Ⅰ 中 小 企 業 の 事 業 承 継 に 関 する 問 題 を 解 決 する 経 営 承 継 円 滑 化 法 1 オーナー 経 営 者 に 生 じるさまざまな 問 題 オーナー 経 営 者 の 場 合 自 社 株 式 の 大 部 分 を 所 有 しているケースがほとんどです その ようなオーナー

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Ⅰ 中 小 企 業 の 事 業 承 継 に 関 する 問 題 を 解 決 する 経 営 承 継 円 滑 化 法 1 オーナー 経 営 者 に 生 じるさまざまな 問 題 オーナー 経 営 者 の 場 合 自 社 株 式 の 大 部 分 を 所 有 しているケースがほとんどです その ようなオーナー"

Transcription

1 経 営 承 継 円 滑 化 法 の 事 業 承 継 対 策 Ⅰ 中 小 企 業 の 事 業 承 継 に 関 する 問 題 を 解 決 する 経 営 承 継 円 滑 化 法 1.オーナー 経 営 者 に 生 じるさまざまな 問 題 2. 納 税 資 金 確 保 の 必 要 性 3. 円 滑 な 事 業 承 継 を 行 うための 経 営 承 継 円 滑 化 法 Ⅱ 納 税 資 金 の 確 保 対 策 1. 保 険 料 による 納 税 資 金 対 策 2. 収 益 不 動 産 の 購 入 による 納 税 資 金 対 策 Ⅲ 経 営 承 継 円 滑 化 を 活 用 した 事 業 承 継 対 策 1. 遺 留 分 に 関 する 民 法 特 例 の 活 用 2. 金 融 支 援 措 置 の 活 用 3. 相 続 税 の 納 税 猶 予 制 度 の 活 用 4. 贈 与 税 の 増 税 猶 予 制 度 の 活 用

2 Ⅰ 中 小 企 業 の 事 業 承 継 に 関 する 問 題 を 解 決 する 経 営 承 継 円 滑 化 法 1 オーナー 経 営 者 に 生 じるさまざまな 問 題 オーナー 経 営 者 の 場 合 自 社 株 式 の 大 部 分 を 所 有 しているケースがほとんどです その ようなオーナー 経 営 者 が 事 業 承 継 の 際 以 下 のような 様 々な 問 題 が 起 こり 得 ます 相 続 税 負 担 額 の 問 題 遺 産 分 割 の 問 題 後 継 者 の 財 産 が 自 社 株 しか 残 らない 問 題 相 続 税 の 納 税 資 金 問 題 会 社 の 相 続 税 負 担 問 題 1

3 2 納 税 資 金 確 保 の 必 要 性 円 滑 な 承 継 を 阻 害 する 納 税 による 負 担 中 小 企 業 がその 事 業 を 次 世 代 に 円 滑 に 承 継 することは その 事 業 の 継 続 発 展 を 通 じ 地 域 経 済 への 貢 献 や 雇 用 の 確 保 など 国 地 方 自 治 体 そして 多 くの 国 民 にとって 非 常 に 重 要 になります しかし 多 くの 中 小 企 業 の 経 営 者 が 円 滑 な 事 業 承 継 を 困 難 な 課 題 として 捉 えているのは 事 業 承 継 の 際 に 生 じてくる 納 税 の 問 題 です 後 継 者 候 補 がいる 場 合 であっても 事 業 承 継 の 段 階 から 後 継 者 に 多 額 の 税 金 が 課 されるということになれば その 重 い 負 担 に 尻 込 みし てしまう 企 業 も 現 れるでしょう 実 際 事 業 を 承 継 するまでは 自 ら の 生 活 基 盤 を 築 き 上 げた 人 にとっては その 安 定 した 生 活 を 捨 てて 多 額 の 税 金 を 払 ってまで 敢 えていばらの 道 に 進 むことについて 現 実 的 ではないと 判 断 する 人 間 がいても 不 思 議 ではありません 納 税 の 影 響 による 事 業 規 模 縮 小 の 危 険 性 実 際 に 事 業 を 承 継 した 場 合 を 考 えてみても 納 税 による 負 担 は 後 継 者 に 大 きな 影 響 を 及 ぼすことになります 中 小 企 業 庁 が 実 施 したア ンケートによると 中 小 企 業 経 営 者 の 個 人 財 産 に 占 める 自 社 株 式 や 事 業 用 資 産 の 割 合 は 平 均 で 約 3 分 の2と 非 常 に 高 くなっています 生 前 贈 与 による 贈 与 時 または 現 経 営 者 の 相 続 開 始 時 に 自 社 株 式 や 事 業 用 資 産 を 相 続 した 後 継 者 にとって 多 額 の 贈 与 税 や 相 続 税 が 課 税 された 場 合 取 得 した 自 社 株 式 はそれ 自 体 に 換 金 性 がなく また 事 業 用 資 産 はその 後 の 事 業 活 動 に 必 要 不 可 欠 である 状 況 を 考 える と どのように 調 達 していくのかということが 大 きな 課 題 となって きます 仮 に 後 継 者 が 納 税 資 金 に 相 当 する 現 金 等 を 持 ち 合 わせていても 中 小 企 業 の 経 営 者 は 会 社 の 債 務 を 個 人 的 に 保 障 している 場 合 が 多 く 単 純 にその 資 金 を 納 税 に 充 ててしまうと その 後 の 会 社 運 営 に 悪 影 響 を 及 ぼす 可 能 性 が 強 まります 納 税 資 金 を 抽 出 するために 事 業 用 資 産 を 切 り 売 りし 事 業 承 継 前 よりも 事 業 規 模 の 縮 小 が 余 儀 なくさ れ 結 果 的 に 承 継 後 衰 退 していく 会 社 が 生 まれてしまうことも 十 分 に 考 えられます そのため あらゆる 角 度 から 考 えても 事 業 承 継 の 際 に 生 じる 税 負 担 は 中 小 企 業 の 円 滑 な 事 業 承 継 にとって 大 きな 障 害 となってしまいます 上 記 の 理 由 からもわかる 通 り 後 継 者 にとって 事 業 承 継 を 円 滑 に 進 めるためには 納 税 資 金 の 確 保 のための 対 策 が 重 要 な 役 割 を 果 た すことになります 2

4 3 円 滑 な 事 業 承 継 を 行 うための 経 営 承 継 円 滑 化 法 平 成 20 年 5 月 に 中 小 企 業 における 経 営 の 承 継 の 円 滑 に 関 する 法 律 が 成 立 しました この 法 律 は 中 小 企 業 が 円 滑 に 事 業 承 継 を 行 い その 結 果 として 安 定 した 雇 用 を 保 障 す ることを 目 的 に 制 定 されました 我 が 国 の 中 小 企 業 を 取 り 巻 く 環 境 は 将 来 にわたって 事 業 を 継 続 することは 極 めて 困 難 な 状 況 にありましたが 制 定 により 文 字 通 り 円 滑 な 承 継 が 可 能 となりました 要 となる3 本 柱 は 以 下 のようになります 遺 留 分 に 関 する 民 法 特 例 金 融 支 援 相 続 税 贈 与 税 の 課 税 についての 措 置 これらは 中 小 企 業 経 営 者 にとっては 極 めて 重 要 であり 経 営 承 継 を 円 滑 化 させる 有 効 な 制 度 といえます なかでも 制 定 によって 最 も 大 きな 影 響 効 果 をもたらすのは 贈 与 税 相 続 税 を 中 心 とした 税 制 に 係 る 部 分 です 中 小 企 業 庁 が 制 度 創 設 によって 考 える 事 業 承 継 の 全 体 的 流 れは 次 のとおりです 3

5 我 が 国 の 経 済 雇 用 の 中 心 を 担 う 中 小 企 業 の 成 長 発 展 には 将 来 にわたる 継 続 的 な 承 継 が 必 要 不 可 欠 です そのため 制 定 によって 上 記 の 図 のような 理 想 的 な 承 継 モデルを 構 築 することが 可 能 となりました 具 体 的 には 1 代 目 の 経 営 者 が2 代 目 の 経 営 者 に 自 社 株 式 の 生 前 贈 与 を 行 った 場 合 には 贈 与 税 が 課 税 されることになります ただし 一 定 の 要 件 を 満 たす 場 合 には 贈 与 税 の 納 税 猶 予 制 度 の 適 用 が 可 能 となります その 後 1 代 目 の 経 営 者 が 死 亡 した 場 合 には 2 代 目 の 経 営 者 が1 代 目 の 経 営 者 から 相 続 または 遺 贈 により 自 社 株 式 を 取 得 したものとみなされ 相 続 税 が 課 税 されることになります しかし 経 済 産 業 大 臣 の 確 認 を 受 け かつ 一 定 の 要 件 を 満 たす 場 合 には その 自 社 株 式 に ついて 相 続 税 の 納 税 猶 予 制 度 の 適 用 を 受 けることができます また 2 代 目 経 営 者 から3 代 目 経 営 者 に 対 して 自 社 株 式 の 生 前 贈 与 を 行 った 場 合 には 贈 与 税 が 課 税 されることになりますが こちらも 一 定 の 要 件 を 満 たす 場 合 には 贈 与 税 の 納 税 猶 予 制 度 の 適 用 を 受 けることができます このようなモデルにより 事 業 承 継 を 進 め 贈 与 税 と 相 続 税 の 納 税 猶 予 制 度 を 組 み 合 わせて 利 用 することにより 贈 与 税 と 相 続 税 の 納 税 の 機 会 を 継 続 して 繰 り 延 べることが 可 能 とな ります この 繰 り 延 べ 効 果 により 事 業 承 継 の 際 の 税 負 担 を 回 避 することができるため 円 滑 な 事 業 承 継 の 実 現 が 可 能 となります 創 設 により このようなモ デルを 構 築 することができました 4

6 Ⅱ 納 税 資 金 の 確 保 対 策 どのような 形 で 事 業 承 継 対 策 を 行 ったとしても 相 続 税 は 必 ず 発 生 するものです 納 税 時 に 資 金 繰 りに 困 らないよう 事 前 に 納 税 資 金 の 確 保 を 行 っておかなければなりません 延 納 や 物 納 が 可 能 な 場 合 もありますが 相 続 税 の 納 付 は 現 金 一 時 納 付 が 原 則 となってい ます 1 保 険 料 による 納 税 資 金 対 策 相 続 発 生 時 に 相 続 人 ( 子 )が 受 け 取 る 保 険 金 は 一 時 所 得 になります 受 取 保 険 金 課 税 税 額 相 続 人 ( 子 ) 一 時 所 得 所 得 税 等 一 時 所 得 の 算 式 ( 受 取 保 険 金 - 支 払 保 険 料 - 50 万 円 ) 2 オーナーが 高 齢 の 場 合 多 少 の 贈 与 税 を 支 払 ってでも 相 当 高 額 な 保 険 料 を 支 払 い 実 行 し ます 変 額 保 険 ( 終 身 型 )に 加 入 した 場 合 以 下 のようになります 相 続 人 等 ( 子 孫 )への 贈 与 金 額 170 歳 のオーナーで 相 続 人 が 年 払 保 険 料 250 万 円 を 支 払 い 10 年 後 に 相 続 が 発 生 した 場 合 で 保 険 金 額 は 3,700 万 円 とします 2 一 時 所 得 の 計 算 は (3,700 万 円 -2,500 万 円 -50 万 円 ) 2 = 575 万 円 3 一 時 所 得 税 等 は 約 290 万 円 4 相 続 人 ( 子 )の 手 取 額 は 保 険 金 額 3,700 万 円 - 所 得 税 290 万 円 = 約 3,410 万 円 5

7 2 収 益 不 動 産 の 購 入 による 納 税 資 金 対 策 オーナーは 現 金 2 億 円 を 出 資 して 株 式 会 社 を 設 立 するとします 1 払 込 資 本 金 は1 億 円 とし 1 億 円 は 資 本 準 備 金 とします( 会 社 法 により 可 能 です) また 資 本 金 を 減 資 して 小 さくすることも 可 能 です 借 方 貸 方 預 金 2 億 円 資 本 金 1 億 円 資 本 準 備 金 1 億 円 2 会 社 は2 億 円 の 借 入 れを 行 い 4 億 円 で 収 益 不 動 産 ( 賃 貸 ビル マンション 等 )を 購 入 します 借 方 貸 方 土 地 2 億 円 借 入 金 2 億 円 建 物 2 億 円 資 本 金 1 億 円 資 本 準 備 金 1 億 円 合 計 4 億 円 合 計 4 億 円 イ) 借 入 金 は3 年 間 元 本 据 置 きとします ロ) 本 件 のように 自 己 資 金 が 50%もある 物 件 では 諸 経 費 を 差 し 引 いても 利 益 が 生 じま す ハ) 株 式 会 社 の3 年 後 の 年 間 収 支 例 借 入 金 返 済 1,000 万 円 家 賃 収 入 2,400 万 円 支 払 利 子 400 万 円 役 員 報 酬 等 1,000 万 円 合 計 2,400 万 円 合 計 2,400 万 円 家 賃 収 入 はネット( 諸 経 費 差 引 後 ) 利 回 り6%とします 借 入 金 の 返 済 は 元 本 据 置 き 後 20 年 払 いとなります 借 入 金 の 金 利 は 年 利 2%とします 6

8 株 式 会 社 の 株 式 の 評 価 不 動 産 取 得 の3 年 後 に 株 式 会 社 の 株 式 の 評 価 が 下 がります 1 土 地 の 相 続 税 評 価 額 借 地 権 割 合 70% 借 家 権 割 合 30%の 地 域 とし 路 線 価 等 の 相 続 税 評 価 額 が 1 億 8,000 万 円 になります 2 18,000 万 円 (1-70% 30%)=14,220 万 円 3 建 物 の 相 続 税 評 価 額 建 物 の 固 定 資 産 税 評 価 額 が1 億 2,000 万 円 ( 時 価 の60%~70%が おおよその 固 定 資 産 税 評 価 額 になっている)とすると8,400 万 円 になります ( 借 家 権 割 合 30%) 12,000 万 円 (1-30%)=8,400 万 円 4 不 動 産 所 得 の3 年 後 の 相 続 税 評 価 額 による 株 式 会 社 の 純 資 産 価 額 (3,700 万 円 -2,500 万 円 -50 万 円 ) 2 = 575 万 円 土 地 14,220 万 円 借 入 金 20,000 万 円 建 物 8,400 万 円 ( 純 資 産 ) (2,620 万 円 ) 3 年 間 の 利 益 金 による 剰 余 金 の 増 加 はないものとする このように 当 初 のオーナーの 株 式 出 資 の 額 2 億 円 が3 年 後 には 2,620 万 円 に 下 がること になります 7

9 Ⅲ 経 営 承 継 円 滑 化 を 活 用 した 事 業 承 継 対 策 1 遺 留 分 に 関 する 民 法 特 例 の 活 用 遺 留 分 に 関 する 民 法 の 特 例 の 概 要 この 特 例 は 民 法 に 定 められている 遺 留 分 に 関 する 特 例 です 中 小 企 業 の 経 営 を 円 滑 に 承 継 するための 要 素 の 一 つに 議 決 権 ( 株 式 )の 承 継 があります 後 継 者 が 議 決 権 を 相 続 することが 円 滑 な 事 業 承 継 には 最 も 望 ましい 形 です しかし 中 小 企 業 経 営 者 の 中 に は 事 業 に 関 係 する 資 産 ( 株 式 や 事 業 用 不 動 産 等 )が 財 産 の 大 半 を 占 めている 場 合 があり 遺 留 分 の 規 定 により 後 継 者 に 十 分 な 財 産 を 相 続 できなくなる 可 能 性 があります 後 継 者 への 円 滑 な 事 業 用 資 産 の 相 続 を 支 援 することを 目 的 として 経 営 承 継 円 滑 化 法 では 遺 留 分 の 規 定 に 一 定 の 特 例 を 設 けることにな りました 遺 留 分 の 概 要 と 遺 留 分 算 定 の 基 礎 財 産 価 額 遺 留 分 とは 相 続 における 遺 産 分 割 の 際 に 最 低 限 遺 産 を 相 続 する ことができる 権 利 を 言 います 自 分 の 財 産 は 自 由 に 処 分 できるもの とされており それは 生 前 に 限 らず 死 後 でも 同 様 と 考 えられてい ます 死 後 の 場 合 遺 言 という 方 法 により 財 産 の 処 分 を 指 示 するこ とが 出 来 ます しかし 全 財 産 を 親 族 以 外 の 人 に 相 続 する という 遺 言 があったら どうなるでしょうか 残 された 遺 族 は 住 む 家 や 他 の 財 産 の 全 てを 奪 われ その 後 の 生 活 に 大 きな 支 障 をきたす 可 能 性 があります そこ で 民 法 ではこのような 事 態 を 回 避 するために 遺 留 分 として 最 低 限 相 続 できる 権 利 を 定 めています 遺 留 分 の 権 利 者 原 則 として 法 定 相 続 人 ですが 兄 弟 姉 妹 及 びその 子 ( 甥 姪 )は 除 かれます 遺 留 分 の 比 率 原 則 として 法 定 相 続 分 の2 分 の 1 となります ただし 父 母 祖 父 母 等 の 直 系 尊 属 の 場 合 には3 分 の1となります 8

10 遺 留 分 の 計 算 の 基 礎 となる 財 産 の 範 囲 遺 留 分 の 計 算 の 基 礎 となる 財 産 については 死 亡 時 に 所 有 していた 財 産 だけではありま せん 民 法 では 以 下 の 財 産 から 債 務 を 控 除 した 金 額 が 遺 留 分 算 定 の 基 礎 財 産 とされ ています 相 続 開 始 時 の 財 産 相 続 開 始 前 1 年 間 に 行 われた 贈 与 特 別 受 益 被 相 続 人 が 相 続 開 始 時 に おいて 有 した 財 産 相 続 前 1 年 以 内 の + + 特 別 受 益 - 生 前 贈 与 負 債 遺 留 分 の 算 定 を 行 うには 財 産 の 範 囲 の 他 に その 評 価 額 が 重 要 となります 民 法 において 評 価 額 は 贈 与 時 ではなく 相 続 開 始 時 とされています つまり 過 去 の 贈 与 等 により 取 得 した 財 産 についても 贈 与 時 の 価 額 ではなく 相 続 開 始 時 の 価 額 となり 大 き く 変 動 している 可 能 性 があります 例 えば 10 年 前 に 後 継 者 である 息 子 に 1,000 万 円 で 贈 与 をした 株 式 が 息 子 の 努 力 に より 業 績 が 向 上 し 相 続 開 始 時 に1 億 円 となっていた 場 合 には 1 億 円 が 遺 留 分 算 定 の 基 礎 財 産 となってしまいます 現 在 の 規 定 では 贈 与 後 の 企 業 貢 献 による 価 値 の 増 加 につい ては 一 切 考 慮 されないこととなっています 遺 留 分 に 関 する 民 法 特 例 の 適 用 要 件 経 営 承 継 円 滑 化 法 における 中 小 企 業 者 は 次 のように 規 定 されてい ます 資 本 金 従 業 員 数 製 造 業 その 他 業 種 3 億 円 以 下 または 300 人 以 下 卸 売 業 1 億 円 以 下 または 100 人 以 下 小 売 業 5,000 万 円 以 下 または 50 人 以 下 サービス 業 5,000 万 円 以 下 または 100 人 以 下 また 特 例 として 下 記 の 業 種 については その 範 囲 が 拡 大 されてい ます 資 本 金 従 業 員 数 ゴム 製 品 製 造 業 1 3 億 円 以 下 または 900 人 以 下 ソフトウェア 業 又 は 3 億 円 以 下 または 300 人 以 下 情 報 処 理 サービス 業 旅 館 業 5,000 万 円 以 下 または 200 人 以 下 1 自 動 車 又 は 航 空 機 用 タイヤ 及 びチューブ 製 造 業 並 びに 工 業 用 ベルト 製 造 業 を 除 く 9

11 この 特 例 を 受 けるためには 次 の3つの 手 続 きが 必 要 となります 特 例 の 適 用 を 受 けるための 具 体 的 手 続 き 1 推 定 相 続 人 全 員 による 合 意 2 経 済 産 業 大 臣 の 確 認 3 家 庭 裁 判 所 の 許 可 しかし 家 庭 裁 判 所 の 許 可 を 受 けた 後 でも 次 のような 事 由 が 生 じ たときには その 効 力 が 失 われます 経 済 産 業 大 臣 の 確 認 が 取 り 消 されたこと 旧 代 表 者 の 生 存 中 に 後 継 者 が 死 亡 し 又 は 後 見 開 始 若 しくは 補 佐 開 始 の 審 判 を 受 けたこと 本 件 合 意 の 当 事 者 以 外 の 者 が 新 たに 旧 代 表 者 の 推 定 相 続 人 と なったこと 本 件 合 意 の 当 事 者 の 代 襲 者 が 旧 代 表 者 の 養 子 となったこと 2 金 融 支 援 措 置 の 活 用 金 融 支 援 措 置 の 活 用 現 経 営 者 の 退 任 や 死 亡 により 事 業 承 継 をした 代 表 者 個 人 やその 会 社 にとって 次 のようなケースに 遭 遇 した 場 合 多 くの 資 金 が 必 要 に なると 考 えられます 1 相 続 税 贈 与 税 の 納 税 2 自 社 株 式 事 業 用 資 産 の 買 い 取 り 3MBOなどの 親 族 外 承 継 の 際 の 株 式 の 買 い 取 り 4 経 営 者 の 交 代 による 取 引 先 金 融 機 関 の 信 用 低 下 による 資 金 繰 りの 悪 化 現 経 営 者 の 個 人 財 産 が 自 社 株 式 や 事 業 用 資 産 が 中 心 となる 場 合 に は 換 金 性 が 乏 しく 今 後 の 事 業 活 動 を 考 えても 売 却 することがで きない 資 産 であるため 資 金 調 達 が 困 難 となる 後 継 者 や 会 社 が 多 く 見 受 けられます このような 状 況 が 続 けば 今 後 の 会 社 運 営 に 問 題 が 生 じてくることは 当 然 です スタートからこのような 負 担 が 後 継 者 の 肩 に 重 くのしかかるようでは 後 継 者 としての 実 力 を 発 揮 する どころか 資 金 調 達 がうまくいかず 最 悪 倒 産 という 事 態 を 招 いてし まう 可 能 性 もあります 10

12 そこで 事 業 承 継 後 の 事 業 運 営 の 円 滑 化 を 資 金 調 達 の 面 からバック アップする 目 的 で 2つ 目 の 柱 として 金 融 支 援 措 置 の 活 用 をご 紹 介 いたします この 経 営 承 継 円 滑 化 法 における 金 融 支 援 措 置 は 大 きく 中 小 企 業 自 体 に 行 われる 金 融 支 援 と 中 小 企 業 の 代 表 者 個 人 に 行 われる 金 融 支 援 の2つ 対 象 者 を 念 頭 に 制 度 化 されています ここからは 経 営 承 継 円 滑 化 法 における 金 融 支 援 措 置 を2つの 法 律 をもとに 説 明 していきます 中 小 企 業 信 用 保 険 法 の 特 例 中 小 企 業 自 体 または 中 小 企 業 の 代 表 者 個 人 に 対 する 金 融 支 援 措 置 と して 創 設 されたものが 中 小 企 業 信 用 保 険 法 の 特 例 になります こ の 制 度 は 経 済 産 業 大 臣 の 認 定 を 受 けた 中 小 企 業 者 が 事 業 承 継 に 関 連 して 金 融 機 関 から 借 り 入 れを 行 う 際 に 信 用 保 証 協 会 の 保 証 を 拡 大 しやすくすることで 従 来 よりも 借 り 入 れをしやすくするため の 制 度 となります 具 体 的 には 中 小 企 業 者 の 事 業 に 必 要 な 資 金 に ついて 中 小 企 業 信 用 保 険 法 に 規 定 されている 普 通 保 険 ( 限 度 額 2 億 円 ) 無 担 保 保 険 ( 限 度 額 8,000 万 円 ) 特 別 小 口 保 険 ( 限 度 額 1,250 万 円 )を 別 枠 化 します これにより 信 用 保 証 協 会 の 債 務 保 証 も 実 質 別 枠 化 され 中 小 企 業 者 が 当 該 債 務 保 証 を 受 けることで 金 融 機 関 からの 資 金 調 達 が 行 いやすくなるという 仕 組 みになります 日 本 政 策 金 融 公 庫 法 等 の 特 例 現 行 制 度 では 日 本 政 策 金 融 公 庫 及 び 沖 縄 振 興 開 発 金 融 公 庫 から 代 表 者 個 人 が 融 資 を 受 けることはできませんでした しかし 事 業 承 継 に 際 しては 後 継 者 自 身 が 借 入 れをしなければならない 場 面 も 多 いのが 実 情 です そこで 認 定 を 受 けた 中 小 企 業 者 の 代 表 者 個 人 が 必 要 とする 資 金 で あって 当 該 中 小 企 業 者 の 事 業 活 動 の 継 続 に 必 要 なものについては 日 本 政 策 金 融 公 庫 等 から 代 表 者 個 人 が 融 資 を 受 けることができるよ うにする 制 度 が 日 本 政 策 金 融 公 庫 法 等 の 特 例 となります この 場 合 の 金 利 については 通 常 の 金 利 よりも 特 別 に 低 い 利 率 が 適 用 さ れます 11

13 3 相 続 税 の 納 税 猶 予 制 度 の 活 用 相 続 税 の 納 税 猶 予 制 度 の 概 要 相 続 に 伴 う 株 式 等 の 承 継 による 相 続 税 の 負 担 を 軽 減 するために 代 表 者 であった 被 相 続 人 の 所 有 する 会 社 の 株 式 等 を 後 継 者 である 相 続 人 が 相 続 した 場 合 その 相 続 した 議 決 権 株 式 等 の 評 価 額 の 80% に 対 応 する 相 続 税 の 納 税 が 猶 予 される 制 度 が 設 けられました この 制 度 は 平 成 20 年 10 月 1 日 以 後 の 相 続 に 遡 って 適 用 されま す 対 象 となる 中 小 企 業 等 の 要 件 対 象 となる 会 社 は 民 法 特 例 と 同 様 ですが 下 記 の 条 件 に 該 当 する 会 社 については 対 象 外 となります 風 俗 営 業 会 社 資 産 保 有 型 会 社 ( 有 価 証 券 不 動 産 等 の 資 産 が 総 資 産 の70% 以 上 ) 資 産 運 用 型 会 社 ( 資 産 運 用 による 収 入 が 総 収 入 の70% 以 上 ) 直 近 の 事 業 年 度 における 総 収 入 金 額 がゼロの 会 社 常 時 使 用 する 従 業 員 の 数 がゼロの 会 社 特 別 子 会 社 が 大 法 人 等 又 は 風 俗 営 業 会 社 である 会 社 拒 否 権 付 種 類 株 式 ( 黄 金 株 )を 発 行 している 場 合 にはその 株 式 を 経 営 承 継 相 続 人 以 外 が 保 有 していない 場 合 一 定 の 現 物 出 資 等 資 産 の 割 合 が70% 以 上 の 会 社 相 続 税 の 納 税 猶 予 制 度 の 適 用 をうけるためには 相 続 発 生 前 に 経 済 産 業 大 臣 の 認 定 をうけることが 必 要 となります しかし 年 齢 的 に 事 業 承 継 計 画 を 立 てることが 困 難 等 次 のような 場 合 には 経 済 産 業 大 臣 の 確 認 は 不 要 とする 例 外 規 定 が 設 けられています 代 表 者 が 被 相 続 人 の 親 族 であり 被 相 続 人 が60 歳 未 満 で 死 亡 した 場 合 代 表 者 が 被 相 続 人 の 親 族 であり かつ 死 亡 の 直 前 において 役 員 であった 場 合 において 死 亡 直 前 において その 代 表 者 が 所 有 していた 株 式 と 公 正 証 書 遺 言 により 取 得 した 株 式 等 の 合 計 が 議 決 権 の50% 超 となる 場 合 12

14 経 営 承 継 相 続 人 の 要 件 後 継 者 であり かつ 役 員 に 就 任 していること 同 族 株 主 で 過 半 数 の 議 決 権 を 有 すること 同 族 株 主 の 中 で 筆 頭 株 主 であること 等 で 認 定 がなくても 制 度 の 適 用 を 認 められる 場 合 もある 被 相 続 人 の 要 件 会 社 を 経 営 していたこと 同 族 株 主 で 過 半 数 の 議 決 権 を 有 すること 同 族 株 主 の 中 で 筆 頭 株 主 であること 等 納 税 猶 予 額 の 免 除 次 のような 場 合 相 続 税 申 告 時 に 納 税 猶 予 された 税 額 が 免 除 されま す また 納 税 猶 予 制 度 の 適 用 を 受 けた 場 合 経 済 産 業 大 臣 の 認 定 の 有 効 期 間 (5 年 間 )は 毎 年 1 回 その 後 は3 年 ごとに 税 務 署 へ 届 出 を 行 う 必 要 があります 経 営 承 継 相 続 人 が 特 例 適 用 株 式 等 を 死 亡 の 時 まで 保 有 し 続 け た 場 合 相 続 税 の 申 告 期 限 から5 年 経 過 後 で 特 例 適 用 株 式 等 を 継 続 し て 所 有 しており 次 のいずれかに 該 当 する 場 合 対 象 の 会 社 について 破 産 手 続 開 始 の 決 定 又 は 特 別 清 算 開 始 の 命 令 があった 場 合 には 猶 予 税 額 の 全 額 を 免 除 する ( 参 照 ) 次 の 後 継 者 へ 特 例 適 用 株 式 等 を 贈 与 した 場 合 で 後 述 する 贈 与 税 の 納 税 猶 予 制 度 の 適 用 を 受 ける 場 合 には 猶 予 税 額 の 全 額 を 免 除 する 同 族 関 係 者 以 外 に 特 例 適 用 株 式 等 を 一 括 して 譲 渡 した 場 合 において その 譲 渡 対 価 又 は 時 価 のいずれか 高 い 額 が 猶 予 税 額 を 下 回 る 場 合 には その 差 額 分 を 免 除 する( 参 照 ) 過 去 5 年 間 の 経 営 承 継 相 続 人 及 び 生 計 を 一 にする 者 に 対 して 支 払 われた 配 当 及 び 過 大 役 員 給 与 等 に 相 当 する 額 は 免 除 しない 上 記 条 件 を 満 たさなかった 場 合 納 税 免 除 となった 猶 予 額 の 全 額 納 付 や 一 部 納 付 となる 場 合 があります 13

15 1 猶 予 額 の 全 額 納 付 事 業 承 継 相 続 人 が 相 続 税 の 法 定 申 告 期 限 からの5 年 間 で 代 表 者 で なくなる 等 事 業 を 継 続 していないと 認 められる 場 合 には その 時 点 で 猶 予 税 額 の 全 額 を 納 付 することとされています 具 体 的 には 次 の 要 件 を 満 たす 必 要 があります 代 表 者 であり 続 けること 雇 用 の8 割 以 上 を 維 持 していること 納 税 猶 予 の 対 象 となった 株 式 を 継 続 して 保 有 していること 2 猶 予 額 の 一 部 納 付 相 続 税 の 法 定 申 告 期 限 から5 年 を 経 過 した 後 に 納 税 猶 予 の 対 象 と なった 株 式 等 の 譲 渡 等 を 行 なった 場 合 には その 納 税 猶 予 の 対 象 と なった 株 式 等 の 総 数 に 対 する 譲 渡 した 株 式 等 の 割 合 に 応 じて 猶 予 税 額 を 納 付 することとなります 3 利 子 税 の 納 付 と 担 保 提 供 相 続 税 は 本 来 法 定 申 告 期 限 までに 納 付 しなければなりませんが 特 例 として 納 税 猶 予 の 規 定 が 設 けられています しかし 上 記 に 挙 げたような 理 由 によって 猶 予 税 額 の 全 部 または 一 部 の 納 付 が 必 要 と なった 場 合 には 本 来 の 支 払 期 日 からの 利 子 に 相 当 する 利 子 税 を 納 付 することとなります また 納 税 猶 予 の 対 象 となった 株 式 等 につ いては その 全 てを 担 保 に 供 することとなります 4 贈 与 税 の 増 税 猶 予 制 度 の 活 用 贈 与 税 の 納 税 猶 予 制 度 の 概 要 後 継 者 が 経 営 承 継 円 滑 化 法 に 基 づく 経 済 産 業 大 臣 の 認 定 を 受 けた 非 上 場 会 社 を 経 営 していた 親 族 から 贈 与 によりその 保 有 株 式 の 全 部 を 取 得 し その 会 社 を 経 営 する 場 合 には その 猶 予 対 象 株 式 等 に 係 る 贈 与 税 の 納 税 を 猶 予 する 規 定 が 設 けられました 贈 与 税 の 納 税 猶 予 制 度 の 具 体 的 要 件 対 象 株 式 贈 与 前 から 既 に 所 有 していたものを 含 めて 発 行 済 み 議 決 権 株 式 の 総 数 の3 分 の2に 達 するまでの 部 分 の 株 式 が 贈 与 税 の 納 税 猶 予 の 対 象 となります 14

16 適 用 を 受 けるための 要 件 先 代 経 営 者 の 要 件 としては 会 社 の 代 表 者 であったこと 役 員 を 退 任 すること 等 が 挙 げられます 後 継 者 の 要 件 としては 会 社 の 代 表 者 であること 先 代 経 営 者 の 親 族 (6 親 等 以 内 の 血 族 配 偶 者 3 親 等 以 内 の 姻 族 )であるこ と 等 が 挙 げられます 贈 与 に 関 する 要 件 としては 先 代 経 営 者 が 所 有 している 株 式 の 全 部 を 括 で 贈 与 すること3 分 の2を 超 える 部 分 については 通 常 の 贈 与 ( 相 続 時 精 算 課 税 との 併 用 も 可 能 )として 取 り 扱 うこと 相 続 税 の 納 税 猶 予 との 関 係 贈 与 税 の 納 税 猶 予 の 適 用 を 受 けた 後 に 先 代 経 営 者 に 相 続 が 発 生 し た 場 合 には 次 のように 取 り 扱 われます 1 代 経 営 者 が 死 亡 した 時 点 で 猶 予 税 額 は 免 除 される 2 与 を 受 けた 特 定 株 式 等 については 相 続 財 産 に 含 めて 相 続 税 を 計 算 する 3の 際 の 評 価 額 について 相 続 時 の 評 価 額 ではなく 贈 与 時 の 評 価 額 とする 42で 計 算 した 相 続 税 額 については 相 続 税 の 納 税 猶 予 制 度 の 適 用 を 受 けることが 出 来 る 55 年 間 の 事 業 継 続 要 件 は 贈 与 時 から 発 生 していることとなる 15

45,000 50 4,150 45,000 超 55 6,400 (ロ)(イ) 以 外 の 一 般 贈 与 課 税 価 格 税 率 控 除 額 2,000 千 円 以 下 10% - 千 円 3,000 15 100 4,000 20 250 6,000 30 650 10,000 40 1,25

45,000 50 4,150 45,000 超 55 6,400 (ロ)(イ) 以 外 の 一 般 贈 与 課 税 価 格 税 率 控 除 額 2,000 千 円 以 下 10% - 千 円 3,000 15 100 4,000 20 250 6,000 30 650 10,000 40 1,25 贈 与 税 1. 贈 与 税 とは 贈 与 税 は 個 人 が 個 人 から 財 産 の 贈 与 ( 贈 与 者 の 死 亡 によって 効 力 が 生 ずる 死 因 贈 与 は 相 続 税 の 適 用 となり 除 かれます)を 受 けたときに 課 される 税 金 です 法 人 からの 贈 与 は 贈 与 税 ではなく 所 得 税 ( 一 時 所 得 等 )として 課 税 されます 2. 贈 与 税

More information

1 この 資 料 は 財 務 省 主 税 局 が 事 業 承 継 税 制 に 係 る 説 明 会 用 に 作 成 した 資 料 を 基 に 国 税 庁 資 産 課 税 課 において 編 集 したものです 2 事 業 承 継 税 制 についての 理 解 を 深 めていただくために ご 活 用 ください

1 この 資 料 は 財 務 省 主 税 局 が 事 業 承 継 税 制 に 係 る 説 明 会 用 に 作 成 した 資 料 を 基 に 国 税 庁 資 産 課 税 課 において 編 集 したものです 2 事 業 承 継 税 制 についての 理 解 を 深 めていただくために ご 活 用 ください ~ 平 成 25 年 度 税 制 改 正 ~ 新 しい 事 業 承 継 税 制 の 概 要 平 成 25 年 6 月 1 この 資 料 は 財 務 省 主 税 局 が 事 業 承 継 税 制 に 係 る 説 明 会 用 に 作 成 した 資 料 を 基 に 国 税 庁 資 産 課 税 課 において 編 集 したものです 2 事 業 承 継 税 制 についての 理 解 を 深 めていただくために ご

More information

1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと

1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと Tax news letter www.kotaka-tax.com tax.com 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 の 主 な 改 正 点 に 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 されました 本 ニュースレターでは 特 に 個 人 富 裕 層 中 小 企 業 オーナー 並 びに 中 小 企 業 に 関 する 主 な 改 正 点 についてご 紹 介 いたします

More information

個人の税金 Q&A

個人の税金 Q&A 1 所 得 税 の 最 高 税 率 の 引 き 上 げ 2 給 与 所 得 控 除 に 設 けられた 上 限 3 NISA の 特 例 を 有 効 活 用 する 4 不 動 産 業 に 対 する 消 費 税 の 課 税 5 住 宅 ローン 控 除 の 改 正 6 直 系 尊 属 からの 贈 与 の 税 率 改 正 7 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 改 正 8 相 続 税 の 基 礎 控 除

More information

2014_06_04 相続税関係セミナー [互換モード]

2014_06_04 相続税関係セミナー [互換モード] 相 続 税 セミナー ~ 相 続 税 改 正 と 対 策 ~ 平 成 26 年 6 月 4 日 久 納 公 認 会 計 士 事 務 所 公 認 会 計 士 税 理 士 久 納 幹 史 1 相 続 税 の 現 状 ( 平 成 24 年 データ) 相 続 税 申 告 するのは 死 亡 した 方 の 約 4% ( 昭 和 63 年 改 正 前 から 比 較 し 約 半 減 ) 年 間 の 相 続 税 申

More information

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会 1 税 目 1. 国 税 ( 所 得 税 ) 要 望 カテゴリー 1 69. その 他 所 得 税 ( 国 税 ) 不 動 産 所 得 と 事 業 所 得 を 統 合 すること 事 業 所 得 と 不 動 産 所 得 の 区 分 は 資 産 所 得 の 合 算 課 税 が 行 われていたころの 名 残 であり 不 動 産 所 得 にも 一 定 の 労 務 の 提 供 及 びリスクの 負 担 があり

More information

はじめに 皆 様 は 相 続 について 考 えたことはあるでしょうか? 相 続 というと まだまだ 先 の 話 だし 相 続 税 がかかるほどの 財 産 はないし うちは 兄 弟 みんな 仲 がいいから と なかなか 本 腰 を 入 れて 考 えていないのが 実 情 ではないでしょうか しかし 相

はじめに 皆 様 は 相 続 について 考 えたことはあるでしょうか? 相 続 というと まだまだ 先 の 話 だし 相 続 税 がかかるほどの 財 産 はないし うちは 兄 弟 みんな 仲 がいいから と なかなか 本 腰 を 入 れて 考 えていないのが 実 情 ではないでしょうか しかし 相 & 相 続 税 の はじめに 皆 様 は 相 続 について 考 えたことはあるでしょうか? 相 続 というと まだまだ 先 の 話 だし 相 続 税 がかかるほどの 財 産 はないし うちは 兄 弟 みんな 仲 がいいから と なかなか 本 腰 を 入 れて 考 えていないのが 実 情 ではないでしょうか しかし 相 続 が 実 際 に 起 こってみると 思 わぬトラブルが 発 生 するものです そんなとき

More information

Ⅲ 相 続 財 産 の 分 割 に 関 する 確 認 事 項 1 遺 言 がありますか? 有 遺 言 公 正 証 書 又 は 家 公 証 人 役 場 等 要 月 日 無 庭 裁 判 所 の 検 認 を 受 否 ( 通 ) けた 遺 言 書 2 死 因 贈 与 があります 有 贈 与 契 約 書 要

Ⅲ 相 続 財 産 の 分 割 に 関 する 確 認 事 項 1 遺 言 がありますか? 有 遺 言 公 正 証 書 又 は 家 公 証 人 役 場 等 要 月 日 無 庭 裁 判 所 の 検 認 を 受 否 ( 通 ) けた 遺 言 書 2 死 因 贈 与 があります 有 贈 与 契 約 書 要 相 続 人 様 へ の お 願 い 相 続 税 の 申 告 にあたり 以 下 の 各 項 目 についてのご 確 認 をお 願 い 致 します Ⅰ 被 相 続 人 に 関 する 確 認 事 項 1 被 相 続 人 について 有 被 相 続 人 の 戸 籍 ( 除 本 籍 地 の 市 区 町 村 要 月 日 籍 ) 謄 本 ( 出 生 から 役 所 ( 場 ) 否 ( 通 ) 相 続 開 始 まで) 被

More information

< 問 3> 正 解 2 教 育 資 金 や 老 後 資 金 住 宅 ローンの 返 済 などのライフイベントについて 資 金 計 画 を 立 て る 際 積 立 目 標 額 や 元 利 合 計 額 年 金 額 やローン 返 済 額 などを 計 算 することは 重 要 である これらの 金 額 を 複

< 問 3> 正 解 2 教 育 資 金 や 老 後 資 金 住 宅 ローンの 返 済 などのライフイベントについて 資 金 計 画 を 立 て る 際 積 立 目 標 額 や 元 利 合 計 額 年 金 額 やローン 返 済 額 などを 計 算 することは 重 要 である これらの 金 額 を 複 平 成 28 年 5 月 3 級 FP 技 能 検 定 / 実 技 試 験 < 個 人 資 産 相 談 業 務 > 解 答 と 解 説 第 1 問 番 号 問 1 問 2 問 3 正 解 3 2 2 < 問 1> 正 解 3 3)の 語 句 の 組 み 合 わせが 適 切 長 女 Cさんは 大 学 生 であるが 大 学 生 であっても 20 歳 に 達 した 日 から 国 民 年 金 に 第 1 号

More information

2 国 名 2. 事 業 承 継 税 制 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 ( 改 正 後 ) 世 界 の 事 業 承 継 税 制 のしくみ 下 記 の 国 以 外 は 相 続 税 ( 無 税 又 は 所 得 税 対 応 )はない 相 続 税 の 基 礎 控 除 非 上 場 株 式 の 評

2 国 名 2. 事 業 承 継 税 制 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 ( 改 正 後 ) 世 界 の 事 業 承 継 税 制 のしくみ 下 記 の 国 以 外 は 相 続 税 ( 無 税 又 は 所 得 税 対 応 )はない 相 続 税 の 基 礎 控 除 非 上 場 株 式 の 評 1 第 2 回 事 業 経 営 と 相 続 贈 与 税 ( 相 続 税 評 価 と 取 引 価 格 ) 会 計 と 経 営 のブラッシュアップ 平 成 26 年 4 月 7 日 山 内 公 認 会 計 士 事 務 所 本 レジュメは 相 続 税 法 とその 通 達 及 び 次 の 各 書 を 参 考 にさせていただいて 作 成 した ( 取 引 相 場 のない 株 式 の 税 務 森 富 幸 著 2008.10

More information

Ⅰ 株 価 引 き 下 げによる 相 続 税 対 策 1 株 価 引 き 下 げの 目 的 後 継 者 が 実 質 的 に 経 営 権 を 引 き 継 ぐためには 経 営 者 の 地 位 だけでなく 会 社 を 支 配 する のに 可 能 な 数 量 の 自 社 株 を 取 得 することが 必 要

Ⅰ 株 価 引 き 下 げによる 相 続 税 対 策 1 株 価 引 き 下 げの 目 的 後 継 者 が 実 質 的 に 経 営 権 を 引 き 継 ぐためには 経 営 者 の 地 位 だけでなく 会 社 を 支 配 する のに 可 能 な 数 量 の 自 社 株 を 取 得 することが 必 要 株 価 引 き 下 げ 対 策 事 業 承 継 対 策 Ⅰ 株 価 引 き 下 げによる 相 続 税 対 策 1. 株 価 引 き 下 げの 目 的 2. 株 式 の 評 価 の 仕 組 み 3. 取 引 相 場 のない 株 式 についての 評 価 方 法 4. 株 価 引 き 下 げの3つの 方 法 Ⅱ 株 価 引 き 下 げのポイント 1. 配 当 金 の 引 き 下 げによる 株 価 引 き

More information

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 の 記 載 方 法 等 平 成 19 年 1 月 1 日 以 降 用 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 は 相 続 遺 贈 又 は 贈 与 により 取 得 した 取 引 相 場 のない 株 式 及 び 持 分 会 社 の 出 資 等 並 びにこれらに 関 する 権 利 の 価 額 を 評 価 するために

More information

平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平 成 22 年 12 月 16 日 に 閣 議 決 定 され 公 表 されました 平 成 23 年 度 税 制 改 正 の 主 要 項 目 は 以 下 の 通 りです 以 下 のうち 平 成 23 年 6 月 3

平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平 成 22 年 12 月 16 日 に 閣 議 決 定 され 公 表 されました 平 成 23 年 度 税 制 改 正 の 主 要 項 目 は 以 下 の 通 りです 以 下 のうち 平 成 23 年 6 月 3 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 の 法 令 等 に 準 拠 UP!Consulting Up Newsletter 平 成 23 年 度 税 制 改 正 平 成 22 年 度 税 制 改 正 により 平 成 23 年 度 から 適 用 される 措 置 http://www.up-firm.com 1 平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

平成21年2月17日

平成21年2月17日 平 成 26 年 12 月 18 日 平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 公 益 社 団 法 人 福 岡 中 部 法 人 会 福 岡 地 区 の5 公 益 社 団 法 人 会 は 平 成 28 年 度 の 税 制 改 正 に 関 して 中 小 企 業 に 係 る 税 制 を 中 心 に 下 記 のとおり その 実 現 を 強 く 要 望 します 記 1 重 点 要 望 事 項 1

More information

P786 1. 適 用 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 1 回 講 義 資 料 法 人 経 営 強 制 適 用 個 人 経 営 ( 強 制 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 強 制 適 用 5 人 未 満 任 意 適 用 ( 任 意 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 任 意 適 用

P786 1. 適 用 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 1 回 講 義 資 料 法 人 経 営 強 制 適 用 個 人 経 営 ( 強 制 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 強 制 適 用 5 人 未 満 任 意 適 用 ( 任 意 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 任 意 適 用 2015 年 度 厚 生 年 金 保 険 法 ココだけは 絶 対 に 外 せない!! 会 社 員 などお 仕 事 をされていて 勉 強 時 間 が 限 られる 方 はこちらから 優 先 して 勉 強 すると 良 い でしょう 過 去 問 によく 出 題 されている 箇 所 優 先 で 選 びました 優 先 すべき 箇 所 は 太 文 字 表 示 しております 第 1 回 講 義 厚 生 年 金 保

More information

( 問 題 2) ( 設 問 B) 平 成 26 年 6 月 末 に 杉 野 さんに 相 続 が 開 始 した 場 合 杉 野 さんの 相 続 に 係 る 相 続 税 の 総 額 等 を 計 算 するうえでの 弟 の 法 定 相 続 分 ( 代 襲 相 続 分 を 含 む)として 正 しいものはどれ

( 問 題 2) ( 設 問 B) 平 成 26 年 6 月 末 に 杉 野 さんに 相 続 が 開 始 した 場 合 杉 野 さんの 相 続 に 係 る 相 続 税 の 総 額 等 を 計 算 するうえでの 弟 の 法 定 相 続 分 ( 代 襲 相 続 分 を 含 む)として 正 しいものはどれ 問 1 次 の 設 例 に 基 づき 相 続 の 概 要 に 関 する 以 下 の 設 問 A~Jについて それぞれの 答 えを1~4の 中 か ら1つ 選 んでください < 設 例 > 東 京 都 内 で 飲 食 店 を 営 んでいる 杉 野 和 弘 さん( 以 下 杉 野 さん という)は 将 来 の 相 続 対 策 につ いて 検 討 している 平 成 26 年 6 月 末 の 杉 野 さんの

More information

日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 規 約 平 成 2 8 年 5 月 31 日 現 在 日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 規 約 平 成 4 年 9 月 21 日 厚 生 省 収 年 第 6 3 4 0 号 認 可 変 更 平 成 5 年 3 月 31 日 ( 認 可 ) 平 成 5 年 5 月 17 日 ( 認 可 )

More information

(ⅴ) 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 期 間 未 成 年 者 に 係 る 少 額 上 場 株 式 等 の 非 課 税 口 座 制 度 に 基 づき 証 券 会 社 等 の 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 開 設 した 未 成 年 者 口

(ⅴ) 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 期 間 未 成 年 者 に 係 る 少 額 上 場 株 式 等 の 非 課 税 口 座 制 度 に 基 づき 証 券 会 社 等 の 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 開 設 した 未 成 年 者 口 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで 定 年 後 再 雇 用 職 員 就 業 規 則 01- 一 般 -00006 平 成 13 年 4 月 1 日 改 正 03- 一 般 -00030 平 成 15 年 12 月 4 日 改 正 06- 一 般 -00117 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 09- 一 般 -00109 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 10- 一 般 -00258 平 成 22 年 6 月 30 日

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

Ⅱ 1. 厚 生 年 金 保 険 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 厚 生 年 金 保 険 が 適 用 されている 事 業 所 をいう すなわち 厚 生 年 金 保 険 法 第 6 条 第 1 項 第 1 号 に 掲 げられている 事 業 の 事 業 所 であって 常 時 5 人 以 上 の 従 業 員 を 使 用 する 事 業 所 又 は 船 舶 及 び 国

More information

の 略 語 は 次 のとおりです 相 法 相 続 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 73 号 ) 措 法 租 税 特 別 措 置 法 ( 昭 和 32 年 法 律 第 26 号 ) 相 基 通 相 続 税 法 基 本 通 達 ( 昭 和 34 年 直 資 10) - 2 -

の 略 語 は 次 のとおりです 相 法 相 続 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 73 号 ) 措 法 租 税 特 別 措 置 法 ( 昭 和 32 年 法 律 第 26 号 ) 相 基 通 相 続 税 法 基 本 通 達 ( 昭 和 34 年 直 資 10) - 2 - 別 添 扶 養 義 務 者 ( 父 母 や 祖 父 母 )から 生 活 費 又 は 教 育 費 の 贈 与 を 受 けた 場 合 の 贈 与 税 に 関 するQ&A 資 金 FAQ 平 成 25 年 12 月 国 税 庁 目 次 1 生 活 費 又 は 教 育 費 の 全 般 に 関 するQ&A [Q1-1] 扶 養 義 務 者 ( 父 母 や 祖 父 母 )から 生 活 費 又 は 教 育 費 の

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 株 式 移 動 自 己 株 取 得 増 資 株 主 割 当 増 資 第 三 者 割 当 増 資 新 株 予 約 権 Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 1 社 長 ( 父 親 支 配 関 係 株 主 )が 長 男 に 自 社 株 を 贈 与 する

Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 株 式 移 動 自 己 株 取 得 増 資 株 主 割 当 増 資 第 三 者 割 当 増 資 新 株 予 約 権 Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 1 社 長 ( 父 親 支 配 関 係 株 主 )が 長 男 に 自 社 株 を 贈 与 する 上 場 準 備 会 社 における 資 本 政 策 上 の 税 務 の 留 意 点 平 成 26 年 12 月 11 日 ( 木 ) 新 日 本 監 査 法 人 EYCベンチャーアカデミー アクティベートジャパン 税 理 士 法 人 代 表 社 員 公 認 会 計 士 税 理 士 尾 崎 充 目 次 Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 Ⅱ 税 務 上 の 時 価 概 念 法 人 税 所 得 税

More information

小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個 人 事 業 主 の 廃 業 に 伴 う 共 同 経 営 者 の 退 任 疾 病 負

小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個 人 事 業 主 の 廃 業 に 伴 う 共 同 経 営 者 の 退 任 疾 病 負 [ 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 ] 経 営 者 にも 退 職 金 を ゆとりある 老 後 を 支 える 安 心 の 共 済 です 小 規 模 企 業 共 済 制 度 のしおり 小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個

More information

40 総 論 41 法 人 課 税 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 02 税 制 の 動 向 ( 4002 ) 91 事 例 研 究 ( 4091 ) 99 その 他 ( 4099 ) 01 法 人 税 ( 4101 ) 3. 税 務 官 庁 の 組 織 4. 不 服 申 立 て 税 務

40 総 論 41 法 人 課 税 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 02 税 制 の 動 向 ( 4002 ) 91 事 例 研 究 ( 4091 ) 99 その 他 ( 4099 ) 01 法 人 税 ( 4101 ) 3. 税 務 官 庁 の 組 織 4. 不 服 申 立 て 税 務 平 成 28 年 度 版 CPE カリキュラム 一 覧 表 4. 税 務 40 総 論 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 租 税 法 入 門 税 法 総 論 1. 租 税 の 意 義 種 類 とその 役 割 2. 租 税 法 の 法 体 系 及 び 仕 組 み 3. 憲 法 との 関 係 国 家 と 税 制 1. 財 政 法 2. 会 計 法 3. 国 家 と 税 の 仕 組 み 4. 国

More information

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls 疑 義 照 会 ( ) 1. 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 P1 1~2 2. P3 1~7 3. 納 付 猶 予 取 消 申 請 書 P7 1 4. 学 生 納 付 特 例 申 請 書 P8 1~2 5. 還 付 請 求 書 P9 1~2 疑 義 照 会 ( ) ( 案 件 ) 名 称 条 文 ) ( 内 容 ) 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 1 生 活 保 護 による 法 定 免 除

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

Microsoft Word - 2級1月難易度B(修正)

Microsoft Word - 2級1月難易度B(修正) 難 易 度 B 平 成 24 年 1 月 実 施 過 去 問 ( 学 科 ) 1.ライフプランニングと 資 金 計 画 問 題 6 国 民 年 金 の 第 1 号 被 保 険 者 が 死 亡 した 場 合 の 国 民 年 金 からの 遺 族 給 付 に 関 する 次 の 記 述 のうち 最 も 不 適 切 なものはどれか なお 遺 族 には 国 民 年 金 法 の 障 害 等 級 に 該 当 する

More information

国民年金基金は国民年金の第1号被保険者(自営業の方やフリーで働く方、およびその配偶者の方)の保険料を納めている方で、20歳以上60歳未満の方が加入することができます

国民年金基金は国民年金の第1号被保険者(自営業の方やフリーで働く方、およびその配偶者の方)の保険料を納めている方で、20歳以上60歳未満の方が加入することができます 平 成 27 年 5 月 2 級 FP 技 能 検 定 / 実 技 試 験 < 個 人 資 産 相 談 業 務 > 解 答 と 解 説 第 1 問 問 1 判 定 問 2 記 号 ロ ホ チ 問 3 11.0510 22,733( 万 円 ) 30.0554 4151( 万 円 ) 第 2 問 問 4 問 5 問 6 5.32(%) 第 3 問 問 7 記 号 ロ ホ ト 問 8 720( 万 円

More information

贈 与 税 の 概 要 贈 与 税 の 申 告 納 付 手 続 の 概 要 は 以 下 の 通 りです 1. 概 要 個 人 から 個 人 が 贈 与 によって 財 産 を 取 得 した 場 合 には 以 下 のように 贈 与 税 が 課 税 されます 贈 与 税 という 発 想 が ないと 相 続

贈 与 税 の 概 要 贈 与 税 の 申 告 納 付 手 続 の 概 要 は 以 下 の 通 りです 1. 概 要 個 人 から 個 人 が 贈 与 によって 財 産 を 取 得 した 場 合 には 以 下 のように 贈 与 税 が 課 税 されます 贈 与 税 という 発 想 が ないと 相 続 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 の 法 令 等 に 準 拠 UP!Consulting Up Newsletter 贈 与 税 の 概 要 住 宅 取 得 等 資 金 の 贈 与 税 の 非 課 税 特 例 相 続 時 精 算 課 税 制 度 http://www.up-firm.com 1 贈 与 税 の 概 要 贈 与 税 の 申 告 納 付 手 続 の 概 要 は 以 下 の 通 りです

More information

1. 税 金 との 関 わり (1) 誕 生 所 得 税 住 民 税 扶 養 控 除 親 の 所 得 税 減 少 (2) 保 育 園 から 大 学 生 所 得 税 住 民 税 (1)と 同 じ 消 費 税,その 他 間 接 税 自 分 で 支 払 う 国 地 方 公 共 団 体 から 多 額 の 援

1. 税 金 との 関 わり (1) 誕 生 所 得 税 住 民 税 扶 養 控 除 親 の 所 得 税 減 少 (2) 保 育 園 から 大 学 生 所 得 税 住 民 税 (1)と 同 じ 消 費 税,その 他 間 接 税 自 分 で 支 払 う 国 地 方 公 共 団 体 から 多 額 の 援 大 分 県 金 融 広 報 委 員 会 市 民 講 座 10 月 テーマ くらしのなかの 税 金 いろいろ 日 時 平 成 20 年 10 月 18 日 ( 土 ) 14:00~16:00 場 所 講 師 大 分 市 コンパルホール 大 分 県 金 融 広 報 アドバイザー 税 理 士 財 前 朗 担 1. 税 金 との 関 わり (1) 誕 生 所 得 税 住 民 税 扶 養 控 除 親 の 所

More information

平 成 21 年 度 税 制 改 正 における 事 業 承 継 税 制 のポイント 事 業 承 継 が 厳 しい 状 況 となっている 中 小 企 業 に 対 し 株 式 の 相 続 のみならず 生 前 贈 与 に 伴 う 後 継 者 の 納 税 を 猶 予 し 事 業 承 継 の 一 層 の 円

平 成 21 年 度 税 制 改 正 における 事 業 承 継 税 制 のポイント 事 業 承 継 が 厳 しい 状 況 となっている 中 小 企 業 に 対 し 株 式 の 相 続 のみならず 生 前 贈 与 に 伴 う 後 継 者 の 納 税 を 猶 予 し 事 業 承 継 の 一 層 の 円 2009 年 2 月 新 日 本 アーンスト アンド ヤング 税 理 士 法 人 日 本 Newsletter 平 成 21 年 度 税 制 改 正 における 事 業 承 継 税 制 のポイント 新 たな 公 益 法 人 制 度 と 税 制 ( 上 ) Contents 平 成 21 年 度 税 制 改 正 における 事 業 承 継 税 制 のポイント Ⅰ. 非 上 場 株 式 等 に 係 る 相

More information

自営業世帯

自営業世帯 共 済 組 合 給 付 ( 長 期 給 付 ) 注 意 事 項 被 用 者 年 金 一 元 化 等 に 係 る 今 後 の 決 定 事 項 によって 記 載 内 容 に 変 更 が 生 じる 場 合 があります 第 1 公 的 年 金 制 度 について 1 公 的 年 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 制 度 は 国 民 年 金 と 厚 生 年 金 保 険 により 構 成 されています 国 民

More information

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 28 年 4 月 1 日 最 終 改 正 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 以 下 就 業 規 則 という ) 第 54 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 滋 賀

More information

Microsoft Word - 6相続対策.doc

Microsoft Word - 6相続対策.doc Volume 6 吉 田 正 一 税 理 士 事 務 所 相 続 対 策 と 事 業 承 継 税 制 相 続 対 策 と 事 業 承 継 税 制 は じ め に こんにちは 税 理 士 の 吉 田 正 一 です 経 営 承 継 円 滑 化 法 が 成 立 して 20 年 10 月 からの 自 社 株 の 相 続 対 策 が 大 きく 変 わります さらに 相 続 税 の 計 算 方 式 も 変 わる

More information

YACレポート2013.indd

YACレポート2013.indd 税 務 平 成 25 年 度 税 制 改 正 について YAC 税 理 士 法 人 シニアマネージャー 山 田 晴 康 ( 公 認 会 計 士 ) 自 民 公 明 両 党 は 1 月 24 日 に 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 を 決 定 しました 今 回 の 税 制 改 正 では 安 倍 政 権 が 掲 げるデフレ 脱 却 と 景 気 浮 揚 を 税 制 面 から 後 押 しするため

More information

Microsoft Word - T2-09-1_紙上Live_独自給付_①_12分_20150525

Microsoft Word - T2-09-1_紙上Live_独自給付_①_12分_20150525 第 1 号 被 保 険 者 の 独 自 給 付 と 脱 退 一 時 金 今 回 の 講 義 では 第 1 号 被 保 険 者 の 独 自 給 付 と 短 期 滞 在 の 外 国 人 に 支 給 される 脱 退 一 時 金 について 学 習 します 付 加 年 金 付 加 年 金 に 関 しては 法 第 43 条 から 法 第 48 条 に 規 定 されています また 付 加 保 険 料 に 関 しては

More information

は5% 制 限 税 率 は6% 市 町 村 税 の 標 準 税 率 は 12.3% 制 限 税 率 は 14.7%となって いる また 都 道 府 県 税 である 法 人 事 業 税 ( 所 得 課 税 部 分 )の 標 準 税 率 は 5%~ 9.6% 制 限 税 率 は 1.1 倍 などとなって

は5% 制 限 税 率 は6% 市 町 村 税 の 標 準 税 率 は 12.3% 制 限 税 率 は 14.7%となって いる また 都 道 府 県 税 である 法 人 事 業 税 ( 所 得 課 税 部 分 )の 標 準 税 率 は 5%~ 9.6% 制 限 税 率 は 1.1 倍 などとなって 平 成 16 年 度 税 制 改 正 に 関 する 要 望 書 は じ め に わが 国 経 済 の 喫 緊 の 課 題 は デフレの 克 服 内 需 拡 大 特 に GDPの6 割 を 占 める 個 人 消 費 を 中 心 とした 民 間 需 要 の 回 復 にある 税 制 の 見 直 しは これらの 課 題 を 解 決 するうえで 多 くの 企 業 を 活 性 化 さ せ また 個 人 の 消

More information

つまり 今 回 の 改 正 による 増 税 の 影 響 を 受 ける 人 は 平 成 27 年 1 月 以 後 の 相 続 により 複 数 の 土 地 を 相 続 し そのうちいずれかの 土 地 を 譲 渡 する 人 です なお 改 正 時 期 は 平 成 27 年 1 月 以 後 の 譲 渡 では

つまり 今 回 の 改 正 による 増 税 の 影 響 を 受 ける 人 は 平 成 27 年 1 月 以 後 の 相 続 により 複 数 の 土 地 を 相 続 し そのうちいずれかの 土 地 を 譲 渡 する 人 です なお 改 正 時 期 は 平 成 27 年 1 月 以 後 の 譲 渡 では 円 満 想 続 の3K 感 謝 絆 供 養 号 外 (201 2013 年 12 月 16 日 ) 月 刊 想 続 発 行 : 一 般 社 団 法 人 日 本 想 続 協 会 107-0052 東 京 都 港 区 赤 坂 4-1-1SHIMA 赤 坂 ビル 5F TEL 03-6454-1567 FAX 020-4664-9664 E-mail info@n-sk.org ( 担 当 : 内 田 )

More information

§5 被扶養者の認定及び取消し

§5 被扶養者の認定及び取消し 7 被 扶 養 者 の 認 定 及 び 取 消 し( 法 第 2 条 第 1 項 第 2 号, 施 行 令 第 条, 運 用 方 針 第 2 条 関 係, 法 第 55 条, 施 行 規 程 第 94 条 ) 共 済 組 合 の 被 扶 養 者 主 として 組 合 員 の 収 入 により 生 計 を 維 持 し, 組 合 員 と 一 定 の 身 分 関 係 にある 人 は, 被 扶 養 者 とし て

More information

153055_FP相続贈与_-N-_[本文].indb

153055_FP相続贈与_-N-_[本文].indb も く じ はじめに 相 続 基 礎 6 1 相 続 開 始 6 (1) 相 続 意 味 6 (2) 相 続 開 始 と 場 所 6 (3) 失 踪 宣 告 6 (4) 認 定 死 亡 6 (5) 同 時 死 亡 6 2 相 続 人 範 囲 7 (1) 相 続 人 種 類 7 (2) 子 7 (3) 直 系 尊 属 8 (4) 兄 弟 姉 妹 8 (5) 配 偶 者 8 (6) 推 定 相 続 人

More information

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information

部 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) 参 事 官 首 席 監 察 官 警 務 部 長 参 事 所 属 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) そ の 他 の 職 員 所 属 長 2 指 定 権 者 は 勤 務 指 定 を 行 ったときは 職 員 に 対 し 速 やかにこれを 明 示 す

部 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) 参 事 官 首 席 監 察 官 警 務 部 長 参 事 所 属 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) そ の 他 の 職 員 所 属 長 2 指 定 権 者 は 勤 務 指 定 を 行 ったときは 職 員 に 対 し 速 やかにこれを 明 示 す 山 口 県 警 察 に 勤 務 する 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 訓 令 平 成 7 年 3 月 31 日 本 部 訓 令 第 1 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 訓 令 は 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 条 例 ( 昭 和 28 年 山 口 県 条 例 第 11 号 以 下 勤 務 時 間 条 例 という ) 及

More information

期 の1 株 当 たりの 利 益 をマイナスすることによって 求 めることができる 下 期 (2014 年 10 月 ~2015 年 3 月 )の1 株 当 たりの 利 益 52 円 (98.5 円 -46.5 円 =52 円 ) よって 下 期 の 利 益 が 多 い 問 5 3 ユーロ 定 期

期 の1 株 当 たりの 利 益 をマイナスすることによって 求 めることができる 下 期 (2014 年 10 月 ~2015 年 3 月 )の1 株 当 たりの 利 益 52 円 (98.5 円 -46.5 円 =52 円 ) よって 下 期 の 利 益 が 多 い 問 5 3 ユーロ 定 期 一 発 合 格!FP 技 能 士 2 級 AFP 完 全 攻 略 実 戦 問 題 集 16-17 年 版 別 冊 FP 技 能 士 2 級 AFP 2016 年 1 月 実 施 試 験 解 答 & 解 説 実 技 試 験 資 産 設 計 提 案 業 務 ( 日 本 FP 協 会 ) 問 題 解 答 解 説 第 1 問 問 1 (ア) (イ) (ウ) (エ) (ア) 適 切 弁 護 士 資 格 を 有

More information

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税 相 続 税 法 の 改 正 目 一 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 の 創 設 に 伴 う 相 続 税 及 び 贈 与 税 の 納 税 義 務 等 の 見 直 し 536 次 二 保 険 に 関 する 調 書 の 見 直 し 541 三 その 他 の 見 直 し 543 はじめに 本 稿 では 平 成 27 年 度 税 制 改 正 に 盛 り 込 まれた 事 項

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A91B18EE891B182CC97AC82EA82DC82C682DF2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A91B18EE891B182CC97AC82EA82DC82C682DF2E646F63> 相 続 手 続 の 流 れ 相 続 発 生 相 続 人 の 確 定 1 財 産 ( 不 動 産, 預 貯 金 等 ) 負 債 ( 借 金 )の 調 査 確 認 遺 言 書 がある? No Yes 遺 言 書 に 記 載 された とおりに 財 産 を 分 配 します 2 負 債 > 財 産,もしくは 負 債 のみ で 支 払 いが 不 可 能? Yes No 相 続 があったことを 知 った 日 か

More information

Microsoft Word - 平成26年度税制改正カンタン解説_白黒両面.doc

Microsoft Word - 平成26年度税制改正カンタン解説_白黒両面.doc 平 成 26 年 度 税 制 改 正 案 カンタン 解 説 今 年 の 税 制 改 正 大 綱 は 9 月 に 秋 の 税 制 改 正 大 綱 が 発 表 されたという 点 が 特 徴 的 です 秋 の 税 制 改 正 大 綱 は 本 年 4 月 に 控 えた 消 費 税 増 税 を 受 けての 景 気 対 策 のための 税 制 改 正 で 法 人 の 設 備 投 資 を 支 援 する 内 容 が

More information

○○省共済組合貸付事業運営規則運用方針(案)

○○省共済組合貸付事業運営規則運用方針(案) 文 部 科 学 省 共 済 組 合 貸 付 規 程 運 用 方 針 第 1 条 関 係 貸 付 けの 対 象 となる 組 合 員 は 定 款 第 13 条 第 1 号 及 び 第 3 号 に 掲 げる 者 とする 第 6 条 関 係 1 第 一 号 ロ( 物 資 貸 付 ) 第 二 号 ( 特 別 貸 付 ) 第 三 号 ( 住 宅 貸 付 ) 及 び 第 四 号 ( 特 別 住 宅 貸 付 )の

More information

I. 法 人 税 等 1. 実 効 税 率 の 引 き 下 げ 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 から 法 人 税 の 税 率 を 23.4%( 現 行 23.9%)に 平 成 30 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 から 23.

I. 法 人 税 等 1. 実 効 税 率 の 引 き 下 げ 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 から 法 人 税 の 税 率 を 23.4%( 現 行 23.9%)に 平 成 30 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 から 23. Tax news letter 平 成 28 年 度 税 制 改 正 大 綱 の 主 な 改 正 点 ( 確 定 版 ) www.kotaka-tax.com tax.com 平 成 27 年 12 月 16 日 に 与 党 より 消 費 税 の 軽 減 税 率 を 含 めた 平 成 28 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 公 表 されました 本 ニュースレターでは 特 に 個 人 富 裕 層 及

More information

<57696E4C A20966B8E D91F5816A F E747874>

<57696E4C A20966B8E D91F5816A F E747874> 信 託 編 第 1 信 託 の 意 味 を 理 解 してしまおう 1 信 託 の 思 想 を 理 解 するところからはじまります 2 登 場 人 物 を 理 解 してください 3 委 任 と 信 託 の 違 い 4 信 託 の 成 立 原 因 5 受 託 種 には 誰 がなれるのだろうか 第 2 信 託 の 課 税 の 原 則 第 3 受 益 者 等 課 税 信 託 の 基 本 的 な 課 税 関

More information

それぞれの 税 額 控 除 の 選 択 関 係 借 入 金 の 有 無 住 宅 又 は 増 改 築 の 種 類 対 象 となる 税 額 控 除 住 宅 の 新 築 や 購 入 有 認 定 住 宅 ( P7 参 照 ) A 又 はEから1つを 選 択 ( ) 認 定 住 宅 以 外 Aのみ をした 場

それぞれの 税 額 控 除 の 選 択 関 係 借 入 金 の 有 無 住 宅 又 は 増 改 築 の 種 類 対 象 となる 税 額 控 除 住 宅 の 新 築 や 購 入 有 認 定 住 宅 ( P7 参 照 ) A 又 はEから1つを 選 択 ( ) 認 定 住 宅 以 外 Aのみ をした 場 平 成 27 年 分 住 宅 の 取 得 に 係 る 税 額 控 除 のあらまし 居 住 者 が 住 宅 の 新 築 取 得 又 は 増 改 築 をした 場 合 で 一 定 の 要 件 を 満 たすときは 次 のAからEの 税 額 控 除 の 適 用 を 受 けることによって 居 住 の 用 に 供 した 年 分 以 後 の 各 年 分 の 所 得 税 額 から 一 定 の 金 額 を 控 除 する

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087408140918D8D878C768E5A96E291E88F57814596E291E88250>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087408140918D8D878C768E5A96E291E88F57814596E291E88250> 税 理 士 試 験 相 続 税 法 の 計 算 は 相 続 税 全 般 に 関 する 理 解 度 を 測 定 するため 個 別 の 財 産 評 価 課 税 価 格 の 算 定 相 続 税 の 総 額 及 び 各 相 続 人 等 の 納 付 すべき 税 額 までの 算 出 を 求 め る 総 合 問 題 となっています 限 られた 制 限 時 間 の 中 で 合 格 点 をとるためには 総 合 問 題

More information

資料2 年金制度等について(山下委員提出資料)

資料2 年金制度等について(山下委員提出資料) 資 料 2 年 金 制 度 等 について 平 成 27 年 3 月 9 日 山 下 馨 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 理 事 公 的 年 金 制 度 の 仕 組 み 公 的 年 金 制 度 は 加 齢 などによる 稼 得 能 力 の 減 退 喪 失 に 備 えるための 社 会 保 険 ( 防 貧 機 能 ) 現 役 世 代 は 全 て 国 民 年 金 の 被 保 険 者 となり

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

修 繕 基 本 融 資 額 補 修 資 金 引 方 移 転 資 金 整 地 資 金 730 万 円 440 万 円 440 万 円 引 方 移 転 資 金 と 整 地 資 金 の 両 方 を 利 用 する 場 合 は 合 計 で 440 万 円 が 限 度 となる 引 方 移 転 資 金 および 整

修 繕 基 本 融 資 額 補 修 資 金 引 方 移 転 資 金 整 地 資 金 730 万 円 440 万 円 440 万 円 引 方 移 転 資 金 と 整 地 資 金 の 両 方 を 利 用 する 場 合 は 合 計 で 440 万 円 が 限 度 となる 引 方 移 転 資 金 および 整 三 訂 版 住 宅 ローン 相 談 マニュアル 補 遺 1 平 成 28 年 6 月 ビジネス 教 育 出 版 社 三 訂 版 住 宅 ローン 相 談 マニュアル をご 購 入 いただきありがとうございます 住 宅 ローンに 関 する 改 正 情 報 等 を 下 記 のとおりお 知 らせさせていただきます 記 1.マイナンバー 制 度 ( 関 連 ページ 5 6 10 31 ページ) (1) 平 成

More information

Microsoft PowerPoint - 【速報版】図解 平成26年度税制改正大綱.pptx

Microsoft PowerPoint - 【速報版】図解 平成26年度税制改正大綱.pptx 平 成 26 年 度 税 制 改 正 大 綱 速 報 版 情 報 提 供 税 理 士 法 人 名 南 経 営 広 報 室 平 成 26 年 度 税 制 改 正 の 全 体 像 ~ 主 要 項 目 一 覧 ~ 個 人 所 得 税 高 所 得 層 の 給 与 所 得 控 除 の 上 限 の 引 下 げ ゴルフ 会 員 権 等 の 損 益 通 算 の 廃 止 金 融 証 券 税 制 NISA( 少 額 投

More information

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 経 済 の 好 循 環 を 確 実 なものとする 観 点 から 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 等 を 行 うとともに 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 低 所 得 者 への 配 慮 として 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導

More information

Microsoft Word - 【第17期】有価証券報告書(課税上の取り扱い)

Microsoft Word - 【第17期】有価証券報告書(課税上の取り扱い) (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 の 通 りです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

(2) 退 職 後 に 加 入 する 年 金 制 度 と 加 入 手 続 き 退 職 後 はそれぞれの 事 由 により いずれかの 年 金 制 度 に 加 入 することとなります 事 由 退 職 後 配 偶 者 の 被 扶 養 者 になる ( 配 偶 者 が 厚 生 年 金 又 は 共 済 年 金

(2) 退 職 後 に 加 入 する 年 金 制 度 と 加 入 手 続 き 退 職 後 はそれぞれの 事 由 により いずれかの 年 金 制 度 に 加 入 することとなります 事 由 退 職 後 配 偶 者 の 被 扶 養 者 になる ( 配 偶 者 が 厚 生 年 金 又 は 共 済 年 金 第 1 共 済 年 金 について 1 公 的 年 金 制 度 (1) 公 的 年 金 制 度 の 概 要 わが 国 の 公 的 年 金 制 度 は 昭 和 61 年 4 月 以 降 20 歳 以 上 60 歳 未 満 の 全 国 民 は 国 民 年 金 ( 基 礎 年 金 ) の 加 入 が 義 務 づけられ 国 民 は 共 通 の 基 礎 年 金 を 受 けられる 制 度 になりました それにより

More information

出 張 報 告 書 A4 Excel 出 張 旅 費 精 算 書 A4 Excel 身 元 保 証 書 等 書 式 誓 約 保 証 書 A4 Word 身 元 保 証 書 A4 Word 誓 約 並 びに 身 元 保 証 書 A4 Word 身 元 保 証 契 約 書 A4 Word 雇 用 契 約

出 張 報 告 書 A4 Excel 出 張 旅 費 精 算 書 A4 Excel 身 元 保 証 書 等 書 式 誓 約 保 証 書 A4 Word 身 元 保 証 書 A4 Word 誓 約 並 びに 身 元 保 証 書 A4 Word 身 元 保 証 契 約 書 A4 Word 雇 用 契 約 2015 改 訂 版 税 理 士 業 務 書 式 文 例 集 収 録 書 式 一 覧 修 正 新 規 削 除 印 のある 書 式 は 解 説 が 付 いています 大 分 類 中 分 類 書 式 名 サイズ 種 類 挨 拶 通 知 文 例 編 案 内 挨 拶 文 例 事 務 所 移 転 のご 案 内 A4 Word 事 務 所 移 転 並 びに 電 話 番 号 変 更 のお 知 らせ A4 Word

More information

I. 法 人 税 等 1. 実 効 税 率 の 引 き 下 げ 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 から 法 人 税 の 税 率 を 23.4%( 現 行 23.9%)に 平 成 30 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 から 23.

I. 法 人 税 等 1. 実 効 税 率 の 引 き 下 げ 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 から 法 人 税 の 税 率 を 23.4%( 現 行 23.9%)に 平 成 30 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 から 23. Tax news letter 平 成 28 年 度 税 制 改 正 大 綱 の 主 な 改 正 点 www.kotaka-tax.com tax.com 平 成 27 年 12 月 10 日 に 与 党 税 制 調 査 会 において 平 成 28 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 案 )が 了 承 されました 本 ニュースレターでは 特 に 個 人 富 裕 層 及 び 中 小 企 業 オーナー

More information

c. 投 資 口 の 譲 渡 に 係 る 税 務 個 人 投 資 主 が 投 資 口 を 譲 渡 した 際 の 譲 渡 益 は 株 式 等 に 係 る 譲 渡 所 得 等 として 原 則 20%( 所 得 税 15% 住 民 税 5%)の 税 率 による 申 告 分 離 課 税 の 対 象 となりま

c. 投 資 口 の 譲 渡 に 係 る 税 務 個 人 投 資 主 が 投 資 口 を 譲 渡 した 際 の 譲 渡 益 は 株 式 等 に 係 る 譲 渡 所 得 等 として 原 則 20%( 所 得 税 15% 住 民 税 5%)の 税 率 による 申 告 分 離 課 税 の 対 象 となりま (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 以 下 のとおりです な お 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

円 滑 な 税 務 申 告 のアドバイス 目 次 Ⅲ 相 続 税 額 等 の 試 算 の 考 え 方 1 1 相 続 税 額 の 計 算 1 <1> 試 算 の 考 え 方 1 <2> 相 続 税 の 計 算 の 仕 組 み 4 1 相 続 税 の 計 算 の 順 序 4 1) 各 相 続 人 の

円 滑 な 税 務 申 告 のアドバイス 目 次 Ⅲ 相 続 税 額 等 の 試 算 の 考 え 方 1 1 相 続 税 額 の 計 算 1 <1> 試 算 の 考 え 方 1 <2> 相 続 税 の 計 算 の 仕 組 み 4 1 相 続 税 の 計 算 の 順 序 4 1) 各 相 続 人 の Ⅲ 相 続 税 額 等 の 試 算 の 考 え 方 発 行 日 平 成 18 年 8 月 10 日 発 行 者 上 田 会 計 事 務 所 発 行 責 任 者 税 理 士 上 田 勝 660-0822 尼 崎 市 杭 瀬 南 新 町 4 丁 目 1 番 28 号 電 話 06-6483-3005 FAX 06-6483-3006 E-Mail info@ama-uedakaikei.jp H P http://www.ama-uedakaikei.jp

More information

確 定 申 告 書 を 提 出 することができるが 居 住 者 が 年 の 中 途 で 出 国 する 場 合 において その 年 分 の 所 得 税 につ いてその 申 告 書 を 提 出 することができる 場 合 に 該 当 するときは 税 務 署 長 に 対 し 確 定 申 告 書 を 提 出

確 定 申 告 書 を 提 出 することができるが 居 住 者 が 年 の 中 途 で 出 国 する 場 合 において その 年 分 の 所 得 税 につ いてその 申 告 書 を 提 出 することができる 場 合 に 該 当 するときは 税 務 署 長 に 対 し 確 定 申 告 書 を 提 出 036-8900-1090-19 税 16 第 6 6 回 税 理 士 試 験 所 得 税 法 はじめに 第 一 問 の 理 論 については いずれも 本 年 度 の 予 想 出 題 論 点 として 注 目 され 対 策 していた 論 点 からの 出 題 であったため ある 程 度 の 解 答 を 作 成 できた 受 験 生 が 多 かったと 思 われる 第 二 問 の 計 算 については

More information

(セクシュアルハラスメントの 禁 止 ) 第 条 性 的 言 動 により 他 の 労 働 者 に 不 利 益 や 不 快 感 を 与 えることや 就 業 環 境 を 害 するようなことをしてはならない 1 職 場 におけるセクシュアルハラスメントを 防 止 するため 事 業 主 は 雇 用 管 理

(セクシュアルハラスメントの 禁 止 ) 第 条 性 的 言 動 により 他 の 労 働 者 に 不 利 益 や 不 快 感 を 与 えることや 就 業 環 境 を 害 するようなことをしてはならない 1 職 場 におけるセクシュアルハラスメントを 防 止 するため 事 業 主 は 雇 用 管 理 5 就 業 規 則 ( 服 務 休 暇 福 利 厚 生 等 ) 関 係 介 護 サービス 事 業 所 施 設 の 事 業 規 模 にかかわらず 職 員 が 安 心 して 働 け る 明 るい 職 場 を 作 ることは すべての 事 業 所 施 設 にとって 重 要 なことです そのためには あらかじめ 就 業 規 則 等 で 労 働 時 間 や 賃 金 をはじめ 人 事 服 務 規 律 など 職 員

More information

Microsoft Word - P211-P221ウラ白出力用

Microsoft Word - P211-P221ウラ白出力用 国 民 年 金 国 民 年 金 は 全 ての 国 民 を 対 象 として 老 齢 障 害 死 亡 について 必 要 な 給 付 を 行 い 健 全 な 国 民 生 活 の 維 持 向 上 に 寄 与 することを 目 的 としています 従 来 は 被 用 者 年 金 制 度 に 加 入 していない 自 営 業 者 等 を 対 象 としていましたが 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する

More information

(Microsoft PowerPoint - \223\372\214o\203Z\203~\203i\201[\216\221\227\277\201i\202g\202o\227p\201j)

(Microsoft PowerPoint - \223\372\214o\203Z\203~\203i\201[\216\221\227\277\201i\202g\202o\227p\201j) 日 経 相 続 フェア(2015.2.27) 相 続 の 事 前 対 策 と 事 業 承 継 公 認 会 計 税 理 所 佐 々 木 秀 一 http://www.tokyosogo.jp TEL 03-5299-6181 相 続 税 担 当 事 業 承 継 担 当 清 税 理 有 光 公 認 会 計 士 目 次 相 続 の 事 前 対 策 と 事 業 承 継 税 理 法 人 東 京 総 合 会

More information

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 76 号 ) 改 正 平 成 21 年 5 月 19 日 09 規 程 第 6 号 改 正 平 成 21 年 11 月 17 日 09 規 程 第 24 号 改 正 平 成 22 年 6 月 22 日

More information

<4D F736F F D D918DDB90C596B18EC096B1837D836A B B95B681698F4090C A98E5290C5816A2E646F63>

<4D F736F F D D918DDB90C596B18EC096B1837D836A B B95B681698F4090C A98E5290C5816A2E646F63> 3 日 本 の 居 住 者 が 国 際 投 資 を 行 う 場 合 の 税 務 に 関 する 基 礎 知 識 (1) 居 住 者 と 非 居 住 者 の 区 分 の 重 要 性 個 人 が 国 際 取 引 を 行 った 場 合 海 外 と 国 内 の 課 税 を 考 える 上 で その 個 人 がわが 国 の 居 住 者 に 該 当 するのか あるいは 非 居 住 者 に 該 当 するのか 又 は

More information

00_改正税法の概要_白表紙

00_改正税法の概要_白表紙 所 得 税 法 等 ( 扶 養 控 除 関 係 )の 改 正 1 年 少 扶 養 親 族 に 対 する 扶 養 控 除 の 廃 止 ⑴ 年 少 扶 養 親 族 ( 扶 養 親 族 のうち 年 齢 16 歳 未 満 の 者 をいいます )に 対 す る 扶 養 控 除 が 廃 止 されました ( 平 成 23 年 分 以 降 適 用 ) ⑵ 上 記 ⑴の 改 正 にあわせて 扶 養 控 除 の 対 象

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事 独 立 行 政 法 人 年 金 健 康 保 険 福 祉 施 設 整 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 17 年 10 月 1 日 1 7 規 程 第 6 号 改 正 平 成 18 年 3 月 29 日 18 規 程 第 4 号 改 正 平 成 19 年 3 月 28 日 19 規 程 第 2 号 改 正 平 成 19 年 8 月 29 日 19 規 程 第 6 号 改 正 平 成 19 年

More information

2 前 項 の 場 合 控 除 すべき 給 料 の1 時 間 あたりの 金 額 の 計 算 は 以 下 のとおりとする (1) 月 給 の 場 合 基 本 給 1か 月 平 均 所 定 労 働 時 間 数 ( ) (365- 年 間 所 定 休 日 日 数 ) 1 日 の 所 定 労 働 時 間 =

2 前 項 の 場 合 控 除 すべき 給 料 の1 時 間 あたりの 金 額 の 計 算 は 以 下 のとおりとする (1) 月 給 の 場 合 基 本 給 1か 月 平 均 所 定 労 働 時 間 数 ( ) (365- 年 間 所 定 休 日 日 数 ) 1 日 の 所 定 労 働 時 間 = 2 給 与 規 程 関 係 この 項 目 では 就 業 規 則 の 給 与 に 関 する 事 項 について 別 に 定 めた 給 与 規 程 として 参 考 例 を 記 載 しています 法 人 会 給 与 規 程 ( 参 考 例 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 就 業 規 則 第 条 の 規 程 に 基 づき 職 員 の 給 与 に 関 する 必 要 な 事 項 を 定 めることを

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937890C590A789FC90B38FDA8DD72E747874>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937890C590A789FC90B38FDA8DD72E747874> 平 成 22 年 度 税 制 改 正 [ 詳 細 ] 法 人 税 関 連 の 改 正 グループ 内 取 引 等 に 係 る 税 制 対 象 となる 100%グループ 内 法 人 とは 完 全 支 配 関 係 ( 原 則 として 発 行 済 株 式 の 全 部 を 直 接 又 は 間 接 に 保 有 する 関 係 )のある 法 人 をいいます (1)100%グループ 内 の 法 人 間 の 資 産 の

More information

1 まずは 相 続 の 基 本 的 なお 話 しから 相 続 とは? 相 続 とは 人 が 亡 くなられた 際 に その 人 の 財 産 を 一 定 の 身 分 関 係 にある 誰 かが 承 継 することです 相 続 において 亡 くなられた 方 を 被 相 続 人 といい 被 相 続 人 の 財

1 まずは 相 続 の 基 本 的 なお 話 しから 相 続 とは? 相 続 とは 人 が 亡 くなられた 際 に その 人 の 財 産 を 一 定 の 身 分 関 係 にある 誰 かが 承 継 することです 相 続 において 亡 くなられた 方 を 被 相 続 人 といい 被 相 続 人 の 財 相 続 税 ハンドブック 読 んでトクする 相 続 の 基 本 と 相 続 税 の 話 ご 相 談 は 下 記 電 話 番 号 までご 連 絡 ください 初 回 の 相 談 は 無 料 とさせて 頂 きます TEL 03-5217-2288 FAX 03-5217-2289 千 代 田 税 理 士 法 人 1 まずは 相 続 の 基 本 的 なお 話 しから 相 続 とは? 相 続 とは 人 が 亡

More information

租 税 特 別 措 置 法 等 ( 相 続 税 贈 与 税 関 係 )の 改 正 はじめに 平 成 25 年 度 税 制 改 正 では 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 成 長 と 富 の 創 出 の 好 循 環 を 実 現 する 等 の 観 点 から 生 産 等 設 備 投 資 促 進

租 税 特 別 措 置 法 等 ( 相 続 税 贈 与 税 関 係 )の 改 正 はじめに 平 成 25 年 度 税 制 改 正 では 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 成 長 と 富 の 創 出 の 好 循 環 を 実 現 する 等 の 観 点 から 生 産 等 設 備 投 資 促 進 租 税 特 別 措 置 法 等 ( 相 続 税 贈 与 税 関 係 )の 改 正 目 一 相 続 税 贈 与 税 の 見 直 し 583 Ⅰ 小 規 模 宅 地 等 についての 相 続 税 の 課 税 価 格 の 計 算 の 特 例 の 改 正 583 Ⅱ 直 系 尊 属 から 贈 与 を 受 けた 場 合 の 贈 与 税 の 税 率 の 特 例 及 び 相 続 時 精 算 課 税 の 特 例 の

More information

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平 個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 1 消 費 税 率 10%の 引 上 げ 時 期 が 平 成 29 年 4 月 1 日 へ 変 更 されたことに 伴 い 消 費 税 率 の 引 上 げによる 住 宅 投 資 への 影 響 の 平 準 化 及 び 緩 和 の 推 進 のため 次 に 掲 げる 住 宅 取 得 等 に 係 る 措 置 について 適

More information

別 紙 平 成 2 8 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上

別 紙 平 成 2 8 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上 別 紙 平 成 2 8 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上 継 続 し 借 入 申 込 日 において 貯 蓄 残 高 が50 万 円 以 上 ある 者 2 融

More information

NY-11-0129 Word Proposal Template New

NY-11-0129 Word Proposal Template New 2015 年 度 税 制 改 正 Issue 110, April 2015 In brief 2015 年 3 月 31 日 2015 年 度 税 制 改 正 法 ( 所 得 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 及 び 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ) 及 び 関 連 する 政 省 令 が 公 布 され 法 人 税 については 一 部 の 規 定 を 除

More information

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63>

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63> 非 常 勤 職 員 取 扱 要 領 昭 和 32 年 3 月 1 日 制 定 平 成 24 年 11 月 1 日 最 終 改 正 第 1 趣 旨 この 要 領 は 非 常 勤 職 員 に 関 する 取 扱 いについて 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 第 2 非 常 勤 職 員 の 任 免 本 庁 にあっては 各 課 長 地 域 振 興 局 にあっては 企 画 振 興 部 長 又 は 各

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

種 別 貸 付 事 由 貸 付 限 度 額 償 還 回 数 結 婚 組 合 員 又 は 子 が 結 婚 をするため 資 金 を 必 要 と する 場 合 200 万 円 ( 2) 120 回 以 内 葬 祭 組 合 員 が 被 扶 養 者 又 は 被 扶 養 者 でない 配 偶 者 子 孫 弟 妹

種 別 貸 付 事 由 貸 付 限 度 額 償 還 回 数 結 婚 組 合 員 又 は 子 が 結 婚 をするため 資 金 を 必 要 と する 場 合 200 万 円 ( 2) 120 回 以 内 葬 祭 組 合 員 が 被 扶 養 者 又 は 被 扶 養 者 でない 配 偶 者 子 孫 弟 妹 16 資 金 が 必 要 なとき 共 済 組 合 1 貸 付 けについて (1) 貸 付 申 込 みから 送 金 まで 申 込 締 切 日 毎 月 25 日 ( 休 日 の 場 合 は その 前 日 ) 貸 付 決 定 送 金 申 込 締 切 日 の 翌 月 10 日 頃 に 貸 付 決 定 通 知 書 を 送 付 申 込 締 切 日 の 翌 月 26 日 ( 休 日 の 場 合 はその 前 日 )に

More information

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034>

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034> 財 務 諸 表 の 勘 定 の 分 類 について 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 I 流 動 資 産 現 金 預 金 現 金 現 金 小 切 手 送 金 小 切 手 送 金 為 替 手 形 郵 便 為 替 証 書 振 替 貯 金 払 出 証 書 等 預 金 金 融 機 関 に 対 する 預 金 郵 便 貯 金 郵 便 振 替 貯 金 金 銭 信 託 等 で 決 算 期 後 1 年 以 内 に 現

More information

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477>

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 7 号 最 近 改 正 平 成 28 年 2 月 16 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 3 条 ) 第 2 章 基 本 給 第 1 節 通 則 ( 第 4 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 初 任 給 ( 第 11 条 第

More information

(Microsoft PowerPoint - Ppt0000095.ppt[\223\307\202\335\216\346\202\350\220\352\227p])

(Microsoft PowerPoint - Ppt0000095.ppt[\223\307\202\335\216\346\202\350\220\352\227p]) 相 続 税 贈 与 税 セミナー 用 贈 与 税 早 わかり 資 料 贈 与 税 早 わかりセミナー 目 次 第 1 部 第 2 部 第 3 部 第 4 部 贈 与 税 の 基 礎 知 識 贈 与 税 の 改 正 贈 与 税 のよくある 質 問 贈 与 を 上 手 に 使 う6つのポイント 1 第 1 部 贈 与 税 の 基 礎 知 識 1. 贈 与 とは? 自 分 の 財 産 を 無 償 で 相

More information

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 規 程 第 17 号 改 正 平 成 20 年 3 月 26 日 規 程 第 80 号 改 正 平 成 20 年 12 月 10 日 規 程 第 99 号 改 正 平 成 23 年 3 月 31 日 規 程 第 164 号 改 正 平 成 25 年 3 月 27

More information

<5461726F2D95BD90AC3139944E95E291AB8E968D802D338389834383742E6A>

<5461726F2D95BD90AC3139944E95E291AB8E968D802D338389834383742E6A> ライフプラン 関 係 1. 児 童 手 当 の 改 正 ( 平 成 19 年 4 月 実 施 ) 下 記 のように 3 歳 未 満 の 子 は 一 律 10,000 円 に 引 上 げられる 0 歳 ~3 歳 未 満 3 歳 以 上 小 学 校 修 了 前 まで 改 正 後 一 人 につき 10,000 円 第 一 子 第 二 子 は 一 人 につき 5,000 円 第 三 子 以 降 は 一 人

More information

(1) 配 偶 者 ( 届 出 をしないが 教 職 員 の 死 亡 当 時 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にあった 者 を 含 む ) (2) 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 で 教 職 員 の 死 亡 当 時 主 としてその 収 入 によって 生 計 を

(1) 配 偶 者 ( 届 出 をしないが 教 職 員 の 死 亡 当 時 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にあった 者 を 含 む ) (2) 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 で 教 職 員 の 死 亡 当 時 主 としてその 収 入 によって 生 計 を 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 33 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 21 号 以 下 教 職 員 就 業 規 則 という ) 第 44 条 の 規 定 に 基

More information

国民年金

国民年金 国 民 年 金 の 被 保 険 者 日 本 国 内 に 住 所 のある20 歳 以 上 60 歳 未 満 の 方 は 原 則 として 国 民 年 金 に 加 入 し なければなりません 国 民 年 金 は, 職 業 などにより 次 の3 種 類 に 分 類 されます 第 1 号 被 保 険 者 自 営 業 者 や 農 林 漁 業 者 学 生 無 職 など( 第 2 号 第 3 号 被 保 険 者 を

More information

Microsoft Word - 基金規約(新).docx

Microsoft Word - 基金規約(新).docx 第 6 章 給 付 第 1 節 通 則 ( 給 付 の 種 類 ) 第 47 条 この 基 金 が 行 う 給 付 は 次 のとおりとする (1) 第 1 種 退 職 年 金 (2) 第 2 種 退 職 年 金 (3) 遺 族 一 時 金 (4) 退 職 一 時 金 ( 裁 定 ) 第 48 条 給 付 を 受 ける 権 利 は その 権 利 を 有 する 者 ( 以 下 受 給 権 者 という )の

More information

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額 国 民 年 金 法 目 次 第 1 章 総 則 及 び 被 保 険 者 1 1 目 的 2 2 管 掌 等 2 3 権 限 の 委 任 等 3 4 用 語 の 定 義 4 5 被 保 険 者 7 6 資 格 の 取 得 12 7 資 格 の 喪 失 14 8 被 保 険 者 期 間 の 計 算 と 種 別 の 変 更 16 9 国 民 年 金 原 簿 等 18 第 2 章 費 用 21 1 国 庫

More information

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮)

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮) 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 平 成 25 年 12 月 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 研 究 会 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン はじめに 1. 目 的 2. 経 営 者 保 証 の 準 則 3. ガイドラインの 適 用 対 象 となり 得 る 保 証 契 約 4. 経 営 者 保 証 に 依 存 しない 融 資 の 一 層 の 促 進 (1) 主 たる

More information

平成20年

平成20年 第 5 章 税 法 その 他 の 分 野 1. 不 動 産 取 得 税 (H24-24) 不 動 産 取 得 税 に 関 する 次 の 記 述 のうち 正 しいものはどれか (1) 不 動 産 取 得 税 の 課 税 標 準 となるべき 額 が 土 地 の 取 得 にあっては 10 万 円 家 屋 の 取 得 のうち 建 築 に 係 るものにあっては1 戸 につき 23 万 円 その 他 のものにあっては

More information

京都市職員共済組合被扶養者認定基準

京都市職員共済組合被扶養者認定基準 京 都 市 職 員 共 済 組 合 被 扶 養 者 認 定 基 準 平 成 22 年 12 月 1 日 最 近 改 正 平 成 26 年 3 月 5 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は, 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 ( 昭 和 37 年 法 律 第 152 号 ) 第 2 条 第 1 項 第 2 号, 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 施 行 令 ( 昭 和

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた 平 成 27 年 6 月 国 税 庁 用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に

More information

第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 事 業 を 行 うことを 目 的 として 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )の 定 めるところにより 設 立 された 特 別 な 法

第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 事 業 を 行 うことを 目 的 として 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )の 定 めるところにより 設 立 された 特 別 な 法 目 次 第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 2ページ 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 2ページ 2. 社 会 福 祉 法 人 が 行 うことができる 事 業 は 2ページ (1) 社 会 福 祉 事 業 とは 2ページ (2) 公 益 事 業 とは 6ページ (3) 収 益 事 業 とは 7ページ 3. 社 会 福 祉 法 人 となる 要 件 は 7ページ (1) 資 産 について

More information

国税

国税 Guide to Metropolitan Taxes for 2016 (3) 年 金 所 得 者 公 的 年 金 等 の 収 入 金 額 が400 万 円 以 下 であり かつ その 公 的 年 金 等 の 全 部 が 源 泉 徴 収 の 対 象 となる 場 合 において 公 的 年 金 等 に 係 る 雑 所 得 以 外 の 所 得 金 額 が20 万 円 以 下 である 場 合 には 確 定

More information