ミャンマー 会 社 法 第 一 部 前 文 1. * * * 2. (1) 本 法 において 主 題 又 は 文 脈 に 反 するものがない 限 り 下 記 の 文 言 は 以 下 の 意 味 を 有 する (1) 付 属 定 款 とは 会 社 の 原 始 付 属 定 款 又 は 特 別 決 議 に

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "ミャンマー 会 社 法 第 一 部 前 文 1. * * * 2. (1) 本 法 において 主 題 又 は 文 脈 に 反 するものがない 限 り 下 記 の 文 言 は 以 下 の 意 味 を 有 する (1) 付 属 定 款 とは 会 社 の 原 始 付 属 定 款 又 は 特 別 決 議 に"

Transcription

1 ミャンマー 連 邦 共 和 国 会 社 法 The Burma Companies Act (1914) 本 資 料 は 国 家 計 画 経 済 開 発 省 企 業 投 資 管 理 局 (DICA) 発 表 のミャンマー 会 社 法 をもとに 国 際 機 関 日 本 アセアンセンターが 株 式 会 社 icubeに 委 託 し 日 本 語 に 仮 訳 したものです なお 本 資 料 はあくまで 仮 訳 であり 日 本 アセアンセンターはその 内 容 及 び 本 資 料 を 利 用 した ことにより 生 じたいかなる 損 害 についても 一 切 責 任 を 負 うものではありません ミャンマー 語 の 原 典 DICAの 英 訳 版 の 内 容 をあわせてご 確 認 いただくことをお 勧 めします DICA 発 表 英 訳 版 :

2 ミャンマー 会 社 法 第 一 部 前 文 1. * * * 2. (1) 本 法 において 主 題 又 は 文 脈 に 反 するものがない 限 り 下 記 の 文 言 は 以 下 の 意 味 を 有 する (1) 付 属 定 款 とは 会 社 の 原 始 付 属 定 款 又 は 特 別 決 議 により 変 更 した 付 属 定 款 をいい 当 該 会 社 に 適 用 される 範 囲 において ( 場 合 に 応 じて)1857 年 法 第 19 号 附 則 別 表 B 1882 年 インド 会 社 法 附 則 第 一 別 表 A 又 は 本 法 附 則 第 一 別 表 Aに 定 める 規 則 を 含 む (2) 会 社 とは 本 法 に 基 づき 設 立 され かつ 登 記 された 会 社 又 は 既 存 会 社 をいう (2A) ミャンマー 会 社 とは 下 記 をいう (a) 株 式 資 本 を 有 する 会 社 の 場 合 ミャンマー 連 邦 共 和 国 の 国 民 が 常 に 当 該 全 株 式 資 本 を 所 有 し かつ 支 配 している 会 社 (b) 保 証 有 限 責 任 会 社 であるが 株 式 資 本 を 持 たない 会 社 の 場 合 ミャンマー 連 邦 共 和 国 の 国 民 が 常 に 所 有 し かつ 支 配 している 会 社 (2.B) 外 国 会 社 とは 下 記 をいう (a) ミャンマー 会 社 若 しくは 1950 年 特 別 会 社 法 に 基 づき 設 立 された 特 別 会 社 以 外 の 会 社 又 は (b) ミャンマー 連 邦 共 和 国 外 で 設 立 された 会 社 であって ミャンマー 連 邦 共 和 国 内 に 設 置 した 事 業 所 を 有 する 会 社 (2C) 国 際 取 引 を 行 う 会 社 とは 取 引 のための 従 属 会 社 若 しくは 支 店 を 外 国 に 有 する 会 社 をいう (3) 裁 判 所 とは 本 法 に 基 づく 管 轄 権 を 有 する 裁 判 所 をいう (4) 社 債 とは ディベンチャー ストックを 含 む (5) 取 締 役 とは その 名 称 の 如 何 を 問 わず 取 締 役 の 地 位 にある 者 をいう (6) * * * (7) 既 存 会 社 とは 1866 年 インド 会 社 法 当 該 法 律 により 廃 止 された 法 律 又 は 1882 年 インド 会 社 法 に 基 づき 設 立 され かつ 登 記 された 会 社 をいう (8) 保 険 会 社 とは 保 険 業 のみ 又 は 他 の 事 業 と 併 せて 保 険 業 を 営 む 会 社 をいう (9) マネージャー とは 取 締 役 の 支 配 及 び 指 示 に 従 い 会 社 業 務 全 般 の 運 営 を 行 う 者 をいい 名 称 の 如 何 及 び 役 務 提 供 契 約 に 基 づくか 否 かを 問 わず 取 締 役 又 は マネージャーの 地 位 を 有 するその 他 の 者 を 含 む 2

3 (9A) 経 営 代 理 人 とは 会 社 との 契 約 により かつ( 当 該 契 約 に 別 段 の 定 めがある 範 囲 を 除 き) 取 締 役 の 支 配 及 び 指 示 に 基 づき 会 社 業 務 全 般 の 運 営 を 行 う 権 利 を 有 する 人 会 社 もしくは 企 業 をいい 名 称 の 如 何 を 問 わず 当 該 地 位 にある 人 会 社 もしくは 企 業 を 含 む 補 足 説 明 : 経 営 代 理 人 の 地 位 にある 者 が 自 身 をマネージャーと 称 した 場 合 であって も 本 法 に 関 して 同 人 をマネージャーではなく 経 営 代 理 人 とみなす (10) 基 本 定 款 とは 会 社 の 原 始 基 本 定 款 又 は 本 法 の 規 定 に 従 い 変 更 した 会 社 の 基 本 定 款 をいう (11) 役 職 者 とは 取 締 役 経 営 代 理 人 マネージャー 又 は 会 社 秘 書 役 を 含 むが 第 235 条 第 236 条 及 び 第 237 条 の 場 合 を 除 き 監 査 人 は 含 まない (12) 所 定 の とは 会 社 の 清 算 に 関 する 本 法 の 規 定 については 最 高 裁 判 所 が 定 めると ころのものをいい 本 法 のその 他 の 規 定 についてはミャンマー 連 邦 共 和 国 大 統 領 が 定 めるところのものをいう (13) 非 公 開 会 社 とは その 定 款 において 以 下 を 定 める 会 社 をいう (a) 株 式 の 譲 渡 を 制 限 し( 制 限 する 場 合 ) (b) 同 社 に 雇 用 された 者 を 除 き 社 員 ( 出 資 者 )の 数 を 50 人 以 下 とし 及 び (c) 同 社 の 株 式 又 は 社 債 の 引 受 を 一 般 に 勧 誘 することを 禁 止 する ただし 2 名 以 上 の 者 が 共 同 して 同 社 の 1 以 上 の 株 式 を 保 有 する 場 合 本 定 義 に 関 しては 1 名 の 社 員 とみなす (13A) 公 開 会 社 とは 本 法 1882 年 インド 会 社 法 1866 年 インド 会 社 法 又 は それらにより 廃 止 された 法 律 に 基 づき 設 立 された 非 公 開 会 社 でない 会 社 をいう (14) 目 論 見 書 とは 会 社 の 株 式 又 は 社 債 の 引 受 け 若 しくは 購 入 を 一 般 に 募 集 する 目 論 見 書 通 知 回 覧 書 公 告 文 その 他 勧 誘 書 をいうが 正 規 目 論 見 書 が 作 成 され かつ 提 出 されたことを 外 観 上 示 す 取 引 広 告 は 含 まない (15) 登 記 官 とは 本 法 に 基 づき 会 社 の 登 記 に 係 る 任 務 を 履 行 する 登 記 官 又 は 補 佐 登 記 官 をいう (16) 株 式 とは 会 社 の 株 式 資 本 の 株 式 をいい 明 示 的 又 は 黙 示 的 に 株 式 と 併 合 株 式 を 区 別 している 場 合 を 除 き 併 合 株 式 を 含 む (17) 指 定 銀 行 とは 1952 年 連 邦 銀 行 法 第 38 条 に 基 づき 指 定 銀 行 として 通 知 された 銀 行 をいう (18) 本 法 とは 憲 法 の 施 行 以 前 の 期 間 については その 当 時 ミャンマー 連 邦 共 和 国 において 効 力 を 有 するミャンマー 会 社 法 をいう 3

4 (2) 直 接 若 しくは 指 定 人 を 通 じ 所 有 しているか また 他 の 会 社 が 本 法 で 意 味 するところの 会 社 であるか 否 かに 関 わりなく 会 社 の 資 産 が 当 該 他 の 会 社 の 株 式 の 全 部 若 しくは 一 部 である 場 合 であって (a) 当 該 保 有 株 式 の 金 額 が 保 有 会 社 の 決 算 時 において 当 該 他 の 会 社 の 発 行 済 株 式 資 本 の 過 半 数 であるか 当 該 他 の 会 社 の 議 決 権 の 過 半 数 を 有 する 場 合 又 は (b) 保 有 会 社 が 直 接 もしくは 間 接 に 当 該 他 の 会 社 の 取 締 役 の 過 半 数 を 任 命 する 権 限 を 有 する 場 合 ( 社 債 信 託 証 書 の 規 定 によってのみ 付 与 された 権 限 若 しくは 当 該 規 定 に 従 い 発 行 された 株 式 により 付 与 された 権 限 を 除 く) 当 該 他 の 会 社 を 本 法 で 意 味 するところの 従 属 会 社 とみなし 本 法 における 従 属 会 社 とは 本 項 の 条 件 を 満 たした 場 合 の 会 社 をいい 当 該 会 社 の 従 属 会 社 も 含 む ただし 通 常 の 事 業 として 貸 金 業 を 含 む 会 社 が 担 保 としてのみ 他 の 会 社 の 株 式 を 保 有 する 場 合 本 条 に 基 づき 当 該 他 の 会 社 が 従 属 会 社 であるか 否 か 決 定 するに 当 たり 当 該 保 有 株 式 を 考 慮 してはならない 3. (1) 本 法 に 基 づき 管 轄 権 を 有 する 裁 判 所 とは 最 高 裁 判 所 をいう ただし ミャンマー 連 邦 共 和 国 大 統 領 は 官 報 での 告 示 並 びに 適 切 と 判 断 する 制 限 及 び 条 件 に 従 って 本 法 により 最 高 裁 判 所 に 付 与 された 管 轄 権 の 全 部 又 は 一 部 を 地 方 裁 判 所 が 行 使 することを 授 権 することができ 授 権 された 管 轄 権 について 当 該 地 方 裁 判 所 は 管 轄 地 域 に 登 記 上 の 住 所 を 有 するすべての 会 社 にとっての 裁 判 所 となる (2) 会 社 清 算 の 管 轄 権 の 決 定 に 際 して 登 記 上 の 事 務 所 とは 清 算 申 立 てを 行 う 直 前 の 6 箇 月 間 において 当 該 会 社 の 登 記 上 の 事 務 所 として 最 も 長 い 期 間 登 記 された 場 所 をいう (3) 本 条 のいかなる 規 定 によっても 誤 った 裁 判 所 で 裁 判 が 行 われたという 事 由 により 手 続 を 無 効 としてはならない 第 二 部 定 款 等 及 び 会 社 設 立 4. (1) 本 法 に 基 づき 会 社 として 登 記 するのでない 限 り 銀 行 業 を 営 む 目 的 で 10 名 を 超 える 者 からなる 会 社 社 団 又 は 組 合 を 設 立 してはならない (2) 本 法 に 基 づき 会 社 として 登 記 するのでない 限 り 会 社 社 団 若 しくは 組 合 又 はそれらの 個 々の 社 員 による 利 益 の 獲 得 を 目 的 とするその 他 のいかなる 業 務 を 営 む 目 的 で 20 名 を 超 える 者 からなる 会 社 社 団 又 は 組 合 を 設 立 してはならない (3) 本 条 は 共 同 家 族 事 業 を 営 む 共 同 家 族 には 適 用 しない 2 以 上 の 共 同 家 族 が 組 合 を 結 成 する 場 合 本 条 における 人 数 の 算 定 に 際 して 当 該 家 族 の 未 成 年 者 は 除 外 する (4) 本 条 に 違 反 して 事 業 を 営 む 会 社 社 団 又 は 組 合 のすべての 社 員 は 当 該 事 業 から 生 じた すべてすべての 債 務 につき 個 人 責 任 を 負 う (5) 本 条 に 違 反 して 会 社 社 団 又 は 組 合 を 設 立 したそれらの 社 員 である 者 に 対 し 1,000 チャットを 超 えない 罰 金 に 処 する 4

5 基 本 定 款 5. 適 法 な 目 的 のため 連 合 する 7 名 以 上 の 者 ( 非 公 開 会 社 を 設 立 する 場 合 は 2 名 以 上 の 者 )は 基 本 定 款 に 名 前 を 署 名 し その 他 本 法 の 設 立 会 社 の 登 記 に 関 する 要 件 を 満 たすことにより 有 限 責 任 又 は 無 限 責 任 の 以 下 の 会 社 を 設 立 することができる (i) 基 本 定 款 により 各 社 員 が 保 有 する 株 式 の 未 払 込 金 額 に 限 って 責 任 を 負 う 会 社 ( 本 法 において 株 式 有 限 責 任 会 社 という) (ii) 基 本 定 款 により 社 員 の 責 任 を 社 員 それぞれが 会 社 の 清 算 の 際 に 会 社 の 資 産 として 拠 出 することを 引 き 受 けた 額 に 限 定 する 会 社 ( 本 法 において 保 証 有 限 責 任 会 社 という) (iii) 社 員 の 責 任 を 限 定 しない 会 社 ( 本 法 において 無 限 責 任 会 社 という) 6. 株 式 有 限 責 任 会 社 の 場 合 (1) 基 本 定 款 には 以 下 を 記 載 する (i) 末 尾 に Limited とついた 社 名 (ii) 会 社 の 登 記 上 の 事 務 所 はミャンマー 連 邦 共 和 国 に 所 在 すること (iii) 会 社 の 目 的 (iv) 社 員 の 責 任 が 有 限 であること (v) 会 社 が 登 記 する 株 式 資 本 の 額 及 び 株 式 に 分 割 した 固 定 額 (2) 基 本 定 款 の 署 名 者 は 最 低 1 株 を 引 き 受 ける (3) 各 定 款 署 名 者 は 自 己 が 引 き 受 ける 株 式 数 を 自 己 の 名 前 の 反 対 側 に 記 載 する 7. 保 証 有 限 責 任 会 社 の 場 合 (1) 基 本 定 款 には 以 下 を 記 載 する (i) 末 尾 に Limited とついた 社 名 (ii) 会 社 の 登 記 上 の 事 務 所 はミャンマー 連 邦 共 和 国 に 所 在 すること (iii) 会 社 の 目 的 (iv) 社 員 の 責 任 が 有 限 であること (v) 各 社 員 が 社 員 である 間 又 は 社 員 でなくなった 日 から 1 年 以 内 に 会 社 を 清 算 する 場 合 各 社 員 は 社 員 でなくなる 前 に 会 社 が 約 定 した 会 社 の 負 債 及 び 債 務 の 支 払 清 算 に 係 る 費 用 及 び 手 数 料 の 支 払 並 びに 社 員 間 の 引 受 権 の 調 整 について(これらについて は 一 定 金 額 を 超 えない 範 囲 とする) 会 社 資 産 に 拠 出 する 約 束 を 行 う (2) 会 社 が 株 式 資 本 を 有 する 場 合 (i) 基 本 定 款 は 会 社 が 登 記 する 株 式 資 本 の 額 及 び 額 面 株 式 への 分 割 を 記 載 する (ii) 基 本 定 款 の 署 名 者 は 最 低 1 株 を 引 き 受 ける (iii) 各 定 款 署 名 者 は 自 己 が 引 受 ける 株 式 数 を 自 己 の 名 前 の 反 対 側 に 記 載 する 5

6 8. 会 社 が 無 限 責 任 会 社 である 場 合 (1) 基 本 定 款 には 以 下 を 記 載 する (i) 社 名 (ii) 会 社 の 登 記 上 の 事 務 所 はミャンマー 連 邦 共 和 国 に 所 在 すること (iii) 会 社 の 目 的 (2) 会 社 が 株 式 資 本 を 有 する 場 合 (i) 基 本 定 款 の 署 名 者 は 最 低 1 株 を 引 き 受 ける (ii) 各 定 款 署 名 者 は 自 己 が 引 受 ける 株 式 数 を 自 己 の 名 前 の 反 対 側 に 記 載 する 9. 基 本 定 款 は (a) ミャンマー 語 及 び 英 語 で 記 載 する (b) 連 続 した 番 号 を 振 った 段 落 に 分 割 する (c) 署 名 したことを 証 明 する 最 低 1 名 の 証 人 の 面 前 で 各 署 名 者 (その 住 所 国 籍 および 職 務 )を 記 載 する)が 署 名 する 10. 会 社 は 本 法 にその 方 法 と 範 囲 に 関 する 明 示 的 な 規 定 がある 場 合 においてのみ 基 本 定 款 に 定 める 条 件 を 変 更 することができる ただし マネージャー 又 は 経 営 代 理 人 の 任 命 会 社 の 主 要 目 的 にとって 付 随 的 又 は 補 完 的 で あるが 会 社 の 存 続 に 関 わるその 他 の 事 項 に 関 連 する 規 定 は 変 更 の 対 象 とみなしてはならない 11.(1) 会 社 は 既 存 会 社 が 既 に 登 記 しているのと 同 一 の 社 名 又 は 非 常 に 類 似 しているため 誤 解 を 招 く 社 名 を 登 記 してはならない ただし 既 存 会 社 が 解 散 中 の 場 合 又 は 登 記 官 が 求 める 方 法 で 同 意 している 場 合 はこの 限 りではない (2) 会 社 が 過 失 その 他 により 上 記 の 同 意 を 得 ることなく 既 存 会 社 が 既 に 登 記 しているのと 同 一 の 社 名 又 は 非 常 に 類 似 しているため 誤 解 を 招 く 社 名 を 登 記 した 場 合 本 項 の 最 初 に 出 てくる 会 社 は 登 記 官 の 許 可 を 得 て 社 名 を 変 更 することができる (3) ミャンマー 連 邦 共 和 国 大 統 領 の 書 面 による 事 前 の 同 意 がある 場 合 を 除 き 以 下 の 文 言 を 含 む 社 名 で 登 記 してはならない (a) 君 主 皇 帝 帝 国 皇 后 連 邦 王 女 王 国 家 準 備 銀 行 共 和 国 大 統 領 を 含 む 文 言 又 は 英 国 君 主 の 支 援 もしくは 英 国 君 主 の 政 府 (ミャンマー 政 府 当 該 省 庁 を 含 む)との 関 係 があることを 示 し 若 しくはあるかの ように 思 わせる 文 言 を 含 む 社 名 (b) 町 若 しくは チャータード 又 は 地 方 自 治 体 その 他 地 方 機 関 若 しくは 王 立 チャーターが 設 立 した 協 会 若 しくは 団 体 と 関 係 があることを 示 し 若 しくはあるか のように 思 わせる 用 語 ただし 本 項 の 規 定 は 本 法 施 行 以 前 に 登 記 された 会 社 には 適 用 しない (4) 会 社 は 特 別 決 議 及 びミャンマー 連 邦 共 和 国 大 統 領 の 書 面 による 承 認 をもって 社 名 を 変 更 することができる 6

7 (5) 会 社 が 社 名 変 更 した 場 合 登 記 官 は 従 前 の 社 名 に 変 えて 新 しい 社 名 を 登 記 簿 に 登 記 し 必 要 な 変 更 を 含 んだ 新 しい 設 立 証 書 を 発 行 する 社 名 変 更 は 当 該 証 書 の 発 行 をもって 完 了 する (6) 社 名 変 更 は 会 社 の 権 利 若 しくは 義 務 に 影 響 を 及 ぼすものではなく 又 は 会 社 に 対 する いかなる 法 的 手 続 を 無 効 とするものではなく 会 社 に 対 し 従 前 の 社 名 で 継 続 しているか 若 しくは 開 始 した 法 的 手 続 は 新 しい 社 名 で 継 続 し 若 しくは 開 始 する 12. 本 法 の 規 定 に 従 って 会 社 はその 目 的 に 関 して 以 下 の 事 項 を 可 能 とするために 必 要 な 範 囲 で 特 別 決 議 により 基 本 定 款 の 規 定 を 変 更 することができる (a) 事 業 をより 経 済 的 若 しくは 効 率 的 に 運 営 するため (b) 会 社 の 主 要 目 的 を 新 しい 若 しくは 改 良 された 方 法 により 達 成 するため (c) 会 社 の 事 業 拠 点 を 拡 大 若 しくは 変 更 するため (d) 現 状 に 基 づき 会 社 の 事 業 と 都 合 よく 若 しくは 有 利 に 組 み 合 わせることのできる 他 の 事 業 を 行 うため (e) 基 本 定 款 に 記 載 する 目 的 を 制 限 若 しくは 終 了 するため (f) 会 社 の 事 業 の 全 部 若 しくは 一 部 を 売 却 若 しくは 処 分 するため 又 は (g) 他 の 会 社 若 しくは 団 体 と 合 併 するため (2) 当 該 定 款 規 定 の 変 更 は 申 立 てに 基 づく 裁 判 所 の 承 認 があるまで 及 び 承 認 を 受 けない 限 り 効 力 を 生 じない (3) 裁 判 所 が 当 該 定 款 規 定 の 変 更 を 承 認 するに 当 たり 以 下 の 事 項 を 充 足 しなければならない (a) 会 社 のすべての 社 債 権 者 及 び 当 該 定 款 規 定 の 変 更 によりその 利 害 関 係 に 影 響 を 受 けると 裁 判 所 が 考 えるすべて 者 又 は 一 定 種 類 の 者 に 適 切 な 通 知 を 行 うこと 並 びに (b) 当 該 定 款 規 定 の 変 更 に 異 議 を 述 べる 権 利 を 有 すると 裁 判 所 が 考 える 債 権 者 であって 裁 判 所 が 指 定 する 方 法 により 異 議 を 述 べた 債 権 者 について 当 該 債 権 者 から 当 該 変 更 に 対 する 同 意 が 得 られたか 又 はその 債 権 若 しくは 請 求 が 弁 済 されたか 又 は 裁 判 所 が 満 足 する 担 保 が 提 供 されたこと ただし 裁 判 所 は 特 別 の 理 由 により 本 条 で 要 求 される 通 知 を 一 定 の 者 又 は 一 定 種 類 の 者 について 免 除 することができる 13. 裁 判 所 は 適 切 と 判 断 する 特 定 の 条 件 で 当 該 変 更 の 全 部 又 は 一 部 を 承 認 する 命 令 を 発 令 する ことができ かつ 適 切 と 判 断 する 手 数 料 に 関 する 命 令 を 発 令 することができる 14. 裁 判 所 は 第 12 条 及 び 第 13 条 に 基 づく 裁 量 権 を 行 使 する 場 合 会 社 の 社 員 又 は 特 定 種 類 の 社 員 の 権 利 及 び 利 益 並 びに 債 権 者 の 権 利 及 び 利 益 を 考 慮 し 適 切 と 判 断 する 場 合 反 対 社 員 の 持 分 を 買 い 取 るため 裁 判 所 が 満 足 する 内 容 の 取 決 めをするため 法 的 手 続 を 延 期 させ かつ 当 該 取 決 めに 基 づく 手 続 きを 促 進 し 又 は 実 行 するため 適 当 と 判 断 する 命 令 を 発 令 することができる ただし 当 該 買 取 りのために 会 社 の 資 本 を 支 出 することはできない 7

8 15. (1) 会 社 は 承 認 の 日 から 3 箇 月 以 内 に 変 更 された 基 本 定 款 の 謄 本 と 共 に 当 該 変 更 に 関 する 裁 判 所 の 承 認 命 令 の 謄 本 を 登 記 官 に 提 出 し 登 記 官 はそれを 登 記 し 登 記 官 の 名 において 当 該 登 記 を 認 証 し それによる 証 明 書 は 当 該 変 更 および 認 証 に 関 わる 本 法 のすべての 要 件 を 遵 守 したことの 確 定 的 証 拠 となり これにより 変 更 された 基 本 定 款 を 会 社 の 基 本 定 款 とする (2) * * * (3) 裁 判 所 は 本 条 に 基 づく 登 記 官 への 書 面 の 提 出 につき 裁 判 所 が 適 切 と 判 断 する 期 間 命 令 によりいつでも 延 長 することができる 16. 第 15 条 の 規 定 に 従 い 変 更 登 記 が 正 当 に 効 力 を 生 じるまで 当 該 変 更 は 効 力 を 有 しない 当 該 変 更 を 承 認 する 裁 判 所 の 命 令 が 発 令 された 日 から 3 箇 月 以 内 に 又 は 第 15 条 の 規 定 に 従 い 裁 判 所 が 延 長 した 期 間 内 に 当 該 変 更 登 記 が 効 力 を 生 じない 場 合 前 記 の 3 箇 月 の 期 間 満 了 時 若 しくは 延 長 期 間 の 満 了 時 に 当 該 変 更 裁 判 所 の 命 令 その 他 すべての 手 続 は 完 全 に 無 効 となる ただし 十 分 な 理 由 の 提 示 があり 更 に 1 箇 月 以 内 に 申 請 があった 場 合 裁 判 所 は 当 該 命 令 を 再 度 有 効 とすることができる 付 属 定 款 17 (1) 株 式 有 限 責 任 会 社 の 場 合 は 任 意 で 保 証 有 限 責 任 会 社 若 しくは 無 限 責 任 会 社 の 場 合 は 義 務 として 基 本 定 款 の 署 名 者 が 署 名 し かつ 会 社 の 規 則 を 定 めた 付 属 定 款 を 登 記 する (2) 付 属 定 款 は 附 則 第 一 別 表 A に 記 載 された 規 則 の 全 部 又 は 一 部 を 採 用 することができ かつ 当 該 付 属 定 款 は いかなる 場 合 でも 別 表 A の 規 則 及 び 116 と 同 一 か 同 じ 効 力 を 有 する 規 則 を 含 むものとみなす ただし 公 開 会 社 の 従 属 会 社 である 場 合 を 除 き 規 則 78 は 非 公 開 会 社 の 付 属 定 款 に 含 んでいるとはみなさない また 会 社 の 総 会 で 異 なる 決 定 をする 場 合 を 除 き 規 則 107 は 数 年 にわたり 適 正 に 配 分 することのできる 支 出 項 目 の 総 額 のうち その 一 部 分 のみが 該 当 年 度 の 収 入 に 対 し 計 上 される 理 由 を 損 益 計 算 書 に 記 載 することを 求 めるものとみなす (3) 無 限 責 任 会 社 又 は 保 証 有 限 責 任 会 社 の 場 合 で 会 社 が 株 式 資 本 を 有 するとき 会 社 が 登 記 する 予 定 の 当 該 株 式 資 本 金 額 を 付 属 定 款 に 記 載 する (4) 無 限 責 任 会 社 又 は 保 証 有 限 責 任 会 社 の 場 合 で 会 社 が 株 式 資 本 を 持 たないとき 登 記 官 が 登 記 手 数 料 を 決 定 するため 当 該 会 社 が 登 記 する 予 定 のある 社 員 数 を 記 載 する 18. 本 法 施 行 後 に 登 記 された 株 式 有 限 責 任 会 社 の 場 合 で 付 属 定 款 を 登 記 していないか 又 は 登 記 している 場 合 でも 附 則 第 一 別 表 A の 規 則 を 除 外 又 は 変 更 していない 場 合 当 該 規 則 は 正 当 に 登 記 された 付 属 定 款 に 規 定 されているのと 同 じ 方 法 でかつ 同 程 度 に 会 社 の 規 則 にも 適 用 する 8

9 19. 付 属 定 款 は 以 下 の 要 件 のとおりとする (a) ミャンマー 語 及 び 英 語 で 記 載 する (b) 連 続 した 番 号 を 振 った 段 落 に 分 割 する (c) 当 該 署 名 を 証 明 する 最 低 1 名 の 証 人 の 面 前 で 基 本 定 款 の 各 署 名 者 ( 住 所 国 籍 職 務 を 記 載 する)が 署 名 する 20. (1) 本 法 及 び 基 本 定 款 の 規 定 に 従 って 会 社 は 特 別 決 議 により 付 属 定 款 を 追 加 又 は 変 更 することができ 当 該 追 加 又 は 変 更 は 原 始 規 定 と 同 様 の 効 力 を 有 し 特 別 決 議 による 同 様 の 方 法 により 変 更 することができる (2) 本 条 に 基 づき 付 属 定 款 を 変 更 する 権 限 は 1857 年 法 律 第 19 号 及 び 1860 年 法 律 第 7 号 若 しくはそのいずれかに 基 づき 設 立 され かつ 登 記 された 会 社 の 場 合 1857 年 法 律 第 19 号 添 付 別 表 B の 規 定 の 変 更 についても 適 用 され 前 記 の 法 律 により 設 立 され かつ 登 記 された 無 限 責 任 会 社 の 場 合 資 本 の 額 若 しくはその 株 式 への 分 配 に 関 する 規 定 の 変 更 についても( 基 本 定 款 にこれらの 規 定 を 定 めているにもかかわらず) 適 用 される 20A. 会 社 の 基 本 定 款 若 しくは 付 属 定 款 の 規 定 にもかかわらず 社 員 となった 日 以 降 に 行 った 当 該 基 本 定 款 若 しくは 付 属 定 款 の 変 更 について 当 該 変 更 が 変 更 日 において 当 該 社 員 が 所 有 する 株 式 数 を 超 えて 株 式 を 取 得 若 しくは 引 き 受 けるよう 要 求 するか 又 は 当 該 変 更 日 に おける 株 式 資 本 への 出 資 義 務 若 しくは 金 銭 支 払 義 務 を 追 加 するものである 場 合 会 社 の 社 員 は 当 該 変 更 に 拘 束 されない ただし 本 条 は 社 員 が 特 定 の 変 更 が 行 われた 前 後 に 当 該 変 更 に 拘 束 されることを 書 面 により 同 意 した 場 合 は 適 用 しない 総 則 21. (1) 基 本 定 款 及 び 付 属 定 款 は 登 記 したときをもって 各 社 員 がそれぞれ 署 名 し かつ 当 該 各 社 員 相 続 人 及 び 法 定 代 理 人 が 本 法 の 規 定 に 従 って 基 本 定 款 及 び 付 属 定 款 の すべての 規 定 を 遵 守 する 旨 の 誓 約 を 行 った 場 合 と 同 様 に 会 社 及 び 当 該 社 員 を 拘 束 する (2) 基 本 定 款 又 は 付 属 定 款 に 基 づき 社 員 が 会 社 に 支 払 うべき 金 銭 は 社 員 が 会 社 に 対 して 負 う 債 務 とする 22. 基 本 定 款 及 び 付 属 定 款 (ある 場 合 )は 登 記 官 に 提 出 し 登 記 官 はそれらを 保 持 し かつ 登 記 する 23. (1) 会 社 の 基 本 定 款 の 登 記 に 当 たり 登 記 官 は 会 社 が 設 立 されたこと 及 び 会 社 が 有 限 責 任 会 社 である 場 合 は 会 社 の 責 任 が 有 限 であることを 署 名 により 証 明 する (2) 設 立 証 書 に 記 載 する 設 立 日 から 基 本 定 款 の 署 名 者 は 随 時 会 社 の 社 員 となる 他 の 者 と 共 に 基 本 定 款 に 記 された 氏 名 による 法 人 となり 以 後 設 立 された 会 社 のすべての 機 能 を 行 使 し 並 びに 永 久 継 承 権 及 び 社 印 を 有 することができるが 本 法 に 定 める 清 算 の 際 に 社 員 は 会 社 の 資 産 に 拠 出 する 責 任 を 負 う 9

10 24. (1) 登 記 官 が 発 行 した 社 団 に 関 する 設 立 証 書 は 登 記 その 前 提 事 項 及 び 付 随 事 項 に 関 する 本 法 の 要 件 がすべて 充 足 されたこと 並 びに 当 該 社 団 が 本 法 に 基 づき 登 記 する 認 可 を 付 与 され 適 法 に 登 記 されたことの 確 定 的 な 証 拠 となる (2) 会 社 の 設 立 に 従 事 し 最 高 裁 判 所 に 出 頭 する 権 利 のある 弁 護 士 又 は 付 属 定 款 に 会 社 の 取 締 役 マネージャー 若 しくは 秘 書 役 として 記 載 した 者 による 当 該 要 件 を 遵 守 して いる 旨 の 宣 誓 書 は 登 記 官 に 提 出 し 登 記 官 は 当 該 文 書 を 当 該 要 件 遵 守 の 十 分 な 証 拠 と して 受 理 することができる 25. (1) 要 求 があった 場 合 はその 要 求 から 14 日 以 内 に 会 社 は 1 チャット 若 しくは 会 社 が 定 めるより 低 額 の 費 用 の 支 払 をもって 基 本 定 款 及 び 付 属 定 款 (ある 場 合 )の 写 しを 各 社 員 に 送 付 する (2) 会 社 が 本 条 の 規 定 に 違 反 した 場 合 それぞれの 違 反 につき 会 社 に 対 し 10 チャットを 超 えない 罰 金 に 処 する 25A.(1) 会 社 の 基 本 定 款 又 は 付 属 定 款 に 変 更 が 加 えられた 場 合 変 更 日 後 に 発 行 された 基 本 定 款 又 は 付 属 定 款 の 謄 本 は 当 該 変 更 に 従 ったものとする (2) 変 更 が 行 われた 場 合 で 会 社 が 変 更 日 後 に 当 該 変 更 に 従 っていない 基 本 定 款 又 は 付 属 定 款 の 謄 本 を 発 行 した 場 合 会 社 及 び 故 意 に 違 反 をなしたすべての 役 職 者 に 対 し 当 該 謄 本 1 部 につき 10 チャットを 超 えない 罰 金 に 処 する 非 営 利 社 団 26. (1) 有 限 責 任 会 社 としての 設 立 要 件 を 具 備 しているある 社 団 が 商 業 芸 術 科 学 宗 教 慈 善 又 は 他 の 有 用 な 目 的 の 推 進 のために 設 立 され 若 しくは 設 立 しようとしており 当 該 社 団 がその 利 益 (ある 場 合 ) 若 しくはその 他 の 所 得 を 当 該 目 的 のために 充 て 若 しく は 充 てることを 意 図 しており かつ 社 員 への 利 益 配 当 を 禁 止 していることにつき ミャンマー 連 邦 共 和 国 大 統 領 が 満 足 する 証 明 がなされた 場 合 同 大 統 領 は 社 名 に Limited の 語 を 追 加 せずに 当 該 社 団 を 有 限 責 任 会 社 として 登 記 することを 許 可 により 命 じることができる (2) 本 条 に 基 づく 同 大 統 領 の 許 可 は 同 大 統 領 が 適 切 と 判 断 する 条 件 及 び 規 制 に 従 って 付 与 され 当 該 条 件 及 び 規 制 は 許 可 を 受 けた 当 該 社 団 を 拘 束 する 同 大 統 領 が 命 令 する 場 合 当 該 特 定 の 条 件 及 び 規 制 を 基 本 定 款 及 び 付 属 定 款 の 両 者 又 はいずれかに 記 載 する (3) 当 該 社 団 は 登 記 により 有 限 責 任 会 社 のあらゆる 特 権 を 享 受 し かつすべてあらゆる 義 務 に 服 する(ただし 社 名 に Limited の 文 言 を 使 用 すること 社 名 を 公 告 すること 及 び 社 員 名 簿 を 登 記 官 に 送 付 することを 除 く ) (4) 同 大 統 領 はいつでも 本 条 に 基 づく 許 可 を 取 り 消 すことができ 取 消 しがあった 場 合 登 記 官 は 許 可 を 受 けた 社 団 の 登 記 簿 の 社 名 末 尾 に Limited の 文 言 を 挿 入 し 当 該 社 団 は 本 条 に 基 づき 付 与 された 免 除 及 び 特 権 を 享 受 することができない ただし 上 記 に 従 って 許 可 が 取 り 消 される 前 に 同 大 統 領 は 当 該 社 団 に 対 し 取 り 消 す 旨 を 書 面 により 通 知 し 取 消 に 反 対 する 意 見 を 述 べる 機 会 を 与 える 10

11 保 証 有 限 責 任 会 社 27. (1) 株 式 資 本 を 持 たない 保 証 有 限 責 任 会 社 で 本 法 施 行 後 に 登 記 された 会 社 について 社 員 以 外 の 者 に 会 社 の 分 配 可 能 利 益 への 参 加 権 を 与 えることを 意 図 する 基 本 定 款 若 しくは 付 属 定 款 の 規 定 又 は 会 社 の 決 議 はこれを 無 効 とする (2) 保 証 有 限 責 任 会 社 の 基 本 定 款 又 は 付 属 定 款 に 関 する 本 法 の 規 定 及 び 本 条 に 関 して 本 法 施 行 後 に 登 記 された 保 証 有 限 責 任 会 社 における 会 社 の 事 業 を 株 式 又 は 持 分 に 分 割 することを 意 図 する 基 本 定 款 若 しくは 付 属 定 款 の 規 定 又 は 決 議 は 株 式 若 しくは 持 分 の 額 面 金 額 若 しくは 株 式 数 を 定 めていないにもかかわらず 株 式 資 本 に 関 する 規 定 として 取 り 扱 う 外 国 会 社 及 び 国 際 取 引 を 行 う 会 社 27A. (1) すべての 外 国 会 社 又 は 国 際 取 引 を 行 う 会 社 は 会 社 の 基 本 定 款 及 び 付 属 定 款 (ある 場 合 ) を 登 記 官 に 提 出 する 前 にミャンマー 連 邦 共 和 国 大 統 領 の 許 可 を 取 得 する (2) 許 可 の 発 行 申 請 は 所 定 の 書 式 により 行 い ミャンマー 連 邦 共 和 国 大 統 領 は 所 定 の 条 件 及 び 規 制 に 従 って 許 可 を 交 付 し 当 該 許 可 は 詳 細 を 記 した 附 則 第 三 Form I に 基 づく (3) 外 国 会 社 は 第 (1) 項 に 基 づく 許 可 を 所 定 の 期 間 内 に 取 得 しない 限 り ミャンマー 連 邦 共 和 国 において 事 業 を 行 い 又 は 継 続 してはならない (4) (i) 国 際 取 引 を 行 う 会 社 は 第 (1) 項 に 基 づく 許 可 を 取 得 しない 限 り 外 国 において 従 属 会 社 又 は 支 店 を 設 立 してはならない (ii) 1955 年 ミャンマー( 改 正 ) 会 社 法 施 行 時 点 において 外 国 に 従 属 会 社 又 は 支 店 を 有 する 国 際 取 引 を 行 う 会 社 は 所 定 の 期 間 内 にミャンマー 連 邦 共 和 国 大 統 領 から 許 可 を 取 得 する (5) 外 国 会 社 又 は 国 際 取 引 を 行 う 会 社 が 本 条 に 定 める 条 件 に 従 わなかった 場 合 当 該 会 社 及 びそのすべての 役 員 代 理 人 に 対 し 500 チャットを 超 えない 罰 金 に 処 し 違 反 が 継 続 する 場 合 違 反 継 続 期 間 中 1 日 当 たり 50 チャットを 超 えない 罰 金 に 処 する 11

12 第 三 部 株 式 資 本 無 限 責 任 会 社 を 有 限 責 任 会 社 とする 登 記 及 び 取 締 役 の 無 限 責 任 株 式 資 本 の 分 配 28. (1) 会 社 における 社 員 の 株 式 その 他 の 持 分 は 会 社 の 付 属 定 款 に 定 める 方 法 によって 譲 渡 可 能 な 動 産 とする (2) 株 式 資 本 を 有 する 会 社 の 株 式 はすべて 適 切 な 番 号 により 識 別 する 29. 会 社 の 社 印 の 押 印 がある 社 員 が 所 有 する 株 式 又 は 併 合 株 式 を 特 定 した 株 券 は 当 該 株 式 に 対 する 社 員 の 所 有 権 についての 一 応 の 証 拠 となる 30. (1) 会 社 の 基 本 定 款 の 署 名 者 は 当 該 会 社 の 社 員 となることに 同 意 したものとみなし 登 記 と 同 時 に 社 員 名 簿 に 社 員 として 登 録 される (2) 会 社 の 社 員 になることに 同 意 した 他 の 者 であって 社 員 名 簿 に 名 前 が 登 録 された 者 は 会 社 の 社 員 とする 31. (1) すべての 会 社 は 1 冊 以 上 の 社 員 名 簿 を 備 え 置 き 以 下 の 事 項 を 記 載 する (i) 社 員 の[ 名 前 住 所 国 籍 ] 及 び 職 業 ( 該 当 する 場 合 ) 株 式 資 本 を 有 する 会 社 の 場 合 株 券 番 号 払 込 金 額 及 び 合 意 されたみなし 払 込 金 額 により 区 別 する 各 社 員 が 保 有 する 株 式 に 関 する 書 類 (ii) 社 員 として 登 録 された 日 (iii) 社 員 でなくなった 日 (2) 会 社 が 本 条 の 規 定 に 違 反 した 場 合 会 社 に 対 し 違 反 が 継 続 している 間 の 1 日 につき 500 チャットを 超 えない 罰 金 に 処 し かつ 故 意 に 違 反 を 承 認 又 は 許 可 したすべての 役 職 者 に 対 しても 同 様 の 罰 金 に 処 する 31A.(1) 50 名 超 の 社 員 を 有 する 会 社 は 社 員 名 簿 がインデックスの 形 態 を 満 たすものでない 限 り 社 員 の 名 前 を 表 示 したインデックスを 作 成 し 社 員 名 簿 に 変 更 があった 場 合 は その 14 日 以 内 にインデックスに 必 要 な 変 更 を 行 う (2) インデックス(カード 形 式 も 可 能 )は 社 員 名 簿 における 各 社 員 の 記 載 事 項 を 容 易 に 見 つけることのできる 表 示 を 行 う (3) 本 条 の 規 定 に 違 反 した 場 合 会 社 及 び 故 意 に 違 反 をしたすべての 役 職 者 に 対 し 50 チャットを 超 えない 罰 金 に 処 する 32. (1) 株 式 資 本 を 有 する 会 社 は 設 立 から 18 箇 月 以 内 及 びそれ 以 降 は 最 低 毎 年 1 回 該 当 期 間 の 初 日 又 は 定 期 総 会 の 期 日 における 当 社 の 社 員 であるすべての 者 及 び 最 後 の 報 告 日 若 しくは( 最 初 の 報 告 の 場 合 は) 会 社 の 設 立 日 から 社 員 資 格 を 停 止 したすべての 者 の 一 覧 を 作 成 する (2) 当 該 一 覧 は 記 載 された 過 去 及 び 現 在 の 社 員 の[ 名 前 住 所 国 籍 ] 及 び 職 業 報 告 日 12

13 若 しくは( 最 初 の 報 告 の 場 合 は) 会 社 の 設 立 日 において 現 存 する 各 社 員 が 保 有 する 株 式 数 なおも 社 員 である 者 と 社 員 でなくなった 者 が 保 有 している 株 式 数 並 びに 株 式 譲 渡 の 登 録 期 日 を 記 載 し 更 に 現 金 による 払 込 みを 受 けた 株 式 と 全 部 若 しくは 一 部 において 現 金 以 外 による 払 込 みを 受 けた 株 式 を 区 別 する 要 約 並 びに 以 下 の 事 項 を 記 載 する (a) 会 社 の 株 式 資 本 の 額 その 株 式 数 (b) 会 社 設 立 時 から 報 告 時 までに 発 行 した 株 式 数 (c) 株 式 の 払 込 請 求 額 (d) 当 該 請 求 に 対 する 払 込 合 計 金 額 (e) 当 該 請 求 に 対 する 未 払 込 合 計 金 額 (f) 直 近 の 報 告 日 以 降 の 株 式 若 しくは 社 債 の 手 数 料 による 払 込 額 株 式 若 しくは 社 債 の 割 引 額 による 払 込 額 の 合 計 金 額 又 は 報 告 日 におけるそれらの 未 償 却 額 (g) 没 収 株 式 総 数 (h) 報 告 日 における 無 記 名 株 券 が 発 行 済 である 株 式 合 計 金 額 (i) 直 近 報 告 日 以 降 発 行 し かつ 消 却 した 無 記 名 株 券 の 合 計 金 額 (j) 各 無 記 名 株 券 に 係 る 株 式 数 又 は 株 式 金 額 (k) 報 告 日 での 会 社 の 取 締 役 及 びマネージャーまたは 経 営 代 理 人 の 名 前 住 所 及 び 国 籍 並 びに 直 近 の 報 告 日 以 降 それら 担 当 者 の 変 更 があった 場 合 はその 旨 とその 期 日 並 びに (l) 本 法 に 基 づき 登 記 官 への 登 録 が 求 められるあらゆる 抵 当 権 及 び 請 求 につき 会 社 が 支 払 義 務 を 負 う 全 債 務 額 (3) 上 記 一 覧 及 び 要 約 は 社 員 名 簿 における 別 の 箇 所 に 記 載 し 当 該 期 間 の 初 日 又 は 定 期 株 主 総 会 の 期 日 から 21 日 以 内 に 記 載 を 完 了 し 会 社 は 取 締 役 マネージャー 又 は 会 社 秘 書 役 が 当 該 文 書 に 記 載 した 事 項 が 当 該 期 日 において 真 実 であることの 証 明 書 を 添 えて 当 該 取 締 役 マネージャー 又 は 会 社 秘 書 役 が 署 名 した 当 該 文 書 の 謄 本 を 登 記 官 に 提 出 する (4) 非 公 開 会 社 は 第 (1) 項 により 求 められる 年 次 報 告 書 と 共 に 当 該 会 社 が 直 近 の 報 告 書 提 出 以 降 ( 最 初 の 報 告 の 場 合 は 設 立 日 以 降 ) 当 該 会 社 の 株 式 若 しくは 社 債 の 引 受 けを 公 募 していないことにつき 取 締 役 若 しくは 他 の 役 職 者 が 署 名 した 証 明 書 を 提 出 し 及 び 年 次 報 告 書 において 社 員 数 が 50 を 超 えていることを 開 示 した 場 合 超 過 している 分 は 全 員 第 2 条 (1) 項 (13) 号 (b)に 基 づき 50 名 に 算 入 されない 者 からなる 旨 の 同 様 に 署 名 した 証 明 書 を 提 出 する (5) 会 社 が 本 条 の 規 定 に 違 反 した 場 合 会 社 に 対 し 違 反 が 継 続 している 間 の 1 日 につき 50 チャット 以 下 の 罰 金 に 処 し 故 意 に 違 反 を 承 認 又 は 許 可 したすべての 役 職 者 に 対 して も 同 様 の 罰 金 に 処 する 33. ( 明 示 黙 示 若 しくは 擬 制 の 如 何 を 問 わず) 信 託 に 関 する 通 知 は 社 員 名 簿 に 記 載 されず 又 登 記 官 によっても 受 理 されない 13

14 34. (1) 会 社 の 株 式 譲 渡 の 登 録 申 請 は 譲 渡 人 又 は 譲 受 人 が 行 うことができる ただし 譲 渡 人 が 当 該 申 請 を 行 う 場 合 ( 支 払 が 株 式 によりなされた 場 合 ) 会 社 が 譲 受 人 に 当 該 申 請 が あった 旨 の 通 知 を 行 わない 限 り 登 録 の 効 力 は 発 生 せず かつ 当 該 通 知 を 譲 受 人 が 受 領 してから 2 週 間 以 内 に 譲 受 人 が 異 議 を 申 し 立 てない 限 り 第 (4) 項 に 規 定 に 従 い 会 社 は 譲 受 人 が 譲 渡 登 録 申 請 を 行 うのと 同 じ 方 法 および 条 件 で 社 員 名 簿 に 譲 受 人 の 名 前 を 登 録 する (2) 第 (1) 項 において 譲 受 人 への 通 知 を 譲 渡 文 書 に 記 載 する 住 所 宛 に 前 払 郵 便 で 発 送 した 場 合 は 当 該 通 知 は 適 法 に 行 われたものとみなし 通 常 の 郵 便 が 到 達 すべき 時 に 到 達 したものとみなす (3) 株 式 又 は 社 債 の 譲 渡 につき 譲 渡 人 及 び 譲 受 人 が 正 当 に 押 印 し 締 結 した 適 切 な 譲 渡 文 書 を 証 明 書 と 共 に 会 社 に 提 出 することなく 会 社 が 登 録 することは 違 法 である ただし 譲 渡 人 及 び 譲 受 人 が 署 名 した 譲 渡 文 書 を 紛 失 したことを 取 締 役 が 納 得 するまで 証 明 した 場 合 取 締 役 が 適 切 と 判 断 し 当 該 譲 渡 文 書 に 求 められた 押 印 がなされた 譲 受 人 からの 書 面 の 申 請 により 取 締 役 が 救 済 策 として 適 切 と 判 断 した 条 件 に 基 づき 当 該 譲 渡 を 登 録 することができる (4) 会 社 が 株 式 又 は 社 債 譲 渡 の 登 録 を 拒 否 する 場 合 当 該 譲 渡 文 書 を 会 社 に 提 出 した 期 日 から 2 箇 月 以 内 に 譲 渡 人 及 び 譲 受 人 に 拒 否 通 知 を 送 付 する (5) 本 条 第 (4) 項 の 規 定 に 違 反 した 場 合 会 社 及 び 故 意 に 違 反 にかかわった 会 社 のすべての 取 締 役 マネージャー 会 社 秘 書 役 その 他 の 役 職 者 に 対 し 違 反 が 継 続 する 間 の 1 日 につき 50 チャットを 超 えない 罰 金 に 処 する (6) 第 (3) 項 の 規 定 は 株 式 又 は 社 債 に 関 する 権 利 が 法 律 の 運 用 により 移 転 された 者 を 株 主 又 は 社 債 権 者 として 登 録 する 会 社 の 権 限 を 制 限 するものではない (7) 本 条 は 株 式 譲 渡 登 録 を 拒 否 する 付 属 定 款 に 基 づく 会 社 の 権 限 を 制 限 するものではない 34A.(1) すべてのミャンマー 会 社 は 外 国 人 への 株 式 の 譲 渡 につき 譲 受 人 の 国 籍 を 記 した 通 知 を 譲 渡 日 から 21 日 以 内 に 登 記 官 に 提 出 しなければならない (2) すべての 外 国 会 社 は 株 式 譲 渡 の 結 果 として 当 該 会 社 のすべての 株 式 資 本 がミャンマー 国 民 により 所 有 され 支 配 されることとなった 場 合 当 該 譲 渡 日 から 21 日 以 内 に 登 記 官 に 通 知 を 提 出 しなければならない (3) 会 社 が 本 条 の 規 定 に 違 反 した 場 合 会 社 及 び 故 意 に 違 反 に 係 った 会 社 のすべての 役 職 者 又 は 代 理 人 に 対 し 違 反 が 継 続 した 間 の 1 日 につき 50 チャットを 超 えない 罰 金 に 処 する 35. 法 定 代 理 人 が 死 亡 した 社 員 の 会 社 株 式 その 他 の 持 分 を 譲 渡 する 場 合 法 定 代 理 人 自 身 が 社 員 でない 場 合 であっても 譲 渡 文 書 の 締 結 時 に 社 員 であるものとみなし 有 効 とする 36. (1) 会 社 の 登 記 日 以 降 において 社 員 名 簿 及 び 社 員 のインデックスは 当 該 会 社 の 登 記 上 の 事 務 所 に 備 え 置 かれ 本 法 に 基 づき 閉 鎖 される 場 合 を 除 き 営 業 時 間 内 において (1 日 につき 2 時 間 以 上 の 閲 覧 が 許 されるよう 総 会 で 定 める 合 理 的 な 制 限 に 従 い) 無 料 で 社 員 の 閲 覧 に 供 し 他 の 者 には 1 ルピー 又 は 会 社 が 定 めるそれ 以 下 の 手 数 料 で 閲 覧 に 供 する 当 該 社 員 及 び 他 の 者 は 当 該 文 書 から 抄 本 を 取 得 することができる 14

15 (2) 社 員 その 他 の 者 は 社 員 名 簿 若 しくはその 一 部 の 写 し 又 は 本 法 で 求 められる 一 覧 及 び 要 約 の 写 しにつき 100 単 語 ( 端 数 切 上 げ) 毎 で 6 チャットを 支 払 った 上 で 当 該 写 しを 求 めることができ 会 社 は 当 該 請 求 を 受 領 した 日 の 翌 日 から 起 算 して 10 日 以 内 ( 非 営 業 日 名 簿 閉 鎖 日 を 除 く)に 請 求 者 にそれらを 送 付 する (3) 本 条 に 基 づく 閲 覧 を 拒 否 し 又 は 写 しの 送 付 が 所 定 の 期 間 内 になされなかった 場 合 会 社 及 び 会 社 のすべての 違 反 に 係 る 役 職 者 に 対 し それぞれの 違 反 につき 20 チャット 以 下 の 罰 金 に 処 し 又 違 反 が 継 続 する 間 の 1 日 につき 20 チャットを 超 えない 罰 金 に 処 し 裁 判 所 は 命 令 により 当 該 名 簿 及 びインデックスをただちに 閲 覧 させ 又 は 請 求 の あった 写 しを 送 付 するよう 命 じることができる 37. 会 社 は 各 年 度 合 計 で 45 日 を 超 えない 範 囲 ( 一 回 につき 30 日 を 超 えてはならない)で 登 記 上 の 事 務 所 が 所 在 する 地 域 の 新 聞 に 7 日 以 上 前 に 公 告 することにより 社 員 名 簿 を 閉 鎖 することができる 38. (1) 権 利 侵 害 を 受 けた 者 会 社 の 社 員 若 しくは 会 社 は 以 下 の 場 合 社 員 名 簿 の 修 正 を 裁 判 所 に 申 し 立 てることができる (a) 不 正 に 又 は 十 分 な 理 由 なく 会 社 の 社 員 名 簿 に 名 前 が 登 録 され 若 しくは 不 登 録 と された 場 合 又 は (b) 社 員 でなくなった 事 実 の 社 員 名 簿 への 不 登 録 又 は 不 合 理 な 遅 滞 が 発 生 した 場 合 (2) 裁 判 所 は 当 該 申 立 てを 拒 否 するか 又 は 当 該 名 簿 の 修 正 及 び 権 利 侵 害 を 受 けた 者 への 損 害 賠 償 を 会 社 に 命 じることができ 並 びに 適 当 と 判 断 する 手 数 料 に 関 する 命 令 を 発 令 することができる (3) 本 条 に 基 づく 申 立 てにより 裁 判 所 は 社 員 名 簿 への 登 録 若 しくは 不 登 録 に 係 る 申 立 当 事 者 の 権 原 の 問 題 に 関 して 当 該 問 題 が 社 員 と 主 張 する 者 との 間 又 は 社 員 若 しくは 社 員 と 主 張 する 者 と 会 社 との 間 で 発 生 したものかに 関 して 決 定 し かつ 当 該 名 簿 の 修 正 のため 必 要 若 しくは 適 切 とされる 問 題 につき 決 定 することができる ただし 裁 判 所 は 法 律 問 題 に 係 る 争 点 につき 決 定 することができ 当 該 争 点 に 関 する 決 定 に 対 する 上 訴 は 民 事 訴 訟 法 第 100 条 に 基 づき 行 われる 39. 本 法 に 基 づき 社 員 一 覧 を 登 記 官 に 提 出 する 必 要 がある 会 社 の 場 合 裁 判 所 は 社 員 名 簿 の 修 正 を 命 じるに 当 たり 当 該 命 令 の 発 令 後 14 日 以 内 に 修 正 通 知 を 登 記 官 に 提 出 するよう 命 じる 40. 社 員 名 簿 は 本 法 により 当 該 名 簿 に 追 加 記 載 することが 求 められ 又 は 授 権 された 事 項 の 一 応 の 証 拠 とする 41. (1) 株 式 資 本 を 有 する 会 社 は 付 属 定 款 により 授 権 された 場 合 英 国 に 支 所 社 員 名 簿 を 備 え 置 くことができる( 本 法 において 英 国 社 員 名 簿 という) (2) 当 該 会 社 は 英 国 社 員 名 簿 を 備 え 置 いた 日 から 1 箇 月 以 内 に 当 該 社 員 名 簿 を 備 え 置 く 事 務 所 の 所 在 する 場 所 を 登 記 官 に 通 知 する 当 該 事 務 所 の 所 在 場 所 に 変 更 があった 場 合 又 は 事 務 所 を 閉 鎖 した 場 合 1 箇 月 以 内 に 変 更 又 は 閉 鎖 を 登 記 官 に 通 知 する (3) 会 社 が 本 条 の 規 定 に 違 反 した 場 合 会 社 に 対 し 違 反 が 継 続 している 間 の 1 日 につき 50 チャットを 超 えない 罰 金 に 処 する 15

16 42. (1) 英 国 社 員 名 簿 は 会 社 の 社 員 名 簿 ( 本 条 において 基 本 社 員 名 簿 という)の 一 部 とみなす (2) 社 員 名 簿 閉 鎖 前 の 公 告 を 英 国 社 員 名 簿 が 備 え 置 かれている 地 域 の 新 聞 紙 上 で 行 うことを 除 いて 英 国 社 員 名 簿 は 本 法 の 基 本 社 員 名 簿 に 求 められるのと 同 じ 方 法 で 備 え 置 かれる (3) 会 社 は 英 国 社 員 名 簿 への 登 録 が 行 われた 後 可 及 的 速 やかに 当 該 登 録 内 容 の 各 写 しを ビルマ 連 邦 の 登 記 上 の 事 務 所 に 送 付 し 当 該 写 しを 当 該 事 務 所 において 適 切 に 保 管 し かつ 随 時 登 録 し 本 法 の 適 用 に 関 して 当 該 謄 本 を 基 本 社 員 名 簿 の 一 部 とみなす (4) 名 簿 の 謄 本 に 関 する 本 条 の 規 定 を 条 件 として 英 国 社 員 名 簿 に 登 録 された 株 式 は 基 本 社 員 名 簿 に 登 録 された 株 式 とは 区 別 され 英 国 社 員 名 簿 に 登 録 された 株 式 に 関 する 取 引 は 当 該 社 員 名 簿 に 登 録 されている 間 は 他 の 社 員 名 簿 に 記 載 されない (5) 会 社 は 英 国 社 員 名 簿 を 備 え 置 くことを 停 止 することができ 停 止 に 際 して そのすべての 登 録 内 容 を 基 本 社 員 名 簿 に 転 記 する (6) 本 法 の 規 定 に 従 って 会 社 は 付 属 定 款 の 定 めによって 英 国 社 員 名 簿 の 備 え 置 きに 関 して 適 当 と 判 断 する 規 則 を 定 めることができる 43. (1) 株 式 有 限 責 任 会 社 は 付 属 定 款 により 授 権 された 場 合 全 額 払 込 株 式 又 は 併 合 株 式 に ついて 当 該 株 券 に 記 載 する 特 定 の 株 式 又 は 併 合 株 式 に 関 する 権 利 を 当 該 株 券 の 所 持 人 が 有 する 旨 を 記 載 した 無 記 名 株 券 を 共 通 の 社 印 を 押 印 した 上 で 発 行 することができる 当 該 会 社 は 利 札 その 他 により 当 該 証 券 に 含 まれる 株 式 又 は 併 合 株 式 の 将 来 の 配 当 支 払 について 本 法 の 無 記 名 株 券 の 条 件 において 定 めることができる (2) 本 条 は 非 公 開 会 社 には 適 用 しない 44. 無 記 名 株 券 の 所 持 人 は 当 該 証 券 に 記 載 する 株 式 又 は 併 合 株 式 に 関 する 権 利 を 有 し 当 該 株 券 の 引 渡 しにより 当 該 株 式 又 は 併 合 株 式 を 譲 渡 することができる 45. 会 社 の 付 属 定 款 に 従 って 無 記 名 株 券 の 所 持 人 は 消 却 のために 当 該 証 券 を 返 還 するに 当 たり 当 該 所 持 人 の 名 前 を 社 員 名 簿 に 社 員 として 登 録 する 権 利 を 有 し 当 該 証 券 が 返 還 されず かつ 消 却 されることなく 社 員 名 簿 に 当 該 証 券 に 記 載 する 株 式 又 は 併 合 株 式 について 当 該 証 券 の 所 持 人 の 名 前 を 登 録 する 際 会 社 の 責 めに 帰 すべき 事 由 により 登 録 した 結 果 いずれかの 者 に 発 生 した 損 失 につき 会 社 は 責 任 を 負 う 46. 会 社 の 付 属 定 款 がそのように 定 めている 場 合 無 記 名 株 券 の 所 持 人 は 完 全 に 又 は 付 属 定 款 で 定 める 目 的 についてのいずれかにおいて 本 法 にいう 会 社 の 社 員 とみなすことができる ただし ( 当 該 資 格 が 付 属 定 款 で 求 められている 場 合 ) 無 記 名 株 券 に 記 載 する 株 式 若 しくは 併 合 株 式 について 会 社 の 取 締 役 若 しくはマネージャーとなる 資 格 を 有 しない 点 を 除 く 47. (1) 無 記 名 株 券 の 発 行 に 当 たり 会 社 は 社 員 名 簿 から 社 員 名 を 抹 消 し 社 員 でなくなった ものとして 当 該 無 記 名 株 券 に 記 載 する 株 式 を 保 有 する 旨 を 社 員 名 簿 に 記 載 し 以 下 の 詳 細 を 当 該 名 簿 に 記 載 する (i) 無 記 名 株 券 発 行 の 事 実 (ii) 無 記 名 株 券 に 記 載 された 株 式 の 説 明 ( 各 株 式 をその 番 号 により 区 分 すること) 及 び (iii) 無 記 名 株 券 の 発 行 日 16

17 (2) 会 社 が 本 条 の 規 定 に 違 反 した 場 合 会 社 に 対 し 違 反 が 継 続 している 間 の 1 日 につき 50 チャットを 超 えない 罰 金 に 処 し 故 意 に 違 反 を 承 認 又 は 許 可 したすべての 役 職 者 に 対 しても 同 様 の 罰 金 に 処 する 48. 無 記 名 株 券 が 返 還 されるまで 上 記 詳 細 事 項 は 本 法 に 基 づき 社 員 名 簿 に 記 載 する 必 要 が ある 詳 細 事 項 とみなし 返 還 された 場 合 返 還 日 を 社 員 でなくなった 日 と 同 様 に 社 員 名 簿 に 記 載 する 49. 付 属 定 款 により 授 権 された 場 合 会 社 は 以 下 の 一 つ 以 上 の 事 項 を 行 うことができる (1) 配 当 金 額 及 び 配 当 時 期 が 社 員 によって 異 なる 種 類 株 式 の 発 行 につき 決 定 を 行 う (2) 払 込 がされていないが 当 該 社 員 が 所 有 する 株 式 の 未 払 金 額 の 全 額 又 は 一 部 について 同 意 した 社 員 から 受 領 する (3) 他 の 株 式 より 多 額 の 払 込 みがなされた 株 式 につき 割 合 的 に 配 当 を 支 払 う 50.(1) 株 式 有 限 責 任 会 社 は 付 属 定 款 により 授 権 される 場 合 以 下 に 関 して 基 本 定 款 を 変 更 する ことができる (a) 適 切 と 判 断 する 金 額 の 新 株 を 発 行 することによる 増 資 すること (b) 既 存 株 式 より 多 額 の 株 式 とするため 株 式 資 本 の 全 部 又 は 一 部 を 併 合 及 び 分 割 すること (c) 全 部 すべて 又 は 一 部 の 払 込 株 式 を 併 合 株 式 に 転 換 し 当 該 併 合 株 式 を 額 面 払 込 株 式 に 再 転 換 すること (d) すべての 又 は 一 部 の 株 式 を 基 本 定 款 の 額 面 価 格 より 少 額 の 株 式 に 分 割 する ただし 当 該 分 割 において 分 割 される 前 の 株 式 における 払 込 株 式 と 未 払 込 株 式 の 比 率 は 維 持 される (e) 株 式 消 却 の 承 認 決 議 の 日 において 取 得 又 は 取 得 の 合 意 がなされていない 株 式 を 消 却 し 及 び 消 却 された 株 式 金 額 の 分 を 株 式 資 本 から 減 少 させること (2) 本 条 により 付 与 される 権 限 は 総 会 において 会 社 が 行 使 しなければならない (3) 本 条 による 株 式 の 消 却 は 本 法 における 株 式 資 本 の 減 少 とはみなしてはならない (4) 会 社 が 第 (1) 項 (d) 又 は(e) 号 による 権 限 を 行 使 した 場 合 行 使 日 から 15 日 以 内 に 登 記 官 に 通 知 する 51 (1) 株 式 資 本 を 有 する 会 社 が 既 存 の 株 式 資 本 を 併 合 及 び 分 割 により 既 存 株 式 より 多 額 の 額 面 価 格 の 株 式 に 転 換 した 場 合 株 式 を 併 合 株 式 に 転 換 した 場 合 又 は 併 合 株 式 を 株 式 に 再 転 換 した 場 合 当 該 併 合 分 割 転 換 若 しくは 再 転 換 のなされた 期 日 から 15 日 以 内 に 会 社 は 当 該 併 合 分 割 転 換 若 しくは 再 転 換 の 対 象 株 式 を 特 定 した 通 知 を 登 記 官 に 提 出 する (2) 本 条 の 規 定 に 違 反 した 場 合 会 社 に 対 し 違 反 が 継 続 している 間 の 1 日 につき 50 チャットを 超 えない 罰 金 に 処 し 故 意 に 違 反 を 承 認 又 は 許 可 したすべての 役 職 者 に 対 しても 同 様 の 罰 金 に 処 する 17

18 52. 株 式 資 本 を 有 する 会 社 がその 株 式 を 併 合 株 式 に 転 換 した 場 合 に 登 記 官 に 転 換 の 通 知 をしたと きは 本 法 の 株 式 にのみ 適 用 される 規 定 は 併 合 株 式 に 転 換 された 株 式 資 本 の 部 分 には 適 用 しな い この 場 合 会 社 の 社 員 名 簿 及 び 登 記 官 に 提 出 する 社 員 一 覧 には 株 式 金 額 及 び 本 法 におい て 株 式 につき 記 載 を 求 められた 詳 細 ではなく 各 社 員 が 保 有 する 併 合 株 式 の 総 額 を 表 示 する 53. (1) 株 式 を 併 合 株 式 に 転 換 したか 否 かを 問 わず 株 式 資 本 を 有 する 会 社 が 登 記 した 株 式 資 本 を 超 えて 増 資 した 場 合 及 び 株 式 資 本 を 持 たない 会 社 が 登 記 した 社 員 数 を 超 えて 増 員 した 場 合 ( 増 資 の 場 合 は) 増 資 承 認 決 議 を 議 決 してから 15 日 以 内 に ( 増 員 の 場 合 は) 増 員 を 議 決 してから 若 しくは 当 該 事 態 が 発 生 してから 15 日 以 内 に 当 該 増 資 若 しくは 増 員 に 係 る 通 知 をそれぞれ 登 記 官 に 提 出 し 登 記 官 は 当 該 増 資 若 しくは 増 員 を 登 記 する (2) 前 記 の 通 知 には 影 響 を 受 ける 株 式 の 種 類 の 詳 細 及 び(あれば) 新 株 発 行 の 条 件 を 記 載 する (3) 本 条 の 規 定 に 違 反 した 場 合 会 社 に 対 し 違 反 が 継 続 している 間 の 1 日 につき 50 チャットを 超 えない 罰 金 に 処 し 故 意 に 違 反 を 承 認 又 は 許 可 したすべての 役 職 者 に 対 しても 同 様 の 罰 金 に 処 する すべて 54. (1) 株 式 有 限 責 任 会 社 は 裁 判 所 が 承 認 する 特 別 決 議 により 異 なる 種 類 株 式 の 併 合 又 は 株 式 の 異 なる 種 類 株 式 への 分 割 か 否 かに 関 わりなく 株 式 資 本 の 統 合 に 関 する 基 本 定 款 の 条 件 を 変 更 することができる ただし 当 該 種 類 株 式 資 本 の 4 分 の 3 以 上 を 有 する 種 類 株 主 が 出 席 した 総 会 で 株 主 数 の 過 半 数 による 議 決 がある 場 合 (その 場 合 は 議 決 した 決 議 は 全 種 類 株 主 を 拘 束 する)を 除 いて 種 類 株 式 に 付 与 された 優 位 条 件 又 は 特 典 は 当 該 変 更 によって 妨 げられない (2) 本 条 に 基 づき 命 令 が 発 令 された 場 合 発 令 後 21 日 以 内 又 は 裁 判 所 が 許 容 する 更 に 長 期 の 期 間 内 に 当 該 命 令 の 認 証 謄 本 を 登 記 官 に 提 出 し 当 該 謄 本 を 登 記 官 に 提 出 して 初 めて 当 該 決 議 は 効 力 を 生 じる 株 式 資 本 の 減 少 54A.(1) 株 式 有 限 責 任 会 社 は その 後 になされるべき 減 資 の 効 力 を 生 じさせ かつ 第 55 条 から 第 66 条 に 定 める 方 法 での 承 認 手 順 を 経 ない 限 り 自 己 株 式 を 購 入 し 又 は 親 会 社 である 公 開 会 社 の 株 式 を 購 入 する 権 限 を 有 しない (2) 公 開 会 社 の 従 属 会 社 でない 非 公 開 会 社 の 場 合 を 除 き 株 式 有 限 責 任 会 社 は 直 接 若 しくは 間 接 に 及 び 貸 付 保 証 担 保 提 供 その 他 の 方 法 により いかなる 者 による 会 社 の 株 式 購 入 のため 又 は 当 該 購 入 に 関 して 財 政 的 支 援 を 行 ってはならない ただし 会 社 の 通 常 事 業 の 一 部 が 貸 付 である 場 合 本 条 のいかなる 規 定 も その 通 常 事 業 としての 貸 付 を 禁 止 するものではない (3) 本 条 につき 違 反 があった 場 合 会 社 及 び 故 意 に 違 反 をなしたすべての 役 職 者 に 対 し 1,000 チャットを 超 えない 罰 金 に 処 する (4) 本 条 の 規 定 は 第 105B 条 に 基 づいて 発 行 した 株 式 を 償 還 する 会 社 の 権 利 に 何 ら 影 響 しない 18

19 55. (1) 裁 判 所 の 承 認 を 得 ることを 条 件 として 株 式 有 限 責 任 会 は 付 属 定 款 が 授 権 する 場 合 特 別 決 議 により 株 式 資 本 を 減 少 することができ ( 前 記 権 限 の 一 般 性 に 影 響 すること なく) 特 に 以 下 を 行 うことができる (a) 未 払 株 式 資 本 たる 株 式 の 払 込 義 務 を 消 滅 又 は 減 少 させる (b) 株 式 の 払 込 義 務 を 消 滅 又 は 減 少 するか 否 かを 問 わず 失 権 した 割 当 払 込 株 式 資 本 又 は 利 用 可 能 資 産 が 示 されていない 割 当 払 込 株 式 資 本 を 消 却 する (c) 株 式 の 払 込 義 務 を 消 滅 又 は 減 少 するか 否 かを 問 わず 会 社 の 資 金 需 要 を 超 える 払 込 株 式 資 本 を 償 還 し また 必 要 な 範 囲 において 株 式 資 本 を 減 額 し かつ 株 式 を 減 少 させることにより 基 本 定 款 を 変 更 する (2) 本 条 の 特 別 決 議 は 本 法 において 株 式 資 本 減 少 の 決 議 という 56. 会 社 が 株 式 資 本 減 少 の 決 議 を 議 決 した 場 合 会 社 は 申 立 てにより 当 該 減 少 を 承 認 する 裁 判 所 の 命 令 を 求 めることができる 57. 株 式 資 本 減 少 の 決 議 が 議 決 されてから 又 は 当 該 株 式 資 本 の 減 少 が 払 込 のない 株 式 資 本 に 係 る 負 債 の 減 額 若 しくは 払 込 株 式 資 本 の 株 主 への 支 払 のいずれかを 含 まない 場 合 当 該 減 少 を 承 認 する 裁 判 所 の 命 令 が 発 令 されてから 会 社 は 裁 判 所 が 定 める 期 日 まで 社 名 の 末 尾 に 減 額 資 本 の 文 言 を 追 加 し 当 該 文 言 は 当 該 期 日 まで 社 名 の 一 部 とみなす ただし 当 該 株 式 資 本 減 少 が 払 込 のない 株 式 資 本 に 係 る 負 債 の 減 額 若 しくは 払 込 株 式 資 本 の 株 主 への 支 払 のいずれかを 含 まない 場 合 裁 判 所 は 適 切 と 判 断 するとき 社 名 の 末 尾 への 減 額 資 本 の 文 言 の 追 加 を 免 除 することができる 58. (1) 予 定 する 株 式 資 本 減 少 が 払 込 のない 株 式 資 本 に 係 る 負 債 の 減 額 若 しくは 払 込 株 式 資 本 の 株 主 への 支 払 のいずれかを 含 む 場 合 及 び 裁 判 所 が 命 じるその 他 の 場 合 に 裁 判 所 が 設 定 した 日 において ( 当 該 期 日 が 会 社 の 清 算 開 始 日 であれば) 会 社 に 対 し 許 容 し 得 る 証 明 ができる 負 債 若 しくは 請 求 に 関 する 権 利 を 有 する 会 社 のすべての 債 権 者 は 当 該 株 式 資 本 減 少 に 異 議 を 申 し 立 てることができる (2) 裁 判 所 は 異 議 を 申 し 立 てる 権 利 を 有 する 債 権 者 の 名 簿 を 確 定 し その 目 的 のために 債 権 者 からの 申 立 てを 必 要 としない 範 囲 で 当 該 債 権 者 の 氏 名 その 負 債 若 しくは 請 求 の 性 質 及 び 金 額 を 確 定 し 当 該 名 簿 に 記 載 されていない 債 権 者 が 記 載 を 求 めることができ る 期 日 又 は 株 式 資 本 減 少 に 異 議 を 申 し 立 てる 権 利 を 有 する 者 から 除 外 するよう 申 請 する 期 日 を 定 めた 通 知 を 公 告 することができる 59. 債 権 者 名 簿 に 記 載 された 債 権 者 であってその 負 債 若 しくは 請 求 が 免 除 されていない 若 しくは 確 定 していない 者 が 株 式 本 減 少 に 同 意 しない 場 合 裁 判 所 は 適 当 と 判 断 する 場 合 会 社 は 当 該 負 債 若 しくは 請 求 について 裁 判 所 の 命 令 により 以 下 の 金 額 を 割 り 当 てて 支 払 を 担 保 することにより 債 権 者 の 同 意 を 免 除 することができる (i) 会 社 が 負 債 若 しくは 請 求 の 全 額 を 承 認 するか 又 は 承 認 してはいないが 当 該 負 債 若 しく は 請 求 の 全 額 を 提 供 する 意 思 がある 場 合 は 当 該 負 債 若 しくは 請 求 の 全 額 19

20 (ii) 会 社 が 負 債 若 しくは 請 求 の 全 額 を 承 認 しないか 若 しくは 提 供 する 意 思 がない 場 合 又 は 金 額 が 偶 発 的 であるか 若 しくは 不 確 定 である 場 合 会 社 が 裁 判 所 により 清 算 させ られた 場 合 と 同 様 の 審 理 及 び 判 決 を 経 て 裁 判 所 が 定 めた 金 額 60. 裁 判 所 が 本 法 に 基 づき 株 式 資 本 減 少 に 異 議 を 申 し 立 てる 権 利 を 有 する 会 社 のすべての 債 権 者 につき 当 該 各 債 権 者 から 株 式 資 本 減 少 に 対 する 同 意 が 得 られたか その 負 債 若 しくは 請 求 が 免 除 され 若 しくは 確 定 するか 又 は 担 保 の 供 与 を 受 けたことのいずれかにつき 納 得 した 場 合 裁 判 所 は 適 切 と 認 める 条 件 を 付 して 当 該 株 式 資 本 減 少 を 承 認 する 命 令 を 発 令 することができる 61. (1) 会 社 の 株 式 資 本 減 少 を 承 認 する 裁 判 所 の 命 令 並 びに 当 該 命 令 の 認 証 謄 本 及 び 裁 判 所 が 承 認 した 議 事 録 の 認 証 謄 本 ( 当 該 議 事 録 には 当 該 命 令 により 変 更 された 会 社 の 株 式 資 本 株 式 資 本 額 分 割 された 結 果 の 株 式 数 各 株 式 の 金 額 登 記 時 に 払 い 込 まれた 各 株 式 の 金 額 を 記 載 する)が 登 記 官 に 提 出 された 場 合 当 該 命 令 及 び 議 事 録 を 登 記 する (2) 登 記 及 びそれ 以 降 に 登 記 されたところの 命 令 により 承 認 された 株 式 資 本 減 少 の 決 議 は 効 力 を 生 じる (3) 登 記 の 通 知 は 裁 判 所 が 命 令 する 方 法 により 公 告 する (4) 登 記 官 は 自 ら 当 該 命 令 及 び 議 事 録 の 登 記 を 認 証 し 当 該 認 証 をもって 本 法 の 株 式 資 本 減 少 に 関 するすべての 要 件 を 満 たしていること 並 びに 会 社 の 株 式 資 本 が 議 事 録 に 記 載 されたとおりであることの 確 定 的 な 証 拠 とする 62.(1) 登 記 された 議 事 録 は 会 社 の 基 本 定 款 の 対 応 部 分 に 代 わるものとみなし 原 始 的 に 基 本 定 款 に 定 めているのと 同 様 に 有 効 とし かつ 変 更 可 能 とし また 当 該 議 事 録 は 登 記 後 に 発 行 する 基 本 定 款 の 写 しに 反 映 される (2) 会 社 が 本 条 の 要 件 に 違 反 した 場 合 会 社 に 対 し 違 反 が 継 続 している 間 の 1 日 につき 10 チャットを 超 えない 罰 金 に 処 し 故 意 に 違 反 を 承 認 又 は 許 可 したすべての 役 職 者 に 対 しても 同 様 の 罰 金 に 処 する 63. (1) 払 込 済 とみなされる 株 式 の 払 込 金 額 又 は 株 式 について 減 額 された 金 額 と 覚 書 に 定 める 株 式 金 額 との 間 に 差 額 がある 場 合 会 社 の 現 在 及 び 過 去 の 社 員 は 当 該 差 額 分 を 超 える 金 額 につき 払 込 又 は 出 資 請 求 に 対 して 責 任 を 負 わない ただし 債 務 又 は 請 求 に 基 づく 株 式 資 本 減 少 に 対 する 異 議 申 立 権 を 有 する 債 権 者 が 減 少 手 続 又 は 本 人 の 請 求 権 の 性 質 及 び 効 果 を 了 知 していなかったため 債 権 者 名 簿 に 記 載 されず 当 該 株 式 資 本 減 少 の 後 で 会 社 が 裁 判 所 による 会 社 清 算 に 係 る 本 法 の 規 定 で 意 味 するところの 本 人 の 債 務 又 は 請 求 につき 支 払 を 行 うことができない 場 合 (i) 株 式 資 本 減 少 命 令 及 び 覚 書 の 登 記 日 において 会 社 の 社 員 であったすべての 者 は 会 社 が 登 記 日 の 前 日 に 清 算 を 開 始 したとしたら 払 込 責 任 を 負 う 金 額 を 超 えない 範 囲 において 当 該 債 務 又 は 請 求 の 支 払 について 責 任 を 負 う 並 びに (ii) 会 社 を 清 算 する 場 合 裁 判 所 は 当 該 債 権 者 による 申 立 て 及 び 前 記 事 項 を 了 知 して いなかった 旨 証 明 することにより 適 切 と 認 めるときは 清 算 出 資 の 責 任 を 負 う 者 の 名 簿 をしかるべく 確 定 した 上 で 解 散 時 における 通 常 の 清 算 出 資 者 として 当 該 名 簿 20

21 において 記 載 する 清 算 出 資 者 に 対 して 払 込 みを 請 求 し かつ 命 じることができる (2) 本 条 は 清 算 出 資 者 間 の 権 利 に 影 響 しない 64. 会 社 の 役 職 者 が 故 意 に 株 式 資 本 減 少 に 異 議 を 申 し 立 てる 権 利 を 有 する 債 権 者 の 名 前 を 隠 匿 した 場 合 債 権 者 の 負 債 若 しくは 請 求 の 性 質 及 び 金 額 につき 虚 偽 記 載 を 行 った 場 合 又 は 前 記 の 隠 匿 若 しくは 虚 偽 記 載 を 教 唆 した 場 合 会 社 の 役 職 者 に 対 し 1 年 以 下 の 懲 役 若 しくは 罰 金 又 はこれを 併 科 する 65. 株 式 資 本 減 少 を 行 う 場 合 裁 判 所 は 一 般 公 衆 に 適 切 な 情 報 を 与 える 目 的 のため 株 式 資 本 減 少 の 目 的 その 理 由 及 び 裁 判 所 が 適 切 と 考 える 他 の 関 連 情 報 を 公 告 するよう 会 社 に 命 じることができる 66. 本 法 の 施 行 後 に 登 記 された 保 証 有 限 責 任 会 社 で 株 式 資 本 を 有 し 付 属 定 款 で 授 権 されている 場 合 本 法 の 規 定 により 株 式 有 限 責 任 会 社 が 株 式 資 本 減 少 又 は 増 加 について 従 う 条 件 と 同 じ 条 件 及 び 方 法 で 株 式 資 本 を 減 少 又 は 増 加 することができる 株 式 保 有 者 の 権 利 の 差 異 66A.(1) 会 社 の 場 合 会 社 の 株 式 資 本 は 異 なる 種 類 の 株 式 に 分 割 することができ 各 種 類 株 式 に 付 与 される 権 利 の 差 異 を 許 容 する 基 本 定 款 若 しくは 付 属 定 款 において 当 該 種 類 株 式 の 差 異 規 定 を 定 める 当 該 差 異 規 定 は 特 定 の 種 類 株 主 の 一 定 割 合 の 承 認 又 は 種 類 株 主 総 会 による 承 認 決 議 を 条 件 として 当 該 差 異 規 定 に 従 い 付 与 された 権 利 は 変 更 される 特 定 種 類 株 式 の 株 主 であって その 総 数 の 10% 以 上 に 該 当 する 当 該 差 異 規 定 に 同 意 しな かった 者 当 該 差 異 規 定 を 設 ける 旨 の 決 議 に 反 対 の 議 決 を 行 った 者 は 裁 判 所 に 対 して 当 該 差 異 規 定 の 取 消 しを 申 し 立 てることができ 当 該 申 立 てがあった 場 合 裁 判 所 が 承 認 しない 限 り かつ 承 認 がなされるまで 当 該 差 異 規 定 は 効 力 を 生 じない (2) 本 条 に 基 づく 申 立 ては 同 意 した 日 又 は 決 議 が 成 立 した 日 から 14 日 以 内 に 行 うものとし 当 該 申 立 ては 申 立 権 を 有 する 社 員 1 名 以 上 の 書 面 での 委 任 に 基 づき 代 理 人 によって 行 うことができる (3) 当 該 申 立 において 裁 判 所 が 申 立 人 並 びに 裁 判 所 の 審 理 を 請 求 し かつ 当 該 申 立 てに 利 害 関 係 を 有 するその 他 の 者 の 審 理 を 終 えた 後 で 当 該 事 案 のあらゆる 状 況 に 鑑 み 差 異 規 定 を 設 けることにより 当 該 申 立 人 が 代 表 する 特 定 種 類 株 式 保 有 者 が 不 当 に 害 され ると 認 めたときは 裁 判 所 は 当 該 差 異 規 定 を 許 可 しないことができ 当 該 株 式 保 有 者 が 不 当 に 害 されるとの 主 張 を 認 めなかったときは 裁 判 所 は 当 該 株 式 の 差 異 規 定 を 承 認 する (4) 当 該 申 立 てに 対 する 裁 判 所 の 決 定 は 最 終 的 なものとする (5) 会 社 は 当 該 申 立 てにつき 発 令 された 命 令 が 会 社 に 到 達 してから 15 日 以 内 に 当 該 命 令 の 写 しを 登 記 官 に 送 付 する 本 規 定 に 違 反 した 場 合 会 社 及 び 故 意 に 違 反 をなした すべての 役 職 者 に 対 し 50 チャットを 超 えない 罰 金 に 処 する (6) 本 条 において 差 異 規 定 は 廃 止 を 含 み 差 異 がある の 文 言 もそれに 応 じて 解 釈 する 21

22 無 限 責 任 会 社 を 有 限 責 任 会 社 とする 登 記 67. (1) 本 条 の 規 定 に 従 って 無 限 責 任 会 社 として 登 記 された 会 社 は 本 法 に 基 づき 有 限 責 任 会 社 として 登 記 することができ 有 限 責 任 会 社 として 登 記 された 会 社 は 無 限 責 任 会 社 として 登 記 することができるが 無 限 責 任 会 社 の 有 限 責 任 会 社 としての 登 記 は 当 該 登 記 前 の 無 限 責 任 会 社 に 係 る 債 務 負 債 責 任 契 約 につき 影 響 せず 当 該 債 務 負 債 責 任 契 約 は 本 法 第 八 部 に 従 い 登 記 された 会 社 の 場 合 同 部 に 規 定 する 方 法 により 執 行 される (2) 本 条 に 従 った 登 記 において 登 記 官 は 会 社 の 従 前 の 登 記 を 閉 鎖 し 登 記 官 が 会 社 の 原 始 登 記 の 際 に 提 出 を 受 けた 書 類 の 写 しを 含 む 文 書 の 写 しの 提 出 を 免 除 することができるが 上 記 を 除 き 登 記 は 本 法 に 基 づく 会 社 の 登 記 と 同 様 の 方 法 により 登 記 され 同 様 の 効 力 を 有 する 68. 株 式 資 本 を 有 する 無 限 責 任 会 社 は 本 法 に 基 づく 有 限 責 任 会 社 への 登 記 の 決 議 により 下 記 のいずれか 又 は 双 方 を 行 うことができる (a) 会 社 の 各 株 式 の 額 面 価 格 を 増 加 させることにより 株 式 資 本 の 総 額 を 増 加 させる ただし 株 式 資 本 の 増 加 部 分 は 会 社 の 清 算 の 際 に 清 算 のために 行 われる 場 合 を 除 き 払 込 請 求 ができないことを 条 件 とする (b) 払 込 のない 株 式 資 本 の 特 定 部 分 は 会 社 の 清 算 の 際 に 会 社 の 清 算 のために 行 われる 場 合 を 除 き 払 込 請 求 ができないことを 定 める 有 限 責 任 会 社 の 負 債 引 当 69. 会 社 の 清 算 に 際 して かつ 会 社 の 清 算 のために 行 われる 場 合 を 除 き 有 限 責 任 会 社 は 株 式 資 本 のうち 払 込 がされていない 部 分 につき 払 込 を 請 求 できない 旨 特 別 決 議 により 決 定 することができ 当 該 決 定 を 行 った 場 合 前 記 清 算 の 際 に 前 記 清 算 のために 行 われる 場 合 を 除 き 株 式 資 本 のうち 払 い 込 まれていない 部 分 の 払 込 を 請 求 することができない 取 締 役 の 無 限 責 任 70. (1) 有 限 責 任 会 社 において 基 本 定 款 に 規 定 を 定 めた 場 合 取 締 役 の 責 任 を 無 限 責 任 とする ことができる (2) 取 締 役 の 責 任 を 無 限 責 任 とする 有 限 責 任 会 社 において ある 者 を 取 締 役 の 役 職 に 選 任 又 は 任 命 する 会 社 の 取 締 役 ( 該 当 する 場 合 ) 及 び 特 定 の 社 員 は 推 薦 提 案 書 に 取 締 役 の 職 に 就 任 する 者 が 無 限 責 任 を 負 う 旨 の 記 載 を 加 えるものとし 会 社 の 発 起 人 及 び 役 職 者 又 はそれらのいずれかは 当 該 者 が 当 該 役 職 を 受 理 し 若 しくは 行 為 する 前 に 無 限 責 任 を 負 う 旨 の 通 知 を 同 人 に 交 付 する 22

23 (3) 取 締 役 若 しくは 推 薦 者 が 前 項 の 記 載 を 追 加 しなかった 場 合 又 は 会 社 の 発 起 人 若 しくは 役 職 者 が 前 項 の 通 知 を 交 付 しなかった 場 合 これらの 者 に 対 し 1,000 ルピーを 超 えな い 罰 金 に 処 し かつ 無 限 責 任 を 負 うものとして 選 任 若 しくは 任 命 された 者 が 受 けた 損 害 を 賠 償 する 責 任 を 負 うが 当 該 違 反 によっても 選 任 若 しくは 任 命 された 者 の 責 任 には 影 響 しない 71. (1) 有 限 責 任 会 社 は 付 属 定 款 が 授 権 する 場 合 会 社 の 取 締 役 の 責 任 を 無 限 責 任 とするため 特 別 決 議 により 基 本 定 款 を 変 更 することができる (2) 特 別 決 議 が 成 立 し 変 更 された 規 定 は 原 始 的 に 基 本 定 款 に 定 めているのと 同 様 に 有 効 と する 第 四 部 経 営 及 び 管 理 事 務 所 と 社 名 72. (1) 会 社 は 事 業 開 始 の 日 又 は 会 社 の 設 立 日 から 28 日 目 のいずれか 早 い 日 から すべての 通 信 及 び 通 知 の 宛 先 となる 登 記 上 の 事 務 所 を 設 ける (2) 登 記 上 の 事 務 所 所 在 地 及 びその 変 更 の 通 知 は 会 社 の 設 立 日 又 は 変 更 の 日 から 28 日 以 内 に 登 記 官 に 行 うものとし 登 記 官 はその 内 容 を 登 記 する (3) 会 社 の 年 次 報 告 書 に 登 記 上 の 事 務 所 所 在 地 を 記 載 しても 本 条 の 義 務 を 満 たすものでは ない (4) 会 社 が 本 条 の 要 件 に 違 反 して 事 業 を 継 続 した 場 合 会 社 に 対 し その 状 態 での 事 業 継 続 期 間 の 1 日 につき 50 チャットを 超 えない 罰 金 に 処 する 73. すべての 有 限 責 任 会 社 は (a) すべての 事 務 所 又 は 事 業 を 実 施 する 場 所 の 外 部 の 見 やすい 位 置 に 社 名 を 読 みやすい 字 で 表 示 又 は 掲 示 し これを 維 持 する 社 名 の 表 示 又 は 掲 示 は 英 語 表 記 とするが 登 記 上 の 事 務 所 が 最 高 裁 判 所 の 通 常 の 管 轄 領 域 外 にある 場 合 その 地 方 の 言 語 も 用 いる (b) 社 印 には 社 名 を 判 読 可 能 な 字 で 彫 り 込 む (c) すべて 請 求 書 書 簡 通 知 公 告 その 他 会 社 のあらゆる 公 表 物 為 替 手 形 フンディ 約 束 手 形 手 形 裏 書 き 小 切 手 及 び 会 社 によって 若 しくは 会 社 のために 署 名 される 金 銭 若 しくは 商 品 の 指 示 書 並 びに 会 社 の 小 荷 物 納 付 書 送 り 状 受 領 書 及 び 信 用 状 には 判 読 可 能 なミャンマー 文 字 で 社 名 を 記 載 する 74. (1) 有 限 責 任 会 社 が 本 条 により 求 められる 方 法 で 社 名 の 表 示 若 しくは 掲 示 及 びその 維 持 を していない 場 合 社 名 を 表 示 若 しくは 掲 示 しないこと 及 び 表 示 若 しくは 掲 示 をしてい ない 期 間 一 日 あたり 会 社 に 対 し 50 チャットを 超 えない 罰 金 に 処 し 故 意 に 違 反 を 承 認 又 は 許 可 したすべての 役 職 者 にも 同 様 の 罰 金 に 処 する 23

24 (2) 有 限 責 任 会 社 の 役 職 者 又 は 権 限 を 有 する 者 が 上 記 に 従 った 社 名 の 刻 印 がなされていな い 社 印 を 使 用 するか 若 しくはその 使 用 を 許 諾 した 場 合 又 は 上 記 に 定 める 方 法 で 社 名 が 記 載 されていない 会 社 の 請 求 書 書 簡 通 知 公 告 その 他 会 社 のあらゆる 公 表 物 を 発 行 し 若 しくはその 発 行 を 許 諾 した 場 合 又 は 上 記 に 定 める 方 法 で 社 名 が 記 載 されて いない 為 替 手 形 フンディ 約 束 手 形 手 形 裏 書 き 小 切 手 及 び 会 社 によって 若 しくは 会 社 のために 署 名 される 金 銭 若 しくは 商 品 の 指 示 書 に 署 名 し 若 しくは 署 名 することを 許 諾 した 場 合 又 は 上 記 に 定 める 方 法 で 社 名 が 記 載 されていない 会 社 の 小 荷 物 納 付 書 送 り 状 受 領 書 及 び 信 用 状 を 発 行 し 若 しくは 発 行 することを 許 諾 した 場 合 当 該 者 に 対 し 500 キャットを 超 えない 罰 金 に 処 し 当 該 為 替 手 形 フンディ 約 束 手 形 小 切 手 金 銭 若 しくは 商 品 の 指 示 書 の 所 持 人 の 損 害 につき 会 社 が 賠 償 しない 限 り 当 該 者 は 個 人 的 に 責 任 を 負 う 75. (1) 会 社 の 通 知 公 告 その 他 公 表 物 に 会 社 の 授 権 資 本 に 関 する 記 載 を 有 する 場 合 当 該 通 知 公 告 その 他 の 公 表 物 は 引 受 資 本 額 及 び 払 込 済 資 本 額 を 同 様 の 目 立 つ 位 置 に かつ 目 立 つ 文 字 で 記 載 する (2) 本 条 の 規 定 に 違 反 した 会 社 及 び 故 意 に 違 反 をしていたすべての 役 職 者 に 対 し 1,000 チャットを 超 えない 罰 金 に 処 する 総 会 及 び 手 続 76. (1) 会 社 の 総 会 は 設 立 日 から 18 箇 月 以 内 に 開 催 し それ 以 降 は 最 低 毎 年 1 回 かつ 直 近 の 総 会 開 催 日 から 15 箇 月 以 内 に 開 催 する (2) 本 条 の 規 定 に 従 い 総 会 を 開 催 することができなかった 場 合 会 社 及 び 故 意 に 違 反 に 係 った 会 社 のすべての 役 職 者 に 対 し 500 チャットを 超 えない 罰 金 に 処 する (3) 上 記 不 履 行 があった 場 合 裁 判 所 は 当 該 会 社 の 社 員 の 申 立 てに 基 づき 総 会 を 招 集 するか 招 集 を 命 じることができる 77. (1) すべての 株 式 有 限 責 任 会 社 保 証 有 限 責 任 会 社 及 び 株 式 資 本 を 有 する 会 社 は 会 社 の 事 業 を 開 始 できるようになった 日 から 1 箇 月 以 降 6 箇 月 を 超 えない 期 間 内 に 法 定 総 会 と 呼 ばれる 社 員 総 会 を 開 催 する (2) 取 締 役 は 上 記 法 定 総 会 の 開 催 日 の 21 日 前 までに すべて 本 条 により 求 められるとおり に 承 認 した 報 告 書 ( 本 法 においては 法 定 報 告 書 という)をすべての 社 員 に 送 付 する (3) 法 定 報 告 書 は 少 なくとも 2 名 の 取 締 役 又 は 当 該 事 項 につき 取 締 役 が 授 権 した 場 合 は 取 締 役 議 長 が 承 認 し 以 下 を 記 載 する (a) 割 当 総 株 式 数 全 部 若 しくは 一 部 が 現 金 以 外 により 払 い 込 まれて 割 り 当 てられた 特 定 の 株 式 株 式 の 一 部 が 払 い 込 まれた 場 合 その 範 囲 の 記 載 及 び 割 り 当 てがされ た 理 由 (b) 上 記 の 割 当 株 式 及 び 特 定 の 株 式 に 関 し 会 社 が 受 領 した 現 金 総 額 24

25 (c) 株 式 社 債 その 他 の 源 泉 から 会 社 が 受 領 した 金 額 そこからの 支 払 金 額 並 びに 手 元 残 額 及 び 株 式 の 発 行 若 しくは 売 却 に 係 る 手 数 料 と 割 引 料 を 個 別 に 表 記 した 会 社 の 創 立 費 の 計 算 若 しくは 見 積 に 関 する 詳 細 について 明 確 な 項 目 を 付 けて 表 示 した 報 告 書 作 成 日 から 7 日 以 内 の 日 までに 行 った 会 社 資 金 受 領 及 び 支 出 を 表 示 した 概 要 (d) 会 社 の 取 締 役 監 査 人 経 営 代 理 人 マネージャー(ある 場 合 ) 及 び 会 社 秘 書 役 の 氏 名 住 所 国 籍 及 び 役 職 名 並 びに 設 立 日 以 降 に 発 生 した 上 記 に 係 る 変 更 事 項 (e) 総 会 で 変 更 の 承 認 をするために 提 出 する 契 約 の 詳 細 ( 変 更 事 項 の 詳 細 又 は 変 更 予 定 事 項 を 含 む) (f) 引 受 契 約 の 履 行 状 況 (g) 取 締 役 経 営 代 理 人 及 びマネージャーにつき 払 込 請 求 に 係 る 払 込 遅 滞 額 並 びに (h) いずれの 取 締 役 経 営 代 理 人 若 しくはマネージャー ( 経 営 代 理 人 が 企 業 の 場 合 は) そのパートナー 又 は( 経 営 代 理 人 が 非 公 開 会 社 の 場 合 は)その 取 締 役 へ 株 式 を 発 行 し 若 しくは 販 売 したことに 関 して 支 払 済 若 しくは 支 払 われるべき 手 数 料 若 しく はブローカー 費 用 の 詳 細 (4) 法 定 報 告 書 は 会 社 による 割 当 株 式 当 該 株 式 に 係 る 金 銭 受 領 会 社 金 銭 の 受 領 と 支 出 につき 会 社 の 監 査 人 が 適 正 なものとして 承 認 する (5) 取 締 役 は 本 条 により 必 要 な 承 認 をした 法 定 報 告 書 の 写 しを 会 社 の 社 員 に 送 付 した 後 登 記 のため 登 記 官 にも 提 出 する (6) 取 締 役 は 会 社 の 社 員 の 氏 名 職 業 国 籍 住 所 及 びその 所 有 株 式 数 を 示 す 一 覧 を 法 定 総 会 の 開 始 までに 作 成 し 当 該 総 会 の 期 間 中 これを 公 表 し すべての 社 員 が 閲 覧 できる ようにする (7) 法 定 総 会 に 出 席 した 会 社 の 社 員 は 会 社 の 設 立 又 は 法 定 報 告 書 に 関 する 事 項 について 事 前 通 知 の 有 無 にかかわらず 自 由 に 討 議 することができるが 本 法 の 規 定 に 従 った 通 知 が 行 われていない 決 議 事 項 については 議 決 することはできない (8) 法 定 総 会 は 適 宜 延 期 することができ また 当 初 の 法 定 総 会 の 前 若 しくはその 後 の いずれかにおいて 付 属 定 款 に 従 って 通 知 されている 場 合 当 該 延 期 された 総 会 において いかなる 決 議 事 項 も 議 決 することができ 延 期 した 法 定 総 会 は 当 初 の 法 定 総 会 と 同 じ 効 力 を 有 する (9) 法 定 報 告 書 の 未 送 付 若 しくは 法 定 総 会 の 非 開 催 を 事 由 として 会 社 清 算 に 関 する 第 五 部 に 規 定 する 方 法 で 裁 判 所 に 申 立 てがあった 場 合 裁 判 所 は 会 社 の 清 算 を 命 じる 代 わり に 当 該 法 定 報 告 書 の 送 付 若 しくは 法 定 総 会 の 開 催 を 指 示 し 又 はその 他 適 切 と 判 断 する 命 令 を 発 令 することができる (10) 本 条 の 規 定 に 違 反 した 会 社 の 役 職 者 で 故 意 に 違 反 を 承 認 又 は 許 可 した 場 合 同 人 に 対 し 500 チャットを 超 えない 罰 金 に 処 する (11) 本 条 は 非 公 開 会 社 には 適 用 しない 25

26 78. (1) 付 属 定 款 の 定 めにもかかわらず 株 式 資 本 を 有 する 会 社 の 取 締 役 は 必 要 な 払 込 み 若 しくはその 他 の 費 用 が 支 払 われている 会 社 の 10 分 の 1 以 上 の 発 行 済 み 株 式 資 本 を 有 する 株 主 の 要 求 書 により ただちに 会 社 の 臨 時 総 会 を 招 集 する 手 続 をとる (2) 当 該 要 求 書 には 当 該 臨 時 総 会 の 目 的 を 記 載 し 当 該 要 求 者 が 署 名 し 会 社 の 登 記 上 の 事 務 所 に 提 出 しなければならない また 当 該 要 求 書 は 同 じ 様 式 の 複 数 の 書 面 とする こともでき 各 書 面 には 要 求 者 1 名 以 上 が 署 名 する (3) 総 会 開 催 を 求 める 要 求 書 の 提 出 日 から 21 日 以 内 に 取 締 役 が 総 会 を 招 集 しない 場 合 当 該 要 求 者 又 はそのうち 株 式 資 本 額 の 過 半 を 占 める 者 は 自 ら 総 会 を 招 集 することがで きるが いずれの 場 合 も 招 集 した 臨 時 総 会 は 要 求 書 の 提 出 日 から 3 箇 月 以 内 に 開 催 する (4) 要 求 書 によって 本 条 に 基 づき 招 集 する 総 会 は 取 締 役 が 招 集 する 総 会 と 可 能 な 限 り 同 様 の 方 法 で 招 集 する (5) 取 締 役 が 臨 時 総 会 を 招 集 しなかったことにより 要 求 者 が 被 った 合 理 的 範 囲 内 の 費 用 は 会 社 が 要 求 者 に 払 い 戻 す 要 求 者 に 払 い 戻 した 当 該 金 額 については 不 履 行 を 行 った 取 締 役 の 役 務 に 対 する 手 数 料 その 他 の 報 酬 として 会 社 が 当 該 取 締 役 に 支 払 う 金 額 又 は 支 払 うべき 金 額 から 会 社 がこれを 回 収 する 79. (1) 以 下 の 規 定 は 付 属 定 款 の 規 定 にもかかわらず 会 社 ( 公 開 会 社 の 従 属 会 社 である 非 公 開 会 社 を 除 き 非 公 開 会 社 には 適 用 しない)の 総 会 およびその 手 続 について 適 用 する (a) 総 会 ( 特 別 決 議 を 可 決 させるための 総 会 を 除 く)は 14 日 前 までの 事 前 の 招 集 通 知 に より 招 集 することができる しかし 特 定 の 総 会 につき 通 知 を 受 領 する 権 利 を 有 す るすべての 社 員 の 同 意 があれば より 短 期 間 での 招 集 通 知 によって 及 び 当 該 社 員 が 適 切 と 判 断 する 方 法 で 招 集 することができる (b) 総 会 において 審 議 する 事 業 報 告 書 と 共 に 送 付 する 招 集 通 知 は 別 表 A により 送 達 す る 必 要 のある 通 知 と 同 じ 方 法 で 各 社 員 に 送 達 し 本 条 において 別 表 A とは 暫 定 的 に 有 効 な 当 該 表 をいう しかし 偶 発 的 な 通 知 の 不 送 付 又 は 社 員 の 通 知 の 不 受 領 は 総 会 に 係 る 手 続 を 無 効 とするものではない (c) 本 人 若 しくは 代 理 人 による 5 名 の 出 席 社 員 総 会 の 議 長 又 は 議 決 権 を 有 する 払 込 株 式 資 本 の 10 分 の 1 以 上 を 有 する 社 員 は 投 票 を 求 めることができる ただし 非 公 開 会 社 は 7 名 以 下 の 社 員 が 本 人 として 出 席 している 場 合 は 1 名 の 社 員 が 7 名 を 超 える 社 員 が 本 人 として 出 席 している 場 合 は 2 名 の 社 員 が それぞれ 投 票 を 求 めることができる (d) 代 理 人 を 任 命 する 法 律 文 書 について 別 表 A 規 則 67 に 定 める 書 式 が 使 用 された 場 合 会 社 の 付 属 定 款 の 当 該 法 律 文 書 について 定 める 特 別 の 要 件 を 遵 守 しなかったことを 理 由 に 当 該 文 書 に 異 議 をとなえてはならない (e) 会 社 の 社 員 名 簿 に 名 前 を 登 録 された 社 員 は 同 種 の 社 員 間 における 同 様 の 権 利 を 享 受 し かつ 同 様 の 義 務 に 服 する 26

27 (2) 以 下 の 規 定 は 付 属 定 款 に 異 なる 規 定 がない 限 り 効 力 を 有 する (a) 払 込 株 式 資 本 の 10 分 の 1 以 上 を 有 する 2 名 以 上 社 員 又 は 会 社 が 株 式 資 本 を 持 たな い 場 合 は 総 社 員 数 の 5% 以 上 に 相 当 する 社 員 は 総 会 の 開 催 を 請 求 することができる (b) 非 公 開 会 社 の 場 合 は 2 名 の 社 員 が その 他 の 会 社 の 場 合 は 5 名 の 社 員 が 本 人 として 出 席 した 場 合 定 足 数 を 満 たす (c) 出 席 社 員 により 選 任 された 社 員 が 総 会 議 長 となることができる (d) 原 始 的 に 株 式 資 本 を 有 する 会 社 の 場 合 各 社 員 は 1 株 につき 1 票 又 は 併 合 株 式 の 場 合 100 チャットあたり 1 票 の 議 決 権 を 有 し その 他 の 場 合 各 社 員 は 1 票 の 議 決 権 を 有 する (e) 投 票 は 本 人 又 は 代 理 人 により 行 うことができる (f) 代 理 人 を 任 命 する 法 律 文 書 は 委 任 者 本 人 若 しくは 書 面 で 適 法 に 授 権 された 代 理 人 の 署 名 により 書 面 にて 作 成 されるか 又 は 委 任 者 が 会 社 の 場 合 当 該 文 書 は 社 印 の 押 印 があるか 若 しくは 役 職 者 若 しくは 適 法 に 授 権 された 代 理 人 の 署 名 のいずれか をもって 作 成 される (g) 代 理 人 は 会 社 の 社 員 でなければならない (3) 何 らかの 理 由 により 取 り 得 る 総 会 の 招 集 方 法 では 会 社 の 総 会 を 招 集 することが 不 可 能 な 場 合 又 は 付 属 定 款 若 しくは 本 法 に 定 める 方 法 では 総 会 を 実 施 することが 不 可 能 な 場 合 裁 判 所 は その 職 権 により 又 は 当 該 会 社 の 取 締 役 若 しくは 総 会 での 議 決 権 を 有 す る 社 員 の 申 立 てにより 裁 判 所 が 適 切 と 判 断 する 条 件 で 当 該 会 社 の 総 会 を 招 集 開 催 及 び 実 施 するよう 命 じることができる 当 該 命 令 が 発 令 された 場 合 裁 判 所 は 適 切 と 判 断 する 補 助 的 若 しくは 付 随 的 な 指 示 をすることができ かつ 当 該 命 令 に 従 って 招 集 開 催 及 び 実 施 された 総 会 は すべての 面 において 適 法 に 招 集 開 催 及 び 実 施 されたもの とみなす 80. 他 の 会 社 の 社 員 である 会 社 は 当 該 会 社 の 取 締 役 の 決 議 により その 役 職 者 若 しくは 特 定 の 者 を 当 該 他 の 会 社 の 総 会 における 代 表 者 として 行 為 するよう 授 権 することができ 当 該 授 権 された 者 は 当 該 他 の 会 社 の 社 員 として 自 身 が 代 理 する 会 社 のために 権 利 を 行 使 することが できる 81. (1) 臨 時 決 議 としての 決 議 案 であることが 招 集 通 知 に 適 法 に 示 されている 総 会 において 本 人 及 び( 認 められる 場 合 ) 代 理 人 の 議 決 権 行 使 ができる 社 員 の 4 分 の 3 以 上 の 出 席 があ り その 過 半 数 の 賛 成 によって 可 決 した 決 議 は 臨 時 決 議 とする (2) 開 催 日 の 21 日 前 までに 行 われた 招 集 通 知 に 特 別 決 議 案 であることが 適 法 に 示 されてい る 総 会 において 臨 時 決 議 の 可 決 に 必 要 な 決 議 要 件 により 可 決 した 場 合 当 該 決 議 は 特 別 決 議 とする ただし 当 該 総 会 に 出 席 し かつ 議 決 権 を 有 するすべての 社 員 が 同 意 している 場 合 開 催 日 の 21 日 よりも 短 い 期 間 での 招 集 通 知 であったとしても 特 別 決 議 として 提 案 し 可 決 することができる 27

28 (3) 特 別 決 議 又 は 臨 時 決 議 として 可 決 するための 議 案 が 提 出 された 総 会 において 議 長 が 挙 手 の 結 果 を 判 断 して 行 った 決 議 成 立 の 宣 言 は 投 票 が 要 求 されていない 限 り 当 該 決 議 に 賛 成 若 しくは 反 対 であることを 記 録 する 議 決 数 若 しくは 議 決 割 合 の 証 明 がなくとも 確 定 的 な 証 拠 とする (4) 特 別 決 議 又 は 臨 時 決 議 として 可 決 するための 議 案 が 提 出 された 総 会 においては 投 票 を 要 求 することができる (5) 投 票 が 求 められ それが 付 属 定 款 に 従 って 議 長 が 指 示 する 方 法 により 採 用 される 場 合 議 長 がそのように 指 示 したときに 投 票 が 求 められた 総 会 において 投 票 を 行 うことが できる (6) 本 条 に 従 って 投 票 が 要 求 される 場 合 当 該 投 票 における 過 半 数 の 算 定 は 付 属 定 款 又 は 本 法 の 規 定 に 基 づき 議 決 権 を 有 する 各 社 員 の 議 決 数 を 参 照 して 行 わなければならない (7) 本 条 に 関 して 付 属 定 款 又 は 本 法 に 定 める 方 法 により 総 会 の 招 集 通 知 が 送 付 され かつ 総 会 が 開 催 された 場 合 総 会 の 招 集 通 知 は 適 法 に 送 付 され かつ 総 会 も 適 法 に 開 催 され たものとみなす 82. (1) 特 別 決 議 又 は 臨 時 決 議 のそれぞれの 写 しは その 可 決 後 15 日 以 内 に 印 刷 又 はタイプされ 会 社 の 役 職 者 の 署 名 により 適 法 に 認 証 され その 決 議 を 登 記 する 登 記 官 に 提 出 する (2) 付 属 定 款 が 登 記 された 場 合 登 記 時 点 で 有 効 な 特 別 決 議 の 各 写 しは 当 該 決 議 後 に 発 行 する 付 属 定 款 の 各 写 しに 統 合 し 又 は 添 付 する (3) 付 属 定 款 が 登 記 されていない 場 合 社 員 の 求 めに 応 じて 各 特 別 決 議 の 写 しは 印 刷 され 社 員 に 1 チャット 又 は 会 社 が 定 めるより 低 額 の 費 用 により 交 付 する (4) 特 別 決 議 又 は 臨 時 決 議 の 写 しを 登 記 官 へ 提 出 することを 怠 った 場 合 会 社 に 対 し その 違 反 が 継 続 している 間 の 1 日 につき 20 チャットを 超 えない 罰 金 に 処 する (5) 付 属 定 款 の 写 しを 統 合 若 しくは 添 付 することを 怠 り 又 は 本 条 による 臨 時 決 議 の 写 し 求 められた 場 合 に 当 該 写 しを 社 員 に 交 付 することを 怠 った 場 合 会 社 に 対 し 違 反 が なされた 写 しの 1 部 につき 10 チャットを 超 えない 罰 金 に 処 する (6) 会 社 が 本 条 の 要 件 に 違 反 したことにつき 故 意 に 違 反 を 承 認 又 は 許 可 したすべての 役 職 者 に 対 しても 会 社 と 同 様 の 罰 金 に 処 する 83. (1) 会 社 は すべての 議 事 または 総 会 議 事 録 及 び 取 締 役 会 議 事 録 を 台 帳 に 記 録 し それらを 備 え 置 く (2) 議 事 が 行 われた 総 会 の 議 長 が 署 名 するか 又 は 次 回 総 会 の 議 長 が 署 名 する 議 事 録 は 当 該 議 事 に 関 する 証 拠 となる (3) 反 対 の 事 実 が 証 明 されるまで 議 事 録 が 作 成 された 議 事 に 関 する 会 社 の 総 会 又 は 取 締 役 会 は 適 法 に 招 集 かつ 開 催 され そこでなされたすべての 手 続 は 適 法 になされ すべての 取 締 役 又 は 清 算 人 の 任 命 は 有 効 とみなす (4) 1973 年 1 月 15 日 以 降 に 開 催 された 会 社 の 総 会 議 事 録 を 含 む 台 帳 は 会 社 の 登 記 上 の 事 務 所 に 備 え 置 かれ 当 該 台 帳 は (1 日 に 2 時 間 以 上 の 閲 覧 に 供 されるよう 付 属 定 款 又 は 総 会 で 定 めた 合 理 的 な 制 限 に 服 する) 営 業 時 間 内 に 社 員 に 無 料 で 自 由 に 閲 覧 に 供 される 28

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド)

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド) 投 資 契 約 書 目 次 第 1 章 本 契 約 の 目 的 払 込 手 続 等... - 1 - 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 )... - 1 - 第 2 条 ( 本 株 式 の 発 行 及 び 取 得 )... - 1 - 第 3 条 ( 払 込 手 続 き)... - 1 - 第 4 条 ( 前 提 条 件 )... - 1 - 第 2 章 発 行 会 社 及 び 経 営 株 主

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 2002 年 8 月 3 日 公 布 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 北 京 センター 知 的 財 産 権 部 編 本 資 料 は 仮 訳 の 部 分 を 含 みます ジェトロでは 情 報 データ 解 釈 などをできる 限 り 正 確 に 記 するよう 努 力 しておりますが 本 資 料 で 提 供 した

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

(7) 組 合 員 及 びその 従 業 員 の 福 利 厚 生 に 関 する 事 業 (8) 前 各 号 の 事 業 に 附 帯 する 事 業 第 3 章 組 合 員 ( 組 合 員 の 資 格 ) 第 8 条 本 組 合 の 組 合 員 たる 資 格 を 有 する 者 は 次 の 各 号 の 要

(7) 組 合 員 及 びその 従 業 員 の 福 利 厚 生 に 関 する 事 業 (8) 前 各 号 の 事 業 に 附 帯 する 事 業 第 3 章 組 合 員 ( 組 合 員 の 資 格 ) 第 8 条 本 組 合 の 組 合 員 たる 資 格 を 有 する 者 は 次 の 各 号 の 要 札 幌 市 管 工 事 業 協 同 組 合 定 款 昭 和 48 年 12 月 18 日 認 可 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を

More information

( 共 済 金 の 決 定 についての 異 議 の 申 出 ) 第 9 条 共 済 金 の 決 定 について 不 服 のある 共 済 契 約 者 は 本 組 合 に 対 して 異 議 の 申 出 をし 再 審 査 を 請 求 することができる 2 理 事 長 は 前 項 の 申 出 があったときは

( 共 済 金 の 決 定 についての 異 議 の 申 出 ) 第 9 条 共 済 金 の 決 定 について 不 服 のある 共 済 契 約 者 は 本 組 合 に 対 して 異 議 の 申 出 をし 再 審 査 を 請 求 することができる 2 理 事 長 は 前 項 の 申 出 があったときは 神 奈 川 県 タクシー 厚 生 共 済 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする (

More information

定 款

定 款 ダイヤモンド 工 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 ) 第

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

第1章 総則

第1章 総則 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 うとともに 地 区 内 の 環 境 の 整 備 改 善 を 図 るための 事 業 を 行 うことにより 組 合 員 の 事 業 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 し 併 せて 公 共

More information

6 (1) 可 動 物 件 の 国 際 担 保 権 に 関 する 条 約 ( 本 体 条 約 ) この 条 約 の 締 約 国 は 高 価 な 又 は 特 段 の 経 済 的 重 要 性 を 備 えた 可 動 物 件 の 取 得 及 び 利 用 並 びにそれらの 物 件 の 取 得 及 び 利 用 のため の 効 率 的 な 金 融 の 促 進 を 図 る 必 要 性 を 了 解 し この 目 的 に

More information

の 整 理 については 総 代 会 の 議 決 を 要 しないものとする この 場 合 総 代 会 の 議 決 を 要 しない 事 項 の 範 囲 変 更 の 内 容 について 書 面 又 は 電 磁 的 方 法 により 通 知 するとともに 第 5 条 の 規 定 に 基 づき 公 告 するものと

の 整 理 については 総 代 会 の 議 決 を 要 しないものとする この 場 合 総 代 会 の 議 決 を 要 しない 事 項 の 範 囲 変 更 の 内 容 について 書 面 又 は 電 磁 的 方 法 により 通 知 するとともに 第 5 条 の 規 定 に 基 づき 公 告 するものと 千 葉 県 電 気 工 事 工 業 組 合 定 款 ( 昭 和 40 年 8 月 5 日 制 定 ) ( 昭 和 45 年 12 月 25 日 改 正 ) ( 昭 和 54 年 9 月 29 日 改 正 ) ( 昭 和 58 年 5 月 24 日 改 正 ) ( 昭 和 60 年 5 月 21 日 改 正 ) ( 平 成 4 年 5 月 28 日 改 正 ) ( 平 成 5 年 5 月 19 日 改

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 協 会 は 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 と 称 し 英 文 では Type II Financial Instruments Firms Associationと 表 示 する ( 主 たる 事 務 所 ) 第 2 条 本 協

More information

(8) 無 料 職 業 紹 介 に 関 する 事 業 (9) 出 版 物 教 材 等 の 制 作 発 行 販 売 に 関 する 事 業 (10)その 他 第 4 条 の 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 2 前 項 の 事 業 については 本 邦 及 び 海 外 において 行 うも

(8) 無 料 職 業 紹 介 に 関 する 事 業 (9) 出 版 物 教 材 等 の 制 作 発 行 販 売 に 関 する 事 業 (10)その 他 第 4 条 の 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 2 前 項 の 事 業 については 本 邦 及 び 海 外 において 行 うも 公 益 社 団 法 人 日 本 フラワーデザイナー 協 会 定 款 ( 名 称 ) 第 1 条 第 1 章 総 則 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 日 本 フラワーデザイナー 協 会 ( 略 称 NFD)と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 港 区 に 置 く 2 この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 によって 従 たる

More information

第1章 総則

第1章 総則 ( 目 的 ) 第 1 条 一 般 社 団 法 人 日 本 卸 電 力 取 引 所 取 引 会 員 規 程 本 規 程 は, 一 般 社 団 法 人 日 本 卸 電 力 取 引 所 の 運 営 する 日 本 卸 電 力 取 引 所 ( 以 下 本 取 引 所 という ) の 取 引 会 員 に 関 する 手 続 きを 定 めることを 目 的 とする 2. 本 規 程 の 変 更 は, 理 事 会 の

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

京橋製本協同組合定款

京橋製本協同組合定款 京 橋 製 本 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 ) 第 2 条

More information

(13) カード 発 行 者 WAONブランドオーナーとの 契 約 によりWAONカードを 発 行 する 事 業 者 及 びWAONカードを 発 行 する 主 体 としてのイオンリテール 株 式 会 社 (14) WAON 端 末 WAONのチャージ 利 用 残 高 照 会 利 用 履 歴 等 のW

(13) カード 発 行 者 WAONブランドオーナーとの 契 約 によりWAONカードを 発 行 する 事 業 者 及 びWAONカードを 発 行 する 主 体 としてのイオンリテール 株 式 会 社 (14) WAON 端 末 WAONのチャージ 利 用 残 高 照 会 利 用 履 歴 等 のW WAON 利 用 加 盟 店 規 約 第 1 条 目 的 1. 本 規 約 は 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)と 利 用 者 間 の 取 引 代 金 の 決 済 に WAON を 利 用 することに 関 し 甲 とイオンクレジットサービス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という) との 間 におけるWAONの 取 扱 い 及 びWAONに 係 る 契 約 関 係 ( 以 下 本 契 約 という)に

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

Microsoft Word - ◆最新00定款140213認可

Microsoft Word - ◆最新00定款140213認可 日 本 ブランド 農 業 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 福 祉 機 構 法 発 令 : 平 成 14 年 12 月 13 日 号 外 法 律 第 171 号 最 終 改 正 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 改 正 内 容 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 [ 平 成 28 年 4 月 1 日 ] 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 安

More information

H280801規約改正HP掲載用原本H280801一部修正版静岡市地区拡大他

H280801規約改正HP掲載用原本H280801一部修正版静岡市地区拡大他 東 京 都 弁 護 士 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 平 成 28 年 8 月 1 日 現 在 第 一 章 総 則 ( 名 称 及 び 目 的 ) 第 一 条 この 組 合 は 東 京 都 弁 護 士 国 民 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という )と 称 し 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 三 十 三 年 法 律 第 百 九 十 二 号 以 下 法 という )に 基

More information

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故 事 故 受 付 サービス 東 京 海 上 日 動 のサービス 体 制 なら 安 心 です 365 日 24 時 間 のサポート 体 制 医 師 賠 償 責 任 保 険 約 款 東 京 海 上 日 動 安 心 110 番 事 故 の 報 告 ご 相 談 をフリーダイヤルで 承 ります いざというとき 全 国 どこからでも ご 利 用 頂 けます 事 故 の 受 付 ご 相 談 受 付 時 間 :365

More information

愛媛県高速運輸事業協同組合定款

愛媛県高速運輸事業協同組合定款 愛 媛 県 高 速 運 輸 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名

More information

3. 第 1 項 の 規 定 によりこの 事 業 に 参 加 するものを 社 員 銀 行 という 4. 社 員 銀 行 は 他 の 社 員 銀 行 に 代 理 交 換 を 委 託 して 交 換 所 の 事 業 に 参 加 する ことができる その 委 託 を 受 けた 社 員 銀 行 を 受 託 社

3. 第 1 項 の 規 定 によりこの 事 業 に 参 加 するものを 社 員 銀 行 という 4. 社 員 銀 行 は 他 の 社 員 銀 行 に 代 理 交 換 を 委 託 して 交 換 所 の 事 業 に 参 加 する ことができる その 委 託 を 受 けた 社 員 銀 行 を 受 託 社 神 戸 手 形 交 換 所 規 則 ( 昭 和 46 年 7 月 21 日 総 会 決 議 ) 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 神 戸 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 2 号 の 規 定 にもとづき 協 会 が 設 置 運 営 する 神 戸 手 形 交 換 所 ( 以

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

三 賛 助 会 員 この 法 人 の 目 的 に 賛 同 して 事 業 を 援 助 するために 次 条 の 規 定 により 入 会 した 企 業 四 名 誉 会 員 この 法 人 の 活 動 に 特 別 に 寄 与 し 理 事 会 で 承 認 された 個 人 2 この 法 人 の 一 般 社 団 法

三 賛 助 会 員 この 法 人 の 目 的 に 賛 同 して 事 業 を 援 助 するために 次 条 の 規 定 により 入 会 した 企 業 四 名 誉 会 員 この 法 人 の 活 動 に 特 別 に 寄 与 し 理 事 会 で 承 認 された 個 人 2 この 法 人 の 一 般 社 団 法 一 般 社 団 法 人 大 学 英 語 教 育 学 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 大 学 英 語 教 育 学 会 ( 英 語 名 :The Japan Association of College English Teachers 略 称 JACET )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事

More information

Microsoft Word - 技術研究組合定款(20140613 所在地変更).doc

Microsoft Word - 技術研究組合定款(20140613 所在地変更).doc 技 術 研 究 組 合 制 御 システムセキュリティセンター 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 技 術 研 究 組 合 は 制 御 システムのセキュリティ 確 保 に 資 する 研 究 開 発 を 遂 行 する ( 名 称 ) 第 2 条 本 組 合 は 技 術 研 究 組 合 制 御 システムセキュリティセンター( 英 文 名 Control System Security

More information

(Microsoft Word - \211^\211c\213K\226\361.doc)

(Microsoft Word - \211^\211c\213K\226\361.doc) 永 平 寺 町 商 工 会 運 営 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 永 平 寺 町 商 工 会 定 款 第 7 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 永 平 寺 町 商 工 会 ( 以 下 本 商 工 会 という )の 円 滑 な 運 営 及 び 業 務 の 執 行 に 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目 的 とす る 第 2 章 会 員 ( 加

More information

Microsoft Word - 平成25年定款変更その2

Microsoft Word - 平成25年定款変更その2 全 国 天 然 木 化 粧 合 単 板 工 業 協 同 組 合 連 合 会 定 款 昭 和 47 年 4 月 10 日 設 立 認 可 昭 和 47 年 4 月 21 日 成 立 昭 和 49 年 10 月 3 日 定 款 変 更 昭 和 51 年 6 月 17 日 定 款 変 更 昭 和 53 年 6 月 19 日 定 款 変 更 昭 和 57 年 7 月 1 日 定 款 変 更 昭 和 62 年

More information

東京土建国民健康保険組合

東京土建国民健康保険組合 東 京 土 建 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 4 5 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 46 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 47 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 48 年 2 月 20 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 2 月 25 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 7 月 24 日 一 部 改 正 昭 和 50 年 2 月 19 日 一 部

More information

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個 別 紙 新 旧 対 照 表 改 正 後 改 正 前 ( 注 )アンダーラインを 付 した 部 分 は 改 正 部 分 である 目 次 目 次 第 1 編 総 則 第 1 編 総 則 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第

More information

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

1. 東 京 手 形 交 換 所 規 則 ( 総 会 決 議 昭 和 46.4.27) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 6 号

1. 東 京 手 形 交 換 所 規 則 ( 総 会 決 議 昭 和 46.4.27) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 6 号 東 京 手 形 交 換 所 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 参 加 銀 行 第 1 節 参 加 および 脱 退 ( 第 5 条 第 15 条 ) 第 2 節 加 入 金 および 経 費 分 担 金 ( 第 16 条 第 19 条 ) 第 3 節 保 証 金 ( 第 20 条 第 21 条 ) 第 3 章 手 形 交 換 第 1 節 総 則 ( 第 22

More information

Microsoft Word - koukankisoku(28.9

Microsoft Word - koukankisoku(28.9 大 阪 手 形 交 換 所 規 則 ( 昭 和 47 年 2 月 7 日 総 会 決 議 ) 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 大 阪 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 2 号 の 規 定 にもとづき 協 会 が 設 置 運 営 する 大 阪 手 形 交 換 所 ( 以 下

More information

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第 定 款 沿 革 昭 和 29 年 11 月 1 日 制 定 昭 和 30 年 3 月 28 日 改 正 昭 和 31 年 3 月 17 日 改 正 昭 和 32 年 3 月 13 日 改 正 昭 和 33 年 5 月 16 日 改 正 昭 和 34 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 35 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 39 年 3 月 29 日 改 正 昭 和 42 年 5 月 25 日

More information

(Microsoft Word - \222\350\212\274\201i19\224N6\214\216\201j.doc)

(Microsoft Word - \222\350\212\274\201i19\224N6\214\216\201j.doc) 定 款 平 成 19 年 6 月 全 国 商 工 会 連 合 会 全 国 商 工 会 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 連 合 会 ( 以 下 本 連 合 会 という )は 商 工 会 及 び 都 道 府 県 商 工 会 連 合 会 の 健 全 な 発 達 を 図 り もって 商 工 業 の 振 興 に 寄 与 することを 目 的 と する ( 名

More information

定   款

定   款 定 款 損 害 保 険 契 約 者 保 護 機 構 1 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 保 険 契 約 者 保 護 機 構 ( 以 下 本 機 構 という )は 保 険 業 法 ( 平 成 7 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という )の 定 めるところにより 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会

More information

務 組 合 としての 業 務 (9) 組 合 員 の 事 業 に 関 する 経 営 及 び 技 術 の 改 善 向 上 又 は 組 合 事 業 に 関 する 知 識 の 普 及 を 図 るための 教 育 及 び 情 報 の 提 供 (10) 組 合 員 のためにする 司 法 書 士 業 務 の 受

務 組 合 としての 業 務 (9) 組 合 員 の 事 業 に 関 する 経 営 及 び 技 術 の 改 善 向 上 又 は 組 合 事 業 に 関 する 知 識 の 普 及 を 図 るための 教 育 及 び 情 報 の 提 供 (10) 組 合 員 のためにする 司 法 書 士 業 務 の 受 神 奈 川 県 司 法 書 士 協 同 組 合 定 款 平 成 7 年 4 月 24 日 神 奈 川 県 指 令 商 総 第 1-1 号 認 可 平 成 10 年 6 月 18 日 神 奈 川 県 指 令 商 総 第 57-4 号 認 可 平 成 14 年 6 月 27 日 神 奈 川 県 指 令 新 産 第 10040 号 認 可 平 成 20 年 7 月 2 日 神 奈 川 県 指 令 金 第

More information

(4) 入 会 申 込 者 による 入 会 申 込 が 複 数 である 場 合 又 は 入 会 申 込 者 が 既 に 当 年 度 の 会 員 で ある 場 合 (5) 入 会 申 込 者 がいわゆる 暴 力 団 構 成 員 や 関 係 者 であると 当 社 が 認 める 場 合 (6) 入 会 申

(4) 入 会 申 込 者 による 入 会 申 込 が 複 数 である 場 合 又 は 入 会 申 込 者 が 既 に 当 年 度 の 会 員 で ある 場 合 (5) 入 会 申 込 者 がいわゆる 暴 力 団 構 成 員 や 関 係 者 であると 当 社 が 認 める 場 合 (6) 入 会 申 2015 年 度 横 浜 DeNA ベイスターズ 公 式 ファンクラブ B SPIRIT 友 の 会 会 員 規 約 会 員 規 約 第 1 条 この 規 約 は 株 式 会 社 横 浜 DeNA ベイスターズ( 以 下 当 社 といいます )が 運 営 する 横 浜 DeNA ベイスターズ 公 式 ファンクラブ B SPIRIT 友 の 会 ( 以 下 本 会 といいます) に 関 して 適 用

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

匿名組合出資契約

匿名組合出資契約 匿 名 組 合 契 約 書 SBIソーシャルレンディング 株 式 会 社 ( 以 下 営 業 者 と 言 う )と ( 以 下 本 匿 名 組 合 員 と 言 う )は 20 年 月 日 付 で 以 下 のとおり 匿 名 組 合 契 約 ( 以 下 本 契 約 と 言 う )を 締 結 する ( 目 的 ) 第 1 条 本 契 約 は 本 匿 名 組 合 員 が 営 業 者 に 対 し 本 契 約

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

第 4 条 会 員 登 録 1. CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 は 無 審 査 で 会 員 登 録 されます 2. 会 員 登 録 ができるのは CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 および CNCP サポーターと CNCP か

第 4 条 会 員 登 録 1. CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 は 無 審 査 で 会 員 登 録 されます 2. 会 員 登 録 ができるのは CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 および CNCP サポーターと CNCP か CNCP マッチングサイト 利 用 規 約 (2016.7.27) 第 1 条 総 則 1. 本 利 用 規 約 は 特 定 非 営 利 活 動 法 人 シビル NPO 連 携 プラットフォーム( 以 下 CNCP と 称 する)が 提 供 する インターネットサイトで 業 務 委 託 者 ( 以 下 クライアントと 称 する)と 業 務 受 託 者 ( 以 下 メンバーと 称 する)の マッチングを

More information

○協同組合定款

○協同組合定款 近 畿 鍛 工 品 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 )

More information

税務証明事務取扱要綱

税務証明事務取扱要綱 税 務 証 明 及 び 閲 覧 事 務 取 扱 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 証 明 交 付 及 び 閲 覧 事 務 ( 第 2 条 ~ 第 5 条 ) 第 3 章 証 明 閲 覧 申 請 者 及 びその 確 認 ( 第 6 条 ~ 第 17 条 ) 第 4 章 手 数 料 ( 第 18 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 証 明 書 の 様 式 ( 第 20

More information

○福島県社会保険労務士会会則

○福島県社会保険労務士会会則 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 ( 名 称 ) 第 1 章 総 第 1 条 本 会 は 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 と 称 する ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 2 条 本 会 は 事 務 所 を 福 島 県 福 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 社 会 保 険 労 務 士 会 の 会

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

スター報酬規定

スター報酬規定 第 1 章 総 則 スター 綜 合 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 程 平 成 27 年 1 月 1 日 施 行 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 当 事 務 所 所 属 の 弁 護 士 が,その 職 務 に 関 して 受 ける 弁 護 士 の 受 託 業 務 の 対 価 等 に 関 する 基 準 を 示 すことを 目 的 とする ( 個 別 契 約 による 修 正 ) 第

More information

e-Probatio PS2サービス利用約款

e-Probatio PS2サービス利用約款 e-probatio PS2 サービス 利 用 約 款 ( 本 約 款 の 目 的 と 範 囲 ) 第 1 条 e-probatio PS2 サービス 利 用 約 款 ( 以 下 本 約 款 といいます)は 株 式 会 社 エヌ テ ィ ティ ネオメイト( 以 下 当 社 といいます)が 運 営 する 電 子 認 証 局 ( 以 下 認 証 局 とい います)が 提 供 する e-probatio

More information

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9>

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9> 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 市 町 村 税 関 係 ) ( 平 成 22 年 4 月 1 日 総 税 市 第 16 号 ) ( 改 正 ) 平 成 22 年 8 月 23 日 総 税 市 第 60 号 平 成 23 年 6 月 30 日 総 税 市 第 34 号 平 成 23 年 12 月 2 日 総 税 市 第 70 号 平 成 24 年 4 月 1 日 総 税

More information

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす 全 国 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 制 定 昭 和 29 年 11 月 15 日 改 正 平 成 14 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 8 月 18 日 改 正 平 成 19 年 3 月 29 日 改 正 平 成 20 年 3 月 27 日 改 正 平 成 22 年 3 月 29 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条

More information

賠償責任保険普通保険約款

賠償責任保険普通保険約款 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 この 普 通 保 険 約 款 およびこの 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 使 用 される 用 語 の 説 明 は 次 のとおりとします ただし この 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 別 途 用 語 の 説 明 がある 場 合 は その 説 明 に 従 います 用 語 説

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

ができる 2 本 組 合 は 加 入 の 申 込 みがあったときは 理 事 会 においてその 諾 否 を 決 する ( 加 入 者 の 出 資 払 込 み) 第 10 条 前 条 第 2 項 の 承 諾 を 得 た 者 は 遅 滞 なく その 引 き 受 けようとする 出 資 の 全 額 の 払 込

ができる 2 本 組 合 は 加 入 の 申 込 みがあったときは 理 事 会 においてその 諾 否 を 決 する ( 加 入 者 の 出 資 払 込 み) 第 10 条 前 条 第 2 項 の 承 諾 を 得 た 者 は 遅 滞 なく その 引 き 受 けようとする 出 資 の 全 額 の 払 込 広 島 魚 商 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 ) 第 2 条

More information

組合規約1 前半   :13年3月6日改正 P1~P12

組合規約1 前半   :13年3月6日改正 P1~P12 東 京 建 設 職 能 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 45 年 7 月 23 日 制 定 昭 和 55 年 5 月 26 日 一 部 改 正 平 成 4 年 3 月 4 日 一 部 改 正 平 成 15 年 3 月 5 日 一 部 改 正 昭 和 46 年 2 月 27 日 一 部 改 正 昭 和 56 年 2 月 26 日 一 部 改 正 平 成 5 年 3 月 4 日 一 部

More information

<8265827892E88ABC826782518250824F825582508250944689C22E786C73>

<8265827892E88ABC826782518250824F825582508250944689C22E786C73> 日 本 フラットヤーン 工 業 組 合 定 款 平 成 21 年 6 月 11 日 認 可 日 本 フラットヤーン 工 業 組 合 103-0024 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 小 舟 町 15 番 17 号 日 本 橋 協 栄 ビル6 階 TEL FAX 03-3661-3834 03-3661-3849 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は フラットヤーン(ポリプロピレン

More information

(Microsoft Word - \225x\216m\216R\203\202\201[\203\213\217o\223X\213K\226\361.doc)

(Microsoft Word - \225x\216m\216R\203\202\201[\203\213\217o\223X\213K\226\361.doc) 富 士 山 モール 出 店 規 約 第 1 条 ( 総 則 ) 本 規 約 は 富 士 吉 田 市 富 士 河 口 湖 町 西 桂 町 鳴 沢 村 忍 野 村 山 中 湖 村 ( 以 下 甲 という)がイ ンターネット 上 で 運 営 する 総 合 情 報 サイト 富 士 山 モール ( 以 下 モール という)への 出 店 に 関 し 甲 と 出 店 申 込 者 ( 以 下 乙 という)との 間

More information

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) の 公 表 について 平 成 27 年 1 月 8 日 本 規 定 案 ( 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) )は 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 す るための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 27 号 )に 基 づき 特 定 個 人 情 報 の 適

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

( 会 員 有 効 期 間 ) 第 4 条 会 員 規 約 第 9 条 ( 会 員 有 効 期 間 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします ( 更 新 ) 第 5 条 会 員 規 約 第 10 条 ( 更 新 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします 第 3 章 入 会 金

( 会 員 有 効 期 間 ) 第 4 条 会 員 規 約 第 9 条 ( 会 員 有 効 期 間 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします ( 更 新 ) 第 5 条 会 員 規 約 第 10 条 ( 更 新 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします 第 3 章 入 会 金 日 本 トーター 株 式 会 社 大 宮 西 武 園 競 輪 事 業 所 大 宮 競 輪 場 及 び 西 武 園 競 輪 場 ポイントサービス 利 用 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 会 員 規 約 に 基 づく 事 項 その 他 当 施 設 におけるポイントサービスの 運 営 に 必 要 な 事 項 を 定 め ることを 目 的 とします ( 定 義 )

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

2 II. 法 律 案 の 骨 子 仮 想 通 貨 に 関 する 法 律 案 の 骨 子 は 以 下 の 通 りである ( 資 金 決 済 法 関 連 ) 1 仮 想 通 貨 の 定 義 2 仮 想 通 貨 交 換 業 に 係 る 登 録 制 の 導 入 3 仮 想 通 貨 交 換 業 者 の 業

2 II. 法 律 案 の 骨 子 仮 想 通 貨 に 関 する 法 律 案 の 骨 子 は 以 下 の 通 りである ( 資 金 決 済 法 関 連 ) 1 仮 想 通 貨 の 定 義 2 仮 想 通 貨 交 換 業 に 係 る 登 録 制 の 導 入 3 仮 想 通 貨 交 換 業 者 の 業 FINANCIAL SERVICES & TRANSACTIONS GROUP NEWSLETTER 2016 年 3 月 仮 想 通 貨 に 関 する 国 会 提 出 法 案 について 弁 護 士 中 崎 尚 / 同 河 合 健 本 年 3 月 4 日 仮 想 通 貨 に 関 する 初 めての 法 律 案 が 国 会 に 提 出 された 同 法 案 中 改 正 資 金 決 済 法 ( 案 )では

More information

ことが 出 来 るものとし その 場 合 でも 年 会 費 を 返 却 しません (1) 入 会 申 込 内 容 に 虚 偽 の 記 載 誤 記 記 入 漏 れ 等 がある 場 合 (2) 入 会 申 込 者 が 実 在 しない 場 合 (3) 入 会 申 込 者 が 法 人 団 体 である 場 合

ことが 出 来 るものとし その 場 合 でも 年 会 費 を 返 却 しません (1) 入 会 申 込 内 容 に 虚 偽 の 記 載 誤 記 記 入 漏 れ 等 がある 場 合 (2) 入 会 申 込 者 が 実 在 しない 場 合 (3) 入 会 申 込 者 が 法 人 団 体 である 場 合 2016 年 度 横 浜 DeNA ベイスターズ 公 認 ファンクラブ B SpiritNiigata 会 員 規 約 会 員 規 約 第 1 条 この 規 約 は 横 浜 DeNA ベイスターズ 公 認 ファンクラブ B SpiritNiigata ( 以 下 本 会 といいま す)に 関 して 適 用 されるものとします なお 本 会 は 株 式 会 社 新 潟 放 送 事 業 局 事 業 部

More information

加茂商工会議所・定款(H12.5改正)

加茂商工会議所・定款(H12.5改正) 加 茂 商 工 会 議 所 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 議 所 は 地 区 内 における 商 工 業 者 の 共 同 社 会 を 基 盤 とし 商 工 業 の 総 合 的 な 改 善 発 達 を 図 り 兼 ねて 社 会 一 般 の 福 祉 の 増 進 に 資 し もってわが 国 商 工 業 の 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とする ( 名 称

More information

静岡県公立大学法人職員就業規則

静岡県公立大学法人職員就業規則 平 成 21 年 4 月 1 日 規 程 第 7 号 地 方 独 立 行 政 法 人 静 岡 県 立 病 院 機 構 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 9 条 ) 第 2 節 評 定 ( 第 10 条 ) 第 3 節 昇 任 及 び 降 任 等 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第

More information

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 組 合 は 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 共 済 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行 によって 他 人

More information

建築士事務所登録と変更等のご案内

建築士事務所登録と変更等のご案内 建 築 士 事 務 所 登 録 と 変 更 等 の 手 引 き 1 建 築 士 事 務 所 の 登 録 とは( 建 築 士 法 第 23 条 ) 平 成 23 年 4 月 2 登 録 ( 新 規 及 び 更 新 )の 申 請 手 続 き (1) 法 人 の 場 合 (2) 個 人 の 場 合 3 変 更 の 届 出 ( 建 築 士 法 第 23 条 の5) 4 廃 業 等 の 届 出 ( 建 築 士

More information

除 名 しようとする 組 合 員 にその 旨 を 通 知 し かつ 総 代 会 において 弁 明 する 機 会 を 与 えなければならない 3 この 組 合 は 除 名 の 議 決 があったときは 除 名 された 組 合 員 に 除 名 の 理 由 を 明 らかにして その 旨 を 通 知 するもの

除 名 しようとする 組 合 員 にその 旨 を 通 知 し かつ 総 代 会 において 弁 明 する 機 会 を 与 えなければならない 3 この 組 合 は 除 名 の 議 決 があったときは 除 名 された 組 合 員 に 除 名 の 理 由 を 明 らかにして その 旨 を 通 知 するもの 東 京 工 業 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 17 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 18 条 ~ 第 42 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 43 条 ~ 第 66 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 67 条 ~ 第

More information

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及 規 約 等 目 次 1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 66 2. 同 保 険 給 付 規 程 77 3. 同 保 険 料 賦 課 徴 収 規 程 78 4. 同 保 険 料 減 免 規 程 79 5. 同 常 務 理 事 専 決 規 程 79 6. 同 支 部 規 程 80 7. 同 職 員 事 務 分 掌 規 程 81 8. 同 会 計 事 務 規 程 82 9.

More information

パソコン賃貸借契約

パソコン賃貸借契約 委 託 契 約 書 ( 案 ) 公 立 大 学 法 人 福 井 県 立 大 学 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という ) とは 福 井 県 立 大 学 の 情 報 ネットワーク 管 理 補 助 業 務 に 関 し 次 の 各 条 項 により 委 託 契 約 を 締 結 し 信 義 に 従 って 誠 実 にこれを 履 行 するものとする ( 総 則 ) 第 1 条 甲 は 情 報 ネットワーク

More information

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年6月2日・法律第48号)

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年6月2日・法律第48号) 公 益 財 団 法 人 はごろも 教 育 研 究 奨 励 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 はごろも 教 育 研 究 奨 励 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 静 岡 県 静 岡 市 清 水 区 に 置 く 2 この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 を 経 て 必 要

More information

目 次 会 員 規 程 2 会 費 規 程 4 選 挙 管 理 規 程 5 代 議 員 選 出 規 程 6 役 員 候 補 者 選 出 規 程 8 社 員 総 会 運 営 規 程 10 基 金 取 扱 規 程 14 理 事 会 運 営 規 則 19 理 事 の 職 務 権 限 規 程 23 役 員

目 次 会 員 規 程 2 会 費 規 程 4 選 挙 管 理 規 程 5 代 議 員 選 出 規 程 6 役 員 候 補 者 選 出 規 程 8 社 員 総 会 運 営 規 程 10 基 金 取 扱 規 程 14 理 事 会 運 営 規 則 19 理 事 の 職 務 権 限 規 程 23 役 員 公 益 社 団 法 人 日 本 臨 床 工 学 技 士 会 規 程 規 則 平 成 25 年 5 月 目 次 会 員 規 程 2 会 費 規 程 4 選 挙 管 理 規 程 5 代 議 員 選 出 規 程 6 役 員 候 補 者 選 出 規 程 8 社 員 総 会 運 営 規 程 10 基 金 取 扱 規 程 14 理 事 会 運 営 規 則 19 理 事 の 職 務 権 限 規 程 23 役 員

More information

( 会 員 の 資 格 喪 失 ) 第 8 条 会 員 が 次 のいずれか に 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する (1) 退 会 したとき (2) 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 となったとき (3) 死 亡 し 若 しくは 失 踪 宣 告 を 受 け 又

( 会 員 の 資 格 喪 失 ) 第 8 条 会 員 が 次 のいずれか に 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する (1) 退 会 したとき (2) 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 となったとき (3) 死 亡 し 若 しくは 失 踪 宣 告 を 受 け 又 一 般 社 団 法 人 青 森 県 計 量 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 協 会 は 一 般 社 団 法 人 青 森 県 計 量 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 協 会 は 主 たる 事 務 所 を 青 森 県 青 森 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 協 会 は 県 民 の 正 しい 計 量 思 想 の 啓 発 及 び

More information

Gi電気料金一括請求サービス約款

Gi電気料金一括請求サービス約款 Gi 公 共 料 金 一 括 請 求 サービス 約 款 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 本 約 款 の 適 用 ) 株 式 会 社 インボイス( 以 下 当 社 といいます)は このGi 公 共 料 金 一 括 請 求 サービ ス 約 款 ( 以 下 本 約 款 といいます)を 定 め 本 約 款 に 基 づき 第 4 条 に 定 めるサービ ス( 以 下 本 サービス1と 本 サービス2を 総

More information

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 改 正 平 成 17 年 3 月 30 日 平 成 18 年 3 月 30 日 平 成 19 年 3 月 30 日 平 成 20 年 3 月 31 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 5 月 29 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 (

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838D815B83938B4B92E8A595DB8FD888CF91F58B4B92E85F32312E345F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838D815B83938B4B92E8A595DB8FD888CF91F58B4B92E85F32312E345F2E646F63> 平 成 21 年 4 月 1 日 借 主 は 株 式 会 社 三 井 住 友 銀 行 ( 以 下 銀 行 といいます )との 間 で 新 車 ローン ネット de カー のローン 契 約 ( 以 下 ローン 契 約 といいます )を 行 う 場 合 には 銀 行 と 別 途 締 結 する ローン 契 約 書 ( 兼 保 証 委 託 契 約 書 ) ( 以 下 ローン 契 約 書

More information

地震保険普通保険約款

地震保険普通保険約款 地 震 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 用 語 の 定 義 条 項 第 1 条 ( 用 語 の 定 義 ) この 約 款 において 次 の 用 語 の 意 味 は それぞれ 次 の 定 義 によります 用 語 定 義 ( 建 物 の 場 合 ) 建 物 の 主 要 構 造 部 の 損 害 の 額 が その 建 物 の 保 険 価 額 ( 注 )の3% 以 上 20% 未 満 である 損

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

奈良商工会議所定款

奈良商工会議所定款 奈 良 商 工 会 議 所 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 議 所 は 地 区 内 における 商 工 業 者 の 共 同 社 会 を 基 盤 とし 商 工 業 の 総 合 的 な 改 善 発 達 を 図 り 兼 ねて 社 会 一 般 の 福 祉 の 増 進 に 資 し もって 我 が 国 商 工 業 の 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とする ( 名

More information

た 滞 納 処 分 の 効 力 には 影 響 がないこ (2) 賦 課 処 分 のかしが 明 白 かつ 重 大 であり 第 5 賦 課 処 分 が 無 効 である 場 合 の 滞 納 処 分 は そ の 前 提 を 欠 く 処 分 と な り 無 効 と な る こ 滞 納 情 報 の 管 理 1

た 滞 納 処 分 の 効 力 には 影 響 がないこ (2) 賦 課 処 分 のかしが 明 白 かつ 重 大 であり 第 5 賦 課 処 分 が 無 効 である 場 合 の 滞 納 処 分 は そ の 前 提 を 欠 く 処 分 と な り 無 効 と な る こ 滞 納 情 報 の 管 理 1 第 5 章 第 1 意 義 滞 納 処 分 事 務 第 1 節 通 則 滞 納 処 分 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 納 付 ( 納 入 )が 遅 滞 した 場 合 において 原 則 として 督 促 を 前 提 条 件 とし て 徴 税 吏 員 が 滞 納 者 の 財 産 を 差 し 押 さえ その 換 価 代 金 等 を 地 方 団 体 の 徴 収 金 に 充 てる 行 政 処 分 をいい

More information

(Microsoft Word - \222\350\212\274\225\252_\222\371\220\26308.1.10\201j.doc)

(Microsoft Word - \222\350\212\274\225\252_\222\371\220\26308.1.10\201j.doc) 福 岡 県 運 輸 事 業 協 同 組 合 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 会 は 地 区 内 において 主 として 貨 物 自 動 車 運 送 業 を 営 むものの 中 小 企 業 等 組 合 法 に 依 る 協 同 組 合 の 事 業 および 経 営 の 指 導 を 為 し そ の 健 全 な 発 達 をはかるために 必 要 な 事 業 を 行 うことを

More information

Taro-一般社団定款(H25.11.26)

Taro-一般社団定款(H25.11.26) 定 款 一 般 社 団 法 人 北 海 道 商 工 会 議 所 連 合 会 一 般 社 団 法 人 北 海 道 商 工 会 議 所 連 合 会 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 1 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 第 5 条 - 第 7 条 ) 1 第 3 章 会 員 及 び 特 別 会 員 ( 第 8 条 - 第 18 条 ) 2 第 4 章 会 員

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030312D30372091CE93FA8D5291888AFA8BAD90A793AE88F594ED8A5192B28DB88B7982D18D918A4F8BAD90A793AE88F58B5D90B58ED293998E78898782C98AD682B782E993C195CA96402E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030312D30372091CE93FA8D5291888AFA8BAD90A793AE88F594ED8A5192B28DB88B7982D18D918A4F8BAD90A793AE88F58B5D90B58ED293998E78898782C98AD682B782E993C195CA96402E646F63> 対 日 抗 争 期 強 制 動 員 被 害 調 査 及 び 国 外 強 制 動 員 犠 牲 者 等 支 援 に 関 する 特 別 法 ( 法 律 第 10986 号 2011.8.4 一 部 改 正 2011.8.4 施 行 ) 仮 訳 第 1 条 ( 目 的 ) この 法 は 対 日 抗 争 期 強 制 動 員 被 害 の 真 相 を 究 明 し 歴 史 の 真 実 を 明 らかにするとともに 1965

More information

を 経 なければならない 3 前 項 の 規 定 にかかわらず 規 約 の 変 更 のう ち 軽 微 な 事 項 及 び 関 係 法 令 の 改 正 ( 条 項 の 移 動 等 当 該 法 令 に 規 定 する 内 容 の 実 質 的 な 変 更 を 伴 わないものに 限 )に 伴 う 規 定 の

を 経 なければならない 3 前 項 の 規 定 にかかわらず 規 約 の 変 更 のう ち 軽 微 な 事 項 及 び 関 係 法 令 の 改 正 ( 条 項 の 移 動 等 当 該 法 令 に 規 定 する 内 容 の 実 質 的 な 変 更 を 伴 わないものに 限 )に 伴 う 規 定 の 定 款 中 の 変 更 しようとする 箇 所 を 記 載 した 書 面 ( 定 款 変 更 条 文 新 旧 対 照 表 ) 第 1 章 総 変 更 後 の 新 条 文 則 第 1 章 総 変 更 前 の 旧 条 文 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員

More information