Microsoft Word - 01 【確定報】中越地震

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - 01 【確定報】中越地震"

Transcription

1 平 成 16 年 (2004 年 ) 新 潟 県 中 越 地 震 ( 確 定 報 ) 平 成 21 年 10 月 21 日 ( 水 )10 時 00 分 消 防 庁 1 地 震 の 概 要 震 度 6 弱 以 上 のもの (1) 発 生 日 時 平 成 16 年 10 月 23 日 17 時 56 分 頃 1 震 央 地 名 新 潟 県 中 越 地 方 ( 北 緯 37 度 18 分 東 経 138 度 52 分 ) 2 震 源 の 深 さ 13km 3 規 模 マグニチュード6.8( 確 定 値 ) 4 各 地 の 震 度 ( 震 度 5 弱 以 上 ) 震 度 7 新 潟 県 : 川 口 町 震 度 6 強 新 潟 県 : 小 千 谷 市 小 国 町 山 古 志 村 ( 現 長 岡 市 ) 震 度 6 弱 新 潟 県 : 長 岡 市 栃 尾 市 越 路 町 三 島 町 ( 現 長 岡 市 ) 十 日 町 市 川 西 町 中 里 村 ( 現 十 日 町 市 ) 堀 之 内 町 広 神 村 守 門 村 入 広 瀬 村 ( 現 魚 沼 市 ) 刈 羽 村 震 度 5 強 新 潟 県 : 中 之 島 町 与 板 町 和 島 村 ( 現 長 岡 市 ) 松 代 町 松 之 山 町 ( 現 十 日 町 市 ) 見 附 市 安 塚 町 ( 現 上 越 市 ) 小 出 町 ( 現 魚 沼 市 ) 六 日 町 大 和 町 塩 沢 町 ( 現 南 魚 沼 市 ) 出 雲 崎 町 津 南 町 震 度 5 弱 新 潟 県 : 巻 町 月 潟 村 中 之 口 村 ( 現 新 潟 市 ) 三 条 市 栄 町 ( 現 三 条 市 ) 柏 崎 市 高 柳 町 西 山 町 ( 現 柏 崎 市 ) 加 茂 市 燕 市 分 水 町 吉 田 町 ( 現 燕 市 ) 上 越 市 柿 崎 町 吉 川 町 浦 川 原 村 牧 村 頸 城 村 三 和 村 ( 現 上 越 市 ) 湯 之 谷 村 ( 現 魚 沼 市 ) 弥 彦 村 福 島 県 : 只 見 町 西 会 津 町 柳 津 町 群 馬 県 : 高 崎 市 北 橘 村 ( 現 渋 川 市 ) 片 品 村 埼 玉 県 : 久 喜 市 長 野 県 : 三 水 村 ( 現 飯 綱 町 ) 5 津 波 この 地 震 による 津 波 はなし (2) 発 生 日 時 平 成 16 年 10 月 23 日 18 時 11 分 頃 1 震 央 地 名 新 潟 県 中 越 地 方 ( 北 緯 37 度 15 分 東 経 138 度 50 分 ) 2 震 源 の 深 さ 12km 3 規 模 マグニチュード6.0( 確 定 値 ) 4 各 地 の 震 度 ( 震 度 5 弱 以 上 ) 震 度 6 強 新 潟 県 : 小 千 谷 市

2 震 度 6 弱 新 潟 県 : 越 路 町 小 国 町 ( 現 長 岡 市 ) 震 度 5 弱 新 潟 県 : 長 岡 市 栃 尾 市 中 之 島 町 与 板 町 和 島 村 ( 現 長 岡 市 ) 西 山 町 ( 現 柏 崎 市 ) 川 西 町 ( 現 十 日 町 市 ) 堀 之 内 町 広 神 村 ( 現 魚 沼 市 ) 出 雲 崎 町 5 津 波 この 地 震 による 津 波 はなし (3) 発 生 日 時 平 成 16 年 10 月 23 日 18 時 34 分 頃 1 震 央 地 名 新 潟 県 中 越 地 方 ( 北 緯 37 度 18 分 東 経 138 度 56 分 ) 2 震 源 の 深 さ 14km 3 規 模 マグニチュード6.5( 確 定 値 ) 4 各 地 の 震 度 ( 震 度 5 弱 以 上 ) 震 度 6 強 新 潟 県 : 小 国 町 ( 現 長 岡 市 ) 十 日 町 市 川 口 町 震 度 6 弱 新 潟 県 : 小 千 谷 市 松 代 町 川 西 町 中 里 村 ( 現 十 日 町 市 ) 安 塚 町 ( 上 越 市 ) 堀 之 内 町 広 神 村 入 広 瀬 村 ( 現 魚 沼 市 ) 六 日 町 大 和 町 ( 現 南 魚 沼 市 ) 震 度 5 強 新 潟 県 : 長 岡 市 越 路 町 三 島 町 与 板 町 和 島 村 ( 現 長 岡 市 ) 高 柳 町 西 山 町 ( 現 柏 崎 市 ) 上 越 市 浦 川 原 村 牧 村 三 和 村 ( 現 上 越 市 ) 小 出 町 湯 之 谷 村 守 門 村 ( 現 魚 沼 市 ) 塩 沢 町 ( 現 南 魚 沼 市 ) 出 雲 崎 町 震 度 5 弱 新 潟 県 : 栃 尾 市 中 之 島 町 ( 現 長 岡 市 ) 栄 町 ( 現 三 条 市 ) 柏 崎 市 松 之 山 町 ( 現 十 日 町 市 ) 見 附 市 上 越 市 柿 崎 町 吉 川 町 板 倉 町 大 島 村 頸 城 村 清 里 村 ( 現 上 越 市 ) 津 南 町 群 馬 県 : 白 沢 村 ( 現 沼 田 市 ) 北 橘 村 ( 現 渋 川 市 ) 片 品 村 昭 和 村 5 津 波 この 地 震 による 津 波 はなし (4) 発 生 日 時 平 成 16 年 10 月 23 日 19 時 45 分 頃 1 震 央 地 名 新 潟 県 中 越 地 方 ( 北 緯 37 度 18 分 東 経 138 度 53 分 ) 2 震 源 の 深 さ 12km 3 規 模 マグニチュード5.7( 確 定 値 ) 4 各 地 の 震 度 ( 震 度 5 弱 以 上 ) 震 度 6 弱 新 潟 県 : 小 千 谷 市 震 度 5 強 新 潟 県 : 小 国 町 ( 現 長 岡 市 ) 震 度 5 弱 新 潟 県 : 越 路 町 ( 現 長 岡 市 ) 堀 之 内 町 ( 現 魚 沼 市 ) 5 津 波 この 地 震 による 津 波 はなし (5) 発 生 日 時 平 成 16 年 10 月 27 日 10 時 40 分 頃 1 震 央 地 名 新 潟 県 中 越 地 方 ( 北 緯 37 度 18 分 東 経 139 度 02 分 ) 2 震 源 の 深 さ 12km

3 3 規 模 マグニチュード6.1( 確 定 値 ) 4 各 地 の 震 度 ( 震 度 5 弱 以 上 ) 震 度 6 弱 新 潟 県 : 広 神 村 守 門 村 入 広 瀬 村 ( 現 魚 沼 市 ) 震 度 5 強 新 潟 県 : 長 岡 市 栃 尾 市 越 路 町 三 島 町 小 国 町 ( 現 長 岡 市 ) 小 千 谷 市 堀 之 内 町 小 出 町 湯 之 谷 村 ( 現 魚 沼 市 ) 六 日 町 ( 現 南 魚 沼 市 ) 震 度 5 弱 新 潟 県 : 中 之 島 町 与 板 町 和 島 村 ( 現 長 岡 市 ) 栄 町 ( 現 三 条 市 ) 見 附 市 燕 市 上 越 市 安 塚 町 ( 現 上 越 市 ) 大 和 町 ( 現 南 魚 沼 市 ) 出 雲 崎 町 刈 羽 村 福 島 県 : 只 見 町 群 馬 県 : 沼 田 市 北 橘 村 ( 現 渋 川 市 ) 5 津 波 この 地 震 による 津 波 はなし 2 被 害 の 状 況 詳 細 は 別 紙 1のとおり 的 被 害 住 家 被 害 死 行 方 負 傷 者 全 半 一 部 建 物 者 不 明 者 重 傷 軽 傷 壊 壊 破 損 火 災 新 潟 県 ,163 3,175 13, ,619 9 長 野 県 埼 玉 県 1 福 島 県 1 群 馬 県 6 1,055 合 計 ,172 3,175 13, ,682 9 主 な 被 害 状 況 新 潟 県 十 日 町 市 死 者 9 名 34 歳 男 性 が 建 物 外 壁 の 下 敷 きになり 死 亡 65 歳 女 性 が 地 震 によるショックにより 死 亡 市 内 病 院 において 乳 幼 児 (2ヶ 月 )が 地 震 によるショックにより 死 亡 避 難 中 の 車 内 で54 歳 男 性 が 脳 疾 患 で 死 亡 避 難 中 の 車 内 で74 歳 女 性 が 疲 労 による 心 疾 患 で 死 亡 78 歳 男 性 が 地 震 後 の 疲 労 等 による 心 不 全 で 死 亡 83 歳 女 性 が 慣 れない 避 難 所 生 活 から 肺 炎 状 態 となり 入 院 先 の 病 院 で 死 亡 79 歳 女 性 が 脳 梗 塞 で 入 院 中 に 被 災 し 脳 梗 塞 が 再 発 して 死 亡 ( 旧 川 西 町 ) 48 歳 女 性 が 過 労 及 びストレスにより 死 亡 長 岡 市 死 者 22 名 濁 沢 町 地 内 において 土 砂 崩 れによる 家 屋 の 倒 壊 により 75 歳 女 性 と42 歳 男

4 性 が 死 亡 59 歳 男 性 が 地 震 発 生 後 容 態 が 悪 化 し 肺 炎 のため 死 亡 73 歳 男 性 が 地 震 のショックにより 脳 内 出 血 により 死 亡 妙 見 町 地 内 の 土 砂 崩 れ 現 場 において 39 歳 女 性 と3 歳 女 の 子 が 死 亡 ( 住 所 : 小 出 町 ) 20 歳 男 性 ( 住 所 : 上 越 市 )が 地 震 によるPTSDからくる 悪 性 高 熱 等 により 死 亡 79 歳 女 性 が 地 震 発 生 後 持 病 が 悪 化 し 呼 吸 不 全 により 死 亡 70 歳 女 性 が 地 震 発 生 により 多 大 なストレスがかかり 突 然 死 70 歳 女 性 が 地 震 発 生 により 心 臓 に 強 いストレスがかかり 心 不 全 で 死 亡 85 歳 男 性 が 地 震 により 強 いストレスがかかり 脳 出 血 で 死 亡 90 歳 男 性 が 地 震 により 強 いストレスがかかり 体 力 が 低 下 し 肺 炎 及 び 心 不 全 急 性 憎 悪 で 死 亡 ( 旧 山 古 志 村 ) 南 平 地 内 において, 土 砂 崩 れによる 家 屋 倒 壊 により 78 歳 女 性 と54 歳 男 性 が 死 亡 32 歳 男 性 が 地 震 による 疲 労 が 原 因 と 思 われる 交 通 事 故 により 死 亡 87 歳 女 性 が 地 震 及 び 避 難 による 強 いストレスから 出 血 性 ショックで 死 亡 52 歳 男 性 が 全 村 避 難 となった 山 古 志 地 域 での 排 雪 処 理 作 業 後 パワーシ ョベルをトレーラーに 積 み 込 む 作 業 中 過 労 が 原 因 となり 操 作 を 誤 り 道 路 わきの 河 川 に 転 落 し 溺 死 したもの ( 旧 小 国 町 ) 80 歳 男 性 が 地 震 のショックによる 脳 梗 塞 により 死 亡 ( 旧 越 路 町 ) 88 歳 女 性 が 地 震 発 生 による 強 いストレスで 体 調 を 崩 し 急 性 心 不 全 で 死 亡 88 歳 女 性 が 地 震 及 び 避 難 により 強 いストレスがかかり 体 力 が 低 下 し 肺 炎 で 死 亡 78 歳 男 性 が 地 震 及 び 避 難 により 強 いストレスがかかり 心 室 頻 拍 症 で 死 亡 ( 旧 栃 尾 市 ) 71 歳 男 性 が 地 震 後 の 疲 労 等 による 心 筋 梗 塞 で 死 亡 小 千 谷 市 死 者 19 名 55 歳 男 性 が 車 庫 の 倒 壊 により 下 敷 きとなり 死 亡 70 歳 女 性 が 地 震 によるショック 死 塩 谷 地 区 において 家 屋 倒 壊 により 子 供 3 名 ( 男 子 2 名 女 子 1 名 小 学 校 5~6 年 ) 死 亡 市 内 病 院 において 76 歳 男 性 ( 住 所 : 越 路 町 )の 工 呼 吸 器 が 地 震 により 外 れ 死 亡 東 栄 地 内 において 89 歳 男 性 が 地 震 によるショック 死 両 新 田 地 内 において,77 歳 女 性 が 家 屋 倒 壊 により 死 亡

5 85 歳 男 性 が 地 震 のショックによる 急 性 心 不 全 で 死 亡 68 歳 女 性 ( 住 所 : 大 和 町 )が 地 震 によるショックにより 脳 内 出 血 によ り 死 亡 81 歳 男 性 が 地 震 によるショックにより 急 性 心 筋 梗 塞 で 死 亡 43 歳 女 性 が エコノミークラス 症 候 群 ( 肺 動 脈 塞 栓 症 )の 疑 いで 死 亡 88 歳 男 性 が 地 震 による 栄 養 障 害 及 び 持 病 の 悪 化 等 により 死 亡 84 歳 女 性 が 地 震 発 生 後 容 態 悪 化 し 肺 炎 のため 死 亡 52 歳 女 性 が 地 震 後 の 避 難 生 活 での 疲 労 等 により 突 然 死 86 歳 男 性 が 地 震 発 生 後 容 態 悪 化 し 重 傷 肺 炎 のため 死 亡 82 歳 女 性 が 地 震 後 の 避 難 生 活 による 環 境 変 化 により 急 性 心 不 全 のため 死 亡 90 歳 女 性 が 地 震 及 び 避 難 により 強 いストレスがかかり 体 力 が 低 下 し 肺 炎 で 死 亡 77 歳 男 性 が 地 震 により 強 いストレスがかかり 体 力 が 低 下 し 呼 吸 不 全 で 死 亡 川 口 町 死 者 6 名 中 山 地 内 において 家 屋 が 倒 壊 し 64 歳 男 性 1 名 と12 歳 女 の 子 が 死 亡 木 沢 地 内 において 家 屋 が 倒 壊 し 81 歳 女 性 が 死 亡 和 南 津 地 内 において 家 屋 が 倒 壊 し 78 歳 男 性 が 死 亡 84 歳 女 性 が 地 震 に 疲 労 等 による 誤 飲 により 死 亡 41 歳 男 性 ( 住 所 : 妙 高 高 原 町 )が 復 旧 作 業 中 菌 吸 引 による 肺 炎 により 死 亡 魚 沼 市 死 者 5 名 ( 旧 湯 之 谷 村 ) 44 歳 女 性 が 地 震 のショックによる 急 性 心 筋 梗 塞 で 死 亡 67 歳 男 性 が 地 震 後 の 疲 労 等 による 心 筋 梗 塞 で 死 亡 ( 旧 小 出 町 ) 91 歳 男 性 が 地 震 のショックによる 急 性 心 不 全 で 死 亡 ( 旧 広 神 村 ) 84 歳 女 性 が 過 労 及 びストレスによる 急 性 心 不 全 で 死 亡 ( 旧 堀 之 内 町 ) 69 歳 男 性 が 死 亡 地 震 後 の 疲 労 等 によるものと 推 測 される 湯 沢 町 死 者 1 名 70 歳 男 性 ( 住 所 : 小 出 町 )が 宿 泊 先 で 地 震 によるショックで 死 亡 見 附 市 死 者 3 名 60 歳 男 性 が 地 震 によるショックにより 死 亡 70 歳 男 性 が 地 震 発 生 による 環 境 変 化 により 状 態 が 悪 化 し 呼 吸 不 全 で 死 亡 71 歳 男 性 が 地 震 及 び 避 難 により 強 いストレスがかかり 体 力 が 低 下 し 呼 吸 不 全 で 死 亡 南 魚 沼 市 死 者 1 名 ( 旧 大 和 町 ) 83 歳 女 性 が 余 震 後 のショックによる 胸 部 大 動 脈 瘤 破 裂 により 死 亡

6 燕 市 死 者 2 名 65 歳 女 性 が 地 震 発 生 後 ショックにより 容 態 が 悪 化 し 慢 性 心 不 全 急 性 憎 悪 及 び 肺 高 血 圧 症 憎 悪 により 死 亡 83 歳 女 性 が 地 震 のショック 及 び 余 震 への 恐 怖 が 原 因 で 急 性 心 筋 梗 塞 によ り 死 亡 と 推 定 3 避 難 の 状 況 詳 細 は 別 紙 2のとおり 避 難 所 テント 車 中 への 避 難 者 はなし 平 成 19 年 4 月 1 日 9 時 00 分 をもって 全 ての 避 難 勧 告 が された 4 地 方 公 共 団 体 の 対 応 (1) 新 潟 県 10 月 23 日 17 時 56 分 新 潟 県 地 震 災 害 対 策 本 部 設 置 平 成 20 年 4 月 4 日 16 時 40 分 廃 止 19 時 20 分 緊 急 消 防 援 助 隊 の 派 遣 要 請 21 時 05 分 自 衛 隊 の 災 害 派 遣 要 請 10 月 24 日 4 時 35 分 消 防 庁 にヘリ5 機 の 増 援 要 請 (2) その 他 の 県 10 月 23 日 17 時 56 分 福 島 県 特 別 警 戒 配 備 (1 号 配 備 ) 22 時 00 分 17 時 56 分 群 馬 県 災 害 警 戒 本 部 設 置 12 月 1 日 24 時 00 分 解 散 17 時 56 分 宮 城 県 警 戒 本 部 設 置 被 害 なし 20 時 45 分 18 時 10 分 長 野 県 地 震 災 害 対 策 本 部 設 置 平 成 19 年 11 月 1 日 14 時 10 分 解 散 5 消 防 庁 の 対 応 体 制 等 10 月 23 日 17 時 56 分 消 防 庁 災 害 対 策 本 部 設 置 ( 本 部 長 : 長 官 / 第 3 次 応 急 体 制 ) 11 月 8 日 9 時 00 分 第 2 次 応 急 体 制 に 移 行 12 月 24 日 15 時 00 分 消 防 庁 災 害 対 策 本 部 廃 止 ( 応 急 体 制 ) 消 防 庁 先 遣 隊 5 名 を 新 潟 県 に 派 遣 ( 県 庁 :1 名 小 千 谷 市 指 揮 支 援 本 部 :3 名 新 潟 市 消 防 局 :1 名 ) 政 府 調 査 団 先 遣 隊 へ1 名 派 遣 ( 県 庁 ) 10 月 24 日 消 防 庁 職 員 5 名 を 新 潟 県 に 派 遣 ( 県 庁 :1 名 小 千 谷 市 指 揮 支 援 本 部 :4 名 ) 消 防 研 究 所 職 員 2 名 を 新 潟 県 に 派 遣 ( 小 千 谷 市 指 揮 支 援 本 部 ) 10 月 25 日 消 防 庁 職 員 6 名 を 新 潟 県 に 派 遣 ( 県 庁 :2 名 小 千 谷 市 指 揮 支 援 本 部 :4 名 )

7 各 都 道 府 県 知 事 各 政 令 指 定 都 市 市 長 に 新 潟 県 中 越 地 震 及 び 台 風 に 伴 う 災 害 に 対 する 支 援 について 通 知 10 月 26 日 消 防 庁 長 官 現 地 災 害 状 況 対 策 確 認 あわせて 自 動 体 外 除 細 動 器 (AED)15 器 除 細 動 パッド200セットを 現 地 に 搬 入 10 月 27 日 消 防 庁 職 員 3 名 を 新 潟 県 に 派 遣 ( 小 千 谷 市 指 揮 支 援 本 部 :2 名 新 潟 空 港 :1 名 ) 消 防 研 究 所 職 員 6 名 を 新 潟 県 に 派 遣 ( 小 千 谷 市 指 揮 支 援 本 部 :1 名 火 災 調 査 :5 名 ) 10 月 28 日 消 防 研 究 所 の 現 地 調 査 団 4 名 を 新 潟 県 に 派 遣 ( 小 千 谷 市 指 揮 支 援 本 部 ) 10 月 29 日 麻 生 総 務 大 臣 松 本 政 務 官 及 び 消 防 庁 長 官 現 地 災 害 状 況 対 策 確 認 10 月 30 日 消 防 庁 職 員 3 名 を 新 潟 県 に 派 遣 ( 小 千 谷 市 指 揮 支 援 本 部 :2 名 新 潟 空 港 :1 名 ) 消 防 研 究 所 職 員 1 名 を 新 潟 県 に 派 遣 ( 小 千 谷 市 指 揮 支 援 本 部 ) 10 月 31 日 消 防 庁 職 員 1 名 を 新 潟 県 に 派 遣 ( 県 庁 ) 11 月 1 日 消 防 庁 職 員 1 名 を 新 潟 県 に 派 遣 ( 県 庁 ) 11 月 2 日 消 防 庁 職 員 1 名 及 び 消 防 研 究 所 職 員 1 名 を 新 潟 県 に 派 遣 ( 小 千 谷 市 指 揮 支 援 本 部 :2 名 ) 11 月 3 日 消 防 庁 職 員 1 名 を 新 潟 県 に 派 遣 ( 県 庁 ) 消 防 研 究 所 職 員 1 名 を 新 潟 県 に 派 遣 ( 余 震 観 測 等 ) 11 月 5 日 消 防 庁 職 員 4 名 を 新 潟 県 に 派 遣 ( 小 千 谷 市 指 揮 支 援 本 部 :1 名 長 岡 市 及 び 小 千 谷 市 :3 名 ) 消 防 研 究 所 職 員 5 名 を 新 潟 県 に 派 遣 ( 小 千 谷 市 指 揮 支 援 本 部 :1 名 被 害 等 調 査 :3 名 斜 面 災 害 調 査 :1 名 ) 11 月 6 日 職 員 2 名 を 新 潟 県 に 派 遣 ( 救 助 機 械 調 査 ) 11 月 9 日 消 防 庁 職 員 1 名 を 新 潟 県 に 派 遣 ( 県 庁 ) 11 月 12 日 消 防 庁 職 員 2 名 を 新 潟 県 に 派 遣 ( 県 庁 ) 11 月 18 日 消 防 研 究 所 職 員 2 名 を 新 潟 県 に 派 遣 ( 被 害 等 調 査 ) 11 月 20 日 消 防 庁 職 員 1 名 を 新 潟 県 に 派 遣 ( 県 庁 ) 11 月 27 日 消 防 庁 職 員 1 名 を 新 潟 県 に 派 遣 ( 県 庁 ) 消 防 庁 職 員 等 の 派 遣 状 況 ( 累 計 : 県 庁 小 千 谷 市 指 揮 支 援 本 部 等 ) 60 名 ( 消 防 庁 職 員 36 名 消 防 研 究 所 職 員 24 名 ) 6 緊 急 消 防 援 助 隊 の 活 動 状 況 (1) 出 動 状 況 ア 派 遣 期 間 :10 月 23 日 から 11 月 1 日 (10 日 間 ) イ 派 遣 規 模 :480 隊 2,121 名 (うち 航 空 部 隊 39 隊 244 名 ) ウ 初 動 対 応 と 部 隊 配 備 10 月 23 日 18 時 25 分 組 織 法 44 条 第 2 項 に 基 づき 仙 台 市 及 び 埼 玉 県 に 対 し 出 動 を 求 めた その 後 19 時 20 分 新 潟 県 知 事 から 応 援 要 請 を 受 理 直 ちに 1 都 3 県

8 に 対 して 出 動 を 求 めた 事 後 被 害 が 判 明 するに 従 って 順 次 増 強 を 図 り 最 終 的 に 1 都 14 県 に 対 し 出 動 の 求 めを 行 った 宮 城 県 山 形 県 福 島 県 茨 城 県 栃 木 県 群 馬 県 埼 玉 県 出 動 県 千 葉 県 東 京 都 神 奈 川 県 富 山 県 石 川 県 山 梨 県 長 野 県 愛 知 県 指 揮 隊 :23 隊 後 方 支 援 隊 :148 隊 救 助 隊 :83 隊 航 空 隊 : 39 隊 出 動 部 隊 別 隊 数 消 火 隊 :99 隊 その 他 : 8 隊 救 急 隊 :80 隊 (2) 活 動 内 容 航 空 部 隊 により 情 報 収 集 活 動 及 び 道 路 が 寸 断 されていた 山 古 志 村 における 孤 立 住 民 の 救 助 活 動 を 行 ったほか 陸 上 部 隊 と 共 同 し 合 計 453 を 救 出 ( 主 に 航 空 部 隊 の 活 動 によ るもの 282 )した 長 岡 市 妙 見 町 地 内 の 土 砂 崩 れ 現 場 において 転 落 車 両 に 閉 じ 込 められていた 母 子 を 地 震 発 生 から 4 日 ぶりに 救 出 ( 男 児 (2 歳 )は 生 存 母 親 (39 歳 )は 病 院 搬 送 後 に 死 亡 女 児 (3 歳 )は 現 場 で 医 師 により 死 亡 を 確 認 )した 7 新 潟 県 内 応 援 の 活 動 状 況 県 内 応 援 出 動 隊 による 救 助 員 等 (10 月 23 日 ~11 月 9 日 ) 救 助 16 名 救 急 搬 送 474 名 避 難 誘 導 等 2,051 名 県 内 応 援 出 動 隊 の 部 隊 数 及 び 数 (10 月 23 日 ~11 月 9 日 ) 累 計 24 消 防 本 部 260 隊 984 名 が 出 動 8 新 潟 県 内 地 元 消 防 団 の 活 動 状 況 10 月 23 日 ~12 月 31 日 延 べ36,989 名 の 消 防 団 員 が 消 火 住 民 の 安 否 確 認 傷 病 者 搬 送 孤 立 住 民 の 救 出 被 害 状 況 調 査 物 資 搬 送 警 戒 避 難 誘 導 及 び 広 報 等 の 活 動 を 実 施 9 政 府 の 対 応 等 10 月 23 日 18 時 00 分 官 邸 対 策 室 設 置 緊 急 参 集 チーム 招 集 現 地 合 同 情 報 先 遣 チーム 派 遣 現 地 連 絡 調 整 室 設 置 10 月 25 日 現 地 支 援 対 策 室 に 格 上 げ 12 月 3 日 閉 鎖 10 月 24 日 1 時 30 分 災 害 対 策 関 係 省 庁 連 絡 会 議 7 時 50 分 非 常 災 害 対 策 本 部 設 置 ( 本 部 長 : 防 災 担 当 大 臣 )

9 平 成 20 年 3 月 31 日 廃 止 9 時 30 分 非 常 災 害 対 策 本 部 第 1 回 本 部 会 議 を 開 催 12 時 45 分 非 常 災 害 対 策 本 部 第 2 回 本 部 会 議 を 開 催 20 時 20 分 平 成 16 年 新 潟 県 中 越 地 震 関 係 対 策 会 議 を 開 催 新 潟 県 に 政 府 調 査 団 派 遣 ( 団 長 : 防 災 担 当 大 臣 ) 10 月 25 日 17 時 30 分 非 常 災 害 対 策 本 部 第 3 回 本 部 会 議 を 開 催 10 月 26 日 19 時 00 分 非 常 災 害 対 策 本 部 第 4 回 本 部 会 議 を 開 催 総 理 大 臣 が 新 潟 県 の 被 災 地 を 視 察 10 月 27 日 16 時 00 分 非 常 災 害 対 策 本 部 第 5 回 本 部 会 議 を 開 催 10 月 28 日 18 時 00 分 非 常 災 害 対 策 本 部 第 6 回 本 部 会 議 を 開 催 10 月 29 日 17 時 00 分 非 常 災 害 対 策 本 部 第 7 回 本 部 会 議 を 開 催 10 月 30 日 15 時 00 分 非 常 災 害 対 策 本 部 第 8 回 本 部 会 議 を 開 催 10 月 31 日 15 時 00 分 非 常 災 害 対 策 本 部 第 9 回 本 部 会 議 を 開 催 11 月 1 日 17 時 30 分 非 常 災 害 対 策 本 部 第 10 回 本 部 会 議 を 開 催 11 月 2 日 17 時 30 分 非 常 災 害 対 策 本 部 第 11 回 本 部 会 議 を 開 催 11 月 3 日 15 時 00 分 非 常 災 害 対 策 本 部 第 12 回 本 部 会 議 を 開 催 11 月 4 日 17 時 00 分 非 常 災 害 対 策 本 部 第 13 回 本 部 会 議 を 開 催 11 月 5 日 17 時 00 分 非 常 災 害 対 策 本 部 第 14 回 本 部 会 議 を 開 催 11 月 6 日 15 時 00 分 非 常 災 害 対 策 本 部 第 15 回 本 部 会 議 を 開 催 11 月 8 日 17 時 00 分 非 常 災 害 対 策 本 部 第 16 回 本 部 会 議 を 開 催 11 月 10 日 18 時 00 分 非 常 災 害 対 策 本 部 第 17 回 本 部 会 議 を 開 催 11 月 12 日 17 時 40 分 非 常 災 害 対 策 本 部 第 18 回 本 部 会 議 を 開 催 11 月 15 日 16 時 00 分 非 常 災 害 対 策 本 部 第 19 回 本 部 会 議 を 開 催

10 11 月 17 日 17 時 00 分 非 常 災 害 対 策 本 部 第 20 回 本 部 会 議 を 開 催 11 月 19 日 16 時 00 分 非 常 災 害 対 策 本 部 第 21 回 本 部 会 議 を 開 催 11 月 24 日 17 時 30 分 新 潟 県 中 越 地 震 復 旧 復 興 支 援 会 議 第 1 回 会 議 を 開 催 12 月 8 日 18 時 00 分 新 潟 県 中 越 地 震 復 旧 復 興 支 援 会 議 第 2 回 会 議 を 開 催 12 月 16 日 17 時 00 分 新 潟 県 中 越 地 震 復 旧 復 興 支 援 会 議 第 3 回 会 議 を 開 催 10 地 方 公 共 団 体 による 主 な 支 援 状 況 ( 平 成 16 年 11 月 30 日 現 在 消 防 庁 把 握 分 ) < 物 的 支 援 > 飲 料 水 等 飲 料 水 計 606,174 本 給 水 車 給 水 タンク 車 計 55 台 食 料 非 常 食 ( 乾 パン α 米 その 他 非 常 食 ) 計 2,507,963 食 寝 具 毛 布 計 142,412 枚 トイレ 簡 易 トイレ 計 24,901 基 その 他 ブルーシート 計 50,335 枚 おむつ 計 445,262 枚 生 理 用 品 計 184,550 個 < 的 支 援 > 全 国 知 事 会 北 海 道 東 北 ブロック 知 事 会 (8 道 県 相 互 応 援 協 定 ) 他 建 物 応 急 危 険 度 判 定 食 糧 支 援 調 整 給 水 応 援 等 の 活 動 避 難 所 管 理 運 営 上 下 水 道 復 旧 医 療 保 険 計 9,915 名 11 その 他 (1) 災 害 救 助 法 適 用 の 決 定 ( 適 用 日 : 平 成 16 年 10 月 23 日 ) 市 町 村 名 は 適 用 決 定 日 時 点 の 区 分 により 表 示 10 月 23 日 新 潟 県 : 長 岡 市 栃 尾 市 ( 現 長 岡 市 ) 小 千 谷 市 十 日 町 市 中 里 村 ( 現 十 日 町 市 ) 安 塚 町 ( 現 上 越 市 ) 六 日 町 ( 現 南 魚 沼 市 ) 10 月 24 日 新 潟 県 : 中 之 島 町 越 路 町 三 島 町 小 国 町 与 板 町 和 島 村 山 古 志 村 ( 現 長 岡 市 ) 柏 崎 市 西 山 町 ( 現 柏 崎 市 ) 川 西 町 ( 現 十 日 町 市 ) 見 附 市 堀 之 内 町 小 出 町 湯 之 谷 村 広 神 村

11 守 門 村 ( 現 魚 沼 市 ) 塩 沢 町 大 和 町 ( 現 南 魚 沼 市 ) 出 雲 崎 町 川 口 町 津 南 町 刈 羽 村 10 月 27 日 新 潟 県 : 入 広 瀬 村 ( 現 魚 沼 市 ) 11 月 9 日 新 潟 県 : 巻 町 月 潟 村 中 之 口 村 ( 現 新 潟 市 ) 寺 泊 町 ( 現 長 岡 市 ) 三 条 市 栄 町 ( 現 三 条 市 ) 高 柳 町 ( 現 柏 崎 市 ) 加 茂 市 松 代 町 松 之 山 町 ( 現 十 日 町 市 ) 燕 市 分 水 町 吉 田 町 ( 現 燕 市 ) 上 越 市 吉 川 町 板 倉 町 柿 崎 町 大 島 村 牧 村 頸 城 村 清 里 村 三 和 村 浦 川 原 村 ( 現 上 越 市 ) 弥 彦 村 (2) 被 災 者 生 活 再 建 支 援 法 適 用 の 決 定 ( 適 用 日 : 平 成 16 年 10 月 23 日 ) 該 当 市 町 村 新 潟 県 内 全 域 対 象 住 家 が 全 壊 した 又 は 大 規 模 半 壊 した (3) 激 甚 災 害 の 指 定 ( 平 成 16 年 11 月 26 日 閣 議 決 定 12 月 1 日 公 布 ) 平 成 16 年 新 潟 県 中 越 地 震 による 災 害 として 激 甚 災 害 に 指 定 年 の 記 載 のない 日 付 は 平 成 16 年 である

12 被 害 の 状 況 別 紙 1 新 潟 県 災 害 区 分 単 位 計 小 計 新 潟 市 (17 年 3 月 21 日 から) 長 岡 市 (17 年 4 月 1 日 から) 新 潟 市 白 根 市 新 津 市 小 須 戸 町 横 越 町 巻 町 亀 田 町 長 岡 市 栃 尾 市 中 之 島 町 越 路 町 三 島 町 与 板 町 山 古 志 村 和 島 村 小 国 町 寺 泊 町 死 者 的 行 方 不 明 者 被 害 重 傷 軽 傷 4,172 4, ,077 1, ,175 3,175 1, 全 壊 3,138 3,138 1, 住 13,810 13,810 8,019 5, 半 壊 14,089 14,089 8,111 5, 家 被 105, , ,542 42,681 5,781 2,573 2,660 1, , 害 一 部 破 損 112, , ,985 48,954 5,781 2,612 2,764 1, , , , ,152 49,481 6,126 2,599 3,646 1,705 1, , 住 家 被 害 計 130, , ,633 55,850 6,126 2,638 3,751 1, , 非 公 共 建 物 3 3 住 41,737 41,737 家 その 他 ,128 11,372 1,035 1,048 2, , 文 教 施 設 病 院 そ の 他 火 災 数 道 路 6,064 6, ,307 1, 橋 りょう 河 川 港 湾 砂 防 清 掃 施 設 崖 くずれ 鉄 道 不 通 被 害 船 舶 隻 水 道 戸 電 話 回 線 電 気 戸 ガス 戸 ブロック 塀 等 その 他 建 物 危 険 物 その 他 計

13 被 害 の 状 況 別 紙 1 災 害 区 分 単 位 死 者 的 行 方 不 明 者 被 害 重 傷 住 家 被 害 軽 傷 全 壊 半 壊 一 部 破 損 住 家 被 害 計 非 公 共 建 物 住 家 その 他 文 教 施 設 病 院 そ の 他 火 災 数 道 路 橋 りょう 河 川 港 湾 砂 防 清 掃 施 設 崖 くずれ 鉄 道 不 通 被 害 船 舶 水 道 電 話 電 気 ガス ブロック 塀 等 その 他 建 物 危 険 物 その 他 計 隻 戸 回 線 戸 戸 新 潟 県 三 条 市 (17 年 5 月 1 日 から) 柏 崎 市 (17 年 5 月 1 日 から) 十 日 町 市 (17 年 4 月 1 日 から) 燕 市 (18 年 3 月 20 日 から) 新 発 田 市 小 千 谷 市 加 茂 市 見 附 市 三 条 市 栄 町 下 田 村 柏 崎 市 高 柳 町 西 山 町 十 日 町 市 川 西 町 中 里 村 松 代 町 松 之 山 町 燕 市 分 水 町 吉 田 町 , ,118 1, , ,126 1, ,512 4, , ,733 11,075 1, , ,536 4, , ,733 11,075 1, , ,880 4, , ,958 12,194 1, , ,933 4, , ,966 12,202 1, , ,292 1, ,127 1, ,

14 被 害 の 状 況 別 紙 1 災 害 区 分 単 位 死 者 的 行 方 不 明 者 被 害 重 傷 住 家 被 害 軽 傷 全 壊 半 壊 一 部 破 損 住 家 被 害 計 非 公 共 建 物 住 家 その 他 文 教 施 設 病 院 そ の 他 火 災 数 道 路 橋 りょう 河 川 港 湾 砂 防 清 掃 施 設 崖 くずれ 鉄 道 不 通 被 害 船 舶 水 道 電 話 電 気 ガス ブロック 塀 等 その 他 建 物 危 険 物 その 他 計 隻 戸 回 線 戸 戸 新 潟 県 妙 高 市 (17 年 4 月 1 日 から) 阿 賀 町 魚 沼 市 (16 年 11 月 1 日 から) 南 魚 沼 市 (16 年 11 月 1 日 から) 佐 渡 市 弥 彦 村 新 井 市 妙 高 高 原 町 ( 旧 津 川 町 ) 出 雲 崎 町 川 口 町 湯 沢 町 堀 之 内 町 小 出 町 湯 之 谷 村 広 神 村 守 門 村 入 広 瀬 村 六 日 町 大 和 町 塩 沢 町 津 南 町 刈 羽 村 ,062 1,492 1, , , ,059 1,492 1, , , ,393 5,529 1,807 1, , , ,601 5,526 1,807 1, , , , ,460 1,

15 被 害 の 状 況 別 紙 1 災 害 区 分 単 位 死 者 的 行 方 不 明 者 被 害 重 傷 住 家 被 害 軽 傷 全 壊 半 壊 一 部 破 損 住 家 被 害 計 非 公 共 建 物 住 家 その 他 文 教 施 設 病 院 道 路 橋 りょう そ 河 川 港 湾 砂 防 の 清 掃 施 設 崖 くずれ 鉄 道 不 通 他 被 害 船 舶 隻 水 道 戸 電 話 回 線 電 気 戸 ガス 戸 ブロック 塀 等 その 他 火 建 物 災 危 険 物 数 その 他 計 新 潟 県 上 越 市 ( 平 成 17 年 1 月 1 日 から) 福 島 県 群 馬 県 埼 玉 県 長 野 県 上 越 市 安 塚 町 浦 川 原 村 大 島 村 柿 崎 町 清 里 村 三 和 村 牧 村 , ,

16 避 難 の 状 況 別 紙 2 ( 平 成 十 七 年 四 月 一 日 か ら ) 市 町 村 長 岡 市 ( 旧 ) 越 路 町 指 示 日 時 数 数 備 考 勧 告 日 時 数 数 備 考 数 数 10/25 15:00 ~10/28 11: /3 12:00 勧 告 に 切 替 10/25 20:58 ~11/2 19:40 1,286 4,129 10/23 18:30 1,435 5,401 11/4 10: 勧 告 に 切 替 11/11 18: ( 旧 ) 山 古 志 村 10/25 9: ,167 ( 旧 ) 小 国 町 避 難 指 示 11/16 12: /25 15:10 ~11/7 12:10 避 難 勧 告 H16.11/4 15:30 H17.12/28 9:00 H18.2/11 9:00 H18.4/25 9:00 H18.8/12 9:00 H18.8/30 9:00 H16.11/3 12:00 H18.2/28 9:00 H18.4/25 9:00 H18.8/12 9:00 H16.11/26 18:30 H16.12/2 18:30 H17.7/22 12:00 H18.8/12 9:00 H19.4/1 9:00 H16.12/6 10:00 一 部 H17.7/22 12:00 避 難 指 示 勧 告 継 続 中 ( 旧 ) 中 之 島 町 10/23 22:50 10/24 4: H16.10/29 19:00 ( 旧 ) 三 島 町 10/27 12: H16.11/2 15:00 一 部 H16.11/12 13:00 ( 旧 ) 栃 尾 市 10/25 18:00 ~10/27 16: H16.10/28 15:00 一 部 H17.10/12 9:00 見 附 市 10/27 9:00 ~16: H16.11/2 17:00 H16.11/3 12:30 一 部 H16.11/16 12:00 小 千 谷 市 10/24 15:39 ~11/23 9: ,784 H16.11/2 21:00 一 部 H18.4/14 12:00 川 口 町 10/25 8:55 10/26 13: 内 /1 9:00 10/23 19:30 10/26 12:50 1,592 5,676 H16.11/16 14:00 H16.11/28 10:00 H16.12/1 9:00 H18.8/14 14:00

17 避 難 の 状 況 別 紙 2 ( 平 成 十 六 魚 年 十 沼 一 市 月 一 日 か ら ) 市 町 村 ( 旧 ) 堀 之 内 町 ( 旧 ) 小 出 町 ( 旧 ) 広 神 村 ( 旧 ) 入 広 瀬 村 避 難 指 示 避 難 勧 告 避 難 指 示 勧 告 継 続 中 指 示 日 時 数 数 備 考 勧 告 日 時 数 数 備 考 数 数 10/30 15:00 ~10/31 12:30 10/24 16:30 10/25 14:00 10/24 14:30 ~11/4 17:00 10/25 8:30 ~10/29 11: H16.11/4 10:00 一 部 H16.11/9 9:00 H16.11/3 11:00 H16.12/22 13:00 H16.11/8 9:00 ( 平 成 十 七 年 四 月 一 日 か ら ) 十 日 町 市 ( 旧 ) 川 西 町 10/23 18:20 ~10/25 18:30 10/24 17:00 ~10/30 15: 内 180 は 勧 告 に 切 替 再 度 指 示 に 切 替 11/4 12:00 一 部 勧 告 に 切 替 11/18 16:00 一 部 11/16 9:00 ま でにすべて 勧 告 に 切 替 10/24 14:00 13,287 42,787 11/4 12: /27 13:30 ~11/16 9: 内 180 は 指 示 に 切 替 残 る13,107 はH16.10/31 12:00 H 指 示 から 切 替 H16.12/1 12:00 指 示 から 切 替 H16.11/25 9:00 一 部 H17.9/30 12:00 ( 旧 ) 中 里 村 10/24 11:00 10/25 8: H16.11/3 12:00 柏 崎 市 ( 平 成 十 七 年 五 月 一 日 か ら ) ( 旧 ) 松 之 山 町 10/24 12:00 14: 勧 告 に 切 替 10/29 15:00 15:01 ( 旧 ) 西 山 町 11/5 18: ( 旧 ) 高 柳 町 上 越 市 ( 平 成 十 七 年 一 月 一 日 から) ( 旧 ) 安 塚 町 10/23 20: /27 18: /24 15: H16.11/2 9:00 解 除 H17.8/3 12:00 H16.10/26 10:30 H16.10/28 12:00 H16.12/1 10:00 加 茂 市 10/23 20:30 ~10/24 11:00 31 内 18 H 全 て 合 計 ( 判 明 分 ) 1,024 3,231 18,724 61,

浦河沖を震源とする地震(第2報)

浦河沖を震源とする地震(第2報) 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 ( 第 58 報 ) 1 地 震 の 概 要 1 公 表 資 料 平 成 28 年 6 月 3 日 ( 金 )9 時 00 分 消 防 庁 災 害 対 策 本 部 下 線 部 は 前 回 からの 変 更 点 平 成 28 年 熊 本 地 震 は4 月 14 日 21 時 26 分 以 降 に 発 生 した 熊 本 県 を 中 心 とする 一 連

More information

3 避 難 状 況 避 難 指 示 避 難 勧 告 都 道 府 県 名 市 区 町 村 名 指 示 日 時 勧 告 日 時 青 森 県 岩 手 県 山 形 県 埼 玉 県 千 葉 県 東 京 都 鰺 ヶ 沢 町 1 1 10 月 16 日 12 時 55 分 10 月 22 日 10 時 00 分

3 避 難 状 況 避 難 指 示 避 難 勧 告 都 道 府 県 名 市 区 町 村 名 指 示 日 時 勧 告 日 時 青 森 県 岩 手 県 山 形 県 埼 玉 県 千 葉 県 東 京 都 鰺 ヶ 沢 町 1 1 10 月 16 日 12 時 55 分 10 月 22 日 10 時 00 分 平 成 25 年 台 風 第 26 号 による 被 害 状 況 等 について( 第 22 報 ) 平 成 25 年 10 月 25 日 ( 金 )9 時 00 分 消 防 庁 災 害 対 策 本 部 下 線 部 は 前 回 からの 変 更 箇 所 1 気 象 の 状 況 ( 気 象 庁 情 報 ) 10 月 11 日 03 時 にマリアナ 諸 島 付 近 で 発 生 した 台 風 第 26 号 は

More information

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 平 成 28 年 4 月 16 日 (18:00) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 (

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 平 成 28 年 4 月 16 日 (18:00) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 ( これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 平 成 28 年 4 月 16 日 (18:00) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 (1) 発 生 日 時 平 成 28 年 4 月 16 日 01:25 (2) 震 源 及 び 規 模

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074> 東 海 地 震 対 策 について 東 海 地 震 の 切 迫 性 について 九 州 四 国 紀 伊 半 島 南 海 トラフ 東 海 地 震 東 海 地 震 の 想 定 震 源 域 では 概 ね100~150 年 の 間 隔 で 大 規 模 な 地 震 が 発 生 しているが 東 南 海 地 震 (1944)でひず みが 解 放 されず 安 政 東 海 地 震 (1854)から157 年 間 大 地

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

目  次

目  次 11. 震 災 害 シナリオの 作 成 11.1 シナリオ 作 成 の 目 的 震 被 害 結 果 に 基 づき 内 市 町 村 におけ 災 害 応 急 の 内 容 あ いは 量 的 な 備 えが 十 分 であかどうかを 検 討 すための 資 料 として 今 回 の3つの 震 が 発 生 した 場 合 に そぞの 被 害 応 状 況 がどのように 推 移 していく かという 震 災 害 シナリオ を

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698D4C95F195B6816A313130303930312D312030305F967B92A18140938C93FA967B91E5906B8DD082CC91CE899E82C982C282A282C4816991E682508254825295F1816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698D4C95F195B6816A313130303930312D312030305F967B92A18140938C93FA967B91E5906B8DD082CC91CE899E82C982C282A282C4816991E682508254825295F1816A2E646F63> 問 い 合 わせ 先 総 務 部 政 務 課 政 策 評 価 広 報 室 海 上 保 安 報 道 官 一 條 正 浩 海 上 保 安 庁 03-3591-9780( 直 通 ) 平 成 23 年 9 月 1 日 東 日 本 大 震 災 への 対 応 等 について ( 第 153 報 ) 平 成 23 年 8 月 31 日 1800 現 在 ( 下 線 部 分 は 第 152 報 からの 変 更 点

More information

7. 自 然 害 実 態 7-1 平 成 18 年 害 発 生 状 況 害 名 区 分 発 生 年 月 日 死 者 人 的 被 害 行 方 不 明 者 大 雪 豪 雨 5 月 10 日 ~ 5 月 11 日 6 月 豪 雨 6 月 5 日 6 月 15 日 人 1 1 人 負 傷 重 傷 人 1 1 者 軽 傷 人 1 1 棟 5 5 全 壊 世 帯 5 5 人 19 19 棟 2 2 半 壊 世

More information

2. 被 害 状 況 (1) 人 的 物 的 被 害 ( 消 防 庁 調 べ:2 月 16 日 現 在 ) 今 冬 期 全 体 のもの 都 道 府 県 名 死 者 人 的 被 害 住 家 被 害 非 住 家 被 害 行 方 不 明 重 傷 軽 傷 全 壊 半 壊 北 海 道

2. 被 害 状 況 (1) 人 的 物 的 被 害 ( 消 防 庁 調 べ:2 月 16 日 現 在 ) 今 冬 期 全 体 のもの 都 道 府 県 名 死 者 人 的 被 害 住 家 被 害 非 住 家 被 害 行 方 不 明 重 傷 軽 傷 全 壊 半 壊 北 海 道 2 月 14 日 から 16 日 の 大 雪 等 の 被 害 状 況 等 について( 第 2 報 ) これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 平 成 26 年 2 月 16 日 19 時 00 分 現 在 内 閣 府 1. 気 象 概 況 ( 気 象 庁 ) (1) 気 象 の 概 況 (2 月 16 日 現 在 ) 前 線 を 伴 った 低 気 圧 が 14 日 (

More information

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 平 成 28 年 4 月 16 日 (10:20) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 (

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 平 成 28 年 4 月 16 日 (10:20) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 ( 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 非 常 災 害 対 策 本 部 会 議 ( 第 5 回 ) 議 事 次 第 日 時 : 平 成 28 年 4 月 16 日 ( 土 )11:30~ 場 所 : 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 安 倍 内 閣 総 理 大 臣 挨 拶 2. 丸 川 大 臣 から 原 子 力 発 電 所 の 状 況 報 告

More information

通 信 大 隊 ( 北 熊 本 ) 第 8 飛 行 隊 ( 高 遊 原 ) 第 8 施 設 大 隊 ( 川 内 ) 第 8 後 方 支 援 連 隊 ( 北 熊 本 ) 第 8 特 殊 武 器 防 護 隊 ( 北 熊 本 ) 第 40 普 通 科 連 隊 ( 小 倉 ) 対 馬 警 備 隊 ( 対 馬

通 信 大 隊 ( 北 熊 本 ) 第 8 飛 行 隊 ( 高 遊 原 ) 第 8 施 設 大 隊 ( 川 内 ) 第 8 後 方 支 援 連 隊 ( 北 熊 本 ) 第 8 特 殊 武 器 防 護 隊 ( 北 熊 本 ) 第 40 普 通 科 連 隊 ( 小 倉 ) 対 馬 警 備 隊 ( 対 馬 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 係 る 災 害 派 遣 について(19 日 17 時 00 分 現 在 ) 下 線 部 は 前 回 報 告 からの 変 更 箇 所 数 値 等 は 速 報 値 であり 今 後 変 わることがある 1. 災 害 派 遣 の 概 要 要 請 日 時 要 請 元 要 請 先 要 請 の 概 要 発 生 場 所 平 成 28 年 4 月 14 日 ( 木 ) 22 時

More information

<30358E9197BF95D2816932816A2E786264>

<30358E9197BF95D2816932816A2E786264> 南 三 陸 町 地 域 防 災 計 画 資 料 編 平 成 26 年 3 月 南 三 陸 町 防 災 会 議 資 料 編 資 料 編 目 次 1 南 三 陸 町 防 災 会 議 条 例 1 2 南 三 陸 町 災 害 対 策 本 部 条 例 3 3 南 三 陸 町 災 害 対 策 本 部 運 営 規 程 4 4 指 定 避 難 所 避 難 場 所 一 覧 12 5 急 傾 斜 地 崩 壊 危 険

More information

2007 3 (2) 震 源 要 素 ア. 本 震 2007 年 7 月 16 日 10 時 13 分 新 潟 県 上 中 越 沖 37 33.4'N 138 36.5'E 17km M6.8 イ. 最 大 余 震 2007 年 7 月 16 日 15 時 37 分 新 潟 県 上 中 越 沖 37 30.2'N 138 38.6'E 23km M5.8 (3) 緊 急 地 震 速 報 の 内 容

More information

地 形 と 地 盤 沈 下 状 況 ゼロメー トル 地 帯 124km 2 東 京 湾 北 部 地 震 による 揺 れ 液 状 化 被 害 想 定 結 果 ( 東 京 都 による) 震 度 分 布 液 状 化 危 険 度 数 字 はAPか らの 高 さ(m) 0 10 (km) 7 8 東 京 湾

地 形 と 地 盤 沈 下 状 況 ゼロメー トル 地 帯 124km 2 東 京 湾 北 部 地 震 による 揺 れ 液 状 化 被 害 想 定 結 果 ( 東 京 都 による) 震 度 分 布 液 状 化 危 険 度 数 字 はAPか らの 高 さ(m) 0 10 (km) 7 8 東 京 湾 少 子 高 齢 化 社 会 に 向 けての 地 震 防 災 分 野 の 課 題 1. 地 震 防 災 で 少 子 化 が 問 題 になってくると 考 えられる 段 階 2. 都 市 密 集 地 における 被 災 および 対 応 に 関 して 3. 中 山 間 地 における 被 災 および 対 応 に 関 して 4. 海 岸 における 津 波 による 被 災 および 対 応 に 関 して 東 京 電

More information

1 地 震 の 概 要 (1) 震 度 4 以 上 の 観 測 発 生 日 発 生 時 刻 震 源 地 地 震 の 規 模 最 大 震 度 山 鹿 市 震 度 マグニチュード 4 月 14 日 21:26 熊 本 地 方 6.5 7 4 4 月 16 日 01:25 熊 本 地 方 7.3 7 5

1 地 震 の 概 要 (1) 震 度 4 以 上 の 観 測 発 生 日 発 生 時 刻 震 源 地 地 震 の 規 模 最 大 震 度 山 鹿 市 震 度 マグニチュード 4 月 14 日 21:26 熊 本 地 方 6.5 7 4 4 月 16 日 01:25 熊 本 地 方 7.3 7 5 2016 年 熊 本 地 震 山 鹿 市 災 害 状 況 報 告 平 成 28 年 5 月 23 日 ( 月 ) 1 地 震 の 概 要 2 市 の 対 応 状 況 3 災 害 警 戒 本 部 長 の 指 示 ( 中 嶋 市 長 ) 4 避 難 所 の 状 況 5 他 機 関 からの 支 援 状 況 6 他 自 治 体 への 支 援 状 況 7 被 害 の 状 況 8 その 他 1 地 震 の 概

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A>

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A> 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 災 害 復 旧 計 画 編 第 1 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 事 故 対 策 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2 第 4 災 害 対 策 本 部 1-4 第 2 節

More information

<95BD90AC E938C93FA967B91E5906B8DD E F1816A8CF6955C97702E786C7378>

<95BD90AC E938C93FA967B91E5906B8DD E F1816A8CF6955C97702E786C7378> 東 日 本 大 震 災 ( 第 93 報 ) 平 成 23 年 10 月 3 日 ( 月 )10:00 作 成 1. 本 省 等 の 体 制 について 2 鉄 道 61 2. 地 震 の 概 要 2 自 動 車 関 係 68 3. 国 土 交 通 省 の 対 応 3 海 事 120 4. 海 上 保 安 庁 の 対 応 18 港 湾 122 5. 国 土 地 理 院 の 対 応 24 海 上 保 安

More information

(2) 公 安 委 員 会 へ 報 告 等 警 察 本 部 等 は こ 計 画 実 施 状 況 について 時 機 を 逸 することなく 大 分 県 公 安 委 員 会 に 報 告 し 所 要 指 導 等 を 受 けるとともに 同 委 員 会 を 的 確 に 補 佐 するもとす る 3 被 害 想 定

(2) 公 安 委 員 会 へ 報 告 等 警 察 本 部 等 は こ 計 画 実 施 状 況 について 時 機 を 逸 することなく 大 分 県 公 安 委 員 会 に 報 告 し 所 要 指 導 等 を 受 けるとともに 同 委 員 会 を 的 確 に 補 佐 するもとす る 3 被 害 想 定 大 分 県 警 察 継 続 計 画 策 定 について 平 成 2 4 年 1 1 月 1 日 大 通 達 甲 ( 備 ) 第 10 号 大 通 達 甲 ( 警 ) 第 16 号 大 通 達 甲 ( 生 ) 第 13 号 大 通 達 甲 ( 刑 ) 第 15 号 大 通 達 甲 ( 交 ) 第 9 号 大 分 県 警 察 本 部 長 から 本 部 各 課 所 隊 室 長 警 察 学 校 長 各 警 察

More information

概要

概要 新 潟 県 中 越 沖 地 震 報 告 Ⅰ. 中 越 沖 地 震 における 経 過 と 被 災 状 況 1. 中 越 沖 地 震 における 被 害 状 況 発 震 : 2007 年 7 月 16 日 ( 月 ) 10 時 13 分 震 源 : 新 潟 県 上 中 越 沖 ( 新 潟 市 の 南 西 約 60km) 震 源 の 深 さ: 約 17km 地 震 の 規 模 : マグニチュード 6.8(

More information

平成29年度国立大学法人等施設整備概算要求

平成29年度国立大学法人等施設整備概算要求 平 成 29 年 度 国 立 大 学 法 人 等 施 設 整 備 概 算 要 求 事 業 82 国 立 大 学 法 人 377 事 業 4 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 18 事 業 25 国 立 高 等 専 門 学 校 31 事 業 計 426 事 業 1) 概 算 要 求 事 業 は, 今 後 の 予 算 編 成 過 程 等 において 実 施 事 業 とならな いなど 変 更 の 可

More information

平 成 28 年 熊 本 地 震 における 消 防 機 関 の 活 動 ( 熊 本 県 内 )について 被 害 の 状 況 ( 消 防 庁 被 害 報 第 54 報 ( 平 成 28 年 5 月 20 日 9 時 00 分 現 在 )) 平 成 28 年 4 月 14 日 ( 前 震 ) 及 び16

平 成 28 年 熊 本 地 震 における 消 防 機 関 の 活 動 ( 熊 本 県 内 )について 被 害 の 状 況 ( 消 防 庁 被 害 報 第 54 報 ( 平 成 28 年 5 月 20 日 9 時 00 分 現 在 )) 平 成 28 年 4 月 14 日 ( 前 震 ) 及 び16 資 料 4 平 成 28 年 4 月 熊 本 地 震 の 被 害 状 況 及 び 消 防 機 関 の 活 動 について 消 防 庁 平 成 28 年 熊 本 地 震 における 消 防 機 関 の 活 動 ( 熊 本 県 内 )について 被 害 の 状 況 ( 消 防 庁 被 害 報 第 54 報 ( 平 成 28 年 5 月 20 日 9 時 00 分 現 在 )) 平 成 28 年 4 月 14

More information

<8C7689E68F91816982508FCD814182518FCD81605038816A2E786477>

<8C7689E68F91816982508FCD814182518FCD81605038816A2E786477> 佐 賀 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 19 年 3 月 佐 賀 県 県 土 づくり 本 部 建 築 住 宅 課 目 次 はじめに 1 第 1 章 計 画 の 概 要 1. 計 画 策 定 の 趣 旨 3 2. 計 画 策 定 の 位 置 づけ 3 3. 計 画 の 期 間 4 4. 計 画 の 基 本 構 成 4 第 2 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 19 年 4 月 昭 島 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想 定

More information

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業 第 4 部 災 害 種 別 対 策 計 画 第 1 章 海 上 災 害 対 策 第 1 節 周 辺 海 域 の 状 況 及 び 海 上 災 害 の 態 様 1 本 市 周 辺 海 域 の 状 況 本 市 の 海 岸 及 び 周 辺 海 域 は 本 市 港 湾 区 域 を 含 む 東 京 湾 側 と 5 つの 漁 港 区 域 を 含 む 相 模 湾 側 に 分 かれる 東 京 湾 側 は その 正 面

More information

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置.

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置. 明 石 市 地 域 防 災 計 画 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 4 編 災 害 復 旧 復 興 計 画 第 5 編 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 資 料 編 様 式 編 ( 平 成 27 年 度 修 正 ) 明 石 市 防 災 会 議 目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組

More information

群 馬 県 矢 木 沢 西 群 馬 新 榛 名 湯 宿 水 上 小 松 箱 島 水 上 箱 島 須 貝 須 貝 藤 原 佐 久 玉 原 水 上 鎌 白 根 上 牧 鎌 上 牧 幡 谷 岩 本 岩 本 群 馬 上 毛 金 井 佐 久 上 越 群 馬 上 群 佐 波 東 群 馬 一 ノ 瀬 東 太 新

群 馬 県 矢 木 沢 西 群 馬 新 榛 名 湯 宿 水 上 小 松 箱 島 水 上 箱 島 須 貝 須 貝 藤 原 佐 久 玉 原 水 上 鎌 白 根 上 牧 鎌 上 牧 幡 谷 岩 本 岩 本 群 馬 上 毛 金 井 佐 久 上 越 群 馬 上 群 佐 波 東 群 馬 一 ノ 瀬 東 太 新 栃 木 県 塩 原 那 須 野 短 猪 苗 旧 東 那 須 野 今 市 鬼 怒 下 滝 栃 那 猪 苗 新 新 今 市 新 栃 木 安 西 宇 都 宮 西 宇 都 宮 白 沢 河 内 芳 賀 新 茂 木 栃 山 芳 賀 佐 野 佐 野 野 木 小 小 山 猪 苗 新 野 木 八 千 群 馬 県 矢 木 沢 西 群 馬 新 榛 名 湯 宿 水 上 小 松 箱 島 水 上 箱 島 須 貝 須 貝 藤 原

More information

13 鉄 道 事 故 の 安 全 対 策 鉄 道 事 故 時 の 安 全 対 策 に 関 する 覚 書 西 日 本 鉄 道 株 式 会 社 鉄 道 事 故 における 乗 客 の 安 全 確 保 に 関 すること 平 成 20 年 3 月 31 日 14 災 害 発 生 時 における 応 急 対 策

13 鉄 道 事 故 の 安 全 対 策 鉄 道 事 故 時 の 安 全 対 策 に 関 する 覚 書 西 日 本 鉄 道 株 式 会 社 鉄 道 事 故 における 乗 客 の 安 全 確 保 に 関 すること 平 成 20 年 3 月 31 日 14 災 害 発 生 時 における 応 急 対 策 1 海 南 市 が 関 西 電 力 株 式 会 社 海 南 発 電 所 に 対 して 行 なう 火 災 出 動 要 請 に 関 する 覚 書 関 西 電 力 株 式 会 社 海 南 発 電 所 1 大 火 災 等 で 特 に 応 援 を 必 要 とする 時 2 特 殊 な 火 災 で 特 に 化 学 消 防 車 を 必 要 とする 時 昭 和 48 年 1 月 10 日 2 和 歌 山 県 防 災

More information

(案)

(案) ( 別 紙 ) 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 1 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )については 予 算 の 範 囲 内 において 交 付 するものとし 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 昭 和 30 年 法 律 第 179 号 ) 補 助

More information

洲本市地域防災計画

洲本市地域防災計画 第 1 節 基 本 方 針 総 務 部 消 防 防 災 課 健 康 福 祉 部 健 康 増 進 課 サービス 事 業 所 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 海 上 災 害 が 発 生 した 場 合 における 人 命 救 助 消 火 活 動 流 出 した 重 油 等 への 対 応 付 近 の 船 舶 の 航 行 安 全 措 置 沿 岸 住 民 の 安 全 及 び 漁 業 等 への 被 害

More information

三 重 県 阿 部 総 務 部 長 三 浦 主 幹 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 1 日 8 月 4 日 8 月 5 日 8 月 5 日 8 月 19 日 8 月 20 日 8 月 22 日 8 月 25 日 三 重 県 7 宮 城

三 重 県 阿 部 総 務 部 長 三 浦 主 幹 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 1 日 8 月 4 日 8 月 5 日 8 月 5 日 8 月 19 日 8 月 20 日 8 月 22 日 8 月 25 日 三 重 県 7 宮 城 平 成 26 年 度 対 口 支 援 要 請 訪 問 の 概 要 平 成 26 年 6 月 3 日 から11 月 7 日 までの 訪 問 都 道 府 県 数 40 都 道 府 県 日 程 長 野 県 1 金 野 秘 書 広 報 課 長 長 野 県 市 長 会 定 例 会 6 月 3 日 長 野 県 1 宮 城 県 長 野 市 2 塩 竈 市 松 本 市 2 石 巻 市 1, 女 川 町 1 岡 谷

More information

徳 島 小 松 島 港 の 機 能 継 続 のための 活 動 指 針 平 成 26 年 3 月 国 土 交 通 省 四 国 地 方 整 備 局 徳 島 県 目 次 徳 島 小 松 島 港 の 機 能 継 続 のための 活 動 指 針 1. 被 災 想 定 1 2. 参 集 体 制 設 置 7 3. 被 災 施 設 応 急 復 旧 活 動 13 4. 救 援 物 資 輸 送 活 動 43 5. 人

More information

第1編

第1編 平 成 27 年 6 月 9 日 糸 島 市 防 災 会 議 資 料 -4 糸 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 第 3 章 風 水 害 応 急 対 策 計 画 ) 修 正 ( 新 旧 対 照 表 ) 抜 粋 記 述 の 凡 例 下 線 : 災 害 対 策 基 本 法 改 正 防 災 基 本 計 画 改 正 による 福 岡 県 地 域 防 災 計 画 の 見 直 しに 基 づく 修 正 部 分 二

More information

(8) 危 険 物 火 災 等 で 逗 子 北 化 学 1を 必 要 とする 火 災 指 令 時 は 逗 子 北 1を 同 時 編 成 する (9) 未 承 認 対 象 物 からの 即 時 通 報 は 当 該 署 所 の1ケ 部 隊 編 成 とする (10) 通 常 災 害 時 及 び 異 常 災

(8) 危 険 物 火 災 等 で 逗 子 北 化 学 1を 必 要 とする 火 災 指 令 時 は 逗 子 北 1を 同 時 編 成 する (9) 未 承 認 対 象 物 からの 即 時 通 報 は 当 該 署 所 の1ケ 部 隊 編 成 とする (10) 通 常 災 害 時 及 び 異 常 災 第 2 節 消 防 通 信 指 令 体 制 消 防 緊 急 情 報 システムによる 情 報 の 一 元 化 を 図 るとともに 迅 速 的 確 な 情 報 収 集 及 び 消 防 隊 等 に 対 する 指 令 指 示 連 絡 その 他 必 要 な 情 報 の 受 伝 達 を 行 うものとする 1 災 害 通 信 の 取 扱 い 災 害 通 信 の 取 扱 いについては 逗 子 市 消 防 専 用 無

More information

<5461726F2D90BC208BB388CF95F18D908140906C8E9688D993AE81692E6A74>

<5461726F2D90BC208BB388CF95F18D908140906C8E9688D993AE81692E6A74> 報 告 (1) 平 成 22 年 度 末 平 成 23 年 度 初 事 務 局 職 員 等 の 人 事 異 動 について る このことについて 課 長 補 佐 級 及 び 係 長 級 の 人 事 異 動 を 別 紙 のとおり 行 ったので 報 告 す 平 成 23 年 4 月 20 日 新 潟 県 教 育 委 員 会 教 育 長 武 藤 克 己 課 長 補 佐 級 及 び 係 長 級 の 人 事 異

More information

という ) 条 例 及 び 神 奈 川 県 臨 時 特 例 企 業 税 条 例 ( 平 成 13 年 神 奈 川 県 条 例 第 37 号 )に 定 める 申 告 期 限 等 のみならず 地 方 税 法 施 行 令 ( 昭 和 25 年 政 令 第 245 号 ) 地 方 税 法 施 行 規 則 (

という ) 条 例 及 び 神 奈 川 県 臨 時 特 例 企 業 税 条 例 ( 平 成 13 年 神 奈 川 県 条 例 第 37 号 )に 定 める 申 告 期 限 等 のみならず 地 方 税 法 施 行 令 ( 昭 和 25 年 政 令 第 245 号 ) 地 方 税 法 施 行 規 則 ( 新 潟 県 中 越 地 震 に 伴 う 納 税 緩 和 措 置 等 に 関 する 事 務 取 扱 要 領 について 平 成 17 年 2 月 22 日 税 第 391 号 総 務 部 長 平 成 16 年 10 月 23 日 に 発 生 した 新 潟 県 中 越 地 震 に 伴 う 県 税 の 取 扱 いについては 神 奈 川 県 県 税 条 例 ( 昭 和 45 年 神 奈 川 県 条 例 第 26

More information

県 土 整 備 年 報 13 岩 手 県 県 土 整 備 部 目 次 1 行 政 組 織 関 係 1 県 土 整 備 部 行 政 機 関 位 置 略 図 2 2 県 土 整 備 部 の 沿 革 3 3 県 土 整 備 部 行 政 組 織 図 11 4 出 先 機 関 の 名 称 位 置 等 13 5 県 土 整 備 部 の 分 掌 事 務 15 6 県 土 整 備 部 の 職 員 数 21 7 県

More information

H24.11.8 坂 ノ 下 急 傾 斜 地 崩 壊 工 事 高 知 県 幡 多 土 木 事 務 所 H24.10.25 山 のみち 第 13 号 幹 線 林 道 開 設 事 業 中 村 大 正 線 2 工 区 工 事 高 知 県 幡 多 林 業 事 務 所 H24.9.29 海 陸 常 第 09-

H24.11.8 坂 ノ 下 急 傾 斜 地 崩 壊 工 事 高 知 県 幡 多 土 木 事 務 所 H24.10.25 山 のみち 第 13 号 幹 線 林 道 開 設 事 業 中 村 大 正 線 2 工 区 工 事 高 知 県 幡 多 林 業 事 務 所 H24.9.29 海 陸 常 第 09- * 工 事 名 はこちらで 分 かる 範 囲 を 明 記 しており ます H26.11.1 平 成 26 年 度 山 伏 トンネル 取 付 道 路 改 良 工 事 国 土 交 通 省 中 筋 川 総 合 開 発 事 務 所 H26.10.20 道 交 国 防 安 ( 防 災 ) 第 9116-006-1 号 国 道 321 号 防 災 安 全 交 付 金 工 事 高 知 県 幡 多 土 木 事 務

More information

防 災 関 係 機 関 自 衛 隊 : 陸 上 自 衛 隊 海 上 保 安 庁 : 鳥 羽 海 上 保 安 部 中 部 空 港 海 上 保 安 航 空 基 地 警 察 : 三 重 県 警 察 航 空 隊 中 部 管 区 警 察 局 三 重 県 情 報 通 信 部 消 防 : 鳥 羽 市 消 防 消

防 災 関 係 機 関 自 衛 隊 : 陸 上 自 衛 隊 海 上 保 安 庁 : 鳥 羽 海 上 保 安 部 中 部 空 港 海 上 保 安 航 空 基 地 警 察 : 三 重 県 警 察 航 空 隊 中 部 管 区 警 察 局 三 重 県 情 報 通 信 部 消 防 : 鳥 羽 市 消 防 消 鳥 羽 市 防 災 危 機 管 理 室 平 成 6 年 9 月 日 平 成 6 年 度 鳥 羽 市 一 斉 津 波 避 難 訓 練 実 施 要 綱 目 的 南 海 トラフを 震 源 とする 巨 大 地 震 に 伴 う 津 波 等 から 鳥 羽 市 民 特 に 児 童 生 徒 災 害 時 要 援 護 者 及 び 観 光 客 等 の 被 害 を 限 りなくゼロに 近 づけるための 一 斉 避 難 避 難

More information

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A>

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A> 戸 田 市 地 域 防 災 計 画 ( 素 案 ) 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 戸 田 市 防 災 会 議 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2

More information

目  次(秦野市地域防災計画)

目  次(秦野市地域防災計画) 目 次 風 水 害 等 災 害 対 策 計 画 第 1 章 総 則 風 -1 第 1 節 計 画 の 目 的 風 -1 第 2 節 構 成 風 -2 1 災 害 予 防 計 画 風 -2 2 災 害 応 急 対 策 計 画 風 -2 3 災 害 復 旧 復 興 計 画 風 -2 4 特 殊 災 害 対 策 風 -2 第 3 節 防 災 関 係 機 関 の 実 施 責 任 及 び 処 理 すべき 事

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030315F967B95D2955C8E8681459286955C8E86814596DA8E9F8169313030313133816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030315F967B95D2955C8E8681459286955C8E86814596DA8E9F8169313030313133816A2E646F63> 7.1 緊 急 消 防 援 助 隊 の 派 遣 50 (1) 緊 急 消 防 援 助 隊 とは 緊 急 消 防 援 助 隊 は 平 成 7 年 1 月 に 発 生 した 阪 神 淡 路 大 震 災 の 教 訓 を 踏 まえ 大 規 模 災 害 や 特 殊 災 害 が 発 生 した 際 に 全 国 規 模 の 消 防 応 援 を 迅 速 に 行 い 被 害 の 軽 減 を 図 るために 同 年 6 月

More information

県 出 先 機 関 神 奈 川 県 東 京 事 務 所 048-300-9 調 査 課 2458 FAX( 調 査 課 ) 2459 安 全 防 災 局 -425 温 泉 地 学 研 究 所 観 測 室 研 究 部 長 室 事 務 室 FAX( 観 測 室 ) 9200 安 全 防 災 局 -407

県 出 先 機 関 神 奈 川 県 東 京 事 務 所 048-300-9 調 査 課 2458 FAX( 調 査 課 ) 2459 安 全 防 災 局 -425 温 泉 地 学 研 究 所 観 測 室 研 究 部 長 室 事 務 室 FAX( 観 測 室 ) 9200 安 全 防 災 局 -407 神 奈 川 県 庁 危 機 管 理 対 策 課 維 持 防 災 G 9345 議 会 局 -400 政 策 局 知 事 室 知 事 室 秘 書 G 総 務 G 9210 自 治 振 興 部 市 町 村 課 調 整 G 9211 総 務 局 総 務 G 情 報 通 信 G 9302 9303 消 防 課 企 画 G 9305 工 業 保 安 課 火 薬 電 気 G 9225 危 機 管 理 センター

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 21 年 5 月 苫 小 牧 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想

More information

八街市耐震改修促進計画

八街市耐震改修促進計画 八 街 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 22 年 3 月 八 街 市 目 次 はじめに -------------------------------------------------- 1 第 1. 計 画 策 定 の 主 旨 -------------------------------------- 3 第 2. 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する

More information

(Microsoft Word - \216Q\215l\227l\216\256\202\331\202\251.doc)

(Microsoft Word - \216Q\215l\227l\216\256\202\331\202\251.doc) Ⅱ チェックシート 1 平 常 時 のチェックシート 地 震 風 水 害 等 に 対 する 備 えが 十 分 かどうかを 定 期 的 に 少 なくとも 防 災 訓 練 時 にチェックして 万 全 の 体 制 を 整 える (その1) 立 地 条 件 と 災 害 予 測 地 盤 地 形 などの 立 地 環 境 と 起 こりうる 災 害 予 測 の 確 認 1 1 1 情 報 伝 達 強 化 館 内 一

More information

<89FC92E894C55F3134303331318296332E786477>

<89FC92E894C55F3134303331318296332E786477> 新 潟 県 内 主 要 観 測 所 の 降 雨 確 率 [ 改 訂 版 ] 平 成 26 年 4 月 新 潟 県 土 木 部 河 川 管 理 課 目 次 1. 県 内 主 要 雨 量 観 測 所 1 1-1 アメダス 観 測 所 2 1-2 日 雨 量 観 測 所 4 1-3 時 間 雨 量 観 測 所 10 2. 観 測 所 毎 の 確 率 日 雨 量 及 び 確 率 2 日 雨 量 16 2-1

More information

目    次

目    次 目 次 一 般 対 策 編... 23 第 1 章 総 則... 23 第 1 節 目 的... 23 1 計 画 の 構 成... 23 2 災 害 の 想 定 と 計 画 作 成 の 基 礎 資 料... 23 3 用 語... 23 4 他 の 計 画 との 関 係... 23 5 市 計 画 の 修 正... 23 6 市 計 画 の 周 知 徹 底... 24 7 市 民 運 動 の 展

More information

1 救 急 搬 送 実 施 基 準 策 定 の 背 景 救 急 搬 送 における 受 入 医 療 機 関 の 選 定 に 困 難 な 事 案 の 発 生 が 全 国 的 に 社 会 問 題 化 した ことを 背 景 として, 消 防 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 平 成 21 年 5

1 救 急 搬 送 実 施 基 準 策 定 の 背 景 救 急 搬 送 における 受 入 医 療 機 関 の 選 定 に 困 難 な 事 案 の 発 生 が 全 国 的 に 社 会 問 題 化 した ことを 背 景 として, 消 防 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 平 成 21 年 5 資 料 Ⅱ-2 救 急 搬 送 実 施 基 準 宮 城 県 平 成 25 年 X 月 1 救 急 搬 送 実 施 基 準 策 定 の 背 景 救 急 搬 送 における 受 入 医 療 機 関 の 選 定 に 困 難 な 事 案 の 発 生 が 全 国 的 に 社 会 問 題 化 した ことを 背 景 として, 消 防 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 平 成 21 年 5 月 1 日 に

More information

通 信 訓 練 救 援 物 資 情 報 伝 達 訓 練 (11 月 から12 月 上 旬 のうち1 日 ) 新 規 県 災 害 対 策 本 部 市 町 村 防 災 関 係 機 関 が 連 携 し 通 信 用 資 器 材 やシステムを 用 いた 情 報 伝 達 訓 練 を 併 せて 救 援 物 資 の

通 信 訓 練 救 援 物 資 情 報 伝 達 訓 練 (11 月 から12 月 上 旬 のうち1 日 ) 新 規 県 災 害 対 策 本 部 市 町 村 防 災 関 係 機 関 が 連 携 し 通 信 用 資 器 材 やシステムを 用 いた 情 報 伝 達 訓 練 を 併 せて 救 援 物 資 の 平 成 26 年 7 月 29 日 記 者 発 表 平 成 26 年 度 防 災 訓 練 について 災 害 対 応 力 の 強 化 に 資 するため 防 災 訓 練 の 更 なる 充 実 を 図 るとともに 実 践 的 な 訓 練 を します 訓 練 計 画 方 針 訓 練 計 画 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 上 旬 中 旬 下 旬 上 旬 中 旬 下 旬 上 旬 中 旬 下

More information

Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 本 県 の 東 海 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 において 東 海 地 震

Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 本 県 の 東 海 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 において 東 海 地 震 Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 東 海 地 震 注 意 情 報 発 表 時 (1) 医 務 課 衛 生 薬 務 課 Ⅶ-1 Ⅶ-1 Ⅶ-2 2 病 院 診 療 所 の 対 応 (1) 院 内 の 安 全 確 保 等 (2) 医 療 救 護 活 動 の 準 備 Ⅶ-3 Ⅶ-4 Ⅶ-4 3 基 幹 災 害 拠 点 病 院 基

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E88E696688DD08C7689E681698E518D6C8E9197BF816A32342E392E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E88E696688DD08C7689E681698E518D6C8E9197BF816A32342E392E646F6378> 14-1 防 災 ヘリコプターの 運 航 体 制 運 航 基 準 要 請 方 法 等 運 航 体 制 1 運 航 基 地 香 川 県 香 川 郡 香 南 町 岡 ( 高 松 空 港 ) 四 国 航 空 内 2 運 航 日 数 365 日 勤 務 3 運 行 時 間 午 前 8 時 30 分 から 午 後 5 時 15 分 まで( 緊 急 時 は 日 の 出 から 日 没 まで) 4 隊 の 構 成

More information

○00表紙

○00表紙 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 廣 瀨 滋 樹 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 山 口 浩 司 ( 内 線 7475) 担 当 係 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 27 年 人 口 動 態 統 計 月 報

More information

熊本県熊本地方を震源とする地震に係る被害状況等について【第2報】

熊本県熊本地方を震源とする地震に係る被害状況等について【第2報】 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 に 係 る 被 害 状 況 等 について( 第 2 報 ) これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 平 成 28 年 4 月 15 日 18 時 0 0 分 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 1 地 震 の 概 要 ( 気 象 庁 情 報 ) (1) 発 生 日 時 平

More information

男 子 個 人 戦 () 7 青 春 佐 賀 総 体 ソフトテニス 競 技 7.9~7. 佐 藤 今 井 ( 山 形 鶴 岡 工 ) 中 村 藤 田 ( 香 川 尽 誠 学 園 ) 横 山 吉 澤 ( 東 京 拓 殖 大 一 ) 児 玉 地 紙 ( 宮 城 仙 台 商 ) 6 竹 内 河 嶋 ( 富

男 子 個 人 戦 () 7 青 春 佐 賀 総 体 ソフトテニス 競 技 7.9~7. 佐 藤 今 井 ( 山 形 鶴 岡 工 ) 中 村 藤 田 ( 香 川 尽 誠 学 園 ) 横 山 吉 澤 ( 東 京 拓 殖 大 一 ) 児 玉 地 紙 ( 宮 城 仙 台 商 ) 6 竹 内 河 嶋 ( 富 男 子 個 人 戦 () 7 青 春 佐 賀 総 体 ソフトテニス 競 技 7.9~7. 菅 原 泉 山 ( 青 森 八 戸 工 大 一 ) 阿 部 松 本 ( 千 葉 拓 大 紅 陵 ) 萩 原 赤 沼 ( 山 梨 韮 崎 ) 安 藤 江 﨑 ( 奈 良 高 田 商 ) 吹 上 長 谷 川 ( 宮 崎 都 城 商 ) 鎌 田 川 村 ( 岩 手 花 巻 北 ) 伊 藤 岩 田 ( 愛 知 五 条

More information

緊急消防援助隊の計画的な増強・充実

緊急消防援助隊の計画的な増強・充実 資 料 1 平 成 22 年 度 消 防 庁 予 算 の 概 要 平 成 22 年 度 予 算 額 128 億 73 百 万 円 (H21:132 億 円 ) ( 単 位 : 百 万 円 %) H22 予 算 額 a H22 要 求 額 b H21 予 算 額 c 増 減 額 a-c 増 減 率 (a-c)/c 総 額 12,873 13,237 13,200 327 2.5 事 業 費 等 5,057

More information

Microsoft Word - 03_県地域防災計画(印刷用)0611 時点

Microsoft Word - 03_県地域防災計画(印刷用)0611 時点 震 災 対 策 編 第 1 部 災 害 予 防 計 画 第 2 章 被 害 想 定 (2) 被 害 等 の 概 況 区 分 人 的 被 害 建 物 被 害 交 通 施 設 被 害 ライフ ライン 施 設 362 内 容 ( 死 傷 者 ) 鹿 野 吉 岡 断 層 による 地 震 の 場 合 の 冬 18 時 の 設 定 が 最 も 死 者 及 び 負 傷 者 が 多 くなる この 地 震 の 場 合

More information

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2)

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2) 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 105 2 節 防 災 事 業 計 画 10 3 節 施 設 の 現 況 と 管 理 110 参 考 東 京 都 の 災 害 対 策 分 掌 事 務 及 び 組 織 113-103 - 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 港 湾 整 備 部 計 画 課 東 京 港 の 臨 海 部 は 東 京 湾 の 最 奥

More information

平 成 26 年 度 県 センター 活 用 事 業 受 託 実 績 発 注 機 関 名 委 託 事 業 名 事 業 内 容 工 種 村 上 地 域 振 興 局 防 安 国 第 8-01-00-80 号 345 号 防 災 安 全 ( 内 地 国 道 ) 旭 橋 BOX 現 場 技 術 業 務 委 託

平 成 26 年 度 県 センター 活 用 事 業 受 託 実 績 発 注 機 関 名 委 託 事 業 名 事 業 内 容 工 種 村 上 地 域 振 興 局 防 安 国 第 8-01-00-80 号 345 号 防 災 安 全 ( 内 地 国 道 ) 旭 橋 BOX 現 場 技 術 業 務 委 託 平 成 26 年 度 受 託 事 業 実 績 一 覧 表 県 セ ン タ ー 活 用 県 土 木 部 県 他 部 局 新 潟 市 他 市 町 村 等 建 築 契 約 先 別 金 額 割 合 契 約 先 契 約 件 数 契 約 金 額 ( 百 万 円 税 抜 ) 新 潟 県 439 1,380 新 潟 市 143 236 他 市 町 村 等 55 145 合 計 637 1,761 契 約 先 別 金

More information

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 地 震 津 波 対 策 編 第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 2014 年 3 月 31 日 の 74 年 間 のうち 稚 内 市 で

More information

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー 沖 縄 県 国 民 保 護 計 画 の 概 要 沖 縄 県 武 力 攻 撃 事 態 対 処 法 対 処 に 関 する 基 本 理 念 国 地 方 公 共 団 体 及 び 指 定 公 共 機 関 が 国 民 の 協 力 を 得 つつ 相 互 に 連 携 協 力 し 万 全 の 措 置 が 講 じられなければならない 日 本 国 憲 法 の 保 障 する 国 民 の 自 由 と 権 利 が 尊 重 されなければならず

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し

More information

untitled

untitled 常 滑 市 地 域 防 災 計 画 ( 制 定 年 月 日 昭 和 38 年 8 月 1 日 ) 目 次 第 1 編 総 則 常 滑 市 地 域 防 災 計 画 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 1 計 画 の 構 成 1 第 2 計 画 の 修 正 1 第 3 計 画 の 運 用 1 第 3 節 防 災 関 係 機 関 等 の 処 理 すべき 事 務 又

More information

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc 様 式 編 様 式 目 次 様 式 番 号 名 称 様 式 ページ 様 式 第 1 非 常 配 備 日 誌 1 様 式 第 2 災 害 情 報 2 様 式 第 3(a) 第 1 報 3 様 式 第 3(b) 災 害 発 生 直 後 の 状 況 4 様 式 第 3(c) 災 害 発 生 状 況 等 ( 速 報 確 定 報 告 ) 5 様 式 第 4 人 的 被 害 6 様 式 第 5 避 難 状 況

More information

<338E9197BF95D25F31308CF092CA E786477>

<338E9197BF95D25F31308CF092CA E786477> 第 10 章 交 通 輸 送 10-1 緊 急 輸 送 道 路 路 線 一 覧 道 路 種 別 路 線 名 管 理 者 機 能 区 分 経 過 地 高 速 自 動 車 国 道 中 国 自 動 車 道 西 日 本 高 速 道 路 1 次 広 島 県 境 - 鹿 野 IC(R315)- 徳 地 IC(R489)- 山 口 IC(R262)- 山 口 JCT( 山 陽 自 動 車 道 )- 小 郡 IC(R9)-

More information

三 重 県 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 4 日 三 重 県 4 宮 城 県 津 市 1 山 元 町 桑 名 市 1 石 巻 市 鈴 鹿 市 1 石 巻 市 鳥 羽 市 1 南 三 陸 町 伊 賀 市 1 石 巻 市 菰 野 町 1

三 重 県 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 4 日 三 重 県 4 宮 城 県 津 市 1 山 元 町 桑 名 市 1 石 巻 市 鈴 鹿 市 1 石 巻 市 鳥 羽 市 1 南 三 陸 町 伊 賀 市 1 石 巻 市 菰 野 町 1 職 員 派 遣 に 係 る3 県 合 同 訪 問 要 請 について 平 成 27 年 7 月 2 日 から11 月 25 日 までの 訪 問 都 道 府 県 数 41 都 道 府 県 日 程 7 月 2 日 7 月 3 日 7 月 10 日 岡 山 県 岡 山 県 4 宮 城 県 3, 東 松 島 市 1 岡 山 市 2 石 巻 市 1, 気 仙 沼 市 1 倉 敷 市 1 塩 竈 市 新 見 市

More information

60本文.ec7

60本文.ec7 地 震 日 誌 平 成 21 年 1 月 1 日 ~ 平 成 21 年 12 月 31 日 (from January to December,2009) 神 奈 川 県 温 泉 地 学 研 究 所 行 竹 番 号 月 日 時 分 震 源 地 深 さkm 最 大 有 感 地 ( 震 度 ) 緯 度 経 度 規 模 1 1 3 16 13 福 島 県 沖 51 福 島 県 : 田 村 市 川 内 村

More information

○00表紙

○00表紙 結 果 の 概 要 1 結 果 の 要 約 (1) 出 生 数 は 減 少 出 生 数 は1 万 3532 人 で 前 年 の12 万 9816 人 より2 万 6284 人 減 少 し 出 生 率 ( 人 口 千 対 ) は 8.で 前 年 の8.2を 下 回 った 出 生 数 を 母 の 年 齢 (5 歳 階 級 ) 別 にみると 2~39 歳 の 各 階 級 では 前 年 より 減 少 しているが

More information

関東中部地方の週間地震概況

関東中部地方の週間地震概況 平 成 27 年 7 月 3 日 気 象 庁 地 火 山 部 関 東 中 部 地 方 ( 三 重 県 を 含 む)の 週 間 地 概 況 平 成 27 年 第 27 ( 平 成 27 年 6 月 26 日 ~7 月 2 日 ) 表 1 度 1 以 上 を 観 測 した 回 数 西 部 の 地 で 度 3を 観 測 今 期 間 中 に 関 東 中 部 地 方 で 度 1 以 上 を 観 測 した 地

More information

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc 第 1 章 総 則 広 尾 町 地 域 防 災 計 画 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 及 び 広 尾 町 防 災 会 議 条 例 ( 昭 和 38 年 条 例 第 5 号 ) 第 2 条 第 1 項 第 1 号 の 規 定 に 基 づき 広 尾 町 防 災 会 議 が 作 成

More information

地震対応マニュアル(防災計画・避難計画などを含む)の見直しについて

地震対応マニュアル(防災計画・避難計画などを含む)の見直しについて 学 校 防 災 マニュアル ( 修 正 版 ) 本 マニュアルは 平 成 24 年 3 月 に 全 面 改 定 した 学 校 防 災 マニュアルを 平 成 25 年 3 月 に 修 正 された 目 黒 区 地 域 防 災 計 画 と 整 合 性 を 図 るため 平 成 25 年 6 月 に 一 部 修 正 したものである 平 成 25 年 6 月 目 黒 区 教 育 委 員 会 目 次 災 害 時

More information

桜川市地域防災計画

桜川市地域防災計画 桜 川 市 地 域 防 災 計 画 資 料 編 平 成 25 年 3 月 茨 城 県 桜 川 市 目 次 1 総 則... 1 1-1 防 災 関 係 機 関 窓 口... 1 (1) 県... 1 (2) 市 町 村... 5 (4) 指 定 行 政 機 関 及 び 指 定 地 方 行 政 機 関... 8 (5) 指 定 公 共 機 関 及 び 指 定 地 方 公 共 機 関... 10 (6)

More information

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 (1012) 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 4 月 京 葉 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第

More information

第 3 部 災 害 応 急 対 策 計 画 第 8 章 災 害 救 助 法 の 適 用 計 画 第 5 節 救 助 の 実 施 1. 実 施 機 関 (1) 県 災 害 救 助 法 を 適 用 する 場 合 の 救 助 は 県 が 行 うこととするが 次 に 掲 げる 事 項 すべてに 該 当 する

第 3 部 災 害 応 急 対 策 計 画 第 8 章 災 害 救 助 法 の 適 用 計 画 第 5 節 救 助 の 実 施 1. 実 施 機 関 (1) 県 災 害 救 助 法 を 適 用 する 場 合 の 救 助 は 県 が 行 うこととするが 次 に 掲 げる 事 項 すべてに 該 当 する 第 3 部 災 害 応 急 対 策 計 画 第 8 章 災 害 救 助 法 の 適 用 計 画 第 8 章 災 害 救 助 法 の 適 用 計 画 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 救 助 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 118 号 )の 適 用 申 請 及 び 救 助 等 の 実 施 を 適 切 に 行 うことを 目 的 とする 第 2 節 災 害 救 助 法 の 適 用 県 は

More information

昭 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 平 成 25 年 修 正 ) 昭 島 市 防 災 会 議 凡 例 本 計 画 で 使 用 する 用 語 等 は 次 によるものとする (1) 市 昭 島 市 (2) 市 防 災 会 議 昭 島 市 防 災 会 議 (3) 市 本 部 昭 島 市 災 害 対 策 本 部 (4) 本 部 長 又 は 市 長 昭 島 市 災 害 対 策 本 部 長 又 は 昭 島

More information

化学テロ発生時の現場対処標準について(案)

化学テロ発生時の現場対処標準について(案) 化 学 テロ 発 生 時 における 救 助 救 急 搬 送 救 急 医 療 体 制 病 院 収 容 の 可 否 問 合 被 害 者 の 観 察 結 果 被 害 者 の 数 等 医 療 機 関 現 場 状 況 被 害 者 の 数 症 状 臭 気 着 色 等 連 絡 情 報 提 供 助 言 情 報 提 供 通 化 学 災 害 の 予 測 判 断 報 消 防 本 部 指 令 通 信 担 当 部 署 情 報

More information

平成19年7月19日

平成19年7月19日 平 成 23 年 7 月 新 潟 福 島 豪 雨 の 概 要 平 成 23 年 9 月 15 日 9 時 現 在 長 岡 市 危 機 管 理 防 災 本 部 1 2 1 災 害 の 概 要 (1) 平 成 23 年 7 月 新 潟 福 島 豪 雨 の 発 生 状 況 前 線 が 朝 鮮 半 島 から 北 陸 地 方 関 東 甲 信 地 方 を 通 って 日 本 の 東 にのび 停 滞 してい た 前

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 ( 確 定 数 )の 概 況 ( 福 島 県 ) 目 次 調 査 の 概 要 結 果 の 概 要 ( 統 計 表 ) 第 1 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 率 ) 年 次 推 移 第 2 表 主 な 死 因 の 死 亡 数 死 亡 率 対 前 年 比 較 第 3 表 主 な 死 因 の 死 亡 率 対 全 国 比 較 第 4 表 生 活 習 慣 病

More information

H26改訂案【西諸県】応急業務(BCP推進会議資料)

H26改訂案【西諸県】応急業務(BCP推進会議資料) 添 付 資 料 西 諸 県 地 域 版 BCP 実 施 要 領 この 実 施 要 領 は 非 常 時 における 具 体 的 な 対 応 方 法 必 要 な 人 員 体 制 連 携 体 制 を 想 定 し こ れを 実 現 するために 事 前 に 準 備 しておかなければならないこと 等 について 定 めるものです 実 施 要 領 は 次 のように 構 成 します 項 目 責 任 所 属 非 常 時

More information

山 陽 新 幹 線 千 種 川 橋 梁 兵 庫 県 国 鉄 熊 谷 組 6, 山 陽 新 幹 線 白 水 橋 梁 国 鉄 三 井 建 設 2,500 阪 急 電 鉄 宝 塚 南 口 兵 庫

山 陽 新 幹 線 千 種 川 橋 梁 兵 庫 県 国 鉄 熊 谷 組 6, 山 陽 新 幹 線 白 水 橋 梁 国 鉄 三 井 建 設 2,500 阪 急 電 鉄 宝 塚 南 口 兵 庫 1 1964 営 団 5 号 線 営 団 馬 場 駅 東 京 都 東 京 都 大 成 建 設 10,000 1964 1964 1965 1965 1966 1967 1967 1968 1968 1968 1968 1969 1969 1969 1970 1970 1970 営 団 5 号 線 営 団 竹 平 東 京 都 東 京 都 間 組 13,000 渋 谷 駅 道 地 下 道 東 京 都 東

More information

(差し替え)資料1-2 国有:補足資料

(差し替え)資料1-2 国有:補足資料 補 足 資 料 主 要 庁 舎 の 移 転 再 配 置 計 画 (イメージ) 第 2 期 初 築 地 の 海 洋 情 報 部 を 臨 海 部 に 仮 移 転 (1) 第 2 期 末 東 京 国 税 局 を 築 地 に 移 転 気 象 庁 を 霞 が 関 近 辺 ( 虎 ノ 門 )に 移 転 (2) 25 年 内 閣 府 新 合 同 庁 舎 建 設 (3) 第 3 期 初 大 手 町 を (4) 第

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63> 海 洋 汚 染 の 準 備 対 応 に 関 する 国 家 防 除 基 本 計 画 目 次 Ⅰ. 総 則 1. 計 画 の 目 的...1 2. 適 用 の 範 囲...1 3.その 他 の 計 画 と 関 係...1 Ⅱ. 油 汚 染 の 防 除 体 制 1. 防 除 体 制 等...2 2. 防 除 対 策 本 部...2 3. 海 洋 汚 染 防 除 対 策 委 員 会...5 4. 地 域 海

More information

別 紙 5 月 3 日 ~5 日 における 新 潟 県 内 JA 信 連 の 稼 働 ATM 一 覧 JA 新 潟 市 石 山 支 店 新 潟 市 東 区 石 山 1-4-15 木 戸 支 店 新 潟 市 東 区 山 木 戸 4-2-30 南 部 支 店 新 潟 市 江 南 区 嘉 木 217-1

別 紙 5 月 3 日 ~5 日 における 新 潟 県 内 JA 信 連 の 稼 働 ATM 一 覧 JA 新 潟 市 石 山 支 店 新 潟 市 東 区 石 山 1-4-15 木 戸 支 店 新 潟 市 東 区 山 木 戸 4-2-30 南 部 支 店 新 潟 市 江 南 区 嘉 木 217-1 お 知 らせ ゴールデンウィーク 期 間 におけるATMのご 利 用 時 間 について ゴールデンウィーク 期 間 中 (5 月 3 日 ~5 月 6 日 )における 新 潟 県 内 JA 信 連 のキ ャッシュカードによるATMのご 利 用 時 間 は 次 のとおりです また 5 月 3 日 ~5 日 における 新 潟 県 内 JA 信 連 設 置 のATMのご 利 用 可 能 時 間 につ いては

More information

2 初 めて 統 合 任 務 部 隊 が 編 成 された 阪 神 淡 路 大 震 災 等 の 教 訓 を 踏 まえ 2005 年 3 月 に 統 合 幕 僚 監 部 が 新 編 され これを 契 機 に 自 衛 隊 の 運 用 は 統 合 運 用 を 基 本 とされてい たが 統 合 任 務 部 隊

2 初 めて 統 合 任 務 部 隊 が 編 成 された 阪 神 淡 路 大 震 災 等 の 教 訓 を 踏 まえ 2005 年 3 月 に 統 合 幕 僚 監 部 が 新 編 され これを 契 機 に 自 衛 隊 の 運 用 は 統 合 運 用 を 基 本 とされてい たが 統 合 任 務 部 隊 東 日 本 大 地 震 に 対 する 海 上 自 衛 隊 の 活 動 状 況 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 に 東 北 地 方 太 平 洋 沖 一 帯 を 震 源 地 とするマグニチュー ド 9.0 の 大 地 震 が 発 生 した 発 災 から 約 3 時 間 後 に 自 衛 隊 に 対 して 大 規 模 震 災 災 害 派 遣 命 令 が 発 出 され 翌 々 日

More information

第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 等 対 策 ) 第 1 章 第 1 節 応 急 活 動 体 制 の 確 立 活 動 体 制 の 確 立 市 県 NTT 西 日 本 山 口 支 店 災 害 応 急 対 策 を 迅 速 かつ 効 果 的 に 実 施 するため 本 防 災 計 画 に 定 める 組 織 所 掌 事 務 により 諸 活 動 を 実 施 するものとする このため

More information

南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 章 総 則 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 章 総 則 実 施 担 当 全 部 班. 推 進 計 画 の 目 的 この 計 画 は 南 海 トラフ 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 の 推 進 に 関 する 特 別 措 置 法 ( 平 成 年 法 律 9 号 以 下 南 海 トラフ 法 という ) 条 項 の

More information

須賀川市地域防災計画(表紙・目次)

須賀川市地域防災計画(表紙・目次) 須 賀 川 市 地 域 防 災 計 画 平 成 25 年 3 月 修 正 須 賀 川 市 防 災 会 議 . 須 賀 川 市 地 域 防 災 計 画 目 次 第 1 部 総 則... 1 第 1 節 計 画 の 目 的 及 び 方 針... 3 第 1 計 画 の 目 的... 3 第 2 計 画 の 構 成... 3 第 3 計 画 の 修 正... 4 第 4 計 画 の 周 知 徹 底...

More information

あわら市地域防災計画資料編

あわら市地域防災計画資料編 あわら 市 地 域 防 災 計 画 資 料 編 あわら 市 地 域 防 災 計 画 資 料 編 目 次 1 条 例 規 則 要 綱 等... 1 (1) あわら 市 防 災 会 議 条 例... 1 (2) あわら 市 災 害 対 策 本 部 条 例... 3 (3) あわら 市 災 害 対 策 本 部 運 営 要 綱... 4 (4) 嶺 北 消 防 組 合 警 防 規 定... 16 (5)

More information

P 1~14

P 1~14 平 成 26 年 度 中 津 川 市 防 災 会 議 目 次 風 水 害 等 対 策 編 第 1 章 災 害 応 急 対 策 1 第 1 節 市 本 部 活 動 体 制 1 第 1 項 市 災 害 対 策 本 部 運 用 計 画 1 第 2 項 動 員 計 画 5 第 2 節 災 害 労 務 対 策 9 第 1 項 奉 仕 団 の 編 成 活 動 計 画 9 第 2 項 技 術 者 等 雇 上 の

More information

施設リスト

施設リスト 1 北 海 道 北 海 道 大 学 医 学 部 附 属 病 院 2 北 海 道 札 幌 医 科 大 学 附 属 病 院 3 北 海 道 市 立 旭 川 病 院 4 北 海 道 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 北 海 道 医 療 センター 5 北 海 道 砂 川 市 立 病 院 6 北 海 道 製 鉄 記 念 室 蘭 病 院 7 北 海 道 名 寄 市 立 総 合 病 院 8 北 海

More information

市 章 ( 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 ) 石 岡 (いしおか)の 頭 文 字 い を 図 案 化 したもので, 外 郭 の 円 に 囲 まれた い の 字 で 円 く 治 まるという 円 満 な 市 政 とその 発 展 を 表 象 したものです 市 の 木 市 の 花 市 の 鳥 市 の 木 し い ( 平 成 17 年 10 月 制 定 ) 市 の 花 ゆ り ( 平 成 17

More information

の 過 剰 死 亡 が 認 められ 関 連 死 は 有 意 に 存 在 することが 証 明 できました なお 被 害 の 大 きかった 海 岸 沿 いの 激 震 6 区 ( 須 磨 区 長 田 区 兵 庫 区 中 央 区 灘 区 東 灘 区 )の 推 定 関 連 死 亡 数 は 483 人 過 去

の 過 剰 死 亡 が 認 められ 関 連 死 は 有 意 に 存 在 することが 証 明 できました なお 被 害 の 大 きかった 海 岸 沿 いの 激 震 6 区 ( 須 磨 区 長 田 区 兵 庫 区 中 央 区 灘 区 東 灘 区 )の 推 定 関 連 死 亡 数 は 483 人 過 去 震 災 関 連 死 の 実 態 とその 対 策 はじめに/ 震 災 ごとに 被 害 は 異 なる 震 災 ごとにその 被 害 の 現 れ 方 は 異 なります 地 震 の 規 模 時 間 場 所 季 節 さらに 時 代 によって 被 害 は 変 化 します 阪 神 淡 路 大 震 災 (1995 年 )は 日 本 が 高 齢 社 会 になって 初 めて 経 験 した 震 災 ですが 高 齢 者 への

More information

避難所についての内閣府等のこれまでの対応

避難所についての内閣府等のこれまでの対応 ( 資 料 5 関 連 : 参 考 資 料 ) 避 難 所 の 確 保 と 質 の 向 上 に 関 する 検 討 会 について 平 成 27 年 7 月 22 日 内 閣 府 ( 防 災 担 当 ) 1. 取 組 指 針 での トイレ に 関 する 主 な 規 定 P9 第 1-2-(2) 福 祉 避 難 所 の 整 備 福 祉 避 難 所 とは 要 配 慮 者 のために 特 別 の 配 慮 がなされた

More information

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 平 成 25 年 度 高 額 レセプト 上 位 の 概 要 健 保 連 が 行 う 平 成 25 年 度 の 高 額 医 療 交 付 金 交 付 事 業 に 申 請 された 医 療 費 のうち 1ヵ 月 の 医 療 費 が1,000 万 円 以 上 のものは 前 年 度 比 82 件 増 (32.28% 増 )の336 件 で 過 去 最 高 となった 全 336 件 のうち 先 天 性 疾 患 が125

More information

第 5 章 応 急 活 動 体 制 第 5 章 応 急 活 動 体 制 第 1 節 災 害 発 生 直 前 の 対 策 担 当 本 部 事 務 局 ( 本 部 連 絡 班 秘 書 広 報 班 ) 健 康 福 祉 部 ( 健 康 福 祉 班 ) 消 防 部 ( 消 防 総 務 班 警 防 班 鎌 倉 班 大 船 班 ) 風 水 害 については 気 象 水 象 情 報 の 分 析 により 災 害 の 危

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 10 月 大 分 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 想 定 する 事 態 2 第 2 編 平

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20365F335F8FF08C8F90DD92E8816989FC92F994C5382D32816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20365F335F8FF08C8F90DD92E8816989FC92F994C5382D32816A> 西 原 市 の 防 災 体 制 現 況 体 制 施 設 設 備 市 役 所 は 市 中 央 部 の 市 街 地 にある 庁 舎 は 東 棟 ( 昭 和 54 年 建 築 のRC5 階 建 ) と 西 棟 ( 平 成 10 年 建 築 のRC7 階 建 )に 分 かれてる 災 害 対 策 本 部 は 西 棟 2 階 の 共 用 会 議 室 に 設 置 される 職 員 数 :600 名 (うち 消 防

More information

三浦市地域防災計画

三浦市地域防災計画 三 浦 市 地 域 防 災 計 画 ( 風 水 害 等 災 害 対 策 計 画 編 ) 新 旧 対 照 表 平 成 25 年 度 平 成 25 年 度 修 正 三 浦 市 防 災 会 議 三 浦 市 地 域 防 災 計 画 風 水 害 等 災 害 対 策 計 画 編 目 次 第 1 編 風 水 害 等 災 害 対 策 の 計 画 的 推 進 1 第 1 章 計 画 の 目 的 及 び 性 格 1 第

More information

参 考 資 料 国 土 強 靱 化 基 本 計 画 - 強 くて しなやかなニッポンへ- 平 成 26 年 6 月 3 日 目 次 ( 頁 ) はじめに 1 第 1 章 国 土 強 靱 化 の 基 本 的 考 え 方 2 第 2 章 脆 弱 性 評 価 10 第 3 章 国 土 強 靱 化 の 推 進 方 針 14 第 4 章 計 画 の 推 進 と 不 断 の 見 直 し 30 おわりに 34

More information