《放課後児童クラブとは》

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "《放課後児童クラブとは》"

Transcription

1 クレヨンしんちゃん 臼 井 儀 人 / 双 葉 社 シンエイ テレビ 朝 日 ADK 春 日 部 市 役 所 保 育 課 保 育 担 当 春 日 部 市 中 央 六 丁 目 2 番 地 内 線

2 目 次 放 課 後 児 童 クラブとは 1 市 の 部 1 保 育 方 針 2 2 保 育 内 容 2 3 対 象 児 童 2 4 保 育 時 間 等 3 5 土 曜 日 の 開 室 について 3 6 休 室 日 3 7 非 常 時 ( 災 害 時 )の 対 応 4 8 保 育 料 おやつ 代 4 9 保 育 料 の 減 免 5 10 傷 害 保 険 について 6 11 入 室 の 取 消 し 6 12 変 更 手 続 きについて 6 13 退 室 6 14 入 室 の 更 新 について 7 15 そ の 他 7 指 定 管 理 者 の 部 1 放 課 後 児 童 クラブの 概 要 9 2 保 育 方 針 9 3 保 育 内 容 9 4 放 課 後 児 童 クラブでの 生 活 の 留 意 点 13 5 新 1 年 生 の 留 意 点 15 6 相 談 窓 口 16 7 保 育 日 程 17 よくある 質 問 1 入 室 関 係 18 2 お 迎 え 関 係 19 3 利 用 日 関 係 20 4 減 免 関 係 20 5 申 請 内 容 の 変 更 関 係 22 6 退 室 関 係 23 7 保 育 料 関 係 24 8 事 故 関 係 26 放 課 後 児 童 クラブの 所 在 地 及 び 電 話 FAX 番 号 27

3 放 課 後 児 童 クラブとは 保 護 者 の 就 労 等 により 昼 間 常 時 留 守 になっている 家 庭 の 児 童 を 対 象 に 放 課 後 や 夏 休 み 等 に 放 課 後 児 童 クラブにおいて 家 庭 に 代 わる 生 活 の 場 を 確 保 し 適 切 な 遊 びや 指 導 を 行 い 児 童 の 健 全 育 成 を 図 る 施 設 として 開 設 しています 春 日 部 市 で は 児 童 福 祉 法 で 定 め る 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 と し て 核 家 族 化 の 進 展 や 就 労 家 庭 の 増 加 に よ り 昼 間 常 時 留 守 になっている 家 庭 の 児 童 が 放 課 後 を 安 全 に 安 心 し て 過 ご し そ の 児 童 の 健 全 な 育 成 を 図 る と と も に 仕 事 と 子 育 て の 両 立 支 援 を 図 る こ と を 目 的 に 市 内 2 2 カ 所 に 放 課 後 児 童 ク ラ ブ を 設 置 し て い ま す また 放 課 後 児 童 ク ラ ブ の 運 営 は 社 会 福 祉 法 人 春 日 部 市 社 会 福 祉 協 議 会 を 指 定 管 理 者 と し て 指 定 し 放 課 後 児 童 ク ラ ブ の 運 営 と 管 理 を 委 託 し て お り ま す 放 課 後 児 童 ク ラ ブ の 管 理 及 び 運 営 に 係 る 経 費 は 市 の 一 般 財 源 国 県 補 助 金 及 び 保 護 者 負 担 金 ( 保 育 料 ) で 賄 わ れ て い ま す 放 課 後 児 童 ク ラ ブ を 円 滑 に 運 営 していくためには 市 指 定 管 理 者 及 び 保 護 者 の 三 者 が そ れ ぞ れ の 立 場 で 協 力 し 合 い 責 任 を 分 担 す る こ と が 必 要 と な り ま す 根 本 的 な 管 理 責 任 は 事 業 の 実 施 者 で あ る 市 に あ り ま す が 指 導 員 の 雇 用 や 児 童 の 保 育 施 設 の 維 持 管 理 な ど 放 課 後 児 童 ク ラ ブ の 管 理 運 営 に 関 す る こ と につ い て は 指 定 管 理 者 の 責 任 に お い て 行 わ れ ま す ま た 集 団 生 活 で の 決 ま り を 守 る こ と ( 児 童 及 び 保 護 者 ) や 保 護 者 間 の ト ラ ブ ル などは 保 護 者 の 責 任 とな り ま す の で ご 理 解 と ご 協 力 を お 願 い い た し ま す 1

4 1 保 育 方 針 学 校 生 活 の 延 長 と し て で は な く 家 庭 的 な 雰 囲 気 の 中 で 児 童 の 自 主 性 主 体 性 を 培 い 自 由 で 伸 び 伸 びと し た 保 育 を 行 い ま す 2 保 育 内 容 毎 日 の 生 活 の 中 で 様 々 な 体 験 を 通 し て き ま り け じ め 善 悪 の 判 断 他 人 へ の 思 い や り 言 葉 遣 い な ど 家 庭 及 び 社 会 生 活 に 必 要 な 基 本 的 な 生 活 習 慣 を 身 に つ け ら れ る よ う に し ま す ま た 児 童 を 危 険 か ら 守 る と と もに 仲 間 や 指 導 員 と 楽 しく 遊 び 生 活 で き る よ う に 環 境 づ く り を 行 い 児 童 が 心 身 ともに 健 全 に 育 つ よ う に 保 育 します 3 対 象 児 童 放 課 後 児 童 ク ラ ブ に 入 室 で き る 対 象 児 童 は 春 日 部 市 立 小 学 校 に 在 籍 す る 児 童 で 次 の い ず れ か に 該 当 す る 場 合 で す 保 護 者 の 就 労 等 に よ り 昼 間 常 時 留 守 に な っ て い る 家 庭 で 児 童 の 保 育 が で き な い 場 合 ( 就 労 は 日 曜 日 を 除 き 週 4 日 以 上 かつ 午 後 3 時 以 降 ま で の 勤 務 が 条 件 と な り ま す ) 保 護 者 が 疾 病 等 に よ り 児 童 の 保 育 が で き な い 場 合 保 護 者 が 家 庭 に い る 病 人 等 の 看 病 に あ た る た め 児 童 の 保 育 が で き な い 場 合 通 年 利 用 を 原 則 と し て い る た め 学 校 の 長 期 休 暇 ( 夏 休 み 等 ) の み の 受 け 入 れ は 認 め て お り ま せ ん 4 保 育 時 間 等 区 分 保 育 時 間 学 校 の 授 業 の あ る 日 ( 月 曜 日 か ら 金 曜 日 ) 放 課 後 か ら 午 後 6 時 3 0 分 ま で 学 校 の 休 業 日 ( 土 曜 日 春 夏 冬 休 み 県 民 の 日 午 前 8 時 か ら 午 後 6 時 3 0 分 ま で 開 校 記 念 日 学 校 行 事 の 代 休 日 な ど ) 保 育 時 間 以 外 での 児 童 の お 預 か り は で き ま せ ん 放 課 後 児 童 ク ラ ブ の 開 室 時 間 は 学 校 の 授 業 が ある 日 は 午 前 1 1 時 3 0 分 か ら 午 後 6 時 3 0 分 までと な り ま す 2

5 学 校 の 休 業 日 の 開 室 時 間 は 保 育 時 間 と 同 じ と な り ま す の で 保 育 時 間 の 中 で 円 滑 な 運 営 が で き る よ う に ご 協 力 を お 願 い い た し ま す た だ し 保 育 時 間 内 で あ っ て も 登 室 す る 児 童 が い な い 場 合 ま た は 児 童 全 員 が 帰 宅 し た 場 合 に は 閉 室 す る こ と が あ り ま す 5 土 曜 日 の 開 室 について(お 願 い) 学 校 は 週 5 日 制 の た め す べ て の 土 曜 日 が 休 業 日 と な っ て お り ま す こ れ は 子 ど も 達 が 土 曜 日 を 利 用 し て 家 庭 や 地 域 社 会 で 生 活 体 験 や 自 然 体 験 社 会 体 験 文 化 ス ポ ー ツ 活 動 な ど の 様 々 な 活 動 や 体 験 を 通 じ て そ の 生 き る 力 を は ぐ く み 健 や か な 成 長 を 促 す ためです 放 課 後 児 童 ク ラ ブ で は 土 曜 日 の 開 室 に あ た っ て 児 童 の 保 育 に あ た る 指 導 員 も 交 代 勤 務 と な り ま す そ こ で 学 校 週 5 日 制 の 主 旨 を 尊 重 し 土 曜 日 に つ き ま し て は 極 力 保 護 者 等 の 家 庭 な ど に お け る 保 育 に ご 協 力 を い た だ け ま す よ う お 願 い い た し ま す な お 特 別 な 事 情 が 生 じ た 場 合 他 ク ラ ブ と 合 同 保 育 に な る 場 合 が あ り ま す 6 休 室 日 日 曜 日 祝 祭 日 及 び 年 末 年 始 ( 1 2 月 2 9 日 ~ 1 月 3 日 ) その 他 災 害 等 に よ り 市 長 が 必 要 と 認 め た 場 合 7 非 常 時 ( 災 害 時 ) の 対 応 放 課 後 児 童 ク ラ ブ 在 室 時 に 災 害 等 が 発 生 し た 場 合 原 則 的 にクラブでの 対 応 と な り ま す が ク ラ ブ 室 内 が 危 険 で あ る と 判 断 し た 場 合 に は 児 童 の 安 全 確 保 を 最 優 先 と し 避 難 所 で あ る 体 育 館 な ど に 避 難 誘 導 す る な ど の 対 応 を します 気 象 状 況 や 災 害 等 に よ り 危 険 が 予 測 さ れ る 場 合 は 放 課 後 児 童 ク ラ ブ は 休 室 又 は 閉 室 と さ せ て い た だ き ま す 突 発 的 な 災 害 等 に よ り 学 校 の 下 校 時 間 が 早 ま る 場 合 や 臨 時 休 校 と な っ た 場 合 は 原 則 と し て 放 課 後 児 童 ク ラ ブ も 学 校 と 同 様 の 対 応 と し 自 宅 に 帰 宅 し て い た だ き ま す た だ し 家 の 鍵 が 無 いた め 家 に 入 れ な い など 特 別 な 理 由 が あ る 場 合 は 登 室 を 認 め ま す が 放 課 後 児 童 ク ラ ブ の 開 室 時 間 は 午 前 1 1 時 3 0 分 の た め 登 室 は 午 前 1 1 時 3 0 分 か ら と な り ま す 気 象 状 況 や 災 害 等 に よ り 帰 宅 時 に 危 険 が 予 測 さ れ る 場 合 に は 保 護 者 の 勤 務 先 等 へ 電 話 連 絡 を 行 な い 早 め の お 迎 え を お 願 い す る こ と に な り ま す 3

6 イ ン フ ル エ ン ザ 等 の 集 団 感 染 に よ り 閉 鎖 と な っ た 学 級 の 児 童 は 他 の 児 童 へ の 感 染 を 予 防 す る た め に 原 則 としてお 預 か り で き ま せ ん ( 学 年 閉 鎖 及 び 早 帰 りの 場 合 も 同 様 と な り ま す ) イ ン フ ル エ ン ザ 等 の 集 団 感 染 に よ り 学 校 が 閉 鎖 と な っ た 場 合 には 放 課 後 児 童 ク ラ ブ は 休 室 と さ せ て い た だ き ま す 8 保 育 料 おやつ 代 保 育 料 は 一 人 月 額 8, 円 です 他 に お や つ 代 と し て 一 人 月 額 1, 5 00 円 を 別 にご 負 担 い た だ き ま す お や つ 代 は 実 費 負 担 と な り ま す の で 保 育 料 の 減 免 に 関 係 な く 全 額 負 担 し て い た だ く こ と に な り ま す お や つ 代 に つ い て は 社 会 福 祉 協 議 会 が 口 座 振 替 に て 徴 収 い た し ま す ク ラ ブ に よ っ て は 父 母 会 が あ り 父 母 会 費 の 負 担 も あ り ま す 月 の 途 中 か ら の 入 室 の 場 合 保 育 料 や お や つ 代 の 日 割 計 算 は あ り ま せ ん 保 育 料 は 市 指 定 の 納 入 通 知 書 ( 4 月 入 室 の 場 合 は 4 月 下 旬 に 1 年 分 ま と め て 郵 送 し ま す 年 度 途 中 か ら の 入 室 の 場 合 は 入 室 月 の 下 旬 に 郵 送 いた します )に よ り 納 入 期 限 内 ( 月 末 等 )に 指 定 収 納 代 理 金 融 機 関 ゆ う ち ょ 銀 行 ま た は コ ン ビ ニ エ ン ス ス ト ア で 納 入 し て く だ さ い ( 土 日 曜 日 でも コ ン ビ ニ エ ン ス ス ト ア で 納 め る こ と が で き ま す ) また 全 て の 保 護 者 の 方 に 口 座 振 替 に よ る 納 付 を し て い た だ けるよ う ご 協 力 を お 願 い し て お り ま す 保 育 料 を 正 当 な 理 由 も な く 3 ヶ 月 分 以 上 滞 納 し た 場 合 は 放 課 後 児 童 ク ラ ブを 退 室 していただくこ と に な り ま す の で 十 分 にご 注 意 い た だ く と と も に 納 入 期 限 ま で に 必 ず 納 め て い た だ き ま す よ う お 願 い い た し ま す 4

7 9 保 育 料 の 減 免 保 育 料 は 次 の 減 免 制 度 が あ り ま す が 別 途 申 請 が 必 要 と な り ま す 減 免 基 準 世 帯 員 及 び 同 一 生 計 者 の 中 で 市 町 村 民 税 の 課 税 額 が 一 番 高 い 方 を 基 準 に 次 の 区 分 に 基 づき 決 定 し ま す 保 護 者 の 属 す る 世 帯 生 活 保 護 世 帯 及 び 市 町 村 民 税 非 課 税 世 帯 市 町 村 民 税 のうち 均 等 割 のみの 課 税 世 帯 市 町 村 民 税 のうち 所 得 割 課 税 額 が5,000 円 未 満 である 世 帯 保 育 料 0 円 3,000 円 5,000 円 住 民 票 で は 祖 父 母 等 と 別 世 帯 と な っ て い て も 同 居 し て い る 場 合 や 同 居 の 親 族 が 生 計 を 維 持 し て い る 場 合 は 同 一 世 帯 と み な し ま す 減 免 申 請 に よ る 保 育 料 の 額 は 4 月 ~ 6 月 分 は 前 年 度 の 課 税 状 況 7 月 分 以 降 に つ い て は 当 該 年 度 の 課 税 状 況 に よ り 決 定 し ま す ( 1 月 1 日 現 在 で 春 日 部 市 に 住 所 が な か っ た 方 に つ い て は 前 住 所 地 の 市 町 村 で 発 行 し た 非 課 税 ま た は 課 税 証 明 書 の 添 付 が 必 要 と な り ま す ) 7 月 分 以 降 の 保 育 料 の 減 免 申 請 に つ い て は 新 た に そ の 時 点 で の 手 続 き は い り ま せ ん 当 初 の 申 請 に 基 づ き 保 育 課 で 課 税 状 況 を 確 認 の う え 7 月 以 降 の 保 育 料 の 額 を 決 定 し 保 育 料 の 額 に 変 更 が あ っ た 方 の み に 納 入 通 知 書 等 を 郵 送 させ て い た だ き ま す 入 室 後 家 族 構 成 が 変 わ っ た こ と な ど に よ り 年 度 の 途 中 で 減 免 申 請 を さ れ た 方 に つ い て は 申 請 の 翌 月 からの 適 用 と な り ま す 市 町 村 民 税 の 課 税 額 を 確 認 す る 必 要 が あ る こ と か ら 減 免 申 請 書 に 世 帯 員 等 の 課 税 額 を 確 認 す る こ と に 同 意 す る 旨 の ご 署 名 と し て 申 請 者 氏 名 欄 は 自 署 を お 願 い し て い ま す 世 帯 員 等 の う ち 一 人 で も 市 町 村 民 税 の 申 告 が さ れ て い な い と 課 税 額 を 確 認 で き な い た め 減 免 は 適 用 さ れ ま せ ん 未 申 告 の 方 が い ら っ し ゃ る 場 合 は 市 役 所 市 民 税 課 窓 口 に て 申 告 の 手 続 き を し て く だ さ い 5

8 10 傷 害 保 険 について 放 課 後 児 童 ク ラ ブ 入 室 児 童 は 傷 害 保 険 が 適 用 さ れ ま す こ の 保 険 は 指 導 員 の 管 理 下 で 保 育 を 受 け て い る とき や 自 宅 と 児 童 ク ラ ブ へ の 往 復 時 に 発 生 し た 児 童 の 偶 発 的 な 事 故 に よ っ て 傷 害 を 受 け た 場 合 に 適 用 さ れ ま す が 療 養 費 を 補 償 す る も の で は あ り ま せ ん ( 通 院 1 日 あ たり1, 円 な ど ) ま た 個 人 活 動 の 賠 償 責 任 保 険 は 含 ま れ て お り ま せ ん 児 童 が 医 療 機 関 等 の 診 察 を 受 け る た め の 移 動 手 段 と し て 利 用 し た タ ク シ ー 代 や 公 共 交 通 機 関 の 運 賃 に つ い て は 保 護 者 の 負 担 と な り ま す こ と を ご 了 承 く だ さ い 11 入 室 の 取 消 し 次 の 事 項 に 該 当 す る 場 合 は 入 室 決 定 の 取 消 し 又 は 取 消 す ことがあります 1 対 象 児 童 と し て の 要 件 を 欠 く に 至 っ た と き 2 児 童 が 集 団 生 活 に 適 さ な い と 認 め た と き ま た は 放 課 後 児 童 ク ラ ブ の 運 営 上 支 障 が あ る と 認 め た と き 3 入 室 申 請 内 容 や 就 労 証 明 書 の 内 容 に 虚 偽 が あ っ た こ と が 判 明 し た と き 12 変 更 手 続 きについて 提 出 い た だ い た 入 室 申 請 の 内 容 に 変 更 が 生 じ た 場 合 に は 速 やかに 市 役 所 保 育 課 ま た は 庄 和 総 合 支 所 福 祉 課 に 変 更 の 届 出 を す る よ う お 願 い し ま す 勤 務 先 や 勤 務 時 間 な ど が 変 更 と な っ た 場 合 入 室 変 更 届 出 書 就 労 証 明 書 家 族 構 成 や 保 護 者 住 所 な ど が 変 わ っ た 場 合 入 室 変 更 届 出 書 転 居 に よ り 学 校 が 変 わ っ た 場 合 は 放 課 後 児 童 ク ラ ブ へ の 入 室 要 件 を 満 た さ な い こ と と な る た め 退 室 の 手 続 き を し て い た だ く と と も に 新 た に 転 居 先 に あ る 放 課 後 児 童 ク ラ ブ へ の 入 室 申 請 が 必 要 と な り ま す の で ご 注 意 く だ さ い 変 更 内 容 に よ っ て は 児 童 生 活 状 況 調 査 書 の 再 提 出 や 別 途 確 認 資 料 が 必 要 と な る 場 合 も あ り ま す の で 放 課 後 児 童 ク ラ ブ へ 連 絡 す る と と も に 保 育 課 に ご 確 認 く だ さ い 入 室 変 更 届 出 書 の 用 紙 は 各 放 課 後 児 童 ク ラ ブ に も 置 い て あ り ま す の で 指 導 員 に 請 求 し て く だ さ い 6

9 13 退 室 放 課 後 児 童 ク ラ ブ を 退 室 さ れ る と き は で き る だ け 余 裕 を 持 っ て 指 導 員 ま で お 申 し 出 の 上 退 室 す る 月 の 2 0 日 ま で に 市 役 所 保 育 課 ま た は 庄 和 総 合 支 所 福 祉 課 へ 退 室 届 を 提 出 し て く だ さ い 退 室 届 が 提 出 さ れ て い な い 場 合 や 届 出 が 遅 れ た 場 合 は ク ラ ブ へ の 登 室 が な く て も 保 育 料 を お 支 払 い い た だ く こ と に な り ま す ま た お や つ 代 に つ き ま し て も 同 様 に お 支 払 い い た だ く こ と と な り ま す 14 入 室 の 更 新 に ついて 入 室 期 間 は 毎 年 4 月 1 日 か ら 翌 年 の 3 月 3 1 日 ま で と な り ま す の で 年 度 ご と に 改 め て 申 請 が 必 要 と な り ま す 通 常 の 受 付 期 間 は 1 2 月 1 日 前 後 と な り ま す の で 継 続 入 室 を 希 望 さ れ る 場 合 は 忘 れ ず に 申 請 し て く だ さ い 継 続 の 方 の 入 室 申 請 書 等 一 式 は 1 1 月 1 日 前 後 に 放 課 後 児 童 ク ラ ブ か ら お 渡 し し ま す 申 請 が 遅 れ ま す と た と え 低 学 年 で あ っ て も 入 室 が で き な く な る こ と が あ り ま す 保 育 料 の 減 免 申 請 に つ い て も 同 様 に 改 め て 申 請 が 必 要 と な り ま す 15 そ の 他 放 課 後 児 童 ク ラ ブ か ら 塾 や 習 い 事 な ど へ は 通 え ま せ ん の で 必 ず 家 に 帰 っ て か ら 塾 な ど に 通 っ て く だ さ い 勤 務 先 を 退 職 さ れ た 場 合 に は 放 課 後 児 童 ク ラ ブ の 利 用 が で き な く な り ま す の で 必 ず 保 育 課 へ ご 連 絡 く だ さ い ま す よ う お 願 い し ま す 就 労 し て い て も 勤 務 日 数 が 週 4 日 未 満 ま た は 就 労 時 間 が 午 後 3 時 よ り 早 く な っ た 場 合 も 同 様 と な り ま す 放 課 後 児 童 ク ラ ブ は 物 品 販 売 や 宗 教 活 動 を 行 う 場 所 で は あ り ま せ ん お 互 い が 気 持 よ く ク ラ ブ を 利 用 で き る よ う に 保 護 者 の 皆 様 の ご 理 解 と ご 協 力 を お 願 い い た し ま す 7

10 放 課 後 児 童 クラブの 入 室 にあたって 放 課 後 児 童 クラブ 指 定 管 理 者 ( 福 ) 春 日 部 市 社 会 福 祉 協 議 会 春 日 部 市 中 央 総 合 福 祉 センター(あしすと 春 日 部 ) 内 電 話 : FAX:

11 1 放 課 後 児 童 ク ラブの 概 要 放 課 後 児 童 ク ラ ブ は 保 護 者 が 就 労 等 に よ り 昼 間 の 保 育 が で き な い 児 童 の 放 課 後 及 び 学 校 休 業 日 ( 土 曜 日 夏 休 み 等 ) の 一 日 の 生 活 を 安 全 に 安 心 し て 過 ごせる 場 所 で す 春 日 部 市 の 放 課 後 児 童 ク ラ ブ は 春 日 部 市 か ら の 指 定 管 理 者 の 指 定 を 受 け 社 会 福 祉 法 人 春 日 部 市 社 会 福 祉 協 議 会 が 管 理 運 営 を 行 ってい ま す 春 日 部 市 社 会 福 祉 協 議 会 で は 専 門 的 な 研 修 を 受 け た 指 導 員 に よ り 愛 情 あ ふ れ る 充 実 し た 保 育 を 目 指 し て お り ま す 2 保 育 方 針 児 童 の 自 主 的 な 遊 びを 中 心 と し た 学 年 を 超 え た 毎 日 の 生 活 を 通 じて 社 会 生 活 の ル ー ル や 危 険 回 避 の 方 法 他 人 へ の 思 い や り な ど を 仲 間 と の 関 わ り の 中 で た く さ ん の 経 験 か ら 習 得 し 児 童 が 成 長 す る 力 を 援 助 し ま す 3 保 育 内 容 児 童 が 安 全 に 安 心 し て 毎 日 の 継 続 し た 生 活 を 送 る た め 一 人 ひ と り の 意 欲 関 心 体 調 に 応 じ た 生 活 づ く り を 行 う と と も に 仲 間 や 指 導 員 と の 遊 び 生 活 を 通 じ て 児 童 が 心 身 と も に 健 全 に 育 つ よ う に 援 助 し ま す 情 緒 の 安 定 生 活 習 慣 に つ い て 児 童 が 気 軽 に 会 話 が で き る よ う な 家 庭 的 な 雰 囲 気 を つ く り あ い さ つ や 後 片 付 け な ど 基 本 的 な 生 活 習 慣 が 身 に つ け ら れ る よ う に し ま す 遊 び に つ い て 自 由 に 楽 し く 遊 べ る 環 境 づ く り を 心 掛 け ま す 9

12 < 登 室 > 児 童 が 毎 日 元 気 に た だ い ま と 登 室 す る こ と が で き る よ う な 生 活 環 境 づ く り に 取 り 組 み 専 任 の 指 導 員 が 保 育 に あ た り ま す 児 童 の 登 室 時 に は 健 康 観 察 を 行 い ま す 顔 が 赤 い( 蒼 い ) 視 線 が 定 ま ら な い 咳 が 出 る など い つ も と 違 っ た 症 状 が 見 ら れ る よ う な 時 に は 検 温 の う え 布 団 に 寝 か せ る 等 の 処 置 を し ま す 状 況 に よ っ て は お 迎 え と 適 切 な 対 応 が 必 要 と 判 断 さ れ る 場 合 は 緊 急 連 絡 先 へ 連 絡 を い た し ま す の で 早 め に お 迎 え を お 願 い し ま す ま た 保 護 者 と の 連 絡 が 取 れ な い 場 合 も 想 定 し 緊 急 時 の 対 応 に つ い て あ ら か じ め 確 認 と 同 意 を と ら せ て い た だ く こ と も あ り ま す 登 室 後 は 自 分 の 荷 物 を ロ ッ カ ー に 入 れ ま す 一 人 で 自 分 の 身 の 回 り の こ と が で き る ように ま た 自 分 の 荷 物 の 管 理 が で き る よ う に ご 家 庭 に お い て も ご 指 導 く だ さ い < 持 ち 物 な ど > 放 課 後 児 童 ク ラ ブ に 置 い て お く も の 着 替 え 一 式 ( 下 着 靴 下 な ど ) 毎 日 持 っ て く る も の 連 絡 帳 ( 初 回 は 児 童 ク ラ ブ で 用 意 し ま す ) 一 日 保 育 の 時 に 持 っ て く る も の 弁 当 水 筒 学 習 用 具 ( 宿 題 や 自 主 学 習 に 必 要 な も の ) 筆 記 用 具 ど ん な 小 さ な 物 に も 必 ず 名 前 が 消 え な い よ う に 明 記 し て く だ さ い < 遊 び > 児 童 が 自 発 的 に 遊 ぶ こ と が 望 ま し い と 考 え ま す し か し 特 に 1 年 生 は な に を し て 遊 べ ば よ い の だ ろ う? 誰 と 遊 べ ば よ い の だ ろ う? と 不 安 で す 指 導 員 が 声 を 掛 け 一 緒 に 遊 びの 中 に 入 る な ど の 援 助 を し ま す 遊 びの 中 で ケ ン カ に な る こ と も あ り ま す 指 導 員 は 両 者 の 言 い 分 を よく 聴 い て 自 分 の 行 動 を 振 り 返 らせな が ら お 互 い に 相 手 の 気 持 ち を 思 いや れるような 働 き 掛 けを 心 が け ま す ひ と こ ど も は 集 団 遊 び や ケ ン カ を 通 し て 他 人 との 接 し 方 や 人 間 関 係 を 学 び 心 が 成 長 して い く も の で す 保 護 者 の 皆 様 に は 自 分 の こ ど も だ け で は な ひ と く 他 人 の 子 も 含 め て こ ど も 達 の 成 長 を 温 か く 見 守 っ て い た だ き ま す よう お 願 い し ま す 10

13 遊 び の 範 囲 は 放 課 後 児 童 クラブ 室 内 や 校 庭 などが 基 本 と な っ て い ま す 児 童 ク ラ ブ の 決 ま り を 守 り 指 導 員 の 目 が 届 か な い 場 所 には 行 か な い 学 校 の 外 に は 出 な い など 事 故 や 事 件 を 未 然 に 防 止 す る た め に も ご 家 庭 で お 話 を し て く だ さ い < お や つ > 家 庭 的 な 雰 囲 気 の 中 で テ ー ブ ル を 囲 ん で 楽 し く お や つ を 頂 き ま す ゲ ー ム や ク イ ズ を したり 指 導 員 か ら 大 事 な 連 絡 を す る 時 間 で も あ り ま す 児 童 の 会 話 も 広 が り ク ラ ブ で の 生 活 に は 欠 か せ な い 時 間 で す 集 団 で 食 べ る 楽 し さ を 経 験 す る と ともに 食 に つ い て の 感 謝 の 気 持 ち や マ ナ ー に つ い て み ん な で 考 え 学 ぶ 食 育 の 時 間 です 児 童 ( 特 に 低 学 年 ) に と っ て お や つ は 第 4 の 食 事 と 言 わ れ て い ま す な る べ く 栄 養 価 の 高 い も の 偏 ら な い も の 季 節 を 感 じ る も の を と 考 え て い ま す 食 べ る 量 好 き 嫌 い な ど は 個 人 差 が あ り ま す の で 個 々 に 応 じ て 量 を 加 減 す る な ど の 配 慮 を し て い ま す また 偏 食 に つ い て も 少 し で も 食 べ ら れ る よ う に 工 夫 を 凝 ら し た 対 応 を し て い ま す 食 物 ア レ ル ギ ー に つ い て は 必 ず 指 導 員 に 伝 え て く だ さ い アレルギ ー の 状 況 に よ っ て は ご 家 庭 か ら お や つ の 持 参 を お 願 い す る こ と が あ り ま す ま た 夕 飯 に 支 障 が あ る よ う な 場 合 に は ご 相 談 く だ さ い 11

14 < 制 作 行 事 > 創 造 性 を 培 う た め に 季 節 や 日 本 古 来 の 風 習 に 応 じ た 制 作 活 動 に 取 り 組 ん だ り 楽 し い 行 事 を 行 い ま す 児 童 が 持 ち 帰 っ た 制 作 物 に つ い て は 取 り 組 ん だ 意 欲 も 含 め て ご 家 庭 で たくさん 褒 め て あ げ て く だ さ い 制 作 の 費 用 に つ い て は 市 か ら の 委 託 料 等 で 賄 い ま す 制 作 に あ た り 物 資 の 提 供 を お 願 い す る こ と が あ り ま す の で そ の 時 は ご 協 力 く だ さ い < そ の 他 > 児 童 全 員 を 把 握 できるように 努 めておりますが 指 導 員 の 目 が 行 き 届 か な い こ と も あ り ま す の で ご 家 庭 で も 児 童 の 声 に 耳 を 傾 け て い た だ き 気 づ い た こ と が あ り ま し た ら ど ん な こ と で も 指 導 員 に ご 連 絡 ご 相 談 くだ さ い 宿 題 を す る よ う に 声 掛 け を し て い ま す が 指 導 は 行 い ま せ ん の で ご 家 庭 で 確 認 し て く だ さ い 保 育 内 容 や 年 間 計 画 に つ い て は 児 童 数 や 地 域 性 な ど に 応 じ て 放 課 後 児 童 クラブごとに 特 色 が あ り ま す の で 詳 細 に つ き ま し て は 放 課 後 児 童 ク ラ ブ か ら ご 提 示 い た し ま す 12

15 4 放 課 後 児 童 ク ラブ での 生 活 の 留 意 点 放 課 後 児 童 ク ラ ブ で は 継 続 し た 生 活 を 基 本 と し ています 欠 席 する 場 合 は 必 ず 学 校 と ク ラ ブ 両 方 に 保 護 者 か ら の 連 絡 が 必 要 で す 昼 間 留 守 家 庭 の 児 童 を お 預 か り す る の が 放 課 後 児 童 ク ラ ブ で す の で 保 護 者 が お 休 み の 場 合 は 原 則 的 に お 預 か り す る こ と は で き ま せ ん ただし 行 事 や 制 作 活 動 へ の 取 り 組 み の 日 に は ご 相 談 く だ さ い 児 童 が 一 度 帰 宅 し た 場 合 は 児 童 ク ラ ブ の 利 用 は で き ま せ ん 保 育 時 間 は 午 後 6 時 3 0 分 ま で と な っ て お り ま す お 迎 え は 保 育 時 間 内 で 勤 務 終 了 後 速 や か に お 願 い し ま す 突 発 的 な 交 通 事 情 な ど に よ り お 迎 え が 遅 れ る 場 合 は 必 ず 放 課 後 児 童 ク ラ ブ に 連 絡 し て く だ さ い 勤 務 時 間 の 都 合 に よ り 継 続 的 に お 迎 え が 午 後 6 時 3 0 分 を 過 ぎ て し ま う 方 は 春 日 部 市 フ ァ ミ リ ー サ ポ ー ト セ ン タ ー の 育 児 援 助 サ ー ビ ス の 利 用 を お 願 い し ま す 学 校 休 業 日 の 保 育 時 間 は 午 前 8 時 か ら で す ので 出 勤 に 合 わ せ て 登 室 し て く だ さ い た だ し 午 前 8 時 以 前 の 登 室 は で き ま せ ん 欠 席 の 場 合 は 午 前 9 時 ま で に 放 課 後 児 童 ク ラ ブ に 連 絡 を お 願 い し ま す 土 曜 日 の 保 育 に つ い て は 就 労 の 家 庭 に 限 ら せ て い た だ き ま す ので 父 母 等 の 保 護 者 が 在 宅 の 場 合 は 家 庭 保 育 を お 願 い し ま す 保 育 を 希 望 さ れ る 場 合 は 職 員 配 置 の 関 係 上 土 曜 日 登 室 確 認 書 に 記 入 の 上 前 月 末 ま で に 指 導 員 に 提 出 し て く だ さ い 変 更 と な る 場 合 は 希 望 す る 週 の 木 曜 日 ま で に 必 ず 指 導 員 に 連 絡 し て く だ さ い 土 曜 日 に 登 室 児 童 が い な い 場 合 は 閉 室 す る こ と が あ り ま す 体 調 の 不 調 に つ い て は 連 絡 帳 や 電 話 等 で 必 ず 連 絡 し て く だ さ い ま た 保 育 中 に 起 き た 体 調 の 変 化 や 偶 発 的 な 怪 我 に よ り 緊 急 を 要 す る 場 合 は 勤 務 先 や 緊 急 連 絡 先 に 連 絡 を し ま す そ の た め 携 帯 電 話 を お 持 ち の 場 合 は そ ち ら も 含 め まして 確 実 に 連 絡 が と れ る 方 法 を 指 導 員 に 伝 えてく だ さ い 家 族 構 成 住 所 勤 務 先 勤 務 時 間 連 絡 先 等 が 変 更 と な っ た 場 合 は 入 室 変 更 届 出 書 に 変 更 内 容 を 記 入 の う え 速 や か に 市 役 所 保 育 課 または 庄 和 総 合 支 所 福 祉 課 に 提 出 し て く だ さ い 勤 務 先 に 変 更 が あ っ た 場 合 は 就 労 証 明 書 の 再 提 出 が 必 要 と な り ま す 13

16 変 更 内 容 に よ っ て は 児 童 生 活 状 況 調 査 書 な ど の 再 提 出 が 必 要 と な る 場 合 が あ り ま す 着 替 え は 必 ず 袋 に 入 れ て 持 た せ て く だ さ い 名 前 の 明 記 も 必 ずお 願 い し ま す 学 校 休 業 日 ( 土 曜 日 夏 休 み 等 ) や 給 食 の な い 日 は 原 則 としてお 弁 当 と 水 筒 が 必 要 と な り ま す 登 室 後 の 外 出 は で き ま せ ん ので 塾 や 習 い 事 は 放 課 後 児 童 ク ラ ブ か ら で は な く 必 ず 帰 宅 し て か ら 行 かせてく だ さ い 行 事 や 取 り 組 み に つ い て は 放 課 後 児 童 ク ラ ブ か ら の お た よ り に お い て 事 前 に 連 絡 を し ま す 配 布 物 に は 必 ず 目 を 通 し て く だ さ い ま た 行 事 の あ る 日 に は 積 極 的 に 参 加 し て い た だ く と と も に お 迎 え の 時 間 に も 配 慮 を 併 せ て お 願 い し ま す 不 要 な 金 銭 や おもちゃなどは ト ラ ブ ル の 原 因 に も な り ま す の で 絶 対 に 持 た せ な い で く だ さ い 保 育 料 お や つ 代 は 保 護 者 が 責 任 を も っ て 納 入 し て く だ さ い 指 導 員 が お 預 か り す る こ と は で き ま せ ん 集 団 で の 決 ま り や 秩 序 を 守 り み ん な が 楽 し く 気 持 ち よ く 生 活 し て い く た め に は 家 庭 で の し つ け は 欠 か せ ま せ ん の で ご 協 力 を お 願 い し ま す 大 規 模 災 害 や 不 審 者 情 報 な ど 不 測 の 事 態 に 備 え 各 小 学 校 に お い て 児 童 を 安 全 に 保 護 者 に 引 き 渡 す 訓 練 が 実 施 さ れ て お り ま す こ の 引 き 渡 し 訓 練 は 保 護 者 ま た は 代 理 の 方 が 学 校 に 迎 え に 行 く こ と が 原 則 と な っ て お り ま す の で 放 課 後 児 童 ク ラ ブ で 児 童 を 迎 え に 行 く こ と は し て い ま せ ん お 子 様 の 安 全 下 校 の た め ご 理 解 と ご 協 力 を お 願 い し ま す 14

17 5 新 1 年 生 の 留 意 点 放 課 後 児 童 ク ラ ブ に 早 く 慣 れ る ために 4 月 1 日 か ら で も 登 室 すること が で き ま す 春 休 み 中 は 原 則 と し て 玄 関 ま で の 送 り 迎 え と し 必 ず 指 導 員 に 声 を 掛 けてく だ さ い 新 し い 環 境 で は 児 童 は 心 身 と も に 疲 れ ま す の で 夜 は 早 め に 就 寝 さ せ て く だ さ い ま た 保 護 者 の 就 労 時 間 を 調 整 で き る 場 合 は 児 童 が 児 童 ク ラ ブ に 慣 れ る ま で 早 め の お 迎 え が 望 ま し い と 考 え ま す 放 課 後 児 童 ク ラ ブ に 通 う こ と を 近 所 の 方 に 伝 え て お く こ と を お 勧 め し ま す 間 違 っ て 帰 っ て し ま っ た 時 に は 助 け て い た だ け る よ う お 願 い し て お く こ と も 必 要 で す 通 学 班 も 確 認 し 班 長 さ ん に も 伝 え て お き ま し ょ う 学 級 担 任 の 先 生 に 放 課 後 児 童 ク ラ ブ に 通 う こ と を 伝 え 通 学 班 の 他 に 放 課 後 児 童 ク ラ ブ 用 の リ ボ ン を 貰 っ て く だ さ い ま た 放 課 後 児 童 ク ラ ブ を 欠 席 す る 場 合 は 担 任 の 先 生 に も 連 絡 し て く だ さ い 給 食 が 開 始 さ れ る ま で は 放 課 後 児 童 ク ラ ブ で お 弁 当 を 食 べ ま す の で 必 ず 持 た せ て く だ さ い 慣 ら し 給 食 が 始 ま っ て も 給 食 の 量 が 少 な い た め 少 量 のお 弁 当 ( 例 え ば お に ぎ り や デ ザ ー ト 等 )の 用 意 を お 願 い し ま す ( 給 食 が 開 始 さ れ る ま で 指 導 員 が 学 校 へ お 迎 え に 行 く ク ラ ブ も あ り ま す ) 連 絡 帳 は 毎 日 持 た せ て く だ さ い 連 絡 帳 に よ り 家 庭 で の 様 子 体 調 連 絡 事 項 相 談 し た い こ と な ど を お 知 ら せ く だ さ い 指 導 員 か ら は 放 課 後 児 童 ク ラ ブ で の 生 活 の 様 子 を で き る 限 り お 伝 え し た い と 考 え て い ま す 交 通 ル ー ル を 守 っ て 道 路 を 歩 く こ と が で き るように 親 子 で 歩 行 体 験 を し て く だ さ い 通 学 中 の 危 険 な 場 所 や こ ど も 番 の 家 を 確 認 し て お く こ と も 危 険 を 回 避 するには 重 要 な こ と で す 15

18 6 相 談 窓 口 分 か ら な い ことや 不 安 に 思 う こ と は 早 め に 指 導 員 に ご 相 談 く だ さ い ま た 子 育 て などに 関 す る 相 談 は 市 役 所 家 庭 児 童 相 談 室 や 児 童 セ ン タ ー で も お 受 け し て い ま す 相 談 は 無 料 と な っ て お り 相 談 内 容 に つ い て の 秘 密 は 守 ら れ ま す 相 談 名 場 所 相 談 日 時 間 電 話 番 号 ( 電 話 相 談 可 ) 家 庭 児 童 相 談 市 役 所 1 階 家 庭 児 童 相 談 室 春 日 部 第 1 児 童 セ ン タ ー エ ン ゼ ル ド ー ム 月 ~ 金 曜 日 10:00~ 17:00 第 3 日 曜 日 10:00~ 17: 内 線 子 育 て 相 談 児 童 セ ン タ ー 春 日 部 第 1 児 童 セ ン タ ー エ ン ゼ ル ド ー ム 春 日 部 第 2 児 童 セ ン タ ー グ ー か す か べ 庄 和 児 童 セ ン タ ー ス マ イ ル し ょ う わ 水 ~ 金 曜 日 10:00~ 17:00 月 水 金 曜 日 10:00~ 17:00 火 ~ 木 曜 日 10:00~ 17: ご 不 明 な 点 は 市 役 所 子 育 て 支 援 課 へ お 問 い 合 わ せ く だ さ い 電 話 内 線 2571 ~2574 放 課 後 児 童 ク ラ ブ 全 般 に 関 す る 問 い 合 わ せ 先 市 役 所 保 育 課 保 育 担 当 電 話 内 線 ~ 庄 和 総 合 支 所 福 祉 課 福 祉 担 当 電 話 内 線 ~ 児 童 手 当 や 医 療 費 の 助 成 な ど に 関 す る 問 い 合 わ せ 先 市 役 所 子 育 て 支 援 課 給 付 担 当 電 話 内 線 2575 ~25 80 庄 和 総 合 支 所 福 祉 課 福 祉 担 当 電 話 内 線 ~

19 7 保 育 日 程 授 業 の あ る 日 11:30( 開 室 ) 放 課 後 ( た だ い ま ) 宿 題 16:00( お や つ ) 遊 び 掃 除 片 付 け 18:30 閉 室 一 日 保 育 の 日 8:00( 開 室 ) 宿 題 遊 び 12:00 お 弁 当 休 憩 遊 び 15:00( お や つ ) 遊 び 掃 除 片 付 け 18:30 閉 室 メモ 17

20 よくある 質 問 放 課 後 児 童 ク ラ ブ に つ い て 保 護 者 の 皆 様 か ら よく 問 い 合 わ せ の あ る 事 項 を Q & A 形 式 で ま と め て あ り ます 参 考 にしてください 1. 入 室 関 係 Q 放 課 後 児 童 ク ラブを 利 用 ( 入 室 )したいのですが どのような 場 合 に 利 用 ( 入 室 )できるのですか A 1 保 護 者 ( 父 母 等 ) が 就 労 ( 日 曜 日 を 除 き 週 4 日 以 上 で 午 後 3 時 以 降 ま で の 勤 務 ) のため 下 校 時 間 以 降 も 自 宅 が 留 守 と な っ て し ま う 場 合 2 保 護 者 が 傷 病 に よ り 入 院 や 通 院 で 不 在 と な る 日 が 多 く か つ 児 童 を 保 育 で き る 体 調 で は な い 場 合 あ る い は 長 期 入 院 す る 場 合 3 家 庭 内 の 病 人 の 看 護 や 介 護 の た め 児 童 を 保 育 す る 時 間 が と れ な い 場 合 4 母 親 が 出 産 の た め 入 院 を 予 定 し て い る 期 間 を 含 め 原 則 と し て 1 ヶ 月 ま で の 期 間 た だ し 夏 休 み 等 の 学 校 休 業 期 間 の み の 入 室 は 認 め ら れ ま せ ん 入 室 申 請 は 随 時 受 付 を し て い ま す が 入 室 日 は 原 則 と し て 月 の 初 日 か ら と な り ま す ま た 事 務 処 理 の 期 間 と 放 課 後 児 童 ク ラ ブ で 注 意 事 項 や 持 ち 物 お や つ 代 と 父 母 会 に 関 す る 説 明 を 受 け て い た だ く 必 要 が あ る た め 入 室 す る 月 の 前 月 の 2 0 日 ま で に 申 請 書 の 提 出 を お 願 い し ま す 傷 病 等 に よ る 入 室 申 請 の 場 合 は 傷 病 等 が 確 認 で き る 書 類 と し て 診 断 書 ( コ ピ ー 可 ) な ど の 添 付 を お 願 い し ま す ま た 出 産 の 場 合 は 母 子 手 帳 の 出 産 予 定 日 が 記 載 さ れ た 部 分 の コ ピ ー を 添 付 し て く だ さ い 18

21 Q 放 課 後 児 童 ク ラブを 利 用 できるのは 何 年 生 ま でですか A 春 日 部 市 立 小 学 校 に 在 学 す る 児 童 が 対 象 と な り ま す た だ し 低 学 年 の 入 室 を 優 先 し 定 員 の % ま で 受 け 入 れ て い ま す こ れ は 市 と し て は 放 課 後 児 童 ク ラ ブ を 必 要 と し て い る 児 童 を で き る 限 り 受 け 入 れ た い の で す が 保 育 環 境 の 維 持 と 放 課 後 児 童 クラブの 運 営 に 支 障 を 来 さ な い 限 界 の 人 数 が 定 員 の 1 0 % 増 し ま で と 判 断 するた め で す Q 入 室 申 請 者 が 定 員 を 超 過 する 場 合 の 取 り 扱 い は どうなるので し ょうか A 選 考 によ り 指 数 の 低 い 方 か ら 入 室 を お 断 り し 入 室 児 童 の 退 室 な ど に よ り 空 き が で る ま で 待 機 し て い た だ く こ と に な り ま す Q 求 職 中 な のですが 入 室 で きますか A 勤 務 先 が 決 定 し 実 際 に 就 労 す る 日 からの 入 室 に な り ま す た だ し 年 度 当 初 ( 4 月 1 日 入 室 ) の 申 請 受 付 ( 例 年 1 2 月 1 日 前 後 ) で は 就 労 の 意 志 が あ る こ と の 確 約 書 を 就 労 証 明 書 の 代 わ り に 提 出 す る こ と で も 受 付 を い た し ま す が 4 月 1 日 ま で に 就 労 し て い な い と 入 室 は 取 り 消 し に な り ま す ( 就 職 決 定 後 に 就 労 証 明 書 の 提 出 が 必 要 と な り ま す ) 2.お 迎 え 関 係 Q 児 童 のお 迎 え に 行 けないのですが A 児 童 の 安 全 面 か ら 必 ずお 迎 え を お 願 い し ま す 特 に 低 学 年 の ひ と り 帰 り は 事 故 や 犯 罪 に 遭 う な ど の 危 険 性 が 伴 い ます そ の た め 春 日 部 市 フ ァ ミ リ ー サ ポ ー ト セ ン タ ー の 育 児 援 助 サ ー ビ ス の 利 用 に つ い て 検 討 を お 願 い し ま す サ ー ビ ス 内 容 は 開 室 時 間 ま で の 預 か り 送 迎 降 室 後 の 預 か り な ど と な り ま す 詳 細 に つ い て は 春 日 部 市 社 会 福 祉 協 議 会 内 の 春 日 部 市 フ ァ ミ リ ー サ ポ ー ト セ ン タ ー ま で お 願 い し ま す T E L F A X 保 護 者 の 方 は お 子 様 を 犯 罪 か ら 守 る た め に 日 常 生 活 の 中 で 防 犯 指 導 を し て く だ さ い 19

22 Q 児 童 を 迎 えに 行 く のは 何 時 ま でですか A 放 課 後 児 童 ク ラ ブ の 閉 室 時 間 は 午 後 6 時 3 0 分 ま で と な っ て お り ま す の で 閉 室 時 間 ま で に 勤 務 終 了 後 速 や か に お 迎 え を お 願 い し ま す ま た 残 業 等 で 予 定 し て い た 時 間 を 過 ぎ て し ま う 場 合 は 放 課 後 児 童 ク ラ ブ ま で 必 ず 電 話 連 絡 を お 願 い し ま す 連 絡 が な い と 事 故 の 心 配 や 何 よ り 児 童 が 不 安 に な っ て し ま い ま す Q 放 課 後 児 童 ク ラブの 開 室 時 間 に 勤 務 時 間 が 合 わないのですが A 児 童 の 安 全 を 考 え ま す と 有 料 に は な り ま す が 春 日 部 市 フ ァ ミ リ ー サ ポ ー ト セ ン タ ー の 育 児 援 助 サ ー ビ ス の 利 用 に つ い て 検 討 を お 願 い し ま す 3. 利 用 日 関 係 Q 放 課 後 児 童 クラブは 開 室 している 日 ならいつでも 利 用 できま すか A 保 護 者 が 在 宅 し て い る 日 は 原 則 と し て 学 校 か ら 帰 宅 し て い た だ く こ と に な り ま す 児 童 ク ラ ブ に 立 ち 寄 り お や つ を も ら っ て 帰 宅 す る こ と も で き ま す 変 則 勤 務 等 に よ り 休 日 が 不 規 則 な 保 護 者 の 方 に つ き ま し ては 放 課 後 児 童 クラ ブ に 勤 務 表 ( シ フ ト 表 な ど ) の 提 出 を お 願 い い た し ま す 4. 減 免 関 係 Q 保 育 料 と 減 免 制 度 について 知 りたいのですが A 保 育 料 は 月 額 一 人 8, 円 と な り ま す が 月 の 途 中 か ら の 入 室 で あ っ て も 日 割 り 計 算 は で き ま せ ん 保 育 料 の 減 免 に つ い て は 減 免 申 請 を す る こ と に よ り 市 町 村 民 税 の 課 税 区 分 に 応 じ て 減 免 されま す た だ し 世 帯 員 ( 同 居 者 及 び 同 一 生 計 者 を 含 む)の 中 で 最 も 課 税 額 の 高 い 方 を 基 準 と し ま す そ し て 減 免 申 請 に 基 づ き 課 税 状 況 を 確 認 し 減 免 基 準 に 該 当 す る 場 合 に は 定 め ら れ た 保 育 料 に 減 免 と な り ま す が 減 免 基 準 に 該 当 し な い 場 合 は 減 免 却 下 と な り ま す 減 免 の 適 用 開 始 月 は 入 室 申 請 と 同 時 の 場 合 は 入 室 月 か ら 入 室 後 の 場 合 は 減 免 申 請 を し た 月 の 翌 月 か ら と な り ま す ま た 修 正 申 告 に よ り 課 税 額 が 変 更 と な っ ても 自 動 更 新 と は な り ま せ ん ので 速 や か に 保 育 課 ま で ご 連 絡 く だ さ い 20

23 連 絡 が な い 場 合 は 保 育 料 の 減 免 の 適 用 が で き な く な り ま す 減 免 の 基 準 は 市 町 村 民 税 の 課 税 区 分 に よ り ま す が 4 月 か ら 6 月 分 は 前 年 度 の 課 税 状 況 7 月 分 以 降 は 当 該 年 度 の 課 税 状 況 に よ り 決 定 さ れ ま す の で 保 育 料 が 変 わ る 場 合 が あ り ま す 前 年 ( 1 月 ~ 1 2 月 ) の 所 得 が 少 な か っ た 方 は 6 月 に 出 ま す 課 税 額 決 定 通 知 書 等 を ご 確 認 い た だ き 減 免 の 基 準 に 該 当 す る 場 合 は 減 免 申 請 を し て く だ さ い Q 保 育 料 の 減 免 を 受 けた 場 合 おやつ 代 も 減 免 になりますか A お や つ 代 の 考 え 方 と し て は 実 費 負 担 の 原 則 か ら 減 免 制 度 の 適 用 は あ り ま せ ん 保 育 料 と 同 様 に 月 の 途 中 か ら の 入 室 で あ っ て も 日 割 り 計 算 は で き ま せ ん 登 室 し て い な い 場 合 でも 放 課 後 児 童 ク ラ ブ に 在 籍 し て い る 場 合 に は お や つ 代 を お 支 払 い た だ く こ と と な り ま す の で ご 注 意 く だ さ い Q 修 正 申 告 をしたことにより 市 町 村 民 税 の 課 税 額 が 変 わ っ た 場 合 は 手 続 き が 必 要 で すか A 保 育 料 の 減 免 申 請 を し て い る 場 合 は 保 育 課 ま で ご 連 絡 を く だ さ い 課 税 状 況 を 再 確 認 のうえ 改 めて 保 育 料 を 決 定 し ま す 減 免 申 請 を し て い な い 方 に お い て も 減 免 の 基 準 に 該 当 す る よ う に な っ た 場 合 に は 減 免 申 請 を し て く だ さ い 連 絡 や 申 請 が な く 後 日 判 明 し た 場 合 で も 遡 っ て の 適 用 は で き ま せ ん 減 免 基 準 市 町 村 民 税 非 課 税 均 等 割 ( 3,000 円 ) 所 得 割 ( 5,000 円 未 満 ) 保 育 料 の 額 0 円 3, 円 5, 円 課 税 額 = 均 等 割 + 所 得 割 21

24 5. 申 請 内 容 の 変 更 関 係 Q 勤 務 先 が 変 わ ったのですが A 放 課 後 児 童 ク ラ ブ 入 室 変 更 届 出 書 と 新 し い 勤 務 先 の 就 労 証 明 書 を 提 出 し て く だ さ い 入 室 変 更 届 出 書 就 労 証 明 書 は 放 課 後 児 童 ク ラ ブ 保 育 課 及 び 庄 和 総 合 支 所 福 祉 課 に あ り ま す の で 請 求 し て く だ さ い また 市 ホ ー ム ペ ー ジから ダ ウ ン ロ ー ド す る こ と も で き ま す 勤 務 先 が 変 更 に な っ た 場 合 に は 緊 急 時 等 の 連 絡 先 も 変 更 と な る た め ま ず は 放 課 後 児 童 ク ラ ブ の 指 導 員 に お 知 らせく だ さ い また 勤 務 日 数 や 勤 務 時 間 が 変 更 となった 場 合 も 就 労 証 明 書 を 提 出 す る よ う お 願 い い た し ま す Q 転 居 したのですが A 市 内 で あ れ ば 放 課 後 児 童 ク ラ ブ 入 室 変 更 届 出 書 を 提 出 し て く だ さ い 転 校 を と も な う 場 合 は 退 室 届 と 新 た に 入 室 申 請 書 を 提 出 す る こ と と な り ます ま た 児 童 生 活 状 況 調 査 書 の 作 成 も お 願 い し ま す 市 外 へ の 転 居 の 場 合 は 退 室 届 を 提 出 し て く だ さ い Q 母 子 家 庭 になったのですが A 保 護 者 住 所 児 童 の 氏 名 に 変 更 が 生 じ た 場 合 は 放 課 後 児 童 ク ラ ブ 入 室 変 更 届 出 書 を 提 出 し て く だ さ い ま た 家 族 構 成 変 更 前 に 配 偶 者 扶 養 控 除 の 対 象 者 で あ っ た 場 合 や 収 入 が あ ま り な く 市 町 村 民 税 が 非 課 税 ま た は 小 額 で あ っ た 場 合 に は 保 育 料 減 免 申 請 を 同 時 に し て く だ さ い た だ し 母 子 家 庭 等 で あ る か ら 保 育 料 が 減 免 に な る と い う も の で は あ り ま せ ん ま た 養 育 費 等 の 援 助 が あ る 場 合 に は 減 免 の 適 用 外 と な る こ と も あ り ま す 離 婚 調 停 中 な ど で あ っ た 場 合 に は 保 育 課 に ご 相 談 く だ さ い Q 再 婚 し 家 族 が 増 え たのですが A 新 た に 家 族 と な っ た 保 護 者 の 就 労 証 明 書 と 放 課 後 児 童 ク ラ ブ 入 室 変 更 届 出 書 の 提 出 が 必 要 と な り ま す ま た 他 に 児 童 生 活 状 況 調 査 書 の 再 提 出 が 必 要 と な る 場 合 が あ り ま す 保 育 料 の 減 免 を 受 け て い る 場 合 に は 世 帯 員 の 中 で 最 も 課 税 額 の 高 い 方 を 基 準 と し ま す の で 保 育 料 が 変 更 と な る ことが あ り ま す 22

25 6. 退 室 関 係 Q 退 職 ( 失 業 ) したのですが A 退 室 届 を 提 出 し て い た だ く こ と に な り ま す た だ し 近 日 中 に 再 就 職 の 見 込 み が ある 場 合 は 保 育 課 ま で ご 相 談 く だ さ い 在 籍 し て い ま す と 放 課 後 児 童 ク ラ ブ を 利 用 し な く て も 保 育 料 が 発 生 し て し ま い ま す 原 則 と し て 退 室 日 を 遡 るこ と は で き ま せ ん の で ご 注 意 く だ さ い Q 1 ヶ 月 以 上 放 課 後 児 童 ク ラブの 利 用 予 定 がないのですが A 利 用 し て い な く て も 在 籍 し て い る 場 合 は 保 育 料 が 発 生 し て し ま い ま す 休 室 の 制 度 はありませんので 利 用 予 定 が な い 場 合 は 退 室 届 を 提 出 し て く だ さ い なお 夏 休 み 期 間 ( 8 月 の1ヶ 月 間 ) の み の 特 別 措 置 と し て 一 時 退 室 と い う 扱 い を さ せ て い た だ い て お り ま す ( 8 月 の み 退 室 し て 9 月 から 再 入 室 ) 手 続 き と し て は 退 室 届 と 入 室 申 請 書 を 同 時 に 提 出 し て い た だ き ま す が 入 室 申 請 書 へ の 添 付 書 類 で あ る 就 労 証 明 書 や 児 童 生 活 状 況 調 査 書 に つ い て は 再 入 室 時 点 で 変 更 が な け れ ば 省 略 す る こ と を 認 め て い ま す た だ し 保 育 料 及 び お や つ 代 を 滞 納 し て い ま す と 再 入 室 が で き な く な り ますの で ご 注 意 く だ さ い 月 間 利 用 日 数 の 少 な い 児 童 に お い て も 年 間 を 通 し て 在 籍 し て い た だ い て い る の が 通 例 で す 利 用 日 数 が 少 な い 場 合 は 放 課 後 児 童 ク ラ ブ を 利 用 する 必 要 性 に つ い て ご 検 討 く だ さ い Q 出 産 する 予 定 なのですが A 児 童 が 放 課 後 児 童 ク ラ ブ に 在 籍 し て い る 時 に 下 の 子 を 妊 娠 し た 場 合 は 原 則 として 出 産 月 の 月 末 退 室 と なりますが 出 産 日 が 下 旬 で あ る 場 合 や 産 後 の 回 復 が 遅 い な ど の 場 合 に は 状 況 を 考 慮 し た う え で 退 室 日 を 決 定 し ま す の で 保 育 課 に ご 相 談 く だ さ い ま た 出 産 後 の 産 休 育 児 休 暇 中 に つ き ま し て は お 子 さ ん の 保 育 を し て い た だ き 仕 事 に 復 帰 す る と き に 再 度 入 室 の 申 請 を し て い た だ き ま す よ う お 願 い い た し ま す 23

26 Q 年 度 末 で 退 室 するのですが 退 室 届 が 必 要 ですか A 入 室 期 間 は 最 長 で も 3 月 3 1 日 ま で と な っ て お り ま す の で そ の 日 を 以 っ て 自 動 的 に 退 室 扱 い と な るため 退 室 届 の 提 出 は 必 要 あ り ま せ ん 翌 年 度 も 引 き 続 き 在 籍 し た い 場 合 に は 入 室 申 請 の 手 続 きを 行 い ま せ ん と 継 続 利 用 は で き な く な り ま す 保 育 料 の 減 免 を 受 け て い る 方 は 減 免 申 請 も 同 時 に お 願 い し ま す 継 続 の 申 請 手 続 き は 例 年 1 2 月 1 日 前 後 を 予 定 し て い ま す 7. 保 育 料 関 係 Q 保 育 料 を 口 座 振 替 で 納 入 しているのですが 年 度 ( 継 続 )ごと に 手 続 きが 必 要 に なるのですか A 継 続 入 室 の 児 童 に つきまし て は 口 座 振 替 も 継 続 さ せ て い た だ き ま す の で 改 め て 手 続 き を と る 必 要 は あ り ま せ ん た だ し 児 童 ご と の 処 理 と な り ま す の で 新 規 に 入 室 し た 弟 妹 さ ん に つ い て は 手 続 き が 必 要 と な り ま す 口 座 振 替 依 頼 書 に つ い て は 入 室 決 定 通 知 書 と 一 緒 に 発 送 し ま す が 別 に 送 付 し ま す 納 入 通 知 書 の 2 枚 目 を 利 用 し て の 手 続 き も 可 能 です 別 途 必 要 な 場 合 は 保 育 課 に ご 請 求 く だ さ い Q 保 育 料 が 残 高 不 足 で 口 座 振 替 ができなかったのですが A 再 度 翌 月 に 口 座 振 替 を す る こ と は で き ま せ ん ので 口 座 振 替 日 の 約 2 週 間 後 に 送 付 し ま す 口 座 振 替 不 能 通 知 書 兼 督 促 状 に より 指 定 日 ま で に 指 定 収 納 代 理 金 融 機 関 ゆ う ち ょ 銀 行 またはコ ン ビ ニ エ ン ス ス ト ア か ら 納 入 し て い た だ き ま す よ う お 願 い し ま す Q 保 育 料 の 振 替 口 座 を 変 更 したいのですが A 新 た に 口 座 振 替 依 頼 書 に より 手 続 き を お 願 い し ま す た だ し 手 続 き を と っ て い た だ い た 時 期 に よ っ て は 口 座 振 替 の 開 始 月 が 遅 れる 場 合 が あ り ま す こ と を ご 了 承 く だ さ い Q 保 育 料 を 金 融 機 関 の 営 業 時 間 内 に 納 入 で きないのですが A 納 入 期 限 内 で あ れ ば コ ン ビ ニ エ ン ス ス ト ア で も 納 入 ( 土 日 曜 日 で も 納 入 可 能 ) す る こ と が できま す ま た 保 育 課 の 窓 口 で も 取 り 扱 い 時 間 に 制 限 は あ り ま す が 納 入 す る こ と が で き ま す 納 入 で き る 場 所 に つ い て は 納 24

27 入 通 知 書 の 裏 面 で ご 確 認 く だ さ い Q 誤 って 保 育 料 の 二 重 納 付 をしてしまったのですが A 保 育 課 で も 確 認 し た 時 点 で ご 連 絡 を 差 し 上 げ ま す が 気 が つ い た 時 に 連 絡 を い た だ け れ ば 早 め の 処 理 が 可 能 と な り ま す 手 続 き と し て は 次 期 の 保 育 料 が あ る 場 合 に は そ の 月 へ 振 り 替 え さ せ て い た だ く か 還 付 を さ せ て い た だ く こ と に な り ま す 還 付 を 希 望 さ れ る 場 合 は 放 課 後 児 童 ク ラ ブ 保 育 料 過 誤 納 金 還 付 申 請 書 を 提 出 し て い た だ き ま す よ う お 願 い し ま す 申 請 用 紙 は 保 育 課 か ら 郵 送 さ せ て い た だ き ま す の で 必 要 項 目 を ご 記 入 の う え 返 送 し て く だ さ い 還 付 方 法 は 銀 行 口 座 へ の 振 り 込 み と な り ま す が 入 金 完 了 ま で に 約 1 ヶ 月 程 度 の 期 間 を 要 す る こ と を ご 了 承 く だ さ い Q 保 育 料 の 納 入 が 遅 れてしまうのですが A 保 育 料 の 滞 納 が 3 ヶ 月 分 以 上 に な る と 退 室 を し て い た だ か な け れ ば な ら な い 状 況 と な り ま す 事 前 に 電 話 や 通 知 書 な ど で ご 連 絡 を 差 し 上 げ ま す が 連 絡 が 取 れな か っ た り ご 返 事 等 が な い ま ま 放 置 さ れ ま す と 入 室 取 消 し の 措 置 に よ り 退 室 し て い た だ く こ と と な り ま す 必 ず 連 絡 や 相 談 を し て い た だ き ま す よ う お 願 い し ま す 納 入 が 遅 れる ことが 予 想 さ れ る 場 合 や 納 入 通 知 書 ( 納 付 書 ) が 手 元 に な い 場 合 に は 保 育 課 ま で ご 連 絡 く だ さ い ま た 経 済 的 理 由 等 に よ り 継 続 的 に 納 入 が 遅 れ る よ う な 場 合 には 保 育 料 の 納 入 計 画 に つ い て 個 別 相 談 を さ せ て い た だ き ま す Q 納 入 通 知 書 を 紛 失 してしまったのですが A 保 育 課 ま で ご 連 絡 い た だ け れ ば 再 発 行 い た し ま す ま た 納 入 通 知 書 は 庄 和 総 合 支 所 福 祉 課 で も 再 発 行 を 行 っ て お り ま す し 直 接 保 育 課 の 窓 口 で 納 入 す る こ と も 可 能 で す 25

28 8. 事 故 関 係 Q 放 課 後 児 童 クラブより 児 童 が 怪 我 をしたと 連 絡 があったので すが A 原 則 的 に は 保 護 者 の 方 の 指 示 に 従 っ た 対 応 を い た し ま す た だ し 早 急 に 医 療 機 関 の 診 察 を 受 け た 方 が 良 い と 判 断 し た 場 合 に は 保 護 者 の お 迎 え を 要 請 い た し ま す し か し 保 護 者 へ の 連 絡 が 取 れ な か っ た 場 合 に は 指 導 員 の 判 断 よ り 医 療 機 関 で の 診 療 を 受 け ることをご 了 承 い た だ く と と も に 診 療 後 に 事 後 連 絡 い た し ま す 診 療 す る 際 に 立 て 替 え た 交 通 費 ( タ ク シ ー 代 等 )や 診 療 費 が あ っ た 場 合 に は 保 護 者 の 方 へ 請 求 さ せ て い た だ く こ と を ご 了 承 く だ さ い また 医 療 機 関 と の 精 算 が 必 要 な 場 合 に は 医 療 機 関 で の 手 続 き を お 願 い し ま す 連 絡 が 取 り に く い 保 護 者 の 方 に お か れ ま し て は 緊 急 時 の 対 応 方 法 に つ い て 指 導 員 と 調 整 し て お く こ と を お 願 い し ま す Q 放 課 後 児 童 ク ラブ への 登 室 帰 宅 途 中 に 怪 我 を して 医 療 機 関 の 診 療 を 受 けたのですが A 放 課 後 児 童 ク ラ ブ の 指 導 員 に 伝 え て く だ さ い 事 故 の 状 況 等 を お 伺 い し て 放 課 後 児 童 ク ラ ブ で 事 故 報 告 書 を 作 成 し そ の 写 し を お 渡 し し ま す 後 日 保 険 会 社 か ら 怪 我 を し た 児 童 に 保 険 金 請 求 に 必 要 な 書 類 一 式 が 送 ら れ て き ま す の で 請 求 書 に 必 要 事 項 を 記 入 し 治 療 期 間 が 記 載 さ れ た 医 療 機 関 の 領 収 書 の 原 本 又 は コ ピ ー あ る い は 診 察 券 の コ ピ ー を 添 付 の う え 保 育 課 又 は 放 課 後 児 童 ク ラ ブ に 提 出 し て く だ さ い 保 険 金 の 請 求 額 が 1 0 万 円 以 上 と な る よ う な 長 期 の 通 院 や 入 院 の 場 合 に は 医 師 の 診 断 書 ( 有 料 と な り ま す ) が 必 要 と な り ま す た だ し 保 険 の 対 象 と な ら な い ケ ー ス も あ り ま す の で 特 殊 と 思 わ れ る 場 合 に は 請 求 前 に ご 確 認 を お 願 い し ま す Q 放 課 後 児 童 ク ラブの 器 物 を 破 損 し てしまったのですが A 指 導 員 の 指 示 を 無 視 し 結 果 が 予 想 さ れ る よ う な 行 動 に よ り 破 損 さ せ た 場 合 に は 原 因 者 負 担 で 保 護 者 の 方 に 修 理 代 を 請 求 さ せ て い た だ き ま す な お 不 可 抗 力 に よ る 場 合 は 公 費 に よ り 修 理 し ま す 公 共 物 は み ん な で 利 用 す る も の で あ り 大 切 に 使 用 す る 概 念 を 身 に 付 け て 欲 し い と 考 え て い ま す 26

29 放 課 後 児 童 ク ラ ブ の 所 在 地 及 び 電 話 F A X 番 号 名 称 所 在 地 ( 各 小 学 校 内 ) 電 話 F A X 番 号 粕 壁 放 課 後 児 童 ク ラ ブ 1 2 粕 壁 東 3 丁 目 2 番 19 号 内 牧 放 課 後 児 童 ク ラ ブ 内 牧 2415 番 地 2 内 牧 放 課 後 児 童 ク ラ ブ 豊 春 放 課 後 児 童 ク ラ ブ 1 2 道 順 川 戸 37 番 地 武 里 放 課 後 児 童 ク ラ ブ 備 後 西 5 丁 目 3 番 15 号 幸 松 放 課 後 児 童 ク ラ ブ 1 2 八 丁 目 353 番 地 豊 野 放 課 後 児 童 ク ラ ブ 銚 子 口 1087 番 地 備 後 放 課 後 児 童 ク ラ ブ 備 後 西 3 丁 目 2 番 1 号 八 木 崎 放 課 後 児 童 ク ラ ブ 1 2 中 央 4 丁 目 1 番 地 八 木 崎 放 課 後 児 童 ク ラ ブ 牛 島 放 課 後 児 童 ク ラ ブ 牛 島 1080 番 地 緑 放 課 後 児 童 ク ラ ブ 緑 町 5 丁 目 4 番 1 号 上 沖 放 課 後 児 童 ク ラ ブ 大 沼 5 丁 目 44 番 地 上 沖 放 課 後 児 童 ク ラ ブ 正 善 放 課 後 児 童 ク ラ ブ 備 後 東 6 丁 目 2 番 1 号 立 野 放 課 後 児 童 ク ラ ブ 1 2 立 野 放 課 後 児 童 ク ラ ブ 3 南 中 曽 根 1074 番 地 宮 川 放 課 後 児 童 ク ラ ブ 新 方 袋 1090 番 地 藤 塚 放 課 後 児 童 ク ラ ブ 藤 塚 82 番 地 小 渕 放 課 後 児 童 ク ラ ブ 小 渕 905 番 地 武 里 南 放 課 後 児 童 ク ラ ブ 1 2 大 枝 89 番 地 2 街 区 1 棟 武 里 西 放 課 後 児 童 ク ラ ブ 1 2 大 場 822 番 地 南 桜 井 放 課 後 児 童 ク ラ ブ 1 下 柳 17 番 地 南 桜 井 放 課 後 児 童 ク ラ ブ 2 下 柳 3 番 地 川 辺 放 課 後 児 童 ク ラ ブ 米 島 756 番 地 桜 川 放 課 後 児 童 ク ラ ブ 1 2 大 衾 496 番 地 中 野 放 課 後 児 童 ク ラ ブ 東 中 野 654 番 地 武 里 南 桜 井 放 課 後 児 童 ク ラ ブ 1 は 小 学 校 敷 地 外 に 設 置 さ れ て い る 施 設 で す 27

30 放 課 後 児 童 クラブは 楽 しいゾ!!

西関東書式

西関東書式 No.1 件 名 重 度 心 身 障 害 者 医 療 費 助 成 金 の 誤 支 給 助 成 額 計 算 時 に 象 者 の 加 入 保 険 情 報 を 確 認 し な か っ た た め に 計 算 を 誤 り 過 払 い が 発 生 し た も の < 過 払 い 金 額 76,002 円 > 職 員 の 計 算 時 の 確 認 不 足 象 者 に 経 緯 を 説 明 し お 詫 び し ま し

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20836E8393836883758362834E819592E88C5E83748348815B838081698251824F944E82548C8E89FC90B3816A5F6A6161777795D28F57>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20836E8393836883758362834E819592E88C5E83748348815B838081698251824F944E82548C8E89FC90B3816A5F6A6161777795D28F57> 平 成 18 年 12 月 平 成 19 年 10 月 ( 追 加 改 正 ) 平 成 20 年 5 月 ( 改 正 ) ポジティブアクション 推 進 プロジェクト 一 人 で 悩 む 前 に まずご 相 談 ください 妊 娠 したのですが どのような 手 続 をすればいいのですか? 産 休 から 育 児 休 暇 への 流 れは 次 の 通 りです 産 前 休 暇 出 産 産 後 休 暇 育 児 休

More information

次 世 代 育 成 支 援

次 世 代 育 成 支 援 次 世 代 育 成 支 援 [ 保 育 編 ] 町 では 平 成 17 年 度 ~26 年 度 までの10 年 間 次 世 代 育 成 支 援 対 策 ( 子 育 て 支 援 )を 行 っています 保 護 者 の 皆 さんから 保 育 に 関 して 寄 せられた 疑 問 質 問 をま とめましたので 参 考 にしてください 1. 入 園 について Q1 保 育 園 に 入 れる 場 合 は? 保 育

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

― 目次 ―

― 目次 ― 相 互 援 助 活 動 北 本 市 目 的 北 本 市 以 下 子 育 中 保 護 者 安 心 子 育 援 助 活 動 子 育 援 助 行 人 協 力 会 員 援 助 受 人 依 頼 会 員 会 員 間 相 互 援 助 活 動 支 援 会 員 資 格 協 力 会 員 北 本 市 在 住 歳 以 上 心 身 健 康 育 児 性 別 問 理 解 熱 意 方 資 格 依 頼 会 員 北 本 市 在 住 勤

More information

・モニター広告運営事業仕様書

・モニター広告運営事業仕様書 秋 田 市 新 庁 舎 動 画 広 告 放 映 事 業 仕 様 書 1 目 的 多 く の 市 民 の 目 に 触 れ る 市 役 所 の 特 性 を 活 か し 映 像 や 音 声 を 活 用 し た モ ニ タ ー に よ る 動 画 広 告 を 新 庁 舎 内 に 導 入 し 新 庁 舎 の 主 要 機 能 の 一 つ で あ る 情 報 発 信 拠 点 と し て の 役 割 を 果 た す

More information

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1 1 育 児 休 業 について Q1 育 児 休 業 とはどのような 制 度 ですか? A1 子 が 満 3 歳 に 達 する 日 まで, 一 定 の 要 件 を 満 たした 職 員 が 任 命 権 者 ( 宮 城 県 教 育 委 員 会 )の 承 認 を 受 けて,その3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 するため, 職 務 に 従 事 しな いことを 可 能 とする 制 度 です 仕 事 と 育

More information

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た 市 民 税 減 免 取 扱 要 綱 函 館 市 財 務 部 目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た た め, 生 活 が 著 し く 困 難

More information

平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の 支 給 等 に 関 する 特 別 措 置 法 の 概 要 配 付 資 料 趣 旨 現 下 の 子 ども 及 び 子 育 て 家 庭 をめぐる 状 況 に 鑑 み 平 成 24 年 度 からの 恒 久 的 な 子 どものための 金 銭 の 給 付 の 制 度 に 円 滑 に 移 行 できるよう 平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483238906C8E9688D993AE82C994BA82A492F18F6F8F9197DE81698DC58F49816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483238906C8E9688D993AE82C994BA82A492F18F6F8F9197DE81698DC58F49816A2E646F6378> が30 ア されたとき(フルタイムの 再 雇 用 職 員 として 採 用 されたときを 含 む ) 人 事 異 動 に 伴 う 提 類 ( 共 済 組 合 互 助 会 関 係 ) 取 組 共 済 組 合, 互 助 会 の 資 格 取 得 の 届 出 1 船 得 合 員 届 員 提 出 書 当 採 組 ( 書 会 員 ) 資 格 用 合 資 格 取 得 員 届 ( 出 会 員 ) 前 人 給 通 歴

More information

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで 定 年 後 再 雇 用 職 員 就 業 規 則 01- 一 般 -00006 平 成 13 年 4 月 1 日 改 正 03- 一 般 -00030 平 成 15 年 12 月 4 日 改 正 06- 一 般 -00117 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 09- 一 般 -00109 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 10- 一 般 -00258 平 成 22 年 6 月 30 日

More information

1 育 児 休 業 代 替 任 期 付 職 員 ( 一 般 事 務 職 )とは 育 児 休 業 代 替 任 期 付 職 員 とは 一 般 の 職 員 が 育 児 休 業 を 取 得 した 際 に 代 替 職 員 とし て 勤 務 する 職 員 です 一 般 事 務 職 については 候 補 者 として

1 育 児 休 業 代 替 任 期 付 職 員 ( 一 般 事 務 職 )とは 育 児 休 業 代 替 任 期 付 職 員 とは 一 般 の 職 員 が 育 児 休 業 を 取 得 した 際 に 代 替 職 員 とし て 勤 務 する 職 員 です 一 般 事 務 職 については 候 補 者 として 川 崎 市 育 児 休 業 代 替 任 期 付 職 員 一 般 事 務 職 の 候 補 者 登 録 案 内 川 崎 市 総 務 企 画 局 人 事 部 人 事 課 概 要 登 録 選 考 ( 教 養 考 査 及 び 作 文 考 査 )を 実 施 し ます 登 録 選 考 実 施 日 平 成 2 8 年 7 月 31 日 ( 日 ) 受 付 期 間 平 成 28 年 6 月 1 日 ( 水 ) ~ 平

More information

職 員 の 等 に 関 する 条 例 第 24 条 の 承 認 は 正 規 の 勤 務 時 間 の 始 め 又 は 終 わりにおいて 30 分 を 単 位 として 行 う ものとする 2 育 児 を 原 因 とする 特 別 休 暇 を 承 認 されている 職 員 に 対 する の 承 認 については

職 員 の 等 に 関 する 条 例 第 24 条 の 承 認 は 正 規 の 勤 務 時 間 の 始 め 又 は 終 わりにおいて 30 分 を 単 位 として 行 う ものとする 2 育 児 を 原 因 とする 特 別 休 暇 を 承 認 されている 職 員 に 対 する の 承 認 については 2015/3/10 8. 事 例 別 事 務 処 理 へ 職 員 が 満 3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 する 場 合 特 別 な 事 情 がある 場 合 を 除 き1 回 に 限 り 延 長 できる ( 男 性 職 員 の 場 合 は 配 偶 者 の 出 産 後 8 週 間 以 内 に 最 初 の を 取 得 していれば 特 別 な 事 情 がなくても 再 度 取 得 することができる )

More information

死 亡 後 の 手 続 きリスト 2 14 日 以 内 住 民 票 の 抹 消 届 の 提 出 市 町 村 役 場 の 戸 籍 住 民 登 録 窓 口 届 出 人 の 印 鑑 本 人 確 認 できる 証 明 書 類 ( 運 転 免 許 証 パスポ-ト) 世 帯 主 変 更 届 の 提 出 市 町 村

死 亡 後 の 手 続 きリスト 2 14 日 以 内 住 民 票 の 抹 消 届 の 提 出 市 町 村 役 場 の 戸 籍 住 民 登 録 窓 口 届 出 人 の 印 鑑 本 人 確 認 できる 証 明 書 類 ( 運 転 免 許 証 パスポ-ト) 世 帯 主 変 更 届 の 提 出 市 町 村 死 亡 後 の 手 続 きリスト 1 5 日 以 内 死 後 5 日 以 内 国 民 健 康 保 険 以 外 の 健 康 保 険 証 の 返 却 勤 務 先 社 会 保 険 事 務 所 7 日 以 内 期 限 項 目 手 続 き 先 提 出 先 必 要 書 類 備 考 死 後 知 った 時 から7 日 以 内 死 亡 届 の 提 出 市 町 村 役 場 の 戸 籍 住 民 登 録 窓 口 医 師 による

More information

Microsoft Word - 平成28年度 こどもの国学童保育室入室申請要領

Microsoft Word - 平成28年度 こどもの国学童保育室入室申請要領 平 成 28 年 度 こどもの 国 学 童 保 育 室 学 遊 館 入 室 申 請 要 領 こどもの 国 学 童 保 育 室 学 遊 館 335-0023 埼 玉 県 戸 田 市 本 町 1-17-7 担 当 和 栗 松 永 Tel 048-443-2387 Fax 048-431-3871 1 入 室 資 格 戸 田 市 立 戸 田 南 小 学 校 及 び 戸 田 第 一 小 学 校 に 通 学

More information

J A K カ イ ロ プ ラ ク テ ィ ッ ク 協 同 組 合 規 約 ( 目 的 ) 第 1 条 組 合 員 の 権 利 義 務 等 は 定 款 に よ っ て 定 め ら れ て い る が 定 款 の 第 6 条 の 規 定 に よ り 定 款 に 記 載 さ れ な い 必 要 事 項

J A K カ イ ロ プ ラ ク テ ィ ッ ク 協 同 組 合 規 約 ( 目 的 ) 第 1 条 組 合 員 の 権 利 義 務 等 は 定 款 に よ っ て 定 め ら れ て い る が 定 款 の 第 6 条 の 規 定 に よ り 定 款 に 記 載 さ れ な い 必 要 事 項 J A K カ イ ロ プ ラ ク テ ィ ッ ク 協 同 組 合 規 約 J A K カ イ ロ プ ラ ク テ ィ ッ ク 協 同 組 合 H23/4/25 に 第 9 回 通 常 総 会 理 事 会 で 採 択 済 H23/12 月 現 在 J A K カ イ ロ プ ラ ク テ ィ ッ ク 協 同 組 合 規 約 ( 目 的 ) 第 1 条 組 合 員 の 権 利 義 務 等 は 定 款 に

More information

の と す る (1) 防 犯 カ メ ラ を 購 入 し 設 置 ( 新 設 又 は 増 設 に 限 る ) す る こ と (2) 設 置 す る 防 犯 カ メ ラ は 新 設 又 は 既 設 の 録 画 機 と 接 続 す る こ と た だ し 録 画 機 能 付 防 犯 カ メ ラ は

の と す る (1) 防 犯 カ メ ラ を 購 入 し 設 置 ( 新 設 又 は 増 設 に 限 る ) す る こ と (2) 設 置 す る 防 犯 カ メ ラ は 新 設 又 は 既 設 の 録 画 機 と 接 続 す る こ と た だ し 録 画 機 能 付 防 犯 カ メ ラ は 小 牧 市 地 域 防 犯 カ メ ラ 等 設 置 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 2 8 年 3 月 2 2 日 2 7 小 市 安 第 7 5 7 号 ( 通 則 ) 第 1 条 小 牧 市 地 域 防 犯 カ メ ラ 等 設 置 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 と い う )の 交 付 に つ い て は 市 費 補 助 金 等 の 予 算 執 行 に 関 す る 規 則 ( 昭 和

More information

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf 障 精 発 0124 第 2 号 平 成 26 年 1 月 24 日 各 都 道 府 県 知 事 指 定 都 市 市 長 殿 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 の 診 断 書 の 記 入 に 当 たって 留 意 すべき 事 項 について 等 の について 今 般 精

More information

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就

More information

東久留米市訓令乙第   号

東久留米市訓令乙第   号 東 久 留 米 市 就 学 援 助 費 事 務 処 理 要 綱 ( 目 的 ) 第 この 要 綱 は 就 学 困 難 な 児 童 及 び 生 徒 に 係 る 就 学 奨 励 についての 国 の 援 助 に 関 す る 法 律 ( 昭 和 3 年 法 律 第 40 号 ) 学 校 給 食 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 60 号 ) 及 び 学 校 保 健 安 全 法 ( 昭 和 33 年 法

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E9378814094ED957D977B8ED28E918A6982C982C282A282C42E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E9378814094ED957D977B8ED28E918A6982C982C282A282C42E646F63> 健 康 保 険 被 扶 養 者 資 格 について 平 成 21 年 4 月 測 量 地 質 健 康 保 険 組 合 健 康 保 険 の 被 扶 養 者 資 格 について 健 康 保 険 では 被 保 険 者 だけでなく 被 扶 養 者 についても 病 気 やけが 出 産 または 死 亡 に 対 して 保 険 給 付 が 行 われ ます 被 扶 養 者 となるためには 一 定 の 条 件 ( 下 記

More information

学校事務の手引原稿

学校事務の手引原稿 概 要 子 を 養 する 職 員 継 続 的 な 勤 を 促 進 し 職 員 祉 増 進 を 図 るため 男 女 労 働 者 権 として 保 障 す るととも 行 政 円 滑 な 運 営 を 図 るため 一 定 期 間 職 従 せず 専 念 できる 制 度 である 関 係 法 方 公 員 共 済 組 合 法 第 42 53 54 70 70 条 2 114 条 2 ⑵ 公 立 共 済 組 合 定 款

More information

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 21 年 7 月 3 日 決 裁 )の 全 部 を 改 正 する ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るため 私 立 幼 稚 園 又 は 無 認 可 幼 稚 園 に 在 園 する

More information

(1) 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 する 場 合 ( 以 下 産 休 の 場 合 という ) 次 のア 又 はイに 掲 げる 期 間 ア その 職 員 の 出 産 予 定 日 の6 週 間 多 胎 妊 娠 の 場 合 は14 週 間 前 の 日 から 産 後 8 週 間 を

(1) 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 する 場 合 ( 以 下 産 休 の 場 合 という ) 次 のア 又 はイに 掲 げる 期 間 ア その 職 員 の 出 産 予 定 日 の6 週 間 多 胎 妊 娠 の 場 合 は14 週 間 前 の 日 から 産 後 8 週 間 を 産 休 等 代 替 職 員 制 度 実 施 要 綱 第 1 性 格 及 び 目 的 産 休 等 代 替 職 員 制 度 は 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 又 は 傷 病 のため 長 期 間 にわたって 継 続 する 休 暇 を 必 要 とする 場 合 その 職 員 の 職 務 を 行 わせるための 産 休 等 代 替 職 員 を 当 該 児 童 福 祉 施 設 等 の 長 が

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

目 次 休 暇 関 係 Q1 妊 娠 中 健 康 診 査 を 受 けるための 休 暇 が 取 れるのですか? Q2 出 産 予 定 日 の 何 日 前 から 休 暇 が 取 れるのですか? Q3 出 産 後 何 日 まで 休 暇 が 取 れるのですか? Q4 妻 が 出 産 するのですが 休 暇 が

目 次 休 暇 関 係 Q1 妊 娠 中 健 康 診 査 を 受 けるための 休 暇 が 取 れるのですか? Q2 出 産 予 定 日 の 何 日 前 から 休 暇 が 取 れるのですか? Q3 出 産 後 何 日 まで 休 暇 が 取 れるのですか? Q4 妻 が 出 産 するのですが 休 暇 が 子 育 て 支 援 制 度 Q&A ( 平 成 22 年 6 月 30 日 現 在 ) この 度 東 北 大 学 の 子 育 て 支 援 のための 職 員 等 の 休 暇 制 度 育 児 休 業 制 度 を Q&A 方 式 でわかりやすく 説 明 をしましたので ご 活 用 ください なお 不 明 な 点 等 がありましたら 遠 慮 なく 各 部 局 の 人 事 担 当 係 又 は 総 務 部 人

More information

平成19年度

平成19年度 保 育 園 入 園 のご 案 内 諏 訪 市 健 康 福 祉 部 こども 課 保 育 係 392-8511 諏 訪 市 高 島 1 丁 目 22 番 30 号 0266-52-4141 内 線 446 447 保 育 園 は 保 護 者 ( 父 母 等 )の 就 労 や 病 気 などの 事 情 により 家 庭 で 十 分 な 保 育 ができない 児 童 を 保 護 者 に 代 わって 保 育 する

More information

税 市 民 税 県 民 税 家 屋 敷 課 税 の 申 告 書 の 提 出 豊 川 市 外 にお 住 まいで 1 月 1 日 現 在 で 市 内 に 事 務 所 事 業 所 または 家 屋 敷 を 有 する で 申 告 書 を 提 出 される 平 成 29 年 度 以 後 の 年 度 分 の 申 告

税 市 民 税 県 民 税 家 屋 敷 課 税 の 申 告 書 の 提 出 豊 川 市 外 にお 住 まいで 1 月 1 日 現 在 で 市 内 に 事 務 所 事 業 所 または 家 屋 敷 を 有 する で 申 告 書 を 提 出 される 平 成 29 年 度 以 後 の 年 度 分 の 申 告 市 役 所 窓 口 等 においてマイナンバーの 記 入 が 必 要 となる 手 続 き 等 手 続 きの 通 知 カード 通 知 カード 通 知 カードの 記 載 内 容 ( 住 所 氏 名 等 )の 変 更 等 引 越 し 婚 姻 などで 通 知 カードの 記 載 内 容 ( 住 所 氏 名 等 )に 変 更 が 生 じた 市 民 課 住 民 登 録 係 0533-89-2272 手 続 時 には

More information

tokutei2-7.xls

tokutei2-7.xls 出 産 育 児 に 関 する 制 度 一 覧 親 になる ことが 判 明 子 どもが 生 まれる 前 出 産 子 育 て 期 間 中 1 妊 娠 障 害 休 暇 ( 女 性 のみ) 2 妊 娠 中 の 通 勤 緩 和 職 免 ( 女 性 のみ) 3 妊 産 婦 の 就 業 制 限 ( 女 性 のみ) 4 保 健 指 導 職 免 除 ( 女 性 のみ) 5 産 前 産 後 休 暇 ( 女 性 のみ)

More information

1 保育所(園)への入所について

1 保育所(園)への入所について 平 成 28 年 度 阿 久 根 市 保 育 所 等 入 所 案 内 (2 3 号 認 定 ) 平 成 28 年 4 月 からの 利 用 申 し 込 みの 受 け 付 けは 平 成 27 年 12 月 7 日 ( 月 )~ 平 成 27 年 12 月 25 日 ( 金 )です 場 所 阿 久 根 市 役 所 生 きがい 対 策 課 児 童 対 策 係 (1 階 5 番 窓 口 ) 時 間 午 前 8

More information

平成21年10月30日

平成21年10月30日 職 員 各 位 平 成 24 年 10 月 25 日 法 人 事 務 局 総 務 部 人 事 課 年 末 調 整 に 係 る 申 告 書 等 の 提 出 について 標 記 の 件 年 末 調 整 を 行 いますので 下 記 の 通 り 必 要 書 類 の 提 出 をお 願 いいたします 記 1. 手 続 きについて (1) 扶 養 控 除 等 申 告 書 の 返 却 および 記 載 内 容 の 確

More information

Taro-iryouhoken

Taro-iryouhoken 医 療 保 険 制 度 2014 社 会 保 障 法 1 国 民 皆 保 険 国 民 皆 保 険 医 療 保 険 全 体 図 国 民 共 済 制 度 健 康 民 間 労 働 者 公 務 員 等 保 家 族 険 自 営 業 者 無 職 他 国 民 健 康 保 険 1961( 昭 36) 年 4 月 ~ 2 健 康 保 険 制 度 の 被 保 険 者 と 被 扶 養 者 (1) 強 制 被 保 険 者

More information

施 設 長 に 一 時 保 育 事 業 利 用 登 録 書 を 事 前 に 提 出 しなければならない ただし 緊 急 やむを 得 ない 場 合 は 利 用 当 日 の 登 録 手 続 きでも 差 支 えない 2 登 録 できる 保 育 所 は1か 所 とする ( 申 込 及 び 承 諾 ) 第 9

施 設 長 に 一 時 保 育 事 業 利 用 登 録 書 を 事 前 に 提 出 しなければならない ただし 緊 急 やむを 得 ない 場 合 は 利 用 当 日 の 登 録 手 続 きでも 差 支 えない 2 登 録 できる 保 育 所 は1か 所 とする ( 申 込 及 び 承 諾 ) 第 9 豊 中 市 一 時 保 育 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 保 護 者 の 就 労 形 態 の 多 様 化 や 傷 病 等 による 一 時 的 緊 急 的 な 保 育 需 要 に 対 応 するため 一 時 保 育 事 業 ( 以 下 事 業 という )を 実 施 し 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 図 ることを 目 的 とする ( 実 施 施 設 及 び 定

More information

昨 年 今 年 退 職 した< 雇 用 保 険 に 関 すること> 1. 雇 用 保 険 ( 失 業 給 付 )を 受 給 予 定 (または 受 給 している) 雇 用 保 険 受 給 資 格 証 のコピー ( 退 職 日 基 本 日 額 処 理 状 況 のわかる 面 ) 日 額 3,611 円 未

昨 年 今 年 退 職 した< 雇 用 保 険 に 関 すること> 1. 雇 用 保 険 ( 失 業 給 付 )を 受 給 予 定 (または 受 給 している) 雇 用 保 険 受 給 資 格 証 のコピー ( 退 職 日 基 本 日 額 処 理 状 況 のわかる 面 ) 日 額 3,611 円 未 被 扶 養 認 定 に 必 要 な 提 出 書 類 申 請 書 全 員 対 象 該 当 する 場 合 必 要 健 康 保 険 被 扶 養 ( 新 規 異 動 ) 届 被 扶 養 ( 子 ) 現 況 届 被 扶 養 ( 子 供 ) 現 況 届 被 扶 養 ( 子 外 ) 現 況 届 全 員 及 び15 歳 上 ( 中 学 除 く)の 子 供 ( が 扶 養 家 族 で 無 い 全 年 齢 の) 子 供

More information

奨学資金の受領から返還までの手続

奨学資金の受領から返還までの手続 奨 学 資 金 の 受 領 から 返 還 までの 手 続 Ⅰ 奨 学 資 金 の 受 領 1 奨 学 資 金 の 交 付 スケジュールと 貸 与 月 額 奨 学 資 金 は 新 規 採 用 時 や 年 度 初 め 年 度 末 などの 特 別 な 場 合 を 除 いて 毎 月 15 日 頃 に 交 付 されます (4 5 月 分 は 進 級 確 認 に 時 間 を 要 するため 5 月 中 旬 に 交

More information

提 出 書 類 ア 財 産 形 成 年 金 貯 蓄 の 非 課 税 適 用 確 認 申 告 書 ( 積 立 終 了 から2ヶ 月 以 内 に 提 出 厳 守 ) 記 入 例 参 照 イ 財 産 形 成 年 金 貯 蓄 者 の 退 職 等 申 告 書 記 入 例 参 照 年 金 財 形 提 出 書 類

提 出 書 類 ア 財 産 形 成 年 金 貯 蓄 の 非 課 税 適 用 確 認 申 告 書 ( 積 立 終 了 から2ヶ 月 以 内 に 提 出 厳 守 ) 記 入 例 参 照 イ 財 産 形 成 年 金 貯 蓄 者 の 退 職 等 申 告 書 記 入 例 参 照 年 金 財 形 提 出 書 類 神 奈 川 県 財 形 貯 蓄 の 手 続 について 市 町 村 費 職 員 ( 給 与 が 市 町 村 から 支 払 われている 方 )の 財 形 貯 蓄 については 各 市 町 村 にお 問 い 合 わせください 財 形 貯 蓄 に 関 する 書 類 は 所 属 を 通 して 共 済 経 理 グループに 提 出 願 います ( 書 類 提 出 の 際 は お 届 け 印 及 びマイナンバーの 記

More information

2. 居 住 用 財 産 を 売 却 し た 場 合 の 特 例 譲 渡 資 産 は 居 住 用 財 産 で す か? 住 宅 取 得 特 別 控 除 の 適 用 を 受 け て い ま せ ん か? 所 有 期 間 が 1 0 年 を 超 え て い ま す か? 居 住 期 間 は 3 0 年

2. 居 住 用 財 産 を 売 却 し た 場 合 の 特 例 譲 渡 資 産 は 居 住 用 財 産 で す か? 住 宅 取 得 特 別 控 除 の 適 用 を 受 け て い ま せ ん か? 所 有 期 間 が 1 0 年 を 超 え て い ま す か? 居 住 期 間 は 3 0 年 2 0 1 4.2. 月 号 税 務 と 経 営 ニ ュ ー ス 3 4 5 確 定 申 告 の ポ イ ン ト 上 田 悦 弘 税 理 士 事 務 所 上 田 悦 弘 社 会 保 険 労 務 士 事 務 所 0 6 ( 6 9 4 1 ) 3 9 0 5 F A X 0 6 ( 6 9 4 1 ) 3 9 0 9 h t t p : / / w w w. k a i k e i - h o m e.

More information

掛 金 負 担 金 の 給 料 月 額 に 対 する 割 合 ( ) ( 単 位 : ) 短 期 介 護 短 期 介 護 短 期 介 護 一 般 職 42.5 5.375 42.5 5.375 85 10.75 特 別 職 34 4.3 34 4.3 68 8.6 市 町 村 長 組 合 員 34

掛 金 負 担 金 の 給 料 月 額 に 対 する 割 合 ( ) ( 単 位 : ) 短 期 介 護 短 期 介 護 短 期 介 護 一 般 職 42.5 5.375 42.5 5.375 85 10.75 特 別 職 34 4.3 34 4.3 68 8.6 市 町 村 長 組 合 員 34 平 成 19 年 度 決 算 の 概 況 本 組 合 の 平 成 19 年 度 決 算 が 去 る7 月 2 日 に 開 催 されました 第 152 回 組 合 会 において 承 認 されま したので その 概 要 をお 知 らせいたします 総 括 事 項 平 成 19 年 度 末 における 本 組 合 の 所 属 所 数 組 合 員 数 及 び 被 扶 養 者 数 平 均 給 料 額 は 次 のとおりとな

More information

今 考 諸 法 15 歳 以 社 保 険 事 務 所 ど 記 録 見 込 額 調 べ 社 保 険 庁 ねんんダヤ 5751165 社 保 険 庁 ホムペジ 最 寄 社 保 険 事 務 所 ( 相 談 セタ) 社 保 険 庁 ホムペジ 2 社 保 険 業 務

今 考 諸 法 15 歳 以 社 保 険 事 務 所 ど 記 録 見 込 額 調 べ 社 保 険 庁 ねんんダヤ 5751165 社 保 険 庁 ホムペジ 最 寄 社 保 険 事 務 所 ( 相 談 セタ) 社 保 険 庁 ホムペジ  2 社 保 険 業 務 6 歳 以 家 族 費 平 均 額 28,7 円 6 歳 以 費 内 訳 右 表 余 暇 使 時 増 テジ 旅 行 ど 楽 みそ 毎 万 円 考 ね 足 ん 国 民 厚 試 算 5 納 右 表 数 字 ん( 平 成 18 価 格 ) 記 費 考 ずぶ ん 足 ん 今 水 準 低 減 や 物 価 昇 ど 考 不 安 つ 齢 区 分 別 推 移 (%).9% 1 8 7.9% 17.% 6,22 円 18,1

More information

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 (

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 ( 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについての 改 正 について 平 成 23 年 8 月 1 日 通 達 ( 務 人 ) 第 44 号 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 110 号 以 下 法 という )の 改 正 に 鑑 み このたび 山 梨 県 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 山 梨 県 条

More information

3. 出 産 費 等 について (1) 文 部 科 学 省 共 済 組 合 員 またはその 被 扶 養 者 が 出 産 したとき 常 勤 職 員 のみ 出 産 費 1 件 420,000 円 ( 産 科 医 療 補 償 制 度 に 加 入 していない 医 療 機 関 で 出 産 のときは 390,0

3. 出 産 費 等 について (1) 文 部 科 学 省 共 済 組 合 員 またはその 被 扶 養 者 が 出 産 したとき 常 勤 職 員 のみ 出 産 費 1 件 420,000 円 ( 産 科 医 療 補 償 制 度 に 加 入 していない 医 療 機 関 で 出 産 のときは 390,0 長 岡 技 術 科 学 大 学 出 産 子 育 てのための 手 続 パンフレット 総 務 課 平 成 26 年 4 月 現 在 1. 職 務 専 念 義 務 免 除 について 妊 娠 12 週 以 降 又 は 出 産 後 1 年 を 経 過 しない 職 員 ( )が, 医 師 又 は 助 産 師 から 指 示 を 受 け, 保 健 指 導 又 は 健 康 診 査 を 受 けるため 通 院 する 等

More information

墨 田 区 利 用 調 整 基 準 ( 選 考 基 準 ) () 基 準 指 数 提 出 書 類 を 基 に 保 護 者 の 状 況 の 類 型 を 決 め その 内 容 を 以 下 の 表 にあてはめて 父 母 それぞれの 指 数 を 合 算 し 世 帯 の 基 準 指 数 とします 保 護 者

墨 田 区 利 用 調 整 基 準 ( 選 考 基 準 ) () 基 準 指 数 提 出 書 類 を 基 に 保 護 者 の 状 況 の 類 型 を 決 め その 内 容 を 以 下 の 表 にあてはめて 父 母 それぞれの 指 数 を 合 算 し 世 帯 の 基 準 指 数 とします 保 護 者 H5.9.8 子 ども 子 育 て 会 議 企 画 会 認 可 保 育 施 設 における 利 用 調 整 基 準 ( 選 考 基 準 )の 一 部 見 直 しについて 見 直 しの 理 由 平 成 8 年 用 保 育 施 設 利 用 申 込 みにあたり 平 成 年 の 申 込 状 況 を 踏 まえ 認 可 保 育 施 設 の 利 用 調 整 等 を 検 討 する 中 で 基 準 を 一 部 見 直

More information

(2) 協 会 加 入 月 の1カ 月 前 までに 様 式 1が 提 出 された 市 町 村 等 に 対 して 契 約 書 及 び 掛 金 請 求 書 を 送 付 します その 後 返 送 されてきた 様 式 2-2を 保 管 し 掛 金 の 納 入 を 確 認 します 第 2 章 契 約 更 新

(2) 協 会 加 入 月 の1カ 月 前 までに 様 式 1が 提 出 された 市 町 村 等 に 対 して 契 約 書 及 び 掛 金 請 求 書 を 送 付 します その 後 返 送 されてきた 様 式 2-2を 保 管 し 掛 金 の 納 入 を 確 認 します 第 2 章 契 約 更 新 事 務 取 扱 要 領 この 事 務 取 扱 要 領 は 防 火 防 災 訓 練 災 害 補 償 等 共 済 契 約 約 款 第 37 条 に 基 づき 防 火 防 災 訓 練 災 害 補 償 等 共 済 に 係 る 市 町 村 特 別 区 及 び 市 町 村 の 一 部 事 務 組 合 ( 以 下 市 町 村 等 という )と 公 益 財 団 法 人 日 本 消 防 協 会 ( 以 下 協 会 という

More information

11 新 型 インフルエンザ 予 防 接 種 健 康 被 害 救 済 給 付 金 ( 注 4) 12 ( 医 薬 品 副 作 用 被 害 救 済 制 度 の) 副 作 用 救 済 給 付 又 は( 生 物 由 来 製 品 感 染 等 被 害 救 済 制 度 の) 感 染 救 済 給 付 ( 注 4)

11 新 型 インフルエンザ 予 防 接 種 健 康 被 害 救 済 給 付 金 ( 注 4) 12 ( 医 薬 品 副 作 用 被 害 救 済 制 度 の) 副 作 用 救 済 給 付 又 は( 生 物 由 来 製 品 感 染 等 被 害 救 済 制 度 の) 感 染 救 済 給 付 ( 注 4) 様 式 第 1 号 及 び 第 2 号 ( 参 考 資 料 2)( 第 6 条 関 係 ) 留 意 事 項 支 給 対 象 者 について 支 給 対 象 者 は 平 成 26 年 1 月 1 日 において 以 下 の 条 件 を 満 たした 方 です 1 足 寄 町 の 住 民 基 本 台 帳 に 記 録 されている 方 ( ) 2 平 成 26 年 度 分 の 市 町 村 民 税 ( 均 等 割

More information

(3) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 5 年 月 日 現 在 ) 決 定 初 任 給 採 用 年 経 過 後 給 料 月 額 大 学 卒 7, 8, 一 般 行 政 職 短 大 卒 9,8 6, 高 校 卒, 8,5 () 職 員 の 経 験 年 数 別 学 歴 別 平 均 給 料

(3) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 5 年 月 日 現 在 ) 決 定 初 任 給 採 用 年 経 過 後 給 料 月 額 大 学 卒 7, 8, 一 般 行 政 職 短 大 卒 9,8 6, 高 校 卒, 8,5 () 職 員 の 経 験 年 数 別 学 歴 別 平 均 給 料 総 括 平 成 5 年 度 標 津 町 の 事 行 政 の 運 営 状 況 について () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 総 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 3 年 度 の 件 費 率 年 度 5,587 6,5,9 % % 8,5 87,75 3..6 () 職 員 給 与 費 の 状

More information

ア 運 営 管 理 業 務 に 関 する 事 項 管 理 事 務 所 の 使 用 に 関 すること( 電 話 金 庫 警 備 鍵 等 名 義 変 更 の 必 要 な もの( 電 気 水 道 ガス 機 械 警 備 消 防 計 画 書 危 険 物 取 扱 設 置 許 可 等 )) 年 間 行 事 予 定

ア 運 営 管 理 業 務 に 関 する 事 項 管 理 事 務 所 の 使 用 に 関 すること( 電 話 金 庫 警 備 鍵 等 名 義 変 更 の 必 要 な もの( 電 気 水 道 ガス 機 械 警 備 消 防 計 画 書 危 険 物 取 扱 設 置 許 可 等 )) 年 間 行 事 予 定 指 定 管 理 業 務 の 引 継 ぎに 係 る 基 本 事 項 等 1. 基 本 事 項 次 期 指 定 管 理 候 補 者 への 引 継 ぎについては 下 記 の 事 項 に 留 意 の 上 誠 意 をもって 円 滑 に 行 うこととする (1) 現 指 定 管 理 者 及 び 次 期 指 定 管 理 者 は 当 該 公 園 の 管 理 運 営 が 円 滑 に 開 始 できるよう 必 要 な 引

More information

(5 ) 当 該 指 定 居 宅 介 護 事 業 所 の 新 規 に 採 用 し た 全 て の 居 宅 介 護 従 業 者 に 対 し 熟 練 し た 居 宅 介 護 従 業 者 の 同 行 に よ る 研 修 を 実 施 し て い る こ と (6 ) 当 該 指 定 居 宅 介 護 事 業

(5 ) 当 該 指 定 居 宅 介 護 事 業 所 の 新 規 に 採 用 し た 全 て の 居 宅 介 護 従 業 者 に 対 し 熟 練 し た 居 宅 介 護 従 業 者 の 同 行 に よ る 研 修 を 実 施 し て い る こ と (6 ) 当 該 指 定 居 宅 介 護 事 業 厚 生 労 働 大 臣 が 定 め る 基 準 ( 平 成 十 八 年 九 月 二 十 九 日 ) ( 厚 生 労 働 省 告 示 第 五 百 四 十 三 号 ) 障 害 者 自 立 支 援 法 に 基 づ く 指 定 障 害 福 祉 サ ー ビ ス 等 及 び 基 準 該 当 障 害 福 祉 サ ー ビ ス に 要 す る 費 用 の 額 の 算 定 に 関 す る 基 準 ( 平 成 十 八 年

More information

(2) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 17 年 4 月 1 日 現 在 ) 初 任 給 2 年 後 の 給 料 初 任 給 2 年 後 の 給 料 一 般 行 政 職 技 能 労 務 職 大 学 卒 171,1 151,5 19,2 164,7 17,7 184,4 中 学 卒 1

(2) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 17 年 4 月 1 日 現 在 ) 初 任 給 2 年 後 の 給 料 初 任 給 2 年 後 の 給 料 一 般 行 政 職 技 能 労 務 職 大 学 卒 171,1 151,5 19,2 164,7 17,7 184,4 中 学 卒 1 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 (16 年 度 末 ) A 千 16 年 度 実 質 収 支 千 件 費 B 千 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 15 年 度 の 件 費 率 (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 予 算 ) 職 員 数 給 与 費 A

More information

学校事務の手引原稿

学校事務の手引原稿 異 動 事 手 続 ( 市 町 村 立 学 校 以 外 ) 島 大 学 小 学 校 への 転 出 事 処 理 手 続 事 項 時 期 先 手 続 内 容 採 3 ⑴ 履 歴 書 1 部 月 で き る 小 又 は 1 学 校 保 管 の 写 しで 長 の 奥 書 証 明 必 要 ⑵ 卒 業 証 明 書 1 高 校 大 学 卒 業 者 高 校 及 び 大 学 の 卒 業 証 明 書 2 大 学 院 修

More information

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt 工 賃 控 除 の 見 直 しについて 入 所 施 設 工 賃 4 万 円 以 下 の 場 合 )の 利 用 者 負 担 見 直 し 後 ) 約 4 万 円 までの 工 賃 について 定 率 負 担 をゼロとする 食 費 負 担 を 行 った 後 の 手 元 金 が 現 行 2.5 万 円 に 加 え 最 大 約 2.4 万 円 年 額 28.8 万 円 )まで 残 ることとなる 2 級 年 金 と

More information

240709

240709 綾 瀬 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 障 害 者 等 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 の 高 齢 者 障 害 者 等 に 福 祉 給 付 金 を 支 給 し 福 祉 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該

More information

平成20年度 就学援助費支給事業について

平成20年度 就学援助費支給事業について 申 請 書 は 取 り 外 して 使 用 願 います 就 学 援 助 を 申 請 する 保 護 者 のみなさまへ 平 成 27 年 度 就 学 援 助 費 支 給 事 業 について 栗 原 市 教 育 委 員 会 このお 知 らせは 申 請 から 認 定 支 給 までの 基 本 的 な 内 容 が 書 いてあります ので 必 ずお 読 みいただき 内 容 を 確 認 していただいた 上 で 申 請

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監 査 教 育 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 市 町 村 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部

根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監 査 教 育 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 市 町 村 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 1 部 改 案 旧 照 文 昭 和 百 傍 線 部 改 部 改 案 現 服 服 管 研 修 研 修 罰 罰 附 附 総 総 休 懲 戒 服 管 研 休 懲 戒 服 研 修 修 福 祉 益 保 護 福 祉 益 保 護 根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監

More information

2 窓 口 申 請 方 式 : 申 請 書 を 窓 口 に 提 出 し 指 定 の 金 融 機 関 口 座 へ 振 込 3 窓 口 現 金 受 領 方 式 : 申 請 書 を 郵 送 又 は 窓 口 に 提 出 し 窓 口 で 現 金 を 受 領 申 請 受 付 開 始 日 及 び 申 請 期 限

2 窓 口 申 請 方 式 : 申 請 書 を 窓 口 に 提 出 し 指 定 の 金 融 機 関 口 座 へ 振 込 3 窓 口 現 金 受 領 方 式 : 申 請 書 を 郵 送 又 は 窓 口 に 提 出 し 窓 口 で 現 金 を 受 領 申 請 受 付 開 始 日 及 び 申 請 期 限 様 式 第 1 号 及 び 第 2 号 ( 参 考 資 料 2)( 第 6 条 関 係 ) 平 成 28 年 度 臨 時 福 祉 給 付 金 の 申 請 に 係 る 留 意 事 項 1. 支 給 対 象 者 について 支 給 対 象 者 は 平 成 28 年 1 月 1 日 において 以 下 の 条 件 を 満 たした 方 です 1 平 成 28 年 1 月 1 日 において 枝 幸 町 の 住 民

More information

育児・介護休業等に関する規則

育児・介護休業等に関する規則 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 則 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 ( 以 下 本 会 という )の 職 員 の 育 児 介 護 休 業 子 の 看 護 休 暇 介 護 休 暇 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 制 限

More information

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 38 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 休 暇 等 に 関 す る 規 則 ( 以 下 教 職 員 勤 務 時 間 等 規 則 という ) 第 36

More information

Microsoft Word - 保育園管理規程(決定案)

Microsoft Word - 保育園管理規程(決定案) 社 会 福 祉 法 人 渋 谷 区 社 会 福 祉 事 業 団 認 可 保 育 所 管 理 規 程 ( 総 則 ) 第 1 条 社 会 福 祉 法 人 渋 谷 区 社 会 福 祉 事 業 団 ( 以 下 事 業 団 という )が 設 置 経 営 する 認 可 保 育 所 ( 以 下 園 という )の 運 営 管 理 については 法 令 に 定 めるものの ほか この 規 程 に 定 めるところによる

More information

1. 任 免 1-1 採 用 ( 試 験 採 用 ) 1 任 免 試 験 採 用 採 用 者 予 定 者 数 報 告 試 験 公 告 任 命 結 果 通 知 書 1-1-1 採 用 予 定 者 数 の 報 告 1-1-2 採 用 説 明 会 の 計 画 実 施 1-3-6 人 事 異 動 対 象 者

1. 任 免 1-1 採 用 ( 試 験 採 用 ) 1 任 免 試 験 採 用 採 用 者 予 定 者 数 報 告 試 験 公 告 任 命 結 果 通 知 書 1-1-1 採 用 予 定 者 数 の 報 告 1-1-2 採 用 説 明 会 の 計 画 実 施 1-3-6 人 事 異 動 対 象 者 財 務 省, 内 定 者 総 務 省 会 計 部 門 定 員 要 求 書 内 示 書 人 事 記 録 ( 甲 ) 記 載 事 項 の 変 更 申 請 退 職 申 請 ( 辞 職 願 ) 定 年 日 通 知 書 人 事 異 動 通 知 書 内 定 通 知 書 採 用 決 定 通 知 書 任 命 結 果 俸 給 関 係 審 議 協 議 採 用 状 況 報 告 提 示 請 求 選 択 結 果 通 知 派

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DE3905F8D8291AC8B5A8CA48A948EAE89EF8ED0208BC696B18BA492CA8E64976C8F91816995BD90AC3237944E378C8E89FC92F994C5816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DE3905F8D8291AC8B5A8CA48A948EAE89EF8ED0208BC696B18BA492CA8E64976C8F91816995BD90AC3237944E378C8E89FC92F994C5816A> 第 1 編 共 通 業 務 共 通 仕 様 書 平 成 27 年 7 月 第 1 章 一 般 1.1 目 的 業 務 共 通 仕 様 書 ( 以 下 技 研 仕 様 書 という )は 阪 神 高 速 技 研 株 式 会 社 ( 以 下 会 社 という )が 発 注 する 調 査 検 討 資 料 作 成 設 計 補 助 測 量 作 業 その 他 こ れらに 類 する 業 務 に 係 る 業 務 請 負

More information

1 支 給 認 定 新 制 度 では 幼 稚 園 ( 新 制 度 に 移 行 する 幼 稚 園 のことで 以 下 同 じ) を 利 用 する 場 合 には お 住 まいの 市 町 村 から 支 給 認 定 証 の 交 付 を 受 ける 必 要 があります 認 定 の 区 分 は 年 齢 や 保 育

1 支 給 認 定 新 制 度 では 幼 稚 園 ( 新 制 度 に 移 行 する 幼 稚 園 のことで 以 下 同 じ) を 利 用 する 場 合 には お 住 まいの 市 町 村 から 支 給 認 定 証 の 交 付 を 受 ける 必 要 があります 認 定 の 区 分 は 年 齢 や 保 育 ここに 掲 載 されている 内 容 は 平 成 26 年 9 月 時 点 での 予 定 です 今 後 変 更 となる 可 能 性 があります 平 成 27 年 度 から 幼 稚 園 等 の 利 用 手 続 きが 変 わります! 幼 児 期 の 学 校 教 育 や 保 育 地 域 の 子 育 て 支 援 の 量 の 拡 充 や 質 の 向 上 を 進 めていく 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度

More information

Taro-29職員退職手当支給規程

Taro-29職員退職手当支給規程 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 付 け 1 7 水 研 本 第 2 0 5 8 号 改 正 平 成 1 8 年 1 0 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 0 7 7 号 改 正 平 成 1 9 年 4 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 7 8 0 号 改 正 平 成

More information

障害福祉制度あらまし目次

障害福祉制度あらまし目次 4 年 金 手 当 障 害 基 礎 年 金 次 の 要 件 をすべて 満 たす 方 に 障 害 基 礎 年 金 が 支 給 されます 要 年 金 額 支 給 制 限 件 1 初 診 日 が 20 歳 前 であるか 初 診 日 において 国 民 年 金 に 加 入 中 の 方 もしくは 国 民 年 金 に 加 入 したことのある 60 歳 以 上 65 歳 未 満 で 日 本 国 内 に 住 所 がある

More information

被扶養者あり+前納なし

被扶養者あり+前納なし 任 意 継 続 手 続 き 郵 送 する 前 最 後 もう 一 度 ご 確 認 くさだい チェック! 健 康 保 険 任 意 継 続 資 格 取 得 書 確 認 書 - 必 ずご 確 認 ください- 取 得 書 裏 面 (ダウンロード 場 合 は2 枚 目 ) 署 名 欄 署 名 捺 はさましたか? 住 民 票 1 通 (3か 以 内 発 行 さたも コピー 可 ) 退 職 わかるも(お 持 ち 方

More information

5 次 のいずれにも 該 当 する 従 業 員 は 子 が1 歳 6ヶ 月 に 達 するまでの 間 で 必 要 な 日 数 について 育 児 休 業 をするこ とができる なお 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 日 は 原 則 として 子 の1 歳 の 誕 生 日 に 限 るものとする (1

5 次 のいずれにも 該 当 する 従 業 員 は 子 が1 歳 6ヶ 月 に 達 するまでの 間 で 必 要 な 日 数 について 育 児 休 業 をするこ とができる なお 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 日 は 原 則 として 子 の1 歳 の 誕 生 日 に 限 るものとする (1 育 児 介 護 休 業 規 定 第 1 章 目 的 第 1 条 ( 目 的 ) 本 規 定 は 従 業 員 の 育 児 介 護 休 業 育 児 介 護 のための 時 間 外 労 働 および 深 夜 業 の 制 限 並 びに 育 児 介 護 短 時 間 勤 務 等 に 関 する 取 り 扱 いについて 定 めるものである ( 適 用 対 象 者 ) 第 2 章 育 児 休 業 制 度 第 2 条 育

More information

Taro-事務処理要綱250820

Taro-事務処理要綱250820 大 分 県 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 事 務 処 理 要 綱 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 知 事 は 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 の 貸 付 事 務 を 円 滑 に 処 理 するため 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 ( 昭 和 54 年 法 律 第 25 号 ) 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 施 行 令 ( 昭 和 54 年 政 令 第 124

More information

毎 月 の 給 与 等 ( )を 一 定 の 等 級 区 分 にあてはめた 標 準 月 額 の 上 限 が 現 行 の47 等 級 から50 等 級 に 改 正 されます ( 別 紙 健 康 保 険 料 額 表 参 照 ) なお 法 改 正 に 伴 い 標 準 月 額 が 改 定 される 方 につい

毎 月 の 給 与 等 ( )を 一 定 の 等 級 区 分 にあてはめた 標 準 月 額 の 上 限 が 現 行 の47 等 級 から50 等 級 に 改 正 されます ( 別 紙 健 康 保 険 料 額 表 参 照 ) なお 法 改 正 に 伴 い 標 準 月 額 が 改 定 される 方 につい 事 業 主 殿 健 保 事 務 担 当 者 殿 平 成 28 3 月 15 日 観 光 産 業 健 康 保 険 組 合 ( 公 印 省 略 ) 健 康 保 険 法 等 の 一 部 改 正 について 時 下 ますますご 清 栄 のこととお 慶 び 申 し 上 げます 平 素 は 当 健 康 保 険 組 合 の 事 業 運 営 に 格 別 のご 協 力 を 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げます さて

More information

ア. 市 長 事 務 部 及 び 行 政 委 員 会 等 の 状 況 職 員 数 給 与 費 (A) 給 料 期 末 勤 勉 その 他 の 手 当 手 当 計 (B) 17,942 (9) 73,455,664 29,765,941 25,618,225 128,839,830 ( 注 )1. 職

ア. 市 長 事 務 部 及 び 行 政 委 員 会 等 の 状 況 職 員 数 給 与 費 (A) 給 料 期 末 勤 勉 その 他 の 手 当 手 当 計 (B) 17,942 (9) 73,455,664 29,765,941 25,618,225 128,839,830 ( 注 )1. 職 第 2 章 職 員 の 給 与 勤 務 時 間 その 他 の 勤 務 条 件 の 状 況 地 方 公 務 員 の 給 与 は 国 や 他 の 地 方 公 共 団 体 の 職 員 民 間 企 業 の 従 業 員 の 給 与 等 を 考 慮 して 定 めることになっています 市 には 公 平 中 立 な 機 関 である 事 委 員 会 が 設 置 されており 事 委 員 会 は 毎 年 市 内 民 間

More information

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領 四 国 中 央 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 23 年 9 月 26 日 告 示 第 182 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る た め 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 事 委 員 会 の 設 置 なし 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B A-B ( 改 定 率 ) 給 与 改 定 率 ( 参 考 ) 国 の 改 定 率 24 年 度 円 円 円 円 ( ) 改

(5) 給 与 改 定 の 状 況 事 委 員 会 の 設 置 なし 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B A-B ( 改 定 率 ) 給 与 改 定 率 ( 参 考 ) 国 の 改 定 率 24 年 度 円 円 円 円 ( ) 改 柳 井 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 (23 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 34,890 16,214,109 468,464 2,650,321 16.3 16.5 (2)

More information

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続 (7) 就 業 規 則 の 必 要 記 載 事 項 必 ず 記 載 しなければならない 事 項 ( 労 基 法 89 条 1 号 ~3 号 ) 1 始 業 終 業 時 刻 休 憩 時 間 休 日 休 暇 交 替 制 勤 務 をさせる 場 合 は 就 業 時 転 換 に 関 する 事 項 2 賃 金 の 決 定 計 算 及 び 支 払 の 方 法 賃 金 の 締 切 り 及 び 支 払 の 時 期 並

More information

第 8 条 本 協 議 会 における 研 修 は 以 下 のとおりとする (1) 座 学 研 修 農 業 講 座 や 先 進 農 家 視 察 など 農 業 経 営 基 礎 講 座 やその 他 担 い 手 のための 研 修 会 等 への 参 加 など 年 24 回 程 度 とする (2) 実 務 研

第 8 条 本 協 議 会 における 研 修 は 以 下 のとおりとする (1) 座 学 研 修 農 業 講 座 や 先 進 農 家 視 察 など 農 業 経 営 基 礎 講 座 やその 他 担 い 手 のための 研 修 会 等 への 参 加 など 年 24 回 程 度 とする (2) 実 務 研 南 阿 蘇 村 農 業 研 修 生 受 入 協 議 会 青 年 就 農 給 付 金 ( 準 備 型 ) 農 業 研 修 生 受 入 要 項 平 成 24 年 4 月 27 日 制 定 平 成 24 年 6 月 13 日 一 部 改 正 平 成 24 年 10 月 31 日 一 部 改 正 ( 目 的 ) 第 1 条 本 要 項 は 新 規 就 農 総 合 支 援 事 業 実 施 要 綱 ( 農 林

More information

資料2 利用者負担(保育費用)

資料2 利用者負担(保育費用) 新 制 度 の 保 育 料 ( 利 用 者 負 担 額 )について 資 料 2 新 制 度 における 保 育 料 については 子 ども 子 育 て 支 援 法 に 基 づき 現 行 の 保 育 制 度 と 同 様 世 帯 の 所 得 の 状 況 その 他 の 事 情 を 勘 案 し 国 が 定 める 水 準 を 上 限 として 市 町 村 が 定 めることになりま す 国 が 定 める 水 準 については

More information

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼 高 浜 市 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援 事 業 実 施 要 綱 平 成 27 年 9 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 1 05 号 以 下 法 という ) 第 6 条 第 1 項 第 3 号 の 規 定 に 基 づ き 市 が 実 施 する 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援

More information

簡易保育所通園児の保護者の皆様へ

簡易保育所通園児の保護者の皆様へ 平 成 28 年 度 船 橋 市 認 可 外 保 育 施 設 通 園 児 補 助 金 申 請 の 手 引 き 事 業 の 概 要 保 護 者 の 経 済 的 負 担 を 軽 減 することを 目 的 として 認 可 外 保 育 施 設 を 利 用 している 乳 幼 児 の 保 護 者 に 補 助 金 を 交 付 します 認 可 外 保 育 施 設 とは 保 育 を 行 うことを 目 的 とする 施 設

More information

    平成11年度余市町私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

    平成11年度余市町私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 余 市 町 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 1 この 要 綱 は 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 が 保 育 料 等 の 減 免 をする 場 合 に 余 市 町 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 の 交 付 について 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 この 要 綱 でいう ひとり 親 世 帯 等 とは 保 護 者 又

More information

は 共 有 名 義 )で 所 有 権 保 存 登 記 又 は 所 有 権 移 転 登 記 を された も の で あ る こと (3) 居 室 便 所 台 所 及 び 風 呂 を 備 え 居 住 の ために 使 用 す る 部 分 の 延 べ 床 面 積 が 5 0 平 方 メ ー ト ル 以 上

は 共 有 名 義 )で 所 有 権 保 存 登 記 又 は 所 有 権 移 転 登 記 を された も の で あ る こと (3) 居 室 便 所 台 所 及 び 風 呂 を 備 え 居 住 の ために 使 用 す る 部 分 の 延 べ 床 面 積 が 5 0 平 方 メ ー ト ル 以 上 蕨 市 三 世 代 ふれあい 家 族 住 宅 取 得 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 子 育 て 中 の 子 世 帯 及 びその 親 世 帯 の 同 居 又 は 近 居 ( 以 下 同 居 等 と い う ) を 促 進 す る た め 住 宅 の 取 得 に 係 る 費 用 の 一 部 を 補 助 す る こ と に よ り 三 世 代 の 市 内 定 住

More information

国立大学法人 東京医科歯科大学教職員就業規則

国立大学法人 東京医科歯科大学教職員就業規則 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 育 児 休 業 等 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 3 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 37 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 国

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は 加 西 市 賃 貸 共 同 住 宅 等 建 設 促 進 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 賃 貸 共 同 住 宅 等 を 新 築 した 者 に 対 して 補 助 金 を 交 付 することにより 賃 貸 共 同 住 宅 等 の 建 設 を 促 進 し 人 口 の 増 加 に 資 することを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次

More information

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同 半 田 市 立 学 校 職 員 に 係 る 自 家 用 自 動 車 の 公 務 使 用 に 関 する 取 扱 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 公 務 の 円 滑 な 執 行 に 資 するため 半 田 市 立 学 校 に 勤 務 する 県 費 負 担 教 職 員 ( 以 下 学 校 職 員 という )が 出 張 に 際 し 職 員 等 の 旅 費 に 関 する 条 例 ( 昭 和

More information

平 成 2 1 年 度 か ら 新 留 萌 市 財 政 健 全 化 計 画 に 基 づ く 給 与 抑 制 措 置 を 実 施 し て い る が 平 成 2 4 年 度 及 び 平 成 2 6 年 度 に 見 直 し を 行 っ た こ と に よ り 平 成 2 6 年 4 月 1 日 の ラ

平 成 2 1 年 度 か ら 新 留 萌 市 財 政 健 全 化 計 画 に 基 づ く 給 与 抑 制 措 置 を 実 施 し て い る が 平 成 2 4 年 度 及 び 平 成 2 6 年 度 に 見 直 し を 行 っ た こ と に よ り 平 成 2 6 年 4 月 1 日 の ラ 平 成 26 年 度 公 表 分 留 萌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 に つ い て 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 26 年 1 月 1 日 ) A B B / A 25 年 度 の 件 費 率 25 年 度 千 千 千 2 3, 4 4 0 1

More information

- 1 - 総 控 負 傷 疾 病 療 養 産 産 女 性 責 帰 べ 由 試 ~ 8 契 約 契 約 完 了 ほ 契 約 超 締 結 専 門 的 知 識 技 術 験 専 門 的 知 識 高 大 臣 専 門 的 知 識 高 専 門 的 知 識 締 結 契 約 満 歳 締 結 契 約 契 約 係 始

- 1 - 総 控 負 傷 疾 病 療 養 産 産 女 性 責 帰 べ 由 試 ~ 8 契 約 契 約 完 了 ほ 契 約 超 締 結 専 門 的 知 識 技 術 験 専 門 的 知 識 高 大 臣 専 門 的 知 識 高 専 門 的 知 識 締 結 契 約 満 歳 締 結 契 約 契 約 係 始 部 案 参 照 文 目 1 1 持 可 能 療 険 制 構 築 国 民 険 部 9 部 11 1 5 特 別 15 6 17 7 運 確 18 8 0 9 独 立 10 - 1 - 総 控 負 傷 疾 病 療 養 産 産 女 性 責 帰 べ 由 試 ~ 8 契 約 契 約 完 了 ほ 契 約 超 締 結 専 門 的 知 識 技 術 験 専 門 的 知 識 高 大 臣 専 門 的 知 識 高 専 門

More information

(2) 懲 戒 については 戒 告 は 3 ヵ 月 減 給 は 6 ヵ 月 停 職 は 9 ヵ 月 4 病 気 休 暇 休 職 欠 勤 により 勤 務 しなかった 職 員 が 再 び 勤 務 するに 至 った 場 合 において 他 の 職 員 との 均 衡 上 必 要 があると 認 められるときは

(2) 懲 戒 については 戒 告 は 3 ヵ 月 減 給 は 6 ヵ 月 停 職 は 9 ヵ 月 4 病 気 休 暇 休 職 欠 勤 により 勤 務 しなかった 職 員 が 再 び 勤 務 するに 至 った 場 合 において 他 の 職 員 との 均 衡 上 必 要 があると 認 められるときは 財 団 法 人 大 分 県 文 化 スポーツ 振 興 財 団 プロパー 職 員 給 与 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 財 団 法 人 大 分 県 文 化 スポーツ 振 興 財 団 職 員 就 業 規 程 ( 以 下 就 業 規 程 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき プロパー 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798DC5905694C5817A3230313230388A4F8D91906C8CA48B868ED282CC8EF393FC>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798DC5905694C5817A3230313230388A4F8D91906C8CA48B868ED282CC8EF393FC> 鳥 取 大 学 外 国 人 研 究 者 受 入 の 手 引 き 研 究 国 際 協 力 部 国 際 交 流 課 国 際 交 流 係 平 成 24 年 9 月 1 日 改 正 目 次 [ 来 日 前 の 手 続 き] P1 1. 手 続 きの 流 れ 2. 在 留 資 格 認 定 証 明 書 交 付 申 請 手 続 き 3. 住 居 について [ 来 日 後 の 手 続 き] P4 1. 新 規 住

More information

<323420976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8CF6955C8366815B835E2E786C73>

<323420976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8CF6955C8366815B835E2E786C73> 富 田 林 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 平 成 4 年 度 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) ( 注 )1 職 員 手 当 には

More information

2015①.表紙.xdw

2015①.表紙.xdw 2015 年 度 緊 急 入 学 時 給 付 奨 学 金 各 種 証 明 書 類 貼 付 台 帳 台 帳 ごと 提 出 すること 台 帳 に 貼 付 する 書 類 はすべてコピーで 提 出 してください ( 原 本 はお 手 許 で 保 管 ください) 入 学 予 定 ( 希 望 ) 学 部 氏 名 フリカ ナ 台 紙 別 証 明 書 類 貼 付 一 覧 本 冊 子 の 台 紙 A B C D E

More information

<976C8EAE817995CA8B4C91E6312C328D86976C8EAE2C976C8EAE2831298160283329817A2E786C73>

<976C8EAE817995CA8B4C91E6312C328D86976C8EAE2C976C8EAE2831298160283329817A2E786C73> 新 潟 県 産 休 等 代 替 職 員 制 度 実 施 要 綱 第 1 性 格 及 び 目 的 産 休 代 替 職 員 制 度 は 市 町 村 又 は 社 会 福 祉 法 人 等 が 設 置 する 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 又 は 傷 病 のため 長 期 間 にわたって 継 続 する 休 暇 を 必 要 とす る 場 合 当 該 児 童 福 祉 施 設 等 の 長 がその

More information

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について 改 正 後 一 時 預 かり 事 業 実 施 要 綱 新 旧 対 照 表 改 正 前 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 一 次 改 正 28 文 科 初 第 519 号 雇 児 発 0705 第 1 号 平 成 2 8 年

More information

子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 が 平 成 27 年 4 月 から 始 まりました これにより 保 育 所 を 利 用 する 際 の 手 続 きがこれまでと 変 わります 入 所 申 込 みにあたって 保 育 所 を 利 用 するには 保 育 所 は 保 育 を 必 要 とする 乳 児 幼

子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 が 平 成 27 年 4 月 から 始 まりました これにより 保 育 所 を 利 用 する 際 の 手 続 きがこれまでと 変 わります 入 所 申 込 みにあたって 保 育 所 を 利 用 するには 保 育 所 は 保 育 を 必 要 とする 乳 児 幼 磐 梯 町 保 育 所 入 所 ガイド 平 成 28 年 度 版 目 次 入 所 申 込 みにあたって 保 育 所 を 利 用 するには P1 保 育 の 必 要 時 間 について P1 入 所 できる 年 齢 P2 保 育 実 施 日 P2 〇 開 所 時 間 P2 入 所 までの 流 れ P2 〇 保 育 認 定 ( 入 所 申 込 み)に 必 要 な 書 類 P3 〇 保 育 料 算 定 に

More information

目  次

目  次 年 金 手 当 について 障 害 基 礎 年 金 公 的 年 金 制 度 に 加 入 している 期 間 中 に 被 った 傷 病 により 障 害 者 になった 場 合 に 年 金 や 一 時 金 が 支 給 されます( 申 請 は 原 則 65 歳 までとなりま) 制 度 の 種 類 支 給 要 件 年 金 額 中 央 窓 口 センター 国 民 年 金 係 823-9439 国 民 年 金 障 害

More information

号 領 命 地 震 長 損 害 医 療 医 療 領 機 構 配 偶 容 引 落 止 借 延 長 象 居 延 長 取 居 開 始 見 直 準 化 仮 係 毎 仮 算 仮 降 止 転 継 津 署 土 祝 開 設 テ ク ス ピ ア 阪 [ 南 海 線 津 駅 下 ]! 復 興 及 び 贈 地 及 び 復

号 領 命 地 震 長 損 害 医 療 医 療 領 機 構 配 偶 容 引 落 止 借 延 長 象 居 延 長 取 居 開 始 見 直 準 化 仮 係 毎 仮 算 仮 降 止 転 継 津 署 土 祝 開 設 テ ク ス ピ ア 阪 [ 南 海 線 津 駅 下 ]! 復 興 及 び 贈 地 及 び 復 今 コテツ 各 種 号 際 義 そ 全 そ 少 軽 減 機 構 部 際 降 初 同 様 照 専 ダ イ ヤ ル 第 土 わ 喪 失 忘! 新 喪 失 喪 失 伴 再 算 じ 効 届 注 意 原 則 々 引 落 払 キ ャ シ ュ カ ド 帳 帳 届 印 融 機 関 便 ゆ ち 銀 各 窓 石 忘? 石! 券 済 早 券 象 発 見 再 発 次 該 署 払 払 報 就 援 助 土 階 議 類 印 鑑

More information

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和 福 山 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 家 庭 の 所 得 状 況 に 応 じて 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るとともに, 公 私 立 幼 稚 園 間 の 保 護 者 負 担 の 格 差 の 是 正 を 図 るため, 予 算 の 範 囲 内 において 福 山 市 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨

More information

Microsoft Word - y0813040.doc

Microsoft Word - y0813040.doc 桜 井 市 規 程 要 綱 集 y0813040 桜 井 市 重 度 心 身 障 害 老 等 医 療 費 助 成 要 綱 桜 井 市 重 度 心 身 障 害 老 等 医 療 費 助 成 要 綱 昭 和 58 年 1 月 25 日 告 示 第 9 号 改 正 平 成 12 年 07 月 01 日 告 示 第 82 号 改 正 平 成 14 年 09 月 27 日 告 示 第 146 号 改 正 平 成

More information

目 次 1. 社 会 保 障 分 野 でできること 1 1 高 額 医 療 高 額 介 護 合 算 制 度 の 改 善 2 保 険 証 機 能 の 一 元 化 3 自 己 診 療 情 報 の 活 用 4 給 付 可 能 サービスの 行 政 側 からの 通 知 2. 年 金 分 野 でできること 5

目 次 1. 社 会 保 障 分 野 でできること 1 1 高 額 医 療 高 額 介 護 合 算 制 度 の 改 善 2 保 険 証 機 能 の 一 元 化 3 自 己 診 療 情 報 の 活 用 4 給 付 可 能 サービスの 行 政 側 からの 通 知 2. 年 金 分 野 でできること 5 資 料 3 番 号 制 度 で 何 ができるようになるか 2011 年 1 月 31 日 内 閣 官 房 社 会 保 障 改 革 担 当 室 ( 注 )ここで 示 される 利 用 場 面 については 関 係 者 にシステム 対 応 等 の 負 担 を 求 める 可 能 性 があることや 個 人 情 報 等 の 取 扱 い 等 に 特 に 留 意 が 必 要 な 場 合 もあることから 引 き 続 き

More information

介護保険制度改正にかかる事業所説明会

介護保険制度改正にかかる事業所説明会 資 料 3 予 防 生 活 支 援 サー 事 業 へ 移 行 時 のポイント 杉 並 区 役 所 保 健 福 祉 部 高 齢 者 施 策 課 総 合 事 業 整 備 係 1 利 用 者 の 総 合 事 業 への 移 行 時 期 予 防 給 付 予 防 生 活 支 援 サー 事 業 給 付 平 成 27 年 度 平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 保 険 法 改 正 予 防 生 活 支 援 サー

More information

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 細 則 第 1 総 則 1 趣 旨 この 細 則 は 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 要 領 ( 以 下 要 領 という ) 第 26 条 の 規 定 に 基 づ き 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 財 産 形 成 貯 蓄 残 高 明 細 表 福 利

More information

子ども・子育て支援新制度とは

子ども・子育て支援新制度とは 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 新 制 度 について:こども 政 策 課 620-1625 保 育 所 幼 稚 園 認 定 こども 園 について: 保 育 幼 稚 園 課 620-1638 学 童 保 育 について: 学 童 保 育 課 620-1801 利 用 者 支 援 について: 子 育 て 支 援 課 620-1633 新 制 度 の 詳 しい 内 容 は 内 閣 府 HP http://www8.cao.go.jp/shoushi/shinseido/index.html

More information