<967B8E5292AC95B689BB8DE08E6A90D58A E786C73>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<967B8E5292AC95B689BB8DE08E6A90D58A E786C73>"

Transcription

1 1 長 徳 寺 跡 長 徳 寺 は 久 安 5 年 (1149) 吾 橋 庄 に 創 建 と 伝 えられる 吾 橋 庄 は を 中 心 に 汗 見 川 の 流 域 に 広 がる 領 主 頼 則 盛 政 らが 開 発 した 荘 園 で 長 徳 寺 はその 菩 提 寺 長 徳 寺 跡 は 河 岸 段 丘 状 の 緩 傾 斜 地 であり 北 に 山 を 背 負 い 日 当 たりも 良 く 南 西 方 は 崖 汗 見 川 がこの 辺 りより 南 へ 流 を 変 え 吉 野 川 に 合 流 する 台 地 には 谷 水 もあり 見 晴 らし 良 好 である 原 始 の 人 々が 住 み 着 く 全 ての 条 件 の 整 った 場 所 であった 長 徳 寺 跡 周 辺 から 石 錘 や 石 斧 などの 縄 文 式 土 器 片 や 弥 生 式 土 器 が 発 見 されている ( 史 跡 ) 2 若 一 王 子 宮 神 殿 と 社 叢 長 徳 寺 文 書 (1176)に 初 出 記 載 される 古 社 文 書 中 にみえる 長 徳 寺 三 社 の 一 つ の 大 宮 に 鎮 座 する 平 安 時 代 に 熊 野 から 勧 請 された 旧 郷 社 境 内 から 弥 生 ~ 平 安 時 代 の 遺 物 が 出 土 した 現 在 の 社 殿 は 明 治 8 年 の 建 設 で 着 工 から 落 成 まで 約 13 年 を 要 した 三 入 母 屋 造 の 社 殿 の 用 材 彫 刻 や 組 物 は 見 事 である 参 道 林 中 に 親 子 杉 夫 婦 杉 がある ( 有 形 文 化 財 天 然 記 念 物 ) 3 瀧 山 一 揆 跡 慶 長 6 年 (1601)に 土 佐 に 入 国 した 山 内 氏 は 要 地 に 重 臣 を 配 置 して 治 国 内 の 安 定 を 図 った 長 宗 我 部 氏 遺 臣 の 一 領 具 足 や 旧 名 主 層 への 圧 迫 は 著 しく では 領 主 となった 山 内 刑 部 の 厳 しい 年 貢 強 要 に 抵 抗 した 北 山 村 庄 屋 高 石 左 馬 之 助 が 慶 長 8 年 (1603) 北 山 五 ヶ 村 の 百 姓 に 呼 びかけて 一 揆 を 起 こし 瀧 山 の 岩 窟 に 立 て 籠 もった 瀧 山 は 高 山 で 鳥 も 通 いがたい とい われた 場 所 北 山 村 の 百 姓 たちは3ヶ 月 間 瀧 山 に 籠 もって 抵 抗 している 山 内 勢 は 高 知 城 下 からの 応 援 を 得 多 大 の 犠 牲 を 払 いこれを 鎮 定 した 左 馬 之 助 は 讃 岐 へ 敗 走 弟 吉 之 助 は 敗 走 の 途 中 で 死 亡 している 一 揆 鎮 定 後 も 百 姓 たちは 北 山 五 百 石 に 鍬 を 入 れることなく 土 地 は 荒 れ 放 題 の 状 況 が 続 き 山 内 側 が 譲 歩 する 形 で 年 貢 収 納 率 引 下 げ 免 除 処 罰 なしなど の 条 件 で 生 業 に 復 した ( 史 跡 ) 北 山 4 旧 山 下 家 門 旧 山 下 家 は 参 勤 交 代 時 に 藩 主 の 休 憩 所 にあてられた 家 である 吉 野 川 出 水 で 上 関 渡 しが 通 行 できない 時 の 宿 泊 所 にもあてられた 現 在 は 門 ( 薬 医 門 )と 石 垣 が 残 る 石 垣 は 吉 野 川 上 流 の 地 域 より 集 めた 石 を 使 用 し 積 み 上 げている 山 下 家 は 香 川 の 豪 農 の 分 家 と 伝 えられる ( 有 形 文 化 財 ) 下 関 5 秋 田 夫 人 の 墓 慶 安 4 年 (1651) 野 中 兼 山 は 母 秋 田 夫 人 の 逝 去 に 遭 い 儒 礼 により 土 葬 で 埋 葬 した 埋 葬 の 地 として 帰 全 山 を 選 び 1 千 人 の 夫 役 と2ヶ 月 の 日 数 を 投 じて 墓 地 を 造 成 埋 葬 後 は 墓 地 の 横 に 喪 屋 が 建 てられ 母 没 後 の3 年 間 をここで 喪 に 服 している 帰 全 山 の 名 は 儒 家 山 崎 闇 斎 が 選 んだといわれ その 地 形 から 雁 山 とも 呼 ばれている ( 史 跡 )

2 6 野 中 順 の 墓 順 は 野 中 兼 山 の 長 女 である 祖 母 秋 田 夫 人 と 同 じ 囲 いの 中 に 眠 る 秋 田 夫 人 の 墓 の 後 方 の 墓 碑 は 順 のもの 順 は4 歳 で 早 死 帰 全 山 に 埋 葬 されたことが 野 中 氏 系 譜 に 記 されて い る ( 史 跡 ) 7 帰 全 山 記 帰 全 山 公 園 内 西 方 の 小 高 い 丘 の 上 にある 鉄 塔 で 儒 家 山 崎 闇 斎 が 慶 安 4 年 (1651) 野 中 兼 山 の 母 の 埋 葬 にあたり 墓 所 のある 小 山 を 記 全 山 と 名 づけた 鉄 塔 には 秋 田 夫 人 の 墓 碑 銘 と 帰 全 山 の 記 が 刻 まれている ( 有 形 文 化 財 ) 8 松 ノ 木 遺 跡 と 縄 文 式 土 器 松 ノ 木 遺 跡 は 縄 文 時 代 後 期 前 葉 の 松 ノ 木 式 土 器 標 識 遺 跡 である 1990 年 農 道 の 拡 幅 工 事 中 に 発 見 された 松 ノ 木 遺 跡 出 土 の 縄 文 土 器 は 西 日 本 における 縄 文 時 代 後 期 土 器 編 年 の 空 白 の 一 形 式 を 埋 めるものであり 松 ノ 木 式 土 器 と 命 名 され 標 識 設 定 された 発 見 以 来 4 次 にわたって 実 施 された 調 査 で 縄 文 時 代 前 期 中 期 の 遺 物 遺 構 も 確 認 されてい る また 弥 生 時 代 後 期 から 古 墳 時 代 初 頭 の 竪 穴 式 住 居 が 十 数 棟 発 見 されたことから 住 居 は 調 査 区 域 外 にも 広 がっていることが 予 想 され 当 該 期 の 大 集 落 の 存 在 を 示 唆 している ( 史 跡 有 形 文 化 財 ) 9 銀 杏 ノ 木 遺 跡 保 育 所 の 南 側 で 弥 生 時 代 後 期 を 中 心 に 縄 文 時 代 早 期 の 遺 物 遺 構 が 発 見 され 地 番 改 正 前 の 地 名 呼 称 から 銀 杏 ノ 木 遺 跡 と 名 付 けられた 嶺 北 高 校 校 庭 遺 跡 とともに 吉 野 川 に 沿 う 河 岸 段 丘 上 の 集 落 跡 と 見 られる ( 史 跡 ) 10 氏 の 祖 といわれる 八 木 伊 典 の 墓 土 佐 物 語 巻 一 に 八 木 左 近 大 夫 源 茂 宗 といふ 人 伝 八 木 伊 典 の 墓 あり 茂 宗 祖 父 を 八 木 伊 典 といふ( 中 略 )いつの 頃 からか 彼 に 来 たりて 居 住 す 其 子 義 明 まで 三 代 本 姓 を 改 めて と 号 す とある ( 史 跡 )

3 11 土 居 屋 敷 跡 土 居 屋 敷 跡 は 戦 国 時 代 に 地 方 を 本 貫 とした 氏 の 土 居 ( 館 )であった 近 世 初 頭 に は に 封 ぜられた 山 内 刑 部 但 馬 父 子 続 いて 野 中 玄 番 兼 山 父 子 の4 代 にわたる 屋 敷 と なった 兼 山 時 代 の 土 居 は 上 段 中 段 下 段 からなり 入 り 口 下 段 に 文 武 館 中 段 に 長 屋 門 の 諸 建 物 があり 上 段 に 本 宅 があった ( 皆 山 集 ) 兼 山 失 脚 後 は 藩 士 の 在 番 が 置 かれ 享 保 3 年 (1718) 以 降 は 倉 番 土 居 門 番 が 配 置 された 参 勤 交 代 に 土 佐 街 道 ( 北 街 道 )が 用 いら れるようになると 参 勤 交 代 時 の 藩 主 の 宿 泊 所 にあてられ 以 後 御 殿 と 称 されるようにな る この 土 居 屋 敷 を 中 心 に 周 辺 に 土 居 下 と 呼 ばれる 小 規 模 な 場 が 形 成 されていた 明 治 になって 建 物 は 取 り 壊 され 跡 地 は 桜 の 公 園 として 整 備 されている ( 史 跡 ) 12 上 の 坊 南 学 寮 跡 野 中 兼 山 が 儒 学 者 山 崎 闇 斎 を 招 いて この 場 所 にあった 古 寺 で 土 佐 南 学 を 講 究 したといわれる 兼 山 は 禅 学 より 儒 学 に 転 向 し 勉 学 に 励 み 南 学 ( 海 南 朱 子 学 )といわれ るまでにその 学 問 を 発 展 させた ( 史 跡 ) 13 山 内 刑 部 夫 妻 の 墓 山 内 刑 部 は 山 内 家 の 家 老 であった 山 内 一 豊 の 土 佐 入 国 に 際 して その 軍 功 から 千 三 百 石 知 行 城 に 配 され 土 居 初 代 領 主 として 慶 長 6 年 (1601)に に 入 っている 慶 長 8 年 の 瀧 山 一 揆 の 鎮 定 に 努 め 元 和 元 年 (1615)の 大 阪 城 の 役 には 高 知 城 の 留 守 居 役 を 務 めた 元 和 6 年 63 歳 で 病 没 ( 史 跡 ) 14 城 跡 の 東 西 にそびえる 田 井 山 北 東 尾 根 の 先 端 部 にある 戦 国 時 代 以 降 郷 を 中 心 に 勢 力 を 伸 ばした 氏 の 居 城 跡 氏 は 弘 治 2 年 (1556)の 長 宗 我 部 国 親 との 秦 泉 寺 攻 撃 に 始 まる 攻 防 で 高 知 平 野 の 支 城 潮 江 城 長 浜 城 朝 倉 城 を 失 い に 退 いた 後 での 戦 いに 敗 れ 親 茂 の 時 長 宗 我 部 氏 の 軍 門 に 下 った 土 佐 における 戦 国 群 雄 中 の 雄 であった 本 山 氏 の 居 城 は 今 もその 遺 構 をとどめ 堀 切 や 詰 の 段 二 の 段 三 の 段 郭 の 遺 構 などが 残 っ ている ( 史 跡 ) 15 十 二 所 神 社 社 殿 と 社 叢 十 二 所 神 社 の 創 建 日 時 は 不 詳 当 初 長 徳 寺 鎮 守 三 社 の 一 つで 白 髪 神 社 若 一 王 子 宮 と 並 ぶ 神 社 であった 社 名 は 承 元 3 年 (1209)の 長 徳 寺 文 書 にみえる 永 禄 年 中 (1558~70)の 長 宗 我 部 氏 と 氏 の 合 戦 で 社 殿 を 焼 失 慶 長 15 年 (1610) の 今 宮 に 移 し 再 建 された 後 の 寛 永 15 年 (1638) 野 中 兼 山 によって 現 在 の 場 所 に 移 転 再 建 され 郷 の 総 鎮 守 とされ た ( 有 形 文 化 財 天 然 記 念 物 )

4 16 片 岡 館 片 岡 館 は 自 由 民 権 家 で 時 の 衆 議 院 議 長 片 岡 健 吉 の 尽 力 により 雁 山 を 眺 望 できる 現 在 の 場 所 に 建 築 された 上 棟 式 は 明 治 34 年 (1901)8 月 健 吉 は 熱 心 なキリスト 教 徒 でもあり 度 々 を 訪 れ の 青 年 たちと 交 流 している 片 岡 館 は の 公 共 的 会 合 などに 使 用 され 管 理 は に 委 託 された 明 治 36 年 片 岡 健 吉 は 病 没 後 の 大 正 5 年 (1916)に 遺 族 から 片 岡 館 を 譲 り 受 け 館 は 公 会 堂 として 使 用 されるようになった 現 在 は 跡 地 に 碑 が 残 ってい る ( 有 形 文 化 財 ) 17 井 ノ 窪 城 跡 吉 野 川 支 流 の 樫 ノ 川 下 流 東 岸 の 井 窪 にある 城 跡 土 佐 州 郡 志 では 城 主 不 詳 と 記 してい る 尾 根 上 に 二 つの 郭 跡 がある 二 つの 郭 は 尾 根 の 鞍 部 を 挟 んで 東 西 に 相 対 する 位 置 にあ り 同 じ 形 の 郭 である 現 在 東 の 郭 は 雑 木 林 で 西 の 郭 跡 はは 植 林 がされている ( 史 跡 ) 井 窪 18 吉 延 の 大 杉 と 乳 銀 杏 吉 延 は 吉 野 川 の 南 岸 樫 ノ 川 が 北 流 する 東 岸 にある 参 勤 交 代 道 沿 いの 阿 弥 陀 堂 の 境 内 に 齢 1200 年 の 大 杉 と 巨 木 の 乳 銀 杏 がある 大 杉 は 樹 高 43m 周 囲 ( 眼 高 )8m 乳 銀 杏 もかな りの 樹 齢 での 巨 木 である その 古 枝 から 無 数 の 大 小 の 突 起 を 下 げている ( 天 然 記 念 物 ) 吉 延 19 縄 文 式 土 器 長 徳 寺 跡 出 土 昭 和 52 年 (1977) 長 徳 寺 跡 発 掘 の 際 に 出 土 楕 円 押 型 文 土 器 の 破 片 は 約 8000 年 前 のもので ある ( 有 形 文 化 財 ) 20 弥 生 式 土 器 嶺 北 高 校 校 庭 出 土 昭 和 30 年 (1955)の 嶺 北 高 校 校 庭 造 成 中 に 出 土 した 弥 生 時 代 後 期 のもの 周 辺 に 永 田 遺 跡 がある 嶺 北 高 校 に 展 示 ( 有 形 文 化 財 )

5 21 石 斧 上 奈 路 営 林 署 杉 檜 苗 床 出 土 大 正 9 年 (1920) 年 頃 上 奈 路 の 営 林 署 苗 床 の 地 表 で 発 見 された 磨 製 石 斧 嶺 北 高 校 に 展 示 されている ( 有 形 文 化 財 ) 北 山 22 県 帰 全 山 帰 全 山 は 吉 野 川 北 岸 に 位 置 する 標 高 430mの 山 である 野 中 家 累 代 の 墓 地 や 山 崎 闇 斎 の 帰 全 山 記 や 延 享 2 年 (1745) 創 建 の 野 中 陣 神 社 昭 和 44 年 (1969)に 建 設 の 野 中 兼 山 の 銅 像 などがある また ここには 日 露 戦 争 に 従 軍 した 村 出 身 の 戦 病 者 を 埋 葬 している 明 治 38 年 に 個 人 の 所 有 であった 帰 全 山 を 村 が 買 い 取 り 公 園 として 整 備 した 着 工 明 治 38 年 (1905) 7 月 完 工 明 治 39 年 (1906)3 月 ( 史 跡 ) 23 県 汗 見 川 枕 状 溶 岩 汗 見 川 七 戸 冬 ノ 瀬 地 域 の 手 前 白 髪 の 滝 より 下 流 の 川 原 で 藍 閃 緑 簾 石 を 含 む 珍 しい 枕 状 溶 岩 (ピロープレッチャー)の 露 頭 が 観 察 できる 枕 状 溶 岩 の 存 在 はかつて 海 底 火 山 によって 噴 出 した(1000m 以 浅 ) 玄 武 岩 であったことを 示 すものである 地 下 20kmまで 沈 み 高 圧 条 件 下 で 変 成 (7 千 年 前 )され その 後 地 上 まで 浮 上 したもの 変 成 温 度 は150 度 ~300 度 の 範 囲 で ある 三 波 川 変 成 帯 の 地 層 の 走 向 は ほぼ 東 西 に 走 っているのに 対 し 汗 見 川 は 南 北 方 向 に 流 れているため 30 種 類 以 上 の 変 成 岩 が 観 察 できる 貴 重 な 流 域 である 三 波 川 変 成 帯 はこ の 汗 見 川 を 中 心 として 世 界 でも 最 も 研 究 が 進 んでいる 地 質 といわれる ( 天 然 記 念 物 ) 瓜 生 野

町 には 私 たちの 祖 先 が 生 活 の 中 で 作 りだしたもの 残 してくれたものなど 貴 重 な が たくさんあります その 中 で 国 県 町 指 定 重 要 遺 跡 ( 埋 蔵 包 蔵 地 )があり その 保 存 や 保 護 に 努 め ております ( 下 記 一 覧 は 平 成 24

町 には 私 たちの 祖 先 が 生 活 の 中 で 作 りだしたもの 残 してくれたものなど 貴 重 な が たくさんあります その 中 で 国 県 町 指 定 重 要 遺 跡 ( 埋 蔵 包 蔵 地 )があり その 保 存 や 保 護 に 努 め ております ( 下 記 一 覧 は 平 成 24 奥 会 津 博 物 館 TEL 0241-66 66-3077 3077 奥 会 津 博 物 館 は 私 たちの 祖 先 が 何 百 年 もの 間 使 用 してきた 民 具 や 道 具 約 15,000 点 を 収 蔵 し ています これらの 中 には 昭 和 57 年 と 平 成 2 年 に 国 の 重 要 民 俗 奥 会 津 の 山 村 生 産 用 具 に 指 定 された 5,058 点 の 資

More information

2 真 田 丸 の 時 代 の 領 主 国 衆 から 徳 川 大 名 へ 箕 輪 城 内 藤 昌 月 直 矩 武 田 氏 織 田 氏 北 条 氏 (1575~90) 内 藤 氏 は 甲 斐 国 の 国 衆 武 田 信 虎 ( 信 玄 の 父 )に 滅 ぼされるが 昌 秀 の 時 に 晴 信 の 重

2 真 田 丸 の 時 代 の 領 主 国 衆 から 徳 川 大 名 へ 箕 輪 城 内 藤 昌 月 直 矩 武 田 氏 織 田 氏 北 条 氏 (1575~90) 内 藤 氏 は 甲 斐 国 の 国 衆 武 田 信 虎 ( 信 玄 の 父 )に 滅 ぼされるが 昌 秀 の 時 に 晴 信 の 重 高 崎 学 検 定 講 座 / 高 崎 市 市 民 活 動 センター ソシアス/ 平 成 28 年 5 月 21 日 ( 土 ) 真 田 丸 時 代 の 高 崎 群 馬 県 立 歴 史 博 物 館 簗 瀬 大 輔 1 真 田 丸 の 時 代 - 戦 国 時 代 の 最 終 段 階 - 戦 国 時 代 前 期 (15 世 紀 後 半 ) 中 期 (16 世 紀 前 半 ) 後 期 (16 世 紀 後

More information

四 わ か っ た こ と ( 一 ) 志 筑 城 の 歴 史 志 筑 か ら 恋 瀬 川 と 筑 波 山 が 見 え る 景 色 は と て も 美 し く 昔 か ら た く さ ん の 歌 人 が そ の 景 色 や 様 子 を 歌 に し ま し た こ の 歌 を 鑑 賞 し た 多 く

四 わ か っ た こ と ( 一 ) 志 筑 城 の 歴 史 志 筑 か ら 恋 瀬 川 と 筑 波 山 が 見 え る 景 色 は と て も 美 し く 昔 か ら た く さ ん の 歌 人 が そ の 景 色 や 様 子 を 歌 に し ま し た こ の 歌 を 鑑 賞 し た 多 く 調 べて GO! 志 筑 た ん け ん 隊 志 筑 小 4 年 秋 山 遥 浅 野 琴 美 安 達 未 来 石 井 敬 太 市 ノ 澤 翔 一 梅 沢 幸 斗 大 山 陽 人 釜 津 田 優 花 久 保 田 健 太 小 松 崎 永 遠 杉 本 梨 奈 鈴 木 花 佳 冨 田 明 日 香 友 常 瑞 稀 長 澤 龍 人 中 島 綾 香 中 島 唯 沼 田 博 樹 長 谷 川 晴 香 長 谷 川 莉

More information

旧 市 町 村 コード 名 称 種 別 時 代 所 在 地 概 要 備 考 旧 30 実 竹 城 跡 城 跡 中 世 青 近 郭, 堀 切, 土 塁 広 島 県 中 世 城 館 遺 跡 総 17-47 001,( 実 竹 山 城 跡 ) 31 ほてくら 北 第 1 号 古 古 古 青 近 横 穴 式

旧 市 町 村 コード 名 称 種 別 時 代 所 在 地 概 要 備 考 旧 30 実 竹 城 跡 城 跡 中 世 青 近 郭, 堀 切, 土 塁 広 島 県 中 世 城 館 遺 跡 総 17-47 001,( 実 竹 山 城 跡 ) 31 ほてくら 北 第 1 号 古 古 古 青 近 横 穴 式 世 羅 郡 世 羅 町 ( 旧 世 羅 郡 甲 山 町, 世 羅 西 町 を 含 む) 県 指 定 史 跡 旧 市 町 村 コード 県 7 康 徳 寺 古 世 羅 郡 世 羅 町 寺 町 径 17mの 円 長 さ8.3mの 横 穴 式 石 室 を 設 ける 平 成 7 年 発 掘 調 査 が 行 わ れ, 須 恵 器 などのほか 泥 塔 など 祭 祀 遺 物 が 多 数 出 土 した 県 9 万 福

More information

(差し替え)資料1-2 国有:補足資料

(差し替え)資料1-2 国有:補足資料 補 足 資 料 主 要 庁 舎 の 移 転 再 配 置 計 画 (イメージ) 第 2 期 初 築 地 の 海 洋 情 報 部 を 臨 海 部 に 仮 移 転 (1) 第 2 期 末 東 京 国 税 局 を 築 地 に 移 転 気 象 庁 を 霞 が 関 近 辺 ( 虎 ノ 門 )に 移 転 (2) 25 年 内 閣 府 新 合 同 庁 舎 建 設 (3) 第 3 期 初 大 手 町 を (4) 第

More information

<8E9197BF8251814095578F80926E95CA8CF68EA689BF8A6988EA97972E786C73>

<8E9197BF8251814095578F80926E95CA8CF68EA689BF8A6988EA97972E786C73> 前 年 葵 - 1 葵 - 1 静 岡 市 葵 区 音 羽 町 214 番 3 208,000 206,000 1.0 音 羽 町 5-6 * 葵 - 2 葵 - 2 静 岡 市 葵 区 西 草 深 町 19 番 7 247,000 244,000 1.2 西 草 深 町 19-16 葵 - 3 葵 - 3 静 岡 市 葵 区 安 東 2 丁 目 150 番 201,000 199,000 1.0

More information

untitled

untitled 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 10 八 幡 市 の 財 政 平 成 22 年 度 一 般 会 計 歳 入 当 初 予 算 ( 単 位 : 千 円 ) 府 支 出 金 (6.1%)1,426,220 繰 入 金 (4.5%)1,031,131 市 債 (10.6%)2,458,500 国 庫 支 出 金 (14.4%)3,350,029 地 方 消 費

More information

市 郡 沿 革 表 徳 島 市 明 治 3 年 明 治 22 年 0 月 日 大 正 5 年 4 月 日 昭 和 3 年 0 月 日 昭 和 2 年 4 月 日 昭 和 2 年 0 月 日 昭 和 26 年 4 月 日 昭 和 30 年 月 日 昭 和 30 年 2 月 日 昭 和 4 年 0 月

市 郡 沿 革 表 徳 島 市 明 治 3 年 明 治 22 年 0 月 日 大 正 5 年 4 月 日 昭 和 3 年 0 月 日 昭 和 2 年 4 月 日 昭 和 2 年 0 月 日 昭 和 26 年 4 月 日 昭 和 30 年 月 日 昭 和 30 年 2 月 日 昭 和 4 年 0 月 付 付 録 録 市 郡 沿 革 表 徳 島 市 明 治 3 年 明 治 22 年 0 月 日 大 正 5 年 4 月 日 昭 和 3 年 0 月 日 昭 和 2 年 4 月 日 昭 和 2 年 0 月 日 昭 和 26 年 4 月 日 昭 和 30 年 月 日 昭 和 30 年 2 月 日 昭 和 4 年 0 月 日 昭 和 42 年 月 日 鳴 門 市 明 治 22 年 0 月 日 昭 和 22

More information

’V3000Form−®’¬.xls

’V3000Form−®’¬.xls 1821 姓 3034 本 SET 1-5 コート 姓 数 量 184 天 野 383 池 野 556 入 江 728 梅 林 910 大 上 あ 190 雨 宮 391 池 本 559 入 沢 729 梅 原 912 大 内 3 阿 久 津 197 綾 部 395 石 井 567 岩 井 731 梅 村 913 大 浦 12 阿 部 201 荒 井 397 石 上 570 岩 上 732 梅 本

More information

標 記 本 朝 通 鑑 近 衛 帝 卅 五 林 鵞 峰 撰 9627 標 記

標 記 本 朝 通 鑑 近 衛 帝 卅 五 林 鵞 峰 撰 9627 標 記 1 1 2 9591 標 記 本 朝 通 鑑 前 編 神 書 完 林 鵞 峰 撰 9592 標 記 本 朝 通 鑑 神 武 帝 至 安 康 帝 一 林 羅 山 撰 ウア1 1-1 明 治 八 年 十 一 月 十 五 日 ウア1 1-2 版 権 免 許 ( 見 返 し) 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27

More information

ごあいさつ

ごあいさつ ( 浅 利 氏 ) 檜 山 安 東 氏 脇 本 湊 戸 沢 氏 角 館 赤 尾 津 氏 岩 屋 氏 本 堂 氏 六 郷 氏 内 越 氏 石 沢 氏 滝 沢 氏 仁 賀 保 氏 祢 々 井 氏 矢 島 氏 下 村 氏 小 野 寺 氏 横 手 ごあいさつ 秋 田 藩 家 蔵 文 書 歴 史 上 の 人 物 と 秋 田 秋 田 藩 家 蔵 文 書 に 見 る 秋 田 の 戦 国 時 代 戦 国 時 代

More information

11 今 別 町 入 江 篤 北 尾 孝 公 成 田 博 川 村 達 夫 藤 田 久 川 崎 守 木 村 務 嶋 中 幸 男 鹿 内 行 雄 小 野 孝 志 12 鯵 ケ 沢 町 平 田 衛 塚 本 武 範 田 附 俊 治 長 谷 川 誠 千 泥 忠 幸 沢 田 賢 治 長 谷 川 一 志 長 谷

11 今 別 町 入 江 篤 北 尾 孝 公 成 田 博 川 村 達 夫 藤 田 久 川 崎 守 木 村 務 嶋 中 幸 男 鹿 内 行 雄 小 野 孝 志 12 鯵 ケ 沢 町 平 田 衛 塚 本 武 範 田 附 俊 治 長 谷 川 誠 千 泥 忠 幸 沢 田 賢 治 長 谷 川 一 志 長 谷 1 青 森 市 秋 元 良 幸 二 本 柳 主 高 橋 勇 佐 々 木 芳 春 石 橋 修 豊 川 良 一 成 田 守 俊 吉 川 主 山 田 文 夫 葛 西 金 徳 2 弘 前 市 桜 庭 義 則 岡 本 洋 外 崎 美 智 幸 岩 崎 和 弘 野 口 幸 喜 渋 谷 鉄 五 郎 中 村 慎 二 相 馬 親 志 奈 良 道 明 長 内 力 3 八 戸 市 福 田 馨 田 中 勝 芳 風 張 清 志

More information

<966B94A98CB089C6944E955C202D2083528373815B2E786C73>

<966B94A98CB089C6944E955C202D2083528373815B2E786C73> 北 畠 顕 家 年 譜 和 暦 西 暦 月 日 出 来 事 史 料 文 保 2 年 1318 北 畠 親 房 の 子 として 誕 生 元 応 3 年 1321 1 月 1 日 顕 家 従 五 位 下 となる 正 中 2 年 1325 12 月 30 日 顕 家 侍 従 となる 嘉 暦 3 年 1328 3 月 16 日 顕 家 少 納 言 となる 嘉 暦 3 年 1328 4 月 19 日 顕 家

More information

14 1965( 昭 和 40) 6/19 20 15 1966( 昭 和 41) 6/18 19 16 1967( 昭 和 42) 6/24 25 17 1968( 昭 和 42) 6/15 16 18 1969( 昭 和 43) 6/14 15 19 1970( 昭 和 44) 6/13 14

14 1965( 昭 和 40) 6/19 20 15 1966( 昭 和 41) 6/18 19 16 1967( 昭 和 42) 6/24 25 17 1968( 昭 和 42) 6/15 16 18 1969( 昭 和 43) 6/14 15 19 1970( 昭 和 44) 6/13 14 全 日 本 学 生 柔 道 優 勝 大 会 ( 男 子 ) 赤 字 は オリンピック 世 界 選 手 権 全 日 本 選 手 権 のいずれかで3 位 以 内 に 入 ったことがある 選 手 四 年 連 続 で 優 秀 選 手 に 選 ばれたのは 山 下 泰 裕 正 木 嘉 美 斎 藤 制 剛 棟 田 康 幸 高 井 洋 平 回 日 時 優 勝 準 優 勝 第 3 位 優 秀 選 手 1 1952(

More information

57 毛 馬 中 央 公 園 大 阪 市 都 島 区 毛 馬 町 4 丁 目 1 58 毛 馬 北 公 園 大 阪 市 都 島 区 毛 馬 町 4 丁 目 13 59 毛 馬 東 公 園 大 阪 市 都 島 区 毛 馬 町 5 丁 目 5 60 城 北 緑 道 公 園 大 阪 市 都 島 区 毛 馬

57 毛 馬 中 央 公 園 大 阪 市 都 島 区 毛 馬 町 4 丁 目 1 58 毛 馬 北 公 園 大 阪 市 都 島 区 毛 馬 町 4 丁 目 13 59 毛 馬 東 公 園 大 阪 市 都 島 区 毛 馬 町 5 丁 目 5 60 城 北 緑 道 公 園 大 阪 市 都 島 区 毛 馬 1 扇 町 公 園 大 阪 市 北 区 扇 町 1 丁 目 1 2 南 天 満 公 園 大 阪 市 北 区 天 神 橋 1 丁 目 3ほか 3 西 天 満 公 園 大 阪 市 北 区 西 天 満 5 丁 目 7 4 東 天 満 公 園 大 阪 市 北 区 天 満 橋 1 丁 目 7 5 滝 川 公 園 大 阪 市 北 区 天 満 4 丁 目 7 6 菅 北 公 園 大 阪 市 北 区 菅 栄 町 4

More information

注 1) 朝 食 グは 毎 日 実 施 している 店 舗 と 土 日 祝 のみ 実 施 している 店 舗 がございます 注 2) 朝 食 グ 最 終 時 より30 分 後 までお 料 理 をご 利 用 いただけます( 例 : 最 終 時 が10:00の 店 舗 はまで) 注 3) 朝 食 グご 利

注 1) 朝 食 グは 毎 日 実 施 している 店 舗 と 土 日 祝 のみ 実 施 している 店 舗 がございます 注 2) 朝 食 グ 最 終 時 より30 分 後 までお 料 理 をご 利 用 いただけます( 例 : 最 終 時 が10:00の 店 舗 はまで) 注 3) 朝 食 グご 利 注 1) 朝 食 グは 毎 日 実 施 している 店 舗 と 土 日 祝 のみ 実 施 している 店 舗 がございます 注 2) 朝 食 グ 最 終 時 より30 分 後 までお 料 理 をご 利 用 いただけます( 例 : 最 終 時 が10:00の 店 舗 はまで) 注 3) 朝 食 グご 利 用 のお 客 様 は 店 内 ご 利 用 は11 時 30 分 まででお 願 い 致 します 注 4)

More information

由 回 ロ τ7 略 縁 起 号 都 柴 崎 普 済 臨 済 長 派 属 末 基 覚 等 術 奇 特 倉 俳 乱 園 禅 滅 興 元 徳 創 静 閉 若 相 鎌 倉 修 業 成 関 遊 歴

由 回 ロ τ7 略 縁 起 号 都 柴 崎 普 済 臨 済 長 派 属 末 基 覚 等 術 奇 特 倉 俳 乱 園 禅 滅 興 元 徳 創 静 閉 若 相 鎌 倉 修 業 成 関 遊 歴 寓 禅 略 縁 起 由 回 ロ τ7 略 縁 起 号 都 柴 崎 普 済 臨 済 長 派 属 末 基 覚 等 術 奇 特 倉 俳 乱 園 禅 滅 興 元 徳 創 静 閉 若 相 鎌 倉 修 業 成 関 遊 歴 群 銘 木 由 縁 略 記 禅 利 閉 愛 知 県 ノ 宮 萩 原 主 歳 入 子 息 父 殺 嵯 峨 第 子 河 原 院 源 融 胤 閉 創 愛 知 県 ノ 宮 妙 興 永 徳 示 寂 寿

More information

男 子 シングルス () 平 成 3 年 度 全 日 本 卓 球 選 手 権 大 会 ジュニアの 部 茨 城 県 予 選 会 平 成 3 年 9 月 4 日 ( 土 ),5 日 ( 日 ) 小 林 ( 佐 和 ) 友 部 ( 岩 日 ) 83 3 内 山 ( 科 技 ) 佐 藤 ( 田 彦 中 )

男 子 シングルス () 平 成 3 年 度 全 日 本 卓 球 選 手 権 大 会 ジュニアの 部 茨 城 県 予 選 会 平 成 3 年 9 月 4 日 ( 土 ),5 日 ( 日 ) 小 林 ( 佐 和 ) 友 部 ( 岩 日 ) 83 3 内 山 ( 科 技 ) 佐 藤 ( 田 彦 中 ) 男 子 シングルス () 平 成 3 年 度 全 日 本 卓 球 選 手 権 大 会 ジュニアの 部 茨 城 県 予 選 会 平 成 3 年 9 月 4 日 ( 土 ),5 日 ( 日 ) 羽 賀 相 田 ( 瓜 連 中 ) 6 新 保 ( 館 南 中 ) 石 井 ( 桜 ノ 牧 ) 63 3 小 林 ( 佐 竹 ) 西 野 ( 波 崎 ) 64 4 鈴 木 ( 境 ) 相 田 65 5 小 林 (

More information

〈例言〉

〈例言〉 (2) 飛 騨 国 の 中 世 近 世 飛 騨 国 は 現 在 の 岐 阜 県 の 概 ね 北 側 半 分 を 占 め 南 側 半 分 が 美 濃 国 であった 岐 阜 県 は 飛 山 濃 水 と 言 い 表 され 美 濃 は 水 場 の 国 飛 騨 は 山 岳 に 象 徴 されてきた 標 高 3000 メートルの 日 本 の 屋 根 であ る 飛 騨 山 脈 から 海 抜 零 メートルの 海 津

More information

車 両 メディ JR 四 中 づりポスター 四 全 線 35,720 27 W 27,440 マンライナーは 含 みません 予 讃 土 讃 ( 一 部 瀬 戸 大 橋 線 ) 5,20 7 W 02,240 主 に 香 川 県 マンライナーは 含 みません 予 讃 線 23,040 32 W 46,

車 両 メディ JR 四 中 づりポスター 四 全 線 35,720 27 W 27,440 マンライナーは 含 みません 予 讃 土 讃 ( 一 部 瀬 戸 大 橋 線 ) 5,20 7 W 02,240 主 に 香 川 県 マンライナーは 含 みません 予 讃 線 23,040 32 W 46, 四 営 業 所 高 松 市 紺 屋 町 -3 香 川 紺 屋 町 ビル4F 760-0027 TEL.(087)8-0828 e-mail : b_sikoku@kinsen.co.jp JR 四 399 高 松 琴 平 電 気 鉄 道 402 伊 予 鉄 道 404 とさでん 交 通 405 土 佐 くろしお 鉄 道 406 バスメディ 407 車 両 メディ JR 四 中 づりポスター 四 全

More information

茨 城 県 土 浦 湖 北 高 校 土 浦 市 菅 谷 町 1525 番 地 1 栃 木 県 作 新 学 院 高 等 学 校 宇 都 宮 市 一 の 沢 1 丁 目 1 41 栃 木 県 学 悠 館 高 校 栃 木 市 沼 和 田 町 2 番 2 号 栃 木 県 那 須 清 峰 高 校 那 須 塩

茨 城 県 土 浦 湖 北 高 校 土 浦 市 菅 谷 町 1525 番 地 1 栃 木 県 作 新 学 院 高 等 学 校 宇 都 宮 市 一 の 沢 1 丁 目 1 41 栃 木 県 学 悠 館 高 校 栃 木 市 沼 和 田 町 2 番 2 号 栃 木 県 那 須 清 峰 高 校 那 須 塩 都 道 府 県 所 属 名 住 所 北 海 道 大 麻 高 等 学 校 江 別 市 大 麻 147 番 地 北 海 道 士 別 翔 雲 高 校 士 別 市 東 六 条 北 6 丁 目 24 番 地 北 海 道 旭 川 北 高 校 旭 川 市 花 咲 町 3 丁 目 北 海 道 富 良 野 高 校 富 良 野 市 末 広 町 1 1 北 海 道 札 幌 開 成 高 校 札 幌 市 東 区 北 22 条

More information

27 美 術 2015.12707 号 室 町 初 期 宇 多 房 菊 葉 口 但 尻 以 尻 伯 耆 勢 桑 名 村 㝎 新 笹 露 槙 嶋 監 持 房 釣 濃 関 辰 為 継 相 為 継 軽 主 為 相 呼 巳 乙 百 腰

27 美 術 2015.12707 号 室 町 初 期 宇 多 房 菊 葉 口 但 尻 以 尻 伯 耆 勢 桑 名 村 㝎 新 笹 露 槙 嶋 監 持 房 釣 濃 関 辰 為 継 相 為 継 軽 主 為 相 呼 巳 乙 百 腰 美 術 2015.12707 号 26 第 61 回 要 等 9 1 火 ら 3 木 受 付 け 申 請 数 計 あ 昨 比 15パー セ ン ト 増 最 終 会 を 10 14 を 10 20 火 博 館 お も 総 数 博 館 建 設 資 調 達 め 準 緩 れ る う 話 流 布 る よ う す 準 公 適 わ れ お 準 を 引 き げ る こ あ せ ん 第 61 回 要 等 品 発 表

More information

歳入金等取扱庁一覧

歳入金等取扱庁一覧 ア 00036256 相 生 税 務 署 国 税 収 納 金 整 理 資 金 678-0055 相 生 市 那 波 本 町 6-1 管 理 運 営 徴 収 部 門 0791(23)0231 ア 00008837 愛 光 女 子 学 園 一 般 会 法 務 省 201-0001 狛 江 市 西 野 川 3-14-6 庶 務 課 0424(480)2178-9 ア 00077445 愛 知 県 一 般

More information

( 削 除 ) 第 16 区 に 統 合 第 31 区 高 松 市 香 川 大 野 香 川 寺 井 4 人 第 17 区 高 松 市 香 川 川 内 原 川 東 下 川 東 上 東 谷 安 原 下 塩 江 安 原 下 13 人 第 32 区 ( 削 除 ) 第 17 区 に 統 合 第 33 区 第

( 削 除 ) 第 16 区 に 統 合 第 31 区 高 松 市 香 川 大 野 香 川 寺 井 4 人 第 17 区 高 松 市 香 川 川 内 原 川 東 下 川 東 上 東 谷 安 原 下 塩 江 安 原 下 13 人 第 32 区 ( 削 除 ) 第 17 区 に 統 合 第 33 区 第 定 款 附 属 書 総 代 選 挙 規 程 変 更 新 対 照 表 別 表 新 第 1 区 東 かがわ 市 坂 元 馬 宿 南 野 黒 羽 川 股 吉 田 第 1 区 東 かがわ 市 坂 元 馬 宿 南 野 黒 羽 川 股 吉 田 第 2 区 東 かがわ 市 引 田 小 海 第 2 区 東 かがわ 市 引 田 ( 削 除 ) 第 2 区 に 統 合 第 3 区 東 かがわ 市 小 海 2 人 ( 削

More information

nck_01.indd

nck_01.indd 論 Ⅰ 何 9 ジ ャ ナ ス ト 忠 衛 杏 林 学 名 誉 教 授 江 永 清 華 学 教 授 歩 平 科 学 院 近 代 史 研 究 長 論 Ⅰ 何 10 注 記 座 談 五 六 月 北 実 施 発 今 五 指 物 肩 書 役 職 当 時 論 Ⅰ 何 11 冷 経 熱 関 係 数 間 関 係 冷 経 熱 葉 通 経 済 貿 易 順 調 成 長 四 毎 桁 伸 び 率 示 治 関 係 途 両 脳

More information

4a.xls

4a.xls 道 路 整 備 特 別 会 計 予 算 で 建 築 した 職 員 宿 舎 リスト 国 土 交 通 省 管 理 事 務 所 宿 舎 名 北 海 道 開 発 局 南 20 条 職 員 宿 舎 55.79 8,283 2 北 海 道 開 発 局 南 20 条 職 員 宿 舎 11.57 793 15 北 海 道 開 発 局 平 岸 宿 舎 (2) 43.20 5,079 1 北 海 道 開 発 局 平 岸

More information

<483139937397A7926391CC8C8B89CA2E786C73>

<483139937397A7926391CC8C8B89CA2E786C73> 1 西 平 成 19 年 度 東 京 都 立 対 抗 テニス 大 会 男 子 第 51 回 女 子 第 45 回 男 子 の 部 結 果 大 会 期 日 7 月 21 日 22 日 23 日 決 勝 八 王 子 東 76 2 翔 陽 松 が 谷 三 鷹 77 3 杉 並 工 青 井 78 4 葛 西 工 南 多 摩 40 井 草 79 5 砂 川 荒 川 工 80 6 深 川 40 31 鷺 宮 81

More information

会 社 名 所 在 地 名 推 薦 務 所 多 田 工 業 ( 株 ) 徳 島 県 海 部 郡 海 陽 町 久 保 字 松 本 111-1 平 成 25ー26 年 度 長 安 口 ダム 用 道 路 設 置 (その1) ( 株 ) 那 賀 建 設 徳 島 県 阿 南 市 才 見 町 野 中 3 桑 野

会 社 名 所 在 地 名 推 薦 務 所 多 田 工 業 ( 株 ) 徳 島 県 海 部 郡 海 陽 町 久 保 字 松 本 111-1 平 成 25ー26 年 度 長 安 口 ダム 用 道 路 設 置 (その1) ( 株 ) 那 賀 建 設 徳 島 県 阿 南 市 才 見 町 野 中 3 桑 野 務 所 優 良 (53 社 ) 会 社 名 所 在 地 名 推 薦 務 所 井 原 工 業 ( 株 ) 愛 媛 県 四 国 中 央 市 三 島 宮 川 4 丁 目 2 番 18 号 四 国 中 央 職 安 耐 震 改 修 その 他 (2) 営 繕 部 ( 株 ) 井 上 組 徳 島 県 美 馬 郡 つ るぎ 町 半 田 字 西 久 保 342-3 加 茂 第 二 堤 防 佐 々 木 建 設 ( 株

More information

滋 賀 県 山 村 甲 賀 市 2 2 水 口 町 ( 伴 谷 村 ) 水 口 町 ( 柏 木 村 ) 水 口 町 ( 水 口 町 ) 水 口 町 ( 大 野 村 2-2) 水 口 町 ( 佐 山 村 2-1) 水 口 町 ( 貴 生 川 町 ) 土 山 町 ( 大 野 村 2-1) 土 山 町 (

滋 賀 県 山 村 甲 賀 市 2 2 水 口 町 ( 伴 谷 村 ) 水 口 町 ( 柏 木 村 ) 水 口 町 ( 水 口 町 ) 水 口 町 ( 大 野 村 2-2) 水 口 町 ( 佐 山 村 2-1) 水 口 町 ( 貴 生 川 町 ) 土 山 町 ( 大 野 村 2-1) 土 山 町 ( 滋 賀 県 地 域 振 興 立 法 (5 法 ) 指 定 一 覧 山 村 大 津 市 2 大 津 市 ( 葛 川 村 ) 大 津 市 ( 伊 香 立 村 ) 大 津 市 ( 真 野 村 ) 大 津 市 ( 堅 田 町 ) 大 津 市 ( 仰 木 村 ) 大 津 市 ( 雄 琴 村 ) 大 津 市 ( 坂 本 村 ) 大 津 市 ( 下 阪 本 村 ) 大 津 市 ( 大 津 市 ) 大 津 市 (

More information

03genjyo_快適環境.xls

03genjyo_快適環境.xls < 下 野 市 ホームページ 市 の 概 況 より> < 下 野 市 文 化 財 マップ しもつけシティーガイド 下 野 市 都 市 計 画 マスタープランより> 指 定 文 化 財 下 野 文 化 財 件 数 内 訳 ( 平 成 21 年 3 月 31 日 現 在 ) 有 形 文 化 財 無 形 文 化 財 民 俗 文 化 財 記 念 物 建 造 物 絵 画 彫 刻 工 芸 品 書 跡 古 文 書

More information

報告書

報告書 H22 631 50 631 A C 17.1-1 3 A 354 凡 例 孤 立 可 能 性 のある 集 落 斜 面 の 時 危 険 度 ランク 355 図 17.1-1 孤 立 可 能 性 のある 集 落 と の 場 合 における 斜 面 の 時 危 険 度 ランクの 分 布 凡 例 孤 立 可 能 性 のある 集 落 斜 面 の 時 危 険 度 ランク 356 図 17.1-2 孤 立 可 能

More information

当 流 の 門 人 と 号 す る 輩 祖 師 先 徳 報 恩 謝 徳 の 集 会 の み ぎ り に あ り て 往 生 浄 土 の 信 心 に お い て は そ の 沙 汰 に お よ ば ず 没 後 葬 礼 を も っ て 本 と す べ き よ う に 衆 議 評 定 す る い わ れ

当 流 の 門 人 と 号 す る 輩 祖 師 先 徳 報 恩 謝 徳 の 集 会 の み ぎ り に あ り て 往 生 浄 土 の 信 心 に お い て は そ の 沙 汰 に お よ ば ず 没 後 葬 礼 を も っ て 本 と す べ き よ う に 衆 議 評 定 す る い わ れ 教 学 教 化 専 門 委 員 会 主 査 木 越 渉 宗 祖 親 鸞 聖 人 七 百 五 十 回 御 遠 忌 は 2011 年 3 月 11 日 に 発 生 し た 東 日 本 大 震 災 に よ り 法 要 の 第 一 期 が 中 止 さ れ 被 災 者 支 援 の つ ど い が 執 り 行 わ れ た こ の 決 定 か ら 御 遠 忌 そ の も の の 意 義 が 様 々 に 問 わ れ

More information

<82518255944E937893FC8E4488EA9797955C312D322E786C7378>

<82518255944E937893FC8E4488EA9797955C312D322E786C7378> 実 績 一 覧 表 ( 平 成 26 年 度 ) 平 成 26 年 6 月 ~ 平 成 27 年 5 月 迄 1 1 日 南 土 木 事 務 所 道 路 維 持 工 事 平 成 26 年 度 防 地 橋 補 第 17-38-02-1 号 日 南 高 岡 線 益 安 橋 橋 梁 補 修 工 事 2 日 南 土 木 事 務 所 公 園 工 事 平 成 25 年 度 ダム 管 理 第 11-2-2 号 広

More information

報道発表資料

報道発表資料 平 成 24 年 8 月 1 日 く ど 久 渡 が もんたいかんじょうにゅうしんじゅうきょう 古 墳 群 から 出 土 した 画 文 帯 環 状 乳 神 獣 鏡 について 上 牧 町 教 育 委 員 会 調 査 地 く ど 奈 良 県 北 葛 城 郡 上 牧 町 大 字 上 牧 字 久 渡 83 番 1 調 査 原 因 第 1 次 調 査 ( 試 掘 調 査 ): 宅 地 開 発 第 2 次 調

More information

公 示 価 格 一 覧 の 見 方 1 < 番 号 > 一 連 番 号 2 < 標 準 地 番 号 > 冠 記 番 号 例 示 標 準 地 の 用 途 なし -1-2 住 宅 地 5 5-1 5-2 商 業 地 9 9-1 9-2 工 業 地 3 < 市 町 名 > 標 準 地 が 属 する 市 町

公 示 価 格 一 覧 の 見 方 1 < 番 号 > 一 連 番 号 2 < 標 準 地 番 号 > 冠 記 番 号 例 示 標 準 地 の 用 途 なし -1-2 住 宅 地 5 5-1 5-2 商 業 地 9 9-1 9-2 工 業 地 3 < 市 町 名 > 標 準 地 が 属 する 市 町 平 成 28 年 地 価 公 示 ( 山 口 県 分 ) 公 示 価 格 一 覧 < 基 準 日 : 平 成 28 年 1 月 1 日 > 山 口 県 総 合 企 画 部 政 策 企 画 課 ( 資 料 : 国 土 交 通 省 ) 公 示 価 格 一 覧 の 見 方 1 < 番 号 > 一 連 番 号 2 < 標 準 地 番 号 > 冠 記 番 号 例 示 標 準 地 の 用 途 なし -1-2 住

More information

8 茨 城 県 取 手 10:00 ~ 20:00 10:00 10:00 ~ 19:00 9:00 10:00 ~ 19:00 9:00 10:00 ~ 20:00 10:00 10:00 ~ 20:00 10:00 8 茨 城 県 日 立 北 10:00 ~ 20:00 10:00 10:00

8 茨 城 県 取 手 10:00 ~ 20:00 10:00 10:00 ~ 19:00 9:00 10:00 ~ 19:00 9:00 10:00 ~ 20:00 10:00 10:00 ~ 20:00 10:00 8 茨 城 県 日 立 北 10:00 ~ 20:00 10:00 10:00 1 北 海 道 旭 川 大 雪 通 10:00 ~ 20:00 10:00 10:00 ~ 18:00 8:00 10:00 ~ 18:00 8:00 10:00 ~ 20:00 10:00 10:00 ~ 20:00 10:00 1 北 海 道 旭 川 花 咲 10:00 ~ 20:00 10:00 10:00 ~ 18:00 8:00 10:00 ~ 18:00 8:00 10:00 ~ 20:00

More information

< F2D DEC8BC C8E868E6490D82E>

< F2D DEC8BC C8E868E6490D82E> 資 料 1. 指 定 水 防 管 理 団 体 一 覧 表 指 定 水 防 区 域 主 要 河 川 指 定 水 防 区 域 主 要 河 川 管 理 団 体 管 理 団 体 佐 保 川 東 生 駒 川 秋 篠 川 生 駒 市 生 駒 市 地 内 別 院 川 岩 井 川 竜 田 川 富 雄 川 下 川 奈 良 市 奈 良 市 地 内 能 登 川 鳥 居 川 地 蔵 院 川 香 芝 市 香 芝 市 地 内

More information

様式1

様式1 第 10 節 産 業 関 連 施 設 (1) 配 置 状 況 産 業 関 連 施 設 は 観 光 施 設 観 光 施 設 (その 他 ) 商 工 施 設 水 産 関 連 施 設 港 湾 関 連 施 設 に 分 けて 整 理 します 配 置 状 況 は 図 4-7のとおりです 観 光 施 設 は2 施 設 建 物 数 4 棟 延 床 面 積 1,581.0 m2となっています 観 光 施 設 (その

More information

Bエリア Fエリア D01 a 駅 前 1 2 丁 目 25 0 25 F01 c 富 田 町 字 権 現 林 他 208 58 266 D02 a 大 町 1 2 丁 目 93 322 415 F02 a 富 田 町 字 上 ノ 台 他 238 87 325 D03 b 中 町 38 71 109

Bエリア Fエリア D01 a 駅 前 1 2 丁 目 25 0 25 F01 c 富 田 町 字 権 現 林 他 208 58 266 D02 a 大 町 1 2 丁 目 93 322 415 F02 a 富 田 町 字 上 ノ 台 他 238 87 325 D03 b 中 町 38 71 109 まかせて 郡 山 エリア 一 覧 表 日 付 2016/4/1 配 布 料 金 (R=ランク) a:@6.0 円 b:@6.8 円 c:@7.6 円 ( 全 戸 配 布 ) 集 合 住 宅 の 中 でも2ルーム 以 上 の 集 合 を2R 集 合 とします 集 合 の 数 の 中 に 含 まれます チラシの 配 布 を 禁 止 している 住 宅 や 空 き 家 など( 特 に 集 合 住 宅 )は

More information

成 績 第 47 回 東 日 大 学 空 手 道 選 手 権 大 会 5 月 5 日 於 日 武 道 館 男 子 団 体 組 手 学 5 0 愛 知 学 院 大 学 先 鋒 前 田 4 判 定 勝 ち 1 大 川 次 鋒 永 田 6 三 勝 ち 1 中 村 中 堅 相 馬 6 三 勝 ち 0 杉 山

成 績 第 47 回 東 日 大 学 空 手 道 選 手 権 大 会 5 月 5 日 於 日 武 道 館 男 子 団 体 組 手 学 5 0 愛 知 学 院 大 学 先 鋒 前 田 4 判 定 勝 ち 1 大 川 次 鋒 永 田 6 三 勝 ち 1 中 村 中 堅 相 馬 6 三 勝 ち 0 杉 山 13 空 手 木 下 朋 紀 ( 法 4) 添 田 一 寿 ( 法 4) 因 泥 祐 馬 ( 文 4) 鈴 木 重 輝 ( 文 4) 浦 上 靖 令 ( 経 4) 前 田 稔 ( 商 4) 杉 山 美 里 ( 商 4) 鈴 木 成 美 ( 商 4) 染 谷 隆 嘉 ( 生 4) 美 濃 部 春 佳 ( 生 4) 橋 翼 ( 法 3) 藤 沼 拓 己 ( 法 3) 石 川 桃 子 ( 文 3) 佐 藤

More information

1959 ( 昭 34) 9.23~ 26 台 風 第 15 号 ( 伊 勢 湾 台 風 ) 1960 低 気 圧 と 前 ( 昭 35) 線 10.6~ 7 梅 雨 前 線 ( 昭 和 36 年 梅 1961 雨 前 線 豪 雨 ) ( 昭 36) 6.24~ 29 南 部 台 風 第 15 号

1959 ( 昭 34) 9.23~ 26 台 風 第 15 号 ( 伊 勢 湾 台 風 ) 1960 低 気 圧 と 前 ( 昭 35) 線 10.6~ 7 梅 雨 前 線 ( 昭 和 36 年 梅 1961 雨 前 線 豪 雨 ) ( 昭 36) 6.24~ 29 南 部 台 風 第 15 号 三 重 県 における 戦 後 の 主 な 気 象 災 害 主 な 被 害 発 生 年 月 日 要 因 主 な 被 害 地 域 概 況 死 者 行 方 不 明 者 ( 名 ) 負 傷 者 ( 名 ) 住 宅 全 壊 流 出 ( 棟 ) 住 宅 半 壊 一 部 破 損 ( 棟 ) 床 上 浸 1987 年 水 ( 棟 ) までは 住 家 半 壊 の み 床 下 浸 水 ( 棟 ) 台 風 第 28 号

More information

関東中部地方の週間地震概況

関東中部地方の週間地震概況 平 成 27 年 7 月 3 日 気 象 庁 地 火 山 部 関 東 中 部 地 方 ( 三 重 県 を 含 む)の 週 間 地 概 況 平 成 27 年 第 27 ( 平 成 27 年 6 月 26 日 ~7 月 2 日 ) 表 1 度 1 以 上 を 観 測 した 回 数 西 部 の 地 で 度 3を 観 測 今 期 間 中 に 関 東 中 部 地 方 で 度 1 以 上 を 観 測 した 地

More information

道路の渋滞ポイントに関するアンケート 九州

道路の渋滞ポイントに関するアンケート 九州 現 在 この 地 域 ( 都 道 府 県 )では では 以 下 のリスト リストに 掲 げた 地 点 で 交 通 の 渋 滞 や 混 雑 がよく 起 きているとされています 今 後 改 良 等 を 進 めていく 上 での 参 考 として あなたのご 意 見 をお 聞 かせください まず あなた 御 自 身 のことについておうかがいします 主 に 活 動 されている 市 区 町 村 : 市 区 町 村

More information

準 決 勝 4 組 3 着 +4 7 着 TR 1 組 ( 風 速 +1.3m) 2 組 ( 風 速 -1.3m) 3 組 ( 風 速 +0.9m) 平 野 相 洋 1 1 11.13 Q 嶋 﨑 相 洋 2 1 11.23 Q 佐 藤 相 洋 1 1 11.31 Q 青 山 座 間 2 2 11.

準 決 勝 4 組 3 着 +4 7 着 TR 1 組 ( 風 速 +1.3m) 2 組 ( 風 速 -1.3m) 3 組 ( 風 速 +0.9m) 平 野 相 洋 1 1 11.13 Q 嶋 﨑 相 洋 2 1 11.23 Q 佐 藤 相 洋 1 1 11.31 Q 青 山 座 間 2 2 11. 男 子 100m 参 加 人 員 122 名 予 選 16 組 -4 着 タイム 上 位 32 1 組 ( 風 速 +1.0m) 2 組 ( 風 速 -0.9m) 3 組 ( 風 速 +0.8m) 髙 山 相 武 台 新 磯 1 8 13.07 中 濱 大 和 南 1 1 11.65 q 岩 崎 伊 志 田 2 5 12.37 高 橋 東 海 大 相 模 1 4 11.91 q 八 木 厚 木 東

More information

別 紙 1 国 家 公 務 員 宿 舎 削 減 計 画 ( 中 国 財 務 局 管 内 分 )の 概 要 中 国 財 務 局 管 内 における 国 家 公 務 員 宿 舎 の 削 減 にあたっては 国 家 公 務 員 宿 舎 の 削 減 のあり 方 についての 検 討 会 が 昨 年 12 月 1

別 紙 1 国 家 公 務 員 宿 舎 削 減 計 画 ( 中 国 財 務 局 管 内 分 )の 概 要 中 国 財 務 局 管 内 における 国 家 公 務 員 宿 舎 の 削 減 にあたっては 国 家 公 務 員 宿 舎 の 削 減 のあり 方 についての 検 討 会 が 昨 年 12 月 1 平 成 24 年 12 月 10 日 中 国 財 務 局 報 道 発 表 国 家 公 務 員 宿 舎 削 減 計 画 ( 中 国 財 務 局 管 内 分 )の 公 表 平 成 24 年 11 月 26 日 財 務 省 が 国 家 公 務 員 宿 舎 削 減 計 画 の 公 表 を 行 ったことを 受 け 中 国 財 務 局 管 内 分 の 国 家 公 務 員 宿 舎 削 減 計 画 を 別 紙 のとおり

More information

九州大学キャンパス内の埋蔵文化財資料について

九州大学キャンパス内の埋蔵文化財資料について 平 成 22 年 度 貴 重 文 物 講 習 会 101217 九 州 大 学 キャンパスに 眠 る 埋 蔵 文 化 財 ー 元 寇 防 塁 を 中 心 にー 九 州 大 学 埋 蔵 文 化 財 調 査 室 学 術 研 究 員 田 尻 義 了 はじめに 1. 埋 蔵 文 化 財 調 査 室 の 紹 介 2. 各 キャンパスにおける 埋 蔵 文 化 財 資 料 の 紹 介 a. 筑 紫 キャンパス b.

More information

9 建 久 三 年 (1192) 頼 朝 鎌 倉 に 幕 府 を 開 く その4 1 建 久 五 年 宇 都 宮 信 房 豊 前 に 下 る 2 建 久 七 年 仲 原 親 能 豊 後 の 守 護 となる 3 建 永 元 年 (1206) 大 友 能 直 ( 大 友 氏 初 代 ) 豊 後 守 護

9 建 久 三 年 (1192) 頼 朝 鎌 倉 に 幕 府 を 開 く その4 1 建 久 五 年 宇 都 宮 信 房 豊 前 に 下 る 2 建 久 七 年 仲 原 親 能 豊 後 の 守 護 となる 3 建 永 元 年 (1206) 大 友 能 直 ( 大 友 氏 初 代 ) 豊 後 守 護 賀 来 氏 の 起 源 と 江 戸 初 期 までのまとめ 1 豊 後 の 守 に 任 ぜられた 藤 原 頼 輔 ( 従 三 位 刑 部 卿 )は 永 歴 元 年 (1160) 子 の 頼 経 を 目 代 として 豊 後 に 派 遣 した 2 現 在 賀 来 の 地 名 のある 場 所 の 付 近 は 長 寛 (1163-) 以 前 は 阿 南 郷 黒 田 里 であった 3 赴 任 後 まもなく 頼

More information

(オホーツク 管 内 主 幹 教 諭 異 動 ) 平 成 28 年 4 月 1 日 付 け 北 見 市 西 小 北 見 市 西 小 教 諭 佐 藤 美 芸 昇 任 北 見 市 北 小 北 見 市 北 小 教 諭 安 達 伸 吾 昇 任 美 幌 町 美 幌 小 美 幌 町 美 幌 小 教 諭 岡 島

(オホーツク 管 内 主 幹 教 諭 異 動 ) 平 成 28 年 4 月 1 日 付 け 北 見 市 西 小 北 見 市 西 小 教 諭 佐 藤 美 芸 昇 任 北 見 市 北 小 北 見 市 北 小 教 諭 安 達 伸 吾 昇 任 美 幌 町 美 幌 小 美 幌 町 美 幌 小 教 諭 岡 島 平 成 28 年 度 人 事 異 動 発 令 オホーツク 管 内 公 立 小 中 学 校 ( 主 幹 教 諭 教 諭 養 護 教 諭 栄 養 教 諭 事 務 職 員 等 ) (オホーツク 管 内 主 幹 教 諭 異 動 ) 平 成 28 年 4 月 1 日 付 け 北 見 市 西 小 北 見 市 西 小 教 諭 佐 藤 美 芸 昇 任 北 見 市 北 小 北 見 市 北 小 教 諭 安 達 伸 吾

More information

38 4. 1 5 代 校 長 佐 藤 猶 造 生 徒 数 2,679 名 4.16 秋 田 市 少 年 保 護 育 成 7.28 全 県 優 勝 男 子 体 操 団 体 徒 手 近 山 王 協 議 設 立 女 子 ソフトボール 江 11.14 創 立 10 周 年 記 念 式 典 10. 東 北

38 4. 1 5 代 校 長 佐 藤 猶 造 生 徒 数 2,679 名 4.16 秋 田 市 少 年 保 護 育 成 7.28 全 県 優 勝 男 子 体 操 団 体 徒 手 近 山 王 協 議 設 立 女 子 ソフトボール 江 11.14 創 立 10 周 年 記 念 式 典 10. 東 北 学 校 の 沿 革 1 学 校 の 規 模 所 在 地 010-0951 秋 田 市 山 王 三 丁 目 1-24( 秋 田 駅 より 西 方 へ 2.2km) 電 話 018-823-8361 FAX 018-823-8363 校 地 面 積 18 520 m2 ( 運 動 場 面 積 8 910 m2) 校 舎 面 積 7 423 m2 ( 屋 内 運 動 場 面 積 1 959 m2) 学 区

More information

競技会記録シート

競技会記録シート 第 25 回 全 日 本 女 子 ウエイトリフティング 選 手 権 大 会 期 日 : 平 成 23 年 6 月 24 日 ( 金 ) 競 技 委 員 長 P Cレフリー 遠 藤 千 景 テクニカルコントローラー 宇 敷 益 夫 Sレフリー 上 野 正 雄 黒 川 光 行 開 始 時 間 11:00 終 了 時 間 11:54 公 式 記 録 員 米 田 辿 岩 永 小 百 合 タイムキーハ ー 高

More information

掲 将 像 然 笑 寒 寒 埋 容 量 西 託 契 締 港 湾 昭 和 ぶ 独 君 戦 揚 貨 戦 陸 港 貨 圏 舗 舗 -- -- -- -- -- -- 京 宿 西 宿 --

掲 将 像 然 笑  寒 寒 埋 容 量 西 託 契 締 港 湾 昭 和 ぶ 独 君  戦 揚 貨 戦 陸 港 貨 圏 舗 舗 -- -- -- -- -- -- 京 宿 西 宿 -- 標 準 減 村 免 許 盆 環 境 算 己 直 滞 納 康 孫 標 常 欠 努 己 診 越 康 振 存 敬 老 祝 敬 老 祝,,,,, 敬 老 祝 歳 昭 和 米 寿 昭 和 歳 白 寿 歳 密 ュ ニ 拠 点 増 注 緊 率 著 影 響 緊 則 頃 維 持 努 況 オ cc 白 乙 cc 黄 色 甲 cc 従 型 希 望 諸 線 告 皆 移 末 屋 般 執 候 候 案 田 井 砂 宮 馬 己 食

More information

の の 鉄 に 係 る 都 1 平 方 メー の の の 周 辺 の 土 地 の 豊 野 町 蟹 沢 字 坂 下 852 番 11,100 農 家 住 宅 が 建 ち 並 ぶ 東 3m 信 濃 浅 野 調 区 442 住 宅 W2-31 2-4.3 1 : 1.2 郊 外 の 住 宅 篠 ノ 井 布

の の 鉄 に 係 る 都 1 平 方 メー の の の 周 辺 の 土 地 の 豊 野 町 蟹 沢 字 坂 下 852 番 11,100 農 家 住 宅 が 建 ち 並 ぶ 東 3m 信 濃 浅 野 調 区 442 住 宅 W2-31 2-4.3 1 : 1.2 郊 外 の 住 宅 篠 ノ 井 布 平 成 28 年 地 価 公 示 一 覧 表 ( 価 格 時 点 平 成 28 年 1 月 1 日 ) (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) の の 鉄 に 係 る 都 1 平 方 メー の の の 周 辺 の 土 地 の 市 吉 田 2 丁 目 392 番 6 65,800 中 規 模 一 般 住 宅 が 建 南 4.7m 桐 原 1 住 居

More information

2016年熊本地震調査 第1報 2016年4月18日

2016年熊本地震調査 第1報 2016年4月18日 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 調 査 報 告 熊 本 城 及 びその 周 辺 の 被 害 状 況 調 査 日 2016 年 5 月 7 日 福 岡 教 育 大 学 黒 木 貴 一 同 大 学 院 生 出 口 将 夫 調 査 範 囲 背 景 の 衛 星 画 像 は 簡 易 幾 何 補 正 の 為, 若 干 の 位 置 ずれがある 活 断 層 位 置 は 中 田 今 泉 編 の

More information

~B.,,~,~ 仲 O;~ ~ 品 作 開 ~m 配 置 されている 1981~1984 7 マ~ー=ー! 奴 \ ~ 38 39 ~ 40 : 沖 刷 溝, 47 ~ 55 片 石 陶 器 ( 鼎 豆 査 ) 玉 器 ( 瑛 壁 圭 など)が 出 土 した そのうち, 祭 jji~ 坑 は, 牛 の 坑 が 86 C.1100 年 ~B. C. - 南 北 3km の 広 い 範 囲 に, 幅

More information

<87528E7792E8939995B689BB8DE088EA9797288D4C95F192F18B9F816A2E786C73>

<87528E7792E8939995B689BB8DE088EA9797288D4C95F192F18B9F816A2E786C73> 指 定 等 文 化 財 一 覧 那 覇 市 指 定 等 文 化 財 件 数 一 覧 民 俗 文 化 財 記 念 物 伝 国 有 形 文 化 財 (74 件 ) (19 件 ) (16 件 ) (46 件 ) 統 定 ( 建 造 物 (14 件 ) 美 術 工 芸 品 (60 件 ) 空 県 天 的 工 手 特 保 寺 城 歴 別 然 建 市 そ 工 古 芸 芸 有 無 史 名 名 院 郭 橋 住 絵

More information

<338E9197BF95D25F31308CF092CA E786477>

<338E9197BF95D25F31308CF092CA E786477> 第 10 章 交 通 輸 送 10-1 緊 急 輸 送 道 路 路 線 一 覧 道 路 種 別 路 線 名 管 理 者 機 能 区 分 経 過 地 高 速 自 動 車 国 道 中 国 自 動 車 道 西 日 本 高 速 道 路 1 次 広 島 県 境 - 鹿 野 IC(R315)- 徳 地 IC(R489)- 山 口 IC(R262)- 山 口 JCT( 山 陽 自 動 車 道 )- 小 郡 IC(R9)-

More information

<2334358BBD92A02E707562>

<2334358BBD92A02E707562> 古 文 書 #45 ごうちょう むらめいさいちょう 郷 帳 村 明 細 帳 作 者 : 郷 帳 = 大 名 代 官 幕 府 村 明 細 帳 = 村 方 村 役 人 成 立 : 郷 帳 = 江 戸 期 村 明 細 帳 = 江 戸 初 期 から 明 治 初 年 解 題 Keyword 国 絵 図 村 高 慶 長 郷 帳 正 保 郷 帳 元 禄 郷 帳 天 保 郷 帳 村 差 出 明 細 帳 村 鑑 帳

More information

12_県_Jr.xlsx

12_県_Jr.xlsx 男 子 シングルス (1) 1 大 友 ( 明 秀 学 ) 石 川 ( 霞 ヶ 浦 ) 64 2 小 沼 ( 桜 ノ 牧 ) 大 和 田 ( 古 河 三 ) 65 3 荒 井 ( 手 代 木 中 ) 坂 本 ( 水 戸 工 ) 66 4 齋 藤 (つくば 明 光 ク) 平 塚 ( 美 和 中 ) 67 5 長 浜 悠 ( 古 河 三 ) 石 川 ( 科 技 ) 68 6 清 水 ( 佐 和 ) 木

More information

須 磨 区 ( 神 戸 水 上 警 察 の 管 轄 区 域 を 除 く 区 域 ) 兵 庫 県 垂 水 警 察 神 戸 市 垂 水 区 神 戸 市 のうち 垂 水 区 ( 神 戸 水 上 警 察 の 管 轄 区 域 を 除 く 区 域 ) 兵 庫 県 神 戸 水 上 警 神 戸 市 中 央 区 水

須 磨 区 ( 神 戸 水 上 警 察 の 管 轄 区 域 を 除 く 区 域 ) 兵 庫 県 垂 水 警 察 神 戸 市 垂 水 区 神 戸 市 のうち 垂 水 区 ( 神 戸 水 上 警 察 の 管 轄 区 域 を 除 く 区 域 ) 兵 庫 県 神 戸 水 上 警 神 戸 市 中 央 区 水 警 察 の 名 称 位 置 及 び 管 轄 区 域 平 成 18 年 4 月 1 日 現 在 名 称 位 置 管 轄 区 域 兵 庫 県 東 灘 警 察 神 戸 市 東 灘 区 神 戸 市 のうち 東 灘 区 ( 兵 庫 県 神 戸 水 上 警 察 の 管 轄 区 域 を 除 く 区 域 ) 兵 庫 県 灘 警 察 神 戸 市 灘 区 神 戸 市 のうち 灘 区 ( 兵 庫 県 神 戸 水 上 警

More information

表 1-4 火 災 による 焼 失 棟 からの 災 害 廃 棄 物 発 生 量 原 単 位 (トン / 棟 ) 1 火 災 による 減 量 率 2 火 災 後 の 災 害 廃 棄 物 原 単 位 (トン/ 棟 ) 木 造 29.3 34% 19.3 非 木 造 213.3 16% 179.2 備 考

表 1-4 火 災 による 焼 失 棟 からの 災 害 廃 棄 物 発 生 量 原 単 位 (トン / 棟 ) 1 火 災 による 減 量 率 2 火 災 後 の 災 害 廃 棄 物 原 単 位 (トン/ 棟 ) 木 造 29.3 34% 19.3 非 木 造 213.3 16% 179.2 備 考 資 料 3-2 九 州 ブロック 各 県 の 地 震 津 波 による 被 害 想 定 試 算 1. 福 岡 県 (1) 推 計 手 法 1) 基 礎 データ 地 震 に 関 する 防 災 アセスメント 調 査 報 告 書 ( 平 成 24 年 3 月 ) 及 び 津 波 に 関 する 防 災 アセスメント 報 告 書 ( 平 成 24 年 3 月 )で 想 定 されている 建 物 被 害 棟 数 火

More information

変 丘 陵 戦 時 前 変 起 点 戦 時 府 滅 亡 鎌 倉 享 徳 乱 交 通 路 変 北 条 領 下 交 通 路 お 集 落 徳 康 東 首 都 建 設 6 徳 康 東 青 梅 街 石 灰 輸 送 五 日 街 薪 炭 輸 送 削 丘 陵 山 岸 岸 岸 豪 乗 豪 章 き 七 紀 ひ 七 紀

変 丘 陵 戦 時 前 変 起 点 戦 時 府 滅 亡 鎌 倉 享 徳 乱 交 通 路 変 北 条 領 下 交 通 路 お 集 落 徳 康 東 首 都 建 設 6 徳 康 東 青 梅 街 石 灰 輸 送 五 日 街 薪 炭 輸 送 削 丘 陵 山 岸 岸 岸 豪 乗 豪 章 き 七 紀 ひ 七 紀 目 次 口 絵 序 凡 例 目 次 じ 序 章 き ひ 南 北 伸 古 都 府 結 ぶ イ メ ー ジ 最 も 古 痕 跡 東 山 路 遺 跡 鎌 倉 各 結 ぶ 7 士 団 鎌 倉 府 鎌 倉 街 鎌 倉 街 承 変 丘 陵 戦 時 前 変 起 点 戦 時 府 滅 亡 鎌 倉 享 徳 乱 交 通 路 変 北 条 領 下 交 通 路 お 集 落 徳 康 東 首 都 建 設 6 徳 康 東 青 梅 街

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203132303331368E6A90D58EC28E528FE990D595DB91B68AC7979D8C7689E681698DC58F4994C5834A8389815B816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203132303331368E6A90D58EC28E528FE990D595DB91B68AC7979D8C7689E681698DC58F4994C5834A8389815B816A> 二 の 丸 二 重 桝 形 資 産 の 種 類 No 資 産 の 名 称 所 在 地 指 定 等 指 定 等 年 月 日 1 秋 葉 神 社 東 新 町 指 定 等 以 外 - 2 頼 尊 又 四 郎 稲 荷 神 社 東 新 町 指 定 等 以 外 - 3 A 邸 東 新 町 指 定 等 以 外 - 4 K 邸 (1) 東 新 町 指 定 等 以 外 - 5 K 邸 (2) 東 新 町 指 定

More information

35 Dパーキング 柏 森 駅 前 愛 知 県 丹 羽 郡 扶 桑 町 大 字 柏 森 天 神 113 番 2 36 Dパーキング 栄 1 丁 目 愛 知 県 名 古 屋 市 中 区 栄 1 丁 目 1904 番 1 37 Dパーキングささしま 愛 知 県 名 古 屋 市 中 村 区 平 池 町 4

35 Dパーキング 柏 森 駅 前 愛 知 県 丹 羽 郡 扶 桑 町 大 字 柏 森 天 神 113 番 2 36 Dパーキング 栄 1 丁 目 愛 知 県 名 古 屋 市 中 区 栄 1 丁 目 1904 番 1 37 Dパーキングささしま 愛 知 県 名 古 屋 市 中 村 区 平 池 町 4 1 Dパーキング 上 桂 北 ノ 口 町 京 都 府 京 都 市 西 京 区 上 桂 北 ノ 口 町 153 番 2 Dパーキング 諏 訪 4 丁 目 大 阪 府 大 阪 市 城 東 区 諏 訪 4 丁 目 8-3 3 Dパーキング 敷 津 西 1 丁 目 大 阪 府 大 阪 市 浪 速 区 敷 津 西 1 丁 目 3-10 4 Dパーキング 福 島 大 阪 府 大 阪 市 福 島 区 福 島 6

More information

untitled

untitled 区 政 概 要 平 成 27 年 版 名 古 屋 市 目 次 1 市 勢 概 況 (1) 16 区 の 概 要 図 1 (2) 市 域 拡 張 の 変 遷 図 2 (3) 市 域 拡 張 の 変 遷 図 ( 港 区 詳 細 図 ) 3 (4) 区 域 の 移 りかわり 4 (5) 区 の 面 積 世 帯 人 口 の 推 移 7 (6) 区 の 特 色 11 2 区 役 所 庁 舎 等 概 況 (1)

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817591E58DE282CC9077343030944E8376838D83578346834E8367817682C982C282A282C42E707074785B93C782DD8EE682E890EA97705D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817591E58DE282CC9077343030944E8376838D83578346834E8367817682C982C282A282C42E707074785B93C782DD8EE682E890EA97705D> 大 坂 の 陣 400 年 天 下 一 祭 大 坂 の 陣 400 年 天 下 一 祭 ホームページ http://www.osakanojin400.com 大 坂 の 陣 400 年 プロジェクト について 大 坂 の 陣 をテーマとして 大 阪 城 に 関 連 するイベントを 集 中 開 催! コアイベント 期 間 大 坂 冬 の 陣 400 年 2014 年 10 月 ~12 月 大 坂 夏

More information

私学第2係基礎寮資料様式

私学第2係基礎寮資料様式 平 成 27 年 度 私 立 幼 稚 園 満 3 歳 児 入 園 に 係 る 基 礎 資 料 調 査 幼 稚 園 番 号 ( 幼 稚 園 番 号 は 全 ページに 記 入 してください) 記 入 にあたって 本 調 査 票 の 記 入 について 自 動 的 に 表 示 される 部 分 以 外 は 鉛 筆 で 記 入 してください 調 査 項 目 幼 稚 園 の 平 成 28 年 1 月 の 始 業

More information

平 成 4 年 度 広 島 県 高 等 学 校 総 合 体 育 大 会 男 子 学 校 対 抗 戦 結 果 (H4.6. 記 録 花 岡 理 ) 安 古 市 3 福 山 工 業 3 大 竹 3 吉 田 3 廿 日 市 西 0 0 33 盈 進 3 4 呉 工 業 0 3 34 広 陵 0 0 5 修

平 成 4 年 度 広 島 県 高 等 学 校 総 合 体 育 大 会 男 子 学 校 対 抗 戦 結 果 (H4.6. 記 録 花 岡 理 ) 安 古 市 3 福 山 工 業 3 大 竹 3 吉 田 3 廿 日 市 西 0 0 33 盈 進 3 4 呉 工 業 0 3 34 広 陵 0 0 5 修 第 44 回 広 島 県 高 等 学 校 バドミントン 個 人 選 手 権 大 会 兼 第 55 回 中 国 高 等 学 校 バドミントン 選 手 権 大 会 第 65 回 全 国 高 等 学 校 総 合 体 育 大 会 バドミントン 競 技 会 広 島 県 予 選 会 総 合 成 績 男 子 学 校 対 抗 戦 の 部 安 芸 府 中 高 陽 3 国 際 学 院 3 祇 園 北 5 桜 が 丘 5

More information

~ 文 化 財 調 査 報 告 書 刊 行 一 覧 ~ 書 名 発 行 年 内 容 頁 数 価 格 第 1 集 小 田 原 市 文 化 財 調 査 報 告 書 寺 社 旧 家 に 残 る 仏 教 美 術 に 関 する 調 査 報 1967 告 34 第 2 集 小 田 原 市 文 化 財 調 査 報

~ 文 化 財 調 査 報 告 書 刊 行 一 覧 ~ 書 名 発 行 年 内 容 頁 数 価 格 第 1 集 小 田 原 市 文 化 財 調 査 報 告 書 寺 社 旧 家 に 残 る 仏 教 美 術 に 関 する 調 査 報 1967 告 34 第 2 集 小 田 原 市 文 化 財 調 査 報 平 成 26 年 9 月 2 日 現 在 小 田 原 市 教 育 委 員 会 刊 行 物 のご 案 内 小 田 原 市 教 育 委 員 会 では 市 内 各 所 に 点 在 する 文 化 財 に 関 する 文 化 財 ガイドブックや 市 内 各 所 で 行 った 発 掘 調 査 の 成 果 をまとめた 文 化 財 調 査 報 告 書 を 刊 行 しています これらの 刊 行 物 は 小 田 原 市

More information

60本文.ec7

60本文.ec7 地 震 日 誌 平 成 21 年 1 月 1 日 ~ 平 成 21 年 12 月 31 日 (from January to December,2009) 神 奈 川 県 温 泉 地 学 研 究 所 行 竹 番 号 月 日 時 分 震 源 地 深 さkm 最 大 有 感 地 ( 震 度 ) 緯 度 経 度 規 模 1 1 3 16 13 福 島 県 沖 51 福 島 県 : 田 村 市 川 内 村

More information

8 月 第 三 回 日 本 -ハワイ 親 善 高 校 野 球 を 青 森 市 営 球 場 で 行 う 青 森 選 抜 軍 1-5ハワイ 選 抜 昭 和 33 年 加 盟 校 25 校 東 奥 義 塾 が 第 12 回 学 生 野 球 協 会 結 成 記 念 大 会 に 出 場 ( 一 回 戦 )1-

8 月 第 三 回 日 本 -ハワイ 親 善 高 校 野 球 を 青 森 市 営 球 場 で 行 う 青 森 選 抜 軍 1-5ハワイ 選 抜 昭 和 33 年 加 盟 校 25 校 東 奥 義 塾 が 第 12 回 学 生 野 球 協 会 結 成 記 念 大 会 に 出 場 ( 一 回 戦 )1- 青 森 県 高 等 学 校 野 球 連 盟 沿 革 史 年 号 昭 和 23 年 学 制 改 革 により 青 森 県 中 等 学 校 野 球 連 盟 から 青 森 県 高 等 学 校 野 球 連 盟 に 改 称 会 長 に 小 出 義 雄 氏 ( 青 森 高 ) 理 事 長 には 斎 藤 正 博 氏 ( 青 森 一 高 )が 就 任 事 務 局 を 市 立 青 森 第 一 高 校 に 置 いた 加

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し

More information

<83528373815B817990B48F9194C5817A3135303232345F95BD90AC3236944E8D8282B38E7792E89776965D88EA979781698DC58F49816A2E786C7378>

<83528373815B817990B48F9194C5817A3135303232345F95BD90AC3236944E8D8282B38E7792E89776965D88EA979781698DC58F49816A2E786C7378> 平 成 26 年 度 高 さ 道 路 一 覧 道 路 情 報 者 情 報 電 話 交 差 点 ( 起 点 交 差 点 名 ) 交 差 点 ( 終 点 交 差 点 名 ) 宮 城 県 1 都 市 計 画 道 路 ポートセンター 西 線 仙 台 市 宮 城 野 区 宮 城 県 警 察 5740372789 宮 城 県 仙 台 市 宮 城 野 区 中 野 字 葦 畔 5740373653 宮 城 県 仙

More information

採 用 昇 任 岩 出 市 立 山 崎 小 学 校 校 長 岩 出 市 立 山 崎 小 学 校 教 頭 竪 邦 康 岩 出 市 立 中 央 小 学 校 校 長 岩 出 市 立 山 崎 北 小 学 校 教 頭 小 山 幸 作 紀 の 川 市 立 粉 河 中 学 校 校 長 紀 の 川 市 立 粉 河

採 用 昇 任 岩 出 市 立 山 崎 小 学 校 校 長 岩 出 市 立 山 崎 小 学 校 教 頭 竪 邦 康 岩 出 市 立 中 央 小 学 校 校 長 岩 出 市 立 山 崎 北 小 学 校 教 頭 小 山 幸 作 紀 の 川 市 立 粉 河 中 学 校 校 長 紀 の 川 市 立 粉 河 平 成 26 年 度 末 和 歌 山 県 教 職 員 人 事 異 動 表 学 校 人 事 課 < 小 中 学 校 > 校 長 の 部 平 成 27 年 4 月 1 日 区 分 新 任 校 新 職 名 旧 任 校 旧 職 名 氏 名 採 用 昇 任 和 歌 山 市 立 大 新 小 学 校 校 長 和 歌 山 市 立 中 之 島 小 学 校 教 頭 松 田 晃 和 歌 山 市 立 砂 山 小 学 校 校

More information

G Q 建 義 追 放 ャ バ 禁 止 刀 棒 使 雄 決 ク ク ピ 深 足 極 端 仲 森 変 苦 先 雄 並 べ 座 元 元 士 族 腕 へ 協 依 頼 他 馬 利 路 材 置 馬 妨 つ 空 怪 獣 ダ 沼 猪 特 技 円 谷 英 由 美 ゴ ジ ゴ ジ 逆 続 怪 解 説 注 頃 祭 夜

G Q 建 義 追 放 ャ バ 禁 止 刀 棒 使 雄 決 ク ク ピ 深 足 極 端 仲 森 変 苦 先 雄 並 べ 座 元 元 士 族 腕 へ 協 依 頼 他 馬 利 路 材 置 馬 妨 つ 空 怪 獣 ダ 沼 猪 特 技 円 谷 英 由 美 ゴ ジ ゴ ジ 逆 続 怪 解 説 注 頃 祭 夜 正 ネ 支 厳 環 境 災 多 暗 採 掘 酷 暑 酷 寒 続 輸 送 呼 独 特 風 荒 プ 男 つ 典 筆 保 除 極 限 範 囲 紹 ィ ク ョ 世 界 録 問 採 掘 輸 送 衆 表 的 世 界 整 理 意 考 架 ぐ 輸 送 独 占 決 ひ 呼 性 往 姿 想 助 蒸 観 光 態 保 困 難 史 思 都 キ ネ 倶 楽 ダ 岩 俊 森 41 榊 正 澄 調 査 報 告 G Q 建 義 追

More information

168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港 路 海 峡 渡 氏 累 代 遺 光 典 博 園 銀 色 輝 北 海 南 沖 縄 百 余 埋 域 盛 沸 幕 済 銀 葉 学 院 教 授 斉 藤 精 郎 氏 世 界 融 激 震

168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港 路 海 峡 渡 氏 累 代 遺 光 典 博 園 銀 色 輝 北 海 南 沖 縄 百 余 埋 域 盛 沸 幕 済 銀 葉 学 院 教 授 斉 藤 精 郎 氏 世 界 融 激 震 No.168 / / 石 英 雄 栃 荒 2055 番 0285833477 編 集 / 江 光 夫 住 資 源 集 存 新 価 値 造 拠 点 置 徴 ブ 図 ミ ュ 博 物 ブ ズ 3 複 可 相 互 流 愛 称 募 結 果 配 慮 循 型 信 識 恵 循 込 恵 づ 恵 168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港

More information

水 準 点 使 用 にあたっての 注 意 とお 願 い 1 水 準 点 を 使 用 する 方 へ (1) 水 準 点 の 蓋 (ふた)が 開 けたままになっていますと 大 きな 事 故 につな がる 事 もありますので 使 用 後 は 確 実 に 蓋 掛 けを 行 って 下 さい (2) 私 有 地

水 準 点 使 用 にあたっての 注 意 とお 願 い 1 水 準 点 を 使 用 する 方 へ (1) 水 準 点 の 蓋 (ふた)が 開 けたままになっていますと 大 きな 事 故 につな がる 事 もありますので 使 用 後 は 確 実 に 蓋 掛 けを 行 って 下 さい (2) 私 有 地 千 葉 市 水 準 測 量 成 果 表 [ 基 準 日 1 日 ] 3 月 千 葉 市 環 境 局 環 境 保 全 部 水 準 点 使 用 にあたっての 注 意 とお 願 い 1 水 準 点 を 使 用 する 方 へ (1) 水 準 点 の 蓋 (ふた)が 開 けたままになっていますと 大 きな 事 故 につな がる 事 もありますので 使 用 後 は 確 実 に 蓋 掛 けを 行 って 下 さい

More information

ÿþ

ÿþ (2) 騒 音 振 動 悪 臭 の 防 止 ア 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 (ア) 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 と 地 域 類 型 指 定 時 の 区 分 地 域 類 型 夜 ( 午 前 6 時 ~ 午 後 10 時 ) ( 午 後 10 時 ~ 午 前 6 時 ) A 55 デシベル 以 下 5 デシベル 以 下 類 型 指 定 地 域 ( 概 要 ) 第 1 種 低 層 住 居

More information

北 海 道 2/4 オバルベツ2 長 万 部 町 縄 文 時 代 中 期 大 珠 1 発 掘 区 長 万 部 町 教 2001 大 袋 沢 A 上 ノ 国 町 縄 文 時 代 中 期 中 葉 大 珠 1 包 含 層 宮 他 1987 青 苗 奥 尻 町 縄 文 時 代 中 期 大 珠 住 居 跡 佐

北 海 道 2/4 オバルベツ2 長 万 部 町 縄 文 時 代 中 期 大 珠 1 発 掘 区 長 万 部 町 教 2001 大 袋 沢 A 上 ノ 国 町 縄 文 時 代 中 期 中 葉 大 珠 1 包 含 層 宮 他 1987 青 苗 奥 尻 町 縄 文 時 代 中 期 大 珠 住 居 跡 佐 北 海 道 1/4 上 川 松 前 町 縄 文 時 代 晩 期 中 葉 勾 玉 2 土 壙 墓 久 保 1977 伊 勢 畑 貝 塚 松 前 町 縄 文 時 代 1 久 保 1984 寺 町 貝 塚 松 前 町 縄 文 時 代 中 期 末 ~ 後 期 初 垂 玉 1 包 含 層 久 保 1988 湯 の 里 4 知 内 町 縄 文 時 代 勾 玉 1 包 含 層 道 埋 文 1985 湯 の 里 5

More information

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc 参 考 4 平 成 23 年 度 庁 舎 等 の 公 用 財 産 に 対 する 監 査 結 果 一 覧 表 一 覧 表 記 号 欄 の 凡 例 3ページ 下 段 に 記 載 した 指 摘 の 主 な 内 容 を 表 しています 指 摘 内 容 庁 舎 等 の 有 効 活 用 余 剰 面 積 等 の 有 効 活 用 財 産 管 理 の 不 備 庁 舎 保 全 関 係 の 不 備 異 なる 間 の 有

More information

埼 玉 県 春 日 部 市 春 日 部 豊 町 17:00~23:00 11:00~23:00 11:00~23:00 23:00 入 間 市 入 間 仏 子 11:00~23:00 11:00~23:00 11:00~23:00 23:00 入 間 市 武 蔵 藤 沢 11:00~23:00 11

埼 玉 県 春 日 部 市 春 日 部 豊 町 17:00~23:00 11:00~23:00 11:00~23:00 23:00 入 間 市 入 間 仏 子 11:00~23:00 11:00~23:00 11:00~23:00 23:00 入 間 市 武 蔵 藤 沢 11:00~23:00 11 バーミヤン 火 鍋 しゃぶしゃぶ 食 べ 放 題 販 売 時 間 一 覧 2016.7.1 現 在 制 限 時 間 100 分 ( 終 了 20 分 前 がラストオーダーになります) 都 道 府 県 市 町 村 店 舗 名 火 鍋 販 売 時 間 火 鍋 販 売 時 間 火 鍋 販 売 時 間 最 終 時 間 茨 城 県 水 戸 市 水 戸 河 和 田 11:00~23:00 11:00~23:00

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 速 報 (Ver.2) 平 成 28 年 4 月 25 日 基 礎 地 盤 コンサルタンツ 株 式 会 社 はじめに 平 成 28 年 4 月 14 日 21 時 26 分 頃 熊 本 地 方 を 震 源 とするM6.5の 地 震 が 発 生 しました この 地 震 で 熊 本 市 に 隣 接 する 益 城 町 で 震 度 7を 観 測 し 多

More information

12春季個人.xlsx

12春季個人.xlsx 一 覧 学 校 学 校 名 選 手 A 選 手 B ブロック 158107 上 野 数 尾 葛 城 35 明 法 8:45 312 158107 上 野 大 野 田 中 32 拓 大 一 12:00 281 158107 上 野 東 海 林 小 杉 58 明 法 12:00 518 158176 大 泉 元 島 神 門 1 拓 大 一 8:45 9 158176 大 泉 西 岡 寺 山 23 拓 大

More information

JAS認定事業者一覧

JAS認定事業者一覧 1 4 6 15 18 21 22 23 26 30 38 44 45 48 52 54 56 60 62 64 大 黒 醤 油 株 式 会 社 岩 手 県 九 戸 郡 軽 米 町 大 字 円 子 2-4-108 鏡 政 治 商 店 鏡 新 一 山 形 県 上 山 市 新 丁 6-18 山 口 阿 武 農 協 加 工 場 明 木 工 場 山 口 県 萩 市 大 字 明 木 3137-2 倉 繁 醸

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798E9197BF8250817A91E63489F18BA68B6389EF8E9197BF8140816D97F082DC82BF8C7689E6816E816988B38F6B816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798E9197BF8250817A91E63489F18BA68B6389EF8E9197BF8140816D97F082DC82BF8C7689E6816E816988B38F6B816A2E646F63> 第 1 章 佐 賀 市 の 歴 史 的 風 致 形 成 の 背 景 1 自 然 及 び 社 会 的 環 境 1 自 然 風 土 佐 賀 市 は 佐 賀 県 のほぼ 中 央 部 に 位 置 し 平 成 17 年 平 成 19 年 の 2 度 の 市 町 村 合 併 により 北 部 は 福 岡 市 に 接 し 県 庁 所 在 地 が 隣 接 する 全 国 でも 珍 し い 都 市 となった 市 域 は

More information

   

    C. 古 地 図 絵 図 ( 明 治 期 以 前 刊 行 図 の 複 製 ) [1] 一 般 地 図 地 図 帳 江 戸 城 下 変 遷 絵 図 集 - 御 府 内 沿 革 図 書 - 1~20, 別 巻 1~2( 原 書 房 1985-1988 1~20 T0 290/66/1~20, 別 巻 1~2 RT0 280/3001/1~2) 安 政 5 年 (1858 年 ) 幕 府 普 請 奉 行

More information

<915391539286959F88E4914994B291E6825083588365815B83578169975C9149838A815B834F816A91678D8782B92E786C73>

<915391539286959F88E4914994B291E6825083588365815B83578169975C9149838A815B834F816A91678D8782B92E786C73> 男 子 団 体 戦 第 1ステージ リーグ 戦 1 A ブロック 1 青 森 山 田 2 天 竜 3 双 葉 勝 敗 順 位 1 青 森 山 田 ( 青 森 県 ) 2 天 竜 ( 静 岡 県 ) 3 双 葉 ( 滋 賀 県 ) B ブロック 1 桐 花 2 相 陽 3 加 津 佐 勝 敗 順 位 1 桐 花 ( 北 海 道 ) 2 相 陽 ( 神 奈 川 県 ) 3 加 津 佐 ( 長 崎 県 )

More information

30 関 東 信 越 東 京 国 際 大 学 埼 玉 県 川 越 市 的 場 関 東 信 越 文 京 学 院 大 学 埼 玉 県 ふじみ 野 市 亀 久 保 1196

30 関 東 信 越 東 京 国 際 大 学 埼 玉 県 川 越 市 的 場 関 東 信 越 文 京 学 院 大 学 埼 玉 県 ふじみ 野 市 亀 久 保 1196 正 会 員 ブロック 正 会 員 所 属 校 郵 便 番 号 住 所 URL 1 北 海 道 旭 川 大 学 079-8501 北 海 道 旭 川 市 永 山 3 条 23 丁 目 1-9 http://www.asahikawa-u.ac.jp/ 2 北 海 道 札 幌 学 院 大 学 069-8555 北 海 道 江 別 市 文 京 台 11 http://www.sgu.ac.jp 3 北 海

More information

Taro-›ïŁñ98.jtd

Taro-›ïŁñ98.jtd 江 戸 遺 跡 研 究 会 会 報 No.98 2004 年 11 月 5 日 発 行 江 戸 遺 跡 研 究 会 http://www.ao.jpn.org/edo/ 江 戸 遺 跡 研 究 会 第 97 回 例 会 は 2004 年 9 月 22 日 ( 水 ) 午 後 6 時 30 分 より 江 戸 東 京 博 物 館 学 習 室 に て 行 われ 松 原 典 明 氏 より 以 下 の 内 容

More information

一 紅 会 歴 史 研 究 会 平 成 25 年 11 月 17 日 演 題 黄 金 の 国 甲 斐 の 通 貨 甲 州 金 ~その 誕 生 から 終 焉 まで~ 日 本 文 藝 家 協 会 会 員 渡 辺 房 男 かつて 甲 斐 の 国 は 黄 金 の 国 ジパングを 象 徴 する 豊 富 な 金

一 紅 会 歴 史 研 究 会 平 成 25 年 11 月 17 日 演 題 黄 金 の 国 甲 斐 の 通 貨 甲 州 金 ~その 誕 生 から 終 焉 まで~ 日 本 文 藝 家 協 会 会 員 渡 辺 房 男 かつて 甲 斐 の 国 は 黄 金 の 国 ジパングを 象 徴 する 豊 富 な 金 一 紅 会 第 15 回 渡 辺 房 男 先 生 を 囲 ん で 歴 史 研 究 同 好 会 参 加 者 名 簿 ( 敬 称 略 ) 黄 金 の 国 の 通 貨 甲 州 金 ~その 誕 生 から 終 焉 まで~ 平 成 25 年 (2013)11 月 17 日 ( 日 ) 午 後 1:30~3:30( 受 付 開 始 1:00~) 於 中 野 ゼロホール 酉 館 2F 学 習 室 1 中 野 区 中

More information

一般_国体選手

一般_国体選手 国 体 選 手 ( 女 子 ) 1/9 1982(S57) 監 督 佐 藤 英 雄 監 督 田 丸 暁 コーチ 山 本 和 久 マネージャー 池 口 伸 二 ミニ 国 体 ( 倉 敷 市 ) 選 手 野 村 守 山 口 教 員 団 選 手 里 村 優 子 山 口 教 員 男 子 : 藤 崎 靖 幸 山 口 教 員 団 松 永 清 美 山 口 教 員 女 子 : 児 玉 典 彦 山 口 教 員 団 田

More information

額 を 基 礎 として 求 めるものとする 額 を 基 礎 として 求 めるものとする 1 略 1 略 2 宅 地 の 価 額 については 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 ( 昭 和 49 年 政 令 第 387 2 宅 地 の 価 額 については 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 (

額 を 基 礎 として 求 めるものとする 額 を 基 礎 として 求 めるものとする 1 略 1 略 2 宅 地 の 価 額 については 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 ( 昭 和 49 年 政 令 第 387 2 宅 地 の 価 額 については 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 ( 固 定 資 産 評 価 基 準 新 旧 対 照 表 改 正 案 現 行 固 定 資 産 評 価 基 準 固 定 資 産 評 価 基 準 目 次 略 目 次 略 第 1 章 土 地 第 1 章 土 地 第 1 節 ~ 第 10 節 略 第 1 節 ~ 第 10 節 略 第 11 節 その 他 第 11 節 その 他 一 砂 防 指 定 地 の 評 価 一 砂 防 指 定 地 の 評 価 砂 防 法 (

More information

中 等 野 球 編 [9 大 会 登 録 人 ] 岡 村 俊 昭 ( 平 安 中 学 京 都 ) 98( 昭 0) 第 回 優 勝 大 会 平 安 中 学 - 松 本 商 業 未 登 録 平 安 中 学 -0 平 壌 中 学 右 翼 99( 昭 0) 第 回 選 抜 大 会 平 安 中 学 0- 海

中 等 野 球 編 [9 大 会 登 録 人 ] 岡 村 俊 昭 ( 平 安 中 学 京 都 ) 98( 昭 0) 第 回 優 勝 大 会 平 安 中 学 - 松 本 商 業 未 登 録 平 安 中 学 -0 平 壌 中 学 右 翼 99( 昭 0) 第 回 選 抜 大 会 平 安 中 学 0- 海 これは 春 夏 の 全 国 大 会 において 出 場 登 録 された 回 数 の 多 い 選 手 について 調 べたものです 中 等 野 球 編 [9 大 会 登 録 人 ] 岡 村 俊 昭 / 波 利 熊 雄 / 光 林 俊 盛 ( 平 安 中 学 ) [8 大 会 登 録 人 ] 小 川 正 太 郎 ( 和 歌 山 中 ) 築 地 藤 平 ( 静 岡 中 学 ) 小 林 政 重 ( 松 本 商

More information

<89DF8B8E82CC90AC90D1313689F12E786C73>

<89DF8B8E82CC90AC90D1313689F12E786C73> 一 二 三 四 五 * 栄 光 ある 過 去 の 実 績 ( 男 子 の )- 優 勝 今 高 橋 青 森 佐 藤 星 山 新 潟 有 賀 阿 佐 野 東 京 佐 藤 小 野 崎 宮 城 松 崎 千 葉 福 島 宮 城 本 田 大 和 田 新 潟 宮 城 吉 村 上 田 準 優 勝 橋 場 新 井 北 海 道 越 浦 小 笠 原 宮 城 北 山 鈴 木 宮 城 松 井 中 村 東 京 三 浦 石 上

More information

坂 越 大 泊 鉱 山 赤 穂 市 黄 鉄 鉱 1974 年 ( 昭 和 49) 発 見 1984 年 11 月 坂 越 大 泊 鉱 山 富 栖 鉱 山 宍 粟 市 安 富 町 休 山 富 栖 金 山 大 身 谷 鉱 山 宍 粟 市 一 宮 町 銅 鉛 亜 鉛 1985 年 7 月 同 和 鉱 業

坂 越 大 泊 鉱 山 赤 穂 市 黄 鉄 鉱 1974 年 ( 昭 和 49) 発 見 1984 年 11 月 坂 越 大 泊 鉱 山 富 栖 鉱 山 宍 粟 市 安 富 町 休 山 富 栖 金 山 大 身 谷 鉱 山 宍 粟 市 一 宮 町 銅 鉛 亜 鉛 1985 年 7 月 同 和 鉱 業 ひょうごの 主 な 鉱 山 鉱 山 跡 郷 土 史 探 訪 ツーリズム 研 究 所 資 料 dt21koz.pdf 帝 釈 鉱 山 ( 長 谷 銅 山 ) 神 戸 市 北 区 金 銅 1955 年 神 出 鉱 山 ( 神 戸 市 西 区 神 出 町 古 神 金 ) 堅 田 ( 神 戸 市 西 区 平 野 堅 田 金 座 ロックブリッジ 石 ) 瑞 宝 寺 鉱 山 ( 神 戸 市 北 区 有 馬 町

More information

013死亡見出し2013

013死亡見出し2013 (10) 死 亡 に 伴 う 事 務 No.1 区 分 作 成 書 類 作 成 者 提 出 先 部 本 学 学 教 教 学 書 類 の 名 称 数 人 校 校 委 事 人 共 済 記 載 例 N o 添 付 書 類 備 考 は 必 ず 添 付 は 該 当 者 のみ 添 付 庶 務 電 算 給 与 共 済 組 合 そ の 他 本 人 死 亡 の 場 合 家 族 からの 死 亡 届 4 1 3 1 校

More information

津市地域防災計画(案)

津市地域防災計画(案) 1 被 害 想 定 ( 危 機 管 理 部 ) 本 市 に 被 害 を 及 ぼす 地 震 は 南 海 トラフを 震 源 とし 広 域 的 な 被 害 を 特 徴 とするプレート 境 界 型 地 震 及 び 地 殻 上 部 の 活 断 層 を 震 源 とし 局 所 的 な 被 害 を 特 徴 とする 内 陸 直 下 型 地 震 である 現 在 国 の 中 央 防 災 会 議 及 び 三 重 県 等 が

More information

08-大嶋.indd

08-大嶋.indd Bulletin of the Tottori Prefectural Museum 49: 53-95, March 23, 2012 A reprinting of " Official diary of Great Village Headmen in Tottori province" vol.1 Yoichi OSHIMA 1, Sachiko YOTSUI 2 and Naoko SHIBATA

More information

淑 徳 森 島 大 久 保 44 442 家 政 大 附 人 工 芝 淑 徳 巣 鴨 日 高 榎 本 48 481 国 本 学 園 淑 徳 巣 鴨 井 口 福 田 21 205 大 山 淑 徳 巣 鴨 金 子 菅 家 7 69 大 山 淑 徳 巣 鴨 杉 山 秋 田 47 467 大 山 昭 和 福

淑 徳 森 島 大 久 保 44 442 家 政 大 附 人 工 芝 淑 徳 巣 鴨 日 高 榎 本 48 481 国 本 学 園 淑 徳 巣 鴨 井 口 福 田 21 205 大 山 淑 徳 巣 鴨 金 子 菅 家 7 69 大 山 淑 徳 巣 鴨 杉 山 秋 田 47 467 大 山 昭 和 福 上 野 栗 城 平 田 6 55 家 政 大 附 上 野 小 谷 林 35 348 昭 和 上 野 大 森 大 橋 57 574 文 大 八 王 子 上 野 鈴 木 小 穴 34 342 国 本 学 園 園 芸 青 山 亀 山 30 299 家 政 大 附 園 芸 齋 藤 津 城 46 457 家 政 大 附 大 泉 関 島 田 47 465 大 山 大 泉 大 塚 神 武 62 624 昭 和 大

More information

明 和 2.12. 9(1765) 5. 3.23(1768) 安 永 6.12.19(1777) 6.12.19( ) 天 明 1. 3.13(1781) 1.11.23( ) 3.10.11(1783) 3.10.19( ) 3.10.23( ) 3.10.25( ) 3.10.28( ) 3.

明 和 2.12. 9(1765) 5. 3.23(1768) 安 永 6.12.19(1777) 6.12.19( ) 天 明 1. 3.13(1781) 1.11.23( ) 3.10.11(1783) 3.10.19( ) 3.10.23( ) 3.10.25( ) 3.10.28( ) 3. 大 阪 の 火 災 記 録 ( 昭 和 22 年 以 前 ) 本 記 録 は 大 阪 市 における 昭 和 22 年 以 前 の 火 災 記 録 を 主 に 大 阪 市 消 防 の 歴 史 ( 昭 和 43 年 3 月 7 日 大 阪 市 消 防 局 発 行 )より 抜 すいして 掲 載 した なお その 他 東 消 防 の 歴 史 (H1.2.1 大 阪 市 東 消 防 署 発 行 ) 南 消 防

More information

<5461726F2DA28BC78DC48F4390B3A331333032323091E5986190EC90CE90EC>

<5461726F2DA28BC78DC48F4390B3A331333032323091E5986190EC90CE90EC> 近 畿 地 方 整 備 局 配 布 平 成 25 年 2 月 25 日 大 和 川 河 川 事 務 所 日 時 14 時 00 分 資 料 配 布 件 名 2 万 人 による 大 和 川 の 大 掃 除 ~ 大 阪 府 と 奈 良 県 で 連 携 し 大 和 川 流 域 を 一 斉 清 掃 します~ 来 る3 月 3 日 ( 日 ) 大 和 川 流 域 で 流 域 住 民 の 方 々の 参 加 による

More information