●終身・定期総合医療共済/終身・定期総合医療共済ジュニア特約●

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "●終身・定期総合医療共済/終身・定期総合医療共済ジュニア特約●"

Transcription

1 15.7 終 身 定 期 総 合 医 療 / 終 身 定 期 総 合 医 療 ジュニア 特 約 終 身 定 期 総 合 医 療 のしくみ 年 定 期 型 終 身 型 入 院 金 金 退 院 金 通 院 金 ご 契 約 保 障 期 間 ( 年 ) 満 了 ご 契 約 保 障 期 間 ( 終 身 ) お 支 払 事 由 など(お 支 払 事 由 の 詳 細 およびお 支 払 いできない 場 合 等 については ご 契 約 のしおり( 約 款 )をご 覧 ください ) お 支 払 いする お 支 払 事 由 お 支 払 額 (1 口 あたり) お 支 払 限 度 受 取 人 金 入 院 金 金 退 院 金 通 院 金 責 任 開 始 期 以 後 に 生 じた 疾 病 または 不 慮 の 事 故 による 傷 害 の 治 療 のために2 日 以 上 入 院 されたとき(*1)( *2) 責 任 開 始 期 以 後 に 生 じた 疾 病 または 不 慮 の 事 故 による 傷 害 の 治 療 のために 所 定 の を 受 けられたとき 長 期 入 院 金 が 支 払 われる 入 院 をさ れ 生 存 して 退 院 されたとき 長 期 入 院 金 が 支 払 われる 入 院 をされ その 入 院 の 退 院 日 の 翌 日 から1 日 以 内 の 期 間 に その 入 院 の 原 因 となった 傷 害 や 疾 病 の 治 療 のために 通 院 をされたとき(*6) 入 院 日 額 (5,000 円 ) 入 院 日 数 により 入 院 日 額 (5,000 円 )の 倍 (*5) 長 期 入 院 1 回 につき 30,000 円 (*4) 長 期 入 院 1 回 につき 通 院 日 額 (3,000 円 ) 通 院 日 数 (*4) 短 期 入 院 (*3) 疾 病 傷 害 それぞれ1 回 の 入 院 (*4)につき 4 日 通 算 60 日 長 期 入 院 (*3) 疾 病 傷 害 それぞれにつき 通 算 1,000 日 通 算 限 度 なし 通 算 限 度 なし 長 期 入 院 1 回 につき 30 日 通 算 1,000 日 契 約 者 (*1) 責 任 開 始 日 から 1 年 経 過 後 に 骨 髄 提 供 を 目 的 として 入 院 ( 組 織 の 機 能 に 障 害 がある 者 に 対 して 骨 髄 幹 細 胞 を 移 植 すること を 目 的 とする 骨 髄 幹 細 胞 採 取 を 受 けるための 入 院 をいい 骨 髄 幹 細 胞 の 提 供 者 と 受 容 者 が 同 一 人 となる 場 合 を 除 きます ) された 場 合 には 疾 病 による 入 院 とみなして 入 院 金 をお 支 払 いします (1 回 の 入 院 につき 4 日 分 を 限 度 とします ) (*2) 複 数 のお 支 払 事 由 ( 病 気 とケガの 併 発 など)が 生 じた 場 合 入 院 金 は 重 複 してお 支 払 いしません (*3) 継 続 2 日 以 上 5 日 未 満 の 入 院 は 短 期 入 院 継 続 5 日 以 上 の 入 院 は 長 期 入 院 とします (*4) 次 の 入 院 は 1 回 の 入 院 とみなします 同 一 の 不 慮 の 事 故 による 2 回 以 上 の 入 院 ( 事 故 の 日 から 180 日 以 内 に 開 始 した 入 院 とします ) 同 一 の 疾 病 ( 病 名 が 異 なる 場 合 でも 医 学 上 重 要 な 関 係 がある 場 合 を 含 みます )による 2 回 以 上 の 入 院 (ただし 入 院 金 が 支 払 われることになった 最 終 の 入 院 の 退 院 日 の 翌 日 から 180 日 を 経 過 した 入 院 については 新 たな 入 院 とみなします ) 同 時 に 複 数 の 支 払 事 由 に 該 当 している 入 院 (*5) 対 象 となる および については ご 契 約 のしおり( 約 款 ) 別 表 をご 覧 ください 同 時 に 2 種 類 以 上 の を 受 け られたときは もっとも の 高 いいずれか1 種 類 の についてのみ 金 をお 支 払 いします (*6) 入 院 中 の 通 院 は 通 院 金 のお 支 払 対 象 にはなりません 1 日 に 2 回 以 上 の 通 院 をされた 場 合 1 回 の 通 院 とみなします 2 以 上 の 事 由 の 治 療 を 目 的 として 1 回 の 通 院 をされた 場 合 でも 通 院 金 は 重 複 してお 支 払 いしません (*7) 契 約 者 が 死 亡 した 場 合 は 次 の 順 序 で 上 位 の 者 が 金 の 受 取 人 となります 1 契 約 者 の 配 偶 者 2 同 子 女 3 同 父 母 4 同 孫 5 同 祖 父 母 6 同 兄 弟 姉 妹 終 身 定 期 総 合 医 療 ジュニア 特 約 について 終 身 定 期 総 合 医 療 ジュニア 特 約 の 金 のお 支 払 内 容 は 終 身 定 期 総 合 医 療 のお 支 払 内 容 と 同 じになります ただし 金 の 受 取 人 は 終 身 定 期 総 合 医 療 のご 契 約 者 です 終 身 定 期 総 合 医 療 ジュニア 特 約 の 保 障 期 間 は ご 契 約 日 により 次 のとおりです ご 契 約 日 が 平 成 18 年 月 1 日 以 後 満 15 歳 の 誕 生 日 の 属 する 月 の 末 日 まで ご 契 約 日 が 平 成 18 年 9 月 30 日 以 前 満 15 歳 の 誕 生 日 の 前 日 まで 終 身 定 期 総 合 医 療 ジュニア 特 約 の 保 障 期 間 が 満 了 する 場 合 に 限 り 終 身 定 期 総 合 医 療 に 変 更 することができます 終 身 定 期 総 合 医 療 に 変 更 した 場 合 には 保 障 は 変 更 の 前 後 で 継 続 したものとして 取 扱 い 入 院 金 通 院 金 の 支 払 日 数 は 変 更 の 前 後 で 通 算 します 自 動 更 新 により 最 長 満 95 歳 の 誕 生 日 の 前 日 まで 保 障 入 院 金 金 退 院 金 通 院 金 終 身 定 期 総 合 医 療 が 消 滅 した 場 合 には この 特 約 も 同 時 に 消 滅 します (*7) *ご 契 約 に 関 するお 問 い 合 わせ:カスタマーセンター 部 ( 受 付 時 間 9:00~19:00 土 日 祝 日 年 末 年 始 を 除 く) * 金 のご 請 求 : ( 受 付 時 間 9:00~17:00 土 日 祝 日 年 末 年 始 を 除 く) 楽 天 生 命 保 険 株 式 会 社 東 京 都 世 田 谷 区 玉 川 楽 天 クリムゾンハウス

2 ご 契 約 のしおり( 約 款 ) 終 身 定 期 総 合 医 療 終 身 定 期 総 合 医 療 の 趣 旨 について この 契 約 は 契 約 者 が 疾 病 や 不 慮 の 事 故 による 傷 害 の 治 療 のために 入 院 退 院 通 院 した 際 に 金 をお 支 払 い するものです 契 約 者 の 資 格 保 障 期 間 の 始 期 終 期 掛 金 払 込 方 法 契 約 者 の 資 格 第 1 条 契 約 者 の 資 格 は 申 込 みの 日 において 日 本 に 居 住 し 契 約 年 齢 が 15 歳 以 上 80 歳 未 満 (ただし 保 障 期 間 が 終 身 の 場 合 は 70 歳 未 満 )で 健 康 で 正 常 に 就 業 または 日 常 生 活 を 営 む 者 とします 2 契 約 者 の 契 約 年 齢 は 契 約 日 における 満 年 齢 で 計 算 し 1 年 未 満 の 端 数 は 切 り 捨 てます また 契 約 者 の 年 齢 は 契 約 年 齢 に 年 単 位 の 契 約 応 当 日 ごとに 1 歳 を 加 算 して 計 算 します 責 任 開 始 期 保 障 期 間 掛 金 の 払 込 第 2 条 会 社 が 告 知 口 座 振 替 依 頼 を 含 む 契 約 申 込 書 の 内 容 を 審 査 して 承 諾 した 場 合 に 告 知 の 時 または 初 回 掛 金 を 受 領 し た 時 のいずれか 遅 い 時 を 責 任 開 始 期 とします 責 任 開 始 期 の 属 する 日 を 責 任 開 始 日 とします 契 約 日 は 責 任 開 始 日 の 属 する 月 の 翌 月 1 日 とします 2 保 障 期 間 は 種 類 に 応 じて 次 のとおりとします (1) 終 身 型 契 約 日 から 契 約 者 の 死 亡 の 時 までとします (2) 年 定 期 型 契 約 日 から 年 間 とします 3 年 定 期 型 において 保 障 期 間 満 了 日 までの 掛 金 が 払 込 まれ かつ 契 約 者 から 保 障 期 間 満 了 日 の 2 週 間 前 までに 契 約 を 継 続 しない 旨 の 通 知 がない 場 合 自 動 更 新 されます 4 前 項 の 自 動 更 新 については 次 のとおり 取 り 扱 います 1 自 動 更 新 の 場 合 には 継 続 した 保 障 期 間 とみなします 2 更 新 後 の 保 障 期 間 は 満 年 齢 95 歳 の 誕 生 日 の 前 日 を 限 度 と します 3ご 契 約 のしおりおよび 掛 金 等 は 将 来 変 更 されることがあり ます 更 新 後 の 契 約 には 更 新 日 のご 契 約 のしおりおよ び 掛 金 等 が 適 用 されます 4 更 新 日 に 会 社 がこの 契 約 を 取 り 扱 っていない 場 合 には 会 社 は 自 動 更 新 を 取 り 扱 いません 5 掛 金 の 金 額 は 契 約 年 齢 により 計 算 します また 契 約 が 更 新 された 場 合 更 新 後 の 掛 金 の 金 額 は 更 新 時 の 年 齢 ( 以 下 更 新 年 齢 といいます )により 計 算 します 6 掛 金 の 払 込 方 法 は 月 払 となります 7 掛 金 の 払 込 経 路 は 初 回 の 掛 金 を 除 き 口 座 振 替 とします 8 第 2 回 以 後 の 掛 金 の 払 込 は 契 約 者 の 掛 金 振 替 指 定 口 座 から 払 込 期 月 の 27 日 ( 金 融 機 関 が 休 業 日 の 場 合 は 翌 営 業 日 以 下 同 じ )に 当 月 の 月 掛 金 として 自 動 振 替 となります また 27 日 に 振 替 ができなかった 場 合 は その 翌 月 の 27 日 に 前 月 分 と 併 せて 振 り 替 えます 9 契 約 申 込 みを 承 諾 した 場 合 には 契 約 証 書 の 交 付 を もって 承 諾 の 通 知 にかえます の 種 類 第 3 条 この 契 約 は 次 条 以 下 に 定 める 疾 病 または 不 慮 の 事 故 による 傷 害 に 起 因 する 入 院 退 院 通 院 を 保 障 するもので す 2 契 約 の 口 数 は 会 社 の 定 めるところにより 取 り 扱 います 3 契 約 者 は 会 社 の 定 めるところにより 終 身 型 を 年 定 期 型 へ また 年 定 期 型 を 終 身 型 へ 変 更 することができます 変 更 された 場 合 には 次 のとおり 取 り 扱 います (1) 保 障 は 変 更 の 前 後 で 継 続 したものとして 取 り 扱 います (2) 入 院 通 院 金 の 支 払 日 数 は 変 更 の 前 後 で 通 算 されます 保 障 ( 金 )の 内 容 金 第 4 条 この 契 約 の 入 院 退 院 通 院 の 金 は 次 のとおりとなります (1 口 当 たり) 保 障 額 入 院 退 院 通 院 疾 病 同 一 の 不 慮 の 事 故 による 入 院 1 回 につき ( 入 院 日 額 ) ( 入 院 日 数 ) 入 院 日 額 は 1 日 5,000 円 としま す 1 回 の に つき ( 入 院 日 額 ) ( 別 表 に 定 める の 種 類 に 対 応 する 倍 率 ) 長 期 入 院 1 回 につき 30,000 円 長 期 入 院 1 回 につき ( 通 院 日 額 ) ( 通 院 日 数 ) 通 院 日 額 は 1 日 3,000 円 と します 入 院 退 院 通 院 金 の 支 払 第 5 条 この 契 約 において 支 払 う 金 の 種 類 支 払 事 由 支 払 額 および 受 取 人 は 次 のとおりとなります 種 類 支 払 事 由 支 払 額 受 取 人 入 院 金 契 約 者 が 保 障 期 間 中 に 次 の いずれにも 該 当 する 入 院 をした とき 1 責 任 開 始 期 以 後 に 発 病 した 疾 病 の 治 療 を 目 的 とする 入 院 ま たは 責 任 開 始 期 以 後 に 発 生 し た 不 慮 の 事 故 による 傷 害 の 治 療 を 目 的 としてその 事 故 の 日 から 180 日 以 内 に 開 始 した 入 院 ( 入 院 とは 医 師 ( 法 的 に 医 師 または 歯 科 医 師 の 資 格 を 持 つ 者 をいい 柔 道 整 復 師 法 に 定 める 柔 道 整 復 師 を 含 みます 以 下 同 じ )による 治 療 が 必 要 で あり かつ 自 宅 等 での 治 療 が 困 難 なため 病 院 または 診 療 所 に 入 り 常 に 医 師 の 管 理 下 におい て 治 療 に 専 念 することをいい ます 以 下 同 じ ) 2 病 院 または 診 療 所 における 入 院 ( 病 院 または 診 療 所 とは 医 療 法 に 定 める 日 本 国 内 にある 病 院 もしくは 患 者 を 収 容 する 施 設 を 有 する 診 療 所 ( 四 肢 にお ける 骨 折 脱 臼 捻 挫 または 打 撲 に 関 し 施 術 を 受 けるため 柔 道 整 復 師 法 に 定 める 施 術 所 に 収 容 された 場 合 には その 施 術 所 を 含 みます ) またはこれら と 同 等 の 日 本 国 外 にある 医 療 施 設 をいいます 以 下 同 じ ) 3 入 院 日 数 が2 日 以 上 5 日 未 満 継 続 した 入 院 ( 以 下 短 期 入 院 といいます ) または 入 院 日 数 が5 日 以 上 継 続 した 入 院 ( 以 下 長 期 入 院 といいます ) 疾 病 同 一 の 不 慮 の 事 故 による 入 院 1 回 につき ( 入 院 日 額 ) ( 入 院 日 数 ) 契 約 者 2

3 種 類 支 払 事 由 支 払 額 受 取 人 手 術 金 退 院 金 通 院 金 契 約 者 が 保 障 期 間 中 に 次 の いずれにも 該 当 する を 受 け たとき 1 責 任 開 始 期 以 後 に 発 病 した 疾 病 または 発 生 した 不 慮 の 事 故 その 他 の 外 因 による 傷 害 の 治 療 を 直 接 の 目 的 とする 2 病 院 または 診 療 所 において 受 けた 3 別 表 に 定 めるいずれかの 種 類 の 契 約 者 が 長 期 入 院 金 が 支 払 われる 入 院 をした 後 保 障 期 間 中 に 生 存 して 退 院 したとき 契 約 者 が 保 障 期 間 中 に 次 の いずれにも 該 当 する 通 院 をした とき 1 長 期 入 院 金 が 支 払 われる 入 院 の 退 院 日 の 翌 日 からその 日 を 含 めて 1 日 以 内 の 期 間 の 通 院 (ただし その 長 期 入 院 の 直 接 の 原 因 となった 傷 害 ま たは 疾 病 の 治 療 を 目 的 とする 通 院 に 限 ります ) 2 病 院 または 診 療 所 への 通 院 1 回 の につき ( 入 院 日 額 ) ( 別 表 に 定 める に 対 応 する 給 付 ) 長 期 入 院 1 回 につき 30,000 円 長 期 入 院 1 回 につき ( 通 院 日 額 ) ( 通 院 日 数 ) 契 約 者 契 約 者 契 約 者 2 金 の 支 払 限 度 は 次 のとおりとします なお 契 約 が 更 新 された 場 合 には 過 去 に 支 払 われた 入 院 通 院 日 数 が 通 算 されます 1 疾 病 不 慮 の 事 故 それぞれにつき 短 期 入 院 金 は 1 入 院 につき 4 日 その 支 払 日 数 を 通 算 して 60 日 を 限 度 とします 2 疾 病 不 慮 の 事 故 それぞれにつき 長 期 入 院 金 は その 支 払 日 数 を 通 算 して 00 日 を 限 度 とします なお 長 期 入 院 金 が 通 算 支 払 限 度 に 達 し かつ 短 期 入 院 金 が 通 算 支 払 限 度 に 達 していない 場 合 で 長 期 入 院 金 の 通 算 支 払 限 度 に 達 した 日 の 翌 日 以 降 長 期 入 院 金 の 通 算 支 払 限 度 に 達 した 日 以 前 の 入 院 と 異 なる 不 慮 の 事 故 または 疾 病 を 原 因 として 入 院 金 の 支 払 事 由 に 該 当 する 入 院 を 開 始 した ときは その 入 院 を 短 期 入 院 (1 入 院 につき 支 払 限 度 4 日 とします )とみなして 取 り 扱 います 3 通 院 金 は 長 期 入 院 1 回 につき 30 日 その 支 払 日 数 を 通 算 して 00 日 を 限 度 とします 3 この 契 約 において 不 慮 の 事 故 とは 急 激 かつ 偶 発 的 な 外 来 の 事 故 をいい 昭 和 53 年 12 月 15 日 行 政 管 理 庁 告 示 第 73 号 に 定 められた 分 類 項 目 中 次 の 項 目 とし その 内 容 は 厚 生 省 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 編 疾 病 傷 害 および 死 因 統 計 分 類 提 要 昭 和 54 年 版 によります なお 疾 病 や 体 質 的 な 要 因 を 有 する 者 が 軽 微 な 外 因 により 発 症 し または 症 状 が 増 悪 したと きは 事 故 とはみなしません 分 類 項 目 基 本 分 類 表 ( 昭 和 54 年 版 ) 1. 鉄 道 事 故 E800~E 自 動 車 事 故 E8~E 自 動 車 非 交 通 事 故 E8~E825 4.その 他 の 道 路 交 通 機 関 事 故 E826~E 水 上 交 通 機 関 事 故 E830~E 航 空 機 および 宇 宙 交 通 機 関 事 故 E8~E 他 に 分 類 されない 交 通 機 関 事 故 E846~E 医 薬 品 および 生 物 学 的 製 剤 による 不 慮 の 中 毒 E850~E858 分 類 項 目 ただし 外 用 薬 または 薬 物 接 触 によるアレル ギー 皮 膚 炎 などは 含 まれません また 疾 病 の 診 断 治 療 を 目 的 としたものは 除 外 しま す 9.その 他 の 固 体 液 体 ガスおよび 蒸 気 に よる 不 慮 の 中 毒 ただし 洗 剤 油 脂 およびグリース 溶 剤 その 他 の 化 学 物 質 による 接 触 皮 膚 炎 ならびにサル モネラ 性 食 中 毒 細 菌 性 食 中 毒 (ブドー 球 菌 性 ボツリヌス 菌 性 その 他 および 詳 細 不 明 の 細 菌 性 食 中 毒 )およびアレルギー 性 食 餌 性 中 毒 性 の 胃 腸 炎 大 腸 炎 は 含 まれません. 外 科 的 および 内 科 的 診 療 上 の 患 者 事 故 ただし 疾 病 の 診 断 治 療 を 目 的 としたもの は 除 外 します 11. 患 者 の 異 常 反 応 あるいは 後 発 合 併 症 を 生 じた 外 科 的 および 内 科 的 処 置 で 処 置 時 事 故 の 記 載 のないもの ただし 疾 病 の 診 断 治 療 を 目 的 としたもの は 除 外 します 基 本 分 類 表 ( 昭 和 54 年 版 ) E860~E869 E870~E876 E878~E 不 慮 の 墜 落 E880~E 火 災 および 火 焔 による 不 慮 の 事 故 E890~E 自 然 および 環 境 要 因 による 不 慮 の 事 故 ただし 過 度 の 高 温 (E900) 中 の 気 象 条 件 によるもの 高 圧 低 圧 および 気 圧 の 変 化 (E902) 旅 行 および 身 体 動 揺 (E903) および 飢 餓 渇 不 良 環 境 曝 露 および 放 置 (E904) 中 の 飢 餓 渇 は 除 外 します 15. 溺 水 窒 息 および 異 物 による 不 慮 の 事 故 ただし 疾 病 による 呼 吸 障 害 嚥 下 障 害 精 神 神 経 障 害 の 状 態 にある 者 の 食 物 の 吸 入 ま た は 嚥 下 に よ る 気 道 閉 塞 ま た は 窒 息 (E911) その 他 の 物 体 の 吸 入 または 嚥 下 による 気 道 の 閉 塞 または 窒 息 (E912) は 除 外 します 16. その 他 の 不 慮 の 事 故 ただし 努 力 過 度 および 激 しい 運 動 (E927) 中 の 過 度 の 肉 体 行 使 レクリエーション そ の 他 の 活 動 における 過 度 の 運 動 および そ の 他 および 詳 細 不 明 の 環 境 的 原 因 および 不 慮 の 事 故 (E928) 中 の 無 重 力 環 境 への 長 期 滞 在 騒 音 暴 露 振 動 は 除 外 します 17. 医 薬 品 および 生 物 学 的 製 剤 の 治 療 上 使 用 による 有 害 作 用 ただし 外 用 薬 または 薬 物 接 触 によるアレルギ ー 皮 膚 炎 などは 含 まれません また 疾 病 の 診 断 治 療 を 目 的 としたものは 除 外 します E900~E909 E9~E915 E916~E928 E930~E 他 殺 および 他 人 の 加 害 による 損 傷 E960~E 法 的 介 入 ただし 処 刑 (E978) は 除 外 します E970~E978. 戦 争 行 為 による 損 傷 E990~E999 4 次 の 各 号 の 入 院 は 疾 病 による 入 院 とみなします 1 責 任 開 始 期 以 後 に 開 始 した 別 表 2 に 定 める 異 常 分 娩 のため の 入 院 2 責 任 開 始 期 以 後 に 生 じた 不 慮 の 事 故 以 外 の 外 因 による 傷 害 の 治 療 を 目 的 とする 入 院 3 責 任 開 始 期 以 後 発 生 した 不 慮 の 事 故 による 傷 害 の 治 療 を 目 的 とし その 事 故 の 日 から 180 日 を 経 過 した 後 に 開 始 した 入 院 5 次 の 各 号 のいずれかにより 金 の 支 払 事 由 に 該 当 した 場 合 3

4 には 入 院 退 院 通 院 金 を 支 払 いません 1 法 令 に 定 める 運 転 資 格 を 持 たないで 運 転 している 間 に 生 じ た 事 故 2 酒 気 帯 び 運 転 中 の 事 故 3 精 神 障 害 中 の 事 故 6 契 約 者 が 転 入 院 または 再 入 院 をした 場 合 には 会 社 が 認 めた 限 りにおいて 継 続 した 1 回 の 入 院 とみなします 7 美 容 上 の 処 置 疾 病 を 直 接 の 原 因 としない 不 妊 治 療 処 置 を 伴 わない 人 間 ドック 検 査 等 は 治 療 を 目 的 とする 入 院 また は に 該 当 しません 8 2 以 上 の 不 慮 の 事 故 により 入 院 した 場 合 には 入 院 開 始 の 直 接 の 原 因 となった 不 慮 の 事 故 ( 以 下 主 たる 不 慮 の 事 故 といい ます )に 対 する 入 院 金 を 支 払 い 他 の 不 慮 の 事 故 ( 以 下 異 なる 不 慮 の 事 故 といいます )に 対 する 入 院 金 は 支 払 いま せん ただし 主 たる 不 慮 の 事 故 による 入 院 が 終 了 した 後 異 なる 不 慮 の 事 故 による 入 院 が 継 続 した 場 合 には 異 なる 不 慮 の 事 故 に 対 する 入 院 金 を 支 払 い 継 続 した 1 回 の 入 院 としま す 9 契 約 者 が 疾 病 による 入 院 金 の 支 払 事 由 に 該 当 する 入 院 を 2 回 以 上 し かつ それぞれの 入 院 の 直 接 の 原 因 となった 疾 病 不 慮 の 事 故 その 他 の 外 因 による 傷 害 または 異 常 分 娩 が 同 一 か または 医 学 上 重 要 な 関 係 があると 会 社 が 認 めたときは 継 続 した 1 回 の 入 院 とみなします ただし 疾 病 による 入 院 金 が 支 払 われることとなった 最 終 の 入 院 の 退 院 日 の 翌 日 から その 日 を 含 めて 180 日 経 過 後 に 開 始 した 入 院 については 新 た な 入 院 とみなします 契 約 者 が 入 院 金 の 支 払 事 由 に 該 当 する 入 院 を2 回 以 上 し かつ それぞれの 入 院 の 直 接 の 原 因 となった 不 慮 の 事 故 が 同 一 である 場 合 には 継 続 した 1 回 の 入 院 とみなします た だし その 事 故 の 日 からその 日 を 含 めて 180 日 以 内 に 開 始 した 入 院 に 限 ります 11 疾 病 による 入 院 金 が 支 払 われる 入 院 を 開 始 した 場 合 に 異 なる 疾 病 を 併 発 していた 場 合 またはその 入 院 中 に 異 なる 疾 病 を 併 発 した 場 合 には その 入 院 開 始 の 直 接 の 原 因 となった 疾 病 により 継 続 して 入 院 したものとみなします 12 不 慮 の 事 故 による 入 院 金 が 支 払 われる 入 院 中 に 疾 病 の 治 療 を 開 始 した 場 合 でも 不 慮 の 事 故 による 入 院 金 が 支 払 われる 期 間 中 は 疾 病 による 入 院 金 は 支 払 いません 不 慮 の 事 故 による 入 院 金 が 支 払 われる 期 間 が 終 了 したときには 不 慮 の 事 故 による 入 院 金 が 支 払 われる 期 間 が 終 了 した 日 の 翌 日 から 疾 病 による 入 院 金 を 支 払 います なお 逆 の 場 合 も 同 様 とします 13 前 項 の 場 合 退 院 金 と 通 院 金 の 支 払 事 由 の 適 用 にあ たっては 継 続 した 1 回 の 入 院 とみなします 14 契 約 者 が 責 任 開 始 期 前 に 発 病 した 疾 病 の 治 療 または 発 生 した 不 慮 の 事 故 その 他 の 外 因 による 傷 害 の 治 療 を 目 的 として 入 院 し または を 受 けた 場 合 でも 責 任 開 始 日 からその 日 を 含 めて 2 年 を 経 過 した 後 に 初 めて 入 院 を 開 始 し または を 受 けたときは その 入 院 または は 責 任 開 始 期 以 後 の 原 因 によるものとみなします 15 同 時 に 2 種 類 以 上 の を 受 けた 場 合 には の 高 い いずれか1 種 類 の についてのみ 金 を 支 払 います 16 退 院 金 の 支 払 は 1 回 の 入 院 とみなされる 長 期 入 院 に 対 して 1 回 を 限 度 とします 17 長 期 入 院 金 の 通 算 支 払 限 度 に 達 したことのみをもって 支 払 われない 入 院 に 基 づき 退 院 または 通 院 した 場 合 には 長 期 入 院 金 が 支 払 われる 入 院 とみなし 退 院 金 または 支 払 限 度 内 での 通 院 金 を 支 払 います 18 通 院 金 は 1 回 の 入 院 とみなされる 長 期 入 院 における 最 終 の 退 院 日 の 翌 日 からその 日 を 含 めて 支 払 います ただし 2 回 以 上 の 入 院 を 1 回 の 入 院 とみなされる 場 合 最 初 の 入 院 の 退 院 日 後 最 終 の 入 院 の 入 院 開 始 日 前 における 通 院 に 対 しても 通 院 金 を 支 払 います 19 契 約 者 が 入 院 をしている 日 に 通 院 したときは 通 院 原 因 と 入 院 原 因 とが 同 一 であると 否 とにかかわらず 通 院 金 を 支 払 いません 契 約 者 が 同 一 の 日 に 2 回 以 上 の 通 院 をしたとき または 2 以 上 の 事 由 の 治 療 を 目 的 に 1 回 の 通 院 をしたときは 重 複 し て 通 院 金 を 支 払 いません 21 次 に 該 当 する 骨 髄 提 供 を 目 的 として 入 院 した 場 合 には 疾 病 による 短 期 入 院 とみなして 入 院 金 (1 入 院 につき 4 日 を 限 度 とします )を 支 払 います (1) 組 織 の 機 能 に 障 害 がある 者 に 対 して 骨 髄 幹 細 胞 を 移 植 す ることを 目 的 とする 骨 髄 幹 細 胞 採 取 であること (2) 骨 髄 幹 細 胞 の 提 供 者 と 受 容 者 が 同 一 人 でないこと (3) 責 任 開 始 日 から 入 院 開 始 日 までの 期 間 が1 年 以 上 あること 金 の 請 求 支 払 金 の 請 求 支 払 手 続 第 6 条 金 の 支 払 事 由 が 生 じたときは 契 約 者 または 金 の 受 取 人 は 速 やかに 会 社 に 請 求 してください 2 金 の 支 払 事 由 が 生 じたときは 次 の 会 社 所 定 の 書 類 を 金 の 種 類 に 応 じて 提 出 してください 1 所 定 の 金 支 払 請 求 書 2 医 師 の 診 断 書 ( 入 院 退 院 通 院 証 明 書 ) 3 不 慮 の 事 故 であることを 証 する 書 類 4 金 の 受 取 人 の 印 鑑 証 明 書 5 契 約 者 および 金 の 受 取 人 の 戸 籍 謄 本 6 契 約 証 書 3 会 社 は 前 項 で 定 めた 書 類 以 外 の 提 出 を 求 めることができます 4 金 は その 請 求 に 必 要 な 書 類 が 会 社 に 到 着 してから( 到 着 の 翌 日 から その 日 を 含 めて 起 算 して)5 営 業 日 以 内 に 契 約 者 または 金 の 受 取 人 の 指 定 口 座 に 振 込 みます ただし その 指 定 口 座 は 日 本 にある 口 座 に 限 ります 5 金 を 支 払 うために 確 認 が 必 要 な 次 の 各 号 に 掲 げる 場 合 に おいて 契 約 の 締 結 時 から 金 請 求 時 までに 会 社 に 提 出 された 書 類 だけでは 確 認 ができないときは それぞれ 当 該 各 号 に 定 める 事 項 の 確 認 ( 会 社 の 指 定 した 医 師 による 診 断 を 含 みま す )を 行 います この 場 合 には 前 項 の 規 定 にかかわらず 金 を 支 払 うべき 期 限 は 必 要 書 類 が 会 社 に 到 着 した 日 の 翌 日 からその 日 を 含 めて 30 日 を 経 過 する 日 とします この 場 合 会 社 は 金 の 請 求 をした 者 にその 旨 を 通 知 します (1) 金 の 支 払 事 由 発 生 の 有 無 の 確 認 が 必 要 な 場 合 金 の 支 払 事 由 に 該 当 する 事 実 の 有 無 (2) 金 を 支 払 わない 場 合 に 該 当 する 可 能 性 がある 場 合 金 の 支 払 事 由 が 発 生 した 原 因 (3) 告 知 義 務 違 反 に 該 当 する 可 能 性 がある 場 合 会 社 が 告 知 を 求 めた 事 項 および 告 知 義 務 違 反 に 至 った 原 因 (4)この 約 款 に 定 める 前 号 以 外 の 解 除 事 由 または 詐 欺 に 該 当 す る 可 能 性 がある 場 合 前 2 号 に 定 める 事 項 または 契 約 者 の 契 約 締 結 の 目 的 もしくは 金 請 求 の 意 図 に 関 する 契 約 の 締 結 時 から 金 請 求 時 までにおける 事 実 6 前 項 の 確 認 をするため 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 についての 特 別 な 照 会 や 調 査 が 不 可 欠 な 場 合 には 前 2 項 にかかわらず 金 を 支 払 うべき 期 限 は 必 要 書 類 が 会 社 に 到 着 した 日 の 翌 日 からその 日 を 含 めて 当 該 各 号 に 定 める 日 数 ( 各 号 のうち 複 数 に 該 当 する 場 合 には それぞれに 定 める 日 数 のうち 最 も 多 い 日 数 ) を 経 過 する 日 とします この 場 合 会 社 は 金 の 請 求 をした 者 にその 旨 を 通 知 します (1) 前 項 各 号 に 定 める 事 項 についての 医 療 機 関 または 医 師 に 対 する 照 会 のうち 照 会 先 の 指 定 する 書 面 等 の 方 法 に 限 定 され る 照 会 30 日 (2) 前 項 第 2 号 から 第 4 号 に 定 める 事 項 についての 弁 護 士 法 ( 昭 和 24 年 法 律 第 5 号 )にもとづく 照 会 その 他 の 法 令 にもと 4

5 づく 照 会 90 日 (3) 前 項 第 1 号 第 2 号 または 第 4 号 に 定 める 事 項 についての 研 究 機 関 等 の 専 門 機 関 による 医 学 または 工 学 等 の 科 学 技 術 的 な 特 別 の 調 査 分 析 または 鑑 定 90 日 (4) 前 項 第 1 号 第 2 号 または 第 4 号 に 定 める 事 項 に 関 し 契 約 者 または 死 亡 金 受 取 人 を 被 疑 者 として 捜 査 起 訴 その 他 の 刑 事 手 続 が 開 始 されたことが 報 道 等 から 明 らかで ある 場 合 における 前 項 第 1 号 第 2 号 または 第 4 号 に 定 め る 事 項 に 関 する 送 致 起 訴 判 決 等 の 刑 事 手 続 の 結 果 につ いての 警 察 検 察 等 の 捜 査 機 関 または 裁 判 所 に 対 する 照 会 180 日 (5) 前 項 各 号 に 定 める 事 項 についての 日 本 国 外 における 調 査 90 日 (6) 前 項 各 号 に 定 める 事 項 についての 災 害 救 助 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 118 号 )が 適 用 された 地 域 における 調 査 60 日 7 前 2 項 に 掲 げる 必 要 な 事 項 の 確 認 に 際 し 契 約 者 または 金 の 受 取 人 が 正 当 な 理 由 なく 当 該 確 認 を 妨 げ またはこれ に 応 じなかったとき( 会 社 の 指 定 した 医 師 による 必 要 な 診 断 に 応 じなかったときを 含 みます )は 会 社 は これにより 当 該 事 項 の 確 認 が 遅 延 した 期 間 の 遅 滞 の 責 任 を 負 わず その 間 は 金 を 支 払 いません 8 金 を 請 求 する 権 利 は 3 年 間 請 求 がない 場 合 消 滅 します 金 の 代 理 請 求 第 7 条 金 の 支 払 事 由 が 生 じ 契 約 者 に 金 を 請 求 で きない 事 情 があるときは 契 約 者 の 配 偶 者 ( 配 偶 者 がない ときは 契 約 者 と 同 居 し または 契 約 者 と 生 計 を 一 に している 3 親 等 以 内 の 親 族 )は その 事 情 を 会 社 に 申 し 出 て 会 社 の 承 諾 を 得 たうえ 契 約 者 のために 契 約 者 に 代 っ て 金 を 請 求 することができます この 場 合 その 後 重 複 し てその 金 の 請 求 を 受 けても 会 社 はこれを 支 払 いません 契 約 の 無 効 解 除 取 消 失 効 終 了 契 約 の 無 効 解 除 取 消 失 効 終 了 第 8 条 次 の 場 合 この 契 約 は 無 効 となります (1) 申 込 みが 契 約 者 の 意 思 によらなかったとき (2) 申 込 みの 日 において 契 約 者 が 契 約 者 の 資 格 の 範 囲 外 であったとき または 責 任 開 始 期 前 にすでに 死 亡 してい たとき 2 契 約 者 が 故 意 または 重 大 な 過 失 により 契 約 申 込 書 の 記 載 事 項 ( 会 社 が 告 知 を 求 めた 事 項 )に 不 実 のことを 告 げ たとき または 重 要 な 事 実 を 告 げなかった 場 合 ( 告 知 義 務 違 反 の 場 合 )には この 契 約 は 将 来 に 向 かって 解 除 されます 3 次 のいずれかに 該 当 する 場 合 には 会 社 は 前 項 の 規 定 によ る 契 約 の 解 除 をすることができません (1) 契 約 の 締 結 または 復 活 の 際 会 社 が 解 除 の 原 因 となる 事 実 を 知 っていたときまたは 過 失 のため 知 らなかったとき (2) 会 社 のために 契 約 の 締 結 の 媒 介 を 行 うことができる 者 ( 会 社 のために 契 約 の 締 結 の 代 理 を 行 うことができる 者 を 除 き 以 下 本 条 において 保 険 媒 介 者 といいます )が 契 約 者 が 解 除 の 原 因 となる 事 実 の 告 知 をすることを 妨 げ たとき (3) 保 険 媒 介 者 が 契 約 者 に 対 し 解 除 の 原 因 となる 事 実 の 告 知 をしないことを 勧 めたとき または 事 実 でないことを 告 げることを 勧 めたとき (4) 契 約 の 締 結 または 復 活 後 会 社 が 解 除 の 原 因 となる 事 実 を 知 った 日 からその 日 を 含 めて 1 カ 月 を 経 過 したとき (5) 責 任 開 始 日 からその 日 を 含 めて 2 年 以 内 に 金 の 支 払 事 由 が 生 じなかったとき 4 前 項 第 2 号 および 第 3 号 の 場 合 には 各 号 に 規 定 する 保 険 媒 介 者 の 行 為 がなかったとしても 契 約 者 が 会 社 が 告 知 を 求 めた 事 項 について 事 実 を 告 げなかったかまたは 事 実 でない ことを 告 げたと 認 められる 場 合 には 適 用 しません 5 本 制 度 の 趣 旨 に 反 する 次 のような 行 為 があった 場 合 には この 契 約 は 将 来 に 向 かって 解 除 されます (1) 契 約 者 がこの 契 約 の 金 を 取 得 する 目 的 で 事 故 を 発 生 させていた 場 合 (2) 金 受 取 人 がこの 契 約 の 金 の 請 求 に 関 し 詐 欺 行 為 を 行 った 場 合 6 契 約 者 の 詐 欺 により 契 約 を 締 結 または 復 活 したとき は 会 社 は 契 約 を 取 り 消 すことができます この 場 合 す でに 払 い 込 んだ 掛 金 は 払 い 戻 しません 7 払 込 期 月 中 に 掛 金 の 払 込 がない 場 合 払 込 期 月 の 翌 月 1 日 か ら 末 日 までが 猶 予 期 間 となります 猶 予 期 間 満 了 日 までに 金 の 支 払 事 由 が 生 じたときは 未 払 込 掛 金 を 金 から 差 し 引 くこととします 猶 予 期 間 満 了 日 までに 掛 金 の 払 込 がない 場 合 には 猶 予 期 間 満 了 日 の 翌 日 から この 契 約 は 失 効 します 8 契 約 者 が 死 亡 したときは 死 亡 時 に 遡 及 してこの 契 約 は 終 了 します 9 契 約 者 は いつでも 将 来 に 向 かって 解 約 の 手 続 きをとる ことができます ただし 解 約 による 解 約 返 戻 金 はありません 金 の 不 支 払 第 9 条 金 の 支 払 条 件 は 第 5 条 の 定 めるところによります 2 前 項 の 定 める 条 件 によるほか 次 の 場 合 には 金 を 支 払 いません なお すでに 金 が 支 払 われていたときは 会 社 は その 返 還 を 請 求 することができます (1) 契 約 が 無 効 であったとき 解 除 されたとき または 失 効 し たとき (2) 契 約 者 の 故 意 重 大 な 過 失 または 犯 罪 行 為 によって 金 の 支 払 事 由 が 生 じたとき (3) 自 殺 をはかったことによって 金 の 支 払 事 由 が 生 じたとき 3 地 震 噴 火 または 津 波 戦 争 その 他 の 変 乱 によって 金 の 支 払 事 由 が 発 生 し この 制 度 の 計 算 の 基 礎 に 影 響 を 及 ぼす と 会 社 が 認 めた 場 合 は その 影 響 の 程 度 に 応 じて 金 を 削 減 して 支 払 うことがあります 契 約 内 容 の 変 更 解 約 第 条 住 所 氏 名 に 変 更 が 生 じた 場 合 は 所 定 の 様 式 に 従 い 会 社 の 本 社 または 会 社 の 指 定 した 場 所 に 通 知 してください 2 前 項 の 通 知 がなく 契 約 者 の 住 所 を 会 社 が 確 認 できなか った 場 合 には 会 社 の 知 った 最 後 の 住 所 あてに 発 した 通 知 は 通 常 到 達 に 要 する 期 間 を 経 過 した 時 に 契 約 者 に 到 達 した ものとみなします 3 掛 金 振 替 指 定 口 座 を 変 更 される 場 合 は 所 定 の 様 式 に 従 い 変 更 していただきます 4 解 約 する 場 合 は 契 約 証 書 裏 面 の 通 信 欄 に 1 解 約 日 2 解 約 の 旨 を 記 載 し 3 署 名 4 捺 印 のうえ 送 付 または 所 定 の 様 式 に 従 い 申 し 出 てください 掛 金 の 振 替 は 解 約 日 の 属 する 月 を 最 後 に 停 止 し 解 約 日 をもって 保 障 を 終 了 します ただし 記 載 された 解 約 日 以 後 に 書 類 が 到 着 した 場 合 書 類 の 到 着 した 日 を 解 約 日 とします 契 約 内 容 の 変 更 その 他 特 別 条 件 第 11 条 契 約 時 に 契 約 者 の 健 康 状 態 その 他 が 会 社 の 定 める 標 準 に 適 合 しないときは その 危 険 の 種 類 および 程 度 に 応 じて 金 または 掛 金 に 特 別 条 件 を 付 する 場 合 があります この 場 合 特 別 条 件 の 内 容 および 特 別 条 件 を 適 用 する 期 間 は 契 約 証 書 に 表 示 します 2 特 別 条 件 を 付 した 契 約 を 更 新 する 場 合 で 前 項 の 規 定 により 契 約 証 書 に 表 示 された 期 間 が 全 期 間 である 特 別 条 件 につい ては 更 新 前 の 契 約 に 付 された 特 別 条 件 と 同 一 の 条 件 を 付 して 更 新 します 5

6 配 当 解 約 返 戻 金 第 12 条 この 契 約 には 配 当 および 解 約 返 戻 金 はありません 管 轄 裁 判 所 第 13 条 この 契 約 における 金 等 の 請 求 に 関 する 訴 訟 に ついては 会 社 の 本 社 所 在 地 を 管 轄 する 地 方 裁 判 所 のみをもっ て 合 意 による 管 轄 裁 判 所 とします 契 約 の 復 活 に 関 する 特 則 第 14 条 契 約 者 は 契 約 が 失 効 した 日 からその 日 を 含 めて 1 年 以 内 であれば 会 社 の 承 諾 を 得 て 契 約 を 復 活 す ることができます 2 契 約 の 復 活 の 際 支 払 事 由 の 発 生 の 可 能 性 に 関 する 重 要 な 事 項 のうち 会 社 所 定 の 告 知 書 で 告 知 を 求 めた 事 項 について 契 約 者 は その 書 面 により 告 知 してください また 会 社 が 指 定 する 医 師 が 口 頭 で 質 問 した 事 項 については その 医 師 に 口 頭 で 告 知 してください 3 契 約 者 が 本 条 の 復 活 を 請 求 するときは 会 社 所 定 の 復 活 請 求 書 ( 告 知 書 を 含 みます 以 下 復 活 請 求 書 といいます ) を 会 社 の 本 社 または 会 社 の 指 定 した 場 所 に 提 出 してください 4 会 社 が 本 条 の 復 活 を 承 諾 したときは 契 約 者 は 会 社 の 指 定 した 日 までに 延 滞 掛 金 を 会 社 の 本 社 または 会 社 の 指 定 し た 場 所 に 払 い 込 んでください 5 本 条 の 規 定 により 契 約 を 復 活 する 場 合 には 次 のとおり 取 り 扱 います (1) 第 2 条 第 1 項 の 責 任 開 始 期 の 規 定 にかかわらず 延 滞 掛 金 を 受 け 取 った 時 ( 契 約 者 に 関 する 告 知 の 前 に 受 け 取 った 時 は 告 知 の 時 )を 責 任 開 始 期 とし 責 任 開 始 期 の 属 する 日 を 復 活 日 とします (2) 第 5 条 および 第 8 条 第 1 項 中 責 任 開 始 期 とあるのは 最 後 の 復 活 の 際 の 責 任 開 始 期 と 読 み 替 えます (3) 第 5 条 および 第 8 条 第 3 項 中 責 任 開 始 日 とあるのは 最 後 の 復 活 の 際 の 復 活 日 と 読 み 替 えます (4) 第 8 条 第 2 項 中 契 約 申 込 書 とあるのは 復 活 請 求 書 と 読 み 替 えます (5) 第 11 条 第 1 項 中 契 約 時 とあるのは 契 約 時 または 復 活 時 と 読 み 替 えます 契 約 証 書 第 15 条 次 の 各 号 の 場 合 には 会 社 は 契 約 証 書 を 発 行 しません (1) 契 約 が 自 動 更 新 されたとき (2) 契 約 を 復 活 したとき 2 契 約 証 書 には 次 の 各 号 に 定 める 事 項 を 記 載 します (1) 会 社 名 (2) 契 約 者 の 氏 名 および 契 約 時 の 年 齢 (3) 保 障 期 間 (4) 契 約 の 口 数 (5) 掛 金 およびその 払 込 方 法 (6) 契 約 日 (7) 契 約 証 書 を 作 成 した 年 月 日 別 表 対 象 となる および 表 とは 治 療 を 直 接 の 目 的 として 器 具 を 用 い 生 体 に 切 断 摘 除 などの 操 作 を 加 えることをいい 下 表 の 1~92 を 指 し ます 吸 引 穿 刺 などの 処 置 および 神 経 ブロックは 除 きます 皮 膚 乳 房 の 1. 植 皮 術 (25 cm2 未 満 は 2. 乳 房 切 断 術 3. 乳 腺 腫 瘍 切 除 術 筋 骨 の ( 抜 釘 術 は 4. 骨 移 植 術 5. 骨 髄 炎 骨 結 核 ( 膿 瘍 の 単 なる 切 開 は 6. 頭 蓋 骨 観 血 ( 鼻 骨 鼻 中 隔 を 7. 鼻 骨 観 血 ( 鼻 中 隔 弯 曲 症 を 8. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 ( 歯 歯 肉 の 処 置 に 伴 うものを 9. 脊 椎 骨 盤 観 血. 鎖 骨 肩 胛 骨 肋 骨 胸 骨 観 血 11. 四 肢 切 断 術 ( 手 指 足 指 を 12. 切 断 四 肢 再 接 合 術 ( 骨 関 節 の 離 断 に 伴 うもの ) 13. 四 肢 骨 四 肢 関 節 観 血 ( 手 指 足 指 を 14. 筋 腱 靭 帯 観 血 ( 手 指 足 指 を 除 く 筋 炎 結 節 腫 粘 液 腫 は 呼 吸 器 胸 部 の 15. 慢 性 副 鼻 腔 炎 根 本 16. 喉 頭 全 摘 除 術 17. 気 管 気 管 支 肺 胸 膜 ( 開 胸 術 を 伴 うもの ) 18. 胸 郭 形 成 術 19. 縦 隔 腫 瘍 摘 出 術 循 環 器 脾 の. 観 血 的 血 管 形 成 術 ( 血 液 透 析 用 外 シャント 形 成 術 を 21. 静 脈 瘤 根 本 22. 大 動 脈 大 静 脈 肺 動 脈 冠 動 脈 ( 開 胸 開 腹 術 を 伴 うもの ) 23. 心 膜 切 開 縫 合 術 24. 直 視 下 心 臓 内 25. 体 内 用 ペースメーカー 埋 込 術 26. 脾 摘 除 術 消 化 器 の 27. 耳 下 腺 腫 瘍 摘 出 術 28. 顎 下 腺 腫 瘍 摘 出 術 29. 食 道 離 断 術 30. 胃 切 除 術 31. その 他 の 胃 食 道 ( 開 胸 開 腹 術 を 伴 うもの ) 32. 腹 膜 炎 33. 肝 臓 胆 嚢 胆 道 膵 臓 観 血 34. ヘルニア 根 本 35. 虫 垂 切 除 術 盲 腸 縫 縮 術 36. 直 腸 脱 根 本 37. その 他 の 腸 腸 間 膜 ( 開 腹 術 を 伴 うもの ) 38. 痔 瘻 脱 肛 痔 核 根 本 ( 根 治 を 目 的 としたもの で 処 置 単 なる 痔 核 のみの は 尿 性 器 の 39. 腎 移 植 ( 受 容 者 に 限 る ). 腎 臓 腎 盂 尿 管 膀 胱 観 血 ( 経 尿 道 的 操 作 は 41. 尿 道 狭 窄 観 血 ( 経 尿 道 的 操 作 は 42. 尿 瘻 閉 鎖 観 血 ( 経 尿 道 的 操 作 は 43. 陰 茎 切 断 術 44. 睾 丸 副 睾 丸 精 管 精 索 精 嚢 前 立 腺 45. 陰 嚢 水 腫 根 本 46. 子 宮 広 汎 全 摘 除 術 ( 単 純 子 宮 全 摘 などの 子 宮 全 摘 除 術 は 47. 子 宮 頸 管 形 成 術 子 宮 頸 管 縫 縮 術 48. 帝 王 切 開 娩 出 術 6

7 49. 子 宮 外 妊 娠 50. 子 宮 脱 膣 脱 51. その 他 の 子 宮 ( 経 膣 的 操 作 を 52. 卵 管 卵 巣 観 血 ( 経 膣 的 操 作 を 53. その 他 卵 管 卵 巣 または 子 宮 の 経 膣 的 操 作 による 手 術 ( 人 工 妊 娠 中 絶 を 91. 衝 撃 波 による 体 内 結 石 破 砕 術 ( 施 術 の 開 始 日 から 60 日 の 間 に 1 回 の を 限 度 とする ) 92. ファイバースコープまたは 血 管 バスケットカテーテ ルによる 脳 喉 頭 胸 腹 部 臓 器 ( 検 査 処 置 は 含 まない 施 術 の 開 始 日 から 60 日 の 間 に 1 回 の を 限 度 とする ) 内 分 泌 器 の 54. 下 垂 体 腫 瘍 摘 除 術 55. 甲 状 腺 56. 副 腎 全 摘 除 術 神 経 の 57. 頭 蓋 内 観 血 58. 神 経 観 血 ( 形 成 術 移 植 術 切 除 術 減 圧 術 開 放 術 捻 除 術 ) 59. 観 血 的 脊 髄 腫 瘍 摘 出 60. 脊 髄 硬 膜 内 外 観 血 感 覚 器 視 器 の 61. 眼 瞼 下 垂 症 62. 涙 小 管 形 成 術 63. 涙 嚢 鼻 腔 吻 合 術 64. 結 膜 嚢 形 成 術 65. 角 膜 移 植 術 66. 観 血 的 前 房 虹 彩 硝 子 体 眼 窩 内 異 物 除 去 術 67. 虹 彩 前 後 癒 着 剥 離 術 68. 緑 内 障 観 血 69. 白 内 障 水 晶 体 観 血 70. 白 内 障 水 晶 体 ( 観 血 を 71. 硝 子 体 観 血 72. 網 膜 剥 離 症 73. レーザー 冷 凍 凝 固 による 眼 球 ( 施 術 の 開 始 日 から 60 日 の 間 に1 回 の を 限 度 とする ) 74. 眼 球 摘 除 術 組 織 充 填 術 75. 眼 窩 腫 瘍 摘 出 術 76. 眼 筋 移 植 術 感 覚 器 聴 器 の 77. 観 血 的 鼓 膜 鼓 室 形 成 術 78. 乳 様 洞 削 開 術 79. 中 耳 根 本 80. 内 耳 観 血 81. 聴 神 経 腫 瘍 摘 出 術 悪 性 新 生 物 の 82. 悪 性 新 生 物 根 治 (ファイバースコープまたは 血 管 バスケットカテーテルによる は 83. 悪 性 新 生 物 温 熱 療 法 ( 施 術 の 開 始 日 から 60 日 の 間 に 1 回 の を 限 度 とする ) 84. 新 生 物 根 治 放 射 線 照 射 (5,000 ラド 以 上 の 照 射 で 施 術 の 開 始 日 から 60 日 の 間 に 1 回 の を 限 度 とする ) 85. 上 皮 内 癌 86. 悪 性 新 生 物 による 乳 房 切 除 後 の 乳 房 再 建 術 87. その 他 の 悪 性 新 生 物 (ファイバースコープまた は 血 管 バスケットカテーテルによる は 上 記 以 外 の 88. 上 記 以 外 の 開 頭 術 89. 上 記 以 外 の 開 胸 術 90. 上 記 以 外 の 開 腹 術 別 表 2 異 常 分 娩 異 常 分 娩 とは 平 成 6 年 月 12 日 総 務 庁 告 示 第 75 号 にも とづく 厚 生 労 働 省 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 編 疾 病 傷 害 および 死 因 統 計 分 類 提 要 ICD-(03 年 版 ) 準 拠 に 記 載 された 分 類 項 目 分 娩 ( 基 本 分 類 コードO80 からO84) のうち 基 本 分 類 コ ードO80.1 およびO81 からO84 をいいます 附 則 ご 契 約 の 時 期 により お 取 扱 いの 内 容 が 異 なる 場 合 があります 以 下 の 事 項 についてもご 確 認 ください 平 成 18 年 9 月 30 日 以 前 に 締 結 されたご 契 約 については 第 2 条 ( 責 任 開 始 期 保 障 期 間 掛 金 の 払 込 ) 第 1 項 の 規 定 にかか わらず 契 約 日 は 契 約 証 書 に 記 載 された 日 となります 契 約 日 が 平 成 14 年 4 月 30 日 以 前 のご 契 約 については 第 6 条 ( 金 の 請 求 支 払 手 続 ) 第 4 項 の 規 定 は 適 用 せず 金 のお 支 払 いは 次 のとおりとします 金 は 事 実 の 確 認 のため 特 に 時 日 を 要 する 場 合 のほか そ の 請 求 に 必 要 な 書 類 が 会 社 に 到 着 してから( 到 着 の 翌 日 から その 日 を 含 めて 起 算 して)5 日 以 内 に 契 約 者 または 金 の 受 取 人 の 指 定 口 座 に 振 込 みます ただし その 指 定 口 座 は 日 本 にある 口 座 に 限 ります 契 約 日 が 平 成 15 年 11 月 30 日 以 前 のご 契 約 については 金 の 支 払 対 象 となる および については 別 表 対 象 となる および を 適 用 せず 次 の 表 により 取 り 扱 います ただし 次 の 表 を 適 用 すると が 低 くなる および 支 払 対 象 とならなくなる については 別 表 対 象 となる および により 取 り 扱 います 皮 膚 乳 房 の 1. 植 皮 術 (25 cm2 未 満 は 2. 乳 房 切 断 術 3. 乳 腺 腫 瘍 切 除 術 筋 骨 の ( 抜 釘 術 は 4. 骨 移 植 術 5. 骨 髄 炎 骨 結 核 ( 膿 瘍 の 単 なる 切 開 は 6. 頭 蓋 骨 観 血 ( 鼻 骨 鼻 中 隔 を 7. 鼻 骨 観 血 ( 鼻 中 隔 弯 曲 症 を 8. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 ( 歯 歯 肉 の 処 置 に 伴 うものを 9. 脊 椎 骨 盤 観 血. 鎖 骨 肩 胛 骨 肋 骨 胸 骨 観 血 11. 四 肢 切 断 術 ( 手 指 足 指 を 12. 切 断 四 肢 再 接 合 術 ( 骨 関 節 の 離 断 に 伴 うもの ) 13. 四 肢 骨 四 肢 関 節 観 血 ( 手 指 足 指 を 14. 筋 腱 靭 帯 観 血 ( 手 指 足 指 を 除 く 筋 炎 結 節 腫 粘 液 腫 は 呼 吸 器 胸 部 の 15. 慢 性 副 鼻 腔 炎 根 本 16. 喉 頭 全 摘 除 術 17. 気 管 気 管 支 肺 胸 膜 ( 開 胸 術 を 伴 うもの ) 18. 胸 郭 形 成 術 7

8 19. 縦 隔 腫 瘍 摘 出 術 循 環 器 脾 の. 観 血 的 血 管 形 成 術 ( 血 液 透 析 用 外 シャント 形 成 術 を 21. 静 脈 瘤 根 本 22. 大 動 脈 大 静 脈 肺 動 脈 冠 動 脈 ( 開 胸 開 腹 術 を 伴 うもの ) 23. 心 膜 切 開 縫 合 術 24. 直 視 下 心 臓 内 25. 体 内 用 ペースメーカー 埋 込 術 26. 脾 摘 除 術 消 化 器 の 27. 耳 下 腺 腫 瘍 摘 出 術 28. 顎 下 腺 腫 瘍 摘 出 術 29. 食 道 離 断 術 30. 胃 切 除 術 31. その 他 の 胃 食 道 ( 開 胸 開 腹 術 を 伴 うもの ) 32. 腹 膜 炎 33. 肝 臓 胆 嚢 胆 道 膵 臓 観 血 34. ヘルニア 根 本 35. 虫 垂 切 除 術 盲 腸 縫 縮 術 36. 直 腸 脱 根 本 37. その 他 の 腸 腸 間 膜 ( 開 腹 術 を 伴 うもの ) 38. 痔 瘻 脱 肛 痔 核 根 本 ( 根 治 を 目 的 としたもの で 処 置 単 なる 痔 核 のみの は 尿 性 器 の 39. 腎 移 植 ( 受 容 者 に 限 る ). 腎 臓 腎 盂 尿 管 膀 胱 観 血 ( 経 尿 道 的 操 作 は 41. 尿 道 狭 窄 観 血 ( 経 尿 道 的 操 作 は 42. 尿 瘻 閉 鎖 観 血 ( 経 尿 道 的 操 作 は 43. 陰 茎 切 断 術 44. 睾 丸 副 睾 丸 精 管 精 索 精 嚢 前 立 腺 45. 陰 嚢 水 腫 根 本 46. 子 宮 広 汎 全 摘 除 術 ( 単 純 子 宮 全 摘 などの 子 宮 全 摘 除 術 は 47. 子 宮 頸 管 形 成 術 子 宮 頸 管 縫 縮 術 48. 帝 王 切 開 娩 出 術 49. 子 宮 外 妊 娠 50. 子 宮 脱 膣 脱 51. その 他 の 子 宮 ( 子 宮 頸 管 ポリープ 切 除 術 人 工 妊 娠 中 絶 を 52. 卵 管 卵 巣 観 血 ( 経 膣 的 操 作 を 53. その 他 卵 管 卵 巣 内 分 泌 器 の 54. 下 垂 体 腫 瘍 摘 除 術 55. 甲 状 腺 56. 副 腎 全 摘 除 術 神 経 の 57. 頭 蓋 内 観 血 58. 神 経 観 血 ( 形 成 術 移 植 術 切 除 術 減 圧 術 開 放 術 捻 除 術 ) 59. 観 血 的 脊 髄 腫 瘍 摘 出 60. 脊 髄 硬 膜 内 外 観 血 感 覚 器 視 器 の 61. 眼 瞼 下 垂 症 62. 涙 小 管 形 成 術 63. 涙 嚢 鼻 腔 吻 合 術 64. 結 膜 嚢 形 成 術 65. 角 膜 移 植 術 66. 観 血 的 前 房 虹 彩 硝 子 体 眼 窩 内 異 物 除 去 術 67. 虹 彩 前 後 癒 着 剥 離 術 68. 緑 内 障 観 血 69. 白 内 障 水 晶 体 観 血 70. 硝 子 体 観 血 71. 網 膜 剥 離 症 72. レーザー 冷 凍 凝 固 による 眼 球 ( 施 術 の 開 始 日 から 60 日 の 間 に 1 回 の を 限 度 とする ) 73. 眼 球 摘 除 術 組 織 充 填 術 74. 眼 窩 腫 瘍 摘 出 術 75. 眼 筋 移 植 術 感 覚 器 聴 器 の 76. 観 血 的 鼓 膜 鼓 室 形 成 術 77. 乳 様 洞 削 開 術 78. 中 耳 根 本 79. 内 耳 観 血 80. 聴 神 経 腫 瘍 摘 出 術 悪 性 新 生 物 の 81. 悪 性 新 生 物 根 治 (ファイバースコープまたは 血 管 バスケットカテーテルによる は 82. 悪 性 新 生 物 温 熱 療 法 ( 施 術 の 開 始 日 から 60 日 の 間 に 1 回 の を 限 度 とする ) 83. 悪 性 新 生 物 による 乳 房 切 除 後 の 乳 房 再 建 術 84. その 他 の 悪 性 新 生 物 (ファイバースコープまた は 血 管 バスケットカテーテルによる は 上 記 以 外 の 85. 上 記 以 外 の 開 頭 術 86. 上 記 以 外 の 開 胸 術 87. 上 記 以 外 の 開 腹 術 88. 衝 撃 波 による 体 内 結 石 破 砕 術 ( 施 術 の 開 始 日 から 60 日 の 間 に 1 回 の を 限 度 とする ) 89. ファイバースコープまたは 血 管 バスケットカテーテ ルによる 脳 喉 頭 胸 腹 部 臓 器 ( 検 査 処 置 は 含 まない 施 術 の 開 始 日 から 60 日 の 間 に 1 回 の を 限 度 とする ) 新 生 物 根 治 放 射 線 照 射 90. 新 生 物 根 治 放 射 線 照 射 (5,000 ラド 以 上 の 照 射 で 施 術 の 開 始 日 から 60 日 の 間 に1 回 の を 限 度 とす る ) 契 約 日 が 平 成 15 年 12 月 1 日 以 後 平 成 16 年 9 月 30 日 以 前 のご 契 約 については 金 の 支 払 対 象 となる および については 別 表 対 象 となる および を 適 用 せず 次 の 表 により 取 り 扱 います ただし 次 の 表 を 適 用 すると が 低 くなる および 支 払 対 象 とならな くなる については 別 表 対 象 となる および により 取 り 扱 います 皮 膚 乳 房 の 1. 植 皮 術 (25 cm2 未 満 は 2. 乳 房 切 断 術 3. 乳 腺 腫 瘍 切 除 術 8

9 筋 骨 の ( 抜 釘 術 は 4. 骨 移 植 術 5. 骨 髄 炎 骨 結 核 ( 膿 瘍 の 単 なる 切 開 は 6. 頭 蓋 骨 観 血 ( 鼻 骨 鼻 中 隔 を 7. 鼻 骨 観 血 ( 鼻 中 隔 弯 曲 症 を 8. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 ( 歯 歯 肉 の 処 置 に 伴 うものを 9. 脊 椎 骨 盤 観 血. 鎖 骨 肩 胛 骨 肋 骨 胸 骨 観 血 11. 四 肢 切 断 術 ( 手 指 足 指 を 12. 切 断 四 肢 再 接 合 術 ( 骨 関 節 の 離 断 に 伴 うもの ) 13. 四 肢 骨 四 肢 関 節 観 血 ( 手 指 足 指 を 14. 筋 腱 靭 帯 観 血 ( 手 指 足 指 を 除 く 筋 炎 結 節 腫 粘 液 腫 は 呼 吸 器 胸 部 の 15. 慢 性 副 鼻 腔 炎 根 本 16. 喉 頭 全 摘 除 術 17. 気 管 気 管 支 肺 胸 膜 ( 開 胸 術 を 伴 うもの ) 18. 胸 郭 形 成 術 19. 縦 隔 腫 瘍 摘 出 術 循 環 器 脾 の. 観 血 的 血 管 形 成 術 ( 血 液 透 析 用 外 シャント 形 成 術 を 21. 静 脈 瘤 根 本 22. 大 動 脈 大 静 脈 肺 動 脈 冠 動 脈 ( 開 胸 開 腹 術 を 伴 うもの ) 23. 心 膜 切 開 縫 合 術 24. 直 視 下 心 臓 内 25. 体 内 用 ペースメーカー 埋 込 術 26. 脾 摘 除 術 消 化 器 の 27. 耳 下 腺 腫 瘍 摘 出 術 28. 顎 下 腺 腫 瘍 摘 出 術 29. 食 道 離 断 術 30. 胃 切 除 術 31. その 他 の 胃 食 道 ( 開 胸 開 腹 術 を 伴 うもの ) 32. 腹 膜 炎 33. 肝 臓 胆 嚢 胆 道 膵 臓 観 血 34. ヘルニア 根 本 35. 虫 垂 切 除 術 盲 腸 縫 縮 術 36. 直 腸 脱 根 本 37. その 他 の 腸 腸 間 膜 ( 開 腹 術 を 伴 うもの ) 38. 痔 瘻 脱 肛 痔 核 根 本 ( 根 治 を 目 的 としたもの で 処 置 単 なる 痔 核 のみの は 尿 性 器 の 39. 腎 移 植 ( 受 容 者 に 限 る ). 腎 臓 腎 盂 尿 管 膀 胱 観 血 ( 経 尿 道 的 操 作 は 41. 尿 道 狭 窄 観 血 ( 経 尿 道 的 操 作 は 42. 尿 瘻 閉 鎖 観 血 ( 経 尿 道 的 操 作 は 43. 陰 茎 切 断 術 44. 睾 丸 副 睾 丸 精 管 精 索 精 嚢 前 立 腺 45. 陰 嚢 水 腫 根 本 46. 子 宮 広 汎 全 摘 除 術 ( 単 純 子 宮 全 摘 などの 子 宮 全 摘 除 術 は 47. 子 宮 頸 管 形 成 術 子 宮 頸 管 縫 縮 術 48. 帝 王 切 開 娩 出 術 49. 子 宮 外 妊 娠 50. 子 宮 脱 膣 脱 51. その 他 の 子 宮 ( 子 宮 頸 管 ポリープ 切 除 術 人 工 妊 娠 中 絶 を 52. 卵 管 卵 巣 観 血 ( 経 膣 的 操 作 を 53. その 他 卵 管 卵 巣 内 分 泌 器 の 54. 下 垂 体 腫 瘍 摘 除 術 55. 甲 状 腺 56. 副 腎 全 摘 除 術 神 経 の 57. 頭 蓋 内 観 血 58. 神 経 観 血 ( 形 成 術 移 植 術 切 除 術 減 圧 術 開 放 術 捻 除 術 ) 59. 観 血 的 脊 髄 腫 瘍 摘 出 60. 脊 髄 硬 膜 内 外 観 血 感 覚 器 視 器 の 61. 眼 瞼 下 垂 症 62. 涙 小 管 形 成 術 63. 涙 嚢 鼻 腔 吻 合 術 64. 結 膜 嚢 形 成 術 65. 角 膜 移 植 術 66. 観 血 的 前 房 虹 彩 硝 子 体 眼 窩 内 異 物 除 去 術 67. 虹 彩 前 後 癒 着 剥 離 術 68. 緑 内 障 観 血 69. 白 内 障 水 晶 体 観 血 70. 硝 子 体 観 血 71. 網 膜 剥 離 症 72. レーザー 冷 凍 凝 固 による 眼 球 ( 施 術 の 開 始 日 から 60 日 の 間 に1 回 の を 限 度 とする ) 73. 眼 球 摘 除 術 組 織 充 填 術 74. 眼 窩 腫 瘍 摘 出 術 75. 眼 筋 移 植 術 感 覚 器 聴 器 の 76. 観 血 的 鼓 膜 鼓 室 形 成 術 77. 乳 様 洞 削 開 術 78. 中 耳 根 本 79. 内 耳 観 血 80. 聴 神 経 腫 瘍 摘 出 術 悪 性 新 生 物 の 81. 悪 性 新 生 物 根 治 (ファイバースコープまたは 血 管 バスケットカテーテルによる は 82. 悪 性 新 生 物 温 熱 療 法 ( 施 術 の 開 始 日 から 60 日 の 間 に1 回 の を 限 度 とする ) 83. 上 皮 内 癌 84. 悪 性 新 生 物 による 乳 房 切 除 後 の 乳 房 再 建 術 85. その 他 の 悪 性 新 生 物 (ファイバースコープまた は 血 管 バスケットカテーテルによる は 上 記 以 外 の 86. 上 記 以 外 の 開 頭 術 87. 上 記 以 外 の 開 胸 術 88. 上 記 以 外 の 開 腹 術 89. 衝 撃 波 による 体 内 結 石 破 砕 術 ( 施 術 の 開 始 日 から 60 日 の 間 に 1 回 の を 限 度 とする ) 9

10 90. ファイバースコープまたは 血 管 バスケットカテーテ ルによる 脳 喉 頭 胸 腹 部 臓 器 ( 検 査 処 置 は 含 まない 施 術 の 開 始 日 から 60 日 の 間 に 1 回 の を 限 度 とする ) に 到 来 する 月 単 位 の 契 約 応 当 日 の 前 日 までとします (この 特 約 が 更 新 される 場 合 は 更 新 後 の 保 障 期 間 を 含 みます ) 2 主 たる 契 約 が 告 知 義 務 違 反 により 解 除 される 場 合 には この 特 約 の 告 知 が 正 しいものであっても 主 たる 契 約 とと もに この 特 約 も 同 時 に 解 除 されます 新 生 物 根 治 放 射 線 照 射 91. 新 生 物 根 治 放 射 線 照 射 (5,000 ラド 以 上 の 照 射 で 施 術 の 開 始 日 から 60 日 の 間 に 1 回 の を 限 度 とす る ) 終 身 定 期 総 合 医 療 ジュニア 特 約 特 約 付 加 第 1 条 この 特 約 は 終 身 定 期 総 合 医 療 ( 以 下 主 たる 契 約 といいます )の 締 結 の 際 に 付 加 することができます 付 加 するに 際 しては 主 たる 契 約 の 契 約 者 である 親 権 者 の 申 し 出 と 親 権 者 によるこの 特 約 の 契 約 者 である 子 ( 以 下 従 たる 契 約 者 といいます )に 関 する 告 知 に 基 づき 会 社 は 健 康 状 態 その 他 が 会 社 の 定 める 標 準 に 適 合 するか 否 かの 契 約 者 選 択 を 行 い 承 諾 したときは この 特 約 を 主 たる 契 約 に 付 加 して 締 結 することができます 2 前 項 の 定 めにかかわらず 主 たる 契 約 の 締 結 後 新 たに この 特 約 を 付 加 する 場 合 には 親 権 者 の 申 し 出 と 親 権 者 による 従 たる 契 約 者 に 関 する 告 知 に 基 づき 会 社 は 契 約 者 選 択 を 行 い 承 諾 したときは この 特 約 を 主 たる 契 約 に 付 加 することができます 3 この 特 約 の 責 任 開 始 期 責 任 開 始 日 および 契 約 日 ( 以 下 特 約 契 約 日 といいます )は 主 たる 契 約 と 同 一 とします ただし 前 項 の 場 合 にはこの 特 約 に 関 する 告 知 の 時 またはこの 特 約 に 対 する 初 回 掛 金 を 受 領 した 時 のいずれか 遅 い 時 をこの 特 約 の 責 任 開 始 期 とし 責 任 開 始 期 の 属 する 日 を 責 任 開 始 日 とし ます この 場 合 特 約 契 約 日 は 責 任 開 始 日 の 属 する 月 の 翌 月 1 日 とします 4 この 特 約 の 契 約 口 数 は 従 たる 契 約 者 一 人 につき 1 口 と します 5 主 たる 契 約 が 無 効 解 除 失 効 終 了 消 滅 した 場 合 には この 特 約 も 同 時 に 無 効 解 除 失 効 終 了 消 滅 となります 6 この 特 約 に 特 段 の 定 めなき 事 項 がある 場 合 には 主 たる 契 約 のご 契 約 のしおりを 準 用 します 金 第 4 条 この 特 約 の 金 は 主 たる 契 約 1 口 と 同 一 としま す 金 の 支 払 金 の 受 取 人 第 5 条 金 の 支 払 事 由 が 生 じたときは 契 約 者 である 親 権 者 は 速 やかに 会 社 に 請 求 してください 2 従 たる 契 約 者 の 継 続 入 院 中 にこの 特 約 の 保 障 期 間 が 満 了 したことによりこの 特 約 が 消 滅 した 場 合 特 約 消 滅 後 の 継 続 入 院 およびその 入 院 についての 退 院 は この 特 約 の 有 効 中 の 入 院 および 退 院 とみなします 3 金 の 受 取 人 は 主 たる 契 約 の 契 約 者 である 親 権 者 となります 終 身 定 期 総 合 医 療 ( 主 たる 契 約 )への 変 更 第 6 条 この 特 約 の 保 障 期 間 が 満 了 する 場 合 には 会 社 の 定 める ところにより 終 身 定 期 総 合 医 療 に 変 更 することができ ます 終 身 定 期 総 合 医 療 に 変 更 された 場 合 には 次 のと おり 取 り 扱 います (1) 保 障 は 変 更 の 前 後 で 継 続 したものとして 取 り 扱 います (2) 入 院 通 院 金 の 支 払 日 数 は 変 更 の 前 後 で 通 算 されます 特 約 の 復 活 に 関 する 特 則 第 7 条 主 たる 契 約 の 復 活 の 際 に 特 に 申 出 がないときは この 特 約 についても 同 時 に 復 活 の 請 求 があったものとします 2 会 社 は 前 項 の 規 定 により 請 求 された 復 活 を 承 諾 したときは 主 たる 契 約 のご 契 約 のしおりの 復 活 に 関 する 規 定 を 準 用 し ます 附 則 ご 契 約 の 時 期 により お 取 扱 いの 内 容 が 異 なる 場 合 があります 以 下 の 事 項 についてもご 確 認 ください 平 成 18 年 9 月 30 日 以 前 に 締 結 されたご 契 約 については 第 1 条 ( 特 約 付 加 ) 第 3 項 ただし 書 の 規 定 にかかわらず 第 1 条 第 2 項 の 場 合 には 契 約 日 は 特 約 証 書 に 記 載 された 日 となります 契 約 日 が 平 成 18 年 9 月 30 日 以 前 のご 契 約 については 第 3 条 ( 保 障 期 間 ) 第 1 項 の 規 定 にかかわらず 特 約 の 保 障 期 間 は 満 15 歳 の 誕 生 日 の 前 日 までとします 子 の 範 囲 第 2 条 従 たる 契 約 者 となりうる 子 の 範 囲 は 主 たる 契 約 者 である 親 権 者 と 同 一 戸 籍 にその 子 として 記 載 されている 満 15 歳 未 満 の 者 または 主 たる 契 約 者 と 同 居 または 同 一 生 計 にあり 会 社 が 子 と 同 等 であると 認 めた 満 15 歳 未 満 の 者 (この 場 合 主 たる 契 約 者 を 親 権 者 とみなします )とします 2 この 特 約 の 締 結 後 戸 籍 上 の 異 動 等 により 第 1 項 の 規 定 に 該 当 しなくなったときまたはこの 特 約 の 保 障 期 間 が 満 了 したとき は その 異 動 等 の 日 または 保 障 期 間 の 満 了 した 日 の 翌 日 から 従 たる 契 約 者 でなくなります 3 前 項 の 戸 籍 上 の 異 動 等 により 従 たる 契 約 者 でなくなっ たときは 主 たる 契 約 者 である 親 権 者 は 従 たる 契 約 者 でなくなった 事 実 を 証 する 書 類 を 添 え 直 ちにこの 特 約 の 解 約 を 申 し 出 なければなりません なお 解 約 に 伴 う 解 約 返 戻 金 はありません 保 障 期 間 第 3 条 保 障 期 間 は 特 約 契 約 日 から 満 15 歳 となる 誕 生 日 の 直 後

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性 別 表 4 手 術 支 払 割 合 表 手 術 の 保 障 が 付 帯 されているコースの 手 術 共 済 金 額 は 下 記 のとおりで す ジュニア20コース J1000 円 コース J1600 円 コース J2000 円 コース J1900 円 コース 5,000 円 7,000 円 10,000 円 4,000 円 女 性 コース 医 療 コース L2000 円 コース L3000 円 コース

More information

Microsoft Word - 3大疾病保障特約付団体信用生命保険の概要_村上.docx

Microsoft Word - 3大疾病保障特約付団体信用生命保険の概要_村上.docx 3 大 疾 病 保 障 特 約 付 団 体 信 用 生 命 保 険 の 概 要 一 般 団 体 信 用 生 命 保 険 3 大 疾 病 保 障 特 約 死 亡 保 障 + 高 度 障 害 保 障 全 国 保 証 ( 一 社 )しんきん 保 証 基 金 保 険 契 約 者 全 国 保 証 信 金 中 央 金 庫 申 込 時 年 齢 と 実 行 時 年 齢 満 20 歳 以 上 満 50 歳 未 満 満

More information

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 組 合 は 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 共 済 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行 によって 他 人

More information

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就

More information

養老保険普通保険約款

養老保険普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 責 任 開 始 期 第 1 条 責 任 開 始 期 2 保 険 金 の 支 払 第 2 条 保 険 金 の 支 払 第 3 条 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 4 条 戦 争 その 他 の 変 乱 第 5 条 保 険 金 の 請 求 支 払 の 手 続 3 保 険 料 の 払 込 免 除 第 6 条 保 険 料 の 払 込 免 除 第 7 条 保 険

More information

240709

240709 綾 瀬 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 障 害 者 等 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 の 高 齢 者 障 害 者 等 に 福 祉 給 付 金 を 支 給 し 福 祉 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該

More information

Microsoft Word - 12 職員退職手当規程_H 改正_

Microsoft Word - 12 職員退職手当規程_H 改正_ 全 国 健 康 保 険 協 会 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 総 則 ) 第 1 条 全 国 健 康 保 険 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 職 員 ( 全 国 健 康 保 険 協 会 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 20 年 規 程 第 4 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 2 条 に 規 定 する 職 員 を いう )に 対 する 退 職 手 当 の 支 給

More information

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 38 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 休 暇 等 に 関 す る 規 則 ( 以 下 教 職 員 勤 務 時 間 等 規 則 という ) 第 36

More information

2_02_kitei2.ppt

2_02_kitei2.ppt 認 可 特 定 保 険 業 医 師 年 金 規 程 の 主 な 改 定 内 容 平 成 24 年 11 月 日 本 医 師 会 年 金 規 程 改 定 の 基 本 方 針 について 今 般 の 保 険 業 法 改 正 に 伴 う 認 可 特 定 保 険 業 申 請 にあたり 本 会 の 基 本 方 針 としては 現 行 の 年 金 制 度 の 枠 組 みを 変 更 せず 維 持 する としつつ 保

More information

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 平 成 25 年 度 高 額 レセプト 上 位 の 概 要 健 保 連 が 行 う 平 成 25 年 度 の 高 額 医 療 交 付 金 交 付 事 業 に 申 請 された 医 療 費 のうち 1ヵ 月 の 医 療 費 が1,000 万 円 以 上 のものは 前 年 度 比 82 件 増 (32.28% 増 )の336 件 で 過 去 最 高 となった 全 336 件 のうち 先 天 性 疾 患 が125

More information

変額個人年金保険普通保険約款

変額個人年金保険普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 特 別 勘 定 第 1 条 特 別 勘 定 第 2 条 各 特 別 勘 定 への 繰 入 比 率 の 指 定 変 更 2 積 立 金 第 3 条 積 立 金 第 4 条 積 立 金 の 移 転 3 責 任 開 始 期 第 5 条 責 任 開 始 期 4 年 金 支 払 開 始 日 および 年 金 支 払 日 第 6 条 年 金 支 払 開 始 日 および 年 金 支 払

More information

終身保険(無選択型)普通保険約款

終身保険(無選択型)普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 責 任 開 始 期 第 1 条 責 任 開 始 期 2 保 険 金 の 支 払 第 2 条 保 険 金 の 支 払 第 3 条 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 4 条 保 険 金 の 削 減 支 払 第 5 条 保 険 金 の 請 求 支 払 の 手 続 3 保 険 料 の 払 込 第 6 条 保 険 料 の 払 込 第 7 条 保 険 料 の 払 込

More information

逓増定期保険(低解約返戻金型)普通保険約款

逓増定期保険(低解約返戻金型)普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 用 語 の 定 義 および 契 約 内 容 の 指 定 第 1 条 用 語 の 定 義 および 契 約 内 容 の 指 定 2 責 任 開 始 期 第 2 条 責 任 開 始 期 3 保 険 金 の 支 払 第 3 条 保 険 金 額 第 4 条 保 険 金 の 支 払 第 5 条 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 6 条 戦 争 その 他 の 変 乱

More information

10分冊_表紙1

10分冊_表紙1 この の 概 要 5 年 ごと 配 当 付 一 時 払 積 立 保 険 条 項 目 次 第 1 条 満 期 保 険 死 亡 給 付 および 高 度 障 害 給 付 の 支 払 第 2 条 満 期 保 険 の 支 払 に 関 する 補 則 第 3 条 死 亡 給 付 および 高 度 障 害 給 付 の 支 払 に 関 する 補 則 第 4 条 死 亡 給 付 または 高 度 障 害 給 付 の 免 責

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

育児・介護休業等に関する規則

育児・介護休業等に関する規則 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 則 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 ( 以 下 本 会 という )の 職 員 の 育 児 介 護 休 業 子 の 看 護 休 暇 介 護 休 暇 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 制 限

More information

Taro-29職員退職手当支給規程

Taro-29職員退職手当支給規程 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 付 け 1 7 水 研 本 第 2 0 5 8 号 改 正 平 成 1 8 年 1 0 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 0 7 7 号 改 正 平 成 1 9 年 4 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 7 8 0 号 改 正 平 成

More information

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職 公 益 社 団 法 人 全 国 市 有 物 件 災 害 共 済 会 職 員 の 育 児 休 業 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 平 成 24 年 10 月 15 日 制 定 平 成 25 年 10 月 21 日 一 部 改 正 平 成 26 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 目 的 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という

More information

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 教 職 員 の 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 制 定 平 成 18. 4. 1 規 程 126 最 近 改 正 平 成 27. 7. 1 規 程 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 の 育 児 休 業 育 児

More information

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf 障 精 発 0124 第 2 号 平 成 26 年 1 月 24 日 各 都 道 府 県 知 事 指 定 都 市 市 長 殿 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 の 診 断 書 の 記 入 に 当 たって 留 意 すべき 事 項 について 等 の について 今 般 精

More information

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 大 和 市 条 例 第 4 号 )の 一 部 を 次 のよ うに 改 正 する 第 1 条 中 第 8 条 の 次 に 第 10 条 第 1 項 及 び 第 2 項 第 14 条 及 び 第 15 条 (こ れらの

More information

Taro-iryouhoken

Taro-iryouhoken 医 療 保 険 制 度 2014 社 会 保 障 法 1 国 民 皆 保 険 国 民 皆 保 険 医 療 保 険 全 体 図 国 民 共 済 制 度 健 康 民 間 労 働 者 公 務 員 等 保 家 族 険 自 営 業 者 無 職 他 国 民 健 康 保 険 1961( 昭 36) 年 4 月 ~ 2 健 康 保 険 制 度 の 被 保 険 者 と 被 扶 養 者 (1) 強 制 被 保 険 者

More information

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし 財 産 形 成 定 額 貯 金 規 定 1 財 産 形 成 定 額 貯 金 財 産 形 成 定 額 貯 金 ( 以 下 この 貯 金 といいます )は 勤 労 者 財 産 形 成 促 進 法 ( 以 下 財 形 法 といいます )に 規 定 する 勤 労 者 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 ( 以 下 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 といいます )に 基 づき 預 入 される 定 額 貯 金 です

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208747938B8FE68ED28F9D8A5181698E80965381458CE388E28FE18A51816A93C196F1303730372E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208747938B8FE68ED28F9D8A5181698E80965381458CE388E28FE18A51816A93C196F1303730372E646F63> 搭 乗 者 傷 害 ( 死 亡 後 遺 障 害 ) 特 約 < 用 語 のご 説 明 - 定 義 > この 特 約 において 使 用 される 次 の 用 語 は それぞれ 次 の 定 義 によります (1) 正 規 の 乗 車 装 置 乗 車 人 員 が 動 揺 衝 撃 等 により 転 落 または 転 倒 することなく 安 全 な 乗 車 を 確 保 できる 構 造 を 備 えた 道 路 運 送 車

More information

医療保険普通保険約款

医療保険普通保険約款 医 療 保 険 ご 契 約 のしおり( 約 款 特 約 ) 医 療 保 険 普 通 保 険 約 款 目 次 主 な 用 語 の 定 義 1. 保 険 金 を 支 払 う 場 合 第 1 条 入 院 保 険 金 および 手 術 保 険 金 を 支 払 う 場 合 第 2 条 入 院 保 険 金 および 手 術 保 険 金 の 支 払 限 度 2. 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 第 3 条 入

More information

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 授 業 料 その 他 の 費 用 に 関 する 規 程 平 成 19 年 3 月 30 日 制 定 改 正 平 成 19 年 9 月 10 日 平 成 20 年 3 月 25 日 平 成 21 年 1 月 29 日 平 成 21 年 9 月 3 日 平 成 21 年 11 月 27 日 平 成 23 年 3 月 30 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

5 次 のいずれにも 該 当 する 従 業 員 は 子 が1 歳 6ヶ 月 に 達 するまでの 間 で 必 要 な 日 数 について 育 児 休 業 をするこ とができる なお 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 日 は 原 則 として 子 の1 歳 の 誕 生 日 に 限 るものとする (1

5 次 のいずれにも 該 当 する 従 業 員 は 子 が1 歳 6ヶ 月 に 達 するまでの 間 で 必 要 な 日 数 について 育 児 休 業 をするこ とができる なお 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 日 は 原 則 として 子 の1 歳 の 誕 生 日 に 限 るものとする (1 育 児 介 護 休 業 規 定 第 1 章 目 的 第 1 条 ( 目 的 ) 本 規 定 は 従 業 員 の 育 児 介 護 休 業 育 児 介 護 のための 時 間 外 労 働 および 深 夜 業 の 制 限 並 びに 育 児 介 護 短 時 間 勤 務 等 に 関 する 取 り 扱 いについて 定 めるものである ( 適 用 対 象 者 ) 第 2 章 育 児 休 業 制 度 第 2 条 育

More information

接 支 払 制 度 を 活 用 するか 意 思 を 確 認 する 確 認 に 当 たっては 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 について 書 面 により 世 帯 主 の 合 意 を 得 て 代 理 契 約 を 締 結 するものとする (1) 医 療 機 関 等 が 本 市 に 対 し 世 帯 主

接 支 払 制 度 を 活 用 するか 意 思 を 確 認 する 確 認 に 当 たっては 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 について 書 面 により 世 帯 主 の 合 意 を 得 て 代 理 契 約 を 締 結 するものとする (1) 医 療 機 関 等 が 本 市 に 対 し 世 帯 主 綾 瀬 市 国 民 健 康 保 険 出 産 育 児 一 時 金 直 接 支 払 制 度 取 扱 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 綾 瀬 市 国 民 健 康 保 険 事 務 取 扱 規 則 ( 昭 和 58 年 綾 瀬 市 規 則 第 2 5 号 以 下 規 則 という ) 第 14 条 第 2 項 に 規 定 する 被 保 険 者 等 が 病 院 診 療 所 又 は 助 産 所

More information

当 が 支 払 われない 場 合 において 前 項 第 2 号 に 該 当 するときは 機 構 は 当 該 遺 族 に 対 し 第 2 項 に 規 定 する 事 情 を 勘 案 して 当 該 退 職 手 当 の 全 部 又 は 一 部 を 支 給 しないこととする 措 置 を 行 うことができる 5

当 が 支 払 われない 場 合 において 前 項 第 2 号 に 該 当 するときは 機 構 は 当 該 遺 族 に 対 し 第 2 項 に 規 定 する 事 情 を 勘 案 して 当 該 退 職 手 当 の 全 部 又 は 一 部 を 支 給 しないこととする 措 置 を 行 うことができる 5 職 員 退 職 金 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 平 成 15 年 規 程 第 10 号 ) 改 正 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 19 年 規 程 第 7 号 平 成 20 年 5 月 20 日 平 成 20 年 規 程 第 12 号 平 成 22 年 6 月 23 日 平 成 22 年 規 程 第 15 号 平 成 25 年 9 月 30 日 平 成 25

More information

Microsoft Word - s-17-yatukan

Microsoft Word - s-17-yatukan 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 会 社 は, 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 保 険 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 保 険 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行

More information

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1 1 育 児 休 業 について Q1 育 児 休 業 とはどのような 制 度 ですか? A1 子 が 満 3 歳 に 達 する 日 まで, 一 定 の 要 件 を 満 たした 職 員 が 任 命 権 者 ( 宮 城 県 教 育 委 員 会 )の 承 認 を 受 けて,その3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 するため, 職 務 に 従 事 しな いことを 可 能 とする 制 度 です 仕 事 と 育

More information

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E>

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E> 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 22 日 規 則 第 23 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 52 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 38 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

目  次

目  次 年 金 手 当 について 障 害 基 礎 年 金 公 的 年 金 制 度 に 加 入 している 期 間 中 に 被 った 傷 病 により 障 害 者 になった 場 合 に 年 金 や 一 時 金 が 支 給 されます( 申 請 は 原 則 65 歳 までとなりま) 制 度 の 種 類 支 給 要 件 年 金 額 中 央 窓 口 センター 国 民 年 金 係 823-9439 国 民 年 金 障 害

More information

目 次 休 暇 関 係 Q1 妊 娠 中 健 康 診 査 を 受 けるための 休 暇 が 取 れるのですか? Q2 出 産 予 定 日 の 何 日 前 から 休 暇 が 取 れるのですか? Q3 出 産 後 何 日 まで 休 暇 が 取 れるのですか? Q4 妻 が 出 産 するのですが 休 暇 が

目 次 休 暇 関 係 Q1 妊 娠 中 健 康 診 査 を 受 けるための 休 暇 が 取 れるのですか? Q2 出 産 予 定 日 の 何 日 前 から 休 暇 が 取 れるのですか? Q3 出 産 後 何 日 まで 休 暇 が 取 れるのですか? Q4 妻 が 出 産 するのですが 休 暇 が 子 育 て 支 援 制 度 Q&A ( 平 成 22 年 6 月 30 日 現 在 ) この 度 東 北 大 学 の 子 育 て 支 援 のための 職 員 等 の 休 暇 制 度 育 児 休 業 制 度 を Q&A 方 式 でわかりやすく 説 明 をしましたので ご 活 用 ください なお 不 明 な 点 等 がありましたら 遠 慮 なく 各 部 局 の 人 事 担 当 係 又 は 総 務 部 人

More information

shokuin-taisyoku

shokuin-taisyoku 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 19 号 ) ( 総 則 ) 第 1 条 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 医 療 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 ( 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 第 2 条 に 規

More information

国立大学法人 東京医科歯科大学教職員就業規則

国立大学法人 東京医科歯科大学教職員就業規則 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 育 児 休 業 等 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 3 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 37 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 国

More information

( 減 免 の 根 拠 等 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は, 地 方 税 法 第 4 5 4 条 の 規 定 に 基 づ く 市 税 条 例 第 6 9 条 の 2 の 規 定 を 根 拠 と す る 身 体 障 害 者 等 に 対 す る 軽 自 動 車 税 の 減 免 の 具 体 的 な 対

( 減 免 の 根 拠 等 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は, 地 方 税 法 第 4 5 4 条 の 規 定 に 基 づ く 市 税 条 例 第 6 9 条 の 2 の 規 定 を 根 拠 と す る 身 体 障 害 者 等 に 対 す る 軽 自 動 車 税 の 減 免 の 具 体 的 な 対 軽 自 動 車 税 減 免 取 扱 要 綱 函 館 市 財 務 部 ( 減 免 の 根 拠 等 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は, 地 方 税 法 第 4 5 4 条 の 規 定 に 基 づ く 市 税 条 例 第 6 9 条 の 2 の 規 定 を 根 拠 と す る 身 体 障 害 者 等 に 対 す る 軽 自 動 車 税 の 減 免 の 具 体 的 な 対 象 お よ び 処 理 方 法

More information

3 保 険 料 ( 掛 金 )を 納 めていること 原 則 として 初 診 日 月 前 々 月 まで 国 民 年 金 加 入 期 間 全 体 うち 3 分 2 以 上 きち んと 納 めている( 保 険 料 免 除 期 間 も 含 む)ことが 必 要 です 現 在 は 特 例 として 初 診 日 が

3 保 険 料 ( 掛 金 )を 納 めていること 原 則 として 初 診 日 月 前 々 月 まで 国 民 年 金 加 入 期 間 全 体 うち 3 分 2 以 上 きち んと 納 めている( 保 険 料 免 除 期 間 も 含 む)ことが 必 要 です 現 在 は 特 例 として 初 診 日 が 厚 生 年 金 手 当 金 支 援 制 度 概 要 厚 生 年 金 手 当 金 は 疾 病 (がんも 対 象 )やケガで が 残 った 場 合 生 活 保 をする 給 付 であり 支 給 要 件 を 満 たし 厚 生 年 金 1 2 級 に 該 当 すれば 基 礎 年 金 に 厚 生 年 金 が 上 乗 せされ 支 給 され 厚 生 年 金 3 級 に 該 当 すれば 厚 生 年 金 厚 生 年 金

More information

Microsoft Word 日本年金機構職員退職手当規程(規程第36号)

Microsoft Word 日本年金機構職員退職手当規程(規程第36号) 規 程 第 36 号 理 事 長 決 定 平 成 22 年 1 月 1 日 制 定 施 行 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 施 行 平 成 25 年 4 月 1 日 改 正 施 行 平 成 26 年 4 月 1 日 改 正 施 行 日 本 年 金 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 日 本 年 金 機 構 職 員 就 業 規 則 ( 規 程

More information

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱 桜 井 市 外 国 人 高 齢 者 及 び 外 国 人 重 度 心 身 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 平 成 7 年 3 月 31 日 告 示 第 21 号 改 正 平 成 12 年 12 月 28 日 告 示 第 151 号 改 正 平 成 14 年 04 月 01 日 告 示 第 59 号 改 正 平 成 22 年 05 月 27 日 告 示 第 132 号 改 正 平 成 24

More information

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター 建 築 物 調 査 業 務 約 款 ( 趣 旨 ) 第 1 条 建 築 物 調 査 申 請 者 ( 以 下 甲 という ) 及 び 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター( 以 下 乙 という )は エネルギーの 使 用 の 合 理 化 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 54 年 法 律 第 49 号 以 下 法 という ) 第 76

More information

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 国 立 研 究 開 発 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-29 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 20-92 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日

More information

前橋市軽自動車税減免要綱(案)1

前橋市軽自動車税減免要綱(案)1 前 橋 市 軽 自 動 車 税 減 免 事 務 取 扱 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 前 橋 市 市 税 条 例 ( 昭 和 26 年 前 橋 市 条 例 第 302 号 以 下 条 例 という ) 第 89 条 及 び 第 90 条 に 規 定 する 軽 自 動 車 税 の 減 免 の 取 扱 いに 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする ( 減 免 要 件 の

More information

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4)

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4) 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 施 行 ) ( 平 成 19 年 3 月 1 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 3 月 31 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 5 月 31 日 改 正 ) ( 目 的 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構

More information

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 34 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 育 児 休 業 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 免 除 時 間 外 労 働 及 び 深 夜 業 の 制 限 並

More information

< B4B92F F8D F591DE90458EE893968B4B92F FC90B329>

< B4B92F F8D F591DE90458EE893968B4B92F FC90B329> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 1 0 号 最 新 改 正 平 成 24 年 12 月 28 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 管 理 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規

More information

<4D F736F F D2088E78E998B788BC C98AD682B782E98B4B92F62E646F63>

<4D F736F F D2088E78E998B788BC C98AD682B782E98B4B92F62E646F63> 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 (2) 子 が1 歳 に 達 する 日 を 超 えて 雇 用 関 係 が 継 続 することが 見 込 まれること (3) 子 が1 歳 に 達 する 日 から1 年 を 経 過 する 日 までに 労 働 契 約 期 間 が 満 了 し 更 新 されないことが 明 らかでないこと 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 学 校 法 人

More information

中 間 利 払 日 とし 預 入 日 または 前 回 の 中 間 利 払 日 からその 中 間 利 払 日 の 前 日 までの 日 数 および 通 帳 または 証 書 記 載 の 中 間 利 払 利 率 によって 計 算 した 中 間 利 払 額 ( 以 下 中 間 払 利 息 といいます )を 利

中 間 利 払 日 とし 預 入 日 または 前 回 の 中 間 利 払 日 からその 中 間 利 払 日 の 前 日 までの 日 数 および 通 帳 または 証 書 記 載 の 中 間 利 払 利 率 によって 計 算 した 中 間 利 払 額 ( 以 下 中 間 払 利 息 といいます )を 利 自 由 金 利 型 定 期 預 金 M 型 (スーパー 定 期 ) 規 定 1.( 取 扱 店 の 範 囲 ) (1) 個 人 のお 客 さま この 預 金 は 当 店 のほか 当 金 庫 本 支 店 および 当 金 庫 が 提 携 した 他 の 労 働 金 庫 ( 以 下 提 携 金 庫 といいます )のどこの 店 舗 でも 預 入 れができます (2) 団 体 のお 客 さま この 預 金 は

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208748938B8FE68ED28F9D8A51816993FC92CA8940815E88EA8E9E8BE0816A93C196F1303730372E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208748938B8FE68ED28F9D8A51816993FC92CA8940815E88EA8E9E8BE0816A93C196F1303730372E646F63> 搭 乗 者 傷 害 ( 入 通 院 / 一 時 金 ) 特 約 < 用 語 のご 説 明 - 定 義 > この 特 約 において 使 用 される 次 の 用 語 は それぞれ 次 の 定 義 によります (1) 正 規 の 乗 車 装 置 乗 車 人 員 が 動 揺 衝 撃 等 により 転 落 または 転 倒 することなく 安 全 な 乗 車 を 確 保 できる 構 造 を 備 えた 道 路 運 送

More information

Microsoft Word - 通知 _2_.doc

Microsoft Word - 通知  _2_.doc 医 政 発 第 0331042 号 平 成 20 年 3 月 31 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 医 政 局 長 広 告 可 能 な 診 療 科 名 の 改 正 について 平 成 18 年 の 良 質 な 医 療 を 提 供 する 体 制 の 確 立 を 図 るための 医 療 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 18 年 法 律 第 84 号 以 下

More information

(2) 特 別 障 害 給 付 金 国 民 年 金 に 任 意 加 入 していなかったことにより 障 害 基 礎 年 金 等 を 受 給 していない 障 がい 者 の 方 に 対 し 福 祉 的 措 置 として 給 付 金 の 支 給 を 行 う 制 度 です 支 給 対 象 者 平 成 3 年 3

(2) 特 別 障 害 給 付 金 国 民 年 金 に 任 意 加 入 していなかったことにより 障 害 基 礎 年 金 等 を 受 給 していない 障 がい 者 の 方 に 対 し 福 祉 的 措 置 として 給 付 金 の 支 給 を 行 う 制 度 です 支 給 対 象 者 平 成 3 年 3 1. 障 害 年 金 制 度 等 (1) 障 害 年 金 障 害 年 金 は 疾 病 又 は 負 傷 し これらに 起 因 する 傷 病 について 一 定 の 障 がい 等 級 に 該 当 する 程 度 の 障 がいの 状 態 にある 時 に 支 給 される 公 的 年 金 制 度 です 支 給 要 件 障 がいの 原 因 となった 傷 病 の 症 状 を 初 めて 医 師 に 診 察 してもらった

More information

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63>

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63> 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 勤 務 時 間, 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 す る 規 程 ( 以 下 勤 務 時 間 規 程 という ) 第 28 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき, 国 立 大 学 法

More information

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 )

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 嘱 託 等 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 16 規 程 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 17 規 程 第 17 号 平 成 17 年 10 月 27 日 17 規 程 第 37 号 平 成 18 年 3 月 22 日 18 規 程 第 4 号 平 成 18 年 11 月 27 日 18

More information

Microsoft Word - 基金規約(新).docx

Microsoft Word - 基金規約(新).docx 第 6 章 給 付 第 1 節 通 則 ( 給 付 の 種 類 ) 第 47 条 この 基 金 が 行 う 給 付 は 次 のとおりとする (1) 第 1 種 退 職 年 金 (2) 第 2 種 退 職 年 金 (3) 遺 族 一 時 金 (4) 退 職 一 時 金 ( 裁 定 ) 第 48 条 給 付 を 受 ける 権 利 は その 権 利 を 有 する 者 ( 以 下 受 給 権 者 という )の

More information

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例 共 立 蒲 原 総 合 病 院 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 平 成 4 年 3 月 2 6 日 条 例 第 1 号 改 正 平 成 7 年 3 月 16 日 条 例 第 2 号 平 成 13 年 3 月 26 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年 12 月 24 日 条 例 第 8 号 平 成 21 年 3 月 19 日 条 例 第 5 号 平 成 22 年 9

More information

金ケ崎町長事務部局の行政組織及び事務分掌に関する規則

金ケ崎町長事務部局の行政組織及び事務分掌に関する規則 金 ケ 崎 町 規 則 第 13 号 金 ケ 崎 町 小 学 生 医 療 費 給 付 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 小 学 生 に 対 して 医 療 費 の 一 部 を 給 付 することにより 保 護 者 の 負 担 を 軽 減 し もって 小 学 生 の 健 全 な 育 成 と 福 祉 の 増 進 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 規 則

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20836E8393836883758362834E819592E88C5E83748348815B838081698251824F944E82548C8E89FC90B3816A5F6A6161777795D28F57>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20836E8393836883758362834E819592E88C5E83748348815B838081698251824F944E82548C8E89FC90B3816A5F6A6161777795D28F57> 平 成 18 年 12 月 平 成 19 年 10 月 ( 追 加 改 正 ) 平 成 20 年 5 月 ( 改 正 ) ポジティブアクション 推 進 プロジェクト 一 人 で 悩 む 前 に まずご 相 談 ください 妊 娠 したのですが どのような 手 続 をすればいいのですか? 産 休 から 育 児 休 暇 への 流 れは 次 の 通 りです 産 前 休 暇 出 産 産 後 休 暇 育 児 休

More information

認 し 通 常 の 立 入 検 査 に 際 しても 許 可 内 容 が 遵 守 されていることを 確 認 するこ と 2 学 校 薬 剤 師 業 務 の 兼 任 学 校 薬 剤 師 の 業 務 を 兼 任 する 場 合 の 取 扱 いは 次 のとおりとする (1) 許 可 要 件 1 薬 局 等 の

認 し 通 常 の 立 入 検 査 に 際 しても 許 可 内 容 が 遵 守 されていることを 確 認 するこ と 2 学 校 薬 剤 師 業 務 の 兼 任 学 校 薬 剤 師 の 業 務 を 兼 任 する 場 合 の 取 扱 いは 次 のとおりとする (1) 許 可 要 件 1 薬 局 等 の 別 紙 薬 局 等 における 管 理 薬 剤 師 の 兼 任 の 取 扱 いについて 1 共 通 事 項 管 理 薬 剤 師 兼 任 許 可 申 請 は 平 成 10 年 4 月 27 日 付 け 保 衛 第 283 号 保 健 福 祉 部 長 通 知 薬 局 及 び 医 薬 品 販 売 業 の 構 造 設 備 規 則 及 び 許 可 等 の 取 扱 いについて による 学 校 薬 剤 師 の 兼

More information

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱 神 戸 市 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 い 同 法 の 施 行 日 ( 昭 和 57 年 1 月 1 日 ) 前 に20 歳 に 達 していた 外 国 人 等 で 年 金 制 度 の 有 する 被 保 険 者

More information

職 員 の 等 に 関 する 条 例 第 24 条 の 承 認 は 正 規 の 勤 務 時 間 の 始 め 又 は 終 わりにおいて 30 分 を 単 位 として 行 う ものとする 2 育 児 を 原 因 とする 特 別 休 暇 を 承 認 されている 職 員 に 対 する の 承 認 については

職 員 の 等 に 関 する 条 例 第 24 条 の 承 認 は 正 規 の 勤 務 時 間 の 始 め 又 は 終 わりにおいて 30 分 を 単 位 として 行 う ものとする 2 育 児 を 原 因 とする 特 別 休 暇 を 承 認 されている 職 員 に 対 する の 承 認 については 2015/3/10 8. 事 例 別 事 務 処 理 へ 職 員 が 満 3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 する 場 合 特 別 な 事 情 がある 場 合 を 除 き1 回 に 限 り 延 長 できる ( 男 性 職 員 の 場 合 は 配 偶 者 の 出 産 後 8 週 間 以 内 に 最 初 の を 取 得 していれば 特 別 な 事 情 がなくても 再 度 取 得 することができる )

More information

(6) 31 年 以 上 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の120 2 前 項 に 規 定 する 者 のうち 負 傷 若 しくは 病 気 ( 以 下 傷 病 という 傷 病 は 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 128 号 ) 第 81 条

(6) 31 年 以 上 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の120 2 前 項 に 規 定 する 者 のうち 負 傷 若 しくは 病 気 ( 以 下 傷 病 という 傷 病 は 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 128 号 ) 第 81 条 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 17 年 10 月 3 日 規 程 第 50 号 最 終 改 正 平 成 24 年 10 月 24 日 規 程 第 26 号 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 就

More information

Microsoft Word - 21退職手当規程.doc

Microsoft Word - 21退職手当規程.doc 国 立 大 学 法 人 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 58 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 国 立 大 学 法 人 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 常 時 勤 務 する 職 員 のうち

More information

2 前 項 に 定 める 日 に 支 給 する 給 与 は 総 額 給 与 を12 分 割 した 額 ( 以 下 給 与 月 額 という ) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 及 び 業 績 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務

2 前 項 に 定 める 日 に 支 給 する 給 与 は 総 額 給 与 を12 分 割 した 額 ( 以 下 給 与 月 額 という ) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 及 び 業 績 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 給 与 規 程 ( 平 26 規 程 第 75 号 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 海 洋 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 機 構 とい う )の 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 就 業 規 程 ( 平 25 規 程 第 80 号 以 下 就

More information

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 (

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 ( 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについての 改 正 について 平 成 23 年 8 月 1 日 通 達 ( 務 人 ) 第 44 号 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 110 号 以 下 法 という )の 改 正 に 鑑 み このたび 山 梨 県 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 山 梨 県 条

More information

Taro-事務処理要綱250820

Taro-事務処理要綱250820 大 分 県 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 事 務 処 理 要 綱 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 知 事 は 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 の 貸 付 事 務 を 円 滑 に 処 理 するため 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 ( 昭 和 54 年 法 律 第 25 号 ) 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 施 行 令 ( 昭 和 54 年 政 令 第 124

More information

役員退職手当規程

役員退職手当規程 役 員 退 職 手 当 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 5 号 改 正 平 成 16 年 1 月 21 日 規 程 第 21 号 改 正 平 成 23 年 9 月 30 日 規 程 第 17 号 改 正 平 成 25 年 3 月 29 日 規 程 第 10 号 改 正 平 成 27 年 6 月 4 日 規 程 第 4 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立

More information

①表紙

①表紙 子 ども 助 成 事 業 に 係 る 請 求 方 法 及 びレセプト 等 記 載 について 平 成 8 年 月 社 会 報 酬 支 払 基 金 大 分 支 部 大 分 県 国 民 健 康 団 体 連 合 会 目 次 請 求 支 払 概 要 並 びに 請 求 要 領 について P ( 調 剤 ) 報 酬 請 求 書 記 載 方 法 について 社 国 P 3 子 ども 助 成 事 業 に 係 るレセプト

More information

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 石 井 信 芳 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)の 間 に 医 療 情 報 データベースに 関 するデータマッピング 業 務 ( 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 )( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する

More information

<5461726F2D87408140814081408E9696B19841978D81698B5E8B6089F08EDF>

<5461726F2D87408140814081408E9696B19841978D81698B5E8B6089F08EDF> 事 務 連 絡 平 成 23 年 3 月 3 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 御 中 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 柔 道 整 復 施 術 療 養 費 に

More information

Microsoft Word - 【溶け込み】【修正】第2章~第4章

Microsoft Word - 【溶け込み】【修正】第2章~第4章 第 4 章 金 要 件 と 金 額 1 ( 高 齢 になった 場 合 に 受 け 取 れる 金 ) 要 件 1 受 資 格 期 間 保 険 料 納 付 済 期 間 と 保 険 料 免 除 期 間 を 合 わせて25 以 上 あること (ただし 金 額 には 反 映 されないが 受 資 格 期 間 には 算 入 される 合 算 対 象 期 間 があります) 消 費 税 が 引 き 上 げられる 27

More information

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 16 年 7 月 1 日 規 程 第 8 号 ) 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 総 則 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 に 対 する 退 職 手 当 の 支 給 については この 規 程 の 定 めるところによる

More information

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで 定 年 後 再 雇 用 職 員 就 業 規 則 01- 一 般 -00006 平 成 13 年 4 月 1 日 改 正 03- 一 般 -00030 平 成 15 年 12 月 4 日 改 正 06- 一 般 -00117 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 09- 一 般 -00109 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 10- 一 般 -00258 平 成 22 年 6 月 30 日

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information

診療行為コード

診療行為コード 別 添 5 オンライン 又 は 光 ディスク 等 による 請 求 に 係 る 診 療 行 為 コード ( 医 科 用 DPC 用 ) 平 成 20 年 4 月 版 凡 例 1 診 療 行 為 コードは 次 により 設 定 している (1) コードの 設 定 対 象 範 囲 コードの 設 定 対 象 範 囲 は 診 療 報 酬 の 算 定 方 法 ( 平 成 20 年 3 月 5 日 厚 生 労 働

More information

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活 西 宮 市 外 国 人 等 高 齢 者 特 別 給 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 制 度 上 国 籍 要 件 があったために 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできなかった 外 国 人 ( 外 国 人 登 録 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 125 号 )に 規 定 する 外 国 人 で 本 市 を 居 住 地

More information

Taro-◆220630育児休業規程.jtd

Taro-◆220630育児休業規程.jtd 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 規 程 第 36 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 41 条 および 公 立 大 学 法 人 滋 賀

More information

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 2 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適

More information

部 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) 参 事 官 首 席 監 察 官 警 務 部 長 参 事 所 属 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) そ の 他 の 職 員 所 属 長 2 指 定 権 者 は 勤 務 指 定 を 行 ったときは 職 員 に 対 し 速 やかにこれを 明 示 す

部 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) 参 事 官 首 席 監 察 官 警 務 部 長 参 事 所 属 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) そ の 他 の 職 員 所 属 長 2 指 定 権 者 は 勤 務 指 定 を 行 ったときは 職 員 に 対 し 速 やかにこれを 明 示 す 山 口 県 警 察 に 勤 務 する 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 訓 令 平 成 7 年 3 月 31 日 本 部 訓 令 第 1 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 訓 令 は 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 条 例 ( 昭 和 28 年 山 口 県 条 例 第 11 号 以 下 勤 務 時 間 条 例 という ) 及

More information

原 資 保 証 型 変 額 個 人 保 険 普 通 保 険 款 ( 平 成 20 4 月 1 日 改 正 ) (この 保 険 の 概 要 ) この 保 険 は 支 払 開 始 日 の 前 日 までの 特 別 勘 定 の 運 用 実 績 により 増 減 する 積 立 額 または 基 本 保 険 額 に

原 資 保 証 型 変 額 個 人 保 険 普 通 保 険 款 ( 平 成 20 4 月 1 日 改 正 ) (この 保 険 の 概 要 ) この 保 険 は 支 払 開 始 日 の 前 日 までの 特 別 勘 定 の 運 用 実 績 により 増 減 する 積 立 額 または 基 本 保 険 額 に 原 資 保 証 型 変 額 個 人 保 険 普 通 保 険 款 目 次 この 保 険 の 概 要 1. 特 別 勘 定 および 積 立 第 1 条 特 別 勘 定 第 2 条 特 別 勘 定 群 および 特 別 勘 定 群 に 含 まれる 特 別 勘 定 の 種 類 第 3 条 特 別 勘 定 の 指 定 第 4 条 積 立 第 5 条 特 別 勘 定 の 廃 止 に 伴 う 積 立 の 移 転 9.

More information

○00106 年俸制適用職員給与規則( 改正)

○00106 年俸制適用職員給与規則( 改正) 国 立 大 学 法 人 熊 本 大 学 年 俸 制 適 用 職 員 給 与 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 7 条 ) 第 2 章 基 本 年 俸 給 の 決 定 ( 第 8 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 業 績 給 ( 第 12 条 第 13 条 ) 第 4 章 手 当 ( 第 14 条 - 第 40 条 ) 第 5 章 給 与 の 特 例 等 ( 第 41 条

More information

独立行政法人勤労者退職金共済機構職員退職手当規程

独立行政法人勤労者退職金共済機構職員退職手当規程 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 ) 改 正 平 成 18 年 10 月 2 日 改 正 平 成 21 年 12 月 1 日 改 正 平 成 23 年 10 月 1 日 改 正 平 成 26 年 3 月 1 日 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は

More information

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例 東 近 江 行 政 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 改 正 平 成 6 年 12 月 27 日 条 例 第 5 号 平 成 10 年 3 月 12 日 条 例 第 1 号 平 成 11 年 12 月 24 日 条 例 第 7 号 平 成 13 年 3 月 19 日 条 例 第 3 号 平 成 14 年 3 月 11 日 条 例 第 5 号 平 成 18 年 3 月 16

More information

一部解約可能型定期預金(複利型)規定

一部解約可能型定期預金(複利型)規定 一 部 解 約 可 能 型 定 期 預 金 ( 複 利 型 ) 規 定 この 規 定 は 一 部 解 約 可 能 型 定 期 預 金 ( 複 利 型 )についての 当 行 の 取 扱 いを 記 載 したものです な お この 預 金 には 満 期 時 に 自 動 継 続 の 取 扱 いをするもの( 以 下 自 動 継 続 型 といいます )と 自 動 解 約 の 取 扱 いをするもの( 以 下 満

More information

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定 1.( 自 動 継 続 ) (1) 自 動 継 続 自 由 金 利 型 定 期 預 金 ( 以 下 この 預 金 といいます )は 通 帳 記 載 の 満 期 日 に 前 回 と 同 一 期 間 の 自 由 金 利 型 定 期 預 金 に 自 動 的 に 継 続 します 継 続 された 預 金 についても 同 様 とします (2) この 預 金 の 継 続 後 の 利 率 は 継 続 日 ( 継 続

More information

弁護士報酬規定(抜粋)

弁護士報酬規定(抜粋) はなみずき 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 定 ( 抜 粋 ) 2008 年 10 月 改 訂 2014 年 4 月 * 以 下 の 弁 護 士 報 酬 は いずれも 税 込 です ただし D E L の2の 表 に 基 づき 算 出 さ れた 金 額 については 消 費 税 を 上 乗 せした 額 を 弁 護 士 報 酬 とします 目 次 A 法 律 相 談 料 B 顧 問 料 C 手

More information

退職手当とは

退職手当とは 第 3 退 職 手 当 について 1 退 職 手 当 とは 退 職 手 当 は 教 職 員 が 退 職 ( 又 は 死 亡 )した 場 合 に その 者 又 は 遺 族 に 一 時 金 として 支 給 される 給 与 で 給 料 の 補 充 的 な 性 格 をもつ 他 の 手 当 とは 異 なり 勤 続 報 償 的 な 性 格 を 有 する 手 当 であ って その 取 扱 いは 教 職 員 及 び

More information

Microsoft Word - 制度の概要_ED.docx

Microsoft Word - 制度の概要_ED.docx 退 職 手 当 制 度 について 制 度 の 概 要 1 退 職 手 当 の 支 給 根 拠 退 職 手 当 は 地 方 自 治 法 第 204 条 第 2 項 ( 諸 手 当 )の 規 定 に 基 づき 地 方 公 共 団 体 が 職 員 に 支 給 する 手 当 の 一 つです 同 条 第 3 項 において その 額 及 びその 支 給 方 法 は 条 例 で 定 めなければならな いとしており

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

は 1 時 間 ( 年 次 有 給 休 暇 5 日 を 限 度 )とすることができる 2 1 時 間 を 単 位 として 使 用 した 年 次 有 給 休 暇 を 日 に 換 算 する 場 合 は 8 時 間 をもって1 日 とする ( 病 気 有 給 休 暇 ) 第 4 条 規 則 第 20 条

は 1 時 間 ( 年 次 有 給 休 暇 5 日 を 限 度 )とすることができる 2 1 時 間 を 単 位 として 使 用 した 年 次 有 給 休 暇 を 日 に 換 算 する 場 合 は 8 時 間 をもって1 日 とする ( 病 気 有 給 休 暇 ) 第 4 条 規 則 第 20 条 公 益 社 団 法 人 全 国 市 有 物 件 災 害 共 済 会 職 員 の 休 暇 に 関 する 規 程 平 成 24 年 10 月 15 日 制 定 平 成 26 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 27 年 10 月 1 日 一 部 改 正 平 成 28 年 4 月 1 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 別 に 定 めるもののほか 職 員 就 業 規

More information

<5461726F2D3038303232315F97CC8EFB8F91814596BE8DD78F9192CA926D>

<5461726F2D3038303232315F97CC8EFB8F91814596BE8DD78F9192CA926D> 保 発 第 0305002 号 平 成 20 年 3 月 5 日 地 方 社 会 事 務 局 長 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 局 長 医 療 費 の 内 容 の 分 かる 領 収 証 の 交 付 について の 一 部 改 正 について 標 記 については 診 療 報 酬 の 算 定 方 法 ( 平 成 20 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 59 号 )が 制 定 され 同 告

More information

   新潟市市税口座振替事務取扱要領

   新潟市市税口座振替事務取扱要領 昭 和 63 年 4 月 1 日 制 定 平 成 13 年 5 月 1 日 全 部 改 正 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 19 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 19 年 12 月 1 日 一 部 改 正 平 成 21 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 24 年 7 月 17 日 一 部 改 正 平 成

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

27-042職員退職手当規程270401

27-042職員退職手当規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 10 月 1 日 18 規 程 第 39 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 42 号 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則

More information

[ 組 合 員 期 間 等 の 特 例 ] 組 合 員 期 間 等 については 年 齢 職 種 などにより 過 去 の 制 度 からの 経 過 措 置 が 設 けられ ており 被 用 者 年 制 度 の 加 入 期 間 ( 各 共 済 組 合 の 組 合 員 期 間 など)については 生 年 月 日

[ 組 合 員 期 間 等 の 特 例 ] 組 合 員 期 間 等 については 年 齢 職 種 などにより 過 去 の 制 度 からの 経 過 措 置 が 設 けられ ており 被 用 者 年 制 度 の 加 入 期 間 ( 各 共 済 組 合 の 組 合 員 期 間 など)については 生 年 月 日 年 1 年 制 度 の 概 要 1 長 期 給 付 の 種 類 ( 共 済 年 と 基 礎 年 の 種 類 ) 長 期 給 付 は 組 合 員 又 は 組 合 員 であった 方 が 一 定 の 年 齢 に 達 したとき 病 気 やけがによっ て 障 害 の 状 態 になったとき 死 亡 したときなどに 給 付 され 組 合 員 又 は 組 合 員 であった 方 とそ の 家 族 の 生 活 の 安

More information

公平委員会設置条例

公平委員会設置条例 熊 本 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 熊 本 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 19 年 条 例 第 13 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 1 条 中 法 を 育 児 休 業 法 に 改 め

More information

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464>

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464> 5. 滋 賀 県 建 設 工 事 監 督 要 領 5-1 滋 賀 県 工 事 監 督 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 滋 賀 県 建 設 工 事 執 行 規 則 ( 昭 和 58 年 4 月 20 日 滋 賀 県 規 則 第 30 号 以 下 執 行 規 則 という )に 定 めるもののほか 県 が 施 行 する 請 負 工 事 の 監 督 について 必 要 な 事 項 を 定

More information

tokutei2-7.xls

tokutei2-7.xls 出 産 育 児 に 関 する 制 度 一 覧 親 になる ことが 判 明 子 どもが 生 まれる 前 出 産 子 育 て 期 間 中 1 妊 娠 障 害 休 暇 ( 女 性 のみ) 2 妊 娠 中 の 通 勤 緩 和 職 免 ( 女 性 のみ) 3 妊 産 婦 の 就 業 制 限 ( 女 性 のみ) 4 保 健 指 導 職 免 除 ( 女 性 のみ) 5 産 前 産 後 休 暇 ( 女 性 のみ)

More information