裏面

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "裏面"

Transcription

1 ~ 産 業 物 流 復 興 プラン~ 小 名 浜 港 復 旧 復 興 方 針 平 成 23 年 8 月 18 日 小 名 浜 港 復 興 会 議

2 福 島 県 は 東 北 地 方 の 製 造 品 出 荷 額 の 約 3 分 の1を 占 める 東 北 地 方 第 1 位 の 工 業 県 である また いわき 市 は 東 北 地 方 の 市 町 村 で 唯 一 1 兆 円 の 大 台 を 超 える 製 造 品 出 荷 額 を 誇 る 工 業 都 市 であり 小 名 浜 港 を 擁 する 小 名 浜 地 区 はいわき 市 の 約 4 割 の 製 造 品 出 荷 額 を 占 める 市 内 最 大 の 生 産 拠 点 である さらに 小 名 浜 港 は 古 より 親 潮 と 黒 潮 がぶつかる 豊 かな 漁 場 に 隣 接 する 漁 業 拠 点 として 繁 栄 し 最 近 では 年 間 250 万 人 もの 観 光 客 が 訪 れるアクアマリンパークを 有 する 県 内 有 数 の 観 光 拠 点 にもなっている このように 小 名 浜 港 は 物 流 工 業 漁 業 観 光 など 様 々な 経 済 活 動 の 拠 点 として 地 域 経 済 に 不 可 欠 な 存 在 となっているが 今 般 の 東 日 本 大 震 災 によ り 甚 大 な 被 害 を 受 け さらには 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 の 事 故 による 放 射 線 風 評 被 害 により 復 旧 復 興 において 事 態 をより 深 刻 化 させている このため 地 域 経 済 の 回 復 はもとより 東 北 地 方 の 復 興 のためには 小 名 浜 港 の 復 旧 復 興 は 極 めて 重 要 であるとの 認 識 に 立 ち 港 湾 関 係 者 が 共 通 の 方 針 の 下 で 一 丸 となって 復 旧 復 興 に 取 り 組 んでいくため ここに 小 名 浜 港 復 旧 復 興 方 針 を 策 定 することとした なお 本 方 針 は 小 名 浜 港 復 興 会 議 において 関 係 者 間 で 協 議 されたもので あり 今 後 の 状 況 変 化 に 応 じて 適 宜 見 直 しを 行 うこととしている 復 旧 復 興 方 針 の 柱 1. 港 湾 施 設 等 の 早 期 復 旧 2. 地 震 津 波 等 に 対 する 防 災 機 能 の 強 化 3. 原 子 力 発 電 所 事 故 による 風 評 被 害 の 解 消 4. 新 たな 取 組 みによる 港 の 復 興 1

3 1. 港 湾 施 設 等 の 早 期 復 旧 概 ね2 年 以 内 を 目 処 に 主 要 な 岸 壁 の 復 旧 を 完 了 させ 概 ね3 年 以 内 に 全 ての 港 湾 施 設 の 復 旧 を 目 指 す なお 各 施 設 の 復 旧 スケジュール 等 につい ては 行 政 及 び 港 湾 利 用 者 等 との 間 で 綿 密 に 情 報 共 有 することとし 必 要 に 応 じ 関 係 各 者 間 で 協 議 を 行 いつつ 復 旧 を 行 うことを 原 則 とする 1-1. 港 湾 施 設 の 早 期 かつ 適 切 な 機 能 への 復 旧 (1)エネルギー 供 給 と 雇 用 を 支 えてきた 小 名 浜 港 小 名 浜 港 周 辺 には 東 京 電 力 広 野 火 力 発 電 所 ( 総 出 力 380 万 kw)や 常 磐 共 同 火 力 勿 来 発 電 所 ( 総 出 力 万 kw)などの 電 力 会 社 が 立 地 しており 主 に 関 東 及 び 東 北 地 方 に 送 電 されている 小 名 浜 港 はこれら 電 力 会 社 が 扱 う 石 炭 等 のエネルギー 供 給 港 湾 としての 機 能 を 担 っており 平 成 23 年 5 月 には 国 が 推 進 する 国 際 バルク 戦 略 港 湾 ( 石 炭 )にも 選 定 されているとこ ろである また 同 港 周 辺 には 国 内 有 数 の 非 鉄 金 属 や 化 学 関 連 企 業 が 立 地 しており これら 企 業 を 含 んだ 小 名 浜 港 周 辺 の 就 業 人 口 は 約 18,000 人 にも 上 るなど 地 域 経 済 はもとより 雇 用 創 出 の 場 としても 小 名 浜 港 は 重 要 な 役 割 を 担 って いる 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 により 一 時 的 に 操 業 を 停 止 してい た 企 業 が 多 数 存 在 していたが 震 災 後 数 ヶ 月 を 経 て 操 業 を 本 格 化 する 企 業 が 増 え 始 めてきた これに 伴 い 入 港 船 舶 も 増 加 してきており 現 在 応 急 復 旧 のみが 完 了 している 小 名 浜 港 では 激 しい 船 混 み 状 態 となってきている ため 今 後 港 湾 施 設 の 復 旧 に 当 たっては 関 係 各 者 と 十 分 な 調 整 の 上 本 格 復 旧 することとする (2) 応 急 復 旧 及 び 段 階 的 な 本 格 復 旧 の 実 施 1) 応 急 復 旧 による 港 湾 機 能 の 早 期 回 復 小 名 浜 港 を 利 用 する 企 業 の 操 業 再 開 と 歩 調 を 合 わせ 企 業 活 動 に 極 力 支 障 が 生 じないよう 港 湾 施 設 を 応 急 復 旧 する 公 共 岸 壁 34バース(3 号 ふ 頭 ~ 大 剣 ふ 頭 の 商 港 区 )については 部 分 的 に 供 用 する 岸 壁 や 利 用 貨 物 を 限 定 して 供 用 する 岸 壁 も 含 め8 月 上 旬 までに 23バース( 約 7 割 )を 暫 定 供 用 させる 完 了 石 炭 等 のバルク 貨 物 の 荷 揚 げを 安 定 的 に 行 うためには 荷 役 機 械 の 復 旧 が 不 可 欠 であり 8 月 上 旬 までに6 号 ふ 頭 (6-1) 及 び7 号 ふ 頭 (7-1)において 荷 役 機 械 を 使 用 した 荷 役 を 可 能 とする 完 了 2

4 コンテナ 貨 物 については ガントリークレーンの 損 傷 が 大 きいこと から 当 面 は 大 剣 ふ 頭 (O-3)において 多 目 的 クレーンを 利 用 した 荷 役 で 対 応 する 完 了 野 積 場 が 不 足 する 場 合 には 暫 定 的 に 利 用 を 行 う 野 積 場 の 配 置 につ いても 検 討 を 行 う 2) 段 階 的 な 本 格 復 旧 の 実 施 小 名 浜 港 の 船 混 みを 解 消 するためには 荷 役 機 械 が 設 置 されている 岸 壁 の 復 旧 が 重 要 であり 7 号 ふ 頭 (7-2) 大 剣 ふ 頭 (O-4) 等 を 最 重 点 施 設 として 本 格 復 旧 を 行 う また 暫 定 供 用 岸 壁 については 代 替 岸 壁 の 本 格 復 旧 が 完 了 した 後 に 本 格 復 旧 に 着 手 することを 基 本 とする (3) 港 湾 施 設 の 復 旧 方 針 1) 適 切 な 岸 壁 の 復 旧 高 さ 小 名 浜 港 周 辺 の 地 盤 は 震 災 前 と 比 較 して 50cm 程 度 沈 下 していると 推 測 されるが 沈 下 の 程 度 はふ 頭 毎 に 異 なっている 岸 壁 の 復 旧 高 さにつ いては 従 前 の 高 さ(DL:3.5m)にこだわらず 現 況 の 高 さを 基 本 としつ つ 船 舶 の 係 留 及 び 荷 役 作 業 に 支 障 がないように 設 定 する 各 ふ 頭 の 復 旧 地 盤 高 は 次 の 通 り (DL 表 示 ) 3 号 ふ 頭 :3.2m(ただし 3-1 及 び 3-2 は 2.7m) 4 号 ふ 頭 :3.2m 5 6 号 ふ 頭 :3.0m 7 号 ふ 頭 :3.2m 藤 原 ふ 頭 :3.3m 大 剣 ふ 頭 :3.2m 野 積 場 臨 港 道 路 ふ 頭 内 道 路 については 全 面 積 にわたっての 地 盤 の 嵩 上 げは 困 難 であることから 岸 壁 野 積 場 民 間 施 設 などの 間 の 段 差 が 生 じる 場 合 には 排 水 などには 十 分 配 慮 しつつ 接 続 道 路 の 勾 配 を 調 整 すること 等 で 対 応 し 荷 役 横 持 ち 等 利 用 に 支 障 がな いようにする 2) 係 留 施 設 及 び 附 帯 設 備 の 復 旧 甚 大 な 被 害 を 受 けた 小 名 浜 港 では 岸 壁 本 体 や 野 積 場 の 復 旧 に 合 わせ 船 舶 が 安 全 に 接 岸 し 荷 役 作 業 が 出 来 る 環 境 を 整 えることが 求 められてい る 船 舶 の 安 全 な 接 岸 のために 防 舷 材 の 高 さ( 法 線 直 角 方 向 )を 一 様 に 揃 える 必 要 があることから 原 則 として 防 舷 材 台 座 のコンクリー ト 打 設 による 嵩 上 げで 復 旧 することとする ただし 段 差 が 大 きい 岸 壁 においては 荷 役 作 業 への 影 響 を 十 分 考 慮 した 上 で 上 部 工 打 ち 替 えに 合 わせて 岸 壁 法 線 の 直 線 化 ( 前 出 し)を 行 うことも 検 討 す る 3

5 係 船 柱 等 の 附 属 設 備 については これまでの 入 港 船 舶 実 績 などを 勘 案 し 必 要 に 応 じ 可 能 な 範 囲 で 強 化 することも 検 討 する 夜 間 荷 役 作 業 時 の 安 全 性 向 上 のために 必 要 となる 附 帯 設 備 の 導 入 に ついても 可 能 な 範 囲 で 検 討 する 甚 大 な 被 災 を 被 った3 号 ふ 頭 1 号 2 号 岸 壁 については 現 在 の 港 湾 計 画 における 利 用 計 画 を 基 本 に 復 旧 方 法 等 を 検 討 する 3) 荷 役 機 械 の 機 能 強 化 小 名 浜 港 の3 号 5 号 7 号 及 び 大 剣 各 ふ 頭 の 荷 役 機 械 は 今 般 の 震 災 によりほぼ 全 てが 稼 働 不 能 となったため 効 率 的 な 荷 役 を 求 める 港 湾 利 用 者 から 早 期 復 旧 するよう 求 められているところである 復 旧 方 針 として 損 傷 の 激 しかった3 号 ふ 頭 (3-1,3-2)の 荷 役 機 械 を 廃 止 し その 機 能 も 併 せ 持 つ 荷 役 機 械 を5 号 ふ 頭 へ 新 たに 設 置 することと する また コンテナを 取 り 扱 う 大 剣 ふ 頭 (0-4)のガントリークレーンに ついても 損 傷 が 激 しいため 新 たなクレーンを 設 置 することとする その 他 の 荷 役 機 械 については 既 存 クレーンの 補 修 で 対 応 することを 基 本 とす る 4) 港 湾 施 設 復 旧 情 報 の 発 信 港 湾 施 設 復 旧 情 報 については 復 興 会 議 等 における 情 報 共 有 ホーム ページへの 掲 載 記 者 発 表 などあらゆる 手 段 を 通 じて 関 係 者 等 へ 漏 れの 無 いよう 周 知 を 行 う (4) 荷 役 作 業 体 制 の 強 化 1) 荷 役 作 業 体 制 港 湾 機 能 が 完 全 に 復 旧 するまでは 利 用 可 能 岸 壁 が 限 定 されることか ら 船 舶 の 入 港 状 況 等 を 踏 まえ 荷 役 作 業 時 間 の 延 長 について 柔 軟 に 対 応 することとする ただし 引 火 性 液 体 類 等 積 載 船 舶 に 係 る 夜 間 入 港 及 び 夜 間 荷 役 については 夜 間 の 事 故 発 生 時 における 防 災 活 動 等 の 困 難 性 に 鑑 み 従 来 通 り 原 則 としてこれを 制 限 する 夜 間 作 業 に 必 要 な 照 明 等 の 設 備 については 関 係 者 間 での 調 整 を 踏 ま え 検 討 を 行 う 2) 柔 軟 なバースの 利 用 調 整 港 湾 機 能 が 完 全 に 復 旧 するまでのバース 利 用 については 従 来 通 り 先 船 優 先 を 原 則 としつつ これまで 以 上 の 混 雑 が 予 想 されることから 荷 主 企 業 の 生 産 再 開 スケジュールを 踏 まえ 関 係 者 の 理 解 のもと 可 能 な 限 り 柔 軟 な 調 整 を 行 う 4

6 3) 荷 役 機 材 の 調 達 共 有 荷 役 機 材 の 数 に 限 りがあることから 限 られたトラッククレーン 等 の 利 用 調 整 を 円 滑 に 行 うとともに 必 要 に 応 じ 本 船 クレーン 用 バケットの 荷 役 会 社 間 での 融 通 等 について 検 討 する 4) 港 湾 保 安 (SOLAS) 対 策 の 暫 定 的 運 用 港 湾 保 安 (SOLAS) 施 設 が 被 災 しているため 保 安 施 設 が 復 旧 するまで の 間 代 替 措 置 を 実 施 して 運 用 する 1-2.まちづくりと 一 体 となった 交 流 拠 点 機 能 の 復 旧 (1)アクアマリンパー アクアマリンパークの クの 復 旧 1) 交 流 拠 点 ゾーンに 位 置 づけられている1 2 号 ふ 頭 地 区 については 背 後 のまちづくりと 連 携 してアクアマリンパークの 各 施 設 の 早 期 復 旧 を 進 め 賑 わいを 取 り 戻 す 2) 再 開 発 による 整 備 が 計 画 されていた 小 名 浜 さんかく 倉 庫 3 号 4 号 に ついては 今 回 の 震 災 で 大 きな 被 害 を 受 けたことから 取 り 壊 しも 視 野 に 今 後 の 利 用 方 法 について 検 討 を 行 う 3) 潮 目 交 流 館 (2 号 棟 )については 関 係 機 関 との 調 整 のもと 今 後 の 利 用 計 画 を 踏 まえ 復 旧 内 容 を 検 討 する 4) 各 集 客 施 設 の 再 開 については 新 たな 運 営 方 式 も 視 野 に 検 討 を 行 う 5) 橋 梁 の 整 備 に 伴 い 大 型 旅 客 船 がアクアマリンパークに 入 港 できなく なることから 大 型 旅 客 船 が 入 出 港 係 留 可 能 な 新 たな 航 路 や 岸 壁 に ついて 検 討 を 行 う (2)マリーナの 復 旧 検 討 今 回 の 震 災 により 甚 大 な 被 害 を 受 けており 復 旧 方 法 ( 災 害 復 旧 事 業 の 範 囲 運 営 主 体 等 ) 復 旧 時 期 等 について 利 用 者 などからの 意 見 も 踏 まえ 検 討 していく 1-3. 漁 業 拠 点 港 としての 漁 港 区 の 復 旧 1) 小 名 浜 港 は 漁 船 用 の 大 水 深 岸 壁 が 整 備 されている 数 少 ない 港 であり 広 域 的 な 漁 業 拠 点 としての 役 割 を 果 たしうる 施 設 を 有 していることか ら 可 能 な 限 り 早 急 に 復 旧 工 事 を 進 める 2) 満 潮 時 に 水 没 する1 号 ふ 頭 については 適 切 な 復 旧 地 盤 高 さで 工 事 を 行 い 利 用 に 支 障 が 生 じないようにする 5

7 3)アクアマリンパークや 市 街 地 と 連 携 を 持 った 観 光 交 流 機 能 など 複 合 的 な 機 能 について 検 討 を 行 う 1-4.コンテナ 機 能 の 復 旧 小 名 浜 港 では 韓 国 中 国 航 路 など3 航 路 でコンテナが 取 り 扱 われていたが 東 日 本 大 震 災 により 荷 役 機 械 や 岸 壁 が 被 災 し 一 次 休 止 状 態 となっていた 平 成 23 年 6 月 には 荷 役 機 械 ( 多 目 的 クレーン)の 復 旧 と 岸 壁 (O-3) の 応 急 復 旧 により 内 航 フィーダーでのコンテナ 取 扱 いが 再 開 したが 今 後 は 荷 役 機 械 (ガントリークレーン) 及 び 岸 壁 (O-4)の 復 旧 により 休 止 が 続 いている 外 貿 コンテナの 早 期 再 開 を 目 指 す 2. 地 震 津 波 等 に 対 する 防 災 機 能 の 強 化 今 回 の 地 震 津 波 により 港 湾 施 設 に 甚 大 な 被 害 が 発 生 したため 今 後 総 合 的 な 対 策 の 検 討 を 行 い 防 災 機 能 を 強 化 する 2-1. 津 波 レベルの 特 定 今 後 の 津 波 対 策 を 構 築 するに 当 たっては 津 波 の 規 模 や 発 生 頻 度 に 応 じ て 防 護 の 目 標 を 明 確 化 して 対 策 を 進 める 必 要 がある このため 平 成 23 年 7 月 6 日 に 交 通 政 策 審 議 会 港 湾 分 科 会 防 災 部 会 がまとめた 港 湾 におけ る 総 合 的 な 津 波 対 策 のあり 方 ( 中 間 とりまとめ)で 示 された 以 下 の2つの レベルの 津 波 を 想 定 する (1) 発 生 頻 度 の 高 い 津 波 概 ね 数 十 年 から 百 数 十 年 に1 回 程 度 の 頻 度 で 発 生 する 比 較 的 発 生 頻 度 の 高 い 津 波 とし これに 対 しては1 人 命 を 守 る 2 財 産 を 守 る 3 経 済 活 動 を 継 続 させることを 目 標 とする (2) 最 大 クラスの 津 波 概 ね 数 百 年 から 千 年 に1 回 程 度 の 頻 度 で 発 生 する 規 模 の 津 波 とし これ に 対 しては1 人 命 を 守 る 2 経 済 的 損 失 を 軽 減 する 3 大 きな 二 次 災 害 を 防 止 する 4 施 設 の 早 期 復 旧 を 図 ることを 目 標 とする 6

8 2-2. 発 生 頻 度 の 高 い 津 波 から 守 る 総 合 的 な 対 策 の 検 討 想 定 される 津 波 については 現 在 福 島 県 海 岸 における 津 波 対 策 等 検 討 会 において 検 討 が 行 われており 津 波 特 定 後 直 ちに 津 波 氾 濫 シミュレーションを 実 施 する その 結 果 に 基 づいて 防 護 ラインの 設 定 及 び 避 難 施 設 の 整 備 等 のハ ード ソフトを 組 み 合 わせた 総 合 的 な 対 策 が 必 要 なエリアの 検 討 を まちづくり 計 画 等 との 連 携 を 図 りつつ 行 う 2-3. 防 護 ラインや 必 要 な 津 波 防 護 施 設 発 生 頻 度 の 高 い 津 波 から 守 るエリアが 浸 水 しないように 必 要 な 防 護 ラ インについて 検 討 する 1) 防 波 堤 等 の 嵩 上 げ 補 強 などの 津 波 対 策 の 要 否 については 今 後 の 各 種 委 員 会 等 の 結 果 を 踏 まえて 検 討 する 2) 津 波 により 港 湾 構 造 物 前 面 の 海 底 が 洗 掘 された 場 合 構 造 物 が 設 計 通 りの 安 定 性 を 確 保 できなくなる 可 能 性 があるため 震 災 後 早 急 に 利 用 することが 想 定 される 耐 震 強 化 岸 壁 等 については 津 波 による 洗 掘 対 策 について 検 討 する 3) 小 名 浜 港 背 後 の 津 波 被 害 を 軽 減 する 観 点 からも 現 在 整 備 中 の 第 二 沖 防 波 堤 及 び 港 湾 計 画 に 位 置 づけられている 神 白 防 波 堤 は 効 果 があると 考 えられ 防 波 堤 の 津 波 減 災 効 果 について 検 証 するとともに これら 防 波 堤 の 整 備 を 促 進 する 2-4. 津 波 防 災 に 係 るソフト 対 策 の 充 実 津 波 防 護 施 設 が 完 成 するまでには 一 定 期 間 が 必 要 となり その 間 の 安 全 確 保 や また 発 生 頻 度 の 高 い 津 波 を 超 え 最 大 クラスの 津 波 が 来 襲 した 場 合 にも 備 え 以 下 のようなソフト 対 策 も 併 せて 講 じていくこととする (1) 官 民 一 体 となった 防 災 体 制 の 構 築 官 民 の 港 湾 関 係 者 が 協 力 して 各 種 会 合 やイベント 等 の 様 々な 機 会 を 利 用 し 港 湾 利 用 者 及 び 地 域 住 民 を 対 象 に 想 定 される 津 波 被 害 を 周 知 し 防 災 思 想 の 普 及 に 努 めることとする また 停 電 や 陸 上 回 線 の 被 災 により 情 報 通 信 システムが 遮 断 された 経 験 を 踏 まえ 伝 送 経 路 の 多 重 化 及 び 避 難 支 援 情 報 の 提 供 方 法 についても 検 討 していく 7

9 (2) 業 務 継 続 計 画 (BCP BCP)の 策 定 促 進 小 名 浜 港 背 後 圏 はもとより 東 北 経 済 の 牽 引 役 となる 小 名 浜 港 の 港 湾 機 能 の 迅 速 な 回 復 や 企 業 活 動 の 早 期 再 開 のため 今 般 の 大 震 災 からの 復 旧 の 経 験 を 元 に 小 名 浜 港 周 辺 の 港 湾 を 利 用 する 企 業 のBCP 策 定 を 促 進 する とともに 新 たな 検 討 の 場 を 設 置 し 平 成 24 年 度 中 を 目 処 に 官 民 連 携 に よる 港 湾 BCPの 策 定 を 進 めていく (3) 浸 水 想 定 区 域 における 避 難 施 設 の 確 保 発 生 頻 度 の 高 い 津 波 であっても 浸 水 を 許 容 するふ 頭 用 地 などについては 避 難 施 設 として 民 間 や 公 的 機 関 が 所 有 する 既 存 施 設 の 活 用 や 機 能 付 加 など の 検 討 を 行 い 更 に 不 足 するようであれば 新 たな 避 難 施 設 について 検 討 す る (4) 避 難 体 制 の 構 築 今 回 の 震 災 を 踏 まえ 行 政 港 湾 利 用 者 及 び 観 光 施 設 関 係 者 などが 協 同 し て 地 域 住 民 港 湾 関 係 者 及 び 観 光 客 等 津 波 発 生 時 に 港 湾 周 辺 に 滞 在 し ている 人 々の 避 難 体 制 について 検 討 を 行 う また 想 定 される 津 波 浸 水 範 囲 に 基 づき 避 難 施 設 の 整 備 についても 検 討 を 行 う さらに 定 期 的 な 小 名 浜 港 全 体 での 防 災 避 難 訓 練 を 実 施 し 防 災 意 識 の 高 揚 に 努 める 2-5. 地 震 への 対 応 1) 小 名 浜 港 の 被 害 状 況 を 見 ると 他 港 と 比 較 して 津 波 よりも 地 震 に 起 因 する 被 害 が 支 配 的 であった 企 業 の 操 業 に 直 結 する 係 留 施 設 につい ては 地 震 によって 地 盤 沈 下 や 液 状 化 によるエプロン 背 後 の 沈 下 及 び 岸 壁 法 線 のはらみ 出 しなど 甚 大 な 被 害 を 受 けており 港 湾 施 設 におい ては 復 旧 の 遅 れがそのまま 港 湾 を 利 用 する 企 業 の 操 業 に 影 響 を 与 え るということが 奇 しくも 今 回 の 震 災 により 証 明 される 形 となった このことから 地 震 への 対 応 について 今 後 検 討 を 進 めることとする 2) 耐 震 強 化 岸 壁 (5-1)の 復 旧 にあたっては レベル2 地 震 動 として 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 についても 性 能 照 査 対 象 として 考 慮 する 3)3 月 11 日 の 本 震 以 降 いわき 市 では 震 度 6 弱 の 余 震 が2 回 発 生 する など 港 湾 施 設 の 新 たな 被 害 も 懸 念 されることから 余 震 への 対 応 を 図 るものとする 復 旧 工 事 を 進 めるにあたっては 余 震 による 被 害 の 進 行 復 旧 工 事 の 手 戻 りが 極 力 発 生 しないよう 留 意 する また 二 次 災 害 の 防 止 や 復 旧 作 業 員 が 安 心 して 作 業 できるよう 防 災 無 線 の 稼 働 状 況 の 確 認 と 整 備 について 関 係 機 関 と 調 整 を 行 う 8

10 3. 原 子 力 発 電 所 事 故 による 風 評 被 害 の 解 消 原 子 力 発 電 所 事 故 による 風 評 被 害 は 船 舶 の 入 港 敬 遠 など 港 湾 活 動 にも 深 刻 な 影 響 をもたらしていることから 小 名 浜 港 の 復 興 に 向 けて 風 評 被 害 の 解 消 に 努 める 3-1. 大 気 及 び 海 水 中 の 放 射 線 量 の 測 定 と 公 表 現 在 の 小 名 浜 港 の 大 気 及 び 海 水 中 の 放 射 線 量 は 低 レベルで 推 移 しており 健 康 への 影 響 は 考 えられないレベルであることから このような 安 定 した 状 況 が 続 く 限 り 荷 主 船 主 及 び 船 員 等 に 正 確 かつ 分 かりやすい 情 報 を 提 供 し 安 定 的 な 輸 送 の 確 保 に 努 めていく ( 福 島 県 及 び 国 土 交 通 省 のホーム ページにて 大 気 及 び 海 水 中 の 放 射 線 量 を 公 表 中 ) 小 名 浜 港 での 大 気 中 の 測 定 藤 原 ふ 頭 (1 日 2 回 ) 海 水 中 の 測 定 4 号 ふ 頭 大 剣 ふ 頭 ( 週 2 回 ) コンテナ 貨 物 に 対 する 放 射 線 測 定 体 制 の 整 備 4 月 22 日 に 国 土 交 通 省 が 公 表 したガイドラインに 基 づいて コンテナ 及 び 船 舶 の 放 射 線 量 の 測 定 体 制 の 確 立 と 証 明 書 発 行 を 実 施 していく 3-3. 港 湾 利 用 企 業 への 支 援 民 間 企 業 だけでは 風 評 被 害 への 対 応 が 困 難 な 場 合 は 公 的 機 関 がボトル ネック 解 消 に 必 要 な 支 援 を 可 能 な 限 り 実 施 する 4. 新 たな 取 組 みによる 港 の 復 興 小 名 浜 港 の 復 興 については 当 面 復 旧 復 興 を 最 優 先 に 考 え 一 日 も 早 い 港 湾 機 能 の 回 復 に 努 めるが 国 際 バルク 戦 略 港 湾 に 選 定 されたことから 復 旧 に 一 定 の 目 処 が 立 った 後 に 東 日 本 地 域 の 物 流 拠 点 となるよう 小 名 浜 港 の 復 興 に 取 り 組 んでいく また 積 極 的 な 情 報 発 信 により 国 際 港 湾 としての オナハマ の 良 いイメージを 確 立 する 4-1. 国 際 バルク 戦 略 港 湾 としての 復 興 (1) 国 際 バルク 戦 略 港 湾 への 取 組 み 復 旧 復 興 が 国 際 バルク 戦 略 港 湾 としての 小 名 浜 港 の 機 能 強 化 の 第 一 歩 9

11 であることから まずは 復 旧 復 興 を 最 優 先 に 実 施 し 復 旧 復 興 に 一 定 の 目 処 が 立 った 後 に 関 係 行 政 機 関 及 び 港 湾 利 用 者 が 連 携 して 国 際 バル ク 戦 略 港 湾 として 機 能 させるための 本 格 的 な 取 組 みを 行 う 小 名 浜 港 は 平 成 23 年 5 月 31 日 に 国 際 バルク 戦 略 港 湾 に 選 定 された (2) 耐 震 性 の 検 討 今 回 の 震 災 を 踏 まえ 国 家 戦 略 として 広 域 的 な 役 割 を 担 う 国 際 バルク 戦 略 港 湾 に 求 められる 耐 震 性 については 関 係 機 関 と 協 議 しながら 検 討 を 行 う 4-2. 利 用 促 進 (1)コンテナ 物 流 の 強 化 荷 主 の 利 便 性 を 損 なわないよう 可 能 な 限 り 早 期 にコンテナ 機 能 を 震 災 前 のレベルまで 回 復 させるとともに 国 際 コンテナ 戦 略 港 湾 ( 京 浜 港 )と の 連 携 についても 検 討 を 行 う (2) 民 間 の 資 金 ノウハウ 等 の 活 用 財 政 事 情 が 厳 しい 折 公 的 資 金 による 復 興 には 限 度 があることから 民 間 の 資 金 やノウハウを 活 用 した 事 業 についても 積 極 的 に 検 討 を 行 う また 規 制 緩 和 や 金 融 上 の 支 援 措 置 などを 一 定 期 間 に 限 って 行 う 特 区 制 度 の 活 用 なども 視 野 に 検 討 を 行 う 4-3. 小 名 浜 港 背 後 地 の 再 開 発 (1) 小 名 浜 港 背 後 地 再 開 発 事 業 の 促 進 今 回 の 震 災 により 小 名 浜 港 背 後 地 が 広 範 に 被 災 したことから 被 災 後 の 復 旧 復 興 を 促 進 するため 再 開 発 事 業 の 可 能 な 限 りの 前 倒 しを 働 きか けていくものとする 小 名 浜 港 背 後 地 の 再 開 発 は 平 成 22 年 11 月 にいわき 市 が 小 名 浜 港 背 後 地 開 発 ビジョン を 発 表 しており 今 後 いわき 市 により 土 地 区 画 整 理 事 業 が 進 められていく 計 画 (2) 防 災 機 能 を 有 する 港 湾 関 係 庁 舎 の 検 討 今 回 の 震 災 により 港 湾 関 係 行 政 機 関 のほぼ 全 てが 被 災 し 行 政 事 務 に 大 きな 支 障 が 生 じたことを 教 訓 に 今 後 検 討 される 津 波 災 害 への 対 応 土 10

12 地 利 用 計 画 などを 踏 まえ 新 たな 地 震 津 波 等 の 災 害 に 強 い 庁 舎 の 整 備 に ついて 検 討 する その 際 には 防 災 機 能 も 有 する 港 湾 業 務 庁 舎 の 可 能 性 に ついて 検 討 を 行 う 世 界 へ 向 けた 情 報 発 信 の 強 化 (1) 国 際 港 湾 としての オナハマ の 良 いイメージ 確 立 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 事 故 により いわゆる フクシマ の 名 が 意 図 せ ずして 世 界 に 知 れ 渡 ることとなった まず 急 がれるのは 風 評 被 害 の 払 拭 で あり その 次 に 目 指 すべきことは 国 際 港 湾 としての オナハマ の 良 い イメージを 確 立 することである (2) 国 際 港 湾 としての オナハマ の 戦 略 的 な 情 報 発 信 世 界 に 向 けた 情 報 発 信 は 重 要 であり 世 界 がモデルとするような 先 駆 的 な 取 組 みを 積 極 的 に 実 施 ( 又 は 既 に 実 施 されていることを 紹 介 )するとと もに 世 界 各 国 から 人 物 情 報 が 集 まるような 戦 略 的 な 取 組 み(ハード ソフト)を 官 民 の 英 知 を 集 結 して 推 進 していくことが 重 要 である 具 体 的 には 様 々な 業 種 をメンバーとする 企 画 組 織 の 設 置 複 数 の 言 語 による 情 報 誌 の 発 行 国 際 イベントの 誘 致 など 福 島 いわき 小 名 浜 港 を 総 合 的 にプロモーションする 体 制 を 検 討 していく 11

13 < 参 考 資 料 > 小 名 浜 港 復 興 会 議 メンバー 国 土 交 通 省 東 北 地 方 整 備 局 港 湾 空 港 部 国 土 交 通 省 東 北 地 方 整 備 局 小 名 浜 港 湾 事 務 所 海 上 保 安 庁 第 二 管 区 海 上 保 安 本 部 福 島 海 上 保 安 部 横 浜 税 関 小 名 浜 税 関 支 署 福 島 県 土 木 部 港 湾 課 福 島 県 小 名 浜 港 湾 建 設 事 務 所 福 島 県 企 業 局 いわき 事 業 所 福 島 県 水 産 事 務 所 いわき 市 商 工 観 光 部 いわき 市 農 林 水 産 部 いわき 市 都 市 建 設 部 < 港 湾 物 流 部 会 > いわき 小 名 浜 コンテナサービス 小 名 浜 海 陸 運 送 常 磐 港 運 小 名 浜 製 錬 小 名 浜 製 錬 所 小 名 浜 吉 野 石 膏 いわき 工 場 小 名 浜 石 油 小 名 浜 石 油 埠 頭 小 名 浜 埠 頭 クリーンコールパワー 研 究 所 クレハ いわき 事 業 所 堺 化 学 工 業 小 名 浜 事 業 所 サミット 小 名 浜 エスパワー 三 洋 海 運 小 名 浜 支 店 常 磐 共 同 火 力 常 磐 興 産 東 京 電 力 小 名 浜 コールセンター 東 邦 亜 鉛 小 名 浜 製 錬 所 日 本 海 水 小 名 浜 工 場 日 本 化 成 小 名 浜 工 場 日 本 製 紙 勿 来 工 場 日 進 運 送 労 働 組 合 全 日 本 港 湾 労 働 組 合 <アクアマリンパーク 部 会 > アクアマリンふくしま いわき ら ら ミュウ いわきデイクルーズ 小 名 浜 美 食 ホテル 小 名 浜 まちづくり 市 民 会 議 < 漁 港 区 部 会 > 福 島 県 漁 業 協 同 組 合 連 合 会 福 島 県 旋 網 漁 業 協 同 組 合 小 名 浜 機 船 底 曳 網 漁 業 協 同 組 合 いわき 市 漁 業 協 同 組 合 いわき 市 漁 業 協 同 組 合 下 神 白 採 鮑 組 合 12

14 これまでの 経 過 小 名 浜 港 復 興 会 議 ( 全 体 ) 第 1 回 平 成 23 年 7 月 1 日 ( 金 ) 港 湾 施 設 の 復 旧 状 況 について 復 旧 復 興 方 針 ( 案 )について 港 湾 物 流 部 会 WG 事 前 打 合 せ 平 成 23 年 4 月 1 日 ( 金 ) 小 名 浜 港 復 興 会 議 の 設 置 について 港 湾 施 設 の 被 災 状 況 について 利 用 企 業 の 被 災 状 況 について 準 備 会 平 成 23 年 4 月 4 日 ( 月 ) 港 湾 施 設 の 被 災 状 況 について 工 業 用 水 施 設 の 被 災 状 況 について WG( 第 1 回 ) 平 成 23 年 4 月 14 日 ( 木 ) 港 湾 施 設 の 復 旧 スケジュールについて 施 設 の 供 用 時 期 の 考 え 方 について 第 1 回 平 成 23 年 4 月 15 日 ( 金 ) 港 湾 施 設 の 復 旧 スケジュールについて 施 設 の 供 用 時 期 の 考 え 方 について 第 2 回 平 成 23 年 5 月 20 日 ( 金 ) 港 湾 施 設 の 現 状 と 復 旧 見 込 み 港 湾 利 用 企 業 の 復 旧 状 況 小 名 浜 港 の 復 旧 復 興 方 針 ( 案 )について 第 3 回 平 成 23 年 6 月 13 日 ( 月 ) 港 湾 施 設 の 復 旧 状 況 について 各 ふ 頭 の 供 用 及 び 利 用 状 況 について 国 際 バルク 戦 略 港 湾 の 選 定 について 小 名 浜 港 復 旧 復 興 方 針 ( 案 )について アクアマリンパーク 部 会 準 備 会 平 成 23 年 4 月 6 日 ( 水 ) 小 名 浜 港 復 興 会 議 アクアマリンパーク 部 会 設 置 について アクアマリンパーク 内 の 施 設 被 害 の 状 況 について 第 1 回 平 成 23 年 5 月 25 日 ( 水 ) アクアマリンパークの 復 興 計 画 について 第 2 回 平 成 23 年 6 月 23 日 ( 木 ) アクアマリンパークの 復 興 計 画 について 13

15 漁 港 区 部 会 第 1 回 平 成 23 年 5 月 27 日 ( 金 ) 小 名 浜 港 復 興 会 議 漁 港 区 部 会 の 設 置 について 今 後 の 漁 業 活 動 について 市 場 等 上 物 の 被 災 状 況 と 今 後 の 対 応 について 岸 壁 の 復 旧 工 事 の 優 先 順 位 について 岸 壁 の 復 旧 高 さについて 第 2 回 平 成 23 年 6 月 23 日 ( 木 ) 港 湾 漁 港 施 設 の 復 旧 について 漁 港 区 の 復 興 計 画 について 14

16 ~ 産 業 物 流 復 興 プラン~ 小 名 浜 港 復 旧 計 画 ; 応 急 復 旧 工 事 ; 暫 定 供 用 ; 災 害 査 定 ; 本 格 復 旧 工 事 ; 供 用 平 成 23 年 8 月 18 日 現 在 番 号 施 設 名 水 深 主 な 取 扱 品 目 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 平 成 25 年 度 平 成 26 年 度 1 3-1~2-10m 石 炭 石 灰 石 m 石 炭 m セメント m セメント m 化 学 薬 品 荷 役 可 能 荷 役 可 能 m 金 属 鉱 m 石 炭 荷 役 可 能 m 石 炭 m 石 炭 m 非 金 属 鉱 物 m 再 利 用 資 源 荷 役 可 能 m 石 炭 荷 役 可 能 13 F-1-10 m 製 材 木 材 チップ 14 F-2-12m 製 材 15 F-3-10 m 金 属 くず 16 O-3-10m コンテナ 17 O-4-10 m コンテナ 施 設 配 置 図 17 本 計 画 は 査 定 前 の 施 設 を 含 むため 変 更 が 生 じる 可 能 性 があります

17 小 名 浜 港 復 旧 復 興 方 針 の 概 要 小 名 浜 港 復 興 会 議 平 成 23 年 8 月 18 日 復 旧 復 興 方 針 の 柱 1. 港 湾 施 設 等 の 早 期 復 旧 2. 地 震 津 波 等 に 対 する 防 災 機 能 の 強 化 3. 原 子 力 発 電 所 事 故 による 風 評 被 害 の 解 消 4. 新 たな 取 組 みによる 港 の 復 興 1. 港 湾 施 設 等 の 早 期 復 旧 概 ね2 年 以 内 を 目 処 に 主 要 な 岸 壁 の 復 旧 を 完 了 させ 概 ね3 年 以 内 に 全 ての 港 湾 施 設 の 復 旧 を 目 指 す なお 各 施 設 の 復 旧 スケジュール 等 については 行 政 及 び 港 湾 利 用 者 等 との 間 で 綿 密 に 情 報 共 有 することとし 必 要 に 応 じ 関 係 各 者 間 で 協 議 を 行 いつつ 復 旧 を 行 うことを 原 則 とする 1-1. 港 湾 施 設 の 早 期 かつ 適 切 な 機 能 への 復 旧 1-2.まちづくりと 一 体 となった 交 流 拠 点 機 能 の 復 旧 1-3. 漁 業 拠 点 港 としての 漁 港 区 の 復 旧 1-4.コンテナ 機 能 の 復 旧 2. 地 震 津 波 等 に 対 する 防 災 機 能 の 強 化 今 回 の 地 震 津 波 により 港 湾 施 設 に 甚 大 な 被 害 が 発 生 したため 今 後 総 合 的 な 対 策 の 検 討 を 行 い 防 災 機 能 を 強 化 する 2-1. 津 波 レベルの 特 定 2-2. 発 生 頻 度 の 高 い 津 波 から 守 る 総 合 的 な 対 策 の 検 討 2-3. 防 護 ラインや 必 要 な 津 波 防 護 施 設 2-4. 津 波 防 災 に 係 るソフト 対 策 の 充 実 2-5. 地 震 への 対 応 3. 原 子 力 発 電 所 事 故 による 風 評 被 害 の 解 消 原 子 力 発 電 所 事 故 による 風 評 被 害 は 船 舶 の 入 港 敬 遠 など 港 湾 活 動 にも 深 刻 な 影 響 をもたらしていることから 小 名 浜 港 の 復 興 に 向 けて 風 評 被 害 の 解 消 に 努 める 3-1. 大 気 及 び 海 水 中 の 放 射 線 量 の 測 定 と 公 表 コンテナ 貨 物 に 対 する 放 射 線 測 定 体 制 の 整 備 3-3. 港 湾 利 用 企 業 への 支 援 4. 新 たな 取 組 みによる 港 の 復 興 小 名 浜 港 の 復 興 については 当 面 復 旧 復 興 を 最 優 先 に 考 え 一 日 も 早 い 港 湾 機 能 の 回 復 に 努 めるが 国 際 バルク 戦 略 港 湾 に 選 定 されたことから 復 旧 に 一 定 の 目 処 が 立 った 後 に 東 日 本 地 域 の 物 流 拠 点 となるよう 小 名 浜 港 の 復 興 に 取 り 組 ん でいく また 積 極 的 な 情 報 発 信 により 国 際 港 湾 としての オナハマ の 良 いイメージを 確 立 する 4-1. 国 際 バルク 戦 略 港 湾 としての 復 興 4-2. 利 用 促 進 4-3. 小 名 浜 港 背 後 地 の 再 開 発 世 界 へ 向 けた 情 報 発 信 の 強 化

Microsoft Word - 01_むつ小川原港BCP160302-1(公表用).docx

Microsoft Word - 01_むつ小川原港BCP160302-1(公表用).docx むつ 小 川 原 港 BCP 平 成 28 年 3 月 むつ 小 川 原 港 港 湾 機 能 継 続 協 議 会 改 訂 履 歴 改 訂 年 月 改 訂 ページ 改 訂 内 容 H28.3.2 新 規 策 定 目 次 1. 港 湾 機 能 継 続 計 画 策 定 の 必 要 性 1 2. 想 定 地 震 津 波 の 規 模 及 び 回 復 目 標 の 設 定 4 2-1 想 定 地 震 津 波 の

More information

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 に 関 する 重 点 提 言 東 日 本 大 震 災 からの 速 やかな 被 災 地 の 復 旧 復 興 を 図 るため 国 は 次 の 事 項 につ いて 迅 速 かつ 積 極 的 な 措 置 を 講 じられたい 1. 復 興 事 業 予 算 の 実 態 に 即 した 財 政 支 援 等 について (1) 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金

More information

Microsoft PowerPoint - 八戸港BCP概要版(130325).ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 八戸港BCP概要版(130325).ppt [互換モード] 平 成 25 年 3 月 八 戸 港 BCP 概 要 版 港 湾 空 港 課 1. 策 定 に 至 る 経 緯 東 日 本 大 震 災 の 被 災 状 況 被 災 後 の 貨 物 量 の 推 移 八 戸 港 復 旧 復 興 方 針 八 戸 港 BCPとは 策 定 方 法 とスケジュール 被 害 予 測 応 急 復 旧 目 標 行 動 計 画 3. 期 待 される 効 果 BCP 実 行 による 効

More information

<31313038303590CE8AAA8D6081698E598BC6814595A897AC959C8BBB837683898393816A81798CF6955C817A>

<31313038303590CE8AAA8D6081698E598BC6814595A897AC959C8BBB837683898393816A81798CF6955C817A> ~ 産 業 物 流 復 興 プラン~ 石 巻 港 復 旧 復 興 方 針 平 成 23 年 8 月 5 日 石 巻 港 復 興 会 議 石 巻 港 は 木 材 食 品 飼 肥 料 鉄 鋼 造 船 製 紙 関 連 の 産 業 が 立 地 する 宮 城 県 北 部 の 工 業 物 流 の 拠 点 となる 臨 海 型 工 業 港 であり 石 巻 市 の 製 造 業 就 業 人 口 の 約 1/3 の 雇

More information

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2)

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2) 東 京 の 湾 計 画 等 の 策 定 1 節 湾 計 画 の 系 譜 71 2 節 東 京 7 次 改 訂 湾 計 画 ( 東 京 から 発 信 する 日 本 のみなと 改 革 ) 74 節 東 京 ベイエリア 21 80-69 - 東 京 の 湾 計 画 等 の 策 定 1 節 湾 計 画 の 系 譜 湾 整 備 部 計 画 課 湾 計 画 は その 必 要 性 目 的 計 画 事 項 作 成

More information

<4D F736F F D208E9197BF C8E86816A88C4>

<4D F736F F D208E9197BF C8E86816A88C4> 事 業 計 画 5. 港 湾 八 戸 港 1 応 急 復 旧 により 11 月 24 日 現 在 で 公 共 岸 壁 44バース( 水 深 4.5m 以 深 ) のうち 41バースが 喫 水 制 限 や 上 載 荷 重 制 限 があるものの 利 用 可 能 2 八 太 郎 地 区 コンテナターミナル 等 基 幹 的 輸 送 を 担 う 施 設 製 紙 製 鉄 飼 料 等 の 産 業 復 興 に 必

More information

産 業 経 済 を 支 える 交 通 インフラ 企 業 の 生 産 活 動 を 支 えるのは 路 港 湾 等 の 交 通 インフラ 円 滑 かつ 効 率 的 な 輸 送 サービスを 提 供 し 続 けることが 我 が 国 の 産 業 活 動 を 継 続 する 前 提 条 件 高 速 路 貨 物 鉄

産 業 経 済 を 支 える 交 通 インフラ 企 業 の 生 産 活 動 を 支 えるのは 路 港 湾 等 の 交 通 インフラ 円 滑 かつ 効 率 的 な 輸 送 サービスを 提 供 し 続 けることが 我 が 国 の 産 業 活 動 を 継 続 する 前 提 条 件 高 速 路 貨 物 鉄 資 料 3 地 域 の 産 業 経 済 の 再 生 とそれを 支 える 都 市 交 通 基 盤 平 成 23 年 6 月 2 日 国 土 交 通 大 臣 大 畠 章 宏 Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 産 業 経 済 を 支 える 交 通 インフラ 企 業 の 生 産 活 動 を 支 えるのは 路 港 湾 等 の 交 通

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20288E9197BF352981798DC58F4994C5817A90E096BE8E9197BF915391CC8169413488F38DFC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20288E9197BF352981798DC58F4994C5817A90E096BE8E9197BF915391CC8169413488F38DFC816A2E707074> 第 6 回 北 九 州 港 長 期 構 想 検 討 委 員 会 資 料 ~ 港 湾 計 画 改 訂 ( 案 )の の 検 討 ~ 平 成 23 年 8 月 22 日 北 九 州 市 港 湾 空 港 局 社 団 法 人 日 本 港 湾 協 会 港 湾 計 画 について アジア 輸 送 における 国 際 拠 点 港 湾 シャトル 航 路 北 九 州 港 アジア 基 幹 航 路 ( 本 船 航 路 ) 大

More information

Microsoft PowerPoint - 01-1 津波法説明資料.pptx

Microsoft PowerPoint - 01-1 津波法説明資料.pptx 資 料 1-1 第 2 回 津 波 避 難 対 策 推 進 マニュアル 検 討 会 津 波 防 災 地 域 づくりに 関 する 法 律 について 平 成 24 年 8 月 22 日 ( 水 ) Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 津 波 防 災 地 域 づくりに 関 する 法 律 の 制 定 経 緯 平 成 23 年 3 月

More information

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 地 震 津 波 対 策 編 第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 2014 年 3 月 31 日 の 74 年 間 のうち 稚 内 市 で

More information

Microsoft Word - 浜田港長期構想(素案)20160308ver2.docx

Microsoft Word - 浜田港長期構想(素案)20160308ver2.docx 鰐 石 地 区 港 湾 関 連 用 地 6.4ha(H30 年 度 完 成 に 向 け 整 備 中 ) 背 後 圏 島 根 県 ( 万 人 ) ( 万 人 ) 全 国 注 ) 年 齢 不 詳 は 含 まない 輸 出 23 千 トン 移 出 30 千 トン 輸 入 273 千 トン 移 入 138 千 トン 速 報 値 浜 田 港 利 用 企 業 福 井 3 号 280m( 暫 定 水

More information

参 考 資 料 国 土 強 靱 化 基 本 計 画 - 強 くて しなやかなニッポンへ- 平 成 26 年 6 月 3 日 目 次 ( 頁 ) はじめに 1 第 1 章 国 土 強 靱 化 の 基 本 的 考 え 方 2 第 2 章 脆 弱 性 評 価 10 第 3 章 国 土 強 靱 化 の 推 進 方 針 14 第 4 章 計 画 の 推 進 と 不 断 の 見 直 し 30 おわりに 34

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63> 釜 石 市 復 興 推 進 計 画 平 成 25 年 3 月 12 日 平 成 28 年 3 月 4 日 変 更 岩 手 県 釜 石 市 1 計 画 の 区 域 岩 手 県 釜 石 市 2 計 画 の 目 標 東 日 本 大 震 災 により 沿 岸 部 の 全 域 にわたり 壊 滅 的 な 被 害 を 受 け 店 舗 事 業 所 住 宅 などが 津 波 により 流 出 した また 震 災 の 被 害

More information

堺 泉 北 港 各 地 区 の 役 割 について 堺 泉 北 臨 海 工 業 地 帯 基 幹 的 広 域 防 災 拠 点 阪 神 高 速 4 号 湾 岸 線 堺 7 区 堺 2 区 汐 見 沖 地 区 助 松 地 区 堺 5 区 堺 6 区 大 浜 地 区 堺 市 汐 見 地 区 小 松 地 区 泉

堺 泉 北 港 各 地 区 の 役 割 について 堺 泉 北 臨 海 工 業 地 帯 基 幹 的 広 域 防 災 拠 点 阪 神 高 速 4 号 湾 岸 線 堺 7 区 堺 2 区 汐 見 沖 地 区 助 松 地 区 堺 5 区 堺 6 区 大 浜 地 区 堺 市 汐 見 地 区 小 松 地 区 泉 堺 泉 北 港 港 湾 計 画 一 部 変 更 ( 前 回 改 訂 : 平 成 18 年 2 月 目 標 年 次 : 平 成 20 年 代 後 半 ) 港 湾 管 理 者 : 大 阪 府 平 成 27 年 3 月 10 日 交 通 政 策 審 議 会 第 59 回 港 湾 分 科 会 資 料 5 堺 泉 北 港 各 地 区 の 役 割 について 堺 泉 北 臨 海 工 業 地 帯 基 幹 的 広 域

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2)

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2) 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 105 2 節 防 災 事 業 計 画 10 3 節 施 設 の 現 況 と 管 理 110 参 考 東 京 都 の 災 害 対 策 分 掌 事 務 及 び 組 織 113-103 - 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 港 湾 整 備 部 計 画 課 東 京 港 の 臨 海 部 は 東 京 湾 の 最 奥

More information

要 望 項 目 1 景 気 回 復 に 向 けた 諸 施 策 の 実 施 並 びに 環 境 変 化 に 伴 う 中 小 企 業 への 支 援 について 2 仙 台 空 港 における 新 規 路 線 ( 国 内 外 )の 拡 充 とアクセス 鉄 道 の 建 設 促 進 について 3 仙 台 塩 釜 港

要 望 項 目 1 景 気 回 復 に 向 けた 諸 施 策 の 実 施 並 びに 環 境 変 化 に 伴 う 中 小 企 業 への 支 援 について 2 仙 台 空 港 における 新 規 路 線 ( 国 内 外 )の 拡 充 とアクセス 鉄 道 の 建 設 促 進 について 3 仙 台 塩 釜 港 平 成 16 年 9 月 公 明 党 代 表 神 崎 武 法 殿 要 望 書 宮 城 県 商 工 会 議 所 連 合 会 会 長 村 松 巖 要 望 項 目 1 景 気 回 復 に 向 けた 諸 施 策 の 実 施 並 びに 環 境 変 化 に 伴 う 中 小 企 業 への 支 援 について 2 仙 台 空 港 における 新 規 路 線 ( 国 内 外 )の 拡 充 とアクセス 鉄 道 の 建 設

More information

目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第 2 章 被 害 状 況 と 災 害 廃 棄 物 の 量 1 被 害 状 況 2

目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第 2 章 被 害 状 況 と 災 害 廃 棄 物 の 量 1 被 害 状 況 2 平 成 28 年 4 月 熊 本 地 震 に 係 る 熊 本 市 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 平 成 28 年 6 月 14 日 ( 第 1 版 ) 熊 本 市 1 目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第

More information

第1章(総則)第1節~第5節       01~07

第1章(総則)第1節~第5節       01~07 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 大 阪 府 石 油 コンビナート 等 防 災 計 画 ( 以 下 防 災 計 画 という )は 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 ( 昭 和 50 年 法 律 第 84 号 以 下 石 災 法 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき 特 別 防 災 区 域 に 指 定 された 大 阪 北 港 地 区 堺 泉 北 臨 海 地 区 関 西

More information

<87582D348EE597768E968BC682CC8A549776814582A482DD703135397E70313732>

<87582D348EE597768E968BC682CC8A549776814582A482DD703135397E70313732> 第 4 うみ と みなと ( 港 湾 課 ) 第 4 うみ と みなと 1 海 岸 (1) 概 要 福 岡 県 の 海 岸 線 延 長 は 約 669kmに 及 び このうちの261kmと 二 線 堤 ( )30kmを 合 わせた 291kmを 海 岸 保 全 区 域 に 指 定 して 海 岸 事 業 を 行 っています この 海 岸 保 全 区 域 は3 省 庁 ( 国 土 交 通 省 水 管 理

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

Microsoft Word - 20130603050.docx

Microsoft Word - 20130603050.docx 東 日 本 大 震 災 からの 住 宅 の 再 建 に 向 けた 取 組 国 土 交 通 委 員 会 調 査 室 廣 原 孝 一 1. はじめに 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 においては 津 波 により 東 北 地 方 沿 岸 部 を 中 心 に 甚 大 な 被 害 が 発 生 しており 建 築 物 の 被 害 は 全 国 で 全 壊 約 13 万 戸

More information

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪 平 成 28 年 6 月 13 日 都 市 局 都 市 計 画 課 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 に 係 る 通 知 を 発 出 本 年 3 月 30 日 に 策 定 された 明 日 の 日 本 を 支 える 観 光 ビジョン において 観 光 立 国 の 推 進 に 寄 与 する 宿 泊 施 設 の 整 備 促 進 に 向 けた 取 組 として

More information

NO. 46 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-17-3 総 交 付 対 象 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 全 体 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目

NO. 46 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-17-3 総 交 付 対 象 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 全 体 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目 NO. 40 道 路 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-2-1 総 交 付 対 象 事 業 費 14,247,860( 千 円 ) 全 体 事 業 費 14,247,860( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目 標 である 防 災 減 災 によるまちづくり の 柱 として 集 団 移 転 事 業 を 掲 げている 今 次 津 波 により 被 災 した 沿 岸

More information

目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書 の 作 成 2.1. 維 持 管 理 計

目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書 の 作 成 2.1. 維 持 管 理 計 山 口 県 港 湾 施 設 維 持 管 理 点 検 マニュアル( 案 ) 平 成 25 年 8 月 山 口 県 土 木 建 築 部 港 湾 課 目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書

More information

第1章 総  論

第1章 総  論 下 水 道 地 震 対 策 緊 急 整 備 計 画 策 定 の 手 引 き( 案 ) 平 成 18 年 4 月 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 下 水 道 部 社 団 法 人 日 本 下 水 道 協 会 下 水 道 施 設 の 耐 震 対 策 指 針 等 改 定 調 査 専 門 委 員 会 マニュアル 計 画 小 委 員 会 緊 急 整 備 計 画 策 定 作 業 部 会 委 員 名

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20874431313036323490E591E489968A988D60816990E591E48D608BE6819589968A988D608BE6816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20874431313036323490E591E489968A988D60816990E591E48D608BE6819589968A988D608BE6816A> 1 5. 仙 台 塩 釜 港 ( 仙 台 港 区 ) 6. 仙 台 塩 釜 港 ( 塩 釜 港 区 ) 調 査 団 メンバー 小 黒 章 二 八 谷 好 高 菅 野 真 弘 亀 井 重 信 建 設 マネジメント 研 究 所 主 任 研 究 員 理 事 兼 建 設 マネジメント 研 究 所 副 所 長 調 査 部 調 査 役 仙 台 支 部 調 査 役 仙 台 塩 釜 港 調 査 行 程 塩 釜 港

More information

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や 1 平 成 25 年 度 水 産 関 係 補 正 予 算 の 概 要 平 成 25 年 12 月 水 産 庁 総 額 556 億 円 1 漁 業 コストの 低 減 対 策 230 億 円 漁 業 コスト 構 造 改 革 緊 急 対 策 事 業 228 億 円 1 省 燃 油 活 動 推 進 事 業 80 億 円 燃 油 消 費 量 を 削 減 するために 漁 業 者 グループが 行 う 省 燃 油

More information

00 平成23年度業務実績報告書

00 平成23年度業務実績報告書 7.その 他 参 考 となり 得 る 情 報 (1) 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 支 援 の 取 組 み 東 日 本 大 震 災 に 関 連 し 機 構 は 以 下 に 示 すような 取 組 みを 通 して 復 旧 復 興 に 貢 献 している 1 鉄 道 建 設 業 務 関 連 1) 東 北 新 幹 線 復 旧 支 援 JR 東 日 本 に 対 して 東 北 新 幹 線 の 早

More information

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ 日 本 の 再 生 に 向 けて - 東 日 本 大 震 災 復 興 への 提 言 - 平 成 23 年 7 月 全 国 知 事 会 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 - 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖

More information

Taro-資料編2

Taro-資料編2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 るための 基 本 的 な 方 針 平 成 25 年 10 月 29 日 告 示 1055 号 平 成 七 年 一 月 の 阪 神 淡 路 大 震 災 では 地 震 により 六 千 四 百 三 十 四 人 の 尊 い 命 が 奪 われ た このうち 地 震 による 直 接 的 な 死 者 数 は 五 千 五 百 二 人 であり

More information

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業 第 4 部 災 害 種 別 対 策 計 画 第 1 章 海 上 災 害 対 策 第 1 節 周 辺 海 域 の 状 況 及 び 海 上 災 害 の 態 様 1 本 市 周 辺 海 域 の 状 況 本 市 の 海 岸 及 び 周 辺 海 域 は 本 市 港 湾 区 域 を 含 む 東 京 湾 側 と 5 つの 漁 港 区 域 を 含 む 相 模 湾 側 に 分 かれる 東 京 湾 側 は その 正 面

More information

コンテナクレーンの整備について

コンテナクレーンの整備について 釜 石 港 の 沿 革 について 出 典 釜 石 市 誌 ( 通 史 ): 昭 和 52 年 3 月 10 日 発 行 ) 昭 和 52 年 に 発 行 された 釜 石 市 誌 ( 通 史 ) の 中 には 釜 石 を 築 いてきた 先 人 達 の 未 来 予 想 図 とも 受 け 取 れる 以 下 のような 興 味 深 い 記 述 があります いま 釜 石 は 鉄 と 魚 の 二 大 柱 を 市

More information

x x な 別 添 6 規 制 の 特 例 措 置 等 の 提 案 書 提 案 団 体 名 : 長 崎 県 長 崎 市 佐 世 保 市 西 海 市 政 策 課 題 解 決 策 との 関 係 区 分 ( 1) 現 行 の 規 制 制 度 の 所 管 関 係 官 庁 ( 該 当 に を 記 載 ) 提

More information

第1編

第1編 平 成 27 年 6 月 9 日 糸 島 市 防 災 会 議 資 料 -4 糸 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 第 3 章 風 水 害 応 急 対 策 計 画 ) 修 正 ( 新 旧 対 照 表 ) 抜 粋 記 述 の 凡 例 下 線 : 災 害 対 策 基 本 法 改 正 防 災 基 本 計 画 改 正 による 福 岡 県 地 域 防 災 計 画 の 見 直 しに 基 づく 修 正 部 分 二

More information

別 図 法 令 別 送 致 件 数 の 推 移 ( 平 成 21 年 ~ 平 成 25 年 ) 82 889 9 7356 7448 721 8 7 6 417 396 5 3349 3152 2975 4 3 2 1 19 16 H21 H22 225 2248 2264 2657 2459 94

別 図 法 令 別 送 致 件 数 の 推 移 ( 平 成 21 年 ~ 平 成 25 年 ) 82 889 9 7356 7448 721 8 7 6 417 396 5 3349 3152 2975 4 3 2 1 19 16 H21 H22 225 2248 2264 2657 2459 94 平 成 26 年 2 月 19 日 海 上 保 安 庁 平 成 25 年 の 海 上 犯 罪 取 締 りの 状 況 平 成 25 年 の 海 上 犯 罪 の 送 致 件 数 は, 対 前 年 比 247 件 (3.3%) 減 の 7,21 件 でした 各 種 法 令 別 の 送 致 件 数 については 前 年 と 比 べ 大 きな 状 況 変 化 はありませんが 近 年 増 加 傾 向 にある 漁

More information

第 5 編 大 規 模 事 故 対 策 編 第 1 章 計 画 の 前 提 5-1 5-2 第 1 節 計 画 の 目 的 本 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 大 網 白 里 市 防 災 会 議 ( 以 下 防 災 会 議 という )が 策 定 する 計 画 であり 大 網 白 里 市 の 地 域 に

More information

Microsoft Word - 05-01.doc

Microsoft Word - 05-01.doc 第 8 節 港 湾 施 設 の 復 旧 1 港 湾 施 設 の 復 旧 事 例 柏 崎 港 港 湾 災 害 復 旧 事 業 - 港 湾 施 設 の 被 災 状 況 と 復 旧 工 事 - 新 潟 港 湾 事 務 所 庭 山 真 一 山 﨑 慎 矢 栗 原 健 太 ( 平 成 19 年 10 月 1 日 から 平 成 20 年 11 月 30 日 まで 交 代 で 応 援 派 遣 ) 庭 山 山 﨑

More information

下 北 八 戸 沿 岸 海 岸 保 全 基 本 計 画 平 成 26 年 3 月 青 森 県 青 い 海 はみんなの 宝 下 北 八 戸 沿 岸 の 基 本 理 念 本 州 最 北 の 幾 多 の 自 然 美 と 風 土 を 守 り 水 産 都 市 の 発 展 を 支 えてきた 山 海 の 豊 かな 恵 みを 後 世 へ 受 け 継 ぎ 海 と 共 に 活 きる 下 北 八 戸 沿 岸 の 海 岸

More information

徳 島 小 松 島 港 の 機 能 継 続 のための 活 動 指 針 平 成 26 年 3 月 国 土 交 通 省 四 国 地 方 整 備 局 徳 島 県 目 次 徳 島 小 松 島 港 の 機 能 継 続 のための 活 動 指 針 1. 被 災 想 定 1 2. 参 集 体 制 設 置 7 3. 被 災 施 設 応 急 復 旧 活 動 13 4. 救 援 物 資 輸 送 活 動 43 5. 人

More information

Microsoft PowerPoint - 要旨.pptx

Microsoft PowerPoint - 要旨.pptx 東 日 本 大 震 災 の 被 災 状 況 と 復 興 への 課 題 ~ 分 野 別 エリア 別 分 析 ~ 目 次 サマリー P. 2 1. 総 括 P. 9 2. 生 活 社 会 インフラ P.11 3. 住 宅 P.19 4. 医 療 福 祉 P. 27 5. 製 造 業 P.35 6. 非 製 造 業 P.43 7. 農 林 水 産 業 P.51 補 論 被 害 額 の 推 定 プロセスの

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6> 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 について 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 都 市 計 画 課 都 市 計 画 法 改 正 のポイント 2 拡 散 型 から 集 約 型 へ 都 市 に 必 要 な 施 設 を 街 なか に 誘 導 拡 散 型 の 都 市 では 暮 らしにくく 非 効 率 自 動 車 に 過 度 に 依 存 交 通 エネルギー 消 費 量 が 多 い 既 存 ストックが

More information

参 考 改 正 災 害 対 策 基 本 法 1 ( 災 害 時 における 車 両 の 移 動 等 ) 第 七 十 六 条 の 六 道 路 管 理 者 は その 管 理 する 道 路 の 存 する 都 道 府 県 又 はこれに 隣 接 し 若 しくは 近 接 する 都 道 府 県 の 地 域 に 係

参 考 改 正 災 害 対 策 基 本 法 1 ( 災 害 時 における 車 両 の 移 動 等 ) 第 七 十 六 条 の 六 道 路 管 理 者 は その 管 理 する 道 路 の 存 する 都 道 府 県 又 はこれに 隣 接 し 若 しくは 近 接 する 都 道 府 県 の 地 域 に 係 22 災 害 時 の 臨 港 道 路 における 放 置 車 両 対 策 の 充 実 強 化 東 京 都 現 在 提 案 実 現 後 災 害 時 における 放 置 車 両 の 移 動 権 限 の 付 与 等 大 規 模 災 害 発 生 時 の 放 置 車 両 対 策 ( 平 成 26 年 11 月 災 害 対 策 基 本 法 改 正 ) 管 理 者 管 理 対 象 放 置 車 両 の 移 動 権 限

More information

靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 捗 靱 靱 靱 靱 靱 捗 靱 靱 捗 捗 捗 靱 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 樋 樋 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 迂 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 靱 捗 捗 捗 捗 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 基 本 目 標 事 前 に 備 えるべき 目 標 プログラムにより 回 避 すべき 起 きてはならな

More information

< 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第

< 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第 島 根 県 県 有 施 設 長 寿 命 化 指 針 平 成 27 年 3 月 島 根 県 < 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第 3 長 寿

More information

Microsoft Word - 第1章 県有建築物等の設計業務等積算基準

Microsoft Word - 第1章 県有建築物等の設計業務等積算基準 建 築 設 計 業 務 等 積 算 基 準 平 成 28 年 4 月 1 日 沖 縄 県 土 木 建 築 部 目 次 第 1 章 県 有 建 築 物 等 の 設 計 業 務 等 積 算 基 準 1 第 2 章 県 有 建 築 物 等 の 設 計 業 務 等 積 算 要 領 3 第 1 節 総 則 3 第 2 節 業 務 人 時 間 数 の 算 定 方 法 5 第 3 節 対 象 外 業 務 率 の

More information

Microsoft Word - 271201答申最終

Microsoft Word - 271201答申最終 なお 立 体 交 差 工 事 の 実 施 にあたっては 交 通 を 確 保 しながらの 施 工 となるため 十 分 安 全 に 配 慮 するとともに 路 線 の 重 要 性 に 鑑 み 早 期 完 成 に 努 められたい また 盛 土 区 間 の 法 面 緑 化 など 緑 の 確 保 にも 配 慮 されたい 海 岸 港 湾 事 業 (2) 福 良 港 海 岸 福 良 地 区 ( 南 あわじ 市 )

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63> 海 洋 汚 染 の 準 備 対 応 に 関 する 国 家 防 除 基 本 計 画 目 次 Ⅰ. 総 則 1. 計 画 の 目 的...1 2. 適 用 の 範 囲...1 3.その 他 の 計 画 と 関 係...1 Ⅱ. 油 汚 染 の 防 除 体 制 1. 防 除 体 制 等...2 2. 防 除 対 策 本 部...2 3. 海 洋 汚 染 防 除 対 策 委 員 会...5 4. 地 域 海

More information

れた 工 作 物 (イ 及 びウに 規 定 するものを 除 く )に 張 り 付 けられた 保 温 材 耐 火 被 覆 材 等 が 損 傷 等 により 石 綿 等 の 粉 じんを 発 散 させ 及 び 労 働 者 がその 粉 じんに ばく 露 するおそれがあるときは 当 該 保 温 材 耐 火 被

れた 工 作 物 (イ 及 びウに 規 定 するものを 除 く )に 張 り 付 けられた 保 温 材 耐 火 被 覆 材 等 が 損 傷 等 により 石 綿 等 の 粉 じんを 発 散 させ 及 び 労 働 者 がその 粉 じんに ばく 露 するおそれがあるときは 当 該 保 温 材 耐 火 被 別 添 基 発 0423 第 8 号 平 成 26 年 4 月 23 日 別 記 関 係 団 体 の 長 あて 厚 生 労 働 省 労 働 基 準 局 長 石 綿 障 害 予 防 規 則 の 改 正 及 び 労 働 者 の 石 綿 ばく 露 防 止 に 関 する 技 術 上 の 指 針 の 制 定 について 日 ごろから 労 働 基 準 行 政 の 推 進 に 格 段 の 御 理 解 御 協 力 を

More information

<94ED8A518B4C985E8F5781698CB48D65816A2E786477>

<94ED8A518B4C985E8F5781698CB48D65816A2E786477> 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 銚 子 市 被 害 記 録 集 銚 子 市 平 成 24 年 3 月 刊 行 にあたって このたびの 東 日 本 大 震 災 により 被 災 された 皆 様 にこころからお 見 舞 い 申 し 上 げます また 復 旧 復 興 に 尽 力 されている 方 々に 敬 意 を 表 します 東 日 本 大 震 災 は 我 が 国 において 戦 後

More information

(3) 災 害 廃 棄 物 の 処 理 について 階 上 地 区 小 泉 地 区 二 次 仮 置 き 場 について, 県 による 業 務 受 託 者 が 決 定 平 成 26 年 3 月 完 了 を 目 途 に 処 理 を 実 施 (4) 放 射 能 対 策 について 大 気 中 の 放 射 線 量

(3) 災 害 廃 棄 物 の 処 理 について 階 上 地 区 小 泉 地 区 二 次 仮 置 き 場 について, 県 による 業 務 受 託 者 が 決 定 平 成 26 年 3 月 完 了 を 目 途 に 処 理 を 実 施 (4) 放 射 能 対 策 について 大 気 中 の 放 射 線 量 ( 案 ) 第 2 回 気 仙 沼 市 震 災 復 興 推 進 会 議 説 明 資 料 復 旧 復 興 事 業 の 進 捗 状 況 について (1) 市 土 基 盤 の 整 備 と 住 まいの 再 建 について 1 災 害 危 険 区 域 の 指 定 2 防 災 集 団 移 転 の 状 況 3 災 害 公 営 住 宅 の 状 況 4 土 地 区 画 整 理 事 業 の 状 況 市 議 会 6 月 定

More information

2011年8月29日

2011年8月29日 各 県 別 海 事 産 業 の 経 済 学 青 森 県 掲 載 誌 掲 載 年 月 : 日 本 海 事 新 聞 1401 日 本 海 事 センター 企 画 研 究 部 情 報 課 長 奈 良 孝 1. 県 勢 青 森 県 は 日 本 の 本 州 最 北 端 に 位 置 し 北 は 津 軽 海 峡 を 隔 てて 北 海 道 に 相 対 し 東 は 太 平 洋 西 は 日 本 海 に 面 し 南 は 岩

More information

南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 章 総 則 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 章 総 則 実 施 担 当 全 部 班. 推 進 計 画 の 目 的 この 計 画 は 南 海 トラフ 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 の 推 進 に 関 する 特 別 措 置 法 ( 平 成 年 法 律 9 号 以 下 南 海 トラフ 法 という ) 条 項 の

More information

資  料

資  料 資 料 7 固 定 資 産 税 課 関 係 説 明 資 料 平 成 27 年 1 月 23 日 目 次 負 担 調 整 措 置 等 1 特 例 関 係 11 償 却 資 産 課 税 16 その 他 制 度 関 係 22 固 定 資 産 評 価 関 係 29 負 担 調 整 措 置 等 1 商 業 地 の 地 価 公 示 価 格 の 動 向 ( 平 成 9 年 度 ~ 平 成 26 年 度 ) 全

More information

1. 中 小 企 業 者 の 経 営 安 定 化 対 策 について (1) 消 費 税 転 嫁 対 策 相 談 窓 口 の 設 置 について 消 費 税 は 製 造 卸 小 売 などの 各 取 引 の 段 階 で 課 税 され 価 格 に 転 嫁 され て 最 終 的 には 消 費 者 が 負 担

1. 中 小 企 業 者 の 経 営 安 定 化 対 策 について (1) 消 費 税 転 嫁 対 策 相 談 窓 口 の 設 置 について 消 費 税 は 製 造 卸 小 売 などの 各 取 引 の 段 階 で 課 税 され 価 格 に 転 嫁 され て 最 終 的 には 消 費 者 が 負 担 平 成 26 年 度 防 府 市 商 工 業 振 興 施 策 に 関 す る 要 望 1. 中 小 企 業 者 の 経 営 安 定 化 対 策 について (1) 消 費 税 転 嫁 対 策 相 談 窓 口 の 設 置 に ついて (2) 消 費 税 増 税 に 伴 う 効 果 的 な 経 済 対 策 事 業 について 1 住 宅 リフォーム 助 成 事 業 の 継 続 実 施 に ついて 2 中 心

More information

関連データ及び参考資料(1)

関連データ及び参考資料(1) 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 71 72 目 次 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 1. 学 校 を 取 り 巻 く 状 況 公 共 施 設 における 学 校 施 設 の 割 合... 74 学 校 数 幼 児 児 童 生 徒 数 の 推 移... 74 小 中 学 校 数 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 一 校 当 たりの 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 公

More information

【行革委】資料5 アセットマネジメント

【行革委】資料5 アセットマネジメント アセットマネジメントの 推 進 について 資 料 公 共 土 木 施 設 本 県 における 主 な 社 会 インフラ 高 度 経 済 成 長 期 に 集 中 的 に 整 備 された 橋 梁 やトンネル 河 川 砂 防 港 湾 施 設 など 社 会 インフラの 老 朽 化 が 進 行 橋 梁 トンネルの 老 朽 化 の 現 状 県 管 理 の 橋 梁,39 橋 のうち 建 設 後 年 を 経 過 したものが

More information

<4D F736F F D A6D92E894C5817A96688DD08BC696B18C7689E62E646F63>

<4D F736F F D A6D92E894C5817A96688DD08BC696B18C7689E62E646F63> 防 災 業 務 計 画 平 成 27 年 4 月 西 部 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 章 総 則 1 第 1 節 防 災 業 務 計 画 の 目 的 第 2 節 防 災 業 務 計 画 の 基 本 構 想 第 3 節 防 災 業 務 計 画 の 運 用 第 2 章 防 災 体 制 の 確 立 2 第 1 節 防 災 体 制 第 2 節 対 策 組 織 の 運 営 第 3 節 災 害 対

More information

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 資 料 3 復 興 関 係 について 平 成 28 年 4 月 4 日 0 - 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 平 成 23 年

More information

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録 徹 底 マスター 社 労 士 過 去 問 10 年 分 2015 年 版 追 録 サービス 改 正 情 報 のまとめ 2015/06/15 労 働 基 準 法 ( 第 1 章 )に 関 する 改 正 契 約 期 間 等 の 例 外 に 係 る 厚 生 労 働 省 告 示 の 改 正 ( 平 成 27 年 3 月 18 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 68 号 ) 有 期 労 働 契 約 の 契

More information

伊 24 1980 昭 和 55 知 多 LPG 基 地 LPG 輸 送 知 多 LPG 基 地 への 液 化 天 然 ガス 輸 送 に 関 する 調 査 研 究 東 邦 ガス 伊 25 1980 昭 和 55 知 多 LPG 基 地 LPG 輸 送 知 多 LPG 基 地 への 液 化 天 然 ガ

伊 24 1980 昭 和 55 知 多 LPG 基 地 LPG 輸 送 知 多 LPG 基 地 への 液 化 天 然 ガス 輸 送 に 関 する 調 査 研 究 東 邦 ガス 伊 25 1980 昭 和 55 知 多 LPG 基 地 LPG 輸 送 知 多 LPG 基 地 への 液 化 天 然 ガ 伊 勢 湾 海 難 防 止 協 会 受 託 事 業 伊 勢 湾 海 難 防 止 協 会 受 託 事 業 参 考 資 料 資 料 番 号 刊 行 年 度 主 地 域 名 港 区 地 区 岸 壁 埠 頭 等 調 査 概 要 調 査 概 要 資 料 名 ( 名 ) 委 託 者 委 員 長 伊 1 1975 昭 和 50 伊 勢 湾 LNG 輸 送 伊 勢 湾 液 化 天 然 ガス 輸 送 問 題 に 関

More information

近 年 発 生 状 況 我 国 国 であり 近 年 日 本 全 国 お 発 生 ( 気 象 庁 ホームページり) ( 平 成 8 年 ~ 平 成 17 年 ) ( 平 成 18 年 ~ 平 成 25 年 4 月 ) 将 来 予 測 将 来 予 測 お 日 本 全 国 で き 発 生 可 能 性 あ

近 年 発 生 状 況 我 国 国 であり 近 年 日 本 全 国 お 発 生 ( 気 象 庁 ホームページり) ( 平 成 8 年 ~ 平 成 17 年 ) ( 平 成 18 年 ~ 平 成 25 年 4 月 ) 将 来 予 測 将 来 予 測 お 日 本 全 国 で き 発 生 可 能 性 あ 1. 促 進 正 概 要 1 近 年 発 生 状 況 我 国 国 であり 近 年 日 本 全 国 お 発 生 ( 気 象 庁 ホームページり) ( 平 成 8 年 ~ 平 成 17 年 ) ( 平 成 18 年 ~ 平 成 25 年 4 月 ) 将 来 予 測 将 来 予 測 お 日 本 全 国 で き 発 生 可 能 性 あ 主 海 溝 型 評 価 結 果 主 要 活 層 評 価 結 果 文 部

More information

現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必 要 な 電 気 ガス 燃 料 を 供 給 東 日 本 大 震 災

現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必 要 な 電 気 ガス 燃 料 を 供 給 東 日 本 大 震 災 資 料 5 平 成 28 年 熊 本 地 震 における 緊 急 石 油 供 給 について 平 成 28 年 5 月 17 日 資 源 エネルギー 庁 資 源 燃 料 部 現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 に 関 する 要 望 項 目 制 度 改 正 の 要 望 第 1 酒 税 の 減 税 要 望 等 について 1ページ 1 今 日 の 酒 類 業 界 の 厳 しい 現 状 を 勘 案 し 酒 税 の 大 幅 な 減 税 をしてもらいたい 2 酒 類 は 酒

平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 に 関 する 要 望 項 目 制 度 改 正 の 要 望 第 1 酒 税 の 減 税 要 望 等 について 1ページ 1 今 日 の 酒 類 業 界 の 厳 しい 現 状 を 勘 案 し 酒 税 の 大 幅 な 減 税 をしてもらいたい 2 酒 類 は 酒 平 成 27 年 8 月 平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 に 関 する 要 望 書 酒 類 業 中 央 団 体 連 絡 協 議 会 幹 事 日 本 洋 酒 酒 造 組 合 日 本 酒 造 組 合 中 央 会 日 本 蒸 留 酒 酒 造 組 合 ビ ー ル 酒 造 組 合 全 国 卸 売 酒 販 組 合 中 央 会 全 国 小 売 酒 販 組 合 中 央 会 日 本 ワ イ ナ リ ー 協

More information

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 ( 概 要 ) Ⅰ 策 定 の 趣 旨 今 後 の 我 が 国 の 防 衛 の 在 り 方 について 国 家 安 全 保 障 戦 略 (NSS) を 踏 まえ 新 たな 指 針 を 示 す Ⅱ 我 が 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 グローバルな 安 全 保 障 環 境 国 家 間 の 相 互 依 存 関 係 が

More information

建 築 設 備 設 計 監 理 業 務 委 託 料 算 定 基 準 1. 目 的 この 基 準 は 福 島 県 土 木 部 が 所 掌 する 建 築 物 及 びその 附 帯 施 設 ( 以 下 県 有 建 築 物 とい う )に 係 る 設 計 等 の 業 務 ( 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 19 年 4 月 昭 島 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想 定

More information

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc 第 1 章 総 則 広 尾 町 地 域 防 災 計 画 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 及 び 広 尾 町 防 災 会 議 条 例 ( 昭 和 38 年 条 例 第 5 号 ) 第 2 条 第 1 項 第 1 号 の 規 定 に 基 づき 広 尾 町 防 災 会 議 が 作 成

More information

資料3-地域防災計画【基本対策】.doc

資料3-地域防災計画【基本対策】.doc 資 料 3 基 本 対 策 ( 修 正 案 ) 平 成 26 年 修 正 大 阪 府 防 災 会 議 平 成 26 年 月 日 施 行 但 し 第 183 回 国 会 提 出 災 害 対 策 基 本 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 に 係 る 修 正 部 分 については 同 法 附 則 第 1 条 に 定 める 施 行 の 日 から 施 行 する 総 則 目 次 第 1 節 目 的 等

More information

無 料 化 など あらゆる 政 策 を 見 直 し 選 択 と 集 中 による 大 幅 な 予 算 の 組 み 替 えを 行 うべきである 不 足 する 財 源 は 大 震 災 で 大 きな 影 響 を 受 けているわが 国 経 済 の 動 向 に 十 分 留 意 しつつ 税 制 措 置 により 安

無 料 化 など あらゆる 政 策 を 見 直 し 選 択 と 集 中 による 大 幅 な 予 算 の 組 み 替 えを 行 うべきである 不 足 する 財 源 は 大 震 災 で 大 きな 影 響 を 受 けているわが 国 経 済 の 動 向 に 十 分 留 意 しつつ 税 制 措 置 により 安 東 日 本 大 震 災 の 復 旧 復 興 に 関 する 要 望 平 成 23 年 3 月 31 日 日 本 商 工 会 議 所 去 る3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 は 巨 大 な 津 波 を 伴 い 沿 海 部 を 壊 滅 的 に 破 壊 するとともに 東 北 から 関 東 にわたる 広 い 範 囲 に 甚 大 な 被 害 をもたらした 地 震 津 波 原 発 事 故

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 広 域 巨 大 災 害 に 備 えた 仮 設 期 の 住 まいづくりガイドライン ~ 概 要 版 ~ 平 成 25 年 2 月 国 土 交 通 省 中 部 地 方 整 備 局 建 政 部 住 宅 整 備 課 ガイドラインの 背 景 問 題 意 識 等 背 景 問 題 意 識 東 日 本 大 震 災 の 教 訓 (P21) 迅 速 な 対 応 と 同 時 に 長 期 化 に 備 えたきめ 細 かい 配

More information

REP02_01.exe

REP02_01.exe 第 1 編 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的 及 び 構 成 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 姶 良 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であって 市 防 災 関 係 機 関 住 民 等 がその 全 機 能 を 発 揮 し 相 互 に 有 機 的 な

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208370836C838A835883678DB289EA8CA781458D5D938789DB92B7707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208370836C838A835883678DB289EA8CA781458D5D938789DB92B7707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 佐 賀 県 の 災 害 廃 棄 物 対 策 平 成 27 年 11 月 6 日 循 環 型 社 会 推 進 課 県 内 の 有 感 地 震 ( 震 度 1 以 上 ) 回 数 佐 賀 地 方 気 象 台 資 料 提 供 ( 単 位 : 回 ) 震 度 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 1 3 85 5 3 3 7 1 6 5 4 2

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 法 人 住 民 税 の 拡 充 強 化 等 1 2 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 現 行 制 度 の 堅 持 2 3 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 3 4 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 5 5 地

More information

大阪港臨港地区における構築物の規制について

大阪港臨港地区における構築物の規制について 大 阪 臨 地 の 分 における 構 築 物 の 規 制 に 関 する 条 例 制 定 昭 40. 4. 1 条 例 32 改 正 昭 54.12.27 条 例 37 改 正 昭 62. 2.20 条 例 3 改 正 平 13. 3. 5 条 例 20 改 正 平 28. 5. 26 条 例 82 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 条 例 は 湾 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 218 号 以

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 10 月 大 分 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 想 定 する 事 態 2 第 2 編 平

More information

平成18年度

平成18年度 平 成 23 年 度 予 算 決 定 概 要 平 成 22 年 12 月 国 土 交 通 省 目 次 第 1 平 成 23 年 度 予 算 のポイント 1 第 2 平 成 23 年 度 予 算 の 概 要 4 1. 予 算 の 重 点 化 4 2. 事 業 仕 分 け 結 果 の 反 映 20 3. 地 域 主 権 の 確 立 に 向 けた 取 組 21 4. 特 例 業 務 勘 定 の 利 益 剰

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 21 年 5 月 苫 小 牧 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想

More information

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 27(2015) 年 4 月 立 川 市 はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施

More information

H27施行通知

H27施行通知 総 税 企 第 3 9 号 平 成 27 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 議 会 議 長 各 指 定 都 市 市 長 殿 各 指 定 都 市 議 会 議 長 総 務 大 臣 地 方 税 法 同 法 施 行 令 同 法 施 行 規 則 の 改 正 等 について 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 2 号 ) 地

More information

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 要 望 事 項 の 内 容 及 び 説 明 - 15 - 1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 還 等 の 促 進 > ア 基 地 の 整

More information

( 別 紙 1) 国 土 の 強 靭 性 (レジリエンス)を 確 保 するうえで 目 標 1 大 規 模 災 害 が 発 生 したときでもすべての 人 命 を 守 る Ⅰ. 人 命 を 守 る 大 規 模 災 害 発 生 直 後 から 救 助 救 急 医 療 活 動 等 が 2 迅 速 に 行 われる(それがなされない 場 合 の 必 要 な 対 応 を 含 む) Ⅱ. 行 政 経 済 社 会 を

More information

ページ設定

ページ設定 ( 資 料 1-2-4 ) 第 1 回 天 然 ガス 燃 料 船 の 普 及 促 進 に 向 けた 総 合 対 策 検 討 委 員 会 燃 料 供 給 の 方 法 と 検 討 条 件 1 検 討 の 概 要 天 然 ガス 燃 料 船 に 対 する 燃 料 (LNG)の 供 給 については 世 界 的 にインフラの 整 備 が 遅 れてお り 安 全 を 確 保 可 能 な 運 用 基 準 も 確 立

More information

(新)瀬戸内海環境保全特別措置法(一部改正後).xlsx

(新)瀬戸内海環境保全特別措置法(一部改正後).xlsx 瀬 戸 内 海 環 境 保 全 特 別 措 置 法 ( 昭 和 四 十 八 年 十 月 二 日 法 律 第 百 十 号 ) 第 章 総 則 ( 第 条 - 第 二 条 の 二 ) 第 二 章 瀬 戸 内 海 の 環 境 の 保 全 に 関 する 計 画 ( 第 三 条 - 第 四 条 の 二 ) 第 三 章 瀬 戸 内 海 の 環 境 の 保 全 に 関 する 特 別 の 措 置 第 節 特 定 施

More information

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 (1012) 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 4 月 京 葉 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第

More information

第29回税制調査会 総29-2

第29回税制調査会 総29-2 平 28. 1.28 総 29-2 説 明 資 料 平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 について( 地 方 税 ) 平 成 28 年 1 月 28 日 ( 木 ) 法 人 税 改 革 1 2 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 引 下 げと 外 形 標 準 課 税 の 拡 大 ( 案 ) 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 を 引 き 下 げ 外 形 標 準 課 税 を5/8に

More information

資 料 -6 平 成 20 年 度 第 2 回 北 陸 地 方 整 備 局 事 業 評 価 監 視 委 員 会 特 定 構 造 物 改 築 事 業 事 後 評 価 説 明 資 料 平 成 20 年 11 月 北 陸 地 方 整 備 局 -0-

資 料 -6 平 成 20 年 度 第 2 回 北 陸 地 方 整 備 局 事 業 評 価 監 視 委 員 会 特 定 構 造 物 改 築 事 業 事 後 評 価 説 明 資 料 平 成 20 年 11 月 北 陸 地 方 整 備 局 -0- 平 成 20 年 度 事 後 評 価 対 象 事 業 の 概 要 事 業 名 特 定 構 造 物 改 築 事 業 ( ) 事 業 区 分 河 川 事 業 事 業 箇 所 新 潟 県 三 条 市 須 頃 地 先 事 業 採 択 平 成 9 年 度 都 市 計 画 決 定 - 用 地 着 手 - 工 事 着 手 平 成 9 年 度 完 成 に 至 る 経 緯 平 成 9 年 度 特 定 構 造 物 改

More information

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温 平 成 24 平 年 成 度 23 年 環 度 境 環 省 境 税 省 制 税 改 制 正 改 要 正 望 要 の 望 結 の 果 概 について 要 平 成 23 年 12 月 1 地 球 温 暖 化 対 策 ( 低 炭 素 化 促 進 )のための 税 制 全 体 のグリーン 化 (1) 地 球 温 暖 化 対 策 のための 税 の 導 入 平 成 24 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成

More information

集 Business Labor Trend 09 短 緩 断 熱 板 ガ 味 仮 優 戸 着 遅 公 共 優 初 案 件 算 執 留 巻 環 厳 述 接 飲 総 仕 昇 営 占 悪 懸 念 来 春 〇 卒 幅 未 答 慎 激 む 従 凍 結 派 遣 休 激 ホ 休 館 閉 鎖 喚 努 考 修 誘

集 Business Labor Trend 09 短 緩 断 熱 板 ガ 味 仮 優 戸 着 遅 公 共 優 初 案 件 算 執 留 巻 環 厳 述 接 飲 総 仕 昇 営 占 悪 懸 念 来 春 〇 卒 幅 未 答 慎 激 む 従 凍 結 派 遣 休 激 ホ 休 館 閉 鎖 喚 努 考 修 誘 集 Business Labor Trend 09 未 曽 範 囲 接 幸 平 洋 沿 岸 滞 網 混 乱 首 都 圏 接 平 洋 沿 岸 漁 寄 区 養 殖 稚 貝 滅 漁 船 沈 没 湾 破 損 漁 区 深 刻 ダ 網 混 乱 慮 粛 欲 退 風 評 幅 ナ 別 詳 細 控 懸 念 相 館 盟 べ 延 べ 万 千 歳 空 近 依 存 幅 飲 土 幅 振 末 損 失 額 〇 〇 億 円 粛 ~ 額

More information

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈 平 成 26 年 度 神 奈 川 県 政 に 関 する 要 望 書 平 成 25 年 9 月 横 浜 商 工 会 議 所 神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26

More information

新 旧 風 水 害 対 策 編 第 1 章 第 2 節 防 災 の 基 本 理 念 及 び 背 策 の 概 要 第 2 節 防 災 の 基 本 理 念 及 び 施 策 の 概 要 第 2 節 防 災 の 基 本 理 念 及 び 施 策 の 概 要 本 県 は 多 くの 活 断 層 急 峻 な 地 形

新 旧 風 水 害 対 策 編 第 1 章 第 2 節 防 災 の 基 本 理 念 及 び 背 策 の 概 要 第 2 節 防 災 の 基 本 理 念 及 び 施 策 の 概 要 第 2 節 防 災 の 基 本 理 念 及 び 施 策 の 概 要 本 県 は 多 くの 活 断 層 急 峻 な 地 形 新 旧 風 水 害 対 策 編 第 1 章 第 1 節 計 画 作 成 の 趣 旨 第 1 節 計 画 作 成 の 趣 旨 第 1 節 計 画 作 成 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 県 民 生 活 に 甚 大 な 被 害 を 及 ぼすおそれのある 大 規 模 な 風 水 害 に 備 え 対 処 するため 平 成 7 年 の 梅 雨 前 線 豪 雨 災 害 や 平 成 18 年

More information

西 日 本 新 聞 ( 平 成 24 年 7 月 16 日 ) ( 広 報 やながわ 8 月 号 より) ( 西 日 本 新 聞 7/16) ( 広 報 やながわ 8 月 号 より) ( 西 日 本 新 聞 7/16) 当 社 は 沖 端 川 決 壊 により 社 屋 70cm ~ 160 cm 浸

西 日 本 新 聞 ( 平 成 24 年 7 月 16 日 ) ( 広 報 やながわ 8 月 号 より) ( 西 日 本 新 聞 7/16) ( 広 報 やながわ 8 月 号 より) ( 西 日 本 新 聞 7/16) 当 社 は 沖 端 川 決 壊 により 社 屋 70cm ~ 160 cm 浸 西 日 本 新 聞 ( 平 成 24 年 7 月 14 日 夕 刊 ) ( 広 報 やながわ 8 月 号 より) ( 広 報 やながわ 8 月 号 より) 平 成 24 年 7 月 対 馬 海 峡 付 近 に 停 滞 した 梅 雨 前 線 は 11 日 から 14 日 にかけて 九 州 北 部 に 激 しい 雨 をもたらした 柳 川 市 では4 日 間 に 415mmの 降 水 量 を 記 録 特

More information

用 途 地 域 等 に 関 す る 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 4 月 昭 島 市 は じ め に 平 成 23 年 8 月 地 域 の 自 主 性 及 び 自 立 性 を 高 めるための 改 革 の 推 進 を 図 る ための 関 係 法 律 の 整 備 に 関 する 法 律 ( 分 権 一 括 法 ) の 公 布 に 伴 い 都 市 計 画 法 が 一 部 改 正

More information

<8C7689E68F91816982508FCD814182518FCD81605038816A2E786477>

<8C7689E68F91816982508FCD814182518FCD81605038816A2E786477> 佐 賀 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 19 年 3 月 佐 賀 県 県 土 づくり 本 部 建 築 住 宅 課 目 次 はじめに 1 第 1 章 計 画 の 概 要 1. 計 画 策 定 の 趣 旨 3 2. 計 画 策 定 の 位 置 づけ 3 3. 計 画 の 期 間 4 4. 計 画 の 基 本 構 成 4 第 2 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の

More information

2. 上 尾 市 における 公 共 施 設 マネジメントの 原 則 公 共 建 築 物 (ハコモノ)における 原 則 施 設 の 複 合 化 や 多 機 能 化 及 び 更 新 の 際 に 必 要 とされる 機 能 の 峻 別 と 補 完 により 総 量 を 縮 減 し 新 規 整 備 は 抑 制

2. 上 尾 市 における 公 共 施 設 マネジメントの 原 則 公 共 建 築 物 (ハコモノ)における 原 則 施 設 の 複 合 化 や 多 機 能 化 及 び 更 新 の 際 に 必 要 とされる 機 能 の 峻 別 と 補 完 により 総 量 を 縮 減 し 新 規 整 備 は 抑 制 第 3 章 公 共 施 設 マネジメントの 方 針 1. 現 状 や 課 題 に 関 する 基 本 認 識 上 尾 市 が 置 かれている 人 口 や 財 政 などの 現 状 を 踏 まえると 公 共 施 設 等 をこれまでと 同 じ 規 模 や 手 法 で 整 備 維 持 管 理 していくことは 現 実 的 ではありません 公 共 建 築 物 の 更 新 費 用 予 測 から 建 替 えや 大 規

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698DB791D6816A95CA935982508179835A8362836794C5817A8EF1937392BC89BA926E906B8BD98B7D91CE8DF4908490698AEE967B8C7689E62E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698DB791D6816A95CA935982508179835A8362836794C5817A8EF1937392BC89BA926E906B8BD98B7D91CE8DF4908490698AEE967B8C7689E62E646F6378> 首 都 直 下 地 震 緊 急 対 策 推 進 基 本 計 画 平 成 27 年 3 月 31 日 閣 議 決 定 目 次 はじめに... 1 1 緊 急 対 策 区 域 における 緊 急 対 策 の 円 滑 かつ 迅 速 な 推 進 の 意 義 に 関 する 事 項. 2 (1) 首 都 直 下 地 震 対 策 の 対 象 とする 地 震... 2 (2) 緊 急 対 策 の 円 滑 かつ 迅

More information

表 2 技 術 基 準 対 象 施 設 区 分 具 体 的 な 施 設 水 域 施 設 航 路 泊 地 船 だまり 外 郭 施 設 こうもん 防 波 堤 防 砂 堤 防 潮 堤 導 流 堤 水 門 閘 門 護 岸 堤 防 きょうへき 突 堤 胸 壁 係 留 施 設 けいせんふひょう もの あげば ふ

表 2 技 術 基 準 対 象 施 設 区 分 具 体 的 な 施 設 水 域 施 設 航 路 泊 地 船 だまり 外 郭 施 設 こうもん 防 波 堤 防 砂 堤 防 潮 堤 導 流 堤 水 門 閘 門 護 岸 堤 防 きょうへき 突 堤 胸 壁 係 留 施 設 けいせんふひょう もの あげば ふ 第 3 行 政 評 価 監 視 の 結 果 1 社 会 資 本 の 維 持 管 理 及 び 更 新 等 の 実 施 状 況 (1) 港 湾 施 設 ア 港 湾 施 設 の 現 状 (ア) 港 湾 施 設 の 種 類 設 置 数 等 現 状 港 湾 の 種 類 は 港 湾 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 218 号 ) 第 2 条 第 2 項 に 基 づき 国 際 戦 略 港 湾 国 際 拠 点

More information