2.2 書 物 との 出 会 い 書 物 との 出 会 いは ひとそれぞれです 絵 本 マンガ 本 文 学 書 教 科 書 さまざまな 形 で 目 に 触 れ ときに 心 に 触 れていきます こう 考 えると 書 物 に 触 れない 触 れたことがない 人 はい ないのではないでしょうか 好 むと

Size: px
Start display at page:

Download "2.2 書 物 との 出 会 い 書 物 との 出 会 いは ひとそれぞれです 絵 本 マンガ 本 文 学 書 教 科 書 さまざまな 形 で 目 に 触 れ ときに 心 に 触 れていきます こう 考 えると 書 物 に 触 れない 触 れたことがない 人 はい ないのではないでしょうか 好 むと"

Transcription

1 第 2 章 本 ( 書 物 )が 果 たす 役 割 と 公 共 図 書 館 の 必 要 性 2.1 書 物 ( 書 き 物 )は 人 生 の 役 に 立 つのか 人 生 において 書 物 ( 書 き 物 )との 出 会 いは 何 の 役 に 立 つか まず この 大 命 題 について 考 えを 巡 らせることから 検 討 委 員 会 報 告 は 始 めます 世 の 中 には 様 々な 書 物 が 存 在 しています 身 近 な 書 物 といえば 毎 日 の 情 報 を 与 えてくれる 新 聞 子 どもたちがはじめて 手 に 取 る 絵 本 そして 多 くの 人 々が 触 れる 本 や 雑 誌 記 録 物 現 在 では 電 子 書 籍 という 紙 媒 体 ではない 書 物 の 形 も 生 まれています どのような 形 であれ 書 物 は 多 くの 人 々の 身 近 に 存 在 しています テレビ ラジオからも 様 々な 情 報 ( 以 下 電 波 情 報 という)を 得 ることができます 書 物 と 電 波 情 報 との 違 いは 何 でしょうか ここで 気 をつけていただきたいことは 電 波 情 報 も 記 録 (ビデオ 化 DVD 化 など)されると 多 くの 人 々が 時 空 を 超 えて 見 ることができるものへと 変 化 し 書 物 ならぬ 記 録 物 へと 変 化 しま す 記 録 されない 電 波 情 報 は そのままでは 時 空 を 超 えて 伝 えることができないばかりか 繰 り 返 し 見 ることができない 流 される 情 報 に 対 していったん 立 ち 止 まって 考 えを 巡 らすことが できない 情 報 といえます 書 物 は 多 くの 人 々が 時 間 と 空 間 を 超 えて 触 れることができる 自 分 以 外 の 人 々の 考 え 思 い 知 識 だといえます 自 分 以 外 の 人 々の 考 え 思 い 知 識 を 知 ることが 人 生 にとって 何 の 役 に 立 つのでし ょうか それは 真 っ 暗 な 中 で 自 分 の 姿 を 見 ることができないように 自 分 の 考 え 思 い 知 識 が 正 しいのか 間 違 っているのかを 判 断 する 材 料 を 見 つけることができない 状 態 と 同 じです 他 人 を 知 って 己 を 知 る ことができる 術 ともいえます 書 物 には 書 いた 人 が 置 かれた 社 会 を 背 景 として 考 え 思 い 知 識 が 書 ( 描 )かれています それは 自 分 以 外 の 誰 かが 書 ( 描 )いたものであり それらを 読 む 見 ることで 自 らを 見 つめ 直 すきっかけにつながって いきます これは 何 も 日 本 に 生 きる 同 時 代 の 他 の 人 々の 考 え 思 い 知 識 を 得 ることだ けではありません 歴 史 的 な 記 録 物 からは 過 去 の 人 々の 考 え 思 い 知 識 を 世 界 に 目 を 向 けると 異 国 の 人 々の 考 え 思 い 知 識 を 得 ることができる まさに 書 物 は 時 空 を 超 えた 人 々から 様 々な 考 え 方 思 い そして 知 識 を 得 る 術 ( 方 法 )だといえます 書 物 は 人 生 に 役 立 つのか 〇 書 物 は 自 らの 存 在 を 見 つめるために 時 空 を 超 えた 多 様 な 考 え 思 い 知 識 を 得 る 術 ( 方 法 ) 2-1

2 2.2 書 物 との 出 会 い 書 物 との 出 会 いは ひとそれぞれです 絵 本 マンガ 本 文 学 書 教 科 書 さまざまな 形 で 目 に 触 れ ときに 心 に 触 れていきます こう 考 えると 書 物 に 触 れない 触 れたことがない 人 はい ないのではないでしょうか 好 むと 好 まざるとに 拘 わらず どこかで 書 物 を 見 触 れているは ずです どのような 書 物 でもストーリーがあり 文 字 があり また 時 には 絵 や 写 真 があります これら 全 てを 身 体 で 知 覚 し 書 かれていることを 理 解 していきます しかし 大 事 ことは 書 物 は 自 分 以 外 の 人 ひとが 創 った 考 え 思 い そして 知 識 を 知 り そして 自 分 の 思 考 を めぐらせ 時 には 生 き 方 を 考 える 手 段 であるということです だからこそ できるだけ 早 くこのことに 気 づき 気 づかせてあげることが 大 人 としての 役 割 ではないでしょうか 子 どもたちに できるだけ 早 く 書 物 のもつ 人 生 での 役 割 を 伝 えること が 大 切 です しかし これは 幾 つになっても 構 わないといえばかまいません 気 づいた 時 に できるだけ 多 様 な 書 物 に 触 れる 場 があること その 場 を 確 保 することこそが 大 切 だといえます 柔 軟 な 考 え 方 を 育 てること それが 独 創 性 を 生 み 出 し 明 日 への 生 きる 活 力 を 生 み 出 します 子 どもたちは 書 物 を 手 にし 読 み そして 書 き 手 が 描 いた 情 景 とは また 異 なる 自 らの 情 景 を 創 り 出 します まさに 想 像 力 を 育 てることになります 想 像 力 の 欠 乏 が 時 に 考 え 方 の 幅 を 狭 め 対 応 能 力 が 低 下 し 現 代 のストレス 社 会 につながっているともいえます 子 どもたちが 書 物 に 触 れるということは 自 らイメージを 創 り それを 少 しずつ 膨 ら ませて 想 像 力 を 養 い 考 える 幅 を 広 げ 生 きる 希 望 と 活 力 を 持 たせること 子 どもたちは あれこれ 手 にとって 本 を 選 び 何 冊 かを 読 む それを 全 部 読 むかといえばそ うではない 場 合 もあります 手 にした 本 が 面 白 くなかったり 難 しかったりするとそこで 読 む ことをやめる それでもよいのです 読 まなかった 本 が 無 駄 かといえばそうではありません 読 めなかった 本 があるからこそ 読 んだ 読 むことができた 本 の 評 価 が 自 ずと 身 についていきます 子 どもたちはそれなりに 本 を 選 ぶ 力 を 身 につけていくことで 成 長 するものです 本 を 読 むことで 思 考 力 想 像 力 忍 耐 力 が 自 然 と 身 に 付 いてきます 本 を 読 んで 想 像 し 自 分 で 具 体 的 な 情 景 を 創 る 想 像 する 力 を 身 につけることができるのです 子 どもたちは 好 奇 心 にあふれ 気 軽 に 多 くの 本 に 触 れ 読 める 環 境 があれば 豊 かな 想 像 力 を 持 った 人 間 として 成 長 していくもの 一 方 大 人 は 他 人 を 知 って 己 を 知 る 無 知 の 知 に 至 る 自 分 の 得 意 分 野 興 味 のあ る 分 野 を 深 く 掘 り 下 げたり 自 分 の 知 らない 世 界 のことを 書 物 によって 知 り 人 としての 思 考 回 路 自 らの 世 界 観 を 広 げ 知 恵 を 出 し 社 会 へ 貢 献 していくことができるのです 大 人 になっても 書 物 との 出 会 いによって 成 長 して 行 くもの 2-2

3 コラム 過 去 の 人 々の 考 え 思 い 知 識 を 知 るということ 過 去 の 考 え 思 い 知 識 を 知 るということ それは 過 去 の 人 々の 経 験 を 知 るということ 未 来 を 見 て 生 きる 過 去 は 振 り 返 らない という 方 がいます 本 当 に そのような 生 き 方 ができるでしょうか 交 通 法 規 刑 法 今 まで 生 きてきた 経 験 を 振 り 返 らず この 世 の 中 で 生 きていくことができるでしょうか 述 べるまでもなく できません なぜならば この 世 の 中 に 存 在 する 生 き 物 は 経 験 を 活 かして 未 来 を 築 いていくものだか らです 過 去 の 考 え 思 い 知 識 を 学 ぶこと それは 歴 史 を 学 ぶことです 歴 史 を 学 ぶことは 年 号 を 覚 えることではありません それは 過 去 の 人 々の 経 験 を 学 ぶことで す 良 い 経 験 ( 成 功 ) 悪 い 経 験 ( 失 敗 )を 知 り 自 らの 生 き 方 ( 未 来 )を 想 像 し 描 き そして 実 現 していくことです 過 去 ( 経 験 )を 伝 えるということ 壁 に 落 書 きをしていた 太 郎 母 ちゃんに 見 つかり たいそう 怒 られ ゲンコツまでくらった イ テ~っ ある 時 お 兄 ちゃん 思 いの 妹 のさく らが 同 じように 壁 に 落 書 きをしてい るのに 出 会 った ふと 向 こうをみる と 母 ちゃんが 帰 ってきている さあ あなたが 太 郎 なら どうする どうす る 提 供 : 基 山 の 歴 史 と 文 化 を 語 り 継 ぐ 会 2-3

4 2.3 公 共 図 書 館 は 必 要 か (1) たくさんの 書 物 に 触 れるために たくさんの 書 物 に 触 れる 場 は 私 たちの 身 近 なところでは 書 店 そして 図 書 館 があります 書 店 は 多 くの 書 物 を 取 り 揃 え 身 近 に 触 れることができます しかし そこには 対 価 として 金 銭 を 支 払 わなければ 書 物 を 持 ち 帰 り 読 むことはできません 一 方 図 書 館 は 多 様 な 資 料 を 情 報 として 人 々に 提 供 するための 施 設 です 登 録 さえすれば 誰 でも 書 物 を 借 り 出 し 持 ち 帰 っ て 読 むことができます 図 書 館 から 持 ち 出 しを 禁 止 されている 書 物 でも 図 書 館 内 での 閲 覧 は 可 能 です また 自 分 に 合 わない 読 みこなせない 書 物 を 取 り 替 えることができます 今 では 身 近 な 図 書 館 から 遠 くの 他 の 自 治 体 の 図 書 館 が 持 つ 書 物 を 借 り 出 す 仕 組 みも 作 られています 図 書 館 は なによりも 無 料 で 多 様 な 書 物 に 触 れることができ 読 むことができることが 大 き な 利 点 でしょう 生 活 の 中 の 図 書 館 図 書 館 は 人 々の 日 常 生 活 の 延 長 線 にあるものです 図 書 館 は 書 物 の 情 報 を 提 供 することによって 生 活 を 支 援 する 施 設 です 知 識 や 趣 味 など 読 書 の 楽 しみだけでなく 学 問 や 生 活 における 疑 問 や 知 りたいこと 仕 事 や 人 生 における 様 々な 問 題 に 対 して 情 報 提 供 で 応 えることができるのが 図 書 館 です また 図 書 館 は 生 活 の 一 部 であり 利 用 者 の 中 には 毎 日 図 書 館 に 来 る 人 もいます( 毎 日 の 生 活 サイクルの 中 に 含 まれている) 人 々の 生 活 の 中 にあって 人 々の 役 に 立 つ 図 書 館 は まず 人 々の 身 近 にあれば 利 便 性 は 高 ま るでしょう 多 くの 人 々が 歩 いて 行 ける 範 囲 にあることが 理 想 であるといえます 図 書 館 は 身 近 に 書 物 に 触 れる 場 図 書 館 は 日 常 生 活 の 延 長 線 にあるもの 参 考 昨 年 ( 平 成 24 年 12 月 ) 合 同 創 作 劇 こころつないで- 基 肄 城 に 秘 められたおもい- が 上 演 されました これは 基 山 町 の 小 中 学 校 の 生 徒 とボランティア スタッフの 協 力 に より 基 山 の 宝 である 基 肄 城 の 成 り 立 ち 歴 史 について 勉 強 し 当 時 の 時 代 背 景 などを 生 徒 がそれぞれ 一 人 一 人 学 んで 自 分 で 創 造 し その 人 物 になりきり 演 出 した 創 作 劇 です 生 徒 たちは 何 回 も 台 本 を 読 み その 人 物 になりきり 見 事 な 演 技 をしていました また 当 時 の 歴 史 生 活 環 境 などについて 図 書 館 などでいろいろ 調 べ 勉 強 していたとのことで す 2-4

5 (2) 様 々な 媒 体 による 書 物 現 代 の 書 物 は 紙 電 子 データなど 様 々な 媒 体 によって 人 々の 手 元 へ 提 供 されています そ れぞれ 利 点 と 欠 点 があり どの 媒 体 が 活 用 するにあたって 望 ましい 姿 かは その 時 々で 異 なっ ています 利 用 する 方 々が 考 え 活 用 することが 大 切 です しかし 図 書 館 は 時 空 を 超 えて 自 分 以 外 の 考 え 思 い そして 知 識 を 書 物 という 形 で 知 ることができる 施 設 です すべてを 電 子 化 することも 今 では 可 能 でしょう しかし 書 物 も 実 は 書 ( 描 )かれている 情 報 とともに 作 られたモノとしての 情 報 も 持 ち 合 わせています 例 えば 和 綴 じという 技 法 によって 編 まれた 書 物 中 性 紙 という 劣 化 し 辛 い 紙 でつくられた 現 代 の 記 録 など その 時 々の 製 本 技 術 を 知 るモノという 情 報 を 持 ち 合 わせています すべてを 電 子 化 し いつでもどこでも 入 手 でき 読 むことができる 電 子 データ 化 も 必 要 ですが この 製 本 という 技 術 を 知 ることができるモノとしての 書 物 を この 世 から 消 し 去 ることは 多 様 な 情 報 をこの 世 から 消 し 去 ることと 同 義 なのです そして 私 たちは 電 子 化 された 情 報 と 紙 に 記 された 情 報 のそれぞれの 利 点 を 知 らず 知 ら ずに 使 い 分 けていることに あまり 気 づいていません 電 子 化 された 情 報 は 検 索 という 形 で 即 座 に 入 手 したい 情 報 を 一 対 一 対 応 で 得 ることができ ます これに 対 し 紙 に 記 された 情 報 は 紙 全 体 に 目 配 り し 必 要 な 情 報 とともに おまけ のような 情 報 を 得 ることを 可 能 にします 参 考 毎 日 の 情 報 を 提 供 してくれる 新 聞 を 例 に 説 いてみましょう 電 子 データとしてネット 配 信 されている 新 聞 情 報 と 毎 日 配 達 される 紙 に 印 刷 された 新 聞 情 報 を 比 べてみてください 紙 に 印 刷 された 新 聞 の 情 報 に おまけ として 入 手 する 情 報 量 が 多 いことに 気 づかれる はずです このように どちらか 一 方 に 傾 倒 することも 等 しく 情 報 入 手 の 幅 を 狭 めてしまうことにつ ながり その 時 々で 利 便 性 を 十 分 知 り 活 用 することが 今 求 められているといえます 公 共 図 書 館 は 時 空 を 超 えた 資 料 を 保 管 する 施 設 であるという 点 が 見 過 ごされています 個 人 により 収 集 された 書 物 は 購 入 した 本 人 の 価 値 観 に 偏 りそして 生 涯 とともに 多 くは 消 えて いくものです しかし 公 共 図 書 館 は この 時 空 を 超 えた 多 様 な 書 物 を 保 管 できる 施 設 です また そうでなければ 今 まで 記 してきた 書 物 のもつ 人 生 での 役 割 を 支 えることができないもの になってしまいます 書 物 は 書 ( 描 )かれた 情 報 と 作 られた 情 報 の 二 つを 知 らせてくれる 公 共 図 書 館 の 役 割 は 時 空 を 超 えた 書 物 資 料 を 保 管 し 活 用 する 施 設 である 2-5

6 2.4 付 加 価 値 を 創 造 できる 図 書 館 図 書 館 は これまで 述 べてきたように 時 空 を 超 えて 自 分 以 外 の 人 々が 記 した 考 え 思 い そして 知 識 を 知 得 して 自 らの 存 在 考 えを 見 つめ 直 すために 書 物 に 出 会 う 場 です しか し 公 共 図 書 館 には 単 にこれだけを 求 めるのではなく 町 民 の 多 様 なニーズに 応 えることが いま 公 共 サービスに 求 められています このことを 考 えると 付 加 価 値 を 創 造 できる 場 として の 図 書 館 が 求 められているのです 費 用 対 効 果 という 言 葉 に 表 現 されているように 図 書 館 を 運 営 する 費 用 を 単 に 書 物 に 触 れるだけに 費 やすのではなく 図 書 館 が 存 在 することで 創 造 される 付 加 価 値 を 如 何 に 増 加 させ るか また 増 加 させることができるのかが これからの 図 書 館 には 求 められているといえます 参 考 付 加 価 値 とは 何 でしょうか 学 ぶ 調 べる 楽 しむ 憩 う 集 う つながる という 行 為 だけでな く 複 合 的 ついでに 常 に 気 軽 に という 形 容 的 な 用 語 も 付 加 されるこ とも 併 せて 求 められています 例 ) 複 合 的 に 学 ぶ ついでに 集 う 常 につながる など 現 在 の 図 書 館 が 提 供 しているサービスより 多 くのサービスが 提 供 できるようにな ること 図 書 館 を 建 設 することで より 多 くの 付 加 価 値 が 創 造 できる 生 活 動 線 上 に 建 設 することで 利 用 者 が 多 くなる 多 くの 図 書 館 サービスを 提 供 できる 空 間 子 どもや 高 齢 者 などが 歩 いていける 場 所 言 い 換 えると できるだけ 多 くの 付 加 価 値 が 創 造 できる 場 に 図 書 館 の 建 設 場 所 が 選 ばれる ことが 望 ましいといえます できるだけ 多 くの 付 加 価 値 が 創 造 できる 場 に 図 書 館 の 建 設 場 所 が 選 ば れることが 望 ましい 2-6

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 について 報 告 書 平 成 21 年 11 月 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 検 討 委 員 会 目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 4 2-1 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び

More information

1 図書館での児童サービス

1 図書館での児童サービス 第 1 部 第 1 次 計 画 の 成 果 と 課 題 ( 羽 曳 野 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 : 平 成 19 年 3 月 策 定 分 ) 第 1 章 計 画 策 定 の 背 景 1 これまでの 取 り 組 みと 策 定 の 趣 旨 本 市 教 育 委 員 会 では 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 に 関 する 法 律 および 子 ども 読 書 活 動 に 関 す る

More information

幼 稚 園 教 育 と 小 学 校 教 育 との 連 続 性 幼 稚 園 における 教 育 は 義 務 教 育 就 学 前 の 教 育 として 極 めて 重 要 な 役 割 を 担 っ ていることから 子 どもの 発 達 の 連 続 性 を 踏 まえ 小 学 校 教 育 との 連 続 性 を 意 識

幼 稚 園 教 育 と 小 学 校 教 育 との 連 続 性 幼 稚 園 における 教 育 は 義 務 教 育 就 学 前 の 教 育 として 極 めて 重 要 な 役 割 を 担 っ ていることから 子 どもの 発 達 の 連 続 性 を 踏 まえ 小 学 校 教 育 との 連 続 性 を 意 識 第 4 章 これからの 幼 児 教 育 のあり 方 1. 幼 稚 園 における 教 育 の 方 向 性 (1) 幼 稚 園 における 教 育 のあり 方 1 幼 稚 園 の 役 割 幼 稚 園 は 子 どもが 家 庭 では 体 験 できない 友 達 との 集 団 生 活 を 通 して 教 員 に 支 えられながら 幼 児 期 なりの 豊 かさに 出 会 う 場 です 少 子 化 の 進 行 に 伴

More information

目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進 [ 成

目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進 [ 成 益 田 市 社 会 教 育 推 進 計 画 益 田 市 教 育 委 員 会 平 成 26 年 2 月 策 定 目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進

More information

野 田 市 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 平 成 1 8 年 3 月 野 田 市 教 育 委 員 会 目 次 第 1 章 はじめに 1 第 2 章 基 本 方 針 2 1 計 画 策 定 の 目 的 2 2 計 画 の 基 本 方 針 2 (1) どもが 子 読 書 に 親 しむ 機 会 の 提 供 と 充 実 2 (2) 家 庭 地 域 学 校 を 通 社 じた 会 全 体 での

More information

目 次 はじめに 第 1 章 泉 佐 野 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 基 本 方 針 1 1 乳 幼 児 期 からはじまる 読 書 環 境 の 整 備 1 2 読 書 環 境 充 実 に 向 けた 連 携 の 推 進 1 3 広 報 啓 発 の 充 実 1 第 2 章 泉 佐 野

目 次 はじめに 第 1 章 泉 佐 野 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 基 本 方 針 1 1 乳 幼 児 期 からはじまる 読 書 環 境 の 整 備 1 2 読 書 環 境 充 実 に 向 けた 連 携 の 推 進 1 3 広 報 啓 発 の 充 実 1 第 2 章 泉 佐 野 泉 佐 野 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 平 成 22(2010) 年 3 月 泉 佐 野 市 目 次 はじめに 第 1 章 泉 佐 野 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 基 本 方 針 1 1 乳 幼 児 期 からはじまる 読 書 環 境 の 整 備 1 2 読 書 環 境 充 実 に 向 けた 連 携 の 推 進 1 3 広 報 啓 発 の 充 実 1 第 2 章 泉

More information

目 次 第 1 章 はじめに 第 2 章 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 第 3 章 家 庭 地 域 学 校 等 及 び 行 政 における 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 1 家 庭 地 域 学 校 等 及 び 行 政 の 役 割 2 協 力 連 携 による 活 動 第 4 章 各

目 次 第 1 章 はじめに 第 2 章 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 第 3 章 家 庭 地 域 学 校 等 及 び 行 政 における 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 1 家 庭 地 域 学 校 等 及 び 行 政 の 役 割 2 協 力 連 携 による 活 動 第 4 章 各 第 2 次 北 上 市 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 北 上 市 教 育 委 員 会 目 次 第 1 章 はじめに 第 2 章 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 第 3 章 家 庭 地 域 学 校 等 及 び 行 政 における 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 1 家 庭 地 域 学 校 等 及 び 行 政 の 役 割 2 協 力 連 携 による 活 動 第 4 章 各 世

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E7182C782E082CC93C78F918A8893AE908490698C7689E6816988C4816A8AAE90AC2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E7182C782E082CC93C78F918A8893AE908490698C7689E6816988C4816A8AAE90AC2E646F63> 北 海 道 - 当 別 町 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 - 平 成 22(2010) 年 度 ~ 平 成 26(2014) 年 度 ふれあいから 学 びの 輪 へ 当 別 町 教 育 委 員 会 1 当 別 町 の 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 策 定 にあたっての 背 景 2001 年 ( 平 成 13 年 )11 月 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 に 関

More information

会議録

会議録 第 4 回 秦 野 市 公 立 幼 稚 園 あり 方 検 討 委 員 会 1 日 時 平 成 24 年 2 月 7 日 ( 火 ) 午 前 10 時 ~ 正 午 2 場 所 秦 野 市 役 所 本 庁 舎 3 階 3A 会 議 室 3 出 席 委 員 逢 坂 委 員 小 林 委 員 佐 藤 委 員 佐 々 木 委 員 桐 山 委 員 横 尾 委 員 大 澤 委 員 梅 原 委 員 野 々 山 委 員

More information

はじめに あなたご 自 身 のことについて お 伺 いします F1 性 別 ( は1つだけ 1 男 性 2 女 性 F2 あなたの 年 齢 ( は1つだけ 平 成 27 年 中 になる 年 齢 1 15 歳 ~24 歳 2 25 歳 ~29 歳 3 30 歳 ~34 歳 4 35 歳 ~39 歳 5

はじめに あなたご 自 身 のことについて お 伺 いします F1 性 別 ( は1つだけ 1 男 性 2 女 性 F2 あなたの 年 齢 ( は1つだけ 平 成 27 年 中 になる 年 齢 1 15 歳 ~24 歳 2 25 歳 ~29 歳 3 30 歳 ~34 歳 4 35 歳 ~39 歳 5 海 津 市 創 生 総 合 戦 略 策 定 に 係 る アンケート 調 査 ~ 調 査 ご 協 力 のお 願 い~ 日 頃 から 市 政 の 推 進 にご 理 解 ご 協 力 をいただきまして ありがとうございます このたび 海 津 市 では 国 のまち ひと しごと 創 生 長 期 ビジョン 及 び 総 合 戦 略 に 基 づ き 本 市 の 人 口 の 将 来 展 望 を 示 したうえで 本 市

More information

( 資 料 )

( 資 料 ) 読 書 活 動 の 推 進 に 向 けた 取 り 組 み ~ 学 校 図 書 館 支 援 員 の 有 効 活 用 ~ 越 前 市 王 子 保 小 学 校 本 年 度 より 学 校 図 書 館 支 援 事 業 として 本 校 に 毎 週 月 曜 日 と1 3 5 週 の 木 曜 日 に 図 書 支 援 員 を 迎 えることになった 本 校 の 支 援 員 さんは 図 書 ボ ランティアとしての 経 歴

More information

参 考 資 料 多 様 就 業 型 ワークシェアリング 短 時 間 正 社 員 制 度 導 入 マニュアル 厚 生 労 働 省 あなたの 会 社 では こんなことでお 困 りではないですか 家 庭 の 事 情 などにより 優 秀 な 従 業 員 が 辞 めてしまい 定 着 しない 労 働 時 間 が

参 考 資 料 多 様 就 業 型 ワークシェアリング 短 時 間 正 社 員 制 度 導 入 マニュアル 厚 生 労 働 省 あなたの 会 社 では こんなことでお 困 りではないですか 家 庭 の 事 情 などにより 優 秀 な 従 業 員 が 辞 めてしまい 定 着 しない 労 働 時 間 が 飯 島 賢 二 の 恐 縮 ですが 一 言 コラム 第 317 回 ワークシェアリングの 可 能 性 短 時 間 正 社 員 制 度 2009.6.21 昨 今 の 経 済 状 況 と 就 業 意 識 の 多 様 化 を 背 景 に 従 来 の 正 社 員 パート アルバイトという 終 業 型 以 外 に 色 々な 就 業 パターンが 登 場 している まず 小 生 なりに 従 来 の 就 業 パターンの

More information

全 国 学 力 学 習 状 況 調 査 の 結 果 に 寄 与 したと 考 えられる 取 組 授 業 における 取 組 読 解 力 表 現 力 を 高 めるための 指 導 の 充 実 継 続 書 き 方 の 手 引 き の 活 用 による 読 解 力 表 現 力 の 向 上 中 学 生 に 多 くみ

全 国 学 力 学 習 状 況 調 査 の 結 果 に 寄 与 したと 考 えられる 取 組 授 業 における 取 組 読 解 力 表 現 力 を 高 めるための 指 導 の 充 実 継 続 書 き 方 の 手 引 き の 活 用 による 読 解 力 表 現 力 の 向 上 中 学 生 に 多 くみ 読 解 力 表 現 力 を 育 てる 指 導 の 実 践 例 国 語 の 記 述 式 問 題 の 結 果 が 顕 著 に 良 好 な 中 学 校 の 例 学 校 紹 介 学 校 種 校 区 内 小 学 校 学 級 数 生 徒 数 中 学 校 ( 平 成 4 年 開 校 ( 近 隣 2 校 の 統 合 による )) 5 校 計 6 学 級 第 1 学 年 1 学 級 ( 約 30 名 ) ( 約 130

More information

を 傷 つけることもあった そこで 本 単 元 では 命 の 大 切 さと 男 女 の 平 等 という2 点 を 重 点 的 に 取 り 上 げ 男 女 と いう 性 差 を 取 り 払 い 一 人 の 人 間 として 周 りの 人 間 も 尊 重 し 大 切 にする 心 情 を 育 てたいも のと

を 傷 つけることもあった そこで 本 単 元 では 命 の 大 切 さと 男 女 の 平 等 という2 点 を 重 点 的 に 取 り 上 げ 男 女 と いう 性 差 を 取 り 払 い 一 人 の 人 間 として 周 りの 人 間 も 尊 重 し 大 切 にする 心 情 を 育 てたいも のと 第 6 学 年 学 級 活 動 学 習 指 導 案 日 時 平 成 18 年 11 月 22 日 ( 水 )5 校 時 児 童 6 年 1 組 男 12 名 女 10 名 計 22 名 指 導 者 藤 原 学 1 単 元 名 男 女 の 役 割 について 考 える ~ 自 らしく 生 きる~ 2 単 元 について (1) 児 童 について 児 童 は 明 るく 元 気 で 男 女 仲 よく 協 力

More information

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 に 関 する 報 告 書 平 成 24 年 6 月 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 検 討 委 員 会 目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採

More information

4 回 答 者 属 性 (1) 性 別 人 数 構 成 比 男 性 女 性 % 55.9% 1.0% 計 % 1% 男 性 43.1% 女 性 55.9% (2) 年 代 別 人 数 構 成 比 20 歳 代 41.0% 30 歳 代 % 40

4 回 答 者 属 性 (1) 性 別 人 数 構 成 比 男 性 女 性 % 55.9% 1.0% 計 % 1% 男 性 43.1% 女 性 55.9% (2) 年 代 別 人 数 構 成 比 20 歳 代 41.0% 30 歳 代 % 40 発 達 障 がいに 関 するアンケート 調 査 結 果 1 調 査 目 的 障 害 福 祉 課 県 では 発 達 障 がいに 関 する 正 しい 理 解 と 認 識 を 深 めていただくため 理 解 啓 発 事 業 を 推 進 しておりますが 発 達 障 がいについて 県 民 の 皆 さんの 意 識 を 把 握 し より 効 果 的 な 啓 発 の 方 法 など 今 後 の 施 策 の 基 礎 資

More information

2016 vol.265 論 考 えていると 考 えられる さらにマイナンバーは 一 企 業 が 発 行 しているお 客 様 番 号 とは 異 なり どの 企 業 行 政 機 関 組 織 に とっても 同 一 人 を 同 一 番 号 で 特 定 することができ る したがって 組 織 をまたぐ 情

2016 vol.265 論 考 えていると 考 えられる さらにマイナンバーは 一 企 業 が 発 行 しているお 客 様 番 号 とは 異 なり どの 企 業 行 政 機 関 組 織 に とっても 同 一 人 を 同 一 番 号 で 特 定 することができ る したがって 組 織 をまたぐ 情 マイナンバー 制 度 の 概 要 とリスク 対 応 み ず ま ち 水 ま さ こ 町 雅 子 五 番 町 法 律 事 務 所 弁 護 士 1.はじめに 2016 年 1 月 より マイナンバー 制 度 が 本 格 始 動 した 既 に 勤 務 先 からマイナンバーを 聞 かれた り 地 方 公 共 団 体 窓 口 でマイナンバーの 提 示 を 求 められたりした 方 もいるだろう 一 方 で マスコ

More information

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ 2015 ことばの 森 教 室 第 1 回 優 秀 作 品 紹 介 < 中 学 校 1 年 生 > 作 文 課 題 中 学 生 になった 感 想 と 決 意 中 1 年 生 -1 今 からチャレンジ 勉 強 が 難 しくなるのかな 部 活 動 も6 時 頃 までやっていて 勉 強 する 時 間 はあるの かな 中 学 校 に 入 学 する 前 はそんな 不 安 でいっぱいだった 4 月 7 日 中

More information

わいわい文庫2_061~065

わいわい文庫2_061~065 活 用 の 幅 を 広 げよう 盲 学 校 での 試 み 視 覚 支 援 学 校 における 実 践 事 例 東 京 都 立 久 我 山 青 光 学 園 視 覚 障 害 教 育 部 門 名 取 恵 津 子 障 害 の 実 態 に 応 じたさまざまな 活 用 の 可 能 性 を 探 る 今 年 度 の 本 校 の 視 覚 障 害 教 育 部 門 の 在 籍 数 は 幼 稚 部 13 名 小 学 部 17

More information

Microsoft Word - h17houtoku.doc

Microsoft Word - h17houtoku.doc 個 人 情 報 の 大 切 さを 認 識 し 個 人 情 報 を 簡 単 に 漏 らさないことが 自 分 を 守 ることにつながると 考 えられる 子 どもの 育 成 を 目 指 して 鳳 徳 小 学 校 奥 山 さおり 1. 子 どもたちにつけたい 力 情 報 化 の 進 展 に 伴 い 学 校 にも 校 内 LAN が 導 入 され 家 庭 にも 情 報 機 器 が 普 及 し 情 報 化 の

More information

高 校 生 37%)で 遠 い ( 全 体 で 26%)のも 大 きな 理 由 になっている テレビ パソコン ゲーム 携 帯 電 話 などの 普 及 塾 や 習 い 事 部 活 動 などで 生 活 時 間 が 大 幅 に 削 られ 読 書 にあてる 時 間 がない という 理 由 以 外 に 考

高 校 生 37%)で 遠 い ( 全 体 で 26%)のも 大 きな 理 由 になっている テレビ パソコン ゲーム 携 帯 電 話 などの 普 及 塾 や 習 い 事 部 活 動 などで 生 活 時 間 が 大 幅 に 削 られ 読 書 にあてる 時 間 がない という 理 由 以 外 に 考 富 士 河 口 湖 町 子 ども 読 書 推 進 計 画 平 成 18 年 3 月 31 日 富 士 河 口 湖 町 教 育 委 員 会 1. 推 進 計 画 の 策 定 にあたって (1) 子 どもの 読 書 活 動 の 大 切 さ 子 ども 時 代 の 読 書 習 慣 は 成 長 後 の 読 書 や 生 き 方 に 影 響 を 与 える 最 近 の 子 どもたちは 塾 習 い 事 スポーツ 等

More information

その4 開 業 のための 事 業 計 画 書 の 作 成 ❷ 商 工 花 子 さんは パン 屋 の 創 業 を 目 指 しています 花 子 さんの 作 成 例 を 見 てみましょう 全 体 構 想 をまとめる 商 工 花 子 の 事 業 計 画 書 1 創 業 の 動 機 パンが 大 好 きで 毎

その4 開 業 のための 事 業 計 画 書 の 作 成 ❷ 商 工 花 子 さんは パン 屋 の 創 業 を 目 指 しています 花 子 さんの 作 成 例 を 見 てみましょう 全 体 構 想 をまとめる 商 工 花 子 の 事 業 計 画 書 1 創 業 の 動 機 パンが 大 好 きで 毎 その4 開 業 のための 事 業 計 画 書 の 作 成 ❶ 事 業 計 画 書 は 夢 を 実 現 するシナリオ 事 業 計 画 書 は 自 分 の 夢 ( 創 業 )を 実 現 するための 具 体 的 な 行 動 を 示 す 計 画 書 です 創 業 者 が 頭 の 中 に 描 いている 創 業 のイメージをより 具 体 的 にまとめることにより 実 現 可 能 なものになります 事 業 計 画

More information

てる 力 であり 他 の 教 科 などの 教 育 課 程 全 体 とのかかわりからとらえる 認 識 は 少 なかった そこで 次 の2 点 から 国 語 力 に 対 する 認 識 の 深 化 を 図 り 実 践 研 究 の 方 向 性 を 確 認 し 合 った ア 文 化 審 議 会 答 申 これか

てる 力 であり 他 の 教 科 などの 教 育 課 程 全 体 とのかかわりからとらえる 認 識 は 少 なかった そこで 次 の2 点 から 国 語 力 に 対 する 認 識 の 深 化 を 図 り 実 践 研 究 の 方 向 性 を 確 認 し 合 った ア 文 化 審 議 会 答 申 これか 中 学 校 Ⅰ はじめに 中 学 校 における 校 内 研 修 は 学 校 や 生 徒 の 実 態 に 即 した 主 題 を 設 定 して 具 体 的 実 践 的 に 行 わ れている しかし 教 科 担 任 制 のため 指 導 分 野 が 限 定 されがちであり 小 学 校 と 比 べて 全 教 師 が 共 通 に 取 り 組 む 課 題 の 範 囲 が 狭 いという 問 題 点 がある そのため

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798F4390B394C5817A8BB3904588F58CFC82AF8A889770834B8343835F83938358>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798F4390B394C5817A8BB3904588F58CFC82AF8A889770834B8343835F83938358> ちびまる 子 ちゃんと 学 ぶ 大 切 な3つのお 話 授 業 での 活 用 にあたって はじめに 本 DVDは お 金 の 大 切 さ や 計 画 的 な 使 い 方 について 低 学 年 から 高 学 年 に 至 るまで 幅 広 く 学 んでいただく ことを 目 的 として 作 成 いたしました ちびまる 子 ちゃん を 起 用 した10 分 程 度 のアニメ 動 画 を3 本 収 録 しており

More information

経 営 層 は 自 らの 役 割 と 責 任 を 職 員 に 伝 えて 経 営 層 は 自 らの 役 割 と 責 任 に 基 づいて 行 動 して 平 成 20 年 度 組 織 マネジメント 分 析 シート( 経 営 層 合 議 用 ) カテゴリー1 リーダーシップと 意 思 決 定 サブカテゴリー

経 営 層 は 自 らの 役 割 と 責 任 を 職 員 に 伝 えて 経 営 層 は 自 らの 役 割 と 責 任 に 基 づいて 行 動 して 平 成 20 年 度 組 織 マネジメント 分 析 シート( 経 営 層 合 議 用 ) カテゴリー1 リーダーシップと 意 思 決 定 サブカテゴリー 平 成 20 年 度 組 織 マネジメント 分 析 シート 自 己 評 価 用 経 営 層 合 議 用 作 成 日 ( 完 成 日 ) 施 設 事 業 所 名 厚 生 館 保 育 園 平 成 21 年 1 月 21 日 ( 役 職 名 ) ( 氏 名 ) 作 成 関 係 者 園 長 瀬 端 真 弓 カテゴリー 1.リーダーシップと 意 思 決 定 2. 経 営 における 社 会 的 責 任 3. 利

More information

News Release ( 参 考 ) (1)インターネットをめぐる 消 費 者 トラブルの 主 な 例 利 用 した 覚 えのないオークションサイトから 出 品 手 数 料 を 請 求 された 子 供 が 親 の 携 帯 電 話 を 無 断 で 使 用 してインターネットにアクセスし 高 額 の

News Release ( 参 考 ) (1)インターネットをめぐる 消 費 者 トラブルの 主 な 例 利 用 した 覚 えのないオークションサイトから 出 品 手 数 料 を 請 求 された 子 供 が 親 の 携 帯 電 話 を 無 断 で 使 用 してインターネットにアクセスし 高 額 の News Release 平 成 21 年 12 月 3 日 消 費 者 庁 独 立 行 政 法 人 国 民 生 活 センター インターネットをめぐる 消 費 者 トラブルについて (#1 ワンクリック 請 求 ) 消 費 者 庁 の 情 報 ダイヤルや PIO-NET での 情 報 においては インターネットをめぐる 消 費 者 トラ ブルが 多 く 見 られるところです こうしたトラブルは 多

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

どうして2つの 決 算 があるの そもそも 決 算 ってなに 企 業 活 動 は 日 々 儲 けた 損 をした の 繰 り 返 しです 決 算 とは 一 定 期 間 内 の 企 業 活 動 の 成 果 を 取 りまとめ や 損 失 の 額 を 確 定 させることです これによって 一 事 業 年 度

どうして2つの 決 算 があるの そもそも 決 算 ってなに 企 業 活 動 は 日 々 儲 けた 損 をした の 繰 り 返 しです 決 算 とは 一 定 期 間 内 の 企 業 活 動 の 成 果 を 取 りまとめ や 損 失 の 額 を 確 定 させることです これによって 一 事 業 年 度 今 年 の 経 営 リポート は 平 成 23 年 度 の 決 算 今 年 度 の 決 算 結 果 のお 知 らせ 企 業 会 計 のお 財 布 はいくら? 企 業 の 姿 を 見 てみよう 経 営 指 標 で 企 業 を 見 る 今 年 度 の 工 事 のお 知 らせ の6 項 目 についてお 知 らせします どうして2つの 決 算 があるの そもそも 決 算 ってなに 企 業 活 動 は 日 々

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

2 多 重 債 務 者 対 策 平 成 18 年 12 月 に 改 正 貸 金 業 法 が 成 立 段 階 的 な 施 行 を 経 て 平 成 22 年 6 月 に 完 全 施 行 された 過 剰 な 貸 付 を 抑 制 するための 総 量 規 制 の 導 入 に 伴 い 潜 在 的 な 多 重 債

2 多 重 債 務 者 対 策 平 成 18 年 12 月 に 改 正 貸 金 業 法 が 成 立 段 階 的 な 施 行 を 経 て 平 成 22 年 6 月 に 完 全 施 行 された 過 剰 な 貸 付 を 抑 制 するための 総 量 規 制 の 導 入 に 伴 い 潜 在 的 な 多 重 債 資 料 1 Ⅰ 消 費 者 行 政 の 近 況 1 消 費 生 活 相 談 平 成 21 年 12 月 改 正 の 特 定 商 取 引 法 割 賦 販 売 法 平 成 23 年 1 月 改 正 の 商 品 先 物 取 引 法 などを 視 野 に 消 費 者 からの 相 談 を 受 け 付 け 助 言 あっせんを 行 っている (1) 相 談 件 数 ( 単 位 : 件 ) 年 度 月 4 5 6 7

More information

6 潤 いの 時 間 の 英 会 話 の 実 施 に 当 たっては 学 校 の 意 向 を 十 分 に 尊 重 すること 市 で 作 成 したプログラム カリキュラムについては 学 校 の 実 態 にあわせて 柔 軟 に 運 用 することができるこ とを 周 知 徹 底 すること 英 会 話 の 授

6 潤 いの 時 間 の 英 会 話 の 実 施 に 当 たっては 学 校 の 意 向 を 十 分 に 尊 重 すること 市 で 作 成 したプログラム カリキュラムについては 学 校 の 実 態 にあわせて 柔 軟 に 運 用 することができるこ とを 周 知 徹 底 すること 英 会 話 の 授 さいたま 市 教 育 委 員 会 教 育 長 桐 淵 博 様 2013 年 6 月 6 日 さいたま 市 教 職 員 組 合 執 行 委 員 長 山 本 仁 さいたま 市 の 教 育 施 策 学 校 運 営 並 びに 教 育 条 件 整 備 等 についての 要 求 書 さいたま 市 の 教 育 条 件 の 整 備 等 に 対 する 貴 職 のご 尽 力 に 対 し 敬 意 を 表 します 昨 年 度

More information

(1)四條畷市幼児教育ビジョン目次.pdf

(1)四條畷市幼児教育ビジョン目次.pdf 四 條 畷 市 幼 児 教 育 ビジョン( 案 ) 平 成 24 年 7 月 四 條 畷 市 教 育 委 員 会 はじめに 1. 幼 児 期 の 教 育 の 重 要 性 1 2. 幼 稚 園 教 育 について 1~2 3. 四 條 畷 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 2~3 (1) 市 立 幼 稚 園 の 現 状 (2) 私 立 幼 稚 園 の 現 状 (3) 保 育 所 ( 園 )の 現 状

More information

10是枝075-080.eca

10是枝075-080.eca 鳴 門 教 育 大 学 授 業 実 践 研 究 - 学 部 大 学 院 の 授 業 改 善 をめざして- 第 15 号 2016 自 ら 学 び 続 ける 児 童 を 支 える 授 業 の 開 発 と 実 践 -- 数 取 りゲームを 題 材 として-- 是 枝 佑 徳 *, 亀 井 光 * *, 亀 谷 直 樹 川 村 俊 貴 *, 黒 田 浩 平 * *, 辻 永 大 地 坪 井 将 史 *,

More information

第1回「女性就労促進に関するアンケート」 報 告 書

第1回「女性就労促進に関するアンケート」 報 告 書 女 性 の 就 業 機 会 拡 大 に 関 する 調 査 報 告 書 女 性 の 就 業 機 会 拡 大 プロジェクトチーム ( 調 査 監 修 ) 大 阪 産 業 経 済 リサーチセンター 目 次 2 調 査 結 果 ( 要 旨 ) 3 1 女 性 を 取 り 巻 く 就 業 環 境 15 1-1 女 性 を 取 り 巻 く 就 業 環 境 16 1-2 女 性 就 業 における M 字 カーブ

More information

人材育成基本方針

人材育成基本方針 吹 田 市 人 材 育 成 基 本 方 針 社 会 の 変 革 に 対 応 できる 人 材 づくり 平 成 24 年 (2012 年 ) 公 務 制 度 改 革 -1- -2- 新 たな 人 材 育 成 基 本 方 針 の 策 定 にあたって 今 日 本 社 会 は 大 きな 転 換 期 にあります 市 場 や 情 報 がグローバル 化 し 少 子 化 や 人 口 減 少 は 歯 止 めがかからず

More information

1 今 自 分 の 内 にある 授 業 観 を 見 つめ 直 す 授 業 力 向 上 は 目 標 とする 授 業 像 について 自 分 なりの 言 葉 で 表 現 することから 始 まる 理 想 の 授 業 像 について 新 採 用 教 員 から 中 堅 教 員 までの 経 験 年 数 も 様 々な

1 今 自 分 の 内 にある 授 業 観 を 見 つめ 直 す 授 業 力 向 上 は 目 標 とする 授 業 像 について 自 分 なりの 言 葉 で 表 現 することから 始 まる 理 想 の 授 業 像 について 新 採 用 教 員 から 中 堅 教 員 までの 経 験 年 数 も 様 々な 研 究 ノート 国 語 科 を 中 心 とする 授 業 力 向 上 についての 一 考 察 A Study on the Development of Teacher Competence, Centering on Teaching Japanese Language Arts 吉 田 人 史 YOSHIDA Hitoshi 水 上 義 行 MIZUKAMI Yoshiyuki はじめに 授 業

More information

きとる 力 の 向 上 3 英 語 で 書 くこと への 意 欲 と 力 の 向 上 を 挙 げられていまし た 自 己 紹 介 や 日 常 生 活 にかかわる 会 話 賛 否 分 かれる 問 題 に 対 して 自 分 の 立 場 を 決 めて 自 分 なりの 主 張 ができる 生 徒 を 育 てる

きとる 力 の 向 上 3 英 語 で 書 くこと への 意 欲 と 力 の 向 上 を 挙 げられていまし た 自 己 紹 介 や 日 常 生 活 にかかわる 会 話 賛 否 分 かれる 問 題 に 対 して 自 分 の 立 場 を 決 めて 自 分 なりの 主 張 ができる 生 徒 を 育 てる 実 践 発 表 1 英 語 でつなぐ 小 中 一 貫 教 育 ~ いつか 使 える 英 語 から 今 使 える 英 語 を 目 指 して~ 発 表 者 奈 良 市 立 富 雄 第 三 小 中 学 校 平 谷 百 合 子 先 生 大 田 清 美 先 生 友 田 由 妃 先 生 3 年 前 から 施 設 一 体 型 小 中 一 貫 教 育 校 として 歩 んでこられた 奈 良 市 立 富 雄 第 三 小

More information

はじめに 昨 年 市 制 施 行 55 周 年 を 迎 えた 枚 方 市 は 京 都 大 阪 奈 良 の 中 間 に 位 置 し 淀 川 の 水 と 生 駒 山 系 の 緑 に 囲 まれ 継 体 天 皇 即 位 の 伝 承 地 樟 葉 宮 や 国 の 特 別 史 跡 百 済 寺 跡 惟 喬 親 王

はじめに 昨 年 市 制 施 行 55 周 年 を 迎 えた 枚 方 市 は 京 都 大 阪 奈 良 の 中 間 に 位 置 し 淀 川 の 水 と 生 駒 山 系 の 緑 に 囲 まれ 継 体 天 皇 即 位 の 伝 承 地 樟 葉 宮 や 国 の 特 別 史 跡 百 済 寺 跡 惟 喬 親 王 資 料 10 枚 方 市 生 涯 学 習 ビジョン 出 会 い 学 びあって 創 る 感 動 できるまち 枚 方 枚 方 市 はじめに 昨 年 市 制 施 行 55 周 年 を 迎 えた 枚 方 市 は 京 都 大 阪 奈 良 の 中 間 に 位 置 し 淀 川 の 水 と 生 駒 山 系 の 緑 に 囲 まれ 継 体 天 皇 即 位 の 伝 承 地 樟 葉 宮 や 国 の 特 別 史 跡 百 済

More information

Taro-内藤教諭0213

Taro-内藤教諭0213 平 成 24 年 度 教 科 リーダー 養 成 講 座 ( 高 等 学 校 ) 実 践 記 録 意 思 決 定 のプロセスから 思 考 力 を 育 てる 2 年 生 家 庭 基 礎 家 庭 の 経 済 と 消 費 の 授 業 を 通 して 県 立 新 潟 北 高 等 学 校 内 藤 香 織 Ⅰ 指 導 構 想 生 徒 との 普 段 の 会 話 から 消 費 生 活 が 意 思 決 定 を 意 識 的

More information

「誰に喰わせてもらっていると思っているんだ

「誰に喰わせてもらっていると思っているんだ 北 本 市 いじめ 自 殺 裁 判 最 高 裁 決 定 を 受 けて 原 告 弁 護 団 支 援 団 より 声 明 メッセージ 2014 年 10 月 7 日 A 弁 護 団 声 明 1 2005 年 に 自 殺 した 埼 玉 県 北 本 市 の 中 学 校 1 年 の 女 子 生 徒 ( 当 時 12 歳 )の 両 親 が 市 と 国 に 計 約 7670 万 円 の 損 害 賠 償 を 求 めた

More information

問 5-1 現 在 のおつとめの 状 況 をご 回 答 ください 1 正 規 の 職 員 2 パート アルバイト 3 派 遣 嘱 託 契 約 社 員 4 自 営 業 主 家 族 従 事 者 5 無 職 家 事 6 学 生 問 5-2 ( 問 5-1で1~4を 選 択 した 方 にうかがいます) 現

問 5-1 現 在 のおつとめの 状 況 をご 回 答 ください 1 正 規 の 職 員 2 パート アルバイト 3 派 遣 嘱 託 契 約 社 員 4 自 営 業 主 家 族 従 事 者 5 無 職 家 事 6 学 生 問 5-2 ( 問 5-1で1~4を 選 択 した 方 にうかがいます) 現 結 婚 出 産 に 関 する 実 態 と 意 識 調 査 ( 独 身 男 女 ) 問 1 あなたの 出 生 地 をご 回 答 ください 47 都 道 府 県 + 外 国 (プルダウン 48) 問 2 これまでに 結 婚 したことがありますか 1 ない 2 ある( 離 別 した) 3 ある( 死 別 した) 問 3-1 最 後 に 卒 業 した(あるいは 在 学 中 の) 学 校 をご 回 答 ください

More information

目 次 城 西 大 学 の 教 育 方 針 2 城 西 短 期 大 学 の 教 育 方 針 3 募 集 学 部 学 科 及 び 人 員 4 公 募 制 推 薦 入 学 試 験 経 済 学 部 経 営 学 部 理 学 部 5 一 般 入 学 試 験 A 日 程 経 済 学 部 現 代 政 策 学 部 経 営 学 部 理 学 部 薬 学 部 城 西 短 期 大 学 8 B 日 程 経 済 学 部 現 代

More information

Oike Library No37.indd

Oike Library No37.indd 財 産 分 与 における 将 来 の 退 職 金 の 取 扱 について 弁 護 士 茶 木 真 理 子 第 1 はじめに 離 婚 の 際 の 財 産 分 与 ( 民 法 766 条 )にあたり 争 点 の 一 つとなるのが 退 職 金 の 取 扱 である 離 婚 時 に 既 に 支 給 を 受 けている 退 職 金 については 賃 金 の 後 払 いと 言 われる 性 格 から 清 算 的 財 産

More information

はじめに 平 成 18 年 の 教 育 基 本 法 改 正 に 伴 い 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 についての 基 本 的 な 方 針 及 び 構 ずべき 施 策 その 他 必 要 な 事 項 を 定 めることが 国 や 地 方 公 共 団 体 に 求 められました そこで 小 山 市

はじめに 平 成 18 年 の 教 育 基 本 法 改 正 に 伴 い 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 についての 基 本 的 な 方 針 及 び 構 ずべき 施 策 その 他 必 要 な 事 項 を 定 めることが 国 や 地 方 公 共 団 体 に 求 められました そこで 小 山 市 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 の 大 綱 豊 かな 心 と 健 全 な 身 体 を 育 む ふるさと 小 山 の 教 育 2015 年 ( 平 成 27 年 )4 月 栃 木 県 小 山 市 はじめに 平 成 18 年 の 教 育 基 本 法 改 正 に 伴 い 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 についての 基 本 的 な 方 針 及 び 構 ずべき 施 策 その 他 必 要 な

More information

はじめに 平 成 16 年 1 月 に e-tax が 運 用 を 開 始 し その 翌 年 の 平 成 17 年 1 月 に eltax は 運 用 を 開 始 した e-tax の 利 用 率 が 年 々 増 加 する 中 eltaxにおいても 参 加 する 地 方 公 共 団 体 の 数 が

はじめに 平 成 16 年 1 月 に e-tax が 運 用 を 開 始 し その 翌 年 の 平 成 17 年 1 月 に eltax は 運 用 を 開 始 した e-tax の 利 用 率 が 年 々 増 加 する 中 eltaxにおいても 参 加 する 地 方 公 共 団 体 の 数 が 電 子 申 告 に 関 する 要 望 事 項 (eltax 編 ) 平 成 28 年 6 月 22 日 日 本 税 理 士 会 連 合 会 情 報 システム 委 員 会 はじめに 平 成 16 年 1 月 に e-tax が 運 用 を 開 始 し その 翌 年 の 平 成 17 年 1 月 に eltax は 運 用 を 開 始 した e-tax の 利 用 率 が 年 々 増 加 する 中 eltaxにおいても

More information

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 に 関 する 重 点 提 言 東 日 本 大 震 災 からの 速 やかな 被 災 地 の 復 旧 復 興 を 図 るため 国 は 次 の 事 項 につ いて 迅 速 かつ 積 極 的 な 措 置 を 講 じられたい 1. 復 興 事 業 予 算 の 実 態 に 即 した 財 政 支 援 等 について (1) 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金

More information

Microsoft Word - uchida_report_22.doc

Microsoft Word - uchida_report_22.doc 第 22 回 平 成 25 年 分 の 贈 与 税 の 申 告 状 況 および 生 前 贈 与 活 用 のポイント 税 理 士 内 田 麻 由 子 2014 年 5 月 概 要 平 成 27 年 1 月 から 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 4 割 縮 小 される 相 続 大 増 税 を 控 え 生 前 贈 与 を 活 用 して 相 続 対 策 をするご 家 庭 が 増 えています 今 回 は

More information

平成25年度 いじめ対策等生徒指導推進事業

平成25年度 いじめ対策等生徒指導推進事業 平 成 25 年 度 いじめ 対 策 等 生 徒 指 導 推 進 事 業 自 発 的 主 体 的 な 成 長 発 達 を 促 す 組 織 的 取 組 の 研 究 ~ 不 登 校 児 童 生 徒 不 登 校 経 験 者 を 対 象 に~ お 問 い 合 わ せ は こ ち ら ま で 医 療 法 人 静 光 園 カウンセリングルーム フリースクール サポート 校 ソフィア 836-0862 福 岡 県

More information

Economic Indicators   定例経済指標レポート

Economic Indicators	  定例経済指標レポート Economic Trends 経 済 関 連 レポート 孫 への 贈 与 非 課 税 の 潜 在 効 果 と 課 題 発 表 日 :2013 年 2 月 13 日 ( 水 ) ~ 利 用 されるために 必 要 な 制 度 見 直 し~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 担 当 熊 野 英 生 ( :03-5221-5223) 今 回 の 緊 急 経 済 対 策 では 祖 父

More information

( 別 紙 ) 宗 像 市 読 書 のまちづくり 推 進 計 画 ( 案 ) に 関 する 市 民 意 見 提 出 手 続 の 意 見 及 びその 回 答 箇 所 意 見 対 応 回 答 ここに 現 在 抱 えている 近 代 の 情 報 化 社 会 の 急 速 な 発 達 が 人 々の 読 書 ス

( 別 紙 ) 宗 像 市 読 書 のまちづくり 推 進 計 画 ( 案 ) に 関 する 市 民 意 見 提 出 手 続 の 意 見 及 びその 回 答 箇 所 意 見 対 応 回 答 ここに 現 在 抱 えている 近 代 の 情 報 化 社 会 の 急 速 な 発 達 が 人 々の 読 書 ス 市 民 意 見 提 出 手 続 (パブリック コメント)の 実 施 結 果 について 宗 像 市 読 書 のまちづくり 推 進 計 画 について 市 民 意 見 提 出 手 続 (パブリック コメン ト)を 実 施 しました その 結 果 は 次 のとおりでしたので 報 告 します 計 画 条 例 案 等 の 名 称 内 容 宗 像 市 読 書 のまちづくり 推 進 計 画 ( 案 ) 家 庭 学

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E682548FCD81408E968BC68D4C95F182CC8D48957682C697AF88D3935F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E682548FCD81408E968BC68D4C95F182CC8D48957682C697AF88D3935F2E646F63> 第 5 章 事 業 広 報 の 工 夫 と 注 意 点 - 21 - 専 門 部 や 実 行 委 員 会 の 会 議 を 重 ね 練 り 上 げて 完 成 した 事 業 企 画 に 参 加 を 地 域 住 民 に 呼 びかけるために 担 当 者 はいわゆる 広 告 を 制 作 することになります この 広 告 を どのようなメディア( 媒 体 )で ど のようなスタイル( 体 裁 )で 誰 ( 対

More information

< 資 料 1 2 3に 基 づき 地 方 創 生 関 連 交 付 金 事 業 等 について 事 務 局 より 説 明 > 島 津 委 員 : 申 請 中 の 地 方 創 生 加 速 化 交 付 金 は 申 請 が 全 て 採 択 されない 可 能 性 があるとのことだ が 採 択 されなかった 場

< 資 料 1 2 3に 基 づき 地 方 創 生 関 連 交 付 金 事 業 等 について 事 務 局 より 説 明 > 島 津 委 員 : 申 請 中 の 地 方 創 生 加 速 化 交 付 金 は 申 請 が 全 て 採 択 されない 可 能 性 があるとのことだ が 採 択 されなかった 場 第 5 回 富 里 市 まち ひと しごと 創 生 有 識 者 懇 談 会 議 事 録 日 時 2016 年 3 月 10 日 ( 木 )13:30~15:00 場 所 すこやかセンター2 階 会 議 室 1 出 席 者 ( 順 不 同 敬 称 略 ) ( 座 長 ) 富 里 市 商 工 会 寒 郡 茂 樹 ( 委 員 ) 富 里 市 区 長 会 沖 田 健 二 富 里 市 農 業 協 同 組 合

More information

3. 各 項 目 別 の 結 果 (1) 組 織 マネジメント 平 成 26 年 度 2 経 営 における 社 会 的 責 任 カテゴリー2 サブカテゴリー1(2-1) 社 会 人 福 祉 サービス 事 業 者 として 守 るべきことを 明 確 にし その 達 成 に 取 り 組 んでいる 項 目

3. 各 項 目 別 の 結 果 (1) 組 織 マネジメント 平 成 26 年 度 2 経 営 における 社 会 的 責 任 カテゴリー2 サブカテゴリー1(2-1) 社 会 人 福 祉 サービス 事 業 者 として 守 るべきことを 明 確 にし その 達 成 に 取 り 組 んでいる 項 目 3. 各 項 目 別 の 結 果 (1) 組 織 マネジメント 平 成 26 年 度 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 サブカテゴリー1(1-1) 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 項 目 1 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 して いる 1. 事 業 所 が

More information

超高齢社会における生涯学習の在り方に関する検討会(第3回)配付資料その2

超高齢社会における生涯学習の在り方に関する検討会(第3回)配付資料その2 資 料 2 福 祉 の 立 場 からの 生 涯 学 習 ( 公 財 )さわやか 福 祉 財 団 理 事 長 堀 田 力 1. 学 習 の 意 義 と 役 割 生 涯 学 習 自 己 実 現 ( 生 きる 力 人 間 力 ) いきがい = 他 者 に 対 する 支 援 = 自 己 の 心 身 の 健 康 維 持 = 介 護 予 防 = 尊 厳 保 持 2. 福 祉 ( 社 会 貢 献 ) 活 動 と

More information

目 次 第 1 章 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 とは 1. 子 どもの 読 書 活 動 の 意 義 2 2. 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 の 趣 旨 3 第 2 章 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1. 基 本 方 針 4 2. 目 標 4 3. 対 象 4

目 次 第 1 章 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 とは 1. 子 どもの 読 書 活 動 の 意 義 2 2. 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 の 趣 旨 3 第 2 章 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1. 基 本 方 針 4 2. 目 標 4 3. 対 象 4 滝 川 市 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 30 年 度 ) 平 成 26 年 3 月 滝 川 市 教 育 委 員 会 目 次 第 1 章 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 とは 1. 子 どもの 読 書 活 動 の 意 義 2 2. 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 の 趣 旨 3 第 2 章 計 画 の 基 本 的 な 考 え

More information

Microsoft Word - ★資料編28年21~44.docx

Microsoft Word - ★資料編28年21~44.docx 意 見 書 案 第 7 号 最 低 賃 金 の 改 定 等 に 関 する 意 見 書 日 本 経 済 の 先 行 きについては 雇 用 所 得 環 境 の 改 善 が 続 く 中 で 緩 やかな 回 復 に 向 かう ことが 期 待 される 一 方 昨 年 11 月 に 国 が 発 表 した 一 億 総 活 躍 社 会 の 実 現 に 向 けて 緊 急 に 実 施 すべき 対 策 では 最 低 賃

More information

第5章:書く(概要)

第5章:書く(概要) (1) 目 的 では まとまった 文 ( )を 力 を 測 ります 力 は 教 科 学 習 言 語 能 力 の 大 きな 部 分 を 占 めるもので 考 える 力 と 文 字 にする 力 の 両 方 が 必 です 文 字 文 法 の 習 得 はもちろん 基 礎 作 文 力 の 大 切 な 素 ですが 文 字 化 する 前 の 考 える 力 にも 焦 点 をあてます では きたいことがあっても 文 字

More information

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会 1 税 目 1. 国 税 ( 所 得 税 ) 要 望 カテゴリー 1 69. その 他 所 得 税 ( 国 税 ) 不 動 産 所 得 と 事 業 所 得 を 統 合 すること 事 業 所 得 と 不 動 産 所 得 の 区 分 は 資 産 所 得 の 合 算 課 税 が 行 われていたころの 名 残 であり 不 動 産 所 得 にも 一 定 の 労 務 の 提 供 及 びリスクの 負 担 があり

More information

コンプライアンス憲章

コンプライアンス憲章 コンプライアンス 憲 章 第 1 条 ( 目 的 ) この 憲 章 は 三 井 ハイテック( 全 三 井 ハイテックグループ 会 社 を 含 む 以 下 同 じ)の 全 て の 役 員 (これに 準 ずるものを 含 む 以 下 同 じ)および 従 業 員 一 人 一 人 が 三 井 ハイテック で 働 く 者 としての 誇 りを 持 ち あらゆる 企 業 活 動 の 場 面 において 関 係 法 令

More information

番 号 名 学 年 コース 単 位 数 2-2 現 代 文 B 2 P 4 必 修 1 年 次 の 国 語 総 合 の 学 習 成 果 をもとに 近 代 以 降 の 評 論 小 説 随 想 詩 歌 を 学 んでいく 説 明 的 な 文 章 である 評 論 随 想 と 文 学 的 文 章 である 小

番 号 名 学 年 コース 単 位 数 2-2 現 代 文 B 2 P 4 必 修 1 年 次 の 国 語 総 合 の 学 習 成 果 をもとに 近 代 以 降 の 評 論 小 説 随 想 詩 歌 を 学 んでいく 説 明 的 な 文 章 である 評 論 随 想 と 文 学 的 文 章 である 小 番 号 2-1 名 現 代 文 B 学 年 コース 単 位 数 2 S A 3 必 修 1 年 次 の 国 語 総 合 の 学 習 成 果 をもとに 近 代 以 降 の 評 論 小 説 随 想 詩 歌 を 学 んでいく 説 明 的 な 文 章 である 評 論 随 想 と 文 学 的 文 章 である 小 説 や 詩 歌 を 交 互 に 学 習 する 鑑 賞 文 や 意 見 文 の 作 成 要 約 課

More information

意欲を育み 未来を拓く おおた教育振興プラン2014 平成26年度 平成30年度 大田区教育委員会 はじめに 大 田 区 教 育 委 員 会 は 大 田 区 基 本 構 想 に 掲 げる 区 の 将 来 像 の 実 現 をめざすとともに 国 が 掲 げる 教 育 の 目 的 理 念 にのっとり 平 成 21 年 6 月 に 教 育 目 標 を 定 め あわせ て この 教 育 目 標 を 実 現

More information

<91E63489F18E9197BF332E786477>

<91E63489F18E9197BF332E786477> 第 4 回 大 隅 地 域 の 公 立 高 校 の 在 り 方 検 討 委 員 会 ( 資 料 ) 目 次 日 程 1 当 該 高 校 の 在 り 方 案 に 対 する 検 討 委 員 会 意 見 2 各 地 区 検 討 会 からの 当 該 高 校 の 在 り 方 ( 案 ) 鹿 屋 地 区 ( 鹿 屋 市 内 5 校 ) 3 肝 付 地 区 ( 高 山 高 校 ) 4 南 大 隅 錦 江 地 区

More information

56 0% 20% 40% 60% 80% 100% 0% 20% 40% 60% 80% 100% 1 町 政 24.7 41.7 12.9 7.9 9.4 5 事 業 の 企 画 検 討 11.6 42.7 22.4 9.8 12.5 2 各 種 計 画 17.0 45.4 17.0 8.3 11.0 6 町 民 の 声 を 聞 く 姿 勢 16.2 34.4 21.3 15.4 9.8

More information

目 次 1.はじめに 1 2. 公 的 研 究 費 の 不 正 使 用 防 止 のための 管 理 運 営 体 制 図 2 3. 研 究 者 等 行 動 規 範 3 4. 公 的 研 究 費 の 管 理 運 営 の 責 任 体 系 4 5. 監 査 制 度 4 6. 科 学 研 究 費 助 成 事 業

目 次 1.はじめに 1 2. 公 的 研 究 費 の 不 正 使 用 防 止 のための 管 理 運 営 体 制 図 2 3. 研 究 者 等 行 動 規 範 3 4. 公 的 研 究 費 の 管 理 運 営 の 責 任 体 系 4 5. 監 査 制 度 4 6. 科 学 研 究 費 助 成 事 業 公 的 研 究 費 使 用 ガ イ ド ラ イ ン 平 成 27 年 度 版 医 療 法 人 徳 洲 会 札 幌 東 徳 洲 会 病 院 付 属 臨 床 研 究 センター お 問 い 合 わせ 先 臨 床 研 究 センター 臨 床 研 究 推 進 部 Tel 722-5820( 内 線 2726) e-mail : kenkyu@tohtoku.jp 2016.1 月 作 成 目 次 1.はじめに

More information

平成19年度 久喜市放課後子ども教室推進事業 活動報告書

平成19年度 久喜市放課後子ども教室推進事業 活動報告書 平 成 27 年 度 活 動 報 告 書 久 喜 市 放 課 後 子 ども 教 室 運 営 委 員 会 ゆ う ゆ う プ ラ ザ 実 施 委 員 会 久 喜 市 教 育 委 員 会 あいさつ 教 育 長 柿 沼 光 夫 昨 年 6 月 しずかっ 子 元 気 ゆうゆうプラザ が 栗 橋 西 小 学 校 に 開 校 し 久 喜 市 放 課 後 子 ども 教 室 は 市 内 の 23 校 すべての 小

More information

6. 会 議 の 要 旨 開 会 市 長 あいさつ 教 育 長 あいさつ 議 事 (1) 木 津 川 市 教 育 大 綱 について 事 務 局 から 資 料 に 基 づき 木 津 川 市 教 育 大 綱 を 説 明 した 決 定 構 成 員 より 異 議 無 く 全 員 一 致 で 決 定 した (

6. 会 議 の 要 旨 開 会 市 長 あいさつ 教 育 長 あいさつ 議 事 (1) 木 津 川 市 教 育 大 綱 について 事 務 局 から 資 料 に 基 づき 木 津 川 市 教 育 大 綱 を 説 明 した 決 定 構 成 員 より 異 議 無 く 全 員 一 致 で 決 定 した ( 平 成 27 年 度 第 2 回 木 津 川 市 総 合 教 育 会 議 会 議 結 果 要 旨 1. 日 時 平 成 28 年 2 月 1 日 ( 月 ) 午 前 9 時 30 分 開 会 午 前 11 時 03 分 閉 会 2. 場 所 木 津 川 市 役 所 4 階 4-3 会 議 室 3. 出 席 者 木 津 川 市 長 河 井 規 子 木 津 川 市 教 育 委 員 会 教 育 長 森 永

More information

はじめに 編 入 学 のためには 様 々な 手 続 きが 必 要 となります 本 マニュアルは 編 入 学 の 資 料 請 求 から 出 願 入 学 手 続 きなど 様 々な 手 続 きを 行 う 上 で 必 要 な 事 項 をまとめています 目 次 1. 資 料 請 求 の 仕 方 3 1)HPに

はじめに 編 入 学 のためには 様 々な 手 続 きが 必 要 となります 本 マニュアルは 編 入 学 の 資 料 請 求 から 出 願 入 学 手 続 きなど 様 々な 手 続 きを 行 う 上 で 必 要 な 事 項 をまとめています 目 次 1. 資 料 請 求 の 仕 方 3 1)HPに 2016 年 度 版 編 入 学 手 続 きマニュアル 京 都 経 済 短 期 大 学 はじめに 編 入 学 のためには 様 々な 手 続 きが 必 要 となります 本 マニュアルは 編 入 学 の 資 料 請 求 から 出 願 入 学 手 続 きなど 様 々な 手 続 きを 行 う 上 で 必 要 な 事 項 をまとめています 目 次 1. 資 料 請 求 の 仕 方 3 1)HPにて 申 込 み

More information

教育委員会・図書館

教育委員会・図書館 鶴 岡 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 平 成 27 年 3 月 鶴 岡 市 教 育 委 員 会 は じ め に 情 報 化 社 会 の 渦 の 中 にいる 次 代 を 担 う 子 どもにとって 読 書 活 動 は ことばを 学 んだり 感 性 を 磨 いたり 表 現 力 を 高 めたり 創 造 力 を 豊 かにしたりと 人 生 を 豊 かにたくましく 生 きる 力 を 身 に 付 けていく

More information

なお 通 常 実 務 では これらに 加 え 株 主 総 会 が 適 法 に 成 立 したことを 証 するため 株 主 総 会 の 定 足 数 などを 行 使 することができる 株 主 の 状 況 株 主 数 と 議 決 権 個 数 うち 出 席 株 主 の 状 況 ( 委 任 状 および 議 決

なお 通 常 実 務 では これらに 加 え 株 主 総 会 が 適 法 に 成 立 したことを 証 するため 株 主 総 会 の 定 足 数 などを 行 使 することができる 株 主 の 状 況 株 主 数 と 議 決 権 個 数 うち 出 席 株 主 の 状 況 ( 委 任 状 および 議 決 営 ViewPoint 相 談 定 時 株 主 総 会 後 の 事 務 ( 議 事 録 登 記 公 告 ) 宮 澤 正 彦 部 東 京 室 今 回 は 定 時 株 主 総 会 終 了 後 の 事 務 について 議 事 録 の 作 成 登 記 決 算 公 告 につい て 旧 商 法 との 相 違 点 や 留 意 事 項 などを 中 心 に 解 説 します なお ここでは 特 に 断 りのない 限 り

More information

本 質 を 教 えてくれる 人 がいない 副 業 在 宅 で 片 手 間 で 簡 単 に 稼 げると 思 い3ヶ 月 頑 張 ってみたものの 一 銭 にもならない と 言 う 話 はゴロゴロ 転 がっています それは ネットビジネスの 本 質 を 教 えてくれる 人 が 居 なかったのが 原 因 で

本 質 を 教 えてくれる 人 がいない 副 業 在 宅 で 片 手 間 で 簡 単 に 稼 げると 思 い3ヶ 月 頑 張 ってみたものの 一 銭 にもならない と 言 う 話 はゴロゴロ 転 がっています それは ネットビジネスの 本 質 を 教 えてくれる 人 が 居 なかったのが 原 因 で 子 供 だましのテクニックはやめにしましょう 6 月 1 日 19:00 菊 地 哲 夫 引 きこもりニートが 12 週 間 で 月 20 万 円 を 稼 ぐことは 本 当 に 可 能 なのか? はい 可 能 です! ネットビジネスで1 年 後 も 稼 ぎたいのなら 子 供 だましのテクニックは 忘 れてください ネット 環 境 の 爆 発 的 普 及 で 一 瞬 のうちに 情 報 が 世 界 中

More information

が 裁 判 官 の 肩 にかかることになる これは 陪 審 制 では 生 じない 役 割 であり 裁 判 員 制 度 な らではのものだといえる そして ここでは とくに 評 議 において 裁 判 官 が 何 をめざすの かが 重 要 な 意 義 をもつことになる すなわち 例 えば 単 に アリバ

が 裁 判 官 の 肩 にかかることになる これは 陪 審 制 では 生 じない 役 割 であり 裁 判 員 制 度 な らではのものだといえる そして ここでは とくに 評 議 において 裁 判 官 が 何 をめざすの かが 重 要 な 意 義 をもつことになる すなわち 例 えば 単 に アリバ 第 1 章 裁 判 員 制 度 をめぐる 教 育 課 題 千 葉 大 学 大 学 院 専 門 法 務 研 究 科 教 授 藤 井 俊 夫 裁 判 員 による 裁 判 が 始 まった 場 合 それをめぐる 教 育 課 題 は 学 校 だけでなく さまざま な 場 面 で 存 在 すると 思 われる ただし ここでは 主 として 学 校 教 育 以 外 の 場 での 裁 判 を めぐる 教 育 課 題

More information

学校授業のスパイス 大阪府・学力向上への挑戦!

学校授業のスパイス 大阪府・学力向上への挑戦! ここ 数 年 の 全 国 学 力 テストにおいて 大 阪 府 ほど 注 目 を 集 めたところもありません 全 国 平 均 を 下 回 る 結 果 に 橋 下 徹 知 事 は 憤 りをあらわ にし その 後 も 教 育 に 関 する 知 事 の 言 動 が 多 くのマスコミに 取 り 上 げられてきました そのような 中 実 際 の 教 育 現 場 では 喫 緊 の 課 題 である 学 力 向 上

More information

しかし 生 徒 の 多 くは 税 は 自 分 たちの 生 活 に 必 要 なもの とは 思 って いません まずはそのネガティブなイメージを 払 拭 して 税 は 自 分 たちのために あり 自 分 たちで 支 えていくもの ということを 理 解 してもらいましょ う 税 金 の 身 近 な 使 途

しかし 生 徒 の 多 くは 税 は 自 分 たちの 生 活 に 必 要 なもの とは 思 って いません まずはそのネガティブなイメージを 払 拭 して 税 は 自 分 たちのために あり 自 分 たちで 支 えていくもの ということを 理 解 してもらいましょ う 税 金 の 身 近 な 使 途 中 学 生 テキスト< 講 義 型 > 解 説 書 パワーポイント 図 解 シ ナ リ オ 自 己 紹 介 自 己 紹 介 は 生 徒 との 最 初 の 接 点 です 最 初 に 生 徒 の 心 をつかめれば その 後 の 講 義 もスムーズに 進 められます つかみとして 生 徒 の 興 味 を 引 くような 相 談 例 の 話 などをするのもいい と 思 います ただ 租 税 教 育 の 目 的

More information

第 3 章 催 眠 術 初 体 験 私 は どうしても 自 分 自 身 で 催 眠 術 を 体 験 してみたいと 思 いました そして HP で 検 索 して ある 催 眠 心 療 所 に 行 くことにしました ドキドキしながら 扉 を 開 けると いかにも 催 眠 術 をやっているような 姿 をし

第 3 章 催 眠 術 初 体 験 私 は どうしても 自 分 自 身 で 催 眠 術 を 体 験 してみたいと 思 いました そして HP で 検 索 して ある 催 眠 心 療 所 に 行 くことにしました ドキドキしながら 扉 を 開 けると いかにも 催 眠 術 をやっているような 姿 をし 催 眠 術 師 物 語 ~ 催 眠 術 師 への 道 ~ この 物 語 は 私 自 身 が 催 眠 術 に 出 会 って 催 眠 術 師 の 道 に 進 むまでの 出 来 事 を 書 いたも のです 第 1 章 催 眠 術 との 出 会 い 催 眠 術 この 言 葉 が 私 の 頭 の 中 に 突 然 浮 かんできました まるで 頭 に 電 気 が 走 ったような 感 じで いつもと 違 う 感 覚

More information

<4D F736F F D B98EE68E7388C C588C C882DC82BF82C382AD82E88AEE967B8C7689E C B95B6816A2E646F63>

<4D F736F F D B98EE68E7388C C588C C882DC82BF82C382AD82E88AEE967B8C7689E C B95B6816A2E646F63> 鳥 取 市 ( 平 成 18 年 6 月 ) 第 1 章 基 本 計 画 策 定 の 趣 旨 1 1. 基 本 計 画 策 定 の 趣 旨 2. 基 本 計 画 の 施 策 対 象 の 範 囲 3. 計 画 期 間 第 2 章 現 状 と 課 題 2 1. 犯 罪 の 現 状 2. 生 活 環 境 の 変 化 3. 課 題 第 3 章 基 本 計 画 推 進 の 基 本 的 な 考 え 方 4 1.

More information

083 福崎 H28掲載用一覧表

083 福崎 H28掲載用一覧表 平 成 28 年 度 使 用 教 科 書 一 覧 表 県 立 福 崎 高 等 学 校 ( 全 日 制 課 程 ) No 教 科 名 学 種 目 名 発 行 教 科 書 番 教 科 書 名 使 用 学 年 範 囲 選 定 理 由 1 国 語 1 国 語 総 合 東 書 国 総 302 精 選 国 語 総 合 1 年 全 2 地 理 歴 史 1 地 図 東 書 地 図 301 新 高 等 地 図 1~3

More information

横浜市立図書館 アクションプラン(素 素案)

横浜市立図書館 アクションプラン(素 素案) 横 浜 市 立 図 書 館 アクションプラン ( 第 2 期 : 平 成 27 年 度 ~ 平 成 31 年 度 ) ~ 市 民 の 読 書 活 動 を 支 える 地 域 の 情 報 拠 点 を 目 指 して~ 平 成 27 年 3 月 横 浜 市 立 図 書 館 はじめに 横 浜 市 立 図 書 館 は 平 成 22 年 度 に5か 年 の 行 動 計 画 横 浜 市 立 図 書 館 アクションプラン

More information

日本銀行における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領(案)(ルビなし)

日本銀行における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領(案)(ルビなし) 日 本 銀 行 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 ( 案 ) 平 成 27 年 月 日 日 本 銀 行 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という )

More information

平成25年4月26日

平成25年4月26日 転 職 志 向 が3 年 連 続 増 加 男 性 の 家 庭 生 活 重 視 伸 びる 当 社 では 例 年 3 月 から4 月 にかけて 県 内 企 業 の 新 入 社 員 を 対 象 に 意 識 調 査 を 実 施 している 今 年 は 584 名 から 有 効 回 答 を 得 た 新 入 社 員 の5 割 以 上 が 就 職 した 企 業 に 定 年 まで 勤 めたい と 回 答 す るなど

More information

Ⅰ 学級概要

Ⅰ 学級概要 平 成 28 年 度 コミュニケーションの 教 室 辰 沼 学 級 案 内 足 立 区 立 辰 沼 小 学 校 コミュニケーションの 教 室 辰 沼 足 立 区 谷 中 5-12-1 電 話 03(3629)2421 学 級 電 話 03(3629)2413 Ⅰ 学 級 概 要 1 学 校 名 足 立 区 立 辰 沼 小 学 校 2 所 在 地 120 0006 東 京 都 足 立 区 谷 中 5-12-1

More information

これは 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 取 得 届 の 新 様 式 のイメージです 被 保 険 者 のマイナンバーを 記 入 することになります 原 則 として 基 礎 年 金 番 号 は 記 入 不 要 ですが 裏 面 の 注 意 書 きのとおり 海 外 在 住 や

これは 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 取 得 届 の 新 様 式 のイメージです 被 保 険 者 のマイナンバーを 記 入 することになります 原 則 として 基 礎 年 金 番 号 は 記 入 不 要 ですが 裏 面 の 注 意 書 きのとおり 海 外 在 住 や 健 康 保 険 の 給 付 関 係 事 務 の 変 更 される 申 請 書 です 健 康 保 険 の 給 付 関 係 事 務 については 具 体 的 にこのような 変 更 があります 食 事 療 養 標 準 負 担 額 の 減 額 に 関 する 申 請 生 活 療 養 標 準 負 担 額 の 減 額 に 関 する 申 請 療 養 費 の 支 給 の 申 請 傷 病 手 当 金 の 支 給 の 申 請

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203037303831308CF6955C95B68169955C8E86816096DA8E9F8160967B95B6816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203037303831308CF6955C95B68169955C8E86816096DA8E9F8160967B95B6816A2E646F63> 公 立 幼 稚 園 のあり 方 について( 方 針 ) 平 成 19 年 7 月 いわき 市 教 育 委 員 会 目 次 1 これまでの 公 立 幼 稚 園 P.1 2 今 後 の 公 立 幼 稚 園 の 役 割 について P.1 ⑴ 公 立 幼 稚 園 と 私 立 幼 稚 園 の 役 割 ⑵ 障 がい 児 統 合 保 育 ⑶ 幼 保 連 携 への 対 応 ⑷ 子 育 て 支 援 の 推 進 3 公

More information

檜皮の確保と檜皮採取者の育成

檜皮の確保と檜皮採取者の育成 檜 皮 の 確 保 と 檜 皮 採 取 者 の 育 成 岡 山 理 科 大 学 江 面 嗣 人 1.はじめに 文 化 財 建 造 物 の 檜 皮 葺 の 建 物 は 現 在 788 棟 ( 平 成 19 年 末 現 在 )が 国 の 重 要 文 化 財 に 指 定 されている これは 指 定 された 重 要 文 化 財 建 造 物 の 約 18.8パーセントにあたり 重 要 文 化 財 建 造 物

More information

Microsoft Word docx

Microsoft Word docx 第 2 サービスの 類 型 ( 多 様 化 するサービスの 典 型 例 ) 要 支 援 者 等 の 多 様 な 生 活 支 援 のニーズに 対 して 総 合 事 業 により 多 様 なサービス を 提 供 していくためには 市 町 村 が 中 心 となって その 地 域 の 実 情 に 応 じて 総 合 事 業 によるサービスを 類 型 化 し それに 併 せた 基 準 や 単 価 等 を 定 めることが

More information

ない これに 当 たり 役 職 員 は 別 紙 に 定 める 留 意 事 項 に 留 意 するものとする ( 監 督 者 の 責 務 ) 第 4 条 役 職 員 のうち 役 員 及 び 職 員 を 監 督 する 地 位 にある 者 ( 以 下 総 称 して 監 督 者 という )は 障 害 を 理

ない これに 当 たり 役 職 員 は 別 紙 に 定 める 留 意 事 項 に 留 意 するものとする ( 監 督 者 の 責 務 ) 第 4 条 役 職 員 のうち 役 員 及 び 職 員 を 監 督 する 地 位 にある 者 ( 以 下 総 称 して 監 督 者 という )は 障 害 を 理 2015 情 総 第 176 号 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 9 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき また 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 す る 基 本 方 針 ( 平 成 27 年 2 月 24 日 閣 議 決 定 以 下 基 本

More information

協 働 の 必 要 性 及 び 効 果 と 目 標 ( 協 働 の 役 割 分 担 を 含 む) 1. 協 働 の 必 要 性 と 相 乗 効 果 今 後 地 域 課 題 は 益 々 複 雑 化 し 解 決 が 難 しくなっていくと 言 われています そ のような 時 代 において 課 題 を 解

協 働 の 必 要 性 及 び 効 果 と 目 標 ( 協 働 の 役 割 分 担 を 含 む) 1. 協 働 の 必 要 性 と 相 乗 効 果 今 後 地 域 課 題 は 益 々 複 雑 化 し 解 決 が 難 しくなっていくと 言 われています そ のような 時 代 において 課 題 を 解 ( 様 式 第 4 号 ) 協 働 推 進 モデル 事 業 計 画 書 ( 本 提 案 用 ) ( 記 載 が 複 数 ページにわたっても 良 いので できるだけわかりやすく 具 体 的 に 記 載 してください ただし この 企 画 書 は A4 サイズ4ページ 以 内 で 作 成 してください ) 名 提 団 体 名 NPO 法 人 だっぴ ( 担 当 者 柏 原 拓 史 ) 案 団 体 合 同

More information

長岡市立図書館資料収集方針等目次

長岡市立図書館資料収集方針等目次 長 岡 市 立 図 書 館 資 料 選 定 基 準 平 成 5 年 3 月 31 日 制 定 平 成 20 年 2 月 1 日 改 正 平 成 21 年 12 月 1 日 改 正 1 原 則 長 岡 市 立 図 書 館 の 資 料 収 集 方 針 に 従 って 各 館 の 規 模 や 機 能 といった 特 徴 を 踏 ま え 資 料 を 選 定 する さらに お 互 いに 資 料 収 集 を 分 担

More information

Taro-理事の手引き(最終案).jtd

Taro-理事の手引き(最終案).jtd 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 の 手 引 き 埼 玉 県 福 祉 部 福 祉 施 設 監 査 課 編 集 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 1 理 事 の 役 割 1 2 法 人 と 理 事 の 関 係 2 3 理 事 の 要 件 (1) 理 事 に 期 待 される 要 件 3 (2) 理 事 の 定 数 欠 員 の 補 充 4 (3) 理 事 の

More information

Microsoft Word - sennsyuu mennkyojyou 1.doc

Microsoft Word - sennsyuu mennkyojyou 1.doc 私 たち 養 護 教 諭 の 職 務 は 時 代 と 共 にかたちを 変 え,そのニーズに 応 えようと 学 ぶべき 研 修 内 容 も 変 化 してきました 県 内 には, 幅 広 い 年 齢 層 の 養 護 教 諭 が 勤 務 していますが,その 職 務 への 期 待 は 年 齢 に 関 係 ありません 静 岡 県 内 には, 与 えられた 研 修 だけでなく 自 ら 進 んで 資 質 向 上

More information

平成27年金沢市教育委員会第3回定例会議

平成27年金沢市教育委員会第3回定例会議 教 育 委 員 会 第 3 回 定 例 会 議 会 議 録 1 日 時 平 成 28 年 3 月 25 日 ( 金 ) 開 会 13 時 30 分 閉 会 14 時 32 分 2 会 場 金 沢 市 庁 舎 2 階 201 会 議 室 3 出 席 委 員 (6 名 ) 教 育 委 員 長 田 邊 俊 治 教 育 委 員 小 山 信 早 川 芳 子 岡 能 久 河 野 俊 寛 ( 教 育 長 ) 野

More information

法的な知識をもとに誠意をもって話し合おう

法的な知識をもとに誠意をもって話し合おう 解 雇 退 職 雇 止 めをめぐる 話 合 いQ&A ~ 法 律 と 法 的 な 考 え 方 をもとに 誠 実 に 話 し 合 おう~ Q28 社 長 から 解 雇 すると 言 われました 取 消 しを 求 めるにはどうすればいいですか 解 雇 の 問 題 を 解 決 する 基 本 的 な 方 法 は 労 働 者 と 使 用 者 との 自 主 的 な 話 合 いです 事 実 関 係 をひとつ ひとつ

More information

スライド 1

スライド 1 調 査 方 法 :インターネットアンケート 調 査 期 間 :2009 年 1 月 23 日 ~2 月 5 日 調 査 対 象 :ぱど 読 者 モニター ぱどめいと 回 答 人 数 614 人 神 奈 川 県 在 住 の 高 校 生 以 下 のお 子 さまをお 持 ちの 20~50 代 の 女 性 未 入 園 ~ 小 学 生 以 下 の 習 い 事 通 塾 幼 稚 園 小 学 校 受 験 などなど

More information

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか 大 阪 府 警 察 処 務 規 程 昭 和 30 年 8 月 26 日 本 部 訓 令 第 31 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 事 務 の 専 決 及 び 代 決 ( 第 5 条 第 13 条 ) 第 3 章 文 書 ( 第 14 条 第 15 条 ) 第 4 章 削 除 第 5 章 公 印 ( 第 19 条 ) 第 6 章 関 係 者 等 の 招 致

More information

プレス・カンファレンス用配付資料

プレス・カンファレンス用配付資料 第 6 回 男 女 の 生 活 と 意 識 に 関 する 調 査 結 果 ( 概 要 ) 調 査 は 国 民 男 女 の 生 活 と 意 識 について 知 る 目 的 で 行 われました 現 在 の 日 本 における 性 や 妊 娠 避 妊 中 絶 や 少 子 化 などに 関 する 男 女 の 意 識 と 行 動 がいかな るものかを さまざまな 側 面 から 分 析 することを 目 的 として 調

More information

<32303135313130355F8BD595BD92AC906C8CFB83728357838783932E786477>

<32303135313130355F8BD595BD92AC906C8CFB83728357838783932E786477> 琴 平 町 人 口 ビジョン 平 成 27 年 1 月 琴 平 町 目 次 1 章 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 1 1.1 人 口 ビジョンの 策 定 の 目 的... 1 1.2 人 口 ビジョンの 期 間... 1 2 章 人 口 の 現 状 分 析... 2 2.1 人 口 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移 と 将 来 推 計... 2 (2) 年 齢 3

More information

平 成 9 年

平 成 9 年 平 成 2 8 年 高 松 市 教 育 委 員 会 6 月 定 例 会 会 議 録 ( 抄 本 ) 6 月 22 日 ( 水 ) 開 会 6 月 22 日 ( 水 ) 閉 会 出 席 し た 教 育 長 及 び 委 員 教 育 長 藤 本 泰 雄 神 内 仁 委 員 木 場 巳 男 藤 本 英 子 葛 西 優 子 欠 席 し た 教 育 長 及 び 委 員 説 明 のため 会 議 に 出 席 した

More information

資料3 課題探究型学習でつけたい力・ついた力(京都市立堀川高等学校発表資料)

資料3 課題探究型学習でつけたい力・ついた力(京都市立堀川高等学校発表資料) 平 成 25 年 7 月 31 日 京 都 市 立 堀 川 高 等 学 校 飯 澤 功 育 成 すべき 資 質 能 力 を 踏 まえた 教 育 目 標 内 容 と 評 価 の 在 り 方 に 関 する 検 討 会 ( 第 7 回 ) 資 料 課 題 探 究 型 学 習 でつけたい 力 とついた 力 資 料 3 1. 堀 川 高 校 における 課 題 探 究 型 学 習 とはどんなものか? 1.1 探

More information

防犯カメラの設置及び運用に関するガイドライン

防犯カメラの設置及び運用に関するガイドライン 成 田 市 防 犯 カメラの 設 置 及 び 運 用 に 関 するガイドライン 地 域 の 防 犯 活 動 として 公 道 上 に 設 置 する 防 犯 カメラ ガイドライン 策 定 の 目 的 成 田 市 では 成 田 市 防 犯 まちづくり 推 進 条 例 ( 平 成 19 年 10 月 1 日 施 行 ) 及 び 成 田 市 防 犯 まちづくり 推 進 計 画 に 基 づき 市 民 が 犯 罪

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083528373815B20816020303594AD8CBE97768E7C208CF68A4A94C5>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083528373815B20816020303594AD8CBE97768E7C208CF68A4A94C5> 平 成 25 度 第 1 回 移 動 教 育 委 員 会 懇 談 会 発 言 要 旨 開 催 日 平 成 25 年 5 月 22 日 ( 水 ) 会 場 静 岡 県 立 農 林 大 学 校 教 職 員 との 懇 談 会 14:40~15:30 参 加 者 静 岡 県 立 農 林 大 学 校 班 長 主 幹 主 査 担 当 職 員 静 岡 県 教 育 委 員 会 教 育 委 員 会 教 育 委 員 長

More information

目 次 1.はじめに 学 校 施 設 の 現 状 (1) 学 校 施 設 の 現 状 (2)これまでの 学 校 施 設 の 改 築 改 修 の 経 過 木 造 校 舎 の 不 燃 化 事 業 創 意 ある 教

目 次 1.はじめに 学 校 施 設 の 現 状 (1) 学 校 施 設 の 現 状 (2)これまでの 学 校 施 設 の 改 築 改 修 の 経 過 木 造 校 舎 の 不 燃 化 事 業 創 意 ある 教 中 野 区 立 小 中 学 校 施 設 整 備 計 画 平 成 26 年 10 月 中 野 区 教 育 委 員 会 目 次 1.はじめに... - 1-2. 学 校 施 設 の 現 状... - 1 - (1) 学 校 施 設 の 現 状... - 1 - (2)これまでの 学 校 施 設 の 改 築 改 修 の 経 過... - 2-1 木 造 校 舎 の 不 燃 化 事 業... - 2-2 創

More information