じで 霧は乾季に発生する 図3は北タイに おける霧発生の季節性を示す 図から明らか なように 雨季の終了とともに霧日数が増加 し 乾季中期に最大になるという年変化を示 している 霧日数の年変化は 北タイの霧が 2 45 (a) Chiang Rai 4 35 Rainfall Foggy days

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "じで 霧は乾季に発生する 図3は北タイに おける霧発生の季節性を示す 図から明らか なように 雨季の終了とともに霧日数が増加 し 乾季中期に最大になるという年変化を示 している 霧日数の年変化は 北タイの霧が 2 45 (a) Chiang Rai 4 35 Rainfall Foggy days"

Transcription

1 -1-

2 じで 霧は乾季に発生する 図3は北タイに おける霧発生の季節性を示す 図から明らか なように 雨季の終了とともに霧日数が増加 し 乾季中期に最大になるという年変化を示 している 霧日数の年変化は 北タイの霧が 2 45 (a) Chiang Rai 4 35 Rainfall Foggy days 14 図2 タイの年間霧日数の分布 SE P OC T NO V DE C 1 AP R MA Y JU N JU L AU G 4 JA N FE B MA R Number of foggy days 16 Total amount of rainfall 18 図3 北タイにおける霧季 基本的に放射霧であることを示唆している また 乾季の中期に霧日数が最大になるという事 実は 霧の水源として 植生の蒸発散が主要な役割を担っていることも想定させるものである 西双版納と同様 北タイでも霧日数の減少が顕著である 図4は 北タイにおける年間霧日 数の51年から95年の経年変化を示す (a)は霧日数の減少の大きなチェンライ フラエ P hrae ナン Nan ピサヌロク Phitsanulok)の変化である 北タイの12の気象台のうち 8地点がこの型の経年変化をしている チェンライは1.4日/年 フラエ ナンは2.日/年の速 12 Number of foggy days (a) Chiang Rai Phrae Nan Phitsanulok 14 (b) Mae Hong Son MaeSariang 12 y = x y = x Number of foggy days 図4 北タイにおける年間霧日数の経年変化 度で減少している また もともと霧日数の少ないピサヌロクでは65年以降 ほとんど霧の 発生がみられない 一方 メーホンソンやメーサリアンのように減少傾向にはあるが 現在で も1日程度の年間霧日数を保持している地点もある 図4 b 霧日数の一方的な減少の原因として その地域の森林面積の減少が考えられる 残念ながら タイで入手可能な森林面積に関する資料は県単位のものである しかも ランドサットデータ が充実した73年以降に限られている 統計資料の期間が短く さらに県の面積と霧の水平規 模には空間スケールにギャップがあるが 県単位の森林面積の変動でも 霧日数の減少をかな り説明することがわかった 図5は北タイ全体および五つの県での73年から93年までの森林面積率の推移を示してい -2-

3 る 北タイ全体では73年の森林面積率は67 であった そして ほぼコンスタントに減少し 続け 93年には44 になっている しかし県単位の森林面積率の変化は様々である フラエ 県やナン県の森林面積率は7年代に大きな減少がみられる 特にナン県では73年には91 で あったのが 82年には49 にまで減少した そして93年には 42 になっている フラエ県で も73年には66 であった面積率が 82年には42 93年には37 に減じた 霧日数の減少速度 の大きな地点は 7年代から8年代初めにかけて急激に森林面積率が減少し 8年代以降は面 積率が5 以下の県に対応している 1 9 Percentage of forest area Northern Thailand Mae Hong Son Phitsanulok Phetchabun Phrae Nan 図6 北タイ各県の森林面積率の推移 Temperature メーホンソン県とナン県は 73年には森林面積率にはあまり差がなかった メーホンソン 県も年までは比較的大きな面積率の減少がみられたが その後は緩慢になり 93年でも71 の面積率を保持している そのため 8年代以降の両県の面積率の差は歴然となっている メ ーホンソン県に位置するメーホンソンやメーサリアンの気象台が現在でも1日程度の霧日数 を示すのは この高い森林面積率の維持が関係していることは間違いないであろう 北タイでも ピサヌ ロ ク 県やペチャブン県 3 では元来 森林面積率 Temperature が低く 73年でも4 程 28 度しかなかった そし て93年には2 になって 26 いる ここでは年代か ら7年代に霧の発生が停 止している 24 Mae Hong Son 森林破壊のほかに Mae Sariang 都 市 化の影響も霧日数 Chiang Rai 22 Phrae の経年変化に大きく寄 Phitsanulok Chiang Mai 与している可能性があ 2 る 北タイ最大の都市 チェンマイは人口182, 人(96年現在 第2 図7 北タイにおける年平均気温の経年変化 -3-

4 -4-

5 -5-

6 Kanae S., Oki, T. and Musiake, K. 21 : Impact of deforestation on regional precipitation over the Indochina Peninsula Journal of Hydrometeorology, Nomoto, S. 95 Climatic variation in Yunnan Province, China Proceedings of the international symposium on paleoenvironmental changes in tropical and sub-tropical monsoon Asia Nomoto, S. and Takeyama, A. 98 Changes in the number of foggy days in Japan since 51 Sci. Rep. Fac. Educ. Gifu Univ. Nat.Sci., Nomoto, S., Yasunari, T. and Du, M. 88 A preliminary study on fog and cold air lake in Jinghong and Mengyang basins Climatological Notes, Rungdilokroajn, V. and Nimma, S. 9 The variation of annual rainfall and surface temperature over Thailand Meteorological Department, Tech. Doc, No p Yoshino, M. 86 Some aspects of climates, geoecology and agriculture in tropical China Climatological Notes, Zhang, K. 86 The influence of deforestation of tropical rainforest on local climate and disaster in Xishuangbanna region of China Climatological Notes,

③-4磯谷(ヨコ).pwd

③-4磯谷(ヨコ).pwd ,,, Kira a, b,,, a b ,,, Kira Ohsawa Yim & Kira Kira WI WI,,,, WI t WI CI - CI t WI CI- WI WI CI- Ohsawa Ohsawa WI WI , Ohsawa Miyawaki, A. & Ohba, T. WI WI, Kira WI CI - WI WI WI / ,, , , Ohsawa, ,,

More information

鹿児島の海を見て 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 39 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 52 56 36 44 1983 10 37 38 39 40 58 41 42 43 44 45 46 Variation of the sea surface temperature

More information

WTENK5-15_26234.pdf

WTENK5-15_26234.pdf 434 3 賛助会員の動向 6 会員の入 退会 漸減 2011年の震災後に大口の賛助会員の減少あ り (1) 入 退会者数の動向 4 年齢層別 会員区 退会者数は漸増 入会者は漸減傾向にある 別の個人会員構成 40歳台前半にピーク 主要部 は35歳から50歳ま 注 2002 2005年の不自然な変動は退会処理の違いによ るもの で (2) 会員の継続率 1993年以降の各年の入会者のうち 継続して会員で

More information

,995,972 6,992,875 1,158 4,383,372 4,380,511 2,612,600 2,612, ,433,188 3,330, ,880,573 2,779, , ,

,995,972 6,992,875 1,158 4,383,372 4,380,511 2,612,600 2,612, ,433,188 3,330, ,880,573 2,779, , , p.2 p.3 25 p. 4p.5 1,158699 2,875 25 p. 6p. 15 484333 310 23-25 p.16 p. 27 31325 2,213,473 24 2,058,412 23 1,943,271 313 3 699 2,875 63.31% 36.69% 47.70% 18.22% p.4 p.5 13% 25.22% 20.74% 16.23% p.6 16.76%

More information

WTENK5-6_26265.pdf

WTENK5-6_26265.pdf 466 2014年秋季 極域 寒冷域研究連絡会 の報告 海 カラ海 北大西洋 北米大陸の北部 東アジアで が多重に見られることが多い 南極昭和基地 69.0 S, 寒気質量の減少傾向が 中央シベリアの内陸部とベー 39.6 E における PANSY レーダー Sato et al.2014 リング海で寒気質量の増加傾向が5つの再解析データ のデータは このような小さな に共通して見られた 中央シベリアの内陸部の寒気質

More information

001-032交流文化

001-032交流文化 5 C O N T E N T S 4 6 8 4 38 4 44 8 34 5 3 4 5 3 3 8 Xishuangbanna Introduction 7 6 8 86 3 5 4 6 4 3 8 6 8 8 6 3 55 5 6 6 3 4 5 4 43 3 6 5 6 % 74 86% 7 4 6 8 3 3 3 3 8 5 4 5 3 6 8 5 4 3 3 4 44 56 76 6

More information

服用者向け_資料28_0623

服用者向け_資料28_0623 1 2 3 1. 2. 4 3. 4. 1. 5 2. 3. 4. 5. 6 6. 7. 8. 7 9. 10. 11. 8 12. 9 10 11 12 Q-1 : OC Q-2 : OC Q-3 : 21 OC 28 OC 13 Q-4 : OC Q-5 : OC Q-6 : OC 14 Q-7 : Q-8 : OC Q-9 : OC Q-10 : OC Q-11 : OC 15 Q-12 :

More information

本文(横組)2/YAX334AU

本文(横組)2/YAX334AU 群馬県赤城山大沼における湖沼学的研究 日あたりの集水量 B A A B 基底流量 mm d A 湖面を含む集水域の面積 km A 湖水面積 km このとき 上記の値は 地下水流入と考えられる また 漏水は 下記の式で求めた G out B G out 地下水流出量 mm d B 基底流量 mm d 表 9年月日 研究結果 m 湖水面標高 m 最 大 深 度 6 m 最 大 深 度 m 平 均 深 度

More information

DE0087−Ö“ª…v…›

DE0087−Ö“ª…v…› 酸性雨研究センター 2 アジアで増え続けるNOxとVOCs 増え続けるNO2濃度 衛星観測結果 アジアでは 急速な経済発展に伴って オゾ ンの原因物質であるNOx排出量が著しく増え ていると考えられる これを示す証拠として 最 近 対流圏観測衛星GOMEによるNO 2の対 流圏カラム濃度分布の結果が発表された (Richterら, 2005) 図2-1は 東アジアにおけ る1996年と2002年の1月のNO2対流圏濃度

More information

ソフトバンク・テクノロジー株式会社

ソフトバンク・テクノロジー株式会社 :0000000_1_0333900102006.doc :2008/04/14 13:55 :08/06/25 21:38 :0000000_3_0333900102006.doc :2007/11/15 14:41 :08/06/25 21:38 :0000000_4_0333900102006.doc :2008/06/25 0:22 :08/06/25 21:38 印

More information

untitled

untitled 第3図 関東地方における市区町村別日本ナシ栽培面積の分布変化 注 1960 1975 1990年は総農家 2005年は販売農家のナシ栽培面積 農 林 業センサスにより作成 法が用いられた でも ナシの栽培面積が半減した また 千代田 2005年における関東地方の日本ナシの栽培面積 町とその周辺のナシ栽培も後退した こうしたな は4,609ha で 1990年の5,836ha から大きく減少し かで

More information

夫婦間でスケジューラーを利用した男性は 家事 育児に取り組む意識 家事 育児を分担する意識 などに対し 利用前から変化が起こることがわかりました 夫婦間でスケジューラーを利用すると 夫婦間のコミュニケーション が改善され 幸福度も向上する 夫婦間でスケジューラーを利用している男女は 非利用と比較して

夫婦間でスケジューラーを利用した男性は 家事 育児に取り組む意識 家事 育児を分担する意識 などに対し 利用前から変化が起こることがわかりました 夫婦間でスケジューラーを利用すると 夫婦間のコミュニケーション が改善され 幸福度も向上する 夫婦間でスケジューラーを利用している男女は 非利用と比較して テクノロジーの利用により 共働き夫婦における最大のストレス要因である 家事 / 育児分担 と 夫婦のコミュニケーション が改善 男性の家事 / 育児への関わりも進む 共働き夫婦において 働き続ける上で挙げられる課題は家事 / 育児の分担や 互いの仕事とプライベートの調整など 時間の使い方 にまつわるもの Google Women Will Project は 女性が働き続けられる社会を目指し 時間の使い方

More information

21 年 1 月 29 日発行 TVI( タス空室インデックス )( 過去 2 年推移 ) ポイント 1 都 3 県 TVI 推移 ( 過去 2 年間 ) 全域 23 区市部神奈川県埼玉県千葉県 年月 東京都全域 23 区市部 神奈川県 埼玉県 千葉県 28 年

21 年 1 月 29 日発行 TVI( タス空室インデックス )( 過去 2 年推移 ) ポイント 1 都 3 県 TVI 推移 ( 過去 2 年間 ) 全域 23 区市部神奈川県埼玉県千葉県 年月 東京都全域 23 区市部 神奈川県 埼玉県 千葉県 28 年 21 年 1 月 29 日発行 21 年 8 月期 1 都 3 県賃貸住宅指標 ~ 意外と広い? 東京 23 区内の賃貸住宅専有面積 ~ 1. 賃貸住宅指標概況 東京都 全域 23 区 市部 会社名 : 株式会社タス所在地 : 東京都中央区八丁堀 2-25-9 トヨタ八丁堀ビル 7F 3-6222-123( 代表 ) 3-6222-124(FAX) http://www.tas-japan.com/

More information

Title 傾 斜 農 地 における 土 壌 の 空 間 変 動 に 関 する 研 究 Author(s) 柏 木, 淳 一 北 海 道 大 学 大 学 院 農 学 研 究 院 邦 文 紀 要 (Memories of the Citation Research Faculty of Agriculture, Ho 215-308 Issue Date 2008-02-29 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/32914

More information

The Value Of Interships - Adecco Asia White Paper 2015_no1

The Value Of Interships - Adecco Asia White Paper 2015_no1 Creating Value From Internship Programmes An Adecco Asia White Paper April/May 2015 Introduction 3 4 5 6 The Adecco Asia Network: China Hong Kong Japan Malaysia Singapore South Korea Taiwan Thailand Vietnam

More information

2 麦類 ( 子実用 ) (1) 4 麦計平成 24 4 麦の作付面積 ( 子実用 ) は26 万 9,5haで 前に比べて2,2ha(1%) 減少した ( 表 8) 麦種別には 二条大麦は前に比べて7ha(2%) 増加したものの 小麦 六条大麦及びはだか麦は前に比べてそれぞれ2,3ha(1%) 3

2 麦類 ( 子実用 ) (1) 4 麦計平成 24 4 麦の作付面積 ( 子実用 ) は26 万 9,5haで 前に比べて2,2ha(1%) 減少した ( 表 8) 麦種別には 二条大麦は前に比べて7ha(2%) 増加したものの 小麦 六条大麦及びはだか麦は前に比べてそれぞれ2,3ha(1%) 3 Ⅱ 作物別作付 ( 栽培 ) 面積 1 水陸稲 ( 子実用 ) (1) 水稲平成 24 水稲 ( 子実用 ) の作付面積は157 万 9,haで 前に比べて5,ha 増加した ( 表 7) 作付面積の動向をみると 昭和 44 年の317 万 3,haを最高に 45 年以降は生産過剰基調となった米の需給均衡を図るための生産調整が実施されたこと等から 減少傾向で推移している ( 図 4) (2) 陸稲平成

More information

陸域環境研究センター

陸域環境研究センター No.53 12 2004 Palmer Drought Severity Index PDSI An Analysis of Drought in Mongolia Using Palmer Drought Severity Index PDSI * ** Kazumi SUZUKI * and Tsutomu YAMANAKA ** 2002 1951 1990 Yatagai and Yasunari,

More information

『こみの株式会社』の実践

『こみの株式会社』の実践 2003 . JA JA A JA 811 2005/8/11 1003 452 10 960 28 2005/8/11 1003 452 6 120 29 2005/8/11 2003 151 10 420 33 2005/8/11 2003 211 3 180 31 2005/8/11 2003 211 3 150 32 827 400 5 80 221 2005/6/25 900 3 300

More information

15 7 26 1,276 3,800 1 16 15 1 2 3 4 2

15 7 26 1,276 3,800 1 16 15 1 2 3 4 2 1 15 7 26 1,276 3,800 1 16 15 1 2 3 4 2 JA 3 4 2 1 3 2001 1981 6 10% 10 30% 1 2 JA JA 2 4 JA 2 1 2 1 2 1 2 1 2 1 2 7 5 1 1 1 3 1 6 1 1 2 2 1 7 2 3 3 53 1 2000 30 8 250 53 435 20 35 3 1 8 2 4 3 2 2 232

More information

EX-word_Library_JA

EX-word_Library_JA JA 2 3 4 5 14 7 1 2 6 3 1 2 7 3 8 27 1 2 3 1 2 3 9 1 2 3 1 2 3 10 12 13 14 11 1 12 1 2 13 1 2 3 25 14 1 2 3 25 15 1 2 3 25 16 1 2 3 25 17 1 2 3 25 18 1 2 3 4 25 19 1 2 3 4 25 20 1 2 21 3 4 25 22 1 2 3

More information

324.pdf

324.pdf 50 50 10 30 11 26 12 27 14 16 27 18 20 21 22 22 22 22 23 24 24 1 No.324 JA 2 85 69 20 12 81 18 12 22 93 10 31 3 50 50 30 30 50 22 27 27 10 16 14 52 10 62 15 64 25 24 50 4 25 23 27 5 10 11 25 6 11 49 10

More information

GEO GLAM等へ向けた稲作等の作況見通し情報の利用

GEO GLAM等へ向けた稲作等の作況見通し情報の利用 GEO GLAM 等 に 向 けた 稲 作 等 の 作 況 見 通 し 情 報 の 利 用 - 宇 宙 技 術 を 用 いた 農 業 市 場 向 けの 情 報 提 供 について - 平 成 26 年 6 月 9 日 事 業 戦 略 室 農 業 チームリーダー 奥 村 俊 夫 All rights reserved RESTEC 2014 概 要 農 業 気 象 情 報 のインテリジェンス 化 保 険

More information

1

1 4-9 Long-term Observations Using L-Band Wind Profiler in Asia OHNO Yuichi, Nipha Leelaruji, Atma R. Jain, KOZU Toshiaki, and MASUDA Yoshihisa Wind profiler is a Doppler radar that can observe upper winds

More information

している. 本 研 究 は 対 象 とする 事 例 の 規 模 の 点 では 池 谷 ら と 視 点 を 同 じくするものであるが, 地 価 と 土 地 利 用 に 着 目 し, 定 量 的 な 指 標 として 影 響 を 示 すこと に 特 徴 がある. (2) 分 析 方 法 本 研 究 ではス

している. 本 研 究 は 対 象 とする 事 例 の 規 模 の 点 では 池 谷 ら と 視 点 を 同 じくするものであるが, 地 価 と 土 地 利 用 に 着 目 し, 定 量 的 な 指 標 として 影 響 を 示 すこと に 特 徴 がある. (2) 分 析 方 法 本 研 究 ではス 東 京 スカイツリーの 立 地 に 伴 う 近 隣 地 域 の 地 価 及 び 土 地 利 用 の 変 化 に 関 する 分 析 馬 場 隼 哉 ¹ 小 根 山 裕 之 ² 石 倉 智 樹 ³ ¹ 学 生 非 会 員 東 京 工 業 大 学 大 学 院 社 会 理 工 学 研 究 科 社 会 工 学 専 攻 ( 152-8550 東 京 都 目 黒 区 大 岡 山 2-12-1,Email:baba.j.ac@m.titech.ac.jp)

More information

O157 6/23 7/4 6 25 1000 117,050 6 14:00~15:30 1 2 22 22 14:30~15:30 8 12 1 5 20 6 20 10 11 30 9 10 6 1 30 6 6 0 30 6 19 0 3 27 6 20 0 50 1 2 6 4 61 1 6 5 1 2 1 2 6 19 6 4 15 6 1 6 30 6 24 30 59

More information

1 2 3 1 4 1 5 6 7 8 9 2 10 11 12 13 2 14 15 16 17 3 18 19 20 3 21 22 23 4 24 25 4 26 27 5 28 29 5 30 31 6 32 33 34 資料 2 35 資料 3 36 37 6 38 39 40 7 41 42 43 7 44 45 46 47 48 8 49 50 51 52 8 53 54 55 9 56

More information

19982004 7 1998 2004 7 1.2.1 1.2.2 1.2.1 7 1.2.2 1.1.3 1.2.2 1.2.3 7 2.1.1 1998 19982004 7 125 2000 8 3 34 46 1.3.3 1980 1900 7 1900 7 7 19981999 1998200020032004 2003 1.2.3 10 35 1998 2001 2000 1112 19982004

More information

森林科学59号表紙

森林科学59号表紙 ISSN 0917-1908 特 集 広葉樹林への誘導の可能性 シリーズ 森めぐり 新連載 マレーシアサラワク州ニア森林保護区 高知大学演習林 嶺北フィールド うごく森 北上するマツ材線虫病 現場の要請を受けての研究 サンブスギ間伐手遅れ林分管理指針の作成 June 59 2010 et al bemban 7 図 _2 東北地方における市町村別マツ材線虫病被害分布の変遷

More information

JAPAN MARKETING JOURNAL 113 Vol.29 No.12009

JAPAN MARKETING JOURNAL 113 Vol.29 No.12009 JAPAN MARKETING JOURNAL 113 Vol.29 No.12009 JAPAN MARKETING JOURNAL 113 Vol.29 No.12009 JAPAN MARKETING JOURNAL 113 Vol.29 No.12009 JAPAN MARKETING JOURNAL 113 Vol.29 No.12009 Vol.29 No.12009 JAPAN MARKETING

More information

JAPAN MARKETING JOURNAL 111 Vol.28 No.32008

JAPAN MARKETING JOURNAL 111 Vol.28 No.32008 Vol.28 No.32008 JAPAN MARKETING JOURNAL 111 Vol.28 No.32008 JAPAN MARKETING JOURNAL 111 Vol.28 No.32008 JAPAN MARKETING JOURNAL 111 Vol.28 No.32008 JAPAN MARKETING JOURNAL 111 Vol.28 No.32008 JAPAN MARKETING

More information

JAPAN MARKETING JOURNAL 110 Vol.28 No.22008

JAPAN MARKETING JOURNAL 110 Vol.28 No.22008 Vol.28 No.22008 JAPAN MARKETING JOURNAL 110 Vol.28 No.22008 JAPAN MARKETING JOURNAL 110 Vol.28 No.22008 JAPAN MARKETING JOURNAL 110 Vol.28 No.22008 JAPAN MARKETING JOURNAL 110 Vol.28 No.22008 JAPAN MARKETING

More information

1 横浜のイメージ [ 経年変化 ] 観光 レジャー が増加傾向経年変化をみると 異国情緒 国際都市 は減少傾向となっている一方 観光 レジャー は増加傾向となっている 図 横浜のイメージ [ 経年変化 ](3 つまでの複数回答 )

1 横浜のイメージ [ 経年変化 ] 観光 レジャー が増加傾向経年変化をみると 異国情緒 国際都市 は減少傾向となっている一方 観光 レジャー は増加傾向となっている 図 横浜のイメージ [ 経年変化 ](3 つまでの複数回答 ) 7. 特集 横浜の魅力 (1) 横浜のイメージ 問 20 あなたは 横浜をよくあらわすイメージは何だと思いますか この中から 3 つまで選んで ください ( は 3 つまで ) 海と港 が8 割超横浜をよくあらわすイメージについて聞いたところ 海と港 (83.7%) が8 割を超え最も多くなっている 次いで 異国情緒 国際都市 (53.4%) が5 割台 観光 レジャー (%) が3 割近くとなっている

More information

- 14 -

- 14 - - 13 - - 14 - - 15 - 14 15 2-3-1 14 (KP1.81.4) 4,000(m 3 /) 14 2-3-2 c b c a a b c - 16 - 2-3-1 15 1960 (Cs-137Pb-210) (KP1.42.5) 1960(KP-2.51.4) 132,000m 3 3,300m 3 / 116,000m 3 15,900m 3 Cs-137Pb-210

More information

平成26年度第2回高等学校卒業程度認定試験問題(地理B)

平成26年度第2回高等学校卒業程度認定試験問題(地理B) 共通問題 3 沖縄県那覇市に住む高校生のエミリーさんが行った 沖縄県とその県庁所在地である那覇市周 辺地域の調査に関して 問 1 問 4 に答えよ 問 1 エミリーさんは 資料 1 中のア エの地点の上空から 那覇港にある四つのふ頭をそれぞれ の方向に撮影した航空写真を得た このうち 資料 1 中のイから撮影した写真として 最も適切なものを あとの 1 4 のうちから一つ選べ 解答番号は 9 資料

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション JICA Cooperation on Forest/Nature Conservation and Nature disasters JICA による森林 自然環境保全と自然災害に対する取組み JICA Technical Advisor Shigeki HATA JICA 技術審議役畑茂樹 1 Agenda / 発表内容 1. JICA s cooperation on Forest and Nature

More information

Outline 1 Motivation 2 Development of Hydrometeorological Prediction System Mesoscale Meteorological Modeling Distributed Hydrological Modeling Couple

Outline 1 Motivation 2 Development of Hydrometeorological Prediction System Mesoscale Meteorological Modeling Distributed Hydrological Modeling Couple 気象水文統合モデル手法を用いた淀川流域の水循環評価 Kundan Lal Shrestha クンダンラルセレスタ 大阪大学大学院工学研究科環境 エネルギー工学専攻 March 9, 2010 Outline 1 Motivation 2 Development of Hydrometeorological Prediction System Mesoscale Meteorological Modeling

More information

東京都健康安全研究センター研究年報

東京都健康安全研究センター研究年報 Ann. Rep. Tokyo Metr. Inst. P.H., 55, 2004 透過電子顕微鏡による広視野観察のための試料作製法の検討 Specimen Preparation for Wide Area Observation Using Transmission Electron Microscope Nobutaka FUKUMORI and Akio OGATA Keywords wide

More information

untitled

untitled 42 Program of the 42 nd Aircraft Symposium 16 10 6 8 3 JR 12 5,000 2,000 8,000 4,000 CD-ROM 3,000 (1) (2) (3) JJ ) (4) 10 69 59 16 10 7 17:2019:20 5,000 http://jsass.or.jp/uacftcom/aircraft/ International

More information

.g...N...|.[.g25

.g...N...|.[.g25 20039 NPO NPO 20039 NPO 3 2006 91 83 84 1 NPO 1 85 495,800 105 2 200412 2004 1,550 841 200530 20042005 13.4NPO 5.2 393 44334 151 2005:11 1 n=841 2004 86 2005 1 2 7 75.0 4 2 n=17 2005 75.0 37.5 25.0 18.8

More information

−‰«„¤_ qxd

−‰«„¤_ qxd 2 1 2 1 1 2 1 2 20 l 3 3 10 4 300 600 1 2 6 10 4 0 003 153 2 5 10 4 0 038 l µl l µlµl µ l µl l l µl l µl l l l l l l l l l l l l l l l µl l l l l l l µl µl µl µl µl µl µl µl l l l l l l l l l l l l

More information

untitled

untitled 514,000km 2 27.7(2003 ) 7.0(2003 ) 28.9 2000 6,280 2006 16.5(1950 )20.9(1970 )29.4(1990 )32.3 (2005 ) 95 4 13 1418 1767 17821782 1932 GDP 1,227 2000 1,617 2004 1,766 2005 GNI 1,990.0 2000 2,490.0 2004

More information

2010.2.20 2. 1) 1 2 1. Origins. 2. History. 3. Earth Structure and Plate Tectonics. 4. Ocean Basins. 5. Sediments. 6. Water and Ocean Structure. 7. Ocean Chemistry. 8. Circulation of the Atmosphere.

More information

JAPAN MARKETING JOURNAL 112 Vol.28 No.42009

JAPAN MARKETING JOURNAL 112 Vol.28 No.42009 JAPAN MARKETING JOURNAL 112 Vol.28 No.42009 JAPAN MARKETING JOURNAL 112 Vol.28 No.42009 JAPAN MARKETING JOURNAL 112 Vol.28 No.42009 JAPAN MARKETING JOURNAL 112 Vol.28 No.42009 JAPAN MARKETING JOURNAL 112

More information

2,347 232 01

2,347 232 01 27 194120331 JAPAN ASIA INVESTMENT CO., LTD. P01 P03 P05 P07 P08 P09 P10 P11 P13 P14 2,347 232 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 20,051 5,550 4,796 3,049 88,123 10,750 13,521 30,190 55,162 21,444 5,172

More information

RISO P ‘C’³

RISO P ‘C’³ RISO REPORT 2000 1 2 3 4 5 6 T O P I C S 7 8 T O P I C S 39 100,000 12,000 6,000 80,000 60,000 40,000 20,000 10,000 8,000 6,000 4,000 2,000 5,000 4,000 3,000 2,000 1,000 0 0 0 H8/3 H9/3 H10/3 H11/3 H12/3

More information

明浄大学紀要 1号/4.塩澤  潔

明浄大学紀要 1号/4.塩澤  潔 1 1997 6 0 1 7 1 1990 7 9 160 5 50 1 1997 1997 2 2 1 1997 10,06,261 11,702,75 10 11.1 1996 1995 1,000 1997 1998 1,000 9,57,711 199 1999 00 10,678,60 5 1 5 1995 1996 1997 1998 1999 10,199,99 11,702,75 10,06,261

More information

橡Ⅰ.企業の天候リスクマネジメントと中長期気象情

橡Ⅰ.企業の天候リスクマネジメントと中長期気象情 1 1 2 1 2 2 3 4 4 3 4 3 5 1400 53 8.8 11 35 6 5 6 20012Q 926 1,438 15.032.2 4 ART 7 8 9 7 8 9 5 19712000 30 33 60 10 33 10 60 70 30 40 6 12 3000 2000 7 沈降した後 付近の流れに乗って海中を水平に漂流するように設計されている その後 予め設定した時間間隔

More information

JAPAN MARKETING JOURNAL 123 Vol.31 No.32012

JAPAN MARKETING JOURNAL 123 Vol.31 No.32012 Japan Marketing Academy JAPAN MARKETING JOURNAL 123 Vol.31 No.32012 JAPAN MARKETING JOURNAL 123 Vol.31 No.32012 JAPAN MARKETING JOURNAL 123 Vol.31 No.32012 JAPAN MARKETING JOURNAL 123 Vol.31 No.32012 JAPAN

More information

JAPAN MARKETING JOURNAL 115 Vol.29 No.32010

JAPAN MARKETING JOURNAL 115 Vol.29 No.32010 Japan Marketing Academy JAPAN MARKETING JOURNAL 115 Vol.29 No.32010 JAPAN MARKETING JOURNAL 115 Vol.29 No.32010 JAPAN MARKETING JOURNAL 115 Vol.29 No.32010 JAPAN MARKETING JOURNAL 115 Vol.29 No.32010 JAPAN

More information

JAPAN MARKETING JOURNAL 110 Vol.28 No.22008

JAPAN MARKETING JOURNAL 110 Vol.28 No.22008 JAPAN MARKETING JOURNAL 110 Vol.28 No.22008 JAPAN MARKETING JOURNAL 110 Vol.28 No.22008 JAPAN MARKETING JOURNAL 110 Vol.28 No.22008 JAPAN MARKETING JOURNAL 110 Vol.28 No.22008 JAPAN MARKETING JOURNAL 110

More information

1.4 4 2 2.1 1-3 1060 601060 1 60 1020 2.2 45 50 2015 31 2 1 3 20 30 1970 1980 1990 2000 40 50 60 70 2015% 30 20 30 10 20 0 10 2 2015 Vol.10 No.4 2008

1.4 4 2 2.1 1-3 1060 601060 1 60 1020 2.2 45 50 2015 31 2 1 3 20 30 1970 1980 1990 2000 40 50 60 70 2015% 30 20 30 10 20 0 10 2 2015 Vol.10 No.4 2008 Colloquium 第88 回 運輸政策コロキウム 少子高齢社会における交通のあり方 運輸事業者の人材確保と技術の継承に対する認識と対応 平成19年10月30日 運輸政策研究機構 大会議室 1. 講師 運輸政策研究所少子高齢社会研究グループ 内田 傑 財 運輸政策研究機構運輸政策研究所主任研究員 日比野直彦 前 財 運輸政策研究機構運輸政策研究所研究員 現 政策研究大学院大学助教授 財 運輸政策研究機構運輸政策研究所客員研究員

More information

ドキュメント1

ドキュメント1 まで低落し続けるが この間はマイワシもサバも盛期の面影が全くなくなり イカだけが減少すること なく一定量を持続する 結果として水揚げ量の大半をイカが占めることになった 水揚げ金額について見ると マサバが獲れていた1978年から1982年頃はイカとその他 サバを含む の魚類がやや拮抗していたが 1985年以降は70 80 もの大部分をイカで占められる この傾向は 水 揚げ量が減少した1993 4 年以降になるとさらに強くなる

More information

Briefs Topics Regional Business Sep

Briefs Topics Regional Business Sep Vol. 55 September 2016 CONTENTS Briefs & Editorial Topics Regional Business Thailand Vietnam India Singapore / Hong Kong China China Macro Economy Briefs Topics Regional Business Sep 2016 1 Macro Economy

More information

1 2 3 6 10 < > 13 16 16 4 17 13 00 15 30 5

1 2 3 6 10 < > 13 16 16 4 17 13 00 15 30 5 2004 16 3 23 q 4 21 r 1 2 3 6 10 < > 13 16 16 4 17 13 00 15 30 5 13 2 2 16 4 4 17 3 16 3 1 16 3 2 905 1438 1201 1205 1210 70 1812 25 1635 1654 3 44 47 10 10 911.18-R 1193 34 1652 4 911.107-H 1159 1685

More information

C. 研究結果 考察 1, 全国統計にみた自殺の次推移 ( 表 1 図 1) 1899~23 以降の全国人口動態統計からの推移をみてみると 第二次世界大戦前の自殺死亡率は 12~22 前後で大戦後よりも低値であった 一方 毎の全 人当たりのについても大戦前は 6~13 と大戦後に比較して低かった 全

C. 研究結果 考察 1, 全国統計にみた自殺の次推移 ( 表 1 図 1) 1899~23 以降の全国人口動態統計からの推移をみてみると 第二次世界大戦前の自殺死亡率は 12~22 前後で大戦後よりも低値であった 一方 毎の全 人当たりのについても大戦前は 6~13 と大戦後に比較して低かった 全 平成 16 度厚生労働科学研究費補助金 ( こころの健康科学研究事業 ) 自殺の実態に基づく予防対策の推進に関する研究分担研究報告書 自殺の実態に関する法医学的研究 - 東京都区部と茨城県の異状死体取り扱いデータを用いた自殺の実態調査と全国統計との比較 および精神疾患と自殺との関連 - 分担研究者山崎健太郎筑波剖検センター長 研究要旨目的 = 自殺の実態を把握するために 東京都区部と茨城県の検案データを基に

More information

3 2 2 (1) (2) (3) (4) 4 4 AdaBoost 2. [11] Onishi&Yoda [8] Iwashita&Stoica [5] 4 [3] 3. 3 (1) (2) (3)

3 2 2 (1) (2) (3) (4) 4 4 AdaBoost 2. [11] Onishi&Yoda [8] Iwashita&Stoica [5] 4 [3] 3. 3 (1) (2) (3) (MIRU2012) 2012 8 820-8502 680-4 E-mail: {d kouno,shimada,endo}@pluto.ai.kyutech.ac.jp (1) (2) (3) (4) 4 AdaBoost 1. Kanade [6] CLAFIC [12] EigenFace [10] 1 1 2 1 [7] 3 2 2 (1) (2) (3) (4) 4 4 AdaBoost

More information

105†^Ÿ_Ł¶†^åM“è‡Ù‡©.pwd

105†^Ÿ_Ł¶†^åM“è‡Ù‡©.pwd et al et al et al et al et al et al et al et al et al et al et al 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 J. Hydrol J. Hydrol J. Hydrol J. Hydrol Isotope Techniques in Groundwater Hydrology J. Hydrol J. Hydrol

More information

群馬大学医学部刀城クラブ会報 第233号 平成26年(2014年)4月15日 チェンマイ大学留学思い出 Snap 1/08/2014 チェンマイ大学正門前 1/14/2014 KHUN MOR S CUISINE タイ料理レストラン farewell partyにて 1/09/2014 Ai restaurant タイ料理レストラン 1/15/2014 Wat Chiang Man チェンマイ最古の寺院

More information

表紙(社会系)/153023H

表紙(社会系)/153023H ! ""! "! " # ! " #! "! " # $ #! " # $ Sa$ !! " # $ " # "! " # ! "!! " # $ % Sa" !!#! " # " Sa# ! " # $ %!! " # $ % & "! " # $ % & ! " # ! " #! " # $ % & Sa$ ! " # $ !! " # $! " # $ % & % Sa$ "!!! " #

More information

main.dvi

main.dvi FORMATH Vol. 8 (2009): 63 91 63 FAO, The Reporting Status of FAO Statistics on the Forest Resources and Forest Products Oka, Hiroyasu : : Abstract:,,, FAO (2005 ) (2006 ). FRA2005 7, 9. 99%,, FAO. 3/4,.,

More information

場前掲書, 第 1 部第 7 節 (86~107 ページ ) 地勢は中国山脈の背陵地で, 林野率 83% と林地が多く, 標高 120~830 m の急峻な山々に固まれている 耕地は標高 120~550 O 歳 ~14 歳 15 歳 ~64 歳 45~50 年 16.0% 減少, 50~55 65 才以上は 45~50 年 5.0% 増, 50~55 年 17.0% 増 m~700m

More information

1. David Murray

1. David Murray Abstract TANAKA Fujimaro, who is famous for his inspection of Western educational institutions as a member of the Iwakura Mission in the early Meiji era, held the post of the Japanese Minister to Italy

More information

で は, 前面において約 50%, 側面では約 20~30% 程度多い傾向にあった この傾向は,

で は, 前面において約 50%, 側面では約 20~30% 程度多い傾向にあった この傾向は, Title 姿勢変化による腹部脂肪厚の変化 Author(s) 中原, 五十鈴 Citation 文化女子大学紀要. 服装学 生活造形学研究 25(1994-01) pp.67-78 Issue Date 1994-01-31 URL http://hdl.handle.net/10457/2218 Rights http://dspace.bunka.ac.jp/dspace で は, 前面において約

More information

2 (1) (2) SCI 2 SCI 2 24 2 12 2

2 (1) (2) SCI 2 SCI 2 24 2 12 2 2004 (1) (2) (2) (3) (1) 1 (2) (3) 2 (1) (2) SCI 2 SCI 2 24 2 12 2 100% / 16 2002 2003 http://lin.lin.go.jp/alic/month/dome/1997/nov/chousa.htm (05 612 1315 1618 1922 2329 3039 4049 5059 60 ) =10 b g 1

More information

宮田敏之.pdf

宮田敏之.pdf Agora: Journal of International Center for Regional Studies, No.3, 2005 17 * 1982 2004 2004 1 2004 12 1,000 2,700 37 FAOSTAT 2005 100 200 1,200 19 19 1897 1930 1941 2000 135 * 1 18 1960 1980 1962 7 3 Watabe

More information

Asia-Pacific_cover (JP)NEO.indd

Asia-Pacific_cover (JP)NEO.indd WHO Library Cataloguing-in-Publication Data UNAIDS. A scaled-up response to AIDS in Asia and the Pacific 1.Acquired immunodeficiency syndrome - prevention and control 2.HIV infections - prevention and

More information

TK01G005-17_25758.pdf

TK01G005-17_25758.pdf AMSRE全天候型海上風速 9 第4図 AMSR-Eの各物理量による2 7 年5月2 日17時頃の台風第2号 同一軌道).a)標準海上風速 b) 6 による海上風速 布.c) 標準雲水量 布.d)全天候型海上風速 布. S 布. にほぼ反比例して短くなる楕円形をしている.第6図 上あることがわかる.一方,台風に伴うものを含めて に,AMSR-Eの 7GHz帯 と1 GHz帯 の FOV の 輪 一般に,発達した降水セル単体の水平スケールは1

More information

ii 21 Sustainability

ii 21 Sustainability まえがき 21 10 20 1970 10 1980 1990 10 2011 3 11 1 100 1 ii 21 Sustainability 2014 1 目 次 第 1 章 成熟時代を迎える都市地域 1 1-1 21 1 1-1-1 1 1-1-2 2 1-1-3 3 1-1-4 4 1-1-5 6 1-2 7 1-2-1 7 1-2-2 8 1-2-3 12 1-3 14 1-3-1 21

More information

( ) ) 傣 8 傣 7) 30m (Tetramelea nudiflora) 洱 ~ 4 3 茶馬古道 洱 18 3 洱 8) 洱 洱 9) 洱 2 ( 洱 ) m 傣 10) 1 洱 11) 7

( ) ) 傣 8 傣 7) 30m (Tetramelea nudiflora) 洱 ~ 4 3 茶馬古道 洱 18 3 洱 8) 洱 洱 9) 洱 2 ( 洱 ) m 傣 10) 1 洱 11) 7 No.9, -, 2008 No.9 2008 シプソンパンナー 茶馬古道 援蒋ルートの戦跡を訪ねて 秋畑 進 雲南懇話会 はじめに 2006 10 1990 1700 シプソンパンナー ( 西双版納 ) (12) (1000) ( ) 12 16 ( ) たいぞく ( 傣 ) 1) 37 500m 80 ( ) 2) 1950 1999 1958 900 70 60 40 1 1998 8 7 8000

More information

51 Fig. 2 2.1 2.2 2 X 1 X X Table 1 2.1 X 線 を 用 いた 試 験 の 概 要 X Fig. 3 X 1 1 X Table 2 X X 2.2 γ 線 を 用 いた 試 験 の 概 要 Fig. 4 192 192 Ir 60 60 CO Table 3

51 Fig. 2 2.1 2.2 2 X 1 X X Table 1 2.1 X 線 を 用 いた 試 験 の 概 要 X Fig. 3 X 1 1 X Table 2 X X 2.2 γ 線 を 用 いた 試 験 の 概 要 Fig. 4 192 192 Ir 60 60 CO Table 3 Bull. Soc. Sea Water Sci., Jpn., 68, 50-56(2014) Bulletin of the Society of Sea Water Science, Japan 特 集 非 破 壊 検 査 技 術 の 現 状 と 今 後 ( 解 説 ) プラント 設 備 における 放 射 線 による 検 査 の 現 状 と 今 後 永 田 博 幸 *1 *2, 清 水 重 之

More information

A Research on Can-do Abilities and Ways of Teaching across Korea, China, and Japan

A Research on Can-do Abilities and Ways of Teaching across Korea, China, and Japan 上智大学 ARCLE 応用言語学シンポジウム 2009 (2009.12.13) 東アジア調査から見る高校英語の学ぶ側の実態と課題 長沼君主東京外国語大学 n.naganuma@tufs.ac.jp 1 本発表の目的と流れ 目的 ベネッセコーポレーションとの共同研究による 東アジア高校英語教育調査 2003 年度 2004 年度 2006 年度調査結果をもとに 主に韓国の高校生との比較を通して 日本の高校生の学ぶ側の実態と課題を明らかにする

More information

JAPAN MARKETING JOURNAL 123 Vol.31 No.32012

JAPAN MARKETING JOURNAL 123 Vol.31 No.32012 Vol.31 No.32012 JAPAN MARKETING JOURNAL 123 Vol.31 No.32012 JAPAN MARKETING JOURNAL 123 Vol.31 No.32012 JAPAN MARKETING JOURNAL 123 Vol.31 No.32012 JAPAN MARKETING JOURNAL 123 Vol.31 No.32012 JAPAN MARKETING

More information

CW3_AX094D06.indd

CW3_AX094D06.indd Financial Times Financial Times International Herald Tribune Wall Street Journal Financial Times Accounting Horizons Accounting and Business Research Preliminary Views, Financial Instruments

More information

JICA JETRO

JICA JETRO Kyoto Bulletin of Islamic Area Studies, 9 (March 2016), pp. 197 230 JICA JETRO Area Studies TISCO Tata Steel Europe UNDP FS mélange J aime tuffāh uhibbu une pomme camarade A B Ph.D. EU EU EU EU EU EU

More information