住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱"

Transcription

1 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 16 年 4 月 1 日 国 住 市 第 352 号 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 通 知 最 終 改 正 平 成 25 年 5 月 15 日 国 住 市 第 52 号 第 1 通 則 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 に 係 る 国 の 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 等 に 関 し ては 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 昭 和 30 年 法 律 第 179 号 以 下 法 という ) 大 都 市 地 域 における 住 宅 及 び 住 宅 地 の 供 給 の 促 進 に 関 する 特 別 措 置 法 ( 昭 和 50 年 法 律 第 67 号 以 下 大 都 市 法 という ) 密 集 市 街 地 における 防 災 街 区 の 整 備 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 9 年 法 律 第 49 号 以 下 密 集 市 街 地 整 備 法 という ) 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 制 度 要 綱 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 付 け 国 住 市 第 350 号 以 下 制 度 要 綱 という ) 並 びに 第 19 に 規 定 する 関 係 法 令 及 び 関 係 通 知 に 定 めるところによるほ か この 要 綱 に 定 めるところによる 第 2 定 義 この 要 綱 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は それぞれ 当 該 各 号 に 定 めるところ による 一 都 心 共 同 住 宅 供 給 事 業 大 都 市 法 第 101 条 の3に 基 づき 認 定 を 受 けた 計 画 に 従 って 行 う 都 心 共 同 住 宅 供 給 事 業 及 びそれと 一 体 的 に 行 う 建 築 物 等 の 整 備 事 業 で 別 表 第 1(1)に 掲 げる 要 件 を 満 たし かつ 同 (2)に 掲 げるタイプのいずれかに 該 当 するものをいう 二 整 備 計 画 策 定 等 事 業 都 市 居 住 環 境 整 備 重 点 地 域 整 備 地 区 重 点 整 備 地 区 若 しくは 拠 点 的 開 発 等 を 行 う 地 区 に 係 る 調 査 等 及 び 事 業 化 に 向 けてのコーディネート 等 又 は 地 元 住 民 協 議 会 等 の 活 動 支 援 で 別 表 第 2に 掲 げるものをいう 三 市 街 地 住 宅 等 整 備 事 業 住 宅 市 街 地 整 備 計 画 に 適 合 する 事 業 又 は 第 1 号 に 規 定 する 都 心 共 同 住 宅 供 給 事 業 に 係 る 事 業 で 別 表 第 3の(い) 欄 に 掲 げる 事 業 (ただし 密 集 住 宅 市 街 地 整 備 型 重 点 整 備 地 区 に 係 る 事 業 については 建 替 えを 促 進 すべき 建 築 物 の 除 却 を 伴 い 別 表 第 5 各 号 のいずれかの 要 件 に 適 合 する 建 築 物 の 建 設 ( 老 朽 建 築 物 の 除 却 跡 地 において 建 設 する 場 合 は 除 却 後 2 年 以 内 に 行 うもの )に 限 る )をいう 四 居 住 環 境 形 成 施 設 整 備 事 業 次 に 掲 げる 事 業 をいう イ 拠 点 開 発 型 重 点 整 備 地 区 内 の 原 則 として 拠 点 的 開 発 等 が 行 われる 区 域 以 外 の 区 域 又 は 街 なか 居 住 再 生 型 重 点 整 備 地 区 で 次 に 掲 げる 計 画 等 の 定 められた 地 区 におい て 行 う 地 区 公 共 施 設 ( 道 路 公 園 緑 地 広 場 その 他 の 公 共 の 用 に 供 する 施 設 で 主 として 整 備 地 区 内 の 居 住 者 等 の 利 用 に 供 されるものをいう 以 下 同 じ ) 等 で 別 表 第 4の(い) 欄 に 掲 げる 施 設 の 整 備 をいう a 都 市 計 画 法 ( 昭 和 43 年 法 律 第 100 号 ) 第 4 条 第 9 項 に 規 定 する 地 区 計 画 等 b 都 市 再 開 発 法 ( 昭 和 44 年 法 律 第 38 号 ) 第 2 条 の3 第 1 項 第 2 号 若 しくは 同 条 第 2 項 に 規 定 する 整 備 又 は 開 発 の 計 画 c 大 都 市 法 第 3 条 の6 第 1 項 に 規 定 する 住 宅 市 街 地 の 開 発 整 備 の 方 針 ( 確 実 に 策 定 が 見 込 まれるものを 含 む )

2 d 都 市 計 画 法 第 8 条 第 1 項 第 2 号 に 掲 げる 特 別 用 途 地 区 ( 建 築 物 の 中 高 層 階 にお ける 住 宅 の 確 保 及 び 住 居 の 環 境 の 保 護 を 図 ることを 目 的 とするものに 限 る ) 第 3 号 に 掲 げる 高 度 地 区 及 び 高 度 利 用 地 区 第 4 号 に 掲 げる 特 定 街 区 並 びに 第 11 条 第 1 項 第 8 号 に 掲 げる 一 団 地 の 住 宅 施 設 e 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 ) 第 47 条 に 規 定 する 壁 面 線 による 建 築 制 限 第 69 条 に 規 定 する 建 築 協 定 及 び 第 86 条 第 1 項 に 規 定 する 総 合 的 設 計 f 街 なみ 環 境 整 備 事 業 制 度 要 綱 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 付 け 建 設 省 住 整 発 第 27 号 ) 第 9に 規 定 する 街 づくり 協 定 g その 他 これらに 類 する 市 街 地 の 整 備 誘 導 指 針 ロ 密 集 住 宅 市 街 地 整 備 型 重 点 整 備 地 区 において 行 う 次 のaからcまでに 掲 げる 事 業 をいう a 老 朽 建 築 物 等 の 除 却 (この 場 合 老 朽 建 築 物 等 には 老 朽 住 宅 等 と 連 担 して 一 体 的 に 除 却 すべき 建 築 物 を 含 み 除 却 には 除 却 のための 取 得 を 含 む 以 下 老 朽 建 築 物 等 除 却 という ) b 施 行 地 区 の 環 境 の 整 備 改 善 に 必 要 な 土 地 の 取 得 ( 代 替 地 等 及 び 公 共 施 設 用 地 転 換 地 ( 制 度 要 綱 第 2 第 三 十 二 に 規 定 するものをいう 以 下 同 じ )の 取 得 を 含 む ) 及 び 造 成 並 びに 地 区 公 共 施 設 等 の 整 備 等 で 別 表 第 4の(い) 欄 に 掲 げる 施 設 の 整 備 c 仮 設 住 宅 等 の 設 置 ( 以 下 仮 設 住 宅 等 設 置 という ) 五 延 焼 遮 断 帯 形 成 事 業 道 路 整 備 等 と 一 体 に 沿 道 の 建 築 物 を 耐 火 建 築 物 等 に 建 替 えることより 延 焼 遮 断 機 能 を 整 備 する 事 業 であって 制 度 要 綱 第 19 第 2 項 の 各 号 の 要 件 に 適 合 するもの 六 都 市 再 生 住 宅 等 整 備 事 業 密 集 市 街 地 整 備 法 第 19 条 の 規 定 に 従 って 行 われる 市 町 村 借 上 住 宅 を 借 り 上 げる 事 業 及 び 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 ( 都 心 共 同 住 宅 供 給 事 業 を 除 く ) 等 の 実 施 に 伴 って 必 要 となる 次 に 掲 げる 事 業 をいう イ 民 間 建 設 型 都 市 再 生 住 宅 等 整 備 事 業 下 記 のいずれかに 該 当 する 都 市 再 生 住 宅 等 を 供 給 する 事 業 a 民 間 土 地 所 有 者 等 が 所 有 する 住 宅 を 民 間 事 業 者 が 借 り 上 げ 管 理 することに より 又 は 当 該 民 間 土 地 所 有 者 等 が 自 ら 管 理 若 しくは 分 譲 することにより 供 給 するもの b 地 方 公 共 団 体 が 都 市 再 生 機 構 又 は 民 間 土 地 所 有 者 が 所 有 する 住 宅 を が 民 間 の 土 地 所 有 者 等 が 所 有 する 住 宅 を 借 り 上 げて 管 理 することにより 供 給 するもの ロ 公 共 建 設 型 都 市 再 生 住 宅 等 整 備 事 業 地 方 公 共 団 体 都 市 再 生 機 構 又 は が 自 ら 整 備 等 を 行 い 管 理 若 しくは 分 譲 することにより 都 市 再 生 住 宅 等 を 供 給 する 事 業 七 社 会 福 祉 施 設 等 次 に 掲 げる 施 設 をいう イ 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 ) 生 活 保 護 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 144 号 ) 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 母 子 及 び 寡 婦 福 祉 法 ( 昭 和 39 年 法 律 第 129 号 ) 老 人 福 祉 法 ( 昭 和 38 年 法 律 第 133 号 ) 身 体 障 害 者 福 祉 法 ( 昭 和 24 年 法 律 第 283 号 ) 知 的 障 害 者 福 祉 法 ( 昭 和 35 年 法 律 第 37 号 ) 母 子 保 健 法 ( 昭 和 40 年 法 律 第 141 号 ) 又 は 老 人 保 健 法 ( 昭 和 57 年 法 律 第 80 号 )に 定 める 施 設 又 は 事 業 の 用 に 供 する 施 設 ロ 学 校 教 育 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 26 号 )に 定 める 専 修 学 校 又 は 各 種 学 校 で 社 会 福 祉 施 設 に 関 係 している 施 設

3 ハ 民 間 事 業 者 による 老 後 の 保 健 又 は 福 祉 のための 総 合 的 施 設 の 整 備 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 元 年 法 律 第 64 号 )に 定 める 特 定 民 間 施 設 ニ 介 護 保 険 法 ( 平 成 9 年 法 律 第 123 号 )に 定 める 施 設 ホ 医 療 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 205 号 )に 定 める 医 療 提 供 施 設 八 関 連 公 共 施 設 整 備 制 度 要 綱 第 20 第 4 項 に 規 定 する 要 件 に 該 当 する 整 備 地 区 に 係 る 関 連 公 共 施 設 で 当 該 公 共 施 設 と 同 種 の 公 共 施 設 の 整 備 に 関 する 事 業 の 採 択 基 準 に 適 合 する 施 設 (ただし 平 成 15 年 度 までに 整 備 計 画 の 承 認 を 受 けた 整 備 地 区 内 の 施 設 にあっては 地 区 内 の 全 体 事 業 費 が 通 常 事 業 と 同 様 のものを 含 む( 事 業 費 が 市 町 村 道 については 5,000 万 円 以 上 街 路 については1 億 円 以 上 の 施 設 に 限 る ))の 整 備 であって 次 に 掲 げる 基 準 に 適 合 するものをいう イ 一 般 的 基 準 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 において 住 宅 の 建 設 と 一 体 的 に 整 備 することが 必 要 な 公 共 施 設 の 整 備 に 関 する 事 業 であること ロ 施 設 別 基 準 a 道 路 ( 都 市 計 画 道 路 を 含 む ) 一 般 国 道 以 外 の 道 路 で 次 の(1) (2) 及 び(3)に 該 当 するものの 整 備 に 関 する 事 業 であること (1) 住 宅 市 街 地 整 備 計 画 によって 定 める 区 域 ( 以 下 整 備 地 区 という ) 内 の 主 要 な 道 路 (2) 整 備 地 区 と 整 備 地 区 外 の 主 要 な 道 路 又 は 最 寄 主 要 駅 等 交 通 上 の 重 要 拠 点 と を 連 絡 する 道 路 のうち 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 として 緊 急 に 整 備 を 行 うこ とが 必 要 な 区 間 (3) 整 備 地 区 と 整 備 地 区 外 の 義 務 教 育 施 設 等 主 要 な 公 益 施 設 とを 連 絡 する 道 路 で 緊 急 に 整 備 することが 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 にとって 不 可 欠 な 区 間 b 都 市 公 園 都 市 計 画 施 設 である 住 区 基 幹 公 園 都 市 緑 地 緑 道 等 の 整 備 に 関 する 事 業 で 原 則 として 整 備 地 区 内 において 行 われる 事 業 であること c 下 水 道 下 水 道 法 による 下 水 道 事 業 で 次 の(1)から(4)までの 一 に 該 当 する 施 設 の 整 備 に 関 する 事 業 であること (1) 整 備 地 区 内 の 主 要 な 管 渠 (2) 整 備 地 区 と 整 備 地 区 外 の 主 要 な 幹 線 管 渠 又 は 流 域 下 水 道 の 管 渠 とを 結 ぶ 公 共 下 水 道 の 管 渠 で 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 として 緊 急 に 整 備 を 行 うことが 必 要 なもの (3) 主 として 整 備 地 区 内 の 下 水 を 処 理 する 終 末 処 理 場 で 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 として 緊 急 に 整 備 を 行 うことが 必 要 なもの (4) 整 備 地 区 内 又 は 整 備 地 区 から 適 切 な 放 流 地 点 に 至 るまでの 都 市 下 水 路 d 河 川 一 級 河 川 二 級 河 川 又 は 準 用 河 川 に 係 る 事 業 であって 当 該 河 川 の 下 流 の 治 水 計 画 上 も 効 果 的 と 認 められるもので かつ 次 の(1) 又 は(2)に 該 当 する 施 設 の 整 備 に 関 するものであること (1) 整 備 地 区 の 整 備 の 影 響 により 改 修 が 必 要 となる 河 川 の 部 分 又 は 整 備 地 区 を 通 過 し 若 しくは 接 する 河 川 の 部 分 で 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 として 整 備 することが 必 要 なもの (2) 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 として 整 備 することが 必 要 とされる 防 災 調 節 池

4 流 域 調 節 池 雨 水 貯 留 施 設 又 は 貯 留 浸 透 施 設 九 街 なみ 環 境 整 備 事 業 街 なみ 環 境 整 備 事 業 費 補 助 金 交 付 要 領 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 付 け 建 設 省 住 整 発 第 38 号 ) 第 2 第 1 号 に 規 定 する 街 なみ 環 境 整 備 事 業 をいう 十 防 災 街 区 整 備 事 業 密 集 市 街 地 における 防 災 街 区 の 整 備 の 促 進 に 関 する 法 律 第 2 条 第 5 号 に 規 定 する 防 災 街 区 整 備 事 業 (その 準 備 段 階 を 含 む)をいう 十 一 住 宅 建 築 物 耐 震 改 修 事 業 住 宅 建 築 物 安 全 ストック 形 成 事 業 制 度 要 綱 ( 平 成 21 年 4 月 1 日 付 国 住 市 第 454 号 国 住 街 第 236 号 国 住 指 第 号 ) 第 2 第 1 項 に 規 定 する 住 宅 建 築 物 耐 震 改 修 事 業 をいう 十 二 共 同 化 複 数 の 土 地 所 有 者 等 ( 土 地 の 所 有 権 又 は 建 築 物 の 所 有 を 目 的 とする 地 上 権 賃 借 権 若 しくは 使 用 貸 借 による 権 利 を 有 する 者 をいう )が 建 設 を 行 う 際 共 同 して 行 うこと をいう 十 三 協 調 化 複 数 の 土 地 所 有 者 等 が 建 設 を 行 う 際 一 体 性 に 配 慮 した 設 計 に 基 づいて 各 個 の 敷 地 で 行 うことをいう ただし 複 数 の 土 地 所 有 者 等 による 建 設 の 時 期 が 異 なる 場 合 に は 住 宅 市 街 地 整 備 計 画 期 間 中 の 早 期 にすべての 建 設 が 完 了 することが 確 実 と 見 込 まれ る 場 合 に 限 る 十 四 協 定 等 適 合 化 沿 道 の 建 物 所 有 者 等 が 建 設 を 行 う 際 定 められた 建 築 ルール( 建 築 協 定 地 区 計 画 等 )に 従 って 各 個 の 敷 地 で 行 うことをいう 十 五 民 間 賃 貸 住 宅 等 家 賃 対 策 補 助 事 業 密 集 住 宅 市 街 地 整 備 型 重 点 整 備 地 区 の 整 備 に 係 る 市 街 地 住 宅 等 整 備 事 業 ( 別 表 第 5 の(3)の 要 件 に 該 当 するものに 限 る ) 若 しくは 防 災 街 区 整 備 事 業 に 係 る 従 前 居 住 者 が 入 居 する 当 該 建 設 後 賃 貸 住 宅 又 は 制 度 要 綱 第 17 に 基 づき 住 宅 困 窮 者 に 対 して 地 方 公 共 団 体 があっせんする 都 市 再 生 住 宅 以 外 の 賃 貸 住 宅 に 係 る 家 賃 対 策 補 助 を 行 う 事 業 を いう 十 六 公 営 住 宅 整 備 事 業 等 次 に 掲 げる 事 業 をいう イ 公 営 住 宅 整 備 事 業 等 補 助 要 領 ( 平 成 8 年 建 設 省 住 備 発 第 83 号 ) 第 2 第 1 号 に 定 め る 公 営 住 宅 整 備 事 業 及 び 同 第 4 号 に 定 める 準 公 営 住 宅 整 備 事 業 ロ 地 域 優 良 賃 貸 住 宅 整 備 事 業 補 助 要 領 ( 平 成 19 年 3 月 28 日 付 け 国 住 備 第 161 号 ) 第 2 第 四 号 に 定 める 地 域 優 良 賃 貸 住 宅 整 備 事 業 ハ 公 営 住 宅 等 ストック 総 合 改 善 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 12 年 建 設 省 住 備 発 第 34 号 ) 第 3 第 1 号 に 定 める 公 営 住 宅 等 ストック 総 合 改 善 事 業 ニ 公 営 住 宅 等 駐 車 場 整 備 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 3 年 建 設 省 住 建 発 第 103 号 ) に 定 める 公 営 住 宅 等 駐 車 場 整 備 事 業 ホ 公 営 住 宅 等 関 連 事 業 推 進 事 業 補 助 要 領 ( 平 成 6 年 建 設 省 住 備 発 第 56 号 ) 第 2 各 号 に 定 める 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 十 七 住 宅 地 区 改 良 事 業 等 次 に 掲 げる 事 業 をいう イ 住 宅 地 区 改 良 法 ( 昭 和 35 年 法 律 第 84 号 ) 第 2 条 第 1 項 に 規 定 する 住 宅 地 区 改 良 事 業 ロ 小 規 模 住 宅 地 区 等 改 良 事 業 制 度 要 綱 ( 平 成 9 年 4 月 1 日 付 け 建 設 省 住 整 発 第 46

5 号 ) 第 2 第 3 号 に 規 定 する 小 規 模 住 宅 地 区 等 改 良 事 業 ハ 改 良 住 宅 等 改 善 事 業 制 度 要 綱 ( 平 成 11 年 4 月 1 日 付 け 建 設 省 住 整 発 第 25 号 ) 第 2 第 1 号 に 規 定 する 改 良 住 宅 等 改 善 事 業 ニ 住 宅 地 区 改 良 事 業 等 補 助 金 交 付 要 領 ( 昭 和 53 年 4 月 4 日 付 け 建 設 省 住 整 発 第 14 号 ) 第 2 第 10 号 に 規 定 する 住 宅 地 区 改 良 事 業 等 計 画 基 礎 調 査 事 業 十 八 高 齢 者 世 帯 60 歳 以 上 の 者 が 世 帯 主 である 世 帯 をいう 十 九 障 害 者 等 世 帯 公 営 住 宅 法 施 行 令 ( 昭 和 26 年 政 令 第 240 号 ) 第 6 条 第 4 項 第 1 号 に 該 当 する 世 帯 を いう 二 十 都 市 地 域 再 生 緊 急 促 進 事 業 都 市 地 域 再 生 緊 急 促 進 事 業 都 市 地 域 再 生 緊 急 促 進 事 業 の 補 助 対 象 等 について ( 平 成 21 年 1 月 27 日 付 け 国 都 まち 第 85 号 国 都 市 第 367 号 国 住 備 第 107 号 国 住 街 第 202 号 国 住 市 第 325 号 )( 以 下 都 市 地 域 再 生 緊 急 促 進 事 業 通 知 という ) 第 2 の 一 に 規 定 する 事 業 二 十 一 再 生 促 進 事 業 制 度 要 綱 第 二 十 三 第 8 項 第 2 号 に 規 定 する 事 業 第 3 補 助 金 交 付 対 象 事 業 補 助 金 の 交 付 対 象 事 業 は 次 の 各 号 に 掲 げる 事 業 とする 一 次 の 表 の(ロ) 欄 に 掲 げる 施 行 者 等 が 行 う(イ) 欄 に 掲 げる 事 業 二 次 の 表 の(ハ) 欄 に 掲 げる 施 行 者 等 及 び 地 元 住 民 協 議 会 等 が 行 う(イ) 欄 に 掲 げる 事 業 に 対 する 地 方 公 共 団 体 の 補 助 事 業 (イ) (ロ) (ハ) 整 備 計 画 策 定 等 事 業 整 備 計 画 作 成 事 業 計 画 作 成 推 進 事 業 地 方 公 共 団 体 都 市 再 生 機 構 地 方 公 共 団 体 ( 注 1) 都 市 再 生 機 構 民 間 事 業 者 等 (NPO 法 人 等 を 含 む) ( 注 1) 地 方 公 共 団 体 都 市 再 生 機 構 ( 注 2) 低 未 利 用 地 有 効 利 都 市 再 生 機 構 用 等 推 進 計 画 作 成 推 進 計 画 作 成 都 市 再 生 機 構 都 市 居 住 環 境 整 備 基 本 計 画 作 成 都 市 居 住 環 境 地 方 公 共 団 体 整 備 基 本 計 画 作 成 地 元 住 民 協 議 会 等 民 間 事 業 者 等 (NPO 法 人 等 を 含 む) 防 災 街 区 計 画 整 備 組 合 防 災 街 区 整 備 推 進 機 構 等

6 事 業 推 進 コー 地 方 公 共 団 体 ディネート 都 市 再 生 機 構 市 街 地 住 宅 等 整 備 事 業 共 同 施 設 整 備 等 ( 注 3) 地 方 公 共 団 体 ( 注 4) 都 市 再 生 機 構 ( 注 5) 公 共 空 間 等 整 備 公 共 空 間 整 備 地 方 公 共 団 体 都 市 再 生 機 構 公 開 空 地 整 備 地 方 公 共 団 体 都 市 再 生 機 構 駅 施 設 整 備 地 方 公 共 団 体 都 市 再 生 機 構 居 住 環 境 形 成 施 設 整 備 事 業 老 朽 建 築 物 等 除 却 地 方 公 共 団 体 都 市 再 生 機 構 地 区 公 共 施 設 等 整 備 地 方 公 共 団 体 都 市 再 生 機 構 ( 注 6) 仮 設 住 宅 等 設 置 地 方 公 共 団 体 都 市 再 生 機 構 延 焼 遮 断 帯 形 成 事 業 住 宅 建 築 物 耐 震 改 修 事 業 民 間 賃 貸 住 宅 等 家 賃 地 方 公 共 団 体 対 策 補 助 事 業 都 市 再 生 機 構 防 災 街 区 整 備 事 業 ( 注 地 方 公 共 団 体 3) 都 市 再 生 住 宅 等 整 備 事 業 民 間 建 設 型 都 市 再 生 住 宅 等 民 間 建 設 型 都 都 市 再 生 機 構 ( 注 市 再 生 住 宅 等 8) 整 備 ( 注 3) 家 賃 対 策 補 助 地 方 公 共 団 体 公 共 建 設 型 都 市 再 生 住 宅 等 ( 注 9) 公 共 建 設 型 都 地 方 公 共 団 体 等 民 間 事 業 者 等 民 間 事 業 者 等 民 間 事 業 者 等 民 間 事 業 者 等 民 間 事 業 者 等 (NPO 法 人 等 を 含 む)( 注 6) ( 注 7) 民 間 事 業 者 等 (NPO 法 人 等 を 含 む)( 注 6) 民 間 事 業 者 等 (NPO 法 人 等 を 含 む) 民 間 事 業 者 等 施 行 者 等 対 象 住 宅 の 家 主 個 人 施 行 者 防 災 街 区 整 備 事 業 組 合 防 災 街 区 計 画 整 備 組 合 事 業 会 社 都 市 再 生 機 構 地 方 住 宅 供 給 公 社 特 定 建 築 者 準 備 組 織 民 間 事 業 者 等 民 間 事 業 者 等

7 市 再 生 住 宅 等 都 市 再 生 機 構 整 備 家 賃 対 策 補 助 地 方 公 共 団 体 都 市 再 生 機 構 関 連 公 共 施 設 整 備 地 方 公 共 団 体 都 市 再 生 機 構 街 なみ 環 境 整 備 事 業 地 方 公 共 団 体 民 間 事 業 者 等 公 営 住 宅 整 備 事 業 等 地 方 公 共 団 体 都 市 再 生 機 構 民 間 事 業 者 等 住 宅 地 区 改 良 事 業 等 地 方 公 共 団 体 ( 注 1) 拠 点 開 発 型 重 点 整 備 地 区 街 なか 居 住 再 生 型 重 点 整 備 地 区 に 係 る 事 業 にあっては 市 街 化 区 域 内 農 地 等 の 低 未 利 用 地 等 を 活 用 した 良 好 な 住 宅 の 供 給 の 促 進 に 係 る 場 合 に 限 る ( 注 2) 拠 点 開 発 型 重 点 整 備 地 区 街 なか 居 住 再 生 型 重 点 整 備 地 区 に 係 る 事 業 にあっては 農 業 協 同 組 合 等 国 土 交 通 大 臣 が 必 要 と 認 める 者 を 含 み 市 街 化 区 域 内 農 地 等 の 低 未 利 用 地 等 を 活 用 した 良 好 な 住 宅 供 給 の 促 進 に 係 る 場 合 に 限 る ( 注 3) 市 街 地 住 宅 等 整 備 事 業 民 間 建 設 型 都 市 再 生 住 宅 等 整 備 事 業 及 び 防 災 街 区 整 備 事 業 の 共 同 施 設 整 備 の 補 助 を 受 けて 建 設 される 住 宅 は 原 則 として 別 表 第 9に 示 すバ リアフリー 化 基 準 をみたすものに 限 る (ただし 平 成 12 年 度 までに 設 計 等 に 着 手 した 場 合 を 除 く) ( 注 4) 密 集 住 宅 市 街 地 整 備 型 重 点 整 備 地 区 に 係 る 事 業 については 共 同 化 促 進 費 に 限 る ( 注 5) 共 同 化 促 進 費 にかぎる ( 注 6) 密 集 住 宅 市 街 地 整 備 型 重 点 整 備 地 区 に 係 る 事 業 に 限 る ( 注 7) 拠 点 開 発 型 重 点 整 備 地 区 街 なか 居 住 再 生 型 重 点 整 備 地 区 に 係 る 事 業 に 限 る ( 注 8) 都 市 居 住 環 境 整 備 重 点 地 域 内 の 密 集 住 宅 市 街 地 整 備 型 重 点 整 備 地 区 の 整 備 及 び 防 災 街 区 整 備 事 業 に 係 るものに 限 る ( 注 9) 公 共 建 設 型 都 市 再 生 住 宅 等 整 備 事 業 の 補 助 を 受 けて 建 設 される 住 宅 は 原 則 とし て 別 表 第 9 及 び 別 表 第 10 に 示 すバリアフリー 化 基 準 をみたすものに 限 る (ただし 平 成 12 年 度 までに 設 計 等 に 着 手 した 場 合 を 除 く) 第 4 補 助 金 の 額 補 助 金 の 額 は 次 のとおりとする 一 整 備 計 画 策 定 等 事 業 次 の 表 の(ロ) 欄 に 掲 げる 者 が 行 う(イ) 欄 に 掲 げる 事 業 に 要 する 費 用 の(ハ) 欄 に 掲 げる 額 の 合 計 とする (イ) (ロ) (ハ) 整 備 計 画 作 成 地 方 公 共 団 体 費 用 の1/3 以 内 ( 都 市 居 住 環 境 整 備 重 点 地 域 及 び 密 集 住 宅 市 街 地 整 備 型 重 点 整 備 地 区 にあっては 1/2 以 内 )( 注 1) 都 市 再 生 機 構 費 用 の1/2 以 内 ( 注 1) 費 用 の1/3 以 内 ( 注 1) 事 業 計 画 作 成 地 方 公 共 団 体 費 用 の1/3 以 内 ( 密 集 住 宅

8 都 市 再 生 機 構 民 間 事 業 者 等 市 街 地 整 備 型 重 点 整 備 地 区 にあっては1/2 以 内 )( 注 2) 地 方 公 共 団 体 の 補 助 に 要 す る 費 用 の1/2 以 内 かつ 当 該 補 助 事 業 費 の 合 計 額 の 1/3 以 内 ( 注 2) 推 進 事 業 地 方 公 共 団 体 費 用 の1/3 以 内 ( 都 市 居 住 環 境 整 備 重 点 地 域 密 集 住 宅 市 街 地 整 備 型 重 点 整 備 地 区 に 係 る 事 業 にあっては 1 /2 以 内 )( 注 3)( 注 4) 都 市 再 生 機 構 費 用 の1/2 以 内 ( 注 3)( 注 4) 費 用 の1/3 以 内 ( 密 集 住 宅 市 街 地 整 備 型 重 点 整 備 地 区 に 係 る 事 業 にあっては 1/ 2 以 内 )( 注 3)( 注 4) 地 元 住 民 協 議 会 等 民 間 事 業 者 等 (NPO 法 人 等 を 含 む) 防 災 街 区 計 画 整 備 組 合 防 災 街 区 整 備 事 業 組 合 防 災 街 区 整 備 推 進 機 構 等 地 方 公 共 団 体 の 補 助 に 要 す る 費 用 の1/2 以 内 かつ 当 該 補 助 事 業 費 の 合 計 額 の 1/3 以 内 ( 注 3) 低 未 利 用 地 有 都 市 再 生 機 構 費 用 の1/2 以 内 ( 注 5) 効 利 用 等 推 進 計 画 作 成 推 進 計 画 作 成 都 市 再 生 機 構 費 用 の2/3 以 内 ( 注 6) 都 市 居 住 環 境 整 備 基 本 計 画 作 成 都 市 居 住 環 地 方 公 共 団 体 費 用 の1/2 以 内 ( 注 7) 境 整 備 基 本 計 画 作 成 事 業 推 進 コー ディ ネート 地 方 公 共 団 体 都 市 再 生 機 構 等 費 用 の1/2 以 内 地 方 公 共 団 体 の 補 助 に 要 す る 費 用 の1/2 以 内 かつ 当 該 補 助 事 業 費 の 合 計 額 の 1/3 以 内 ( 注 1) 費 用 は 次 に 掲 げる 額 の 合 計 を 限 度 とする 1 拠 点 開 発 型 重 点 整 備 地 区 街 なか 居 住 再 生 型 重 点 整 備 地 区 に 係 る 事 業 のうち 公 共 施 設 整 備 を 伴 う 事 業 にあっては 年 21,630 千 円 / 地 区 公 共 施 設 整 備 を 伴 わな

9 い 事 業 にあっては 年 12,360 千 円 / 地 区 ただし 5 年 間 を 限 度 とする 2 密 集 住 宅 市 街 地 整 備 型 重 点 整 備 地 区 に 係 る 事 業 にあっては 210 千 円 /ha た だし 210 千 円 /ha に 対 象 区 域 面 積 を 乗 じて 得 た 額 が 10,000 千 円 に 満 たない 場 合 にあっては 10,000 千 円 / 地 区 ( 注 2) 費 用 は 次 に 掲 げる 額 の 合 計 を 限 度 とする 1 拠 点 開 発 型 重 点 整 備 地 区 街 なか 居 住 再 生 型 重 点 整 備 地 区 に 係 る 事 業 にあって は 1,917 千 円 /ha( 事 業 計 画 において 住 宅 街 区 防 災 コミュニティ 整 備 プロ グラムを 作 成 する 場 合 3,834 千 円 /ha ) 2 密 集 住 宅 市 街 地 整 備 型 重 点 整 備 地 区 に 係 る 事 業 にあっては 5,000 千 円 /ha ( 注 3) 費 用 は 次 に 掲 げる 額 の 合 計 を 限 度 とする 助 成 期 間 は 住 宅 市 街 地 整 備 計 画 承 認 前 を 含 み 住 宅 市 街 地 整 備 計 画 ( 変 更 を 含 む) 承 認 又 は 計 画 提 出 後 10 年 間 までとする 1 拠 点 開 発 型 重 点 整 備 地 区 街 なか 居 住 再 生 型 重 点 整 備 地 区 に 係 る 事 業 にあっ ては 年 12,360 千 円 / 地 区 2 密 集 住 宅 市 街 地 整 備 型 重 点 整 備 地 区 に 係 る 事 業 にあっては 年 3,000 千 円 /ha ( 防 災 再 開 発 促 進 地 区 においては 年 6,000 千 円 /ha) ( 注 4) 別 表 第 2 ハの 欄 の 推 進 事 業 に 係 る 説 明 欄 の3 4 5については 密 集 住 宅 市 街 地 整 備 型 重 点 整 備 地 区 に 係 るものに 限 るものとし 費 用 の1/3 以 内 とする ( 注 5) 費 用 は 年 1,000 千 円 /ha を 限 度 とする ( 注 6) 費 用 は 1,500 千 円 /ha を 限 度 とする ただし 重 点 密 集 市 街 地 を 含 む 密 集 市 街 地 にあっては 費 用 の4 分 の3 以 内 とする ( 注 7) 費 用 は 20,000 千 円 / 地 域 を 限 度 とする 二 市 街 地 住 宅 等 整 備 事 業 次 に 掲 げる 額 の 合 計 ( 都 市 地 域 再 生 緊 急 促 進 事 業 にあっては 当 該 額 に 都 市 地 域 再 生 緊 急 促 進 事 業 通 知 に 基 づき 算 出 した 額 を 加 えた 額 )とする イ 共 同 施 設 整 備 等 ( 調 査 設 計 計 画 土 地 整 備 及 び 共 同 施 設 整 備 ) 住 宅 局 所 管 事 業 関 連 共 同 施 設 整 備 等 補 助 要 領 等 細 目 ( 平 成 12 年 3 月 24 日 付 け 建 設 省 住 備 発 第 42 号 建 設 省 住 整 発 第 27 号 建 設 省 住 防 発 第 19 号 建 設 省 住 街 発 第 29 号 建 設 省 住 市 発 第 12 号 ) 第 2に 定 めるもののうち 次 に 掲 げる 額 の 合 計 とす る (1) 住 宅 市 街 地 整 備 計 画 に 適 合 し 事 業 計 画 等 に 基 づき 実 施 される 事 業 に 係 る 場 合 地 方 公 共 団 体 又 は 都 市 再 生 機 構 が 施 行 する 事 業 については 共 同 施 設 整 備 等 に 要 する 費 用 の1/3 以 内 とし 又 は 民 間 事 業 者 等 が 施 行 する 事 業 につ いては 共 同 施 設 整 備 等 に 要 する 費 用 に 関 する 地 方 公 共 団 体 の 補 助 に 要 する 費 用 の1/2 以 内 かつ 当 該 補 助 事 業 費 の 合 計 額 の1/3 以 内 ( 密 集 市 街 地 整 備 法 第 5 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 建 替 計 画 の 認 定 を 受 けた 建 替 え 又 は 密 集 市 街 地 整 備 法 第 5 条 第 1 項 第 一 号 から 第 四 号 に 規 定 する 基 準 に 適 合 するものとして 都 道 府 県 知 事 又 は 市 町 村 ( 特 別 区 ( 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 281 条 第 1 項 に 規 定 する 特 別 区 をいう )を 含 む )の 長 が 認 定 する 建 替 えにおける 公 開 空 地 用 地 取 得 費 については 地 方 公 共 団 体 の 補 助 に 要 する 費 用 の1/2 以 内 かつ 当 該 補 助 事 業 費 の1/10 以 内 )とする なお 当 該 費 用 は 別 表 第 3の(あ) 欄 に 掲 げる 区 分 に 応 じ (い) 欄 に 掲 げる 項 目 のうち を 付 したものの 費 用 を 合 計 し た 額 とする (2) 都 心 共 同 住 宅 供 給 事 業 に 係 る 場 合 認 定 事 業 者 である 地 方 公 共 団 体 又 は 都 市 再 生 機 構 が 施 行 する 事 業 については

10 共 同 施 設 整 備 等 に 要 する 費 用 の 合 計 額 ( 都 市 再 生 機 構 が 敷 地 及 び 建 築 物 の 整 備 に 関 する 計 画 制 度 要 綱 ( 平 成 11 年 12 月 9 日 付 け 建 設 省 住 街 発 第 127 号 建 設 省 住 市 発 第 42 号 ) 第 4に 基 づく 承 認 を 受 け 行 う 事 業 にあっては 承 認 の 後 に 取 得 した 敷 地 の 整 備 に 係 るものに 限 る )の1/3 以 内 とし その 他 の 認 定 事 業 者 が 施 行 す る 事 業 については 共 同 施 設 整 備 等 に 要 する 費 用 に 関 する 地 方 公 共 団 体 の 補 助 に 要 する 費 用 の1/2 以 内 かつ 別 表 第 3の(あ) 欄 に 掲 げる 区 分 に 応 じ (い) 欄 に 掲 げる 項 目 のうち を 付 したものの 費 用 を 合 計 した 額 とし 当 該 補 助 事 業 費 の1/3 以 内 とする (3) 共 同 施 設 整 備 の 乗 率 算 定 方 式 以 上 の 規 定 に 関 わらず 共 同 施 設 整 備 について 補 助 事 業 対 象 建 築 物 が 階 数 3 以 上 の 耐 火 建 築 物 で 延 べ 面 積 の 大 部 分 を 住 宅 の 用 に 供 する 場 合 は 原 則 として 次 に 定 める 方 法 により 共 同 施 設 整 備 に 要 する 費 用 を 算 定 するものとする なお 超 高 層 建 築 物 公 益 施 設 や 商 業 業 務 施 設 等 との 合 築 あるいは 熱 供 給 施 設 の 設 置 等 により 次 に 定 める 方 法 によりがたい 場 合 には 個 別 積 算 により 積 算 するこ とができる 共 同 施 設 整 備 に 要 する 費 用 は 次 のaにbを 加 えた 額 とする a 包 括 積 算 施 設 の 整 備 に 要 する 費 用 共 同 施 設 整 備 のうち 次 表 1に 掲 げる 施 設 の 整 備 等 に 係 る 主 体 工 事 付 帯 工 事 及 び 外 構 工 事 に 要 する 費 用 に 階 数 の 区 分 に 応 じ それぞれ 次 表 2に 掲 げる 数 値 を 乗 じて 得 た 額 とする b 個 別 積 算 施 設 の 整 備 に 要 する 費 用 共 同 施 設 整 備 のうち 次 表 1に 掲 げる 施 設 以 外 の 整 備 に 要 する 費 用 表 1 供 給 処 理 施 設 共 用 通 行 部 分 機 械 室 ( 電 気 室 を 含 む ) 集 会 所 及 び 管 理 事 務 所 避 難 設 備 消 火 設 備 及 び 警 報 設 備 監 視 装 置 表 2 階 数 主 体 工 事 等 に 要 する 費 用 に 乗 じる 数 値 3~5 階 100 分 の15 (ただし 階 段 室 型 住 棟 にあっては100 分 の10) 6~13 階 100 分 の18 14~ 分 の21 階 20 階 以 上 100 分 の26 ロ 公 共 空 間 等 整 備 次 の 表 の(ロ) 欄 に 掲 げる 者 が 行 う(イ) 欄 に 掲 げる 事 業 に 要 する 費 用 ( 他 の 補 助 制 度 により 国 から 補 助 を 受 けて 整 備 される 施 設 等 がある 場 合 は その 整 備 等 に 要 する 費 用 を 除 く )の(ハ) 欄 に 掲 げる 額 の 合 計 とする なお 当 該 費 用 は 別 表 第 3の(あ) 欄 に 掲 げる 区 分 に 応 じ (い) 欄 に 掲 げる 項 目 のうち を 付 したものの 費 用 を 合 計 し た 額 とする (イ) (ロ) (ハ) 公 共 空 間 整 備 地 方 公 共 団 体 1/3 以 内 1 施 設 整 備 費 都 市 再 生 機 構 1/2 以 内

11 民 間 事 業 者 等 公 開 空 地 整 備 地 方 公 共 団 体 1/3 以 内 1 空 地 等 整 備 費 都 市 再 生 機 構 1/2 以 内 駅 施 設 整 備 1 鉄 道 整 備 負 担 費 2 用 地 費 差 額 負 担 費 民 間 事 業 者 等 地 方 公 共 団 体 都 市 再 生 機 構 民 間 事 業 者 等 地 方 公 共 団 体 の 補 助 に 要 する 費 用 の1/2 以 内 かつ 当 該 補 助 事 業 費 の1/3 以 内 地 方 公 共 団 体 の 補 助 に 要 する 費 用 の1/2 以 内 かつ 当 該 補 助 事 業 費 の1/3 以 内 1/2 以 内 地 方 公 共 団 体 の 補 助 に 要 する 費 用 の1/2 以 内 かつ 当 該 補 助 事 業 費 の1/3 以 内 三 居 住 環 境 形 成 施 設 整 備 事 業 次 に 掲 げる 額 の 合 計 とする ただし 密 集 住 宅 市 街 地 整 備 型 重 点 整 備 地 区 に 係 る 事 業 の 費 用 については その 費 用 の 額 ( 附 帯 工 事 費 を 含 む)が 国 土 交 通 大 臣 の 定 める 額 を 超 える 場 合 においては 当 該 限 度 額 をその 費 用 とする イ 老 朽 建 築 物 等 除 却 a 地 方 公 共 団 体 又 は 都 市 再 生 機 構 が 施 行 する 事 業 については 次 に 掲 げる 費 用 の 合 計 額 の1/2 以 内 とする ただし 当 該 老 朽 建 築 物 等 の 除 却 跡 地 を 都 市 再 生 住 宅 公 営 住 宅 地 区 公 共 施 設 その 他 の 公 共 的 施 設 の 用 に 供 しない 場 合 にあっては 1/3 以 内 とする 又 は 民 間 事 業 者 等 が 施 行 する 事 業 について は 次 に 掲 げる 費 用 に 関 する 地 方 公 共 団 体 の 補 助 に 要 する 費 用 の1/2 以 内 か つ 当 該 補 助 事 業 費 の1/3 以 内 とする 1 買 収 費 2 除 却 工 事 費 3 通 常 損 失 補 償 費 ( 運 用 益 損 失 額 を 含 む ) b 老 朽 建 築 物 等 の 除 却 により 著 しく 利 益 を 受 ける 者 に 除 却 に 要 する 費 用 の 全 部 又 は 一 部 を 負 担 させるときは その 負 担 金 の 額 を 老 朽 建 築 物 等 の 除 却 に 要 する 費 用 から 控 除 するものとする c 老 朽 建 築 物 等 の 除 却 により 隣 接 する 建 物 及 び 土 地 にその 発 生 が 確 実 に 予 見 され る 損 害 等 が 社 会 生 活 上 受 忍 すべき 限 度 を 超 えるものである 場 合 には これらの 補 償 に 要 する 費 用 を 老 朽 建 築 物 等 除 却 費 に 算 入 することは 差 し 支 えないものと する ロ 地 区 公 共 施 設 等 整 備 地 方 公 共 団 体 又 は 都 市 再 生 機 構 が 施 行 する 事 業 については 市 街 地 景 観 形 成 施 設 環 境 共 生 施 設 福 祉 空 間 形 成 施 設 地 域 生 活 基 盤 施 設 地 区 公 共 施 設 及 びその 他 の 施 設 の 整 備 ( 以 下 地 区 公 共 施 設 の 整 備 等 という )に 要 する 費 用 ( 設 計 費 を 含 む ) の 合 計 額 の1/3 以 内 ( 密 集 住 宅 市 街 地 整 備 型 重 点 整 備 地 区 で 施 行 する 事 業 ( 防 災 街 区 整 備 事 業 において 組 合 等 が 実 施 する 地 区 公 共 施 設 の 整 備 について 地 方 公 共 団 体 が 費 用 負 担 する 場 合 を 含 む )にあっては 1/2 以 内 ( 公 開 空 地 整 備 を 除 く))

12 とし 又 は 民 間 事 業 者 等 が 施 行 する 事 業 については 地 区 公 共 施 設 の 整 備 等 に 要 する 費 用 ( 設 計 費 等 を 含 む )に 関 する 地 方 公 共 団 体 の 補 助 に 要 する 費 用 の 合 計 額 の1/2 以 内 かつ 当 該 補 助 事 業 費 の1/3 以 内 とする ただし 拠 点 開 発 型 重 点 整 備 地 区 街 なか 居 住 再 生 型 重 点 整 備 地 区 のみに 係 る 事 業 について は 地 区 面 積 に1ha 当 たり 120,000 千 円 を 乗 じて 得 た 額 の1/3を 限 度 とし この うち 集 会 所 に 係 る 補 助 金 の 額 は 50,000 千 円 を 限 度 とする なお 当 該 費 用 は 別 表 第 4の(あ) 欄 に 掲 げる 区 分 に 応 じ (い) 欄 に 掲 げる 項 目 のうち を 付 したものの 費 用 を 合 計 した 額 とする ハ 仮 設 住 宅 等 設 置 地 方 公 共 団 体 又 は 都 市 再 生 機 構 が 施 行 する 事 業 については 次 に 掲 げる 費 用 の 合 計 額 の1/3 以 内 とし 又 は 民 間 事 業 者 等 が 施 行 する 事 業 につい ては 地 方 公 共 団 体 の 補 助 に 要 する 費 用 の 合 計 額 の1/2 以 内 かつ 当 該 補 助 事 業 費 の1/3 以 内 とする ただし 第 14 第 1 項 第 3 号 ただし 書 きに 係 るもので 国 土 交 通 大 臣 が 定 める 額 に1.5を 乗 じて 得 た 額 を 超 える 場 合 にあっては 当 該 額 の1 /3 以 内 とする なお a b cの 工 事 費 には 給 水 工 事 排 水 工 事 ガス 工 事 等 の 工 事 のうち その 管 理 を 他 に 移 管 する 部 分 の 工 事 に 要 する 費 用 及 びこれらの 工 事 の 負 担 金 として 要 する 費 用 を 含 むものとする a 建 設 工 事 費 b 移 設 工 事 費 c 補 修 工 事 費 d その 他 の 経 費 四 延 焼 遮 断 帯 形 成 事 業 地 方 公 共 団 体 の 補 助 に 要 する 費 用 の1/2 以 内 かつ 当 該 補 助 事 業 費 の1/3 以 内 とする なお 当 該 費 用 は 調 査 設 計 計 画 ( 基 本 設 計 建 築 設 計 ) 土 地 整 備 ( 建 築 物 除 却 費 補 償 費 等 ) 耐 火 建 築 物 準 耐 火 建 築 物 の 外 壁 開 口 部 屋 根 等 の 整 備 に 要 する 費 用 の 合 計 額 とする 五 住 宅 建 築 物 耐 震 改 修 事 業 住 宅 建 築 物 安 全 ストック 形 成 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 等 の 要 件 に 適 合 するもので 当 該 交 付 要 綱 第 4 第 1 項 第 4 項 第 6 項 及 び 第 7 項 に 定 められた 事 業 費 に 国 の 補 助 割 合 を 乗 じて 得 た 額 以 内 とする 六 民 間 賃 貸 住 宅 等 家 賃 対 策 補 助 事 業 公 的 賃 貸 住 宅 家 賃 対 策 調 整 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 18 年 3 月 27 日 付 け 国 土 交 通 省 住 備 発 第 132 号 ) 第 6に 定 めるところによる 七 防 災 街 区 整 備 事 業 イ 補 助 対 象 及 び 補 助 率 地 方 公 共 団 体 が 施 行 する 事 業 については 次 に 掲 げる 費 用 の 合 計 額 の1/3 以 内 とし 防 災 街 区 整 備 事 業 組 合 等 が 施 行 する 事 業 については 地 方 公 共 団 体 の 補 助 に 要 する 費 用 の1/2 以 内 かつ 当 該 補 助 事 業 費 の1/3 以 内 とする なお 当 該 費 用 は 別 表 第 3 及 び 別 表 第 4の(あ) 欄 に 掲 げる 区 分 に 応 じ (い) 欄 に 掲 げる 項 目 のうち を 付 したものの 費 用 を 合 計 した 額 とする ロ 共 同 施 設 整 備 の 算 定 方 法 の 特 例 共 同 施 設 整 備 に 要 する 費 用 は 次 のaにbを 加 えた 額 とする a 包 括 積 算 施 設 の 整 備 に 要 する 費 用 共 同 施 設 整 備 のうち 次 表 1に 掲 げる 施 設 の 整 備 等 に 係 る 主 体 工 事 付 帯 工 事 及 び 外 構 工 事 に 要 する 費 用 に 階 数 の 区 分 に 応 じ それぞれ 次 表 2に 掲 げる 数 値

13 を 乗 じて 得 た 額 とする b 個 別 積 算 施 設 の 整 備 に 要 する 費 用 共 同 施 設 整 備 のうち 次 表 1に 掲 げる 施 設 以 外 の 整 備 に 要 する 費 用 表 1 表 2 供 給 処 理 施 設 共 用 通 行 部 分 機 械 室 ( 電 気 室 を 含 む ) 集 会 所 及 び 管 理 事 務 所 避 難 設 備 消 火 設 備 及 び 警 報 設 備 監 視 装 置 空 地 等 電 波 障 害 防 除 設 備 避 雷 設 備 階 数 3~5 階 100 分 の24 主 体 工 事 等 に 要 する 費 用 に 乗 じる 数 値 6~13 階 100 分 の26 14~ 分 の28 階 20 階 以 上 100 分 の31 八 都 市 再 生 住 宅 等 整 備 事 業 イ 民 間 建 設 型 都 市 再 生 住 宅 等 整 備 事 業 a 共 同 施 設 整 備 等 共 同 施 設 整 備 等 に 要 する 費 用 の 算 出 は 第 2 号 イの 規 定 を 準 用 する b 住 宅 改 良 等 都 市 再 生 機 構 が 施 行 する 事 業 については 既 存 建 築 物 を 都 市 再 生 住 宅 等 に 用 途 転 用 する 場 合 の 改 良 ( 以 下 住 宅 改 良 という )に 要 する 費 用 の1/3 以 内 とし 又 は 民 間 事 業 者 等 が 施 行 する 事 業 については 住 宅 改 良 に 要 する 費 用 に 関 する 地 方 公 共 団 体 の 補 助 に 要 する 費 用 の1/2 以 内 かつ 当 該 補 助 事 業 費 の 合 計 額 の1/3 以 内 とする c 家 賃 対 策 補 助 公 的 賃 貸 住 宅 家 賃 対 策 調 整 補 助 金 交 付 要 綱 第 6に 定 めるところによる ロ 公 共 建 設 型 都 市 再 生 住 宅 等 整 備 事 業 a 公 共 建 設 型 都 市 再 生 住 宅 の 整 備 地 方 公 共 団 体 都 市 再 生 機 構 又 は が 施 行 する 事 業 については 次 に 掲 げる 費 用 ( 国 土 交 通 大 臣 の 定 める 額 を 超 える 場 合 には 当 該 限 度 額 をその 費 用 とする 以 下 この 号 において 同 じ )の 合 計 額 の1/2 以 内 とする ただし 特 定 公 共 建 設 型 都 市 再 生 住 宅 等 の 整 備 にあっては 次 に 掲 げる 費 用 の 合 計 額 の2/3 以 内 建 替 等 対 象 団 地 の 建 替 事 業 等 に 係 る 都 市 再 生 住 宅 等 の 整 備 にあっては 次 に 掲 げる 費 用 の 合 計 額 1/3 以 内 分 譲 するための 都 市 再 生 住 宅 等 の 整 備 にあっては イの 規 定 を 準 用 するものとする (1) 従 前 居 住 者 用 の 住 宅 の 整 備 費 従 前 居 住 者 用 の 住 宅 の 建 設 又 は 改 良 ( 購 入 を 含 む 以 下 同 じ )に 要 する 費 用 の 額 (2) 従 前 営 業 者 用 の 店 舗 等 の 施 設 の 整 備 費 従 前 営 業 者 用 の 店 舗 等 の 施 設 の 整 備 に 要 する 費 用 の 額 (3) 用 地 費 従 前 居 住 者 用 の 住 宅 等 の 整 備 に 伴 う 土 地 に 関 する 権 利 の 取 得 ( 特 定 公 共 建 設 型 都 市 再 生 住 宅 に 限 る) 及 びその 土 地 の 整 備 に 要 する 費 用 の 額

14 (4) 調 査 設 計 計 画 従 前 居 住 者 用 の 住 宅 等 の 整 備 に 必 要 な 調 査 設 計 計 画 に 要 する 費 用 とする な お 当 該 費 用 は 別 表 第 3 及 び 住 宅 局 所 管 事 業 関 連 共 同 施 設 整 備 等 補 助 要 領 等 細 目 第 2に 基 づき 算 出 すること (5) 従 前 居 住 者 用 の 宅 地 の 整 備 に 要 する 費 用 ( 基 盤 の 整 備 費 に 限 る ) 施 行 者 が 整 備 地 区 外 の 従 前 居 住 者 用 の 宅 地 を 整 備 するために 設 置 する 道 路 通 路 主 要 な 下 排 水 施 設 公 園 緑 地 等 の 整 備 に 要 する 費 用 を 補 助 対 象 とする ただし 密 集 住 宅 市 街 地 整 備 型 重 点 整 備 地 区 に 係 る 場 合 に 限 り 用 地 の 取 得 に 要 する 費 用 を 含 む b 家 賃 対 策 補 助 公 的 賃 貸 住 宅 家 賃 対 策 調 整 補 助 金 交 付 要 綱 第 6に 定 めるところによる 九 公 共 建 設 型 都 市 再 生 住 宅 の 整 備 費 の 特 例 イ 次 の(1)から(13)に 該 当 する 場 合 において 国 土 交 通 大 臣 が 特 に 必 要 と 認 め るときは 従 前 居 住 者 用 の 住 宅 の 整 備 費 は 前 号 ロの 規 定 により 算 出 した 額 に 国 土 交 通 大 臣 の 定 める 額 を 超 えない 範 囲 で 加 算 した 額 とする (1) 特 殊 基 礎 工 事 費 (2) 特 別 規 模 増 工 事 費 (3)エレベーター 設 置 工 事 費 (4) 消 防 用 設 備 設 置 工 事 費 (5) 緊 急 通 報 システム 設 置 工 事 費 (6) 高 齢 者 等 向 け 特 別 設 備 等 工 事 費 (7) 雪 害 防 除 工 事 費 (8) 特 殊 屋 外 附 帯 工 事 費 (9) 店 舗 等 併 設 工 事 費 (10)ピロティ 等 設 置 工 事 費 (11)21 世 紀 都 市 居 住 緊 急 促 進 事 業 工 事 費 (12)その 他 特 別 工 事 費 (13) 施 設 併 存 構 造 費 (ただし 密 集 住 宅 市 街 地 整 備 型 重 点 整 備 地 区 に 係 るものに 限 る ) 施 設 併 存 構 造 費 は 都 市 再 生 住 宅 等 と 他 の 施 設 が 併 存 することにより 明 らかに 増 加 したと 判 断 される 都 市 再 生 住 宅 等 又 は 併 存 施 設 ( 都 市 再 生 住 宅 等 と 併 存 する 地 区 施 設 店 舗 作 業 場 等 の 施 設 又 は 都 市 再 生 住 宅 等 以 外 の 住 宅 人 工 地 盤 ピ ロティ 等 をいう )の 構 造 費 の 増 加 分 の 一 部 を 施 行 者 が 負 担 する 必 要 がある 場 合 に おける 当 該 費 用 とし 補 助 対 象 額 は 次 の 式 により 算 出 した 額 以 内 とする T=T1+T2β T : 施 設 併 存 構 造 費 T1: 都 市 再 生 住 宅 等 部 分 の 補 助 対 象 構 造 費 T2: 併 存 施 設 部 分 の 補 助 対 象 構 造 費 β : 併 存 構 造 率 ロ この 号 イに 規 定 する(1) (2) 又 は(12)に 該 当 する 場 合 において 国 土 交 通 大 臣 が 特 に 必 要 と 認 めるときは 従 前 営 業 者 用 の 店 舗 等 の 整 備 費 は 前 号 ロの 規 定 により 算 出 した 額 に 国 土 交 通 大 臣 の 定 める 額 を 超 えない 範 囲 で 加 算 した 額 とする 十 関 連 公 共 施 設 整 備 同 種 の 公 共 施 設 の 整 備 に 関 する 事 業 の 補 助 金 の 交 付 に 係 る 規 定 による 補 助 の 対 象 と なる 事 業 費 に 同 種 の 公 共 施 設 の 整 備 に 関 する 事 業 の 補 助 金 の 交 付 に 係 る 規 定 による 国 の 補 助 割 合 又 は 負 担 割 合 をそれぞれ 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 以 内 とする

15 十 一 街 なみ 環 境 整 備 事 業 街 なみ 環 境 整 備 事 業 費 補 助 金 交 付 要 領 等 の 要 件 に 適 合 するものごとに それぞれ 当 該 要 領 等 に 定 められた 事 業 費 に 国 の 補 助 割 合 を 乗 じて 得 た 額 以 内 とする 十 二 公 営 住 宅 整 備 事 業 等 公 営 住 宅 整 備 事 業 等 補 助 要 領 等 の 要 件 に 適 合 するものごとに それぞれ 当 該 要 領 等 に 定 められた 事 業 費 に 国 の 補 助 割 合 を 乗 じて 得 た 額 ( 都 市 地 域 再 生 緊 急 促 進 事 業 に あっては 当 該 額 に 都 市 地 域 再 生 緊 急 促 進 事 業 通 知 に 基 づき 算 出 した 額 を 加 えた 額 ) 以 内 とする 十 三 住 宅 地 区 改 良 事 業 等 住 宅 地 区 改 良 事 業 等 補 助 金 交 付 要 領 等 の 要 件 に 適 合 するものごとに それぞれ 当 該 要 領 等 に 定 められた 事 業 費 に 国 の 補 助 割 合 を 乗 じて 得 た 額 以 内 とする 十 四 再 生 促 進 事 業 再 生 促 進 事 業 の 補 助 金 の 額 は 次 の 表 の(イ) 欄 に 掲 げる 者 が 行 う 事 業 に 要 する 費 用 の(ロ) 欄 に 掲 げる 額 の 合 計 額 以 内 とする (イ) 地 方 公 共 団 体 費 用 の1/2 以 内 (ロ) 民 間 事 業 者 等 地 方 公 共 団 体 の 補 助 に 要 する 費 用 の1/2 以 内 かつ 当 該 補 助 事 業 費 の1/3 以 内 第 5 損 失 補 償 密 集 住 宅 市 街 地 整 備 型 重 点 整 備 地 区 に 係 る 事 業 の 実 施 に 伴 い 必 要 となる 土 地 ( 土 地 の 付 加 物 を 含 む ) 又 は 建 物 等 の 取 得 及 び 使 用 に 対 する 損 失 補 償 並 びにこれらに 伴 う 通 常 損 失 の 補 償 に 要 する 費 用 の 取 扱 いについては 公 共 用 地 の 取 得 に 伴 う 損 失 補 償 基 準 要 綱 ( 昭 和 37 年 6 月 29 日 閣 議 決 定 )の 定 めるところにより 適 正 に 運 用 するものとする ただし 老 朽 建 築 物 の 買 収 又 は 建 築 物 の 補 償 費 の 算 定 は 次 の 各 号 に 定 めるところによ る 一 老 朽 建 築 物 の 買 収 老 朽 建 築 物 買 収 価 額 については 近 傍 同 種 の 建 物 の 正 常 な 取 引 価 額 とするものとし 取 引 事 例 がない 場 合 は 当 該 建 物 の 推 定 再 建 築 費 を 取 引 時 までの 経 過 年 数 及 び 維 持 保 全 の 状 況 に 応 じて 減 額 した 額 その 他 正 当 な 評 価 額 をもってその 価 額 とする また 老 朽 建 築 物 除 却 により 通 常 生 ずる 損 失 補 償 費 には 運 用 益 損 失 額 を 含 むこと とする 二 建 築 物 の 補 償 費 建 築 物 を 買 収 せずに 移 転 しようとする 場 合 の 移 転 料 は 当 該 建 築 物 を 通 常 妥 当 と 認 められる 移 転 先 に 通 常 妥 当 と 認 められる 移 転 方 法 ( 再 築 工 法 曳 家 工 法 改 造 工 法 除 却 工 法 及 び 復 元 工 法 を 標 準 とする )によって 移 転 するのに 要 する 費 用 をもって その 価 額 とする 第 6 建 築 物 除 却 等 費 の 交 付 基 準 第 4 第 2 号 イの 規 定 に 基 づき 老 朽 建 築 物 を 除 却 する 者 に 対 し 住 宅 等 の 建 設 に 伴 っ て 必 要 な 建 築 物 除 却 等 費 に 係 る 補 助 金 を 交 付 する 場 合 は 次 の 各 号 によるものとする 一 共 同 化 を 行 うものは 事 業 着 手 前 に 5 年 以 内 に 共 同 化 を 行 う 旨 の 覚 書 きを 締 結 するものとする

16 二 補 助 金 の 交 付 は 事 業 の 行 われた 年 度 ごとに 行 うものとする 三 事 業 着 手 から5 年 以 内 に 共 同 化 が 行 われない 場 合 又 は 共 同 化 が 行 われる 見 込 みが ない 場 合 は 補 助 金 の 交 付 の 決 定 は 取 り 消 すものとする なお 既 に 補 助 金 が 交 付 されているときは 期 限 を 定 めて その 返 還 を 行 わせるも のとする 第 7 全 体 設 計 の 承 認 1 補 助 事 業 者 は 市 街 地 住 宅 整 備 事 業 居 住 環 境 形 成 施 設 整 備 事 業 延 焼 遮 断 帯 形 成 事 業 都 市 再 生 住 宅 等 整 備 事 業 及 び 防 災 街 区 整 備 事 業 の 建 設 工 事 が 複 数 年 度 にわたるもの に 係 る 初 年 度 の 補 助 金 交 付 申 請 前 に 当 該 建 設 工 事 に 係 る 事 業 費 の 総 額 事 業 完 了 の 予 定 時 期 等 について 全 体 設 計 承 認 申 請 書 を 住 宅 局 長 に 提 出 することができる なお 当 該 建 設 工 事 に 係 る 事 業 費 の 総 額 を 変 更 する 場 合 も 同 様 とする 2 住 宅 局 長 は 全 体 設 計 承 認 申 請 書 を 受 理 し 審 査 の 上 適 当 と 認 めた 場 合 は 当 該 全 体 設 計 を 承 認 し 補 助 事 業 者 に 通 知 するものとする 第 8 補 助 金 の 交 付 の 申 請 1 補 助 事 業 者 は 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 にかかる 補 助 金 交 付 申 請 書 を 整 備 地 区 又 は 地 区 別 及 び 会 計 区 分 別 ( 一 般 会 計 と 道 路 整 備 特 別 会 計 との 別 以 下 同 じ )に 作 成 しな ければならない 2 事 業 の 実 施 が 複 数 年 度 にわたるもののうち 全 体 設 計 に 係 るものについては 前 項 に 準 じて 毎 年 度 補 助 金 交 付 申 請 書 を 作 成 しなければならない 第 9 経 費 の 配 分 及 び 附 帯 事 務 費 の 明 細 の 変 更 1 経 費 の 配 分 は 本 工 事 費 附 帯 工 事 費 測 量 及 び 試 験 費 用 地 費 及 び 補 償 費 機 械 器 具 費 換 地 諸 費 権 利 変 換 諸 費 並 びに 管 理 処 分 諸 費 とする 2 指 導 監 督 交 付 金 についての 経 費 の 配 分 は 旅 費 人 件 費 備 品 購 入 費 及 びその 他 とす る 3 国 土 交 通 大 臣 の 承 認 を 要 しない 経 費 の 配 分 の 軽 微 な 変 更 は 次 のとおりとする 一 本 工 事 費 附 帯 工 事 費 測 量 及 び 試 験 費 用 地 費 及 び 補 償 費 機 械 器 具 費 営 繕 費 換 地 諸 費 権 利 変 換 諸 費 並 びに 管 理 処 分 諸 費 の 相 互 間 における 流 用 で 流 用 先 の 経 費 の3 割 ( 当 該 流 用 先 の 経 費 の3 割 に 相 当 する 金 額 が 300 万 円 以 下 であるときは 300 万 円 ) 以 内 の 変 更 となるもの 二 指 導 監 督 交 付 金 のうち 旅 費 の 減 額 並 びに 人 件 費 及 び 備 品 購 入 費 の 増 額 以 外 の 変 更 第 10 事 業 内 容 の 変 更 1 国 土 交 通 大 臣 の 承 認 を 要 しない 事 業 内 容 の 軽 微 な 変 更 は 次 に 掲 げるものの 以 外 の 変 更 で 補 助 金 の 額 に 変 更 を 生 じないものとする 一 工 事 施 工 箇 所 の 変 更 で 国 土 交 通 大 臣 が 同 意 した 事 業 計 画 の 範 囲 ( 工 事 の 金 額 の 算 定 に 誤 りがないことの 確 認 を 受 けた 範 囲 に 限 る )を 超 えることとなるもののうち 工 事 の 重 要 な 部 分 に 関 するもの 二 構 造 及 び 工 法 の 変 更 のうち 工 事 の 重 要 な 部 分 に 関 するもの 並 びに 規 模 の 変 更 で 国 土 交 通 大 臣 が 同 意 した 事 業 計 画 に 示 す 工 事 ( 工 事 の 金 額 の 算 定 に 誤 りがないことの 確 認 を 受 けたものに 限 る )の 程 度 を 著 しく 変 更 するもの 三 庁 費 のうちの 食 料 費 の 増 額 2 補 助 事 業 者 は 軽 微 な 変 更 以 外 の 事 業 内 容 の 変 更 ( 補 助 金 の 額 に 変 更 を 生 じないもの に 限 る )をしようとする 場 合 には 当 該 変 更 内 容 について 事 業 計 画 の 事 業 費 内 訳 を 定 め 又 は 変 更 し 国 土 交 通 大 臣 の 同 意 を 得 なければならない

17 3 補 助 金 の 額 に 変 更 を 生 じる 場 合 には 補 助 金 交 付 変 更 申 請 書 を 作 成 し 国 土 交 通 大 臣 に 提 出 しなければならない 第 11 補 助 金 の 経 理 及 び 取 扱 い 1 補 助 事 業 者 は 国 の 補 助 金 について 当 該 事 業 者 の 歳 入 歳 出 予 算 等 における 科 目 別 計 上 金 額 を 明 らかにする 調 書 を 作 成 し 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 の 完 了 後 五 箇 年 間 保 存 し なけらばならない 2 補 助 事 業 者 は 補 助 事 業 等 における 残 存 物 件 の 取 扱 いについて ( 昭 和 34 年 3 月 12 日 付 け 建 設 省 会 発 第 74 号 )に 定 められている 備 品 材 料 その 他 の 物 件 を 購 入 した 場 合 は 台 帳 を 作 成 し 当 該 物 件 の 購 入 年 月 日 数 量 価 格 等 を 明 らかにしておかなければなら ない 3 指 導 監 督 交 付 金 については 前 3 項 の 規 定 について 補 助 事 業 者 を 都 道 府 県 知 事 と 読 みかえて 当 該 規 定 を 準 用 する 第 12 指 導 監 督 都 道 府 県 知 事 は 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 の 円 滑 な 進 捗 を 図 るため 補 助 事 業 者 であ る 市 町 村 ( 指 定 都 市 ( 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 252 条 の 19 第 1 項 の 指 定 都 市 をいう 以 下 同 じ )を 除 き 特 別 区 を 含 む 以 下 同 じ )に 対 し 必 要 な 指 示 を 行 い 報 告 書 の 提 出 を 命 じ 又 は 実 地 に 検 査 しなければならない 第 13 指 導 監 督 交 付 金 1 国 は 都 道 府 県 知 事 の 行 う 前 項 の 指 導 監 督 に 要 する 費 用 として 当 該 年 度 における 当 該 都 道 府 県 の 区 域 内 の 市 町 村 が 行 う 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 に 要 する 費 用 の 1/1000 か ら 30/1000 までの 範 囲 内 において( 関 連 公 共 施 設 整 備 については 同 種 の 公 共 施 設 の 整 備 に 係 る 指 導 監 督 事 務 費 の 規 定 による ) 国 土 交 通 大 臣 が 定 める 率 を 乗 じて 得 た 額 を 都 道 府 県 に 交 付 する ただし この 率 によることが 著 しく 不 適 当 である 場 合 には この 率 に よらないことができる 2 都 道 府 県 知 事 は 指 導 監 督 交 付 金 の 交 付 を 受 けようとするときは 指 導 監 督 交 付 金 交 付 申 請 書 に 予 算 議 決 書 の 写 しを 添 付 して 国 土 交 通 大 臣 に 提 出 しなければならない 3 国 土 交 通 大 臣 は 第 2 項 に 掲 げる 申 請 書 を 受 理 した 場 合 は これを 審 査 の 上 適 当 と 認 めた 場 合 においては 交 付 金 の 額 を 決 定 し 当 該 都 道 府 県 知 事 に 通 知 するものとする 第 14 仮 設 店 舗 等 又 は 仮 設 住 宅 等 の 管 理 及 び 処 分 1 仮 設 住 宅 等 の 設 置 基 準 一 仮 設 住 宅 等 を 設 置 する 位 置 は 原 則 として 重 点 整 備 地 区 内 又 は 重 点 整 備 地 区 近 傍 の 土 地 とする 二 仮 設 住 宅 等 の 設 置 戸 数 は 老 朽 建 築 物 等 の 除 却 及 び 都 市 再 生 住 宅 等 の 整 備 を 相 互 に 調 整 して 計 画 することにより 最 小 の 戸 数 に 抑 えるようにしなければならない 三 仮 設 住 宅 等 の1 戸 当 たり 床 面 積 は 原 則 として 32.2 m2とする ただし 入 居 期 間 が 6ヶ 月 間 以 上 にわたると 予 想 され かつ 次 のイからニまでのいずれかに 該 当 する 場 合 で 大 型 の 仮 設 住 宅 等 を 設 置 するときは 1 戸 当 たり 床 面 積 を 48.2 m2とすることが できる イ 60 才 以 上 の 者 とその 親 族 が 同 居 する 場 合 ロ 入 居 者 及 び 同 居 親 族 5 人 以 上 の 用 に 供 する 場 合 ハ 次 のいずれかに 該 当 する 心 身 障 害 者 とその 親 族 が 同 居 する 場 合 a 身 体 障 害 者 身 体 障 害 者 福 祉 法 施 行 規 則 ( 昭 和 25 年 厚 生 省 令 第 15 号 ) 別 表 第 5 号 に 掲 げる

18 障 害 のうち4 級 以 上 のものがあることにより 身 体 障 害 者 福 祉 法 第 15 条 第 4 項 の 規 定 により 都 道 府 県 知 事 から 身 体 障 害 者 手 帳 の 交 付 を 受 けている 者 b 戦 傷 病 者 恩 給 法 ( 大 正 12 年 法 律 第 48 号 ) 別 表 第 1 号 表 ノ2に 掲 げる 項 症 のうちいずれ か 又 は 別 表 第 1 号 表 ノ3に 掲 げる 第 1 款 症 の 障 害 があることにより 戦 傷 病 者 特 別 援 護 法 ( 昭 和 38 年 法 律 第 168 号 ) 第 4 条 の 規 定 により 厚 生 労 働 大 臣 から 戦 傷 病 者 手 帳 の 交 付 を 受 けている 者 c 知 的 障 害 者 等 次 のいずれかに 該 当 する 者 (a) 児 童 福 祉 法 第 15 条 の2 第 1 項 第 2 号 の 規 定 により 児 童 相 談 所 から 重 度 又 は これに 準 ずる 程 度 の 精 神 障 害 者 と 判 定 されている 者 (b) 知 的 障 害 者 福 祉 法 第 12 条 第 2 項 第 2 号 の 規 定 により 知 的 障 害 者 更 正 相 談 所 から 重 度 又 はこれに 準 ずる 程 度 の 知 的 障 害 者 と 判 定 されている 者 (c) 精 神 障 害 の 診 断 又 は 治 療 に 関 し 相 当 の 経 験 を 有 する 医 師 から 重 度 又 はこれに 準 ずる 程 度 の 知 的 障 害 者 と 判 定 されている 者 ニ 疾 病 による 長 期 療 養 者 とその 親 族 が 同 居 する 等 特 別 の 事 情 がある 場 合 四 仮 設 住 宅 等 は 住 戸 の 独 立 性 居 住 性 の 利 便 保 安 衛 生 等 に 十 分 留 意 したものとし なければならない 五 仮 設 住 宅 等 の 戸 建 て 形 式 は 連 続 住 宅 又 は 共 同 住 宅 とし 収 容 期 間 の 短 い 場 合 には 便 所 及 び 台 所 は 数 戸 共 同 のものを 標 準 とする 六 仮 設 住 宅 等 はなるべく 軽 量 鉄 骨 造 り 又 はスチールパイプ 造 りとする 2 管 理 一 仮 設 店 舗 等 又 は 仮 設 住 宅 等 の 設 置 者 は 仮 設 店 舗 等 又 は 仮 設 住 宅 等 の 状 況 に 留 意 し その 管 理 を 適 切 かつ 合 理 的 に 行 うよう 努 めなければならない 二 使 用 料 の 決 定 仮 設 店 舗 等 又 は 仮 設 住 宅 等 の 年 割 使 用 料 は 次 により 算 出 した 額 を 限 度 とすること 仮 設 店 舗 等 の 設 置 費 -( 国 庫 補 助 金 相 当 額 2) = 限 度 額 対 応 年 数 三 仮 設 店 舗 等 又 は 仮 設 住 宅 等 の 設 置 者 は 仮 設 店 舗 等 又 は 仮 設 住 宅 等 の 使 用 に 関 し その 入 居 者 から 敷 金 権 利 金 その 他 の 金 品 ( 使 用 料 を 除 く )を 徴 収 し 又 は 入 居 者 に 不 当 な 義 務 を 課 してはならない 3 処 分 一 仮 設 店 舗 等 又 は 仮 設 住 宅 等 の 設 置 者 は 使 用 計 画 期 間 を 経 過 したときは すみやか に 仮 設 店 舗 等 又 は 仮 設 住 宅 等 を 撤 去 しなければならない ただし 使 用 計 画 期 間 を 経 過 した 場 合 において 当 該 仮 設 店 舗 等 又 は 仮 設 住 宅 等 を 撤 去 できない 理 由 があるときは 速 やかに 国 土 交 通 大 臣 と 協 議 すること 二 仮 設 店 舗 等 又 は 仮 設 住 宅 等 の 設 置 者 は 特 別 の 事 情 により 仮 設 店 舗 等 又 は 仮 設 住 宅 等 を 引 き 続 いて 管 理 することが 不 適 当 と 認 められるときは 国 土 交 通 大 臣 の 承 認 を 得 て 用 途 を 廃 止 することができる ただし 耐 用 年 数 を 経 過 したものについては 国 土 交 通 大 臣 の 承 認 を 得 ることを 要 しない 三 耐 用 年 数 を 経 過 する 前 に 仮 設 店 舗 等 又 は 仮 設 住 宅 等 を 撤 去 する 場 合 には 施 行 者 及 び 補 助 事 業 者 は 同 種 の 事 業 に 継 続 使 用 する 場 合 を 除 き 残 存 価 額 ( 補 助 対 象 建 設 費 に 残 存 価 額 率 を 乗 じた 額 )に 補 助 率 を 乗 じて 得 た 額 を 返 還 しなければならない 第 15 住 宅 用 地 先 行 取 得 促 進 事 業 に 係 る 住 宅 用 地 の 処 分 補 助 事 業 者 は 住 宅 用 地 先 行 取 得 促 進 事 業 に 係 る 住 宅 用 地 の 全 部 又 は 一 部 を 住 宅 供 給

19 公 社 の 供 給 する 賃 貸 住 宅 ( 借 地 権 を 設 定 した 分 譲 住 宅 を 含 む )の 供 給 以 外 の 用 に 供 する ため 処 分 する 場 合 においては 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 の 適 正 化 に 関 する 法 律 第 22 条 の 規 定 に 基 づき 国 土 交 通 大 臣 の 承 認 を 受 けなければならない この 場 合 において 補 助 金 相 当 額 を 返 還 するものとする 第 16 地 区 公 共 施 設 整 備 に 係 る 土 地 の 処 分 1 施 行 者 は 第 4 第 3 号 ロの 補 助 を 受 けて 取 得 した 地 区 公 共 施 設 等 整 備 に 係 る 土 地 ( 地 区 公 共 施 設 等 整 備 を 行 う 用 地 の 代 替 地 等 又 は 公 共 施 設 用 地 転 換 地 として 取 得 した 土 地 を 含 む )の 全 部 又 は 一 部 について 地 区 公 共 施 設 等 整 備 を 行 う 用 地 又 は 地 区 公 共 施 設 等 整 備 を 行 う 用 地 の 代 替 地 以 外 の 用 に 供 するため 処 分 する 場 合 においては 法 第 22 条 の 規 定 に 基 づき 国 土 交 通 大 臣 の 承 認 を 受 けなければならない この 場 合 補 助 金 相 当 額 を 返 還 す るものとする 2 施 行 者 は 第 4 第 3 号 ロの 補 助 を 受 けて 取 得 した 代 替 地 等 の 全 部 又 は 一 部 を 地 区 公 共 施 設 等 整 備 を 行 う 用 地 の 代 替 地 の 用 に 供 した 場 合 当 該 代 替 地 の 時 価 が 地 区 公 共 施 設 等 整 備 を 行 う 用 地 の 取 得 に 要 する 費 用 を 超 えるときは 施 行 者 は 当 該 差 額 相 当 額 を 事 業 地 区 の 環 境 の 整 備 改 善 に 必 要 な 土 地 の 取 得 に 要 する 費 用 に 充 てなければならない 第 17 書 類 の 様 式 及 び 提 出 方 法 等 1 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 に 係 る 書 類 の 様 式 は 別 表 第 11 によるものとする 2 前 項 に 規 定 する 書 類 の 提 出 は 補 助 事 業 者 が 都 道 府 県 指 定 都 市 又 は 都 市 再 生 機 構 に あっては 国 土 交 通 大 臣 ( 第 7の 規 定 による 全 体 設 計 承 認 申 請 の 場 合 にあっては 住 宅 局 長 )に 補 助 事 業 者 が 都 市 再 生 住 宅 等 整 備 事 業 等 を 行 う 又 は 民 間 事 業 者 等 にあっては 都 道 府 県 知 事 を 経 由 して 国 土 交 通 大 臣 に 補 助 事 業 者 が 市 町 村 にあって は 都 道 府 県 知 事 に 対 して 提 出 するものとする 3 第 14 第 3 項 に 規 定 する 国 土 交 通 大 臣 に 対 する 協 議 又 は 承 認 申 請 は 仮 設 店 舗 等 又 は 仮 設 住 宅 等 の 設 置 者 が 都 道 府 県 指 定 都 市 又 は 都 市 再 生 機 構 にあっては 国 土 交 通 大 臣 に 仮 設 店 舗 等 又 は 仮 設 住 宅 等 の 設 置 者 が 都 市 再 生 住 宅 等 整 備 事 業 等 を 行 う 地 方 住 宅 供 給 公 社 にあっては 都 道 府 県 知 事 を 経 由 して 国 土 交 通 大 臣 に 仮 設 店 舗 等 又 は 仮 設 住 宅 等 の 設 置 者 が 市 町 村 又 は 民 間 事 業 者 等 にあっては 都 道 府 県 知 事 に 対 して 行 うものとする 4 補 助 事 業 者 である 市 町 村 に 対 する 補 助 金 交 付 申 請 書 の 交 付 の 決 定 通 知 及 び 額 の 確 定 通 知 等 は 都 道 府 県 を 経 由 して 行 うものとする 第 18 都 道 府 県 知 事 の 進 達 等 1 都 道 府 県 知 事 は 法 第 26 条 第 2 項 及 び 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 の 適 正 化 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 昭 和 30 年 政 令 第 255 号 以 下 法 という ) 第 17 条 の 規 定 に 基 づき 都 道 府 県 知 事 が 行 うこととなった 補 助 金 等 の 交 付 に 関 する 事 務 ( 以 下 受 託 事 務 という ) として 補 助 金 交 付 申 請 等 を 受 理 した 場 合 においては 審 査 調 書 を 添 えて これを 国 土 交 通 大 臣 に 進 達 しなければならない ただし 補 助 金 交 付 申 請 の 進 達 においては 共 通 様 式 第 1の 別 紙 2-1 別 紙 3-1 から3-4まで 別 紙 4-1 別 紙 5-1から5-2まで 別 紙 6-1から7まで 添 付 資 料 1から4まで 並 びに 別 表 1 及 び2に 掲 げる 資 料 ( 大 臣 認 定 費 用 に 係 る 資 料 を 除 く )の 添 付 を 要 しない 2 都 道 府 県 知 事 は 受 託 事 務 として 次 の 各 号 の 掲 げる 事 務 を 処 理 した 場 合 においては それぞれ 当 該 各 号 に 掲 げる 書 類 を 作 成 し 国 土 交 通 大 臣 に 報 告 しなければならない 一 法 第 12 条 の 規 定 に 基 づく 遂 行 状 況 の 報 告 の 受 理 事 業 進 捗 状 況 調 書 二 法 第 14 条 後 段 ( 法 第 16 条 第 2 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む )の 規 定 に 基 づく 年

20 度 終 了 実 績 報 告 書 の 受 理 年 度 終 了 実 績 調 書 三 法 第 15 条 の 規 定 に 基 づく 補 助 金 の 額 の 確 定 補 助 金 の 額 の 確 定 状 況 報 告 明 細 書 3 都 道 府 県 知 事 は 受 託 事 務 として 法 第 13 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づく 事 業 の 遂 行 の 一 時 停 止 を 命 じたときは 速 やかにその 理 由 を 付 して その 旨 国 土 交 通 大 臣 に 報 告 し その 指 示 を 受 けなければならない 第 19 運 営 補 助 金 の 交 付 等 に 関 しては 次 の 各 号 に 定 めるところにより 行 わなければならない 一 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 の 適 正 化 に 関 する 法 律 及 び 同 法 施 行 令 ( 昭 和 30 年 政 令 第 255 号 ) 二 大 都 市 地 域 における 住 宅 及 び 住 宅 地 の 供 給 の 促 進 に 関 する 特 別 措 置 法 施 行 令 ( 昭 和 50 年 政 令 第 306 号 ) 三 密 集 市 街 地 における 防 災 街 区 の 整 備 の 促 進 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 9 年 政 令 第 324 号 ) 四 国 土 交 通 省 所 管 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 33 年 建 設 省 令 第 16 号 ) 五 大 都 市 地 域 における 住 宅 及 び 住 宅 地 の 供 給 の 促 進 に 関 する 特 別 措 置 法 施 行 規 則 ( 昭 和 50 年 建 設 省 令 第 20 号 ) 六 密 集 市 街 地 における 防 災 街 区 の 整 備 の 促 進 に 関 する 法 律 施 行 規 則 ( 平 成 9 年 建 設 省 令 第 15 号 ) 七 住 宅 局 所 管 事 業 関 連 共 同 施 設 整 備 等 補 助 要 領 等 細 目 ( 平 成 12 年 3 月 24 日 付 け 建 設 省 住 備 発 42 号 建 設 省 住 整 発 第 27 号 建 設 省 住 防 発 第 19 号 建 設 省 住 街 発 第 29 号 建 設 省 住 市 発 第 12 号 ) 八 平 成 25 年 度 における 住 宅 局 所 管 事 業 に 係 る 標 準 建 設 費 等 について( 平 成 25 年 4 月 1 日 付 け 国 住 備 第 573 号 国 住 整 第 74 号 国 住 市 第 159 号 ) 九 都 市 地 域 再 生 緊 急 促 進 事 業 通 知 十 補 助 事 業 等 における 残 存 物 件 の 取 扱 いについて( 昭 和 34 年 3 月 12 日 付 け 建 設 省 会 発 第 74 号 ) 十 一 公 営 住 宅 建 設 事 業 等 における 残 存 物 件 の 取 扱 いについて( 昭 和 34 年 4 月 15 日 付 け 建 設 省 住 発 第 120 号 ) 十 二 住 宅 局 所 管 補 助 事 業 の 附 帯 事 務 費 等 の 使 途 基 準 について( 平 成 7 年 11 月 20 日 付 け 建 設 省 住 総 発 第 172 号 ) 十 三 建 設 省 所 管 補 助 事 業 における 食 糧 費 の 支 出 について( 平 成 7 年 11 月 20 日 付 け 街 建 設 省 会 発 第 641 号 ) 十 四 住 宅 局 所 管 補 助 事 業 等 における 消 費 税 相 当 額 の 取 扱 いについて( 平 成 17 年 9 月 1 日 付 け 国 住 総 発 第 37 号 ) 十 五 その 他 関 連 通 知 に 定 めるもの 附 則 第 1 施 行 期 日 この 要 綱 は 平 成 16 年 4 月 1 日 から 施 行 する 第 2 阪 神 淡 路 大 震 災 に 係 る 特 例 阪 神 淡 路 大 震 災 の 被 災 地 域 において 阪 神 淡 路 大 震 災 に 関 連 して 実 施 される 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 については 次 の 特 例 を 適 用 することができる 一 第 4 第 2 号 イ(1) 及 びロ 中 1/3を2/5とする 二 第 4 第 3 号 ロ 中 1/3を2/5と 50,000 千 円 を 60,000 千 円 とする 三 第 4 第 3 号 イ 中 1/3を1/2 以 内 とする

21 四 第 4 第 4 号 中 費 用 の1/3 以 内 を 費 用 の1/3 以 内 (ただし 共 同 建 替 えの 場 合 の 除 却 等 費 調 査 設 計 計 画 費 及 び 共 同 施 設 整 備 費 については2/5 以 内 ) とする 五 第 4 第 3 号 ハ 仮 設 住 宅 等 設 置 に 阪 神 淡 路 大 震 災 により 損 傷 を 受 けた 仮 設 住 宅 等 の 除 却 又 は 補 修 に 要 する 費 用 を 加 える 六 第 4 第 9 号 イ(12)の 適 用 に 際 しては 同 号 イ 中 国 土 交 通 大 臣 の 定 める 額 を 国 土 交 通 大 臣 が 認 める 額 と 読 み 替 えるものとする 第 3 経 過 措 置 一 住 宅 市 街 地 整 備 総 合 支 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 10 年 4 月 8 日 付 建 設 省 住 市 発 第 15 号 ) 住 宅 市 街 地 整 備 総 合 支 援 事 業 関 連 公 共 施 設 整 備 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 12 年 3 月 24 日 付 建 設 省 住 市 発 第 6 号 ) 及 び 密 集 住 宅 市 街 地 整 備 促 進 事 業 等 補 助 金 交 付 要 領 ( 平 成 6 年 6 月 23 日 付 建 設 省 住 市 発 第 48 号 )( 以 下 旧 要 綱 等 という )は 廃 止 する ただし この 要 綱 施 行 の 際 旧 要 綱 に 基 づき 行 われている 事 業 については こ の 要 綱 で 定 める 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 とみなす 二 この 要 綱 の 施 行 の 際 住 宅 市 街 地 基 盤 整 備 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 付 け 国 土 政 第 3-5 号 国 住 整 第 12 号 ) 附 則 第 2により 廃 止 された 住 宅 宅 地 関 連 公 共 施 設 等 総 合 整 備 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 14 年 5 月 21 日 付 け 国 総 宅 第 357 号 国 住 整 第 1168 号 )に 基 づき 行 われている 事 業 のうち 平 成 16 年 度 以 降 において 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 として 予 算 配 分 される 事 業 については この 要 綱 で 定 める 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 とみなす 三 住 宅 市 街 地 整 備 総 合 支 援 事 業 制 度 要 綱 に 基 づく 従 前 居 住 者 用 住 宅 等 又 は 密 集 住 宅 市 街 地 整 備 促 進 事 業 制 度 要 綱 に 基 づくコミュニティ 住 宅 等 で 平 成 13 年 度 までに 整 備 計 画 の 承 認 を 受 けたものに 関 する 規 定 は なお 従 前 の 例 によるものとする 四 住 宅 等 の 建 設 に 伴 って 行 う 地 区 計 画 建 築 協 定 等 により 管 理 上 の 担 保 措 置 のある 公 開 空 地 の 整 備 を 行 うものとして 平 成 13 年 度 までに 取 得 した 用 地 について 平 成 14 年 度 以 降 に 住 宅 等 の 整 備 に 伴 い 支 出 されることとなるものに 関 する 規 定 は なお 従 前 の 例 によるものとする 附 則 第 1 この 要 綱 は 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 する 第 2 平 成 16 年 度 までに 制 度 要 綱 第 10 の 規 定 により 同 意 を 受 けた 事 業 計 画 に 基 づき 行 われる 事 業 に 関 する 規 定 は なお 従 前 の 例 によるものとする 附 則 第 1 この 要 綱 は 平 成 18 年 4 月 1 日 から 施 行 する 第 2 低 未 利 用 地 有 効 利 用 等 推 進 計 画 で 平 成 17 年 度 までに 採 択 された 地 区 に 関 する 規 定 は なお 従 前 の 例 によるものとする 附 則 第 1 施 行 期 日 この 要 綱 は 平 成 19 年 4 月 1 日 から 施 行 する 第 2 地 域 優 良 賃 貸 住 宅 整 備 事 業 に 係 る 規 定 1 第 2 第 十 六 号 ロの 規 定 については 地 域 優 良 賃 貸 住 宅 制 度 要 綱 ( 平 成 19 年 3 月 28

22 日 付 け 国 住 備 第 160 号 )の 施 行 の 日 から 施 行 する 2 前 項 の 施 行 の 日 までに 供 給 計 画 の 認 定 を 受 けた 特 定 優 良 賃 貸 住 宅 等 及 び 高 齢 者 向 け 優 良 賃 貸 住 宅 等 並 びに 事 業 に 着 手 した 特 定 優 良 賃 貸 住 宅 等 及 び 高 齢 者 向 け 優 良 賃 貸 住 宅 等 については なお 従 前 の 例 による 第 3 経 過 措 置 この 要 綱 の 施 行 の 際 旧 要 綱 に 基 づき 行 われている 沿 道 等 整 備 型 重 点 整 備 地 区 におけ る 事 業 については この 要 綱 で 定 める 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 であるものとみなし 各 補 助 対 象 事 業 の 補 助 に 関 する 規 定 は それぞれなお 従 前 の 例 によるものとする 附 則 第 1 施 行 期 日 この 要 綱 は 平 成 20 年 4 月 1 日 から 施 行 する 附 則 第 1 施 行 期 日 この 要 綱 は 平 成 21 年 1 月 27 日 から 施 行 する 附 則 第 1 施 行 期 日 この 要 綱 は 平 成 21 年 4 月 1 日 から 施 行 する 附 則 第 1 施 行 期 日 この 要 綱 は 平 成 22 年 4 月 1 日 から 施 行 する 附 則 第 1 施 行 期 日 この 要 綱 は 平 成 24 年 4 月 6 日 から 施 行 する 附 則 第 1 施 行 期 日 この 要 綱 は 平 成 25 年 4 月 1 日 から 施 行 する 附 則 第 1 施 行 期 日 この 要 綱 は 平 成 25 年 5 月 15 日 から 施 行 する

23 別 表 第 1 都 心 共 同 住 宅 供 給 事 業 国 庫 補 助 採 択 要 件 (1) 敷 地 及 び 構 造 等 の 要 件 ( 都 市 居 住 環 境 整 備 重 点 地 域 に 係 るものにあっては イ 及 びロを 除 く ) イ 敷 地 に 接 する 道 路 の 中 心 線 以 内 の 面 積 が 原 則 として500m2 以 上 であること ロ 1 欄 に 掲 げる 最 高 限 度 に 応 じて 2 欄 に 掲 げる 空 地 の 面 積 の 敷 地 面 積 に 対 する 割 合 を 満 たす 面 積 以 上 の 空 地 を 確 保 すること ただし 空 地 の 面 積 は 絶 対 空 地 面 積 と 公 開 空 地 面 積 の 有 効 面 積 の 合 計 とし 公 開 空 地 面 積 については 総 合 設 計 許 可 準 則 に 関 す る 技 術 基 準 について( 昭 和 61 年 12 月 27 日 付 け 建 設 省 住 街 発 第 94 号 )に 準 じて 積 算 することができる 1 建 築 基 準 法 第 53 条 の 規 定 に 2 空 地 の 面 積 の 敷 地 面 積 に 対 する 割 合 よる 建 築 面 積 の 敷 地 面 積 に 対 す る 割 合 の 最 高 限 度 ( 最 高 限 度 ) 10 分 の5 以 下 1から 建 築 基 準 法 第 53 条 の 規 定 による 建 築 面 積 の 敷 地 面 積 に 対 する 割 合 の 最 高 限 度 を 減 じた 数 値 に10 分 の1.5を 加 えた 数 値 10 分 の5を 超 え 10 分 の5. 10 分 の6.5 5 以 下 の 場 合 10 分 の5.5を 超 える 場 合 1から 建 築 基 準 法 第 53 条 の 規 定 による 建 築 面 積 の 敷 地 面 積 に 対 する 割 合 の 最 高 限 度 を 減 じた 数 値 に10 分 の2を 加 えた 数 値 ハ 敷 地 が 原 則 として 幅 員 6m 以 上 の 道 路 に4m 以 上 接 すること ニ 耐 火 建 築 物 又 は 準 耐 火 建 築 物 であること (2)タイプ イ 共 同 化 タイプ 2 以 上 の 敷 地 又 は 敷 地 以 外 の 一 団 の 土 地 ( 以 下 敷 地 等 とい う )について 所 有 権 等 を 有 する2 人 以 上 の 者 又 はこれらの 者 の 同 意 を 得 た 者 が 当 該 権 利 の 目 的 となっている 敷 地 等 の 区 域 において 行 う 一 の 構 えを 成 す 建 築 物 ( 建 築 基 準 法 第 86 条 第 1 項 の 規 定 により 同 一 敷 地 内 にあるものとみなされる2 以 上 の 構 えを 成 す 建 築 物 を 含 む 以 下 同 じ ) 及 びその 敷 地 等 の 整 備 で 整 備 する 建 築 物 の 延 べ 面 積 の2 分 の1 以 上 を 住 宅 の 用 に 供 するものをいう ただし 当 該 敷 地 等 について 所 有 権 を 有 する 者 が2 人 である 場 合 は その 面 積 が200 平 方 メートル 未 満 で ある 敷 地 等 又 はその 形 状 が 不 整 形 である 敷 地 等 を 含 むものに 限 るものであること この 場 合 において 当 該 所 有 権 等 を 有 す るものの 人 数 の 算 定 上 一 の 権 利 を 共 有 するものは1 人 とみな し 土 地 又 は 借 地 権 の 信 託 の 受 託 者 を 除 くものとする ロ 市 街 地 環 境 形 成 タイプ 次 のいずれかの 要 件 に 該 当 する 建 築 物 及 びその 敷 地 等 の 整 備 で 整 備 する 建 築 物 の 延 べ 面 積 の2 分 の1 以 上 を 住 宅 の 用 に 供 するものをいう 1) 建 築 基 準 法 第 69 条 に 規 定 する 建 築 協 定 都 市 計 画 法 第 1 2 条 の5 第 2 項 第 3 号 に 規 定 する 地 区 整 備 計 画 又 は 幹 線 道 路 の 沿 道 の 整 備 に 関 する 法 律 ( 昭 和 55 年 法 律 第 34 号 ) 第 9 条 第 2 項 第 2 号 に 規 定 する 沿 道 地 区 整 備 計 画 その 他 これ らに 類 する 計 画 等 に 基 づく 壁 面 の 位 置 の 制 限 建 築 物 の 形

24 ハ マンション 建 替 タイプ 態 意 匠 等 に 関 する 制 限 その 他 これらに 類 する 制 限 を 受 ける ものであること 2) 次 に 掲 げるいずれかに 該 当 するものであること 1 日 常 的 に 開 放 され 市 街 地 における 公 衆 の 円 滑 な 通 行 の 確 保 に 資 する 敷 地 ( 建 築 物 を 含 む ) 内 の 公 共 的 通 路 等 を 整 備 するもの 2 敷 地 内 の 事 業 認 可 前 の 都 市 計 画 施 設 部 分 都 市 計 画 法 第 12 条 の5 第 2 項 に 規 定 する 地 区 施 設 部 分 を 空 地 として 確 保 することにより 都 市 計 画 施 設 等 の 整 備 の 促 進 に 寄 与 するとともに 歩 行 者 空 間 としての 確 保 等 にも 寄 与 するも の 3 都 市 再 生 推 進 事 業 制 度 要 綱 ( 平 成 12 年 3 月 24 日 建 設 省 経 宅 発 第 37-2 号 建 設 省 都 計 発 第 35-2 号 建 設 省 住 街 発 第 23 号 )に 基 づく 地 方 拠 点 整 備 総 合 計 画 区 域 及 び 市 街 地 環 境 整 備 総 合 計 画 区 域 内 において 施 行 されるものであ ること 減 価 償 却 資 産 の 耐 用 年 数 等 に 関 する 省 令 ( 昭 和 40 年 大 蔵 省 令 第 15 号 ) 別 表 第 1に 掲 げる 耐 用 年 数 の3 分 の1を 経 過 し 又 はこれと 同 程 度 の 機 能 低 下 を 生 じている 共 同 住 宅 ( 当 該 共 同 住 宅 が 取 壊 し 等 により 現 に 共 同 住 宅 として 使 用 されていない 場 合 を 含 む )に 関 し 建 物 の 区 分 所 有 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 3 7 年 4 月 4 日 法 律 第 69 号 以 下 区 分 所 有 法 という ) 第 2 条 第 1 項 に 規 定 する 区 分 所 有 権 を 有 する 者 ( 以 下 区 分 所 有 者 という ) 又 は 区 分 所 有 者 の 同 意 を 得 た 者 が1 人 で 又 は 数 人 共 同 して 当 該 権 利 の 目 的 となっている 敷 地 等 の 区 域 内 で 行 う 共 同 住 宅 の 建 替 え 及 びその 敷 地 等 の 整 備 であり 次 に 掲 げ る 要 件 に 該 当 するものをいう 1) 市 街 地 総 合 再 生 計 画 等 の 区 域 内 において 行 われる 事 業 であ ること 又 は 次 に 掲 げる 周 辺 市 街 地 整 備 に 寄 与 する 事 業 のい ずれかに 該 当 するものであること 1 その 敷 地 内 で 狭 小 道 路 に 面 する 部 分 の 道 路 拡 幅 通 路 提 供 等 を 伴 う 事 業 2 その 敷 地 内 に 一 般 の 利 用 に 供 する 公 開 空 地 を 確 保 する 事 業 3 近 隣 環 境 に 配 慮 し 景 観 と 一 体 となった 建 築 計 画 が 定 め られた 事 業 2) 建 替 え 対 象 となる 共 同 住 宅 に 係 る 区 分 所 有 者 が10 人 以 上 ( 地 区 面 積 が1,000 平 方 メートル 未 満 で 従 前 の 住 宅 戸 数 が10 戸 以 上 の 場 合 は 区 分 所 有 者 が5 人 以 上 )であるこ と 3) 区 分 所 有 法 第 62 条 第 1 項 の 規 定 による 建 替 え 決 議 又 は 区 分 所 有 者 全 員 の 総 意 による 建 替 え 決 議 又 はこれに 準 ずる 措 置 がなされていること 4) 建 替 え 後 の 建 築 物 の 延 べ 面 積 の2 分 の1 以 上 を 住 宅 の 用 に 供 し かつ 建 替 え 前 の 戸 数 又 は 建 替 え 前 の 延 べ 面 積 以 上 の

25 ニ 住 宅 複 合 利 用 タイプ ホ 優 良 住 宅 供 給 タイプ 住 宅 を 供 給 すること 住 宅 を 他 の 施 設 と 共 同 して 建 設 することにより 住 宅 の 地 価 負 担 を 軽 減 するものであって 住 宅 を15 戸 ( 都 市 計 画 法 第 12 条 の4 第 1 項 第 1 号 に 掲 げる 地 区 計 画 のうち 同 法 第 12 条 の 9に 規 定 する 事 項 が 定 められたものの 区 域 内 並 びに 同 法 第 8 条 第 1 項 に 掲 げる 近 隣 商 業 地 域 商 業 地 域 及 び 特 別 用 途 地 区 ( 建 築 物 の 中 高 層 階 における 住 宅 の 確 保 及 び 住 居 の 環 境 の 保 護 を 図 ることを 目 的 とするものに 限 る )の 区 域 内 においては 10 戸 ) 以 上 供 給 する 建 築 物 及 びその 敷 地 等 の 整 備 をいう 大 都 市 法 第 101 条 の3の 規 定 に 基 づく 都 府 県 知 事 の 認 定 を 受 けた 計 画 により30 戸 以 上 の 住 宅 を 供 給 する 建 築 物 及 びそ の 敷 地 等 の 整 備 をいう

26 別 表 第 2 整 備 計 画 策 定 等 事 業 事 業 及 び 内 訳 説 明 イ 整 備 計 画 作 成 (1) 広 域 調 査 整 備 地 区 を 選 定 するため 整 備 計 画 を 策 定 する 補 助 事 業 者 の 行 政 区 域 の 相 当 範 囲 を 対 象 に 行 う 土 地 利 用 施 設 現 況 等 の 調 査 に 関 する 事 業 (2) 整 備 計 画 作 成 調 査 整 備 計 画 の 作 成 に 当 たって 必 要 となる 現 況 の 測 量 現 況 図 の 作 成 物 件 及 び 権 利 関 係 の 調 査 並 びに 基 本 構 想 の 作 成 ( 防 災 再 開 発 促 進 地 区 の 設 定 経 費 を 含 む )に 関 する 事 業 ロ 事 業 計 画 作 成 事 業 計 画 の 作 成 に 当 たって 必 要 となる 現 況 の 測 量 現 況 図 の 作 成 物 件 及 び 権 利 関 係 の 調 査 並 びに 基 本 構 想 の 作 成 に 関 する 事 業 並 びに 事 業 計 画 の 作 成 等 に 関 する 事 業 ハ 推 進 事 業 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 の 推 進 に 必 要 な 以 下 に 掲 げる 事 業 1 施 行 者 又 は 施 行 者 から 委 託 等 を 受 けた 者 が 行 う 事 業 推 進 のために 必 要 な 関 係 機 関 地 元 住 民 等 との 調 整 業 務 等 及 び 当 該 業 務 の 実 施 に 必 要 な 現 地 事 務 所 の 設 置 2 地 元 住 民 協 議 会 及 びNPO 法 人 等 並 びに 防 災 街 区 計 画 整 備 組 合 及 び 防 災 街 区 整 備 推 進 機 構 における 事 業 普 及 活 動 促 進 事 業 等 3 ブロック 単 位 の 実 施 計 画 の 策 定 4 建 替 促 進 事 業 計 画 の 作 成 5 再 評 価 等 の 事 業 評 価 ニ 低 未 利 用 地 有 効 利 用 等 次 に 掲 げる 事 業 をいう 推 進 計 画 作 成 1 低 未 利 用 地 の 有 効 利 用 を 促 進 するため 既 成 市 街 地 におい て 住 宅 等 の 整 備 を 中 心 とする 市 街 地 整 備 により 低 未 利 用 地 の 有 効 利 用 を 図 るべき 地 区 ( 防 災 公 園 街 区 の 整 備 に 関 連 する もの 以 外 については 平 成 18 年 度 までに 土 地 を 取 得 した 地 区 に 限 る )について 地 区 現 況 調 査 地 方 公 共 団 体 や 土 地 所 有 者 等 の 開 発 土 地 利 用 意 向 調 査 地 区 整 備 構 想 及 び 整 備 プログラムの 作 成 関 連 公 共 施 設 や 地 区 公 共 施 設 等 の 整 備 計 画 作 成 地 区 整 備 促 進 のためのコーディネート 関 係 者 間 の 調 整 個 別 低 未 利 用 地 の 有 効 利 用 計 画 ( 事 業 計 画 )の 作 成 及 びその 実 現 のためのコーディネート 関 係 権 利 者 及 び 事 業 者 間 の 調 整 事 業 推 進 及 び 事 業 化 に 係 る 調 整 等 に 関 する 事 業 2 都 市 再 生 に 民 間 事 業 者 を 誘 導 するための 条 件 整 備 として 行 うコーディネート 関 係 権 利 者 事 業 者 等 の 関 係 者 間 の 調 整 事 業 推 進 及 び 事 業 化 に 係 る 調 整 等 に 関 する 事 業 ホ 都 市 居 住 環 境 整 備 基 本 計 画 作 成 (1) 都 市 居 住 環 境 整 都 市 居 住 環 境 整 備 基 本 計 画 の 作 成 に 関 する 事 業 備 基 本 計 画 作 成

27 (2) 事 業 推 進 コーディ 都 市 居 住 環 境 整 備 重 点 地 域 において 地 権 者 による 共 同 化 や ネート 民 間 事 業 者 による 再 開 発 等 の 誘 導 良 質 な 都 市 住 宅 の 整 備 を 通 じて 低 未 利 用 地 の 有 効 利 用 と 都 市 構 造 の 再 編 に 資 する 良 好 な 住 宅 市 街 地 の 整 備 を 促 進 するためのコーディネートに 関 する 事 業 ヘ 推 進 計 画 作 成 密 集 市 街 地 における 老 朽 建 築 物 等 の 共 同 化 等 を 推 進 するた め 地 方 公 共 団 体 との 連 携 の 下 で 都 市 再 生 機 構 が 行 う 調 査 計 画 作 成 及 びコーディネート 等 に 要 する 費 用

28 別 表 第 3 市 街 地 住 宅 等 整 備 事 業 (あ) 区 分 拠 点 開 発 型 街 なか 居 住 再 生 型 都 心 共 同 住 宅 供 給 事 業 個 別 建 替 え 密 集 住 宅 市 街 地 整 備 型 誘 導 建 替 え まち づく り 建 替 え 認 定 建 替 え 防 災 建 替 え 防 災 街 区 整 備 事 業 共 同 施 設 整 備 等 1 調 査 設 計 計 画 イ 事 業 計 画 作 成 費 (1) 現 況 測 量 現 況 調 査 権 利 調 査 及 び 調 整 に 要 する 費 用 (2) 基 本 設 計 費 (3) 敷 地 設 計 費 (4) 公 共 施 設 設 計 費 (5) 資 金 計 画 作 成 費 (6) 環 境 アセスメント 費 (7) PFI 事 業 者 選 定 費 ロ 地 盤 調 査 費 ハ 建 築 設 計 費 ニ 権 利 変 換 計 画 作 成 費 2 土 地 整 備 ( 注 8) イ 建 築 物 除 却 等 費 (い) ロ 仮 設 店 舗 等 設 置 費 ( 注 1) ハ 補 償 費 等 3 共 同 施 設 整 備 ( 注 8) イ 空 地 等 整 備 費 (1) 通 路 整 備 費 (2) 駐 車 施 設 整 備 費 (3) 児 童 遊 園 整 備 費 (4) 緑 地 整 備 費 (5) 広 場 整 備 費 ロ 供 給 処 理 施 設 整 備 費 (1) 給 水 施 設 整 備 費 (2) 排 水 施 設 整 備 費 (3) 電 気 施 設 整 備 費 (4) ガス 供 給 施 設 整 備 費 (5) 電 話 施 設 整 備 費 (6) ごみ 処 理 施 設 整 備 費 (7) 情 報 通 信 施 設 整 備 費 (8) 熱 供 給 施 設 整 備 費

29 ハ その 他 の 施 設 等 整 備 等 費 (1) 共 用 通 行 部 分 整 備 費 (2) 防 災 性 能 強 化 工 事 費 (3) 防 災 関 連 施 設 整 備 費 (4) 航 空 障 害 燈 設 置 費 (5) 防 音 防 震 等 工 事 費 (6) 社 会 福 祉 施 設 等 との 一 体 的 整 備 費 (7) 立 体 的 遊 歩 道 及 び 人 工 地 盤 施 設 整 備 費 (8) 公 共 用 通 路 整 備 費 ( 注 6) (9) 駐 車 場 整 備 費 (10) 機 械 室 ( 電 気 室 を 含 む ) 整 備 費 (11) 集 会 所 及 び 管 理 事 務 所 整 備 費 (12) 高 齢 者 等 生 活 支 援 施 設 整 備 費 (13) 子 育 て 支 援 施 設 整 備 費 (14) 避 難 設 備 設 置 費 (15) 消 火 設 備 及 び 警 報 設 備 設 置 費 (16) 監 視 装 置 設 置 費 (17) 避 雷 施 設 設 置 費 (18) 電 波 障 害 防 除 施 設 設 置 費 (19) 耐 火 等 構 造 費 (20) 共 同 化 促 進 費 (21) 公 開 空 地 用 地 取 得 費 公 共 空 間 等 整 備 1 公 共 空 間 整 備 費 ( 注 2) 2 公 開 空 地 整 備 費 ( 注 3) 3 駅 施 設 整 備 費 ( 注 4)( 注 5) ( 注 7) ( 注 7) ( 注 1) 都 心 共 同 住 宅 供 給 事 業 は 除 く ( 注 2) 住 宅 等 の 整 備 に 伴 って 市 街 地 住 宅 等 整 備 事 業 者 が 行 う 管 理 上 担 保 措 置 のある 道 路 公 園 給 排 水 施 設 等 及 びこれらに 付 帯 する 設 備 の 工 事 に 要 する 費 用 ( 設 計 費 を 含 む ) 並 びに 道 路 公 園 給 排 水 施 設 等 の 整 備 に 必 要 な 用 地 補 償 費 ( 義 務 的 に 整 備 すべき 部 分 に 係 る 額 を 除 く ) 若 しくは 当 該 用 地 補 償 費 に 相 当 する 住 宅 等 の 整 備 に 要 する 費 用 ( 注 3) 住 宅 等 の 整 備 に 伴 って 市 街 地 住 宅 等 整 備 事 業 者 が 行 う 管 理 上 担 保 措 置 のある 空 地 等 及 びこれらに 付 帯 する 設 備 の 工 事 に 要 する 費 用 ( 設 計 費 を 含 む) ( 注 4) 次 に 掲 げる 鉄 道 整 備 事 業 について 行 う 市 街 地 住 宅 等 整 備 事 業 者 の 負 担 1 新 駅 の 設 置 ( 一 体 的 に 行 われる 軌 道 の 敷 設 を 含 む ) 2 既 存 駅 の 改 良 ( 一 定 的 に 行 われる 軌 道 の 敷 設 を 含 む ) ( 注 5) 以 下 の1 及 び2に 要 する 費 用 の 合 計 額 1 鉄 道 整 備 負 担 費

30 鉄 道 事 業 者 と 市 街 地 住 宅 等 整 備 事 業 者 とが 結 ぶ 鉄 道 整 備 事 業 の 費 用 に 関 する 負 担 協 定 ( 鉄 道 整 備 に 係 る 費 用 について 鉄 道 事 業 者 以 外 に 複 数 の 負 担 者 がい る 場 合 において 市 街 地 住 宅 等 整 備 事 業 者 が 負 担 する 費 用 が 最 終 的 に 鉄 道 事 業 者 に 支 払 われることとなる 協 定 を 含 む 以 下 同 じ )に 基 づき 市 街 地 住 宅 等 整 備 事 業 者 が 負 担 する 次 に 掲 げる 費 用 を 合 計 した 額 用 地 買 収 費 調 査 設 計 費 及 び 測 量 試 験 費 土 木 工 事 費 建 築 工 事 費 機 械 設 備 費 2 用 地 費 差 額 負 担 費 鉄 道 事 業 者 と 住 宅 整 備 事 業 者 との 負 担 協 定 に 基 づいて 住 宅 整 備 事 業 者 が 鉄 道 事 業 者 に 土 地 を 譲 渡 する 場 合 における 当 該 土 地 の 取 得 及 び 造 成 に 要 する 費 用 と 鉄 道 事 業 者 への 譲 渡 価 格 との 差 額 ( 注 6)1ヘクタール 当 たりの 工 場 の 延 べ 面 積 の 合 計 がおおむね 800 平 方 メートル 以 上 かつ 木 造 住 宅 率 が5 割 以 上 の 地 区 ( 以 下 住 工 混 在 型 地 区 という )において 工 場 併 存 住 宅 に 建 て 替 える 場 合 ( 老 朽 建 築 物 等 の 除 却 の 跡 地 において 工 場 併 存 住 宅 を 建 設 する 場 合 を 含 む ) 及 び 住 工 混 在 型 地 区 において 都 市 再 生 機 構 が 工 場 併 存 住 宅 に 建 て 替 える 場 合 ( 老 朽 建 築 物 等 の 除 却 の 跡 地 において 工 場 併 存 住 宅 を 建 設 する 場 合 を 含 む )に 限 る ( 注 7) 空 地 等 整 備 費 の(1)~(5) 又 はその 他 施 設 等 整 備 等 費 の(1) 若 しくは(7) に 係 る 土 地 に 限 る ( 注 8) 防 災 街 区 整 備 事 業 のうち 次 表 (ア) 欄 に 該 当 するものにあっては それぞれ の 費 用 の 額 に(イ) 欄 の 係 数 を 乗 じて 得 た 額 とする (ア) 事 業 (イ) 係 数 中 心 市 街 地 の 活 性 化 に 関 する 法 律 第 9 条 第 7 項 に 定 める 認 定 を 受 けた 基 本 計 画 に 位 置 付 けられ 又 は 認 定 1.20 を 受 けることが 確 実 と 見 込 まれる 基 本 計 画 に 位 置 付 け られる 事 業 ( 下 欄 に 該 当 するものを 除 く ) 密 集 市 街 地 整 備 法 第 3 条 の 規 定 に 基 づき 定 め また は 定 める 予 定 である 防 災 再 開 発 促 進 地 区 の 区 域 内 で 施 行 される 事 業 都 市 再 生 プロジェクト 第 三 次 決 定 ( 平 成 13 年 12 月 都 市 再 生 本 部 決 定 )において 地 震 時 に 大 きな 被 害 が 想 定 される 危 険 な 密 集 市 街 地 のうち 特 に 大 火 の 可 能 性 の 高 い 危 険 な 市 街 地 として 位 置 付 けられた 区 域 内 で 実 施 される 事 業 1.35 以 下 の 全 ての 要 件 を 満 たす 事 業 中 心 市 街 地 の 活 性 化 に 関 する 法 律 第 9 条 第 7 項 に 定 める 認 定 を 受 けた 基 本 計 画 に 位 置 付 けられ 又 は 認 定 を 受 けることが 確 実 と 見 込 まれる 基 本 計 画 に 位 置 付 けられる 事 業 地 区 内 の 事 業 施 行 前 の 容 積 率 に 対 して 事 業 実 施 後 の 施 設 建 築 物 の 容 積 率 が 2.55 倍 以 下 の 事 業

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

都計法等講習会における説明メモ

都計法等講習会における説明メモ 国 住 街 第 1 4 5 号 平 成 2 6 年 12 月 5 日 各 都 道 府 県 建 築 行 政 主 務 部 長 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 市 街 地 建 築 課 長 マンションの 建 替 え 等 の 円 滑 化 に 関 する 法 律 第 105 条 の 規 定 の 運 用 について 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 ) 第 59 条 の2に 基 づくいわゆる

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

建 築 設 備 設 計 監 理 業 務 委 託 料 算 定 基 準 1. 目 的 この 基 準 は 福 島 県 土 木 部 が 所 掌 する 建 築 物 及 びその 附 帯 施 設 ( 以 下 県 有 建 築 物 とい う )に 係 る 設 計 等 の 業 務 ( 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BDF91E389BB8CF0957497768D6A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BDF91E389BB8CF0957497768D6A> 平 成 24 年 度 高 知 県 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 知 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 43 年 高 知 県 規 則 第 7 号 以 下 規 則 という ) 第 24 条 の 規 定 に 基 づき 高 知 県 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 費 補 助 金 ( 以

More information

Microsoft Word - ③改正後全文(交付要綱).docx

Microsoft Word - ③改正後全文(交付要綱).docx 参 考 ( 改 正 後 全 文 ) 厚 生 労 働 省 発 老 0717 第 2 号 平 成 2 4 年 7 月 1 7 日 最 終 改 正 厚 生 労 働 省 発 老 0309 第 2 号 平 成 2 8 年 3 月 9 日 指 定 都 市 市 長 各 中 核 市 市 長 殿 市 区 町 村 長 厚 生 労 働 事 務 次 官 ( 公 印 省 略 ) 地 域 介 護 福 祉 空 間 整 備 等 施

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63> Ⅱ 整 備 法 第 119 条 に 規 定 する 公 益 目 的 支 出 計 画 等 について ( 一 般 社 団 法 人 一 般 財 団 法 人 への 移 行 関 係 ) 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及 び 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整

More information

住宅・建築物環境対策事業費補助金交付要綱

住宅・建築物環境対策事業費補助金交付要綱 住 宅 建 築 物 環 境 対 策 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 22 年 4 月 1 日 国 住 生 第 9 号 第 1 通 則 住 宅 建 築 物 環 境 対 策 事 業 費 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 に 関 しては 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 昭 和 30 年 法 律 第 179 号

More information

施設整備交付要綱

施設整備交付要綱 東 京 都 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 費 補 助 金 交 付 要 綱 6 衛 医 対 第 1125 号 17 福 保 医 政 第 165 号 平 成 7 年 2 月 1 日 平 成 17 年 7 月 15 日 7 衛 医 対 第 1186 号 18 福 保 医 政 第 1050 号 平 成 7 年 10 月 25 日 平 成 18 年 12 月 15 日 8 衛 医 計 第 3 1

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について 日 環 協 第 8 号 平 成 2 5 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 土 壌 汚 染 対 策 法 政 令 市 市 長 殿 公 益 財 団 法 人 日 本 環 境 協 会 理 事 長 森 嶌 昭 夫 土 壌 環 境 保 全 対 策 推 進 助 成 金 交 付 事 業 実 施 要 領 の 変 更 について 当 協 会 の 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 の 御 協 力 を

More information

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 経 済 の 好 循 環 を 確 実 なものとする 観 点 から 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 等 を 行 うとともに 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 低 所 得 者 への 配 慮 として 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導

More information

<8A4A94AD8B9689C290528DB88AEE8F808169955C8E86816A90FC82C882B52E786477>

<8A4A94AD8B9689C290528DB88AEE8F808169955C8E86816A90FC82C882B52E786477> 開 発 許 可 審 査 基 準 平 成 24 年 8 月 春 日 部 市 目 次 総 則 第 01 目 的 1 第 02 法 令 の 略 称 規 定 1 第 03 開 発 行 為 の 定 義 1 都 市 計 画 法 第 29 条 開 発 行 為 の 許 可 3 都 市 計 画 法 第 33 条 開 発 許 可 の 基 準 5 都 市 計 画 法 第 34 条 市 街 化 調 整 区 域 の 許 可

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建

国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建 築 関 連 附 帯 業 務 標 準 人 日 数 39 耐 震 診 断 等 関 連 業 務 料 の 具

More information

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc 参 考 資 料 6 不 動 産 投 資 信 託 及 び 不 動 産 投 資 法 人 に 関 する 規 平 成 13 年 3 月 16 日 制 定 平 成 13 年 5 月 24 日 改 正 平 成 13 年 9 月 21 日 改 正 平 成 16 年 3 月 19 日 改 正 平 成 17 年 11 月 18 日 改 正 平 成 18 年 4 月 21 日 改 正 平 成 19 年 2 月 16 日

More information

○○省共済組合貸付事業運営規則運用方針(案)

○○省共済組合貸付事業運営規則運用方針(案) 文 部 科 学 省 共 済 組 合 貸 付 規 程 運 用 方 針 第 1 条 関 係 貸 付 けの 対 象 となる 組 合 員 は 定 款 第 13 条 第 1 号 及 び 第 3 号 に 掲 げる 者 とする 第 6 条 関 係 1 第 一 号 ロ( 物 資 貸 付 ) 第 二 号 ( 特 別 貸 付 ) 第 三 号 ( 住 宅 貸 付 ) 及 び 第 四 号 ( 特 別 住 宅 貸 付 )の

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について 平 成 28 年 3 月 定 例 会 議 案 概 要 議 案 第 45 号 専 決 処 分 の 報 告 及 び 承 認 について ( 松 戸 市 市 税 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 制 定 について) 税 制 課 提 案 理 由 市 税 に 係 る 手 続 における 個 人 番 号 の 利 用 の 取 扱 いを 見 直 すことにより 納 税

More information

て 位 置 付 けられているもので, 本 市 が 指 定 するものをいう ⒀ 防 火 対 策 次 のいずれかの 防 火 上 の 対 策 を 行 うことをいう ア 外 壁 で, 道 からの 延 焼 のおそれのある 部 分 ( 建 築 物 の 敷 地 が 接 する 道 に 面 する 当 該 建 築 物

て 位 置 付 けられているもので, 本 市 が 指 定 するものをいう ⒀ 防 火 対 策 次 のいずれかの 防 火 上 の 対 策 を 行 うことをいう ア 外 壁 で, 道 からの 延 焼 のおそれのある 部 分 ( 建 築 物 の 敷 地 が 接 する 道 に 面 する 当 該 建 築 物 京 都 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 25 年 4 月 15 日 制 定 平 成 26 年 3 月 31 日 改 正 平 成 27 年 4 月 10 日 改 正 平 成 28 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 本 市 に 存 する 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 を 促 進 するため, 当 該 木 造 住 宅 の

More information

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 土 佐 市 住 宅 耐 震 改 修 費 等 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 28 年 5 月 13 日 平 成 28 年 要 綱 第 44 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 既 存 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 り 地 震 発 生 時 の 住 宅 の 倒 壊 等 によ る 被 害 を 軽 減 することを 目 的 とし 土 佐 市 にある 既 存 住 宅 の 耐

More information

(案)

(案) ( 別 紙 ) 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 1 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )については 予 算 の 範 囲 内 において 交 付 するものとし 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 昭 和 30 年 法 律 第 179 号 ) 補 助

More information

存 しておくべきこと (2) 知 事 の 承 認 を 受 けて 財 産 を 処 分 することにより 収 入 があった 場 には その 収 入 の 全 部 又 は 一 部 を 県 に 納 付 すべきこと (3) 補 助 事 業 により 取 得 し 又 は 効 用 の 増 加 した 財 産 については

存 しておくべきこと (2) 知 事 の 承 認 を 受 けて 財 産 を 処 分 することにより 収 入 があった 場 には その 収 入 の 全 部 又 は 一 部 を 県 に 納 付 すべきこと (3) 補 助 事 業 により 取 得 し 又 は 効 用 の 増 加 した 財 産 については 宮 崎 県 まちなか 商 業 再 生 支 援 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 21 年 4 月 1 日 商 工 観 光 労 働 部 商 工 政 策 課 ( 趣 旨 ) 第 1 条 県 は 商 店 街 等 と 多 様 な 主 体 が 連 携 して 行 う 新 たな 振 興 策 や 起 業 への 取 組 及 び 商 店 街 の 活 性 化 への 取 組 を 促 進 するため 予 算 で

More information

   国立大学法人富山大学不動産貸付事務取扱細則

   国立大学法人富山大学不動産貸付事務取扱細則 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 不 動 産 貸 付 事 務 取 扱 細 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 20 年 7 月 22 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 平 成 24 年 8 月 1 日 改 正 平 成 25 年 2 月 1 日 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

H27施行通知

H27施行通知 総 税 企 第 3 9 号 平 成 27 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 議 会 議 長 各 指 定 都 市 市 長 殿 各 指 定 都 市 議 会 議 長 総 務 大 臣 地 方 税 法 同 法 施 行 令 同 法 施 行 規 則 の 改 正 等 について 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 2 号 ) 地

More information

の 取 扱 いを 改 めるものとする おつて 合 同 宿 舎 について 規 則 第 16 条 の 規 定 により 公 用 部 分 による 使 用 料 の 調 整 を 行 つたものは 別 紙 様 式 1 又 は 2 の 形 式 による 補 助 簿 を 備 え これに 整 理 するものとする 記 1 令

の 取 扱 いを 改 めるものとする おつて 合 同 宿 舎 について 規 則 第 16 条 の 規 定 により 公 用 部 分 による 使 用 料 の 調 整 を 行 つたものは 別 紙 様 式 1 又 は 2 の 形 式 による 補 助 簿 を 備 え これに 整 理 するものとする 記 1 令 国 家 公 務 員 等 の 有 料 宿 舎 の 使 用 料 の 算 定 について 昭 和 46 年 3 月 27 日 蔵 理 第 1289 号 改 正 昭 和 48 年 05 月 01 日 蔵 理 第 1922 号 同 50 年 01 月 24 日 同 第 5462 号 同 52 年 01 月 28 日 同 第 5438 号 同 54 年 04 月 27 日 同 第 1645 号 同 56 年 06

More information

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業 平 成 28 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 案 ) 速 報 ( 平 成 27 年 12 月 10 日 現 在 ) 0 1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 1-1 23.9% 平 成 28 年 4 月 1 日 以

More information

目 次 第 1 章 総 則 第 1 総 則 1 1 趣 旨 1 2 基 本 目 標 1 3 運 用 方 針 2 第 2 用 語 の 定 義 2 第 2 章 計 画 要 件 第 1 計 画 の 基 本 要 件 6 1 共 通 事 項 6 第 2 種 類 別 要 件 6 1 市 街 地 住 宅 型 総

目 次 第 1 章 総 則 第 1 総 則 1 1 趣 旨 1 2 基 本 目 標 1 3 運 用 方 針 2 第 2 用 語 の 定 義 2 第 2 章 計 画 要 件 第 1 計 画 の 基 本 要 件 6 1 共 通 事 項 6 第 2 種 類 別 要 件 6 1 市 街 地 住 宅 型 総 千 代 田 区 総 合 設 計 許 可 要 綱 千 代 田 区 平 成 27 年 9 月 ( 平 成 28 年 1 月 一 部 改 正 ) 目 次 第 1 章 総 則 第 1 総 則 1 1 趣 旨 1 2 基 本 目 標 1 3 運 用 方 針 2 第 2 用 語 の 定 義 2 第 2 章 計 画 要 件 第 1 計 画 の 基 本 要 件 6 1 共 通 事 項 6 第 2 種 類 別 要 件

More information

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 福 祉 機 構 法 発 令 : 平 成 14 年 12 月 13 日 号 外 法 律 第 171 号 最 終 改 正 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 改 正 内 容 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 [ 平 成 28 年 4 月 1 日 ] 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 安

More information

それぞれの 税 額 控 除 の 選 択 関 係 借 入 金 の 有 無 住 宅 又 は 増 改 築 の 種 類 対 象 となる 税 額 控 除 住 宅 の 新 築 や 購 入 有 認 定 住 宅 ( P7 参 照 ) A 又 はEから1つを 選 択 ( ) 認 定 住 宅 以 外 Aのみ をした 場

それぞれの 税 額 控 除 の 選 択 関 係 借 入 金 の 有 無 住 宅 又 は 増 改 築 の 種 類 対 象 となる 税 額 控 除 住 宅 の 新 築 や 購 入 有 認 定 住 宅 ( P7 参 照 ) A 又 はEから1つを 選 択 ( ) 認 定 住 宅 以 外 Aのみ をした 場 平 成 27 年 分 住 宅 の 取 得 に 係 る 税 額 控 除 のあらまし 居 住 者 が 住 宅 の 新 築 取 得 又 は 増 改 築 をした 場 合 で 一 定 の 要 件 を 満 たすときは 次 のAからEの 税 額 控 除 の 適 用 を 受 けることによって 居 住 の 用 に 供 した 年 分 以 後 の 各 年 分 の 所 得 税 額 から 一 定 の 金 額 を 控 除 する

More information

概 要 1. 植 物 工 場 の 立 地 における 主 な 法 律 と 課 題 の 概 要 農 業 として 認 められる 植 物 工 場 は 法 的 な 規 制 が 少 なく 一 般 工 場 との 位 置 づけ では 農 地 転 用 建 築 基 準 法 消 防 法 等 の 法 律 規 制 がある 2

概 要 1. 植 物 工 場 の 立 地 における 主 な 法 律 と 課 題 の 概 要 農 業 として 認 められる 植 物 工 場 は 法 的 な 規 制 が 少 なく 一 般 工 場 との 位 置 づけ では 農 地 転 用 建 築 基 準 法 消 防 法 等 の 法 律 規 制 がある 2 第 5 章 植 物 工 場 の 法 規 制 等 -73- 概 要 1. 植 物 工 場 の 立 地 における 主 な 法 律 と 課 題 の 概 要 農 業 として 認 められる 植 物 工 場 は 法 的 な 規 制 が 少 なく 一 般 工 場 との 位 置 づけ では 農 地 転 用 建 築 基 準 法 消 防 法 等 の 法 律 規 制 がある 2. 農 地 関 連 (1) 農 業 振 興

More information

(6) 明 渡 し 請 求 から 組 合 解 散 までの 手 続 きに 関 わる 書 式 等 書 式 6-1 施 行 マンション 等 の 明 渡 し 通 知 F... 資 38 書 式 6-2 マンション 建 替 組 合 解 散 認 可 申 請 書 F... 資 39 書 式 6-3 決 算 報 告

(6) 明 渡 し 請 求 から 組 合 解 散 までの 手 続 きに 関 わる 書 式 等 書 式 6-1 施 行 マンション 等 の 明 渡 し 通 知 F... 資 38 書 式 6-2 マンション 建 替 組 合 解 散 認 可 申 請 書 F... 資 39 書 式 6-3 決 算 報 告 資 料 1 建 替 え 関 連 書 式 1. 参 考 様 式 (1) 建 替 え 決 議 の 手 続 きに 関 わる 書 式 書 式 1-1 建 替 え 決 議 集 会 招 集 通 知 書 ( 説 明 会 開 催 通 知 書 と 併 せた 場 合 ) A... 資 1~3 書 式 1-2 議 決 権 行 使 書 ( 建 替 え 決 議 ) A... 資 4 書 式 1-3 議 決 権 行 使 者 選

More information

り 知 事 の 承 認 を 受 けること (2) 補 助 事 業 を 中 止 し, 又 は 廃 止 する 場 合 においては, 様 式 第 5 号 により 知 事 の 承 認 を 受 けること (3) 補 助 事 業 が 予 定 の 期 間 内 に 完 了 しない 場 合 又 は 補 助 事 業 の

り 知 事 の 承 認 を 受 けること (2) 補 助 事 業 を 中 止 し, 又 は 廃 止 する 場 合 においては, 様 式 第 5 号 により 知 事 の 承 認 を 受 けること (3) 補 助 事 業 が 予 定 の 期 間 内 に 完 了 しない 場 合 又 は 補 助 事 業 の 観 光 施 設 再 生 立 地 支 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 東 日 本 大 震 災 により 被 災 した 県 内 の 観 光 施 設 の 早 期 の 再 生 を 支 援 することにより, 多 くの 観 光 客 が 訪 れ, 交 流 人 口 が 増 加 し, 地 域 経 済 及 び 地 域 社 会 が 活 性 化 される 観 光 王 国 み やぎ の 実 現

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

Microsoft Word - 東京都北区有料老人ホーム等設置指導要綱

Microsoft Word - 東京都北区有料老人ホーム等設置指導要綱 東 京 都 北 区 有 料 老 人 ホーム 設 置 指 導 要 綱 1 8 北 福 健 第 2 1 4 号 平 成 18 年 7 月 20 日 区 長 決 裁 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 北 区 内 において 有 料 老 人 ホームの 事 業 を 計 画 する 者 等 に 対 し 遵 守 すべき 事 項 を 定 め 必 要 な 指 導 及 び 協 力 要 請 を 行 うことにより

More information

地 方 自 治 法 第 252 条 の19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 ( 昭 和 31 年 政 令 第 254 号 )により 指 定 都 市 に 指 定 された 新 潟 市 に 平 成 19 年 4 月 1 日 付 け で 新 潟 県 から 引 き 継 ぐ 事

地 方 自 治 法 第 252 条 の19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 ( 昭 和 31 年 政 令 第 254 号 )により 指 定 都 市 に 指 定 された 新 潟 市 に 平 成 19 年 4 月 1 日 付 け で 新 潟 県 から 引 き 継 ぐ 事 事 務 引 継 書 新 潟 県 新 潟 市 地 方 自 治 法 第 252 条 の19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 ( 昭 和 31 年 政 令 第 254 号 )により 指 定 都 市 に 指 定 された 新 潟 市 に 平 成 19 年 4 月 1 日 付 け で 新 潟 県 から 引 き 継 ぐ 事 項 は 次 のとおりです 1 引 き 継 ぐ 事 務 別

More information

長 寿 第 3 0 0 号 平 成 23 年 5 月 11 日 岡 山 県 医 師 会 長 岡 山 県 歯 科 医 師 会 長 岡 山 県 薬 剤 師 会 長 殿 岡 山 県 病 院 協 会 長 岡 山 県 訪 問 看 護 ス テ ー シ ョ ン 連 絡 協 議 会 長 岡 山 県 保 健 福 祉 部 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 対 処 するための 特 別 の 財 政 援

More information

Microsoft Word - H27 競走馬要綱.doc

Microsoft Word - H27 競走馬要綱.doc 競 走 馬 生 産 振 興 事 業 補 助 実 施 要 綱 ( 平 成 27 年 度 ) 地 方 競 馬 全 国 協 会 1 地 方 競 馬 全 国 協 会 競 走 馬 生 産 振 興 事 業 補 助 実 施 要 綱 変 更 ( 平 成 17 年 3 月 24 日 16 地 全 協 畜 第 128 号 ) 平 成 22 年 2 月 22 日 21 地 全 協 畜 第 82 号 平 成 22 年 4

More information

<5461726F2D8E9197BF8251817C825381409359957495B68F9182C98AD682B7>

<5461726F2D8E9197BF8251817C825381409359957495B68F9182C98AD682B7> 薬 事 法 ( 昭 和 35 年 法 律 第 145 号 ) ( 抄 ) ( 医 薬 品 等 の 製 造 販 売 の 承 認 ) 第 十 四 条 医 薬 品 ( 厚 生 労 働 大 臣 が 基 準 を 定 めて 指 定 する 医 薬 品 及 び 第 二 十 三 条 の 二 第 一 項 の 規 定 により 指 定 する 体 外 診 断 用 医 薬 品 を 除 く ) 医 薬 部 外 品 ( 厚 生 労

More information

Taro-H26改正_溶け込み_中学授業

Taro-H26改正_溶け込み_中学授業 鳥 取 県 私 立 中 学 校 生 徒 授 業 料 減 免 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 鳥 取 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 32 年 鳥 取 県 規 則 第 22 号 以 下 規 則 とい う ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 鳥 取 県 私 立 中 学 校 生 徒 授 業 料 減 免 補 助 金 ( 以 下 本 補 助 金

More information

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知)

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知) 保 保 発 0116 第 3 号 平 成 27 年 1 月 16 日 健 康 保 険 組 合 理 事 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 保 険 課 長 ( 公 印 省 略 ) 健 康 保 険 組 合 の 平 成 27 年 度 予 算 の 編 成 について 平 成 27 年 度 の 予 算 については 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という )の 実 情 や 以 下 に 掲 げる 事

More information

港区住宅型総合設計許可要綱(改正案)

港区住宅型総合設計許可要綱(改正案) 港 区 マンション 建 替 法 容 積 率 許 可 要 綱 平 成 27 年 6 月 1 日 27 港 街 計 第 791 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は マンションの 建 替 え 等 の 円 滑 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 14 年 法 律 第 78 号 以 下 法 という ) 第 105 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 容 積 率 の 許

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

ÿþr‰!nn0.z^Ÿ

ÿþr‰!nn0.z^Ÿ 1 住 宅 ローン 控 除 (1) 居 住 用 の 建 物 及 び 上 地 等 を 取 得 等 ( 新 築 を 含 む) 又 は 居 住 用 建 物 の 増 改 築 をし 平 成 16 年 1 月 1 日 から 平 成 20 年 12 月 31 日 までの 間 に 居 住 の 用 に 供 した 場 合 には 10 年 間 所 得 税 が 軽 減 されます 但 し 居 住 年 が 平 成 17 年 から

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホーム(A 型 及 びB 型 ) 運 営 費 補 助 要 綱 14 福 高 施 第 8 号 平 成 14 年 4 月 19 日 15 福 高 施 第 924 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 578 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 1007 号 平 成 1 8 年 3 月 3 日 17 福 保 高 施 第 1141 号 平

More information

<895E97708AEE8F8082CC89F090E02832372E332E3235816A2E646F6378>

<895E97708AEE8F8082CC89F090E02832372E332E3235816A2E646F6378> 東 近 江 市 市 街 化 調 整 区 域 等 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 の 解 説 東 近 江 市 都 市 整 備 部 都 市 計 画 課 策 定 の 背 景 昭 和 43 年 に 制 定 された 新 都 市 計 画 法 ( 昭 和 43 年 法 律 第 100 号 以 下 法 という )で 都 市 計 画 区 域 を 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域

More information

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この 公 益 認 定 等 に 関 する 運 用 について ( 公 益 認 定 等 ガイドライン) 平 成 20 年 4 月 ( 平 成 25 年 1 月 改 定 ) 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法

More information

Microsoft Word - 04 兵庫県耐震改修促進計画(H28

Microsoft Word - 04 兵庫県耐震改修促進計画(H28 兵 庫 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 資 料 編 ) ( 平 成 28 年 3 月 改 定 ) 兵 庫 県 目 次 1 関 係 法 令 (1) 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律 (2) 基 本 方 針 2 地 震 動 予 測 結 果 による 震 度 分 布 図 3 耐 震 化 率 関 係 データ (1) 住 宅 (2) 多 数 利 用 建 築 物 4 これまでの

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6> 東 京 大 学 固 定 資 産 管 理 規 程 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 東 大 規 則 第 178 号 ) 改 正 : 平 成 17 年 2 月 8 日 東 大 規 則 第 289 号 改 正 : 平 成 18 年 9 月 26 日 東 大 規 則 第 33 号 改 正 : 平 成 19 年 7 月 1 日 東 大 規 則 第 15 号 改 正 : 平 成 22 年 3 月 30 日

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

二 生 活 保 護 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十 四 号 ) 第 三 十 八 条 第 一 項 第 一 号 に 規 定 する 救 護 施 設 の 中 に 設 けられた 診 療 所 三 生 活 保 護 法 第 三 十 八 条 第 一 項 第 二 号 に 規 定 する 更 生 施

二 生 活 保 護 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十 四 号 ) 第 三 十 八 条 第 一 項 第 一 号 に 規 定 する 救 護 施 設 の 中 に 設 けられた 診 療 所 三 生 活 保 護 法 第 三 十 八 条 第 一 項 第 二 号 に 規 定 する 更 生 施 労 働 者 派 遣 事 業 の 適 正 な 運 営 の 確 保 及 び 派 遣 労 働 者 の 就 業 条 件 の 整 備 等 に 関 する 法 律 施 行 規 則 ( 昭 和 六 十 一 年 四 月 十 七 日 労 働 省 令 第 二 十 号 ) 目 次 第 一 章 労 働 者 派 遣 事 業 の 適 正 な 運 営 の 確 保 に 関 する 措 置 第 一 節 業 務 の 範 囲 ( 第 一 条

More information

Microsoft PowerPoint - 090908 ③検討会資料.ppt

Microsoft PowerPoint - 090908 ③検討会資料.ppt 県 営 住 宅 耐 震 性 確 保 策 等 検 討 委 員 会 ( 第 3 回 ) 1 前 回 宿 題 事 項 ( 土 地 の 利 用 状 況 の 追 加 説 明 等 ) 及 び 事 業 シミュレーションについて 2 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 の 策 定 について 3 高 齢 者 居 住 安 定 確 保 計 画 の 策 定 について 平 成 21 年 9 月 徳 島 県 県 土 整

More information

別 紙 平 成 2 8 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上

別 紙 平 成 2 8 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上 別 紙 平 成 2 8 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上 継 続 し 借 入 申 込 日 において 貯 蓄 残 高 が50 万 円 以 上 ある 者 2 融

More information

<5461726F2D82508251817C88EF96D88E7381402E6A7464>

<5461726F2D82508251817C88EF96D88E7381402E6A7464> 1. 本 市 の 区 域 内 において 行 われる 開 発 行 為 等 ただし 都 市 計 画 法 第 29 条 第 4 号 から 第 9 号 までに 規 定 される 開 発 行 為 は 除 く 2. 建 築 基 準 法 第 6 条 第 1 項 又 は 第 18 条 第 1 項 に 規 定 する 建 築 物 を 建 築 し 若 しくは 工 作 物 を 設 置 する 行 為 3. 建 築 基 準 法

More information

ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た 当 協 議 会 は こ れ ら の 諮 問 事 項 の 検

ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た 当 協 議 会 は こ れ ら の 諮 問 事 項 の 検 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 のあり 方 について ( 答 申 ) 平 成 24 年 7 月 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た

More information

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は 加 西 市 賃 貸 共 同 住 宅 等 建 設 促 進 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 賃 貸 共 同 住 宅 等 を 新 築 した 者 に 対 して 補 助 金 を 交 付 することにより 賃 貸 共 同 住 宅 等 の 建 設 を 促 進 し 人 口 の 増 加 に 資 することを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホームのサービスの 提 供 に 要 する 費 用 補 助 要 綱 13 福 高 施 第 965 号 平 成 14 年 1 月 22 日 15 福 高 施 第 925 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 93 号 平 成 16 年 10 月 21 日 16 福 保 高 施 第 579 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 第 1008

More information

( 初 任 本 俸 の 基 準 ) 第 4 条 新 たに 採 用 する 者 の 初 任 本 俸 は 6 等 級 29 号 俸 を 大 学 卒 業 者 の 基 準 とし 学 歴 職 歴 能 力 等 を 総 合 的 に 勘 案 して 決 定 する ( 昇 給 ) 第 5 条 昇 給 は 職 員 各 人

( 初 任 本 俸 の 基 準 ) 第 4 条 新 たに 採 用 する 者 の 初 任 本 俸 は 6 等 級 29 号 俸 を 大 学 卒 業 者 の 基 準 とし 学 歴 職 歴 能 力 等 を 総 合 的 に 勘 案 して 決 定 する ( 昇 給 ) 第 5 条 昇 給 は 職 員 各 人 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 2 月 29 日 2004 年 ( 総 企 ) 規 程 第 9 号 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 15 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 ( 以 下 機 構 とい う )の 職

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

とする ( 減 免 額 の 納 付 ) 第 6 条 市 長 は 減 免 を 受 け た 者 が 偽 り そ の 他 不 正 な 方 法 に よ り 減 免 の 決 定 を 受 け た こ と を 知 っ た と き 前 の 申 告 が あ っ た と き 又 は 同 条 第 2 項 の 規 定 によ

とする ( 減 免 額 の 納 付 ) 第 6 条 市 長 は 減 免 を 受 け た 者 が 偽 り そ の 他 不 正 な 方 法 に よ り 減 免 の 決 定 を 受 け た こ と を 知 っ た と き 前 の 申 告 が あ っ た と き 又 は 同 条 第 2 項 の 規 定 によ 羽 曳 野 市 固 定 資 産 税 減 免 事 務 取 扱 要 綱 制 定 平 成 2 8 年 3 月 2 5 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は 羽 曳 野 市 税 条 例 ( 昭 和 57 年 羽 曳 野 市 条 例 第 28 号 以 下 条 例 という ) 第 75 条 に 規 定 す る 固 定 資 産 税 の 減 免 ( 以 下 減 免 と い う )の 取 扱 い に つ

More information

< 目 次 > Ⅰ. 国 際 競 争 流 通 業 務 拠 点 整 備 事 業 の 概 要 1. 目 的 1 2. 国 際 競 争 流 通 業 務 拠 点 整 備 事 業 の 事 業 内 容 3 2-1 事 業 計 画 策 定 調 査 の 申 請 書 の 作 成 3 2-2 事 業 計 画 の 策 定

< 目 次 > Ⅰ. 国 際 競 争 流 通 業 務 拠 点 整 備 事 業 の 概 要 1. 目 的 1 2. 国 際 競 争 流 通 業 務 拠 点 整 備 事 業 の 事 業 内 容 3 2-1 事 業 計 画 策 定 調 査 の 申 請 書 の 作 成 3 2-2 事 業 計 画 の 策 定 国 際 競 争 流 通 業 務 拠 点 整 備 事 業 平 成 27 年 度 申 請 要 領 申 請 の 受 付 期 間 平 成 27 年 6 月 11 日 ( 木 )~ 平 成 27 年 6 月 30 日 ( 火 ) 問 い 合 わせ 先 一 般 財 団 法 人 計 量 計 画 研 究 所 道 路 経 済 研 究 室 河 上 森 尾 162-0845 東 京 都 新 宿 区 市 谷 本 村 町 2-9

More information

Taro-H24 梅雨対策実施要領(2408

Taro-H24 梅雨対策実施要領(2408 梅 雨 前 線 豪 雨 等 被 災 農 業 者 向 け 経 営 体 育 成 支 援 事 業 実 施 要 領 第 1 趣 旨 平 成 24 年 6 月 8 日 から7 月 23 日 までの 間 の 豪 雨 及 び 暴 風 雨 による 農 業 被 害 ( 以 下 気 象 災 害 による 農 業 被 害 という )により 農 産 物 の 生 産 に 必 要 な 施 設 が 倒 壊 し 農 業 経 営 の

More information

Untitled

Untitled 2 27 2 3601-1 28 2 26 R( 2 248 514 2514 建 築 設 計 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 第 1 章 業 務 概 要 1 業 務 名 称 : 南 方 熊 楠 記 念 館 ( 旧 館 ) 耐 震 改 修 工 事 設 計 業 務 2 計 画 施 設 概 要 本 業 務 の 対 象 となる 施 設 ( 以 下 対 象 施 設 という )の 概 要 は 次 のとおりとする

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63> 都 市 計 画 全 般 7 8 Ⅱ 八 王 子 市 の 都 市 計 画 1. 都 市 計 画 全 般 (1) 都 市 計 画 の 内 容 と 決 定 状 況 都 市 計 画 は 農 林 漁 業 との 健 全 な 調 和 を 図 りつつ 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するために 土 地 利 用 都 市 施 設 の 整 備 及 び 市 街

More information

【発出版】H26年度 街頭防犯カメラ等補助金交付要綱

【発出版】H26年度 街頭防犯カメラ等補助金交付要綱 高 知 県 街 頭 防 犯 カメラ 等 設 置 支 援 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 知 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 43 年 高 知 県 規 則 第 7 号 以 下 規 則 という ) 第 24 条 の 規 定 に 基 づき 高 知 県 街 頭 防 犯 カメラ 等 設 置 支 援 事 業 費 補 助 金 ( 以 下 補

More information

事務引継書

事務引継書 事 務 引 継 書 神 奈 川 県 相 模 原 市 地 方 自 治 法 第 252 条 の 19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 21 年 政 令 第 251 号 )により 平 成 22 年 4 月 1 日 に 相 模 原 市 が 政 令 指 定 都 市 に 指 定 されることに 伴 い 地 方 自 治 法 ( 昭

More information

市街化調整区域の地区計画の判断指針(平成24年2月策定)

市街化調整区域の地区計画の判断指針(平成24年2月策定) 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 の 知 事 同 意 又 は 協 議 にあたっての 判 断 指 針 平 成 24 年 2 月 茨 城 県 土 木 部 都 市 局 都 市 計 画 課 目 次 1 判 断 指 針 策 定 の 趣 旨 1 2 本 判 断 指 針 が 対 象 とする 地 区 計 画 1 3 県 が 判 断 するにあたっての 基 本 方 針 2 4 地 区 計 画 の 対

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事 独 立 行 政 法 人 年 金 健 康 保 険 福 祉 施 設 整 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 17 年 10 月 1 日 1 7 規 程 第 6 号 改 正 平 成 18 年 3 月 29 日 18 規 程 第 4 号 改 正 平 成 19 年 3 月 28 日 19 規 程 第 2 号 改 正 平 成 19 年 8 月 29 日 19 規 程 第 6 号 改 正 平 成 19 年

More information

<92B28DB8976C8EAE81698BE38F42816A2E786C73>

<92B28DB8976C8EAE81698BE38F42816A2E786C73> 地 方 公 共 団 体 におけるリフォーム 支 援 策 に 関 する 調 査 結 果 (1) 名 称 および 地 方 公 共 団 体 (2)リフォーム 支 援 策 の について (3) 支 援 方 法 について (4) 要 件 (5) 内 容 について リフォーム 支 援 の について 支 援 方 法 について リフォーム 工 事 内 容 について 工 事 施 工 者 発 注 者 対 象 となる 費

More information

Microsoft Word - 給与規程( )_本則.doc

Microsoft Word - 給与規程( )_本則.doc 18 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 給 与 規 程 27.4.24 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 勤 務

More information

平成23年度税制改正について

平成23年度税制改正について 日 医 発 第 896 号 ( 年 税 48) 平 成 2 2 年 1 2 月 2 2 日 都 道 府 県 医 師 会 長 殿 日 本 医 師 会 長 原 中 勝 征 平 成 23 年 度 税 制 改 正 について 去 る12 月 16 日 平 成 23 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 されまし た の で 平 成 23 年 度 税 制 改 正 についてご 報 告 申 し 上 げます

More information

大阪狭山市市街化調整区域における地区計画のガイドライン(案)

大阪狭山市市街化調整区域における地区計画のガイドライン(案) 大 阪 狭 山 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 27 年 4 月 大 阪 狭 山 市 大 阪 狭 山 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 10 年 5 月 の 都 市 計 画 法 の 改 正 により 市 街 化 調 整 区 域 においても 市 町 村 が 定 める 地 区 計 画 の 内 容 に 適 合

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B9E93738E739856906C95DB8CEC915B927594EF82CC8E7895D982C98AD682B782E997768D6A2E727466>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B9E93738E739856906C95DB8CEC915B927594EF82CC8E7895D982C98AD682B782E997768D6A2E727466> 京 都 市 老 保 護 措 置 費 の 支 弁 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 養 護 老 ホーム( 以 下 施 設 という )の 入 所 者 に 係 る 老 福 祉 法 第 11 条 第 1 項 の 規 定 による 措 置 に 要 する 費 用 ( 以 下 措 置 費 という )の 支 弁 に 関 し, 必 要 な 事 項 を 定 める ものとする ( 事 務

More information

Microsoft Word - 第1章 県有建築物等の設計業務等積算基準

Microsoft Word - 第1章 県有建築物等の設計業務等積算基準 建 築 設 計 業 務 等 積 算 基 準 平 成 28 年 4 月 1 日 沖 縄 県 土 木 建 築 部 目 次 第 1 章 県 有 建 築 物 等 の 設 計 業 務 等 積 算 基 準 1 第 2 章 県 有 建 築 物 等 の 設 計 業 務 等 積 算 要 領 3 第 1 節 総 則 3 第 2 節 業 務 人 時 間 数 の 算 定 方 法 5 第 3 節 対 象 外 業 務 率 の

More information

船橋市地域住宅計画(第1回変更)様式変更

船橋市地域住宅計画(第1回変更)様式変更 地 域 ( 第 三 期 ) 地 域 住 宅 計 画 ふ な ば し し 平 成 28 年 3 月 ( 第 1 回 変 更 ) 地 域 住 宅 計 画 計 画 の 名 称 地 域 ( 第 三 期 ) 地 域 住 宅 計 画 都 道 府 県 名 千 葉 県 作 成 主 体 名 計 画 期 間 1. 地 域 の 住 宅 政 策 の 経 緯 及 び 現 況 平 成 27 年 度 ~ 31 年 度 は 東 京

More information

目 次 第 1 はじめに 1. 策 定 の 目 的 1 2. 計 画 策 定 の 背 景 1 3. 計 画 の 位 置 づけ 2 4. 計 画 の 期 間 3 5. 対 象 となる 区 域 及 び 建 築 物 3 第 2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 す

目 次 第 1 はじめに 1. 策 定 の 目 的 1 2. 計 画 策 定 の 背 景 1 3. 計 画 の 位 置 づけ 2 4. 計 画 の 期 間 3 5. 対 象 となる 区 域 及 び 建 築 物 3 第 2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 す 深 谷 市 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 28 年 3 月 深 谷 市 目 次 第 1 はじめに 1. 策 定 の 目 的 1 2. 計 画 策 定 の 背 景 1 3. 計 画 の 位 置 づけ 2 4. 計 画 の 期 間 3 5. 対 象 となる 区 域 及 び 建 築 物 3 第 2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目

More information

240709

240709 綾 瀬 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 障 害 者 等 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 の 高 齢 者 障 害 者 等 に 福 祉 給 付 金 を 支 給 し 福 祉 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該

More information

整 理 番 号 設 計 担 当 課 建 築 局 公 共 建 築 部 施 設 整 備 課 秋 葉 中 学 校 外 壁 改 修 その 他 工 事 に 伴 う 設 計 業 務 委 託 設 計 図 書 ( 金 額 入 り 金 抜 き ) 1 設 計 書 3 ページ 2 特 記 共 通 仕 様 書 一 式 3

整 理 番 号 設 計 担 当 課 建 築 局 公 共 建 築 部 施 設 整 備 課 秋 葉 中 学 校 外 壁 改 修 その 他 工 事 に 伴 う 設 計 業 務 委 託 設 計 図 書 ( 金 額 入 り 金 抜 き ) 1 設 計 書 3 ページ 2 特 記 共 通 仕 様 書 一 式 3 委 託 業 務 内 容 1 委 託 名 称 秋 葉 中 学 校 外 壁 改 修 その 他 工 事 に 伴 う 設 計 業 務 委 託 2 業 務 内 容 学 校 の 校 舎 は 経 年 劣 化 による 老 朽 化 等 により 不 具 合 が 生 じているため 安 全 性 の 確 保 及 び 適 正 な 維 持 保 全 施 設 の 長 寿 命 化 を 目 的 とした 外 壁 改 修 工 事 に 伴 う

More information

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 規 程 第 25 号 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 を 次 のとおり 定 める 平 成 18 年 11 月 9 日 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 高 橋 文 雄 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 改 正 平 成 20 年 5 月 22 日 中 日 本 高 速

More information

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか 大 阪 府 警 察 処 務 規 程 昭 和 30 年 8 月 26 日 本 部 訓 令 第 31 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 事 務 の 専 決 及 び 代 決 ( 第 5 条 第 13 条 ) 第 3 章 文 書 ( 第 14 条 第 15 条 ) 第 4 章 削 除 第 5 章 公 印 ( 第 19 条 ) 第 6 章 関 係 者 等 の 招 致

More information

別 紙 平 成 2 7 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上

別 紙 平 成 2 7 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上 別 紙 平 成 2 7 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上 継 続 し 借 入 申 込 日 において 貯 蓄 残 高 が50 万 円 以 上 ある 者 2 融

More information

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱 防 府 市 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 齢 者 のうち 国 民 年 金 制 度 上 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできない 在 日 外 国 人 及 び 帰 国 者 等 に 対 し 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 ( 以 下 給 付 金 という )を

More information

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内 砥 部 町 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 るため 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平 成 22 年 3 月 26 日 付 け 国 官 会 第 2317 号 )

More information

国立大学法人福島大学職員給与規程

国立大学法人福島大学職員給与規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 給 与 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 17 年 6 月 6 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 18 年 6 月 5 日 平 成 18 年 10 月 16 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 19 年 12 月 7 日 平 成

More information

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱 神 戸 市 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 い 同 法 の 施 行 日 ( 昭 和 57 年 1 月 1 日 ) 前 に20 歳 に 達 していた 外 国 人 等 で 年 金 制 度 の 有 する 被 保 険 者

More information

山口県PTA連合会の運営に関する細則(案)

山口県PTA連合会の運営に関する細則(案) 山 口 県 PTA 連 合 会 の 運 営 に 関 する 細 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 細 則 は 山 口 県 PTA 連 合 会 規 約 ( 以 下 規 約 という ) 第 37 条 により 山 口 県 PTA 連 合 会 ( 以 下 本 会 という )の 運 営 に 関 する 細 則 を 定 めるものとする 第 2 章 役 員 選 考 ( 総 則 ) 第 2 条

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業 地 域 再 生 基 本 方 針 の 一 部 変 更 について 平 成 26 年 12 月 27 日 閣 議 決 定 案 地 域 再 生 法 ( 平 成 17 年 法 律 第 24 号 ) 第 4 条 第 7 項 において 準 用 する 同 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 地 域 再 生 基 本 方 針 ( 平 成 17 年 4 月 22 日 閣 議 決 定 )の 一 部 を 次 のとおり

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089FC82575F976E82AF8D9E82DD5F814030393035313520836083468362834E837C83438393836781698E518D6C8E8E88C4816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089FC82575F976E82AF8D9E82DD5F814030393035313520836083468362834E837C83438393836781698E518D6C8E8E88C4816A2E646F63> 地 方 公 共 団 体 財 政 健 全 化 法 における 健 全 化 判 断 比 率 及 び 資 金 不 足 比 率 に 関 するチェックポイント( 参 考 試 案 ) 目 次 総 括 表 1 健 全 化 判 断 比 率 の 状 況 P. 2 総 括 表 2 連 結 実 質 赤 字 比 率 等 の 状 況 P. 5 総 括 表 3 実 質 公 債 費 比 率 の 状 況 P. 7 総 括 表 4 将

More information

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センター 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 及 びその 範 囲 等 は 条 例 に 定 めるもののほか この 仕 様 書 によるものとする 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 の 募 集 を 行 うにあたり

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information