- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1"

Transcription

1 資 料 3 復 興 関 係 について 平 成 28 年 4 月 4 日 0

2 - 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1

3 Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2

4 平 成 23 年 3 月 11 日 緊 急 災 害 対 策 本 部 発 足 5 月 2 日 東 日 本 大 震 災 特 別 財 政 援 助 及 び 助 成 法 成 立 平 成 23 年 度 1 次 補 正 予 算 成 立 ( 復 興 経 費 4 兆 153 億 円 ) 6 月 24 日 復 興 基 本 法 施 行 6 月 25 日 東 日 本 大 震 災 復 興 構 想 会 議 復 興 への 提 言 提 出 7 月 25 日 平 成 23 年 度 2 次 補 正 予 算 成 立 ( 復 興 経 費 1 兆 8,106 億 円 ) 7 月 29 日 復 興 基 本 方 針 策 定 ( 復 興 財 源 フレーム:19 兆 ) 11 月 21 日 平 成 23 年 度 3 次 補 正 予 算 成 立 ( 復 興 経 費 9 兆 2,438 億 円 ) 11 月 30 日 復 興 財 源 確 保 法 成 立 12 月 7 日 東 日 本 大 震 災 復 興 特 別 区 域 法 成 立 平 成 24 年 2 月 10 日 復 興 庁 開 庁 3 月 30 日 福 島 復 興 再 生 特 別 措 置 法 成 立 4 月 1 日 復 興 特 会 設 置 4 月 5 日 平 成 24 年 度 当 初 予 算 成 立 ( 復 興 特 会 3 兆 7,754 億 円 ) 6 月 21 日 子 ども 被 災 者 支 援 法 成 立 7 月 13 日 福 島 復 興 再 生 基 本 方 針 閣 議 決 定 11 月 27 日 今 後 の 復 興 関 連 予 算 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 平 成 25 年 1 月 29 日 復 旧 復 興 事 業 の 規 模 と 財 源 の 見 直 し(19 兆 25 兆 ) 2 月 26 日 平 成 24 年 度 補 正 予 算 成 立 ( 復 興 特 会 3,177 億 円 ) 5 月 15 日 平 成 25 年 度 当 初 予 算 成 立 ( 復 興 特 会 4 兆 3,840 億 円 ) 7 月 2 日 復 興 関 連 予 算 で 造 成 された 全 国 向 け 事 業 に 係 る 基 金 の 使 途 の 厳 格 化 の 徹 底 について 8 月 7 日 避 難 区 域 の 見 直 しが 完 了 10 月 11 日 子 ども 被 災 者 支 援 法 基 本 方 針 閣 議 決 定 12 月 20 日 原 子 力 災 害 からの 福 島 復 興 の 加 速 に 向 けて 閣 議 決 定 3 東 日 本 大 震 災 からこれまでの 主 な 動 き 平 成 26 年 2 月 6 日 平 成 25 年 度 補 正 予 算 成 立 ( 復 興 関 係 経 費 5,638 億 円 ) 3 月 20 日 平 成 26 年 度 当 初 予 算 成 立 ( 復 興 特 会 3 兆 6,464 億 円 ) 4 月 1 日 田 村 市 の 避 難 指 示 解 除 5 月 1 日 東 日 本 大 震 災 復 興 特 別 区 域 法 の 改 正 9 月 1 日 福 島 県 が 中 間 貯 蔵 施 設 の 建 設 受 入 れを 表 明 10 月 1 日 川 内 村 の 避 難 指 示 の 一 部 解 除 平 成 27 年 1 月 14 日 平 成 27 年 度 当 初 予 算 概 算 決 定 : 追 加 財 源 の 確 保 (25 兆 26.3 兆 ) 2 月 3 日 平 成 26 年 度 補 正 予 算 成 立 ( 復 興 関 係 経 費 2,597 億 円 ) 4 月 9 日 平 成 27 年 度 当 初 予 算 成 立 ( 復 興 特 会 3 兆 9,087 億 円 ) 6 月 12 日 原 子 力 災 害 からの 福 島 復 興 の 加 速 に 向 けて 改 訂 閣 議 決 定 6 月 24 日 平 成 28 年 度 以 降 の 復 旧 復 興 事 業 について 6 月 30 日 平 成 28 年 度 以 降 5 年 間 を 含 む 復 興 期 間 の 復 旧 復 興 事 業 の 規 模 と 財 源 について 閣 議 決 定 (25.5 兆 32 兆 ) 7 月 30 日 福 島 12 市 町 村 の 将 来 像 に 関 する 有 識 者 検 討 会 提 言 公 表 8 月 24 日 福 島 相 双 復 興 官 民 合 同 チーム 発 足 8 月 25 日 子 ども 被 災 者 支 援 法 基 本 方 針 改 定 閣 議 決 定 9 月 5 日 楢 葉 町 の 避 難 指 示 の 解 除 平 成 28 年 1 月 20 日 平 成 27 年 度 補 正 予 算 成 立 ( 復 興 関 係 経 費 1,020 億 円 ) 3 月 11 日 復 興 創 生 期 間 における 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 の 基 本 方 針 閣 議 決 定 3 月 29 日 平 成 28 年 度 当 初 予 算 成 立 ( 復 興 特 会 3 兆 2,469 億 円 )

5 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 向 けた 道 のりと 見 通 し 政 府 は 復 興 期 間 を 平 成 32 年 度 までの10 年 間 と 定 め 復 興 需 要 が 高 まる 平 成 27 年 度 までの5 年 間 を 集 中 復 興 期 間 平 成 28 年 度 から 平 成 32 年 度 までを 復 興 創 生 期 間 と 位 置 づけ インフラ 復 旧 は 概 ね 終 了 住 宅 の 再 建 が 最 盛 期 被 災 者 の 心 身 のケアや 産 業 の 再 生 が 重 要 福 島 においては 順 次 避 難 指 示 を 解 除 住 民 の 帰 還 に 向 けた 環 境 整 備 を 進 める 必 要 被 災 者 支 援 住 宅 再 建 復 興 まちづく り 集 中 復 興 期 間 避 難 者 数 17.4 万 人 (ピーク 時 47 万 人 ) 完 成 高 台 移 転 :32% 災 害 公 営 住 宅 :49% 着 手 高 台 移 転 :99% 災 害 公 営 住 宅 :97% (15 年 度 末 見 込 み) 高 台 移 転 :45% 災 害 公 営 住 宅 :59% 復 興 創 生 期 間 被 災 者 の 心 身 ケア コミュニ ティ 形 成 心 の 復 興 等 (16 年 度 末 見 込 み) 高 台 移 転 :70% 1.4 万 戸 災 害 公 営 住 宅 :85% 2.5 万 戸 引 き 続 き 加 速 化 措 置 を 推 進 きめ 細 やかに 市 町 村 を 支 援 (18 年 度 ) 相 馬 福 島 道 路 ( 霊 山 ~ 相 馬 間 ) 釜 石 花 巻 道 路 開 通 予 定 平 成 27 年 9 月 末 時 点 住 まいの 復 興 工 程 表 に 基 づく (18 年 度 末 見 込 み) 住 まいの 確 保 に 関 する 事 業 が 概 ね 完 了 (19 年 度 ) 三 陸 沿 岸 道 路 ( 仙 台 ~ 釜 石 間 の 約 90%) 開 通 予 定 産 業 生 業 の 再 生 農 業 営 農 再 開 可 能 面 積 :74% 水 産 加 工 業 86%の 施 設 で 再 開 観 光 外 国 人 宿 泊 者 数 :65%( 全 国 では162%) 平 成 22 年 比 販 路 開 拓 新 商 品 開 発 支 援 商 店 街 の 本 格 復 旧 支 援 等 福 島 の 復 興 再 生 県 全 体 の 避 難 者 9.9 万 人 田 村 市 川 内 村 楢 葉 町 で 避 難 指 示 解 除 等 国 道 6 号 一 般 通 行 再 開 (14.9) 常 磐 自 動 車 道 全 線 開 通 (15.3) 葛 尾 村 川 俣 町 南 相 馬 市 川 内 村 で 準 備 宿 泊 を 開 始 関 係 省 庁 と 連 携 し 除 染 インフラ 生 活 関 連 サービス 復 旧 等 ( 遅 くとも2017.3まで) 帰 還 困 難 区 域 以 外 の 区 域 について 避 難 指 示 を 解 除 (18 年 度 ) 常 磐 道 大 熊 IC 供 用 開 始 予 定 (19 年 度 ) JR 常 磐 線 全 線 開 通 (19 年 度 ) 常 磐 道 双 葉 IC 供 用 開 始 予 定 新 しい 東 北 の 創 造 先 導 的 な 取 組 の 構 築 (13~15 年 度 で 計 216 事 業 を 支 援 ) マッチング 等 の 場 づくり 構 築 したモデルの 横 展 開 へ 重 点 化 等 企 業 大 学 NPOなど 民 間 の 人 材 やノウハウの 最 大 限 の 活 用 4

6 5 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定

7 4 あらゆる 力 を 合 わせた 復 興 支 援 (3) 事 業 規 模 と 財 源 確 保 1 事 業 規 模 平 成 27 年 度 末 までの5 年 間 の 集 中 復 興 期 間 に 実 施 すると 見 込 まれる 施 策 事 業 ( 平 成 23 年 度 第 1 次 補 正 予 算 等 及 び 第 2 次 補 正 予 算 を 含 む)の 事 業 規 模 については 国 地 方 ( 公 費 分 ) 合 わせて 少 なくとも19 兆 円 程 度 と 見 込 まれる また 10 年 間 の 復 旧 復 興 対 策 の 規 模 ( 国 地 方 の 公 費 分 )については 少 なくとも23 兆 円 程 度 と 見 込 まれる なお この 規 模 の 見 込 みには 原 則 として 原 子 力 損 害 賠 償 法 原 子 力 損 害 賠 償 支 援 機 構 法 案 に 基 づき 事 業 者 が 負 担 すべき 経 費 は 含 まれていない 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 の 基 本 方 針 ( 平 成 23 年 7 月 29 日 東 日 本 大 震 災 復 興 対 策 本 部 ) 2 財 源 確 保 に 係 る 基 本 的 考 え 方 復 旧 復 興 のための 財 源 については 次 の 世 代 に 負 担 を 先 送 りすることなく 今 を 生 きる 世 代 全 体 で 連 帯 し 負 担 を 分 かち 合 うこと を 基 本 とする 3 集 中 復 興 期 間 中 の 復 旧 復 興 事 業 に 充 てる 財 源 確 保 の 方 法 5 年 間 の 集 中 復 興 期 間 中 の 復 旧 復 興 事 業 に 充 てる 財 源 は 平 成 23 年 度 第 1 次 補 正 予 算 等 及 び 第 2 次 補 正 予 算 における 財 源 に 加 え 歳 出 の 削 減 国 有 財 産 売 却 のほか 特 別 会 計 公 務 員 人 件 費 等 の 見 直 しや 更 なる 税 外 収 入 の 確 保 及 び 時 限 的 な 税 制 措 置 により13 兆 円 程 度 を 確 保 する 税 制 措 置 は 基 幹 税 などを 多 角 的 に 検 討 する また 与 野 党 間 の 協 議 において 平 成 23 年 度 税 制 改 正 事 項 について 合 意 が 図 ら れる 際 には 改 正 事 項 による 増 収 分 を 復 旧 復 興 財 源 に 充 てることも 検 討 する 4 復 旧 復 興 事 業 に 充 てる 財 源 確 保 の 道 筋 とその 使 途 の 明 確 化 先 行 する 復 旧 復 興 需 要 を 賄 う 一 時 的 なつなぎとして 発 行 する 復 興 債 については その 発 行 のあり 方 について 十 分 検 討 するとと もに 従 来 の 国 債 とは 区 分 して 管 理 する その 償 還 期 間 は 集 中 復 興 期 間 及 び 復 興 期 間 を 踏 まえ 今 後 検 討 する 時 限 的 な 税 制 措 置 は 償 還 期 間 中 に 行 い その 税 収 は 全 て 復 興 債 の 償 還 を 含 む 復 旧 復 興 費 用 に 充 て 他 の 経 費 には 充 てない ことを 明 確 化 するため 他 の 歳 入 とは 区 分 して 管 理 することとする 6

8 阪 神 淡 路 大 震 災 との 比 較 ( 前 期 5 年 間 の 比 較 ) 阪 神 淡 路 大 震 災 被 害 額 9.9 兆 円 ( 兵 庫 県 推 計 ) 復 旧 復 興 のための 費 用 ( 国 費 及 び 地 方 費 ) うち 応 急 復 旧 うち 復 興 9.2 兆 円 ( 推 計 ) 4.7 兆 円 ( 推 計 ) 4.5 兆 円 ( 推 計 ) 東 日 本 大 震 災 16.9 兆 円 ( 内 閣 府 推 計 ) 少 なくとも19 兆 円 程 度 10 兆 円 程 度 少 なくとも 9 兆 円 程 度 ( 参 考 ) 阪 神 淡 路 大 震 災 と 東 日 本 大 震 災 との 比 較 阪 神 淡 路 大 震 災 東 日 本 大 震 災 マグニチュード 震 度 6 弱 以 上 県 数 1 県 8 県 津 波 死 者 行 方 不 明 者 数 10cmの 津 波 の 報 告 あり 被 害 なし 死 者 6,434 名 行 方 不 明 者 3 名 ( 平 成 18 年 5 月 19 日 ) 各 地 で 大 津 波 を 観 測 ( 最 大 波 相 馬 9.3m 以 上 宮 古 8.5m 以 上 大 船 渡 8.0m 以 上 死 者 15,871 名 行 方 不 明 者 2,778 名 ( 平 成 24 年 10 月 10 日 現 在 ) 住 家 被 害 ( 全 壊 ) 104,906 戸 129,582 戸 ( 平 成 24 年 10 月 10 日 現 在 ) 災 害 救 助 法 の 適 用 25 市 町 (2 府 県 ) 7 ( 出 典 ) 財 政 制 度 等 審 議 会 ( 平 成 24 年 11 月 1 日 ) 資 料 241 市 区 町 村 (10 都 県 ) 長 野 県 北 部 を 震 源 とする 地 震 で 適 用 された4 市 町 村 (2 県 を 含 む)

9 復 興 財 源 フレームの 推 移 ( 総 括 表 ) 集 中 復 興 期 間 (23 年 度 ~27 年 度 ) 復 興 期 間 (23 年 度 ~32 年 度 ) 1 平 成 23 年 7 月 :19 兆 円 2 平 成 25 年 1 月 :25 兆 円 3 平 成 27 年 1 月 :26.3 兆 円 4 平 成 27 年 6 月 一 般 会 計 からの 繰 入 2.4 兆 円 程 度 平 成 23 年 度 1 次 補 正 等 見 合 いの 歳 出 削 減 等 4.3 兆 円 程 度 平 成 23 年 度 2 次 補 正 見 合 いの 剰 余 金 1.8 兆 円 程 度 子 ども 手 当 の 見 直 し 等 東 京 メトロ 株 式 売 却 3 兆 円 程 度 エネルギー 特 会 の 見 直 し(0.1) 財 投 特 会 の 剰 余 金 (0.8) JT 株 式 の 売 却 (0.5) 公 務 員 人 件 費 の 見 直 し(0.6) 2 兆 円 程 度 年 金 臨 時 財 源 補 てんのための 財 源 2.5 兆 円 復 興 特 別 法 人 税 復 興 特 別 所 得 税 9.7 兆 円 地 方 税 0.8 兆 円 復 旧 復 興 対 策 事 業 19 兆 円 程 度 復 興 増 税 10.5 兆 円 程 度 歳 出 削 減 税 外 収 入 等 8.5 兆 円 程 度 23.5 兆 円 26,27 年 度 ( 見 込 ) 2.7 兆 円 程 度 25 年 度 予 算 3.3 兆 円 程 度 24 年 度 予 算 4.0 兆 円 程 度 23 年 度 までの 執 行 済 事 業 費 13.4 兆 円 程 度 23 決 算 剰 余 金 等 2 兆 円 程 度 日 本 郵 政 株 式 売 却 収 入 4 兆 円 程 度 25 兆 円 26,27 年 度 予 備 費 0.75 兆 円 26 補 正 +27 当 初 3.1 兆 円 程 度 26 当 初 2.5 兆 円 程 度 25 年 度 までの 執 行 済 事 業 費 19.9 兆 円 程 度 25 決 算 剰 余 金 等 1.3 兆 円 程 度 26.3 兆 円 32 兆 円 28~32 年 度 事 業 費 の 見 積 もり 6.5 兆 円 程 度 不 用 0.8 兆 円 程 度 27 当 初 3.4 兆 円 程 度 26 年 度 までの 執 行 済 事 業 費 22.1 兆 円 程 度 税 外 収 入 0.8 兆 円 程 度 計 上 済 財 源 ( 税 収 等 )の 精 査 2.5 兆 円 程 度 不 用 見 合 の 財 源 0.8 兆 円 程 度 事 業 費 財 源 事 業 費 財 源 事 業 費 財 源 事 業 費 財 源 ( 注 ) 上 記 の 事 業 費 には 原 子 力 損 害 賠 償 法 放 射 性 物 質 汚 染 対 処 特 措 法 に 基 づき 東 京 電 力 が 負 担 すべき 経 費 は 含 まれない 8

10 9 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応

11 東 日 本 大 震 災 復 旧 復 興 関 係 経 費 の 推 移 ( 予 算 ベース) ( 単 位 : 億 円 ) 項 目 22 年 度 一 般 予 備 費 1 次 補 正 2 次 補 正 23 年 度 24 年 度 25 年 度 26 年 度 27 年 度 28 年 度 3 次 補 正 一 般 予 備 費 当 初 補 正 当 初 補 正 当 初 補 正 当 初 補 正 当 初 被 災 者 支 援 678 8,760 3,011 3, ,788-1, ,117-1,288-1,114 住 宅 再 建 復 興 まちづくり 21,223-39,117-12, ,670 1,630 13, ,487-11,318 産 業 生 業 (なりわい)の 再 生 8,581 2,223 21,129-3, ,075 1,308 1,306-1, ,374 原 子 力 災 害 からの 復 興 再 生 49 6,202 6,160-5, ,264 1,716 6,600 2,500 7, ,167 東 日 本 大 震 災 復 興 推 進 調 整 費 新 しい 東 北 先 導 モデル 事 業 等 地 方 交 付 税 交 付 金 1,200 3,573 16,635-5,490 1,214 6,053-5,723-5,898-3,478 全 国 防 災 対 策 費 340-5,752-5, , , , その 他 - 3, ,936-6, , , ,992 合 計 ,153 18,106 92, ,754 (36,634) 3,177 43,840 (38,940) 5,638 36,464 (31,356) 2,597 39,087 (32,048) 1,020 32,469 1 金 額 については 億 円 未 満 を 四 捨 五 入 している 2 合 計 における 括 弧 内 は 補 正 予 算 における 修 正 減 少 を 反 映 した 計 数 3 予 備 費 ( 平 成 年 度 )については 使 用 額 を 記 載 している 4 項 目 は 復 興 庁 における 整 理 による 10

12 東 日 本 大 震 災 の 年 次 別 予 算 措 置 額 ( 経 費 別 ) ( 単 位 : 兆 円 ) 住 宅 再 建 復 興 まちづくり 6.0 産 業 生 業 (なりわい)の 再 生 被 災 者 支 援 原 子 力 災 害 からの 復 興 再 生 年 度 23 年 度 24 年 度 25 年 度 26 年 度 27 年 度 11 1 補 正 予 算 における 既 定 経 費 の 減 額 等 を 除 いている 2 予 備 費 使 用 額 を 記 載 している 3 項 目 は 復 興 庁 における 整 理 による

13 震 災 発 生 以 降 の 予 備 費 使 用 の 状 況 1 年 度 日 付 所 管 事 項 金 額 ( 億 円 ) 3 月 14 日 一 般 会 計 予 備 費 内 閣 府 被 災 地 域 の 緊 急 支 援 に 必 要 な 経 費 302 平 成 2 2 年 度 3 月 18 日 一 般 会 計 予 備 費 防 衛 省 自 衛 隊 の 部 隊 が 実 施 する 救 援 活 動 等 に 必 要 な 経 費 54 3 月 22 日 一 般 会 計 予 備 費 国 土 交 通 省 海 上 保 安 庁 が 実 施 する 海 難 救 助 等 に 必 要 な 経 費 5 3 月 28 日 一 般 会 計 予 備 費 厚 生 労 働 省 災 害 救 助 費 等 負 担 金 の 不 足 を 補 うために 必 要 な 経 費 ( 財 務 大 臣 決 定 ) 月 30 日 一 般 会 計 予 備 費 経 済 産 業 省 被 災 地 域 におけるエネルギーの 供 給 の 確 保 に 必 要 な 経 費 17 3 月 29 日 当 初 予 算 4 月 19 日 一 般 会 計 予 備 費 厚 生 労 働 省 災 害 救 助 費 等 負 担 金 の 不 足 を 補 うために 必 要 な 経 費 ( 財 務 大 臣 決 定 ) 月 2 日 1 次 補 正 予 算 40,153 7 月 25 日 2 次 補 正 予 算 18,106 8 月 19 日 一 般 会 計 東 日 本 大 震 災 復 旧 復 興 予 備 費 内 閣 府 個 人 債 務 者 の 私 的 整 理 に 係 る 支 援 に 必 要 な 経 費 11 平 成 2 3 年 度 9 月 9 日 一 般 会 計 東 日 本 大 震 災 復 旧 復 興 予 備 費 内 閣 府 放 射 性 物 質 の 除 染 事 業 等 に 必 要 な 経 費 2,179 9 月 27 日 一 般 会 計 東 日 本 大 震 災 復 旧 復 興 予 備 費 農 林 水 産 省 汚 染 された 牛 肉 稲 わらに 係 る 肉 用 牛 肥 育 農 家 支 援 対 策 に 必 要 な 経 費 月 7 日 一 般 会 計 東 日 本 大 震 災 復 旧 復 興 予 備 費 文 部 科 学 省 仮 払 金 の 支 払 に 必 要 な 経 費 1 10 月 14 日 一 般 会 計 東 日 本 大 震 災 復 旧 復 興 予 備 費 経 済 産 業 省 中 小 企 業 等 グループ 施 設 等 復 旧 整 備 事 業 に 必 要 な 経 費 1, 月 21 日 3 次 補 正 予 算 92, 月 13 日 一 般 会 計 東 日 本 大 震 災 復 旧 復 興 予 備 費 内 閣 復 興 対 策 本 部 の 運 営 に 必 要 な 経 費 2 12 月 20 日 一 般 会 計 東 日 本 大 震 災 復 旧 復 興 予 備 費 内 閣 府 預 金 保 険 機 構 出 資 に 必 要 な 経 費 月 20 日 一 般 会 計 東 日 本 大 震 災 復 旧 復 興 予 備 費 農 林 水 産 省 農 水 産 業 協 同 組 合 貯 金 保 険 機 構 出 資 に 必 要 な 経 費 13 2 月 10 日 一 般 会 計 東 日 本 大 震 災 復 旧 復 興 予 備 費 内 閣 府 福 島 県 原 子 力 被 害 応 急 対 策 基 金 の 造 成 に 必 要 な 経 費

14 震 災 発 生 以 降 の 予 備 費 使 用 の 状 況 2 年 度 日 付 所 管 事 項 金 額 ( 億 円 ) 4 月 5 日 当 初 予 算 37, 月 26 日 復 興 特 会 予 備 費 復 興 庁 東 日 本 大 震 災 により 被 害 を 受 けた 福 島 県 の 地 域 経 済 活 動 の 再 生 を 図 るため 行 う 地 域 経 済 産 業 復 興 立 地 推 進 事 業 に 必 要 な 経 費 月 26 日 復 興 特 会 予 備 費 復 興 庁 東 日 本 大 震 災 により 被 害 を 受 けた 中 小 企 業 者 の 施 設 等 に 係 る 中 小 企 業 等 グループ 施 設 等 復 旧 整 備 事 業 に 必 要 な 経 費 月 30 日 復 興 特 会 予 備 費 復 興 庁 国 民 一 般 向 け 業 務 及 び 中 小 企 業 者 向 け 業 務 に 要 する 資 金 に 充 てるための 株 式 会 社 日 本 政 策 金 融 公 庫 に 対 する 出 資 に 必 要 な 経 費 243 平 成 2 4 年 度 11 月 30 日 復 興 特 会 予 備 費 復 興 庁 地 域 医 療 提 供 体 制 の 再 構 築 に 必 要 な 経 費 月 30 日 復 興 特 会 予 備 費 復 興 庁 災 害 救 助 等 に 必 要 な 経 費 月 30 日 復 興 特 会 予 備 費 復 興 庁 農 林 水 産 業 者 向 け 業 務 に 要 する 資 金 に 充 てるための 株 式 会 社 日 本 政 策 金 融 公 庫 に 対 する 出 資 に 必 要 な 経 費 9 11 月 30 日 復 興 特 会 予 備 費 復 興 庁 医 療 機 器 開 発 安 全 性 評 価 センター 整 備 事 業 に 必 要 な 経 費 月 30 日 復 興 特 会 予 備 費 復 興 庁 放 射 線 医 学 県 民 健 康 管 理 センター 整 備 事 業 に 必 要 な 経 費 月 30 日 復 興 特 会 予 備 費 文 部 科 学 省 原 子 力 損 害 賠 償 紛 争 解 決 センターの 運 営 に 必 要 な 経 費 6 11 月 30 日 復 興 特 会 予 備 費 文 部 科 学 省 公 立 学 校 の 安 全 対 策 に 必 要 な 経 費 月 26 日 補 正 予 算 3,117 平 成 25 年 度 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 5 月 15 日 当 初 予 算 43,840 2 月 6 日 補 正 予 算 5,638 3 月 20 日 当 初 予 算 36,464 2 月 3 日 補 正 予 算 2,597 4 月 9 日 当 初 予 算 39,087 1 月 20 日 補 正 予 算 1, ( 注 1) 復 興 特 会 予 備 費 については 平 成 年 度 において6,000 億 円 平 成 28 年 度 において4,500 億 円 措 置 しているが 使 用 実 績 はない ( 注 2) 復 興 関 係 経 費 とは 別 に 平 成 25 年 度 においては 汚 染 水 対 策 に 必 要 な 経 費 として206 億 円 の 一 般 会 計 予 備 費 を 使 用 ( 平 成 25 年 9 月 10 日 閣 議 決 定 )

15 東 日 本 大 震 災 復 旧 復 興 関 係 経 費 の 執 行 状 況 〇 各 項 目 ごとの 支 出 済 歳 出 額 項 目 23 年 度 24 年 度 25 年 度 26 年 度 支 出 済 歳 出 額 支 出 済 歳 出 額 支 出 済 歳 出 額 ( 単 位 : 億 円 ) 支 出 済 歳 出 額 被 災 者 支 援 12,244 3,523 1, 〇 各 項 目 ごとの 累 計 の 執 行 率 100.0% 80.0% 住 宅 再 建 復 興 まちづくり 17,423 26,563 18,020 13,820 産 業 生 業 (なりわい)の 再 生 27,204 5,415 4,846 1,116 原 子 力 災 害 からの 復 興 再 生 9,775 3,690 5,805 8,263 東 日 本 大 震 災 復 興 推 進 調 整 費 新 しい 東 北 先 導 モデル 事 業 等 地 方 交 付 税 交 付 金 21,408 6,704 5,771 4,116 全 国 防 災 対 策 費 1,376 6,911 4,008 2,135 その 他 78 10,323 8,689 7,488 支 出 済 歳 出 額 89,513 63,131 48,566 37, % 40.0% 20.0% 被 災 者 支 援 ( 健 康 生 活 支 援 ) 住 宅 再 建 復 興 まちづくり 産 業 生 業 (なりわい)の 再 生 原 子 力 災 害 からの 復 興 再 生 合 計 歳 出 予 算 現 額 148,243 97,402 75,089 62,542 累 計 の 執 行 率 60.4% 77.1% 80.2% 81.4% 0.0% 23 年 度 末 24 年 度 末 25 年 度 末 26 年 度 末 累 計 の 不 用 率 7.4% 11.8% 12.0% 13.4% 1 金 額 については 億 円 未 満 を 切 り 捨 てている 2 震 災 復 興 特 別 交 付 税 等 及 び 利 払 費 等 における23 年 度 の 支 出 済 歳 出 額 は 24 年 度 25 年 度 及 び26 年 度 の 支 出 済 歳 出 額 との 比 較 対 照 のため 組 替 えをしてある 3 項 目 の 整 理 は 復 興 庁 の 資 料 による 1 累 計 の 執 行 率 とは 平 成 23 年 度 から 各 年 度 末 までの 累 計 の 執 行 率 ( 支 出 済 歳 出 額 / 歳 出 予 算 現 額 ) 2 左 記 の 表 の 内 東 日 本 大 震 災 復 興 推 進 費 新 しい 東 北 先 導 モデル 事 業 その 他 の 項 目 は 記 載 していない 3 項 目 の 整 理 は 復 興 庁 の 資 料 による 14

16 執 行 率 低 調 の 主 な 要 因 26 年 度 決 算 において 繰 越 不 用 の 発 生 した 主 な 施 策 所 管 要 因 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金 復 興 庁 被 災 地 方 公 共 団 体 の 復 興 計 画 を 具 体 的 に 事 業 化 するための 調 整 や 災 害 復 旧 などの 他 事 業 との 調 整 地 元 住 民 との 合 意 形 成 等 に 時 間 を 要 した 福 島 再 生 加 速 化 交 付 金 復 興 庁 事 業 計 画 策 定 に 係 る 住 民 合 意 に 時 間 を 要 したこと 等 により 交 付 申 請 額 が 予 定 を 下 回 ったこと 等 災 害 復 旧 等 事 業 費 ( 農 林 水 産 業 施 設 ) 農 林 水 産 省 建 設 資 材 等 の 確 保 困 難 他 事 業 との 調 整 地 元 関 係 者 との 調 整 に 時 間 を 要 したこと 等 災 害 復 旧 等 事 業 費 ( 公 共 土 木 ) 国 土 交 通 省 関 係 機 関 との 調 整 の 結 果 施 工 計 画 に 変 更 が 生 じたことや 用 地 取 得 が 難 航 したことにより 事 業 に 着 手 できなかったこと 等 道 路 工 事 費 国 土 交 通 省 工 事 用 道 路 に 関 する 地 元 との 調 整 の 結 果 計 画 の 変 更 が 必 要 とな り 時 間 を 要 したこと 等 放 射 性 物 質 により 汚 染 された 土 壌 等 の 除 染 の 実 施 環 境 省 地 元 住 民 の 同 意 や 仮 置 場 の 確 保 等 の 諸 条 件 が 整 うことが 必 要 であ るが これらの 地 元 住 民 との 協 議 に 時 間 を 要 した 15 放 射 性 物 質 汚 染 廃 棄 物 処 理 事 業 環 境 省 地 方 公 共 団 体 や 地 元 住 民 との 調 整 に 時 間 を 要 し 事 業 に 着 手 出 来 なかった 中 間 貯 蔵 施 設 の 整 備 等 環 境 省 地 元 関 係 者 との 調 整 に 時 間 を 要 したことにより 事 業 発 注 規 模 の 見 直 しを 行 ったこと 等 ( 出 典 ) 平 成 26 年 度 東 日 本 大 震 災 復 興 特 別 会 計 の 決 算 概 要 及 び 復 興 関 連 予 算 の 執 行 状 況 ( 平 成 26 年 度 末 )について ( 平 成 27 年 7 月 31 日 )

17 全 国 向 け 事 業 の 見 直 し 全 国 向 け 事 業 については 平 成 24 年 11 月 既 に 契 約 されたものを 除 き 平 成 23 年 度 3 次 補 正 平 成 24 年 度 予 算 の 執 行 を 停 止 それ 以 降 の 年 分 も 含 め 津 波 対 策 の 公 共 事 業 学 校 耐 震 化 等 に 限 って 復 興 特 会 で 措 置 する 等 の 見 直 しを 実 施 ( 使 途 の 厳 格 化 ) また 平 成 24 年 11 月 に 見 直 しの 対 象 とならなかった 全 国 向 け 事 業 に 係 る 基 金 (16 基 金 23 事 業 )についても 使 途 の 厳 格 化 を 徹 底 することと し 返 還 要 請 を 実 施 なお 平 成 27 年 6 月 の 復 興 推 進 会 議 において 全 国 防 災 事 業 は 平 成 27 年 度 限 りで 終 了 と 決 定 今 後 の 復 興 関 連 予 算 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 ( 抄 ) 平 成 24 年 11 月 27 日 復 興 推 進 会 議 決 定 Ⅰ. 今 後 の 復 興 関 連 予 算 の 計 上 の 考 え 方 2. 全 国 向 け 予 算 については 次 に 掲 げるものを 除 き 東 日 本 大 震 災 復 興 特 別 会 計 には 計 上 しない また 次 に 掲 げるものについても 同 特 別 会 計 への 計 上 に 当 たっては 厳 しい 絞 込 みを 行 う (1) 巨 大 津 波 による 被 害 を 受 けて 新 たに 認 識 された 技 術 上 の 課 題 に 対 応 するための 公 共 事 業 であって 大 規 模 地 震 の 対 策 地 域 において 東 日 本 大 震 災 の 最 大 の 教 訓 である 素 早 い 避 難 の 確 保 を 後 押 しする 観 点 から 実 施 され 集 中 復 興 期 間 中 に 完 了 するもの( 具 体 的 には 河 川 の 津 波 遡 上 対 策 海 岸 堤 防 防 波 堤 の 粘 り 強 い 構 造 の 確 保 耐 震 対 策 水 門 等 の 自 動 化 遠 隔 操 作 化 高 台 道 路 への 避 難 階 段 の 付 加 ) (2) 子 どもの 安 全 確 保 に 係 る 学 校 の 耐 震 化 事 業 であって 耐 震 強 度 や 即 効 性 などに 照 らし 特 に 緊 要 性 の 高 いもの 復 興 関 連 予 算 で 造 成 された 全 国 向 け 事 業 に 係 る 基 金 の 使 途 の 厳 格 化 の 徹 底 について( 抄 ) 平 成 25 年 7 月 2 日 復 興 庁 財 務 省 しかしながら 昨 今 の 我 が 国 の 経 済 状 況 は 震 災 直 後 とは 大 きく 変 化 しており また 復 興 関 連 予 算 は 被 災 地 の 復 旧 復 興 に 直 接 資 するものを 基 本 とするという 考 え 方 を 踏 まえ これらの 基 金 についても 更 なる 使 途 の 厳 格 化 を 行 うこととした 平 成 28 年 度 以 降 の 復 旧 復 興 事 業 について( 抄 ) 平 成 27 年 6 月 24 日 復 興 推 進 会 議 決 定 4. 平 成 28 年 度 以 降 に 実 施 する 復 旧 復 興 事 業 平 成 28 年 度 以 降 の 復 旧 復 興 事 業 について 被 災 地 の 復 興 のために 真 に 必 要 な 事 業 に 重 点 化 する 観 点 か ら 以 下 のとおり 整 理 することとする (3) 平 成 27 年 度 限 りで 終 了 する 事 業 全 国 防 災 事 業 等 報 道 等 で 取 り 上 げられた 主 な 事 業 について ( 平 成 24 年 11 月 1 日 財 政 制 度 等 審 議 会 財 政 制 度 分 科 会 資 料 より) (1) 国 内 立 地 推 進 事 業 費 補 助 金 ( 経 産 省 ) 2,950 億 円 (5) 国 税 庁 施 設 費 ( 庁 舎 の 耐 震 改 修 )( 財 務 省 ) 12 億 円 中 小 企 業 組 合 等 共 同 施 設 等 災 害 復 旧 事 業 ( 経 産 省 ) 1,249 億 円 (6) 国 立 霞 ヶ 丘 競 技 場 災 害 復 旧 事 業 ( 文 科 省 ) 3.3 億 円 (2) 地 域 医 療 提 供 体 制 の 再 構 築 ( 厚 労 省 ) 720 億 円 (7) 沖 縄 国 道 整 備 ( 国 交 省 ) 0.6 億 円 (3)アジア 太 平 洋 地 域 及 び 北 米 地 域 との 青 少 年 交 流 ( 外 務 省 ) 72 億 円 (8) 被 災 地 域 における 再 犯 防 止 施 策 の 充 実 強 化 ( 法 務 省 ) 0.3 億 円 (4) 鯨 類 捕 獲 調 査 安 定 化 推 進 対 策 ( 農 水 省 ) 23 億 円 ( 注 ) 各 項 目 の 金 額 は 平 成 23 年 度 第 3 次 補 正 予 算 計 上 額 (1)の 中 小 企 業 組 合 等 共 同 施 設 等 災 害 復 旧 事 業 については 平 成 23 年 度 復 興 予 備 費 により 措 置 16

18 17 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応

19 集 中 復 興 期 間 の 総 括 及 び 平 成 28 年 度 以 降 の 復 旧 復 興 事 業 のあり 方 ( 平 成 27 年 5 月 26 日 復 興 推 進 委 員 会 ) Ⅰ 集 中 復 興 期 間 における 取 組 の 総 括 2. 集 中 復 興 期 間 中 の 復 興 関 連 予 算 について (1) 復 興 財 源 フレームの 策 定 と 改 定 今 回 の 震 災 では 集 中 復 興 期 間 の5 年 間 の 事 業 規 模 を 示 した 上 で 5 年 分 の 財 源 をあらかじめ 確 保 するとともに 震 災 復 興 特 別 交 付 税 を 創 設 し 被 災 自 治 体 の 負 担 を 実 質 ゼロとするといった これまでにない 財 政 措 置 がとられた 事 業 規 模 と 財 源 については 事 業 規 模 の 拡 大 に 応 じて 必 要 な 追 加 財 源 の 確 保 も 行 ってきた ( 中 略 ) このような 財 政 措 置 により 被 災 地 は 安 心 して 復 興 事 業 に 取 り 組 むことができたものと 考 えており 復 興 の 加 速 化 に 資 する 措 置 であったと 評 価 できる 他 方 で 発 災 当 初 事 業 規 模 を 少 なくとも19 兆 円 程 度 と 見 込 んだ 際 救 助 復 旧 費 用 については 積 上 げにより 見 込 みを 立 てた 一 方 その 他 の 復 興 費 用 については 阪 神 淡 路 大 震 災 の 際 の 復 旧 復 興 に 要 した 費 用 を 踏 まえつ つ 東 日 本 大 震 災 との 被 害 総 額 の 規 模 の 違 いを 勘 案 するなどして 推 計 により 算 出 されたものであった 今 次 の 震 災 の 被 害 の 甚 大 さからは 当 初 はそのような 方 法 はやむを 得 ないものであったと 言 える フレームの 改 定 の 都 度 事 業 見 込 みの 確 度 は 高 いものになってきていると 言 えるが いずれにしても 適 切 な 予 算 管 理 と 復 興 事 業 の 管 理 を 行 っていく 上 では 必 要 な 事 業 を その 進 捗 に 応 じて 年 度 ごとに 積 み 上 げていくことが 重 要 である 18

20 平 成 28 年 度 以 降 の 復 興 事 業 の 整 理 復 興 特 会 で 実 施 してきた 事 業 を 以 下 の 通 り 整 理 1 復 興 の 基 幹 的 事 業 ( 被 災 者 支 援 災 害 復 旧 復 興 交 付 金 事 業 基 幹 事 業 )や 原 子 力 事 故 災 害 に 由 来 する 事 業 の 地 方 負 担 はゼロ 2 地 域 振 興 策 や 将 来 の 災 害 への 備 え といった 全 国 共 通 の 課 題 へ 対 応 する 事 業 は 一 般 会 計 へ 移 行 3 復 興 事 業 の 中 でも 全 国 共 通 の 課 題 への 対 応 との 性 質 を 併 せ 持 つ 事 業 は 自 治 体 負 担 を 導 入 全 額 国 費 基 幹 的 な 事 業 被 災 者 支 援 災 害 救 助 心 のケア コミュニティ 再 建 災 害 復 旧 災 害 廃 棄 物 処 理 インフラ 復 旧 生 産 設 備 復 旧 復 興 交 付 金 基 幹 事 業 高 台 移 転 など 特 別 会 計 に 残 す 事 業 自 治 体 負 担 あり ( 地 方 負 担 の5%( 各 事 業 費 の1~3%)) 直 轄 事 業 ( 全 額 国 費 対 応 分 を 除 く) 道 路 港 湾 など 復 興 交 付 金 効 果 促 進 事 業 一 般 会 計 へ 移 す 事 業 自 治 体 負 担 あり ( 通 常 事 業 と 同 一 ) 社 総 交 復 興 枠 ( 道 路 事 業 ) など 社 総 交 復 興 枠 ( 道 路 事 業 ) 19 原 発 事 故 由 来 の 事 業 放 射 性 物 質 汚 染 廃 棄 物 処 理 除 染 放 射 線 測 定 福 島 再 生 加 速 化 交 付 金 12 市 町 村 内 事 業 市 町 村 事 業 + 県 事 業 その 他 直 轄 事 業 三 陸 沿 岸 道 路 相 馬 福 島 道 路 農 山 漁 村 地 域 整 備 交 付 金 市 町 村 防 潮 堤 任 期 付 職 員 応 援 職 員 経 費 ( 出 典 ) 第 13 回 復 興 推 進 会 議 ( 平 成 27 年 6 月 24 日 ) 資 料 より 作 成 岩 手 県 宮 城 県 東 北 自 動 車 道 以 東 の 事 業 福 島 県 東 北 自 動 車 道 以 東 の 事 業 その 他 の 地 域 で 実 施 する 沿 岸 部 及 び 避 難 解 除 等 区 域 の12 市 町 村 関 連 事 業 ( 防 災 減 災 事 業 を 除 く) 青 森 県 茨 城 県 千 葉 県 太 平 洋 沿 岸 の 地 方 公 共 団 体 ( 太 平 洋 沿 岸 から15km 以 内 の 事 業 を 含 む)で 実 施 する 事 業 その 他 の 地 域 で 実 施 する 沿 岸 部 関 連 事 業 ( 防 災 減 災 事 業 を 除 く) 左 記 以 外 の 事 業

21 平 成 28 年 度 以 降 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 事 業 規 模 ( 見 込 )について 区 分 集 中 復 興 期 間 (H23~27 年 度 ) ( 単 位 : 兆 円 ) 復 興 創 生 期 間 (H28~32 年 度 ) 1 被 災 者 支 援 ( 健 康 生 活 支 援 ) 住 宅 再 建 復 興 まちづくり 原 子 力 災 害 からの 復 興 再 生 産 業 生 業 (なりわい)の 再 生 その 他 ( 震 災 特 交 など) 合 計 復 興 期 間 計 32 兆 円 程 度 ( 出 典 ) 第 13 回 復 興 推 進 会 議 ( 平 成 27 年 6 月 24 日 ) 資 料 20

22 平 成 28 年 度 東 日 本 大 震 災 復 興 特 別 会 計 予 算 の 概 要 被 災 者 支 援 長 期 避 難 者 の 心 のケアやコミュニティ 形 成 など 復 興 の 進 展 に 伴 って 生 じる 課 題 に 対 応 する 取 組 を 強 化 災 害 救 助 法 による 災 害 救 助 等 (334 億 円 ) 被 災 者 生 活 再 建 支 援 金 補 助 金 (189 億 円 ) 被 災 者 支 援 総 合 交 付 金 (220 億 円 ) 等 2. 原 子 力 災 害 からの 復 興 再 生 帰 還 促 進 や12 市 町 村 の 生 活 の 再 構 築 等 に 向 けた 取 組 を 強 化 する など 福 島 の 復 興 再 生 を 加 速 福 島 再 生 加 速 化 交 付 金 (1,012 億 円 ) 福 島 生 活 環 境 整 備 帰 還 再 生 加 速 事 業 (76 億 円 ) 放 射 性 物 質 により 汚 染 された 土 壌 等 の 除 染 (5,249 億 円 ) 放 射 性 物 質 汚 染 廃 棄 物 処 理 事 業 等 (2,140 億 円 ) 中 間 貯 蔵 施 設 の 整 備 等 (1,346 億 円 ) 自 立 帰 還 支 援 雇 用 創 出 企 業 立 地 補 助 金 (320 億 円 ) イノベーション コースト 構 想 関 連 事 業 (145 億 円 ) 原 子 力 災 害 による 被 災 事 業 者 の 自 立 支 援 事 業 (13 億 円 ( 補 正 と 合 わせて241 億 ) 等 3. 産 業 生 業 (なりわい)の 再 生 観 光 復 興 や 販 路 回 復 に 向 けた 取 組 の 強 化 企 業 立 地 による 雇 用 創 出 商 業 回 復 へ 対 応 復 興 水 産 加 工 業 等 販 路 回 復 促 進 事 業 (18 億 円 ) 観 光 復 興 関 連 事 業 (50 億 円 ) 中 小 企 業 組 合 等 共 同 施 設 等 災 害 復 旧 事 業 (290 億 円 ) 事 業 復 興 型 雇 用 創 出 事 業 (41 億 円 ) 自 立 帰 還 支 援 雇 用 創 出 企 業 立 地 補 助 金 (320 億 円 )[ 再 掲 ] イノベーション コースト 構 想 関 連 事 業 (145 億 円 )[ 再 掲 ] 原 子 力 災 害 による 被 災 事 業 者 の 自 立 支 援 事 業 (13 億 円 ( 補 正 と 合 わせて241 億 ))[ 再 掲 ] 等 4. 住 宅 再 建 復 興 まちづくり 最 盛 期 を 迎 えた 住 宅 再 建 復 興 まちづくりを 着 実 に 推 進 復 興 道 路 復 興 支 援 道 路 の 整 備 等 (2,376 億 円 ) 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金 (1,477 億 円 ) 災 害 復 旧 事 業 (5,093 億 円 ) 等 その 他 震 災 復 興 特 別 交 付 税 交 付 金 (3,478 億 円 ) 復 興 加 速 化 福 島 再 生 予 備 費 (4,500 億 円 ) 等 28 年 度 復 興 特 会 歳 出 総 額 3 兆 2,469 億 円 (27 年 度 当 初 復 興 特 会 歳 出 総 額 3 兆 9,087 億 円 )

23 Ⅴ 将 来 への 論 点 22

24 将 来 への 論 点 1 (1) 新 たな 財 政 対 応 多 年 度 で 収 入 と 支 出 を 完 結 させる 枠 組 み(= 復 興 財 源 フレーム)の 設 定 そのために 歳 出 削 減 & 税 外 収 入 活 用 だけでなく 復 興 増 税 & 復 興 債 発 行 財 政 健 全 化 目 標 とは 別 途 管 理 復 興 特 会 設 置 ( 個 別 措 置 ) 地 元 負 担 をゼロにする 震 災 復 興 特 別 交 付 税 使 い 勝 手 を 良 くした 復 興 交 付 金 復 興 特 区 の 設 定 ( 規 制 税 制 金 融 ) 取 崩 し 型 基 金 の 導 入 等 (2) 枠 組 みができるまでの 間 は 補 正 予 備 費 で 機 動 的 に 対 応 東 日 本 大 震 災 復 旧 復 興 予 備 費 は 象 徴 的 (3)23 年 度 3 次 補 正 の 成 立 が11 月 末 財 源 枠 組 みの 決 定 まで 議 論 を 尽 くす 23

25 将 来 への 論 点 2 (4) 多 年 度 フレームでの 対 応 復 興 を 加 速 化 するため に 予 め 複 数 年 度 分 の 財 源 を 手 当 財 政 資 金 を 安 定 的 に 供 給 5 年 間 で19 兆 を2 年 過 ぎで 超 過 一 方 で 低 執 行 率 無 駄 流 用 批 判 事 業 ごとの 精 査 年 度 ごとの 進 行 管 理 の 重 要 性 復 旧 復 興 事 業 の 財 源 は 国 民 の 広 い 負 担 によるものであり 真 に 復 興 に 必 要 な 事 業 に 重 点 化 していく 必 要 また 全 国 共 通 の 課 題 へ 対 応 する 事 業 は 一 般 会 計 へ 移 行 震 災 発 生 から5 年 が 経 過 し 事 業 の 進 捗 が 見 通 せる 段 階 となってきていることから 毎 年 度 の 予 算 を 進 捗 に 応 じた 精 度 の 高 いものとする 必 要 集 中 復 興 期 間 中 は 事 業 の 全 額 を 国 費 負 担 してきたが 事 業 計 画 を 見 直 す 財 政 的 な インセンティブが 弱 いという 側 面 が 生 じた 可 能 性 復 興 が 着 実 に 進 展 してきている 中 で 自 治 体 が 持 続 可 能 なまちづくりを 自 ら 進 めていくためにも 一 定 の 自 治 体 負 担 を 求 めることは 重 要 被 災 地 の 自 立 につながる 支 援 を 行 い 地 方 創 生 のモデルとなる 復 興 の 実 現 を 目 指 す 必 要 24

Microsoft Word - 20120601003.docx

Microsoft Word - 20120601003.docx 18 兆 円 に 達 した 東 日 本 大 震 災 の 復 旧 復 興 経 費 求 められる 震 災 からの 復 旧 復 興 と 財 政 規 律 の 維 持 予 算 委 員 会 調 査 室 さきやま 﨑 山 たてき 建 樹 甚 大 な 被 害 をもたらした 東 日 本 大 震 災 から1 年 余 りが 経 ち これまでの 間 被 災 地 の 復 旧 復 興 に 向 けて 累 次 の 補 正 予 算

More information

( 震 災 復 旧 のための 公 共 投 資 の 出 動 ) 震 災 以 降 被 災 3 県 における 公 共 投 資 は 震 災 復 旧 関 連 を 中 心 に 大 きく 増 加 している 公 共 工 事 請 負 金 額 の 前 年 同 期 比 の 推 移 を 第 2-3-2 図 でみると 被 災

( 震 災 復 旧 のための 公 共 投 資 の 出 動 ) 震 災 以 降 被 災 3 県 における 公 共 投 資 は 震 災 復 旧 関 連 を 中 心 に 大 きく 増 加 している 公 共 工 事 請 負 金 額 の 前 年 同 期 比 の 推 移 を 第 2-3-2 図 でみると 被 災 第 3 節 復 旧 復 興 に 向 けた 動 き 1. 復 旧 に 向 けた 取 組 ( 被 災 地 における 復 旧 の 進 展 ) 震 災 により 甚 大 な 被 害 を 被 った 各 地 域 では 官 民 一 体 となって 復 旧 作 業 に 懸 命 の 努 力 が 傾 けら れている 52 被 災 3 県 の 沿 岸 市 町 村 における 瓦 礫 撤 去 作 業 は 2011 年 度 末 までに

More information

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ 日 本 の 再 生 に 向 けて - 東 日 本 大 震 災 復 興 への 提 言 - 平 成 23 年 7 月 全 国 知 事 会 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 - 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

★01 表紙

★01 表紙 第 1 回 定 例 会 平 成 24 年 度 予 算 案 関 係 資 料 ( 補 正 ) 茨 城 県 目 次 Ⅰ 平 成 25 年 第 1 回 県 議 会 定 例 会 提 出 議 案 等 一 覧 ( 1) Ⅱ 平 成 24 年 度 補 正 予 算 案 の 概 要 1 今 回 補 正 額 ( 2) 2 今 回 補 正 の 主 なもの ( 2) 3 繰 越 明 許 費 ( 3) 4 一 般 会 計 補

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

Microsoft Word - 20130603050.docx

Microsoft Word - 20130603050.docx 東 日 本 大 震 災 からの 住 宅 の 再 建 に 向 けた 取 組 国 土 交 通 委 員 会 調 査 室 廣 原 孝 一 1. はじめに 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 においては 津 波 により 東 北 地 方 沿 岸 部 を 中 心 に 甚 大 な 被 害 が 発 生 しており 建 築 物 の 被 害 は 全 国 で 全 壊 約 13 万 戸

More information

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状 横 市 浜 の 財 状 政 況 25 年 度 決 算 財 政 状 況 1 - 横 浜 市 - - 財 政 局 - 平 成 26 年 11 月 横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成

More information

無 料 化 など あらゆる 政 策 を 見 直 し 選 択 と 集 中 による 大 幅 な 予 算 の 組 み 替 えを 行 うべきである 不 足 する 財 源 は 大 震 災 で 大 きな 影 響 を 受 けているわが 国 経 済 の 動 向 に 十 分 留 意 しつつ 税 制 措 置 により 安

無 料 化 など あらゆる 政 策 を 見 直 し 選 択 と 集 中 による 大 幅 な 予 算 の 組 み 替 えを 行 うべきである 不 足 する 財 源 は 大 震 災 で 大 きな 影 響 を 受 けているわが 国 経 済 の 動 向 に 十 分 留 意 しつつ 税 制 措 置 により 安 東 日 本 大 震 災 の 復 旧 復 興 に 関 する 要 望 平 成 23 年 3 月 31 日 日 本 商 工 会 議 所 去 る3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 は 巨 大 な 津 波 を 伴 い 沿 海 部 を 壊 滅 的 に 破 壊 するとともに 東 北 から 関 東 にわたる 広 い 範 囲 に 甚 大 な 被 害 をもたらした 地 震 津 波 原 発 事 故

More information

されていることから 発 電 所 全 体 の 安 全 性 が 総 合 的 に 確 保 されていると 判 断 し 放 射 性 物 質 の 放 出 が 管 理 され 放 射 線 量 が 大 幅 に 抑 えられている というステ ップ2の 目 標 達 成 と 完 了 を 確 認 した また 今 後 使 用

されていることから 発 電 所 全 体 の 安 全 性 が 総 合 的 に 確 保 されていると 判 断 し 放 射 性 物 質 の 放 出 が 管 理 され 放 射 線 量 が 大 幅 に 抑 えられている というステ ップ2の 目 標 達 成 と 完 了 を 確 認 した また 今 後 使 用 ステップ2の 完 了 を 受 けた 警 戒 区 域 及 び 避 難 指 示 区 域 の 見 直 し に 関 する 基 本 的 考 え 方 及 び 今 後 の 検 討 課 題 について 1. はじめに 平 成 23 年 12 月 26 日 原 子 力 災 害 対 策 本 部 ( 警 戒 区 域 及 び 避 難 指 示 区 域 に 関 する 経 緯 及 び 現 状 ) (1) 本 年 3 月 11 日

More information

新しい賠償基準について

新しい賠償基準について 新 しい 賠 償 基 準 について 避 難 指 示 区 域 内 から 避 難 されている 方 々へのご 説 明 資 料 2013 年 3 月 経 済 産 業 省 1 新 しい 賠 償 基 準 に 関 する 説 明 資 料 ( 避 難 指 示 区 域 用 ) 目 次 Ⅰ. 新 しい 賠 償 基 準 の 方 針 Ⅱ. 新 しい 賠 償 基 準 の 全 体 像 Ⅲ. 財 物 賠 償 Ⅳ. 営 業 損 害

More information

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 に 関 する 重 点 提 言 東 日 本 大 震 災 からの 速 やかな 被 災 地 の 復 旧 復 興 を 図 るため 国 は 次 の 事 項 につ いて 迅 速 かつ 積 極 的 な 措 置 を 講 じられたい 1. 復 興 事 業 予 算 の 実 態 に 即 した 財 政 支 援 等 について (1) 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金

More information

資  料

資  料 資 料 7 固 定 資 産 税 課 関 係 説 明 資 料 平 成 27 年 1 月 23 日 目 次 負 担 調 整 措 置 等 1 特 例 関 係 11 償 却 資 産 課 税 16 その 他 制 度 関 係 22 固 定 資 産 評 価 関 係 29 負 担 調 整 措 置 等 1 商 業 地 の 地 価 公 示 価 格 の 動 向 ( 平 成 9 年 度 ~ 平 成 26 年 度 ) 全

More information

東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金 5,918(2,868) 災 害 復 旧 事 業 6,611(2,605) 災 害 廃 棄 物 の 処 理 1,266(3,442) 福 島 の 復 興 再 生 に 向 けた 平 成 25 年 度 予 算 ( 政 府 予 算 案 )のポイント 福 島 復

東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金 5,918(2,868) 災 害 復 旧 事 業 6,611(2,605) 災 害 廃 棄 物 の 処 理 1,266(3,442) 福 島 の 復 興 再 生 に 向 けた 平 成 25 年 度 予 算 ( 政 府 予 算 案 )のポイント 福 島 復 資 料 2 平 成 25 年 2 月 17 日 復 興 庁 福 島 の 復 興 再 生 に 向 けた 主 な 予 算 について ( 平 成 24 年 度 補 正 予 算 平 成 25 年 度 予 算 案 ) 復 興 庁 が 司 令 塔 となって 原 子 力 災 害 からの 福 島 の 復 興 及 び 再 生 を 加 速 的 に 推 進 する さらに 福 島 の 深 刻 な 諸 問 題 に 対 応 できるよう

More information

参 考 資 料 国 土 強 靱 化 基 本 計 画 - 強 くて しなやかなニッポンへ- 平 成 26 年 6 月 3 日 目 次 ( 頁 ) はじめに 1 第 1 章 国 土 強 靱 化 の 基 本 的 考 え 方 2 第 2 章 脆 弱 性 評 価 10 第 3 章 国 土 強 靱 化 の 推 進 方 針 14 第 4 章 計 画 の 推 進 と 不 断 の 見 直 し 30 おわりに 34

More information

ビッグプロジェクト 直 轄 除 染 中 間 貯 蔵 施 設 整 備 / 環 境 省 双 葉 町 2 地 区 除 染 は27 年 度 完 了 中 間 貯 蔵 27 年 度 は 施 設 本 体 用 地 取 得 等 27 年 度 政 府 予 算 案 における 除 染 事 業 費 は4153 億 円 汚 染

ビッグプロジェクト 直 轄 除 染 中 間 貯 蔵 施 設 整 備 / 環 境 省 双 葉 町 2 地 区 除 染 は27 年 度 完 了 中 間 貯 蔵 27 年 度 は 施 設 本 体 用 地 取 得 等 27 年 度 政 府 予 算 案 における 除 染 事 業 費 は4153 億 円 汚 染 ビッグプロジェクト イノベーション コースト 構 想 / 国 県 等 共 同 研 究 施 設 と 一 体 化 した 無 人 航 空 陸 上 ロボットのテストフィールド 施 設 案 ロボット 実 証 拠 点 の 整 備 案 示 す 共 同 研 究 施 設 地 下 1 階 地 上 3 階 1 万 m2 想 定 イノベーション コースト 構 想 に 関 して 政 府 が 設 置 した1ロボット 研 究 実

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優

平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優 平 成 27 年 度 予 算 のポイント 平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優 先 課 題 推 進 枠 や 地 財 政 計 画 における

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

Microsoft Word - 20130308040.docx

Microsoft Word - 20130308040.docx 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 と 地 方 一 般 財 源 総 額 確 保 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 総 務 委 員 会 調 査 室 あんどう 安 藤 のりゆき 範 行 はじめに 我 が 国 経 済 は 円 高 デフレ 不 況 が 長 引 き 国 内 総 生 産 ( 名 目 )が3 年 前 とほぼ 同 程 度 の 水 準 にとどまっており 低 迷 が 続 いてきた こうした

More information

第1章(総則)第1節~第5節       01~07

第1章(総則)第1節~第5節       01~07 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 大 阪 府 石 油 コンビナート 等 防 災 計 画 ( 以 下 防 災 計 画 という )は 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 ( 昭 和 50 年 法 律 第 84 号 以 下 石 災 法 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき 特 別 防 災 区 域 に 指 定 された 大 阪 北 港 地 区 堺 泉 北 臨 海 地 区 関 西

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例 19 中 期 目 標

参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例 19 中 期 目 標 資 料 1-2 参 考 資 料 ( 財 政 規 律 情 報 公 開 報 酬 給 与 ) 平 成 25 年 4 月 2 日 参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例

More information

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 速 報 1. 改 正 の 概 要 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 1 復 興 特 別 法 人 税 の 課 される 期 間 が1 年 前 倒 しで 廃 止 とされます 法 人 が 受 け 取 る 利 子 及 び 配 当 等 に 課 される 復 興 特 別 所 得 税 の 額 は 所 得 税 と 合 せて 法 人 税 の

More information

平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 決 算 審 査 意 見 書 愛 知 県 監 査 委 員 27 監 査 第 71 号 平 成 27 年 9 月 7 日 愛 知 県 知 事 大 村 秀 章 殿 愛 知 県 監 査 委 員 西 川 洋 二 同 青 山 學 同 後 藤 貞 明 同 中 野 治 美 同 神 戸 洋 美 平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 の 決

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798E518D6C8E9197BF8251817A8179835A8362836794C5816991CE8A4F94E9816A817A959C8BBB9084906989EF8B63816991E6313589F1816A8CB48E7197CD8DD08A5191CE8DF4967B959489EF8B63816991E6333989F1816A8D8793AF89EF8D878B638E969

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798E518D6C8E9197BF8251817A8179835A8362836794C5816991CE8A4F94E9816A817A959C8BBB9084906989EF8B63816991E6313589F1816A8CB48E7197CD8DD08A5191CE8DF4967B959489EF8B63816991E6333989F1816A8D8793AF89EF8D878B638E969 復 興 推 進 会 議 ( 第 15 回 ) 原 子 力 災 害 対 策 本 部 会 議 ( 第 39 回 ) 合 同 会 合 議 事 録 1 日 時 : 平 成 28 年 3 月 10 日 17:28~17:45 2 場 所 : 官 邸 2 階 小 ホール 3 出 席 者 : 議 長 安 倍 晋 三 内 閣 総 理 大 臣 副 議 長 髙 木 毅 復 興 大 臣 < 進 行 > 議 員 麻 生 太

More information

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について 参 考 資 料 7 災 害 時 の 賃 貸 住 宅 居 住 者 の 居 住 の 安 定 確 保 について 平 成 24 年 11 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 1. 東 日 本 大 震 災 で 住 居 を 失 われた 方 への 居 住 の 安 定 の 確 保 震 災 発 生 復 旧 期 復 興 期 東 日 本 大 震 災 住 宅 が 滅 失 避 難 所 等 2012.3.11 17:00 時

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し

More information

国有財産レポート

国有財産レポート 国 有 財 産 レ ポ ー ト 平 成 28 年 7 月 財 務 省 理 財 局 目 次 はじめに ~ 国 有 財 産 及 び 国 有 財 産 行 政 とは~ 第 一 部 総 論 第 1 章 国 有 財 産 の 概 要 P 4 1 国 有 財 産 の 範 囲 分 類 2 国 有 財 産 価 格 面 積 3 国 有 財 産 台 帳 第 2 章 国 有 財 産 行 政 の 概 要 1 国 有 財 産 行

More information

00 平成23年度業務実績報告書

00 平成23年度業務実績報告書 7.その 他 参 考 となり 得 る 情 報 (1) 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 支 援 の 取 組 み 東 日 本 大 震 災 に 関 連 し 機 構 は 以 下 に 示 すような 取 組 みを 通 して 復 旧 復 興 に 貢 献 している 1 鉄 道 建 設 業 務 関 連 1) 東 北 新 幹 線 復 旧 支 援 JR 東 日 本 に 対 して 東 北 新 幹 線 の 早

More information

(審42)資料2 地方公共団体等からの主な要望事項について

(審42)資料2 地方公共団体等からの主な要望事項について ( 審 42) 資 料 2 地 方 公 共 団 体 等 からの 主 な 要 望 事 項 について 平 成 28 年 1 月 本 資 料 は 第 40 回 審 査 会 ( 平 成 27 年 1 月 28 日 ) 以 降 現 時 点 までに 文 部 科 学 省 に 寄 せられた 要 望 のうち 主 な 項 目 をまとめたものである 1. 精 神 的 損 害 に 係 る 賠 償 被 害 者 が 被 った

More information

被 災 企 業 等 への 支 援 策 の 充 実 について 被 災 企 業 の 支 援 策 について 復 興 計 画 の 遅 れや 人 件 費 資 材 不 足 等 の 現 状 に 配 慮 し グループ 補 助 金 制 度 の 継 続 や 運 用 の 改 善 等 を 国 に 強 く 求 めると 共 に

被 災 企 業 等 への 支 援 策 の 充 実 について 被 災 企 業 の 支 援 策 について 復 興 計 画 の 遅 れや 人 件 費 資 材 不 足 等 の 現 状 に 配 慮 し グループ 補 助 金 制 度 の 継 続 や 運 用 の 改 善 等 を 国 に 強 く 求 めると 共 に 被 災 したJR 各 線 の 復 旧 について 被 災 したJR 山 田 線 大 船 渡 線 の 復 旧 については あくまでも 鉄 路 での 復 旧 が 果 たされるよう 関 係 自 治 体 と 共 に 国 やJR 東 日 本 に 対 して 強 く 働 き 掛 けること 復 興 計 画 が 完 了 するまでの 復 興 予 算 の 確 保 について 被 災 自 治 体 が 安 心 して 復 興 に

More information

対 ( 136,340 ) (1) 指 定 職 (3 泊 4 日 ) 2 人 8 136,360 182 2, ( 181 2, ) ( 120,040 ) (2) 指 定 職 (2 泊 3 日 ) 2 人 4 120,060 960 ( 960 ) (3)10 級 ~7 級 (3

対 ( 136,340 ) (1) 指 定 職 (3 泊 4 日 ) 2 人 8 136,360 182 2, ( 181 2, ) ( 120,040 ) (2) 指 定 職 (2 泊 3 日 ) 2 人 4 120,060 960 ( 960 ) (3)10 級 ~7 級 (3 平 成 歳 出 明 細 表 要 求 19 内 閣 府 所 管 ( 沖 縄 振 興 局 ) 対 ( 単 位 : 千 円 ) 010 内 閣 本 府 189, 647 239, 682, 941 214, 506, 706 24, 010 内 閣 本 府 共 通 費 832 76, 342 77, 510 1 01-95 内 閣 本 府 一 般 行 政 に 必 要 な 経 費 176 沖 縄 振 興 局

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081A193878DAA8CA78DE090AD82CC8CBB8BB581A18169506F776572506F696E74816A81408255815E8250825189EF8B6397708169826F826382658CB48D65816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081A193878DAA8CA78DE090AD82CC8CBB8BB581A18169506F776572506F696E74816A81408255815E8250825189EF8B6397708169826F826382658CB48D65816A> 参 考 資 料 資 料 No.5 財 政 制 度 財 政 用 語 目 次 地 方 交 付 税 について 1 普 通 交 付 税 における 財 源 調 整 機 能 2 財 政 力 指 数 3 標 準 財 政 規 模 4 地 方 債 について 5 地 方 債 の 効 果 6 地 方 債 の 償 還 7 人 事 委 員 会 勧 告 制 度 8 民 間 給 与 との 比 較 方 法 9 地 方 財 政 をめぐる

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 法 人 住 民 税 の 拡 充 強 化 等 1 2 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 現 行 制 度 の 堅 持 2 3 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 3 4 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 5 5 地

More information

03《G》資料1-2当初予算【H28】280207

03《G》資料1-2当初予算【H28】280207 平 成 28 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) ( 計 数 資 料 編 ) 平 成 28 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 計 数 資 料 編 1 歳 入 歳 出 予 算 の 概 要 1 (1) 歳 入 予 算 の 概 要 2 (2) 歳 出 予 算 の 概 要 5 2 計 数 に よ る 予 算 の 概 要 8 ( 参 考 ) 予 算 の 推 移 等 12 3 特 別 会 計 予 算 の 概

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

< 項 目 > 1. 東 日 本 大 震 災 被 災 市 町 村 に 対 する 職 員 派 遣 等 について ( 資 料 P 1~ 9) 2. 地 方 公 務 員 法 改 正 について( 地 方 公 務 員 制 度 改 革 関 係 ) ( 資 料 P10~12) 3. 女 性 地 方 公 務 員 活

< 項 目 > 1. 東 日 本 大 震 災 被 災 市 町 村 に 対 する 職 員 派 遣 等 について ( 資 料 P 1~ 9) 2. 地 方 公 務 員 法 改 正 について( 地 方 公 務 員 制 度 改 革 関 係 ) ( 資 料 P10~12) 3. 女 性 地 方 公 務 員 活 資 料 21 公 務 員 部 関 係 資 料 平 成 28 年 1 月 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 < 項 目 > 1. 東 日 本 大 震 災 被 災 市 町 村 に 対 する 職 員 派 遣 等 について ( 資 料 P 1~ 9) 2. 地 方 公 務 員 法 改 正 について( 地 方 公 務 員 制 度 改 革 関 係 ) ( 資 料 P10~12) 3. 女 性 地

More information

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 要 望 事 項 の 内 容 及 び 説 明 - 15 - 1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 還 等 の 促 進 > ア 基 地 の 整

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

大船渡市における

大船渡市における 陸 前 高 田 市 災 害 公 営 住 宅 供 給 基 本 方 針 平 成 24 年 6 月 岩 手 県 陸 前 高 田 市 目 次 第 1 章 市 内 の 状 況 の 整 理... 1 1-1 被 災 前 の 状 況... 1 (1) 市 の 概 要... 1 1-2 被 災 状 況... 3 (1) 住 宅 被 災 状 況... 3 (2) 復 興 計 画 における 住 宅 整 備 の 位 置

More information

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 平 成 2 年 度 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 の 結 果 会 計 検 査 院 1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 及 び

More information

行政機関ガイドブック(平成26年度版)・関東管区行政評価局/防衛省の機関

行政機関ガイドブック(平成26年度版)・関東管区行政評価局/防衛省の機関 北 関 東 防 衛 局 330-9721 埼 玉 県 さいたま 市 中 央 区 新 都 心 2-1 さいたま 新 都 心 合 同 庁 舎 2 号 館 TEL(048)600-1800 FAX(048)600-1831 http://www.mod.go.jp/rdb/n-kanto/ 防 衛 局 防 衛 省 設 置 法 第 33 条 防 衛 省 組 織 令 第 211 条 防 衛 事 務 所 防 衛

More information

: 1 () () () () 5013,000 () 55 14,300 () 95 152,000 70 () 35 () 17,965 () () () 75 72,100 30 () 55,558 2 () () 33,630 35,780 () 1/240,253 ()75% 85,200 50 () 75% 7,000 ()1,531 () 21,340 () 3 () () 100%190,000

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

H27施行通知

H27施行通知 総 税 企 第 3 9 号 平 成 27 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 議 会 議 長 各 指 定 都 市 市 長 殿 各 指 定 都 市 議 会 議 長 総 務 大 臣 地 方 税 法 同 法 施 行 令 同 法 施 行 規 則 の 改 正 等 について 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 2 号 ) 地

More information

研究会報告書等 No.44

研究会報告書等 No.44 出 資 金 の 運 用 益 を 事 業 費 としており 出 資 金 の 利 払 いの 一 部 を 地 方 交 付 税 措 置 している ことから 復 興 基 金 の 事 業 費 を 地 方 交 付 税 で 支 える 仕 組 みということができる なお 図 表 6-3 にあるように 事 業 費 の 一 部 だけを 交 付 税 措 置 するのは 公 的 資 金 を 被 災 者 の 住 宅 再 建 や 個

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20358179944E8BE090E096BE8E9197BF817A91E6825189F18ED089EF95DB8FE190A7937889FC8A769084906989EF8B638E9197BF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20358179944E8BE090E096BE8E9197BF817A91E6825189F18ED089EF95DB8FE190A7937889FC8A769084906989EF8B638E9197BF2E70707478> 資 料 3 年 金 分 野 の 改 革 の 進 捗 状 況 について 平 成 26 年 10 月 10 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 1. 年 金 制 度 の 検 討 課 題 1 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 平 成 16 年 改 正 による 年 金 財 政 フレームが 完 成 するとともに 社 会 経 済 状 態 の 変 化 に 対 応 した 社

More information

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73>

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73> 国 立 大 学 法 人 茨 城 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 される 給 与 のうち 期 末 特 別 手 当 については 国 立 大 学 評 価 委 員 会

More information

Microsoft Word - 基地協211117表紙重点要望.doc

Microsoft Word - 基地協211117表紙重点要望.doc 基 地 対 策 関 係 施 策 の 充 実 強 化 に 関 する 要 望 我 々 基 地 関 係 市 町 村 議 会 は 基 地 に 対 する 周 辺 住 民 の 十 分 な 理 解 と 協 力 を 得 るため 生 活 環 境 の 整 備 や 住 民 福 祉 の 向 上 等 に 鋭 意 努 力 しているところである しかしながら 基 地 関 係 市 町 村 は 基 地 所 在 に 伴 う 特 殊 な

More information

国 有 財 産 とは 国 有 財 産 の 現 在 額 など 国 は 不 動 産 動 産 債 券 など 多 種 多 様 な 財 産 を 所 有 していますが 国 が 国 有 財 産 というときは 国 有 財 産 法 に 定 められている 財 産 例 えば 土 地 や 建 物 などの 不 動 産 船 舶

国 有 財 産 とは 国 有 財 産 の 現 在 額 など 国 は 不 動 産 動 産 債 券 など 多 種 多 様 な 財 産 を 所 有 していますが 国 が 国 有 財 産 というときは 国 有 財 産 法 に 定 められている 財 産 例 えば 土 地 や 建 物 などの 不 動 産 船 舶 私 たちの 国 有 財 産 ご 存 知 ですか? 国 有 財 産 わが 国 には 国 の 行 政 機 関 や 国 会 などの 庁 舎 や 国 道 港 湾 公 園 さらには 国 有 林 など 多 くの 国 有 財 産 があり そのひとつひとつが 私 たちの 生 活 に 関 係 する 大 切 なものになっていま 財 務 省 では 国 民 共 有 の 財 産 である 国 有 財 産 が 有 効 に 活 用

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

osr.xls

osr.xls 1. 法 人 の 概 要 平 成 26 年 7 月 1 日 現 在 役 員 名 簿 所 在 地 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 北 園 茂 喜 設 立 年 月 日 電 話 番 号 06(4707)0201 法 人 所 管 課 都 市 整 備 部 交 通 道 路 室 都 市 交 通 課 設 立 目 的 主 な 出 資 団 体 ( 出 資 割 合 ) 大 阪 市 中 央 区 高 麗 橋 2-1-10

More information

計 19,931

計 19,931 事 業 番 号 復 興 庁 :94 農 林 水 産 省 :0423 平 成 24 年 行 政 事 業 レビューシート ( 復 興 庁 農 林 水 産 省 ) 事 業 名 農 地 農 業 用 施 設 等 の 復 興 関 連 事 業 担 当 部 局 庁 作 成 責 任 者 事 業 開 始 終 了 ( 予 定 ) 年 度 平 成 23 年 度 ~ 担 当 課 室 会 計 区 分 一 般 会 計 東 日 本

More information

別 表 1 基 幹 事 (5 40 事 )の 概 要 基 幹 事 事 番 号 事 概 要 公 立 学 校 施 設 整 備 費 国 庫 負 担 A1 復 興 のための 地 域 づくりに 必 要 な 公 立 義 務 教 育 諸 学 校 における 新 増 築 事 事 ( 公 立 小 中 学 校 等 の 新

別 表 1 基 幹 事 (5 40 事 )の 概 要 基 幹 事 事 番 号 事 概 要 公 立 学 校 施 設 整 備 費 国 庫 負 担 A1 復 興 のための 地 域 づくりに 必 要 な 公 立 義 務 教 育 諸 学 校 における 新 増 築 事 事 ( 公 立 小 中 学 校 等 の 新 別 表 次 別 表 1 基 幹 事 (5 40 事 )の 概 要 201 別 表 2 復 旧 復 興 事 一 覧 ( 経 費 項 別 ) 205 1 平 成 23 年 度 1 次 補 正 205 2 平 成 23 年 度 2 次 補 正 219 3 平 成 23 年 度 3 次 補 正 224 4 平 成 24 年 度 復 興 特 会 258 別 表 3 分 類 基 準 287 別 表 4 事 故

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 広 域 巨 大 災 害 に 備 えた 仮 設 期 の 住 まいづくりガイドライン ~ 概 要 版 ~ 平 成 25 年 2 月 国 土 交 通 省 中 部 地 方 整 備 局 建 政 部 住 宅 整 備 課 ガイドラインの 背 景 問 題 意 識 等 背 景 問 題 意 識 東 日 本 大 震 災 の 教 訓 (P21) 迅 速 な 対 応 と 同 時 に 長 期 化 に 備 えたきめ 細 かい 配

More information

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd 6 章 広 域 的 な 視 点 からの 応 急 対 応 力 の 強 化 基 本 方 針 予 防 対 策 1 節 初 動 対 応 体 制 の 整 備 2 節 事 業 継 続 体 制 の 確 保 3 節 消 火 救 助 救 急 活 動 体 制 の 整 備 4 節 応 急 活 動 拠 点 の 整 備 応 急 対 策 1 節 初 動 態 勢 2 節 消 火 救 助 救 急 活 動 3 節 応 援 協 力 派

More information

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関 所 得 税 確 定 申 告 等 ( 平 成 23 年 分 ) 手 続 名 所 得 税 申 告 帳 票 名 平 成 年 分 の 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 B( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 ( 分 離 課 税 用 )( 第 三 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031392D30955C8E8682A982E796DA8E9F82DC82C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031392D30955C8E8682A982E796DA8E9F82DC82C52E646F63> 平 成 19 年 度 京 都 府 公 営 企 業 会 計 決 算 審 査 意 見 書 京 都 府 監 査 委 員 20 監 第 202 号 平 成 20 年 9 月 2 日 京 都 府 知 事 山 田 啓 二 様 京 都 府 監 査 委 員 田 坂 幾 太 同 小 巻 實 司 同 道 林 邦 彦 同 村 山 佳 也 平 成 19 年 度 京 都 府 公 営 企 業 会 計 の 決 算 審 査 について

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208370836C838A835883678DB289EA8CA781458D5D938789DB92B7707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208370836C838A835883678DB289EA8CA781458D5D938789DB92B7707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 佐 賀 県 の 災 害 廃 棄 物 対 策 平 成 27 年 11 月 6 日 循 環 型 社 会 推 進 課 県 内 の 有 感 地 震 ( 震 度 1 以 上 ) 回 数 佐 賀 地 方 気 象 台 資 料 提 供 ( 単 位 : 回 ) 震 度 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 1 3 85 5 3 3 7 1 6 5 4 2

More information

2014年3月期第2四半期決算説明会資料(解説文)

2014年3月期第2四半期決算説明会資料(解説文) 2014 年 3 月 期 第 2 四 半 期 決 算 に 関 する 機 関 投 資 家 アナリスト 向 け 説 明 会 ご 説 明 内 容 開 催 日 :2013 年 10 月 31 日 スピーカー: 常 務 執 行 役 村 松 衛 はじめに 当 社 原 子 力 発 電 所 の 事 故 から 2 年 7 ヵ 月 余 りが 経 過 いたしましたが 汚 染 水 問 題 をはじめ 今 なお 発 電 所 周

More information

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や 1 平 成 25 年 度 水 産 関 係 補 正 予 算 の 概 要 平 成 25 年 12 月 水 産 庁 総 額 556 億 円 1 漁 業 コストの 低 減 対 策 230 億 円 漁 業 コスト 構 造 改 革 緊 急 対 策 事 業 228 億 円 1 省 燃 油 活 動 推 進 事 業 80 億 円 燃 油 消 費 量 を 削 減 するために 漁 業 者 グループが 行 う 省 燃 油

More information

( 別 紙 1) 国 土 の 強 靭 性 (レジリエンス)を 確 保 するうえで 目 標 1 大 規 模 災 害 が 発 生 したときでもすべての 人 命 を 守 る Ⅰ. 人 命 を 守 る 大 規 模 災 害 発 生 直 後 から 救 助 救 急 医 療 活 動 等 が 2 迅 速 に 行 われる(それがなされない 場 合 の 必 要 な 対 応 を 含 む) Ⅱ. 行 政 経 済 社 会 を

More information

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477>

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477> 平 成 26 年 度 (2014 年 度 ) 豊 島 区 当 初 予 算 の 概 要 平 成 26 年 3 月 豊 島 区 - 目 次 - 1 編 成 方 針 1 2 財 政 規 模 2 3 26 年 度 予 算 の 特 徴 3 4 歳 入 の 概 要 4 5 歳 出 の 概 要 6 6 消 費 税 率 引 き 上 げに 伴 う 区 財 政 への 影 響 12 7 基 金 と 起 債 の 残 高 15

More information

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73>

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73> 行 政 文 書 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 大 臣 官 房 文 書 課 文 書 管 理 第 二 電 話 03-3501-3719 FAX 03-3502-7150 開 示 の 実 施 の 申 出 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 保 有 個 人 情 報 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の

More information

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034>

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034> 財 務 諸 表 の 勘 定 の 分 類 について 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 I 流 動 資 産 現 金 預 金 現 金 現 金 小 切 手 送 金 小 切 手 送 金 為 替 手 形 郵 便 為 替 証 書 振 替 貯 金 払 出 証 書 等 預 金 金 融 機 関 に 対 する 預 金 郵 便 貯 金 郵 便 振 替 貯 金 金 銭 信 託 等 で 決 算 期 後 1 年 以 内 に 現

More information

県 土 整 備 年 報 13 岩 手 県 県 土 整 備 部 目 次 1 行 政 組 織 関 係 1 県 土 整 備 部 行 政 機 関 位 置 略 図 2 2 県 土 整 備 部 の 沿 革 3 3 県 土 整 備 部 行 政 組 織 図 11 4 出 先 機 関 の 名 称 位 置 等 13 5 県 土 整 備 部 の 分 掌 事 務 15 6 県 土 整 備 部 の 職 員 数 21 7 県

More information

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 *ゴシック 字 体 の 箇 所 につきましては 追 加 変 更 箇 所 となっております ( 社 ) 三 重 県 法 人 会 連 合 会 1 総 論 我 が 国 の 国 内 経 済 は 高 い 失 業 率 や 下 落 傾 向 にある 物 価 水 準 など 国 民 生 活 を 取 り 巻 く 情 勢 は 厳 しく 雇 用 環 境 の 悪 化 や 円

More information

関連データ及び参考資料(1)

関連データ及び参考資料(1) 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 71 72 目 次 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 1. 学 校 を 取 り 巻 く 状 況 公 共 施 設 における 学 校 施 設 の 割 合... 74 学 校 数 幼 児 児 童 生 徒 数 の 推 移... 74 小 中 学 校 数 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 一 校 当 たりの 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 公

More information

(<例1>政府税制調査会:3月)

(<例1>政府税制調査会:3月) 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 24 年 10 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 1 2 地 方 法 人 課 税 の 拡 充 強 化 3 3 地 方 消 費 税 ( 現 行 分 )の 充 実 4 4 地 方 消 費 税 税 率 引 上 げ 分 の 使 途 及 び 地 方 の 役 割 の 拡 大 について 5 5 地 球

More information

日本学生支援機構入札説明会資料

日本学生支援機構入札説明会資料 日 本 学 生 支 援 機 構 について 平 成 28 年 3 月 概 要 政 策 上 の 重 要 性 国 との 関 係 事 業 の 概 況 極 めて 高 い 社 会 的 意 義 政 策 的 重 要 性 日 本 国 憲 法 や 教 育 基 本 法 に 定 められた 教 育 の 機 会 均 等 を 制 度 的 に 支 える 教 育 の セーフティネット と 位 置 づけられる 役 割 国 の 強 い

More information

<5461726F2D93FC8E448CF68D908169915B927590BF8B818B7982D18BC68A45>

<5461726F2D93FC8E448CF68D908169915B927590BF8B818B7982D18BC68A45> 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 ) 一 般 競 争 入 札 総 合 評 価 方 式 ( 施 工 体 制 確 認 型 ) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します 平 成 28 年 9 月 20 日 分 任 支 出 負 担 行 為 担 当 官 沖 縄 総 合 事 務 局 南 部 国 道 事 務 所 長 上 原 重 賢 1 工 事 概 要 (1) 工 事 名 平 成 28 年 度 新 川

More information

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 地 震 津 波 対 策 編 第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 2014 年 3 月 31 日 の 74 年 間 のうち 稚 内 市 で

More information

ぞれの 能 力 に 基 づいて 適 切 な 貢 献 を 行 い 実 効 的 な 態 勢 確 立 のために 必 要 な 措 置 をとる 迅 速 かつ 実 効 的 な 対 応 のためには 柔 軟 な 能 力 が 必 要 緊 密 な 日 米 間 の 協 力 及 び 政 策 調 整 が 有 益 定 期 的

ぞれの 能 力 に 基 づいて 適 切 な 貢 献 を 行 い 実 効 的 な 態 勢 確 立 のために 必 要 な 措 置 をとる 迅 速 かつ 実 効 的 な 対 応 のためには 柔 軟 な 能 力 が 必 要 緊 密 な 日 米 間 の 協 力 及 び 政 策 調 整 が 有 益 定 期 的 日 米 同 盟 : 未 来 のための 変 革 と 再 編 ( 骨 子 ) Ⅰ. 概 観 日 米 同 盟 は 日 本 の 安 全 とアジア 太 平 洋 地 域 の 平 和 と 安 定 のために 不 可 欠 な 基 礎 同 盟 に 基 づいた 緊 密 かつ 協 力 的 な 関 係 は 世 界 における 課 題 に 対 処 する 上 で 重 要 な 役 割 を 果 たす 閣 僚 は 役 割 任 務 能 力

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63> 特 別 会 計 の 聖 域 なき 改 革 に 向 けて 地 震 再 保 険 特 別 会 計 見 直 しの 新 たな 考 え 方 前 予 算 委 員 会 調 査 室 吉 田 博 光 1.はじめに 平 成 18 年 5 月 26 日 簡 素 で 効 率 的 な 政 府 を 実 現 するための 行 政 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 行 革 推 進 法 )が 参 議 院 本 会 議 で 可

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63> 平 成 26 年 度 和 歌 山 市 各 会 計 歳 入 歳 出 決 算 審 査 意 見 書 ( 公 営 企 業 会 計 を 除 く ) 和 歌 山 市 監 査 委 員 和 監 査 第 6 6 号 平 成 27 年 8 月 27 日 (2015 年 ) 和 歌 山 市 長 尾 花 正 啓 様 和 歌 山 市 監 査 委 員 伊 藤 隆 通 同 上 森 田 昌 伸 同 上 寒 川 篤 同 上 奥 山

More information

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙 平 成 22 事 業 年 度 財 務 諸 表 自 : 平 成 22 年 4 月 1 日 至 : 平 成 23 年 3 月 31 日 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項

More information

羽村市各会計決算書及び基金運用状況審査意見書

羽村市各会計決算書及び基金運用状況審査意見書 平 成 20 年 度 羽 村 市 各 会 計 決 算 及 び 基 金 運 用 状 況 審 査 意 見 書 羽 村 市 監 査 委 員 文 中 及 び 各 表 中 の 金 額 を 千 円 単 位 で 表 示 した 場 合 は 単 位 未 満 は 原 則 として 四 捨 五 入 した パーセンテージ 間 又 は 指 数 間 の 単 純 差 引 はポイントで 表 した 比 率 (%)は 原 則 として 小

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074> 東 海 地 震 対 策 について 東 海 地 震 の 切 迫 性 について 九 州 四 国 紀 伊 半 島 南 海 トラフ 東 海 地 震 東 海 地 震 の 想 定 震 源 域 では 概 ね100~150 年 の 間 隔 で 大 規 模 な 地 震 が 発 生 しているが 東 南 海 地 震 (1944)でひず みが 解 放 されず 安 政 東 海 地 震 (1854)から157 年 間 大 地

More information

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表 法 人 単 位 連 結 財 務 諸 表 -1- ( 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 ) ( 単 位 : 円 ) 連 結 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 資 産 の 部 Ⅰ 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 383,930,868,159 代 理 店 勘 定 50,479,456,400 有 価 証 券 759,499,383,243

More information

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 (1012) 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 4 月 京 葉 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第

More information

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc 参 考 4 平 成 23 年 度 庁 舎 等 の 公 用 財 産 に 対 する 監 査 結 果 一 覧 表 一 覧 表 記 号 欄 の 凡 例 3ページ 下 段 に 記 載 した 指 摘 の 主 な 内 容 を 表 しています 指 摘 内 容 庁 舎 等 の 有 効 活 用 余 剰 面 積 等 の 有 効 活 用 財 産 管 理 の 不 備 庁 舎 保 全 関 係 の 不 備 異 なる 間 の 有

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 資 料 1 平 成 28 年 度 中 小 企 業 関 係 概 算 要 求 等 の 概 要 平 成 27 年 9 月 中 小 企 業 庁 今 後 の 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 政 策 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 予 算 等 の 推 移 今 後 の 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 政 策 の 柱 1. 中 小 企 業 対 策 費 の 推 移 26 年 度 27

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20323031328F5A91EE8CA48B8681458CF097AC8F5789EF82968251>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20323031328F5A91EE8CA48B8681458CF097AC8F5789EF82968251> 住 宅 研 究 交 流 集 会 2012.10.27 復 興 予 算 の 流 用 問 題 復 興 予 算 問 題 と 被 災 地 の 現 状 塩 崎 賢 明 ( 立 命 館 大 学 ) shioken@fc.ritsumei.ac.jp 沖 縄 県 国 頭 村 の 国 道 工 事 に5 億 円 (8 年 前 から) 北 海 道 や 埼 玉 の 刑 務 所 で 職 業 訓 練 (2800 万 円 )

More information

2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報 公 開 6.おわりに

2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報 公 開 6.おわりに 1 現 行 の 電 気 料 金 制 度 と 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 平 成 24 年 2 月 3 日 2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報

More information

洲本市地域防災計画

洲本市地域防災計画 第 1 節 基 本 方 針 総 務 部 消 防 防 災 課 健 康 福 祉 部 健 康 増 進 課 サービス 事 業 所 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 海 上 災 害 が 発 生 した 場 合 における 人 命 救 助 消 火 活 動 流 出 した 重 油 等 への 対 応 付 近 の 船 舶 の 航 行 安 全 措 置 沿 岸 住 民 の 安 全 及 び 漁 業 等 への 被 害

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63> 海 洋 汚 染 の 準 備 対 応 に 関 する 国 家 防 除 基 本 計 画 目 次 Ⅰ. 総 則 1. 計 画 の 目 的...1 2. 適 用 の 範 囲...1 3.その 他 の 計 画 と 関 係...1 Ⅱ. 油 汚 染 の 防 除 体 制 1. 防 除 体 制 等...2 2. 防 除 対 策 本 部...2 3. 海 洋 汚 染 防 除 対 策 委 員 会...5 4. 地 域 海

More information

法 人 税 ~ 法 人 実 効 税 率 の 引 下 げ2 法 人 税 等 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 率 中 小 法 人 一 般 社 団 法 人 等 及 び 人 格 のない 社 団 等 のうち 年 間 所 得 800 万 円 超 の 金 額

法 人 税 ~ 法 人 実 効 税 率 の 引 下 げ2 法 人 税 等 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 率 中 小 法 人 一 般 社 団 法 人 等 及 び 人 格 のない 社 団 等 のうち 年 間 所 得 800 万 円 超 の 金 額 法 人 税 ~ 法 人 実 効 税 率 の 引 下 げ1 1. 改 正 の 概 要 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 について 法 人 税 の 税 率 が 段 階 的 に 引 下 げられます 平 成 28 及 び29 :23.9%( 改 正 前 ) 23.4 23.4%( ) 平 成 30 :23.9%( 改 正 前 ) 23.2 23.2%( ) 法 人 税 の

More information

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温 平 成 24 平 年 成 度 23 年 環 度 境 環 省 境 税 省 制 税 改 制 正 改 要 正 望 要 の 望 結 の 果 概 について 要 平 成 23 年 12 月 1 地 球 温 暖 化 対 策 ( 低 炭 素 化 促 進 )のための 税 制 全 体 のグリーン 化 (1) 地 球 温 暖 化 対 策 のための 税 の 導 入 平 成 24 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成

More information

01 本表紙(確定)

01 本表紙(確定) 平 成 29 年 度 国 の 施 策 並 びに 予 算 に 関 する 提 案 要 望 平 成 28 年 7 月 29 日 全 国 知 事 会 平 成 29 年 度 国 の 施 策 並 びに 予 算 に 関 する 提 案 要 望 近 年 全 国 各 地 で 発 生 している 災 害 への 対 応 超 高 齢 社 会 や 社 会 保 障 財 源 への 問 題 地 域 経 済 対 策 など 我 が 国 には

More information

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について 平 成 28 年 3 月 定 例 会 議 案 概 要 議 案 第 45 号 専 決 処 分 の 報 告 及 び 承 認 について ( 松 戸 市 市 税 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 制 定 について) 税 制 課 提 案 理 由 市 税 に 係 る 手 続 における 個 人 番 号 の 利 用 の 取 扱 いを 見 直 すことにより 納 税

More information

スライド 1

スライド 1 元 気 な 日 本 復 活 予 算 5つのポイント メリハリ/ 従 来 型 の 配 分 を 大 胆 に 組 み 替 えます 拡 充 社 会 保 障 5% 増 科 学 研 究 費 補 助 金 3 割 増 重 点 化 別 枠 で 成 長 と 雇 用 に 重 点 化 見 直 し 公 共 事 業 を 実 質 5% 削 減 税 制 措 置 法 人 減 税 ( 以 降 別 枠 関 連 予 算 は と 表 示 )

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー 沖 縄 県 国 民 保 護 計 画 の 概 要 沖 縄 県 武 力 攻 撃 事 態 対 処 法 対 処 に 関 する 基 本 理 念 国 地 方 公 共 団 体 及 び 指 定 公 共 機 関 が 国 民 の 協 力 を 得 つつ 相 互 に 連 携 協 力 し 万 全 の 措 置 が 講 じられなければならない 日 本 国 憲 法 の 保 障 する 国 民 の 自 由 と 権 利 が 尊 重 されなければならず

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

平 成 27 年 度 税 制 改 正 に 関 する 要 望 平 成 26 年 7 月 名 古 屋 商 工 会 議 所 我 が 国 の 経 済 情 勢 は 安 倍 政 権 下 での 金 融 財 政 政 策 が 功 を 奏 し 極 端 な 円 高 水 準 の 是 正 や 株 価 の 上 昇 とともに 本 年 4 月 以 降 の 消 費 増 税 の 影 響 を 吸 収 しつ つ 経 済 再 生 とデフレ

More information