食品廃棄物等のリサイクルに関する課題と解決策

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "食品廃棄物等のリサイクルに関する課題と解決策"

Transcription

1 vol 社 会 動 向 レポート 食 品 廃 棄 物 等 のリサイクルに 関 する 課 題 と 解 決 策 チーフコンサルタント 環 境 エネルギー 第 1 部 高 木 重 定 食 品 リサイクル 法 の 見 直 しの 議 論 を 踏 まえ 家 庭 から 発 生 する 食 品 廃 棄 物 等 のリサイクルが 進 まない 理 由 と 解 決 策 について 考 察 を 行 った 1. 食 品 リサイクル 制 度 の 見 直 しの 検 討 状 況 食 品 廃 棄 物 等 のリサイクルについては 食 品 廃 棄 物 等 の 再 生 利 用 並 びに 発 生 抑 制 及 び 減 量 化 (1) による 最 終 処 分 量 等 の 削 減 や 食 品 関 連 事 業 者 による 食 品 循 環 資 源 の 再 生 利 用 等 を 促 進 することを 目 的 に 平 成 13 年 5 月 に 食 品 循 環 資 源 の 再 生 利 用 等 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 以 下 食 品 リサイクル 法 )が 施 行 されている この 法 律 では 概 ね5 年 毎 に 再 生 利 用 等 の 実 施 状 況 を 踏 まえて 必 要 に 応 じて 見 直 し (2) を 行 うとされている 一 度 目 の 見 直 しは 平 成 18 年 から 平 成 19 年 に かけて 検 討 が 行 われ 平 成 19 年 に 食 品 循 環 資 源 の 再 生 利 用 等 の 促 進 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 制 定 施 行 された この 見 直 しの 検 討 においては 平 成 16 年 度 の 食 品 製 造 業 に おける 再 生 利 用 等 実 施 率 は70% 程 度 に 対 して 外 食 産 業 においては20% 程 度 と 食 品 関 連 事 業 者 の 取 組 みに 格 差 が 見 られることが 指 摘 され た この 指 摘 を 受 け 食 品 関 連 事 業 者 に 対 する 指 導 強 化 のための 定 期 報 告 制 度 (3) や 再 生 利 用 等 の 取 組 みの 円 滑 化 のためのリサイクルループ 認 定 制 度 (4) が 創 設 された 二 度 目 の 見 直 しは 平 成 25 年 から 行 われてい る 食 料 農 業 農 村 政 策 審 議 会 食 料 産 業 部 会 食 品 リサイクル 小 委 員 会 と 中 央 環 境 審 議 会 循 環 型 社 会 部 会 食 品 リサイクル 専 門 委 員 会 の 合 同 会 合 での11 回 の 検 討 を 経 て 平 成 26 年 10 月 3 日 に 開 催 された 中 央 環 境 審 議 会 循 環 型 社 会 部 会 ( 第 5 回 )で 今 後 の 食 品 リサイクル 制 度 のあり 方 に ついて( 意 見 具 申 )( 案 ) が 提 示 された ここ では 食 品 廃 棄 物 等 の 発 生 抑 制 再 生 利 用 等 の 現 状 を 踏 まえ 改 善 策 について 提 言 が 行 われて いる 食 品 リサイクル 法 の 効 果 はどのように 表 れて いるだろうか 廃 棄 物 等 の 資 源 種 別 のリサイク ル 率 と 比 べてみると 他 の 資 源 種 のリサイクル 率 が 向 上 しているのに 比 べ 食 品 廃 棄 物 等 のリ サイクル 率 は 食 品 リサイクル 法 が 施 行 された 平 成 13 年 度 以 降 に 一 旦 増 加 したが 平 成 19 年 度 以 降 は 横 ばいとなっている( 図 表 1) では 食 品 廃 棄 物 等 のリサイクル 率 が 近 年 横 ばいになっ ているのはなぜだろうか これは 食 品 リサイク ル 法 で 対 象 としている 食 品 廃 棄 物 等 は 食 品 関 連 事 業 者 から 発 生 しているものであり 家 庭 から 発 生 している 食 品 廃 棄 物 等 は 対 象 となっていな いのが 大 きな 要 因 の 一 つと 考 えられる 図 表 2に 示 すように 食 品 関 連 事 業 者 から 発 生 している 食 品 廃 棄 物 等 の 量 は 約 19 百 万 トンで はあるが 食 品 リサイクル 法 が 成 立 した 後 の 食 品 関 連 事 業 者 等 の 努 力 により 焼 却 埋 立 に 残 さ 1

2 食 品 廃 棄 物 等 のリサイクルに 関 する 課 題 と 解 決 策 図 表 1 資 源 種 別 のリサイクル 率 の 推 移 1 リサイクル 率 = 廃 棄 物 等 の 循 環 利 用 量 廃 棄 物 等 の 発 生 量 2 バイオマス 系 : 紙 くず 木 くず 食 品 廃 棄 物 有 機 性 汚 泥 し 尿 等 非 金 属 鉱 物 系 :がれき 鉱 さい 無 機 性 汚 泥 ガラスくず 等 金 属 系 : 金 属 くず 等 化 石 燃 料 系 : 廃 プラスチック 廃 油 等 ( 資 料 ) 環 境 省 廃 棄 物 の 広 域 移 動 対 策 検 討 調 査 及 び 廃 棄 物 等 循 環 利 用 量 実 態 調 査 報 告 書 (2003 ~ 2012) 等 より 筆 者 作 成 れている 量 は 平 成 22 年 度 までに3 百 万 トン (5) に まで 減 らすことができている 一 方 で 一 般 家 庭 から 発 生 している 食 品 廃 棄 物 等 の 量 は 約 10 百 万 トンだが ほぼ 全 量 が 焼 却 埋 立 されてい る つまり 現 在 も 焼 却 埋 立 されている 食 品 廃 棄 物 等 のうち 約 7 ~8 割 は 一 般 家 庭 から 発 生 したものということになる 食 品 リサイクル 法 の 対 象 となっている 食 品 廃 棄 物 等 はリサイク ル 等 が 進 められているが 食 品 リサイクル 法 の 対 象 外 の 食 品 廃 棄 物 等 についてはほとんど 進 ん でいないのが 実 態 である 2. 家 庭 から 発 生 する 食 品 廃 棄 物 等 のリ サイクルが 進 まない 理 由 それではなぜ 家 庭 系 の 食 品 廃 棄 物 等 (いわゆ る 生 ごみ )のリサイクルは 進 まないのだろ うか そもそもなぜ 食 品 リサイクル 法 の 対 象 に なっていないのだろうか この 点 を 解 説 したい 1つ 目 は そもそも 家 庭 系 の 食 品 廃 棄 物 等 は 原 料 として 使 いにくいという 点 である 食 品 廃 棄 物 等 は 家 畜 の 飼 料 や 農 作 物 の 肥 料 の 原 料 として 利 用 するのが 一 般 的 である 安 全 安 心 が 最 も 重 要 な 食 に 係 る 原 料 となるた め 利 用 者 もその 利 用 には 慎 重 になる 万 が 一 にも 生 産 物 に 悪 影 響 を 与 える 可 能 性 があれば 当 然 利 用 は 進 まない この 点 食 品 製 造 業 のよう な 食 品 流 通 の 川 上 の 食 品 関 連 事 業 者 が 排 出 する 食 品 廃 棄 物 等 は 管 理 がしっかりとなされてい る 食 品 工 場 等 の 加 工 工 程 から 発 生 するものであ るため 異 物 の 混 入 リスクが 低 いうえ 品 質 も 一 定 である また 均 質 でまとまった 量 の 廃 棄 物 が 発 生 するため 分 別 収 集 にかかる 労 力 も 少 なくて 済 む 一 方 家 庭 系 の 食 品 廃 棄 物 等 を 肥 料 や 飼 料 の 原 料 として 利 用 するためには 分 別 回 収 する 必 要 があるが 分 別 回 収 は 回 収 を 行 う 地 方 自 治 体 にも 分 別 を 行 う 一 般 家 庭 にも 大 きな 負 担 にな 2

3 図 表 2 食 品 廃 棄 物 等 の 利 用 状 況 等 ( 平 成 22 年 度 推 計 )< 概 念 図 > ( 資 料 ) 中 央 環 境 審 議 会 循 環 型 社 会 部 会 ( 第 5 回 ) 資 料 今 後 の 食 品 リサイクル 制 度 のあり 方 について( 意 見 具 申 )( 案 ) (2014 年 10 月 3 日 ) る そのため 実 際 に 分 別 回 収 している 自 治 体 は 少 なく (6) 多 くの 自 治 体 では 家 庭 系 の 食 品 廃 棄 物 等 を 燃 えるごみ に 分 類 して 他 の 可 燃 物 と 一 緒 に 回 収 している また 仮 に 分 別 回 収 を 実 施 したとしても 金 属 やプラスチックなど の 様 々な 異 物 が 混 入 する 可 能 性 が 高 いことは 想 像 に 難 くないだろう このように そもそも 家 庭 系 の 食 品 廃 棄 物 等 は 肥 料 化 や 飼 料 化 には 向 かない 廃 棄 物 等 なのである 2つ 目 は 地 方 自 治 体 が 積 極 的 に 取 り 組 まな かった 点 である これは 家 庭 系 の 食 品 廃 棄 物 等 のリサイクルが 進 まない 根 本 的 な 理 由 であり 家 庭 系 の 食 品 廃 棄 物 等 が 食 品 リサイクル 法 の 対 象 外 となっていることとも 関 係 している 家 庭 から 発 生 する 家 庭 系 の 食 品 廃 棄 物 等 を 含 む 燃 えるごみ の 処 理 は 地 方 自 治 体 による ごみ 処 理 施 設 での 焼 却 等 が 一 般 的 である これ は 日 本 の 国 土 の 狭 さ 等 に 起 因 する 最 終 処 分 場 のひっ 迫 の 問 題 を 解 決 するために 焼 却 等 の 処 理 が 優 先 されてきたためである このため 多 く の 地 方 自 治 体 では 現 在 でも 焼 却 を 中 心 とした 処 理 が 行 われており 地 域 内 で 発 生 する 燃 える ごみ を 確 実 に 処 理 することができる 規 模 の 焼 却 施 設 を 保 有 している 地 方 自 治 体 がこの 焼 却 施 設 の 稼 働 率 を 維 持 して 効 率 的 に 処 理 を 行 って いくためには 規 模 に 見 合 った 量 の 燃 えるごみ を 収 集 するか 焼 却 施 設 の 規 模 を 見 直 す 必 要 が ある 更 に 燃 えるごみ の 処 理 システムは 地 域 に 根 付 いている 一 般 廃 棄 物 処 理 事 業 者 によ る 収 集 によって 支 えられているため 収 集 する 燃 えるごみ の 量 が 大 幅 に 減 少 した 場 合 には 地 域 内 の 一 般 廃 棄 物 処 理 事 業 者 に 与 える 影 響 も 大 きい つまり 家 庭 系 の 食 品 廃 棄 物 等 のリサイクル を 推 進 していくためには 家 庭 系 の 食 品 廃 棄 物 等 だけでなく 地 域 内 のごみ 処 理 システムを 全 3

4 食 品 廃 棄 物 等 のリサイクルに 関 する 課 題 と 解 決 策 面 的 に 見 直 す 覚 悟 が 必 要 になる これは 地 方 自 治 体 の 担 当 者 が 容 易 には 取 組 むことが 難 しいた め 家 庭 系 の 食 品 廃 棄 物 等 のリサイクルに 関 す る 取 組 みに 積 極 的 になりづらい 根 本 的 な 理 由 で はないかと 考 えられる 3. 家 庭 から 発 生 する 食 品 廃 棄 物 等 のリ サイクルを 進 めるための 解 決 策 では 家 庭 系 の 食 品 廃 棄 物 等 のリサイクルを 進 めるためにはどうしたら 良 いか もちろん 即 効 性 の 高 い 方 法 は 家 庭 系 の 食 品 廃 棄 物 等 も 食 品 リサイクル 法 の 対 象 に 加 えて 規 制 を 行 うこと であるが 2.で 述 べた 事 情 を 踏 まえると 必 ず しも 適 切 でない 筆 者 は 以 下 の2つの 解 決 策 を 提 案 する 1つ 目 は 家 庭 系 の 食 品 廃 棄 物 等 については 積 極 的 にメタン 化 等 を 中 心 とした 熱 回 収 (7) を 進 めるように 政 策 誘 導 することである 2. でも 述 べたように 異 物 が 混 入 する 可 能 性 がある 食 品 廃 棄 物 等 を 肥 料 飼 料 として 利 用 すること は 障 壁 が 高 い そこで 異 物 の 混 入 の 影 響 が 少 な い 熱 回 収 としての 再 生 利 用 が 考 えられるが 平 成 19 年 に 公 表 された 食 品 循 環 資 源 の 再 生 利 用 等 の 促 進 に 関 する 基 本 方 針 では 食 品 廃 棄 物 等 の 再 生 利 用 等 の 優 先 順 位 として 飼 料 化 や 肥 料 化 等 が 困 難 な 場 合 に 一 定 の 効 率 以 上 でエネル ギーを 利 用 できるときに 限 って 熱 回 収 が 認 められることになっている しかし 異 物 が 混 入 する 可 能 性 がある 家 庭 系 の 食 品 廃 棄 物 等 につ いては 敢 えて 熱 回 収 を 優 先 しても 良 いと 考 える 熱 回 収 であれば 食 品 の 安 心 安 全 には 影 響 がなく かつ 分 別 が 十 分 に 行 われて いない 場 合 でも 食 品 廃 棄 物 等 のリサイクルを 進 めることができ 化 石 燃 料 を 代 替 することで 地 球 温 暖 化 対 策 にも 貢 献 することができる 近 年 地 方 自 治 体 の 中 でも 生 ごみを 分 別 して メタン 化 等 のエネルギーとして 熱 回 収 して いる 事 例 も 増 えてきている 例 えば 福 岡 県 の 大 木 町 では 家 庭 から 出 る 生 ごみ 等 を 収 集 して 収 集 した 生 ごみを 原 料 としてバイオガスプラン トでメタンガスを 発 生 させ このガスを 燃 料 と して 電 気 や 熱 を 製 造 している バイオガスプラ ントから 出 る 排 液 には 栄 養 分 が 残 されているた め 大 木 町 ではこれを 地 域 内 の 田 畑 で 液 肥 とし て 利 用 し この 液 肥 で 栽 培 された 米 はブランド 米 として 販 売 している これ 以 外 にも 千 葉 市 で は 一 般 家 庭 から 発 生 する 生 ごみ 等 を 事 業 者 が 収 集 し メタン 発 酵 設 備 でバイオガスを 発 生 させ 隣 接 する 製 鉄 所 の 発 電 等 に 利 用 している 事 例 も ある 複 数 の 事 例 があり 他 の 地 域 においても 条 件 (8) さえあえば 事 業 として 成 立 する 可 能 性 がある 2つ 目 は 食 品 廃 棄 物 等 のリサイクルに 地 方 自 治 体 を 積 極 的 に 関 与 させていくことである この 点 については 食 品 リサイクル 法 の 第 六 条 に も 地 方 公 共 団 体 は その 区 域 の 経 済 的 社 会 的 諸 条 件 に 応 じて 食 品 循 環 資 源 の 再 生 利 用 等 を 促 進 するように 努 めなければならない として 地 方 自 治 体 の 責 務 がしっかり 記 載 されているが 2.で 述 べた 理 由 から 積 極 的 には 取 組 みが 行 わ れていない 長 期 的 にみた 場 合 には 最 終 処 分 場 はいずれひっ 迫 し 各 地 方 自 治 体 では 最 終 処 分 場 の 確 保 が 課 題 になることが 想 定 (9) される 家 庭 系 の 食 品 廃 棄 物 等 を 含 む 燃 えるごみ は 主 に 焼 却 施 設 で 焼 却 されるが 5~10% 程 度 は 焼 却 灰 として 大 部 分 が 最 終 処 分 場 に 埋 められて いる つまり 燃 えるごみ の 約 4 割 (10) を 占 める 家 庭 系 の 食 品 廃 棄 物 等 をリサイクルし 最 終 処 分 場 に 埋 め 立 てられる 焼 却 灰 を 減 らすこと は 地 方 自 治 体 にとってメリットがある 更 に 全 国 の 地 方 自 治 体 のごみ 処 理 コストは 平 成 24 年 度 に 年 間 1.8 兆 円 (11) となっており 民 間 事 業 者 がリサイクルを 推 進 することができれば ごみ 処 理 コストの 削 減 も 可 能 となる もちろん 2で 示 したように 地 方 自 治 体 が 4

5 家 庭 系 の 食 品 廃 棄 物 等 のリサイクルに 取 組 むと いうことは 地 域 内 のごみ 処 理 システムを 全 面 的 に 見 直 すことに 繋 がり 地 域 社 会 への 影 響 も 大 きいことは 容 易 に 想 像 がつく しかし 地 域 の 実 情 を 熟 知 している 地 方 自 治 体 が 食 品 廃 棄 物 等 のリサイクルを 推 進 した 場 合 のプラス マイ ナスの 影 響 もしっかりと 把 握 した 上 で 地 域 の 将 来 像 を 踏 まえた 新 たなごみ 処 理 システムを 構 築 していくことは 地 方 自 治 体 自 身 にも 長 期 的 には 十 分 にメリットがあると 考 える なお 今 後 の 食 品 リサイクル 制 度 のあり 方 について( 意 見 具 申 )( 案 ) を 策 定 する 際 の 食 料 農 業 農 村 政 策 審 議 会 食 料 産 業 部 会 食 品 リサイ クル 小 委 員 会 と 中 央 環 境 審 議 会 循 環 型 社 会 部 会 食 品 リサイクル 専 門 委 員 会 の 合 同 会 合 の 場 にお いても 食 品 関 連 事 業 者 や 再 生 利 用 事 業 者 から 地 方 自 治 体 の 関 与 が 要 望 されている これらを 踏 まえ 今 後 の 食 品 リサイクル 制 度 のあり 方 について( 意 見 具 申 )( 案 ) では 食 品 廃 棄 物 等 の 定 期 報 告 制 度 をこれまでの 事 業 者 単 位 での 定 期 報 告 の 様 式 を 変 更 し 都 道 府 県 単 位 での 定 期 報 告 (12) を 求 め その 結 果 を 地 方 自 治 体 に 情 報 提 供 していく 等 地 方 自 治 体 が 食 品 廃 棄 物 等 のリサイクルの 取 組 みを 行 うための 支 援 がいく つも 盛 り 込 まれている 4. まとめ 本 稿 では 食 品 廃 棄 物 等 のリサイクルを 推 進 していくために 現 在 取 組 みが 十 分 に 進 んでいな い 家 庭 系 の 食 品 廃 棄 物 等 に 着 目 し その 理 由 と 解 決 策 について 示 した 食 品 廃 棄 物 に 限 らず 廃 棄 物 は 処 理 しなけれ ばならないもの と 捉 えれば 面 倒 なものではあ るが リサイクルすれば 有 用 な 資 源 に 生 まれ 変 わる 今 後 地 方 自 治 体 がごみ 処 理 計 画 を 立 て る 際 そこに 食 品 廃 棄 物 等 のリサイクルの 視 点 を 積 極 的 に 盛 り 込 み 地 域 のごみ 処 理 システム を 見 直 すことで 最 終 処 分 量 を 減 らすだけでな く 食 品 廃 棄 物 等 を 地 域 内 の 有 用 な 資 源 として 活 用 していくことにも 期 待 したい 注 (1) 食 品 リサイクル 法 における 減 量 化 とは 脱 水 や 乾 燥 等 によって 食 品 廃 棄 物 等 の 量 を 減 少 させること をいう (2) 食 品 リサイクル 法 の 改 正 法 の 附 則 第 7 条 において は 政 府 は この 法 律 の 施 行 後 五 年 を 経 過 した 場 合 において 新 法 の 施 行 の 状 況 を 勘 案 し 必 要 が あると 認 めるときは 新 法 の 規 定 について 検 討 を 加 え その 結 果 に 基 づいて 必 要 な 措 置 を 講 ずるも のとする としている (3) 定 期 報 告 制 度 : 食 品 廃 棄 物 等 多 量 発 生 事 業 者 から 報 告 された 食 品 廃 棄 物 等 の 発 生 量 及 び 食 品 循 環 資 源 の 再 生 利 用 等 の 状 況 に 関 するデータを 業 種 業 態 ごとに 整 理 し 公 表 すること 等 を 通 じて 食 品 循 環 資 源 の 再 生 利 用 等 の 取 組 みに 関 する 食 品 関 連 事 業 者 の 意 識 の 向 上 とその 取 組 みの 促 進 を 図 る ことを 目 的 としたもの (4) 再 生 利 用 事 業 計 画 : 特 定 肥 飼 料 等 の 製 造 を 的 確 か つ 効 率 的 に 行 い 得 る 事 業 者 を 登 録 することにより 食 品 関 連 事 業 者 が 食 品 循 環 資 源 の 再 生 利 用 として 特 定 肥 飼 料 等 の 製 造 を 委 託 し 又 は 食 品 循 環 資 源 を 譲 渡 する 際 の 委 託 先 譲 渡 先 の 選 択 を 容 易 にす るとともに 登 録 再 生 利 用 事 業 者 を 通 じた 的 確 な 再 生 利 用 の 実 施 また 廃 棄 物 処 理 法 の 許 可 手 続 等 の 簡 素 化 による 効 率 的 な 食 品 循 環 資 源 の 再 生 利 用 の 実 施 を 確 保 すること 等 を 目 的 としたもの (5) 平 成 18 年 8 月 に 開 催 された 中 央 環 境 審 議 会 廃 棄 物 リサイクル 部 会 食 品 リサイクル 専 門 委 員 会 ( 第 1 回 )の 資 料 によると 平 成 13 年 度 の 食 品 廃 棄 物 の うち 単 純 焼 却 または 埋 立 処 分 されたとみなされる 量 は6.5 百 万 トンとされている (6) 環 境 省 一 般 廃 棄 物 処 理 実 態 調 査 結 果 によると 全 国 の 市 区 町 村 のうち 平 成 24 年 度 に 生 ごみを 分 別 して 収 集 しているのは13% 程 度 となっている (7) 食 品 リサイクル 法 の 第 二 条 6では 熱 回 収 とは 自 ら 又 は 他 人 に 委 託 して 食 品 循 環 資 源 を 肥 料 飼 料 その 他 政 令 で 定 める 製 品 の 原 材 料 として 利 用 する こと 食 品 循 環 資 源 を 熱 を 得 ることに 利 用 する ために 譲 渡 すること( 食 品 循 環 資 源 の 有 効 な 利 用 の 確 保 に 資 するものとして 主 務 省 令 で 定 める 基 準 に 適 合 するものに 限 る ) としている (8) メタン 発 酵 によるリサイクルを 推 進 する 上 では 排 液 の 処 理 コストが 課 題 となる 近 年 は 乾 式 メタン 発 酵 施 設 の 導 入 により 処 理 する 排 液 の 量 を 減 らす 工 夫 や 排 液 を 液 肥 として 利 用 する 等 の 工 夫 によっ て 導 入 が 促 進 されている ただし 近 隣 に 下 水 処 理 場 のように 排 液 をまとめて 処 理 することができ 5

6 食 品 廃 棄 物 等 のリサイクルに 関 する 課 題 と 解 決 策 る 施 設 や 液 肥 の 散 布 先 である 農 地 が 確 保 されてい る 等 の 地 理 的 な 条 件 を 満 たす 必 要 がある (9) 環 境 省 日 本 の 廃 棄 物 処 理 ( 平 成 26 年 3 月 27 日 現 在 ) によると 平 成 24 年 度 に 最 終 処 分 場 を 有 してい ない 市 区 町 村 は307であり 全 市 区 町 村 の17.6% である (10) 京 都 市 ホームページ 京 都 市 の 生 ごみデータ index.html (11) 環 境 省 日 本 の 廃 棄 物 処 理 ( 平 成 26 年 3 月 27 日 現 在 ) によると 平 成 24 年 度 のゴミ 処 理 事 業 経 費 は 約 1.8 兆 円 になっている これは 平 成 24 年 度 の 地 方 税 収 の33.8 兆 円 の5% 程 度 にあたる (12) 本 来 であれば 市 区 町 村 別 のデータが 報 告 されるの が 望 ましいが 事 業 者 の 負 担 が 大 きくなることも あり 都 道 府 県 別 での 報 告 となっている 参 考 文 献 1. 中 央 環 境 審 議 会 循 環 型 社 会 部 会 ( 第 5 回 ) 資 料 今 後 の 食 品 リサイクル 制 度 のあり 方 について( 意 見 具 申 )( 案 ) (2014 年 10 月 3 日 ) 2. 食 料 農 業 農 村 政 策 審 議 会 食 料 産 業 部 会 食 品 リ サイクル 小 委 員 会 中 央 環 境 審 議 会 循 環 型 社 会 部 会 食 品 リサイクル 専 門 委 員 会 合 同 会 合 資 料 (2013 年 3 月 ~2014 年 6 月 ) 3. 農 林 水 産 省 食 料 安 全 保 障 課 長 元 食 品 環 境 対 策 室 長 末 松 広 行 改 訂 解 説 食 品 リサイクル 法 (2008 年 ) 4. 環 境 省 一 般 廃 棄 物 処 理 実 態 調 査 結 果 (2014 年 ) 5. 環 境 省 日 本 の 廃 棄 物 処 理 (2014 年 ) 6. 総 務 省 地 方 税 収 の 推 移 (2014 年 ) 6

表紙_責了.indd

表紙_責了.indd 2012 Vol. 36 環 境 都 市 宣 言 シンボルマーク 稚 内 市 では 生 ごみや 下 水 汚 泥 を 微 生 物 の 発 酵 により 減 容 すると 共 に 発 生 するバイオガスを 回 収 してエネルギーとして 活 用 するため 稚 内 市 バイオエネルギーセンターを 整 備 しました この 施 設 では 生 ごみ(4,200トン/ 年 ) 下 水 汚 泥 (2,100トン/ 年 )を

More information

2. 予 測 2.1. 予 測 項 目 予 測 項 目 は 以 下 のとおりとした 1 埋 設 廃 棄 物 の 掘 削 除 去 に 伴 う 廃 棄 物 2 造 成 等 の 施 工 の 一 時 的 な 影 響 による 建 設 工 事 に 伴 う 副 産 物 ( 建 設 発 生 土 建 設 廃 棄 物

2. 予 測 2.1. 予 測 項 目 予 測 項 目 は 以 下 のとおりとした 1 埋 設 廃 棄 物 の 掘 削 除 去 に 伴 う 廃 棄 物 2 造 成 等 の 施 工 の 一 時 的 な 影 響 による 建 設 工 事 に 伴 う 副 産 物 ( 建 設 発 生 土 建 設 廃 棄 物 第 12 節 廃 棄 物 等 1. 調 査 1.1. 調 査 する 情 報 調 査 する 情 報 は 以 下 のとおりとする 1 埋 設 廃 棄 物 の 状 況 1.2. 調 査 手 法 (1) 埋 設 廃 棄 物 の 状 況 埋 設 廃 棄 物 の 状 況 については 現 在 業 務 実 施 中 である 今 治 市 新 ごみ 処 理 施 設 に 係 る 環 境 影 響 評 価 および 施 設 発

More information

(<例1>政府税制調査会:3月)

(<例1>政府税制調査会:3月) 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 24 年 10 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 1 2 地 方 法 人 課 税 の 拡 充 強 化 3 3 地 方 消 費 税 ( 現 行 分 )の 充 実 4 4 地 方 消 費 税 税 率 引 上 げ 分 の 使 途 及 び 地 方 の 役 割 の 拡 大 について 5 5 地 球

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 法 人 住 民 税 の 拡 充 強 化 等 1 2 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 現 行 制 度 の 堅 持 2 3 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 3 4 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 5 5 地

More information

産業廃棄物最終処分量削減目標の達成状況について

産業廃棄物最終処分量削減目標の達成状況について 日 本 経 団 連 環 境 自 主 行 動 計 画 循 環 型 社 会 形 成 編 全 国 清 涼 飲 料 工 業 会 2011 年 度 以 降 の 目 標 < 産 業 廃 棄 物 最 終 処 分 量 > 最 終 処 分 量 3,000t 以 下 とする(2000 年 度 比 約 74% 削 減 ) < 業 種 別 独 自 目 標 > 再 資 源 化 率 99% 以 上 を 維 持 する 1. 目

More information

資料2 「生ごみの堆肥・飼料利用に関するヒアリングについて」

資料2 「生ごみの堆肥・飼料利用に関するヒアリングについて」 資 料 2 生 ごみの 堆 肥 飼 料 利 用 に 関 するヒアリングについて 1. 概 要 飼 料 化 堆 肥 化 等 の 生 ごみ 利 用 について 食 品 製 造 工 場 から 排 出 されるものから 家 庭 から 排 出 されるものに 至 るまでの 生 ごみを 想 定 し 主 に 飼 料 堆 肥 のユーザー 側 の 関 係 団 体 にインタビュー 形 式 でヒアリングを 行 った インタビューでは

More information

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温 平 成 24 平 年 成 度 23 年 環 度 境 環 省 境 税 省 制 税 改 制 正 改 要 正 望 要 の 望 結 の 果 概 について 要 平 成 23 年 12 月 1 地 球 温 暖 化 対 策 ( 低 炭 素 化 促 進 )のための 税 制 全 体 のグリーン 化 (1) 地 球 温 暖 化 対 策 のための 税 の 導 入 平 成 24 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成

More information

No.26_蜂屋氏cs5.indd

No.26_蜂屋氏cs5.indd 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 調 査 部 主 任 研 究 員 蜂 屋 勝 弘 目 次 1. 基 礎 的 財 政 収 支 の 現 状 2. 財 政 健 全 化 の 高 いハードル 3. 財 政 健 全 化 の 地 方 財 政 への 影 響 (1) 国 の 税 収 増 加 の 地 方 財 政 への 影 響 (2) 国 庫 支 出 金 の 削 減 の 地 方 財 政 への 影

More information

3 一 般 廃 棄 物 の 排 出 抑 制 及 び 資 源 化 等 の 促 進 の 方 策 に 関 する 事 項 (1) 分 別 収 集 の 徹 底 ごみ 袋 を 指 定 し 分 別 が 不 徹 底 なごみ 袋 には 収 集 できない 理 由 を 明 示 した 警 告 シールを 貼 付 回 収 しな

3 一 般 廃 棄 物 の 排 出 抑 制 及 び 資 源 化 等 の 促 進 の 方 策 に 関 する 事 項 (1) 分 別 収 集 の 徹 底 ごみ 袋 を 指 定 し 分 別 が 不 徹 底 なごみ 袋 には 収 集 できない 理 由 を 明 示 した 警 告 シールを 貼 付 回 収 しな 十 和 田 地 域 広 域 事 務 組 合 告 示 第 3 号 廃 棄 物 の 処 理 及 び 清 掃 に 関 する 法 律 ( 昭 和 45 年 法 律 第 137 号 ) 第 6 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 平 成 27 年 度 一 般 廃 棄 物 処 理 実 施 計 画 を 定 めたので 十 和 田 地 域 広 域 事 務 組 合 廃 棄 物 の 処 理 及 び 清 掃 に 関

More information

(Microsoft Word - \221\346\202P\217\315\201i\214\273\217\363\201j.doc)

(Microsoft Word - \221\346\202P\217\315\201i\214\273\217\363\201j.doc) 酸 性 棄 物 とは 廃 棄 物 処 理 法 1で ごみ 粗 大 ごみ 燃 え 殻 汚 泥 ふん 尿 廃 油 廃 で 廃 アルカリ 動 物 の 死 体 その 他 の 汚 物 又 は 不 要 物 であって 固 形 状 又 は 液 状 のもの( 放 射 否 物 売 かは 質 却 及 することができないために びこれによって 占 有 者 の 意 思 その 汚 染 されたものを 性 状 不 等 要 を になったもの

More information

目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第 2 章 被 害 状 況 と 災 害 廃 棄 物 の 量 1 被 害 状 況 2

目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第 2 章 被 害 状 況 と 災 害 廃 棄 物 の 量 1 被 害 状 況 2 平 成 28 年 4 月 熊 本 地 震 に 係 る 熊 本 市 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 平 成 28 年 6 月 14 日 ( 第 1 版 ) 熊 本 市 1 目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第

More information

目 次 1. 地 域 の 循 環 型 社 会 形 成 を 推 進 するための 基 本 的 な 事 項 1 2. 循 環 型 社 会 形 成 推 進 のための 現 状 と 目 標 4 3. 施 策 の 内 容 6 4. 計 画 のフォローアップと 事 後 評 価 11 添 付 資 料 様 式 1 循

目 次 1. 地 域 の 循 環 型 社 会 形 成 を 推 進 するための 基 本 的 な 事 項 1 2. 循 環 型 社 会 形 成 推 進 のための 現 状 と 目 標 4 3. 施 策 の 内 容 6 4. 計 画 のフォローアップと 事 後 評 価 11 添 付 資 料 様 式 1 循 能 代 山 本 地 域 循 環 型 社 会 形 成 推 進 地 域 計 画 平 成 22 年 11 月 9 日 平 成 24 年 1 月 1 日 変 更 報 告 平 成 25 年 1 月 7 日 変 更 報 告 平 成 26 年 1 月 8 日 変 更 報 告 能 代 山 本 広 域 市 町 村 圏 組 合 能 代 市 藤 里 町 三 種 町 八 峰 町 目 次 1. 地 域 の 循 環 型 社 会

More information

1. 事 業 所 の 概 要 事 業 所 名 : 有 限 会 社 鳥 栖 環 境 開 発 綜 合 センター 所 在 地 : 佐 賀 県 鳥 栖 市 轟 木 町 929 番 地 2 代 表 者 : 取 締 役 社 長 宮 原 敏 也 環 境 管 理 責 任 者 : 総 務 部 環 境 計 量 課 伊

1. 事 業 所 の 概 要 事 業 所 名 : 有 限 会 社 鳥 栖 環 境 開 発 綜 合 センター 所 在 地 : 佐 賀 県 鳥 栖 市 轟 木 町 929 番 地 2 代 表 者 : 取 締 役 社 長 宮 原 敏 也 環 境 管 理 責 任 者 : 総 務 部 環 境 計 量 課 伊 地 域 の 環 境 保 全 と 循 環 型 社 会 づくり に 貢 献 します!! NEDO 新 エネルギーフィールドテスト 事 業 浮 遊 外 熱 式 高 カロリーガス 化 システム 設 置 風 景 2009 年 3 月 佐 賀 県 鳥 栖 市 轟 木 町 929の2 ( 有 ) 鳥 栖 環 境 開 発 綜 合 センター TEL 0942-83-4069 ( 代 表 ) ホームページアドレス http://www.tosukan.co.jp

More information

目 次 第 1 基 本 的 考 え 方 1. 計 画 の 背 景 と 目 的 1 2. 計 画 の 対 象 等 3 3. 計 画 のフォローアップ 5 第 2 具 体 的 施 策 の 概 要 1. 建 設 リサイクル 推 進 にあたっての 課 題 6 2. 個 別 課 題 に 対 する 取 り 組

目 次 第 1 基 本 的 考 え 方 1. 計 画 の 背 景 と 目 的 1 2. 計 画 の 対 象 等 3 3. 計 画 のフォローアップ 5 第 2 具 体 的 施 策 の 概 要 1. 建 設 リサイクル 推 進 にあたっての 課 題 6 2. 個 別 課 題 に 対 する 取 り 組 栃 木 県 建 設 リサイクル 推 進 計 画 2012 平 成 24 年 4 月 栃 木 県 建 設 副 産 物 対 策 協 議 会 目 次 第 1 基 本 的 考 え 方 1. 計 画 の 背 景 と 目 的 1 2. 計 画 の 対 象 等 3 3. 計 画 のフォローアップ 5 第 2 具 体 的 施 策 の 概 要 1. 建 設 リサイクル 推 進 にあたっての 課 題 6 2. 個 別

More information

建 設 リサイクル 法 その 他 の 法 令 を 遵 守 するとともに 発 注 者 との 連 絡 調 整 管 理 及 び 施 工 体 制 の 整 備 等 を 行 うこと 管 理 及 び 施 工 体 制 の 整 備 (1) 工 事 現 場 における 建 設 副 産 物 対 策 の 責 任 者 を 明

建 設 リサイクル 法 その 他 の 法 令 を 遵 守 するとともに 発 注 者 との 連 絡 調 整 管 理 及 び 施 工 体 制 の 整 備 等 を 行 うこと 管 理 及 び 施 工 体 制 の 整 備 (1) 工 事 現 場 における 建 設 副 産 物 対 策 の 責 任 者 を 明 建 設 廃 棄 物 の 取 扱 い 及 び 建 設 副 産 物 実 態 調 査 に 係 る 特 記 仕 様 書 本 特 記 仕 様 書 は 建 設 工 事 から 発 生 する 廃 棄 物 についての 取 り 扱 い 及 び 建 設 副 産 物 実 態 調 査 に 関 す る 事 項 を 定 めるものであり 開 成 町 が 発 注 する 工 事 に 適 用 する Ⅰ. 総 則 1 用 語 の 定 義

More information

工 事 に 伴 う 伐 採 木 量 を 表 5163 に 示 す 伐 採 木 量 は 340.2tと 予 測 する 発 生 する 木 くずについては 樹 木 の 状 態 により 処 理 が 異 なるため できる 限 り 有 効 利 用 が 図 れる 方 法 で 処 理 を 行 う 区 分 表 516

工 事 に 伴 う 伐 採 木 量 を 表 5163 に 示 す 伐 採 木 量 は 340.2tと 予 測 する 発 生 する 木 くずについては 樹 木 の 状 態 により 処 理 が 異 なるため できる 限 り 有 効 利 用 が 図 れる 方 法 で 処 理 を 行 う 区 分 表 516 第 16 節 廃 棄 物 等 161 予 測 及 び 評 価 の 結 果 1. 工 事 中 における 発 生 土 量 建 設 廃 棄 物 伐 採 木 による 影 響 1) 予 測 結 果 工 事 に 伴 う 建 設 発 生 土 量 場 内 再 利 用 量 及 び 場 外 搬 出 量 を 表 5161 に 示 す 建 設 発 生 土 については 工 事 計 画 において 盛 土 作 業 と 掘 削 作

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6328FCD5F8E968BC682CC96DA93498B7982D193E097652E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6328FCD5F8E968BC682CC96DA93498B7982D193E097652E646F6378> 第 2 章 事 業 の 目 的 及 び 内 容 第 2 章 事 業 の 目 的 及 び 内 容 2.1 事 業 の 目 的 我 が 国 のエネルギー 政 策 のグランドデザインは 慎 重 に 描 く 必 要 性 がある 一 方 で 国 内 の 電 力 需 給 は 今 後 数 年 間 厳 しい 状 況 が 継 続 する 見 通 しであり 一 日 も 早 い 新 規 電 源 の 開 発 が 求 められている

More information

平成28年度 南但広域行政事務組合・一般廃棄物処理実施計画

平成28年度 南但広域行政事務組合・一般廃棄物処理実施計画 平 成 28 年 度 一 般 廃 棄 物 (ごみ) 処 理 実 施 計 画 書 平 成 28 年 3 月 31 日 第 1 版 平 成 28 年 3 月 南 但 広 域 行 政 事 務 組 合 平 成 28 年 度 一 般 廃 棄 物 (ごみ) 処 理 実 施 計 画 平 成 28 年 3 月 1 基 本 的 事 項 (1) 計 画 区 域 南 但 地 域 全 域 ( 養 父 市 朝 来 市 の 全

More information

企業年金の先行きは縮小か、普及・拡大か

企業年金の先行きは縮小か、普及・拡大か 金 融 資 本 市 場 215 年 9 月 3 日 全 1 頁 企 業 年 金 の 先 行 きは 縮 小 か 普 及 拡 大 か 厚 生 年 金 基 金 と 同 時 に DB DC においても 全 体 的 な 見 直 しが 進 む 金 融 調 査 部 研 究 員 佐 川 あぐり [ 要 約 ] 214 年 4 月 に 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための

More information

gomi

gomi 春 日 井 市 告 示 第 52 号 廃 棄 物 の 処 理 及 び 清 掃 に 関 する 法 律 ( 昭 和 45 年 法 律 第 137 号 以 下 廃 棄 物 処 理 法 という ) 第 6 条 第 1 項 の 規 定 により 平 成 27 年 度 一 般 廃 棄 物 処 理 実 施 計 画 を 定 めたの で 春 日 井 市 廃 棄 物 の 減 量 及 び 適 正 処 理 に 関 する 条

More information

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt 資 料 5 土 地 利 用 計 画 と 農 業 振 興 地 域 制 度 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 平 成 19 年 3 月 農 林 水 産 省 目 次 1 土 地 基 本 法 国 土 利 用 計 画 1 2 農 業 振 興 地 域 制 度 及 び 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 4 3 農 業 振 興 地 域 制 度 5 4 農 地 転 用 許 可 制 度 12 5 都

More information

第 2 節 関 連 計 画 1. 国 の 方 針 計 画 国 が 示 している 一 般 廃 棄 物 の 減 量 化 等 に 関 する 目 標 値 を 以 下 に 示 します (1) 廃 棄 物 の 減 量 その 他 その 適 正 な 処 理 に 関 する 施 策 の 総 合 的 かつ 計 画 的 な

第 2 節 関 連 計 画 1. 国 の 方 針 計 画 国 が 示 している 一 般 廃 棄 物 の 減 量 化 等 に 関 する 目 標 値 を 以 下 に 示 します (1) 廃 棄 物 の 減 量 その 他 その 適 正 な 処 理 に 関 する 施 策 の 総 合 的 かつ 計 画 的 な 第 4 章 関 係 法 令 関 連 計 画 第 1 節 関 係 法 令 政 府 は 平 成 12 年 度 を 循 環 型 社 会 元 年 と 位 置 づけ 循 環 型 社 会 形 成 推 進 基 本 法 を はじめとする 循 環 関 係 法 6 本 を 成 立 させ 21 世 紀 の 循 環 型 社 会 の 構 築 を 目 指 した 廃 棄 物 リ サイクル 関 連 法 体 系 を 整 備 しました

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332D312D31814088EA94CA94708AFC95A882CC94728F6F977D90A782C982C282A282C42E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332D312D31814088EA94CA94708AFC95A882CC94728F6F977D90A782C982C282A282C42E646F63> 自 主 的 なリサイクルへの 取 組 について 各 種 リサイクル 法 で 定 めるリサイクルの 他 に 長 野 県 内 では 県 民 事 業 所 行 政 ( 県 市 町 村 ) の 主 体 ごとに 様 々なリサイクルへの 取 組 が 自 主 的 に 行 われています 県 民 がすぐにでも 参 加 できるものから 事 業 所 が 取 り 組 む 専 門 的 な 取 組 まで それぞれの 自 主 的

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819A91E6378AFA9578936397D18E7395AA95CA8EFB8F578C7689E648502E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819A91E6378AFA9578936397D18E7395AA95CA8EFB8F578C7689E648502E646F63> 第 7 期 富 田 林 市 分 別 収 集 計 画 平 成 25 年 6 月 富 田 林 市 市 民 人 権 部 衛 生 課 目 次 第 7 期 富 田 林 市 分 別 収 集 計 画 番 号 項 目 ヘ ーシ 1 計 画 策 定 の 意 義 1 2 基 本 的 方 向 2 3 計 画 期 間 2 4 対 象 品 目 2 5 各 年 度 における 容 器 包 装 廃 棄 物 の 排 出 量 の 見

More information

3 技術資料

3 技術資料 3-2 東 京 都 における 制 度 住 民 が 地 域 社 会 における 生 活 環 境 の 保 全 のために 企 業 に 対 して 公 害 防 止 をはじめとす る 々の 要 求 を 行 うことは いわば 住 民 の 基 本 的 な 権 利 です また 企 業 が 地 域 において 安 定 な 事 業 活 動 を 行 うには 公 害 防 止 や 環 境 管 理 に 関 する 活 動 について 住

More information

Microsoft Word - 温対編_1章_130531

Microsoft Word - 温対編_1章_130531 第 1 地 球 温 暖 化 問 題 と 我 が 国 の 現 状 地 球 温 暖 化 は 人 間 活 動 によって 大 気 中 の 二 酸 化 炭 素 など 温 室 効 果 ガスの 濃 度 が 増 加 し これに 伴 って 太 陽 からの 日 射 や 地 表 面 から 放 射 する 熱 の 一 部 がバランスを 超 えて 温 室 効 果 ガ スに 吸 収 されることにより 地 表 面 の 温 度 が

More information

目 次 1 国 民 健 康 と 国 民 健 康 保 険 税 ------------------------------------------------------ 1 2 基 準 政 令 と 共 通 基 準 -------------------------------------------

目 次 1 国 民 健 康 と 国 民 健 康 保 険 税 ------------------------------------------------------ 1 2 基 準 政 令 と 共 通 基 準 ------------------------------------------- 参 考 1 国 民 健 康 ( 統 一 方 式 )について 平 成 23 年 8 月 26 日 練 馬 区 区 民 部 国 保 年 金 課 目 次 1 国 民 健 康 と 国 民 健 康 保 険 税 ------------------------------------------------------ 1 2 基 準 政 令 と 共 通 基 準 ------------------------------------------------------

More information

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 一 般 社 団 法 人 全 国 農 業 経 営 コンサルタント 協 会 公 益 社 団 法 人 日 本 農 業 法 人 協 会 1 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が

More information

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案)

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案) 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 に お け る 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 ( 案 ) 平 成 2 4 年 12 月 三 郷 市 ま ち づ く り 推 進 部 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 における 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 開 発 行 為

More information

第29回税制調査会 総29-2

第29回税制調査会 総29-2 平 28. 1.28 総 29-2 説 明 資 料 平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 について( 地 方 税 ) 平 成 28 年 1 月 28 日 ( 木 ) 法 人 税 改 革 1 2 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 引 下 げと 外 形 標 準 課 税 の 拡 大 ( 案 ) 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 を 引 き 下 げ 外 形 標 準 課 税 を5/8に

More information

小型家電リサイクル法の経緯と課題

小型家電リサイクル法の経緯と課題 ISSUE BRIEF 小 型 家 電 リサイクル 法 の 経 緯 と 課 題 国 立 国 会 図 書 館 ISSUE BRIEF NUMBER 780(2013. 4. 2.) はじめに Ⅰ 小 型 家 電 リサイクル 法 の 概 要 1 これまでの 経 緯 2 制 度 の 概 要 Ⅱ 小 型 家 電 リサイクル 制 度 の 課 題 1 回 収 量 の 確 保 2 個 人 情 報 の 保 護 3

More information

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら 独 立 行 政 法 人 造 幣 局 が 平 成 27 年 度 に 達 成 すべき 目 標 Ⅰ. 政 策 体 系 における 法 人 の 位 置 付 けおよび 役 割 (ミッション) 通 貨 は 経 済 活 動 国 民 生 活 の 基 盤 であり 通 貨 に 対 する 信 頼 の 維 持 は 財 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 95 号 )に 定 められた 財 務 省 の 任 務

More information

Taro-①【各種基準】建設副産物の

Taro-①【各種基準】建設副産物の 建 設 副 産 物 の 処 理 基 準 及 び 再 生 資 材 の 利 用 基 準 平 成 22 年 4 月 改 正 千 葉 県 目 次 建 設 副 産 物 について 1 建 設 副 産 物 とは 1 2 建 設 副 産 物 と 再 生 資 源 廃 棄 物 との 関 係 1 建 設 副 産 物 の 処 理 基 準 及 び 再 生 資 材 の 利 用 基 準 1 目 的 3 2 対 象 事 業 3 3

More information

目 次 1 組 織 の 概 要 1-1 事 業 活 動 の 概 要 1-2 組 織 図 2 環 境 方 針 3 環 境 目 標 とその 実 績 3-1 環 境 目 標 3-2 環 境 への 負 荷 実 績 4 主 要 な 環 境 活 動 計 画 の 内 容 5 次 年 度 の 活 動 計 画 6 環

目 次 1 組 織 の 概 要 1-1 事 業 活 動 の 概 要 1-2 組 織 図 2 環 境 方 針 3 環 境 目 標 とその 実 績 3-1 環 境 目 標 3-2 環 境 への 負 荷 実 績 4 主 要 な 環 境 活 動 計 画 の 内 容 5 次 年 度 の 活 動 計 画 6 環 2015 年 度 環 境 活 動 レポート ( 活 動 期 間 :2015 年 4 月 ~2016 年 3 月 ) 飯 塚 商 亊 株 式 会 社 2016 年 4 月 1 日 発 行 1 ページ 目 次 1 組 織 の 概 要 1-1 事 業 活 動 の 概 要 1-2 組 織 図 2 環 境 方 針 3 環 境 目 標 とその 実 績 3-1 環 境 目 標 3-2 環 境 への 負 荷 実 績

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483234966B8CA98E738AC28BAB94928F918A54977694C591E682508D862E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483234966B8CA98E738AC28BAB94928F918A54977694C591E682508D862E646F63> 24 年 度 の 北 見 市 の 主 な 出 来 事 節 電 実 施 平 成 23 年 3 月 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 を 機 にエネルギー 問 題 が 国 民 的 議 論 を 呼 び 政 府 は 改 めて 原 子 力 発 電 のあり 方 や 今 後 のエネルギー 政 策 について 協 議 を 始 めま した また 国 内 全 ての 原 子 力 発 電 所 の 稼 動 停 止 に

More information

<8C9A90DD94AD90B696D88DDE939982CC8DC48E918CB989BB82C98AD682B782E98E9696B18EE688B5977697CC816982518251814482538144825089FC90B3816A2E786477>

<8C9A90DD94AD90B696D88DDE939982CC8DC48E918CB989BB82C98AD682B782E98E9696B18EE688B5977697CC816982518251814482538144825089FC90B3816A2E786477> 建 設 発 生 木 材 等 の 再 資 源 化 に 関 する 事 務 取 扱 要 領 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は 川 崎 市 ( 以 下 本 市 という )が 施 工 する 建 設 工 事 から 生 じる 建 設 発 生 木 材 等 の 再 資 源 化 に 関 する 事 務 取 扱 いを 定 めることにより 資 源 の 有 効 な 利 用 及 び 廃 棄 物 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63> 平 成 26 年 度 和 歌 山 市 各 会 計 歳 入 歳 出 決 算 審 査 意 見 書 ( 公 営 企 業 会 計 を 除 く ) 和 歌 山 市 監 査 委 員 和 監 査 第 6 6 号 平 成 27 年 8 月 27 日 (2015 年 ) 和 歌 山 市 長 尾 花 正 啓 様 和 歌 山 市 監 査 委 員 伊 藤 隆 通 同 上 森 田 昌 伸 同 上 寒 川 篤 同 上 奥 山

More information

平成19年9月改定

平成19年9月改定 参 考 建 設 工 事 に 係 る 資 源 の 再 資 源 化 等 に 関 する 法 律 ( 建 設 リサイクル 法 )に 基 づく 通 知 及 び 契 約 書 の 記 載 事 項 等 に 関 する 取 扱 要 領 技 術 計 画 課 作 成 平 成 14 年 5 月 30 日 改 正 平 成 15 年 5 月 30 日 1. 建 設 リサイクル 法 の 目 的 特 定 の 建 設 資 材 について

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF322D342D31815190B682B282DD8E918CB989BB82C98AD682B782E992F188C45F8CE393A188CF88F582E682E85F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF322D342D31815190B682B282DD8E918CB989BB82C98AD682B782E992F188C45F8CE393A188CF88F582E682E85F2E646F63> 生 ごみ 資 源 化 に 関 する 提 案 資 料 2-4-1 東 京 農 業 大 学 後 藤 逸 男 Ⅰ. 生 ごみの 資 源 化 に 関 する 基 本 原 則 1. 資 源 化 方 法 : 生 ごみの 資 源 化 方 法 には 肥 料 化 ( 厳 密 には 堆 肥 化 と 肥 料 化 に 区 別 すべき) 飼 料 化 エネルギー 化 炭 化 などがある いずれも 設 備 に 多 額 の 経 費

More information

スライド 1

スライド 1 奈 良 県 エコキャラクター な~らちゃん 平 成 25 年 3 月 奈 良 県 目 次 計 画 本 編 ページ 1. 計 画 の 位 置 づけ 1 2. 計 画 の 期 間 2 3. 基 本 目 標 2 4. 計 画 の 対 象 2 5. 現 状 と 課 題 3 (1) 一 般 廃 棄 物 (2) 産 業 廃 棄 物 6. 数 値 目 標 7 (1) 一 般 廃 棄 物 (2) 産 業 廃 棄 物

More information

大 阪 市 エリアマネジメント 活 動 促 進 制 度 活 用 ガイドライン 平 成 27 年 4 月 大 阪 市 都 市 計 画 局 本 ガイドラインについて エリアマネジメントとは 地 域 (エリア)における 公 共 的 な 空 間 などのまちの 質 を 高 め それを 持 続 的 に 維 持 発 展 させていくための 地 域 の 市 民 民 間 事 業 者 等 の 主 体 的 な 取 組 みを

More information

1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22 24 26 28 面 積 率 1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22

1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22 24 26 28 面 積 率 1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22 参 考 資 料 2 ヒートアイランド 現 象 の 要 因 変 化 の 推 定 方 法 本 マニュアルではヒートアイランド 現 象 が 顕 著 な 大 都 市 ( 東 京 都 区 部 名 古 屋 市 大 阪 市 福 岡 市 )を 対 象 に ヒートアイランド 現 象 の 主 な 要 因 である1 地 表 面 被 覆 の 人 工 化 2 都 市 形 態 の 高 密 度 化 3 人 工 排 熱 の 増 加

More information

事 業 所 の 概 要 1 事 業 所 名 三 和 興 業 有 限 会 社 代 表 者 代 表 取 締 役 久 保 田 芳 男 2 所 在 地 192-0004 東 京 都 八 王 子 市 加 住 町 一 丁 目 417-3 番 地 3 環 境 管 理 責 任 者 専 務 取 締 役 佐 々 木 悟

事 業 所 の 概 要 1 事 業 所 名 三 和 興 業 有 限 会 社 代 表 者 代 表 取 締 役 久 保 田 芳 男 2 所 在 地 192-0004 東 京 都 八 王 子 市 加 住 町 一 丁 目 417-3 番 地 3 環 境 管 理 責 任 者 専 務 取 締 役 佐 々 木 悟 エコアクション21 環 境 活 動 レポート ( 平 成 25 年 3 月 ~ 平 成 26 年 2 月 ) 認 証 登 録 番 号 000850 平 成 26 年 3 月 31 日 三 和 興 業 有 限 会 社 1 事 業 所 の 概 要 1 事 業 所 名 三 和 興 業 有 限 会 社 代 表 者 代 表 取 締 役 久 保 田 芳 男 2 所 在 地 192-0004 東 京 都 八 王

More information

Microsoft Word - アクションプラン本文

Microsoft Word - アクションプラン本文 島 根 県 行 政 手 続 オンライン 利 用 促 進 アクションプラン( 第 二 期 ) 平 成 2 6 年 4 月 1 日 島 根 県 地 域 振 興 部 情 報 政 策 課 島 根 県 行 政 情 報 化 推 進 指 針 に 掲 げる ICTを 活 用 した 更 にスピーディーで 質 の 高 い 県 民 サービスの 提 供 を 実 現 するため 島 根 県 行 政 手 続 オンライン 利 用

More information

2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報 公 開 6.おわりに

2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報 公 開 6.おわりに 1 現 行 の 電 気 料 金 制 度 と 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 平 成 24 年 2 月 3 日 2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E88E6836F83438349837D835897988A8897708CF095748BE0837083938374838C836283678169308256303694C5816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E88E6836F83438349837D835897988A8897708CF095748BE0837083938374838C836283678169308256303694C5816A2E646F63> ( 背 景 には 施 設 等 の 写 真 ) 地 域 バイオマス 利 活 用 交 付 金 - あなたの 市 町 村 でもバイオマス 利 活 用 事 業 を 進 めてみませんか - ポイント 1. 地 域 バイオマス 利 活 用 交 付 金 とは 何 ですか P1 2. この 交 付 金 はどんな 制 度 で もらうための 要 件 や 必 要 事 項 は 何 ですか P2 3. この 交 付 金 の

More information

資 料 10 くし 地 域 経 済 の 面 からも 雇 用 の 面 からも 悪 影 響 を 及 ぼすことになる 紙 パルプ 関 連 産 業 の 現 状 ( 平 成 22 年 ) 出 荷 額 6 兆 8 732 億 円 従 業 員 数 17 万 1 千 人 紙 板 紙 生 産 量 2,736 万 トン

資 料 10 くし 地 域 経 済 の 面 からも 雇 用 の 面 からも 悪 影 響 を 及 ぼすことになる 紙 パルプ 関 連 産 業 の 現 状 ( 平 成 22 年 ) 出 荷 額 6 兆 8 732 億 円 従 業 員 数 17 万 1 千 人 紙 板 紙 生 産 量 2,736 万 トン 資 料 10 再 生 可 能 エネルギーの 固 定 価 格 買 取 制 度 (FIT 制 度 )における 木 質 バイオマス 発 電 に 対 する 要 望 平 成 24 年 4 月 3 日 日 本 製 紙 連 合 会 製 紙 業 界 は 我 が 国 において マテリアル 利 用 サーマル 利 用 を 通 じて 最 も 多 く 木 質 バイオマスを 利 用 している 業 界 として 再 生 可 能 エネルギーの

More information

00 平成23年度業務実績報告書

00 平成23年度業務実績報告書 7.その 他 参 考 となり 得 る 情 報 (1) 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 支 援 の 取 組 み 東 日 本 大 震 災 に 関 連 し 機 構 は 以 下 に 示 すような 取 組 みを 通 して 復 旧 復 興 に 貢 献 している 1 鉄 道 建 設 業 務 関 連 1) 東 北 新 幹 線 復 旧 支 援 JR 東 日 本 に 対 して 東 北 新 幹 線 の 早

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817988F38DFC8A6D92E88CB48D65817A819A81798E9197BF312D32817A819F8CE38AFA8AEE967B8C7689E6816995AA96EC95CA8C7689E6816A313230333136>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817988F38DFC8A6D92E88CB48D65817A819A81798E9197BF312D32817A819F8CE38AFA8AEE967B8C7689E6816995AA96EC95CA8C7689E6816A313230333136> 第 基 本 方 針 2 快 適 でうるおいのあるまちづくり 復 興 計 画 にかかわる 施 策 を 含 むもの 施 策 施 策 の 展 開 1 環 境 保 全 対 策 の 充 実 2 循 環 型 社 会 の 構 築 1 住 み 良 い 環 境 の 確 保 2 きれいなまちづくりの 推 進 3 省 エネルギー 新 エネルギーの 促 進 4 保 安 林 の 整 備 5 海 岸 浸 食 対 策 1 廃 棄

More information

別紙1

別紙1 Ⅳ. 特 記 事 項 地 域 連 携 地 域 貢 献 を 重 視 した 教 育 研 究 - 地 域 に 愛 される 大 学 として - 基 準 10で 述 べたように 本 学 は 地 域 社 会 との 協 力 を 極 めて 重 視 し 地 域 連 携 地 域 貢 献 を 通 し 地 域 に 愛 される 大 学 として 教 育 研 究 活 動 を 活 発 に 展 開 している その 中 で も 特 に

More information

目 次 Ⅰ 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 近 代 化 に 関 する 方 針 1 福 井 県 における 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 位 置 付 け 並 びに 基 本 的 な 展 開 方 向 飼 持 料 続 給 可 与 能 な 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 のための 取 組

目 次 Ⅰ 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 近 代 化 に 関 する 方 針 1 福 井 県 における 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 位 置 付 け 並 びに 基 本 的 な 展 開 方 向 飼 持 料 続 給 可 与 能 な 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 のための 取 組 別 記 様 式 第 1 号 計 画 期 間 平 成 年 度 ~ 平 成 3 年 度 福 井 県 酪 農 肉 用 牛 生 産 近 代 化 計 画 書 平 成 3 年 3 月 福 井 県 目 次 Ⅰ 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 近 代 化 に 関 する 方 針 1 福 井 県 における 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 位 置 付 け 並 びに 基 本 的 な 展 開 方 向 飼 持

More information

国土技術政策総合研究所 研究資料

国土技術政策総合研究所 研究資料 第 1 節 目 的 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 1 目 的 本 ガイドラインは 下 水 道 事 業 における 大 幅 なコスト 縮 減 や 省 エネルギー 創 エネルギー 効 果 の 増 大 に 寄 与 するため 下 水 道 革 新 的 技 術 実 証 事 業 (B-DASH プロジェクト)の 革 新 的 技 術 の1つである 下 水 道 バイオマスからの 電 力 創 造 システムに 関

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083528373815B208160208FE3897A8E735F89989344D8BBB2B8D98370815B834E816A312E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083528373815B208160208FE3897A8E735F89989344D8BBB2B8D98370815B834E816A312E646F63> 所 管 事 務 調 査 ( 先 進 地 視 察 ) 報 告 書 教 育 環 境 常 任 委 員 会 視 察 年 月 日 平 成 19 年 5 月 16 日 ( 水 )から17 日 ( 木 ) 目 的 本 委 員 会 が 所 管 する 事 業 及 び 施 策 について 調 査 研 究 するため 視 察 先 及 び 研 修 事 項 内 容 新 潟 県 上 越 市 汚 泥 リサイクルパークについて 保 育

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

地球温暖化対策推進法に基づく

地球温暖化対策推進法に基づく 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 算 定 報 告 公 表 制 度 による 平 成 25(2013) 温 の 集 計 結 果 平 成 28 年 6 月 13 日 環 境 省 経 済 産 業 省 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 算 定 報 告 公 表 制 度 は 温 スを 相 当 程 度 多 く する

More information

廃棄物熱回収施設設置者認定マニュアル

廃棄物熱回収施設設置者認定マニュアル 参 考 資 料 熱 回 収 施 設 の 現 状 1 廃 棄 物 焼 却 施 設 の 余 熱 利 用 状 況 平 成 0 年 度 の 市 町 村 等 が 設 置 するごみ 焼 却 施 設 ( 図 1)と 廃 棄 物 処 理 業 者 が 設 置 す る 産 業 廃 棄 物 焼 却 施 設 の 熱 利 用 状 況 ( 図 )を 次 に 示 す 市 町 村 等 が 設 置 するごみ 焼 却 施 設 のうち

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

パブコメ

パブコメ 一 般 廃 棄 物 処 理 基 本 計 画 (ごみ 処 理 基 本 計 画 ) 平 成 24 年 度 ~ 平 成 33 年 度 平 成 24 年 3 月 佐 世 保 市 もくじ 第 1 章 策 定 の 趣 旨 及 び 基 本 的 考 え 方 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 2 計 画 の 位 置 づけ 1 (1) 他 計 画 等 との 関 係 (2) 計 画 対 象 区 域 (3) 計 画 の

More information

第 6 章 ごみの 減 量 資 源 化 1. 現 況 現 代 のライフスタイルの 多 様 化 に 伴 い ごみの 質 も 多 様 化 複 雑 化 し ますますその 処 理 を 困 難 にするとともに 環 境 に 与 える 影 響 が 社 会 問 題 となってきた 大 分 市 においても ごみは 年

第 6 章 ごみの 減 量 資 源 化 1. 現 況 現 代 のライフスタイルの 多 様 化 に 伴 い ごみの 質 も 多 様 化 複 雑 化 し ますますその 処 理 を 困 難 にするとともに 環 境 に 与 える 影 響 が 社 会 問 題 となってきた 大 分 市 においても ごみは 年 第 6 章 ごみの 減 量 資 源 化 1. 現 況 2.ごみ 減 量 リサイクル 推 進 事 業 の 主 な 取 組 み (1) 協 議 機 関 1 大 分 市 ごみ 減 量 リサイクル 推 進 対 策 協 議 会 2ごみ 減 量 リサイクル 推 進 事 業 庁 内 検 討 委 員 会 (2) 生 ごみ 処 理 容 器 等 による 減 量 化 促 進 事 業 1 生 ごみ 処 理 容 器 貸 与

More information

目 次 1 地 域 の 循 環 型 社 会 形 成 を 推 進 するための 基 本 的 な 事 項... 1 2 循 環 型 社 会 形 成 推 進 のための 現 状 と 目 標... 3 3 施 策 の 内 容... 6 4 計 画 のフォローアップと 事 後 評 価... 16 ( 掲 載 項

目 次 1 地 域 の 循 環 型 社 会 形 成 を 推 進 するための 基 本 的 な 事 項... 1 2 循 環 型 社 会 形 成 推 進 のための 現 状 と 目 標... 3 3 施 策 の 内 容... 6 4 計 画 のフォローアップと 事 後 評 価... 16 ( 掲 載 項 野 市 地 域 循 環 型 社 会 形 成 推 進 地 域 計 画 野 市 平 成 22 年 1 月 平 成 24 年 1 月 10 日 改 訂 平 成 24 年 10 月 29 日 改 訂 平 成 25 年 12 月 10 日 改 訂 平 成 26 年 3 月 13 日 改 訂 目 次 1 地 域 の 循 環 型 社 会 形 成 を 推 進 するための 基 本 的 な 事 項... 1 2 循 環

More information

<8A8893AE838C837C815B8367825136944E398C8E2E786C736D>

<8A8893AE838C837C815B8367825136944E398C8E2E786C736D> エコアクション21 環 境 活 動 レポート 平 成 27 年 10 月 26 日 発 行 啓 大 建 設 有 限 会 社 高 知 県 高 知 市 長 浜 4550 番 地 運 用 期 間 平 成 26 年 9 月 ~ 平 成 27 年 8 月 目 次 1. 組 織 の 概 要 2. 対 象 範 囲 ( 認 証 登 録 範 囲 ) レポートの 対 象 期 間 及 び 発 行 日 3. 環 境 方 針

More information

建 築 設 備 設 計 監 理 業 務 委 託 料 算 定 基 準 1. 目 的 この 基 準 は 福 島 県 土 木 部 が 所 掌 する 建 築 物 及 びその 附 帯 施 設 ( 以 下 県 有 建 築 物 とい う )に 係 る 設 計 等 の 業 務 ( 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業

More information

Microsoft Word - 答申本文.doc

Microsoft Word - 答申本文.doc 第 3 章 窒 素 酸 化 物 対 策 の 環 境 改 善 効 果 予 測 1 対 策 効 果 予 測 について 第 2 章 で 検 討 した 更 なる 対 策 について 対 策 の 実 施 による 将 来 の NOx 排 出 量 や 環 境 濃 度 の 低 減 効 果 等 を 把 握 することは 対 策 を 進 めていく 上 で 重 要 な 根 拠 となる そのため 第 1 章 -3で 設 定 した

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323031332D312D31352D8A8B8AAA90AD96B192B28DB88E8B8E4095F18D908F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323031332D312D31352D8A8B8AAA90AD96B192B28DB88E8B8E4095F18D908F912E646F63> 自 民 清 風 会 会 長 : 山 崎 憲 伸 印 政 務 調 査 視 察 報 告 書 報 告 者 : 杉 浦 久 直 視 察 日 平 成 25 年 1 月 15 日 ( 火 ) 視 察 内 容 クリーンエネルギーの 取 り 組 みについて 視 察 者 小 野 政 明 野 村 康 治 蜂 須 賀 喜 久 好 田 口 正 夫 内 田 実 川 上 守 杉 浦 久 直 < 葛 巻 町 の 概 要 > 葛

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6> 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 について 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 都 市 計 画 課 都 市 計 画 法 改 正 のポイント 2 拡 散 型 から 集 約 型 へ 都 市 に 必 要 な 施 設 を 街 なか に 誘 導 拡 散 型 の 都 市 では 暮 らしにくく 非 効 率 自 動 車 に 過 度 に 依 存 交 通 エネルギー 消 費 量 が 多 い 既 存 ストックが

More information

目 次 は じ め に 地 球 環 境 の 保 全 と 平 成 3 0 年 長 野 広 域 新 ご み 焼 却 施 設 稼 働 に 向 け た 取 り 組 み 1 Ⅰ G30プランと は 2 1 可 燃 ご み の 減 量 2 ( 1 ) 目 標 年 2 ( 2 ) 減 量 目 標 量 2 ( 3

目 次 は じ め に 地 球 環 境 の 保 全 と 平 成 3 0 年 長 野 広 域 新 ご み 焼 却 施 設 稼 働 に 向 け た 取 り 組 み 1 Ⅰ G30プランと は 2 1 可 燃 ご み の 減 量 2 ( 1 ) 目 標 年 2 ( 2 ) 減 量 目 標 量 2 ( 3 待 ったなし! 飯 綱 町 ごみ 減 量 化 計 画 (いいづなG30プラン) 平 成 26 年 11 月 飯 綱 町 目 次 は じ め に 地 球 環 境 の 保 全 と 平 成 3 0 年 長 野 広 域 新 ご み 焼 却 施 設 稼 働 に 向 け た 取 り 組 み 1 Ⅰ G30プランと は 2 1 可 燃 ご み の 減 量 2 ( 1 ) 目 標 年 2 ( 2 ) 減 量 目 標

More information

表紙差し替え_H22公表資料_1本編_130911修正版

表紙差し替え_H22公表資料_1本編_130911修正版 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 室 効 果 ガス 排 出 量 算 定 報 告 公 表 制 度 による 平 成 22(2010) 年 度 温 室 効 果 ガス 排 出 量 の 集 計 結 果 平 成 25 年 9 月 13 日 環 境 省 経 済 産 業 省 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 室 効

More information

1. 基 本 方 針 管 理 番 号 作 成 部 局 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 改 訂 履 歴 改 訂 理 由 ページ 2/19 適 用 工 程 環 境 汚 染 の 防 止 に 関 する 方 針 当 組 合 はし 尿 処 理 施 設 を 有 し 環 境 に 配 慮 した 事 業 活 動

1. 基 本 方 針 管 理 番 号 作 成 部 局 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 改 訂 履 歴 改 訂 理 由 ページ 2/19 適 用 工 程 環 境 汚 染 の 防 止 に 関 する 方 針 当 組 合 はし 尿 処 理 施 設 を 有 し 環 境 に 配 慮 した 事 業 活 動 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 衛 生 管 理 センター 適 正 管 理 計 画 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 アルミニウム 及 びその 化 合 物 TKフロック 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の

More information

第3回地域水田農業ビジョン策定打合せ会

第3回地域水田農業ビジョン策定打合せ会 策 定 年 度 策 定 地 域 平 成 21 年 度 琴 平 町 琴 平 町 地 域 水 田 農 業 ビジョン 琴 平 町 地 域 水 田 農 業 推 進 協 議 会 目 次 1. 地 域 水 田 農 業 の 改 革 の 基 本 的 な 方 向 について 1) 地 域 水 田 農 業 の 特 性 について 1 2) 作 物 振 興 及 び 水 田 利 用 の 将 来 方 向 1 1 地 域 の 水

More information

経産省の総会運営ガイドライン

経産省の総会運営ガイドライン Legal and Tax Report 経 産 省 の 総 会 運 営 ガイドライン 震 災 対 応 も 含 めて 2011 年 5 月 31 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 2011 年 4 月 28 日 経 産 省 は 当 面 の 株 主 総 会 の 運 営 について を 公 表 した これは 有 識 者 や 実 務 担 当 者 によるタスクフォースでの

More information

(2) 請 負 代 金 の 額 が100 万 円 以 上 の 場 合 には 次 項 Ⅲ.に 基 づき 再 生 資 源 利 用 促 進 計 画 書 及 び 再 生 資 源 利 用 計 画 書 を 作 成 し 監 督 員 に 提 出 すること 特 に 対 象 建 設 工 事 においては 契 約 前 に

(2) 請 負 代 金 の 額 が100 万 円 以 上 の 場 合 には 次 項 Ⅲ.に 基 づき 再 生 資 源 利 用 促 進 計 画 書 及 び 再 生 資 源 利 用 計 画 書 を 作 成 し 監 督 員 に 提 出 すること 特 に 対 象 建 設 工 事 においては 契 約 前 に 建 設 廃 棄 物 の 取 扱 い 及 び 建 設 副 産 物 実 態 調 査 に 係 る 特 記 仕 様 書 本 特 記 仕 様 書 は 建 設 工 事 から 発 生 する 廃 棄 物 についての 取 扱 い 及 び 建 設 副 産 物 実 態 調 査 に 関 する 事 項 を 定 めるものであり 鎌 倉 市 が 発 注 する 工 事 に 適 用 する Ⅰ. 総 則 1 用 語 の 定 義 本 特

More information

< 継 続 雇 用 制 度 全 般 > Q1. 当 社 は 現 在 の 継 続 雇 用 制 度 で 1 過 去 3 年 間 の 評 価 が 標 準 以 上 2 過 去 数 年 間 に 減 給 以 上 の 処 分 を 受 けていない 者 3 転 勤 出 向 などに 同 意 する 者 といった 基 準

< 継 続 雇 用 制 度 全 般 > Q1. 当 社 は 現 在 の 継 続 雇 用 制 度 で 1 過 去 3 年 間 の 評 価 が 標 準 以 上 2 過 去 数 年 間 に 減 給 以 上 の 処 分 を 受 けていない 者 3 転 勤 出 向 などに 同 意 する 者 といった 基 準 改 正 労 働 契 約 法 及 び 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 施 行 直 前 最 終 点 検 セミナー (2013.2.16)Q&A - 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 - < 回 答 者 > 弁 護 士 : 水 口 洋 介 氏 ( 日 本 労 働 弁 護 団 幹 事 長 東 京 法 律 事 務 所 弁 護 士 ) 連 合 : 新 谷 信 幸 ( 連 合 総 合 労 働

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63> 都 市 計 画 全 般 7 8 Ⅱ 八 王 子 市 の 都 市 計 画 1. 都 市 計 画 全 般 (1) 都 市 計 画 の 内 容 と 決 定 状 況 都 市 計 画 は 農 林 漁 業 との 健 全 な 調 和 を 図 りつつ 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するために 土 地 利 用 都 市 施 設 の 整 備 及 び 市 街

More information

(新)瀬戸内海環境保全特別措置法(一部改正後).xlsx

(新)瀬戸内海環境保全特別措置法(一部改正後).xlsx 瀬 戸 内 海 環 境 保 全 特 別 措 置 法 ( 昭 和 四 十 八 年 十 月 二 日 法 律 第 百 十 号 ) 第 章 総 則 ( 第 条 - 第 二 条 の 二 ) 第 二 章 瀬 戸 内 海 の 環 境 の 保 全 に 関 する 計 画 ( 第 三 条 - 第 四 条 の 二 ) 第 三 章 瀬 戸 内 海 の 環 境 の 保 全 に 関 する 特 別 の 措 置 第 節 特 定 施

More information

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地 仕 様 書 1 業 務 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 における 土 壌 汚 染 調 査 にかかる 土 地 履 歴 調 査 業 務 委 託 2 業 務 期 間 契 約 日 ~ 平 成 27 年 3 月 20 日 3 実 施 場 所 ( 対 象 地 ) (1) 用 地 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 (2) 地 番 大 阪 市 浪 速 区 恵 美 須 西 3 丁 目 13 番 5 (3) 面 積

More information

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会 1 税 目 1. 国 税 ( 所 得 税 ) 要 望 カテゴリー 1 69. その 他 所 得 税 ( 国 税 ) 不 動 産 所 得 と 事 業 所 得 を 統 合 すること 事 業 所 得 と 不 動 産 所 得 の 区 分 は 資 産 所 得 の 合 算 課 税 が 行 われていたころの 名 残 であり 不 動 産 所 得 にも 一 定 の 労 務 の 提 供 及 びリスクの 負 担 があり

More information

税務調査      業種別・狙われるポイント

税務調査      業種別・狙われるポイント 経 営 者 が 最 低 限 知 っておきたい! 減 価 償 却 の 税 務 Ⅰ はじめに 設 備 投 資 は 企 業 活 動 に 必 要 不 可 欠 なものですが その 設 備 投 資 を 後 押 しする 税 制 の 仕 組 みとし て 減 価 償 却 という 制 度 が 設 けられています 減 価 償 却 は 単 に 会 計 処 理 の 一 環 という 話 ではな く 減 価 償 却 を 通 じて

More information

< 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第

< 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第 島 根 県 県 有 施 設 長 寿 命 化 指 針 平 成 27 年 3 月 島 根 県 < 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第 3 長 寿

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

定例市長記者会見資料

定例市長記者会見資料 平 成 26 年 度 第 18 回 定 例 市 長 記 者 会 見 資 料 ( 平 成 27 年 3 月 12 日 ) 札 幌 市 温 暖 化 対 策 推 進 計 画 の 完 成 について 持 続 可 能 な 低 炭 素 社 会 の 実 現 に 向 けた 温 暖 化 対 策 を 推 進 するための 計 画 である 札 幌 市 温 暖 化 対 策 推 進 計 画 が パブリックコメントを 経 て 完

More information

次世代RTGS第1期対応実施後の決済動向

次世代RTGS第1期対応実施後の決済動向 9-J- 次 世 代 RTGS 第 期 対 応 実 施 後 の 決 済 動 向 決 済 機 構 局 9 年 5 月 日 本 銀 行 は 8 年 月 に 次 世 代 RTGS 第 期 対 応 を 実 施 した この 間 わが 国 の 金 融 環 境 は 厳 しい 状 態 が 続 いているが そうした 中 にあっても 第 期 対 応 実 施 後 の 日 本 銀 行 金 融 ネットワークシステムは 順 調

More information

<819D483235944E93788B8B975E8CF6955C9770288CF6955C9770292E786C7378>

<819D483235944E93788B8B975E8CF6955C9770288CF6955C9770292E786C7378> 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 岐 阜 市 の 給 与 定 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 3 年 度 の 人 件 費 率 年 度 人 08,307 1,9,10 9,07,66 7,1,77 18.8 18.7 ( 注 ) 人

More information

リサイクルの 観 点 から 見 れば ドイツは 間 違 いなく 最 先 端 国 の 一 つではあるが 一 般 廃 棄 物 に 係 る 一 人 当 たりの 発 生 量 が 非 常 に 高 く このことは 逆 に 廃 棄 物 の 発 生 抑 制 に ついて 大 きな 可 能 性 があることを 示 してい

リサイクルの 観 点 から 見 れば ドイツは 間 違 いなく 最 先 端 国 の 一 つではあるが 一 般 廃 棄 物 に 係 る 一 人 当 たりの 発 生 量 が 非 常 に 高 く このことは 逆 に 廃 棄 物 の 発 生 抑 制 に ついて 大 きな 可 能 性 があることを 示 してい 情 報 報 告 ウィーン Abfallwirtschaft2012(その1) 4 月 24 日 ~25 日 にドイツ ベルリン 市 で 開 催 された Abfallwirtschaft2012( 廃 棄 物 管 理 2012)に 関 する 会 議 について 報 告 する 主 催 は EUROFORUM 社 (ドイツ)である 今 回 は 新 しい 廃 棄 物 管 理 法 に 関 する 講 演 とそれに

More information

厚生年金基金の制度改正201404

厚生年金基金の制度改正201404 厚 生 年 金 基 金 の 制 度 改 正 に 係 る 解 説 ~ 政 省 令 告 示 の 公 布 および 通 知 の 発 出 を 受 けて~ 2014 年 4 月 AD908- 年 14-01 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. はじめに 2013( 平 成 25) 年 6 月 19 日 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しおよび

More information

環境活動レポート

環境活動レポート 作 成 日 平 成 27 年 1 月 20 日 環 境 活 動 レポート H25 年 11 月 ~H26 年 10 月 有 限 会 社 星 山 商 店 ご 挨 拶 有 限 会 社 星 山 商 店 は1965 年 創 業 以 来 資 源 回 収 業 として 歩 んでまいりました 私 共 の 活 動 は 自 然 環 境 に 対 する 貢 献 が 大 きいことを 重 く 受 け 止 め 次 ページの 環

More information

電 気 自 動 車 等 : 電 気 自 動 車 天 然 ガス 自 動 車 (H21 年 排 出 ガス 10% 以 上 低 減 ) ガソリン 車 ハイブリッド 車 はいずれも 平 成 17 年 排 出 ガス 基 準 75% 低 減 達 成 車 ( )に 限 ります 各 燃 費 基 準 の 達 成 状

電 気 自 動 車 等 : 電 気 自 動 車 天 然 ガス 自 動 車 (H21 年 排 出 ガス 10% 以 上 低 減 ) ガソリン 車 ハイブリッド 車 はいずれも 平 成 17 年 排 出 ガス 基 準 75% 低 減 達 成 車 ( )に 限 ります 各 燃 費 基 準 の 達 成 状 平 成 26 27 年 度 税 制 改 正 に 係 る 軽 自 動 車 税 の 税 率 について 三 輪 及 び 四 輪 以 上 の 軽 自 動 車 について 新 規 税 率 重 課 税 率 等 三 輪 及 び 四 輪 以 上 の 軽 自 動 車 については, 新 規 検 査 年 月 ( 車 検 証 に 記 載 )により 税 率 が 変 わります また, 最 初 の 新 規 検 査 以 降 13 年

More information

税制抜本改革に伴う車体課税及び地方法人課税の見直し

税制抜本改革に伴う車体課税及び地方法人課税の見直し 税 制 抜 本 改 革 に 伴 う 車 体 課 税 及 び 地 方 法 人 課 税 の 見 直 し 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 総 務 委 員 会 調 査 室 星 友 佳 1.はじめに 平 成 24 年 8 月 社 会 保 障 税 一 体 改 革 の 一 環 として 消 費 税 率 の 引 上 げ 等 を 内 容 とす る 税 制 抜 本 改 革 法 1 が 成 立

More information

<895E97708AEE8F8082CC89F090E02832372E332E3235816A2E646F6378>

<895E97708AEE8F8082CC89F090E02832372E332E3235816A2E646F6378> 東 近 江 市 市 街 化 調 整 区 域 等 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 の 解 説 東 近 江 市 都 市 整 備 部 都 市 計 画 課 策 定 の 背 景 昭 和 43 年 に 制 定 された 新 都 市 計 画 法 ( 昭 和 43 年 法 律 第 100 号 以 下 法 という )で 都 市 計 画 区 域 を 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域

More information

国の役割はどこへ行った? -ふるさと納税シリーズ(4)ふるさと納税研究会からワンストップ特例制度創設に至るまで

国の役割はどこへ行った? -ふるさと納税シリーズ(4)ふるさと納税研究会からワンストップ特例制度創設に至るまで ニッセイ 基 礎 研 究 所 基 礎 研 レター 2016-08-26 国 の 役 割 はどこへ 行 った? ふるさと 納 税 シリーズ(4) ふるさと 納 税 研 究 会 からワンストップ 特 例 制 度 創 設 に 至 るまで 金 融 研 究 部 准 主 任 研 究 員 高 岡 和 佳 子 (03)3512-1851 takaoka@nli-research.co.jp 1 はじめに 平 成 27

More information

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 *ゴシック 字 体 の 箇 所 につきましては 追 加 変 更 箇 所 となっております ( 社 ) 三 重 県 法 人 会 連 合 会 1 総 論 我 が 国 の 国 内 経 済 は 高 い 失 業 率 や 下 落 傾 向 にある 物 価 水 準 など 国 民 生 活 を 取 り 巻 く 情 勢 は 厳 しく 雇 用 環 境 の 悪 化 や 円

More information

JAいわき市の地域農業への支援対応 その2

JAいわき市の地域農業への支援対応 その2 JAいわき 市 の 地 域 農 業 への 支 援 対 応 その 2 福 島 県 JA 系 統 機 関 の 原 発 被 害 への 取 組 みレポート 2012.10.05 農 林 中 金 総 合 研 究 所 理 事 研 究 員 渡 部 喜 智 福 島 県 いわき 市 ( 以 下 同 市 )を 管 内 とするJAいわき 市 ( 以 下 同 JA )が 東 日 本 震 災 と 福 島 第 一 原 子 力

More information

林 業 用 機 軽 油 引 取 林 業 素 材 生 産 業 ( 年 間 素 材 生 産 量 1,000 税 率 :32.1 円 /リットル 械 施 設 税 ( 道 府 m 3 以 上 )に 係 る 一 定 の 機 械 ( 集 材 機 等 )の 等 の 取 得 県 税 ) 動 力 源 のための 軽 油

林 業 用 機 軽 油 引 取 林 業 素 材 生 産 業 ( 年 間 素 材 生 産 量 1,000 税 率 :32.1 円 /リットル 械 施 設 税 ( 道 府 m 3 以 上 )に 係 る 一 定 の 機 械 ( 集 材 機 等 )の 等 の 取 得 県 税 ) 動 力 源 のための 軽 油 林 業 木 材 産 業 関 係 税 制 の 概 要 H28.4 税 目 山 林 の 伐 所 得 税 < 山 林 所 得 に 係 る 所 得 税 の 計 算 > 所 得 税 額 速 算 表 採 譲 ( 山 林 所 1 山 林 所 得 の 計 算 課 税 所 得 の 金 額 (A) 算 式 渡 林 業 得 ) 概 算 経 費 控 除 ( 必 要 経 費 計 算 の 簡 便 化 ) 195 万 円 以 下

More information

13061800121-001.xls

13061800121-001.xls 建 設 廃 棄 物 処 分 業 者 名 簿 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 注 1:この 名 簿 には 収 集 運 搬 業 のみの 許 可 業 者 は 掲 載 していません 注 2:この 名 簿 は 原 則 として 建 設 廃 棄 物 の 処 分 を 行 っている 産 業 廃 棄 物 処 分 業 者 のみを 掲 載 しています 従 って 建 設 廃 棄 物 以 外 の 産 業 廃

More information

A. 1 管 理 責 任 者 に 変 更 がない 場 合 書 面 で( 書 式 はありません) 速 やかに 所 有 者 の 住 所 氏 名 電 話 番 号 及 び 管 理 責 任 者 に 変 更 がない 旨 お 知 らせ 下 さい 2 管 理 責 任 者 に 変 更 がある 場 合 書 面 で( 書

A. 1 管 理 責 任 者 に 変 更 がない 場 合 書 面 で( 書 式 はありません) 速 やかに 所 有 者 の 住 所 氏 名 電 話 番 号 及 び 管 理 責 任 者 に 変 更 がない 旨 お 知 らせ 下 さい 2 管 理 責 任 者 に 変 更 がある 場 合 書 面 で( 書 廃 棄 物 の 減 量 及 び 再 利 用 に 関 する 計 画 書 の 書 き 方 Q&A 提 出 書 類 は? A. 提 出 していただく 書 類 は 第 1 号 様 式 の 廃 棄 物 管 理 責 任 者 選 任 届 と 第 2 号 様 式 1 2の 廃 棄 物 の 減 量 及 び 再 利 用 に 関 する 計 画 書 になります 記 入 の 方 法 は 送 付 いたしました 見 本 (または

More information

1

1 青 梅 市 福 生 市 羽 村 市 瑞 穂 町 地 域 循 環 型 社 会 形 成 推 進 地 域 計 画 青 梅 市 福 生 市 羽 村 市 瑞 穂 町 西 多 摩 衛 生 組 合 平 成 24 年 12 月 3 日 1 青 梅 市 福 生 市 羽 村 市 瑞 穂 町 地 域 循 環 型 社 会 形 成 推 進 地 域 計 画 目 次 1 地 域 の 循 環 型 社 会 形 成 を 推 進 するための

More information

最終処分場の市場動向 調査分科会報告書

最終処分場の市場動向 調査分科会報告書 A-1グループ 最 終 処 分 場 市 場 動 向 調 査 研 究 報 告 書 第 Ⅰ 期 調 査 研 究 期 間 平 成 25 年 9 月 27 日 ~ 平 成 26 年 3 月 31 日 研 究 調 査 の 目 的 1. 最 終 処 分 場 の 市 場 予 測 を 行 い 会 員 のビジ ネス 戦 略 に 資 する 2.LSAの 会 員 の 最 終 処 分 場 分 野 の 活 動 状 況 を 調

More information

木 質 バイオマスエネルギー 利 用 促 進 協 議 会 利 用 部 会 資 料 資 料 平 成 22 年 8 月 31 日 ( 火 ) 14:00~16:00 工 業 技 術 センター 2F 第 1 研 修 室 Ⅰ, 燃 焼 灰 の 処 理 利 用 についての 概 要 Ⅱ, 事 業 活 動 から

木 質 バイオマスエネルギー 利 用 促 進 協 議 会 利 用 部 会 資 料 資 料 平 成 22 年 8 月 31 日 ( 火 ) 14:00~16:00 工 業 技 術 センター 2F 第 1 研 修 室 Ⅰ, 燃 焼 灰 の 処 理 利 用 についての 概 要 Ⅱ, 事 業 活 動 から 高 知 県 木 質 バイオマスエネルギー 利 用 促 進 協 議 会 第 2 回 利 用 部 会 日 時 : 平 成 22 年 8 月 31 日 ( 火 )14:00~16:00 場 所 : 工 業 技 術 センター 2 階 第 1 研 修 室 会 次 第 1 開 会 2 出 席 者 紹 介 3 協 議 (1) 事 業 活 動 から 排 出 される 燃 焼 灰 の 法 的 な 規 制 について (

More information

YACレポート2013.indd

YACレポート2013.indd 税 務 平 成 25 年 度 税 制 改 正 について YAC 税 理 士 法 人 シニアマネージャー 山 田 晴 康 ( 公 認 会 計 士 ) 自 民 公 明 両 党 は 1 月 24 日 に 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 を 決 定 しました 今 回 の 税 制 改 正 では 安 倍 政 権 が 掲 げるデフレ 脱 却 と 景 気 浮 揚 を 税 制 面 から 後 押 しするため

More information