01_07_特集.indd

Size: px
Start display at page:

Download "01_07_特集.indd"

Transcription

1 高 電 圧 直 流 給 電 システム テクニカルリクワイヤメント 給 電 系 ガイドライン 高 電 圧 直 流 給 電 システム 導 入 拡 大 に 向 けた 取 り 組 み 通 信 ビル データセンタにおける 給 電 システムは, 省 エネ 化 低 コスト 化 が 期 待 できる 直 流 380 Vとする 高 電 圧 直 流 (HVDC) 給 電 システムが 注 目 されており, 実 導 入 段 階 にきています. 本 稿 では,HVDC 給 電 システムの 導 入 状 況 と 標 準 化 の 取 り 組 み, さらなる 普 及 推 進 のためNTTグループで 策 定 したテクニカル リクワイヤメントと 給 電 系 ガイドラインについて 紹 介 します. やました 山 下 暢 彦 さくらい 櫻 井 たかはし 高 のぶひこ あつし 敦 橋 晶 子 まつもり 松 あ き こ ひろあき 盛 裕 明 た な か / 田 中 い わ と / 岩 戸 とおる 徹 たけし 健 あさきもり こ う き / 浅 木 森 孔 貴 NTT 環 境 エネルギー 研 究 所 か と う / 加 藤 じゅん 潤 しんたく み き お / 新 宅 幹 雄 はなおか な お き / 花 岡 直 樹 高 電 圧 直 流 給 電 システム NTTグループでは, 通 信 ビル デー タセンタの 電 力 消 費 量 の 増 大 に 伴 いさ まざまな 省 エネ 化 施 策 に 取 り 組 んでい ます.この 中 で, 電 力 システムの 省 エ ネ 化 施 策 として,NTT 環 境 エネルギー 研 究 所 はNTTグループ 各 社 と 連 携 し 直 流 380 VでICT 装 置 に 電 力 を 供 給 す る 高 電 圧 直 流 * (HVDC) 給 電 システ ムを, 世 界 に 先 駆 けて 開 発 し 現 在 は 導 入 段 階 に 移 りつつあります. HVDC 給 電 システムは, 商 用 の 交 流 200 Vを 直 流 380 Vに 変 換 し, 蓄 電 池 に 充 電 しつつICT 装 置 に 電 力 を 供 給 し ます (1). 商 用 が 停 止 した 場 合 には 蓄 電 池 から 直 接 ICT 装 置 に 電 力 を 供 給 する ことで, 上 位 のエンジン 発 電 機 の 起 動 時 間 や 駆 けつけによる 対 処 時 間 中 の バックアップとして 機 能 します.HVDC 給 電 システムと 従 来 の 交 流 給 電 システ ム 48 V 直 流 給 電 システムとの 比 較 を 図 1に 示 します. 交 流 給 電 システム は 主 にデータセンタで 導 入 されていま すが, 変 換 段 数 が 多 いことから 電 力 損 失 が 大 きいこと, 蓄 電 池 からICT 装 置 * 高 電 圧 直 流 :ICT 分 野 において, 直 流 の 給 電 電 圧 は, 電 気 通 信 用 として 世 界 的 に 直 流 48 Vが 使 用 されています.これに 対 して, 直 流 V 程 度 の 高 い 電 圧 範 囲 を 高 電 圧 直 流 と 呼 ん でいます. 36

2 特 集 間 には 直 流 から 交 流 に 変 換 する 変 換 器 が 必 要 となるため, 信 頼 性 を 確 保 する 対 策 を 要 するなどの 課 題 があります. 一 方,48 V 直 流 給 電 システムは, 通 信 ビルで 導 入 されており,シンプル な 構 成 のため 極 めて 高 い 信 頼 性 を 維 持 しています.しかし 近 年,ICT 装 置 の 電 力 消 費 の 増 加 に 伴 い 電 流 が 増 加 する ため,ケーブルが 太 くなる 傾 向 にあり, ケーブル 敷 設 の 施 工 性 やICT 装 置 の 設 置 自 由 度 に 課 題 が 出 てきています.こ れに 対 してHVDC 給 電 システムは, 48 V 直 流 給 電 システムと 同 様 のシン プルな 構 成 のため, 極 めて 信 頼 性 が 高 く, 変 換 段 数 も 少 ないことから 電 力 ロ スも 低 減 でき,また 電 圧 を 高 くするた め 電 流 が 減 り,ケーブルの 細 径 化 が 可 能 です. これまで,NTT 環 境 エネルギー 研 究 所 はHVDC 給 電 システムの 全 体 構 成 を 整 理 するとともに,NTTグルー プと 連 携 し 各 種 給 電 装 置 類 ( 整 流 装 置, 電 流 分 配 装 置,コンセントなど)を 開 発 し, 販 売 しています. 特 に, 安 全 性 に 配 慮 し, 感 電 のリスクを 回 避 するた め 露 出 のないコネクタやコンセントを 開 発 するとともに, 接 地 方 式 を 工 夫 し, 万 が 一 感 電 しても 人 体 に 流 れる 電 流 を 抑 制 するなどの 対 策 を 行 ってきま した.また, 電 気 的 安 定 性 を 確 保 する ために,ICT 装 置 で 短 絡 等 の 事 故 が 生 じ,ヒューズなどの 遮 断 器 が 開 放 する 際 の 電 圧 変 動 がほかのICT 装 置 に 影 響 を 及 ぼさないよう, 電 圧 変 動 を 抑 制 し た 新 たなヒューズや 電 流 分 配 装 置 を 開 発 しました. 開 発 した 給 電 装 置 類 や 接 地 方 式 を 図 2に 示 します. 国 際 標 準 化 HVDC 給 電 システムを 普 及 推 進 す るためには 国 際 標 準 化 が 必 要 であり, NTT 環 境 エネルギー 研 究 所 は 国 際 電 気 通 信 連 合 電 気 通 信 標 準 化 部 門 (ITU-T)において 積 極 的 に 標 準 化 策 定 にかかわり,ICT 装 置 の 入 力 点 に 対 する 要 求 条 件 (L.1200)や 給 電 シス テム 構 成 への 要 求 要 件 (L.1201)の 制 定 に 貢 献 してきました (2),(3).これら 37

3 の 国 際 標 準 の 制 定 をトリガに 各 国 で HVDC 給 電 システムの 導 入 が 進 むと ともに,HVDC 対 応 ICT 装 置 のライン アップが 増 えてきました. NTTグループへの 導 入 NTTグループのHVDC 給 電 システ ムの 導 入 では, 研 究 所 へのトライアル をはじめとして,NTTファシリティー ズの 電 力 監 視 システムに 実 導 入 を 果 た すとともに, 最 近 ではNTTコミュニ ケーションズの 大 規 模 システムへの 導 入 を 完 了 しました.この 大 規 模 システ ムは₅00 kwシステムを 8 システム 導 入 し, 全 体 で 約 4 MWと 非 常 に 大 きな システムであり, 導 入 コストの 低 減 や 電 気 料 金 の 削 減 に 貢 献 しています. 今 後 NTTグループがHVDC 給 電 シ ステムをさらに 普 及 推 進 していくには HVDC 対 応 ICT 装 置 のラインアップ 拡 充 とさらなるシステムコストの 低 減 が 必 要 です.NTT 環 境 エネルギー 研 究 所 では,NTTグループがHVDC 対 応 ICT 装 置 を 調 達 していく 際 の 技 術 資 料 として,テクニカルリクワイヤメント (TR)の 制 定 と 給 電 システムの 開 発 調 達 設 計 施 工 において 考 慮 すべき インタフェース 条 件 や 機 能 条 件 などの 指 針 である 給 電 系 ガイドライン(GL) を 策 定 しました.TRの 制 定 により NTTグループは 広 くHVDC 対 応 ICT 装 置 を 調 達 する 意 志 があることを 世 界 に アピールすることができ,ICTベンダ の 開 発 製 品 化 を 後 押 しすることがで きます.またGLの 制 定 により, 給 電 システムの 設 計 要 綱 などのマニュアル に 反 映 することができるため, 標 準 的 な 設 計 や 施 工 の 確 立 によりさらなる 構 築 のコスト 低 減 が 可 能 となります. TRはICT 装 置 の 入 力 部 に 対 する 要 求 条 件 であり, 国 際 標 準 との 整 合 を 図 るため,ITU-T L.1200をベースとし て 電 圧 範 囲 や 異 常 電 圧 時 の 動 作 条 件 な ど 基 本 的 な 条 件 を 盛 り 込 みました (4). 規 定 範 囲 を 図 ₃に, 主 な 規 定 項 目 を 図 ₄ に 示 します.ここで,NTTグルー プが 事 業 運 営 していくにあたって, 必 38

4 特 集 要 な 項 目 について 検 討 を 進 めました. 安 全 性 や 電 気 的 安 定 性 の 観 点 を 重 視 し, 感 電 リスクを 低 減 するためICT 装 置 停 止 時 における 蓄 積 エネルギーのレ ベルや 定 格 電 圧 や 最 大 定 格 容 量 等 の 規 定 を 設 けました.また,これまで48 V 直 流 給 電 システムで 規 定 されていた, 発 振 条 件 や 突 入 電 流 の 詳 細 条 件 などに ついてリスク 評 価 を 実 施 し,HVDC 給 電 システムではリスクが 小 さいことを 明 らかとしました. 本 TRにより,ICT ベンダはHVDC 対 応 ICT 装 置 の 開 発 販 売 がしやすくなり,NTTグループ は 広 くHVDC 対 応 ICT 装 置 を 調 達 する ことが 可 能 となります.TRの 発 行 を 契 機 にHVDC 給 電 システムを201₆ 年 から 本 格 導 入 するニュースリリースを 発 出 しました (₅). GLは 給 電 システム 全 体 の 要 求 条 件 であり,NTTグループが 事 業 運 営 す るにあたって 安 全 かつ 信 頼 性 を 確 保 し HVDCシステムを 導 入 運 営 するた めの 規 定 を 盛 り 込 みました.HVDC 給 電 系 GLの 規 定 範 囲 と 主 な 項 目 を 図 ₅ に 示 します.すでに48 V 系 の 給 電 系 ガイドラインは 発 行 されていますが, HVDC 給 電 システムでは, 普 及 拡 大 を 特 に 意 識 し, 安 全 性 を 確 保 しつつ 従 来 の 規 定 が 緩 和 可 能 か 検 討 を 進 めまし た. 例 えば,48 V 系 では 整 流 装 置 が 設 置 しているフロアから 別 のフロアに 設 置 されているICT 装 置 に 電 力 を 供 給 する 異 フロア 給 電 はノイズや 迷 走 電 流, 直 撃 雷 による 過 電 圧 等 のリスクの ため 禁 止 されていました.HVDC 給 電 システムでは, 接 地 方 式 が 異 なり,ノ イズと 迷 走 電 流 に 対 するリスクは 低 減 できるため, 直 撃 雷 によるリスクを 低 減 する 対 策 について 検 討 を 進 めまし た.NTT 環 境 エネルギー 研 究 所 と NTTファシリティーズでは,サージ 防 護 デバイス(SPD)を 開 発 し, 過 電 圧 の 抑 制 効 果 を 明 らかにするととも に,SPDの 設 置 条 件 を 整 理 しました. これにより, 異 フロア 給 電 が 可 能 とな る 指 標 を 示 すことができました.また, 遮 断 器 開 放 時 における 過 渡 電 圧 が 他 の 39

5 ICT 装 置 に 及 ぼす 影 響 についても 評 価 し, 詳 細 なモデルにて 実 験 シミュレー ションを 行 いました.NTT 環 境 エネル ギー 研 究 所 が 開 発 したヒューズおよび 電 流 分 配 装 置 により, 過 渡 電 圧 は ITU-T L.1200の 動 作 電 圧 範 囲 に 収 ま ることを 明 らかとし, 安 定 した 運 用 が 可 能 であることを 確 認 しました. 今 後 の 展 開 前 述 したTR,GLにより,NTTグ ループは 本 格 的 な 導 入 体 制 を 整 えるこ とができ, 導 入 戦 略 を 立 案 しました. 201₆ 年 度 から 本 格 導 入 を 開 始 し,2030 年 までにはHVDC 給 電 システムを 基 本 システムとすることを 目 指 していき ます. 高 効 率 高 信 頼 低 コストな HVDC 給 電 システムの 普 及 により, 電 気 料 金 の 削 減 と 導 入 コストの 低 減 が 期 待 できます. 今 後,ICT 装 置 ベンダなどのステー クホルダへの 働 きかけを 強 めること で,HVDC 対 応 ICT 装 置 のラインアッ プを 拡 充 していくとともに, 給 電 シス テム 全 体 のコスト 低 減 をさらに 進 め, HVDC 給 電 システムの 導 入 を 加 速 さ せていきます. これにより, 情 報 通 信 分 野 のさら なる 省 エネルギー 化 を 推 進 していき ます. (1) T. Babasaki, T. Tanaka, Y. Nozaki, T. Tanaka, T. Aoki, and F. Kurokawa: Developing of higher voltage direct-current power-feeding prototype system, INTELEC200₉,pp.1-₅, 200₉. (2)ITU-T L.1200: Direct current power feeding interface up to 400 V at the input to telecommunication and ICT equipment, (3) ITU-T L.1201: Architecture of power feeding systems of up to 400, (4) tr1₇₆002ed1_j.pdf (5) html ( 後 列 左 から) 櫻 井 敦 / 浅 木 森 孔 貴 / 高 橋 晶 子 / 花 岡 直 樹 / 松 盛 裕 明 / 加 藤 潤 ( 右 上 ) ( 前 列 左 から) 岩 戸 健 / 山 下 暢 彦 / 田 中 徹 / 新 宅 幹 雄 HVDC 給 電 システムの 普 及 を 推 進 し, NTTグループの 省 エネ 化 に 貢 献 するととも に, 世 界 に 広 げていきます.また,さらな る 給 電 システムの 省 エネ 低 コスト 化 とな る 給 電 トポロジの 研 究 開 発 を 加 速 していき ます. 問 い 合 わせ 先 NTT 環 境 エネルギー 研 究 所 エネルギーシステムプロジェクト エネルギー 供 給 方 式 グループ TEL 04₂₂-₅₉-388₇ FAX 04₂₂-₅₉-33₁4 tanaka.toru lab.ntt.co.jp 40

問 題 1 ₁ ₃ ₅ ₂ ₄ ₆ 問 題 2 ₁ ₂ ₃ 問 題 3 ₁ ₂ ₃ ₄ ₅ 2 2

問 題 1 ₁ ₃ ₅ ₂ ₄ ₆ 問 題 2 ₁ ₂ ₃ 問 題 3 ₁ ₂ ₃ ₄ ₅ 2 2 問 題 1 ₁ ₃ ₅ ₂ ₄ ₆ 問 題 2 ₁ ₂ ₃ 問 題 3 ₁ ₂ ₃ ₄ ₅ 1 問 題 1 ₁ ₃ ₅ ₂ ₄ ₆ 問 題 2 ₁ ₂ ₃ 問 題 3 ₁ ₂ ₃ ₄ ₅ 2 2 問 題 1 ₁ ₃ ₅ ₂ ₄ ₆ 問 題 2 ₁ ₂ ₃ 問 題 3 ₁ ₂ ₃ ₄ ₅ 3 問 題 1 ₁ ₃ ₅ ₂ ₄ ₆ 問 題 2 ₁ ₂ ₃ ₄ 問 題 3 ₁ ₂ ₃ ₄ ₅ 4 4 問 題

More information

ⅠⅠ 1 Ⅰ Ⅰ 2 Ⅰ 3 Ⅰ Ⅰ Ⅰ 4 Ⅰ 4 Ⅰ Ⅰ Ⅱ Ⅲ Ⅰ Ⅲ 1 791

ⅠⅠ 1 Ⅰ Ⅰ 2 Ⅰ 3 Ⅰ Ⅰ Ⅰ 4 Ⅰ 4 Ⅰ Ⅰ Ⅱ Ⅲ Ⅰ Ⅲ 1 791 790 10 Ⅰ Ⅰ Ⅰ) Ⅰ) Ⅰ Ⅰ Ⅱ Ⅱ ⅡⅡ Ⅱ Ⅱ 27 12 20 ⅠⅠ 1 Ⅰ Ⅰ 2 Ⅰ 3 Ⅰ Ⅰ Ⅰ 4 Ⅰ 4 Ⅰ 16 20 27 Ⅰ Ⅱ Ⅲ Ⅰ Ⅲ 1 791 2 1 1 2 1 1 1 2 11 18 16 00 16 40 200 18 2 000 792 17 175 175 14 24 60 2 2 ₅ 3 793 1 ₇ 1 ₆ 2 1 ₂₁₁ 1 Ⅱ 1 28

More information

1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22 24 26 28 面 積 率 1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22

1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22 24 26 28 面 積 率 1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22 参 考 資 料 2 ヒートアイランド 現 象 の 要 因 変 化 の 推 定 方 法 本 マニュアルではヒートアイランド 現 象 が 顕 著 な 大 都 市 ( 東 京 都 区 部 名 古 屋 市 大 阪 市 福 岡 市 )を 対 象 に ヒートアイランド 現 象 の 主 な 要 因 である1 地 表 面 被 覆 の 人 工 化 2 都 市 形 態 の 高 密 度 化 3 人 工 排 熱 の 増 加

More information

21 1 2 1 2

21 1 2 1 2 21 1 2 1 2 1 2 3 ( ) 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 210 0.0 0.0 22 23 25 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 74 pp.4362003.10 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 141224 14 48 10

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション キュービクル 式 高 圧 受 電 設 備 老 朽 化 省 エネ 耐 震 対 策 平 成 27 年 10 月 制 定 盤 標 準 化 協 議 会 キュービクル 技 術 部 会 近 年 生 産 設 備 や 情 報 機 器 の 高 度 化 に 伴 い 受 配 電 設 備 への 信 頼 性 の 要 求 は 益 々 高 まってきており 事 故 による 停 電 はもとより 瞬 時 の 電

More information

01_02_特集.indd

01_02_特集.indd 環 境 負 荷 削 減 環 境 影 響 評 価 Green by ICT By ICT 効 果 評 価 技 術 の 開 発 NTT 環 境 エネルギー 研 究 所 ではNTTグループの 環 境 ビジョン THE GREEN VISION 2020 の 目 標 達 成 に 向 け,ICTを 利 活 用 することによる 社 会 の 環 境 負 荷 削 減 効 果 を 企 業 レベルで 評 価 するBy

More information

2 目 次 第 ₁ 編 総 説 第 ₁ 章 退 職 手 当 の 性 格 3 ₁ 民 間 企 業 の 退 職 金 3 ₁ 一 般 的 見 解 3 ₂ 労 働 基 準 法 との 関 連 3 ₃ ま と め 4 ₂ 国 家 公 務 員 の 退 職 手 当 4 ₁ 現 行 退 職 手 当 制 度 の 仕 組

2 目 次 第 ₁ 編 総 説 第 ₁ 章 退 職 手 当 の 性 格 3 ₁ 民 間 企 業 の 退 職 金 3 ₁ 一 般 的 見 解 3 ₂ 労 働 基 準 法 との 関 連 3 ₃ ま と め 4 ₂ 国 家 公 務 員 の 退 職 手 当 4 ₁ 現 行 退 職 手 当 制 度 の 仕 組 は し が き 平 成 24 年 11 月 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 の 一 部 改 正 法 案 が 可 決 成 立 し 平 成 25 年 ₁ 月 から 施 行 されました この 改 正 は 民 間 における 退 職 給 付 の 支 給 の 実 情 に 鑑 み 退 職 手 当 の 額 を 引 き 下 げるほか 職 員 の 年 齢 別 構 成 の 適 正 化 を 通 じ た 組 織 活

More information

スライド 1

スライド 1 総 合 資 源 エネルギー 調 査 会 総 合 部 会 第 1 回 会 合 参 考 資 料 1-4 我 が 国 のエネルギー 情 勢 4 < 消 費 > 平 成 25 年 3 月 15 日 資 源 エネルギー 庁 目 次 < 最 近 の 環 境 変 化 > 1. 東 日 本 大 震 災 と 東 電 福 島 原 発 事 故 2. 国 際 情 勢 の 変 化 3. 安 定 供 給 不 安 4. エネルギーコストの

More information

経済・物価情勢の展望(2016年4月)

経済・物価情勢の展望(2016年4月) 2016 年 4 月 28 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2018 年 度 まで を 展 望 すると 当 面 輸 出 生

More information

1 2 3 4 15.2 80 95 5 15 GL 15 GL 10 GL 20 GL 20 15 10 GL JFE NISC NISC NISC 6 7 8 オプション 仕 様 驚 異 の 熱 伝 導 率 0019w/m k 10dB 1 の 低 減 で 約 の 音 に 聞 こえます! 9 ダントツの 断 熱 性 能! 10 遮 熱 について 特 殊 顔 料 の 遮 熱 効 果 ~ 熱 反 射

More information

平 成 24 年 度 損 保 1 2 (5) 平 成 10 年 6 月 8 日 大 蔵 省 告 示 第 232 号 においては 大 規 模 自 然 災 害 ファンドの 計 算 に 用 いる 工 学 的 事 故 発 生 モデルの 要 件 として 次 のように 記 載 されている 当 該 要 件 を 地

平 成 24 年 度 損 保 1 2 (5) 平 成 10 年 6 月 8 日 大 蔵 省 告 示 第 232 号 においては 大 規 模 自 然 災 害 ファンドの 計 算 に 用 いる 工 学 的 事 故 発 生 モデルの 要 件 として 次 のように 記 載 されている 当 該 要 件 を 地 平 成 24 年 度 損 保 1 1 損 保 1( 問 題 ) 第 Ⅰ 部 問 題 1. 次 の(1)~(5)の 各 問 に 解 答 しなさい 解 答 は 解 答 用 紙 の 所 定 の 欄 に 記 入 すること 各 5 点 (1) 傷 害 保 険 において 1 被 保 険 者 の 職 業 職 種 2 被 保 険 者 の 年 齢 および3 担 保 危 険 の 時 間 的 制 限 の 各 要 素 が

More information

Heading title

Heading title 電 力 ピークカット 及 び 快 適 性 向 上 に 資 する 太 陽 熱 を 利 用 した 住 宅 向 け 調 湿 除 湿 並 びに 低 温 床 暖 房 システムの 開 発 ( 応 募 テーマ:エネルギー) 寺 島 今 朝 成 株 式 会 社 ウッドビルド 市 川 渡 株 式 会 社 ケー アイ エス 岩 前 篤 近 畿 大 学 平 成 25 年 度 住 宅 建 築 関 連 先 導 技 術 開 発

More information

Microsoft Word - FINAL_suppliers report.docx

Microsoft Word - FINAL_suppliers report.docx クリーンな 電 力 会 社 選 べる? 電 力 小 売 全 面 自 由 化 を 前 に 電 力 会 社 のクリーン 度 調 査 を 実 施 2016 年 3 月 発 行 グリーンピースレポート 2016 年 4 月 からスタートする 電 力 小 売 市 場 の 全 面 自 由 化 を 前 に 国 際 環 境 NGO グ リーンピース ジャパンは 一 般 電 気 事 業 者 に 代 わるクリーンな 電

More information

アレスタの 電 気 的 特 性 劣 化 により 損 傷 し 貫 通 導 体 間 で 短 絡 に 至 ったと 推 定 モールドケースの 経 年 的 絶 縁 劣 化 により 取 付 け 板 を 介 し 短 絡 に 至 ったと 推 定 配 線 用 遮 断 器 油 入 変 圧 器 絶 縁 物 の 経 年 的

アレスタの 電 気 的 特 性 劣 化 により 損 傷 し 貫 通 導 体 間 で 短 絡 に 至 ったと 推 定 モールドケースの 経 年 的 絶 縁 劣 化 により 取 付 け 板 を 介 し 短 絡 に 至 ったと 推 定 配 線 用 遮 断 器 油 入 変 圧 器 絶 縁 物 の 経 年 的 日 立 受 配 電 機 器 リニューアルの ご 提 案 アレスタの 電 気 的 特 性 劣 化 により 損 傷 し 貫 通 導 体 間 で 短 絡 に 至 ったと 推 定 モールドケースの 経 年 的 絶 縁 劣 化 により 取 付 け 板 を 介 し 短 絡 に 至 ったと 推 定 配 線 用 遮 断 器 油 入 変 圧 器 絶 縁 物 の 経 年 的 熱 劣 化 により 電 磁 機 械 力 に

More information

環 境 目 標 成 に 努 め 廃 棄 物 の 再 資 源 化 グリーン 調 達 環 境 関 連 法 規 の 環 境 会 計 スト 回 収 商 品 処 分 などの 上 下 流 コストに20% 使 用 し てい 遵 守 などの 目 標 は 達 成 しました 今 後 は 中 期 目 標 を 2010 年

環 境 目 標 成 に 努 め 廃 棄 物 の 再 資 源 化 グリーン 調 達 環 境 関 連 法 規 の 環 境 会 計 スト 回 収 商 品 処 分 などの 上 下 流 コストに20% 使 用 し てい 遵 守 などの 目 標 は 達 成 しました 今 後 は 中 期 目 標 を 2010 年 環 境 理 念 環 境 方 針 私 たちは お 客 様 第 一 主 義 の 経 営 理 念 のもと 経 皮 吸 収 型 貼 付 剤 を 中 心 とした 医 薬 品 の 提 供 を 通 じて 貼 って 手 当 てすることの 良 さ を 伝 えながら 世 界 中 の 人 々の 健 康 づくりに 積 極 的 に 取 り 組 んできました 地 球 環 境 の 保 全 に 貢 献 することは 当 社 の 経

More information

<4D F736F F D D38F8A92F990B A DC58F4994C5817A8EA58B DB88EC08E7B977697CC816988C4816A2E646F63>

<4D F736F F D D38F8A92F990B A DC58F4994C5817A8EA58B DB88EC08E7B977697CC816988C4816A2E646F63> 磁 気 探 査 実 施 要 領 ( 案 ) 平 成 24 年 10 月 沖 縄 総 合 事 務 局 開 発 建 設 部 目 次 1 総 則 1 1-1 目 的 1 1-2 適 用 範 囲 1 1-3 用 語 の 定 義 1 1-3-1 磁 気 探 査 1 1-3-2 不 発 弾 不 発 弾 等 1 1-3-3 不 発 弾 貫 入 深 度 1 1-3-4 磁 気 量 2 2 探 査 計 画 3 2-1

More information

電 力 システム 改 革 ( 電 力 自 由 化 ) 1

電 力 システム 改 革 ( 電 力 自 由 化 ) 1 資 料 2 電 力 システム 改 革 ( 電 力 自 由 化 ) と 原 子 力 発 電 について 平 成 26 年 10 月 資 源 エネルギー 庁 電 力 システム 改 革 ( 電 力 自 由 化 ) 1 電 力 システム 改 革 の 目 的 2 1. 安 定 供 給 を 確 保 する 震 災 以 降 多 様 な 電 源 の 活 用 が 不 可 避 な 中 で 送 配 電 部 門 の 中 立 化

More information

2014年3月期第2四半期決算説明会資料(解説文)

2014年3月期第2四半期決算説明会資料(解説文) 2014 年 3 月 期 第 2 四 半 期 決 算 に 関 する 機 関 投 資 家 アナリスト 向 け 説 明 会 ご 説 明 内 容 開 催 日 :2013 年 10 月 31 日 スピーカー: 常 務 執 行 役 村 松 衛 はじめに 当 社 原 子 力 発 電 所 の 事 故 から 2 年 7 ヵ 月 余 りが 経 過 いたしましたが 汚 染 水 問 題 をはじめ 今 なお 発 電 所 周

More information

新 設 拡 充 又 は 延 長 を 必 要 と す る 理 由 (1) 政 策 目 的 1 平 成 27 年 度 与 党 税 制 改 正 大 綱 等 を 踏 まえ 以 下 の 見 直 しを 行 う 自 動 車 税 軽 自 動 車 税 消 費 税 10% 時 点 までにグリーン 化 特 例 の 現 行

新 設 拡 充 又 は 延 長 を 必 要 と す る 理 由 (1) 政 策 目 的 1 平 成 27 年 度 与 党 税 制 改 正 大 綱 等 を 踏 まえ 以 下 の 見 直 しを 行 う 自 動 車 税 軽 自 動 車 税 消 費 税 10% 時 点 までにグリーン 化 特 例 の 現 行 平 成 28 年 度 税 制 改 正 ( 租 税 特 別 措 置 ) 要 望 事 項 ( 新 設 拡 充 延 長 ) 制 度 名 車 体 課 税 の 抜 本 的 見 直 し ( 経 済 産 業 省 製 造 産 業 局 自 動 車 課 ) 税 目 自 動 車 重 量 税 ( 自 動 車 重 量 税 法 全 文 自 動 車 重 量 税 法 施 行 令 全 文 自 動 車 重 量 税 法 施 行 規 則

More information

目 次 はじめに 1 第 1 これまでの 行 政 改 革 における 課 題 1 第 5 次 行 政 改 革 大 綱 の 取 組 成 果 と 課 題 2 第 2 行 政 改 革 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 6 次 行 政 改 革 大 綱 の 理 念 6 2 改 革 の 基 本 方 針 6

目 次 はじめに 1 第 1 これまでの 行 政 改 革 における 課 題 1 第 5 次 行 政 改 革 大 綱 の 取 組 成 果 と 課 題 2 第 2 行 政 改 革 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 6 次 行 政 改 革 大 綱 の 理 念 6 2 改 革 の 基 本 方 針 6 第 6 次 伊 万 市 政 改 綱 ( 平 成 28 年 度 ~ 平 成 32 年 度 ) 平 成 28 年 4 月 伊 万 里 市 目 次 はじめに 1 第 1 これまでの 行 政 改 革 における 課 題 1 第 5 次 行 政 改 革 大 綱 の 取 組 成 果 と 課 題 2 第 2 行 政 改 革 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 6 次 行 政 改 革 大 綱 の 理 念 6 2

More information

平成23年度税制改正について

平成23年度税制改正について 日 医 発 第 896 号 ( 年 税 48) 平 成 2 2 年 1 2 月 2 2 日 都 道 府 県 医 師 会 長 殿 日 本 医 師 会 長 原 中 勝 征 平 成 23 年 度 税 制 改 正 について 去 る12 月 16 日 平 成 23 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 されまし た の で 平 成 23 年 度 税 制 改 正 についてご 報 告 申 し 上 げます

More information

商工連会報5月号-PDF納品用データ.indd

商工連会報5月号-PDF納品用データ.indd 65 0 甲 荘 先 ち 副 生 捐 拠 織 面 確 ペ 05000 井 知 ₁ 0 0 円 聞 ガ 被 謹 見 舞 申 被 皆 刻 早 復 旧 復 祈 申 ば 並 ₁₀ 審 写 真 右 捐 願 南 Leer ~ 頁 副 閉 副 副 ミ ウ 祭 推 頁 異 Leer 5~6 頁 婚 iny 芦 養 父 増 告 南 各 状 況 各 GO ェ 冒 頭 南 捐 限 ご 願 要 局 補 助 括 付 引 要

More information

みずほ 総 合 研 究 所 コンサルティング 部 主 任 コンサルタント 谷 尾 久 幸 上 席 主 任 コンサルタント 佐 野 暢 彦 当 リポートは 情 報 提 供 のみを

みずほ 総 合 研 究 所 コンサルティング 部 主 任 コンサルタント 谷 尾 久 幸 上 席 主 任 コンサルタント 佐 野 暢 彦 当 リポートは 情 報 提 供 のみを はどのような 管 理 を 行 っているか ~ が 保 有 する 権 限 機 能 調 査 結 果 報 告 ~ 2013 年 5 月 27 日 発 行 みずほ 総 合 研 究 所 コンサルティング 部 主 任 コンサルタント 谷 尾 久 幸 hisayuki.tanio@mizuho-ri.co.jp 上 席 主 任 コンサルタント 佐 野 暢 彦 nobuhiko.sano@mizuho-ri.co.jp

More information

再 生 可 能 エネルギー 等 導 入 推 進 基 金 事 業 計 画 書 ( 各 年 度 計 画 書 ) ( 事 業 計 画 の 概 要 ) 計 画 の 名 称 京 都 府 地 球 温 暖 化 対 策 等 推 進 基 金 計 画 の 期 間 交 付 対 象 京 都 府 府 内 市 町 村 民 間

再 生 可 能 エネルギー 等 導 入 推 進 基 金 事 業 計 画 書 ( 各 年 度 計 画 書 ) ( 事 業 計 画 の 概 要 ) 計 画 の 名 称 京 都 府 地 球 温 暖 化 対 策 等 推 進 基 金 計 画 の 期 間 交 付 対 象 京 都 府 府 内 市 町 村 民 間 様 式 第 2 号 ( 第 5の6(1)2 関 係 ) 再 生 可 能 エネルギー 等 導 入 推 進 基 金 事 業 計 画 書 ( 各 年 度 計 画 書 ) ( 事 業 計 画 書 作 成 担 当 者 ) 都 道 府 県 等 の 名 称 所 在 地 事 業 計 画 作 成 担 当 者 京 都 府 京 都 市 上 京 区 下 立 売 通 新 町 西 入 薮 ノ 内 町 氏 名 所 属 部 局 役

More information

<4D F736F F D208CCB93638E7397CE82CC8AEE967B8C7689E FC92F994C5816A5F8A C5>

<4D F736F F D208CCB93638E7397CE82CC8AEE967B8C7689E FC92F994C5816A5F8A C5> 0 序 章 計 画 基 本 的 事 項 1. 計 画 目 的 基 本 計 画 は 都 地 法 第 4 条 に 町 村 地 適 正 な 保 全 及 び 化 推 進 に 関 する 基 本 計 画 として 規 定 されており とオープンスペースに 関 する 総 合 的 な 計 画 です 戸 田 では 地 もつ 様 々な 機 能 を 踏 まえつつ 確 保 整 備 や 化 民 間 参 加 協 力 等 促 進

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6> 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 について 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 都 市 計 画 課 都 市 計 画 法 改 正 のポイント 2 拡 散 型 から 集 約 型 へ 都 市 に 必 要 な 施 設 を 街 なか に 誘 導 拡 散 型 の 都 市 では 暮 らしにくく 非 効 率 自 動 車 に 過 度 に 依 存 交 通 エネルギー 消 費 量 が 多 い 既 存 ストックが

More information

国土技術政策総合研究所 研究資料

国土技術政策総合研究所 研究資料 第 1 節 目 的 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 1 目 的 本 ガイドラインは 下 水 道 事 業 における 大 幅 なコスト 縮 減 や 省 エネルギー 創 エネルギー 効 果 の 増 大 に 寄 与 するため 下 水 道 革 新 的 技 術 実 証 事 業 (B-DASH プロジェクト)の 革 新 的 技 術 の1つである 下 水 道 バイオマスからの 電 力 創 造 システムに 関

More information

1

1 秋 田 県 家 畜 改 良 増 殖 計 画 平 成 28 年 3 月 1 Ⅰ 乳 用 牛 1 改 良 目 標 酪 農 経 営 の 安 定 化 と 生 乳 の 安 定 供 給 を 図 るため 優 良 な 種 雄 牛 を 選 抜 するための 後 代 検 定 と 雌 牛 の 能 力 測 定 を 行 う 牛 群 検 定 を 柱 とし 遺 伝 的 多 様 性 を 確 保 するとともに 能 力 体 型 の 両

More information

目 次 1. 太 陽 光 発 電 の 将 来 コスト 低 減 のシナリオについて 2. 技 術 改 良 型 シナリオのコスト 低 減 の 見 通 し 太 陽 光 発 電 のコスト 低 減 の3つの 可 能 性 (1) 発 電 システムの 単 価 の 低 下 (2) 発 電 モジュールの 耐 久 性

目 次 1. 太 陽 光 発 電 の 将 来 コスト 低 減 のシナリオについて 2. 技 術 改 良 型 シナリオのコスト 低 減 の 見 通 し 太 陽 光 発 電 のコスト 低 減 の3つの 可 能 性 (1) 発 電 システムの 単 価 の 低 下 (2) 発 電 モジュールの 耐 久 性 資 料 3-1 太 陽 光 発 電 の 将 来 コストの 見 通 しについて 目 次 1. 太 陽 光 発 電 の 将 来 コスト 低 減 のシナリオについて 2. 技 術 改 良 型 シナリオのコスト 低 減 の 見 通 し 太 陽 光 発 電 のコスト 低 減 の3つの 可 能 性 (1) 発 電 システムの 単 価 の 低 下 (2) 発 電 モジュールの 耐 久 性 の 向 上 (3) 維

More information

3 今 後 の 活 動 ( 実 現 に 向 けた 調 査 研 究 ) 区 部 周 辺 部 における 環 状 公 共 交 通 の 整 備 について エイトライナー 促 進 協 議 会 及 び 東 京 都 メトロセブン 促 進 協 議 会 で 構 成 する 都 区 連 絡 会 におい て 次 期 交 通

3 今 後 の 活 動 ( 実 現 に 向 けた 調 査 研 究 ) 区 部 周 辺 部 における 環 状 公 共 交 通 の 整 備 について エイトライナー 促 進 協 議 会 及 び 東 京 都 メトロセブン 促 進 協 議 会 で 構 成 する 都 区 連 絡 会 におい て 次 期 交 通 都 市 建 設 委 員 会 資 料 平 成 26 年 9 月 30 日 都 市 整 備 部 都 市 計 画 課 エイトライナー 促 進 協 議 会 の 実 施 結 果 について 1 これまでの 協 議 会 の 活 動 平 成 6 年 度 エイトライナー 促 進 協 議 会 設 立 平 成 10~16 年 度 エイトライナー メトロセブン 合 同 促 進 大 会 を 実 施 平 成 11 年 度 運

More information

2 ご 議 論 いただきたい 事 項 今 後 の 設 備 形 成 の 考 え 方 について ご 報 告 事 項 技 術 調 査 の 取 り 組 み 状 況 について

2 ご 議 論 いただきたい 事 項 今 後 の 設 備 形 成 の 考 え 方 について ご 報 告 事 項 技 術 調 査 の 取 り 組 み 状 況 について 第 9 回 広 域 系 統 整 備 委 員 会 資 料 2 1 広 域 系 統 長 期 方 針 の 策 定 について 2016 年 1 月 29 日 広 域 系 統 整 備 委 員 会 事 務 局 2 ご 議 論 いただきたい 事 項 今 後 の 設 備 形 成 の 考 え 方 について ご 報 告 事 項 技 術 調 査 の 取 り 組 み 状 況 について 長 期 方 針 の 策 定 の 方 向

More information

平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 を 策 定 しまし た この 方

平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 を 策 定 しまし た この 方 夢 まちづくりはひとづくりから 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 改 訂 版 平 成 16 年 12 月 策 定 平 成 25 年 10 月 改 訂 平 塚 市 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚

More information

火山活動ペーパー1colar.indd

火山活動ペーパー1colar.indd 大 涌 谷 周 辺 の 火 山 活 動 について 2015 年 5 月 20 日 2015 年 5 月 3 日 7 時 8 分 9 番 ホールにて 5 月 20 日 現 在 大 涌 谷 火 口 周 辺 の 入 山 規 制 (レ ベル2)が 続 いています 箱 根 山 の 火 山 活 動 に ついてご 理 解 を 得 ておくことも 大 切 かと 考 え このペーパーを 用 意 しました 大 涌 谷 周

More information

構造設備、機器及び衛生管理

構造設備、機器及び衛生管理 構 造 設 備 機 器 及 び 衛 生 管 理 構 造 設 備 4.1 原 則 構 造 設 備 は 次 のように 設 置 し 設 計 し 建 設 し 利 用 す a) 製 品 の 保 護 を 確 保 する b) 効 率 的 に 清 掃 衛 生 管 理 及 び 保 守 が 行 えるよ うにする c) 製 品 原 料 及 び 包 装 材 料 の 混 同 のリスクを 最 小 限 にする 区 域 の 種 類

More information

untitled

untitled ICT ICT 1 ICT 2 ICT 3 ICT 4 ICT 5 ICT 6 ICT 7 ICT 8 ICT 9 ICT 10 ICT 11 ICT 12 ICT 13 ICT 14 ICT 15 ICT 16 ICT 17 ICT 18 ICT 19 ICT 20 ICT 21 ICT 22 ICT 23 ICT 24 ICT 25 ICT 26 ICT 27 ICT 28 ICT 29 ICT

More information

添 付 資 料 平 成 28 年 度 経 営 の 基 本 計 画 平 成 28 年 3 月 日 本 原 子 力 発 電 株 式 会 社

添 付 資 料 平 成 28 年 度 経 営 の 基 本 計 画 平 成 28 年 3 月 日 本 原 子 力 発 電 株 式 会 社 平 成 28 年 3 月 17 日 日 本 原 子 力 発 電 株 式 会 社 平 成 28 年 度 経 営 の 基 本 計 画 について 当 社 の 平 成 28 年 度 経 営 の 基 本 計 画 についてお 知 らせいたします 添 付 資 料 : 平 成 28 年 度 経 営 の 基 本 計 画 以 上 添 付 資 料 平 成 28 年 度 経 営 の 基 本 計 画 平 成 28 年 3 月

More information

Panasonic IR Day 2012 エナジー社 事業戦略

Panasonic IR Day 2012 エナジー社 事業戦略 Panasonic IR Day 2012 エナジー 社 事 業 戦 略 2012 年 5 月 23 日 パナソニック 株 式 会 社 エナジー 社 社 長 伊 藤 正 人 目 次 2 1.ドメイン 概 要 2. 事 業 方 針 成 長 戦 略 3.まとめ 1 目 次 3 1.ドメイン 概 要 2. 事 業 方 針 成 長 戦 略 3.まとめ エナジー 社 概 要 4 名 称 責 任 者 設 立 事

More information

外 部 委 託 業 務 の 削 減 を 含 む 経 費 の 削 減 及 び 安 全 性 信 頼 性 の 強 化 を 行 い 更 なる 最 適 化 の 推 進 を 図 るため 政 府 全 体 で 利 用 可 能 な 府 省 共 通 システムの 基 盤 ( 以 下 共 同 利 用 システム 基 盤 とい

外 部 委 託 業 務 の 削 減 を 含 む 経 費 の 削 減 及 び 安 全 性 信 頼 性 の 強 化 を 行 い 更 なる 最 適 化 の 推 進 を 図 るため 政 府 全 体 で 利 用 可 能 な 府 省 共 通 システムの 基 盤 ( 以 下 共 同 利 用 システム 基 盤 とい 共 同 利 用 システム 基 盤 の 業 務 システム 最 適 化 計 画 2008 年 ( 平 成 20 年 )2 月 13 日 2009 年 ( 平 成 21 年 )8 月 28 日 改 定 2011 年 ( 平 成 23 年 )9 月 14 日 改 定 2012 年 ( 平 成 24 年 )9 月 7 日 改 定 各 府 省 情 報 化 統 括 責 任 者 (CIO) 連 絡 会 議 決 定

More information

< F2D E31322E313889FC90B3817A926E88E68CF68BA4>

< F2D E31322E313889FC90B3817A926E88E68CF68BA4> 改 正 国 自 旅 第 161 号 平 成 18 年 9 月 15 日 平 成 21 年 12 月 18 日 各 地 方 運 輸 局 長 沖 縄 総 合 事 務 局 長 殿 殿 自 動 車 交 通 局 長 地 域 公 共 交 通 会 議 に 関 する 国 土 交 通 省 としての 考 え 方 について 今 般 の 道 路 運 送 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 18 年 法

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817996D891BA8E518E968AAF95E28DB2817A81798376838D83578346834E835E815B97708E9197BF817A323031363033313696BC8CC389AE91E58A778264826C8CA48B8681458C9F93A289EF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817996D891BA8E518E968AAF95E28DB2817A81798376838D83578346834E835E815B97708E9197BF817A323031363033313696BC8CC389AE91E58A778264826C8CA48B8681458C9F93A289EF2E70707478> 名 古 屋 大 学 エネルギーマネジメント 研 究 検 討 会 平 成 27 年 度 エネルギーに 関 する 文 理 融 合 研 究 合 同 成 果 報 告 会 第 11 回 名 大 発 - 省 エネ 推 進 と 地 球 温 暖 化 防 止 省 エネ 法 等 に 係 る 最 近 の 動 向 平 成 28 年 3 月 16 日 文 部 科 学 省 大 臣 官 房 文 教 施 設 企 画 部 参 事 官

More information

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当 四 日 市 港 ポートビル 自 家 用 電 気 工 作 物 保 安 管 理 業 務 仕 様 書 1 目 的 本 仕 様 書 は 委 託 者 ( 以 下 甲 という )が 設 置 した 自 家 用 電 気 工 作 物 の 保 安 管 理 業 務 に 係 わる 委 託 契 約 の 内 容 について 当 該 業 務 のみを 内 容 とし 統 一 的 な 解 釈 及 び 運 用 を 図 るととも に その

More information

目 次 1 章 マニュアルの 概 要 背 景 目 的 位 置 づけ 想 定 読 者 活 用 範 囲 章 用 語 定 義 章 本 マニュアルの 使 い 方 政 府 調

目 次 1 章 マニュアルの 概 要 背 景 目 的 位 置 づけ 想 定 読 者 活 用 範 囲 章 用 語 定 義 章 本 マニュアルの 使 い 方 政 府 調 情報システムに係る政府調達における セキュリティ要件策定マニュアル 2015 年 5 月 21 日 内閣サイバーセキュリティセンター 目 次 1 章 マニュアルの 概 要... 4 1.1 背 景... 4 1.2 目 的... 4 1.3 位 置 づけ... 5 1.4 想 定 読 者... 5 1.5 活 用 範 囲... 5 2 章 用 語 定 義... 6 3 章 本 マニュアルの 使 い

More information

1 会 社 の 現 況 に 関 する 事 項 (1) 事 業 の 経 過 および 成 果 平 成 22 年 度 のわが 国 の 経 済 状 況 は 景 気 は 穏 やかな 回 復 傾 向 でしたが 円 高 株 価 の 変 動 や 雇 用 情 勢 の 悪 化 等 の 懸 念 材 料 この 度 の 東

1 会 社 の 現 況 に 関 する 事 項 (1) 事 業 の 経 過 および 成 果 平 成 22 年 度 のわが 国 の 経 済 状 況 は 景 気 は 穏 やかな 回 復 傾 向 でしたが 円 高 株 価 の 変 動 や 雇 用 情 勢 の 悪 化 等 の 懸 念 材 料 この 度 の 東 第 31 期 事 業 報 告 ( 案 ) 自 平 成 22 年 4 月 1 日 至 平 成 23 年 3 月 31 日 1 会 社 の 現 況 に 関 する 事 項 (1) 事 業 の 経 過 および 成 果 平 成 22 年 度 のわが 国 の 経 済 状 況 は 景 気 は 穏 やかな 回 復 傾 向 でしたが 円 高 株 価 の 変 動 や 雇 用 情 勢 の 悪 化 等 の 懸 念 材 料

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208253814091E68E6C9594814093FC8E4481458C5F96F182CC8EE888F882AB2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208253814091E68E6C9594814093FC8E4481458C5F96F182CC8EE888F882AB2E646F63> 第 四 部 入 札 契 約 手 続 きについて 1 契 約 方 法 ( 調 達 先 選 定 方 法 ) 決 定 の 概 略 フロー 検 討 開 始 判 断 1 政 府 調 達 に 関 する 協 定 の 対 象 か? 判 断 2 特 例 政 令 の 随 意 契 約 事 由 に 該 当 するか? 判 断 3 地 方 自 治 法 施 行 令 の 随 意 契 約 事 由 に 該 当 するか? ( 少 額 随

More information

(2) 築 地 市 場 の 再 整 備 計 画 ~ 移 転 後 築 地 再 整 備 計 画 以 上 の 点 を 踏 まえた 実 際 に 挙 げられている 再 整 備 計 画 を 図 5-63 に 示 す 築 地 市 場 再 整 備 計 画 は 大 きく 3 つに 分 けられる 以 後 それぞれの 再

(2) 築 地 市 場 の 再 整 備 計 画 ~ 移 転 後 築 地 再 整 備 計 画 以 上 の 点 を 踏 まえた 実 際 に 挙 げられている 再 整 備 計 画 を 図 5-63 に 示 す 築 地 市 場 再 整 備 計 画 は 大 きく 3 つに 分 けられる 以 後 それぞれの 再 5.6 築 地 市 場 を 中 心 としたエネルギー 供 給 システムの 提 案 5.6.1 築 地 市 場 をめぐる 動 向 (1) 現 状 の 築 地 市 場 の 問 題 点 東 京 都 築 地 市 場 の 現 状 の 問 題 点 としては 1 施 設 の 老 朽 化 ( 開 設 以 来 60 年 ) 2 市 場 内 の 交 通 の 混 雑 があげられる これらの 問 題 は 再 整 備 により

More information

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気 別 添 2 て 電 気 事 業 法 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 の 設 立 の 認 可 の 基 準 につい 電 気 事 業 法 ( 昭 和 39 年 法 律 第 170 号 ) 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 推 進 機 関 という )の 設 立 の 認 可 に 係 る 審 査 基 準 については

More information

原子力規制委員会 殿

原子力規制委員会 殿 - 新 安 全 基 準 骨 子 ( 案 )に 対 する 規 制 委 員 会 殿 への 確 認 - 平 成 25 年 1 月 29 日 日 本 保 全 学 会 安 全 規 制 関 連 検 討 会 - 新 安 全 基 準 骨 子 ( 案 )に 対 する 規 制 委 員 会 殿 への 確 認 - 目 次 < 本 文 > 1. 趣 旨 1 2. 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 事 故 の 教 訓

More information

3 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 方 針 及 び 推 進 体 制 (1) 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 方 針 [ 基 本 理 念 ] 人 類 が 自 然 と 調 和 し 未 来 にわたり 持 続 可 能 な 発 展 を 実 現 するため NTTグルー

3 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 方 針 及 び 推 進 体 制 (1) 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 方 針 [ 基 本 理 念 ] 人 類 が 自 然 と 調 和 し 未 来 にわたり 持 続 可 能 な 発 展 を 実 現 するため NTTグルー 地 球 温 暖 化 対 策 実 施 状 況 書 1 地 球 温 暖 化 対 策 事 業 者 の 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 事 業 者 ( 届 出 者 ) の 名 称 地 球 温 暖 化 対 策 事 業 者 ( 届 出 者 ) の 住 所 西 日 本 電 信 電 話 株 式 会 社 名 古 屋 支 店 名 古 屋 市 中 区 大 須 四 丁 目 9 番 60 号 工 場 等 の 名 称 NTT

More information

1-1. 電 力 システム 革 の 全 体 像 1 電 力 システム 革 は 1 広 域 的 な 送 電 線 運 用 の 拡 大 2 小 売 の 全 面 自 由 化 3 法 的 分 離 による 送 配 電 部 門 の 中 立 性 の 一 層 の 確 保 の3つを 大 きな 柱 としています 3つの

1-1. 電 力 システム 革 の 全 体 像 1 電 力 システム 革 は 1 広 域 的 な 送 電 線 運 用 の 拡 大 2 小 売 の 全 面 自 由 化 3 法 的 分 離 による 送 配 電 部 門 の 中 立 性 の 一 層 の 確 保 の3つを 大 きな 柱 としています 3つの 電 力 システム 革 について - 電 力 の 小 売 全 面 自 由 化 は 電 力 システム 革 の 一 部 と して 位 置 づけられています ここでは 自 由 化 の 背 景 としての 電 力 システム 革 について 概 要 をご 説 明 します 2015 年 11 月 経 済 産 業 省 資 源 エネルギー 庁 1-1. 電 力 システム 革 の 全 体 像 1 電 力 システム 革 は

More information

次 素 エネルギーフロンティア 国 家 戦 略 特 区 による 新 たな 成 戦 略 への 提 案 第 1 部 総 論 1. 背 景 課 題 2 2.プロジェクトの 基 本 向 3 3. 実 施 主 体 法 4 4. 規 制 制 度 改 要 望 4 5. 期 待 成 果 5 6.KPI 想 定 項

次 素 エネルギーフロンティア 国 家 戦 略 特 区 による 新 たな 成 戦 略 への 提 案 第 1 部 総 論 1. 背 景 課 題 2 2.プロジェクトの 基 本 向 3 3. 実 施 主 体 法 4 4. 規 制 制 度 改 要 望 4 5. 期 待 成 果 5 6.KPI 想 定 項 素 エネルギーフロンティア 国 家 戦 略 特 区 による 新 たな 成 戦 略 への 提 案 地 球 環 境 への 貢 献 と 新 たな 産 業 の 創 出 に 向 けて 平 成 25 年 9 10 千 代 化 建 設 株 式 会 社 川 崎 市 次 素 エネルギーフロンティア 国 家 戦 略 特 区 による 新 たな 成 戦 略 への 提 案 第 1 部 総 論 1. 背 景 課 題 2 2.プロジェクトの

More information

(6) 明 渡 し 請 求 から 組 合 解 散 までの 手 続 きに 関 わる 書 式 等 書 式 6-1 施 行 マンション 等 の 明 渡 し 通 知 F... 資 38 書 式 6-2 マンション 建 替 組 合 解 散 認 可 申 請 書 F... 資 39 書 式 6-3 決 算 報 告

(6) 明 渡 し 請 求 から 組 合 解 散 までの 手 続 きに 関 わる 書 式 等 書 式 6-1 施 行 マンション 等 の 明 渡 し 通 知 F... 資 38 書 式 6-2 マンション 建 替 組 合 解 散 認 可 申 請 書 F... 資 39 書 式 6-3 決 算 報 告 資 料 1 建 替 え 関 連 書 式 1. 参 考 様 式 (1) 建 替 え 決 議 の 手 続 きに 関 わる 書 式 書 式 1-1 建 替 え 決 議 集 会 招 集 通 知 書 ( 説 明 会 開 催 通 知 書 と 併 せた 場 合 ) A... 資 1~3 書 式 1-2 議 決 権 行 使 書 ( 建 替 え 決 議 ) A... 資 4 書 式 1-3 議 決 権 行 使 者 選

More information

様 式 1-1) 計 画 書 目 次 [ 消 防 局 ] 14 款 1 項 3 目 単 位 : 千 円 ) 計 画 書 頁 名 27 年 度 26 年 度 増 減 27-26) 総 額 一 財 + 市 債 総 額 一 財 + 市 債 総 額 一 財 + 市 債 戦 略 基 本 政 策 新 規 拡 充

様 式 1-1) 計 画 書 目 次 [ 消 防 局 ] 14 款 1 項 3 目 単 位 : 千 円 ) 計 画 書 頁 名 27 年 度 26 年 度 増 減 27-26) 総 額 一 財 + 市 債 総 額 一 財 + 市 債 総 額 一 財 + 市 債 戦 略 基 本 政 策 新 規 拡 充 様 式 1-1) 計 画 書 目 次 [ 消 防 局 ] 14 款 1 項 1 目 単 位 : 千 円 ) 計 画 書 頁 名 27 年 度 26 年 度 増 減 27-26) 総 額 一 財 + 市 債 総 額 一 財 + 市 債 総 額 一 財 + 市 債 戦 略 基 本 政 策 新 規 拡 充 1 情 報 管 理 等 務 企 画 費 22,998 22,278 449,18 448,298 246,2

More information

<4D F736F F F696E74202D20312E936EE7B C91CE8DF489DB92B F4E45444F835A E B93C782DD8EE682E890EA97705D205B8CDD8AB B83685D>

<4D F736F F F696E74202D20312E936EE7B C91CE8DF489DB92B F4E45444F835A E B93C782DD8EE682E890EA97705D205B8CDD8AB B83685D> 新 エネルギー 政 策 について 渡 邊 昇 治 家 中 川 小 水 力 市 民 発 電 所 (20kW) 目 次 日 本 の 再 生 可 能 エネルギーの 現 状 再 生 可 能 エネルギーに 関 する 政 策 地 域 への 支 援 研 究 開 発 導 入 拡 大 エネルギーマネージメント ジメント 蓄 電 池 について エネルギー 基 本 計 画 新 成 長 戦 略 2 日 本 の 再 生 可

More information

12行財.xbd

12行財.xbd 行 政 業 務 情 報 化 財 務 会 計 システム ハードウェアソフトウェアリプレー 001 平 成 26 年 10 月 03 日 スに 伴 う 対 応 作 業 委 託 随 意 契 約 一 覧 表 契 約 金 額 ( 税 込 ) 契 約 日 件 名 担 当 所 属 名 契 約 の 相 手 方 の 名 称 根 拠 法 令 ( 単 位 : 円 ) 49,394,826 002 平 成 26 年 11

More information

それゆえ リーニエンシー 制 度 の 対 象 となる 違 反 行 為 は 事 業 者 の 共 同 行 為 であるカルテル 談 合 に 限 られており 私 的 独 占 不 公 正 な 取 引 方 法 等 は 対 象 外 とされている 3. 課 徴 金 減 免 制 度 を 導 入 する 効 果 リーニエ

それゆえ リーニエンシー 制 度 の 対 象 となる 違 反 行 為 は 事 業 者 の 共 同 行 為 であるカルテル 談 合 に 限 られており 私 的 独 占 不 公 正 な 取 引 方 法 等 は 対 象 外 とされている 3. 課 徴 金 減 免 制 度 を 導 入 する 効 果 リーニエ 摘 発 相 次 ぐ 大 型 談 合 カルテル 事 件 課 徴 金 減 免 制 度 の 効 果 と 課 題 鈴 木 満 * 1.はじめに 公 正 取 引 委 員 会 が2012 年 ₆ 月 に 公 表 した 資 料 によると 同 委 員 会 がカルテルや 談 合 をした 企 業 に 納 付 を 命 じた 課 徴 金 の 総 額 は 2006 年 度 が92.7 億 円 2007 年 度 が112.9

More information

目 次 ( 地 方 共 済 事 務 局 ) Ⅰ 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 の 基 本 的 な 方 針 1 基 本 的 な 方 針 2 2 運 用 の 目 標 2 3 年 金 資 産 運 用 検 討 委 員 会 の 活 用 3 4 資 金 運 用

目 次 ( 地 方 共 済 事 務 局 ) Ⅰ 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 の 基 本 的 な 方 針 1 基 本 的 な 方 針 2 2 運 用 の 目 標 2 3 年 金 資 産 運 用 検 討 委 員 会 の 活 用 3 4 資 金 運 用 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 係 る 基 本 的 な 方 針 地 方 職 員 共 済 組 合 ( 平 成 27 年 10 月 1 日 制 定 ) 目 次 ( 地 方 共 済 事 務 局 ) Ⅰ 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 の 基 本 的 な 方 針 1 基 本 的 な 方 針 2 2 運 用 の

More information

Microsoft Word - セット版●報告書要約2月28日「タイにおける省エネルギー技術として有効な屋根用省エネ塗料の技術協力事業」実証事業20130228 (2)

Microsoft Word - セット版●報告書要約2月28日「タイにおける省エネルギー技術として有効な屋根用省エネ塗料の技術協力事業」実証事業20130228 (2) 平 成 24 年 度 経 済 産 業 省 委 託 事 業 平 成 24 年 度 貿 易 投 資 円 滑 化 支 援 事 業 ( 実 証 事 業 一 般 案 件 ) タイにおける 省 エネルギー 技 術 として 有 効 な 屋 根 用 省 エネ 塗 料 の 技 術 協 力 事 業 実 証 事 業 報 告 書 ( 要 約 版 ) 平 成 25 年 2 月 社 団 法 人 日 本 塗 料 工 業 会 禁

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20874881798DC58F4994C5817A819A817948508C668DDA94C5817A92868C76CCDFDABEDEDD8E518D6C8E9197BF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20874881798DC58F4994C5817A819A817948508C668DDA94C5817A92868C76CCDFDABEDEDD8E518D6C8E9197BF2E70707478> 第 5 次 中 期 経 営 計 画 2014 年 4 月 ~ 2017 年 3 月 1. 第 4 次 中 期 経 営 計 画 の 振 り 返 りと 第 5 次 中 期 経 営 計 画 において 日 比 谷 グループの 目 指 す 姿 方 基 針 本 振 り 返 り 方 基 針 本 振 り 返 り 第 4 次 中 期 経 営 計 画 振 り 返 り 収 益 性 を 維 持 しつつ 受 注 量 拡 大

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 19 年 4 月 昭 島 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想 定

More information

業界トップのCOP4

業界トップのCOP4 空 冷 ヒ ー ト ポ ン プ 式 熱 源 機 ユ ニ バ ー サ ル ス マ ー ト エックス X の 開 発 販 売 に つ い て ~ C O P 6. 3 0 と い う 高 効 率 を 達 成 す る と と も に お 客 さ ま の 様 々 な ニ ー ズ に ス マ ー ト に フ ィ ッ ト ~ 平 成 22 年 7 月 14 日 東 芝 キヤリア 株 式 会 社 東 京 電 力

More information

「グリーン東京」 ICT技術を用いた環境情報のネットワーク化

「グリーン東京」 ICT技術を用いた環境情報のネットワーク化 スマート シティーへの データセンターの 貢 献 東 京 大 学 大 学 院 情 報 理 工 学 系 研 究 科 教 授 東 大 グリーンICTプロジェクト 代 表 日 本 データセンター 協 会 理 事 / 運 営 委 員 長 江 崎 浩 (Hiroshi ESAKI) 1 背 景 : セキュリティー 新 活 動 -- 設 備 セキュリティー SWG -- 実 態 実 状 を 知 らない 人 が

More information

<4D F736F F D E9197BF D7390AD89FC8A7691E58D6A A E C982C282A282C E63389F190568D7390AD89FC8A7691E58D6A8DF492E890528B6389EF816A C8E313493FA8F4390B

<4D F736F F D E9197BF D7390AD89FC8A7691E58D6A A E C982C282A282C E63389F190568D7390AD89FC8A7691E58D6A8DF492E890528B6389EF816A C8E313493FA8F4390B 資 料 1 第 3 回 枚 方 市 新 行 政 改 革 大 綱 策 定 審 議 会 資 料 枚 方 市 新 行 政 改 革 大 綱 ( 素 案 )に 係 る パブリックコメントの 実 施 結 果 について 枚 方 市 新 行 政 改 革 大 綱 ( 素 案 ) に 係 るパブリックコメントについて 市 民 の 皆 さまからご 意 見 をいた だき ありがとうございました お 寄 せいただきましたご

More information

はじめに 21 世 紀 の 文 京 区 の 新 しいま ち づ く り の 核 と な り 区 民 が 誇 り と 愛 着 を 持 つことができる 文 京 区 のシンボルとして 建 設 さ れ た シ ビ ッ ク セ ン タ ー は 区 民 サービス 活 動 の 一 大 拠 点 と し て ま た

はじめに 21 世 紀 の 文 京 区 の 新 しいま ち づ く り の 核 と な り 区 民 が 誇 り と 愛 着 を 持 つことができる 文 京 区 のシンボルとして 建 設 さ れ た シ ビ ッ ク セ ン タ ー は 区 民 サービス 活 動 の 一 大 拠 点 と し て ま た 文 京 シビックセンター 改 修 方 針 平 成 26 年 3 月 はじめに 21 世 紀 の 文 京 区 の 新 しいま ち づ く り の 核 と な り 区 民 が 誇 り と 愛 着 を 持 つことができる 文 京 区 のシンボルとして 建 設 さ れ た シ ビ ッ ク セ ン タ ー は 区 民 サービス 活 動 の 一 大 拠 点 と し て ま た 災 害 時 に お け る 防 災

More information

( 第 二 面 ) 第 一 種 特 定 建 築 主 等 又 は 第 二 種 特 定 建 築 主 の 概 要 1. 第 一 種 特 定 建 築 主 等 又 は 第 二 種 特 定 建 築 主 イ. 氏 名 のフリガナ ロ. 氏 名 ハ. 郵 便 番 号 ニ. 住 所 ホ. 電 話 番 号 2. 代 理

( 第 二 面 ) 第 一 種 特 定 建 築 主 等 又 は 第 二 種 特 定 建 築 主 の 概 要 1. 第 一 種 特 定 建 築 主 等 又 は 第 二 種 特 定 建 築 主 イ. 氏 名 のフリガナ ロ. 氏 名 ハ. 郵 便 番 号 ニ. 住 所 ホ. 電 話 番 号 2. 代 理 第 一 号 様 式 ( 第 一 条 又 は 第 二 条 関 係 )(A4) 届 出 書 ( 第 一 面 ) エネルギーの 使 用 の 合 理 化 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 75 条 第 1 項 前 段 又 は 法 第 75 条 の2 第 1 項 前 段 の 規 定 による 届 出 をします この 届 出 書 に 記 載 の 事 項 は 事 実 に 相 違 ありません

More information

目 次 1. 背 景 目 的 1 2. 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 概 要 1 (1) 番 号 制 度 の 導 入 趣 旨 1 (2) 個 人 番 号 の 利 用 範 囲 2 (3) 番 号 制 度 の 導 入 スケジュール 3 3. 行 動 計 画 の 策 定 にあたっての 視 点 4

目 次 1. 背 景 目 的 1 2. 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 概 要 1 (1) 番 号 制 度 の 導 入 趣 旨 1 (2) 個 人 番 号 の 利 用 範 囲 2 (3) 番 号 制 度 の 導 入 スケジュール 3 3. 行 動 計 画 の 策 定 にあたっての 視 点 4 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 円 滑 な 導 入 及 び 活 用 に 向 けた 行 動 計 画 八 王 子 市 平 成 26 年 4 月 目 次 1. 背 景 目 的 1 2. 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 概 要 1 (1) 番 号 制 度 の 導 入 趣 旨 1 (2) 個 人 番 号 の 利 用 範 囲 2 (3) 番 号 制 度 の 導 入 スケジュール 3 3. 行 動

More information

「太陽を通して私達の暮らしを考える」

「太陽を通して私達の暮らしを考える」 2011 年 8 月 26 日 次 世 代 エネルギー 社 会 の 構 築 のために NPO 法 人 太 陽 光 発 電 所 ネットワーク 事 務 局 長 都 筑 建 PV-Netとは? NPO 法 人 太 陽 光 発 電 所 ネットワーク 2003 年 設 立 現 会 員 数 :2467 人 ( 世 界 一 の 規 模 ) 個 人 住 宅 用 PV 設 置 者 が 会 員 自 治 体 企 業 等

More information

個人住民税特別徴収適正実施推進プラン.xdw

個人住民税特別徴収適正実施推進プラン.xdw 個 人 住 民 税 特 別 徴 収 適 正 実 施 推 進 プラン 平 成 24 年 11 月 ( 大 分 県 内 全 市 町 村 大 分 県 ) [ 目 次 ] はじめに 1 個 人 住 民 税 特 別 徴 収 について (1) 特 別 徴 収 制 度 (2) 大 分 県 内 の 現 状 1 給 与 所 得 者 のうち 特 別 徴 収 されている 者 の 割 合 2 給 与 支 払 報 告 者 のうち

More information

Microsoft Word - HR News Letter 2011.04

Microsoft Word - HR News Letter 2011.04 HR News Letter 2011 年 4 月 号 平 澤 国 際 社 労 士 事 務 所 東 京 都 港 区 芝 大 門 1-3-5 山 田 ビル 3 階 TEL 03-5402-8491 http://www.jp-hrpayroll.com/ ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

More information

海外レースの馬券発売をめぐる課題

海外レースの馬券発売をめぐる課題 海 外 レースの 馬 券 発 売 をめぐる 課 題 競 馬 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 成 立 農 林 水 産 委 員 会 調 査 室 高 橋 陽 子 はじめに 競 馬 の 国 際 化 の 進 展 等 最 近 の 競 馬 をめぐる 情 勢 の 変 化 に 鑑 み 海 外 で 実 施 される 特 定 の 競 馬 の 競 走 について 日 本 中 央 競 馬 会 等 が 勝 馬 投 票

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC82518253944E93788E968BC68C7689E62E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC82518253944E93788E968BC68C7689E62E646F63> 平 成 24 年 度 事 業 計 画 社 団 法 人 全 国 競 輪 施 行 者 協 議 会 方 針 我 が 国 の 経 済 は 東 日 本 大 震 災 や 世 界 的 金 融 危 機 などの 影 響 を 受 け 未 だに 景 気 回 復 が 見 えない 状 況 が 続 いている 競 輪 業 界 においても 競 輪 の 認 知 度 向 上 新 た な 市 場 創 設 に 向 けた 企 画 立 案 等

More information

2 避 難 安 全 検 証 法 適 用 無 階 避 難 安 全 検 証 ( 階 ) 全 館 避 難 安 全 検 証 避 難 安 全 検 証 法 により 適 用 しない 規 定 種 類 エレベーター( 基 ) エスカレーター( 基 ) [ ( 基 )] 確 認 年 月 日 確 認 番 号 年 月 日

2 避 難 安 全 検 証 法 適 用 無 階 避 難 安 全 検 証 ( 階 ) 全 館 避 難 安 全 検 証 避 難 安 全 検 証 法 により 適 用 しない 規 定 種 類 エレベーター( 基 ) エスカレーター( 基 ) [ ( 基 )] 確 認 年 月 日 確 認 番 号 年 月 日 別 記 様 式 1-11 給 排 水 区 分 概 要 給 水 源 水 道 水 井 水 排 水 再 利 用 水 ( ) 給 水 方 式 直 結 方 式 直 結 増 圧 方 式 受 水 タンク 方 式 ( 受 水 タンク 高 置 タンク) 受 水 タンク 置 場 所 地 下 室 内 (B F) 地 上 階 室 内 ( F) 屋 外 排 水 方 法 公 共 下 水 道 合 併 処 理 浄 化 槽 ( 放

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 法 人 住 民 税 の 拡 充 強 化 等 1 2 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 現 行 制 度 の 堅 持 2 3 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 3 4 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 5 5 地

More information

Q5: 三 井 住 友 海 上 ( 単 体 )の 2011 年 度 の 評 価 損 は 主 に 子 会 社 株 式 に 係 る 減 損 によるものですか A5:その 通 りです Q6:あいおいニッセイ 同 和 損 保 における 2011 年 度 の 自 動 車 保 険 の 契 約 台 数 が 減 少

Q5: 三 井 住 友 海 上 ( 単 体 )の 2011 年 度 の 評 価 損 は 主 に 子 会 社 株 式 に 係 る 減 損 によるものですか A5:その 通 りです Q6:あいおいニッセイ 同 和 損 保 における 2011 年 度 の 自 動 車 保 険 の 契 約 台 数 が 減 少 2012 年 5 月 18 日 に 実 施 したIR 電 話 会 議 の 質 疑 応 答 ( 要 旨 )を 以 下 のとおりまとめました Q1:2012 年 度 の 火 災 保 険 の 異 常 危 険 準 備 金 の 繰 り 入 れについて 2011 年 度 に 三 井 住 友 海 上 で 1,147 億 円 取 り 崩 し あいおいニッセイ 同 和 損 保 で 410 億 円 取 り 崩 しを 行

More information

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 (1012) 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 4 月 京 葉 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第

More information

おります 技 術 士 として 益 々 活 躍 する 場 が 増 えている と 思 い ます い っしょに 頑 張 って 行 きましょう 今 後 の 群 馬 県 支 部 の 活 動 にご 期 待 戴 くと 共 に 皆 様 方 からの ご 指 導 ご 鞭 撻 の 程 宜 しくお 願 い 申 し 上 げま

おります 技 術 士 として 益 々 活 躍 する 場 が 増 えている と 思 い ます い っしょに 頑 張 って 行 きましょう 今 後 の 群 馬 県 支 部 の 活 動 にご 期 待 戴 くと 共 に 皆 様 方 からの ご 指 導 ご 鞭 撻 の 程 宜 しくお 願 い 申 し 上 げま 会 報 第 7 号 群 馬 県 支 部 発 行 日 発 行 人 平 成 28 年 1 月 1 日 公 益 社 団 法 人 日 本 技 術 士 会 群 馬 県 支 部 広 報 委 員 会 支 部 長 メッセージ 新 しい 年 を 迎 えて 会 報 第 7 号 の 発 行 にあたり 公 益 社 団 法 人 日 本 技 術 士 会 群 馬 県 支 部 支 部 長 平 成 27 年 度 は 平 成 27 年

More information

shindou.docx

shindou.docx 自 動 車 騒 音 振 動 の 現 況 対 策 (1) 自 動 車 騒 音 振 動 の 発 生 自 動 車 の 走 行 に 伴 って 発 生 する 自 動 車 騒 音 は 走 行 条 件 によって 変 化 するが 騒 音 の 発 生 源 は 図 1に 示 すように 一 般 にエンジン 騒 音 冷 却 系 騒 音 吸 気 系 騒 音 排 気 系 騒 音 駆 動 系 騒 音 タイヤ 騒 音 に 大 別

More information

<4D F736F F D DDA82E282B382B582A CD8C6E939D82CC98622D31302D8EF C690DD94F5>

<4D F736F F D DDA82E282B382B582A CD8C6E939D82CC98622D31302D8EF C690DD94F5> 連 載 記 事 やさしい 電 力 系 統 のはなし( 第 10 回 ) 公 益 財 団 法 人 国 際 超 電 導 産 業 技 術 研 究 センター 常 務 理 事 渡 辺 勉 さて 今 回 は 需 要 家 設 備 の 解 説 をします 電 力 系 統 はそもそも 需 要 家 が 電 気 を 使 うために 使 用 される 設 備 ですが 需 要 家 設 備 は 電 力 系 統 の 一 部 でもあります

More information

H25.7.128.12 3 1 2 3 1 1 1,050 3,150 2,440 2 2 3 24 7 3 4 0% 20% 40% 60% 80% 100% 64% 36% 37% 63% 63 4 5 け や き ひ ろ ば さ い た ま シ ー ノ 1 2 1 2 1 2 0 500 1,000 1,500 2,000 2,500 3,000 3,500 0 50 100 150 200

More information

日 目 専 益 図 故 又 失 ⑵ ニ ュ 読 供 シ テ ム 充 ひ 奉 仕 広 シ テ ム 常 予 困 難 受 己 シ テ ム 萎 審 益 操 ミ 患 死 亡 病 院 支 際 金 支 払 命 2 審 制 注 務 履 期 待 依 位 援 審 覆 3 棄 却 ⑴

日 目 専 益 図 故 又 失 ⑵ ニ ュ 読 供 シ テ ム 充 ひ 奉 仕 広 シ テ ム 常 予 困 難 受 己 シ テ ム 萎 審 益 操 ミ 患 死 亡 病 院 支 際 金 支 払 命 2 審 制 注 務 履 期 待 依 位 援 審 覆 3 棄 却 ⑴ 概 病 院 医 師 手 術 中 医 療 器 操 患 死 亡 逮 捕 毛 静 岡 秋 魁 以 際 元 医 師 低 死 亡 故 翌 医 療 諸 故 器 操 ミ 器 良 旨 書 所 無 1 医 師 低 請 訴 訟 起 女 子 医 病 院 英 郎 研 究 日 目 専 益 図 故 又 失 ⑵ ニ ュ 読 供 シ テ ム 充 ひ 奉 仕 広 シ テ ム 常 予 困 難 受 己 シ テ ム 萎 審 益 操 ミ 患

More information

b 稼 働 後 40 年 を 経 過 した 原 発 は 順 次 廃 炉 とし 延 長 を 認 めず 新 設 も 認 めない c 重 要 な 電 源 として 今 後 もリプレイス( 建 て 替 え)や 新 設 が 必 要 d その 他 (その 他 の 場 合 は300 字 以 内 で 具 体 的 にお

b 稼 働 後 40 年 を 経 過 した 原 発 は 順 次 廃 炉 とし 延 長 を 認 めず 新 設 も 認 めない c 重 要 な 電 源 として 今 後 もリプレイス( 建 て 替 え)や 新 設 が 必 要 d その 他 (その 他 の 場 合 は300 字 以 内 で 具 体 的 にお 参 議 院 選 挙 に 向 けた 政 策 アンケート 地 球 温 暖 化 対 策 についてのアンケート 調 査 の 結 果 の 公 開 CASAは7 月 の 参 議 院 選 挙 に 向 け 各 党 に 地 球 温 暖 化 対 策 についてのアンケート 調 査 を 行 い ました アンケートは 公 明 党 おおさか 維 新 の 会 新 党 改 革 日 本 のこころを 大 切 にする 党 に 送 付 し

More information

< 公 益 目 的 事 業 > 1 地 方 税 財 政 制 度 に 関 する 調 査 (1) 調 査 研 究 専 門 研 究 員 等 が 地 方 税 財 政 制 度 及 び 税 務 行 政 の 運 営 に 関 して 調 査 研 究 を 行 うもの で その 内 容 を 適 宜 機 関 誌 東 京 税

< 公 益 目 的 事 業 > 1 地 方 税 財 政 制 度 に 関 する 調 査 (1) 調 査 研 究 専 門 研 究 員 等 が 地 方 税 財 政 制 度 及 び 税 務 行 政 の 運 営 に 関 して 調 査 研 究 を 行 うもの で その 内 容 を 適 宜 機 関 誌 東 京 税 平 成 26 年 度 事 業 計 画 書 我 が 国 の 経 済 状 況 は 円 高 の 是 正 や 株 価 の 回 復 等 により 企 業 収 益 の 改 善 が 進 むと 共 に 2020 年 オリンピック パラリンピックの 東 京 開 催 決 定 による 経 済 効 果 への 期 待 なども あり 明 るい 兆 しが 見 え 始 めている 一 方 で 欧 州 債 務 危 機 の 再 燃 や 新

More information

< E EC93E08E AC28BAB B93738E7392F188C48F C8EAE3129>

< E EC93E08E AC28BAB B93738E7392F188C48F C8EAE3129> 環 境 モデル 都 市 提 案 書 ( 様 式 1) タイトル 超 スマート! 薩 摩 川 内 市 ~みんなで 創 るエネルギーのまちの 未 来 ~ 提 案 団 体 鹿 児 島 県 薩 摩 川 内 市 (さつませんだいし) 人 口 :99,589 人 ( 平 成 22 年 度 国 勢 調 査 ) 担 当 者 名 及 担 当 者 の 所 属 : 薩 摩 川 内 市 役 所 新 エネルギー 対 策 課

More information

1. 観 光 客 入 込 数 福 島 県 観 光 客 入 込 数 は 全 て 地 域 で 震 災 前 2010 年 度 を 大 幅 に 下 回 る 結 果 となった 特 に 東 日 本 大 震 災 発 生 直 後 2011 年 3 月 から4 月 にかけて 全 て 予 約 がキャンセル となった 宿

1. 観 光 客 入 込 数 福 島 県 観 光 客 入 込 数 は 全 て 地 域 で 震 災 前 2010 年 度 を 大 幅 に 下 回 る 結 果 となった 特 に 東 日 本 大 震 災 発 生 直 後 2011 年 3 月 から4 月 にかけて 全 て 予 約 がキャンセル となった 宿 観 光 特 産 品 等 における 福 島 ブランド 活 性 化 方 策 調 査 概 要 本 調 査 では 東 日 本 大 震 災 影 響 により 下 落 した 福 島 県 観 光 客 入 込 客 数 や 県 産 品 売 上 高 を 回 復 させるため 施 策 を 提 言 として 取 りまとめるため 検 討 に 必 要 な 調 査 等 を 実 施 した また 施 策 実 施 によって 福 島 ブランド

More information

競技者必携_33-49_横.indd

競技者必携_33-49_横.indd 公 益 財 団 法 人 全 日 本 軟 式 野 球 連 盟 規 程 細 則 ( 目 的 ) 第 ₁ 条 この 細 則 は 公 益 財 団 法 人 全 日 本 軟 式 野 球 連 盟 規 程 ( 以 下 規 程 という )の 施 行 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする ( 用 語 の 意 義 ) 第 ₂ 条 この 細 則 において 使 用 する 用 語 は 規 程 にお いて 使

More information

053_10非破壊検査

053_10非破壊検査 製 品 紹 介 非 破 壊 検 査 用 高 エネルギー X 線 発 生 装 置 高 橋 光 幸 *1 鎌 上 則 夫 *2 菅 井 孝 郎 *3 三 宅 朝 成 Takahashi Mitsuyuki Kamagami Norio Sugai Takao Miyake Tomonari *4 1. はじめに 非 破 壊 検 査 用 の X 線 源 として 直 線 加 速 器 (リ ニアック)を 用

More information

首都高速中央環状新宿線 電気集じん設備

首都高速中央環状新宿線 電気集じん設備 首 都 高 速 中 央 環 状 新 宿 線 電 気 じん 設 備 Electrostatic Precipitation Equipment for the Metropolitan Expressway s Central Circular Shinjuku Route 青 木 幸 男 Yukio Aoki 瑞 慶 覧 章 朝 Akinori Zukeran 中 山 勉 Tsutomu Nakayama

More information

Microsoft Word - 0300第3章中表紙.doc

Microsoft Word - 0300第3章中表紙.doc 第 3 章 公 共 建 築 物 維 持 保 全 計 画 第 3 章 公 共 建 築 物 維 持 保 全 計 画 1 計 画 の 目 的 と 位 置 付 け 本 計 画 は, 公 共 建 築 物 の 現 状 と 維 持 保 全 の 課 題 を 踏 まえ, 公 共 建 築 物 の 長 寿 命 化 や ライフサイクルコストの 縮 減 を 基 本 に, 安 全 かつ 良 好 な 状 態 で 維 持 保 全

More information

<4D F736F F D208AE28CA991F28E7389BA908593B992868AFA E646F63>

<4D F736F F D208AE28CA991F28E7389BA908593B992868AFA E646F63> 岩 見 沢 市 下 水 道 中 期 ビジョン 概 要 書 岩 見 沢 市 水 道 部 下 水 道 課 目 次 1 策 定 にあたって... 1 1.1 下 水 道 中 期 ビジョンとは... 1 1.2 上 位 計 画 との 関 連... 3 1.3 計 画 期 間... 6 2 下 水 道 事 業 の 概 要... 6 2.1 下 水 道 事 業 の 概 要... 6 2.2 下 水 道 事 業

More information

目 次 1. 貸 借 対 照 表 1 6. 基 礎 的 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 損 益 計 算 書 3 7. 指 定 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 個 別 注 記 表 4 8. 附 帯 事 業 損 益 明 細 表 固 定 資 産

目 次 1. 貸 借 対 照 表 1 6. 基 礎 的 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 損 益 計 算 書 3 7. 指 定 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 個 別 注 記 表 4 8. 附 帯 事 業 損 益 明 細 表 固 定 資 産 電 気 通 信 役 務 に 関 する 収 支 の 状 況 その 他 会 計 に 関 する 事 項 ( 電 気 通 信 事 業 法 第 30 条 第 5 項 による) 第 16 期 平 成 2 6 年 4 月 1 日 から 平 成 2 7 年 3 月 31 日 まで 西 日 本 電 信 電 話 株 式 会 社 目 次 1. 貸 借 対 照 表 1 6. 基 礎 的 電 気 通 信 役 務 損 益 明

More information

untitled

untitled 3-1 基 本 理 念 第 3 章 防 災 街 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 本 指 針 の 基 本 理 念 は 以 下 のとおりです ~みんなでつくろう 災 害 に 強 く 安 全 安 心 な 生 活 都 心 ~ 3-2 防 災 街 づくりの 方 針 基 本 理 念 に 基 づく 取 組 の 方 向 性 をより 具 体 的 に 示 すために 以 下 の3つの 視 点 から 防 災 街 づくりの

More information

スライド 1

スライド 1 -1- ヒートポンプ 蓄 熱 センター 未 利 用 エネルギー 活 用 研 究 会 様 2011.12.13 大 林 組 技 研 本 館 の 地 中 熱 利 用 システム 紹 介 1 地 中 熱 利 用 システムとは? 2 大 林 組 技 研 本 館 の 地 中 熱 利 用 システム 概 要 3 地 中 熱 ヒートポンプシステムの 実 績 評 価 ( 株 ) 大 林 組 技 術 研 究 所 1 地

More information

地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 目 次 序 章 P3 第 一 章 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 の 定 義 P4 第 一 節 : 地 方 銀 行 と は P4 第 二 節 : 地 方 証 券 会 社 と は P4 第 二 章 現 在 の 地 方

地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 目 次 序 章 P3 第 一 章 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 の 定 義 P4 第 一 節 : 地 方 銀 行 と は P4 第 二 節 : 地 方 証 券 会 社 と は P4 第 二 章 現 在 の 地 方 平 成 23 年 度 春 季 セ ミ ナー 大 会 地 域 金 融 機 関 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 1 2 文 責 者 日 本 大 学 経 済 学 部 証 券 研 究 会 1 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 目 次 序 章 P3 第 一 章 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 の 定 義 P4 第 一 節 : 地 方 銀

More information

田川報告書.indd

田川報告書.indd -1. 公 等 の 概 要 田 川 マスタープラン 内 の 公 等 は,03 戸 県 79 戸 となっており と 県 を 合 わ -1. 公 等 の 概 要 せて,818 戸 ありま 内 の 公,03 等 は 戸 は 公,03 戸 法 県 基 づき 887 戸 となっており 困 窮 低 額 所 得 者 と 等 県 向 け を 合 建 わせて 設 された,910 公 戸 ありま 998 戸 地 区 改

More information

電子マネーと企業ポイントの新たな交換システムの構築

電子マネーと企業ポイントの新たな交換システムの構築 優 秀 賞 電 子 マネーと 企 業 ポイントの 新 たな 交 換 システムの 構 築 明 治 大 学 商 学 部 角 野 充 笹 島 康 平 末 吉 紘 季 鈴 木 奈 穂 美 ( 応 募 論 文 の 要 約 ) 近 年 様 々 な 電 子 マ ネ ー や 企 業 ポ イ ン ト が 登 場 し て き て い る が そ れ ら 相 互 間 で の 交 換 性 に は 強 い 制 約 が あ る

More information