いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》"

Transcription

1 Legal and Tax Report いまさら 人 には 聞 けない 企 業 破 綻 手 続 のQ&A 第 2 版 2012 年 3 月 9 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 本 稿 では わが 国 における 企 業 破 綻 手 続 の 基 本 をQ&A 形 式 で 紹 介 する 具 体 的 な 項 目 としては 主 な 企 業 破 綻 手 続 の 種 類 会 社 更 生 手 続 と 民 事 再 生 手 続 の 相 違 点 DI P 型 会 社 更 生 手 続 社 債 権 者 株 主 による 手 続 参 加 などを 取 り 上 げた 本 稿 は 2009 年 3 月 25 日 付 レポート いまさら 人 には 聞 けない 企 業 破 綻 手 続 のQ&A の 増 補 改 訂 版 である 目 次 1. 総 論 ( 制 度 全 般 について) Q1: 企 業 破 綻 手 続 にも 色 々とあるようだが 主 要 な 手 続 としてはどのようなものがあるのか? Q2: 民 事 再 生 手 続 と 会 社 更 生 手 続 は どちらも 会 社 の 再 建 を 目 指 す 手 続 とのことだが 両 者 はどこが 違 うのか? Q3: DIP 型 会 社 更 生 手 続 とは 何 か? Q4: DIP 型 会 社 更 生 手 続 や 民 事 再 生 手 続 といった 経 営 陣 が 交 代 しないスキームは 企 業 が 破 綻 しても 経 営 陣 が 居 座 り 続 けて 経 営 責 任 を 取 らず モラル ハザードを 招 くのではないか? 2. 債 権 者 と 会 社 更 生 手 続 民 事 再 生 手 続 Q5: 社 債 権 者 は 会 社 更 生 手 続 民 事 再 生 手 続 にどのように 参 加 できるのか? Q6: 担 保 権 を 設 定 している 債 権 者 は 優 先 的 な 弁 済 を 受 けることができるのか? Q7: 会 社 が 会 社 更 生 手 続 や 民 事 再 生 手 続 に 陥 ってしまったら 社 債 は 無 価 値 になるのか? 3. 株 主 と 会 社 更 生 手 続 民 事 再 生 手 続 Q8: 株 主 は 会 社 更 生 手 続 民 事 再 生 手 続 に 参 加 することはできないのか? Q9: 会 社 更 生 手 続 民 事 再 生 手 続 を 申 し 立 てた 上 場 会 社 は 必 ず 上 場 廃 止 になるのか? Q10: 会 社 が 企 業 破 綻 手 続 に 陥 ってしまったら 株 主 の 持 つ 株 式 は 無 価 値 になるのか? はじめに 企 業 の 経 営 状 況 が 悪 化 して 債 務 の 弁 済 が 困 難 になれば 破 綻 状 態 に 陥 らざるを 得 ない これは 上 場 会 社 であっても 例 外 ではない しかし 企 業 の 無 秩 序 な 破 綻 は 産 業 経 済 社 会 などに 大 きな 混 乱 を 招 く 危 険 性 がある こうした 事 態 を 回 避 するため 各 種 の 制 度 や 手 続 等 が 設 けられている 本 稿 では 寄 せられた 質 問 などを 基 に わが 国 における( 上 場 会 社 を 前 提 とした) 企 業 破 綻 の 法 的 手 続 の 基 本 をQ&A 形 式 で 紹 介 する 株 式 会 社 大 和 総 研 丸 の 内 オフィス 東 京 都 千 代 田 区 丸 の 内 一 丁 目 9 番 1 号 グラントウキョウ ノースタワー このレポートは 投 資 勧 誘 を 意 図 して 提 供 するものではありません このレポートの 掲 載 情 報 は 信 頼 できると 考 えられる 情 報 源 から 作 成 しておりますが その 正 確 性 完 全 性 を 保 証 する ものではありません また 記 載 された 意 見 や 予 測 等 は 作 成 時 点 のものであり 今 後 予 告 なく 変 更 されることがあります 大 和 総 研 の 親 会 社 である 大 和 総 研 ホールディングスと 大 和 証 券 キャピタル マーケッツ 及 び 大 和 証 券 は 大 和 証 券 グループ 本 社 を 親 会 社 とする 大 和 証 券 グループの 会 社 です 内 容 に 関 する 一 切 の 権 利 は 大 和 総 研 にあります 無 断 での 複 製 転 載 転 送 等 はご 遠 慮 ください

2 2 / 総 論 ( 制 度 全 般 について) Q1: 企 業 破 綻 手 続 にも 色 々とあるようだが 主 要 な 手 続 としてはどのようなものがあるのか? A1: 主 な 手 続 としては 清 算 型 の 破 産 手 続 と 再 建 型 の 民 事 再 生 手 続 会 社 更 生 手 続 がある 一 口 に 破 綻 手 続 といっても 様 々なものがある 大 きく 分 けて その 企 業 を 清 算 解 体 してしまう 清 算 型 の 手 続 と その 企 業 の 再 建 を 目 指 す 再 建 型 の 手 続 がある 裁 判 所 が 関 与 する 法 的 な 破 綻 手 続 のうち 清 算 型 に 分 類 されるものとしては 次 の 手 続 がある 破 産 手 続 ( 破 産 法 ) 特 別 清 算 手 続 ( 会 社 法 ) このうち 上 場 会 社 の 破 綻 のケースとして 一 般 に 目 にする 機 会 が 多 いのは 破 産 手 続 であろう 特 別 清 算 手 続 は 清 算 株 式 会 社 つまり 株 主 総 会 決 議 などによって 会 社 の 解 散 を 決 議 した 株 式 会 社 が 対 象 である( 会 社 法 477 条 ) そのため 株 主 が 分 散 している 上 場 会 社 の 破 綻 処 理 には 利 用 しづらい 手 続 と 考 えられる 裁 判 所 が 関 与 する 法 的 な 破 綻 手 続 のうち 再 建 型 に 分 類 されるものとしては 次 の 手 続 がある 民 事 再 生 手 続 ( 民 事 再 生 法 ) 会 社 更 生 手 続 ( 会 社 更 生 法 ) その 他 法 的 な 破 綻 手 続 には 該 当 しないが 当 事 者 の 合 意 に 基 づく 私 的 整 理 や 裁 判 所 が 関 与 する 特 定 調 停 第 三 者 機 関 が 行 う ADR( 裁 判 外 紛 争 解 決 手 続 ) 1 なども 広 い 意 味 での 再 建 型 の 破 綻 手 続 の 一 種 と 呼 べるだろう なお 再 建 型 の 手 続 に 入 ったからといって 必 ずその 会 社 が 再 建 できるとは 限 らない 例 えば 法 的 な 再 建 型 の 破 綻 手 続 である 民 事 再 生 手 続 や 会 社 更 生 手 続 では 原 則 再 生 計 画 案 や 更 生 計 画 案 などに 対 して 債 権 者 等 の 多 数 決 による 承 認 が 必 要 である また 私 的 整 理 などで は 原 則 債 権 者 全 員 との 合 意 が 前 提 となる 再 建 型 の 手 続 に 入 ったものの 再 建 案 に 対 する 債 権 者 等 の 承 認 合 意 を 得 ることができず 結 局 再 建 を 断 念 して 清 算 型 の 破 産 手 続 に 移 行 せざるを 得 なくなるといった 事 態 も 生 じ 得 るのである 1 具 体 的 には 事 業 再 生 実 務 家 協 会 による 事 業 再 生 ADR が 挙 げられる 事 業 再 生 実 務 家 協 会 事 業 再 生 ADR 委 員 会 事 業 再 生 ADR の 実 践 ( 商 事 法 務 2009 年 )など 参 照

3 3 / 13 Q2: 民 事 再 生 手 続 と 会 社 更 生 手 続 は どちらも 会 社 の 再 建 を 目 指 す 手 続 とのことだが 両 者 はどこ が 違 うのか? A2: 適 用 対 象 手 続 開 始 後 の 経 営 権 担 保 権 の 取 扱 いなどに 違 いがある 大 まかに 言 えば 民 事 再 生 手 続 は 相 対 的 に 柔 軟 性 迅 速 性 は 高 いが 効 力 が 限 られる 手 続 だと 言 えよう 一 方 会 社 更 生 手 続 は 相 対 的 に 厳 格 だが 強 い 効 力 をもつ 手 続 ということができるだろ う 両 者 の 主 な 相 違 点 は 次 の 図 表 のように 整 理 できるだろう 図 表 民 事 再 生 手 続 と 会 社 更 生 手 続 の 主 な 相 違 点 民 事 再 生 手 続 会 社 更 生 手 続 適 用 対 象 限 定 なし( 注 1) 株 式 会 社 のみ 手 続 開 始 後 の 経 営 権 実 務 上 原 則 現 経 営 陣 が 継 続 (いわゆるDIP) 更 生 管 財 人 (なお Q3 参 照 ) 担 保 権 原 則 実 行 可 能 ( 別 除 権 ) 原 則 実 行 不 可 計 画 案 の 承 認 原 則 下 記 の 手 続 が 必 要 再 生 債 権 者 の 承 認 ( 注 2) + 裁 判 所 の 認 可 原 則 下 記 の 手 続 が 必 要 ( 注 3) 更 生 債 権 者 の 承 認 ( 注 4) + 更 生 担 保 権 者 の 承 認 ( 注 5) + 株 主 の 承 認 ( 注 6) + 裁 判 所 の 認 可 再 建 のための 会 社 分 割 合 併 別 途 会 社 法 に 基 づく 手 続 が 必 要 更 生 計 画 によって 実 施 可 能 等 の 手 続 手 続 申 立 から 計 画 認 可 まで の 期 間 実 務 上 5ヶ 月 程 度 ( 注 7) 実 務 上 1 年 程 度 ( 注 7) (なお Q3 参 照 ) 弁 済 期 限 原 則 10 年 以 内 原 則 15 年 以 内 ( 注 8) ( 出 所 ) 各 種 資 料 に 基 づき 大 和 総 研 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 作 成 ( 注 1) 個 人 による 利 用 も 可 能 ( 注 2) 議 決 権 を 行 使 した 議 決 権 者 の 過 半 数 かつ 議 決 権 者 の 議 決 権 の 総 額 の1/2 以 上 の 同 意 ( 民 事 再 生 法 172 条 の3 第 1 項 ) ( 注 3) 承 認 決 議 のための 組 分 けは 更 に 細 分 化 される 場 合 もある ( 注 4) 議 決 権 を 行 使 することができる 更 生 債 権 者 の 議 決 権 の 総 額 の1/2 超 の 同 意 ( 会 社 更 生 法 196 条 5 項 1 号 ) ( 注 5) 議 決 権 を 行 使 することができる 更 生 担 保 権 者 の 議 決 権 の 総 額 の3/4( 期 限 の 猶 予 の 定 めの 場 合 は 2/3) 以 上 の 同 意 ( 会 社 更 生 法 196 条 5 項 2 号 ) ( 注 6) 議 決 権 を 行 使 することができる 株 主 の 議 決 権 の 総 数 の 過 半 数 の 同 意 ( 会 社 更 生 法 196 条 5 項 3 号 ) ただし 債 務 超 過 の 場 合 に は 株 主 の 承 認 は 事 実 上 不 要 とされている( 会 社 更 生 法 166 条 2 項 ) Q8 参 照 ( 注 7) 西 謙 二 中 山 孝 雄 東 京 地 裁 破 産 再 生 実 務 研 究 会 破 産 民 事 再 生 の 実 務 新 版 下 ( 金 融 財 政 事 情 研 究 会 2008 年 )pp.6-7 による ( 注 8) 特 別 の 事 情 がある 場 合 は 20 年 以 内 とされている( 会 社 更 生 法 168 条 5 項 ) 適 用 対 象 が 会 社 更 生 法 は 株 式 会 社 民 事 再 生 法 は 限 定 なし となっていることから 当 初 は 民 事 再 生 手 続 は 中 小 企 業 向 け 会 社 更 生 手 続 は 大 企 業 向 けと 考 えられていたようだ 2 しかし 実 際 2 西 謙 二 中 山 孝 雄 東 京 地 裁 破 産 再 生 実 務 研 究 会 破 産 民 事 再 生 の 実 務 新 版 下 ( 金 融 財 政 事 情 研 究 会 2008 年 ) pp.4-5 参 照

4 4 / 13 には 大 企 業 による 民 事 再 生 手 続 の 利 用 実 績 もあり 3 現 在 では 適 用 対 象 は 必 ずしも 両 者 の 本 質 的 な 相 違 点 ではなくなっていると 考 えられる 仮 に 上 場 会 社 が 破 綻 した 場 合 どちらの 手 続 を 選 択 するかについて 明 確 な 基 準 というものは 存 在 しない ただ 一 般 的 には 比 較 的 キズ が 浅 い あるいは 大 口 債 権 者 の 同 意 が 取 り 付 けられ れば 再 建 が 可 能 だと 判 断 されるような 場 合 には 民 事 再 生 手 続 比 較 的 キズ が 深 い あるいは 債 権 者 ( 特 に 担 保 権 者 )の 権 利 関 係 が 複 雑 な 場 合 には 会 社 更 生 手 続 が 選 択 されると 受 け 止 められてい るように 思 われる Q3: DIP 型 会 社 更 生 手 続 とは 何 か? A3: 例 外 的 に 現 経 営 陣 による 経 営 の 継 続 を 認 める 会 社 更 生 手 続 である 会 社 更 生 法 の 2002 年 改 正 (2003 年 4 月 1 日 施 行 )により 現 経 営 陣 であっても 違 法 な 経 営 責 任 の ない 取 締 役 等 については その 者 を 管 財 人 に 選 任 することで 経 営 を 継 続 させることが 可 能 である 旨 が 明 らかにされた 4 ( 会 社 更 生 法 67 条 3 項 など) ところが 実 務 では 当 初 更 生 手 続 を 開 始 する 以 上 は 経 営 陣 の 総 取 替 えが 行 われてきた 5 と いう 運 用 がなされていた そのため 会 社 更 生 手 続 では 現 経 営 陣 が 経 営 を 継 続 すること(DIP= Debtor In Possession)は 認 められないという 理 解 が 一 般 的 であった この 問 題 について 2008 年 12 月 会 社 更 生 手 続 を 担 当 する 東 京 地 方 裁 判 所 民 事 第 8 部 の 裁 判 官 ( 当 時 )が 次 の4 要 件 を 満 たせば 更 生 手 続 開 始 後 も 現 経 営 陣 から 管 財 人 を 選 任 して 経 営 をゆだね て 事 業 を 再 建 させることが 相 当 との 見 解 を 示 した 6 1 現 経 営 陣 に 不 正 行 為 等 の 違 法 な 経 営 責 任 の 問 題 がない 2 主 要 債 権 者 が 現 経 営 陣 の 経 営 関 与 に 反 対 していない 3スポンサーとなるべき 者 がいる 場 合 はその 了 解 がある 4 現 経 営 陣 の 経 営 関 与 によって 会 社 更 生 手 続 の 適 正 な 遂 行 が 損 なわれるような 事 情 が 認 められない こうした 方 針 が 示 されたことで 現 経 営 陣 が 経 営 を 継 続 するタイプの 会 社 更 生 手 続 いわゆる D IP 型 会 社 更 生 手 続 が 可 能 になったと 評 価 されている 3 例 えば 民 事 再 生 手 続 を 理 由 に 上 場 廃 止 になった 東 証 上 場 会 社 は 2008 年 は 11 社 2009 年 は4 社 2010 年 と 2011 年 は 各 々 1 社 確 認 される 他 方 会 社 更 生 手 続 を 理 由 に 上 場 廃 止 になった 東 証 上 場 会 社 は 2008 年 は2 社 2009 年 は6 社 2010 年 は2 社 2011 年 は0 社 であった 4 旧 法 下 でも 解 釈 上 経 営 責 任 のない 取 締 役 等 であれば 管 財 人 に 選 任 できるというのが 通 説 的 見 解 であったとされている 深 山 卓 也 菅 家 忠 行 高 山 崇 彦 村 松 秀 樹 新 しい 会 社 更 生 法 ( 金 融 財 政 事 情 研 究 会 2003 年 )p.60 など 5 難 波 孝 一 渡 部 勇 次 鈴 木 謙 也 徳 岡 治 会 社 更 生 事 件 の 最 近 の 実 情 と 今 後 の 新 たな 展 開 NBL No.895(2008 年 12 月 15 日 号 )p.13 6 難 波 孝 一 渡 部 勇 次 鈴 木 謙 也 徳 岡 治 会 社 更 生 事 件 の 最 近 の 実 情 と 今 後 の 新 たな 展 開 NBL No.895(2008 年 12 月 15 日 号 )pp.15-16

5 5 / 13 また 外 部 から 選 任 された 管 財 人 が 白 紙 からスタートする 7 従 来 型 の 会 社 更 生 手 続 と 異 なり 現 経 営 陣 による 経 営 が 継 続 する DIP 型 会 社 更 生 手 続 の 場 合 手 続 の 迅 速 化 も 可 能 といわれてい る 具 体 的 には 会 社 更 生 手 続 の 申 立 から 更 生 計 画 認 可 まで 約 6ヶ 月 強 と 民 事 再 生 手 続 並 み ( 通 常 5カ 月 8 )の 期 間 で 進 行 可 能 とされているようだ 9 これを 受 けて 実 際 に 2009 年 以 降 DIP 型 会 社 更 生 手 続 の 申 立 を 行 った 会 社 もいくつか 確 認 できる 特 に 担 保 権 を 実 行 されると 事 業 の 継 続 が 困 難 となるようなケース( 例 えば 不 動 産 関 連 会 社 が 土 地 等 を 担 保 に 提 供 している 場 合 など)などには 担 保 権 の 実 行 を 拘 束 できる 会 社 更 生 手 続 に 対 する 潜 在 的 なニーズは 高 いものと 考 えられる もっとも DIP 型 会 社 更 生 手 続 は 無 条 件 に 認 められるものではなく(Q4 参 照 ) 申 立 を 行 ったからといって 必 ずしも 現 経 営 陣 の 続 投 が 承 認 される 訳 ではない Q4: DIP 型 会 社 更 生 手 続 や 民 事 再 生 手 続 といった 経 営 陣 が 交 代 しないスキームは 企 業 が 破 綻 しても 経 営 陣 が 居 座 り 続 けて 経 営 責 任 を 取 らず モラル ハザードを 招 くのではないか? A4: DIP 型 会 社 更 生 手 続 は 無 条 件 で 認 められる 訳 ではない 民 事 再 生 手 続 でも 実 質 的 に 経 営 者 が 交 替 させられるケースもある 破 綻 後 も 現 経 営 陣 による 経 営 継 続 (DIP)が 認 められれば いわゆるモラル ハザードを 惹 き 起 こすのではないか との 懸 念 が 表 明 されることがある 確 かに こうした 懸 念 は もっともなこと だと 筆 者 も 考 える しかし DIP 型 会 社 更 生 手 続 が 認 められるためには 現 経 営 陣 に 不 正 行 為 等 の 違 法 な 経 営 責 任 の 問 題 がないなど 一 定 の 要 件 が 課 されることとなる(Q3 参 照 ) つまり 無 条 件 で 現 経 営 陣 の 経 営 継 続 が 認 められる 訳 ではない また 民 事 再 生 手 続 についても 原 則 現 経 営 陣 が 経 営 を 継 続 するというのが 実 務 上 の 対 応 だと されている しかし 法 律 上 は 必 要 に 応 じて 裁 判 所 が 管 財 人 を 選 任 して 現 経 営 陣 から 経 営 権 を 奪 うことも 認 められている( 民 事 再 生 法 64 条 など) 加 えて 民 事 再 生 手 続 では 裁 判 所 が 直 接 管 財 人 を 選 任 しなくても 破 綻 企 業 自 身 の 自 主 的 な 努 力 新 たなスポンサーや 債 権 者 の 意 向 などを 背 景 に 経 営 者 の 交 替 が 行 われる 事 件 が 相 当 数 ある 10 と も 指 摘 されている 7 多 比 羅 誠 須 藤 英 章 瀬 戸 英 雄 会 社 更 生 事 件 の 最 近 の 実 情 と 今 後 の 新 たな 展 開 に 対 する 検 討 NBL No.895(2008 年 12 月 15 日 号 )p.31 なお 従 来 型 の 会 社 更 生 手 続 は 開 始 決 定 から 更 生 計 画 案 の 提 出 までの 期 間 は 約 10 ヶ 月 更 生 計 画 認 可 までは 約 1 年 と 言 われている 8 西 謙 二 中 山 孝 雄 東 京 地 裁 破 産 再 生 実 務 研 究 会 破 産 民 事 再 生 の 実 務 新 版 下 ( 金 融 財 政 事 情 研 究 会 2008 年 ) pp 難 波 孝 一 渡 部 勇 次 鈴 木 謙 也 徳 岡 治 会 社 更 生 事 件 の 最 近 の 実 情 と 今 後 の 新 たな 展 開 NBL No.895(2008 年 12 月 15 日 号 )p 西 謙 二 中 山 孝 雄 東 京 地 裁 破 産 再 生 実 務 研 究 会 破 産 民 事 再 生 の 実 務 新 版 下 ( 金 融 財 政 事 情 研 究 会 2008 年 ) pp

6 6 / 13 いずれにせよ 破 綻 企 業 の 現 経 営 陣 の 続 投 による 企 業 再 建 を 許 容 するのは あくまでも 違 法 な 経 営 責 任 がなく 経 営 に 対 する 意 欲 と 能 力 を 有 し 債 権 者 など 関 係 者 の 信 頼 が 得 られることを 前 提 に その 企 業 を 熟 知 した 現 経 営 陣 に 経 営 を 委 ねた 方 が 迅 速 な 企 業 再 建 が 期 待 できるとの 考 え 方 によるものだといえよう 11 少 なくとも DIP は 不 正 野 放 図 な 経 営 の 結 果 債 権 者 や 株 主 などに 多 大 な 迷 惑 をかけた 経 営 者 が その 地 位 に 居 座 り 続 けるようなモラル ハザードを 許 容 する 趣 旨 ではないと 考 えられる 2. 債 権 者 と 会 社 更 生 手 続 民 事 再 生 手 続 Q5: 社 債 権 者 は 会 社 更 生 手 続 民 事 再 生 手 続 にどのように 参 加 できるのか? A5: 社 債 に 社 債 管 理 者 が 設 置 されている 場 合 通 常 その 社 債 管 理 者 が 債 権 の 届 出 を 行 うことで 社 債 権 者 は 手 続 に 参 加 できるものと 考 えられる 社 債 に 社 債 管 理 者 が 設 置 されていない 場 合 社 債 権 者 は 自 ら 債 権 の 届 出 を 行 う 必 要 がある 債 権 者 が 会 社 更 生 手 続 民 事 再 生 手 続 に 参 加 して 弁 済 を 受 けるためには その 有 する 債 権 を 所 定 の 期 間 内 に 裁 判 所 に 届 け 出 なければならない( 会 社 更 生 法 138 条 民 事 再 生 法 94 条 ) 社 債 についての 債 権 の 届 出 は その 社 債 に 社 債 管 理 者 が 設 置 されているか 設 置 されていないかに よって 対 応 が 異 なっている なお ここでは 無 担 保 社 債 を 念 頭 において 説 明 する (1) 社 債 管 理 者 が 設 置 されている 場 合 社 債 に 社 債 管 理 者 が 設 置 されている 場 合 (いわゆる 社 債 管 理 者 設 置 債 ) 会 社 法 上 社 債 管 理 者 に は 社 債 に 係 る 債 権 の 実 現 を 保 全 するために 必 要 な 一 切 の 裁 判 上 又 は 裁 判 外 の 行 為 をする 権 限 を 有 する ( 会 社 法 705 条 1 項 )と 定 められている そのため 通 常 社 債 管 理 者 が 全 社 債 権 者 のために 債 権 の 届 出 を 行 うことで 社 債 権 者 は 個 別 の 届 出 なしに 手 続 に 参 加 でき 更 生 債 権 再 生 債 権 として 更 生 計 画 再 生 計 画 に 基 づいた 弁 済 を 受 けることができるものと 考 えられる もっとも 社 債 権 者 自 身 が 個 別 にその 債 権 の 届 出 を 行 うこ とも 会 社 更 生 法 上 民 事 再 生 法 上 は 必 ずしも 排 除 されてはいない( 会 社 更 生 法 190 条 1 項 1 号 民 事 再 生 法 169 条 の2 第 1 項 1 号 ) なお 債 権 者 集 会 関 係 人 集 会 における 更 生 計 画 案 再 生 計 画 案 に 対 する 社 債 権 者 による 議 決 権 行 使 のあり 方 に 関 しては 社 債 権 者 集 会 決 議 の 有 無 によって 取 扱 いが 異 なっている 1 社 債 権 者 集 会 における 社 債 管 理 者 に 対 する 授 権 決 議 がある 場 合 その 社 債 について 社 債 権 者 集 会 が 開 催 され 社 債 管 理 者 に 対 する 授 権 決 議 が 行 われた 場 合 ( 債 権 者 集 会 関 係 人 集 会 における) 更 生 計 画 案 再 生 計 画 案 に 対 する 議 決 権 は 社 債 管 理 者 が 一 括 して 11 難 波 孝 一 渡 部 勇 次 鈴 木 謙 也 徳 岡 治 会 社 更 生 事 件 の 最 近 の 実 情 と 今 後 の 新 たな 展 開 NBL No.895(2008 年 12 月 15 日 号 )pp など

7 7 / 13 行 使 することとなる( 会 社 法 706 条 など) この 場 合 個 々の 社 債 権 者 が 自 ら 議 決 権 行 使 することは 認 められない( 会 社 更 生 法 190 条 3 項 民 事 再 生 法 169 条 の2 第 3 項 ) 2 社 債 権 者 集 会 における 社 債 管 理 者 に 対 する 授 権 決 議 がない 場 合 社 債 管 理 者 に 対 する 授 権 決 議 が 行 われなかった 場 合 ( 債 権 者 集 会 関 係 人 集 会 における) 更 生 計 画 案 再 生 計 画 案 に 対 する 議 決 権 を 社 債 管 理 者 の 判 断 で 一 括 して 行 使 することはできない( 会 社 法 706 条 など) そのため ここでは 個 々の 社 債 権 者 による 議 決 権 行 使 の 可 否 が 問 題 になる 法 令 上 は 社 債 管 理 者 に 対 する 授 権 決 議 が 行 われなかった 場 合 であって 次 のいずれかに 該 当 する 社 債 権 者 に 限 り 債 権 者 集 会 関 係 者 集 会 での 議 決 権 行 使 が 認 められるとされている( 会 社 更 生 法 190 条 1 項 民 事 再 生 法 169 条 の2 第 2 項 ) ( 社 債 管 理 会 社 ではなく) 社 債 権 者 自 らがその 更 生 債 権 等 の 届 出 を 行 ったとき 社 債 管 理 者 が 更 生 債 権 等 の 届 出 を 行 った 場 合 において 所 定 の 期 間 内 に 社 債 権 者 自 らが 裁 判 所 に 対 して 議 決 権 を 行 使 する 意 思 がある 旨 の 申 出 をしたとき (2) 社 債 管 理 者 が 設 置 されていない 場 合 社 債 に 社 債 管 理 者 が 設 置 されていない 場 合 (いわゆるFA 債 など) 社 債 権 者 が 更 生 手 続 再 生 手 続 に 参 加 して 更 生 計 画 再 生 計 画 に 基 づいた 弁 済 を 受 けるためには 原 則 通 常 の 更 生 債 権 再 生 債 権 と 同 様 に 所 定 の 期 間 内 に 自 ら 債 権 の 届 出 を 行 わなければならないものと 考 えられる 債 権 者 集 会 関 係 人 集 会 における 更 生 計 画 案 再 生 計 画 案 に 対 する 議 決 権 も 原 則 個 々の 社 債 権 者 が 自 ら 行 使 するものと 考 えられる 12 Q6: 担 保 権 を 設 定 している 債 権 者 は 優 先 的 な 弁 済 を 受 けることができるのか? A6: 会 社 更 生 手 続 の 場 合 原 則 手 続 開 始 後 は 担 保 権 の 実 行 は 禁 止 中 止 され 更 生 計 画 に 従 っ て 弁 済 を 受 けることとなる ただし 更 生 計 画 の 中 では 優 先 的 な 順 位 が 与 えられる 民 事 再 生 手 続 の 場 合 原 則 担 保 権 を 個 別 実 行 して 優 先 的 に 弁 済 を 受 けることができる 会 社 更 生 手 続 上 民 事 再 生 手 続 上 担 保 権 として 特 別 の 取 扱 いを 受 けることができるのは 特 別 の 先 取 特 権 質 権 抵 当 権 ( 商 法 会 社 法 の 規 定 による) 留 置 権 に 限 定 されている( 会 社 更 生 法 2 条 10 項 民 事 再 生 法 53 条 1 項 ) 従 って 一 般 に 担 保 と 呼 ばれているものであっても 会 社 更 生 手 続 上 民 事 再 生 手 続 上 以 下 の 取 扱 いを 受 けられないものがあり 得 る 12 西 岡 清 一 郎 鹿 子 木 康 桝 谷 雄 一 東 京 地 裁 会 社 更 生 実 務 研 究 会 会 社 更 生 の 実 務 下 ( 金 融 財 政 事 情 研 究 会 2011 年 )p.296 なお 理 論 上 は 社 債 権 者 集 会 は 発 行 会 社 や 一 定 の 社 債 権 者 による 招 集 も 可 能 であることから( 会 社 法 717 条 718 条 参 照 ) 社 債 管 理 者 が 設 置 されていない 社 債 であっても 社 債 権 者 集 会 決 議 に 基 づいて 債 権 者 集 会 関 係 者 集 会 での 議 決 権 を 集 団 的 に 行 使 する 余 地 はあるようにも 思 われる もっとも 現 実 にはかなりの 困 難 を 伴 うことが 予 想 される

8 8 / 13 また 本 Q&Aは いわゆる 一 般 担 保 付 社 債 の 取 扱 いについて 言 及 するものではないことを 予 め 断 っておく 13 (1) 会 社 更 生 手 続 の 場 合 会 社 更 生 手 続 の 最 大 の 特 徴 の 一 つは 担 保 権 者 を 更 生 手 続 の 中 に 組 み 込 み その 権 利 行 使 を 制 限 し ながら 更 生 計 画 においてその 権 利 内 容 を 変 更 することを 可 能 にしていることだと 説 明 されること が 多 い 14 すなわち 更 生 担 保 権 ( 被 担 保 債 権 のうち 担 保 権 目 的 物 の 価 額 が 更 生 手 続 開 始 時 の 時 価 であると した 場 合 における 担 保 権 によって 担 保 された 範 囲 のもの( 会 社 更 生 法 2 条 10 号 ) つまり 担 保 財 産 の 時 価 相 当 額 に 当 たる 債 権 )は 原 則 更 生 手 続 開 始 後 は 被 担 保 債 権 の 弁 済 が 禁 止 され( 会 社 更 生 法 47 条 1 項 ) また 担 保 権 実 行 も 禁 止 又 は 中 止 される( 同 50 条 1 項 ) その 結 果 更 生 担 保 権 も 他 の 更 生 債 権 と 同 様 に 更 生 計 画 に 従 って 弁 済 を 受 けることとなる 例 外 的 に 事 業 の 再 生 のために 必 要 でないことが 明 らかなもの を 目 的 とする 更 生 担 保 権 につい ては 管 財 人 の 申 立 てや 職 権 に 基 づき 裁 判 所 が 担 保 実 行 の 禁 止 の 解 除 を 決 定 する 場 合 もある( 同 50 条 7 項 ) ただし この 場 合 でも 担 保 権 者 に 対 する 配 当 等 は 実 施 できない( 同 51 条 1 項 ) 換 金 代 金 は 裁 判 所 に 留 保 され 更 生 計 画 が 認 可 された 後 管 財 人 に 交 付 され 更 生 計 画 に 基 づく 弁 済 に 充 当 されることとなる 15 ( 同 51 条 2 項 ) 更 生 計 画 が 認 可 されずに 更 生 手 続 が 中 途 で 終 了 した ときに 限 り 担 保 権 者 に 対 する 配 当 等 が 実 施 されることとなる( 同 51 条 3 項 ) このように 会 社 更 生 手 続 においては 担 保 権 を 設 定 している 債 権 者 も 会 社 更 生 手 続 による 制 約 を 受 け 原 則 更 生 計 画 に 従 った 弁 済 の 対 象 となる これは 通 常 担 保 権 者 の 自 由 な 権 利 行 使 を 認 めると 更 生 会 社 の 重 要 な 工 場 機 械 等 の 諸 設 備 が 失 われるという 事 態 が 発 生 し 事 業 の 再 建 が 不 可 能 となるおそれがある 16 ためと 説 明 されている ただし 更 生 計 画 において 更 生 担 保 権 は 他 の 債 権 者 よりも 優 先 的 な 順 位 が 与 えられている( 会 社 更 生 法 168 条 3 項 ) また 更 生 計 画 において 更 生 担 保 権 の 減 免 等 を 定 める 場 合 には 更 生 担 保 権 者 の 議 決 権 の 総 額 の3/4 以 上 の 同 意 が 必 要 とされており( 同 196 条 5 項 2 号 ) 他 の 更 生 債 権 者 ( 過 半 数 の 同 意 )よりも 要 件 が 加 重 されている つまり 更 生 担 保 権 者 には 通 常 の 更 生 債 権 者 よ りも 強 い 保 護 が 与 えられているといえるだろう そのため 実 務 上 も 更 生 担 保 権 の 元 本 部 分 の 減 免 がなされることはそれほど 多 くなく 担 保 目 的 物 の 売 却 価 格 などと 連 動 した 弁 済 額 が 定 められることも 多 いとされている なお 電 気 事 業 法 上 のいわゆる 一 般 担 保 付 社 債 について 会 社 更 生 手 続 上 民 事 再 生 手 続 上 担 保 権 ではなく 一 般 先 取 特 権 に 準 じるものとして 取 り 扱 われるとの 見 解 がある( 電 気 事 業 法 37 条 参 照 ) 14 山 本 和 彦 倒 産 処 理 法 入 門 第 3 版 ( 有 斐 閣 2008 年 )p 山 本 和 彦 倒 産 処 理 法 入 門 第 3 版 ( 有 斐 閣 2008 年 )pp 西 岡 清 一 郎 鹿 子 木 康 桝 谷 雄 一 東 京 地 裁 会 社 更 生 実 務 研 究 会 会 社 更 生 の 実 務 下 ( 金 融 財 政 事 情 研 究 会 2011 年 )pp 西 岡 清 一 郎 鹿 子 木 康 桝 谷 雄 一 東 京 地 裁 会 社 更 生 実 務 研 究 会 会 社 更 生 の 実 務 下 ( 金 融 財 政 事 情 研 究 会 2011 年 )p 西 岡 清 一 郎 鹿 子 木 康 桝 谷 雄 一 東 京 地 裁 会 社 更 生 実 務 研 究 会 会 社 更 生 の 実 務 下 ( 金 融 財 政 事 情 研 究 会 2011 年 )pp

9 9 / 13 (2) 民 事 再 生 手 続 の 場 合 他 方 民 事 再 生 手 続 の 場 合 担 保 権 を 有 する 者 には 原 則 その 目 的 財 産 について 別 除 権 が 認 めら れており 民 事 再 生 手 続 の 制 約 を 受 けずに 個 別 に 担 保 権 を 実 行 して 弁 済 を 受 けることが 可 能 であ る( 民 事 再 生 法 53 条 ) ただし 担 保 目 的 物 が 事 業 の 継 続 に 欠 くことのできないものである 場 合 には 再 生 債 務 者 等 は 裁 判 所 に 対 して 担 保 権 消 滅 許 可 の 申 立 てを 行 うことができる( 同 148 条 ) これが 認 められれば 再 生 債 務 者 は 担 保 目 的 物 の 価 額 に 相 当 する 金 額 を 期 限 内 に 裁 判 所 に 納 付 して その 財 産 上 に 存 する 全 ての 担 保 権 は 消 滅 することとなる( 同 152 条 ) なお 納 付 された 金 額 は 民 事 執 行 の 手 続 に 準 じて 担 保 権 者 に 配 当 又 は 弁 済 金 として 交 付 される( 同 153 条 ) Q7: 会 社 が 会 社 更 生 手 続 や 民 事 再 生 手 続 に 陥 ってしまったら 社 債 は 無 価 値 になるのか? A7: 社 債 権 者 は 原 則 他 の 債 権 者 と 共 に 更 生 計 画 や 再 生 計 画 に 基 づいて 弁 済 を 受 けることとな る その 会 社 に 弁 済 能 力 が 残 っている 限 り その 社 債 にも 一 定 の 価 値 があるといえるだろう 社 債 の 発 行 会 社 が 会 社 更 生 手 続 や 民 事 再 生 手 続 に 陥 ってしまった 場 合 社 債 権 者 は 原 則 これ らの 手 続 への 参 加 を 通 じて 他 の 債 権 者 と 共 に 更 生 計 画 や 再 生 計 画 に 基 づいて 弁 済 を 受 ける( 債 権 を 回 収 する)ことになるものと 考 えられる( 手 続 への 参 加 についてはQ5 参 照 ) 更 生 計 画 再 生 計 画 による 弁 済 額 の 決 定 ( 権 利 の 変 更 )に 当 たっては 会 社 更 生 法 上 民 事 再 生 法 上 原 則 同 順 位 の 者 の 間 で 平 等 でなければならないと 定 められている(いわゆる 平 等 原 則 会 社 更 生 法 168 条 1 項 民 事 再 生 法 155 条 1 項 ) 他 方 順 位 の 異 なる 者 の 間 では 原 則 順 位 に 応 じた 公 正 かつ 衝 平 な 差 を 設 けなければならな いとされている(いわゆる 公 正 衝 平 の 原 則 会 社 更 生 法 168 条 3 項 民 事 再 生 法 155 条 2 項 ) なお 担 保 権 を 設 定 している 債 権 者 については 民 事 再 生 手 続 であれば 原 則 その 目 的 財 産 につ いて 別 除 権 が 認 められており 民 事 再 生 手 続 の 制 約 を 受 けずに 個 別 に 担 保 権 を 実 行 して 他 の 債 権 者 に 優 先 して 弁 済 を 受 けることができる 一 方 会 社 更 生 手 続 の 場 合 には 個 別 に 担 保 権 を 実 行 す ることは 許 されないが 更 生 計 画 において 他 の 債 権 者 よりも 優 先 的 な 順 位 が 与 えられている(Q6 参 照 ) 同 様 に 一 般 先 取 特 権 等 ( 労 働 債 権 など)についても 民 事 再 生 手 続 であれば 原 則 民 事 再 生 手 続 外 で 他 の 債 権 者 に 優 先 して 弁 済 を 受 けることができる(いわゆる 随 時 弁 済 民 事 再 生 法 122 条 ) 一 方 会 社 更 生 手 続 の 場 合 には 個 別 に 随 時 弁 済 することは 許 されないが 更 生 計 画 におい て 他 の 債 権 者 よりも 優 先 的 な 順 位 が 与 えられている このように 更 生 計 画 や 再 生 計 画 の 中 で どの 程 度 の 弁 済 を 受 けることができるかについては そ の 発 行 会 社 の 有 する 資 産 の 状 況 負 っている 負 債 の 規 模 のほか 債 権 者 間 の 優 先 劣 後 関 係 担 保 の 有 無 などによっても 大 きく 変 わってくるものと 考 えられる その 結 果 例 えば 無 担 保 社 債 の 場 合 担 保 付 のローンなどよりも 順 位 が 劣 後 する そのため 弁 済 率 が 低 くなることもあり 得 るだろう

10 10 / 13 ただ その 発 行 会 社 に 弁 済 能 力 が 残 っている 限 り 社 債 権 者 もその 債 権 の 一 部 を 回 収 することは 可 能 であり その 社 債 にも( 額 面 よりは 大 きく 毀 損 する 可 能 性 はあるものの) 一 定 の 価 値 があるとい えるだろう 3. 株 主 と 会 社 更 生 手 続 民 事 再 生 手 続 Q8: 株 主 は 会 社 更 生 手 続 民 事 再 生 手 続 に 参 加 することはできないのか? A8: 会 社 更 生 手 続 には 法 律 上 株 主 も 参 加 できることとなっている ただし いわゆる 債 務 超 過 状 態 にある 場 合 は 株 主 は 議 決 権 が 認 められず 決 議 から 排 除 されている 民 事 再 生 手 続 の 場 合 株 主 の 手 続 参 加 は 認 められていない ただし 減 資 株 式 併 合 などを 再 生 計 画 に 定 めて 株 主 総 会 を 省 略 するためには 事 前 に 裁 判 所 から 債 務 超 過 状 態 にあることの 認 定 を 受 け その 認 可 を 受 けなければならない (1) 会 社 更 生 手 続 の 場 合 会 社 更 生 手 続 の 場 合 会 社 更 生 法 上 株 主 も 会 社 の 再 建 計 画 ( 更 生 計 画 )をまとめるための 更 生 手 続 に 参 加 することが 名 目 上 は 認 められている( 会 社 更 生 法 165 条 など Q2 図 表 参 照 ) つまり 更 生 債 権 者 更 生 担 保 債 権 者 とは 異 なる 種 類 の 権 利 者 ( 組 )として 更 生 計 画 の 決 議 に 参 加 す ることができる( 同 196 条 ) つまり 会 社 の 更 生 計 画 が 承 認 を 受 けるためには 原 則 更 生 債 権 者 の 組 による 承 認 決 議 ( 過 半 数 ) 更 生 担 保 権 者 の 組 による 承 認 決 議 ( 更 生 担 保 権 の 減 免 等 を 定 める 場 合 であれば 3/ 4 以 上 )に 加 え 株 主 の 組 による 承 認 決 議 ( 過 半 数 )も 受 けた 上 で 裁 判 所 から 認 可 される 必 要 がある 18 ( 会 社 法 196 条 5 項 Q2 図 表 参 照 ) ただし その 財 産 をもって 債 務 を 完 済 することができない 状 態 すなわち いわゆる 債 務 超 過 状 態 にある 場 合 には 株 主 は 更 生 手 続 における 議 決 権 を 有 しないこととされている( 同 166 条 2 項 ) 通 常 会 社 更 生 法 の 適 用 を 受 ける 会 社 は 既 に 債 務 超 過 状 態 に 陥 っているケースが 多 く 見 られるこ とから 現 実 には 株 主 は 議 決 権 を 有 しないものとされて 更 生 計 画 の 決 議 から 排 除 されること が 多 いものと 思 われる 加 えて 破 綻 企 業 の 再 建 を 進 める 上 で 株 主 責 任 の 追 及 や 資 本 構 成 の 大 幅 な 見 直 しなどが 必 要 とな る 場 合 があるが 会 社 更 生 手 続 の 場 合 手 続 開 始 後 は 減 資 株 式 併 合 新 株 発 行 などは 更 生 計 画 によって 行 わなければならず( 同 45 条 ) 更 生 計 画 の 遂 行 に 当 たって 株 主 総 会 は 不 要 と 定 められ ている( 同 210 条 ) そのため 債 務 超 過 状 態 の 会 社 の 場 合 株 主 の 関 与 なしに 100% 減 資 や 新 スポンサーへの 新 株 発 行 18 承 認 決 議 のための 組 分 けは 例 えば 優 先 的 更 生 債 権 と 一 般 更 生 債 権 優 先 株 式 と 普 通 株 式 のよう に 更 に 細 分 化 されることもある( 西 岡 清 一 郎 鹿 子 木 康 桝 谷 雄 一 東 京 地 裁 会 社 更 生 実 務 研 究 会 会 社 更 生 の 実 務 下 ( 金 融 財 政 事 情 研 究 会 2011 年 )pp )

11 11 / 13 が 決 定 される 可 能 性 が 高 いものと 考 えられる(Q10 参 照 ) (2) 民 事 再 生 手 続 の 場 合 他 方 民 事 再 生 手 続 の 場 合 民 事 再 生 法 上 株 主 が 参 加 することはそもそも 想 定 されていない( 民 事 再 生 法 170 条 2 項 など 参 照 ) これは 民 事 再 生 手 続 の 場 合 会 社 更 生 手 続 とは 異 なり 減 資 株 式 併 合 新 株 発 行 などの 手 続 は 本 来 民 事 再 生 手 続 外 で 会 社 法 の 手 続 具 体 的 には 株 主 総 会 決 議 などに 基 づいて 行 われることが 想 定 されているためだと 考 えられる 19 もっとも 民 事 再 生 手 続 を 円 滑 に 進 める 必 要 性 があることから 一 定 の 要 件 の 下 で 減 資 株 式 併 合 新 株 発 行 などを 再 生 計 画 により( 株 主 総 会 なしで) 実 施 する 特 例 も 設 けられている すなわち 事 前 に 裁 判 所 の 許 可 を 得 た 場 合 には 減 資 株 式 併 合 などを 再 生 計 画 によって 行 うこと が 認 められる( 同 154 条 3 項 161 条 166 条 1 項 など) 裁 判 所 は その 財 産 をもって 債 務 を 完 済 することができない 状 態 すなわち いわゆる 債 務 超 過 状 態 にあることを 認 定 した 場 合 に 限 っ て その 許 可 を 行 うことができるとされている( 同 166 条 2 項 ) 新 株 発 行 についても 事 前 に 裁 判 所 の 許 可 を 得 た 上 で 再 生 計 画 によって 行 うことが 可 能 である( 同 154 条 4 項 ) ただし 発 行 できるのは 譲 渡 制 限 株 式 に 限 られ 裁 判 所 の 許 可 も 上 記 の 会 社 が 債 務 超 過 状 態 にあることに 加 え その 新 株 発 行 が 再 生 債 務 者 の 事 業 の 継 続 に 欠 くことのできないも のである ことが 認 定 された 場 合 に 限 り 認 められることとされている( 同 166 条 の2) いずれにせよ 民 事 再 生 手 続 においても 債 務 超 過 状 態 の 会 社 の 場 合 株 主 の 関 与 なしに 100% 減 資 や 新 スポンサーへの 新 株 発 行 などがなされる 可 能 性 があるといえるだろう(Q10 参 照 ) Q9: 会 社 更 生 手 続 民 事 再 生 手 続 を 申 し 立 てた 上 場 会 社 は 必 ず 上 場 廃 止 になるのか? A9: 原 則 上 場 廃 止 だが 例 外 的 に 上 場 維 持 が 認 められる 場 合 もある 例 えば 東 京 証 券 取 引 所 ( 以 下 東 証 )の 場 合 上 場 廃 止 事 由 として 次 の 事 由 が 定 められている( 東 証 有 価 証 券 上 場 規 程 601 条 1 項 7 号 同 施 行 規 則 601 条 7 項 ) 上 場 会 社 が 法 律 の 規 定 に 基 づく 会 社 の 破 産 手 続 再 生 手 続 若 しくは 更 生 手 続 を 必 要 とするに 至 った 場 合 又 はこれに 準 ずる 状 態 になった 場 合 従 って 上 場 会 社 が 破 産 手 続 民 事 再 生 手 続 会 社 更 生 手 続 の 申 立 を 行 った 場 合 には その 会 社 は 原 則 として 上 場 廃 止 となる 山 本 和 彦 倒 産 処 理 法 入 門 第 3 版 ( 有 斐 閣 2008 年 )p 一 般 的 には 整 理 銘 柄 に 指 定 された 後 1ヶ 月 後 に 上 場 廃 止 となる

12 12 / 13 ただし 民 事 再 生 手 続 や 会 社 更 生 手 続 の 申 立 であっても 次 の 要 件 を 満 たす 場 合 には 例 外 的 に 上 場 維 持 を 認 めることとされている( 同 前 ) ( 申 立 時 に) 再 建 計 画 が 適 切 に 開 示 されること 再 建 計 画 が 裁 判 所 の 認 可 を 得 られる 見 込 みがあること 再 建 計 画 が 上 場 有 価 証 券 の 全 部 を 消 却 するもの(いわゆる 100% 減 資 など)ではないこと 再 建 計 画 の 開 示 日 から1ヶ 月 間 の 時 価 総 額 が 10 億 円 以 上 であること( 注 ) 公 益 投 資 者 保 護 の 観 点 から 適 当 でないと 認 められるものではないこと ( 注 ) 開 示 日 から1ヶ 月 間 の 平 均 時 価 総 額 と1ヵ 月 後 の 時 価 総 額 の 両 方 が 10 億 円 以 上 であることが 求 められる これらの 要 件 を 充 たせば 上 場 を 維 持 したまま 民 事 再 生 手 続 や 会 社 更 生 手 続 を 通 じた 経 営 再 建 を 行 う 余 地 はあるものと 考 えられる 21 なお 上 場 を 維 持 したまま 民 事 再 生 手 続 や 会 社 更 生 手 続 を 通 じた 経 営 再 建 を 目 指 すためには 所 要 の 再 建 計 画 等 の 審 査 申 請 を 東 証 に 対 して 行 う 必 要 がある これがなされない 場 合 は 原 則 上 場 廃 止 が 決 定 されるものと 考 えられる Q10: 会 社 が 企 業 破 綻 手 続 に 陥 ってしまったら 株 主 の 持 つ 株 式 は 無 価 値 になるのか? A10:100% 減 資 などにより 無 価 値 化 することが 多 いだろうが 常 に 無 価 値 になるとはいい 切 れない 破 綻 手 続 に 入 った 会 社 の 財 務 状 況 資 産 状 況 は 個 社 によって 異 なる しかも 清 算 するにせよ 再 建 するにせよ そうした 会 社 の 株 主 価 値 を 算 定 することは 困 難 を 伴 う 作 業 である 仮 に 算 定 で きたとしても その 数 値 はその 時 々の 市 場 情 勢 経 済 情 勢 などに 影 響 される 可 能 性 もある そのため 破 綻 手 続 に 入 った 会 社 の 株 式 が 無 価 値 になるか 否 かを 一 律 に 論 じることは 極 めて 難 く ケース バイ ケースで 判 断 せざるを 得 ないだろう 以 下 で 論 じることも あくまでも 一 つの 考 え 方 を 示 したものに 過 ぎないことを 予 め 断 っておく (1) 債 務 超 過 状 態 に 陥 っていない 場 合 会 社 が 破 綻 手 続 に 入 ったとしても その 会 社 が 債 務 超 過 状 態 でなければ 理 論 上 その 会 社 の 株 主 の 持 つ 株 式 は 無 価 値 とはいえないものと 考 えられる すなわち 債 務 超 過 状 態 でない 以 上 仮 に その 会 社 が 全 ての 債 務 を 弁 済 しても 資 産 が 残 るもの と 考 えられる 従 って その 会 社 の 株 主 が 持 つ 株 式 には 原 則 その 残 った 資 産 について 残 余 財 産 の 分 配 に 与 る 権 利 は 残 っていると 考 えられる( 会 社 法 105 条 1 項 2 号 ) 21 裁 判 官 サイドからも( 会 社 更 生 手 続 の 場 合 であっても) 上 場 を 維 持 したまま 再 建 を 行 う 可 能 性 を 検 討 してもよいと 思 わ れる と 検 討 の 余 地 があるとの 見 解 が 示 されている( 難 波 孝 一 渡 部 勇 次 鈴 木 謙 也 徳 岡 治 会 社 更 生 事 件 の 最 近 の 実 情 と 今 後 の 新 たな 展 開 NBL No.895(2008 年 12 月 15 日 号 )pp.22)

13 13 / 13 もちろん その 株 式 について 上 場 廃 止 となって 換 金 が 極 めて 困 難 になる 再 建 計 画 の 中 で 大 規 模 な 希 釈 化 が 行 われる などといったことは 十 分 に 考 えられる また 極 端 な 場 合 には その 会 社 における 資 産 評 価 方 法 や 資 産 の 売 却 可 能 性 によっては 実 際 に 会 社 を 解 体 清 算 する 段 階 で 事 実 上 株 主 に 残 余 財 産 を 分 配 することが 困 難 であることが 明 らか になる 事 態 が 生 じることもあり 得 る しかし 理 論 上 株 主 に 残 余 財 産 を 受 け 取 る 権 利 が 残 っている 以 上 その 株 式 が 全 くの 無 価 値 だと はいい 切 れないだろう (2) 債 務 超 過 状 態 に 陥 っている 場 合 現 実 には 破 綻 手 続 の 申 立 を 行 った 会 社 は 債 務 超 過 状 態 に 陥 っている 可 能 性 が 高 いと 考 えられる ( 破 産 法 16 条 民 事 再 生 法 21 条 会 社 更 生 法 17 条 1 項 1 号 など 参 照 ) 一 般 論 としては その 会 社 が 債 務 超 過 状 態 に 陥 っているということは 全 資 産 をもってしても 債 務 を 弁 済 しきれない 状 態 だということである つまり この 状 況 下 で 破 産 手 続 によりその 会 社 を 清 算 すると 仮 定 した 場 合 株 主 として 受 け 取 ることができる 残 余 財 産 はないことが 予 想 される そう した 会 社 の 清 算 価 値 のみに 着 目 すれば 株 主 が 有 するその 会 社 に 対 する 持 分 は 事 実 上 ゼロ( 又 はマイナス)だと 見 ることができるだろう 実 際 会 社 更 生 手 続 や 民 事 再 生 手 続 において 債 務 超 過 状 態 の 会 社 については 更 生 計 画 再 生 計 画 によって 株 主 を 関 与 させずに いわゆる 100% 減 資 などによって 既 存 の 株 主 の 権 利 は 消 滅 させ ることが 可 能 となっている(Q8 参 照 ) これも 債 務 超 過 状 態 の 会 社 の 株 主 の 持 分 は 実 質 的 に 無 価 値 化 していることを 前 提 にしたものとも 考 えられるだろう もっとも 債 務 超 過 状 態 の 会 社 が 会 社 更 生 手 続 や 民 事 再 生 手 続 の 中 で 絶 対 に 100% 減 資 などが 求 められるのかというと 必 ずしもそのようには 考 えられていないようである 22 仮 に 株 主 の 権 利 を( 大 規 模 な 希 釈 化 などはあるとしても) 消 滅 させずに 再 建 が 進 められるのであ れば 理 論 上 既 存 株 主 が 再 建 後 の 企 業 の 利 益 に 与 る 余 地 ( 例 えば 配 当 や 再 上 場 など)はあると いえるだろう この 場 合 債 務 超 過 状 態 の 会 社 の 株 式 であっても 全 く 無 価 値 だとはいい 切 れないも のと 考 えられる ただし 債 務 超 過 状 態 の 会 社 の 債 権 者 や 新 たなスポンサーの 立 場 に 立 てば 既 存 株 主 の 権 利 を 消 滅 させずに 自 分 が 有 する 債 権 の 減 免 や 自 らの 資 金 の 投 下 ( 資 本 注 入 )を 盛 り 込 んだ 再 建 案 に 同 意 することは 特 別 な 事 情 がない 限 り かなりハードルが 高 いようにも 思 われる 22 会 社 更 生 手 続 の 場 合 かつては 更 生 会 社 が 債 務 超 過 に 陥 っている 場 合 には 株 主 の 権 利 を 100% 消 滅 させることが 会 社 更 生 手 続 の 確 立 された 実 務 上 の 運 用 とされてきた しかし 今 では いわゆる 100% 減 資 をしない 更 生 計 画 案 を 許 容 する 余 地 があるとの 見 解 が 裁 判 官 サイドからも 示 されている( 難 波 孝 一 渡 部 勇 次 鈴 木 謙 也 徳 岡 治 会 社 更 生 事 件 の 最 近 の 実 情 と 今 後 の 新 たな 展 開 NBL No.895(2008 年 12 月 15 日 号 )pp.22)

いまさら人には聞けない外資規制(外国人株式保有制限)のQ&A

いまさら人には聞けない外資規制(外国人株式保有制限)のQ&A その 他 法 律 2012 年 10 月 5 日 全 13 頁 いまさら 人 には 聞 けない 外 資 規 制 ( 外 国 人 株 式 保 有 制 限 )のQ&A 金 融 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 本 稿 では 航 空 法 放 送 法 など 個 別 業 法 による 外 資 規 制 ( 外 国 人 株 式 保 有 制 限 )に 関 す る 基 本 的 な 事 項 をQ&A

More information

経産省の総会運営ガイドライン

経産省の総会運営ガイドライン Legal and Tax Report 経 産 省 の 総 会 運 営 ガイドライン 震 災 対 応 も 含 めて 2011 年 5 月 31 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 2011 年 4 月 28 日 経 産 省 は 当 面 の 株 主 総 会 の 運 営 について を 公 表 した これは 有 識 者 や 実 務 担 当 者 によるタスクフォースでの

More information

「知る前契約」に関するインサイダー見直し

「知る前契約」に関するインサイダー見直し 証 券 金 融 取 引 の 法 制 度 2015 年 9 月 18 日 全 14 頁 知 る 前 契 約 に 関 するインサイダー 見 直 し 金 融 調 査 部 主 任 研 究 員 横 山 淳 [ 要 約 ] 2015 年 9 月 2 日 インサイダー 取 引 規 制 の 適 用 除 外 規 定 に 関 する 内 閣 府 令 及 びガイド ラインの 改 正 が 行 われた 具 体 的 には いわゆる

More information

適時開示などに関する東証規則改正

適時開示などに関する東証規則改正 Legal and Tax Report 適 時 開 示 などに 関 する 東 証 上 場 制 度 総 合 整 備 プログラム 東 証 規 則 改 正 2010 年 1 月 8 日 全 5 頁 制 度 調 査 部 横 山 淳 [ 要 約 ] 2009 年 12 月 22 日 東 証 は 上 場 制 度 整 備 の 実 行 計 画 2009( 速 やかに 実 施 する 事 項 ) に 基 づ く 業

More information

消費税増税先送りに伴う他政策への影響

消費税増税先送りに伴う他政策への影響 税 制 A to Z 2014 年 11 月 21 日 全 13 頁 消 費 税 増 税 先 送 りに 伴 う 他 政 策 への 影 響 住 宅 ローン 減 税 自 動 車 税 制 年 金 制 度 給 付 措 置 などに 影 響 金 融 調 査 部 研 究 員 是 枝 俊 悟 [ 要 約 ] 安 倍 首 相 は 2014 年 11 月 18 日 に 記 者 会 見 を 行 い 消 費 税 率 の 10%への

More information

答申第630号

答申第630号 別 紙 諮 問 第 756 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 23 収 委 審 第 号 鑑 定 評 価 書 正 本 について を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 であ る 2 異 議 申 立 ての 内 容 (1) 異 議 申 立 ての 趣 旨 本 件 異 議 申 立 ての 趣 旨 は 東 京 都 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 11 年 東 京 都 条 例 第 5 号 以 下

More information

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮)

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮) 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 平 成 25 年 12 月 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 研 究 会 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン はじめに 1. 目 的 2. 経 営 者 保 証 の 準 則 3. ガイドラインの 適 用 対 象 となり 得 る 保 証 契 約 4. 経 営 者 保 証 に 依 存 しない 融 資 の 一 層 の 促 進 (1) 主 たる

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

一 被 害 者 又 はその 法 定 代 理 人 が 損 害 及 び 加 害 者 を 知 った 時 から3 年 間 行 使 しないとき 二 不 法 行 為 の 時 から20 年 間 行 使 しないとき ( 人 の 生 命 又 は 身 体 を 害 する 不 法 行 為 による 損 害 賠 償 請 求 権

一 被 害 者 又 はその 法 定 代 理 人 が 損 害 及 び 加 害 者 を 知 った 時 から3 年 間 行 使 しないとき 二 不 法 行 為 の 時 から20 年 間 行 使 しないとき ( 人 の 生 命 又 は 身 体 を 害 する 不 法 行 為 による 損 害 賠 償 請 求 権 民 法 改 正 論 点 の 検 討 ~ 消 滅 時 効 制 度 その1~ 平 成 27 年 10 月 26 日 弁 護 士 法 人 ほくと 総 合 法 律 事 務 所 弁 護 士 平 岡 弘 次 弁 護 士 井 田 大 輔 第 1 はじめに 平 成 27 年 2 月 10 日 開 催 の 民 法 ( 債 権 関 係 ) 部 会 第 99 回 会 議 において 民 法 ( 債 権 関 係 ) の 改

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832342E3181408AE98BC6964096B18CA48B8689EF838C8357838583813281698E5289BA816A81402E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832342E3181408AE98BC6964096B18CA48B8689EF838C8357838583813281698E5289BA816A81402E646F63> 第 17 回 企 業 法 務 研 究 会 ( 平 成 24 年 1 月 16 日 )レジュメ1 楽 天 対 TBS 株 式 買 取 価 格 決 定 申 立 事 件 最 高 裁 決 定 ( 最 高 裁 三 小 平 成 23.4.19 決 定 ) インテリジェンス 株 式 買 取 価 格 決 定 申 立 事 件 最 高 裁 決 定 ( 最 高 裁 三 小 平 成 23.4.26 決 定 ) ~ 株 式

More information

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 Q&A ( 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 関 係 ) 1. 継 続 雇 用 制 度 の 導 入 Q1 1: 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 においては 事 業 主 が 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 として 継 続 雇 用 制 度 を 導 入 する 場 合 には 希 望 者 全 員 を 対 象 とするものに しなければならないのですか

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

(3) 区 分 所 有 法 第 7 条 の 先 取 特 権 の 実 行 滞 納 管 理 費 等 に 係 る 債 権 は 区 分 所 有 法 第 7 条 の 先 取 特 権 の 被 担 保 債 権 となってい るため 債 務 名 義 ( 確 定 判 決 等 )を 取 得 せずとも 先 取 特 権 の

(3) 区 分 所 有 法 第 7 条 の 先 取 特 権 の 実 行 滞 納 管 理 費 等 に 係 る 債 権 は 区 分 所 有 法 第 7 条 の 先 取 特 権 の 被 担 保 債 権 となってい るため 債 務 名 義 ( 確 定 判 決 等 )を 取 得 せずとも 先 取 特 権 の 滞 納 管 理 費 等 回 収 のための 管 理 組 合 による 措 置 に 係 るフローチャート( 解 説 ) フローチャートにおける 各 手 順 の 概 要 は つぎのとおりである (1) 督 促 管 理 組 合 は 滞 納 者 に 対 して 滞 納 管 理 費 等 の 支 払 の 督 促 とともに 今 後 も 滞 納 が 継 続 する 場 合 には その 状 況 に 応 じてさらなる 措 置

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

厚 生 年 金 基 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 たる 厚 生 年 金 の 一 部 を 国 に 代 わって 支 給 ( 代 行 給 付 )しており 当 該 支 給 を 行 うための 費 用 として 事 業 主 から 保 険 料 を 徴 収 している 加 えて 各 基 金 ごとに 上 乗 せ

厚 生 年 金 基 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 たる 厚 生 年 金 の 一 部 を 国 に 代 わって 支 給 ( 代 行 給 付 )しており 当 該 支 給 を 行 うための 費 用 として 事 業 主 から 保 険 料 を 徴 収 している 加 えて 各 基 金 ごとに 上 乗 せ 参 考 資 料 厚 生 年 金 基 金 等 の 現 状 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 たる 厚 生 年 金 の 一 部 を 国 に 代 わって 支 給 ( 代 行 給 付 )しており 当 該 支 給 を 行 うための 費 用 として 事 業 主 から 保 険 料 を 徴 収 している 加 えて 各 基 金 ごとに 上 乗 せ 給

More information

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月 税 務 訴 訟 資 料 第 263 号 -64( 順 号 12188) 名 古 屋 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 消 費 税 更 正 処 分 等 取 消 請 求 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 昭 和 税 務 署 長 ) 平 成 25 年 3 月 28 日 棄 却 上 告 上 告 受 理 申 立 ( 第 一 審 名 古 屋 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号

More information

企業年金の先行きは縮小か、普及・拡大か

企業年金の先行きは縮小か、普及・拡大か 金 融 資 本 市 場 215 年 9 月 3 日 全 1 頁 企 業 年 金 の 先 行 きは 縮 小 か 普 及 拡 大 か 厚 生 年 金 基 金 と 同 時 に DB DC においても 全 体 的 な 見 直 しが 進 む 金 融 調 査 部 研 究 員 佐 川 あぐり [ 要 約 ] 214 年 4 月 に 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための

More information

FinTech、仮想通貨などを巡る銀行法等改正法案の概要

FinTech、仮想通貨などを巡る銀行法等改正法案の概要 金 融 システムの 諸 問 題 FinTech 仮 想 通 貨 などを 巡 る 銀 行 法 等 改 正 法 案 の 概 要 2016 年 3 月 25 日 全 6 頁 5%ルール グループ 経 営 管 理 仮 想 通 貨 交 換 業 者 など 金 融 調 査 部 主 任 研 究 員 横 山 淳 [ 要 約 ] 2016 年 3 月 4 日 情 報 通 信 技 術 の 進 展 等 の 環 境 変 化

More information

いよいよ適用開始 投信制度改革 目論見書・運用報告書などの見直し

いよいよ適用開始 投信制度改革 目論見書・運用報告書などの見直し 証 券 金 融 取 引 の 法 制 度 いよいよ 適 用 開 始 投 信 制 度 改 革 目 論 見 書 運 用 報 告 書 などの 見 直 し 手 数 料 情 報 リスク 情 報 運 用 報 告 書 の 二 段 階 化 2014 年 12 月 8 日 全 15 頁 金 融 調 査 部 主 任 研 究 員 横 山 淳 [ 要 約 ] 2014 年 12 月 1 日 から 一 連 の 投 信 制 度

More information

IFRS適用後も出荷基準は適用できるのか

IFRS適用後も出荷基準は適用できるのか Legal and Tax Report 2010 年 9 月 27 日 全 9 頁 IFRS 適 用 後 も 出 荷 基 準 は 適 用 できるのか 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 鳥 毛 拓 馬 IFRS 業 種 別 レポート1 収 益 認 識 ( 現 行 IFRS)の 業 種 別 影 響 [ 要 約 ] 現 在 わが 国 の 会 計 基 準 設 定 主 体 である 企 業 会

More information

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等 入 札 説 明 書 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 に 係 る 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 )に 基 づく 一 般 競 争 入 札 については 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 公 告 日 平 成 25 年 9 月 18 日 2 分 任 経 理 責 任 者 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 財 務

More information

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会 1 税 目 1. 国 税 ( 所 得 税 ) 要 望 カテゴリー 1 69. その 他 所 得 税 ( 国 税 ) 不 動 産 所 得 と 事 業 所 得 を 統 合 すること 事 業 所 得 と 不 動 産 所 得 の 区 分 は 資 産 所 得 の 合 算 課 税 が 行 われていたころの 名 残 であり 不 動 産 所 得 にも 一 定 の 労 務 の 提 供 及 びリスクの 負 担 があり

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

file:///C|/Documents and Settings/Tajima/デスクトップ/qanda_data/q&a/minjisaisei1.htm

file:///C|/Documents and Settings/Tajima/デスクトップ/qanda_data/q&a/minjisaisei1.htm Q 最 近 新 聞 で 見 かける 民 事 再 生 手 続 とは どのような 手 続 ですか?その 概 要 や 特 徴 を 教 え てください また 私 には 住 宅 ローンがあるのですが 収 入 が 減 って 返 済 が 滞 っていま す 民 事 再 生 手 続 によって 解 決 できるでしょうか? A (1) 民 事 再 生 手 続 の 概 要 民 事 再 生 手 続 とは 平 成 12 年 4

More information

54 第 3 章 各 種 所 得 きことは 当 然 のことであるから この 枠 組 みが 設 定 されていることが 無 料 法 律 相 談 所 で 弁 護 士 の 行 う 法 律 相 談 業 務 の 事 業 性 を 損 なうものとはいえない などとして 当 該 日 当 は 事 業 所 得 に 該 当

54 第 3 章 各 種 所 得 きことは 当 然 のことであるから この 枠 組 みが 設 定 されていることが 無 料 法 律 相 談 所 で 弁 護 士 の 行 う 法 律 相 談 業 務 の 事 業 性 を 損 なうものとはいえない などとして 当 該 日 当 は 事 業 所 得 に 該 当 第 3 章 各 種 所 得 53 20 無 料 相 談 会 での 業 務 収 入 ( 事 業 所 得 ) Q 私 の 事 務 所 の 地 域 では 士 業 の7 業 種 が 合 同 して 市 民 のための 無 料 相 談 会 を 実 施 しています 私 も 所 属 する 同 業 団 体 から 依 頼 され 市 の 施 設 で1 日 無 料 相 談 に 従 事 することになりました 所 属 する 同

More information

自然災害による被災者の債務整理に関するガイドライン

自然災害による被災者の債務整理に関するガイドライン 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガイドライン 平 成 27 年 12 月 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガイドライン 研 究 会 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガイドライン 研 究 会 名 簿 ( 平 成 27 年 12 月 ) < 委 員 > ( 敬 称 略 五 十 音 順 ) 石 毛

More information

Microsoft Word - 平27答申.doc

Microsoft Word - 平27答申.doc 平 成 28 年 3 月 17 日 中 小 法 人 の 範 囲 と 税 制 のあり 方 について - 平 成 27 年 度 諮 問 に 対 する 答 申 - 日 本 税 理 士 会 連 合 会 税 制 審 議 会 税 制 審 議 会 委 員 名 簿 本 答 申 の 審 議 に 参 加 した 特 別 委 員 及 び 専 門 委 員 は 次 のとおりである 特 別 委 員 ( 会 長 ) 金 子 宏

More information

企業年金に関する制度改善要望

企業年金に関する制度改善要望 1. 企 業 の 円 滑 な 組 織 再 編 要 望 項 目 名 (1) 組 織 再 編 に 伴 う 確 定 給 付 企 業 年 金 の 分 割 時 における 年 金 資 産 の 移 換 額 算 出 方 法 の 追 加 確 定 給 付 企 業 年 金 制 度 の 分 割 又 は 権 利 義 務 承 継 に 伴 う 年 金 資 産 の 移 換 額 の 算 出 方 法 に 確 定 給 付 企 業 年 金

More information

Oike Library No37.indd

Oike Library No37.indd 財 産 分 与 における 将 来 の 退 職 金 の 取 扱 について 弁 護 士 茶 木 真 理 子 第 1 はじめに 離 婚 の 際 の 財 産 分 与 ( 民 法 766 条 )にあたり 争 点 の 一 つとなるのが 退 職 金 の 取 扱 である 離 婚 時 に 既 に 支 給 を 受 けている 退 職 金 については 賃 金 の 後 払 いと 言 われる 性 格 から 清 算 的 財 産

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

< 継 続 雇 用 制 度 全 般 > Q1. 当 社 は 現 在 の 継 続 雇 用 制 度 で 1 過 去 3 年 間 の 評 価 が 標 準 以 上 2 過 去 数 年 間 に 減 給 以 上 の 処 分 を 受 けていない 者 3 転 勤 出 向 などに 同 意 する 者 といった 基 準

< 継 続 雇 用 制 度 全 般 > Q1. 当 社 は 現 在 の 継 続 雇 用 制 度 で 1 過 去 3 年 間 の 評 価 が 標 準 以 上 2 過 去 数 年 間 に 減 給 以 上 の 処 分 を 受 けていない 者 3 転 勤 出 向 などに 同 意 する 者 といった 基 準 改 正 労 働 契 約 法 及 び 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 施 行 直 前 最 終 点 検 セミナー (2013.2.16)Q&A - 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 - < 回 答 者 > 弁 護 士 : 水 口 洋 介 氏 ( 日 本 労 働 弁 護 団 幹 事 長 東 京 法 律 事 務 所 弁 護 士 ) 連 合 : 新 谷 信 幸 ( 連 合 総 合 労 働

More information

5 処 分 行 政 庁 が 控 訴 人 乙 に 対 し 平 成 16 年 12 月 14 日 付 けでした 控 訴 人 乙 の 平 成 14 年 分 相 続 税 に 係 る 平 成 16 年 7 月 23 日 付 け 更 正 の 請 求 に 対 する 更 正 をすべき 理 由 がない 旨 の 通 知

5 処 分 行 政 庁 が 控 訴 人 乙 に 対 し 平 成 16 年 12 月 14 日 付 けでした 控 訴 人 乙 の 平 成 14 年 分 相 続 税 に 係 る 平 成 16 年 7 月 23 日 付 け 更 正 の 請 求 に 対 する 更 正 をすべき 理 由 がない 旨 の 通 知 税 務 訴 訟 資 料 第 259 号 -7( 順 号 11120) 東 京 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 更 正 処 分 の 義 務 付 け 等 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 千 葉 西 税 務 署 長 ) 平 成 21 年 1 月 22 日 棄 却 確 定 ( 第 一 審 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 平 成 19 年 10 月 30 日

More information

無罪判決後の勾留に関する意見書

無罪判決後の勾留に関する意見書 無 罪 判 決 後 の 勾 留 に 関 する 意 見 書 2015 年 ( 平 成 27 年 )10 月 21 日 日 本 弁 護 士 連 合 会 第 1 意 見 の 趣 旨 刑 事 訴 訟 法 第 345 条 に, 第 2 項 として, 判 決 で 無 罪 の 言 渡 しがあったときは, 上 訴 審 において 原 判 決 が 破 棄 されるまで, 新 たに 勾 留 状 を 発 することはできな い

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

Clifford Chance

Clifford Chance 2010 年 10 月 March 2007 はじめに 平 成 22 年 1 月 19 日 株 式 会 社 日 本 航 空 及 びその 子 会 社 2 社 ( 以 下 総 称 して JAL といいます )は 会 社 更 生 手 続 の 申 立 を 行 い 同 年 8 月 31 日 に 会 社 更 生 計 画 案 ( 以 下 更 生 計 画 案 といいます )が 東 京 地 方 裁 判 所 に 提 出

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323131303620959489EF8E9197BF825482502081798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323131303620959489EF8E9197BF825482502081798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63> 民 法 ( 債 権 関 係 ) 部 会 資 料 51 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 論 点 の 補 充 的 な 検 討 (2) ~ 中 間 試 案 のたたき 台 ( 概 要 付 き)のサンプルを 兼 ねて~ 目 次 第 1 債 権 者 代 位 権... 1 1 責 任 財 産 の 保 全 を 目 的 とする 債 権 者 代 位 権... 1 2 代 位 行 使 の 範 囲...

More information

総 合 主 義 と 帰 属 主 義 の 違 い ~ 外 国 法 人 等 が 我 が 国 に 支 店 など 国 内 PE( Permanent Establishment: 恒 久 的 施 設 )を 持 つ 場 合 の 課 税 原 則 のあり 方 について~ 外 国 総 合 主 義 (わが 国 国 内

総 合 主 義 と 帰 属 主 義 の 違 い ~ 外 国 法 人 等 が 我 が 国 に 支 店 など 国 内 PE( Permanent Establishment: 恒 久 的 施 設 )を 持 つ 場 合 の 課 税 原 則 のあり 方 について~ 外 国 総 合 主 義 (わが 国 国 内 参 考 資 料 平 成 25 年 6 月 28 日 総 合 主 義 と 帰 属 主 義 の 違 い ~ 外 国 法 人 等 が 我 が 国 に 支 店 など 国 内 PE( Permanent Establishment: 恒 久 的 施 設 )を 持 つ 場 合 の 課 税 原 則 のあり 方 について~ 外 国 総 合 主 義 (わが 国 国 内 法 ) 帰 属 主 義 ( 典 型 例 ) (

More information

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 (

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 ( 実 務 対 応 報 告 第 22 号 厚 生 年 金 基 金 に 係 る 交 付 金 の 会 計 処 理 に 関 する 当 面 の 取 扱 い 平 成 18 年 10 月 27 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 24 年 5 月 17 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている 企 業 会 計 基 準

More information

インサイダー取引規制と自己株式

インサイダー取引規制と自己株式 金 融 商 品 取 引 法 研 究 会 (2015 年 5 月 20 日 ) インサイダー 取 引 規 制 と 自 己 株 式 京 都 大 学 大 学 院 法 学 研 究 科 前 田 雅 弘 Ⅰ はじめに 自 己 株 式 の 取 得 インサイダー 取 引 の 危 険 平 成 13 年 改 正 前 商 法 が 自 己 株 式 取 得 を 原 則 禁 止 した 理 由 の1つ 平 成 13 年 商 法

More information

会 通 念 上 も 必 ずしも 明 確 ではないことから 個 人 のプライバシーに 関 する 情 報 であると 明 ら かに 判 断 できる 場 合 はもとより 個 人 のプライバシーであるかどうか 不 明 確 である 場 合 も 含 めて 個 人 に 関 するすべての 情 報 は 非 公 開 を

会 通 念 上 も 必 ずしも 明 確 ではないことから 個 人 のプライバシーに 関 する 情 報 であると 明 ら かに 判 断 できる 場 合 はもとより 個 人 のプライバシーであるかどうか 不 明 確 である 場 合 も 含 めて 個 人 に 関 するすべての 情 報 は 非 公 開 を 香 川 県 公 文 書 等 の 管 理 に 関 する 条 例 に 基 づく 利 用 請 求 に 対 する 処 分 に 係 る 審 査 基 準 平 成 27 年 2 月 18 日 香 川 県 公 文 書 等 の 管 理 に 関 する 条 例 ( 平 成 25 年 香 川 県 条 例 第 5 号 以 下 条 例 という )に 基 づく 特 定 歴 史 公 文 書 等 の 利 用 の 請 求 に 対 する

More information

会社再生サンプル資料

会社再生サンプル資料 経 営 調 査 研 究 会 セミナー 成 功 する 会 社 再 生 スキームと 税 務 上 の 注 意 点 ~ 法 的 な 整 理 のみならず 銀 行 交 渉 や 私 的 な 方 法 による 成 功 実 例 も 紹 介 ~ 平 成 21 年 6 月 19 日 株 式 会 社 日 本 中 央 会 計 事 務 所 / 日 本 中 央 税 理 士 法 人 代 表 取 締 役 / 代 表 社 員 公 認 会

More information

年収1,000万円前後の層に負担増が集中する

年収1,000万円前後の層に負担増が集中する 税 制 A to Z 2014 年 1 月 28 日 全 12 頁 年 収 1,000 万 円 前 後 の 層 に 負 担 増 が 集 中 する 平 成 26 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 所 得 税 )と 家 計 関 連 の 予 算 の 解 説 金 融 調 査 部 研 究 員 是 枝 俊 悟 [ 要 約 ] 本 稿 は 平 成 26 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 以 下 大 綱 )のうち

More information

2 する 重 要 事 実 を 知 り その 事 実 を 自 身 の 上 司 に 報 告 したような 場 合 には 職 務 に 関 して 報 告 を 受 けた 上 司 も 会 社 関 係 者 に 該 当 し 規 制 の 対 象 となり 得 ることに 留 意 が 必 要 である (ii) 情 報 伝 達

2 する 重 要 事 実 を 知 り その 事 実 を 自 身 の 上 司 に 報 告 したような 場 合 には 職 務 に 関 して 報 告 を 受 けた 上 司 も 会 社 関 係 者 に 該 当 し 規 制 の 対 象 となり 得 ることに 留 意 が 必 要 である (ii) 情 報 伝 達 CAPITAL MARKETS LEGAL UPDATE 2014 年 4 月 C ONTENTS 1 情 報 伝 達 取 引 推 奨 行 為 に 対 する 規 制 の 導 入 2 上 場 投 資 証 券 等 に 関 するインサイダー 取 引 規 制 の 導 入 3 その 他 の 主 要 な 改 正 インサイダー 規 制 に 関 する 平 成 25 年 金 商 法 の 改 正 弁 護 士 多 賀 大

More information

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資 固 定 資 産 税 等 の 過 納 金 に 係 る 国 家 賠 償 請 求 - 本 判 決 の 射 程 が 申 告 納 税 方 式 に 及 ぶか- 平 成 23 年 度 筑 波 大 学 大 学 院 ビジネス 科 学 研 究 科 租 税 手 続 争 訟 法 学 籍 番 号 201153433 氏 名 藤 井 裕 士 < 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年

More information

連合「改正高年齢者雇用安定法」に関する取り組みについて

連合「改正高年齢者雇用安定法」に関する取り組みについて 連 合 第 13 回 中 央 執 行 委 員 会 確 認 /2012.10.18(2012.11.26 改 訂 ) 連 合 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 に 関 する 取 り 組 みについて 1. 改 正 法 成 立 の 経 緯 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 改 正 法 案 は 2012 年 3 月 9 日 に 国 会 に 提 出 され 一 部 修 正 の 上 同 年 8 月 29

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

の 割 増 (3) 共 済 年 金 職 域 部 分 (243 万 円 )の 廃 止 と それに 替 わる 年 金 払 い 退 職 給 付 の 新 設 共 済 年 金 の 職 域 部 分 はすでに 2015 年 10 月 に 廃 止 することが 決 定 済 みであるの で 年 金 払 い 退 職 給

の 割 増 (3) 共 済 年 金 職 域 部 分 (243 万 円 )の 廃 止 と それに 替 わる 年 金 払 い 退 職 給 付 の 新 設 共 済 年 金 の 職 域 部 分 はすでに 2015 年 10 月 に 廃 止 することが 決 定 済 みであるの で 年 金 払 い 退 職 給 全 大 教 資 料 No.12-02 2012 年 11 月 退 職 金 の 大 幅 切 り 下 げをさせないための 第 1 次 討 議 資 料 2012 年 11 月 22 日 全 国 大 学 高 専 教 職 員 組 合 中 央 執 行 委 員 会 政 府 は 8 月 7 日 国 家 公 務 員 の 退 職 手 当 を 平 均 402.6 万 円 引 き 下 げること および 独 立 行 政 法

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い 実 務 対 応 報 告 第 23 号 信 託 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 上 の 取 扱 い 平 成 19 年 8 月 2 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 20 年 12 月 26 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている (1) 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に

More information

父親の育児休業取得と経済的負担

父親の育児休業取得と経済的負担 Legal and Tax Report 父 親 の 育 児 休 業 取 得 と 経 済 的 負 担 2010 年 5 月 25 日 全 9 頁 制 度 調 査 部 是 枝 俊 悟 育 児 休 業 給 付 金 税 社 会 保 険 料 を 考 慮 した 世 帯 手 取 り 収 入 の 変 化 の 試 算 [ 要 約 ] 2010 年 6 月 30 日 から 改 正 育 児 介 護 休 業 法 が 施

More information

えている 生 活 保 護 や 生 活 福 祉 資 金 貸 付 制 度 等 多 重 債 務 問 題 に 関 わる 法 律 家 としては 社 会 的 弱 者 のために 制 度 化 された 社 会 保 障 に 対 する 深 い 理 解 も 求 められる また 関 係 機 関 との 連 携 を 深 めること

えている 生 活 保 護 や 生 活 福 祉 資 金 貸 付 制 度 等 多 重 債 務 問 題 に 関 わる 法 律 家 としては 社 会 的 弱 者 のために 制 度 化 された 社 会 保 障 に 対 する 深 い 理 解 も 求 められる また 関 係 機 関 との 連 携 を 深 めること 11/01/14 関 東 ブロック 新 人 研 修 会 静 岡 県 司 法 書 士 会 中 里 功 多 重 債 務 整 理 事 件 3 - 消 費 者 破 産 - 本 稿 は 個 人 破 産 の 中 でもいわゆる 消 費 者 破 産 ( 非 事 業 者 に 関 する 破 産 事 件 )に 関 する 基 礎 的 論 点 の 修 得 を 目 的 としており 事 業 者 の 破 産 事 件 や 会 社 の

More information

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9>

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9> 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 市 町 村 税 関 係 ) ( 平 成 22 年 4 月 1 日 総 税 市 第 16 号 ) ( 改 正 ) 平 成 22 年 8 月 23 日 総 税 市 第 60 号 平 成 23 年 6 月 30 日 総 税 市 第 34 号 平 成 23 年 12 月 2 日 総 税 市 第 70 号 平 成 24 年 4 月 1 日 総 税

More information

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め 民 法 ( 相 続 関 係 ) 部 会 資 料 8 遺 留 分 制 度 の 見 直 し 第 1 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 法 的 性 質 についての 見 直 し 甲 案 1 遺 留 分 を 侵 害 された 者 は, 受 遺 者 又 は 受 贈 者 に 対 し, 相 当 の 期 間 を 定 めて, 遺 留 分 侵 害 額 に 相 当 する 金 銭 の 支 払 を 求 めることができる( 注

More information

<3234313132328179939D8D8794C5817A82708195826091E682509265816091E6825492652E786C7378>

<3234313132328179939D8D8794C5817A82708195826091E682509265816091E6825492652E786C7378> 東 日 本 大 震 災 復 興 特 別 区 域 法 のQ&A 目 次 計 画 作 成 手 続 き () 協 議 会 ア 国 と 地 方 の 協 議 会 P イ 地 域 協 議 会 P () 国 の 柔 軟 な 対 応 地 方 の 負 担 軽 減 (3)その 他 P P 計 画 作 成 に 対 する 国 の 支 援 P 3 計 画 記 載 事 項 () 復 興 産 業 集 積 区 域 () 税 制 上

More information

スター報酬規定

スター報酬規定 第 1 章 総 則 スター 綜 合 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 程 平 成 27 年 1 月 1 日 施 行 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 当 事 務 所 所 属 の 弁 護 士 が,その 職 務 に 関 して 受 ける 弁 護 士 の 受 託 業 務 の 対 価 等 に 関 する 基 準 を 示 すことを 目 的 とする ( 個 別 契 約 による 修 正 ) 第

More information

調査報告書のご案内

調査報告書のご案内 各 位 平 成 22 年 3 月 25 日 更 生 会 社 株 式 会 社 日 本 航 空 更 生 会 社 株 式 会 社 日 本 航 空 インターナショナル 更 生 会 社 株 式 会 社 ジャルキャピタル 管 財 人 株 式 会 社 企 業 再 生 支 援 機 構 管 財 人 片 山 英 二 調 査 報 告 書 のご 案 内 更 生 会 社 各 社 の 更 生 手 続 につきましては 関 係 者

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AC48DB88C8B89CA816995F193B994AD955C8E9197BF816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AC48DB88C8B89CA816995F193B994AD955C8E9197BF816A2E646F63> 食 肉 センター 事 業 特 別 会 計 に 係 る 過 少 申 告 加 算 税 および 延 滞 税 の 支 出 差 止 め に 関 する 住 民 監 査 請 求 について, 地 方 自 治 法 ( 以 下 法 という ) 第 242 条 第 4 項 の 規 定 により 監 査 したので,その 結 果 を 同 項 の 規 定 により 次 のとおり 公 表 します 平 成 20 年 11 月 11 日

More information

士業2012_社労士_h1h4

士業2012_社労士_h1h4 ❶ 社 会 保 険 労 務 士 とは 社 会 保 険 労 務 士 ( 以 下 社 労 士 )とは 厚 生 労 働 省 が 所 管 する 国 家 資 格 であり 企 業 の 人 事 労 務 管 理 の 支 援 等 に 携 わる 専 門 職 です 根 拠 法 令 は 1968 年 ( 昭 和 43 年 )に 制 定 された 社 会 保 険 労 務 士 法 ( 以 下 社 労 士 法 )で その 冒 頭

More information

123456789012345678901234567890123456

123456789012345678901234567890123456 医 療 保 険 約 款 における 法 的 問 題 上 智 大 学 甘 利 公 人 1.はじめに 医 療 保 険 は 被 保 険 者 が 傷 害 または 疾 病 を 被 り その 直 接 の 結 果 として 入 院 手 術 をした ときに 保 険 金 を 支 払 うものである 被 保 険 者 が 傷 害 や 疾 病 を 原 因 として 入 院 手 術 をしたこ とが 保 険 事 故 となっている 医

More information

60CFD054E61908ED49256D41000B0F6

60CFD054E61908ED49256D41000B0F6 主 文 一 被 告 栃 木 県 宇 都 宮 県 税 事 務 所 長 が 原 告 に 対 し 別 紙 目 録 記 載 の 建 物 につき 昭 和 五 一 年 一 二 月 一 〇 日 付 けでした 課 税 標 準 を 金 三 億 一 五 六 一 万 九 〇 〇 〇 円 税 額 を 金 九 四 六 万 八 五 七 〇 円 とする 不 動 産 取 得 税 賦 課 決 定 を 取 り 消 す 二 被 告 栃

More information

Microsoft Word - 税_0110.doc

Microsoft Word - 税_0110.doc 第 4 固 定 資 産 税 Ⅰ 概 要 1 固 定 資 産 税 の 概 要 固 定 資 産 税 は 毎 年 1 月 1 日 ( 賦 課 期 日 ) 現 在 において 土 地 家 屋 償 却 資 産 を 所 有 している 者 がその 固 定 資 産 の 価 格 を 基 に 算 定 された 税 額 をその 固 定 資 産 の 所 在 す る 市 町 村 に 納 める 税 金 である 1 申 告 固 定

More information

Ⅱ. 本 報 告 書 の 概 要 企 業 再 生 債 権 管 理 ニュースレター 1. 本 報 告 書 において 検 討 された 3 つの 制 度 モデル 本 検 討 会 においては 商 取 引 債 権 者 も 債 権 カット 対 象 となることにより 事 業 価 値 維 持 が 困 難 となるとい

Ⅱ. 本 報 告 書 の 概 要 企 業 再 生 債 権 管 理 ニュースレター 1. 本 報 告 書 において 検 討 された 3 つの 制 度 モデル 本 検 討 会 においては 商 取 引 債 権 者 も 債 権 カット 対 象 となることにより 事 業 価 値 維 持 が 困 難 となるとい 2015 年 9 月 号 事 業 再 生 ADR への 多 数 決 原 理 導 入 に 向 けた 動 き ~ 本 年 3 月 の 有 識 者 検 討 会 報 告 書 について~ Ⅰ. はじめに Ⅱ. 本 報 告 書 の 概 要 Ⅲ. 今 後 の 課 題 と 展 望 森 濱 田 松 本 法 律 事 務 所 弁 護 士 山 崎 良 太 TEL 03 5223 7790 ryota.yamasaki@mhmjapan.com

More information

僅 追 加 型 証 券 投 資 信 託 パン パシフィック 外 国 債 券 オープン 約 款 明 治 安 田 アセットマネジメント 株 式 会 社 運 用 の 基 本 方 針 約 款 第 22 条 に 基 づき 委 託 者 の 定 める 運 用 の 基 本 方 針 は 次 のものとします 1. 基 本 方 針 この 投 資 信 託 は 安 定 した 収 益 の 確

More information

厚生労働省

厚生労働省 わが 国 の 自 治 体 立 病 院 の 主 流 は 地 方 公 営 企 業 法 の 財 務 規 定 のみが 適 用 される 一 部 適 用 と なるが 近 年 はこれを 全 部 適 用 とし 企 業 管 理 者 を 設 置 することにより 人 事 労 務 等 をも 委 ねる 手 法 を 採 用 する 事 例 が 段 階 的 に 増 えつつある 下 記 図 1.15 は 経 営 のあり 方 の 差

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

№ 平 成 26 年 度 保 険 事 例 研 究 会 実 施 予 定 ( 東 京 ) 平 成 26 年 4 月 実 施 日 報 告 者 研 究 課 題 内 容 備 考 1 平 成 26 年 5 月 14 日 ( 水 ) 複 数 の 保 険 契 約 に 1 事 件 複 数 の 保 険 契 約 に 基 づく 解 約 返 戻 金 請 求 権 他 を 弁 護 士 濱 口 善 紀 氏 (1 事 件 ) 東 京 高

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

請求内容は、「平成17年6月20日に仮契約を合意解除したが、狭山市は契約解除により損害を被っているから損害賠償請求権があるのに、この合意解除により違約金(損害賠償)をとることとしてないことから、違法な契約であり、この損害賠償請求権の不行使をもって「財産の管理を怠っている事実」とし、住民監査請求を求める」との請求内容のように解される

請求内容は、「平成17年6月20日に仮契約を合意解除したが、狭山市は契約解除により損害を被っているから損害賠償請求権があるのに、この合意解除により違約金(損害賠償)をとることとしてないことから、違法な契約であり、この損害賠償請求権の不行使をもって「財産の管理を怠っている事実」とし、住民監査請求を求める」との請求内容のように解される 狭 監 発 第 25 号 平 成 28 年 6 月 14 日 様 狭 山 市 監 査 委 員 磯 野 和 夫 狭 山 市 職 員 措 置 請 求 書 について( 通 知 ) 平 成 28 年 4 月 6 日 付 けで 提 出 された 地 方 自 治 法 ( 以 下 法 という ) 第 242 条 第 1 項 の 規 定 による 監 査 請 求 について 請 求 内 容 を 監 査 した 結 果 を

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい 総 行 公 第 59 号 平 成 26 年 7 月 4 日 各 都 道 府 県 知 事 ( 人 事 担 当 課 市 町 村 担 当 課 区 政 課 扱 い) 各 指 定 都 市 市 長 ( 人 事 担 当 課 扱 い) 各 人 事 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 臨 時 非 常 勤 職 員 及 び 任 期 付 職 員 の 任 用 等 について 現 在

More information

目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推 進 17 Ⅴ 労 働 契 約 申 込 みみなし 制 度 19 Ⅵ その 他 の 内 容 20-1

目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推 進 17 Ⅴ 労 働 契 約 申 込 みみなし 制 度 19 Ⅵ その 他 の 内 容 20-1 平 成 27 年 労 働 者 派 遣 法 改 正 法 の 概 要 ~ 平 成 27 年 9 月 30 日 施 行 ~ 厚 生 労 働 省 都 道 府 県 労 働 局 PL271029 派 需 01 目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

運 用 受 託 機 関 従 業 員 年 金 規 約 事 業 主 資 産 管 理 運 用 契 約 掛 金 運 用 指 針 資 産 管 理 運 用 機 関 信 託 会 社 生 命 保 険 会 社 農 業 協 同 組 合 連 合 会 裁 定 裁 定 請 求 退 職 した 従 業 員 ( 受 給 権 者 )

運 用 受 託 機 関 従 業 員 年 金 規 約 事 業 主 資 産 管 理 運 用 契 約 掛 金 運 用 指 針 資 産 管 理 運 用 機 関 信 託 会 社 生 命 保 険 会 社 農 業 協 同 組 合 連 合 会 裁 定 裁 定 請 求 退 職 した 従 業 員 ( 受 給 権 者 ) シリーズ: 規 約 型 確 定 給 付 企 業 年 金 担 当 者 のための 資 産 運 用 入 門 Vol.2 年 金 資 産 運 用 のプロセス 企 業 年 金 の 担 当 者 にとって 資 産 運 用 の 責 任 とはなんでしょうか 仮 に 数 十 億 円 の 年 金 資 産 に 対 して 資 産 運 用 の 結 果 に 対 して 責 任 を 持 てと 言 われると サラリ ー マ ン で あ

More information

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定)

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定) 5 月 定 例 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 日 時 平 成 27 年 5 月 8 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 午 後 2 時 40 分 開 催 場 所 県 教 育 委 員 会 室 出 席 委 員 委 員 長 藤 田 義 嗣 委 員 ( 委 員 長 職 務 代 理 者 ) 土 井 真 一 委 員 河 上 ひとみ 委 員 宇 野 正 章 委 員 ( 教 育 長 ) 河 原

More information

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 24 年 6 月 25 日 ( 平 成 24 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 264 号 ) 答 申 日 : 平 成 25 年 6 月 18 日 ( 平 成 25 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 60 号 ) 事 件 名 : 特 定 路 線 価 評 定 調 書 兼 決 議 書 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第

More information

2 II. 法 律 案 の 骨 子 仮 想 通 貨 に 関 する 法 律 案 の 骨 子 は 以 下 の 通 りである ( 資 金 決 済 法 関 連 ) 1 仮 想 通 貨 の 定 義 2 仮 想 通 貨 交 換 業 に 係 る 登 録 制 の 導 入 3 仮 想 通 貨 交 換 業 者 の 業

2 II. 法 律 案 の 骨 子 仮 想 通 貨 に 関 する 法 律 案 の 骨 子 は 以 下 の 通 りである ( 資 金 決 済 法 関 連 ) 1 仮 想 通 貨 の 定 義 2 仮 想 通 貨 交 換 業 に 係 る 登 録 制 の 導 入 3 仮 想 通 貨 交 換 業 者 の 業 FINANCIAL SERVICES & TRANSACTIONS GROUP NEWSLETTER 2016 年 3 月 仮 想 通 貨 に 関 する 国 会 提 出 法 案 について 弁 護 士 中 崎 尚 / 同 河 合 健 本 年 3 月 4 日 仮 想 通 貨 に 関 する 初 めての 法 律 案 が 国 会 に 提 出 された 同 法 案 中 改 正 資 金 決 済 法 ( 案 )では

More information

Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 株 式 移 動 自 己 株 取 得 増 資 株 主 割 当 増 資 第 三 者 割 当 増 資 新 株 予 約 権 Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 1 社 長 ( 父 親 支 配 関 係 株 主 )が 長 男 に 自 社 株 を 贈 与 する

Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 株 式 移 動 自 己 株 取 得 増 資 株 主 割 当 増 資 第 三 者 割 当 増 資 新 株 予 約 権 Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 1 社 長 ( 父 親 支 配 関 係 株 主 )が 長 男 に 自 社 株 を 贈 与 する 上 場 準 備 会 社 における 資 本 政 策 上 の 税 務 の 留 意 点 平 成 26 年 12 月 11 日 ( 木 ) 新 日 本 監 査 法 人 EYCベンチャーアカデミー アクティベートジャパン 税 理 士 法 人 代 表 社 員 公 認 会 計 士 税 理 士 尾 崎 充 目 次 Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 Ⅱ 税 務 上 の 時 価 概 念 法 人 税 所 得 税

More information

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 令 等 の 司 法 審 査 8 (4) 特 定 独 立 行 政 法 人 等 に 係 る 不 当 労

More information

P 関 連 政 策 大 綱 平 成 27 年 度 農 林 水 産 関 係 補 正 予 算 の 概 要 Q.3 海 外 から 大 量 の 食 品 が 輸 入 され 食 の 安 全 や 安 心 が 損 なわれませんか 残 留 農 薬 や 食 品 添 加 物 の 基 準 が 緩 和 されませんか 遺 伝

P 関 連 政 策 大 綱 平 成 27 年 度 農 林 水 産 関 係 補 正 予 算 の 概 要 Q.3 海 外 から 大 量 の 食 品 が 輸 入 され 食 の 安 全 や 安 心 が 損 なわれませんか 残 留 農 薬 や 食 品 添 加 物 の 基 準 が 緩 和 されませんか 遺 伝 TPPを 巡 る 懸 念 や 不 安 に 関 する Q&A (2015 年 12 月 24 日 作 成 ) Q.1 恩 恵 を 受 けるのは 大 企 業 だけで 地 方 の 中 小 企 業 にはメリットがないの ではないでしょうか A. TPP 協 定 には これまで 海 外 展 開 を 躊 躇 してきた 中 堅 中 小 企 業 にとって もメリットとなる 様 々な 内 容 が 盛 り 込 まれています

More information

untitled

untitled 生 命 保 険 論 集 第 173 号 民 法 ( 債 権 関 係 ) 改 正 における 不 実 表 示 の 一 般 法 化 の 提 案 と 保 険 契 約 への 適 用 について 渡 邉 雅 之 ( 弁 護 士 法 人 三 宅 法 律 事 務 所 弁 護 士 ) 一.はじめに 1. 民 法 ( 債 権 関 係 ) 部 会 平 成 21 年 10 月 28 日 に 開 催 された 法 務 省 の 法

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概 裁 決 評 釈 源 泉 徴 収 制 度 と 確 定 申 告 制 度 - 取 り 消 された 配 当 に 係 る 所 得 税 の 源 泉 徴 収 と 申 告 等 の 手 続 との 関 係 裁 判 上 の 和 解 により 取 り 消 された 配 当 に 係 る 源 泉 所 得 税 について 申 告 等 の 手 続 により 還 付 を 求 めることはできないとした 事 例 ( 平 成 18 年 分 の 所

More information

株 式 や 債 券 の 発 行 会 社 が 倒 産 したら どうなるのですか? 証 券 会 社 の 分 別 管 理 とは どういうものですか? 株 式 や 債 券 は 大 幅 な 価 格 下 落 が 生 じます 元 本 はもちろん 配 当 や 利 息 なども 受 け 取 れなくなる 場 合 がありま

株 式 や 債 券 の 発 行 会 社 が 倒 産 したら どうなるのですか? 証 券 会 社 の 分 別 管 理 とは どういうものですか? 株 式 や 債 券 は 大 幅 な 価 格 下 落 が 生 じます 元 本 はもちろん 配 当 や 利 息 なども 受 け 取 れなくなる 場 合 がありま 証 券 会 社 が 破 たんした 場 合 のセーフティネット 投 資 者 の 保 護 について 証 券 会 社 が 破 たんしたら 株 式 や 債 券 はどうなるのですか? 破 たんした 証 券 会 社 の 発 行 した 株 式 や 社 債 に 投 資 した 場 合 で なければ 資 産 は 返 還 されます 2009 年 1 月 5 日 から 上 場 会 社 の 株 券 電 子 化 が スタートしました

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031333032313920959489EF8E9197BF8254825881798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031333032313920959489EF8E9197BF8254825881798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63> 民 法 ( 債 権 関 係 ) 部 会 資 料 59 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 中 間 試 案 のたたき 台 (4)(5) ( 概 要 付 き) 改 訂 版 目 次 第 26 契 約 に 関 する 基 本 原 則 等... 1 1 契 約 内 容 の 自 由... 1 2 原 始 的 に 履 行 請 求 権 の 限 界 事 由 が 生 じていた 契 約 の 効 力...

More information

適格退職年金廃止後の企業年金に関する一考察- 確定給付企業年金数の増加対策の検討を開始すべし -

適格退職年金廃止後の企業年金に関する一考察- 確定給付企業年金数の増加対策の検討を開始すべし - REPORT 適 格 退 職 年 金 廃 止 後 の 企 業 年 金 に 関 する 一 考 察 - 確 定 給 付 企 業 年 金 数 の 増 加 対 策 の 検 討 を 開 始 すべし - 鈴 木 政 司 生 活 設 計 研 究 部 主 任 研 究 員 要 旨 確 定 給 付 企 業 年 金 法 が 2002 年 4 月 に 施 行 されたことから 10 年 間 の 移 行 期 間 を 経 て 2012

More information

税金読本(8-5)特定口座と確定申告

税金読本(8-5)特定口座と確定申告 と 確 申 告 8-5 複 数 の 証 券 会 社 で 源 泉 徴 収 を 開 設 している 場 合 の 損 益 通 算 の 方 法 における 株 式 債 券 投 資 信 託 と 税 金 源 泉 徴 収 と 確 申 告 源 泉 徴 収 の 場 合 内 の 譲 するか 否 かは 1つの ごとに 選 渡 益 については 確 申 告 は 不 要 です 択 することができます つまり 投 資 家 が 内 の

More information

「地方公務員の新たな労使関係制度に係る主な論点」に対する意見(案)

「地方公務員の新たな労使関係制度に係る主な論点」に対する意見(案) 地 方 公 務 員 の 新 たな 労 使 関 係 制 度 に 係 る 主 な 論 点 に 対 する 意 見 平 成 24 年 1 月 27 日 全 国 市 長 会 地 方 公 務 員 制 度 改 革 検 討 委 員 会 委 員 長 新 見 市 長 石 垣 正 夫 地 方 公 務 員 の 労 働 基 本 権 の 検 討 のあり 方 については 本 会 として 現 在 の 労 使 関 係 は これまでの

More information

(1)

(1) (1) (2) (1) (3) 企 業 が 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 指 針 に 関 する 解 説 (1) 本 指 針 の 対 象 や 法 的 性 格 本 指 針 は あらゆる 企 業 を 対 象 として 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 基 本 的 な 理 念 や 具 体 的 な 対 応 を 定 めたものであり 法 的 拘 束

More information

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464>

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464> 国 住 街 第 64 号 平 成 19 年 6 月 20 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 建 築 基 準 法 道 路 関 係 規 定 運 用 指 針 の 策 定 について( 技 術 的 助 言 ) 建 築 基 準 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 ( 平 成 19 年 国 土 交 通 省 令 第 66 号 以 下 改 正 省 令 という

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

テストです

テストです 2011 年 ( 平 成 23 年 )2 月 25 日 国 際 的 な 子 の 奪 取 の 民 事 面 に 関 する 条 約 の 批 准 についての 意 見 書 大 阪 弁 護 士 会 会 長 金 子 武 嗣 第 1 趣 旨 政 府 は,ハーグ 国 際 私 法 会 議 において 制 定 された 国 際 的 な 子 の 奪 取 の 民 事 面 に 関 する 条 約 ( 以 下 ハーグ 条 約 という

More information

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判 判 例 時 報 平 成 25 年 12 月 1 日 号 < 最 新 判 例 批 判 > 箱 井 崇 史 西 川 佳 代 外 川 英 明 松 原 久 利 黒 澤 睦 斎 藤 司 判 決 録 < 行 政 > 1 件 3 < 民 事 > 7 件 17 < 知 的 財 産 権 > 1 件 79 < 労 働 > 1 件 126 < 刑 事 > 1 件 142 最 高 裁 判 例 要 旨 ( 平 成 25 年

More information

高速増殖原型炉「もんじゅ」の保守管理問題

高速増殖原型炉「もんじゅ」の保守管理問題 高 速 増 殖 原 型 炉 もんじゅ の 保 守 管 理 問 題 原 子 力 規 制 委 員 会 の 勧 告 までの 経 緯 環 境 委 員 会 調 査 室 大 嶋 健 志 1. はじめに 平 成 27 年 11 月 13 日 原 子 力 規 制 委 員 会 は 馳 浩 文 部 科 学 大 臣 に 対 して 高 速 増 殖 原 型 炉 もんじゅ に 関 連 して 勧 告 を 行 った この 勧 告

More information

事 業 を 消 滅 させる いわゆる 清 算 型 の 倒 産 手 続 きは 破 産 法 に 基 づく 破 産 と 商 法 上 の 特 別 清 算 の 二 つに 分 かれます 種 類 法 律 特 徴 対 象 は 法 人 個 人 破 産 破 産 法 申 立 権 者 は 債 務 者 債 権 者 取 締 役

事 業 を 消 滅 させる いわゆる 清 算 型 の 倒 産 手 続 きは 破 産 法 に 基 づく 破 産 と 商 法 上 の 特 別 清 算 の 二 つに 分 かれます 種 類 法 律 特 徴 対 象 は 法 人 個 人 破 産 破 産 法 申 立 権 者 は 債 務 者 債 権 者 取 締 役 1 倒 産 処 理 の 種 類 倒 産 手 続 きは 裁 判 所 を 通 した 法 的 手 続 きと 裁 判 所 を 通 さない 私 的 手 続 きに 分 けられます 法 的 手 続 きと 私 的 手 続 きはそれぞれ 会 社 や 事 業 者 を 立 ち 直 らせることを 目 的 とした 再 建 型 の 手 続 きと 最 終 的 には 消 滅 させることを 目 的 とした 清 算 型 の 手 続 きに

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

もそれを 救 済 する 機 能 を 持 たない 行 政 の 規 制 の 目 的 は 公 益 のための 違 法 行 為 の 取 り 締 ま りであり 違 法 行 為 による 消 費 者 被 害 は 当 該 事 業 者 と 消 費 者 の 民 事 紛 争 であるとして 関 与 しないことを 旨 としてい

もそれを 救 済 する 機 能 を 持 たない 行 政 の 規 制 の 目 的 は 公 益 のための 違 法 行 為 の 取 り 締 ま りであり 違 法 行 為 による 消 費 者 被 害 は 当 該 事 業 者 と 消 費 者 の 民 事 紛 争 であるとして 関 与 しないことを 旨 としてい 東 北 大 学 消 費 者 法 問 題 研 究 会 2006.4.22. 行 政 による 消 費 者 被 害 救 済 事 業 者 制 裁 を 考 える * 細 川 幸 一 1. 問 題 意 識 消 費 者 問 題 の 解 決 には 消 費 者 自 らが 消 費 者 私 法 を 活 用 し 権 利 利 益 の 回 復 を 図 る 司 法 的 手 段 と 行 政 が 市 場 に 介 入 し 事 業 者

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378> 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 改 訂 案 現 行 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という )について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年

More information

<4D F736F F D F91538D91939D88EA8AEE8F8082F08EE782E988D38CA98F912E646F63>

<4D F736F F D F91538D91939D88EA8AEE8F8082F08EE782E988D38CA98F912E646F63> 任 意 整 理 において 全 国 統 一 基 準 に 従 った 和 解 に 応 じることを 求 める 意 見 書 第 1 意 見 の 趣 旨 1 貸 金 業 者 各 社 は, 利 息 引 き 直 し 計 算 後 に 貸 金 業 者 に 対 して 残 債 務 を 有 する 多 重 債 務 者 と の 和 解 交 渉 において, 多 重 債 務 者 に 対 する 任 意 整 理 を 処 理 するための

More information