Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download ""

Transcription

1 資 料 10 山 梨 県 まち ひと し ごと 創 生 人 口 ビジョン ( 中 間 報 告 )

2

3 山 梨 県 まち ひと しごと 創 生 人 口 ビジョン 中 間 報 告 山 梨 県 人 口 減 少 対 策 戦 略 本 部 平 成 27 年 6 月

4 目 次 1 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 1 2 人 口 の 現 状 分 析 (1) 人 口 動 向 分 析 総 人 口 2 自 然 増 減 4 社 会 増 減 9 自 然 増 減 と 社 会 増 減 の 影 響 18 (2) 将 来 の 人 口 推 計 と 分 析 20 (3) 人 口 の 変 化 が 地 域 の 将 来 に 与 える 影 響 の 分 析 考 察 23 3 人 口 の 将 来 展 望 (1) 将 来 展 望 に 必 要 な 調 査 分 析 24 (2) 目 指 すべき 将 来 の 方 向 27 (3) 人 口 の 将 来 展 望 27 4 経 過 及 びスケジュール 28

5 1 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 ( 本 県 の 状 況 ) 本 県 の 人 口 は 200 0( 平 成 12) 年 9 月 に 895,646 人 で 月 別 でのピークを 記 録 したが 200 2( 平 成 14) 年 に 減 少 に 転 じ 近 年 では 年 間 5 千 人 以 上 の 減 少 が 続 いている 2014( 平 成 26) 年 11 月 1 日 時 点 で 839,838 人 となり 198 7( 昭 和 62) 年 5 月 以 来 の 83 万 人 台 となった 2015( 平 成 27) 年 5 月 1 日 時 点 では 835,618 人 となっている ( 本 県 の 取 り 組 み) 本 県 では 人 口 減 少 に 関 する 対 策 を 全 庁 的 かつ 戦 略 的 に 推 進 するため 知 事 を 本 部 長 とし 全 部 局 長 を 構 成 員 とする 山 梨 県 人 口 減 少 対 策 戦 略 本 部 を 2014( 平 成 26) 年 8 月 に 設 置 した これまで 取 り 組 んできた 少 子 化 対 策 や 移 住 定 住 対 策 を 更 に 強 化 するとともに 地 域 の 活 力 を 将 来 にわたって 維 持 していくための 対 策 を 進 めてきた 人 口 減 少 に 歯 止 めをかけ 増 加 へと 反 転 させていくためには これまで 以 上 に 組 織 体 制 の 充 実 強 化 が 必 要 であることから 201 5( 平 成 27) 年 4 月 に 人 口 問 題 対 策 室 を 設 置 した ( 国 の 取 り 組 み) 国 では 201 4( 平 成 26) 年 9 月 に まち ひと しごと 創 生 本 部 を 設 置 した 2014( 平 成 26) 年 11 月 に まち ひと しごと 創 生 法 を 制 定 し 国 都 道 府 県 市 町 村 が 事 業 者 や 国 民 とともに 人 口 減 少 の 克 服 地 方 創 生 という 課 題 に 総 力 を 挙 げて 取 り 組 むことと した 2014( 平 成 26) 年 12 月 には 206 0( 平 成 72) 年 を 将 来 展 望 の 期 間 として 人 口 の 現 状 と 将 来 の 姿 を 示 し 今 後 目 指 すべき 将 来 の 方 向 を 提 示 する 国 の 長 期 ビジョン 及 び 今 後 5 箇 年 の 目 標 や 施 策 の 基 本 的 方 向 具 体 的 な 施 策 をまとめた 国 の 総 合 戦 略 を 策 定 した ( 地 方 版 人 口 ビジョン 及 び 総 合 戦 略 ) まち ひと しごと 創 生 法 では 都 道 府 県 市 町 村 にも 地 方 版 人 口 ビジョン 及 び 総 合 戦 略 の 策 定 を 努 力 義 務 として 規 定 しており 人 口 減 少 の 克 服 と 地 方 創 生 のための 施 策 を 実 施 するこ とが 求 められている 地 方 版 人 口 ビジョン 及 び 総 合 戦 略 については 国 の 長 期 ビジョンや 総 合 戦 略 を 勘 案 するととも に 地 方 公 共 団 体 における 人 口 の 現 状 及 び 将 来 の 見 通 しを 踏 まえたうえで 201 6( 平 成 28) 年 3 月 までに 策 定 することとされている ( 山 梨 県 まち ひと しごと 創 生 人 口 ビジョン) 本 県 が 策 定 する 山 梨 県 まち ひと しごと 創 生 人 口 ビジョン は 2060( 平 成 72) 年 を 見 据 え 202 7( 平 成 39) 年 のリニア 中 央 新 幹 線 開 業 時 及 び 開 業 後 の 本 県 の 姿 など 本 県 が 目 指 すべ き 将 来 の 方 向 と 人 口 の 将 来 展 望 を 提 示 することとし 2015( 平 成 27) 年 9 月 を 目 途 に 策 定 する ( 中 間 報 告 ) 策 定 に 先 立 ち 本 県 の 人 口 の 現 状 分 析 や 将 来 展 望 について 現 時 点 での 検 討 状 況 や 基 本 的 考 え 方 などを 中 間 報 告 として 取 りまとめた 1

6 2 人 口 の 現 状 分 析 (1) 人 口 動 向 分 析 総 人 口 高 度 経 済 成 長 期 以 降 200 0( 平 成 12) 年 頃 まで 人 口 増 加 を 続 け ピーク 時 (200 0( 平 成 12) 年 9 月 )には 89 万 人 台 まで 達 した 年 代 からは 減 少 に 転 じ 現 在 は 83 万 人 台 となっている 現 状 のままで 推 移 した 場 合 204 0( 平 成 52) 年 の 総 人 口 は 約 666,00 0 人 に なると 推 計 ( 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 )されている 1 総 人 口 の 推 移 実 測 値 推 計 値 図 表 1-1 総 人 口 の 推 移 ( 単 位 : 人 ) 年 人 口 583, , , , , , ,36 9 年 人 口 807, , , , , ,25 6 年 人 口 832, , , , , ,07 5 年 人 口 837, , , , , ,15 5 出 典 : 人 口 推 計 国 勢 調 査 ( 総 務 省 ) 日 本 の 地 域 別 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 25 年 3 月 推 計 ) ( 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 ) 2

7 ( 県 全 体 の 動 向 分 析 ) 本 県 の 総 人 口 は 第 二 次 世 界 大 戦 中 に 急 増 した 後 195 5( 昭 和 30) 年 頃 から 1970 年 代 の 前 半 までのいわゆる 高 度 経 済 成 長 期 に 緩 やかに 減 少 した 高 度 経 済 成 長 期 の 人 口 減 少 は 主 に 東 京 圏 への 人 口 流 出 があったためと 考 えられる 高 度 経 済 成 長 期 以 降 1975( 昭 和 50) 年 頃 から 200( 平 成 12) 年 頃 まで 人 口 増 加 を 続 け ピーク 時 (200 0( 平 成 12) 年 9 月 )には 89 万 人 台 まで 達 した この 間 年 代 1980 年 代 には 工 業 団 地 が 整 備 され 1980 年 代 には 中 央 自 動 車 道 が 全 線 開 通 したことにより 製 造 業 を 中 心 に 県 内 における 雇 用 環 境 が 向 上 した その 後 年 代 からは 本 県 人 口 は 減 少 に 転 じ 現 在 まで 人 口 減 少 が 続 いている 現 状 のままで 推 移 した 場 合 204 0( 平 成 52) 年 の 総 人 口 は 約 666, 000 人 になると 推 計 されて おり 201 0( 平 成 22) 年 と 比 較 して 2 割 以 上 減 少 すると 見 込 まれる 3

8 自 然 増 減 200 年 代 前 半 からは 死 亡 数 が 出 生 数 を 上 回 る 自 然 減 の 時 代 に 入 って いる 夫 や 妻 の 晩 婚 化 出 生 率 の 低 下 などの 影 響 により 出 生 数 が 減 少 している 近 年 母 親 世 代 となる 20~30 歳 代 の 若 年 女 性 人 口 が 大 幅 に 減 少 してい る 2 出 生 死 亡 の 推 移 図 表 1-2 出 生 死 亡 の 推 移 ( 単 位 : 人 ) 年 出 生 死 亡 自 然 増 減 ,909 15,290 6, ,429 11,815 10, ,925 10,828 10, ,594 11,102 10, ,714 10,402 10, ,590 22,807 4, ,36 8,419 12, ,659 6,332 9, ,787 6,48 6, ,721 6,396 6, ,269 6,470 5, ,872 6,003 5, ,014 6,143 3, ,843 6,213 3, ,582 6,606 1, ,83 7,168 1, ,374 7,297 1, ,149 8,291 1, ,651 9,268 2, ,198 9,441 3,243 出 典 : 人 口 動 態 統 計 ( 厚 生 労 働 省 ) 4

9 ( 県 全 体 の 動 向 分 析 ) 出 生 数 は 195 0( 昭 和 25) 年 に 21, 000 人 を 超 え その 後 196 0( 昭 和 35) 年 頃 にかけて 大 幅 に 減 少 した 後 横 ばいで 推 移 したが 197 5( 昭 和 50) 年 頃 から 減 少 傾 向 が 続 いている 2013( 平 成 25) 年 の 出 生 数 は 約 6,2 00 人 で 1970( 昭 和 45) 年 からの 約 40 年 間 で 半 数 程 度 に 減 少 している 死 亡 数 は 195 5( 昭 和 30) 年 から 199 0( 平 成 2) 年 頃 まで 横 ばいで 推 移 していたが その 後 老 年 人 口 の 増 加 とともに 増 える 傾 向 にある 自 然 増 減 ( 出 生 と 死 亡 による 増 減 )をみると 2000( 平 成 12) 年 頃 までは 出 生 数 は 減 少 傾 向 であったが 平 均 寿 命 が 延 びたため 自 然 増 であった 200 年 代 前 半 からは 死 亡 数 が 出 生 数 を 上 回 る 自 然 減 の 時 代 に 入 っている 5

10 3 初 婚 年 齢 の 推 移 図 表 1-3 初 婚 年 齢 の 推 移 ( 単 位 : 歳 ) 年 夫 ( 年 齢 ) 妻 ( 年 齢 ) 年 夫 ( 年 齢 ) 妻 ( 年 齢 ) 出 典 : 人 口 動 態 統 計 ( 厚 生 労 働 省 ) ( 県 全 体 の 動 向 分 析 ) 初 婚 年 齢 は 夫 妻 とも 上 昇 傾 向 が 続 き 200 5( 平 成 17) 年 には 夫 の 初 婚 年 齢 が 30 歳 を 超 えるなど 晩 婚 化 が 進 んでいる 6

11 4 若 年 (20~39 歳 ) 女 性 人 口 の 推 移 図 表 1-4 若 年 (20~39 歳 ) 女 性 人 口 の 推 移 ( 単 位 : 千 人 ) 年 20~24 歳 25~29 歳 30~34 歳 35~39 歳 計 出 典 : 人 口 推 計 国 勢 調 査 ( 総 務 省 ) ( 県 全 体 の 動 向 分 析 ) 母 親 世 代 となる 若 年 (20~39 歳 ) 女 性 人 口 は 1995( 平 成 7) 年 頃 までは 増 加 していたが そ の 後 減 少 に 転 じ 2013( 平 成 25) 年 には 約 86,00 人 となっている 特 に 20 代 の 女 性 は 1995( 平 成 7) 年 に 約 59,000 人 だったが 少 子 化 や 県 外 転 出 などにより 2013( 平 成 25) 年 では 約 39,00 人 となり 大 幅 に 減 少 している 7

12 5 出 生 数 及 び 合 計 特 殊 出 生 率 の 推 移 図 表 1-5 出 生 数 及 び 合 計 特 殊 出 生 率 の 推 移 年 出 生 数 ( 人 ) 合 計 特 殊 出 生 率 15,659 12,787 12,721 12,269 11,872 10,014 9,843 8, 年 出 生 数 ( 人 ) 合 計 特 殊 出 生 率 出 典 : 人 口 動 態 統 計 ( 厚 生 労 働 省 ) 8,83 8,374 7,149 6,651 6,412 6,336 6, ( 県 全 体 の 動 向 分 析 ) 出 生 数 は 198 0( 昭 和 55) 年 までは 10, 000 人 を 超 えていたが 夫 や 妻 の 晩 婚 化 母 親 世 代 人 口 の 減 少 合 計 特 殊 出 生 率 の 低 下 などの 影 響 により 減 少 傾 向 が 続 いており 201 3( 平 成 25) 年 には 約 6,2 00 人 となっている 合 計 特 殊 出 生 率 は 197 5( 昭 和 50) 年 頃 に 2.0を 下 回 り その 後 も 減 少 傾 向 が 続 き 201 3( 平 成 25) 年 には 1.44となっている 8

13 社 会 増 減 200 2( 平 成 14) 年 頃 のいわゆるITバブルの 崩 壊 以 後 年 代 前 半 か ら 一 貫 して 社 会 減 ( 県 外 への 転 出 超 過 )となっている 概 ね 20 歳 代 から 40 歳 代 で 転 出 超 過 特 に 20~24 歳 の 割 合 が 高 い 東 京 圏 への 転 出 がかなり 高 くなっている 6 県 外 転 入 県 外 転 出 の 推 移 図 表 1-6 県 外 転 入 県 外 転 出 の 推 移 ( 単 位 : 人 ) 年 県 外 転 入 県 外 転 出 社 会 増 減 ,487 22,242 9, ,325 24,023 10, ,889 25,718 6, ,686 24,768 5, ,15 20,845 2, ,618 18, ,349 18,321 2, ,675 17,337 3, ,575 18,191 1, ,778 17, ,547 16,136 1, ,070 14,438 1, ,39 14,720 2,321 出 典 : 住 民 基 本 台 帳 人 口 移 動 報 告 ( 総 務 省 ) 9

14 ( 県 全 体 の 動 向 分 析 ) 県 外 からの 転 入 については 1965( 昭 和 40) 年 頃 から 199 0( 平 成 2) 年 頃 までは 製 造 業 を 中 心 として 雇 用 環 境 の 向 上 を 背 景 に 20,0 00 人 程 度 で 推 移 していたが 2000( 平 成 12) 年 以 降 は 大 幅 に 減 少 している 1985( 昭 和 60) 年 頃 から 1990( 平 成 2) 年 頃 までは 中 央 自 動 車 道 全 線 開 通 や 工 業 団 地 の 整 備 な どの 影 響 により 大 幅 な 転 入 超 過 になっている 県 外 への 転 出 については 1970( 昭 和 45) 年 頃 まで 25, 000 人 程 度 で 推 移 していたが 1980( 昭 和 55) 年 頃 から 20,000 人 を 下 回 り 近 年 では 15,00 人 程 度 で 推 移 している 社 会 増 減 ( 県 外 転 入 と 県 外 転 出 による 増 減 )については 県 外 転 入 県 外 転 出 ともに 年 による 変 動 はあるものの 200 2( 平 成 14) 年 頃 のいわゆるITバブルの 崩 壊 以 後 年 代 前 半 から 一 貫 して 社 会 減 ( 県 外 への 転 出 超 過 )の 傾 向 が 続 いている 10

15 7 製 造 業 の 事 業 所 数 の 推 移 図 表 1-7 製 造 業 の 事 業 所 数 の 推 移 ( 単 位 : 事 業 所 ) 年 製 造 業 の 事 業 所 数 (20 人 以 上 ) 年 製 造 業 の 事 業 所 数 (20 人 以 上 ) 出 典 : 工 業 統 計 調 査 ( 経 済 産 業 省 ) ( 県 全 体 の 動 向 分 析 ) 1970 年 代 に 国 母 工 業 団 地 や 機 械 金 属 工 業 団 地 甲 西 工 業 団 地 が 整 備 され 年 代 には 中 央 自 動 車 道 全 線 開 通 釜 無 工 業 団 地 や 峡 北 富 士 北 麓 御 勅 使 の 各 工 業 団 地 が 整 備 されるなど 製 造 業 を 中 心 に 県 内 における 雇 用 環 境 が 向 上 し 事 業 所 数 は 増 加 した 1900 年 代 前 半 以 降 景 気 の 低 迷 や 社 会 経 済 情 勢 などの 影 響 により 事 業 所 数 は 減 少 している 11

16 8 年 齢 階 級 別 の 人 口 移 動 ( 純 移 動 数 )の 状 況 図 表 1-8 年 齢 階 級 別 の 人 口 移 動 の 状 況 ( 単 位 : 人 ) 年 齢 階 級 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 0~4 歳 ~9 歳 ~14 歳 ~19 歳 ~24 歳 1,577 1,339 1,405 1,784 25~29 歳 ~34 歳 ~39 歳 ~44 歳 ~49 歳 ~54 歳 ~59 歳 ~64 歳 ~69 歳 ~74 歳 ~79 歳 ~84 歳 ~89 歳 歳 以 上 総 数 1,368 1,846 1,278 2,321 純 移 動 数 : 県 外 転 入 者 数 - 県 外 転 出 者 数 ( 転 入 超 過 数 ) 出 典 : 住 民 基 本 台 帳 人 口 移 動 報 告 ( 総 務 省 ) 12

17 ( 県 全 体 の 動 向 分 析 ) 本 県 における 201 0( 平 成 22) 年 から 2013( 平 成 25) 年 の 人 口 移 動 の 状 況 をみると 全 年 齢 で は 県 外 への 転 出 超 過 となっており 概 ね 20 歳 代 から 40 歳 代 で 転 出 超 過 50 歳 代 から 80 歳 代 前 半 で 転 入 超 過 となっている この 間 毎 年 25~29 歳 では 転 出 超 過 数 が 拡 大 し 60~64 歳 では 転 入 超 過 数 が 減 少 している 転 出 超 過 の 年 代 区 分 では 20~24 歳 の 割 合 が 高 く これは 県 外 に 進 学 就 職 する 者 が 多 いこ とが 背 景 にあると 考 えられる また 転 入 超 過 に 占 める 60~64 歳 の 割 合 が 高 く これは 定 年 退 職 を 契 機 に 移 住 する 者 が 多 い ためと 考 えられる 13

18 9 地 域 ブロック 別 の 人 口 移 動 ( 純 移 動 数 )の 状 況 図 表 1-9 地 域 ブロック 別 の 人 口 移 動 の 状 況 地 域 ブロックの 区 分 は 下 記 のとおり 北 海 道 東 北 : 青 森 岩 手 宮 城 秋 田 山 形 福 島 北 関 東 : 茨 城 栃 木 群 馬 東 京 圏 : 埼 玉 千 葉 東 京 神 奈 川 中 部 : 新 潟 富 山 石 川 福 井 長 野 岐 阜 静 岡 愛 知 関 西 : 三 重 滋 賀 京 都 大 阪 兵 庫 奈 良 和 歌 山 中 国 : 鳥 取 島 根 岡 山 広 島 山 口 四 国 : 徳 島 香 川 愛 媛 高 知 九 州 沖 縄 : 福 岡 佐 賀 長 崎 熊 本 大 分 宮 崎 鹿 児 島 沖 縄 ( 単 位 : 人 ) 地 域 ブロック 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 北 海 道 東 北 北 関 東 東 京 圏 1,472 1,332 1,054 2,136 中 部 関 西 中 国 四 国 九 州 沖 縄 全 体 1,368 1,846 1,278 2,321 出 典 : 住 民 基 本 台 帳 人 口 移 動 報 告 ( 総 務 省 ) 14

19 ( 県 全 体 の 動 向 分 析 ) 2010( 平 成 22) 年 から 2013( 平 成 25) 年 の 人 口 移 動 の 状 況 を 地 域 別 にみると 山 梨 県 からは 東 京 圏 への 転 出 がかなり 高 くなっている 201( 平 成 23) 年 は 事 業 所 の 移 転 等 に 伴 い 東 北 への 転 出 割 合 が 高 くなっている 8で 分 析 した 転 出 超 過 の 年 代 区 分 では 20~24 歳 の 割 合 が 高 い ことを 合 わせて 考 察 すると 県 外 への 転 出 理 由 の 相 当 な 部 分 を 東 京 圏 への 進 学 就 職 が 占 めていることが 推 測 される 15

20 10 性 別 年 齢 階 級 別 の 人 口 移 動 の 長 期 的 動 向 Ⅰ. 女 性 図 表 年 齢 階 級 別 の 人 口 移 動 の 長 期 的 動 向 ( 女 性 ) ( 単 位 : 人 ) 年 齢 階 級 1980 年 1985 年 1985 年 1990 年 1990 年 1995 年 1995 年 2000 年 2000 年 2005 年 2005 年 2010 年 0~4 歳 5~9 歳 1, , ~9 歳 10~14 歳 ~14 歳 15~19 歳 ~19 歳 20~24 歳 2,743 2,460 1,427 2,340 2,204 3,348 20~24 歳 25~29 歳 , ,082 25~29 歳 30~34 歳 , ~34 歳 35~39 歳 1, , ~39 歳 40~44 歳 ~44 歳 45~49 歳 ~49 歳 50~54 歳 ~54 歳 55~59 歳 ~59 歳 60~64 歳 ~64 歳 65~69 歳 ~69 歳 70~74 歳 ~74 歳 75~79 歳 ~79 歳 80~84 歳 ~84 歳 85~89 歳 歳 ~ 90 歳 ~ 出 典 : 国 勢 調 査 ( 総 務 省 ) ( 県 全 体 の 動 向 分 析 ) 1980( 昭 和 55) 年 から 2010( 平 成 22) 年 まで 本 県 の 女 性 における 5 年 間 の 年 齢 階 級 別 の 県 外 移 動 をみると 全 ての 期 間 において 15~19 歳 が 20~24 歳 になるとき 大 幅 な 転 出 超 過 と なっている 1980( 昭 和 55) 年 から 1995( 平 成 7) 年 までの 3 期 には 20 歳 代 から 60 歳 代 までの 年 齢 層 に おいて 転 入 超 過 となっている 2005( 平 成 17) 年 から 2010( 平 成 22)では 転 出 超 過 となる 年 齢 階 級 層 が 拡 大 している 16

21 Ⅱ. 男 性 図 表 年 齢 階 級 別 の 人 口 移 動 の 長 期 的 動 向 ( 男 性 ) ( 単 位 : 人 ) 年 齢 階 級 1980 年 1985 年 1985 年 1990 年 1990 年 1995 年 1995 年 2000 年 2000 年 2005 年 2005 年 2010 年 0~4 歳 5~9 歳 1, , ~9 歳 10~14 歳 ~14 歳 15~19 歳 ~19 歳 20~24 歳 3,077 3, ,416 2,501 3,805 20~24 歳 25~29 歳 2, , ,119 2,114 25~29 歳 30~34 歳 2,279 1,405 2, ~34 歳 35~39 歳 1,602 1,247 1, ~39 歳 40~44 歳 901 1,003 1, ~44 歳 45~49 歳 , ~49 歳 50~54 歳 ~54 歳 55~59 歳 ~59 歳 60~64 歳 ~64 歳 65~69 歳 ~69 歳 70~74 歳 ~74 歳 75~79 歳 ~79 歳 80~84 歳 ~84 歳 85~89 歳 歳 ~ 90 歳 ~ 出 典 : 国 勢 調 査 ( 総 務 省 ) ( 県 全 体 の 動 向 分 析 ) 1980( 昭 和 55) 年 から 2010( 平 成 22) 年 まで 本 県 の 男 性 における 5 年 間 の 年 齢 階 級 別 の 県 外 移 動 をみると 全 ての 期 間 において 15~19 歳 が 20~24 歳 になるとき 大 幅 な 転 出 超 過 と なっている 1980( 昭 和 55) 年 から 1995( 平 成 7) 年 までの 3 期 には 20 歳 代 から 60 歳 代 までの 年 齢 層 に おいて 転 入 超 過 となっている 2000( 平 成 12) 年 から 2005( 平 成 17)では 転 出 超 過 となる 年 齢 階 級 層 が 拡 大 している 17

22 自 然 増 減 と 社 会 増 減 の 影 響 200 1( 平 成 13) 年 以 降 は 社 会 減 の 時 代 に 入 り 200 4( 平 成 16) 年 からの 自 然 減 と 合 わせて 急 激 な 人 口 減 少 局 面 を 迎 えている 11 総 人 口 の 推 移 に 与 えてきた 自 然 増 減 と 社 会 増 減 の 影 響 図 表 1-11 総 人 口 の 推 移 に 与 えてきた 自 然 増 減 と 社 会 増 減 の 影 響 ( 単 位 : 人 ) 年 自 然 増 減 9,705 9,327 8,36 7,011 7,598 6,806 6,29 6,661 5,656 6,717 6,22 6,325 社 会 増 減 11,454 9,75 11,69 13,809 12,75 13,591 10,698 10,674 1,682 7,43 7,827 6,829 計 1, ,33 6,798 5,177 6,785 4,39 4,013 6, , 年 自 然 増 減 3,345 7,247 6,701 6,163 5,799 6,326 6,376 6,635 6,045 5,869 5,652 5,239 社 会 増 減 6,051 5,182 6,302 5,633 5,082 4,101 3,901 2,740 1,358 2,690 2,07 1,438 計 2,706 2, ,225 2,475 3,895 4,687 3,179 3,645 3,801 年 自 然 増 減 4,979 4,702 3,871 3,677 3,900 3,609 3,835 3,630 2,983 3,761 2,595 2,471 社 会 増 減 1,774 1, ,224 1,095 2,028 1, ,395 1,516 計 3,205 3,696 3,647 3,412 3,863 4,833 4,930 5,658 4,499 3,995 3,90 3,987 年 自 然 増 減 1,976 2,480 2,228 1,810 2,415 1,665 1,935 1,749 1, , 社 会 増 減 3,338 2,513 1,120 2,426 2,348 1,384 1, ,373 計 5,314 4,993 3,348 4,236 4,763 3,049 3,067 2,046 1,579 1,067 1, 年 自 然 増 減 ,142 1,286 1,359 1,828 1,965 2,617 2,946 3,219 3,243 社 会 増 減 1,343 2,14 1,084 1,589 2,428 2,507 3,517 1,182 1,368 1,846 1,278 2,321 計 882 2,11 1,39 2,731 3,714 3,866 5,345 3,147 3,985 4,792 4,497 5,564 出 典 : 人 口 動 態 統 計 ( 厚 生 労 働 省 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 移 動 報 告 ( 総 務 省 ) 18

23 ( 県 全 体 の 動 向 分 析 ) 2003( 平 成 15) 年 までは 自 然 増 であった 195 4( 昭 和 29) 年 から 1982( 昭 和 57) 年 までは 社 会 減 の 状 況 が 続 いており 中 でも 197 3( 昭 和 48) 年 頃 までのいわゆる 高 度 経 済 成 長 期 には 東 京 圏 などへの 転 出 により 社 会 減 の 傾 向 が 顕 著 であった その 後 社 会 減 は 減 少 幅 を 縮 小 しながら 198 2( 昭 和 57) 年 まで 続 いた 1954( 昭 和 29) 年 から 196( 昭 和 41) 年 までは 社 会 減 が 自 然 増 を 上 回 り 人 口 は 減 少 した が その 後 社 会 減 が 緩 和 されたことで 200 0( 平 成 12) 年 までは 人 口 が 増 加 していた 1967( 昭 和 42) 年 から 1982( 昭 和 57) 年 までの 人 口 増 は 自 然 増 が 社 会 減 を 上 回 っていたも のであり 198 3( 昭 和 58) 年 から 200 0( 平 成 12) 年 までの 人 口 増 は 自 然 増 とともに これ までの 社 会 減 が 社 会 増 に 転 じたものである 2003( 平 成 15) 年 まで 自 然 増 が 続 いていたが これは 母 親 世 代 人 口 の 減 少 や 出 生 率 低 下 によ る 出 生 数 が 減 少 する 中 で 平 均 寿 命 の 延 びを 背 景 として 死 亡 数 が 少 なかったこと 等 によるもの である ITバブル 崩 壊 の 兆 しが 見 え 始 めた 200 1( 平 成 13) 年 以 降 は 社 会 減 の 時 代 に 入 り 200 4( 平 成 16) 年 からの 自 然 減 と 合 わせて 急 激 な 人 口 減 少 局 面 を 迎 えている 19

24 (2) 将 来 の 人 口 推 計 と 分 析 204 0( 平 成 52) 年 の 総 人 口 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 の 推 計 準 拠 日 本 創 成 会 議 の 推 計 準 拠 約 66 万 6 千 人 約 64 万 人 1 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 ( 社 人 研 )と 日 本 創 成 会 議 の 推 計 準 拠 による 総 人 口 推 計 の 比 較 図 表 2-1 社 人 研 推 計 準 拠 と 創 成 会 議 推 計 準 拠 による 総 人 口 推 計 の 比 較 ( 単 位 : 人 ) 年 社 人 研 推 計 準 拠 863, , , , , ,421 創 成 会 議 推 計 準 拠 863, , , , , ,048 年 社 人 研 推 計 準 拠 666, , , , ,425 創 成 会 議 推 計 準 拠 639, 出 典 : 日 本 の 地 域 別 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 25 年 3 月 推 計 ) ( 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 ) 全 国 市 区 町 村 別 20~39 歳 女 性 の 将 来 推 計 人 口 ( 日 本 創 成 会 議 ) 20

25 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 による 推 計 準 拠 自 然 増 減 出 生 に 関 する 仮 定 2010( 平 成 22) 年 の 全 国 の 子 ども 女 性 比 と 各 市 町 村 の 子 ども 女 性 比 との 比 率 をとり そ の 比 率 が 201 5( 平 成 27) 年 以 降 204 0( 平 成 52) 年 まで 一 定 と 仮 定 子 ども 女 性 比 :15~49 歳 女 性 人 口 に 対 する 0~4 歳 人 口 の 比 死 亡 に 関 する 仮 定 ( 生 残 率 ) 65 歳 未 満 では 全 国 と 都 道 府 県 の 200 5( 平 成 17) 年 201 0( 平 成 22) 年 の 男 女 年 齢 別 生 残 率 の 比 率 が 2040( 平 成 52) 年 までに 二 分 の 一 となるよう 仮 定 65 歳 以 上 では 都 道 府 県 と 市 町 村 の 200( 平 成 12) 年 200 5( 平 成 17) 年 の 男 女 年 齢 別 生 残 率 の 比 率 が 2040( 平 成 52) 年 まで 一 定 となるよう 仮 定 社 会 増 減 移 動 に 関 する 仮 定 205( 平 成 17)~201 0( 平 成 22) 年 に 観 察 された 市 町 村 別 男 女 年 齢 別 純 移 動 率 を ( 平 成 27) 年 ~202 0( 平 成 32) 年 にかけて 定 率 で 概 ね 二 分 の 一 に 縮 小 させ 202 0( 平 成 32) 年 以 降 については その 縮 小 させた 値 を 一 定 と 仮 定 生 残 率 :ある 年 齢 (x 歳 )の 人 口 が 5 年 度 の(x+5 歳 )になるまで 生 き 残 る 確 率 純 移 動 率 :ある 地 域 人 口 に 対 する 他 地 域 間 との 転 入 超 過 数 の 割 合 転 入 超 過 数 = 転 入 者 数 - 転 出 者 数 日 本 創 成 会 議 による 推 計 準 拠 自 然 増 減 社 人 研 推 計 準 拠 と 同 様 社 会 増 減 移 動 に 関 する 仮 定 全 国 の 移 動 総 数 が 社 人 研 の 201 0( 平 成 22) 年 ~2015( 平 成 27) 年 の 推 計 値 から 縮 小 せ ずに 203 5( 平 成 47) 年 ~2040( 平 成 52) 年 までに 概 ね 同 水 準 で 推 移 すると 仮 定 ( 県 全 体 の 将 来 推 計 ) 2040( 平 成 52) 年 の 総 人 口 は 社 人 研 の 推 計 準 拠 で 約 666, 000 人 日 本 創 成 会 議 の 推 計 準 拠 で 約 640,000 人 となっており 約 26,0 00 人 の 差 が 生 じている 21

26 2 人 口 減 少 段 階 の 分 析 図 表 2-2 人 口 減 少 段 階 第 1 段 階 : 老 年 人 口 の 増 加 年 少 生 産 年 齢 人 口 の 減 少 第 2 段 階 : 老 年 人 口 の 維 持 微 減 ( 減 少 率 0~10% 未 満 ) 年 少 生 産 年 齢 人 口 の 減 少 第 3 段 階 : 老 年 人 口 の 減 少 ( 減 少 率 10% 以 上 ) 年 少 生 産 年 齢 人 口 の 減 少 老 年 人 口 の 減 少 率 は ピーク 時 を 基 準 としている 年 総 数 0~14 歳 ( 年 少 人 口 ) 社 人 研 準 拠 により 2010 年 の 人 口 を 100 とし 各 年 の 人 口 を 指 数 化 した 15~64 歳 ( 生 産 年 齢 人 口 ) 65 歳 以 上 ( 老 年 人 口 ) ( 県 全 体 の 将 来 推 計 ) 人 口 減 少 の 段 階 を 国 が 示 した 手 法 (2010( 平 成 22) 年 の 人 口 を 10として 204 0( 平 成 52) 年 の 推 計 人 口 を 指 数 で 比 較 したもの)でみると 本 県 の 人 口 減 少 段 階 は 第 1 段 階 に 該 当 す る その 後 老 年 人 口 の 微 減 が 続 いた 後 老 年 人 口 も 減 少 していく 第 3 段 階 に 推 移 していく 22

27 (3) 人 口 の 変 化 が 地 域 の 将 来 に 与 える 影 響 の 分 析 考 察 本 県 の 総 人 口 は 202( 平 成 14) 年 に 減 少 に 転 じ 減 り 続 けている 現 状 のまま 推 移 した 場 合 地 域 の 産 業 や 福 祉 などに 大 きな 影 響 が 懸 念 される 人 口 減 少 が 地 域 に 与 える 影 響 ( 想 定 される 主 なもの) 産 業 地 域 経 済 が 停 滞 又 は 縮 小 する 耕 作 放 棄 地 や 荒 廃 した 森 林 が 一 層 増 加 する 医 療 福 祉 少 子 高 齢 化 により 社 会 保 障 制 度 の 維 持 が 困 難 になる 医 療 介 護 サービスが 低 下 する 子 育 て 教 育 若 年 女 性 人 口 が 更 に 減 少 し 一 層 少 子 化 が 懸 念 される 核 家 族 化 や 世 帯 の 小 規 模 化 により 家 庭 の 養 育 機 能 が 低 下 する 地 域 コミュニティ 地 域 コミュニティや 集 落 などを 維 持 することが 困 難 になる 過 疎 地 域 では 買 い 物 や 医 療 などのサービスが 身 近 で 受 けられなくなる 自 治 体 運 営 本 県 経 済 の 停 滞 により 税 収 が 減 少 する 県 内 の 公 共 施 設 の 維 持 管 理 が 困 難 になる 23

28 3 人 口 の 将 来 展 望 (1) 将 来 展 望 に 必 要 な 調 査 分 析 人 口 の 将 来 を 展 望 するに 当 たり 住 民 の 結 婚 出 産 子 育 て 等 に 関 する 意 識 や 希 望 移 住 に 関 する 希 望 大 学 卒 業 後 の 就 職 に 関 する 意 向 などの 調 査 を 実 施 し その 分 析 結 果 を 本 県 人 口 ビジョンに 反 映 していく これらの 調 査 のうち 現 時 点 で 把 握 できる 調 査 の 集 計 結 果 を 取 りまとめた 山 梨 県 結 婚 出 産 子 育 て 等 に 関 する 県 民 アンケート 調 査 1 対 象 : 約 7,000 人 ( 一 般 ) 本 県 に 在 住 する 18 歳 以 上 35 歳 未 満 の 独 身 男 女 : 約 3,00 人 本 県 に 在 住 する 50 歳 未 満 の 夫 婦 ( 対 象 : 妻 ) : 約 3,0 00 人 ( 学 生 ) 本 県 の 大 学 に 在 籍 している 学 生 : 約 1,000 人 ( 男 女 : 各 50 人 ) 2 調 査 実 施 期 間 ( 一 般 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 ~15 日 ( 学 生 ) 平 成 27 年 6 月 15 日 ~29 日 3 主 な 集 計 結 果 5 月 18 日 までの 集 計 結 果 ( 回 答 数 :1,440 人 独 身 :620 人 既 婚 :820 人 ) 独 身 総 数 :620 人 いずれ 結 婚 するつもり が9 割 を 超 えている 結 婚 への 障 害 は 経 済 的 理 由 が 多 い (a) 結 婚 に 対 する 考 え 回 答 人 数 割 合 1. いずれ 結 婚 するつもり 565 人 91.1% 2. 一 生 結 婚 するつもりはない 50 人 8.1% (b) 結 婚 への 障 害 ( 一 年 以 内 に 結 婚 する 場 合 )( 上 位 3 項 目 ) 回 答 人 数 割 合 1. 障 害 になることがあると 思 う 418 人 74.0% 結 婚 資 金 ( 挙 式 や 新 生 活 の 準 備 のための 費 用 ) 113 人 27.0 % 将 来 の 生 活 資 金 107 人 25.6 % 学 校 や 学 業 上 の 問 題 52 人 12.4 % 2. 障 害 になることはないと 思 う 123 人 21.8% 24

29 (c) 独 身 でいる 理 由 ( 上 位 3 項 目 ) 回 答 人 数 割 合 適 当 な 相 手 にまだめぐり 会 わないから 147 人 26.0% 結 婚 するにはまだ 若 すぎるから 94 人 16.6% 今 は 仕 事 (または 学 業 )にうちこみたいから 82 人 14.5% 既 婚 総 数 :820 人 年 齢 や 健 康 を 理 由 に 理 想 の 子 ども 数 を 実 現 できないと 回 答 した 方 が 過 半 数 を 超 えている 約 半 数 が 子 育 ての 支 援 制 度 や 施 設 を 利 用 していない (a) 結 婚 を 決 めた 直 接 のきっかけ( 上 位 3 項 目 ) 回 答 人 数 割 合 年 齢 的 に 適 当 な 時 期 だと 感 じた 450 人 54.9 % できるだけ 早 く 一 緒 に 暮 らしたかった 207 人 25.2 % 子 どもができた 116 人 14.1 % (b) 理 想 の 子 ども 数 を 実 現 できない 原 因 ( 上 位 3 項 目 ) 回 答 人 数 割 合 年 齢 や 健 康 上 の 理 由 で 子 どもができないこと 116 人 53.0 % 収 入 が 不 安 定 なこと 64 人 29.2 % 自 分 や 夫 の 仕 事 ( 勤 めや 家 業 )の 事 情 44 人 20.1 % (c) 子 育 て 時 に 利 用 した 支 援 制 度 や 施 設 ( 第 1 子 )( 上 位 3 項 目 ) 回 答 人 数 割 合 どれも 利 用 しなかった 321 人 46.2 % 産 前 産 後 休 暇 制 度 183 人 26.3 % 育 児 休 業 制 度 ( 妻 ) 156 人 22.4 % 25

30 共 通 総 数 :1,440 人 子 育 て 環 境 の 整 備 と 雇 用 の 場 の 確 保 を 求 める 意 見 が 多 い 目 指 すべき 人 口 規 模 は 約 4 割 の 方 が 90 万 人 以 上 と 回 答 している (a) 人 口 確 保 対 策 として 行 政 が 取 り 組 むべき 施 策 ( 上 位 3 項 目 ) 回 答 人 数 割 合 子 育 てしやすい 環 境 づくり 695 人 48.3% 県 内 企 業 の 発 展 による 雇 用 の 場 の 確 保 670 人 46.5% 大 学 企 業 等 の 誘 致 382 人 26.5% (b) 山 梨 県 が50 年 後 目 指 すべき 人 口 規 模 回 答 人 数 割 合 万 人 以 上 241 人 16.7% 万 人 から10 万 人 未 満 344 人 23.9% 万 人 以 上 90 万 人 未 満 311 人 21.6% 万 人 から80 万 人 未 満 80 人 5.6% 万 人 未 満 32 人 2.2% 6. わからない 413 人 28.7% 26

31 (2) 目 指 すべき 将 来 の 方 向 本 県 人 口 ビジョンにおける 現 時 点 での 分 析 の 結 果 は 次 のとおりである 自 然 減 合 計 特 殊 出 生 率 は 近 年 減 少 傾 向 が 続 き 2013( 平 成 25) 年 には 1.44となっており 出 生 数 の 減 少 に 歯 止 めがかかっていない 母 親 世 代 となる 若 年 女 性 人 口 は 199 5( 平 成 7) 年 頃 までは 増 加 していたが その 後 少 子 化 や 県 外 転 出 などにより 減 少 している 社 会 減 1985( 昭 和 60) 年 頃 から 1990( 平 成 2) 年 頃 までは 中 央 自 動 車 道 全 線 開 通 や 工 業 団 地 の 整 備 などの 影 響 により 大 幅 な 転 入 超 過 になっていたが 200 年 代 以 降 景 気 低 迷 や 社 会 経 済 情 勢 などの 影 響 により 県 内 の 雇 用 環 境 が 厳 しくなったため 男 女 とも 生 産 年 齢 人 口 (15~64 歳 )の 転 出 傾 向 が 高 くなっている 若 者 の 希 望 する 進 学 先 や 雇 用 の 場 が 県 内 に 不 足 していることなどから 15~19 歳 が 20~24 歳 になるとき 及 び 20~24 歳 が 25~29 歳 になるときの 進 学 や 就 職 時 に 男 女 と も 東 京 圏 へ 転 出 する 傾 向 が 高 い これらの 分 析 の 結 果 を 踏 まえ 人 口 減 少 に 歯 止 めをかけ 増 加 へと 反 転 させていくためには 次 の 対 策 を 講 じていく 必 要 がある 雇 用 人 の 流 れ 基 幹 産 業 の 発 展 や 本 県 の 特 性 を 活 かした 新 産 業 の 創 出 企 業 の 誘 致 などにより 新 た な 雇 用 の 場 を 確 保 し 転 出 の 抑 制 と 転 入 の 促 進 を 図 る 人 材 育 成 各 産 業 の 担 い 手 の 養 成 や 子 どもの 希 望 をかなえる 教 育 環 境 の 整 備 などにより 時 代 や 地 域 のニーズに 合 った 人 材 を 育 成 する 子 育 て 環 境 子 育 て 世 代 が 安 心 して 子 どもを 生 み 育 てることができる 環 境 や 男 女 とも 働 きやすい 環 境 を 整 備 する (3) 人 口 の 将 来 展 望 2060( 平 成 72) 年 を 対 象 期 間 とし 202 7( 平 成 39) 年 のリニア 中 央 新 幹 線 開 業 時 など 中 間 時 点 の 人 口 を 含 む 将 来 の 展 望 を 示 す 27

32 4 経 過 及 びスケジュール 山 梨 県 国 H26 7 月 まち ひと しごと 創 生 本 部 準 備 室 設 置 8 月 山 梨 県 人 口 減 少 対 策 戦 略 本 部 設 置 9 月 人 口 減 少 対 策 県 市 町 村 連 絡 会 議 設 置 まち ひと しごと 創 生 本 部 設 置 11 月 まち ひと しごと 創 生 法 成 立 12 月 まち ひと しごと 創 生 長 期 ビジョン まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 策 定 H27 2 月 地 方 創 生 コンシェルジュ 制 度 創 設 3 月 地 域 住 民 生 活 等 緊 急 支 援 のための 交 付 金 交 付 決 定 4 月 人 口 問 題 対 策 室 設 置 市 町 村 支 援 窓 口 設 置 地 方 創 生 人 材 支 援 制 度 創 設 地 域 経 済 分 析 システム 運 用 開 始 5 月 アンケートの 実 施 結 婚 出 産 子 育 て 等 に 関 する 意 識 希 望 移 住 に 関 する 希 望 大 学 卒 業 後 の 就 職 に 関 する 意 向 など 6 月 中 間 報 告 山 梨 県 まち ひと しごと 創 生 人 口 ビジョン 山 梨 県 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 7 月 9 月 外 部 有 識 者 会 議 開 催 外 部 有 識 者 会 議 開 催 山 梨 県 まち ひと しごと 創 生 人 口 ビジョン 策 定 11 月 12 月 外 部 有 識 者 会 議 開 催 山 梨 県 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 策 定 28

192 1925 193 1935 194 1945 195 1955 196 1965 197 1975 198 1985 199 1995 2 25 21 215 22 225 23 235 24 245 25 255 26 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 1 人

192 1925 193 1935 194 1945 195 1955 196 1965 197 1975 198 1985 199 1995 2 25 21 215 22 225 23 235 24 245 25 255 26 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 1 人 北 海 道 人 口 ビジョン 骨 子 全 体 構 成 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 1 人 口 動 向 分 析 (1) 時 系 列 による 人 口 動 向 分 析 1 年 齢 3 区 分 別 人 口 の 推 移 と 将 来 推 計 2 自 然 増 減 ( 出 生 死 亡 )の 推 移 (ⅰ) 出 生 数 死 亡 数 の 推 移 (ⅱ) 出 生 数 合 計 特 殊 出 生 率 の 推 移 3 社 会

More information

Ⅰ 平成14年度の状況

Ⅰ 平成14年度の状況 資 料 3-2 平 成 23 度 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 23 度 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 数 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平

More information

Microsoft Word - 国民年金の加入納付状況H25

Microsoft Word - 国民年金の加入納付状況H25 平 成 25 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 25 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平 成 25 の 保 険 料

More information

Ⅰ 平成14年度の状況

Ⅰ 平成14年度の状況 平 成 22 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 22 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 数 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平 成 22 の 保 険

More information

日 本 の 地 域 別 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 25(2013) 年 3 月 推 計 ) - 平 成 22(2010)~52(2040) 年 - Ⅰ. 推 計 方 法 の 概 要... 1 1. 推 計 期 間... 1 2. 推 計 の 対 象 となる... 1 3. 推 計 方 法... 2 4. 基 準 人 口... 2 5. 将 来 の 生 残 率... 2 6. 将 来 の 純

More information

Microsoft Word - 概況(確定版).doc

Microsoft Word - 概況(確定版).doc 平 成 25 年 2 月 28 日 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 小 野 暁 史 課 長 補 佐 關 雅 夫 ( 内 線 7471) 計 析 第 一 係 ( 内 線 7470) ( 代 表 電 話 ) 03(5253)1111 ( 直 通 電 話 ) 03(3595)2812 ( F A X ) 03(3595)1670 平 成

More information

1 福 岡 市 の 将 来 人 口 推 計 ( 基 礎 資 料 ) 平 成 24 年 3 月 福 岡 市 総 務 企 画 局 企 画 調 整 部 目 次 1 福 岡 市 の 人 口 動 向 1-1 人 口 及 び 世 帯 の 概 況 1 (1) 総 人 口 男 女 別 人 口 1 (2) 人 口 動 態 2 (3) 区 別 人 口 4 (4) 年 齢 階 層 別 (3 区 分 ) 人 口 5 (5) 昼

More information

<5461726F2D30362D955C8E8648313681699286955C8E86816A2E6A7464>

<5461726F2D30362D955C8E8648313681699286955C8E86816A2E6A7464> 参 考 人 権 教 育 のための 国 連 10 年 に 係 る 各 都 道 府 県 の 取 組 状 況 について 人 権 教 育 のための 国 連 10 年 に 係 る 各 都 道 府 県 の 取 組 状 況 について 人 権 教 育 のための 国 連 10 年 推 進 本 部 は, 平 成 9 年 7 月 に 人 権 教 育 のた めの 国 連 10 年 に 関 する 国 内 行 動 計 画 を

More information

○00表紙

○00表紙 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 廣 瀨 滋 樹 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 山 口 浩 司 ( 内 線 7475) 担 当 係 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 27 年 人 口 動 態 統 計 月 報

More information

○00表紙

○00表紙 結 果 の 概 要 1 結 果 の 要 約 (1) 出 生 数 は 減 少 出 生 数 は1 万 3532 人 で 前 年 の12 万 9816 人 より2 万 6284 人 減 少 し 出 生 率 ( 人 口 千 対 ) は 8.で 前 年 の8.2を 下 回 った 出 生 数 を 母 の 年 齢 (5 歳 階 級 ) 別 にみると 2~39 歳 の 各 階 級 では 前 年 より 減 少 しているが

More information

設 問 一 覧 全 員 にお 聞 きします 103 万 円 の 壁 130 万 円 の 壁 について 知 っていますか?...(SA) あなたの 年 収 を 教 えてください...(SA) 年 収 が 103 万 円 以 下 103 万 円 超 130 万 円 以 下 と 答 えた 人 あなたは 年

設 問 一 覧 全 員 にお 聞 きします 103 万 円 の 壁 130 万 円 の 壁 について 知 っていますか?...(SA) あなたの 年 収 を 教 えてください...(SA) 年 収 が 103 万 円 以 下 103 万 円 超 130 万 円 以 下 と 答 えた 人 あなたは 年 まとめ 全 国 の 主 婦 736 人 (うち 専 業 主 婦 53.5% フルタイム18.2% パート アルバイト/ が28.3%)に 最 近 見 直 しの 議 論 が 始 まった 配 偶 者 控 除 について 聞 いた まず 年 収 103 万 円 を 超 えると 世 帯 の 所 得 税 負 担 が 増 加 する 103 万 円 の 壁 年 収 130 万 円 を 超 えると 配 偶 者 の 社

More information

<4D F736F F F696E74202D E38BA A A8D9195DB91678D8795E28F958CA992BC82B DC58F4994C52E >

<4D F736F F F696E74202D E38BA A A8D9195DB91678D8795E28F958CA992BC82B DC58F4994C52E > 23.9.28 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 説 明 資 料 国 民 健 康 保 険 組 合 に 対 する 補 助 の 見 直 しについて 平 成 23 年 9 月 28 日 厚 生 労 働 省 保 険 局 国 民 健 康 保 険 課 1 国 民 健 康 保 険 組 合 の 概 要 同 種 の 事 業 又 は 業 務 に 従 事 する 従 業 員 等 を 組 合 員 として 組 織 された

More information

小山市保育所整備計画

小山市保育所整備計画 第 1 章 計 画 策 定 にあたり 1. 計 画 策 定 の 趣 旨 (1) 本 格 的 な 少 子 化 時 代 の 到 来 近 年 合 計 特 殊 出 生 率 の 急 速 な 低 下 とともに 総 人 口 が 減 少 傾 向 にあるなど 我 が 国 は 本 格 的 な 少 子 化 時 代 を 迎 えようとしています 少 子 化 の 進 行 は 家 族 生 活 や 地 域 社 会 の 変 容 のほか

More information

1.H26年エイズ発生動向年報ー概要

1.H26年エイズ発生動向年報ー概要 Ⅰ. 平 成 26(2014) 年 エイズ 発 生 動 向 概 要 厚 生 労 働 省 エイズ 動 向 委 員 会 エイズ 動 向 委 員 会 は 3 ヶ 月 ごとに 委 員 会 を 開 催 し 都 道 府 県 等 からの 報 告 に 基 づき 日 本 国 内 の 患 者 発 生 動 向 を 把 握 し 公 表 している 本 稿 では 平 成 26(2014) 年 1 年 間 の 発 生 動 向 の

More information

3 節 農 業 経 営 体 と 農 業 就 業 者 の 動 向 農 業 就 業 人 口 の 平 均 年 齢 は 多 くの 地 域 において 65 歳 を 超 えていますが 都 道 府 県 別 にみると その 様 相 は 異 なります 広 島 県 (70.4 歳 ) 山 口 県 (70.3 歳 ) 島

3 節 農 業 経 営 体 と 農 業 就 業 者 の 動 向 農 業 就 業 人 口 の 平 均 年 齢 は 多 くの 地 域 において 65 歳 を 超 えていますが 都 道 府 県 別 にみると その 様 相 は 異 なります 広 島 県 (70.4 歳 ) 山 口 県 (70.3 歳 ) 島 () 農 業 就 業 者 の 動 向 ( 農 業 就 業 人 口 は 引 き 続 き 減 少 高 齢 化 ) 農 業 就 業 人 口 は 平 成 (010) 年 には 61 万 人 となり 平 成 1(000) 年 と 比 べ 33% 平 成 17(005) 年 と 比 べ % 減 少 しています 1 この 減 少 の 要 因 は 高 齢 化 による 離 農 のほか 小 規 模 農 家 の 農 業

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087408261955C8E86819596DA8E9F81409299927E2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087408261955C8E86819596DA8E9F81409299927E2E646F63> 資 料 第 1196 号 平 成 21 全 国 消 費 実 態 調 査 調 査 結 果 貯 蓄 負 債 編 広 島 県 統 計 課 目 次 用 語 の 解 説 1 貯 蓄 負 債 の 範 囲 と 内 容 3 結 果 の 概 要 貯 蓄 現 在 高 の 時 系 列 推 移 5 貯 蓄 現 在 高 の 種 類 別 保 有 率 の 推 移 7 負 債 現 在 高 の 時 系 列 推 移 1 住 宅 土 地

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 23 年 11 月 24 日 第 49 回 社 会 保 障 審 議 会 医 療 保 険 部 会 資 料 5 国 保 組 合 の 国 庫 補 助 の 見 直 しについて 平 成 23 年 11 月 24 日 厚 生 労 働 省 保 険 局 国 民 健 康 保 険 組 合 の 概 要 同 種 の 事 業 又 は 業 務 に 従 事 する 従 業 員 等 を 組 合 員 として 組 織 された 国

More information

aaaH26年度 医療費の動向_プレスリリース

aaaH26年度 医療費の動向_プレスリリース Press Release 報 道 関 係 者 各 位 平 成 27 年 9 月 3 日 照 会 先 保 険 局 調 査 課 課 長 秋 田 倫 秀 ( 内 線 3291) 数 理 企 画 官 鎌 田 真 隆 ( 内 線 3293) 担 当 係 医 療 機 関 医 療 費 係 ( 内 線 3298) 電 話 : 03(5253)1111 ( 代 表 ) 03(3595)2579 ( 直 通 ) 平

More information

49.6 1

49.6 1 49.6 1 t-co2 120 100 80 60 40 20 0 2 4 8 40 52 53 53 59 64 79 83 83 108 101 104 2 3 鳥 取 県 3 2,876 t 岡 山 県 83,782 t 島 根 県 8 1,660 t 広 島 県 15 3,995t 福 岡 県 19 4,141 t 佐 賀 県 3 952 t 大 分 県 53,181 t 長 崎 県 2

More information

別 添 1 女 性 国 家 公 務 員 の 登 用 状 況 資 料 1 指 定 職 に 占 める 女 性 の 割 合 は3.0%( 平 成 27 年 11 月 1 日 現 在 ) ( 前 年 9 月 1 日 現 在 から0.2ポイント 増 ) 本 省 課 室 長 相 当 職 以 上 に 占 める 女

別 添 1 女 性 国 家 公 務 員 の 登 用 状 況 資 料 1 指 定 職 に 占 める 女 性 の 割 合 は3.0%( 平 成 27 年 11 月 1 日 現 在 ) ( 前 年 9 月 1 日 現 在 から0.2ポイント 増 ) 本 省 課 室 長 相 当 職 以 上 に 占 める 女 報 道 資 料 平 成 27 年 12 月 1 日 内 閣 官 房 内 閣 人 事 局 女 性 国 家 公 務 員 の 登 用 状 況 及 び 国 家 公 務 員 の 育 児 休 業 等 の 取 得 状 況 の フォローアップ 1 公 表 の 趣 旨 各 府 省 等 は 第 3 次 男 女 共 同 参 画 基 本 計 画 ( 平 成 22 年 12 月 17 日 閣 議 決 定 )に 定 める 目

More information

○00表紙

○00表紙 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 廣 瀬 滋 樹 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 藤 井 義 弘 ( 内 線 7475) 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 26 年 人 口 動 態 統 計 月 報 年 計 (

More information

Microsoft PowerPoint - 390

Microsoft PowerPoint - 390 MR 研 修 として MPIが 要 約 医 MPI 政 情 報 http://www.nichiiko.co.jp/stu-ge/ 都 道 府 県 別 の 医 療 需 要 予 測 分 析 - 将 来 の 地 域 医 療 における 保 険 者 と 企 業 のあり に 関 する 研 究 会 報 告 書 より- (2015 年 3 18 経 済 産 業 省 HPで 公 表 ) 株 式 会 社 医 医 業

More information

決 勝 を 行 う 予 選 での6 種 目 の 各 種 目 ベスト4の 得 点 総 合 計 により 上 位 18 チームを 選 び そのチームによって 決 勝 を 行 う 成 績 順 位 は 決 勝 における6 種 目 の 各 種 目 ベスト4の 得 点 総 合 計 によって 決 定 する 女 子

決 勝 を 行 う 予 選 での6 種 目 の 各 種 目 ベスト4の 得 点 総 合 計 により 上 位 18 チームを 選 び そのチームによって 決 勝 を 行 う 成 績 順 位 は 決 勝 における6 種 目 の 各 種 目 ベスト4の 得 点 総 合 計 によって 決 定 する 女 子 9 体 操 競 技 1 期 日 競 技 平 成 28 年 10 月 2 日 ( 日 )から 10 月 5 日 ( 水 )まで(4 日 間 ) 種 別 10 月 2 日 ( 日 ) 10 月 3 日 ( 月 ) 10 月 4 日 ( 火 ) 10 月 5 日 ( 水 ) 成 年 男 子 自 由 ( 決 勝 ) 成 年 女 子 自 由 ( 決 勝 ) 少 年 男 子 自 由 ( 予 選 ) 自 由 (

More information

も 上 昇 すると 見 込 まれる (P.8 11 表 3-2) 2030 年 の 就 業 率 は ゼロ 成 長 参 加 現 状 で 53.2%と 2014 年 の 57.3%から 低 下 するが 経 済 再 生 参 加 進 展 では 59.0%に 上 昇 すると 見 込 まれる (P.8 10 1

も 上 昇 すると 見 込 まれる (P.8 11 表 3-2) 2030 年 の 就 業 率 は ゼロ 成 長 参 加 現 状 で 53.2%と 2014 年 の 57.3%から 低 下 するが 経 済 再 生 参 加 進 展 では 59.0%に 上 昇 すると 見 込 まれる (P.8 10 1 平 成 27 年 12 月 16 日 ( 水 ) 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構 ( 理 事 長 菅 野 和 夫 ) 経 済 社 会 と 労 働 部 門 副 主 任 研 究 員 中 野 諭 ( 電 話 )03-5903-6223 URL:http://www.jil.go.jp/ 平 成 27 年 労 働 力 需 給 の 推 計 新 たな 全 国 推 計 を 踏 まえた

More information

81 平 均 寿 命 女 単 位 : 年 全 国 86.35 長 野 県 87.18 1 島 根 県 87.07 2 沖 縄 県 87.02 3 熊 本 県 86.98 4 新 潟 県 86.96 5 三 重 県 86.25 30 岩 手 県 85.86 43 茨 城 県 85.83 44 和 歌

81 平 均 寿 命 女 単 位 : 年 全 国 86.35 長 野 県 87.18 1 島 根 県 87.07 2 沖 縄 県 87.02 3 熊 本 県 86.98 4 新 潟 県 86.96 5 三 重 県 86.25 30 岩 手 県 85.86 43 茨 城 県 85.83 44 和 歌 80 平 均 寿 命 男 単 位 : 年 全 国 79.59 長 野 県 80.88 1 滋 賀 県 80.58 2 福 井 県 80.47 3 熊 本 県 80.29 4 神 奈 川 県 80.25 5 三 重 県 79.68 21 長 崎 県 78.88 43 福 島 県 78.84 44 岩 手 県 78.53 45 秋 田 県 78.22 46 青 森 県 77.28 47 平 均 寿 命

More information

勢 一 覧 129 勢 編 1 土 地 総 面 積 国 土 交 通 省 国 土 地 理 院 ホームページ 全 国 市 区 町 村 別 面 積 調 2 民 有 地 面 積 総 務 省 ホームページ 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 3 人 口 総 務 省 統 計 局 ホームページ 人

勢 一 覧 129 勢 編 1 土 地 総 面 積 国 土 交 通 省 国 土 地 理 院 ホームページ 全 国 市 区 町 村 別 面 積 調 2 民 有 地 面 積 総 務 省 ホームページ 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 3 人 口 総 務 省 統 計 局 ホームページ 人 勢 一 覧 勢 一 覧 129 勢 編 1 土 地 総 面 積 国 土 交 通 省 国 土 地 理 院 ホームページ 全 国 市 区 町 村 別 面 積 調 2 民 有 地 面 積 総 務 省 ホームページ 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 3 人 口 総 務 省 統 計 局 ホームページ 人 口 推 計 年 報 4 人 口 密 度 社 会 生 活 統 計 指 標 5 世 帯 数

More information

別紙3

別紙3 別 紙 3 1 総 括 平 成 26 年 度 栃 木 市 の 給 与 定 員 管 理 等 に つ い て (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 1 月 1 日 ) A B B / A 24 年 度 の 件 費 率 % % 25 年 度 146,544 56,331,297

More information

‚æ39›ñ‚“›ï„‹™è‘W/P1~2 ‡à‡Ł‡¶†E…V…“

‚æ39›ñ‚“›ï„‹™è‘W/P1~2 ‡à‡Ł‡¶†E…V…“ 運 動 方 針 Do action! Green Hospital Activities of Daily Living Instrumental ADL Nutrition Support Team InfectionControl Team Emargency Room 1996 年 1998 年 2000 年

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

個人住民税徴収対策会議

個人住民税徴収対策会議 個 人 住 民 税 徴 収 対 策 会 議 平 成 26 年 8 月 7 日 税 収 に 占 める 個 人 住 民 税 の 割 合 個 人 住 民 税 は 県 市 町 村 いずれも 税 収 の 約 3 割 を 占 めており 重 要 な 財 源 となっている 岡 山 県 現 年 繰 越 合 計 市 町 村 その 他 18.5% 自 動 車 税 13.1% 個 人 県 民 税 29.6% その 他 15.0%

More information

私 大 退 職 金 財 団 報 2012.9.24 第 77 号 財 団 法 人 私 立 大 学 退 職 金 財 団 平 成 24 年 度 退 職 金 等 に 関 する 実 態 調 査 報 告 書 平 成 24 年 度 退 職 金 等 に 関 する 実 態 調 査 報 告 について 調 査 結 果 の 概 略 1 2 調 査 方 法 等 の 概 要 と 前 提 条 件 4 調 査 結 果 Q1 Q2

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B (21 年 度 末 ) 21 年 度 58,068 22,793,598 272,455 4,911,157 件 費 率 B/A % 21.5 ( 参 考 ) 20 年 度 の 件 費 率 % 24.8 (2) 職

More information

(3) 仕 事 ( 結 果 の 概 要 12~ ページ 参 照 ) 有 業 者 の 仕 事 間 は 男 女 共 に 平 成 13 年 まで 減 少 が 続 き,18 年 で 増 加 したが,23 年 で 再 び 減 少 平 成 23 年 の 有 業 者 の 仕 事 間 は 男 性 が6 間 56,

(3) 仕 事 ( 結 果 の 概 要 12~ ページ 参 照 ) 有 業 者 の 仕 事 間 は 男 女 共 に 平 成 13 年 まで 減 少 が 続 き,18 年 で 増 加 したが,23 年 で 再 び 減 少 平 成 23 年 の 有 業 者 の 仕 事 間 は 男 性 が6 間 56, 平 成 23 年 社 会 生 活 基 本 調 査 生 活 間 に 関 する 結 果 要 約 平 成 24 年 9 月 26 日 社 会 生 活 基 本 調 査 とは 社 会 生 活 基 本 調 査 は, 国 民 の 生 活 間 の 配 及 び 自 由 間 における 主 な 活 動 について 調 査 し, 各 種 行 政 施 策 の 基 礎 資 料 を 得 ることを 目 的 とし, 昭 和 51 年

More information

<31352095DB8CAF97BF97A6955C2E786C73>

<31352095DB8CAF97BF97A6955C2E786C73> 標 準 報 酬 月 額 等 級 表 ( 厚 生 年 金 ) 標 準 報 酬 報 酬 月 額 厚 生 年 金 保 険 料 厚 生 年 金 保 険 料 率 14.642% ( 平 成 18 年 9 月 ~ 平 成 19 年 8 月 ) 等 級 月 額 全 額 ( 円 ) 折 半 額 ( 円 ) 円 以 上 円 未 満 1 98,000 ~ 101,000 14,349.16 7,174.58 2 104,000

More information

[ 参 考 ] 国 の 教 育 ( 教 育 一 般 貸 付 ( 直 接 扱 ))の 概 要 融 資 限 度 額 お 子 さま 1 人 につき 35 万 円 以 内 外 国 の 短 大 大 学 大 学 院 に 1 年 以 上 在 籍 する 資 金 として する 場 合 は 45 万 円 以 内 ご 返

[ 参 考 ] 国 の 教 育 ( 教 育 一 般 貸 付 ( 直 接 扱 ))の 概 要 融 資 限 度 額 お 子 さま 1 人 につき 35 万 円 以 内 外 国 の 短 大 大 学 大 学 院 に 1 年 以 上 在 籍 する 資 金 として する 場 合 は 45 万 円 以 内 ご 返 ニュースリリース 平 成 2 8 年 2 月 23 日 株 式 会 社 日 本 政 策 金 融 公 庫 高 校 入 学 から 大 学 卒 業 までに 必 要 な 教 育 費 は 約 9 万 円 に ~ 教 育 費 の 増 加 や 仕 送 り 額 の 減 少 を 奨 学 金 子 供 のアルバイト 収 入 等 により 捻 出 ~ - 教 育 費 負 担 の 実 態 調 査 結 果 ( 平 成 )-

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 清 瀬 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) 25 年 度 千 74,247 27,195,534 A 768,602 千 4,616,550 B 千 17.0 B/A 昨 年 度 の 件 費 率 17.3

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600 本 巣 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 21 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 (21 年 度 末 ) (A) (B) 35,523 歳 出 額 14,360,892 実 質 収 支 件 費 999,985 2,521,801 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 17.6 20 年 度 の 件 費 率 18.8

More information

1 総括

1 総括 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 伊 東 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 人 口 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 )25 年 度 の 人 件 費 率 26 年 度 71,782 人 26,079,012 564,552 5,245,658

More information

Microsoft Word - Ⅰ章_100525.doc

Microsoft Word - Ⅰ章_100525.doc Ⅰ. 市 街 化 区 域 内 農 地 の 資 産 価 値 の 整 理 1. 一 般 農 地 市 街 化 区 域 内 農 地 及 び 宅 地 に 係 る 固 定 資 産 税 の 負 担 水 準 等 の 経 年 変 化 等 についての 税 制 上 の 整 理 1) 一 般 農 地 市 街 化 区 域 内 農 地 及 び 宅 地 に 係 る 固 定 資 産 税 制 度 の 基 本 的 な 仕 組 み 農

More information

1 資 料 編 我 が 国 の 人 口 の 推 移 厚 労 働 全 般 平 成 24 年 版 厚 労 働 白 書 5

1 資 料 編 我 が 国 の 人 口 の 推 移 厚 労 働 全 般 平 成 24 年 版 厚 労 働 白 書 5 1 厚 労 働 全 般 人 口 構 造 概 要 我 が 国 の 人 口 ピラミッド 我 が 国 の 人 口 動 態 ( 平 成 23 年 ) 4 平 成 24 年 版 厚 労 働 白 書 1 資 料 編 我 が 国 の 人 口 の 推 移 厚 労 働 全 般 平 成 24 年 版 厚 労 働 白 書 5 詳 細 データ1 日 本 の 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 24 年 1 月 推 計 )

More information

第25回税制調査会 総25-1

第25回税制調査会 総25-1 平 27.10.27 総 2 5-1 説 明 資 料 相 続 税 贈 与 税 平 成 27 年 10 月 27 日 ( 火 ) 財 務 省 目 次 1. 資 産 課 税 をめぐる 経 済 社 会 構 造 の 変 化 1 家 計 における 資 産 形 成 の 変 容 4 相 続 の 変 容 13 今 後 の 人 口 動 態 の 見 通 し 27 2. 相 続 税 の 現 状 30 3. 贈 与 税 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139208D488A778CA48B8689C881468DB293A190E690B6817591E682558AFA93C896D88E738D8297EE8ED28163816381762E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139208D488A778CA48B8689C881468DB293A190E690B6817591E682558AFA93C896D88E738D8297EE8ED28163816381762E646F6378> 第 6 期 栃 木 市 高 齢 者 福 祉 計 画 介 護 保 険 計 画 策 定 事 業 事 業 代 表 者 宇 都 宮 大 学 工 学 研 究 科 助 教 佐 藤 栄 治 構 成 員 栃 木 市 役 所 保 健 福 祉 部 佐 藤 啓 子, 寺 内 善 雄, 臼 井 克 行, 大 山 勉 1. 事 業 の 目 的 意 義 医 療 や 介 護 の 需 要 がピークを 迎 える 2025 年 の 介

More information

Microsoft Word - 本編2-3.doc

Microsoft Word - 本編2-3.doc 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 19 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 18 年 度 調 査 により 把

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203030955C8E86819597A094928E86>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203030955C8E86819597A094928E86> 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 小 野 暁 史 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 村 上 修 司 ( 内 線 7475) 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 24 年 人 口 動 態 統 計 月 報 年 計 (

More information

S7-2)わが国におけるHIV感染妊娠の動向と近年の特徴

S7-2)わが国におけるHIV感染妊娠の動向と近年の特徴 第 27 回 日 本 エイズ 学 会 学 術 集 会 2013 年 11 月 22 日 熊 本 シンポジウム 7 臨 床 ) なかなか 減 少 しないHIV 感 染 妊 娠 いまだ 散 発 発 生 するHIV 母 子 感 染 H25 年 わが 国 における HIV 感 染 妊 娠 の 動 向 と 近 年 の 特 徴 喜 21 多 恒 和 1,2 吉 野 直 人 2 外 川 正 生 2 稲 葉 憲 之

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 事 委 員 会 の 設 置 なし 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B A-B ( 改 定 率 ) 給 与 改 定 率 ( 参 考 ) 国 の 改 定 率 24 年 度 円 円 円 円 ( ) 改

(5) 給 与 改 定 の 状 況 事 委 員 会 の 設 置 なし 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B A-B ( 改 定 率 ) 給 与 改 定 率 ( 参 考 ) 国 の 改 定 率 24 年 度 円 円 円 円 ( ) 改 柳 井 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 (23 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 34,890 16,214,109 468,464 2,650,321 16.3 16.5 (2)

More information

厚 生 年 金 は 退 職 後 の 所 得 保 障 を 行 う 制 度 であり 制 度 発 足 時 は 在 職 中 は 年 金 を 支 給 しないこととされていた しかしながら 高 齢 者 は 低 賃 金 の 場 合 が 多 いと いう 実 態 に 鑑 み 在 職 者 にも 支 給 される 特 別

厚 生 年 金 は 退 職 後 の 所 得 保 障 を 行 う 制 度 であり 制 度 発 足 時 は 在 職 中 は 年 金 を 支 給 しないこととされていた しかしながら 高 齢 者 は 低 賃 金 の 場 合 が 多 いと いう 実 態 に 鑑 み 在 職 者 にも 支 給 される 特 別 第 9 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 部 会 平 成 2 0 年 6 月 1 9 日 資 料 1-8 高 齢 者 雇 用 と 整 合 的 な 仕 組 み( 在 職 老 齢 年 金 等 )について 現 行 制 度 の 仕 組 み 趣 旨 在 職 老 齢 年 金 制 度 厚 生 年 金 の 適 用 事 業 所 に 勤 務 する70 歳 未 満 の 者 は 被 保 険 者 として 適 用 され

More information

00表紙

00表紙 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 小 野 暁 史 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 近 藤 敬 太 ( 内 線 7475) 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 月 報 年 計 (

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 総 合 的

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 総 合 的 矢 掛 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) A B B/A 24 年 度 の 件 費 率 25 年 度 5,055 千 7,78,45 千 48,9 千 877,259.3 2.8 (2) 職 員 給

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 級 の 給 料 月 額 最 高 号 級 の 給 料 月 額 1 級 ( 単 位 : ) 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 9 級 1 級 135,6 185,8 222,9 261,

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 級 の 給 料 月 額 最 高 号 級 の 給 料 月 額 1 級 ( 単 位 : ) 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 9 級 1 級 135,6 185,8 222,9 261, 別 紙 3 宇 治 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 (23 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 19,158 6,283,229 364,56 11,757,664 19.5 ( 参 考 ) 22 年 度 の 件 費 率 2.9

More information

波佐見町の給与・定員管理等について

波佐見町の給与・定員管理等について 波 佐 見 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) (24 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 の 人 件 費 24 年 度 15,253 人 5,698,68 113,830 46,156 13.1 %

More information

... 1... 1... 1 1... 2 1.1... 2 1.2... 3 1.3... 3 1.4... 4 1.5... 5 2... 6 2.1... 6 2.1.1... 6 2.1.2 10... 7 2.1.3 10... 8 2.1.4 10... 9 2.2... 10 2.2

... 1... 1... 1 1... 2 1.1... 2 1.2... 3 1.3... 3 1.4... 4 1.5... 5 2... 6 2.1... 6 2.1.1... 6 2.1.2 10... 7 2.1.3 10... 8 2.1.4 10... 9 2.2... 10 2.2 2016 1 20 12-6288 ... 1... 1... 1 1... 2 1.1... 2 1.2... 3 1.3... 3 1.4... 4 1.5... 5 2... 6 2.1... 6 2.1.1... 6 2.1.2 10... 7 2.1.3 10... 8 2.1.4 10... 9 2.2... 10 2.2.1... 10 2.2.2... 11 2.3... 12 2.3.1...

More information

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 白 鷹 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について( 平 成 23 年 度 ) 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A H22 年 度 15,653 7,495,399 471,366 1,214,22 16.1 B B/A H21 年 度 の 件

More information

3 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( ベース) 43.7 歳 32,743 353,826 341,321

3 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( ベース) 43.7 歳 32,743 353,826 341,321 平 成 24 年 度 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 千 千 千 23 年 度 16,465 1,969,859 183,816 2,34,765 21.3

More information

資料1:勧告の仕組みとポイント26.10.17改【完成】

資料1:勧告の仕組みとポイント26.10.17改【完成】 給与勧告の仕組みと報告のポイント 平成 26 年 10 月 静岡県人事委員会 目 次 1 給 与 勧 告 の 仕 組 み ページ 1 給 与 勧 告 の 対 象 職 員 1 2 給 与 勧 告 の 手 順 2 3 民 間 給 与 との 比 較 方 法 (ラスパイレス 比 較 ) 3 4 民 間 給 与 と 職 員 給 与 との 比 較 4 2 本 年 の 給 与 改 定 1 本 年 の 給 与 改

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 110 105 100 (H20.4.1) 96.7 (H25.4.1) (H25.7.1) 106.4 106.2 (H25.4.1), 105.2 (H25.4.1) 参 考 値 98.3 (H25.7.1) 103.1 (H20.4.1) (H25.4

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 110 105 100 (H20.4.1) 96.7 (H25.4.1) (H25.7.1) 106.4 106.2 (H25.4.1), 105.2 (H25.4.1) 参 考 値 98.3 (H25.7.1) 103.1 (H20.4.1) (H25.4 鉾 田 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 )23 年 実 質 収 支 (24 年 度 末 ) A B B/A 度 の 人 件 費 率 人 千 千 千 % 24 年 度 51,778 20,041,814 1,173,725

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc 佐 野 市 生 活 排 水 処 理 構 想 ( 案 ) 平 成 27 年 12 月 佐 野 市 目 次 1. 生 活 排 水 処 理 構 想 について 1.1 生 活 排 水 処 理 構 想 とは P.1 1.2 生 活 排 水 処 理 施 設 の 種 類 P.1 2. 佐 野 市 の 現 状 と 課 題 2.1 整 備 状 況 P.2 2.2 主 な 汚 水 処 理 施 設 P.2 2.3 生 活

More information

Microsoft Word - H24様式(那珂市版).doc

Microsoft Word - H24様式(那珂市版).doc 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) (3) 特 記 事 項 (4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1) 一 般 行 政 職 福 島 県 国 類 似 団 体 平 均 年 齢 平

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1) 一 般 行 政 職 福 島 県 国 類 似 団 体 平 均 年 齢 平 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 24 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 ( 各 年 度 末 ) 40,427 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) A B B/A 23 年 度 の 件 費 率 % % 24,380,602 1,175,572 3,729,291 15.3 16.6 (2) 職

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 該 当 なし ( 事 委 員 会 を 設 置 していないため) 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 年 度 ( )

(5) 給 与 改 定 の 状 況 該 当 なし ( 事 委 員 会 を 設 置 していないため) 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 年 度 ( ) 1 総 括 増 毛 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (24 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 の 件 費 率 平 成 24 年 度 5,9 4,748,27 24,475 1,134,346 23.9 24.1 (2) 職

More information

世 田 谷 区 将 来 人 口 の 推 計 26 年 2 月 世 田 谷 区 目 次 1 人 口 推 計 の 方 法 2 1.1 人 口 推 計 にあたり 2 1.2 推 計 方 法 3 2 世 田 谷 区 全 域 の 将 来 人 口 推 計 ( 日 本 人 のみ) 4 2.1 3つの 変 動 要 因 ( 出 生 死 亡 移 動 )の 将 来 値 設 定 4 2.2 総 人 口 と 男 女 別 人

More information

3 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 及 び の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 ( ベース) 43.9 341,9 47,78 369,884 崎 県 43.8 338,952 418,394 373,444 42.8 3

3 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 及 び の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 ( ベース) 43.9 341,9 47,78 369,884 崎 県 43.8 338,952 418,394 373,444 42.8 3 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 23 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 (23 年 度 末 ) 92,537 出 額 35,97,24 A 千 実 質 収 支 91,482 千 件 費 5,31,18 B 千 件 費 率 14.8 B/A ( 参 考 ) 22 年 度 の 件 費 率 13.5 (2) 職 員 給 与 費

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

平成26年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」について

平成26年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」について 平 成 26 年 度 児 童 生 徒 の 問 題 行 動 等 生 徒 指 導 上 の 諸 問 題 に 関 する 調 査 について 平 成 27 年 9 月 16 日 ( 水 ) 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 児 童 生 徒 課 目 次 1 調 査 の 概 要... 1 (1) 調 査 項 目 調 査 対 象... 1 (2) 調 査 結 果 の 主 な 特 徴... 1 (3) 調

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 11. 15. 1. 95. H.4.1 94.6 H5.4.1 15.1 H5.4.1 ( 参 考 値 ) 97.1 H5.7.1 14.9 H.4.1 97.1 H5.4.1 14.5 H5.4.1 H5.7.1 13. 1. H5.4.1 ( 参 考

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 11. 15. 1. 95. H.4.1 94.6 H5.4.1 15.1 H5.4.1 ( 参 考 値 ) 97.1 H5.7.1 14.9 H.4.1 97.1 H5.4.1 14.5 H5.4.1 H5.7.1 13. 1. H5.4.1 ( 参 考 石 井 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (4 年 度 末 ) A B B/A 3 年 度 の 件 費 率 4 年 度 6,69 8,136,675 373,713 1,54,11 18.95 19.18 () 職 員 給 与

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : 円 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600 最

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : 円 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600 最 飛 騨 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) 実 質 収 支 (H23 年 度 末 ) A B B/A H22 年 度 の 人 件 費 率 人 千 円 千 円 千 円 % % 23 年 度 26,858 17,655,457 1,317,559

More information

Taro-案文および改正後全文

Taro-案文および改正後全文 ( 改 正 後 全 文 ) 一 部 改 正 雇 児 福 発 0 3 3 1 第 1 号 雇 児 母 発 0 3 3 1 第 2 号 障 障 発 0 3 3 1 第 2 号 平 成 2 7 年 3 月 3 1 日 雇 児 福 発 0 4 0 1 第 2 号 雇 児 母 発 0 4 0 1 第 3 号 障 障 発 0 4 0 1 第 1 号 平 成 2 8 年 4 月 1 日 各 指 定 都 市 民 生

More information

Microsoft Word - 【溶け込み】【修正】第2章~第4章

Microsoft Word - 【溶け込み】【修正】第2章~第4章 第 4 章 金 要 件 と 金 額 1 ( 高 齢 になった 場 合 に 受 け 取 れる 金 ) 要 件 1 受 資 格 期 間 保 険 料 納 付 済 期 間 と 保 険 料 免 除 期 間 を 合 わせて25 以 上 あること (ただし 金 額 には 反 映 されないが 受 資 格 期 間 には 算 入 される 合 算 対 象 期 間 があります) 消 費 税 が 引 き 上 げられる 27

More information

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 論 点 と 意 見 について ( 概 要 ) 神 奈 川 県 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 検 討 会 議 について 1 テーマ 地 方 公 務 員 制 度 改 革 ( 総 務 省 地 方 公 務 員 の 労 使 関 係 制 度 に 係 る 基 本 的 な 考 え 方 )の 課 題 の 整

More information

<323420976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8CF6955C8366815B835E2E786C73>

<323420976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8CF6955C8366815B835E2E786C73> 富 田 林 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 平 成 4 年 度 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) ( 注 )1 職 員 手 当 には

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 ( 注 ) 給 料 月 額 は 給 与 抑 制 措 置 を 行 う 前 のものです 3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 ( 注 ) 給 料 月 額 は 給 与 抑 制 措 置 を 行 う 前 のものです 3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 (23 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 46,466 17,32,594 1,516,543 3,34,747 19.2 19.9 (2) 職 員 給 与

More information

<483233303389FC90B38347834E835A838B976C8EAE81698E7392AC91BA94C5816A81698F4390B394C5816A2E786C73>

<483233303389FC90B38347834E835A838B976C8EAE81698E7392AC91BA94C5816A81698F4390B394C5816A2E786C73> 別 紙 3 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) 22 年 度 千 千 千 68,989 藤 岡 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について A ( 平 成 23 年 度 ) 24,215,785 679,588 3,67,444 B 15.2

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63> 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 < 概 要 版 > 平 成 22 年 3 月 北 海 道 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 の 背 景 国 では 公 的 直 接 供 給 やフローを 重 視 する 住 宅 建 設 計 画 法 を 廃 止 し 平 成 18 年 6 月 に 新 たな 時 代 の

More information

Microsoft Word - 2章.doc

Microsoft Word - 2章.doc 第 2 章 1. 人 口 の 構 成 と 動 態 (1) 人 口 総 数 と 年 齢 構 成 住 民 基 本 台 帳 人 口 及 び 外 国 人 登 録 人 口 による 平 成 21 年 (29 年 )9 月 末 現 在 の 本 市 の 人 口 総 数 は358,756 人 で 前 計 画 が 策 定 された 平 成 16 年 (24 年 )と 比 べる と 約 2,8 人 の 増 加 となっています

More information

統 計 表 1 措 置 入 院 患 者 数 医 療 保 護 入 院 届 出 数, 年 次 別 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 統 計 表 2 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 口 10 万 対 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 主 な 生

統 計 表 1 措 置 入 院 患 者 数 医 療 保 護 入 院 届 出 数, 年 次 別 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 統 計 表 2 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 口 10 万 対 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 主 な 生 統 計 表 一 覧 統 計 表 1 統 計 表 2 統 計 表 3 統 計 表 4 統 計 表 5 統 計 表 6 統 計 表 7 統 計 表 8 統 計 表 9 統 計 表 10 措 置 入 院 患 者 数 医 療 保 護 入 院 届 出 数, 年 次 別 主 な 生 活 衛 生 関 係 数, 年 次 別 許 可 を 要 する 主 な 食 品 関 係 営 業 数, 年 次 別 年 齢 階 級 別

More information

市街化区域と市街化調整区域との区分

市街化区域と市街化調整区域との区分 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 平 成 27 年 9 月 埼 玉 県 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 趣 旨 本 県 では 昭 和 45 年 に 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )を 都 市 計

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

1 予 算 の 姿 ( 平 成 25 当 初 予 算 ) 長 野 県 財 政 の 状 況 H25.11.15 現 在 長 野 県 の 予 算 を 歳 入 面 から 見 ると 自 主 財 源 の 根 幹 である 県 税 が 全 体 の5 分 の1 程 度 しかなく 地 方 交 付 税 や 国 庫 支

1 予 算 の 姿 ( 平 成 25 当 初 予 算 ) 長 野 県 財 政 の 状 況 H25.11.15 現 在 長 野 県 の 予 算 を 歳 入 面 から 見 ると 自 主 財 源 の 根 幹 である 県 税 が 全 体 の5 分 の1 程 度 しかなく 地 方 交 付 税 や 国 庫 支 長 野 県 における 行 政 財 政 改 革 の 取 組 について 参 考 資 料 3 1 行 政 財 政 改 革 を 推 進 するための 計 画 1 財 政 改 革 推 進 プログラム(H14~H18 ) 2 長 野 県 行 財 政 改 革 プラン(H19~H23 ) 3 長 野 県 行 政 財 政 改 革 方 針 (H24~H28 ) 事 務 事 業 の 見 直 し 民 間 委 託 など 外 部

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 135,6 243,7 185,8 222,9 261,9

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 135,6 243,7 185,8 222,9 261,9 木 津 川 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 21 年 度 末 ) A B B/A 2 年 度 の 件 費 率 年 度 21 69,31 26,452,32 316,21 4,13,296 15.5 17.9 (2)

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

人事行政の運営状況の報告について

人事行政の運営状況の報告について 市 職 員 の 給 与 などの 状 況 目 次 給 与 決 定 の 仕 組 み 2 給 与 や 報 酬 の 削 減 2 退 職 手 当 制 度 の 見 直 し 4 給 与 制 度 の 見 直 し 5 人 件 費 の 抑 制 5 給 与 水 準 (ラスパイレス 指 数 ) 6 職 員 数 の 推 移 ( 各 年 4 月 1 日 現 在 ) 7 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員 数 等 の 状 況

More information

一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 3 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 級 3 級 4 級 5 級 6 級 単 位 : ( ) 7 級 1 号 給 の 給 料 月 額 137, 163,7 4,9 31,4 71, 33,3 359,7 最 高 号 給 の 給 料 月 額

一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 3 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 級 3 級 4 級 5 級 6 級 単 位 : ( ) 7 級 1 号 給 の 給 料 月 額 137, 163,7 4,9 31,4 71, 33,3 359,7 最 高 号 給 の 給 料 月 額 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 1 年 度 の 件 費 率 年 度 46,68 9,564,141,933,73 1,178,183 13.4 15.3 () 職 員 給 与 費 の 状 況 (

More information

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~ 第 2 回 社 会 保 険 料 労 働 保 険 料 の 賦 課 対 象 となる 報 酬 等 の 範 囲 に 関 する 検 討 会 平 成 24 年 9 月 20 日 資 料 1 通 勤 手 当 について 1 これまでの 通 勤 に 要 する 費 用 に 関 する 考 え 方 では 通 勤 手 当 の 金 額 が 実 費 弁 償 的 に 算 定 される 場 合 でも それは 通 常 使 用 者 が 負

More information

<3232944E8E5A92E88AEE916293CD2E786C73>

<3232944E8E5A92E88AEE916293CD2E786C73> 備 考 欄 に 記 載 のお 願 い 従 前 と 改 定 後 に2 等 級 以 上 の 差 がある 場 合 固 定 的 賃 金 の 変 動 がない 場 合 月 額 変 更 に 該 当 しません 非 固 定 的 賃 金 ( 残 業 等 )のみが 変 動 した 方 につきましては 必 ず 算 定 基 礎 届 の 備 考 欄 に 固 定 給 の 変 動 なし と ください 固 定 的 賃 金 の 変 動

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 1 級 135,6 243,7 2 級 185,8 37,8 3 級 4 級 222,9 354,7 ( 注 )

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 1 級 135,6 243,7 2 級 185,8 37,8 3 級 4 級 222,9 354,7 ( 注 ) の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 平 成 23 年 度 (23 年 度 末 ) 31,244 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 件 費 率 B/A 千 千 千 21,46,642 97,678 2,698,812 B 12.6 ( 参 考 ) 前 年 度 の 件 費 率 13.1 (2)

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 年 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 福 岡 県 技 能 労 務 職 歳 1,19,98 9,9 歳 8,

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 年 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 福 岡 県 技 能 労 務 職 歳 1,19,98 9,9 歳 8, 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 年 度 の 件 費 率 年 度,,1,9 1, 9,9 1.1 1. 件 費 には 村 長 副 村 長 教 育 長 の 給 与 議 会 議 員 各 種 委 員

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 給 与 月 額 平 均 年 齢 平 均 給 料

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 給 与 月 額 平 均 年 齢 平 均 給 料 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 の 給 与 定 員 管 理 等 について 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 24 年 度 末 ) A B B/A 平 成 23 年 度 の 件 費 率 平 成 24 年 度 81,619 27,450,520 1,365,377 4,783,695 17.4%

More information

m07 北見工業大学 様式①

m07 北見工業大学 様式① 国 立 大 学 法 人 北 見 工 業 大 学 ( 法 人 番 号 6460305000387)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 該 法 人 の 主 要 事 業 は 教 育 研 究 事 業 である 役

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 () 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 日 現 在 ) 一 般 行 政 職 栃 木 県 類 似 団 体 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 () 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 日 現 在 ) 一 般 行 政 職 栃 木 県 類 似 団 体 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 (2 年 度 末 ) A B 2 年 度 千 千 千 8,779 8,82,25 84,446,8,5 件 費 率 B/A 2.7 ( 参 考 ) 22 年 度 の 件 費 率 2. (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普

More information

<81793139313231388BC792B797B989F094C5817A838983588CF6955C8E9197BF2E786C73>

<81793139313231388BC792B797B989F094C5817A838983588CF6955C8E9197BF2E786C73> 平 成 19 年 地 方 公 務 員 給 与 実 態 調 査 結 果 の 概 要 ( 平 成 19 年 4 月 1 日 現 在 ) 平 成 19 年 12 月 総 務 省 ( 連 絡 先 ) 自 治 行 政 局 公 務 員 部 給 与 能 率 推 進 室 担 当 : 岡 田 山 家 (やまが) 電 話 : 03-5253-5551( 直 ) 03-5253-5111( 代 ) ( 内 線 3245

More information

別紙3

別紙3 美 濃 加 茂 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 (24 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 23 年 度 の 人 件 費 率 24 年 度 55,018 人 17,404,089 1,057,991 2,446,300

More information

Microsoft Word - 公表資料(H22).doc

Microsoft Word - 公表資料(H22).doc 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 野 迫 川 村 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 (2 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 2 年 度 の 件 費 率 2 年 度 556,96,86 8,9 27,59 2..9 (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計

More information

Microsoft Word - 様式(H22)[1].rtf

Microsoft Word - 様式(H22)[1].rtf 別 紙 3 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 (21 年 度 末 ) 21 年 度 18,774 当 別 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 A B B/A 9,004,766 161,383 1,749,847 19.4 ( 参 考 ) 20 年 度 の 件 費 率

More information

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている.

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている. 別 紙 高 山 村 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 月 日 ) A B B/A 24 年 度 の 件 費 率 年 度 千 千 千 2,9 2,64,628 6,8 467,928 8. 2.4 (2) 職 員 給 与 費

More information

130117_『高齢社会をむかえた東京23区の将来 人口と建物の関係から見て

130117_『高齢社会をむかえた東京23区の将来 人口と建物の関係から見て 第 60 回 (n300)nsri 都 市 環 境 フォーラム 2013.1.17 超 高 齢 社 会 をむかえた 東 京 23 区 の 将 来 人 口 と 建 物 の 関 係 から 見 て 早 稲 田 大 学 特 命 教 授 伊 藤 滋 1 総 人 口 の 推 移 予 測 東 京 23 区 の 人 口 東 京 23 区 の 総 人 口 は 2010 年 の907 万 人 から 2030 年 には985

More information

1. 本 市 の 保 育 所 運 営 費 と 保 育 料 の 現 状 2 (1) 前 回 (5/29 5/29) 児 童 福 祉 専 門 分 科 会 資 料 国 基 準 に 対 する 本 市 の 保 育 料 階 層 区 分 別 軽 減 率 国 基 準 に 対 する 本 市 の 保 育 料 階 層 区

1. 本 市 の 保 育 所 運 営 費 と 保 育 料 の 現 状 2 (1) 前 回 (5/29 5/29) 児 童 福 祉 専 門 分 科 会 資 料 国 基 準 に 対 する 本 市 の 保 育 料 階 層 区 分 別 軽 減 率 国 基 準 に 対 する 本 市 の 保 育 料 階 層 区 資 料 4-1 第 2 回 長 野 市 社 会 福 祉 審 議 会 児 童 福 祉 専 門 分 科 会 平 成 26 年 7 月 15 日 保 育 課 作 成 1 新 制 度 における 利 用 者 負 担 ( 保 育 料 )の 設 定 について( 案 ) ~ 保 育 所 等 (2 号 3 号 ) 保 育 料 ~ 平 成 26 年 7 月 こども 未 来 部 保 育 課 1. 本 市 の 保 育 所

More information

東 京 在 者 今 後 移 に 関 す 意 向 調 査 結 果 概 要 調 査 手 法 :インターネット 調 査 調 査 対 象 : 東 京 都 在 18~69 歳 男 女 1,2 人 調 査 時 期 : 平 成 26 年 (214 年 )8 月 21 日 ( 木 )~8 月 23 日 ( 土 )

東 京 在 者 今 後 移 に 関 す 意 向 調 査 結 果 概 要 調 査 手 法 :インターネット 調 査 調 査 対 象 : 東 京 都 在 18~69 歳 男 女 1,2 人 調 査 時 期 : 平 成 26 年 (214 年 )8 月 21 日 ( 木 )~8 月 23 日 ( 土 ) 東 京 在 者 今 後 移 に 関 す 意 向 調 査 結 果 概 要 につ [ポイント1] 東 京 在 者 4 割 (うち 関 東 圏 以 外 出 身 者 5 割 ) 地 方 へ 移 検 討 又 今 後 検 討 と 考 え 特 に 3 代 以 下 若 年 層 及 び 5 代 男 性 移 に 対 す 意 識 高 ( 調 査 結 果 1) 若 者 や 中 高 年 層 希 望 す き 方 実 現 すことにより

More information

<483233899396EC8E73904588F58B8B975E8CF6955C8CB48D652E786C73>

<483233899396EC8E73904588F58B8B975E8CF6955C8CB48D652E786C73> の 給 与 定 員 管 理 等 について ( 平 成 23 年 4 月 1 日 ) 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 (21 年 度 末 ) A 21 年 度 3,455 19,33,478 実 質 収 支 472,685 件 費 B 3,364,471 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 2 年 度 の 件 費 率 17.7

More information