研究会報告書等 No.44

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "研究会報告書等 No.44"

Transcription

1 出 資 金 の 運 用 益 を 事 業 費 としており 出 資 金 の 利 払 いの 一 部 を 地 方 交 付 税 措 置 している ことから 復 興 基 金 の 事 業 費 を 地 方 交 付 税 で 支 える 仕 組 みということができる なお 図 表 6-3 にあるように 事 業 費 の 一 部 だけを 交 付 税 措 置 するのは 公 的 資 金 を 被 災 者 の 住 宅 再 建 や 個 人 資 産 の 形 成 に 用 いるのは 問 題 があり 交 付 税 措 置 されていない 財 源 で 上 記 のよ うな 施 策 を 実 施 するという 考 えに 基 づいている ただ どこまでが 公 的 資 金 による 事 業 な のか 判 別 が 出 来 ないし また 地 方 財 政 における 普 通 交 付 税 の 問 題 としても 議 論 されている ように 普 通 交 付 税 措 置 によって 必 要 のない 事 業 まで 実 施 されてしまう 可 能 性 はあるだろ う 3. 新 潟 県 中 越 地 震 の 災 害 対 策 事 業 : 阪 神 淡 路 大 震 災 と 比 較 して 3.1 被 災 状 況 月 23 日 の 17 時 56 分 に 新 潟 県 川 口 町 で 震 度 7 を 記 録 する 大 規 模 な 地 震 が 発 生 した 都 市 部 における 地 震 ではなかったため 阪 神 淡 路 大 震 災 と 同 程 度 の 地 震 の 強 さを 観 測 したが 人 的 被 害 は 阪 神 淡 路 大 震 災 よりも 非 常 に 少 なく 死 者 59 名 重 傷 者 635 人 軽 傷 者 4,160 人 であった( 月 1 日 現 在 ) 死 者 59 人 のうち 地 震 時 の 家 屋 倒 壊 やがけ 崩 れなどの 直 接 的 原 因 で 死 亡 した 人 は 4 分 の 1 の 16 名 と 少 なく 大 規 模 な 火 災 も 発 生 しなかったので 焼 死 者 もいなかった なお 住 家 被 害 は 全 壊 3,175 棟 半 壊 13,772 棟 (うち 大 規 模 半 壊 が 2,163 棟 ) 一 部 損 壊 が 103,603 棟 となっているが 豪 雪 地 帯 での 災 害 であったために 住 宅 の 多 くが 積 雪 に 耐 えうるように 丈 夫 に 設 計 されていたお かげで 倒 壊 した 住 家 の 下 敷 きになって 死 亡 した 者 は 少 なかった 図 表 6-5 は 阪 神 淡 路 大 震 災 と 新 潟 県 中 越 地 震 の 直 接 被 害 額 だが 今 回 の 地 震 の 被 害 額 は 1 兆 6,542 億 円 と 推 計 されている なお この 被 害 額 には 商 工 業 における 大 企 業 の 被 害 公 共 事 業 とされない 斜 面 の 崩 壊 等 の 被 害 国 の 補 助 対 象 とならない 被 害 については 除 外 さ れている 建 築 物 の 被 害 額 が 最 も 大 きく 全 体 の 68.5%を 占 めている 内 訳 は 住 家 が 6,389 億 円 公 共 建 物 工 場 車 庫 などからなる 非 住 家 が 4,949 億 円 で 住 家 と 非 住 家 の 双 方 と も 被 害 が 大 きかった また 公 共 土 木 施 設 等 の 被 害 額 は 1,934 億 円 ( 全 体 の 11.7%)だが 道 路 の 被 害 額 が 1,160 億 円 で 公 共 土 木 施 設 等 の 被 害 のうち 約 6 割 を 占 めている 13 農 作 物 の 被 害 は 少 なかったものの 農 業 用 水 路 農 道 や 林 道 など 農 業 インフラの 被 害 が 大 きく 農 林 水 産 施 設 等 の 被 害 額 が 1,305 億 円 ( 同 7.9%)であった その 内 訳 は 県 管 理 道 路 が 498 億 円 市 町 村 管 理 道 路 が 256 億 円 国 管 理 道 路 が 157 億 円 高 速 道 路 が 246 億 円 で ある 14 その 内 訳 は 農 業 インフラが 948 億 円 農 地 が 156 億 円 となっている 147

2 図 表 6-5. 新 潟 中 越 大 震 災 と 阪 神 淡 路 大 震 災 の 比 較 ( 単 位 : 億 円 ) 施 設 等 中 越 大 震 災 ( 構 成 比 %) 阪 神 淡 路 大 震 災 ( 構 成 比 %) 1 建 築 物 11,338(68.5) 58,000(58.4) 2 鉄 道 625(3.9) 3,439(3.5) 3 公 共 土 木 施 設 等 1,934(11.7) 18,525 (18.7) (1) 高 速 道 路 249(1.5) 5,500(5.5) (2) 国 管 理 道 路 河 川 等 237(1.4) (3) 県 管 理 道 路 河 川 等 652(3.9) (4) 市 町 村 管 理 施 設 等 440(2.7) 2,961(3.0) (5) 斜 面 崩 壊 356(22) (6) 港 湾 10,000 (10.1) (7) 埋 立 地 64(0.1) 4 文 教 施 設 172(1.O) 3,352(3.4) 5 農 林 水 産 施 設 等 1,305(7.9) 1,181(1.2) 6 保 健 医 療 福 祉 施 設 15(0.1) 1,733(1.7) (1) 県 立 病 院 1 (2) 医 療 機 関 6 (3) 社 会 福 祉 施 設 8 7 水 道 施 設 38(0.2) 541(0.6) 8 電 気 ガス 施 設 89(0.5) 4,200( 4.2) 9 通 信 放 送 施 設 32(0.2) 1,202(1.2) 10 商 工 関 係 施 設 781(4.7) 6,300(6.3) 11 その 他 の 公 共 施 設 13(0.1) 795(0.8) 12 その 他 200(1.2) 合 計 16,542(100.0) 99,268(100.0) ( 備 考 ) 新 潟 県 中 越 大 震 災 記 録 誌 編 集 委 員 会 (2006) 次 に 阪 神 淡 路 大 震 災 と 被 害 状 況 を 比 較 してみると 新 潟 県 中 越 地 震 では 農 林 水 産 施 設 等 建 築 物 の 割 合 が 高 く 公 共 土 木 施 設 等 高 速 道 路 電 気 ガス 施 設 通 信 放 送 施 設 商 工 関 係 施 設 の 構 成 比 が 低 い 阪 神 淡 路 大 震 災 が 都 市 における 巨 大 地 震 だったのに 対 して 新 潟 県 中 越 地 震 が 中 山 間 地 域 で 発 生 した 巨 大 地 震 だったためと 考 えられる 3.2 阪 神 淡 路 大 震 災 の 災 害 対 策 事 業 国 と 地 方 の 財 政 負 担 阪 神 淡 路 大 震 災 は 未 曾 有 の 大 災 害 であったが 災 害 対 策 に 要 する 国 と 地 方 の 費 用 負 担 も 莫 大 なものとなった まず 平 成 6 度 と 平 成 7 度 の 補 正 予 算 から 政 府 の 阪 神 淡 路 148

3 大 震 災 に 対 する 予 算 措 置 を 概 観 し その 後 災 害 救 助 費 と 災 害 復 旧 事 業 費 の 推 移 災 害 復 旧 事 業 債 の 発 行 状 況 を 国 と 地 方 の 財 政 負 担 に 焦 点 を 当 てながら 考 察 する 図 表 6-6: 阪 神 淡 路 大 震 災 の 補 正 予 算 平 成 6 度 補 正 予 算 2 号 91,270 11,960 30,000 54,410 85,278 55,744 34,283 災 害 救 助 費 その 他 災 害 救 助 等 関 係 費 災 害 廃 棄 物 処 理 事 業 費 公 共 土 木 施 設, 農 林 水 産 業 施 設 等 の 災 害 復 旧 事 業 費 及 び 災 害 関 連 事 業 費 その 他 災 害 復 旧 等 事 業 費 単 位 : 百 万 円 149, , ,595 一 般 公 共 事 業 関 係 費 施 設 等 災 害 復 旧 費 災 害 関 連 融 資 関 係 経 費 その 他 の 阪 神 淡 路 大 震 災 関 係 経 費 地 方 交 付 税 交 付 金 平 成 7 度 補 正 予 算 146,545 54,326 63, , , ,189 災 害 救 助 費 その 他 災 害 救 助 等 関 係 費 災 害 廃 棄 物 処 理 事 業 費 災 害 復 旧 等 事 業 費 一 般 公 共 事 業 関 係 費 766, ,775 施 設 等 災 害 復 旧 費 災 害 関 連 融 資 関 係 経 費 単 位 : 百 万 円 その 他 の 阪 神 淡 路 大 震 災 関 係 経 費 ( 備 考 ) 平 成 6 度 平 成 7 度 補 正 予 算 等 の 説 明 より 作 成 図 表 6-6 は 平 成 6 度 と 平 成 7 度 の 阪 神 淡 路 大 震 災 にかかる 補 正 予 算 措 置 である まず 災 害 救 助 等 関 係 経 費 ( 災 害 救 助 費 とその 他 災 害 救 助 等 関 係 経 費 )の 中 では 災 害 救 助 費 の 占 める 割 合 が 高 いことが 分 かる 災 害 救 助 費 の 災 害 救 助 等 関 係 経 費 に 占 める 割 合 は 平 成 6 度 補 正 予 算 では 60.5% 平 成 7 度 補 正 予 算 では 32%となっている 15 また 平 成 6 における 災 害 復 旧 事 業 などの 費 用 ( 公 共 土 木 施 設 農 林 水 産 業 施 設 等 の 災 害 復 旧 事 業 費 及 び 災 害 関 連 事 業 費 その 他 災 害 復 旧 等 事 業 費 施 設 等 災 害 復 旧 費 )の 中 では 公 共 土 木 施 設 と 農 林 水 産 業 施 設 等 の 災 害 復 旧 事 業 費 ( 及 び 関 連 経 費 )の 割 合 が 高 い 災 害 復 旧 15 なお 災 害 救 助 費 の 内 容 については 詳 しく 説 明 していないが 応 急 仮 設 住 宅 の 供 与 住 宅 の 応 急 修 理 に 要 する 費 用 が 大 きな 割 合 を 占 める 149

4 事 業 には 河 川 や 道 路 などの 復 旧 に 資 する 公 共 土 木 施 設 災 害 復 旧 事 業 農 地 や 水 産 施 設 など を 対 象 とする 農 林 水 産 施 設 等 災 害 復 旧 事 業 のほかに 公 立 学 校 などを 対 象 とした 文 教 施 設 等 災 害 復 旧 事 業 社 会 福 祉 施 設 や 医 療 施 設 などを 対 象 にした 厚 生 施 設 等 災 害 復 旧 事 業 等 が あるが 公 共 土 木 施 設 と 農 林 水 産 施 設 の 災 害 復 旧 と 関 連 する 事 業 への 支 出 が 多 いというこ とだろう また 一 般 公 共 事 業 関 係 費 は 災 害 復 旧 事 業 や 災 害 関 連 事 業 を 除 いた 公 共 事 業 関 係 費 で 今 回 は 阪 神 淡 路 大 震 災 震 災 による 治 水 治 山 道 路 などの 諸 施 設 の 災 害 復 旧 等 に 必 要 な 経 費 だが 平 成 7 度 補 正 予 算 では 災 害 初 期 の 緊 急 的 な 災 害 復 旧 事 業 から 本 格 的 な 災 害 復 旧 復 興 が 始 まり 一 般 公 共 事 業 関 係 費 の 予 算 が 増 嵩 されていることが 分 かる 図 表 6-7: 災 害 救 助 費 の 推 移 140, , ,000 80,000 60,000 40,000 20,000 0 平 成 6 平 成 7 平 成 8 平 成 9 平 成 10 百 万 円 地 方 負 担 額 国 費 ( 備 考 ) 防 災 白 書 より 作 成 図 表 6-8: 災 害 救 助 法 における 費 用 の 負 担 負 担 割 合 実 質 負 担 割 合 国 地 方 国 地 方 平 成 6 86% 14% 99.3% 0.71% 平 成 7 82% 18% 99.1% 0.89% 平 成 8 50% 50% 97.5% 2.5% 平 成 9 50% 50% 97.5% 2.5% 平 成 10 50% 50% 97.5% 2.5% ( 備 考 ) 実 質 負 担 割 合 は 交 付 団 体 において 地 方 負 担 分 の 全 額 に 災 害 対 策 債 を 発 行 した 場 合 の 特 別 交 付 税 措 置 を 考 慮 して 計 算 ただし 利 払 いは 除 外 している 次 に 災 害 救 助 費 の 国 と 地 方 の 負 担 を 検 証 する まず 災 害 救 助 費 は 発 災 直 後 の 災 害 救 助 や 応 急 対 策 に 必 要 な 経 費 であるため 災 害 発 生 直 後 の 費 用 負 担 額 が 非 常 に 大 きく その 150

5 後 急 速 に 減 少 する 図 表 6-8 にあるように 平 成 6 には 国 庫 負 担 割 合 が 86% 平 成 7 に は 82%と 地 方 の 負 担 は 小 さく 平 成 8 以 降 の 国 庫 負 担 は 通 常 の 負 担 割 合 である 50%とな っている さらに 災 害 対 策 債 の 特 別 交 付 税 措 置 を 考 慮 すると 都 道 府 県 の 負 担 額 は 大 幅 に 減 少 する 阪 神 淡 路 大 震 災 では 災 害 救 助 費 には 全 額 災 害 対 策 債 の 充 当 が 認 められ なお かつ 災 害 対 策 債 の 元 利 償 還 金 に 95%の 普 通 交 付 税 措 置 がなされた そのため 地 方 負 担 分 の 全 額 に 災 害 対 策 債 が 発 行 された 場 合 地 方 負 担 は 平 成 6 で 0.7%と 7 で 0.9% 平 成 8 以 降 でも 2.5%まで 小 さくなる 16 図 表 6-9: 公 共 土 木 施 設 災 害 復 旧 事 業 費 の 推 移 1,200,000 1,000,000 百 万 円 800, , ,000 地 方 負 担 額 国 費 200,000 0 平 成 6 平 成 7 平 成 8 平 成 9 ( 備 考 ) 防 災 白 書 ( 各 版 )より 作 成 図 表 6-10: 農 林 水 産 業 施 設 災 害 復 旧 事 業 費 の 推 移 百 万 円 160, , , ,000 80,000 60,000 40,000 20,000 0 地 方 負 担 額 国 費 平 成 6 平 成 7 平 成 8 平 成 9 ( 備 考 ) 防 災 白 書 ( 各 版 )より 作 成 16 なお 実 質 地 方 負 担 は 各 地 方 団 体 の 負 担 額 から 計 算 したのではなく 地 方 負 担 の 総 額 に 対 して 制 度 を 適 用 して 計 算 している 151

6 今 度 は 本 稿 で 関 心 のある 負 担 法 と 暫 定 法 及 びこれらの 根 拠 法 に 基 づく 事 業 に 関 する 激 甚 法 にかかる 災 害 復 旧 事 業 費 の 推 移 を 検 討 する 図 表 6-9 は 平 成 7 度 災 害 に 対 する 公 共 土 木 施 設 災 害 復 旧 事 業 費 ( 公 共 土 木 施 設 事 業 費 とすることもある)の 推 移 図 表 6-10 は 平 成 7 度 災 害 に 対 する 農 林 水 産 業 施 設 災 害 復 旧 事 業 費 ( 農 林 水 産 業 施 設 事 業 費 と することもある)の 推 移 である 1718 災 害 復 旧 事 業 の 規 定 により 国 直 轄 事 業 は 2 補 助 事 業 は 3 で 事 業 は 終 了 するため 平 成 9 までの 事 業 費 を 載 せている まず 公 共 土 木 施 設 事 業 と 農 林 水 産 業 施 設 事 業 の 双 方 とも 平 成 7 の 事 業 費 が 非 常 に 大 きいが 平 成 8 と 9 には 急 激 に 減 少 していることがわかる 公 共 土 木 施 設 災 害 復 旧 事 業 費 は 平 成 7 には 9,930 億 円 だったのが 平 成 8 には 550 億 円 と 約 94%も 減 少 しているし 農 林 水 産 業 施 設 災 害 復 旧 事 業 費 も 平 成 7 の 1,370 億 円 から 平 成 8 には 140 億 円 と 約 90%も 事 業 費 が 減 少 している また 公 共 土 木 施 設 事 業 費 と 農 林 水 産 業 施 設 事 業 費 の 双 方 とも 地 方 負 担 の 割 合 が 低 く 特 に 農 林 水 産 業 施 設 では 地 方 の 負 担 割 合 が 10%にも 満 たない 程 度 であ る 図 表 災 害 復 旧 事 業 債 の 許 可 状 況 : 都 道 府 県 250, , ,000 補 助 災 害 復 旧 事 業 単 独 災 害 復 旧 事 業 百 万 円 100,000 50,000 0 平 成 4 平 成 5 平 成 6 平 成 7 平 成 8 平 成 9 平 成 10 ( 備 考 ) 防 災 白 書 ( 各 版 )より 作 成 17 したがって 平 成 8 の 数 値 は 平 成 8 に 実 施 された 平 成 7 災 害 に 対 する 事 業 費 で 平 成 9 も 同 様 である 18 国 直 轄 事 業 の 地 方 負 担 を 反 映 するために 基 本 的 に 国 直 轄 事 業 の 地 方 負 担 が 補 助 事 業 の 国 と 地 方 の 負 担 割 合 と 同 じこ とを 利 用 し 補 助 事 業 の 国 と 地 方 の 負 担 割 合 から 国 と 地 方 の 負 担 額 を 計 算 している 152

7 図 表 災 害 復 旧 事 業 債 の 許 可 状 況 : 市 町 村 100,000 90,000 80,000 70,000 60,000 50,000 40,000 30,000 20,000 10,000 0 平 成 4 平 成 5 平 成 6 平 成 7 平 成 8 平 成 9 平 成 10 百 万 円 補 助 災 害 復 旧 事 業 単 独 災 害 復 旧 事 業 ( 備 考 ) 防 災 白 書 ( 各 版 )より 作 成 図 表 6-13: 補 助 災 害 復 旧 事 業 債 と 単 独 災 害 復 旧 事 業 債 の 発 行 比 率 都 道 府 県 市 町 村 平 成 4 平 成 5 平 成 6 平 成 7 平 成 8 平 成 9 平 成 10 補 助 事 業 97.40% 96.85% 54.19% 38.66% 71.34% 89.27% 92.18% 単 独 事 業 2.60% 3.15% 45.81% 61.34% 28.66% 10.73% 7.82% 補 助 事 業 90.50% 91.45% 57.18% 37.27% 60.65% 81.33% 86.13% 単 独 事 業 9.50% 8.55% 42.82% 62.73% 39.35% 18.67% 13.87% ( 備 考 ) 防 災 白 書 ( 各 版 )より 作 成 図 表 6-11 と 図 表 6-12 は 補 助 事 業 と 単 独 事 業 別 にみた 都 道 府 県 と 市 町 村 における 災 害 復 旧 事 業 債 の 発 行 状 況 である 補 助 事 業 と 単 独 事 業 ともに 都 道 府 県 と 市 町 村 でほぼ 同 じような 動 きをしているが 双 方 とも 平 成 7 で 発 行 額 が 大 幅 に 増 加 していることがわか る 平 成 6 の 都 道 府 県 災 害 復 旧 事 業 債 は 約 1,911 億 円 平 成 7 は 約 3,700 億 円 だが その 他 の は 500 億 円 から 1,000 億 円 の 間 で 推 移 している 市 町 村 でも 平 成 6 の 災 害 復 旧 事 業 債 の 発 行 高 は 約 566 億 円 平 成 7 は 約 1,400 億 円 だが その 他 の は 280 億 円 から 600 億 円 程 度 となっている また 図 表 6-11 と 図 表 6-12 からも 分 かるように 平 成 6 と 平 成 7 を 除 いた では 単 独 災 害 復 旧 事 業 債 の 発 行 高 は 補 助 災 害 復 旧 事 業 債 に 比 べ て 大 幅 に 少 なかったが この 2 間 は 単 独 災 害 復 旧 事 業 債 の 起 債 が 急 激 に 増 えている 図 表 6-13 は 全 体 に 占 める 補 助 事 業 と 単 独 事 業 の 災 害 復 旧 事 業 債 の 発 行 比 率 であるが 都 道 府 県 で 約 3%となっているように 平 成 4 と 5 の 単 独 事 業 債 発 行 割 合 は 非 常 に 低 いが 平 成 7 には 都 道 府 県 と 市 町 村 において 60% 以 上 で 平 成 6 から 7 にかけての 増 加 率 は 都 道 府 県 で 93.7% 市 町 村 で 145.6%と 急 激 に 増 加 している 当 然 道 路 や 河 川 といっ た 公 共 土 木 施 設 への 被 害 が 甚 大 であったために 補 助 災 害 復 旧 事 業 の 採 択 基 準 を 満 たさない 事 業 や 災 害 に 関 連 した 公 共 事 業 への 拠 出 が 増 大 したことが 影 響 しているだろう また 特 153

8 例 措 置 によって 阪 神 淡 路 大 震 災 では 民 間 等 が 運 営 する 高 速 道 路 鉄 道 などへの 地 方 団 体 の 補 助 金 や 公 営 企 業 の 災 害 復 旧 事 業 への 繰 出 金 に 対 して 単 独 災 害 復 旧 事 業 債 の 発 行 を 認 めたことが 理 由 のひとつであろう さらに 阪 神 淡 路 大 震 災 では 単 独 災 害 復 旧 事 業 債 の 元 利 償 還 金 に 対 する 普 通 交 付 税 措 置 率 を 引 き 上 げた そのため 通 常 の 措 置 率 では 起 債 し ないような 災 害 復 旧 事 業 に 対 しても 単 独 災 害 復 旧 事 業 債 を 発 行 していたかもしれない 3.3 新 潟 県 中 越 地 震 の 災 害 対 策 制 度 図 表 6-14: 新 潟 県 中 越 地 震 の 災 害 対 策 にかかる 地 方 財 政 措 置 項 目 災 害 救 助 事 業 災 害 清 掃 費 主 な 内 容 応 急 修 理 の 補 助 額 上 限 :45 万 円 60 万 円 ( 豪 雪 地 帯 であることを 考 慮 ) 応 急 住 宅 修 理 の 完 了 期 限 : 月 まで 延 長 新 潟 県 中 越 地 震 被 災 者 住 宅 応 急 修 理 制 度 : 大 規 模 半 壊 で100 万 円 半 壊 で 50 万 円 所 得 などの 要 件 を 撤 廃 新 潟 県 中 越 地 震 被 災 者 生 活 再 建 支 援 事 業 補 助 金 : 全 壊 100 万 円 大 規 模 半 壊 と 半 壊 50 万 円 給 付 収 入 と 齢 要 件 を 撤 廃 災 害 復 旧 事 業 復 興 事 業 平 成 16 度 補 正 予 算 (1)ライフライン インフラ 都 市 施 設 ( 補 助 率 1/2 8/10) 農 林 水 産 業 共 同 施 設 ( 補 助 率 1/2) 農 業 集 落 排 水 施 設 ( 補 助 率 1/2 8/10) 水 道 施 設 ( 補 助 率 2/3 8/10 等 給 水 の 施 設 1/2) 公 立 火 葬 場 ( 補 助 率 1/2 2/3) 公 立 と 畜 場 ( 補 助 率 1/2 2/3) 災 害 廃 棄 物 処 理 については 地 域 の 実 情 に 即 して 対 応 ( 補 助 率 1/2) 一 般 廃 棄 物 処 理 施 設 ( 補 助 率 1/2 8/10) 消 防 施 設 ( 耐 水 性 貯 水 槽 )( 補 助 率 1/2 2/3) 警 察 施 設 ( 補 助 率 交 通 安 全 施 設 1/2 8/10 庁 舎 等 1/2 2/3) (2) 教 育 福 祉 医 療 専 修 学 校 各 種 学 校 ( 補 助 率 1/2) 社 会 福 祉 施 設 ( 補 助 率 1/2 2/3 等 ) 介 護 老 人 保 健 施 設 ( 補 助 率 1/3 1/2) 公 立 公 的 病 院 ( 補 助 率 2/3 2/3 等 ) 精 神 病 院 ( 補 助 率 1/2 2/3 等 ) 精 神 障 害 者 社 会 復 帰 施 設 ( 補 助 率 1/2 2/3) (3) 地 域 産 業 水 産 動 植 物 ( 鯉 )の 養 殖 施 設 ( 補 助 率 9/10: 従 来 は6/10) 商 店 街 振 興 組 合 等 の 共 同 施 設 ( 補 助 率 1/2) 工 業 用 水 道 ( 補 助 率 45/100 80/100) 復 興 基 金 : 地 方 債 を 許 可 し 貸 付 金 3000 億 円 の5/6について 利 払 いの95%を 普 通 交 付 税 措 置 新 潟 中 越 地 震 による 災 害 対 策 費 約 3000 億 円 ( 一 部 試 算 ) ( 備 考 ) 新 潟 県 中 越 地 震 に 係 る 財 政 上 の 支 援 について ( 月 内 閣 府 )などを 参 考 に 作 成 最 初 に 新 潟 県 中 越 地 震 における 災 害 救 助 法 被 災 者 生 活 再 建 支 援 法 負 担 法 暫 定 法 激 甚 法 の 適 用 復 興 基 金 の 設 立 状 況 を 実 際 の 実 施 状 況 にも 触 れながら 説 明 する 特 に 現 行 の 制 度 を 超 えた 中 山 間 地 域 における 大 災 害 である 新 潟 県 中 越 地 震 の 災 害 対 策 として 154

9 実 施 された 特 別 措 置 にも 言 及 する 図 表 災 害 救 助 法 の 適 用 状 況 項 目 2004 度 2005 度 合 計 応 急 仮 設 住 宅 の 供 与 住 宅 の 応 急 修 理 国 県 炊 出 しその 他 による 食 品 の 供 与 避 難 所 の 設 置 等 合 計 ( 備 考 ) 単 位 は 百 万 円 新 潟 県 資 料 より 作 成 国 は 災 害 救 助 法 県 は 新 潟 県 の 制 度 新 潟 県 では 1964 の 新 潟 地 震 以 来 の 大 地 震 となった 新 潟 県 中 越 地 震 では 月 23 日 に 54 市 町 村 で 災 害 救 助 法 が 適 用 された 震 災 による 避 難 者 数 は 月 26 日 が 最 も 多 く 103,178 人 で その 後 次 第 に 減 少 していき 同 12 月 21 日 には 避 難 者 数 が 0 となった 応 急 仮 設 住 宅 は 月 15 日 に 13 市 町 村 に 3,460 戸 建 設 され 最 大 9,484 人 が 入 居 していたが その 後 減 少 して 月 31 日 に 完 全 退 去 している 新 潟 県 中 越 地 震 では 被 災 地 が 豪 雪 地 帯 である 等 の 地 域 事 情 に 鑑 みて 図 表 6-14 にあるよう に 住 宅 の 応 急 処 理 による 給 付 の 最 高 額 を 45 万 円 から 60 万 に 引 き 上 げた 図 表 6-15 にあ るように 救 助 費 は 2004 度 には 224 億 6,840 万 円 2005 度 には 7,870 万 円 が 支 出 さ れている 2006 に 災 害 救 助 費 が 増 加 しているのは 応 急 仮 設 住 宅 の 撤 去 費 用 による 支 出 のためである 2004 度 分 の 救 助 種 類 別 内 訳 は 応 急 仮 設 住 宅 の 供 与 が 168 億 410 万 円 住 宅 の 応 急 処 理 が 31 億 5,170 万 円 炊 出 しその 他 による 食 品 の 給 与 が 8 億 2,431 万 円 避 難 所 の 設 置 等 が 16 億 8,829 万 円 となっており 応 急 仮 設 住 宅 への 支 出 額 が 多 いことが わかる 事 業 の 財 源 については 災 害 対 策 債 は 激 甚 災 害 以 外 ではこれまで 発 行 実 績 がない が 新 潟 県 中 越 地 震 では 激 甚 災 害 に 指 定 されたことから 災 害 対 策 債 を 48 億 円 程 度 発 行 し 財 源 措 置 した 新 潟 県 のヒアリングによる 155

10 図 表 6-16: 被 災 者 生 活 再 建 支 援 制 度 の 支 給 状 況 計 国 の 制 度 金 額 81,337 3,390,172 2,746,082 6,217,591 件 数 7,066 9,765 2,934 19,765 新 潟 県 の 制 度 金 額 3,403,650 5,362,990 1,599,360 10,366,000 ( 備 考 ) 単 位 は 千 円 実 際 に 補 助 が 支 出 された 金 額 と 件 数 新 潟 県 資 料 と 防 災 白 書 より 作 成 また 100 世 帯 以 上 の 住 宅 全 壊 被 害 発 生 した 都 道 府 県 という 要 件 を 満 たし 月 23 日 には 新 潟 県 全 域 で 被 災 者 生 活 再 建 支 援 法 が 適 用 された 被 災 者 生 活 再 建 支 援 法 は 被 災 者 に 対 する 必 要 最 小 限 の 支 援 の 必 要 性 という 見 地 から 設 けられた 制 度 だが 新 潟 県 中 越 地 震 では 地 震 災 害 としては 初 めて 2004 に 改 正 された 新 制 度 が 実 施 された 20 支 給 状 況 は 月 31 日 現 在 で 支 給 決 定 件 数 が 5,207 件 金 額 が 73 億 4,867 万 円 であっ た( 内 閣 府 資 料 ) 支 給 限 度 額 に 対 する 支 給 額 の 割 合 は 生 活 関 連 経 費 では 上 限 100 万 円 に 対 して 平 均 支 給 額 が 78 万 2,458 円 で 上 限 に 対 し 91.8% 給 付 されていたのに 対 し 居 住 関 連 経 費 の 場 合 限 度 額 200 万 円 に 対 し 平 均 支 給 額 が 91 万 6,532 円 で 同 60.0%まで 支 給 さ れている 21 被 災 者 生 活 再 建 支 援 制 度 は 既 述 のように 都 道 府 県 と 政 府 が 折 半 して 拠 出 し た 被 災 者 生 活 再 建 支 援 基 金 から 成 るが 現 在 の 積 立 額 は 約 1,200 億 円 で 1999 に 600 億 円 と 2004 に 600 億 円 の 積 み 増 しがされた 都 道 府 県 の 負 担 額 は 80%が 世 帯 数 割 20% が 均 等 割 で 決 まるが 新 潟 県 は 1999 に 5 億 円 2004 に 5 億 円 を 拠 出 している なお 拠 出 金 は 100%で 地 方 債 の 発 行 が 認 められ 元 利 償 還 金 のうち 4/5 が 普 通 交 付 税 措 置 され る 度 別 の 支 給 状 況 は 図 表 6-16 のとおりである 月 1 日 には 平 成 16 度 新 潟 県 中 越 地 震 による 災 害 についての 激 甚 災 害 及 びこれに 対 し 適 用 すべき 措 置 の 指 定 に 関 する 政 令 により 激 甚 災 害 として 指 定 され 公 共 土 木 施 設 や 農 林 水 産 業 施 設 に 対 する 特 別 な 措 置 が 講 じられた 図 表 6-17 には 激 甚 法 に かかる 事 業 の 特 別 措 置 が 載 せてある 公 共 土 木 施 設 災 害 復 旧 事 業 等 に 関 する 特 別 の 財 政 援 助 は 負 担 法 農 地 等 の 災 害 復 旧 事 業 等 に 係 る 補 助 の 特 別 措 置 及 び 農 林 水 産 業 共 同 利 用 施 設 災 害 復 旧 事 業 費 の 補 助 の 特 例 は 暫 定 法 にかかる 災 害 復 旧 事 業 についての 国 庫 負 担 補 助 の 嵩 上 げで 激 甚 法 の 適 用 により 1~2 割 程 度 補 助 率 がかさ 上 げされる 土 地 改 良 区 等 の 行 う 湛 水 排 除 事 業 は 一 般 災 害 の 場 合 国 庫 補 助 制 度 がないので 激 甚 災 害 に 指 定 されて 初 めて 国 庫 補 助 が 行 われる 公 共 土 木 施 設 や 公 立 学 校 農 地 などの 災 害 復 旧 事 業 でも 1 箇 所 の 事 業 費 が 小 規 模 である 場 合 には 各 根 拠 法 に 基 づく 補 助 の 対 象 にならないが 小 災 害 債 に 係 る 元 利 償 還 金 の 基 準 財 政 需 要 額 への 算 入 等 により 新 潟 県 中 越 地 震 では 小 災 害 復 旧 事 業 に 伴 って 発 行 された 地 方 債 の 元 利 償 還 金 の 基 準 財 政 需 要 への 算 入 が 認 められた 20 詳 しくは 佐 藤 (2009)を 参 照 されたい 21 被 災 者 生 活 再 建 支 援 制 度 に 関 する 検 討 会 ( 第 2 回 )における 新 潟 県 知 事 泉 田 裕 彦 氏 の 資 料 156

11 図 表 新 潟 県 中 越 地 震 による 激 甚 災 害 指 定 の 状 況 措 置 告 示 団 体 対 象 財 政 援 助 の 内 容 (1) 激 甚 災 害 指 定 基 準 ( 本 激 ) 公 共 土 木 施 設 災 害 復 旧 事 業 等 に 関 する 特 別 の 財 政 援 助 ( 負 担 法 ) 農 地 等 の 災 害 復 旧 事 業 等 に 係 る 補 助 の 特 別 措 置 ( 暫 定 法 ) 農 林 水 産 業 共 同 利 用 施 設 災 害 復 旧 事 業 費 の 補 助 の 特 例 ( 暫 定 法 ) 水 産 動 植 物 の 養 殖 施 設 の 災 害 復 旧 事 業 に 対 する 補 助 土 地 改 良 区 等 の 行 う 湛 水 排 除 事 業 に 対 する 補 助 特 定 地 方 公 共 団 体 :1 県 26 市 町 村 暫 定 法 の 指 定 :45 市 町 村 ( 農 地 農 業 用 施 設 ) 激 甚 法 の 指 定 :4 市 町 村 ( 農 地 農 業 用 施 設 ) 46 市 町 村 ( 林 道 ) 特 別 の 財 政 援 助 適 用 地 域 :22 市 町 村 特 別 の 財 政 援 助 適 用 地 域 :7 市 町 村 長 岡 市 八 丁 潟 団 地 国 庫 補 助 率 のかさ 上 げ: 71% 86%( 過 去 5 間 の 平 均 ) 国 庫 補 助 率 のかさ 上 げ: 84% 92%( 過 去 5 間 の 平 均 ) 国 庫 補 助 率 のかさ 上 げ 20% 30~90% 鯉 養 殖 施 設 復 旧 事 業 への 補 助 国 庫 補 助 :9/10(1/10 は 土 地 改 良 区 などの 負 担 ) 事 業 協 同 組 合 等 の 施 設 の 災 害 復 旧 事 業 に 対 する 補 助 公 立 社 会 教 育 施 設 災 害 復 旧 事 業 に 対 す る 補 助 私 立 学 校 施 設 災 害 復 旧 事 業 に 対 する 補 助 事 業 協 同 組 合 や 商 工 組 合 等 国 が 経 費 の 2/3 を 補 助 ( 経 費 の 3/4 以 下 への 県 の 補 助 ) 国 が 公 立 社 会 教 育 施 設 災 害 復 旧 事 業 の 2/3 を 都 道 府 県 などに 補 助 国 が 私 立 学 校 施 設 災 害 復 旧 事 業 の 1/2 を 学 校 設 置 者 に 補 助 市 町 村 が 施 行 する 感 染 症 予 防 事 業 に 関 する 負 担 の 特 例 罹 災 者 公 営 住 宅 建 設 等 事 業 に 対 する 補 助 の 特 例 小 災 害 債 に 係 る 元 利 償 還 金 の 基 準 財 政 需 要 額 への 算 入 等 (2) 局 地 激 甚 災 害 指 定 基 準 ( 局 激 ) 中 小 企 業 信 用 保 険 法 による 災 害 関 係 保 証 の 特 例 小 規 模 企 業 等 設 備 導 入 資 金 助 成 法 によ る 貸 付 金 の 償 還 期 間 等 の 特 例 特 定 地 方 公 共 団 体 特 別 の 財 政 援 助 適 用 地 域 :6 市 町 村 市 町 村 が 行 う 感 染 症 予 防 事 業 の 支 弁 について 都 道 府 県 が 1/3 国 が 2/3 を 負 担 補 助 のかさ 上 げ:2/3 3/4 小 災 害 の 復 旧 事 業 費 に 充 てるため に 発 行 が 許 された 地 方 債 に 係 る 元 利 償 還 金 を 基 準 財 政 需 要 額 に 算 入 中 小 企 業 信 用 保 険 の 保 険 限 度 額 の 別 枠 化 てん 補 率 の 引 き 上 げ 保 険 料 率 の 引 き 下 げ 貸 付 金 の 償 還 期 間 を 2 間 以 内 に おいて 延 長 157

12 ( 備 考 ) 田 近 宮 崎 (2008)に 加 筆 修 正 図 表 6-18.( 財 ) 新 潟 県 中 越 大 震 災 復 興 基 金 の 概 要 設 立 月 1 日 財 団 の 財 産 等 基 本 財 産 50 億 円 使 途 財 団 の 内 部 管 理 経 費 運 用 利 率 1.4%( 70 百 万 円 の 運 用 益 支 出 へ) 運 用 方 法 地 方 債 購 入 運 用 財 産 3000 億 円 調 達 方 法 県 から 無 利 子 貸 付 使 途 個 別 支 援 事 業 の 実 施 運 用 利 率 2.0%( 60 億 円 (10 間 で600 億 円 ) 支 出 ) 運 用 方 法 指 名 債 権 譲 渡 方 式 取 崩 型 財 産 5415 百 万 円 復 興 宝 くじ 分 寄 付 金 事 業 の 取 組 状 況 復 興 基 金 事 業 (メニュー)の 募 集 (1) 第 1 次 募 集 月 18 日 ~4 月 8 日 (2) 第 2 次 募 集 月 1 日 ~11 月 15 日 ( 備 考 ) 田 近 宮 崎 (2008) また 震 災 からの 早 期 復 興 のために 月 1 日 には( 財 ) 新 潟 県 中 越 大 震 災 復 興 基 金 が 設 立 された( 図 表 6-18) 月 には 10 間 で 600 億 円 規 模 の 事 業 を 実 施 するために 3,000 億 円 規 模 の 復 興 基 金 の 設 立 に 必 要 な 地 方 債 が 許 可 され その 利 払 いの 5/6 に 対 して 95% 普 通 交 付 税 措 置 されることが 決 定 された 158

13 図 表 6-19: 復 興 基 金 の 種 類 と 実 施 状 況 分 野 実 施 事 業 数 合 計 件 数 助 成 金 額 件 数 助 成 金 額 件 数 助 成 金 額 件 数 助 成 金 額 件 数 助 成 金 額 割 合 被 災 者 生 活 支 援 対 策 事 業 , ,239,102 2,294 4,560,066 2,308 5,737,492 5,517 11,565, % 雇 用 対 策 事 業 , , , ,273 1,137 1,811, % 被 災 者 住 宅 支 援 対 策 事 業 17 2, ,112 7,884 2,376,909 7,377 2,226,723 7,963 1,625,862 25,455 6,883, % 産 業 対 策 事 業 ,340 1, , , ,418 3,721 2,211, % 農 林 水 産 業 対 策 事 業 27 1, ,957 3,368 1,340,155 2,022 1,553, ,515,492 7,527 4,767, % 観 光 対 策 事 業 , , , , ,511, % 教 育 文 化 対 策 事 業 , , , , , % 記 録 広 報 2 1 4, , , , % 地 域 復 興 支 援 , , , % 2 重 被 災 者 緊 急 対 策 7 5 2, , % 合 計 126 4,612 2,267,036 13,367 6,459,477 13,103 9,634,396 12,529 11,487,327 43,611 29,848, % ( 備 考 ) 新 潟 県 資 料 より 作 成 助 成 金 額 は 千 円 対 象 は 助 成 金 を 交 付 した 事 業 2008 度 は 月 30 日 までの 数 字 事 業 数 は 月 11 日 までの 採 択 数 159

14 早 期 の 復 興 を 図 り 被 災 者 等 の 声 を 反 映 した 支 援 策 を 実 施 するため 復 興 基 金 は 月 と 11 月 に 事 業 のメニューを 公 募 した 支 援 事 業 の 数 は 月 12 日 には 123 事 業 にまで 増 加 し 約 314 億 円 の 支 援 策 を 決 定 実 施 している 図 表 6-19 が 度 別 に 算 出 した 復 興 基 金 による 事 業 の 種 類 と 事 業 数 で 被 災 者 生 活 支 援 対 策 事 業 が 約 116 億 円 (38.7%) 被 災 者 住 宅 支 援 対 策 事 業 が 約 69 億 円 (23.1%)と 比 率 が 高 く 被 災 者 の 生 活 と 居 住 など 生 活 に 密 着 した 分 野 への 配 分 が 大 きい 復 興 基 金 は 財 団 が 補 助 を 行 うので 施 策 の 期 間 や 対 象 について 行 政 よりも 弾 力 的 に 運 用 できる 新 潟 県 の 復 興 基 金 でも 国 や 地 方 には 難 しい 事 業 を 実 施 したが 主 に(1) 災 害 復 旧 事 業 の 対 象 だが 補 助 率 等 が 十 分 でない 事 業 (2) 災 害 復 旧 事 業 の 対 象 だが 補 助 対 象 とならない 事 業 (3) 行 政 が 対 象 と 出 来 ない 事 業 への 補 助 率 嵩 上 げや 経 費 の 補 助 がある 例 えば 被 災 者 生 活 支 援 対 策 事 業 の 社 会 福 祉 施 設 等 災 害 復 旧 支 援 事 業 は 今 回 災 害 復 旧 事 業 の 対 象 となっている 社 会 福 祉 施 設 や 介 護 老 親 福 祉 施 設 への 補 助 を 上 乗 せする 制 度 で(1)に 相 当 する 22 (2)には 事 業 規 模 が 小 さいために 災 害 復 旧 事 業 の 対 象 とならない 施 策 などがあり 例 えば 農 林 水 産 業 対 策 事 業 の 手 作 り 田 直 し 等 支 援 事 業 は 1 件 当 たり 40 万 円 以 下 で 災 害 復 旧 事 業 の 要 件 を 満 たしていないが 必 要 な 事 業 であると 判 断 され 復 興 基 金 の 施 策 メニューとして 実 施 されている (3)に 該 当 する のは 住 宅 ローンの 利 子 補 給 に 当 たる 被 災 者 生 活 支 援 対 策 事 業 の 生 活 福 祉 資 金 貸 付 金 利 子 補 給 事 業 や 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 金 利 子 補 給 事 業 被 災 地 住 民 の 生 活 のケアを 行 う 生 活 支 援 相 談 員 設 置 事 業 や 健 康 サポート 事 業 公 的 な 役 割 も 有 する 町 内 会 など が 維 持 管 理 する 私 有 地 などの 復 旧 を 行 う 地 域 共 用 施 設 等 復 旧 支 援 事 業 などである 3.4 新 潟 県 中 越 地 震 の 復 旧 復 興 財 源 3.3 節 では 新 潟 県 中 越 地 震 における 主 な 災 害 対 策 の 実 施 状 況 と 特 別 の 財 政 措 置 などを 概 観 してきた 本 節 では 各 施 策 の 実 施 状 況 や 国 と 地 方 との 負 担 額 の 推 移 等 から 財 政 面 特 に 地 方 財 政 面 における 施 策 の 特 徴 を 述 べる 新 潟 県 中 越 地 震 は 月 23 日 に 発 生 したため 初 度 の 経 費 等 は 平 成 16 度 補 正 予 算 で 対 応 している そのため 2004 度 には 7 月 13 日 の 新 潟 福 島 豪 雨 7 月 17 日 の 福 井 豪 雨 台 風 第 18 号 台 風 第 23 号 など 多 くの 災 害 が 発 生 しており 必 ずしも 新 潟 県 中 越 地 震 だけの 予 算 措 置 ではないが 震 災 被 害 の 程 度 が 大 きく 災 害 対 策 関 連 の 経 費 に 占 める 割 合 が 高 いと 予 測 されるので 災 害 対 策 関 係 の 平 成 16 度 補 正 予 算 によって 震 災 対 策 費 用 の 傾 向 を 確 認 できると 考 えられる 図 表 6-20 が 災 害 対 策 関 係 の 平 成 16 度 補 正 予 算 内 訳 である 災 害 救 助 等 関 係 経 費 は 災 害 救 助 法 の 適 用 に 伴 う 支 出 である 災 害 救 助 費 と その 他 災 害 救 助 等 関 係 費 から 成 るが 災 害 救 助 費 は 関 係 経 費 の 81.3%を 占 めており 初 度 における 災 害 救 助 応 急 対 策 で 主 要 な 施 策 であることがわかる 23 また 災 害 復 旧 事 業 や 災 害 関 連 事 業 など 災 害 後 の 早 期 復 旧 を 目 的 とした 施 策 の 経 費 である 災 害 復 旧 等 事 業 費 22 他 に 農 林 水 産 業 対 策 事 業 の 災 害 査 定 設 計 委 託 費 等 支 援 事 業 や 災 害 復 旧 事 業 費 等 負 担 金 支 援 事 業 などは 委 託 費 や 負 担 金 の 支 援 で (1)に 分 類 される 23 なお この 補 正 予 算 には 過 災 害 に 対 する 補 正 予 算 も 含 まれていることに 注 意 が 必 要 である 160

15 には 公 共 土 木 施 設 の 災 害 復 旧 事 業 費 及 び 災 害 関 連 事 業 費 と 農 林 水 産 業 施 設 等 の 災 害 復 旧 事 業 費 及 び 災 害 関 連 事 業 費 その 他 災 害 復 旧 等 事 業 費 が 含 まれるが 公 共 土 木 施 設 の 災 害 復 旧 に 関 する 費 用 が 災 害 復 旧 等 事 業 費 に 占 める 割 合 は 72%と 非 常 に 高 く 農 林 水 産 業 施 設 では 同 比 率 は 23.6%となり この 2 つの 項 目 だけで 95.6%を 占 めていることから 災 害 復 旧 事 業 において 重 要 な 施 策 であるといえよう 公 共 土 木 施 設 の 災 害 復 旧 に 関 する 費 用 は 平 成 16 度 補 正 予 算 ( 災 害 対 策 関 係 ) 全 体 の 45.3% 農 林 水 産 業 施 設 では 全 体 の 14.8%を 占 めていることから この 2 項 目 は 災 害 救 助 応 急 対 策 期 において 予 算 配 分 が 大 きいこと が 分 かる 図 表 6-20: 平 成 16 度 補 正 予 算 : 新 潟 県 中 越 地 震 にかかる 予 算 49,380 27,698 95,837 51,071 平 成 16 度 補 正 予 算 234,687 17, ,060 4,129 24,140 災 害 救 助 費 その 他 災 害 救 助 等 関 係 経 費 災 害 廃 棄 物 処 理 事 業 費 公 共 土 木 施 設 の 災 害 復 旧 事 業 及 び 災 害 関 連 事 業 費 農 林 水 産 業 施 設 等 の 災 害 復 旧 事 業 及 び 災 害 関 連 事 業 費 その 他 災 害 復 旧 等 事 業 費 一 般 公 共 事 業 関 係 費 37,690 単 位 : 百 万 円 202,129 施 設 等 災 害 復 旧 費 施 設 等 災 害 予 防 費 災 害 関 連 融 資 関 係 経 費 その 他 の 災 害 対 策 費 ( 備 考 ) 平 成 6 度 平 成 7 度 補 正 予 算 等 の 説 明 より 作 成 図 表 災 害 救 助 法 にかかる 事 業 費 の 推 移 23,000 18,000 13,000 百 万 円 8,000 3,259 19,475 県 負 担 国 費 3,000 2, ( 備 考 ) 防 災 白 書 ( 各 版 )より 作 成 161

16 図 表 6-22: 災 害 救 助 法 における 費 用 の 負 担 負 担 割 合 実 質 負 担 割 合 国 地 方 国 地 方 % 14% 93.8% 6.16% % 50% 78.5% 21.5% % 50% 78.5% 21.5% ( 備 考 ) 実 質 負 担 割 合 は 地 方 負 担 分 の 全 額 に 災 害 対 策 債 を 発 行 した 場 合 の 特 別 交 付 税 措 置 を 考 慮 して 計 算 ただし 利 払 いは 除 外 している 図 表 6-21 は 災 害 救 助 費 の 推 移 である 2004 の 支 出 が 飛 びぬけて 大 きく その 後 は 急 激 に 減 少 していることがわかる 2005 は 応 急 仮 設 住 宅 の 供 与 以 外 の 事 業 は 行 われてお らず 2004 度 に 大 半 の 事 業 が 完 了 するよう 比 較 的 迅 速 に 災 害 救 助 応 急 対 策 が 実 施 され たのではないかと 思 われる また 図 表 6-22 にあるように 災 害 救 助 費 における 地 方 負 担 割 合 は 非 常 に 小 さく 国 庫 負 担 の 割 合 が 大 きい 2004 は 事 業 費 がかさんだため 国 庫 負 担 が 86%となっていたが 2005 以 降 は 規 定 の 国 庫 負 担 割 合 である 50%となっている また 新 潟 県 負 担 分 の 全 額 に 災 害 対 策 債 を 充 当 した 場 合 の 負 担 割 合 が 実 質 負 担 割 合 だが 地 方 債 発 行 額 の 57%を 特 別 交 付 税 措 置 できるので 地 方 の 負 担 はさらに 小 さくなる 図 表 6-23: 補 助 災 害 復 旧 事 業 費 : 新 潟 県 百 万 円 80,000 70,000 60,000 50,000 40,000 30,000 20,000 10,000 0 県 負 担 国 負 担 ( 備 考 ) 新 潟 県 資 料 より 作 成 図 表 6-23 と 6-24 新 潟 県 における 費 用 負 担 別 の 補 助 災 害 復 旧 事 業 費 と 補 助 普 通 建 設 事 業 費 の 推 移 である 24 補 助 事 業 のみであるが 災 害 復 旧 事 業 なので 2004 の 額 が 大 きく 2005 以 降 急 激 に 減 少 する 新 潟 県 中 越 地 震 は 激 甚 災 害 に 指 定 されたためだと 思 われるが 災 害 復 旧 事 業 は 普 通 建 設 事 業 に 比 べて 地 方 負 担 の 割 合 が 低 い また 図 表 6-25 は 新 潟 県 中 24 なお 単 独 事 業 は 基 本 的 に 全 額 が 地 方 負 担 となっている 162

17 越 地 震 に 関 連 する 予 算 のうち 災 害 復 旧 事 業 と 普 通 建 設 事 業 における 事 業 費 でみた 補 助 事 業 の 割 合 である 災 害 復 旧 事 業 では 99%ぐらいが 補 助 事 業 で 占 められている 一 方 普 通 建 設 事 業 は 2004 こそ 94.8%が 補 助 事 業 だったが その 後 補 助 事 業 の 比 率 は 低 下 し 2007 には 19.8%にまで 減 少 する 災 害 復 旧 事 業 では 国 が 主 導 しながら 原 形 復 旧 により 迅 速 に インフラ 整 備 を 終 え 災 害 復 旧 事 業 にならないような 事 業 については 県 が 一 般 財 源 で 実 施 するという 構 図 がある 図 表 6-24: 補 助 普 通 建 設 事 業 費 : 新 潟 県 40,000 35,000 30,000 25,000 20,000 15,000 10,000 5, 百 万 円 県 負 担 国 負 担 ( 備 考 ) 新 潟 県 資 料 より 作 成 図 表 6-25: 災 害 復 旧 と 普 通 建 設 事 業 における 補 助 事 業 比 率 : 新 潟 県 災 害 復 旧 事 業 99.7% 99.5% 98.3% 100% 普 通 建 設 事 業 94.8% 72.3% 56.1% 19.8% ( 備 考 ) 新 潟 県 資 料 より 作 成 直 轄 事 業 は 除 いて 計 算 図 表 6-26 は 2001 度 から 2006 度 までの 新 潟 県 における 災 害 復 旧 事 業 債 の 発 行 状 況 である 新 潟 県 中 越 地 震 や 新 潟 福 島 豪 雨 災 害 などがあった 影 響 で 2004 の 発 行 額 が 補 助 事 業 単 独 事 業 ともに 急 増 しているが 補 助 事 業 の 発 行 額 が 6.4 倍 なのに 対 して 単 独 事 業 の 発 行 額 が 110 倍 と 桁 違 いに 増 加 していることがわかる 2004 には 新 潟 県 にとっ て 未 曾 有 の 大 災 害 が 続 けて 発 生 したために 単 独 事 業 の 必 要 性 が 増 したことや 激 甚 災 害 指 定 によって 補 助 事 業 が 拡 充 したために 周 辺 事 業 の 要 請 から 単 独 事 業 も 増 加 したと 考 えられ る なお 2006 における 単 独 事 業 の 元 金 償 還 額 は 約 16 億 円 だが 2003 までの 単 独 災 害 復 旧 事 業 債 残 高 が 6 億 8,500 万 円 だったことから 2006 には 既 に 2004 に 発 行 さ れた 事 業 債 が 償 還 され 始 めていることがわかる また 単 独 事 業 は 2005 以 降 の 発 行 数 は 2003 以 前 に 近 い 水 準 に 戻 っているが 補 助 事 業 の 2005 以 降 の 発 行 高 は 2004 と 163

18 同 じく 高 水 準 であることから 2005 以 降 の 災 害 復 旧 では 単 独 事 業 はほとんど 実 施 されず 補 助 事 業 が 中 心 であった 実 際 に 図 表 6-23 と 6-24 にあるように 災 害 復 旧 事 業 では 災 害 の 発 生 から 時 間 が 経 過 するにつれて 補 助 事 業 の 割 合 が 上 昇 し 反 対 に 普 通 建 設 事 業 では 徐 々に 単 独 事 業 の 比 率 が 高 まる 図 表 6-26: 新 潟 県 の 災 害 復 旧 事 業 債 補 助 事 業 単 独 事 業 当 度 発 行 額 3,562 4,355 2,242 14,213 11,948 12,190 度 償 還 額 元 金 7,379 7,508 7,233 7,099 7,342 12,121 利 子 1,255 1, 度 末 現 在 高 46,529 43,377 38,386 45,500 50,106 50,175 当 度 発 行 額 , 度 償 還 額 元 金 ,613 利 子 度 末 現 在 高 ,403 5,546 4,160 ( 備 考 ) 単 位 は 百 万 円 新 潟 県 統 計 鑑 ( 各 度 版 )より 作 成 図 表 復 興 基 金 の 助 成 額 割 合 100% 90% 80% 70% 60% 50% 40% 30% 20% 10% 0% 重 被 災 者 緊 急 対 策 地 域 復 興 支 援 記 録 広 報 教 育 文 化 対 策 事 業 観 光 対 策 事 業 農 林 水 産 業 対 策 事 業 産 業 対 策 事 業 被 災 者 住 宅 支 援 対 策 事 業 雇 用 対 策 事 業 ( 備 考 ) 新 潟 県 資 料 より 作 成 図 表 6-27 は 度 別 にみた 復 興 基 金 の 事 業 の 実 施 状 況 である 2005 と 2006 には 被 災 者 住 宅 支 援 対 策 事 業 や 産 業 対 策 事 業 の 比 率 が 高 かったが 徐 々に 減 少 し 2006 以 降 被 災 者 生 活 再 建 支 援 対 策 事 業 の 割 合 が 上 昇 し 2008 には 総 事 業 額 の 半 分 を 占 めるまでに 拡 大 している 農 林 水 産 業 対 策 事 業 や 観 光 対 策 事 業 も 災 害 から 時 を 経 るに 従 い 徐 々に 規 模 164

19 が 縮 小 している 被 災 者 の 生 活 再 建 支 援 は 既 存 の 災 害 制 度 では 対 象 とならないが 被 災 者 や 被 災 地 域 にとって 必 要 な 復 旧 復 興 事 業 が 多 く 被 災 地 の 声 を 事 業 に 反 映 させるために 事 業 の 開 始 や 交 付 に 時 間 が 掛 かっている 例 えば 2007 度 は 被 災 者 生 活 再 建 支 援 対 策 事 業 の 中 で 町 内 会 などが 設 置 維 持 管 理 している 私 有 道 路 消 雪 パイプなどの 復 旧 に 要 する 経 費 を 補 助 する 地 域 コミュニティー 施 設 等 復 旧 支 援 事 業 が 1,236 件 数 助 成 金 額 が 30 億 1,859 万 円 で 最 も 規 模 が 大 きく 全 体 の 66%を 占 めていた 一 方 住 宅 の 支 援 や 産 業 対 策 事 業 は 住 宅 再 建 のための 利 子 補 給 復 旧 工 事 の 補 助 や 工 法 の 調 査 への 補 助 など 比 較 的 すぐに 被 災 者 の 需 要 が 把 握 できる 事 業 であったり 震 災 に 関 係 した 融 資 を 受 けた 中 小 企 業 を 対 象 にする 等 要 件 の 確 認 が 容 易 な 事 業 が 多 い 災 害 施 策 の 実 施 状 況 阪 神 淡 路 大 震 災 と 新 潟 県 中 越 地 震 の 災 害 対 策 実 施 状 況 をもとに これまで 災 害 救 助 事 業 被 災 者 生 活 再 建 支 援 制 度 災 害 復 旧 事 業 復 興 基 金 について 制 度 的 特 徴 と 財 政 面 を 中 心 に 分 析 を 進 めてきた 本 論 文 では 主 に 政 府 と 地 方 団 体 の 災 害 対 策 事 業 における 役 割 に 焦 点 を 当 てて 個 別 事 業 の 事 務 区 分 や 実 施 体 制 及 び 財 政 負 担 や 地 方 財 政 措 置 の 状 況 を 分 析 してきた これまでの 分 析 から 災 害 対 策 に 関 連 する 施 策 には 次 のような 特 徴 があるこ とがわかった 第 1 に 災 害 関 連 施 策 の 実 施 における 地 方 団 体 の 裁 量 が 小 さい 災 害 救 助 や 災 害 復 旧 事 業 の 多 くは 法 定 受 託 事 務 や 国 補 助 事 業 であり 地 方 が 施 策 の 中 身 や 補 助 対 象 の 給 付 要 件 を 決 めるということができない 第 2 に 多 くの 災 害 関 連 施 策 において 国 による 手 厚 い 財 源 保 障 があり 地 方 の 負 担 が 非 常 に 小 さい まず 災 害 救 助 費 は 救 助 や 応 急 対 策 の 事 業 量 に 応 じて 国 庫 負 担 率 が 変 わるが 大 規 模 災 害 では 負 担 率 は 80% 以 上 に 上 るし 激 甚 災 害 に 指 定 されると 災 害 復 旧 事 業 の 補 助 率 は 1~2 割 嵩 上 げされ 公 共 土 木 施 設 等 災 害 復 旧 事 業 や 農 林 水 産 施 設 災 害 復 旧 事 業 では 国 の 負 担 補 助 率 は 7~9 割 にも 達 する 国 庫 負 担 されない 支 出 は 地 方 が 負 担 することになるが この 地 方 負 担 分 は 起 債 が 認 められ その 元 利 償 還 金 は 交 付 税 措 置 されている 第 3 に 災 害 救 助 応 急 対 策 及 び 災 害 復 旧 の 初 期 には 国 が 負 担 する 事 業 費 の 割 合 が 高 く 災 害 復 旧 災 害 復 興 期 には 地 方 の 負 担 割 合 が 高 くなる 災 害 発 生 段 階 では 国 庫 補 助 負 担 率 の 高 い 災 害 救 助 や 被 災 者 生 活 再 建 事 業 災 害 復 旧 事 業 が 実 施 され 地 方 団 体 はそうした 事 業 の 窓 口 になる 必 要 があり また 災 害 復 旧 事 業 は 期 限 が 決 められているのでそれまでに 事 業 を 完 了 する 必 要 がある 一 方 災 害 復 旧 の 後 期 には 補 助 事 業 単 独 事 業 ともに 事 業 量 が 大 幅 に 減 少 し 防 災 対 策 などを 含 む 震 災 に 関 連 した 公 共 事 業 が 多 く 実 施 されることになる 第 4 に 災 害 救 助 及 び 災 害 復 旧 における 都 道 府 県 の 財 政 的 負 担 は 比 較 的 小 さい 前 段 落 の 内 容 とも 関 連 するが 発 災 時 の 災 害 救 助 等 に 要 する 経 25 借 入 金 の 利 子 補 給 に 関 する 事 業 には 被 災 者 住 宅 対 策 支 援 事 業 の 被 災 者 住 宅 復 興 資 金 利 子 補 給 事 業 や 産 業 対 策 事 業 の 平 成 16 度 大 規 模 災 害 対 策 資 金 特 別 利 子 補 給 市 町 村 震 災 関 連 制 度 融 資 特 別 保 証 料 負 担 金 などがある ま た 一 番 最 後 に 紹 介 した 制 度 は 市 町 村 震 災 関 連 制 度 融 資 特 別 利 子 補 給 とともに 災 害 救 助 法 適 用 市 町 村 が 実 施 す る 震 災 関 連 制 度 融 資 を 受 けた 中 小 企 業 を 対 象 としている 165

20 費 は 膨 大 な 額 になるが 国 庫 負 担 される 部 分 が 多 いため 都 道 府 県 の 負 担 は 小 さくなる 第 5 に 交 付 団 体 と 不 交 付 団 体 で 災 害 対 策 施 策 の 負 担 が 大 きく 異 なる 災 害 救 助 事 業 災 害 復 旧 事 業 等 の 国 庫 負 担 率 や 激 甚 災 害 指 定 の 要 件 や 嵩 上 げ 率 は 自 治 体 の 税 収 額 に 依 存 する ため 担 税 力 の 低 い 団 体 ほど 自 己 負 担 額 が 小 さくなる また 経 費 に 地 方 債 を 充 当 した 場 合 にも 元 利 償 還 金 は 普 通 交 付 税 措 置 されることから 不 交 付 団 体 では 交 付 税 措 置 率 が 高 くても 全 く 利 点 がない 4. 震 災 被 害 想 定 と 復 旧 復 興 のあり 方 4.1 自 然 災 害 リスクと 被 害 想 定 自 然 災 害 リスクの 特 徴 震 災 後 の 災 害 救 助 と 応 急 対 策 災 害 復 旧 復 興 について 国 と 地 方 自 治 体 の 役 割 に 着 目 しな がら 検 討 してきたが これまでの 議 論 では 震 災 リスクの 評 価 やリスクマネジメントという 視 点 からの 自 治 体 の 復 旧 復 興 対 策 を 考 慮 してこなかった 第 4 節 では 震 災 リスクと 地 震 による 被 害 想 定 の 測 定 方 法 を 概 観 した 上 で 自 然 災 害 リスク 評 価 に 着 目 した 地 方 自 治 体 の リスクマネジメントについて 述 べる 特 に 自 治 体 の 業 務 継 続 計 画 ( 以 下 BCP ) に 焦 点 を 当 て 具 体 例 を 参 考 にしながら 地 方 自 治 体 のリスク 評 価 と BCP の 考 え 方 を 述 べる 地 震 台 風 豪 雨 津 波 等 の 自 然 現 象 はそれ 自 体 が 災 害 被 害 をもたらすのではなく そ の 自 然 現 象 自 体 が 人 間 活 動 に 被 害 をもたらすことによって 災 害 が 発 生 する( 多 々 納 2003) したがって 被 害 対 象 が 存 在 することが 自 然 災 害 発 生 の 要 件 であるが 近 の 都 市 への 人 口 流 入 や 産 業 集 積 が 災 害 被 害 の 拡 大 をもたらしたといえる 災 害 被 害 を 軽 減 するには 自 然 災 害 リスクの 特 徴 を 把 握 して 適 切 に 対 処 する 方 法 を 考 案 す る 必 要 があるが 自 然 災 害 リスクには 災 害 被 害 を 軽 減 することを 困 難 にする 特 徴 がある 26 多 くの 研 究 者 が 指 摘 しているように 自 然 災 害 リスクは 発 生 頻 度 は 低 いけれども ひとた び 発 生 すると 甚 大 な 被 害 をもたらすという 特 徴 がある( 多 々 納 2006) その 他 にも 自 然 災 害 の 発 生 頻 度 が 低 いために 自 然 災 害 の 発 生 確 率 や 被 災 規 模 の 計 測 に 不 確 実 性 が 存 在 す ることや 自 然 災 害 による 外 部 性 自 然 リスクマネジメントにおける 情 報 の 非 対 称 性 が 指 摘 されている( 田 中 2008) このように 発 生 頻 度 が 低 いために 自 然 災 害 リスクを 評 価 することには 困 難 が 伴 う リス ク 評 価 は 災 害 リスクの 頻 度 やその 影 響 を 正 確 に 推 測 すること 推 定 した 災 害 リスクが 許 容 できるレベルにあるのかどうかを 評 価 することの 2 段 階 からなる( 小 林 2005) リスク 評 価 においては 基 本 的 に リスク= 被 害 の 大 きさ 被 害 の 発 生 確 率 でリスクを 把 握 して きたが 低 頻 度 で 巨 大 な 被 害 をもたらす 自 然 災 害 に 対 してこのような 期 待 被 害 額 という 概 念 を 用 いてリスク 評 価 することは 適 切 ではないと 考 えられてきた 災 害 についての 知 識 を 26 詳 しくは 小 林 (2005)や 田 中 (2008)を 参 照 されたい 166

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状 横 市 浜 の 財 状 政 況 25 年 度 決 算 財 政 状 況 1 - 横 浜 市 - - 財 政 局 - 平 成 26 年 11 月 横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成

More information

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc 様 式 編 様 式 目 次 様 式 番 号 名 称 様 式 ページ 様 式 第 1 非 常 配 備 日 誌 1 様 式 第 2 災 害 情 報 2 様 式 第 3(a) 第 1 報 3 様 式 第 3(b) 災 害 発 生 直 後 の 状 況 4 様 式 第 3(c) 災 害 発 生 状 況 等 ( 速 報 確 定 報 告 ) 5 様 式 第 4 人 的 被 害 6 様 式 第 5 避 難 状 況

More information

Microsoft Word - 20130603050.docx

Microsoft Word - 20130603050.docx 東 日 本 大 震 災 からの 住 宅 の 再 建 に 向 けた 取 組 国 土 交 通 委 員 会 調 査 室 廣 原 孝 一 1. はじめに 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 においては 津 波 により 東 北 地 方 沿 岸 部 を 中 心 に 甚 大 な 被 害 が 発 生 しており 建 築 物 の 被 害 は 全 国 で 全 壊 約 13 万 戸

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63> 平 成 26 年 度 和 歌 山 市 各 会 計 歳 入 歳 出 決 算 審 査 意 見 書 ( 公 営 企 業 会 計 を 除 く ) 和 歌 山 市 監 査 委 員 和 監 査 第 6 6 号 平 成 27 年 8 月 27 日 (2015 年 ) 和 歌 山 市 長 尾 花 正 啓 様 和 歌 山 市 監 査 委 員 伊 藤 隆 通 同 上 森 田 昌 伸 同 上 寒 川 篤 同 上 奥 山

More information

1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと

1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと Tax news letter www.kotaka-tax.com tax.com 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 の 主 な 改 正 点 に 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 されました 本 ニュースレターでは 特 に 個 人 富 裕 層 中 小 企 業 オーナー 並 びに 中 小 企 業 に 関 する 主 な 改 正 点 についてご 紹 介 いたします

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

★01 表紙

★01 表紙 第 1 回 定 例 会 平 成 24 年 度 予 算 案 関 係 資 料 ( 補 正 ) 茨 城 県 目 次 Ⅰ 平 成 25 年 第 1 回 県 議 会 定 例 会 提 出 議 案 等 一 覧 ( 1) Ⅱ 平 成 24 年 度 補 正 予 算 案 の 概 要 1 今 回 補 正 額 ( 2) 2 今 回 補 正 の 主 なもの ( 2) 3 繰 越 明 許 費 ( 3) 4 一 般 会 計 補

More information

Microsoft Word - H25普通会計決算状況 .docx

Microsoft Word - H25普通会計決算状況 .docx 平 成 25 年 度 佐 倉 市 決 算 ( 普 通 会 計 )の 概 要 各 地 方 公 共 団 体 は 毎 年 度 決 算 状 況 を 1 枚 のカード( 決 算 カード)にまとめて 公 表 していま す この 決 算 状 況 のまとめは 総 務 省 が 行 う 地 方 財 政 状 況 調 査 の 会 計 区 分 である 普 通 会 計 に より 算 定 されます これは 一 般 会 計 及 び

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 に 関 する 重 点 提 言 東 日 本 大 震 災 からの 速 やかな 被 災 地 の 復 旧 復 興 を 図 るため 国 は 次 の 事 項 につ いて 迅 速 かつ 積 極 的 な 措 置 を 講 じられたい 1. 復 興 事 業 予 算 の 実 態 に 即 した 財 政 支 援 等 について (1) 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金

More information

Microsoft Word - 20120601003.docx

Microsoft Word - 20120601003.docx 18 兆 円 に 達 した 東 日 本 大 震 災 の 復 旧 復 興 経 費 求 められる 震 災 からの 復 旧 復 興 と 財 政 規 律 の 維 持 予 算 委 員 会 調 査 室 さきやま 﨑 山 たてき 建 樹 甚 大 な 被 害 をもたらした 東 日 本 大 震 災 から1 年 余 りが 経 ち これまでの 間 被 災 地 の 復 旧 復 興 に 向 けて 累 次 の 補 正 予 算

More information

Microsoft Word - 20130308040.docx

Microsoft Word - 20130308040.docx 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 と 地 方 一 般 財 源 総 額 確 保 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 総 務 委 員 会 調 査 室 あんどう 安 藤 のりゆき 範 行 はじめに 我 が 国 経 済 は 円 高 デフレ 不 況 が 長 引 き 国 内 総 生 産 ( 名 目 )が3 年 前 とほぼ 同 程 度 の 水 準 にとどまっており 低 迷 が 続 いてきた こうした

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081A193878DAA8CA78DE090AD82CC8CBB8BB581A18169506F776572506F696E74816A81408255815E8250825189EF8B6397708169826F826382658CB48D65816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081A193878DAA8CA78DE090AD82CC8CBB8BB581A18169506F776572506F696E74816A81408255815E8250825189EF8B6397708169826F826382658CB48D65816A> 参 考 資 料 資 料 No.5 財 政 制 度 財 政 用 語 目 次 地 方 交 付 税 について 1 普 通 交 付 税 における 財 源 調 整 機 能 2 財 政 力 指 数 3 標 準 財 政 規 模 4 地 方 債 について 5 地 方 債 の 効 果 6 地 方 債 の 償 還 7 人 事 委 員 会 勧 告 制 度 8 民 間 給 与 との 比 較 方 法 9 地 方 財 政 をめぐる

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

研究会報告書等 No.44

研究会報告書等 No.44 費 は 膨 大 な 額 になるが 国 庫 負 担 される 部 分 が 多 いため 都 道 府 県 の 負 担 は 小 さくなる 第 5 に 交 付 団 体 と 不 交 付 団 体 で 災 害 対 策 施 策 の 負 担 が 大 きく 異 なる 災 害 救 助 事 業 災 害 復 旧 事 業 等 の 国 庫 負 担 率 や 激 甚 災 害 指 定 の 要 件 や 嵩 上 げ 率 は 自 治 体 の 税

More information

南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革 (1) 土

南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革 (1) 土 南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 平 成 25 年 5 月 神 奈 川 県 南 足 柄 市 南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革

More information

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 平 成 2 年 度 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 の 結 果 会 計 検 査 院 1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 及 び

More information

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 資 料 3 復 興 関 係 について 平 成 28 年 4 月 4 日 0 - 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 平 成 23 年

More information

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について 参 考 資 料 7 災 害 時 の 賃 貸 住 宅 居 住 者 の 居 住 の 安 定 確 保 について 平 成 24 年 11 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 1. 東 日 本 大 震 災 で 住 居 を 失 われた 方 への 居 住 の 安 定 の 確 保 震 災 発 生 復 旧 期 復 興 期 東 日 本 大 震 災 住 宅 が 滅 失 避 難 所 等 2012.3.11 17:00 時

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208370836C838A835883678DB289EA8CA781458D5D938789DB92B7707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208370836C838A835883678DB289EA8CA781458D5D938789DB92B7707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 佐 賀 県 の 災 害 廃 棄 物 対 策 平 成 27 年 11 月 6 日 循 環 型 社 会 推 進 課 県 内 の 有 感 地 震 ( 震 度 1 以 上 ) 回 数 佐 賀 地 方 気 象 台 資 料 提 供 ( 単 位 : 回 ) 震 度 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 1 3 85 5 3 3 7 1 6 5 4 2

More information

地 方 自 治 法 第 252 条 の19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 ( 昭 和 31 年 政 令 第 254 号 )により 指 定 都 市 に 指 定 された 新 潟 市 に 平 成 19 年 4 月 1 日 付 け で 新 潟 県 から 引 き 継 ぐ 事

地 方 自 治 法 第 252 条 の19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 ( 昭 和 31 年 政 令 第 254 号 )により 指 定 都 市 に 指 定 された 新 潟 市 に 平 成 19 年 4 月 1 日 付 け で 新 潟 県 から 引 き 継 ぐ 事 事 務 引 継 書 新 潟 県 新 潟 市 地 方 自 治 法 第 252 条 の19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 ( 昭 和 31 年 政 令 第 254 号 )により 指 定 都 市 に 指 定 された 新 潟 市 に 平 成 19 年 4 月 1 日 付 け で 新 潟 県 から 引 き 継 ぐ 事 項 は 次 のとおりです 1 引 き 継 ぐ 事 務 別

More information

無 料 化 など あらゆる 政 策 を 見 直 し 選 択 と 集 中 による 大 幅 な 予 算 の 組 み 替 えを 行 うべきである 不 足 する 財 源 は 大 震 災 で 大 きな 影 響 を 受 けているわが 国 経 済 の 動 向 に 十 分 留 意 しつつ 税 制 措 置 により 安

無 料 化 など あらゆる 政 策 を 見 直 し 選 択 と 集 中 による 大 幅 な 予 算 の 組 み 替 えを 行 うべきである 不 足 する 財 源 は 大 震 災 で 大 きな 影 響 を 受 けているわが 国 経 済 の 動 向 に 十 分 留 意 しつつ 税 制 措 置 により 安 東 日 本 大 震 災 の 復 旧 復 興 に 関 する 要 望 平 成 23 年 3 月 31 日 日 本 商 工 会 議 所 去 る3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 は 巨 大 な 津 波 を 伴 い 沿 海 部 を 壊 滅 的 に 破 壊 するとともに 東 北 から 関 東 にわたる 広 い 範 囲 に 甚 大 な 被 害 をもたらした 地 震 津 波 原 発 事 故

More information

03《G》資料1-2当初予算【H28】280207

03《G》資料1-2当初予算【H28】280207 平 成 28 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) ( 計 数 資 料 編 ) 平 成 28 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 計 数 資 料 編 1 歳 入 歳 出 予 算 の 概 要 1 (1) 歳 入 予 算 の 概 要 2 (2) 歳 出 予 算 の 概 要 5 2 計 数 に よ る 予 算 の 概 要 8 ( 参 考 ) 予 算 の 推 移 等 12 3 特 別 会 計 予 算 の 概

More information

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 資 料 ( 個 人 所 得 課 税 ) 平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 済 的 利 益 などから 発 生 形 態 に 応 じて 設

More information

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 16 年 4 月 1 日 国 住 市 第 352 号 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 通 知 最 終 改 正 平 成 25 年 5 月 15 日 国 住 市 第 52 号 第 1 通 則 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 に 係 る 国 の 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 等 に

More information

住宅の耐震化の現状と課題

住宅の耐震化の現状と課題 10 75 90 平 成 7 年 に 発 生 した 阪 神 淡 路 大 震 災 では 地 震 による 直 接 的 な 死 者 数 の 約 9 割 が 住 宅 建 築 物 の 倒 壊 等 によるものであった 地 震 による 被 害 を 軽 減 するためには 住 宅 建 築 物 の 耐 震 化 が 重 要 であるが なかなか 進 んでいない 新 潟 県 中 越 地 震 の 発 生 や 東 海 東 南 海

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

第1編

第1編 平 成 27 年 6 月 9 日 糸 島 市 防 災 会 議 資 料 -4 糸 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 第 3 章 風 水 害 応 急 対 策 計 画 ) 修 正 ( 新 旧 対 照 表 ) 抜 粋 記 述 の 凡 例 下 線 : 災 害 対 策 基 本 法 改 正 防 災 基 本 計 画 改 正 による 福 岡 県 地 域 防 災 計 画 の 見 直 しに 基 づく 修 正 部 分 二

More information

目  次(秦野市地域防災計画)

目  次(秦野市地域防災計画) 目 次 風 水 害 等 災 害 対 策 計 画 第 1 章 総 則 風 -1 第 1 節 計 画 の 目 的 風 -1 第 2 節 構 成 風 -2 1 災 害 予 防 計 画 風 -2 2 災 害 応 急 対 策 計 画 風 -2 3 災 害 復 旧 復 興 計 画 風 -2 4 特 殊 災 害 対 策 風 -2 第 3 節 防 災 関 係 機 関 の 実 施 責 任 及 び 処 理 すべき 事

More information

公営地下鉄の建設資金と収益状況

公営地下鉄の建設資金と収益状況 Economic Report 公 営 地 下 鉄 の 建 設 資 金 と 収 益 状 況 ネットワーク 拡 大 から 収 益 向 上 へ 2012 年 5 月 17 日 全 14 頁 金 融 調 査 部 中 里 幸 聖 [ 要 約 ] わが 国 の 地 下 鉄 は 地 方 公 営 企 業 として 運 営 されている 場 合 がほとんどであり 札 幌 市 仙 台 市 東 京 都 横 浜 市 名 古

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 28 年 度 市 県 民 税 の 計 算 方 法 ( 鳥 取 市 ) まず 計 算 の 全 体 の 流 れを 示 すと 以 下 のようになります 総 所 得 金 - 所 得 控 除 = ( 千 円 未 満 切 り 捨 て ) 課 税 標 準 所 得 割 の 税 率 6% 所 得 割 の 税 率 4% 算 出 調 整 税 控 均 等 割 所 得 割 - - + 控 除 除 = 算 出 調 整

More information

各 科 目 の 説 明 ( 学 校 法 人 香 川 学 園 経 理 規 程 別 表 勘 定 科 目 一 覧 表 より 抜 粋 ) (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 収 の 部 学 生 生 徒 等 納 付 金 収 在 学 を 条 件 とし 又 は 学 の 条 件 として 所 定 の 額 を

各 科 目 の 説 明 ( 学 校 法 人 香 川 学 園 経 理 規 程 別 表 勘 定 科 目 一 覧 表 より 抜 粋 ) (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 収 の 部 学 生 生 徒 等 納 付 金 収 在 学 を 条 件 とし 又 は 学 の 条 件 として 所 定 の 額 を 学 校 法 人 会 計 の 特 徴 や 企 業 会 計 との 違 い 学 校 法 人 は 学 校 を 運 営 し 教 育 研 究 を 遂 行 することを 目 的 としており 企 業 のよう に 利 益 を 追 求 する 経 済 活 動 そのものを 事 業 目 的 とすることはできません 学 校 法 人 会 計 では 文 部 科 学 省 令 により 定 められた 学 校 法 人 会 計 基 準 に 基

More information

総 則

総 則 第 1 基 本 方 針 第 3 章 害 応 急 計 画 第 14 節 害 救 助 法 の 適 用 計 画 第 14 節 害 救 助 法 の 適 用 計 画 1 市 本 部 長 は, 地 害 による 住 家 の 滅 失 が 一 定 規 模 以 上 となった 場 合, 害 救 助 法 ( 以 下 本 節 中 法 という )の 適 用 を 県 本 部 長 に 要 請 す 2 市 本 部 長 は, 法 に

More information

改正耐震改修促進法について

改正耐震改修促進法について 事 務 所 ビルの 耐 震 化 を 巡 る 課 題 と 取 組 ( 一 社 ) 日 本 ビルヂング 協 会 連 合 会 常 務 理 事 小 川 富 由 平 成 25 年 11 月 1 本 日 のお 話 震 災 での 建 築 物 の 被 害 と 耐 震 改 修 東 日 本 大 震 災 阪 神 大 震 災 での 被 害 耐 震 改 修 促 進 法 の 仕 組 み 平 成 25 年 耐 震 改 修 促 進

More information

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表 法 人 単 位 連 結 財 務 諸 表 -1- ( 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 ) ( 単 位 : 円 ) 連 結 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 資 産 の 部 Ⅰ 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 383,930,868,159 代 理 店 勘 定 50,479,456,400 有 価 証 券 759,499,383,243

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AAE90AC94C581758A6D92E8905C8D9082C591B982F082B582C882A282BD82DF82CC218176814089BC87422E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AAE90AC94C581758A6D92E8905C8D9082C591B982F082B582C882A282BD82DF82CC218176814089BC87422E646F63> 確 定 申 告 で 損 をしないための!! 損 をしない シリーズ 第 一 弾 専 門 的 知 識 により 税 金 の 額 は 変 わります! ズバリ 私 が 皆 様 の 質 問 に お 答 えします 南 九 州 税 理 士 会 イメージキャラクター 税 理 士 皆 尾 たすく 目 次 届 出 で 損 をしないための!! P. P. 2 ~ P. 5 1 所 得 税 の 青 色 承 認 申 請 書

More information

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 経 済 の 好 循 環 を 確 実 なものとする 観 点 から 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 等 を 行 うとともに 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 低 所 得 者 への 配 慮 として 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導

More information

公 益 事 業 類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 業 所 名 所 在 地 事 業 開 始 年 月 日 事 業 規 模 ( 定 員 ) 1 必 要 な 者 に 対 し 相 談 情 報 提 供 助 言 行 政 や 福 祉 保 健 医 療 サービス 事 業 者 等 との 連 絡 調 整 を

公 益 事 業 類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 業 所 名 所 在 地 事 業 開 始 年 月 日 事 業 規 模 ( 定 員 ) 1 必 要 な 者 に 対 し 相 談 情 報 提 供 助 言 行 政 や 福 祉 保 健 医 療 サービス 事 業 者 等 との 連 絡 調 整 を Ⅰ 基 本 情 報 所 轄 庁 法 人 名 ホーム ページアド レス 代 表 者 市 社 会 福 祉 法 人 美 照 福 祉 会 氏 名 伊 東 勉 年 齢 / 非 主 たる 事 務 所 の 所 在 地 メールアド レス 66 77-871 徳 島 市 金 沢 一 丁 目 5 番 79-7 号 電 話 番 号 88-664 - 281 FAX 番 号 88-664 - / 非 社 会 福 祉 法 人

More information

目    次

目    次 目 次 一 般 対 策 編... 23 第 1 章 総 則... 23 第 1 節 目 的... 23 1 計 画 の 構 成... 23 2 災 害 の 想 定 と 計 画 作 成 の 基 礎 資 料... 23 3 用 語... 23 4 他 の 計 画 との 関 係... 23 5 市 計 画 の 修 正... 23 6 市 計 画 の 周 知 徹 底... 24 7 市 民 運 動 の 展

More information

年間行事

年間行事 第 1 章 自 主 防 災 組 織 とは 1. 自 主 防 災 組 織 の 必 要 性 東 海 地 震 を 含 む 南 海 トラフの 巨 大 地 震 等 から 自 分 や 家 族 の 命 を 守 るためには さまざまな 被 害 の 発 生 に 備 え 普 段 から 十 分 な 対 策 を 講 じておかなくてはなりません しかし ひとた び 大 地 震 が 発 生 すると 災 害 の 拡 大 を 防

More information

Taro-資料編2

Taro-資料編2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 るための 基 本 的 な 方 針 平 成 25 年 10 月 29 日 告 示 1055 号 平 成 七 年 一 月 の 阪 神 淡 路 大 震 災 では 地 震 により 六 千 四 百 三 十 四 人 の 尊 い 命 が 奪 われ た このうち 地 震 による 直 接 的 な 死 者 数 は 五 千 五 百 二 人 であり

More information

1 検 査 の 背 景 地 方 財 政 の 状 況 について 会 計 検 査 院 は 平 成 17 年 6 月 に 参 議 院 から 国 会 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 79 号 ) 第 105 条 の 規 定 に 基 づく 検 査 要 請 を 受 けて その 検 査 結 果 を18 年

1 検 査 の 背 景 地 方 財 政 の 状 況 について 会 計 検 査 院 は 平 成 17 年 6 月 に 参 議 院 から 国 会 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 79 号 ) 第 105 条 の 規 定 に 基 づく 検 査 要 請 を 受 けて その 検 査 結 果 を18 年 地 方 財 政 計 画 及 び 地 方 公 務 員 の 特 殊 勤 務 手 当 等 の 状 況 につい ての 報 告 書 ( 要 旨 ) 平 成 2 6 年 4 月 会 計 検 査 院 1 検 査 の 背 景 地 方 財 政 の 状 況 について 会 計 検 査 院 は 平 成 17 年 6 月 に 参 議 院 から 国 会 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 79 号 ) 第 105 条 の 規

More information

< E FEE95F18CF68A4A90BF8B8188EA97972E786C73>

< E FEE95F18CF68A4A90BF8B8188EA97972E786C73> 1/41 請 求 書 枝 番 実 施 機 関 所 管 の 名 称 受 付 年 月 日 請 求 内 容 決 定 年 月 日 決 定 内 容 非 公 開 理 由 等 備 考 1 1 市 長 2 2 市 長 3 3 市 長 環 境 部 環 境 対 策 H23.4.1 飲 食 店 の 食 品 営 業 許 可 台 帳 (H23.3 月 分 ) H23.4.6 H23.4.1 飲 食 店 の 食 品 営 業 許

More information

参 考 資 料 国 土 強 靱 化 基 本 計 画 - 強 くて しなやかなニッポンへ- 平 成 26 年 6 月 3 日 目 次 ( 頁 ) はじめに 1 第 1 章 国 土 強 靱 化 の 基 本 的 考 え 方 2 第 2 章 脆 弱 性 評 価 10 第 3 章 国 土 強 靱 化 の 推 進 方 針 14 第 4 章 計 画 の 推 進 と 不 断 の 見 直 し 30 おわりに 34

More information

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置.

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置. 明 石 市 地 域 防 災 計 画 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 4 編 災 害 復 旧 復 興 計 画 第 5 編 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 資 料 編 様 式 編 ( 平 成 27 年 度 修 正 ) 明 石 市 防 災 会 議 目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組

More information

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について 平 成 28 年 3 月 定 例 会 議 案 概 要 議 案 第 45 号 専 決 処 分 の 報 告 及 び 承 認 について ( 松 戸 市 市 税 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 制 定 について) 税 制 課 提 案 理 由 市 税 に 係 る 手 続 における 個 人 番 号 の 利 用 の 取 扱 いを 見 直 すことにより 納 税

More information

犬山市公共施設マネジメント基本計画

犬山市公共施設マネジメント基本計画 犬 山 市 公 共 施 設 マネジメント 基 本 計 画 概 要 版 平 成 27 年 3 月 犬 山 市 企 画 財 政 部 財 政 課 - 0 - 目 次 第 1 章 はじめに... 1 1. 公 共 施 設 マネジメントの 必 要 性... 2. 公 共 施 設 の 定 義... 3. 公 共 施 設 マネジメント 計 画 の 手 順... 4. 本 基 本 計 画 の 位 置 づけ... 5.

More information

医療法人等に係る所得金額の計算書

医療法人等に係る所得金額の計算書 (お 知 らせ) 本 手 引 きは 平 成 25 年 度 に 改 正 しました 変 更 点 は 赤 文 字 となっています 申 告 書 作 成 に あたっては 変 更 点 に 留 意 いただきますようお 願 いします なお 平 成 25 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 分 から 適 用 します ( 主 な 変 更 点 ) 各 種 補 助 金 助 成 金 の 取 扱 い(P9~10)や

More information

別 表 1 基 幹 事 (5 40 事 )の 概 要 基 幹 事 事 番 号 事 概 要 公 立 学 校 施 設 整 備 費 国 庫 負 担 A1 復 興 のための 地 域 づくりに 必 要 な 公 立 義 務 教 育 諸 学 校 における 新 増 築 事 事 ( 公 立 小 中 学 校 等 の 新

別 表 1 基 幹 事 (5 40 事 )の 概 要 基 幹 事 事 番 号 事 概 要 公 立 学 校 施 設 整 備 費 国 庫 負 担 A1 復 興 のための 地 域 づくりに 必 要 な 公 立 義 務 教 育 諸 学 校 における 新 増 築 事 事 ( 公 立 小 中 学 校 等 の 新 別 表 次 別 表 1 基 幹 事 (5 40 事 )の 概 要 201 別 表 2 復 旧 復 興 事 一 覧 ( 経 費 項 別 ) 205 1 平 成 23 年 度 1 次 補 正 205 2 平 成 23 年 度 2 次 補 正 219 3 平 成 23 年 度 3 次 補 正 224 4 平 成 24 年 度 復 興 特 会 258 別 表 3 分 類 基 準 287 別 表 4 事 故

More information

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 *ゴシック 字 体 の 箇 所 につきましては 追 加 変 更 箇 所 となっております ( 社 ) 三 重 県 法 人 会 連 合 会 1 総 論 我 が 国 の 国 内 経 済 は 高 い 失 業 率 や 下 落 傾 向 にある 物 価 水 準 など 国 民 生 活 を 取 り 巻 く 情 勢 は 厳 しく 雇 用 環 境 の 悪 化 や 円

More information

第2部-6.indd

第2部-6.indd 第 6 章 金 融 保 険 業 第 6 章 金 融 保 険 業 1 金 融 保 険 業 の 概 況 (1) 再 編 が 進 む 金 融 保 険 業 金 融 保 険 業 は 金 融 取 引 の 規 制 緩 和 を 背 景 に 銀 行 業 や 証 券 業 保 険 業 等 の 業 態 の 垣 根 を 越 えて 収 益 力 の 高 い 金 融 コングロマリット( 複 合 企 業 )を 目 指 す 時 代 に

More information

さらに 復 旧 復 興 に 際 しては 長 期 的 な 視 野 に 立 脚 した 整 備 方 針 を 示 し 将 来 への 道 筋 を 定 めていくことが 最 重 要 の 課 題 となる 本 指 針 については 村 民 と 国 県 村 が 一 体 となり 共 通 認 識 をもち 単 に 旧 に 復

さらに 復 旧 復 興 に 際 しては 長 期 的 な 視 野 に 立 脚 した 整 備 方 針 を 示 し 将 来 への 道 筋 を 定 めていくことが 最 重 要 の 課 題 となる 本 指 針 については 村 民 と 国 県 村 が 一 体 となり 共 通 認 識 をもち 単 に 旧 に 復 平 成 年 月 日 南 阿 蘇 村 平 成 年 熊 本 地 震 復 旧 復 興 指 針 南 阿 蘇 村 長 長 野 敏 也 平 成 年 月 日 午 前 時 分 熊 本 地 震 本 震 が 発 生 した 未 明 に 起 きた 震 災 に 村 民 皆 が 不 安 な 一 夜 を 過 ごし 明 け 方 から 次 々と 被 災 の 状 況 が 明 らかになっていった 多 くの 尊 い 人 命 が 犠 牲 となり

More information

: 1 () () () () 5013,000 () 55 14,300 () 95 152,000 70 () 35 () 17,965 () () () 75 72,100 30 () 55,558 2 () () 33,630 35,780 () 1/240,253 ()75% 85,200 50 () 75% 7,000 ()1,531 () 21,340 () 3 () () 100%190,000

More information

羽村市各会計決算書及び基金運用状況審査意見書

羽村市各会計決算書及び基金運用状況審査意見書 平 成 20 年 度 羽 村 市 各 会 計 決 算 及 び 基 金 運 用 状 況 審 査 意 見 書 羽 村 市 監 査 委 員 文 中 及 び 各 表 中 の 金 額 を 千 円 単 位 で 表 示 した 場 合 は 単 位 未 満 は 原 則 として 四 捨 五 入 した パーセンテージ 間 又 は 指 数 間 の 単 純 差 引 はポイントで 表 した 比 率 (%)は 原 則 として 小

More information

震災予防計画

震災予防計画 第 5 編 第 1 節 概 要 第 5 編 広 域 応 援 編 第 1 節 概 要 1 都 6 県 と 県 境 を 接 する 本 県 は 関 東 の 中 央 に 位 置 し さいたま 新 都 心 には 国 の 行 政 機 関 等 が 集 積 してい5つの 高 速 道 路 と 主 要 国 道 が 縦 横 に 設 けられ 東 北 や 上 信 越 から 首 都 への 玄 関 口 でもあ 首 都 圏 同 時

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

Microsoft Word - 東京都北区有料老人ホーム等設置指導要綱

Microsoft Word - 東京都北区有料老人ホーム等設置指導要綱 東 京 都 北 区 有 料 老 人 ホーム 設 置 指 導 要 綱 1 8 北 福 健 第 2 1 4 号 平 成 18 年 7 月 20 日 区 長 決 裁 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 北 区 内 において 有 料 老 人 ホームの 事 業 を 計 画 する 者 等 に 対 し 遵 守 すべき 事 項 を 定 め 必 要 な 指 導 及 び 協 力 要 請 を 行 うことにより

More information

大 規 模 災 害 発 生 時 における 時 系 列 的 防 災 活 動 のイメージ 図 災 害 発 生 1 災 害 応 急 活 動 組 織 の 設 置 職 員 を 動 員 配 備 する 庁 舎 内 の 安 全 確 保 津 波 対 策 時 に 優 先 的 に 実 施 すべき 項 目 津 波 情 報

大 規 模 災 害 発 生 時 における 時 系 列 的 防 災 活 動 のイメージ 図 災 害 発 生 1 災 害 応 急 活 動 組 織 の 設 置 職 員 を 動 員 配 備 する 庁 舎 内 の 安 全 確 保 津 波 対 策 時 に 優 先 的 に 実 施 すべき 項 目 津 波 情 報 災 害 発 生 時 には 職 員 及 び 関 係 機 関 との 間 で 1 現 状 がどうなっているか 2 今 後 の 見 通 しはどうか 3 今 後 何 をするべきか について 状 況 認 識 の 統 一 を 図 ることが 最 も 重 要 である このことを 常 に 心 掛 ければ ほとんどの 課 題 は 解 決 できる 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 1 章 災 害 応 急 活 動 組

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

申 請 に 必 要 なもの 罹 災 証 明 書 印 鑑 預 金 通 帳 の 写 し( 金 融 機 関 支 店 種 別 口 座 番 号 名 義 (フリガナ)の 記 載 があるもの) 市 町 村 発 行 解 体 証 明 書 又 は 滅 失 登 記 簿 謄 本 解 体 前 写 真 解 体 理 由 書 (

申 請 に 必 要 なもの 罹 災 証 明 書 印 鑑 預 金 通 帳 の 写 し( 金 融 機 関 支 店 種 別 口 座 番 号 名 義 (フリガナ)の 記 載 があるもの) 市 町 村 発 行 解 体 証 明 書 又 は 滅 失 登 記 簿 謄 本 解 体 前 写 真 解 体 理 由 書 ( 平 成 28 年 熊 本 地 震 被 災 者 支 援 制 度 等 のお 知 らせ 平 成 28 年 5 月 20 日 現 在 この 度 の 地 震 で 被 災 された 方 に 心 よりお 見 舞 い 申 し 上 げます 住 まいのことや 各 種 支 援 制 度 に 関 する 内 容 を 紹 介 しています 新 たな 支 援 制 度 が 決 まったり 今 の 支 援 制 度 の 基 準 が 緩 和 されたりしたときには

More information

4 Cは 債 権 者 の 追 及 を 逃 れるために 売 買 契 約 の 実 態 はないのに 登 記 だけBに 移 し Bがそれに 乗 じてAとの 間 で 売 買 契 約 を 締 結 した 場 合 には CB 間 の 売 買 契 約 が 存 在 しない 以 上 Aは 所 有 権 を 主 張 すること

4 Cは 債 権 者 の 追 及 を 逃 れるために 売 買 契 約 の 実 態 はないのに 登 記 だけBに 移 し Bがそれに 乗 じてAとの 間 で 売 買 契 約 を 締 結 した 場 合 には CB 間 の 売 買 契 約 が 存 在 しない 以 上 Aは 所 有 権 を 主 張 すること 平 成 22 年 度 宅 地 建 物 取 引 主 任 者 資 格 試 験 問 1 制 限 行 為 能 力 者 に 関 する 次 の 記 述 のうち 民 法 の 規 定 によれば 正 しいものはどれか 1 土 地 を 売 却 すると 土 地 の 管 理 義 務 を 免 れることになるので 婚 姻 していない 未 成 年 者 が 土 地 を 売 却 するに 当 たっては その 法 定 代 理 人 の 同

More information

目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体 3 対 象 年 度 及 び 作 成 の

目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体 3 対 象 年 度 及 び 作 成 の 平 成 22 年 度 決 算 行 田 市 の 財 務 書 類 4 表 総 務 省 方 式 改 訂 モデル 平 成 24 年 3 月 行 田 市 目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体

More information

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034>

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034> 財 務 諸 表 の 勘 定 の 分 類 について 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 I 流 動 資 産 現 金 預 金 現 金 現 金 小 切 手 送 金 小 切 手 送 金 為 替 手 形 郵 便 為 替 証 書 振 替 貯 金 払 出 証 書 等 預 金 金 融 機 関 に 対 する 預 金 郵 便 貯 金 郵 便 振 替 貯 金 金 銭 信 託 等 で 決 算 期 後 1 年 以 内 に 現

More information

Microsoft Word リスク説明書(HP掲載用:消費税対応)

Microsoft Word リスク説明書(HP掲載用:消費税対応) 家 賃 返 済 特 約 付 きフラット35に 関 する 覚 書 に 関 する 制 度 リスク 説 明 Ⅰ 制 度 内 容 について< 住 宅 金 融 支 援 機 構 が 実 施 する 内 容 の 説 明 > 1~17は 住 宅 金 融 支 援 機 構 が 実 施 する 家 賃 返 済 特 約 付 きフラット35 の 制 度 内 容 留 意 点 等 についての 説 明 です なお 本 内 容 については

More information

農 林 水 産 省 緊 急 自 然 災 害 対 策 本 部 の 構 成 員 区 分 職 名 本 部 長 農 林 水 産 大 臣 本 部 長 代 理 農 林 水 産 副 大 臣 農 林 水 産 副 大 臣 副 本 部 長 農 林 水 産 大 臣 政 務 官 農 林 水 産 大 臣 政 務 官 本 部

農 林 水 産 省 緊 急 自 然 災 害 対 策 本 部 の 構 成 員 区 分 職 名 本 部 長 農 林 水 産 大 臣 本 部 長 代 理 農 林 水 産 副 大 臣 農 林 水 産 副 大 臣 副 本 部 長 農 林 水 産 大 臣 政 務 官 農 林 水 産 大 臣 政 務 官 本 部 平 成 28 年 5 月 18 日 10 時 15 分 ~ 第 一 特 別 会 議 室 平 成 28 年 熊 本 地 震 復 興 推 進 本 部 第 7 回 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 関 する 農 林 水 産 省 緊 急 自 然 災 害 対 策 本 部 議 事 次 第 1 開 会 2 本 部 長 御 発 言 ( 大 臣 ) 3 平 成 28 年 熊 本 地 震 による 被 災 農 林 漁

More information

平成27年度市税のしおり

平成27年度市税のしおり 枚 方 市 平 成 27 年 度 市 税 のしおり 市 民 税 課 版 平 成 27 年 度 市 税 のしおり 市 民 税 課 版 目 次 個 人 の 市 民 税 均 等 割 と 所 得 割 ---------------------------------------- 2 市 民 税 と 府 民 税 所 得 税 と 個 人 市 府 民 税 個 人 市 府 民 税 を 納 める 人 ( 納 税 義

More information

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いFAQ 平 成 23 年 4 月 国 税 庁 この 度 の 東 日 本 大 震 災 の 発 生 に 伴 い 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いについて よくある 質 問 を 取 りまとめましたので 参 考 にしてください ( 注 )このFAQは 平 成 23

More information

被 災 企 業 等 への 支 援 策 の 充 実 について 被 災 企 業 の 支 援 策 について 復 興 計 画 の 遅 れや 人 件 費 資 材 不 足 等 の 現 状 に 配 慮 し グループ 補 助 金 制 度 の 継 続 や 運 用 の 改 善 等 を 国 に 強 く 求 めると 共 に

被 災 企 業 等 への 支 援 策 の 充 実 について 被 災 企 業 の 支 援 策 について 復 興 計 画 の 遅 れや 人 件 費 資 材 不 足 等 の 現 状 に 配 慮 し グループ 補 助 金 制 度 の 継 続 や 運 用 の 改 善 等 を 国 に 強 く 求 めると 共 に 被 災 したJR 各 線 の 復 旧 について 被 災 したJR 山 田 線 大 船 渡 線 の 復 旧 については あくまでも 鉄 路 での 復 旧 が 果 たされるよう 関 係 自 治 体 と 共 に 国 やJR 東 日 本 に 対 して 強 く 働 き 掛 けること 復 興 計 画 が 完 了 するまでの 復 興 予 算 の 確 保 について 被 災 自 治 体 が 安 心 して 復 興 に

More information

近 年 発 生 状 況 我 国 国 であり 近 年 日 本 全 国 お 発 生 ( 気 象 庁 ホームページり) ( 平 成 8 年 ~ 平 成 17 年 ) ( 平 成 18 年 ~ 平 成 25 年 4 月 ) 将 来 予 測 将 来 予 測 お 日 本 全 国 で き 発 生 可 能 性 あ

近 年 発 生 状 況 我 国 国 であり 近 年 日 本 全 国 お 発 生 ( 気 象 庁 ホームページり) ( 平 成 8 年 ~ 平 成 17 年 ) ( 平 成 18 年 ~ 平 成 25 年 4 月 ) 将 来 予 測 将 来 予 測 お 日 本 全 国 で き 発 生 可 能 性 あ 1. 促 進 正 概 要 1 近 年 発 生 状 況 我 国 国 であり 近 年 日 本 全 国 お 発 生 ( 気 象 庁 ホームページり) ( 平 成 8 年 ~ 平 成 17 年 ) ( 平 成 18 年 ~ 平 成 25 年 4 月 ) 将 来 予 測 将 来 予 測 お 日 本 全 国 で き 発 生 可 能 性 あ 主 海 溝 型 評 価 結 果 主 要 活 層 評 価 結 果 文 部

More information

関連データ及び参考資料(1)

関連データ及び参考資料(1) 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 71 72 目 次 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 1. 学 校 を 取 り 巻 く 状 況 公 共 施 設 における 学 校 施 設 の 割 合... 74 学 校 数 幼 児 児 童 生 徒 数 の 推 移... 74 小 中 学 校 数 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 一 校 当 たりの 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 公

More information

福井県耐震改修促進計画

福井県耐震改修促進計画 福 井 県 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 概 要 版 ) 平 成 18 年 12 月 策 定 平 成 24 年 3 月 改 定 平 成 28 年 3 月 改 定 福 井 県 福 井 県 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 目 次 はじめに (1) 住 宅 建 築 物 の 耐 震 化 の 必 要 性 1 (2) 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 25 年 度 税 制 改 正 について ( 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 税 制 ) 平 成 25 年 2 月 中 小 企 業 庁 1. 事 業 承 継 税 制 の 拡 充 1 ( 相 続 税 贈 与 税 ) 拡 充 中 小 企 業 経 営 者 の 平 均 年 齢 が 約 60 歳 となっており 事 業 承 継 の 円 滑 化 は 喫 緊 の 課 題 事 業 承 継 税 制

More information

CFP ラストスパート 用 レジュメ 2006 タックスプランニング 目 次 法 改 正 税 制 改 正 のまとめ P3 1 国 税 と 地 方 税 所 得 税 概 論 P28 1-1 国 税 と 地 方 税 P28 1-2 所 得 税 のしくみ P29 2 各 種 所 得 の 計 算 P33 2-

CFP ラストスパート 用 レジュメ 2006 タックスプランニング 目 次 法 改 正 税 制 改 正 のまとめ P3 1 国 税 と 地 方 税 所 得 税 概 論 P28 1-1 国 税 と 地 方 税 P28 1-2 所 得 税 のしくみ P29 2 各 種 所 得 の 計 算 P33 2- 平 成 18 年 度 CFP 受 験 対 策 ラストスパート 用 レジュメ 2006 タックスプランニング サンプル 版 ~ 途 中 でページが 省 略 されている 部 分 があります 法 改 正 税 制 改 正 のまとめ CFP 試 験 頻 出 ポイント 集 株 式 会 社 住 まいと 保 険 と 資 産 管 理 http://www.fpcom.net http://www.mylifenavi.net

More information

厚生年金基金の制度改正201404

厚生年金基金の制度改正201404 厚 生 年 金 基 金 の 制 度 改 正 に 係 る 解 説 ~ 政 省 令 告 示 の 公 布 および 通 知 の 発 出 を 受 けて~ 2014 年 4 月 AD908- 年 14-01 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. はじめに 2013( 平 成 25) 年 6 月 19 日 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しおよび

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

00 平成23年度業務実績報告書

00 平成23年度業務実績報告書 7.その 他 参 考 となり 得 る 情 報 (1) 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 支 援 の 取 組 み 東 日 本 大 震 災 に 関 連 し 機 構 は 以 下 に 示 すような 取 組 みを 通 して 復 旧 復 興 に 貢 献 している 1 鉄 道 建 設 業 務 関 連 1) 東 北 新 幹 線 復 旧 支 援 JR 東 日 本 に 対 して 東 北 新 幹 線 の 早

More information

Microsoft Word - 新規 Microsoft Word 文書.docx

Microsoft Word - 新規 Microsoft Word 文書.docx ss 震 災 と 生 活 保 護 制 度 Q&A 作 成 : 生 活 保 護 問 題 対 策 全 国 会 議 Q1( 避 難 所 での 生 活 保 護 受 給 ) 私 は 今 避 難 所 で 生 活 しています 生 活 保 護 の 申 請 に 行 ったら 炊 き 出 し 配 給 等 に よって 最 低 生 活 が 確 保 されているし 居 住 地 ( 被 災 地 )と 離 れているからダメと 言 われま

More information

不動産コンサルティング業務委託契約書(案)

不動産コンサルティング業務委託契約書(案) Ⅰ. 学 習 にあたって この 学 習 にあたって は 不 動 産 コンサルティング 技 能 試 験 の 受 験 のために 学 習 すべき 範 囲 なら びに 学 習 上 の 留 意 点 を 示 したものです 以 下 各 科 目 別 に 説 明 します なお 試 験 問 題 の 主 な 出 題 範 囲 については Ⅱ.に 記 載 していますので 参 照 してください 1. 事 業 実 務 不 動 産

More information

地震防災対策の現状と課題~住宅の耐震化と地震保険~

地震防災対策の現状と課題~住宅の耐震化と地震保険~ 第 119 回 NRIメディアフォーラム 地 震 防 災 対 策 の 現 状 と 課 題 ~ 住 宅 の 耐 震 化 と 地 震 保 険 ~ 2009 年 11 月 13 日 株 式 会 社 野 村 総 合 研 究 所 社 会 システムコンサルティング 部 上 級 コンサルタント 主 任 コンサルタント 浅 野 憲 周 野 崎 洋 之 100-0005 東 京 都 千 代 田 区 丸 の 内 1-6-5

More information

Microsoft Word - 24kyuyoteiinkanri.doc

Microsoft Word - 24kyuyoteiinkanri.doc 芦 屋 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 (23 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A 人 23 年 度 94,463 35,526,420 1,552,807 7,922,645 22.3 ( 参 考 ) 22 年 度 の

More information

不 動 産 賃 貸 業 の 場 合 は5 棟 10 室 以 上 の 事 業 規 模 であること 下 記 に 該 当 する 場 合 は 加 入 できません (1) 青 色 専 従 者 (2) 法 人 の 役 員 については 登 記 していることが 必 要 です したがって 顧 問 等 の 場 合 には

不 動 産 賃 貸 業 の 場 合 は5 棟 10 室 以 上 の 事 業 規 模 であること 下 記 に 該 当 する 場 合 は 加 入 できません (1) 青 色 専 従 者 (2) 法 人 の 役 員 については 登 記 していることが 必 要 です したがって 顧 問 等 の 場 合 には Q10 小 規 模 企 業 共 済 ( 退 職 金 型 + 年 金 型 )について 教 えて 下 さい ( 平 成 21 年 度 改 正 版 ) ポイント! 2008.12 湊 税 理 士 事 務 所 作 成 退 職 金 準 備 型 1 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 機 構 ( 略 称 中 小 機 構 ))が 運 営 する 制 度 です 2 掛 金 は 全 額 を 課 税 対 象

More information

第3章 災害応急対策計画                     第1節 活動体制計画   

第3章 災害応急対策計画                         第1節 活動体制計画    第 1 節 活 動 体 制 計 画 第 1 節 活 動 体 制 計 画 計 画 の 方 針 地 震 が 発 生 し 又 は 発 生 するおそれのある 場 合 において 災 害 の 予 防 及 び 災 害 応 急 対 策 等 の 防 災 活 動 を 強 力 に 推 進 するために 災 害 対 策 本 部 等 の 設 置 応 援 要 請 応 急 公 用 負 担 等 の 活 動 体 制 を 確 立 する

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B9E93738E739856906C95DB8CEC915B927594EF82CC8E7895D982C98AD682B782E997768D6A2E727466>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B9E93738E739856906C95DB8CEC915B927594EF82CC8E7895D982C98AD682B782E997768D6A2E727466> 京 都 市 老 保 護 措 置 費 の 支 弁 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 養 護 老 ホーム( 以 下 施 設 という )の 入 所 者 に 係 る 老 福 祉 法 第 11 条 第 1 項 の 規 定 による 措 置 に 要 する 費 用 ( 以 下 措 置 費 という )の 支 弁 に 関 し, 必 要 な 事 項 を 定 める ものとする ( 事 務

More information

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A>

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A> 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 災 害 復 旧 計 画 編 第 1 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 事 故 対 策 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2 第 4 災 害 対 策 本 部 1-4 第 2 節

More information

東日本大震災の被災地における不動産の価格等調査のための運用指針(No1)(案)

東日本大震災の被災地における不動産の価格等調査のための運用指針(No1)(案) 平 成 28 年 5 月 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガ イドライン に 対 応 する 不 動 産 の 価 格 等 調 査 の ための 運 用 指 針 ( 研 究 報 告 ) 個 人 債 務 者 の 債 務 整 理 における 不 動 産 の 評 価 公 益 社 団 法 人 日 本 不 動 産 鑑 定 士 協 会 連 合 会 実 務 指 針 不 動 産 鑑 定

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

平成24年度税制改正要望 公募結果 153. 不動産取得税

平成24年度税制改正要望 公募結果 153. 不動産取得税 項 目 : 153. 不 動 産 取 得 税 岩 手 県 ( 商 工 労 働 観 光 部 企 業 立 地 推 進 課 ) 被 災 地 域 の 企 業 が 投 資 する 再 生 可 能 エネルギー 設 備 に 対 する 課 税 免 除 大 震 災 津 波 において 被 災 地 域 では 電 気 水 道 ガスなどのインフラ 機 能 が 喪 失 し 工 場 では 稼 働 再 開 まで 長 期 間 を 要

More information

経 済 調 査 部 エコノミスト 齋 藤 周 3-3591-1283 当 レポートは 情 報 提 供 のみを 目 的 として 作 成 されたものであり 商 品 の 勧 誘 を 目 的 としたものではあり ません 本 資 料 は 当 社 が 信

経 済 調 査 部 エコノミスト 齋 藤 周 3-3591-1283 当 レポートは 情 報 提 供 のみを 目 的 として 作 成 されたものであり 商 品 の 勧 誘 を 目 的 としたものではあり ません 本 資 料 は 当 社 が 信 みずほリポート 214 年 6 月 9 日 相 続 税 法 改 正 と 貸 家 着 工 税 制 改 正 が 貸 家 着 工 に 与 える 影 響 試 算 213 年 の 貸 家 着 工 は 前 年 比 +11.8%と 大 幅 に 増 加 低 金 利 や 住 宅 価 格 の 先 高 観 消 費 税 率 引 き 上 げに 伴 う 駆 け 込 みに 加 えて 213 年 度 税 制 改 正 で 決 定 した

More information

第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 等 対 策 ) 第 1 章 第 1 節 応 急 活 動 体 制 の 確 立 活 動 体 制 の 確 立 市 県 NTT 西 日 本 山 口 支 店 災 害 応 急 対 策 を 迅 速 かつ 効 果 的 に 実 施 するため 本 防 災 計 画 に 定 める 組 織 所 掌 事 務 により 諸 活 動 を 実 施 するものとする このため

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF68A4A8CB48D655F4832378DE096B15F303489C896DA90E096BE>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF68A4A8CB48D655F4832378DE096B15F303489C896DA90E096BE> Ⅱ 会 計 科 目 の 説 明 (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 区 分 大 科 目 小 科 目 内 容 収 入 学 生 生 徒 等 納 学 則 に 記 載 されている 納 付 金 をいう( 在 学 条 件 として 義 務 的 に の 部 付 金 収 入 又 一 律 に 納 付 すべきものをいう ) 授 業 料 収 入 聴 講 料 補 講 料 教 職 課 程 履 修 費 を 含 む 入 学

More information

(<例1>政府税制調査会:3月)

(<例1>政府税制調査会:3月) 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 24 年 10 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 1 2 地 方 法 人 課 税 の 拡 充 強 化 3 3 地 方 消 費 税 ( 現 行 分 )の 充 実 4 4 地 方 消 費 税 税 率 引 上 げ 分 の 使 途 及 び 地 方 の 役 割 の 拡 大 について 5 5 地 球

More information

広報みなと2月1日号税金特集号

広報みなと2月1日号税金特集号 集 号 個 地 域 社 費 力 応 じ 広 負 性 格 持 最 低 低 設 治 体 経 費 多 負 国 署 末 調 署 勤 先 降 決 地 市 町 村 国 健 康 介 護 長 寿 医 療 営 宅 裁 請 求 子 家 庭 助 非 証 明 交 被 認 免 勤 先 構 旧 社 庁 偶 親 族 専 署 思 状 況 判 断 郵 役 階 窓 布 希 望 連 絡 郵 活 護 規 活 助 障 害 寡 婦 寡 夫 直

More information

平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平 成 22 年 12 月 16 日 に 閣 議 決 定 され 公 表 されました 平 成 23 年 度 税 制 改 正 の 主 要 項 目 は 以 下 の 通 りです 以 下 のうち 平 成 23 年 6 月 3

平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平 成 22 年 12 月 16 日 に 閣 議 決 定 され 公 表 されました 平 成 23 年 度 税 制 改 正 の 主 要 項 目 は 以 下 の 通 りです 以 下 のうち 平 成 23 年 6 月 3 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 の 法 令 等 に 準 拠 UP!Consulting Up Newsletter 平 成 23 年 度 税 制 改 正 平 成 22 年 度 税 制 改 正 により 平 成 23 年 度 から 適 用 される 措 置 http://www.up-firm.com 1 平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平

More information

高速道路の計画的更新と料金徴収期間の延長

高速道路の計画的更新と料金徴収期間の延長 高 速 道 路 の 計 画 的 更 新 と 料 金 徴 収 期 間 の 延 長 道 路 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 国 土 交 通 委 員 会 調 査 室 村 田 和 彦 1.はじめに 我 が 国 においては 昭 和 30 年 代 に 入 ると 経 済 規 模 の 拡 大 に 伴 い 自 動 車 交 通 が 激 増 し 高 速 交 通 のための 高 規 格 の 道 路 に 対

More information

平成28年度 特別区民税・都民税(住民税)の算出方法

平成28年度 特別区民税・都民税(住民税)の算出方法 平 成 28 年 度 特 別 区 民 税 ( 住 民 税 )の 算 出 方 法 平 成 28 年 1 月 1 日 現 在 渋 谷 区 内 に 住 所 がある 人 に 対 して 平 成 27 年 の 1 月 から 12 月 までの 1 年 間 の 所 得 を 基 礎 に 税 額 を 算 出 します 住 民 税 の 算 出 方 法 は 次 のとおりです なお 区 内 に 住 所 がなく 区 内 に 事

More information

企業年金の先行きは縮小か、普及・拡大か

企業年金の先行きは縮小か、普及・拡大か 金 融 資 本 市 場 215 年 9 月 3 日 全 1 頁 企 業 年 金 の 先 行 きは 縮 小 か 普 及 拡 大 か 厚 生 年 金 基 金 と 同 時 に DB DC においても 全 体 的 な 見 直 しが 進 む 金 融 調 査 部 研 究 員 佐 川 あぐり [ 要 約 ] 214 年 4 月 に 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための

More information

平 成 説 シート 務 総 点 新 規 / 継 続 継 続 ポンプ 場 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 施 設 課 (0)934-345 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 昭 和 5 ポンプ 場 下 水 道

平 成 説 シート 務 総 点 新 規 / 継 続 継 続 ポンプ 場 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 施 設 課 (0)934-345 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 昭 和 5 ポンプ 場 下 水 道 新 規 / 継 続 継 続 管 渠 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 管 理 課 (0)934-963 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 不 管 渠 下 水 道 法 要 綱 等 5-6 下 水 道 整 備 個 別 計 画 下 水 道 中 期 ビジョン あかし 下 水 道 計 画 ガイド 委 託 指 定 管 理

More information

第25回税制調査会 総25-1

第25回税制調査会 総25-1 平 27.10.27 総 2 5-1 説 明 資 料 相 続 税 贈 与 税 平 成 27 年 10 月 27 日 ( 火 ) 財 務 省 目 次 1. 資 産 課 税 をめぐる 経 済 社 会 構 造 の 変 化 1 家 計 における 資 産 形 成 の 変 容 4 相 続 の 変 容 13 今 後 の 人 口 動 態 の 見 通 し 27 2. 相 続 税 の 現 状 30 3. 贈 与 税 の

More information