 族 の 推 認 を 行 う a 課 税 証 明 書 等 に 扶 養 親 族 の 記 載 がない 場 合 源 泉 徴 収 票 や 確 定 申 告 書 ( 控 )* 等 に より 扶 養 親 族 の 人 数 年 齢 を 確 認 することとする それぞれ 事 業 所 印 (または 代 表 者 印 ) 税 務 署 受 付 印 のあるもの( 確 定 申 告 を 電 子 申 請 で 行 った 場 合 には 電 子 申 告 の 受 信 通 知 )とする b 市 民 税 都 道 府 県 民 税 特 別 徴 収 税 額 の 決 定 変 更 通 知 書 に 扶 養 親 族 の 人 数 控 除 の 内 訳 が 記 載 されていれば 課 税 証 明 書 の 代 わりとしてもよい c 税 法 上 の 扶 養 親 族 と 医 療 保 険 法 上 の 被 扶 養 者 では 収 入 等 の 要 件 が 異 な るが 本 件 事 務 においては 被 扶 養 者 を 扶 養 親 族 と 推 認 する d 国 民 健 康 保 険 の 場 合 は 家 族 ではなく 個 人 単 位 で 加 入 するため 扶 養 関 係 は 分 からない このため 国 民 健 康 保 険 証 又 は 住 民 票 等 により 同 一 世 帯 に 属 する 子 ど もを 扶 養 親 族 と 推 認 する e 課 税 証 明 書 等 に 扶 養 親 族 の 記 載 がないため 確 定 申 告 書 ( 控 )を 提 出 させる 場 合 には 扶 養 親 族 の 生 年 月 日 が 確 定 申 告 書 ( 控 )により 確 認 できれば 必 ずしも 健 康 保 険 証 の 写 しは 必 要 ない f 課 税 証 明 書 等 で 16 歳 未 満 の 扶 養 親 族 しかいないことが 確 認 できる 場 合 ( 16 歳 未 満 欄 に 人 数 が 記 載 され その 他 扶 養 欄 が 0 人 の 場 合 など)には 健 康 保 険 証 の 写 しは 必 要 ない g 健 康 保 険 証 を 持 っていない 場 合 や 前 年 (4 ~ 6 月 分 については 前 々 年 )の 12 月 末 時 点 では 保 護 者 の 扶 養 親 族 だった 者 が 就 職 等 により 医 療 保 険 法 上 の 被 扶 養 者 でな くなった 場 合 は 健 康 保 険 証 の 写 しの 代 わりに 住 民 票 などで 同 一 世 帯 に 属 するこ とを 確 認 し 扶 養 親 族 と 推 認 する ただし その 子 どもが 保 護 者 と 別 居 し 住 民 票 を 異 動 させている 場 合 などは 住 民 票 の 除 票 の 写 し 母 子 手 帳 等 により 扶 養 関 係 を 推 認 する h 前 年 (4 ~ 6 月 分 については 前 々 年 )の 途 中 で 死 亡 した 扶 養 親 族 の 確 認 書 類 とし ては 例 えば 死 亡 届 記 載 事 項 証 明 死 亡 の 記 載 のある 戸 籍 謄 抄 本 住 民 票 等 が 考 えられる オ 生 徒 が 1 月 1 日 現 在 で 生 活 保 護 法 による 生 活 扶 助 を 受 けている 世 帯 に 属 している 場 合 には 翌 年 度 の 市 町 村 民 税 所 得 割 が 非 課 税 となることから 保 護 者 の 所 得 を 証 明 す る 書 類 として 生 活 保 護 受 給 証 明 書 ( 就 学 支 援 金 が 支 給 される 月 の 属 する 年 (1 ~ 6 月 分 についてはその 前 年 )の 1 月 1 日 時 点 に 生 活 保 護 の 対 象 であることが 確 認 できる ものに 限 る )を 提 出 することにより 2 倍 加 算 の 対 象 となる カ 保 護 者 が 海 外 に 在 住 している 等 の 理 由 により 保 護 者 全 員 又 は 一 部 の 者 の 所 得 割 額 を 証 明 する 書 類 が 提 出 できない 場 合 は 加 算 支 給 の 対 象 とはならない キ 税 額 を 判 断 する 基 準 となる 保 護 者 は 生 徒 の 親 権 を 行 う 者 であり 実 質 的 な 監 護 関 係 によって 判 断 するものではない ただし 親 権 者 が ケの 生 徒 の 就 学 に 要 する 経 費 の 負 担 を 求 めることが 困 難 であると 認 められる 者 である 場 合 には 本 法 の 適 用 におい ては その 者 は 保 護 者 には 含 まれない なお 保 護 者 が 未 成 年 後 見 人 の 場 合 であって その 未 成 年 後 見 人 が 生 徒 の 扶 養 義 務 ( 民 法 に 定 めるものをいう)を 負 わない 者 であるときは 生 徒 の 就 学 に 要 する 経 費 の 負 担 を 求 めることが 困 難 であると 認 められる 保 護 者 に 該 当 すると 考 えることがで - 8 -

11 きる ク 生 徒 に 保 護 者 がない 場 合 には 加 算 の 基 準 となる 税 額 は 生 徒 本 人 又 は 生 徒 が 主 と して 他 の 者 の 収 入 により 生 計 を 維 持 している 場 合 にはその 者 の 税 額 となる なお 成 人 には 親 権 者 がいないため 成 年 に 達 した 生 徒 の 場 合 には 本 法 の 適 用 上 受 給 権 者 に 保 護 者 がいない 場 合 にあたる( 未 成 年 者 であっても 婚 姻 した 場 合 は 成 年 に 達 したものとして 取 り 扱 う ) 生 計 を 維 持 している 者 という 概 念 は 健 康 保 険 法 等 で 扶 養 者 と 被 扶 養 者 の 関 係 を 定 めるに 当 たって 用 いられている 概 念 と 同 等 の 者 であるので 簡 便 な 確 認 手 段 として 例 えば 健 康 保 険 証 を 確 認 すること 等 によることが 考 えられる ケ ドメステックバイオレンス(DV)や 児 童 虐 待 のため 接 触 することにより 危 害 が 及 ぶことが 考 えられる 場 合 や 失 踪 により 接 触 することができない 場 合 など やむを 得 な い 理 由 により 保 護 者 のうち 一 方 又 は 双 方 の 証 明 書 類 が 提 出 できない 場 合 には 当 該 事 情 を 明 らかにした 上 で もう 一 方 の 保 護 者 又 は 本 人 の 所 得 のみにより 判 断 することが できる コ 保 護 者 が 両 親 でない 者 の 場 合 には 当 該 保 護 者 の 所 得 割 額 をもって 判 断 する ただ し 以 下 の 者 が 保 護 者 である 場 合 には 生 徒 本 人 又 は 生 徒 が 主 として 他 の 者 の 収 入 に より 生 計 を 維 持 している 場 合 にはその 者 の 所 得 により 判 断 する a 児 童 福 祉 法 第 33 条 の 2 第 1 項 第 33 条 の 8 第 2 項 又 は 第 47 条 第 2 項 の 規 定 によ り 親 権 を 行 う 児 童 相 談 所 長 b 児 童 福 祉 法 第 47 条 第 1 項 の 規 定 により 親 権 を 行 う 児 童 福 祉 施 設 の 長 c 法 人 である 未 成 年 後 見 人 d 民 法 第 857 条 の2 第 2 項 に 規 定 する 財 産 に 関 する 権 限 のみを 行 使 すべきこととさ れた 未 成 年 後 見 人 サ 生 徒 が 里 親 に 養 育 されている 場 合 や 小 規 模 住 居 型 児 童 養 育 事 業 (ファミリーホーム) において 養 育 を 受 ける 場 合 には 生 徒 本 人 の 税 額 により 加 算 判 定 を 行 う ただし 親 権 者 ( 生 徒 の 就 学 に 要 する 経 費 の 負 担 を 求 めることが 困 難 であると 認 め られる 者 を 除 く)がいる 場 合 又 は 里 親 が 未 成 年 後 見 人 ( 扶 養 義 務 のある 者 に 限 る)に 選 任 されている 場 合 は 当 該 親 権 者 又 は 里 親 の 税 額 により 加 算 判 定 を 行 う シ 市 町 村 民 税 所 得 割 額 を 確 認 すべき 者 が 生 徒 本 人 であり( 未 成 年 である 者 に 限 る ) 税 の 申 告 を 行 っていないため 当 該 生 徒 の 課 税 証 明 書 等 が 提 出 できない 場 合 は 当 該 生 徒 の 市 町 村 民 税 所 得 割 が 非 課 税 であることが 明 らかであることを 確 認 した 上 で 課 税 証 明 書 等 の 添 付 を 要 しないこととすることができる ス 生 徒 本 人 や 保 護 者 以 外 の 家 族 に 所 得 がある 場 合 であっても 本 人 や 保 護 者 以 外 の 家 族 の 所 得 は 合 算 しない セ 就 学 支 援 金 の 加 算 を 決 定 するのは 都 道 府 県 であるが 保 護 者 の 所 得 を 証 明 する 書 類 の 実 質 的 な 確 認 作 業 などについて 都 道 府 県 が 学 校 設 置 者 に 事 務 委 託 すること 等 は 可 能 ソ 所 得 要 件 の 確 認 を 行 う 保 護 者 等 は 就 学 支 援 金 が 支 給 される 当 該 月 ごとの 保 護 者 等 となる したがって 年 度 の 途 中 で 婚 姻 もしくはその 解 消 受 給 権 者 が 成 年 に 達 した 等 により 保 護 者 等 に 変 更 がある 場 合 には 改 めて 課 税 証 明 書 等 を 添 付 した 加 算 届 出 書 を 提 出 する 必 要 がある ただし 両 親 の 再 婚 離 婚 の 場 合 など 既 に 片 方 の 課 税 証 明 書 等 を 提 出 しているときは 当 該 課 税 証 明 書 等 を 改 めて 添 付 することを 要 しない この 場 合 において 保 護 者 等 の 変 更 により 加 算 の 要 件 を 満 たさなくなったときは 保 護 者 の 変 更 の 事 由 が 生 じた 日 の 属 する 月 の 翌 月 分 から( 当 該 事 由 の 生 じた 日 が 月 の 初 日 である 場 合 は 当 該 月 分 から) 支 給 額 が 変 更 される 一 方 保 護 者 等 の 変 更 により 加 算 の 要 件 を 満 たすようになったときは 加 算 届 出 書 等 の 提 出 があった 日 の 属 する 月 の 翌 月 分 から( 提 出 があった 日 が 月 の 初 日 である 場 合 は 当 該 月 分 から) 支 給 額 が 変 更 される なお 保 護 者 ( 親 権 者 )が 再 婚 した 場 合 であ っても 再 婚 相 手 が 生 徒 と 養 子 縁 組 等 を 行 わないことにより 生 徒 の 親 権 者 とならな い 場 合 は 当 該 者 は 就 学 支 援 金 制 度 における 保 護 者 には 該 当 しない タ 課 税 証 明 書 等 は 原 本 を 提 出 することが 望 ましいが 都 道 府 県 の 判 断 により 複 写 と しても 差 し 支 えない - 9 -

12 チ 加 算 届 出 書 における 記 入 者 署 名 欄 の 署 名 は 受 給 権 者 である 生 徒 本 人 又 は 保 護 者 ( 旧 令 第 4 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 保 護 者 のほか 児 童 相 談 所 長 等 の 親 権 を 行 う 者 及 び 旧 令 第 4 条 第 2 項 第 2 号 に 規 定 する 当 該 受 給 権 者 が 主 として 他 の 者 の 収 入 に より 生 計 を 維 持 している 場 合 にあっては 当 該 他 の 者 に 該 当 する 者 を 含 む )の 名 で 行 う < 就 学 支 援 金 の 加 算 額 の 判 断 基 準 となる 者 について > 判 断 基 準 となる 者 ( 課 税 証 明 書 等 が 必 要 な 者 ) 親 権 者 いない いる 就 学 に 要 する 経 費 の 負 担 を 求 めることが 困 難 な 者 (DV 児 童 虐 待 等 ) 全 員 困 難 な 者 一 部 いる いない 親 権 者 全 員 親 権 者 ( 困 難 な 者 を 除 く) 未 成 年 後 見 人 いる 扶 養 義 務 ある 未 成 年 後 見 人 いない 児 童 相 談 所 長 児 童 福 祉 施 設 の 長 などの 場 合 ない 主 たる 生 計 維 持 者 いない いる 主 たる 生 計 維 持 者 生 徒 本 人 ツ 加 算 届 出 書 の 2(1)( 保 護 者 が 1 人 の 場 合 又 は 親 権 者 若 しくは 未 成 年 後 見 人 の 一 部 に 保 護 者 に 該 当 しない 者 がいる 場 合 )の 理 由 欄 については 以 下 の 記 入 例 を 参 考 にさ れたい a 離 婚 又 は 死 別 等 により 保 護 者 が1 人 の 場 合 ( 記 入 例 ) 平 成 年 月 日 に 離 婚 離 婚 死 別 等 の 理 由 したことにより 親 権 者 は 母 親 続 柄 である 花 子 保 護 者 氏 名 のみであるため 元 配 偶 者 の 課 税 証 明 書 等 を 提 出 できませ ん b 一 方 の 保 護 者 が 就 学 に 要 する 経 費 の 負 担 を 求 めることが 困 難 な 者 であり 保 護 者 に 該 当 しない 場 合 ( 記 入 例 ) 平 成 年 月 日 頃 から 太 郎 生 徒 氏 名 の 父 が 失 踪 失 踪 やDV 等 の 理 由 した ことにより 就 学 に 要 する 経 費 を 負 担 している 者 は 母 親 続 柄 である 花 子 保 護 者 氏 名 のみであるため 配 偶 者 の 課 税 証 明 書 等 を 提 出 できません テ 加 算 届 出 書 の 2(2)1( 保 護 者 がおらず 生 徒 本 人 又 は 主 たる 生 計 維 持 者 の 課 税 証 明 書 等 を 提 出 する 場 合 )の 理 由 欄 については 以 下 の 記 入 例 を 参 考 にされたい a 生 徒 本 人 の 課 税 証 明 書 等 を 添 付 する 場 合 ( 記 入 例 ) 平 成 年 月 日 に 保 護 者 が 離 婚 離 婚 死 別 等 の 理 由 したことにより 母 のみが 親 権 者 となりましたが その 後 平 成 年 月 日 に 母 が 死 亡 失 踪 死 亡 等 の 理 由 し 現 在 は 主 として 私 の 生 計 維 持 に 当 たっている 者 もいないため 私 の 課 税 証 明 書 を 添 付 し ます b 主 たる 生 計 維 持 者 の 課 税 証 明 書 等 を 提 出 する 場 合 ( 記 入 例 ) 平 成 年 月 日 に 保 護 者 が 離 婚 離 婚 死 別 等 の 理 由 したことにより 母 のみが 親 権 者 となりましたが その 後 平 成 年 月 日 に 母 が 死 亡 失 踪 死 亡 等 の 理 由 し 現 在 は 母 の 兄 和 夫 生 計 維 持 者 氏 名 が 主 として 私 の 生 計 維 持 に 当 たっています ので 和 夫 の 課 税 証 明 書 を 添 付 します

13 ト 税 の 更 正 又 は 決 定 があり 課 税 額 に 変 更 が 生 じた 場 合 は 速 やかに 変 更 後 の 課 税 証 明 書 等 を 都 道 府 県 に 提 出 する 必 要 がある この 場 合 の 加 算 支 給 の 取 扱 いは 以 下 のと おりとする a 加 算 支 給 を 受 けていた 生 徒 について 所 得 税 法 に 係 る 更 正 又 は 決 定 により 所 得 割 額 が1.5 倍 加 算 の 基 準 額 を 超 える 又 は 市 町 村 民 税 所 得 割 を 課 されるに 至 った 場 合 は 当 該 更 正 又 は 決 定 の 原 因 が 生 徒 保 護 者 の 側 にあるか 否 かにかかわらず 要 件 に 該 当 していなかった 月 分 の 加 算 支 給 額 は 全 額 返 還 する 必 要 がある b 加 算 支 給 を 受 けていた 生 徒 について 生 徒 保 護 者 の 側 によらない 原 因 により 所 得 税 に 係 る 更 正 が 行 われ 市 町 村 民 税 所 得 割 を 課 されないこととなった 場 合 は や むを 得 ない 理 由 がやんだ 後 ( 更 正 通 知 書 を 受 け 取 った 日 の 翌 日 から 原 則 15 日 以 内 に) 市 町 村 民 税 所 得 割 を 課 されないこととなった 旨 の 申 出 を 行 った 場 合 には 要 件 を 満 たしている 月 分 の 加 算 支 給 を 行 う c 加 算 支 給 の 届 出 を 行 っていなかった 生 徒 について 生 徒 保 護 者 等 によらない 原 因 により 所 得 税 に 係 る 更 正 があったことにより 要 件 を 満 たすこととなった 場 合 は やむを 得 ない 理 由 がやんだ 後 ( 更 正 通 知 書 を 受 け 取 った 日 の 翌 日 から 原 則 15 日 以 内 に) 加 算 支 給 の 届 出 を 行 った 場 合 には 更 正 後 の 市 町 村 民 税 所 得 割 額 によって 要 件 を 満 たしていた 月 分 の 加 算 支 給 を 行 う d a ~ c の 取 扱 いについては 生 徒 が 既 に 高 等 学 校 等 を 卒 業 した 場 合 においても 同 様 とし 支 給 に 係 る 手 続 は 卒 業 した 高 等 学 校 等 を 経 由 して 行 うことを 基 本 とする ナ 生 徒 の 保 護 者 等 が 税 の 申 告 を 行 っていないため 市 町 村 民 税 所 得 割 額 が 確 認 できない 場 合 は 所 得 確 認 ができないため 加 算 支 給 されない この 場 合 においては 税 の 申 告 を 行 った 上 で 課 税 証 明 書 等 を 取 得 し 都 道 府 県 へ 提 出 するものとする( 上 記 シの 市 町 村 民 税 所 得 割 額 を 確 認 すべき 者 が 未 成 年 の 生 徒 本 人 である 場 合 は 除 く ) (3) 就 学 支 援 金 の 支 給 額 決 定 ( 交 付 決 定 ) 都 道 府 県 は 学 校 設 置 者 からの 交 付 申 請 ( 様 式 31)を 受 けて 受 給 権 者 である 生 徒 の 支 給 額 を 決 定 ( 交 付 決 定 )し 支 給 額 決 定 ( 交 付 決 定 ) 通 知 を 受 給 権 者 である 生 徒 に 直 接 通 知 ( 様 式 32)するか 学 校 設 置 者 を 経 由 して 通 知 ( 様 式 33 様 式 34)する 授 業 料 減 免 奨 学 金 と 就 学 支 援 金 の 関 係 について 就 学 支 援 金 の 額 は 支 給 対 象 高 等 学 校 等 の 授 業 料 の 月 額 に 相 当 する 額 ( 支 給 限 度 額 を 超 える 場 合 にあっては 支 給 限 度 額 )とされており( 旧 法 第 6 条 第 1 項 ) すなわち 支 給 対 象 高 等 学 校 等 の 設 置 者 である 学 校 法 人 等 が 有 する 受 給 権 者 ( 生 徒 )の 授 業 料 に 係 る 債 権 ( 以 下 授 業 料 債 権 )の 額 となる ここで 授 業 料 減 免 については 一 般 的 に 学 校 法 人 等 が 授 業 料 債 権 の 額 そのもの を 変 更 することで 授 業 料 の 一 部 又 は 全 部 を 免 除 することを 意 味 している このため 学 校 法 人 等 が 授 業 料 減 免 を 実 施 する 場 合 の 就 学 支 援 金 の 額 は 授 業 料 減 免 による 変 更 後 の 授 業 料 債 権 の 額 となる また 奨 学 金 については 一 般 的 に 学 校 法 人 等 が その 有 する 授 業 料 債 権 とは 別 途 生 徒 に 対 して 給 付 する 学 資 金 を 意 味 している このため 学 校 法 人 等 が 奨 学 金 を 給 付 する 場 合 には 授 業 料 債 権 の 額 に 変 更 は 生 じない すなわち 学 校 法 人 等 において 奨 学 金 を 授 業 料 債 権 と 相 殺 し 実 際 に 金 銭 を 生 徒 に 給 付 しない 場 合 であっても 就 学 支 援 金 は 支 給 される (4)1 単 位 あたりの 授 業 料 を 設 定 している 場 合 の 特 例 1 単 位 あたり 授 業 料 を 設 定 し 徴 収 している 場 合 ( 以 下 単 位 制 という )は 下 記 のルールにより 取 り 扱 うこととする

14 ( 単 位 制 の 支 給 額 決 定 ルール) ア 支 給 対 象 単 位 数 の 上 限 支 給 上 限 は 学 校 教 育 法 施 行 規 則 に 定 める 卒 業 要 件 である 74 単 位 とする( 履 修 単 位 数 であり 修 得 単 位 数 ではない) イ 年 間 の 支 給 対 象 単 位 数 の 上 限 30 単 位 とする ウ 支 給 期 間 の 上 限 a 全 日 制 高 校 等 (b c 以 外 ):36 月 b 高 等 学 校 中 等 教 育 学 校 の 定 時 制 通 信 制 の 課 程 :48 月 c 専 修 学 校 高 等 課 程 の 夜 間 等 学 科 通 信 制 学 科 :48 月 以 下 b 及 び c を 定 時 制 課 程 等 という 支 給 期 間 については 登 録 単 位 の 有 無 に 関 わらず 在 学 していればカウントする ただし 休 学 の 場 合 には 本 人 が 就 学 支 援 金 の 支 給 停 止 を 申 し 出 れば 支 給 期 間 のカウン トを 一 時 停 止 することができる エ 基 準 額 の 設 定 方 法 1 単 位 の 教 育 内 容 に 対 する 対 価 は 課 程 の 別 にかかわらず 同 等 と 考 えられることか ら 支 給 額 についても 課 程 の 別 や 修 業 年 限 にかかわらず 以 下 のとおり 1 単 位 あた りの 支 給 限 度 額 を 設 定 する a 1 単 位 あたりの 支 給 額 118,800 円 3 年 74 単 位 4,816 円 4,812 円 定 時 制 課 程 等 で 修 業 年 限 が 4 年 の 場 合 も 同 様 b 1 単 位 あたり 月 額 4,812 円 履 修 期 間 学 校 において 1 単 位 当 たりの 支 給 額 よりも 低 い 授 業 料 額 を 設 定 している 場 合 には そ の 授 業 料 額 履 修 期 間 として 計 算 c 支 給 限 度 額 (1 単 位 あたり 月 額 ) 登 録 単 位 数 ( 端 数 切 捨 て) 例 1 授 業 料 額 7,000 円 / 単 位 25 単 位 登 録 履 修 期 間 12 月 の 場 合 授 業 料 月 額 :7,000 円 12 月 25 単 位 = 14,583 円 ( 端 数 切 捨 て) 支 給 限 度 額 :4,812 円 12 月 25 単 位 = 10,025 円 支 給 額 : 授 業 料 月 額 > 支 給 限 度 額 10,025 円 例 2 授 業 料 額 8,000 円 / 単 位 40 単 位 登 録 履 修 期 間 12 月 2 倍 加 算 の 場 合 授 業 料 月 額 :8,000 円 12 月 40 単 位 = 26,666 円 ( 端 数 切 捨 て) 支 給 限 度 額 :4,812 円 12 月 30 単 位 2 倍 = 24,060 円 支 給 額 : 授 業 料 月 額 > 支 給 限 度 額 24,060 円 オ 就 学 支 援 金 の 支 給 対 象 とならない 履 修 単 位 の 扱 い 平 成 22 年 4 月 の 制 度 開 始 前 に 履 修 した 科 目 ( 履 修 期 間 が 満 了 しているものに 限 る ) の 単 位 数 についても 支 給 対 象 単 位 数 の 上 限 である 74 単 位 の 計 算 に 含 むものとする ただし この 場 合 においては 年 間 30 単 位 を 限 度 とするのではなく 履 修 科 目 の 全 ての 単 位 数 を 74 単 位 の 計 算 に 含 めるものとする( 例 えば 制 度 開 始 前 に 1 年 間 で 35 単 位 履 修 した 上 で 退 学 した 生 徒 の 残 支 給 単 位 数 は = 44 単 位 ではなく = 39 単 位 ) なお 留 学 先 の 現 地 校 定 時 制 通 信 制 等 の 併 修 先 の 高 等 学 校 等 及 び 高 等 学 校 等 以 外 の 学 校 ( 大 学 専 門 学 校 就 学 支 援 金 制 度 の 対 象 となっていない 専 修 学 校 一 般 課 程 など)における 学 習 学 校 外 活 動 (ボランティア 活 動 就 業 体 験 及 び 高 等 学 校 卒 業 程 度 認 定 試 験 の 合 格 など)について 就 学 支 援 金 の 支 給 を 受 ける 高 等 学 校 等 に 授 業 料 を 支 払 わない 場 合 は 卒 業 に 必 要 な 単 位 に 換 算 される 場 合 であっても 就 学 支 援 金 の 支 給 対 象 単 位 数 の 上 限 である 74 単 位 及 び 年 間 の 支 給 対 象 単 位 数 の 上 限 である 30 単 位 の 計 算 には 含 めない

15 - 13 -

16 単 位 制 高 校 の 各 月 の 支 給 限 度 額 イメージ 1) 年 間 上 限 30 単 位 ルール 2の 例 では 算 定 月 (26 年 度 10 月 )の 属 する 年 度 において 算 定 月 の 前 月 までに 履 修 を 開 始 した 科 目 の 単 位 数 (20 単 位 )と 算 定 月 に 履 修 を 開 始 する 科 目 の 単 位 数 (25 単 位 ) の 合 計 が 30 を 超 えるため 算 定 月 に 履 修 を 開 始 する 科 目 の 単 位 数 のうち 超 過 分 の 単 位 数 (15 単 位 )は 支 給 対 象 とならない 4の 考 え 方 についても 同 様 2) 年 間 上 限 30 単 位 ルール 年 度 をまたいで 履 修 する 場 合 26 年 度 10 月 に 履 修 を 開 始 した 25 単 位 については 算 定 月 (27 年 度 4 月 )の 属 する 年 度 において 算 定 月 の 前 月 までに 履 修 を 開 始 した 科 目 の 単 位 数 ではないため 算 定 月 の 属 す る 年 度 において 算 定 月 の 前 月 までに 履 修 を 開 始 した 科 目 の 単 位 数 (0 単 位 )と 算 定 月 に 履 修 を 開 始 する 科 目 の 単 位 数 (25 単 位 )の 合 計 が 30 を 超 えず 算 定 月 に 履 修 を 開 始 する 科 目 の 単 位 数 (25 単 位 ) 全 てを 支 給 対 象 として 合 算 できる その 結 果 26 年 度 10 月 に 履 修 を 開 始 した 科 目 の 単 位 数 のうち 支 給 対 象 となっている 10 単 位 と 算 定 月 に 履 修 を 開 始 する 25 単 位 の 合 計 35 単 位 が 支 給 対 象 となる 3) 通 算 上 限 74 単 位 ルール (5について) 年 間 上 限 の 扱 いについては3と 同 様 だが 算 定 月 (28 年 度 4 月 )の 属 する 年 度 の 前 年 度 までに 履 修 を 開 始 した 科 目 であって 支 給 対 象 となったものの 単 位 数 (20 単 位 + 10 単 位 + 25 単 位 + 5 単 位 )と 算 定 月 の 属 する 年 度 において 算 定 月 の 前 月 までに 履 修 を 開 始 した 科 目 の 単 位 数 (0 単 位 )と 算 定 月 に 履 修 を 開 始 する 科 目 の 単 位 数 (25 単 位 )の 合 計 が 74 を 超 えるため 算 定 月 に 履 修 を 開 始 する 科 目 の 単 位 数 のうち 超 過 分 の 単 位 数 (11 単 位 )は 支 給 対 象 として 合 算 できない その 結 果 27 年 度 10 月 に 履 修 を 開 始 した 科 目 の 単 位 数 の うち 支 給 対 象 となっている 5 単 位 と 28 年 度 4 月 に 履 修 を 開 始 する 科 目 の 単 位 数 のうち 支 給 対 象 として 合 算 できる 14 単 位 (25 単 位 - 上 限 超 過 分 11 単 位 )の 合 計 19 単 位 が 支 給 対 象 となる (6について) 算 定 月 (28 年 度 10 月 )の 属 する 年 度 の 前 年 度 までに 履 修 を 開 始 した 科 目 であって 支 給 対 象 となったものの 単 位 数 (20 単 位 + 10 単 位 + 25 単 位 + 5 単 位 )と 算 定 月 の 属 する 年 度 において 算 定 月 の 前 月 までに 履 修 を 開 始 した 科 目 のうち 支 給 対 象 となったものの 単 位 数

17 (14 単 位 )の 合 計 が 74 となるため 算 定 月 に 履 修 を 開 始 する 科 目 の 単 位 数 を 支 給 対 象 と して 合 算 できない その 結 果 28 年 度 4 月 に 履 修 を 開 始 した 科 目 の 単 位 数 のうち 支 給 対 象 となった 14 単 位 が 支 給 対 象 となる カ 転 出 入 する 場 合 の 支 援 金 の 算 出 方 法 < 転 学 の 場 合 における 転 学 後 の 支 給 期 間 ( 一 般 ルール)> ⅰ) 全 日 制 高 校 等 の 場 合 36 月 から 私 立 高 等 学 校 等 に 在 学 した 月 数 ( 支 給 停 止 期 間 を 除 く 以 下 同 じ ) を 除 いた 月 数 とする ⅱ) 定 時 制 課 程 等 の 場 合 48 月 から 私 立 高 等 学 校 等 に 在 学 した 月 数 を 除 いた 月 数 とする ⅲ) 全 日 制 高 校 等 から 定 時 制 課 程 等 に 異 動 した 場 合 48 月 から 私 立 高 等 学 校 等 に 在 学 した 月 数 4/3( 端 数 切 捨 て)を 除 いた 月 数 とする ⅳ) 定 時 制 課 程 等 から 全 日 制 高 校 等 に 異 動 した 場 合 36 月 から 私 立 高 等 学 校 等 に 在 学 した 月 数 3/4( 端 数 切 捨 て)を 除 いた 月 数 とする ⅴ) 全 日 制 高 校 等 と 定 時 制 課 程 等 の 間 を 複 数 回 異 動 している 場 合 a. 全 日 制 高 校 等 に 異 動 する 場 合 36 月 -( 全 日 制 等 月 数 + 定 時 制 等 月 数 3/4)( 端 数 切 捨 て) b. 定 時 制 課 程 等 に 異 動 する 場 合 48 月 -( 全 日 制 等 月 数 4/3 + 定 時 制 等 月 数 )( 端 数 切 捨 て) 上 記 一 般 ルールに 基 づき 以 下 のとおりとする 学 年 制 から 単 位 制 ( 単 位 ごとに 授 業 料 を 徴 収 する 場 合 )に 転 入 ( 例 ) 全 日 制 ( 学 年 制 ) 高 校 を 1 年 次 の 12 月 在 籍 32 単 位 履 修 で 転 出 定 時 制 ( 単 位 制 ) 高 校 に 転 入 1 転 入 後 の 支 給 期 間 ( 一 般 ルール) 残 支 給 期 間 :48 月 - 12 月 4/3 = 32 月 以 内 で 支 給 2 転 入 後 の 支 給 額 ( 単 位 ごとに 授 業 料 を 徴 収 する 場 合 のルール) (74-32)= 42 単 位 まで 支 給 可 能 年 間 の 登 録 上 限 は 30 単 位 ただし 学 年 制 在 籍 時 の 履 修 単 位 数 には 30 単 位 の 年 間 上 限 を 適 用 させない 単 位 制 ( 単 位 ごとに 授 業 料 を 徴 収 する 場 合 )から 学 年 制 に 転 入 ( 例 ) 定 時 制 ( 単 位 制 ) 高 校 を 19 月 在 籍 登 録 単 位 35 単 位 (1 年 目 :20 2 年 目 :15) で 転 出 し 全 日 制 ( 学 年 制 ) 高 校 に 転 入 登 録 単 位 数 によらず 既 支 給 期 間 に 基 づき 残 りの 支 給 期 間 を 算 出 する 1 転 入 後 の 支 給 期 間 ( 一 般 ルール) 残 支 給 期 間 :36 月 - 19 月 3/4 = 22 月 まで 支 給 可 能 2 転 入 後 の 支 給 額 月 額 (9,900 円 ( 全 日 制 の1 月 あたりの 授 業 料 額 )) 22 月 キ 年 度 の 途 中 で1 単 位 毎 の 授 業 料 額 を 定 める 課 程 に 異 動 した 場 合 の 取 扱 ( 例 )ある 生 徒 が A 校 において 12 月 の 履 修 期 間 で 当 該 年 度 に 25 単 位 を 登 録 し 4 月 か ら 10 月 までの 7 月 間 在 学 した(ただし 当 該 単 位 に 係 る 科 目 の 履 修 は 修 了 していない) その 後 当 該 生 徒 が B 校 に 入 学 し 当 該 年 度 に 10 単 位 を 登 録 の 上 11 月 から 3 月 まで の 5 月 間 在 学 した 1 A 校 での 履 修 を 承 継 して B 校 に 入 学 した 場 合 1 単 位 当 たりの 支 給 限 度 額 を 除 す 月 数 は A 校 で 履 修 期 間 として 登 録 した 月 数 と

18 し 合 算 する 単 位 数 は B 校 で 登 録 した 単 位 数 とする B 校 での1 月 あたりの 支 給 限 度 額 :4,812 円 12 月 10 単 位 A 校 から B 校 への 移 動 の 際 に 承 継 しなかった 15 単 位 は 履 修 期 間 が 満 了 しなか ったことになるため 3 年 間 の 合 計 で 74 単 位 までとする 支 給 単 位 の 上 限 の 計 算 に 含 まない 2 A 校 での 履 修 を 承 継 せず B 校 に 入 学 した 場 合 1 単 位 当 たりの 支 給 限 度 額 を 除 す 月 数 は B 校 で 履 修 期 間 として 登 録 した 月 数 と し 合 算 する 単 位 数 は B 校 で 登 録 した 単 位 数 とする B 校 での 1 月 あたりの 支 給 限 度 額 :4,812 円 5 月 10 単 位 A 校 で 登 録 した 25 単 位 分 は B 校 への 入 学 の 際 に 承 継 せず 履 修 期 間 が 満 了 しな かったことになるため 3 年 間 の 合 計 で 74 単 位 までとする 支 給 単 位 の 上 限 の 計 算 に 含 まない 履 修 期 間 満 了 の 考 え 方 が 休 学 時 と 異 なるので 注 意 (キ 参 照 ) ク 年 度 途 中 に 休 学 した 場 合 の 残 支 給 期 間 と 残 支 給 単 位 数 ( 例 )ある 通 信 制 高 校 において 履 修 期 間 の 2/3 の 履 修 ( 出 席 )を 満 たし 且 つ 期 末 試 験 に 合 格 すれば 単 位 が 取 得 できる 場 合 履 修 期 間 12 月 2 単 位 の 科 目 について 生 徒 A は 最 後 の 4 ヶ 月 を 休 学 したが 期 末 試 験 には 合 格 したため 単 位 を 修 得 し 生 徒 B は 最 後 の 4 ヶ 月 を 休 学 したが 期 末 試 験 には 合 格 しなかったため 単 位 を 修 得 できなかった この 場 合 生 徒 A と 生 徒 B 共 に 残 支 給 期 間 と 残 支 給 単 位 数 は 以 下 のとおりとなる 1 支 給 停 止 手 続 を 行 った 場 合 残 支 給 期 間 : 支 給 停 止 手 続 を 行 った 翌 月 から 支 給 期 間 が 停 止 する 48 月 - 8 月 = 40 月 休 学 中 の 履 修 期 間 (4 月 ) 分 は 支 給 しない 残 支 給 単 位 数 : 休 学 ( 支 給 停 止 ) 期 間 にかかわらず 全 ての 履 修 単 位 数 を 支 給 単 位 数 の 上 限 に 含 める 74 単 位 - 2 単 位 = 72 単 位 2 支 給 停 止 手 続 を 行 わなかった 場 合 残 支 給 期 間 :すべての 履 修 期 間 を 支 給 期 間 の 上 限 に 含 める 48 月 - 12 月 = 36 月 休 学 中 の 履 修 期 間 (4 月 ) 分 も 支 給 する 残 支 給 単 位 数 : 休 学 期 間 にかかわらず 全 ての 履 修 単 位 数 を 支 給 単 位 数 の 上 限 に 含 め る 74 単 位 - 2 単 位 = 72 単 位 履 修 期 間 満 了 の 考 え 方 が 退 学 時 と 異 なるので 注 意 (カ2 参 照 ) ケ 単 位 修 得 のない 専 修 学 校 高 等 課 程 における 履 修 の 単 位 換 算 単 位 修 得 のない 専 修 学 校 高 等 課 程 における 履 修 を 単 位 数 に 換 算 する 場 合 は 専 修 学 校 設 置 基 準 第 23 条 第 2 項 において 一 単 位 当 たりの 授 業 時 数 は 35 時 間 をもって 1 単 位 とすることと 規 定 されていることから 以 下 のとおり 算 定 する ( 例 ) 前 籍 校 ( 高 等 専 修 学 校 )において 800 時 間 の 授 業 を 受 け その 後 単 位 制 高 校 に 転 入 する 場 合 の 残 支 給 単 位 数 74 単 位 -(800 時 間 35 時 間 )= 51 単 位 ( 端 数 切 捨 て) コ 前 籍 校 での 既 履 修 単 位 数 が 確 認 できない 場 合 の 算 定 方 法 前 籍 校 が 学 校 教 育 法 施 行 規 則 第 28 条 第 2 項 における 保 存 期 間 5 年 が 経 過 した 後 に 指 導 要 録 等 を 破 棄 し 前 籍 校 における 履 修 単 位 数 が 確 認 できない 状 況 で 単 位 制 高 校 に 入 学 する 場 合 は 支 給 期 間 の 上 限 ( 全 日 制 高 校 等 :36 月 定 時 制 課 程 等 :48 月 ) に 対 する 前 籍 校 の 在 籍 期 間 の 割 合 に 応 じて 既 履 修 単 位 数 を 算 定 する ( 例 ) 前 籍 校 ( 定 時 制 )に 12 月 在 籍 し( 既 履 修 単 位 数 は 確 認 できず) 新 たに 通 信 制 高 校 に 入 学 する 場 合 の 残 支 給 単 位 数

19 74 単 位 - 74 単 位 12/48 月 = 55 単 位 ( 端 数 切 捨 て) (5) 就 学 支 援 金 の 支 給 額 変 更 決 定 ( 変 更 交 付 決 定 ) 都 道 府 県 は 学 校 設 置 者 を 通 じて 変 更 交 付 申 請 ( 様 式 35)を 受 けて 就 学 支 援 金 の 支 給 額 を 変 更 するときは 支 給 額 変 更 決 定 ( 変 更 交 付 決 定 )を 直 接 受 給 権 者 である 生 徒 に 通 知 ( 様 式 36)するか または 学 校 設 置 者 を 経 由 ( 様 式 37 様 式 38)する (6) 就 学 支 援 金 の 支 給 都 道 府 県 は 毎 月 1 日 の 在 籍 状 況 に 基 づき 就 学 支 援 金 の 代 理 受 領 者 である 学 校 設 置 者 に 対 して 就 学 支 援 金 を 支 給 する なお 学 校 設 置 者 等 に 対 し 就 学 支 援 金 の 支 給 を 行 わせるための 原 資 をあらかじめ 交 付 することとなっている 場 合 には 就 学 支 援 金 の 支 給 時 期 や 国 の 都 道 府 県 に 対 する 交 付 金 の 交 付 時 期 に 関 わりなく 支 払 とは 別 に 都 道 府 県 の 判 断 により 行 うことができる 3 就 学 支 援 金 の 実 績 報 告 就 学 支 援 金 の 額 の 確 定 都 道 府 県 は 毎 年 度 都 道 府 県 の 定 める 期 日 までに 学 校 設 置 者 から 就 学 支 援 金 の 実 績 報 告 ( 様 式 40)を 受 ける 都 道 府 県 は 学 校 設 置 者 からの 報 告 を 集 計 し 文 部 科 学 大 臣 に 前 年 度 の 就 学 支 援 金 の 実 績 を 報 告 ( 様 式 29)する 文 部 科 学 大 臣 は 4 月 10 日 までに 都 道 府 県 から 実 績 報 告 を 受 けて 就 学 支 援 金 交 付 金 の 額 を 確 定 し 都 道 府 県 に 通 知 ( 様 式 30)する 都 道 府 県 は 当 該 通 知 を 受 領 後 就 学 支 援 金 の 確 定 額 を 学 校 設 置 者 に 通 知 ( 様 式 41)するとともに 当 該 年 度 における 生 徒 個 人 の 支 給 実 績 を 生 徒 に 直 接 通 知 ( 様 式 42)するか または 学 校 設 置 者 を 通 じて 通 知 ( 様 式 43)する 4 就 学 支 援 金 の 受 給 資 格 消 滅 の 通 知 就 学 支 援 金 支 給 実 績 証 明 書 学 校 設 置 者 は 受 給 権 者 である 生 徒 の 受 給 権 が 退 学 除 籍 及 び 転 学 等 の 理 由 により 消 滅 した 場 合 ( 修 業 年 限 が3 年 未 満 の 課 程 の 卒 業 通 算 在 学 期 間 が 36 月 未 満 での 卒 業 退 学 除 籍 及 び 転 学 等 を 対 象 とし 36 月 在 学 した 上 で 卒 業 しもしくは 修 了 した 者 私 立 高 等 学 校 に 在 学 した 期 間 が 通 算 して 36 月 を 超 える 者 は 除 く )は 受 給 資 格 消 滅 者 一 覧 ( 様 式 10) を 作 成 し 都 道 府 県 に 提 出 する 都 道 府 県 は 学 校 設 置 者 から 提 出 された 受 給 資 格 消 滅 者 一 覧 に 基 づき 受 給 権 者 である 生 徒 の 受 給 資 格 の 消 滅 を 確 定 し 直 接 生 徒 に 通 知 ( 様 式 11) するか または 学 校 設 置 者 を 通 じて 通 知 ( 様 式 12 様 式 13)する( 生 徒 が 死 亡 したこ とによる 受 給 資 格 消 滅 の 場 合 は 必 ずしも 生 徒 保 護 者 等 へ 通 知 を 送 付 する 必 要 はな い ) この 受 給 資 格 消 滅 通 知 は 生 徒 が 転 学 や 再 入 学 海 外 留 学 からの 帰 国 等 により 高 等 学 校 等 に 在 籍 することとなった 際 に 就 学 支 援 金 を 再 び 受 給 するに 当 たっての 残 受 給 期 間 を 確 認 するために 必 要 であり 当 該 受 給 資 格 消 滅 通 知 を 紛 失 した 生 徒 は 就 学 支 援 金 を 受 給 する ことができなくなってしまう そのため 受 給 資 格 消 滅 通 知 を 紛 失 等 した 生 徒 は 支 給 実 績 証 明 書 の 発 行 を 都 道 府 県 に 申 請 ( 様 式 22)することができる 都 道 府 県 は 当 該 申 請 があ った 場 合 は 支 給 実 績 証 明 書 ( 様 式 23)を 発 行 しなければならない 5 休 学 に 伴 う 就 学 支 援 金 の 支 給 停 止 再 開 受 給 権 者 である 生 徒 が 休 学 する 場 合 学 校 設 置 者 を 通 じて 都 道 府 県 に 対 して 就 学 支 援 金 の 支 給 停 止 を 申 し 出 ることができる 支 給 停 止 を 希 望 する 生 徒 は 支 給 停 止 申 出 書 ( 様 式 18 ( 旧 省 令 様 式 第 3 号 ))を 学 校 設 置 者 に 提 出 する 学 校 設 置 者 は 生 徒 から 提 出 された 支 給 停 止 申 出 書 を 都 道 府 県 に 提 出 する 支 給 停 止 申 出 書 を 受 領 した 都 道 府 県 は 支 給 停 止 を 決 定 し 当 該 申 出 をした 生 徒 に 学 校 設 置 者 を 通 じて 支 給 停 止 通 知 ( 様 式 19)を 発 出 する 休 学 を 終 えて 就 学 支 援 金 の 支 給 再 開 を 希 望 する 生 徒 は 学 校 設 置 者 を 通 じて 都 道 府 県 に 対 して 支 給 再 開 を 申 し 出 る 必 要 がある 支 給 再 開 を 希 望 する 生 徒 は 支 給 再 開 申 出 書 ( 様 式 20( 旧 省 令 様 式 第 4 号 ))を 学 校 設 置 者 に 提 出 する 学 校 設 置 者 は 生 徒 から 提 出 された 支 給 再 開 申 出 書 を 都 道 府 県 に 提 出 する 支 給 再 開 申 出 書 を 受 領 した 都 道 府 県 は 支 給 再 開

20 を 決 定 し 当 該 申 出 をした 生 徒 に 学 校 設 置 者 を 通 じて 支 給 再 開 通 知 ( 様 式 21)を 発 出 す る ( 留 意 事 項 ) ア 支 給 停 止 再 開 申 出 書 の 提 出 があった 日 の 属 する 月 の 翌 月 分 から 支 給 停 止 再 開 す る(ただし 支 給 停 止 再 開 申 出 書 の 提 出 があった 日 が 月 の 初 日 である 場 合 には 当 該 月 分 から 支 給 停 止 再 開 する ) イ 生 徒 が 入 学 と 同 時 に 休 学 するなど 認 定 申 請 書 と 同 時 に 支 給 停 止 申 出 書 を 提 出 した 場 合 就 学 支 援 金 は 認 定 申 請 書 の 提 出 があった 日 の 属 する 月 分 から 支 給 されることか ら 支 給 停 止 申 出 書 の 提 出 が 月 の 初 日 でなくとも 当 該 月 分 から 就 学 支 援 金 の 支 給 を 停 止 する ウ 復 学 前 であっても 支 給 再 開 の 申 出 を 行 うことはできる この 場 合 休 学 期 間 中 に 授 業 料 が 生 じていれば 支 給 再 開 申 出 書 の 提 出 があった 日 の 属 する 月 の 翌 月 分 から( 月 の 初 日 の 場 合 は 当 該 月 分 から) 就 学 支 援 金 の 支 給 を 受 けることができる 6 転 学 に 伴 う 就 学 支 援 金 の 取 扱 い 生 徒 の 転 学 時 における 就 学 支 援 金 の 支 給 事 務 において 留 意 すべき 事 項 は 以 下 のとおり ( 留 意 事 項 ) ア 転 学 をした 場 合 には 改 めて 学 校 設 置 者 を 通 じて 認 定 申 請 を 都 道 府 県 に 対 して 行 う 必 要 がある その 際 認 定 申 請 書 にこれまでの 私 立 高 等 学 校 等 への 在 学 状 況 を 記 載 さ せるとともに 転 学 元 の 学 校 が 所 在 する 都 道 府 県 から 生 徒 に 発 行 される 受 給 資 格 消 滅 通 知 書 又 は 支 給 実 績 証 明 書 を 添 付 させる 必 要 がある ( 同 一 学 校 内 において 課 程 を 変 更 する 場 合 にも 改 めて 認 定 申 請 書 を 提 出 することが 必 要 ) イ 転 学 したか 否 かにかかわらず 私 立 高 等 学 校 等 に 在 学 している 期 間 が 36 月 までの 者 ( 定 時 制 通 信 制 課 程 等 は 48 月 )には 就 学 支 援 金 が 支 給 される したがって 私 立 高 等 学 校 等 から 他 の 私 立 高 等 学 校 等 へ 転 学 した 場 合 には 編 入 学 再 入 学 を 問 わ ず 36 月 からそれまでの 通 算 在 学 期 間 ( 支 給 停 止 期 間 を 除 く )を 除 いた 月 数 につい て 就 学 支 援 金 が 支 給 される ウ 平 成 26 年 3 月 31 日 以 前 に 公 立 高 等 学 校 から 私 立 高 等 学 校 等 に 転 学 した 場 合 には 公 立 高 等 学 校 の 在 学 期 間 にかかわらず 最 大 36 月 ( 定 時 制 課 程 等 は 48 月 )まで 就 学 支 援 金 が 支 給 される エ 全 日 制 高 校 等 から 定 時 制 課 程 等 に 転 学 した 場 合 48 月 から 私 立 高 等 学 校 等 に 在 学 した 月 数 4/3( 端 数 切 捨 て)を 除 いた 月 数 について 就 学 支 援 金 が 支 給 される オ 定 時 制 課 程 等 から 全 日 制 高 校 等 に 転 学 した 場 合 36 月 から 私 立 高 等 学 校 等 に 在 学 した 月 数 3/4( 端 数 切 捨 て)を 除 いた 月 数 について 就 学 支 援 金 が 支 給 される カ 学 年 制 の 全 日 制 高 等 学 校 から 単 位 制 の 定 時 制 高 等 学 校 に 転 学 した 場 合 48 月 から 私 立 高 等 学 校 等 に 在 学 した 月 数 4/3( 端 数 切 捨 て)を 除 いた 月 数 以 内 で 74 単 位 か ら 過 去 に 履 修 した 科 目 の( 実 際 に 単 位 を 修 得 したかを 問 わない) 単 位 数 を 除 いた 単 位 数 を 上 限 として 就 学 支 援 金 が 支 給 される キ 単 位 制 の 定 時 制 高 等 学 校 から 学 年 制 の 全 日 制 高 等 学 校 に 転 学 した 場 合 過 去 に 取 得 した 単 位 数 に 関 係 なく 36 月 から 私 立 高 等 学 校 等 に 在 学 した 月 数 3/4( 端 数 切 捨 て) を 除 いた 月 数 について 就 学 支 援 金 が 支 給 される ク 外 国 の 高 等 学 校 や 在 外 教 育 施 設 から 日 本 の 高 等 学 校 等 に 転 入 学 した 場 合 転 入 学 時 から 最 大 36 月 ( 定 時 制 通 信 制 課 程 等 は 48 月 ) 就 学 支 援 金 が 支 給 される 7 退 学 除 籍 に 伴 う 就 学 支 援 金 の 取 扱 い 学 校 が 遡 って 生 徒 を 退 学 や 除 籍 とし 且 つ 学 費 を 返 還 しないために 授 業 料 債 権 が 消 滅 し ない 場 合 退 学 除 籍 を 通 知 した 日 までの 間 の 就 学 支 援 金 を 支 給 することができる

21 8 株 式 会 社 立 高 等 学 校 の 扱 い 就 学 支 援 金 の 支 給 対 象 となるのは 私 立 高 等 学 校 等 に 在 学 する 生 徒 又 は 学 生 で 日 本 国 内 に 住 所 を 有 する 者 ( 旧 法 第 4 条 )であり 株 式 会 社 立 の 高 等 学 校 に 在 学 する 生 徒 につい ても 就 学 支 援 金 の 支 給 対 象 となる 株 式 会 社 立 の 学 校 は 市 町 村 が 認 可 している 場 合 が 多 いが そのような 場 合 でも 当 該 市 町 村 が 属 する 都 道 府 県 が 就 学 支 援 金 の 支 給 事 務 を 行 い 学 校 の 設 置 者 が 代 理 受 領 する この 場 合 都 道 府 県 の 判 断 により 学 校 を 設 置 認 可 している 市 町 村 に 事 務 の 協 力 を 要 請 すること は 可 能 9 広 域 通 信 制 高 等 学 校 の 扱 い 広 域 通 信 制 高 等 学 校 については 設 置 認 可 を 行 った 都 道 府 県 や 市 町 村 が 属 する 都 道 府 県 以 外 の 都 道 府 県 内 にも 補 習 校 や 協 力 校 が 所 在 するが 就 学 支 援 金 の 支 給 は 通 常 他 の 都 道 府 県 内 に 所 在 する 補 習 校 等 に 通 う 生 徒 の 分 も 含 めて 設 置 認 可 を 行 った 都 道 府 県 から い わゆる 本 校 を 通 じて 行 う 10 公 立 高 等 専 門 学 校 公 立 専 修 学 校 高 等 課 程 の 扱 い 公 立 大 学 法 人 立 の 高 等 専 門 学 校 については 就 学 支 援 金 の 支 給 者 は 都 道 府 県 就 学 支 援 金 の 代 理 受 領 者 は 公 立 大 学 法 人 となる 市 町 村 立 高 等 専 門 学 校 及 び 専 修 学 校 高 等 課 程 につ いては 就 学 支 援 金 の 支 給 者 は 都 道 府 県 就 学 支 援 金 の 代 理 受 領 者 は 市 町 村 となる 都 道 府 県 立 高 等 専 門 学 校 及 び 専 修 学 校 高 等 課 程 については 就 学 支 援 金 の 支 給 者 及 び 代 理 受 領 者 ともに 都 道 府 県 となる 11 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 費 交 付 金 就 学 支 援 金 の 支 給 事 務 に 要 する 費 用 に 充 てるため 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 費 交 付 金 を 国 から 都 道 府 県 へ 予 算 の 範 囲 内 で 交 付 する 事 務 費 交 付 金 は 生 徒 数 及 び 学 校 数 等 に 応 じて 都 道 府 県 へ 一 括 して 交 付 される 都 道 府 県 は それぞれの 判 断 により 当 該 交 付 金 の 中 から 適 宜 学 校 設 置 者 に 対 して 事 務 費 を 交 付 する

22 第 3 章 学 校 における 事 務 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 学 校 の 事 務 は 法 令 等 に 基 づく 事 務 及 び 都 道 府 県 からの 委 託 等 に 基 づいて 実 施 する 事 務 が 存 在 する 都 道 府 県 からの 委 託 等 に 基 づいて 実 施 する 事 務 の 具 体 的 内 容 は 都 道 府 県 によって 異 なるが 本 実 施 要 領 においては 標 準 的 と 思 われる 事 務 の 内 容 について 記 載 している 1 生 徒 保 護 者 への 制 度 の 周 知 学 校 においては 様 々な 機 会 を 捉 え 第 1 章 1 の 本 制 度 の 趣 旨 目 的 及 び 期 待 される 効 果 等 を 生 徒 保 護 者 に 周 知 するよう 努 める なお 生 徒 募 集 に 際 して 制 度 の 内 容 の 周 知 を 行 う 場 合 には 特 定 の 学 校 についてのみ 就 学 支 援 金 に 関 し 有 利 な 取 扱 がなされているとの 誤 認 を 生 徒 保 護 者 に 生 じさせることのな いよう 留 意 する 2 就 学 支 援 金 に 係 る 補 助 金 等 の 交 付 申 請 等 学 校 設 置 者 は 都 道 府 県 において 学 校 設 置 者 等 に 対 し 就 学 支 援 金 の 支 給 を 行 わせる ための 原 資 等 を 交 付 することとなっている 場 合 には 都 道 府 県 が 定 める 方 法 により 原 資 等 の 交 付 申 請 ( 様 式 31)を 行 い 就 学 支 援 金 の 支 給 に 充 てるものとしてその 支 払 いを 受 ける 3 受 給 資 格 認 定 申 請 書 の 配 付 とりまとめ 都 道 府 県 への 提 出 学 校 設 置 者 は 就 学 支 援 金 の 受 給 資 格 認 定 申 請 書 ( 様 式 1( 旧 省 令 様 式 第 1 号 ))を 生 徒 に 配 付 し 必 要 事 項 を 記 入 して 提 出 させる 学 校 設 置 者 は 生 徒 から 提 出 された 認 定 申 請 書 に 基 づき 認 定 申 請 者 一 覧 を 作 成 し 認 定 申 請 書 とともに 都 道 府 県 に 提 出 する また 受 給 資 格 認 定 に 係 る 事 務 について 都 道 府 県 から 委 託 等 をされていない 場 合 は 生 徒 から 提 出 された 認 定 申 請 書 をとりまとめて 都 道 府 県 に 提 出 する なお 学 校 設 置 者 は 生 徒 の 同 意 を 得 て 認 定 申 請 に 関 する 手 続 を 代 わって 行 うことが できる なお 就 学 支 援 金 の 支 給 ( 交 付 ) 申 請 等 の 手 続 については 本 来 であれば 受 給 権 者 であ る 生 徒 が 行 うものであるが 認 定 申 請 書 に 就 学 支 援 金 の 支 給 ( 交 付 )に 必 要 な 事 務 手 続 を 学 校 設 置 者 に 委 任 することが 記 載 されているため 受 給 権 者 である 生 徒 は 認 定 申 請 書 の 提 出 をもって 就 学 支 援 金 の 支 給 ( 交 付 ) 申 請 等 を 学 校 設 置 者 に 委 任 したこととなる 認 定 申 請 につき 留 意 するべき 事 項 については 第 3 章 の 2(1) 留 意 事 項 を 参 照 4 就 学 支 援 金 の 加 算 届 出 書 等 のとりまとめ 都 道 府 県 への 提 出 1 学 校 設 置 者 は 加 算 届 出 書 ( 様 式 15( 旧 省 令 様 式 第 2 号 ))を 生 徒 に 配 付 する 就 学 支 援 金 の 加 算 を 希 望 する 生 徒 は 加 算 届 出 書 に 課 税 証 明 書 等 を 添 付 して 学 校 設 置 者 に 提 出 する 学 校 設 置 者 は 生 徒 から 加 算 届 出 書 等 が 提 出 されたときは 必 要 に 応 じて 当 該 届 出 書 等 に 基 づき 加 算 要 件 を 確 認 した 上 で 加 算 届 出 者 一 覧 ( 様 式 16)を 作 成 し 都 道 府 県 に 提 出 する また 就 学 支 援 金 の 支 給 事 務 について 都 道 府 県 から 委 託 等 をされ ていない 場 合 は 生 徒 から 提 出 された 加 算 届 出 書 等 をとりまとめて 都 道 府 県 に 提 出 する なお 加 算 届 出 書 の 提 出 については 必 ずしも 認 定 申 請 書 の 提 出 と 同 時 である 必 要 は ないが 都 道 府 県 が 定 める 提 出 期 限 までにとりまとめて 都 道 府 県 に 提 出 する 2 保 護 者 等 の 変 動 等 の 事 由 により 年 度 の 途 中 で 加 算 届 出 書 等 を 提 出 する 生 徒 がある 場 合 には 当 該 事 由 が 生 じた 日 の 月 末 までに 生 徒 が 学 校 に 提 出 すれば 生 徒 は 翌 月 から 加 算 を 受 けることができる( 提 出 のあった 日 が 月 の 初 日 である 場 合 は 当 該 月 分 から 支 給 ) 3 都 道 府 県 及 び 学 校 設 置 者 において 生 徒 及 び 保 護 者 のプライバシーに 配 慮 した 加 算 届 出 書 等 の 提 出 方 法 について 他 の 書 類 の 提 出 方 法 とは 別 に 定 めることとしてもよい 例 えば 以 下 のような 方 法 も 考 えられる 提 出 は 封 をした 封 筒 で 行 う 受 付 を 事 務 室 など 他 の 生 徒 の 目 に 触 れにくいところで 行 う 提 出 を 学 校 への 郵 送 で 受 け 付 ける

23 (ただし 学 校 を 経 由 しない 形 で 加 算 届 出 書 等 を 都 道 府 県 に 直 接 郵 送 するなどの 方 法 をとるこ とはできない) また 課 税 証 明 書 など 生 徒 保 護 者 等 のプライバシーに 関 わる 情 報 を 取 り 扱 うこと となるため 情 報 の 紛 失 漏 洩 等 が 起 こらないよう 情 報 の 管 理 については 十 分 な 注 意 を 行 うこと 5 受 給 資 格 認 定 書 の 受 理 生 徒 への 配 付 学 校 設 置 者 は 都 道 府 県 から 生 徒 への 受 給 資 格 認 定 の 通 知 ( 様 式 5) 又 は 不 認 定 の 通 知 ( 様 式 6)を 受 領 した 場 合 生 徒 に 配 付 する 都 道 府 県 から 受 給 資 格 認 定 結 果 一 覧 に 基 づ く 生 徒 への 通 知 作 成 の 委 託 等 がされている 場 合 には 生 徒 個 人 に 対 する 受 給 資 格 認 定 の 通 知 ( 様 式 8) 又 は 不 認 定 の 通 知 ( 様 式 9)を 作 成 し 生 徒 に 配 付 する 6 就 学 支 援 金 支 給 額 決 定 ( 交 付 決 定 ) 学 校 設 置 者 は 都 道 府 県 から 生 徒 への 支 給 額 決 定 ( 交 付 決 定 ) 通 知 書 ( 様 式 32)を 受 領 した 場 合 は 生 徒 に 配 付 する 都 道 府 県 から 交 付 決 定 額 一 覧 に 基 づく 生 徒 への 通 知 作 成 の 委 託 等 がされている 場 合 には 生 徒 個 人 に 対 する 支 給 額 決 定 ( 交 付 決 定 ) 通 知 書 ( 様 式 34) を 作 成 し 生 徒 に 配 付 する また 都 道 府 県 から 生 徒 への 支 給 額 変 更 ( 変 更 交 付 ) 決 定 通 知 書 ( 様 式 36)を 都 道 府 県 から 受 領 した 場 合 は 生 徒 に 配 付 する 都 道 府 県 から 変 更 交 付 決 定 額 一 覧 に 基 づく 生 徒 への 通 知 作 成 の 委 託 等 がされている 場 合 には 生 徒 個 人 に 対 する 支 給 額 変 更 ( 変 更 交 付 ) 決 定 通 知 書 ( 様 式 38)を 作 成 し 生 徒 に 配 付 する 7 就 学 支 援 金 の 代 理 受 領 授 業 料 との 相 殺 学 校 設 置 者 は 都 道 府 県 から 就 学 支 援 金 を 受 給 権 者 である 生 徒 に 代 わって 代 理 受 領 し 受 給 権 者 である 生 徒 の 授 業 料 債 権 への 弁 済 に 充 てるものとする これは 事 務 経 費 を 極 力 抑 えるとともに 就 学 支 援 金 が 確 実 に 授 業 料 の 支 払 いに 充 てられることを 担 保 するためで ある 就 学 支 援 金 の 代 理 受 領 と 授 業 料 債 権 の 弁 済 において 留 意 すべき 事 項 は 以 下 のとおり ( 留 意 事 項 ) ア 施 設 整 備 費 など 授 業 料 以 外 の 納 付 金 については 就 学 支 援 金 の 支 給 対 象 としない イ 年 度 途 中 に 就 学 支 援 金 の 受 給 資 格 認 定 を 申 請 した 場 合 申 請 をした 月 ( 月 の 初 日 に 在 学 していない 場 合 は 翌 月 )から 支 給 し やむを 得 ない 理 由 により 申 請 をす ることができなかった 場 合 ( 旧 法 第 7 条 第 3 項 )に 当 たると 認 められる 場 合 を 除 い て 遡 って 就 学 支 援 金 を 支 給 できない ウ 当 該 年 度 の 支 援 金 をもって 前 年 度 の 授 業 料 債 権 の 弁 済 に 充 てることはできない ( 例 えば 4 月 に 支 給 された 就 学 支 援 金 を 3 月 の 授 業 料 の 弁 済 に 充 てる 等 ) エ 授 業 料 と 以 前 に 支 払 われた 就 学 支 援 金 との 相 殺 後 の 差 額 を 滞 納 しているような 場 合 でも 納 付 期 限 の 到 来 により 新 たな 授 業 料 債 権 が 発 生 した 場 合 就 学 支 援 金 をもっ てこれを 弁 済 することができる オ 月 の 途 中 で 生 徒 が 転 学 した 場 合 その 月 の 初 日 に 在 籍 していた 学 校 の 設 置 者 が 就 学 支 援 金 を 代 理 受 領 する カ 学 校 設 置 者 において 就 学 支 援 金 を 代 理 受 領 した 際 に すでに 生 徒 又 は 保 護 者 が 授 業 料 を 納 入 しているため 授 業 料 債 権 が 存 在 しなくなっている 場 合 には 就 学 支 援 金 を 代 理 受 領 した 学 校 設 置 者 は 当 然 に 受 給 権 者 である 生 徒 に 就 学 支 援 金 を 引 き 渡 す 義 務 を 負 うことになる キ 代 理 受 領 した 就 学 支 援 金 は 授 業 料 として 会 計 処 理 を 行 う なお 就 学 支 援 金 に 係 る 原 資 等 を 都 道 府 県 から 受 け 入 れた 場 合 には 一 旦 預 り 金 として 受 け 入 れ 授 業 料 の 納 付 期 限 が 到 来 したときに 預 り 金 で 受 け 入 れた 就 学 支 援 金 のうち 確 定 し た 就 学 支 援 金 に 相 当 する 額 を 授 業 料 に 振 り 替 えることが 妥 当 である なお 参 考 までに 就 学 支 援 金 を 収 納 した 場 合 の 仕 訳 は 次 のようになる

24 月 次 で 授 業 料 収 入 を 収 納 している 学 校 法 人 が 授 業 料 から 就 学 支 援 金 相 当 額 を 差 し 引 いた 額 をあらかじめ 生 徒 から 収 納 し かつ 就 学 支 援 金 を 都 道 府 県 から 受 け 入 れ た 場 合 就 学 支 援 金 3 月 分 が 都 道 府 県 から 学 校 法 人 に 入 金 されたとき 就 学 支 援 金 3 月 分 全 額 について 預 り 金 で 処 理 ( 借 ) 現 金 預 金 ( 貸 ) 預 り 金 受 入 収 入 授 業 料 の 納 付 期 限 が 到 来 したとき 生 徒 からの 入 金 分 を 授 業 料 で 処 理 し 就 学 支 援 金 について 預 り 金 で 処 理 し たうち 1 月 分 を 授 業 料 に 振 り 替 え ( 借 ) 現 金 預 金 ( 貸 ) 授 業 料 収 入 注 (1) 預 り 金 支 払 支 出 授 業 料 収 入 注 (2) 注 (1) 注 (2) 授 業 料 から 就 学 支 援 金 相 当 額 を 差 し 引 いて 生 徒 から 収 納 した 額 就 学 支 援 金 について 預 り 金 で 処 理 したうち 1 月 分 の 額 月 次 で 授 業 料 収 入 を 収 納 している 学 校 法 人 が 就 学 支 援 金 を 都 道 府 県 から 受 け 入 れ る 前 に 生 徒 から 授 業 料 全 額 をあらかじめ 収 納 する 場 合 生 徒 から 授 業 料 全 額 を 収 納 したとき ( 借 ) 現 金 預 金 ( 貸 ) 授 業 料 収 入 就 学 支 援 金 3 月 分 が 都 道 府 県 から 学 校 法 人 に 入 金 されたとき 就 学 支 援 金 3 月 分 全 額 について 預 り 金 で 処 理 し 就 学 支 援 金 について 預 り 金 で 処 理 したうち 生 徒 への 返 還 相 当 額 を 現 金 預 金 に 振 り 替 え ( 借 ) 現 金 預 金 ( 貸 ) 預 り 金 受 入 収 入 預 り 金 支 払 支 出 現 金 預 金 ク 学 校 設 置 者 が 預 り 金 として 就 学 支 援 金 を 受 け 入 れている 間 は 他 の 資 金 と 明 確 に 区 別 し 透 明 性 のある 会 計 処 理 を 行 う 必 要 がある また この 間 就 学 支 援 金 を 預 金 す ることにより 利 息 収 入 が 生 じないよう 就 学 支 援 金 のみの 当 座 預 金 口 座 等 により 管 理 を 行 うことが 望 ましい(なお やむを 得 ない 事 情 により 当 座 預 金 口 座 等 による 管 理 が 行 えない 場 合 は 当 該 利 息 収 入 を 学 校 の 教 育 活 動 に 係 る 経 費 等 に 充 当 することは 可 能 ) 8 就 学 支 援 金 の 実 績 報 告 就 学 支 援 金 の 額 の 確 定 学 校 設 置 者 は 都 道 府 県 の 定 める 期 日 までに 実 績 報 告 書 ( 様 式 40)を 都 道 府 県 に 提 出 する 学 校 設 置 者 は 都 道 府 県 から 額 の 確 定 の 通 知 ( 様 式 41)を 受 領 する また 学 校 設 置 者 は 都 道 府 県 から 生 徒 への 支 給 実 績 通 知 ( 様 式 42)を 受 領 した 場 合 には 生 徒 に 配 付 する 都 道 府 県 から 支 給 実 績 通 知 の 作 成 について 委 託 等 がされている 場 合 は 生 徒 個 人 に 対 する 支 給 実 績 通 知 ( 様 式 43)を 作 成 し 生 徒 に 配 付 する 9 就 学 支 援 金 受 給 資 格 認 定 消 滅 通 知 学 校 設 置 者 は 修 業 年 限 が 3 年 未 満 の 課 程 の 卒 業 通 算 在 学 期 間 が 36 月 未 満 での 卒 業 退 学 及 び 転 学 等 により 学 校 に 在 学 する 生 徒 の 受 給 権 が 消 滅 した 場 合 には 受 給 資 格 消 滅 者 一 覧 ( 様 式 10)を 作 成 し 都 道 府 県 に 提 出 する 学 校 設 置 者 は 都 道 府 県 から 受 給 権 者 である 生 徒 の 受 給 資 格 消 滅 通 知 を 受 け 取 った 場 合 生 徒 個 人 単 位 に 整 理 し 生 徒 に 配 付 する( 生 徒 が 死 亡 したことによる 受 給 資 格 消 滅 の 場 合 は 必 ずしも 生 徒 保 護 者 等 へ 通 知 を 送 付 する 必 要 はない )

25 10 就 学 支 援 金 の 支 給 停 止 再 開 受 給 権 者 である 生 徒 が 休 学 をする 場 合 学 校 設 置 者 を 通 じて 就 学 支 援 金 の 支 給 停 止 を 申 し 出 ることができる 支 給 停 止 を 希 望 する 生 徒 は 支 給 停 止 申 出 書 ( 様 式 18( 旧 省 令 様 式 第 3 号 ))を 在 学 する 学 校 設 置 者 に 提 出 する 当 該 申 出 書 を 受 領 した 学 校 設 置 者 は 当 該 申 出 書 を 都 道 府 県 に 提 出 する 都 道 府 県 から 支 給 停 止 通 知 を 受 領 した 学 校 設 置 者 は 当 該 通 知 を 生 徒 に 配 付 する 都 道 府 県 から 生 徒 への 通 知 作 成 の 委 託 等 がされている 場 合 には 生 徒 個 人 に 対 する 支 給 停 止 通 知 を 作 成 し 生 徒 に 配 付 する 復 学 する 生 徒 は 学 校 設 置 者 を 通 じて 都 道 府 県 に 対 して 支 給 再 開 を 申 し 出 る 必 要 がある 復 学 する 生 徒 は 支 給 再 開 申 出 書 ( 様 式 20( 旧 省 令 様 式 第 4 号 ))を 学 校 設 置 者 に 提 出 す る 学 校 設 置 者 は 生 徒 から 提 出 された 申 出 書 を 都 道 府 県 に 提 出 する 都 道 府 県 から 支 給 再 開 通 知 を 受 領 した 学 校 設 置 者 は 当 該 通 知 を 生 徒 に 配 付 する 都 道 府 県 から 生 徒 への 通 知 作 成 の 委 託 等 がされている 場 合 には 生 徒 個 人 に 対 する 支 給 再 開 通 知 を 作 成 し 生 徒 に 配 付 する

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 課 ( 室 ) 各 市 町 村 介 護 保 険 担 当 課 ( 室 ) 各 介 護 保 険 関 係 団 体 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 介 護 保 険 最 新 情 報 今 回 の 内 容 費 用 負 担 の 見 直 しに 係 る 事 務 処 理 の 取 扱 いについて 計 29 枚 ( 本 紙 を 除 く) Vol.490

More information

250501_手引き_H23年度以降入学生用.pptx

250501_手引き_H23年度以降入学生用.pptx 阪 府 私 等 学 校 等 授 業 料 援 補 助 事 務 の 引 き 私 等 学 校 等 [ 全 日 制 課 程 ] 私 専 修 学 校 高 等 課 程 平 成 23 年 度 以 降 入 学 生 用 平 成 25 年 7 月 阪 府 府 化 部 私 学 学 課 559-8555 大 阪 市 住 之 江 区 南 港 北 1-14-16 大 阪 府 咲 洲 庁 舎 38 階 TEL (06)6941-0351(

More information

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2 個 人 市 民 税 減 免 事 務 取 扱 要 領 平 成 25 年 5 月 23 日 平 成 25 年 8 月 30 日 改 正 平 成 26 年 1 月 27 日 改 正 平 成 27 年 3 月 12 日 改 正 財 政 局 税 務 部 課 税 課 ( 個 人 課 税 G) 内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨...

More information

社会福祉法人の手引き

社会福祉法人の手引き 社 会 福 祉 法 人 の 運 営 の 手 引 き ( 平 成 23 年 3 月 版 ) 川 崎 市 健 康 福 祉 局 総 務 部 監 査 指 導 課 - 1 - 目 次 Ⅰ 社 会 福 祉 法 人 について 1 社 会 福 祉 法 人 1 2 社 会 福 祉 法 人 の 要 件 1 3 社 会 福 祉 事 業 2 (1) 第 一 種 社 会 福 祉 事 業 2 (2) 第 二 種 社 会 福 祉

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

59501-59800 育児休業給付【25.12】

59501-59800 育児休業給付【25.12】 業 務 取 扱 要 領 59501-59800 雇 用 継 続 給 付 関 係 ( 育 児 休 業 給 付 ) 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 雇 用 保 険 課 目 次 59501- 第 1 制 度 の 概 要 等 1 59520 59501-1 制 度 の 概 要 1 59510 59501 (1) 育 児 休 業 給 付 の 受 給 資 格 1 59502 (2) 給 付 の 種 類

More information

第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 事 業 を 行 うことを 目 的 として 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )の 定 めるところにより 設 立 された 特 別 な 法

第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 事 業 を 行 うことを 目 的 として 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )の 定 めるところにより 設 立 された 特 別 な 法 目 次 第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 2ページ 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 2ページ 2. 社 会 福 祉 法 人 が 行 うことができる 事 業 は 2ページ (1) 社 会 福 祉 事 業 とは 2ページ (2) 公 益 事 業 とは 6ページ (3) 収 益 事 業 とは 7ページ 3. 社 会 福 祉 法 人 となる 要 件 は 7ページ (1) 資 産 について

More information

税務証明事務取扱要綱

税務証明事務取扱要綱 税 務 証 明 及 び 閲 覧 事 務 取 扱 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 証 明 交 付 及 び 閲 覧 事 務 ( 第 2 条 ~ 第 5 条 ) 第 3 章 証 明 閲 覧 申 請 者 及 びその 確 認 ( 第 6 条 ~ 第 17 条 ) 第 4 章 手 数 料 ( 第 18 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 証 明 書 の 様 式 ( 第 20

More information

目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記 入 欄 1 第 2 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 Ⅰ 障 害

目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記 入 欄 1 第 2 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 Ⅰ 障 害 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 にかかる 請 求 事 務 処 理 要 領 Ver.6 神 戸 市 保 健 福 祉 局 障 害 者 支 援 課 平 成 26 年 4 月 目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記

More information

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額 国 民 年 金 法 目 次 第 1 章 総 則 及 び 被 保 険 者 1 1 目 的 2 2 管 掌 等 2 3 権 限 の 委 任 等 3 4 用 語 の 定 義 4 5 被 保 険 者 7 6 資 格 の 取 得 12 7 資 格 の 喪 失 14 8 被 保 険 者 期 間 の 計 算 と 種 別 の 変 更 16 9 国 民 年 金 原 簿 等 18 第 2 章 費 用 21 1 国 庫

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱 防 府 市 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 齢 者 のうち 国 民 年 金 制 度 上 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできない 在 日 外 国 人 及 び 帰 国 者 等 に 対 し 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 ( 以 下 給 付 金 という )を

More information

(Microsoft Word - 1 \225\\\216\206)

(Microsoft Word - 1 \225\\\216\206) 校 担 当 者 用 平 成 28 年 度 高 等 校 等 奨 金 抜 粋 異 動 補 導 事 務 の て び き この 冊 子 には 奨 生 採 用 後 の 奨 金 の 交 付 奨 生 の 異 動 及 び 補 導 に 係 る 事 項 につい て 校 における 事 務 及 び 留 意 事 項 について 説 明 したものです あわせて 終 了 時 及 び 終 了 後 の 手 きの 概 要 についても 記

More information

Microsoft Word - 01 表紙

Microsoft Word - 01 表紙 高 校 生 等 に 対 する 修 学 支 援 制 度 ガイドブック 平 成 27 年 12 月 兵 庫 県 教 育 委 員 会 事 務 局 高 校 教 育 課 目 次 ページ はじめに 1 兵 庫 県 の 各 部 局 が 所 管 する 事 業 一 覧 表 2 兵 庫 県 の 各 部 局 が 所 管 する 事 業 6 兵 庫 県 内 の 各 市 町 が 所 管 する 事 業 一 覧 表 25 兵 庫

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

第8 犯罪被害者負担額 1 犯罪被害者負担額の定義法第9条第2項に定める犯罪被害者負担額は、犯罪行為により負傷し、又は疾

第8 犯罪被害者負担額 1 犯罪被害者負担額の定義法第9条第2項に定める犯罪被害者負担額は、犯罪行為により負傷し、又は疾 審 査 基 準 平 成 26 年 11 月 6 日 作 成 法 令 名 : 犯 罪 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 等 による 犯 罪 被 害 者 等 の 支 援 に 関 する 法 律 根 拠 条 項 : 第 11 条 第 1 項 処 分 の 概 要 : 犯 罪 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 についての 裁 定 原 権 者 ( 委 任 先 ): 京 都 府 公 安 委 員 会 法

More information

また 上 記 法 律 等 の 施 行 に 伴 う 本 事 務 処 理 要 領 の 改 正 に 関 連 して 外 国 人 住 民 に 係 る 部 分 以 外 のもの( 住 民 基 本 台 帳 カードの 引 越 継 続 利 用 関 係 戸 籍 の 附 票 記 載 事 項 通 知 関 係 等 )については

また 上 記 法 律 等 の 施 行 に 伴 う 本 事 務 処 理 要 領 の 改 正 に 関 連 して 外 国 人 住 民 に 係 る 部 分 以 外 のもの( 住 民 基 本 台 帳 カードの 引 越 継 続 利 用 関 係 戸 籍 の 附 票 記 載 事 項 通 知 関 係 等 )については 総 行 住 第 1 7 号 平 成 24 年 2 月 10 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 長 住 民 基 本 台 帳 事 務 処 理 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 住 民 基 本 台 帳 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 21 年 法 律 第 77 号 ) 住 民 基 本 台 帳 法 施 行 令 の 一 部 を 改 正

More information

施設入所者の費用負担の考え方について

施設入所者の費用負担の考え方について 障 害 福 祉 サービス 障 害 児 施 設 支 援 の 利 用 者 負 担 認 定 の 手 引 き( 改 訂 案 ) 平 成 23 年 10 月 版 Ver.6 留 意 点 10 月 1 日 からの 施 行 を 予 定 している 特 定 障 害 者 特 別 給 付 費 関 係 の 改 正 箇 所 は 赤 字 下 線 今 後 の 政 省 令 等 の 改 正 作 業 等 により 内 容 の 変 更 がありうる

More information

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 介 護 保 険 最 新 情 報 今 回 の 内 容 全 国 介 護 保 険 高 齢 者 保 健 福 祉 担 当 課 長 会 議 資 料 につ いてのQ&A 6 月 29 日 版 の 送 付 について 計 33 枚 ( 本 紙 を 除 く) Vol.486 平 成 27

More information

Microsoft Word - 180214利用者負担マニュアル.doc

Microsoft Word - 180214利用者負担マニュアル.doc 利 用 者 負 担 について 1. 所 得 区 分 認 定 個 別 減 免 補 足 給 付 の 認 定 方 法 について 2 (1) 負 担 上 限 月 額 を 定 める 際 の 所 得 区 分 の 設 定 について 2 (2) 個 別 減 免 の 収 入 資 産 等 の 認 定 について 7 (3) 補 足 給 付 の 認 定 について 14 2. 生 活 保 護 境 界 層 対 象 者 に 対

More information

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 8 号 最 終 改 正 平 成 26 年 9 月 24 日 規 則 第 30 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 55 条 国

More information

001平成28年度後期授業料免除について

001平成28年度後期授業料免除について 平 成 28 年 度 後 期 授 業 料 免 除 について * 授 業 料 免 除 申 請 と 同 時 に 受 付 ける 東 日 本 大 震 災 被 災 者 の 方 向 けの 支 援 制 度 ( 在 学 生 のみ)もあります * 授 業 料 免 除 授 業 料 徴 収 猶 予 入 学 料 免 除 入 学 料 徴 収 猶 予 及 び 東 日 本 大 震 災 被 災 者 の 方 向 けの 支 援 制 度

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

施設入所者の費用負担の考え方について

施設入所者の費用負担の考え方について 障 害 福 祉 サービス 障 害 児 通 所 支 援 等 の 利 用 者 負 担 認 定 の 手 引 き 平 成 24 年 4 月 版 Ver.7 障 害 福 祉 課 利 用 者 負 担 の 概 要 ( 福 祉 型 ) * 障 害 児 施 設 についても 含 む 自 己 負 担 ( 福 グループホーム ケアホーム 注 1 入 所 施 設 (20 歳 以 上 ) 入 所 施 設 (20 歳 未 満 )

More information

被扶養者の認定取扱について

被扶養者の認定取扱について 日 本 マクドナルド 健 康 保 険 組 合 被 扶 養 者 認 定 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 健 康 保 険 法 第 3 条 第 7 項 の 規 定 による 被 扶 養 者 の 認 定 について 日 本 マクドナル ド 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という)が 適 正 かつ 公 平 に 行 うための 具 体 的 事 項 を 定 めることを 目 的 と する

More information

§5 被扶養者の認定及び取消し

§5 被扶養者の認定及び取消し 7 被 扶 養 者 の 認 定 及 び 取 消 し( 法 第 2 条 第 1 項 第 2 号, 施 行 令 第 条, 運 用 方 針 第 2 条 関 係, 法 第 55 条, 施 行 規 程 第 94 条 ) 共 済 組 合 の 被 扶 養 者 主 として 組 合 員 の 収 入 により 生 計 を 維 持 し, 組 合 員 と 一 定 の 身 分 関 係 にある 人 は, 被 扶 養 者 とし て

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

平成21年10月30日

平成21年10月30日 職 員 各 位 平 成 24 年 10 月 25 日 法 人 事 務 局 総 務 部 人 事 課 年 末 調 整 に 係 る 申 告 書 等 の 提 出 について 標 記 の 件 年 末 調 整 を 行 いますので 下 記 の 通 り 必 要 書 類 の 提 出 をお 願 いいたします 記 1. 手 続 きについて (1) 扶 養 控 除 等 申 告 書 の 返 却 および 記 載 内 容 の 確

More information

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477>

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 7 号 最 近 改 正 平 成 28 年 2 月 16 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 3 条 ) 第 2 章 基 本 給 第 1 節 通 則 ( 第 4 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 初 任 給 ( 第 11 条 第

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

平成24年度兵庫県公立高等学校入学者選抜要綱

平成24年度兵庫県公立高等学校入学者選抜要綱 平 成 28 年 度 兵 庫 県 公 立 高 等 学 校 入 学 者 選 抜 要 綱 兵 庫 県 教 育 委 員 会 目 次 第 1 入 学 者 選 抜 の 対 象 となる 学 校 等 p 1 第 2 入 学 者 選 抜 の 基 本 方 針 p 1 第 3 調 査 書 学 年 学 習 評 定 一 覧 表 等 p 3 第 4 学 力 検 査 実 施 要 領 ( 多 部 制 については 第 7による)

More information

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え 疑 義 照 会 ( ) 1. 二 以 上 事 業 所 勤 務 被 保 険 者 の 保 険 料 登 録 P1 1 2. 定 期 保 険 料 の 調 査 決 定 及 び 納 入 告 知 P2 1~2 3. 調 査 決 定 の 変 更 P3 1~2 4. 歳 入 金 の 還 付 P5 1 5. 還 付 請 求 P6 1 6. 歳 入 金 の 徴 収 P7 1 7. 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 P8

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

Ⅱ 1. 厚 生 年 金 保 険 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 厚 生 年 金 保 険 が 適 用 されている 事 業 所 をいう すなわち 厚 生 年 金 保 険 法 第 6 条 第 1 項 第 1 号 に 掲 げられている 事 業 の 事 業 所 であって 常 時 5 人 以 上 の 従 業 員 を 使 用 する 事 業 所 又 は 船 舶 及 び 国

More information

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls 疑 義 照 会 ( ) 1. 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 P1 1~2 2. P3 1~7 3. 納 付 猶 予 取 消 申 請 書 P7 1 4. 学 生 納 付 特 例 申 請 書 P8 1~2 5. 還 付 請 求 書 P9 1~2 疑 義 照 会 ( ) ( 案 件 ) 名 称 条 文 ) ( 内 容 ) 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 1 生 活 保 護 による 法 定 免 除

More information

公 的 年 金 制 度 の 体 系 3 階 2 階 (カ) 追 加 費 用 削 減 のため 恩 給 期 間 に 係 る 給 付 について 本 人 負 担 の 差 に 着 目 して 27% 引 き 下 げる イ 施 行 日 国 民 年 金 基 金 ( 任 意 加 入 ) 上 記 アの 項 目 に 係

公 的 年 金 制 度 の 体 系 3 階 2 階 (カ) 追 加 費 用 削 減 のため 恩 給 期 間 に 係 る 給 付 について 本 人 負 担 の 差 に 着 目 して 27% 引 き 下 げる イ 施 行 日 国 民 年 金 基 金 ( 任 意 加 入 ) 上 記 アの 項 目 に 係 Ⅴ 長 期 給 付 事 業 1 地 方 公 務 員 の 年 金 制 度 地 方 公 務 員 の 年 金 制 度 は 都 道 府 県 や 市 町 村 の 区 分 や 職 種 の 相 違 によって 適 用 される 制 度 が 異 なっていたものが 昭 和 37 年 12 月 1 日 に 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 が 施 行 され 全 ての 公 務 員 に 通 ずる 統 一 的 な 制

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E93788E7381458CA796AF90C582CC8EE888F882AB2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E93788E7381458CA796AF90C582CC8EE888F882AB2E646F63> 平 成 年 度 市 民 県 民 申 告 の 手 引 き 日 頃, 本 市 の 務 事 務 にご 協 力 をいただきましてありがとうございます 市 民 県 民 申 告 は,この 手 引 きをご 参 照 のうえ, 期 限 内 に 正 しい 申 告 をされますようお 願 いいたし ます ( 申 告 期 限 近 くは, 大 変 混 雑 しますのでお 早 めにお 願 いいたします ) この 申 告 は,あなたの

More information

平 成 26 年 度 熊 本 県 育 英 資 金 育 英 奨 学 生 募 集 のしおり ( 修 学 貸 与 ) 高 等 学 校 中 等 教 育 学 校 ( 後 期 課 程 ) 高 等 専 門 学 校 専 修 学 校 ので 期 限 どおりに 返 還 していただく 必 要 が あ り ま す!! 育 英 資 金 の 返 還 金 は 後 輩 の 将 来 の 奨 学 金 として 再 び 活 用 されてい ます!!

More information

末 までになされれば 足 りるものとする 介 護 予 防 訪 問 介 護 介 護 予 防 通 所 介 護 介 護 予 防 通 所 リハビリテーシ ョンについては 月 額 定 額 報 酬 とされたことから 月 途 中 からのサービ ス 開 始 月 途 中 でのサービス 終 了 の 場 合 であっても

末 までになされれば 足 りるものとする 介 護 予 防 訪 問 介 護 介 護 予 防 通 所 介 護 介 護 予 防 通 所 リハビリテーシ ョンについては 月 額 定 額 報 酬 とされたことから 月 途 中 からのサービ ス 開 始 月 途 中 でのサービス 終 了 の 場 合 であっても 指 定 介 護 予 防 サービスに 要 する 費 用 の 額 の 算 定 に 関 する 基 準 の 制 定 に 伴 う 実 施 上 の 留 意 事 項 について 第 一 届 出 手 続 の 運 用 1 届 出 の 受 理 (1) 届 出 書 類 の 受 取 り 指 定 事 業 者 側 から 統 一 的 な 届 出 様 式 及 び 添 付 書 類 により サービス 種 類 ごとの1 件 書 類 の 提

More information

(2) 家 庭 調 書 ( 第 2 号 様 式 ) 5ページの 家 庭 調 書 の 記 入 について を 参 照 してください (3) 世 帯 全 員 の 住 民 票 別 居 同 居 を 問 わず 生 計 を 一 つにする 家 族 について, 市 役 所 等 で 発 行 する申 請 者 本 人 を

(2) 家 庭 調 書 ( 第 2 号 様 式 ) 5ページの 家 庭 調 書 の 記 入 について を 参 照 してください (3) 世 帯 全 員 の 住 民 票 別 居 同 居 を 問 わず 生 計 を 一 つにする 家 族 について, 市 役 所 等 で 発 行 する申 請 者 本 人 を 平 成 27 度 授 業 料 免 除 授 業 料 徴 収 猶 予 申 請 要 領 1. 提 出 書 類 平 成 27 度 免 除 ( 猶 予 ) 申 請 書 類 確 認 票 の1~25 項 目 中 の1~6 項 目 は 必 ず 提 出 し,7~25 項 目 は 該 当 する 全 ての 書 類 を 提 出 してください 2. 提 出 期 限 授 業 料 免 除, 授 業 料 徴 収 猶 予 申 請 の

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 長 野 県 北 部

地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 長 野 県 北 部 地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 総 務 省 自 治 税 務 局 平 成 23 年 4 月 27 日 ( 平 成 24 年 1 月 17 日 更 新 ) 地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する

More information

野 洲 市 生 活 困 窮 者 支 援 事 業 実 施 規 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 市 民 一 人 ひとりが 役 割 をもって 社 会 に 参 加 できるよう 市 が 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という

野 洲 市 生 活 困 窮 者 支 援 事 業 実 施 規 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 市 民 一 人 ひとりが 役 割 をもって 社 会 に 参 加 できるよう 市 が 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という 要 綱 様 式 等 参 考 資 料 集 野 洲 市 生 活 困 窮 者 支 援 事 業 実 施 規 則 P.1 野 洲 市 生 活 困 窮 者 支 援 事 業 相 談 申 込 書 P.2 野 洲 市 市 民 相 談 総 合 推 進 委 員 会 設 置 要 綱 P.4 野 洲 市 自 立 相 談 支 援 事 業 実 施 要 綱 P.6 野 洲 市 支 援 調 整 会 議 設 置 要 綱 P.8 野 洲

More information

不 動 産 所 得 収 入 金 ウ 欄 所 得 金 3 欄 土 地 や 建 物 など 不 動 産 の 貸 し 付 けから 生 ずる 所 得 をいい ます 収 入 金 から 必 要 経 費 を 差 し 引 いた 金 が 所 得 金 とな ります( 申 告 書 裏 面 の 7 事 業 不 動 産 所 得

不 動 産 所 得 収 入 金 ウ 欄 所 得 金 3 欄 土 地 や 建 物 など 不 動 産 の 貸 し 付 けから 生 ずる 所 得 をいい ます 収 入 金 から 必 要 経 費 を 差 し 引 いた 金 が 所 得 金 とな ります( 申 告 書 裏 面 の 7 事 業 不 動 産 所 得 平 成 28 年 度 市 民 税 道 民 税 申 告 の 手 引 き 千 歳 市 申 告 書 を 作 成 する 前 にお 読 みください 所 得 税 の 確 定 申 告 をする(した) 方 は この 申 告 書 を 提 出 する 必 要 はありません 住 所 氏 名 生 年 月 日 世 帯 主 の 氏 名 世 帯 主 との 続 柄 電 話 番 号 ( 申 告 の 内 容 等 についてお 尋 ねする

More information

Taro-◆220630育児休業規程.jtd

Taro-◆220630育児休業規程.jtd 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 規 程 第 36 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 41 条 および 公 立 大 学 法 人 滋 賀

More information

7-25給与規則160303

7-25給与規則160303 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 教 職 員 給 与 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 1 1 3 号 ( 目 的 ) 改 正 平 成 17. 3.28 16 規 則 220 平 成 17.11. 1 17 規 則 16 平 成 17.12. 1 17 規 則 22 平 成 18. 4. 1 18 規 則 4 平 成 19. 4. 1 19 規 則 9 平 成 19. 5.17

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031208EF68BC697BF96C68F9C905C90BF977697CC3230313330386F7269>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031208EF68BC697BF96C68F9C905C90BF977697CC3230313330386F7269> 平 成 25 年 度 一 橋 大 学 後 期 授 業 料 免 除 申 請 要 領 授 業 料 免 除 申 請 について 次 に 掲 げる 免 除 対 象 者 のいずれかに 該 当 する 場 合 は 本 人 の 申 請 に 基 づき 選 考 のうえ 授 業 料 の 全 額 又 は 半 額 を 免 除 します 免 除 を 希 望 する 者 は 学 期 ごとに 申 請 してください 注 意 申 請 しても

More information

無年金外国人高齢者福祉手当要綱

無年金外国人高齢者福祉手当要綱 東 浦 町 無 年 金 外 国 人 住 民 高 齢 者 福 祉 手 当 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 う 改 正 後 の 年 金 制 度 において 国 民 年 金 の 受 給 資 格 を 有 しない 在 日 の 外 国 人 住 民 高 齢 者

More information

申 立 て の 趣 旨 等 1 申 立 人 に つ い て, 給 与 所 得 者 等 小 規 模 個 人 再 生 に よ る 再 生 手 続 を 開 始 す る と の 決 定 を 求 め る 2 ( 1 ) ( 給 与 所 得 者 等 再 生 を 行 う こ と を 求 め る 場 合 の み )

申 立 て の 趣 旨 等 1 申 立 人 に つ い て, 給 与 所 得 者 等 小 規 模 個 人 再 生 に よ る 再 生 手 続 を 開 始 す る と の 決 定 を 求 め る 2 ( 1 ) ( 給 与 所 得 者 等 再 生 を 行 う こ と を 求 め る 場 合 の み ) 小 規 模 個 人 再 生 給 与 所 得 者 等 再 生 再 生 手 続 開 始 申 立 書 印 紙 10,000 [ 該 当 す る に を 付 す る か, の よ う に 黒 く 塗 り つ ぶ し て く だ さ い ] 鹿 児 島 地 方 裁 判 所 支 部 御 中 平 成 年 月 日 ふりがな 氏 名 : 申 立 人 生 年 月 日 : 昭 和 平 成 年 月 日 年 齢 : 歳 住

More information

1 平 成 24 年 度 税 制 改 正 の 主 な 内 容 について 改 正 障 害 者 自 立 支 援 法 等 の 平 成 24 年 4 月 施 行 により いずれも 第 1 種 社 会 福 祉 事 業 である1 知 的 障 害 児 施 設 2 知 的 障 害 児 通 園 施 設 3 盲 ろうあ

1 平 成 24 年 度 税 制 改 正 の 主 な 内 容 について 改 正 障 害 者 自 立 支 援 法 等 の 平 成 24 年 4 月 施 行 により いずれも 第 1 種 社 会 福 祉 事 業 である1 知 的 障 害 児 施 設 2 知 的 障 害 児 通 園 施 設 3 盲 ろうあ 連 絡 事 項 企 画 課 145 1 平 成 24 年 度 税 制 改 正 の 主 な 内 容 について 改 正 障 害 者 自 立 支 援 法 等 の 平 成 24 年 4 月 施 行 により いずれも 第 1 種 社 会 福 祉 事 業 である1 知 的 障 害 児 施 設 2 知 的 障 害 児 通 園 施 設 3 盲 ろうあ 児 施 設 4 肢 体 不 自 由 児 施 設 及 び5 重 症

More information

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 73 号 ) 改 正 平 成 23 年 3 月 29 日 10 規 程 第 74 号 改 正 平 成 25 年 2 月 19 日 12 規 程 第 44 号 改 正 平 成 26 年 6 月 3 日 14 規 程 第 01 号 改 正

More information

目 次 はじめに (1) 奨 学 金 の 目 的 本 学 の 奨 学 金 制 度 は 経 済 的 に 困 窮 している 学 生 に 対 し 学 資 金 を 給 付 または 貸 与 することにより 学 業 に 専 念 できる 時 間 をより 多 く 確 保 し 安 心 して 学 生 生 活 を 送 れ

目 次 はじめに (1) 奨 学 金 の 目 的 本 学 の 奨 学 金 制 度 は 経 済 的 に 困 窮 している 学 生 に 対 し 学 資 金 を 給 付 または 貸 与 することにより 学 業 に 専 念 できる 時 間 をより 多 く 確 保 し 安 心 して 学 生 生 活 を 送 れ -2016 年 度 版 - 奨 学 金 案 内 酪 農 学 園 大 学 目 次 はじめに (1) 奨 学 金 の 目 的 本 学 の 奨 学 金 制 度 は 経 済 的 に 困 窮 している 学 生 に 対 し 学 資 金 を 給 付 または 貸 与 することにより 学 業 に 専 念 できる 時 間 をより 多 く 確 保 し 安 心 して 学 生 生 活 を 送 れるよう 支 援 することを 目

More information

Microsoft Word - 第5編 学校教育 第2章 授業料 全文 201412

Microsoft Word - 第5編 学校教育 第2章 授業料 全文 201412 第 5 編 学 校 教 育 / 第 2 章 /1 収 入 学 校 事 務 提 要 > 第 5 編 学 校 教 育 > 第 2 章 > 1 収 入 (1) 収 入 の 意 義 収 入 とは, 県 の 各 般 の 需 要 を 充 たすための 支 払 の 財 源 となるべき 現 金 ( 現 金 に 代 えて 納 付 される 証 券 を 含 む )の 収 納 をいい, 法 令 又 は 公 権 力 に 基 づくもの,あるいは

More information

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱 神 戸 市 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 い 同 法 の 施 行 日 ( 昭 和 57 年 1 月 1 日 ) 前 に20 歳 に 達 していた 外 国 人 等 で 年 金 制 度 の 有 する 被 保 険 者

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 (

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 ( 実 務 対 応 報 告 第 22 号 厚 生 年 金 基 金 に 係 る 交 付 金 の 会 計 処 理 に 関 する 当 面 の 取 扱 い 平 成 18 年 10 月 27 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 24 年 5 月 17 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている 企 業 会 計 基 準

More information

平 成 27 年 度 版 ( 第 1 期 分 ( 春 学 期 )) 授 業 料 免 除 申 請 書 類 学 群 大 学 院 共 通 申 請 期 限 : 第 1 期 分 平 成 27 年 5 月 26 日 ( 火 )( 厳 守 ) 5 月 19 日 ( 火 )までに 申 請 書 類 の 確 認 を 受 けてください 第 2 期 分 平 成 27 年 7 月 10 日 ( 金 )( 厳 守 ) 掲 示

More information

国立大学法人福島大学職員退職手当規程

国立大学法人福島大学職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 20 年 4 月 1 日 平 成 22 年 4 月 1 日 平 成 24 年 4 月 1 日 平 成 25 年 2 月 1 日 平

More information

+

+ 平 成 26 年 度 申 告 の 手 引 き 大 崎 市 総 務 部 税 務 課 市 民 税 担 当 各 総 合 支 所 市 民 福 祉 課 - 0 - 平 成 26 年 度 市 民 税 県 民 税 の 申 告 について 日 ごろ 市 税 の 申 告 や 納 税 にご 協 力 いただき 厚 くお 礼 申 し 上 げます 今 年 も 市 民 税 県 民 税 の 申 告 をしていただく 時 期 がまいりました

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

平成21年分 確定申告書作成シート

平成21年分 確定申告書作成シート 所 得 税 確 定 申 告 チェックシステム 申 告 書 Bタイプ 氏 名 住 所 等 様 フリカ ナ ノエタロウ ( 半 角 で 入 力 してください) 氏 名 野 江 太 郎 生 年 月 日 年 28 月 5 日 1 性 別 1 ( 男 =1, 女 =2) 住 所 大 阪 市 中 央 区 大 手 前 3-2-1 (または) H22.1.1の 住 所 同 上 郵 便 番 号 540-0008 電

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825589F18C9F93A289EF90EC9FBA88CF88F5947A957A8E9197BF816982508C8E95AA827081958260816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825589F18C9F93A289EF90EC9FBA88CF88F5947A957A8E9197BF816982508C8E95AA827081958260816A2E646F63> ( 第 6 回 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する 検 討 会 川 渕 委 員 配 布 資 料 ) 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 1 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 < 高 額 介 護 合 算 療 養 費 関 連 > ( 問 1) 高 額 介 護 合 算 療 養 費 は 医 療 保 険 に 係 る

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め 民 法 ( 相 続 関 係 ) 部 会 資 料 8 遺 留 分 制 度 の 見 直 し 第 1 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 法 的 性 質 についての 見 直 し 甲 案 1 遺 留 分 を 侵 害 された 者 は, 受 遺 者 又 は 受 贈 者 に 対 し, 相 当 の 期 間 を 定 めて, 遺 留 分 侵 害 額 に 相 当 する 金 銭 の 支 払 を 求 めることができる( 注

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

Microsoft Word - 18 疑義照会回答(年金給付)これ(17)に組込予定(エクセル原稿のワード版) - 黒田作業中 -

Microsoft Word - 18  疑義照会回答(年金給付)これ(17)に組込予定(エクセル原稿のワード版) - 黒田作業中 - 疑 義 照 会 ( 年 金 給 付 ) 1. 老 齢 給 付 年 金 P1 1~30 2. 障 害 基 礎 年 金 P14 1~15 3. 障 害 給 付 年 金 ( 障 害 厚 生 ) P21 1~7 4. 遺 族 基 礎 年 金 P24 1~4 5. 遺 族 給 付 年 金 ( 遺 族 厚 生 遺 族 基 礎 ) P26 1~10 6. 老 齢 年 金 ( 旧 )( 厚 生 年 金 ) P31

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 規 約 平 成 2 8 年 5 月 31 日 現 在 日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 規 約 平 成 4 年 9 月 21 日 厚 生 省 収 年 第 6 3 4 0 号 認 可 変 更 平 成 5 年 3 月 31 日 ( 認 可 ) 平 成 5 年 5 月 17 日 ( 認 可 )

More information

- 目 次 - ページ Q1: 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 とはどのような 制 度 でしょうか 3 Q2: 新 たに 従 業 員 を 採 用 したときは どのような 手 続 きが 必 要 でしょうか 5 Q3: 従 業 員 が 退 職 したとき 等 は どのような 手 続 きが 必 要 でしょうか 8 Q4: 扶 養 家 族 を 被 扶 養 者 とするときや 被 扶 養 者 に 異 動

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

私 立 学 校 関 係 事 務 の 手 引 ( 平 成 23 年 3 月 改 訂 ) 青 森 県 総 務 部 総 務 学 事 課 は じ め に 私 立 学 校 は 私 人 の 寄 附 財 産 によって 設 立 運 営 され 設 立 者 の 建 学 の 精 神 や 独 自 の 校 風 のもと 自 律 性 自 主 性 が 重 んじられていますが 公 教 育 の 一 翼 を 担 っている 点 において

More information

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 経 済 の 好 循 環 を 確 実 なものとする 観 点 から 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 等 を 行 うとともに 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 低 所 得 者 への 配 慮 として 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

につき 過 誤 納 となった 税 ( 金 ) 額 を 基 礎 金 額 として 端 数 計 算 を 行 うこと (2) 還 付 加 算 金 確 定 金 額 に100 円 未 満 の 端 数 があるとき 又 はその 全 額 が1,000 円 未 満 であるときは その 端 数 金 額 又 はその 全 額

につき 過 誤 納 となった 税 ( 金 ) 額 を 基 礎 金 額 として 端 数 計 算 を 行 うこと (2) 還 付 加 算 金 確 定 金 額 に100 円 未 満 の 端 数 があるとき 又 はその 全 額 が1,000 円 未 満 であるときは その 端 数 金 額 又 はその 全 額 ら 順 次 さか のぼって 過 誤 納 金 が 納 付 された ものとみ なして 計 算 すること (4) 還 付 又 は 充 当 をすべき 金 額 に 加 算 還 付 加 算 金 を 過 誤 納 金 に 加 算 して 還 付 し 又 は 充 当 を す る こ と を い う も の で あ る こ と オ 過 誤 納 金 債 権 の 質 入 れの 通 知 を 受 けた 場 合 に おいて そ の

More information

経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため 共 済 契 約 者 の 拠 出 による 掛 金 を 原 資 として 共 済 金 の 貸 付 けを 行 う 制 度

経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため 共 済 契 約 者 の 拠 出 による 掛 金 を 原 資 として 共 済 金 の 貸 付 けを 行 う 制 度 取 引 先 の 突 然 の 倒 産 もしものときの 資 金 調 達 しっかりサポートします 経 営 セーフティ 共 済 ( 中 小 企 業 倒 産 防 止 共 済 ) 制 度 のしおり 平 成 23 年 10 月 経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため

More information

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9>

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9> 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 市 町 村 税 関 係 ) ( 平 成 22 年 4 月 1 日 総 税 市 第 16 号 ) ( 改 正 ) 平 成 22 年 8 月 23 日 総 税 市 第 60 号 平 成 23 年 6 月 30 日 総 税 市 第 34 号 平 成 23 年 12 月 2 日 総 税 市 第 70 号 平 成 24 年 4 月 1 日 総 税

More information

<30315F3030348D738E9695CA93FA92F628323031328A778A4F97702981693132303131348A9993638F4390B3816A2E786C73>

<30315F3030348D738E9695CA93FA92F628323031328A778A4F97702981693132303131348A9993638F4390B3816A2E786C73> 1 工 学 院 大 学 学 則 第 1 章 目 的 第 1 条 本 学 は 教 育 基 本 法 および 学 校 教 育 法 に 則 り 大 学 として 広 く 知 識 を 授 け 人 格 の 完 成 をはかるとともに 工 学 に 関 する 高 等 の 理 論 とその 応 用 を 教 授 ならびに 研 究 し 人 類 の 福 祉 に 貢 献 し 得 る 人 材 を 育 成 することを 目 的 とする

More information

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 21 年 7 月 3 日 決 裁 )の 全 部 を 改 正 する ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るため 私 立 幼 稚 園 又 は 無 認 可 幼 稚 園 に 在 園 する

More information

<8E9696B195D28169483238944E378C8E816A2E786264>

<8E9696B195D28169483238944E378C8E816A2E786264> 市 町 村 職 員 の 退 職 手 当 の 手 引 き ~ 事 務 編 ~ ( 平 成 28 年 7 月 ) 福 島 県 市 町 村 総 合 事 務 組 合 ~ 事 務 編 ~ 目 次 第 1 職 員 関 係 の 報 告 等 事 項 1 職 員 を 採 用 したとき( 又 は 特 別 職 が 就 任 したとき) 1 (1) 特 別 職 (2) 一 般 職 2 退 職 したとき 2 (1) 特 別 職

More information

種 別 貸 付 事 由 貸 付 限 度 額 償 還 回 数 結 婚 組 合 員 又 は 子 が 結 婚 をするため 資 金 を 必 要 と する 場 合 200 万 円 ( 2) 120 回 以 内 葬 祭 組 合 員 が 被 扶 養 者 又 は 被 扶 養 者 でない 配 偶 者 子 孫 弟 妹

種 別 貸 付 事 由 貸 付 限 度 額 償 還 回 数 結 婚 組 合 員 又 は 子 が 結 婚 をするため 資 金 を 必 要 と する 場 合 200 万 円 ( 2) 120 回 以 内 葬 祭 組 合 員 が 被 扶 養 者 又 は 被 扶 養 者 でない 配 偶 者 子 孫 弟 妹 16 資 金 が 必 要 なとき 共 済 組 合 1 貸 付 けについて (1) 貸 付 申 込 みから 送 金 まで 申 込 締 切 日 毎 月 25 日 ( 休 日 の 場 合 は その 前 日 ) 貸 付 決 定 送 金 申 込 締 切 日 の 翌 月 10 日 頃 に 貸 付 決 定 通 知 書 を 送 付 申 込 締 切 日 の 翌 月 26 日 ( 休 日 の 場 合 はその 前 日 )に

More information

平 成 25 年 度 室 蘭 市 各 会 計 決 算 審 査 意 見 書 室 蘭 市 土 地 開 発 基 金 の 運 用 状 況 審 査 意 見 書 室 蘭 市 監 査 委 員 室 監 査 第 133 号 平 成 26 年 9 月 30 日 室 蘭 市 長 青 山 剛 様 室 蘭 市 監 査 委 員 土 倉 崇 室 蘭 市 監 査 委 員 羽 立 秀 光 平 成 25 年 度 室 蘭 市 各 会

More information

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63>

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63> 非 常 勤 職 員 取 扱 要 領 昭 和 32 年 3 月 1 日 制 定 平 成 24 年 11 月 1 日 最 終 改 正 第 1 趣 旨 この 要 領 は 非 常 勤 職 員 に 関 する 取 扱 いについて 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 第 2 非 常 勤 職 員 の 任 免 本 庁 にあっては 各 課 長 地 域 振 興 局 にあっては 企 画 振 興 部 長 又 は 各

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

被扶養者の資格確認を行います

被扶養者の資格確認を行います H28.8.16 改 訂 重 要 被 扶 養 者 認 定 に 係 る 添 付 書 類 について 被 保 険 者 と 同 じように 保 険 給 付 を 受 けられる 被 扶 養 者 は 健 康 保 険 法 等 によ って 定 められた 家 族 が 対 象 で 被 扶 養 者 として 認 定 されるには 主 として 被 保 険 者 の 収 入 により 生 計 維 持 されていることが 必 要 です この

More information

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の 伊 勢 原 市 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 仕 様 書 1 件 名 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 2 業 務 に 関 する 基 本 方 針 (1) 市 役 所 において 日 常 特 に 多 くの 市 民 が 訪 れる 窓 口 であり 様 々な 権 利 義 務 を 伴 う 手 続 きにあたって 必 要 となる 重 要 な 業 務 であることを 認 識 し 適 正

More information

国立大学法人福島大学職員給与規程

国立大学法人福島大学職員給与規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 給 与 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 17 年 6 月 6 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 18 年 6 月 5 日 平 成 18 年 10 月 16 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 19 年 12 月 7 日 平 成

More information

た 滞 納 処 分 の 効 力 には 影 響 がないこ (2) 賦 課 処 分 のかしが 明 白 かつ 重 大 であり 第 5 賦 課 処 分 が 無 効 である 場 合 の 滞 納 処 分 は そ の 前 提 を 欠 く 処 分 と な り 無 効 と な る こ 滞 納 情 報 の 管 理 1

た 滞 納 処 分 の 効 力 には 影 響 がないこ (2) 賦 課 処 分 のかしが 明 白 かつ 重 大 であり 第 5 賦 課 処 分 が 無 効 である 場 合 の 滞 納 処 分 は そ の 前 提 を 欠 く 処 分 と な り 無 効 と な る こ 滞 納 情 報 の 管 理 1 第 5 章 第 1 意 義 滞 納 処 分 事 務 第 1 節 通 則 滞 納 処 分 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 納 付 ( 納 入 )が 遅 滞 した 場 合 において 原 則 として 督 促 を 前 提 条 件 とし て 徴 税 吏 員 が 滞 納 者 の 財 産 を 差 し 押 さえ その 換 価 代 金 等 を 地 方 団 体 の 徴 収 金 に 充 てる 行 政 処 分 をいい

More information

(2) 本 人 本 人 の 配 偶 者 及 び 扶 養 義 務 者 の 前 年 (1 月 から3 月 までの 間 に 申 請 する ときは 前 々 年 )の 所 得 を 確 認 できる 書 類 (3) その 他 市 長 が 必 要 と 認 めた 書 類 2 市 長 は 前 項 の 申 請 書 に 添

(2) 本 人 本 人 の 配 偶 者 及 び 扶 養 義 務 者 の 前 年 (1 月 から3 月 までの 間 に 申 請 する ときは 前 々 年 )の 所 得 を 確 認 できる 書 類 (3) その 他 市 長 が 必 要 と 認 めた 書 類 2 市 長 は 前 項 の 申 請 書 に 添 茨 木 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 福 祉 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 等 で 年 金 制 度 上 の 理 由 により 国 民 年 金 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 141 号 )に 規 定 する 老 齢 年 金 等 を 受 給 することができない 高 齢 者 に 対 し 在 日 外 国 人 高 齢 者 福 祉 金 ( 以 下 高

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

(Microsoft Word - \201\233\213\213\227^\213K\222\366_H doc)

(Microsoft Word - \201\233\213\213\227^\213K\222\366_H doc) 目 的 ) 地 方 独 立 行 政 法 人 奈 良 県 立 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 1 づき 与 に 関 この 地 する 方 規 独 事 程 立 項 は 行 を 政 定 地 法 めることを 方 人 独 奈 立 良 行 県 政 立 目 法 病 的 人 院 とする 奈 機 良 構 県 ( 立 以 病 下 院 機 法 構 人 就 という )に 業 規 則 ( 以 下 勤 就 務 業 する

More information

申告書の書き方HP.indd

申告書の書き方HP.indd 平 成 6 年 度 市 民 税 府 民 税 申 告 の 手 引 き 申 告 書 の 提 出 は 3 日 までです 平 素 は 市 税 務 行 政 につきまして ご 理 解 とご 協 力 をいただき 厚 くお 礼 申 し 上 げます 市 民 税 府 民 税 は 前 年 の 所 得 に 対 して 課 税 されますので 前 年 ( 日 ~ 3 )の 所 得 等 について 申 告 してください 申 告 書

More information

平成23年度 市民税・県民税申告の手引き

平成23年度 市民税・県民税申告の手引き 平 成 28 度 市 県 申 告 手 引 き 平 素 から 本 市 務 行 政 運 営 につきまして 御 理 解 御 協 力 を 賜 り 厚 くお 礼 申 し 上 げます 平 成 28 月 日 現 在 市 に 住 がある 方 は 平 成 27 月 日 から 2 月 3 日 まで 間 収 入 を こ 手 引 きを 御 参 照 上 市 県 申 告 書 に 記 入 していただき 申 告 期 限 [3 月

More information

認定マニュアル

認定マニュアル 第 2 章 扶 養 手 当 第 1 性 格 扶 養 手 当 は 扶 養 家 族 のある 職 員 に 対 して 支 給 される 手 当 で 扶 養 親 族 のある 職 員 の 生 計 費 を 補 給 しようとするものであり 生 活 給 的 な 性 格 を 有 する 手 当 である 根 拠 : 給 与 条 例 第 12 条 第 1 項 技 労 条 例 第 4 条 第 2 認 定 事 務 の 手 続 1

More information

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い 実 務 対 応 報 告 第 23 号 信 託 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 上 の 取 扱 い 平 成 19 年 8 月 2 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 20 年 12 月 26 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている (1) 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に

More information

2 会 長 は 前 項 の 申 込 みを 承 諾 したときは 共 済 事 業 制 度 加 入 承 諾 書 と 本 退 職 共 済 規 程 を 共 済 契 約 者 に 送 付 するものとする 3 事 業 主 が 施 設 を 新 設 し 新 たにその 施 設 の 職 員 を 加 入 者 としようとする

2 会 長 は 前 項 の 申 込 みを 承 諾 したときは 共 済 事 業 制 度 加 入 承 諾 書 と 本 退 職 共 済 規 程 を 共 済 契 約 者 に 送 付 するものとする 3 事 業 主 が 施 設 を 新 設 し 新 たにその 施 設 の 職 員 を 加 入 者 としようとする 公 益 社 団 法 人 千 葉 県 社 会 福 祉 事 業 共 助 会 退 職 共 済 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 益 社 団 法 人 千 葉 県 社 会 福 祉 事 業 共 助 会 ( 以 下 共 助 会 という ) 定 款 第 4 条 に 規 定 する 事 業 ( 以 下 共 済 事 業 という )の 運 営 に 必 要 な 事 項 を 定 めるこ

More information

横断学習①

横断学習① 社 会 保 険 労 務 士 2013 年 横 断 学 習 第 1 章 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 第 7 章 総 則 適 用 事 業 等 被 保 険 者 保 険 給 付 の 通 則 賃 金 報 酬 保 険 給 付 不 服 申 立 雑 則 2013 年 度 版 日 建 学 院 社 労 士 過 去 問 横 断 学 習 用 小 冊 子 株 式 会 社 建 築 資 料 研 究

More information

平成18年度弥富町私立幼稚園就園

平成18年度弥富町私立幼稚園就園 弥 富 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 21 年 3 月 31 日 改 正 平 成 22 年 3 月 31 日 平 成 23 年 4 月 6 日 平 成 23 年 9 月 30 日 平 成 24 年 5 月 30 日 平 成 25 年 6 月 5 日 平 成 26 年 5 月 8 日 平 成 27 年 5 月 13 日 平 成 28 年 5 月 10

More information

はじめに ~ 企 業 会 計 的 手 法 の 導 入 について~ 1 Ⅰ 財 務 書 類 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 1 財 務 書 類 作 成 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 2 貸 借 対 照 表 (B/S)とは 3 3 行 政 コスト 計 算 書 (P/L)

はじめに ~ 企 業 会 計 的 手 法 の 導 入 について~ 1 Ⅰ 財 務 書 類 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 1 財 務 書 類 作 成 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 2 貸 借 対 照 表 (B/S)とは 3 3 行 政 コスト 計 算 書 (P/L) 平 成 24 年 度 稚 内 市 財 務 書 類 報 告 書 ( 新 地 方 公 会 計 制 度 - 総 務 省 方 式 改 訂 モデル) 貸 借 対 照 表 行 政 コ ス ト 計 算 書 純 資 産 変 動 計 算 書 資 金 収 支 計 算 書 北 海 道 稚 内 市 平 成 26 年 3 月 はじめに ~ 企 業 会 計 的 手 法 の 導 入 について~ 1 Ⅰ 財 務 書 類 に 関 する

More information