地域経済分析システム(RESAS) 2期システムについて

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "地域経済分析システム(RESAS) 2期システムについて"

Transcription

1 地 域 経 済 分 析 システム(RESAS) 第 Ⅱ 期 2 次 リリースについて 平 成 27 年 12 月 内 閣 官 房 まち ひと しごと 創 生 本 部 事 務 局

2 2 1. 産 業 マップ 1-1. 全 産 業 花 火 図 ( 1) 1-2. 産 業 別 花 火 図 ( 1) 1-3. 企 業 別 花 火 図 ( 1) 1-4. 稼 ぐ 力 分 析 1-5. 特 許 分 布 図 1-6. 輸 出 入 花 火 図 1-7. 海 外 への 企 業 進 出 動 向 地 域 循 環 図 2-2. 生 産 分 析 2-3. 分 配 分 析 2-4. 支 出 分 析 3. 農 林 水 産 業 マップ < 農 業 マップ> 3-1. 農 業 花 火 図 3-2. 農 業 販 売 金 額 3-3. 農 地 分 析 3-4. 農 業 者 分 析 < 林 業 マップ> 3-5. 林 業 総 収 入 地 域 経 済 分 析 システム(RESAS)マップ 一 覧 4. 観 光 マップ 4-1.From-to 分 析 ( 滞 在 人 口 ) 4-2. 滞 在 人 口 率 4-3.メッシュ 分 析 ( 流 動 人 口 ) 4-4. 目 的 地 分 析 ( 2) 4-5. 外 国 人 訪 問 分 析 4-6. 外 国 人 滞 在 分 析 4-7. 外 国 人 メッシュ 分 析 4-8. 外 国 人 消 費 花 火 図 4-9. 外 国 人 消 費 分 析 5. 人 口 マップ 5-1. 人 口 構 成 5-2. 人 口 増 減 5-3. 人 口 の 自 然 増 減 5-4. 人 口 の 社 会 増 減 5-5. 将 来 人 口 推 計 黒 字 : 従 来 メニュー 赤 字 : 第 Ⅱ 期 開 発 (2 次 リリース 分 ) 本 資 料 に 掲 載 6. 自 治 体 比 較 マップ 6-1. 経 済 構 造 企 業 数 事 業 所 数 従 業 者 数 製 造 品 出 荷 額 等 年 間 商 品 販 売 額 付 加 価 値 額 労 働 生 産 性 6-2. 企 業 活 動 創 業 比 率 黒 字 赤 字 企 業 比 率 経 営 者 平 均 年 齢 ( 1) 6-3. 労 働 環 境 有 効 求 人 倍 率 一 人 当 たり 賃 金 6-4. 地 方 財 政 一 人 当 たり 地 方 税 一 人 当 たり 市 町 村 民 税 法 人 分 一 人 当 たり 固 定 資 産 税 1 国 および 地 方 自 治 体 の 職 員 が 一 定 の 制 約 の 下 で 利 用 可 能 な 限 定 メニュー 2 現 時 点 では 国 および 地 方 自 治 体 の 職 員 が 一 定 の 制 約 の 下 で 利 用 可 能 な 限 定 メニュー ではあるが 216 年 4 月 を 目 途 に 一 般 メニューとして 公 開 を 予 定

3 2-1. 地 域 経 済 循 環 図 地 域 経 済 循 環 とは 1 地 域 内 企 業 の 経 済 活 動 を 通 じて 生 産 された 付 加 価 値 は 2 労 働 者 や 企 業 の 所 得 として 分 配 され 3 消 費 や 投 資 として 支 出 され て 再 び 地 域 内 企 業 に 還 流 する このいずれかの 過 程 で 地 域 外 にお 金 が 流 出 した 場 合 地 域 経 済 が 縮 小 する 可 能 性 があるため 上 記 の 地 域 経 済 の 循 環 を 把 握 し どこに 課 題 があるのかを 分 析 する 必 要 がある 例 ) 工 場 経 営 者 の 視 点 による 地 域 経 済 循 環 イメージ( 生 産 を 起 点 とする 場 合 ) 1 生 産 ( 万 円 ) A 町 で 自 宅 兼 工 場 を 営 んでいる 山 田 さんは 原 材 料 費 を 引 くと 年 間 1, 万 円 1, を 稼 いでいます 結 果 A 町 内 の 企 業 が1, 万 円 の 付 加 価 値 を 生 産 したことになります 2 分 配 町 外 からの 流 入 4 工 場 の 稼 ぎのうち 4 万 円 は 家 計 に 入 り 残 り6 万 円 は 店 の 事 業 資 金 に 充 てられます 一 方 山 田 さんの 奥 さんは 隣 町 のスーパーでパートとして 働 いて2 万 円 稼 いで 家 計 4 事 業 資 金 6 パート 収 入 2 助 成 金 2 います 工 場 は 県 から 優 良 企 業 として 毎 年 2 万 円 の 助 成 金 を 得 ています 計 1,4 結 果 町 外 から4 万 円 が 流 入 するため A 町 内 の 住 民 及 び 企 業 に 合 計 1,4 万 円 の 所 得 が 分 配 されたことになります 仕 入 1 3 支 出 分 配 された 所 得 のうち 山 田 さん 一 家 は5 万 円 を 町 内 で 1 万 円 を 町 外 で 消 費 します 消 費 5 設 備 投 資 5 消 費 1 設 備 投 資 3 また 工 場 設 備 を 改 修 するために 5 万 は 町 内 の 業 者 に 残 り3 万 円 は 町 外 に 発 注 します 結 果 町 外 に4 万 円 が 流 出 するため A 町 内 の 企 業 には1, 万 円 が 支 出 として 還 流 し ます 計 1, 町 外 への 流 出 4 3

4 2-1. 地 域 経 済 循 環 図 都 道 府 県 市 町 村 単 位 で 地 域 のお 金 の 流 れを 生 産 ( 付 加 価 値 額 ) 分 配 ( 所 得 ) 支 出 の 三 段 階 で 見 える 化 することで 地 域 経 済 の 全 体 像 と 各 段 階 におけるお 金 の 流 出 流 入 の 状 況 を 把 握 することができるため 地 域 の 付 加 価 値 額 を 増 やし 地 域 経 済 の 好 循 環 を 実 現 する 上 で 改 善 すべきポイントを 検 討 することができる 地 域 経 済 の 自 立 度 を 測 る 地 域 経 済 循 環 率 ( 生 産 ( 付 加 価 値 額 ) 分 配 ( 所 得 )により 算 出 )を 把 握 す ることも 可 能 データは21 年 市 町 村 の 各 数 値 は 推 計 値 東 京 特 別 区 は 一 地 域 として 扱 う 地 域 経 済 循 環 率 85.7% 地 域 経 済 循 環 図 チェックポイント 例 所 得 は 域 外 に 漏 れているのか それとも 域 外 から 流 入 しているのか? 人 口 一 人 当 たりの 所 得 水 準 は 他 地 域 と 比 較 して 優 位 といえるのか? チェックポイント 例 付 加 価 値 額 が 最 も 大 きい 産 業 は? 労 働 生 産 性 ( 従 業 者 一 人 当 たり 付 加 価 値 額 )は 他 地 域 と 比 較 し て 優 位 といえるのか? チェックポイント 例 地 域 住 民 の 消 費 を 域 内 で 吸 収 できているの か? 地 域 外 からの 投 資 を 呼 び 込 めているのか? 支 出 流 出 入 率 順 位 支 出 流 出 入 率 地 域 内 に 支 出 された 金 額 に 対 する 地 域 外 から 流 入 地 域 外 に 流 出 した 金 額 の 割 合 プラス 地 域 外 からの 流 入 マイナス 地 域 外 への 流 出 その 他 所 得 には 財 産 所 得 企 業 所 得 交 付 税 社 会 保 障 給 付 補 助 金 等 雇 用 者 所 得 以 外 の 所 得 が 含 まれる その 他 支 出 には 政 府 支 出 地 域 内 産 業 の 移 輸 出 入 収 支 額 等 が 含 まれる 4

5 生 産 分 析 都 道 府 県 市 町 村 単 位 で 地 域 経 済 について 生 産 面 から 分 析 することで 地 域 経 済 への 貢 献 度 ( 生 産 額 付 加 価 値 額 雇 用 者 所 得 )を22 産 業 分 類 別 に 把 握 可 能 また 移 ( 出 入 ) 輸 出 入 カラーで 表 示 することで 域 外 に 移 輸 出 して 稼 いでいる 産 業 域 外 からの 移 輸 入 に 依 存 している 産 業 を 特 定 可 能 また 当 該 産 業 に 対 する 新 たな 需 要 が 全 産 業 ( 調 達 先 )に 与 える 影 響 の 程 度 ( 影 響 力 係 数 ) 全 産 業 に 対 す る 新 たな 需 要 による 当 該 産 業 が 受 ける 影 響 の 程 度 ( 感 応 度 係 数 )を 散 布 図 で 示 すことにより どの 産 業 を 振 興 する かの 検 討 につながる データは21 年 市 町 村 の 数 値 は 推 計 値 東 京 特 別 区 は 一 地 域 として 扱 う 生 産 額 ( 事 業 所 単 位 )を 表 示 影 響 力 感 応 度 を 散 布 図 で 分 析 < 第 2 象 限 > 主 力 産 業 群 に 牽 引 さ れて 経 済 波 及 効 果 が 見 込 める 産 業 群 < 第 1 象 限 > 地 域 経 済 を 牽 引 す る 主 力 産 業 群 < 第 3 象 限 > 他 産 業 との 連 関 性 が 低 く 経 済 波 及 効 果 が 低 い 産 業 群 影 響 力 係 数 :1.を 超 えて 大 きいほど 当 該 産 業 に 対 する 新 たな 需 要 が 全 産 業 ( 調 達 先 )に 与 える 影 響 が 大 きい 感 応 度 係 数 : 感 応 度 係 数 が1.を 超 えて 大 きいほど 全 産 業 に 対 する 新 たな 需 要 によ る 当 該 産 業 が 受 ける 影 響 が 大 きい

6 2-3. 分 配 分 析 都 道 府 県 市 町 村 単 位 で 地 域 経 済 について 分 配 面 から 分 析 することで 地 域 における 雇 用 者 所 得 その 他 所 得 それらの 流 出 入 状 況 や 他 地 域 と 比 較 した 所 得 水 準 の 優 位 性 等 を 把 握 することができる データは21 年 市 町 村 の 数 値 は 推 計 値 東 京 特 別 区 は 一 地 域 として 扱 う 市 町 村 別 雇 用 者 所 得 ( 総 額 ) 人 口 一 人 あたりも 表 示 可 能 C 町 その 他 所 得 について も 同 様 に 表 示 可 能 地 域 外 から 雇 用 者 所 得 が 流 入 している 地 域 例 : 郊 外 ベッドタウンなど 地 域 外 に 雇 用 者 所 得 が 流 出 している 地 域 例 :ビジネス 街 など A 市 B 市 C 町 D 市 E 市 その 他 所 得 には 財 産 所 得 企 業 所 得 交 付 税 社 会 保 障 給 付 補 助 金 等 雇 用 者 所 得 以 外 の 所 得 が 含 まれる 雇 用 者 所 得 ( 地 域 住 民 ベース) とは 勤 務 地 を 問 わず 地 域 内 に 居 住 している 雇 用 者 に 対 して 支 払 われる 雇 用 者 所 得 をいう 雇 用 者 所 得 ( 地 域 内 勤 務 者 ベース) とは 居 住 地 を 問 わず 地 域 内 に 通 勤 をしている 雇 用 者 に 対 して 支 払 われる 雇 用 者 所 得 をいう 雇 用 者 所 得 ( 地 域 内 収 支 )= 雇 用 者 所 得 ( 地 域 住 民 ベース)- 雇 用 者 所 得 ( 地 域 内 勤 務 者 ベース) F 町 G 村 H 村 6

7 支 出 分 析 都 道 府 県 市 町 村 単 位 で 地 域 経 済 について 支 出 面 から 分 析 することで 地 域 における 民 間 消 費 額 民 間 投 資 額 それらの 流 出 入 状 況 などを 把 握 することができる データは21 年 市 町 村 の 数 値 は 推 計 値 東 京 特 別 区 は 一 地 域 として 扱 う 市 町 村 別 民 間 消 費 額 ( 総 額 ) 人 口 一 人 あたりも 表 示 可 能 地 域 外 から 民 間 消 費 額 が 流 入 している 地 域 例 : 観 光 地 大 規 模 商 業 地 など C 町 民 間 投 資 額 について も 同 様 に 表 示 可 能 A 市 B 市 C 町 D 市 E 村 地 域 外 に 民 間 消 費 額 が 流 出 している 地 域 F 市 G 村 例 : 郊 外 ベッドタウン 商 店 街 が 衰 退 した 過 疎 地 域 など H 町 民 間 消 費 額 ( 地 域 住 民 ベース) とは どこで 消 費 したかを 問 わず 当 該 地 域 住 民 が 消 費 した 金 額 をいう 民 間 消 費 額 ( 地 域 内 ベース) とは 消 費 者 の 居 住 地 を 問 わず 当 該 地 域 内 に 消 費 された 金 額 をいう 民 間 消 費 額 ( 地 域 内 収 支 )= 民 間 消 費 額 ( 地 域 内 ベース)- 民 間 消 費 額 ( 地 域 住 民 ベース)

8 3-4. 農 業 マップ- 農 業 者 分 析 (データ 出 所 : 農 林 水 産 省 農 林 業 センサス 再 編 加 工 ) 農 林 水 産 業 マップ 8 都 道 府 県 市 区 町 村 旧 市 区 町 村 ( 昭 和 25 年 当 時 ) 単 位 で 年 間 延 べ 農 作 業 日 数 農 業 経 営 者 の 年 齢 構 成 農 業 生 産 関 連 事 業 の 実 施 状 況 法 人 化 率 などを 分 析 することが 可 能 販 売 金 額 のデータと 組 み 合 わせることにより 稼 いでいる 農 業 地 域 における 経 営 体 の 実 態 も 把 握 できる データは25 年 と21 年 年 間 延 べ 農 作 業 日 数 は 推 計 値 農 業 経 営 者 の 年 齢 構 成 農 業 生 産 関 連 事 業 の 実 施 状 況 ( 経 営 体 数 ) 農 業 経 営 者 の 高 齢 化 が 特 に 進 んでいる 地 域 A 県 B 市 A 県 B 市 農 業 生 産 関 連 事 業 とは 農 産 物 の 加 工 観 光 農 園 農 家 民 宿 等 農 業 生 産 に 関 連 した 事 業

9 3-5. 林 業 マップ- 林 業 総 収 入 (データ 出 所 : 農 林 水 産 省 農 林 業 センサス 再 編 加 工 ) 農 林 水 産 業 マップ 9 都 道 府 県 市 区 町 村 単 位 で 地 域 の 林 業 経 営 体 の 総 収 入 ( 林 産 物 販 売 林 業 作 業 請 負 別 )を 把 握 することが 可 能 また 林 業 部 門 別 の 延 べ 経 営 体 数 も 表 示 できるため 当 該 地 域 における 林 業 の 全 体 像 を 把 握 することも 可 能 データは25 年 と21 年 林 業 総 収 入 は 推 計 値 林 業 総 収 入 ( 総 額 )を 表 示 経 営 体 あたりも 表 示 可 能 林 業 部 門 別 延 べ 経 営 体 数 を 表 示 A 県 B 市 林 産 物 販 売 金 額 ( 総 額 ) 林 業 作 業 請 負 収 入 ( 総 額 )

10 目 的 地 分 析 (データ 出 所 : 株 式 会 社 ナビタイムジャパン 経 路 検 索 条 件 データ ) 観 光 マップ 観 光 施 設 の 検 索 回 数 をマップやランキング( 都 道 府 県 市 区 町 村 単 位 )で 把 握 することで 自 地 域 の 観 光 施 設 の 人 気 度 ( 注 目 度 )を 把 握 することができる また 当 該 施 設 がどこの 地 域 から 多 く 検 索 されているかを 見 ることで どこに 観 光 PRを 重 点 的 に 行 うかの 選 定 等 に 役 立 つ 213 年 9 月 から214 年 8 月 のデータ 観 光 資 源 宿 泊 施 設 や 温 泉 広 域 からの 集 客 が 見 込 まれるレジャー 施 設 や 商 業 施 設 を 表 示 現 時 点 では 国 および 地 方 自 治 体 の 職 員 が 一 定 の 制 約 の 下 で 利 用 可 能 な 限 定 メニュー ではあるが 216 年 4 月 を 目 途 に 一 般 メニューとして 公 開 を 予 定 施 設 ごとの 検 索 回 数 をマップで 表 示 目 的 地 検 索 ランキング 出 発 地 ランキング

11 4-8. 外 国 人 消 費 花 火 図 (データ 出 所 :ビザ ワールドワイド ジャパン 株 式 会 社 のクレジットカードデータ) 観 光 マップ 11 都 道 府 県 単 位 で 訪 日 外 国 人 ( 地 域 別 国 籍 別 )の 部 門 別 カード 消 費 額 ( 総 額 )を 四 角 の 大 きさで 表 示 し 自 地 域 における 訪 日 外 国 人 の 消 費 行 動 を 把 握 することで インバウンド 戦 略 の 立 案 に 役 立 つ 212 年 8 月 から215 年 7 月 までの 月 次 データ 国 名 はカード 保 有 者 の 居 住 地 を 表 している また VISAカード 消 費 額 の 各 国 におけるシェアを 基 にクレジットカード 全 体 の 金 額 へ 拡 大 推 計 を 行 っている 中 分 類 費 目 ごとの 割 合 を 表 示

12 外 国 人 消 費 分 析 観 光 マップ (データ 出 所 : ビザ ワールドワイド ジャパン 株 式 会 社 のカードデータに 基 づき 内 閣 官 房 まち ひと しごと 創 生 本 部 事 務 局 作 成 ) 都 道 府 県 単 位 で 訪 日 外 国 人 ( 地 域 別 国 籍 別 )の 部 門 別 カード 消 費 額 や 取 引 件 数 取 引 単 価 をマップやグラフ に 表 示 して 比 較 したり 消 費 額 の 推 移 をグラフに 表 示 することで 自 地 域 における 訪 日 外 国 人 の 消 費 額 や 消 費 単 価 を 把 握 することができる 212 年 8 月 から215 年 7 月 までの 月 次 データ 国 名 はカード 保 有 者 の 居 住 地 を 表 している また VISAカード 消 費 額 の 各 国 におけるシェアを 基 にクレジットカード 全 体 の 金 額 へ 拡 大 推 計 を 行 っている 消 費 額 ( 総 額 ) 取 引 件 数 取 引 単 価 をマップで 表 示 表 示 する 内 容 : 取 引 単 価 表 示 年 :214 年 表 示 部 門 : 飲 食 店 >レストラン 指 定 国 籍 :アジア 州 > 大 韓 民 国 都 道 府 県 別 取 引 単 価 表 示 年 月 :214 年 指 定 地 域 : 宮 崎 県 指 定 部 門 : 飲 食 店 >レストラン 国 籍 別 消 費 額 の 推 移 表 示 年 月 :212 年 8 月 215 年 7 月 指 定 地 域 : 宮 崎 県 指 定 部 門 : 飲 食 店 >レストラン

13 ( 参 考 資 料 ) 地 域 経 済 循 環 分 析 シナリオ 事 例 集 平 成 27 年 12 月 内 閣 官 房 まち ひと しごと 創 生 本 部 事 務 局

14 地 域 経 済 循 環 図 地 域 経 済 循 環 シナリオ1ー 商 店 における 地 域 内 産 農 産 物 の 調 達 量 の 増 加 ー ステップ1: 商 店 が 地 域 内 で 生 産 された 農 産 物 の 調 達 量 を 増 やすことにより 第 1 次 産 業 及 び 第 3 次 産 業 の 付 加 価 値 額 が 増 加 する ステップ2: 第 1 次 産 業 及 び 第 3 次 産 業 の 雇 用 者 所 得 が 増 加 する ステップ3: 雇 用 者 所 得 の 増 加 により 地 域 内 における 民 間 消 費 額 が 増 加 する ステップ2 分 配 地 域 外 からの 所 得 流 入 5 ステップ1 3 所 得 への 分 配 34 (3+4) 生 産 雇 用 者 所 得 16 その 他 所 得 所 得 からの 支 出 39 (35+4) ステップ3 3 支 出 地 域 外 への 支 出 流 出 第 1 次 産 業 18 第 2 次 産 業 2 6 第 3 次 産 業 第 1 次 産 業 及 び 第 3 次 産 業 の 付 加 価 値 額 が4 億 円 増 加 第 1 次 産 業 及 び 第 3 次 産 業 の 雇 用 者 所 得 が4 億 円 増 加 支 出 による 生 産 への 還 流 34 (3+4) 民 間 消 費 額 民 間 投 資 額 その 他 支 出 地 域 内 における 民 間 消 費 額 が4 億 円 増 加

15 地 域 経 済 循 環 図 地 域 経 済 循 環 シナリオ2ー 外 国 人 観 光 客 誘 致 による 消 費 額 の 増 加 ー ステップ1: 外 国 人 観 光 客 の 増 加 により 地 域 内 における 民 間 消 費 額 が 増 加 する ステップ2:お 土 産 宿 泊 サービス 等 の 新 規 需 要 に 伴 い 観 光 産 業 及 びその 関 連 産 業 の 付 加 価 値 額 が 増 加 する ステップ3: 観 光 関 連 産 業 の 雇 用 者 所 得 や 企 業 所 得 が 増 加 する ステップ3 分 配 地 域 外 からの 所 得 流 入 5 ステップ2 3 所 得 への 分 配 36 (3+6) 生 産 雇 用 者 所 得 2 16 その 他 所 得 所 得 からの 支 出 41 (35+6) ステップ1 3地 域 外 からの 流 入 支 出 地 域 外 への 支 出 流 出 第 1 次 産 業 18 第 2 次 産 業 4 6 第 3 次 産 業 観 光 産 業 及 びその 関 連 産 業 の 付 加 価 値 額 が6 億 円 増 加 1 観 光 産 業 及 びその 関 連 産 業 の 雇 用 者 所 得 企 業 所 得 が 合 計 6 億 円 増 加 支 出 による 生 産 への 還 流 36 (3+6) 民 間 消 費 額 民 間 投 資 額 その 他 支 出 外 国 人 観 光 客 の 増 加 により 民 間 消 費 額 が6 億 円 増 加

16 地 域 経 済 循 環 図 地 域 経 済 循 環 シナリオ3ー 地 域 資 源 の6 次 産 業 化 による 投 資 額 の 増 加 ー ステップ1: 地 域 資 源 の6 次 産 業 化 を 促 進 するために 農 家 食 料 加 工 業 者 研 究 機 関 等 が 地 域 外 のファンドから 資 金 調 達 をして 設 備 投 資 をする ステップ2: 投 資 された 企 業 団 体 が6 次 産 業 化 に 取 り 組 み 付 加 価 値 額 が 増 加 する ステップ3:6 次 産 業 化 に 取 り 組 んだ 企 業 の 雇 用 者 所 得 や 企 業 所 得 が 増 加 する ステップ2 3 所 得 への 分 配 36 (3+6) 生 産 ステップ3 3 分 配 3 19 雇 用 者 所 得 地 域 外 からの 所 得 流 入 その 他 所 得 所 得 からの 支 出 41 (35+6) ステップ1 3 支 出 地 域 外 からの 流 入 地 域 外 への 支 出 流 出 第 1 次 産 業 18 第 2 次 産 業 6 第 3 次 産 業 6 次 産 業 化 に 取 り 組 んだ 企 業 団 体 の 付 加 価 値 額 が6 億 円 増 加 次 産 業 化 に 取 り 組 んだ 企 業 団 体 の 雇 用 者 所 得 企 業 所 得 が 合 計 6 億 円 増 加 支 出 による 生 産 への 還 流 36 (3+6) 民 間 消 費 額 民 間 投 資 額 その 他 支 出 6 次 産 業 化 を 促 進 するため 民 間 投 資 額 が6 億 円 増 加

17 地 域 経 済 循 環 図 地 域 経 済 循 環 シナリオ4ー 地 域 外 における 大 型 小 売 店 進 出 による 地 域 内 消 費 額 の 減 少 ー ステップ1: 地 域 外 に 大 型 小 売 店 が 進 出 したことにより 地 域 住 民 の 消 費 が 地 域 外 に 流 出 する ステップ2: 地 域 内 の 消 費 減 少 により 小 売 サービス 産 業 ( 第 3 次 産 業 )の 付 加 価 値 額 が 減 少 する ステップ3: 小 売 サービス 産 業 の 企 業 の 雇 用 者 所 得 や 企 業 所 得 が 減 少 する ステップ3 分 配 地 域 外 からの 所 得 流 入 5 ステップ2 3 所 得 への 分 配 27 (3-3 ) 生 産 雇 用 者 所 得 1 14 その 他 所 得 所 得 からの 支 出 32 (35-3) ステップ1 3 支 出 地 域 外 への 支 出 流 出 5 6 第 1 次 産 業 18 第 2 次 産 業 3 第 3 次 産 業 小 売 サービス 産 業 ( 第 3 次 産 業 )の 付 加 価 値 額 が3 億 円 減 少 3 小 売 サービス 産 業 ( 第 3 次 産 業 )の 雇 用 者 所 得 企 業 所 得 が 合 計 3 億 円 減 少 支 出 による 生 産 への 還 流 27 (3-3 ) 地 域 外 への 流 出 民 間 消 費 額 民 間 投 資 額 その 他 支 出 地 域 外 における 大 型 小 売 店 の 進 出 により 地 域 住 民 の 消 費 が 地 域 外 に3 億 円 流 出

18 地 域 経 済 循 環 図 地 域 経 済 循 環 シナリオ5ー 地 域 外 のゼネコンへの 役 場 庁 舎 改 修 工 事 発 注 による 公 的 支 出 の 流 出 ー ステップ1: 役 場 の 庁 舎 の 改 修 工 事 を 地 域 外 のゼネコンに 発 注 することにより 公 的 支 出 が 地 域 外 に 流 出 する ステップ2: 地 域 内 の 土 木 建 設 関 連 企 業 ( 第 2 次 産 業 )の 付 加 価 値 額 が 減 少 する ステップ3: 地 域 内 の 土 木 建 設 関 連 企 業 の 雇 用 者 所 得 や 企 業 所 得 が 減 少 する ステップ3 分 配 地 域 外 からの 所 得 流 入 5 ステップ2 所 得 への 分 配 29 (3-1 ) 生 産 所 得 からの 支 出 34 (35-1) ステップ1 支 出 地 域 外 への 支 出 流 出 5 3 雇 用 者 所 得 その 他 所 得 土 木 建 設 関 連 企 業 ( 第 2 次 産 業 )の 雇 用 者 所 得 企 業 所 得 が 合 計 1 億 円 減 少 地 域 外 への 流 出 6 第 1 次 産 業 第 2 次 産 業 第 3 次 産 業 土 木 建 設 関 連 企 業 ( 第 2 次 産 業 )の 付 加 価 値 額 が1 億 円 減 少 6 支 出 による 生 産 への 還 流 29 (3-1 ) 民 間 消 費 額 民 間 投 資 額 その 他 支 出 地 域 外 のゼネコンへの 発 注 によ り 公 的 支 出 が 地 域 外 に1 億 円 流 出

19 地 域 経 済 循 環 図 地 域 経 済 循 環 シナリオ6ー 子 育 て 環 境 の 改 善 による 住 民 の 流 入 ー ステップ1: 子 育 て 環 境 を 改 善 したことにより 住 民 ( 従 業 地 は 地 域 外 )が 増 え 地 域 外 からの 雇 用 者 所 得 の 流 入 が 増 加 する ステップ2: 雇 用 者 の 所 得 増 加 により 地 域 内 における 民 間 消 費 額 が 増 加 する ステップ3: 地 域 内 の 民 間 消 費 額 の 増 加 により 地 域 内 の 第 3 次 産 業 の 付 加 価 値 額 が 増 加 する ステップ1 分 配 地 域 外 からの 所 得 流 入 5 ステップ3 3 所 得 への 分 配 36 (3+6) 生 産 3 地 域 外 からの 流 入 6 19 雇 用 者 所 得 16 その 他 所 得 所 得 からの 支 出 41 (35+6) ステップ2 3 支 出 地 域 外 への 支 出 流 出 5 6 第 1 次 産 業 18 第 2 次 産 業 6 6 第 3 次 産 業 地 域 内 の 第 3 次 産 業 の 付 加 価 値 額 が6 億 円 増 加 住 民 ( 従 業 地 は 地 域 外 )が 増 え 雇 用 者 所 得 が6 億 円 増 加 支 出 による 生 産 への 還 流 36 (3+6) 民 間 消 費 額 民 間 投 資 額 その 他 支 出 地 域 内 における 民 間 消 費 額 が6 億 円 増 加

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2087445245534153915391CC90E096BE8E9197BF7665722E313981698EA98EA191CC94E48A72816A2E707074785B93C782DD8EE682E890EA97705D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2087445245534153915391CC90E096BE8E9197BF7665722E313981698EA98EA191CC94E48A72816A2E707074785B93C782DD8EE682E890EA97705D> 5. 5-1. 経 済 構 造 - 企 業 数 事 業 所 数 従 業 者 数 5-1. 経 済 構 造 - 製 造 品 出 荷 額 等 年 間 商 品 販 売 額 5-1. 経 済 構 造 - 付 加 価 値 額 労 働 産 性 5-2. 企 業 活 動 - 創 業 率 5-2. 企 業 活 動 - 字 字 企 業 率 5-2. 企 業 活 動 - 経 営 者 平 均 年 齢 ( 限 定 メニュー)

More information

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の 相 馬 市 人 口 ビジョン 平 成 27 年 9 月 25 日 相 馬 市 地 方 創 生 総 合 戦 略 会 議 目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析

More information

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中)

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中) 平 成 26 年 公 的 年 金 財 政 検 証 と 今 後 の 年 金 制 度 改 正 の 行 方 ( 中 ) 厚 生 労 働 委 員 会 調 査 室 棱 野 佑 希 1.はじめに 2. 財 政 検 証 の 意 義 3. 平 成 16 年 改 正 財 政 フレームの 完 成 4. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 前 提 5. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 結 果 6.オプション 試

More information

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪 平 成 28 年 6 月 13 日 都 市 局 都 市 計 画 課 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 に 係 る 通 知 を 発 出 本 年 3 月 30 日 に 策 定 された 明 日 の 日 本 を 支 える 観 光 ビジョン において 観 光 立 国 の 推 進 に 寄 与 する 宿 泊 施 設 の 整 備 促 進 に 向 けた 取 組 として

More information

関 係 者 一 覧 アドバイザー 松 原 豊 彦 学 校 法 人 立 命 館 副 総 長 ( 草 津 未 来 研 究 所 所 長 ) 草 津 未 来 研 究 所 山 本 憲 一 草 津 市 総 合 政 策 部 草 津 未 来 研 究 所 副 所 長 古 川 郁 子 草 津 市 総 合 政 策 部 草

関 係 者 一 覧 アドバイザー 松 原 豊 彦 学 校 法 人 立 命 館 副 総 長 ( 草 津 未 来 研 究 所 所 長 ) 草 津 未 来 研 究 所 山 本 憲 一 草 津 市 総 合 政 策 部 草 津 未 来 研 究 所 副 所 長 古 川 郁 子 草 津 市 総 合 政 策 部 草 おわりに 地 域 経 済 分 析 システム(RESAS) は 自 治 体 職 員 でなくても 使 用 できる 機 能 が 随 時 追 加 搭 載 されている 現 在 一 般 の 方 が 地 域 経 済 分 析 システムを 活 用 したものをインターネッ ト 上 で 投 稿 したり 自 分 の 地 域 について 語 り 合 う 市 民 の 集 まりが 開 催 されたりする 等 各 地 で 新 しい 動

More information

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業 地 域 再 生 基 本 方 針 の 一 部 変 更 について 平 成 26 年 12 月 27 日 閣 議 決 定 案 地 域 再 生 法 ( 平 成 17 年 法 律 第 24 号 ) 第 4 条 第 7 項 において 準 用 する 同 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 地 域 再 生 基 本 方 針 ( 平 成 17 年 4 月 22 日 閣 議 決 定 )の 一 部 を 次 のとおり

More information

目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花

目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花 尾 花 沢 まち ひと しごと 創 生 尾 花 沢 人 口 ビ ジ ョ ン 平 成 27 年 10 月 尾 花 沢 目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14

More information

第 Ⅱ-2-13 図 実 質 消 費 支 出 の 動 向 ( 二 人 以 上 の 世 帯 前 年 同 月 比 伸 び 率 寄 与 度 ) 6 4 2 2 4 6 8 1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1 11 12 1 2 3 4 5 6 7 22 年 23 年 ( 月 ) 食 料 住 居 光

第 Ⅱ-2-13 図 実 質 消 費 支 出 の 動 向 ( 二 人 以 上 の 世 帯 前 年 同 月 比 伸 び 率 寄 与 度 ) 6 4 2 2 4 6 8 1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1 11 12 1 2 3 4 5 6 7 22 年 23 年 ( 月 ) 食 料 住 居 光 震 災 後 の 個 人 消 費 の 動 向 について 震 災 の 影 響 を 受 けた 消 費 者 マインドの 急 激 な 悪 化 自 粛 ムードの 広 がり サプライ チェーン 寸 断 による 供 給 制 約 といった 要 因 等 を 背 景 に 3 月 の 個 人 消 費 は 大 幅 な 落 ち 込 みを 記 録 した 4 月 以 降 は これら 要 因 が 徐 々に 緩 和 してきていることから

More information

~ 連 続 講 座 ( 全 3 回 ) 開 催 にあたって~ 第 1 回 ( 平 成 27 年 4 月 18 日 開 催 ) 北 陸 地 域 経 済 の 今 北 陸 地 域 経 済 の 見 方 新 幹 線 開 業 と 観 光 第 2 回 ( 平 成 27 年 5 月 30 日 開 催 ) 北 陸 地

~ 連 続 講 座 ( 全 3 回 ) 開 催 にあたって~ 第 1 回 ( 平 成 27 年 4 月 18 日 開 催 ) 北 陸 地 域 経 済 の 今 北 陸 地 域 経 済 の 見 方 新 幹 線 開 業 と 観 光 第 2 回 ( 平 成 27 年 5 月 30 日 開 催 ) 北 陸 地 金 沢 学 院 大 学 経 営 情 報 学 部 公 開 講 座 平 成 2 7 年 6 月 1 3 日 財 務 省 北 陸 財 務 局 長 竹 田 伸 一 ( 注 ) 以 下 の 資 料 において 意 見 にかかる 部 分 は 個 人 的 見 解 であって 財 務 省 又 は 北 陸 財 務 局 の 公 式 的 な 見 解 を 示 すものではありません ~ 連 続 講 座 ( 全 3 回 ) 開 催

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

北海道の観光における課題等について20140110

北海道の観光における課題等について20140110 2014 年 1 月 10 日 日 本 銀 行 札 幌 支 店 北 海 道 金 融 経 済 レポート 北 海 道 の 観 光 における 課 題 等 について 本 レポートの 執 筆 は 札 幌 支 店 営 業 課 金 森 渉 が 担 当 しました 本 レポートで 示 された 意 見 は 執 筆 者 に 属 し 必 ずしも 日 本 銀 行 札 幌 支 店 の 見 解 を 示 すものではありません 照

More information

スライド 1

スライド 1 資 料 2 観 光 の 現 状 と 政 府 の 取 組 平 成 28 年 2 月 17 日 観 光 庁 長 官 田 村 明 比 古 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 の 推 移 万 人 2000 1900 1800 1700 1600 1973.7 万 人 (47.1% 増 ) 12 月 :177.3 万 人 (43.4% 増 ) 11 月 :164.8 万 人 (41.0% 増 ) 10 月 :182.9

More information

<32303135313130355F8BD595BD92AC906C8CFB83728357838783932E786477>

<32303135313130355F8BD595BD92AC906C8CFB83728357838783932E786477> 琴 平 町 人 口 ビジョン 平 成 27 年 1 月 琴 平 町 目 次 1 章 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 1 1.1 人 口 ビジョンの 策 定 の 目 的... 1 1.2 人 口 ビジョンの 期 間... 1 2 章 人 口 の 現 状 分 析... 2 2.1 人 口 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移 と 将 来 推 計... 2 (2) 年 齢 3

More information

Microsoft Word - 102第Ⅱ章第1節.docx

Microsoft Word - 102第Ⅱ章第1節.docx 悪 化 した 企 業 収 益 が 雇 用 と 所 得 に 与 える 影 響 国 内 の 消 費 は 政 府 の 景 気 対 策 の 効 果 もあって このところ 持 ち 直 しの 動 きが 続 いている が 雇 用 所 得 環 境 は 依 然 として 厳 しい 情 勢 が 続 いている 以 下 では 昨 年 末 以 降 の 景 気 後 退 による 製 造 業 を 中 心 とした 企 業 収 益 の

More information

事 所 に 関 する 集 表 Ⅳ 2 産 ( 小 分 類 ) 別 従 者 数 上 位 50 産 順 位 産 小 分 類 は 内 容 例 示 従 者 数 ( 人 ) 構 成 比 (%) 累 (%) 1 自 動 車 同 附 属 品 製 造 239,644 6.6 6.6 2 一 般 貨 物 自 動 車

事 所 に 関 する 集 表 Ⅳ 2 産 ( 小 分 類 ) 別 従 者 数 上 位 50 産 順 位 産 小 分 類 は 内 容 例 示 従 者 数 ( 人 ) 構 成 比 (%) 累 (%) 1 自 動 車 同 附 属 品 製 造 239,644 6.6 6.6 2 一 般 貨 物 自 動 車 Ⅳ 産 分 類 別 愛 知 県 内 ランキング 表 以 下 事 所 数 及 び 従 者 数 は 必 要 な 事 項 の 数 値 が 得 られた 事 所 を 対 象 として 集 した 表 Ⅳ 1 産 ( 小 分 類 ) 別 事 所 数 上 位 50 産 順 位 産 小 分 類 は 内 容 例 示 事 所 数 構 成 比 (%) 累 (%) 1 専 門 料 理 店 日 本 料 理 店, 焼 肉 店,ラーメン

More information

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 速 報 1. 改 正 の 概 要 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 1 復 興 特 別 法 人 税 の 課 される 期 間 が1 年 前 倒 しで 廃 止 とされます 法 人 が 受 け 取 る 利 子 及 び 配 当 等 に 課 される 復 興 特 別 所 得 税 の 額 は 所 得 税 と 合 せて 法 人 税 の

More information

スライド 1

スライド 1 福 島 に 森 のエコシティを 創 出 する CLTにかかわる 現 状 と 課 題 協 力 委 員 パナソニック 株 式 会 社 エコソリューションズ 社 エネマネ 推 進 センター 西 川 弘 記 東 北 には 豊 富 な 森 林 資 源 がある 2 充 実 する 森 林 資 源 ~ 我 が 国 の 森 林 資 源 は 戦 後 植 林 した 人 工 林 を 中 心 に 年 々 増 加 ~ 森 林

More information

平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優

平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優 平 成 27 年 度 予 算 のポイント 平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優 先 課 題 推 進 枠 や 地 財 政 計 画 における

More information

も 上 昇 すると 見 込 まれる (P.8 11 表 3-2) 2030 年 の 就 業 率 は ゼロ 成 長 参 加 現 状 で 53.2%と 2014 年 の 57.3%から 低 下 するが 経 済 再 生 参 加 進 展 では 59.0%に 上 昇 すると 見 込 まれる (P.8 10 1

も 上 昇 すると 見 込 まれる (P.8 11 表 3-2) 2030 年 の 就 業 率 は ゼロ 成 長 参 加 現 状 で 53.2%と 2014 年 の 57.3%から 低 下 するが 経 済 再 生 参 加 進 展 では 59.0%に 上 昇 すると 見 込 まれる (P.8 10 1 平 成 27 年 12 月 16 日 ( 水 ) 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構 ( 理 事 長 菅 野 和 夫 ) 経 済 社 会 と 労 働 部 門 副 主 任 研 究 員 中 野 諭 ( 電 話 )03-5903-6223 URL:http://www.jil.go.jp/ 平 成 27 年 労 働 力 需 給 の 推 計 新 たな 全 国 推 計 を 踏 まえた

More information

産 業 が 1,003 人 ( 人 口 比 54.2%)となっている < 第 一 次 産 業 > 農 業 を 取 り 巻 く 環 境 が 厳 しさを 増 している 中 で 今 後 も 農 家 戸 数 の 減 少 や 高 齢 化 の 進 行 が 見 込 まれることから 経 営 の 体 質 強 化 や

産 業 が 1,003 人 ( 人 口 比 54.2%)となっている < 第 一 次 産 業 > 農 業 を 取 り 巻 く 環 境 が 厳 しさを 増 している 中 で 今 後 も 農 家 戸 数 の 減 少 や 高 齢 化 の 進 行 が 見 込 まれることから 経 営 の 体 質 強 化 や 地 域 再 生 計 画 1 地 域 再 生 計 画 の 名 称 乙 部 町 の 魅 力 ある 地 域 資 源 を 活 用 した 産 業 活 性 化 事 業 2 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 北 海 道 爾 志 郡 乙 部 町 3 地 域 再 生 計 画 の 区 域 北 海 道 爾 志 郡 乙 部 町 の 全 域 4 地 域 再 生 計 画 の 目 標 4-1 乙 部 町 の

More information

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

4-2 主 な 産 業 の 動 向 (1) 食 関 連 産 業 分 野 当 市 の 食 料 品 製 造 業 は 優 良 漁 場 が 生 み 出 す 豊 富 なイカや 昆 布 などの 水 産 資 源 を 背 景 に 水 産 加 工 業 が 集 積 しているほか 北 海 道 大 学 大 学 院 水 産

4-2 主 な 産 業 の 動 向 (1) 食 関 連 産 業 分 野 当 市 の 食 料 品 製 造 業 は 優 良 漁 場 が 生 み 出 す 豊 富 なイカや 昆 布 などの 水 産 資 源 を 背 景 に 水 産 加 工 業 が 集 積 しているほか 北 海 道 大 学 大 学 院 水 産 地 域 再 生 計 画 1 地 域 再 生 計 画 の 名 称 函 館 ブランド 確 立 による 雇 用 創 出 拡 大 プロジェクト 2 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 函 館 市 3 地 域 再 生 計 画 の 区 域 函 館 市 の 全 域 4 地 域 再 生 計 画 の 目 標 4-1 地 域 の 現 状 函 館 市 は 津 軽 海 峡 に 面 した 北 海 道 の

More information

(Microsoft PowerPoint - \212\317\214\365\216Y\213\306\(\225\275\220\25427\224NH\202o\227p\) .ppt)

(Microsoft PowerPoint - \212\317\214\365\216Y\213\306\(\225\275\220\25427\224NH\202o\227p\) .ppt) GIFU ECONOMIC AND INDUSTRIAL PROMOTION CENTER 観 光 平 成 27 年 度 担 当 者 : 主 任 調 査 役 堀 邦 裕 報 告 内 容 1 岐 阜 県 の 観 光 の 動 向 2 全 国 から 見 た 岐 阜 県 の 観 光 3 最 近 の 動 向 と 課 題 4 観 光 振 興 等 についての 意 見 要 望 等 5 主 な 観 光 宿 泊 地 の

More information

2 平 均 病 床 数 の 平 均 病 床 数 では 療 法 人 に 対 しそれ 以 外 の 開 設 主 体 自 治 体 社 会 保 険 関 係 団 体 その 他 公 的 の 規 模 が 2.5 倍 程 度 大 きく 療 法 人 に 比 べ 公 的 病 院 の 方 が 規 模 の 大 き いことが

2 平 均 病 床 数 の 平 均 病 床 数 では 療 法 人 に 対 しそれ 以 外 の 開 設 主 体 自 治 体 社 会 保 険 関 係 団 体 その 他 公 的 の 規 模 が 2.5 倍 程 度 大 きく 療 法 人 に 比 べ 公 的 病 院 の 方 が 規 模 の 大 き いことが II 病 院 経 営 管 理 指 標 に 関 する 調 査 研 究 結 果 1. 平 成 22 年 度 病 院 経 営 管 理 指 標 の 概 要 平 成 22 年 度 病 院 経 営 管 理 指 標 の 詳 細 については 後 述 の 平 成 22 年 度 病 院 経 営 管 理 指 標 に 示 し 以 下 ではその 概 況 を 述 べる 注 有 効 回 答 数 が 5 以 下 の 項 目 には

More information

H28記入説明書(納付金・調整金)8

H28記入説明書(納付金・調整金)8 1 常 用 雇 用 労 働 者 の 総 数 の 把 握 ( STEP1 ) (1) 常 用 雇 用 労 働 者 とは 障 害 者 雇 用 納 付 金 制 度 における 常 用 雇 用 労 働 者 とは あなたの 企 業 で の 形 式 の 如 何 を 問 わず 1 雇 用 ( 契 約 ) の 定 めがなく 雇 用 されている 労 働 者 及 び 一 定 の 雇 用 ( 契 約 ) を 定 めて 雇

More information

ま え が き 本 書 は 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 を 取 りまとめたものです 県 民 経 済 計 算 は 県 内 の 経 済 活 動 により1 年 間 に 新 たに 生 み 出 された 付 加 価 値 総 額 を 生 産 分 配 支 出 の3 面 から 体

ま え が き 本 書 は 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 を 取 りまとめたものです 県 民 経 済 計 算 は 県 内 の 経 済 活 動 により1 年 間 に 新 たに 生 み 出 された 付 加 価 値 総 額 を 生 産 分 配 支 出 の3 面 から 体 平 成 25 年 度 香 川 県 県 民 経 済 計 算 推 計 結 果 平 成 27 年 12 月 香 川 県 政 策 部 統 計 調 査 課 ま え が き 本 書 は 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 を 取 りまとめたものです 県 民 経 済 計 算 は 県 内 の 経 済 活 動 により1 年 間 に 新 たに 生 み 出 された 付 加 価 値 総 額 を

More information

Cross functional Team-2 地域経済活性化対策

Cross functional Team-2  地域経済活性化対策 Cross functional Team-2 地 域 経 済 活 性 化 対 策 ~ 中 間 報 告 ~ 平 成 27 年 3 月 30 日 1 CFT-2の 構 成 リーダー 黄 瀬 信 之 ( 企 画 財 政 部 企 業 立 地 情 報 化 推 進 室 ) サブリーダー 大 内 規 裕 ( 総 務 部 秘 書 課 秘 書 係 ) メンバー 森 本 紗 緒 里 ( 総 務 部 市 民 連 携 室

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031816995CA8E868250816A8BC696B188CF91F58E64976C8F91202E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031816995CA8E868250816A8BC696B188CF91F58E64976C8F91202E646F63> ( 別 紙 1) 1. 業 務 名 外 国 人 観 光 客 おもてなしイベント 開 催 事 業 2. 委 外 託 国 上 人 限 観 額 光 客 おもてなしイベント 開 催 事 業 業 務 委 託 仕 様 書 3. 目 金 的 15,233,000 円 ( 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 を 含 む ) き 館 本 県 外 を 国 訪 人 問 観 する 光 客 外 同 国 士 人 の 観 交

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6> 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 について 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 都 市 計 画 課 都 市 計 画 法 改 正 のポイント 2 拡 散 型 から 集 約 型 へ 都 市 に 必 要 な 施 設 を 街 なか に 誘 導 拡 散 型 の 都 市 では 暮 らしにくく 非 効 率 自 動 車 に 過 度 に 依 存 交 通 エネルギー 消 費 量 が 多 い 既 存 ストックが

More information

1. 広 島 市 の 人 口 動 向 広 島 市 の 人 口 は 117 万 人 ( 平 成 22 年 国 調 )であり 全 国 11 位 昭 和 3 年 代 に 5 万 人 に 達 し 周 辺 市 町 村 との 合 併 により 市 域 の 拡 大 した 昭 和 6 年 には 1 万 人 を 超 え

1. 広 島 市 の 人 口 動 向 広 島 市 の 人 口 は 117 万 人 ( 平 成 22 年 国 調 )であり 全 国 11 位 昭 和 3 年 代 に 5 万 人 に 達 し 周 辺 市 町 村 との 合 併 により 市 域 の 拡 大 した 昭 和 6 年 には 1 万 人 を 超 え 215 年 1 月 株 式 会 社 日 本 政 策 投 資 銀 行 中 国 支 店 株 式 会 社 日 本 経 済 研 究 所 総 務 本 部 経 営 企 画 部 人 口 減 少 時 代 における 広 島 都 市 圏 の 現 状 と 女 性 の 就 業 状 況 < 要 旨 > - 国 勢 調 査 にみる 人 口 動 向 を 中 心 に- 広 島 都 市 圏 の 人 口 動 向 広 島 市 の 人 口

More information

Taro-07-1提言概要.jtd

Taro-07-1提言概要.jtd 新 たな 在 留 管 理 制 度 に 関 する 提 言 の 概 要 について 資 料 7 1 在 留 管 理 制 度 見 直 しのねらい 法 務 大 臣 が 外 国 人 の 在 留 管 理 に 必 要 な 情 報 を 一 元 的, 正 確 かつ 継 続 的 に 把 握 する 制 度 を 構 築 し, 的 確 な 在 留 管 理 を 行 う一 方 で, 市 区 町 村 において 整 備 される 予 定

More information

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業 平 成 28 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 案 ) 速 報 ( 平 成 27 年 12 月 10 日 現 在 ) 0 1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 1-1 23.9% 平 成 28 年 4 月 1 日 以

More information

は し が き

は し が き 1 総 資 本 形 成 の 概 念 総 資 本 形 成 とは 一 般 政 府 公 的 企 業 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 民 間 法 人 及 び 家 計 ( 個 人 企 業 )の 支 出 ( 購 入 及 び 自 己 生 産 物 の 使 用 )のうち 中 間 消 費 とならないものであり 総 固 定 資 本 形 成 と 在 庫 品 増 加 に 区 別 される (1) 総 固 定 資 本 形

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3236944E926E89BF8CF68EA682CC93AE8CFC816998418D8789EF92F18F6F8CB48D65816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3236944E926E89BF8CF68EA682CC93AE8CFC816998418D8789EF92F18F6F8CB48D65816A> 平 成 26 年 地 価 公 示 における 県 内 の 地 価 動 向 ( 大 分 県 ) 1. 大 分 県 の 経 済 概 況 大 分 県 内 の 景 気 は 一 部 に 弱 めの 動 きもみられるが 緩 やかに 持 ち 直 しの 動 きが 広 が りつつあ 最 終 需 要 面 をみると 個 人 消 費 は 雇 用 所 得 環 境 において 厳 しい 情 勢 が 続 く 中 株 価 上 昇 に 伴

More information

12 大 都 市 の 人 口 と 従 業 者 数 12 大 都 市 は 全 国 の 人 口 の 約 2 割 従 業 者 数 の 約 3 割 を 占 める 12 大 都 市 の 事 業 所 数 従 業 者 数 及 び 人 口 は 表 1 のとおりです これらの 12 大 都 市 を 合 わせると 全

12 大 都 市 の 人 口 と 従 業 者 数 12 大 都 市 は 全 国 の 人 口 の 約 2 割 従 業 者 数 の 約 3 割 を 占 める 12 大 都 市 の 事 業 所 数 従 業 者 数 及 び 人 口 は 表 1 のとおりです これらの 12 大 都 市 を 合 わせると 全 はははは 平 成 25 年 12 月 3 日 平 成 26 年 2 月 26 日 改 訂 統 計 トピックスNo.75 経 済 センサスでみる12 大 都 市 の 産 業 特 性 と 主 要 産 業 - 平 成 24 年 経 済 センサス 活 動 調 査 の 分 析 事 例 2 地 域 分 析 - 経 済 センサスは 我 が 国 の 事 業 所 及 び 企 業 の 経 済 活 動 の 状 態 を 全

More information

福岡県を訪れる外国人観光客の特徴について

福岡県を訪れる外国人観光客の特徴について 2013 年 9 月 13 日 日 本 銀 行 福 岡 支 店 Bank of Japan Fukuoka Branch 金 融 経 済 トピックス 福 岡 県 を 訪 れる 外 国 人 観 光 客 の 特 徴 について 当 資 料 は 当 店 ホームページに 掲 載 しています http://www3.boj.or.jp/fukuoka/ < 内 容 に 関 するお 問 い 合 わせ 先 > 日

More information

目 次 外 国 人 研 究 者 受 入 手 続 早 見 表 短 期 滞 在 (90 日 未 満 )の 場 合... 1 長 期 滞 在 (90 日 以 上 )の 場 合... 2 Step1 : 外 国 人 研 究 者 の 受 入 1. 島 根 大 学 外 国 人 研 究 者 とは... 3 2.

目 次 外 国 人 研 究 者 受 入 手 続 早 見 表 短 期 滞 在 (90 日 未 満 )の 場 合... 1 長 期 滞 在 (90 日 以 上 )の 場 合... 2 Step1 : 外 国 人 研 究 者 の 受 入 1. 島 根 大 学 外 国 人 研 究 者 とは... 3 2. 島 根 大 学 外 国 人 研 究 者 受 入 研 究 者 向 け 受 入 各 種 手 続 ガイド SHIMANE UNIVERSITY 島 根 大 学 学 術 国 際 部 国 際 交 流 課 2012 年 度 連 絡 先 : TEL: 0852-32-9735 ( 内 線 2072) FAX: 0852-32-6481 ( 内 線 2075) Email: ied-koryu@office.shimane-u.ac.jp

More information

○○施設指定管理者募集要項(例)

○○施設指定管理者募集要項(例) 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 教 育 委 員 会 - 0 - 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 大 分 市 情 報 学 習 センターは 本 市 の 情 報 学 習 の 支 援 及 び 生 涯 学 習 の 振 興 を 図 るため 設 置 されました 今 般 大 分 市 情 報 学

More information

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7 平 成 28 年 8 月 31 日 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 書 1. 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 額 区 分 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 %) 対 前 年 度 比 金 額 伸 率 (1) 財 政 融 資 7,668 7,944 276 3.5 (2) 産 業

More information

Microsoft Word - H25年度の概要

Microsoft Word - H25年度の概要 1 県 民 経 済 計 算 の 概 要 1. 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 概 要 平 成 25 年 度 の 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 について 主 な 経 済 指 標 は 次 のとおりです 3 千 葉 県 [ 参 考 ] 全 国 実 数 増 加 率 実 数 増 加 率 1 県 ( 国 ) 内 総 生 産 県 ( 国 ) 民 所 得 名 目 19 兆 8,112

More information

経 営 戦 略 プ ラ ン

経 営 戦 略 プ ラ ン 経 営 戦 略 プ ラ ン ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) 平 成 26 年 3 月 職 業 訓 練 法 人 青 森 情 報 処 理 開 発 財 団 目 次 第 1 はじめに... P 1 1 経 営 戦 略 プラン 策 定 の 趣 旨... P 1 2 計 画 期 間... P 1 第 2 経 営 理 念 等... P 2 1 法 人 の 設 立 目 的 とこれまでの 取

More information

第29回税制調査会 総29-2

第29回税制調査会 総29-2 平 28. 1.28 総 29-2 説 明 資 料 平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 について( 地 方 税 ) 平 成 28 年 1 月 28 日 ( 木 ) 法 人 税 改 革 1 2 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 引 下 げと 外 形 標 準 課 税 の 拡 大 ( 案 ) 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 を 引 き 下 げ 外 形 標 準 課 税 を5/8に

More information

<4D F736F F D E B782AB82DE82E782F182C78BC696B18E64976C8F F4390B38DCF82DD816A2E646F63>

<4D F736F F D E B782AB82DE82E782F182C78BC696B18E64976C8F F4390B38DCF82DD816A2E646F63> すきむらんど 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 ( 平 成 29 年 4 月 1 日 ~ 平 成 34 年 3 月 31 日 分 ) 小 林 市 須 木 庁 舎 地 域 振 興 課 1 すきむらんど 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 すきむらんどの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 びその 範 囲 等 は この 仕 様 書 ( 以 下 本 仕 様 書 と いう)による

More information

01公示

01公示 平 成 28 年 7 月 8 日 中 国 運 輸 局 観 光 部 長 木 嶋 淳 企 画 競 争 実 施 の 公 示 次 のとおり 企 画 提 案 書 の 提 出 をお 願 いします 1. 業 務 概 要 (1) 業 務 名 及 び 概 要 平 成 27 年 度 補 正 広 域 観 光 周 遊 ルート 緊 急 形 成 促 進 事 業 美 食 展 出 展 事 業 ( 台 湾 ) (2) 業 務 内 容

More information

Microsoft Word - 労働移動受入奨励金支給要領(270701改正)

Microsoft Word - 労働移動受入奨励金支給要領(270701改正) 鳥 取 県 労 働 移 動 受 入 奨 励 金 支 給 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 売 上 高 や 生 産 量 の 減 少 等 に 伴 う 人 員 削 減 により 離 職 した 者 を 正 規 雇 用 した 事 業 主 に 鳥 取 県 労 働 移 動 受 入 奨 励 金 ( 以 下 奨 励 金 という )を 支 給 するために 必 要 な 事 項 を 定 める ( 定 義

More information

区 域 化 との 関 連 課 題 に 対 処 する なお 立 地 適 正 化 計 画 の 執 行 にあっては ため 時 代 と 地 域 が 求 める 将 来 農 業 施 策 の 関 連 計 画 とも 整 合 性 を 図 るた 像 として 農 業 振 興 地 域 の 再 考 と め しっかりと 連 携

区 域 化 との 関 連 課 題 に 対 処 する なお 立 地 適 正 化 計 画 の 執 行 にあっては ため 時 代 と 地 域 が 求 める 将 来 農 業 施 策 の 関 連 計 画 とも 整 合 性 を 図 るた 像 として 農 業 振 興 地 域 の 再 考 と め しっかりと 連 携 花 巻 市 立 地 適 正 化 計 画 ( 案 )に 係 るパブリックコメントの 実 施 結 果 について 平 成 28 年 5 月 25 日 建 設 部 都 市 再 生 室 実 施 期 間 周 知 方 法 資 料 の 閲 覧 場 所 意 見 提 出 状 況 平 成 28 年 3 月 30 日 から 平 成 28 年 4 月 28 日 までの 間 市 ホームページ 及 び 広 報 はなまき(4 月

More information

攻めの林業を主軸とした地方創生 ~『Innovation of Tsubetsu』~

攻めの林業を主軸とした地方創生 ~『Innovation of Tsubetsu』~ 攻 めの 林 業 を 主 軸 とした 地 方 創 生 ~ Innovation of Tsubetsu ~ 平 成 28 年 3 月 5 日 山 田 大 輔 0. 目 次 1. まちづくりに 向 けた 課 題 の 整 理 2. 津 別 町 存 続 のキーワード 林 業 3. Innovation of Tsubetsu のご 提 案 4. STEP1 安 定 した 雇 用 の 創 出 愛 林 ブランド

More information

<5461726F2D82508251817C88EF96D88E7381402E6A7464>

<5461726F2D82508251817C88EF96D88E7381402E6A7464> 1. 本 市 の 区 域 内 において 行 われる 開 発 行 為 等 ただし 都 市 計 画 法 第 29 条 第 4 号 から 第 9 号 までに 規 定 される 開 発 行 為 は 除 く 2. 建 築 基 準 法 第 6 条 第 1 項 又 は 第 18 条 第 1 項 に 規 定 する 建 築 物 を 建 築 し 若 しくは 工 作 物 を 設 置 する 行 為 3. 建 築 基 準 法

More information

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 改 正 平 成 17 年 3 月 30 日 平 成 18 年 3 月 30 日 平 成 19 年 3 月 30 日 平 成 20 年 3 月 31 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 5 月 29 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 (

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

43_1

43_1 新 興 国 景 気 減 速 の 影 響 はどこまで 拡 がるか ~グローバル 経 済 金 融 レビュー 2015 年 秋 ~ < 要 旨 > 9 月 の 米 国 雇 用 者 数 の 伸 びが 鈍 化 したことで 米 国 景 気 が 堅 調 な 回 復 を 続 けて 世 界 経 済 を 支 える というシナリオの 不 確 実 性 が 意 識 されるようになってきた 米 国 雇 用 増 減 の 業 種

More information

38 様式第17号の3【付属明細表】

38 様式第17号の3【付属明細表】 様 式 第 十 七 号 の 三 ( 第 四 条 第 十 条 関 係 ) ( 用 紙 A4) 附 属 明 細 表 平 成 年 月 日 現 在 1 完 成 工 事 未 収 入 金 の 詳 細 相 手 先 別 内 訳 滞 留 状 況 相 手 先 金 額 発 生 時 完 成 工 事 未 収 入 金 当 期 上 分 前 期 以 前 上 分 2 短 期 貸 付 金 明 細 表 相 手 先 金 額 3 長 期 貸

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087453237944E937892868FAC8AE98BC681458FAC8B4B96CD8E968BC68ED28AD68C57975C8E5A88C481458DE0938A975A8E918C7689E682CC8A5497762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087453237944E937892868FAC8AE98BC681458FAC8B4B96CD8E968BC68ED28AD68C57975C8E5A88C481458DE0938A975A8E918C7689E682CC8A5497762E646F63> 平 成 27 年 度 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 予 算 財 政 投 融 資 計 画 の 概 要 平 成 27 年 4 月 中 小 企 業 庁 中 小 企 業 対 策 費 の 予 算 及 び 財 政 投 融 資 計 画 1. 中 小 企 業 対 策 費 27 年 度 予 算 額 ( 注 1) 26 年 度 予 算 額 ( 注 2) 対 前 年 比 政 府 全 体 1,856 億

More information

別 添 1 女 性 国 家 公 務 員 の 登 用 状 況 資 料 1 指 定 職 に 占 める 女 性 の 割 合 は3.0%( 平 成 27 年 11 月 1 日 現 在 ) ( 前 年 9 月 1 日 現 在 から0.2ポイント 増 ) 本 省 課 室 長 相 当 職 以 上 に 占 める 女

別 添 1 女 性 国 家 公 務 員 の 登 用 状 況 資 料 1 指 定 職 に 占 める 女 性 の 割 合 は3.0%( 平 成 27 年 11 月 1 日 現 在 ) ( 前 年 9 月 1 日 現 在 から0.2ポイント 増 ) 本 省 課 室 長 相 当 職 以 上 に 占 める 女 報 道 資 料 平 成 27 年 12 月 1 日 内 閣 官 房 内 閣 人 事 局 女 性 国 家 公 務 員 の 登 用 状 況 及 び 国 家 公 務 員 の 育 児 休 業 等 の 取 得 状 況 の フォローアップ 1 公 表 の 趣 旨 各 府 省 等 は 第 3 次 男 女 共 同 参 画 基 本 計 画 ( 平 成 22 年 12 月 17 日 閣 議 決 定 )に 定 める 目

More information

経済・物価情勢の展望(2016年7月)

経済・物価情勢の展望(2016年7月) 2016 年 7 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 7 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 先 行 きを 展 望 すると 暫 くの 間 輸 出 生 産 面

More information

4-1_H25riyousyanotameni

4-1_H25riyousyanotameni 1 市 町 村 民 所 得 の 目 的 と 利 用 について 市 町 村 民 所 得 は 市 町 村 の 経 済 実 態 を 包 括 的 に 明 らかにし 併 せて 県 民 経 済 における 市 町 村 経 済 の 位 置 を 明 らかにします また 市 町 村 経 済 相 互 間 の 比 較 をすることにより 県 民 経 済 の 地 域 的 分 析 と 地 域 開 発 施 策 の 基 礎 資 料

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2031363035313048323795E290B3814548323893968F89837C834383938367816994928D9588F38DFC82C582B7816A2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2031363035313048323795E290B3814548323893968F89837C834383938367816994928D9588F38DFC82C582B7816A2E70707478> 中 企 業 規 模 事 業 者 関 係 予 算 税 制 改 正 のポイント 詳 しい 情 報 は ミラサポ の 施 策 マップでご 覧 いただけます ミラサポ 検 索 1. 中 企 業 の 産 性 向 上 を 援 します 1 ものづくり サービスの 新 展 開 (ものづくり 補 助 ) ものづくり 商 業 サービス 新 展 開 援 補 助 1020.5 億 円 < 平 成 27 年 度 補 正 >

More information

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5>

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5> 1 技 能 実 習 制 度 の 見 直 し 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014 抜 粋 第 一 ( 総 論 ) Ⅱ. 改 定 戦 略 における 鍵 となる 施 策 2. 担 い 手 を 生 み 出 す ~ 女 性 の 活 躍 促 進 と 働 き 方 改 革 (3) 外 国 人 材 の 活 用 多 様 な 価 値 観 や 経 験, 技 術 を 持 った 海 外 からの 人 材 がもっと 日 本

More information

宇都宮大学○○○○規程

宇都宮大学○○○○規程 国 立 大 学 法 人 宇 都 宮 大 学 職 員 就 業 規 則 制 定 平 成 16 規 程 第 10 号 一 部 改 正 平 成 17 規 程 第 18 号 平 成 18 規 程 第 6 号 平 成 19 規 程 第 19 号 平 成 20 規 程 第 77 号 平 成 21 規 程 第 18 号 平 成 22 規 程 第 97 号 平 成 25 規 程 第 20 号 平 成 25 規 程 第

More information

の 処 理 であり 費 用 計 上 の 際 に 現 金 の 支 出 は 伴 いません 資 本 的 収 入 支 出 資 本 的 収 支 とは 公 営 企 業 の 将 来 の 経 営 活 動 に 備 えて 行 う 建 設 改 良 費 や 建 設 改 良 に 係 る 企 業 債 償 還 金 などの 投 資

の 処 理 であり 費 用 計 上 の 際 に 現 金 の 支 出 は 伴 いません 資 本 的 収 入 支 出 資 本 的 収 支 とは 公 営 企 業 の 将 来 の 経 営 活 動 に 備 えて 行 う 建 設 改 良 費 や 建 設 改 良 に 係 る 企 業 債 償 還 金 などの 投 資 公 営 企 業 会 計 関 連 資 金 不 足 比 率 公 営 企 業 の 資 金 不 足 の 状 況 を 公 営 企 業 の 事 業 規 模 である 料 金 収 入 の 規 模 と 比 較 して 指 標 化 し 経 営 状 況 の 悪 化 の 度 合 いを 示 すものです 公 営 企 業 の 経 営 状 況 を 公 営 企 業 の 料 金 収 入 に 対 する 資 金 不 足 の 規 模 で 表

More information

経済・物価情勢の展望(2016年4月)

経済・物価情勢の展望(2016年4月) 2016 年 4 月 28 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2018 年 度 まで を 展 望 すると 当 面 輸 出 生

More information

目 次 背 景 とねらい 1 中 心 市 街 地 区 域 にある 公 共 施 設 商 業 施 設 1 2 実 験 運 行 から 本 格 運 行 までのルート 経 過 2 3 基 本 データ( 定 期 券 1 日 乗 車 券 ) 3 4 ルート 変 更 の 経 過 (お 堀 端 聖 神 社 ) 3 5

目 次 背 景 とねらい 1 中 心 市 街 地 区 域 にある 公 共 施 設 商 業 施 設 1 2 実 験 運 行 から 本 格 運 行 までのルート 経 過 2 3 基 本 データ( 定 期 券 1 日 乗 車 券 ) 3 4 ルート 変 更 の 経 過 (お 堀 端 聖 神 社 ) 3 5 資 料 6 鳥 取 市 100 円 循 環 バス くる 梨 路 線 再 編 計 画 ( 案 ) 平 成 24 年 8 月 鳥 取 市 目 次 背 景 とねらい 1 中 心 市 街 地 区 域 にある 公 共 施 設 商 業 施 設 1 2 実 験 運 行 から 本 格 運 行 までのルート 経 過 2 3 基 本 データ( 定 期 券 1 日 乗 車 券 ) 3 4 ルート 変 更 の 経 過 (お

More information

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状 横 市 浜 の 財 状 政 況 25 年 度 決 算 財 政 状 況 1 - 横 浜 市 - - 財 政 局 - 平 成 26 年 11 月 横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成

More information

様 式 2-1) [ 経 済 局 誘 致 推 進 課 ] 名 特 記 項 5 款 1 項 2 目 中 期 計 画 - 戦 略 中 期 計 画 - 1 企 誘 致 促 進 新 規 拡 充 1) 企 誘 致 促 進 活 動 区 分 金 額 平 成 28 年 度 計 画 書 局 統 括 本 部 ) 国 財

様 式 2-1) [ 経 済 局 誘 致 推 進 課 ] 名 特 記 項 5 款 1 項 2 目 中 期 計 画 - 戦 略 中 期 計 画 - 1 企 誘 致 促 進 新 規 拡 充 1) 企 誘 致 促 進 活 動 区 分 金 額 平 成 28 年 度 計 画 書 局 統 括 本 部 ) 国 財 様 式 1) 計 画 書 目 次 [ 経 済 局 ] 5 款 1 項 2 目 単 位 : 千 円 ) 計 画 書 頁 名 28 年 度 27 年 度 増 減 28-27) 総 額 一 財 + 市 債 総 額 一 財 + 市 債 総 額 一 財 + 市 債 戦 略 基 本 政 策 新 規 拡 充 1 企 誘 致 促 進 3,174,89 3,173,552 3,158,145 3,157,191 15,944

More information

所得拡大促進税制 のガイドライン

所得拡大促進税制 のガイドライン 以 前 のパンフレットにおいて お 問 合 せ 先 の 電 話 番 号 に 誤 りがありました 正 しくは 最 終 ページをご 覧 下 さい 所 得 拡 大 促 進 税 制 のご 利 用 の 手 引 き 給 与 等 支 給 額 を 増 加 させた 場 合 増 加 額 の10%を 法 人 税 1から 税 額 控 除 できます 平 成 26 年 4 月 1 日 より 2 適 用 要 件 を 緩 和 しました

More information

< 参 考 > DIの 推 移 (1) 現 状 判 断 ( 方 向 性 )DI 東 北 現 状 家 計 動 向 関 連

< 参 考 > DIの 推 移 (1) 現 状 判 断 ( 方 向 性 )DI 東 北 現 状 家 計 動 向 関 連 報 道 機 関 各 位 公 益 財 団 法 人 東 北 活 性 化 研 究 センター 内 閣 府 景 気 ウォッチャー 調 査 平 成 27 年 1 月 東 北 分 ( 新 潟 を 含 む 東 北 7 県 ) について 平 成 27 年 2 月 9 日 公 益 財 団 法 人 東 北 活 性 化 研 究 センター( 会 長 : 高 橋 宏 明 東 北 電 力 取 締 役 会 長 )は このほど 内

More information

<5461726F2D323030346B61696B693031328EF68BC697BF82BB82CC91BC94EF>

<5461726F2D323030346B61696B693031328EF68BC697BF82BB82CC91BC94EF> 国 立 大 学 法 人 九 州 大 学 における 授 業 料 その 他 の 費 用 に 関 する 規 程 平 成 16 年 度 九 大 会 規 第 12 号 制 定 : 平 成 16 年 4 月 1 日 最 終 改 正 : 平 成 28 年 3 月 31 日 ( 平 成 27 年 度 九 大 会 規 第 14 号 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 国 立 大 学 法 人 九 州 大 学 ( 以 下 本

More information

Microsoft Word - J_20120613エンゲル.docx

Microsoft Word - J_20120613エンゲル.docx Economic Trends マ クロ 経 済 分 析 レポート テーマ:エンゲル 係 数 上 昇 で 広 がる 生 活 格 差 212 年 6 月 13 日 ( 水 ) ~ 食 料 エネルギー 価 格 上 昇 と 所 得 減 で 必 要 となるインフレ 目 標 の 見 直 し~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 主 席 エコノミスト 永 濱 利 廣 (3-5221-4531)

More information

Microsoft Word - 第2回山県市まち・ひと・しごと創生会議 要約【案】

Microsoft Word - 第2回山県市まち・ひと・しごと創生会議 要約【案】 平 成 27 年 度 第 2 回 山 県 市 まち ひと しごと 創 生 会 議 会 議 録 ( 要 約 ) 日 時 平 成 27 年 7 月 24 日 ( 金 ) 14:40~16:10 場 所 山 県 市 役 所 3 階 和 室 出 席 者 ( 委 員 ) 竹 内 治 彦 ( 岐 阜 経 済 大 学 副 学 長 ) 会 長 黒 見 敏 丈 ( 岐 阜 女 子 大 学 教 授 ) 副 会 長 髙

More information

南 空 知 4 町 における 広 域 連 携 のあり 方 に 関 する 報 告 書 ( 平 成 23 年 度 ) 平 成 24 年 3 月 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 ( 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 ) 目 次 1. 南 空 知 4 町 による 広 域 連 携 の 検 討 の 目 的 と 経 過 1 (1) 広 域 連 携 の 検 討 趣 旨 (2) 南

More information

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定)

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定) 公 立 大 学 法 人 兵 庫 県 立 大 学 教 職 員 就 業 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 評 価 ( 第 11 条 ) 第 3 節 昇 任 および 降 任 ( 第 12 条 - 第 14 条 ) 第 4 節 休 職 及 び 復 職 ( 第 15 条 - 第 19

More information

目 次 伊 佐 市 人 口 ビジョン はじめに( 人 口 ビジョン 策 定 の 目 的 ) - 1 1. 人 口 の 現 状 分 析 - 1 (1) 伊 佐 市 の 人 口 の 推 移 (2) 人 口 動 態 (3) 社 会 増 減 に 影 響 を 与 える 要 因 (4) 自 然 増 減 に 影

目 次 伊 佐 市 人 口 ビジョン はじめに( 人 口 ビジョン 策 定 の 目 的 ) - 1 1. 人 口 の 現 状 分 析 - 1 (1) 伊 佐 市 の 人 口 の 推 移 (2) 人 口 動 態 (3) 社 会 増 減 に 影 響 を 与 える 要 因 (4) 自 然 増 減 に 影 伊 佐 市 人 口 ビジョン 伊 佐 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 鹿 児 島 県 伊 佐 市 若 い 世 代 が 魅 力 を 感 じ 楽 しみ 学 び 育 ち 交 流 するまち ~ 自 然 の 恵 みを 取 り 込 み 光 り 輝 く~ 目 次 伊 佐 市 人 口 ビジョン はじめに( 人 口 ビジョン 策 定 の 目 的 ) - 1 1. 人 口 の 現 状 分 析 - 1 (1)

More information

(2) 基 準 地 の 価 格 の 審 査 調 整 及 び 判 定 (3) 周 知 措 置 ( 地 価 公 示 との 関 係 等 ) 第 4 条 知 事 は 事 業 の 実 施 にあたっては 地 価 公 示 法 の 規 定 に 基 づいて 国 が 行 う 地 価 公 示 との 調 和 を 保 ち 一

(2) 基 準 地 の 価 格 の 審 査 調 整 及 び 判 定 (3) 周 知 措 置 ( 地 価 公 示 との 関 係 等 ) 第 4 条 知 事 は 事 業 の 実 施 にあたっては 地 価 公 示 法 の 規 定 に 基 づいて 国 が 行 う 地 価 公 示 との 調 和 を 保 ち 一 和 歌 山 県 地 価 調 査 事 業 実 施 要 綱 ( 平 成 12 年 3 月 21 日 制 定 ) ( 総 則 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 ( 昭 和 49 年 政 令 第 387 号 以 下 令 という ) 第 9 条 の 規 定 に 基 づく 和 歌 山 県 地 価 調 査 事 業 ( 以 下 事 業 という )の 円 滑 な 遂 行 に 資

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20303282D382E982B382C68AF1958D8BE090A7937882C98AD682B782E9834183938350815B83678C8B89CA81698CF6955C9770816A2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20303282D382E982B382C68AF1958D8BE090A7937882C98AD682B782E9834183938350815B83678C8B89CA81698CF6955C9770816A2E70707478> ふるさと 納 税 に 関 する 調 査 結 果 ( 概 要 ) ( 対 象 団 体 : 都 道 府 県 47 団 体 市 区 町 村 1,742 団 体 ) 総 務 省 自 治 税 務 局 1 寄 附 金 の 納 付 手 続 きについて ふるさと 納 税 に 関 する 調 査 結 果 ( 概 要 ) 寄 附 手 続 きに 係 る 改 善 すべき 点 としては クレジットカード 決 済 コンビニ 納

More information

資料3

資料3 1 第 2 回 那 覇 空 港 技 術 検 討 委 員 会 資 料 3 費 用 便 益 分 析 の 手 法 平 成 20 年 10 月 24 日 内 閣 府 沖 縄 総 合 事 務 局 2 費 用 便 益 分 析 の 実 施 方 針 費 用 便 益 分 析 は 空 港 整 備 事 業 の 費 用 対 効 果 分 析 マニュアルVer.4 ( 国 土 交 通 省 航 空 局, 平 成 18 年 3 月

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20358179944E8BE090E096BE8E9197BF817A91E6825189F18ED089EF95DB8FE190A7937889FC8A769084906989EF8B638E9197BF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20358179944E8BE090E096BE8E9197BF817A91E6825189F18ED089EF95DB8FE190A7937889FC8A769084906989EF8B638E9197BF2E70707478> 資 料 3 年 金 分 野 の 改 革 の 進 捗 状 況 について 平 成 26 年 10 月 10 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 1. 年 金 制 度 の 検 討 課 題 1 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 平 成 16 年 改 正 による 年 金 財 政 フレームが 完 成 するとともに 社 会 経 済 状 態 の 変 化 に 対 応 した 社

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 法 人 住 民 税 の 拡 充 強 化 等 1 2 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 現 行 制 度 の 堅 持 2 3 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 3 4 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 5 5 地

More information

目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費 13 下 水 道 費 14 その 他 の 土 木 費 16

目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費 13 下 水 道 費 14 その 他 の 土 木 費 16 普 通 交 付 税 算 定 事 務 の 手 引 きについて 平 成 26 年 12 月 改 訂 岐 阜 県 清 流 の 国 推 進 部 市 町 村 課 税 政 係 目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費

More information

4 研 究 生 納 付 金, 委 託 生 納 付 金, 外 国 人 留 学 生 納 付 金 については, 入 学 手 続 終 了 後, 所 定 の 期 日 までに 入 学 辞 退 を 届 け 出 た 場 合 に 限 り, 返 還 するものとする 5 手 数 料 等 は,その 都 度 納 入 しなけれ

4 研 究 生 納 付 金, 委 託 生 納 付 金, 外 国 人 留 学 生 納 付 金 については, 入 学 手 続 終 了 後, 所 定 の 期 日 までに 入 学 辞 退 を 届 け 出 た 場 合 に 限 り, 返 還 するものとする 5 手 数 料 等 は,その 都 度 納 入 しなけれ 松 山 大 学 納 付 金 規 程 平 成 10 年 4 月 1 日 制 定 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 13 年 4 月 1 日 平 成 15 年 4 月 1 日 平 成 17 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 21 年 4 月 1 日 平 成 12 年 4 月 1 日 平 成 14 年 4 月 1 日 平 成 16 年 4 月 1 日 平 成 18 年

More information

個人の税金 Q&A

個人の税金 Q&A 1 所 得 税 の 最 高 税 率 の 引 き 上 げ 2 給 与 所 得 控 除 に 設 けられた 上 限 3 NISA の 特 例 を 有 効 活 用 する 4 不 動 産 業 に 対 する 消 費 税 の 課 税 5 住 宅 ローン 控 除 の 改 正 6 直 系 尊 属 からの 贈 与 の 税 率 改 正 7 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 改 正 8 相 続 税 の 基 礎 控 除

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203038303232382094CC948497709379926E82CC8E9E89BF955D89BF82CC8AEE8F80207665722E20322E32202E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203038303232382094CC948497709379926E82CC8E9E89BF955D89BF82CC8AEE8F80207665722E20322E32202E646F63> 販 売 用 土 地 の 時 価 評 価 の 基 準 ( 案 ) 平 成 20 年 月 日 第 1 販 売 用 不 動 産 の 時 価 評 価 の 区 分 について 地 方 公 共 団 体 の 財 政 の 健 全 化 に 関 する 法 律 施 行 規 則 第 4 条 第 1 項 の 時 価 によ る 評 価 を 行 った 価 額 は 次 の 同 条 第 2 項 各 号 ごとに 定 める 基 準 に 従

More information

Microsoft Word - H25普通会計決算状況 .docx

Microsoft Word - H25普通会計決算状況 .docx 平 成 25 年 度 佐 倉 市 決 算 ( 普 通 会 計 )の 概 要 各 地 方 公 共 団 体 は 毎 年 度 決 算 状 況 を 1 枚 のカード( 決 算 カード)にまとめて 公 表 していま す この 決 算 状 況 のまとめは 総 務 省 が 行 う 地 方 財 政 状 況 調 査 の 会 計 区 分 である 普 通 会 計 に より 算 定 されます これは 一 般 会 計 及 び

More information

’00

’00 明 石 の 人 口 平 成 17 年 (2005 年 ) 国 勢 調 査 結 果 報 告 書 平 成 17 年 国 勢 調 査 の 概 要 調 査 の 目 的 及 び 沿 革 国 勢 調 査 は, 我 が 国 の 人 口 の 状 況 を 明 らかにするため, 大 正 9 年 以 来 ほぼ 5 年 ごとに 行 われており, 平 成 17 年 国 勢 調 査 はその 18 回 目 に 当 たる 国 勢

More information

Microsoft Word レポート(最終)

Microsoft Word レポート(最終) 景 気 動 向 指 数 からみる 消 費 税 増 税 後 の 県 内 景 気 < はじめに > 26 4 月 に 消 費 税 が5%から8%へと 引 き 上 げられた 本 県 経 済 は 増 税 直 後 か ら 一 部 で 増 税 に 伴 う 駆 け 込 み 需 要 の 反 動 減 がみられるなど 全 体 として 弱 い 動 きが 続 き 増 税 から2 近 くたった 現 在 においても 直 接 的

More information

北 海 道 十 勝 清 水 町 補 助 金 等 ハンドブック 北 海 道 清 水 町 平 成 26 年 11 月 目 次 保 健 医 療 福 祉 分 野 (1) 乳 幼 児 等 医 療 費 助 成 制 度 P1 (2)ひとり 親 家 庭 等 医 療 費 助 成 制 度 P1 (3) 重 度 心 身 障 害 者 医 療 費 助 成 制 度 P2 (4) 国 民 健 康 保 険 出 産 育 児 一 時

More information

(<例1>政府税制調査会:3月)

(<例1>政府税制調査会:3月) 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 24 年 10 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 1 2 地 方 法 人 課 税 の 拡 充 強 化 3 3 地 方 消 費 税 ( 現 行 分 )の 充 実 4 4 地 方 消 費 税 税 率 引 上 げ 分 の 使 途 及 び 地 方 の 役 割 の 拡 大 について 5 5 地 球

More information

建 築 設 備 設 計 監 理 業 務 委 託 料 算 定 基 準 1. 目 的 この 基 準 は 福 島 県 土 木 部 が 所 掌 する 建 築 物 及 びその 附 帯 施 設 ( 以 下 県 有 建 築 物 とい う )に 係 る 設 計 等 の 業 務 ( 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業

More information

目 1. 前 経 営 強 化 計 画 の 総 括 P.1 (1) 信 用 供 与 の 円 滑 化 に 向 けた 取 り 組 み P.2 (2) 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 向 けた 取 り 組 み P.3 (3) 経 済 の 活 性 化 に 向 けた 取 り 組 み P.6 (4)

目 1. 前 経 営 強 化 計 画 の 総 括 P.1 (1) 信 用 供 与 の 円 滑 化 に 向 けた 取 り 組 み P.2 (2) 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 向 けた 取 り 組 み P.3 (3) 経 済 の 活 性 化 に 向 けた 取 り 組 み P.6 (4) 経 営 強 化 計 画 (ダイジェスト 版 ) ( 金 融 機 能 の 強 化 のための 特 別 措 置 に 関 する 法 律 第 12 条 ) 平 成 28 年 6 月 目 1. 前 経 営 強 化 計 画 の 総 括 P.1 (1) 信 用 供 与 の 円 滑 化 に 向 けた 取 り 組 み P.2 (2) 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 向 けた 取 り 組 み P.3 (3)

More information

目 次 1 予 算 規 模 等 1 (1) 一 般 会 計 1 (2) 特 別 会 計 1 (3) 企 業 会 計 1 2 会 計 別 予 算 概 要 2 (1) 一 般 会 計 2 1 款 別 予 算 額 2 2 性 質 別 予 算 額 4 3 事 業 等 別 予 算 額 5 4 繰 越 明 許

目 次 1 予 算 規 模 等 1 (1) 一 般 会 計 1 (2) 特 別 会 計 1 (3) 企 業 会 計 1 2 会 計 別 予 算 概 要 2 (1) 一 般 会 計 2 1 款 別 予 算 額 2 2 性 質 別 予 算 額 4 3 事 業 等 別 予 算 額 5 4 繰 越 明 許 平 成 27 年 度 3 月 補 正 予 算 概 要 常 滑 市 目 次 1 予 算 規 模 等 1 (1) 一 般 会 計 1 (2) 特 別 会 計 1 (3) 企 業 会 計 1 2 会 計 別 予 算 概 要 2 (1) 一 般 会 計 2 1 款 別 予 算 額 2 2 性 質 別 予 算 額 4 3 事 業 等 別 予 算 額 5 4 繰 越 明 許 費 9 5 各 事 業 概 要 10

More information

認定マニュアル

認定マニュアル 第 2 章 扶 養 手 当 第 1 性 格 扶 養 手 当 は 扶 養 家 族 のある 職 員 に 対 して 支 給 される 手 当 で 扶 養 親 族 のある 職 員 の 生 計 費 を 補 給 しようとするものであり 生 活 給 的 な 性 格 を 有 する 手 当 である 根 拠 : 給 与 条 例 第 12 条 第 1 項 技 労 条 例 第 4 条 第 2 認 定 事 務 の 手 続 1

More information

目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的 2.2 特 別 調 査 の 方 法 3. 三 菱 電 機 における 過 大 請 求 の 実 態 とその

目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的 2.2 特 別 調 査 の 方 法 3. 三 菱 電 機 における 過 大 請 求 の 実 態 とその 別 紙 2 三 菱 電 機 株 式 会 社 による 過 大 請 求 事 案 に 関 する 調 査 報 告 書 平 成 24 年 12 月 21 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 1 目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的

More information

Sonyq4_Presentation_with_Notes

Sonyq4_Presentation_with_Notes 0 CFOの 吉 田 でございます これからご 説 明 が 長 くなりますが この3つの 内 容 で20 分 ほどお 話 いたします 1 熊 本 県 および 大 分 県 で 発 生 した 地 震 により 被 災 されました 方 々に 心 よりお 見 舞 い 申 し 上 げます 今 回 の 地 震 の 影 響 により 申 し 訳 ございませんが 本 日 時 点 では エレクトロニクス5 分 野 および

More information

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え 疑 義 照 会 ( ) 1. 二 以 上 事 業 所 勤 務 被 保 険 者 の 保 険 料 登 録 P1 1 2. 定 期 保 険 料 の 調 査 決 定 及 び 納 入 告 知 P2 1~2 3. 調 査 決 定 の 変 更 P3 1~2 4. 歳 入 金 の 還 付 P5 1 5. 還 付 請 求 P6 1 6. 歳 入 金 の 徴 収 P7 1 7. 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 P8

More information

目 次 第 1 部 メディカルタウン 構 想 の 策 定 にあたって 1 構 想 策 定 の 意 義 1 2 地 域 の 特 徴 強 み 2 3 構 想 の 目 指 すところ 4 第 2 部 構 想 実 現 に 向 けた 取 組 み 5 1 医 療 機 器 の 研 究 開 発 の 促 進 6 2 地

目 次 第 1 部 メディカルタウン 構 想 の 策 定 にあたって 1 構 想 策 定 の 意 義 1 2 地 域 の 特 徴 強 み 2 3 構 想 の 目 指 すところ 4 第 2 部 構 想 実 現 に 向 けた 取 組 み 5 1 医 療 機 器 の 研 究 開 発 の 促 進 6 2 地 延 岡 市 メディカルタウン 構 想 平 成 23 年 2 月 21 日 宮 崎 県 延 岡 市 目 次 第 1 部 メディカルタウン 構 想 の 策 定 にあたって 1 構 想 策 定 の 意 義 1 2 地 域 の 特 徴 強 み 2 3 構 想 の 目 指 すところ 4 第 2 部 構 想 実 現 に 向 けた 取 組 み 5 1 医 療 機 器 の 研 究 開 発 の 促 進 6 2 地 場

More information

第 4 章 基 本 的 な 方 針 1 課 題 ⑴ 希 望 する 市 営 住 宅 に 入 居 できる 世 帯 は 限 られており 住 宅 困 窮 者 の 入 居 機 会 の 向 上 や 入 居 者 と 住 宅 困 窮 者 間 の 公 平 性 の 確 保 世 帯 人 員 数 と 住 戸 規 模 のミス

第 4 章 基 本 的 な 方 針 1 課 題 ⑴ 希 望 する 市 営 住 宅 に 入 居 できる 世 帯 は 限 られており 住 宅 困 窮 者 の 入 居 機 会 の 向 上 や 入 居 者 と 住 宅 困 窮 者 間 の 公 平 性 の 確 保 世 帯 人 員 数 と 住 戸 規 模 のミス 広 島 市 市 営 住 宅 マネジメント 計 画 基 本 方 針 編 ( 素 案 )< 概 要 版 > 平 成 26 年 8 月 広 島 市 住 宅 政 策 課 第 1 章 計 画 の 目 的 等 1 計 画 策 定 の 背 景 と 目 的 人 口 減 少 社 会 の 到 来 や 一 層 の 高 齢 化 の 進 展 が 見 込 まれること また 高 度 経 済 成 長 期 に 建 設 された 市 営

More information

これまでに 策 定 された 地 方 人 口 ビジョン と 地 方 版 総 合 戦 略 をみると 総 じて 2060 年 に1 億 人 程 度 の 人 口 を 維 持 するという 国 の 方 針 を 踏 まえた 内 容 となっている すなわち 長 期 的 に 各 自 治 体 の 人 口 流 出 に 歯

これまでに 策 定 された 地 方 人 口 ビジョン と 地 方 版 総 合 戦 略 をみると 総 じて 2060 年 に1 億 人 程 度 の 人 口 を 維 持 するという 国 の 方 針 を 踏 まえた 内 容 となっている すなわち 長 期 的 に 各 自 治 体 の 人 口 流 出 に 歯 みずほインサイト 政 策 2015 年 11 月 27 日 地 方 圏 での 戦 略 型 企 業 誘 致 地 場 産 業 と 連 携 した 誘 致 による 自 立 的 発 展 が 有 効 政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 上 村 未 緒 03-3591-1336 mio.uemura@mizuho-ri.co.jp 地 方 創 生 の 一 環 として 推 進 される 雇 用 創 出 の 代 表

More information

参考

参考 参 考 参 考 1 平 成 27 年 国 勢 調 査 の 調 査 の 目 的 及 び 沿 革 国 勢 調 査 は, 我 が 国 の 人 口 世 帯 の 状 況 を 明 らかにするため, 大 正 9 年 以 来 5 年 ごとに 行 っており, 平 成 27 年 国 勢 調 査 はその20 回 目 に 当 たります 国 勢 調 査 は, 大 正 9 年 を 初 めとする10 年 ごとの 大 規 模 調

More information

民 間 企 業 の 旅 費 に 関 する 実 態 調 査 はじめに 国 家 公 務 員 の 旅 費 法 規 は 明 治 19~20 年 の 閣 令 に 始 まり 1950 年 に 国 家 公 務 員 等 の 旅 費 に 関 する 法 律 ( 以 下 旅 費 法 ) として 制 定 され 数 次 にわ

民 間 企 業 の 旅 費 に 関 する 実 態 調 査 はじめに 国 家 公 務 員 の 旅 費 法 規 は 明 治 19~20 年 の 閣 令 に 始 まり 1950 年 に 国 家 公 務 員 等 の 旅 費 に 関 する 法 律 ( 以 下 旅 費 法 ) として 制 定 され 数 次 にわ 平 成 23 年 度 財 務 省 調 査 民 間 企 業 の 旅 費 に 関 する 実 態 調 査 報 告 書 平 成 23 年 11 月 株 式 会 社 リサーチアンドソリューション 民 間 企 業 の 旅 費 に 関 する 実 態 調 査 はじめに 国 家 公 務 員 の 旅 費 法 規 は 明 治 19~20 年 の 閣 令 に 始 まり 1950 年 に 国 家 公 務 員 等 の 旅 費

More information

<303190AD96B18A8893AE94EF895E97708E77906A96DA8E9F816932372E33816A>

<303190AD96B18A8893AE94EF895E97708E77906A96DA8E9F816932372E33816A> 政 務 活 動 費 制 度 と 運 用 指 針 平 成 25 年 3 月 施 行 平 成 27 年 4 月 改 訂 静 岡 県 議 会 目 次 Ⅰ 政 務 活 動 費 の 制 度 1 制 度 の 目 的 1 2 これまでの 経 緯 1 (1) 制 度 の 創 設 1 (2) 透 明 性 の 確 保 1 (3) 政 務 活 動 費 への 移 行 1 3 政 務 活 動 とは 2 4 根 拠 法 令 等

More information