資 料 4-7 米 国 での 端 末 修 理 再 生 事 業 の 概 要 および 今 後 の 日 本 での 事 業 展 望 と 電 波 の 有 効 利 用 促 進 に 向 けた 意 見 要 旨 アシュリオン ジャパン 資 料 4-8 電 波 の 有 効 利 用 の 促 進 に 向 けた 検 討 課

Size: px
Start display at page:

Download "資 料 4-7 米 国 での 端 末 修 理 再 生 事 業 の 概 要 および 今 後 の 日 本 での 事 業 展 望 と 電 波 の 有 効 利 用 促 進 に 向 けた 意 見 要 旨 アシュリオン ジャパン 資 料 4-8 電 波 の 有 効 利 用 の 促 進 に 向 けた 検 討 課"

Transcription

1 参 考 資 料 6-3 電 波 有 効 利 用 の 促 進 に 関 する 検 討 会 ( 第 4 回 会 合 ) 議 事 要 旨 1 日 時 平 成 24 年 6 月 5 日 ( 火 ) 16 時 00 分 -18 時 10 分 2 場 所 総 務 省 8 階 第 一 特 別 会 議 室 3 出 席 者 ( 敬 称 略 ) (メンバー:50 音 順 敬 称 略 ) 清 原 聖 子 熊 谷 博 関 口 博 正 髙 畑 文 雄 土 居 範 久 ( 座 長 ) 土 井 美 和 子 林 秀 弥 藤 原 洋 水 越 尚 子 森 川 博 之 吉 川 尚 宏 ( 総 務 省 ) 松 崎 副 大 臣 森 田 大 臣 政 務 官 小 笠 原 総 務 審 議 官 桜 井 総 合 通 信 基 盤 局 長 鈴 木 電 波 部 長 安 藤 総 務 課 長 竹 内 電 波 政 策 課 長 川 崎 基 幹 通 信 課 長 田 原 移 動 通 信 課 長 巻 口 衛 星 移 動 通 信 課 長 丹 代 電 波 環 境 課 長 佐 々 木 放 送 政 策 課 長 荻 原 電 波 利 用 料 企 画 室 長 星 監 視 管 理 室 長 内 藤 企 画 官 菅 田 企 画 官 電 波 政 策 課 4 配 布 資 料 資 料 4-1 消 費 者 からの 電 波 の 有 効 利 用 について 木 村 構 成 員 資 料 4-2 防 災 消 防 無 線 の 整 備 防 災 安 全 安 心 等 の 自 営 系 公 共 系 システムの 整 備 デジタル 化 の 推 進 への 支 援 に 係 る 要 望 に ついて 茨 城 県 資 料 4-3 災 害 を 見 据 えた 機 器 開 発 インフラ 整 備 の 考 え 方 日 立 国 際 電 気 資 料 4-4 電 波 有 効 利 用 の 促 進 に 関 する 検 討 会 説 明 資 料 日 本 放 送 協 会 資 料 4-5 電 波 有 効 利 用 の 促 進 に 関 する 検 討 会 ヒアリング 説 明 資 料 日 本 民 間 放 送 連 盟 資 料 4-6 基 準 認 証 制 度 等 に 係 る 課 題 テレコムエンジニアリングセンター 1

2 資 料 4-7 米 国 での 端 末 修 理 再 生 事 業 の 概 要 および 今 後 の 日 本 での 事 業 展 望 と 電 波 の 有 効 利 用 促 進 に 向 けた 意 見 要 旨 アシュリオン ジャパン 資 料 4-8 電 波 の 有 効 利 用 の 促 進 に 向 けた 検 討 課 題 日 本 データ 通 信 協 会 テレコム アイザック 推 進 会 議 資 料 4-9 主 要 国 の 電 波 利 用 料 等 の 概 要 等 事 務 局 資 料 4-10 意 見 募 集 の 結 果 について ~ 主 な 論 点 提 出 者 の 観 点 から~ 事 務 局 参 考 資 料 4-1 電 波 有 効 利 用 の 促 進 に 関 する 検 討 会 ( 第 2 回 会 合 ) 議 事 要 旨 参 考 資 料 4-2 ヒアリング 対 象 者 の 電 波 の 有 効 利 用 促 進 に 関 する 意 見 募 集 の 結 果 2

3 5 議 事 概 要 (1) 開 会 (2) 議 事 1 構 成 員 からの 発 表 資 料 4-1について 木 村 構 成 員 欠 席 のため 資 料 配 付 のみ 行 われた 2 意 見 提 出 者 等 からのヒアリング 資 料 4-2から 資 料 4-8に 基 づいて 意 見 提 出 者 から それぞれ 提 出 意 見 の 内 容 について 説 明 が 行 われた 3 その 他 資 料 4-9 及 び 資 料 4-10に 基 づいて 事 務 局 より 説 明 が 行 われた 4 意 見 交 換 意 見 提 出 者 の 発 表 及 び 事 務 局 の 説 明 に 対 して 意 見 交 換 が 行 われた 主 な 発 言 は 以 下 のとおり ( 清 原 構 成 員 ) 資 料 4-9について 事 務 局 にお 尋 ねしたい 米 国 の 行 政 手 数 料 が 小 規 模 であり 韓 国 と 英 国 は 同 規 模 だと 思 うが 日 本 がそれらの 国 と 比 べて 大 規 模 なのはなぜか また 茨 城 県 から 説 明 のあった 自 治 体 への 電 波 利 用 料 による 支 援 の 要 請 についてだ が 自 治 体 へICT 普 及 交 付 金 のような 形 で 総 務 省 からの 支 援 の 方 法 があるのではな いか 例 えば 米 国 の 行 政 手 数 料 は 約 280 億 円 という 規 模 になるが オークションや 携 帯 電 話 について 税 金 のような 形 でも 徴 収 を 行 っており どこまで 含 めて 考 えるかという 問 題 がある 行 政 手 数 料 は 行 政 の 基 礎 的 な 部 分 に 係 る 費 用 であるが オークションの 収 入 や 税 金 で 賄 う 部 分 等 も 含 めて 全 体 として 見 ると 日 本 が 必 ずしも 規 模 が 大 きいと は 言 えない 日 本 の 場 合 は このような 費 用 をコンスタントに 電 波 利 用 料 という 形 で 毎 年 徴 収 する 形 をとっており 同 じ 形 ではないので 一 概 に 比 較 はできないと 考 える 韓 国 では 周 波 数 割 当 対 価 の 設 定 を 一 部 は 政 府 が 行 ったり オークションで 設 定 し たりしている また 周 波 数 割 当 対 価 や 放 送 事 業 者 から 徴 収 した 費 用 等 が 基 金 に 組 み 入 れられて 約 1 千 億 円 規 模 の 基 金 を 使 って 研 究 開 発 や 人 材 育 成 を 行 っている 我 が 国 では 電 波 利 用 料 により 電 波 資 源 拡 大 のための 研 究 開 発 を 行 っており 全 体 3

4 を 比 較 すれば 必 ずしも 一 概 に 日 本 だけが 高 いとも 言 い 切 れない 色 々な 制 度 が 入 り 組 んでおり 一 律 に 比 較 するのは 難 しい ( 座 長 ) オークションの 落 札 金 については 各 国 で 使 途 は 限 定 されているのか 本 検 討 会 第 1 回 の 事 務 局 説 明 資 料 で 説 明 させていただいたところではあるが 米 国 等 のように 地 デジ 関 係 機 器 の 配 布 やデジタルデバイド 対 策 などに 使 用 し 使 途 は 制 度 上 決 まっている 国 もあれば 使 途 を 決 めずに 一 般 財 源 に 全 て 入 れているという 国 もある 韓 国 のように 基 金 に 入 れて 人 材 育 成 等 で 使 うという 国 もある 国 によって 制 度 は 異 なる 続 いて 清 原 構 成 員 の2 番 目 の 質 問 について 従 来 からの 情 報 通 信 関 係 の 施 設 整 備 については 一 般 財 源 の 補 助 金 や 交 付 金 により 光 ファイバー 関 連 のサーバー ルーター 類 等 を 対 象 とした 自 治 体 として 必 要 な 情 報 通 信 システムの 整 備 を 実 施 して いる 最 近 では 概 ね 情 報 通 信 基 盤 特 にブロードバンドの 整 備 が 進 展 しており 様 々 な 見 直 しを 進 めてきている ( 清 原 構 成 員 ) 茨 城 県 が 自 治 体 に 対 して 防 災 関 係 のネットワーク 構 築 の 支 援 を 要 望 しているが その 点 について これは 電 波 利 用 料 によって 支 弁 するものなのか 既 存 の 他 の 交 付 金 で 支 援 されうるものではないか その 整 理 について 教 えて 頂 きたい 同 じ 事 業 に 二 重 の 予 算 を 充 てることはないが 例 えば 地 デジの 完 全 移 行 や 携 帯 電 話 エリア 整 備 に 電 波 利 用 料 を 充 ててきたのは 他 の 電 波 を 使 用 する 者 にも 裨 益 する 事 業 であるためである 電 波 の 使 い 方 が 全 く 同 じであって 単 なる 施 設 整 備 をサポート するのであれば 従 来 の 交 付 金 による 支 援 が 相 応 しいと 考 える 例 えば 消 防 防 災 関 係 について 従 来 以 上 の 有 効 利 用 が 可 能 になり 空 いた 周 波 数 を 他 の 用 途 に 割 当 てが 可 能 になり 受 益 が 及 ぶのかどうか 等 他 の 免 許 人 への 裨 益 の 有 無 という 観 点 か らのご 検 討 をお 願 いしたい ( 林 構 成 員 ) 資 料 4-7の5ページについて 修 理 費 用 が 日 本 と 米 国 で 大 きく 異 なる 理 由 を 知 り たい 米 国 の 場 合 は 新 品 部 品 とリサイクル 部 品 を 混 合 して 修 理 に 使 うとのことだが 日 本 でも 実 施 しているのか また 日 本 の 部 材 費 を 米 国 同 様 に 安 くすることについて 4

5 難 しい 理 由 があるのか (アシュリオン ジャパン) 日 本 と 米 国 では 部 材 費 が 大 きく 異 なる 米 国 の 場 合 部 材 費 は 新 品 又 は 再 生 品 の 混 合 であり トータル 単 価 が 安 くなることが 最 大 の 理 由 と 考 える 日 本 では 修 理 するメーカーが 再 生 部 品 を 使 っていないことが 部 材 費 が 米 国 に 比 べて 高 価 になっている 理 由 と 考 える ( 林 構 成 員 ) 再 利 用 をした 場 合 に 純 正 品 と 品 質 面 において 完 全 な 代 替 が 可 能 なのか (アシュリオン ジャパン) 弊 社 の 例 で 言 うと 同 等 である ( 座 長 ) 問 題 は 制 度 上 修 理 によって 技 術 基 準 適 合 証 明 が 失 効 するのかどうかである ( 水 越 構 成 員 ) 資 料 4-6の10ページで 認 証 機 関 の 国 際 競 争 において 機 器 に 対 する 支 援 が 必 要 なのか それとも 標 準 化 と 技 術 基 準 策 定 のスピード 等 制 度 的 にも 改 善 する 点 が あるのか 諸 国 と 比 較 して 希 望 があれば 聞 かせて 欲 しい 資 料 4-8の6/8ページで Wi-Fi 網 接 続 の 場 合 の 追 跡 手 段 について 具 体 的 に 何 によって 追 跡 手 段 を 確 立 すべきというご 主 張 なのか ご 説 明 願 いたい (テレコムエンジニアリングセンター) 外 国 機 関 との 競 争 のポイントはスピードと 考 えるが 自 助 努 力 でやっていけると 思 う しかし 認 証 コストの 競 争 も 非 常 に 激 しく 外 国 の 場 合 は 試 験 について 試 験 機 関 にやらせて 認 証 だけするケースが 多 々ある 日 本 特 にテレコムエンジニアリングセ ンターの 場 合 は 自 前 の 試 験 装 置 や 試 験 施 設 を 試 験 が 年 に 数 回 しかなくても いつ でも 顧 客 の 要 求 に 応 えられるように 準 備 しており コスト 高 になる (テレコム アイザック 推 進 会 議 ) 例 えば 携 帯 電 話 を 使 用 する 場 合 を 考 えると 携 帯 端 末 を 購 入 し ISP 契 約 や 公 衆 Wi-Fi 網 契 約 等 携 帯 会 社 と 契 約 した 端 末 で 他 のISPを 使 った 通 信 をすることが 可 能 となり 契 約 したISP 以 外 のところで 悪 意 のプログラムやサイバー 攻 撃 の 標 的 になる ことが 有 りうる その 情 報 は 各 ISPや 携 帯 電 話 会 社 網 といった 会 社 間 で 相 互 に 渡 せな 5

6 いので どこでどういう 風 に 悪 意 あるプログラムに 感 染 したのか 等 が 分 かりにくい 状 況 であることが 問 題 である ( 水 越 構 成 員 ) 法 律 の 改 正 等 を 求 める 趣 旨 ではないと 考 えるが 民 間 と 行 政 の 間 で 何 らかの 取 り 決 めをしていくことが 必 要 という 要 請 か (テレコム アイザック 推 進 会 議 ) 法 律 を 定 めて 行 う 考 え 方 もあるし 民 間 同 士 で 顧 客 のプライバシーを 保 護 しつつ なんらかの 情 報 交 換 をする 等 色 々な 方 法 があると 思 う 今 現 在 我 々がこうした 方 がよいという 意 見 を 述 べる 段 階 に 至 っていない ( 土 井 構 成 員 ) 2 点 質 問 がある 1 点 目 は 資 料 4-6の6ページ MRAについて 外 国 もそれぞれ 適 合 性 評 価 機 関 で 評 価 している 図 になっている 一 方 資 料 4-9の3ページの 各 国 の 適 合 性 評 価 方 法 を 見 ると 米 国 は 無 線 機 器 について 認 証 であるが 欧 州 は 自 己 宣 言 の 形 で 必 ずしも 認 証 機 関 で 行 っていないが どう 考 えたらいいのか 2 点 目 はアシュリオン ジャパンに 伺 いたいのだが iphone 等 のスマートフォンはど こでも 修 理 できるわけではない 必 ずアップルのお 店 に 持 っていかなければいけない が 米 国 ではどのように 扱 われているのか 日 本 では 今 後 どうなるのか MRAについては 基 本 的 に 自 国 の 制 度 に 合 った 形 で 外 国 の 適 合 性 機 関 で 外 国 の メーカーが 予 め 認 証 を 受 けて 輸 入 を 受 け 入 れるので 各 国 の 制 度 に 合 わせて 外 国 で 認 証 することになっているので 問 題 は 無 い ( 土 井 構 成 員 ) 現 在 建 前 として 第 三 者 の 評 価 を 受 けているかもしれないが 法 律 としては 評 価 を 受 けなくていいようにうかがえる 第 三 者 の 評 価 を 受 けていない 機 器 が 入 ってきたと きに 法 的 にどのように 水 際 対 策 を 行 うのか 欧 州 では 自 己 宣 言 となっているが 欧 州 のメーカーが 日 本 に 輸 出 するためには 日 本 の 制 度 に 合 わせた 形 で 欧 州 の 認 証 機 関 が 日 本 と 同 様 の 認 証 をして その 上 で 日 本 に 輸 出 することになっている このため 欧 州 の 認 証 機 関 は 自 己 宣 言 によってで はなく 日 本 の 認 証 制 度 に 則 った 形 で 日 本 に 輸 出 する 6

7 問 題 となっているのは 海 外 から 輸 入 される 機 器 の 中 でも 日 本 の 技 術 基 準 に 合 っ てない 機 器 で 日 本 の 認 証 制 度 に 基 づかずに 作 られたものが 日 本 に 輸 入 されている ことと 認 識 している (アシュリオン ジャパン) ご 指 摘 のとおり iphone はメーカーのショップに 持 っていかないと 修 理 できない 米 国 も 同 じく 弊 社 はアップルから 部 品 の 調 達 はできていないので 修 理 はしていない それ 以 外 の 詳 しい 状 況 は 分 からない ( 吉 川 構 成 員 ) 事 務 局 にお 願 いしたいのだが 資 料 4-9について 私 の 問 題 意 識 は M2Mの 振 興 を 考 えた 場 合 端 末 一 台 あたりにかかる 電 波 利 用 料 が 国 際 的 に 見 て 日 本 が 有 利 な 水 準 にあるか 明 確 にしたい 無 線 局 1 台 あたりの 電 波 利 用 料 について 日 本 が 割 高 なのかどうか 特 にARPUを 考 えると 一 回 払 ってしまったコスト つまりサンクコスト は 問 題 にならないが 毎 年 のランニングコストの 方 が 携 帯 電 話 事 業 者 におけるM2M の 利 用 料 にかなり 影 響 すると 思 うので 調 べていただきたい もう1 点 日 立 国 際 電 気 に 教 えていただきたいが 防 災 無 線 とその 標 準 化 との 関 係 について 防 災 無 線 の 国 際 標 準 があって 今 も 標 準 化 活 動 を 実 施 しているのかどう か 教 えて 欲 しい ( 日 立 国 際 電 気 ) 防 災 無 線 の 国 際 標 準 化 について 例 えば ASTAP において 日 本 の 提 案 である6 0MHz 帯 デジタル 同 報 系 無 線 がレコメンデーションとして 昨 年 10 月 に 採 択 されたと ころである 防 災 関 係 の 分 野 では 公 共 ブロードバンドシステム 等 を 今 後 海 外 に 広 く 展 開 するポテンシャルはあると 考 えている ( 吉 川 構 成 員 ) 今 後 更 に 防 災 無 線 について 標 準 化 をうまくやれば 海 外 展 開 が 可 能 であると 理 解 してよろしいか ( 日 立 国 際 電 気 ) そういう 方 向 が 望 ましいと 思 う さらに 付 け 加 えれば 例 えば 各 国 の 周 波 数 帯 域 が 異 なる 点 について 各 周 波 数 帯 に 対 応 したフィールド 試 験 等 に 電 波 利 用 料 財 源 を 投 入 いただければ 外 国 でアクションを 起 こしやすいのではないか 7

8 ( 髙 畑 構 成 員 ) 茨 城 県 の 資 料 4-2に 関 して 電 波 利 用 料 を 防 災 情 報 ネットワークの 研 究 開 発 に 使 用 するか 否 かは 今 後 の 議 論 によるものと 思 われる さらに 防 災 情 報 ネットワーク の 設 備 投 資 費 用 に 電 波 利 用 料 を 充 ててもらいたいとあるが 膨 大 な 額 になると 思 う 私 見 ではあるが 電 波 利 用 料 は 年 間 約 680 億 円 であり 膨 大 な 額 であるとは 言 え インフラ 整 備 の 用 途 に 使 うと すぐに 足 りなくなってしまうのではないかと 思 われる もう1 点 テレコム アイザック 推 進 会 議 の 資 料 4-8には 電 波 利 用 料 からの 支 出 と は 明 に 書 かれていないが 元 来 無 線 LANは 免 許 不 要 局 で 混 信 を 覚 悟 で 運 用 してい るので 電 波 利 用 料 を 使 うとしたならば 疑 問 が 生 じることになる 民 間 ベースで 研 究 開 発 をするのが 道 理 ではないかという 感 じを 受 けるが この 辺 はいかがか (テレコム アイザック 推 進 会 議 ) 民 間 でやれることは 民 間 でやるべき 例 えばインターネットは 民 主 導 の 部 分 もあ る 私 どもの 意 見 として 新 しい 電 波 を 利 用 したプロトコルを 作 ったり 各 社 で 相 乗 りで きるように 環 境 を 整 備 したり 様 々な 方 法 が 考 えられるので 研 究 開 発 を 必 ずしなけれ ばいけないと 思 っているわけではない 様 々な 観 点 からご 検 討 をいただきたいという 要 望 である ( 藤 原 構 成 員 ) 資 料 4-9で 売 上 に 応 じ 電 波 利 用 料 を 課 金 している 例 があったように 思 うが 先 程 の 吉 川 構 成 員 の 質 問 にも 関 係 するが 同 じ 事 業 者 でも 用 途 やサービスの 内 容 に よって 電 波 利 用 料 の 料 額 が 違 う 例 があるのかどうか お 調 べいただきたい また アシュリオン ジャパンは 電 波 利 用 料 の 利 用 方 法 について 特 にコメントがなか ったが どんなことに 使 えばといいとお 考 えか (アシュリオン ジャパン) 特 にない ( 座 長 ) 藤 原 構 成 員 から 事 務 局 への 依 頼 について 難 しいとは 思 うが 努 力 をしていただく ということでお 願 いしたい ( 林 構 成 員 ) 電 波 利 用 料 の 比 較 について 例 えば 米 国 の 行 政 手 数 料 で 規 制 業 務 にかかる 費 用 の 一 部 はFCCの 会 計 に 直 接 入 り FCCの 人 件 費 等 に 使 われる 様 な 性 格 のもので 8

9 電 波 利 用 料 とは 性 格 が 違 うと 理 解 していた 米 国 の 場 合 この 行 政 手 数 料 はどう 電 波 利 用 料 と 比 較 すればよいのかを 追 加 的 にご 説 明 いただければありがたい 基 本 的 にご 指 摘 のとおりであり 米 国 の 行 政 手 数 料 は 行 政 にかかる 費 用 例 え ば 人 件 費 等 を 含 めて 通 信 事 業 者 等 から 徴 収 するというものであり 日 本 の 電 波 利 用 料 の 使 途 と 比 べると かなり 限 定 的 なものになる そういう 意 味 で 直 接 横 並 びでの 比 較 は 難 しい 資 料 4-9で 網 かけして 電 波 利 用 料 に 近 いと 分 類 した 理 由 は 行 政 の 費 用 に 活 用 しているというのが1 点 と 年 次 的 に 料 額 を 決 めて 徴 収 しているという 類 似 点 があることを 考 慮 したものである 一 方 申 請 手 数 料 等 は 免 許 の 申 請 時 等 に 限 っ て 徴 収 するものなので 性 格 的 には 違 うと 考 えた 形 式 的 な 部 分 で 判 断 した 部 分 が 大 きい (3) その 他 事 務 局 より 次 回 開 催 日 程 について 説 明 が 行 われた (4) 閉 会 以 上 9

相模原市都市計画審議会 会議録

相模原市都市計画審議会 会議録 様 式 3 会 議 名 ( 審 議 会 等 名 ) 第 196 回 会 議 録 相 模 原 市 都 市 計 画 審 議 会 事 務 局 ( 担 当 課 ) まちづくり 計 画 部 都 市 計 画 課 電 話 042-769-8247( 直 通 ) 開 催 日 時 平 成 26 年 8 月 18 日 ( 月 ) 14 時 ~15 時 45 分 開 催 場 所 相 模 原 市 役 所 本 庁 舎 第 2

More information

1. 無 線 局 免 許 の 法 的 性 質 2. 無 線 局 免 許 と 通 信 事 業 3. オークションによって 得 る 地 位 譲 渡 性 4. オークションによって 得 た 地 位 と 有 効 期 間 撤 回 5. その 他

1. 無 線 局 免 許 の 法 的 性 質 2. 無 線 局 免 許 と 通 信 事 業 3. オークションによって 得 る 地 位 譲 渡 性 4. オークションによって 得 た 地 位 と 有 効 期 間 撤 回 5. その 他 資 料 11-1 電 波 オークション ー 法 的 枠 組 みー 獨 協 大 学 教 授 多 賀 谷 一 照 1. 無 線 局 免 許 の 法 的 性 質 2. 無 線 局 免 許 と 通 信 事 業 3. オークションによって 得 る 地 位 譲 渡 性 4. オークションによって 得 た 地 位 と 有 効 期 間 撤 回 5. その 他 1 1 無 線 局 免 許 の 法 的 性 質 私 所

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 資 料 5-2 中 間 答 申 に 向 けた 検 討 項 目 ~ 郵 便 信 書 便 市 場 の 活 性 化 方 策 の 在 り 方 について~ < 目 次 > P1 諮 問 事 項 1 一 般 信 書 便 事 業 の 参 入 要 件 の 明 確 化 P2 ( 参 考 1) 郵 便 法 信 書 便 法 の 規 制 対 象 の 在 り 方 P3 ( 参 考 2) 送 り 主 に 対 する 罰 則 規

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E5189C18ED282A982E782A282BD82BE82A282BD8EBF96E2814588D38CA982C682BB82CC89F1939A817993DE97C7817A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E5189C18ED282A982E782A282BD82BE82A282BD8EBF96E2814588D38CA982C682BB82CC89F1939A817993DE97C7817A2E646F6378> 食 品 のリスクを 考 えるフォーラム( 奈 良 県 ) ~ 気 になる 食 品 添 加 物 ~ 平 成 23 年 12 月 21 日 ( 水 ) 参 加 者 の 皆 さんからいただいた 質 問 意 見 カード を 基 に 意 見 や 質 問 が 交 換 されました 意 見 交 換 の 主 なやりとりは 以 下 のとおりです : 食 品 安 全 委 員 会 事 務 局 : 奈 良 県 Q: 食 品

More information

局 別 審 査 1 荒 木 由 美 子 委 員 ( 共 産 党 ) 1 今 後 の 財 政 見 通 しについて (1) 中 期 財 政 見 通 しにおける 法 人 市 民 税 の 減 収 要 因 について 伺 いたい (2) 物 価 上 昇 に 賃 上 げが 追 い 付 いていない 現 状 を 踏

局 別 審 査 1 荒 木 由 美 子 委 員 ( 共 産 党 ) 1 今 後 の 財 政 見 通 しについて (1) 中 期 財 政 見 通 しにおける 法 人 市 民 税 の 減 収 要 因 について 伺 いたい (2) 物 価 上 昇 に 賃 上 げが 追 い 付 いていない 現 状 を 踏 平 成 27 年 度 予 算 第 二 特 別 委 員 会 質 問 要 旨 局 別 審 査 平 成 27 年 3 月 10 日 質 問 者 ( 質 問 順 ) 1 荒 木 由 美 子 委 員 ( 共 産 党 ) 2 山 本 尚 志 委 員 ( 自 民 党 ) 3 瀬 之 間 康 浩 委 員 ( 自 民 党 ) 4 尾 崎 太 委 員 ( 公 明 党 ) 5 石 渡 由 紀 夫 委 員 ( 民 主 党

More information

平成16年度 北広島市水道事業再評価審議委員会

平成16年度 北広島市水道事業再評価審議委員会 平 成 23 年 度 第 5 回 北 広 島 市 水 道 事 業 経 営 審 議 会 日 時 平 成 24 年 2 月 3 日 ( 金 ) 午 後 6 時 00 分 場 所 本 庁 舎 2 階 会 議 室 審 議 会 出 席 者 審 議 委 員 伊 藤 委 員 秋 穂 委 員 野 部 委 員 橋 本 委 員 三 好 委 員 和 田 委 員 金 子 委 員 10 名 中 8 名 出 席 事 務 局 深

More information

いか 然 り 従 来 どおり5 年 間 の 国 庫 債 務 負 担 行 為 で 契 約 した 場 合 と 20 機 を7 年 間 でまとめて 長 期 契 約 した 場 合 のコストを 比 較 している 資 料 に 各 年 度 の 年 割 額 という 表 が 出 ているが 従 来 の 年 割 は 継

いか 然 り 従 来 どおり5 年 間 の 国 庫 債 務 負 担 行 為 で 契 約 した 場 合 と 20 機 を7 年 間 でまとめて 長 期 契 約 した 場 合 のコストを 比 較 している 資 料 に 各 年 度 の 年 割 額 という 表 が 出 ているが 従 来 の 年 割 は 継 契 約 制 度 研 究 会 ( 第 25 回 ) 議 事 要 旨 1 日 時 平 成 27 年 6 月 11 日 ( 木 )10 時 00 分 ~11 時 50 分 2 場 所 防 衛 省 A 棟 11 階 第 1 省 議 室 3 出 席 者 : 小 林 会 長 有 川 委 員 尾 畑 委 員 神 﨑 委 員 中 村 委 員 橋 本 委 員 山 本 委 員 : 経 理 装 備 局 長 大 臣 官 房

More information

具 体 的 な 交 渉 内 容 1 6 月 期 期 末 手 当 及 び 勤 勉 手 当 について 協 議 の 要 旨 6 月 期 期 末 勤 勉 手 当 について 算 定 基 礎 月 収 額 の 2.30か 月 分 プラス2 万 円 の 組 合 から の 要 求 に 対 して 当 局 は 給 与 条

具 体 的 な 交 渉 内 容 1 6 月 期 期 末 手 当 及 び 勤 勉 手 当 について 協 議 の 要 旨 6 月 期 期 末 勤 勉 手 当 について 算 定 基 礎 月 収 額 の 2.30か 月 分 プラス2 万 円 の 組 合 から の 要 求 に 対 して 当 局 は 給 与 条 = 尼 崎 市 職 員 労 働 組 合 との 交 渉 状 況 = 平 成 27 年 度 第 1 号 通 算 第 540 号 平 成 27 年 6 月 17 日 尼 崎 市 役 所 総 務 局 人 事 管 理 部 給 与 課 6 月 期 期 末 勤 勉 手 当 及 び 平 成 27 年 度 の 欠 員 等 について 6 月 8 日 午 後 3 時 から 午 後 5 時 まで 中 央 公 民 館 小 ホールにおいて

More information

<593A5C8AE989E68C575C8CF689638AE98BC690528B6389EF5C3232944E93785C91E63389F18C8B89CA5C91E68E4F89F189EF8B63985E2E646F63>

<593A5C8AE989E68C575C8CF689638AE98BC690528B6389EF5C3232944E93785C91E63389F18C8B89CA5C91E68E4F89F189EF8B63985E2E646F63> 平 成 22 年 9 月 7 日 午 後 1 時 30 分 苫 小 牧 市 役 所 北 庁 舎 3 階 会 議 室 にて 開 催 開 会 苫 小 牧 市 公 営 企 業 調 査 審 議 会 ( 委 員 20 名 中 13 名 出 席 条 例 による 審 議 会 開 催 の 定 足 数 を 満 た している ) 審 議 松 原 会 長 それでは 8 月 24 日 及 び31 日 に 引 き 続 きまして

More information

(3)オブザーバー 2 名 公 益 財 団 さわやか 福 祉 財 団 鶴 山 芳 子 社 会 福 祉 法 人 聖 労 院 羽 田 ゆかり (4) 傍 聴 者 4 名 4 次 第 (1) 開 会 (2) 挨 拶 高 齢 福 祉 担 当 部 長 より (3) 配 布 資 料 の 確 認 資 料 1 清

(3)オブザーバー 2 名 公 益 財 団 さわやか 福 祉 財 団 鶴 山 芳 子 社 会 福 祉 法 人 聖 労 院 羽 田 ゆかり (4) 傍 聴 者 4 名 4 次 第 (1) 開 会 (2) 挨 拶 高 齢 福 祉 担 当 部 長 より (3) 配 布 資 料 の 確 認 資 料 1 清 平 成 27 年 度 第 3 回 生 活 支 援 介 護 予 防 サービス 提 供 主 体 等 協 議 体 会 議 録 ( 議 事 要 旨 ) 1 開 催 日 時 平 成 28 年 3 月 31 日 ( 木 ) 午 後 1 時 30 分 から 午 後 4 時 00 分 2 場 所 健 康 センター 研 修 室 3 出 席 者 (1) 地 縁 団 体 阿 久 津 州 美 男 内 野 光 裕 地 域 福

More information

Microsoft Word - 収益認識意見書20160530.doc

Microsoft Word - 収益認識意見書20160530.doc 企 業 会 計 基 準 委 員 会 御 中 2016 年 5 月 30 日 株 式 会 社 プロネクサス プロネクサス 総 合 研 究 所 収 益 認 識 に 関 する 包 括 的 な 会 計 基 準 の 開 発 についての 意 見 の 募 集 に 関 する 意 見 2016 年 2 月 4 日 に 公 表 4 月 22 日 に 改 訂 されました 標 記 公 開 草 案 について 当 研 究 所

More information

Microsoft Word - ③第7回議会報告会報告書(東部上)

Microsoft Word - ③第7回議会報告会報告書(東部上) 第 7 回 山 ノ 内 町 議 会 報 告 会 実 施 結 果 報 告 書 ( 東 部 上 ) 日 時 平 成 26 年 1 月 23 日 ( 木 ) 午 後 7 時 ~ 午 後 9 時 場 所 沓 野 区 和 合 会 館 参 加 人 数 住 民 参 加 者 :30 人 議 員 15 人 事 務 局 1 人 地 元 協 力 団 体 沓 野 区 沓 野 組 渋 湯 組 横 湯 組 議 員 役 割 分

More information

「独禁法事例研究」第1回(平成25年4月22日)

「独禁法事例研究」第1回(平成25年4月22日) 独 禁 法 事 例 研 究 第 7 回 ( 平 成 25 年 10 月 21 日 ) 論 点 紹 介 役 から 以 下 のとおり 論 点 等 の 発 表 が 行 われた 大 建 工 業 によるC&Hの 株 式 取 得 1. 当 事 者 の 概 要 大 建 : 中 密 度 繊 維 板 (MDF) 等 の 木 質 材 料 の 製 造 販 売 業 及 び 木 質 材 料 等 を 部 材 とす る 内 装

More information

Microsoft Word - ☆第31回事業評価監視委員会議事録_最終_ .docx

Microsoft Word - ☆第31回事業評価監視委員会議事録_最終_ .docx ---------------------------------------- 再 評 価 4. 広 域 河 川 改 修 事 業 大 谷 川 ---------------------------------------- 議 長 午 後 の 審 議 を 再 開 いたします 今 回 は 再 評 価 4 番 の 広 域 河 川 改 修 事 業 大 谷 川 について 説 明 をお 願 いいたします 河

More information

軟 な 制 度 の 運 用 整 備 が 行 われることが 必 要 セーレンから マス カスタイマイゼーションをコンセプトとした 洋 服 の 加 工 製 品 化 までを 制 御 し た 一 貫 生 産 システムによる 同 社 のパーソナルオーダーショップでの 受 注 システムを 紹 介 その 後 民

軟 な 制 度 の 運 用 整 備 が 行 われることが 必 要 セーレンから マス カスタイマイゼーションをコンセプトとした 洋 服 の 加 工 製 品 化 までを 制 御 し た 一 貫 生 産 システムによる 同 社 のパーソナルオーダーショップでの 受 注 システムを 紹 介 その 後 民 未 来 投 資 に 向 けた 官 民 対 話 ( 第 2 回 ) 後 の 甘 利 経 済 再 生 担 当 大 臣 記 者 会 見 要 旨 日 時 : 平 成 27 年 11 月 5 日 ( 木 )18:50~19:10 場 所 : 中 央 合 同 庁 舎 8 号 館 1 階 S108 会 見 室 1. 冒 頭 発 言 第 2 回 未 来 投 資 に 向 けた 官 民 対 話 が 先 程 終 了 いたしましたので

More information

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定)

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定) 5 月 定 例 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 日 時 平 成 27 年 5 月 8 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 午 後 2 時 40 分 開 催 場 所 県 教 育 委 員 会 室 出 席 委 員 委 員 長 藤 田 義 嗣 委 員 ( 委 員 長 職 務 代 理 者 ) 土 井 真 一 委 員 河 上 ひとみ 委 員 宇 野 正 章 委 員 ( 教 育 長 ) 河 原

More information

序 JICA は 1996 年 以 降 ベトナム 司 法 省 をカウンター パートとして 法 司 法 制 度 改 革 支 援 事 業 を 行 ってきたが ベトナム 民 法 2005 年 改 正 法 ( 以 下 現 行 法 )の 立 法 時 と 同 様 に 今 回 の 2015 年 民 法 改 正 に

序 JICA は 1996 年 以 降 ベトナム 司 法 省 をカウンター パートとして 法 司 法 制 度 改 革 支 援 事 業 を 行 ってきたが ベトナム 民 法 2005 年 改 正 法 ( 以 下 現 行 法 )の 立 法 時 と 同 様 に 今 回 の 2015 年 民 法 改 正 に 2015.9.1 2015 年 ベトナム 民 法 改 正 ドラフトに 対 する JICA 民 法 共 同 研 究 会 見 解 (エグゼクティブ サマリー) JICA 法 司 法 制 度 改 革 支 援 プロジェクト(フェーズ 2) 民 法 共 同 研 究 会 序 JICA は 1996 年 以 降 ベトナム 司 法 省 をカウンター パートとして 法 司 法 制 度 改 革 支 援 事 業 を 行

More information

Microsoft Word - (280609_230企画政策課案)平成28年第2回定例会.docx

Microsoft Word - (280609_230企画政策課案)平成28年第2回定例会.docx 平 成 28 年 第 2 回 定 例 会 (スタートアップ 新 宿 ) 代 表 質 問 ( 要 旨 ) 一 問 一 答 最 初 の 質 問 は 公 民 連 携 についてです 新 宿 区 では 平 成 28 年 3 月 に 新 宿 区 施 設 白 書 を 作 成 しました また 5 月 22 日 には 公 共 施 設 フォーラムが 開 催 され 東 洋 大 学 PPP 研 究 センター 長 の 根 本

More information

こととされている 会 長 の 選 出 について 御 推 薦 等 御 発 言 はないか ( 各 委 員 から 意 見 なし) ( 事 務 局 ) 御 意 見 が 無 いようであるので 事 務 局 案 として 大 脇 委 員 にお 願 いしたいと 考 えるが いかがか ( 各 委 員 から 異 議 なし

こととされている 会 長 の 選 出 について 御 推 薦 等 御 発 言 はないか ( 各 委 員 から 意 見 なし) ( 事 務 局 ) 御 意 見 が 無 いようであるので 事 務 局 案 として 大 脇 委 員 にお 願 いしたいと 考 えるが いかがか ( 各 委 員 から 異 議 なし 第 14 回 熊 本 県 本 人 確 認 情 報 保 護 審 議 会 議 事 録 1 日 時 平 成 27 年 12 月 21 日 ( 月 ) 午 後 3 時 から 午 後 5 時 まで 2 場 所 県 庁 行 政 棟 本 館 13 階 展 望 会 議 室 3 出 席 者 < 審 議 会 委 員 > 大 脇 会 長 上 田 委 員 德 永 委 員 中 嶋 委 員 山 野 委 員 渡 辺 委 員

More information

平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 議 事 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 19 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午

平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 議 事 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 19 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午 第 6 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 参 考 資 料 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 の 議 事 概 要 平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係

More information

Microsoft Word  第35回地裁委員会議事概要_確定版)

Microsoft Word  第35回地裁委員会議事概要_確定版) 広 島 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 35 回 ) 議 事 概 要 第 1 開 催 日 時 平 成 28 年 5 月 16 日 ( 月 ) 午 前 9 時 45 分 第 2 開 催 場 所 広 島 地 方 裁 判 所 第 一 会 議 室 第 3 出 席 者 [ 委 員 ] 江 種 則 貴, 大 久 保 隆 志, 後 藤 友 之, 小 西 洋, 佐 々 木 和 宏, 髙 尾 ひとみ, 平 岡

More information

施 設 事 業 No. 幼 保 認 家 小 事 居 事 項 質 問 頁 15 基 本 部 分 16 基 本 部 分 調 整 部 分 ( 定 員 を 恒 常 的 に 超 過 する 場 合 ) 基 本 分 単 価 に 含 まれる 教 員 のうち1 人 は 主 幹 教 諭 として 費 用 を 定 されてい

施 設 事 業 No. 幼 保 認 家 小 事 居 事 項 質 問 頁 15 基 本 部 分 16 基 本 部 分 調 整 部 分 ( 定 員 を 恒 常 的 に 超 過 する 場 合 ) 基 本 分 単 価 に 含 まれる 教 員 のうち1 人 は 主 幹 教 諭 として 費 用 を 定 されてい 公 定 価 格 に 関 す る F A Q ( よ く あ る 質 問 ) Ver.9( 平 成 27 年 6 月 17 日 時 点 版 ) このFAQは 仮 単 価 を 基 に 年 間 の 運 営 費 額 を 定 する 際 の 参 考 となるよう 現 行 の 幼 稚 園 保 育 所 等 における 取 り 扱 いを 基 に 作 成 したもので あり 今 後 詳 細 を 検 討 していく 過 程 で

More information

平 成 9 年

平 成 9 年 平 成 2 8 年 高 松 市 教 育 委 員 会 6 月 定 例 会 会 議 録 ( 抄 本 ) 6 月 22 日 ( 水 ) 開 会 6 月 22 日 ( 水 ) 閉 会 出 席 し た 教 育 長 及 び 委 員 教 育 長 藤 本 泰 雄 神 内 仁 委 員 木 場 巳 男 藤 本 英 子 葛 西 優 子 欠 席 し た 教 育 長 及 び 委 員 説 明 のため 会 議 に 出 席 した

More information

たL 社 が 某 市 内 業 者 (2 社 )にモニュメントの 製 作 を 依 頼 していた 事 実 がある 審 査 が 行 われる 前 に 製 作 を 依 頼 などということは 常 識 では 考 えられない これはL 社 が すでに 自 社 がもらえる 仕 事 だと 分 かっていたとしか 考 えら

たL 社 が 某 市 内 業 者 (2 社 )にモニュメントの 製 作 を 依 頼 していた 事 実 がある 審 査 が 行 われる 前 に 製 作 を 依 頼 などということは 常 識 では 考 えられない これはL 社 が すでに 自 社 がもらえる 仕 事 だと 分 かっていたとしか 考 えら 燕 市 監 委 告 示 第 8 号 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 以 下 法 という ) 第 242 条 第 1 項 の 規 定 による 請 求 については 同 条 第 4 項 の 規 定 により 監 査 を 実 施 したので その 結 果 を 別 紙 のとおり 公 表 する 平 成 20 年 10 月 23 日 燕 市 監 査 委 員 齋 藤 稔 同 山 本 一

More information

( 事 務 局 ) 東 岡 屋 地 区 の 大 規 模 開 発 についての 新 聞 報 道 があったが 今 回 の 計 画 整 備 による 新 ルールをこの 開 発 に 適 用 できるかは 分 からない 現 行 ルールに 基 づいて 開 発 を 進 める 中 計 画 整 備 も 行 っていく 合 意

( 事 務 局 ) 東 岡 屋 地 区 の 大 規 模 開 発 についての 新 聞 報 道 があったが 今 回 の 計 画 整 備 による 新 ルールをこの 開 発 に 適 用 できるかは 分 からない 現 行 ルールに 基 づいて 開 発 を 進 める 中 計 画 整 備 も 行 っていく 合 意 議 題 第 42 回 篠 山 市 総 合 計 画 審 議 会 会 議 録 日 時 平 成 21 年 10 月 20 日 ( 火 )13 時 30 分 ~ 場 所 篠 山 市 役 所 第 2 庁 舎 出 席 委 員 上 見 重 信 加 藤 哲 夫 柳 本 晃 代 小 森 星 児 横 山 宜 致 吉 田 栄 治 藤 本 悦 郎 西 尾 純 一 堀 江 溢 雄 團 野 和 人 欠 席 委 員 山 鳥 嘉

More information

平成18年深谷市教育委員会第4回定例会会議録

平成18年深谷市教育委員会第4回定例会会議録 平 成 28 年 深 谷 市 教 育 委 員 会 第 7 回 定 例 会 会 議 録 深 谷 市 教 育 委 員 会 平 成 28 年 深 谷 市 教 育 委 員 会 第 7 回 定 例 会 日 時 平 成 28 年 7 月 12 日 ( 火 ) 開 会 午 後 3 時 00 分 閉 会 午 後 3 時 55 分 場 所 教 育 庁 舎 3 階 大 会 議 室 出 席 委 員 教 育 長 小 栁 光

More information

スライド 1

スライド 1 買 い 物 困 難 対 策 の 方 向 性 と 進 め 方 ( 農 林 水 産 省 平 成 26 年 度 食 料 品 アクセス 改 善 対 策 事 業 実 施 報 告 書 ) 平 成 27 年 3 月 公 益 財 団 法 人 流 通 経 済 研 究 所 102-0074 東 京 都 千 代 田 区 九 段 南 4-8-21 山 脇 ビル10 階 :03-5213-4532 Fax:03-5276-5457

More information

はじめに 本 報 告 書 は,2013 年 5 月 6 月 に 実 施 した 小 笠 原 における 生 活 実 態 に 関 す るアンケート 調 査 の 集 計 結 果 をとりまとめたものである. 当 研 究 室 では, 文 部 科 学 省 の 助 成 および 日 本 離 島 センターのご 協 力

はじめに 本 報 告 書 は,2013 年 5 月 6 月 に 実 施 した 小 笠 原 における 生 活 実 態 に 関 す るアンケート 調 査 の 集 計 結 果 をとりまとめたものである. 当 研 究 室 では, 文 部 科 学 省 の 助 成 および 日 本 離 島 センターのご 協 力 小 笠 原 における 生 活 実 態 に 関 するアンケート 調 査 報 告 書 2013 年 12 月 東 京 大 学 大 学 院 総 合 文 化 研 究 科 人 文 地 理 学 教 室 荒 井 研 究 室 教 授 大 学 院 博 士 課 程 荒 井 良 雄 佐 竹 泰 和 はじめに 本 報 告 書 は,2013 年 5 月 6 月 に 実 施 した 小 笠 原 における 生 活 実 態 に 関

More information

市 長 会 見 市 政 報 告 について 6 月 の 定 例 記 者 会 見 では 5 月 以 降 の 変 化 並 びに 6 月 定 例 議 会 に 提 案 する 内 容 について 報 告 します 初 めに 7 月 12 日 の 避 難 指 示 区 域 の 解 除 の 合 意 についてですが 5 月

市 長 会 見 市 政 報 告 について 6 月 の 定 例 記 者 会 見 では 5 月 以 降 の 変 化 並 びに 6 月 定 例 議 会 に 提 案 する 内 容 について 報 告 します 初 めに 7 月 12 日 の 避 難 指 示 区 域 の 解 除 の 合 意 についてですが 5 月 定 例 記 者 会 見 の 概 要 1. 日 時 平 成 28 年 6 月 9 日 ( 木 )10 時 30 分 ~11 時 40 分 2. 場 所 本 庁 舎 3 階 第 一 会 議 室 3. 出 席 者 < 報 道 機 関 > 1 朝 日 新 聞 社 南 相 馬 支 局 ( 南 相 馬 記 者 クラブ 会 員 ) 2 福 島 民 友 新 聞 社 相 双 支 社 ( 南 相 馬 記 者 クラブ 会

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2095BD90AC3232944E937894AD928D95FB8EAE93998EE688F88FF08C8F82C98AD682B782E992B28DB8955B816990658E968BC68ED28CFC82AF816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2095BD90AC3232944E937894AD928D95FB8EAE93998EE688F88FF08C8F82C98AD682B782E992B28DB8955B816990658E968BC68ED28CFC82AF816A> 各 位 平 成 23 年 1 月 吉 日 平 成 22 年 度 発 注 方 式 等 取 引 条 件 改 善 調 査 ( 親 事 業 者 向 け) ご 協 力 のお 願 い 我 が 国 の 景 気 は このところ 足 踏 み 状 況 にあり 海 外 景 気 の 下 振 れ 懸 念 や 為 替 レート 株 価 の 変 動 などに より 厳 しい 状 況 に 置 かれています そうした 中 で 中 小 小

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 生 産 性 向 上 設 備 投 資 促 進 税 制 について 平 成 27 年 3 月 経 済 産 業 省 目 次 1. 概 要 3ページ 2. 対 象 設 備 4ページ 3. 対 象 者 7ページ 4.A 類 型 ( 先 端 設 備 ) 8ページ 5.B 類 型 ( 生 産 ラインやオペレーションの 改 善 に 資 する 設 備 ) 11ページ 6. 中 小 企 業 者 等 の 上 乗 せ 措 置

More information

平 成 22 年 第 18 回 教 育 委 員 会 会 議 録 1 期 日 平 成 22 年 11 月 30 日 火 曜 日 2 場 所 教 育 委 員 会 委 員 室 3 開 会 午 後 5 時 30 分 4 閉 会 午 後 6 時 25 分 5 出 席 委 員 北 林 真 知 子 猪 股 春 夫

平 成 22 年 第 18 回 教 育 委 員 会 会 議 録 1 期 日 平 成 22 年 11 月 30 日 火 曜 日 2 場 所 教 育 委 員 会 委 員 室 3 開 会 午 後 5 時 30 分 4 閉 会 午 後 6 時 25 分 5 出 席 委 員 北 林 真 知 子 猪 股 春 夫 平 成 22 年 第 1 8 回 教 育 委 員 会 会 議 録 秋 田 県 教 育 委 員 会 平 成 22 年 第 18 回 教 育 委 員 会 会 議 録 1 期 日 平 成 22 年 11 月 30 日 火 曜 日 2 場 所 教 育 委 員 会 委 員 室 3 開 会 午 後 5 時 30 分 4 閉 会 午 後 6 時 25 分 5 出 席 委 員 北 林 真 知 子 猪 股 春 夫 田

More information

7. 報 告 事 項 (1) 地 域 公 共 交 通 会 議 規 約 等 について 8. 議 題 (1) 役 員 選 出 について (2) 平 成 27 年 度 予 算 について (3) 地 域 公 共 交 通 網 形 成 計 画 策 定 支 援 業 務 委 託 に 係 る 公 募 型 プロポーザ

7. 報 告 事 項 (1) 地 域 公 共 交 通 会 議 規 約 等 について 8. 議 題 (1) 役 員 選 出 について (2) 平 成 27 年 度 予 算 について (3) 地 域 公 共 交 通 網 形 成 計 画 策 定 支 援 業 務 委 託 に 係 る 公 募 型 プロポーザ 平 成 27 年 度 第 1 回 周 南 市 地 域 公 共 交 通 会 議 議 事 録 1. 日 時 平 成 27 年 6 月 18 日 10 時 00 分 ~10 時 55 分 2. 場 所 周 南 市 文 化 会 館 3 階 展 示 室 3. 出 席 委 員 :16 名 団 体 名 周 南 市 環 境 生 活 部 長 中 国 運 輸 局 山 口 運 輸 支 局 防 長 交 通 株 式 会 社

More information

知事専用車の使用を違法・不当としてその使用に要した経費の返還を求める住民監査請求(その4)監査結果

知事専用車の使用を違法・不当としてその使用に要した経費の返還を求める住民監査請求(その4)監査結果 平 成 2 8 年 8 月 1 日 問 い 合 わ せ 先 監 査 事 務 局 監 査 事 務 局 総 務 課 電 話 03-5320-7011 知 事 専 用 車 の 使 用 を 違 法 不 当 と し て そ の 使 用 に 要 し た 経 費 の 返 還 を 求 める 住 民 監 査 請 求 (その4) 監 査 結 果 について 東 京 都 監 査 委 員 同 同 同 同 山 加 朱 美 吉

More information

会議録H26.8.18

会議録H26.8.18 琴 浦 町 教 育 委 員 会 会 議 録 日 時 場 所 出 席 委 員 平 成 26 年 8 月 18 日 ( 月 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 午 後 3 時 05 分 琴 浦 町 生 涯 学 習 センター 第 1 会 議 室 石 前 富 久 美 高 塚 良 平 委 員 前 畑 一 子 委 員 田 中 宣 彦 委 員 小 林 克 美 欠 席 委 員 その 他 出 席 者 なし 岩 船 戸

More information

5 渡 辺 総 務 副 大 臣 挨 拶 ( 要 旨 ) 去 る5 月 24 日 行 われた 公 益 法 人 の 事 業 仕 分 けにおいて 日 本 消 防 検 定 協 会 が 実 施 している 消 防 用 機 器 における 検 定 事 業 鑑 定 事 業 また 日 本 消 防 設 備 安 全 センタ

5 渡 辺 総 務 副 大 臣 挨 拶 ( 要 旨 ) 去 る5 月 24 日 行 われた 公 益 法 人 の 事 業 仕 分 けにおいて 日 本 消 防 検 定 協 会 が 実 施 している 消 防 用 機 器 における 検 定 事 業 鑑 定 事 業 また 日 本 消 防 設 備 安 全 センタ 資 料 4-1 平 成 22 年 度 第 3 回 基 本 問 題 に 関 する 検 討 部 会 議 事 要 旨 1 日 時 : 平 成 22 年 6 月 15 日 ( 火 ) 14:00~16:00 2 場 所 : 全 国 都 市 会 館 3 階 第 2 会 議 室 3 出 席 者 部 会 員 : 菅 原 部 会 長 小 林 部 会 員 矢 代 部 会 員 野 村 部 会 員 木 下 部 会 員 城

More information

ファイザープログラム

ファイザープログラム ファイザープログラム 応 募 企 画 書 作 成 の 手 引 き < 企 画 内 容 のご 検 討 にあたって> 企 画 内 容 が 中 堅 世 代 の 心 とからだのヘルスケア にふさわしいものであり 応 募 要 項 の 助 成 対 象 プロジェクトについて に 該 当 しているかどうかをご 確 認 下 さい 企 画 内 容 をご 検 討 の 際 応 募 要 項 の プログラムのねらい にある 保

More information

てなるべく 早 めにお 示 ししたい 税 制 の 取 扱 いについては 累 進 課 税 にならないよう 国 税 庁 で 協 議 中 であり 喫 緊 に 公 表 できるよう 準 備 しているところ 自 主 的 避 難 等 に 係 る 賠 償 の 実 費 について 定 額 を 超 える 部 分 は 被

てなるべく 早 めにお 示 ししたい 税 制 の 取 扱 いについては 累 進 課 税 にならないよう 国 税 庁 で 協 議 中 であり 喫 緊 に 公 表 できるよう 準 備 しているところ 自 主 的 避 難 等 に 係 る 賠 償 の 実 費 について 定 額 を 超 える 部 分 は 被 福 島 県 原 子 力 損 害 対 策 協 議 会 原 子 力 損 害 賠 償 の 完 全 実 施 に 関 する 緊 急 要 望 要 求 活 動 結 果 概 要 < 関 係 省 庁 政 党 > 日 時 平 成 24 年 11 月 19 日 ( 月 )13:00~15:30 要 望 者 会 長 代 理 村 田 文 雄 ( 福 島 県 副 知 事 代 表 者 会 議 議 長 ) 副 会 長 佐 藤 正

More information

(3) 裁 判 所 の 判 断 1 損 害 賠 償 の 対 象 となる 違 反 行 為 の 範 囲 について 独 占 禁 止 法 25 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 の 発 生 要 件 等 が 民 法 709 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 とは 大 きく 異 なるもの

(3) 裁 判 所 の 判 断 1 損 害 賠 償 の 対 象 となる 違 反 行 為 の 範 囲 について 独 占 禁 止 法 25 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 の 発 生 要 件 等 が 民 法 709 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 とは 大 きく 異 なるもの 独 禁 法 事 例 研 究 第 8 回 ( 平 成 26 年 12 月 10 日 ) 1 セブンイレブン ジャパンに 対 する 独 占 禁 止 法 25 条 訴 訟 論 点 紹 介 役 から 以 下 のとおり 事 案 の 概 要 と 問 題 点 の 発 表 が 行 われた 1. 事 案 概 要 (1) 経 緯 公 正 取 引 委 員 会 は 平 成 21 年 6 月 22 日 被 告 (P5 セブン-イレブン

More information

各 小 中 学 校 の 保 護 者 へのアンケート 調 査 等 をもとに 協 議 され 中 学 校 の 統 合 に 対 する 賛 成 意 見 が 多 かった 委 員 からは 小 学 校 よりも 中 学 校 の 統 合 を 早 くするべき もう 尐 し 保 護 者 の 意 見 を 吸 い 上 げてから

各 小 中 学 校 の 保 護 者 へのアンケート 調 査 等 をもとに 協 議 され 中 学 校 の 統 合 に 対 する 賛 成 意 見 が 多 かった 委 員 からは 小 学 校 よりも 中 学 校 の 統 合 を 早 くするべき もう 尐 し 保 護 者 の 意 見 を 吸 い 上 げてから 平 成 21 年 度 第 2 回 ( 第 9 回 ) 磯 辺 地 区 学 校 適 正 配 置 地 元 代 表 協 議 会 議 事 要 旨 1 日 時 平 成 21 年 9 月 7 日 ( 月 ) 10 時 ~12 時 2 場 所 磯 辺 地 域 ルーム( 磯 辺 第 一 中 学 校 内 ) 3 出 席 者 (1) 委 員 22 名 欠 席 : 高 橋 委 員 池 上 委 員 (2) 事 務 局 古

More information

2 新 規 に 日 本 女 性 薬 剤 師 会 の 生 涯 研 修 制 度 が 本 日 午 前 中 の 理 事 会 で 承 認 された 3 新 規 申 請 の 日 本 大 学 薬 学 部 の 生 涯 研 修 制 度 の 評 価 結 果 を 日 本 大 学 薬 学 部 の 方 へ 送 付 した 1.3

2 新 規 に 日 本 女 性 薬 剤 師 会 の 生 涯 研 修 制 度 が 本 日 午 前 中 の 理 事 会 で 承 認 された 3 新 規 申 請 の 日 本 大 学 薬 学 部 の 生 涯 研 修 制 度 の 評 価 結 果 を 日 本 大 学 薬 学 部 の 方 へ 送 付 した 1.3 公 益 社 団 法 人 薬 剤 師 認 定 制 度 認 証 機 構 平 成 24 年 度 薬 剤 師 認 定 制 度 委 員 連 絡 会 議 事 メモ 日 時 : 平 成 24 年 12 月 14 日 ( 金 )14:00~16:30 場 所 :ニッショーホール 第 2 会 議 室 出 席 者 ( 敬 称 略 ) 委 員 :17 名 理 事 : 堀 内 龍 也 厚 生 労 働 省 : 中 井 企 画

More information

者 で 行 うこととしているので 処 遇 改 善 計 画 もその 申 請 単 位 で 作 成 し 処 遇 改 善 に 取 り 組 むこととなります ( 問 7) 短 時 間 勤 務 者 には 支 給 しないこととしてよいか また 支 給 額 は 職 員 毎 差 をつけてもよいか 職 員 毎 の 支

者 で 行 うこととしているので 処 遇 改 善 計 画 もその 申 請 単 位 で 作 成 し 処 遇 改 善 に 取 り 組 むこととなります ( 問 7) 短 時 間 勤 務 者 には 支 給 しないこととしてよいか また 支 給 額 は 職 員 毎 差 をつけてもよいか 職 員 毎 の 支 介 護 職 員 処 遇 改 善 交 付 金 について に 関 する Q&A 山 梨 県 1 賃 金 改 善 の 方 法 等 ( 問 1) 事 業 者 がロング ショート デイとあった 場 合 は それぞれの 職 員 に 対 して 交 付 率 の 区 分 毎 に 支 払 ってもよいのか または 交 付 金 を 合 計 して 職 員 数 で 割 って 一 律 で 支 払 うのがよいか? 国 は 全 職

More information

地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 長 野 県 北 部

地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 長 野 県 北 部 地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 総 務 省 自 治 税 務 局 平 成 23 年 4 月 27 日 ( 平 成 24 年 1 月 17 日 更 新 ) 地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する

More information

運 用 受 託 機 関 従 業 員 年 金 規 約 事 業 主 資 産 管 理 運 用 契 約 掛 金 運 用 指 針 資 産 管 理 運 用 機 関 信 託 会 社 生 命 保 険 会 社 農 業 協 同 組 合 連 合 会 裁 定 裁 定 請 求 退 職 した 従 業 員 ( 受 給 権 者 )

運 用 受 託 機 関 従 業 員 年 金 規 約 事 業 主 資 産 管 理 運 用 契 約 掛 金 運 用 指 針 資 産 管 理 運 用 機 関 信 託 会 社 生 命 保 険 会 社 農 業 協 同 組 合 連 合 会 裁 定 裁 定 請 求 退 職 した 従 業 員 ( 受 給 権 者 ) シリーズ: 規 約 型 確 定 給 付 企 業 年 金 担 当 者 のための 資 産 運 用 入 門 Vol.2 年 金 資 産 運 用 のプロセス 企 業 年 金 の 担 当 者 にとって 資 産 運 用 の 責 任 とはなんでしょうか 仮 に 数 十 億 円 の 年 金 資 産 に 対 して 資 産 運 用 の 結 果 に 対 して 責 任 を 持 てと 言 われると サラリ ー マ ン で あ

More information

平成27年第08回会議記録(抜粋)

平成27年第08回会議記録(抜粋) 平 成 27 年 第 8 回 定 例 教 育 委 員 会 平 成 27 年 8 月 27 日 ( 木 曜 日 ) 開 会 午 前 10 時 00 分 閉 会 午 前 10 時 38 分 議 事 日 程 日 程 第 1 会 期 の 決 定 日 程 第 2 会 議 録 署 名 委 員 の 指 名 日 程 第 3 報 告 第 45 号 諸 般 の 報 告 日 程 第 4 報 告 第 46 号 浦 幌 町

More information

Ⅱ 義 援 金 を 募 集 する 募 金 団 体 の 確 認 手 続 [Q7] 当 団 体 は 関 係 する 個 人 法 人 から 義 援 金 を 預 かり これを 取 りまとめた 上 で 一 括 して 地 方 公 共 団 体 に 対 して 支 払 います 預 かった 義 援 金 が 国 等 に 対

Ⅱ 義 援 金 を 募 集 する 募 金 団 体 の 確 認 手 続 [Q7] 当 団 体 は 関 係 する 個 人 法 人 から 義 援 金 を 預 かり これを 取 りまとめた 上 で 一 括 して 地 方 公 共 団 体 に 対 して 支 払 います 預 かった 義 援 金 が 国 等 に 対 義 援 金 に 関 する 税 務 上 の 取 扱 いFAQ 平 成 28 年 4 月 国 税 庁 平 成 28 年 4 月 の 熊 本 地 震 により 被 害 を 受 けられた 方 を 支 援 するために 熊 本 県 下 や 大 分 県 下 の 災 害 対 策 本 部 等 に 義 援 金 や 寄 附 金 ( 以 下 義 援 金 といいます )を 支 払 った 場 合 の 税 務 上 の 取 扱 いや

More information

- ( 第 84 回 国 会 参 建 設 委 員 会 昭 和 53 年 3 月 2 日 国 土 庁 予 算 関 係 の 審 議 ) 河 野 政 府 委 員 ( 国 土 庁 長 官 官 房 長 ) 地 価 対 策 の 中 心 である 地 価 公 示 都 道 府 県 の 地 価 調 査 も 推 進 する

- ( 第 84 回 国 会 参 建 設 委 員 会 昭 和 53 年 3 月 2 日 国 土 庁 予 算 関 係 の 審 議 ) 河 野 政 府 委 員 ( 国 土 庁 長 官 官 房 長 ) 地 価 対 策 の 中 心 である 地 価 公 示 都 道 府 県 の 地 価 調 査 も 推 進 する 地 価 公 示 と 都 道 府 県 地 価 調 査 との 関 係 1. 国 土 利 用 計 画 法 制 定 時 の 公 示 価 格 の 活 用 方 法 とその 後 の 変 遷 (1) 国 土 利 用 計 画 法 の 制 定 時 の 議 論 国 土 利 用 計 画 法 は 人 口 産 業 の 大 都 市 への 集 中 に 伴 う 地 価 高 騰 等 といった 土 地 問 題 の 解 決 を 図 るために

More information

かなというふうなことで 少 しよくその 辺 全 体 像 を 考 えながら 関 係 省 庁 と 協 力 して 検 討 してみてくださいということをお 願 いしたという そんなところです だから 今 はまだ 具 体 的 にどうするかという どうすべきなのかというところまでは まだ 申 し 上 げておりま

かなというふうなことで 少 しよくその 辺 全 体 像 を 考 えながら 関 係 省 庁 と 協 力 して 検 討 してみてくださいということをお 願 いしたという そんなところです だから 今 はまだ 具 体 的 にどうするかという どうすべきなのかというところまでは まだ 申 し 上 げておりま 原 子 力 規 制 委 員 会 記 者 会 見 録 日 時 : 平 成 27 年 11 月 25 日 ( 水 )14:30~ 場 所 : 原 子 力 規 制 委 員 会 庁 舎 記 者 会 見 室 対 応 : 田 中 委 員 長 < 質 疑 応 答 > 司 会 それでは 定 刻 になりましたので ただ 今 から 原 子 力 規 制 委 員 会 の 定 例 会 見 を 始 めたいと 思 います 早 速

More information

【最終版 ABC】8回部会0206

【最終版 ABC】8回部会0206 第 4 次 亀 岡 市 総 合 計 画 ~ 夢 ビジョン~ 亀 岡 市 総 合 計 画 審 議 会 第 8 回 進 行 管 理 部 会 議 事 要 旨 録 日 時 : 平 成 25 年 2 月 6 日 ( 水 )19:00~21:00 場 所 : 亀 岡 市 役 所 4 階 401 会 議 室 出 席 者 : 井 内 青 山 委 員 田 中 委 員 原 田 委 員 (アドバイサー) 内 山 総 合

More information

県租推協インフォメーション

県租推協インフォメーション 和 歌 山 租 推 協 だより 平 成 25 年 2 月 発 行 ~ 第 91 号 ~ 発 行 和 歌 山 市 租 税 教 育 推 進 協 議 会 ( 事 務 局 ) 和 歌 山 税 務 署 総 務 課 内 073(424)2131 ~ は じ め に ~ 関 係 各 位 におかれましては 平 素 から 当 協 議 会 の 運 営 とりわけ 児 童 生 徒 等 に 対 する 租 税 教 育 の 推

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

議 事 協 議 事 項 1 平 成 27 度 高 砂 市 議 会 9 月 定 例 会 提 出 議 案 に 係 る 意 見 の 聴 取

議 事 協 議 事 項 1 平 成 27 度 高 砂 市 議 会 9 月 定 例 会 提 出 議 案 に 係 る 意 見 の 聴 取 平 成 27 年 第 11 回 ( 臨 時 ) 高 砂 市 教 育 委 員 会 会 議 録 ( 要 旨 ) 日 時 平 成 27 年 9 月 3 日 午 後 2 時 30 分 場 所 高 砂 市 役 所 南 庁 舎 2 階 特 別 会 議 室 出 席 委 員 藤 井 委 員 長 衣 笠 委 員 山 名 委 員 吉 田 委 員 圓 尾 教 育 長 出 席 事 務 局 職 員 大 西 教 育 部 長 木

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3139944E9378918D89EF979D8E9689EF95B689C891E5906293CD8F6F81458B638E96985E2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3139944E9378918D89EF979D8E9689EF95B689C891E5906293CD8F6F81458B638E96985E2E646F63> 滑 協 第 19-11 号 平 成 19 年 8 月 22 日 文 部 科 学 大 臣 伊 吹 文 明 殿 社 団 法 人 日 本 滑 空 協 会 会 長 牧 野 健 平 成 18 年 度 事 業 報 告 および 収 支 決 算 書 (お 届 出 ) 当 法 人 の 平 成 18 年 度 事 業 報 告 および 収 支 決 算 について 別 紙 のとおりお 届 けします 添 付 1. 平 成 18

More information

平成23第1回定例会一般質問

平成23第1回定例会一般質問 平 成 23 第 1 回 定 例 会 一 般 質 問 1. 北 方 四 島 交 流 事 業 について (1) 今 後 の 四 島 交 流 事 業 実 施 の 見 通 しについて (2) 四 島 交 流 事 業 実 施 による 経 済 効 果 について (3) 新 たな 視 点 でのポスト 四 島 交 流 事 業 について 2. 病 院 経 営 について (1) 改 訂 版 根 室 市 病 院 事 業

More information

政井審議委員就任記者会見(6月30日)要旨

政井審議委員就任記者会見(6月30日)要旨 2016 年 7 月 1 日 日 本 銀 行 政 井 審 議 委 員 就 任 記 者 会 見 要 旨 2016 年 6 月 30 日 ( 木 ) 午 後 6 時 から 約 20 分 ( 問 ) 最 初 に 2 つ 質 問 をさせて 頂 きます 1 つ 目 が 経 済 政 策 の 重 要 な 舵 取 りを 担 う 日 銀 の 審 議 委 員 に 就 任 されるにあたっての 抱 負 と これまでの 民

More information

議 題 (1) 宝 塚 市 労 働 施 策 推 進 計 画 ( 働 く 意 欲 を 持 つすべての 人 への 就 労 支 援 )の 目 次 について 事 務 局 より 宝 塚 市 労 働 施 策 推 進 計 画 ( 働 く 意 欲 を 持 つすべての 人 への 就 労 支 援 )の 目 次 について

議 題 (1) 宝 塚 市 労 働 施 策 推 進 計 画 ( 働 く 意 欲 を 持 つすべての 人 への 就 労 支 援 )の 目 次 について 事 務 局 より 宝 塚 市 労 働 施 策 推 進 計 画 ( 働 く 意 欲 を 持 つすべての 人 への 就 労 支 援 )の 目 次 について 平 成 28 年 度 第 1 回 宝 塚 市 労 働 問 題 審 議 会 議 事 録 日 時 : 平 成 28 年 5 月 16 日 ( 月 )19 時 00 分 ~20 時 45 分 会 場 : 宝 塚 市 役 所 3F 特 別 会 議 室 出 席 委 員 : 上 林 会 長 小 池 副 会 長 新 谷 委 員 橘 田 委 員 山 内 委 員 志 方 委 員 和 田 委 員 幸 長 委 員 仲 埜

More information

○西村委員長

○西村委員長 平 成 27 年 度 精 華 町 いじめ 防 止 対 策 推 進 委 員 会 議 事 要 旨 1 開 会 平 成 27 年 7 月 17 日 ( 金 ) 午 後 2 時 30 分 閉 会 平 成 27 年 7 月 17 日 ( 金 ) 午 後 4 時 20 分 2 出 席 委 員 桶 谷 委 員 長 草 地 委 員 桑 原 委 員 岩 井 委 員 ( 欠 席 委 員 なし) 3 出 席 事 務 局

More information

序 国 際 育 成 会 連 盟 のグローバル キャンペーン 意 思 決 定 の 権 利 は 個 人 家 族 そ して 地 域 が 意 思 決 定 と 支 援 付 き 意 思 決 定 について 話 し 合 うことを 目 的 としています この 話 し 合 いの 中 身 は 大 小 の 日 常 的 なこ

序 国 際 育 成 会 連 盟 のグローバル キャンペーン 意 思 決 定 の 権 利 は 個 人 家 族 そ して 地 域 が 意 思 決 定 と 支 援 付 き 意 思 決 定 について 話 し 合 うことを 目 的 としています この 話 し 合 いの 中 身 は 大 小 の 日 常 的 なこ 全 日 本 手 をつなぐ 育 成 会 国 際 育 成 会 連 盟 意 思 決 定 の 権 利 国 際 育 成 会 連 盟 グローバル キャンペーン ディスカッション グループ ファシリテーター ガイド 国 際 育 成 会 連 盟 2013 年 4 月 序 国 際 育 成 会 連 盟 のグローバル キャンペーン 意 思 決 定 の 権 利 は 個 人 家 族 そ して 地 域 が 意 思 決 定 と

More information

平 成 22 年 8 月 在 勤 手 当 の 改 定 に 関 する 勧 告 外 務 人 事 審 議 会 在 外 公 館 で 勤 務 する 我 が 国 の 外 交 官 は, 特 命 全 権 大 使 をはじめとしてあらゆ る 職 位 の 在 外 職 員 全 員 が 我 が 国 外 交 を 効 果 的 に

平 成 22 年 8 月 在 勤 手 当 の 改 定 に 関 する 勧 告 外 務 人 事 審 議 会 在 外 公 館 で 勤 務 する 我 が 国 の 外 交 官 は, 特 命 全 権 大 使 をはじめとしてあらゆ る 職 位 の 在 外 職 員 全 員 が 我 が 国 外 交 を 効 果 的 に 在 勤 手 当 の 改 定 に 関 する 勧 告 平 成 22 年 8 月 外 務 人 事 審 議 会 平 成 22 年 8 月 在 勤 手 当 の 改 定 に 関 する 勧 告 外 務 人 事 審 議 会 在 外 公 館 で 勤 務 する 我 が 国 の 外 交 官 は, 特 命 全 権 大 使 をはじめとしてあらゆ る 職 位 の 在 外 職 員 全 員 が 我 が 国 外 交 を 効 果 的

More information

文 化 庁 におけるこれまでの 著 作 権 制 度 の 見 直 し 文 化 庁 においては これまでも 新 しい 時 代 に 対 応 した 制 度 等 の 在 り 方 について 社 会 の 様 々なニーズを 踏 まえて 検 討 し 著 作 権 制 度 等 の 見 直 しに 取 り 組 んできた 〇

文 化 庁 におけるこれまでの 著 作 権 制 度 の 見 直 し 文 化 庁 においては これまでも 新 しい 時 代 に 対 応 した 制 度 等 の 在 り 方 について 社 会 の 様 々なニーズを 踏 まえて 検 討 し 著 作 権 制 度 等 の 見 直 しに 取 り 組 んできた 〇 資 料 2 新 しい 産 業 の 創 出 環 境 の 形 成 に 向 けた 制 度 等 に 関 する 検 討 状 況 について 平 成 27 年 12 月 22 日 ( 火 ) 文 化 庁 長 官 官 房 著 作 権 課 文 化 庁 におけるこれまでの 著 作 権 制 度 の 見 直 し 文 化 庁 においては これまでも 新 しい 時 代 に 対 応 した 制 度 等 の 在 り 方 について 社

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 株 式 会 社 化 に 伴 う から 特 定 の 員 への 株 式 譲 渡 に 係 る 課 税 関 係 と 手 続 きについて 平 成 20 年 2 月 商 工 中 金 当 資 料 は 貴 において 本 件 取 引 に 関 する 検 討 をされるに 際 して ご 参 考 のための 情 報 提 供 のみを 目 的 として 国 税 庁 の 確 認 を 受 けた 内 容 に 基 づき 商 工 中 金 が

More information

Microsoft Word - 140308fieldnetrounge報告書【提出】.docx

Microsoft Word - 140308fieldnetrounge報告書【提出】.docx 当 報 告 の 内 容 は それぞれの 著 作 の 著 作 物 です Copyrighted materials of the authors 報 告 書 東 京 外 国 語 大 学 アジア アフリカ 言 語 文 化 研 究 所 主 催 フィールドネット ラウンジ 企 画 シンポジウム 自 助 グループのエスノグラフィ 相 対 化 を 通 じてみる 自 助 グループ の 輪 郭 日 時 場 所 参

More information

Microsoft Word - 平27答申.doc

Microsoft Word - 平27答申.doc 平 成 28 年 3 月 17 日 中 小 法 人 の 範 囲 と 税 制 のあり 方 について - 平 成 27 年 度 諮 問 に 対 する 答 申 - 日 本 税 理 士 会 連 合 会 税 制 審 議 会 税 制 審 議 会 委 員 名 簿 本 答 申 の 審 議 に 参 加 した 特 別 委 員 及 び 専 門 委 員 は 次 のとおりである 特 別 委 員 ( 会 長 ) 金 子 宏

More information

属機関等の会議を下記のとおり開催した

属機関等の会議を下記のとおり開催した 附 属 機 関 等 の 名 称 平 成 28 年 度 第 1 回 みよし 市 地 域 公 共 交 通 会 議 開 催 日 時 開 催 場 所 出 席 者 平 成 28 年 4 月 26 日 ( 火 曜 日 ) 午 後 2 時 から 午 後 3 時 50 分 まで 市 役 所 6 階 601 602 会 議 室 座 長 伊 豆 原 浩 二 副 座 長 松 本 幸 正 委 員 稲 見 恒 弘 野 々 山

More information

別 紙 1 抽 出 案 件 について 委 員 長 入 札 番 号 12 番 環 境 清 美 工 場 の 各 種 測 定 分 析 の 案 件 ですが 計 量 業 務 は 全 て 予 定 価 格 を 事 後 公 表 し ているのですか 事 務 局 非 公 表 です 委 員 長 今 回 と 同 じ 測 定

別 紙 1 抽 出 案 件 について 委 員 長 入 札 番 号 12 番 環 境 清 美 工 場 の 各 種 測 定 分 析 の 案 件 ですが 計 量 業 務 は 全 て 予 定 価 格 を 事 後 公 表 し ているのですか 事 務 局 非 公 表 です 委 員 長 今 回 と 同 じ 測 定 様 式 第 4 号 ( 第 6 条 関 係 ) 平 成 26 年 度 第 2 回 奈 良 市 入 札 監 視 委 員 会 定 例 会 議 審 議 概 要 開 催 日 平 成 26 年 8 月 28 日 ( 木 ) 開 催 場 所 奈 良 市 役 所 北 棟 6 階 第 17 会 議 室 出 席 委 員 審 議 対 象 期 間 委 員 長 森 裕 之 委 員 小 島 幸 保 委 員 中 川 雅 晴 平

More information

木津川市行財政改革推進委員会開催結果

木津川市行財政改革推進委員会開催結果 木 津 川 市 行 財 政 改 革 推 進 委 員 会 開 催 結 果 要 旨 会 議 名 第 15 回 木 津 川 市 行 財 政 改 革 推 進 委 員 会 日 時 平 成 23 年 10 月 16 日 ( 日 ) 午 後 1 時 30 分 から 午 後 4 時 35 分 場 所 市 役 所 1 階 住 民 活 動 スペース 委 員 澤 井 委 員 ( 会 長 ) 新 川 委 員 ( 副 会 長

More information

ホームページに 掲 載 されている フリーダウ ンロード 資 料 の 中 にある 大 規 模 事 業 者 向 けの 詳 しい 説 明 入 りの 資 料 を ご 参 照 ください 情 報 連 携 見 えない 符 号 情 報 提 供 ネットワークシステム 等 の 仕 組 み が 分 からない 分 かりや

ホームページに 掲 載 されている フリーダウ ンロード 資 料 の 中 にある 大 規 模 事 業 者 向 けの 詳 しい 説 明 入 りの 資 料 を ご 参 照 ください 情 報 連 携 見 えない 符 号 情 報 提 供 ネットワークシステム 等 の 仕 組 み が 分 からない 分 かりや 国 民 向 け 項 目 質 問 内 容 回 答 回 答 者 通 知 カード 手 元 に 通 知 カードが 届 くのはいつ 頃 か 届 かない 場 合 は どこに 問 い 合 わせ ればよいのか 通 知 カードは 本 年 10 月 から 順 次 発 送 する 予 定 です 届 かない 場 合 など 各 種 お 問 い 合 せについては 個 人 番 号 カードコールセンターにおいて 対 応 する 予 定

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825589F18C9F93A289EF90EC9FBA88CF88F5947A957A8E9197BF816982508C8E95AA827081958260816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825589F18C9F93A289EF90EC9FBA88CF88F5947A957A8E9197BF816982508C8E95AA827081958260816A2E646F63> ( 第 6 回 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する 検 討 会 川 渕 委 員 配 布 資 料 ) 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 1 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 < 高 額 介 護 合 算 療 養 費 関 連 > ( 問 1) 高 額 介 護 合 算 療 養 費 は 医 療 保 険 に 係 る

More information

たものであり 必 ずしも 理 屈 の 面 から 定 められたものではないことから 5 年 を 超 える 見 積 可 能 期 間 に 係 る 繰 延 税 金 資 産 の 計 上 金 額 と 計 上 根 拠 を 開 示 する 理 由 が 乏 し いこと 結 果 として 企 業 の 分 類 を 開 示 す

たものであり 必 ずしも 理 屈 の 面 から 定 められたものではないことから 5 年 を 超 える 見 積 可 能 期 間 に 係 る 繰 延 税 金 資 産 の 計 上 金 額 と 計 上 根 拠 を 開 示 する 理 由 が 乏 し いこと 結 果 として 企 業 の 分 類 を 開 示 す 第 332 回 企 業 会 計 基 準 委 員 会 資 料 番 号 日 付 審 議 事 項 (6)-3 2016 年 3 月 23 日 プロジェクト 項 目 税 効 果 会 計 税 効 果 会 計 に 関 する 開 示 の 検 討 - 合 理 的 な 説 明 に 関 連 する 開 示 本 資 料 の 目 的 1. 本 資 料 は 税 効 果 会 計 に 係 る 開 示 に 関 する 論 点 のうち

More information

背景と目的

背景と目的 リフォーム 見 積 相 談 対 応 マニュアル 2012 年 4 月 公 益 財 団 法 人 住 宅 リフォーム 紛 争 処 理 支 援 センター ( 愛 称 住 まいるダイヤル ) 本 マニュアルの 目 的 本 マニュアルは 地 方 自 治 体 等 が 住 宅 リフォーム 工 事 に 係 る 消 費 者 からの 相 談 に 対 応 する 際 の 手 順 や 技 術 に 関 する 情 報 を 提 供

More information

茅ヶ崎市景気動向調査(6月)結果

茅ヶ崎市景気動向調査(6月)結果 茅 ヶ 崎 市 景 気 動 向 調 査 (3 月 ) 結 果 1. 調 査 期 間 平 成 27 年 3 月 現 在 2. 調 査 対 象 茅 ヶ 崎 商 工 会 議 所 会 員 より 無 作 為 抽 出 大 型 店 については 茅 ヶ 崎 市 大 型 店 連 絡 協 議 会 加 盟 店 舗 調 査 用 紙 を 郵 送 しファックスで 回 収 3. 回 収 状 況 業 種 調 査 対 象 数 回 答

More information

所得拡大促進税制 のガイドライン

所得拡大促進税制 のガイドライン 平 成 28 年 6 月 説 明 会 用 - 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 - 経 営 力 向 上 計 画 策 定 活 用 の 手 引 き 案 目 次 1. 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 経 営 力 向 上 計 画 の 概 要 (1) 制 度 の 概 要 2 (2) 制 度 利 用 のポイント 2 (3) 中 小 企 業 中 小 企 業 者 等 の 範 囲 3 (4) 制 度 活

More information

一般質問通告書

一般質問通告書 一 般 質 問 通 告 書 平 成 28 年 6 月 定 例 会 1 番 松 尾 数 則 議 員 1 山 陽 小 野 田 市 病 院 事 業 改 革 プランについて (1) 市 民 病 院 の 果 たすべき 役 割 を 聞 く (2) 医 療 水 準 の 向 上 について 聞 く (3) 救 急 医 療 について 聞 く (4) 地 域 包 括 ケアシステムの 構 築 について 聞 く (5) 経

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20944E8BE08A7A95AA957A82DD82E782EA82E991AB90D5>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20944E8BE08A7A95AA957A82DD82E782EA82E991AB90D5> 年 金 額 分 布 にみられる 公 的 年 金 制 度 の 発 展 の 足 跡 稲 垣 誠 一 ( 一 橋 大 学 経 済 研 究 所 ) ( 要 旨 ) わが 国 の 公 的 年 金 制 度 は 1961 年 の 国 民 年 金 制 度 の 創 設 によって 皆 年 金 制 度 が 実 現 され その 後 の 幾 度 にもわたる 制 度 改 正 とりわけ 1985 年 改 正 による 再 編 を

More information

ファイザープログラム

ファイザープログラム < 企 画 内 容 のご 検 討 にあたって> ファイザープログラム 応 募 企 画 書 作 成 の 手 引 き 企 画 内 容 が 中 堅 世 代 の 心 とからだのヘルスケア にふさわしいものであり 応 募 要 項 の 助 成 対 象 プロジェクトについて に 該 当 しているかどうかをご 確 認 下 さい 企 画 内 容 をご 検 討 の 際 応 募 要 項 の プログラムのねらい にある 保

More information

消費者が、事業者との通話内容を録音され、録音を消去してほしいと求めたが、事業者に断られたトラブル

消費者が、事業者との通話内容を録音され、録音を消去してほしいと求めたが、事業者に断られたトラブル 平 成 20 年 3 月 25 日 消 費 者 が 事 業 者 との 通 話 内 容 を 録 音 され 録 音 を 消 去 してほしいと 求 めたが 事 業 者 に 断 られたトラブル ( 国 民 生 活 センター 消 費 者 苦 情 処 理 専 門 委 員 会 小 委 員 会 ) 独 立 行 政 法 人 国 民 生 活 センター 消 費 者 苦 情 処 理 専 門 委 員 会 は 平 成 19 年

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825089F196D88EBF836F83438349837D835897988A889770959489EF8B638E968A5497762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825089F196D88EBF836F83438349837D835897988A889770959489EF8B638E968A5497762E646F63> 第 1 回 木 質 バイオマス 利 活 用 部 会 議 事 概 要 開 催 日 時 : 平 成 23 年 11 月 9 日 ( 水 )AM10:00~AM11:45 場 所 : みどり 園 2F 大 会 議 室 議 事 次 第 1. 開 会 2.あいさつ 3. 議 事 (1) 間 伐 材 全 量 搬 出 カスケード 利 用 実 証 事 業 について (2)その 他 4. 閉 会 議 1. 2.あいさつ

More information

1立山地区まちづくり活動の早期促進について

1立山地区まちづくり活動の早期促進について 次 第 1 市 長 あいさつ 2 連 合 自 治 伒 長 あいさつ 3 議 員 紹 介 4 市 側 出 席 者 紹 介 5 地 区 からのご 要 望 ご 提 案 と 回 答 開 催 日 時 平 成 24 年 6 月 2 日 ( 土 ) 場 所 小 江 原 地 区 ふれあいセンター 地 元 出 席 者 数 16 名 1 小 江 原 第 二 団 地 入 口 バス 停 のバスベイの 確 保 について 小

More information

平成13年度桶川市教育委員会第4回定例会進行表

平成13年度桶川市教育委員会第4回定例会進行表 会 議 録 (1) 会 議 の 名 称 開 催 日 時 平 成 26 年 桶 川 市 教 育 会 第 10 回 定 例 会 平 成 26 年 10 月 28 日 ( 火 ) ( 開 会 ) 午 後 2 時 00 分 ( 閉 会 ) 午 後 4 時 30 分 開 催 場 所 地 域 福 祉 活 動 センター 会 議 室 1 2 出 席 者 欠 席 者 6 名 なし 議 長 長 傍 聴 なし 職 員 職

More information

Taro-②_別紙2(質疑応答)

Taro-②_別紙2(質疑応答) 第 6 回 警 察 庁 会 計 業 務 検 討 会 議 議 事 概 要 案 件 1 蛍 光 X 線 分 析 装 置 修 理 ( 岩 手 県 警 察 本 部 ) 委 員 電 源 ユニットの 故 障 はどのような 症 状 だったのか 回 答 電 源 部 分 に 警 告 表 示 がつき 全 く 操 作 ができない 状 況 に 陥 ったもの 委 員 機 器 の 調 達 は 平 成 20 年 度 のようであるが

More information

Microsoft Word - 1日目(5月27日)

Microsoft Word - 1日目(5月27日) 平 成 28 年 第 2 回 潟 上 市 議 会 臨 時 会 会 議 録 開 会 平 成 28 年 5 月 27 日 午 前 10:00 閉 会 午 前 11:06 出 席 議 員 (19 名 ) 1 番 鐙 仁 志 2 番 堀 井 克 見 3 番 佐 々 木 嘉 一 4 番 小 林 悟 5 番 澤 井 昭 二 郎 6 番 藤 原 幸 雄 8 番 藤 原 典 男 9 番 西 村 武 10 番 千 田

More information

06_第3回燕市総合戦略審議会議事録

06_第3回燕市総合戦略審議会議事録 平 成 27 年 度 第 3 回 燕 市 総 合 戦 略 審 議 会 議 事 録 日 時 平 成 27 年 7 月 17 日 ( 金 )9:30-11:20 場 所 燕 市 役 所 (3 階 ) 会 議 室 301 欠 席 代 理 出 席 委 員 古 川 伸 夫 委 員 田 野 隆 夫 委 員 小 林 理 恵 子 委 員 大 倉 龍 司 委 員 海 津 武 彦 委 員 宮 崎 和 子 委 員 1.

More information

<4D F736F F D F4390B3816A E7C817A E937882A082E895FB8DA78A CF88F58FC689EF94C5816A>

<4D F736F F D F4390B3816A E7C817A E937882A082E895FB8DA78A CF88F58FC689EF94C5816A> 平 成 22 年 度 今 後 の 自 動 車 損 害 賠 償 保 障 制 度 のあり 方 に 係 る 懇 談 会 議 事 要 旨 日 時 : 平 成 22 年 6 月 25 日 ( 金 )14:00-16:00 場 所 : 経 済 産 業 省 別 館 共 用 第 1111 会 議 室 被 害 者 保 護 対 策 について ( 藤 村 委 員 ) 療 護 センター 長 期 滞 留 は 概 ね 解 消

More information

Microsoft Word - Ⅰ章_100525.doc

Microsoft Word - Ⅰ章_100525.doc Ⅰ. 市 街 化 区 域 内 農 地 の 資 産 価 値 の 整 理 1. 一 般 農 地 市 街 化 区 域 内 農 地 及 び 宅 地 に 係 る 固 定 資 産 税 の 負 担 水 準 等 の 経 年 変 化 等 についての 税 制 上 の 整 理 1) 一 般 農 地 市 街 化 区 域 内 農 地 及 び 宅 地 に 係 る 固 定 資 産 税 制 度 の 基 本 的 な 仕 組 み 農

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2051264181798DA196EC8F4390B3817A8169483236926E88E690E096BE89EF8F5796F1816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2051264181798DA196EC8F4390B3817A8169483236926E88E690E096BE89EF8F5796F1816A2E646F6378> 県 立 東 桜 学 館 中 学 校 高 等 学 校 ( 仮 称 ) Q&A( 平 成 26 年 度 版 ) このQ&Aは 平 成 26 年 11 月 10 日 から 25 日 までの 間 県 内 7 会 場 において 開 催 した 地 域 説 明 会 の 際 に 質 問 のあった 内 容 をもとに 作 成 したものです 学 習 全 般 について Q1:6 年 間 で 生 徒 間 にかなりの 学 力

More information

2010年1月8日

2010年1月8日 2010 年 1 月 8 日 医 療 刑 務 所 跡 の 保 存 と 利 活 用 についてのご 相 談 法 務 副 大 臣 加 藤 公 一 殿 弁 護 士 国 宗 直 子 菜 の 花 法 律 事 務 所 860-0834 熊 本 市 江 越 1-17-12 TEL096-322-731/FAX096-322-7732 日 頃 ハンセン 病 問 題 については 多 大 なご 配 慮 をいただきありがとうございます

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3236944E937891E63189F1934A90818E7389EE8CEC95DB8CAF895E89638BA68B6389EF8B638E96985E>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3236944E937891E63189F1934A90818E7389EE8CEC95DB8CAF895E89638BA68B6389EF8B638E96985E> 平 成 26 年 度 第 1 回 笛 吹 市 介 護 保 険 運 営 協 議 会 会 議 録 開 催 日 時 : 平 成 26 年 6 月 16 日 ( 月 )13:30~15:00 出 席 者 : 委 員 13 名 欠 席 1 名 事 務 局 :11 名 ( 保 健 福 祉 部 長 介 護 保 険 課 高 齢 福 祉 課 ) 傍 聴 者 なし 1. 開 会 2. 委 嘱 状 交 付 3. 市 長

More information

( 事 務 局 ) ( 敬 称 略 ) 氏 名 所 属 大 野 紀 明 稲 沢 市 市 長 杉 原 利 秋 稲 沢 市 建 設 部 部 長 六 鹿 幸 男 稲 沢 市 建 設 部 次 長 兼 都 市 計 画 課 課 長 菱 田 浩 正 主 幹 山 内 竜 典 主 事 櫻 木 耕 史 技 師 永 柳

( 事 務 局 ) ( 敬 称 略 ) 氏 名 所 属 大 野 紀 明 稲 沢 市 市 長 杉 原 利 秋 稲 沢 市 建 設 部 部 長 六 鹿 幸 男 稲 沢 市 建 設 部 次 長 兼 都 市 計 画 課 課 長 菱 田 浩 正 主 幹 山 内 竜 典 主 事 櫻 木 耕 史 技 師 永 柳 稲 沢 市 都 市 と 緑 のマスタープラン 策 定 委 員 会 第 5 回 議 事 録 開 催 日 時 : 平 成 22 年 3 月 17 日 ( 水 ) 午 後 2 時 00 分 ~ 午 後 4 時 30 分 開 催 場 所 : 稲 沢 市 産 業 会 館 1F 大 会 議 室 出 席 者 : ( 委 員 ) ( 敬 称 略 ) 氏 名 所 属 区 分 瀬 口 哲 夫 名 古 屋 市 立 大 学

More information

(1) 再 々 開 発 を 行 う 際 の 施 行 区 域 要 件 ( 都 市 再 開 発 法 第 3 条 第 3 号 要 件 )について 再 開 発 ビルは 1 権 利 者 ( 区 分 所 有 者 )が 多 数 存 在 することや 2 複 合 用 途 で 構 成 されていること また 3 地 上

(1) 再 々 開 発 を 行 う 際 の 施 行 区 域 要 件 ( 都 市 再 開 発 法 第 3 条 第 3 号 要 件 )について 再 開 発 ビルは 1 権 利 者 ( 区 分 所 有 者 )が 多 数 存 在 することや 2 複 合 用 途 で 構 成 されていること また 3 地 上 市 街 地 再 開 発 事 業 の 今 後 の 展 開 に 関 する 検 討 会 ワーキンググループにおける 検 討 概 要 目 的 再 開 発 ビルの 再 生 ( 建 替 え リニューアル 等 )について 具 体 地 区 における 課 題 を 洗 い 出 し 必 要 な 方 策 等 について 検 討 を 行 うとともに 必 要 に 応 じて 国 に 制 度 提 案 等 を 行 う 検 討 地 区

More information

産婦人科 転職ガイド

産婦人科 転職ガイド 転 職 をお 考 えの 先 生 へ 産 婦 人 科 転 職 ガイド 株 式 会 社 プライオネット ( 本 社 ) 愛 知 県 豊 橋 市 藤 沢 町 141 ロワジールホテル 豊 橋 8F 求 人 フリーダイヤル:0120-480-501 求 人 専 用 メール:sdr info@priornet.info 産 婦 人 科 医 師 求 人 サイト 産 婦 人 科 ドクターズバンク http://www.priornet.info/sanfujinkdr/

More information

第19回規制改革会議 記者会見録

第19回規制改革会議 記者会見録 1. 日 時 : 平 成 25 年 10 月 31 日 ( 木 )18:55~19:17 2. 場 所 : 合 同 庁 舎 4 号 館 2 階 220 会 議 室 司 会 それでは 大 変 お 待 たせいたしました 規 制 改 革 会 議 の 模 様 につきまして 岡 議 長 から 御 説 明 いたします 質 疑 応 答 はまとめてお 願 いいたします それでは 議 長 よろしくお 願 いいたします

More information

保 険 募 集 人 資 格 が 必 要 となる 行 為 ア. 保 険 契 約 の 締 結 の 勧 誘 イ. 保 険 契 約 の 締 結 の 勧 誘 を 目 的 とした 保 険 商 品 の 内 容 説 明 ウ. 保 険 契 約 の 申 込 の 受 領 エ. その 他 の 保 険 契 約 の 締 結 の

保 険 募 集 人 資 格 が 必 要 となる 行 為 ア. 保 険 契 約 の 締 結 の 勧 誘 イ. 保 険 契 約 の 締 結 の 勧 誘 を 目 的 とした 保 険 商 品 の 内 容 説 明 ウ. 保 険 契 約 の 申 込 の 受 領 エ. その 他 の 保 険 契 約 の 締 結 の 金 融 ニューズレター 2009 年 11 月 保 険 募 集 人 資 格 が 必 要 となる 行 為 はどのような 行 為 か( 保 険 募 集 の 定 義 ) 録 又 は 届 出 ( 以 下 これらの 資 格 を 総 称 して 保 険 募 集 人 資 格 といいます )が 必 要 ということになります 平 成 21 年 6 月 金 融 審 議 会 金 融 分 科 会 第 二 部 会 保 険 の

More information

8. 審 議 内 容 ( 司 会 進 行 : 事 務 局 ) 1 開 会 事 務 局 より 開 会 の 挨 拶 2 委 員 長 挨 拶 今 回 でまちづくりビジョンが 最 終 的 な 形 となる 今 後 ビジョンを 具 体 化 するための 取 組 を 地 域 住 民 と 行 政 が 一 緒 に 進

8. 審 議 内 容 ( 司 会 進 行 : 事 務 局 ) 1 開 会 事 務 局 より 開 会 の 挨 拶 2 委 員 長 挨 拶 今 回 でまちづくりビジョンが 最 終 的 な 形 となる 今 後 ビジョンを 具 体 化 するための 取 組 を 地 域 住 民 と 行 政 が 一 緒 に 進 第 5 回 北 杜 市 中 部 横 断 自 動 車 道 活 用 検 討 委 員 会 会 議 録 1. 会 議 名 第 5 回 北 杜 市 中 部 横 断 自 動 車 道 活 用 検 討 委 員 会 2. 開 催 日 時 平 成 26 年 3 月 24 日 ( 月 ) 午 後 2 時 ~ 午 後 3 時 30 分 3. 開 催 場 所 北 杜 市 役 所 西 会 議 室 4. 出 席 者 ( 敬 称

More information

不 動 産 売 買 ( 購 入 )について 1. 不 動 産 会 社 の 種 類 物 件 情 報 の 流 通 を 知 るためには 不 動 産 会 社 の 業 態 を 知 っておく 必 要 があります 不 動 産 会 社 の 業 態 は 大 きく 次 の3つに 分 けられます また 会 社 によっては

不 動 産 売 買 ( 購 入 )について 1. 不 動 産 会 社 の 種 類 物 件 情 報 の 流 通 を 知 るためには 不 動 産 会 社 の 業 態 を 知 っておく 必 要 があります 不 動 産 会 社 の 業 態 は 大 きく 次 の3つに 分 けられます また 会 社 によっては 上 手 に 不 動 産 を 購 入 するための 知 っておきたい 不 動 産 購 入 愛 知 県 清 須 市 阿 原 星 の 宮 145 番 地 1 TEL 052(409)1678 FAX 052(409)0052 不 動 産 売 買 ( 購 入 )について 1. 不 動 産 会 社 の 種 類 物 件 情 報 の 流 通 を 知 るためには 不 動 産 会 社 の 業 態 を 知 っておく 必

More information

意 見 質 問 回 答 等 ( 詳 細 に 記 述 すること ) ( 詳 細 に 記 述 すること ) 別 紙 議 事 録 のとおり 別 紙 議 事 録 のとおり 委 員 からの 意 見 質 問 それに 対 する 回 答 等 委 員 会 による 意 見 の 具 申 又 は 勧 告 の 内 容 特 に

意 見 質 問 回 答 等 ( 詳 細 に 記 述 すること ) ( 詳 細 に 記 述 すること ) 別 紙 議 事 録 のとおり 別 紙 議 事 録 のとおり 委 員 からの 意 見 質 問 それに 対 する 回 答 等 委 員 会 による 意 見 の 具 申 又 は 勧 告 の 内 容 特 に 別 紙 様 式 9 入 札 等 監 視 委 員 会 審 議 概 要 (ホームページ 掲 載 日 : 平 成 24 年 8 月 14 日 ) 開 催 日 及 び 場 所 平 成 24 年 7 月 11 日 ( 水 ) 第 2 特 別 会 議 室 委 員 高 橋 昌 彦 ( 公 認 会 計 士 ) 星 野 学 ( 弁 護 士 ) 園 部 高 秀 (シ ャーナリスト) 審 議 対 象 期 間 審 議 対

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F3039313132368DB791D682A65F5B46494E414C5D836A8385815B8358838C835E815B5F8E918BE08C888DCF82C98AD682B782E9964097A52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F3039313132368DB791D682A65F5B46494E414C5D836A8385815B8358838C835E815B5F8E918BE08C888DCF82C98AD682B782E9964097A52E646F63> 資 金 決 済 に 関 する 法 律 の 制 定 について 平 成 21 年 6 月 24 日 資 金 決 済 に 関 する 法 律 ( 平 成 21 年 法 律 第 59 号 ) 1 ( 以 下 資 金 決 済 法 とい う )が 公 布 された 本 法 律 は 公 布 の 日 から 起 算 して1 年 を 超 えない 範 囲 内 において 政 令 で 定 め る 日 から 施 行 される( 資

More information

議 題 1 意 見 書 について 2 実 施 計 画 について 3 次 回 会 議 開 催 予 定 について 4 その 他 会 議 の 記 録 ( 要 約 ) 事 務 局 委 員 長 挨 拶 の 後 委 員 長 の 議 事 進 行 により 議 題 に 入 る 1 意 見 書 について 意 見 書 に

議 題 1 意 見 書 について 2 実 施 計 画 について 3 次 回 会 議 開 催 予 定 について 4 その 他 会 議 の 記 録 ( 要 約 ) 事 務 局 委 員 長 挨 拶 の 後 委 員 長 の 議 事 進 行 により 議 題 に 入 る 1 意 見 書 について 意 見 書 に 様 式 第 3 号 ( 第 9 条 関 係 ) 会 議 録 ( 要 点 筆 記 ) 会 議 名 第 7 回 嵐 山 町 行 政 改 革 推 進 委 員 会 開 催 日 時 平 成 17 年 9 月 26 日 ( 月 ) 開 会 閉 会 午 前 9 時 00 分 午 前 11 時 10 分 開 催 場 所 嵐 山 町 役 場 町 民 ホール 会 議 次 第 1 会 議 録 について 2 実 施 計 画

More information

慎 重 な 取 扱 いが 求 められる 個 人 番 号 マイナンバー( 個 人 番 号 )はe-TAXのように 個 人 が 特 に 希 望 し た 場 合 にのみ 利 用 されるものではなく 国 民 の 意 志 と 関 係 なく 政 府 や 地 方 公 共 団 体 とデジタル 的 に 結 ばれ 使

慎 重 な 取 扱 いが 求 められる 個 人 番 号 マイナンバー( 個 人 番 号 )はe-TAXのように 個 人 が 特 に 希 望 し た 場 合 にのみ 利 用 されるものではなく 国 民 の 意 志 と 関 係 なく 政 府 や 地 方 公 共 団 体 とデジタル 的 に 結 ばれ 使 . 事 業 者 が 備 えるべき マイナンバー 対 応 のポイント 平 成 2 7 年 5 月 1 5 日 JIPDEC( 一 般 財 団 法 人 日 本 情 報 経 済 社 会 推 進 協 会 ) マイナンバー 対 応 プロジェクト 室 慎 重 な 取 扱 いが 求 められる 個 人 番 号 マイナンバー( 個 人 番 号 )はe-TAXのように 個 人 が 特 に 希 望 し た 場 合 にのみ

More information

( 事 務 局 ) 答 申 の 時 期 の 考 え 方 についてだが まず 委 員 の 皆 さんに 現 状 の 課 題 について 理 解 を 深 めて 頂 いた 後 意 見 交 換 等 審 議 を 重 ね 概 ね6 月 位 に 答 申 を 頂 ければと 考 えている 民 営 化 にも 色 々な 手

( 事 務 局 ) 答 申 の 時 期 の 考 え 方 についてだが まず 委 員 の 皆 さんに 現 状 の 課 題 について 理 解 を 深 めて 頂 いた 後 意 見 交 換 等 審 議 を 重 ね 概 ね6 月 位 に 答 申 を 頂 ければと 考 えている 民 営 化 にも 色 々な 手 様 式 2 第 9 回 安 曇 野 市 行 政 改 革 推 進 委 員 会 会 議 概 要 1 審 議 会 名 第 9 回 安 曇 野 市 行 政 改 革 推 進 委 員 会 2 日 時 平 成 28 年 1 月 28 日 午 後 3 時 から 午 後 5 時 40 分 まで 3 会 場 安 曇 野 市 本 庁 舎 3 階 共 用 会 議 室 306 4 出 席 者 降 旗 会 長 伊 藤 副 会

More information

のと 考 えられる 一 方 で 仮 に 申 請 書 のマイナンバーの 部 分 のみ 空 欄 とし 他 の 部 分 を 記 入 し た 状 態 で 行 政 への 転 送 封 筒 を 同 封 して 家 族 へ 送 付 し 家 族 に 番 号 を 記 入 し てもらい 行 政 へ 発 送 することが 考

のと 考 えられる 一 方 で 仮 に 申 請 書 のマイナンバーの 部 分 のみ 空 欄 とし 他 の 部 分 を 記 入 し た 状 態 で 行 政 への 転 送 封 筒 を 同 封 して 家 族 へ 送 付 し 家 族 に 番 号 を 記 入 し てもらい 行 政 へ 発 送 することが 考 マイナンバーに 係 るアンケートの 実 施 結 果 ( 概 要 ) 全 国 老 施 協 発 第 1507 号 ( 平 成 27 年 11 月 4 日 付 )にて 発 出 したアンケートにおい て 得 た 結 果 の 概 要 は 以 下 に 示 すとおり 1. 従 業 員 に 関 するマイナンバーの 取 り 扱 いについて 従 業 員 に 対 する 事 業 所 のマイナンバーの 取 り 扱 いに 関

More information