目 次 福 島 県 県 北 医 療 圏 県 中 医 療 圏 県 南 医 療 圏 会 津 医 療 圏 南 会 津 医 療 圏 相 双 医 療 圏 いわき

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "目 次 福 島 県 県 北 医 療 圏 県 中 医 療 圏 県 南 医 療 圏 会 津 医 療 圏 南 会 津 医 療 圏 相 双 医 療 圏 いわき"

Transcription

1 7. 福 島 県 県 北 会 津 相 双 県 中 南 会 津 いわき 県 南 7-1

2 目 次 福 島 県 県 北 医 療 圏 県 中 医 療 圏 県 南 医 療 圏 会 津 医 療 圏 南 会 津 医 療 圏 相 双 医 療 圏 いわき 医 療 圏 資 料 編 - 当 県 ならびに 二 次 医 療 圏 別 資 料

3 7. 福 島 県 人 口 分 布 1 (1 km2 区 画 単 位 ) 区 画 内 人 口 (1 平 方 キ ロ) < 2 2 < 5 5 < 1 1 < 5 5 < 1 1 < 2 2 < 3 3 < 5 5 < 1 1 < < 2 2 <= 35 含 まれない 値 テ ータ 未 入 力 ポイントグループ 一 覧 病 一 般 院 病 診 療 所 1 福 島 県 を 1 km2 区 画 (1 km2メッシュ)で 分 割 した 各 区 画 内 の 居 住 人 口 赤 色 系 統 は 人 口 が 多 く(1, 人 /km2 以 上 ) 黄 色 系 統 は 中 間 レベル(1, 1, 人 /km2) 青 色 系 統 は 人 口 が 少 ない(1, 人 /km2 未 満 ) 白 色 は 非 居 住 地 出 所 : 国 勢 調 査 ( 平 成 22 年 総 務 省 ) 地 図 情 報 GIS MarketAnalyzer ver.3.7 地 図 PAREA シリーズ 7-3

4 ( 福 島 県 ) 1. 地 域 ならびに 医 療 介 護 資 源 の 総 括 ( 参 照 : 資 料 編 の 図 表 ) 福 島 県 の 特 徴 は (1) 多 めの 病 床 数 と 看 護 師 数 不 足 気 味 の 医 師 数 (2) 県 北 ( 福 島 ) 県 中 ( 郡 山 ) いわき 会 津 という4つの 拠 点 都 市 に 医 療 資 源 が 分 散 的 集 中 していること (3) 相 双 いわ きへの 震 災 への 影 響 である (1) 多 めの 病 床 数 と 看 護 師 数 不 足 気 味 の 医 師 数 青 森 県 と 似 ており 全 県 を 通 しての 人 口 当 たりの 総 病 床 数 の が 51 一 般 病 床 が 53 総 看 護 師 数 が 5 と 全 国 平 均 を 上 回 るが 総 医 師 数 44 と 全 身 麻 酔 数 47 と 全 国 平 均 を 下 回 る 医 療 機 関 と いうより 高 齢 者 施 設 的 な 病 床 数 が 多 いことが 予 想 される (2)4つの 拠 点 都 市 に 医 療 資 源 が 分 散 的 集 中 総 医 師 数 病 院 勤 務 医 数 の が 5 を 超 えているのは 県 北 ( 福 島 )のみだが 総 看 護 師 数 は 県 中 ( 郡 山 ) いわき 会 津 で が 5 を 超 えている これらの 地 域 には 全 身 麻 酔 数 が 年 間 2 例 を 超 える 基 幹 病 院 が 存 在 し 高 機 能 の 医 療 を 提 供 している に 医 療 の 拠 点 都 市 が 4 か 所 存 在 するため 全 国 3 位 の 面 積 の 割 には 高 度 医 療 へのアクセスはよい ただし 南 会 津 や 相 双 は 全 国 的 にみても 医 療 過 疎 の 地 域 であり この 地 域 の 医 療 提 供 体 制 の 強 化 が 望 まれる (3) 相 双 いわきへの 震 災 への 影 響 相 双 いわきは 震 災 前 から 病 院 勤 務 医 数 全 身 麻 酔 数 が 少 ない 地 域 であったが 震 災 により 今 回 のデータが 示 す 状 況 以 上 に 状 況 が 悪 化 していることが 予 想 される 7-4

5 2. 人 口 動 態 (21 年 225 年 ) 2 図 表 7-1 福 島 県 の 人 口 増 減 比 較 福 島 県 ( 人 ) 全 国 ( 人 ) 21 年 構 成 比 225 年 構 成 比 225 年 225 年 21 年 構 成 比 225 年 構 成 比 (21 年 比 ) (21 年 比 ) 人 口 総 数 2,29,96-1,78, % 128,57,352-12,658, % , % 191,65 1.8% -3.6% 16,83, % 13,24, % -21.2% ,236, % 973, % -21.3% 81,31,8 63.8% 7,844, % -12.6% 65 以 上 54, % 614, % 21.9% 29,245, % 36,573, % 25.1% 75 以 上 272, % 344, % 26.2% 14,72, % 21,785, % 54.8% 85 以 上 75,39 3.7% 126, % 67.9% 3,794,933 3.% 7,362,58 6.1% 94.% 図 表 7-2 福 島 県 の 年 齢 別 人 口 推 移 ( 再 掲 ) 以 上 21 年 - 福 島 県 13.7% 61.3% 25.% 21 年 - 全 国 13.2% 63.8% 23.% 225 年 - 福 島 県 1.8% 54.7% 34.5% 225 年 - 全 国 11.% 58.7% 3.3% % 1% 2% 3% 4% 5% 6% 7% 8% 9% 1% 図 表 7-3 福 島 県 の 5 階 級 別 年 齢 別 人 口 推 移 ( 人 ) 18, 16, 14, 21 年 225 年 12, 1, 8, 6, 4, 2, 以 上 2 出 所 国 勢 調 査 ( 平 成 22 年 総 務 省 ) 日 本 の 地 域 別 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 25 年 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 ) 7-5

6 3. 急 性 期 医 療 ( 病 院 )の 密 度 図 表 7-4 急 性 期 医 療 密 度 指 数 マップ 3 急 性 期 医 療 密 度 指 数 <.2.2 <.4.4 <.6.6 <.8.8 < < 2 2 < 3 3 < 5 5 < 1 1 <= 1 含 まれない 値 テ ータ 未 入 力 該 当 レコート 無 し 非 居 住 エリア 図 表 7-4 は 福 島 県 の 区 画 単 位 の 急 性 期 医 療 密 度 指 数 ( 急 性 期 医 療 の 提 供 能 力 ) を 示 している 福 島 県 の 居 住 面 積 当 たり 急 性 期 医 療 密 度 指 数 ( 人 が 居 住 している 地 域 の 平 均 急 性 期 医 療 密 度 指 数 ) は.46( 全 国 平 均 は 1.)と 低 く 急 性 期 病 床 が 分 散 している 都 道 府 県 といえる 3 急 性 期 医 療 密 度 指 数 は 各 1 キロm2 区 画 (メッシュ)で 提 供 されている 急 性 期 入 院 医 療 の 密 度 を 可 視 化 した 指 標 で ある 病 院 の 一 般 病 床 数 全 身 麻 酔 件 数 各 区 画 への 時 間 距 離 で 重 みづけを 行 う 病 院 の 一 般 病 床 が 多 いほど 全 身 麻 酔 手 術 件 数 が 多 いほど また 各 区 画 から 見 て 当 該 病 院 が 近 いほど 指 数 は 高 くなる 複 数 の 対 象 病 院 が 近 くにある 区 画 は 複 数 の 病 院 からの 病 床 が 加 算 される 全 国 平 均 を 1. とした 赤 系 統 は 急 性 期 医 療 が 提 供 される 密 度 が 全 国 平 均 を 2% 以 上 上 回 り 緑 色 は 全 国 平 均 レベル 黄 色 と 薄 い 青 色 は 平 均 を 2% 以 上 下 回 る 濃 いエンジ 色 は 平 均 の 1 倍 以 上 の 急 性 期 医 療 密 度 で 医 療 密 度 が 高 い 都 市 部 に 多 い 一 方 灰 色 の 区 画 は 急 性 期 医 療 の 提 供 の 乏 しい 地 域 紺 色 の 区 画 は 車 で 3 分 以 内 に 全 身 麻 酔 を 行 っている 病 院 がない 地 域 白 色 で 示 された 地 域 には 人 が 住 んでいないこ とを 示 す 分 析 には GIS MarketAnalyzer ver.3.7 と PAREA シリーズを 使 用 7-6

7 図 表 7-5 一 人 当 たり 急 性 期 医 療 密 度 指 数 マップ 4 一 人 当 たり 急 性 期 医 療 密 度 指 数 <.2.2 <.4.4 <.6.6 <.8.8 < < < 2 2 < < 3 3 <= 1 非 含 居 まれない 住 エリア 値 テ ータ 未 入 力 該 当 レコート 無 し 図 表 7-5 は 福 島 県 の 区 画 単 位 の 一 人 当 たり 急 性 期 医 療 密 度 指 数 ( 住 民 一 人 当 たりの 急 性 期 医 療 の 提 供 能 力 ) を 示 している 地 域 の 総 医 療 提 供 能 力 を 総 人 口 で 割 ることにより 求 められる 福 島 県 の 一 人 当 たり 急 性 期 医 療 密 度 指 数 は 1.19( 全 国 平 均 は 1.)で 一 人 当 たりの 急 性 期 医 療 の 提 供 能 力 は 全 国 平 均 並 みの 都 道 府 県 といえる 4 一 人 当 たり 急 性 期 病 床 指 数 は 各 1 区 画 の 住 民 一 人 当 たりに 提 供 される 急 性 期 入 院 医 療 の 密 度 を 可 視 化 した 指 標 で 図 表 7-4 で 示 した 急 性 期 医 療 密 度 を 各 区 画 の 人 口 で 割 ったものである 一 人 当 たり 急 性 期 医 療 密 度 指 数 は 各 区 画 の 急 性 期 医 療 密 度 が 高 いほど また 各 区 画 の 人 口 が 少 ないほど 高 くなる 急 性 期 病 院 が 多 く 急 性 期 医 療 密 度 が 高 い 地 域 でも その 地 域 の 人 口 が 多 ければ 人 口 当 たりの 急 性 期 医 療 密 度 指 数 は 低 くなる 全 国 平 均 を 1. とし 赤 系 統 は 急 性 期 医 療 が 提 供 される 密 度 が 全 国 平 均 を 2% 以 上 上 回 り 緑 色 は 全 国 平 均 レベル 黄 色 と 薄 い 青 色 部 分 は 提 供 密 度 が 全 国 平 均 を 2% 以 上 下 回 る 濃 いエンジ 色 は 日 本 の 平 均 の 3 倍 以 上 赤 色 は 2 倍 以 上 の 区 画 であり 急 性 期 医 療 の 提 供 の 過 剰 を 予 想 させる 地 域 である 一 方 灰 色 の 区 画 は 急 性 期 医 療 の 提 供 の 乏 しい 地 域 であり 紺 色 の 区 画 は 車 で 3 分 以 内 に 全 身 麻 酔 を 行 っている 病 院 がない 地 域 白 色 で 示 された 地 域 には 人 が 住 んでいないことを 示 している 分 析 には GIS MarketAnalyzer ver.3.7 と PAREA シリーズを 使 用 7-7

8 4. 推 計 患 者 数 5 図 表 7-6 福 島 県 の 推 計 患 者 数 (5 疾 病 ) 全 国 211 年 225 年 増 減 率 (211 年 比 ) 増 減 率 (211 年 比 ) 入 院 外 来 入 院 外 来 入 院 外 来 入 院 外 来 入 院 外 来 悪 性 新 生 物 2,37 2,768 2,537 2,943 1% 6% 18% 13% 虚 血 性 心 疾 患 281 1, ,236 18% 16% 29% 26% 脳 血 管 疾 患 3,11 1,952 3,962 2,278 27% 17% 44% 28% 糖 尿 病 419 3, ,712 19% 6% 31% 12% 精 神 及 び 行 動 の 障 害 4,71 3,526 4,833 3,225 3% -9% 1% -2% 図 表 7-7 福 島 県 の 推 計 患 者 数 (ICD 大 分 類 ) 全 国 211 年 225 年 増 減 率 (211 年 比 ) 増 減 率 (211 年 比 ) 入 院 外 来 入 院 外 来 入 院 外 来 入 院 外 来 入 院 外 来 総 数 ( 人 ) 23,32 12,66 26, ,363 16% -1% 27% 5% 1 感 染 症 及 び 寄 生 虫 症 388 2, ,54 16% -9% 28% -3% 2 新 生 物 2,566 3,668 2,83 3,775 9% 3% 17% 1% 3 血 液 及 び 造 血 器 の 疾 患 並 びに 免 疫 機 構 の 障 害 % -6% 32% 1% 4 内 分 泌, 栄 養 及 び 代 謝 疾 患 639 6, ,144 2% 3% 35% 9% 5 精 神 及 び 行 動 の 障 害 4,71 3,526 4,833 3,225 3% -9% 1% -2% 6 神 経 系 の 疾 患 2,21 2,545 2,367 2,724 17% 7% 32% 17% 7 眼 及 び 付 属 器 の 疾 患 25 4, ,12 11% 4% 2% 11% 8 耳 及 び 乳 様 突 起 の 疾 患 45 1, ,773 % -6% 9% % 9 循 環 器 系 の 疾 患 4,531 16,386 5,797 18,55 28% 13% 44% 23% 1 呼 吸 器 系 の 疾 患 1,627 11,46 2,8 9,434 28% -17% 46% -11% 11 消 化 器 系 の 疾 患 1,119 21,69 1,276 19,575 14% -7% 26% -1% 12 皮 膚 及 び 皮 下 組 織 の 疾 患 276 4, ,714 2% -9% 33% -3% 13 筋 骨 格 系 及 び 結 合 組 織 の 疾 患 1,17 17,45 1,34 18,487 18% 8% 31% 17% 14 腎 尿 路 生 殖 器 系 の 疾 患 834 4, ,326 19% -1% 32% 5% 15 妊 娠, 分 娩 及 び 産 じょく % -28% -24% -24% 16 周 産 期 に 発 生 した 病 態 % -31% -29% -25% 17 先 天 奇 形, 変 形 及 び 染 色 体 異 常 % -2% -19% -14% 18 症 状, 徴 候 及 び 異 常 臨 床 所 見 異 常 検 査 所 見 で 他 に 分 類 されないもの 331 1, ,337 23% -3% 38% 4% 19 損 傷, 中 毒 及 びその 他 の 外 因 の 影 響 2,216 5,163 2,696 4,734 22% -8% 37% -1% 2 健 康 状 態 に 影 響 を 及 ぼす 要 因 及 び 保 健 サービスの 利 用 , ,291-1% -7% 4% -1% 福 島 県 の 211 年 から 225 年 にかけての 入 院 患 者 数 の 増 減 率 は 14%( 全 国 平 均 27%)で 全 国 平 均 よりも 低 い 伸 び 率 である 外 来 患 者 数 の 増 減 率 は-1%( 全 国 5%)で 全 国 平 均 よりも 低 い 伸 び 率 であ る 5 推 計 患 者 数 は 患 者 調 査 (211 年 )に 基 づき 5 疾 病 並 びに ICD 大 分 類 の 入 院 外 来 の 年 齢 構 成 別 受 療 率 に 当 該 医 療 圏 の 年 齢 構 成 別 人 口 (211 年 225 年 )を 乗 じて 算 出 出 所 : 国 勢 調 査 ( 平 成 22 年 総 務 省 ) 患 者 調 査 ( 平 成 23 年 厚 生 労 働 省 ) 日 本 の 地 域 別 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 25 年 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 ) 7-8

9 7-1. 県 北 医 療 圏 1 構 成 市 区 町 村 人 口 分 布 2 (1 km2 区 画 単 位 ) 福 島 市, 二 本 松 市, 伊 達 市, 本 宮 市, 桑 折 町, 国 見 町, 川 俣 町, 大 玉 村 区 画 内 人 口 (1 平 方 キ ロ) < 2 2 < 5 5 < 1 1 < 5 5 < 1 1 < 2 2 < 3 3 < 5 5 < 1 1 < < 2 2 <= 35 含 まれない 値 テ ータ 未 入 力 ポイントグループ 一 覧 病 一 般 院 病 診 療 所 1 日 本 医 師 会 JMAP( 地 域 医 療 情 報 システム)で 地 域 別 の 人 口 動 態 医 療 機 関 介 護 施 設 の 情 報 を 参 照 可 能 ネットで 閲 覧 の 場 地 域 名 をクリックするとリンク 先 に 移 動 します 2 県 北 医 療 圏 を 1 km2 区 画 (1 km2メッシュ)で 分 割 した 各 区 画 内 の 居 住 人 口 赤 色 系 統 は 人 口 が 多 く(1, 人 /km2 以 上 ) 黄 色 系 統 は 中 間 レベル(1, 1, 人 /km2) 青 色 系 統 は 人 口 が 少 ない(1, 人 /km2 未 満 ) 白 色 は 非 居 住 地 出 所 : 国 勢 調 査 ( 平 成 22 年 総 務 省 ) 地 図 情 報 GIS MarketAnalyzer ver.3.7 地 図 PAREA シリーズ 7-9

10 ( 県 北 医 療 圏 ) 1. 地 域 ならびに 医 療 介 護 資 源 の 総 括 ( 参 照 : 資 料 編 の 図 表 ) 地 域 の 概 要 : 県 北 ( 福 島 市 )は 総 人 口 約 5 万 人 (21 年 ) 面 積 1753 km2 人 口 密 度 は 283 人 /km2の 地 方 都 市 型 二 次 医 療 圏 である 県 北 の 総 人 口 は 215 年 に 49 万 人 へと 減 少 し(21 年 比 -2%) 25 年 に 45 万 人 へと 減 少 し(215 年 比 -8%) 4 年 に 41 万 人 へと 減 少 する(225 年 比 -9%)と 予 想 されている 一 方 75 以 上 人 口 は 21 年 6.6 万 人 から 15 年 に 7.1 万 人 へと 増 加 (21 年 比 +8%) 25 年 にかけて 8.5 万 人 へと 増 加 (215 年 比 +2%) 4 年 には 9.2 万 人 へと 増 加 する(225 年 比 +8%)ことが 見 込 まれ る 医 療 圏 の 概 要 : 大 学 病 院 高 機 能 病 院 や 地 域 の 基 幹 病 院 が 複 数 あり 急 性 期 医 療 の 提 供 能 力 は 平 均 レベルであり( 全 身 麻 酔 数 の 45-55) 患 者 の 流 入 流 出 が 少 ない 比 較 的 独 立 した 医 療 圏 であ る 急 性 期 以 後 は 療 養 病 床 は 不 足 気 味 だが 回 復 期 病 床 は 全 国 平 均 レベルである * 医 師 看 護 師 の 現 状 : 総 医 師 数 が 51( 病 院 勤 務 医 数 51 診 療 所 医 師 数 49)と 総 医 師 数 病 院 勤 務 医 診 療 所 医 師 ともにほぼ 全 国 平 均 レベルである 総 看 護 師 数 49 と 全 国 平 均 レベルである * 急 性 期 医 療 の 現 状 : 人 口 当 たりの 一 般 病 床 の 56 で 一 般 病 床 は 多 い 県 北 には 年 間 全 身 麻 酔 件 数 が 2 例 以 上 の 福 島 県 立 医 科 大 学 ( 本 院 救 命 ) 1 例 以 上 の 大 原 綜 合 病 院 福 島 赤 十 字 病 院 5 例 以 上 の 公 立 藤 田 総 合 病 院 がある 全 身 麻 酔 数 46 とやや 少 ない * 療 養 病 床 リハビリの 現 状 : 人 口 当 たりの 療 養 病 床 の は 41 と 少 ない 総 療 法 士 数 は 偏 差 値 48 と 全 国 平 均 レベルであり 回 復 期 病 床 数 は 53 とやや 多 い * 精 神 病 床 の 現 状 : 人 口 当 たりの 精 神 病 床 の は 53 とやや 多 い * 診 療 所 の 現 状 : 人 口 当 たりの 診 療 所 数 の は 51 と 全 国 平 均 レベルである * 在 宅 医 療 の 現 状 : 在 宅 医 療 施 設 については 在 宅 療 養 支 援 診 療 所 は 49 と 全 国 平 均 レベル であり 在 宅 療 養 支 援 病 院 は 45 とやや 少 ない また 訪 問 看 護 ステーションは 47 と やや 少 ない * 医 療 需 要 予 測 : 県 北 の 医 療 需 要 は 215 年 から 25 年 にかけて 3% 増 加 225 年 から 4 年 に かけて 3% 減 少 と 予 測 される そのうち -64 の 医 療 需 要 は 215 年 から 25 年 にかけて 12% 減 少 225 年 から 4 年 にかけて 11% 減 少 75 以 上 の 医 療 需 要 は 215 年 から 25 年 にかけて 19% 増 加 225 年 から 4 年 にかけて 8% 増 加 と 予 測 される * 介 護 資 源 の 状 況 : 県 北 の 総 高 齢 者 施 設 ベッド 数 は 7137 床 (75 以 上 1 人 当 たりの 45)と 全 国 平 均 レベルをやや 下 回 る そのうち 介 護 保 険 施 設 のベッドが 459 床 ( 51) 高 齢 者 住 宅 等 が 2628 床 ( 43)である 介 護 保 険 ベッドは 全 国 平 均 レベルであるが 高 齢 者 住 宅 系 は 全 国 平 均 レベルを 下 回 る 75 以 上 1 人 当 たりベッド 数 は 老 人 保 健 施 設 58 特 別 養 護 老 人 ホーム 52 介 護 療 養 型 医 療 施 設 4 有 料 老 人 ホーム 42 グループホーム 46 高 齢 者 住 宅 57 である * 介 護 需 要 の 予 測 : 介 護 需 要 は 215 年 から 25 年 にかけて 16% 増 225 年 から 4 年 にかけて 6% 増 と 予 測 される 7-1

11 2. 人 口 動 態 (21 年 225 年 ) 3 図 表 県 北 医 療 圏 の 人 口 増 減 比 較 県 北 医 療 圏 ( 人 ) 全 国 ( 人 ) 21 年 構 成 比 225 年 構 成 比 225 年 225 年 21 年 構 成 比 225 年 構 成 比 (21 年 比 ) (21 年 比 ) 人 口 総 数 497,59-45, % 128,57,352-12,658, % , % 48, % -26.4% 16,83, % 13,24, % -21.2% , % 253,4 56.2% -16.5% 81,31,8 63.8% 7,844, % -12.6% 65 以 上 124, % 148, % 19.7% 29,245, % 36,573, % 25.1% 75 以 上 66, % 84, % 28.1% 14,72, % 21,785, % 54.8% 85 以 上 17,99 3.6% 3,39 6.7% 69.2% 3,794,933 3.% 7,362,58 6.1% 94.% 図 表 県 北 医 療 圏 の 年 齢 別 人 口 推 移 ( 再 掲 ) 以 上 21 年 - 県 北 医 療 圏 13.4% 61.4% 25.2% 21 年 - 全 国 13.2% 63.8% 23.% 225 年 - 県 北 医 療 圏 1.8% 56.2% 33.% 225 年 - 全 国 11.% 58.7% 3.3% % 1% 2% 3% 4% 5% 6% 7% 8% 9% 1% 図 表 県 北 医 療 圏 の 5 階 級 別 年 齢 別 人 口 推 移 ( 人 ) 45, 4, 35, 21 年 225 年 3, 25, 2, 15, 1, 5, 以 上 3 出 所 国 勢 調 査 ( 平 成 22 年 総 務 省 ) 日 本 の 地 域 別 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 25 年 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 ) 7-11

12 3. 急 性 期 医 療 ( 病 院 )の 密 度 図 表 急 性 期 医 療 密 度 指 数 マップ 4 急 性 期 医 療 密 度 指 数 <.2.2 <.4.4 <.6.6 <.8.8 < < 2 2 < 3 3 < 5 5 < 1 1 <= 1 含 まれない 値 テ ータ 未 入 力 該 当 レコート 無 し 非 居 住 エリア 図 表 は 県 北 医 療 圏 の 区 画 単 位 の 急 性 期 医 療 密 度 指 数 ( 急 性 期 医 療 の 提 供 能 力 ) を 示 し ている 当 該 医 療 圏 の 居 住 面 積 当 たり 急 性 期 医 療 密 度 指 数 ( 人 が 居 住 している 地 域 の 平 均 急 性 期 医 療 密 度 指 数 ) は.68( 全 国 平 均 は 1.)と 低 く 急 性 期 病 床 が 分 散 しているエリアといえる 4 急 性 期 医 療 密 度 指 数 は 各 1 キロm2 区 画 (メッシュ)で 提 供 されている 急 性 期 入 院 医 療 の 密 度 を 可 視 化 した 指 標 で ある 病 院 の 一 般 病 床 数 と 全 身 麻 酔 件 数 各 区 画 への 距 離 に 重 みづけを 行 う したがって その 病 院 の 一 般 病 床 が 多 いほ ど その 病 院 が 多 くの 全 身 麻 酔 手 術 を 行 うほど また 各 区 画 から 見 て 当 該 病 院 が 近 いほど 指 数 は 高 くなる 複 数 の 対 象 病 院 が 近 くにある 区 画 は 複 数 の 病 院 からの 病 床 が 加 算 される 全 国 平 均 を 1. とした 赤 系 統 は 急 性 期 医 療 が 提 供 され る 密 度 が 全 国 平 均 を 2% 以 上 上 回 り 緑 色 は 全 国 平 均 レベル 黄 色 と 薄 い 青 色 は 平 均 を 2% 以 上 下 回 る 濃 いエンジ 色 は 平 均 の 1 倍 以 上 の 急 性 期 医 療 密 度 で 医 療 密 度 が 高 い 都 市 部 に 多 い 一 方 灰 色 の 区 画 は 急 性 期 医 療 の 提 供 の 乏 しい 地 域 紺 色 の 区 画 は 車 で 3 分 以 内 に 全 身 麻 酔 を 行 っている 病 院 がない 地 域 白 色 で 示 された 地 域 に は 人 が 住 んでいないことを 示 す 分 析 には GIS MarketAnalyzer ver.3.7 と PAREA シリーズを 使 用 7-12

13 図 表 一 人 当 たり 急 性 期 医 療 密 度 指 数 マップ 5 一 人 当 たり 急 性 期 医 療 密 度 指 数 <.2.2 <.4.4 <.6.6 <.8.8 < < < 2 2 < < 3 3 <= 1 非 含 居 まれない 住 エリア 値 テ ータ 未 入 力 該 当 レコート 無 し 図 表 は 県 北 医 療 圏 の 区 画 単 位 の 一 人 当 たり 急 性 期 医 療 密 度 指 数 ( 住 民 一 人 当 たりの 急 性 期 医 療 の 提 供 能 力 ) を 示 している 地 域 の 総 医 療 提 供 能 力 を 総 人 口 で 割 ることにより 求 められる 当 該 医 療 圏 の 一 人 当 たり 急 性 期 医 療 密 度 指 数 は 1.18( 全 国 平 均 は 1.)で 一 人 当 たりの 急 性 期 医 療 の 提 供 能 力 は 全 国 平 均 並 みの 医 療 圏 といえる 5 一 人 当 たり 急 性 期 病 床 指 数 は 各 1 区 画 の 住 民 一 人 当 たりに 提 供 される 急 性 期 入 院 医 療 の 密 度 を 可 視 化 した 指 標 で 図 表 で 示 した 急 性 期 医 療 密 度 を 各 区 画 の 人 口 で 割 ったものである 人 口 当 たり 急 性 期 医 療 密 度 指 数 は 各 区 画 の 急 性 期 医 療 密 度 が 高 いほど また 各 区 画 の 人 口 が 少 ないほど 高 くなる 急 性 期 病 院 が 多 く 急 性 期 医 療 密 度 が 高 い 地 域 で も その 地 域 の 人 口 がそれ 以 上 に 多 ければ 人 口 当 たりの 急 性 期 医 療 密 度 指 数 は 低 くなる 全 国 平 均 を 1. とし 赤 系 統 は 急 性 期 医 療 が 提 供 される 密 度 が 全 国 平 均 を 2% 以 上 上 回 る 緑 色 は 全 国 平 均 レベル 黄 色 と 薄 い 青 色 部 分 は 提 供 密 度 が 全 国 平 均 を 2% 以 上 下 回 る 濃 いエンジ 色 は 日 本 の 平 均 の 3 倍 以 上 赤 色 は 2 倍 以 上 の 区 画 であり 急 性 期 医 療 の 提 供 の 過 剰 を 予 想 させる 地 域 である 一 方 灰 色 の 区 画 は 急 性 期 医 療 の 提 供 の 乏 しい 地 域 であり 紺 色 の 区 画 は 車 で 3 分 以 内 に 全 身 麻 酔 を 行 っている 病 院 がない 地 域 白 色 で 示 された 地 域 には 人 が 住 んでいないことを 示 している 分 析 には GIS MarketAnalyzer ver.3.7 と PAREA シリーズを 使 用 7-13

14 4. 推 計 患 者 数 6 図 表 県 北 医 療 圏 の 推 計 患 者 数 (5 疾 病 ) 全 国 211 年 225 年 増 減 率 (211 年 比 ) 増 減 率 (211 年 比 ) 入 院 外 来 入 院 外 来 入 院 外 来 入 院 外 来 入 院 外 来 悪 性 新 生 物 % 6% 18% 13% 虚 血 性 心 疾 患 % 15% 29% 26% 脳 血 管 疾 患 % 16% 44% 28% 糖 尿 病 % 5% 31% 12% 精 神 及 び 行 動 の 障 害 1, , % -5% 1% -2% 図 表 県 北 医 療 圏 の 推 計 患 者 数 (ICD 大 分 類 ) 全 国 211 年 225 年 増 減 率 (211 年 比 ) 増 減 率 (211 年 比 ) 入 院 外 来 入 院 外 来 入 院 外 来 入 院 外 来 入 院 外 来 総 数 ( 人 ) 5,673 29,351 6,68 29,386 16% % 27% 5% 1 感 染 症 及 び 寄 生 虫 症 % -7% 28% -3% 2 新 生 物 % 3% 17% 1% 3 血 液 及 び 造 血 器 の 疾 患 並 びに 免 疫 機 構 の 障 害 % -3% 32% 1% 4 内 分 泌, 栄 養 及 び 代 謝 疾 患 155 1, ,75 21% 3% 35% 9% 5 精 神 及 び 行 動 の 障 害 1, , % -5% 1% -2% 6 神 経 系 の 疾 患 % 8% 32% 17% 7 眼 及 び 付 属 器 の 疾 患 5 1, ,263 11% 4% 2% 11% 8 耳 及 び 乳 様 突 起 の 疾 患 % -4% 9% % 9 循 環 器 系 の 疾 患 1,99 4,8 1,41 4,525 28% 13% 44% 23% 1 呼 吸 器 系 の 疾 患 393 2, ,42 29% -13% 46% -11% 11 消 化 器 系 の 疾 患 273 5, ,89 15% -5% 26% -1% 12 皮 膚 及 び 皮 下 組 織 の 疾 患 % -6% 33% -3% 13 筋 骨 格 系 及 び 結 合 組 織 の 疾 患 269 4, ,535 18% 9% 31% 17% 14 腎 尿 路 生 殖 器 系 の 疾 患 23 1, ,76 2% 1% 32% 5% 15 妊 娠, 分 娩 及 び 産 じょく % -18% -24% -24% 16 周 産 期 に 発 生 した 病 態 % -23% -29% -25% 17 先 天 奇 形, 変 形 及 び 染 色 体 異 常 % -15% -19% -14% 18 症 状, 徴 候 及 び 異 常 臨 床 所 見 異 常 検 査 所 見 で 他 に 分 類 されないもの % -1% 38% 4% 19 損 傷, 中 毒 及 びその 他 の 外 因 の 影 響 538 1, ,187 23% -6% 37% -1% 2 健 康 状 態 に 影 響 を 及 ぼす 要 因 及 び 保 健 サービスの 利 用 32 2, ,829 4% -5% 4% -1% 当 該 医 療 圏 の 211 年 から 225 年 にかけての 入 院 患 者 数 の 増 減 率 は 16%( 全 国 平 均 27%)で 全 国 平 均 よりも 低 い 伸 び 率 である 外 来 患 者 数 の 増 減 率 は %( 全 国 5%)で 全 国 平 均 よりも 非 常 に 低 い 伸 び 率 である 6 推 計 患 者 数 は 患 者 調 査 (211 年 )に 基 づき 5 疾 病 並 びに ICD 大 分 類 の 入 院 外 来 の 年 齢 構 成 別 受 療 率 に 当 該 医 療 圏 の 年 齢 構 成 別 人 口 (211 年 225 年 )を 乗 じて 算 出 出 所 : 国 勢 調 査 ( 平 成 22 年 総 務 省 ) 患 者 調 査 ( 平 成 23 年 厚 生 労 働 省 ) 日 本 の 地 域 別 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 25 年 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 ) 7-14

15 7-2. 県 中 医 療 圏 1 構 成 市 区 町 村 人 口 分 布 2 (1 km2 区 画 単 位 ) 郡 山 市, 須 賀 川 市, 田 村 市, 鏡 石 町, 天 栄 村, 石 川 町, 玉 川 村, 平 田 村, 浅 川 町, 古 殿 町, 三 春 町, 小 野 町 区 画 内 人 口 (1 平 方 キ ロ) < 2 2 < 5 5 < 1 1 < 5 5 < 1 1 < 2 2 < 3 3 < 5 5 < 1 1 < < 2 2 <= 35 含 まれない 値 テ ータ 未 入 力 ポイントグループ 一 覧 病 一 般 院 病 診 療 所 1 日 本 医 師 会 JMAP( 地 域 医 療 情 報 システム)で 地 域 別 の 人 口 動 態 医 療 機 関 介 護 施 設 の 情 報 を 参 照 可 能 ネットで 閲 覧 の 場 地 域 名 をクリックするとリンク 先 に 移 動 します 2 県 中 医 療 圏 を 1 km2 区 画 (1 km2メッシュ)で 分 割 した 各 区 画 内 の 居 住 人 口 赤 色 系 統 は 人 口 が 多 く(1, 人 /km2 以 上 ) 黄 色 系 統 は 中 間 レベル(1, 1, 人 /km2) 青 色 系 統 は 人 口 が 少 ない(1, 人 /km2 未 満 ) 白 色 は 非 居 住 地 出 所 : 国 勢 調 査 ( 平 成 22 年 総 務 省 ) 地 図 情 報 GIS MarketAnalyzer ver.3.7 地 図 PAREA シリーズ 7-15

16 ( 県 中 医 療 圏 ) 1. 地 域 ならびに 医 療 介 護 資 源 の 総 括 ( 参 照 : 資 料 編 の 図 表 ) 地 域 の 概 要 : 県 中 ( 郡 山 市 )は 総 人 口 約 55 万 人 (21 年 ) 面 積 246 km2 人 口 密 度 は 229 人 /km2の 地 方 都 市 型 二 次 医 療 圏 である 県 中 の 総 人 口 は 215 年 に 55 万 人 と 増 減 なし(21 年 比 ±%) 25 年 に 52 万 人 へと 減 少 し(215 年 比 -5%) 4 年 に 48 万 人 へと 減 少 する(225 年 比 -8%)と 予 想 されている 一 方 75 以 上 人 口 は 21 年 6.4 万 人 から 15 年 に 6.9 万 人 へと 増 加 (21 年 比 +8%) 25 年 にかけて 8.3 万 人 へと 増 加 (215 年 比 +2%) 4 年 には 9.6 万 人 へと 増 加 する(225 年 比 +16%)ことが 見 込 ま れる 医 療 圏 の 概 要 : 高 機 能 病 院 や 地 域 の 基 幹 病 院 が 複 数 あり 急 性 期 医 療 の 提 供 能 力 は 平 均 レベルで あり( 全 身 麻 酔 数 の 45-55) 県 南 や 会 津 より 患 者 が 集 まってくる 医 療 圏 である 急 性 期 以 後 は 療 養 病 床 も 回 復 期 病 床 も 全 国 平 均 レベルである * 医 師 看 護 師 の 現 状 : 総 医 師 数 が 45( 病 院 勤 務 医 数 44 診 療 所 医 師 数 47)と 総 医 師 数 はほ ぼ 全 国 平 均 レベルであるが 病 院 勤 務 医 は 少 ない 総 看 護 師 数 52 と 全 国 平 均 レベルである * 急 性 期 医 療 の 現 状 : 人 口 当 たりの 一 般 病 床 の 56 で 一 般 病 床 は 多 い 県 中 には 年 間 全 身 麻 酔 件 数 が 2 例 以 上 の 総 合 南 東 北 病 院 太 田 西 ノ 内 病 院 ( 救 命 ) 1 例 以 上 の 星 総 合 病 院 寿 泉 堂 綜 合 病 院 5 例 以 上 の 公 立 岩 瀬 病 院 がある 全 身 麻 酔 数 54 とやや 多 い * 療 養 病 床 リハビリの 現 状 : 人 口 当 たりの 療 養 病 床 の は 47 とやや 少 ない 総 療 法 士 数 は 52 と 全 国 平 均 レベルであり 回 復 期 病 床 数 は 47 とやや 少 ない * 精 神 病 床 の 現 状 : 人 口 当 たりの 精 神 病 床 の は 53 とやや 多 い * 診 療 所 の 現 状 : 人 口 当 たりの 診 療 所 数 の は 44 と 少 ない * 在 宅 医 療 の 現 状 : 在 宅 医 療 施 設 については 在 宅 療 養 支 援 診 療 所 は 49 と 全 国 平 均 レベル であり 在 宅 療 養 支 援 病 院 は 45 とやや 少 ない また 訪 問 看 護 ステーションは 52 と 全 国 平 均 レベルである * 医 療 需 要 予 測 : 県 中 の 医 療 需 要 は 215 年 から 25 年 にかけて 5% 増 加 225 年 から 4 年 に かけて 増 減 なしと 予 測 される そのうち -64 の 医 療 需 要 は 215 年 から 25 年 にかけて 1% 減 少 225 年 から 4 年 にかけて 9% 減 少 75 以 上 の 医 療 需 要 は 215 年 から 25 年 にかけて 2% 増 加 225 年 から 4 年 にかけて 16% 増 加 と 予 測 される * 介 護 資 源 の 状 況 : 県 中 の 総 高 齢 者 施 設 ベッド 数 は 6373 床 (75 以 上 1 人 当 たりの 41)と 全 国 平 均 レベルを 下 回 る そのうち 介 護 保 険 施 設 のベッドが 4162 床 ( 49) 高 齢 者 住 宅 等 が 2211 床 ( 4)である 介 護 保 険 ベッドは 全 国 平 均 レベルであるが 高 齢 者 住 宅 系 は 全 国 平 均 レベルを 下 回 る 75 以 上 1 人 当 たりベッド 数 は 老 人 保 健 施 設 49 特 別 養 護 老 人 ホーム 5 介 護 療 養 型 医 療 施 設 48 有 料 老 人 ホーム 41 グループホーム 52 高 齢 者 住 宅 45 である * 介 護 需 要 の 予 測 : 介 護 需 要 は 215 年 から 25 年 にかけて 18% 増 225 年 から 4 年 にかけて 13% 増 と 予 測 される 7-16

17 2. 人 口 動 態 (21 年 225 年 ) 3 図 表 県 中 医 療 圏 の 人 口 増 減 比 較 県 中 医 療 圏 ( 人 ) 全 国 ( 人 ) 21 年 構 成 比 225 年 構 成 比 225 年 225 年 21 年 構 成 比 225 年 構 成 比 (21 年 比 ) (21 年 比 ) 人 口 総 数 551, , % 128,57,352-12,658, % , % 59, % -23.5% 16,83, % 13,24, % -21.2% , % 33, % -12.7% 81,31,8 63.8% 7,844, % -12.6% 65 以 上 121, % 154, % 27.2% 29,245, % 36,573, % 25.1% 75 以 上 64, % 82, % 29.3% 14,72, % 21,785, % 54.8% 85 以 上 17,18 3.1% 29, % 7.5% 3,794,933 3.% 7,362,58 6.1% 94.% 図 表 県 中 医 療 圏 の 年 齢 別 人 口 推 移 ( 再 掲 ) 以 上 21 年 - 県 中 医 療 圏 14.2% 63.6% 22.2% 21 年 - 全 国 13.2% 63.8% 23.% 225 年 - 県 中 医 療 圏 11.5% 58.7% 29.8% 225 年 - 全 国 11.% 58.7% 3.3% % 1% 2% 3% 4% 5% 6% 7% 8% 9% 1% 図 表 県 中 医 療 圏 の 5 階 級 別 年 齢 別 人 口 推 移 ( 人 ) 45, 4, 35, 21 年 225 年 3, 25, 2, 15, 1, 5, 以 上 3 出 所 国 勢 調 査 ( 平 成 22 年 総 務 省 ) 日 本 の 地 域 別 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 25 年 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 ) 7-17

18 3. 急 性 期 医 療 ( 病 院 )の 密 度 図 表 急 性 期 医 療 密 度 指 数 マップ 4 急 性 期 医 療 密 度 指 数 <.2.2 <.4.4 <.6.6 <.8.8 < < 2 2 < 3 3 < 5 5 < 1 1 <= 1 含 まれない 値 テ ータ 未 入 力 該 当 レコート 無 し 非 居 住 エリア 図 表 は 県 中 医 療 圏 の 区 画 単 位 の 急 性 期 医 療 密 度 指 数 ( 急 性 期 医 療 の 提 供 能 力 ) を 示 し ている 当 該 医 療 圏 の 居 住 面 積 当 たり 急 性 期 医 療 密 度 指 数 ( 人 が 居 住 している 地 域 の 平 均 急 性 期 医 療 密 度 指 数 ) は.57( 全 国 平 均 は 1.)と 低 く 急 性 期 病 床 が 分 散 しているエリアといえる 4 急 性 期 医 療 密 度 指 数 は 各 1 キロm2 区 画 (メッシュ)で 提 供 されている 急 性 期 入 院 医 療 の 密 度 を 可 視 化 した 指 標 で ある 病 院 の 一 般 病 床 数 と 全 身 麻 酔 件 数 各 区 画 への 距 離 に 重 みづけを 行 う したがって その 病 院 の 一 般 病 床 が 多 いほ ど その 病 院 が 多 くの 全 身 麻 酔 手 術 を 行 うほど また 各 区 画 から 見 て 当 該 病 院 が 近 いほど 指 数 は 高 くなる 複 数 の 対 象 病 院 が 近 くにある 区 画 は 複 数 の 病 院 からの 病 床 が 加 算 される 全 国 平 均 を 1. とした 赤 系 統 は 急 性 期 医 療 が 提 供 され る 密 度 が 全 国 平 均 を 2% 以 上 上 回 り 緑 色 は 全 国 平 均 レベル 黄 色 と 薄 い 青 色 は 平 均 を 2% 以 上 下 回 る 濃 いエンジ 色 は 平 均 の 1 倍 以 上 の 急 性 期 医 療 密 度 で 医 療 密 度 が 高 い 都 市 部 に 多 い 一 方 灰 色 の 区 画 は 急 性 期 医 療 の 提 供 の 乏 しい 地 域 紺 色 の 区 画 は 車 で 3 分 以 内 に 全 身 麻 酔 を 行 っている 病 院 がない 地 域 白 色 で 示 された 地 域 に は 人 が 住 んでいないことを 示 す 分 析 には GIS MarketAnalyzer ver.3.7 と PAREA シリーズを 使 用 7-18

19 図 表 一 人 当 たり 急 性 期 医 療 密 度 指 数 マップ 5 一 人 当 たり 急 性 期 医 療 密 度 指 数 <.2.2 <.4.4 <.6.6 <.8.8 < < < 2 2 < < 3 3 <= 1 非 含 居 まれない 住 エリア 値 テ ータ 未 入 力 該 当 レコート 無 し 図 表 は 県 中 医 療 圏 の 区 画 単 位 の 一 人 当 たり 急 性 期 医 療 密 度 指 数 ( 住 民 一 人 当 たりの 急 性 期 医 療 の 提 供 能 力 ) を 示 している 地 域 の 総 医 療 提 供 能 力 を 総 人 口 で 割 ることにより 求 められる 当 該 医 療 圏 の 一 人 当 たり 急 性 期 医 療 密 度 指 数 は 1.31( 全 国 平 均 は 1.)で 一 人 当 たりの 急 性 期 医 療 の 提 供 能 力 は 高 い 医 療 圏 といえる 5 一 人 当 たり 急 性 期 病 床 指 数 は 各 1 区 画 の 住 民 一 人 当 たりに 提 供 される 急 性 期 入 院 医 療 の 密 度 を 可 視 化 した 指 標 で 図 表 で 示 した 急 性 期 医 療 密 度 を 各 区 画 の 人 口 で 割 ったものである 人 口 当 たり 急 性 期 医 療 密 度 指 数 は 各 区 画 の 急 性 期 医 療 密 度 が 高 いほど また 各 区 画 の 人 口 が 少 ないほど 高 くなる 急 性 期 病 院 が 多 く 急 性 期 医 療 密 度 が 高 い 地 域 で も その 地 域 の 人 口 がそれ 以 上 に 多 ければ 人 口 当 たりの 急 性 期 医 療 密 度 指 数 は 低 くなる 全 国 平 均 を 1. とし 赤 系 統 は 急 性 期 医 療 が 提 供 される 密 度 が 全 国 平 均 を 2% 以 上 上 回 る 緑 色 は 全 国 平 均 レベル 黄 色 と 薄 い 青 色 部 分 は 提 供 密 度 が 全 国 平 均 を 2% 以 上 下 回 る 濃 いエンジ 色 は 日 本 の 平 均 の 3 倍 以 上 赤 色 は 2 倍 以 上 の 区 画 であり 急 性 期 医 療 の 提 供 の 過 剰 を 予 想 させる 地 域 である 一 方 灰 色 の 区 画 は 急 性 期 医 療 の 提 供 の 乏 しい 地 域 であり 紺 色 の 区 画 は 車 で 3 分 以 内 に 全 身 麻 酔 を 行 っている 病 院 がない 地 域 白 色 で 示 された 地 域 には 人 が 住 んでいないことを 示 している 分 析 には GIS MarketAnalyzer ver.3.7 と PAREA シリーズを 使 用 7-19

20 4. 推 計 患 者 数 6 図 表 県 中 医 療 圏 の 推 計 患 者 数 (5 疾 病 ) 全 国 211 年 225 年 増 減 率 (211 年 比 ) 増 減 率 (211 年 比 ) 入 院 外 来 入 院 外 来 入 院 外 来 入 院 外 来 入 院 外 来 悪 性 新 生 物 % 11% 18% 13% 虚 血 性 心 疾 患 % 2% 29% 26% 脳 血 管 疾 患 % 21% 44% 28% 糖 尿 病 % 1% 31% 12% 精 神 及 び 行 動 の 障 害 1, , % -2% 1% -2% 図 表 県 中 医 療 圏 の 推 計 患 者 数 (ICD 大 分 類 ) 全 国 211 年 225 年 増 減 率 (211 年 比 ) 増 減 率 (211 年 比 ) 入 院 外 来 入 院 外 来 入 院 外 来 入 院 外 来 入 院 外 来 総 数 ( 人 ) 5,762 31,168 6,861 32,295 19% 4% 27% 5% 1 感 染 症 及 び 寄 生 虫 症 % -4% 28% -3% 2 新 生 物 ,9 14% 8% 17% 1% 3 血 液 及 び 造 血 器 の 疾 患 並 びに 免 疫 機 構 の 障 害 % % 32% 1% 4 内 分 泌, 栄 養 及 び 代 謝 疾 患 156 1, ,896 24% 8% 35% 9% 5 精 神 及 び 行 動 の 障 害 1, , % -2% 1% -2% 6 神 経 系 の 疾 患 % 11% 32% 17% 7 眼 及 び 付 属 器 の 疾 患 51 1, ,361 15% 8% 2% 11% 8 耳 及 び 乳 様 突 起 の 疾 患 % -1% 9% % 9 循 環 器 系 の 疾 患 1,84 4,26 1,418 4,722 31% 17% 44% 23% 1 呼 吸 器 系 の 疾 患 392 3, ,84 3% -11% 46% -11% 11 消 化 器 系 の 疾 患 278 5, ,518 18% -1% 26% -1% 12 皮 膚 及 び 皮 下 組 織 の 疾 患 67 1, ,63 24% -3% 33% -3% 13 筋 骨 格 系 及 び 結 合 組 織 の 疾 患 271 4, ,82 21% 13% 31% 17% 14 腎 尿 路 生 殖 器 系 の 疾 患 23 1, ,184 23% 5% 32% 5% 15 妊 娠, 分 娩 及 び 産 じょく % -15% -24% -24% 16 周 産 期 に 発 生 した 病 態 % -21% -29% -25% 17 先 天 奇 形, 変 形 及 び 染 色 体 異 常 % -13% -19% -14% 18 症 状, 徴 候 及 び 異 常 臨 床 所 見 異 常 検 査 所 見 で 他 に 分 類 されないもの % 2% 38% 4% 19 損 傷, 中 毒 及 びその 他 の 外 因 の 影 響 54 1, ,34 24% -3% 37% -1% 2 健 康 状 態 に 影 響 を 及 ぼす 要 因 及 び 保 健 サービスの 利 用 35 3, ,176 4% -1% 4% -1% 当 該 医 療 圏 の 211 年 から 225 年 にかけての 入 院 患 者 数 の 増 減 率 は 19%( 全 国 平 均 27%)で 全 国 平 均 よりも 低 い 伸 び 率 である 外 来 患 者 数 の 増 減 率 は 4%( 全 国 5%)で 全 国 平 均 並 みの 伸 び 率 である 6 推 計 患 者 数 は 患 者 調 査 (211 年 )に 基 づき 5 疾 病 並 びに ICD 大 分 類 の 入 院 外 来 の 年 齢 構 成 別 受 療 率 に 当 該 医 療 圏 の 年 齢 構 成 別 人 口 (211 年 225 年 )を 乗 じて 算 出 出 所 : 国 勢 調 査 ( 平 成 22 年 総 務 省 ) 患 者 調 査 ( 平 成 23 年 厚 生 労 働 省 ) 日 本 の 地 域 別 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 25 年 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 ) 7-2

21 7-3. 県 南 医 療 圏 1 構 成 市 区 町 村 人 口 分 布 2 (1 km2 区 画 単 位 ) 白 河 市, 西 郷 村, 泉 崎 村, 中 島 村, 矢 吹 町, 棚 倉 町, 矢 祭 町, 塙 町, 鮫 川 村 区 画 内 人 口 (1 平 方 キ ロ) < 2 2 < 5 5 < 1 1 < 5 5 < 1 1 < 2 2 < 3 3 < 5 5 < 1 1 < < 2 2 <= 35 含 まれない 値 テ ータ 未 入 力 ポイントグループ 一 覧 病 一 般 院 病 診 療 所 1 日 本 医 師 会 JMAP( 地 域 医 療 情 報 システム)で 地 域 別 の 人 口 動 態 医 療 機 関 介 護 施 設 の 情 報 を 参 照 可 能 ネットで 閲 覧 の 場 地 域 名 をクリックするとリンク 先 に 移 動 します 2 県 南 医 療 圏 を 1 km2 区 画 (1 km2メッシュ)で 分 割 した 各 区 画 内 の 居 住 人 口 赤 色 系 統 は 人 口 が 多 く(1, 人 /km2 以 上 ) 黄 色 系 統 は 中 間 レベル(1, 1, 人 /km2) 青 色 系 統 は 人 口 が 少 ない(1, 人 /km2 未 満 ) 白 色 は 非 居 住 地 出 所 : 国 勢 調 査 ( 平 成 22 年 総 務 省 ) 地 図 情 報 GIS MarketAnalyzer ver.3.7 地 図 PAREA シリーズ 7-21

22 ( 県 南 医 療 圏 ) 1. 地 域 ならびに 医 療 介 護 資 源 の 総 括 ( 参 照 : 資 料 編 の 図 表 ) 地 域 の 概 要 : 県 南 ( 白 河 市 )は 総 人 口 約 15 万 人 (21 年 ) 面 積 1233 km2 人 口 密 度 は 122 人 /km2の 過 疎 地 域 型 二 次 医 療 圏 である 県 南 の 総 人 口 は 215 年 に 15 万 人 と 増 減 なし(21 年 比 ±%) 25 年 に 14 万 人 へと 減 少 し(215 年 比 -7%) 4 年 に 12 万 人 へと 減 少 する(225 年 比 -14%)と 予 想 されている 一 方 75 以 上 人 口 は 21 年 2 万 人 から 15 年 に 2.1 万 人 へと 増 加 (21 年 比 +5%) 25 年 にかけて 2.3 万 人 へと 増 加 (215 年 比 +1%) 4 年 には 2.8 万 人 へと 増 加 する(225 年 比 +22%)ことが 見 込 まれる 医 療 圏 の 概 要 : 地 域 の 中 核 となる 病 院 があるが 急 性 期 医 療 の 提 供 能 力 は 低 く( 全 身 麻 酔 数 の 偏 差 値 35-45) 郡 山 への 依 存 が 比 較 的 強 い 医 療 圏 である 急 性 期 以 後 は 療 養 病 床 は 不 足 気 味 だが 回 復 期 病 床 は 全 国 平 均 レベルである * 医 師 看 護 師 の 現 状 : 総 医 師 数 が 39( 病 院 勤 務 医 数 4 診 療 所 医 師 数 4)と 総 医 師 数 病 院 勤 務 医 診 療 所 医 師 はともに 少 ない 総 看 護 師 数 47 とやや 少 ない * 急 性 期 医 療 の 現 状 : 人 口 当 たりの 一 般 病 床 の 47 で 一 般 病 床 はやや 少 ない 県 南 には 年 間 全 身 麻 酔 件 数 が 5 例 以 上 の 白 河 厚 生 総 合 病 院 がある 全 身 麻 酔 数 39 と 少 ない * 療 養 病 床 リハビリの 現 状 : 人 口 当 たりの 療 養 病 床 の は 43 と 少 ない 総 療 法 士 数 は 偏 差 値 4 と 少 なく 回 復 期 病 床 数 は 45 とやや 少 ない * 精 神 病 床 の 現 状 : 人 口 当 たりの 精 神 病 床 の は 53 とやや 多 い * 診 療 所 の 現 状 : 人 口 当 たりの 診 療 所 数 の は 41 と 少 ない * 在 宅 医 療 の 現 状 : 在 宅 医 療 施 設 については 在 宅 療 養 支 援 診 療 所 は 38 と 少 なく 在 宅 療 養 支 援 病 院 は 存 在 しない また 訪 問 看 護 ステーションは 42 と 少 ない * 医 療 需 要 予 測 : 県 南 の 医 療 需 要 は 215 年 から 25 年 にかけて 3% 増 加 225 年 から 4 年 に かけて 1% 減 少 と 予 測 される そのうち -64 の 医 療 需 要 は 215 年 から 25 年 にかけて 14% 減 少 225 年 から 4 年 にかけて 11% 減 少 75 以 上 の 医 療 需 要 は 215 年 から 25 年 にかけて 13% 増 加 225 年 から 4 年 にかけて 18% 増 加 と 予 測 される * 介 護 資 源 の 状 況 : 県 南 の 総 高 齢 者 施 設 ベッド 数 は 1843 床 (75 以 上 1 人 当 たりの 38)と 全 国 平 均 レベルを 下 回 る そのうち 介 護 保 険 施 設 のベッドが 1445 床 ( 55) 高 齢 者 住 宅 等 が 398 床 ( 34)である 介 護 保 険 ベッドは 全 国 平 均 レベルをやや 上 回 るが 高 齢 者 住 宅 系 は 全 国 平 均 レベルを 大 きく 下 回 る 75 以 上 1 人 当 たりベッド 数 は 老 人 保 健 施 設 62 特 別 養 護 老 人 ホーム 56 介 護 療 養 型 医 療 施 設 39 有 料 老 人 ホーム 37 グループホーム 46 高 齢 者 住 宅 39 である * 介 護 需 要 の 予 測 : 介 護 需 要 は 215 年 から 25 年 にかけて 13% 増 225 年 から 4 年 にかけて 14% 増 と 予 測 される 7-22

23 2. 人 口 動 態 (21 年 225 年 ) 3 図 表 県 南 医 療 圏 の 人 口 増 減 比 較 県 南 医 療 圏 ( 人 ) 全 国 ( 人 ) 21 年 構 成 比 225 年 構 成 比 225 年 225 年 21 年 構 成 比 225 年 構 成 比 (21 年 比 ) (21 年 比 ) 人 口 総 数 15, , % 128,57,352-12,658, % , % 15, % -28.8% 16,83, % 13,24, % -21.2% , % 75, % -18.4% 81,31,8 63.8% 7,844, % -12.6% 65 以 上 35, % 44, % 24.4% 29,245, % 36,573, % 25.1% 75 以 上 19, % 23, % 18.5% 14,72, % 21,785, % 54.8% 85 以 上 5,36 3.5% 8, % 62.% 3,794,933 3.% 7,362,58 6.1% 94.% 図 表 県 南 医 療 圏 の 年 齢 別 人 口 推 移 ( 再 掲 ) 以 上 21 年 - 県 南 医 療 圏 14.4% 61.8% 23.8% 21 年 - 全 国 13.2% 63.8% 23.% 225 年 - 県 南 医 療 圏 11.4% 55.8% 32.8% 225 年 - 全 国 11.% 58.7% 3.3% % 1% 2% 3% 4% 5% 6% 7% 8% 9% 1% 図 表 県 南 医 療 圏 の 5 階 級 別 年 齢 別 人 口 推 移 ( 人 ) 14, 12, 1, 21 年 225 年 8, 6, 4, 2, 以 上 3 出 所 国 勢 調 査 ( 平 成 22 年 総 務 省 ) 日 本 の 地 域 別 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 25 年 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 ) 7-23

24 3. 急 性 期 医 療 ( 病 院 )の 密 度 図 表 急 性 期 医 療 密 度 指 数 マップ 4 急 性 期 医 療 密 度 指 数 <.2.2 <.4.4 <.6.6 <.8.8 < < 2 2 < 3 3 < 5 5 < 1 1 <= 1 含 まれない 値 テ ータ 未 入 力 該 当 レコート 無 し 非 居 住 エリア 図 表 は 県 南 医 療 圏 の 区 画 単 位 の 急 性 期 医 療 密 度 指 数 ( 急 性 期 医 療 の 提 供 能 力 ) を 示 し ている 当 該 医 療 圏 の 居 住 面 積 当 たり 急 性 期 医 療 密 度 指 数 ( 人 が 居 住 している 地 域 の 平 均 急 性 期 医 療 密 度 指 数 ) は.2( 全 国 平 均 は 1.)と 非 常 に 低 く 急 性 期 病 床 が 分 散 しているエリアといえ る 4 急 性 期 医 療 密 度 指 数 は 各 1 キロm2 区 画 (メッシュ)で 提 供 されている 急 性 期 入 院 医 療 の 密 度 を 可 視 化 した 指 標 で ある 病 院 の 一 般 病 床 数 と 全 身 麻 酔 件 数 各 区 画 への 距 離 に 重 みづけを 行 う したがって その 病 院 の 一 般 病 床 が 多 いほ ど その 病 院 が 多 くの 全 身 麻 酔 手 術 を 行 うほど また 各 区 画 から 見 て 当 該 病 院 が 近 いほど 指 数 は 高 くなる 複 数 の 対 象 病 院 が 近 くにある 区 画 は 複 数 の 病 院 からの 病 床 が 加 算 される 全 国 平 均 を 1. とした 赤 系 統 は 急 性 期 医 療 が 提 供 され る 密 度 が 全 国 平 均 を 2% 以 上 上 回 り 緑 色 は 全 国 平 均 レベル 黄 色 と 薄 い 青 色 は 平 均 を 2% 以 上 下 回 る 濃 いエンジ 色 は 平 均 の 1 倍 以 上 の 急 性 期 医 療 密 度 で 医 療 密 度 が 高 い 都 市 部 に 多 い 一 方 灰 色 の 区 画 は 急 性 期 医 療 の 提 供 の 乏 しい 地 域 紺 色 の 区 画 は 車 で 3 分 以 内 に 全 身 麻 酔 を 行 っている 病 院 がない 地 域 白 色 で 示 された 地 域 に は 人 が 住 んでいないことを 示 す 分 析 には GIS MarketAnalyzer ver.3.7 と PAREA シリーズを 使 用 7-24

25 図 表 一 人 当 たり 急 性 期 医 療 密 度 指 数 マップ 5 一 人 当 たり 急 性 期 医 療 密 度 指 数 <.2.2 <.4.4 <.6.6 <.8.8 < < < 2 2 < < 3 3 <= 1 非 含 居 まれない 住 エリア 値 テ ータ 未 入 力 該 当 レコート 無 し 図 表 は 県 南 医 療 圏 の 区 画 単 位 の 一 人 当 たり 急 性 期 医 療 密 度 指 数 ( 住 民 一 人 当 たりの 急 性 期 医 療 の 提 供 能 力 ) を 示 している 地 域 の 総 医 療 提 供 能 力 を 総 人 口 で 割 ることにより 求 められる 当 該 医 療 圏 の 一 人 当 たり 急 性 期 医 療 密 度 指 数 は.82( 全 国 平 均 は 1.)で 一 人 当 たりの 急 性 期 医 療 の 提 供 能 力 は 全 国 平 均 並 みの 医 療 圏 といえる 5 一 人 当 たり 急 性 期 病 床 指 数 は 各 1 区 画 の 住 民 一 人 当 たりに 提 供 される 急 性 期 入 院 医 療 の 密 度 を 可 視 化 した 指 標 で 図 表 で 示 した 急 性 期 医 療 密 度 を 各 区 画 の 人 口 で 割 ったものである 人 口 当 たり 急 性 期 医 療 密 度 指 数 は 各 区 画 の 急 性 期 医 療 密 度 が 高 いほど また 各 区 画 の 人 口 が 少 ないほど 高 くなる 急 性 期 病 院 が 多 く 急 性 期 医 療 密 度 が 高 い 地 域 で も その 地 域 の 人 口 がそれ 以 上 に 多 ければ 人 口 当 たりの 急 性 期 医 療 密 度 指 数 は 低 くなる 全 国 平 均 を 1. とし 赤 系 統 は 急 性 期 医 療 が 提 供 される 密 度 が 全 国 平 均 を 2% 以 上 上 回 る 緑 色 は 全 国 平 均 レベル 黄 色 と 薄 い 青 色 部 分 は 提 供 密 度 が 全 国 平 均 を 2% 以 上 下 回 る 濃 いエンジ 色 は 日 本 の 平 均 の 3 倍 以 上 赤 色 は 2 倍 以 上 の 区 画 であり 急 性 期 医 療 の 提 供 の 過 剰 を 予 想 させる 地 域 である 一 方 灰 色 の 区 画 は 急 性 期 医 療 の 提 供 の 乏 しい 地 域 であり 紺 色 の 区 画 は 車 で 3 分 以 内 に 全 身 麻 酔 を 行 っている 病 院 がない 地 域 白 色 で 示 された 地 域 には 人 が 住 んでいないことを 示 している 分 析 には GIS MarketAnalyzer ver.3.7 と PAREA シリーズを 使 用 7-25

26 4. 推 計 患 者 数 6 図 表 県 南 医 療 圏 の 推 計 患 者 数 (5 疾 病 ) 全 国 211 年 225 年 増 減 率 (211 年 比 ) 増 減 率 (211 年 比 ) 入 院 外 来 入 院 外 来 入 院 外 来 入 院 外 来 入 院 外 来 悪 性 新 生 物 % 7% 18% 13% 虚 血 性 心 疾 患 % 14% 29% 26% 脳 血 管 疾 患 % 15% 44% 28% 糖 尿 病 % 6% 31% 12% 精 神 及 び 行 動 の 障 害 % -7% 1% -2% 図 表 県 南 医 療 圏 の 推 計 患 者 数 (ICD 大 分 類 ) 全 国 211 年 225 年 増 減 率 (211 年 比 ) 増 減 率 (211 年 比 ) 入 院 外 来 入 院 外 来 入 院 外 来 入 院 外 来 入 院 外 来 総 数 ( 人 ) 1,685 8,797 1,917 8,752 14% -1% 27% 5% 1 感 染 症 及 び 寄 生 虫 症 % -8% 28% -3% 2 新 生 物 % 4% 17% 1% 3 血 液 及 び 造 血 器 の 疾 患 並 びに 免 疫 機 構 の 障 害 % -5% 32% 1% 4 内 分 泌, 栄 養 及 び 代 謝 疾 患 % 5% 35% 9% 5 精 神 及 び 行 動 の 障 害 % -7% 1% -2% 6 神 経 系 の 疾 患 % 6% 32% 17% 7 眼 及 び 付 属 器 の 疾 患 % 4% 2% 11% 8 耳 及 び 乳 様 突 起 の 疾 患 % -5% 9% % 9 循 環 器 系 の 疾 患 325 1, ,325 24% 12% 44% 23% 1 呼 吸 器 系 の 疾 患 % -15% 46% -11% 11 消 化 器 系 の 疾 患 81 1, ,471 12% -5% 26% -1% 12 皮 膚 及 び 皮 下 組 織 の 疾 患 % -7% 33% -3% 13 筋 骨 格 系 及 び 結 合 組 織 の 疾 患 8 1, ,333 16% 8% 31% 17% 14 腎 尿 路 生 殖 器 系 の 疾 患 % 1% 32% 5% 15 妊 娠, 分 娩 及 び 産 じょく % -2% -24% -24% 16 周 産 期 に 発 生 した 病 態 % -25% -29% -25% 17 先 天 奇 形, 変 形 及 び 染 色 体 異 常 % -17% -19% -14% 18 症 状, 徴 候 及 び 異 常 臨 床 所 見 異 常 検 査 所 見 で 他 に 分 類 されないもの % -2% 38% 4% 19 損 傷, 中 毒 及 びその 他 の 外 因 の 影 響 % -7% 37% -1% 2 健 康 状 態 に 影 響 を 及 ぼす 要 因 及 び 保 健 サービスの 利 用 % -5% 4% -1% 当 該 医 療 圏 の 211 年 から 225 年 にかけての 入 院 患 者 数 の 増 減 率 は 14%( 全 国 平 均 27%)で 全 国 平 均 よりも 低 い 伸 び 率 である 外 来 患 者 数 の 増 減 率 は-1%( 全 国 5%)で 全 国 平 均 よりも 非 常 に 低 い 伸 び 率 である 6 推 計 患 者 数 は 患 者 調 査 (211 年 )に 基 づき 5 疾 病 並 びに ICD 大 分 類 の 入 院 外 来 の 年 齢 構 成 別 受 療 率 に 当 該 医 療 圏 の 年 齢 構 成 別 人 口 (211 年 225 年 )を 乗 じて 算 出 出 所 : 国 勢 調 査 ( 平 成 22 年 総 務 省 ) 患 者 調 査 ( 平 成 23 年 厚 生 労 働 省 ) 日 本 の 地 域 別 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 25 年 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 ) 7-26

27 7-4. 会 津 医 療 圏 1 構 成 市 区 町 村 人 口 分 布 2 (1 km2 区 画 単 位 ) 会 津 若 松 市, 喜 多 方 市, 北 塩 原 村, 西 会 津 町, 磐 梯 町, 猪 苗 代 町, 会 津 坂 下 町, 湯 川 村, 柳 津 町, 三 島 町, 金 山 町, 昭 和 村, 会 津 美 里 町 区 画 内 人 口 (1 平 方 キ ロ) < 2 2 < 5 5 < 1 1 < 5 5 < 1 1 < 2 2 < 3 3 < 5 5 < 1 1 < < 2 2 <= 35 含 まれない 値 テ ータ 未 入 力 ポイントグループ 一 覧 病 一 般 院 病 診 療 所 1 日 本 医 師 会 JMAP( 地 域 医 療 情 報 システム)で 地 域 別 の 人 口 動 態 医 療 機 関 介 護 施 設 の 情 報 を 参 照 可 能 ネットで 閲 覧 の 場 地 域 名 をクリックするとリンク 先 に 移 動 します 2 会 津 医 療 圏 を 1 km2 区 画 (1 km2メッシュ)で 分 割 した 各 区 画 内 の 居 住 人 口 赤 色 系 統 は 人 口 が 多 く(1, 人 /km2 以 上 ) 黄 色 系 統 は 中 間 レベル(1, 1, 人 /km2) 青 色 系 統 は 人 口 が 少 ない(1, 人 /km2 未 満 ) 白 色 は 非 居 住 地 出 所 : 国 勢 調 査 ( 平 成 22 年 総 務 省 ) 地 図 情 報 GIS MarketAnalyzer ver.3.7 地 図 PAREA シリーズ 7-27

28 ( 会 津 医 療 圏 ) 1. 地 域 ならびに 医 療 介 護 資 源 の 総 括 ( 参 照 : 資 料 編 の 図 表 ) 地 域 の 概 要 : 会 津 ( 会 津 若 松 市 )は 総 人 口 約 26 万 人 (21 年 ) 面 積 379 km2 人 口 密 度 は 85 人 /km2の 地 方 都 市 型 二 次 医 療 圏 である 会 津 の 総 人 口 は 215 年 に 25 万 人 へと 減 少 し(21 年 比 -4%) 25 年 に 22 万 人 へと 減 少 し(215 年 比 -12%) 4 年 に 19 万 人 へと 減 少 する(225 年 比 -14%)と 予 想 されている 一 方 75 以 上 人 口 は 21 年 4.4 万 人 から 15 年 に 4.6 万 人 へと 増 加 (21 年 比 +5%) 25 年 にかけて 4.7 万 人 へと 増 加 (215 年 比 +2%) 4 年 には 4.9 万 人 へと 増 加 する(225 年 比 +4%)ことが 見 込 ま れる 医 療 圏 の 概 要 : 高 機 能 病 院 や 地 域 の 基 幹 病 院 が 複 数 あり 急 性 期 医 療 の 提 供 能 力 は 平 均 レベルで あり( 全 身 麻 酔 数 の 45-55) 南 会 津 より 患 者 が 集 まるが 比 較 的 独 立 した 医 療 圏 である 急 性 期 以 後 は 療 養 病 床 も 回 復 期 病 床 も 全 国 平 均 レベルである * 医 師 看 護 師 の 現 状 : 総 医 師 数 が 44( 病 院 勤 務 医 数 45 診 療 所 医 師 数 44)と 総 医 師 数 と 診 療 所 医 師 は 少 ない 総 看 護 師 数 56 と 多 い * 急 性 期 医 療 の 現 状 : 人 口 当 たりの 一 般 病 床 の 59 で 一 般 病 床 は 多 い 会 津 には 年 間 全 身 麻 酔 件 数 が 2 例 以 上 の 竹 田 綜 合 病 院 会 津 中 央 病 院 ( 救 命 ) 5 例 以 上 の 会 津 医 療 センタ ー 附 属 病 院 がある 全 身 麻 酔 数 47 とやや 少 ない * 療 養 病 床 リハビリの 現 状 : 人 口 当 たりの 療 養 病 床 の は 51 と 全 国 平 均 レベルである 総 療 法 士 数 は 52 と 全 国 平 均 レベルであり 回 復 期 病 床 数 は 48 と 全 国 平 均 レベルである * 精 神 病 床 の 現 状 : 人 口 当 たりの 精 神 病 床 の は 58 と 多 い * 診 療 所 の 現 状 : 人 口 当 たりの 診 療 所 数 の は 43 と 少 ない * 在 宅 医 療 の 現 状 : 在 宅 医 療 施 設 については 在 宅 療 養 支 援 診 療 所 は 39 と 少 なく 在 宅 療 養 支 援 病 院 は 44 と 少 ない また 訪 問 看 護 ステーションは 37 と 少 ない * 医 療 需 要 予 測 : 会 津 の 医 療 需 要 は 215 年 から 25 年 にかけて 4% 減 少 225 年 から 4 年 に かけて 6% 減 少 と 予 測 される そのうち -64 の 医 療 需 要 は 215 年 から 25 年 にかけて 18% 減 少 225 年 から 4 年 にかけて 14% 減 少 75 以 上 の 医 療 需 要 は 215 年 から 25 年 にかけて 2% 増 加 225 年 から 4 年 にかけて 6% 増 加 と 予 測 される * 介 護 資 源 の 状 況 : 会 津 の 総 高 齢 者 施 設 ベッド 数 は 4678 床 (75 以 上 1 人 当 たりの 44)と 全 国 平 均 レベルを 下 回 る そのうち 介 護 保 険 施 設 のベッドが 316 床 ( 51) 高 齢 者 住 宅 等 が 1662 床 ( 42)である 介 護 保 険 ベッドは 全 国 平 均 レベルであるが 高 齢 者 住 宅 系 は 全 国 平 均 レベルを 下 回 る 75 以 上 1 人 当 たりベッド 数 は 老 人 保 健 施 設 64 特 別 養 護 老 人 ホーム 47 介 護 療 養 型 医 療 施 設 43 有 料 老 人 ホーム 46 グループホーム 43 高 齢 者 住 宅 38 である * 介 護 需 要 の 予 測 : 介 護 需 要 は 215 年 から 25 年 にかけて 2% 増 225 年 から 4 年 にかけて 3% 増 と 予 測 される 7-28

29 2. 人 口 動 態 (21 年 225 年 ) 3 図 表 会 津 医 療 圏 の 人 口 増 減 比 較 会 津 医 療 圏 ( 人 ) 全 国 ( 人 ) 21 年 構 成 比 225 年 構 成 比 225 年 225 年 21 年 構 成 比 225 年 構 成 比 (21 年 比 ) (21 年 比 ) 人 口 総 数 262,51-22, % 128,57,352-12,658, % , % 23,46 1.6% -3.6% 16,83, % 13,24, % -21.2% , % 116, % -22.9% 81,31,8 63.8% 7,844, % -12.6% 65 以 上 76, % 81, % 6.% 29,245, % 36,573, % 25.1% 75 以 上 44, % 46, % 5.2% 14,72, % 21,785, % 54.8% 85 以 上 13,78 5.% 19, % 47.9% 3,794,933 3.% 7,362,58 6.1% 94.% 図 表 会 津 医 療 圏 の 年 齢 別 人 口 推 移 ( 再 掲 ) 以 上 21 年 - 会 津 医 療 圏 12.9% 57.8% 29.3% 21 年 - 全 国 13.2% 63.8% 23.% 225 年 - 会 津 医 療 圏 1.6% 52.7% 36.7% 225 年 - 全 国 11.% 58.7% 3.3% % 1% 2% 3% 4% 5% 6% 7% 8% 9% 1% 図 表 会 津 医 療 圏 の 5 階 級 別 年 齢 別 人 口 推 移 ( 人 ) 25, 2, 21 年 225 年 15, 1, 5, 以 上 3 出 所 国 勢 調 査 ( 平 成 22 年 総 務 省 ) 日 本 の 地 域 別 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 25 年 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 ) 7-29

30 3. 急 性 期 医 療 ( 病 院 )の 密 度 図 表 急 性 期 医 療 密 度 指 数 マップ 4 急 性 期 医 療 密 度 指 数 <.2.2 <.4.4 <.6.6 <.8.8 < < 2 2 < 3 3 < 5 5 < 1 1 <= 1 含 まれない 値 テ ータ 未 入 力 該 当 レコート 無 し 非 居 住 エリア 図 表 は 会 津 医 療 圏 の 区 画 単 位 の 急 性 期 医 療 密 度 指 数 ( 急 性 期 医 療 の 提 供 能 力 ) を 示 し ている 当 該 医 療 圏 の 居 住 面 積 当 たり 急 性 期 医 療 密 度 指 数 ( 人 が 居 住 している 地 域 の 平 均 急 性 期 医 療 密 度 指 数 ) は.57( 全 国 平 均 は 1.)と 低 く 急 性 期 病 床 が 分 散 しているエリアといえる 4 急 性 期 医 療 密 度 指 数 は 各 1 キロm2 区 画 (メッシュ)で 提 供 されている 急 性 期 入 院 医 療 の 密 度 を 可 視 化 した 指 標 で ある 病 院 の 一 般 病 床 数 と 全 身 麻 酔 件 数 各 区 画 への 距 離 に 重 みづけを 行 う したがって その 病 院 の 一 般 病 床 が 多 いほ ど その 病 院 が 多 くの 全 身 麻 酔 手 術 を 行 うほど また 各 区 画 から 見 て 当 該 病 院 が 近 いほど 指 数 は 高 くなる 複 数 の 対 象 病 院 が 近 くにある 区 画 は 複 数 の 病 院 からの 病 床 が 加 算 される 全 国 平 均 を 1. とした 赤 系 統 は 急 性 期 医 療 が 提 供 され る 密 度 が 全 国 平 均 を 2% 以 上 上 回 り 緑 色 は 全 国 平 均 レベル 黄 色 と 薄 い 青 色 は 平 均 を 2% 以 上 下 回 る 濃 いエンジ 色 は 平 均 の 1 倍 以 上 の 急 性 期 医 療 密 度 で 医 療 密 度 が 高 い 都 市 部 に 多 い 一 方 灰 色 の 区 画 は 急 性 期 医 療 の 提 供 の 乏 しい 地 域 紺 色 の 区 画 は 車 で 3 分 以 内 に 全 身 麻 酔 を 行 っている 病 院 がない 地 域 白 色 で 示 された 地 域 に は 人 が 住 んでいないことを 示 す 分 析 には GIS MarketAnalyzer ver.3.7 と PAREA シリーズを 使 用 7-3

31 図 表 一 人 当 たり 急 性 期 医 療 密 度 指 数 マップ 5 一 人 当 たり 急 性 期 医 療 密 度 指 数 <.2.2 <.4.4 <.6.6 <.8.8 < < < 2 2 < < 3 3 <= 1 非 含 居 まれない 住 エリア 値 テ ータ 未 入 力 該 当 レコート 無 し 図 表 は 会 津 医 療 圏 の 区 画 単 位 の 一 人 当 たり 急 性 期 医 療 密 度 指 数 ( 住 民 一 人 当 たりの 急 性 期 医 療 の 提 供 能 力 ) を 示 している 地 域 の 総 医 療 提 供 能 力 を 総 人 口 で 割 ることにより 求 められる 当 該 医 療 圏 の 一 人 当 たり 急 性 期 医 療 密 度 指 数 は 1.65( 全 国 平 均 は 1.)で 一 人 当 たりの 急 性 期 医 療 の 提 供 能 力 は 非 常 に 高 い 医 療 圏 といえる 5 一 人 当 たり 急 性 期 病 床 指 数 は 各 1 区 画 の 住 民 一 人 当 たりに 提 供 される 急 性 期 入 院 医 療 の 密 度 を 可 視 化 した 指 標 で 図 表 で 示 した 急 性 期 医 療 密 度 を 各 区 画 の 人 口 で 割 ったものである 人 口 当 たり 急 性 期 医 療 密 度 指 数 は 各 区 画 の 急 性 期 医 療 密 度 が 高 いほど また 各 区 画 の 人 口 が 少 ないほど 高 くなる 急 性 期 病 院 が 多 く 急 性 期 医 療 密 度 が 高 い 地 域 で も その 地 域 の 人 口 がそれ 以 上 に 多 ければ 人 口 当 たりの 急 性 期 医 療 密 度 指 数 は 低 くなる 全 国 平 均 を 1. とし 赤 系 統 は 急 性 期 医 療 が 提 供 される 密 度 が 全 国 平 均 を 2% 以 上 上 回 る 緑 色 は 全 国 平 均 レベル 黄 色 と 薄 い 青 色 部 分 は 提 供 密 度 が 全 国 平 均 を 2% 以 上 下 回 る 濃 いエンジ 色 は 日 本 の 平 均 の 3 倍 以 上 赤 色 は 2 倍 以 上 の 区 画 であり 急 性 期 医 療 の 提 供 の 過 剰 を 予 想 させる 地 域 である 一 方 灰 色 の 区 画 は 急 性 期 医 療 の 提 供 の 乏 しい 地 域 であり 紺 色 の 区 画 は 車 で 3 分 以 内 に 全 身 麻 酔 を 行 っている 病 院 がない 地 域 白 色 で 示 された 地 域 には 人 が 住 んでいないことを 示 している 分 析 には GIS MarketAnalyzer ver.3.7 と PAREA シリーズを 使 用 7-31

32 4. 推 計 患 者 数 6 図 表 会 津 医 療 圏 の 推 計 患 者 数 (5 疾 病 ) 全 国 211 年 225 年 増 減 率 (211 年 比 ) 増 減 率 (211 年 比 ) 入 院 外 来 入 院 外 来 入 院 外 来 入 院 外 来 入 院 外 来 悪 性 新 生 物 % -6% 18% 13% 虚 血 性 心 疾 患 % 1% 29% 26% 脳 血 管 疾 患 % 2% 44% 28% 糖 尿 病 % -6% 31% 12% 精 神 及 び 行 動 の 障 害 % -13% 1% -2% 図 表 会 津 医 療 圏 の 推 計 患 者 数 (ICD 大 分 類 ) 全 国 211 年 225 年 増 減 率 (211 年 比 ) 増 減 率 (211 年 比 ) 入 院 外 来 入 院 外 来 入 院 外 来 入 院 外 来 入 院 外 来 総 数 ( 人 ) 3,486 16,548 3,619 15,25 4% -9% 27% 5% 1 感 染 症 及 び 寄 生 虫 症 % -14% 28% -3% 2 新 生 物 % -8% 17% 1% 3 血 液 及 び 造 血 器 の 疾 患 並 びに 免 疫 機 構 の 障 害 % -11% 32% 1% 4 内 分 泌, 栄 養 及 び 代 謝 疾 患 % -7% 35% 9% 5 精 神 及 び 行 動 の 障 害 % -13% 1% -2% 6 神 経 系 の 疾 患 % -3% 32% 17% 7 眼 及 び 付 属 器 の 疾 患 % -6% 2% 11% 8 耳 及 び 乳 様 突 起 の 疾 患 % -12% 9% % 9 循 環 器 系 の 疾 患 715 2, ,429 12% % 44% 23% 1 呼 吸 器 系 の 疾 患 256 1, ,179 14% -18% 46% -11% 11 消 化 器 系 の 疾 患 166 2, ,433 2% -13% 26% -1% 12 皮 膚 及 び 皮 下 組 織 の 疾 患 % -13% 33% -3% 13 筋 骨 格 系 及 び 結 合 組 織 の 疾 患 168 2, ,37 4% -5% 31% 17% 14 腎 尿 路 生 殖 器 系 の 疾 患 % -9% 32% 5% 15 妊 娠, 分 娩 及 び 産 じょく % -17% -24% -24% 16 周 産 期 に 発 生 した 病 態 % -25% -29% -25% 17 先 天 奇 形, 変 形 及 び 染 色 体 異 常 % -2% -19% -14% 18 症 状, 徴 候 及 び 異 常 臨 床 所 見 異 常 検 査 所 見 で 他 に 分 類 されないもの % -1% 38% 4% 19 損 傷, 中 毒 及 びその 他 の 外 因 の 影 響 % -14% 37% -1% 2 健 康 状 態 に 影 響 を 及 ぼす 要 因 及 び 保 健 サービスの 利 用 18 1, ,424-2% -12% 4% -1% 当 該 医 療 圏 の 211 年 から 225 年 にかけての 入 院 患 者 数 の 増 減 率 は 4%( 全 国 平 均 27%)で 全 国 平 均 よりも 非 常 に 低 い 伸 び 率 である 外 来 患 者 数 の 増 減 率 は-9%( 全 国 5%)で 全 国 平 均 よりも 非 常 に 低 い 伸 び 率 である 6 推 計 患 者 数 は 患 者 調 査 (211 年 )に 基 づき 5 疾 病 並 びに ICD 大 分 類 の 入 院 外 来 の 年 齢 構 成 別 受 療 率 に 当 該 医 療 圏 の 年 齢 構 成 別 人 口 (211 年 225 年 )を 乗 じて 算 出 出 所 : 国 勢 調 査 ( 平 成 22 年 総 務 省 ) 患 者 調 査 ( 平 成 23 年 厚 生 労 働 省 ) 日 本 の 地 域 別 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 25 年 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 ) 7-32

33 7-5. 南 会 津 医 療 圏 人 口 分 布 2 (1 km2 区 画 単 位 ) 1 構 成 市 区 町 村 下 郷 町, 檜 枝 岐 村, 只 見 町, 南 会 津 町 区 画 内 人 口 (1 平 方 キ ロ) < 2 2 < 5 5 < 1 1 < 5 5 < 1 1 < 2 2 < 3 3 < 5 5 < 1 1 < < 2 2 <= 35 含 まれない 値 テ ータ 未 入 力 ポイントグループ 一 覧 病 一 般 院 病 診 療 所 1 日 本 医 師 会 JMAP( 地 域 医 療 情 報 システム)で 地 域 別 の 人 口 動 態 医 療 機 関 介 護 施 設 の 情 報 を 参 照 可 能 ネットで 閲 覧 の 場 地 域 名 をクリックするとリンク 先 に 移 動 します 2 南 会 津 医 療 圏 を 1 km2 区 画 (1 km2メッシュ)で 分 割 した 各 区 画 内 の 居 住 人 口 赤 色 系 統 は 人 口 が 多 く(1, 人 /km2 以 上 ) 黄 色 系 統 は 中 間 レベル(1, 1, 人 /km2) 青 色 系 統 は 人 口 が 少 ない(1, 人 /km2 未 満 ) 白 色 は 非 居 住 地 出 所 : 国 勢 調 査 ( 平 成 22 年 総 務 省 ) 地 図 情 報 GIS MarketAnalyzer ver.3.7 地 図 PAREA シリーズ 7-33

34 ( 南 会 津 医 療 圏 ) 1. 地 域 ならびに 医 療 介 護 資 源 の 総 括 ( 参 照 : 資 料 編 の 図 表 ) 地 域 の 概 要 : 南 会 津 ( 下 郷 町 )は 総 人 口 約 3 万 人 (21 年 ) 面 積 2342 km2 人 口 密 度 は 13 人 /km2の 過 疎 地 域 型 二 次 医 療 圏 である 南 会 津 の 総 人 口 は 215 年 に 3 万 人 と 増 減 なし(21 年 比 ±%) 25 年 に 2 万 人 へと 減 少 し(215 年 比 -33%) 4 年 に 2 万 人 と 増 減 なし(225 年 比 ±%)と 予 想 されている 一 方 75 以 上 人 口 は 21 年.7 万 人 から 15 年 に.7 万 人 と 増 減 なし(21 年 比 ±%) 25 年 にかけて.7 万 人 と 増 減 なし(215 年 比 ±%) 4 年 には.7 万 人 と 変 わらない(225 年 比 ±%)ことが 見 込 ま れる 医 療 圏 の 概 要 : 地 域 の 中 核 となる 病 院 ( 全 麻 年 間 5 件 以 上 )がなく 急 性 期 医 療 の 提 供 能 力 は 低 く( 全 身 麻 酔 数 の 35-45) 会 津 若 松 への 依 存 が 極 めて 強 い 医 療 圏 である 急 性 期 以 後 は 療 養 病 床 も 回 復 期 病 床 もない * 医 師 看 護 師 の 現 状 : 総 医 師 数 が 34( 病 院 勤 務 医 数 32 診 療 所 医 師 数 42)と 総 医 師 数 と 病 院 勤 務 医 は 非 常 に 少 なく 診 療 所 医 師 は 少 ない 総 看 護 師 数 33 と 非 常 に 少 ない * 急 性 期 医 療 の 現 状 : 人 口 当 たりの 一 般 病 床 の 33 で 一 般 病 床 は 非 常 に 少 ない 南 会 津 に は 年 間 全 身 麻 酔 件 数 が 5 例 以 上 の 病 院 はない 全 身 麻 酔 数 32 と 非 常 に 少 ない * 療 養 病 床 リハビリの 現 状 : 療 養 病 床 は 37 存 在 しない 総 療 法 士 数 は 34 と 非 常 に 少 な く 回 復 期 病 床 数 は 存 在 しない * 精 神 病 床 の 現 状 : 精 神 病 床 は 存 在 しない * 診 療 所 の 現 状 : 人 口 当 たりの 診 療 所 数 の は 42 と 少 ない * 在 宅 医 療 の 現 状 : 在 宅 医 療 施 設 については 在 宅 療 養 支 援 診 療 所 は 4 と 少 なく 在 宅 療 養 支 援 病 院 は 存 在 しない また 訪 問 看 護 ステーションは 53 とやや 多 い * 医 療 需 要 予 測 : 南 会 津 の 医 療 需 要 は 215 年 から 25 年 にかけて 9% 減 少 225 年 から 4 年 にかけて 1% 減 少 と 予 測 される そのうち -64 の 医 療 需 要 は 215 年 から 25 年 にかけて 24% 減 少 225 年 から 4 年 にかけて 2% 減 少 75 以 上 の 医 療 需 要 は 215 年 から 25 年 にかけて 4% 減 少 225 年 から 4 年 にかけて 増 減 なしと 予 測 される * 介 護 資 源 の 状 況 : 南 会 津 の 総 高 齢 者 施 設 ベッド 数 は 471 床 (75 以 上 1 人 当 たりの 偏 差 値 29)と 全 国 平 均 レベルを 大 きく 下 回 る そのうち 介 護 保 険 施 設 のベッドが 37 床 ( 42) 高 齢 者 住 宅 等 が 11 床 ( 31)である 介 護 保 険 ベッドは 全 国 平 均 レベルを 下 回 り 高 齢 者 住 宅 系 は 全 国 平 均 レベルを 大 きく 下 回 る 75 以 上 1 人 当 たりベッド 数 は 老 人 保 健 施 設 39 特 別 養 護 老 人 ホーム 52 介 護 療 養 型 医 療 施 設 39 有 料 老 人 ホーム 37 グループホーム 43 高 齢 者 住 宅 34 である * 介 護 需 要 の 予 測 : 介 護 需 要 は 215 年 から 25 年 にかけて 5% 減 225 年 から 4 年 にかけて 2% 減 と 予 測 される 7-34

35 2. 人 口 動 態 (21 年 225 年 ) 3 図 表 南 会 津 医 療 圏 の 人 口 増 減 比 較 南 会 津 医 療 圏 ( 人 ) 全 国 ( 人 ) 21 年 構 成 比 225 年 構 成 比 225 年 225 年 21 年 構 成 比 225 年 構 成 比 (21 年 比 ) (21 年 比 ) 人 口 総 数 29,893-24, % 128,57,352-12,658, % -14 3, % 2,165 9.% -36.3% 16,83, % 13,24, % -21.2% , % 11, % -27.6% 81,31,8 63.8% 7,844, % -12.6% 65 以 上 11, % 1, % -3.1% 29,245, % 36,573, % 25.1% 75 以 上 6, % 6, %.2% 14,72, % 21,785, % 54.8% 85 以 上 2,54 6.9% 3, % 47.4% 3,794,933 3.% 7,362,58 6.1% 94.% 図 表 南 会 津 医 療 圏 の 年 齢 別 人 口 推 移 ( 再 掲 ) 以 上 21 年 - 南 会 津 医 療 圏 11.4% 51.8% 36.9% 21 年 - 全 国 13.2% 63.8% 23.% 225 年 - 南 会 津 医 療 圏 9.% 46.6% 44.4% 225 年 - 全 国 11.% 58.7% 3.3% % 1% 2% 3% 4% 5% 6% 7% 8% 9% 1% 図 表 南 会 津 医 療 圏 の 5 階 級 別 年 齢 別 人 口 推 移 ( 人 ) 3,5 3, 2,5 21 年 225 年 2, 1,5 1, 以 上 3 出 所 国 勢 調 査 ( 平 成 22 年 総 務 省 ) 日 本 の 地 域 別 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 25 年 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 ) 7-35

36 3. 急 性 期 医 療 ( 病 院 )の 密 度 図 表 急 性 期 医 療 密 度 指 数 マップ 4 急 性 期 医 療 密 度 指 数 <.2.2 <.4.4 <.6.6 <.8.8 < < 2 2 < 3 3 < 5 5 < 1 1 <= 1 含 まれない 値 テ ータ 未 入 力 該 当 レコート 無 し 非 居 住 エリア 図 表 は 南 会 津 医 療 圏 の 区 画 単 位 の 急 性 期 医 療 密 度 指 数 ( 急 性 期 医 療 の 提 供 能 力 ) を 示 している 当 該 医 療 圏 の 居 住 面 積 当 たり 急 性 期 医 療 密 度 指 数 ( 人 が 居 住 している 地 域 の 平 均 急 性 期 医 療 密 度 指 数 ) は.4( 全 国 平 均 は 1.)と 非 常 に 低 く 急 性 期 病 床 が 分 散 しているエリアと いえる 4 急 性 期 医 療 密 度 指 数 は 各 1 キロm2 区 画 (メッシュ)で 提 供 されている 急 性 期 入 院 医 療 の 密 度 を 可 視 化 した 指 標 で ある 病 院 の 一 般 病 床 数 と 全 身 麻 酔 件 数 各 区 画 への 距 離 に 重 みづけを 行 う したがって その 病 院 の 一 般 病 床 が 多 いほ ど その 病 院 が 多 くの 全 身 麻 酔 手 術 を 行 うほど また 各 区 画 から 見 て 当 該 病 院 が 近 いほど 指 数 は 高 くなる 複 数 の 対 象 病 院 が 近 くにある 区 画 は 複 数 の 病 院 からの 病 床 が 加 算 される 全 国 平 均 を 1. とした 赤 系 統 は 急 性 期 医 療 が 提 供 され る 密 度 が 全 国 平 均 を 2% 以 上 上 回 り 緑 色 は 全 国 平 均 レベル 黄 色 と 薄 い 青 色 は 平 均 を 2% 以 上 下 回 る 濃 いエンジ 色 は 平 均 の 1 倍 以 上 の 急 性 期 医 療 密 度 で 医 療 密 度 が 高 い 都 市 部 に 多 い 一 方 灰 色 の 区 画 は 急 性 期 医 療 の 提 供 の 乏 しい 地 域 紺 色 の 区 画 は 車 で 3 分 以 内 に 全 身 麻 酔 を 行 っている 病 院 がない 地 域 白 色 で 示 された 地 域 に は 人 が 住 んでいないことを 示 す 分 析 には GIS MarketAnalyzer ver.3.7 と PAREA シリーズを 使 用 7-36

37 図 表 一 人 当 たり 急 性 期 医 療 密 度 指 数 マップ 5 一 人 当 たり 急 性 期 医 療 密 度 指 数 <.2.2 <.4.4 <.6.6 <.8.8 < < < 2 2 < < 3 3 <= 1 非 含 居 まれない 住 エリア 値 テ ータ 未 入 力 該 当 レコート 無 し 図 表 は 南 会 津 医 療 圏 の 区 画 単 位 の 一 人 当 たり 急 性 期 医 療 密 度 指 数 ( 住 民 一 人 当 たりの 急 性 期 医 療 の 提 供 能 力 ) を 示 している 地 域 の 総 医 療 提 供 能 力 を 総 人 口 で 割 ることにより 求 められ る 当 該 医 療 圏 の 一 人 当 たり 急 性 期 医 療 密 度 指 数 は.34( 全 国 平 均 は 1.)で 一 人 当 たりの 急 性 期 医 療 の 提 供 能 力 は 非 常 に 低 い 医 療 圏 といえる 5 一 人 当 たり 急 性 期 病 床 指 数 は 各 1 区 画 の 住 民 一 人 当 たりに 提 供 される 急 性 期 入 院 医 療 の 密 度 を 可 視 化 した 指 標 で 図 表 で 示 した 急 性 期 医 療 密 度 を 各 区 画 の 人 口 で 割 ったものである 人 口 当 たり 急 性 期 医 療 密 度 指 数 は 各 区 画 の 急 性 期 医 療 密 度 が 高 いほど また 各 区 画 の 人 口 が 少 ないほど 高 くなる 急 性 期 病 院 が 多 く 急 性 期 医 療 密 度 が 高 い 地 域 で も その 地 域 の 人 口 がそれ 以 上 に 多 ければ 人 口 当 たりの 急 性 期 医 療 密 度 指 数 は 低 くなる 全 国 平 均 を 1. とし 赤 系 統 は 急 性 期 医 療 が 提 供 される 密 度 が 全 国 平 均 を 2% 以 上 上 回 る 緑 色 は 全 国 平 均 レベル 黄 色 と 薄 い 青 色 部 分 は 提 供 密 度 が 全 国 平 均 を 2% 以 上 下 回 る 濃 いエンジ 色 は 日 本 の 平 均 の 3 倍 以 上 赤 色 は 2 倍 以 上 の 区 画 であり 急 性 期 医 療 の 提 供 の 過 剰 を 予 想 させる 地 域 である 一 方 灰 色 の 区 画 は 急 性 期 医 療 の 提 供 の 乏 しい 地 域 であり 紺 色 の 区 画 は 車 で 3 分 以 内 に 全 身 麻 酔 を 行 っている 病 院 がない 地 域 白 色 で 示 された 地 域 には 人 が 住 んでいないことを 示 している 分 析 には GIS MarketAnalyzer ver.3.7 と PAREA シリーズを 使 用 7-37

38 4. 推 計 患 者 数 6 図 表 南 会 津 医 療 圏 の 推 計 患 者 数 (5 疾 病 ) 全 国 211 年 225 年 増 減 率 (211 年 比 ) 増 減 率 (211 年 比 ) 入 院 外 来 入 院 外 来 入 院 外 来 入 院 外 来 入 院 外 来 悪 性 新 生 物 % -12% 18% 13% 虚 血 性 心 疾 患 % -4% 29% 26% 脳 血 管 疾 患 % -3% 44% 28% 糖 尿 病 % -13% 31% 12% 精 神 及 び 行 動 の 障 害 % -17% 1% -2% 図 表 南 会 津 医 療 圏 の 推 計 患 者 数 (ICD 大 分 類 ) 全 国 211 年 225 年 増 減 率 (211 年 比 ) 増 減 率 (211 年 比 ) 入 院 外 来 入 院 外 来 入 院 外 来 入 院 外 来 入 院 外 来 総 数 ( 人 ) 481 2, ,791 1% -14% 27% 5% 1 感 染 症 及 び 寄 生 虫 症 % -19% 28% -3% 2 新 生 物 % -14% 17% 1% 3 血 液 及 び 造 血 器 の 疾 患 並 びに 免 疫 機 構 の 障 害 % -16% 32% 1% 4 内 分 泌, 栄 養 及 び 代 謝 疾 患 % -14% 35% 9% 5 精 神 及 び 行 動 の 障 害 % -17% 1% -2% 6 神 経 系 の 疾 患 % -7% 32% 17% 7 眼 及 び 付 属 器 の 疾 患 % -12% 2% 11% 8 耳 及 び 乳 様 突 起 の 疾 患 % -17% 9% % 9 循 環 器 系 の 疾 患 % -6% 44% 23% 1 呼 吸 器 系 の 疾 患 % -23% 46% -11% 11 消 化 器 系 の 疾 患 % -19% 26% -1% 12 皮 膚 及 び 皮 下 組 織 の 疾 患 % -17% 33% -3% 13 筋 骨 格 系 及 び 結 合 組 織 の 疾 患 % -11% 31% 17% 14 腎 尿 路 生 殖 器 系 の 疾 患 % -14% 32% 5% 15 妊 娠, 分 娩 及 び 産 じょく % -2% -24% -24% 16 周 産 期 に 発 生 した 病 態 % -34% -29% -25% 17 先 天 奇 形, 変 形 及 び 染 色 体 異 常 % -25% -19% -14% 18 症 状, 徴 候 及 び 異 常 臨 床 所 見 異 常 検 査 所 見 で 他 に 分 類 されないもの % -15% 38% 4% 19 損 傷, 中 毒 及 びその 他 の 外 因 の 影 響 % -18% 37% -1% 2 健 康 状 態 に 影 響 を 及 ぼす 要 因 及 び 保 健 サービスの 利 用 % -17% 4% -1% 当 該 医 療 圏 の 211 年 から 225 年 にかけての 入 院 患 者 数 の 増 減 率 は 1%( 全 国 平 均 27%)で 全 国 平 均 よりも 非 常 に 低 い 伸 び 率 である 外 来 患 者 数 の 増 減 率 は-14%( 全 国 5%)で 全 国 平 均 よりも 非 常 に 低 い 伸 び 率 である 6 推 計 患 者 数 は 患 者 調 査 (211 年 )に 基 づき 5 疾 病 並 びに ICD 大 分 類 の 入 院 外 来 の 年 齢 構 成 別 受 療 率 に 当 該 医 療 圏 の 年 齢 構 成 別 人 口 (211 年 225 年 )を 乗 じて 算 出 出 所 : 国 勢 調 査 ( 平 成 22 年 総 務 省 ) 患 者 調 査 ( 平 成 23 年 厚 生 労 働 省 ) 日 本 の 地 域 別 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 25 年 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 ) 7-38

39 7-6. 相 双 医 療 圏 1 構 成 市 区 町 村 人 口 分 布 2 (1 km2 区 画 単 位 ) 相 馬 市, 南 相 馬 市, 広 野 町, 楢 葉 町, 富 岡 町, 川 内 村, 大 熊 町, 双 葉 町, 浪 江 町, 葛 尾 村, 新 地 町, 飯 舘 村 区 画 内 人 口 (1 平 方 キ ロ) < 2 2 < 5 5 < 1 1 < 5 5 < 1 1 < 2 2 < 3 3 < 5 5 < 1 1 < < 2 2 <= 35 含 まれない 値 テ ータ 未 入 力 ポイントグループ 一 覧 病 一 般 院 病 診 療 所 1 日 本 医 師 会 JMAP( 地 域 医 療 情 報 システム)で 地 域 別 の 人 口 動 態 医 療 機 関 介 護 施 設 の 情 報 を 参 照 可 能 ネットで 閲 覧 の 場 地 域 名 をクリックするとリンク 先 に 移 動 します 2 相 双 医 療 圏 を 1 km2 区 画 (1 km2メッシュ)で 分 割 した 各 区 画 内 の 居 住 人 口 赤 色 系 統 は 人 口 が 多 く(1, 人 /km2 以 上 ) 黄 色 系 統 は 中 間 レベル(1, 1, 人 /km2) 青 色 系 統 は 人 口 が 少 ない(1, 人 /km2 未 満 ) 白 色 は 非 居 住 地 出 所 : 国 勢 調 査 ( 平 成 22 年 総 務 省 ) 地 図 情 報 GIS MarketAnalyzer ver.3.7 地 図 PAREA シリーズ 7-39

40 ( 相 双 医 療 圏 ) 1. 地 域 ならびに 医 療 介 護 資 源 の 総 括 ( 参 照 : 資 料 編 の 図 表 ) 地 域 の 概 要 : 相 双 ( 相 馬 市 )は 総 人 口 約 2 万 人 (21 年 ) 面 積 1738 km2 人 口 密 度 は 113 人 /km2の 過 疎 地 域 型 二 次 医 療 圏 である 相 双 の 総 人 口 は 215 年 に 19 万 人 へと 減 少 し(21 年 比 -5%) 25 年 に 17 万 人 へと 減 少 し(215 年 比 -11%) 4 年 に 15 万 人 へと 減 少 する(225 年 比 -12%)と 予 想 されている 一 方 75 以 上 人 口 は 21 年 2.8 万 人 から 15 年 に 2.9 万 人 へと 増 加 (21 年 比 +4%) 25 年 にかけて 3.3 万 人 へと 増 加 (215 年 比 +14%) 4 年 には 3.6 万 人 へと 増 加 する(225 年 比 +9%)ことが 見 込 ま れる 医 療 圏 の 概 要 : 地 域 の 中 核 となる 病 院 ( 全 麻 年 間 5 件 以 上 )がなく 急 性 期 医 療 の 提 供 能 力 は 低 く( 全 身 麻 酔 数 の 35-45) 福 島 や 仙 台 への 依 存 が 強 い 医 療 圏 である 急 性 期 以 後 は 療 養 病 床 は 全 国 平 均 レベルであるが 回 復 期 病 床 はない * 医 師 看 護 師 の 現 状 : 総 医 師 数 が 36( 病 院 勤 務 医 数 34 診 療 所 医 師 数 41)と 総 医 師 数 診 療 所 医 師 は 少 なく 病 院 勤 務 医 は 非 常 に 少 ない 総 看 護 師 数 34 と 非 常 に 少 ない * 急 性 期 医 療 の 現 状 : 人 口 当 たりの 一 般 病 床 の 41 で 一 般 病 床 は 少 ない 相 双 には 年 間 全 身 麻 酔 件 数 が 5 例 以 上 の 病 院 はない 全 身 麻 酔 数 38 と 少 ない * 療 養 病 床 リハビリの 現 状 : 人 口 当 たりの 療 養 病 床 の は 45 とやや 少 ない 総 療 法 士 数 は 35 と 少 なく 回 復 期 病 床 数 は 存 在 しない * 精 神 病 床 の 現 状 : 人 口 当 たりの 精 神 病 床 の は 45 とやや 少 ない * 診 療 所 の 現 状 : 人 口 当 たりの 診 療 所 数 の は 32 と 非 常 に 少 ない * 在 宅 医 療 の 現 状 : 在 宅 医 療 施 設 については 在 宅 療 養 支 援 診 療 所 は 33 と 非 常 に 少 なく 在 宅 療 養 支 援 病 院 は 存 在 しない また 訪 問 看 護 ステーションは 45 とやや 少 ない * 医 療 需 要 予 測 : 相 双 の 医 療 需 要 は 215 年 から 25 年 にかけて 増 減 なし 225 年 から 4 年 に かけて 5% 減 少 と 予 測 される そのうち -64 の 医 療 需 要 は 215 年 から 25 年 にかけて 16% 減 少 225 年 から 4 年 にかけて 13% 減 少 75 以 上 の 医 療 需 要 は 215 年 から 25 年 にかけて 13% 増 加 225 年 から 4 年 にかけて 11% 増 加 と 予 測 される * 介 護 資 源 の 状 況 : 相 双 の 総 高 齢 者 施 設 ベッド 数 は 2144 床 (75 以 上 1 人 当 たりの 31)と 全 国 平 均 レベルを 大 きく 下 回 る そのうち 介 護 保 険 施 設 のベッドが 1834 床 ( 49) 高 齢 者 住 宅 等 が 31 床 ( 29)である 介 護 保 険 ベッドは 全 国 平 均 レベルであるが 高 齢 者 住 宅 系 は 全 国 平 均 レベルを 大 きく 下 回 る 75 以 上 1 人 当 たりベッド 数 は 老 人 保 健 施 設 54 特 別 養 護 老 人 ホーム 52 介 護 療 養 型 医 療 施 設 39 有 料 老 人 ホーム 37 グループホーム 4 高 齢 者 住 宅 34 である * 介 護 需 要 の 予 測 : 介 護 需 要 は 215 年 から 25 年 にかけて 11% 増 225 年 から 4 年 にかけて 7% 増 と 予 測 される 7-4

平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 ( 確 定 数 )の 概 況 ( 福 島 県 ) 目 次 調 査 の 概 要 結 果 の 概 要 ( 統 計 表 ) 第 1 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 率 ) 年 次 推 移 第 2 表 主 な 死 因 の 死 亡 数 死 亡 率 対 前 年 比 較 第 3 表 主 な 死 因 の 死 亡 率 対 全 国 比 較 第 4 表 生 活 習 慣 病

More information

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H )

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H ) 平 成 25 年 10 月 22 日 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 保 健 統 計 室 室 長 瀧 村 佳 代 室 長 補 佐 岩 﨑 容 子 ( 担 当 ) 患 者 統 計 係 ( 内 線 7516,7517) ( 代 表 電 話 ) 03(5253)1111 ( 直 通 電 話 ) 03(3595)2958 平 成 2 4 年 (2012) 福

More information

国 保 小 見 川 総 合 病 院 建 て 替 え 整 備 検 討 委 員 会 委 員 名 簿 区 分 所 属 氏 名 1 医 療 に 関 わる 有 識 者 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 副 病 院 長 企 画 情 報 部 教 授 高 林 克 日 己 2 医 療 に 関 わる 有 識

国 保 小 見 川 総 合 病 院 建 て 替 え 整 備 検 討 委 員 会 委 員 名 簿 区 分 所 属 氏 名 1 医 療 に 関 わる 有 識 者 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 副 病 院 長 企 画 情 報 部 教 授 高 林 克 日 己 2 医 療 に 関 わる 有 識 第 1 回 国 保 小 見 川 総 合 病 院 建 て 替 え 整 備 検 討 委 員 会 次 第 日 時 平 成 26 年 7 月 23 日 ( 水 ) 午 後 1 時 30 分 から 場 所 国 保 小 見 川 総 合 病 院 附 属 看 護 専 門 学 校 3 階 講 堂 1. 開 会 2. 委 嘱 状 交 付 3. 組 合 長 挨 拶 4. 委 員 紹 介 事 務 局 職 員 紹 介 5.

More information

参 考 資 料 第 7 次 岡 山 県 保 健 医 療 計 画 岡 山 県 保 健 医 療 計 画 の 策 定 経 過 ( 平 成 27 年 ) 3 月 23 日 岡 山 県 保 健 医 療 計 画 策 定 協 議 会 同 地 域 医 療 構 想 部 会 の 設 置 協 議 会 : 保 健 医 療 関 係 者 住 民 代 表 学 識 経 験 者 及 び 行 政 関 係 者 29 名 地 域 医 療

More information

Microsoft PowerPoint - 要旨.pptx

Microsoft PowerPoint - 要旨.pptx 東 日 本 大 震 災 の 被 災 状 況 と 復 興 への 課 題 ~ 分 野 別 エリア 別 分 析 ~ 目 次 サマリー P. 2 1. 総 括 P. 9 2. 生 活 社 会 インフラ P.11 3. 住 宅 P.19 4. 医 療 福 祉 P. 27 5. 製 造 業 P.35 6. 非 製 造 業 P.43 7. 農 林 水 産 業 P.51 補 論 被 害 額 の 推 定 プロセスの

More information

1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費

1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費 資 料 5 医 療 費 等 現 状 について 健 康 祉 政 策 課 1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費 状 況 (4)1 人 当 たり

More information

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2 1. 診 療 圏 直 近 12ヶ 月 分 1 年 間 の 診 療 圏 ( 市 ) 東 大 和 市 4% 国 分 寺 市 1% 府 中 市 2% 小 金 井 市 3% 清 瀬 市 3% 立 川 市 1% その 他 7% 東 村 山 市 41% 東 村 山 市 小 平 市 西 東 京 市 東 久 留 米 市 東 大 和 市 清 瀬 市 小 金 井 市 東 久 留 米 市 7% 府 中 市 国 分 寺 市

More information

第 23 回 県 民 健 康 調 査 検 討 委 員 会 次 第 日 時 平 成 28 年 6 月 6 日 ( 月 ) 13:30 場 所 コラッセふくしま 4 階 多 目 的 ホール 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 ア 第 1 回 学 術 研 究 目 的 のためのデータ 提 供 に

第 23 回 県 民 健 康 調 査 検 討 委 員 会 次 第 日 時 平 成 28 年 6 月 6 日 ( 月 ) 13:30 場 所 コラッセふくしま 4 階 多 目 的 ホール 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 ア 第 1 回 学 術 研 究 目 的 のためのデータ 提 供 に 第 23 回 県 民 健 康 調 査 検 討 委 員 会 日 時 平 成 28 年 6 月 6 日 ( 月 )13: 30 場 所 コラッセふくしま 4 階 多 目 的 ホール 配 付 資 料 一 覧 次 第 出 席 者 名 簿 座 席 表 資 料 1 県 民 健 康 調 査 基 本 調 査 の 実 施 状 況 について 資 料 2-1 県 民 健 康 調 査 甲 状 腺 検 査 ( 本 格 検 査

More information

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下 雇 児 母 発 1211 第 2 号 平 成 26 年 12 月 11 日 都 道 府 県 各 指 定 都 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 中 核 市 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 母 子 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 小 児 慢 性 特 定 疾 病 指 定 医 の 指 定 について 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 )

More information

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4>

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4> 別 表 第 一 医 科 診 療 報 酬 点 数 表 [ 目 次 ] 第 1 章 基 本 診 療 料 第 1 部 初 再 診 料 通 則 第 1 節 初 診 料 第 2 節 再 診 料 第 2 部 入 院 料 等 通 則 第 1 節 入 院 基 本 料 第 2 節 入 院 基 本 料 等 加 算 第 3 節 特 定 入 院 料 第 4 節 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 第 2 章 特 掲 診 療

More information

Microsoft Word - 通知 _2_.doc

Microsoft Word - 通知  _2_.doc 医 政 発 第 0331042 号 平 成 20 年 3 月 31 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 医 政 局 長 広 告 可 能 な 診 療 科 名 の 改 正 について 平 成 18 年 の 良 質 な 医 療 を 提 供 する 体 制 の 確 立 を 図 るための 医 療 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 18 年 法 律 第 84 号 以 下

More information

内 容 フォロー 体 制 の 伊 達 市 3.11 後 の 放 射 能 不 安 への 対 応 として 開 始 し 現 在 は 育 児 不 安 全 般 として ピアミーティング 心 理 士 による 心 理 相 談 保 育 士 による 親 子 遊 び 体 制 の 有 乳 幼 児 ; 小 集 団 の 中

内 容 フォロー 体 制 の 伊 達 市 3.11 後 の 放 射 能 不 安 への 対 応 として 開 始 し 現 在 は 育 児 不 安 全 般 として ピアミーティング 心 理 士 による 心 理 相 談 保 育 士 による 親 子 遊 び 体 制 の 有 乳 幼 児 ; 小 集 団 の 中 出 産 に 関 する 支 援 内 容 フォロー 体 制 の 体 制 の 有 福 島 市 相 談 会 や 親 子 遊 びの 教 室 会 津 若 松 市 未 熟 児 の 母 に 対 して 質 問 票 を 行 い 地 区 担 当 保 健 師 が 支 援 関 係 機 関 との 連 携 により 社 会 資 源 等 の 活 用 に 繋 げ 記 念 品 郡 山 市 第 一 子 と (1) 共 通 品 がくとくん&おん

More information

総 合 科 学 研 究 科 ( 留 学 生 担 当 ) 文 学 部 文 学 研 究 科 哲 学 思 想 文 化 学 コース 歴 史 学 コース 地 理 学 考 古 学 文 化 財 学 コース 日 本 中 国 文 学 語 学 コース 翀 欧 米 文 学 語 学 言 語 学 コース 比 較 日 本 文

総 合 科 学 研 究 科 ( 留 学 生 担 当 ) 文 学 部 文 学 研 究 科 哲 学 思 想 文 化 学 コース 歴 史 学 コース 地 理 学 考 古 学 文 化 財 学 コース 日 本 中 国 文 学 語 学 コース 翀 欧 米 文 学 語 学 言 語 学 コース 比 較 日 本 文 教 員 一 覧 総 合 科 学 部 総 合 科 学 研 究 科 総 合 科 学 科 ( 総 合 科 学 プログラム) 人 間 探 究 領 域 ( 人 間 文 化 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 ( 言 語 コミュニケーション 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 ( 人 間 行 動 科 学 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 (スポーツ 健 康 科 学 授 業

More information

Microsoft Word - 01表紙・目次.doc

Microsoft Word - 01表紙・目次.doc 平 成 20 年 秋 田 県 衛 生 統 計 年 鑑 秋 田 県 康 福 祉 部 平 成 20 年 秋 田 県 衛 生 統 計 年 鑑 目 次 利 用 される 方 のために 秋 田 県 衛 生 統 計 年 鑑 の 解 説 解 -1 管 轄 区 域 図 解 -7 管 轄 一 覧 解 -8 市 町 村 別 人 口 及 び 世 帯 数 解 -9 年 齢 (5 歳 階 級 ) 別 人 口 解 -10 各

More information

1 救 急 搬 送 実 施 基 準 策 定 の 背 景 救 急 搬 送 における 受 入 医 療 機 関 の 選 定 に 困 難 な 事 案 の 発 生 が 全 国 的 に 社 会 問 題 化 した ことを 背 景 として, 消 防 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 平 成 21 年 5

1 救 急 搬 送 実 施 基 準 策 定 の 背 景 救 急 搬 送 における 受 入 医 療 機 関 の 選 定 に 困 難 な 事 案 の 発 生 が 全 国 的 に 社 会 問 題 化 した ことを 背 景 として, 消 防 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 平 成 21 年 5 資 料 Ⅱ-2 救 急 搬 送 実 施 基 準 宮 城 県 平 成 25 年 X 月 1 救 急 搬 送 実 施 基 準 策 定 の 背 景 救 急 搬 送 における 受 入 医 療 機 関 の 選 定 に 困 難 な 事 案 の 発 生 が 全 国 的 に 社 会 問 題 化 した ことを 背 景 として, 消 防 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 平 成 21 年 5 月 1 日 に

More information

図 3:50 年 前 に 地 方 から 大 都 市 に 800 万 人 が 移 動 三 大 都 市 圏 地 方 圏 の 人 口 移 動 の 推 移 転 入 超 過 数 ( 万 人 ) 高 度 経 済 成 長 期 には 三 大 都 市 圏 に 人 口 が 流 入 した 1980 年 頃 にかけて 人

図 3:50 年 前 に 地 方 から 大 都 市 に 800 万 人 が 移 動 三 大 都 市 圏 地 方 圏 の 人 口 移 動 の 推 移 転 入 超 過 数 ( 万 人 ) 高 度 経 済 成 長 期 には 三 大 都 市 圏 に 人 口 が 流 入 した 1980 年 頃 にかけて 人 1. 日 本 全 体 の 人 口 の 推 移 と 大 都 市 過 疎 地 の 事 情 ( 図 1)に 示 すグラフは 2010 年 から 40 年 にかけてのわが 国 全 体 の 人 口 の 動 向 を 示 す 12000 10000 8000 2010 40 年 年 齢 階 級 別 人 口 推 移 0-64 歳 は 約 3000 万 人 減 少 6000 4000 2000 0 65-74 歳 は

More information

平成23年度第1回福島県「県民健康管理調査」検討委員会 次第(案)

平成23年度第1回福島県「県民健康管理調査」検討委員会 次第(案) 第 16 回 県 民 健 康 調 査 検 討 委 員 会 次 第 日 場 時 平 成 26 年 8 月 24 日 ( 日 )13:30~16:00 所 コラッセふくしま 4 階 多 目 的 ホール 1 開 会 2 議 事 (1) 基 本 調 査 について (2) 詳 細 調 査 について 甲 状 腺 検 査 について 妊 産 婦 に 関 する 調 査 について (3) その 他 3 閉 会 県 民

More information

<4D F736F F D B382EA82E995FB82CC82BD82DF82C9815C82502E646F63>

<4D F736F F D B382EA82E995FB82CC82BD82DF82C9815C82502E646F63> 平 成 15 年 秋 田 県 衛 生 統 計 年 鑑 秋 田 県 康 福 祉 部 平 成 15 年 秋 田 県 衛 生 統 計 年 鑑 目 次 利 用 される 方 のために 秋 田 県 衛 生 統 計 年 鑑 の 解 説 管 轄 区 域 図 管 轄 一 覧 市 町 村 別 人 口 及 び 世 帯 数 年 齢 (5 歳 階 級 ) 別 人 口 各 種 統 計 調 査 の 概 略 図 主 な 統 計

More information

<95BD90AC323881453239974C8E918A698ED296BC95EB202895CF8D584832382E372E3135292E786C73>

<95BD90AC323881453239974C8E918A698ED296BC95EB202895CF8D584832382E372E3135292E786C73> 競 争 入 札 参 加 有 資 格 名 簿 ( 平 成 2829 年 度 分 ) 有 効 期 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 30 年 3 月 31 日 まで 福 島 県 競 争 入 札 参 加 有 資 格 名 簿 代 表 氏 名 住 所 又 は 所 在 地 登 録 している 種 類 実 績 考 1 913710010 県 北 福 島 県 組 合 連 合 会 2380005000583

More information

( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 月 火 水 木 金 1 水 澤 神 神 内 治 験 神 経 心 理 神 神 経 心 理 神 三 條 神 三 條 神 横 田 神 横 田 神 水 澤 神 水 澤 神 合 第 2 2* 石 原 神 石 原 神 神 経 内 新 患 神 経 内 1* 石 原

( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 月 火 水 木 金 1 水 澤 神 神 内 治 験 神 経 心 理 神 神 経 心 理 神 三 條 神 三 條 神 横 田 神 横 田 神 水 澤 神 水 澤 神 合 第 2 2* 石 原 神 石 原 神 神 経 内 新 患 神 経 内 1* 石 原 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 月 火 水 木 金 1 水 澤 神 神 内 治 験 神 経 心 理 神 神 経 心 理 神 三 條 神 三 條 神 横 田 神 横 田 神 水 澤 神 水 澤 神 合 第 2 2* 石 原 神 石 原 神 神 経 内 新 患 神 経 内 1* 石 原 神 * 石 原 神 2* 佐 藤 神 佐 藤 神

More information

2013 April 内 外 診 療 科 科 心 臓 血 管 セ ン タ ー 呼 吸 器 ( 新 患 ) 呼 吸 器 ( 再 診 ) 血 液 消 化 器 腎 臓 科 心 臓 血 管 外 科 月 熊 部 山 口 佐 々 木 中 村 竹 田 大 地 火 山 口 須 加 原 外 山 工 藤 水 佐 々 木 松 本 中 村 新 名 木 須 加 原 山 口 外 山 大 地 7 階

More information

<453A5C89FC8A76837683898393816991E6318E9F89FC92F9816A955C8E862E646F63>

<453A5C89FC8A76837683898393816991E6318E9F89FC92F9816A955C8E862E646F63> ~ 健 全 で 自 立 した 病 院 経 営 を 目 指 して~ 第 1 次 改 訂 ( 平 成 23~25 ) 平 成 23 年 11 月 岡 山 県 備 前 市 目 次 1 はじめに 1 2 計 画 期 間 1 3 備 前 病 院 1 (1) 現 況 及 び 役 割 1 (2) 経 営 効 率 化 計 画 3 4 日 生 病 院 5 (1) 現 況 及 び 役 割 5 (2) 経 営 効 率 化

More information

* プルトニウムの 分 析 方 法 土 壌 約 50g を 放 射 化 学 分 析 し シリコン 半 導 体 検 出 器 で 8 万 秒 (22 時 間 13 分 ) 計 測 検 出 下 限 値 約 0.8 Bq/m 2 (Pu-238 Pu とも) * ストロンチウム 90 の 分

* プルトニウムの 分 析 方 法 土 壌 約 50g を 放 射 化 学 分 析 し シリコン 半 導 体 検 出 器 で 8 万 秒 (22 時 間 13 分 ) 計 測 検 出 下 限 値 約 0.8 Bq/m 2 (Pu-238 Pu とも) * ストロンチウム 90 の 分 福 島 県 における 土 壌 の 放 射 線 モニタリング 調 査 結 果 平 成 24 年 4 月 6 日 原 子 力 災 害 現 地 対 策 本 部 ( 放 射 線 班 ) 福 島 県 災 害 対 策 本 部 ( 原 子 力 班 ) 福 島 県 における 土 壌 の 放 射 線 モニタリング 調 査 計 画 に 基 づき 実 施 したストロンチウム 90 及 びプルトニウムの 調 査 結 果 がまとまりましたのでお

More information

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要 保 医 発 0325 第 8 号 平 成 28 年 3 月 25 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 ( 公

More information

2

2 NEWS NEWS H26 年 度 東 北 ブロック DMAT 参 集 訓 練 2 平 成 26 年 度 東 北 AIDS/HIV 看 護 研 修 / 宮 城 県 総 合 防 災 訓 練 NEWS 東 西 南 北 4 9 月 管 理 診 療 会 議 報 告 / 地 域 医 療 連 携 室 だより 5 仙 台 市 医 師 会 主 催 第 26 回 病 院 親 善 野 球 大 会 / 第 3 回 仙 台

More information

hyoushi

hyoushi 序 昨 年 度 から 表 題 を 年 報 改 めます 年 報 を 発 行 す る 目 的 は 実 績 を 公 表 することであり また 記 録 することよっ 歴 史 を 記 述 しることもなります しかし 年 報 を 発 行 する 社 会 的 意 義 とし を 公 表 する 事 が 重 要 である と 考 え 積 極 的 力 を 注 できました をどう 捉 えるかは ろろな 観 点 や 意 見 があると

More information

診療行為コード

診療行為コード 別 添 5 オンライン 又 は 光 ディスク 等 による 請 求 に 係 る 診 療 行 為 コード ( 医 科 用 DPC 用 ) 平 成 20 年 4 月 版 凡 例 1 診 療 行 為 コードは 次 により 設 定 している (1) コードの 設 定 対 象 範 囲 コードの 設 定 対 象 範 囲 は 診 療 報 酬 の 算 定 方 法 ( 平 成 20 年 3 月 5 日 厚 生 労 働

More information

01第1章表紙

01第1章表紙 第 章 概 況 Ⅰ 県 南 地 域 の 概 況 () 地 勢 県 南 地 域 は 福 島 県 中 通 り 地 方 の 南 部 に 位 置 し 栃 木 茨 城 の 両 県 に 接 し 白 河 市 ( 平 成 7 年 月 7 日 白 河 市 表 郷 村 東 村 大 信 村 が 合 併 ) 西 白 河 郡 及 び 東 白 川 郡 の 市 4 町 4 村 からなり その 面 積 は,233.24km2と 県

More information

目 次 1 巻 頭 言 1 2 津 島 市 民 病 院 基 本 理 念 2 3 津 島 市 民 病 院 基 本 方 針 2 4 病 院 からのお 願 い 2 5 各 局 理 念 3 6 津 島 市 民 病 院 の 沿 革 4 7 指 定 関 係 8 8 承 認 関 係 10 9 認 定 関 係 12

目 次 1 巻 頭 言 1 2 津 島 市 民 病 院 基 本 理 念 2 3 津 島 市 民 病 院 基 本 方 針 2 4 病 院 からのお 願 い 2 5 各 局 理 念 3 6 津 島 市 民 病 院 の 沿 革 4 7 指 定 関 係 8 8 承 認 関 係 10 9 認 定 関 係 12 津 島 市 民 病 院 病 院 年 報 [ 平 成 22 年 度 ] 2 0 1 0 目 次 1 巻 頭 言 1 2 津 島 市 民 病 院 基 本 理 念 2 3 津 島 市 民 病 院 基 本 方 針 2 4 病 院 からのお 願 い 2 5 各 局 理 念 3 6 津 島 市 民 病 院 の 沿 革 4 7 指 定 関 係 8 8 承 認 関 係 10 9 認 定 関 係 12 10 年 度

More information

Kainan Hospital 作 言 語 段 有 効 空 建 西 窓 木 曽 川 遠 養 老 山 脈 鈴 鹿 山 脈 む 角 呼 吸 器 作 向 明 言 語 配 A B 脳 神 経 整 形 便 始 改 築 工 ほ 完 旬 旬 順 次 稼 働 以 回 稼 働 門 移 玄 近 命 横 右 む 察 隣

Kainan Hospital 作 言 語 段 有 効 空 建 西 窓 木 曽 川 遠 養 老 山 脈 鈴 鹿 山 脈 む 角 呼 吸 器 作 向 明 言 語 配 A B 脳 神 経 整 形 便 始 改 築 工 ほ 完 旬 旬 順 次 稼 働 以 回 稼 働 門 移 玄 近 命 横 右 む 察 隣 Vol. 特 集 ムペ 念 私 倫 見 据 質 高 提 供 守 信 頼 築 権 責 務. 良 質 権. 選 択 権. 為 選 択 決 権. 情 報 説 明 権. バ 保 権. 人 的 尊 厳 求 権. 加 責 務 ヘポ ドヘ 離 着 陸 訓 練 8 9 0 Kainan Hospital 作 言 語 段 有 効 空 建 西 窓 木 曽 川 遠 養 老 山 脈 鈴 鹿 山 脈 む 角 呼 吸 器 作

More information

目 次 1. 筑 後 市 立 病 院 のあゆみ... 2 2. 筑 後 市 立 病 院 の 施 設 概 要... 4 1. 所 在 地 等... 4 2. 病 院 の 理 念... 4 3. 構 造 等... 4 4. 診 療 時 間 等... 4 5. 病 床 数... 4 6. 標 榜 診 療

目 次 1. 筑 後 市 立 病 院 のあゆみ... 2 2. 筑 後 市 立 病 院 の 施 設 概 要... 4 1. 所 在 地 等... 4 2. 病 院 の 理 念... 4 3. 構 造 等... 4 4. 診 療 時 間 等... 4 5. 病 床 数... 4 6. 標 榜 診 療 資 料 5 筑 後 市 立 病 院 概 要 平 成 22 年 度 版 視 察 団 体 埼 玉 県 東 松 山 市 市 議 会 視 察 日 平 成 17 年 10 月 20 日 ( 木 ) 筑 後 市 立 病 院 目 次 1. 筑 後 市 立 病 院 のあゆみ... 2 2. 筑 後 市 立 病 院 の 施 設 概 要... 4 1. 所 在 地 等... 4 2. 病 院 の 理 念... 4 3.

More information

国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の 中 で 臨 床 研 修 は 個 人 のみならず 社 会 的 必 要 性 の 強 いものである その 社

国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の 中 で 臨 床 研 修 は 個 人 のみならず 社 会 的 必 要 性 の 強 いものである その 社 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プ ログラ ム 平 成 25 年 度 版 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 臨 床 研 修 管 理 委 員 会 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の

More information

02_10_01_fuikiban_hyoushi.ppt [互換モード]

02_10_01_fuikiban_hyoushi.ppt [互換モード] 大 阪 府 保 健 医 療 計 画 豊 能 能 勢 町 三 島 豊 能 町 茨 木 市 高 槻 市 島 本 町 池 田 市 箕 面 市 枚 方 市 北 河 内 大 阪 市 豊 中 市 大 阪 市 吹 田 市 摂 津 市 寝 屋 川 市 交 野 市 守 口 市 門 真 市 四 條 畷 市 大 東 市 東 大 阪 市 中 河 内 八 尾 市 堺 市 松 原 市 柏 原 市 藤 井 寺 市 泉 大 津 市

More information

○00表紙

○00表紙 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 廣 瀬 滋 樹 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 藤 井 義 弘 ( 内 線 7475) 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 26 年 人 口 動 態 統 計 月 報 年 計 (

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF332D3120939C9441956181418C7689E68169916688C4816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF332D3120939C9441956181418C7689E68169916688C4816A2E646F63> 糖 尿 病 の 医 療 体 制 構 築 について 第 1 糖 尿 病 の 現 状 1 糖 尿 病 の 疫 学 状 況 糖 尿 病 は 血 液 中 のブドウ 糖 ( 血 糖 )が 過 剰 に 増 える 疾 病 で 血 糖 値 を 下 げるホルモンである インスリンの 不 足 により 主 に 幼 児 から 小 児 期 に 発 症 する1 型 糖 尿 病 と 過 食 運 動 不 足 肥 満 な どによりインスリンの

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

2016 January 内 診 療 科 月 ( 新 患 ) 熊 部 呼 吸 器 ( 再 診 ) 山 口 科 血 液 外 山 消 化 器 大 園 鈴 木 腎 臓 外 科 消 化 器 外 科 大 地 火 山 口 中 嶋 外 山 工 藤 水 外 山 戸 井 田 木 中 嶋 山 口 外 山 大 地 金 熊 部 外 山 大 園 鈴 木 石 躍 備 考 ( 水 ) 午 後 気 管 支

More information

1 出 産 費 用 の 援 助 2 出 産 祝 い 品 の 贈 呈 3 児 童 の 育 成 を 支 援 する 手 当 などの 給 付 市 町 村 第 一 子 第 二 子 第 三 子 第 四 子 以 降 第 一 子 第 二 子 援 助 額 援 助 額 援 助 額 援 助 額 援 助 条 件 制 限 等

1 出 産 費 用 の 援 助 2 出 産 祝 い 品 の 贈 呈 3 児 童 の 育 成 を 支 援 する 手 当 などの 給 付 市 町 村 第 一 子 第 二 子 第 三 子 第 四 子 以 降 第 一 子 第 二 子 援 助 額 援 助 額 援 助 額 援 助 額 援 助 条 件 制 限 等 平 成 25 年 度 市 町 村 独 自 の 次 世 代 育 成 支 援 対 策 調 査 結 果 福 島 県 保 健 福 祉 部 子 育 て 支 援 課 本 表 中 の 各 市 町 村 事 業 についての 問 い 合 わせは 直 接 該 当 市 町 村 にお 願 いいたします 本 調 査 は 平 成 25 年 7 月 1 日 現 在 の 状 況 です 1 出 産 費 用 の 援 助 2 出 産 祝

More information

平成27年度 夏期休診日一覧.xlsx

平成27年度 夏期休診日一覧.xlsx 平 成 27 年 度 夏 期 の 診 日 一 覧 表 (8/3~8/30) 7 月 15 日 までの 情 報 です 診 日 の 変 更 急 なお み 完 全 予 約 制 などの 場 合 があります お 電 話 でご 確 認 のうえ 受 診 するようにしてください 目 次 病 院 科 ( ) 科 ( 箱 根 町 ) 科 ( 真 鶴 町 ) 小 児 科 ( ) 小 児 科 ( 箱 根 町 真 鶴 町 )

More information

スライド 1

スライド 1 QLife 漢 方 がん 治 療 における 漢 方 薬 の 処 方 状 況 に 関 する 医 師 調 査 結 果 報 告 書 平 成 25 年 11 月 1 日 株 式 会 社 QLife(キューライフ) 調 査 の 背 景 ここ 数 年 漢 方 薬 の 効 能 について 科 学 的 医 学 的 解 明 が 進 み エビデンスに 基 づいた 医 薬 品 と しての 認 知 が 広 まっている 特 にがん

More information

20) 学 術 論 文 の 刊 行 3.わが 国 の 母 体, 胎 児 及 び 新 生 児 に,より 高 い 水 準 の 医 学 医 療 を 提 供 し, 全 人 的 医 療 を 実 践 できる 母 体 胎 児 専 門 医 になるために, 周 産 期 領 域 における 横 断 的 な 医 学 医 療

20) 学 術 論 文 の 刊 行 3.わが 国 の 母 体, 胎 児 及 び 新 生 児 に,より 高 い 水 準 の 医 学 医 療 を 提 供 し, 全 人 的 医 療 を 実 践 できる 母 体 胎 児 専 門 医 になるために, 周 産 期 領 域 における 横 断 的 な 医 学 医 療 ( 母 体 胎 児 専 門 医 ) 第 7 条 一 般 目 標 母 体 胎 児 専 門 医 は 正 常 及 び 異 常 な 妊 娠 分 娩 ならびに 合 併 症 妊 娠 に 対 する 診 療 を 行 い, 助 言 を 提 供 する 母 体 胎 児 医 療 の 専 門 医 であり, 以 下 の 知 識 と 技 能 を 習 得 することが 必 要 である. (1) 妊 娠 分 娩 経 過 の 正 常 及

More information

目 次 香 川 大 学 医 学 部 の 基 本 理 念 教 育 目 標 人 材 養 成 上 の 目 的 香 川 大 学 医 学 部 履 修 要 項 香 川 大 学 医 学 部 医 学 科 編 入 学 生 の 在 学 期 間 の 通 算 等 の 取 扱 いに 関 する 要 項 香 川 大 学 医 学

目 次 香 川 大 学 医 学 部 の 基 本 理 念 教 育 目 標 人 材 養 成 上 の 目 的 香 川 大 学 医 学 部 履 修 要 項 香 川 大 学 医 学 部 医 学 科 編 入 学 生 の 在 学 期 間 の 通 算 等 の 取 扱 いに 関 する 要 項 香 川 大 学 医 学 目 次 香 川 大 学 医 学 部 の 基 本 理 念 教 育 目 標 人 材 養 成 上 の 目 的 香 川 大 学 医 学 部 履 修 要 項 香 川 大 学 医 学 部 医 学 科 編 入 学 生 の 在 学 期 間 の 通 算 等 の 取 扱 いに 関 する 要 項 香 川 大 学 医 学 部 開 設 科 目 に 係 る 欠 席 取 扱 い 申 合 せ GPAによる 成 績 評 価 について

More information

60本文.ec7

60本文.ec7 地 震 日 誌 平 成 21 年 1 月 1 日 ~ 平 成 21 年 12 月 31 日 (from January to December,2009) 神 奈 川 県 温 泉 地 学 研 究 所 行 竹 番 号 月 日 時 分 震 源 地 深 さkm 最 大 有 感 地 ( 震 度 ) 緯 度 経 度 規 模 1 1 3 16 13 福 島 県 沖 51 福 島 県 : 田 村 市 川 内 村

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203030955C8E86819597A094928E86>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203030955C8E86819597A094928E86> 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 小 野 暁 史 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 村 上 修 司 ( 内 線 7475) 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 24 年 人 口 動 態 統 計 月 報 年 計 (

More information

第1回 訓練マニュアル研究会次第

第1回  訓練マニュアル研究会次第 資 料 3 救 急 業 務 統 計 作 業 部 会 報 告 書 ( 案 ) 平 成 21 年 3 月 総 務 省 消 防 庁 目 次 はじめに 第 1 章 救 急 業 務 統 計 の 現 状 及 び 課 題 1 救 急 業 務 統 計 の 現 状 2 救 急 業 務 統 計 における 課 題 第 2 章 救 急 業 務 統 計 の 調 査 項 目 の 見 直 しについて 1 調 査 項 目 の 見

More information

F340A_20151001_102627_6468

F340A_20151001_102627_6468 [ 平 成 27 年 9 月 1 日 現 在 医 科 ] 平 成 27 年 10 月 1 日 作 成 1 頁 10210017 石 巻 赤 十 字 病 院 986-8522 一 般 448( 外 来 環 ) 第 154 号 平 成 25 年 7 月 1 日 (0231209 ) 石 巻 市 蛇 田 字 西 道 下 71 一 般 ( 感 染 ) ( 一 般 入 院 ) 第 1338 号 平 成 26

More information

研修計画

研修計画 産 婦 人 科 Ⅰ プログラムの 名 称 日 野 市 立 病 院 産 婦 人 科 初 期 臨 床 研 修 プログラム Ⅱ プログラムの 運 営 日 野 市 立 病 院 臨 床 研 修 管 理 委 員 会 を 中 心 として 運 営 管 理 し 産 婦 人 科 に 配 属 された 研 修 医 に 対 しては, 臨 床 経 験 4 年 以 上 の 上 級 医 が 各 々 組 み 合 わせとなり, 直 接

More information

Microsoft PowerPoint - 原本130809経営課題抽出と解決の手法(保健医療経営大学)

Microsoft PowerPoint - 原本130809経営課題抽出と解決の手法(保健医療経営大学) 医 療 機 関 における 課 題 解 決 のための3つのフレームワーク http://www.syskan.com/ 課 題 発 見 と 解 決 に 役 立 つ3つのフレームワーク 重 要 課 題 の 発 見 と 解 決 のために 役 立 つ3つのフレームワーク 常 にMECEな 関 係 を 意 識 して 作 成 する ロジックツリー 樹 系 図 を 使 ってものごとをブレークダウンして 具 体 化

More information

【分割ファイル4-4】

【分割ファイル4-4】 4 糖 尿 病 - 81 - 糖 尿 病 の 医 療 連 携 体 制 ( 不 可 ) 重 症 急 性 増 悪 時 治 療 目 標 糖 尿 病 昏 睡 等 重 症 な 急 性 合 併 症 の 治 療 を 実 施 すること 求 められる 主 な 機 能 糖 尿 病 昏 睡 等 急 性 合 併 症 の 治 療 が4 時 間 実 施 可 能 であること 等 支 援 機 関 血 糖 コントロール 不 可 例

More information

平成21年度教育関係共同利用様式

平成21年度教育関係共同利用様式 ( 別 紙 様 式 4) 職 業 実 践 専 門 課 程 の 基 本 情 報 について 学 校 名 設 置 認 可 年 月 日 校 長 名 所 在 地 国 際 メディカル 専 門 平 成 4 年 月 9 日 渡 辺 敏 彦 950 094 学 校 新 潟 市 中 央 区 紫 竹 山 6 丁 目 4 番 号 ( 電 話 )05(55)5 設 置 者 名 設 立 認 可 年 月 日 代 表 者 名 所

More information

指 導 担 当 医 山 谷 秀 喜 (やまや ひでき) 講 師 日 本 腎 臓 学 会 所 属 日 本 移 植 学 会 所 属 日 本 アフェレシス 学 会 所 属 慢 性 腎 臓 病 の 管 理 内 シャント 拡 張 術 奥 山 宏 (おくやま ひろし) 講 師 日 本 腎 臓 学 会 専 門 医

指 導 担 当 医 山 谷 秀 喜 (やまや ひでき) 講 師 日 本 腎 臓 学 会 所 属 日 本 移 植 学 会 所 属 日 本 アフェレシス 学 会 所 属 慢 性 腎 臓 病 の 管 理 内 シャント 拡 張 術 奥 山 宏 (おくやま ひろし) 講 師 日 本 腎 臓 学 会 専 門 医 腎 臓 内 科 科 長 のメッセージ 腎 炎 から 腎 臓 移 植 まですべての 領 域 をカバーしている 日 本 唯 一 といっていい 総 合 腎 臓 内 科 であ り 6つの 専 門 医 が 取 得 可 能 です One for all, all for one の 精 神 で 皆 が 連 帯 しています 科 長 横 山 仁 (よこやま ひとし) 教 授 腎 臓 内 科 学 腎 炎 ネフローゼ

More information

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 新 潟 県 政 令 指 定 都 市 平 均 平 均 年 齢 43

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 新 潟 県 政 令 指 定 都 市 平 均 平 均 年 齢 43 別 紙 3 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A B B/A 21 年 度 の 件 費 率 22 年 度 803,072 349,918,053 1,594,508 54,662,625 15.6 15.4

More information

日 本 記 者 クラブ 記 者 会 見 東 日 本 大 震 災 対 処 概 況 説 明 平 成 2 3 年 7 月 4 日 陸 上 自 衛 隊 東 北 方 面 総 監 ( 元 災 統 合 任 務 部 隊 指 揮 官 ) 説 明 項 目 災 JTF- 東 北 の 編 成 活 動 実 績 活 動 経 過 と 今 後 の 見 通 し 本 震 災 の 特 性 指 揮 幕 僚 活 動 人 命 救 助 行 方

More information

★ がんばれ受験生 ★

★ がんばれ受験生 ★ がんばれ 受 験 生! 県 立 高 校 入 試 早 わかり ( 平 成 27 年 度 版 ) 福 島 県 教 育 委 員 会 どんな 高 校 があるか 課 程 ~ 全 日 制 定 時 制 通 信 制 高 等 学 校 には 全 日 制 定 時 制 及 び 通 信 制 の 課 程 があり それぞれ 次 のとおりです 課 程 特 色 全 日 制 平 日 の 昼 間 に 授 業 が 行 われることを 前 提

More information

○00表紙

○00表紙 結 果 の 概 要 1 結 果 の 要 約 (1) 出 生 数 は 減 少 出 生 数 は1 万 3532 人 で 前 年 の12 万 9816 人 より2 万 6284 人 減 少 し 出 生 率 ( 人 口 千 対 ) は 8.で 前 年 の8.2を 下 回 った 出 生 数 を 母 の 年 齢 (5 歳 階 級 ) 別 にみると 2~39 歳 の 各 階 級 では 前 年 より 減 少 しているが

More information

00表紙

00表紙 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 小 野 暁 史 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 近 藤 敬 太 ( 内 線 7475) 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 月 報 年 計 (

More information

関東中部地方の週間地震概況

関東中部地方の週間地震概況 平 成 27 年 7 月 3 日 気 象 庁 地 火 山 部 関 東 中 部 地 方 ( 三 重 県 を 含 む)の 週 間 地 概 況 平 成 27 年 第 27 ( 平 成 27 年 6 月 26 日 ~7 月 2 日 ) 表 1 度 1 以 上 を 観 測 した 回 数 西 部 の 地 で 度 3を 観 測 今 期 間 中 に 関 東 中 部 地 方 で 度 1 以 上 を 観 測 した 地

More information

第1号議案 平成14年度事業報告並びに収支決算について

第1号議案 平成14年度事業報告並びに収支決算について 平 成 27 年 度 事 業 報 告 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで) 1 当 法 人 の 現 況 に 関 する 事 項 (1) 事 業 の 経 過 及 びその 経 過 事 業 別 予 算 額 決 算 額 達 成 率 公 衆 衛 生 推 進 事 業 21,310,809 21,340,463 % 100.1 学 術 普 及 向 上 事 業 5,194,599

More information

Taro-4-1-4糖尿病(PDF用).jtd

Taro-4-1-4糖尿病(PDF用).jtd 4 糖 尿 病 現 状 と 課 題 ア 糖 尿 病 の 現 状 管 内 における 糖 尿 病 による 死 亡 数 は, 平 成 21 年 は8 人 ( 男 性 6 人, 女 性 2 人 )で, 死 亡 率 は, 男 性 は 全 国, 県 を 上 回 っていますが, 女 性 は 全 国, 県 を 下 回 っています 死 亡 率 のここ 数 年 の 年 次 推 移 をみると, 全 国 や 県 を 上 回

More information

<8AF2958C8CA79561894088EA9797955C2E786C73>

<8AF2958C8CA79561894088EA9797955C2E786C73> 575 575 554.9 196.9 21.9 237 11 1 公 益 社 団 法 人 岐 阜 病 院 500-8211 岐 阜 市 日 野 東 三 丁 目 13 番 6 号 058-245-8171 058-246-6824 鈴 木 祐 一 郎 鈴 木 祐 一 郎 精 神 心 内 歯 564 564 524 198.8 20.6 240.5 7 0100118 平 23.10.21 2 医 療

More information

母 子 医 療 対 策 費 462 (313,289) 国 4,479 1 不 妊 治 療 助 成 事 業 8,600 不 妊 治 療 費 用 の 一 部 を 助 成 し 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 る 230,008 238,608 不 妊 治 療 費 の 増 加 による 増 額 分

母 子 医 療 対 策 費 462 (313,289) 国 4,479 1 不 妊 治 療 助 成 事 業 8,600 不 妊 治 療 費 用 の 一 部 を 助 成 し 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 る 230,008 238,608 不 妊 治 療 費 の 増 加 による 増 額 分 健 康 福 祉 政 策 課 低 所 得 者 自 立 更 生 融 資 対 策 費 659,521 (1,516,423) 国 328,209 財 656 1 生 活 福 祉 資 金 貸 付 金 補 助 414,400 滋 賀 県 社 会 福 祉 協 議 会 が 実 施 する 低 所 得 者 等 が 必 要 とする 生 活 福 祉 資 金 の 貸 付 けに 要 する 原 資 を 助 成 する 660,000

More information

【外科臨床研修プログラム】

【外科臨床研修プログラム】 1. 豊 田 厚 生 病 院 臨 床 研 修 プログラム 規 定 Ⅰ.プログラム 名 称 豊 田 厚 生 病 院 臨 床 研 修 プログラム( 以 下 プログラムと 略 す) Ⅱ.プログラムの 特 徴 豊 田 市 を 中 心 とした 西 三 河 北 部 医 療 圏 の 市 民 病 院 的 病 院 の 機 能 を 担 い 地 域 の 基 幹 病 院 としての 役 割 を 果 たしている 606 床 の

More information

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5>

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5> 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 64 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 50 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 に 基 づき, 職 員 の 給 与

More information

○00表紙

○00表紙 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 廣 瀨 滋 樹 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 山 口 浩 司 ( 内 線 7475) 担 当 係 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 27 年 人 口 動 態 統 計 月 報

More information

資料9-1 大学教育改革地域フォーラムの結果(2/3)

資料9-1 大学教育改革地域フォーラムの結果(2/3) 熊 本 大 学 文 部 科 学 省 共 催 / 高 等 教 育 コンソーシアム 熊 本 後 援 大 学 教 育 改 革 地 域 フォーラム 2012 in 熊 本 大 学 日 時 2012 年 5 月 16 日 ( 水 ) 14:00~16:50 会 場 熊 本 大 学 黒 髪 南 キャンパス 工 学 部 百 周 年 記 念 館 テーマ1 大 学 での 学 修 の 内 容 と 時 間 を 教 員 学

More information

( の 復 旧 ) 3. 南 相 馬 市 エリアの 避 難 指 示 解 除 準 備 区 域 及 び 居 住 制 限 区 域 内 の 路 線 数 ( ) 10 路 線 うち 被 災 した 路 線 ( 工 区 ) 数 10 路 線 52 箇 所 うち 応 急 対 策 を 実 施 した 路 線 ( 工 区

( の 復 旧 ) 3. 南 相 馬 市 エリアの 避 難 指 示 解 除 準 備 区 域 及 び 居 住 制 限 区 域 内 の 路 線 数 ( ) 10 路 線 うち 被 災 した 路 線 ( 工 区 ) 数 10 路 線 52 箇 所 うち 応 急 対 策 を 実 施 した 路 線 ( 工 区 道 路 ( 高 速 道 路 の 復 旧 整 備 ) 1. 常 磐 自 動 車 道 1 箇 所 名 : 常 磐 自 動 車 道 の 供 用 中 区 間 の 被 災 箇 所 及 び 整 備 区 間 2 供 用 中 区 間 の 被 災 箇 所 については 応 急 復 旧 により 平 成 23 年 4 月 28 日 までに 旧 警 戒 区 域 にかかる 区 間 ( 常 磐 道 広 野 IC~ 常 磐 富 岡

More information

(3) 費 用 の 負 担 組 合 員 や 被 扶 養 者 が 保 険 医 療 機 関 において 療 養 家 族 療 養 の 給 付 を 受 けるときには 次 により 一 部 負 担 金 ( 自 己 負 担 額 )を 当 該 医 療 機 関 に 支 払 う 必 要 があります ア 組 合 員 の 場

(3) 費 用 の 負 担 組 合 員 や 被 扶 養 者 が 保 険 医 療 機 関 において 療 養 家 族 療 養 の 給 付 を 受 けるときには 次 により 一 部 負 担 金 ( 自 己 負 担 額 )を 当 該 医 療 機 関 に 支 払 う 必 要 があります ア 組 合 員 の 場 第 2 章 短 期 給 付 の 内 容 と 請 求 手 続 第 1 節 傷 病 等 に 係 る 給 付 組 合 員 及 び 被 扶 養 者 が 病 気 や 負 傷 をしたときは 通 常 の 場 合 組 合 員 証 を 保 険 医 療 機 関 に 提 示 する ことによって 療 養 の 給 付 や 家 族 療 養 費 の 現 物 給 付 を 受 けることができます しかし 緊 急 その 他 やむを 得

More information

障 害 厚 生 年 金 厚 生 年 金 に 加 入 中 の 病 気 やけがによって 障 害 者 になったとき 障 害 の 程 度 が 障 害 等 級 表 のいずれかの 状 態 になっている 場 合 障 害 の 程 度 により 障 害 厚 生 年 金 (1から3 級 ) 又 は 障 害 手 当 金 (

障 害 厚 生 年 金 厚 生 年 金 に 加 入 中 の 病 気 やけがによって 障 害 者 になったとき 障 害 の 程 度 が 障 害 等 級 表 のいずれかの 状 態 になっている 場 合 障 害 の 程 度 により 障 害 厚 生 年 金 (1から3 級 ) 又 は 障 害 手 当 金 ( 年 金 手 当 など 1 各 種 障 害 年 金 制 度 障 害 基 礎 年 金 支 給 要 件 国 民 年 金 に 加 入 中 又 は 加 入 していた 方 が 病 気 やけがによって65 歳 の 誕 生 日 の 前 々 日 までに 障 害 者 となり 医 療 機 関 を 受 診 していたとき また20 歳 前 に 障 害 者 となった 方 は20 歳 から 障 害 等 級 表 のいずれかの 状

More information

日産婦誌60巻10号研修コーナー

日産婦誌60巻10号研修コーナー α α ( 図 D-19-4)-1) 新 生 児 黄 疸 の 診 断 手 順 ( 文 献 1より 引 用 ) ( 表 D-19-5)-1) 新 生 児 痙 攣 の 原 因 ( 文 献 2より 引 用 ) 1. 周 産 期 脳 障 害 1) 低 酸 素 性 虚 血 性 脳 症 2) 頭 蓋 内 出 血 1クモ 膜 下 出 血 2 脳 室 内 出 血 3 硬 膜 下 出 血 3) 脳 梗 塞 2. 代

More information

<9561894096BC95EB>

<9561894096BC95EB> 東 区 病 名 称 医 療 法 人 相 生 会 福 岡 みらい 病 813-0017 東 区 香 椎 照 葉 3 丁 目 5 医 療 法 人 相 生 会 病 名 簿 内 科 リウマチ 科 外 科 整 形 外 科 脳 神 経 外 科 リハビリテー ション 科 神 経 内 科 麻 酔 科 循 環 器 内 科 179 239 0 0 0 418 662-3001 平 成 27 年 6 月 1 日 石 束

More information

平成17年度の人事行政等の状況

平成17年度の人事行政等の状況 平 成 25 年 度 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 1. 職 員 の 任 免 及 び に 関 する 状 況 (1) 職 員 の 採 用 退 職 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 2 日 から 平 成 26 年 4 月 1 日 ) 職 種 H25.4.1 現 在 期 間 内 の 退 職 者 期 間 内 の 採 用 者 H26.4.1 現 在 医 師 118 人 32

More information

<819A4832368B8B975E8CF6955C2E786C73>

<819A4832368B8B975E8CF6955C2E786C73> 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 (H6.1.1 現 在 ) A B B/A ( 参 考 ) 4 年 度 の 人 件 費 率 5 年 度 85,650 人 40,99,763 1,445,080 7,48,057 18.1%

More information

b11 全 般 的 精 神 機 能 b71 関 節 と 骨 の 機 能 A75 伝 染 性 単 核 球 症 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 A76 その 他 のウィルス 性 発 疹 b43 血 液 系 と

b11 全 般 的 精 神 機 能 b71 関 節 と 骨 の 機 能 A75 伝 染 性 単 核 球 症 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 A76 その 他 のウィルス 性 発 疹 b43 血 液 系 と A70 結 核 b43 b45 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 b51 消 化 器 系 に 関 連 する 機 能 b54 代 謝 と 内 分 泌 系 に 関 連 する 機 能 b81 皮 膚 の 機 能 A71 麻 疹 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加

More information

第 15 回 先 端 医 療 センター 再 生 医 療 審 査 委 員 会 審 査 結 果 日 時 : 平 成 20 年 2 月 26 日 ( 火 )16:00~ 場 所 : 先 端 医 療 センター4 階 大 会 議 室 委 員 長 : 山 岡 義 生 委 員 : 井 上 明 大 内 ますみ 大 田 清 志 守 殿 貞 夫 神 田 勉 玉 岡 かおる 永 井 謙 一 西 田 芳 矢 村 上 雅 義

More information

がん治療(放射線療法、化学療法の評価)

がん治療(放射線療法、化学療法の評価) 平 成 22 年 2 月 12 日 厚 生 労 働 大 臣 長 妻 昭 殿 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 会 長 遠 藤 久 夫 答 申 書 ( 平 成 22 年 度 診 療 報 酬 改 定 について) 平 成 22 年 1 月 15 日 付 け 厚 生 労 働 省 発 保 0115 第 1 号 をもって 諮 問 のあった 件 について 別 紙 1から 別 紙 6までの 改 正 案 を

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 1. 施 設 の 称 市 立 四 日 市 病 院 研 修 に 関 するアンケート 2. 所 在 地 510-8567 四 日 市 市 芝 田 二 丁 目 2-37 3. 電 話 番 号 059-354-1111 4. ホームページ http://www.city.yokkaichi.mie.jp/hospital/ 5. 経 営 母 体 四 日 市 市 記 入 年 月 日 : 平 成 20 年 2

More information

地震被害 訂正.indd

地震被害 訂正.indd 序 本 報 告 書 は 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 ( 以 下 東 日 本 大 震 災 という )における 水 道 事 業 の 被 害 状 況 の 全 貌 を 可 能 な 限 り 体 系 立 てて 整 理 したものである 断 水 等 の 状 況 については 東 日 本 大 震 災 発 生 当 時 厚 生 労 働 省 に 報 告 いただき 厚 生 労 働 省 において 整 理 発 表 した

More information

はじめに 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 ( 以 下 新 病 院 という )におけ る 物 品 管 理 業 務 の 実 施 にあたっては この 仕 様 書 に 定 めるところにより 行 い 当 該 委 託 業 務 が 適 正 かつ 円 滑 に

はじめに 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 ( 以 下 新 病 院 という )におけ る 物 品 管 理 業 務 の 実 施 にあたっては この 仕 様 書 に 定 めるところにより 行 い 当 該 委 託 業 務 が 適 正 かつ 円 滑 に 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 物 品 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 目 次 I. 業 務 概 要... 2 1 委 託 業 務 名... 2 2 業 務 の 目 的... 2 3 期 間... 2 4 病 院 概 要... 2 5 開 院 スケジュール... 3 6 対 象 業 務... 3 1 7 管 理 対 象 及 び 搬 送 対

More information

糖 尿 病 内 科 助 教 野 田 紗 恵 子 糖 尿 病 内 科 助 教 長 尾 恵 理 子 糖 尿 病 内 科 助 教 笠 置 里 奈 糖 尿 病 内 科 助 教 浅 野 栄 水 糖 尿 病 内 科 助 教 吉 田 実 加 糖 尿 病 内 科 助 教 島 内 理 紗 神 経 内 科 助 教 福

糖 尿 病 内 科 助 教 野 田 紗 恵 子 糖 尿 病 内 科 助 教 長 尾 恵 理 子 糖 尿 病 内 科 助 教 笠 置 里 奈 糖 尿 病 内 科 助 教 浅 野 栄 水 糖 尿 病 内 科 助 教 吉 田 実 加 糖 尿 病 内 科 助 教 島 内 理 紗 神 経 内 科 助 教 福 各 教 員 が 有 する 学 位 ( 平 成 27 年 5 月 1 日 現 在 ) 附 属 病 院 所 属 職 名 氏 名 学 位 消 化 管 内 科 講 師 舟 木 康 医 学 博 士 消 化 管 内 科 講 師 海 老 正 秀 医 学 博 士 消 化 管 内 科 助 教 井 澤 晋 也 医 学 博 士 消 化 管 内 科 助 教 柳 本 研 一 郎 消 化 管 内 科 助 教 伊 藤 義 紹 医

More information

No. 2 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 入 会 規 則 ( 定 款 施 行 細 則 第 1 号 ) 第 1 条 この 法 人 の( 以 下 本 学 会 という) 入 会 については 定 款 に 定 められたことの 他 は この 規 則 による 第 2 条 本 学 会

No. 2 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 入 会 規 則 ( 定 款 施 行 細 則 第 1 号 ) 第 1 条 この 法 人 の( 以 下 本 学 会 という) 入 会 については 定 款 に 定 められたことの 他 は この 規 則 による 第 2 条 本 学 会 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 定 款 細 則 (2011 年 9 月 ) 目 次 1. 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 定 款 2. 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 入 会 規 則 ( 定 款 施 行 細 則 第 1 号 ) 3. 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 会 費 規 則 ( 定

More information

<4D F736F F F696E74202D208E9197BF C AD8DF489EF8B638E9197BF816989BC8FCC82C682E894C5816A2E >

<4D F736F F F696E74202D208E9197BF C AD8DF489EF8B638E9197BF816989BC8FCC82C682E894C5816A2E > 独 立 行 政 法 人 地 域 医 療 機 能 推 進 機 構 法 案 説 明 資 料 平 成 21 年 10 月 19 日 社 会 保 険 庁 社 会 保 険 病 院 厚 生 年 金 病 院 船 員 保 険 病 院 の 今 後 の 運 営 体 制 1. 病 院 の 設 置 経 緯 (1) 社 会 保 険 病 院 (53 病 院 )や 船 員 保 険 病 院 (3 病 院 )は 主 に 昭 和 20

More information

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学 科 目 名 解 剖 学 Ⅱa 単 講 師 名 渡 邊 利 明 開 講 期 前 期 後 期 通 位 人 体 を 構 成 する 細 胞 組 織 器 官 の 位 置 機 能 及 び 形 態 を 理 解 させ 医 療 従 事 者 として 必 要 な 解 剖 学 的 知 識 を 習 得 させる 国 家 試 験 対 策 として 出 題 基 準 に 関 係 ある 部 分 に 重 点 をおいて 授 業 を 進 め

More information

第2章 健康づくりの現状と課題

第2章 健康づくりの現状と課題 第 2 章 吹 田 市 の 現 状 と 課 題 1 吹 田 市 の 現 状 (1) 人 口 世 帯 数 について 吹 田 市 の 人 口 は 平 成 16 年 (2004 年 )9 月 30 日 現 在 351, 283 人 です うち 65 歳 以 上 は55,017 人 15 歳 ~64 歳 は244,336 人 15 歳 未 満 は51,930 人 です 高 齢 化 率 は 15.7% 少 子

More information

技 能 労 務 職 高 校 卒 137,200 円 146,700 円 中 学 卒 129,200 円 137,200 円 (3) 職 員 の 経 験 年 数 別 平 均 給 料 月 額 の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 区 分 経 験 年 数 15 年 以 上 経 験 年 数 2

技 能 労 務 職 高 校 卒 137,200 円 146,700 円 中 学 卒 129,200 円 137,200 円 (3) 職 員 の 経 験 年 数 別 平 均 給 料 月 額 の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 区 分 経 験 年 数 15 年 以 上 経 験 年 数 2 上 北 山 村 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 1. 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 平 成 25 年 4 月 1 日 現 平 成 25 年 度 中 の 退 平 成 25 年 度 中 及 び 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 職 員 数 A 職 者 数 平 成 26 年 4 月 1 日 採 在 の 職 員 数 B B-A 用 者 数 36 人 0

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 糖 尿 病 眼 合 併 症 と 治 療 について 糖 尿 病 とは? 糖 尿 病 とは 尿 に 糖 が 混 じるだけの 病 気 ではない 血 糖 値 上 昇 により 全 身 の 血 管 障 害 を 引 き 起 こし ます 製 鉄 記 念 広 畑 病 院 眼 科 藤 井 誠 士 郎 日 本 人 の 糖 尿 病 疫 学 調 査 眼 の 構 造 と 機 能 糖 尿 病 患 者 数 :820 万 人 (2007

More information

<96DA8E9F81698D8791CC9770816A2E786C73>

<96DA8E9F81698D8791CC9770816A2E786C73> [ 薬 と 疾 病 ] C13 薬 の 効 くプロセス 医 薬 品 の 作 用 する 過 程 を 理 解 するために 代 表 的 な 薬 物 の 作 用 作 用 機 序 および 体 内 での 運 命 に 関 する 基 本 的 知 識 と 態 度 を 修 得 し それらを 応 用 する 基 本 的 技 能 を 身 につける (1) 薬 の 作 用 と 生 体 内 運 命 作 用 部 位 に 達 した

More information

第12回 代謝統合の破綻 (糖尿病と肥満)

第12回 代謝統合の破綻 (糖尿病と肥満) 第 12 回 代 謝 統 合 の 破 綻 ( 糖 尿 病 と 肥 満 ) 日 紫 喜 光 良 基 礎 生 化 学 講 義 2014.7.15 1 糖 尿 病 とは インスリンの 相 対 的 もしくは 絶 対 的 な 不 足 に 起 因 する 空 腹 時 の 血 糖 値 上 昇 で さまざまな 疾 患 からなる 症 候 群 2 図 25.1より 1 型 糖 尿 病 と2 型 糖 尿 病 1 型 糖 尿

More information

Taro-270409_近代化実施要綱

Taro-270409_近代化実施要綱 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 事 業 実 施 要 綱 最 終 改 正 健 政 発 第 7 8 6 号 平 成 5 年 1 2 月 1 5 日 医 政 発 0409 第 29 号 平 成 2 7 年 4 月 9 日 1 目 的 この 事 業 は 医 療 資 源 の 効 率 的 な 再 編 及 び 地 域 医 療 の 確 保 に 配 慮 しつつ 病 院 における 患 者 の 療 養 環 境

More information

(案)

(案) ( 別 紙 ) 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 1 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )については 予 算 の 範 囲 内 において 交 付 するものとし 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 昭 和 30 年 法 律 第 179 号 ) 補 助

More information

<5461726F2D3038303232315F97CC8EFB8F91814596BE8DD78F9192CA926D>

<5461726F2D3038303232315F97CC8EFB8F91814596BE8DD78F9192CA926D> 保 発 第 0305002 号 平 成 20 年 3 月 5 日 地 方 社 会 事 務 局 長 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 局 長 医 療 費 の 内 容 の 分 かる 領 収 証 の 交 付 について の 一 部 改 正 について 標 記 については 診 療 報 酬 の 算 定 方 法 ( 平 成 20 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 59 号 )が 制 定 され 同 告

More information

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記 載 要 領 について ( 平 成 九 年 四 月 二 五 日 ) ( 薬 発 第 六 〇 七 号 ) ( 各 都 道 府 県 知 事 あて 厚 生 省 薬 務 局 長 通 知 ) 標 記 については 昭 和 五 一 年 二 月 二 〇 日 薬 発 第 一 五 三 号 薬 務 局 長 通 知 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記

More information

抗 HIV 予 防 服 用 フローチャート 平 日 対 応 用 < 事 故 発 生!!> 経 皮 的 創 傷 粘 膜 結 膜 および 傷 のある 皮 膚 ( 手 荒 れ 傷 ささくれ)への 曝 露 HIV 抗 体 (+) 血 液 HIV 抗 体 (+)が 強 く 疑 われる 血 液 カリニ 肺 炎

抗 HIV 予 防 服 用 フローチャート 平 日 対 応 用 < 事 故 発 生!!> 経 皮 的 創 傷 粘 膜 結 膜 および 傷 のある 皮 膚 ( 手 荒 れ 傷 ささくれ)への 曝 露 HIV 抗 体 (+) 血 液 HIV 抗 体 (+)が 強 く 疑 われる 血 液 カリニ 肺 炎 抗 HIV 予 防 内 服 のための 苫 小 牧 市 立 病 院 受 診 の 手 続 き 事 故 を 起 こす 前 に 事 故 前 に 抗 HIV 予 防 内 服 薬 について 必 要 性 副 作 用 危 険 性 を 理 解 しておく 必 要 があります 予 め 各 説 明 書 をご 参 照 の 上 事 故 時 には 自 己 決 定 のもと 迅 速 行 動 が 望 まれます 事 故 時 の 対 処

More information

2014 14 12

2014 14 12 2014 26 2014 14 12 Ⅰ. 医 療 保 健 学 部 授 業 一 覧 (カリキュラム 表 ) (1)-1 看 護 学 授 業 (2009 度 以 降 に 入 学 した 学 生 用 ) 2 (1)-2 看 護 学 授 業 (2012 度 以 降 に 入 学 した 学 生 用 ) 4 (1)-3 看 護 学 ( 編 入 学 生 ) 授 業 (2014 度 以 降 に 入 学 した 学 生

More information

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要 第 回 歳 過 目 立 皮 膚 大 原 因 現 象 分 体 内 組 織 進 行 蓄 積 心 筋 梗 塞 脳 梗 塞 血 管 症 糖 尿 病 合 併 症 骨 粗 鬆 症 起 原 因 分 他 病 白 内 障 関 係 質 糖 分 勝 手 結 合 質 性 質 変 質 糖 体 成 分 毎 日 食 事 摂 日 常 的 起 避 反 応 蓄 積 老 化 病 気 人 本 質 的 課 題 今 後 研 究 待 事 項 早

More information

2010 年 3 月 号 Vol.70 1 月 28 日 ( 木 )に 楽 天 の 山 崎 武 司 選 手 が 小 児 病 棟 を 激 励 に 訪 れました 写 真 はサインボールを 手 渡 す 山 崎 選 手 です ( 関 連 記 事 P 6) 平 成 21 年 度 災 害 医 療 研 修 救 護 技 術 を 習 得 2 第 9 回 QCサークル 活 動 発 表 会 4 年 連 続 最 優 秀 賞

More information

’V3000Form−®’¬.xls

’V3000Form−®’¬.xls 1821 姓 3034 本 SET 1-5 コート 姓 数 量 184 天 野 383 池 野 556 入 江 728 梅 林 910 大 上 あ 190 雨 宮 391 池 本 559 入 沢 729 梅 原 912 大 内 3 阿 久 津 197 綾 部 395 石 井 567 岩 井 731 梅 村 913 大 浦 12 阿 部 201 荒 井 397 石 上 570 岩 上 732 梅 本

More information

目 次 はじめに 1 第 17 回 報 告 書 の 公 表 にあたって 3 I 医 療 事 故 情 報 収 集 等 事 業 の 概 要 5 1 医 療 事 故 情 報 ヒヤリ ハット 事 例 収 集 の 経 緯 5 2 医 療 事 故 情 報 収 集 分 析 提 供 事 業 の 概 要 7 1 事

目 次 はじめに 1 第 17 回 報 告 書 の 公 表 にあたって 3 I 医 療 事 故 情 報 収 集 等 事 業 の 概 要 5 1 医 療 事 故 情 報 ヒヤリ ハット 事 例 収 集 の 経 緯 5 2 医 療 事 故 情 報 収 集 分 析 提 供 事 業 の 概 要 7 1 事 医 療 事 故 情 報 収 集 等 事 業 第 17 回 報 告 書 平 成 21 年 6 月 24 日 財 団 法 人 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 医 療 事 故 防 止 事 業 部 目 次 はじめに 1 第 17 回 報 告 書 の 公 表 にあたって 3 I 医 療 事 故 情 報 収 集 等 事 業 の 概 要 5 1 医 療 事 故 情 報 ヒヤリ ハット 事 例 収 集 の

More information

2 ペインクリニック ペインクリニック 科 に 関 しては 先 ずは 様 々な 痛 みの 症 例 を 正 確 に 診 断 できる 能 力 の 養 成 を 最 大 の 目 標 にします その 過 程 で 薬 物 療 法 神 経 ブロック( 超 音 波 透 視 下 を 含 む) Intervention

2 ペインクリニック ペインクリニック 科 に 関 しては 先 ずは 様 々な 痛 みの 症 例 を 正 確 に 診 断 できる 能 力 の 養 成 を 最 大 の 目 標 にします その 過 程 で 薬 物 療 法 神 経 ブロック( 超 音 波 透 視 下 を 含 む) Intervention 専 攻 医 ( 後 期 臨 床 研 修 )プログラム 西 宮 市 立 中 央 病 院 6. 麻 酔 科 ペインクリニック 科 当 院 の 麻 酔 科 は 手 術 臨 床 麻 酔 に 加 えて 活 発 なペインクリニック 科 と 緩 和 医 療 に 特 徴 があります 日 本 麻 酔 科 学 会 日 本 ペインクリニック 学 会 日 本 緩 和 医 療 学 会 の 研 修 指 定 病 院 であり 2

More information

内    閣

内    閣 防 衛 省 陸 上 自 衛 隊 北 部 方 面 隊 ( 北 部 方 面 総 監 部 ) 064-8510 札 幌 市 中 央 区 南 26 条 西 10 丁 目 ( 札 幌 駐 屯 地 ) TEL (011)511-7116 ( 下 部 機 関 ) 第 2 師 団 司 令 部 070-8630 旭 川 市 春 光 町 国 有 無 番 地 ( 旭 川 駐 屯 地 ) TEL (0166)51-6111

More information

雇 い 人 がいる 人 をいう (2) 自 営 業 主 ( 雇 入 なし) 個 人 経 営 の 商 店 主 工 場 主 農 業 主 などの 事 業 主 や 開 業 医 弁 護 士 著 述 家 などで 個 人 または 家 族 のみで 事 業 を 営 んでいる 人 をいう (3) 家 族 従 事 者 農

雇 い 人 がいる 人 をいう (2) 自 営 業 主 ( 雇 入 なし) 個 人 経 営 の 商 店 主 工 場 主 農 業 主 などの 事 業 主 や 開 業 医 弁 護 士 著 述 家 などで 個 人 または 家 族 のみで 事 業 を 営 んでいる 人 をいう (3) 家 族 従 事 者 農 2 主 な 用 語 の 説 明 世 帯 世 帯 とは 調 査 基 準 日 現 在 同 一 住 居 又 は 同 一 敷 地 内 の 別 棟 に 居 住 しており かつ 生 計 を 共 にしている 人 ( 世 帯 員 )の 集 まり 又 は 独 立 して 生 計 を 営 む 単 身 者 をいう 世 帯 員 世 帯 員 とは 調 査 基 準 日 現 在 この 世 帯 に 住 んでいる 人 のほか 一 時

More information