取扱基準 本文

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "取扱基準 本文"

Transcription

1 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 に 基 づく 東 京 都 容 積 率 の 許 可 に 関 する 取 扱 基 準 1 制 定 15 都 市 建 市 第 282 号 平 成 16 年 3 月 4 日 改 正 16 都 市 建 企 第 233 号 平 成 16 年 9 月 10 日 改 正 21 都 市 建 企 第 893 号 平 成 22 年 3 月 31 日 改 正 25 都 市 建 企 第 550 号 平 成 25 年 9 月 19 日 改 正 26 都 市 建 企 第 235 号 平 成 26 年 6 月 30 日 改 正 27 都 市 建 企 第 1355 号 平 成 28 年 3 月 31 日 Ⅰ 運 用 方 針 東 京 都 は 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 5 月 24 日 法 律 第 201 号 以 下 法 という ) 第 52 条 14 項 第 1 号 の 規 定 による 機 械 室 等 の 床 面 積 が 著 しく 大 きな 建 築 物 の 容 積 率 の 許 可 の 運 用 にあたり 法 これに 基 づく 命 令 及 び 技 術 的 助 言 の 趣 旨 を 踏 まえ 良 好 な 市 街 地 環 境 の 確 保 省 資 源 省 エネルギー バリアフリー 化 の 推 進 等 に 配 慮 した 計 画 に 対 して 健 康 で 安 心 できる 都 市 づくりや 誰 もが 使 いやすい 建 築 物 の 整 備 を 進 めるため 本 制 度 を 活 用 するものとする II 取 扱 基 準 本 基 準 は 技 術 的 基 準 であり 本 基 準 に 適 合 しているか 否 かだけでなく 具 体 的 な 計 画 に 即 して 制 度 の 趣 旨 を 勘 案 し 東 京 都 又 は 区 市 町 村 が 定 める 行 政 計 画 や 運 用 方 針 に 照 ら して 総 合 的 見 地 から 判 断 して 本 制 度 を 取 り 扱 うものとする 1 用 語 の 定 義 本 基 準 における 用 語 の 意 義 は 法 によるほか 高 齢 者 障 害 者 等 の 移 動 等 の 円 滑 化 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 18 年 法 律 第 91 号 以 下 バリアフリー 法 という ) 及 び 高 齢 者 障 害 者 等 の 移 動 等 の 円 滑 化 の 促 進 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 18 年 政 令 第 379 号 以 下 バリアフリー 法 施 行 令 という )で 使 用 する 用 語 の 例 による 2 容 積 率 の 許 可 の 対 象 となる 建 築 物 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 の 容 積 率 の 許 可 の 対 象 となる 建 築 物 又 はその 部 分 は 次 に 掲 げるものとする (1) 機 械 室 変 電 施 設 その 他 これらに 類 する 施 設 を 有 するもの (2) 駅 その 他 これに 類 するもの( 以 下 駅 等 という )から 道 路 等 の 公 共 空 地 に 至 る 動 線 上 無 理 のない 経 路 上 にある 通 路 階 段 傾 斜 路 昇 降 機 その 他 これらに 類 するも の( 以 下 通 路 等 という )を 有 するもの (3) 建 築 物 のバリアフリー 化 に 寄 与 する 施 設 を 有 するもので 以 下 に 掲 げるもの 1 特 定 建 築 物 (3(3)6の 場 合 を 除 く )にあっては バリアフリー 法 第 17 条 の 規 定 による 認 定 を 受 けたものであること 2 特 定 建 築 物 以 外 の 建 築 物 にあっては 建 築 物 特 定 施 設 ( 高 齢 者 障 害 者 等 の 利 用 上 支 障 がない 部 分 を 除 く )が 高 齢 者 障 害 者 等 の 円 滑 な 利 用 を 確 保 するため 通 常 の 床 面 積 よりも 著 しく 大 きい 建 築 物 に 関 して 国 土 交 通 大 臣 が 高 齢 者 障 害 者 等 の 円 滑 な 利 用 を 確 保 する 上 で 有 効 と 認 めて 定 める 基 準 ( 平 成 18 年 国 土 交 通 省 告 示 第 1481 号 ( 以 下 告 示 という )) 第 2の 基 準 に 適 合 するものであること この 場 合 において 高 齢 者 障 害 者 等 の 利 用 上 支 障 がない 部 分 は 建 築 物 の

2 使 用 上 の 関 係 を 中 心 に 当 該 部 分 の 機 能 上 の 独 立 性 等 客 観 的 状 況 により 判 断 するこ と 3 エレベーターのない 既 存 建 築 物 (この 基 準 の 施 行 の 際 現 に 存 するものに 限 る ) において 新 たに 設 置 するエレベーターにあっては 高 齢 者 障 害 者 等 の 垂 直 移 動 のためのものであること 3 容 積 率 の 許 可 の 対 象 となる 施 設 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 の 容 積 率 の 許 可 の 対 象 となる 施 設 は 次 に 掲 げるものとする (1) 2(1)に 掲 げる 建 築 物 に 設 けられる 次 のいずれかに 該 当 する 施 設 その 他 これらに 類 するもの 1 中 水 道 施 設 2 地 域 冷 暖 房 施 設 3 防 災 用 備 蓄 倉 庫 4 消 防 用 水 利 施 設 5 電 気 事 業 の 用 に 供 する 開 閉 所 及 び 変 電 所 6 ガス 事 業 の 用 に 供 するバルブステーション ガバナーステーション 及 び 特 定 ガ ス 発 生 設 備 7 水 道 事 業 又 は 公 共 下 水 道 の 用 に 供 するポンプ 施 設 8 電 気 通 信 事 業 の 用 に 供 する 電 気 通 信 交 換 施 設 9 鉄 道 の 用 に 供 する 停 車 場 開 閉 所 及 び 変 電 所 10 発 電 室 11 大 型 受 水 槽 室 12 汚 水 貯 留 施 設 13 住 宅 等 に 設 置 するヒートポンプ 蓄 熱 システム( 原 則 として 自 然 冷 媒 を 用 い たものに 限 る ) 14 住 宅 等 に 設 置 する 潜 熱 回 収 型 給 湯 器 15 コージェネレーション 設 備 16 燃 料 電 池 設 備 17 太 陽 熱 集 熱 設 備 太 陽 光 発 電 設 備 ( 屋 上 又 は 屋 外 に 設 ける 駐 車 場 駐 輪 場 建 築 設 備 等 の 上 空 に 設 置 する 太 陽 光 パネル 等 とそれを 支 える 構 造 物 で 囲 まれた 部 分 を 含 む ) 18 蓄 熱 槽 19 蓄 電 池 (2) 2(2)に 掲 げる 建 築 物 に 設 けられる 通 路 等 は 建 築 物 の 部 分 のうち 以 下 の1 及 び 2の 要 件 に 該 当 するものとする ただし 法 第 52 条 第 6 項 に 規 定 する 昇 降 機 の 昇 降 路 の 部 分 については 本 基 準 の 容 積 率 の 許 可 の 対 象 としない 1 駅 等 から 道 路 等 の 公 共 空 地 に 至 る 動 線 上 無 理 のない 経 路 上 にある 通 路 等 である こと ただし 非 常 時 以 外 において 自 動 車 が 出 入 りする 通 路 等 を 除 く 2 当 該 通 路 等 自 体 が 周 辺 の 公 共 施 設 に 対 する 負 荷 を 増 大 させず むしろ 軽 減 させ るものであって 駅 等 の 周 辺 の 道 路 交 通 の 状 況 等 から 当 該 通 路 等 を 当 該 建 築 物 の 敷 地 内 に 設 けることが 当 該 敷 地 の 周 辺 の 道 路 における 歩 行 者 等 の 通 行 の 円 滑 化 に 資 すると 認 められるものであること (3) 2(3)に 掲 げる 建 築 物 に 設 けられる 次 のいずれかに 該 当 するもの ただし バリア フリー 法 第 19 条 の 規 定 による 容 積 率 の 特 例 を 受 けた 部 分 法 第 52 条 第 6 項 に 規 定 する 昇 降 機 の 昇 降 路 の 部 分 又 は 共 同 住 宅 の 共 用 の 廊 下 若 しくは 階 段 については 本 基 準 の 容 積 率 の 許 可 の 対 象 としない 1 特 定 建 築 物 に 設 置 される 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 特 定 施 設 又 は 特 別 特 定 建 築 2

3 物 に 設 置 される 主 として 高 齢 者 障 害 者 等 が 利 用 する 建 築 物 特 定 施 設 で 高 齢 者 障 害 者 等 が 円 滑 に 利 用 できるようにするために 誘 導 すべき 建 築 物 特 定 施 設 の 構 造 及 び 配 置 に 関 する 基 準 を 定 める 省 令 ( 平 成 18 年 国 土 交 通 省 令 第 114 号 )( 以 下 建 築 物 移 動 等 円 滑 化 誘 導 基 準 という )に 適 合 するもの 2 特 別 特 定 建 築 物 に 設 置 される 特 定 かつ 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 特 定 施 設 で 建 築 物 移 動 等 円 滑 化 誘 導 基 準 ( 同 基 準 第 18 条 に 規 定 するものを 除 く )に 適 合 す るもの 3 特 定 建 築 物 に 設 置 される1 又 は2に 該 当 するもの 以 外 の 建 築 物 特 定 施 設 で 告 示 第 2の1から5までに 掲 げる 基 準 に 適 合 するもの 4 特 定 建 築 物 以 外 の 建 築 物 に 設 置 される 建 築 物 特 定 施 設 で 告 示 第 2の1から5ま でに 掲 げる 基 準 のいずれかに 適 合 するもの 5 病 院 診 療 所 特 別 養 護 老 人 ホーム 及 び 介 護 老 人 保 健 施 設 ( 以 下 病 院 等 とい う ) 共 同 住 宅 ホテルに 設 置 される 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 特 定 施 設 (ホテ ル 病 院 等 特 別 特 定 建 築 物 にあっては 不 特 定 かつ 多 数 の 者 が 利 用 し 又 は 主 と して 高 齢 者 障 害 者 等 が 利 用 する 建 築 物 特 定 施 設 )が 建 築 物 移 動 等 円 滑 化 誘 導 基 準 に 適 合 し 更 にその 病 室 療 養 室 静 養 室 住 戸 客 室 に 設 置 される 建 築 物 特 定 施 設 ( 高 齢 者 障 害 者 等 の 利 用 上 支 障 がない 部 分 を 除 く )が 告 示 第 2の1から 5までに 掲 げる 基 準 に 適 合 するもの 6 エレベーターの 設 置 されていない 既 存 建 築 物 (この 基 準 の 施 行 の 際 現 に 存 する ものに 限 る )に 新 たに 設 置 されるエレベーター( 次 の 各 号 に 該 当 するもの ただ し 共 同 住 宅 等 で 構 造 上 やむを 得 ない 場 合 はこの 限 りでない )に 付 属 する 機 械 室 及 び 乗 降 ロビー (ア) エレベーターの 構 造 は バリアフリー 法 施 行 令 第 18 条 第 2 項 第 五 号 ロから リまでに 掲 げる 基 準 に 適 合 するものであること (イ) エレベーターを 利 用 する 車 いす 使 用 者 が 道 等 及 び 各 利 用 居 室 からエレベー ターまで 支 障 なく 到 達 できる 経 路 が 確 保 されているものであること 7 不 特 定 かつ 多 数 の 者 が 利 用 し 又 は 主 として 高 齢 者 障 害 者 等 が 利 用 する 建 築 物 特 定 施 設 が 建 築 物 移 動 等 円 滑 化 誘 導 基 準 に 適 合 する 病 院 等 に 建 替 え 又 は 増 築 を するものの 病 室 静 養 室 療 養 室 食 堂 及 び 機 能 訓 練 室 ( 以 下 病 室 等 という ) 4 容 積 率 の 許 可 の 対 象 となる 床 面 積 の 算 定 (1) 3(1)に 掲 げる 施 設 について 当 該 施 設 部 分 の 床 面 積 相 当 部 分 を 許 可 の 対 象 床 面 積 とする (2) 3(2)に 掲 げる 施 設 について 当 該 通 路 等 部 分 の 床 面 積 相 当 部 分 を 許 可 の 対 象 床 面 積 とする (3) 3(3)に 掲 げる 施 設 について 次 に 定 める 床 面 積 相 当 部 分 を 許 可 の 対 象 床 面 積 とす る 1 特 定 建 築 物 に 設 置 される 建 築 物 特 定 施 設 (2に 該 当 するものを 除 く ) 次 の(ア)から(カ)までに 掲 げる 建 築 物 特 定 施 設 ごとに それぞれ 次 に 定 める 数 値 を 超 える 床 面 積 の 合 計 とする ただし 3(3)6に 掲 げるエレベーターに 付 属 する 機 械 室 及 び 乗 降 ロビーについては その 床 面 積 の 合 計 とする (ア) 廊 下 等 廊 下 の 部 分 廊 下 の 用 途 ( 一 ) 小 学 校 中 学 校 義 務 教 育 学 校 高 等 学 校 又 は 中 等 教 育 学 校 における 児 童 用 又 は 生 徒 3 両 側 に 居 室 がある 廊 下 その 他 の 廊 下 2.30L 1.80L

4 用 のもの ( 二 ) 病 院 における 患 者 用 のもの 共 同 住 宅 の 住 戸 若 しくは 住 室 の 床 面 積 の 合 計 が 100 m2を 超 える 階 における 共 用 のもの 又 は3 室 以 下 の 専 用 のものを 除 き 居 室 の 床 面 積 の 合 計 が 1.60L 1.20L 200 m2( 地 階 にあっては 100 m2)を 超 える 階 におけるもの ( 三 ) ( 一 ) 及 び( 二 )に 掲 げる 廊 下 以 外 のもの 1.20L 1 この 表 において Lは 廊 下 等 の 長 さ( 単 位 m)を 表 すものとする 2 容 積 率 の 許 可 の 対 象 となる 部 分 については 認 定 特 定 建 築 物 の 容 積 率 の 特 例 を 適 用 する 場 合 の 廊 下 等 の 取 り 扱 いについて( 平 成 22 年 3 月 31 日 21 都 市 建 企 第 889 号 ) 1 及 び2の 規 定 を 準 用 するものとする (イ) 階 段 階 段 の 部 分 階 段 の 用 途 小 学 校 ( 義 務 教 育 学 校 の 前 期 課 程 を 含 む ) ( 一 ) における 児 童 用 のもの 中 学 校 ( 義 務 教 育 学 校 の 後 期 課 程 を 含 む ) 高 等 学 校 若 しくは 中 等 教 育 学 校 における 生 徒 用 のもの 又 は 物 品 販 売 業 ( 物 品 加 工 修 理 業 ( 二 ) を 含 む 以 下 同 じ )を 営 む 店 舗 で 床 面 積 の 合 計 が 1,500 m2を 超 えるもの 劇 場 映 画 館 演 芸 場 観 覧 場 公 会 堂 若 しくは 集 会 場 にお ける 客 用 のもの 段 がある 部 分 踊 場 2.28H H 1.68 ( 三 ) 直 上 階 の 居 室 の 床 面 積 の 合 計 が 200 m2を 超 え る 地 上 階 又 は 居 室 の 床 面 積 の 合 計 が 100 m2を 超 える 地 階 若 しくは 地 下 工 作 物 内 における 1.44H 1.44 もの ( 四 ) ( 一 )から( 三 )までに 掲 げる 階 段 以 外 のもの 0.72H 0.90 この 表 において Hは 階 段 の 高 さ( 単 位 m)を 表 すものとする (ウ) 傾 斜 路 傾 斜 路 の 部 分 傾 斜 路 の 用 途 ( 一 ) 小 学 校 中 学 校 義 務 教 育 学 校 高 等 学 校 若 しくは 中 等 教 育 学 校 における 児 童 用 若 しくは 生 徒 用 のもの 又 は 物 品 販 売 業 を 営 む 店 舗 で 床 面 積 の 合 計 が 1,500 m2を 超 えるもの 劇 場 映 画 館 演 芸 場 観 覧 場 公 会 堂 若 しくは 集 会 場 における 客 用 のもの ( 二 ) 直 上 階 の 居 室 の 床 面 積 の 合 計 が 200 m2を 超 え る 地 上 階 又 は 居 室 の 床 面 積 の 合 計 が 100 m2を 超 える 地 階 若 しくは 地 下 工 作 物 内 におけるも の 傾 斜 がある 部 分 踊 場 11.20H H 1.44 ( 三 ) ( 一 ) 及 び( 二 )に 掲 げる 傾 斜 路 以 外 のもの 6.00H 0.90 この 表 において Hは 傾 斜 路 の 高 さ( 単 位 m)を 表 すものとする 4

5 (2000 m2 以 上 の 特 別 特 定 建 築 物 に 設 置 される 上 記 表 の( 三 ) 項 に 該 当 する 傾 斜 路 にあっ ては 同 表 ( 二 ) 項 に 定 める 数 値 ) (エ) 便 所 ( 車 いす 使 用 者 用 便 房 に 係 る 部 分 に 限 る ) 1.00 m2/ 便 房 (オ) 駐 車 場 ( 車 いす 使 用 者 用 駐 車 施 設 に 係 る 部 分 に 限 り 建 築 基 準 法 施 行 令 ( 昭 和 25 年 11 月 16 日 政 令 第 338 号 ) 第 2 条 第 1 項 第 4 号 の 規 定 により 延 べ 面 積 に 算 入 しない 自 動 車 車 庫 等 の 部 分 の 床 面 積 を 除 く 以 下 同 じ ) m2/ 台 (2000 m2 以 上 の 特 別 特 定 建 築 物 に 設 置 される 駐 車 場 にあっては m2/ 台 ) 2 特 定 建 築 物 以 外 の 建 築 物 に 設 置 される 建 築 物 特 定 施 設 等 又 は3(3)5に 掲 げる 共 同 住 宅 の 住 戸 ホテルの 客 室 病 院 等 の 病 室 等 に 設 置 される 建 築 物 特 定 施 設 ア 住 宅 又 は 住 戸 内 に 設 置 される 建 築 物 特 定 施 設 次 の(ア)から(オ)までに 掲 げる 建 築 物 特 定 施 設 ( 高 齢 者 障 害 者 等 の 利 用 上 支 障 がない 部 分 を 除 く イにおいて 同 じ )ごとに それぞれ 次 に 定 める 数 値 を 超 え る 床 面 積 とする (ア) 廊 下 等 0.85(L1-L2)+0.80L2 (L1 は 廊 下 等 の 長 さ L2 は 廊 下 等 のうち 柱 等 の 箇 所 の 長 さの 合 計 ( 単 位 m)) (イ) 階 段 段 がある 部 分 0.72H (Hは 階 段 の 高 さ( 単 位 m)) 踊 場 0.90 m2 (ウ) 傾 斜 路 傾 斜 がある 部 分 6.00H (Hは 傾 斜 路 の 高 さ( 単 位 m)) 踊 場 0.90 m2 (エ) 便 所 ( 告 示 第 2の4イからハの 基 準 に 適 合 する 便 所 の 便 房 に 係 る 部 分 に 限 る ) 1.00 m2/ 便 房 (オ) 浴 室 2.50 m2/ 室 イ ア 以 外 に 設 置 される 建 築 物 特 定 施 設 次 の(ア)から(オ)までに 掲 げる 建 築 物 特 定 施 設 ( 高 齢 者 障 害 者 等 の 利 用 上 支 障 がない 部 分 を 除 く )ごとに それぞれ 次 に 定 める 数 値 を 超 える 床 面 積 の 合 計 とす る (ア) 廊 下 等 0.90L (Lは 廊 下 等 の 長 さ ( 単 位 m)) (イ) 階 段 段 がある 部 分 0.72H (Hは 階 段 の 高 さ( 単 位 m)) 踊 場 0.90 m2 (ウ) 傾 斜 路 傾 斜 がある 部 分 6.00H (Hは 傾 斜 路 の 高 さ( 単 位 m)) 5

6 踊 場 0.90 m2 (エ) 便 所 ( 告 示 第 2の4イからハの 基 準 に 適 合 する 便 所 の 便 房 に 係 る 部 分 に 限 る ) 1.00 m2/ 便 房 (オ) 浴 室 2.50 m2/ 室 3 3(3)7に 掲 げる 病 室 等 次 のアからウまでに 掲 げる 施 設 ごとに それぞれ 次 に 定 める 床 面 積 の 合 計 とす る ア 病 室 静 養 室 療 養 室 下 表 (1) 項 に 掲 げる 数 値 に 病 院 及 び 診 療 所 については 建 替 え 又 は 増 築 後 の 病 床 数 を 特 別 養 護 老 人 ホーム 及 び 介 護 老 人 保 健 施 設 については 建 替 え 又 は 増 築 後 の 入 所 人 員 を 乗 じて 得 た 床 面 積 から 既 存 建 築 物 の 病 室 静 養 室 療 養 室 の 床 面 積 ( 内 法 面 積 の 数 値 とする 以 下 イ 及 びウにおいて 同 じ )の 合 計 を 減 じ て 得 た 床 面 積 イ 食 堂 下 表 (2) 項 に 掲 げる 数 値 に 病 院 については 建 替 え 又 は 増 築 後 の 病 床 数 を 特 別 養 護 老 人 ホーム 及 び 介 護 老 人 保 健 施 設 については 建 替 え 又 は 増 築 後 の 入 所 人 員 を 乗 じて 得 た 床 面 積 から 既 存 建 築 物 の 食 堂 の 床 面 積 の 合 計 を 減 じて 得 た 床 面 積 ウ 機 能 訓 練 室 病 院 ( 療 養 病 床 )については 下 表 (3) 項 に 掲 げる 数 値 から 既 存 建 築 物 の 機 能 訓 練 室 の 床 面 積 の 合 計 を 減 じて 得 た 床 面 積 とし 特 別 養 護 老 人 ホーム 及 び 介 護 老 人 保 健 施 設 については 下 表 (3) 項 に 掲 げる 数 値 に 建 替 え 又 は 増 築 後 の 入 所 人 員 を 乗 じて 得 た 床 面 積 から 既 存 建 築 物 の 機 能 訓 練 室 の 床 面 積 の 合 計 を 減 じて 得 た 床 面 積 の 合 計 とする 表 ( 一 ) 病 室 静 養 室 療 養 室 一 般 病 床 6.4 m2 ( 二 ) 食 堂 ( 三 ) 機 能 訓 練 室 病 院 療 養 病 床 6.4 m2 1.0 m m2 (イ) (ロ) (ハ) 診 療 所 特 別 養 護 老 人 ホーム 6 一 般 病 床 4.3 m2 療 養 病 床 6.4 m m2 / 人 3.0 m2 3.0 m2 介 護 老 人 保 健 施 設 8.0 m2 2.0 m2 1.0 m2 1 表 中 の 面 積 は 内 法 面 積 の 数 値 とする 2 表 中 (イ) 欄 に 掲 げる 数 値 は 医 療 法 施 行 規 則 ( 昭 和 23 年 厚 生 省 令 第 50 号 ) の 定 めによる 3 表 中 (ロ) 欄 に 掲 げる 数 値 は 特 別 養 護 老 人 ホームの 設 備 及 び 運 営 に 関 する 基 準 ( 平 成 11 年 厚 生 省 令 第 46 号 ) の 定 めによる 4 表 中 (ハ) 欄 に 掲 げる 数 値 は 介 護 老 人 保 健 施 設 の 人 員 施 設 及 び 設 備 並 び に 運 営 に 関 する 基 準 ( 平 成 11 年 厚 生 省 令 第 40 号 ) の 定 めによる

7 5 緩 和 の 限 度 (1) 3(3)1から6までに 掲 げる 施 設 に 係 る 部 分 の 容 積 率 (バリアフリー 法 第 19 条 に より 不 算 入 とされた 床 面 積 の 部 分 がある 場 合 にあっては 3(3)1から6までに 掲 げ る 施 設 に 係 る 部 分 に 当 該 床 面 積 の 部 分 を 加 えた 合 計 の 容 積 率 )の 緩 和 の 限 度 は 法 第 52 条 第 1 項 から 第 9 項 ( 同 第 8 項 を 除 く )に 規 定 する 容 積 率 ( 以 下 基 準 容 積 率 という )の 0.1 倍 とする なお 法 第 57 条 の 2 第 3 項 の 規 定 により 特 定 行 政 庁 が 特 例 容 積 率 の 限 度 の 指 定 を 行 った 特 例 敷 地 に 本 基 準 を 適 用 する 場 合 は 当 該 指 定 を 行 う 前 の 基 準 容 積 率 とする ( 次 項 も 同 じ) (2) 本 基 準 により 緩 和 される 容 積 率 の 限 度 は 前 項 により 緩 和 された 容 積 率 を 含 み 基 準 容 積 率 の 0.25 倍 とする なお 法 第 59 条 の 2 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 許 可 又 は マンション 建 替 え 等 の 円 滑 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 14 年 法 律 第 78 号 ) 第 105 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 許 可 を 併 用 する 場 合 原 則 として 当 該 許 可 による 割 増 容 積 率 に 相 当 する 部 分 を 含 むものとする 6 その 他 (1) 3(1)1から19 掲 げる 施 設 以 外 であっても 省 資 源 省 エネルギー 防 災 等 の 観 点 から 必 要 なものであって 公 共 施 設 に 対 する 負 荷 の 増 大 のないものと 認 められる 場 合 については 許 可 の 対 象 とすることができる ただし 建 築 計 画 の 内 容 敷 地 の 位 置 敷 地 の 周 囲 の 土 地 利 用 の 状 況 都 市 施 設 の 整 備 の 状 況 等 から 適 切 でないと きはこの 限 りでない (2) 4(3)3に 対 する 本 基 準 の 適 用 は 従 来 より 存 する 病 院 等 が 同 一 敷 地 ( 隣 接 する 敷 地 を 編 入 し 敷 地 面 積 が 増 加 した 場 合 を 含 む )において 建 替 え 又 は 増 築 しよう とする 場 合 ( 病 院 又 は 診 療 所 を 特 別 養 護 老 人 ホーム 又 は 介 護 老 人 保 健 施 設 に 建 替 え 又 は 用 途 変 更 する 場 合 等 を 含 む )に 限 る (3) 4(3)3に 対 する 本 基 準 の 適 用 は 病 院 及 び 診 療 所 については 病 床 数 特 別 養 護 老 人 ホーム 及 び 介 護 老 人 保 健 施 設 については 入 所 人 員 の 増 加 を 伴 わない 計 画 ( 医 療 計 画 上 病 床 過 剰 地 域 にある 病 院 については 病 床 数 を 10% 以 上 削 減 する 計 画 とす る )であること (4) 増 改 築 等 を 行 う 場 合 既 存 部 分 が2(3)1 及 び2に 掲 げる 建 築 物 に 該 当 するもの については 既 存 部 分 も 含 め 許 可 の 対 象 とすることができる 1 本 基 準 は 平 成 16 年 4 月 1 日 から 施 行 する 2 建 築 基 準 法 第 52 条 第 11 項 第 1 号 に 基 づく 東 京 都 容 積 率 許 可 基 準 ( 平 成 13 年 7 月 10 日 付 13 都 市 建 調 第 96 号 決 定 以 下 旧 基 準 という )は 本 基 準 の 施 行 を もって 廃 止 する 3 本 基 準 の 施 行 前 に 旧 基 準 によりなされた 許 可 は 本 基 準 によってなされた 許 可 とみなす 本 基 準 は 平 成 16 年 9 月 15 日 から 施 行 する 本 基 準 は 平 成 22 年 4 月 1 日 から 施 行 する 本 基 準 は 平 成 25 年 9 月 19 日 から 施 行 する 本 基 準 は 平 成 26 年 7 月 1 日 から 施 行 する 7

8 本 基 準 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 施 行 する 8

建築基準法第52条第14項第1号に基づく練馬区容積率の許可に関する取扱基準

建築基準法第52条第14項第1号に基づく練馬区容積率の許可に関する取扱基準 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 に 基 づく 練 馬 区 容 積 率 の 許 可 に 関 する 取 扱 基 準 練 都 建 第 282 号 平 成 14 年 3 月 11 日 第 1 運 用 方 針 練 馬 区 は 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 以 下 法 という ) 第 52 条 第 14 項 第 1 号 の 規 定 による 機 械

More information

(7) 水 道 事 業 又 は 公 共 下 水 道 の 用 に 供 するポンプ 施 設 (8) 第 一 種 電 気 通 信 事 業 の 用 に 供 する 電 気 通 信 交 換 施 設 (9) 都 市 高 速 鉄 道 の 用 に 供 する 停 車 場 開 閉 所 及 び 変 電 所 (10) 発 電

(7) 水 道 事 業 又 は 公 共 下 水 道 の 用 に 供 するポンプ 施 設 (8) 第 一 種 電 気 通 信 事 業 の 用 に 供 する 電 気 通 信 交 換 施 設 (9) 都 市 高 速 鉄 道 の 用 に 供 する 停 車 場 開 閉 所 及 び 変 電 所 (10) 発 電 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 に 関 する 許 可 基 準 改 定 平 成 23 年 10 月 1 日 Ⅰ 趣 旨 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 以 下 法 という ) 第 52 条 第 14 項 第 1 号 の 許 可 制 度 は 機 械 室 等 部 分 の 床 面 積 の 合 計 の 建 築 物 の 延 べ 面 積 に 対 する

More information

(11) 建 築 物 特 定 施 設 等 本 許 可 基 準 により 容 積 率 緩 和 対 象 とした 施 設 2. 運 用 方 針 この 許 可 基 準 は, 市 街 地 環 境 の 保 護 を 図 りつつ, 地 域 の 安 定 的 な 医 療 福 祉 環 境 の 確 保 を 図 ることを 目

(11) 建 築 物 特 定 施 設 等 本 許 可 基 準 により 容 積 率 緩 和 対 象 とした 施 設 2. 運 用 方 針 この 許 可 基 準 は, 市 街 地 環 境 の 保 護 を 図 りつつ, 地 域 の 安 定 的 な 医 療 福 祉 環 境 の 確 保 を 図 ることを 目 福 岡 市 バリアフリー 容 積 率 緩 和 許 可 基 準 ( 福 岡 市 : 高 齢 者, 障 害 者 等 の 移 動 等 の 円 滑 化 の 促 進 に 関 する 法 律 第 24 条 の 規 定 による 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 許 可 基 準 ) 平 成 20 年 8 月 福 岡 市 住 宅 都 市 局 建 築 指 導 部 1. 用 語 の 定 義 この

More information

Taro11-第5章.jtd

Taro11-第5章.jtd 第 5 章 法 第 43 条 令 第 34 条 令 第 35 条 令 第 36 条 規 則 第 34 条 ( 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 以 外 の 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ) 法 第 四 十 三 条 何 人 も 市 街 化 調 整 区 域 のうち 開 発 許 可 を 受 けた 開 発 区 域 以 外 の 区 域 内 においては 都 道 府 県 知 事 の 許 可 を 受

More information

1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 土 地 の 高 度 利 用 については 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 条 例 ( 平 成 18 年 横 須 賀 市 条 例 第 72 号 以 下 条 例 という ) 同 条 例 施 行 規 則 ( 平 成

1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 土 地 の 高 度 利 用 については 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 条 例 ( 平 成 18 年 横 須 賀 市 条 例 第 72 号 以 下 条 例 という ) 同 条 例 施 行 規 則 ( 平 成 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 都 市 計 画 及 び 総 合 設 計 等 運 用 基 準 目 次 1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 ------------------- 1 第 2 本 基 準 の 構 成 ------------------- 1 2 章 土 地 の 高 度 利 用 に 係 る 適 用 評 価 について 第 1 適 用

More information

港区住宅型総合設計許可要綱(改正案)

港区住宅型総合設計許可要綱(改正案) 港 区 マンション 建 替 法 容 積 率 許 可 要 綱 平 成 27 年 6 月 1 日 27 港 街 計 第 791 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は マンションの 建 替 え 等 の 円 滑 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 14 年 法 律 第 78 号 以 下 法 という ) 第 105 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 容 積 率 の 許

More information

目 次 第 1 章 総 則 第 1 総 則 1 1 趣 旨 1 2 基 本 目 標 1 3 運 用 方 針 2 第 2 用 語 の 定 義 2 第 2 章 計 画 要 件 第 1 計 画 の 基 本 要 件 6 1 共 通 事 項 6 第 2 種 類 別 要 件 6 1 市 街 地 住 宅 型 総

目 次 第 1 章 総 則 第 1 総 則 1 1 趣 旨 1 2 基 本 目 標 1 3 運 用 方 針 2 第 2 用 語 の 定 義 2 第 2 章 計 画 要 件 第 1 計 画 の 基 本 要 件 6 1 共 通 事 項 6 第 2 種 類 別 要 件 6 1 市 街 地 住 宅 型 総 千 代 田 区 総 合 設 計 許 可 要 綱 千 代 田 区 平 成 27 年 9 月 ( 平 成 28 年 1 月 一 部 改 正 ) 目 次 第 1 章 総 則 第 1 総 則 1 1 趣 旨 1 2 基 本 目 標 1 3 運 用 方 針 2 第 2 用 語 の 定 義 2 第 2 章 計 画 要 件 第 1 計 画 の 基 本 要 件 6 1 共 通 事 項 6 第 2 種 類 別 要 件

More information

都計法等講習会における説明メモ

都計法等講習会における説明メモ 国 住 街 第 1 4 5 号 平 成 2 6 年 12 月 5 日 各 都 道 府 県 建 築 行 政 主 務 部 長 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 市 街 地 建 築 課 長 マンションの 建 替 え 等 の 円 滑 化 に 関 する 法 律 第 105 条 の 規 定 の 運 用 について 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 ) 第 59 条 の2に 基 づくいわゆる

More information

市街化調整区域の地区計画の判断指針(平成24年2月策定)

市街化調整区域の地区計画の判断指針(平成24年2月策定) 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 の 知 事 同 意 又 は 協 議 にあたっての 判 断 指 針 平 成 24 年 2 月 茨 城 県 土 木 部 都 市 局 都 市 計 画 課 目 次 1 判 断 指 針 策 定 の 趣 旨 1 2 本 判 断 指 針 が 対 象 とする 地 区 計 画 1 3 県 が 判 断 するにあたっての 基 本 方 針 2 4 地 区 計 画 の 対

More information

住宅版エコポイントについて

住宅版エコポイントについて 省 エネ 住 宅 ポイントについて 国 土 交 通 省 1. 制 度 概 要 2. 対 象 住 宅 の 性 能 要 件 等 3. 発 行 ポイント 数 4.ポイントの 交 換 商 品 等 5. 申 請 手 続 き 6. 完 成 済 購 入 タイプ 参 考 資 料 P.2 P.6 P.9 P.19 P.22 P.25 P.27 1 1. 制 度 概 要 2 1. 制 度 概 要 制 度 の 趣 旨 地

More information

<8A4A94AD8B9689C290528DB88AEE8F808169955C8E86816A90FC82C882B52E786477>

<8A4A94AD8B9689C290528DB88AEE8F808169955C8E86816A90FC82C882B52E786477> 開 発 許 可 審 査 基 準 平 成 24 年 8 月 春 日 部 市 目 次 総 則 第 01 目 的 1 第 02 法 令 の 略 称 規 定 1 第 03 開 発 行 為 の 定 義 1 都 市 計 画 法 第 29 条 開 発 行 為 の 許 可 3 都 市 計 画 法 第 33 条 開 発 許 可 の 基 準 5 都 市 計 画 法 第 34 条 市 街 化 調 整 区 域 の 許 可

More information

消防法等施行細則(H26.8.1改正後HP掲載用全文)

消防法等施行細則(H26.8.1改正後HP掲載用全文) 消 防 法 等 施 行 細 則 昭 和 48 年 7 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 1 号 改 正 昭 和 50 年 4 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 2 号 昭 和 55 年 5 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 1 号 昭 和 59 年 4 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 2 号 平 成 2 年 5 月 23 日 消 防 組 合 規 則 第 1 号 平 成 4

More information

施設整備交付要綱

施設整備交付要綱 東 京 都 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 費 補 助 金 交 付 要 綱 6 衛 医 対 第 1125 号 17 福 保 医 政 第 165 号 平 成 7 年 2 月 1 日 平 成 17 年 7 月 15 日 7 衛 医 対 第 1186 号 18 福 保 医 政 第 1050 号 平 成 7 年 10 月 25 日 平 成 18 年 12 月 15 日 8 衛 医 計 第 3 1

More information

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 経 済 の 好 循 環 を 確 実 なものとする 観 点 から 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 等 を 行 うとともに 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 低 所 得 者 への 配 慮 として 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導

More information

整 備 例 : 整 備 基 準 ( は 条 例 第 6 章 の 適 用 対 象 建 築 物 にのみ 適 用 される 整 備 基 準 ) : 整 備 が 望 ましい 項 目

整 備 例 : 整 備 基 準 ( は 条 例 第 6 章 の 適 用 対 象 建 築 物 にのみ 適 用 される 整 備 基 準 ) : 整 備 が 望 ましい 項 目 7 全 ての 人 が 利 用 しやすい 経 路 (5) 昇 降 機 (エレベーター) 整 備 基 準 解 説 下 記 以 外 の 建 築 物 (5) 当 該 経 路 を 構 成 するエレベーター((6)に 規 定 するエレベ ーターその 他 の 昇 降 機 を 除 く ) 及 びその 乗 降 ロビーは 次 に 掲 げるものとすること ア かごは 利 用 居 室 等 車 椅 子 使 用 者 用 便 房

More information

( 運 用 原 則 ) b 従 前 建 築 主 からの 贈 与 ( 贈 与 予 定 も 含 む この 場 合 三 親 等 以 内 に 限 る ) により 取 得 した 者 が 行 う 場 合 c 当 該 建 築 物 が 従 前 建 築 主 の 負 債 の 返 済 に 伴 う 競 売 により 落 札

( 運 用 原 則 ) b 従 前 建 築 主 からの 贈 与 ( 贈 与 予 定 も 含 む この 場 合 三 親 等 以 内 に 限 る ) により 取 得 した 者 が 行 う 場 合 c 当 該 建 築 物 が 従 前 建 築 主 の 負 債 の 返 済 に 伴 う 競 売 により 落 札 都 市 計 画 法 施 行 令 第 36 条 第 1 項 第 3 号 ホ( 市 街 化 調 整 区 域 内 の 建 築 物 の 用 途 変 更 について)に 関 する 判 断 基 準 ( 目 的 ) 第 1 この 基 準 は 都 市 計 画 法 ( 以 下 法 という ) 施 行 令 ( 以 下 令 という ) 第 36 条 第 1 項 第 3 号 ホ( 建 築 物 の 用 途 変 更 )の 判 断

More information

国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建

国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建 築 関 連 附 帯 業 務 標 準 人 日 数 39 耐 震 診 断 等 関 連 業 務 料 の 具

More information

<5461726F2D82508251817C88EF96D88E7381402E6A7464>

<5461726F2D82508251817C88EF96D88E7381402E6A7464> 1. 本 市 の 区 域 内 において 行 われる 開 発 行 為 等 ただし 都 市 計 画 法 第 29 条 第 4 号 から 第 9 号 までに 規 定 される 開 発 行 為 は 除 く 2. 建 築 基 準 法 第 6 条 第 1 項 又 は 第 18 条 第 1 項 に 規 定 する 建 築 物 を 建 築 し 若 しくは 工 作 物 を 設 置 する 行 為 3. 建 築 基 準 法

More information

( 第 二 面 ) 第 一 種 特 定 建 築 主 等 又 は 第 二 種 特 定 建 築 主 の 概 要 1. 第 一 種 特 定 建 築 主 等 又 は 第 二 種 特 定 建 築 主 イ. 氏 名 のフリガナ ロ. 氏 名 ハ. 郵 便 番 号 ニ. 住 所 ホ. 電 話 番 号 2. 代 理

( 第 二 面 ) 第 一 種 特 定 建 築 主 等 又 は 第 二 種 特 定 建 築 主 の 概 要 1. 第 一 種 特 定 建 築 主 等 又 は 第 二 種 特 定 建 築 主 イ. 氏 名 のフリガナ ロ. 氏 名 ハ. 郵 便 番 号 ニ. 住 所 ホ. 電 話 番 号 2. 代 理 第 一 号 様 式 ( 第 一 条 又 は 第 二 条 関 係 )(A4) 届 出 書 ( 第 一 面 ) エネルギーの 使 用 の 合 理 化 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 75 条 第 1 項 前 段 又 は 法 第 75 条 の2 第 1 項 前 段 の 規 定 による 届 出 をします この 届 出 書 に 記 載 の 事 項 は 事 実 に 相 違 ありません

More information

目 次 第 1 章 第 1 節 総 則 総 則 第 1 款 趣 旨 ( 第 1 条 ) 2 第 2 款 基 本 目 標 ( 第 2 条 ) 2 第 3 款 運 用 方 針 ( 第 3 条 ) 2 第 2 節 用 語 の 定 義 ( 第 4 条 ) 3 第 2 章 計 画 要 件 第 1 節 計 画

目 次 第 1 章 第 1 節 総 則 総 則 第 1 款 趣 旨 ( 第 1 条 ) 2 第 2 款 基 本 目 標 ( 第 2 条 ) 2 第 3 款 運 用 方 針 ( 第 3 条 ) 2 第 2 節 用 語 の 定 義 ( 第 4 条 ) 3 第 2 章 計 画 要 件 第 1 節 計 画 世 田 谷 区 マンション 建 替 法 容 積 率 許 可 要 綱 (マンションの 建 替 え 等 の 円 滑 化 に 関 する 法 律 第 105 号 ) 世 田 谷 区 平 成 28 年 4 月 目 次 第 1 章 第 1 節 総 則 総 則 第 1 款 趣 旨 ( 第 1 条 ) 2 第 2 款 基 本 目 標 ( 第 2 条 ) 2 第 3 款 運 用 方 針 ( 第 3 条 ) 2 第 2

More information

広島駅新幹線口周辺地区における用途地域及び容積率の見直し等の都市計画に関する運用方針

広島駅新幹線口周辺地区における用途地域及び容積率の見直し等の都市計画に関する運用方針 広 島 駅 新 幹 線 口 周 辺 地 区 における 用 途 地 域 及 び 容 積 率 の 見 直 し 等 の 都 市 計 画 に 関 する 運 用 方 針 平 成 21 年 (2009 年 )12 月 広 島 市 都 市 整 備 局 都 市 計 画 課 目 次 第 1 総 則 1 1 目 的 1 2 本 運 用 方 針 の 位 置 づけ 1 3 本 運 用 方 針 の 適 用 範 囲 1 4 用

More information

建 築 設 備 設 計 監 理 業 務 委 託 料 算 定 基 準 1. 目 的 この 基 準 は 福 島 県 土 木 部 が 所 掌 する 建 築 物 及 びその 附 帯 施 設 ( 以 下 県 有 建 築 物 とい う )に 係 る 設 計 等 の 業 務 ( 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BDF91E389BB8CF0957497768D6A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BDF91E389BB8CF0957497768D6A> 平 成 24 年 度 高 知 県 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 知 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 43 年 高 知 県 規 則 第 7 号 以 下 規 則 という ) 第 24 条 の 規 定 に 基 づき 高 知 県 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 費 補 助 金 ( 以

More information

Taro-270409_近代化実施要綱

Taro-270409_近代化実施要綱 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 事 業 実 施 要 綱 最 終 改 正 健 政 発 第 7 8 6 号 平 成 5 年 1 2 月 1 5 日 医 政 発 0409 第 29 号 平 成 2 7 年 4 月 9 日 1 目 的 この 事 業 は 医 療 資 源 の 効 率 的 な 再 編 及 び 地 域 医 療 の 確 保 に 配 慮 しつつ 病 院 における 患 者 の 療 養 環 境

More information

工 事 内 容 別 一 戸 建 て 住 宅 フォーム 1 床 面 積 が 増 え 特 殊 建 築 物 へ る 工 事 ( 屋 内 用 途 変 更 で 増 床 を 含 む) ケルン フォーム 工 事 ( 床 面 積 形 態 は 変 更 なし) 工 事 内 容 耐 震 化 工 事 構 造 に 絡 む 開

工 事 内 容 別 一 戸 建 て 住 宅 フォーム 1 床 面 積 が 増 え 特 殊 建 築 物 へ る 工 事 ( 屋 内 用 途 変 更 で 増 床 を 含 む) ケルン フォーム 工 事 ( 床 面 積 形 態 は 変 更 なし) 工 事 内 容 耐 震 化 工 事 構 造 に 絡 む 開 S E K I S A N 602 614 615 619 工 事 内 容 別 一 戸 建 て 住 宅 フォーム 1 床 面 積 が 増 え 特 殊 建 築 物 へ る 工 事 ( 屋 内 用 途 変 更 で 増 床 を 含 む) ケルン フォーム 工 事 ( 床 面 積 形 態 は 変 更 なし) 工 事 内 容 耐 震 化 工 事 構 造 に 絡 む 開 外 装 変 更 内 装 仕 上 げ 口

More information

Taro-1 建築基準法施行条例

Taro-1 建築基準法施行条例 福 島 県 建 築 基 準 法 施 行 条 例 昭 26. 8. 7 福 島 県 条 例 第 60 号 改 正 昭 35. 7.22 条 例 28 同 37. 7.31 同 36 同 44.12.10 同 66 同 46.10.20 同 55 同 52.10.21 同 45 同 59. 3.30 同 23 同 62.12.22 同 6l 平 4. 3.24 同 55 同 5. 3.23 同 3l 同

More information

Microsoft Word - 第1章 県有建築物等の設計業務等積算基準

Microsoft Word - 第1章 県有建築物等の設計業務等積算基準 建 築 設 計 業 務 等 積 算 基 準 平 成 28 年 4 月 1 日 沖 縄 県 土 木 建 築 部 目 次 第 1 章 県 有 建 築 物 等 の 設 計 業 務 等 積 算 基 準 1 第 2 章 県 有 建 築 物 等 の 設 計 業 務 等 積 算 要 領 3 第 1 節 総 則 3 第 2 節 業 務 人 時 間 数 の 算 定 方 法 5 第 3 節 対 象 外 業 務 率 の

More information

Microsoft Word - 01 消防用設備等早見表15.docx

Microsoft Word - 01 消防用設備等早見表15.docx 1 消 防 用 設 備 等 早 見 表 の 使 用 上 の 注 意 (1) 簡 便 に 消 防 用 設 備 等 を 調 べるものであり 施 行 令 施 行 規 則 技 術 基 準 規 格 又 は 条 例 等 で 必 ず 確 認 すること (2) 面 積 階 数 人 数 高 さ 等 の 数 値 は 一 部 を 除 き 以 上 であること (3) 面 積 については 延 べ 面 積 床 面 積 又 は

More information

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 16 年 4 月 1 日 国 住 市 第 352 号 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 通 知 最 終 改 正 平 成 25 年 5 月 15 日 国 住 市 第 52 号 第 1 通 則 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 に 係 る 国 の 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 等 に

More information

本 書 は 東 京 都 認 証 保 育 所 事 業 実 施 要 綱 ( 以 下 要 綱 という )に 規 定 する 建 物 設 備 の 基 準 及 び 職 員 配 置 の 基 準 について 解 説 するものです 1 建 物 設 備 の 基 準 ( 要 綱 6) 基 本 的 な 考

本 書 は 東 京 都 認 証 保 育 所 事 業 実 施 要 綱 ( 以 下 要 綱 という )に 規 定 する 建 物 設 備 の 基 準 及 び 職 員 配 置 の 基 準 について 解 説 するものです 1 建 物 設 備 の 基 準 ( 要 綱 6) 基 本 的 な 考 H25.4.1 版 認 証 保 育 所 施 設 基 準 解 説 平 成 22 年 10 月 東 京 都 福 祉 保 健 局 少 子 社 会 対 策 部 保 育 支 援 課 0/15 本 書 は 東 京 都 認 証 保 育 所 事 業 実 施 要 綱 ( 以 下 要 綱 という )に 規 定 する 建 物 設 備 の 基 準 及 び 職 員 配 置 の 基 準 について 解 説 するものです 1 建

More information

法第34条第1号から9号に係る基準

法第34条第1号から9号に係る基準 * 印 は 運 用 又 は 注 を 表 す 市 街 化 調 整 区 域 において 行 う 開 発 行 為 等 の 許 可 基 準 第 1 章 総 則 第 1 目 的 この 基 準 は 市 街 化 調 整 区 域 において 行 う 開 発 行 為 の 許 可 の 範 囲 を 明 確 化 することによって 法 律 の 運 用 を 円 滑 に 行 い 開 発 許 可 権 限 の 公 平 な 行 使 に 資

More information

Taro-26都市計画パンフレット4

Taro-26都市計画パンフレット4 伊 勢 原 都 市 計 画 の 概 要 平 成 26 年 4 月 伊 勢 原 市 目 次 1 人 口 推 移 と 土 地 利 用 (1) 人 口 推 移 2 (2) 人 口 推 移 図 2 (3) 利 用 区 分 別 土 地 利 用 3 (4) 利 用 区 分 別 土 地 利 用 の 推 移 3 2 都 市 計 画 の 体 系 4 3 都 市 計 画 決 定 の 手 続 (1) 都 市 計 画 決

More information

目 次. 法 第 2 条 関 係 Page 1. 建 築 物 としての 取 扱 い 1 2. 立 体 駐 車 場 の 建 築 物 としての 取 扱 い 2 3. ラック 式 倉 庫 の 建 築 物 としての 取 扱 い 3 4. 駅 舎 の 取 扱 い 6 5. 建 築 物 の 用 途 の 取 扱

目 次. 法 第 2 条 関 係 Page 1. 建 築 物 としての 取 扱 い 1 2. 立 体 駐 車 場 の 建 築 物 としての 取 扱 い 2 3. ラック 式 倉 庫 の 建 築 物 としての 取 扱 い 3 4. 駅 舎 の 取 扱 い 6 5. 建 築 物 の 用 途 の 取 扱 平 成 27 年 度 版 目 次. 法 第 2 条 関 係 Page 1. 建 築 物 としての 取 扱 い 1 2. 立 体 駐 車 場 の 建 築 物 としての 取 扱 い 2 3. ラック 式 倉 庫 の 建 築 物 としての 取 扱 い 3 4. 駅 舎 の 取 扱 い 6 5. 建 築 物 の 用 途 の 取 扱 い(1) 7 6. 建 築 物 の 用 途 の 取 扱 い(2) 8 7.

More information

それぞれの 税 額 控 除 の 選 択 関 係 借 入 金 の 有 無 住 宅 又 は 増 改 築 の 種 類 対 象 となる 税 額 控 除 住 宅 の 新 築 や 購 入 有 認 定 住 宅 ( P7 参 照 ) A 又 はEから1つを 選 択 ( ) 認 定 住 宅 以 外 Aのみ をした 場

それぞれの 税 額 控 除 の 選 択 関 係 借 入 金 の 有 無 住 宅 又 は 増 改 築 の 種 類 対 象 となる 税 額 控 除 住 宅 の 新 築 や 購 入 有 認 定 住 宅 ( P7 参 照 ) A 又 はEから1つを 選 択 ( ) 認 定 住 宅 以 外 Aのみ をした 場 平 成 27 年 分 住 宅 の 取 得 に 係 る 税 額 控 除 のあらまし 居 住 者 が 住 宅 の 新 築 取 得 又 は 増 改 築 をした 場 合 で 一 定 の 要 件 を 満 たすときは 次 のAからEの 税 額 控 除 の 適 用 を 受 けることによって 居 住 の 用 に 供 した 年 分 以 後 の 各 年 分 の 所 得 税 額 から 一 定 の 金 額 を 控 除 する

More information

( 危 険 物 等 の 範 囲 ) 令 第 29 条 の6 第 8 号 ( 法 第 35 条 の2 第 4 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む 次 項 において 同 じ )の 政 令 で 定 める 危 険 物 は 火 薬 類 取 締 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十

( 危 険 物 等 の 範 囲 ) 令 第 29 条 の6 第 8 号 ( 法 第 35 条 の2 第 4 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む 次 項 において 同 じ )の 政 令 で 定 める 危 険 物 は 火 薬 類 取 締 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十 第 6 章 市 街 化 調 整 区 域 の 立 地 基 準 ( 開 発 許 可 の 基 準 その2)( ) 第 1 節 立 地 基 準 の 構 成 ( 目 的 ) 前 条 の 規 定 にかかわらず 市 街 化 調 整 区 域 に 係 る 開 発 行 為 ( 主 として 第 二 種 特 定 工 作 物 の 建 設 の 用 に 供 す る 目 的 で 行 う 開 発 行 為 を 除 く )については 当

More information

(案)

(案) ( 別 紙 ) 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 1 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )については 予 算 の 範 囲 内 において 交 付 するものとし 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 昭 和 30 年 法 律 第 179 号 ) 補 助

More information

- 目 次 - 第 1 章 はじめに 第 2 章 県 立 相 模 湖 公 園 の 位 置 づけ 2-1 各 種 計 画 での 位 置 づけ (1) 神 奈 川 県 地 域 防 災 計 画 (2) 相 模 原 市 地 域 防 災 計 画 2-2 関 係 者 の 役 割 (1) 神 奈 川 県 地 域

- 目 次 - 第 1 章 はじめに 第 2 章 県 立 相 模 湖 公 園 の 位 置 づけ 2-1 各 種 計 画 での 位 置 づけ (1) 神 奈 川 県 地 域 防 災 計 画 (2) 相 模 原 市 地 域 防 災 計 画 2-2 関 係 者 の 役 割 (1) 神 奈 川 県 地 域 相 模 湖 公 園 の 震 災 時 対 応 の 考 え 方 参 考 資 料 1 - 目 次 - 第 1 章 はじめに 第 2 章 県 立 相 模 湖 公 園 の 位 置 づけ 2-1 各 種 計 画 での 位 置 づけ (1) 神 奈 川 県 地 域 防 災 計 画 (2) 相 模 原 市 地 域 防 災 計 画 2-2 関 係 者 の 役 割 (1) 神 奈 川 県 地 域 防 災 計 画 における

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E58DE3957B959F8E8382CC82DC82BF82C382AD82E88FF097E192808FF089F090E08169967B95D2816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E58DE3957B959F8E8382CC82DC82BF82C382AD82E88FF097E192808FF089F090E08169967B95D2816A2E646F63> 大 阪 府 福 祉 のまちづくり 条 例 逐 条 解 説 大 阪 府 内 建 築 行 政 連 絡 協 議 会 平 成 22 年 10 月 目 次 本 書 に 関 して P 2 大 阪 府 福 祉 のまちづくり 条 例 の 構 成 概 要 P 2 本 書 の 位 置 づけ P 4 基 準 への 適 合 義 務 について P 5 手 続 きの 流 れ( 建 築 物 ) P 5 条 例 改 正 ( 平 成

More information

高 第 3 種 17m 第 3 種 20m 第 3 種 30m 第 3 種 40m 第 3 種 30m 40m 建 築 物 の 各 部 分 の 高 さは 当 該 部 分 から 前 面 道 路 1 建 築 物 の 高 さは20メートル

高 第 3 種 17m 第 3 種 20m 第 3 種 30m 第 3 種 40m 第 3 種 30m 40m 建 築 物 の 各 部 分 の 高 さは 当 該 部 分 から 前 面 道 路 1 建 築 物 の 高 さは20メートル 東 京 都 市 計 画 の 変 更 ( 目 黒 区 決 定 ) 都 市 計 画 を 次 のように 変 更 する す 面 積 欄 の( ) 内 は 変 更 前 を 示 種 類 面 積 建 築 物 の 高 さの 高 又 は 低 備 考 高 第 1 種 17m 第 1 種 第 2 種 17m 第 2 種 20m 第 2 種 30m 第 2 種 587.2 64.4 (66.6) 4.7 480.6 (478.4)

More information

に 受 信 機 などのスイッチ 類 についても 確 実 に 元 の 状 態 に 復 旧 すること キ 訓 練 の 終 了 後 は 安 全 管 理 面 から 気 付 いた 点 を 記 録 し その 後 の 訓 練 に 反 映 さ せること 3 対 応 事 項 訓 練 において 職 員 等 がとるべき

に 受 信 機 などのスイッチ 類 についても 確 実 に 元 の 状 態 に 復 旧 すること キ 訓 練 の 終 了 後 は 安 全 管 理 面 から 気 付 いた 点 を 記 録 し その 後 の 訓 練 に 反 映 さ せること 3 対 応 事 項 訓 練 において 職 員 等 がとるべき 小 規 模 社 会 福 祉 施 設 における 防 火 管 理 体 制 指 導 マニュアル 1 目 的 火 災 発 生 時 に 火 災 対 応 を 行 う 職 員 その 他 の 避 難 介 助 者 ( 近 隣 事 業 所 等 の 応 援 者 を 含 む 以 下 職 員 等 という )がとるべき 基 本 的 な 対 応 事 項 を 示 し 設 定 した 避 難 目 標 時 間 内 に 完 了 させることを

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF68A4A97708140967B95B681408C9A927A90DD8C76939988CF91F597BF8E5A92E88AEE8F805F31353034303189FC92F95F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF68A4A97708140967B95B681408C9A927A90DD8C76939988CF91F597BF8E5A92E88AEE8F805F31353034303189FC92F95F2E646F63> 建 築 設 計 等 委 託 料 算 定 基 準 平 成 27 年 4 月 静 岡 県 経 営 管 理 部 建 築 設 計 等 委 託 料 算 定 基 準 1 総 則 この 基 準 は 県 が 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業 務 ( 以 下 設 計 等 の 業 務 という )を 委 託 に 付

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20938C966B92AC91CF906B89FC8F4391A390698C7689E6>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20938C966B92AC91CF906B89FC8F4391A390698C7689E6> 東 北 町 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 27 年 3 月 東 北 町 東 北 町 耐 震 改 修 促 進 計 画 目 次 はじめに 計 画 の 概 要... 1 第 1 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標... 3 1. 想 定 される 地 震 の 規 模 人 的 被 害 及 び 建 物 被 害 の 状 況 2. 耐 震 化 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63> Ⅱ マンション 標 準 管 理 委 託 契 約 書 コメント 1 全 般 関 係 1 この 契 約 書 は マンションの 管 理 組 合 ( 以 下 管 理 組 合 という )とマンショ ン 管 理 業 者 の 間 で 協 議 がととのった 事 項 を 記 載 した 管 理 委 託 契 約 書 を マンション の 管 理 の 適 正 化 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 12 年 法 律

More information

<964C93878BE68D E8BE68E7792E895FB906A8B7982D18E7792E88AEE8F BD90AC E31308C8E817A2E786477>

<964C93878BE68D E8BE68E7792E895FB906A8B7982D18E7792E88AEE8F BD90AC E31308C8E817A2E786477> 豊 島 区 高 度 利 用 地 区 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 豊 島 区 都 市 整 備 部 平 成 25 年 10 月 目 次 指 定 方 針 1 指 定 基 準 4 第 1 用 語 の 定 義 4 第 2 高 度 利 用 地 区 の 指 定 対 象 区 域 7 第 3 高 度 利 用 地 区 の 指 定 要 件 8 1 地 区 の 最 低 規 模 2 地 区 の 境 界 3 幹 線

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

公 社 債 等 の 課 税 方 式 の 変 更 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 及 び 譲 渡 所 得 の 課 税 方 式 が 変 更 されます 項 目 主 な 内 容 課 税 局 面 現 行 改 正 案 特 定 公 社 債 等 1 特 定 公 社 債 ( 1) 2 公 募 公 社 債

公 社 債 等 の 課 税 方 式 の 変 更 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 及 び 譲 渡 所 得 の 課 税 方 式 が 変 更 されます 項 目 主 な 内 容 課 税 局 面 現 行 改 正 案 特 定 公 社 債 等 1 特 定 公 社 債 ( 1) 2 公 募 公 社 債 金 融 証 券 税 制 公 社 債 等 の 課 税 方 式 の 変 更 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 及 び 譲 渡 所 得 の 課 税 方 式 が 変 更 されます 項 目 主 な 内 容 課 税 局 面 現 行 改 正 案 特 定 公 社 債 等 1 特 定 公 社 債 ( 1) 2 公 募 公 社 債 の 投 資 信 託 の 受 益 権 3 証 券 投 資 信 託 以 外 の 公

More information

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の 消 防 法 施 行 令 別 表 第 1(6) 項 ロに 掲 げる 施 設 の 概 要 ( 細 目 欄 の 印 は275m2 未 満 の 施 設 が 想 定 されるものを 示 す ) 細 目 根 拠 法 令 規 定 規 模 要 件 根 拠 規 定 構 造 要 件 根 拠 規 定 参 考 資 料 10 老 短 期 入 所 施 設 ( ) (ショートステイ) 第 20 条 の3 ( 老 短 期 入 所 施

More information

実施状況(市ヶ谷地区(防衛省)に係る施設の管理・運営業務)

実施状況(市ヶ谷地区(防衛省)に係る施設の管理・運営業務) 資 料 2 28.6.16 防 衛 省 民 間 競 争 入 札 実 施 事 業 防 衛 省 市 ヶ 谷 地 区 における 施 設 管 理 業 務 の 実 施 状 況 について ( 平 成 26 年 度 及 び27 年 度 ) Ⅰ 事 業 の 概 要 1. 委 託 業 務 内 容 防 衛 省 市 ヶ 谷 地 区 の 施 設 管 理 業 務 建 築 設 備 点 検 保 守 業 務 電 気 設 備 点 検

More information

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 要 望 事 項 の 内 容 及 び 説 明 - 15 - 1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 還 等 の 促 進 > ア 基 地 の 整

More information

柏 市 総 合 設 計 制 度 許 可 取 扱 基 準 柏 市 平 成 10 年 10 月 制 定 平 成 24 年 4 月 改 正 目 次 第 1 総 則.........1 1 趣 旨...1 2 運 用 方 針...1 3 用 語 の 定 義...2 第 2 基 本 要 件.........3 1 一 般 総 合 設 計...3 2 市 街 地 住 宅 総 合 設 計...7 3 環 境 配

More information

改 造 費 の 一 部 : 切 取 面 補 修 工 事 費 補 足 材 費 を 含 む + 残 存 部 の 一 部 増 改 築 費 補 足 材 費 を 含 む 2- 従 前 建 物 の 切 取 部 分 の 推 定 再 建 築 費 1 1 改 造 のために 必 要 となる 全 ての 切 取 部 分 を

改 造 費 の 一 部 : 切 取 面 補 修 工 事 費 補 足 材 費 を 含 む + 残 存 部 の 一 部 増 改 築 費 補 足 材 費 を 含 む 2- 従 前 建 物 の 切 取 部 分 の 推 定 再 建 築 費 1 1 改 造 のために 必 要 となる 全 ての 切 取 部 分 を 別 記 8 (その4) 非 木 造 建 物 Ⅰ 移 転 料 積 算 基 準 ( 通 則 ) 第 1 本 基 準 は 非 木 造 建 物 Ⅰ ( 以 下 非 木 造 建 物 という )の 移 転 料 を 積 算 するための 方 法 を 示 すものである なお 非 木 造 建 物 Ⅱ の 移 転 料 積 算 についても これを 準 用 するものとする ( 移 転 料 ) 第 2 非 木 造 建 物 の

More information

八街市耐震改修促進計画

八街市耐震改修促進計画 八 街 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 22 年 3 月 八 街 市 目 次 はじめに -------------------------------------------------- 1 第 1. 計 画 策 定 の 主 旨 -------------------------------------- 3 第 2. 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する

More information

(6) 明 渡 し 請 求 から 組 合 解 散 までの 手 続 きに 関 わる 書 式 等 書 式 6-1 施 行 マンション 等 の 明 渡 し 通 知 F... 資 38 書 式 6-2 マンション 建 替 組 合 解 散 認 可 申 請 書 F... 資 39 書 式 6-3 決 算 報 告

(6) 明 渡 し 請 求 から 組 合 解 散 までの 手 続 きに 関 わる 書 式 等 書 式 6-1 施 行 マンション 等 の 明 渡 し 通 知 F... 資 38 書 式 6-2 マンション 建 替 組 合 解 散 認 可 申 請 書 F... 資 39 書 式 6-3 決 算 報 告 資 料 1 建 替 え 関 連 書 式 1. 参 考 様 式 (1) 建 替 え 決 議 の 手 続 きに 関 わる 書 式 書 式 1-1 建 替 え 決 議 集 会 招 集 通 知 書 ( 説 明 会 開 催 通 知 書 と 併 せた 場 合 ) A... 資 1~3 書 式 1-2 議 決 権 行 使 書 ( 建 替 え 決 議 ) A... 資 4 書 式 1-3 議 決 権 行 使 者 選

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

東京都再開発等促進区を定める地区計画運用基準

東京都再開発等促進区を定める地区計画運用基準 東 京 都 再 開 発 等 促 進 区 を 定 める 地 区 計 画 運 用 基 準 東 京 都 都 市 整 備 局 平 成 2 5 年 4 月 目 次 第 1 総 則 1 1 目 的 1 2 基 本 目 標 1 3 本 運 用 基 準 の 位 置 付 け 1 4 用 語 の 定 義 2 第 2 策 定 基 準 5 1 区 域 の 要 件 5 (1) 基 本 計 画 等 との 適 合 5 (2) 基

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832363130208CF68BA48C9A927A8D488E9694EF90CF8E5A8AEE8F802E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832363130208CF68BA48C9A927A8D488E9694EF90CF8E5A8AEE8F802E646F6378> 公 共 建 築 工 事 費 積 算 基 準 平 成 26 年 10 月 愛 知 県 建 設 部 目 次 第 1 工 事 費 の 積 算 ( 一 般 )... 1 1-1 工 事 費 の 種 別 及 び 区 分 1-2 工 事 費 の 構 成 1-3 工 事 費 の 積 算 に 係 る 適 用 基 準 等 第 2 工 事 費 の 積 算 ( 直 接 工 事 費 )... 2 2-1 直 接 工 事 費

More information

【1

【1 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 19 年 11 月 大 阪 府 都 市 整 備 部 総 合 計 画 課 目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 大 阪 府 が 目 指 す 都 市 の 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方

More information

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について 平 成 28 年 3 月 定 例 会 議 案 概 要 議 案 第 45 号 専 決 処 分 の 報 告 及 び 承 認 について ( 松 戸 市 市 税 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 制 定 について) 税 制 課 提 案 理 由 市 税 に 係 る 手 続 における 個 人 番 号 の 利 用 の 取 扱 いを 見 直 すことにより 納 税

More information

目 次 番 号 案 件 頁 1 分 家 住 宅 ( 包 括 承 認 ) 4 2 収 用 対 象 事 業 による 移 転 ( 包 括 承 認 ) 6 3 既 存 建 築 物 の 建 替 え( 包 括 承 認 ) 7 4 用 途 ( 使 用 主 体 の 属 性 )の 変 更 ( 包 括 承 認 ) 11

目 次 番 号 案 件 頁 1 分 家 住 宅 ( 包 括 承 認 ) 4 2 収 用 対 象 事 業 による 移 転 ( 包 括 承 認 ) 6 3 既 存 建 築 物 の 建 替 え( 包 括 承 認 ) 7 4 用 途 ( 使 用 主 体 の 属 性 )の 変 更 ( 包 括 承 認 ) 11 市 街 化 調 整 区 域 における 開 発 行 為 等 の 審 査 基 準 ( 都 市 計 画 法 第 34 条 第 14 号 編 ) 平 成 26 年 11 月 1 日 沼 津 市 都 市 計 画 部 まちづくり 指 導 課 目 次 番 号 案 件 頁 1 分 家 住 宅 ( 包 括 承 認 ) 4 2 収 用 対 象 事 業 による 移 転 ( 包 括 承 認 ) 6 3 既 存 建 築 物

More information

概 要 1. 植 物 工 場 の 立 地 における 主 な 法 律 と 課 題 の 概 要 農 業 として 認 められる 植 物 工 場 は 法 的 な 規 制 が 少 なく 一 般 工 場 との 位 置 づけ では 農 地 転 用 建 築 基 準 法 消 防 法 等 の 法 律 規 制 がある 2

概 要 1. 植 物 工 場 の 立 地 における 主 な 法 律 と 課 題 の 概 要 農 業 として 認 められる 植 物 工 場 は 法 的 な 規 制 が 少 なく 一 般 工 場 との 位 置 づけ では 農 地 転 用 建 築 基 準 法 消 防 法 等 の 法 律 規 制 がある 2 第 5 章 植 物 工 場 の 法 規 制 等 -73- 概 要 1. 植 物 工 場 の 立 地 における 主 な 法 律 と 課 題 の 概 要 農 業 として 認 められる 植 物 工 場 は 法 的 な 規 制 が 少 なく 一 般 工 場 との 位 置 づけ では 農 地 転 用 建 築 基 準 法 消 防 法 等 の 法 律 規 制 がある 2. 農 地 関 連 (1) 農 業 振 興

More information

目 次 本 書 に 関 して P 2 大 阪 府 福 祉 のまちづくり 条 例 の 構 成 概 要 P 2 本 書 の 位 置 づけ P 4 基 準 への 適 合 義 務 について P 5 手 続 きの 流 れ( 建 築 物 ) P 6 条 例 改 正 ( 平 成 21 年 10 月 改 正 )につ

目 次 本 書 に 関 して P 2 大 阪 府 福 祉 のまちづくり 条 例 の 構 成 概 要 P 2 本 書 の 位 置 づけ P 4 基 準 への 適 合 義 務 について P 5 手 続 きの 流 れ( 建 築 物 ) P 6 条 例 改 正 ( 平 成 21 年 10 月 改 正 )につ 大 阪 府 福 祉 のまちづくり 条 例 逐 条 解 説 大 阪 府 内 建 築 行 政 連 絡 協 議 会 平 成 27 年 4 月 目 次 本 書 に 関 して P 2 大 阪 府 福 祉 のまちづくり 条 例 の 構 成 概 要 P 2 本 書 の 位 置 づけ P 4 基 準 への 適 合 義 務 について P 5 手 続 きの 流 れ( 建 築 物 ) P 6 条 例 改 正 ( 平 成

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63> 都 市 計 画 全 般 7 8 Ⅱ 八 王 子 市 の 都 市 計 画 1. 都 市 計 画 全 般 (1) 都 市 計 画 の 内 容 と 決 定 状 況 都 市 計 画 は 農 林 漁 業 との 健 全 な 調 和 を 図 りつつ 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するために 土 地 利 用 都 市 施 設 の 整 備 及 び 市 街

More information

2 改 正 の 概 要 しています ⑴ 耐 震 化 の 促 進 のための 規 制 強 化 ⅰ 耐 震 診 断 の 義 務 化 耐 震 診 断 結 果 の 公 表 今 回 の 改 正 により 次 のイからハまでの 建 築 物 のうち 昭 和 56 年 以 前 のいわゆる 旧 耐 震 基 準 により 建

2 改 正 の 概 要 しています ⑴ 耐 震 化 の 促 進 のための 規 制 強 化 ⅰ 耐 震 診 断 の 義 務 化 耐 震 診 断 結 果 の 公 表 今 回 の 改 正 により 次 のイからハまでの 建 築 物 のうち 昭 和 56 年 以 前 のいわゆる 旧 耐 震 基 準 により 建 耐 震 改 修 促 進 法 の 改 正 について 国 土 交 通 省 住 宅 局 建 築 指 導 課 課 長 補 佐 広 瀬 行 久 目 次 1 今 回 の 改 正 に 至 る 背 景 2 改 正 の 概 要 ⑴ 耐 震 化 の 促 進 のための 規 制 強 化 ⅰ 耐 震 診 断 の 義 務 化 耐 震 診 断 結 果 の 公 表 ⅱ 全 ての 建 築 物 の 耐 震 化 の 促 進 ⑵ 耐 震

More information

目 次 第 1 はじめに 1. 策 定 の 目 的 1 2. 計 画 策 定 の 背 景 1 3. 計 画 の 位 置 づけ 2 4. 計 画 の 期 間 3 5. 対 象 となる 区 域 及 び 建 築 物 3 第 2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 す

目 次 第 1 はじめに 1. 策 定 の 目 的 1 2. 計 画 策 定 の 背 景 1 3. 計 画 の 位 置 づけ 2 4. 計 画 の 期 間 3 5. 対 象 となる 区 域 及 び 建 築 物 3 第 2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 す 深 谷 市 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 28 年 3 月 深 谷 市 目 次 第 1 はじめに 1. 策 定 の 目 的 1 2. 計 画 策 定 の 背 景 1 3. 計 画 の 位 置 づけ 2 4. 計 画 の 期 間 3 5. 対 象 となる 区 域 及 び 建 築 物 3 第 2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目

More information

○杉並区特定商業施設の出店及び営業に伴う住宅地に係る環境の調整に関する条例

○杉並区特定商業施設の出店及び営業に伴う住宅地に係る環境の調整に関する条例 杉 並 区 特 定 商 業 施 設 の 出 店 及 び 営 業 に 伴 う 住 宅 地 に 係 る 環 境 の 調 整 に 関 する 条 例 のあらまし 杉 並 区 産 業 振 興 センター 杉 並 区 では 住 宅 都 市 杉 並 の 良 好 な 住 宅 地 の 環 境 を 維 持 する 目 的 で 杉 並 区 特 定 商 業 施 設 の 出 店 及 び 営 業 に 伴 う 住 宅 地 に 係 る

More information

◇◆県営住宅◇◆

◇◆県営住宅◇◆ 知 っておきたい!! 住 宅 制 度 ~ 公 営 住 宅 等 を 借 りたい 貸 したい 方 へ~ ~ 融 資 を 受 けたい 方 へ~ ~ 建 物 の 改 造 改 築 を 考 えている 方 へ~ 新 座 市 都 市 整 備 部 まちづくり 計 画 課 住 宅 制 度 のご 案 内 公 営 住 宅 等 を 借 りたい 方 貸 したい 方 県 営 住 宅 1 特 定 優 良 賃 貸 住 宅 3 UR

More information

03

03 東 京 都 市 計 画 の 変 更 ( 文 京 区 決 定 ) 平 成 年 月 日 文 京 区 告 示 第 号 最 高 面 積 欄 の( ) 内 は 変 更 前 を 示 す 種 類 面 積 建 築 物 の 高 さの 最 高 又 は 最 低 備 考 第 1 種 建 築 物 の 各 部 分 の 高 さ( 地 盤 面 からの 高 さによる 以 下 同 じ )は 当 該 部 分 から 前 面 道 路 の 反

More information

Taro-27近代化要領本文

Taro-27近代化要領本文 新 潟 県 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 事 業 実 施 要 領 最 新 改 正 平 成 27 年 7 月 29 日 1 目 的 こ の 事 業 は 医 療 資 源 の 効 率 的 な 再 編 及 び 地 域 医 療 の 確 保 に 配 慮 し つつ 病 院 に おける 患 者 の 療 養 環 境 医 療 従 事 者 の 職 場 環 境 衛 生 環 境 等 の 改 善 及 び へき 地

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

Microsoft Word - 140214 ●特記仕様書ver.2.doc

Microsoft Word - 140214 ●特記仕様書ver.2.doc 岡 崎 市 民 会 館 改 修 設 計 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 Ⅰ 業 務 概 要 1. 委 託 業 務 名 岡 崎 市 民 会 館 改 修 設 計 業 務 2. 業 務 内 容 岡 崎 市 民 会 館 は 昭 和 42 年 の 建 設 から 45 年 以 上 が 経 過 し その 間 必 要 に 応 じて 部 分 的 な 改 修 や 設 備 の 更 新 を 行 ってきたが 舞 台 の

More information

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 速 報 1. 改 正 の 概 要 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 1 復 興 特 別 法 人 税 の 課 される 期 間 が1 年 前 倒 しで 廃 止 とされます 法 人 が 受 け 取 る 利 子 及 び 配 当 等 に 課 される 復 興 特 別 所 得 税 の 額 は 所 得 税 と 合 せて 法 人 税 の

More information

hennkouzenngo.doc

hennkouzenngo.doc 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン( 改 定 案 前 後 対 照 表 ) 改 定 後 改 定 前 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 平 成 23 年 3 月 に 策 定 した 北 部 大 阪 東 部 大 阪 南

More information

共 通 仕 様 書 と 特 記 仕 様 書 については 次 のとおり 定 めることとする 共 通 仕 様 書 について 共 通 仕 様 書 は 国 土 交 通 省 の 官 庁 営 繕 関 係 技 術 基 準 等 に 関 する 統 一 基 準 として 公 共 建 築 計 業 務 委 託 共 通 仕 様

共 通 仕 様 書 と 特 記 仕 様 書 については 次 のとおり 定 めることとする 共 通 仕 様 書 について 共 通 仕 様 書 は 国 土 交 通 省 の 官 庁 営 繕 関 係 技 術 基 準 等 に 関 する 統 一 基 準 として 公 共 建 築 計 業 務 委 託 共 通 仕 様 業 務 委 託 番 号 第 28 号 平 成 24 年 度 旧 免 田 中 学 校 施 改 修 工 事 計 業 務 委 託 仕 様 書 あさぎり 町 役 場 総 務 課 政 策 推 進 室 1 共 通 仕 様 書 と 特 記 仕 様 書 については 次 のとおり 定 めることとする 共 通 仕 様 書 について 共 通 仕 様 書 は 国 土 交 通 省 の 官 庁 営 繕 関 係 技 術 基 準

More information

平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 決 算 審 査 意 見 書 愛 知 県 監 査 委 員 27 監 査 第 71 号 平 成 27 年 9 月 7 日 愛 知 県 知 事 大 村 秀 章 殿 愛 知 県 監 査 委 員 西 川 洋 二 同 青 山 學 同 後 藤 貞 明 同 中 野 治 美 同 神 戸 洋 美 平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 の 決

More information

2 特 定 工 場 等 において 発 生 する 騒 音 の 規 制 基 準 区 域 の 区 分 時 間 の 区 分 朝 昼 間 夕 夜 間 午 前 6 時 から 午 前 8 時 まで 午 前 8 時 から 午 後 8 時 まで 午 後 8 時 から 午 後 10 時 まで 午 後 10 時 から 翌

2 特 定 工 場 等 において 発 生 する 騒 音 の 規 制 基 準 区 域 の 区 分 時 間 の 区 分 朝 昼 間 夕 夜 間 午 前 6 時 から 午 前 8 時 まで 午 前 8 時 から 午 後 8 時 まで 午 後 8 時 から 午 後 10 時 まで 午 後 10 時 から 翌 騒 音 規 制 法 に 基 づく 地 域 の 指 定 及 び 規 制 基 準 平 成 22 年 3 月 2 日 告 示 第 175 号 騒 音 規 制 法 ( 昭 和 43 年 法 律 第 98 号 ) 第 3 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 特 定 工 場 等 において 発 生 する 騒 音 及 び 特 定 建 設 作 業 に 伴 って 発 生 する 騒 音 について 規 制 する 地

More information

守口市総合設計制度許可実施基準

守口市総合設計制度許可実施基準 守 口 市 総 合 設 計 制 度 許 可 取 扱 要 綱 実 施 基 準 平 成 26 年 12 月 改 正 守 口 市 総 合 設 計 制 度 許 可 取 扱 要 綱 実 施 基 準 目 次 第 1 条 趣 旨 1 第 2 条 計 画 の 基 本 要 件 1 第 3 条 敷 地 の 条 件 等 1 第 4 条 配 置 計 画 2 第 5 条 その 他 所 要 施 設 3 第 6 条 住 宅 等

More information

H27施行通知

H27施行通知 総 税 企 第 3 9 号 平 成 27 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 議 会 議 長 各 指 定 都 市 市 長 殿 各 指 定 都 市 議 会 議 長 総 務 大 臣 地 方 税 法 同 法 施 行 令 同 法 施 行 規 則 の 改 正 等 について 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 2 号 ) 地

More information

Ⅲ. 低 炭 素 循 環 型 社 会 関 連 税 制 1. 省 エネ グリーン 化 の 推 進 1 認 定 省 エネ 住 宅 ( 仮 称 )の 普 及 促 進 のため 以 下 の 措 置 を 創 設 住 宅 ローン 減 税 制 度 の 控 除 対 象 借 入 限 度 額 の 引 き 上 げ(H24

Ⅲ. 低 炭 素 循 環 型 社 会 関 連 税 制 1. 省 エネ グリーン 化 の 推 進 1 認 定 省 エネ 住 宅 ( 仮 称 )の 普 及 促 進 のため 以 下 の 措 置 を 創 設 住 宅 ローン 減 税 制 度 の 控 除 対 象 借 入 限 度 額 の 引 き 上 げ(H24 平 成 24 年 度 国 土 交 通 省 税 制 改 正 の 概 要 ( 住 宅 関 係 抜 粋 ) Ⅰ. 暮 らしの 安 全 安 心 確 保 関 連 税 制 1. 住 まいの 質 の 向 上 無 理 のない 負 担 での 住 宅 の 確 保 等 1 新 築 住 宅 に 係 る 固 定 資 産 税 の 減 額 措 置 ( 戸 建 て3 年 間 マンション5 年 間 1/2)を2 年 間 延 長 2

More information

(4) 関 係 市 町 村 大 規 模 店 舗 の 敷 地 ( 建 築 物 が 設 置 される 土 地 及 びその 周 辺 の 土 地 ( 当 該 建 築 物 を 使 用 し 又 は 管 理 する 者 がその 効 用 を 増 加 させるために 所 有 権 その 他 の 権 原 に 基 づいて 使 用

(4) 関 係 市 町 村 大 規 模 店 舗 の 敷 地 ( 建 築 物 が 設 置 される 土 地 及 びその 周 辺 の 土 地 ( 当 該 建 築 物 を 使 用 し 又 は 管 理 する 者 がその 効 用 を 増 加 させるために 所 有 権 その 他 の 権 原 に 基 づいて 使 用 鳥 取 県 大 規 模 店 舗 立 地 誘 導 条 例 ( 平 成 21 年 3 月 27 日 鳥 取 県 条 例 第 5 号 ) 目 次 前 文 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 7 条 ) 第 2 章 大 規 模 店 舗 の 立 地 の 誘 導 ( 第 8 条 - 第 17 条 ) 第 3 章 雑 則 ( 第 18 条 - 第 20 条 ) 附 則 本 県 には 都 市 部 はもちろん

More information

いて 法 附 則 第 11 条 の4 第 4 項 に 規 定 する 改 修 工 事 をしたことの 証 明 については 宅 地 建 物 取 引 業 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 176 号 ) 第 2 条 第 3 項 に 規 定 する 宅 地 建 物 取 引 業 者 から 証 明 の 申 請

いて 法 附 則 第 11 条 の4 第 4 項 に 規 定 する 改 修 工 事 をしたことの 証 明 については 宅 地 建 物 取 引 業 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 176 号 ) 第 2 条 第 3 項 に 規 定 する 宅 地 建 物 取 引 業 者 から 証 明 の 申 請 国 住 政 第 116 号 平 成 27 年 4 月 1 日 改 正 平 成 28 年 4 月 1 日 日 本 建 築 士 会 連 合 会 会 長 殿 日 本 建 築 士 事 務 所 協 会 連 合 会 会 長 殿 日 本 建 築 家 協 会 会 長 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 住 宅 政 策 課 長 住 宅 企 画 官 買 取 再 販 で 扱 われる 住 宅 の 取 得 に 係 る 不 動

More information

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センター 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 及 びその 範 囲 等 は 条 例 に 定 めるもののほか この 仕 様 書 によるものとする 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 の 募 集 を 行 うにあたり

More information

勉 手 当 ( 期 末 特 別 手 当 を 含 む ) 支 給 定 日 ごとにそれぞれ 積 立 額 を 指 定 し, 次 に 掲 げ る 日 のいずれか 一 つを 選 んで, 継 続 的 に 預 入 等 を 行 うものとする ただし,6 月 期 及 び12 月 期 期 末 勤 勉 手 当 支 給 定

勉 手 当 ( 期 末 特 別 手 当 を 含 む ) 支 給 定 日 ごとにそれぞれ 積 立 額 を 指 定 し, 次 に 掲 げ る 日 のいずれか 一 つを 選 んで, 継 続 的 に 預 入 等 を 行 うものとする ただし,6 月 期 及 び12 月 期 期 末 勤 勉 手 当 支 給 定 苫 小 牧 工 業 高 等 専 門 学 校 教 職 員 の 財 形 貯 蓄 等 関 係 事 務 取 扱 要 項 事 務 部 長 裁 定 平 成 4 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 6 年 1 月 1 日 一 部 改 正 平 成 16 年 9 月 1 日 一 部 改 正 平 成 19 年 4 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 苫 小 牧 工 業 高 等 専 門 学 校 教 職 員 の

More information

2 避 難 安 全 検 証 法 適 用 無 階 避 難 安 全 検 証 ( 階 ) 全 館 避 難 安 全 検 証 避 難 安 全 検 証 法 により 適 用 しない 規 定 種 類 エレベーター( 基 ) エスカレーター( 基 ) [ ( 基 )] 確 認 年 月 日 確 認 番 号 年 月 日

2 避 難 安 全 検 証 法 適 用 無 階 避 難 安 全 検 証 ( 階 ) 全 館 避 難 安 全 検 証 避 難 安 全 検 証 法 により 適 用 しない 規 定 種 類 エレベーター( 基 ) エスカレーター( 基 ) [ ( 基 )] 確 認 年 月 日 確 認 番 号 年 月 日 別 記 様 式 1-11 給 排 水 区 分 概 要 給 水 源 水 道 水 井 水 排 水 再 利 用 水 ( ) 給 水 方 式 直 結 方 式 直 結 増 圧 方 式 受 水 タンク 方 式 ( 受 水 タンク 高 置 タンク) 受 水 タンク 置 場 所 地 下 室 内 (B F) 地 上 階 室 内 ( F) 屋 外 排 水 方 法 公 共 下 水 道 合 併 処 理 浄 化 槽 ( 放

More information

田川報告書.indd

田川報告書.indd -1. 公 等 の 概 要 田 川 マスタープラン 内 の 公 等 は,03 戸 県 79 戸 となっており と 県 を 合 わ -1. 公 等 の 概 要 せて,818 戸 ありま 内 の 公,03 等 は 戸 は 公,03 戸 法 県 基 づき 887 戸 となっており 困 窮 低 額 所 得 者 と 等 県 向 け を 合 建 わせて 設 された,910 公 戸 ありま 998 戸 地 区 改

More information

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当 四 日 市 港 ポートビル 自 家 用 電 気 工 作 物 保 安 管 理 業 務 仕 様 書 1 目 的 本 仕 様 書 は 委 託 者 ( 以 下 甲 という )が 設 置 した 自 家 用 電 気 工 作 物 の 保 安 管 理 業 務 に 係 わる 委 託 契 約 の 内 容 について 当 該 業 務 のみを 内 容 とし 統 一 的 な 解 釈 及 び 運 用 を 図 るととも に その

More information

<5461726F31332D8DE08C609299927E8EE688B58B4B91A52E6A7464>

<5461726F31332D8DE08C609299927E8EE688B58B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 職 員 の 財 形 貯 蓄 等 事 務 取 扱 規 則 制 定 平 成 16 年 10 月 25 日 平 成 16 年 規 則 第 144 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 の 職 員 の 財 産 形 成 貯 蓄, 財 産 形 成 年 金 貯 蓄 及 び 財 産 形 成 住 宅 貯 蓄 ( 以 下

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20925093C689D789B582B581698AAE90AC92CA926D816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20925093C689D789B582B581698AAE90AC92CA926D816A2E646F63> 消 防 危 第 245 号 平 成 1 7 年 1 0 月 2 6 日 各 都 道 府 県 消 防 防 災 主 管 部 長 東 京 消 防 庁 各 指 定 都 市 消 防 長 殿 消 防 庁 危 険 物 保 安 室 長 給 油 取 扱 所 等 における 単 独 荷 卸 しに 係 る 運 用 について 危 険 物 取 扱 者 の 立 会 いなしに 移 動 タンク 貯 蔵 所 に 乗 務 する 危 険

More information

1 道 路 位 置 指 定 申 請 の 手 引 き 平 成 28 年 4 月 横 須 賀 市 都 市 部 目 次 位 置 指 定 編 道 路 の 位 置 の 指 定 とは 1 目 的 1 道 路 位 置 指 定 申 請 と 関 係 手 続 きの 流 れ 2 道 路 位 置 指 定 の 手 続 き 事 前 審 査 3 道 路 位 置 指 定 の 手 続 き 本 申 請 5 道 路 の 位 置 の 表 示

More information

(3) 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 ア 一 般 地 域 の 環 境 基 準 ( 平 成 10 年 環 境 庁 告 示 64 号 )( 平 成 24 年 市 告 示 75 号 ) 時 間 の 区 分 昼 間 夜 間 地 域 の 区 分 (6 時 22 時 ) (22 時 翌 日 6 時 ) A

(3) 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 ア 一 般 地 域 の 環 境 基 準 ( 平 成 10 年 環 境 庁 告 示 64 号 )( 平 成 24 年 市 告 示 75 号 ) 時 間 の 区 分 昼 間 夜 間 地 域 の 区 分 (6 時 22 時 ) (22 時 翌 日 6 時 ) A 5 騒 音 振 動 関 係 (1) 法 令 等 の 概 要 ア 騒 音 規 制 法 / 昭 和 43 年 法 律 98 号 振 動 規 制 法 / 昭 和 51 年 法 律 64 号 工 場 及 び 事 業 場 から 発 生 する 騒 音 振 動 を 規 制 し 騒 音 振 動 の 防 止 対 策 を 推 進 する 法 律 です 法 で 定 める 特 定 施 設 を 設 置 する 工 場 及 び 事

More information

第 2-2 表 耐 火 構 造 等 に 必 要 な 性 能 に 関 する 技 術 的 基 準 構 造 の 種 類 部 分 火 災 の 種 類 時 間 要 件 1 時 間 を 基 本 とし 建 耐 力 壁 柱 床 はり 屋 根 階 段 耐 火 構 造 ( 令 第 107 条 ) 壁 床 外 壁 屋 根

第 2-2 表 耐 火 構 造 等 に 必 要 な 性 能 に 関 する 技 術 的 基 準 構 造 の 種 類 部 分 火 災 の 種 類 時 間 要 件 1 時 間 を 基 本 とし 建 耐 力 壁 柱 床 はり 屋 根 階 段 耐 火 構 造 ( 令 第 107 条 ) 壁 床 外 壁 屋 根 第 2 建 築 物 構 造 1 構 造 (1) 主 要 構 造 部 ア 耐 火 構 造 ( 建 基 法 第 2 条 第 7 号 ) 壁 柱 床 その 他 の 建 築 物 の 部 分 の 構 造 のうち 耐 火 性 能 ( が 終 了 するまでの 間 当 該 火 災 による 建 築 物 の 倒 壊 及 び 延 焼 を 防 止 するために 当 該 建 築 物 の 部 分 に 必 要 とされる 性 能 をいう

More information

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱 千 葉 市 耐 震 改 修 費 補 助 事 業 要 綱 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 震 による 住 宅 の 倒 壊 等 の 被 害 から 市 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 するため 住 宅 の 耐 震 改 修 の 実 施 について 必 要 な 事 項 を 定 め 耐 震 改 修 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 することにより

More information

<817990528B6389EF9770817A83518393834C815B8DA188C990A893589399352D318169836083468362834E838A83588367816A2E786C7378>

<817990528B6389EF9770817A83518393834C815B8DA188C990A893589399352D318169836083468362834E838A83588367816A2E786C7378> 1 概 要 大 規 模 小 売 店 舗 立 地 法 指 針 項 目 チェックリスト 既 存 宅 地 ( 事 業 所 社 宅 跡 地 )にドラッグストアと 衣 料 品 店 を 新 設 する ( 法 第 5 条 第 1 項 ) 2 届 出 の 内 容 届 出 年 月 日 店 舗 設 置 者 小 売 業 者 店 舗 面 積 施 設 の 配 置 施 設 の 運 営 新 設 する 日 平 成 25 年 7 月

More information

はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基 礎 的 な 制 度 と

はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基 礎 的 な 制 度 と 三 鷹 市 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 25 年 12 月 三 鷹 市 はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基

More information

容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保 することを 目 的 として 行 われており 市 街 地 環

容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保 することを 目 的 として 行 われており 市 街 地 環 資 料 2-2 容 積 率 規 制 等 について Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

第 節 ○○計画

第 節 ○○計画 第 40 節 ライフライン 応 急 対 策 (ガス) 本 所 災 害 対 策 班 都 市 施 設 班 庁 舎 総 務 企 画 班 建 設 班 実 施 主 体 鶴 岡 ガス( 株 ) 庄 内 中 部 ガス( 株 ) LPガス 充 てん 事 業 所 計 画 の 目 的 鶴 岡 ガス 株 式 会 社 及 び 庄 内 中 部 ガス 株 式 会 社 並 びにその 他 ガス 事 業 者 は 災 害 発 生 後

More information

はじめに 21 世 紀 の 文 京 区 の 新 しいま ち づ く り の 核 と な り 区 民 が 誇 り と 愛 着 を 持 つことができる 文 京 区 のシンボルとして 建 設 さ れ た シ ビ ッ ク セ ン タ ー は 区 民 サービス 活 動 の 一 大 拠 点 と し て ま た

はじめに 21 世 紀 の 文 京 区 の 新 しいま ち づ く り の 核 と な り 区 民 が 誇 り と 愛 着 を 持 つことができる 文 京 区 のシンボルとして 建 設 さ れ た シ ビ ッ ク セ ン タ ー は 区 民 サービス 活 動 の 一 大 拠 点 と し て ま た 文 京 シビックセンター 改 修 方 針 平 成 26 年 3 月 はじめに 21 世 紀 の 文 京 区 の 新 しいま ち づ く り の 核 と な り 区 民 が 誇 り と 愛 着 を 持 つことができる 文 京 区 のシンボルとして 建 設 さ れ た シ ビ ッ ク セ ン タ ー は 区 民 サービス 活 動 の 一 大 拠 点 と し て ま た 災 害 時 に お け る 防 災

More information

大阪狭山市市街化調整区域における地区計画のガイドライン(案)

大阪狭山市市街化調整区域における地区計画のガイドライン(案) 大 阪 狭 山 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 27 年 4 月 大 阪 狭 山 市 大 阪 狭 山 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 10 年 5 月 の 都 市 計 画 法 の 改 正 により 市 街 化 調 整 区 域 においても 市 町 村 が 定 める 地 区 計 画 の 内 容 に 適 合

More information