2 α 2 A α 1 α 5 α 3 α 4 1.2: A 3 π n 4 n 3 n = 3 n 3 n = 2 1 α A 4π α/2π A = 4π α 2π = 2α n = 2 α α 1.3: 2 n = 3,, R 3 α, β, γ S 2,, R,, R 2, R 2 T T

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "2 α 2 A α 1 α 5 α 3 α 4 1.2: A 3 π n 4 n 3 n = 3 n 3 n = 2 1 α A 4π α/2π A = 4π α 2π = 2α n = 2 α α 1.3: 2 n = 3,, R 3 α, β, γ S 2,, R,, R 2, R 2 T T"

Transcription

1 1 I: S 2 = {(x, y, z) : x 2 + y 2 + z 2 = 1} O S 2 S 2 n n O (a) (b) 3 1.1: 3 n A α 1,, α n n α j = (n 2)π + A j=1 n (n 2)π

2 2 α 2 A α 1 α 5 α 3 α 4 1.2: A 3 π n 4 n 3 n = 3 n 3 n = 2 1 α A 4π α/2π A = 4π α 2π = 2α n = 2 α α 1.3: 2 n = 3,, R 3 α, β, γ S 2,, R,, R 2, R 2 T T α 1 2

3 R R 1.4: n = 3 2 T, T R R = T T T R T = T T T R 2 (T ) = (T ) + (T ) + (T R ) 2 ( R ) = 2α + 2β + 2γ 2A T S 2 \ T 3 T (T \ S 2 ) = (T ). (T ) = 1 2 (S2 ) = 2π α + β + γ = π + A 1.2 S 2 (vertex) (edge) (face) v, e, f v e + f = T, T, T R T, T, T R T T T R 3 S 2 T T S 2 \ T

4 4 1.5:. F 1,, F f F j (j = 1,, f) n j α j1,, α jnj A j n j α jk = (n j 2)π + A j k=1 ( ) j = 1,, f 2π n f j α jk = 2π v j=1 k=1 n j j = 1,, f F j n j 2 2e f n j = 2e. j=1 A j S 2 4π f A j = 4π. ( ) j = 1,, f 2π v = 2e π 2π f + 4π, v e + f = 2 j=1

5 R (1) R v, e, f m n m, n 3 ( 1 m + 1 n 1 ) e = 1 2 (2) m, n, v, e, f m n v e f : (3) (1) e = mv/2 = nf/2 v = 2e/m, f = 2e/n v e + f = 2 (2) (1) m = 3 n = 3 m = 3 n 3, 4, 5 n = 3 m 3, 4, 5 (3) (2) f 4, 6, 8, 12, 20 5

6

7 7 II: II (a) (b) 2.6: 2 4 III

8 ( ) 2.7 G 0 G 0 2.7: + G G 0 V E 1,, E m E 1,, E m E 1 5 II

9 : V 2.9 E 2 E 3 + E 1 E V E + 7 E 5 E 6 2.9: E 1, E 2,, E 7 E V 4 V G 0 (i) V (ii) V 4 G 0 1

10 : 2.10 G 1 G 1 v, e, f G G 1 ( ) = ( ). (1) 4v G 1 n 2.11: E E 1 6 n 3 2 G 1 n f n G 1 n 3 (1) 2f 3 + n 4 nf n 4v 2f 3 + n 4 nf n (2)

11 G 1 v e + f = 2 f = n 3 f n n 3 nf n = 2e (2n 4)f n = 4v 8 (3) n 3 n 4 2n 4 n (3) 2f 3 + n 4 nf n 2f 3 + nf n 4v 8 n 4 (2) π 2.12: Γ, Γ n Γ A 1,, A n Γ A 1,, A n A 1 A 2 = A 1A 2,, A n 1 A n = A n 1A n, A n A 1 = A na 1.

12 12 k = 1,, n A k A k A k > A k A k + A k < A k A k = A k Γ A 1 A 2,, A n A 1 4 A 1 A n A1 A n A A n 1 A 2 + n 1 A 2 + Γ Γ : Γ Γ Γ Γ Γ Γ Γ Γ Γ 1 Γ Γ n Γ A 1,, A n Γ A 1,, A n A 1 A 2 = A 1A 2,, A n 1 A n = A n 1A n, A n A 1 = A na 1. Γ Γ Γ A k Γ 1 4

13 Γ Γ n Γ A 1,, A n Γ A 1,, A n A 1 A 2 = A 1A 2,, A n 1 A n = A n 1A n, A 2 A 2,, A n 1 A n A n A 1 A na 1 A n A 1 = A na 1 A 1 = A 1,, A n = A n A 1 A n A 1 A n A 2 Γ A n 1 A2 Γ A n :. 4 2 Γ + Γ Γ 2

14 B B Γ + Γ + Γ Γ + C C 2.15: 2 Γ 2 B, C Γ B, C Γ Γ B, C BC Γ Γ +, Γ Γ A 1,, A n + Γ + Γ Γ B C Γ +, Γ Γ Γ BC > B C Γ + Γ + BC < B C 2.5 n n = 3 n n + 1. k(= 2,, n) A k = A k n + 1 Γ Γ A k 1 A k A k+1 A k 1 A k A k+1 n k = 2,, n A k > A k Γ A n 1 A na n+1 A n 1 n + 1 A n 1 A n

15 A 1 A A n+1 1 A n+1 A k 1 Γ A k 1 Γ A k A k+1 A k A k : A 1 A 1 A 2 A n+1 A 2 A n+1 A n A n+1 Γ A n Γ A n A n 1 A n :. n + 1 n + 1 Γ A 1,, A n 1, A n, A n A 1A n+1 > A 1A n+1 n + 1 Γ A n 1 n + 1 Γ A n 1 n + 1 Γ, Γ A 1 A n+1 > A 1A n+1 A 1 A n+1 > A 1 A n+1. n (a) A n 1 A na n+1 3 A 1, A 2, A n+1 1 A n, A n+1 A n, A n (b) A 1 A n+1 < A 1 A n+1 3 A 1, A 2, A n+1 1 A 1 A n+1 = A 2 A n+1 A 1 A 2 A 1A n+1 < A 2A n+1 A 1A 2 A 1 A 2 = A 1A 2 A 2,, A n, A n+1 n A 2,, A n+1 n

16 16 A n A n A n+1 A 1 A n+1 A n 1 A 1 A n 1 A 2 A 2 (a) (b) 2.18: A 2 A n+1 < A 2A n+1 A 1 A n+1 < A 2A n+1 A 1 A 2 A 1 A n+1

17

18

19 数学的定式化, 1,, n 平面内の多角形 に対し int i int j = = 1 n かつ (i = j) 1,, n に分割されると言い が成り立つとき は = n と書くことにする ただし は の内部を表す int i i = , 平面内のふたつの多角形 に対し 以下の条件が満た は合同分割同値であると言い されるとき と と書く 1,, n および 1,, n を 平面内に多角形 適当にとったとき = n, i i = n, (i = 1,, n)

20 , Area = Area ; Area, Area = Area.

21 証明に向けての準備 補題1 いかなる3角形に対しても それと合同分割同値 な長方形が存在する 証明終わり 補題1 いかなる3角形に対しても それと合同分割同値な長方形が存在する 補題2 面積が等しいふたつの長方形は合同分割同値であ る 困ったケース 証明終わり

22 補題1 いかなる3角形に対しても それと合同分割同値な長方形が存在する 補題2 面積が等しいふたつの長方形は合同分割同値である 補題3 いかなる3角形も 1辺の長さが1の長方形と合 同分割同値である 補題1 補題2 1 証明終わり 命題 平面内のいかなる多角形も 1辺の長さが1の長 方形に合同分割同値である 証明 T1 を3角 ステップ1 与えられた多角形 T2 T1,, T n 形 に分割する T3 Ti ステップ2 各3角形 は 同じ面積 Ri を持つ1辺の長さが1の長方形 に合 同分割同値である 補題3 R1 R3 R2 R1,, Rn を 積 ステップ3 長方形 R1 R が作られる もとの多角形 方形 R2 み上げて 1辺の長さが1のひとつの長 R に合同分割同値であ はこの長方形 る R3 R 証明終わり

23 B-G の定理 Area 1 = Area 2 Bolyai-Gerwien の定理の証明 = R1 Area 1 = Area R1 Area 1 = Area 2 Area R1 = Area R2 1 = 2 R1 R2 1 2 Area 2 = Area R2 2 1 R2 2 主張 平面内のいかなる多角形も 1辺の長さが1の長方形に合同分割同値である B-Gの定理の証明終わり そもそも 面積 とは O := の個数 の面積 = 2 O 2 I I := の個数 の面積 = Area := lim 0 2 O = lim 0 2 I

24 極限操作を必要としない多角形の 面積 の定義 a 1 Area := a Hilbert の第3問題 問題 空間内の体積の等しいふたつの多面体は合同分割 同値か 背景 2次元の場合 すなわち平面内の多角形に対しては 極限操作を用いることなく その面積が定義可能であった ところが3次元の場合 すなわち空間内の多面体に対しては 極限操作なしに体積 を定義することは不可能であるように Hilbert には思えた Dehn による解決 空間内の多面体は 体積が等しくと も合同分割同値であるとは限らない すなわち 空間内の体積の等しいふたつの多面体で 合同分割同値でないものが存在する

25 David HILBERT ( ) 19世紀後半から20世紀 前半にかけて活躍した大数学者 その業績は 代数 幾 何 解析 数理物理学等極めて多岐に渡る 19世紀最後 の年 1900 年にパリで開催された国際数学会議において 彼が発表したのが いわゆる Hilbert の 23 の問題である その多くが20世紀における数学の発展に多大な影響を与 えた その中で一番最初に解決されたのが 第3問題と呼 ばれるものである 解決したのは Hilbert の弟子の Max DEHN ( ) Hilbert が問題を発表してから か数 ヶ月後とのことである Dehn 不変量 ー 定義に向けての準備 ー 有理数全部を集めてできる集合 := { 1,, p } に対し 有限個の実数からなる集合 V ( ) := {a ap p : a1,, ap } :V( ) 関数 に対し以下の条件が成り立つとき は 線形であると言われる ( + ) = ( ) + ( ) (a ) = a ( ) (, ( a, V ( )); V ( )).

26 空間内の多面体 に対し e Edge( ) := {e : e は の辺 } e Edge( ) に対し 各 e ang(e) := を含むふたつの面の間の偏角 Ang( ) := {ang(e) : e Edge( )} Dehn 不変量 ー 空間内の多面体 Ang( ) { } R なる有限集合 ー :V( ) ー なる 線形関数 ( )=0 このとき の に関する Dehn 不変量が以下で定義さ れる Dehn( ; ) := e Edge( ) length(e) (ang(e)). e の長さ ただし length(e) := 辺

27 Dehn の定理, を多面体とする もしそれらが合同分割同値である ならば Ang( ) Ang() { } R なる任意の有限集 合 および ( ) = 0 なる任意の 線形関数 :V( ) に対し 次が成り立つ Dehn( ; ) = Dehn(; ). Hilbert の問題に対する反例 Dehn( ; ) := e Edge( ) L L ー 1辺の長さ L の立方体 L 任意の に対し Dehn(L ; ) = 12 L ( /2). ところが 2 ( ) = (2 ) = ( ) = Dehn(L ; ) = 0. ( /2) = 0. ー 1辺の長さ1 の正四面体 = Arccos 1/3, 補題 すなわち cos length(e) (ang(e)) 1 = 1/3. /. これより 次のような 線形関数 が存在することが分かる ( ) = 0, この に対し ( ) = 1. Dehn(L ; ) = Dehn(; ) Dehn(; ) = 6 1 ( ) = 6 したがって Dehn の定理より L. Dehn の定理 Vol(L ) = Vol() となるようとる L を いま L, すると が Hilbert の第3問題に対する反例になる = Dehn( ; ) = Dehn(; )

28 = Dehn( ) = Dehn() Vol = Vol Vol = Vol Dehn( ) = Dehn() =

29 未解決問題 ー 高次元化 Dehn-Sydler の定理 Dehn = = Sydler Vol = Vol Dehn( ) = Dehn() これらは3次元 Euclid 空間の中での話 一般次元 Euclid 空間の中でも Dehn の定理は成り立つ 4次元 Euclid 空間の中でも Sydler の定理は成り立つ (Jessen, 1968) 未解決問題 5次元以上の Euclid 空間の中で Sydler の定理は成り 立つか 未解決問題 ー 非 Euclid 幾何学化 Dehn-Sydler の定理 Dehn = = Sydler Vol = Vol Dehn( ) = Dehn() n 次元 Euclid 空間 の代わりに n 次元球面 En Sn や n 次元双曲空間 Hn を考えることも可能 Sn, Hn (n 3) においても Dehn の定理は成り立つ Sn, Hn (n 3) において Sydler の定理は成り立 未解決問題 つか

30 Norman Do, Scissors congruence and Hilbert's third problem, The Australian Math. Soc. Gazette, 33 (2006), no. 2, Ruth Kellerhals, Old and new about Hilbert's third problem, European Women in Mathematics, , Hindawi ubl. Corp., Cairo, Walter D. Neumann, Hilbert's 3rd problem and invariants of 3-manifolds, The Epstein Birthday Schrift, (electronic), Geom. Topol. Monogr., 1, Geom. Topol. ubl., Coventry, 1998.

31 補題の証明について cos k = # k 3k すなわち cos = 1/3. (k = 1, 2, ); ただし は3で割り切れない整数 k # の証明 帰納法による k = 2 の場合 cos 2 = 2 cos2 k=j = Arccos 1/3, /. 補題 k = 1 の場合 cos = 1/3 であるから OK =. 1 =2 確かに OK , j に対し # が成立すると仮定 cos( + ) cos( ) cos( + ) + cos( ) = = cos cos sin sin, cos cos + sin sin. = 2 cos cos. := j, := : cos(j + 1) = 2 cos j cos cos(j 1) 2 j 9 j j 1 j 1 =2 j = 3 3 3j 1 3j+1 これより 補題 # j+1 =2 9 j j 1. cos k = k 3k すなわち cos = 1/3. (k = 1, 2, ); ただし は3で割り切れない整数 k q p, q と仮定 ただし は互いに素な正の整数 p cos p = cos q = ±1. 補題の証明 背理法による 仮定より p = q.. これは確かに3で割り切れない整数 証明終わり = Arccos 1/3, /. 1 ところが これは (#) に矛盾 = 証明終わり

32 Dehn の定理の証明のための補題, 1,, n を = n なる多面体 Ang( ) Ang(1 ) Ang(n ) { } R なる任意の有限集合 を :V( ) を ( ) = 0 なる任意の 線形関数とする このとき ( ) Dehn( ; ) = Dehn(1 ; ) + + Dehn(n ; ). ( ) Dehn( ; ) = Dehn(1 ; ) + + Dehn(n ; ). e Edge(1 ) Edge(n ) 証明 各 に対し 次のいずれかが成り立つ のある辺に含まれる (Type A) e は のある面に含まれる (Type B) e は の内部に含まれる (Type C) e は i i e e (Type A) (Type B)

33 Dehn( ; ) = Dehn(1 ; ) + + Dehn(n ; ). ( ) のある辺に含まれる (Type A) e は のある面に含まれる (Type B) e は i i e e の内部に含まれる (Type C) e は (Type A) (Type B) n の右辺 = i=1 e Edge(i ) length(e) (ang(e)) = + e:type A + e:type B e:type C 第1項 = Dehn( ; ) 第2項 = 0 ( ( ) = 0) 第3項 = 0 ( (2 ) = 2 ( ) = 0) 証明終わり Dehn の定理の証明 Dehn の定理 ただし = Dehn( ; ) = Dehn(; ); Ang( ) Ang() { }, :V( ), ( ) = 0. 線形, 1,, n, 1,, n が存在 証明 仮定より 以下のような多面体 n = n, n = n, i i. をとり を 線形関 Ang(i ) Ang(i ) R なる有限集合 i=1 i=1 : V に 拡張 する ( ) 数 このとき Dehn( ; ) = Dehn( ; ), 一方 補題より Dehn( ; ) = n Dehn(; ) = Dehn(; ) Dehn(i ; ), i=1 i i より そして Dehn(; ) = n Dehn(i ; ). i=1 Dehn(i ; ) = Dehn(i ; ). 以上から Dehn( ; ) = Dehn(; ). 証明終わり

34 普遍 な Dehn 不変量 Dehn( ; ) R は 多面体 のみならず Dehn 不変量 :V( ) や にも依存 や を使わずに Dehn 不変量を定義したい Dehn 不変量の値域を 複雑化 することにより これは実現可能 Dehn( ) R Dehn の定理 Z = R/ Z Dehn( ) = Dehn()

Microsoft PowerPoint - 2.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 2.ppt [互換モード] 0 章数学基礎 1 大学では 高校より厳密に議論を行う そのために 議論の議論の対象を明確にする必要がある 集合 ( 定義 ) 集合 物の集まりである集合 X に対して X を構成している物を X の要素または元という 集合については 3 セメスタ開講の 離散数学 で詳しく扱う 2 集合の表現 1. 要素を明示する表現 ( 外延的表現 ) 中括弧で 囲う X = {0,1, 2,3} 慣用的に 英大文字を用いる

More information

一般演題(ポスター)

一般演題(ポスター) 6 5 13 : 00 14 : 00 A μ 13 : 00 14 : 00 A β β β 13 : 00 14 : 00 A 13 : 00 14 : 00 A 13 : 00 14 : 00 A β 13 : 00 14 : 00 A β 13 : 00 14 : 00 A 13 : 00 14 : 00 A β 13 : 00 14 : 00 A 13 : 00 14 : 00 A

More information

204 / CHEMISTRY & CHEMICAL INDUSTRY Vol.69-1 January 2016 047

204 / CHEMISTRY & CHEMICAL INDUSTRY Vol.69-1 January 2016 047 9 π 046 Vol.69-1 January 2016 204 / CHEMISTRY & CHEMICAL INDUSTRY Vol.69-1 January 2016 047 β γ α / α / 048 Vol.69-1 January 2016 π π π / CHEMISTRY & CHEMICAL INDUSTRY Vol.69-1 January 2016 049 β 050 Vol.69-1

More information

vecrot

vecrot 1. ベクトル ベクトル : 方向を持つ量 ベクトルには 1 方向 2 大きさ ( 長さ ) という 2 つの属性がある ベクトルの例 : 物体の移動速度 移動量電場 磁場の強さ風速力トルクなど 2. ベクトルの表現 2.1 矢印で表現される 矢印の長さ : ベクトルの大きさ 矢印の向き : ベクトルの方向 2.2 2 個の点を用いて表現する 始点 () と終点 () を結ぶ半直線の向き : ベクトルの方向

More information

今週の内容 後半全体のおさらい ラグランジュの運動方程式の導出 リンク機構のラグランジュの運動方程式 慣性行列 リンク機構のエネルギー保存則 エネルギー パワー 速度 力の関係 外力が作用する場合の運動方程式 粘性 粘性によるエネルギーの消散 慣性 粘性 剛性と微分方程式 拘束条件 ラグランジュの未

今週の内容 後半全体のおさらい ラグランジュの運動方程式の導出 リンク機構のラグランジュの運動方程式 慣性行列 リンク機構のエネルギー保存則 エネルギー パワー 速度 力の関係 外力が作用する場合の運動方程式 粘性 粘性によるエネルギーの消散 慣性 粘性 剛性と微分方程式 拘束条件 ラグランジュの未 力学 III GA 工業力学演習 X5 解析力学 5X 5 週目 立命館大学機械システム系 8 年度後期 今週の内容 後半全体のおさらい ラグランジュの運動方程式の導出 リンク機構のラグランジュの運動方程式 慣性行列 リンク機構のエネルギー保存則 エネルギー パワー 速度 力の関係 外力が作用する場合の運動方程式 粘性 粘性によるエネルギーの消散 慣性 粘性 剛性と微分方程式 拘束条件 ラグランジュの未定乗数法

More information

診療ガイドライン外来編2014(A4)/FUJGG2014‐01(大扉)

診療ガイドライン外来編2014(A4)/FUJGG2014‐01(大扉) !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

More information

untitled

untitled 1 1 1. 2. 3. 2 2 1 (5/6) 4 =0.517... 5/6 (5/6) 4 1 (5/6) 4 1 (35/36) 24 =0.491... 0.5 2.7 3 1 n =rand() 0 1 = rand() () rand 6 0,1,2,3,4,5 1 1 6 6 *6 int() integer 1 6 = int(rand()*6)+1 1 4 3 500 260 52%

More information

DVIOUT-n_baika

DVIOUT-n_baika 1 三角関数の n 倍角の公式とその応用について述べます. なお Voyage 200 の操作の詳細は http://sci-tech.ksc.kwansei.ac.jp/~yamane にある はじめての数式処理電卓 Voyage 200 をご覧下さい. 2 倍角の公式 cos 2x =2cos 2 x 1=1 2sin 2 x sin 2x =2sinxcos x はよく知られています.3 倍角の公式

More information

MultiWriter 5650C 活用マニュアル

MultiWriter 5650C 活用マニュアル 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 11 1 2 3 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 1 2 3 a b c 30 31 32 C *1 *2 *2 33 2 2 2 2 2 2 2 2 2 34 *1 *2 ± *1 C C 35 36 37 38 39 40 OK 1 2 3 4

More information

1 (1) (2)

1 (1) (2) 1 2 (1) (2) (3) 3-78 - 1 (1) (2) - 79 - i) ii) iii) (3) (4) (5) (6) - 80 - (7) (8) (9) (10) 2 (1) (2) (3) (4) i) - 81 - ii) (a) (b) 3 (1) (2) - 82 - - 83 - - 84 - - 85 - - 86 - (1) (2) (3) (4) (5) (6)

More information

- 2 -

- 2 - - 2 - - 3 - (1) (2) (3) (1) - 4 - ~ - 5 - (2) - 6 - (1) (1) - 7 - - 8 - (i) (ii) (iii) (ii) (iii) (ii) 10 - 9 - (3) - 10 - (3) - 11 - - 12 - (1) - 13 - - 14 - (2) - 15 - - 16 - (3) - 17 - - 18 - (4) -

More information

2 1980 8 4 4 4 4 4 3 4 2 4 4 2 4 6 0 0 6 4 2 4 1 2 2 1 4 4 4 2 3 3 3 4 3 4 4 4 4 2 5 5 2 4 4 4 0 3 3 0 9 10 10 9 1 1

2 1980 8 4 4 4 4 4 3 4 2 4 4 2 4 6 0 0 6 4 2 4 1 2 2 1 4 4 4 2 3 3 3 4 3 4 4 4 4 2 5 5 2 4 4 4 0 3 3 0 9 10 10 9 1 1 1 1979 6 24 3 4 4 4 4 3 4 4 2 3 4 4 6 0 0 6 2 4 4 4 3 0 0 3 3 3 4 3 2 4 3? 4 3 4 3 4 4 4 4 3 3 4 4 4 4 2 1 1 2 15 4 4 15 0 1 2 1980 8 4 4 4 4 4 3 4 2 4 4 2 4 6 0 0 6 4 2 4 1 2 2 1 4 4 4 2 3 3 3 4 3 4 4

More information

例 e 指数関数的に減衰する信号を h( a < + a a すると, それらのラプラス変換は, H ( ) { e } e インパルス応答が h( a < ( ただし a >, U( ) { } となるシステムにステップ信号 ( y( のラプラス変換 Y () は, Y ( ) H ( ) X (

例 e 指数関数的に減衰する信号を h( a < + a a すると, それらのラプラス変換は, H ( ) { e } e インパルス応答が h( a < ( ただし a >, U( ) { } となるシステムにステップ信号 ( y( のラプラス変換 Y () は, Y ( ) H ( ) X ( 第 週ラプラス変換 教科書 p.34~ 目標ラプラス変換の定義と意味を理解する フーリエ変換や Z 変換と並ぶ 信号解析やシステム設計における重要なツール ラプラス変換は波動現象や電気回路など様々な分野で 微分方程式を解くために利用されてきた ラプラス変換を用いることで微分方程式は代数方程式に変換される また 工学上使われる主要な関数のラプラス変換は簡単な形の関数で表されるので これを ラプラス変換表

More information

< 図形と方程式 > 点間の距離 A x, y, B x, y のとき x y x y : に分ける点 æ ç è A x, y, B x, y のとき 線分 AB を : に分ける点は x x y y, ö ø 注 < のとき外分点 三角形の重心 点 A x, y, B x, y, C x, を頂

< 図形と方程式 > 点間の距離 A x, y, B x, y のとき x y x y : に分ける点 æ ç è A x, y, B x, y のとき 線分 AB を : に分ける点は x x y y, ö ø 注 < のとき外分点 三角形の重心 点 A x, y, B x, y, C x, を頂 公式集数学 Ⅱ B < 式と証明 > 整式の割り算縦書きの割り算が出来ること f を g で割って 商が Q で余りが R のときは Q g f /////// R f g Q R と書ける 分数式 分母, 分子をそれぞれ因数分解し 約分する 既約分数式 加法, 減法については 分母を通分し分子の計算をする 繁分数式 分母 分子に同じ多項式をかけて 普通の分数式になおす 恒等式 数値代入法 係数比較法

More information

日本分子第4巻2号_10ポスター発表.indd

日本分子第4巻2号_10ポスター発表.indd JSMI Report 62 63 JSMI Report γ JSMI Report 64 β α 65 JSMI Report JSMI Report 66 67 JSMI Report JSMI Report 68 69 JSMI Report JSMI Report 70 71 JSMI Report JSMI Report 72 73 JSMI Report JSMI Report 74

More information

「産業上利用することができる発明」の審査の運用指針(案)

「産業上利用することができる発明」の審査の運用指針(案) 1 1.... 2 1.1... 2 2.... 4 2.1... 4 3.... 6 4.... 6 1 1 29 1 29 1 1 1. 2 1 1.1 (1) (2) (3) 1 (4) 2 4 1 2 2 3 4 31 12 5 7 2.2 (5) ( a ) ( b ) 1 3 2 ( c ) (6) 2. 2.1 2.1 (1) 4 ( i ) ( ii ) ( iii ) ( iv)

More information

第89回日本感染症学会学術講演会後抄録(I)

第89回日本感染症学会学術講演会後抄録(I) ! ! ! β !!!!!!!!!!! !!! !!! μ! μ! !!! β! β !! β! β β μ! μ! μ! μ! β β β β β β μ! μ! μ!! β ! β ! ! β β ! !! ! !!! ! ! ! β! !!!!! !! !!!!!!!!! μ! β !!!! β β! !!!!!!!!! !! β β β β β β β β !!

More information

( ) a, b c a 2 + b 2 = c 2. 2 1 2 2 : 2 2 = p q, p, q 2q 2 = p 2. p 2 p 2 2 2 q 2 p, q (QED)

( ) a, b c a 2 + b 2 = c 2. 2 1 2 2 : 2 2 = p q, p, q 2q 2 = p 2. p 2 p 2 2 2 q 2 p, q (QED) rational number p, p, (q ) q ratio 3.14 = 3 + 1 10 + 4 100 ( ) a, b c a 2 + b 2 = c 2. 2 1 2 2 : 2 2 = p q, p, q 2q 2 = p 2. p 2 p 2 2 2 q 2 p, q (QED) ( a) ( b) a > b > 0 a < nb n A A B B A A, B B A =

More information

4 次元多面体から空間のかたちをみるー空間が曲がっているとはどういうことか 河野俊丈 2016 年 7 月 7 日学術俯瞰講義 図形から拡がる数理科学

4 次元多面体から空間のかたちをみるー空間が曲がっているとはどういうことか 河野俊丈 2016 年 7 月 7 日学術俯瞰講義 図形から拡がる数理科学 クレジット : UTokyo Online Education 学術俯瞰講義 2016 河野俊丈 ライセンス : 利用者は 本講義資料を 教育的な目的に限ってページ単位で利用することができます 特に記載のない限り 本講義資料はページ単位でクリエイティブ コモンズ表示 - 非営利 - 改変禁止ライセンスの下に提供されています http://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/4.0/

More information

1-1 - 2 3-2 - - 3 - i - 4 - ii - 5 - c - 6 - 4 1-7 - 2 1-8 - 2-9 - - 10 - - 11 - - 12 - - 13 - - 14 - - 15 - - 16 - - 17 - 3-18 - - 19 - - 20 - - 21 - - 22 - - 23 - iii i - 24 - - 25 - - 26 - 4-27 - 5

More information

S02 1 図において = =とする このとき = であることを証明せよ と において = 1 = 2 辺 は共通 より 3 辺 (3 組の辺 ) がそれぞれ等しい よって 合同な三角形の対応する角の大きさは等しい ゆえに = である

S02 1 図において = =とする このとき = であることを証明せよ と において = 1 = 2 辺 は共通 より 3 辺 (3 組の辺 ) がそれぞれ等しい よって 合同な三角形の対応する角の大きさは等しい ゆえに = である S01 1 図において = =とする このとき であることを証明せよ と において = 1 = 2 辺 は共通 3 1 2 3 より 3 辺 (3 組の辺 ) がそれぞれ等しい よって である S02 1 図において = =とする このとき = であることを証明せよ と において = 1 = 2 辺 は共通 3 1 2 3 より 3 辺 (3 組の辺 ) がそれぞれ等しい よって 合同な三角形の対応する角の大きさは等しい

More information

C#の基本

C#の基本 C# の基本 ~ 開発環境の使い方 ~ C# とは プログラミング言語のひとつであり C C++ Java 等に並ぶ代表的な言語の一つである 容易に GUI( グラフィックやボタンとの連携ができる ) プログラミングが可能である メモリ管理等の煩雑な操作が必要なく 比較的初心者向きの言語である C# の利点 C C++ に比べて メモリ管理が必要ない GUIが作りやすい Javaに比べて コードの制限が少ない

More information

ron04-02/ky768450316800035946

ron04-02/ky768450316800035946 β α β α β β β α α α Bugula neritina α β β β γ γ γ γ β β γ β β β β γ β β β β β β β β! ! β β β β μ β μ β β β! β β β β β μ! μ! μ! β β α!! β γ β β β β!! β β β β β β! β! β β β!! β β β β β β β β β β β β!

More information

EndoPaper.pdf

EndoPaper.pdf Research on Nonlinear Oscillation in the Field of Electrical, Electronics, and Communication Engineering Tetsuro ENDO.,.,, (NLP), 1. 3. (1973 ),. (, ),..., 191, 1970,. 191 1967,,, 196 1967,,. 1967 1. 1988

More information

第85 回日本感染症学会総会学術集会後抄録(III)

第85 回日本感染症学会総会学術集会後抄録(III) β β α α α µ µ µ µ α α α α γ αβ α γ α α γ α γ µ µ β β β β β β β β β µ β α µ µ µ β β µ µ µ µ µ µ γ γ γ γ γ γ µ α β γ β β µ µ µ µ µ β β µ β β µ α β β µ µµ β µ µ µ µ µ µ λ µ µ β µ µ µ µ µ µ µ µ

More information

5 36 5................................................... 36 5................................................... 36 5.3..............................

5 36 5................................................... 36 5................................................... 36 5.3.............................. 9 8 3............................................. 3.......................................... 4.3............................................ 4 5 3 6 3..................................................

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 0 1 2 3 4 5 6 1964 1978 7 0.0015+0.013 8 1 π 2 2 2 1 2 2 ( r 1 + r3 ) + π ( r2 + r3 ) 2 = +1,2100 9 10 11 1.9m 3 0.64m 3 12 13 14 15 16 17 () 0.095% 0.019% 1.29% (0.348%) 0.024% 0.0048% 0.32% (0.0864%)

More information

Microsoft PowerPoint - DA2_2017.pptx

Microsoft PowerPoint - DA2_2017.pptx 1// 小テスト内容 データ構造とアルゴリズム IⅠ 第 回単一始点最短路 (I) 1 1 第 章の構成. 単一始点最短路問題 単一始点最短路問題とは 単一始点最短路問題の考え方 単一始点最短路問題を解くつのアルゴリズム ベルマン フォードのアルゴリズム トポロジカル ソートによる解法 ダイクストラのアルゴリズム 1 1 単一始点最短路問題とは 単一始点最短路問題とは 前提 : 重み付き有向グラフ

More information

<4D F736F F D2089C193A18F7495BD5F91B28BC68CA48B865F E646F6378>

<4D F736F F D2089C193A18F7495BD5F91B28BC68CA48B865F E646F6378> 正多角形による 多面体の構成 ~ フラーレンをめぐって ~ 青山学院大学理工学部物理 数理学科西山研究室 15107027 加藤春平 1 目次 まえがき 3 1. 等辺多角形 5 2. 凸多面体 7 3. オイラーの多面体定理 9 4. プラトンの多面体 11 5. 正多面体の諸量 15 6. 切頭多面体の諸量 19 7. フラーレン 34 8. まとめ 40 9. 参考文献 資料 41 2 まえがき

More information

P-12 P-13 3 4 28 16 00 17 30 P-14 P-15 P-16 4 14 29 17 00 18 30 P-17 P-18 P-19 P-20 P-21 P-22

P-12 P-13 3 4 28 16 00 17 30 P-14 P-15 P-16 4 14 29 17 00 18 30 P-17 P-18 P-19 P-20 P-21 P-22 1 14 28 16 00 17 30 P-1 P-2 P-3 P-4 P-5 2 24 29 17 00 18 30 P-6 P-7 P-8 P-9 P-10 P-11 P-12 P-13 3 4 28 16 00 17 30 P-14 P-15 P-16 4 14 29 17 00 18 30 P-17 P-18 P-19 P-20 P-21 P-22 5 24 28 16 00 17 30 P-23

More information

0.,,., m Euclid m m. 2.., M., M R 2 ψ. ψ,, R 2 M.,, (x 1 (),, x m ()) R m. 2 M, R f. M (x 1,, x m ), f (x 1,, x m ) f(x 1,, x m ). f ( ). x i : M R.,,

0.,,., m Euclid m m. 2.., M., M R 2 ψ. ψ,, R 2 M.,, (x 1 (),, x m ()) R m. 2 M, R f. M (x 1,, x m ), f (x 1,, x m ) f(x 1,, x m ). f ( ). x i : M R.,, 2012 10 13 1,,,.,,.,.,,. 2?.,,. 1,, 1. (θ, φ), θ, φ (0, π),, (0, 2π). 1 0.,,., m Euclid m m. 2.., M., M R 2 ψ. ψ,, R 2 M.,, (x 1 (),, x m ()) R m. 2 M, R f. M (x 1,, x m ), f (x 1,, x m ) f(x 1,, x m ).

More information

44 4 I (1) ( ) (10 15 ) ( 17 ) ( 3 1 ) (2)

44 4 I (1) ( ) (10 15 ) ( 17 ) ( 3 1 ) (2) (1) I 44 II 45 III 47 IV 52 44 4 I (1) ( ) 1945 8 9 (10 15 ) ( 17 ) ( 3 1 ) (2) 45 II 1 (3) 511 ( 451 1 ) ( ) 365 1 2 512 1 2 365 1 2 363 2 ( ) 3 ( ) ( 451 2 ( 314 1 ) ( 339 1 4 ) 337 2 3 ) 363 (4) 46

More information

1 913 10301200 A B C D E F G H J K L M 1A1030 10 : 45 1A1045 11 : 00 1A1100 11 : 15 1A1115 11 : 30 1A1130 11 : 45 1A1145 12 : 00 1B1030 1B1045 1C1030

1 913 10301200 A B C D E F G H J K L M 1A1030 10 : 45 1A1045 11 : 00 1A1100 11 : 15 1A1115 11 : 30 1A1130 11 : 45 1A1145 12 : 00 1B1030 1B1045 1C1030 1 913 9001030 A B C D E F G H J K L M 9:00 1A0900 9:15 1A0915 9:30 1A0930 9:45 1A0945 10 : 00 1A1000 10 : 15 1B0900 1B0915 1B0930 1B0945 1B1000 1C0900 1C0915 1D0915 1C0930 1C0945 1C1000 1D0930 1D0945 1D1000

More information

P1-1 P1-2 P1-3 P1-4 P1-5 P1-6 P3-1 P3-2 P3-3 P3-4 P3-5 P3-6 P5-1 P5-2 P5-3 P5-4 P5-5 P5-6 P7-1 P7-2 P7-3 P7-4 P7-5 P7-6 P9-1 P9-2 P9-3 P9-4 P9-5 P9-6 P11-1 P11-2 P11-3 P11-4 P13-1 P13-2 P13-3 P13-4 P13-5

More information

lim lim lim lim 0 0 d lim 5. d 0 d d d d d d 0 0 lim lim 0 d

lim lim lim lim 0 0 d lim 5. d 0 d d d d d d 0 0 lim lim 0 d lim 5. 0 A B 5-5- A B lim 0 A B A 5. 5- 0 5-5- 0 0 lim lim 0 0 0 lim lim 0 0 d lim 5. d 0 d d d d d d 0 0 lim lim 0 d 0 0 5- 5-3 0 5-3 5-3b 5-3c lim lim d 0 0 5-3b 5-3c lim lim lim d 0 0 0 3 3 3 3 3 3

More information

A B 5 C 9 3.4 7 mm, 89 mm 7/89 = 3.4. π 3 6 π 6 6 = 6 π > 6, π > 3 : π > 3

A B 5 C 9 3.4 7 mm, 89 mm 7/89 = 3.4. π 3 6 π 6 6 = 6 π > 6, π > 3 : π > 3 π 9 3 7 4. π 3................................................. 3.3........................ 3.4 π.................... 4.5..................... 4 7...................... 7..................... 9 3 3. p

More information

33...\1

33...\1 THE ASSOCIATION FOR REAL ESTATE SECURITIZATION 33 2008May-June 3 15 21 29 37 48 2 ARES SPECIAL ARES May-June 2008 3 ARES SPECIAL 4 ARES May-June 2008 ARES SPECIAL ARES May-June 2008 5 6 ARES May-June 2008

More information

無印良品のスキンケア

無印良品のスキンケア 2 3 4 5 P.22 P.10 P.18 P.14 P.24 Na 6 7 P.10 P.22 P.14 P.18 P.24 8 9 1701172 1,400 1701189 1,000 1081267 1,600 1701257 2,600 1125923 450 1081250 1,800 1125916 650 1081144 1,800 1081229 1,500 Na 1701240

More information

H27 28 4 1 11,353 45 14 10 120 27 90 26 78 323 401 27 11,120 D A BC 11,120 H27 33 H26 38 H27 35 40 126,154 129,125 130,000 150,000 5,961 11,996 6,000 15,000 688,684 708,924 700,000 750,000 1300 H28

More information

i ii i iii iv 1 3 3 10 14 17 17 18 22 23 28 29 31 36 37 39 40 43 48 59 70 75 75 77 90 95 102 107 109 110 118 125 128 130 132 134 48 43 43 51 52 61 61 64 62 124 70 58 3 10 17 29 78 82 85 102 95 109 iii

More information

1 1 1 1 1 1 2 f z 2 C 1, C 2 f 2 C 1, C 2 f(c 2 ) C 2 f(c 1 ) z C 1 f f(z) xy uv ( u v ) = ( a b c d ) ( x y ) + ( p q ) (p + b, q + d) 1 (p + a, q + c) 1 (p, q) 1 1 (b, d) (a, c) 2 3 2 3 a = d, c = b

More information

Microsoft PowerPoint - LogicCircuits01.pptx

Microsoft PowerPoint - LogicCircuits01.pptx 論理回路 第 回論理回路の数学的基本 - ブール代数 http://www.info.kindai.ac.jp/lc 38 号館 4 階 N-4 内線 5459 takasi-i@info.kindai.ac.jp 本科目の内容 電子計算機 computer の構成 ソフトウェア 複数のプログラムの組み合わせ オペレーティングシステム アプリケーション等 ハードウェア 複数の回路 circuit の組み合わせ

More information