<4D F736F F D E982D182C882B5816A8C6F8DCF8E598BC68FC88F8A8AC78E968BC695AA96EC82C982A882AF82E98FE18A5182F0979D975282C682B782E98DB795CA82CC89F08FC182CC C98AD682B782E991CE899E8E77906A88C42E646F6378>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D F736F F D E982D182C882B5816A8C6F8DCF8E598BC68FC88F8A8AC78E968BC695AA96EC82C982A882AF82E98FE18A5182F0979D975282C682B782E98DB795CA82CC89F08FC182CC C98AD682B782E991CE899E8E77906A88C42E646F6378>"

Transcription

1 経 済 産 業 省 所 管 事 業 分 野 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 す る 対 応 指 針 ( 案 ) 第 一 趣 旨 1 障 害 者 差 別 解 消 法 の 制 定 の 経 緯 我 が 国 は 平 成 19 年 に 障 害 者 権 利 条 約 ( 以 下 権 利 条 約 という )に 署 名 して 以 来 障 害 者 基 本 法 の 改 正 を 始 めとする 国 内 法 の 整 備 等 を 進 めてきた 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という )は 障 害 者 基 本 法 の 差 別 の 禁 止 の 基 本 原 則 を 具 体 化 するものであり 全 ての 国 民 が 障 害 の 有 無 によって 分 け 隔 てられることなく 相 互 に 人 格 と 個 性 を 尊 重 し 合 いながら 共 生 する 社 会 の 実 現 に 向 け 障 害 者 差 別 の 解 消 を 推 進 することを 目 的 として 平 成 25 年 に 制 定 された 2 法 の 基 本 的 な 考 え 方 (1) 法 の 対 象 となる 障 害 者 は 障 害 者 基 本 法 第 2 条 第 1 号 に 規 定 する 障 害 者 即 ち 身 体 障 害 知 的 障 害 精 神 障 害 ( 発 達 障 害 を 含 む )その 他 の 心 身 の 機 能 の 障 害 ( 以 下 障 害 と 総 称 する )がある 者 であつて 障 害 及 び 社 会 的 障 壁 により 継 続 的 に 日 常 生 活 又 は 社 会 生 活 に 相 当 な 制 限 を 受 ける 状 態 にあるもの である これは 障 害 者 が 日 常 生 活 又 は 社 会 生 活 において 受 ける 制 限 は 身 体 障 害 知 的 障 害 精 神 障 害 ( 発 達 障 害 を 含 む )その 他 の 心 身 の 機 能 の 障 害 ( 難 病 に 起 因 する 障 害 を 含 む )のみに 起 因 するものではなく 社 会 における 様 々な 障 壁 と 相 対 することによって 生 ずるものとのいわゆる 社 会 モデル の 考 え 方 を 踏 まえている したがって 法 が 対 象 とする 障 害 者 は いわゆる 障 害 者 手 帳 の 所 持 者 に 限 られない なお 高 次 脳 機 能 障 害 は 精 神 障 害 に 含 まれる (2) 法 は 日 常 生 活 及 び 社 会 生 活 全 般 に 係 る 分 野 を 広 く 対 象 としている ただし 事 業 者 が 事 業 主 としての 立 場 で 労 働 者 に 対 して 行 う 障 害 を 理 由 とする 差 別 を 解 消 するための 措 置 については 法 第 13 条 により 障 害 者 の 雇 用 の 促 進 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 35 年 法 律 第 123 号 )の 定 めるところによることとされている 3 対 応 指 針 の 位 置 付 け この 指 針 ( 以 下 対 応 指 針 という )は 法 第 11 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき また 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 基 本 方 針 ( 平 成 27 年 2 月 24 日 閣 議 決 定 以 下 基 本 方 針 という )に 即 して 法 第 8 条 に 規 定 する 事 項 に 関 し 経 済 産 業 省 が 所 管 する 分 野 における 事 業 者 *1 ( 以 下 事 業 者 という )が 適 切 に 対 応 するために 必 要 な 事 項 を 定 めたものである *1 対 象 となる 事 業 者 は 商 業 その 他 の 事 業 を 行 う 者 ( 地 方 公 共 団 体 の 経 営 する 企 業 及 び 公 営 企 業 型 地 方 独 立 行 政 法 人 を 含 み 国 独 立 行 政 法 人 等 地 方 公 共 団 体 及 び 公 営 企 業 型 以 外 の 地 方 独 立 行 政 法 人 を 除 く )であり 目 的 の 営 利 非 営 利 個 人 法 人 の 別 を 問 わず 同 種 の 行 為 を 反 復 継 続 する 意 思 をもって 行 う 者 である したがって 例 えば 一 般 社 団 法 人 や 一 般 財 団 法 人 個 人 事 業 者 や 対 価 を 得 ない 無 報 酬 の 事 業 を 行 う 者 非 営 利 事 業 を 行 う 社 会 福 祉 法 人 や 特 定 非 営 利 活 動 法 人 も 対 象 となる 1

2 第 二 障 害 を 理 由 とする 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 及 び 合 理 的 配 慮 の 基 本 的 な 考 え 方 1 不 当 な 差 別 的 取 扱 い (1) 不 当 な 差 別 的 取 扱 いの 基 本 的 な 考 え 方 事 業 者 は 法 第 8 条 第 1 項 の 規 定 のとおり その 事 業 を 行 うに 当 たり 障 害 を 理 由 と して 障 害 者 でない 者 と 不 当 な 差 別 的 取 扱 いをすることにより 障 害 者 の 権 利 利 益 を 侵 害 してはならない ア 法 は 障 害 者 に 対 して 正 当 な 理 由 なく 障 害 を 理 由 として 財 サービスや 各 種 機 会 の 提 供 を 拒 否 する 又 は 提 供 に 当 たって 場 所 時 間 帯 などを 制 限 する 障 害 者 でな い 者 に 対 しては 付 さない 条 件 を 付 けることなどにより 障 害 者 の 権 利 利 益 を 侵 害 する ことを 禁 止 している なお 障 害 者 の 事 実 上 の 平 等 を 促 進 し 又 は 達 成 するために 必 要 な 特 別 の 措 置 は 不 当 な 差 別 的 取 扱 いではない イ したがって 障 害 者 を 障 害 者 でない 者 と 比 べて 優 遇 する 取 扱 い(いわゆる 積 極 的 改 善 措 置 ) 法 に 規 定 された 障 害 者 に 対 する 合 理 的 配 慮 の 提 供 による 障 害 者 でない 者 との 異 なる 取 扱 いや 合 理 的 配 慮 を 提 供 等 するために 必 要 な 範 囲 で プライバシーに 配 慮 しつつ 障 害 者 に 障 害 の 状 況 等 を 確 認 することは 不 当 な 差 別 的 取 扱 いには 当 たらない 不 当 な 差 別 的 取 扱 いとは 正 当 な 理 由 なく 障 害 者 を 問 題 となる 事 業 について 本 質 的 に 関 係 する 諸 事 情 が 同 じ 障 害 者 でない 者 より 不 利 に 扱 うことである 点 に 留 意 する 必 要 がある (2) 正 当 な 理 由 の 判 断 の 視 点 正 当 な 理 由 に 相 当 するのは 障 害 者 に 対 して 障 害 を 理 由 として 財 サービスや 各 種 機 会 の 提 供 を 拒 否 するなどの 取 扱 いが 客 観 的 に 見 て 正 当 な 目 的 の 下 に 行 われたもので あり その 目 的 に 照 らしてやむを 得 ないと 言 える 場 合 である 事 業 者 においては 正 当 な 理 由 に 相 当 するか 否 かについて 具 体 的 な 検 討 をせずに 正 当 な 理 由 を 拡 大 解 釈 する 等 して 法 の 趣 旨 を 損 なうことなく 個 別 の 事 案 ごとに 障 害 者 事 業 者 第 三 者 の 権 利 利 益 ( 例 : 安 全 の 確 保 財 産 の 保 全 事 業 の 目 的 内 容 機 能 の 維 持 損 害 発 生 の 防 止 等 )の 観 点 に 鑑 み 具 体 的 場 面 や 状 況 に 応 じて 総 合 的 客 観 的 に 判 断 することが 必 要 で ある 事 業 者 は 正 当 な 理 由 があると 判 断 した 場 合 には 障 害 者 にその 理 由 を 説 明 する ものとし 理 解 を 得 るよう 努 めることが 望 ましい (3) 不 当 な 差 別 的 取 扱 いの 具 体 例 不 当 な 差 別 的 取 扱 いに 当 たり 得 る 具 体 例 は 別 紙 のとおりである なお 1(2)で 示 したとおり 不 当 な 差 別 的 取 扱 いに 相 当 するか 否 かについては 個 別 の 事 案 ごとに 判 断 されることとなる また 別 紙 に 記 載 されている 具 体 例 については 正 当 な 理 由 が 存 在 しないことを 前 提 としていること さらに それらはあくまでも 例 示 であり 記 載 され ている 具 体 例 だけに 限 られるものではないことに 留 意 する 必 要 がある 2

3 2 合 理 的 配 慮 (1) 合 理 的 配 慮 の 基 本 的 な 考 え 方 事 業 者 は 法 第 8 条 第 2 項 の 規 定 のとおり その 事 業 を 行 うに 当 たり 障 害 者 から 現 に 社 会 的 障 壁 の 除 去 を 必 要 としている 旨 の 意 思 の 表 明 があった 場 合 において その 実 施 に 伴 う 負 担 が 過 重 でないときは 障 害 者 の 権 利 利 益 を 侵 害 することとならないよう 当 該 障 害 者 の 性 別 年 齢 及 び 障 害 の 状 態 に 応 じて 社 会 的 障 壁 の 除 去 の 実 施 について 必 要 かつ 合 理 的 な 配 慮 ( 以 下 合 理 的 配 慮 という )をするように 努 めなければならない ア 権 利 条 約 第 2 条 において 合 理 的 配 慮 は 障 害 者 が 他 の 者 との 平 等 を 基 礎 とし て 全 ての 人 権 及 び 基 本 的 自 由 を 享 有 し 又 は 行 使 することを 確 保 するための 必 要 かつ 適 当 な 変 更 及 び 調 整 であって 特 定 の 場 合 において 必 要 とされるものであり かつ 均 衡 を 失 した 又 は 過 度 の 負 担 を 課 さないもの と 定 義 されている 法 は 権 利 条 約 における 合 理 的 配 慮 の 定 義 を 踏 まえ 事 業 者 に 対 し その 事 業 を 行 うに 当 たり 個 々の 場 面 において 障 害 者 から 現 に 社 会 的 障 壁 の 除 去 を 必 要 としてい る 旨 の 意 思 の 表 明 があった 場 合 において その 実 施 に 伴 う 負 担 が 過 重 でないときは 障 害 者 の 権 利 利 益 を 侵 害 することとならないよう 社 会 的 障 壁 の 除 去 の 実 施 について 合 理 的 配 慮 を 行 うことを 求 めている 合 理 的 配 慮 は 障 害 者 が 受 ける 制 限 は 障 害 の みに 起 因 するものではなく 社 会 における 様 々な 障 壁 と 相 対 することによって 生 ずる ものとのいわゆる 社 会 モデル の 考 え 方 を 踏 まえたものであり 障 害 者 の 権 利 利 益 を 侵 害 することとならないよう 障 害 者 が 個 々の 場 面 において 必 要 としている 社 会 的 障 壁 を 除 去 するための 必 要 かつ 合 理 的 な 取 組 であり その 実 施 に 伴 う 負 担 が 過 重 でな いものである 合 理 的 配 慮 は 事 業 者 の 事 業 の 目 的 内 容 機 能 に 照 らし 必 要 とされる 範 囲 で 本 来 の 業 務 に 付 随 するものに 限 られること 障 害 者 でない 者 との 比 較 において 同 等 の 機 会 の 提 供 を 受 けるためのものであること 事 業 の 目 的 内 容 機 能 の 本 質 的 な 変 更 に は 及 ばないことに 留 意 する 必 要 がある イ 合 理 的 配 慮 は 障 害 の 特 性 や 社 会 的 障 壁 の 除 去 が 求 められる 具 体 的 場 面 や 状 況 に 応 じて 異 なり 多 様 かつ 個 別 性 の 高 いものであり 当 該 障 害 者 が 現 に 置 かれている 状 況 を 踏 まえ 社 会 的 障 壁 の 除 去 のための 手 段 及 び 方 法 について (2) 過 重 な 負 担 の 基 本 的 な 考 え 方 に 掲 げた 要 素 を 考 慮 し 代 替 措 置 の 選 択 も 含 め 双 方 の 建 設 的 対 話 に よる 相 互 理 解 を 通 じて 必 要 かつ 合 理 的 な 範 囲 で 柔 軟 に 対 応 がなされるものである さらに 合 理 的 配 慮 の 内 容 は 技 術 の 進 展 社 会 情 勢 の 変 化 等 に 応 じて 変 わり 得 るも のである 合 理 的 配 慮 の 提 供 に 当 たっては 障 害 者 の 性 別 年 齢 状 態 等 に 配 慮 する ものとする なお 合 理 的 配 慮 を 必 要 とする 障 害 者 が 多 数 見 込 まれる 場 合 障 害 者 との 関 係 性 が 長 期 にわたる 場 合 等 には その 都 度 の 合 理 的 配 慮 の 提 供 ではなく 環 境 の 整 備 を 考 慮 に 入 れることにより 中 長 期 的 なコストの 削 減 効 率 化 につながる 点 は 重 要 である ウ 意 思 の 表 明 に 当 たっては 具 体 的 場 面 において 社 会 的 障 壁 の 除 去 に 関 する 配 慮 を 必 要 としている 状 況 にあることを 言 語 ( 手 話 を 含 む )のほか 点 字 拡 大 文 字 筆 談 実 物 の 提 示 や 身 振 りサイン 等 による 合 図 触 覚 による 意 思 伝 達 など 障 害 者 が 他 人 と コミュニケーションを 図 る 際 に 必 要 な 手 段 ( 通 訳 を 介 するものを 含 む )により 伝 えら 3

4 れる また 障 害 者 からの 意 思 表 明 のみでなく 知 的 障 害 や 精 神 障 害 ( 発 達 障 害 を 含 む ) 等 により 本 人 の 意 思 表 明 が 困 難 な 場 合 には 障 害 者 の 家 族 介 助 者 等 コミュニケー ションを 支 援 する 者 が 本 人 を 補 佐 して 行 う 意 思 の 表 明 も 含 む なお 意 思 の 表 明 が 困 難 な 障 害 者 が 家 族 介 助 者 等 を 伴 っていない 場 合 など 意 思 の 表 明 がない 場 合 であっても 当 該 障 害 者 が 社 会 的 障 壁 の 除 去 を 必 要 としているこ とが 明 白 である 場 合 には 法 の 趣 旨 に 鑑 みれば 当 該 障 害 者 に 対 して 適 切 と 思 われる 配 慮 を 提 案 するために 建 設 的 対 話 を 働 きかけるなど 自 主 的 な 取 組 に 努 めることが 望 ましい エ 合 理 的 配 慮 は 障 害 者 等 の 利 用 を 想 定 して 事 前 に 行 われる 建 築 物 のバリアフリー 化 介 助 者 等 の 人 的 支 援 情 報 アクセシビリティの 向 上 等 の 環 境 の 整 備 を 基 礎 として 個 々 の 障 害 者 に 対 して その 状 況 に 応 じて 個 別 に 実 施 される 措 置 である したがって 各 場 面 における 環 境 の 整 備 の 状 況 により 合 理 的 配 慮 の 内 容 は 異 なることとなる また 障 害 の 状 態 等 が 変 化 することもあるため 特 に 障 害 者 との 関 係 性 が 長 期 にわたる 場 合 等 には 提 供 する 合 理 的 配 慮 について 適 宜 見 直 しを 行 うことが 重 要 である オ 同 種 の 事 業 が 行 政 機 関 等 と 事 業 者 の 双 方 で 行 われる 場 合 は 事 業 の 類 似 性 を 踏 まえ つつ 事 業 主 体 の 違 いも 考 慮 した 上 での 対 応 に 努 めることが 望 ましい (2) 過 重 な 負 担 の 基 本 的 な 考 え 方 過 重 な 負 担 については 事 業 者 において 具 体 的 な 検 討 をせずに 拡 大 解 釈 する 等 して 法 の 趣 旨 を 損 なうことなく 個 別 の 事 案 ごとに 以 下 の 要 素 等 を 考 慮 し 具 体 的 場 面 や 状 況 に 応 じて 総 合 的 客 観 的 に 判 断 することが 必 要 である 事 業 者 は 過 重 な 負 担 に 当 たると 判 断 した 場 合 は 障 害 者 にその 理 由 を 説 明 するものとし 理 解 を 得 るよう 努 める ことが 望 ましい 事 務 事 業 への 影 響 の 程 度 ( 事 務 事 業 の 目 的 内 容 機 能 を 損 なうか 否 か) 実 現 可 能 性 の 程 度 ( 物 理 的 技 術 的 制 約 人 的 体 制 上 の 制 約 ) 費 用 負 担 の 程 度 事 務 事 業 規 模 財 政 財 務 状 況 (3) 合 理 的 配 慮 の 具 体 例 合 理 的 配 慮 の 具 体 例 は 別 紙 のとおりである なお 2(1)イで 示 したとおり 合 理 的 配 慮 は 具 体 的 場 面 や 状 況 に 応 じて 異 なり 多 様 かつ 個 別 性 の 高 いものであり 掲 載 した 具 体 例 については 2(2)で 示 した 過 重 な 負 担 が 存 在 しないことを 前 提 としてい ること 事 業 者 に 強 制 する 性 格 のものではないこと また それらはあくまでも 例 示 で あり 記 載 されている 具 体 例 に 限 られるものではないことに 留 意 する 必 要 がある 事 業 者 においては 対 応 指 針 を 踏 まえ 具 体 的 場 面 や 状 況 に 応 じて 柔 軟 に 対 応 することが 期 待 される 4

5 第 三 事 業 者 における 相 談 体 制 の 整 備 事 業 者 においては 障 害 者 及 びその 家 族 その 他 の 関 係 者 からの 相 談 等 に 的 確 に 対 応 する ため 既 存 の 顧 客 相 談 窓 口 等 の 活 用 や 窓 口 の 開 設 により 相 談 窓 口 を 整 備 することが 重 要 で ある また ホームページ 等 を 活 用 し 相 談 窓 口 等 に 関 する 情 報 を 周 知 することや 相 談 時 の 配 慮 として 対 面 のほか 電 話 FAX 電 子 メールなどの 多 様 な 手 段 を 用 意 しておくことが 望 ましい 第 四 事 業 者 における 研 修 啓 発 事 業 者 においては 障 害 者 に 対 して 適 切 に 対 応 し また 障 害 者 及 びその 家 族 その 他 の 関 係 者 からの 相 談 等 に 的 確 に 対 応 するため 研 修 啓 発 の 機 会 の 確 保 が 重 要 なことから このような 研 修 等 を 通 じて 法 の 趣 旨 の 普 及 を 図 るとともに 障 害 に 関 する 理 解 の 促 進 に 努 めるものとする 第 五 経 済 産 業 省 所 管 事 業 分 野 における 相 談 窓 口 ( 対 応 指 針 全 般 に 係 るもの) 経 済 産 業 省 本 省 経 済 産 業 政 策 局 産 業 人 材 政 策 担 当 参 事 官 室 経 済 産 業 省 地 方 支 分 部 局 ( 別 表 ) 経 済 産 業 局 総 務 企 画 部 総 務 課 産 業 保 安 監 督 部 管 理 課 内 閣 府 沖 縄 総 合 事 務 局 経 済 産 業 部 政 策 課 ( 所 管 事 業 分 野 に 係 るもの) 経 済 産 業 省 本 省 業 所 管 課 室 経 済 産 業 省 地 方 支 分 部 局 ( 別 表 ) 経 済 産 業 局 業 所 管 課 室 産 業 保 安 監 督 部 業 所 管 又 は 業 務 所 管 課 室 内 閣 府 沖 縄 総 合 事 務 局 経 済 産 業 部 業 所 管 課 室 5

6 別 表 地 方 支 分 部 局 経 済 産 業 局 北 海 道 経 済 産 業 局 東 北 経 済 産 業 局 関 東 経 済 産 業 局 中 部 経 済 産 業 局 近 畿 経 済 産 業 局 中 国 経 済 産 業 局 四 国 経 済 産 業 局 九 州 経 済 産 業 局 産 業 保 安 監 督 部 北 海 道 産 業 保 安 監 督 部 関 東 東 北 産 業 保 安 監 督 部 東 北 支 部 関 東 東 北 産 業 保 安 監 督 部 中 部 近 畿 産 業 保 安 監 督 部 中 部 近 畿 産 業 保 安 監 督 部 近 畿 支 部 中 国 四 国 産 業 保 安 監 督 部 中 国 四 国 産 業 保 安 監 督 部 四 国 支 部 九 州 産 業 保 安 監 督 部 那 覇 産 業 保 安 監 督 事 務 所 6

7 別 紙 障 害 を 理 由 とする 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 及 び 合 理 的 配 慮 の 具 体 例 1 不 当 な 差 別 的 取 扱 いに 当 たり 得 る 具 体 例 以 下 具 体 例 については 本 文 第 二 の1(2)で 示 す 正 当 な 理 由 が 存 在 しないことを 前 提 としていること さらに それらはあくまでも 例 示 であり 記 載 されている 具 体 例 だけに 限 られるものではない 障 害 があることを 理 由 に 以 下 を 行 うこと 窓 口 対 応 を 拒 否 する 対 応 の 順 序 を 劣 後 させる 資 料 の 送 付 パンフレットの 提 供 等 を 拒 む 説 明 会 シンポジウム 等 への 出 席 を 拒 む 事 業 の 遂 行 上 特 に 必 要 ではないにもかかわらず 障 害 があることを 理 由 に 来 訪 の 際 に 付 き 添 い 者 の 同 行 を 求 める 等 の 条 件 を 付 ける 2 合 理 的 配 慮 の 具 体 例 以 下 具 体 例 については 本 文 第 二 の2(2)で 示 す 過 重 な 負 担 が 存 在 しないことを 前 提 としていること 事 業 者 に 強 制 する 性 格 のものではないこと また それらはあくまでも 例 示 であり 記 載 されている 具 体 例 に 限 られるものではない 想 定 される 場 面 例 事 務 所 ( 来 客 窓 口 問 合 せ 等 ) 店 舗 ( 商 品 等 販 売 問 合 せ 等 ) 自 宅 への 訪 問 ( 商 品 等 販 売 小 売 事 業 者 による 商 品 宅 配 等 ) ( 物 理 的 環 境 への 配 慮 の 具 体 例 ) 困 っていると 思 われるときは まずは 声 をかけ 手 伝 いの 必 要 性 を 確 かめてから 対 応 する 段 差 がある 場 合 に 車 椅 子 利 用 者 にキャスター 上 げ 等 の 補 助 をする 携 帯 スロープを 渡 す 等 する 配 架 棚 の 高 い 所 に 置 かれた 商 品 やパンフレット 等 を 取 って 渡 す 商 品 やパンフレット 等 の 位 置 を 分 かりやすく 教 える 売 り 場 への 案 内 の 要 望 があった 場 合 は 目 的 の 場 所 へ 案 内 する また 一 般 的 な 案 内 の 際 に 障 害 者 の 歩 行 速 度 に 合 わせた 速 度 で 歩 いたり 左 右 前 後 距 離 の 位 置 取 りについ て 障 害 者 の 希 望 を 聞 いたりする 疲 労 を 感 じやすい 障 害 者 から 別 室 での 休 憩 の 申 し 出 があった 際 別 室 の 確 保 が 困 難 で ある 場 合 に 当 該 障 害 者 に 事 情 を 説 明 し 対 応 窓 口 の 近 くに 長 椅 子 を 移 動 させて 臨 時 の 休 憩 スペースを 設 ける 障 害 者 用 の 駐 車 場 について 健 常 者 が 利 用 することのないよう 注 意 を 促 す 7

8 小 売 事 業 者 による 商 品 宅 配 時 において 具 体 的 要 望 があった 際 に 品 物 を 家 の 中 の 指 定 されたところまで 運 ぶ ( 意 思 疎 通 の 配 慮 の 具 体 例 ) 筆 談 読 み 上 げ 手 話 手 書 き 文 字 ( 手 のひらに 文 字 を 書 いて 伝 える 方 法 ) 等 のコミ ュニケーション 手 段 を 用 いる 要 望 があった 際 に 文 書 記 載 事 項 を 読 み 上 げる 意 思 疎 通 が 不 得 意 な 障 害 者 に 対 し 絵 カード 等 を 活 用 して 意 思 を 確 認 する 書 類 記 入 の 際 に 記 入 方 法 等 を 本 人 の 目 の 前 で 示 したり わかりやすい 記 述 で 伝 達 す る また 要 望 があった 際 に 書 類 の 内 容 や 状 況 に 応 じて 代 筆 にも 対 応 する 比 喩 表 現 等 が 苦 手 な 障 害 者 に 対 し 比 喩 や 暗 喩 二 重 否 定 表 現 等 を 用 いずに 説 明 する 知 的 障 害 者 から 申 し 出 があった 際 に 2 つ 以 上 のことを 同 時 に 説 明 することは 避 け ゆっくり 丁 寧 に 繰 り 返 し 説 明 し 内 容 が 理 解 されたことを 確 認 しながら 応 対 する また なじみのない 外 来 語 はさける 漢 数 字 は 用 いない 時 刻 は 24 時 間 表 記 ではなく 午 前 午 後 で 表 記 する 等 の 配 慮 を 念 頭 に 置 いたメモを 必 要 に 応 じて 適 時 に 渡 す また 紙 等 に 書 いて 伝 達 する 場 合 には 分 かち 書 き( 文 を 書 く 時 語 と 語 の 間 に 空 白 を 置 く 書 き 方 )を 行 うよう 努 める パニック 状 態 になったときは 刺 激 しないように また 危 険 がないように 配 慮 し 周 りの 人 にも 理 解 を 求 めながら 落 ち 着 くまでしばらく 見 守 る また パニック 状 態 の 障 害 者 へ 落 ち 着 ける 場 所 を 提 供 する 注 文 や 問 合 せ 等 に 際 し インターネット 画 面 への 入 力 によるものだけでなく 電 話 等 で も 対 応 できるようにする 店 舗 において 障 害 者 と 話 す 際 は 相 手 と1m 位 の 距 離 で 相 手 の 正 面 をむいて 顔 ( 口 ) の 動 きが 見 えるように 話 す 商 品 の 色 や 形 状 内 容 物 等 について 説 明 の 要 望 があった 際 に 具 体 的 にわかりやすく 説 明 を 行 う 精 算 時 に 金 額 を 示 す 際 は 金 額 が 分 かるようにレジスター 又 は 電 卓 の 表 示 板 を 見 やす いように 向 ける 紙 等 に 書 く 絵 カードを 活 用 する 等 して 示 すようにする お 金 を 渡 す 際 に 紙 幣 と 貨 幣 に 分 け 種 類 毎 に 直 接 手 に 渡 す (ルール 慣 行 の 柔 軟 な 変 更 の 具 体 例 ) 順 番 を 待 つことが 苦 手 な 障 害 者 に 対 し 周 囲 の 者 の 理 解 を 得 た 上 で 手 続 き 順 を 入 れ 替 える 立 って 列 に 並 んで 順 番 を 待 っている 場 合 に 周 囲 の 者 の 理 解 を 得 た 上 で 当 該 障 害 者 の 順 番 が 来 るまで 別 室 や 席 を 用 意 する 他 人 との 接 触 多 人 数 の 中 にいることによる 緊 張 により 不 随 意 の 発 声 等 がある 場 合 当 該 障 害 者 に 説 明 の 上 施 設 の 状 況 に 応 じて 別 室 を 準 備 する 展 示 会 等 開 催 時 の 入 退 場 に 支 障 が 生 じるような 場 合 には 一 般 入 場 口 とは 別 に 専 用 口 を 設 ける スクリーンや 板 書 等 がよく 見 えるように スクリーン 等 に 近 い 席 を 確 保 する 8

9 資 格 試 験 等 を 受 験 する 際 や 学 習 塾 等 での 座 席 は 必 要 なスペースを 確 保 する セルフサービスのガソリンスタンドにおいて 要 望 があった 場 合 には 安 全 に 配 慮 し つつ 給 油 に 協 力 する 以 上 9

Taro-28要01 センターにおける障

Taro-28要01 センターにおける障 別 紙 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 国 際 医 療 研 究 センターにおける 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 に 係 る 留 意 事 項 第 1 不 当 な 差 別 的 取 扱 いの 基 本 的 な 考 え 方 法 は 障 害 者 に 対 して 正 当 な 理 由 なく 障 害 を 理 由 として 財 サービスや 各 種 機 会

More information

151109【セット版】外務省対応指針(るびなし)

151109【セット版】外務省対応指針(るびなし) 外 務 省 所 管 事 業 分 野 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 指 針 第 1 趣 旨 1 障 害 者 差 別 解 消 法 の 制 定 の 経 緯 我 が 国 は 平 成 19 年 に 障 害 者 の 権 利 に 関 する 条 約 ( 以 下 権 利 条 約 という )に 署 名 して 以 来 障 害 者 基 本 法 ( 昭 和 45

More information

【対応指針(るびなし)】環境省 HP 告示一覧掲載用

【対応指針(るびなし)】環境省 HP 告示一覧掲載用 環 境 省 所 管 事 業 分 野 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 指 針 告 示 日 : 平 成 28 年 1 月 6 日 環 境 省 告 示 第 2 号 [ 改 定 ] 平 成 28 年 4 月 1 日 環 境 省 告 示 第 44 号 第 一 趣 旨 1 障 害 者 差 別 解 消 法 の 制 定 の 経 緯 我 が 国 は 平 成

More information

農林水産省 対応指針 るびなし

農林水産省 対応指針 るびなし 農 林 水 産 省 所 管 事 業 分 野 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 指 針 農 林 水 産 大 臣 森 山 𥙿 第 一 趣 旨 1 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 の 制 定 の 経 緯 我 が 国 は 平 成 19 年 に 障 害 者 の 権 利 に 関 する 条 約 ( 昭 和

More information

独立行政法人国立文化財機構における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領

独立行政法人国立文化財機構における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領 独 立 行 政 法 人 国 立 文 化 財 機 構 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 平 成 28 年 4 月 1 日 理 事 長 決 裁 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律

More information

国立研究開発法人日本原子力研究開発機構における障害を理由とする差別の解消の推進に関する規程(案)

国立研究開発法人日本原子力研究開発機構における障害を理由とする差別の解消の推進に関する規程(案) 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 規 程 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 9 条 第 1 項 及

More information

二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 対 する 相 談 苦 情 の 申 し 出 等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職 員

二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 対 する 相 談 苦 情 の 申 し 出 等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職 員 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 秋 田 県 職 員 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 10 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき また 障 害 を 理 由 とする 差 別 の

More information

日本銀行における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領(案)(ルビなし)

日本銀行における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領(案)(ルビなし) 日 本 銀 行 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 ( 案 ) 平 成 27 年 月 日 日 本 銀 行 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という )

More information

二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 関 する 相 談 苦 情 の 申 出 等 ( 以 下 相 談 等 という )があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された

二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 関 する 相 談 苦 情 の 申 出 等 ( 以 下 相 談 等 という )があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 石 川 県 知 事 部 局 議 会 事 務 局 及 び 行 政 委 員 会 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 10 条 第 1 項 の

More information

項 を 実 施 しなければならない 一 日 常 の 執 務 を 通 じた 指 導 等 により 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 し その 監 督 す る 職 員 の 注 意 を 喚 起 し 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 する 認 識 を 深 めさせるこ

項 を 実 施 しなければならない 一 日 常 の 執 務 を 通 じた 指 導 等 により 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 し その 監 督 す る 職 員 の 注 意 を 喚 起 し 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 する 認 識 を 深 めさせるこ 平 成 28 年 規 程 第 2 号 平 成 28 年 3 月 31 日 制 定 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 ( 以 下 対 応 規 程 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という

More information

<4D F736F F D208FE18A5182F0979D975282C682B782E98DB795CA82CC89F08FC182CC C98AD682B782E991CE899E977697CC816988C4816A>

<4D F736F F D208FE18A5182F0979D975282C682B782E98DB795CA82CC89F08FC182CC C98AD682B782E991CE899E977697CC816988C4816A> 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 9 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき また 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消

More information

と 二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 対 する 相 談 苦 情 の 申 し 出 等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職

と 二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 対 する 相 談 苦 情 の 申 し 出 等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職 消 防 庁 訓 令 第 7 号 消 防 庁 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 を 次 のように 定 め る 平 成 27 年 11 月 30 日 消 防 庁 長 官 佐 々 木 敦 朗 消 防 庁 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要

More information

その 監 督 する 職 員 の 注 意 を 喚 起 し 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 する 認 識 を 深 めさせること 二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 対 する 相 談 苦 情 の 申 し 出 等 があ

その 監 督 する 職 員 の 注 意 を 喚 起 し 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 する 認 識 を 深 めさせること 二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 対 する 相 談 苦 情 の 申 し 出 等 があ 内 閣 官 房 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 平 成 27 年 11 月 16 日 内 閣 総 理 大 臣 決 定 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下

More information

等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職 員 に 対 して 合 理 的 配 慮 の 提 供 を 適 切 に 行 うよう 指 導 すること 2 監 督 者 は 障 害 を 理 由 とする 差

等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職 員 に 対 して 合 理 的 配 慮 の 提 供 を 適 切 に 行 うよう 指 導 すること 2 監 督 者 は 障 害 を 理 由 とする 差 気 象 庁 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 平 成 27 年 12 月 2 日 気 象 庁 訓 令 第 14 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法

More information

なければならない 一 日 常 の 執 務 を 通 じた 指 導 等 により 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 し そ の 監 督 する 職 員 の 注 意 を 喚 起 し 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 する 認 識 を 深 めさせること 二 障 害 者

なければならない 一 日 常 の 執 務 を 通 じた 指 導 等 により 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 し そ の 監 督 する 職 員 の 注 意 を 喚 起 し 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 する 認 識 を 深 めさせること 二 障 害 者 個 人 情 報 保 護 委 員 会 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 平 成 28 年 1 月 13 日 個 人 情 報 保 護 委 員 会 訓 令 第 21 号 最 終 改 正 平 成 28 年 3 月 29 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する

More information

ない これに 当 たり 役 職 員 は 別 紙 に 定 める 留 意 事 項 に 留 意 するものとする ( 監 督 者 の 責 務 ) 第 4 条 役 職 員 のうち 役 員 及 び 職 員 を 監 督 する 地 位 にある 者 ( 以 下 総 称 して 監 督 者 という )は 障 害 を 理

ない これに 当 たり 役 職 員 は 別 紙 に 定 める 留 意 事 項 に 留 意 するものとする ( 監 督 者 の 責 務 ) 第 4 条 役 職 員 のうち 役 員 及 び 職 員 を 監 督 する 地 位 にある 者 ( 以 下 総 称 して 監 督 者 という )は 障 害 を 理 2015 情 総 第 176 号 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 9 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき また 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 す る 基 本 方 針 ( 平 成 27 年 2 月 24 日 閣 議 決 定 以 下 基 本

More information

第 4 条 職 員 は 前 2 条 の 規 定 の 適 用 に 当 たっては 別 紙 に 定 める 留 意 事 項 に 留 意 するものとする なお 別 紙 中 望 ましい と 記 載 している 内 容 は それを 実 施 しない 場 合 で あっても 法 に 反 すると 判 断 されることはないが

第 4 条 職 員 は 前 2 条 の 規 定 の 適 用 に 当 たっては 別 紙 に 定 める 留 意 事 項 に 留 意 するものとする なお 別 紙 中 望 ましい と 記 載 している 内 容 は それを 実 施 しない 場 合 で あっても 法 に 反 すると 判 断 されることはないが 事 務 総 長 達 甲 第 5 号 平 成 27 年 11 月 10 日 人 事 院 総 裁 は 人 事 院 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 を 次 のように 定 めたので 命 により 通 達 する 人 事 院 事 務 総 長 永 長 正 士 人 事 院 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関

More information

障 がいを 理 由 に 書 面 の 交 付 資 料 の 送 付 パンフレットの 提 供 等 を 拒 む 障 がいを 理 由 に 説 明 会 シンポジウム 等 への 出 席 を 拒 む 事 務 事 業 の 遂 行 上 特 に 必 要 ではないにもかかわらず 障 がいを 理 由 に 来 庁 の 際 に

障 がいを 理 由 に 書 面 の 交 付 資 料 の 送 付 パンフレットの 提 供 等 を 拒 む 障 がいを 理 由 に 説 明 会 シンポジウム 等 への 出 席 を 拒 む 事 務 事 業 の 遂 行 上 特 に 必 要 ではないにもかかわらず 障 がいを 理 由 に 来 庁 の 際 に 吹 田 市 における 障 がいを 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 の 留 意 事 項 平 成 28 年 (2016 年 )4 月 に 施 行 された 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 以 下 障 害 者 差 別 解 消 法 という )は 国 地 方 公 共 団 体 及 び 国 民 が 障 がいを 理 由

More information

貝塚市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例

貝塚市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例 貝 塚 市 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 を 解 消 するための 職 員 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 10 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づ き 障 害

More information

かについて 具 体 的 な 検 討 をせずに 正 当 な 理 由 を 拡 大 解 釈 するなどして 法 の 趣 旨 を 損 なうことなく 個 別 の 事 案 ごとに 障 害 者 第 三 者 の 権 利 利 益 ( 例 : 安 全 の 確 保 財 産 の 保 全 損 害 発 生 の 防 止 等 ) 及

かについて 具 体 的 な 検 討 をせずに 正 当 な 理 由 を 拡 大 解 釈 するなどして 法 の 趣 旨 を 損 なうことなく 個 別 の 事 案 ごとに 障 害 者 第 三 者 の 権 利 利 益 ( 例 : 安 全 の 確 保 財 産 の 保 全 損 害 発 生 の 防 止 等 ) 及 千 葉 市 市 長 部 局 消 防 局 病 院 局 行 政 委 員 会 及 び 議 会 事 務 局 における 障 害 を 理 由 とす る 差 別 の 解 消 の 推 進 に 係 る 対 応 要 領 第 1 目 的 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以

More information

Taro-栃木県教育委員会における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領(本文)

Taro-栃木県教育委員会における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領(本文) 栃 木 県 教 育 委 員 会 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 10 条 第 1 項 の 規 定

More information

●幼児教育振興法案

●幼児教育振興法案 第 一 九 〇 回 衆 第 五 〇 号 幼 児 教 育 振 興 法 案 目 次 前 文 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 八 条 ) 第 二 章 幼 児 教 育 振 興 基 本 方 針 等 ( 第 九 条 第 十 条 ) 第 三 章 基 本 的 施 策 ( 第 十 一 条 - 第 十 七 条 ) 附 則 幼 児 期 において 人 は その 保 護 者 や 周 囲 の 大 人 との 愛 情

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 論 点 と 意 見 について ( 概 要 ) 神 奈 川 県 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 検 討 会 議 について 1 テーマ 地 方 公 務 員 制 度 改 革 ( 総 務 省 地 方 公 務 員 の 労 使 関 係 制 度 に 係 る 基 本 的 な 考 え 方 )の 課 題 の 整

More information

●労働基準法等の一部を改正する法律案

●労働基準法等の一部を改正する法律案 第 一 八 九 回 参 第 六 号 労 働 基 準 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 労 働 基 準 法 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 労 働 基 準 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 四 十 九 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 三 十 五 条 第 一 項 中 少 くとも を 少 なくとも に 改 め 休 日 を の 下 に 直 前 の 休

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

( 管 理 者 の 責 務 ) 第 5 条 管 理 者 ( 教 育 委 員 会 の 管 理 職 をいう )は, 前 2 条 の 趣 旨 を 踏 まえ, 障 害 を 理 由 とす る 差 別 の 解 消 を 推 進 するため, 次 に 掲 げる 事 項 を 実 施 しなければならない (1) 日 常

( 管 理 者 の 責 務 ) 第 5 条 管 理 者 ( 教 育 委 員 会 の 管 理 職 をいう )は, 前 2 条 の 趣 旨 を 踏 まえ, 障 害 を 理 由 とす る 差 別 の 解 消 を 推 進 するため, 次 に 掲 げる 事 項 を 実 施 しなければならない (1) 日 常 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 広 島 県 教 育 関 係 職 員 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は, 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 10 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき,また, 障 害 を 理 由

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら) 作 成 交 付 主 な 記 載 事 項 全 国 ( 外 国 人 含 む)に 郵 送 で 配 布 希 望 者 に 交

通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら) 作 成 交 付 主 な 記 載 事 項 全 国 ( 外 国 人 含 む)に 郵 送 で 配 布 希 望 者 に 交 1 マイナンバー 制 度 の 導 について( 案 ) 平 成 27 年 7 22 日 部 会 議 資 料 総 務 部 ( 政 管 理 課 情 報 政 策 課 庶 務 課 ) 市 活 部 ( 市 窓 課 籍 住 記 録 課 ) 通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら)

More information

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入 入 札 公 告 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します なお 本 業 務 の 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 27 年 度 予 算 の 執 行 が 可 能 となってい ることを 条 件 とします 平 成 27 年 2 月 17 日 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 契 約 担 当 役 鉄 道 建 設 本 部 九 州

More information

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務 職 場 積 立 NISAに 関 するガイドライン 第 1 章 総 則 1. 制 定 の 趣 旨 NISA 推 進 連 絡 協 議 会 は NISA 推 進 連 絡 協 議 会 に 参 加 する 業 界 団 体 等 に 属 する 金 融 商 品 取 引 業 者 及 び 金 融 機 関 等 ( 以 下 NISA 取 扱 業 者 という )が 取 り 扱 う 職 場 積 立 NISAについて 適 正 かつ

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 検 証 結 果 理 事 長 は 今 中 期 計 画 に 掲 げた 新 たな 要

More information

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73>

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73> 国 立 大 学 法 人 茨 城 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 される 給 与 のうち 期 末 特 別 手 当 については 国 立 大 学 評 価 委 員 会

More information

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 幼 児 教 育 の 無 償 化 について 資 料 3-1 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 (

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63> 飛 鳥 交 通 株 式 会 社 安 全 管 理 規 程 平 成 23 年 11 月 10 日 改 定 目 次 第 一 章 総 則 第 二 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 運 営 の 方 針 等 第 三 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実 施 及 びその 管 理 の 体 制 第 四 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実

More information

社会保険の加入に関する下請指導ガイドラインの改訂等について

社会保険の加入に関する下請指導ガイドラインの改訂等について 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン の 改 訂 について 概 要 建 設 業 における 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にするため 平 成 24 年 11 月 に 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン を 施 行 本 ガイドラインは

More information

(別紙3)保険会社向けの総合的な監督指針の一部を改正する(案)

(別紙3)保険会社向けの総合的な監督指針の一部を改正する(案) 監 督 指 針 Ⅱ 保 険 監 督 上 の 評 価 項 目 Ⅱ-2-7 商 品 開 発 に 係 る 内 部 管 理 態 勢 Ⅱ-2-7-2 主 な 着 眼 点 (1)~(4) (5) 関 連 部 門 との 連 携 1~3 4 関 連 部 門 は 販 売 量 拡 大 や 収 益 追 及 を 重 視 する 例 えば 営 業 推 進 部 門 や 収 益 部 門 から 不 当 な 影 響 を 受 けることなく

More information

Microsoft Word - 公表用答申422号.doc

Microsoft Word - 公表用答申422号.doc 答 申 第 1 審 議 会 の 結 論 名 古 屋 市 長 ( 以 下 実 施 機 関 という )が 本 件 異 議 申 立 ての 対 象 とな る 保 有 個 人 情 報 を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 である 第 2 異 議 申 立 てに 至 る 経 過 1 平 成 27 年 5 月 29 日 異 議 申 立 人 は 名 古 屋 市 個 人 情 報 保 護 条 例 ( 平 成 17

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 110 105 100 (H20.4.1) 96.7 (H25.4.1) (H25.7.1) 106.4 106.2 (H25.4.1), 105.2 (H25.4.1) 参 考 値 98.3 (H25.7.1) 103.1 (H20.4.1) (H25.4

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 110 105 100 (H20.4.1) 96.7 (H25.4.1) (H25.7.1) 106.4 106.2 (H25.4.1), 105.2 (H25.4.1) 参 考 値 98.3 (H25.7.1) 103.1 (H20.4.1) (H25.4 鉾 田 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 )23 年 実 質 収 支 (24 年 度 末 ) A B B/A 度 の 人 件 費 率 人 千 千 千 % 24 年 度 51,778 20,041,814 1,173,725

More information

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf 障 精 発 0124 第 2 号 平 成 26 年 1 月 24 日 各 都 道 府 県 知 事 指 定 都 市 市 長 殿 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 の 診 断 書 の 記 入 に 当 たって 留 意 すべき 事 項 について 等 の について 今 般 精

More information

共 通 認 識 1 官 民 較 差 調 整 後 は 退 職 給 付 全 体 でみて 民 間 企 業 の 事 業 主 負 担 と 均 衡 する 水 準 で あれば 最 終 的 な 税 負 担 は 変 わらず 公 務 員 を 優 遇 するものとはならないものであ ること 2 民 間 の 実 態 を 考

共 通 認 識 1 官 民 較 差 調 整 後 は 退 職 給 付 全 体 でみて 民 間 企 業 の 事 業 主 負 担 と 均 衡 する 水 準 で あれば 最 終 的 な 税 負 担 は 変 わらず 公 務 員 を 優 遇 するものとはならないものであ ること 2 民 間 の 実 態 を 考 共 済 年 金 職 域 部 分 と 退 職 給 付 に 関 する 有 識 者 会 議 報 告 書 概 要 1. 民 間 の 企 業 年 金 及 び 退 職 金 に 関 する 人 事 院 調 査 結 果 結 果 民 間 :2547.7 万 円 公 務 2950.3 万 円 ( 差 額 402.6 万 円 ) 人 事 院 の 見 解 官 民 均 衡 の 観 点 から 民 間 との 較 差 を 埋 める

More information

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について 資 料 5 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 の 見 直 し( 案 )について 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 ( 現 行 制 度 )の 概 要 目 的 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 は 民 間 社 会 福 祉 施 設 経 営 者 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 昭 和 36 年

More information

1 リーダーシップと 意 思 決 定 1-1 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 評 価 項 目 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目 指 していること

1 リーダーシップと 意 思 決 定 1-1 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 評 価 項 目 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目 指 していること 第 三 者 の 道 具 箱 訪 問 調 査 表 ( 組 織 マネジメント) 訪 問 調 査 日 訪 問 先 評 価 者 1 リーダーシップと 意 思 決 定 1-1 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 評 価 項 目 1-1-1 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目

More information

Microsoft Word - 通達(参考).doc

Microsoft Word - 通達(参考).doc 参 考 1 基 発 第 0909001 号 平 成 20 年 9 月 9 日 都 道 府 県 労 働 局 長 殿 厚 生 労 働 省 労 働 基 準 局 長 ( 公 印 省 略 ) 多 店 舗 展 開 する 小 売 業 飲 食 業 等 の 店 舗 における 管 理 監 督 者 の 範 囲 の 適 正 化 について 小 売 業 飲 食 業 等 において いわゆるチェーン 店 の 形 態 により 相 当

More information

連合「改正高年齢者雇用安定法」に関する取り組みについて

連合「改正高年齢者雇用安定法」に関する取り組みについて 連 合 第 13 回 中 央 執 行 委 員 会 確 認 /2012.10.18(2012.11.26 改 訂 ) 連 合 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 に 関 する 取 り 組 みについて 1. 改 正 法 成 立 の 経 緯 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 改 正 法 案 は 2012 年 3 月 9 日 に 国 会 に 提 出 され 一 部 修 正 の 上 同 年 8 月 29

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031938C93FA967B91E5906B8DD082D682CC91CE899E2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031938C93FA967B91E5906B8DD082D682CC91CE899E2E646F6378> 6 同 行 援 護 について 同 行 援 護 とは 視 覚 障 害 により 移 動 に 著 しい 困 難 を 有 する 障 害 者 等 につき 外 出 時 において 当 該 障 害 者 等 に 同 行 し 移 動 に 必 要 な 情 報 を 提 供 する とともに 移 動 の 援 護 その 他 の 厚 生 労 働 省 令 で 定 める 便 宜 を 供 与 することをいう ( 障 害 者 自 立 支

More information

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~ 第 2 回 社 会 保 険 料 労 働 保 険 料 の 賦 課 対 象 となる 報 酬 等 の 範 囲 に 関 する 検 討 会 平 成 24 年 9 月 20 日 資 料 1 通 勤 手 当 について 1 これまでの 通 勤 に 要 する 費 用 に 関 する 考 え 方 では 通 勤 手 当 の 金 額 が 実 費 弁 償 的 に 算 定 される 場 合 でも それは 通 常 使 用 者 が 負

More information

就 業 規 則 ( 福 利 厚 生 ) 第 章 福 利 厚 生 ( 死 亡 弔 慰 金 等 ) 第 条 法 人 が 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 に 基 づき 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 との 間 において 締 結 す

就 業 規 則 ( 福 利 厚 生 ) 第 章 福 利 厚 生 ( 死 亡 弔 慰 金 等 ) 第 条 法 人 が 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 に 基 づき 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 との 間 において 締 結 す 9 退 職 金 事 務 に 関 する 注 意 事 項 1 労 務 管 理 の 観 点 から( 労 働 契 約 法 労 働 基 準 法 関 係 ) そもそも 退 職 金 の 支 給 は 法 人 の 任 意 で 必 ず 支 払 わなくてはならないものではありませんが 賃 金 の 後 払 いとして あるいは 長 年 の 功 労 への 報 償 や 退 職 後 の 生 活 保 障 として 制 度 を 設 ける

More information

消 費 生 活 センターに 関 する 条 例 の 制 定 施 行 規 則 第 8 条 地 方 消 費 者 行 政 ガイド ライン 施 行 規 則 において 都 道 府 県 及 び 消 費 生 活 センターを 設 置 する 市 町 村 が 消 費 生 活 センターの 組 織 及 び 運 営 及 び 情

消 費 生 活 センターに 関 する 条 例 の 制 定 施 行 規 則 第 8 条 地 方 消 費 者 行 政 ガイド ライン 施 行 規 則 において 都 道 府 県 及 び 消 費 生 活 センターを 設 置 する 市 町 村 が 消 費 生 活 センターの 組 織 及 び 運 営 及 び 情 資 料 2-2-1 消 費 者 安 全 法 の 改 正 に 伴 う 関 係 内 閣 府 令 及 びガイドラインの 概 要 ( 案 ) 1. 趣 旨 不 当 景 品 類 及 び 不 当 表 示 防 止 法 等 の 一 部 を 改 正 する 等 の 法 律 ( 平 成 26 年 法 律 第 71 号 以 下 景 表 法 等 改 正 等 法 という )により 消 費 者 安 全 法 ( 平 成 21 年

More information

m07 北見工業大学 様式①

m07 北見工業大学 様式① 国 立 大 学 法 人 北 見 工 業 大 学 ( 法 人 番 号 6460305000387)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 該 法 人 の 主 要 事 業 は 教 育 研 究 事 業 である 役

More information

国立研究開発法人土木研究所の役職員の報酬・給与等について

国立研究開発法人土木研究所の役職員の報酬・給与等について 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 研 究 開 発 法 人 土 木 研 究 所 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 別 添 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 研 究 所 は 土 木 技 術 に 関 する 研 究 開 発 技 術

More information

J J.フロント リテイリング 株 式 会 社 内 部 統 制 システム 構 築 の 基 本 方 針 制 定 平 成 19 年 09 月 03 日 改 定 平 成 19 年 11 月 26 日 改 定 平 成 21 年 05 月 26 日 改 定 平 成 22 年 03 月 01 日 改 定 平 成 25 年 04 月 01 日 改 定 平 成 26 年 03 月 01 日 改 定 平 成 27 年 05

More information

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について 改 正 後 一 時 預 かり 事 業 実 施 要 綱 新 旧 対 照 表 改 正 前 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 一 次 改 正 28 文 科 初 第 519 号 雇 児 発 0705 第 1 号 平 成 2 8 年

More information

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

税制面での支援

税制面での支援 税 制 面 での 支 援 平 成 28 年 熊 本 地 震 によって 直 接 間 接 的 に 被 害 を 受 けた 中 小 企 業 個 人 に 対 しては さ まざまな 税 制 面 での 支 援 が 行 われています ( 確 定 申 告 などの 期 間 延 長 については その 他 手 続 きなどの 支 援 ( 特 例 措 置 ) をご 参 照 ください) 1. 災 害 に 関 するおもな 税 務

More information

の 提 供 状 況 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 土 地 及 び 家 屋 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 減 額 せずに 平 成 24 年 度 分 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 課 税 することが 適 当 と 市 町 村 長 が 認 め

の 提 供 状 況 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 土 地 及 び 家 屋 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 減 額 せずに 平 成 24 年 度 分 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 課 税 することが 適 当 と 市 町 村 長 が 認 め 総 税 企 第 168 号 平 成 23 年 12 月 14 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 係 る 地 方 税 の 取 扱 い 等 について 地 方 税 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 23 年 法 律 第 120 号 以 下 改 正 法 という ) 地 方 税 法 施 行 令 の 一

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

4 調 査 の 対 話 内 容 (1) 調 査 対 象 財 産 の 土 地 建 物 等 を 活 用 して 展 開 できる 事 業 のアイディアをお 聞 かせく ださい 事 業 アイディアには, 次 の 可 能 性 も 含 めて 提 案 をお 願 いします ア 地 域 の 活 性 化 と 様 々な 世

4 調 査 の 対 話 内 容 (1) 調 査 対 象 財 産 の 土 地 建 物 等 を 活 用 して 展 開 できる 事 業 のアイディアをお 聞 かせく ださい 事 業 アイディアには, 次 の 可 能 性 も 含 めて 提 案 をお 願 いします ア 地 域 の 活 性 化 と 様 々な 世 呉 市 有 財 産 事 業 者 提 案 型 (サウンディング 型 ) 市 場 調 査 実 施 要 項 1 調 査 の 名 称 呉 市 有 財 産 事 業 者 提 案 型 (サウンディング 型 ) 市 場 調 査 ( 以 下 市 場 調 査 という ) 2 調 査 の 目 的 等 (1) 背 景 目 的 呉 市 では, 行 政 目 的 のない 財 産 ( 土 地 建 物 )については 売 却 を 原

More information

平成27年度大学改革推進等補助金(大学改革推進事業)交付申請書等作成・提出要領

平成27年度大学改革推進等補助金(大学改革推進事業)交付申請書等作成・提出要領 平 成 7 年 度 大 学 改 革 推 進 等 補 助 金 ( 大 学 改 革 推 進 事 業 ) 交 付 申 請 書 等 作 成 提 出 要 領 交 付 申 請 等 に 当 たっては 大 学 改 革 推 進 等 補 助 金 ( 大 学 改 革 推 進 事 業 ) 取 扱 要 領 ( 以 下 取 扱 要 領 という ) も 参 照 の 上 以 下 の 関 係 書 類 を 作 成 し 各 大 学 短

More information

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73>

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73> 株 式 会 社 国 際 協 力 銀 行 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 国 会 で 認 められた 予 算 に 従 い 国 家 公 務 員 指 定 職 に 準 じた 水 準 としている なお 役 員

More information

3 薬 局 サービス 等 (1) 健 康 サポート 薬 局 である 旨 の 表 示 健 康 サポート 薬 局 である 旨 を 表 示 している 場 合 健 康 サポート 薬 局 とは かかりつけ 薬 剤 師 薬 局 としての 基 本 的 な 機 能 に 加 えて 積 極 的 な 健 康 サポート 機

3 薬 局 サービス 等 (1) 健 康 サポート 薬 局 である 旨 の 表 示 健 康 サポート 薬 局 である 旨 を 表 示 している 場 合 健 康 サポート 薬 局 とは かかりつけ 薬 剤 師 薬 局 としての 基 本 的 な 機 能 に 加 えて 積 極 的 な 健 康 サポート 機 薬 局 機 能 情 報 の 事 項 の 説 明 薬 局 機 能 情 報 の 各 事 項 については 次 のとおりです また 等 の 欄 は 各 事 項 についての 該 当 の 又 は が 薬 局 機 能 に 関 する 情 報 欄 は その 項 目 について 該 当 する 情 報 の 内 容 が 記 載 されています 第 1 管 理 運 営 サービス 等 に 関 する 事 項 1 基 本 事 項 (1)

More information

別紙3

別紙3 別 紙 3 1 総 括 平 成 26 年 度 栃 木 市 の 給 与 定 員 管 理 等 に つ い て (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 1 月 1 日 ) A B B / A 24 年 度 の 件 費 率 % % 25 年 度 146,544 56,331,297

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 年 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 福 岡 県 技 能 労 務 職 歳 1,19,98 9,9 歳 8,

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 年 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 福 岡 県 技 能 労 務 職 歳 1,19,98 9,9 歳 8, 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 年 度 の 件 費 率 年 度,,1,9 1, 9,9 1.1 1. 件 費 には 村 長 副 村 長 教 育 長 の 給 与 議 会 議 員 各 種 委 員

More information

Microsoft Word - 全国エリアマネジメントネットワーク規約.docx

Microsoft Word - 全国エリアマネジメントネットワーク規約.docx 全 国 エリアマネジメントネットワーク 規 約 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 会 は 全 国 エリアマネジメントネットワーク( 以 下 本 会 という )と 称 する ( 目 的 ) 第 2 条 本 会 は 全 国 のエリアマネジメント 組 織 による 連 携 協 議 の 場 を 提 供 し エリアマネジメン トに 係 る 政 策 提 案 情 報 共 有 及 び 普 及 啓

More information

Taro13-公示.jtd

Taro13-公示.jtd 参 加 者 の 有 無 を 確 認 する 公 募 手 続 に 係 る 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 求 める 公 示 平 成 19 年 4 月 12 日 九 州 地 方 整 備 局 熊 本 河 川 国 道 事 務 所 長 七 條 牧 生 次 のとおり 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 招 請 する 1. 業 務 概 要 (1) 業 務 名 用 地 補 償 総 合 技 術 (

More information

Taro-29職員退職手当支給規程

Taro-29職員退職手当支給規程 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 付 け 1 7 水 研 本 第 2 0 5 8 号 改 正 平 成 1 8 年 1 0 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 0 7 7 号 改 正 平 成 1 9 年 4 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 7 8 0 号 改 正 平 成

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 11 章 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 法 律 ( 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ) 第 四 十 一 条 都 道 府 県 知 事 は 用 途 地 域 の 定 められていない 土 地 の 区 域 における 開 発 行 為 につい て 開

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

(Microsoft Word - \212\356\226{\225\373\220j2014220_\217C\220\263\201j.doc)

(Microsoft Word - \212\356\226{\225\373\220j2014220_\217C\220\263\201j.doc) 平 成 26 年 2 月 20 日 日 本 医 師 従 業 員 国 民 年 金 基 金 年 金 資 産 運 用 の 基 本 方 針 日 本 医 師 従 業 員 国 民 年 金 基 金 ( 以 下 当 基 金 という)は 年 金 給 付 等 積 立 金 ( 以 下 年 金 資 産 という)の 運 用 にあたり 以 下 の 基 本 方 針 を 定 める 当 基 金 から 年 金 資 産 の 管 理 又

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 38 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 休 暇 等 に 関 す る 規 則 ( 以 下 教 職 員 勤 務 時 間 等 規 則 という ) 第 36

More information

Taro-○離島特産品等マーケティング支援事業に係る企画提案募集要領

Taro-○離島特産品等マーケティング支援事業に係る企画提案募集要領 離 島 特 産 品 等 マーケティング 支 援 事 業 に 係 る 企 画 提 案 書 募 集 要 領 1 委 託 事 業 名 離 島 特 産 品 等 マーケティング 支 援 事 業 業 務 委 託 2 目 的 離 島 地 域 の 産 業 の 振 興 を 図 るため これまで 開 発 された 離 島 の 特 産 品 等 を 対 象 と して コーディネーター( 受 託 事 業 者 ) 及 び 外 部

More information

第2回 制度設計専門会合 事務局提出資料

第2回 制度設計専門会合 事務局提出資料 第 3 回 制 度 設 計 専 門 会 合 事 務 局 提 出 資 料 ~ 電 力 の 小 売 営 業 に 関 する 指 針 ( 案 )の 概 要 について~ 平 成 27 年 12 月 4 日 ( 金 ) 電 力 の 小 売 営 業 に 関 する 指 針 ( 案 )で 整 備 する の 目 次 1. 需 要 家 への 適 切 な 情 報 提 供 (1) 一 般 的 な 情 報 提 供 (2) 契

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

横浜市障害者ガイドヘルプ事業実施要綱

横浜市障害者ガイドヘルプ事業実施要綱 川 崎 市 重 度 障 害 者 等 入 院 時 コミュニケーション 支 援 事 業 実 施 要 綱 制 定 平 成 28 年 2 月 25 日 27 川 健 障 福 第 1192 号 ( 市 長 決 裁 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 意 思 の 疎 通 が 困 難 な 障 害 者 及 び 障 害 児 が 医 療 機 関 ( 精 神 科 病 院 および 一 般 病 院 の 精 神

More information

国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 防 災 業 務 計 画 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 25 年 3 月 8 日 修 正 平 成 26 年 6 月 19 日 修 正 平 成 27 年 12 月 1 日 修 正 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力

More information

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A>

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A> 恵 庭 市 教 員 住 宅 のあり 方 基 本 方 針 平 成 25 年 2 月 恵 庭 市 教 育 委 員 会 目 次 1. 教 員 住 宅 の 現 状 (1) 教 員 住 宅 の 役 割 1 (2) 教 員 住 宅 の 実 態 1 (3) 環 境 の 変 化 1 (4) 教 員 の 住 宅 事 情 1 2 2. 基 本 方 針 の 目 的 2 3.あり 方 検 討 会 議 の 答 申 内 容

More information

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼 高 浜 市 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援 事 業 実 施 要 綱 平 成 27 年 9 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 1 05 号 以 下 法 という ) 第 6 条 第 1 項 第 3 号 の 規 定 に 基 づ き 市 が 実 施 する 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63> 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 ( 新 しい 公 共 の 場 づくりのためのモデル 事 業 ( 県 対 象 )) の 平 成 23 年 度 募 集 について 第 1 目 的 本 事 業 は 愛 知 県 が 定 める 愛 知 県 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 実 施 要 領 ( 平 成 23 年 6 月 以 下 実 施 要 領 という ) に 基

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information

<4D F736F F D F8D828D5A939982CC8EF68BC697BF96B38F9E89BB82CC8A6791E52E646F63>

<4D F736F F D F8D828D5A939982CC8EF68BC697BF96B38F9E89BB82CC8A6791E52E646F63> 平 成 22 年 11 月 9 日 高 校 等 の 授 業 料 無 償 化 の 拡 大 検 討 案 以 下 は 大 阪 府 の 検 討 案 の 概 要 であり 最 終 的 には 平 成 23 年 2 月 議 会 での 予 算 の 議 決 を 経 て 方 針 を 確 定 する 予 定 です Ⅰ. 検 討 案 の 骨 子 平 成 23 年 度 から 大 阪 の 子 どもたちが 中 学 校 卒 業 時 の

More information

小 売 電 気 の 登 録 数 の 推 移 昨 年 8 月 の 前 登 録 申 請 の 受 付 開 始 以 降 小 売 電 気 の 登 録 申 請 は 着 実 に 増 加 しており これまでに310 件 を 登 録 (6 月 30 日 時 点 ) 本 年 4 月 の 全 面 自 由 化 以 降 申

小 売 電 気 の 登 録 数 の 推 移 昨 年 8 月 の 前 登 録 申 請 の 受 付 開 始 以 降 小 売 電 気 の 登 録 申 請 は 着 実 に 増 加 しており これまでに310 件 を 登 録 (6 月 30 日 時 点 ) 本 年 4 月 の 全 面 自 由 化 以 降 申 資 料 3-1 小 売 全 面 自 由 化 に 関 する 進 捗 状 況 平 成 28 年 7 月 1 日 資 源 エネルギー 庁 小 売 電 気 の 登 録 数 の 推 移 昨 年 8 月 の 前 登 録 申 請 の 受 付 開 始 以 降 小 売 電 気 の 登 録 申 請 は 着 実 に 増 加 しており これまでに310 件 を 登 録 (6 月 30 日 時 点 ) 本 年 4 月 の 全

More information

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続 (7) 就 業 規 則 の 必 要 記 載 事 項 必 ず 記 載 しなければならない 事 項 ( 労 基 法 89 条 1 号 ~3 号 ) 1 始 業 終 業 時 刻 休 憩 時 間 休 日 休 暇 交 替 制 勤 務 をさせる 場 合 は 就 業 時 転 換 に 関 する 事 項 2 賃 金 の 決 定 計 算 及 び 支 払 の 方 法 賃 金 の 締 切 り 及 び 支 払 の 時 期 並

More information

いう )は 警 告 をしたときは 速 やかに その 内 容 及 び 日 時 を 当 該 警 告 を 求 める 旨 の 申 出 をした 者 に 通 知 しなければならないこととされ また 警 告 をし なかったときは 速 やかに その 旨 及 び 理 由 を 当 該 警 告 を 求 める 旨 の 申

いう )は 警 告 をしたときは 速 やかに その 内 容 及 び 日 時 を 当 該 警 告 を 求 める 旨 の 申 出 をした 者 に 通 知 しなければならないこととされ また 警 告 をし なかったときは 速 やかに その 旨 及 び 理 由 を 当 該 警 告 を 求 める 旨 の 申 ストーカー 行 為 等 の 規 制 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 施 行 について ( 平 成 25 年 7 月 16 日 付 け 通 達 香 生 企 第 311 号 ) ストーカー 行 為 等 の 規 制 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 73 号 以 下 改 正 法 という( 別 添 官 報 参

More information

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や 参 考 資 料 1-17 民 間 都 市 整 備 事 業 建 築 計 画 に 関 わる 関 連 制 度 の 整 理 都 市 開 発 諸 制 度 には 公 開 空 地 の 確 保 など 公 共 的 な 貢 献 を 行 う 建 築 計 画 に 対 して 容 積 率 や 斜 線 制 限 などの 建 築 基 準 法 に 定 める 形 態 規 制 を 緩 和 することにより 市 街 地 環 境 の 向 上 に

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

(10) 本 工 事 の 契 約 締 結 日 において 現 場 代 理 人 を 工 事 現 場 に 常 駐 で 配 置 し 得 ること ただし 本 入 札 の 一 般 競 争 入 札 参 加 申 込 書 の 提 出 日 現 在 において 3カ 月 以 上 直 接 的 かつ 恒 常 的 な 雇 用 関

(10) 本 工 事 の 契 約 締 結 日 において 現 場 代 理 人 を 工 事 現 場 に 常 駐 で 配 置 し 得 ること ただし 本 入 札 の 一 般 競 争 入 札 参 加 申 込 書 の 提 出 日 現 在 において 3カ 月 以 上 直 接 的 かつ 恒 常 的 な 雇 用 関 豊 中 市 告 示 第 282 号 豊 中 市 立 北 条 小 学 校 トイレ 改 修 工 事 に 伴 う 給 排 水 衛 生 設 備 工 事 の 工 事 請 負 契 約 に 係 る 一 般 競 争 入 札 について 豊 中 市 立 北 条 小 学 校 トイレ 改 修 工 事 に 伴 う 給 排 水 衛 生 設 備 工 事 の 工 事 請 負 契 約 について 次 のとおり 一 般 競 争 入 札

More information

参 考 様 式 再 就 者 から 依 頼 等 を 受 けた 場 合 の 届 出 公 平 委 員 会 委 員 長 様 年 月 日 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 38 条 の2 第 7 項 規 定 に 基 づき 下 記 のとおり 届 出 を します この

参 考 様 式 再 就 者 から 依 頼 等 を 受 けた 場 合 の 届 出 公 平 委 員 会 委 員 長 様 年 月 日 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 38 条 の2 第 7 項 規 定 に 基 づき 下 記 のとおり 届 出 を します この 現 員 退 された 元 地 方 公 務 員 の 退 管 理 の 適 正 の 確 保 について 員 のかたは ご 留 意 願 います 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 独 立 行 政 法 人 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 26 年 法 律 第 34 号 )が 公 布 され 地 方 公 共 団 体 における 退 管 理 の 確 保 にため 以 下 のことについて 規 定 され

More information

市街化区域と市街化調整区域との区分

市街化区域と市街化調整区域との区分 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 平 成 27 年 9 月 埼 玉 県 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 趣 旨 本 県 では 昭 和 45 年 に 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )を 都 市 計

More information

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定 について ( 平 成 19 年 3 月 6 日 例 規 刑 企 ほか 第 11 号 ) この 度 被 害 者 連 絡 の 一 層 の 推 進 を 図 るため 別 添 のとおり 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 を 定 めたので 通 達 する なお 身 体 犯 等 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 A 18,248 11,166 4,897 119 2,066 6,42

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 A 18,248 11,166 4,897 119 2,066 6,42 独 立 行 政 法 人 北 方 領 土 問 題 対 策 協 会 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 北 方 領 土 問 題 対 策 協 会 は 北 方 領 土 問 題 その 他 北 方 地 域 に 関 する

More information

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 静 岡 県 国 類 似 団 体 2 技 能 労 務 職 区 41.8 歳 42.6 歳 43.5

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 静 岡 県 国 類 似 団 体 2 技 能 労 務 職 区 41.8 歳 42.6 歳 43.5 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 一 般 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 )24 年 度 の (26 年 1 月 1 日 ) A B B/A 件 費 率 25 年 度 千 円 千 円 千 円 % % 61,419 20,666,887 1,276,279 4,024,627

More information

Taro-07-1提言概要.jtd

Taro-07-1提言概要.jtd 新 たな 在 留 管 理 制 度 に 関 する 提 言 の 概 要 について 資 料 7 1 在 留 管 理 制 度 見 直 しのねらい 法 務 大 臣 が 外 国 人 の 在 留 管 理 に 必 要 な 情 報 を 一 元 的, 正 確 かつ 継 続 的 に 把 握 する 制 度 を 構 築 し, 的 確 な 在 留 管 理 を 行 う一 方 で, 市 区 町 村 において 整 備 される 予 定

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information