外 国 人 株 主 の 増 大 が 雇 用 と 配 当 に 及 ぼす 影 響 壷 内 慎 二 金 沢 星 稜 大 学 1.はじめに 日 本 の 株 式 市 場 では 1990 年 代 2000 年 代 を 通 じて 外 国 人 株 主 の 株 式 保 有 が 増 加 している 図 1 投 資 部 門

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "外 国 人 株 主 の 増 大 が 雇 用 と 配 当 に 及 ぼす 影 響 壷 内 慎 二 金 沢 星 稜 大 学 1.はじめに 日 本 の 株 式 市 場 では 1990 年 代 2000 年 代 を 通 じて 外 国 人 株 主 の 株 式 保 有 が 増 加 している 図 1 投 資 部 門"

Transcription

1 第 83 回 春 季 全 国 大 会 学 会 報 告 論 文 外 国 人 株 主 の 増 大 が 雇 用 と 配 当 に 及 ぼす 影 響

2 外 国 人 株 主 の 増 大 が 雇 用 と 配 当 に 及 ぼす 影 響 壷 内 慎 二 金 沢 星 稜 大 学 1.はじめに 日 本 の 株 式 市 場 では 1990 年 代 2000 年 代 を 通 じて 外 国 人 株 主 の 株 式 保 有 が 増 加 している 図 1 投 資 部 門 別 株 式 保 有 比 率 の 推 移 は 東 京 証 券 取 引 所 発 表 の 投 資 部 門 別 保 有 比 率 を 表 したものである 1990 年 度 外 国 人 株 主 の 保 有 比 率 は 6%であったが この 20 年 間 一 貫 して 保 有 比 率 を 伸 ばし 2013 年 には 30.8%に 達 している 一 方 日 本 企 業 による 株 式 保 有 は 低 下 している 1990 年 度 金 融 機 関 及 び 事 業 法 人 の 保 有 比 率 は 両 者 合 わせて 73.1%( 金 融 機 関 43% 事 業 法 人 30.1%)であったが この 20 年 間 で 48%( 金 融 機 関 26.7% 事 業 法 人 21.3%)まで 減 少 している 2013 年 の 11 兆 円 まで 一 貫 して 増 加 している 一 方 企 業 の 雇 用 状 況 も 変 化 している 1997 年 の 銀 行 危 機 以 降 日 本 企 業 の 雇 用 調 整 が 進 んだ 1998 年 以 前 と 以 後 それぞれ 10 年 間 の 雇 用 調 整 速 度 の 変 化 率 を 比 較 し た 研 究 によると 1997 年 以 前 全 産 業 で 4.05%だったが 1998 年 以 降 では 6.41%と 2.36 ポイント 上 昇 している 2 ) この 数 値 の 上 昇 は 雇 用 調 整 が 加 速 していることを 示 して いる 図 3 は 雇 用 と 給 与 の 推 移 を 現 した 図 である 雇 用 を 年 間 月 平 均 人 員 で 見 れば 2008 年 度 までは 減 少 傾 向 にある 2010 年 度 から 2013 年 度 までは 雇 用 が 増 加 し ているが 2004 年 度 の 水 準 には 達 していない(2004 年 度 の 約 920 万 人 に 対 して 2010 年 度 は 約 840 万 人 2013 年 度 は 約 900 万 人 ) (%) 図 1 投 資 部 門 別 株 式 保 有 比 率 の 推 移 (10 億 円 ) 1,500 1,000 図 2 配 当 総 額 の 推 移 金 融 機 関 事 業 法 人 等 外 国 法 人 等 個 人 その 他 ( 出 所 ) 東 京 証 券 取 引 所 投 資 部 門 別 株 式 保 有 比 率 の 推 移 より 作 成 このような 外 国 人 投 資 家 の 増 加 日 本 の 金 融 機 関 や 事 業 法 人 の 保 有 比 率 の 低 下 に 伴 って 以 前 よりも 株 主 重 視 の 経 営 に 変 わりつつある その 一 つが 配 当 である 図 2 配 当 総 額 の 推 移 は 資 本 金 10 億 円 以 上 の 企 業 について 2004 年 度 から 2013 年 度 の 配 当 の 推 移 を 示 している 1) 2004 年 には 約 5 兆 円 であったが 2006 年 に 約 12 兆 円 ま で 増 加 している 2008 年 にはリーマンショックの 影 響 を 受 けたとはいえ 約 9 兆 円 あり 2009 年 の 7 兆 円 から ( 出 所 ) 財 務 相 法 人 企 業 統 計 より 作 成 図 3 雇 用 と 給 与 ( 千 人 ) ( 千 円 ) 9,500 5,600 5,400 9,000 5,200 8,500 5,000 8,000 4, 年 間 月 平 均 人 員 平 均 給 与 ( 出 所 ) 国 税 庁 民 間 給 与 実 態 統 計 調 査 より 作 成 ( 注 ) 資 本 金 10 億 円 以 上 の 企 業 が 対 象 1-5-1

3 しかし このような 配 当 の 増 加 雇 用 の 減 少 が 企 業 に 一 様 に 生 じたわけではない 外 国 人 株 主 の 増 加 にも 関 わ らず 雇 用 調 整 速 度 の 遅 い 企 業 も 存 在 している 特 に 製 造 業 企 業 では 内 部 留 保 金 の 大 きさ 企 業 特 殊 能 力 ( 熟 練 技 能 )の 重 要 性 から 雇 用 調 整 速 度 が 低 下 する 可 能 性 が 報 告 されている 3) 図 3 では 平 均 給 与 の 推 移 も 示 している 伝 統 的 な 日 本 的 雇 用 においては 不 況 に 陥 った 時 給 与 の 削 減 等 で 雇 用 調 整 を 回 避 することが 知 られている たと えば 図 3では2008 年 には 雇 用 が 減 少 する 一 方 で 給 与 が 減 少 していないことが 見 て 取 れる ところが 2009 年 以 降 はそのような 関 係 がなくなっているように 見 受 けられる そこで 本 稿 では 企 業 がある 特 殊 な 状 況 に 陥 ったとき つまり 経 常 利 益 が 赤 字 になったとき 経 営 者 は 株 主 の 利 益 を 優 先 するのか 雇 用 を 守 るのか それとも 株 主 の 利 益 を 重 視 しながらも 雇 用 を 守 り 給 与 の 削 減 で 対 処 す るのか そしてそれらの 判 断 は 外 国 人 投 資 家 の 大 きさに 影 響 されるのかを 明 らかにしたい 2. 先 行 研 究 1990 年 代 の 長 期 不 況 金 融 機 関 の 株 式 所 有 比 率 の 低 下 と 外 国 人 株 主 の 株 式 所 有 比 率 の 上 昇 に 伴 い 会 社 は 誰 の ために 経 営 されるべきか といった 経 営 者 に 対 する 規 律 付 けの 観 点 から これまで 多 くの 議 論 がなされてきた 3) このようなコーポレート ガバナンスの 議 論 では 従 業 員 の 利 益 を 重 視 すべきであるといった 従 業 員 利 益 最 大 化 論 株 主 の 利 益 を 重 視 すべきである 株 主 利 益 最 大 化 論 に 大 別 される 4) 従 業 員 の 利 益 を 重 視 した 経 営 では 配 当 やキャ ピタルゲインなどの 株 主 の 利 益 よりも 従 業 員 の 雇 用 や 給 与 の 安 定 を 重 視 し 株 主 を 重 視 した 経 営 では 従 業 員 の 雇 用 や 給 与 の 安 定 よりも 配 当 やキャピタルゲインを 重 視 す ることとなる 一 般 的 に 日 本 の 企 業 は 銀 行 を 中 心 とし た 株 式 持 合 いによって 株 主 の 発 言 力 が 抑 えられ 株 主 の 利 益 を 軽 視 し 従 業 員 の 利 益 を 優 先 してきたと 認 識 されて きた しかし 株 式 持 合 いの 解 消 外 国 人 や 個 人 投 資 家 の 増 加 に 伴 って 株 主 の 利 益 を 重 視 すべきといった 株 主 の 利 益 重 視 の 経 営 が 求 められている 株 主 重 視 の 経 営 であ れば 効 率 の 低 い 資 産 生 産 性 の 低 い 従 業 員 はリストラ の 対 象 となるべきといった 考 え 方 が 強 くなる このよう なコーポレート ガバナンス 論 と 1990 年 代 からの 外 国 人 株 主 の 増 加 とを 考 え 合 わせれば 外 国 人 株 主 が 増 えるこ とによって 日 本 のコーポレート ガバナンスが 従 業 員 の 利 益 重 視 から 株 主 の 利 益 重 視 へと 変 化 し 株 価 や 配 当 を より 重 視 すると 同 時 に 経 営 効 率 化 ために 従 業 員 の 雇 用 が 不 安 定 化 する 可 能 性 が 高 まる 実 際 日 本 企 業 につい て 外 国 人 株 主 の 増 加 で 株 主 の 利 益 が 重 視 され 雇 用 調 整 が 柔 軟 に 行 われるようになったことを 指 摘 する 研 究 もあ る 5 ) ところが 日 本 的 ガバナンスの 議 論 において Aoki (1994)は あるタイプのガバナンスとそのガバナンス に 整 合 的 な 雇 用 制 度 があることを 考 慮 すべきであると 指 摘 する Jackson and Miyajima(2007)や 宮 島 (2009) はメインバンクと 雇 用 制 度 との 間 の 補 完 性 など 一 部 の 制 度 間 の 補 完 性 が 必 ずしも 固 定 的 でないことや 各 サブ システム 間 で 同 時 に 変 化 していることを 指 摘 しつつ 雇 用 システムの 面 では 基 本 的 な 変 化 ではなくシステムの 修 正 が 行 われたことを 株 式 所 有 構 造 雇 用 システムデー タ 企 業 のパフォーマンスデータを 用 いたクラスター 分 析 から 明 らかにしている そして 今 日 の 日 本 経 済 にお いて 支 配 的 な 地 位 にある 企 業 は 市 場 ベースの 金 融 と 暗 黙 の 関 係 ベースの 内 部 組 織 ( 長 期 雇 用 )が 結 合 したハイ ブリッド 構 造 を 持 つとする 6) 日 本 企 業 を 対 象 とした 分 析 結 果 から このハイブリッド 構 造 を 持 つ 企 業 では 金 融 機 関 のガバナンス 低 下 にもかかわらず 長 期 雇 用 制 度 が 維 持 されており 雇 用 調 整 速 度 は 上 昇 していないと 結 論 している 株 主 の 利 益 重 視 か 従 業 員 の 利 益 重 視 かについて 配 当 と 雇 用 との 関 連 を 同 時 に 扱 った 研 究 として 久 保 (2011) と 佐 々 木 花 枝 (2012)がある 久 保 は 外 国 人 株 主 の 増 加 取 締 役 改 革 が 配 当 政 策 と 雇 用 調 整 に 与 える 影 響 に 焦 点 を 当 てている 1996 年 から 2008 年 に 3 期 連 続 経 常 赤 字 企 業 143 社 を 対 象 に 企 業 が 危 機 に 陥 ったとき 配 当 を 削 減 するのか 雇 用 を 削 減 するのかを 分 析 した 結 果 外 国 人 持 ち 株 比 率 が 高 く 取 締 役 改 革 を 行 った 企 業 では 株 主 の 利 益 を 重 視 する 傾 向 にあることを 明 らかにしている 佐 々 木 花 枝 (2012)は 1999 年 から 2011 年 に 3 期 連 続 経 常 赤 字 企 業 1,379 社 を 対 象 に 配 当 政 策 と 雇 用 政 策 に 従 業 員 の 賃 金 を 加 え 三 者 の 関 係 を 同 時 に 検 証 している 佐 々 木 花 枝 は 配 当 と 雇 用 に 正 の 相 関 を 雇 用 と 賃 金 の 間 に 負 の 相 関 を 見 出 し 企 業 が 危 機 的 な 状 況 に 陥 った 場 合 配 当 と 賃 金 を 削 減 し 雇 用 を 維 持 しようとする 損 失 の 共 有 が 行 われていると 報 告 している 7 ) これは 株 主 と 従 業 員 の 共 存 関 係 を 示 唆 する 結 果 であり 宮 島 が 指 摘 するハイブリッド 型 の 経 営 であると 考 えられるが 外 国 人 持 株 比 率 が 高 い 企 業 の 場 合 この 関 係 が 弱 まること すなわち 配 当 の 削 減 よりも 雇 用 や 賃 金 の 削 減 を 優 先 す ることを 示 唆 している 1-5-2

4 次 節 では 外 国 人 投 資 家 の 増 大 に 伴 ってガバナンスが 株 主 重 視 になっているのか 特 に 損 失 を 発 生 させた 企 業 が 配 当 削 減 を 優 先 ( 株 主 重 視 )するのか 雇 用 削 減 を 優 先 ( 従 業 員 重 視 )するのか それとも 損 失 の 共 有 が 見 られるのかを 確 かめる 分 析 の 際 佐 々 木 花 枝 と 同 様 に 配 当 賃 金 雇 用 との 関 係 を 見 るが 久 保 や 佐 々 木 花 枝 の 回 帰 分 析 とは 異 なり 企 業 の 特 質 をより 詳 細 に 把 握 するため 経 営 学 的 なアプローチを 用 いて 分 析 する 3. 分 析 本 節 の 目 的 は 第 一 に 二 期 連 続 赤 字 企 業 の 配 当 と 雇 用 平 均 給 与 の 変 化 を 概 観 し それらの 変 化 が 外 国 人 株 主 の 増 大 に 影 響 を 受 けているかどうかを 検 証 することである そして 第 二 に 外 国 人 株 主 が 増 えても 株 主 の 利 益 優 先 にな りすぎず 佐 々 木 花 枝 で 指 摘 される 損 失 の 共 有 を 図 っているかどうかを 検 証 することである (1)データについて サンプルとして 取 り 上 げる 企 業 は 2004 年 度 から 2011 年 度 に 二 期 連 続 経 常 赤 字 ( 単 体 )を 計 上 した 東 京 証 券 取 引 所 一 部 上 場 企 業 のうち 金 融 機 関 を 除 く 49 社 である こ れらの 財 務 データについては 日 経 バリューサーチの 財 務 データから 得 た サンプル 企 業 について 赤 字 2 期 を 含 む 5 期 について 配 当 雇 用 平 均 給 与 の 関 係 をグラフで 示 す その 際 赤 字 初 年 度 の 1 期 前 を t-1 赤 字 初 年 度 を t 二 期 目 の 赤 字 をt+1と 表 す 2 期 連 続 赤 字 後 2 期 分 (t+3) まで 対 象 とするのは 雇 用 調 整 にタイムラグが 存 在 する ためである 企 業 は 生 産 が 減 少 してもすぐには 雇 用 を 減 少 させず 増 加 させる 場 合 でもすぐに 雇 用 を 増 加 させな いため 生 産 変 動 に 一 定 のタイムラグが 存 在 することが 知 られている 8) 各 ケースについては 配 当 の 推 移 を 一 株 当 たり 配 当 ( 累 積 )で 雇 用 の 推 移 を 単 独 従 業 員 数 で 給 与 を 単 独 平 均 年 間 給 与 で 表 している 次 に サンプル 企 業 全 体 の 傾 向 を 見 るために 変 化 率 をとった 配 当 については 配 当 総 額 で 算 出 している また 前 期 無 配 であった 企 業 が 復 配 し た 場 合 計 算 上 変 化 率 は 100%とした 9 ) また 給 与 は 一 人 当 たり 平 均 給 与 に 期 末 の 従 業 員 数 を 乗 じた 数 値 を 用 い た 各 変 化 率 は 以 下 のとおりである 配 当 の 変 化 率 (%)=( 今 期 の 配 当 総 額 - 前 期 の 配 当 総 額 )/ 前 期 の 配 当 総 額 雇 用 の 変 化 率 (%)=( 今 期 末 従 業 員 数 - 前 期 末 従 業 員 数 )/ 前 期 末 従 業 員 数 給 与 の 変 化 率 (%)=( 今 期 の 給 与 総 額 - 前 期 の 給 与 総 額 )/ 前 期 の 給 与 総 額 まず 株 主 と 従 業 員 のどちらかの 利 益 を 優 先 するのか についてサンプル 全 体 の 傾 向 を 概 観 する 表 1 配 当 雇 用 給 与 の 変 化 はサンプル 企 業 について 二 期 連 続 赤 字 1 期 前 から 5 年 分 の 配 当 雇 用 給 与 の 変 化 を 変 化 率 で 表 したものである 配 当 について 赤 字 1 期 目 (t)にマイナ ス 期 目 (t+1)に 45.3%のマイナスであった 10 ) 雇 用 についても 赤 字 1 期 目 よりも 赤 字 2 期 目 のほうが 変 化 率 は 大 きい(それぞれマイナス 0.3% マイナス 1.7%) 給 与 については 1 期 目 に 2.8%のマイナス 2 期 目 に 9.4% のマイナスとなっている このように 変 化 率 で 見 ると 配 当 の 増 減 率 > 給 与 の 削 減 率 > 雇 用 の 削 減 率 となり 企 業 が 損 失 を 発 生 させた 場 合 雇 用 を 削 減 するよりも まず 配 当 と 給 与 を 削 減 して いることがみてとれる 全 体 の 傾 向 として 佐 々 木 花 枝 (2012)が 指 摘 するような 株 主 と 従 業 員 が 損 失 の 共 有 を 図 っていることが 示 唆 される 表 1 配 当 雇 用 給 与 の 変 化 (%) 年 度 配 当 変 化 率 従 業 員 数 変 化 率 給 与 変 化 率 t t t t t ( 注 ) 塗 りつぶしは 赤 字 年 度 (2)ケース 次 に 個 別 企 業 のケースを 取 り 上 げる まず 経 常 赤 字 にも 関 わらず 配 当 を 下 げず(あるいは 無 配 にせず) 従 業 員 の 雇 用 給 与 を 下 げるケースである このような 企 業 は 株 主 の 利 益 を 優 先 する 企 業 として 分 類 できる たと えば 図 4 ケース 1( 日 産 自 動 車 )がこのケースにあた る 日 産 自 動 車 は 2010 年 2011 年 に 経 常 赤 字 であった しかし 一 株 あたりの 配 当 を 2010 年 ( 赤 字 1 期 目 )に 10 円 2011 年 ( 赤 字 2 期 目 )に 20 円 と 増 加 させている 雇 用 について 赤 字 1 期 目 は 29,878 人 から 28,403(マイ ナス 5%)へ 赤 字 2 期 目 に 24,240 人 ( 前 年 比 マイナス 15%)へと 雇 用 を 減 少 させている 給 与 では 平 均 給 与 は 1-5-3

5 下 げていないが 給 与 総 額 は 赤 字 1 期 目 に 4% 増 加 して いるが 赤 字 2 期 目 にマイナス 15%であった また 外 国 人 株 主 の 比 率 は 5 年 平 均 で 70%を 超 えている このケ ースから 外 国 人 株 主 の 比 率 が 高 ければ 株 主 優 先 の 経 営 であることが 示 唆 される 図 5 ケース( 日 立 製 作 所 ) 人 ) 配 当 と 雇 用 60,000 40,000 20, 図 4 ケース( 日 産 自 動 車 ) ( 人 ) 配 当 と 雇 用 40,000 20, 一 株 当 たり 配 当 一 株 当 たり 配 当 ( 千 円 ) 配 当 と 給 与 8, 単 独 従 業 員 数 ( 人 ) 一 株 当 たり 配 当 千 円 ) 10,000 配 当 と 給 与 4 5, 単 独 平 均 年 間 給 与 一 株 当 たり 配 当 第 二 は 配 当 を 下 げ 従 業 員 の 雇 用 給 与 を 確 保 する 従 業 員 の 利 益 を 優 先 したケースである 図 5 ケース( 日 立 製 作 所 ) がこのケースの 典 型 となる 日 立 製 作 所 は 2006 年 2007 年 に 経 常 赤 字 であった そのため 一 株 当 たり 配 当 を 赤 字 1 期 目 では 11 円 から 6 円 に 減 配 ( 総 額 変 化 率 で 前 年 比 22%のマイナス) 2 赤 字 2 期 目 は 6 円 ( 前 年 比 29%のマイナス)としたが その 後 も 減 配 し 続 けた し かし 雇 用 は 赤 字 1 期 目 に 38,000 人 から 37,143 人 ( 前 年 比 マイナス1%) 2 期 目 に37,143 人 ( 前 年 比 マイナス2%) 給 与 総 額 は 赤 字 1 期 目 には 前 年 比 0% 2 期 目 にも 前 年 比 マイナス 2%と 変 化 はわずかであった 外 国 人 株 主 の 比 率 は 5 年 平 均 で 約 40%であった 7, , , 単 独 平 均 年 間 給 与 一 株 当 たり 配 当 第 三 は 赤 字 に 陥 った 場 合 配 当 給 与 を 下 げ 雇 用 を 維 持 する 損 失 の 共 有 を 図 るケースである 図 6 ケー ス( 富 士 重 工 業 )がこのケースに 当 たると 思 われる 赤 字 第 1 期 目 に 一 株 当 たりの 配 当 を 9 円 から 4.5 円 赤 字 2 期 目 には 一 株 あたり 0 円 に 減 配 している そして 日 立 製 作 所 のケースと 異 なり 経 常 黒 字 になった 次 年 度 には 再 び 一 株 当 たり 9 円 に 復 配 している 雇 用 については 赤 字 1 期 目 11,909 人 から 12,137 人 ( 前 年 比 プラス 2%) 赤 字 2 期 目 に 12,483 人 (プラス 3%)と 雇 用 を 増 加 させてい る 給 与 総 額 については 赤 字 1 期 目 で 前 年 比 1%の 増 加 2 期 目 でマイナス 4%であった 外 国 人 株 主 の 比 率 はこの 期 間 平 均 で 30%であった このケースでは 赤 字 1 期 目 に は 無 配 にせず また 従 業 員 も 削 減 しなかった そして 赤 字 2 期 目 には 無 配 に 雇 用 を 削 減 せず 給 与 を 削 減 してい た したがって 株 主 と 従 業 員 が 損 失 を 共 有 しているこ とがうかがえる 図 6 ケース( 富 士 重 工 業 ) ( 人 ) 配 当 と 雇 用 13, ,500 12,000 11, 単 独 従 業 員 数 ( 人 ) 一 株 当 たり 配 当 1-5-4

6 6,500 6,000 5,500 このように 企 業 が 2 期 連 続 赤 字 を 計 上 するような 危 機 的 な 状 況 に 陥 ったとき 採 用 する 経 営 政 策 に 違 いがみ られる 株 主 の 利 益 を 重 視 する 企 業 従 業 員 の 利 益 を 重 視 する 企 業 損 失 を 共 有 する 企 業 である 次 節 では こ れらの 違 いは はじめに で 観 察 した 外 国 人 投 資 家 の 増 加 に 影 響 されるのかを 検 証 する (3) 株 主 の 影 響 ここでは 前 節 でみた 配 当 や 雇 用 給 与 の 関 係 また 損 失 の 共 有 が 株 主 の 所 有 比 率 によって 影 響 されるのかを 検 証 する 配 当 と 給 与 サンプル 企 業 を 外 国 人 持 ち 株 比 率 の 高 い 順 に 序 列 化 し たところ 外 国 人 持 ち 株 比 率 上 位 4 分 の 1 の 企 業 群 では 外 国 人 株 主 の 持 ち 株 比 率 がそれぞれ30%を 超 しているの に 対 して 事 業 会 社 の 持 ち 株 比 率 が 低 い 傾 向 にあった 一 方 外 国 人 持 ち 株 比 率 下 位 4 分 の 1 の 企 業 群 では 外 国 人 投 資 家 の 持 ち 株 比 率 は 平 均 して 3% 事 業 会 社 と 個 人 の 持 ち 株 比 率 が 高 い 傾 向 にあった したがって 配 当 や 雇 用 政 策 に 与 える 外 国 人 株 主 の 影 響 はこれらの 企 業 群 の 指 標 を 比 較 することで 明 らかになると 考 えられる 表 2 外 国 人 投 資 家 の 影 響 ( 注 ) 塗 りつぶしは 赤 字 年 度 単 独 平 均 年 間 給 与 一 株 当 たり 配 当 配 当 変 化 率 従 業 員 数 変 化 率 給 与 変 化 率 年 度 上 位 25% 下 位 25% 上 位 25% 下 位 25% 上 位 25% 下 位 25% t t t t t 表 2 はサンプル 企 業 について 外 国 人 株 主 の 保 有 比 率 上 位 4 分 の 1( 上 位 25%)の 企 業 と 下 位 4 分 の 1( 下 位 25%)の 企 業 に 分 け 配 当 従 業 員 数 給 与 の 変 化 率 の 平 均 を 表 したものである 上 位 25%の 企 業 群 では 配 当 について サンプル 全 体 では 赤 字 1 期 目 マイナス 2.5% 2 期 目 マイナス 45.3%で あったが 上 位 企 業 では 同 期 間 でプラス 11.5% マイナ ス 21.8%となり 配 当 の 削 減 が 小 さくなっている 雇 用 について 赤 字 1 期 目 は 全 体 と 変 わらずマイナス 0.3%で あったが 赤 字 2 期 目 は 全 体 でマイナス 1.7%からマイナ ス 3.8%であった これは 雇 用 の 削 減 幅 が 大 きいことを 意 味 する 給 与 について 赤 字 1 期 目 はマイナス 2.8%に 対 してマイナス 2.3% 2 期 目 はマイナス 9.4%に 対 してマ イナス 9.0%となり 配 当 や 雇 用 ほどの 差 はない 全 体 の 傾 向 と 上 位 25%の 企 業 群 を 比 較 したこれらの 傾 向 から 外 国 人 株 主 の 比 率 が 高 いほど 配 当 の 削 減 率 は 小 さく 雇 用 の 削 減 率 が 大 きい したがって より 株 主 重 視 の 経 営 になっているといえるだろう 一 方 下 位 25%の 企 業 群 では 赤 字 1 期 目 ではサンプ ル 全 体 がマイナス 2.5 に 対 しマイナス 9.6% 2 期 目 では 全 体 のマイナス 45.3%に 対 しマイナス 59.3%と 配 当 の 削 減 が 大 きくなっている 雇 用 については 1 期 目 マイナス 0.3%に 対 しマイナス 2.8% 2 期 目 ではマイナス 1.7%に 対 し プラス 0.2%と 1 期 目 に 雇 用 削 減 幅 が 大 きくなって いる 給 与 については 全 体 が 1 期 目 ではマイナス 2.8% に 対 しマイナス 5.9% 2 期 目 ではマイナス 9.4%に 対 し マイナス 9.8%となった 下 位 25%の 企 業 群 については 赤 字 期 間 について 配 当 の 削 減 幅 が 表 1で 示 した 全 体 の 傾 向 よりも 大 きいことから この 意 味 では 従 業 員 の 利 益 を 優 先 する 経 営 であるとい えるかもしれない また 赤 字 2 期 目 には 配 当 を 大 きく 削 減 し さらに 給 与 の 削 減 が 行 われているが 雇 用 削 減 が 行 われていないことから 損 失 の 共 有 の 可 能 性 を 示 す ものとなった しかし 下 位 25%の 企 業 群 では 外 国 人 持 ち 株 比 率 は 平 均 して 3%であるため 外 国 人 投 資 家 の 増 加 の 影 響 は 小 さく 損 失 は 事 業 会 社 との 共 有 と 考 えられる さらに 下 位 25%の 企 業 群 について 株 主 と 従 業 員 が 損 失 を 共 有 しているかを 検 証 した 損 失 の 共 有 の 定 義 は 賃 金 と 雇 用 との 負 の 相 関 配 当 と 賃 金 および 雇 用 との 正 の 相 関 であることから 11) 下 位 25%の 企 業 群 について 変 数 間 の 相 関 を 調 べると 従 業 員 数 変 化 率 と 給 与 変 化 率 に 正 の 強 い 相 関 がみられた(0.76) 定 義 上 はこれらの 相 関 は 負 の 相 関 となるため 株 主 と 従 業 員 とは 損 失 を 共 有 しているといえない また 2 期 連 続 赤 字 のあと( 表 2 では t+2 期 目 )に 下 位 25% 企 業 群 では 従 業 員 数 変 化 率 が マイナス 6.5 となっている これは 雇 用 調 整 にタイムラ グが 存 在 することと 整 合 的 である 1-5-5

7 下 位 25%の 企 業 群 では 外 国 人 持 ち 株 比 率 の 低 さ 従 業 員 数 変 化 率 と 給 与 変 化 率 との 正 の 相 関 2 期 目 の 赤 字 の 後 の 従 業 員 数 の 減 少 を 考 えると 株 主 の 利 益 重 視 従 業 員 の 利 益 重 視 の 経 営 というよりも 市 場 原 理 に 従 順 な 経 営 を 行 っているといえるだろう 4.おわりに サンプル 企 業 全 体 を 変 化 率 の 平 均 で 見 た 場 合 損 失 を 共 有 しているかに 見 えたが 外 国 人 株 主 の 比 率 が 高 い 企 業 ではこの 関 係 は 崩 れる したがって 外 国 人 株 主 の 比 率 の 高 い 企 業 では 外 国 人 株 主 の 増 大 とともに 株 主 重 視 の 経 営 になっており 外 国 人 株 主 が 低 い 企 業 では 従 業 員 が 重 視 される 傾 向 はみられるものの どちらかといえば 景 気 の 変 動 に 合 わせて 配 当 や 雇 用 を 柔 軟 に 変 えていくこ とが 明 らかとなった この 結 果 は 既 存 研 究 と 同 様 外 国 人 株 主 が 増 加 すると 経 営 は 株 主 の 利 益 を 重 視 するように なるという 主 張 と 整 合 的 である また 佐 々 木 花 枝 (2012) が 主 張 する 損 失 の 共 有 について 経 常 赤 字 2 期 連 続 で 続 いた 企 業 のケースを 見 た 場 合 配 当 および 給 与 を 削 減 し 雇 用 を 守 るという 企 業 は 存 在 した しかし 賃 金 と 雇 用 の 相 関 をみたところ 正 のやや 強 い 相 関 がみられた 損 失 の 共 有 の 定 義 は 賃 金 と 雇 用 との 負 の 相 関 である ことから この 結 果 は 損 失 の 共 有 ではなく 景 気 の 変 動 に 合 わせて 配 当 だけでなく 雇 用 も 柔 軟 に 調 整 し ていることを 意 味 している ただ 個 別 企 業 のケースか らは 損 失 の 共 有 が 見 てとれることもあり 外 国 人 投 資 家 比 率 で 企 業 分 類 するのではなく このような 企 業 を 選 択 し 分 析 していけば 損 失 の 共 有 を 図 る 企 業 の 特 性 ひいては 日 本 的 雇 用 の 新 しい 特 徴 が 見 つかる 可 能 性 があ ることも 示 唆 された これらの 分 析 は 今 後 の 課 題 とした い < 注 > 1) 金 融 保 険 業 を 含 む 全 産 業 が 対 象 2) 壷 内 (2014)を 参 照 3)コーポレート ガバナンスの 包 括 的 な 研 究 として 小 佐 野 (2001) 伊 丹 (2005) 宮 島 (2011)がある 4) 従 業 員 利 益 重 視 株 主 利 益 重 視 以 外 にも 会 社 は 社 会 の 公 器 であるためステイク ホルダーすべての 利 益 を 重 視 すべきといった 考 え 方 もあるが 本 稿 では 扱 わな い 5) 例 えば 富 山 (2001) 野 田 (2008)は 金 融 機 関 の 持 ち 株 比 率 が 低 下 外 国 人 株 主 の 持 ち 株 比 率 が 上 昇 する と 雇 用 調 整 速 度 が 高 まることを 実 証 している また 久 保 (2011)は 配 当 と 雇 用 調 整 の 関 係 から 同 様 の 結 論 を 示 している 6) 宮 島 のクラスター 分 析 による 分 類 では 市 場 ベース( 企 業 金 融 と 所 有 構 造 )と 関 係 ベース( 情 報 シェアリング) の 指 標 から 日 本 の 企 業 経 営 の 進 化 形 をタイプⅠ 市 場 志 向 的 な 金 融 所 有 構 造 と 関 係 志 向 的 な 内 部 組 織 が 結 合 したハイブリッド とタイプⅡ 従 業 員 の 高 度 な 熟 練 に 依 存 するところが 弱 いか 高 度 であるが 汎 用 性 の 高 い スキルに 依 存 に 分 ける 詳 しくは 宮 島 (2009)を 参 照 のこと 7) 佐 々 木 花 枝 (2012)を 参 照 8) 清 家 篤 (2002)では 生 産 変 動 と 雇 用 調 整 とのタイムラ グについて 理 論 的 な 説 明 がなされている 9) 佐 々 木 花 枝 (2012)で 扱 っている 操 作 を 踏 襲 した 10) 内 部 留 保 ( 利 益 剰 余 金 )を 配 当 原 資 としているため 経 常 赤 字 であっても 配 当 していると 考 えられる 11) 佐 々 木 花 枝 (2012)を 参 照 < 参 考 文 献 > 小 佐 野 広 (2001) コーポレート ガバナンスの 経 済 学 日 本 経 済 新 聞 社 小 佐 野 広 (2005) コーポレート ガバナンスと 人 的 資 本 日 本 経 済 新 聞 社 久 保 克 行 (2011) 配 当 政 策 と 雇 用 調 整 - 日 本 企 業 は 株 主 重 視 になってきたのか- 宮 島 英 昭 編 著 日 本 の 企 業 統 治 東 洋 経 済 新 報 社 ページ 佐 々 木 寿 記 花 枝 英 樹 (2012) 人 的 資 本 と 雇 用 政 策 - 賃 金 雇 用 調 整 が 配 当 政 策 に 与 える 影 響 - 日 本 経 営 財 務 研 究 学 会 第 36 回 全 国 大 会 報 告 論 文 清 家 篤 (2002) 労 働 経 済 東 洋 経 済 新 報 社 壷 内 慎 二 (2014) コーポレート ガバナンスの 変 化 と 雇 用 調 整 金 融 構 造 研 究 金 融 構 造 研 究 会 第 36 号 ページ 富 山 雅 代 (2001) メインバンク 制 と 企 業 の 雇 用 調 整 日 本 労 働 研 究 雑 誌 488 号 ページ 野 田 知 彦 (2008) メインバンクはリストラを 促 進 するの か 経 済 分 析 180 号 ページ 宮 島 英 昭 (2009) 日 本 型 企 業 システムの 多 元 的 進 化 :ハ イブリッドモデルの 可 能 性 RIETI Discussion Paper Series 09-J-017 独 立 行 政 法 人 経 済 産 業 研 究 所 宮 島 英 昭 (2011) 日 本 企 業 統 治 の 進 化 をいかにとらえる 1-5-6

8 か 危 機 後 の 再 設 計 に 向 けて 宮 島 英 昭 編 著 日 本 の 企 業 統 治 東 洋 経 済 新 報 社 1-70 ページ Aoki, M.(1994) Monitoring Characteristics of the Main Bank Systems," in Aoki, M and H. Patrick eds. The Japanese main bank system: its relevance for developing and transforming, Oxford University Press, Chap. 4,

要 旨 東 京 圏 で 暮 らす 高 学 歴 女 性 の 就 業 拡 大 登 用 拡 大 の 余 地 は 依 然 として 大 きい 新 卒 時 点 で 正 規 雇 用 の 職 に 就 いた 女 性 のうち 結 婚 出 産 した 女 性 の 約 8 割 が 正 規 雇 用 の 職 を 離 れ うち 約

要 旨 東 京 圏 で 暮 らす 高 学 歴 女 性 の 就 業 拡 大 登 用 拡 大 の 余 地 は 依 然 として 大 きい 新 卒 時 点 で 正 規 雇 用 の 職 に 就 いた 女 性 のうち 結 婚 出 産 した 女 性 の 約 8 割 が 正 規 雇 用 の 職 を 離 れ うち 約 2015 年 11 月 18 日 東 京 圏 で 暮 らす 高 学 歴 女 性 の 働 き 方 等 に 関 するアンケート 調 査 結 果 ( 報 告 ) 調 査 の 概 要 株 式 会 社 日 本 総 合 研 究 所 は 東 京 圏 ( 東 京 神 奈 川 埼 玉 千 葉 )に 現 住 所 があり かつ 東 京 圏 に 所 在 する 四 年 制 の 大 学 又 は 大 学 院 を 卒 業 した いわゆる

More information

企業年金に関する制度改善要望

企業年金に関する制度改善要望 1. 企 業 の 円 滑 な 組 織 再 編 要 望 項 目 名 (1) 組 織 再 編 に 伴 う 確 定 給 付 企 業 年 金 の 分 割 時 における 年 金 資 産 の 移 換 額 算 出 方 法 の 追 加 確 定 給 付 企 業 年 金 制 度 の 分 割 又 は 権 利 義 務 承 継 に 伴 う 年 金 資 産 の 移 換 額 の 算 出 方 法 に 確 定 給 付 企 業 年 金

More information

最適電源構成モデルを用いた卸電力取引市場の経済厚生の評価分析

最適電源構成モデルを用いた卸電力取引市場の経済厚生の評価分析 RIETI Discussion Paper Series 07-J-044 \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \

More information

経済・物価情勢の展望(2015年10月)

経済・物価情勢の展望(2015年10月) 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2015 年 10 月 ) 2015 年 10 月 30 日 日 本 銀 行 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > 2017 年 度 までの 日 本 経 済 を 展 望 すると 2015 年 度 から 2016 年 度 にかけて 潜 在 成 長 率 を 上 回 る 成 長 を 続 けると 予 想 される 2017 年 度 にかけては 消 費 税 率 引 き 上

More information

企業の利益分配から見た賃金・設備投資の先行き

企業の利益分配から見た賃金・設備投資の先行き 経 済 分 析 レポート 215 年 8 月 11 日 全 7 頁 企 業 の 利 益 分 配 から 見 た 賃 金 設 備 投 資 の 先 行 き が 設 備 投 資 のけん 引 役 に 小 林 俊 介 久 後 翔 太 郎 橋 本 政 彦 [ 要 約 ] 足 下 の 日 本 経 済 はこれまでの 拡 大 傾 向 が 一 服 しているが 企 業 収 益 は 極 めて 高 い 水 準 で の 推 移

More information

経済・物価情勢の展望(2016年1月)

経済・物価情勢の展望(2016年1月) 2016 年 1 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 1 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 輸 出 生 産 面 に 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 がみられるもの の 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2017 年 度 までを 展 望 すると 家 計 企 業 の 両 部 門 において 所 得 から

More information

債 務 の 変 動 による 後 発 債 務 として 基 金 発 足 直 後 から 5 年 ごとの 厚 生 年 金 保 険 本 体 の 改 正 による 死 亡 率 の 改 正 が 課 題 とされていたが これは 厚 生 年 金 基 金 持 ちとされ 利 差 益 など で 埋 め 合 わせるべきものとさ

債 務 の 変 動 による 後 発 債 務 として 基 金 発 足 直 後 から 5 年 ごとの 厚 生 年 金 保 険 本 体 の 改 正 による 死 亡 率 の 改 正 が 課 題 とされていたが これは 厚 生 年 金 基 金 持 ちとされ 利 差 益 など で 埋 め 合 わせるべきものとさ 厚 生 年 金 基 金 の 免 除 保 険 料 率 に 関 する 一 考 察 三 井 住 友 信 託 銀 行 ペンション リサーチ センター 研 究 理 事 杉 田 健 要 旨 厚 生 年 金 基 金 の 免 除 保 険 料 は 将 来 部 分 の 均 衡 のみによって 計 算 されており 予 定 利 率 の 引 下 げ 等 の 後 発 債 務 の 償 却 を 反 映 していないが 本 稿 では 後

More information

施 策 を 実 施 する 方 針 を 明 らかにしている 税 制 については 2014 年 11 月 7 日 に 政 府 税 制 調 査 会 により 働 き 方 の 選 択 に 対 して 中 立 的 な 税 制 の 構 築 をはじめとする 個 人 所 得 課 税 改 革 に 関 する 論 点 整 理

施 策 を 実 施 する 方 針 を 明 らかにしている 税 制 については 2014 年 11 月 7 日 に 政 府 税 制 調 査 会 により 働 き 方 の 選 択 に 対 して 中 立 的 な 税 制 の 構 築 をはじめとする 個 人 所 得 課 税 改 革 に 関 する 論 点 整 理 みずほインサイト 政 策 2014 年 11 月 27 日 働 き 方 に 中 立 的 な 税 社 会 保 障 へ 女 性 の 活 躍 促 進 に 向 けた 改 革 の 実 施 と 今 後 の 課 題 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 政 策 調 査 部 03-3591-1338 女 性 の 働 き 方 の 選 択 に 対 して 中 立 的 な 税 制 社 会 保 障 制 度 とするため

More information

経済・物価情勢の展望(2016年4月)

経済・物価情勢の展望(2016年4月) 2016 年 4 月 28 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2018 年 度 まで を 展 望 すると 当 面 輸 出 生

More information

Microsoft Word - 091203_0_表紙.doc

Microsoft Word - 091203_0_表紙.doc 日 医 総 研 ワーキングペーパー 地 域 医 療 を 担 う 医 師 会 病 院 等 の 運 営 課 題 把 握 のための 研 究 平 成 21 年 度 医 師 会 共 同 利 用 施 設 検 討 委 員 会 における 調 査 結 果 No.27 29 年 12 月 日 本 医 師 会 総 合 政 策 研 究 機 構 WIC-1 地 域 医 療 を 担 う 医 師 会 病 院 等 の 運 営 課

More information

経済・物価情勢の展望(2016年7月)

経済・物価情勢の展望(2016年7月) 2016 年 7 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 7 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 先 行 きを 展 望 すると 暫 くの 間 輸 出 生 産 面

More information

Microsoft Word - 16_2

Microsoft Word - 16_2 三 井 住 友 信 託 銀 行 調 査 月 報 213 年 8 月 号 ユーロ 圏 中 核 国 に 広 がる 経 済 悪 化 の 影 響 < 要 旨 > 昨 年 9 月 以 降 ユーロ 圏 の 金 融 市 場 は 落 ち 着 いているが 周 縁 国 のみならず 中 核 国 においても 実 体 経 済 の 悪 化 が 長 引 くと 銀 行 の 経 営 状 況 ひいては 金 融 システムの 安 定 性

More information

ある なお, 中 国 政 府 は 増 値 税 と 営 業 税 の 統 合 を 目 指 しており, 一 部 取 引 に 関 して, 営 業 税 から 増 値 税 への 移 行 を 上 海 市 にて 2012 年 に 試 行 開 始 し, 順 次 その 地 域 を 拡 大 している 対 象 企 業 個

ある なお, 中 国 政 府 は 増 値 税 と 営 業 税 の 統 合 を 目 指 しており, 一 部 取 引 に 関 して, 営 業 税 から 増 値 税 への 移 行 を 上 海 市 にて 2012 年 に 試 行 開 始 し, 順 次 その 地 域 を 拡 大 している 対 象 企 業 個 国 際 税 務 研 究 会 国 際 税 務 2012 年 12 月 号 掲 載 中 国 PE 課 税 の 申 告 納 税 実 務 と 対 応 ポイント 税 理 士 法 人 プライスウォーターハウスクーパース 中 国 ビジネスグループ 公 認 会 計 士 税 理 士 簗 瀬 正 人 中 国 では 現 在, 徴 税 強 化 の 一 環 として 外 国 企 業 に 対 する PE(Permanent Establishment;

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6398D8681758A948EE58E91967B939995CF93AE8C768E5A8F9182C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8082CC934B97708E77906A81762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6398D8681758A948EE58E91967B939995CF93AE8C768E5A8F9182C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8082CC934B97708E77906A81762E646F63> 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 9 号 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 17 年 12 月 27 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 最 終 改 正 平 成 25 年 9 月 13 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 適 用 指 針 は 平 成 26 年 11 月 18 日 に 公 表 された 企 業

More information

経 済 調 査 部 エコノミスト 齋 藤 周 3-3591-1283 当 レポートは 情 報 提 供 のみを 目 的 として 作 成 されたものであり 商 品 の 勧 誘 を 目 的 としたものではあり ません 本 資 料 は 当 社 が 信

経 済 調 査 部 エコノミスト 齋 藤 周 3-3591-1283 当 レポートは 情 報 提 供 のみを 目 的 として 作 成 されたものであり 商 品 の 勧 誘 を 目 的 としたものではあり ません 本 資 料 は 当 社 が 信 みずほリポート 214 年 6 月 9 日 相 続 税 法 改 正 と 貸 家 着 工 税 制 改 正 が 貸 家 着 工 に 与 える 影 響 試 算 213 年 の 貸 家 着 工 は 前 年 比 +11.8%と 大 幅 に 増 加 低 金 利 や 住 宅 価 格 の 先 高 観 消 費 税 率 引 き 上 げに 伴 う 駆 け 込 みに 加 えて 213 年 度 税 制 改 正 で 決 定 した

More information

摂 南 経 済 研 究 第 4 巻 第 1 2 号 (2014) 1.はじめに 近 年 プロ 野 球 人 気 の 陰 りが 指 摘 されているが 現 在 でも 数 多 くの 人 が 球 場 に 足 を 運 んでい る 1 観 客 動 員 数 でみると 来 場 客 数 の 公 表 が 実 数 で 行

摂 南 経 済 研 究 第 4 巻 第 1 2 号 (2014) 1.はじめに 近 年 プロ 野 球 人 気 の 陰 りが 指 摘 されているが 現 在 でも 数 多 くの 人 が 球 場 に 足 を 運 んでい る 1 観 客 動 員 数 でみると 来 場 客 数 の 公 表 が 実 数 で 行 摂 南 経 済 研 究 第 4 巻 第 1 2 号 (2014),33-50ページ プロ 野 球 来 場 者 の 飲 食 物 購 買 行 動 に 関 する 考 察 研 究 ノート プロ 野 球 来 場 者 の 飲 食 物 購 買 行 動 に 関 する 考 察 -オリックス バファローズを 事 例 として- 持 永 政 人 西 川 浩 平 The Analysis of Buying Behavior

More information

野村資本市場研究所|中国の社会保険法(草案)の公表と公的年金制度改革(PDF)

野村資本市場研究所|中国の社会保険法(草案)の公表と公的年金制度改革(PDF) 特 集 ファイナンシャル セーフティネット: 人 口 高 齢 化 への 対 応 1 中 国 の 社 会 保 険 法 ( 草 案 )の 公 表 と 公 的 年 金 制 度 改 革 関 根 栄 一 要 約 1. 中 国 の 社 会 保 険 は 基 本 養 老 保 険 ( 日 本 の 国 民 年 金 厚 生 年 金 保 険 に 相 当 ) 医 療 保 険 労 災 保 険 失 業 保 険 出 産 保 険 の

More information

パートタイム 労 働 者 の 厚 生 年 金 雇 用 保 険 への 未 加 入 行 動 に 関 する 考 察 安 部 由 起 子 北 海 道 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 谷 村 孝 子 北 海 道 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 博 士 課 程 要 旨 本 稿 では パー

パートタイム 労 働 者 の 厚 生 年 金 雇 用 保 険 への 未 加 入 行 動 に 関 する 考 察 安 部 由 起 子 北 海 道 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 谷 村 孝 子 北 海 道 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 博 士 課 程 要 旨 本 稿 では パー Discussion Paper, Series B, No. 2007-71 パートタイム 労 働 者 の 厚 生 年 金 雇 用 保 険 への 未 加 入 行 動 に 関 する 考 察 安 部 由 起 子 谷 村 孝 子 2007 年 12 月 北 海 道 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 060-0809 札 幌 市 北 区 北 9 条 西 7 丁 目 パートタイム 労 働 者 の

More information

政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 大 嶋 寧 子 3-39-38 当 レポートは 情 報 提 供 のみを 目 的 として 作 成 されたものであり 商 品 の 勧 誘 を 目 的 としたものではあり ません 本 資 料 は 当 社 が

政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 大 嶋 寧 子 3-39-38 当 レポートは 情 報 提 供 のみを 目 的 として 作 成 されたものであり 商 品 の 勧 誘 を 目 的 としたものではあり ません 本 資 料 は 当 社 が みずほリポート 年 6 月 日 無 貯 蓄 低 貯 蓄 世 帯 の 増 加 と 働 き 方 を 巡 る 問 題 本 稿 では 貯 蓄 残 高 がゼロまたは 少 ない 無 貯 蓄 低 貯 蓄 世 帯 の 増 加 に 焦 点 をあて 働 き 方 との 関 わりや 無 貯 蓄 低 貯 蓄 克 服 の 手 段 としての 共 働 きの 有 効 性 を 考 察 した 働 き 方 との 関 わりを 見 ると 勤

More information

ま え が き 我 が 国 は 急 速 な 少 子 高 齢 化 が 進 行 しているが 国 民 の 老 後 の 生 活 設 計 の 柱 である 公 的 年 金 制 度 については 今 後 ともその 役 割 を 果 たしていけるよう 将 来 にわたり 揺 るぎのない 信 頼 されるものとしていくことが

ま え が き 我 が 国 は 急 速 な 少 子 高 齢 化 が 進 行 しているが 国 民 の 老 後 の 生 活 設 計 の 柱 である 公 的 年 金 制 度 については 今 後 ともその 役 割 を 果 たしていけるよう 将 来 にわたり 揺 るぎのない 信 頼 されるものとしていくことが 厚 生 年 金 国 民 年 金 平 成 16 年 財 政 再 計 算 結 果 厚 生 労 働 省 年 金 局 数 理 課 ま え が き 我 が 国 は 急 速 な 少 子 高 齢 化 が 進 行 しているが 国 民 の 老 後 の 生 活 設 計 の 柱 である 公 的 年 金 制 度 については 今 後 ともその 役 割 を 果 たしていけるよう 将 来 にわたり 揺 るぎのない 信 頼 されるものとしていくことが

More information

Microsoft PowerPoint _Promotional_i_44号-3 中古住宅平成25年1月・住宅着工見通し

Microsoft PowerPoint _Promotional_i_44号-3 中古住宅平成25年1月・住宅着工見通し 213. 2. 22 ( 第 45 号 -1) 新 設 住 宅 着 工 見 通 し 213. 2. 15 ( 第 44 号 -3) 中 古 住 宅 平 成 25 年 1 月 の 動 向 213.2.22 ( 第 45 号 ) 新 設 住 宅 着 工 戸 数 の 見 通 し 1~12 月 期 GDP1 次 速 報 後 ( 注 ) 前 回 の 予 測 はPromotional i 33 号 (11/22)

More information

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損 経 済 学 部 開 設 100 周 年 記 念 奨 学 金 応 募 論 文 中 小 企 業 における 現 行 消 費 税 制 度 の 実 態 立 教 大 学 経 済 学 部 経 済 学 科 4 年 橋 本 浩 平 はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3

More information

資 料 1. 税 体 系 のオーバーホールの 方 向 性 非 正 規 雇 用 の 増 加 等 による 労 働 市 場 の 変 容 若 年 低 所 得 層 の 増 加 に 鑑 み 税 の 所 得 再 分 配 機 能 を 高 め 個 人 所 得 課 税 る これを 通 じて 結 婚 して 子 どもを 産

資 料 1. 税 体 系 のオーバーホールの 方 向 性 非 正 規 雇 用 の 増 加 等 による 労 働 市 場 の 変 容 若 年 低 所 得 層 の 増 加 に 鑑 み 税 の 所 得 再 分 配 機 能 を 高 め 個 人 所 得 課 税 る これを 通 じて 結 婚 して 子 どもを 産 Economic Trends マクロ 経 済 分 析 レポート どうなる? 税 制 のオーバーホール 発 表 日 :2016 年 4 月 8 日 ( 金 ) ~ 若 年 低 所 得 子 育 て 世 帯 の 負 担 軽 減 へ 舵 を 切 るか~ ( 要 旨 ) 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 担 当 副 主 任 エコノミスト 星 野 卓 也 TEL:03-221-447 政

More information

1 社 会 保 障 財 政 の 現 状 ⑴ 社 会 保 障 の 定 義 と 給 付 規 模 社 会 保 障 財 政 の 実 態 を 把 握 する 上 で 社 会 保 障 の 定 義 を 明 確 にしておく 必 要 がある そこで まず 社 会 保 障 の 定 義 を 確 認 しておこう 一 般 に

1 社 会 保 障 財 政 の 現 状 ⑴ 社 会 保 障 の 定 義 と 給 付 規 模 社 会 保 障 財 政 の 実 態 を 把 握 する 上 で 社 会 保 障 の 定 義 を 明 確 にしておく 必 要 がある そこで まず 社 会 保 障 の 定 義 を 確 認 しておこう 一 般 に 第 192 回 産 業 セミナー 社 会 保 障 の 公 的 負 担 現 状 と 課 題 前 川 聡 子 財 政 社 会 保 障 制 度 研 究 班 研 究 員 経 済 学 部 教 授 はじめに 野 田 政 権 発 足 後 社 会 保 障 財 源 の 確 保 を 目 的 とした 消 費 税 増 税 を 実 現 する 方 向 で 議 論 が 着 々 と 進 められている 既 に 消 費 税 ( 国 税

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208179485094C5817A4E6F2E32353295C48D9182C58D4C82AA82E98F8A93BE8A698DB782C697CD8BAD82B382F08C8782AD8CC2906C8FC194EF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208179485094C5817A4E6F2E32353295C48D9182C58D4C82AA82E98F8A93BE8A698DB782C697CD8BAD82B382F08C8782AD8CC2906C8FC194EF2E70707478> 今 月 のトピックス No.-( 年 月 日 ) 米 国 で 広 がる 所 得 格 差 と 力 強 さを 欠 く 個 人 消 費. 景 気 回 復 の 中 でも 米 国 の 個 人 消 費 は 力 強 さを 欠 く 米 国 の 個 人 消 費 は GDPの 割 を 占 め 経 済 成 長 を 牽 引 してきた しかし 9 年 第 四 半 期 に 始 ま る 現 在 の 景 気 拡 大 期 の 消 費

More information

Microsoft Word - 303 新季調方法.doc

Microsoft Word - 303 新季調方法.doc 所 得 階 級 別 にみる 消 費 の 変 化 について 家 計 の 所 得 を 勤 労 者 の 現 金 給 与 総 額 でみると 9 年 月 期 をピクに 減 少 に 転 じ た 後 年 79 月 期 を 底 にやや 持 ち 直 していたが 8 年 になって 伸 び 悩 みがみられ る 同 様 に 家 計 の 最 終 消 費 支 出 は 概 ね 右 肩 上 がりの 増 加 が 続 いていたが 8

More information

以 降 はほぼ 横 ばいで 推 移 している( 図 表 1) 平 成 20 年 度 から 平 成 25 年 度 までの 過 去 6 年 間 の 医 療 法 人 の 経 営 状 況 について 収 支 の 状 況 をみてみると 医 業 収 益 対 医 業 利 益 率 ( 以 下 医 業 利 益 率 とい

以 降 はほぼ 横 ばいで 推 移 している( 図 表 1) 平 成 20 年 度 から 平 成 25 年 度 までの 過 去 6 年 間 の 医 療 法 人 の 経 営 状 況 について 収 支 の 状 況 をみてみると 医 業 収 益 対 医 業 利 益 率 ( 以 下 医 業 利 益 率 とい Research Report 2015 年 8 月 7 日 経 営 サポートセンター リサーチグループ 主 査 浅 野 俊 医 療 法 人 の 経 営 状 況 について( 平 成 20 年 度 - 平 成 25 年 度 ) 福 祉 医 療 機 構 のデータに 基 づき 平 成 20 年 度 から 平 成 25 年 度 までにわたる 医 療 法 人 の 経 営 状 況 について 経 年 分 析 を

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20944E8BE08A7A95AA957A82DD82E782EA82E991AB90D5>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20944E8BE08A7A95AA957A82DD82E782EA82E991AB90D5> 年 金 額 分 布 にみられる 公 的 年 金 制 度 の 発 展 の 足 跡 稲 垣 誠 一 ( 一 橋 大 学 経 済 研 究 所 ) ( 要 旨 ) わが 国 の 公 的 年 金 制 度 は 1961 年 の 国 民 年 金 制 度 の 創 設 によって 皆 年 金 制 度 が 実 現 され その 後 の 幾 度 にもわたる 制 度 改 正 とりわけ 1985 年 改 正 による 再 編 を

More information

Economic Indicators   定例経済指標レポート

Economic Indicators	  定例経済指標レポート Economic Trends 経 済 関 連 レポート 年 金 財 政 をやさしく 解 説 ( 中 編 ) 発 表 日 :2014 年 7 月 7 日 ( 月 ) ~ 所 得 代 替 率 を 基 準 に 使 った 年 金 削 減 ~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 担 当 熊 野 英 生 ( :03-5221-5223) 財 政 検 証 をみて 戸 惑 うのは 所 得 代

More information

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進 第 2 節 安 定 成 長 を 模 索 する 中 国 経 済 中 国 経 済 が 大 規 模 な 景 気 刺 激 策 に 頼 ることなく 自 律 的 かつ 安 定 的 な 成 長 を 実 現 するた めには 過 剰 投 資 過 剰 生 産 過 剰 信 用 の 調 整 と 投 資 から 消 費 への 移 行 を 進 めるとと もに 人 口 減 少 高 齢 化 の 進 展 に 伴 う 問 題 に 対 処

More information

図 1 キャッシュバランス 型 年 金 と 確 定 給 付 型 年 金 図 2 年 金 債 務 と 割 引 率 の 関 係 年 金 債 務 年 金 債 務 の 増 加 金 利 の 低 下 金 利 ( 割 引 率 ) 最 終 給 与 比 例 方 式 が 一 般 に 普 及 していますが こ の 場 合

図 1 キャッシュバランス 型 年 金 と 確 定 給 付 型 年 金 図 2 年 金 債 務 と 割 引 率 の 関 係 年 金 債 務 年 金 債 務 の 増 加 金 利 の 低 下 金 利 ( 割 引 率 ) 最 終 給 与 比 例 方 式 が 一 般 に 普 及 していますが こ の 場 合 2002.8 キャッシュバランス 型 年 金 制 度 の 導 入 と 資 産 運 用 上 の 課 題 1 年 金 研 究 センター 主 任 研 究 員 藤 林 宏 1. キャッシュバランス 型 年 金 とは 確 定 給 付 企 業 年 金 法 が 2002 年 4 月 より 施 行 され ました 同 法 の 施 行 によって 従 来 は 導 入 が 不 可 能 と 見 られていたキャッシュバランス

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20358179944E8BE090E096BE8E9197BF817A91E6825189F18ED089EF95DB8FE190A7937889FC8A769084906989EF8B638E9197BF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20358179944E8BE090E096BE8E9197BF817A91E6825189F18ED089EF95DB8FE190A7937889FC8A769084906989EF8B638E9197BF2E70707478> 資 料 3 年 金 分 野 の 改 革 の 進 捗 状 況 について 平 成 26 年 10 月 10 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 1. 年 金 制 度 の 検 討 課 題 1 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 平 成 16 年 改 正 による 年 金 財 政 フレームが 完 成 するとともに 社 会 経 済 状 態 の 変 化 に 対 応 した 社

More information

目 次 1 国 民 健 康 と 国 民 健 康 保 険 税 ------------------------------------------------------ 1 2 基 準 政 令 と 共 通 基 準 -------------------------------------------

目 次 1 国 民 健 康 と 国 民 健 康 保 険 税 ------------------------------------------------------ 1 2 基 準 政 令 と 共 通 基 準 ------------------------------------------- 参 考 1 国 民 健 康 ( 統 一 方 式 )について 平 成 23 年 8 月 26 日 練 馬 区 区 民 部 国 保 年 金 課 目 次 1 国 民 健 康 と 国 民 健 康 保 険 税 ------------------------------------------------------ 1 2 基 準 政 令 と 共 通 基 準 ------------------------------------------------------

More information

東京電力に関する経営・財務調査委員会報告書を踏まえた経営合理化策等の対処方針

東京電力に関する経営・財務調査委員会報告書を踏まえた経営合理化策等の対処方針 東 京 電 力 に 関 する 経 営 財 務 調 査 委 員 会 報 告 書 を 踏 まえた 経 営 合 理 化 策 等 の 対 処 方 針 平 成 23 年 10 月 28 日 原 子 力 損 害 賠 償 支 援 機 構 東 京 電 力 株 式 会 社 東 京 電 力 に 関 する 経 営 財 務 調 査 委 員 会 ( 委 員 会 )は 本 年 10 月 3 日 東 京 電 力 が 経 営 合

More information

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 資 料 ( 個 人 所 得 課 税 ) 平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 済 的 利 益 などから 発 生 形 態 に 応 じて 設

More information

untitled

untitled 国 家 公 務 員 の 人 件 費 削 減 問 題 の 動 向 と 今 後 の 課 題 1.はじめに さえき みちこ 総 務 委 員 会 調 査 室 佐 伯 道 子 民 主 党 が 平 成 21 年 8 月 の 衆 議 院 議 員 総 選 挙 及 び 平 成 22 年 7 月 の 参 議 院 議 員 通 常 選 挙 の マニフェストに 国 家 公 務 員 の 総 人 件 費 を2 割 削 減 することを

More information

就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節 第 3 -(1)- 16 図 学 歴 別 就 職 率 と 雇 用 人 員 判 断 第 1 節 と 1991 年 から 2000 年 までの 10 年 間 より 2001 年 から 2011 年 までの 直 近 11 年

就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節 第 3 -(1)- 16 図 学 歴 別 就 職 率 と 雇 用 人 員 判 断 第 1 節 と 1991 年 から 2000 年 までの 10 年 間 より 2001 年 から 2011 年 までの 直 近 11 年 第 3 章 就 労 促 進 に 向 けた 労 働 市 場 の 需 給 面 及 び 質 面 の 課 題 には 解 雇 などの 在 職 者 に 対 する 雇 用 調 整 ではなく 所 定 外 労 働 時 間 の 削 減 とともに 新 規 採 用 をは じめとする 入 職 抑 制 を 選 択 する 傾 向 にあり この 傾 向 は 基 本 的 には 変 わっていないと 考 えられる こ のため バブル 崩

More information

子育て世帯に対する手当等と扶養控除縮減の影響

子育て世帯に対する手当等と扶養控除縮減の影響 子 育 て 世 帯 に 対 する 手 当 等 と 扶 養 控 除 縮 減 の 影 響 ~ 最 近 の 制 度 改 変 に 伴 う 所 得 別 の 影 響 試 算 ~ 調 査 情 報 担 当 室 鈴 木 克 洋 1.はじめに 子 育 て 世 帯 に 対 する 支 援 ( 子 育 て 支 援 )の 充 実 が 政 策 課 題 の 一 つとなってい る この 子 育 て 支 援 は 次 代 の 社 会 を

More information

ができないという 問 題 点 がある 足 元 一 年 の 投 融 資 等 の 増 加 については 株 高 や 円 安 による 時 価 上 昇 が 含 まれており その 点 は 割 り 引 いてみる 必 要 があろう 長 期 的 な 視 点 から 足 元 の 動 きを 評 価 するため 年 度 ベース

ができないという 問 題 点 がある 足 元 一 年 の 投 融 資 等 の 増 加 については 株 高 や 円 安 による 時 価 上 昇 が 含 まれており その 点 は 割 り 引 いてみる 必 要 があろう 長 期 的 な 視 点 から 足 元 の 動 きを 評 価 するため 年 度 ベース みずほインサイト 日 本 経 済 13 年 1 月 7 日 日 本 企 業 のマネーフローに 変 化 は みられるか みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 市 場 調 査 部 金 融 調 査 部 3-3591-18/3-3591-1351 13 年 7~9 月 期 における 日 本 企 業 の 資 金 運 用 ( 資 金 の 使 い 途 )は 大 企 業 では 投 融 資 の 増 加 を 背

More information

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(上)

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(上) 平 成 26 年 公 的 年 金 財 政 検 証 と 今 後 の 年 金 制 度 改 正 の 行 方 ( 上 ) 厚 生 労 働 委 員 会 調 査 室 松 野 晴 菜 1.はじめに 平 成 26 年 6 月 3 日 国 民 年 金 及 び 厚 生 年 金 に 係 る 財 政 の 現 況 及 び 見 通 し ( 以 下 財 政 検 証 という )が 公 表 された 財 政 検 証 は 少 なくとも5

More information

金融緩和強化のための新しい枠組み:「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」

金融緩和強化のための新しい枠組み:「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」 2016 年 9 月 21 日 日 本 銀 行 金 融 緩 和 強 化 のための 新 しい 枠 組 み: 長 短 金 利 操 作 付 き 量 的 質 的 金 融 緩 和 1. 日 本 銀 行 は 本 日 政 策 委 員 会 金 融 政 策 決 定 会 合 において 量 的 質 的 金 融 緩 和 および マイナス 金 利 付 き 量 的 質 的 金 融 緩 和 のもとでの 経 済 物 価 動 向 と

More information

1. 消 費 の 低 迷 を 背 景 とした 日 本 経 済 の 停 滞 の 見 方 を 維 持 : 成 長 の 微 修 正 2015 年 度 は 前 年 度 の 落 ち 込 みを 回 復 せ ず 景 気 の 現 状 をみると 2015 年 度 の 実 質 GDP 1 は+0.8%となり 2 年 振

1. 消 費 の 低 迷 を 背 景 とした 日 本 経 済 の 停 滞 の 見 方 を 維 持 : 成 長 の 微 修 正 2015 年 度 は 前 年 度 の 落 ち 込 みを 回 復 せ ず 景 気 の 現 状 をみると 2015 年 度 の 実 質 GDP 1 は+0.8%となり 2 年 振 2016 年 5 月 24 日 新 生 銀 行 金 融 調 査 部 MRFRD-20160004 消 費 の 実 態 は 弱 く 景 気 は 停 滞 との 見 方 を 維 持 ~2016 2017 年 度 の 日 本 経 済 の 見 通 し~ 実 質 GDP の 予 想 2016 年 度 ( 増 税 あり) 0.5% ( 増 税 なし) 0.5% 2017 年 度 ( 増 税 あり) 0.3% (

More information

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》 Legal and Tax Report いまさら 人 には 聞 けない 企 業 破 綻 手 続 のQ&A 第 2 版 2012 年 3 月 9 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 本 稿 では わが 国 における 企 業 破 綻 手 続 の 基 本 をQ&A 形 式 で 紹 介 する 具 体 的 な 項 目 としては 主 な 企 業 破 綻

More information

インプライド・キャップレートによる不動産取引価格の予測可能性

インプライド・キャップレートによる不動産取引価格の予測可能性 インプライド キャップレートによる 不 動 産 取 引 価 格 の 予 測 可 能 性 REPORT 2011 年 11 月 11 日 投 資 調 査 第 2 部 研 究 員 川 村 康 人 本 稿 は 不 動 産 取 引 価 格 の 動 向 を 代 理 する 指 標 のうち J-REIT 運 用 不 動 産 の 継 続 鑑 定 価 格 や J-REIT のイ ンプライド キャップレートを 取 り

More information

NIRA 財 政 再 建 研 究 会 報 告 書 財 政 再 建 の 道 筋 震 災 を 超 えて 次 世 代 に 健 全 な 財 政 を 引 継 ぐために エグゼクティブサマリー NIRA 理 事 長 / 東 京 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 教 授 伊 藤 元 重 経 済 低 迷

NIRA 財 政 再 建 研 究 会 報 告 書 財 政 再 建 の 道 筋 震 災 を 超 えて 次 世 代 に 健 全 な 財 政 を 引 継 ぐために エグゼクティブサマリー NIRA 理 事 長 / 東 京 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 教 授 伊 藤 元 重 経 済 低 迷 2011.4 NIRA 財 政 再 建 研 究 会 報 告 書 財 政 再 建 の 道 筋 震 災 を 超 えて 次 世 代 に 健 全 な 財 政 を 引 継 ぐために エグゼクティブサマリー NIRA 理 事 長 / 東 京 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 教 授 伊 藤 元 重 経 済 低 迷 の 長 期 化 や 急 速 な 高 齢 化 等 を 背 景 として 日 本 の 財 政

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

1 はじめに 財 政 の 役 割 資 源 配 分 ( 公 共 財 供 給 ) 所 得 再 分 配 経 済 安 定 化 ( 景 気 調 整 ) 地 方 自 治 体 の 役 割 は 資 源 配 分 ( 公 共 財 の 安 定 供 給 )とされる ( 所 得 再 分 配 や 経 済 安 定 化 は 国 の

1 はじめに 財 政 の 役 割 資 源 配 分 ( 公 共 財 供 給 ) 所 得 再 分 配 経 済 安 定 化 ( 景 気 調 整 ) 地 方 自 治 体 の 役 割 は 資 源 配 分 ( 公 共 財 の 安 定 供 給 )とされる ( 所 得 再 分 配 や 経 済 安 定 化 は 国 の 企 業 活 力 研 究 所 地 方 税 研 究 会 報 告 レジュメ < 資 料 1> 個 人 住 民 税 の 課 税 ベース 拡 大 による 地 方 税 制 改 革 京 都 産 業 大 学 経 済 学 部 八 塩 裕 之 1 1 はじめに 財 政 の 役 割 資 源 配 分 ( 公 共 財 供 給 ) 所 得 再 分 配 経 済 安 定 化 ( 景 気 調 整 ) 地 方 自 治 体 の 役 割

More information

企業年金の先行きは縮小か、普及・拡大か

企業年金の先行きは縮小か、普及・拡大か 金 融 資 本 市 場 215 年 9 月 3 日 全 1 頁 企 業 年 金 の 先 行 きは 縮 小 か 普 及 拡 大 か 厚 生 年 金 基 金 と 同 時 に DB DC においても 全 体 的 な 見 直 しが 進 む 金 融 調 査 部 研 究 員 佐 川 あぐり [ 要 約 ] 214 年 4 月 に 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための

More information

財 政 問 題 の 長 期 展 望 1 6 4 2-2 -4-6 -8-1 基 礎 的 財 政 収 支 の 長 期 予 測 中 央 政 府 地 方 政 府 ベース 一 般 政 府 ベース -12 198 199 2 21 22 23 24 ( 注 )マクロモデルによる 予 測 値 超 高 齢 日 本

財 政 問 題 の 長 期 展 望 1 6 4 2-2 -4-6 -8-1 基 礎 的 財 政 収 支 の 長 期 予 測 中 央 政 府 地 方 政 府 ベース 一 般 政 府 ベース -12 198 199 2 21 22 23 24 ( 注 )マクロモデルによる 予 測 値 超 高 齢 日 本 資 料 2 財 政 制 度 等 審 議 会 財 政 制 度 分 科 会 報 告 超 高 齢 日 本 における 政 府 財 政 の 課 題 と 長 期 展 望 株 式 会 社 大 和 総 研 調 査 提 言 企 画 室 長 鈴 木 準 hitoshi.suzuki@dir.co.jp 214 年 3 月 1 日 Japanese Economic Research 財 政 問 題 の 長 期 展 望

More information

労働市場から消えた25~44歳男性

労働市場から消えた25~44歳男性 経 済 社 会 構 造 分 析 レポート 経 済 構 造 分 析 レポート No.43 労 働 市 場 から 消 えた 25~44 歳 男 性 地 域 間 で 広 がる 格 差 抱 える 問 題 はそれぞれ 異 なる 2016 年 4 月 8 日 全 16 頁 経 済 調 査 部 研 究 員 山 口 茜 [ 要 約 ] 25~44 歳 女 性 就 業 率 は この 30 年 間 で 上 昇 傾 向

More information

えて さらに 賃 金 の 半 分 の 年 金 減 額 を 行 うことになる 4 したがって 年 金 減 額 を 賃 金 月 額 wと 年 金 月 額 ɑによって 表 すと max(0.5{w+min(ɑ,28)-28},0)+ max(0.5(w-48),0) [1] となる また 高 年 齢 雇

えて さらに 賃 金 の 半 分 の 年 金 減 額 を 行 うことになる 4 したがって 年 金 減 額 を 賃 金 月 額 wと 年 金 月 額 ɑによって 表 すと max(0.5{w+min(ɑ,28)-28},0)+ max(0.5(w-48),0) [1] となる また 高 年 齢 雇 第 4 章 在 職 老 齢 年 金 高 年 齢 雇 用 継 続 給 付 が 企 業 の 継 続 雇 用 者 賃 金 決 定 に 及 ぼす 影 響 第 1 節 はじめに 在 職 老 齢 年 金 高 年 齢 雇 用 継 続 給 付 については 高 齢 者 だけでなく 雇 用 する 企 業 にも 影 響 を 及 ぼし 企 業 による 賃 金 引 下 げ 等 の 反 応 が 起 こるとの 議 論 がある 1

More information

1.トピック: 二 極 化 が 進 展 する 中 国 の 住 宅 市 場 回 復 の 色 を 増 す 中 国 の 住 宅 市 場 1 級 都 市 や 一 部 の 2 級 都 市 ではバブルの 恐 れも 3 級 都 市 などの 地 方 の 中 小 都 市 では 住 宅 市 場 の 回 復 ペースは 緩

1.トピック: 二 極 化 が 進 展 する 中 国 の 住 宅 市 場 回 復 の 色 を 増 す 中 国 の 住 宅 市 場 1 級 都 市 や 一 部 の 2 級 都 市 ではバブルの 恐 れも 3 級 都 市 などの 地 方 の 中 小 都 市 では 住 宅 市 場 の 回 復 ペースは 緩 みずほ 中 国 経 済 情 報 216 年 5 月 号 トピック 二 極 化 が 進 展 する 中 国 の 住 宅 市 場 中 国 の 住 宅 市 場 は 足 元 回 復 の 色 を 濃 くしているが 著 しい 二 極 化 が 進 展 しており 大 都 市 ではバブルが 懸 念 される 一 方 地 方 の 中 小 都 市 では 過 剰 在 庫 が 住 宅 市 場 の 回 復 の 重 し になっている

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

公営地下鉄の建設資金と収益状況

公営地下鉄の建設資金と収益状況 Economic Report 公 営 地 下 鉄 の 建 設 資 金 と 収 益 状 況 ネットワーク 拡 大 から 収 益 向 上 へ 2012 年 5 月 17 日 全 14 頁 金 融 調 査 部 中 里 幸 聖 [ 要 約 ] わが 国 の 地 下 鉄 は 地 方 公 営 企 業 として 運 営 されている 場 合 がほとんどであり 札 幌 市 仙 台 市 東 京 都 横 浜 市 名 古

More information

Microsoft PowerPoint - ③「年金制度改正に関する説明」

Microsoft PowerPoint - ③「年金制度改正に関する説明」 年 金 制 度 における 改 革 内 容 について ~これまでの 沿 革 を 踏 まえつつ~ 平 成 26 年 10 月 年 金 局 年 金 課 内 海 淳 二 目 次 1. 公 的 年 金 制 度 の 意 義 2. 公 的 年 金 制 度 の 歴 史 3. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 結 果 4. 社 会 保 障 税 一 体 改 革 5. 社 会 保 障 制 度 改 革 国 民 会 議

More information

Microsoft Word - N-20081110容積率.doc

Microsoft Word - N-20081110容積率.doc Economic Trends マクロ 経 済 分 析 レポート テーマ: 容 積 率 緩 和 が 住 宅 投 資 に 及 ぼす 影 響 発 表 日 :08 年 11 月 12 日 ( 水 ) ~20%の 緩 和 で 名 目 GDP1.3 兆 円 分 の 潜 在 需 要 創 出 ~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 主 席 エコノミスト 永 濱 利 廣 (03-5221-4531)

More information

<81794832375F5134817A8376838C8358838A838A815B83588CB48D65939D8D872032303136303532332E786C7378>

<81794832375F5134817A8376838C8358838A838A815B83588CB48D65939D8D872032303136303532332E786C7378> press release 2016 年 5 月 27 日 SBI 生 命 保 険 株 式 会 社 平 成 27 年 度 決 算 ( 案 )について SBI 生 命 保 険 株 式 会 社 ( 本 社 : 東 京 都 新 宿 区 代 表 取 締 役 社 長 : 飯 沼 邦 彦 )は 本 日 平 成 27 年 度 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 ~ 平 成 28 年 3 月 31 日 ) 決 算

More information

「中国における地方財政問題と地方債発行の実行可能性についての研究」

「中国における地方財政問題と地方債発行の実行可能性についての研究」 中 国 における 地 方 財 政 問 題 と 地 方 債 発 行 の 実 行 可 能 性 についての 研 究 李 建 偉 中 国 国 務 院 発 展 研 究 中 心 マクロ 経 済 研 究 部 副 処 長 1. 中 国 の 地 方 財 政 が 直 面 している 主 要 な 問 題 1.1. 分 税 制 改 革 実 施 後 中 央 と 地 方 における 財 政 管 理 権 と 事 務 処 理 権 の

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

度 に 関 する 研 究 の 成 果 を 通 じて 緊 急 保 証 制 度 の 効 果 を 検 証 し 特 別 保 証 制 度 の 問 題 点 を 踏 まえて 今 後 の 緊 急 保 証 制 度 の 在 り 方 について 所 見 を 述 べることとする. 特 別 保 証 制 度 と 緊 急 保 証

度 に 関 する 研 究 の 成 果 を 通 じて 緊 急 保 証 制 度 の 効 果 を 検 証 し 特 別 保 証 制 度 の 問 題 点 を 踏 まえて 今 後 の 緊 急 保 証 制 度 の 在 り 方 について 所 見 を 述 べることとする. 特 別 保 証 制 度 と 緊 急 保 証 緊 急 保 証 制 度 とかつての 特 別 保 証 制 度 の 違 い 経 済 産 業 委 員 会 調 査 室 うちだ 内 田 ひろずみ 衡 純 1.はじめに 原 油 原 材 料 価 格 の 高 騰 と 米 国 のサブプライムローン 問 題 を 契 機 とする 世 界 的 な 金 融 危 機 は 内 外 需 要 の 停 滞 による 大 幅 な 景 気 の 後 退 をもたらし 我 が 国 企 業 の

More information

日興アセットマネジメントがお伝えしたいこと

日興アセットマネジメントがお伝えしたいこと 2008.2 日 興 AMファンドアカデミー ベーシック 改 めて 今 分 配 金 について 日 興 アセットマネジメントが お 伝 えしたいこと? お 客 様 から 分 配 金 は 下 がるのか? あと 何 カ 月 くらい 今 の 分 配 金 が 続 けられるのか? というお 問 い 合 わせを 受 けることが 多 くなってきました それに 対 して 明 確 なお 返 事 やお 約 束 をすることはできません

More information

1. ドル 換 算 の 東 京 区 部 市 街 地 価 格 指 数 推 移 以 下 のグラフ 2 は 97 年 から 13 年 までの 東 京 区 部 の 地 価 推 移 をドル 換 算 で 評 価 したものです ドル 換 算 価 格 は 円 建 ての 地 価 のような 低 迷 傾 向 にあるわけで

1. ドル 換 算 の 東 京 区 部 市 街 地 価 格 指 数 推 移 以 下 のグラフ 2 は 97 年 から 13 年 までの 東 京 区 部 の 地 価 推 移 をドル 換 算 で 評 価 したものです ドル 換 算 価 格 は 円 建 ての 地 価 のような 低 迷 傾 向 にあるわけで 2013/12/27 アジア 通 信 第 十 八 回 海 外 投 資 家 から 見 た 東 京 不 動 産 の 魅 力 山 田 ビジネスコンサルティング( 株 ) アジア 事 業 本 部 アベノミクス により 日 本 の 株 式 市 場 は 活 況 を 呈 しております また 2020 年 に 東 京 オリンピックの 開 催 も 決 定 され 東 京 の 不 動 産 市 場 の 活 況 が 期 待

More information

2 平 均 病 床 数 の 平 均 病 床 数 では 療 法 人 に 対 しそれ 以 外 の 開 設 主 体 自 治 体 社 会 保 険 関 係 団 体 その 他 公 的 の 規 模 が 2.5 倍 程 度 大 きく 療 法 人 に 比 べ 公 的 病 院 の 方 が 規 模 の 大 き いことが

2 平 均 病 床 数 の 平 均 病 床 数 では 療 法 人 に 対 しそれ 以 外 の 開 設 主 体 自 治 体 社 会 保 険 関 係 団 体 その 他 公 的 の 規 模 が 2.5 倍 程 度 大 きく 療 法 人 に 比 べ 公 的 病 院 の 方 が 規 模 の 大 き いことが II 病 院 経 営 管 理 指 標 に 関 する 調 査 研 究 結 果 1. 平 成 22 年 度 病 院 経 営 管 理 指 標 の 概 要 平 成 22 年 度 病 院 経 営 管 理 指 標 の 詳 細 については 後 述 の 平 成 22 年 度 病 院 経 営 管 理 指 標 に 示 し 以 下 ではその 概 況 を 述 べる 注 有 効 回 答 数 が 5 以 下 の 項 目 には

More information

Microsoft Word - dp55

Microsoft Word - dp55 DISCUSSION PAPER April 2012 No.55 地 方 都 市 圏 における 年 齢 別 人 口 移 動 -- 福 岡 都 市 圏 と 札 幌 都 市 圏 を 中 心 に-- 加 藤 要 一 Faculty of Economics, Kyushu-Sangyo University 地 方 都 市 圏 における 年 齢 別 人 口 移 動 -- 福 岡 都 市 圏 と 札 幌

More information

てきた 問 題 点 を 今 一 度 検 討 する 必 要 があるものと 思 われる このような 問 題 意 識 の 下 本 論 は 以 下 のように 展 開 される 道 路 は 本 来 無 料 と 規 定 されているにもかかわらず 高 速 道 路 が 有 料 である 理 由 を 明 らかに するため

てきた 問 題 点 を 今 一 度 検 討 する 必 要 があるものと 思 われる このような 問 題 意 識 の 下 本 論 は 以 下 のように 展 開 される 道 路 は 本 来 無 料 と 規 定 されているにもかかわらず 高 速 道 路 が 有 料 である 理 由 を 明 らかに するため 高 速 道 路 制 度 の 再 検 討 髙 橋 達 目 次 1.はじめに 2. 有 料 道 路 制 公 団 方 式 による 高 速 道 路 整 備 の 背 景 3. 償 還 主 義 4. 料 金 プール 制 5.おわりに 1.はじめに 2005 年 10 月 日 本 道 路 公 団 ( 以 下 道 路 公 団 )をはじめとする 道 路 関 係 四 公 団 の 分 割 民 営 化 が 行 われ ( 独

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6358D86817591DD8ED891CE8FC6955C82CC8F838E918E5982CC959482CC955C8EA682C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8081762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6358D86817591DD8ED891CE8FC6955C82CC8F838E918E5982CC959482CC955C8EA682C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8081762E646F63> 企 業 会 計 基 準 第 5 号 貸 借 対 照 表 の 純 資 産 の 部 の 表 示 に 関 する 会 計 基 準 平 成 17 年 12 月 9 日 改 正 平 成 21 年 3 月 27 日 最 終 改 正 平 成 25 年 9 月 13 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 会 計 基 準 は 平 成 26 年 11 月 18 日 に 公 表 された 企 業 会 計 基 準 第 21

More information

2014-101.indd

2014-101.indd 第 章 景 気 と 地 価 不 動 産 関 連 指 標 の 時 系 列 相 関 に 関 する 考 察 第 章 景 気 と 地 価 不 動 産 関 連 指 標 の 時 系 列 相 関 に 関 する 考 察 株 式 会 社 都 市 未 来 総 合 研 究 所 研 究 第 一 部 副 主 任 研 究 員 丸 山 直 樹 (まるやま なおき) maruyama@tmri.co.jp はじめに 202 年 2

More information

季 刊 中 国 資 本 市 場 研 究 2009 Spring 別 に 制 度 化 されそれぞれ 別 の 基 金 として 積 み 立 てられ 管 理 されてきていた しかしながら これ らの 社 会 保 険 を 統 一 的 かつ 整 合 的 に 律 する 全 国 レベルの 法 令 はこれまでは 存

季 刊 中 国 資 本 市 場 研 究 2009 Spring 別 に 制 度 化 されそれぞれ 別 の 基 金 として 積 み 立 てられ 管 理 されてきていた しかしながら これ らの 社 会 保 険 を 統 一 的 かつ 整 合 的 に 律 する 全 国 レベルの 法 令 はこれまでは 存 Chinese Capital Markets Research 中 国 の 社 会 保 険 法 ( 草 案 )の 公 表 と 公 的 年 金 制 度 改 革 関 根 栄 一 1. 中 国 の 社 会 保 険 は 基 本 養 老 保 険 ( 日 本 の 国 民 年 金 厚 生 年 金 保 険 に 相 当 ) 医 療 保 険 労 災 保 険 失 業 保 険 出 産 保 険 の 五 つから 構 成 されているが

More information

⑫企業会計基準適用指針第6号

⑫企業会計基準適用指針第6号 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 6 号 固 定 資 産 の 減 損 に 係 る 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 15 年 10 月 31 日 改 正 平 成 20 年 1 月 24 日 最 終 改 正 平 成 21 年 3 月 27 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 3 範 囲 3 用 語 の 定 義 4 対 象 資 産 5 資

More information

日本の資金循環と改正PFI法

日本の資金循環と改正PFI法 日 本 の 資 金 循 環 と 改 正 PFI 法 - 資 金 循 環 の 観 点 からみた 改 正 PFI 法 の 意 義 - 株 式 会 社 野 村 総 合 研 究 所 公 共 経 営 戦 略 コンサルティング 部 副 主 任 コンサルタント 竹 端 克 利 1.はじめに 2. 日 本 の 資 金 循 環 構 造 の 変 遷 2011 年 5 月 24 日 に 民 間 資 金 等 の 活 用 に

More information

121096 会計検査研究第54号.indd

121096 会計検査研究第54号.indd 巻 頭 言 地 方 自 治 体 における 公 会 計 制 度 改 革 の 進 展 山 浦 久 司 ( 明 治 大 学 大 学 院 会 計 専 門 職 研 究 科 教 授 ) 1 地 方 自 治 体 の 公 会 計 制 度 改 革 の 意 味 地 方 自 治 体 の 公 会 計 制 度 改 革,すなわち 公 会 計 の 発 生 主 義 化 の 流 れは, 現 在, 事 実 上 の 最 終 局 面 を

More information

基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度

基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度 資 料 1-1 年 金 に 関 する 資 料 平 成 23 年 5 月 23 日 厚 生 労 働 省 基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度

More information

会 計 検 査 研 究 No.46(2012.9) する 本 稿 に 先 立 つ 研 究 である 岩 本 福 井 (2011b)では, 将 来 の 金 利, 成 長 率, 医 療 費, 介 護 費 用 が 確 率 的 に 変 動 するシミュレーション 分 析 をおこなった 1) 当 初 に 設 定

会 計 検 査 研 究 No.46(2012.9) する 本 稿 に 先 立 つ 研 究 である 岩 本 福 井 (2011b)では, 将 来 の 金 利, 成 長 率, 医 療 費, 介 護 費 用 が 確 率 的 に 変 動 するシミュレーション 分 析 をおこなった 1) 当 初 に 設 定 論 文 医 療 介 護 保 険 の 積 立 方 式 への 移 行 に 関 する 確 率 シミュレーション 分 析 * 岩 本 康 志 ( 東 京 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 教 授 ) 福 井 唯 嗣 ( 京 都 産 業 大 学 経 済 学 部 教 授 ) 1 序 論 2008 年 4 月 に 創 設 された 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 は 創 設 直 後 から 国 民 の

More information

<接待ゴルフも仕事のうち?>

<接待ゴルフも仕事のうち?> 8 月 の 税 務 と 労 務 の 手 続 [ 提 出 先 納 付 先 ] 10 日 源 泉 徴 収 税 額 住 民 税 特 別 徴 収 税 額 の 納 付 [ 郵 便 局 または 銀 行 ] 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 取 得 届 の 提 出 < 前 月 以 降 に 採 用 した 労 働 者 がいる 場 合 > [ 公 共 職 業 安 定 所 ] 労 働 保 険 一 括 有 期 事 業

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2094F190B38B4B8F418BC6914991F082CC94778C6930393234>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2094F190B38B4B8F418BC6914991F082CC94778C6930393234> 非 正 規 就 業 選 択 の 背 景 : 婚 姻 履 歴 と 就 業 意 識 * 兵 庫 県 立 大 学 横 山 由 紀 子 1.はじめに 2008 年 世 界 同 時 不 況 の 影 響 で 日 本 経 済 は 大 きな 打 撃 を 受 け その 影 響 は 雇 用 環 境 にも 大 きく 波 及 した その 結 果 近 年 増 加 し 続 けていた 非 正 規 従 業 員 はこれまでになく 厳

More information

日本経済見通し:何故、個人消費は低迷しているのか?

日本経済見通し:何故、個人消費は低迷しているのか? 日 本 経 済 予 測 Monthly 216 年 6 月 21 日 全 頁 日 本 経 済 見 通 し: 何 故 個 人 消 費 は 低 迷 して いるのか? 国 内 要 因 が 景 気 下 支 え 役 となるが 海 外 発 の 景 気 下 振 れリスクは 残 存 エコノミック インテリジェンス チーム 執 行 役 員 チーフエコノミスト 熊 谷 亮 丸 シニアエコノミスト 長 内 智 エコノミスト

More information

有 収 率 (%) 年 間 総 有 収 水 量 年 間 総 配 水 量 100 施 設 効 率 を 見 る 場 合 施 設 の 稼 働 状 況 がそのまま 収 益 につながっているかについては 有 収 率 で 確 認 することが 重 要 である 有 収 率 が 低 いということは 漏 水 が 多 い

有 収 率 (%) 年 間 総 有 収 水 量 年 間 総 配 水 量 100 施 設 効 率 を 見 る 場 合 施 設 の 稼 働 状 況 がそのまま 収 益 につながっているかについては 有 収 率 で 確 認 することが 重 要 である 有 収 率 が 低 いということは 漏 水 が 多 い 水 道 事 業 経 営 に 関 する 各 指 標 の 説 明 (1) 事 業 の 概 要 普 及 率 (%) 現 在 給 水 人 口 行 政 区 域 内 人 口 100 平 均 有 収 水 量 (l) 一 日 平 均 有 収 水 量 現 在 給 水 人 口 有 形 固 定 資 産 減 価 償 却 率 (%) 有 形 固 定 資 産 減 価 償 却 累 計 額 有 形 固 定 資 産 のうち 償 却

More information

第 Ⅱ-2-13 図 実 質 消 費 支 出 の 動 向 ( 二 人 以 上 の 世 帯 前 年 同 月 比 伸 び 率 寄 与 度 ) 6 4 2 2 4 6 8 1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1 11 12 1 2 3 4 5 6 7 22 年 23 年 ( 月 ) 食 料 住 居 光

第 Ⅱ-2-13 図 実 質 消 費 支 出 の 動 向 ( 二 人 以 上 の 世 帯 前 年 同 月 比 伸 び 率 寄 与 度 ) 6 4 2 2 4 6 8 1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1 11 12 1 2 3 4 5 6 7 22 年 23 年 ( 月 ) 食 料 住 居 光 震 災 後 の 個 人 消 費 の 動 向 について 震 災 の 影 響 を 受 けた 消 費 者 マインドの 急 激 な 悪 化 自 粛 ムードの 広 がり サプライ チェーン 寸 断 による 供 給 制 約 といった 要 因 等 を 背 景 に 3 月 の 個 人 消 費 は 大 幅 な 落 ち 込 みを 記 録 した 4 月 以 降 は これら 要 因 が 徐 々に 緩 和 してきていることから

More information

ョン 会 場 には 予 想 を 上 まわる 約 500 名 の 参 加 者 があった このことから 長 期 休 暇 や 労 働 時 間 働 き 方 などに 関 する 労 働 者 や 企 の 関 心 が 高 まってきていることを 実 感 した 本 稿 では 企 にとって 労 働 者 の 仕 事 と 生

ョン 会 場 には 予 想 を 上 まわる 約 500 名 の 参 加 者 があった このことから 長 期 休 暇 や 労 働 時 間 働 き 方 などに 関 する 労 働 者 や 企 の 関 心 が 高 まってきていることを 実 感 した 本 稿 では 企 にとって 労 働 者 の 仕 事 と 生 職 人 生 と 労 働 時 間 をめぐる 諸 課 題 はじめに 井 戸 和 男 いわゆるバブル 経 済 が 崩 壊 し 極 めて 厳 しいグローバルな 競 争 下 において 企 は 生 き 残 りをかけて リ ストラクチャリングを 行 ってきた その 主 な 方 法 の 一 つが 人 件 費 の 抜 本 的 削 減 であった これまで 日 本 型 経 営 といわれた 経 営 のあり 方 を 根 本

More information

経 常 収 支 差 引 額 等 の 状 況 平 成 26 年 度 予 算 早 期 集 計 平 成 25 年 度 予 算 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 3,689 億 円 4,597 億 円 908 億 円 減 少 赤 字 組 合 数 1,114 組 合 1,180 組 合 66

経 常 収 支 差 引 額 等 の 状 況 平 成 26 年 度 予 算 早 期 集 計 平 成 25 年 度 予 算 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 3,689 億 円 4,597 億 円 908 億 円 減 少 赤 字 組 合 数 1,114 組 合 1,180 組 合 66 平 成 26 年 度 健 保 組 合 予 算 早 期 集 計 結 果 の 概 要 平 成 26 年 4 月 18 日 健 康 保 険 組 合 連 合 会 問 い 合 わせ 先 : 健 保 連 企 画 部 調 査 分 析 グループ :03-3403-0926 本 概 要 は 平 成 26 年 度 における 健 保 組 合 の 財 政 状 況 等 を 早 期 に 把 握 するため 26 年 度 予 算

More information

要 旨 政 府 与 党 社 会 保 障 改 革 検 討 本 部 において 6 月 30 日 に 社 会 保 障 税 一 体 改 革 成 案 ( 以 下 改 革 案 )が 決 定 され 7 月 1 日 に 閣 議 報 告 された 本 稿 では こ のうち 医 療 介 護 分 野 について 取 り 上

要 旨 政 府 与 党 社 会 保 障 改 革 検 討 本 部 において 6 月 30 日 に 社 会 保 障 税 一 体 改 革 成 案 ( 以 下 改 革 案 )が 決 定 され 7 月 1 日 に 閣 議 報 告 された 本 稿 では こ のうち 医 療 介 護 分 野 について 取 り 上 2011 年 8 月 18 日 発 行 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 シリーズ 4 医 療 介 護 改 革 案 の 評 価 と 課 題 ~ 必 要 な 財 源 確 保 の 見 通 しの 提 示 を~ 要 旨 政 府 与 党 社 会 保 障 改 革 検 討 本 部 において 6 月 30 日 に 社 会 保 障 税 一 体 改 革 成 案 ( 以 下 改 革 案 )が 決 定 され 7

More information

untitled

untitled 生 命 保 険 論 集 第 160 号 機 関 投 資 家 としての 生 命 保 険 会 社 と コーポレートガバナンス 小 林 毅 ( 中 京 大 学 経 済 学 部 准 教 授 ) 1.はじめに 近 年 コーポレートガバナンスにおける 機 関 投 資 家 の 役 割 が 注 目 さ れている 従 来 日 本 企 業 のコーポレートガバナンスにおいては 主 に 内 部 昇 進 により 地 位 を

More information

Ⅰ 株 価 引 き 下 げによる 相 続 税 対 策 1 株 価 引 き 下 げの 目 的 後 継 者 が 実 質 的 に 経 営 権 を 引 き 継 ぐためには 経 営 者 の 地 位 だけでなく 会 社 を 支 配 する のに 可 能 な 数 量 の 自 社 株 を 取 得 することが 必 要

Ⅰ 株 価 引 き 下 げによる 相 続 税 対 策 1 株 価 引 き 下 げの 目 的 後 継 者 が 実 質 的 に 経 営 権 を 引 き 継 ぐためには 経 営 者 の 地 位 だけでなく 会 社 を 支 配 する のに 可 能 な 数 量 の 自 社 株 を 取 得 することが 必 要 株 価 引 き 下 げ 対 策 事 業 承 継 対 策 Ⅰ 株 価 引 き 下 げによる 相 続 税 対 策 1. 株 価 引 き 下 げの 目 的 2. 株 式 の 評 価 の 仕 組 み 3. 取 引 相 場 のない 株 式 についての 評 価 方 法 4. 株 価 引 き 下 げの3つの 方 法 Ⅱ 株 価 引 き 下 げのポイント 1. 配 当 金 の 引 き 下 げによる 株 価 引 き

More information

完 成 工 事 高 ( 直 近 2 期 平 均 ) 10~30 億 円 未 満, 5~10 億 円 未 満, 1 30 億 円 以 上, 1%, 3 回 答 企 業 の 完 成 工 事 高 別 の 割 合 をみると 左 の 円 グラフの とおりとなっている 1~5 億 円 未 満, 4 年 齢 構

完 成 工 事 高 ( 直 近 2 期 平 均 ) 10~30 億 円 未 満, 5~10 億 円 未 満, 1 30 億 円 以 上, 1%, 3 回 答 企 業 の 完 成 工 事 高 別 の 割 合 をみると 左 の 円 グラフの とおりとなっている 1~5 億 円 未 満, 4 年 齢 構 島 根 県 建 設 産 業 実 態 調 査 結 果 平 成 25 年 5 月 アンケート 調 査 は 平 成 25 年 1 月 の 島 根 県 入 札 参 加 資 格 申 請 書 の 提 出 に 併 せて 県 内 の 建 設 業 者 を 対 象 に 調 査 の 協 力 を 依 頼 した 回 収 率 は 下 表 のとおり 松 江 雲 南 出 雲 県 央 浜 田 益 田 隠 岐 不 明 計 アンケート

More information

片岡氏提出資料

片岡氏提出資料 第 4 回 今 後 の 経 済 財 政 動 向 等 についての 集 中 点 検 会 合 ( 於 : 総 理 大 臣 官 邸 4 階 大 会 議 室 ) 消 費 税 再 増 税 と 日 本 経 済 2014 年 11 月 17 日 三 菱 UFJリサーチ&コンサルティング 株 式 会 社 経 済 社 会 政 策 部 主 任 研 究 員 片 岡 剛 士 1 2013 年 以 降 の 日 本 経 済 の

More information

Kaino&MatsumuraCaseStudyIshiwataOguchiGroup2

Kaino&MatsumuraCaseStudyIshiwataOguchiGroup2 事 例 研 究 中 間 レポート 消 費 者 金 融 市 場 の 経 済 分 析 経 済 政 策 2 年 石 渡 慧 一 経 済 政 策 2 年 大 口 正 隆 要 旨 2006 年 の 最 高 裁 判 決 を 機 に 消 費 者 金 融 大 手 各 社 が 貸 付 金 利 および 貸 付 残 高 を 抑 制 して いる その 理 由 としては 2006 年 からの 貸 金 業 法 改 正 内 容

More information

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378>

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378> 財 務 諸 表 の 見 方 岡 山 大 学 目 次 財 務 諸 表 について 財 務 諸 表 の 作 成 意 義 財 務 諸 表 の 体 系 貸 借 対 照 表 表 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 負 債 の 部 純 資 産 の 部 損 益 計 算 書 経 常 費 用 経 常 収 益 臨 時 損 益 等 固 定 資 産 等 ( 償 却 資 産 )を 購 入 した 場 合 の 貸 借 対 照 表

More information

目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体 3 対 象 年 度 及 び 作 成 の

目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体 3 対 象 年 度 及 び 作 成 の 平 成 22 年 度 決 算 行 田 市 の 財 務 書 類 4 表 総 務 省 方 式 改 訂 モデル 平 成 24 年 3 月 行 田 市 目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体

More information

広角視点: 名目マイナス金利のプラス効果; ホセ・ビニャルス、 サイモン・グレイ、 ケリー・エコールド; 2016年4月10日

広角視点: 名目マイナス金利のプラス効果; ホセ・ビニャルス、 サイモン・グレイ、 ケリー・エコールド; 2016年4月10日 広 角 視 点 : 名 目 マイナス 金 利 のプラス 効 果 ホセ ビニャルス サイモン グレイ ケリー エコールド 2016 年 4 月 10 日 成 長 見 通 しとインフレ 率 への 重 大 なリスクが 認 識 される 中 で IMF は 一 部 の 中 央 銀 行 が 実 施 した マイナス 政 策 金 利 を 支 持 しています このような 大 胆 な 政 策 は 過 去 に 例 がなく

More information

超高齢社会に向けた家計金融資産運用

超高齢社会に向けた家計金融資産運用 特 集 超 高 齢 日 本 の 再 構 想 中 里 幸 聖 / 佐 川 あぐり/ 中 田 理 惠 要 約 超 高 齢 社 会 となるわが 国 は 家 計 の 金 融 資 産 の 減 少 要 因 を 抱 えている 家 計 の 金 融 資 産 の 減 少 は 最 終 需 要 にマイナス 要 素 であると 同 時 に 実 物 投 資 の 原 資 減 少 という 形 で 生 産 活 動 にもマイナス 要 素

More information

Microsoft Word - 103第Ⅱ章第2節.docx

Microsoft Word - 103第Ⅱ章第2節.docx 平 成 21 間 回 顧 住 宅 投 資 の 動 向 について 以 降 建 設 投 資 は 低 迷 しており その 中 で 住 宅 投 資 の 下 落 は 顕 著 である 21 12 月 の 新 設 住 宅 着 工 戸 数 は 前 同 月 比.7% 減 の 6.9 万 戸 と 前 比 マイナス は13カ 月 続 いており 21 では 前 比 27.9%の 78 万 841 戸 であった 8 万 戸

More information

本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2

本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2 2004 年 11 月 26 日 発 行 地 方 税 の 国 際 比 較 ~ 三 位 一 体 の 改 革 の 税 源 移 譲 に 向 けての 留 意 点 ~ 本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2 はじめに 地 方 税 財 政 における 三 位 一 体 の 改 革 の 具 体 像 を 固 める

More information

年金制度の改正法の解説と意見2

年金制度の改正法の解説と意見2 税 制 A to Z 2012 年 11 月 22 日 全 23 頁 年 金 制 度 の 改 正 法 の 解 説 と 意 見 2 2.5% 年 金 減 額 を 含 む 年 金 支 給 額 の 試 算 など 金 融 調 査 部 研 究 員 是 枝 俊 悟 [ 要 約 ] 2012 年 11 月 16 日 年 金 関 連 の 2 つの 法 律 が 国 会 にて 可 決 成 立 した 過 去 に 物 価

More information

Microsoft Word - 102第Ⅱ章第1節.docx

Microsoft Word - 102第Ⅱ章第1節.docx 悪 化 した 企 業 収 益 が 雇 用 と 所 得 に 与 える 影 響 国 内 の 消 費 は 政 府 の 景 気 対 策 の 効 果 もあって このところ 持 ち 直 しの 動 きが 続 いている が 雇 用 所 得 環 境 は 依 然 として 厳 しい 情 勢 が 続 いている 以 下 では 昨 年 末 以 降 の 景 気 後 退 による 製 造 業 を 中 心 とした 企 業 収 益 の

More information

分析課題

分析課題 高 学 歴 化 社 会 における 高 校 普 通 科 職 業 学 科 の 位 置 づけ 高 学 歴 化 社 会 における 高 校 普 通 科 職 業 学 科 の 位 置 づけ 教 育 達 成 職 業 達 成 過 程 の 陥 穽 池 田 岳 大 1. はじめに 現 代 日 本 では,もはや 高 卒 が 当 然 視 されるようになり, 高 校 までを 義 務 教 育 と 考 え て 差 し 支 えない

More information

欧州に学ぶマイナス金利の経済への影響

欧州に学ぶマイナス金利の経済への影響 経 済 分 析 レポート 年 月 日 全 頁 欧 州 に 学 ぶ 金 利 の 経 済 への 影 響 日 銀 による 金 利 導 入 の 影 響 をどう 捉 えるか? エコノミック インテリジェンス チーム エコノミスト 岡 本 佳 佑 [ 要 約 ] 月 9 日 日 本 銀 行 が 金 利 付 き 量 的 質 的 金 融 緩 和 の 導 入 を 決 定 した 世 界 を 見 渡 せば 金 利 を 導

More information

父親の育児休業取得と経済的負担

父親の育児休業取得と経済的負担 Legal and Tax Report 父 親 の 育 児 休 業 取 得 と 経 済 的 負 担 2010 年 5 月 25 日 全 9 頁 制 度 調 査 部 是 枝 俊 悟 育 児 休 業 給 付 金 税 社 会 保 険 料 を 考 慮 した 世 帯 手 取 り 収 入 の 変 化 の 試 算 [ 要 約 ] 2010 年 6 月 30 日 から 改 正 育 児 介 護 休 業 法 が 施

More information

子ども手当・高校無償化と税制改正の影響(詳細版)

子ども手当・高校無償化と税制改正の影響(詳細版) Legal and Tax Report 2009 年 12 月 30 日 全 8 頁 子 ども 手 当 高 校 無 償 化 と 税 制 改 正 の 影 響 ( 詳 細 版 ) 制 度 調 査 部 是 枝 俊 悟 2010 年 度 税 制 改 正 大 綱 (4) 個 人 所 得 課 税 の 改 正 と 政 府 の 育 児 教 育 施 策 [ 要 約 ] 2009 年 12 月 22 日 に 2010

More information

の 割 増 (3) 共 済 年 金 職 域 部 分 (243 万 円 )の 廃 止 と それに 替 わる 年 金 払 い 退 職 給 付 の 新 設 共 済 年 金 の 職 域 部 分 はすでに 2015 年 10 月 に 廃 止 することが 決 定 済 みであるの で 年 金 払 い 退 職 給

の 割 増 (3) 共 済 年 金 職 域 部 分 (243 万 円 )の 廃 止 と それに 替 わる 年 金 払 い 退 職 給 付 の 新 設 共 済 年 金 の 職 域 部 分 はすでに 2015 年 10 月 に 廃 止 することが 決 定 済 みであるの で 年 金 払 い 退 職 給 全 大 教 資 料 No.12-02 2012 年 11 月 退 職 金 の 大 幅 切 り 下 げをさせないための 第 1 次 討 議 資 料 2012 年 11 月 22 日 全 国 大 学 高 専 教 職 員 組 合 中 央 執 行 委 員 会 政 府 は 8 月 7 日 国 家 公 務 員 の 退 職 手 当 を 平 均 402.6 万 円 引 き 下 げること および 独 立 行 政 法

More information