住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱"

Transcription

1 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 16 年 4 月 1 日 国 住 市 第 352 号 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 通 知 最 終 改 正 平 成 25 年 5 月 15 日 国 住 市 第 52 号 第 1 通 則 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 に 係 る 国 の 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 等 に 関 し ては 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 昭 和 30 年 法 律 第 179 号 以 下 法 という ) 大 都 市 地 域 における 住 宅 及 び 住 宅 地 の 供 給 の 促 進 に 関 する 特 別 措 置 法 ( 昭 和 50 年 法 律 第 67 号 以 下 大 都 市 法 という ) 密 集 市 街 地 における 防 災 街 区 の 整 備 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 9 年 法 律 第 49 号 以 下 密 集 市 街 地 整 備 法 という ) 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 制 度 要 綱 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 付 け 国 住 市 第 350 号 以 下 制 度 要 綱 という ) 並 びに 第 19 に 規 定 する 関 係 法 令 及 び 関 係 通 知 に 定 めるところによるほ か この 要 綱 に 定 めるところによる 第 2 定 義 この 要 綱 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は それぞれ 当 該 各 号 に 定 めるところ による 一 都 心 共 同 住 宅 供 給 事 業 大 都 市 法 第 101 条 の3に 基 づき 認 定 を 受 けた 計 画 に 従 って 行 う 都 心 共 同 住 宅 供 給 事 業 及 びそれと 一 体 的 に 行 う 建 築 物 等 の 整 備 事 業 で 別 表 第 1(1)に 掲 げる 要 件 を 満 たし かつ 同 (2)に 掲 げるタイプのいずれかに 該 当 するものをいう 二 整 備 計 画 策 定 等 事 業 都 市 居 住 環 境 整 備 重 点 地 域 整 備 地 区 重 点 整 備 地 区 若 しくは 拠 点 的 開 発 等 を 行 う 地 区 に 係 る 調 査 等 及 び 事 業 化 に 向 けてのコーディネート 等 又 は 地 元 住 民 協 議 会 等 の 活 動 支 援 で 別 表 第 2に 掲 げるものをいう 三 市 街 地 住 宅 等 整 備 事 業 住 宅 市 街 地 整 備 計 画 に 適 合 する 事 業 又 は 第 1 号 に 規 定 する 都 心 共 同 住 宅 供 給 事 業 に 係 る 事 業 で 別 表 第 3の(い) 欄 に 掲 げる 事 業 (ただし 密 集 住 宅 市 街 地 整 備 型 重 点 整 備 地 区 に 係 る 事 業 については 建 替 えを 促 進 すべき 建 築 物 の 除 却 を 伴 い 別 表 第 5 各 号 のいずれかの 要 件 に 適 合 する 建 築 物 の 建 設 ( 老 朽 建 築 物 の 除 却 跡 地 において 建 設 する 場 合 は 除 却 後 2 年 以 内 に 行 うもの )に 限 る )をいう 四 居 住 環 境 形 成 施 設 整 備 事 業 次 に 掲 げる 事 業 をいう イ 拠 点 開 発 型 重 点 整 備 地 区 内 の 原 則 として 拠 点 的 開 発 等 が 行 われる 区 域 以 外 の 区 域 又 は 街 なか 居 住 再 生 型 重 点 整 備 地 区 で 次 に 掲 げる 計 画 等 の 定 められた 地 区 におい て 行 う 地 区 公 共 施 設 ( 道 路 公 園 緑 地 広 場 その 他 の 公 共 の 用 に 供 する 施 設 で 主 として 整 備 地 区 内 の 居 住 者 等 の 利 用 に 供 されるものをいう 以 下 同 じ ) 等 で 別 表 第 4の(い) 欄 に 掲 げる 施 設 の 整 備 をいう a 都 市 計 画 法 ( 昭 和 43 年 法 律 第 100 号 ) 第 4 条 第 9 項 に 規 定 する 地 区 計 画 等 b 都 市 再 開 発 法 ( 昭 和 44 年 法 律 第 38 号 ) 第 2 条 の3 第 1 項 第 2 号 若 しくは 同 条 第 2 項 に 規 定 する 整 備 又 は 開 発 の 計 画 c 大 都 市 法 第 3 条 の6 第 1 項 に 規 定 する 住 宅 市 街 地 の 開 発 整 備 の 方 針 ( 確 実 に 策 定 が 見 込 まれるものを 含 む )

2 d 都 市 計 画 法 第 8 条 第 1 項 第 2 号 に 掲 げる 特 別 用 途 地 区 ( 建 築 物 の 中 高 層 階 にお ける 住 宅 の 確 保 及 び 住 居 の 環 境 の 保 護 を 図 ることを 目 的 とするものに 限 る ) 第 3 号 に 掲 げる 高 度 地 区 及 び 高 度 利 用 地 区 第 4 号 に 掲 げる 特 定 街 区 並 びに 第 11 条 第 1 項 第 8 号 に 掲 げる 一 団 地 の 住 宅 施 設 e 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 ) 第 47 条 に 規 定 する 壁 面 線 による 建 築 制 限 第 69 条 に 規 定 する 建 築 協 定 及 び 第 86 条 第 1 項 に 規 定 する 総 合 的 設 計 f 街 なみ 環 境 整 備 事 業 制 度 要 綱 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 付 け 建 設 省 住 整 発 第 27 号 ) 第 9に 規 定 する 街 づくり 協 定 g その 他 これらに 類 する 市 街 地 の 整 備 誘 導 指 針 ロ 密 集 住 宅 市 街 地 整 備 型 重 点 整 備 地 区 において 行 う 次 のaからcまでに 掲 げる 事 業 をいう a 老 朽 建 築 物 等 の 除 却 (この 場 合 老 朽 建 築 物 等 には 老 朽 住 宅 等 と 連 担 して 一 体 的 に 除 却 すべき 建 築 物 を 含 み 除 却 には 除 却 のための 取 得 を 含 む 以 下 老 朽 建 築 物 等 除 却 という ) b 施 行 地 区 の 環 境 の 整 備 改 善 に 必 要 な 土 地 の 取 得 ( 代 替 地 等 及 び 公 共 施 設 用 地 転 換 地 ( 制 度 要 綱 第 2 第 三 十 二 に 規 定 するものをいう 以 下 同 じ )の 取 得 を 含 む ) 及 び 造 成 並 びに 地 区 公 共 施 設 等 の 整 備 等 で 別 表 第 4の(い) 欄 に 掲 げる 施 設 の 整 備 c 仮 設 住 宅 等 の 設 置 ( 以 下 仮 設 住 宅 等 設 置 という ) 五 延 焼 遮 断 帯 形 成 事 業 道 路 整 備 等 と 一 体 に 沿 道 の 建 築 物 を 耐 火 建 築 物 等 に 建 替 えることより 延 焼 遮 断 機 能 を 整 備 する 事 業 であって 制 度 要 綱 第 19 第 2 項 の 各 号 の 要 件 に 適 合 するもの 六 都 市 再 生 住 宅 等 整 備 事 業 密 集 市 街 地 整 備 法 第 19 条 の 規 定 に 従 って 行 われる 市 町 村 借 上 住 宅 を 借 り 上 げる 事 業 及 び 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 ( 都 心 共 同 住 宅 供 給 事 業 を 除 く ) 等 の 実 施 に 伴 って 必 要 となる 次 に 掲 げる 事 業 をいう イ 民 間 建 設 型 都 市 再 生 住 宅 等 整 備 事 業 下 記 のいずれかに 該 当 する 都 市 再 生 住 宅 等 を 供 給 する 事 業 a 民 間 土 地 所 有 者 等 が 所 有 する 住 宅 を 民 間 事 業 者 が 借 り 上 げ 管 理 することに より 又 は 当 該 民 間 土 地 所 有 者 等 が 自 ら 管 理 若 しくは 分 譲 することにより 供 給 するもの b 地 方 公 共 団 体 が 都 市 再 生 機 構 又 は 民 間 土 地 所 有 者 が 所 有 する 住 宅 を が 民 間 の 土 地 所 有 者 等 が 所 有 する 住 宅 を 借 り 上 げて 管 理 することにより 供 給 するもの ロ 公 共 建 設 型 都 市 再 生 住 宅 等 整 備 事 業 地 方 公 共 団 体 都 市 再 生 機 構 又 は が 自 ら 整 備 等 を 行 い 管 理 若 しくは 分 譲 することにより 都 市 再 生 住 宅 等 を 供 給 する 事 業 七 社 会 福 祉 施 設 等 次 に 掲 げる 施 設 をいう イ 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 ) 生 活 保 護 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 144 号 ) 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 母 子 及 び 寡 婦 福 祉 法 ( 昭 和 39 年 法 律 第 129 号 ) 老 人 福 祉 法 ( 昭 和 38 年 法 律 第 133 号 ) 身 体 障 害 者 福 祉 法 ( 昭 和 24 年 法 律 第 283 号 ) 知 的 障 害 者 福 祉 法 ( 昭 和 35 年 法 律 第 37 号 ) 母 子 保 健 法 ( 昭 和 40 年 法 律 第 141 号 ) 又 は 老 人 保 健 法 ( 昭 和 57 年 法 律 第 80 号 )に 定 める 施 設 又 は 事 業 の 用 に 供 する 施 設 ロ 学 校 教 育 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 26 号 )に 定 める 専 修 学 校 又 は 各 種 学 校 で 社 会 福 祉 施 設 に 関 係 している 施 設

3 ハ 民 間 事 業 者 による 老 後 の 保 健 又 は 福 祉 のための 総 合 的 施 設 の 整 備 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 元 年 法 律 第 64 号 )に 定 める 特 定 民 間 施 設 ニ 介 護 保 険 法 ( 平 成 9 年 法 律 第 123 号 )に 定 める 施 設 ホ 医 療 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 205 号 )に 定 める 医 療 提 供 施 設 八 関 連 公 共 施 設 整 備 制 度 要 綱 第 20 第 4 項 に 規 定 する 要 件 に 該 当 する 整 備 地 区 に 係 る 関 連 公 共 施 設 で 当 該 公 共 施 設 と 同 種 の 公 共 施 設 の 整 備 に 関 する 事 業 の 採 択 基 準 に 適 合 する 施 設 (ただし 平 成 15 年 度 までに 整 備 計 画 の 承 認 を 受 けた 整 備 地 区 内 の 施 設 にあっては 地 区 内 の 全 体 事 業 費 が 通 常 事 業 と 同 様 のものを 含 む( 事 業 費 が 市 町 村 道 については 5,000 万 円 以 上 街 路 については1 億 円 以 上 の 施 設 に 限 る ))の 整 備 であって 次 に 掲 げる 基 準 に 適 合 するものをいう イ 一 般 的 基 準 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 において 住 宅 の 建 設 と 一 体 的 に 整 備 することが 必 要 な 公 共 施 設 の 整 備 に 関 する 事 業 であること ロ 施 設 別 基 準 a 道 路 ( 都 市 計 画 道 路 を 含 む ) 一 般 国 道 以 外 の 道 路 で 次 の(1) (2) 及 び(3)に 該 当 するものの 整 備 に 関 する 事 業 であること (1) 住 宅 市 街 地 整 備 計 画 によって 定 める 区 域 ( 以 下 整 備 地 区 という ) 内 の 主 要 な 道 路 (2) 整 備 地 区 と 整 備 地 区 外 の 主 要 な 道 路 又 は 最 寄 主 要 駅 等 交 通 上 の 重 要 拠 点 と を 連 絡 する 道 路 のうち 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 として 緊 急 に 整 備 を 行 うこ とが 必 要 な 区 間 (3) 整 備 地 区 と 整 備 地 区 外 の 義 務 教 育 施 設 等 主 要 な 公 益 施 設 とを 連 絡 する 道 路 で 緊 急 に 整 備 することが 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 にとって 不 可 欠 な 区 間 b 都 市 公 園 都 市 計 画 施 設 である 住 区 基 幹 公 園 都 市 緑 地 緑 道 等 の 整 備 に 関 する 事 業 で 原 則 として 整 備 地 区 内 において 行 われる 事 業 であること c 下 水 道 下 水 道 法 による 下 水 道 事 業 で 次 の(1)から(4)までの 一 に 該 当 する 施 設 の 整 備 に 関 する 事 業 であること (1) 整 備 地 区 内 の 主 要 な 管 渠 (2) 整 備 地 区 と 整 備 地 区 外 の 主 要 な 幹 線 管 渠 又 は 流 域 下 水 道 の 管 渠 とを 結 ぶ 公 共 下 水 道 の 管 渠 で 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 として 緊 急 に 整 備 を 行 うことが 必 要 なもの (3) 主 として 整 備 地 区 内 の 下 水 を 処 理 する 終 末 処 理 場 で 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 として 緊 急 に 整 備 を 行 うことが 必 要 なもの (4) 整 備 地 区 内 又 は 整 備 地 区 から 適 切 な 放 流 地 点 に 至 るまでの 都 市 下 水 路 d 河 川 一 級 河 川 二 級 河 川 又 は 準 用 河 川 に 係 る 事 業 であって 当 該 河 川 の 下 流 の 治 水 計 画 上 も 効 果 的 と 認 められるもので かつ 次 の(1) 又 は(2)に 該 当 する 施 設 の 整 備 に 関 するものであること (1) 整 備 地 区 の 整 備 の 影 響 により 改 修 が 必 要 となる 河 川 の 部 分 又 は 整 備 地 区 を 通 過 し 若 しくは 接 する 河 川 の 部 分 で 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 として 整 備 することが 必 要 なもの (2) 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 として 整 備 することが 必 要 とされる 防 災 調 節 池

4 流 域 調 節 池 雨 水 貯 留 施 設 又 は 貯 留 浸 透 施 設 九 街 なみ 環 境 整 備 事 業 街 なみ 環 境 整 備 事 業 費 補 助 金 交 付 要 領 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 付 け 建 設 省 住 整 発 第 38 号 ) 第 2 第 1 号 に 規 定 する 街 なみ 環 境 整 備 事 業 をいう 十 防 災 街 区 整 備 事 業 密 集 市 街 地 における 防 災 街 区 の 整 備 の 促 進 に 関 する 法 律 第 2 条 第 5 号 に 規 定 する 防 災 街 区 整 備 事 業 (その 準 備 段 階 を 含 む)をいう 十 一 住 宅 建 築 物 耐 震 改 修 事 業 住 宅 建 築 物 安 全 ストック 形 成 事 業 制 度 要 綱 ( 平 成 21 年 4 月 1 日 付 国 住 市 第 454 号 国 住 街 第 236 号 国 住 指 第 号 ) 第 2 第 1 項 に 規 定 する 住 宅 建 築 物 耐 震 改 修 事 業 をいう 十 二 共 同 化 複 数 の 土 地 所 有 者 等 ( 土 地 の 所 有 権 又 は 建 築 物 の 所 有 を 目 的 とする 地 上 権 賃 借 権 若 しくは 使 用 貸 借 による 権 利 を 有 する 者 をいう )が 建 設 を 行 う 際 共 同 して 行 うこと をいう 十 三 協 調 化 複 数 の 土 地 所 有 者 等 が 建 設 を 行 う 際 一 体 性 に 配 慮 した 設 計 に 基 づいて 各 個 の 敷 地 で 行 うことをいう ただし 複 数 の 土 地 所 有 者 等 による 建 設 の 時 期 が 異 なる 場 合 に は 住 宅 市 街 地 整 備 計 画 期 間 中 の 早 期 にすべての 建 設 が 完 了 することが 確 実 と 見 込 まれ る 場 合 に 限 る 十 四 協 定 等 適 合 化 沿 道 の 建 物 所 有 者 等 が 建 設 を 行 う 際 定 められた 建 築 ルール( 建 築 協 定 地 区 計 画 等 )に 従 って 各 個 の 敷 地 で 行 うことをいう 十 五 民 間 賃 貸 住 宅 等 家 賃 対 策 補 助 事 業 密 集 住 宅 市 街 地 整 備 型 重 点 整 備 地 区 の 整 備 に 係 る 市 街 地 住 宅 等 整 備 事 業 ( 別 表 第 5 の(3)の 要 件 に 該 当 するものに 限 る ) 若 しくは 防 災 街 区 整 備 事 業 に 係 る 従 前 居 住 者 が 入 居 する 当 該 建 設 後 賃 貸 住 宅 又 は 制 度 要 綱 第 17 に 基 づき 住 宅 困 窮 者 に 対 して 地 方 公 共 団 体 があっせんする 都 市 再 生 住 宅 以 外 の 賃 貸 住 宅 に 係 る 家 賃 対 策 補 助 を 行 う 事 業 を いう 十 六 公 営 住 宅 整 備 事 業 等 次 に 掲 げる 事 業 をいう イ 公 営 住 宅 整 備 事 業 等 補 助 要 領 ( 平 成 8 年 建 設 省 住 備 発 第 83 号 ) 第 2 第 1 号 に 定 め る 公 営 住 宅 整 備 事 業 及 び 同 第 4 号 に 定 める 準 公 営 住 宅 整 備 事 業 ロ 地 域 優 良 賃 貸 住 宅 整 備 事 業 補 助 要 領 ( 平 成 19 年 3 月 28 日 付 け 国 住 備 第 161 号 ) 第 2 第 四 号 に 定 める 地 域 優 良 賃 貸 住 宅 整 備 事 業 ハ 公 営 住 宅 等 ストック 総 合 改 善 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 12 年 建 設 省 住 備 発 第 34 号 ) 第 3 第 1 号 に 定 める 公 営 住 宅 等 ストック 総 合 改 善 事 業 ニ 公 営 住 宅 等 駐 車 場 整 備 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 3 年 建 設 省 住 建 発 第 103 号 ) に 定 める 公 営 住 宅 等 駐 車 場 整 備 事 業 ホ 公 営 住 宅 等 関 連 事 業 推 進 事 業 補 助 要 領 ( 平 成 6 年 建 設 省 住 備 発 第 56 号 ) 第 2 各 号 に 定 める 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 十 七 住 宅 地 区 改 良 事 業 等 次 に 掲 げる 事 業 をいう イ 住 宅 地 区 改 良 法 ( 昭 和 35 年 法 律 第 84 号 ) 第 2 条 第 1 項 に 規 定 する 住 宅 地 区 改 良 事 業 ロ 小 規 模 住 宅 地 区 等 改 良 事 業 制 度 要 綱 ( 平 成 9 年 4 月 1 日 付 け 建 設 省 住 整 発 第 46

5 号 ) 第 2 第 3 号 に 規 定 する 小 規 模 住 宅 地 区 等 改 良 事 業 ハ 改 良 住 宅 等 改 善 事 業 制 度 要 綱 ( 平 成 11 年 4 月 1 日 付 け 建 設 省 住 整 発 第 25 号 ) 第 2 第 1 号 に 規 定 する 改 良 住 宅 等 改 善 事 業 ニ 住 宅 地 区 改 良 事 業 等 補 助 金 交 付 要 領 ( 昭 和 53 年 4 月 4 日 付 け 建 設 省 住 整 発 第 14 号 ) 第 2 第 10 号 に 規 定 する 住 宅 地 区 改 良 事 業 等 計 画 基 礎 調 査 事 業 十 八 高 齢 者 世 帯 60 歳 以 上 の 者 が 世 帯 主 である 世 帯 をいう 十 九 障 害 者 等 世 帯 公 営 住 宅 法 施 行 令 ( 昭 和 26 年 政 令 第 240 号 ) 第 6 条 第 4 項 第 1 号 に 該 当 する 世 帯 を いう 二 十 都 市 地 域 再 生 緊 急 促 進 事 業 都 市 地 域 再 生 緊 急 促 進 事 業 都 市 地 域 再 生 緊 急 促 進 事 業 の 補 助 対 象 等 について ( 平 成 21 年 1 月 27 日 付 け 国 都 まち 第 85 号 国 都 市 第 367 号 国 住 備 第 107 号 国 住 街 第 202 号 国 住 市 第 325 号 )( 以 下 都 市 地 域 再 生 緊 急 促 進 事 業 通 知 という ) 第 2 の 一 に 規 定 する 事 業 二 十 一 再 生 促 進 事 業 制 度 要 綱 第 二 十 三 第 8 項 第 2 号 に 規 定 する 事 業 第 3 補 助 金 交 付 対 象 事 業 補 助 金 の 交 付 対 象 事 業 は 次 の 各 号 に 掲 げる 事 業 とする 一 次 の 表 の(ロ) 欄 に 掲 げる 施 行 者 等 が 行 う(イ) 欄 に 掲 げる 事 業 二 次 の 表 の(ハ) 欄 に 掲 げる 施 行 者 等 及 び 地 元 住 民 協 議 会 等 が 行 う(イ) 欄 に 掲 げる 事 業 に 対 する 地 方 公 共 団 体 の 補 助 事 業 (イ) (ロ) (ハ) 整 備 計 画 策 定 等 事 業 整 備 計 画 作 成 事 業 計 画 作 成 推 進 事 業 地 方 公 共 団 体 都 市 再 生 機 構 地 方 公 共 団 体 ( 注 1) 都 市 再 生 機 構 民 間 事 業 者 等 (NPO 法 人 等 を 含 む) ( 注 1) 地 方 公 共 団 体 都 市 再 生 機 構 ( 注 2) 低 未 利 用 地 有 効 利 都 市 再 生 機 構 用 等 推 進 計 画 作 成 推 進 計 画 作 成 都 市 再 生 機 構 都 市 居 住 環 境 整 備 基 本 計 画 作 成 都 市 居 住 環 境 地 方 公 共 団 体 整 備 基 本 計 画 作 成 地 元 住 民 協 議 会 等 民 間 事 業 者 等 (NPO 法 人 等 を 含 む) 防 災 街 区 計 画 整 備 組 合 防 災 街 区 整 備 推 進 機 構 等

6 事 業 推 進 コー 地 方 公 共 団 体 ディネート 都 市 再 生 機 構 市 街 地 住 宅 等 整 備 事 業 共 同 施 設 整 備 等 ( 注 3) 地 方 公 共 団 体 ( 注 4) 都 市 再 生 機 構 ( 注 5) 公 共 空 間 等 整 備 公 共 空 間 整 備 地 方 公 共 団 体 都 市 再 生 機 構 公 開 空 地 整 備 地 方 公 共 団 体 都 市 再 生 機 構 駅 施 設 整 備 地 方 公 共 団 体 都 市 再 生 機 構 居 住 環 境 形 成 施 設 整 備 事 業 老 朽 建 築 物 等 除 却 地 方 公 共 団 体 都 市 再 生 機 構 地 区 公 共 施 設 等 整 備 地 方 公 共 団 体 都 市 再 生 機 構 ( 注 6) 仮 設 住 宅 等 設 置 地 方 公 共 団 体 都 市 再 生 機 構 延 焼 遮 断 帯 形 成 事 業 住 宅 建 築 物 耐 震 改 修 事 業 民 間 賃 貸 住 宅 等 家 賃 地 方 公 共 団 体 対 策 補 助 事 業 都 市 再 生 機 構 防 災 街 区 整 備 事 業 ( 注 地 方 公 共 団 体 3) 都 市 再 生 住 宅 等 整 備 事 業 民 間 建 設 型 都 市 再 生 住 宅 等 民 間 建 設 型 都 都 市 再 生 機 構 ( 注 市 再 生 住 宅 等 8) 整 備 ( 注 3) 家 賃 対 策 補 助 地 方 公 共 団 体 公 共 建 設 型 都 市 再 生 住 宅 等 ( 注 9) 公 共 建 設 型 都 地 方 公 共 団 体 等 民 間 事 業 者 等 民 間 事 業 者 等 民 間 事 業 者 等 民 間 事 業 者 等 民 間 事 業 者 等 (NPO 法 人 等 を 含 む)( 注 6) ( 注 7) 民 間 事 業 者 等 (NPO 法 人 等 を 含 む)( 注 6) 民 間 事 業 者 等 (NPO 法 人 等 を 含 む) 民 間 事 業 者 等 施 行 者 等 対 象 住 宅 の 家 主 個 人 施 行 者 防 災 街 区 整 備 事 業 組 合 防 災 街 区 計 画 整 備 組 合 事 業 会 社 都 市 再 生 機 構 地 方 住 宅 供 給 公 社 特 定 建 築 者 準 備 組 織 民 間 事 業 者 等 民 間 事 業 者 等

7 市 再 生 住 宅 等 都 市 再 生 機 構 整 備 家 賃 対 策 補 助 地 方 公 共 団 体 都 市 再 生 機 構 関 連 公 共 施 設 整 備 地 方 公 共 団 体 都 市 再 生 機 構 街 なみ 環 境 整 備 事 業 地 方 公 共 団 体 民 間 事 業 者 等 公 営 住 宅 整 備 事 業 等 地 方 公 共 団 体 都 市 再 生 機 構 民 間 事 業 者 等 住 宅 地 区 改 良 事 業 等 地 方 公 共 団 体 ( 注 1) 拠 点 開 発 型 重 点 整 備 地 区 街 なか 居 住 再 生 型 重 点 整 備 地 区 に 係 る 事 業 にあっては 市 街 化 区 域 内 農 地 等 の 低 未 利 用 地 等 を 活 用 した 良 好 な 住 宅 の 供 給 の 促 進 に 係 る 場 合 に 限 る ( 注 2) 拠 点 開 発 型 重 点 整 備 地 区 街 なか 居 住 再 生 型 重 点 整 備 地 区 に 係 る 事 業 にあっては 農 業 協 同 組 合 等 国 土 交 通 大 臣 が 必 要 と 認 める 者 を 含 み 市 街 化 区 域 内 農 地 等 の 低 未 利 用 地 等 を 活 用 した 良 好 な 住 宅 供 給 の 促 進 に 係 る 場 合 に 限 る ( 注 3) 市 街 地 住 宅 等 整 備 事 業 民 間 建 設 型 都 市 再 生 住 宅 等 整 備 事 業 及 び 防 災 街 区 整 備 事 業 の 共 同 施 設 整 備 の 補 助 を 受 けて 建 設 される 住 宅 は 原 則 として 別 表 第 9に 示 すバ リアフリー 化 基 準 をみたすものに 限 る (ただし 平 成 12 年 度 までに 設 計 等 に 着 手 した 場 合 を 除 く) ( 注 4) 密 集 住 宅 市 街 地 整 備 型 重 点 整 備 地 区 に 係 る 事 業 については 共 同 化 促 進 費 に 限 る ( 注 5) 共 同 化 促 進 費 にかぎる ( 注 6) 密 集 住 宅 市 街 地 整 備 型 重 点 整 備 地 区 に 係 る 事 業 に 限 る ( 注 7) 拠 点 開 発 型 重 点 整 備 地 区 街 なか 居 住 再 生 型 重 点 整 備 地 区 に 係 る 事 業 に 限 る ( 注 8) 都 市 居 住 環 境 整 備 重 点 地 域 内 の 密 集 住 宅 市 街 地 整 備 型 重 点 整 備 地 区 の 整 備 及 び 防 災 街 区 整 備 事 業 に 係 るものに 限 る ( 注 9) 公 共 建 設 型 都 市 再 生 住 宅 等 整 備 事 業 の 補 助 を 受 けて 建 設 される 住 宅 は 原 則 とし て 別 表 第 9 及 び 別 表 第 10 に 示 すバリアフリー 化 基 準 をみたすものに 限 る (ただし 平 成 12 年 度 までに 設 計 等 に 着 手 した 場 合 を 除 く) 第 4 補 助 金 の 額 補 助 金 の 額 は 次 のとおりとする 一 整 備 計 画 策 定 等 事 業 次 の 表 の(ロ) 欄 に 掲 げる 者 が 行 う(イ) 欄 に 掲 げる 事 業 に 要 する 費 用 の(ハ) 欄 に 掲 げる 額 の 合 計 とする (イ) (ロ) (ハ) 整 備 計 画 作 成 地 方 公 共 団 体 費 用 の1/3 以 内 ( 都 市 居 住 環 境 整 備 重 点 地 域 及 び 密 集 住 宅 市 街 地 整 備 型 重 点 整 備 地 区 にあっては 1/2 以 内 )( 注 1) 都 市 再 生 機 構 費 用 の1/2 以 内 ( 注 1) 費 用 の1/3 以 内 ( 注 1) 事 業 計 画 作 成 地 方 公 共 団 体 費 用 の1/3 以 内 ( 密 集 住 宅

8 都 市 再 生 機 構 民 間 事 業 者 等 市 街 地 整 備 型 重 点 整 備 地 区 にあっては1/2 以 内 )( 注 2) 地 方 公 共 団 体 の 補 助 に 要 す る 費 用 の1/2 以 内 かつ 当 該 補 助 事 業 費 の 合 計 額 の 1/3 以 内 ( 注 2) 推 進 事 業 地 方 公 共 団 体 費 用 の1/3 以 内 ( 都 市 居 住 環 境 整 備 重 点 地 域 密 集 住 宅 市 街 地 整 備 型 重 点 整 備 地 区 に 係 る 事 業 にあっては 1 /2 以 内 )( 注 3)( 注 4) 都 市 再 生 機 構 費 用 の1/2 以 内 ( 注 3)( 注 4) 費 用 の1/3 以 内 ( 密 集 住 宅 市 街 地 整 備 型 重 点 整 備 地 区 に 係 る 事 業 にあっては 1/ 2 以 内 )( 注 3)( 注 4) 地 元 住 民 協 議 会 等 民 間 事 業 者 等 (NPO 法 人 等 を 含 む) 防 災 街 区 計 画 整 備 組 合 防 災 街 区 整 備 事 業 組 合 防 災 街 区 整 備 推 進 機 構 等 地 方 公 共 団 体 の 補 助 に 要 す る 費 用 の1/2 以 内 かつ 当 該 補 助 事 業 費 の 合 計 額 の 1/3 以 内 ( 注 3) 低 未 利 用 地 有 都 市 再 生 機 構 費 用 の1/2 以 内 ( 注 5) 効 利 用 等 推 進 計 画 作 成 推 進 計 画 作 成 都 市 再 生 機 構 費 用 の2/3 以 内 ( 注 6) 都 市 居 住 環 境 整 備 基 本 計 画 作 成 都 市 居 住 環 地 方 公 共 団 体 費 用 の1/2 以 内 ( 注 7) 境 整 備 基 本 計 画 作 成 事 業 推 進 コー ディ ネート 地 方 公 共 団 体 都 市 再 生 機 構 等 費 用 の1/2 以 内 地 方 公 共 団 体 の 補 助 に 要 す る 費 用 の1/2 以 内 かつ 当 該 補 助 事 業 費 の 合 計 額 の 1/3 以 内 ( 注 1) 費 用 は 次 に 掲 げる 額 の 合 計 を 限 度 とする 1 拠 点 開 発 型 重 点 整 備 地 区 街 なか 居 住 再 生 型 重 点 整 備 地 区 に 係 る 事 業 のうち 公 共 施 設 整 備 を 伴 う 事 業 にあっては 年 21,630 千 円 / 地 区 公 共 施 設 整 備 を 伴 わな

9 い 事 業 にあっては 年 12,360 千 円 / 地 区 ただし 5 年 間 を 限 度 とする 2 密 集 住 宅 市 街 地 整 備 型 重 点 整 備 地 区 に 係 る 事 業 にあっては 210 千 円 /ha た だし 210 千 円 /ha に 対 象 区 域 面 積 を 乗 じて 得 た 額 が 10,000 千 円 に 満 たない 場 合 にあっては 10,000 千 円 / 地 区 ( 注 2) 費 用 は 次 に 掲 げる 額 の 合 計 を 限 度 とする 1 拠 点 開 発 型 重 点 整 備 地 区 街 なか 居 住 再 生 型 重 点 整 備 地 区 に 係 る 事 業 にあって は 1,917 千 円 /ha( 事 業 計 画 において 住 宅 街 区 防 災 コミュニティ 整 備 プロ グラムを 作 成 する 場 合 3,834 千 円 /ha ) 2 密 集 住 宅 市 街 地 整 備 型 重 点 整 備 地 区 に 係 る 事 業 にあっては 5,000 千 円 /ha ( 注 3) 費 用 は 次 に 掲 げる 額 の 合 計 を 限 度 とする 助 成 期 間 は 住 宅 市 街 地 整 備 計 画 承 認 前 を 含 み 住 宅 市 街 地 整 備 計 画 ( 変 更 を 含 む) 承 認 又 は 計 画 提 出 後 10 年 間 までとする 1 拠 点 開 発 型 重 点 整 備 地 区 街 なか 居 住 再 生 型 重 点 整 備 地 区 に 係 る 事 業 にあっ ては 年 12,360 千 円 / 地 区 2 密 集 住 宅 市 街 地 整 備 型 重 点 整 備 地 区 に 係 る 事 業 にあっては 年 3,000 千 円 /ha ( 防 災 再 開 発 促 進 地 区 においては 年 6,000 千 円 /ha) ( 注 4) 別 表 第 2 ハの 欄 の 推 進 事 業 に 係 る 説 明 欄 の3 4 5については 密 集 住 宅 市 街 地 整 備 型 重 点 整 備 地 区 に 係 るものに 限 るものとし 費 用 の1/3 以 内 とする ( 注 5) 費 用 は 年 1,000 千 円 /ha を 限 度 とする ( 注 6) 費 用 は 1,500 千 円 /ha を 限 度 とする ただし 重 点 密 集 市 街 地 を 含 む 密 集 市 街 地 にあっては 費 用 の4 分 の3 以 内 とする ( 注 7) 費 用 は 20,000 千 円 / 地 域 を 限 度 とする 二 市 街 地 住 宅 等 整 備 事 業 次 に 掲 げる 額 の 合 計 ( 都 市 地 域 再 生 緊 急 促 進 事 業 にあっては 当 該 額 に 都 市 地 域 再 生 緊 急 促 進 事 業 通 知 に 基 づき 算 出 した 額 を 加 えた 額 )とする イ 共 同 施 設 整 備 等 ( 調 査 設 計 計 画 土 地 整 備 及 び 共 同 施 設 整 備 ) 住 宅 局 所 管 事 業 関 連 共 同 施 設 整 備 等 補 助 要 領 等 細 目 ( 平 成 12 年 3 月 24 日 付 け 建 設 省 住 備 発 第 42 号 建 設 省 住 整 発 第 27 号 建 設 省 住 防 発 第 19 号 建 設 省 住 街 発 第 29 号 建 設 省 住 市 発 第 12 号 ) 第 2に 定 めるもののうち 次 に 掲 げる 額 の 合 計 とす る (1) 住 宅 市 街 地 整 備 計 画 に 適 合 し 事 業 計 画 等 に 基 づき 実 施 される 事 業 に 係 る 場 合 地 方 公 共 団 体 又 は 都 市 再 生 機 構 が 施 行 する 事 業 については 共 同 施 設 整 備 等 に 要 する 費 用 の1/3 以 内 とし 又 は 民 間 事 業 者 等 が 施 行 する 事 業 につ いては 共 同 施 設 整 備 等 に 要 する 費 用 に 関 する 地 方 公 共 団 体 の 補 助 に 要 する 費 用 の1/2 以 内 かつ 当 該 補 助 事 業 費 の 合 計 額 の1/3 以 内 ( 密 集 市 街 地 整 備 法 第 5 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 建 替 計 画 の 認 定 を 受 けた 建 替 え 又 は 密 集 市 街 地 整 備 法 第 5 条 第 1 項 第 一 号 から 第 四 号 に 規 定 する 基 準 に 適 合 するものとして 都 道 府 県 知 事 又 は 市 町 村 ( 特 別 区 ( 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 281 条 第 1 項 に 規 定 する 特 別 区 をいう )を 含 む )の 長 が 認 定 する 建 替 えにおける 公 開 空 地 用 地 取 得 費 については 地 方 公 共 団 体 の 補 助 に 要 する 費 用 の1/2 以 内 かつ 当 該 補 助 事 業 費 の1/10 以 内 )とする なお 当 該 費 用 は 別 表 第 3の(あ) 欄 に 掲 げる 区 分 に 応 じ (い) 欄 に 掲 げる 項 目 のうち を 付 したものの 費 用 を 合 計 し た 額 とする (2) 都 心 共 同 住 宅 供 給 事 業 に 係 る 場 合 認 定 事 業 者 である 地 方 公 共 団 体 又 は 都 市 再 生 機 構 が 施 行 する 事 業 については

10 共 同 施 設 整 備 等 に 要 する 費 用 の 合 計 額 ( 都 市 再 生 機 構 が 敷 地 及 び 建 築 物 の 整 備 に 関 する 計 画 制 度 要 綱 ( 平 成 11 年 12 月 9 日 付 け 建 設 省 住 街 発 第 127 号 建 設 省 住 市 発 第 42 号 ) 第 4に 基 づく 承 認 を 受 け 行 う 事 業 にあっては 承 認 の 後 に 取 得 した 敷 地 の 整 備 に 係 るものに 限 る )の1/3 以 内 とし その 他 の 認 定 事 業 者 が 施 行 す る 事 業 については 共 同 施 設 整 備 等 に 要 する 費 用 に 関 する 地 方 公 共 団 体 の 補 助 に 要 する 費 用 の1/2 以 内 かつ 別 表 第 3の(あ) 欄 に 掲 げる 区 分 に 応 じ (い) 欄 に 掲 げる 項 目 のうち を 付 したものの 費 用 を 合 計 した 額 とし 当 該 補 助 事 業 費 の1/3 以 内 とする (3) 共 同 施 設 整 備 の 乗 率 算 定 方 式 以 上 の 規 定 に 関 わらず 共 同 施 設 整 備 について 補 助 事 業 対 象 建 築 物 が 階 数 3 以 上 の 耐 火 建 築 物 で 延 べ 面 積 の 大 部 分 を 住 宅 の 用 に 供 する 場 合 は 原 則 として 次 に 定 める 方 法 により 共 同 施 設 整 備 に 要 する 費 用 を 算 定 するものとする なお 超 高 層 建 築 物 公 益 施 設 や 商 業 業 務 施 設 等 との 合 築 あるいは 熱 供 給 施 設 の 設 置 等 により 次 に 定 める 方 法 によりがたい 場 合 には 個 別 積 算 により 積 算 するこ とができる 共 同 施 設 整 備 に 要 する 費 用 は 次 のaにbを 加 えた 額 とする a 包 括 積 算 施 設 の 整 備 に 要 する 費 用 共 同 施 設 整 備 のうち 次 表 1に 掲 げる 施 設 の 整 備 等 に 係 る 主 体 工 事 付 帯 工 事 及 び 外 構 工 事 に 要 する 費 用 に 階 数 の 区 分 に 応 じ それぞれ 次 表 2に 掲 げる 数 値 を 乗 じて 得 た 額 とする b 個 別 積 算 施 設 の 整 備 に 要 する 費 用 共 同 施 設 整 備 のうち 次 表 1に 掲 げる 施 設 以 外 の 整 備 に 要 する 費 用 表 1 供 給 処 理 施 設 共 用 通 行 部 分 機 械 室 ( 電 気 室 を 含 む ) 集 会 所 及 び 管 理 事 務 所 避 難 設 備 消 火 設 備 及 び 警 報 設 備 監 視 装 置 表 2 階 数 主 体 工 事 等 に 要 する 費 用 に 乗 じる 数 値 3~5 階 100 分 の15 (ただし 階 段 室 型 住 棟 にあっては100 分 の10) 6~13 階 100 分 の18 14~ 分 の21 階 20 階 以 上 100 分 の26 ロ 公 共 空 間 等 整 備 次 の 表 の(ロ) 欄 に 掲 げる 者 が 行 う(イ) 欄 に 掲 げる 事 業 に 要 する 費 用 ( 他 の 補 助 制 度 により 国 から 補 助 を 受 けて 整 備 される 施 設 等 がある 場 合 は その 整 備 等 に 要 する 費 用 を 除 く )の(ハ) 欄 に 掲 げる 額 の 合 計 とする なお 当 該 費 用 は 別 表 第 3の(あ) 欄 に 掲 げる 区 分 に 応 じ (い) 欄 に 掲 げる 項 目 のうち を 付 したものの 費 用 を 合 計 し た 額 とする (イ) (ロ) (ハ) 公 共 空 間 整 備 地 方 公 共 団 体 1/3 以 内 1 施 設 整 備 費 都 市 再 生 機 構 1/2 以 内

11 民 間 事 業 者 等 公 開 空 地 整 備 地 方 公 共 団 体 1/3 以 内 1 空 地 等 整 備 費 都 市 再 生 機 構 1/2 以 内 駅 施 設 整 備 1 鉄 道 整 備 負 担 費 2 用 地 費 差 額 負 担 費 民 間 事 業 者 等 地 方 公 共 団 体 都 市 再 生 機 構 民 間 事 業 者 等 地 方 公 共 団 体 の 補 助 に 要 する 費 用 の1/2 以 内 かつ 当 該 補 助 事 業 費 の1/3 以 内 地 方 公 共 団 体 の 補 助 に 要 する 費 用 の1/2 以 内 かつ 当 該 補 助 事 業 費 の1/3 以 内 1/2 以 内 地 方 公 共 団 体 の 補 助 に 要 する 費 用 の1/2 以 内 かつ 当 該 補 助 事 業 費 の1/3 以 内 三 居 住 環 境 形 成 施 設 整 備 事 業 次 に 掲 げる 額 の 合 計 とする ただし 密 集 住 宅 市 街 地 整 備 型 重 点 整 備 地 区 に 係 る 事 業 の 費 用 については その 費 用 の 額 ( 附 帯 工 事 費 を 含 む)が 国 土 交 通 大 臣 の 定 める 額 を 超 える 場 合 においては 当 該 限 度 額 をその 費 用 とする イ 老 朽 建 築 物 等 除 却 a 地 方 公 共 団 体 又 は 都 市 再 生 機 構 が 施 行 する 事 業 については 次 に 掲 げる 費 用 の 合 計 額 の1/2 以 内 とする ただし 当 該 老 朽 建 築 物 等 の 除 却 跡 地 を 都 市 再 生 住 宅 公 営 住 宅 地 区 公 共 施 設 その 他 の 公 共 的 施 設 の 用 に 供 しない 場 合 にあっては 1/3 以 内 とする 又 は 民 間 事 業 者 等 が 施 行 する 事 業 について は 次 に 掲 げる 費 用 に 関 する 地 方 公 共 団 体 の 補 助 に 要 する 費 用 の1/2 以 内 か つ 当 該 補 助 事 業 費 の1/3 以 内 とする 1 買 収 費 2 除 却 工 事 費 3 通 常 損 失 補 償 費 ( 運 用 益 損 失 額 を 含 む ) b 老 朽 建 築 物 等 の 除 却 により 著 しく 利 益 を 受 ける 者 に 除 却 に 要 する 費 用 の 全 部 又 は 一 部 を 負 担 させるときは その 負 担 金 の 額 を 老 朽 建 築 物 等 の 除 却 に 要 する 費 用 から 控 除 するものとする c 老 朽 建 築 物 等 の 除 却 により 隣 接 する 建 物 及 び 土 地 にその 発 生 が 確 実 に 予 見 され る 損 害 等 が 社 会 生 活 上 受 忍 すべき 限 度 を 超 えるものである 場 合 には これらの 補 償 に 要 する 費 用 を 老 朽 建 築 物 等 除 却 費 に 算 入 することは 差 し 支 えないものと する ロ 地 区 公 共 施 設 等 整 備 地 方 公 共 団 体 又 は 都 市 再 生 機 構 が 施 行 する 事 業 については 市 街 地 景 観 形 成 施 設 環 境 共 生 施 設 福 祉 空 間 形 成 施 設 地 域 生 活 基 盤 施 設 地 区 公 共 施 設 及 びその 他 の 施 設 の 整 備 ( 以 下 地 区 公 共 施 設 の 整 備 等 という )に 要 する 費 用 ( 設 計 費 を 含 む ) の 合 計 額 の1/3 以 内 ( 密 集 住 宅 市 街 地 整 備 型 重 点 整 備 地 区 で 施 行 する 事 業 ( 防 災 街 区 整 備 事 業 において 組 合 等 が 実 施 する 地 区 公 共 施 設 の 整 備 について 地 方 公 共 団 体 が 費 用 負 担 する 場 合 を 含 む )にあっては 1/2 以 内 ( 公 開 空 地 整 備 を 除 く))

12 とし 又 は 民 間 事 業 者 等 が 施 行 する 事 業 については 地 区 公 共 施 設 の 整 備 等 に 要 する 費 用 ( 設 計 費 等 を 含 む )に 関 する 地 方 公 共 団 体 の 補 助 に 要 する 費 用 の 合 計 額 の1/2 以 内 かつ 当 該 補 助 事 業 費 の1/3 以 内 とする ただし 拠 点 開 発 型 重 点 整 備 地 区 街 なか 居 住 再 生 型 重 点 整 備 地 区 のみに 係 る 事 業 について は 地 区 面 積 に1ha 当 たり 120,000 千 円 を 乗 じて 得 た 額 の1/3を 限 度 とし この うち 集 会 所 に 係 る 補 助 金 の 額 は 50,000 千 円 を 限 度 とする なお 当 該 費 用 は 別 表 第 4の(あ) 欄 に 掲 げる 区 分 に 応 じ (い) 欄 に 掲 げる 項 目 のうち を 付 したものの 費 用 を 合 計 した 額 とする ハ 仮 設 住 宅 等 設 置 地 方 公 共 団 体 又 は 都 市 再 生 機 構 が 施 行 する 事 業 については 次 に 掲 げる 費 用 の 合 計 額 の1/3 以 内 とし 又 は 民 間 事 業 者 等 が 施 行 する 事 業 につい ては 地 方 公 共 団 体 の 補 助 に 要 する 費 用 の 合 計 額 の1/2 以 内 かつ 当 該 補 助 事 業 費 の1/3 以 内 とする ただし 第 14 第 1 項 第 3 号 ただし 書 きに 係 るもので 国 土 交 通 大 臣 が 定 める 額 に1.5を 乗 じて 得 た 額 を 超 える 場 合 にあっては 当 該 額 の1 /3 以 内 とする なお a b cの 工 事 費 には 給 水 工 事 排 水 工 事 ガス 工 事 等 の 工 事 のうち その 管 理 を 他 に 移 管 する 部 分 の 工 事 に 要 する 費 用 及 びこれらの 工 事 の 負 担 金 として 要 する 費 用 を 含 むものとする a 建 設 工 事 費 b 移 設 工 事 費 c 補 修 工 事 費 d その 他 の 経 費 四 延 焼 遮 断 帯 形 成 事 業 地 方 公 共 団 体 の 補 助 に 要 する 費 用 の1/2 以 内 かつ 当 該 補 助 事 業 費 の1/3 以 内 とする なお 当 該 費 用 は 調 査 設 計 計 画 ( 基 本 設 計 建 築 設 計 ) 土 地 整 備 ( 建 築 物 除 却 費 補 償 費 等 ) 耐 火 建 築 物 準 耐 火 建 築 物 の 外 壁 開 口 部 屋 根 等 の 整 備 に 要 する 費 用 の 合 計 額 とする 五 住 宅 建 築 物 耐 震 改 修 事 業 住 宅 建 築 物 安 全 ストック 形 成 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 等 の 要 件 に 適 合 するもので 当 該 交 付 要 綱 第 4 第 1 項 第 4 項 第 6 項 及 び 第 7 項 に 定 められた 事 業 費 に 国 の 補 助 割 合 を 乗 じて 得 た 額 以 内 とする 六 民 間 賃 貸 住 宅 等 家 賃 対 策 補 助 事 業 公 的 賃 貸 住 宅 家 賃 対 策 調 整 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 18 年 3 月 27 日 付 け 国 土 交 通 省 住 備 発 第 132 号 ) 第 6に 定 めるところによる 七 防 災 街 区 整 備 事 業 イ 補 助 対 象 及 び 補 助 率 地 方 公 共 団 体 が 施 行 する 事 業 については 次 に 掲 げる 費 用 の 合 計 額 の1/3 以 内 とし 防 災 街 区 整 備 事 業 組 合 等 が 施 行 する 事 業 については 地 方 公 共 団 体 の 補 助 に 要 する 費 用 の1/2 以 内 かつ 当 該 補 助 事 業 費 の1/3 以 内 とする なお 当 該 費 用 は 別 表 第 3 及 び 別 表 第 4の(あ) 欄 に 掲 げる 区 分 に 応 じ (い) 欄 に 掲 げる 項 目 のうち を 付 したものの 費 用 を 合 計 した 額 とする ロ 共 同 施 設 整 備 の 算 定 方 法 の 特 例 共 同 施 設 整 備 に 要 する 費 用 は 次 のaにbを 加 えた 額 とする a 包 括 積 算 施 設 の 整 備 に 要 する 費 用 共 同 施 設 整 備 のうち 次 表 1に 掲 げる 施 設 の 整 備 等 に 係 る 主 体 工 事 付 帯 工 事 及 び 外 構 工 事 に 要 する 費 用 に 階 数 の 区 分 に 応 じ それぞれ 次 表 2に 掲 げる 数 値

13 を 乗 じて 得 た 額 とする b 個 別 積 算 施 設 の 整 備 に 要 する 費 用 共 同 施 設 整 備 のうち 次 表 1に 掲 げる 施 設 以 外 の 整 備 に 要 する 費 用 表 1 表 2 供 給 処 理 施 設 共 用 通 行 部 分 機 械 室 ( 電 気 室 を 含 む ) 集 会 所 及 び 管 理 事 務 所 避 難 設 備 消 火 設 備 及 び 警 報 設 備 監 視 装 置 空 地 等 電 波 障 害 防 除 設 備 避 雷 設 備 階 数 3~5 階 100 分 の24 主 体 工 事 等 に 要 する 費 用 に 乗 じる 数 値 6~13 階 100 分 の26 14~ 分 の28 階 20 階 以 上 100 分 の31 八 都 市 再 生 住 宅 等 整 備 事 業 イ 民 間 建 設 型 都 市 再 生 住 宅 等 整 備 事 業 a 共 同 施 設 整 備 等 共 同 施 設 整 備 等 に 要 する 費 用 の 算 出 は 第 2 号 イの 規 定 を 準 用 する b 住 宅 改 良 等 都 市 再 生 機 構 が 施 行 する 事 業 については 既 存 建 築 物 を 都 市 再 生 住 宅 等 に 用 途 転 用 する 場 合 の 改 良 ( 以 下 住 宅 改 良 という )に 要 する 費 用 の1/3 以 内 とし 又 は 民 間 事 業 者 等 が 施 行 する 事 業 については 住 宅 改 良 に 要 する 費 用 に 関 する 地 方 公 共 団 体 の 補 助 に 要 する 費 用 の1/2 以 内 かつ 当 該 補 助 事 業 費 の 合 計 額 の1/3 以 内 とする c 家 賃 対 策 補 助 公 的 賃 貸 住 宅 家 賃 対 策 調 整 補 助 金 交 付 要 綱 第 6に 定 めるところによる ロ 公 共 建 設 型 都 市 再 生 住 宅 等 整 備 事 業 a 公 共 建 設 型 都 市 再 生 住 宅 の 整 備 地 方 公 共 団 体 都 市 再 生 機 構 又 は が 施 行 する 事 業 については 次 に 掲 げる 費 用 ( 国 土 交 通 大 臣 の 定 める 額 を 超 える 場 合 には 当 該 限 度 額 をその 費 用 とする 以 下 この 号 において 同 じ )の 合 計 額 の1/2 以 内 とする ただし 特 定 公 共 建 設 型 都 市 再 生 住 宅 等 の 整 備 にあっては 次 に 掲 げる 費 用 の 合 計 額 の2/3 以 内 建 替 等 対 象 団 地 の 建 替 事 業 等 に 係 る 都 市 再 生 住 宅 等 の 整 備 にあっては 次 に 掲 げる 費 用 の 合 計 額 1/3 以 内 分 譲 するための 都 市 再 生 住 宅 等 の 整 備 にあっては イの 規 定 を 準 用 するものとする (1) 従 前 居 住 者 用 の 住 宅 の 整 備 費 従 前 居 住 者 用 の 住 宅 の 建 設 又 は 改 良 ( 購 入 を 含 む 以 下 同 じ )に 要 する 費 用 の 額 (2) 従 前 営 業 者 用 の 店 舗 等 の 施 設 の 整 備 費 従 前 営 業 者 用 の 店 舗 等 の 施 設 の 整 備 に 要 する 費 用 の 額 (3) 用 地 費 従 前 居 住 者 用 の 住 宅 等 の 整 備 に 伴 う 土 地 に 関 する 権 利 の 取 得 ( 特 定 公 共 建 設 型 都 市 再 生 住 宅 に 限 る) 及 びその 土 地 の 整 備 に 要 する 費 用 の 額

14 (4) 調 査 設 計 計 画 従 前 居 住 者 用 の 住 宅 等 の 整 備 に 必 要 な 調 査 設 計 計 画 に 要 する 費 用 とする な お 当 該 費 用 は 別 表 第 3 及 び 住 宅 局 所 管 事 業 関 連 共 同 施 設 整 備 等 補 助 要 領 等 細 目 第 2に 基 づき 算 出 すること (5) 従 前 居 住 者 用 の 宅 地 の 整 備 に 要 する 費 用 ( 基 盤 の 整 備 費 に 限 る ) 施 行 者 が 整 備 地 区 外 の 従 前 居 住 者 用 の 宅 地 を 整 備 するために 設 置 する 道 路 通 路 主 要 な 下 排 水 施 設 公 園 緑 地 等 の 整 備 に 要 する 費 用 を 補 助 対 象 とする ただし 密 集 住 宅 市 街 地 整 備 型 重 点 整 備 地 区 に 係 る 場 合 に 限 り 用 地 の 取 得 に 要 する 費 用 を 含 む b 家 賃 対 策 補 助 公 的 賃 貸 住 宅 家 賃 対 策 調 整 補 助 金 交 付 要 綱 第 6に 定 めるところによる 九 公 共 建 設 型 都 市 再 生 住 宅 の 整 備 費 の 特 例 イ 次 の(1)から(13)に 該 当 する 場 合 において 国 土 交 通 大 臣 が 特 に 必 要 と 認 め るときは 従 前 居 住 者 用 の 住 宅 の 整 備 費 は 前 号 ロの 規 定 により 算 出 した 額 に 国 土 交 通 大 臣 の 定 める 額 を 超 えない 範 囲 で 加 算 した 額 とする (1) 特 殊 基 礎 工 事 費 (2) 特 別 規 模 増 工 事 費 (3)エレベーター 設 置 工 事 費 (4) 消 防 用 設 備 設 置 工 事 費 (5) 緊 急 通 報 システム 設 置 工 事 費 (6) 高 齢 者 等 向 け 特 別 設 備 等 工 事 費 (7) 雪 害 防 除 工 事 費 (8) 特 殊 屋 外 附 帯 工 事 費 (9) 店 舗 等 併 設 工 事 費 (10)ピロティ 等 設 置 工 事 費 (11)21 世 紀 都 市 居 住 緊 急 促 進 事 業 工 事 費 (12)その 他 特 別 工 事 費 (13) 施 設 併 存 構 造 費 (ただし 密 集 住 宅 市 街 地 整 備 型 重 点 整 備 地 区 に 係 るものに 限 る ) 施 設 併 存 構 造 費 は 都 市 再 生 住 宅 等 と 他 の 施 設 が 併 存 することにより 明 らかに 増 加 したと 判 断 される 都 市 再 生 住 宅 等 又 は 併 存 施 設 ( 都 市 再 生 住 宅 等 と 併 存 する 地 区 施 設 店 舗 作 業 場 等 の 施 設 又 は 都 市 再 生 住 宅 等 以 外 の 住 宅 人 工 地 盤 ピ ロティ 等 をいう )の 構 造 費 の 増 加 分 の 一 部 を 施 行 者 が 負 担 する 必 要 がある 場 合 に おける 当 該 費 用 とし 補 助 対 象 額 は 次 の 式 により 算 出 した 額 以 内 とする T=T1+T2β T : 施 設 併 存 構 造 費 T1: 都 市 再 生 住 宅 等 部 分 の 補 助 対 象 構 造 費 T2: 併 存 施 設 部 分 の 補 助 対 象 構 造 費 β : 併 存 構 造 率 ロ この 号 イに 規 定 する(1) (2) 又 は(12)に 該 当 する 場 合 において 国 土 交 通 大 臣 が 特 に 必 要 と 認 めるときは 従 前 営 業 者 用 の 店 舗 等 の 整 備 費 は 前 号 ロの 規 定 により 算 出 した 額 に 国 土 交 通 大 臣 の 定 める 額 を 超 えない 範 囲 で 加 算 した 額 とする 十 関 連 公 共 施 設 整 備 同 種 の 公 共 施 設 の 整 備 に 関 する 事 業 の 補 助 金 の 交 付 に 係 る 規 定 による 補 助 の 対 象 と なる 事 業 費 に 同 種 の 公 共 施 設 の 整 備 に 関 する 事 業 の 補 助 金 の 交 付 に 係 る 規 定 による 国 の 補 助 割 合 又 は 負 担 割 合 をそれぞれ 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 以 内 とする

15 十 一 街 なみ 環 境 整 備 事 業 街 なみ 環 境 整 備 事 業 費 補 助 金 交 付 要 領 等 の 要 件 に 適 合 するものごとに それぞれ 当 該 要 領 等 に 定 められた 事 業 費 に 国 の 補 助 割 合 を 乗 じて 得 た 額 以 内 とする 十 二 公 営 住 宅 整 備 事 業 等 公 営 住 宅 整 備 事 業 等 補 助 要 領 等 の 要 件 に 適 合 するものごとに それぞれ 当 該 要 領 等 に 定 められた 事 業 費 に 国 の 補 助 割 合 を 乗 じて 得 た 額 ( 都 市 地 域 再 生 緊 急 促 進 事 業 に あっては 当 該 額 に 都 市 地 域 再 生 緊 急 促 進 事 業 通 知 に 基 づき 算 出 した 額 を 加 えた 額 ) 以 内 とする 十 三 住 宅 地 区 改 良 事 業 等 住 宅 地 区 改 良 事 業 等 補 助 金 交 付 要 領 等 の 要 件 に 適 合 するものごとに それぞれ 当 該 要 領 等 に 定 められた 事 業 費 に 国 の 補 助 割 合 を 乗 じて 得 た 額 以 内 とする 十 四 再 生 促 進 事 業 再 生 促 進 事 業 の 補 助 金 の 額 は 次 の 表 の(イ) 欄 に 掲 げる 者 が 行 う 事 業 に 要 する 費 用 の(ロ) 欄 に 掲 げる 額 の 合 計 額 以 内 とする (イ) 地 方 公 共 団 体 費 用 の1/2 以 内 (ロ) 民 間 事 業 者 等 地 方 公 共 団 体 の 補 助 に 要 する 費 用 の1/2 以 内 かつ 当 該 補 助 事 業 費 の1/3 以 内 第 5 損 失 補 償 密 集 住 宅 市 街 地 整 備 型 重 点 整 備 地 区 に 係 る 事 業 の 実 施 に 伴 い 必 要 となる 土 地 ( 土 地 の 付 加 物 を 含 む ) 又 は 建 物 等 の 取 得 及 び 使 用 に 対 する 損 失 補 償 並 びにこれらに 伴 う 通 常 損 失 の 補 償 に 要 する 費 用 の 取 扱 いについては 公 共 用 地 の 取 得 に 伴 う 損 失 補 償 基 準 要 綱 ( 昭 和 37 年 6 月 29 日 閣 議 決 定 )の 定 めるところにより 適 正 に 運 用 するものとする ただし 老 朽 建 築 物 の 買 収 又 は 建 築 物 の 補 償 費 の 算 定 は 次 の 各 号 に 定 めるところによ る 一 老 朽 建 築 物 の 買 収 老 朽 建 築 物 買 収 価 額 については 近 傍 同 種 の 建 物 の 正 常 な 取 引 価 額 とするものとし 取 引 事 例 がない 場 合 は 当 該 建 物 の 推 定 再 建 築 費 を 取 引 時 までの 経 過 年 数 及 び 維 持 保 全 の 状 況 に 応 じて 減 額 した 額 その 他 正 当 な 評 価 額 をもってその 価 額 とする また 老 朽 建 築 物 除 却 により 通 常 生 ずる 損 失 補 償 費 には 運 用 益 損 失 額 を 含 むこと とする 二 建 築 物 の 補 償 費 建 築 物 を 買 収 せずに 移 転 しようとする 場 合 の 移 転 料 は 当 該 建 築 物 を 通 常 妥 当 と 認 められる 移 転 先 に 通 常 妥 当 と 認 められる 移 転 方 法 ( 再 築 工 法 曳 家 工 法 改 造 工 法 除 却 工 法 及 び 復 元 工 法 を 標 準 とする )によって 移 転 するのに 要 する 費 用 をもって その 価 額 とする 第 6 建 築 物 除 却 等 費 の 交 付 基 準 第 4 第 2 号 イの 規 定 に 基 づき 老 朽 建 築 物 を 除 却 する 者 に 対 し 住 宅 等 の 建 設 に 伴 っ て 必 要 な 建 築 物 除 却 等 費 に 係 る 補 助 金 を 交 付 する 場 合 は 次 の 各 号 によるものとする 一 共 同 化 を 行 うものは 事 業 着 手 前 に 5 年 以 内 に 共 同 化 を 行 う 旨 の 覚 書 きを 締 結 するものとする

16 二 補 助 金 の 交 付 は 事 業 の 行 われた 年 度 ごとに 行 うものとする 三 事 業 着 手 から5 年 以 内 に 共 同 化 が 行 われない 場 合 又 は 共 同 化 が 行 われる 見 込 みが ない 場 合 は 補 助 金 の 交 付 の 決 定 は 取 り 消 すものとする なお 既 に 補 助 金 が 交 付 されているときは 期 限 を 定 めて その 返 還 を 行 わせるも のとする 第 7 全 体 設 計 の 承 認 1 補 助 事 業 者 は 市 街 地 住 宅 整 備 事 業 居 住 環 境 形 成 施 設 整 備 事 業 延 焼 遮 断 帯 形 成 事 業 都 市 再 生 住 宅 等 整 備 事 業 及 び 防 災 街 区 整 備 事 業 の 建 設 工 事 が 複 数 年 度 にわたるもの に 係 る 初 年 度 の 補 助 金 交 付 申 請 前 に 当 該 建 設 工 事 に 係 る 事 業 費 の 総 額 事 業 完 了 の 予 定 時 期 等 について 全 体 設 計 承 認 申 請 書 を 住 宅 局 長 に 提 出 することができる なお 当 該 建 設 工 事 に 係 る 事 業 費 の 総 額 を 変 更 する 場 合 も 同 様 とする 2 住 宅 局 長 は 全 体 設 計 承 認 申 請 書 を 受 理 し 審 査 の 上 適 当 と 認 めた 場 合 は 当 該 全 体 設 計 を 承 認 し 補 助 事 業 者 に 通 知 するものとする 第 8 補 助 金 の 交 付 の 申 請 1 補 助 事 業 者 は 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 にかかる 補 助 金 交 付 申 請 書 を 整 備 地 区 又 は 地 区 別 及 び 会 計 区 分 別 ( 一 般 会 計 と 道 路 整 備 特 別 会 計 との 別 以 下 同 じ )に 作 成 しな ければならない 2 事 業 の 実 施 が 複 数 年 度 にわたるもののうち 全 体 設 計 に 係 るものについては 前 項 に 準 じて 毎 年 度 補 助 金 交 付 申 請 書 を 作 成 しなければならない 第 9 経 費 の 配 分 及 び 附 帯 事 務 費 の 明 細 の 変 更 1 経 費 の 配 分 は 本 工 事 費 附 帯 工 事 費 測 量 及 び 試 験 費 用 地 費 及 び 補 償 費 機 械 器 具 費 換 地 諸 費 権 利 変 換 諸 費 並 びに 管 理 処 分 諸 費 とする 2 指 導 監 督 交 付 金 についての 経 費 の 配 分 は 旅 費 人 件 費 備 品 購 入 費 及 びその 他 とす る 3 国 土 交 通 大 臣 の 承 認 を 要 しない 経 費 の 配 分 の 軽 微 な 変 更 は 次 のとおりとする 一 本 工 事 費 附 帯 工 事 費 測 量 及 び 試 験 費 用 地 費 及 び 補 償 費 機 械 器 具 費 営 繕 費 換 地 諸 費 権 利 変 換 諸 費 並 びに 管 理 処 分 諸 費 の 相 互 間 における 流 用 で 流 用 先 の 経 費 の3 割 ( 当 該 流 用 先 の 経 費 の3 割 に 相 当 する 金 額 が 300 万 円 以 下 であるときは 300 万 円 ) 以 内 の 変 更 となるもの 二 指 導 監 督 交 付 金 のうち 旅 費 の 減 額 並 びに 人 件 費 及 び 備 品 購 入 費 の 増 額 以 外 の 変 更 第 10 事 業 内 容 の 変 更 1 国 土 交 通 大 臣 の 承 認 を 要 しない 事 業 内 容 の 軽 微 な 変 更 は 次 に 掲 げるものの 以 外 の 変 更 で 補 助 金 の 額 に 変 更 を 生 じないものとする 一 工 事 施 工 箇 所 の 変 更 で 国 土 交 通 大 臣 が 同 意 した 事 業 計 画 の 範 囲 ( 工 事 の 金 額 の 算 定 に 誤 りがないことの 確 認 を 受 けた 範 囲 に 限 る )を 超 えることとなるもののうち 工 事 の 重 要 な 部 分 に 関 するもの 二 構 造 及 び 工 法 の 変 更 のうち 工 事 の 重 要 な 部 分 に 関 するもの 並 びに 規 模 の 変 更 で 国 土 交 通 大 臣 が 同 意 した 事 業 計 画 に 示 す 工 事 ( 工 事 の 金 額 の 算 定 に 誤 りがないことの 確 認 を 受 けたものに 限 る )の 程 度 を 著 しく 変 更 するもの 三 庁 費 のうちの 食 料 費 の 増 額 2 補 助 事 業 者 は 軽 微 な 変 更 以 外 の 事 業 内 容 の 変 更 ( 補 助 金 の 額 に 変 更 を 生 じないもの に 限 る )をしようとする 場 合 には 当 該 変 更 内 容 について 事 業 計 画 の 事 業 費 内 訳 を 定 め 又 は 変 更 し 国 土 交 通 大 臣 の 同 意 を 得 なければならない

17 3 補 助 金 の 額 に 変 更 を 生 じる 場 合 には 補 助 金 交 付 変 更 申 請 書 を 作 成 し 国 土 交 通 大 臣 に 提 出 しなければならない 第 11 補 助 金 の 経 理 及 び 取 扱 い 1 補 助 事 業 者 は 国 の 補 助 金 について 当 該 事 業 者 の 歳 入 歳 出 予 算 等 における 科 目 別 計 上 金 額 を 明 らかにする 調 書 を 作 成 し 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 の 完 了 後 五 箇 年 間 保 存 し なけらばならない 2 補 助 事 業 者 は 補 助 事 業 等 における 残 存 物 件 の 取 扱 いについて ( 昭 和 34 年 3 月 12 日 付 け 建 設 省 会 発 第 74 号 )に 定 められている 備 品 材 料 その 他 の 物 件 を 購 入 した 場 合 は 台 帳 を 作 成 し 当 該 物 件 の 購 入 年 月 日 数 量 価 格 等 を 明 らかにしておかなければなら ない 3 指 導 監 督 交 付 金 については 前 3 項 の 規 定 について 補 助 事 業 者 を 都 道 府 県 知 事 と 読 みかえて 当 該 規 定 を 準 用 する 第 12 指 導 監 督 都 道 府 県 知 事 は 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 の 円 滑 な 進 捗 を 図 るため 補 助 事 業 者 であ る 市 町 村 ( 指 定 都 市 ( 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 252 条 の 19 第 1 項 の 指 定 都 市 をいう 以 下 同 じ )を 除 き 特 別 区 を 含 む 以 下 同 じ )に 対 し 必 要 な 指 示 を 行 い 報 告 書 の 提 出 を 命 じ 又 は 実 地 に 検 査 しなければならない 第 13 指 導 監 督 交 付 金 1 国 は 都 道 府 県 知 事 の 行 う 前 項 の 指 導 監 督 に 要 する 費 用 として 当 該 年 度 における 当 該 都 道 府 県 の 区 域 内 の 市 町 村 が 行 う 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 に 要 する 費 用 の 1/1000 か ら 30/1000 までの 範 囲 内 において( 関 連 公 共 施 設 整 備 については 同 種 の 公 共 施 設 の 整 備 に 係 る 指 導 監 督 事 務 費 の 規 定 による ) 国 土 交 通 大 臣 が 定 める 率 を 乗 じて 得 た 額 を 都 道 府 県 に 交 付 する ただし この 率 によることが 著 しく 不 適 当 である 場 合 には この 率 に よらないことができる 2 都 道 府 県 知 事 は 指 導 監 督 交 付 金 の 交 付 を 受 けようとするときは 指 導 監 督 交 付 金 交 付 申 請 書 に 予 算 議 決 書 の 写 しを 添 付 して 国 土 交 通 大 臣 に 提 出 しなければならない 3 国 土 交 通 大 臣 は 第 2 項 に 掲 げる 申 請 書 を 受 理 した 場 合 は これを 審 査 の 上 適 当 と 認 めた 場 合 においては 交 付 金 の 額 を 決 定 し 当 該 都 道 府 県 知 事 に 通 知 するものとする 第 14 仮 設 店 舗 等 又 は 仮 設 住 宅 等 の 管 理 及 び 処 分 1 仮 設 住 宅 等 の 設 置 基 準 一 仮 設 住 宅 等 を 設 置 する 位 置 は 原 則 として 重 点 整 備 地 区 内 又 は 重 点 整 備 地 区 近 傍 の 土 地 とする 二 仮 設 住 宅 等 の 設 置 戸 数 は 老 朽 建 築 物 等 の 除 却 及 び 都 市 再 生 住 宅 等 の 整 備 を 相 互 に 調 整 して 計 画 することにより 最 小 の 戸 数 に 抑 えるようにしなければならない 三 仮 設 住 宅 等 の1 戸 当 たり 床 面 積 は 原 則 として 32.2 m2とする ただし 入 居 期 間 が 6ヶ 月 間 以 上 にわたると 予 想 され かつ 次 のイからニまでのいずれかに 該 当 する 場 合 で 大 型 の 仮 設 住 宅 等 を 設 置 するときは 1 戸 当 たり 床 面 積 を 48.2 m2とすることが できる イ 60 才 以 上 の 者 とその 親 族 が 同 居 する 場 合 ロ 入 居 者 及 び 同 居 親 族 5 人 以 上 の 用 に 供 する 場 合 ハ 次 のいずれかに 該 当 する 心 身 障 害 者 とその 親 族 が 同 居 する 場 合 a 身 体 障 害 者 身 体 障 害 者 福 祉 法 施 行 規 則 ( 昭 和 25 年 厚 生 省 令 第 15 号 ) 別 表 第 5 号 に 掲 げる

18 障 害 のうち4 級 以 上 のものがあることにより 身 体 障 害 者 福 祉 法 第 15 条 第 4 項 の 規 定 により 都 道 府 県 知 事 から 身 体 障 害 者 手 帳 の 交 付 を 受 けている 者 b 戦 傷 病 者 恩 給 法 ( 大 正 12 年 法 律 第 48 号 ) 別 表 第 1 号 表 ノ2に 掲 げる 項 症 のうちいずれ か 又 は 別 表 第 1 号 表 ノ3に 掲 げる 第 1 款 症 の 障 害 があることにより 戦 傷 病 者 特 別 援 護 法 ( 昭 和 38 年 法 律 第 168 号 ) 第 4 条 の 規 定 により 厚 生 労 働 大 臣 から 戦 傷 病 者 手 帳 の 交 付 を 受 けている 者 c 知 的 障 害 者 等 次 のいずれかに 該 当 する 者 (a) 児 童 福 祉 法 第 15 条 の2 第 1 項 第 2 号 の 規 定 により 児 童 相 談 所 から 重 度 又 は これに 準 ずる 程 度 の 精 神 障 害 者 と 判 定 されている 者 (b) 知 的 障 害 者 福 祉 法 第 12 条 第 2 項 第 2 号 の 規 定 により 知 的 障 害 者 更 正 相 談 所 から 重 度 又 はこれに 準 ずる 程 度 の 知 的 障 害 者 と 判 定 されている 者 (c) 精 神 障 害 の 診 断 又 は 治 療 に 関 し 相 当 の 経 験 を 有 する 医 師 から 重 度 又 はこれに 準 ずる 程 度 の 知 的 障 害 者 と 判 定 されている 者 ニ 疾 病 による 長 期 療 養 者 とその 親 族 が 同 居 する 等 特 別 の 事 情 がある 場 合 四 仮 設 住 宅 等 は 住 戸 の 独 立 性 居 住 性 の 利 便 保 安 衛 生 等 に 十 分 留 意 したものとし なければならない 五 仮 設 住 宅 等 の 戸 建 て 形 式 は 連 続 住 宅 又 は 共 同 住 宅 とし 収 容 期 間 の 短 い 場 合 には 便 所 及 び 台 所 は 数 戸 共 同 のものを 標 準 とする 六 仮 設 住 宅 等 はなるべく 軽 量 鉄 骨 造 り 又 はスチールパイプ 造 りとする 2 管 理 一 仮 設 店 舗 等 又 は 仮 設 住 宅 等 の 設 置 者 は 仮 設 店 舗 等 又 は 仮 設 住 宅 等 の 状 況 に 留 意 し その 管 理 を 適 切 かつ 合 理 的 に 行 うよう 努 めなければならない 二 使 用 料 の 決 定 仮 設 店 舗 等 又 は 仮 設 住 宅 等 の 年 割 使 用 料 は 次 により 算 出 した 額 を 限 度 とすること 仮 設 店 舗 等 の 設 置 費 -( 国 庫 補 助 金 相 当 額 2) = 限 度 額 対 応 年 数 三 仮 設 店 舗 等 又 は 仮 設 住 宅 等 の 設 置 者 は 仮 設 店 舗 等 又 は 仮 設 住 宅 等 の 使 用 に 関 し その 入 居 者 から 敷 金 権 利 金 その 他 の 金 品 ( 使 用 料 を 除 く )を 徴 収 し 又 は 入 居 者 に 不 当 な 義 務 を 課 してはならない 3 処 分 一 仮 設 店 舗 等 又 は 仮 設 住 宅 等 の 設 置 者 は 使 用 計 画 期 間 を 経 過 したときは すみやか に 仮 設 店 舗 等 又 は 仮 設 住 宅 等 を 撤 去 しなければならない ただし 使 用 計 画 期 間 を 経 過 した 場 合 において 当 該 仮 設 店 舗 等 又 は 仮 設 住 宅 等 を 撤 去 できない 理 由 があるときは 速 やかに 国 土 交 通 大 臣 と 協 議 すること 二 仮 設 店 舗 等 又 は 仮 設 住 宅 等 の 設 置 者 は 特 別 の 事 情 により 仮 設 店 舗 等 又 は 仮 設 住 宅 等 を 引 き 続 いて 管 理 することが 不 適 当 と 認 められるときは 国 土 交 通 大 臣 の 承 認 を 得 て 用 途 を 廃 止 することができる ただし 耐 用 年 数 を 経 過 したものについては 国 土 交 通 大 臣 の 承 認 を 得 ることを 要 しない 三 耐 用 年 数 を 経 過 する 前 に 仮 設 店 舗 等 又 は 仮 設 住 宅 等 を 撤 去 する 場 合 には 施 行 者 及 び 補 助 事 業 者 は 同 種 の 事 業 に 継 続 使 用 する 場 合 を 除 き 残 存 価 額 ( 補 助 対 象 建 設 費 に 残 存 価 額 率 を 乗 じた 額 )に 補 助 率 を 乗 じて 得 た 額 を 返 還 しなければならない 第 15 住 宅 用 地 先 行 取 得 促 進 事 業 に 係 る 住 宅 用 地 の 処 分 補 助 事 業 者 は 住 宅 用 地 先 行 取 得 促 進 事 業 に 係 る 住 宅 用 地 の 全 部 又 は 一 部 を 住 宅 供 給

19 公 社 の 供 給 する 賃 貸 住 宅 ( 借 地 権 を 設 定 した 分 譲 住 宅 を 含 む )の 供 給 以 外 の 用 に 供 する ため 処 分 する 場 合 においては 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 の 適 正 化 に 関 する 法 律 第 22 条 の 規 定 に 基 づき 国 土 交 通 大 臣 の 承 認 を 受 けなければならない この 場 合 において 補 助 金 相 当 額 を 返 還 するものとする 第 16 地 区 公 共 施 設 整 備 に 係 る 土 地 の 処 分 1 施 行 者 は 第 4 第 3 号 ロの 補 助 を 受 けて 取 得 した 地 区 公 共 施 設 等 整 備 に 係 る 土 地 ( 地 区 公 共 施 設 等 整 備 を 行 う 用 地 の 代 替 地 等 又 は 公 共 施 設 用 地 転 換 地 として 取 得 した 土 地 を 含 む )の 全 部 又 は 一 部 について 地 区 公 共 施 設 等 整 備 を 行 う 用 地 又 は 地 区 公 共 施 設 等 整 備 を 行 う 用 地 の 代 替 地 以 外 の 用 に 供 するため 処 分 する 場 合 においては 法 第 22 条 の 規 定 に 基 づき 国 土 交 通 大 臣 の 承 認 を 受 けなければならない この 場 合 補 助 金 相 当 額 を 返 還 す るものとする 2 施 行 者 は 第 4 第 3 号 ロの 補 助 を 受 けて 取 得 した 代 替 地 等 の 全 部 又 は 一 部 を 地 区 公 共 施 設 等 整 備 を 行 う 用 地 の 代 替 地 の 用 に 供 した 場 合 当 該 代 替 地 の 時 価 が 地 区 公 共 施 設 等 整 備 を 行 う 用 地 の 取 得 に 要 する 費 用 を 超 えるときは 施 行 者 は 当 該 差 額 相 当 額 を 事 業 地 区 の 環 境 の 整 備 改 善 に 必 要 な 土 地 の 取 得 に 要 する 費 用 に 充 てなければならない 第 17 書 類 の 様 式 及 び 提 出 方 法 等 1 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 に 係 る 書 類 の 様 式 は 別 表 第 11 によるものとする 2 前 項 に 規 定 する 書 類 の 提 出 は 補 助 事 業 者 が 都 道 府 県 指 定 都 市 又 は 都 市 再 生 機 構 に あっては 国 土 交 通 大 臣 ( 第 7の 規 定 による 全 体 設 計 承 認 申 請 の 場 合 にあっては 住 宅 局 長 )に 補 助 事 業 者 が 都 市 再 生 住 宅 等 整 備 事 業 等 を 行 う 又 は 民 間 事 業 者 等 にあっては 都 道 府 県 知 事 を 経 由 して 国 土 交 通 大 臣 に 補 助 事 業 者 が 市 町 村 にあって は 都 道 府 県 知 事 に 対 して 提 出 するものとする 3 第 14 第 3 項 に 規 定 する 国 土 交 通 大 臣 に 対 する 協 議 又 は 承 認 申 請 は 仮 設 店 舗 等 又 は 仮 設 住 宅 等 の 設 置 者 が 都 道 府 県 指 定 都 市 又 は 都 市 再 生 機 構 にあっては 国 土 交 通 大 臣 に 仮 設 店 舗 等 又 は 仮 設 住 宅 等 の 設 置 者 が 都 市 再 生 住 宅 等 整 備 事 業 等 を 行 う 地 方 住 宅 供 給 公 社 にあっては 都 道 府 県 知 事 を 経 由 して 国 土 交 通 大 臣 に 仮 設 店 舗 等 又 は 仮 設 住 宅 等 の 設 置 者 が 市 町 村 又 は 民 間 事 業 者 等 にあっては 都 道 府 県 知 事 に 対 して 行 うものとする 4 補 助 事 業 者 である 市 町 村 に 対 する 補 助 金 交 付 申 請 書 の 交 付 の 決 定 通 知 及 び 額 の 確 定 通 知 等 は 都 道 府 県 を 経 由 して 行 うものとする 第 18 都 道 府 県 知 事 の 進 達 等 1 都 道 府 県 知 事 は 法 第 26 条 第 2 項 及 び 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 の 適 正 化 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 昭 和 30 年 政 令 第 255 号 以 下 法 という ) 第 17 条 の 規 定 に 基 づき 都 道 府 県 知 事 が 行 うこととなった 補 助 金 等 の 交 付 に 関 する 事 務 ( 以 下 受 託 事 務 という ) として 補 助 金 交 付 申 請 等 を 受 理 した 場 合 においては 審 査 調 書 を 添 えて これを 国 土 交 通 大 臣 に 進 達 しなければならない ただし 補 助 金 交 付 申 請 の 進 達 においては 共 通 様 式 第 1の 別 紙 2-1 別 紙 3-1 から3-4まで 別 紙 4-1 別 紙 5-1から5-2まで 別 紙 6-1から7まで 添 付 資 料 1から4まで 並 びに 別 表 1 及 び2に 掲 げる 資 料 ( 大 臣 認 定 費 用 に 係 る 資 料 を 除 く )の 添 付 を 要 しない 2 都 道 府 県 知 事 は 受 託 事 務 として 次 の 各 号 の 掲 げる 事 務 を 処 理 した 場 合 においては それぞれ 当 該 各 号 に 掲 げる 書 類 を 作 成 し 国 土 交 通 大 臣 に 報 告 しなければならない 一 法 第 12 条 の 規 定 に 基 づく 遂 行 状 況 の 報 告 の 受 理 事 業 進 捗 状 況 調 書 二 法 第 14 条 後 段 ( 法 第 16 条 第 2 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む )の 規 定 に 基 づく 年

20 度 終 了 実 績 報 告 書 の 受 理 年 度 終 了 実 績 調 書 三 法 第 15 条 の 規 定 に 基 づく 補 助 金 の 額 の 確 定 補 助 金 の 額 の 確 定 状 況 報 告 明 細 書 3 都 道 府 県 知 事 は 受 託 事 務 として 法 第 13 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づく 事 業 の 遂 行 の 一 時 停 止 を 命 じたときは 速 やかにその 理 由 を 付 して その 旨 国 土 交 通 大 臣 に 報 告 し その 指 示 を 受 けなければならない 第 19 運 営 補 助 金 の 交 付 等 に 関 しては 次 の 各 号 に 定 めるところにより 行 わなければならない 一 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 の 適 正 化 に 関 する 法 律 及 び 同 法 施 行 令 ( 昭 和 30 年 政 令 第 255 号 ) 二 大 都 市 地 域 における 住 宅 及 び 住 宅 地 の 供 給 の 促 進 に 関 する 特 別 措 置 法 施 行 令 ( 昭 和 50 年 政 令 第 306 号 ) 三 密 集 市 街 地 における 防 災 街 区 の 整 備 の 促 進 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 9 年 政 令 第 324 号 ) 四 国 土 交 通 省 所 管 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 33 年 建 設 省 令 第 16 号 ) 五 大 都 市 地 域 における 住 宅 及 び 住 宅 地 の 供 給 の 促 進 に 関 する 特 別 措 置 法 施 行 規 則 ( 昭 和 50 年 建 設 省 令 第 20 号 ) 六 密 集 市 街 地 における 防 災 街 区 の 整 備 の 促 進 に 関 する 法 律 施 行 規 則 ( 平 成 9 年 建 設 省 令 第 15 号 ) 七 住 宅 局 所 管 事 業 関 連 共 同 施 設 整 備 等 補 助 要 領 等 細 目 ( 平 成 12 年 3 月 24 日 付 け 建 設 省 住 備 発 42 号 建 設 省 住 整 発 第 27 号 建 設 省 住 防 発 第 19 号 建 設 省 住 街 発 第 29 号 建 設 省 住 市 発 第 12 号 ) 八 平 成 25 年 度 における 住 宅 局 所 管 事 業 に 係 る 標 準 建 設 費 等 について( 平 成 25 年 4 月 1 日 付 け 国 住 備 第 573 号 国 住 整 第 74 号 国 住 市 第 159 号 ) 九 都 市 地 域 再 生 緊 急 促 進 事 業 通 知 十 補 助 事 業 等 における 残 存 物 件 の 取 扱 いについて( 昭 和 34 年 3 月 12 日 付 け 建 設 省 会 発 第 74 号 ) 十 一 公 営 住 宅 建 設 事 業 等 における 残 存 物 件 の 取 扱 いについて( 昭 和 34 年 4 月 15 日 付 け 建 設 省 住 発 第 120 号 ) 十 二 住 宅 局 所 管 補 助 事 業 の 附 帯 事 務 費 等 の 使 途 基 準 について( 平 成 7 年 11 月 20 日 付 け 建 設 省 住 総 発 第 172 号 ) 十 三 建 設 省 所 管 補 助 事 業 における 食 糧 費 の 支 出 について( 平 成 7 年 11 月 20 日 付 け 街 建 設 省 会 発 第 641 号 ) 十 四 住 宅 局 所 管 補 助 事 業 等 における 消 費 税 相 当 額 の 取 扱 いについて( 平 成 17 年 9 月 1 日 付 け 国 住 総 発 第 37 号 ) 十 五 その 他 関 連 通 知 に 定 めるもの 附 則 第 1 施 行 期 日 この 要 綱 は 平 成 16 年 4 月 1 日 から 施 行 する 第 2 阪 神 淡 路 大 震 災 に 係 る 特 例 阪 神 淡 路 大 震 災 の 被 災 地 域 において 阪 神 淡 路 大 震 災 に 関 連 して 実 施 される 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 については 次 の 特 例 を 適 用 することができる 一 第 4 第 2 号 イ(1) 及 びロ 中 1/3を2/5とする 二 第 4 第 3 号 ロ 中 1/3を2/5と 50,000 千 円 を 60,000 千 円 とする 三 第 4 第 3 号 イ 中 1/3を1/2 以 内 とする

21 四 第 4 第 4 号 中 費 用 の1/3 以 内 を 費 用 の1/3 以 内 (ただし 共 同 建 替 えの 場 合 の 除 却 等 費 調 査 設 計 計 画 費 及 び 共 同 施 設 整 備 費 については2/5 以 内 ) とする 五 第 4 第 3 号 ハ 仮 設 住 宅 等 設 置 に 阪 神 淡 路 大 震 災 により 損 傷 を 受 けた 仮 設 住 宅 等 の 除 却 又 は 補 修 に 要 する 費 用 を 加 える 六 第 4 第 9 号 イ(12)の 適 用 に 際 しては 同 号 イ 中 国 土 交 通 大 臣 の 定 める 額 を 国 土 交 通 大 臣 が 認 める 額 と 読 み 替 えるものとする 第 3 経 過 措 置 一 住 宅 市 街 地 整 備 総 合 支 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 10 年 4 月 8 日 付 建 設 省 住 市 発 第 15 号 ) 住 宅 市 街 地 整 備 総 合 支 援 事 業 関 連 公 共 施 設 整 備 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 12 年 3 月 24 日 付 建 設 省 住 市 発 第 6 号 ) 及 び 密 集 住 宅 市 街 地 整 備 促 進 事 業 等 補 助 金 交 付 要 領 ( 平 成 6 年 6 月 23 日 付 建 設 省 住 市 発 第 48 号 )( 以 下 旧 要 綱 等 という )は 廃 止 する ただし この 要 綱 施 行 の 際 旧 要 綱 に 基 づき 行 われている 事 業 については こ の 要 綱 で 定 める 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 とみなす 二 この 要 綱 の 施 行 の 際 住 宅 市 街 地 基 盤 整 備 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 付 け 国 土 政 第 3-5 号 国 住 整 第 12 号 ) 附 則 第 2により 廃 止 された 住 宅 宅 地 関 連 公 共 施 設 等 総 合 整 備 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 14 年 5 月 21 日 付 け 国 総 宅 第 357 号 国 住 整 第 1168 号 )に 基 づき 行 われている 事 業 のうち 平 成 16 年 度 以 降 において 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 として 予 算 配 分 される 事 業 については この 要 綱 で 定 める 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 とみなす 三 住 宅 市 街 地 整 備 総 合 支 援 事 業 制 度 要 綱 に 基 づく 従 前 居 住 者 用 住 宅 等 又 は 密 集 住 宅 市 街 地 整 備 促 進 事 業 制 度 要 綱 に 基 づくコミュニティ 住 宅 等 で 平 成 13 年 度 までに 整 備 計 画 の 承 認 を 受 けたものに 関 する 規 定 は なお 従 前 の 例 によるものとする 四 住 宅 等 の 建 設 に 伴 って 行 う 地 区 計 画 建 築 協 定 等 により 管 理 上 の 担 保 措 置 のある 公 開 空 地 の 整 備 を 行 うものとして 平 成 13 年 度 までに 取 得 した 用 地 について 平 成 14 年 度 以 降 に 住 宅 等 の 整 備 に 伴 い 支 出 されることとなるものに 関 する 規 定 は なお 従 前 の 例 によるものとする 附 則 第 1 この 要 綱 は 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 する 第 2 平 成 16 年 度 までに 制 度 要 綱 第 10 の 規 定 により 同 意 を 受 けた 事 業 計 画 に 基 づき 行 われる 事 業 に 関 する 規 定 は なお 従 前 の 例 によるものとする 附 則 第 1 この 要 綱 は 平 成 18 年 4 月 1 日 から 施 行 する 第 2 低 未 利 用 地 有 効 利 用 等 推 進 計 画 で 平 成 17 年 度 までに 採 択 された 地 区 に 関 する 規 定 は なお 従 前 の 例 によるものとする 附 則 第 1 施 行 期 日 この 要 綱 は 平 成 19 年 4 月 1 日 から 施 行 する 第 2 地 域 優 良 賃 貸 住 宅 整 備 事 業 に 係 る 規 定 1 第 2 第 十 六 号 ロの 規 定 については 地 域 優 良 賃 貸 住 宅 制 度 要 綱 ( 平 成 19 年 3 月 28

22 日 付 け 国 住 備 第 160 号 )の 施 行 の 日 から 施 行 する 2 前 項 の 施 行 の 日 までに 供 給 計 画 の 認 定 を 受 けた 特 定 優 良 賃 貸 住 宅 等 及 び 高 齢 者 向 け 優 良 賃 貸 住 宅 等 並 びに 事 業 に 着 手 した 特 定 優 良 賃 貸 住 宅 等 及 び 高 齢 者 向 け 優 良 賃 貸 住 宅 等 については なお 従 前 の 例 による 第 3 経 過 措 置 この 要 綱 の 施 行 の 際 旧 要 綱 に 基 づき 行 われている 沿 道 等 整 備 型 重 点 整 備 地 区 におけ る 事 業 については この 要 綱 で 定 める 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 であるものとみなし 各 補 助 対 象 事 業 の 補 助 に 関 する 規 定 は それぞれなお 従 前 の 例 によるものとする 附 則 第 1 施 行 期 日 この 要 綱 は 平 成 20 年 4 月 1 日 から 施 行 する 附 則 第 1 施 行 期 日 この 要 綱 は 平 成 21 年 1 月 27 日 から 施 行 する 附 則 第 1 施 行 期 日 この 要 綱 は 平 成 21 年 4 月 1 日 から 施 行 する 附 則 第 1 施 行 期 日 この 要 綱 は 平 成 22 年 4 月 1 日 から 施 行 する 附 則 第 1 施 行 期 日 この 要 綱 は 平 成 24 年 4 月 6 日 から 施 行 する 附 則 第 1 施 行 期 日 この 要 綱 は 平 成 25 年 4 月 1 日 から 施 行 する 附 則 第 1 施 行 期 日 この 要 綱 は 平 成 25 年 5 月 15 日 から 施 行 する

23 別 表 第 1 都 心 共 同 住 宅 供 給 事 業 国 庫 補 助 採 択 要 件 (1) 敷 地 及 び 構 造 等 の 要 件 ( 都 市 居 住 環 境 整 備 重 点 地 域 に 係 るものにあっては イ 及 びロを 除 く ) イ 敷 地 に 接 する 道 路 の 中 心 線 以 内 の 面 積 が 原 則 として500m2 以 上 であること ロ 1 欄 に 掲 げる 最 高 限 度 に 応 じて 2 欄 に 掲 げる 空 地 の 面 積 の 敷 地 面 積 に 対 する 割 合 を 満 たす 面 積 以 上 の 空 地 を 確 保 すること ただし 空 地 の 面 積 は 絶 対 空 地 面 積 と 公 開 空 地 面 積 の 有 効 面 積 の 合 計 とし 公 開 空 地 面 積 については 総 合 設 計 許 可 準 則 に 関 す る 技 術 基 準 について( 昭 和 61 年 12 月 27 日 付 け 建 設 省 住 街 発 第 94 号 )に 準 じて 積 算 することができる 1 建 築 基 準 法 第 53 条 の 規 定 に 2 空 地 の 面 積 の 敷 地 面 積 に 対 する 割 合 よる 建 築 面 積 の 敷 地 面 積 に 対 す る 割 合 の 最 高 限 度 ( 最 高 限 度 ) 10 分 の5 以 下 1から 建 築 基 準 法 第 53 条 の 規 定 による 建 築 面 積 の 敷 地 面 積 に 対 する 割 合 の 最 高 限 度 を 減 じた 数 値 に10 分 の1.5を 加 えた 数 値 10 分 の5を 超 え 10 分 の5. 10 分 の6.5 5 以 下 の 場 合 10 分 の5.5を 超 える 場 合 1から 建 築 基 準 法 第 53 条 の 規 定 による 建 築 面 積 の 敷 地 面 積 に 対 する 割 合 の 最 高 限 度 を 減 じた 数 値 に10 分 の2を 加 えた 数 値 ハ 敷 地 が 原 則 として 幅 員 6m 以 上 の 道 路 に4m 以 上 接 すること ニ 耐 火 建 築 物 又 は 準 耐 火 建 築 物 であること (2)タイプ イ 共 同 化 タイプ 2 以 上 の 敷 地 又 は 敷 地 以 外 の 一 団 の 土 地 ( 以 下 敷 地 等 とい う )について 所 有 権 等 を 有 する2 人 以 上 の 者 又 はこれらの 者 の 同 意 を 得 た 者 が 当 該 権 利 の 目 的 となっている 敷 地 等 の 区 域 において 行 う 一 の 構 えを 成 す 建 築 物 ( 建 築 基 準 法 第 86 条 第 1 項 の 規 定 により 同 一 敷 地 内 にあるものとみなされる2 以 上 の 構 えを 成 す 建 築 物 を 含 む 以 下 同 じ ) 及 びその 敷 地 等 の 整 備 で 整 備 する 建 築 物 の 延 べ 面 積 の2 分 の1 以 上 を 住 宅 の 用 に 供 するものをいう ただし 当 該 敷 地 等 について 所 有 権 を 有 する 者 が2 人 である 場 合 は その 面 積 が200 平 方 メートル 未 満 で ある 敷 地 等 又 はその 形 状 が 不 整 形 である 敷 地 等 を 含 むものに 限 るものであること この 場 合 において 当 該 所 有 権 等 を 有 す るものの 人 数 の 算 定 上 一 の 権 利 を 共 有 するものは1 人 とみな し 土 地 又 は 借 地 権 の 信 託 の 受 託 者 を 除 くものとする ロ 市 街 地 環 境 形 成 タイプ 次 のいずれかの 要 件 に 該 当 する 建 築 物 及 びその 敷 地 等 の 整 備 で 整 備 する 建 築 物 の 延 べ 面 積 の2 分 の1 以 上 を 住 宅 の 用 に 供 するものをいう 1) 建 築 基 準 法 第 69 条 に 規 定 する 建 築 協 定 都 市 計 画 法 第 1 2 条 の5 第 2 項 第 3 号 に 規 定 する 地 区 整 備 計 画 又 は 幹 線 道 路 の 沿 道 の 整 備 に 関 する 法 律 ( 昭 和 55 年 法 律 第 34 号 ) 第 9 条 第 2 項 第 2 号 に 規 定 する 沿 道 地 区 整 備 計 画 その 他 これ らに 類 する 計 画 等 に 基 づく 壁 面 の 位 置 の 制 限 建 築 物 の 形

24 ハ マンション 建 替 タイプ 態 意 匠 等 に 関 する 制 限 その 他 これらに 類 する 制 限 を 受 ける ものであること 2) 次 に 掲 げるいずれかに 該 当 するものであること 1 日 常 的 に 開 放 され 市 街 地 における 公 衆 の 円 滑 な 通 行 の 確 保 に 資 する 敷 地 ( 建 築 物 を 含 む ) 内 の 公 共 的 通 路 等 を 整 備 するもの 2 敷 地 内 の 事 業 認 可 前 の 都 市 計 画 施 設 部 分 都 市 計 画 法 第 12 条 の5 第 2 項 に 規 定 する 地 区 施 設 部 分 を 空 地 として 確 保 することにより 都 市 計 画 施 設 等 の 整 備 の 促 進 に 寄 与 するとともに 歩 行 者 空 間 としての 確 保 等 にも 寄 与 するも の 3 都 市 再 生 推 進 事 業 制 度 要 綱 ( 平 成 12 年 3 月 24 日 建 設 省 経 宅 発 第 37-2 号 建 設 省 都 計 発 第 35-2 号 建 設 省 住 街 発 第 23 号 )に 基 づく 地 方 拠 点 整 備 総 合 計 画 区 域 及 び 市 街 地 環 境 整 備 総 合 計 画 区 域 内 において 施 行 されるものであ ること 減 価 償 却 資 産 の 耐 用 年 数 等 に 関 する 省 令 ( 昭 和 40 年 大 蔵 省 令 第 15 号 ) 別 表 第 1に 掲 げる 耐 用 年 数 の3 分 の1を 経 過 し 又 はこれと 同 程 度 の 機 能 低 下 を 生 じている 共 同 住 宅 ( 当 該 共 同 住 宅 が 取 壊 し 等 により 現 に 共 同 住 宅 として 使 用 されていない 場 合 を 含 む )に 関 し 建 物 の 区 分 所 有 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 3 7 年 4 月 4 日 法 律 第 69 号 以 下 区 分 所 有 法 という ) 第 2 条 第 1 項 に 規 定 する 区 分 所 有 権 を 有 する 者 ( 以 下 区 分 所 有 者 という ) 又 は 区 分 所 有 者 の 同 意 を 得 た 者 が1 人 で 又 は 数 人 共 同 して 当 該 権 利 の 目 的 となっている 敷 地 等 の 区 域 内 で 行 う 共 同 住 宅 の 建 替 え 及 びその 敷 地 等 の 整 備 であり 次 に 掲 げ る 要 件 に 該 当 するものをいう 1) 市 街 地 総 合 再 生 計 画 等 の 区 域 内 において 行 われる 事 業 であ ること 又 は 次 に 掲 げる 周 辺 市 街 地 整 備 に 寄 与 する 事 業 のい ずれかに 該 当 するものであること 1 その 敷 地 内 で 狭 小 道 路 に 面 する 部 分 の 道 路 拡 幅 通 路 提 供 等 を 伴 う 事 業 2 その 敷 地 内 に 一 般 の 利 用 に 供 する 公 開 空 地 を 確 保 する 事 業 3 近 隣 環 境 に 配 慮 し 景 観 と 一 体 となった 建 築 計 画 が 定 め られた 事 業 2) 建 替 え 対 象 となる 共 同 住 宅 に 係 る 区 分 所 有 者 が10 人 以 上 ( 地 区 面 積 が1,000 平 方 メートル 未 満 で 従 前 の 住 宅 戸 数 が10 戸 以 上 の 場 合 は 区 分 所 有 者 が5 人 以 上 )であるこ と 3) 区 分 所 有 法 第 62 条 第 1 項 の 規 定 による 建 替 え 決 議 又 は 区 分 所 有 者 全 員 の 総 意 による 建 替 え 決 議 又 はこれに 準 ずる 措 置 がなされていること 4) 建 替 え 後 の 建 築 物 の 延 べ 面 積 の2 分 の1 以 上 を 住 宅 の 用 に 供 し かつ 建 替 え 前 の 戸 数 又 は 建 替 え 前 の 延 べ 面 積 以 上 の

25 ニ 住 宅 複 合 利 用 タイプ ホ 優 良 住 宅 供 給 タイプ 住 宅 を 供 給 すること 住 宅 を 他 の 施 設 と 共 同 して 建 設 することにより 住 宅 の 地 価 負 担 を 軽 減 するものであって 住 宅 を15 戸 ( 都 市 計 画 法 第 12 条 の4 第 1 項 第 1 号 に 掲 げる 地 区 計 画 のうち 同 法 第 12 条 の 9に 規 定 する 事 項 が 定 められたものの 区 域 内 並 びに 同 法 第 8 条 第 1 項 に 掲 げる 近 隣 商 業 地 域 商 業 地 域 及 び 特 別 用 途 地 区 ( 建 築 物 の 中 高 層 階 における 住 宅 の 確 保 及 び 住 居 の 環 境 の 保 護 を 図 ることを 目 的 とするものに 限 る )の 区 域 内 においては 10 戸 ) 以 上 供 給 する 建 築 物 及 びその 敷 地 等 の 整 備 をいう 大 都 市 法 第 101 条 の3の 規 定 に 基 づく 都 府 県 知 事 の 認 定 を 受 けた 計 画 により30 戸 以 上 の 住 宅 を 供 給 する 建 築 物 及 びそ の 敷 地 等 の 整 備 をいう

26 別 表 第 2 整 備 計 画 策 定 等 事 業 事 業 及 び 内 訳 説 明 イ 整 備 計 画 作 成 (1) 広 域 調 査 整 備 地 区 を 選 定 するため 整 備 計 画 を 策 定 する 補 助 事 業 者 の 行 政 区 域 の 相 当 範 囲 を 対 象 に 行 う 土 地 利 用 施 設 現 況 等 の 調 査 に 関 する 事 業 (2) 整 備 計 画 作 成 調 査 整 備 計 画 の 作 成 に 当 たって 必 要 となる 現 況 の 測 量 現 況 図 の 作 成 物 件 及 び 権 利 関 係 の 調 査 並 びに 基 本 構 想 の 作 成 ( 防 災 再 開 発 促 進 地 区 の 設 定 経 費 を 含 む )に 関 する 事 業 ロ 事 業 計 画 作 成 事 業 計 画 の 作 成 に 当 たって 必 要 となる 現 況 の 測 量 現 況 図 の 作 成 物 件 及 び 権 利 関 係 の 調 査 並 びに 基 本 構 想 の 作 成 に 関 する 事 業 並 びに 事 業 計 画 の 作 成 等 に 関 する 事 業 ハ 推 進 事 業 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 の 推 進 に 必 要 な 以 下 に 掲 げる 事 業 1 施 行 者 又 は 施 行 者 から 委 託 等 を 受 けた 者 が 行 う 事 業 推 進 のために 必 要 な 関 係 機 関 地 元 住 民 等 との 調 整 業 務 等 及 び 当 該 業 務 の 実 施 に 必 要 な 現 地 事 務 所 の 設 置 2 地 元 住 民 協 議 会 及 びNPO 法 人 等 並 びに 防 災 街 区 計 画 整 備 組 合 及 び 防 災 街 区 整 備 推 進 機 構 における 事 業 普 及 活 動 促 進 事 業 等 3 ブロック 単 位 の 実 施 計 画 の 策 定 4 建 替 促 進 事 業 計 画 の 作 成 5 再 評 価 等 の 事 業 評 価 ニ 低 未 利 用 地 有 効 利 用 等 次 に 掲 げる 事 業 をいう 推 進 計 画 作 成 1 低 未 利 用 地 の 有 効 利 用 を 促 進 するため 既 成 市 街 地 におい て 住 宅 等 の 整 備 を 中 心 とする 市 街 地 整 備 により 低 未 利 用 地 の 有 効 利 用 を 図 るべき 地 区 ( 防 災 公 園 街 区 の 整 備 に 関 連 する もの 以 外 については 平 成 18 年 度 までに 土 地 を 取 得 した 地 区 に 限 る )について 地 区 現 況 調 査 地 方 公 共 団 体 や 土 地 所 有 者 等 の 開 発 土 地 利 用 意 向 調 査 地 区 整 備 構 想 及 び 整 備 プログラムの 作 成 関 連 公 共 施 設 や 地 区 公 共 施 設 等 の 整 備 計 画 作 成 地 区 整 備 促 進 のためのコーディネート 関 係 者 間 の 調 整 個 別 低 未 利 用 地 の 有 効 利 用 計 画 ( 事 業 計 画 )の 作 成 及 びその 実 現 のためのコーディネート 関 係 権 利 者 及 び 事 業 者 間 の 調 整 事 業 推 進 及 び 事 業 化 に 係 る 調 整 等 に 関 する 事 業 2 都 市 再 生 に 民 間 事 業 者 を 誘 導 するための 条 件 整 備 として 行 うコーディネート 関 係 権 利 者 事 業 者 等 の 関 係 者 間 の 調 整 事 業 推 進 及 び 事 業 化 に 係 る 調 整 等 に 関 する 事 業 ホ 都 市 居 住 環 境 整 備 基 本 計 画 作 成 (1) 都 市 居 住 環 境 整 都 市 居 住 環 境 整 備 基 本 計 画 の 作 成 に 関 する 事 業 備 基 本 計 画 作 成

27 (2) 事 業 推 進 コーディ 都 市 居 住 環 境 整 備 重 点 地 域 において 地 権 者 による 共 同 化 や ネート 民 間 事 業 者 による 再 開 発 等 の 誘 導 良 質 な 都 市 住 宅 の 整 備 を 通 じて 低 未 利 用 地 の 有 効 利 用 と 都 市 構 造 の 再 編 に 資 する 良 好 な 住 宅 市 街 地 の 整 備 を 促 進 するためのコーディネートに 関 する 事 業 ヘ 推 進 計 画 作 成 密 集 市 街 地 における 老 朽 建 築 物 等 の 共 同 化 等 を 推 進 するた め 地 方 公 共 団 体 との 連 携 の 下 で 都 市 再 生 機 構 が 行 う 調 査 計 画 作 成 及 びコーディネート 等 に 要 する 費 用

28 別 表 第 3 市 街 地 住 宅 等 整 備 事 業 (あ) 区 分 拠 点 開 発 型 街 なか 居 住 再 生 型 都 心 共 同 住 宅 供 給 事 業 個 別 建 替 え 密 集 住 宅 市 街 地 整 備 型 誘 導 建 替 え まち づく り 建 替 え 認 定 建 替 え 防 災 建 替 え 防 災 街 区 整 備 事 業 共 同 施 設 整 備 等 1 調 査 設 計 計 画 イ 事 業 計 画 作 成 費 (1) 現 況 測 量 現 況 調 査 権 利 調 査 及 び 調 整 に 要 する 費 用 (2) 基 本 設 計 費 (3) 敷 地 設 計 費 (4) 公 共 施 設 設 計 費 (5) 資 金 計 画 作 成 費 (6) 環 境 アセスメント 費 (7) PFI 事 業 者 選 定 費 ロ 地 盤 調 査 費 ハ 建 築 設 計 費 ニ 権 利 変 換 計 画 作 成 費 2 土 地 整 備 ( 注 8) イ 建 築 物 除 却 等 費 (い) ロ 仮 設 店 舗 等 設 置 費 ( 注 1) ハ 補 償 費 等 3 共 同 施 設 整 備 ( 注 8) イ 空 地 等 整 備 費 (1) 通 路 整 備 費 (2) 駐 車 施 設 整 備 費 (3) 児 童 遊 園 整 備 費 (4) 緑 地 整 備 費 (5) 広 場 整 備 費 ロ 供 給 処 理 施 設 整 備 費 (1) 給 水 施 設 整 備 費 (2) 排 水 施 設 整 備 費 (3) 電 気 施 設 整 備 費 (4) ガス 供 給 施 設 整 備 費 (5) 電 話 施 設 整 備 費 (6) ごみ 処 理 施 設 整 備 費 (7) 情 報 通 信 施 設 整 備 費 (8) 熱 供 給 施 設 整 備 費

29 ハ その 他 の 施 設 等 整 備 等 費 (1) 共 用 通 行 部 分 整 備 費 (2) 防 災 性 能 強 化 工 事 費 (3) 防 災 関 連 施 設 整 備 費 (4) 航 空 障 害 燈 設 置 費 (5) 防 音 防 震 等 工 事 費 (6) 社 会 福 祉 施 設 等 との 一 体 的 整 備 費 (7) 立 体 的 遊 歩 道 及 び 人 工 地 盤 施 設 整 備 費 (8) 公 共 用 通 路 整 備 費 ( 注 6) (9) 駐 車 場 整 備 費 (10) 機 械 室 ( 電 気 室 を 含 む ) 整 備 費 (11) 集 会 所 及 び 管 理 事 務 所 整 備 費 (12) 高 齢 者 等 生 活 支 援 施 設 整 備 費 (13) 子 育 て 支 援 施 設 整 備 費 (14) 避 難 設 備 設 置 費 (15) 消 火 設 備 及 び 警 報 設 備 設 置 費 (16) 監 視 装 置 設 置 費 (17) 避 雷 施 設 設 置 費 (18) 電 波 障 害 防 除 施 設 設 置 費 (19) 耐 火 等 構 造 費 (20) 共 同 化 促 進 費 (21) 公 開 空 地 用 地 取 得 費 公 共 空 間 等 整 備 1 公 共 空 間 整 備 費 ( 注 2) 2 公 開 空 地 整 備 費 ( 注 3) 3 駅 施 設 整 備 費 ( 注 4)( 注 5) ( 注 7) ( 注 7) ( 注 1) 都 心 共 同 住 宅 供 給 事 業 は 除 く ( 注 2) 住 宅 等 の 整 備 に 伴 って 市 街 地 住 宅 等 整 備 事 業 者 が 行 う 管 理 上 担 保 措 置 のある 道 路 公 園 給 排 水 施 設 等 及 びこれらに 付 帯 する 設 備 の 工 事 に 要 する 費 用 ( 設 計 費 を 含 む ) 並 びに 道 路 公 園 給 排 水 施 設 等 の 整 備 に 必 要 な 用 地 補 償 費 ( 義 務 的 に 整 備 すべき 部 分 に 係 る 額 を 除 く ) 若 しくは 当 該 用 地 補 償 費 に 相 当 する 住 宅 等 の 整 備 に 要 する 費 用 ( 注 3) 住 宅 等 の 整 備 に 伴 って 市 街 地 住 宅 等 整 備 事 業 者 が 行 う 管 理 上 担 保 措 置 のある 空 地 等 及 びこれらに 付 帯 する 設 備 の 工 事 に 要 する 費 用 ( 設 計 費 を 含 む) ( 注 4) 次 に 掲 げる 鉄 道 整 備 事 業 について 行 う 市 街 地 住 宅 等 整 備 事 業 者 の 負 担 1 新 駅 の 設 置 ( 一 体 的 に 行 われる 軌 道 の 敷 設 を 含 む ) 2 既 存 駅 の 改 良 ( 一 定 的 に 行 われる 軌 道 の 敷 設 を 含 む ) ( 注 5) 以 下 の1 及 び2に 要 する 費 用 の 合 計 額 1 鉄 道 整 備 負 担 費

30 鉄 道 事 業 者 と 市 街 地 住 宅 等 整 備 事 業 者 とが 結 ぶ 鉄 道 整 備 事 業 の 費 用 に 関 する 負 担 協 定 ( 鉄 道 整 備 に 係 る 費 用 について 鉄 道 事 業 者 以 外 に 複 数 の 負 担 者 がい る 場 合 において 市 街 地 住 宅 等 整 備 事 業 者 が 負 担 する 費 用 が 最 終 的 に 鉄 道 事 業 者 に 支 払 われることとなる 協 定 を 含 む 以 下 同 じ )に 基 づき 市 街 地 住 宅 等 整 備 事 業 者 が 負 担 する 次 に 掲 げる 費 用 を 合 計 した 額 用 地 買 収 費 調 査 設 計 費 及 び 測 量 試 験 費 土 木 工 事 費 建 築 工 事 費 機 械 設 備 費 2 用 地 費 差 額 負 担 費 鉄 道 事 業 者 と 住 宅 整 備 事 業 者 との 負 担 協 定 に 基 づいて 住 宅 整 備 事 業 者 が 鉄 道 事 業 者 に 土 地 を 譲 渡 する 場 合 における 当 該 土 地 の 取 得 及 び 造 成 に 要 する 費 用 と 鉄 道 事 業 者 への 譲 渡 価 格 との 差 額 ( 注 6)1ヘクタール 当 たりの 工 場 の 延 べ 面 積 の 合 計 がおおむね 800 平 方 メートル 以 上 かつ 木 造 住 宅 率 が5 割 以 上 の 地 区 ( 以 下 住 工 混 在 型 地 区 という )において 工 場 併 存 住 宅 に 建 て 替 える 場 合 ( 老 朽 建 築 物 等 の 除 却 の 跡 地 において 工 場 併 存 住 宅 を 建 設 する 場 合 を 含 む ) 及 び 住 工 混 在 型 地 区 において 都 市 再 生 機 構 が 工 場 併 存 住 宅 に 建 て 替 える 場 合 ( 老 朽 建 築 物 等 の 除 却 の 跡 地 において 工 場 併 存 住 宅 を 建 設 する 場 合 を 含 む )に 限 る ( 注 7) 空 地 等 整 備 費 の(1)~(5) 又 はその 他 施 設 等 整 備 等 費 の(1) 若 しくは(7) に 係 る 土 地 に 限 る ( 注 8) 防 災 街 区 整 備 事 業 のうち 次 表 (ア) 欄 に 該 当 するものにあっては それぞれ の 費 用 の 額 に(イ) 欄 の 係 数 を 乗 じて 得 た 額 とする (ア) 事 業 (イ) 係 数 中 心 市 街 地 の 活 性 化 に 関 する 法 律 第 9 条 第 7 項 に 定 める 認 定 を 受 けた 基 本 計 画 に 位 置 付 けられ 又 は 認 定 1.20 を 受 けることが 確 実 と 見 込 まれる 基 本 計 画 に 位 置 付 け られる 事 業 ( 下 欄 に 該 当 するものを 除 く ) 密 集 市 街 地 整 備 法 第 3 条 の 規 定 に 基 づき 定 め また は 定 める 予 定 である 防 災 再 開 発 促 進 地 区 の 区 域 内 で 施 行 される 事 業 都 市 再 生 プロジェクト 第 三 次 決 定 ( 平 成 13 年 12 月 都 市 再 生 本 部 決 定 )において 地 震 時 に 大 きな 被 害 が 想 定 される 危 険 な 密 集 市 街 地 のうち 特 に 大 火 の 可 能 性 の 高 い 危 険 な 市 街 地 として 位 置 付 けられた 区 域 内 で 実 施 される 事 業 1.35 以 下 の 全 ての 要 件 を 満 たす 事 業 中 心 市 街 地 の 活 性 化 に 関 する 法 律 第 9 条 第 7 項 に 定 める 認 定 を 受 けた 基 本 計 画 に 位 置 付 けられ 又 は 認 定 を 受 けることが 確 実 と 見 込 まれる 基 本 計 画 に 位 置 付 けられる 事 業 地 区 内 の 事 業 施 行 前 の 容 積 率 に 対 して 事 業 実 施 後 の 施 設 建 築 物 の 容 積 率 が 2.55 倍 以 下 の 事 業

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱 新 ひだか 町 住 宅 新 築 リフォーム 耐 震 等 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 26 年 6 月 27 日 要 綱 第 15 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 住 宅 の 新 築 工 事 増 改 築 工 事 リフォーム 工 事 又 は 耐 震 補 強 工 事 ( 以 下 新 築 リフォーム 等 工 事 という ) を 行 う 者 に 対 し その 工 事 費 の

More information

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の 消 防 法 施 行 令 別 表 第 1(6) 項 ロに 掲 げる 施 設 の 概 要 ( 細 目 欄 の 印 は275m2 未 満 の 施 設 が 想 定 されるものを 示 す ) 細 目 根 拠 法 令 規 定 規 模 要 件 根 拠 規 定 構 造 要 件 根 拠 規 定 参 考 資 料 10 老 短 期 入 所 施 設 ( ) (ショートステイ) 第 20 条 の3 ( 老 短 期 入 所 施

More information

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱 千 葉 市 耐 震 改 修 費 補 助 事 業 要 綱 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 震 による 住 宅 の 倒 壊 等 の 被 害 から 市 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 するため 住 宅 の 耐 震 改 修 の 実 施 について 必 要 な 事 項 を 定 め 耐 震 改 修 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 することにより

More information

ÿþr‰!nn0.z^Ÿ

ÿþr‰!nn0.z^Ÿ 1 住 宅 ローン 控 除 (1) 居 住 用 の 建 物 及 び 上 地 等 を 取 得 等 ( 新 築 を 含 む) 又 は 居 住 用 建 物 の 増 改 築 をし 平 成 16 年 1 月 1 日 から 平 成 20 年 12 月 31 日 までの 間 に 居 住 の 用 に 供 した 場 合 には 10 年 間 所 得 税 が 軽 減 されます 但 し 居 住 年 が 平 成 17 年 から

More information

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は 加 西 市 賃 貸 共 同 住 宅 等 建 設 促 進 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 賃 貸 共 同 住 宅 等 を 新 築 した 者 に 対 して 補 助 金 を 交 付 することにより 賃 貸 共 同 住 宅 等 の 建 設 を 促 進 し 人 口 の 増 加 に 資 することを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次

More information

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について 参 考 資 料 7 災 害 時 の 賃 貸 住 宅 居 住 者 の 居 住 の 安 定 確 保 について 平 成 24 年 11 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 1. 東 日 本 大 震 災 で 住 居 を 失 われた 方 への 居 住 の 安 定 の 確 保 震 災 発 生 復 旧 期 復 興 期 東 日 本 大 震 災 住 宅 が 滅 失 避 難 所 等 2012.3.11 17:00 時

More information

別 表 1 土 地 建 物 提 案 型 の 供 給 計 画 に 関 する 評 価 項 目 と 評 価 点 数 表 項 目 区 分 評 価 内 容 と 点 数 一 般 評 価 項 目 100 1 立 地 条 件 (1) 交 通 利 便 性 ( 徒 歩 =80m/1 分 ) 25 (2) 生 活 利 便

別 表 1 土 地 建 物 提 案 型 の 供 給 計 画 に 関 する 評 価 項 目 と 評 価 点 数 表 項 目 区 分 評 価 内 容 と 点 数 一 般 評 価 項 目 100 1 立 地 条 件 (1) 交 通 利 便 性 ( 徒 歩 =80m/1 分 ) 25 (2) 生 活 利 便 石 巻 市 公 募 型 買 取 市 営 住 宅 の 供 給 計 画 に 関 する 選 定 基 準 制 定 平 成 24 年 10 月 10 日 改 正 平 成 25 年 5 月 1 日 改 正 平 成 26 年 7 月 8 日 改 正 平 成 27 年 12 月 4 日 改 正 平 成 28 年 6 月 27 日 第 1 目 的 この 基 準 は 石 巻 市 公 募 型 買 取 市 営 住 宅 制

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

て 位 置 付 けられているもので, 本 市 が 指 定 するものをいう ⒀ 防 火 対 策 次 のいずれかの 防 火 上 の 対 策 を 行 うことをいう ア 外 壁 で, 道 からの 延 焼 のおそれのある 部 分 ( 建 築 物 の 敷 地 が 接 する 道 に 面 する 当 該 建 築 物

て 位 置 付 けられているもので, 本 市 が 指 定 するものをいう ⒀ 防 火 対 策 次 のいずれかの 防 火 上 の 対 策 を 行 うことをいう ア 外 壁 で, 道 からの 延 焼 のおそれのある 部 分 ( 建 築 物 の 敷 地 が 接 する 道 に 面 する 当 該 建 築 物 京 都 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 25 年 4 月 15 日 制 定 平 成 26 年 3 月 31 日 改 正 平 成 27 年 4 月 10 日 改 正 平 成 28 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 本 市 に 存 する 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 を 促 進 するため, 当 該 木 造 住 宅 の

More information

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 21 年 7 月 3 日 決 裁 )の 全 部 を 改 正 する ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るため 私 立 幼 稚 園 又 は 無 認 可 幼 稚 園 に 在 園 する

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内 砥 部 町 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 るため 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平 成 22 年 3 月 26 日 付 け 国 官 会 第 2317 号 )

More information

を 行 うこと 又 は 必 要 な 機 能 を 追 加 することをいう ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 3 条 補 助 金 の 交 付 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は, 次 条 に 規 定 するこの 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 者 ( 以

を 行 うこと 又 は 必 要 な 機 能 を 追 加 することをいう ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 3 条 補 助 金 の 交 付 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は, 次 条 に 規 定 するこの 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 者 ( 以 玉 野 市 空 き 家 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 25 年 3 月 29 日 告 示 第 98 号 改 正 平 成 25 年 9 月 27 日 告 示 第 297 号 平 成 27 年 4 月 1 日 告 示 第 155 号 玉 野 市 空 き 家 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 空 き 家 の 有 効 活 用 による

More information

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A>

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A> 平 成 25 年 度 国 土 交 通 省 税 制 改 正 事 項 ( 住 宅 関 係 抜 粋 ) 平 成 25 年 5 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 平 成 25 年 度 住 宅 関 連 税 制 の 改 正 概 要 ( 主 要 事 項 目 次 ) 1. 消 費 税 率 引 上 げを 踏 まえた 住 宅 取 得 対 策 P2 1 住 宅 ローン 減 税 P2 2 投 資 型 減 税 ( 現 金

More information

<5461726F2D82508251817C88EF96D88E7381402E6A7464>

<5461726F2D82508251817C88EF96D88E7381402E6A7464> 1. 本 市 の 区 域 内 において 行 われる 開 発 行 為 等 ただし 都 市 計 画 法 第 29 条 第 4 号 から 第 9 号 までに 規 定 される 開 発 行 為 は 除 く 2. 建 築 基 準 法 第 6 条 第 1 項 又 は 第 18 条 第 1 項 に 規 定 する 建 築 物 を 建 築 し 若 しくは 工 作 物 を 設 置 する 行 為 3. 建 築 基 準 法

More information

っては いずれか 一 方 の 事 業 を 補 助 金 の 交 付 の 対 象 とする 3 第 1 項 各 号 に 掲 げる 事 業 において 国 県 若 しくは 本 市 からの 補 償 金 の 交 付 又 は 損 害 保 険 契 約 によ る 損 害 てん 補 その 他 これに 類 するものを 受

っては いずれか 一 方 の 事 業 を 補 助 金 の 交 付 の 対 象 とする 3 第 1 項 各 号 に 掲 げる 事 業 において 国 県 若 しくは 本 市 からの 補 償 金 の 交 付 又 は 損 害 保 険 契 約 によ る 損 害 てん 補 その 他 これに 類 するものを 受 福 井 市 集 会 所 建 設 等 事 業 補 助 要 綱 昭 和 50 年 4 月 1 日 告 示 第 26 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 集 会 所 の 建 設 等 に 要 する 経 費 につき 補 助 金 を 交 付 することについて 福 井 市 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 48 年 福 井 市 規 則 第 11 号 以 下 規 則 という )によるほか 必

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

市街化区域と市街化調整区域との区分

市街化区域と市街化調整区域との区分 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 平 成 27 年 9 月 埼 玉 県 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 趣 旨 本 県 では 昭 和 45 年 に 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )を 都 市 計

More information

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や 参 考 資 料 1-17 民 間 都 市 整 備 事 業 建 築 計 画 に 関 わる 関 連 制 度 の 整 理 都 市 開 発 諸 制 度 には 公 開 空 地 の 確 保 など 公 共 的 な 貢 献 を 行 う 建 築 計 画 に 対 して 容 積 率 や 斜 線 制 限 などの 建 築 基 準 法 に 定 める 形 態 規 制 を 緩 和 することにより 市 街 地 環 境 の 向 上 に

More information

は 共 有 名 義 )で 所 有 権 保 存 登 記 又 は 所 有 権 移 転 登 記 を された も の で あ る こと (3) 居 室 便 所 台 所 及 び 風 呂 を 備 え 居 住 の ために 使 用 す る 部 分 の 延 べ 床 面 積 が 5 0 平 方 メ ー ト ル 以 上

は 共 有 名 義 )で 所 有 権 保 存 登 記 又 は 所 有 権 移 転 登 記 を された も の で あ る こと (3) 居 室 便 所 台 所 及 び 風 呂 を 備 え 居 住 の ために 使 用 す る 部 分 の 延 べ 床 面 積 が 5 0 平 方 メ ー ト ル 以 上 蕨 市 三 世 代 ふれあい 家 族 住 宅 取 得 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 子 育 て 中 の 子 世 帯 及 びその 親 世 帯 の 同 居 又 は 近 居 ( 以 下 同 居 等 と い う ) を 促 進 す る た め 住 宅 の 取 得 に 係 る 費 用 の 一 部 を 補 助 す る こ と に よ り 三 世 代 の 市 内 定 住

More information

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 )

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 ) 加 古 川 市 域 の 市 街 化 調 整 区 域 では 加 古 川 市 都 市 計 画 マスター プラン( 土 地 利 用 方 針 )に 基 づき 地 域 の 皆 さんが 主 体 となっ て 定 める 地 区 計 画 制 度 により 周 辺 環 境 と 調 和 した 適 切 な 建 築 開 発 行 為 が 容 認 されます この 地 区 計 画 制 度 を 有 効 に 活 用 し 市 街 化 調

More information

控 除 を 受 けるための 要 件 と 必 要 な 添 付 書 類 (マイホームの 新 築 や 購 入 増 改 築 等 をして 平 成 28 年 中 に 居 住 の 用 に 供 した 場 合 ) 1 新 築 住 宅 2 中 古 住 宅 増 改 築 等 要 件 イ 住 宅 取 得 後 6か 月 以 内 に 入 居 し 引 き 続 き 居 住 していること ロ 家 屋 の 床 面 積 ( 登 記 面 積

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

    平成11年度余市町私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

    平成11年度余市町私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 余 市 町 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 1 この 要 綱 は 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 が 保 育 料 等 の 減 免 をする 場 合 に 余 市 町 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 の 交 付 について 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 この 要 綱 でいう ひとり 親 世 帯 等 とは 保 護 者 又

More information

Taro-H26改正_溶け込み_中学授業

Taro-H26改正_溶け込み_中学授業 鳥 取 県 私 立 中 学 校 生 徒 授 業 料 減 免 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 鳥 取 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 32 年 鳥 取 県 規 則 第 22 号 以 下 規 則 とい う ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 鳥 取 県 私 立 中 学 校 生 徒 授 業 料 減 免 補 助 金 ( 以 下 本 補 助 金

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030385F303088A4926D8CA78E8497A79763927489808EF68BC697BF93998C798CB895E28F958BE08CF0957497768D6A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030385F303088A4926D8CA78E8497A79763927489808EF68BC697BF93998C798CB895E28F958BE08CF0957497768D6A2E646F63> 愛 知 県 私 立 幼 稚 園 授 業 料 等 軽 減 補 助 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 愛 知 県 私 立 幼 稚 園 授 業 料 等 軽 減 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )は 私 立 の 幼 稚 園 及 び 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 ( 以 下 幼 稚 園 等 という )に 在 籍 する 幼 児 の 就 園 に 係 る 父 母 負 担 の 軽

More information

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 土 佐 市 住 宅 耐 震 改 修 費 等 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 28 年 5 月 13 日 平 成 28 年 要 綱 第 44 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 既 存 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 り 地 震 発 生 時 の 住 宅 の 倒 壊 等 によ る 被 害 を 軽 減 することを 目 的 とし 土 佐 市 にある 既 存 住 宅 の 耐

More information

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 美 作 市 防 犯 カメラ 設 置 支 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 地 域 の 防 犯 活 動 を 推 進 し 安 全 安 心 のまちづくりの 実 現 を 図 るため 犯 罪 等 の 防 止 を 目 的 に 防 犯 カメラの 設 置 を 行 う 住 民 団 体 に 対 し 予 算 の 範 囲 内 において その 設 置 に 要 する 経 費

More information

存 しておくべきこと (2) 知 事 の 承 認 を 受 けて 財 産 を 処 分 することにより 収 入 があった 場 には その 収 入 の 全 部 又 は 一 部 を 県 に 納 付 すべきこと (3) 補 助 事 業 により 取 得 し 又 は 効 用 の 増 加 した 財 産 については

存 しておくべきこと (2) 知 事 の 承 認 を 受 けて 財 産 を 処 分 することにより 収 入 があった 場 には その 収 入 の 全 部 又 は 一 部 を 県 に 納 付 すべきこと (3) 補 助 事 業 により 取 得 し 又 は 効 用 の 増 加 した 財 産 については 宮 崎 県 まちなか 商 業 再 生 支 援 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 21 年 4 月 1 日 商 工 観 光 労 働 部 商 工 政 策 課 ( 趣 旨 ) 第 1 条 県 は 商 店 街 等 と 多 様 な 主 体 が 連 携 して 行 う 新 たな 振 興 策 や 起 業 への 取 組 及 び 商 店 街 の 活 性 化 への 取 組 を 促 進 するため 予 算 で

More information

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和 福 山 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 家 庭 の 所 得 状 況 に 応 じて 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るとともに, 公 私 立 幼 稚 園 間 の 保 護 者 負 担 の 格 差 の 是 正 を 図 るため, 予 算 の 範 囲 内 において 福 山 市 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨

More information

とする ( 減 免 額 の 納 付 ) 第 6 条 市 長 は 減 免 を 受 け た 者 が 偽 り そ の 他 不 正 な 方 法 に よ り 減 免 の 決 定 を 受 け た こ と を 知 っ た と き 前 の 申 告 が あ っ た と き 又 は 同 条 第 2 項 の 規 定 によ

とする ( 減 免 額 の 納 付 ) 第 6 条 市 長 は 減 免 を 受 け た 者 が 偽 り そ の 他 不 正 な 方 法 に よ り 減 免 の 決 定 を 受 け た こ と を 知 っ た と き 前 の 申 告 が あ っ た と き 又 は 同 条 第 2 項 の 規 定 によ 羽 曳 野 市 固 定 資 産 税 減 免 事 務 取 扱 要 綱 制 定 平 成 2 8 年 3 月 2 5 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は 羽 曳 野 市 税 条 例 ( 昭 和 57 年 羽 曳 野 市 条 例 第 28 号 以 下 条 例 という ) 第 75 条 に 規 定 す る 固 定 資 産 税 の 減 免 ( 以 下 減 免 と い う )の 取 扱 い に つ

More information

目 次 第 1. 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 (1) 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 (2) 施 行 者 の 名 称 1 第 2. 施 行 区 1 (1) 施 行 区 の 位 置 1 (2) 施 行 区 位 置 図 1 (3) 施 行 区 の 区 域 1 (4) 施

目 次 第 1. 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 (1) 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 (2) 施 行 者 の 名 称 1 第 2. 施 行 区 1 (1) 施 行 区 の 位 置 1 (2) 施 行 区 位 置 図 1 (3) 施 行 区 の 区 域 1 (4) 施 北 部 大 阪 都 市 画 事 業 JR 高 槻 駅 北 東 土 区 画 整 理 事 業 事 業 画 書 高 槻 市 JR 高 槻 駅 北 東 土 区 画 整 理 組 合 目 次 第 1. 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 (1) 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 (2) 施 行 者 の 名 称 1 第 2. 施 行 区 1 (1) 施 行 区 の 位 置 1 (2) 施 行

More information

Microsoft Word - 220401 要綱.doc

Microsoft Word - 220401 要綱.doc 国 立 市 開 発 行 為 等 指 導 要 綱 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 立 市 における 開 発 行 為 等 によって 無 秩 序 な 市 街 化 が 行 われる ことを 規 制 し 良 好 な 市 街 地 の 造 成 並 びに 快 適 な 生 活 環 境 を 保 持 するとともに 人 間 を 大 切 にするまちづくり の 実 現 をはかることを 目 的

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 11 章 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 法 律 ( 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ) 第 四 十 一 条 都 道 府 県 知 事 は 用 途 地 域 の 定 められていない 土 地 の 区 域 における 開 発 行 為 につい て 開

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領 四 国 中 央 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 23 年 9 月 26 日 告 示 第 182 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る た め 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平

More information

(5) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 ま れる 農 用 地 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の2 第 1 項 及 び 第 41 条 第

(5) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 ま れる 農 用 地 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の2 第 1 項 及 び 第 41 条 第 伊 達 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 地 区 計 画 の 原 案 を 作 成 するための 案 ( 以 下 地 区 計 画 の 素 案 という )の 作 成 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることにより

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

H25要綱本文

H25要綱本文 新 潟 県 私 立 高 等 学 校 等 学 費 軽 減 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 6 年 5 月 30 日 制 定 平 成 7 年 4 月 25 日 一 部 改 正 平 成 8 年 4 月 22 日 一 部 改 正 平 成 10 年 3 月 20 日 一 部 改 正 平 成 11 年 4 月 21 日 一 部 改 正 平 成 12 年 6 月 9 日 一 部 改 正 平 成 14

More information

平成24年度税制改正要望 公募結果 153. 不動産取得税

平成24年度税制改正要望 公募結果 153. 不動産取得税 項 目 : 153. 不 動 産 取 得 税 岩 手 県 ( 商 工 労 働 観 光 部 企 業 立 地 推 進 課 ) 被 災 地 域 の 企 業 が 投 資 する 再 生 可 能 エネルギー 設 備 に 対 する 課 税 免 除 大 震 災 津 波 において 被 災 地 域 では 電 気 水 道 ガスなどのインフラ 機 能 が 喪 失 し 工 場 では 稼 働 再 開 まで 長 期 間 を 要

More information

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保 することを 目 的 として 行 われており 市 街 地 環

容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保 することを 目 的 として 行 われており 市 街 地 環 資 料 2-2 容 積 率 規 制 等 について Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保

More information

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平 個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 1 消 費 税 率 10%の 引 上 げ 時 期 が 平 成 29 年 4 月 1 日 へ 変 更 されたことに 伴 い 消 費 税 率 の 引 上 げによる 住 宅 投 資 への 影 響 の 平 準 化 及 び 緩 和 の 推 進 のため 次 に 掲 げる 住 宅 取 得 等 に 係 る 措 置 について 適

More information

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例 共 立 蒲 原 総 合 病 院 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 平 成 4 年 3 月 2 6 日 条 例 第 1 号 改 正 平 成 7 年 3 月 16 日 条 例 第 2 号 平 成 13 年 3 月 26 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年 12 月 24 日 条 例 第 8 号 平 成 21 年 3 月 19 日 条 例 第 5 号 平 成 22 年 9

More information

南伊豆町空き家バンクリフォーム等補助金交付要綱

南伊豆町空き家バンクリフォーム等補助金交付要綱 南 伊 豆 町 空 き 家 バンクリフォーム 等 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 27 年 4 月 16 日 要 綱 第 15 号 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 南 伊 豆 町 空 き 家 バンク 設 置 要 綱 ( 平 成 23 年 要 綱 第 14 号 ) に 定 める 空 き 家 の 有 効 活 用 をとおして 町 内 への 移 住 及 び 定 住 の 促 進 による

More information

240709

240709 綾 瀬 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 障 害 者 等 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 の 高 齢 者 障 害 者 等 に 福 祉 給 付 金 を 支 給 し 福 祉 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 8 節 市 街 化 調 整 区 域 内 の 建 築 許 可 の 手 続 き 8-1 法 第 43 条 に 基 づく 建 築 許 可 の 手 続 き 8-1-1 建 築 許 可 等 の 手 続 きフロー 市 街 化 調 整 区 域 における 建 築 許 可 に 関 する 標 準 的 な 手 続 きについては 次 のフローのと おりとなります 建 築 主 地 目 が 農 地 の 場 合 建 築 許

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 12 章 市 街 化 調 整 区 域 内 の 土 地 における 建 築 等 の 制 限 1 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ( 都 市 計 画 法 第 42 条 ) 法 律 ( 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ) 第 四 十 二 条 何 人 も 開 発 許 可 を 受 けた 開 発 区 域 内 においては 第 三 十

More information

Taro-iryouhoken

Taro-iryouhoken 医 療 保 険 制 度 2014 社 会 保 障 法 1 国 民 皆 保 険 国 民 皆 保 険 医 療 保 険 全 体 図 国 民 共 済 制 度 健 康 民 間 労 働 者 公 務 員 等 保 家 族 険 自 営 業 者 無 職 他 国 民 健 康 保 険 1961( 昭 36) 年 4 月 ~ 2 健 康 保 険 制 度 の 被 保 険 者 と 被 扶 養 者 (1) 強 制 被 保 険 者

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63> 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 ( 新 しい 公 共 の 場 づくりのためのモデル 事 業 ( 県 対 象 )) の 平 成 23 年 度 募 集 について 第 1 目 的 本 事 業 は 愛 知 県 が 定 める 愛 知 県 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 実 施 要 領 ( 平 成 23 年 6 月 以 下 実 施 要 領 という ) に 基

More information

(7) 水 道 事 業 又 は 公 共 下 水 道 の 用 に 供 するポンプ 施 設 (8) 第 一 種 電 気 通 信 事 業 の 用 に 供 する 電 気 通 信 交 換 施 設 (9) 都 市 高 速 鉄 道 の 用 に 供 する 停 車 場 開 閉 所 及 び 変 電 所 (10) 発 電

(7) 水 道 事 業 又 は 公 共 下 水 道 の 用 に 供 するポンプ 施 設 (8) 第 一 種 電 気 通 信 事 業 の 用 に 供 する 電 気 通 信 交 換 施 設 (9) 都 市 高 速 鉄 道 の 用 に 供 する 停 車 場 開 閉 所 及 び 変 電 所 (10) 発 電 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 に 関 する 許 可 基 準 改 定 平 成 23 年 10 月 1 日 Ⅰ 趣 旨 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 以 下 法 という ) 第 52 条 第 14 項 第 1 号 の 許 可 制 度 は 機 械 室 等 部 分 の 床 面 積 の 合 計 の 建 築 物 の 延 べ 面 積 に 対 する

More information

七 の 二 自 然 公 園 法 ( 昭 和 三 十 二 年 法 律 第 百 六 十 一 号 ) 第 二 十 条 第 一 項 に 規 定 する 国 立 公 園 又 は 国 定 公 園 の 特 別 地 域 のうち 同 法 第 二 十 一 条 第 一 項 に 規 定 する 特 別 保 護 地 区 その 他

七 の 二 自 然 公 園 法 ( 昭 和 三 十 二 年 法 律 第 百 六 十 一 号 ) 第 二 十 条 第 一 項 に 規 定 する 国 立 公 園 又 は 国 定 公 園 の 特 別 地 域 のうち 同 法 第 二 十 一 条 第 一 項 に 規 定 する 特 別 保 護 地 区 その 他 地 方 税 法 ( 固 定 資 産 税 の 非 課 税 の 範 囲 ) 第 三 百 四 十 八 条 市 町 村 は 国 並 びに 都 道 府 県 市 町 村 特 別 区 これらの 組 合 財 産 区 及 び 合 併 特 例 区 に 対 しては 固 定 資 産 税 を 課 することができない 2 固 定 資 産 税 は 次 に 掲 げる 固 定 資 産 に 対 しては 課 することができない ただし

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F7493FA95948E738A4A94AD8E968BC682CC8EE891B18B7982D18AEE8F8082C98AD682B782E98FF097E182C98AD682B782E98F9590AC8BE093998CF0957497768D6A7665725B315D2E3781698B4E88C49770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F7493FA95948E738A4A94AD8E968BC682CC8EE891B18B7982D18AEE8F8082C98AD682B782E98FF097E182C98AD682B782E98F9590AC8BE093998CF0957497768D6A7665725B315D2E3781698B4E88C49770816A> 春 日 部 市 開 発 事 業 の 手 続 及 び 基 準 に 関 する 条 例 に 関 する 助 成 金 等 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 春 日 部 市 開 発 事 業 の 手 続 及 び 基 準 に 関 する 条 例 ( 平 成 24 年 条 例 第 37 号 以 下 条 例 という ) 第 43 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 助 成 金 を 交 付

More information

能勢町市街化調整区域における地区計画のガイドライン

能勢町市街化調整区域における地区計画のガイドライン 参 考 資 料 2 第 2 回 懇 談 会 (H27.8.10) 能 勢 町 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 25 年 8 月 大 阪 府 豊 能 郡 能 勢 町 目 次 1.ガイドラインの 趣 旨 1 2. 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 1 3. 地 区 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 4. 地 区 計 画 策 定 にあたっての

More information

3 地 震 保 険 の 割 引 地 震 保 険 に 加 入 されている 場 合 耐 震 改 修 後 保 険 料 の 割 引 (10%)が 受 けられる 場 合 があ ります ご 加 入 の 保 険 会 社 にお 問 合 せになり 宅 耐 震 改 修 証 明 書 の 写 し あるいは 固 定 資 産

3 地 震 保 険 の 割 引 地 震 保 険 に 加 入 されている 場 合 耐 震 改 修 後 保 険 料 の 割 引 (10%)が 受 けられる 場 合 があ ります ご 加 入 の 保 険 会 社 にお 問 合 せになり 宅 耐 震 改 修 証 明 書 の 写 し あるいは 固 定 資 産 川 崎 市 木 造 宅 耐 震 改 修 制 度 を 利 用 された 方 へ 得 税 額 の 特 別 控 除 固 定 資 産 税 ( 家 屋 )の 減 額 資 料 3 についての 御 案 内 平 成 26 年 4 月 1 日 以 降 に 耐 震 改 修 を 行 った 場 合 1 得 税 の 特 別 控 除 耐 震 改 修 が 完 了 した 年 の 翌 年 に 必 要 書 類 を 添 付 して 管 の

More information

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63>

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63> 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 勤 務 時 間, 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 す る 規 程 ( 以 下 勤 務 時 間 規 程 という ) 第 28 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき, 国 立 大 学 法

More information

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案)

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案) 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 に お け る 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 ( 案 ) 平 成 2 4 年 12 月 三 郷 市 ま ち づ く り 推 進 部 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 における 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 開 発 行 為

More information

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等 8 資 料 ( 1 ) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) ( 2 ) 最 近 の 主 な 制 改 正 一 覧 (1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63> 千 葉 県 用 途 地 域 指 定 基 準 千 葉 県 県 土 整 備 部 都 市 計 画 課 平 成 22 年 4 月 - 目 次 - 1. 用 途 地 域 指 定 の 目 的 1 2. 用 途 地 域 指 定 の 基 本 方 針 1 3. 土 地 利 用 と 用 途 地 域 の 指 定 方 針 2 (1) 住 宅 地 (2) 商 業 地 (3) 工 業 地 (4) 幹 線 道 路 の 沿 道 等

More information

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活 西 宮 市 外 国 人 等 高 齢 者 特 別 給 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 制 度 上 国 籍 要 件 があったために 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできなかった 外 国 人 ( 外 国 人 登 録 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 125 号 )に 規 定 する 外 国 人 で 本 市 を 居 住 地

More information

Microsoft Word - h28rifo

Microsoft Word - h28rifo 作 成 日 : 平 成 28 年 6 月 14 日 大 村 市 の 住 宅 リフォーム 支 援 事 業 住 宅 リフォームをお 考 えの 方 へ 大 村 市 では いろいろな 住 宅 のリフォーム 支 援 事 業 を 実 施 しています あなたの 目 的 に 応 じた 支 援 事 業 をご 利 用 ください 図 はあくまでイメージです 注 1) となる 部 分 は 各 支 援 事 業 によって 異

More information

長崎市民間建築物耐震化推進事業の概要

長崎市民間建築物耐震化推進事業の概要 平 成 27 年 度 版 お 問 合 せ 先 長 崎 市 建 築 指 導 課 指 導 係 電 話 095-829-74 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 に 対 する 助 成 事 業 の 概 要 平 成 25 年 月 25 日 に 施 行 された 改 正 耐 震 改 修 促 進 法 により 一 定 規 模 以 上 の 大 規 模 建 築 物 について 耐 震 診 断 の 実 施 と

More information

宿泊施設トイレ整備推進事業要綱

宿泊施設トイレ整備推進事業要綱 茨 城 県 宿 泊 施 設 のトイレ 整 備 推 進 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 平 成 31 年 茨 城 国 体 全 国 障 害 者 スポーツ 大 会, 平 成 32 年 東 京 オリンピック パ ラリンピックを 見 据 え, 県 内 宿 泊 施 設 の 受 入 体 制 の 強 化 を 図 るため, 宿 泊 施 設 内 のトイレを 改 修 する

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

<5461726F2D8E9197BF8251817C825381409359957495B68F9182C98AD682B7>

<5461726F2D8E9197BF8251817C825381409359957495B68F9182C98AD682B7> 薬 事 法 ( 昭 和 35 年 法 律 第 145 号 ) ( 抄 ) ( 医 薬 品 等 の 製 造 販 売 の 承 認 ) 第 十 四 条 医 薬 品 ( 厚 生 労 働 大 臣 が 基 準 を 定 めて 指 定 する 医 薬 品 及 び 第 二 十 三 条 の 二 第 一 項 の 規 定 により 指 定 する 体 外 診 断 用 医 薬 品 を 除 く ) 医 薬 部 外 品 ( 厚 生 労

More information

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱 神 戸 市 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 い 同 法 の 施 行 日 ( 昭 和 57 年 1 月 1 日 ) 前 に20 歳 に 達 していた 外 国 人 等 で 年 金 制 度 の 有 する 被 保 険 者

More information

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 16 年 7 月 1 日 規 程 第 8 号 ) 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 総 則 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 に 対 する 退 職 手 当 の 支 給 については この 規 程 の 定 めるところによる

More information

(11) 建 築 物 特 定 施 設 等 本 許 可 基 準 により 容 積 率 緩 和 対 象 とした 施 設 2. 運 用 方 針 この 許 可 基 準 は, 市 街 地 環 境 の 保 護 を 図 りつつ, 地 域 の 安 定 的 な 医 療 福 祉 環 境 の 確 保 を 図 ることを 目

(11) 建 築 物 特 定 施 設 等 本 許 可 基 準 により 容 積 率 緩 和 対 象 とした 施 設 2. 運 用 方 針 この 許 可 基 準 は, 市 街 地 環 境 の 保 護 を 図 りつつ, 地 域 の 安 定 的 な 医 療 福 祉 環 境 の 確 保 を 図 ることを 目 福 岡 市 バリアフリー 容 積 率 緩 和 許 可 基 準 ( 福 岡 市 : 高 齢 者, 障 害 者 等 の 移 動 等 の 円 滑 化 の 促 進 に 関 する 法 律 第 24 条 の 規 定 による 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 許 可 基 準 ) 平 成 20 年 8 月 福 岡 市 住 宅 都 市 局 建 築 指 導 部 1. 用 語 の 定 義 この

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

K66 号 2/9 B 面 農 業 体 験 施 設 等 (21) 施 設 の 区 分 ( 該 当 に 印 ) (22) 棟 数 (2) 建 築 延 べ 床 面 積 (24) 所 要 面 積 農 業 体 験 施 設 市 民 農 園 特 定 農 地 貸 付 けの 用 に 供 された 農 地 譲 受 後

K66 号 2/9 B 面 農 業 体 験 施 設 等 (21) 施 設 の 区 分 ( 該 当 に 印 ) (22) 棟 数 (2) 建 築 延 べ 床 面 積 (24) 所 要 面 積 農 業 体 験 施 設 市 民 農 園 特 定 農 地 貸 付 けの 用 に 供 された 農 地 譲 受 後 ( 様 式 第 K66 号 ) 処 理 コード 7464 01 特 定 処 分 対 象 農 地 等 及 び 特 定 農 業 用 施 設 処 分 届 ( 特 例 付 加 年 金 ) (1) 特 例 付 加 年 金 証 書 の 記 号 番 号 (2) (フリガナ) 記 号 番 号 新 制 度 (H26.4) K66 号 1/9 A 面 氏 名 印 () 生 年 月 日 昭 和 2 年 月 日 各 事 由

More information

幕別町定住促進住宅建設費補助金交付要綱

幕別町定住促進住宅建設費補助金交付要綱 幕 別 町 マイホーム 応 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 幕 別 町 への 移 住 促 進 と 町 内 居 住 者 の 定 住 に 資 するため 住 宅 を 新 築 又 は 購 入 する 者 に 対 し 当 該 住 宅 の 取 得 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 す ることにより 人 口 減 少 の 著 しい 子 育 て 世 代

More information

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同 半 田 市 立 学 校 職 員 に 係 る 自 家 用 自 動 車 の 公 務 使 用 に 関 する 取 扱 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 公 務 の 円 滑 な 執 行 に 資 するため 半 田 市 立 学 校 に 勤 務 する 県 費 負 担 教 職 員 ( 以 下 学 校 職 員 という )が 出 張 に 際 し 職 員 等 の 旅 費 に 関 する 条 例 ( 昭 和

More information

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 (

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 ( 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについての 改 正 について 平 成 23 年 8 月 1 日 通 達 ( 務 人 ) 第 44 号 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 110 号 以 下 法 という )の 改 正 に 鑑 み このたび 山 梨 県 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 山 梨 県 条

More information

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関 所 得 税 確 定 申 告 等 ( 平 成 23 年 分 ) 手 続 名 所 得 税 申 告 帳 票 名 平 成 年 分 の 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 B( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 ( 分 離 課 税 用 )( 第 三 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について 改 正 後 一 時 預 かり 事 業 実 施 要 綱 新 旧 対 照 表 改 正 前 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 一 次 改 正 28 文 科 初 第 519 号 雇 児 発 0705 第 1 号 平 成 2 8 年

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

Microsoft Word - 東京都北区有料老人ホーム等設置指導要綱

Microsoft Word - 東京都北区有料老人ホーム等設置指導要綱 東 京 都 北 区 有 料 老 人 ホーム 設 置 指 導 要 綱 1 8 北 福 健 第 2 1 4 号 平 成 18 年 7 月 20 日 区 長 決 裁 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 北 区 内 において 有 料 老 人 ホームの 事 業 を 計 画 する 者 等 に 対 し 遵 守 すべき 事 項 を 定 め 必 要 な 指 導 及 び 協 力 要 請 を 行 うことにより

More information

土 購 入 土 借 用 土 所 有 権 移 転 登 記 確 約 書 農 転 用 許 可 書 ( 写 ) 農 転 用 届 出 受 理 書 ( 写 ) 土 不 動 産 価 格 評 価 書 土 見 積 書 ( 写 ) 又 は 売 買 確 約 書 ( 写 ) 土 売 主 印 鑑 登 録 証 明 書 売 主

土 購 入 土 借 用 土 所 有 権 移 転 登 記 確 約 書 農 転 用 許 可 書 ( 写 ) 農 転 用 届 出 受 理 書 ( 写 ) 土 不 動 産 価 格 評 価 書 土 見 積 書 ( 写 ) 又 は 売 買 確 約 書 ( 写 ) 土 売 主 印 鑑 登 録 証 明 書 売 主 設 立 認 可 申 請 書 必 要 書 類 とチェック 事 項 必 要 書 類 チェック 事 項 基 本 書 類 設 立 認 可 申 請 書 定 款 添 付 書 類 目 録 財 産 目 録 土 関 係 土 不 動 産 登 記 事 項 証 明 書 図 面 ( 周 辺 図 配 置 図 平 面 図 ) 土 公 図 土 土 契 約 書 ( 写 ) 身 分 証 明 書 印 鑑 登 録 証 明 書 成 年 被

More information

第1条を次のように改める

第1条を次のように改める 公 益 財 団 法 人 西 熊 谷 病 院 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 西 熊 谷 病 院 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 埼 玉 県 熊 谷 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 精 神 疾 患 を 持 つ 人

More information

船橋市地域住宅計画(第1回変更)様式変更

船橋市地域住宅計画(第1回変更)様式変更 地 域 ( 第 三 期 ) 地 域 住 宅 計 画 ふ な ば し し 平 成 28 年 3 月 ( 第 1 回 変 更 ) 地 域 住 宅 計 画 計 画 の 名 称 地 域 ( 第 三 期 ) 地 域 住 宅 計 画 都 道 府 県 名 千 葉 県 作 成 主 体 名 計 画 期 間 1. 地 域 の 住 宅 政 策 の 経 緯 及 び 現 況 平 成 27 年 度 ~ 31 年 度 は 東 京

More information

公営住宅法施行令の一部を改正する政令―公営住宅法施行令例規整備*

公営住宅法施行令の一部を改正する政令―公営住宅法施行令例規整備* 公 営 住 宅 法 施 行 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 公 営 住 宅 法 施 行 令 例 規 整 備 * 公 営 住 宅 法 施 行 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 例 規 整 備 平 成 22 年 12 月 21 日 登 録 同 年 12 月 28 日 更 新 ( 主 な 変 更 箇 所 はアミカケとしています ) 公 布 年 月 日 番 号 平 成 22 年 12 月

More information

Microsoft Word - 設計委託特記仕様書20130201.doc

Microsoft Word - 設計委託特記仕様書20130201.doc 川 崎 病 院 ナースコールシステム 改 修 設 計 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 担 当 係 長 課 長 建 築 電 気 機 械 平 成 25 年 5 月 1 日 まちづくり 局 施 設 整 備 部 Ⅰ 業 務 概 要 1 業 務 名 称 ( 川 崎 病 院 ナースコールシステム 改 修 設 計 業 務 委 託 ) 2 計 画 施 設 概 要 本 業 務 の 対 象 となる 施 設 ( 以

More information

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た 市 民 税 減 免 取 扱 要 綱 函 館 市 財 務 部 目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た た め, 生 活 が 著 し く 困 難

More information

既 存 建 築 物 の 建 替 市 街 化 調 整 区 域 で 許 可 を 不 要 とする 取 扱 いについて 既 存 建 築 物 の 建 替 は 以 下 の1)~3)をすべて 満 たしている 場 合 に 可 能 です 1) 建 替 前 の 建 築 物 ( 以 下 既 存 建 築 物 という )につ

既 存 建 築 物 の 建 替 市 街 化 調 整 区 域 で 許 可 を 不 要 とする 取 扱 いについて 既 存 建 築 物 の 建 替 は 以 下 の1)~3)をすべて 満 たしている 場 合 に 可 能 です 1) 建 替 前 の 建 築 物 ( 以 下 既 存 建 築 物 という )につ 市 街 化 調 整 区 域 において 開 発 行 為 を 行 おうとする 者 は 開 発 許 可 を 開 発 行 為 が 伴 わない 建 築 物 の 新 築 等 を 行 おうとする 者 は 建 築 許 可 をあらかじめ 市 長 から 得 る 必 要 がありますが ここでは 許 可 を 不 要 とする 場 合 について 説 明 しています 区 分 市 街 化 調 整 区 域 建 築 物 を 建 築 したい

More information

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~ 第 2 回 社 会 保 険 料 労 働 保 険 料 の 賦 課 対 象 となる 報 酬 等 の 範 囲 に 関 する 検 討 会 平 成 24 年 9 月 20 日 資 料 1 通 勤 手 当 について 1 これまでの 通 勤 に 要 する 費 用 に 関 する 考 え 方 では 通 勤 手 当 の 金 額 が 実 費 弁 償 的 に 算 定 される 場 合 でも それは 通 常 使 用 者 が 負

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FE3927291DC926E8BE6926E8BE68C7689E681408C7689E68F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FE3927291DC926E8BE6926E8BE68C7689E681408C7689E68F912E646F63> 東 京 都 市 計 画 地 区 計 画 の 決 定 ( 豊 島 区 決 定 ) 都 市 計 画 上 池 袋 二 三 四 丁 目 地 区 地 区 計 画 を 次 のように 決 定 する 名 称 上 池 袋 二 三 四 丁 目 地 区 地 区 計 画 位 置 豊 島 区 上 池 袋 二 丁 目 上 池 袋 三 丁 目 上 池 袋 四 丁 目 及 び 池 袋 本 町 一 丁 目 各 地 内 面 積 約 46.5ha

More information

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464>

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464> 5. 滋 賀 県 建 設 工 事 監 督 要 領 5-1 滋 賀 県 工 事 監 督 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 滋 賀 県 建 設 工 事 執 行 規 則 ( 昭 和 58 年 4 月 20 日 滋 賀 県 規 則 第 30 号 以 下 執 行 規 則 という )に 定 めるもののほか 県 が 施 行 する 請 負 工 事 の 監 督 について 必 要 な 事 項 を 定

More information

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 細 則 第 1 総 則 1 趣 旨 この 細 則 は 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 要 領 ( 以 下 要 領 という ) 第 26 条 の 規 定 に 基 づ き 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 財 産 形 成 貯 蓄 残 高 明 細 表 福 利

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 28 年 度 市 県 民 税 の 計 算 方 法 ( 鳥 取 市 ) まず 計 算 の 全 体 の 流 れを 示 すと 以 下 のようになります 総 所 得 金 - 所 得 控 除 = ( 千 円 未 満 切 り 捨 て ) 課 税 標 準 所 得 割 の 税 率 6% 所 得 割 の 税 率 4% 算 出 調 整 税 控 均 等 割 所 得 割 - - + 控 除 除 = 算 出 調 整

More information

所令要綱

所令要綱 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 要 旨 一 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 の 一 部 改 正 ( 第 1 条 関 係 ) 1 個 人 所 得 課 税 ⑴ 次 に 掲 げる 書 類 等 については それぞれ 次 に 定 める 個 人 番 号 の 記 載 を 要 しな いこととする ( 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 第 3

More information

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱 桜 井 市 外 国 人 高 齢 者 及 び 外 国 人 重 度 心 身 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 平 成 7 年 3 月 31 日 告 示 第 21 号 改 正 平 成 12 年 12 月 28 日 告 示 第 151 号 改 正 平 成 14 年 04 月 01 日 告 示 第 59 号 改 正 平 成 22 年 05 月 27 日 告 示 第 132 号 改 正 平 成 24

More information