二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 対 する 相 談 苦 情 の 申 し 出 等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職 員

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 対 する 相 談 苦 情 の 申 し 出 等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職 員"

Transcription

1 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 秋 田 県 職 員 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 10 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき また 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 基 本 方 針 ( 平 成 27 年 2 月 24 日 閣 議 決 定 )に 即 して 法 第 7 条 に 規 定 する 事 項 に 関 し 秋 田 県 職 員 ( 以 下 職 員 という )が 適 切 に 対 応 するために 必 要 な 事 項 を 定 め るものとする ( 対 象 職 員 ) 第 2 条 この 要 領 の 対 象 となる 職 員 は 知 事 部 局 ( 公 営 企 業 職 員 を 含 む) 議 会 事 務 局 人 事 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 及 び 労 働 委 員 会 事 務 局 に 属 する 職 員 とする ( 定 義 ) 第 3 条 この 要 領 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は それぞれ 当 該 各 号 に 定 めるところ による 一 障 害 身 体 障 害 知 的 障 害 精 神 障 害 ( 発 達 障 害 を 含 む )その 他 の 心 身 の 機 能 の 障 害 をいう 二 障 害 者 障 害 及 び 社 会 的 障 壁 により 継 続 的 に 日 常 生 活 又 は 社 会 生 活 に 相 当 な 制 限 を 受 ける 状 態 にあるものをいう ( 不 当 な 差 別 的 取 扱 いの 禁 止 ) 第 4 条 職 員 は 法 第 7 条 第 1 項 の 規 定 のとおり その 事 務 又 は 事 業 を 行 うに 当 たり 障 害 を 理 由 として 障 害 者 でない 者 と 不 当 な 差 別 的 取 扱 いをすることにより 障 害 者 の 権 利 利 益 を 侵 害 してはならない これに 当 たり 職 員 は 別 紙 に 定 める 留 意 事 項 に 留 意 するものとする ( 合 理 的 配 慮 の 提 供 ) 第 5 条 職 員 は 法 第 7 条 第 2 項 の 規 定 のとおり その 事 務 又 は 事 業 を 行 うに 当 たり 障 害 者 から 現 に 社 会 的 障 壁 の 除 去 を 必 要 としている 旨 の 意 思 の 表 明 があった 場 合 において その 実 施 に 伴 う 負 担 が 過 重 でないときは 障 害 者 の 権 利 利 益 を 侵 害 することとならないよう 当 該 障 害 者 の 性 別 年 齢 及 び 障 害 の 状 態 に 応 じて 社 会 的 障 壁 の 除 去 の 実 施 について 必 要 かつ 合 理 的 な 配 慮 ( 以 下 合 理 的 配 慮 という )の 提 供 をしなければならない これに 当 たり 職 員 は 別 紙 に 定 める 留 意 事 項 に 留 意 するものとする ( 監 督 者 の 責 務 ) 第 6 条 職 員 のうち 職 員 を 監 督 する 地 位 にある 者 ( 以 下 監 督 者 という )は 前 2 条 に 掲 げる 事 項 に 関 し 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 を 推 進 するため 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 を 実 施 しなければならない 一 日 常 の 執 務 を 通 じた 指 導 等 により 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 し その 監 督 する 職 員 の 注 意 を 喚 起 し 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 する 認 識 を 深 めさせること 1

2 二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 対 する 相 談 苦 情 の 申 し 出 等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職 員 に 対 して 合 理 的 配 慮 の 提 供 を 適 切 に 行 うよう 指 導 すること 2 監 督 者 は 障 害 を 理 由 とする 差 別 に 関 する 問 題 が 生 じた 場 合 には 迅 速 かつ 適 切 に 対 処 し なければならない ( 相 談 体 制 の 整 備 ) 第 7 条 職 員 による 障 害 を 理 由 とする 差 別 に 関 する 障 害 者 及 びその 家 族 その 他 の 関 係 者 から の 相 談 等 に 的 確 に 対 応 するため 健 康 福 祉 部 障 害 福 祉 課 に 相 談 窓 口 を 置 く 2 相 談 等 を 受 ける 場 合 は 性 別 年 齢 状 態 等 に 配 慮 するとともに 対 面 のほか 電 話 フ ァックス 電 子 メールに 加 え 障 害 者 が 他 人 とコミュニケーションを 図 る 際 に 必 要 となる 多 様 な 手 段 を 可 能 な 範 囲 で 用 意 して 対 応 するものとする 3 第 1 項 の 相 談 窓 口 に 寄 せられた 相 談 等 は 相 談 者 のプライバシーに 配 慮 しつつ 関 係 者 間 で 情 報 共 有 を 図 り 以 後 の 相 談 等 において 活 用 することとする 4 第 1 項 の 相 談 窓 口 は 必 要 に 応 じ 充 実 を 図 るよう 努 めるものとする ( 研 修 啓 発 ) 第 8 条 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 を 図 るため 職 員 に 対 し 必 要 な 研 修 を 行 うとと もに 障 害 の 特 性 を 理 解 し 障 害 者 に 適 切 に 対 応 するために 必 要 なマニュアルの 活 用 等 によ り 意 識 の 啓 発 を 図 る 附 則 この 要 領 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 施 行 する 2

3 別 紙 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 に 係 る 留 意 事 項 第 1 不 当 な 差 別 的 取 扱 いの 基 本 的 な 考 え 方 法 は 障 害 者 に 対 して 正 当 な 理 由 なく 障 害 を 理 由 として 財 サービスや 各 種 機 会 の 提 供 を 拒 否 する 又 は 提 供 に 当 たって 場 所 時 間 帯 などを 制 限 する 障 害 者 でない 者 に 対 しては 付 さない 条 件 を 付 けることなどにより 障 害 者 の 権 利 利 益 を 侵 害 することを 禁 止 している ただし 障 害 者 の 事 実 上 の 平 等 を 促 進 し 又 は 達 成 するために 必 要 な 特 別 の 措 置 は 不 当 な 差 別 的 取 扱 いではない したがって 障 害 者 を 障 害 者 でない 者 と 比 べて 優 遇 する 取 扱 い(いわ ゆる 積 極 的 改 善 措 置 ) 法 に 規 定 された 障 害 者 に 対 する 合 理 的 配 慮 の 提 供 による 障 害 者 でない 者 との 異 なる 取 扱 いや 合 理 的 配 慮 を 提 供 等 するために 必 要 な 範 囲 で プライバシーに 配 慮 し つつ 障 害 者 に 障 害 の 状 況 等 を 確 認 することは 不 当 な 差 別 的 取 扱 いには 当 たらない このように 不 当 な 差 別 的 取 扱 いとは 正 当 な 理 由 なく 障 害 者 を 問 題 となる 事 務 又 は 事 業 について 本 質 的 に 関 係 する 諸 事 情 が 同 じ 障 害 者 でない 者 より 不 利 に 扱 うことである 点 に 留 意 する 必 要 がある 第 2 正 当 な 理 由 の 判 断 の 視 点 正 当 な 理 由 に 相 当 するのは 障 害 者 に 対 して 障 害 を 理 由 として 財 サービスや 各 種 機 会 の 提 供 を 拒 否 するなどの 取 扱 いが 客 観 的 に 見 て 正 当 な 目 的 の 下 に 行 われたものであり その 目 的 に 照 らしてやむを 得 ないと 言 える 場 合 である 県 においては 正 当 な 理 由 に 相 当 するか 否 か について 具 体 的 な 検 討 をせずに 正 当 な 理 由 を 拡 大 解 釈 するなどして 法 の 趣 旨 を 損 なうことな く 個 別 の 事 案 ごとに 障 害 者 第 三 者 の 権 利 利 益 ( 例 : 安 全 の 確 保 財 産 の 保 全 損 害 発 生 の 防 止 等 ) 及 び 県 の 事 務 又 は 事 業 の 目 的 内 容 機 能 の 維 持 等 の 観 点 に 鑑 み 具 体 的 場 面 や 状 況 に 応 じて 総 合 的 客 観 的 に 判 断 することが 必 要 である 職 員 は 正 当 な 理 由 があると 判 断 した 場 合 には 障 害 者 にその 理 由 を 説 明 するものとし 理 解 を 得 るよう 努 めることが 望 ましい 第 3 不 当 な 差 別 的 取 扱 いの 具 体 例 不 当 な 差 別 的 取 扱 いに 当 たり 得 る 具 体 例 は 以 下 のとおりである なお 第 2で 示 したとおり 不 当 な 差 別 的 取 扱 いに 相 当 するか 否 かについては 個 別 の 事 案 ごとに 判 断 されることとなる また 以 下 に 記 載 されている 具 体 例 については 正 当 な 理 由 が 存 在 しないことを 前 提 としてい ること さらに それらはあくまでも 例 示 であり 記 載 されている 具 体 例 だけに 限 られるもの ではないことに 留 意 する 必 要 がある ( 不 当 な 差 別 的 取 扱 いに 当 たり 得 る 具 体 例 ) 障 害 を 理 由 に 窓 口 対 応 を 拒 否 する 障 害 を 理 由 に 対 応 の 順 序 を 後 回 しにする 障 害 を 理 由 に 書 面 の 交 付 資 料 の 送 付 パンフレットの 提 供 等 を 拒 む 障 害 を 理 由 に 説 明 会 シンポジウム 等 への 出 席 を 拒 む 3

4 事 務 事 業 の 遂 行 上 特 に 必 要 ではないにもかかわらず 障 害 を 理 由 に 来 庁 の 際 に 付 き 添 い 者 の 同 行 を 求 めるなどの 条 件 を 付 けたり 特 に 支 障 がないにもかかわらず 付 き 添 い 者 の 同 行 を 拒 んだりする 第 4 合 理 的 配 慮 の 基 本 的 な 考 え 方 1 障 害 者 の 権 利 に 関 する 条 約 ( 以 下 権 利 条 約 という ) 第 2 条 において 合 理 的 配 慮 は 障 害 者 が 他 の 者 との 平 等 を 基 礎 として 全 ての 人 権 及 び 基 本 的 自 由 を 享 有 し 又 は 行 使 することを 確 保 するための 必 要 かつ 適 当 な 変 更 及 び 調 整 であって 特 定 の 場 合 において 必 要 とされるものであり かつ 均 衡 を 失 した 又 は 過 度 の 負 担 を 課 さないもの と 定 義 されてい る 法 は 権 利 条 約 における 合 理 的 配 慮 の 定 義 を 踏 まえ 行 政 機 関 等 に 対 し その 事 務 又 は 事 業 を 行 うに 当 たり 個 々の 場 面 において 障 害 者 から 現 に 社 会 的 障 壁 の 除 去 を 必 要 としてい る 旨 の 意 思 の 表 明 があった 場 合 において その 実 施 に 伴 う 負 担 が 過 重 でないときは 障 害 者 の 権 利 利 益 を 侵 害 することとならないよう 社 会 的 障 壁 の 除 去 の 実 施 について 合 理 的 配 慮 を 行 うことを 求 めている 合 理 的 配 慮 は 障 害 者 が 受 ける 制 限 は 障 害 のみに 起 因 するもの ではなく 社 会 における 様 々な 障 壁 と 相 対 することによって 生 ずるものとのいわゆる 社 会 モデル の 考 え 方 を 踏 まえたものであり 障 害 者 の 権 利 利 益 を 侵 害 することとならないよう 障 害 者 が 個 々の 場 面 において 必 要 としている 社 会 的 障 壁 を 除 去 するための 必 要 かつ 合 理 的 な 取 組 であり その 実 施 に 伴 う 負 担 が 過 重 でないものである 合 理 的 配 慮 は 県 の 事 務 又 は 事 業 の 目 的 内 容 機 能 に 照 らし 必 要 とされる 範 囲 で 本 来 の 業 務 に 付 随 するものに 限 られること 障 害 者 でない 者 との 比 較 において 同 等 の 機 会 の 提 供 を 受 けるためのものであること 事 務 又 は 事 業 の 目 的 内 容 機 能 の 本 質 的 な 変 更 には 及 ば ないことに 留 意 する 必 要 がある 2 合 理 的 配 慮 は 障 害 の 特 性 や 社 会 的 障 壁 の 除 去 が 求 められる 具 体 的 場 面 や 状 況 に 応 じて 異 なり 多 様 かつ 個 別 性 の 高 いものであり 当 該 障 害 者 が 現 に 置 かれている 状 況 を 踏 まえ 社 会 的 障 壁 の 除 去 のための 手 段 及 び 方 法 について 第 5 過 重 な 負 担 の 基 本 的 な 考 え 方 に 掲 げる 要 素 を 考 慮 し 代 替 措 置 の 選 択 も 含 め 双 方 の 建 設 的 対 話 による 相 互 理 解 を 通 じて 必 要 かつ 合 理 的 な 範 囲 で 柔 軟 に 対 応 がなされるものである さらに 合 理 的 配 慮 の 内 容 は 技 術 の 進 展 社 会 情 勢 の 変 化 等 に 応 じて 変 わり 得 るものである 合 理 的 配 慮 の 提 供 に 当 たっ ては 障 害 者 の 性 別 年 齢 状 態 等 に 配 慮 するものとする なお 合 理 的 配 慮 を 必 要 とする 障 害 者 が 多 数 見 込 まれる 場 合 障 害 者 との 関 係 性 が 長 期 にわたる 場 合 等 には その 都 度 の 合 理 的 配 慮 とは 別 に 後 述 する 環 境 の 整 備 を 考 慮 に 入 れることにより 中 長 期 的 なコストの 削 減 効 率 化 につながる 点 は 重 要 である 3 意 思 の 表 明 に 当 たっては 具 体 的 場 面 において 社 会 的 障 壁 の 除 去 に 関 する 配 慮 を 必 要 と している 状 況 にあることを 言 語 ( 手 話 を 含 む )のほか 点 字 拡 大 文 字 筆 談 実 物 の 提 示 や 身 振 りサイン 等 による 合 図 触 覚 による 意 思 伝 達 など 障 害 者 が 他 人 とコミュニケーシ ョンを 図 る 際 に 必 要 な 手 段 ( 通 訳 を 介 するものを 含 む )により 伝 えられる また 障 害 者 からの 意 思 表 明 のみでなく 知 的 障 害 や 精 神 障 害 ( 発 達 障 害 を 含 む ) 等 に より 本 人 の 意 思 表 明 が 困 難 な 場 合 には 障 害 者 の 家 族 支 援 者 介 助 者 法 定 代 理 人 等 コ ミュニケーションを 支 援 する 者 が 本 人 を 補 佐 して 行 う 意 思 の 表 明 も 含 む 4

5 なお 意 思 の 表 明 が 困 難 な 障 害 者 が 家 族 支 援 者 介 助 者 法 定 代 理 人 等 を 伴 っていな い 場 合 など 意 思 の 表 明 がない 場 合 であっても 当 該 障 害 者 が 社 会 的 障 壁 の 除 去 を 必 要 とし ていることが 明 白 である 場 合 には 法 の 趣 旨 に 鑑 みれば 当 該 障 害 者 に 対 して 適 切 と 思 われ る 配 慮 を 提 案 するために 建 設 的 対 話 を 働 きかけるなど 自 主 的 な 取 組 に 努 めることが 望 まし い 4 合 理 的 配 慮 は 障 害 者 等 の 利 用 を 想 定 して 事 前 に 行 われる 建 築 物 のバリアフリー 化 介 助 者 等 の 人 的 支 援 情 報 アクセシビリティの 向 上 等 の 環 境 の 整 備 を 基 礎 として 個 々の 障 害 者 に 対 して その 状 況 に 応 じて 個 別 に 実 施 される 措 置 である したがって 各 場 面 における 環 境 の 整 備 の 状 況 により 合 理 的 配 慮 の 内 容 は 異 なることとなる また 障 害 の 状 態 等 が 変 化 することもあるため 特 に 障 害 者 との 関 係 性 が 長 期 にわたる 場 合 等 には 提 供 する 合 理 的 配 慮 について 適 宜 見 直 しを 行 うことが 重 要 である 5 県 がその 事 務 又 は 事 業 の 一 環 として 実 施 する 業 務 を 事 業 者 に 委 託 等 する 場 合 は 提 供 され る 合 理 的 配 慮 の 内 容 に 大 きな 差 異 が 生 ずることにより 障 害 者 が 不 利 益 を 受 けることのない よう 委 託 等 の 条 件 に 対 応 要 領 を 踏 まえた 合 理 的 配 慮 の 提 供 について 盛 り 込 むよう 努 める ことが 望 ましい 第 5 過 重 な 負 担 の 基 本 的 な 考 え 方 過 重 な 負 担 については 具 体 的 な 検 討 をせずに 過 重 な 負 担 を 拡 大 解 釈 するなどして 法 の 趣 旨 を 損 なうことなく 個 別 の 事 案 ごとに 以 下 の 要 素 等 を 考 慮 し 具 体 的 場 面 や 状 況 に 応 じて 総 合 的 客 観 的 に 判 断 することが 必 要 である 職 員 は 過 重 な 負 担 に 当 たると 判 断 した 場 合 は 障 害 者 にその 理 由 を 説 明 するものとし 理 解 を 得 るよう 努 めることが 望 ましい 事 務 又 は 事 業 への 影 響 の 程 度 ( 事 務 又 は 事 業 の 目 的 内 容 機 能 を 損 なうか 否 か) 実 現 可 能 性 の 程 度 ( 物 理 的 技 術 的 制 約 人 的 体 制 上 の 制 約 ) 費 用 負 担 の 程 度 第 6 合 理 的 配 慮 の 具 体 例 第 4で 示 したとおり 合 理 的 配 慮 は 具 体 的 場 面 や 状 況 に 応 じて 異 なり 多 様 かつ 個 別 性 の 高 いものであるが 具 体 例 としては 次 のようなものがある なお 記 載 した 具 体 例 については 第 5で 示 した 過 重 な 負 担 が 存 在 しないことを 前 提 として いること また これらはあくまでも 例 示 であり 記 載 されている 具 体 例 だけに 限 られるもの ではないことに 留 意 する 必 要 がある ( 合 理 的 配 慮 に 当 たり 得 る 物 理 的 環 境 への 配 慮 の 具 体 例 ) 段 差 がある 場 合 に 車 椅 子 利 用 者 にキャスター 上 げ 等 の 補 助 をする 携 帯 スロープを 渡 す などする 配 架 棚 の 高 い 所 に 置 かれたパンフレット 等 を 取 って 渡 す パンフレット 等 の 位 置 を 分 かり やすく 伝 える 目 的 の 場 所 までの 案 内 の 際 に 障 害 者 の 歩 行 速 度 に 合 わせた 速 度 で 歩 いたり 前 後 左 右 距 離 の 位 置 取 りについて 障 害 者 の 希 望 を 聞 いたりする 障 害 の 特 性 により 頻 繁 に 離 席 の 必 要 がある 場 合 に 会 場 の 座 席 位 置 を 扉 付 近 にする 5

6 疲 労 を 感 じやすい 障 害 者 から 別 室 での 休 憩 の 申 し 出 があった 際 別 室 の 確 保 が 困 難 であっ たことから 当 該 障 害 者 に 事 情 を 説 明 し 対 応 窓 口 の 近 くに 長 椅 子 を 移 動 させて 臨 時 の 休 憩 スペースを 設 ける 不 随 意 運 動 等 により 書 類 等 を 押 さえることが 難 しい 障 害 者 に 対 し 職 員 が 書 類 を 押 さえた り バインダー 等 の 固 定 器 具 を 提 供 したりする 災 害 や 事 故 が 発 生 した 際 館 内 放 送 で 避 難 情 報 等 の 緊 急 情 報 を 聞 くことが 難 しい 聴 覚 障 害 者 に 対 し 電 光 掲 示 板 手 書 きのボード 等 を 用 いて 分 かりやすく 案 内 し 誘 導 を 図 る ( 合 理 的 配 慮 に 当 たり 得 る 意 思 疎 通 の 配 慮 の 具 体 例 ) 筆 談 読 み 上 げ 手 話 点 字 拡 大 文 字 等 のコミュニケーション 手 段 を 用 いる 会 議 資 料 等 について 点 字 拡 大 文 字 等 で 作 成 する 際 に 各 々の 媒 体 間 でページ 番 号 等 が 異 なり 得 ることに 留 意 して 使 用 する 視 覚 障 害 のある 委 員 に 会 議 資 料 等 を 事 前 送 付 する 際 読 み 上 げソフトに 対 応 できるよう 電 子 データ(テキスト 形 式 )で 提 供 する 意 思 疎 通 が 不 得 意 な 障 害 者 に 対 し 絵 カード 等 を 活 用 して 意 思 を 確 認 する 駐 車 場 などで 通 常 口 頭 で 行 う 案 内 を 紙 にメモをして 渡 す 書 類 記 入 の 依 頼 時 に 記 入 方 法 等 を 本 人 の 目 の 前 で 示 したり 分 かりやすい 記 述 で 伝 達 し たりする 本 人 の 依 頼 がある 場 合 には 代 読 や 代 筆 といった 配 慮 を 行 う 比 喩 表 現 等 が 苦 手 な 障 害 者 に 対 し 比 喩 や 暗 喩 二 重 否 定 表 現 などを 用 いずに 具 体 的 に 説 明 する 障 害 者 から 申 し 出 があった 際 に ゆっくり 丁 寧 に 繰 り 返 し 説 明 し 内 容 が 理 解 された ことを 確 認 しながら 応 対 する また なじみのない 外 来 語 は 避 ける 漢 数 字 は 用 いない 時 刻 は24 時 間 表 記 ではなく 午 前 午 後 で 表 記 するなどの 配 慮 を 念 頭 に 置 いたメモを 必 要 に 応 じて 適 時 に 渡 す 会 議 の 進 行 に 当 たり 資 料 を 見 ながら 説 明 を 聞 くことが 困 難 な 視 覚 又 は 聴 覚 に 障 害 のある 委 員 や 知 的 障 害 を 持 つ 委 員 に 対 し ゆっくり 丁 寧 な 進 行 を 心 がけるなどの 配 慮 を 行 う 会 議 の 進 行 に 当 たっては 職 員 等 が 委 員 の 障 害 の 特 性 に 合 ったサポートを 行 う 等 可 能 な 範 囲 での 配 慮 を 行 う (ルール 慣 行 の 柔 軟 な 変 更 の 具 体 例 ) 順 番 を 待 つことが 苦 手 な 障 害 者 に 対 し 周 囲 の 者 の 理 解 を 得 た 上 で 手 続 き 順 を 入 れ 替 え る 立 って 列 に 並 んで 順 番 を 待 っている 場 合 に 周 囲 の 者 の 理 解 を 得 た 上 で 当 該 障 害 者 の 順 番 が 来 るまで 別 室 や 席 を 用 意 する スクリーン 手 話 通 訳 者 板 書 等 がよく 見 えるように スクリーン 等 に 近 い 席 を 確 保 する 車 両 乗 降 場 所 を 施 設 出 入 口 に 近 い 場 所 へ 変 更 する 県 の 敷 地 内 の 駐 車 場 等 において 障 害 者 の 来 庁 が 多 数 見 込 まれる 場 合 通 常 障 害 者 専 用 とされていない 区 画 を 障 害 者 専 用 の 区 画 に 変 更 する 他 人 との 接 触 多 人 数 の 中 にいることによる 緊 張 等 により 発 作 等 がある 場 合 当 該 障 害 者 に 説 明 の 上 障 害 の 特 性 や 施 設 の 状 況 に 応 じて 別 室 を 準 備 する 6

7 非 公 表 又 は 未 公 表 情 報 を 扱 う 会 議 等 において 情 報 管 理 に 係 る 担 保 が 得 られることを 前 提 に 障 害 のある 委 員 の 理 解 を 援 助 する 者 の 同 席 を 認 める 7

Taro-28要01 センターにおける障

Taro-28要01 センターにおける障 別 紙 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 国 際 医 療 研 究 センターにおける 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 に 係 る 留 意 事 項 第 1 不 当 な 差 別 的 取 扱 いの 基 本 的 な 考 え 方 法 は 障 害 者 に 対 して 正 当 な 理 由 なく 障 害 を 理 由 として 財 サービスや 各 種 機 会

More information

二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 関 する 相 談 苦 情 の 申 出 等 ( 以 下 相 談 等 という )があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された

二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 関 する 相 談 苦 情 の 申 出 等 ( 以 下 相 談 等 という )があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 石 川 県 知 事 部 局 議 会 事 務 局 及 び 行 政 委 員 会 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 10 条 第 1 項 の

More information

国立研究開発法人日本原子力研究開発機構における障害を理由とする差別の解消の推進に関する規程(案)

国立研究開発法人日本原子力研究開発機構における障害を理由とする差別の解消の推進に関する規程(案) 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 規 程 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 9 条 第 1 項 及

More information

項 を 実 施 しなければならない 一 日 常 の 執 務 を 通 じた 指 導 等 により 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 し その 監 督 す る 職 員 の 注 意 を 喚 起 し 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 する 認 識 を 深 めさせるこ

項 を 実 施 しなければならない 一 日 常 の 執 務 を 通 じた 指 導 等 により 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 し その 監 督 す る 職 員 の 注 意 を 喚 起 し 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 する 認 識 を 深 めさせるこ 平 成 28 年 規 程 第 2 号 平 成 28 年 3 月 31 日 制 定 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 ( 以 下 対 応 規 程 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という

More information

日本銀行における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領(案)(ルビなし)

日本銀行における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領(案)(ルビなし) 日 本 銀 行 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 ( 案 ) 平 成 27 年 月 日 日 本 銀 行 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という )

More information

と 二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 対 する 相 談 苦 情 の 申 し 出 等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職

と 二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 対 する 相 談 苦 情 の 申 し 出 等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職 消 防 庁 訓 令 第 7 号 消 防 庁 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 を 次 のように 定 め る 平 成 27 年 11 月 30 日 消 防 庁 長 官 佐 々 木 敦 朗 消 防 庁 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要

More information

独立行政法人国立文化財機構における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領

独立行政法人国立文化財機構における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領 独 立 行 政 法 人 国 立 文 化 財 機 構 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 平 成 28 年 4 月 1 日 理 事 長 決 裁 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律

More information

その 監 督 する 職 員 の 注 意 を 喚 起 し 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 する 認 識 を 深 めさせること 二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 対 する 相 談 苦 情 の 申 し 出 等 があ

その 監 督 する 職 員 の 注 意 を 喚 起 し 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 する 認 識 を 深 めさせること 二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 対 する 相 談 苦 情 の 申 し 出 等 があ 内 閣 官 房 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 平 成 27 年 11 月 16 日 内 閣 総 理 大 臣 決 定 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下

More information

なければならない 一 日 常 の 執 務 を 通 じた 指 導 等 により 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 し そ の 監 督 する 職 員 の 注 意 を 喚 起 し 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 する 認 識 を 深 めさせること 二 障 害 者

なければならない 一 日 常 の 執 務 を 通 じた 指 導 等 により 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 し そ の 監 督 する 職 員 の 注 意 を 喚 起 し 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 する 認 識 を 深 めさせること 二 障 害 者 個 人 情 報 保 護 委 員 会 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 平 成 28 年 1 月 13 日 個 人 情 報 保 護 委 員 会 訓 令 第 21 号 最 終 改 正 平 成 28 年 3 月 29 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する

More information

第 4 条 職 員 は 前 2 条 の 規 定 の 適 用 に 当 たっては 別 紙 に 定 める 留 意 事 項 に 留 意 するものとする なお 別 紙 中 望 ましい と 記 載 している 内 容 は それを 実 施 しない 場 合 で あっても 法 に 反 すると 判 断 されることはないが

第 4 条 職 員 は 前 2 条 の 規 定 の 適 用 に 当 たっては 別 紙 に 定 める 留 意 事 項 に 留 意 するものとする なお 別 紙 中 望 ましい と 記 載 している 内 容 は それを 実 施 しない 場 合 で あっても 法 に 反 すると 判 断 されることはないが 事 務 総 長 達 甲 第 5 号 平 成 27 年 11 月 10 日 人 事 院 総 裁 は 人 事 院 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 を 次 のように 定 めたので 命 により 通 達 する 人 事 院 事 務 総 長 永 長 正 士 人 事 院 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関

More information

等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職 員 に 対 して 合 理 的 配 慮 の 提 供 を 適 切 に 行 うよう 指 導 すること 2 監 督 者 は 障 害 を 理 由 とする 差

等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職 員 に 対 して 合 理 的 配 慮 の 提 供 を 適 切 に 行 うよう 指 導 すること 2 監 督 者 は 障 害 を 理 由 とする 差 気 象 庁 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 平 成 27 年 12 月 2 日 気 象 庁 訓 令 第 14 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法

More information

151109【セット版】外務省対応指針(るびなし)

151109【セット版】外務省対応指針(るびなし) 外 務 省 所 管 事 業 分 野 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 指 針 第 1 趣 旨 1 障 害 者 差 別 解 消 法 の 制 定 の 経 緯 我 が 国 は 平 成 19 年 に 障 害 者 の 権 利 に 関 する 条 約 ( 以 下 権 利 条 約 という )に 署 名 して 以 来 障 害 者 基 本 法 ( 昭 和 45

More information

<4D F736F F D208FE18A5182F0979D975282C682B782E98DB795CA82CC89F08FC182CC C98AD682B782E991CE899E977697CC816988C4816A>

<4D F736F F D208FE18A5182F0979D975282C682B782E98DB795CA82CC89F08FC182CC C98AD682B782E991CE899E977697CC816988C4816A> 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 9 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき また 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消

More information

【対応指針(るびなし)】環境省 HP 告示一覧掲載用

【対応指針(るびなし)】環境省 HP 告示一覧掲載用 環 境 省 所 管 事 業 分 野 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 指 針 告 示 日 : 平 成 28 年 1 月 6 日 環 境 省 告 示 第 2 号 [ 改 定 ] 平 成 28 年 4 月 1 日 環 境 省 告 示 第 44 号 第 一 趣 旨 1 障 害 者 差 別 解 消 法 の 制 定 の 経 緯 我 が 国 は 平 成

More information

ない これに 当 たり 役 職 員 は 別 紙 に 定 める 留 意 事 項 に 留 意 するものとする ( 監 督 者 の 責 務 ) 第 4 条 役 職 員 のうち 役 員 及 び 職 員 を 監 督 する 地 位 にある 者 ( 以 下 総 称 して 監 督 者 という )は 障 害 を 理

ない これに 当 たり 役 職 員 は 別 紙 に 定 める 留 意 事 項 に 留 意 するものとする ( 監 督 者 の 責 務 ) 第 4 条 役 職 員 のうち 役 員 及 び 職 員 を 監 督 する 地 位 にある 者 ( 以 下 総 称 して 監 督 者 という )は 障 害 を 理 2015 情 総 第 176 号 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 9 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき また 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 す る 基 本 方 針 ( 平 成 27 年 2 月 24 日 閣 議 決 定 以 下 基 本

More information

農林水産省 対応指針 るびなし

農林水産省 対応指針 るびなし 農 林 水 産 省 所 管 事 業 分 野 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 指 針 農 林 水 産 大 臣 森 山 𥙿 第 一 趣 旨 1 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 の 制 定 の 経 緯 我 が 国 は 平 成 19 年 に 障 害 者 の 権 利 に 関 する 条 約 ( 昭 和

More information

障 がいを 理 由 に 書 面 の 交 付 資 料 の 送 付 パンフレットの 提 供 等 を 拒 む 障 がいを 理 由 に 説 明 会 シンポジウム 等 への 出 席 を 拒 む 事 務 事 業 の 遂 行 上 特 に 必 要 ではないにもかかわらず 障 がいを 理 由 に 来 庁 の 際 に

障 がいを 理 由 に 書 面 の 交 付 資 料 の 送 付 パンフレットの 提 供 等 を 拒 む 障 がいを 理 由 に 説 明 会 シンポジウム 等 への 出 席 を 拒 む 事 務 事 業 の 遂 行 上 特 に 必 要 ではないにもかかわらず 障 がいを 理 由 に 来 庁 の 際 に 吹 田 市 における 障 がいを 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 の 留 意 事 項 平 成 28 年 (2016 年 )4 月 に 施 行 された 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 以 下 障 害 者 差 別 解 消 法 という )は 国 地 方 公 共 団 体 及 び 国 民 が 障 がいを 理 由

More information

貝塚市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例

貝塚市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例 貝 塚 市 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 を 解 消 するための 職 員 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 10 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づ き 障 害

More information

<4D F736F F D E982D182C882B5816A8C6F8DCF8E598BC68FC88F8A8AC78E968BC695AA96EC82C982A882AF82E98FE18A5182F0979D975282C682B782E98DB795CA82CC89F08FC182CC C98AD682B782E991CE899E8E77906A88C42E646F6378>

<4D F736F F D E982D182C882B5816A8C6F8DCF8E598BC68FC88F8A8AC78E968BC695AA96EC82C982A882AF82E98FE18A5182F0979D975282C682B782E98DB795CA82CC89F08FC182CC C98AD682B782E991CE899E8E77906A88C42E646F6378> 経 済 産 業 省 所 管 事 業 分 野 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 す る 対 応 指 針 ( 案 ) 第 一 趣 旨 1 障 害 者 差 別 解 消 法 の 制 定 の 経 緯 我 が 国 は 平 成 19 年 に 障 害 者 権 利 条 約 ( 以 下 権 利 条 約 という )に 署 名 して 以 来 障 害 者 基 本 法 の 改 正 を

More information

かについて 具 体 的 な 検 討 をせずに 正 当 な 理 由 を 拡 大 解 釈 するなどして 法 の 趣 旨 を 損 なうことなく 個 別 の 事 案 ごとに 障 害 者 第 三 者 の 権 利 利 益 ( 例 : 安 全 の 確 保 財 産 の 保 全 損 害 発 生 の 防 止 等 ) 及

かについて 具 体 的 な 検 討 をせずに 正 当 な 理 由 を 拡 大 解 釈 するなどして 法 の 趣 旨 を 損 なうことなく 個 別 の 事 案 ごとに 障 害 者 第 三 者 の 権 利 利 益 ( 例 : 安 全 の 確 保 財 産 の 保 全 損 害 発 生 の 防 止 等 ) 及 千 葉 市 市 長 部 局 消 防 局 病 院 局 行 政 委 員 会 及 び 議 会 事 務 局 における 障 害 を 理 由 とす る 差 別 の 解 消 の 推 進 に 係 る 対 応 要 領 第 1 目 的 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以

More information

Taro-栃木県教育委員会における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領(本文)

Taro-栃木県教育委員会における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領(本文) 栃 木 県 教 育 委 員 会 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 10 条 第 1 項 の 規 定

More information

( 管 理 者 の 責 務 ) 第 5 条 管 理 者 ( 教 育 委 員 会 の 管 理 職 をいう )は, 前 2 条 の 趣 旨 を 踏 まえ, 障 害 を 理 由 とす る 差 別 の 解 消 を 推 進 するため, 次 に 掲 げる 事 項 を 実 施 しなければならない (1) 日 常

( 管 理 者 の 責 務 ) 第 5 条 管 理 者 ( 教 育 委 員 会 の 管 理 職 をいう )は, 前 2 条 の 趣 旨 を 踏 まえ, 障 害 を 理 由 とす る 差 別 の 解 消 を 推 進 するため, 次 に 掲 げる 事 項 を 実 施 しなければならない (1) 日 常 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 広 島 県 教 育 関 係 職 員 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は, 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 10 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき,また, 障 害 を 理 由

More information

●幼児教育振興法案

●幼児教育振興法案 第 一 九 〇 回 衆 第 五 〇 号 幼 児 教 育 振 興 法 案 目 次 前 文 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 八 条 ) 第 二 章 幼 児 教 育 振 興 基 本 方 針 等 ( 第 九 条 第 十 条 ) 第 三 章 基 本 的 施 策 ( 第 十 一 条 - 第 十 七 条 ) 附 則 幼 児 期 において 人 は その 保 護 者 や 周 囲 の 大 人 との 愛 情

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 幼 児 教 育 の 無 償 化 について 資 料 3-1 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 (

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63> 飛 鳥 交 通 株 式 会 社 安 全 管 理 規 程 平 成 23 年 11 月 10 日 改 定 目 次 第 一 章 総 則 第 二 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 運 営 の 方 針 等 第 三 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実 施 及 びその 管 理 の 体 制 第 四 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実

More information

共 通 認 識 1 官 民 較 差 調 整 後 は 退 職 給 付 全 体 でみて 民 間 企 業 の 事 業 主 負 担 と 均 衡 する 水 準 で あれば 最 終 的 な 税 負 担 は 変 わらず 公 務 員 を 優 遇 するものとはならないものであ ること 2 民 間 の 実 態 を 考

共 通 認 識 1 官 民 較 差 調 整 後 は 退 職 給 付 全 体 でみて 民 間 企 業 の 事 業 主 負 担 と 均 衡 する 水 準 で あれば 最 終 的 な 税 負 担 は 変 わらず 公 務 員 を 優 遇 するものとはならないものであ ること 2 民 間 の 実 態 を 考 共 済 年 金 職 域 部 分 と 退 職 給 付 に 関 する 有 識 者 会 議 報 告 書 概 要 1. 民 間 の 企 業 年 金 及 び 退 職 金 に 関 する 人 事 院 調 査 結 果 結 果 民 間 :2547.7 万 円 公 務 2950.3 万 円 ( 差 額 402.6 万 円 ) 人 事 院 の 見 解 官 民 均 衡 の 観 点 から 民 間 との 較 差 を 埋 める

More information

●労働基準法等の一部を改正する法律案

●労働基準法等の一部を改正する法律案 第 一 八 九 回 参 第 六 号 労 働 基 準 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 労 働 基 準 法 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 労 働 基 準 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 四 十 九 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 三 十 五 条 第 一 項 中 少 くとも を 少 なくとも に 改 め 休 日 を の 下 に 直 前 の 休

More information

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務 職 場 積 立 NISAに 関 するガイドライン 第 1 章 総 則 1. 制 定 の 趣 旨 NISA 推 進 連 絡 協 議 会 は NISA 推 進 連 絡 協 議 会 に 参 加 する 業 界 団 体 等 に 属 する 金 融 商 品 取 引 業 者 及 び 金 融 機 関 等 ( 以 下 NISA 取 扱 業 者 という )が 取 り 扱 う 職 場 積 立 NISAについて 適 正 かつ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 論 点 と 意 見 について ( 概 要 ) 神 奈 川 県 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 検 討 会 議 について 1 テーマ 地 方 公 務 員 制 度 改 革 ( 総 務 省 地 方 公 務 員 の 労 使 関 係 制 度 に 係 る 基 本 的 な 考 え 方 )の 課 題 の 整

More information

平成27年度大学改革推進等補助金(大学改革推進事業)交付申請書等作成・提出要領

平成27年度大学改革推進等補助金(大学改革推進事業)交付申請書等作成・提出要領 平 成 7 年 度 大 学 改 革 推 進 等 補 助 金 ( 大 学 改 革 推 進 事 業 ) 交 付 申 請 書 等 作 成 提 出 要 領 交 付 申 請 等 に 当 たっては 大 学 改 革 推 進 等 補 助 金 ( 大 学 改 革 推 進 事 業 ) 取 扱 要 領 ( 以 下 取 扱 要 領 という ) も 参 照 の 上 以 下 の 関 係 書 類 を 作 成 し 各 大 学 短

More information

J J.フロント リテイリング 株 式 会 社 内 部 統 制 システム 構 築 の 基 本 方 針 制 定 平 成 19 年 09 月 03 日 改 定 平 成 19 年 11 月 26 日 改 定 平 成 21 年 05 月 26 日 改 定 平 成 22 年 03 月 01 日 改 定 平 成 25 年 04 月 01 日 改 定 平 成 26 年 03 月 01 日 改 定 平 成 27 年 05

More information

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら) 作 成 交 付 主 な 記 載 事 項 全 国 ( 外 国 人 含 む)に 郵 送 で 配 布 希 望 者 に 交

通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら) 作 成 交 付 主 な 記 載 事 項 全 国 ( 外 国 人 含 む)に 郵 送 で 配 布 希 望 者 に 交 1 マイナンバー 制 度 の 導 について( 案 ) 平 成 27 年 7 22 日 部 会 議 資 料 総 務 部 ( 政 管 理 課 情 報 政 策 課 庶 務 課 ) 市 活 部 ( 市 窓 課 籍 住 記 録 課 ) 通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら)

More information

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼 高 浜 市 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援 事 業 実 施 要 綱 平 成 27 年 9 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 1 05 号 以 下 法 という ) 第 6 条 第 1 項 第 3 号 の 規 定 に 基 づ き 市 が 実 施 する 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援

More information

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や 参 考 資 料 1-17 民 間 都 市 整 備 事 業 建 築 計 画 に 関 わる 関 連 制 度 の 整 理 都 市 開 発 諸 制 度 には 公 開 空 地 の 確 保 など 公 共 的 な 貢 献 を 行 う 建 築 計 画 に 対 して 容 積 率 や 斜 線 制 限 などの 建 築 基 準 法 に 定 める 形 態 規 制 を 緩 和 することにより 市 街 地 環 境 の 向 上 に

More information

1 リーダーシップと 意 思 決 定 1-1 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 評 価 項 目 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目 指 していること

1 リーダーシップと 意 思 決 定 1-1 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 評 価 項 目 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目 指 していること 第 三 者 の 道 具 箱 訪 問 調 査 表 ( 組 織 マネジメント) 訪 問 調 査 日 訪 問 先 評 価 者 1 リーダーシップと 意 思 決 定 1-1 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 評 価 項 目 1-1-1 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

(別紙3)保険会社向けの総合的な監督指針の一部を改正する(案)

(別紙3)保険会社向けの総合的な監督指針の一部を改正する(案) 監 督 指 針 Ⅱ 保 険 監 督 上 の 評 価 項 目 Ⅱ-2-7 商 品 開 発 に 係 る 内 部 管 理 態 勢 Ⅱ-2-7-2 主 な 着 眼 点 (1)~(4) (5) 関 連 部 門 との 連 携 1~3 4 関 連 部 門 は 販 売 量 拡 大 や 収 益 追 及 を 重 視 する 例 えば 営 業 推 進 部 門 や 収 益 部 門 から 不 当 な 影 響 を 受 けることなく

More information

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf 障 精 発 0124 第 2 号 平 成 26 年 1 月 24 日 各 都 道 府 県 知 事 指 定 都 市 市 長 殿 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 の 診 断 書 の 記 入 に 当 たって 留 意 すべき 事 項 について 等 の について 今 般 精

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

っては いずれか 一 方 の 事 業 を 補 助 金 の 交 付 の 対 象 とする 3 第 1 項 各 号 に 掲 げる 事 業 において 国 県 若 しくは 本 市 からの 補 償 金 の 交 付 又 は 損 害 保 険 契 約 によ る 損 害 てん 補 その 他 これに 類 するものを 受

っては いずれか 一 方 の 事 業 を 補 助 金 の 交 付 の 対 象 とする 3 第 1 項 各 号 に 掲 げる 事 業 において 国 県 若 しくは 本 市 からの 補 償 金 の 交 付 又 は 損 害 保 険 契 約 によ る 損 害 てん 補 その 他 これに 類 するものを 受 福 井 市 集 会 所 建 設 等 事 業 補 助 要 綱 昭 和 50 年 4 月 1 日 告 示 第 26 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 集 会 所 の 建 設 等 に 要 する 経 費 につき 補 助 金 を 交 付 することについて 福 井 市 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 48 年 福 井 市 規 則 第 11 号 以 下 規 則 という )によるほか 必

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入 入 札 公 告 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します なお 本 業 務 の 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 27 年 度 予 算 の 執 行 が 可 能 となってい ることを 条 件 とします 平 成 27 年 2 月 17 日 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 契 約 担 当 役 鉄 道 建 設 本 部 九 州

More information

Microsoft Word - 070219役員選挙規程.doc

Microsoft Word - 070219役員選挙規程.doc 役 員 選 挙 規 程 昭 和 55 年 10 月 21 日 制 定 昭 和 57 年 11 月 16 日 改 正 昭 和 61 年 5 月 27 日 改 正 昭 和 62 年 2 月 23 日 改 正 昭 和 63 年 3 月 7 日 改 正 平 成 2 年 5 月 14 日 改 正 平 成 6 年 5 月 24 日 改 正 平 成 8 年 2 月 27 日 改 正 平 成 11 年 2 月 23

More information

税制面での支援

税制面での支援 税 制 面 での 支 援 平 成 28 年 熊 本 地 震 によって 直 接 間 接 的 に 被 害 を 受 けた 中 小 企 業 個 人 に 対 しては さ まざまな 税 制 面 での 支 援 が 行 われています ( 確 定 申 告 などの 期 間 延 長 については その 他 手 続 きなどの 支 援 ( 特 例 措 置 ) をご 参 照 ください) 1. 災 害 に 関 するおもな 税 務

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 11 章 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 法 律 ( 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ) 第 四 十 一 条 都 道 府 県 知 事 は 用 途 地 域 の 定 められていない 土 地 の 区 域 における 開 発 行 為 につい て 開

More information

Microsoft Word - 公表用答申422号.doc

Microsoft Word - 公表用答申422号.doc 答 申 第 1 審 議 会 の 結 論 名 古 屋 市 長 ( 以 下 実 施 機 関 という )が 本 件 異 議 申 立 ての 対 象 とな る 保 有 個 人 情 報 を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 である 第 2 異 議 申 立 てに 至 る 経 過 1 平 成 27 年 5 月 29 日 異 議 申 立 人 は 名 古 屋 市 個 人 情 報 保 護 条 例 ( 平 成 17

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031938C93FA967B91E5906B8DD082D682CC91CE899E2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031938C93FA967B91E5906B8DD082D682CC91CE899E2E646F6378> 6 同 行 援 護 について 同 行 援 護 とは 視 覚 障 害 により 移 動 に 著 しい 困 難 を 有 する 障 害 者 等 につき 外 出 時 において 当 該 障 害 者 等 に 同 行 し 移 動 に 必 要 な 情 報 を 提 供 する とともに 移 動 の 援 護 その 他 の 厚 生 労 働 省 令 で 定 める 便 宜 を 供 与 することをいう ( 障 害 者 自 立 支

More information

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定 について ( 平 成 19 年 3 月 6 日 例 規 刑 企 ほか 第 11 号 ) この 度 被 害 者 連 絡 の 一 層 の 推 進 を 図 るため 別 添 のとおり 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 を 定 めたので 通 達 する なお 身 体 犯 等 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20D8BDB8CFC8BCDED2DDC482A882E682D1BADDCCDFD7B2B1DDBD8B4B92F632303133303832362E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20D8BDB8CFC8BCDED2DDC482A882E682D1BADDCCDFD7B2B1DDBD8B4B92F632303133303832362E646F63> リスクマネジメントおよび コンプライアンス 規 程 株 式 会 社 不 二 ビルサービス リスクマネジメントおよびコンプライアンス 規 程 1 リスクマネジメントおよびコンプライアンス 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 規 程 は 当 社 におけるリスクマネジメントに 関 して 必 要 な 事 項 を 定 め もってリスクの 防 止 および 会 社 損 失 の 最 小 化

More information

Microsoft Word - 全国エリアマネジメントネットワーク規約.docx

Microsoft Word - 全国エリアマネジメントネットワーク規約.docx 全 国 エリアマネジメントネットワーク 規 約 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 会 は 全 国 エリアマネジメントネットワーク( 以 下 本 会 という )と 称 する ( 目 的 ) 第 2 条 本 会 は 全 国 のエリアマネジメント 組 織 による 連 携 協 議 の 場 を 提 供 し エリアマネジメン トに 係 る 政 策 提 案 情 報 共 有 及 び 普 及 啓

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63> 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 ( 新 しい 公 共 の 場 づくりのためのモデル 事 業 ( 県 対 象 )) の 平 成 23 年 度 募 集 について 第 1 目 的 本 事 業 は 愛 知 県 が 定 める 愛 知 県 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 実 施 要 領 ( 平 成 23 年 6 月 以 下 実 施 要 領 という ) に 基

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案)

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案) 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 に お け る 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 ( 案 ) 平 成 2 4 年 12 月 三 郷 市 ま ち づ く り 推 進 部 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 における 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 開 発 行 為

More information

横浜市障害者ガイドヘルプ事業実施要綱

横浜市障害者ガイドヘルプ事業実施要綱 川 崎 市 重 度 障 害 者 等 入 院 時 コミュニケーション 支 援 事 業 実 施 要 綱 制 定 平 成 28 年 2 月 25 日 27 川 健 障 福 第 1192 号 ( 市 長 決 裁 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 意 思 の 疎 通 が 困 難 な 障 害 者 及 び 障 害 児 が 医 療 機 関 ( 精 神 科 病 院 および 一 般 病 院 の 精 神

More information

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73>

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73> 株 式 会 社 国 際 協 力 銀 行 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 国 会 で 認 められた 予 算 に 従 い 国 家 公 務 員 指 定 職 に 準 じた 水 準 としている なお 役 員

More information

<4D F736F F D2095BD90AC E D738FEE816A939A905C91E D862E646F63>

<4D F736F F D2095BD90AC E D738FEE816A939A905C91E D862E646F63> 諮 問 庁 : 国 土 交 通 大 臣 諮 問 日 : 平 成 20 年 6 月 16 日 ( 平 成 20 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 363 号 ) 答 申 日 : 平 成 21 年 4 月 8 日 ( 平 成 21 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 1 号 ) 事 件 名 : 引 継 書 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第 1 審 査 会 の 結 論 平 成 19

More information

(Microsoft Word - \212\356\226{\225\373\220j2014220_\217C\220\263\201j.doc)

(Microsoft Word - \212\356\226{\225\373\220j2014220_\217C\220\263\201j.doc) 平 成 26 年 2 月 20 日 日 本 医 師 従 業 員 国 民 年 金 基 金 年 金 資 産 運 用 の 基 本 方 針 日 本 医 師 従 業 員 国 民 年 金 基 金 ( 以 下 当 基 金 という)は 年 金 給 付 等 積 立 金 ( 以 下 年 金 資 産 という)の 運 用 にあたり 以 下 の 基 本 方 針 を 定 める 当 基 金 から 年 金 資 産 の 管 理 又

More information

社会保険の加入に関する下請指導ガイドラインの改訂等について

社会保険の加入に関する下請指導ガイドラインの改訂等について 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン の 改 訂 について 概 要 建 設 業 における 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にするため 平 成 24 年 11 月 に 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン を 施 行 本 ガイドラインは

More information

Taro-29職員退職手当支給規程

Taro-29職員退職手当支給規程 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 付 け 1 7 水 研 本 第 2 0 5 8 号 改 正 平 成 1 8 年 1 0 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 0 7 7 号 改 正 平 成 1 9 年 4 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 7 8 0 号 改 正 平 成

More information

Taro-07-1提言概要.jtd

Taro-07-1提言概要.jtd 新 たな 在 留 管 理 制 度 に 関 する 提 言 の 概 要 について 資 料 7 1 在 留 管 理 制 度 見 直 しのねらい 法 務 大 臣 が 外 国 人 の 在 留 管 理 に 必 要 な 情 報 を 一 元 的, 正 確 かつ 継 続 的 に 把 握 する 制 度 を 構 築 し, 的 確 な 在 留 管 理 を 行 う一 方 で, 市 区 町 村 において 整 備 される 予 定

More information

m07 北見工業大学 様式①

m07 北見工業大学 様式① 国 立 大 学 法 人 北 見 工 業 大 学 ( 法 人 番 号 6460305000387)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 該 法 人 の 主 要 事 業 は 教 育 研 究 事 業 である 役

More information

国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 防 災 業 務 計 画 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 25 年 3 月 8 日 修 正 平 成 26 年 6 月 19 日 修 正 平 成 27 年 12 月 1 日 修 正 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力

More information

答申第585号

答申第585号 別 紙 諮 問 第 722 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 平 成 23 年 月 日 区 営 業 所 で 起 きた 物 損 事 故 に 関 する 全 ての 内 容 の 文 書 の 開 示 請 求 に 対 し 終 業 点 呼 記 録 簿 ほか7 件 を 対 象 公 文 書 として 特 定 し 一 部 開 示 と した 決 定 は 妥 当 である 2 審 査 請 求 の 内 容 (1) 審 査

More information

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令 岡 山 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 ( 平 成 6 年 3 月 22 日 警 察 訓 令 第 9 号 ) 改 正 平 成 6 年 12 月 22 日 警 察 訓 令 第 26 号 平 成 12 年 3 月 14 日 警 察 訓 令 第 8 号 平 成 13 年 7 月 2 日 警 察 訓 令 第 19 号 平 成 21 年 3 月 19 日 警 察 訓 令 第

More information

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A>

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A> 恵 庭 市 教 員 住 宅 のあり 方 基 本 方 針 平 成 25 年 2 月 恵 庭 市 教 育 委 員 会 目 次 1. 教 員 住 宅 の 現 状 (1) 教 員 住 宅 の 役 割 1 (2) 教 員 住 宅 の 実 態 1 (3) 環 境 の 変 化 1 (4) 教 員 の 住 宅 事 情 1 2 2. 基 本 方 針 の 目 的 2 3.あり 方 検 討 会 議 の 答 申 内 容

More information

接 支 払 制 度 を 活 用 するか 意 思 を 確 認 する 確 認 に 当 たっては 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 について 書 面 により 世 帯 主 の 合 意 を 得 て 代 理 契 約 を 締 結 するものとする (1) 医 療 機 関 等 が 本 市 に 対 し 世 帯 主

接 支 払 制 度 を 活 用 するか 意 思 を 確 認 する 確 認 に 当 たっては 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 について 書 面 により 世 帯 主 の 合 意 を 得 て 代 理 契 約 を 締 結 するものとする (1) 医 療 機 関 等 が 本 市 に 対 し 世 帯 主 綾 瀬 市 国 民 健 康 保 険 出 産 育 児 一 時 金 直 接 支 払 制 度 取 扱 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 綾 瀬 市 国 民 健 康 保 険 事 務 取 扱 規 則 ( 昭 和 58 年 綾 瀬 市 規 則 第 2 5 号 以 下 規 則 という ) 第 14 条 第 2 項 に 規 定 する 被 保 険 者 等 が 病 院 診 療 所 又 は 助 産 所

More information

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について 改 正 後 一 時 預 かり 事 業 実 施 要 綱 新 旧 対 照 表 改 正 前 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 一 次 改 正 28 文 科 初 第 519 号 雇 児 発 0705 第 1 号 平 成 2 8 年

More information

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 38 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 休 暇 等 に 関 す る 規 則 ( 以 下 教 職 員 勤 務 時 間 等 規 則 という ) 第 36

More information

第2回 制度設計専門会合 事務局提出資料

第2回 制度設計専門会合 事務局提出資料 第 3 回 制 度 設 計 専 門 会 合 事 務 局 提 出 資 料 ~ 電 力 の 小 売 営 業 に 関 する 指 針 ( 案 )の 概 要 について~ 平 成 27 年 12 月 4 日 ( 金 ) 電 力 の 小 売 営 業 に 関 する 指 針 ( 案 )で 整 備 する の 目 次 1. 需 要 家 への 適 切 な 情 報 提 供 (1) 一 般 的 な 情 報 提 供 (2) 契

More information

国立大学法人 東京医科歯科大学教職員就業規則

国立大学法人 東京医科歯科大学教職員就業規則 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 育 児 休 業 等 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 3 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 37 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 国

More information

の 権 限 と 責 任 を 明 確 に 定 め,これを 学 内 外 に 公 表 し, 関 係 者 に 周 知 するものとする ( 不 正 防 止 計 画 ) 第 6 条 最 高 管 理 責 任 者 は, 公 的 研 究 費 の 不 正 使 用 の 防 止 計 画 ( 以 下 不 正 防 止 計 画

の 権 限 と 責 任 を 明 確 に 定 め,これを 学 内 外 に 公 表 し, 関 係 者 に 周 知 するものとする ( 不 正 防 止 計 画 ) 第 6 条 最 高 管 理 責 任 者 は, 公 的 研 究 費 の 不 正 使 用 の 防 止 計 画 ( 以 下 不 正 防 止 計 画 徳 山 大 学 公 的 研 究 費 取 扱 規 程 ( 平 成 27 年 1 月 30 日 制 定 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 徳 山 大 学 教 育 職 員 倫 理 綱 領 及 び 徳 山 大 学 における 研 究 に 携 わる 者 の 行 動 規 範 の 定 めに 従 い, 徳 山 大 学 ( 以 下 本 学 という )において 公 的 研 究 費 を 適 正 に 運 営

More information

文化政策情報システムの運用等

文化政策情報システムの運用等 名 開 始 終 了 ( 予 定 ) 年 度 番 号 0406 平 成 25 年 行 政 レビューシート ( 文 部 科 学 省 ) 文 化 政 策 情 報 システム 運 用 等 担 当 部 局 庁 文 化 庁 作 成 責 任 者 平 成 8 年 度 なし 担 当 課 室 長 官 官 房 政 策 課 政 策 課 長 清 水 明 会 計 区 分 一 般 会 計 政 策 施 策 名 根 拠 法 令 ( 具

More information

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について 資 料 5 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 の 見 直 し( 案 )について 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 ( 現 行 制 度 )の 概 要 目 的 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 は 民 間 社 会 福 祉 施 設 経 営 者 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 昭 和 36 年

More information

Microsoft Word - 保育園管理規程(決定案)

Microsoft Word - 保育園管理規程(決定案) 社 会 福 祉 法 人 渋 谷 区 社 会 福 祉 事 業 団 認 可 保 育 所 管 理 規 程 ( 総 則 ) 第 1 条 社 会 福 祉 法 人 渋 谷 区 社 会 福 祉 事 業 団 ( 以 下 事 業 団 という )が 設 置 経 営 する 認 可 保 育 所 ( 以 下 園 という )の 運 営 管 理 については 法 令 に 定 めるものの ほか この 規 程 に 定 めるところによる

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 共 同 立 法 行 革 プラットフォーム 法 案 について ( 総 合 的 な 行 財 政 改 革 を 推 進 するための 基 盤 の 整 備 に 関 する 法 律 案 ) 1. 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 について (1) 構 成 ( 共 同 代 表 ) 前 原 誠 司 衆 議 院 議 員 ( 民 主 党 )

More information

平成21年9月29日

平成21年9月29日 新 潟 県 介 護 職 員 処 遇 改 善 補 助 金 Q&A 平 成 22 年 4 月 新 潟 県 高 齢 福 祉 保 健 課 ( 問 1) 国 の 介 護 職 員 処 遇 改 善 交 付 金 事 業 実 施 要 領 では 交 付 金 とされているが 新 潟 県 介 護 職 員 処 遇 改 善 補 助 金 では 補 助 金 と 名 称 が 異 なる 理 由 はなにか また 承 認 申 請 書 等

More information

( 別 途 調 査 様 式 1) 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 等 1 列 2 列 3 列 4 列 5 列 6 列 7 列 8 列 9 列 10 列 11 列 12 列 13 列 14 列 15 列 16 列 17 列 18 列 19 列 20 列 21 列 22 列 固 定

( 別 途 調 査 様 式 1) 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 等 1 列 2 列 3 列 4 列 5 列 6 列 7 列 8 列 9 列 10 列 11 列 12 列 13 列 14 列 15 列 16 列 17 列 18 列 19 列 20 列 21 列 22 列 固 定 資 料 10 減 損 損 失 及 び 資 本 金 の 変 動 に 関 する 調 査 記 載 上 の 注 意 事 項 当 調 査 は 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 資 本 金 の の 変 動 等 を 把 握 するために 調 査 する ものである 調 査 対 象 は 地 方 公 営 企 業 状 況 調 査 の 対 象 となっている 法 適 用 企 業 とする Ⅰ 提 出 物 について

More information

学校法人日本医科大学利益相反マネジメント規程

学校法人日本医科大学利益相反マネジメント規程 学 校 法 人 日 本 医 科 大 学 利 益 相 反 マネジメント 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 学 校 法 人 日 本 医 科 大 学 ( 以 下 本 法 人 という )が 本 法 人 利 益 相 反 マネジメントポリシー( 平 成 18 年 12 月 1 日 制 定 )の 精 神 に 則 り 教 職 員 等 の 産 学 官 連 携 活 動 に 伴 い

More information

<4D F736F F D2091E F18CB48D C481698E7B90DD8F9590AC89DB816A2E646F63>

<4D F736F F D2091E F18CB48D C481698E7B90DD8F9590AC89DB816A2E646F63> 平 成 18 年 7 月 独 立 行 政 法 人 国 立 大 学 財 務 経 営 センター 国 立 大 学 法 人 等 による 国 立 大 学 財 務 経 営 センターへの 土 地 譲 渡 収 入 の 一 部 納 付 の 仕 組 みについて 国 立 大 学 法 人 等 が 国 から 出 資 された 土 地 を 譲 渡 した 場 合 文 部 科 学 大 臣 が 定 める 基 準 に より 算 定 した

More information

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 細 則 第 1 総 則 1 趣 旨 この 細 則 は 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 要 領 ( 以 下 要 領 という ) 第 26 条 の 規 定 に 基 づ き 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 財 産 形 成 貯 蓄 残 高 明 細 表 福 利

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 株 式 会 社 化 に 伴 う から 特 定 の 員 への 株 式 譲 渡 に 係 る 課 税 関 係 と 手 続 きについて 平 成 20 年 2 月 商 工 中 金 当 資 料 は 貴 において 本 件 取 引 に 関 する 検 討 をされるに 際 して ご 参 考 のための 情 報 提 供 のみを 目 的 として 国 税 庁 の 確 認 を 受 けた 内 容 に 基 づき 商 工 中 金 が

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information

Microsoft Word - 【事務連絡】居所情報の登録申請が間に合わなかった場合の取扱いの周知について.docx

Microsoft Word - 【事務連絡】居所情報の登録申請が間に合わなかった場合の取扱いの周知について.docx 事 務 連 絡 平 成 27 年 11 月 5 日 各 都 道 府 県 障 害 福 祉 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 企 画 課 長 期 入 所 者 等 がマイナンバー 通 知 カードを 入 所 等 先 で 受 け 取 るに 当 たっての 居 所 情 報 の 登 録 申 請 が 間 に 合 わなかった 場 合 の 取 扱 いについて(

More information

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 Ⅱ 国 地 方 公 共 団 体 公 共 公 益 法 人 等 の 消 費 税 Q&A ( 問 1) 免 税 期 間 における 起 債 の 償 還 元 金 に 充 てるための 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 Q 地 方 公 共 団 体 の 特 別 会 計 が 消 費 税 の 納 税 義 務 が 免 除 される 課 税 期 間

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

独立行政法人国立病院機構呉医療センター医療機器安全管理規程

独立行政法人国立病院機構呉医療センター医療機器安全管理規程 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 呉 医 療 センタ- 医 療 機 器 安 全 管 理 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 4 条 ) 第 2 章 組 織 及 び 職 務 ( 第 5 条 ~ 第 10 条 ) 第 3 章 研 修 ( 第 11 条 ~ 第 12 条 ) 第 4 章 保 守 点 検 及 び 修 理 ( 第 13 条 ~ 第 16 条 ) 第 5 章

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

預 金 を 確 保 しつつ 資 金 調 達 手 段 も 確 保 する 収 益 性 を 示 す 指 標 として 営 業 利 益 率 を 採 用 し 営 業 利 益 率 の 目 安 となる 数 値 を 公 表 する 株 主 の 皆 様 への 還 元 については 持 続 的 な 成 長 による 配 当 可

預 金 を 確 保 しつつ 資 金 調 達 手 段 も 確 保 する 収 益 性 を 示 す 指 標 として 営 業 利 益 率 を 採 用 し 営 業 利 益 率 の 目 安 となる 数 値 を 公 表 する 株 主 の 皆 様 への 還 元 については 持 続 的 な 成 長 による 配 当 可 ミスミグループ コーポレートガバナンス 基 本 方 針 本 基 本 方 針 は ミスミグループ( 以 下 当 社 グループ という)のコーポレートガバナン スに 関 する 基 本 的 な 考 え 方 を 定 めるものである 1. コーポレートガバナンスの 原 則 (1) 当 社 グループのコーポレートガバナンスは 当 社 グループの 持 続 的 な 成 長 と 中 長 期 的 な 企 業 価 値 の

More information

アルコール健康障害対策基本法の施行について(通知)

アルコール健康障害対策基本法の施行について(通知) 府 政 共 生 第 411 号 法 務 省 矯 成 第 1174 号 課 酒 2-4 26 文 科 ス 第 144 号 健 発 0602 第 1 号 障 発 0602 第 1 号 平 成 26 年 6 月 2 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 各 都 道 府 県 教 育 委 員 会 教 育 長 殿 内 閣 府 政 策 統 括 官 ( 共 生 社 会 政 策 担 当 ) 武 川 光 夫 法 務 省

More information