平成26年試験問題AP-4.indd

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "平成26年試験問題AP-4.indd"

Transcription

1 a a 平 成 26 年 保 育 士 試 験 問 題 児 童 家 庭 福 祉 ( 選 択 式 20 問 ) 指 示 があるまで 開 かないこと 解 答 用 紙 記 入 上 の 注 意 事 項 1 解 答 用 紙 と 受 験 票 の 受 験 番 号 が 同 じであるか カナ 氏 名 科 目 名 を 確 認 し 誤 り がある 場 合 は 手 を 挙 げて 監 督 員 に 申 し 出 ること 2 漢 字 氏 名 を 必 ず 記 入 すること 3 解 答 用 紙 は 折 り 曲 げたりメモやチェック 等 の 書 き 込 みをしないこと 4 鉛 筆 またはシャープペンシル(HB~B)で 濃 くはっきりとマークすること 鉛 筆 シャープペンシル 以 外 での 記 入 は 0 点 になる 場 合 があります ( 良 い 例 ) ( 濃 くマークすること はみだしは 厳 禁 ) ( 悪 い 例 ) 5 各 問 に 対 し 2つ 以 上 マークした 場 合 は 不 正 解 とする 6 訂 正 する 場 合 は 消 しゴム であとが 残 らないように 消 すこと

2 問 1 次 の 文 は 子 どもの 権 利 に 関 する 記 述 である 誤 ったものを 一 つ 選 びなさい 1 国 際 連 盟 は 1924 年 に 児 童 の 権 利 に 関 するジュネーブ 宣 言 を 採 択 した 2 国 際 連 合 は 1959 年 に 児 童 の 権 利 に 関 する 宣 言 を 採 択 し その 20 年 後 を 国 際 児 童 年 とし さらにその 10 年 後 に 児 童 の 権 利 に 関 する 条 約 を 採 択 した 年 3 月 現 在 アメリカ 合 衆 国 は 児 童 の 権 利 に 関 する 条 約 を 批 准 していない 国 の 一 つである 4 国 際 連 合 は 第 二 次 世 界 大 戦 後 に 世 界 人 権 宣 言 を 採 択 し その 後 の 児 童 の 権 利 に 関 する 宣 言 の 採 択 などを 経 て 国 際 人 権 規 約 を 採 択 した 5 国 際 連 合 は 児 童 の 権 利 に 関 する 宣 言 を 採 択 する8 年 前 に 児 童 憲 章 を 採 択 した 問 2 次 の 文 は 児 童 の 権 利 擁 護 に 関 する 記 述 である 適 切 な 記 述 を 不 適 切 な 記 述 を とした 場 合 の 正 しい 組 み 合 わせを 一 つ 選 びなさい A 平 成 9 年 の 児 童 福 祉 法 改 正 では 第 26 条 の 措 置 については 児 童 相 談 所 が 都 道 府 県 知 事 へ 報 告 を 行 うにあたり その 報 告 書 には 措 置 についての 当 該 児 童 及 び 保 護 者 の 意 向 等 に 関 し 参 考 となる 事 項 を 記 載 することが 規 定 された B 児 童 虐 待 の 防 止 等 に 関 する 法 律 第 1 条 の 目 的 では 児 童 虐 待 の 防 止 等 に 関 する 施 策 を 促 進 し もって 児 童 の 権 利 利 益 の 擁 護 に 資 する と 謳 われている C 社 会 的 養 護 関 係 施 設 における 第 三 者 評 価 及 び 自 己 評 価 の 実 施 について ( 平 成 24 年 3 月 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 長 及 び 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 長 通 知 )による と 社 会 的 養 護 関 係 施 設 の 第 三 者 評 価 基 準 について 原 則 は 全 国 共 通 であるが 都 道 府 県 が 独 自 に 定 めることもできるとされている D 平 成 20 年 の 児 童 福 祉 法 改 正 に 伴 い 被 措 置 児 童 に 対 する 施 設 職 員 による 虐 待 等 の 禁 止 とともに そのような 事 態 が 発 生 した 場 合 の 対 応 方 法 も 定 められた A B C D

3 問 3 次 の 文 は 児 童 福 祉 に 関 連 する 法 律 についての 記 述 である ( A )~( D ) にあてはまる 語 句 を 語 群 から 選 択 した 場 合 の 正 しい 組 み 合 わせを 一 つ 選 びなさい ( A ) 法 この 法 律 は 父 母 その 他 の 保 護 者 が 子 育 てについての 第 一 義 的 責 任 を 有 するという 基 本 的 認 識 の 下 に 児 童 を 養 育 している 者 に( A )を 支 給 することによ り 家 庭 等 における 生 活 の 安 定 に 寄 与 するとともに 次 代 の 社 会 を 担 う 児 童 の 健 やかな 成 長 に 資 することを 目 的 とする ( B ) 第 1 条 において すべて 国 民 は 児 童 が 心 身 ともに 健 やかに 生 まれ 且 つ 育 成 されるよう 努 めなければならない と 児 童 福 祉 の 理 念 が 述 べられている ( C ) この 法 律 は 母 子 家 庭 等 及 び 寡 婦 の 福 祉 に 関 する 原 理 を 明 らかにするとと もに 母 子 家 庭 等 及 び 寡 婦 に 対 し その 生 活 の 安 定 と 向 上 のために 必 要 な 措 置 を 講 じ もって 母 子 家 庭 等 及 び 寡 婦 の 福 祉 を 図 ることを 目 的 とする ( D ) 等 の 支 給 に 関 する 法 律 この 法 律 は 精 神 又 は 身 体 に 障 害 を 有 する 児 童 に ついて( D )を 支 給 し 精 神 又 は 身 体 に 重 度 の 障 害 を 有 する 児 童 に 障 害 児 福 祉 手 当 を 支 給 するとともに 精 神 又 は 身 体 に 著 しく 重 度 の 障 害 を 有 する 者 に 特 別 障 害 者 手 当 を 支 給 することにより これらの 者 の 福 祉 の 増 進 を 図 ることを 目 的 とする 語 群 ア 児 童 扶 養 手 当 イ 少 子 化 社 会 対 策 基 本 法 ウ 児 童 手 当 エ 母 子 及 び 寡 婦 福 祉 法 オ 母 子 保 健 法 カ 児 童 福 祉 法 キ 特 別 児 童 扶 養 手 当 A B C D 1 ア イ エ キ 2 ア カ エ ウ 3 ウ イ オ キ 4 ウ カ エ キ 5 キ カ オ ア - 2 -

4 問 4 次 の Ⅰ 群 の 施 設 名 と Ⅱ 群 の 説 明 を 結 びつけた 場 合 の 正 しい 組 み 合 わせを 一 つ 選 びなさい Ⅰ 群 A 福 祉 型 障 害 児 入 所 施 設 B 福 祉 型 児 童 発 達 支 援 センター C 児 童 自 立 支 援 施 設 D 情 緒 障 害 児 短 期 治 療 施 設 E 母 子 生 活 支 援 施 設 Ⅱ 群 ア 軽 度 の 情 緒 障 害 を 有 する 児 童 を 短 期 間 入 所 させ 又 は 保 護 者 の 下 から 通 わせて その 情 緒 障 害 を 治 し あわせて 退 所 した 者 について 相 談 その 他 の 援 助 を 行 うことを 目 的 とする 施 設 である イ 障 害 児 を 入 所 させて 保 護 日 常 生 活 の 指 導 及 び 独 立 自 活 に 必 要 な 知 識 技 能 を 付 与 す ることを 目 的 とする 施 設 である ウ 障 害 児 を 日 々 保 護 者 の 下 から 通 わせて 日 常 生 活 における 基 本 的 動 作 の 指 導 独 立 自 活 に 必 要 な 知 識 技 能 の 付 与 又 は 集 団 生 活 への 適 応 のための 訓 練 を 提 供 することを 目 的 と する 施 設 である エ 配 偶 者 のない 女 子 又 はこれに 準 ずる 事 情 にある 女 子 及 びその 者 の 監 護 すべき 児 童 を 入 所 させて これらの 者 を 保 護 するとともに これらの 者 の 自 立 の 促 進 のためにその 生 活 を 支 援 し あわせて 退 所 した 者 について 相 談 その 他 の 援 助 を 行 うことを 目 的 とする 施 設 である オ 不 良 行 為 をなし 又 はなすおそれのある 児 童 及 び 家 庭 環 境 その 他 の 環 境 上 の 理 由 によ り 生 活 指 導 等 を 要 する 児 童 を 入 所 させ 又 は 保 護 者 の 下 から 通 わせて 個 々の 児 童 の 状 況 に 応 じて 必 要 な 指 導 を 行 い その 自 立 を 支 援 し あわせて 退 所 した 者 について 相 談 そ の 他 の 援 助 を 行 うことを 目 的 とする 施 設 である A B C D E 1 イ ウ オ ア エ 2 イ ウ オ エ ア 3 ウ イ オ ア エ 4 ウ イ オ エ ア 5 オ ウ イ ア エ - 3 -

5 問 5 次 の 文 は 児 童 福 祉 法 の 一 部 である ( A )~( C )にあてはまる 語 句 の 正 しい 組 み 合 わせを 一 つ 選 びなさい 第 4 条 この 法 律 で 児 童 とは 満 18 歳 に 満 たない 者 をいい 児 童 を 左 のように 分 ける 一 乳 児 ( A )に 満 たない 者 二 幼 児 ( A )から ( B )に 達 するまでの 者 三 ( C ) ( B )から 満 18 歳 に 達 するまでの 者 A B C 1 満 3 歳 小 学 校 就 学 の 始 期 少 年 2 満 1 歳 満 7 歳 学 童 3 満 1 歳 小 学 校 就 学 の 始 期 少 年 4 満 3 歳 小 学 校 就 学 の 始 期 学 童 5 満 1 歳 満 7 歳 生 徒 - 4 -

6 問 6 次 の 文 は 児 童 福 祉 法 第 25 条 の2の 一 部 である ( A ) ( C )にあ てはまる 語 句 の 正 しい 組 み 合 わせを 一 つ 選 びなさい 地 方 公 共 団 体 は 単 独 で 又 は 共 同 して ( A )の 適 切 な 保 護 又 は( B ) 若 しく は( C )への 適 切 な 支 援 を 図 るため 関 係 機 関 関 係 団 体 及 び 児 童 の 福 祉 に 関 連 する 職 務 に 従 事 する 者 その 他 の 関 係 者 ( 以 下 関 係 機 関 等 という )により 構 成 される 要 保 護 児 童 対 策 地 域 協 議 会 ( 以 下 協 議 会 という )を 置 くように 努 めなければならない A B C 1 児 童 要 保 護 児 童 保 護 者 2 要 保 護 児 童 児 童 特 定 妊 婦 3 児 童 要 支 援 児 童 保 護 者 4 要 保 護 児 童 要 支 援 児 童 特 定 妊 婦 5 要 支 援 児 童 要 保 護 児 童 保 護 者 - 5 -

7 問 7 次 の 文 は 児 童 家 庭 福 祉 の 専 門 職 及 び 実 施 者 に 関 する 記 述 である 法 令 通 知 等 に 照 らして 適 切 な 記 述 を 不 適 切 な 記 述 を とした 場 合 の 正 しい 組 み 合 わせを 一 つ 選 びなさい A 家 庭 支 援 専 門 相 談 員 はファミリーソーシャルワーカーともいい 乳 児 院 児 童 養 護 施 設 情 緒 障 害 児 短 期 治 療 施 設 児 童 自 立 支 援 施 設 児 童 相 談 所 に 配 置 されることとなっ ている B 家 庭 相 談 員 は 都 道 府 県 または 市 町 村 の 福 祉 事 務 所 に 設 置 される 家 庭 児 童 相 談 室 に 配 置 される 職 員 である C 児 童 指 導 員 は 児 童 養 護 施 設 福 祉 型 障 害 児 入 所 施 設 医 療 型 障 害 児 入 所 施 設 福 祉 型 児 童 発 達 支 援 センター 医 療 型 児 童 発 達 支 援 センター 情 緒 障 害 児 短 期 治 療 施 設 に 配 置 しなければならない D 児 童 福 祉 司 は 児 童 相 談 所 に 配 置 が 義 務 づけられており 児 童 の 保 護 や 福 祉 に 関 する 相 談 に 応 じ 専 門 的 技 術 に 基 づいて 必 要 な 指 導 を 行 う A B C D

8 問 8 次 の 文 は わが 国 における 子 どもや 子 育 て 支 援 のための 総 合 的 な 計 画 に 関 する 記 述 である 適 切 な 記 述 を 不 適 切 な 記 述 を とした 場 合 の 正 しい 組 み 合 わせを 一 つ 選 びなさい A わが 国 で 戦 後 初 めて 法 定 化 された 子 どもや 子 育 て 支 援 のための 総 合 的 な 計 画 は 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 に 基 づいたものである B 子 どもや 子 育 て 支 援 のための 国 の 計 画 としては エンゼルプラン 新 エンゼルプ ラン 子 ども 子 育 て 応 援 プラン 子 ども 子 育 てビジョン の 順 で 策 定 された C 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 に 基 づく 地 域 行 動 計 画 は 保 育 計 画 と 同 義 であり 保 育 に 特 化 した 計 画 で 策 定 から5 年 以 内 に 待 機 児 童 をゼロにすることが 目 的 である D 子 ども 子 育 てビジョン は 児 童 福 祉 法 に 基 づき 策 定 され 認 定 こども 園 や 保 育 所 幼 稚 園 や 地 域 型 保 育 サービスなどによる 保 育 サービスの 供 給 量 の 拡 大 のみならず 健 全 育 成 母 子 保 健 教 育 住 宅 や 公 園 の 整 備 防 犯 等 の 安 全 対 策 など 子 どもと 子 育 て 支 援 のための 総 合 的 な 市 町 村 の 計 画 を 指 す E 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 に 基 づく 地 域 行 動 計 画 は 市 町 村 に 策 定 義 務 はなく 努 力 義 務 となっている A B C D E

9 問 9 次 の 文 は 母 子 保 健 に 関 する 記 述 である 正 しいものを 一 つ 選 びなさい 1 母 子 保 健 法 に 基 づく 乳 幼 児 を 対 象 とした 健 康 診 査 には 1 歳 6か 月 児 健 康 診 査 や 3 歳 児 健 康 診 査 などがある 2 生 後 4か 月 までの 乳 児 のいる 家 庭 を 訪 問 する 乳 児 家 庭 全 戸 訪 問 事 業 は 母 子 保 健 法 に 基 づき 実 施 されている 3 母 子 保 健 法 における 妊 産 婦 とは 妊 娠 中 又 は 出 産 後 1 年 以 内 の 女 子 で 新 生 児 とは 出 生 後 28 日 を 経 過 しない 乳 児 を 指 し 低 体 重 児 とは 体 重 が 1,000g 未 満 の 乳 児 をいう 4 保 健 所 は 健 康 相 談 や 健 康 教 育 健 康 診 査 の 拠 点 となる 市 町 村 が 設 置 する 施 設 であり 保 健 センターは 訪 問 指 導 を 行 う 都 道 府 県 が 設 置 する 施 設 である 5 養 育 支 援 訪 問 事 業 は 子 育 て 困 難 家 庭 等 に 対 し 保 健 師 が 訪 問 指 導 を 行 う 事 業 であり 保 育 士 や 子 育 て 経 験 者 ヘルパー 等 は 担 当 することができない 問 10 次 の 文 は 保 育 サービスに 関 する 記 述 である 誤 ったものを 一 つ 選 びなさい 1 認 定 こども 園 とは 平 成 18 年 に 制 度 化 されたもので その 目 的 は 教 育 および 保 育 を 一 体 的 に 提 供 すること 地 域 における 子 育 て 支 援 を 行 うことである 2 保 育 所 保 育 指 針 は 当 時 の 児 童 福 祉 施 設 最 低 基 準 第 35 条 に 基 づき 平 成 20 年 に 告 示 された 3 特 定 保 育 事 業 とは パートタイム 勤 務 や 育 児 短 時 間 勤 務 等 保 護 者 の 就 労 形 態 が 多 様 化 している 中 で 働 き 方 に 応 じた 保 育 として 保 育 所 において 児 童 を 一 定 程 度 (1か 月 当 たり 概 ね 64 時 間 以 上 ) 継 続 的 に 保 育 する 事 業 である 4 病 児 病 後 児 保 育 事 業 は 病 児 病 後 児 保 育 事 業 実 施 要 綱 によると 病 児 対 応 型 病 後 児 対 応 型 体 調 不 良 児 対 応 型 非 施 設 型 ( 訪 問 型 )の4 類 型 となっている 5 保 育 所 の 設 備 運 営 は 児 童 福 祉 施 設 の 設 備 及 び 運 営 に 関 する 基 準 ( 昭 和 23 年 厚 生 省 令 第 63 号 )に 基 づいており 保 育 室 等 の 施 設 や 必 要 な 職 員 保 育 時 間 や 保 育 料 以 外 の 利 用 料 等 について 条 例 の 策 定 主 体 である 自 治 体 にとってすべて 従 うべき 基 準 として 定 められている - 8 -

10 問 11 次 の 文 は 児 童 虐 待 等 に 関 する 記 述 である 正 しいものを 誤 ったものを と した 場 合 の 正 しい 組 み 合 わせを 一 つ 選 びなさい A 平 成 12 年 に 施 行 された 児 童 虐 待 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 児 童 虐 待 の 定 義 としては 身 体 的 虐 待 性 的 虐 待 保 護 の 怠 慢 拒 否 心 理 的 虐 待 の4つが 示 されている B 全 国 の 児 童 相 談 所 に 寄 せられる 児 童 虐 待 相 談 対 応 件 数 は 統 計 開 始 時 の 平 成 2 年 度 は 約 1,000 件 であったが 平 成 24 年 度 では 65,000 件 を 超 える 数 値 となっている C 教 員 や 保 育 士 保 健 師 など 業 務 上 子 どもに 深 く 関 わる 専 門 職 は 児 童 虐 待 を 受 けた と 思 われる 児 童 を 発 見 しても 虐 待 の 事 実 の 確 認 ができていない 段 階 では 秘 密 漏 示 罪 やその 他 の 守 秘 義 務 に 関 する 法 律 の 規 定 があることから 通 告 はできない D 要 保 護 児 童 対 策 地 域 協 議 会 は 平 成 16 年 の 児 童 福 祉 法 改 正 で 法 定 化 され 要 保 護 児 童 対 策 地 域 協 議 会 設 置 運 営 指 針 では 代 表 者 会 議 実 務 者 会 議 個 別 ケース 検 討 会 議 など 三 層 構 造 を 想 定 している E 平 成 24 年 に 施 行 された 民 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 により これまでなかった 親 権 喪 失 の 制 度 が 新 設 された A B C D E

11 問 12 さい 次 の 文 は 社 会 的 養 護 に 関 係 する 施 設 等 の 説 明 である 誤 ったものを 一 つ 選 びな 1 児 童 養 護 施 設 は 平 成 24 年 10 月 1 日 現 在 全 国 に 約 600 か 所 近 く 設 置 されている 2 児 童 家 庭 支 援 センターは 平 成 9 年 の 児 童 福 祉 法 改 正 により 創 設 された 児 童 福 祉 施 設 であり 地 域 の 児 童 やその 家 庭 への 相 談 支 援 を 行 うことを 目 的 としている 3 児 童 自 立 支 援 施 設 には 児 童 自 立 支 援 専 門 員 と 児 童 生 活 支 援 員 のほか 個 別 対 応 職 員 や 家 庭 支 援 専 門 相 談 員 その 他 の 職 員 が 配 置 されており 平 成 24 年 10 月 1 日 現 在 全 国 で 約 60 か 所 設 置 されている 4 里 親 への 委 託 児 童 は4 人 を 超 えることはできないが 小 規 模 住 居 型 児 童 養 育 事 業 の 定 員 は5 人 または6 人 である 5 乳 児 院 は 乳 児 を 入 院 させて 養 育 する 施 設 であるため 1 歳 児 になると 児 童 養 護 施 設 へ 措 置 することが 規 定 されている

12 問 13 次 の 文 は 障 害 児 を 対 象 とした 福 祉 に 関 する 記 述 である 適 切 な 記 述 を 不 適 切 な 記 述 を とした 場 合 の 正 しい 組 み 合 わせを 一 つ 選 びなさい A 児 童 発 達 支 援 センターへの 入 所 措 置 は 障 害 程 度 区 分 に 基 づき 行 われる B 児 童 福 祉 法 による 障 害 児 の 定 義 には 難 病 等 の 児 童 ( 治 療 方 法 が 確 立 していない 疾 病 その 他 の 特 殊 の 疾 病 であって 障 害 者 の 日 常 生 活 及 び 社 会 生 活 を 総 合 的 に 支 援 する ための 法 律 第 4 条 第 1 項 の 政 令 で 定 めるものによる 障 害 の 程 度 が 同 項 の 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 程 度 である 児 童 )は 含 まれない C 放 課 後 等 デイサービスとは 学 校 教 育 法 第 1 条 に 規 定 する 学 校 ( 幼 稚 園 及 び 大 学 を 除 く)に 就 学 している 障 害 児 につき 授 業 の 終 了 後 又 は 休 業 日 に 生 活 能 力 の 向 上 の ために 必 要 な 訓 練 社 会 との 交 流 の 促 進 その 他 の 便 宜 を 供 与 することである D 障 害 児 通 所 支 援 は 児 童 発 達 支 援 医 療 型 児 童 発 達 支 援 の2 事 業 から 構 成 されている E 障 害 児 等 へ 支 援 を 行 う 児 童 福 祉 施 設 の 施 設 体 系 は 児 童 福 祉 法 の 改 正 ( 平 成 24 年 4 月 施 行 )により 障 害 種 別 に 分 かれた 施 設 体 系 から 通 所 による 支 援 ( 障 害 児 通 所 支 援 )と 入 所 による 支 援 ( 障 害 児 入 所 支 援 )の 利 用 形 態 別 に 一 元 化 された A B C D E

13 問 14 次 の 文 は 少 年 非 行 等 に 関 する 記 述 である 適 切 な 記 述 を 不 適 切 な 記 述 を とした 場 合 の 正 しい 組 み 合 わせを 一 つ 選 びなさい A 少 年 刑 務 所 とは 16 歳 以 上 の 犯 罪 少 年 が 入 所 する 施 設 で 少 年 法 に 基 づき 設 置 さ れている B 平 成 12 年 の 少 年 法 の 改 正 では 刑 事 罰 適 用 年 齢 が 16 歳 から 12 歳 に 引 き 下 げられ 12 歳 以 上 の 少 年 が 殺 人 等 重 大 な 罪 を 犯 したときは 原 則 逆 送 措 置 を 行 うことになった C 少 年 法 に 基 づき 家 庭 裁 判 所 の 審 判 に 付 される 少 年 は 罪 を 犯 した 少 年 ( 犯 罪 少 年 ) 14 歳 に 満 たないで 刑 罰 法 令 に 触 れる 行 為 をした 少 年 ( 触 法 少 年 ) 一 定 の 事 由 があって その 性 格 又 は 環 境 に 照 して 将 来 罪 を 犯 し 又 は 刑 罰 法 令 に 触 れる 行 為 をする 虞 のあ る 少 年 ( 虞 犯 少 年 )に 区 別 されている D 少 年 鑑 別 所 は 犯 罪 傾 向 の 進 んだおおむね 16 歳 以 上 23 歳 未 満 の 者 を 収 容 する 施 設 で 1 年 以 上 の 期 間 収 容 させ 生 活 訓 練 や 職 業 能 力 開 発 などの 支 援 を 行 う A B C D

14 問 15 次 の 文 は 母 子 家 庭 等 に 対 する 支 援 に 関 わる 記 述 である 正 しいものを 誤 っ たものを とした 場 合 の 正 しい 組 み 合 わせを 一 つ 選 びなさい A 離 婚 後 の 養 育 費 の 確 保 が 難 しい 場 合 が 多 いことから こうした 問 題 に 関 して 養 育 費 相 談 支 援 センター 事 業 や 母 子 家 庭 等 就 業 自 立 支 援 センター 事 業 による 相 談 支 援 が 行 われ ている B 遺 族 基 礎 年 金 や 遺 族 厚 生 年 金 は 第 二 次 世 界 大 戦 で 配 偶 者 と 死 別 した 母 子 家 庭 のため の 制 度 である C 児 童 扶 養 手 当 は 世 帯 収 入 が 低 く 深 刻 な 状 態 にある 母 子 家 庭 に 支 給 されており 父 子 家 庭 には 支 給 されていない D 母 子 家 庭 等 就 業 自 立 支 援 事 業 には 就 業 相 談 や 就 業 支 援 講 習 会 就 業 情 報 の 提 供 など 一 貫 した 就 業 支 援 サービスが 含 まれる E 母 子 家 庭 等 日 常 生 活 支 援 事 業 は 母 子 家 庭 父 子 家 庭 及 び 寡 婦 が 修 学 等 の 自 立 を 促 進 するために 必 要 な 事 由 や 疾 病 などの 事 由 により 一 時 的 に 生 活 援 助 保 育 サービスが 必 要 な 場 合 又 は 生 活 環 境 等 の 激 変 により 日 常 生 活 を 営 むのに 支 障 が 生 じている 場 合 に 家 庭 生 活 支 援 員 を 派 遣 するなど 母 子 家 庭 等 の 生 活 の 安 定 を 図 ることを 目 的 とする A B C D E

15 問 16 次 の 文 は 保 育 所 保 育 指 針 第 6 章 保 護 者 に 対 する 支 援 の1 保 育 所 におけ る 保 護 者 に 対 する 支 援 の 基 本 についての 記 述 である 適 切 な 記 述 を 不 適 切 な 記 述 を とした 場 合 の 正 しい 組 み 合 わせを 一 つ 選 びなさい A 保 育 所 保 育 指 針 第 6 章 では 親 として 未 熟 な 保 護 者 に 対 する 保 育 士 の 指 導 的 立 場 が 明 確 に 述 べられている B 保 育 所 における 保 護 者 支 援 はカウンセリングの 知 識 や 技 術 に 基 づくとされている C 保 育 所 の 保 護 者 支 援 においては 保 護 者 の 気 持 ちの 受 けとめ 相 互 の 信 頼 関 係 を 基 本 に 保 護 者 一 人 一 人 の 自 己 決 定 を 尊 重 することなど 対 人 援 助 の 基 本 姿 勢 が 求 められる D 保 護 者 支 援 においては 地 域 の 子 育 て 支 援 に 関 する 資 源 を 積 極 的 に 活 用 すべきである E 保 育 士 の 責 務 は 保 育 にあるため 子 どもの 最 善 の 利 益 を 尊 重 し 入 所 児 童 の 保 護 者 へ の 支 援 は 努 力 義 務 となっている A B C D E

16 問 17 次 の 文 は わが 国 の 保 育 に 関 する 法 制 度 についての 記 述 である 適 切 な 記 述 を 不 適 切 な 記 述 を とした 場 合 の 正 しい 組 み 合 わせを 一 つ 選 びなさい A 保 育 所 保 育 指 針 において 保 育 所 の 保 育 は 子 どもが 現 在 を 最 も 良 く 生 き 望 ま しい 未 来 をつくり 出 す 力 の 基 礎 を 培 うために( 中 略 ) 行 わなければならない とされて いる B 児 童 福 祉 施 設 の 設 備 及 び 運 営 に 関 する 基 準 ( 昭 和 23 年 厚 生 省 令 第 63 号 )において 児 童 厚 生 施 設 には 保 育 士 を 置 かなければならないとされ 保 育 士 の 役 割 として 児 童 の 自 主 性 社 会 性 及 び 創 造 性 を 高 め もって 地 域 における 健 全 育 成 活 動 の 助 長 を 図 ること が 定 められている C 児 童 福 祉 施 設 の 設 備 及 び 運 営 に 関 する 基 準 ( 昭 和 23 年 厚 生 省 令 第 63 号 )では 乳 児 院 における 養 育 は 乳 幼 児 の 心 身 及 び 社 会 性 の 健 全 な 発 達 を 促 進 し その 人 格 の 形 成 に 資 することとなるものでなければならない とされている D 学 校 教 育 法 第 22 条 において 規 定 されている 幼 稚 園 の 目 的 には 保 育 という 用 語 は 使 用 されていない E 児 童 福 祉 施 設 の 設 備 及 び 運 営 に 関 する 基 準 ( 昭 和 23 年 厚 生 省 令 第 63 号 )において 保 育 所 における 保 育 は 養 護 及 び 教 育 を 一 体 的 に 行 うことをその 特 性 とするとされ ている A B C D E

17 問 18 次 の 文 は 児 童 福 祉 施 設 の 設 備 及 び 運 営 に 関 する 基 準 ( 昭 和 23 年 厚 生 省 令 第 63 号 )の 一 部 である ( A )~( C )にあてはまる 語 句 の 正 しい 組 み 合 わせを 一 つ 選 びなさい 第 44 条 児 童 養 護 施 設 における 養 護 は 児 童 に 対 して 安 定 した 生 活 環 境 を 整 えるとともに 生 活 指 導 学 習 指 導 職 業 指 導 及 び( A ) 環 境 の 調 整 を 行 いつつ 児 童 を( B )するこ とにより 児 童 の 心 身 の 健 やかな 成 長 とその( なければならない C )を 支 援 することを 目 的 として 行 わ A B C 1 家 庭 養 育 発 達 2 家 庭 療 育 自 立 3 家 庭 養 育 自 立 4 教 育 療 育 自 立 5 教 育 養 育 発 達

18 問 19 次 の 保 育 所 での 事 例 を 読 んで 設 問 に 答 えなさい 事 例 母 親 Gさんは 離 婚 後 H 市 に 転 居 し 仕 事 を 探 すため4 歳 のJ 君 を 保 育 所 に 預 けること になった 保 育 士 は 入 所 の 際 の 面 接 時 に Gさんは 離 婚 前 夫 から 暴 力 を 受 け 配 偶 者 からの 暴 力 の 防 止 及 び 被 害 者 の 保 護 等 に 関 する 法 律 に 基 づく 保 護 命 令 が 裁 判 所 からでて いると 聞 いた 保 育 士 の 勤 める 保 育 所 はH 市 の 要 保 護 児 童 対 策 地 域 協 議 会 の 構 成 メンバー であり 同 協 議 会 を 担 当 する 行 政 職 員 から 転 居 前 の 要 保 護 児 童 対 策 地 域 協 議 会 でも 虐 待 を 理 由 に 支 援 が 検 討 されていた 家 庭 であり 要 保 護 家 庭 として 引 き 続 き 対 応 を 続 けるとの 報 告 があった 保 育 所 に 入 所 してまもなく 保 育 士 はJ 君 の 脇 腹 にうっすらとアザのよう な 痕 を 発 見 した その 後 も 肩 のあたりに 打 撲 のような 痕 があり J 君 に 尋 ねても 笑 っては ぐらかすだけであった 設 問 この 事 例 における 保 育 所 の 対 応 として 適 切 な 記 述 の 組 み 合 わせを 一 つ 選 びなさい A Gさんが 必 要 としたときに 情 報 提 供 できるように ファミリー サポート センター 事 業 一 時 預 かり 事 業 病 児 病 後 児 保 育 事 業 の 連 絡 先 などの 情 報 を 収 集 した B J 君 の 脇 腹 や 肩 に 認 められる 傷 が 虐 待 によるものなのか 判 断 がつかなかったが H 市 の 要 保 護 児 童 対 策 地 域 協 議 会 を 担 当 する 行 政 職 員 に 報 告 を 行 った C 個 人 情 報 保 護 の 観 点 から 要 保 護 児 童 対 策 地 域 協 議 会 を 担 当 する 行 政 職 員 には 報 告 しな かった D Gさんの 元 夫 が Gさんに 頼 まれた と 言 いJ 君 を 迎 えにきたため Gさんに 確 認 は できなかったがJ 君 を 連 れて 帰 ってもらった 1 A B 2 A C 3 A D 4 B D 5 C D

19 問 20 次 の 保 育 所 での 事 例 を 読 んで 設 問 に 答 えなさい 事 例 母 親 Xさんの 第 一 子 であるY 君 は 1か 月 前 に1 歳 児 クラスに 入 所 してきた 1 歳 6か 月 健 診 の 際 に 保 健 師 からY 君 の 言 葉 の 遅 れを 指 摘 されショックを 受 けたXさんは 2 歳 近 くになっても 言 葉 が 少 なく 気 になると 担 当 保 育 士 に 相 談 した Y 君 が 同 じ 年 齢 の 他 の 子 ど もと 比 べて 遊 びに 集 中 せず 興 味 が 転 々と 変 わり 他 の 子 どものおもちゃが 欲 しいときは 言 葉 で 表 現 できないためか いきなりおもちゃを 奪 い 取 りいつもトラブルになってしまう と Xさんは 涙 ぐんで 話 した 設 問 この 事 例 における 保 育 士 の 対 応 として 適 切 な 記 述 の 組 み 合 わせを 一 つ 選 びなさい A Xさんが 保 健 師 の 言 葉 にショックを 受 けたと 話 したことから 再 度 保 健 師 に 相 談 する 必 要 はないと 助 言 した B Xさんが 日 常 の 中 でどのようなY 君 の 姿 に 不 安 を 感 じているのか ゆっくり 話 を 聴 い た C Xさんと 共 にこの1か 月 間 のY 君 の 変 化 を 確 認 した D XさんのY 君 への 関 わり 方 の 問 題 点 を 指 摘 し Y 君 への 療 育 内 容 について 指 導 した 1 A B 2 A C 3 A D 4 B C 5 B D

Microsoft Word - 38職員就業規則( 改正)

Microsoft Word - 38職員就業規則( 改正) 独 立 行 政 法 人 大 学 評 価 学 位 授 与 機 構 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 38 号 最 終 改 正 平 成 26 年 12 月 18 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 任 免 ( 第 5 条 第 29 条 ) 第 1 節 採 用 ( 第 5 条 第 9 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 等

More information

国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という )は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 4 9 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 教 育 研 究 の 特 性 に 留 意 して 国 立

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

国立大学法人福島大学職員給与規程

国立大学法人福島大学職員給与規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 給 与 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 17 年 6 月 6 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 18 年 6 月 5 日 平 成 18 年 10 月 16 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 19 年 12 月 7 日 平 成

More information

基本指針骨子

基本指針骨子 資 料 5 基 本 指 針 の 主 な 記 載 事 項 1 第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支 援 の 必 要 性 が 高 い 子 どもやその 家 族 を 含 め 全 ての 子 どもや 子 育 て

More information

社会福祉法人の手引き

社会福祉法人の手引き 社 会 福 祉 法 人 の 運 営 の 手 引 き ( 平 成 23 年 3 月 版 ) 川 崎 市 健 康 福 祉 局 総 務 部 監 査 指 導 課 - 1 - 目 次 Ⅰ 社 会 福 祉 法 人 について 1 社 会 福 祉 法 人 1 2 社 会 福 祉 法 人 の 要 件 1 3 社 会 福 祉 事 業 2 (1) 第 一 種 社 会 福 祉 事 業 2 (2) 第 二 種 社 会 福 祉

More information

< F2D31398A438B5A8BB388E78B408D5C8F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D31398A438B5A8BB388E78B408D5C8F418BC68B4B91A52E6A7464> 独 立 行 政 法 人 海 技 教 育 機 構 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 9 号 改 正 平 成 20 年 3 月 19 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 14 号 改 正 平 成 21 年 2 月 27 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 8 号 改 正 平 成 21 年 7 月 9 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 2

More information

静岡県公立大学法人職員就業規則

静岡県公立大学法人職員就業規則 平 成 21 年 4 月 1 日 規 程 第 7 号 地 方 独 立 行 政 法 人 静 岡 県 立 病 院 機 構 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 9 条 ) 第 2 節 評 定 ( 第 10 条 ) 第 3 節 昇 任 及 び 降 任 等 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第

More information

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給 国 立 大 学 法 人 筑 波 大 学 本 部 等 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 3 月 24 日 法 人 規 則 第 7 号 改 正 平 成 18 年 法 人 規 則 第 8 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 45 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 53 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 10 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 56 号 平 成 20 年

More information

第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支 援 の 必 要 性 が 高 い 子 どもやその 家 族 を

第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支 援 の 必 要 性 が 高 い 子 どもやその 家 族 を 参 考 資 料 2 子 ども 子 育 て 支 援 法 に 基 づく 基 本 指 針 の 主 な 記 載 事 項 ( 市 町 村 関 連 部 分 のみ 抜 粋 ) 第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支

More information

(18) 教 育 保 育 給 付 費 国 庫 負 担 金 に 関 する 業 務 (19) 子 ども 子 育 て 支 援 交 付 金 に 関 する 業 務 (20) 保 育 対 策 総 合 支 援 事 業 費 補 助 金 教 育 支 援 体 制 整 備 事 業 費 交 付 金 に 関 する 業 務 (

(18) 教 育 保 育 給 付 費 国 庫 負 担 金 に 関 する 業 務 (19) 子 ども 子 育 て 支 援 交 付 金 に 関 する 業 務 (20) 保 育 対 策 総 合 支 援 事 業 費 補 助 金 教 育 支 援 体 制 整 備 事 業 費 交 付 金 に 関 する 業 務 ( 堺 市 子 育 て 支 援 業 務 事 務 処 理 センター 運 営 業 務 仕 様 書 1 業 務 名 称 堺 市 子 育 て 支 援 業 務 事 務 処 理 センター 運 営 業 務 2 業 務 目 的 堺 市 役 所 本 庁 区 役 所 においては 児 童 手 当 や 児 童 扶 養 手 当 等 を 含 め 膨 大 な 事 務 処 理 を 行 っている さらに 平 成 27 年 度 からの 子

More information

7-25給与規則160303

7-25給与規則160303 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 教 職 員 給 与 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 1 1 3 号 ( 目 的 ) 改 正 平 成 17. 3.28 16 規 則 220 平 成 17.11. 1 17 規 則 16 平 成 17.12. 1 17 規 則 22 平 成 18. 4. 1 18 規 則 4 平 成 19. 4. 1 19 規 則 9 平 成 19. 5.17

More information

Microsoft Word - 103030

Microsoft Word - 103030 国 立 大 学 法 人 北 陸 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 北 院 大 規 則 第 17 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 格 及 び 降 格 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 3 節 異 動

More information

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 21 年 7 月 3 日 決 裁 )の 全 部 を 改 正 する ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るため 私 立 幼 稚 園 又 は 無 認 可 幼 稚 園 に 在 園 する

More information

○ 町 村 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 改 正 平 成 9 年 8 月 5 日 条 例 第 6 号 平 成 13 年 1 月 16 日 条 例 第 1 号 平 成 13 年 8 月 1 日 条 例 第 9 号 平 成 8 年 4 月 1 日 条 例 第 11 号 平 成 9 年 10 月 16 日 条 例 第 8 号 平 成 13 年 3 月 28 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年

More information

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定)

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定) 公 立 大 学 法 人 兵 庫 県 立 大 学 教 職 員 就 業 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 評 価 ( 第 11 条 ) 第 3 節 昇 任 および 降 任 ( 第 12 条 - 第 14 条 ) 第 4 節 休 職 及 び 復 職 ( 第 15 条 - 第 19

More information

第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 事 業 を 行 うことを 目 的 として 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )の 定 めるところにより 設 立 された 特 別 な 法

第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 事 業 を 行 うことを 目 的 として 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )の 定 めるところにより 設 立 された 特 別 な 法 目 次 第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 2ページ 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 2ページ 2. 社 会 福 祉 法 人 が 行 うことができる 事 業 は 2ページ (1) 社 会 福 祉 事 業 とは 2ページ (2) 公 益 事 業 とは 6ページ (3) 収 益 事 業 とは 7ページ 3. 社 会 福 祉 法 人 となる 要 件 は 7ページ (1) 資 産 について

More information

独立行政法人大学入試センター就業規則(案)

独立行政法人大学入試センター就業規則(案) 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 職 員 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 10 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 21 年 3 月 30 日 規 則 第 9 号 改 正 平 成 23 年 7 月 28 日 規 則 第 36 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22 日 規 則 第 41 号 改 正 平

More information

育 児 休 業 関 連 の 諸 制 度 産 前 6 週 間 出 産 産 後 8 週 間 子 が 1 歳 子 が 1 歳 2 ヶ 月 子 が 3 歳 子 が 小 学 校 入 学 女 性 産 前 産 後 休 業 育 児 休 業 保 育 所 に 入 所 を 希 望 しているが 入 所 できない 等 の 場

育 児 休 業 関 連 の 諸 制 度 産 前 6 週 間 出 産 産 後 8 週 間 子 が 1 歳 子 が 1 歳 2 ヶ 月 子 が 3 歳 子 が 小 学 校 入 学 女 性 産 前 産 後 休 業 育 児 休 業 保 育 所 に 入 所 を 希 望 しているが 入 所 できない 等 の 場 育 児 介 護 休 業 法 が 改 正 されます 改 正 育 児 介 護 休 業 法 が 平 成 22 年 6 月 30 日 に 施 行 されます 今 回 の 育 児 休 業 関 係 の 改 正 は 少 子 化 の 流 れを 変 え 男 女 ともに 子 育 てをしながら 働 き 続 けることができる 社 会 を 目 指 して 行 われます また 介 護 休 業 関 係 の 改 正 は 高 齢 化 が

More information

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万 第 6 章 子 育 て 支 援 課 1 児 童 福 祉 (1) 概 要 少 子 化 や 核 家 族 化 が 進 み 在 宅 で 子 育 て を 行 う 親 等 の 育 児 不 安 や 孤 立 感 が 増 大 し ま た 地 域 社 会 と の つ な が り が 希 薄 化 す る な ど 子 育 て に 不 安 や 負 担 を 感 じ て い る 親 が 多 く な っ て い ま す こ う し

More information

目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記 入 欄 1 第 2 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 Ⅰ 障 害

目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記 入 欄 1 第 2 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 Ⅰ 障 害 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 にかかる 請 求 事 務 処 理 要 領 Ver.6 神 戸 市 保 健 福 祉 局 障 害 者 支 援 課 平 成 26 年 4 月 目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

(Microsoft Word - \201\233\213\213\227^\213K\222\366_H doc)

(Microsoft Word - \201\233\213\213\227^\213K\222\366_H doc) 目 的 ) 地 方 独 立 行 政 法 人 奈 良 県 立 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 1 づき 与 に 関 この 地 する 方 規 独 事 程 立 項 は 行 を 政 定 地 法 めることを 方 人 独 奈 立 良 行 県 政 立 目 法 病 的 人 院 とする 奈 機 良 構 県 ( 立 以 病 下 院 機 法 構 人 就 という )に 業 規 則 ( 以 下 勤 就 務 業 する

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63> 東 京 芸 術 大 学 教 育 研 究 等 非 常 勤 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 12 月 15 日 制 定 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 平 成 18 年 6 月 15 日 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 20 年 1 月 29 日 平 成 20 年 3 月 21 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 12 月 1 日 平 成 22 年

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030312D30372091CE93FA8D5291888AFA8BAD90A793AE88F594ED8A5192B28DB88B7982D18D918A4F8BAD90A793AE88F58B5D90B58ED293998E78898782C98AD682B782E993C195CA96402E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030312D30372091CE93FA8D5291888AFA8BAD90A793AE88F594ED8A5192B28DB88B7982D18D918A4F8BAD90A793AE88F58B5D90B58ED293998E78898782C98AD682B782E993C195CA96402E646F63> 対 日 抗 争 期 強 制 動 員 被 害 調 査 及 び 国 外 強 制 動 員 犠 牲 者 等 支 援 に 関 する 特 別 法 ( 法 律 第 10986 号 2011.8.4 一 部 改 正 2011.8.4 施 行 ) 仮 訳 第 1 条 ( 目 的 ) この 法 は 対 日 抗 争 期 強 制 動 員 被 害 の 真 相 を 究 明 し 歴 史 の 真 実 を 明 らかにするとともに 1965

More information

山 形 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 等 の 追 加 について [ 資 料 5] 母 子 健 康 手 帳 の 交 付 妊 娠 出 産 育 児 期 の 母 子 の 健 康 管 理 を 図 るため 母 子 健 康 手 帳 を 交 付 しま 健 康 課 妊 婦 健 康 診 査 事

山 形 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 等 の 追 加 について [ 資 料 5] 母 子 健 康 手 帳 の 交 付 妊 娠 出 産 育 児 期 の 母 子 の 健 康 管 理 を 図 るため 母 子 健 康 手 帳 を 交 付 しま 健 康 課 妊 婦 健 康 診 査 事 基 本 目 標 1 十 分 な 保 育 設 等 の 数 量 を 確 保 するとともに 保 育 環 境 の 改 善 及 び 充 実 を 図 り ま 山 形 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 等 の 追 加 について [ 資 料 5] の 内 容 ( 区 分 ) 事 業 名 事 業 内 容 根 拠 法 令 等 関 連 計 画 担 当 課 (1) 設 型 給 付 地 域 型 保 育 給

More information

<817590D482BF82E182F1837C83588367817682C6817593BD96BC8F6F8E59817682C982C282A282C482CC964093498C9F93A2>

<817590D482BF82E182F1837C83588367817682C6817593BD96BC8F6F8E59817682C982C282A282C482CC964093498C9F93A2> 赤 ちゃんポスト と 匿 名 出 産 についての 法 的 検 討 平 成 18 年 12 月 弁 護 士 由 井 照 二 熊 本 市 の 病 院 で 提 案 された 赤 ちゃんポスト 設 置 問 題 と これに 関 連 する 匿 名 出 産 についての 法 律 問 題 の 検 討 内 容 を 以 下 のとおり 検 討 いたします 1はじめに 1この 検 討 書 は いわゆる 赤 ちゃんポスト との

More information

19

19 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 19 年 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 規 則 第 2 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 33 条 の 規 定 に 基 づき 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 (

More information

第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 す る 職 員 の 就 業 について 必 要 な

第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 す る 職 員 の 就 業 について 必 要 な 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 10 月 11 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 21 年 4 月 1 日 平 成 22 年 8 月 1 日 平 成 23 年 7 月 20 日 平 成 25 年 3 月 22 日 平 成 26 年 3 月 25 日 平 成 26

More information

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 改 正 平 成 17 年 3 月 30 日 平 成 18 年 3 月 30 日 平 成 19 年 3 月 30 日 平 成 20 年 3 月 31 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 5 月 29 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 (

More information

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事 独 立 行 政 法 人 年 金 健 康 保 険 福 祉 施 設 整 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 17 年 10 月 1 日 1 7 規 程 第 6 号 改 正 平 成 18 年 3 月 29 日 18 規 程 第 4 号 改 正 平 成 19 年 3 月 28 日 19 規 程 第 2 号 改 正 平 成 19 年 8 月 29 日 19 規 程 第 6 号 改 正 平 成 19 年

More information

務 に 従 事 する 職 員 ロ 課 外 活 動 指 導 における 学 生 の 教 育, 特 定 の 課 外 活 動 の 技 術 的 な 指 導 及 び 各 種 大 会 の 校 外 引 率 業 務 に 従 事 する 職 員 ハ 学 生 寮 における 学 生 の 教 育, 生 活 指 導 及 び 相

務 に 従 事 する 職 員 ロ 課 外 活 動 指 導 における 学 生 の 教 育, 特 定 の 課 外 活 動 の 技 術 的 な 指 導 及 び 各 種 大 会 の 校 外 引 率 業 務 に 従 事 する 職 員 ハ 学 生 寮 における 学 生 の 教 育, 生 活 指 導 及 び 相 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 非 常 勤 教 職 員 就 業 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 11 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 4 月 20 日 一 部 改 正 平 成 18 年 4 月 4 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正

More information

Taro-★H26育児休業Q&A(H26改訂版)県立学校版

Taro-★H26育児休業Q&A(H26改訂版)県立学校版 育 児 休 業 Q&A 平 成 26 年 改 定 県 立 学 校 版 教 育 人 事 課 目 次 育 児 休 業 の 意 義 目 的 1 Q1 育 児 休 業 の 目 的 は? Q2 育 児 休 業 を 取 得 することによってどういう 効 果 があるの? 育 児 休 業 をすることができる 職 員 2 Q3 誰 でも 育 児 休 業 をすることができるの? Q4 育 児 休 業 中 の 身 分 はどうなるの?

More information

(2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 平 成 22 年 度 決 算 ) 職 員 給 与 費 とは 職 員 に 支 給 する 給 与 の 総 額 をいいます 職 員 数 給 与 費 1 人 当 たりの 給 与 費 (B/A) (A) 給 料 職 員 手 当 期 末 勤 勉 手 当 計 (B) 6

(2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 平 成 22 年 度 決 算 ) 職 員 給 与 費 とは 職 員 に 支 給 する 給 与 の 総 額 をいいます 職 員 数 給 与 費 1 人 当 たりの 給 与 費 (B/A) (A) 給 料 職 員 手 当 期 末 勤 勉 手 当 計 (B) 6 広 域 大 和 斎 場 組 合 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 地 方 公 務 員 法 及 び 広 域 大 和 斎 場 組 合 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 の 規 定 により 広 域 大 和 斎 場 組 合 の 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 を 次 のとおり 公 表 します 1 職 員 の 任 免 及 び 職 員

More information

国立大学法人上越教育大学職員就業規則

国立大学法人上越教育大学職員就業規則 国 立 大 学 法 人 上 越 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 10 号 ) 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 4 日 規 則 第 1 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 に 基

More information

( 服 務 の 基 本 ) 第 9 条 準 職 員 は 職 務 の 社 会 的 責 任 を 自 覚 し 社 会 福 祉 の 向 上 及 び 法 人 事 業 の 使 命 達 成 のため 全 力 を 挙 げ 誠 実 に 職 務 を 遂 行 しなければならない 第 3 章 服 務 規 律 ( 服 務 の

( 服 務 の 基 本 ) 第 9 条 準 職 員 は 職 務 の 社 会 的 責 任 を 自 覚 し 社 会 福 祉 の 向 上 及 び 法 人 事 業 の 使 命 達 成 のため 全 力 を 挙 げ 誠 実 に 職 務 を 遂 行 しなければならない 第 3 章 服 務 規 律 ( 服 務 の 準 職 員 就 業 規 則 及 び 給 与 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 麦 の 子 会 ( 以 下 法 人 という ) 就 業 規 則 第 3 条 の 規 定 に 基 づいて 雇 用 する 準 職 員 の 労 働 条 件 服 務 規 律 その 他 の 就 業 に 関 する 事 項 を 定 めるものである 2 この 規 則 に 定

More information

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の Page 1 of 5 伊 東 市 個 人 情 報 保 護 条 例 平 成 9 年 4 月 1 日 伊 東 市 条 例 第 14 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 個 人 情 報 の 管 理 等 ( 第 6 条 第 12 条 ) 第 3 章 自 己 情 報 の 開 示 等 ( 第 13 条 第 20 条 ) 第 4 章 救 済 手 続 及 び 救 済 機 関

More information

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という )

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という ) 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 3 日 平 成 21 年 6 月 23 日 平 成 22 年 3 月 19 日 平 成 22 年 11 月 30 日 平 成 23 年 3 月 29 日 平 成 24 年 3 月 30 日 平 成 26 年 12 月

More information

国立大学法人福島大学職員退職手当規程

国立大学法人福島大学職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 20 年 4 月 1 日 平 成 22 年 4 月 1 日 平 成 24 年 4 月 1 日 平 成 25 年 2 月 1 日 平

More information

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換 就 業 規 則 平 成 22 年 2 月 23 日 改 正 ( 個 人 情 報 保 護 に 関 する 規 定 を 追 加 ) コンピュータ レスキュー 株 式 会 社 就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤

More information

(2) 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 保 育 の 必 要 な 子 どものいる 家 庭 だけでなく 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 のために 利 用 者 支 援 事 業 や 地 域 子 育 て 支 援 事 業 な

(2) 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 保 育 の 必 要 な 子 どものいる 家 庭 だけでなく 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 のために 利 用 者 支 援 事 業 や 地 域 子 育 て 支 援 事 業 な 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 に 係 る 基 準 ( 案 )の 概 要 1. 子 ども 子 育 て 新 制 度 について 平 成 24 年 8 月 幼 児 期 の 学 校 教 育 保 育 の 総 合 的 な 提 供 保 育 の 量 的 拡 大 確 保 地 域 の 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 などを 目 的 に 子 ども 子 育 て3 法 (1 子 ども 子 育 て 支 援

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 重 点 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 評 価 書 名 9 個 人 住 民 税 関 係 事 務 重 点 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 個 人 住 民 税 関 係 事 務 における 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いにあたり 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱

More information

就 業 規 則

就 業 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 国 語 研 究 所 契 約 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 平 成 18 年 4 月 1 日 国 語 研 規 則 第 7 号 改 正 平 成 20 年 2 月 12 日 改 正 平 成 21 年 3 月 10 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 独 立 行 政 法 人 国 立 国 語 研 究 所 ( 以 下 研 究 所 という )の 業 務

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 76 号 ) 改 正 平 成 21 年 5 月 19 日 09 規 程 第 6 号 改 正 平 成 21 年 11 月 17 日 09 規 程 第 24 号 改 正 平 成 22 年 6 月 22 日

More information

職員退職手当支給条例

職員退職手当支給条例 小 樽 市 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 全 部 改 正 昭 和 36 年 10 月 18 日 条 例 第 31 号 最 近 改 正 平 成 28 年 3 月 23 日 条 例 第 3 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 2 条 の2) 第 2 章 一 般 の 退 職 手 当 ( 第 2 条 の3- 第 9 条 ) 第 3 章 特 別 の 退 職 手 当 ( 第 10

More information

tokutei2-7.xls

tokutei2-7.xls 出 産 育 児 に 関 する 制 度 一 覧 親 になる ことが 判 明 子 どもが 生 まれる 前 出 産 子 育 て 期 間 中 1 妊 娠 障 害 休 暇 ( 女 性 のみ) 2 妊 娠 中 の 通 勤 緩 和 職 免 ( 女 性 のみ) 3 妊 産 婦 の 就 業 制 限 ( 女 性 のみ) 4 保 健 指 導 職 免 除 ( 女 性 のみ) 5 産 前 産 後 休 暇 ( 女 性 のみ)

More information

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案)

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案) 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 5 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 50 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則 公 立 大 学 法 人 京 都 市 立 芸 術 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 理 事 長 決 定 ) ( 平 成 25 年 3 月 26 日 一 部 改 正 ) 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 7 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 11 条, 第

More information

動 を 生 じた 者 には その 日 から 新 たに 定 められた 給 料 を 支 給 する 2 職 員 が 離 職 した 時 は その 日 まで 給 料 を 支 給 する 3 職 員 が 死 亡 した 時 は その 月 まで 給 料 を 支 給 する 4 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定

動 を 生 じた 者 には その 日 から 新 たに 定 められた 給 料 を 支 給 する 2 職 員 が 離 職 した 時 は その 日 まで 給 料 を 支 給 する 3 職 員 が 死 亡 した 時 は その 月 まで 給 料 を 支 給 する 4 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定 地 方 独 立 行 政 法 人 山 形 県 酒 田 市 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 山 形 県 酒 田 市 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう ) 第 21 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 同 規 則 第 3 条 第 1 項 の 規 定 により 任 命 された 者 (

More information

平成23年12月13日

平成23年12月13日 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 11 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 に 基 づき 地 方 独 立 行 政 法 人 大

More information

平 成 28 年 度 認 可 保 育 所 講 習 会 資 料 日 時 平 成 28 年 7 月 1 日 ( 金 曜 日 ) 場 所 東 京 都 庁 第 一 本 庁 舎 5 階 大 会 議 場 東 京 都 福 祉 保 健 局 指 導 監 査 部 指 導 第 二 課 保 育 施 設 検 査 担 当 平 成 28 年 度 認 可 保 育 所 講 習 会 次 第 1 日 時 平 成 28 年 7 月 1

More information

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条 職 員 給 与 規 程 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 (この 規 程 の 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 32 条 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを

More information

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 福 祉 機 構 法 発 令 : 平 成 14 年 12 月 13 日 号 外 法 律 第 171 号 最 終 改 正 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 改 正 内 容 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 [ 平 成 28 年 4 月 1 日 ] 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 安

More information

子ども・子育て新制度における   保育所利用者負担について【案】

子ども・子育て新制度における   保育所利用者負担について【案】 子 ども 子 育 て 会 議 平 成 26 年 度 第 5 回 会 議 資 料 2 子 ども 子 育 て 新 制 度 における 1 号 2 号 3 号 利 用 者 負 担 について 案 平 成 27 年 1 月 29 日 保 健 福 祉 部 子 育 て 推 進 課 1 子 ども 子 育 て 支 援 制 度 における 田 辺 市 の 利 用 者 負 担 について Ⅰはじめに 平 成 24 年 8 月

More information

59501-59800 育児休業給付【25.12】

59501-59800 育児休業給付【25.12】 業 務 取 扱 要 領 59501-59800 雇 用 継 続 給 付 関 係 ( 育 児 休 業 給 付 ) 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 雇 用 保 険 課 目 次 59501- 第 1 制 度 の 概 要 等 1 59520 59501-1 制 度 の 概 要 1 59510 59501 (1) 育 児 休 業 給 付 の 受 給 資 格 1 59502 (2) 給 付 の 種 類

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14 特 定 秘 密 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 特 定 秘 密 保 護 法 ) 概 説 Cubic Argument 代 表 平 成 26 年 2 月 9 日 大 江 弘 之 1.はじめに 法 律 の 構 造 について 法 律 用 語 ( 及 び, 並 びに,ものとする) 2. 特 定 秘 密 保 護 法 の 概 観 法 律 としての 特 徴 他 の 法 律 との 関 係 3. 各 章 概 説

More information

Taro-職員給与規程(最終改正20141

Taro-職員給与規程(最終改正20141 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づ き 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 (

More information

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 最 終 改 正 平 成 28 年 3 月 30 日 規 則 第 156 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 73 条 の 規 定

More information

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 28 年 4 月 1 日 最 終 改 正 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 以 下 就 業 規 則 という ) 第 54 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 滋 賀

More information

子ども・子育て支援新制度とは

子ども・子育て支援新制度とは 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 新 制 度 について:こども 政 策 課 620-1625 保 育 所 幼 稚 園 認 定 こども 園 について: 保 育 幼 稚 園 課 620-1638 学 童 保 育 について: 学 童 保 育 課 620-1801 利 用 者 支 援 について: 子 育 て 支 援 課 620-1633 新 制 度 の 詳 しい 内 容 は 内 閣 府 HP http://www8.cao.go.jp/shoushi/shinseido/index.html

More information

国立大学法人富山大学職員給与規則

国立大学法人富山大学職員給与規則 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 給 与 規 則 平 成 17 年 1 0 月 1 日 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 平 成 19 年 4 月 1 日 改 正 平 成 19 年 10 月 1 日 改 正 平 成 20 年 4 月 1 日 改 正 平 成 2 1 年 4 月 1 日 改 正 平 成 2 1 年 21 月 1 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日

More information

横断学習①

横断学習① 社 会 保 険 労 務 士 2013 年 横 断 学 習 第 1 章 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 第 7 章 総 則 適 用 事 業 等 被 保 険 者 保 険 給 付 の 通 則 賃 金 報 酬 保 険 給 付 不 服 申 立 雑 則 2013 年 度 版 日 建 学 院 社 労 士 過 去 問 横 断 学 習 用 小 冊 子 株 式 会 社 建 築 資 料 研 究

More information

野 洲 市 生 活 困 窮 者 支 援 事 業 実 施 規 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 市 民 一 人 ひとりが 役 割 をもって 社 会 に 参 加 できるよう 市 が 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という

野 洲 市 生 活 困 窮 者 支 援 事 業 実 施 規 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 市 民 一 人 ひとりが 役 割 をもって 社 会 に 参 加 できるよう 市 が 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という 要 綱 様 式 等 参 考 資 料 集 野 洲 市 生 活 困 窮 者 支 援 事 業 実 施 規 則 P.1 野 洲 市 生 活 困 窮 者 支 援 事 業 相 談 申 込 書 P.2 野 洲 市 市 民 相 談 総 合 推 進 委 員 会 設 置 要 綱 P.4 野 洲 市 自 立 相 談 支 援 事 業 実 施 要 綱 P.6 野 洲 市 支 援 調 整 会 議 設 置 要 綱 P.8 野 洲

More information

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか 大 阪 府 警 察 処 務 規 程 昭 和 30 年 8 月 26 日 本 部 訓 令 第 31 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 事 務 の 専 決 及 び 代 決 ( 第 5 条 第 13 条 ) 第 3 章 文 書 ( 第 14 条 第 15 条 ) 第 4 章 削 除 第 5 章 公 印 ( 第 19 条 ) 第 6 章 関 係 者 等 の 招 致

More information

また 上 記 法 律 等 の 施 行 に 伴 う 本 事 務 処 理 要 領 の 改 正 に 関 連 して 外 国 人 住 民 に 係 る 部 分 以 外 のもの( 住 民 基 本 台 帳 カードの 引 越 継 続 利 用 関 係 戸 籍 の 附 票 記 載 事 項 通 知 関 係 等 )については

また 上 記 法 律 等 の 施 行 に 伴 う 本 事 務 処 理 要 領 の 改 正 に 関 連 して 外 国 人 住 民 に 係 る 部 分 以 外 のもの( 住 民 基 本 台 帳 カードの 引 越 継 続 利 用 関 係 戸 籍 の 附 票 記 載 事 項 通 知 関 係 等 )については 総 行 住 第 1 7 号 平 成 24 年 2 月 10 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 長 住 民 基 本 台 帳 事 務 処 理 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 住 民 基 本 台 帳 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 21 年 法 律 第 77 号 ) 住 民 基 本 台 帳 法 施 行 令 の 一 部 を 改 正

More information

Microsoft Word - 1-①.運用の手引き.doc

Microsoft Word - 1-①.運用の手引き.doc 京 都 市 民 間 保 育 園 職 員 給 与 等 運 用 事 業 実 施 要 綱 ( 昭 和 47 年 4 月 1 日 実 施 ) 改 正 昭 和 58 年 3 月 16 日, 昭 和 60 年 3 月 15 日, 昭 和 61 年 3 月 13 日, 昭 和 63 年 5 月 11 日, 平 成 2 年 5 月 24 日, 平 成 3 年 5 月 24 日, 平 成 4 年 5 月 21 日,

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホームのサービスの 提 供 に 要 する 費 用 補 助 要 綱 13 福 高 施 第 965 号 平 成 14 年 1 月 22 日 15 福 高 施 第 925 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 93 号 平 成 16 年 10 月 21 日 16 福 保 高 施 第 579 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 第 1008

More information

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4)

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4) 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 施 行 ) ( 平 成 19 年 3 月 1 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 3 月 31 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 5 月 31 日 改 正 ) ( 目 的 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構

More information

宇都宮大学○○○○規程

宇都宮大学○○○○規程 国 立 大 学 法 人 宇 都 宮 大 学 職 員 就 業 規 則 制 定 平 成 16 規 程 第 10 号 一 部 改 正 平 成 17 規 程 第 18 号 平 成 18 規 程 第 6 号 平 成 19 規 程 第 19 号 平 成 20 規 程 第 77 号 平 成 21 規 程 第 18 号 平 成 22 規 程 第 97 号 平 成 25 規 程 第 20 号 平 成 25 規 程 第

More information

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 条 例 施 行 規 則 平 成 11 年 7 月 1 日 規 則 第 8 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 事 項 については 別 に 定 めるもののほ か この 規 則 に 定 めるところによる ( 特 別 の 形 態 によって 勤 務 する 必 要 のある 職 員 の 週 休 日

More information

大 阪 府 における 公 益 通 報 制 度 に 関 する 取 組 について 大 阪 府 総 務 部 法 務 課 コンプライアンス 推 進 グループ 1 通 報 窓 口 体 制 について 2 コンプライアンス 委 員 について 3 通 報 処 理 の 流 れについて 4 処 理 件 数 について 5 その 他 ( 資 料 ) 大 阪 府 職 員 等 のコンプライアンスの 推 進 に 関 する 要 綱

More information

第8 犯罪被害者負担額 1 犯罪被害者負担額の定義法第9条第2項に定める犯罪被害者負担額は、犯罪行為により負傷し、又は疾

第8 犯罪被害者負担額 1 犯罪被害者負担額の定義法第9条第2項に定める犯罪被害者負担額は、犯罪行為により負傷し、又は疾 審 査 基 準 平 成 26 年 11 月 6 日 作 成 法 令 名 : 犯 罪 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 等 による 犯 罪 被 害 者 等 の 支 援 に 関 する 法 律 根 拠 条 項 : 第 11 条 第 1 項 処 分 の 概 要 : 犯 罪 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 についての 裁 定 原 権 者 ( 委 任 先 ): 京 都 府 公 安 委 員 会 法

More information

( 退 職 手 当 の 支 払 ) 第 3 条 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 は 他 の 法 令 に 別 段 の 定 めがある 場 合 又 は 労 使 協 定 に 基 づく 場 合 を 除 き その 全 額 を 通 貨 で 直 接 この 規 程 の 規 定 によりその 支 給 を

( 退 職 手 当 の 支 払 ) 第 3 条 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 は 他 の 法 令 に 別 段 の 定 めがある 場 合 又 は 労 使 協 定 に 基 づく 場 合 を 除 き その 全 額 を 通 貨 で 直 接 この 規 程 の 規 定 によりその 支 給 を 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 4 月 1 日 平 18 規 程 第 12 号 平 成 23 年 3 月 31 日 一 部 改 正 平 成 24 年 12 月 7 日 一 部 改 正 平 成 26 年 3 月 14 日 一 部 改 正 平 成 27 年 3 月 13 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

2/11 報 告 における 社 会 保 障 は 均 一 の 保 険 料 と 均 一 の 給 付 額 を 定 めた 均 一 の 原 則 が 設 定 されたが,1950 年 代 から 1970 年 代 にかけた 社 会 保 障 制 度 の 展 開 (1959 年 の 国 民 保 険 法 改 正 < 保

2/11 報 告 における 社 会 保 障 は 均 一 の 保 険 料 と 均 一 の 給 付 額 を 定 めた 均 一 の 原 則 が 設 定 されたが,1950 年 代 から 1970 年 代 にかけた 社 会 保 障 制 度 の 展 開 (1959 年 の 国 民 保 険 法 改 正 < 保 1/11 第 19 回 社 会 福 祉 士 第 9 回 精 神 保 健 福 祉 士 共 通 科 目 国 家 試 験 問 題 解 説 ( ) =2 社 会 保 障 論 = ( 問 題 11~ 問 題 20) (2007 年 5 月 3 日 ホームページ 掲 載 ) 社 会 保 障 論 問 題 11 社 会 保 障 の 歴 史 に 関 する 次 の 記 述 のうち, 誤 っているものを 一 つ 選 びなさい

More information

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2 個 人 市 民 税 減 免 事 務 取 扱 要 領 平 成 25 年 5 月 23 日 平 成 25 年 8 月 30 日 改 正 平 成 26 年 1 月 27 日 改 正 平 成 27 年 3 月 12 日 改 正 財 政 局 税 務 部 課 税 課 ( 個 人 課 税 G) 内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨...

More information

Taro-◆220630育児休業規程.jtd

Taro-◆220630育児休業規程.jtd 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 規 程 第 36 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 41 条 および 公 立 大 学 法 人 滋 賀

More information

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 73 号 ) 改 正 平 成 23 年 3 月 29 日 10 規 程 第 74 号 改 正 平 成 25 年 2 月 19 日 12 規 程 第 44 号 改 正 平 成 26 年 6 月 3 日 14 規 程 第 01 号 改 正

More information

Microsoft Word 職員退職手当規程.doc

Microsoft Word 職員退職手当規程.doc 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 34 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 する 職 員 が 退 職 ( 死 亡 を

More information

( 勤 務 時 間 の 報 告 ) 第 5 条 派 遣 社 員 は 勤 務 した 日 時 間 について 派 遣 先 において 所 定 の 用 紙 またはシステム にて 出 勤 日 および 勤 務 時 間 の 確 認 を 受 け 所 定 の 期 日 までに 会 社 に 提 出 または 報 告 し なけ

( 勤 務 時 間 の 報 告 ) 第 5 条 派 遣 社 員 は 勤 務 した 日 時 間 について 派 遣 先 において 所 定 の 用 紙 またはシステム にて 出 勤 日 および 勤 務 時 間 の 確 認 を 受 け 所 定 の 期 日 までに 会 社 に 提 出 または 報 告 し なけ 派 遣 ( 契 約 ) 社 員 就 業 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 株 式 会 社 アクト テクニカルサポート( 以 下 会 社 という )の 派 遣 または 契 約 社 員 の 服 務 規 律 労 働 条 件 その 他 の 就 業 に 関 する 事 項 を 定 めたものである 2 派 遣 社 員 は この 規 則 において 明 示 する 就 業 条 件 などを 遵 守 し

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホーム(A 型 及 びB 型 ) 運 営 費 補 助 要 綱 14 福 高 施 第 8 号 平 成 14 年 4 月 19 日 15 福 高 施 第 924 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 578 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 1007 号 平 成 1 8 年 3 月 3 日 17 福 保 高 施 第 1141 号 平

More information

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 和 医 大 規 程 第 53 号 最 終 改 正 平 成 26 年 5 月 27 日 和 医 大 規 程 第 14 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 18

More information

Taro-第1部

Taro-第1部 第 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けた 場 合 に その 災 害 に よって 生 じた 損 害 を 補 償 し 及 び 必 要 な 福 祉 事 業 を 行 い

More information

27-042職員退職手当規程270401

27-042職員退職手当規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 10 月 1 日 18 規 程 第 39 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 42 号 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則

More information

墨 田 区 利 用 調 整 基 準 ( 選 考 基 準 ) () 基 準 指 数 提 出 書 類 を 基 に 保 護 者 の 状 況 の 類 型 を 決 め その 内 容 を 以 下 の 表 にあてはめて 父 母 それぞれの 指 数 を 合 算 し 世 帯 の 基 準 指 数 とします 保 護 者

墨 田 区 利 用 調 整 基 準 ( 選 考 基 準 ) () 基 準 指 数 提 出 書 類 を 基 に 保 護 者 の 状 況 の 類 型 を 決 め その 内 容 を 以 下 の 表 にあてはめて 父 母 それぞれの 指 数 を 合 算 し 世 帯 の 基 準 指 数 とします 保 護 者 H5.9.8 子 ども 子 育 て 会 議 企 画 会 認 可 保 育 施 設 における 利 用 調 整 基 準 ( 選 考 基 準 )の 一 部 見 直 しについて 見 直 しの 理 由 平 成 8 年 用 保 育 施 設 利 用 申 込 みにあたり 平 成 年 の 申 込 状 況 を 踏 まえ 認 可 保 育 施 設 の 利 用 調 整 等 を 検 討 する 中 で 基 準 を 一 部 見 直

More information

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について 資 料 2 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 概 要 基 本 理 念 個 人 番 号 及 び 法 人 番 号 の 利 用 に 関 する 施 策 の 推 進 は 個 人 情 報 の 保 護 に 十 分 に 配 慮 しつつ 社 会 保 障 制 度 税 制 災 害 対 策 に 関 する 分 野 に おける 利 用 の 促 進 を 図 るとともに 他 の

More information

第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 試 用 期 間 ( 採 用 の 方 法 ) 第 3 条 職 員 の 採 用 は 公 募 により 行 うものとし 公 募 に 応 じた 採 用 希 望 者 の 中 から 試 験 又 は 選 考 に 合 格 し 所 定 の 手 続 きを 経 たものを 職 員 とし

第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 試 用 期 間 ( 採 用 の 方 法 ) 第 3 条 職 員 の 採 用 は 公 募 により 行 うものとし 公 募 に 応 じた 採 用 希 望 者 の 中 から 試 験 又 は 選 考 に 合 格 し 所 定 の 手 続 きを 経 たものを 職 員 とし 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 16 規 程 第 2 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 17 規 程 第 15 号 平 成 17 年 10 月 27 日 17 規 程 第 36 号 平 成 18 年 3 月 22 日 18 規 程 第 3 号 平 成 20 年 12 月 25 日 20 規 程

More information

KT6 定年制職員就業規程

KT6 定年制職員就業規程 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 第 2 条 適 用 範 囲 第 2 章 勤 務 第 1 節 勤 務 心 得 第 3 条 職 務 の 遂 行 第 4 条 禁 止 事 項 第 5 条 許 可 及 び 届 出 事 項 第 2 節 勤 務 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 6

More information

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録 徹 底 マスター 社 労 士 過 去 問 10 年 分 2015 年 版 追 録 サービス 改 正 情 報 のまとめ 2015/06/15 労 働 基 準 法 ( 第 1 章 )に 関 する 改 正 契 約 期 間 等 の 例 外 に 係 る 厚 生 労 働 省 告 示 の 改 正 ( 平 成 27 年 3 月 18 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 68 号 ) 有 期 労 働 契 約 の 契

More information

第 3 章 提 供 する 保 育 等 の 内 容 ( 提 供 する 保 育 等 の 内 容 ) 第 4 条 当 園 は 保 育 所 保 育 方 針 ( 平 成 20 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 141 号 )に 基 づき 以 下 に 掲 げる 保 育 そ の 他 の 便 宜 の 提 供 を

第 3 章 提 供 する 保 育 等 の 内 容 ( 提 供 する 保 育 等 の 内 容 ) 第 4 条 当 園 は 保 育 所 保 育 方 針 ( 平 成 20 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 141 号 )に 基 づき 以 下 に 掲 げる 保 育 そ の 他 の 便 宜 の 提 供 を 社 会 福 祉 法 人 若 杉 保 育 園 管 理 規 程 第 1 章 総 則 ( 事 業 所 等 の 名 称 など) 第 1 条 社 会 福 祉 法 人 若 杉 福 祉 会 が 設 置 するこの 保 育 園 の 名 称 及 び 所 在 地 は 次 のとおりにする (1) 名 称 社 会 福 祉 法 人 若 杉 保 育 園 (2) 所 在 地 那 覇 市 首 里 大 名 町 1 64 5 ( 施 設

More information

Microsoft Word - 21退職手当規程.doc

Microsoft Word - 21退職手当規程.doc 国 立 大 学 法 人 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 58 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 国 立 大 学 法 人 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 常 時 勤 務 する 職 員 のうち

More information

プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の 状 況 未 曾 有 の 豊 かさ 少 子 化 効 率 化 さらにO

プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の 状 況 未 曾 有 の 豊 かさ 少 子 化 効 率 化 さらにO 今 後 の 幼 児 教 育 の 動 向 と 課 題 子 ども 子 育 て 新 システムと 保 育 の 質 国 立 特 別 支 援 教 育 総 合 研 究 所 小 田 豊 プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の

More information

まんのう 町 こども 園 保 育 園 に 関 する Q&A ~もくじ~ こども 園 の 利 用 について Q1. 1 号 認 定 2 号 認 定 3 号 認 定 って 何?... P.4 Q2. 短 時 間 利 用 と 長 時 間 利 用 の 違 いって 何?... P.4 Q3. 保 育 料 給

まんのう 町 こども 園 保 育 園 に 関 する Q&A ~もくじ~ こども 園 の 利 用 について Q1. 1 号 認 定 2 号 認 定 3 号 認 定 って 何?... P.4 Q2. 短 時 間 利 用 と 長 時 間 利 用 の 違 いって 何?... P.4 Q3. 保 育 料 給 まんのう 町 内 には 6 つのこども 園 と 1 つの 保 育 園 があります 希 望 により 施 設 を 選 べますが 定 員 を 超 えると 希 望 施 設 に 入 園 できない 場 合 がありますので あらかじめご 了 承 ください 施 設 名 電 話 まんのう 町 のこども 園 保 育 園 入 園 案 内 町 内 こども 園 保 育 園 一 覧 定 員 0 歳 児 1 2 歳 児 2 号

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131368140938C8B9E8C7C8F7091E58A77904588F582CC8BCE96B18E9E8AD481418B7889C9939982C98AD682B782E98B4B91A5814089FC32303130303632322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131368140938C8B9E8C7C8F7091E58A77904588F582CC8BCE96B18E9E8AD481418B7889C9939982C98AD682B782E98B4B91A5814089FC32303130303632322E646F63> 東 京 芸 術 大 学 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 改 正 平 成 17 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 21 年 5 月 11 日 平 成 21 年 7 月 17 日 平 成 22 年 3 月 30 日 平 成 22 年 6 月 22 日 第 1 章 総

More information

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱 防 府 市 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 齢 者 のうち 国 民 年 金 制 度 上 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできない 在 日 外 国 人 及 び 帰 国 者 等 に 対 し 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 ( 以 下 給 付 金 という )を

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 410 22 年 度 375,873 376,283 ( 0.11) 0.11

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 410 22 年 度 375,873 376,283 ( 0.11) 0.11 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 (22 年 度 末 ) A B 22 年 度 1,025,619 539,469,112 4,455,499 151,781,717 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 22 年 度 の 件 費 率 28.1 27.9 (2)

More information