1. 背 景 秋 田 キャンパスネット( 以 下 ACN)は 2009 年 8 月 にネパールスタディーツアーを 実 施 した そのスタディーツ アーを 通 して 1 現 地 の 大 学 生 環 境 ボランティア 団 体 である Children for Green New Nepal( 以 下 C

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "1. 背 景 秋 田 キャンパスネット( 以 下 ACN)は 2009 年 8 月 にネパールスタディーツアーを 実 施 した そのスタディーツ アーを 通 して 1 現 地 の 大 学 生 環 境 ボランティア 団 体 である Children for Green New Nepal( 以 下 C"

Transcription

1 ネパールスタディーツアー 企 画 書 文 責 : 天 満 真 吾 作 成 日 :1 月 20 日

2 1. 背 景 秋 田 キャンパスネット( 以 下 ACN)は 2009 年 8 月 にネパールスタディーツアーを 実 施 した そのスタディーツ アーを 通 して 1 現 地 の 大 学 生 環 境 ボランティア 団 体 である Children for Green New Nepal( 以 下 CGNN)との 共 同 プロジェクトの 企 画 2 青 年 海 外 協 力 隊 の 受 け 入 れ 団 体 であるバルマンディール 孤 児 院 での 視 察 を 行 った 1-1. CGNN との 活 動 について ACN は CGNN と 交 流 し 同 団 体 と 共 同 で 首 都 カトマンズのパタン 地 区 において ネパールを 花 と 笑 顔 で いっぱいに プロジェクト を 2009 年 9 月 から 開 始 した このプロジェクトは CGNNの 既 存 の 活 動 である パタン 地 区 における 道 路 への 生 ごみのポイ 捨 てを 減 ら す プロジェクトをベースとしている 彼 らは 家 庭 で 出 た 生 ごみを 地 域 の 人 々が 道 路 に 捨 ててしまうことに 問 題 意 識 を 持 ち それらのゴミを 一 箇 所 に 回 収 して 堆 肥 を 作 るという 活 動 をしていた この 活 動 には 約 40 世 帯 の 家 族 が 参 加 しており CGNN のメンバーが 毎 週 末 に 個 別 に 訪 問 してゴミを 回 収 その 後 堆 肥 製 作 場 所 ま で 手 で 運 んでいた しかし 生 ごみから 作 った 堆 肥 が 売 れず その 結 果 地 域 住 民 が 活 動 の 参 加 意 欲 が 低 いという 状 況 であっ た そのため スタディーツアーに 参 加 した ACN メンバーはこの CGNN の 事 業 に 対 しての 協 力 の 必 要 性 を 感 じた ACNメンバーはコンポスト 事 業 をうまく 進 められるようにCGNNと 議 論 し そこで 多 くの 協 力 者 が 必 要 であ ると 分 かった その 結 果 プロジェクトへの 理 解 者 潜 在 的 協 力 者 を 増 やすために そのコンポストでできた 土 を 使 い パタンの 中 心 地 であるダルバールスクエアに 花 壇 を 作 ってはどうか という 案 が 挙 がった 花 を 植 え 同 時 に 道 路 の 清 掃 を 行 うことでゴミを 道 路 に 捨 てづらくすれば 根 本 的 にゴミの 量 が 減 るのではないかと 考 え た また このプロジェクトを ACN が 秋 田 で 紹 介 し 一 般 市 民 に 協 力 を 求 めることで 一 般 市 民 の 方 に 身 近 に 国 際 協 力 や 環 境 問 題 を 感 じる 機 会 を 提 供 し 意 識 変 容 を 促 すのと 同 時 に 実 際 に 行 動 する 機 会 を 提 供 でき るのではと 考 えた その 結 果 9 月 から 上 記 の ネパールを 花 と 笑 顔 でいっぱいに プロジェクト を 実 施 する に 至 った 具 体 的 には 秋 田 県 内 のイベントでプロジェクト 紹 介 を 行 い 賛 同 者 を 募 り 募 金 を 行 った ここで 集 まった 募 金 でCGNN が 花 鉢 ゴミ 箱 を 購 入 した 200 円 で 一 本 の 花 が 植 えられるという 具 体 的 な 内 容 を 提 示 する ことで 市 民 からの 理 解 を 得 ることができ 200 名 の 協 力 者 を 得 結 果 4 万 円 をネパールへ 募 金 した 1-2.バルマンディール 孤 児 院 での 活 動 について ACN は 2009 年 8 月 にネパールを 訪 れ 青 年 海 外 協 力 隊 の 受 け 入 れ 団 体 であるバルマンディール 孤 児 院 での 視 察 を 行 った そこでは 日 本 の NGO ネパールの 子 供 育 てる 会 の 支 援 で 編 み 物 教 室 をしていた しかし 去 年 の 冬 にその NGO の 代 表 が 亡 くなってしまい 活 動 が 頓 挫 してしまっている 今 までは 子 供 たちがこの 活 動 を 通 して 孤 児 院 の 中 にいる 内 に 貯 金 ができたため 卒 院 する 際 にある 程 度 の 自 由 が 利 いていたが 今 後 このままでは 子 供 たちは 卒 院 後 苦 労 することになる

3 また バルマンディール 孤 児 院 の 周 りにはごみがたくさん 落 ちており 汚 くなっている そこの 人 たちはごみ を 捨 てることが 悪 いという 意 識 がなく そのためにゴミのポイ 捨 てが 頻 繁 に 行 われている そのため 環 境 やご み 問 題 に 対 して 正 しい 知 識 を 得 てもらうため 子 供 たちへの 環 境 教 育 プログラムが 必 要 だと 感 じている 以 上 の 現 状 を 踏 まえ 今 後 ACN がネパールでの 活 動 をさらに 強 化 展 開 していく 上 での 調 査 活 動 の 必 要 性 を 感 じ 2010 年 3 月 にスタディーツアーを 企 画 するに 至 った 2. 目 的 このネパールスタディーツアーの 目 的 は 以 下 の 3 点 とする 1 ACN と CGNN による 事 業 の 調 査 & 実 施 ( ネパールを 花 と 笑 顔 でいっぱいに プロジェクト バルマ ンディール 孤 児 院 での 活 動 ) 2 ネパールの khaldhunga 地 方 の CGNN の 活 動 地 区 での 活 動 3 実 際 にネパールという 発 展 途 上 国 を 体 験 すること 4 ACN の 新 年 度 幹 部 メンバーと CGNN のメンバーとの 関 係 強 化 3. 内 容 このネパールスタディーツアーでは 主 に 3 つの 活 動 を 実 施 する 1 現 在 行 っている 事 業 の 調 査 2 新 しい 事 業 の 調 査 3 新 しい 事 業 の 実 施 3-1 ネパールを 花 と 笑 顔 でいっぱいに プロジェクト の 可 能 性 を 調 査 する このプロジェクトは 2009 年 9 月 から ACN と CGNN で 活 動 をしている まだ 小 規 模 であり これから 強 化 や 拡 大 していく 予 定 である 具 体 的 には プロジェクト( 花 壇 )の 場 所 を 増 やすことが 可 能 性 としてあげられる しかし 花 壇 の 場 所 を 増 やすことは CGNN の 仕 事 が 増 えるということであり ACN と CGNN での 仕 事 のバランスが 偏 っ てしまう また CGNN は 様 々な 事 業 をネパールで 行 っており 仕 事 が 多 くなると 持 続 ができなくなる 問 題 も 浮 か び 上 がる そうならないためにも 実 際 に 花 壇 が 置 いてある 場 所 を 視 察 し これから 花 壇 を 増 やしていくかどうか そうし た 場 合 に ACN と CGNN での 仕 事 のバランスはきちんととられているか そして どのようにして 持 続 可 能 なプロ ジェクトにしていくかを CGNN と 話 し 合 いを 進 める また プロジェクトの 目 標 でもあった 周 辺 住 民 の 活 動 への 参 加 意 欲 が 変 化 したかが 継 続 の 最 重 要 要 素 と 考 えら れるので 周 辺 住 民 とのコミュニケートに 時 間 を 取 りたいと 考 えている 3-2 バルマンディール 孤 児 院 の 編 み 物 教 室 の 視 察 バルマンディール 孤 児 院 では 日 本 の NGO の 支 援 で 編 み 物 教 室 を 行 っていた そこで 作 られたセーターやマ フラーなどは 日 本 に 輸 送 され 日 本 で 販 売 し そこでえ 得 られたお 金 はネパールに 送 るという 活 動 をしていたの

4 だが 2009 年 に 団 体 の 会 長 が 亡 くなってしまい 活 動 が 頓 挫 してしまっている この 活 動 がネパールの 子 供 にとっ てとても 重 要 であり この 活 動 が 無 くなってしまうと 子 供 たちの 収 入 が 減 り 進 路 選 択 の 幅 が 減 ってしまう そう ならないためにも 編 み 物 教 室 の 立 て 直 しを 図 りたいと 考 えている また 今 までのやり 方 では 一 個 の 商 品 をつく るのに 時 間 と 労 力 が 掛 かりすぎて 子 供 たちが 負 担 に 感 じていたという 情 報 もあるので 直 接 関 係 者 分 析 を 行 えればと 考 えている 3-3 山 奥 にある 村 の 学 校 へ 英 語 の 教 科 書 を 届 ける CGNN と ACN で 2009 年 8 月 のスタディーツアーの 際 に 山 奥 にある OKHALDHUNGE という 村 を 訪 れたのだ が そこの 小 学 校 は 1 年 ~4 年 までしかない 丌 完 全 な 学 校 であり 十 分 な 教 育 が 受 けられず 高 学 年 はそこか ら 徒 歩 で 離 れた 違 う 学 校 へ 通 うか 修 学 を 断 念 するしかない また その 小 学 校 には 英 語 の 教 科 書 や 本 が 丌 足 しており 自 学 をすることが 難 しい その 現 状 を 打 破 する 第 一 歩 として CGNN と ACN で 英 語 の 簡 単 な 本 や 教 科 書 をその 村 に 届 け 少 しでも 子 供 たちに 教 育 の 機 会 を 不 えたいと 考 えている そして 勉 強 することができるという 喜 びを 体 験 させる また ACN メ ンバーが 村 を 訪 問 することによって 村 の 現 状 を 知 ることができる 為 CGNN との 議 論 も 対 等 な 立 場 でできるもの と 考 える 4. 今 後 の 展 望 ACN は 2009 年 度 まで アフリカ 地 域 を 活 動 の 中 心 としてきた 来 年 度 の 方 針 として ネパール ないしアジ ア 諸 国 も 取 り 上 げることで より 活 動 の 充 実 化 を 図 りたいと 考 えている また 中 長 期 的 にはアジアの 現 地 に おける 活 動 も 視 野 に 入 れている それを 踏 まえた 上 で 下 記 の 三 点 の 活 動 を 現 在 計 画 中 である 大 学 生 による 旅 学 プロジェクト このプロジェクトは 09 年 度 秋 から 県 の 市 民 ファンドから 助 成 を 受 けて 実 施 している 活 動 で 普 通 の 大 学 生 の 旅 を 学 生 自 身 が 伝 える 報 告 会 を 実 施 し 国 際 協 力 理 解 を 身 近 に 感 じてもらうというものである また このプロジェクトの 活 動 内 容 を 製 本 し 09 年 2 月 より 販 売 する 予 定 になっている ACN ではこのプロジェクトを 10 年 度 も 継 続 しようと 考 えており 実 際 に ACN メンバーがネパールを 訪 れ その 時 の 様 々な 経 験 を 報 告 会 で 話 すということを 頭 に 入 れながら 参 加 することができれば さらに 充 実 したスタディーツアーになると 考 えてい る A A A( 秋 田 アジア アフリカ)プロジェクトの 実 施 現 在 ACN では 毎 年 春 の 事 業 として 行 ってきた AAP( 秋 田 アフリカプロジェクト)の 対 象 地 域 にネパー ル ないしアジアを 盛 り 込 む 方 向 で 事 業 計 画 を 立 てている そのプロジェクトの 中 で CGNN の 活 動 に 一 定 金 額 の 募 金 や 秋 田 東 北 地 域 での 活 動 紹 介 を 考 えている フェアトレードの 実 践 バルマンディール 孤 児 院 の 編 み 物 教 室 と 協 力 して 今 後 ACN や NPO ラシカ 秋 田 商 業 高 校 と 協 力 して 秋 田 でのフェアトレードの 実 践 を 計 画 したいと 考 えている

5 5. メンバー 6. 日 程 ACN メンバーの 4 名 大 島 広 ( 国 際 教 養 大 学 3 年 ) 木 村 祐 記 ( 秋 田 大 学 工 学 資 源 学 部 情 報 工 学 科 1 年 ) 沖 口 亮 太 ( 秋 田 大 学 教 育 文 化 学 部 国 際 言 語 文 化 学 科 1 年 ) 天 満 真 吾 ( 秋 田 大 学 教 育 文 化 学 部 国 際 言 語 文 化 学 科 1 年 ) Plans for the Nepal visit Day Activities Following Remark 15 march arrival Pick up, general intro, evening tea gathering 16 march CGNN visit Introduction, Discussion CGNN office 17 march Compost and flower project site visit Evaluation, monitor 18 march Balmandir visit march Village visit Travel, trek, meeting students,some activities 23 march Sightseeing 24 march Planning meeting/ CGNN/ACN work plan march Farewell Party, gathering, music, food evening 26 march Departures

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ 2015 ことばの 森 教 室 第 1 回 優 秀 作 品 紹 介 < 中 学 校 1 年 生 > 作 文 課 題 中 学 生 になった 感 想 と 決 意 中 1 年 生 -1 今 からチャレンジ 勉 強 が 難 しくなるのかな 部 活 動 も6 時 頃 までやっていて 勉 強 する 時 間 はあるの かな 中 学 校 に 入 学 する 前 はそんな 不 安 でいっぱいだった 4 月 7 日 中

More information

第2章 近代日本の貧困観

第2章  近代日本の貧困観 30 1867 1970 710 723 NGO 2000:32 17 18 19 2000:67] Food for Work 81695 6 7 10 1999:33] 1783 10 4400 1999:35] 2000:160] 2000:90] 1833 2000:148] 1836 2000:149] 2000:151] 2000:172 81837 [2000:143] 81837

More information

4 月 2 日 例 の 記 事 が 出 た 日 です ある 空 港 では 大 変 だったそうです A 大 学 別 科 ( 実 際 は 実 名 )のベトナム 人 留 学 生 百 数 十 名 とB 日 本 語 学 校 ( 同 )のベ トナム 人 留 学 生 7 80 人 が1 階 の 出 口 でひしめき

4 月 2 日 例 の 記 事 が 出 た 日 です ある 空 港 では 大 変 だったそうです A 大 学 別 科 ( 実 際 は 実 名 )のベトナム 人 留 学 生 百 数 十 名 とB 日 本 語 学 校 ( 同 )のベ トナム 人 留 学 生 7 80 人 が1 階 の 出 口 でひしめき 留 学 生 通 信 53 号 一 般 社 団 法 人 全 国 日 本 語 学 校 連 合 会 2015 年 4 月 8 日 慎 重 さ 求 められる 日 本 語 学 校 設 置 基 準 の 緩 和 文 部 科 学 省 法 務 省 とも 基 準 緩 和 を 否 定 官 民 協 力 してこそ 留 学 生 30 万 人 計 画 は 立 派 に 達 成 できる 波 紋 呼 んだ 産 経 新 聞 の 一 本

More information

1 会 長 あいさつ 本 日 はご 多 忙 の 中 ご 参 集 いただき 感 謝 申 し 上 げる 本 協 議 会 は 昨 年 4 月 11 日 の 設 置 以 来 銚 子 電 鉄 の 運 行 維 持 に 対 する 支 援 のあ り 方 について 協 議 し 市 長 に 対 して 意 見 及 び 助

1 会 長 あいさつ 本 日 はご 多 忙 の 中 ご 参 集 いただき 感 謝 申 し 上 げる 本 協 議 会 は 昨 年 4 月 11 日 の 設 置 以 来 銚 子 電 鉄 の 運 行 維 持 に 対 する 支 援 のあ り 方 について 協 議 し 市 長 に 対 して 意 見 及 び 助 第 5 回 銚 子 電 気 鉄 道 運 行 維 持 対 策 協 議 会 概 要 開 催 日 時 平 成 26 年 3 月 27 日 ( 木 ) 午 後 3 時 30 分 から 午 後 5 時 30 分 まで 開 催 場 所 銚 子 市 役 所 1 階 市 民 ホール 出 席 者 員 吉 原 正 己 ( 銚 子 市 観 光 協 会 会 長 銚 子 地 区 ハイタク 運 営 協 議 会 会 長 ) 唐

More information

3 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 42.8 類 似 団 体 平 均 年 齢 39.5 43.5 42.6 平 均 給 料 月 額 ( ベ

3 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 42.8 類 似 団 体 平 均 年 齢 39.5 43.5 42.6 平 均 給 料 月 額 ( ベ 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 237,074 62,820,258 千 2,607,274 千 13,549,661 千 21.6 % (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 決

More information

*日野市生ごみリサイクル2/040322.id2

*日野市生ごみリサイクル2/040322.id2 生 ごみを 調 理 する そのコツ 2 密 閉 容 器 yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy 密 閉 容 器 による 処 理 方 法 発 酵 の 進 む 条 件 を 整 える 堆 肥 化 する 場 所 と 時 期 他 の 生 ごみ 処 理 方 法 と 組 み 合 わせも 気 密 性 の 高 い 密 閉 容 器 が 複 数 あると 便 利 生 ごみの 腐 敗 は 大 敵 発 酵 促 進 材 の

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 ( 各 年 4 月 1 日 現 在 ) 110 105 (H25.4.1) 104.1 (H25.4.1) (H25.7.1) 105.2 104.1 (H25.7.1) 103.1 (H25.4.1) 106.9 (H25.7.1) 104.0 100 9

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 ( 各 年 4 月 1 日 現 在 ) 110 105 (H25.4.1) 104.1 (H25.4.1) (H25.7.1) 105.2 104.1 (H25.7.1) 103.1 (H25.4.1) 106.9 (H25.7.1) 104.0 100 9 茅 野 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 24 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 の 人 件 費 率 24 年 度 人 % % 55,760 22,775,329 804,761 3,955,168

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208C6F8CB18ED089EF8A778AEE91628DC58F49838C837C815B836781698352837E8385836A836583422932612E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208C6F8CB18ED089EF8A778AEE91628DC58F49838C837C815B836781698352837E8385836A836583422932612E646F6378> 東 日 本 大 震 災 前 後 のコミュニティに 対 する 考 え 方 の 変 化 1. 目 的 東 日 本 大 震 災 により 被 災 した 地 域 ではこれまであった 地 域 ごとのコミュニティが 崩 壊 し 被 災 者 は 新 しい 生 活 を 余 儀 なくされた 自 宅 を 再 建 する 者 や 避 難 していく 者 など そ れぞれが 意 志 決 定 を 行 い 新 しい 環 境 でのコミュニティの

More information

みどりと 環 境 誯 よ り 経 過 説 明 公 園 管 理 の 現 状 と し て 市 内 に は 約 150 か 所 の 公 園 が あ り 緊 急 性 等 に 応 じ て 優 先 順 位 を つ け て 整 備 し て い る が 日 常 の 管 理 は 行 政 だ け で は 困 難 現 在

みどりと 環 境 誯 よ り 経 過 説 明 公 園 管 理 の 現 状 と し て 市 内 に は 約 150 か 所 の 公 園 が あ り 緊 急 性 等 に 応 じ て 優 先 順 位 を つ け て 整 備 し て い る が 日 常 の 管 理 は 行 政 だ け で は 困 難 現 在 市 民 活 動 のはじめ 方 ~ 地 域 のためになにから 始 める? ~ 開 催 日 時 1 平 成 24 年 9 月 2 日 ( 日 ) 10:00~ 12:00 2 平 成 24 年 9 月 16 日 ( 日 ) 13:30~16:30 3 平 成 24 年 10 月 14 日 ( 日 ) 10:00~11:30 開 催 場 所 1 3 東 村 山 市 役 所 北 庁 舎 第 2 会 議 室

More information

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( 比 較 ベース) 39.3 歳 309,368 434,2

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( 比 較 ベース) 39.3 歳 309,368 434,2 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) の 給 与 定 員 管 理 等 について 24 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 ( 年 度 末 ) A 千 239,272 62,594,887 実 質 収 支 千 2,514,423 件 費 B 千 12,997,986 件 費 率 B/A % 20.8 (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 決

More information

1. 事 務 局 挨 拶 本 日 の 欠 席 委 員 の 報 告 委 員 15 名 のうち 1 名 欠 席 過 半 数 出 席 のため 協 議 会 の 開 催 宣 言 ~これより 委 員 長 により 議 事 進 行 ~ 2. 委 員 長 進 行 委 員 長 前 回 の 協 議 会 にて 安 全 安

1. 事 務 局 挨 拶 本 日 の 欠 席 委 員 の 報 告 委 員 15 名 のうち 1 名 欠 席 過 半 数 出 席 のため 協 議 会 の 開 催 宣 言 ~これより 委 員 長 により 議 事 進 行 ~ 2. 委 員 長 進 行 委 員 長 前 回 の 協 議 会 にて 安 全 安 平 成 27 年 度 第 2 回 多 摩 市 安 全 安 心 まちづくり 推 進 協 議 会 要 約 日 時 : 平 成 27 年 10 月 19 日 ( 月 ) 会 場 :401 会 議 室 委 員 出 席 者 14 名 藤 本 哲 也 ( 委 員 長 )/ 山 田 祐 子 ( 副 委 員 長 )/ 上 野 博 / 小 川 太 一 / 溝 口 幸 夫 / 田 村 清 太 郎 / 山 田 美 音 /

More information

家 庭 訪 問 ACB 住 旅 満 足! 向 大 阪 R 不 動 産 社 発 行 自 分 住 欲 仕 事 場 ACB ACB issue 16 家 庭 訪 問 住 02 男 性 暮 場 合 D 大 阪 市 西 区 住 大 阪 含 都 心 部 単 身 世 帯 急 増 向 住 宅 件 男 女 選

家 庭 訪 問 ACB 住 旅 満 足! 向 大 阪 R 不 動 産 社 発 行 自 分 住 欲 仕 事 場 ACB ACB issue 16 家 庭 訪 問 住 02 男 性 暮 場 合 D 大 阪 市 西 区 住 大 阪 含 都 心 部 単 身 世 帯 急 増 向 住 宅 件 男 女 選 www.a-crafts.co.jp 家 庭 訪 問 住 大 阪 R 不 動 産 業 務 日 誌 / 物 件 連 載 住 輪 街! O S A K A W O W!! 1 6 家 庭 訪 問 ACB 住 旅 満 足! 向 大 阪 R 不 動 産 社 発 行 自 分 住 欲 仕 事 場 ACB ACB issue 16 家 庭 訪 問 住 02 男 性 暮 場 合 D 家 @ 大 阪 市 西 区 住

More information

学校の業務改善に係る取組について

学校の業務改善に係る取組について 業 務 改 善 協 力 校 における 取 組 別 紙 1 県 内 7 校 の 業 務 改 善 協 力 校 では, 各 協 力 校 の 現 状 及 び 課 題 等 に 応 じた 改 善 策 の 試 験 的 な 実 施 等 が 進 められています 次 に 例 示 している 改 善 策 等 は, 各 協 力 校 が 現 在 改 善 に 向 けて 取 り 組 んでいるもの 等 をピックアップ していますので,

More information

児 童 会 活 動 の 特 質 異 年 齢 集 団 の 児 童 の 自 発 的 自 治 的 な 実 践 活 動 特 質 とした 教 育 活 動 である 3 指 導 計 画 例 ~その 作 成 にあたって~ 組 織 例 ア 児 童 会 活 動 イ 代 表 委 員 会 1 運 営 委 員 会 ( 児 童

児 童 会 活 動 の 特 質 異 年 齢 集 団 の 児 童 の 自 発 的 自 治 的 な 実 践 活 動 特 質 とした 教 育 活 動 である 3 指 導 計 画 例 ~その 作 成 にあたって~ 組 織 例 ア 児 童 会 活 動 イ 代 表 委 員 会 1 運 営 委 員 会 ( 児 童 年 間 指 導 計 画 補 助 資 料 : 指 導 者 用 ハンドブック4( 小 学 校 : 特 別 活 動 ) 特 別 活 動 ハンドブック 小 学 校 児 童 会 活 動 1 目 標 特 別 活 動 の 目 標 加 須 市 教 育 委 員 会 望 ましい 集 団 活 動 を 通 して 心 身 の 調 和 のとれた 発 達 と 個 性 の 伸 長 を 図 り 集 団 の 一 員 としてよりよい 生

More information

<4D F736F F D208CCB93638E7397CE82CC8AEE967B8C7689E FC92F994C5816A5F8A C5>

<4D F736F F D208CCB93638E7397CE82CC8AEE967B8C7689E FC92F994C5816A5F8A C5> 0 序 章 計 画 基 本 的 事 項 1. 計 画 目 的 基 本 計 画 は 都 地 法 第 4 条 に 町 村 地 適 正 な 保 全 及 び 化 推 進 に 関 する 基 本 計 画 として 規 定 されており とオープンスペースに 関 する 総 合 的 な 計 画 です 戸 田 では 地 もつ 様 々な 機 能 を 踏 まえつつ 確 保 整 備 や 化 民 間 参 加 協 力 等 促 進

More information

<8CF6955C976C8EAE816948323789FC90B3816A81698FED97A491E58B7B8E73816A483236944E93782E786C73>

<8CF6955C976C8EAE816948323789FC90B3816A81698FED97A491E58B7B8E73816A483236944E93782E786C73> 常 陸 大 宮 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 25 年 度 末 ) A B B/A 平 成 24 年 度 の 人 件 費 率 平 成 25 年 度 44,968 人 21,735,069 1,143,961

More information

( 総 務 対 策 部 ) 市 災 害 対 策 本 部 総 務 対 策 部 本 部 連 絡 班 では, 県 や 自 衛 隊, 海 上 保 安 部, 警 察 等 の 関 係 機 関 と 連 携 し 円 滑 な 災 害 復 旧 の 支 援 体 制 を 確 立 した さらに 現 地 での 災 害 復 旧

( 総 務 対 策 部 ) 市 災 害 対 策 本 部 総 務 対 策 部 本 部 連 絡 班 では, 県 や 自 衛 隊, 海 上 保 安 部, 警 察 等 の 関 係 機 関 と 連 携 し 円 滑 な 災 害 復 旧 の 支 援 体 制 を 確 立 した さらに 現 地 での 災 害 復 旧 5. 各 種 被 災 者 支 援 ⑴ 奄 美 市 市 では 奄 美 豪 雨 災 害 発 生 時 に 被 災 地 での 救 助 救 援 活 動 等 を 実 施 した そして 災 害 発 生 時 の 混 乱 した 状 況 が 収 拾 してからは, 被 災 者 に 災 害 前 の 生 活 をいち 早 く 取 り 戻 してもらうよう 早 期 の 復 旧 復 興 を 目 指 し 各 種 支 援 策 を 実 施

More information

2 3 (1) 3 (2) 5 5 (1) 5 (2) 6 (3) 7 (4) 7 (5) (1) 11 (2) (3) 15 (4)

2 3 (1) 3 (2) 5 5 (1) 5 (2) 6 (3) 7 (4) 7 (5) (1) 11 (2) (3) 15 (4) SUMMARY 23 11 14 24 7 31 1 2 3 (1) 3 (2) 5 5 (1) 5 (2) 6 (3) 7 (4) 7 (5) 8 9 10 10 (1) 11 (2) 12 13 14 15 (3) 15 (4) 16 16 16 17 1 2 22 6 4 3 1995 1 17 6 NGO NPO NGO NPO 1 10 23 6 14 3 11 4 NPO 22 6 NPO

More information

Pick up Part 01 2013C o n t e n t s Part 02 Part 03 Part 04 Pick up 4 2013 2013 5 Pick up 6 2013 2013 7 Part 01 8 2013 2013 9 10 2013 2013 11 12 2013 2013 13 14 2013 2013 15 16 2013 Part 02 18 2013 2013

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20834783528341834E835683878393816993FA8FED90B68A8895D2816A8345834683758CF68A4A97702E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20834783528341834E835683878393816993FA8FED90B68A8895D2816A8345834683758CF68A4A97702E646F63> 郡 山 市 第 二 次 環 境 基 本 計 画 策 定 の 背 景 郡 山 市 ではこれまで 郡 山 市 環 境 基 本 計 画 [ 改 定 版 ] に 基 づき 環 境 と 共 生 したまちづくりを 進 めてきました しか しながら 現 状 では 地 球 温 暖 化 による 気 候 変 動 をはじめとし て 私 たちの 生 存 基 盤 を 揺 るがすような 環 境 問 題 がますます 拡 大 深

More information

2011年5月26日

2011年5月26日 2016 年 6 月 10 日 全 国 私 立 学 校 教 職 員 組 合 連 合 ( 全 国 私 教 連 ) 中 央 執 行 委 員 長 永 島 民 男 2015 年 度 私 立 高 校 中 学 生 の 経 済 的 理 由 による 退 学 と 学 費 滞 納 調 査 のまとめ 1. 調 査 の 目 的 今 回 の 調 査 は 2015 年 度 (2015 年 4 月 ~2016 年 3 月 末 )に

More information

協働推進計画(案)

協働推進計画(案) 第 2 章 施 策 の 展 開 基 本 方 針 Ⅰ 協 働 のまちづくりの 担 い 手 を 育 成 します ねらい 協 働 のまちづくりでは まちを 構 成 する 様 々な 主 体 が 各 々の 役 割 を 認 識 して 行 動 するこ とが 必 要 です まちづくりの 担 い 手 としては 条 例 で 定 めた4 者 ( 市 民 市 民 活 動 団 体 事 業 者 市 )のほかにも 大 学 などの

More information

<3031964C93878BE68B8F8F5A8E7889878E968BC691498D6C88CF88F589EF8E9F91E62E786477>

<3031964C93878BE68B8F8F5A8E7889878E968BC691498D6C88CF88F589EF8E9F91E62E786477> 日 時 場 所 平 成 26 年 5 月 22 日 ( 木 曜 日 ) 午 前 10 時 00 分 ~10 時 30 分 豊 島 区 役 所 本 庁 舎 4 階 第 二 委 員 会 室 次 第 1. 開 会 2. 選 考 (1) 事 業 者 についての 評 価 河 野 敦 子 NPO 法 人 リトルワンズ (2)シングルマザー 支 援 事 業 者 の 決 定 3. 閉 会 事 務 連 絡 平 成 26

More information

◆安全と安心

◆安全と安心 第 6 章 地 域 別 の 環 境 配 慮 宇 土 市 を 分 割 した7 地 区 について,それぞれの 特 性 を 踏 まえた 計 画 の 方 向 性 について, 地 域 別 の 環 境 配 慮 指 針 として 明 らかにします なお, 地 区 区 分 は 上 位 計 画 である 宇 土 市 総 合 計 画 や 関 連 計 画 である 宇 土 市 都 市 計 画 マス タープラン * の 考 え

More information

池 田 市 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 ( 平 成 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 人 口 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 前 年 度 の 人 件 費 率 101,638 人 363 億

池 田 市 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 ( 平 成 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 人 口 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 前 年 度 の 人 件 費 率 101,638 人 363 億 池 田 市 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 目 次 1 総 括 1 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 3 3 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員 数 等 の 状 況 職 員 の 手 当 の 状 況 56 5 特 別 職 の 報 酬 等 の 状 況 7 6 職 員 数 採 用 試 験 の 状 況 811 7 勤 務 時 間 その 他 の 勤 務 条

More information

[ 今 後 の 予 定 ] - 夏 休 みに 新 高 校 1 年 生 になった 歌 津 中 学 校 出 身 の 生 徒 の 卒 業 式 を 行 う ( 夏 休 みの 期 間 については 未 定 ) [その 他 ] - 現 在 物 資 は 十 分 足 りているが 今 後 減 ってくる 可 能 性 があ

[ 今 後 の 予 定 ] - 夏 休 みに 新 高 校 1 年 生 になった 歌 津 中 学 校 出 身 の 生 徒 の 卒 業 式 を 行 う ( 夏 休 みの 期 間 については 未 定 ) [その 他 ] - 現 在 物 資 は 十 分 足 りているが 今 後 減 ってくる 可 能 性 があ Heart on Coin 絆 プロジェクト ~はじめに~ この 度 5 月 6 日 から 5 月 12 日 に 渡 り 西 宮 教 育 委 員 会 職 員 の 方 々に 加 え 大 阪 大 学 同 大 学 院 の 学 生 6 名 と 共 に Heart on Coin 絆 プロジェクトのメンバーである 関 西 学 院 大 学 生 4 名 が 宮 城 県 南 三 陸 町 の 歌 津 中 学 校 に

More information

2 職 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額

2 職 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 の 給 与 定 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 ( 平 成 24 年 度 末 ) A 平 成 24 年 度 144,543 42,978,315 実 質 収 支 2,354,861 件 費 B 6,317,67 件 費 率 B/A 14.7 ( 参 考 ) 平 成 23 年 度 の 件 費 率 13.8

More information

YACレポート2013.indd

YACレポート2013.indd 税 務 平 成 25 年 度 税 制 改 正 について YAC 税 理 士 法 人 シニアマネージャー 山 田 晴 康 ( 公 認 会 計 士 ) 自 民 公 明 両 党 は 1 月 24 日 に 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 を 決 定 しました 今 回 の 税 制 改 正 では 安 倍 政 権 が 掲 げるデフレ 脱 却 と 景 気 浮 揚 を 税 制 面 から 後 押 しするため

More information

Microsoft PowerPoint - H24FFI通信

Microsoft PowerPoint - H24FFI通信 2012 年 4 月 16 日 第 1 号 4 月 11 日 ( 水 )に 新 入 生 オリエンテーションが 行 われました 農 業 クラブの 説 明 や 三 大 行 事 の 説 明 学 科 紹 介 に 実 習 服 の 紹 介 を 行 いました このプロジェクトは 日 頃 から 学 んでいる 食 や 農 のアイデア やノウハウを 活 かして 被 災 地 を 笑 顔 にしよう!という 高 校 生 の

More information

<819D483235944E93788B8B975E8CF6955C9770288CF6955C9770292E786C7378>

<819D483235944E93788B8B975E8CF6955C9770288CF6955C9770292E786C7378> 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 岐 阜 市 の 給 与 定 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 3 年 度 の 人 件 費 率 年 度 人 08,307 1,9,10 9,07,66 7,1,77 18.8 18.7 ( 注 ) 人

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208C7689E68F918DF492E8837D836A83858341838B28323730328E9E935F816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208C7689E68F918DF492E8837D836A83858341838B28323730328E9E935F816A2E646F63> まちづくり 計 画 書 策 定 マニュアル (H27.3 時 点 ) 1 まちづくり 計 画 書 とは 2 まちづくり 計 画 書 内 容 ( 例 ) 3 まちづくり 計 画 書 策 定 順 ( 例 ) 4 まちづくり 計 画 書 認 定 基 準 < 参 考 > モデル 事 業 3 校 区 取 り 組 み - 1 - 1 まちづくり 計 画 書 とは まちづくり 計 画 書 は 地 域 におけるまちづくり

More information

<976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8267323820288F4390B38DCF95AA292E786C73>

<976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8267323820288F4390B38DCF95AA292E786C73> 別 紙 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 8 年 日 ) A B B/A 5 年 度 の 件 費 率 6 年 度,6,9,979 千 千 千 5,5 58,6 8..4 () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会

More information

市民提案型・行政提案型 協働事業提案書

市民提案型・行政提案型 協働事業提案書 第 1 号 様 式 -2 A 事 業 の 名 称 B 提 案 事 業 の 概 要 C 事 業 予 算 ( 概 算 ) 市 民 提 案 型 行 政 提 案 型 協 働 事 業 提 案 書 キーワード: 津 久 井 の 間 伐 材 で 森 林 を 再 生 する 商 品 開 発 および 環 境 学 習 事 業 1. 現 状 課 題 (150 文 字 程 度 ) 全 国 的 に 荒 廃 している 森 林 を

More information

Microsoft Word - H27給与・定員公表

Microsoft Word - H27給与・定員公表 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 平 成 25 年 度 高 槻 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 平 成 26 年 1 月 1 日 ) A B B/A 356,388 110,105,834 575,814 19,977,777 18.1 ( 注 ) 件 費 には 退 職

More information

2 地 域 手 当 ての 見 直 し 平 成 26 年 度 の 支 給 割 合 見 直 し 後 の 支 給 割 合 平 成 27 年 度 の 支 給 割 合 国 基 準 による 支 給 割 合 0 0 0 魚 沼 市 の 支 給 割 合 0 0 0 3その 他 の 見 直 し 内 容 管 理 職 員

2 地 域 手 当 ての 見 直 し 平 成 26 年 度 の 支 給 割 合 見 直 し 後 の 支 給 割 合 平 成 27 年 度 の 支 給 割 合 国 基 準 による 支 給 割 合 0 0 0 魚 沼 市 の 支 給 割 合 0 0 0 3その 他 の 見 直 し 内 容 管 理 職 員 1 総 括 魚 沼 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 1 月 1 日 ) A B B/A 24 年 度 の 人 件 費 率 平 成 人 千 千 千 40,272 27,751,216 1,487,094 3,834,368

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 給 与 月 額 平 均 年 齢 平 均 給 料

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 給 与 月 額 平 均 年 齢 平 均 給 料 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 の 給 与 定 員 管 理 等 について 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 24 年 度 末 ) A B B/A 平 成 23 年 度 の 件 費 率 平 成 24 年 度 81,619 27,450,520 1,365,377 4,783,695 17.4%

More information

子 どもへの 思 い ~ 子 どもたちに 対 して 思 うこと 感 じること~ 高 滝 小 学 校 に 寄 付 ( 町 会 全 体 で) 挨 拶 がよくできる 元 気 ハキハキしていて 子 どもらしい すれていない 加 茂 中 学 校 後 援 会 で 寄 付 をしている 学 校 便 りを 町 会 全

子 どもへの 思 い ~ 子 どもたちに 対 して 思 うこと 感 じること~ 高 滝 小 学 校 に 寄 付 ( 町 会 全 体 で) 挨 拶 がよくできる 元 気 ハキハキしていて 子 どもらしい すれていない 加 茂 中 学 校 後 援 会 で 寄 付 をしている 学 校 便 りを 町 会 全 ( 仮 称 ) 次 世 代 育 成 支 援 推 進 条 例 ( 子 ども 条 例 ) 制 定 に 向 けた 地 区 別 懇 話 会 (タウンミーティング) 加 茂 地 区 意 見 等 一 覧 開 催 日 : 平 成 23 年 7 月 22 日 ( 金 ) 会 場 : 加 茂 支 所 会 議 室 子 どもへの 思 い ~ 子 どもたちに 対 して 思 うこと 感 じること~ 高 滝 小 学 校 に 寄

More information

<593A5C3034835B838D8353837E908490698E968BC65C83528393837C835883678145936493AE90B682B282DD8F88979D8B405C834183938350815B83675C48323520834183938350815B836792B28DB88169826732348F9590AC8CF095748ED2816A5C919795749770814548509770976C8EAE5C95BD90A

<593A5C3034835B838D8353837E908490698E968BC65C83528393837C835883678145936493AE90B682B282DD8F88979D8B405C834183938350815B83675C48323520834183938350815B836792B28DB88169826732348F9590AC8CF095748ED2816A5C919795749770814548509770976C8EAE5C95BD90A 平 成 年 度 生 ごみ 堆 肥 化 容 器 及 び 電 動 生 ごみ 処 理 機 購 入 助 成 者 へのアンケート 結 果 報 告 ( 平 成 4 年 度 購 入 助 成 者 対 象 ) はじめに 本 市 では 生 ごみの 減 量 リサイクルの 推 進 を 目 的 として 生 ごみ 堆 肥 化 容 器 及 び 電 動 生 ご み 処 理 機 購 入 者 に 対 する 助 成 制 度 を 実 施

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483234966B8CA98E738AC28BAB94928F918A54977694C591E682508D862E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483234966B8CA98E738AC28BAB94928F918A54977694C591E682508D862E646F63> 24 年 度 の 北 見 市 の 主 な 出 来 事 節 電 実 施 平 成 23 年 3 月 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 を 機 にエネルギー 問 題 が 国 民 的 議 論 を 呼 び 政 府 は 改 めて 原 子 力 発 電 のあり 方 や 今 後 のエネルギー 政 策 について 協 議 を 始 めま した また 国 内 全 ての 原 子 力 発 電 所 の 稼 動 停 止 に

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 年 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 福 岡 県 技 能 労 務 職 歳 1,19,98 9,9 歳 8,

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 年 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 福 岡 県 技 能 労 務 職 歳 1,19,98 9,9 歳 8, 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 年 度 の 件 費 率 年 度,,1,9 1, 9,9 1.1 1. 件 費 には 村 長 副 村 長 教 育 長 の 給 与 議 会 議 員 各 種 委 員

More information

1.24 年 度 補 正 及 び25 年 度 本 予 算 における 主 な 国 の 海 外 展 開 支 援 施 策 1

1.24 年 度 補 正 及 び25 年 度 本 予 算 における 主 な 国 の 海 外 展 開 支 援 施 策 1 国 の 海 外 展 開 販 路 拡 大 支 援 施 策 について 東 北 経 済 産 業 局 産 業 部 国 際 課 1.24 年 度 補 正 及 び25 年 度 本 予 算 における 主 な 国 の 海 外 展 開 支 援 施 策 1 中 小 企 業 海 外 展 開 一 環 支 援 事 業 (F/S( ) 支 援 事 業 ) F/S(フィージビリティ スタディ) : 新 規 事 業 への 参 入

More information

<483235944E93788CF6955C81698E738BE692AC91BA94C5816A2E786C73>

<483235944E93788CF6955C81698E738BE692AC91BA94C5816A2E786C73> 別 紙 常 総 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 年 度 の 人 件 費 率 人 % 年 度,,71,79 97,8,,81 1. 11.1 % () 給 与 費 の 状 況

More information

株式会社 中央宝石研究所御中

株式会社 中央宝石研究所御中 社 会 保 険 労 務 士 試 験 ガイダンス 合 格 者 に 聞 く Contents 資 料 1. 平 成 24 年 度 社 会 保 険 労 務 士 試 験 L 2. 学 習 方 法 を 確 認 しましょう B 3. 具 体 的 学 習 方 法 と 確 認 事 項 C 4. 合 格 に 必 要 なこと G 5. 合 格 者 の 声 O 対 象 : 初 学 者 リベンジ 2013.1 社 労 士

More information

1 氏 名 石 川 瑞 穂 入 会 年 度 平 成 26 年 度 明 治 大 学 農 学 部 生 命 科 学 科 所 属 部 署 農 業 対 策 部 地 元 である 栃 木 県 で 就 職 したいと 考 えていました それまで 農 業 に 直 接 携 わったことは 無 かったのですが 実 家 の 周 りの 美 しい 田 園 風 景 が 大 好 き だったことと TPP 等 の 問 題 で 農 業 を 取

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

この 冬 ニガテを 克 服 小 学 6 年 生 進 学 算 数 特 訓 [4 日 ] 1 日 80 分 3,240 小 学 5 年 生 4 年 生 進 学 算 数 特 訓 [4 日 ] 1 日 80 分 0 小 学 6 年 生 中 学 入 門 英 語 [2 日 ] 1 日 40 分 0 小 6 中

この 冬 ニガテを 克 服 小 学 6 年 生 進 学 算 数 特 訓 [4 日 ] 1 日 80 分 3,240 小 学 5 年 生 4 年 生 進 学 算 数 特 訓 [4 日 ] 1 日 80 分 0 小 学 6 年 生 中 学 入 門 英 語 [2 日 ] 1 日 40 分 0 小 6 中 この 冬 にニガテを 克 服 ライバルに 差 をつける ご 存 知 ですか 中 学 の 定 期 テストや 高 校 入 試 には 小 学 生 で 学 習 する 内 容 からも 出 題!? 中 学 校 の 定 期 試 験 や 県 立 高 校 入 試 では 小 学 生 で 学 習 する 内 容 からも 問 題 が 出 題 されています 下 の 問 題 は 実 際 に 中 学 2 年 生 の 定 期 試 験

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 及 び 平 均 給 与 の 状 況 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 埼 玉 県 43.3 類 似 団 体 平 均 年 齢 44. 43.5 42.

2 職 員 の 平 均 給 与 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 及 び 平 均 給 与 の 状 況 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 埼 玉 県 43.3 類 似 団 体 平 均 年 齢 44. 43.5 42. の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 出 額 件 費 件 費 率 実 質 収 支 ( 平 成 27 年 1 月 1 日 ) A B B/A 平 成 26 年 度 千 千 千 57,249 18,943,425 843,562 2,87,314 14.8 件 費 には 特 別 職 に 支 給 される 給

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083528373815B20816020303594AD8CBE97768E7C208CF68A4A94C5>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083528373815B20816020303594AD8CBE97768E7C208CF68A4A94C5> 平 成 25 度 第 1 回 移 動 教 育 委 員 会 懇 談 会 発 言 要 旨 開 催 日 平 成 25 年 5 月 22 日 ( 水 ) 会 場 静 岡 県 立 農 林 大 学 校 教 職 員 との 懇 談 会 14:40~15:30 参 加 者 静 岡 県 立 農 林 大 学 校 班 長 主 幹 主 査 担 当 職 員 静 岡 県 教 育 委 員 会 教 育 委 員 会 教 育 委 員 長

More information

3 質 問 議 員 松 任 中 中 村 澄 答 弁 者 竹 内 茂 市 民 生 活 部 長 西 尾 実 玲 奈 質 問 内 容 道 路 での 自 動 車 と 自 転 車 による 接 触 事 故 が 増 えてきて おり これらを 解 消 するため 自 転 車 専 用 道 路 をつくっ てはどうか また

3 質 問 議 員 松 任 中 中 村 澄 答 弁 者 竹 内 茂 市 民 生 活 部 長 西 尾 実 玲 奈 質 問 内 容 道 路 での 自 動 車 と 自 転 車 による 接 触 事 故 が 増 えてきて おり これらを 解 消 するため 自 転 車 専 用 道 路 をつくっ てはどうか また 白 山 市 子 ども 議 会 一 般 質 問 1 質 問 議 員 笠 間 中 塚 田 梨 奈 答 弁 者 山 田 憲 昭 市 長 江 下 唯 華 質 問 内 容 現 在 過 疎 が 進 んでいる 白 山 ろく 地 域 は 少 子 高 齢 化 も 進 んでおり 10 年 後 にはさらに 深 刻 化 していると 思 われ る そういった 地 域 に 若 い 人 たちを 呼 び 込 むため 空 き 家 バンクを

More information

2. 国 内 研 修 の 感 想 は? 国 内 研 修 の 魅 力 の 一 つは 自 由 でのびのびとした 雰 囲 気 の 中 で さまざまな 分 野 の 専 門 家 から 直 接 学 び お 話 を 伺 えることです 同 期 の 日 本 人 研 修 員 には 法 律 やジャーナリズム 医 学 な

2. 国 内 研 修 の 感 想 は? 国 内 研 修 の 魅 力 の 一 つは 自 由 でのびのびとした 雰 囲 気 の 中 で さまざまな 分 野 の 専 門 家 から 直 接 学 び お 話 を 伺 えることです 同 期 の 日 本 人 研 修 員 には 法 律 やジャーナリズム 医 学 な 平 成 23 年 度 研 修 員 本 間 和 実 さんの 声 プロフィール 日 本 の 大 学 大 学 院 で 学 んだ 後 国 際 協 力 機 構 (JICA)で 日 本 の 政 府 開 発 援 助 (ODA)に 携 わる 機 会 を 頂 き JICA インド 事 務 所 同 バルカン 事 務 所 に 勤 務 ボスニア ヘルツェゴビナ( 以 下 ボスニア) 赴 任 中 に 平 成 23 年 度 平

More information

幼 稚 園 教 育 と 小 学 校 教 育 との 連 続 性 幼 稚 園 における 教 育 は 義 務 教 育 就 学 前 の 教 育 として 極 めて 重 要 な 役 割 を 担 っ ていることから 子 どもの 発 達 の 連 続 性 を 踏 まえ 小 学 校 教 育 との 連 続 性 を 意 識

幼 稚 園 教 育 と 小 学 校 教 育 との 連 続 性 幼 稚 園 における 教 育 は 義 務 教 育 就 学 前 の 教 育 として 極 めて 重 要 な 役 割 を 担 っ ていることから 子 どもの 発 達 の 連 続 性 を 踏 まえ 小 学 校 教 育 との 連 続 性 を 意 識 第 4 章 これからの 幼 児 教 育 のあり 方 1. 幼 稚 園 における 教 育 の 方 向 性 (1) 幼 稚 園 における 教 育 のあり 方 1 幼 稚 園 の 役 割 幼 稚 園 は 子 どもが 家 庭 では 体 験 できない 友 達 との 集 団 生 活 を 通 して 教 員 に 支 えられながら 幼 児 期 なりの 豊 かさに 出 会 う 場 です 少 子 化 の 進 行 に 伴

More information

○福岡県警察職員財形貯蓄等事務取扱要綱の制定について(通達)

○福岡県警察職員財形貯蓄等事務取扱要綱の制定について(通達) 福 岡 県 警 察 職 員 財 形 貯 蓄 等 事 務 取 扱 要 綱 の 制 定 について( 通 達 ) 平 成 12 年 6 月 5 日 福 岡 県 警 察 本 部 内 訓 第 24 号 本 部 長 この 度 福 岡 県 警 察 職 員 財 産 形 成 貯 蓄 及 び 財 産 形 成 年 金 貯 蓄 の 実 施 について ( 昭 和 59 年 福 岡 県 警 察 本 部 内 訓 第 2 号 )の

More information

06490014_専大センチュリー.indb

06490014_専大センチュリー.indb 生 活 者 消 費 意 識 と 社 会 意 識 に 関 する 調 査 結 果 107 研 究 ノ ー ト 生 活 者 消 費 意 識 と 社 会 意 識 に 関 する 調 査 結 果 Web アンケートにもとづく 分 析 *1 神 原 理 *2 中 間 大 維 1.はじめに 2. 単 純 集 計 結 果 本 稿 目 的 は, 生 活 者 消 費 意 識 と 社 会 意 識 ( 社 会 貢 献 意 識

More information

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2%の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2%の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 平 成 26 年 度 鶴 岡 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 26 年 1 月 1 日 ) A B B/A 平 成 24 年 度 の 人 件 費 率 平 成 人 % % 25 年 度 134,630

More information

東北地方太平洋沖地震 子どもの笑顔と学び復興のための 『カタリバ基金』設立に関する ご協力のお願い

東北地方太平洋沖地震 子どもの笑顔と学び復興のための 『カタリバ基金』設立に関する ご協力のお願い 東 日 本 大 震 災 教 育 復 興 事 業 ハタチ 基 金 の 設 立 と ナナメの 関 係 で 支 える 学 びと 自 立 東 北 支 援 事 業 について 猛 スピードで 全 国 に 広 がりを 見 せる 緊 急 災 害 支 援 かなりの 量 の 物 資 が 全 国 から 集 まっている といいます これだけの 短 期 間 に 全 国 の 人 たちが 行 政 に 復 興 支 援 を 任 すことなく

More information

※本プレスリリースは特定非営利活動法ADRA Japan、特定非営利活動法人難民支援協会、特定非営利活動法人ピース ウィンズ・ジャパンおよび特定非営利活動法人チャリティ・プラットフォームの共同リリースです

※本プレスリリースは特定非営利活動法ADRA Japan、特定非営利活動法人難民支援協会、特定非営利活動法人ピース ウィンズ・ジャパンおよび特定非営利活動法人チャリティ・プラットフォームの共同リリースです 2013 年 度 ( 平 成 25 年 度 ) 事 業 報 告 書 自 2012 年 9 月 01 日 至 2013 年 8 月 31 日 公 益 社 団 法 人 Civic Force 東 京 都 千 代 田 区 九 段 南 4-7-16 1 2013 年 度 事 業 報 告 事 業 報 告 概 要 東 日 本 大 震 災 の 支 援 事 業 は 2012 年 より 実 施 している 4 つのテーマの

More information

スライド 1

スライド 1 元 気 な 日 本 復 活 予 算 5つのポイント メリハリ/ 従 来 型 の 配 分 を 大 胆 に 組 み 替 えます 拡 充 社 会 保 障 5% 増 科 学 研 究 費 補 助 金 3 割 増 重 点 化 別 枠 で 成 長 と 雇 用 に 重 点 化 見 直 し 公 共 事 業 を 実 質 5% 削 減 税 制 措 置 法 人 減 税 ( 以 降 別 枠 関 連 予 算 は と 表 示 )

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3236944E937891E63189F1934A90818E7389EE8CEC95DB8CAF895E89638BA68B6389EF8B638E96985E>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3236944E937891E63189F1934A90818E7389EE8CEC95DB8CAF895E89638BA68B6389EF8B638E96985E> 平 成 26 年 度 第 1 回 笛 吹 市 介 護 保 険 運 営 協 議 会 会 議 録 開 催 日 時 : 平 成 26 年 6 月 16 日 ( 月 )13:30~15:00 出 席 者 : 委 員 13 名 欠 席 1 名 事 務 局 :11 名 ( 保 健 福 祉 部 長 介 護 保 険 課 高 齢 福 祉 課 ) 傍 聴 者 なし 1. 開 会 2. 委 嘱 状 交 付 3. 市 長

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 平 成 4 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 ( 平 成 4 年 度 末 ) 平 成 4 年 度 379,678 豊 橋 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 ( 注 ) 件 費 には 特 別 職 に 支 給 される 給 料 報 酬 などを 含 む A 114,956,597 実 質 収 支 3,87,17

More information

2008年度 事業活動報告

2008年度 事業活動報告 2008 2008 年 度 事 業 活 動 報 告 2008 年 度 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 ハビタット 協 会 は 9 人 の 新 理 事 と 会 長 副 会 長 専 務 理 事 事 務 局 長 が 選 任 され 新 体 制 が 発 足 しました 新 体 制 のもと 力 を 注 いだのは 国 連 ハビタットとの 協 力 の 活 性 化 と 募 金 事 業 です 海 外 協 力

More information

都 市 計 画 1. 用 途 地 域 2. 容 積 率 % ( 前 面 道 路 幅 員 による 容 積 率 低 減 係 数 ) 3. 建 ぺい 率 % 角 地 敷 地 の 項 目 へ 4. 高 さ 制 限 m 高 度 地 区 第 種 5. 防 火 指 定 防 火 地 域 or 準 防 火 地 域 6

都 市 計 画 1. 用 途 地 域 2. 容 積 率 % ( 前 面 道 路 幅 員 による 容 積 率 低 減 係 数 ) 3. 建 ぺい 率 % 角 地 敷 地 の 項 目 へ 4. 高 さ 制 限 m 高 度 地 区 第 種 5. 防 火 指 定 防 火 地 域 or 準 防 火 地 域 6 物 件 所 在 地 :[ 地 番 住 居 表 示 ] 区 町 役 所 調 査 ( 新 宿 区 の 戸 建 用 住 宅 地 ) 役 所 調 査 とは 簡 単 に 言 えば その 土 地 に 家 を 建 てられるかどうか どのくらいの 規 模 の 家 が 建 てられるか を 明 らかにするためのものです 事 業 を 考 えての 不 動 産 の 取 得 なの でしたら その 土 地 でこの 商 売 はできるのか

More information

彼 と 彼 女 バランスご 飯 づくり 料 理 教 室 協 働 相 手 食 生 活 改 善 推 進 員 協 議 会 平 成 23 年 6 月 18 日 ~11 月 12 日 (3 回 開 催 ) 健 康 推 進 課 双 方 同 等 後 援 日 本 料 理 を 中 心 に 旬 地 場 産 食 材 を

彼 と 彼 女 バランスご 飯 づくり 料 理 教 室 協 働 相 手 食 生 活 改 善 推 進 員 協 議 会 平 成 23 年 6 月 18 日 ~11 月 12 日 (3 回 開 催 ) 健 康 推 進 課 双 方 同 等 後 援 日 本 料 理 を 中 心 に 旬 地 場 産 食 材 を 健 診 栄 養 運 動 教 室 協 働 相 手 食 生 活 改 善 推 進 員 協 議 会 健 康 づくり 推 進 員 会 行 政 主 体 平 成 23 年 7 月 8 日 ~11 月 26 日 (8 回 開 催 ) 健 康 推 進 課 事 業 協 力 協 定 1 日 うちに 健 診 受 診 から 肥 満 や 生 活 習 慣 病 予 防 すべてが 学 べる 教 室 で 栄 養 バランスを 考 えた

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 総 合 的

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 総 合 的 矢 掛 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) A B B/A 24 年 度 の 件 費 率 25 年 度 5,055 千 7,78,45 千 48,9 千 877,259.3 2.8 (2) 職 員 給

More information

<91E6323089F18B638E96985E88C42848509770292D322E786477>

<91E6323089F18B638E96985E88C42848509770292D322E786477> 第 20 回 東 京 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 平 成 21 年 11 月 24 日 開 催 ) 東 京 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 20 回 ) 議 事 概 要 ( 東 京 地 方 裁 判 所 委 員 会 事 務 局 ) 第 1 日 時 平 成 21 年 11 月 24 日 ( 火 )15:00~17:00 第 2 場 所 東 京 地 方 裁 判 所 第 1 会 議 室 第

More information

一般質問通告書

一般質問通告書 一 般 通 告 書 者 1 日 坂 和 久 1 大 賀 広 史 1 松 浪 健 一 郎 1 地 域 防 災 対 策 について 河 川 氾 濫 時 の 避 難 勧 告 等 の 判 断 について 伺 います 水 防 団 活 動 に 対 し 水 防 管 理 団 体 はいかな る 支 援 指 導 等 を 行 っているのか 伺 います 災 害 時 避 難 者 と 共 に 避 難 した 動 物 の 取 扱 い

More information

<4A2D3320986196F3834F838D815B836F838B837D815B835083628367836083468362834E838A835883678169945F8FEA94C5816A2E786C73>

<4A2D3320986196F3834F838D815B836F838B837D815B835083628367836083468362834E838A835883678169945F8FEA94C5816A2E786C73> 一 次 生 産 予 備 的 注 意 事 項 : 最 低 限 として 常 に 現 地 の 規 則 および 仕 向 国 の 規 則 ( 該 当 する 場 合 )が 適 用 される A. 食 品 安 全 関 連 要 素 B.A 1 記 録 維 持 食 品 安 全 に 関 する 農 業 規 範 について そのすべての 関 連 記 録 を 維 持 しなければならない B.A 1.1 すべての 必 要 記 録

More information

成 瀬 1/26 小 論 文, 集 団 討 論 1/27 個 人 面 接 集 団 討 論 のテーマ 受 検 生 試 験 官 進 行 小 学 生 のスマートフォンの 利 用 について 6 人 3 人 自 由 20~30 分 1 文 章 を 読 んで 要 約 する 1300~400 字 2グローバリゼー

成 瀬 1/26 小 論 文, 集 団 討 論 1/27 個 人 面 接 集 団 討 論 のテーマ 受 検 生 試 験 官 進 行 小 学 生 のスマートフォンの 利 用 について 6 人 3 人 自 由 20~30 分 1 文 章 を 読 んで 要 約 する 1300~400 字 2グローバリゼー < 旧 7 学 区 > 新 教 育 調 べ 八 王 子 東 1/26のみ 集 団 討 論 のテーマ 受 検 生 試 験 官 進 行 高 校 生 として 最 も 重 要 視 されるべきこと 6 人 3 人 自 由 15~30 分 1 二 酸 化 炭 素 濃 度 と 降 水 量 の 関 係 について4つの 資 料 を 全 て 使 って 述 べる 1200 字 22つの 文 を 読 んで 自 然 との 共

More information

ご 挨 拶 平 素 はネパール 野 球 ラリグラスの 会 に 温 かいご 支 援 を 賜 りましてありがと うございます 2015 年 度 のラリグラス 通 信 の 発 行 にあたり 一 言 ご 挨 拶 を 申 し 上 げたいと 思 います さて 2015 年 は 当 会 にとって 波 乱 の 年

ご 挨 拶 平 素 はネパール 野 球 ラリグラスの 会 に 温 かいご 支 援 を 賜 りましてありがと うございます 2015 年 度 のラリグラス 通 信 の 発 行 にあたり 一 言 ご 挨 拶 を 申 し 上 げたいと 思 います さて 2015 年 は 当 会 にとって 波 乱 の 年 野 球 から 広 がる 笑 顔 の 輪 ご 挨 拶 平 素 はネパール 野 球 ラリグラスの 会 に 温 かいご 支 援 を 賜 りましてありがと うございます 2015 年 度 のラリグラス 通 信 の 発 行 にあたり 一 言 ご 挨 拶 を 申 し 上 げたいと 思 います さて 2015 年 は 当 会 にとって 波 乱 の 年 となりました ご 承 知 のとお り 2015 年 4 月 25

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031343033323881798267826F8CF68A4A94C5817A91E6825489F18DD08A5191CE8DF495578F8089BB8C9F93A289EF8B63208B638E968A5497762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031343033323881798267826F8CF68A4A94C5817A91E6825489F18DD08A5191CE8DF495578F8089BB8C9F93A289EF8B63208B638E968A5497762E646F63> 平 成 26 年 4 月 10 日 内 閣 府 ( 防 災 担 当 ) 災 害 対 策 標 準 化 検 討 会 議 ( 第 5 回 ) 議 事 概 要 について 1. 第 5 回 検 討 会 議 の 概 要 日 時 : 平 成 26 年 3 月 18 日 ( 火 )13:00~15:00 場 所 : 中 央 合 同 庁 舎 第 5 号 館 3 階 A 会 議 室 出 席 者 : 小 林 委 員 中

More information

3 節 農 業 経 営 体 と 農 業 就 業 者 の 動 向 農 業 就 業 人 口 の 平 均 年 齢 は 多 くの 地 域 において 65 歳 を 超 えていますが 都 道 府 県 別 にみると その 様 相 は 異 なります 広 島 県 (70.4 歳 ) 山 口 県 (70.3 歳 ) 島

3 節 農 業 経 営 体 と 農 業 就 業 者 の 動 向 農 業 就 業 人 口 の 平 均 年 齢 は 多 くの 地 域 において 65 歳 を 超 えていますが 都 道 府 県 別 にみると その 様 相 は 異 なります 広 島 県 (70.4 歳 ) 山 口 県 (70.3 歳 ) 島 () 農 業 就 業 者 の 動 向 ( 農 業 就 業 人 口 は 引 き 続 き 減 少 高 齢 化 ) 農 業 就 業 人 口 は 平 成 (010) 年 には 61 万 人 となり 平 成 1(000) 年 と 比 べ 33% 平 成 17(005) 年 と 比 べ % 減 少 しています 1 この 減 少 の 要 因 は 高 齢 化 による 離 農 のほか 小 規 模 農 家 の 農 業

More information

長期失業者の求職活動と就業意識

長期失業者の求職活動と就業意識 第 1 章 調 査 研 究 の 目 的 方 法 と 分 析 結 果 の 概 要 第 1 節 調 査 研 究 の 目 的 バブル 経 済 崩 壊 後 の 長 期 不 況 は 労 働 市 場 の 様 相 を 一 変 させた 長 期 雇 用 慣 行 が 定 着 して いたわが 国 の 労 働 市 場 は 1980 年 代 まで 完 全 失 業 率 が 1~2%という 低 い 水 準 を 維 持 し 若 年

More information

【共通部分】(修正後11/28②Y反映18:00)

【共通部分】(修正後11/28②Y反映18:00) 介 護 予 防 サービス 支 援 計 画 表 の 記 入 の 仕 方 1. 基 本 的 な 事 項 に 関 する 項 目 群 < NO. 欄 > 利 用 者 のを 記 載 する < 利 用 者 名 欄 > 利 用 者 の 氏 名 を 記 載 する < 認 定 年 月 日 欄 > 要 介 護 認 定 の 結 果 を 受 けた 日 を 記 載 する < 認 定 の 有 効 期 間 欄 > 認 定 の 有

More information

年 (100 億 円 ) 8 月 以 降 に 20 年 か 30 年 (100 億 円 )を 発 行 する ほかは 共 同 発 行 市 場 公 募 地 方 債 の 350 億 円 年 度 合 計 の 1200 億 円 は 昨 年 度 より 200 億 円 少 ない これは 昨 年 度 に 第 3 セ

年 (100 億 円 ) 8 月 以 降 に 20 年 か 30 年 (100 億 円 )を 発 行 する ほかは 共 同 発 行 市 場 公 募 地 方 債 の 350 億 円 年 度 合 計 の 1200 億 円 は 昨 年 度 より 200 億 円 少 ない これは 昨 年 度 に 第 3 セ キャピタル アイ 特 別 企 画 : 財 務 担 当 に 聞 く 北 九 州 市 PLUS ONE の 起 債 北 九 州 市 財 政 局 財 務 部 財 政 課 財 源 調 整 係 長 の 井 上 亮 氏 -- 起 債 運 営 について 起 債 PLUS ONE を 目 指 し 毎 年 度 何 か 新 しい 取 り 組 みをしている 昨 年 度 は 初 めて 20 年 定 時 償 還 債 地 方

More information

平成23年度学校評価アンケートの分析

平成23年度学校評価アンケートの分析 平 成 24 年 2 月 17 日 平 成 23 年 度 東 京 都 立 保 谷 高 等 学 校 学 校 運 営 連 絡 協 議 会 学 校 評 価 アンケートの 分 析 評 価 基 準 について A:そう 思 う B:ややそう 思 う C:あまりそう 思 わない D そう 思 わない E:わからない A 及 び Bを 肯 定 的 な 意 見 として 全 体 における 割 合 を%で 表 示 した

More information

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc 第 1 章 総 則 広 尾 町 地 域 防 災 計 画 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 及 び 広 尾 町 防 災 会 議 条 例 ( 昭 和 38 年 条 例 第 5 号 ) 第 2 条 第 1 項 第 1 号 の 規 定 に 基 づき 広 尾 町 防 災 会 議 が 作 成

More information

Microsoft Word - newhouseowner.mht

Microsoft Word - newhouseowner.mht 住 宅 購 入 者 のための 生 命 保 険 見 直 し ハンドブック 発 行 者 : 株 式 会 社 フ ァ イ ナ ン シ ャ ル ア ソ シ エ イ ツ 文 責 : 代 表 取 締 役 藤 井 泰 輔 著 作 権 に つ い て 住 宅 購 入 者 の た め の 生 命 保 険 見 直 し ハ ン ド ブ ッ ク の 著 作 権 は 株 式 会 社 フ ァ イ ナ ン シ ャ ル ア ソ シ

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 1 2015 年 度 農 学 部 AIMS 海 外 短 期 派 遣 プログラム 募 集 説 明 会 ASEAN 発 環 境 に 配 慮 した 食 料 供 給 技 術 革 新 地 域 づくりを 担 う 次 世 代 人 材 育 成 文 部 科 学 省 大 学 の 世 界 展 開 力 強 化 事 業 ~ 海 外 との 戦 略 的 高 等 教 育 連 携 支 援 ~ 採 択 事 業 2015 年 4 月 23

More information

あなたが あったら 良 いな と 思 うテレビの 機 能 を 教 えてください その 機 能 によって 得 られる 効 果 につ いて 具 体 例 を 挙 げて 説 明 してください また それを 実 現 するための 技 術 的 な 課 題 を 考 えつく 限 りたく さんあげて 説 明 してくださ

あなたが あったら 良 いな と 思 うテレビの 機 能 を 教 えてください その 機 能 によって 得 られる 効 果 につ いて 具 体 例 を 挙 げて 説 明 してください また それを 実 現 するための 技 術 的 な 課 題 を 考 えつく 限 りたく さんあげて 説 明 してくださ ソフトバンク A モノづくり の 経 験 があれば どういったモノをつくったのか 自 らが 実 際 に 行 った 役 割 を 交 えて 詳 しく 教 えてください (200 字 以 上 ) システム プログラム 機 械 ロボ 電 子 機 器 サーバー NW 環 境 アプリなど 実 際 に 作 成 したものであれば 何 でも 結 構 です B あなたの 研 究 内 容 もしくは 勉 強 してきた 内

More information

歴 史 敗 層 収 57% 3% 3% 57% 層 判 敗 役 割 果 失 業 率 % 迫 ぐ ほ 熱 狂 判 巻 起 ぜ 敗 躍 注 パ 税 規 由 建 来 朴 反 映 草 根 守 躍 原 口 調 査 役 割 答 5% 答 % 好 答 特 分 英 植 メ 税 満 独 争 起 ボ パ 件 徴 E a

歴 史 敗 層 収 57% 3% 3% 57% 層 判 敗 役 割 果 失 業 率 % 迫 ぐ ほ 熱 狂 判 巻 起 ぜ 敗 躍 注 パ 税 規 由 建 来 朴 反 映 草 根 守 躍 原 口 調 査 役 割 答 5% 答 % 好 答 特 分 英 植 メ 税 満 独 争 起 ボ パ 件 徴 E a 特別企画 渡部 恒雄 違答 連邦 口調査 京財団研究 歴史敗 歴史敗由 2010 月 失歴史残敗喫 能 怒 満 答 移 答視 雇用 医療 ガニ争 順 ズ 1938来敗 74 失 3 別 ぞ 割合 信任 7 Vol. 4 歴 史 敗 層 収 57% 3% 3% 57% 層 判 敗 役 割 果 失 業 率 % 迫 ぐ ほ 熱 狂 判 巻 起 ぜ 敗 躍 注 パ 税 規 由 建 来 朴 反 映 草 根 守

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC82518255944E8DE090AD8C9F8FD882F093A582DC82A682BD8EE197EE90A291E382CC98568CE38E918BE082CC8F8094F582C982C282A282C456352E32>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC82518255944E8DE090AD8C9F8FD882F093A582DC82A682BD8EE197EE90A291E382CC98568CE38E918BE082CC8F8094F582C982C282A282C456352E32> 研 究 ノ ー ト 平 成 26 年 財 政 検 証 を 踏 まえた 若 齢 世 代 の 老 後 資 金 の 準 備 について 三 井 住 友 信 託 銀 行 ペンション リサーチ センター 主 任 研 究 員 藤 本 裕 三 1.はじめに < 要 旨 > 本 稿 においては 最 低 日 常 老 後 生 活 費 を 22.0 万 円 ゆとりのある 老 後 生 活 費 を 35.4 万 円 として 標

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 級 の 給 料 月 額 最 高 号 級 の 給 料 月 額 1 級 ( 単 位 : ) 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 9 級 1 級 135,6 185,8 222,9 261,

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 級 の 給 料 月 額 最 高 号 級 の 給 料 月 額 1 級 ( 単 位 : ) 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 9 級 1 級 135,6 185,8 222,9 261, 別 紙 3 宇 治 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 (23 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 19,158 6,283,229 364,56 11,757,664 19.5 ( 参 考 ) 22 年 度 の 件 費 率 2.9

More information

市職員の給与・定員管理等を公表します

市職員の給与・定員管理等を公表します 市 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 に つ い て 1. 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 25 年 度 住 民 基 本 台 帳 人 口 ( 平 成 27.1.1) 205,725 人 出 額 A 千 99,282,761 実 質 収 支 千 454,445 人 件 費 B 千 14,520,496 人 件 費 率 B/A % 14.6 ( 参

More information

定例市長記者会見資料

定例市長記者会見資料 平 成 26 年 度 第 18 回 定 例 市 長 記 者 会 見 資 料 ( 平 成 27 年 3 月 12 日 ) 札 幌 市 温 暖 化 対 策 推 進 計 画 の 完 成 について 持 続 可 能 な 低 炭 素 社 会 の 実 現 に 向 けた 温 暖 化 対 策 を 推 進 するための 計 画 である 札 幌 市 温 暖 化 対 策 推 進 計 画 が パブリックコメントを 経 て 完

More information

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73>

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73> 株 式 会 社 国 際 協 力 銀 行 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 国 会 で 認 められた 予 算 に 従 い 国 家 公 務 員 指 定 職 に 準 じた 水 準 としている なお 役 員

More information

平 成 22 年 度 女 性 雇 用 環 境 調 査 結 果 報 告 書 長 野 県 商 工 労 働 部 目 次 第 1 調 査 の 概 要... 2 第 2 調 査 結 果 の 概 要... 6 1 事 業 所 調 査... 6 (1) 回 答 事 業 所 の 属 性... 6 (2) 雇 用 管 理 について... 7 ア 新 規 学 卒 者 及 び 中 途 採 用 者 の 採 用 状 況...

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817988F38DFC8A6D92E88CB48D65817A819A81798E9197BF312D32817A819F8CE38AFA8AEE967B8C7689E6816995AA96EC95CA8C7689E6816A313230333136>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817988F38DFC8A6D92E88CB48D65817A819A81798E9197BF312D32817A819F8CE38AFA8AEE967B8C7689E6816995AA96EC95CA8C7689E6816A313230333136> 第 基 本 方 針 2 快 適 でうるおいのあるまちづくり 復 興 計 画 にかかわる 施 策 を 含 むもの 施 策 施 策 の 展 開 1 環 境 保 全 対 策 の 充 実 2 循 環 型 社 会 の 構 築 1 住 み 良 い 環 境 の 確 保 2 きれいなまちづくりの 推 進 3 省 エネルギー 新 エネルギーの 促 進 4 保 安 林 の 整 備 5 海 岸 浸 食 対 策 1 廃 棄

More information

Microsoft PowerPoint - 無料小冊子0902.pptx

Microsoft PowerPoint - 無料小冊子0902.pptx 開 業 1 2 年 目 の 会 社 が 成 長 していくために 私 たちの 事 務 所 には 開 業 間 もない 会 社 様 などから 毎 年 150 件 以 上 の 無 料 相 談 のご 依 頼 があります また 顧 問 契 約 先 の 会 社 様 の 中 にも 開 業 1 2 年 目 の 会 社 様 が 数 多 く いらっしゃいます こうしたご 相 談 やお 付 き 合 いを 通 じて 分 かってきたことは

More information

Ⅰはじめに

Ⅰはじめに 日 本 人 は 幸 福 か ~ 幸 福 度 先 進 国 との 比 較 と 日 本 人 の 幸 福 感 について~ 群 馬 県 立 前 橋 女 子 高 等 学 校 2 年 吉 川 綾 乃 Ⅰ はじめに 日 本 人 は 幸 福 か 高 校 生 の 私 にとって 非 常 に 大 きなテーマである 幸 福 かどうか というのは 非 常 に 個 人 的 な 感 覚 であり 年 齢 も 性 別 も 環 境 も

More information

Microsoft PowerPoint - 2015年5月大磯ロータリークラブ卓話

Microsoft PowerPoint - 2015年5月大磯ロータリークラブ卓話 バングラデシュ 国 際 協 力 隊 (BICP) 第 二 回 現 地 渡 航 活 動 報 告 @ 大 磯 ロータリークラブ 様 早 稲 田 大 学 文 学 部 社 会 学 コース3 年 原 貫 太 早 稲 田 大 学 教 育 学 部 社 会 科 学 専 修 2 年 高 橋 昌 弘 期 間 2015 年 3 月 2 日 18 日 ( 計 17 日 間 / 現 地 滞 在 15 日 間 ) 活 動 地

More information