平 成 25 年 1 月 10 日 障 がい 者 歯 科 研 修 会 において 山 形 県 の 障 がい 者 歯 科 医 療 の 現 状 と そのこどもたちへの 対 応 という 内 容 で 当 センター 田 中 朋 子 歯 科 医 師 が 講 演 されました その 内 容 の 一 部 と 実 際 に

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "平 成 25 年 1 月 10 日 障 がい 者 歯 科 研 修 会 において 山 形 県 の 障 がい 者 歯 科 医 療 の 現 状 と そのこどもたちへの 対 応 という 内 容 で 当 センター 田 中 朋 子 歯 科 医 師 が 講 演 されました その 内 容 の 一 部 と 実 際 に"

Transcription

1 2013 年 3 月 発 行 療 育 相 談 担 当 住 所 上 山 市 河 崎 電 話 023(673)3366( 代 ) 総 合 療 育 訓 練 センターは 昭 和 57 年 の 開 設 以 来 県 内 唯 一 の 肢 体 不 自 由 児 施 設 として 本 県 障 がい 児 療 育 の 中 核 的 な 役 割 を 担 ってきました しかし 近 年 常 時 医 療 的 ケアが 必 要 な 重 症 児 の 受 け 入 れニーズの 高 まりや 急 増 する 発 達 障 がいへの 相 談 受 診 に 向 けた 対 応 など 障 がい 児 を 取 り 巻 く 環 境 が 大 きく 変 化 し 機 能 や 体 制 面 で 十 分 に 対 応 できない 状 況 が 生 じており 山 形 県 行 政 支 出 点 検 行 政 改 革 推 進 委 員 会 からも 平 成 23 年 2 月 センターの 見 直 しの 方 向 性 についての 意 見 が 提 出 されました この 意 見 を 受 け 県 では 平 成 23 年 度 外 部 有 識 者 からなる 山 形 県 立 総 合 療 育 訓 練 センター 整 備 基 本 計 画 検 討 委 員 会 を 立 ち 上 げ センターの 機 能 役 割 についての 再 整 理 を 行 い 整 備 基 本 計 画 を 策 定 しました 整 備 の 基 本 方 針 は 隣 接 する 県 内 唯 一 の 肢 体 不 自 由 児 の 特 別 支 援 学 校 であるゆきわり 養 護 学 校 との 連 携 を 考 慮 し 現 敷 地 内 での 施 設 整 備 を 行 うこと 常 時 医 療 的 ケアを 要 する 重 症 心 身 障 がい 児 の 受 け 入 れ 拡 充 と 発 達 障 がい 児 診 療 等 外 来 機 能 の 充 実 のための 医 療 棟 を 新 たに 建 設 することです また 成 人 の 更 生 訓 練 部 門 は 民 間 移 行 するとともに 改 正 児 童 福 祉 法 等 新 たな 障 がい 福 祉 制 度 に 対 応 するため 既 存 の 施 設 の 改 修 を 行 うこととなりまし た 整 備 スケジュールにつきましては 地 盤 調 査 の 結 果 を 踏 まえて 今 年 度 中 に 建 設 基 本 計 画 を 策 定 し 平 成 25 年 度 に 基 本 設 計 と 実 施 設 計 平 成 26 年 度 と 平 成 27 年 度 の2カ 年 で 工 事 を 行 い 平 成 28 年 度 に 医 療 棟 を 開 設 する 予 定 としており ます 1

2 平 成 25 年 1 月 10 日 障 がい 者 歯 科 研 修 会 において 山 形 県 の 障 がい 者 歯 科 医 療 の 現 状 と そのこどもたちへの 対 応 という 内 容 で 当 センター 田 中 朋 子 歯 科 医 師 が 講 演 されました その 内 容 の 一 部 と 実 際 に 当 センターで 行 っている 歯 科 診 療 を 紹 介 いたします 歯 の 予 防 や 治 療 はとても 大 事 なことです かかりつけ 医 などを 持 ち 私 たちの 大 切 な 歯 を 守 っ ていきましょう 1. 一 般 歯 科 治 療 外 来 では 月 曜 日 ~ 金 曜 日 の9:00~16:00に 原 則 予 約 制 で 診 療 を 行 っています 庄 内 支 所 では 水 曜 日 と 木 曜 日 の10:00~15:00と 第 金 曜 日 の10:00~17:00に 診 療 を 行 っています 年 齢 が 低 かったり 知 的 障 がい 発 達 障 がいのある 患 者 さんは 不 安 や 恐 怖 のために 泣 いたり 暴 れたりしてしまい 診 療 が 困 難 なことがあります スタッフはその 気 持 ちをくみ 取 り 専 門 的 な 知 識 をいろいろな 場 合 に 応 用 し 対 応 します 心 理 的 アプローチとしての 行 動 変 容 法 や 薬 物 を 用 いた 行 動 調 整 として 精 神 鎮 静 法 全 身 麻 酔 法 を 行 います 行 動 変 容 法 1 オ ペ ラ ン ト 法 2 Tell Show Do 法 3 系 統 的 脱 感 作 法 4 モ デ リ ン グ 法 5 フラッディング 法 6 カ ウ ン ト 法 7 構 造 化 (TEACCH プログラムの 応 用 ) 正 の 強 化 子 を 与 えて 適 応 行 動 が 増 えるよう 強 化 する 方 法 例 えば 上 手 にできたら 誉 めたり 喜 んだり 希 望 をかなえる などして 好 ましい 行 動 がとれるように 学 習 します 叱 った り 身 体 拘 束 などの 負 の 強 化 子 は 逆 効 果 となります 説 明 し 見 せてから 行 う 方 法 物 事 を 抽 象 的 に 理 解 しにくいため 実 物 を 示 しながら ゆっ くりと 体 験 して 学 習 します 歯 科 治 療 が 怖 いと 思 う 気 持 ちを 少 しずつ 減 らしていくため に 弱 い 刺 激 から(やさしいことから) 始 め 徐 々に 刺 激 を 強 くする 方 法 他 の 患 者 さんを 見 せたり ぬいぐるみや 絵 のモデルに 対 して 模 擬 体 験 をしてみたり プレイを 通 して 手 順 を 学 習 するなどして 適 応 できるように していきます なかなか 過 敏 や 恐 怖 心 が 減 らない 場 合 半 ば 強 引 に 恐 怖 と 感 じていることを 一 瞬 体 験 させることで 想 像 上 の 怖 い 気 持 ちをなくしてあげる 方 法 1から10まで 数 を 数 えることで 治 療 の 目 やすの 時 間 を 数 え る 方 法 終 わり がわかることで 安 心 できたりがんばること ができます 写 真 や 絵 カードを 用 いて スケジュールボードやタイムボー ドを 使 いながら 診 療 手 順 を 事 前 に 説 明 し 予 定 を 視 覚 的 に 明 確 にして 誘 導 する 方 法 2

3 初 めて 歯 科 にいらした 場 合 でも スムーズに 治 療 を 受 けられなくても 大 丈 夫 です まずは 診 察 室 に 入 ること 椅 子 に 座 ること 歯 みがきをすることなど 出 来 ることから 始 め ていきます 目 標 を 設 定 し スモールステップで 練 習 します スタッフは T.L.C(Tender Loving Care)の 態 度 で 優 しく 愛 情 をもって 接 して います 刺 激 を 与 えるタイミングを 考 えたり 話 をして 本 人 が 診 療 を 受 ける 気 持 ちになるまで 待 ったり 本 人 の 反 応 を 読 み 取 り コミュニケーションを 取 りながら 信 頼 関 係 を 築 いていきます 構 造 化 として 使 用 している 絵 カードの 一 部 を 紹 介 します ( 例 1) 歯 をけずる 時 カウントする 毎 にバイキンマン を1つ 捨 てていくことで 目 標 がわかります ( 例 2) 今 日 の 診 察 のスケジュールを 表 したものです 歯 みがきから 始 め 1から5で 終 わりです ( 例 3) 歯 科 でカードの 通 りに 歯 みがきの 練 習 をします 家 でも 上 手 にみがけるように 使 用 します 精 神 鎮 静 法 薬 物 を 用 いた 方 法 で 当 センターでは 静 脈 内 鎮 静 法 を 行 います 患 者 さんに 意 識 はあり 浅 い 眠 りのような 緊 張 が 和 らいだ 状 態 での 治 療 です 不 適 応 な 動 きは 完 全 に 消 えないため 行 動 変 容 と 合 わせて 行 います 全 身 麻 酔 法 行 動 変 容 を 施 行 しても 適 応 できなかったり 多 数 の 歯 を 治 療 する 必 要 がある 場 合 ご 家 族 の 希 望 をお 聞 きした 上 で 行 います 全 身 麻 酔 にはリスクを 伴 いますので 約 2 週 間 前 に 術 前 検 査 を 行 い 当 日 又 は 前 日 に 入 院 し 日 帰 りもしくは1 泊 2 日 で 退 院 となります その 後 も 定 期 的 に 外 来 でフォローしていきます 3

4 2. 摂 食 嚥 下 機 能 の 評 価 と 訓 練 摂 食 とは 食 物 を 認 知 することから 始 まり 食 物 を 口 腔 内 に 取 り 込 み 咽 頭 食 道 を 経 て 胃 に 至 るまでのすべての 過 程 をいいます 当 センター 歯 科 では 口 腔 内 検 査 全 身 的 評 価 摂 食 機 能 評 価 を 行 っています 診 療 では 過 敏 や 原 始 反 射 の 有 無 姿 勢 や 緊 張 について 口 辱 舌 下 顎 の 動 き 食 形 態 などをみせていただき ます 摂 食 嚥 下 障 害 には 器 質 的 神 経 学 的 心 理 行 動 的 原 因 があり 患 者 さんの 発 達 特 徴 に 合 わ せて 指 導 していきます 食 べる 機 能 は 正 常 発 達 と 同 じ 順 序 で 機 能 の 獲 得 に 向 けて 急 がずにゆっ くりと 進 めていきます また センター 内 のスタッフ 間 で 摂 食 検 討 会 を 行 い 連 携 して 機 能 面 のケアを 行 っています 3.そ の 他 当 センターの 有 する 入 所 機 能 や 隣 接 するゆきわり 養 護 学 校 との 連 携 として 入 所 児 童 に 対 する 口 腔 ケア 摂 食 評 価 を 行 ったり ゆきわり 養 護 学 校 の 歯 科 検 診 歯 みがき 指 導 フッ 素 塗 布 など を 行 っています 子 どもの 歯 の 管 理 は 親 保 護 者 周 りの 大 人 の 責 任 です 日 頃 の 予 防 が 何 より 大 切 です 歯 みがきの 習 慣 はしっかりできていますか? 本 人 がみがくことができても 介 助 者 から 仕 上 げみがきをしてもらうことも 必 要 です 食 事 の 改 善 として 甘 い 食 べ 物 や 飲 み 物 については 食 べる 時 間 や 食 べ 方 を 見 直 しましょう フッ 素 塗 布 は 効 果 があるので ぜひ 行 いましょう 医 院 で 塗 布 することも 家 庭 で 簡 単 に できるものもあります また 早 目 早 目 の 受 診 や 定 期 検 診 をおすすめします 4

5 シリーズ 親 の 会 第 7 回 山 形 県 内 にもいろいろな 親 の 会 があります 同 じような 問 題 や 悩 みを 持 っていたり 経 験 してきた 人 たちと 語 り 合 うことで 息 抜 きに なったり 心 がちょっと 軽 くなったり 大 きな 力 に 変 わったり 今 回 は てんとう 虫 をご 紹 介 します てんとう 虫 ~ひとりで 悩 んでいませんか~ てんとう 虫 はAD/HD( 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 ) LD( 学 習 障 害 ) アスペルガー 症 候 群 などの 発 達 障 害 といわれる 当 事 者 やその 家 族 と 支 援 者 の 会 です 発 達 障 害 の 当 事 者 やその 親 が 一 人 で 悩 んだり 家 庭 保 育 園 幼 稚 園 学 校 地 域 の 中 で 孤 立 することの ないように お 互 いに 支 え 合 えるような 場 作 りをめざしています また 教 師 を 含 む 教 育 関 係 者 や 周 囲 の 大 人 たちを 含 め みんなで 助 け 合 い 支 え 合 えるような 社 会 にするため 専 門 医 臨 床 心 理 士 などの 医 療 関 係 者 児 童 福 祉 心 理 学 者 など 専 門 の 学 識 経 験 者 からの アドバイスを 受 けたり 情 報 を 交 換 し 発 達 障 害 に 対 する 正 しい 理 解 や 対 応 を 社 会 に 啓 蒙 していくことを 目 的 としています 活 動 内 容 きさくなおしゃべり 会 ( 定 例 会 ) 米 沢 市 すこやかセンターを 会 場 に 平 日 の 午 前 と 土 曜 日 の 夜 の2 回 行 っています 悩 みや 困 っていることを 話 したり 学 校 や 医 療 機 関 などの 情 報 交 換 の 場 です サポートクラブ 小 学 生 中 学 生 高 校 生 を 対 象 に 週 1 回 学 習 のサポートを 行 っています SST(ソーシャル スキル トレーニング) 小 学 生 中 学 生 高 校 生 青 年 期 というグループで 月 1 回 社 会 性 についてのト レーニングを 行 っています 講 師 は 臨 床 心 理 士 の 先 生 です あそびの 会 小 中 学 生 を 対 象 に 年 3~4 回 行 います 簡 単 な 調 理 や 工 作 などです お 問 い 合 わせ FAX; ( 新 藤 ) HP; 5

6 が30 周 年 を 迎 えた 平 成 24 年 度 末 をもって 当 成 人 部 門 ( 障 害 者 支 援 施 設 )は 民 間 移 行 ( 廃 止 )となります 前 身 である 身 体 障 害 者 更 生 指 導 所 は 身 体 障 がい 者 の 自 立 更 生 を 促 すための 機 能 訓 練 や 職 能 訓 練 を 行 う 為 昭 和 31 年 に 設 置 されました 昭 和 57 年 7 月 には 山 形 県 立 総 合 療 育 訓 練 センターに 統 合 され 今 に 至 っております 最 初 は 高 かった 利 用 率 も 在 宅 福 祉 施 策 やリハビリ 医 療 が 進 むにつれて 次 第 に 低 下 していき 他 の 施 設 の 待 機 待 ち 及 び 調 整 機 能 ( 家 族 及 び 本 人 )が 施 設 の 役 割 として 大 きな 比 重 をしめていました 平 成 15 年 に 支 援 費 制 度 になっても 重 度 化 長 期 化 高 齢 化 利 用 者 減 少 化 傾 向 は 続 き 平 成 18 年 10 月 施 行 の 障 害 者 自 立 支 援 法 による 地 域 移 行 を 中 心 とし た 障 がい 者 福 祉 サービスへのシフトにより 旧 療 護 施 設 以 外 は 全 国 的 にも 益 々 入 所 利 用 は 減 少 していきました 平 成 20 年 度 には 山 形 県 高 次 脳 機 能 障 がい 者 支 援 事 業 の 開 始 にあたり 高 次 脳 機 能 障 がい 者 を 対 象 とした 自 立 訓 練 ( 生 活 訓 練 ) 事 業 の 指 定 を 受 けましたが 必 要 性 は 認 識 されているものの 利 用 者 数 は 伸 びませんでした そんな 中 でも 障 がいのあるなしにかかわらず すべての 人 々が 地 域 社 会 の 中 で 自 立 して 共 に 生 活 する を 目 指 して 支 援 をさせて 頂 いてきましたが 最 終 的 に は 冒 頭 の 結 果 となりました 平 成 25 年 4 月 からは 障 害 者 総 合 支 援 法 が 施 行 されますが 利 用 される 方 々に とってより 良 いものになっていく 事 を 願 わずにはおれません 結 びに 当 施 設 利 用 者 OBの 方 々 ご 家 族 の 皆 様 ならびに 当 施 設 に 関 わって 頂 いた 皆 様 方 に 心 から 感 謝 を 申 し 上 げたいと 思 います 今 後 の 相 談 先 各 市 町 村 指 定 の 相 談 支 援 事 業 所 編 集 発 行 ( 担 当 : 相 談 課 小 松 星 ) 上 山 市 河 崎 : /fax: URL; 6

6 言語障害

6 言語障害 Ⅵ 言 語 障 害 言 語 障 害 と は, 発 音 が 不 明 瞭 で あ っ た り, 話 し 言 葉 の リ ズ ム が ス ム ー ズ で な か っ た り す る た め, 話 し 言 葉 に よ る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン が 円 滑 に 進 ま な い 状 況 で あ る こ と, ま た, そ の た め 本 人 が 引 け 目 を 感 じ る な ど 社 会 生 活

More information

○小林会長:只今会長に仰せ遣いました小林と申します。よろしくお願いいたします。委員の皆様方の御意見を尊重しながら,柏市民の健康増進に努めていきたいと思います。

○小林会長:只今会長に仰せ遣いました小林と申します。よろしくお願いいたします。委員の皆様方の御意見を尊重しながら,柏市民の健康増進に努めていきたいと思います。 平 成 2 7 年 度 柏 市 保 健 衛 生 審 議 会 健 康 増 進 専 門 分 科 会 会 議 録 1 開 催 日 時 平 成 2 7 年 8 月 2 7 日 ( 木 ) 午 後 1 時 3 0 分 ~ 午 後 3 時 3 0 分 2 開 催 場 所 ウ ェ ル ネ ス 柏 4 階 大 会 議 室 3 出 席 者 (1 ) 委 員 小 林 正 之 ( 会 長 ), 佐 藤 紀 子 ( 副 会

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323081603134347081698FE18A518E998E78898782C982C282A282C4816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323081603134347081698FE18A518E998E78898782C982C282A282C4816A2E646F63> Ⅵ 障 害 児 支 援 について 1 障 害 児 支 援 の 基 本 的 な 視 点 (1)できるだけ 早 い 時 期 から 身 近 な 地 域 で 療 育 支 援 が 受 けられる 体 制 づくり 障 害 のある 子 どもが その 持 てる 能 力 や 可 能 性 を 伸 ばしていけるよう できるだけ 早 い 時 期 から 子 どもやご 家 族 にとってより 身 近 な 地 域 で 療 育 支 援

More information

障害者保健福祉施策の基本的な方向

障害者保健福祉施策の基本的な方向 発 達 障 害 者 支 援 施 策 関 係 資 料 ~ 平 成 21 年 度 予 算 の 概 要 ~ 厚 生 労 働 省 Ⅰ ね ら い 発 達 障 害 の 定 義 と 発 達 障 害 への 理 解 の 促 進 発 達 障 害 者 に 対 する 生 活 全 般 にわたる 支 援 の 促 進 発 達 障 害 者 支 援 を 担 当 する 部 局 相 互 の 緊 密 な 連 携 の 確 保 Ⅱ 概 要

More information

雇 い 人 がいる 人 をいう (2) 自 営 業 主 ( 雇 入 なし) 個 人 経 営 の 商 店 主 工 場 主 農 業 主 などの 事 業 主 や 開 業 医 弁 護 士 著 述 家 などで 個 人 または 家 族 のみで 事 業 を 営 んでいる 人 をいう (3) 家 族 従 事 者 農

雇 い 人 がいる 人 をいう (2) 自 営 業 主 ( 雇 入 なし) 個 人 経 営 の 商 店 主 工 場 主 農 業 主 などの 事 業 主 や 開 業 医 弁 護 士 著 述 家 などで 個 人 または 家 族 のみで 事 業 を 営 んでいる 人 をいう (3) 家 族 従 事 者 農 2 主 な 用 語 の 説 明 世 帯 世 帯 とは 調 査 基 準 日 現 在 同 一 住 居 又 は 同 一 敷 地 内 の 別 棟 に 居 住 しており かつ 生 計 を 共 にしている 人 ( 世 帯 員 )の 集 まり 又 は 独 立 して 生 計 を 営 む 単 身 者 をいう 世 帯 員 世 帯 員 とは 調 査 基 準 日 現 在 この 世 帯 に 住 んでいる 人 のほか 一 時

More information

本 計 画 では 体 系 的 に 施 策 を 推 進 する 中 で(50 51ページ 参 照 ) 施 策 を 複 合 的 に 捉 え 重 点 的 な 取 組 を3つ 掲 げ 中 長 期 的 な 見 通 しを 踏 まえ 取 り 組 んでいきます これらの 取 組 は 地 域 包 括 ケアシステム 構

本 計 画 では 体 系 的 に 施 策 を 推 進 する 中 で(50 51ページ 参 照 ) 施 策 を 複 合 的 に 捉 え 重 点 的 な 取 組 を3つ 掲 げ 中 長 期 的 な 見 通 しを 踏 まえ 取 り 組 んでいきます これらの 取 組 は 地 域 包 括 ケアシステム 構 第 4 章 重 点 的 な 取 組 - 57 - 本 計 画 では 体 系 的 に 施 策 を 推 進 する 中 で(50 51ページ 参 照 ) 施 策 を 複 合 的 に 捉 え 重 点 的 な 取 組 を3つ 掲 げ 中 長 期 的 な 見 通 しを 踏 まえ 取 り 組 んでいきます これらの 取 組 は 地 域 包 括 ケアシステム 構 築 のために 市 町 村 が 重 点 的 に 取 り

More information

「こどもカフェ」設置・運営に係る基本方針

「こどもカフェ」設置・運営に係る基本方針 こどもカフェ 設 置 運 営 に 係 る 基 本 方 針 第 1 総 則 1 目 的 こどもカフェ の 設 置 運 営 については 市 基 本 計 画 及 び 第 一 次 実 施 計 画 に 位 置 付 け 市 内 2 か 所 で モデル 運 営 を 実 施 し その 実 績 検 証 等 をもとに 今 後 の 拡 充 について 検 討 することとして おります また こどもカフェ は 次 世 代 育

More information

3 実務研修内容【分野別】

3 実務研修内容【分野別】 6) 地 域 栄 養 分 野 地 域 栄 養 ( 項 目 番 号 :T21-101 T21-201) 科 目 名 生 活 習 慣 病 の 発 症 予 防 と 重 症 化 予 防 単 位 数 講 義 3 単 位 がん 循 環 器 疾 患 糖 尿 病 及 び COPD( 慢 性 閉 塞 性 肺 疾 患 ) 対 処 するため 一 次 予 防 に 重 点 を 置 いた 対 策 を 推 進 するとともに 合

More information

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4>

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4> 別 表 第 一 医 科 診 療 報 酬 点 数 表 [ 目 次 ] 第 1 章 基 本 診 療 料 第 1 部 初 再 診 料 通 則 第 1 節 初 診 料 第 2 節 再 診 料 第 2 部 入 院 料 等 通 則 第 1 節 入 院 基 本 料 第 2 節 入 院 基 本 料 等 加 算 第 3 節 特 定 入 院 料 第 4 節 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 第 2 章 特 掲 診 療

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 摂 食 機 能 障 害 リハビリテーション 部 課 長 補 佐 言 語 聴 覚 士 長 谷 川 和 子 経 管 栄 養 3 食 経 口 摂 取 ( 経 管 離 脱 率 ) 入 院 患 者 数 654 人 699 人 342 人 入 院 時 経 管 44 人 28 人 28 人 72.2 歳 72.4 歳 肺 炎 発 症 率 20.8% 10.7% 人 50 40 40 3030 2020 10 10

More information

<5461726F2D8C79937894AD924290669266836083468362834E838A83588367>

<5461726F2D8C79937894AD924290669266836083468362834E838A83588367> 名 古 屋 周 辺 のADHD 診 断 治 療 機 関 えじそんくらぶ 名 古 屋 親 の 会 (A D CATS)からの 情 報 を 中 心 に 一 部 書 籍 などで 得 た 情 報 を 加 えています あいち 小 児 保 健 医 療 センター 心 療 科 474-0031 愛 知 県 大 府 市 森 岡 町 尾 坂 田 1ー2 電 話 0562-43-0500( 代 表 ) FAX 0562-43-0513

More information

目 次 1. 筑 後 市 立 病 院 のあゆみ... 2 2. 筑 後 市 立 病 院 の 施 設 概 要... 4 1. 所 在 地 等... 4 2. 病 院 の 理 念... 4 3. 構 造 等... 4 4. 診 療 時 間 等... 4 5. 病 床 数... 4 6. 標 榜 診 療

目 次 1. 筑 後 市 立 病 院 のあゆみ... 2 2. 筑 後 市 立 病 院 の 施 設 概 要... 4 1. 所 在 地 等... 4 2. 病 院 の 理 念... 4 3. 構 造 等... 4 4. 診 療 時 間 等... 4 5. 病 床 数... 4 6. 標 榜 診 療 資 料 5 筑 後 市 立 病 院 概 要 平 成 22 年 度 版 視 察 団 体 埼 玉 県 東 松 山 市 市 議 会 視 察 日 平 成 17 年 10 月 20 日 ( 木 ) 筑 後 市 立 病 院 目 次 1. 筑 後 市 立 病 院 のあゆみ... 2 2. 筑 後 市 立 病 院 の 施 設 概 要... 4 1. 所 在 地 等... 4 2. 病 院 の 理 念... 4 3.

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 基 本 方 針 患 者 さんそれぞれのニーズに 対 応 したリハビリテーションの 計 画 を 作 成 し 定 期 的 に 効 果 判 定 や 必 要 に 応 じた 方 針 の 変 更 を 行 い 思 いやり と 優 しさ のある 患 者 さん 中 心 のリハビリテーションを 行 います 各 専 門 職 種 が 常 に 連 絡 を 取 り 合 い チームアプローチを 実 践 し 質 の 高 いリハビリテーションを

More information

(10) 療 養 病 棟 の 在 宅 復 帰 機 能 強 化 加 算 在 宅 復 帰 率 の 計 算 式 及 び 指 標 見 直 す (11) 障 害 者 施 設 等 入 院 基 本 料 特 殊 疾 患 病 棟 入 院 料 等 について 対 象 疾 患 評 価 見 直 し 意 識 障 害 を 有 す

(10) 療 養 病 棟 の 在 宅 復 帰 機 能 強 化 加 算 在 宅 復 帰 率 の 計 算 式 及 び 指 標 見 直 す (11) 障 害 者 施 設 等 入 院 基 本 料 特 殊 疾 患 病 棟 入 院 料 等 について 対 象 疾 患 評 価 見 直 し 意 識 障 害 を 有 す 平 成 28 年 度 診 療 報 酬 改 定 情 報 基 本 方 針 の 決 定 ~ 諮 問 書 ~1 平 成 28 年 1 月 13 日 厚 生 労 働 省 から 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 に 向 けて 平 成 28 年 度 診 療 報 酬 改 定 の 諮 問 書 が 発 出 されました いよいよ 中 医 協 で 細 部 にわたる 審 議 が 行 われることになります それと 同

More information

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要 保 医 発 0325 第 8 号 平 成 28 年 3 月 25 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 ( 公

More information

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万 第 6 章 子 育 て 支 援 課 1 児 童 福 祉 (1) 概 要 少 子 化 や 核 家 族 化 が 進 み 在 宅 で 子 育 て を 行 う 親 等 の 育 児 不 安 や 孤 立 感 が 増 大 し ま た 地 域 社 会 と の つ な が り が 希 薄 化 す る な ど 子 育 て に 不 安 や 負 担 を 感 じ て い る 親 が 多 く な っ て い ま す こ う し

More information

目 次 はじめに 1 第 1 県 立 新 庄 病 院 の 果 たすべき 役 割 1-1 総 括 的 事 項 2 1-2 特 に 重 点 を 置 く 診 療 分 野 3 1-3 病 床 機 能 3 1-4 機 能 分 担 と 連 携 機 能 4 1-5 教 育 実 習 機 能 4 1-6 付 帯 する

目 次 はじめに 1 第 1 県 立 新 庄 病 院 の 果 たすべき 役 割 1-1 総 括 的 事 項 2 1-2 特 に 重 点 を 置 く 診 療 分 野 3 1-3 病 床 機 能 3 1-4 機 能 分 担 と 連 携 機 能 4 1-5 教 育 実 習 機 能 4 1-6 付 帯 する 資 料 2-2 山 形 県 立 新 庄 病 院 改 築 整 備 に 関 する 意 見 書 ( 案 ) 平 成 28 年 1 月 山 形 県 立 新 庄 病 院 改 築 整 備 検 討 委 員 会 目 次 はじめに 1 第 1 県 立 新 庄 病 院 の 果 たすべき 役 割 1-1 総 括 的 事 項 2 1-2 特 に 重 点 を 置 く 診 療 分 野 3 1-3 病 床 機 能 3 1-4 機

More information

報告

報告 北 区 中 央 地 域 における 在 宅 医 療 介 護 意 見 交 換 会 川 崎 病 院 における 在 宅 医 療 介 護 連 携 カンファレンス ( 第 6 回 岡 山 市 訪 問 診 療 ステップアップ 研 修 会 ) 主 催 : 川 崎 医 科 大 学 付 属 川 崎 病 院 北 区 中 央 地 域 保 健 医 療 福 祉 連 携 懇 話 会 岡 山 市 共 催 : 岡 山 市 医 師 会

More information

目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題 4 (1) 人 口 出 生 数 合 計 特

目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題 4 (1) 人 口 出 生 数 合 計 特 長 野 市 公 立 保 育 所 の 適 正 規 模 及 び 民 営 化 等 基 本 計 画 ( 素 案 ) 平 成 24 年 9 月 長 野 市 目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題

More information

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人 平 成 8 年 度 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 等 集 団 指 導 ( 地 域 移 行 支 援 地 域 定 着 支 援 ) 資 料 長 野 県 障 がい 者 支 援 課 (1) 地 域 相 談 の 必 要 性 15 施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア

More information

<453A5C89FC8A76837683898393816991E6318E9F89FC92F9816A955C8E862E646F63>

<453A5C89FC8A76837683898393816991E6318E9F89FC92F9816A955C8E862E646F63> ~ 健 全 で 自 立 した 病 院 経 営 を 目 指 して~ 第 1 次 改 訂 ( 平 成 23~25 ) 平 成 23 年 11 月 岡 山 県 備 前 市 目 次 1 はじめに 1 2 計 画 期 間 1 3 備 前 病 院 1 (1) 現 況 及 び 役 割 1 (2) 経 営 効 率 化 計 画 3 4 日 生 病 院 5 (1) 現 況 及 び 役 割 5 (2) 経 営 効 率 化

More information

保 護 者 からの 意 見 要 望 については 実 現 に 努 めるとともに 実 現 の 可 否 にかかわらず 説 明 を 行 う 職 員 は 意 見 要 望 を 伝 えられる 場 ( 懇 談 会 個 人 面 談 アンケート)を 定 期 的 に 設 けるよ うにする 3 地 域 の 子 育 て 支

保 護 者 からの 意 見 要 望 については 実 現 に 努 めるとともに 実 現 の 可 否 にかかわらず 説 明 を 行 う 職 員 は 意 見 要 望 を 伝 えられる 場 ( 懇 談 会 個 人 面 談 アンケート)を 定 期 的 に 設 けるよ うにする 3 地 域 の 子 育 て 支 20160119 版 2016 年 度 メリーポピンズ 稲 城 ルーム 事 業 計 画 書 1 基 本 方 針 保 育 理 念 にんげん 力 を 育 てる にんげん 力 を 身 につけるために 必 要 なあそび 野 外 体 験 を 提 案 実 践 し 自 分 で 考 え 行 動 し てみる 思 考 を 育 みます 二 大 保 育 方 針 1センスオブワンダー 自 然 の 中 に 沢 山 足 を 運

More information

依存症対策に関する厚生労働省の取り組み

依存症対策に関する厚生労働省の取り組み 資 料 4 依 存 症 対 策 に 関 する 厚 生 労 働 省 の 取 り 組 み 自 殺 総 合 対 策 大 綱 自 殺 を 予 防 するための 当 面 の 重 点 施 策 自 殺 の 実 態 を 明 らかにする 実 態 解 明 のための 調 査 の 実 施 情 報 提 供 体 制 の 充 実 自 殺 未 遂 者 遺 族 等 の 実 態 解 明 及 び 支 援 方 策 についての 調 査 の 推

More information

第8回地方独立行政法人神戸市民病院機構評価委員会

第8回地方独立行政法人神戸市民病院機構評価委員会 平 成 23 年 度 第 4 回 神 戸 市 保 健 医 療 審 議 会 保 健 医 療 連 絡 協 議 専 門 分 科 会 ( 議 事 録 ) 日 時 : 平 成 23 年 10 月 17 日 ( 月 ) 午 後 1 時 30 分 ~2 時 32 分 場 所 : 神 戸 市 役 所 1 号 館 14 階 大 会 議 室 議 題 : 病 院 開 設 許 可 事 務 に 係 る 意 見 について 神

More information

Microsoft Word - 8回抄録集最終3

Microsoft Word - 8回抄録集最終3 関 西 障 害 者 歯 科 臨 床 研 究 会 第 8 回 研 究 集 会 抄 録 集 寄 り 添 う 歯 科 医 療 ~ 患 者 支 援, 保 護 者 支 援 ~ 大 会 長 : 芦 田 欣 一 ( 滋 賀 県 歯 科 医 師 会 会 長 ) 実 行 委 員 長 : 谷 仁 史 ( 滋 賀 県 歯 科 医 師 会 理 事 ) 日 時 : 平 成 28 年 7 月 17 日 ( 日 )10 時 00

More information

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について 精 神 障 害 者 の 地 域 移 行 について 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 精 神 保 健 医 療 福 祉 の 現 状 について 2 精 神 疾 患 の 患 者 数 ( 医 療 機 関 にかかっている 患 者 ) ( 万 人 ) 350 300 250 200 218.1 204.1 258.4 302.8 323.3 320.1

More information

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指 学 校 事 務 職 員 の 資 質 向 上 - 研 修 プログラムの 工 夫 - 事 務 指 導 員 西 田 邦 子 Nishida kuniko 要 旨 学 校 運 営 の 重 要 な 一 翼 を 担 っている 学 校 事 務 職 員 としての 重 要 性 を 認 識 し 教 育 行 政 の 専 門 家 として 学 校 経 営 に 主 体 的 にかかわるためには 学 校 事 務 職 員 の 資 質

More information

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464>

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464> 災 害 発 生 後 における 児 童 生 徒 の 健 康 管 理 の 手 引 き 北 海 道 教 育 庁 学 校 教 育 局 健 康 体 育 課 ま え が き こ の た び の 東 日 本 大 震 災 で は 児 童 生 徒 を 含 む 多 く の 尊 い 命 が 失 わ れ 現 在 も 安 否 が 不 明 な 方 や 被 災 さ れ 避 難 所 等 で の 生 活 を 余 儀 な く さ れ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081758DDD91EE88E397C382CC8CBB8FF382C689DB91E8817695F18D908F912E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081758DDD91EE88E397C382CC8CBB8FF382C689DB91E8817695F18D908F912E646F6378> 在 宅 医 療 の 現 状 と 課 題 岡 野 翔 大 野 あゆみ 城 内 優 子 長 谷 川 高 秀 高 木 清 司 吉 村 まり 子 渡 邉 真 理 1. 目 的 と 意 義 わが 国 では 近 年 の 高 齢 化 に 伴 い 医 療 のニーズが 高 まっている 人 口 当 たりの 病 床 数 が 国 内 でも 特 に 少 ない 滋 賀 県 では 病 院 で 最 期 を 迎 えられない 人 が

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF315F8F4095D088CF88F592F18F6F8E9197BF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF315F8F4095D088CF88F592F18F6F8E9197BF2E70707478> 資 料 1 ( 宗 片 委 員 提 出 資 料 ) 災 害 時 における 女 性 のニーズ 調 査 ~なぜ 防 災 災 害 復 興 に 女 性 の 視 点 が 必 要 か~ 特 定 非 営 利 活 動 法 人 イコールネット 仙 台 宗 片 恵 美 子 はじめに 宮 城 県 沖 地 震 発 生 確 率 10 年 以 内 70% 程 度 20 年 以 内 90% 程 度 以 上 30 年 以 内 99%

More information

目 次 Ⅰ 発 達 障 害 を 中 心 とした 分 類 と 特 徴 1 1. 発 達 障 害 2. その 他 の 障 害 Ⅱ 歯 科 健 診 時 の 注 意 事 項 4 1. 口 を 開 けるのを 嫌 がる 場 合 2. 診 査 中 に 暴 れたり 不 随 意 運 動 の 生 じる 可 能 性 がある 場 合 3. 準 備 しておくべき 器 具 Ⅲ 発 達 障 がい 者 ( 児 )に 対 する 治

More information

栄養管理手順について

栄養管理手順について 栄 養 管 理 手 順 について 平 成 27 年 6 月 29 日 管 理 栄 養 士 栄 養 管 理 の 意 義 患 者 様 の 病 気 の 治 癒 回 復 を 支 援 し 手 術 などの 合 併 症 の 予 防 に 貢 献 すること 栄 養 ケア マネジメント 平 成 17 年 に 介 護 保 険 制 度 に 導 入 給 食 の 提 供 者 栄 養 療 法 を 担 う 医 療 チームの 一 員

More information

37 Vol. 111 37 Vol. 111 ノ ロ ゼ 称 最 称 末 梢 筋 肉 起 梗 塞 血 パ キ ソ 発 硬 化 脊 椎 小 変 進 筋 ジ ロ フ ィ 三 叉 例 消 化 吸 臓 種 様 臓 種 発 過 影 響 態 腰 潰 瘍 ピ ギ 鼻 顎 節 管 支 ぜ 26ペ ジ 覧 例 苦

37 Vol. 111 37 Vol. 111 ノ ロ ゼ 称 最 称 末 梢 筋 肉 起 梗 塞 血 パ キ ソ 発 硬 化 脊 椎 小 変 進 筋 ジ ロ フ ィ 三 叉 例 消 化 吸 臓 種 様 臓 種 発 過 影 響 態 腰 潰 瘍 ピ ギ 鼻 顎 節 管 支 ぜ 26ペ ジ 覧 例 苦 36 36 野 崎 京 子 野 崎 長 阪 府 推 薦 136 奈 川 県 ペ 麻 酔 京 都 部 卒 京 都 部 麻 酔 入 局 後 北 野 阪 市 国 立 京 都 阪 赤 十 字 住 友 阪 市 17 3 月 阪 府 豊 中 市 ペ 野 崎 長 阪 府 面 肝 玉 母 ド 頼 長 福 田 正 博 氏 評 博 3 男 1 女 母 顔 著 書 安 向 マガジハ 野 崎 http://www.myclinic.ne.jp/nozaki/

More information

研究の計画・方法

研究の計画・方法 外 来 患 者 を 対 象 とした 緩 和 ケアに 関 するニーズ 調 査 報 告 書 大 友 宣 1) 佐 野 かず 江 2) 橋 本 勉 3) 1) 社 会 福 祉 法 人 日 本 医 療 伝 道 会 衣 笠 病 院 内 科 医 長 / 湘 南 国 際 村 クリニック 所 長 2) 社 会 福 祉 法 人 日 本 医 療 伝 道 会 衣 笠 病 院 ケアセンター 所 長 3) 社 会 福 祉 法

More information

7 情緒障害

7 情緒障害 Ⅶ 情 緒 障 害 情 緒 障 害 と は, 状 況 に 合 わ な い 感 情 気 分 が 持 続 し, 不 適 切 な 行 動 が 引 き 起 こ さ れ, そ れ ら を 自 分 の 意 思 で は コ ン ト ロ ー ル で き な い こ と が 継 続 し, 学 校 生 活 や 社 会 生 活 に 適 応 で き な くな る 状 態 を い う 1 情 緒 障 害 の ある 子 供 の

More information

88

88 第 4 章 高 齢 者 福 祉 施 策 の 推 進 87 88 第 4 章 高 齢 者 福 祉 施 策 の 推 進 1 自 立 支 援 と 生 活 の 質 の 向 上 (1) 高 齢 者 の 生 活 支 援 施 設 等 の 活 用 生 活 に 関 する 不 安 の 解 消 や 寝 たきりにならないための 予 防 事 業 を 推 進 する 場 として 高 齢 者 の 生 活 支 援 施 設 等 の 活

More information

17 外 国 人 看 護 師 候 補 者 就 労 研 修 支 援 18 看 護 職 員 の 就 労 環 境 改 善 19 8020 運 動 推 進 特 別 20 歯 科 医 療 安 全 管 理 体 制 推 進 特 別 21 在 宅 歯 科 医 療 連 携 室 整 備 22 地 域 災 害 拠 点 病

17 外 国 人 看 護 師 候 補 者 就 労 研 修 支 援 18 看 護 職 員 の 就 労 環 境 改 善 19 8020 運 動 推 進 特 別 20 歯 科 医 療 安 全 管 理 体 制 推 進 特 別 21 在 宅 歯 科 医 療 連 携 室 整 備 22 地 域 災 害 拠 点 病 資 料 22 ( 別 紙 第 1 2 号 様 式 ) 平 成 24 年 度 医 療 提 供 体 制 推 進 費 補 助 金 における 計 画 評 価 シート 1 の 概 要 神 奈 川 県 ( 金 額 の 単 位 は 千 円 ) 補 助 金 等 名 称 医 療 提 供 体 制 推 進 費 補 助 金 補 助 年 度 平 成 24 年 度 担 当 課 神 奈 川 県 保 健 福 祉 局 保 健 医 療

More information

第 2 節 各 領 域 における と 取 組 み 1 食 育 栄 養 食 生 活 1 朝 食 の 欠 食 者 が 多 い( 重 点 ) 2 野 菜 を 毎 食 摂 る 人 が 少 ない 3 牛 乳 又 は 乳 製 品 を 毎 日 摂 る 人 が 少 ない 4 地 場 産 食 品 を 知 っている 人

第 2 節 各 領 域 における と 取 組 み 1 食 育 栄 養 食 生 活 1 朝 食 の 欠 食 者 が 多 い( 重 点 ) 2 野 菜 を 毎 食 摂 る 人 が 少 ない 3 牛 乳 又 は 乳 製 品 を 毎 日 摂 る 人 が 少 ない 4 地 場 産 食 品 を 知 っている 人 第 3 章 弟 子 屈 町 の 健 康 づくりの 推 進 第 1 節 健 康 づくりの 目 標 町 民 一 人 ひとりが 主 体 的 に 健 康 づくりに 取 り 組 み 健 康 的 な 生 活 習 慣 について 考 えることができるよう 行 動 指 針 として 食 育 栄 養 食 生 活 をはじめ8つの 生 活 習 慣 について わかりやすい 健 康 づくりの 目 標 を 設 定 しています また

More information

再 提 案 (10 項 目 ) 部 局 名 提 案 事 項 健 康 福 祉 部 公 立 保 育 所 民 間 立 保 育 所 等 の 一 体 的 な 運 営 を 図 るため 公 立 保 育 所 における 給 食 の 外 部 搬 入 を 特 区 として 認 められている 地 域 において 公 立 保 育

再 提 案 (10 項 目 ) 部 局 名 提 案 事 項 健 康 福 祉 部 公 立 保 育 所 民 間 立 保 育 所 等 の 一 体 的 な 運 営 を 図 るため 公 立 保 育 所 における 給 食 の 外 部 搬 入 を 特 区 として 認 められている 地 域 において 公 立 保 育 作 成 年 月 日 平 成 22 年 6 月 28 日 作 成 部 局 企 画 県 民 部 政 策 室 課 室 名 地 域 振 興 課 [ 兵 庫 県 地 域 再 生 構 造 改 革 特 区 推 進 会 議 ( 平 成 22 年 度 第 1 回 )] 構 造 改 革 特 区 ( 第 18 次 ) 及 び 地 域 再 生 ( 第 8 次 )の 提 案 標 記 の 提 案 については 6 月 7 日 から

More information

Taro-04【まとめ】H28住民負担の軽減

Taro-04【まとめ】H28住民負担の軽減 3. 住 民 負 担 の 軽 減 とサービスの 向 上 事 業 名 軽 減 額 等 内 容 住 民 負 担 の 軽 減 1. 保 育 料 の 据 置 - 保 育 料 を18 年 連 続 で 据 置 ( 市 費 持 ち 出 し 額 1,746,376 千 円 ) 国 の 公 定 価 格 の 増 額 に 伴 い 保 育 料 率 の 引 き 上 げが 避 けられない 中 子 育 て 支 援 の 充 実 や

More information

Microsoft Word - 第1回.docx

Microsoft Word - 第1回.docx 会 議 録 会 議 名 開 催 日 時 開 催 場 所 第 1 回 東 浦 町 高 齢 者 福 祉 推 進 協 議 会 平 成 26 年 10 月 7 日 ( 火 ) 午 後 1 時 30 分 から3 時 10 分 東 浦 町 勤 労 福 祉 会 館 2 階 会 議 室 C 出 席 者 吉 田 正 和 氏 安 田 裕 政 氏 近 藤 静 香 氏 戸 田 幸 子 氏 尾 野 大 輔 氏 神 谷 英 一

More information

施 設 所 在 地 東 海 九 州 北 海 道 東 北 関 東 近 畿 中 国 四 国 北 陸 沖 縄 49 47 119 157 63 114 45 92 設 置 形 態 単 独 設 置 特 養 と 併 設 その 他 と 併 設 302 237 139 定 員 30 人 以 下 31~50 人 5

施 設 所 在 地 東 海 九 州 北 海 道 東 北 関 東 近 畿 中 国 四 国 北 陸 沖 縄 49 47 119 157 63 114 45 92 設 置 形 態 単 独 設 置 特 養 と 併 設 その 他 と 併 設 302 237 139 定 員 30 人 以 下 31~50 人 5 平 成 23 年 度 居 住 型 施 設 ( 軽 費 ) 実 態 調 査 アンケート 報 告 書 Ⅰ. 調 査 概 要 1. 調 査 の 目 的 本 調 査 は 軽 費 の 会 員 施 設 における 実 態 を 把 握 することを 目 的 として 実 施 したものである 2. 調 査 対 象 軽 費 会 員 施 設 :1,148 ヶ 所 3. 調 査 実 施 時 期 平 成 23 年 12 月 2

More information

2) 構 音 について 口 唇 舌 などの 発 語 器 官 を 用 いて 音 を 作 っています このこと を 構 音 と い い ま す た と え ば パ 行 バ 行 を 産 生 す る 時 は 口 唇 を 使 っています( 図 3 1) タ 行 の 場 合 は 舌 の 前 が 前 歯 の 上

2) 構 音 について 口 唇 舌 などの 発 語 器 官 を 用 いて 音 を 作 っています このこと を 構 音 と い い ま す た と え ば パ 行 バ 行 を 産 生 す る 時 は 口 唇 を 使 っています( 図 3 1) タ 行 の 場 合 は 舌 の 前 が 前 歯 の 上 口 唇 口 蓋 裂 の 言 語 治 療 九 州 大 学 病 院 顎 顔 面 口 腔 外 科 言 語 療 法 室 長 谷 川 幸 代 口 唇 口 蓋 裂 の お 子 さ ん に は 哺 乳 齲 蝕 ( 虫 歯 ) 歯 並 び 咬 合 中 耳 炎 ことばなどいろいろな 心 配 なことがあるため 治 療 に は 言 語 聴 覚 士 の みでな く 口 腔 外 科 小 児 歯 科 矯 正 歯 科 耳 鼻 科

More information

理 学 療 法 科 小 泉 千 秋 摂 食 嚥 下 障 害 とは 食 べることの 障 害 です 食 べることは 誰 もが 毎 日 行 っている 身 近 な 活 動 であり 栄 養 摂 取 のために 必 ず 必 要 なことになります それだけ 身 近 な 障 害 なので 最 近 は 医 療 の 面 か

理 学 療 法 科 小 泉 千 秋 摂 食 嚥 下 障 害 とは 食 べることの 障 害 です 食 べることは 誰 もが 毎 日 行 っている 身 近 な 活 動 であり 栄 養 摂 取 のために 必 ず 必 要 なことになります それだけ 身 近 な 障 害 なので 最 近 は 医 療 の 面 か 七 沢 リハビリテーション 病 院 脳 血 管 センター 2012 年 1 月 No.31 http://www. n-nokekan -hp.kanagawa -rehab.or.jp/ E-mail nanasomu@kanagawa -rehab.or.jp 243-0121 神 奈 川 県 厚 木 市 七 沢 1304 総 務 局 Tel046-249-2806Fax046-249-2903

More information

障 がいを 理 由 に 書 面 の 交 付 資 料 の 送 付 パンフレットの 提 供 等 を 拒 む 障 がいを 理 由 に 説 明 会 シンポジウム 等 への 出 席 を 拒 む 事 務 事 業 の 遂 行 上 特 に 必 要 ではないにもかかわらず 障 がいを 理 由 に 来 庁 の 際 に

障 がいを 理 由 に 書 面 の 交 付 資 料 の 送 付 パンフレットの 提 供 等 を 拒 む 障 がいを 理 由 に 説 明 会 シンポジウム 等 への 出 席 を 拒 む 事 務 事 業 の 遂 行 上 特 に 必 要 ではないにもかかわらず 障 がいを 理 由 に 来 庁 の 際 に 吹 田 市 における 障 がいを 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 の 留 意 事 項 平 成 28 年 (2016 年 )4 月 に 施 行 された 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 以 下 障 害 者 差 別 解 消 法 という )は 国 地 方 公 共 団 体 及 び 国 民 が 障 がいを 理 由

More information

第2章 健康づくりの現状と課題

第2章 健康づくりの現状と課題 第 2 章 吹 田 市 の 現 状 と 課 題 1 吹 田 市 の 現 状 (1) 人 口 世 帯 数 について 吹 田 市 の 人 口 は 平 成 16 年 (2004 年 )9 月 30 日 現 在 351, 283 人 です うち 65 歳 以 上 は55,017 人 15 歳 ~64 歳 は244,336 人 15 歳 未 満 は51,930 人 です 高 齢 化 率 は 15.7% 少 子

More information

5 月 25 日 2 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 2 GIO: 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 を 理 解 する SBO: 1. 急 性 慢 性 炎 症 性 疾 患 を 説 明 できる 2. 扁 桃 の 疾 患 を 説 明 できる 3. 病 巣 感 染 症 を 説 明 できる 4

5 月 25 日 2 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 2 GIO: 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 を 理 解 する SBO: 1. 急 性 慢 性 炎 症 性 疾 患 を 説 明 できる 2. 扁 桃 の 疾 患 を 説 明 できる 3. 病 巣 感 染 症 を 説 明 できる 4 日 付 時 限 内 容 4 月 6 日 2 総 論 GIO: 耳 鼻 咽 喉 科 疾 患 を 持 つ 患 者 の 診 断 と 治 療 ができるようになるために これらの 系 の 基 本 的 知 識 特 性 を 理 解 する SBO: 1. 耳 疾 患 について 説 明 できる 2. 鼻 疾 患 について 説 明 できる 3. 咽 頭 喉 頭 疾 患 について 説 明 できる 4 月 13 日 2 鼻

More information

第 3 章 歯 科 疾 患 の 予 防 及 び 口 腔 機 能 の 維 持 向 上 のた めの 課 題 全 般 高 齢 者 障 害 者 の 章 立 てが 必 要 ご 意 見 ありがとうございます 今 後 の 課 題 とさせて 頂 きます う 蝕 の 予 防 高 校 生 以 上 の 一 般 成 人 も

第 3 章 歯 科 疾 患 の 予 防 及 び 口 腔 機 能 の 維 持 向 上 のた めの 課 題 全 般 高 齢 者 障 害 者 の 章 立 てが 必 要 ご 意 見 ありがとうございます 今 後 の 課 題 とさせて 頂 きます う 蝕 の 予 防 高 校 生 以 上 の 一 般 成 人 も 県 民 からの 意 見 募 集 和 歌 山 県 歯 と 口 腔 の 健 康 づくり 計 画 ( 案 )に 対 する 意 見 募 集 結 果 及 び について 県 民 募 集 期 間 : 意 見 提 出 件 数 : 12 月 27 日 ~1 月 26 日 意 見 提 出 件 数 65 名 ( 個 人 )149 件 全 般 口 腔 の 健 康 が 全 身 の 健 康 に 関 係 することを 県 民 に

More information

1 検 討 経 過 及 び 目 的 について 平 成 2 4 年 12 月 に 調 布 市 立 小 学 校 で 発 生 し た 食 物 レ ル ギ ー 死 亡 事 故 を 踏 まえ, 調 布 市 で は, 食 物 レ ル ギ ー 事 故 の 再 発 防 止 に 向 け て 調 布 市 食 物 レルギ

1 検 討 経 過 及 び 目 的 について 平 成 2 4 年 12 月 に 調 布 市 立 小 学 校 で 発 生 し た 食 物 レ ル ギ ー 死 亡 事 故 を 踏 まえ, 調 布 市 で は, 食 物 レ ル ギ ー 事 故 の 再 発 防 止 に 向 け て 調 布 市 食 物 レルギ 福 祉 健 康 部 食 物 レルギー 対 策 ワーキングチーム 検 討 結 果 報 告 書 福 祉 健 康 部 食 物 レルギー 対 策 ワーキングチーム 平 成 26 年 3 月 1 検 討 経 過 及 び 目 的 について 平 成 2 4 年 12 月 に 調 布 市 立 小 学 校 で 発 生 し た 食 物 レ ル ギ ー 死 亡 事 故 を 踏 まえ, 調 布 市 で は, 食 物 レ ル

More information

(3) 臨 床 身 体 的, 精 神 的, 医 学 的, 情 緒 的 およびこれらの 重 複 した 障 害 のために, 歯 科 医 療 上, 通 法 治 療 に 困 難 を 伴 う 患 者 をいわゆる 歯 科 的 障 害 者 といい,これらの 患 者 に 適 切 な 行 動 管 理 および 全 身

(3) 臨 床 身 体 的, 精 神 的, 医 学 的, 情 緒 的 およびこれらの 重 複 した 障 害 のために, 歯 科 医 療 上, 通 法 治 療 に 困 難 を 伴 う 患 者 をいわゆる 歯 科 的 障 害 者 といい,これらの 患 者 に 適 切 な 行 動 管 理 および 全 身 2003 年 年 報 顎 顔 面 機 能 修 復 学 講 座 障 害 者 歯 科 学 分 野 DentistryforPersonswithDisabili ties 障 害 者 歯 科 学 分 野 助 教 授 山 崎 統 資 講 師 篠 塚 修 大 学 院 生 関 口 五 郎, 玉 盛 康 香 竹 内 陽 平, 田 村 昌 平 専 攻 生 有 福 愛 美, 松 嶋 麻 実 鈴 木 香 織, 渡 遼

More information

目 次 第 1 部 メディカルタウン 構 想 の 策 定 にあたって 1 構 想 策 定 の 意 義 1 2 地 域 の 特 徴 強 み 2 3 構 想 の 目 指 すところ 4 第 2 部 構 想 実 現 に 向 けた 取 組 み 5 1 医 療 機 器 の 研 究 開 発 の 促 進 6 2 地

目 次 第 1 部 メディカルタウン 構 想 の 策 定 にあたって 1 構 想 策 定 の 意 義 1 2 地 域 の 特 徴 強 み 2 3 構 想 の 目 指 すところ 4 第 2 部 構 想 実 現 に 向 けた 取 組 み 5 1 医 療 機 器 の 研 究 開 発 の 促 進 6 2 地 延 岡 市 メディカルタウン 構 想 平 成 23 年 2 月 21 日 宮 崎 県 延 岡 市 目 次 第 1 部 メディカルタウン 構 想 の 策 定 にあたって 1 構 想 策 定 の 意 義 1 2 地 域 の 特 徴 強 み 2 3 構 想 の 目 指 すところ 4 第 2 部 構 想 実 現 に 向 けた 取 組 み 5 1 医 療 機 器 の 研 究 開 発 の 促 進 6 2 地 場

More information

2 ペインクリニック ペインクリニック 科 に 関 しては 先 ずは 様 々な 痛 みの 症 例 を 正 確 に 診 断 できる 能 力 の 養 成 を 最 大 の 目 標 にします その 過 程 で 薬 物 療 法 神 経 ブロック( 超 音 波 透 視 下 を 含 む) Intervention

2 ペインクリニック ペインクリニック 科 に 関 しては 先 ずは 様 々な 痛 みの 症 例 を 正 確 に 診 断 できる 能 力 の 養 成 を 最 大 の 目 標 にします その 過 程 で 薬 物 療 法 神 経 ブロック( 超 音 波 透 視 下 を 含 む) Intervention 専 攻 医 ( 後 期 臨 床 研 修 )プログラム 西 宮 市 立 中 央 病 院 6. 麻 酔 科 ペインクリニック 科 当 院 の 麻 酔 科 は 手 術 臨 床 麻 酔 に 加 えて 活 発 なペインクリニック 科 と 緩 和 医 療 に 特 徴 があります 日 本 麻 酔 科 学 会 日 本 ペインクリニック 学 会 日 本 緩 和 医 療 学 会 の 研 修 指 定 病 院 であり 2

More information

避難所についての内閣府等のこれまでの対応

避難所についての内閣府等のこれまでの対応 ( 資 料 5 関 連 : 参 考 資 料 ) 避 難 所 の 確 保 と 質 の 向 上 に 関 する 検 討 会 について 平 成 27 年 7 月 22 日 内 閣 府 ( 防 災 担 当 ) 1. 取 組 指 針 での トイレ に 関 する 主 な 規 定 P9 第 1-2-(2) 福 祉 避 難 所 の 整 備 福 祉 避 難 所 とは 要 配 慮 者 のために 特 別 の 配 慮 がなされた

More information

さくらの 教 育 方 針 と 活 動 ~ 総 幼 研 教 育 について いつもたくましく いきいきと 躍 動 する 元 気 な からだ 人 の 話 を 集 中 して 聞 き 自 分 で 考 えて 行 動 できる あたま 誰 とでもやさしい 気 持 ちで 接 し コミュニケーションできる こころ さく

さくらの 教 育 方 針 と 活 動 ~ 総 幼 研 教 育 について いつもたくましく いきいきと 躍 動 する 元 気 な からだ 人 の 話 を 集 中 して 聞 き 自 分 で 考 えて 行 動 できる あたま 誰 とでもやさしい 気 持 ちで 接 し コミュニケーションできる こころ さく 学 校 法 人 麻 上 学 園 さくら 幼 稚 園 平 成 28 年 度 入 園 案 内 園 長 麻 上 昌 幸 047-0156 小 樽 市 桜 1 丁 目 5 番 1 号 0134-54-6106 Fax 0134-54-9010 さくらの 教 育 方 針 と 活 動 ~ 総 幼 研 教 育 について いつもたくましく いきいきと 躍 動 する 元 気 な からだ 人 の 話 を 集 中 して

More information

【分割ファイル4-4】

【分割ファイル4-4】 4 糖 尿 病 - 81 - 糖 尿 病 の 医 療 連 携 体 制 ( 不 可 ) 重 症 急 性 増 悪 時 治 療 目 標 糖 尿 病 昏 睡 等 重 症 な 急 性 合 併 症 の 治 療 を 実 施 すること 求 められる 主 な 機 能 糖 尿 病 昏 睡 等 急 性 合 併 症 の 治 療 が4 時 間 実 施 可 能 であること 等 支 援 機 関 血 糖 コントロール 不 可 例

More information

柏市母子保健計画

柏市母子保健計画 第 4 章 参 考 1 策 定 の 経 過 (1) 検 討 経 過 日 程 柏 市 保 健 衛 生 審 議 会 母 子 保 健 専 門 分 科 会 内 容 平 成 27 年 5 月 1 日 ( 金 ) 第 1 回 (1) 柏 市 母 子 保 健 計 画 策 定 について (2) 柏 市 親 と 子 の 健 康 度 調 査 アンケートについて 平 成 27 年 9 月 1 日 ( 火 ) 第 2 回

More information

モデル「重要事項説明書」

モデル「重要事項説明書」 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 静 岡 なかはら 幼 稚 園 重 要 事 項 説 明 書 1 施 設 運 営 者 名 称 学 校 法 人 大 里 学 園 代 表 者 氏 名 理 事 長 浅 場 孜 所 在 地 静 岡 市 駿 河 区 中 原 524 番 地 電 話 番 号 054-285-6912(1 2 号 認 定 )/054-282-7615(3 号 認 定 ) 法 人 設 立 年 月

More information

05_現状把握指標一覧(H28.1.1時点)【20160113確定版】

05_現状把握指標一覧(H28.1.1時点)【20160113確定版】 5 精 神 疾 患 二 次 保 健 医 療 圏 1 2 3 4 5 かかりつけ 医 等 心 の 健 康 対 応 力 向 上 研 修 参 加 者 数 研 修 の 開 催 回 数 平 成 20 年 度 事 業 報 告 回 376 25 ~23 年 度 研 修 の 受 講 者 数 人 21,275 881 GP 連 携 会 議 の 開 催 地 域 数 及 び 紹 介 システム 構 築 地 区 数 GP 連

More information

首 は 下 あ ご の 骨 の 下 か ら 鎖 骨 の 上 ま で 自 分 の 首 を 両 手 で は さ ん で お さ え て み ま し ょ う 師 首 っ て ど ん な 仕 事 を し て い る か な 子 頭 を の せ て い る 頭 を お さ え て い る 頭 を 動 か し

首 は 下 あ ご の 骨 の 下 か ら 鎖 骨 の 上 ま で 自 分 の 首 を 両 手 で は さ ん で お さ え て み ま し ょ う 師 首 っ て ど ん な 仕 事 を し て い る か な 子 頭 を の せ て い る 頭 を お さ え て い る 頭 を 動 か し の ど の 仕 事 2 0 1 5 年 3 月 4 日 黒 川 理 科 研 究 会 永 澤 義 人 私 は ふ だ ん は 自 分 の か ら だ に つ い て 深 く 考 え る こ と は ほ と ん ど あ り ま せ ん で も 一 昨 年 食 道 癌 に な り 担 当 医 か ら 食 道 癌 の 後 遺 症 で い ち ば ん 多 く 恐 ろ し い の は 誤 飲 に よ る 肺 炎

More information

資 料 3 要 援 護 者 の 障 害 別 の 特 徴 と 災 害 時 のニーズ 災 害 時 要 援 護 者 である 障 害 のある 方 は 日 頃 から 支 援 が 必 要 であり その 支 援 の 方 法 も 障 害 別 に 様 々です 障 害 別 の 特 徴 や 災 害 時 に 必 要 な 支

資 料 3 要 援 護 者 の 障 害 別 の 特 徴 と 災 害 時 のニーズ 災 害 時 要 援 護 者 である 障 害 のある 方 は 日 頃 から 支 援 が 必 要 であり その 支 援 の 方 法 も 障 害 別 に 様 々です 障 害 別 の 特 徴 や 災 害 時 に 必 要 な 支 資 料 2 防 災 災 害 時 の 要 援 護 者 ( 障 害 者 )に 対 する 自 助 共 助 公 助 の 視 点 からみた 対 応 一 覧 表 防 災 対 策 を 考 えるとき また 災 害 が 起 きたときには 自 助 共 助 公 助 の 意 識 が 大 切 と 言 われています 普 段 の 防 災 のための 対 策 や 災 害 が 起 きたときの 対 処 などにおいて 災 害 弱 者 である

More information

Taro-栃木県教育委員会における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領(本文)

Taro-栃木県教育委員会における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領(本文) 栃 木 県 教 育 委 員 会 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 10 条 第 1 項 の 規 定

More information

注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 (ADHD) 1 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 の 概 要 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 (Attention-Deficit / Hyperactivity Disorder)とは 年 齢 あるいは 発 達 に 不 釣 り 合 いな 注 意 力 又

注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 (ADHD) 1 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 の 概 要 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 (Attention-Deficit / Hyperactivity Disorder)とは 年 齢 あるいは 発 達 に 不 釣 り 合 いな 注 意 力 又 Ⅱ LD ADHD 高 機 能 自 閉 症 等 の 理 解 学 習 障 害 (LD) 1 学 習 障 害 の 概 要 学 習 障 害 (Learning Disabilities)とは 基 本 的 には 全 般 的 な 知 的 発 達 に 遅 れはないのに 聞 く 話 す 読 む 書 く 計 算 する 又 は 推 論 する 能 力 のうち 特 定 のものの 習 得 と 使 用 に 著 し い 困 難

More information

××市長_

××市長_ 健 康 福 祉 常 任 委 員 会 視 察 概 要 1 視 察 日 時 平 成 27 年 11 月 4 日 ( 水 ) 午 後 1 時 30 分 から3 時 00 分 まで 2 視 察 先 及 び 視 察 事 項 千 葉 県 浦 安 市 産 前 産 後 ケア 事 業 について 3 視 察 の 目 的 当 市 議 会 では 平 成 26 年 に 請 願 所 沢 市 における 産 後 ケア 事 業 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203236303830332889EE8CEC975C9668816A8BA493AF90B68A888F6497768E968D8090E096BE8F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203236303830332889EE8CEC975C9668816A8BA493AF90B68A888F6497768E968D8090E096BE8F912E646F63> ( 介 護 予 防 ) 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 事 業 重 要 事 項 説 明 書 白 島 荘 グループホーム 華 の 家 箕 面 市 白 島 三 丁 目 5 番 50 号 電 話 番 号 072-725-4165 ( 介 護 予 防 ) 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 事 業 重 要 事 項 説 明 書 あなた またはあなたの 家 族 が 利 用 しようと

More information

計 画 策 定 の 趣 旨 と 背 景 我 が 国 の 平 均 寿 命 は 生 活 環 境 の 改 善 医 学 の 進 歩 等 によって 著 しく 延 伸 しましたが 認 知 症 や 寝 たきりなど 介 護 を 必 要 とする 人 等 の 増 加 により 医 療 介 護 の 社 会 的 負 担 は

計 画 策 定 の 趣 旨 と 背 景 我 が 国 の 平 均 寿 命 は 生 活 環 境 の 改 善 医 学 の 進 歩 等 によって 著 しく 延 伸 しましたが 認 知 症 や 寝 たきりなど 介 護 を 必 要 とする 人 等 の 増 加 により 医 療 介 護 の 社 会 的 負 担 は - 0 - 計 画 策 定 の 趣 旨 と 背 景 我 が 国 の 平 均 寿 命 は 生 活 環 境 の 改 善 医 学 の 進 歩 等 によって 著 しく 延 伸 しましたが 認 知 症 や 寝 たきりなど 介 護 を 必 要 とする 人 等 の 増 加 により 医 療 介 護 の 社 会 的 負 担 は 深 刻 な 問 題 となって います また 食 生 活 や 運 動 など 生 活 習 慣

More information

社会福祉法人 地域サポート 虹

社会福祉法人 地域サポート 虹 (1) 事 業 内 容 平 成 24 年 度 事 業 計 画 書 事 業 所 名 称 : 小 規 模 多 機 能 型 居 宅 介 護 くるみ 社 会 福 祉 法 人 地 域 サポート 虹 小 規 模 多 機 能 型 居 宅 介 護 くるみ (( 介 護 予 防 ) 小 規 模 多 機 能 型 居 宅 介 護 ) 事 業 者 番 号 :1493500134 介 護 保 険 地 域 密 着 型 サービス

More information

(Microsoft Word - 1004_10\214\216\222\262\215\270\203\212\203\212\201[\203X_\215\305\217I\215e.doc)

(Microsoft Word - 1004_10\214\216\222\262\215\270\203\212\203\212\201[\203X_\215\305\217I\215e.doc) 10 月 8 日 は 入 れ 歯 の 日 - 口 腔 ケアと 体 の 健 康 に 関 する 意 識 と 歯 科 医 院 に 行 く 頻 度 の 実 態 調 査 - 2012 年 10 月 吉 日 歯 の 健 康 と 体 の 健 康 は 関 係 があると 思 う 人 は 94.5% しかし 同 じ 歯 科 医 院 に 定 期 的 に 通 っている 人 は 16.9% かかりつけ 歯 科 医 を 持 って

More information

Ⅱ 市 民 の 健 康 づくり-ⅰあなたの 健 康 づくり- 0% 20% 40% 60% 80% 100% 非 常 に 健 康 である まあまあ 健 康 である あまり 健 康 ではない 健 康 ではない 全 体 (N=1372) 性 男 性 (N=6

Ⅱ 市 民 の 健 康 づくり-ⅰあなたの 健 康 づくり- 0% 20% 40% 60% 80% 100% 非 常 に 健 康 である まあまあ 健 康 である あまり 健 康 ではない 健 康 ではない 全 体 (N=1372) 性 男 性 (N=6 Ⅱ 市 民 の 健 康 づくり -ⅰあなたの 健 康 づくり- 自 分 の 健 康 状 態 に 関 する 認 識 問 1 あなたは 現 在 のご 自 分 の 健 康 状 態 をどのように 感 じていますか 次 の 中 か ら あてはまるものに1つ をつけてください 全 体 (N=1372) 健 康 ではない 3.4% 0.5% 非 常 に 健 康 である 15.3% あまり 健 康 ではない 12.9%

More information

はじめに

はじめに 主 題 移 行 期 の 連 携 に おける 教 育 的 ニーズに 応 じた 支 援 の 充 実 ~ 小 学 校 から 中 学 校 に 効 果 的 な 支 援 を 引 き 継 ぐ た めに ~ 熊 本 市 立 山 ノ 内 小 学 校 教 諭 森 川 義 幸 要 約 小 学 校 から 中 学 校 へと 児 童 のライフステージが 変 化 する 際 それぞれの 機 関 が 一 貫 性 のない 支 援 をしてしまえば

More information

Microsoft Word - ★250822【発出版】子ども虐待対応の手引き

Microsoft Word - ★250822【発出版】子ども虐待対応の手引き 第 6 章 1. 各 種 診 断 はどのように 行 うか 児 童 相 談 所 における 子 ども 虐 待 対 応 は 専 門 的 な 科 学 的 知 見 に 基 づき 問 題 の 本 質 背 景 を 分 析 す ることにより 合 理 的 客 観 的 見 地 から 個 々の 事 例 につ の 過 程 が 診 断 であり 診 断 には 児 童 福 祉 司 による 社 会 診 断 児 童 心 理 司 による

More information

① 公 告 茨 城 県 の 給 与 定 員 管 理 等 の 公 表 茨 城 県 の 給 与 定 員 管 理 等 について 次 のとおり 公 表 する 平 成 25 年 3 月 29 日 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 (23 年 度 末 ) 23 年 度 2,973,174 A 1,165,215,035

More information

施設事業計画案

施設事業計画案 平 成 26 年 度 事 業 計 画 書 平 成 2 6 年 4 月 1 日 ~ 平 成 2 7 年 3 月 3 1 日 社 会 福 祉 法 人 ポ プ ラ 福 祉 会 ポ プ ラ 保 育 園 1. 保 育 事 業 の 目 的 児 童 福 祉 法 第 24 条 及 び 37 条 の 規 定 に 基 づ き 乳 児 及 び 幼 児 の 保 育 を 行 う 2 施 設 運 営 の 全 般 の 方 針 (1)

More information

( 管 理 者 の 責 務 ) 第 5 条 管 理 者 ( 教 育 委 員 会 の 管 理 職 をいう )は, 前 2 条 の 趣 旨 を 踏 まえ, 障 害 を 理 由 とす る 差 別 の 解 消 を 推 進 するため, 次 に 掲 げる 事 項 を 実 施 しなければならない (1) 日 常

( 管 理 者 の 責 務 ) 第 5 条 管 理 者 ( 教 育 委 員 会 の 管 理 職 をいう )は, 前 2 条 の 趣 旨 を 踏 まえ, 障 害 を 理 由 とす る 差 別 の 解 消 を 推 進 するため, 次 に 掲 げる 事 項 を 実 施 しなければならない (1) 日 常 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 広 島 県 教 育 関 係 職 員 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は, 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 10 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき,また, 障 害 を 理 由

More information

表紙

表紙 15. 母 子 健 康 手 帳 交 付 時 期 と 妊 娠 産 及 びその 児 の 健 康 関 連 問 題 の 実 態 飯 田 芳 枝 ( 石 川 県 こころの 健 康 センター) 竹 島 ゆり ( 健 康 福 祉 部 少 子 化 対 策 監 室 母 子 保 健 食 育 グループ) 茗 荷 谷 弘 子 ( 小 松 市 いきいき 健 康 課 すこやかセンター) 目 的 母 子 健 康 手 帳 の 交

More information

目 次 1 事 業 運 営 計 画 ------------------------------------------------- P 1 2 目 指 すべき 施 設 像 --------------------------------------------- P 2 3 課 題 解 決 に

目 次 1 事 業 運 営 計 画 ------------------------------------------------- P 1 2 目 指 すべき 施 設 像 --------------------------------------------- P 2 3 課 題 解 決 に 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 しらとり 保 育 所 目 次 1 事 業 運 営 計 画 ------------------------------------------------- P 1 2 目 指 すべき 施 設 像 --------------------------------------------- P 2 3 課 題 解 決 に 向 けた 取 組 -----------------------------------------

More information

市民提案型・行政提案型 協働事業提案書

市民提案型・行政提案型 協働事業提案書 第 1 号 様 式 -2 市 民 提 案 型 行 政 提 案 型 協 働 事 業 提 案 書 A 事 業 の 名 称 B 提 案 事 業 の 概 要 キーワード: 介 護 予 防, 家 族 支 援,リハビリテーション, 地 域 包 括 ケア 介 護 予 防 と 家 族 支 援 を 主 体 とした 地 域 リハビリテーション 推 進 事 業 1. 現 状 課 題 (150 文 字 程 度 ) 超 高

More information

石川中央リーダー研修 平成24年度在宅医療連携拠点事業 その後

石川中央リーダー研修 平成24年度在宅医療連携拠点事業 その後 地 域 包 括 ケア 私 捨 夢 の 構 築 平 成 24 年 度 平 成 27 年 在 宅 療 養 体 制 の 充 実 に 向 けて システムづくりの 極 意 私 捨 て 夢 と 表 記 する システムづくりには 各 自 の 私 的 な 立 場 思 惑 を 捨 てて 全 体 の 立 場 から 共 通 の 夢 ( 目 標 )を 描 き 各 自 に 期 待 される 役 割 を 適 切 に 位 置 付

More information

平成12年7月10日

平成12年7月10日 平 成 21 年 8 月 26 日 横 浜 市 長 様 横 浜 市 心 身 障 害 児 者 を 守 る 会 連 盟 代 表 幹 事 八 島 敏 昭 事 務 所 222-0035 港 北 区 鳥 山 町 1752 横 浜 ラホ ール 3 階 団 体 交 流 室 電 話 045-475-2062.2063 fax 045-475-2064 e-mail mamorukai@hamashinren.or.jp

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208179938C91E591E58A7789408BE090B690E690B6817A94AD955C8E9197BF>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208179938C91E591E58A7789408BE090B690E690B6817A94AD955C8E9197BF> 発 達 障 害 者 支 援 関 係 報 告 会 トゥレット 障 害 を 含 むチック 障 害 金 生 由 紀 子 東 京 大 学 大 学 院 医 学 系 研 究 科 こころの 発 達 医 学 分 野 東 京 大 学 医 学 部 附 属 病 院 こころの 発 達 診 療 部 厚 生 労 働 省 講 堂 2014 年 2 月 24 日 16:10~16:30 トゥレット 障 害 を 含 むチック 障 害

More information

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残 交 通 事 故 防 止 ガ イ ド ラ イ ン 平 成 1 8 年 度 は じ め に 大 磯 町 教 育 委 員 会 ( 平 成 1 8 年 1 0 月 3 1 日 改 正 ) 神 奈 川 県 全 国 の 教 職 員 の 交 通 事 故 が 多 発 し て い ま す 文 部 科 学 省 の 2 0 0 2 年 度 調 査 に よ る と, 交 通 事 故 に 関 わ る 懲 戒 処 分 を 受

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819989BC96F35F4865616C74685F8F9096BC93FC82E897705F83548343839393FC82E88DC58F4994C55F5265762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819989BC96F35F4865616C74685F8F9096BC93FC82E897705F83548343839393FC82E88DC58F4994C55F5265762E646F63> 母 子 の 健 康 の 推 進 ( 仮 訳 ) 問 題 の 大 きさとその 重 要 性 地 域 格 差 家 庭 地 域 社 会 そして 経 済 の 健 全 性 は 女 性 の 健 康 と 密 接 不 可 分 な 関 係 にある しかし 今 なお 世 界 のどこかでは 妊 娠 や 出 産 のために 女 性 が 100 秒 間 に 1 人 の 割 合 で 命 を 落 としてい る 母 親 と 子 供 の

More information

(4) 市 有 施 設 利 用 料 金 減 免 の 継 続 旭 川 市 7 条 駐 車 場 いきいきセンター 新 旭 川 いきいきセンター 永 山 いきいきセンター 神 楽 近 文 市 民 ふれあい センター 有 料 公 園 施 設,パークゴルフ 場 旭 川 市 総 合 防 災 センター 旭 川 市

(4) 市 有 施 設 利 用 料 金 減 免 の 継 続 旭 川 市 7 条 駐 車 場 いきいきセンター 新 旭 川 いきいきセンター 永 山 いきいきセンター 神 楽 近 文 市 民 ふれあい センター 有 料 公 園 施 設,パークゴルフ 場 旭 川 市 総 合 防 災 センター 旭 川 市 第 2 次 旭 川 市 障 害 者 計 画 の 進 捗 状 況 資 料 4 節 具 体 的 施 策 取 組 区 分 取 組 内 容 第 1 節 Ⅰ 生 活 支 援 1 相 談 体 制 の 整 備 (1) 各 相 談 支 援 機 関 の 連 携 強 化 旭 川 市 障 害 者 福 祉 センター 内 に, 旭 川 市 障 害 者 総 合 相 談 支 援 センターあそーと,かみかわ 相 談 支 援 センターねっと,

More information

地震対応マニュアル(防災計画・避難計画などを含む)の見直しについて

地震対応マニュアル(防災計画・避難計画などを含む)の見直しについて 学 校 防 災 マニュアル ( 修 正 版 ) 本 マニュアルは 平 成 24 年 3 月 に 全 面 改 定 した 学 校 防 災 マニュアルを 平 成 25 年 3 月 に 修 正 された 目 黒 区 地 域 防 災 計 画 と 整 合 性 を 図 るため 平 成 25 年 6 月 に 一 部 修 正 したものである 平 成 25 年 6 月 目 黒 区 教 育 委 員 会 目 次 災 害 時

More information

救急科  臨床研修プログラム

救急科  臨床研修プログラム 13. 救 急 科 初 期 臨 床 研 修 カリキュラム 特 徴 1. 内 因 性 疾 患 外 傷 熱 中 症 急 性 薬 物 中 毒 各 種 ショック ( 出 血 敗 血 症 アナフィラ キシーなど) 院 外 心 肺 機 能 停 止 など 軽 症 から 超 重 症 まで 診 るER 型 救 急 を 行 っている 2. 初 療 処 置 諸 検 査 を 行 い 診 断 がついた 時 点 で 各 科 専

More information

精神保健福祉相談業務

精神保健福祉相談業務 精 神 保 健 福 祉 基 礎 研 修 ( 基 礎 知 識 編 ) ~ 精 神 保 健 福 祉 の 法 体 系 施 策 と 社 会 資 源 ~ 平 成 25 年 4 月 25 日 こころの 健 康 センター 技 術 指 導 課 三 上 政 和 1 今 日 お 話 させていただく 内 容 1 精 神 保 健 福 祉 の 法 体 系 (1) 精 神 保 健 及 び 精 神 障 害 者 福 祉 に 関 する

More information

別紙3

別紙3 平 成 26 年 度 保 健 福 祉 局 予 算 要 求 方 針 目 次 1 平 成 26 年 度 保 健 福 祉 局 予 算 要 求 総 括 表 及 び 経 営 方 針 1 2 重 点 的 に 取 り 組 みを 行 う 主 なもの 5 1 平 成 26 年 度 保 健 福 祉 局 予 算 要 求 総 括 表 及 び 経 営 方 針 (1) 平 成 26 年 度 保 健 福 祉 局 予 算 要 求

More information

設 広 報 誌 や 法 人 ホームページを 利 用 し 開 示 に 行 う 事 業 所 運 営 状 況 や 事 故 苦 情 情 報 についても 開 示 を 行 っている (5) 特 定 計 画 相 談 支 援 事 業 障 害 者 総 合 支 援 法 の 理 念 に 基 づき 障 害 者 特 定 相

設 広 報 誌 や 法 人 ホームページを 利 用 し 開 示 に 行 う 事 業 所 運 営 状 況 や 事 故 苦 情 情 報 についても 開 示 を 行 っている (5) 特 定 計 画 相 談 支 援 事 業 障 害 者 総 合 支 援 法 の 理 念 に 基 づき 障 害 者 特 定 相 1. 施 設 運 営 支 援 方 針 予 算 計 画 平 成 26 年 度 東 堀 切 くすのき 園 事 業 計 画 書 (1) 施 設 運 営 法 人 理 念 自 分 を 愛 するように あなたの 隣 人 を 愛 せよ の 具 現 化 のため 事 業 運 営 のさらなる 安 定 と 法 人 及 び 事 業 所 が 定 めた 経 営 目 標 に 従 い 利 用 者 支 援 サービスの 質 的 な 向

More information

特別養護老人ホーム麻布慶福苑・事業計画

特別養護老人ホーム麻布慶福苑・事業計画 特 別 養 護 老 人 ホーム 麻 布 慶 福 苑 事 業 計 画 特 別 養 護 老 人 ホーム 麻 布 慶 福 苑 ( 以 下 慶 福 苑 という )は 利 用 定 100 床 の 指 定 介 護 老 人 福 祉 施 設 及 び 利 用 定 4 床 の 短 期 入 所 生 活 介 護 事 業 所 としての 認 可 を 受 け 施 設 運 営 を 行 っています 平 成 27 年 度 国 の 介

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 第 2 節 脳 卒 中 1. 現 状 と 課 題 (1) 脳 卒 中 の 発 症 状 況 脳 卒 中 ( 脳 血 管 疾 患 )とは 脳 の 血 管 に 血 栓 が 詰 まって 起 こる 脳 梗 塞 脳 の 細 い 血 管 が 破 れて 起 こる 脳 出 血 脳 の 血 管 にできたこぶ( 動 脈 瘤 )が 破 れること 等 によって 起 こる くも 膜 下 出 血 等 の 症 状 をあわせた 総

More information

診療行為コード

診療行為コード 別 添 5 オンライン 又 は 光 ディスク 等 による 請 求 に 係 る 診 療 行 為 コード ( 医 科 用 DPC 用 ) 平 成 20 年 4 月 版 凡 例 1 診 療 行 為 コードは 次 により 設 定 している (1) コードの 設 定 対 象 範 囲 コードの 設 定 対 象 範 囲 は 診 療 報 酬 の 算 定 方 法 ( 平 成 20 年 3 月 5 日 厚 生 労 働

More information

平成14年度財団法人武蔵野市福祉公社事業報告

平成14年度財団法人武蔵野市福祉公社事業報告 平 成 6 年 度 事 業 計 画 書 公 益 財 団 法 人 武 蔵 野 市 福 祉 公 社 目 次 Ⅰ 平 成 6 年 度 運 営 方 針 ( 重 点 項 目 ) 1 中 長 期 事 業 計 画 及 び 財 政 健 全 化 計 画 の 策 定 有 償 在 宅 福 祉 サ ー ビ ス と 権 利 擁 護 事 業 の 事 業 変 更 及 び 体 制 整 備 Ⅱ 本 部 事 業 有 償 在 宅 福 祉

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 第 一 部 地 域 医 療 に 関 しての 意 識 調 査 報 告 発 表 / 暮 らし 満 足 度 向 上 委 員 会 1 いわきの 医 療 環 境 改 善 へ 向 け 市 民 医 療 従 事 者 双 方 へのアンケートを 実 施 本 年 7 月 から8 月 末 にかけて 下 記 のアンケートを 実 施 A: 市 民 への 医 療 環 境 意 識 調 査 回 答 数 :610 件 B: 医 療 機

More information

素 案

素 案 職 員 のための 子 育 て 応 援 ハンドブック 平 成 27 年 10 月 高 崎 市 総 務 部 職 員 課 はじめに 働 きながら 子 どもを 産 み 育 てていくためには 家 族 の 協 力 が 何 より 大 切 ですが 子 育 て の 大 切 さを 理 解 し 支 援 する 職 場 環 境 も 重 要 です 高 崎 市 では 男 性 女 性 を 問 わず 子 育 て 中 の 職 員 も

More information

278 労 働 社 会 保 障 介 護 保 険 サービス 給 付 状 況 ( 平 成 26 )

278 労 働 社 会 保 障 介 護 保 険 サービス 給 付 状 況 ( 平 成 26 ) 労 働 社 会 保 障 277 15 労 働 社 会 保 障 一 般 職 業 紹 介 状 況 278 労 働 社 会 保 障 介 護 保 険 サービス 給 付 状 況 ( 平 成 26 ) 労 働 社 会 保 障 279 15-1 一 般 職 業 紹 介 状 況 新 規 新 規 一 般 求 職 申 込 件 数 他 県 安 定 所 よ 一 般 就 職 件 数 一 般 求 人 数 り 連 絡 を 受 け

More information

1 様 人 工 肛 門 (ストーマ)について 大 阪 市 立 大 学 医 学 部 附 属 病 院 消 化 器 外 科 主 治 医 説 明 をした 日 年 月 日 1.はじめに 人 工 肛 門 というと 人 工 の 器 具 のようなものを 想 像 する 人 も 多 いのですが 人 工 物 をお 腹 につけるわけではありません すべて 自 分 の 腸 や 尿 の 管 を 用 いて 便 や 尿 の 出 口 をつくるわけです

More information

平成21年度 医療的ケア ヒヤリハット事例    月

平成21年度 医療的ケア ヒヤリハット事例    月 平 成 26 年 度 医 療 的 ケアしおり 千 葉 県 立 柏 特 別 支 援 学 校 1 本 校 では 千 葉 県 立 特 別 支 援 学 校 における 医 療 的 ケアガイドライン に 基 づき 本 校 に 在 籍 する 医 療 的 ケア を 必 要 とする 児 童 生 徒 が 健 康 で 安 全 な 学 校 生 活 を 送 れるために 可 能 な 条 件 範 囲 中 で 医 療 的 ケアを

More information

取 るケースのみ 入 所 施 設 からGH CHへの 移 行 については 施 設 敷 地 内 や 近 隣 地 域 の 系 列 GH CH へ 入 所 するケースが80%を 超 える 状 況 2 施 設 への 新 規 入 所 者 の 実 績 ( 人 数 ) 施 設 の 種 類 21 年 度 22 年

取 るケースのみ 入 所 施 設 からGH CHへの 移 行 については 施 設 敷 地 内 や 近 隣 地 域 の 系 列 GH CH へ 入 所 するケースが80%を 超 える 状 況 2 施 設 への 新 規 入 所 者 の 実 績 ( 人 数 ) 施 設 の 種 類 21 年 度 22 年 資 料 2 平 成 26 年 5 月 19 日 保 健 福 祉 審 議 会 第 4 回 障 害 部 会 資 料 入 所 等 から 地 域 生 活 への 移 行 の 促 進 について 現 状 ⑴ 施 設 入 所 者 の 実 績 1 旧 法 施 設 入 所 者 の 退 所 実 績 ( 人 数 ) 地 域 移 行 者 のみ ア 身 体 障 害 者 入 所 施 設 からの 退 所 実 績 移 行 先 21

More information

Microsoft Word - 方法及び技術的基準の補足的事項

Microsoft Word - 方法及び技術的基準の補足的事項 別 紙 児 童 生 徒 学 生 幼 児 及 び 職 員 の 健 康 診 断 の 方 法 及 び 技 術 的 基 準 の 補 足 的 事 項 について 学 校 保 健 安 全 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 56 号 ) 第 13 条 第 1 項 及 び 同 法 第 15 条 第 1 項 の 健 康 診 断 の 方 法 及 び 技 術 的 基 準 については 同 法 第 17 条 第 1 項 の

More information

なければ 来 ないと 足 元 を 見 られているというところがあり 極 力 このような 点 も 近 隣 の 団 体 をよく 見 て 厳 しめに 設 定 をすること 病 院 の 規 模 について この 医 療 圏 の 中 で 必 要 とされる 今 後 の 病 床 数 と 現 在 の 稼 働 病 床 数

なければ 来 ないと 足 元 を 見 られているというところがあり 極 力 このような 点 も 近 隣 の 団 体 をよく 見 て 厳 しめに 設 定 をすること 病 院 の 規 模 について この 医 療 圏 の 中 で 必 要 とされる 今 後 の 病 床 数 と 現 在 の 稼 働 病 床 数 財 政 運 営 方 針 等 に 関 するヒアリング 指 摘 事 項 1 日 時 平 成 27 年 8 月 10 日 ( 月 ) 午 前 10 時 30 分 ~ 午 後 4 時 45 分 2 場 所 銚 子 市 役 所 3 出 席 者 ( 県 ) 市 町 村 課 : 関 口 課 長 飯 田 副 課 長 ( 行 政 班 ) 石 田 班 長 山 根 副 主 査 東 柳 主 事 ( 財 政 班 ) 林 班

More information

Microsoft Word - ”‚Š¿…V…−†[…YNo19-7.doc

Microsoft Word - ”‚Š¿…V…−†[…YNo19-7.doc じん 臓 機 能 障 害 (1 級 3 級 4 級 ) じん 臓 は 体 の 適 切 な 水 分 量 や 必 要 な 塩 分 量 の 調 節 老 廃 物 の 排 泄 血 圧 や 血 液 成 分 の 数 時 間 から 数 日 にわたる 比 較 的 緩 やかな 継 続 的 な 調 節 を 主 な 機 能 としてしている この 機 能 に 障 害 があると 体 内 の 水 分 量 や 塩 分 の 調 節

More information