*山下小研究誌.indb

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "*山下小研究誌.indb"

Transcription

1 自 立 活 動 学 習 指 導 案 難 聴 通 級 指 導 教 室 (たいよう 教 室 )1 人 (1 年 男 子 ) 指 導 者 渡 邊 貴 久 1 題 材 名 ことばをあつめよう 2 題 材 について ⑴ 題 材 の 価 値 対 象 となる 子 どもは, 補 聴 器 を 装 用 し, 主 に 聴 覚 口 話 法 により 他 者 とのコミュニケーションをとっ ている これまでに, 傾 聴 についての 基 本 的 な 態 度 を 養 うための 学 習 や 時 と 場 に 合 ったあいさつを する 学 習, 絵 カード などを 使 い 物 の 名 前 を 知 る 学 習 をしてきた 傾 聴 については, 話 す 相 手 の 口 の 形 を 見 るという 基 本 的 なことを 学 習 したが,まだ 身 に 付 いているとは 言 えず, 継 続 して 指 導 を している あいさつは, 促 されると 時 と 場 に 合 ったあいさつができるようになってきている また, 絵 カード について, 何 を 示 しているのか 答 えることのできるカード 数 も 増 えており, 絵 カード の 名 前 を 答 える 活 動 に 意 欲 的 である しかし, 名 詞 としての 物 の 名 前 は 知 っているが, 物 の 使 い 方 や, 物 を 使 う 際 の 動 きの 言 葉 についての 理 解 は 十 分 とは 言 えない そこで 本 題 材 では, 傾 聴 態 度 を 確 認 して 教 師 の 話 を 聞 き, 文 字 を 書 く 場 面 を 設 定 し,よりよい 傾 聴 態 度 を 身 に 付 けることができるようにする また, 題 材 を 通 して, 絵 辞 典 を 活 用 して 言 葉 を 調 べ る 活 動 を 設 定 し, 絵 辞 典 を 積 極 的 に 活 用 しようとする 態 度 を 養 いたい さらに 絵 カード とそれ に 合 う 動 きの 言 葉 カード を 組 み 合 わせたり, 組 み 合 わせた 言 葉 を 基 に 実 際 に 動 作 化 したりする ことで 語 いを 増 やすことができるようにしたい 指 導 に 当 たっては,まず, 分 からない 言 葉 や 難 しい 言 葉 を 調 べる 方 法 として 絵 辞 典 があることを 知 り, 教 師 と 一 緒 に 調 べ, 調 べた 言 葉 に 付 箋 を 貼 ることで, 語 いが 増 えることを 楽 しみながら,た くさんの 言 葉 を 知 りたいという 意 欲 をもつことができるようにする に, 子 どもが 興 味 をもって いる 探 検 をする という 要 素 を 取 り 入 れた 題 材 の 構 成 を 工 夫 することで, 子 どもが 意 欲 をもって 取 り 組 むことができるようにする また, 各 時 間 は, 子 どもの 身 近 な 日 常 生 活 に 関 する 動 物, 運 動, 衣 服, 食 べ 物 に 関 する 物 と,それらに 関 係 する 動 きを 表 す 言 葉 を 設 定 することで, 子 どもが 状 況 や 動 作 を 思 い 浮 かべることができるようにする 活 動 では, 話 す 相 手 の 口 を 見 ながら, 教 師 が 発 音 する 絵 カード に 表 された 動 きの 言 葉 を 聞 き 取 り,その 言 葉 を 書 くようにすることで, 傾 聴 についての 基 本 的 な 態 度 を 養 うことができるようにする そして, 絵 カード に 書 いた 言 葉 を 教 師 と 一 緒 に 絵 辞 典 で 調 べることで, 絵 辞 典 のイラストや 説 明 で 言 葉 の 意 味 を 知 ることができるよ うにする その 際 に, 調 べた 言 葉 のページに 付 箋 を 貼 り 付 けていくことで, 自 分 が 調 べて 知 った 語 いが 増 えていく 喜 びを 感 じることができるようにする 調 べることができた 言 葉 の 絵 カード と 動 きの 言 葉 カード を 組 み 合 わせたり, 組 み 合 わせた 言 葉 を 動 作 化 したりして 確 認 することで, 動 き 方 が 分 かり, 言 葉 を 実 際 の 場 面 で 使 うことができるようにする 題 材 のまとめでは, 本 題 材 で 調 べ てきた 言 葉 を 使 うゲームをすることで, 学 習 した 言 葉 への 理 解 を 深 めることができるようにする このような 学 習 を 通 して, 在 籍 校 での 学 校 生 活 や, 家 庭 での 日 常 生 活 の 中 で 分 からない 言 葉 を 教 師 や 保 護 者 と 調 べることができるようになると 考 える また, 絵 辞 典 への 付 箋 の 数 が 増 えることで, 自 分 が 知 った 語 いが 増 えていることを 感 じ,もっと 言 葉 を 調 べたい, 知 りたいという 気 持 ちが 育 っ ていくものと 考 える ⑵ 題 材 の 目 標 教 師 が 話 す 言 葉 を, 教 師 の 口 の 形 を 見 ながら 聞 くことができる 言 葉 を 組 み 合 わせたり,クイズをしたりする 活 動 を 楽 しみながら 取 り 組 むことができる 絵 カード とそれに 合 う 動 きの 言 葉 カード を 積 極 的 に 活 用 して 組 み 合 わせたり, 組 み 合 わせた 言 葉 を 実 際 に 動 作 化 したりすることで 語 いを 増 やすことができる 175

2 ⑶ 子 どもの 実 態 教 育 的 ニ ー ズ 環 境 の 把 握 ( 聴 力 ) コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン 語 い 発 音 人 間 関 係 の 形 成 傾 聴 態 度 言 語 の 形 成 行 動 観 察 か ら ( 認 知 の 特 性 ) 自 分 の 思 いや 考 えを 言 葉 で 相 手 に 伝 えることができること 相 手 の 話 が 聞 き 取 れなかった 言 葉 や, 意 味 の 分 からない 言 葉 について, 相 手 に 聞 き 返 したり 尋 ねたりすることができること 右 左 補 聴 器 装 用 時 49db 補 聴 器 装 用 時 44db 語 いが 増 えつつあり, 日 常 生 活 で 使 う 物 の 名 前 については 答 えることがで きることが 多 い しかし,その 物 の 使 い 方 や, 使 い 方 に 関 する 動 きの 言 葉 に ついては 知 らないことが 多 い 50 音 は 読 むことができるが, 促 音 拗 音 がある 単 語 を 読 めなかったり, 発 声 を 苦 手 にしていたりすることがある 発 音 は 聞 き 取 りやすくなりつつあるが,まだ 不 明 瞭 である その 中 でもサ 行 の 発 音 を 苦 手 にしている 遊 びやあいさつなど 日 常 のコミュニケーションの 中 で, 恥 ずかしさから 視 線 をそらすことがある 集 団 の 中 では, 周 りの 人 から 声 を 掛 けられることが 多 く, 自 分 から 相 手 に 働 き 掛 けることは 少 ない 話 をする 相 手 の 方 を 見 て, 話 を 聞 こうとする 態 度 が 少 しずつ 育 ってきて いる 興 味 のある 内 容 については, 聞 き 取 れなかった 場 合 に 相 手 の 目 をじっと 見 る 反 応 を 返 すことが, 徐 々にではあるができるようになってきた 絵 カードを 使 っての 簡 単 な 問 いに 対 して 物 の 名 前 を 表 すものであれば,ほ ぼ 答 えることができるが, 不 明 瞭 な 言 葉 が 多 く 相 手 に 伝 わりにくいときがあ る ( 例 ) 消 防 車 とうぼうた 身 近 な 出 来 事 を2 語 文 程 度 の 文 を2~3 個 つなげて 文 章 にして 書 くことが できる 聞 いたことや 自 分 が 答 えたことを 書 く 際 に, 面 倒 くさがったり, 書 くこと を 途 中 でやめたりすることがある 自 分 の 思 い 通 りにならなかった 場 合, 周 りの 言 葉 を 受 け 入 れられず, 物 に 当 たったり, 声 を 上 げて 涙 を 流 したりすることがある 3 指 導 に 当 たって( 研 究 との 関 連 ) 思 考 活 動 を 促 す 学 習 指 導 つかむ 見 通 す 過 程 ( 思 考 場 面 1)では, 前 時 の 活 動 で 使 った 絵 カード と 動 きの 言 葉 カー ド を 使 った 問 題 を 出 題 する そして, 前 時 の 活 動 を 想 起 できるようにすることで, 本 時 において も 言 葉 を 組 み 合 わせるという 活 動 に 取 り 組 むことへの 意 識 を 高 める 活 動 する 過 程 ( 思 考 場 面 2)では, 教 師 が 提 示 した 動 きを 表 す 絵 カード を 見 て, 絵 辞 典 で 調 べた 言 葉 をカードに 書 き, 絵 カード と 動 きの 言 葉 カード を 組 み 合 わせることで, 楽 し みながら 語 いを 増 やす 活 動 ができるようにする また, 実 際 に 組 み 合 わせた 言 葉 を 動 作 化 して 表 現 することで, 学 習 した 言 葉 を 使 うことができるようにする 振 り 返 る 過 程 ( 思 考 場 面 3)では, 絵 辞 典 の 付 箋 の 枚 数 やポイントシールの 枚 数 を 振 り 返 る ことで, 語 いを 増 やすことができたという 達 成 感 を 高 めることができるようにする そして, 本 時 で 学 習 した 絵 カード や 自 作 した 動 きの 言 葉 カード を 家 庭 に 持 ち 帰 って, 実 際 に 使 うことが できるかどうか 保 護 者 に 確 認 してもらうことで, 日 常 生 活 においても 学 習 した 言 葉 を 使 っていこう とする 意 識 を 高 めることができるようにする 評 価 資 料 を 生 かした 指 導 理 解 が 難 しい 言 葉 については 評 価 資 料 でチェックし, 時 の 学 習 の 導 入 時 に 重 点 的 に 復 習 するこ とで, 理 解 を 深 めることができるようにする また, 評 価 資 料 での 見 取 りは 家 庭 にも 伝 え, 家 庭 で も 保 護 者 と 取 り 組 むことができるようにする 176

3 4 指 導 計 画 ( 全 6 時 間 ) 時 間 指 導 のねらいと 主 な 活 動 内 容 絵 辞 典 楽 しいな 一 題 材 全 体 の 流 れが 分 かり, 意 欲 をもって 学 習 に 取 り 組 むことが できる また, 絵 辞 典 の 使 い 方 を 知 り, 使 う 楽 しさを 味 わいなが 1 ら 教 師 と 一 緒 に 調 べることができる 1 題 材 マップを 使 って,どのような 学 習 をするか 知 る 2 絵 辞 典 の 使 い 方 を 知 る ( 見 方, 調 べ 方, 付 箋 紙 の 貼 り 方 に ついて) 3 絵 辞 典 を 使 って 言 葉 を 調 べる 言 葉 探 検 に 行 こう1( 動 物 島 編 ) 動 物 島 で, 動 物 の 名 称, 様 子 や 動 きに 関 する 言 葉 を 調 べて, 語 1 いを 増 やすことができる 言 葉 探 検 に 行 こう2(スポーツ 島 編 ) スポーツ 島 で, 運 動 の 名 称 や 動 きに 関 する 言 葉 を 調 べて 動 作 化 1 し, 語 いを 増 やすことができる 二 言 葉 探 検 に 行 こう3( 洋 服 島 編 ) 洋 服 島 で, 衣 服 の 名 称 やそれに 関 する 言 葉 を 調 べて 動 作 化 し, 1 語 いを 増 やすことができる 言 葉 探 検 に 行 こう4(レストラン 島 編 ) 1 レストラン 島 で, 食 べ 物 の 名 称 や 食 べることに 関 する 言 葉 を 調 ( 本 べて 動 作 化 し, 語 いを 増 やすことができる 時 ) 言 葉 探 検 ゲームをしよう これまでに 学 習 してきた 言 葉 を 使 うことができるか, 確 認 する 三 ことができる 1 1 これまでに 調 べてきた 言 葉 を, 絵 辞 典 の 付 箋 が 付 いたページ で 確 認 する 2 言 葉 くっつきゲームをする 3 題 材 の 振 り 返 りをする 家 庭 や 在 籍 校 との 連 携 目 標 家 庭 通 級 の 時 間 に 学 習 した 言 葉 を 家 族 に 話 すことが できる 在 籍 学 級 通 級 の 時 間 に 学 習 した 言 葉 を 担 任 に 伝 えること ができる 家 庭 ( 第 1 週 6 週 ) 通 級 指 導 教 室 で 使 った 絵 カード と, 自 作 し た 動 きの 言 葉 カード を 家 庭 に 持 ち 帰 るように し,そのカードを 組 み 合 わせる 活 動 を 保 護 者 と 一 緒 に 行 うようにする そ の 際, できたかなカー ド を 準 備 し, 保 護 者 に できたところを 確 認 して もらう 在 籍 学 級 ( 第 1 週 第 6 週 ) 子 どもが 通 級 指 導 教 室 で 学 習 した 言 葉 を 意 図 的 に 使 って, 子 どもと 会 話 をしてもらう 177

4 5 本 時 5 6 ⑴ 目 標 食べ物に関する言葉を見付け 食べ物に関する物の名前と動きを表す言葉を組み合わせたり 動作化したりする活動を通して 言葉と言葉がつ ながることを知ることができる 分からない言葉があったときには たすけてカード により意思表示をし 教師と一緒に絵辞典を使って調べることができる 思考場面 における 思考活動 とその 材料 及び 視点 については 評価資料に明記 ⑵ 展 開 はICT活用の留意点 過程 分 活動前 つかむ 見通す 活動する 30 振り返る 5 主 な 学 習 活 動 補聴器の点検をする 本体やイヤーモールドの汚れ 電池残量のチェック 教 師 の 指 導 イヤーモールドをきれいに拭いたり 電池の消耗の程度を子どもと一緒に確かめたりするこ とで 補聴器を良い状態に保つことができるようにする できたかなカード 家庭との連携を確認し 家庭でも取り組むことができたことを称賛す ることで 活動への意欲を高める 2 前時の学習について振り返る 題材マップを提示することで これまでの活動を想起することができるようにする 絵辞典に貼られた付箋の数を確認することで 言葉探検への意欲を高める 3 本時のめあてを確認する 題材マップから 本時で学習する言葉のジャンル 食事 を確認することができる 前時で学習した物の名前と 動きを表す言葉をくっつけることで前時の学習を振り返り 言葉 ことばをくっつけて たからものをもらおう をくっつける という意識をもつことができるようにする 想起 ⑴ めあてを声に出して読む ことば と くっつけて だけをワークシートの の中に書くようにすることで めあ ⑵ めあてをワークシートに書き写す てを意識することができるようにする 言葉探検の手順を常時提示しておくことで 確認しながら活動できるようにする 4 言葉探検をする アニメーションや効果音を加えたデジタルコンテンツにより問題の提示を行い イメージする ⑴ 言葉探検の手順を確認する ことができるようにする ア 探検する島で食べることに関する物をさがす 言葉探検の中で相手を見て聞くことができないときには 教師が自分の口を指し示すことで イ 動画の動きを言葉にして書く 口形を見ながら聞くことができるようにする ウ 分からない言葉は絵辞典で調べる 意味が分からない言葉があったときには たすけてカード を提示することで 分からないと エ 言葉くっつきゲームをする いう意思表示をすることができるようにする オ 物の名前と動きの言葉をくっつける それができ 絵辞典で言葉を調べた際には付箋を貼ることで 言葉探検の活動への意欲を高めることができ たらシールをもらう るようにする カ ポイントシール5枚で宝物をもらう 絵カード と 動きの言葉カード を使った言葉くっつきゲームをすることで 言葉の意味を ⑵ 言葉探検のルールを確認する 考えながら組み合わせることができるようにする ア 名前や意味が分からない言葉があったときには 間違った言葉の組み合わせを意図的に提示することで 正しい言葉の組み合わせと比べながら たすけて カードを出す 言葉の意味を考えることができるようにする 比較 イ 絵辞典の調べた言葉のところに付箋を貼る 組み合わせた言葉を動作化することで 言葉の理解を深めることができるようにする ⑶ 言葉探検をする 言葉を組み合わせることができたらポイントシールを貼り それが5枚になると宝物がもらえ るという設定をすることで 活動への意欲を高めることができるようにする 5 本時の学習について振り返る 絵辞典の付箋の数やポイントシールの枚数を振り返ることで これまで知らなかった言葉を知 ることができたという達成感を高めることができるようにする 想起 比較 6 時の活動について知る 学習で使用したカードを持ち帰り 家庭でも再度学習することができるようにし 言葉の理解 を深めることができるようにする 1 はじまりのあいさつをする

5 個 人 目 標 自 立 活 動 ことばをあつめよう (5/6) 食 べ 物 に 関 する 言 葉 を 見 付 け, 食 べ 物 に 関 する 物 の 名 前 と 動 きを 表 す 言 葉 を 組 み 合 わせたり, 動 作 化 したりする 活 動 を 通 して, 言 葉 と 言 葉 がつながることを 知 ることができる 分 からない 言 葉 があるときには, たすけてかあど により 意 思 表 示 をし, 教 師 と 一 緒 に 絵 辞 典 を 使 っ て 調 べることができる 評 価 項 目 絵 カード と 動 きの 言 葉 カード を 使 って, 前 時 の 活 動 を 想 起 することで, 本 時 においても 言 葉 を くっ つける という 意 識 をもつことができたか 提 示 された 絵 カード や 動 きの 言 葉 カード を 比 べ, 言 葉 の 意 味 を 考 えながら 言 葉 をくっつけることが できたか 絵 辞 典 の 付 箋 の 数 やポイントシールの 枚 数 を 確 認 することで, 前 時 よりも 語 いを 増 やすことができたことに 気 付 くことができたか 過 程 個 人 目 標 を 達 成 するための : 材 料 : 視 点 つ か む 見 通 す 思 考 場 面 1 言 葉 をくっつけることへの 意 識 をもつことができるように 題 材 マップにより,これまでの 学 習 を 振 り 返 ることができるようにする 絵 辞 典 に 貼 られた 付 箋 の 数 を 確 認 することにより, 目 標 をもつことができるようにする 題 材 マップにより, 本 時 で 学 習 する 言 葉 のジャンル 食 事 を 確 認 することができるようにする 絵 カード, 動 きの 言 葉 カード ( 前 時 で 学 習 した 言 葉 ) 絵 カード と 動 きの 言 葉 カード をつなげる この 絵 に 合 う 言 葉 はどれかな この 言 葉 はくっつくかな めあてをワークシートに 書 き 写 す 際 に, ことば と くっつく を 記 入 することができるようにする 思 考 場 面 2 言 葉 をくっつけることへの 意 識 を 高 めることができるように 活 動 す る アニメーションや 効 果 音 を 加 えたデジタルコンテンツにより 問 題 の 提 示 をし, 活 動 への 意 欲 を 高 め ることができるようにする 言 葉 探 検 の 手 順 を 常 時 提 示 しておくことで, 活 動 への 見 通 しをもち, 確 認 しながら 活 動 ができるよ うにする 言 葉 探 検 の 手 順 を 基 に 教 師 と 一 緒 に1 問 実 際 にやりながら 確 認 することで, 見 通 しをもって 活 動 す ることができるようにする 絵 辞 典 で 言 葉 を 調 べた 際 には 付 箋 を 貼 ることで, 言 葉 を 集 める 活 動 に 意 欲 をもって 取 り 組 むことが できるようにする 絵 カード, 動 きの 言 葉 カード ( 本 時 で 学 習 した 言 葉 ) 間 違 った 言 葉 の 組 み 合 わせを 意 図 的 に 提 示 することで, 正 しい 言 葉 の 組 み 合 わせと 比 べながら, 言 葉 の 意 味 を 考 えることができるようにする あれ, 何 か 変 じゃない 言 葉 が 入 れ 替 わったらどうなるかな 振 り 返 る 思 考 場 面 3 語 いを 増 やすことへの 意 識 を 継 続 することができるように 絵 辞 典 の 付 箋 の 数,ポイントシールの 枚 数 付 箋 がどれだけ 増 えたかな 初 めて 知 った 言 葉 はあったかな 学 習 で 使 用 したカードを 家 庭 でも 活 用 し, 言 葉 の 理 解 を 深 めることができるようにする 評 価 の 目 標 179

Taro-指導案(修正版)

Taro-指導案(修正版) 小 学 校 第 3 学 年 国 語 科 学 習 指 導 案 日 時 平 成 26 年 6 月 24 日 ( 火 )2 校 時 指 導 者 教 育 センター 所 員 吉 田 奈 美 1 単 元 名 調 べたことをほうこくする 文 章 を 書 こう 2 参 考 教 材 名 気 になる 記 号 ( 光 村 図 書 3 年 上 ) 調 べたことを 整 理 して 書 こう ( 東 京 書 籍 3 年 下 )

More information

問題解決能力等の調査(小学校)

問題解決能力等の調査(小学校) 平 成 24 年 度 授 業 改 善 推 進 プラン 国 語 板 橋 区 立 若 木 小 学 校 相 手 を 意 識 して 伝 え 合 う ことを 大 切 にする 意 識 が 高 まってきた 文 章 を 読 み 取 る 力 文 章 を 書 く 力 を 向 上 させたい 自 分 の 考 えを 分 かりやすく 伝 えようとする 意 欲 が 高 まったが 友 達 の 考 えを 聞 いて 深 める 態 度

More information

3. ➀ 1 1 ➁ 2 ➀ ➁ 1 2 6 4/6 1 2 3 5 6 45

3. ➀ 1 1 ➁ 2 ➀ ➁ 1 2 6 4/6 1 2 3 5 6 45 2 1 18 1 1 1 2 1. 1 2 ➀ 1 ➁ 1 3. ➀ 1 1 ➁ 2 ➀ ➁ 1 2 6 4/6 1 2 3 5 6 45 2 いろいろな場を設定する 子ともたちが 今もっている力 で楽しみながら活動し また多様な動きを見つけられるようにす る手だてとしてマット遊びの特性をそなえた場を考えた 初めは 活動1 活動2ともにマットの傾 斜 広さなどを考慮し8つの場をつくった 授業が進むにつれて子ども達から

More information

に, 具 体 的 操 作 と 図, 式, 言 葉 を 関 連 付 けことで, 思 考 力, 判 断 力, 表 現 力 を 高 めことがで きと 考 え 児 童 観 本 学 級 は, 聴 覚 障 害 のみの 単 一 障 害 のあ 男 子 3 名, 女 子 1 名 の3 名 で 編 制 されてい 算 数

に, 具 体 的 操 作 と 図, 式, 言 葉 を 関 連 付 けことで, 思 考 力, 判 断 力, 表 現 力 を 高 めことがで きと 考 え 児 童 観 本 学 級 は, 聴 覚 障 害 のみの 単 一 障 害 のあ 男 子 3 名, 女 子 1 名 の3 名 で 編 制 されてい 算 数 小 学 部 算 数 科 学 習 指 導 案 1 日 時 平 成 28 年 6 月 20 日 ( 月 ) 第 5 校 時 13:30~14:15 2 学 級 小 学 部 第 3 学 年 2 組 ( 男 子 2 名, 女 子 1 名 ) ( 習 熟 度 別 クラス) 3 場 所 小 学 部 3 年 2 組 教 室 (324 教 室 ) 4 単 元 名 わり 算 を 考 えよう ( 新 編 新 しい 算

More information

<5461726F2D8252944E8E5A909489C88E7793B188C42E6A7464>

<5461726F2D8252944E8E5A909489C88E7793B188C42E6A7464> 小 学 校 第 3 学 年 算 数 学 習 指 導 案 1 単 元 名 見 やすく 整 理 しよう ( 東 京 書 籍 ) 期 日 平 成 22 年 12 月 8 日 ( 水 ) 公 開 授 業 Ⅱ 場 所 大 村 市 立 大 村 小 学 校 3 年 1 組 教 室 指 導 者 教 諭 春 田 潔 2 単 元 について (1) 児 童 はこれまでも, 簡 単 な 事 柄 を 分 類 整 理 したり

More information

4 研 究 内 容 (1) 技 術 家 庭 科 で 育 成 したい 資 質 能 力 の 考 察 現 在 わが 国 では 男 女 共 同 参 画 社 会 の 推 進 少 子 高 齢 化 など 社 会 の 変 化 が 著 しい 少 子 化 については 合 計 特 殊 出 生 率 ( 15 歳 から49

4 研 究 内 容 (1) 技 術 家 庭 科 で 育 成 したい 資 質 能 力 の 考 察 現 在 わが 国 では 男 女 共 同 参 画 社 会 の 推 進 少 子 高 齢 化 など 社 会 の 変 化 が 著 しい 少 子 化 については 合 計 特 殊 出 生 率 ( 15 歳 から49 生 きる 力 をはぐくむ 家 庭 科 教 育 - 生 活 の 自 立 を 目 指 した 指 導 と 評 価 の 工 夫 - 指 導 主 事 竹 川 春 美 Takegawa Harumi 要 旨 男 女 共 同 参 画 社 会 の 推 進 高 齢 社 会 の 到 来 など 社 会 の 変 化 が 著 しい このような 社 会 状 況 の 中 で 男 女 を 問 わず 生 活 の 自 立 に 必 要

More information

平成18年度 教職員12年経験者研修

平成18年度 教職員12年経験者研修 中 学 校 美 術 科 2( 平 成 23 年 度 ) 第 2 学 年 美 術 科 学 習 指 導 案 本 時 の 主 張 生 徒 一 人 一 人 が 表 現 力 を 高 めるためには, 自 分 の 作 品 に 自 信 をもち,そのよさを 相 手 に 伝 えたり, 他 者 の 発 想 や 表 現 から 学 んだりすることが 大 切 である 本 時 では, 共 同 で 行 う 創 造 活 動 において,

More information

をメモ 書 きし それを 見 て 教 師 に 話 したり 質 問 に 答 えたりできる 4. 単 元 指 導 計 画 (8 時 間 ) 段 階 配 時 目 標 活 動 と 内 容 教 師 の 手 立 て 話 をするときは6 1 教 師 のある 日 の 体 験 につい *6 要 素 が 大 切 である

をメモ 書 きし それを 見 て 教 師 に 話 したり 質 問 に 答 えたりできる 4. 単 元 指 導 計 画 (8 時 間 ) 段 階 配 時 目 標 活 動 と 内 容 教 師 の 手 立 て 話 をするときは6 1 教 師 のある 日 の 体 験 につい *6 要 素 が 大 切 である 自 閉 症 情 緒 障 害 特 別 支 援 学 級 国 語 科 学 習 指 導 案 指 導 者 1. 単 元 名 国 語 科 体 験 したことを 先 生 に 話 そう 2. 指 導 観 本 学 級 の 生 徒 は 中 学 3 年 生 1 名 である 自 閉 的 傾 向 があり 特 定 の 乗 り 物 に 対 するこだわりがあ る また 級 友 が 話 した 冗 談 の 意 味 を 言 葉 どおりに

More information

<5461726F2D8FAC91718FAC814081698D8290A3814091E595E3814090E690B6>

<5461726F2D8FAC91718FAC814081698D8290A3814091E595E3814090E690B6> 1 研 究 主 題 及 び 副 題 福 智 町 立 市 場 小 学 校 教 諭 高 瀬 大 輔 派 遣 先 福 岡 教 育 大 学 附 属 小 倉 小 学 校 直 観 から 論 理 を 探 りながら, 数 学 的 な 考 え 方 を 高 める 第 3 学 年 算 数 科 学 習 誘 導 ~ 直 観 の 違 いを 顕 在 化 する 導 入 と 思 考 を 筋 道 立 ててつなげる 支 援 ~ 2 研

More information

Taro-研究構想.jtd

Taro-研究構想.jtd 読 解 力 を 高 める 国 語 科 学 習 指 導 法 の 研 究 ~ 言 語 活 動 Ⅰ,Ⅱを 関 連 づけた 授 業 づくりを 通 して~ 1 主 題 設 定 の 理 由 (1) 社 会 の 要 請 や 教 育 の 動 向 から 平 成 15 年 に 実 施 された 国 際 学 力 調 査 (PISA)では, 思 考 力 判 断 力 表 現 力 等 を 問 う 読 解 力 や 記 述 式 問

More information

指導案の形式について       2010

指導案の形式について       2010 Hi, friends! Lesson2 I m happy. ジェスチャーをつけてあいさつしよう 単 元 の 考 え 方 本 単 元 の 構 成 は, 音 声 を 聞 いて 誰 の 様 子 を 表 しているか 線 で 結 んだり,ジェスチャーについてどんなことを 表 しているかを 予 想 したり,ジェスチャーをつけてあいさつをするゲームを 経 験 させることを 通 して, 表 情 やジェ スチャーをつけて

More information

3 本 の 展 開 (1) 1 1 本 の 目 標 1 ウォーミングアップの エクササイズをす 2 透 明 キャッチボールを す 相 手 の 気 持 ちを 知 るヒントを 知 り, 相 手 の 気 持 ちを 推 測 す 気 持 ちをほぐすエクササイズを 行 い, 楽 しい 雰 囲 気 を つく 友

3 本 の 展 開 (1) 1 1 本 の 目 標 1 ウォーミングアップの エクササイズをす 2 透 明 キャッチボールを す 相 手 の 気 持 ちを 知 るヒントを 知 り, 相 手 の 気 持 ちを 推 測 す 気 持 ちをほぐすエクササイズを 行 い, 楽 しい 雰 囲 気 を つく 友 指 導 例 : 感 情 をコントロールする 力 を 身 に 付 け, 学 校 適 応 感 を 高 める 指 導 の 実 際 廿 日 市 市 立 四 季 が 丘 小 学 校 教 諭 空 田 由 美 1 指 導 のねらい 自 分 や 相 手 の 感 情 に 気 付 き, 感 情 の 適 切 な 処 理 や 表 現 方 法 を 考 え, 実 際 に 体 験 する 活 動 を 通 して, 感 情 をコントロールする

More information

6 言語障害

6 言語障害 Ⅵ 言 語 障 害 言 語 障 害 と は, 発 音 が 不 明 瞭 で あ っ た り, 話 し 言 葉 の リ ズ ム が ス ム ー ズ で な か っ た り す る た め, 話 し 言 葉 に よ る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン が 円 滑 に 進 ま な い 状 況 で あ る こ と, ま た, そ の た め 本 人 が 引 け 目 を 感 じ る な ど 社 会 生 活

More information

児 童 会 活 動 の 特 質 異 年 齢 集 団 の 児 童 の 自 発 的 自 治 的 な 実 践 活 動 特 質 とした 教 育 活 動 である 3 指 導 計 画 例 ~その 作 成 にあたって~ 組 織 例 ア 児 童 会 活 動 イ 代 表 委 員 会 1 運 営 委 員 会 ( 児 童

児 童 会 活 動 の 特 質 異 年 齢 集 団 の 児 童 の 自 発 的 自 治 的 な 実 践 活 動 特 質 とした 教 育 活 動 である 3 指 導 計 画 例 ~その 作 成 にあたって~ 組 織 例 ア 児 童 会 活 動 イ 代 表 委 員 会 1 運 営 委 員 会 ( 児 童 年 間 指 導 計 画 補 助 資 料 : 指 導 者 用 ハンドブック4( 小 学 校 : 特 別 活 動 ) 特 別 活 動 ハンドブック 小 学 校 児 童 会 活 動 1 目 標 特 別 活 動 の 目 標 加 須 市 教 育 委 員 会 望 ましい 集 団 活 動 を 通 して 心 身 の 調 和 のとれた 発 達 と 個 性 の 伸 長 を 図 り 集 団 の 一 員 としてよりよい 生

More information

長岡市立図書館資料収集方針等目次

長岡市立図書館資料収集方針等目次 長 岡 市 立 図 書 館 資 料 選 定 基 準 平 成 5 年 3 月 31 日 制 定 平 成 20 年 2 月 1 日 改 正 平 成 21 年 12 月 1 日 改 正 1 原 則 長 岡 市 立 図 書 館 の 資 料 収 集 方 針 に 従 って 各 館 の 規 模 や 機 能 といった 特 徴 を 踏 ま え 資 料 を 選 定 する さらに お 互 いに 資 料 収 集 を 分 担

More information

積 極 的 な 児 童 の 発 想 や 活 動 を 引 き 出 していきたい 共 通 事 項 の 視 点 自 分 の 感 覚 や 活 動 を 通 し て 形 や 色 組 合 せ な ど の 感 じ を と ら え る こ と 形 や 色 などの 感 じを 基 に 自 分 のイメージをもつこと 4 テ

積 極 的 な 児 童 の 発 想 や 活 動 を 引 き 出 していきたい 共 通 事 項 の 視 点 自 分 の 感 覚 や 活 動 を 通 し て 形 や 色 組 合 せ な ど の 感 じ を と ら え る こ と 形 や 色 などの 感 じを 基 に 自 分 のイメージをもつこと 4 テ 図 画 工 作 科 学 習 指 導 案 横 浜 市 立 西 寺 尾 小 学 校 指 導 者 関 根 明 一 1 日 平 成 2 7 年 1 月 2 8 日 ( 水 ) 5 校 2 学 年 組 第 3 学 年 1 組 28 名 体 育 館 3 学 習 主 題 か ら 題 材 へ 学 習 の 主 題 材 料 や 場 所 などの 特 徴 を 基 に 工 夫 してつくり 続 け る こ と を 楽 し む

More information

校 庭 や 鳥 屋 野 潟 公 園 は 人 の 手 が 入 り 整 備 さ れ て は い る も の の 草 木 が 豊 富 で 小 さ い 虫 も 多 い と い う 利 点 を 十 分 に 活 用 し 遊 具 が な く て も で き る 鬼 ご っ こ な ど の 遊 び は も ち ろ

校 庭 や 鳥 屋 野 潟 公 園 は 人 の 手 が 入 り 整 備 さ れ て は い る も の の 草 木 が 豊 富 で 小 さ い 虫 も 多 い と い う 利 点 を 十 分 に 活 用 し 遊 具 が な く て も で き る 鬼 ご っ こ な ど の 遊 び は も ち ろ 第 1 学 年 3 組 生 活 科 学 習 指 導 案 平 成 1 8 年 9 月 2 7 日 ( 水 ) 第 3 校 時 授 業 者 教 諭 小 林 貴 美 子 1 単 元 名 ぎ ら ぎ ら お ひ さ ま げ ん き い っ ぱ い 2 単 元 の 目 標 校 庭 や 公 園 で 遊 ん だ り い ろ い ろ な も の を 見 つ け た り す る 活 動 を 通 し て 樹 木 や 草

More information

281

281 m3 m3 m3 280 281 m3 m3 282 283 ⑴ ⑵ m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 284 ⑵ m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 ⑶ ⑷ 285 ⑴ 286 ⑵ ⑶ 287 (1) 92.3 288 289 (2) 40,700 () () () () () () () () () () () ( ) () () () () (ha)

More information

(1)四條畷市幼児教育ビジョン目次.pdf

(1)四條畷市幼児教育ビジョン目次.pdf 四 條 畷 市 幼 児 教 育 ビジョン( 案 ) 平 成 24 年 7 月 四 條 畷 市 教 育 委 員 会 はじめに 1. 幼 児 期 の 教 育 の 重 要 性 1 2. 幼 稚 園 教 育 について 1~2 3. 四 條 畷 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 2~3 (1) 市 立 幼 稚 園 の 現 状 (2) 私 立 幼 稚 園 の 現 状 (3) 保 育 所 ( 園 )の 現 状

More information

実 践 1 学 期 1.おはなしよんで( 情 報 科 3 時 間 ) (1) 目 標 先 生 が 読 むお 話 を 聞 き お 話 の 世 界 を 楽 しんで 興 味 を 広 げる 1 先 生 の 読 み 聞 かせを 興 味 を 持 って 聞 く 図 書 室 での 約 束 使 い 方 を 確 認 す

実 践 1 学 期 1.おはなしよんで( 情 報 科 3 時 間 ) (1) 目 標 先 生 が 読 むお 話 を 聞 き お 話 の 世 界 を 楽 しんで 興 味 を 広 げる 1 先 生 の 読 み 聞 かせを 興 味 を 持 って 聞 く 図 書 室 での 約 束 使 い 方 を 確 認 す 1 年 間 計 画 1 年 の 取 り 組 み 単 元 名 4 月 おはなし よんで 主 な 学 習 内 容 読 み 聞 かせに 興 味 を 持 つ 図 書 室 での 約 束 使 い 方 を 身 につけ る 好 きな 本 を 探 して 読 み 読 書 の 楽 しさを 知 る 使 用 ソフト 機 器 指 導 時 間 3 5 月 どうぞ よろしく 自 分 を 紹 介 する 名 刺 を 見 せて 学 級

More information

われる 授 業 研 究 ( 校 内 研 究 )で 買 い 物 学 習 を 題 材 として 研 究 を 進 めた 21 円 や 32 円 とい った 小 さな2 桁 までの 数 に 対 して 同 額 を 準 備 して 支 払 うという 内 容 で お 金 を 使 った 活 動 に 子 どもたちはとても

われる 授 業 研 究 ( 校 内 研 究 )で 買 い 物 学 習 を 題 材 として 研 究 を 進 めた 21 円 や 32 円 とい った 小 さな2 桁 までの 数 に 対 して 同 額 を 準 備 して 支 払 うという 内 容 で お 金 を 使 った 活 動 に 子 どもたちはとても われる 授 業 研 究 ( 校 内 研 究 )で 買 い 物 学 習 を 題 材 として 研 究 を 進 めた 21 円 や 32 円 とい った 小 さな2 桁 までの 数 に 対 して 同 額 を 準 備 して 支 払 うという 内 容 で お 金 を 使 った 活 動 に 子 どもたちはとても 意 欲 的 に 活 動 をするこ とができた また 買 い 物 という 日 常 生 活 の 指 導

More information

2 ( 178 9)

2 ( 178 9) ( 1,876.58 km2) 98 ( 11 ) ( 21 ) 4 17 (8 9 ) 28 6 1? H25.12 11,998 489.5 H26.12 13,392 111.6% 565.5 115.5% H27.12 13,828 103.3% 476.8 84.3% H25.12 84 4.5 H26.12 132 157.1% 5 111.1% H27.12 95 72.0 2.56

More information

2 本 校 の 読 解 力 のとらえ 方 読 解 力 とは, 文 章 を 読 んでその 意 味 を 理 解 し, 解 釈 する 力 ( 広 辞 苑 ) とある そこで 本 校 では, 読 解 力 を 文 章 を 読 み, 正 確 に 読 み 取 ったことをもとに, 経 験 や 体 験 を 踏 まえ

2 本 校 の 読 解 力 のとらえ 方 読 解 力 とは, 文 章 を 読 んでその 意 味 を 理 解 し, 解 釈 する 力 ( 広 辞 苑 ) とある そこで 本 校 では, 読 解 力 を 文 章 を 読 み, 正 確 に 読 み 取 ったことをもとに, 経 験 や 体 験 を 踏 まえ 平 成 27 年 度 校 内 研 究 Ⅰ 研 究 主 題 Ⅱ 研 究 の 概 要 国 語 科 における 読 解 力 を 高 める 複 式 指 導 のあり 方 1 研 究 主 題 設 定 の 理 由 (1) 本 校 のこれまでの 研 究 の 取 組 から こだわりの 視 点 まとめる 力 の 育 成 ポストテスト100%の 達 成 平 成 26 年 度 は 教 科 等 ( 外 国 語, 道 徳 )における,

More information

.10.中高美術

.10.中高美術 中 学 校 美 術 / 特 別 支 援 学 校 中 学 部 高 等 部 美 術 第 1 問 第 2 問 第 3 問 第 4 問 第 5 問 第 6 問 ア イ ウ エ オ カ キ ク ケ コ サ シ ス セ ソ タ チ ツ テ ト ナ ニ ヌ ネ ノ 正 答 b c 配 点 3 3 備 考 ア イ ウ エ オ カ キ ク ケ コ サ シ ス セ ソ タ チ ツ テ ト ナ ニ ヌ ネ ノ 正 答 c

More information

⑴ ⑵ ⑶ ⑷ A C B ( D Other A C B ( D 1996/2/1 1996/3/1 1996/6/1 1996/8/1 1996/9/1 1997/3/1 1997/5/1 1997/6/1 1997/6/1 1997/6/1 1997/10/1 1997/10/1 1997/10/1 1997/11/1 1997/11/1

More information

-2 -

-2 - -1 - -2 - ⑴ ⑵ -3 - ⑶ -4 - ⑴ ⑵ ⑶ -5 - ⑷ 6,268 16 23,256,247.299 39.48 8,385. 34 35 2 2,117. 34 4 3,936 8 16,544,761.1 28.8 5,625. 927 35 14 1,689. 927 6 872 6 7,765,329.122 13.18 3,83. 554 17 7 2,211. 554

More information

気 になる 生 徒 の 実 態 把 握 をすることは より 良 い 支 援 に 向 けた 第 一 歩 です また 今 まで 先 生 方 が 気 づかなかった 生 徒 の 困 り 感 を 明 らかにする 上 でも 実 態 把 握 の 観 点 を 設 定 して 調 べることは 大 事 なことです しかし 実 態 把 握 の 結 果 が 一 人 歩 き してしまったり レッテル 貼 りにつながってしまうおそれも

More information

3 万 人 11 億 人 ): 各 1 人 無 回 答 :6 人 4 今 の 日 本 の 人 口 に 関 する 問 題 少 子 高 齢 化 17 人 や 課 題 をあげてください 少 子 化 2 人 ( 複 数 回 答 可 ) 人 口 減 少 1 人 地 方 中 枢 都 市 や 三 大 都 市 に

3 万 人 11 億 人 ): 各 1 人 無 回 答 :6 人 4 今 の 日 本 の 人 口 に 関 する 問 題 少 子 高 齢 化 17 人 や 課 題 をあげてください 少 子 化 2 人 ( 複 数 回 答 可 ) 人 口 減 少 1 人 地 方 中 枢 都 市 や 三 大 都 市 に 社 会 科 ( 公 民 的 分 野 ) 学 習 指 導 案 北 広 島 町 立 大 朝 中 学 校 教 諭 三 田 直 子 1. 日 時 平 成 26 年 12 月 10 日 ( 水 )4 校 時 2. 場 所 3 年 生 教 室 3. 学 級 第 3 学 年 ( 男 子 10 名 女 子 12 名 計 22 名 ) 4. 単 元 名 第 3 編 私 たちの 生 活 と 経 済 第 3 章 財 政

More information

技 能 の 向 上 を 図 るために 教 材 や 学 習 の 場 を 工 夫 した ハードル 走 指 導 の 実 践 事 例 1, 単 元 名 陸 上 運 動 ハードル 走 小 学 校 第 6 学 年 体 育 科 学 習 指 導 案 2, 単 元 の 目 標 ハードルをリズミカルに 走 り 越 える

技 能 の 向 上 を 図 るために 教 材 や 学 習 の 場 を 工 夫 した ハードル 走 指 導 の 実 践 事 例 1, 単 元 名 陸 上 運 動 ハードル 走 小 学 校 第 6 学 年 体 育 科 学 習 指 導 案 2, 単 元 の 目 標 ハードルをリズミカルに 走 り 越 える 今 体 育 保 健 体 育 科 で 目 指 したい 授 業 - 4つのポイント - 1 児 童 生 徒 の 実 態 と 教 材 の 価 値 を 踏 まえた 指 導 計 画 の 作 成 校 種 間 並 びに 学 年 間 の 円 滑 な 接 続 を 考 慮 し 児 童 生 徒 の 実 態 を 踏 まえた 指 導 内 容 の 明 確 化 体 系 化 を 図 る 自 校 の 体 力 向 上 推 進 計 画

More information

(3) 指 導 観 文 法 事 項 の 導 入 段 階 では, 実 物,ピクチャーカード,ジェスチャーなどを 使 用 し, 生 徒 の 視 覚 に 訴 えながら 興 味 関 心 を 引 き 付 ける 工 夫 をしていきたい 文 法 事 項 の 導 入 後 にペアによるコミュニケーション 活 動 を

(3) 指 導 観 文 法 事 項 の 導 入 段 階 では, 実 物,ピクチャーカード,ジェスチャーなどを 使 用 し, 生 徒 の 視 覚 に 訴 えながら 興 味 関 心 を 引 き 付 ける 工 夫 をしていきたい 文 法 事 項 の 導 入 後 にペアによるコミュニケーション 活 動 を 第 1 学 年 英 語 科 学 習 指 導 案 1 単 元 名 Unit 8 ナンシーに 会 いに (New Horizon English Course Ⅰ) 平 成 24 年 11 月 22 日 ( 木 )5 校 時 指 導 学 級 1 年 5 組 指 導 者 JTE 小 松 加 代 子 ALT Willem De Jager 場 所 1 年 5 組 教 室 2 単 元 の 目 標 自 分 の

More information

Taro-13、国語:大澤(最終:東

Taro-13、国語:大澤(最終:東 論 理 的 に 話 す 力 を 育 てる 国 語 科 指 導 の 工 夫 新 聞 を 取 り 入 れたコミュニケーション 活 動 を 通 して 研 究 員 東 中 学 校 大 澤 彰 仁 研 究 の 概 要 本 研 究 は 話 すこと 聞 くこと の 学 習 において 新 聞 を 取 り 入 れたコミュニケーション 活 動 を 行 うことにより 論 理 的 に 話 す 力 を 育 成 することができるように

More information

2 各 グ ル ー プ の 実 践 報 告 (1) 1 2 年 グ ル ー プ ア は じ め に ~ グ ル ー プ の 目 標 1 2 年 の じ り つ の 学 習 内 容 の 情 報 交 換 と 事 例 学 習 入 学 し た ば か り の 1 年 生 は ま ず は 実 態 を 把 握

2 各 グ ル ー プ の 実 践 報 告 (1) 1 2 年 グ ル ー プ ア は じ め に ~ グ ル ー プ の 目 標 1 2 年 の じ り つ の 学 習 内 容 の 情 報 交 換 と 事 例 学 習 入 学 し た ば か り の 1 年 生 は ま ず は 実 態 を 把 握 小 学 部 の 実 践 テーマ 個 々 の 目 標 の 達 成 に 向 け た 自 立 活 動 の 時 間 に お け る 指 導 の あり 方 1 は じ め に (1)テ ー マ に つ い て 昨 年 度 は 先 進 校 や 他 校 の 実 践 を 聞 き 自 立 活 動 に つ い て 理 解 を 深 め た り 各 グ ル ー プ ご と に 数 名 を 抽 出 し 自 立 指 導 計 画

More information

はじめに

はじめに 主 題 移 行 期 の 連 携 に おける 教 育 的 ニーズに 応 じた 支 援 の 充 実 ~ 小 学 校 から 中 学 校 に 効 果 的 な 支 援 を 引 き 継 ぐ た めに ~ 熊 本 市 立 山 ノ 内 小 学 校 教 諭 森 川 義 幸 要 約 小 学 校 から 中 学 校 へと 児 童 のライフステージが 変 化 する 際 それぞれの 機 関 が 一 貫 性 のない 支 援 をしてしまえば

More information

1 テーマ名 

1 テーマ名  第 4 学 年 キャリア 教 育 展 開 計 画 ( 学 年 複 ) 1 テマ 名 1/2 成 人 式 ~みんなで 夢 を 語 り おう~ 千 葉 市 立 打 瀬 小 学 校 指 導 者 平 林 かおる 2 テマについて 大 人 になることや 成 長 について 興 味 はあるが 積 極 的 に 考 えようという 態 度 はあまりみられない 協 力 的 に 活 動 できるが 自 分 で 決 めることが

More information

0 001212 112468 1 10 2 11 12 13 3 14 15 ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑴ 4 ⑵ 5 6 ⑴ ⑴ ⑴ ⑵ 7 ⑶ ⑷ ⑵ ⑴ 8 ⑵ ⑴ 9 ⑴ ⑵ ⑴ ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑵ 10 11 ⑷ ⑴ ⑵ ⑶ ⑵ ⑷ ⑸ ⑴ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑶ 12 ⑵ ⑵ ⑴ ⑵ ⑶ ⑴ ⑵ 13 ⑶ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑴ 14 ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑵ 15

More information

Contents 薬 募 集 要 項 薬 入 者 受 入 方 針 (アドミッション ポリシー) 1 薬 入 試 験 概 要 01 推 薦 入 試 ( 一 般 公 募 制 高 大 連 携 講 座 ) 02 特 別 選 抜 入 試 士 ( 前 期 日 程 後 期 日 程 ) 04 特 別 選 抜 入 試

Contents 薬 募 集 要 項 薬 入 者 受 入 方 針 (アドミッション ポリシー) 1 薬 入 試 験 概 要 01 推 薦 入 試 ( 一 般 公 募 制 高 大 連 携 講 座 ) 02 特 別 選 抜 入 試 士 ( 前 期 日 程 後 期 日 程 ) 04 特 別 選 抜 入 試 2017 平 成 29 年 度 入 募 集 要 項 薬 薬 産 業 創 造 新 潟 薬 大 Contents 薬 募 集 要 項 薬 入 者 受 入 方 針 (アドミッション ポリシー) 1 薬 入 試 験 概 要 01 推 薦 入 試 ( 一 般 公 募 制 高 大 連 携 講 座 ) 02 特 別 選 抜 入 試 士 ( 前 期 日 程 後 期 日 程 ) 04 特 別 選 抜 入 試 ( 社

More information

香 川 大 学 教 育 研 究 が 生 きる 地 域 の 問 題 との 関 連 のなかで 考 えていくことが 必 要 である そこで ルールとマナー に ついて 全 般 的 な 観 点 から 学 習 した 次 時 として 香 川 県 における 青 少 年 の 万 引 きの 問 題 について 考 えさ

香 川 大 学 教 育 研 究 が 生 きる 地 域 の 問 題 との 関 連 のなかで 考 えていくことが 必 要 である そこで ルールとマナー に ついて 全 般 的 な 観 点 から 学 習 した 次 時 として 香 川 県 における 青 少 年 の 万 引 きの 問 題 について 考 えさ 主 題 A 人 生 とキャリア における 市 民 としての 責 任 感 と 倫 理 観 の 授 業 実 践 主 題 A 人 生 とキャリア における 市 民 としての 責 任 感 と 倫 理 観 の 授 業 実 践 ~ 人 生 選 択 の 社 会 学 の 授 業 における 万 引 き 防 止 教 育 プログラムの 実 践 と 評 価 ~ A Case Study on How to Encourage

More information

本 校 の 研 究 主 題 根 拠 を 示 して 説 明 をする 力 を 育 てる 授 業 づくり~ 坂 中 学 びのサイクル の 活 用 を 通 して~ に 対 する 生 徒 アンケート 私 は 授 業 で 根 拠 を 示 して 説 明 することができる という 設 問 に 対 する3 年 生 肯

本 校 の 研 究 主 題 根 拠 を 示 して 説 明 をする 力 を 育 てる 授 業 づくり~ 坂 中 学 びのサイクル の 活 用 を 通 して~ に 対 する 生 徒 アンケート 私 は 授 業 で 根 拠 を 示 して 説 明 することができる という 設 問 に 対 する3 年 生 肯 保 健 体 育 科 学 習 指 導 案 1 評 価 問 題 坂 町 立 坂 中 学 校 指 導 者 横 山 寿 一 (T1) 池 田 裕 一 (T2) バドミントンのハイクリア(コートの 奥 に 打 つ)のポイントを3つ 答 えなさい 2 日 時 平 成 26 年 11 月 12 日 ( 水 ) 第 5 校 時 3 場 所 坂 町 立 坂 中 学 校 体 育 館 4 学 年 学 級 第 3 学 年

More information

<5461726F2D8EC09148985F95B6816990AF96EC816A82512E6A7464>

<5461726F2D8EC09148985F95B6816990AF96EC816A82512E6A7464> 問 題 解 決 学 習 を 通 して 科 学 的 思 考 力 と 表 現 力 の 育 成 を 図 る 理 科 授 業 ~ 言 語 活 動 を 充 実 させる 授 業 ~ 新 発 田 市 立 第 一 中 学 校 教 諭 星 野 勝 紀 Ⅰ 主 題 設 定 の 理 由 今 までの 実 践 から 私 自 身 のこれまでの 授 業 を 振 り 返 ると 教 師 側 である 程 度 筋 道 を 立 て 発 達

More information

Ⅰ 学級概要

Ⅰ 学級概要 平 成 28 年 度 コミュニケーションの 教 室 辰 沼 学 級 案 内 足 立 区 立 辰 沼 小 学 校 コミュニケーションの 教 室 辰 沼 足 立 区 谷 中 5-12-1 電 話 03(3629)2421 学 級 電 話 03(3629)2413 Ⅰ 学 級 概 要 1 学 校 名 足 立 区 立 辰 沼 小 学 校 2 所 在 地 120 0006 東 京 都 足 立 区 谷 中 5-12-1

More information

4 点 が 示 されている 1 相 互 のねらいや 方 法 などを 踏 まえ 継 続 的 計 画 的 に 取 り 組 む 2 幼 稚 園 小 学 校 の 教 員 が 子 どもの 発 達 を 長 期 的 にとらえ 互 いの 教 育 内 容 や 指 導 方 法 の 違 いや 共 通 点 について 理 解

4 点 が 示 されている 1 相 互 のねらいや 方 法 などを 踏 まえ 継 続 的 計 画 的 に 取 り 組 む 2 幼 稚 園 小 学 校 の 教 員 が 子 どもの 発 達 を 長 期 的 にとらえ 互 いの 教 育 内 容 や 指 導 方 法 の 違 いや 共 通 点 について 理 解 幼 児 教 育 と 小 学 校 教 育 の 円 滑 な 接 続 の 在 り 方 幼 児 教 育 係 長 植 松 利 晴 Uematsu Toshiharu 研 究 指 導 主 事 廣 岡 由 美 Hirooka Yumi 主 査 中 村 美 喜 江 Nakamura Mikie 要 旨 平 成 20 年 3 月 に 新 幼 稚 園 教 育 要 領 が 公 示 された その 改 訂 に 伴 い 発 達

More information

Microsoft Word - 小学校第6学年国語科「やまなし」

Microsoft Word - 小学校第6学年国語科「やまなし」 第 6 学 年 国 語 科 学 習 指 導 案 1 単 元 名 表 現 を 味 わい, 豊 かに 想 像 しよう( 教 材 やまなし イーハトーヴの 夢 ) 2 目 標 場 面 の 情 景 や 独 特 の 表 現 に 興 味 をもち, 想 像 豊 かに 読 もうとしたり, 宮 沢 賢 治 の 作 品 や 生 き 方 を 知 ろうと したりす ( 国 語 への 関 心 意 欲 態 度 ) 情 景 を

More information

Microsoft Word - 2015入試総括

Microsoft Word - 2015入試総括 2015 年 神 奈 川 県 公 立 高 校 共 通 選 抜 試 験 総 括 名 学 館 EXCEL 教 務 部 2015 年 2 月 16 日 ( 月 )に 行 われました 神 奈 川 県 公 立 高 校 共 通 選 抜 試 験 の 問 題 につ いて 簡 単 ではありますが 文 章 にさせていただきました 特 に 今 後 受 験 をされる 皆 さん にはどのように 入 試 が 変 化 しどのように

More information

ス ト の 結 果 で は, 本 県 は, 体 力 運 動 能 力 テ ス ト に お い て 得 点 合 計, 種 目 別 で も 小 学 校 5 年 生 男 子 の ソ フ ト ボ ー ル 投 げ を 除 く, す べ て の 種 目 に お い て 1 0 位 以 内 に 位 置 し て お

ス ト の 結 果 で は, 本 県 は, 体 力 運 動 能 力 テ ス ト に お い て 得 点 合 計, 種 目 別 で も 小 学 校 5 年 生 男 子 の ソ フ ト ボ ー ル 投 げ を 除 く, す べ て の 種 目 に お い て 1 0 位 以 内 に 位 置 し て お 保 健 体 育 科 投 動 作 の 習 得 と 投 力 ア ッ プ を 目 指 し た 運 動 の 実 践 と 指 導 の 在 り 方 - 楽 し く 活 動 で き る 場 の 設 定 と 教 材 の 工 夫 を 通 し て - ひ た ち な か 市 立 那 珂 湊 第 二 小 学 校 矢 吹 美 左 子 1 は じ め に ( 1 ) 子 ど も た ち の 日 常 の 遊 び 近 年, 運

More information

通知表サンプル

通知表サンプル 通 知 表 (Excel 形 式 版 ) 作 成 タイプとサンプル サンプル1 サンプル サンプル サンプル4 サンプル5 サンプル6 全 学 期 表 示 学 習 のようす 行 動 のようすの 評 価 を 記 号 で 表 示 学 期 別 表 示 学 習 のようす 行 動 のようすの 評 価 を 項 目 につけで 表 示 学 期 別 表 示 学 習 のようす 行 動 のようすの 評 価 を 項 目 につけで

More information

(Microsoft Word - \230a\223c\217\254\216w\223\261\210\304.docx)

(Microsoft Word - \230a\223c\217\254\216w\223\261\210\304.docx) 第 6 学 年 保 健 学 習 指 導 案 上 越 市 立 和 田 小 学 校 6 年 生 教 室 平 成 3 年 1 月 7 日 ( 木 )5 校 時 授 業 者 養 護 教 諭 御 所 窪 秀 佳 1 単 元 名 病 気 の 予 防 Ⅱ 喫 煙 飲 酒 薬 物 乱 用 と 健 康 単 元 の 目 標 病 気 の 予 防 や 飲 酒 喫 煙 薬 物 の 害 について 関 心 をもち 課 題 をもって

More information

探 したり の 大 きさを 比 べたりする 学 習 をしてきた 子 どもたちは ちょう 点 辺 を 調 べる 中 で としての の 概 念 を 学 習 してきた この 中 で 重 要 な 活 動 は 重 ねたり 折 ったりして の 大 きさ 比 べや 等 しい 大 きさの を 探 しながら の 量

探 したり の 大 きさを 比 べたりする 学 習 をしてきた 子 どもたちは ちょう 点 辺 を 調 べる 中 で としての の 概 念 を 学 習 してきた この 中 で 重 要 な 活 動 は 重 ねたり 折 ったりして の 大 きさ 比 べや 等 しい 大 きさの を 探 しながら の 量 第 5 学 年 算 数 科 学 習 指 導 案 ( 習 熟 度 別 少 人 数 算 数 ) 1. 単 元 名 図 の を 調 べよう[ 図 の ] 2. 目 標 筋 道 立 てて 考 えることのよさを 認 め, 三 の 内 の 和 が 180 であること 基 に, 四 や 他 の 図 の 性 質 を 調 べようとす 関 心 意 欲 態 度 三 の 内 の 和 が 180 になることを 帰 納 的 に

More information

本 線 の 標 示 ( 付 表 3(2)11)のあるところは 通 れません ろは 通 れません ⑷ ⑸ ( 略 ) ⑷ ⑸ ( 略 ) 2 3 ( 略 ) 2 3 ( 略 ) 4 歩 行 者 などに 対 する 注 意 4 歩 行 者 などに 対 する 注 意 ⑴~⑸ ⑴~⑸ ⑹ 自 転 車 を 駐

本 線 の 標 示 ( 付 表 3(2)11)のあるところは 通 れません ろは 通 れません ⑷ ⑸ ( 略 ) ⑷ ⑸ ( 略 ) 2 3 ( 略 ) 2 3 ( 略 ) 4 歩 行 者 などに 対 する 注 意 4 歩 行 者 などに 対 する 注 意 ⑴~⑸ ⑴~⑸ ⑹ 自 転 車 を 駐 交 通 の 方 法 に 関 する 教 則 及 び 交 通 安 全 教 育 指 針 の 一 部 を 改 正 する 件 ( 平 成 二 十 五 年 国 家 公 安 委 員 会 告 示 第 四 十 一 号 ) 新 旧 対 照 条 文 交 通 の 方 法 に 関 する 教 則 ( 昭 和 五 十 三 年 国 家 公 安 委 員 会 告 示 第 三 号 ) ( 傍 線 の 部 分 は 改 正 部 分 ) 改

More information

第1学年1組 理科学習指導案

第1学年1組 理科学習指導案 検 印 第 3 学 年 1 組 理 科 学 習 指 導 案 平 成 23 年 12 月 9 日 ( 月 )5 校 時 活 動 場 所 第 2 理 科 室 (3 階 ) 指 導 者 教 諭 1 単 元 名 地 球 から 見 た 天 体 の 動 き 2 単 元 設 定 について この 単 元 では 天 体 の 日 周 運 動 の 観 察 を 行 い その 観 察 記 録 を 地 球 の 自 転 と 関

More information

<5461726F2D31303233815189C692EB815196E589AA90E791908169914F94BC>

<5461726F2D31303233815189C692EB815196E589AA90E791908169914F94BC> 授 業 のエキスパート 養 成 事 業 ( 第 2 学 年 技 術 家 庭 科 ) 授 業 実 践 記 録 学 校 名 今 治 市 立 桜 井 中 学 校 職 氏 名 教 諭 門 岡 千 草 1 日 時 平 成 21 年 10 月 23 日 ( 金 ) 第 5 校 時 (13:25~14:15) 2 題 材 名 わたしと 家 族 家 庭 と 地 域 3 目 標 生 活 に 必 要 な 基 本 的 な

More information

モテる男は知っている 女が夢中になるセックス _立ち読み版

モテる男は知っている 女が夢中になるセックス _立ち読み版 3 ~ じ ~ 夢 中 理 想 教 体 心 近 づ 方 法 ラ フ ワ 多 般 観 観 取 材 社 会 本 音 伝 取 材 べ 2 万 超 ょ 分 ほ 本 音 知 書 負 同 時 身 恋 愛 経 験 並 外 多 書 恋 愛 書 上 得 意 ジ ャ 興 味 身 近 キ 多 実 体 験 発 端 要 遊 ネ 豊 富 4 趣 味 15 歳 じ 合 コ 3 千 回 以 上 経 験 合 コ 職 種 死 体 洗

More information

< E93788EA98CC8935F8C9F2892F18F6F816A2E786477>

< E93788EA98CC8935F8C9F2892F18F6F816A2E786477> . した B. 検 討 したが に 至 らなかった C. 検 討 も もしなかった D. 廃 止 した 計 画 の. 計 画 通 りに できた b.ほぼ 計 画 通 りに できた c. 計 画 には 及 ばなかった NO.1 平 成 27 年 度 自 己 点 検 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 長 坂 保 育 園 評 価 項 目 Ⅰ 福 祉 サービスの 基 本 方 針 と 組 織 1 理 念

More information

Microsoft Word - 改善プラン3年まとめ

Microsoft Word - 改善プラン3年まとめ 第 3 学 年 国 語 科 全 国 学 力 調 査 の 結 果 は 知 識 活 用 能 力 ともに 全 ての 領 域 観 点 で 全 国 及 び 都 の 平 均 を1~6ポイント 程 度 上 回 っている 短 い 言 葉 や 本 文 の 書 き 抜 きで 解 答 する 問 題 は 取 り 組 み 状 況 結 果 ともによいが 作 文 や 論 理 構 成 を 大 事 にした 説 明 を 要 する 問

More information

大学と学生第543号大学メンタルヘルスにおける連携_広島大学(岡本 百合)-JASSO

大学と学生第543号大学メンタルヘルスにおける連携_広島大学(岡本 百合)-JASSO 特 集 2~ 制 働 ~ 10 2009.7 じ イ デ テ ィ テ ィ 立 親 立 春 青 課 直 面 際 実 際 親 離 暮 始 卒 業 後 業 選 択 現 実 迫 中 春 青 統 失 調 疾 患 好 家 族 離 ひ ち 活 気 づ 深 刻 近 複 雑 様 解 鍵 抱 遭 遇 少 友 ち 特 殊 身 周 囲 身 追 二 拡 被 抑 制 ~ 点 ~ 岡 百 広 島 健 准 授 特 集 2~ 制 働

More information

研究職員会資料

研究職員会資料 平 成 27 年 度 伊 野 小 学 校 研 究 構 想 1 研 究 主 題 一 人 一 人 の 読 解 力 を 高 める 授 業 づくり (3 年 次 ) ~ 説 明 文 を 中 心 とした 国 語 科 読 むこと の 指 導 ~ 2 主 題 設 定 の 理 由 本 校 では 一 昨 年 度 から 読 解 力 の 育 成 を 研 究 の 中 心 におき 読 解 力 を 高 める 授 業 づくりについて

More information

⑴ ⑵ ⑶

⑴ ⑵ ⑶ - 108 - ⑴ ⑵ ⑶ ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ - 110 - ⑴ ⑵ ⑶ - 111 - ⑷ ⑴ ⑸ ⑹ ⑵ ⑶ - 112 - ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑴ ⑵ - 115 - - 116 - - 117 - - 118 - - 119 - - 120 - ⑴ - ⑴ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑵ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ - 122 - - 123 - ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑶ - 124 - ⑷ - 125 -

More information

Taro-B-SLIMの活用_高等学校 3.

Taro-B-SLIMの活用_高等学校 3. B-SLIMを 活 用 した 授 業 実 践 例 高 等 学 校 外 国 語 科 本 事 例 では 生 徒 が 教 科 書 本 文 で 学 習 する 言 語 材 料 を 生 かしたピクチャーカードを 基 に 物 語 の 構 成 を 考 え 英 語 で 発 表 する 活 動 を 位 置 付 けていま 本 時 は 2 時 間 を1まとまりで 構 成 し 生 徒 が 物 語 を 英 語 で 考 える 時

More information

⑴ ⑵ ⑶

⑴ ⑵ ⑶ - 108 - ⑴ ⑵ ⑶ ⑴ ⑶ ⑵ ⑷ ⑴ ⑵ - 110 - ⑶ - 111 - ⑷ ⑴ ⑸ ⑹ ⑵ ⑶ - 112 - ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑴ ⑵ - 115 - - 116 - - 117 - - 118 - ⑴ - 119 - - 120 - ⑴ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑵ - 121 - ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ - 122 - - 123 - ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ - 124 - ⑶ - 125

More information

2009年度 第2回常磐短期大学FD研究会 「これからの幼児教育について」

2009年度 第2回常磐短期大学FD研究会 「これからの幼児教育について」 これからの 幼 児 教 育 について 幼 児 教 育 保 育 学 科 山 路 純 子 はじめに 本 日 は,これからの 幼 児 教 育 について, 社 会 情 勢 の 変 化 に 対 応 した 法 改 正 の 状 況 を 概 観 しながら 幼 保 一 体 化 の 教 育 を 主 に 取 り 上 げ, 今 後 の 発 展 の 動 向 を 考 えながら, 本 校 のような 養 成 校 の 役 割 などについて

More information

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 に 関 する 報 告 書 平 成 24 年 6 月 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 検 討 委 員 会 目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採

More information

秋田県 能代市 東雲中学校区

秋田県 能代市 東雲中学校区 秋 田 県 能 代 市 東 雲 中 学 校 区 学 校 名 在 籍 者 数 学 級 数 東 雲 中 学 校 251 名 10(1) 向 能 代 小 学 校 401 名 17(4) 朴 瀬 小 学 校 22 名 3( 0 ) 竹 生 小 学 校 28 名 5( 1 ) 学 級 数 の( )は 特 別 支 援 学 級 数 を 内 数 として 記 入 実 態 把 握 課 題 目 標 取 組 点 検 見 直

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208A4F8D918CEA89C881698E528DAA82DD82B382AB816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208A4F8D918CEA89C881698E528DAA82DD82B382AB816A2E646F6378> のcanと のwhenを 1 授 業 者 廿 日 市 市 立 大 野 東 中 校 2 日 学 時 年 平 第 成 1 学 28 年 31 組 月 14 ( 日 ( 木 ) 教 諭 山 崎 学 肖 外 男 国 子 15 語 名 科, 女 学 子 習 18 指 名, 導 計 案 34 場 所 名 廿 日 市 市 立 大 野 東 中 学 校 1 学 3 組 教 室 33 名 ) 5 単 元 観 について

More information

7 教 材 教 具 リズムボックス フラッシュカード 絵 カード 数 字 カード(one,two,three,four,five,six,seven,eight,nine,ten) 8 時 間 配 当 ( は 本 時 ) 時 数 内 容 1 Short 1~10までの 数 の 言 い 方 を 知 [

7 教 材 教 具 リズムボックス フラッシュカード 絵 カード 数 字 カード(one,two,three,four,five,six,seven,eight,nine,ten) 8 時 間 配 当 ( は 本 時 ) 時 数 内 容 1 Short 1~10までの 数 の 言 い 方 を 知 [ 英 語 活 動 指 導 案 東 広 島 市 立 乃 美 尾 小 学 校 指 導 者 HRT 重 信 有 紀 T T 岡 田 隆 博 1 日 時 平 成 16 年 6 月 25 日 ( 金 ) 5 校 時 13:05~13:30 2 学 年 第 1 学 年 17 名 3 題 材 名 How many? - いくつですか? - 4 題 材 について 本 題 材 は,いろいろな 歌 やゲームを 通 して,

More information

01_杵渕.indd

01_杵渕.indd 1 直 線 的 キャリア 論 の 限 界 日 本 人 の 身 体 観 から 杵 渕 友 子 19571992 19751977 2 16 1990 1949 3 1994 4 10 11 12 13 14 15 16 17 300 18 5 201319 19 20 21 22 23 24 6 25 26 1648 19 7 27 28 29 8 30 31 9 32 33 105 10 34 35

More information

わいわい文庫2_061~065

わいわい文庫2_061~065 活 用 の 幅 を 広 げよう 盲 学 校 での 試 み 視 覚 支 援 学 校 における 実 践 事 例 東 京 都 立 久 我 山 青 光 学 園 視 覚 障 害 教 育 部 門 名 取 恵 津 子 障 害 の 実 態 に 応 じたさまざまな 活 用 の 可 能 性 を 探 る 今 年 度 の 本 校 の 視 覚 障 害 教 育 部 門 の 在 籍 数 は 幼 稚 部 13 名 小 学 部 17

More information

本 時 の 学 習 指 導 案 教 科 商 業 科 目 ビジネス 基 礎 担 当 教 諭 単 位 数 3 単 位 実 施 学 級 1 年 組 名 使 用 教 科 書 及 び 副 教 材 ( 男 子 : 名 女 子 : 名 ) 学 習 指 導 案 1 北 海 道 小 樽 商 業 高 等 学 校 教 諭

本 時 の 学 習 指 導 案 教 科 商 業 科 目 ビジネス 基 礎 担 当 教 諭 単 位 数 3 単 位 実 施 学 級 1 年 組 名 使 用 教 科 書 及 び 副 教 材 ( 男 子 : 名 女 子 : 名 ) 学 習 指 導 案 1 北 海 道 小 樽 商 業 高 等 学 校 教 諭 平 成 26~27 年 度 国 立 教 育 政 策 研 究 所 教 育 課 程 研 究 センター 関 係 指 定 事 業 (5) 企 業 活 動 の 基 礎 ウ 雇 用 配 布 資 料 : 教 師 用 1 学 習 指 導 案 1~4 2 2 指 導 と 評 価 の 計 画 6 3 観 察 シート 10 4 ティーチングノート 11 北 海 道 小 樽 商 業 高 等 学 校 (5)- ウ - 教 -

More information

123 ( 17 120 18 ) ( - 1 - - 2 - ⑴ ⑵ - 3 - - 4 - ⑴ - 5 - ⑵ - 6 - ⑶ - 7 - ⑴ ⑵ ⑶ - 8 - - 9 - - 10 - - 11 - ⑴ ⑵ ⑶ - 12 - ⑴ - 13 - ⑵ 12-14 - - 15 - - 16 - - 17 - - 18 - ⑴ ⑵ - 19 - ⑴ ⑵ ⑶ - 20 - ⑷ ⑸ ⑹ - 21 -

More information

< F2D95F18D908F E522E6A7464>

< F2D95F18D908F E522E6A7464> 群教セ G09-02 平 27.257 集 英語 - 中 伝えたい情報を正しい英文で書くことができる生徒の育成 音声 視覚 表現 の学習ステップに モデル文の活用を取り入れて Ⅰ 研究テーマ設定の理由 特別研修員中山仁 はばたく群馬の指導プラン では まとまりのある文を正しい英語で書くこと が外国語の課題の1 つとして挙げられており 解決に向けて伸ばしたい資質 能力の1つとして 正しい語順で英文を書くことができる

More information

評 価 規 準 例 ( 国 立 教 育 政 策 研 究 所 教 育 課 程 研 究 センター 評 価 規 準 作 成 ため 参 考 資 料 より 作 成 ) 健 康 安 全 へ 関 心 意 欲 態 度 健 康 安 全 について 思 考 判 断 健 康 安 全 について 知 識 理 解 章 評 価 規

評 価 規 準 例 ( 国 立 教 育 政 策 研 究 所 教 育 課 程 研 究 センター 評 価 規 準 作 成 ため 参 考 資 料 より 作 成 ) 健 康 安 全 へ 関 心 意 欲 態 度 健 康 安 全 について 思 考 判 断 健 康 安 全 について 知 識 理 解 章 評 価 規 指 導 計 画 例 保 健 編 1 章 第 1 学 年 ( 全 12 時 間 ) 心 身 機 能 心 健 康 教 科 書 p.6-32 学 習 内 容 学 習 指 導 要 領 内 容 ままり 教 科 書 内 容 ( ) ア. 身 体 機 能 身 体 には, 多 く 器 官 が 育 し,それに 伴 い,さま ざまな 機 能 が する 時 期 があるこ また, 育 時 期 やそ 程 度 には, 個 人

More information

世田谷マネジメントスタンダード

世田谷マネジメントスタンダード 世 田 谷 9 年 教 育 世 田 谷 9 年 教 育 マネジメントスタンダード 1 はじめに (1) 定 義 1 世 田 谷 9 年 教 育 の 定 義 世 田 谷 9 年 教 育 とは 育 てたい 子 ども 像 を 実 現 するため 教 育 基 本 法 や 学 校 教 育 法 の 改 正 を 踏 まえ 小 中 学 校 の 主 体 性 を 尊 重 しつつ 小 中 学 校 の 義 務 教 育 9 年

More information

1 アプローチカリキュラム 作 成 のポイント 2 活 動 の 工 夫 アプローチカリキュラムとは 就 学 前 の 幼 児 がスムーズに 小 学 校 の 生 活 や 学 習 に 適 応 できるようにすると ともに 幼 児 期 の 学 びを 小 学 校 教 育 につなげるために 作 成 する 幼 児

1 アプローチカリキュラム 作 成 のポイント 2 活 動 の 工 夫 アプローチカリキュラムとは 就 学 前 の 幼 児 がスムーズに 小 学 校 の 生 活 や 学 習 に 適 応 できるようにすると ともに 幼 児 期 の 学 びを 小 学 校 教 育 につなげるために 作 成 する 幼 児 11 1 アプローチカリキュラム 作 成 のポイント 2 活 動 の 工 夫 アプローチカリキュラムとは 就 学 前 の 幼 児 がスムーズに 小 学 校 の 生 活 や 学 習 に 適 応 できるようにすると ともに 幼 児 期 の 学 びを 小 学 校 教 育 につなげるために 作 成 する 幼 児 期 の 教 育 終 了 前 (5 歳 児 の10 月 ~3 月 ) のカリキュラムです 小 学

More information

<5461726F2D8FF28F918CB48D65208DC58F4994C52E6A7464>

<5461726F2D8FF28F918CB48D65208DC58F4994C52E6A7464> 群 E01-01 教 セ 平 19.239 集 学 校 における 保 護 者 対 応 に 関 する 調 査 研 究 長 期 研 修 Ⅰ 研 修 員 金 子 真 人 研 究 の 概 要 学 校 における 保 護 者 対 応 の 中 のクレーム 対 応 に 焦 点 を 当 て 群 馬 県 の 実 態 を 把 握 するた め 公 立 の 全 小 学 校 中 学 校 高 等 学 校 を 対 象 に 調 査

More information

とれ 農 林 水 産 物 だけでなく 国 内 外 の 産 地 から 運 びこまれ 多 様 な 農 林 水 産 物 が 季 節 を 問 わず 手 に 入 ようになってい しかし BSE 問 題 を 発 端 に 一 方 で 食 品 の 虚 偽 表 示 無 認 可 の 食 品 添 加 物 の 混 入 輸

とれ 農 林 水 産 物 だけでなく 国 内 外 の 産 地 から 運 びこまれ 多 様 な 農 林 水 産 物 が 季 節 を 問 わず 手 に 入 ようになってい しかし BSE 問 題 を 発 端 に 一 方 で 食 品 の 虚 偽 表 示 無 認 可 の 食 品 添 加 物 の 混 入 輸 第 二 学 年 技 術 家 庭 科 ( 技 術 分 野 ) 学 習 指 導 案 期 日 平 成 26 年 0 月 2 日 ( 火 ) 学 校 名 美 郷 町 立 大 和 中 学 校 授 業 者 教 諭 立 木 光 史 題 材 名 生 物 育 成 に 関 す 技 術 2 題 材 の 目 標 生 物 育 成 に 関 す 基 礎 的 基 本 的 な 知 識 及 び 技 術 を 習 得 すとともに 生 物

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208253944E8E5A909489C88A778F4B8E7793B188C4817596CA90CF81768288825182512E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208253944E8E5A909489C88A778F4B8E7793B188C4817596CA90CF81768288825182512E646F63> 123 指 導 者 松 島 恵 子 4 日 学 単 元 について 時 年 名 平 第 面 成 4 積 22 学 年 年 男 10 子 12 月 20 名 日 ( 女 水 子 4 ) 名 第 計 21 校 時 名 算 数 科 学 習 指 導 案 角 味 これまで を 本 理 単 解 元 は, し, 量 学 正 と 習 方 測 指 形 定 導 及 の 要 び 長 領 の 方 域 内 形 では, 容 の

More information

徳島県鳴門市林崎小学校 学習指導案

徳島県鳴門市林崎小学校 学習指導案 外 国 語 活 動 指 導 案 鳴 門 市 林 崎 小 学 校 教 諭 中 妻 佳 代 1 日 時 平 成 24 年 6 月 25 日 ( 月 )~6 月 29 日 ( 金 ) 2 学 級 第 6 学 年 2 組 (37 名 ) 3 学 級 観 児 童 は, 今 年 度 8 時 間 の 外 国 語 活 動 を 経 験 し,5 月 実 施 の 外 国 語 活 動 の 授 業 等 に 関 するアン ケート

More information

社 会 科 学 習 指 導 案 1. 単 元 名 農 業 のさかんな 地 域 をたずねて 日 時 平 成 26 年 7 月 7 日 ( 月 ) 児 童 小 学 校 第 5 学 年 指 導 者 釧 路 教 育 研 究 所 研 究 部 2. 単 元 について (1) 教 材 観 本 単 元 にかかわる

社 会 科 学 習 指 導 案 1. 単 元 名 農 業 のさかんな 地 域 をたずねて 日 時 平 成 26 年 7 月 7 日 ( 月 ) 児 童 小 学 校 第 5 学 年 指 導 者 釧 路 教 育 研 究 所 研 究 部 2. 単 元 について (1) 教 材 観 本 単 元 にかかわる 単 元 名 農 業 のさかんな 地 域 をたずねて 学 びの 地 図 社 会 科 学 習 指 導 案 1 時 間 目 北 海 道 東 北 地 方 が 米 作 りが 盛 んなわけを 予 想 しよ 北 海 道 米 の ゆめぴりか を 調 べて,まちの 人 にしょかい しよ ど し て お い し い の だ ろ? 2 時 間 目 米 がたくさんとれると ころはどんなところだ ろ 3 4 時 間 目 米

More information

(Microsoft Word - \203A \225\345\217W\227v\227\314 .doc)

(Microsoft Word - \203A  \225\345\217W\227v\227\314 .doc) ま ち づ く り 推 進 の た め の ア ン ケ ー ト 調 査 及 び 分 析 業 務 委 託 プ ロ ポ ー ザ ル 募 集 要 領 1 趣 旨 本 要 領 は, ま ち づ く り 推 進 の た め の ア ン ケ ー ト 調 査 及 び 分 析 業 務 委 託 の 受 託 者 を 特 定 す る た め, 企 画 提 案 型 プ ロ ポ ー ザ ル 方 式 ( 以 下 プ ロ ポ ー

More information

確 認 読 み 段 階 では まず 接 続 語 や 末 表 現 に 着 眼 したり と つながり 考 えたりしな がら 章 構 成 つかむ そして 構 成 分 析 視 点 基 に 吟 味 が 必 要 な 点 出 し 合 いながら 課 題 設 定 する こように 児 童 が 章 構 成 捉 えた 上

確 認 読 み 段 階 では まず 接 続 語 や 末 表 現 に 着 眼 したり と つながり 考 えたりしな がら 章 構 成 つかむ そして 構 成 分 析 視 点 基 に 吟 味 が 必 要 な 点 出 し 合 いながら 課 題 設 定 する こように 児 童 が 章 構 成 捉 えた 上 説 明 的 な 章 批 判 的 に 読 む 児 童 育 てる 高 学 年 国 語 科 学 習 指 導 - 焦 点 化 した 課 題 追 究 する 評 価 読 み 通 して- 教 育 指 導 部 教 科 教 育 班 長 期 派 遣 研 修 員 ( 吉 富 町 立 吉 富 小 学 校 教 諭 坂 山 利 1 研 究 主 題 について 説 明 (1 主 題 意 味 ア 主 題 について 説 明 的 な 章

More information

注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 (ADHD) 1 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 の 概 要 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 (Attention-Deficit / Hyperactivity Disorder)とは 年 齢 あるいは 発 達 に 不 釣 り 合 いな 注 意 力 又

注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 (ADHD) 1 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 の 概 要 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 (Attention-Deficit / Hyperactivity Disorder)とは 年 齢 あるいは 発 達 に 不 釣 り 合 いな 注 意 力 又 Ⅱ LD ADHD 高 機 能 自 閉 症 等 の 理 解 学 習 障 害 (LD) 1 学 習 障 害 の 概 要 学 習 障 害 (Learning Disabilities)とは 基 本 的 には 全 般 的 な 知 的 発 達 に 遅 れはないのに 聞 く 話 す 読 む 書 く 計 算 する 又 は 推 論 する 能 力 のうち 特 定 のものの 習 得 と 使 用 に 著 し い 困 難

More information

Microsoft PowerPoint - 公開授業Web(家庭)【確定版】

Microsoft PowerPoint - 公開授業Web(家庭)【確定版】 平 成 25 年 度 基 礎 基 本 習 得 のための 実 践 研 究 事 業 技 術 家 庭 科 ( 家 庭 分 野 ) 公 開 授 業 授 業 者 安 中 市 立 第 二 中 学 校 土 屋 真 美 教 諭 11 月 26 日 ( 火 ) 第 5 校 時 1 年 6 組 (30 名 ) 県 内 の 小 中 学 校 の 先 生 方 や 群 馬 大 学 の 学 生 さん 等 70 名 を 超 える

More information

〇 持 久 力 柔 軟 性 等 を 高 める 取 組 柔 軟 性 を 高 めるため, 準 備 運 動 に 柔 軟 体 操 を 取 り 入 れている 合 わせて, 事 故 防 止 にもつなげている 投 力 の 向 上 のために, 当 たっても 危 なくないソフト バレーボールで 投 げ 合 う 運 動

〇 持 久 力 柔 軟 性 等 を 高 める 取 組 柔 軟 性 を 高 めるため, 準 備 運 動 に 柔 軟 体 操 を 取 り 入 れている 合 わせて, 事 故 防 止 にもつなげている 投 力 の 向 上 のために, 当 たっても 危 なくないソフト バレーボールで 投 げ 合 う 運 動 小 学 校 〇 導 入 段 階 の 基 本 の 運 動 授 業 の 導 入 段 階 で,リズム 太 鼓 を 使 用 してのサーキットトレーニング 的 な 活 動 や, 柔 軟 体 操 及 び 複 数 でのストレッチ 運 動 などの 時 間 を 毎 時 間 設 定 している 運 動 前 に 児 童 の 体 を 温 めるとともに, 日 常 の 生 活 ではあまり 活 用 しない 部 分 の 筋 肉 やバランス

More information

Taro11-小2指導案.jtdc

Taro11-小2指導案.jtdc 小 学 部 生 活 単 元 学 習 学 習 指 導 案 日 時 平 成 20 年 9 月 24 日 2,3 校 時 場 所 小 学 部 プレイルーム 授 業 者 (T1) (T2) (T3) 1 単 元 名 おおきなかぶ のえほんをつくろう 2 目 標 絵 本 のできあがりを 楽 しみにして 自 分 から 活 動 を 進 めたり 自 分 からやってみようと 手 を 伸 ばしたりすることができる (2)

More information

経 運 ビジョン 実 現 を 目 指 し た の 組 織 力 向 上 の 在 り 方 はじめに 1 評 価 の 役 割 は 何 か 2 評 価 実 施 における 事 務 職 の 役 割 3 の 組 織 力 を 高 めるために 4 組 織 活 性 化 の 在 り 方 5 福 島 県 の 外 部 評 価

経 運 ビジョン 実 現 を 目 指 し た の 組 織 力 向 上 の 在 り 方 はじめに 1 評 価 の 役 割 は 何 か 2 評 価 実 施 における 事 務 職 の 役 割 3 の 組 織 力 を 高 めるために 4 組 織 活 性 化 の 在 り 方 5 福 島 県 の 外 部 評 価 平 成 19 年 度 県 公 立 小 中 事 務 研 究 会 事 務 研 修 会 資 料 H.19.10.17 ユラックス 熱 海 経 運 ビジョン 実 現 を 目 指 した の 組 織 力 向 上 の 在 り 方 県 教 育 センター 研 究 調 査 チーム 主 任 指 導 主 事 鈴 木 久 米 男 はじめに 1 評 価 の 役 割 は 何 か 2 評 価 実 施 における 事 務 職 の 役

More information