厚生年金基金の制度改正201404

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "厚生年金基金の制度改正201404"

Transcription

1 厚 生 年 金 基 金 の 制 度 改 正 に 係 る 解 説 ~ 政 省 令 告 示 の 公 布 および 通 知 の 発 出 を 受 けて~ 2014 年 4 月 AD908- 年 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved.

2 はじめに 2013( 平 成 25) 年 6 月 19 日 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しおよび 国 民 年 金 第 3 号 被 保 険 者 ( 専 業 主 婦 等 )の 加 入 記 録 不 整 合 の 解 消 を 目 的 とした 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 以 下 健 全 化 法 )が 可 決 成 立 し 同 月 26 日 付 で 公 布 されました 本 健 全 化 法 の 施 行 期 日 は 今 般 公 布 された 健 全 化 法 の 施 行 期 日 を 定 める 政 令 によ り 2014( 平 成 26) 年 4 月 1 日 とされています 本 資 料 は 今 般 の 改 正 内 容 のうち 本 年 3 月 24 日 以 降 に 公 布 発 出 された 政 省 令 告 示 通 知 にて 新 たに 判 明 した 事 項 を 含 めてご 案 内 するものです なお 本 資 料 の 内 容 は 本 年 4 月 1 日 時 点 の 情 報 に 基 づいており 今 後 の 社 会 保 障 審 議 会 企 業 年 金 部 会 での 検 討 結 果 等 によっては 内 容 が 一 部 変 更 となる 可 能 性 があります ので その 点 ご 留 意 いただきますようお 願 い 申 し 上 げます ( 今 般 新 たに 判 明 した(または 従 前 から 変 更 された) 箇 所 には と 記 載 ) Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. 1

3 目 次 1. 厚 生 年 金 基 金 制 度 見 直 しの 全 体 像 健 全 化 法 施 行 関 係 の 政 省 令 等 について 解 散 認 可 基 準 の 緩 和 最 低 責 任 準 備 金 特 例 解 散 の 見 直 し 今 後 の 財 政 運 営 他 制 度 への 移 行 支 援 健 全 化 法 施 行 後 の 企 業 年 金 連 合 会 ご 参 考 健 全 化 法 に 対 する 附 帯 決 議 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. 2

4 1. 厚 生 年 金 基 金 制 度 見 直 しの 全 体 像 (1) ~ 対 応 方 策 および 法 令 上 の 規 定 代 行 割 れ 基 金 の 早 期 解 散 対 応 等 特 例 解 散 制 度 の 見 直 し 解 散 プロセス 対 応 方 策 法 令 上 の 規 定 自 主 解 散 清 算 型 解 散 の 導 入 健 全 化 法 附 則 第 11~26 条 特 例 解 散 通 知 など 第 三 者 委 員 会 における 適 用 条 件 等 の 審 査 申 請 以 降 の 上 乗 せ 給 付 の 全 額 支 給 停 止 代 行 資 産 の 前 納 制 度 の 導 入 健 全 化 法 附 則 第 11~ 条 健 全 化 法 附 則 第 11~12 19 条 特 例 解 散 通 知 健 全 化 法 附 則 第 10 条 政 令 第 7 8 条 など 納 付 額 特 例 現 行 金 額 と 特 例 金 額 のいずれか 低 い 額 の 納 付 健 全 化 法 附 則 第 条 政 令 第 5 10 条 分 割 納 付 特 例 ( 納 付 計 画 ) 最 低 責 任 準 備 金 の 精 緻 化 解 散 認 可 基 準 の 緩 和 代 行 割 れを 未 然 に 防 ぐための 制 度 的 措 置 他 制 度 へ の 移 行 支 援 上 乗 せ 部 分 の 受 給 権 保 全 のための 移 行 支 援 策 企 業 年 金 の 選 択 肢 の 多 様 化 事 業 所 間 の 連 帯 債 務 の 見 直 し 利 息 の 固 定 金 利 化 納 付 期 間 の 延 長 ( 最 長 30 年 ) 代 行 給 付 費 の 算 定 方 法 の 見 直 し 政 令 第 条 特 例 解 散 通 知 健 全 化 法 附 則 第 条 告 示 11~13 健 全 化 法 附 則 第 条 政 令 第 条 など 告 示 3 など 厚 生 年 金 本 体 の 実 績 利 回 りの 適 用 時 期 のずれ( 期 ずれ)の 補 正 告 示 3 など 代 議 員 会 における 法 定 議 決 要 件 の 緩 和 (3/4 2/3) 健 全 化 法 附 則 第 5 条 による 読 み 替 え 事 業 主 加 入 員 における 事 前 手 続 要 件 の 緩 和 (3/4 2/3) 解 散 移 行 認 可 基 準 (2013/10/1 施 行 ) 解 散 理 由 要 件 の 撤 廃 解 散 移 行 認 可 基 準 (2013/10/1 施 行 ) 存 続 基 金 の 財 政 運 営 の 厳 格 化 ( 解 散 命 令 の 発 動 ) 健 全 化 法 附 則 第 33 条 財 政 運 営 基 準 解 散 計 画 代 行 返 上 計 画 による 財 政 運 営 省 令 第 44~47 条 財 政 運 営 基 準 存 続 基 金 のモニタリング 強 化 確 定 給 付 企 業 年 金 (DB)への 移 行 支 援 確 定 拠 出 年 金 (DC)への 移 行 支 援 業 務 報 告 書 通 知 財 政 運 営 基 準 健 全 化 法 附 則 第 35 条 政 令 第 40~42 条 など 政 令 第 3 条 による 読 み 替 え 第 4 条 退 職 給 付 の 再 建 支 援 解 散 移 行 認 可 基 準 第 1.2.(6) 中 小 企 業 退 職 金 共 済 ( 中 退 共 )へ 移 行 できる 仕 組 みの 創 設 承 認 認 可 事 項 の 緩 和 キャッシュ バランス プランの 制 度 設 計 の 弾 力 化 受 託 保 証 型 DBの 対 象 拡 大 健 全 化 法 附 則 第 36 条 政 令 第 43~46 条 など 省 令 第 2 3 条 による 改 正 など 省 令 第 2 条 による 改 正 設 立 認 可 取 扱 要 領 省 令 第 2 条 による 改 正 DB 法 令 解 釈 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. 3

5 1. 厚 生 年 金 基 金 制 度 見 直 しの 全 体 像 (2) ~ 制 度 見 直 しのプロセス 代 行 割 れリスクの 度 合 いに 応 じ 以 下 のプロセスで 対 応 することとしています 代 行 部 分 に 対 する 純 資 産 額 の 積 立 状 況 対 応 方 策 積 立 比 率 が1.5 以 上 健 全 な 基 金 他 制 度 (DB DC 等 )へ 移 行 または 存 続 積 立 比 率 が1.0 以 上 1.5 未 満 代 行 割 れ 予 備 軍 他 制 度 (DB DC 等 )へ 移 行 または 解 散 を 促 す 積 立 比 率 が1.0 未 満 代 行 割 れ 基 金 法 施 行 日 から5 年 以 内 の 早 期 解 散 を 促 す 積 代 立 行 状 部 況 分 に 対 す る 1.0 積 立 比 率 1.5または 最 低 積 立 基 準 額 のいずれかを 満 たす 水 準 代 行 割 れしていない 基 金 代 行 返 上 による 他 制 度 への 移 行 (または 通 常 解 散 ) 存 続 基 準 に 向 けた 財 政 運 営 解 散 計 画 または 代 行 返 上 計 画 の 策 定 代 行 割 れ 基 金 特 例 解 散 による 早 期 解 散 自 主 解 散 を 基 本 厚 生 労 働 大 臣 が 解 散 を 促 す 清 算 型 解 散 制 度 も 導 入 健 全 な 基 金 代 行 返 上 による 他 制 度 への 移 行 または 存 続 代 行 割 れ 予 備 軍 厚 生 労 働 大 臣 が 第 三 者 委 員 会 の 意 見 を 聴 いて 解 散 を 命 令 存 続 のための 基 準 最 低 責 任 準 備 金 1.5 または 最 低 積 立 基 準 額 施 行 日 代 行 割 れ 基 金 の 早 期 解 散 促 進 5 年 後 ( 特 例 解 散 の 申 請 期 限 ) 代 行 割 れを 未 然 に 防 ぐための 制 度 的 措 置 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. 4

6 1. 厚 生 年 金 基 金 制 度 見 直 しの 全 体 像 (3) ~ 施 行 までの 主 なスケジュール 2013( 平 成 25) 年 2014( 平 成 26) 年 法 施 行 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 基 金 決 算 代 議 員 会 予 算 代 議 員 会 説 明 会 等 基 金 向 け 説 明 会 政 省 令 通 知 等 の 概 要 提 示 社 会 保 障 審 議 会 企 業 年 金 部 会 での 議 論 11~12 月 : 政 省 令 事 項 等 の 検 討 3 月 : 第 三 者 委 員 会 の 審 議 事 項 運 営 等 の 検 討 第 三 者 委 員 会 設 置 厚 生 労 働 省 法 令 等 ( 財 政 含 ) 政 省 令 告 示 案 の パブコメ 実 施 政 省 令 告 示 公 布 通 知 発 出 解 散 関 係 解 散 要 件 通 知 改 正 (10/1 施 行 ) 特 例 解 散 等 の 認 可 開 始 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. 5

7 2. 健 全 化 法 施 行 関 係 の 政 省 令 等 について(1) ~ 全 体 像 政 令 現 行 の 政 省 令 ( 厚 生 年 金 基 金 令 厚 生 年 金 基 金 規 則 )は 廃 止 され 健 全 化 法 施 行 に 伴 う 経 過 措 置 等 を 規 定 した 新 たな 政 省 令 が 措 置 されます 基 金 関 係 の 告 示 は 原 則 すべて 廃 止 され 整 理 統 合 のうえ 必 要 なもののみ 再 公 布 されます 基 金 関 係 の 通 知 は 原 則 として 現 行 通 知 の 一 部 改 正 等 により 対 応 されます 名 称 健 全 化 法 の 施 行 期 日 を 定 める 政 令 ( 平 成 26 年 3 月 24 日 政 令 第 72 号 ) 主 な 内 容 施 行 期 日 (2014( 平 成 26) 年 4 月 1 日 )の 規 定 健 全 化 法 の 施 行 に 伴 う 関 係 政 令 の 整 備 等 に 関 する 政 令 ( 平 成 26 年 3 月 24 日 政 令 第 73 号 ) 厚 生 年 金 基 金 令 ( 昭 和 41 年 政 令 第 324 号 )の 廃 止 確 定 給 付 企 業 年 金 法 施 行 令 ( 平 成 13 年 政 令 第 424 号 )に 関 する 所 要 の 規 定 の 整 備 確 定 給 付 企 業 年 金 法 の 規 定 に 基 づく 企 業 年 金 連 合 会 に 関 する 所 要 の 規 定 の 整 備 その 他 関 係 政 令 に 関 する 所 要 の 規 定 の 整 備 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. 6

8 2. 健 全 化 法 施 行 関 係 の 政 省 令 等 について(2) ~ 政 令 省 令 本 資 料 での 略 称 政 令 省 令 名 称 健 全 化 法 の 施 行 に 伴 う 経 過 措 置 に 関 する 政 令 ( 平 成 26 年 3 月 24 日 政 令 第 74 号 ) 健 全 化 法 の 施 行 に 伴 う 厚 生 労 働 省 関 係 省 令 の 整 備 等 及 び 経 過 措 置 に 関 する 省 令 ( 平 成 26 年 3 月 24 日 厚 生 労 働 省 令 第 20 号 ) 主 な 内 容 用 語 の 定 義 存 続 厚 生 年 金 基 金 に 係 る 技 術 的 読 み 替 え 等 最 低 責 任 準 備 金 および 減 額 最 低 責 任 準 備 金 の 算 出 方 法 前 納 額 の 基 準 および 還 付 物 納 に 関 する 技 術 的 読 み 替 え 納 付 額 特 例 の 認 定 要 件 納 付 猶 予 特 例 の 承 認 要 件 納 付 猶 予 期 間 の 延 長 ( 最 長 30 年 )に 係 る 認 定 要 件 清 算 型 基 金 の 指 定 要 件 DBおよび 中 退 共 への 残 余 財 産 の 交 付 に 係 る 規 定 の 整 備 DCへの 残 余 財 産 の 移 換 脱 退 一 時 金 の 移 換 申 出 存 続 連 合 会 に 関 する 経 過 措 置 など 厚 生 年 金 基 金 規 則 ( 昭 和 41 年 厚 生 省 令 第 34 号 )の 廃 止 DB DCに 係 る 手 続 要 件 の 緩 和 キャッシュ バランス プランの 給 付 設 計 の 弾 力 化 受 託 保 証 型 DBの 拡 大 回 復 計 画 に 係 る 経 過 措 置 の 延 長 など 年 金 数 理 人 の 要 件 に 係 る 規 定 の 整 備 最 低 責 任 準 備 金 の 減 額 申 請 に 係 る 手 続 特 例 解 散 の 認 定 要 件 における 掛 金 水 準 の 計 算 方 法 等 自 主 解 散 型 納 付 計 画 清 算 型 納 付 計 画 清 算 計 画 および 清 算 未 了 特 定 基 金 型 納 付 計 画 の 提 出 および 記 載 事 項 存 続 基 金 から 移 行 したDBの 掛 金 算 定 の 特 例 中 退 共 への 残 余 財 産 の 交 付 に 係 る 規 定 の 整 備 解 散 計 画 代 行 返 上 計 画 の 提 出 および 記 載 事 項 物 納 に 関 する 規 定 の 整 備 など Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. 7

9 2. 健 全 化 法 施 行 関 係 の 政 省 令 等 について(3) ~ 告 示 ( 廃 止 再 編 ) 告 示 1 告 示 2 告 示 3 告 示 4 告 示 5 告 示 6 告 示 7 告 示 8 本 資 料 での 略 称 廃 止 される 告 示 新 たに 公 布 される 告 示 過 去 期 間 代 行 給 付 現 価 の 計 算 方 法 DBへの 権 利 義 務 の 移 転 に 係 る 現 価 相 当 額 最 低 責 任 準 備 金 の 算 出 方 法 最 低 責 任 準 備 金 の 特 例 額 の 算 出 方 法 解 散 基 金 加 入 員 に 係 る 移 換 額 年 金 受 給 権 者 に 係 る 現 価 相 当 額 非 継 続 基 準 に 用 い る 予 定 利 率 および 予 定 死 亡 率 現 行 特 例 解 散 にお ける 納 付 猶 予 に 係 る 利 率 厚 生 年 金 保 険 法 附 則 第 三 十 条 第 二 項 に 規 定 する 過 去 期 間 代 行 給 付 現 価 の 額 の 計 算 方 法 ( 平 成 16 年 9 月 29 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 359 号 ) 確 定 給 付 企 業 年 金 法 第 百 十 条 の 二 第 六 項 の 規 定 により 読 み 替 えて 適 用 する 厚 生 年 金 保 険 法 第 百 六 十 一 条 第 一 項 の 現 価 相 当 額 の 計 算 方 法 ( 平 成 17 年 6 月 29 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 266 号 ) 健 全 化 法 附 則 第 五 条 第 一 項 の 規 定 によりなおその 効 力 を 有 するもの とされた 同 法 第 一 条 の 規 定 による 改 正 前 の 厚 生 年 金 保 険 法 附 則 第 三 十 条 第 二 項 に 規 定 する 過 去 期 間 代 行 給 付 現 価 の 額 の 計 算 方 法 ( 平 成 26 年 3 月 24 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 93 号 ) 健 全 化 法 の 施 行 に 伴 う 経 過 措 置 に 関 する 政 令 第 三 条 第 一 項 の 規 定 により 読 み 替 えて 適 用 する 健 全 化 法 附 則 第 五 条 第 一 項 の 規 定 により なおその 効 力 を 有 するものとされた 同 法 第 二 条 の 規 定 による 改 正 前 の 確 定 給 付 企 業 年 金 法 第 百 十 条 の 二 第 六 項 の 規 定 により 読 み 替 え られた 健 全 化 法 附 則 第 八 条 に 規 定 する 現 価 相 当 額 の 計 算 方 法 ( 平 成 26 年 3 月 24 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 94 号 ) 厚 生 年 金 保 険 法 第 八 十 五 条 の 二 に 規 定 する 責 任 準 備 金 に 相 当 する 額 の 算 出 方 法 ( 昭 和 50 年 1 月 31 日 厚 生 省 告 示 第 32 号 ) 健 全 化 法 附 則 第 八 条 に 規 定 する 責 任 準 備 金 相 当 額 の 算 出 方 法 厚 生 年 金 保 険 法 第 八 十 五 条 の 二 に 規 定 する 責 任 準 備 金 ( 平 成 26 年 3 月 24 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 95 号 ) に 相 当 する 額 の 算 出 方 法 に 関 する 特 例 ( 平 成 11 年 9 月 3 日 厚 生 省 告 示 第 192 号 ) 厚 生 年 金 基 令 第 六 十 五 条 の 規 定 による 特 定 基 金 が 解 散 する 場 合 における 責 任 準 備 金 相 当 額 の 特 例 の 額 の 算 定 方 法 ( 平 成 16 年 9 月 29 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 361 号 ) 解 散 基 金 加 入 員 に 係 る 厚 生 年 保 険 法 第 百 六 十 五 条 第 四 項 に 規 定 する 年 金 給 付 等 積 立 金 の 額 の 計 算 方 法 ( 平 成 17 年 6 月 29 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 265 号 ) 中 途 脱 退 者 が 老 齢 年 金 給 付 を 受 ける 権 利 を 取 得 した 場 合 における 現 価 相 当 額 ( 平 成 16 年 9 月 29 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 358 号 ) 厚 生 年 金 基 金 令 第 三 十 九 条 の 三 第 三 項 に 規 定 する 予 利 利 率 及 び 予 定 死 亡 率 ( 平 成 9 年 3 月 31 日 厚 生 省 告 示 第 83 号 ) 厚 生 年 金 保 険 法 附 則 第 三 十 六 条 第 一 項 各 号 に 規 定 する 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 利 率 ( 平 成 17 年 6 月 29 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 272 号 ) 健 全 化 法 の 施 行 に 伴 う 経 過 措 置 に 関 する 政 令 第 十 条 の 規 定 による 自 主 解 散 型 基 金 等 が 解 散 する 場 合 における 責 任 準 備 金 相 当 額 の 特 例 の 額 の 算 定 方 法 ( 平 成 26 年 3 月 24 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 96 号 ) 解 散 基 金 加 入 員 に 係 る 健 全 化 法 附 則 第 五 十 三 条 第 四 項 に 規 定 する 年 金 給 付 等 積 立 金 の 額 の 計 算 方 法 ( 平 成 26 年 3 月 24 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 98 号 ) 基 金 中 途 脱 退 者 に 係 る 健 全 化 法 附 則 第 五 十 三 条 第 四 項 に 規 定 する 年 金 給 付 等 積 立 金 の 額 の 計 算 方 法 ( 平 成 26 年 3 月 24 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 99 号 ) 健 全 化 法 の 施 行 に 伴 う 経 過 措 置 に 関 する 政 令 第 三 条 第 二 項 の 規 定 によりなおその 効 力 を 有 するものとされた 健 全 化 法 の 施 行 に 伴 う 関 係 政 令 の 整 備 等 に 関 する 政 令 第 一 条 の 規 定 による 廃 止 前 の 厚 生 年 金 基 金 令 第 三 十 九 条 の 三 第 三 項 に 規 定 する 予 定 利 率 及 び 予 定 死 亡 率 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 169 号 ) 健 全 化 法 附 則 第 二 十 八 条 第 一 項 又 は 第 三 項 の 規 定 によりなおその 効 力 を 有 するものとされた 同 法 第 一 条 の 規 定 による 改 正 前 の 厚 生 年 金 保 険 法 附 則 第 三 十 六 条 第 一 項 各 号 に 規 定 する 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 利 率 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 170 号 ) Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. 8

10 2. 健 全 化 法 施 行 関 係 の 政 省 令 等 について(4) ~ 告 示 ( 新 設 ) 本 資 料 での 略 称 告 示 9 名 称 健 全 化 法 附 則 第 三 十 条 第 五 項 第 二 号 及 び 第 四 号 に 規 定 する 調 整 利 率 ( 平 成 26 年 3 月 24 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 97 号 ) 主 な 内 容 清 算 未 了 特 定 基 金 の 調 整 利 率 に 関 する 規 定 告 示 10 健 全 化 法 附 則 第 三 十 六 条 第 三 項 第 一 号 及 び 第 八 項 の 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 利 率 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 155 号 ) 厚 生 年 金 基 金 から 中 退 共 への 移 換 金 に 付 利 する 率 に 関 する 規 定 告 示 11 健 全 化 法 附 則 第 十 六 条 第 二 項 に 規 定 する 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 率 ( 公 布 予 定 ) 自 主 解 散 型 加 算 金 利 率 に 関 する 規 定 告 示 12 健 全 化 法 附 則 第 二 十 三 条 において 準 用 する 第 十 六 条 第 二 項 に 規 定 する 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 率 ( 公 布 予 定 ) 清 算 型 加 算 金 利 率 に 関 する 規 定 告 示 13 健 全 化 法 附 則 第 三 十 二 条 において 準 用 する 第 十 六 条 第 二 項 に 規 定 する 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 率 ( 公 布 予 定 ) 清 算 未 了 特 定 基 金 型 加 算 金 利 率 に 関 する 規 定 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. 9

11 2. 健 全 化 法 施 行 関 係 の 政 省 令 等 について(5) ~ 通 知 ( 新 設 改 正 ) 新 設 通 知 本 資 料 での 略 称 名 称 主 な 内 容 特 例 解 散 通 知 改 正 通 知 健 全 化 法 等 の 施 行 について ( 平 成 26 年 3 月 24 日 年 発 0324 第 1 号 ) 健 全 化 法 等 の 施 行 に 伴 う 通 知 等 の 取 扱 いについて ( 平 成 26 年 3 月 24 日 年 発 0324 第 2 号 ) 自 主 解 散 型 基 金 等 の 解 散 に 関 する 特 例 について ( 平 成 26 年 3 月 24 日 年 発 0324 第 3 号 ) 健 全 化 法 の 趣 旨 および 政 省 令 等 の 内 容 に 関 する 規 定 健 全 化 法 の 施 行 に 伴 う 通 知 の 読 み 替 え 等 に 関 する 規 定 共 通 事 項 ( 将 来 返 上 前 納 公 表 等 ) 納 付 額 特 例 および 納 付 計 画 の 要 件 手 続 提 出 書 類 等 納 付 猶 予 期 間 延 長 ( 最 長 30 年 )の 認 定 要 件 など 本 資 料 での 略 称 改 正 前 の 通 知 名 改 正 通 知 解 散 移 行 認 可 基 準 財 政 運 営 基 準 設 立 認 可 基 準 厚 生 年 金 基 金 の 解 散 及 び 移 行 認 可 について ( 平 成 9 年 3 月 31 日 年 発 第 1682 号 ) 厚 生 年 金 基 金 の 解 散 及 び 清 算 について ( 昭 和 50 年 2 月 19 日 年 発 第 236 号 ) 厚 生 年 金 基 金 の 財 政 運 営 について ( 平 成 8 年 6 月 27 日 年 発 第 3321 号 ) 厚 生 年 金 基 金 の 設 立 認 可 について ( 昭 和 41 年 9 月 27 日 年 発 第 363 号 ) 厚 生 年 金 基 金 の 分 割 に 伴 う 資 産 の 分 割 について ( 平 成 3 年 10 月 17 日 年 発 第 5941 号 ) 厚 生 年 金 基 金 における 決 算 事 務 の 取 扱 いについて ( 平 成 8 年 6 月 27 日 年 発 第 3323 号 ) 代 行 保 険 料 率 の 算 定 に 関 する 取 扱 いについて ( 平 成 7 年 3 月 30 日 年 発 第 1510 号 ) 厚 生 年 金 基 金 の 年 金 給 付 等 積 立 金 の 評 価 方 法 について ( 平 成 16 年 3 月 16 日 年 発 第 号 ) 厚 生 年 金 基 金 の 解 散 及 び 移 行 認 可 について の 一 部 改 正 について ( 平 成 26 年 3 月 24 日 年 発 0324 第 4 号 ) 厚 生 年 金 基 金 の 解 散 及 び 清 算 について の 一 部 改 正 について ( 平 成 26 年 3 月 24 日 年 発 0324 第 5 号 ) 厚 生 年 金 基 金 の 財 政 運 営 について 等 の 一 部 改 正 等 について ( 平 成 26 年 3 月 24 日 年 発 0324 第 6 号 ) Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. 10

12 2. 健 全 化 法 施 行 関 係 の 政 省 令 等 について(6) ~ 通 知 ( 改 正 ) 本 資 料 での 略 称 改 正 前 の 通 知 名 改 正 通 知 DB 法 令 解 釈 業 務 報 告 書 通 知 設 立 認 可 基 準 取 扱 要 領 DB 承 認 認 可 基 準 移 行 代 行 返 上 通 知 DC 承 認 基 準 年 金 数 理 関 係 書 類 の 年 金 数 理 人 による 確 認 等 について ( 昭 和 63 年 8 月 26 日 年 発 第 2658 号 ) 確 定 給 付 企 業 年 金 制 度 について ( 平 成 14 年 3 月 29 日 年 発 第 号 ) 厚 生 年 金 基 金 の 事 業 運 営 について ( 昭 和 41 年 11 月 30 日 年 発 第 549 号 ) 厚 生 年 金 基 金 の 業 務 報 告 書 の 様 式 について ( 平 成 10 年 10 月 14 日 企 国 発 30 号 ) 厚 生 年 金 基 金 の 設 立 要 件 について ( 平 成 元 年 3 月 29 日 企 年 発 第 23 号 年 数 発 第 4 号 ) 厚 生 年 金 基 金 の 設 立 合 併 及 び 分 割 等 の 認 可 申 請 等 の 手 続 に ついて ( 平 成 8 年 6 月 27 日 企 国 発 第 33 号 年 数 発 第 6 号 ) 厚 生 年 金 基 金 が 支 給 する 年 金 の 支 給 停 止 を 行 う 場 合 等 の 厚 生 年 金 保 険 の 年 金 額 等 の 確 認 方 法 について ( 平 成 7 年 2 月 28 日 企 国 発 第 30 号 ) 確 定 給 付 企 業 年 金 の 規 約 の 承 認 及 び 認 可 の 基 準 等 について ( 平 成 14 年 3 月 29 日 年 企 発 第 号 年 運 発 第 号 ) 厚 生 年 金 基 金 から 確 定 給 付 企 業 年 金 に 移 行 ( 代 行 返 上 )する 際 の 手 続 及 び 物 納 に 係 る 要 件 手 続 等 について ( 平 成 15 年 5 月 30 日 年 企 発 第 号 年 運 発 第 号 ) 確 定 拠 出 年 金 の 企 業 型 年 金 規 約 に 係 る 規 約 の 承 認 基 準 等 につ いて ( 平 成 13 年 9 月 27 日 企 国 発 第 18 号 ) 厚 生 年 金 基 金 における 事 業 運 営 基 準 の 取 扱 いについて ( 昭 和 42 年 3 月 28 日 年 企 発 第 20 号 ) 企 業 年 金 等 の 通 算 措 置 に 係 る 事 務 取 扱 準 則 について ( 平 成 17 年 7 月 5 日 年 企 発 第 号 ) 年 金 数 理 関 係 書 類 の 年 金 数 理 人 による 確 認 等 について の 一 部 改 正 について ( 平 成 26 年 3 月 24 日 年 発 0324 第 7 号 ) 確 定 給 付 企 業 年 金 制 度 について の 一 部 改 正 について ( 平 成 26 年 3 月 24 日 年 発 0324 第 8 号 ) 厚 生 年 金 基 金 の 事 業 運 営 について の 一 部 改 正 について ( 平 成 26 年 3 月 24 日 年 発 0324 第 9 号 ) 厚 生 年 金 基 金 の 業 務 報 告 書 の 様 式 について 等 の 一 部 改 正 について ( 平 成 26 年 3 月 24 日 年 企 発 0324 第 1 号 ) 確 定 給 付 企 業 年 金 の 規 約 の 承 認 及 び 認 可 の 基 準 等 につ いて の 一 部 改 正 について ( 平 成 26 年 3 月 24 日 年 企 発 0324 第 2 号 ) 厚 生 年 金 基 金 から 確 定 給 付 企 業 年 金 に 移 行 ( 代 行 返 上 )す る 際 の 手 続 及 び 物 納 に 係 る 要 件 手 続 等 について の 一 部 改 正 について ( 平 成 26 年 3 月 24 日 年 企 発 0324 第 3 号 ) 確 定 拠 出 年 金 の 企 業 型 年 金 規 約 に 係 る 規 約 の 承 認 基 準 等 について の 一 部 改 正 について ( 平 成 26 年 3 月 24 日 年 企 発 0324 第 4 号 ) 厚 生 年 金 基 金 における 事 業 運 営 基 準 の 取 扱 いについて 等 の 一 部 改 正 について ( 平 成 26 年 3 月 24 日 年 発 0324 第 5 号 ) ( 注 ) 厚 生 年 金 基 金 に 係 る 厚 生 年 金 保 険 法 第 百 七 十 八 条 の 二 に 基 づく 厚 生 労 働 大 臣 の 指 定 及 び 健 全 化 計 画 の 承 認 基 準 について( 平 成 17 年 8 月 9 日 年 発 号 )は 廃 止 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. 11

13 3. 解 散 認 可 基 準 の 緩 和 存 続 基 金 の 解 散 に 係 る 代 議 員 会 の 議 決 要 件 が 代 議 員 の 定 数 の4 分 の3 以 上 から3 分 の2 以 上 に 緩 和 されます 健 全 化 法 附 則 第 5 条 第 2 項 による 読 み 替 え この 緩 和 措 置 は 解 散 だけでなく 合 併 分 割 権 利 義 務 の 移 転 承 継 将 来 返 上 にも 適 用 されます 解 散 および 将 来 返 上 の 認 可 申 請 に 係 る 事 前 手 続 ( 同 意 ) 要 件 および 理 由 要 件 は 下 表 の 通 り2013( 平 成 25) 年 10 月 1 日 から 前 倒 しで 施 行 されています 解 散 移 行 認 可 基 準 第 1 2 ( 注 ) 代 議 員 会 の 議 決 要 件 の 緩 和 は 健 全 化 法 施 行 日 (2014( 平 成 26) 年 4 月 1 日 )から 適 用 改 正 前 (2013( 平 成 25) 年 9 月 30 日 まで) 改 正 後 (2013( 平 成 25) 年 10 月 1 日 以 降 ) 事 前 手 続 要 件 理 由 要 件 全 事 業 主 の4 分 の3 以 上 の 同 意 全 加 入 員 の4 分 の3 以 上 の 同 意 設 立 事 業 所 の 経 営 状 況 の 著 しい 悪 化 掛 金 の 著 しい 上 昇 による 負 担 困 難 加 入 員 数 の 減 少 など 全 事 業 主 の3 分 の2 以 上 の 同 意 全 加 入 員 の3 分 の2 以 上 の 同 意 ( 全 廃 ) 将 来 返 上 の 認 可 申 請 の 際 に 基 金 を 将 来 解 散 する 旨 の 同 意 を 事 業 主 加 入 員 および 労 働 組 合 から 併 せて 得 てい る 場 合 は 当 該 同 意 は 解 散 認 可 申 請 時 においても 有 効 とされます 労 働 組 合 の 同 意 条 件 ならびに 給 付 減 額 の 同 意 要 件 については 今 般 の 制 度 改 正 では 変 更 されていません Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. 12

14 4. 最 低 責 任 準 備 金 (1) ~ 算 定 方 法 のイメージ 最 低 責 任 準 備 金 の 算 定 方 法 は 1999( 平 成 11) 年 10 月 より 元 利 合 計 方 式 (コロガシ 方 式 )が 採 用 されており 健 全 化 法 施 行 後 も 基 本 的 には 改 正 前 と 同 じ 仕 組 みとなっています 健 全 化 法 附 則 第 8 条 政 令 第 5 条 納 付 額 特 例 ( 26ページ)の 認 定 を 受 けた 際 に 適 用 される 特 例 額 ( 減 額 最 低 責 任 準 備 金 )は 基 金 設 立 時 から 起 点 してコロガシ 計 算 を 行 うこと 等 により 算 定 します 健 全 化 法 附 則 第 11 条 第 7 項 政 令 第 10 条 + 代 行 給 付 に 係 る 収 入 ( 免 除 保 険 料 受 換 金 等 ) - 代 行 給 付 に 係 る 支 出 ( 代 行 給 付 費 移 換 金 等 ) + 厚 生 年 金 本 体 利 回 りによる 利 息 最 低 責 任 準 備 金 1999( 平 成 11) 年 9 月 末 最 低 責 任 準 備 金 N 年 度 末 減 額 最 低 責 任 準 備 金 コロガシ 金 額 または 年 金 資 産 のいずれ か 大 きい 方 の 額 基 金 設 立 時 解 散 時 点 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. 13

15 4. 最 低 責 任 準 備 金 (2) ~ 算 定 方 法 の 見 直 し( 精 緻 化 ) 最 低 責 任 準 備 金 の 算 定 方 法 の 見 直 し( 精 緻 化 ) 措 置 として 代 行 給 付 費 の 算 定 方 法 の 見 直 し ならびに 厚 生 年 金 本 体 の 実 績 利 回 りの 適 用 時 期 のずれ( 期 ずれ)の 補 正 等 の 措 置 が 実 施 されます 政 令 第 5 条 告 示 3 財 政 運 営 ( 解 散 代 行 返 上 計 画 を 除 く)においては 8 号 方 式 による 代 行 給 付 費 の 算 定 では 年 齢 別 3 段 階 係 数 期 ずれは 補 正 後 の 使 用 が 原 則 となります なお 2013( 平 成 25) 年 度 財 政 決 算 では 改 正 前 の 基 準 ( 一 律 お よび 期 ずれ 補 正 前 )を 用 いるほか 2013( 平 成 25) 年 度 末 を 基 準 日 とする 財 政 計 算 においては 改 正 前 および 改 正 後 いずれかの 基 準 を 選 択 適 用 することが 認 められています 代 行 給 付 費 の 算 定 方 法 の 見 直 し 8 号 方 式 の 係 数 の 補 正 みなし7 号 方 式 の 導 入 一 律 適 用 (0.875)から 受 給 者 の 年 齢 区 分 に 応 じた3 段 階 設 定 に 変 更 (2005( 平 成 17) 年 4 月 まで 遡 及 可 ) 65 歳 以 上 前 月 末 年 齢 64 歳 以 下 74 歳 以 下 75 歳 以 上 率 在 職 老 齢 年 金 および 雇 用 保 険 との 調 整 については 実 績 を 用 い それ 以 外 については 一 定 率 (0.998)を 用 いて 算 出 (1999( 平 成 11) 年 10 月 まで 遡 及 可 ) 解 散 代 行 返 上 時 にのみ 使 用 可 ( 財 政 計 算 等 ( 解 散 代 行 返 上 計 画 を 除 く)では 使 用 不 可 ) 厚 生 年 金 本 体 の 実 績 利 回 りの 適 用 時 期 のずれの 補 正 政 府 負 担 金 に 係 る 差 額 調 整 厚 生 年 金 本 体 の 運 用 実 績 利 回 りをそのまま 使 用 ( 期 ずれの 補 正 ) 厚 生 年 金 特 別 会 計 の 年 金 勘 定 の 決 算 が 確 定 していない 年 度 は 年 金 積 立 金 管 理 運 用 独 立 行 政 法 人 (GPIF)が 四 半 期 ごとに 公 表 する 公 的 年 金 の 運 用 結 果 を 使 用 2005( 平 成 17) 年 4 月 1 日 から 解 散 日 までの 政 府 負 担 金 について 0.875で 算 定 したものと 年 齢 別 3 段 階 係 数 で 算 定 したものの 差 を 最 低 責 任 準 備 金 から 控 除 可 能 解 散 代 行 返 上 時 および 解 散 代 行 返 上 計 画 ( 36~38ページ)において 使 用 可 能 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. 14

16 4. 最 低 責 任 準 備 金 (3) ~ 解 散 時 の 最 低 責 任 準 備 金 施 行 日 から5 年 以 内 に 認 可 申 請 を 行 った 基 金 が 通 常 解 散 特 例 解 散 または 代 行 返 上 を 行 う 際 の 最 低 責 任 準 備 金 の 算 定 においては 前 述 の 精 緻 化 措 置 の 適 用 の 有 無 を 比 較 選 択 することが 可 能 です なお 一 部 の 選 択 肢 の 使 用 については 代 議 員 会 の 議 決 が 必 要 となります 告 示 3 代 行 給 付 費 の 算 定 方 法 ( 2) 通 常 解 散 代 行 返 上 特 例 解 散 最 低 責 任 準 備 金 最 低 責 任 準 備 金 減 額 最 低 責 任 準 備 金 期 ずれ 補 正 前 ( 4) 期 ずれ 補 正 後 期 ずれ 補 正 前 ( 4) 期 ずれ 補 正 後 期 ずれ 補 正 前 ( 4) 期 ずれ 補 正 後 7 号 方 式 ( 3) みなし7 号 方 式 ( 4) 8 号 方 式 ( 4) ( 1) を 原 則 とするが 健 全 化 法 施 行 日 から5 年 間 に 限 り も 選 択 可 能 年 齢 区 分 別 3 段 階 係 数 一 律 係 数 (0.875) ( 2) 代 行 給 付 費 の 算 定 方 法 は 一 つの 方 式 を 継 続 して 使 用 すること( 月 毎 の 変 更 は 不 可 ) ただし 簡 便 な 方 式 からより 精 緻 な 方 式 への 変 更 は 可 能 ( 3) 代 行 給 付 費 の 算 定 方 法 のうち 7 号 方 式 は 過 去 に 採 用 実 績 がなく 実 務 負 担 も 大 きいため 現 実 的 な 選 択 肢 にはなり 得 ないものと 考 えられる ( 4) 代 議 員 会 での 議 決 が 必 要 な 場 合 は 以 下 の 通 り 期 ずれ 補 正 前 の 利 回 りを 使 用 する 場 合 みなし7 号 方 式 を 使 用 する 場 合 8 号 方 式 で 2005( 平 成 17) 年 4 月 から2014( 平 成 26) 年 3 月 までの 間 は 年 齢 区 分 別 3 段 階 係 数 を 2014( 平 成 26) 年 4 月 以 降 は0.875をそれぞれ 使 用 する 場 合 政 府 負 担 金 に 係 る 差 額 調 整 ( 14ページ)を 行 う 場 合 解 散 計 画 を 提 出 し 納 付 猶 予 特 例 により 解 散 する 際 に 計 画 提 出 時 から 解 散 認 可 時 までの 代 行 割 れ 部 分 に 係 る 付 利 利 率 を10 年 国 債 利 回 りとする 場 合 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. 15

17 4. 最 低 責 任 準 備 金 (4) ~ 最 低 責 任 準 備 金 の 前 納 ( 先 行 返 還 ) 存 続 基 金 は 将 来 返 上 認 可 を 受 けることにより 最 低 責 任 準 備 金 の 全 部 または 一 部 を 前 納 することができます 健 全 化 法 附 則 第 10 条 政 令 第 7 8 条 告 示 特 例 解 散 通 知 第 1.4 解 散 移 行 認 可 基 準 第 4.2 申 請 書 記 載 事 項 添 付 書 類 前 納 する 旨 前 納 する 金 額 将 来 返 上 認 可 年 月 日 および 解 散 代 行 返 上 予 定 日 添 付 書 類 の 名 称 前 納 する 金 額 を 算 出 した 根 拠 となる 書 類 前 納 することを 議 決 した 代 議 員 会 議 事 録 納 付 すべき 金 額 を 定 めた 規 約 前 納 額 の 基 準 前 納 額 の 還 付 利 息 分 の 控 除 そ の 他 年 金 給 付 等 積 立 金 から 前 納 額 を 控 除 した 額 が 前 納 日 から 解 散 ( 消 滅 ) 日 までの 間 における 代 行 給 付 に 充 てるべき 積 立 金 の 額 を 上 回 るものであること 解 散 代 行 返 上 予 定 日 における 最 低 責 任 準 備 金 の 範 囲 内 となっていること 納 付 額 および 給 付 に 充 てる 必 要 額 は 一 定 の 前 提 をおいて 基 金 で 決 定 する( 規 約 で 定 める) 財 産 目 録 等 の 承 認 により 最 低 責 任 準 備 金 が 確 定 した 時 点 で 前 納 された 額 が 最 低 責 任 準 備 金 を 上 回 った 場 合 存 続 基 金 に 当 該 差 額 を 還 付 する 還 付 手 続 は 厚 生 労 働 省 から 送 付 される 還 付 請 求 書 により 行 う 解 散 代 行 返 上 までの 間 の 給 付 に 必 要 な 積 立 金 が 不 足 しても 前 納 分 の 返 還 はできない 前 納 された 額 に 係 る 前 納 日 から 解 散 日 までの 利 息 相 当 分 は 国 への 納 付 は 不 要 健 全 化 法 施 行 前 に 将 来 返 上 の 認 可 を 受 けていても 前 納 は 可 能 複 数 回 に 分 けて 前 納 することも 可 能 物 納 ( 17ページ)による 前 納 は 不 可 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. 16

18 4. 最 低 責 任 準 備 金 (5) ~ 最 低 責 任 準 備 金 の 物 納 / 最 低 責 任 準 備 金 の 確 定 存 続 基 金 は 一 定 の 要 件 を 満 たすことにより 最 低 責 任 準 備 金 の 一 部 について 債 券 株 式 その 他 の 有 価 証 券 等 により 物 納 することが 可 能 です 健 全 化 法 附 則 第 9 条 政 令 第 条 物 納 の 申 請 時 期 解 散 認 可 申 請 と 同 時 清 算 計 画 ( 24ページ)の 承 認 申 請 と 同 時 解 散 命 令 による 解 散 後 速 やかに 存 続 基 金 の 解 散 により 国 に 納 付 する 最 低 責 任 準 備 金 (または 減 額 最 低 責 任 準 備 金 )は 厚 生 労 働 大 臣 による 財 産 目 録 等 の 承 認 により 確 定 します 特 例 解 散 通 知 第 1.6 未 収 掛 金 の 取 扱 い 解 散 時 点 で 償 還 でき ない 資 産 の 取 扱 い 財 産 目 録 承 認 後 の 分 配 金 等 の 取 扱 い 解 散 認 可 申 請 時 における 未 収 掛 金 は 確 実 に 回 収 が 見 込 まれる 債 権 のみを 計 上 し 滞 納 処 分 を 行 っても 回 収 が 見 込 めないものは 速 やかに 不 納 欠 損 処 理 を 行 う 未 収 掛 金 の 整 理 は 財 産 目 録 の 承 認 申 請 までに 滞 納 処 分 を 含 め 速 やかに 完 了 させる 財 産 目 録 等 の 承 認 までに 未 収 掛 金 が 確 定 しない 場 合 は 当 該 未 収 掛 金 の 金 額 を0として 財 産 目 録 等 を 作 成 することが 可 能 なお 承 認 申 請 後 に 当 該 未 収 掛 金 の 徴 収 を 決 定 した 場 合 は 財 産 目 録 等 承 認 申 請 書 に 当 該 徴 収 する 旨 を 決 定 した 代 議 員 会 の 議 事 録 承 認 申 請 後 に 未 収 掛 金 相 当 額 を 徴 収 することとした 理 由 設 立 事 業 所 名 未 収 掛 金 相 当 額 完 済 予 定 日 を 記 した 文 書 を 添 付 すること 解 散 時 点 で 償 還 できない 資 産 を 保 有 している 場 合 は 速 やかにこれを 整 理 し 財 産 目 録 の 承 認 申 請 を 行 う 速 やかに 整 理 できないやむを 得 ない 事 情 がある 場 合 には 当 該 資 産 額 を0として 財 産 目 録 等 を 作 成 するこ とが 可 能 この 場 合 財 産 目 録 等 承 認 申 請 書 に 金 額 を0とした 資 産 の 名 称 当 該 資 産 の 償 還 予 定 額 償 還 予 定 年 月 日 速 やかに 整 理 できない 理 由 を 記 した 文 書 を 添 付 すること 財 産 目 録 の 申 請 後 未 収 掛 金 相 当 額 の 徴 収 償 還 金 等 の 支 払 い 損 害 賠 償 裁 判 等 の 判 決 の 確 定 によ る 分 配 金 を 受 けた 場 合 は 速 やかに 設 立 事 業 所 に 分 配 し 清 算 結 了 事 務 を 行 う 当 該 清 算 事 務 に 係 る 経 費 および 分 配 金 の 分 配 方 法 等 について あらかじめ 規 約 に 定 めること Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. 17

19 5. 特 例 解 散 の 見 直 し(1) ~ 申 請 前 の 事 前 準 備 1 施 行 日 から5 年 間 の 時 限 措 置 として 実 施 される 特 例 解 散 措 置 の 承 認 申 請 に 係 る 事 前 手 続 等 は 以 下 の 通 りです 省 令 第 条 特 例 解 散 通 知 第 1 第 2.2 第 3.2 標 準 的 な スケジュール 申 請 の 条 件 解 散 に 向 けた 将 来 返 上 認 可 事 前 確 認 全 体 的 なスケジュールは 特 例 解 散 通 知 別 紙 の 通 り 申 請 から 承 認 等 までの 標 準 的 処 理 時 間 は 概 ね3ヶ 月 とするが 当 該 申 請 等 の 内 容 を 補 正 するため さらに 期 間 を 要 する 場 合 あり 得 る 代 議 員 会 において 解 散 の 方 向 性 を 議 決 した 基 金 であること 申 請 日 前 1 月 以 内 現 在 における 年 金 給 付 等 積 立 金 が 最 低 責 任 準 備 金 を 下 回 っていること 記 録 整 理 を 速 やかにするため あらかじめ 将 来 返 上 の 認 可 を 受 けることが 望 ましい 将 来 返 上 したものの 特 例 解 散 が 認 められない 場 合 にあっては 通 常 解 散 を 行 うものとなる 特 例 措 置 の 承 認 要 件 の 適 合 の 可 否 等 について 厚 生 労 働 省 に 事 前 に 確 認 を 求 めることができる なお 第 三 者 委 員 会 への 意 見 聴 取 に 当 たっての 準 備 が 完 了 できた 旨 を 確 認 するものであり 特 例 措 置 の 承 認 等 を 厚 生 労 働 省 が 約 束 するものではない 事 前 確 認 届 出 書 の 記 載 内 容 参 考 様 式 1 希 望 する 特 例 措 置 ( 納 付 額 特 例 納 付 計 画 による 納 付 ) 特 例 措 置 を 希 望 する 理 由 設 立 事 業 所 確 認 のための 適 用 事 業 所 情 報 提 供 希 望 の 有 無 添 付 書 類 申 請 日 の 属 する 月 前 2 年 間 において 適 正 な 掛 金 を 徴 収 していたことを 証 する 書 類 様 式 第 4 号 その1 または 省 令 の 規 定 により 算 出 した 掛 金 水 準 およびその 算 出 基 礎 を 示 した 書 類 様 式 第 4 号 その2 給 付 抑 制 のために 必 要 な 措 置 を 講 じていたことを 証 する 書 類 様 式 第 5 号 減 額 最 低 責 任 準 備 金 およびその 算 出 基 礎 を 示 した 書 類 様 式 第 6 号 納 付 額 特 例 を 希 望 する 場 合 のみ 事 業 主 ごとの 最 低 責 任 準 備 金 の 負 担 方 法 を 説 明 した 書 類 納 付 計 画 を 希 望 する 場 合 のみ 特 例 措 置 による 解 散 の 方 向 性 を 決 議 した 代 議 員 会 の 議 事 録 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. 18

20 5. 特 例 解 散 の 見 直 し(1) ~ 申 請 前 の 事 前 準 備 2 記 録 整 理 の 仮 完 了 設 立 事 業 所 の 整 理 申 請 を 行 うためには 存 続 基 金 の 加 入 員 等 に 係 る 記 録 整 理 が 仮 完 了 していることが 必 要 仮 完 了 とは 基 金 における 加 入 員 記 録 等 の 整 理 が 終 了 し 企 業 年 金 連 合 会 との 加 入 員 記 録 等 の 検 証 の 終 了 を 経 て 申 請 前 突 合 を1 度 以 上 実 施 し 不 備 記 録 を 基 金 が 修 正 した 後 の 状 態 をいう 年 金 局 企 業 年 金 国 民 年 金 基 金 課 は 連 合 会 から 申 請 前 突 合 を 行 った 旨 の 連 絡 を 受 けた 場 合 には その 旨 を 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 に 連 絡 することとする 規 約 に 記 載 されている 設 立 事 業 所 の 内 容 と 日 本 年 金 機 構 が 保 有 する 厚 生 年 金 適 用 事 業 所 情 報 とを 突 合 し 不 一 致 があった 場 合 は 必 要 に 応 じ 設 立 事 業 所 の 調 査 を 行 い 現 存 していない 事 業 所 については 規 約 変 更 によりあら かじめ 整 理 すること 解 散 認 可 申 請 と の 関 係 時 期 規 約 変 更 納 付 額 特 例 と 納 付 計 画 を 併 せて 申 請 する 場 合 には 原 則 として 同 時 に 行 うこと 特 例 措 置 に 係 る 申 請 は 原 則 として 解 散 認 可 の 申 請 と 同 時 に 行 うこと 特 例 措 置 に 係 る 下 記 の 規 約 変 更 の 認 可 申 請 は 解 散 の 認 可 申 請 までに 行 うこと 基 金 が 解 散 後 に 徴 収 することとなる 掛 金 ( 事 務 費 相 当 分 を 含 む)の 算 出 方 法 など 清 算 に 必 要 となる 事 項 設 立 事 業 所 の 事 業 主 ごとの 最 低 責 任 準 備 金 の 負 担 方 法 納 付 計 画 を 提 出 しない 事 業 主 ( 基 金 一 括 納 付 対 象 事 業 主 )を 連 帯 債 務 の 対 象 とする 場 合 ( 31ページ)において 当 該 基 金 一 括 納 付 対 象 事 業 主 が 事 業 を 廃 止 した 場 合 の 当 該 負 担 額 に 係 る 他 の 一 括 納 付 対 象 事 業 主 ごとの 負 担 方 法 財 産 目 録 承 認 申 請 時 に 未 収 債 権 等 がありこれらを0として 財 産 目 録 が 承 認 された 後 これらの 未 収 債 権 等 を 徴 収 した 場 合 の 事 業 主 への 分 配 方 法 経 費 負 担 方 法 方 針 変 更 上 乗 せ 給 付 の 支 給 停 止 解 散 認 可 時 期 データ 移 管 時 期 特 例 解 散 から 通 常 解 散 (またはその 逆 )へ 方 針 を 変 更 する 場 合 には その 旨 を 厚 生 局 に 報 告 すること 特 例 措 置 の 承 認 等 申 請 日 ( 清 算 型 基 金 の 場 合 は 指 定 日 )の 属 する 月 の 翌 月 支 給 分 から 支 給 を 停 止 事 業 主 加 入 員 および 受 給 者 等 へ 周 知 するという 観 点 から 速 やかに 規 約 変 更 を 行 うことが 望 ましい 代 行 給 付 の 国 からの 支 給 は 解 散 認 可 日 の 属 する 月 の 翌 月 分 以 降 から 開 始 されるため 当 該 支 給 に 係 る 処 理 に 要 する 期 間 等 を 考 慮 し 解 散 認 可 日 は 偶 数 月 の 場 合 は 当 月 上 旬 まで 奇 数 月 の 場 合 は 当 月 末 日 までを 原 則 とする 基 金 による 記 録 整 理 が 完 了 していなくても 解 散 認 可 日 から2 週 間 経 過 したときは 当 該 時 点 の 加 入 員 等 に 係 る 記 録 を 日 本 年 金 機 構 に 移 管 する Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. 19

21 5. 特 例 解 散 の 見 直 し(1) ~ 申 請 前 の 事 前 準 備 3 受 給 者 等 への 周 知 上 乗 せ 給 付 の 支 給 停 止 代 行 相 当 給 付 の 支 給 継 続 そ の 他 厚 生 労 働 大 臣 による 公 表 同 意 要 件 議 決 要 件 受 給 者 等 に 対 し あらかじめ 次 の 事 項 を 周 知 すること ただし4については 基 金 の 記 録 整 理 の 状 況 等 を 勘 案 し 各 基 金 の 判 断 により 必 要 に 応 じ 周 知 することとしても 差 し 支 えない 1 自 主 解 散 型 基 金 においては 特 例 措 置 の 承 認 等 の 申 請 をした 日 の 属 する 月 の 翌 月 から 支 給 停 止 となるこ と( 基 金 は 当 該 申 請 をした 場 合 は 速 やかに 支 給 停 止 通 知 を 送 付 する) 2 清 算 型 基 金 においては 清 算 型 基 金 の 指 定 を 受 けた 日 の 属 する 月 の 翌 月 から 支 給 停 止 となること( 基 金 は 当 該 指 定 を 受 けた 場 合 は 当 該 支 給 停 止 が 反 映 される 初 回 の 老 齢 年 金 給 付 支 給 日 までに 支 給 停 止 通 知 を 送 付 する) 3 特 例 措 置 の 承 認 を 受 けて 解 散 した 場 合 代 行 相 当 給 付 が 国 から 支 給 されること 4 記 録 整 理 の 状 況 によっては 国 からの 代 行 相 当 給 付 の 支 給 が 遅 れることがあり 得 ること 5 代 行 給 付 の 支 払 は 国 からの 支 払 に 係 る 口 座 に 行 われること 6 受 給 者 等 からの 問 合 せ 先 は 各 基 金 ( 解 散 認 可 日 後 は 設 立 事 業 所 の 事 業 主 も 含 む)とすること 厚 生 労 働 大 臣 は 特 例 措 置 の 承 認 等 をした 場 合 は 次 の 事 項 を1ヶ 月 以 内 に 厚 生 労 働 省 ホームページにおい て 公 表 する 基 金 の 名 称 最 低 責 任 準 備 金 および 減 額 最 低 責 任 準 備 金 納 付 額 特 例 の 場 合 最 低 責 任 準 備 金 ならびに 納 付 計 画 に 記 載 された 猶 予 を 受 けようとする 期 間 および 額 納 付 計 画 の 場 合 代 議 員 会 の 議 決 1 月 以 内 現 在 における 全 事 業 主 の3 分 の2 以 上 の 同 意 代 議 員 会 の 議 決 1 月 以 内 現 在 における 全 加 入 員 の3 分 の2 以 上 の 同 意 代 議 員 会 の 議 決 前 における 全 受 給 者 に 対 する 十 分 な 説 明 設 立 事 業 所 ごとに 加 入 員 の3 分 の1 以 上 で 組 織 する 労 働 組 合 がある 場 合 は 当 該 労 働 組 合 の 同 意 ( 当 該 労 働 組 合 が 複 数 あるときは その4 分 の3 以 上 の 同 意 ) 代 議 員 会 において 代 議 員 定 数 の3 分 の2 以 上 の 多 数 による 議 決 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. 20

22 5. 特 例 解 散 の 見 直 し(2) ~ 提 出 書 類 等 1 申 請 書 の 記 載 事 項 は 以 下 の 通 りです 特 例 解 散 通 知 第 2.3 第 3.3 基 金 事 業 主 記 載 内 容 納 付 額 特 例 納 付 計 画 特 例 措 置 を 関 係 書 類 を 添 えて 申 請 する 旨 申 請 の 理 由 解 散 しようとする 日 における 年 金 給 付 等 積 立 金 解 散 しようとする 日 における 最 低 責 任 準 備 金 解 散 しようとする 日 における 減 額 最 低 責 任 準 備 金 解 散 しようとする 日 における 設 立 事 業 所 の 納 付 猶 予 期 間 特 例 措 置 が 認 められない 場 合 の 解 散 認 可 申 請 の 取 扱 い 他 の 特 例 措 置 を 同 時 に 申 請 している 場 合 には その 旨 添 付 書 類 の 名 称 解 散 認 可 または 他 の 特 例 措 置 を 同 時 に 申 請 している 場 合 重 複 することとなる 添 付 書 類 の 名 称 および 添 付 先 基 金 および 設 立 事 業 所 の 事 業 主 の 納 付 計 画 の 総 括 表 様 式 7 設 立 事 業 所 が 特 別 な 事 情 により 基 金 を 経 由 せず 納 付 計 画 の 承 認 申 請 を 行 う 場 合 の 設 立 事 業 所 名 特 別 な 事 情 および 申 請 書 提 出 予 定 日 他 の 企 業 年 金 制 度 への 移 行 について 当 初 納 付 計 画 の 金 額 と 責 任 準 備 金 確 定 額 の 差 額 の 設 立 事 業 所 への 分 配 および 端 数 金 額 の 整 理 方 法 ( 当 該 分 配 方 法 等 を 規 定 した 規 約 を 添 付 ) 基 金 名 称 基 金 番 号 設 立 事 業 所 の 名 称 所 在 地 事 業 主 氏 名 管 轄 年 金 事 務 所 管 轄 年 金 事 務 所 が 管 理 している 事 業 所 整 理 記 号 および 事 業 所 番 号 ( 納 入 告 知 書 に 記 載 のもの) 添 付 書 類 の 名 称 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. 21

23 5. 特 例 解 散 の 見 直 し(2) ~ 提 出 書 類 等 2 申 請 書 の 添 付 書 類 は 以 下 の 通 りです 省 令 第 条 特 例 解 散 通 知 第 2.3 第 3.3 基 金 設 立 事 業 所 の 事 業 主 追 加 清 算 未 了 特 定 基 金 型 納 付 計 画 の 場 合 添 付 書 類 納 付 額 特 例 納 付 計 画 申 請 日 前 1ヶ 月 以 内 の 財 産 目 録 様 式 第 1 号 申 請 日 前 1ヶ 月 以 内 の 貸 借 対 照 表 様 式 第 2 号 様 式 第 3 号 に 関 するもの 年 金 数 理 人 の 確 認 書 様 式 第 4 号 その2 に 関 するもの 様 式 第 2 号 の2 様 式 第 6 号 に 関 するもの 最 低 責 任 準 備 金 およびその 算 出 基 礎 を 示 した 書 類 様 式 第 3 号 申 請 日 の 属 する 月 前 2 年 間 において 適 正 な 掛 金 を 徴 収 していたことを 証 する 書 類 様 式 第 4 号 その1 または 省 令 の 規 定 により 算 出 した 掛 金 水 準 およびその 算 出 基 礎 を 示 した 書 類 様 式 第 4 号 その2 給 付 抑 制 のために 必 要 な 措 置 を 講 じていたことを 証 する 書 類 様 式 第 5 号 減 額 最 低 責 任 準 備 金 およびその 算 出 基 礎 を 示 した 書 類 様 式 第 6 号 年 ごとの 金 額 の 支 払 予 定 月 および 金 額 様 式 第 10 号 ( 支 払 額 は 年 単 位 で 記 載 支 払 予 定 日 は 月 末 ) 設 立 事 業 所 の 事 業 主 の 収 支 状 況 を 示 す 書 類 様 式 第 11 号 清 算 未 了 特 定 基 金 の 同 意 書 参 考 様 式 6 ( 清 算 未 了 特 定 基 金 が 猶 予 額 を 納 付 できないやむを 得 ない 理 由 を 記 載 ) 旧 特 例 解 散 措 置 における 納 付 計 画 書 および 事 業 主 が 負 担 することとなっていた 額 が 確 認 できる 書 類 清 算 未 了 特 定 基 金 が 事 業 主 から 徴 収 した 金 額 が 確 認 できる 書 類 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. 22

24 5. 特 例 解 散 の 見 直 し(3) ~ 第 三 者 委 員 会 における 適 用 条 件 等 の 審 査 存 続 基 金 が 特 例 解 散 をするにあたり 法 令 に 定 める 認 定 承 認 要 件 に 該 当 するか 否 か 等 を 調 査 審 議 し 厚 生 労 働 大 臣 に 意 見 述 べるための 第 三 者 委 員 会 が 社 会 保 障 審 議 会 企 業 年 金 部 会 の 下 に 設 置 されます 委 員 会 名 厚 生 年 金 基 金 の 特 例 解 散 等 に 関 する 専 門 委 員 会 ( 仮 称 ) 委 員 会 の 構 成 開 催 頻 度 委 員 長 社 会 保 障 審 議 会 企 業 年 金 部 会 委 員 の 中 から 部 会 長 が 指 名 する 森 戸 英 幸 部 会 長 代 理 ( 慶 應 義 塾 大 学 大 学 院 法 務 研 究 科 教 授 )が 就 任 委 員 有 識 者 専 門 職 等 ( 労 使 の 協 力 も 得 て 人 選 ) 概 ね 月 に1 回 程 度 開 催 することを 予 定 委 員 会 の 開 催 状 況 等 については 定 期 的 に 部 会 に 報 告 される 情 報 開 示 委 員 会 の 調 査 審 議 は 非 公 開 とする 議 事 録 および 配 布 資 料 は 非 公 開 とするが 次 に 掲 げる 事 項 は 公 開 される 1 会 議 の 日 時 場 所 2 出 席 した 委 員 の 氏 名 ( 代 理 者 が 出 席 した 場 合 はその 旨 を 含 む) 3 特 例 解 散 の 申 請 をした 厚 生 年 金 基 金 の 名 称 4 委 員 会 の 議 事 の 要 旨 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. 23

25 5. 特 例 解 散 の 見 直 し(4) ~ 清 算 型 基 金 の 指 定 1 清 算 型 基 金 の 指 定 に 係 る 詳 細 は 以 下 の 通 りです 健 全 化 法 附 則 第 19 条 省 令 第 27 条 指 定 時 期 2013( 平 成 25) 年 度 決 算 から2017( 平 成 29) 年 度 決 算 まで ( 公 表 時 期 は 2014( 平 成 26) 年 秋 頃 から2018( 平 成 30) 年 秋 頃 まで) 指 定 要 件 ( 25ページご 参 照 ) 第 三 者 委 員 会 あらかじめ 第 三 者 委 員 会 の 意 見 を 聴 かなければならない 指 定 を 受 けた 場 合 の 措 置 将 来 返 上 上 乗 せ 給 付 の 全 額 支 給 停 止 ( 指 定 日 の 属 する 月 の 翌 月 から) 清 算 に 関 する 計 画 ( 清 算 計 画 )の 提 出 清 算 計 画 記 載 事 項 申 請 方 法 清 算 型 基 金 の 解 散 に 必 要 な 行 為 が 完 了 すると 見 込 まれる 日 特 例 措 置 ( 納 付 額 特 例 納 付 計 画 )の 申 請 をする 意 思 の 有 無 清 算 人 の 氏 名 ( 名 称 )および 住 所 代 議 員 定 数 の3 分 の2 以 上 の 多 数 による 議 決 を 経 て 厚 生 労 働 大 臣 に 提 出 清 算 計 画 の 承 認 申 請 をする 際 に 特 例 措 置 に 係 る 承 認 等 を 同 時 に 申 請 することができる 清 算 型 基 金 に 対 する 改 善 命 令 等 解 散 時 期 指 定 要 件 を 満 たす 基 金 であっても 今 後 の 基 金 の 方 向 性 について 適 切 な 検 討 が 行 われていない 場 合 には 基 金 として 取 り 得 る 選 択 肢 を 事 業 主 加 入 員 等 に 提 示 した 上 で 今 後 の 方 向 性 について 検 討 することを 求 め 必 要 に 応 じて 報 告 徴 収 および 改 善 命 令 等 を 行 う 清 算 型 に 指 定 された 場 合 は 事 業 主 加 入 員 受 給 者 に 清 算 型 に 指 定 されるに 至 った 基 金 の 財 政 状 況 を 説 明 することを 求 めるとともに 必 要 に 応 じて 基 金 役 員 の 改 任 命 令 等 を 行 い 基 金 の 運 営 責 任 を 問 うこととする ( 出 所 ) 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 企 業 年 金 部 会 (2013 年 12 月 18 日 開 催 ) 資 料 2 厚 生 年 金 基 金 制 度 改 正 の 施 行 に 向 けた 検 討 内 容 P.22 清 算 型 基 金 の 指 定 を 受 けた 後 清 算 計 画 について 厚 生 労 働 大 臣 の 承 認 を 受 けたときに 代 議 員 会 の 議 決 を 経 ずに 解 散 する Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. 24

26 5. 特 例 解 散 の 見 直 し(4) ~ 清 算 型 基 金 の 指 定 2 清 算 型 基 金 の 指 定 要 件 は 以 下 の 通 りです 政 令 第 18 条 省 令 第 条 積 立 要 件 事 業 の 継 続 が 極 めて 困 難 な 状 況 純 資 産 額 が 最 低 責 任 準 備 金 0.8 を 下 回 ること 成 熟 度 が 高 いこと ( 以 下 1~3のいずれかに 該 当 ) 1 前 事 業 年 度 において 給 付 費 ( 年 金 一 時 金 )が 掛 金 収 入 ( 掛 金 徴 収 金 )を 上 回 っていること 2 基 金 設 立 以 来 代 行 保 険 料 率 が 免 除 保 険 料 率 を 上 回 ったことがあること 3 指 定 日 において 受 給 権 者 ( 存 続 基 金 の 加 入 員 を 除 く)の 数 が 加 入 員 の 数 を 上 回 っていること 業 務 の 運 営 に 係 る 相 当 の 努 力 (1) 適 正 な 掛 金 設 定 (2) 給 付 費 用 の 抑 制 以 下 (1)および(2)のいずれにも 該 当 すること 以 下 12のいずれかに 該 当 すること 1 指 定 前 2 年 間 において 適 正 な 年 金 数 理 に 基 づいて 算 定 された 掛 金 を 徴 収 していること 2 指 定 前 2 年 間 において 給 付 水 準 調 整 後 の 基 金 のプラスアルファ 部 分 の 掛 金 水 準 が 全 基 金 の 平 均 的 なプ ラスアルファ 部 分 の 掛 金 水 準 を 上 回 っていること 実 際 に 徴 収 した 掛 金 額 標 準 報 酬 月 額 および 標 準 賞 与 額 の 総 額 1.4 ( 1) - 1+プラスアルファ ( 1) 2009( 平 成 21) 年 度 における 実 績 を 使 用 ( 2) 2009( 平 成 21) 年 度 における 実 績 を 使 用 免 除 保 険 料 の 総 額 > 26 ( 2) 標 準 報 酬 月 額 および 標 準 賞 与 額 の 総 額 1000 以 下 1~3のいずれか(またはこれと 同 等 の 措 置 )に 該 当 すること 1 給 付 水 準 の 引 下 げ 2 選 択 一 時 金 の 停 止 ( 加 算 型 の 場 合 ) 3 代 行 部 分 に 係 る 在 職 等 による 支 給 停 止 措 置 のプラスアルファ 部 分 への 適 用 ( 代 行 型 の 場 合 ) Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. 25

27 5. 特 例 解 散 の 見 直 し(5) ~ 納 付 額 特 例 最 低 責 任 準 備 金 の 減 額 の 認 定 ( 納 付 額 特 例 )における 要 件 の 詳 細 は 以 下 の 通 りです 健 全 化 法 附 則 第 条 政 令 第 条 省 令 第 条 特 例 解 散 通 知 第 2.1 第 三 者 委 員 会 あらかじめ 第 三 者 委 員 会 の 意 見 を 聴 かなければならない ( 清 算 型 基 金 は 指 定 時 ( 24ページ)に 意 見 聴 取 を 実 施 ) 業 務 の 運 営 について 相 当 の 努 力 をしたこと ( 以 下 (1)および(2)のいずれにも 該 当 すること) 認 定 要 件 (1) 適 正 な 掛 金 設 定 (2) 給 付 費 用 の 抑 制 納 付 額 ( 特 例 額 ) 以 下 12のいずれかに 該 当 すること 1 申 請 前 2 年 間 において 適 正 な 年 金 数 理 に 基 づいて 算 定 された 掛 金 を 徴 収 していること 2 申 請 前 2 年 間 において 給 付 水 準 調 整 後 の 基 金 のプラスアルファ 部 分 の 掛 金 水 準 が 全 基 金 の 平 均 的 なプ ラスアルファ 部 分 の 掛 金 水 準 を 上 回 っていること 実 際 に 徴 収 した 掛 金 額 標 準 報 酬 月 額 および 標 準 賞 与 額 の 総 額 1.4 ( 1) - 1+プラスアルファ ( 1) 2009( 平 成 21) 年 度 における 実 績 を 使 用 ( 2) 2009( 平 成 21) 年 度 における 実 績 を 使 用 免 除 保 険 料 の 総 額 > 26 ( 2) 標 準 報 酬 月 額 および 標 準 賞 与 額 の 総 額 1000 以 下 1~3のいずれか(またはこれと 同 等 の 措 置 )に 該 当 すること 1 給 付 水 準 の 引 下 げ 2 選 択 一 時 金 の 停 止 ( 加 算 型 の 場 合 ) 3 代 行 部 分 に 係 る 在 職 等 による 支 給 停 止 措 置 のプラスアルファ 部 分 への 適 用 ( 代 行 型 の 場 合 ) 減 額 最 低 責 任 準 備 金 ( 以 下 のうちいずれか 大 きい 方 の 額 ) 現 行 額 との 丈 比 べあり( 15ページ) 基 金 設 立 時 から 厚 生 年 金 本 体 の 実 績 運 用 利 回 りを 用 いて 計 算 した 最 低 責 任 準 備 金 年 金 資 産 ( 年 金 給 付 等 積 立 金 ) Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. 26

28 5. 特 例 解 散 の 見 直 し(6) ~ 納 付 計 画 ( 納 付 猶 予 特 例 )1 納 付 計 画 ( 納 付 猶 予 特 例 )の 承 認 に 係 る 詳 細 は 以 下 の 通 りです 健 全 化 法 附 則 第 12~ 条 政 令 第 条 省 令 第 22~25 条 特 例 解 散 通 知 第 3 納 付 計 画 の 記 載 事 項 基 金 事 業 主 1 解 散 をしようとする 日 2 解 散 時 に 基 金 が 納 付 する 年 金 給 付 等 積 立 金 3 納 付 計 画 の 承 認 の 申 請 日 までの 業 務 の 状 況 に 関 する 事 項 基 金 の 運 営 に 要 する 費 用 を 抑 制 するために 講 じた 措 置 掛 金 増 加 による 代 行 割 れの 解 消 が 困 難 と 見 込 まれる 理 由 4 清 算 結 了 までの 間 の 納 付 計 画 に 基 づく 事 務 その 他 の 清 算 に 係 る 事 務 の 執 行 に 関 する 事 項 清 算 人 および 清 算 基 金 の 職 員 の 氏 名 業 務 分 担 体 制 および 勤 務 体 制 清 算 基 金 の 連 絡 先 5 納 付 の 猶 予 を 受 けようとする 金 額 に 係 る 設 立 事 業 所 の 事 業 主 ごとの 負 担 方 法 1 納 付 すべき 額 2 納 付 の 猶 予 を 受 けようとする 期 間 および 額 ( 額 は 年 単 位 で 分 割 ) 3 納 付 の 猶 予 を 受 けようとする 期 間 が5 年 を 超 える 場 合 は その 理 由 4 基 金 解 散 後 に 企 業 年 金 制 度 等 (DB DC 中 退 共 )を 実 施 する 場 合 はその 概 要 ( 掛 金 給 付 設 計 償 却 期 間 ) 第 三 者 委 員 会 あらかじめ 第 三 者 委 員 会 の 意 見 を 聴 かなければならない 納 付 期 間 5 年 以 内 (やむを 得 ない 理 由 がある 場 合 は10 年 以 内 ) 承 認 要 件 業 務 の 運 営 について 相 当 の 努 力 をしたこと ( 32ページご 参 照 ) 納 付 期 間 延 長 の 認 定 要 件 業 務 の 運 営 について 著 しい 努 力 をし かつ 事 業 の 継 続 が 極 めて 困 難 な 状 況 にあること ( 33ページご 参 照 ) Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. 27

29 5. 特 例 解 散 の 見 直 し(6) ~ 納 付 計 画 ( 納 付 猶 予 特 例 )2 納 付 額 最 低 責 任 準 備 金 (または 減 額 最 低 責 任 準 備 金 ) = 1 基 金 が 納 付 すべき 額 + 2 各 事 業 主 が 納 付 すべき 額 の 合 計 額 1 基 金 年 金 給 付 等 積 立 金 2 事 業 主 承 認 通 知 書 の 送 付 最 低 責 任 準 備 金 の 確 定 に 伴 う 額 の 補 正 設 立 事 業 所 が 事 業 を 廃 止 した 際 の 取 扱 い 最 低 責 任 準 備 金 (または 減 額 最 低 責 任 準 備 金 )から 年 金 給 付 等 積 立 金 の 額 を 控 除 した 額 納 付 計 画 が 承 認 された 場 合 は 年 金 局 から 納 付 計 画 承 認 通 知 書 ( 各 設 立 事 業 所 の 事 業 主 ごとの 納 付 計 画 承 認 通 知 書 を 含 む)が 基 金 に 送 付 される 財 産 目 録 等 の 承 認 により 最 低 責 任 準 備 金 が 確 定 した 場 合 は 年 金 局 から 当 該 確 定 時 点 で 補 正 後 の 納 付 計 画 書 および 納 付 猶 予 通 知 書 が 設 立 事 業 所 に 送 付 される 別 途 日 本 年 金 機 構 から 納 入 告 知 書 ( 事 業 主 が 納 付 すべき 額 が 記 載 )および 分 割 納 付 書 ( 年 ごとの 金 額 の 支 払 期 月 および 支 払 額 に 基 づき 作 成 )が 設 立 事 業 所 に 送 付 される( 基 金 からこの 旨 を 周 知 すること) 1 基 金 は 記 録 の 最 終 確 定 に 伴 い 発 生 する 最 低 責 任 準 備 金 の 差 額 について あらかじめ 規 約 に 定 められた 設 立 事 業 所 の 負 担 割 合 で 算 出 した 設 立 事 業 所 ごとの 補 正 金 額 を 報 告 する 2 厚 生 労 働 省 年 金 局 は 1の 報 告 に 基 づき 納 付 計 画 を 補 正 する 補 正 額 の 調 整 は 原 則 として 納 付 計 画 の 最 終 年 で 行 う 3 基 金 は 厚 生 労 働 省 年 金 局 において 納 付 計 画 の 補 正 が 行 われること および 当 該 補 正 金 額 の 調 整 の 振 り 分 けを 希 望 する 場 合 は 納 付 計 画 の 変 更 の 申 請 により 対 応 が 可 能 であること を 事 前 に 設 立 事 業 所 に 説 明 し ておくとともに 補 正 後 の 納 付 計 画 は 年 金 局 から 直 接 送 付 されること をあらかじめ 周 知 する 4 特 例 措 置 の 承 認 後 に 分 配 金 等 があった 場 合 には 基 金 は 1の 報 告 時 に 当 該 分 配 金 を 加 味 して 補 正 金 額 の 報 告 を 行 う 特 例 措 置 の 申 請 から 認 定 承 認 までの 間 に 事 業 を 廃 止 した 場 合 事 業 廃 止 の 旨 を 速 やかに 地 方 厚 生 局 に 連 絡 し 事 業 を 廃 止 した 事 業 所 の 事 業 主 以 外 の 事 業 所 の 事 業 主 の 納 付 計 画 の 補 正 および 再 提 出 を 行 う 納 付 計 画 の 承 認 から 財 産 目 録 等 の 承 認 申 請 までの 間 に 事 業 を 廃 止 した 場 合 事 業 廃 止 の 旨 を 速 やかに 地 方 厚 生 局 に 連 絡 ( 廃 止 事 業 所 の 納 付 計 画 の 承 認 は 取 消 ) 基 金 一 括 納 付 対 象 事 業 主 が 事 業 を 廃 止 した 場 合 は 速 やかに 滞 納 処 分 等 を 行 い 早 期 に 徴 収 金 の 回 収 を 図 り 債 権 債 務 を 確 定 すること Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. 28

30 5. 特 例 解 散 の 見 直 し(6) ~ 納 付 計 画 ( 納 付 猶 予 特 例 )3 納 付 計 画 の 変 更 やむを 得 ない 理 由 がある 場 合 は 納 付 計 画 の 変 更 を 申 請 することができる 開 始 当 初 から10 年 以 上 の 納 付 猶 予 を 希 望 する 場 合 は 納 付 計 画 の 承 認 申 請 と 変 更 申 請 を 同 時 に 行 うことが できる 納 付 期 間 最 長 15 年 ( 承 認 時 の 認 定 ( 33ページ)を 受 けた 場 合 は 最 長 30 年 ) 第 三 者 委 員 会 あらかじめ 第 三 者 委 員 会 の 意 見 を 聴 かなければならない N E W 事 業 主 への 説 明 事 項 提 出 先 申 請 書 の 記 載 事 項 添 付 書 類 変 更 後 の 納 付 計 画 の 記 載 事 項 納 付 計 画 の 変 更 が 見 込 まれる 場 合 は 早 めに 手 続 きをとる 必 要 があること 納 付 計 画 どおりに 納 付 できなかった 徴 収 金 を 次 年 に 納 付 するためには 当 該 未 納 となった 徴 収 金 を 含 めた 納 付 計 画 の 変 更 を 速 やかに 提 出 しなければならないこと 納 付 計 画 の 変 更 申 請 が 不 承 認 となった 場 合 には 従 来 の 納 付 計 画 に 基 づく 納 付 を 行 うこと ( 納 付 計 画 の 再 申 請 は3ヶ 月 以 内 に 一 度 だけ 行 えるものであること) 管 轄 年 金 事 務 所 納 付 計 画 の 変 更 について 関 係 書 類 を 添 えて 申 請 する 旨 納 付 計 画 の 変 更 の 内 容 および 理 由 添 付 書 類 の 名 称 年 ごとの 金 額 の 支 払 予 定 月 および 金 額 様 式 第 10 号 ( 年 単 位 で 年 間 支 払 額 を 記 録 支 払 予 定 日 は 月 末 ) 猶 予 期 間 内 に 納 付 できないやむを 得 ない 理 由 およびその 根 拠 を 示 す 書 類 様 式 第 11 号 変 更 する 納 付 計 画 が 合 理 的 でない 場 合 は その 理 由 の 根 拠 を 示 す 書 類 様 式 第 11 号 1 設 立 事 業 所 の 事 業 主 が 納 付 すべき 額 2 納 付 の 猶 予 を 受 けようとする 期 間 および 額 ( 最 初 に 承 認 されたもの) 3 猶 予 を 受 けようとする 額 ( 年 を 単 位 として 分 割 した 額 ) Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. 29

31 5. 特 例 解 散 の 見 直 し(6) ~ 納 付 計 画 ( 納 付 猶 予 特 例 )4 承 認 要 件 承 認 通 知 書 の 送 付 納 付 計 画 の 変 更 要 請 納 付 計 画 の 承 認 の 取 消 し 取 消 要 件 取 消 通 知 の 送 付 以 下 12のいずれの 要 件 にも 適 合 すること 1 設 立 事 業 所 の 収 支 状 況 経 営 状 況 から 見 て 変 更 後 の 納 付 計 画 に 基 づく 納 付 が 可 能 であると 認 められること 2 変 更 後 の 納 付 計 画 における 納 付 猶 予 額 の 年 ごとの 設 定 が 合 理 的 ( 均 等 割 あるいは 時 間 の 経 過 とともに 納 付 額 が 減 少 する 設 定 など)であると 認 められること 上 記 以 外 の 方 法 による 設 定 については 合 理 的 と 認 められる 理 由 が 求 められるとともに 必 要 があれば 根 拠 書 類 により 確 認 される 厚 生 年 金 本 体 のリスクに 配 慮 し 特 に 猶 予 期 間 が 長 期 にわたる 場 合 は 上 記 の 合 理 的 な 設 定 を 基 本 とす ることとする 納 付 計 画 の 変 更 が 承 認 された 場 合 は 納 付 計 画 変 更 承 認 通 知 書 と 必 要 に 応 じ 納 付 猶 予 期 間 変 更 通 知 書 お よび 変 更 後 の 納 付 計 画 に 基 づいた 納 付 書 が 設 立 事 業 所 の 事 業 主 に 送 付 される 納 付 計 画 変 更 の 申 請 から 変 更 後 の 納 付 書 の 送 付 までは 一 定 期 間 を 要 することから この 間 の 徴 収 金 の 納 付 については 管 轄 年 金 事 務 所 とよく 相 談 するよう 事 業 主 を 指 導 すること 厚 生 労 働 大 臣 は 基 金 の 財 産 の 状 況 その 他 の 事 情 の 変 化 により 必 要 があると 認 められるときは 納 付 期 間 の 短 縮 その 他 の 納 付 計 画 の 変 更 を 求 めることができる 厚 生 労 働 大 臣 は 下 記 要 件 に 該 当 する 事 業 主 の 納 付 計 画 の 承 認 の 取 消 しができる 納 付 計 画 が 取 り 消 さると 残 額 を 一 括 納 付 することとなる 納 付 計 画 に 基 づいた 納 付 額 が 猶 予 期 間 内 に 納 付 されなかったとき( 納 付 計 画 どおり 納 付 できなかった 年 の 次 年 において 当 該 未 納 となった 金 額 を 含 めた 納 付 計 画 の 変 更 の 承 認 申 請 が 速 やかに 行 われなかった 場 合 ) 厚 生 労 働 大 臣 からの 納 付 計 画 の 変 更 要 請 に 応 じないとき 設 立 事 業 所 の 倒 産 など 今 後 納 付 計 画 どおり 納 付 することができないと 認 められる 場 合 納 付 計 画 が 取 り 消 されると 納 付 計 画 の 取 消 通 知 および 納 付 猶 予 の 取 消 通 知 が 設 立 事 業 所 の 事 業 主 に 送 付 されるとともに 管 轄 年 金 事 務 所 による 滞 納 処 分 が 行 われる 残 額 の 一 括 納 付 ができない 場 合 は 滞 納 処 分 による 差 押 えが 行 われることもあることから 納 付 計 画 どおり 納 付 することを 徹 底 するとともに 納 付 が 困 難 な 状 況 になった 場 合 は 速 やかに 管 轄 年 金 事 務 所 に 相 談 し 納 付 計 画 の 変 更 を 提 出 するよう 事 業 主 を 指 導 すること Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. 30

32 5. 特 例 解 散 の 見 直 し(6) ~ 納 付 計 画 ( 納 付 猶 予 特 例 )5 連 帯 債 務 の 見 直 し 納 付 計 画 の 承 認 ( 連 帯 なし)を 受 けるためには すべての 事 業 主 が 納 付 計 画 を 提 出 することが 原 則 ですが 円 滑 な 解 散 を 促 進 する 観 点 から 一 部 事 業 主 ( 連 帯 あり)が 基 金 と 共 同 して 国 に 納 付 する 特 例 も 認 められます 政 令 第 条 特 例 解 散 通 知 第 3( 冒 頭 ) 原 則 特 例 全 事 業 主 が 納 付 計 画 を 提 出 すること( 連 帯 なし) 年 金 給 付 等 積 立 金 は 基 金 が 国 に 納 付 残 額 ( 事 業 主 が 納 付 すべき 額 )は 事 業 主 が 国 に 納 付 年 金 給 付 等 積 立 金 は 基 金 が 国 に 納 付 納 付 計 画 を 提 出 した 事 業 主 は 各 々の 負 担 額 を 国 に 納 付 ( 連 帯 なし) 納 付 計 画 を 提 出 しない 事 業 主 ( 一 括 納 付 型 事 業 主 )の 負 担 分 は 基 金 が 回 収 のうえ 国 へ 一 括 納 付 ( 連 帯 あり) 納 付 額 事 業 主 納 付 額 年 金 給 付 等 積 立 金 連 帯 なし 事 業 主 A 事 業 主 B 事 業 主 C 事 業 主 D 事 業 主 E 基 金 国 基 金 納 一 付 括 額 納 付 額 事 業 主 納 付 額 年 金 給 付 等 積 立 金 連 帯 なし 事 業 主 A 事 業 主 B 事 業 主 C 連 帯 あり 事 業 主 D 事 業 主 E 基 金 国 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. 31

33 5. 特 例 解 散 の 見 直 し(6) ~ 納 付 計 画 ( 納 付 猶 予 特 例 )6 承 認 要 件 業 務 の 運 営 に 係 る 相 当 の 努 力 納 付 計 画 の 承 認 要 件 は 以 下 の 通 りです 政 令 第 条 省 令 第 条 特 例 解 散 通 知 第 3.1 (1) 適 正 な 掛 金 設 定 (2) 給 付 費 用 の 抑 制 業 務 の 運 営 について 相 当 の 努 力 をしたこと ( 以 下 (1)および(2)のいずれにも 該 当 すること) 以 下 12のいずれかに 該 当 すること 1 申 請 前 2 年 間 において 適 正 な 年 金 数 理 に 基 づいて 算 定 された 掛 金 を 徴 収 していること 2 申 請 前 2 年 間 において 給 付 水 準 調 整 後 の 基 金 のプラスアルファ 部 分 の 掛 金 水 準 が 全 基 金 の 平 均 的 なプ ラスアルファ 部 分 の 掛 金 水 準 を 上 回 っていること ( 1) 2009( 平 成 21) 年 度 における 実 績 を 使 用 ( 2) 2009( 平 成 21) 年 度 における 実 績 を 使 用 以 下 1~3のいずれか(またはこれと 同 等 の 措 置 )に 該 当 すること 1 給 付 水 準 の 引 下 げ 2 選 択 一 時 金 の 停 止 ( 加 算 型 の 場 合 ) 3 代 行 部 分 に 係 る 在 職 等 による 支 給 停 止 措 置 のプラスアルファ 部 分 への 適 用 ( 代 行 型 の 場 合 ) 納 付 期 間 納 付 期 間 が5 年 以 内 であること (やむを 得 ない 理 由 がある 場 合 は10 年 以 内 ) 事 業 主 の 確 実 な 納 付 実 際 に 徴 収 した 掛 金 額 標 準 報 酬 月 額 および 標 準 賞 与 額 の 総 額 1.4 ( 1) - 1+プラスアルファ 免 除 保 険 料 の 総 額 > 26 ( 2) 標 準 報 酬 月 額 および 標 準 賞 与 額 の 総 額 1000 以 下 1~3のいずれにも 該 当 すること 1 設 立 事 業 所 の 収 支 状 況 および 経 営 状 況 から 見 て 納 付 の 猶 予 を 受 けようとする 額 および 期 間 の 設 定 が 合 理 的 あると 認 められること( 最 長 年 猶 予 のいずれに 該 当 するかを 主 として 判 断 ) 2 納 付 の 猶 予 を 受 けようとする 額 の 年 ごとの 設 定 が 合 理 的 ( 均 等 割 あるいは 時 間 の 経 過 とともに 納 付 額 が 減 少 する 設 定 など)であると 認 められること 3 設 立 事 業 所 の 事 業 主 の 負 担 する 金 額 が 負 担 方 法 その 他 の 事 情 から 見 て 適 正 ( 報 酬 総 額 あるいは 加 入 員 人 数 による 按 分 方 法 など)であると 認 められること 23で 上 記 以 外 の 方 法 による 設 定 を 行 う 場 合 は 各 々 合 理 的 あるいは 適 正 と 認 められる 理 由 が 求 められる 23では 厚 生 年 金 本 体 のリスクに 配 慮 し 各 々 合 理 的 な 設 定 あるいは 適 正 な 負 担 方 法 とすること Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. 32

34 5. 特 例 解 散 の 見 直 し(6) ~ 納 付 計 画 ( 納 付 猶 予 特 例 )7 期 間 延 長 に 係 る 認 定 要 件 納 付 猶 予 開 始 後 に 期 間 を 延 長 ( 最 長 30 年 )するため 計 画 の 承 認 申 請 時 に 受 ける 認 定 の 要 件 は 以 下 の 通 りです 政 令 第 条 省 令 第 条 特 例 解 散 通 知 第 4 申 請 時 の 相 当 の 努 力 ( 32ページ)に 加 え 以 下 (1)~(3)のうち2つ 以 上 に 該 当 すること 業 務 の 運 営 に 係 る 著 し い 努 力 (1) 適 正 な 掛 金 設 定 (2) 給 付 費 用 の 抑 制 (3) 事 務 コスト の 抑 制 事 業 の 継 続 が 極 め て 困 難 な 状 況 以 下 12のいずれかに 該 当 すること 1 申 請 前 2 年 間 において 適 正 な 年 金 数 理 に 基 づいて 算 定 された 掛 金 を 徴 収 していること 2 申 請 前 2 年 間 において 給 付 水 準 調 整 後 の 基 金 のプラスアルファ 部 分 の 掛 金 水 準 が 全 基 金 の 平 均 的 なプ ラスアルファ 部 分 の 掛 金 水 準 を 上 回 っていること 実 際 に 徴 収 した 掛 金 額 標 準 報 酬 月 額 および 標 準 賞 与 額 の 総 額 1.36 ( 1) - 1+プラスアルファ ( 1) 2011( 平 成 23) 年 度 における 実 績 を 使 用 ( 2) 2011( 平 成 23) 年 度 における 実 績 を 使 用 免 除 保 険 料 の 総 額 > 26 ( 2) 標 準 報 酬 月 額 および 標 準 賞 与 額 の 総 額 1000 以 下 1~3のうち2つ 以 上 (またはこれと 同 等 の 措 置 )に 該 当 すること 1 給 付 水 準 の 引 下 げ 2 選 択 一 時 金 の 停 止 ( 加 算 型 の 場 合 ) 3 代 行 部 分 に 係 る 在 職 等 による 支 給 停 止 措 置 のプラスアルファ 部 分 への 適 用 ( 代 行 型 の 場 合 ) 基 金 の 業 務 運 営 に 要 する 費 用 の 抑 制 など 年 金 給 付 等 積 立 金 を 増 加 させるために 必 要 な 措 置 ( 上 記 (2)に 掲 げ る 措 置 を 除 く)を 講 じていること 解 散 認 可 または 清 算 計 画 の 承 認 を 受 ける 日 までに 設 立 事 業 所 に 係 る 掛 金 の 増 加 によって 年 金 給 付 等 積 立 金 が 最 低 責 任 準 備 金 を 上 回 ることが 困 難 であると 見 込 まれること Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. 33

35 5. 特 例 解 散 の 見 直 し(7) ~ 清 算 未 了 特 定 基 金 に 係 る 納 付 計 画 施 行 日 から1 年 間 の 時 限 措 置 として 改 正 前 の 特 例 解 散 措 置 に 基 づき 納 付 猶 予 中 の 基 金 ( 清 算 未 了 特 定 基 金 )の 設 立 事 業 所 の 事 業 主 は 清 算 未 了 特 定 基 金 型 納 付 計 画 の 承 認 を 受 けることにより 改 正 後 の 特 例 解 散 措 置 を 受 けることができます 健 全 化 法 附 則 第 30~32 条 省 令 第 28~30 条 特 例 解 散 通 知 第 3.3(2) 清 算 未 了 特 定 基 金 型 納 付 計 画 の 記 載 事 項 納 付 すべき 額 納 付 の 猶 予 を 受 けようとする 期 間 および 額 ( 額 は 年 単 位 で 分 割 ) 実 施 している(もしくは 実 施 する) 企 業 年 金 制 度 等 (DB DC 中 退 共 )の 概 要 ( 掛 金 給 付 設 計 償 却 期 間 ) 添 付 書 類 ( 22ページご 参 照 ) 第 三 者 委 員 会 あらかじめ 第 三 者 委 員 会 の 意 見 を 聴 かなければならない 承 認 要 件 納 付 期 間 が30 年 以 内 であること 設 立 事 業 所 の 収 支 状 況 および 経 営 状 況 から 見 て 納 付 計 画 の 期 間 の 設 定 が 合 理 的 であると 認 められること 納 付 の 猶 予 を 受 けようとする 額 の 年 ごとの 額 の 設 定 が 合 理 的 であると 認 められること 当 初 の 納 付 計 画 での 納 付 ができないやむを 得 ない 理 由 があること 納 付 額 そ の 他 改 正 前 の 特 例 解 散 措 置 により 作 成 した 納 付 計 画 に 基 づく 額 - 徴 収 済 み 額 厚 生 労 働 大 臣 による 公 表 ( 20ページ) 承 認 通 知 書 の 送 付 ( 28ページ) 納 付 計 画 の 変 更 および 取 消 し ( 29 30ページ) 事 業 所 間 の 連 帯 債 務 ( 31ページ)については 清 算 型 基 金 に 準 じた 取 扱 いとなる Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. 34

36 5. 特 例 解 散 の 見 直 し(8) ~ 納 付 猶 予 に 係 る 利 息 / 被 災 地 における 特 例 納 付 猶 予 に 係 る 利 息 について 以 下 の 通 り 規 定 されます 告 示 9 11~13 自 主 解 散 型 加 算 金 利 率 清 算 型 加 算 金 利 率 清 算 未 了 特 定 基 金 型 加 算 金 利 率 調 整 利 率 当 年 度 の4 月 に 発 行 される10 年 国 債 応 募 者 利 回 り 上 記 利 回 りが 前 年 度 の10 年 国 債 応 募 者 利 回 りの 平 均 を 上 回 る 場 合 は 当 該 平 均 の 利 率 を 用 いる 解 散 計 画 ( 36~38ページ)を 提 出 し 納 付 猶 予 特 例 により 解 散 する 基 金 には 計 画 提 出 時 から 解 散 認 可 時 までの 代 行 割 れ 部 分 に 係 る 付 利 利 率 についても 上 記 の 利 回 りを 用 いる ( 納 付 額 特 例 を 用 いる 場 合 を 除 く) 旧 特 例 解 散 措 置 における 加 算 金 利 率 と 同 様 ( 清 算 未 了 特 定 基 金 に 適 用 ) 2005( 平 成 17) 年 2006( 平 成 18) 年 2007( 平 成 19) 年 2008( 平 成 20) 年 2009( 平 成 21) 年 以 降 の 各 年 4.91% 2.73% 6.82% 3.10% 0% 施 行 日 から1 年 間 の 時 限 措 置 として 東 日 本 大 震 災 に 際 し 災 害 救 助 法 が 適 用 された 区 域 ( 岩 手 宮 城 福 島 県 ) 内 に 主 たる 事 務 所 が 所 在 する 存 続 基 金 については 特 例 解 散 に 係 る 認 定 承 認 要 件 が 以 下 の 通 り 緩 和 されます 政 令 第 31 条 納 付 額 特 例 納 付 計 画 ( 26 32ページ) 納 付 計 画 の 期 間 延 長 ( 33ページ) いずれにも 該 当 いずれかに 該 当 に 緩 和 2つ 以 上 に 該 当 いずれかに 該 当 に 緩 和 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. 35

37 6. 今 後 の 財 政 運 営 (1) ~ 解 散 計 画 代 行 返 上 計 画 1 施 行 日 から5 年 以 内 に 解 散 または 代 行 返 上 を 目 指 す 存 続 基 金 は 解 散 計 画 または 代 行 返 上 計 画 を 提 出 する ことにより 従 来 の 財 政 検 証 に 代 えて 当 該 計 画 により 定 めた 積 立 目 標 を 達 成 することが 可 能 かどうかの 検 証 を 行 い ます 省 令 第 43~46 条 財 政 運 営 基 準 第 3.8(2) 第 4.6 計 画 の 基 準 積 立 水 準 1 原 則 として 積 立 目 標 ( 37ページ)に 対 する 積 立 水 準 が 低 下 しないものであること 2 代 行 割 れ 基 金 が 解 散 計 画 を 作 成 する 場 合 は 上 記 1にかかわらず 最 低 責 任 準 備 金 に 対 する 積 立 比 率 が 低 下 しないことまたは 代 行 割 れ 金 額 が 拡 大 しないものであること 3 代 行 割 れ 基 金 が 代 行 返 上 散 計 画 を 作 成 する 場 合 は 上 記 1に 加 えて 代 行 返 上 予 定 日 における 純 資 産 額 が 最 低 責 任 準 備 金 を 上 回 るものであること 掛 金 水 準 添 付 書 類 申 請 時 の 手 続 財 政 検 証 結 果 に 基 づく 変 更 計 画 の 変 更 N E W 財 政 計 算 結 果 に 基 づく 変 更 その 他 の 変 更 原 則 として 標 準 報 酬 総 額 ( 月 額 + 賞 与 )に 対 する 掛 金 総 額 の 比 率 が 低 下 しないものであること 年 金 数 理 に 関 する 確 認 ( 年 金 数 理 人 の 確 認 および 署 名 押 印 ) 代 議 員 会 の 会 議 録 代 議 員 会 の 議 決 を 経 て 計 画 の 適 用 開 始 日 までに 管 轄 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 長 に 提 出 積 立 目 標 との 検 証 の 結 果 積 立 目 標 の 達 成 が 困 難 と 見 込 まれる 場 合 は 当 該 目 標 の 達 成 が 見 込 まれるよう 計 画 を 変 更 し 遅 くとも 当 該 財 政 検 証 の 基 準 日 の 翌 々 日 から 起 算 して1 年 以 内 に 当 該 計 画 を 実 施 すること 財 政 再 計 算 および 変 更 計 算 を 行 うべき 場 合 に 該 当 し 当 該 財 政 計 算 に 基 づく 掛 金 の 適 用 日 が 解 散 計 画 等 の 適 用 開 始 日 以 後 となる 場 合 には 標 準 掛 金 のみの 算 定 結 果 に 基 づいて 計 画 を 変 更 し 遅 くとも 当 該 財 政 計 算 の 基 準 日 の 翌 々 日 から 起 算 して1 年 以 内 に 当 該 計 画 を 実 施 すればよいこと 下 記 の 理 由 により 積 立 目 標 の 達 成 が 困 難 と 見 込 まれる 場 合 は 当 該 目 標 の 達 成 が 見 込 まれるよう 計 画 を 変 更 実 施 すること 計 画 の 前 提 が 著 しく 異 なるに 至 った 場 合 またはその 後 の 状 況 変 化 により 財 政 悪 化 の 方 向 へ 乖 離 した 場 合 計 画 に 基 づく 措 置 を 講 ずることが 困 難 な 状 況 が 生 じた 場 合 設 立 母 体 の 経 営 状 況 に 著 しい 変 化 が 生 じた 場 合 その 他 計 画 の 変 更 を 行 うことが 適 当 と 認 められる 場 合 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. 36

38 6. 今 後 の 財 政 運 営 (1) ~ 解 散 計 画 代 行 返 上 計 画 2 解 散 代 行 返 上 計 画 の 記 載 内 容 は 以 下 の 通 りです 省 令 第 条 財 政 運 営 基 準 第 4.6(1)ア N E W スケジュール 積 立 目 標 事 業 および 財 産 の 現 状 積 立 目 標 達 成 のために 必 要 な 具 体 的 措 置 具 体 的 措 置 に 伴 う 財 政 の 見 通 し 純 資 産 額 必 要 な 掛 金 その 他 の 措 置 責 任 準 備 金 最 低 積 立 基 準 額 最 低 責 任 準 備 金 加 入 員 数 適 用 開 始 日 解 散 代 行 返 上 予 定 日 およびそれに 向 けた 具 体 的 スケジュール 解 散 代 行 返 上 予 定 日 における 責 任 準 備 金 最 低 責 任 準 備 金 最 低 積 立 基 準 額 のいずれかに 対 する 積 立 目 標 計 画 作 成 時 点 で 確 定 している 直 前 の 決 算 年 度 の 末 日 における 実 績 原 則 として 解 散 代 行 返 上 予 定 日 までの 間 同 じ 掛 金 水 準 を 設 定 すること 母 体 企 業 の 経 営 状 況 等 により 掛 金 負 担 が 極 めて 困 難 であると 認 められる 場 合 は 掛 金 引 上 げの 時 期 等 を 規 約 に 定 めることにより 定 期 的 かつ 引 上 げ 幅 が 経 年 的 に 大 きくならないよう 段 階 的 に 掛 金 を 引 上 げることは 可 能 代 議 員 会 の 議 決 を 経 た 上 で 具 体 的 措 置 の 内 容 および 実 施 時 期 を 記 載 基 金 および 設 立 母 体 の 実 情 や 実 施 のための 必 要 な 期 間 等 を 考 慮 し それらの 見 込 みについて 記 載 することは 差 し 支 えない 将 来 予 測 に 用 いる 運 用 利 回 り: 以 下 のうち 最 も 高 い 率 を 上 回 らないものとすること 基 金 の 運 用 利 回 りの 過 去 5 事 業 年 度 の 実 績 の 平 均 ( 基 金 の 予 定 利 率 を 上 限 とする) 計 画 作 成 時 の 最 低 積 立 基 準 額 の 算 定 に 用 いる 予 定 利 率 厚 生 年 金 の 直 近 の 財 政 見 通 しに 用 いられている 予 定 運 用 利 回 り 将 来 予 測 に 用 いる 予 定 利 率 : 基 金 の 予 定 利 率 将 来 予 測 に 用 いる 予 定 利 率 : 以 下 のうち 最 も 高 い 率 を 上 回 らないものとすること 直 近 の 財 政 検 証 で 用 いた 予 定 利 率 財 政 検 証 の 基 準 日 の 属 する 事 業 年 度 の 翌 事 業 年 度 の 財 政 検 証 に 用 いる 予 定 利 率 企 業 年 金 連 合 会 の 通 算 企 業 年 金 の 予 定 利 率 を 勘 案 して 別 に 定 める 率 将 来 予 測 に 用 いる 予 定 利 率 : 厚 生 年 金 の 直 近 の 財 政 見 通 しにおける 予 定 運 用 利 回 り ( 実 績 が 確 定 している 期 間 については 当 該 実 績 を 用 いる) 過 去 5 事 業 年 度 の 実 績 を 用 いて 適 切 に 見 込 むこと Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. 37

39 6. 今 後 の 財 政 運 営 (1) ~ 解 散 計 画 代 行 返 上 計 画 3/プラスアルファ 水 準 の 改 正 解 散 計 画 または 代 行 返 上 計 画 の 提 出 について 以 下 の 特 例 措 置 が 講 じられています 2012( 平 成 24) 年 度 の 財 政 検 証 等 を 踏 まえ た 対 応 代 行 割 れ 相 当 額 に 係 る 最 低 責 任 準 備 金 の 付 利 利 率 の 特 例 2012( 平 成 24) 年 度 末 を 基 準 日 とする 財 政 再 計 算 を 行 う 基 金 または2012( 平 成 24) 年 度 末 を 基 準 日 とする 財 政 検 証 に 抵 触 し2014( 平 成 26) 年 4 月 に 掛 金 対 応 を 行 う 必 要 がある 基 金 にお いては 2014( 平 成 26) 年 4 月 末 までに 解 散 代 行 返 上 計 画 を 提 出 することにより 掛 金 対 応 に 代 えて 解 散 代 行 返 上 計 画 に 基 づく 財 政 運 営 を 実 施 することができる 解 散 計 画 を 提 出 し 納 付 猶 予 特 例 により 解 散 する 基 金 には 計 画 提 出 時 から 解 散 認 可 時 まで の 代 行 割 れ 部 分 に 係 る 付 利 利 率 についても10 年 国 債 利 回 りを 用 いる( 35ページ) ( 納 付 額 特 例 を 用 いる 場 合 を 除 く) 2005( 平 成 17) 年 4 月 前 に 設 立 された 基 金 におけるプラスアルファ 水 準 の 下 限 について 現 行 の 1 割 から 以 下 の 通 り 改 正 されます 設 立 認 可 基 準 第 8 設 立 認 可 基 準 取 扱 要 領 第 ( 平 成 26) 年 10 月 1 日 時 点 で3 割 を 下 回 っている 基 金 2 解 散 等 方 針 議 決 報 告 書 を 提 出 した 基 金 3 12 以 外 の 基 金 改 正 前 1 割 改 正 後 当 該 時 点 の 水 準 1 割 3 割 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. 38

40 6. 今 後 の 財 政 運 営 (2) ~ 存 続 基 金 の 財 政 運 営 1 厚 生 年 金 基 金 を 存 続 する 場 合 施 行 日 から5 年 経 過 後 に 適 用 される 存 続 基 準 に 向 けて 財 政 検 証 における 最 低 責 任 準 備 金 との 比 較 水 準 が 以 下 の 通 り 段 階 的 に 引 上 げられます 財 政 運 営 基 準 第 3.8 決 算 年 度 2013 ( 平 成 25) 2014 ( 平 成 26) 2015 ( 平 成 27) 2016 ( 平 成 28) 2017 ( 平 成 29) 2018 ( 平 成 30) 以 降 最 低 責 任 準 備 金 参 考 最 低 積 立 基 準 額 基 準 を 満 たさない 場 合 は 翌 々 事 業 年 度 までに 対 応 を 開 始 2013 年 度 2014 年 度 2015 年 度 2016 年 度 2017 年 度 2018 年 度 ~ Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. 39

41 6. 今 後 の 財 政 運 営 (2) ~ 存 続 基 金 の 財 政 運 営 2 法 施 行 後 5 年 間 は 存 続 基 準 に 向 けて 早 期 に 積 立 水 準 を 回 復 させる 観 点 から 非 継 続 基 準 に 抵 触 した 場 合 の 対 応 が 以 下 の 通 り 厳 格 化 されます 財 政 運 営 基 準 第 4.5(2) 積 立 比 率 に 応 じた 方 法 回 復 計 画 に よる 方 法 現 行 改 正 後 現 行 改 正 後 最 低 積 立 基 準 額 0.8 に 対 する 不 足 額 は5 分 の1 償 却 最 低 積 立 基 準 額 と 最 低 責 任 準 備 金 の 一 定 倍 のいずれか 小 さい 額 ( ) に 対 する 不 足 額 は5 分 の1 償 却 ( ) 最 低 責 任 準 備 金 の 一 定 倍 < 最 低 積 立 基 準 額 0.8のときは 最 低 積 立 基 準 額 年 後 に 最 低 積 立 基 準 額 と 最 低 責 任 準 備 金 1.05 のいずれか 大 きい 額 まで 回 復 7 年 後 に 最 低 積 立 基 準 額 と 最 低 責 任 準 備 金 1.05 のいずれか 大 きい 額 まで 回 復 上 記 に 加 えて 2019( 平 成 31) 年 度 末 時 点 において 最 低 積 立 基 準 額 と 最 低 責 任 準 備 金 1.5 のいずれか 小 さい 額 まで 回 復 純 資 産 額 の 将 来 予 測 に 用 いる 運 用 利 回 りの 前 提 の 厳 格 化 ( 基 金 の 予 定 利 率 を 上 限 ) ( 37ページと 同 様 ) 回 復 計 画 による 方 法 は 2016( 平 成 28) 年 度 決 算 までの 経 過 措 置 をもって 廃 止 される 予 定 でしたが 当 分 の 間 使 用 可 能 とされました 省 令 第 9 条 2012( 平 成 24) 年 度 末 時 点 で 代 行 割 れとなっている 基 金 においては 原 則 として 2014( 平 成 26) 年 度 以 降 におけ る 標 準 報 酬 総 額 ( 月 額 + 賞 与 )に 対 する 掛 金 の 総 額 の 比 率 が 2012( 平 成 24) 年 度 における 当 該 比 率 を 下 回 らない ものとする 必 要 があります 財 政 運 営 基 準 第 4.5(1)ただし 書 き Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. 40

42 6. 今 後 の 財 政 運 営 (2) ~ 存 続 基 金 の 財 政 運 営 3 健 全 化 法 施 行 日 から5 年 経 過 後 (2019( 平 成 31) 年 4 月 以 降 )は 従 来 の 継 続 基 準 および 非 継 続 基 準 に 加 えて 存 続 要 件 を 踏 まえた 財 政 運 営 が 求 められます 財 政 運 営 基 準 第 3.8 第 4.5 継 続 基 準 従 来 どおり 非 継 続 基 準 最 低 積 立 基 準 額 および 最 低 責 任 準 備 金 1.05 との 比 較 最 低 積 立 基 準 額 の 算 定 に 用 いる 予 定 利 率 に 係 数 (0.8~1.2)を 乗 じる 措 置 は 廃 止 の 予 定 最 低 積 立 基 準 額 および 最 低 責 任 準 備 金 1.5 のうち 小 さい 額 との 比 較 存 続 基 準 最 低 積 立 基 準 額 および 最 低 責 任 準 備 金 1.5 のうちいずれか 小 さい 方 以 上 の 年 金 資 産 を 保 有 している YES NO 現 行 と 同 様 の 仕 組 みで 積 立 不 足 を 解 消 最 低 責 任 準 備 金 の1.5 倍 または 最 低 積 立 基 準 額 のいずれか 小 さ い 額 を 下 回 る 不 足 分 を 翌 年 度 末 までに 解 消 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. 41

43 6. 今 後 の 財 政 運 営 (3) ~ 存 続 基 金 のモニタリング 強 化 参 議 院 厚 生 労 働 委 員 会 における 附 帯 決 議 を 受 けて 代 行 資 産 の 保 全 の 観 点 から 業 務 報 告 書 の 記 載 事 項 が 以 下 の 通 り 追 加 されます 業 務 報 告 書 通 知 項 目 内 容 適 用 開 始 時 期 資 産 運 用 構 成 および 資 産 別 残 高 最 低 責 任 準 備 金 および 純 資 産 額 各 四 半 期 末 ( 月 末 の 各 時 点 )における 状 況 を 記 載 資 産 運 用 業 務 報 告 書 における 報 告 は2013( 平 成 25) 年 度 報 告 から 適 用 提 出 日 の 属 する 月 の 6 月 前 の 月 末 5 月 前 の 月 末 4 月 前 の 月 末 の 各 時 点 における 額 を 記 載 解 散 等 方 針 議 決 報 告 書 を 提 出 した 基 金 にあっては 記 載 不 要 2014( 平 成 26) 年 度 第 1 四 半 期 から 記 載 2014( 平 成 26) 年 度 第 2 四 半 期 から 記 載 母 体 企 業 の 経 営 の 状 況 各 四 半 期 末 ( 月 末 の 各 時 点 )における 状 況 を 記 載 総 合 設 立 基 金 にあっては 組 織 母 体 または 当 該 企 業 で 構 成 されている 健 康 保 険 組 合 の 運 営 状 況 等 の 記 載 で 可 2019( 平 成 31) 年 度 第 1 四 半 期 から 記 載 年 金 数 理 人 による 継 続 的 な 財 政 診 断 業 務 委 託 先 に 所 属 していない 年 金 数 理 人 による 継 続 的 な 財 政 診 断 ( 年 1 回 程 度 ) 上 記 の 業 務 委 託 先 とは 改 正 前 厚 年 法 第 130 条 第 5 項 に 基 づく 業 務 ( 総 幹 事 業 務 )の 委 託 先 であり 資 産 運 用 業 務 のみの 委 託 先 は 含 まれない 2019( 平 成 31) 年 4 月 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. 42

法 律 の 概 要 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 概 要 ( 制 度 の 見 直 しに 関 する 部 分 ) 本 ページ 以 降 厚 生 年 金 は と 表 記 施 行 日 以

法 律 の 概 要 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 概 要 ( 制 度 の 見 直 しに 関 する 部 分 ) 本 ページ 以 降 厚 生 年 金 は と 表 記 施 行 日 以 厚 生 年 金 制 度 の 見 直 し 2014 年 4 月 Member of Multinational Group of Actuaries and Consultants 法 律 の 概 要 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 概 要 ( 制 度 の 見 直 しに 関 する 部

More information

年金通信25-30厚年基金見直し(法改正概要)

年金通信25-30厚年基金見直し(法改正概要) 25-30 第 17 号 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しについて( 法 改 正 の 概 要 ) 平 成 25 年 6 月 19 日 団 体 年 金 事 業 部 平 成 25 年 6 月 19 日 の 参 議 院 本 会 議 にて 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 し 法 案 ( 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金

More information

代 行 制 度 を 基 本 的 な 枠 組 とする 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 今 後 の 在 り 方 について 本 試 案 では 代 行 部 分 は 公 的 年 金 の 一 部 である という 基 本 認 識 に 立 って 1 早 急 な 対 応 が 求 められる 代 行 割 れ 問 題

代 行 制 度 を 基 本 的 な 枠 組 とする 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 今 後 の 在 り 方 について 本 試 案 では 代 行 部 分 は 公 的 年 金 の 一 部 である という 基 本 認 識 に 立 って 1 早 急 な 対 応 が 求 められる 代 行 割 れ 問 題 第 1 回 厚 生 年 金 基 金 制 度 に 関 す る 専 門 委 員 会 平 成 2 4 年 1 1 月 2 日 資 料 3-1 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しについて ( 試 案 ) この 試 案 は 代 行 制 度 を 基 本 的 な 枠 組 みとする 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 今 後 の 在 り 方 について 広 く 国 民 の 論 議 に 供 するため 議 論

More information

厚 生 年 金 基 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 たる 厚 生 年 金 の 一 部 を 国 に 代 わって 支 給 ( 代 行 給 付 )しており 当 該 支 給 を 行 うための 費 用 として 事 業 主 から 保 険 料 を 徴 収 している 加 えて 各 基 金 ごとに 上 乗 せ

厚 生 年 金 基 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 たる 厚 生 年 金 の 一 部 を 国 に 代 わって 支 給 ( 代 行 給 付 )しており 当 該 支 給 を 行 うための 費 用 として 事 業 主 から 保 険 料 を 徴 収 している 加 えて 各 基 金 ごとに 上 乗 せ 参 考 資 料 厚 生 年 金 基 金 等 の 現 状 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 たる 厚 生 年 金 の 一 部 を 国 に 代 わって 支 給 ( 代 行 給 付 )しており 当 該 支 給 を 行 うための 費 用 として 事 業 主 から 保 険 料 を 徴 収 している 加 えて 各 基 金 ごとに 上 乗 せ 給

More information

資料 厚生年金基金の今後の方向性について.PDF

資料 厚生年金基金の今後の方向性について.PDF 資 料 厚 生 年 金 基 金 今 後 方 向 性 について 1 ( 総 論 ) 2 厚 生 年 金 基 金 制 度 改 革 基 本 構 造 厚 生 年 金 被 保 険 者 を 含 めたリスク 分 かち 合 いによる 代 行 割 れ 早 期 決 代 行 割 れを 再 び 起 こさない ため 制 度 的 措 置 代 行 部 分 に 対 す る 積 立 比 率 6.0 5.0 4.0 3.0 2.0 1.5

More information

企業年金に関する制度改善要望

企業年金に関する制度改善要望 1. 企 業 の 円 滑 な 組 織 再 編 要 望 項 目 名 (1) 組 織 再 編 に 伴 う 確 定 給 付 企 業 年 金 の 分 割 時 における 年 金 資 産 の 移 換 額 算 出 方 法 の 追 加 確 定 給 付 企 業 年 金 制 度 の 分 割 又 は 権 利 義 務 承 継 に 伴 う 年 金 資 産 の 移 換 額 の 算 出 方 法 に 確 定 給 付 企 業 年 金

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC096B18AEE8F80874B82538D862E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC096B18AEE8F80874B82538D862E646F63> 厚 生 年 金 基 金 実 務 基 準 第 4 号 [ 平 成 17 年 4 月 改 訂 ] 基 金 解 散 時 の 最 低 積 立 基 準 額 の 算 定 分 配 の 実 務 基 準 [ 内 容 ] 基 金 解 散 時 の 最 低 積 立 基 準 額 の 算 定 基 金 解 散 時 の 分 配 < 参 考 資 料 > 解 散 実 務 の 流 れ( 例 ) [ 留 意 事 項 ] 解 散 時 の 最

More information

定   款

定   款 定 款 損 害 保 険 契 約 者 保 護 機 構 1 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 保 険 契 約 者 保 護 機 構 ( 以 下 本 機 構 という )は 保 険 業 法 ( 平 成 7 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という )の 定 めるところにより 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E968BC68EE590E096BE89EF8E9197BF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E968BC68EE590E096BE89EF8E9197BF2E70707478> 事 業 主 の 皆 様 へ ~ 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しについて~ 東 京 都 報 道 事 業 厚 生 年 金 基 金 目 次 事 業 主 の 皆 様 へ 1. 厚 生 年 金 基 金 の 仕 組 み 2. 当 基 金 の 財 政 状 況 3. 法 改 正 の 概 要 4. 存 続 基 準 との 比 較 5. 厚 生 年 金 基 金 全 体 における 当 基 金 の 状 況 6.

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱 桜 井 市 外 国 人 高 齢 者 及 び 外 国 人 重 度 心 身 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 平 成 7 年 3 月 31 日 告 示 第 21 号 改 正 平 成 12 年 12 月 28 日 告 示 第 151 号 改 正 平 成 14 年 04 月 01 日 告 示 第 59 号 改 正 平 成 22 年 05 月 27 日 告 示 第 132 号 改 正 平 成 24

More information

(Microsoft Word - \211^\211c\213K\226\361.doc)

(Microsoft Word - \211^\211c\213K\226\361.doc) 永 平 寺 町 商 工 会 運 営 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 永 平 寺 町 商 工 会 定 款 第 7 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 永 平 寺 町 商 工 会 ( 以 下 本 商 工 会 という )の 円 滑 な 運 営 及 び 業 務 の 執 行 に 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目 的 とす る 第 2 章 会 員 ( 加

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

給付減額を行った厚生年金基金数

給付減額を行った厚生年金基金数 論 点 3 厚 生 年 金 基 金 制 度 等 の 在 り 方 関 係 資 料 資 料 2-2 代 行 制 度 の 意 義 役 割 と 変 遷 1 1. 代 行 制 度 の 性 格 代 行 制 度 は 公 的 年 金 の 一 部 を 基 金 という 国 以 外 の 者 が 管 理 運 用 する 仕 組 み イギリスの 適 用 除 外 制 度 とは 異 なり 公 的 年 金 としての 性 格 を 持

More information

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会 1 税 目 1. 国 税 ( 所 得 税 ) 要 望 カテゴリー 1 69. その 他 所 得 税 ( 国 税 ) 不 動 産 所 得 と 事 業 所 得 を 統 合 すること 事 業 所 得 と 不 動 産 所 得 の 区 分 は 資 産 所 得 の 合 算 課 税 が 行 われていたころの 名 残 であり 不 動 産 所 得 にも 一 定 の 労 務 の 提 供 及 びリスクの 負 担 があり

More information

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2 個 人 市 民 税 減 免 事 務 取 扱 要 領 平 成 25 年 5 月 23 日 平 成 25 年 8 月 30 日 改 正 平 成 26 年 1 月 27 日 改 正 平 成 27 年 3 月 12 日 改 正 財 政 局 税 務 部 課 税 課 ( 個 人 課 税 G) 内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨...

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

長 寿 第 3 0 0 号 平 成 23 年 5 月 11 日 岡 山 県 医 師 会 長 岡 山 県 歯 科 医 師 会 長 岡 山 県 薬 剤 師 会 長 殿 岡 山 県 病 院 協 会 長 岡 山 県 訪 問 看 護 ス テ ー シ ョ ン 連 絡 協 議 会 長 岡 山 県 保 健 福 祉 部 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 対 処 するための 特 別 の 財 政 援

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱 神 戸 市 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 い 同 法 の 施 行 日 ( 昭 和 57 年 1 月 1 日 ) 前 に20 歳 に 達 していた 外 国 人 等 で 年 金 制 度 の 有 する 被 保 険 者

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

Ⅱ 1. 厚 生 年 金 保 険 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 厚 生 年 金 保 険 が 適 用 されている 事 業 所 をいう すなわち 厚 生 年 金 保 険 法 第 6 条 第 1 項 第 1 号 に 掲 げられている 事 業 の 事 業 所 であって 常 時 5 人 以 上 の 従 業 員 を 使 用 する 事 業 所 又 は 船 舶 及 び 国

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 経 済 の 好 循 環 を 確 実 なものとする 観 点 から 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 等 を 行 うとともに 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 低 所 得 者 への 配 慮 として 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税 相 続 税 法 の 改 正 目 一 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 の 創 設 に 伴 う 相 続 税 及 び 贈 与 税 の 納 税 義 務 等 の 見 直 し 536 次 二 保 険 に 関 する 調 書 の 見 直 し 541 三 その 他 の 見 直 し 543 はじめに 本 稿 では 平 成 27 年 度 税 制 改 正 に 盛 り 込 まれた 事 項

More information

1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害

1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 第 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 概 要 - 1 - 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けた 場 合 にその

More information

公 社 債 等 の 課 税 方 式 の 変 更 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 及 び 譲 渡 所 得 の 課 税 方 式 が 変 更 されます 項 目 主 な 内 容 課 税 局 面 現 行 改 正 案 特 定 公 社 債 等 1 特 定 公 社 債 ( 1) 2 公 募 公 社 債

公 社 債 等 の 課 税 方 式 の 変 更 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 及 び 譲 渡 所 得 の 課 税 方 式 が 変 更 されます 項 目 主 な 内 容 課 税 局 面 現 行 改 正 案 特 定 公 社 債 等 1 特 定 公 社 債 ( 1) 2 公 募 公 社 債 金 融 証 券 税 制 公 社 債 等 の 課 税 方 式 の 変 更 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 及 び 譲 渡 所 得 の 課 税 方 式 が 変 更 されます 項 目 主 な 内 容 課 税 局 面 現 行 改 正 案 特 定 公 社 債 等 1 特 定 公 社 債 ( 1) 2 公 募 公 社 債 の 投 資 信 託 の 受 益 権 3 証 券 投 資 信 託 以 外 の 公

More information

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 課 ( 室 ) 各 市 町 村 介 護 保 険 担 当 課 ( 室 ) 各 介 護 保 険 関 係 団 体 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 介 護 保 険 最 新 情 報 今 回 の 内 容 費 用 負 担 の 見 直 しに 係 る 事 務 処 理 の 取 扱 いについて 計 29 枚 ( 本 紙 を 除 く) Vol.490

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 8 号 最 終 改 正 平 成 26 年 9 月 24 日 規 則 第 30 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 55 条 国

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A0338C8E8C888E5A9640906C82CC8C888E5A8145905C8D9082CC837C8343839383672888F38DFC9770292E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A0338C8E8C888E5A9640906C82CC8C888E5A8145905C8D9082CC837C8343839383672888F38DFC9770292E646F63> 3 月 決 算 法 人 の 決 算 申 告 のポイント 平 成 23 年 4 月 7 日 九 州 北 部 税 理 士 会 福 岡 支 部 夜 間 研 修 税 理 士 有 田 義 博 目 次 平 成 22 年 度 税 制 改 正 から... 1 いわゆる 自 販 機 節 税 封 じ( 消 費 税 )... 1 1. 平 成 22 年 度 改 正 の 内 容... 1 2. 適 用 時 期 ( 改 正

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

Microsoft Word リスク説明書(HP掲載用:消費税対応)

Microsoft Word リスク説明書(HP掲載用:消費税対応) 家 賃 返 済 特 約 付 きフラット35に 関 する 覚 書 に 関 する 制 度 リスク 説 明 Ⅰ 制 度 内 容 について< 住 宅 金 融 支 援 機 構 が 実 施 する 内 容 の 説 明 > 1~17は 住 宅 金 融 支 援 機 構 が 実 施 する 家 賃 返 済 特 約 付 きフラット35 の 制 度 内 容 留 意 点 等 についての 説 明 です なお 本 内 容 については

More information

1 この 資 料 は 財 務 省 主 税 局 が 事 業 承 継 税 制 に 係 る 説 明 会 用 に 作 成 した 資 料 を 基 に 国 税 庁 資 産 課 税 課 において 編 集 したものです 2 事 業 承 継 税 制 についての 理 解 を 深 めていただくために ご 活 用 ください

1 この 資 料 は 財 務 省 主 税 局 が 事 業 承 継 税 制 に 係 る 説 明 会 用 に 作 成 した 資 料 を 基 に 国 税 庁 資 産 課 税 課 において 編 集 したものです 2 事 業 承 継 税 制 についての 理 解 を 深 めていただくために ご 活 用 ください ~ 平 成 25 年 度 税 制 改 正 ~ 新 しい 事 業 承 継 税 制 の 概 要 平 成 25 年 6 月 1 この 資 料 は 財 務 省 主 税 局 が 事 業 承 継 税 制 に 係 る 説 明 会 用 に 作 成 した 資 料 を 基 に 国 税 庁 資 産 課 税 課 において 編 集 したものです 2 事 業 承 継 税 制 についての 理 解 を 深 めていただくために ご

More information

250912資料.xdw

250912資料.xdw 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 について ~ 会 計 基 準 の 概 要 運 用 指 針 ~ 平 成 25 年 9 月 12 日 ( 木 ) 小 野 瀬 木 下 税 理 士 法 人 小 野 瀬 公 認 会 計 士 事 務 所 大 木 芳 則 本 日 の 研 修 の 目 的 1. 新 会 計 基 準 の 構 成 について 理 解 しましょう! > 基 準 本 文 > 基 準 注 解 > 運 用

More information

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc 参 考 資 料 6 不 動 産 投 資 信 託 及 び 不 動 産 投 資 法 人 に 関 する 規 平 成 13 年 3 月 16 日 制 定 平 成 13 年 5 月 24 日 改 正 平 成 13 年 9 月 21 日 改 正 平 成 16 年 3 月 19 日 改 正 平 成 17 年 11 月 18 日 改 正 平 成 18 年 4 月 21 日 改 正 平 成 19 年 2 月 16 日

More information

無年金外国人高齢者福祉手当要綱

無年金外国人高齢者福祉手当要綱 東 浦 町 無 年 金 外 国 人 住 民 高 齢 者 福 祉 手 当 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 う 改 正 後 の 年 金 制 度 において 国 民 年 金 の 受 給 資 格 を 有 しない 在 日 の 外 国 人 住 民 高 齢 者

More information

岩手県立大学学則

岩手県立大学学則 公 立 大 学 法 人 岩 手 県 立 大 学 の 授 業 料 等 に 関 する 規 則 平 成 17 年 12 月 19 日 規 程 第 97 号 改 正 平 成 19 年 1 月 17 日 規 則 第 1 号 平 成 20 年 3 月 31 日 規 則 第 5 号 平 成 23 年 2 月 16 日 規 則 第 2 号 平 成 23 年 5 月 9 日 規 則 第 4 号 平 成 24 年 3

More information

個人の税金 Q&A

個人の税金 Q&A 1 所 得 税 の 最 高 税 率 の 引 き 上 げ 2 給 与 所 得 控 除 に 設 けられた 上 限 3 NISA の 特 例 を 有 効 活 用 する 4 不 動 産 業 に 対 する 消 費 税 の 課 税 5 住 宅 ローン 控 除 の 改 正 6 直 系 尊 属 からの 贈 与 の 税 率 改 正 7 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 改 正 8 相 続 税 の 基 礎 控 除

More information

(連合東京)

(連合東京) ( 連 合 東 京 ) 厚 生 年 金 基 金 改 正 法 に 労 働 組 合 はどう 対 応 すべきか 平 成 25 年 11 月 21 日 NPO 法 人 金 融 年 金 問 題 教 育 普 及 ネットワーク はじめに 平 成 25 年 6 月 19 日 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 し 等 を 柱 にした 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 確 保 のための

More information

<5461726F2D8CFA944E8AEE8BE08BC696B195F18D908F91816990568B8C816A>

<5461726F2D8CFA944E8AEE8BE08BC696B195F18D908F91816990568B8C816A> 厚 生 年 金 基 金 の 業 務 報 告 書 の 様 式 について( 平 成 十 年 十 月 十 四 日 企 国 発 第 三 〇 号 厚 生 省 年 金 局 企 業 年 金 国 民 年 金 基 金 課 長 から 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 長 あて 通 知 ) - 新 旧 対 照 表 - 新 旧 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 基 金

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

僅 追 加 型 証 券 投 資 信 託 パン パシフィック 外 国 債 券 オープン 約 款 明 治 安 田 アセットマネジメント 株 式 会 社 運 用 の 基 本 方 針 約 款 第 22 条 に 基 づき 委 託 者 の 定 める 運 用 の 基 本 方 針 は 次 のものとします 1. 基 本 方 針 この 投 資 信 託 は 安 定 した 収 益 の 確

More information

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個 別 紙 新 旧 対 照 表 改 正 後 改 正 前 ( 注 )アンダーラインを 付 した 部 分 は 改 正 部 分 である 目 次 目 次 第 1 編 総 則 第 1 編 総 則 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 長 野 県 北 部

地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 長 野 県 北 部 地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 総 務 省 自 治 税 務 局 平 成 23 年 4 月 27 日 ( 平 成 24 年 1 月 17 日 更 新 ) 地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する

More information

二 生 活 保 護 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十 四 号 ) 第 三 十 八 条 第 一 項 第 一 号 に 規 定 する 救 護 施 設 の 中 に 設 けられた 診 療 所 三 生 活 保 護 法 第 三 十 八 条 第 一 項 第 二 号 に 規 定 する 更 生 施

二 生 活 保 護 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十 四 号 ) 第 三 十 八 条 第 一 項 第 一 号 に 規 定 する 救 護 施 設 の 中 に 設 けられた 診 療 所 三 生 活 保 護 法 第 三 十 八 条 第 一 項 第 二 号 に 規 定 する 更 生 施 労 働 者 派 遣 事 業 の 適 正 な 運 営 の 確 保 及 び 派 遣 労 働 者 の 就 業 条 件 の 整 備 等 に 関 する 法 律 施 行 規 則 ( 昭 和 六 十 一 年 四 月 十 七 日 労 働 省 令 第 二 十 号 ) 目 次 第 一 章 労 働 者 派 遣 事 業 の 適 正 な 運 営 の 確 保 に 関 する 措 置 第 一 節 業 務 の 範 囲 ( 第 一 条

More information

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及 規 約 等 目 次 1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 66 2. 同 保 険 給 付 規 程 77 3. 同 保 険 料 賦 課 徴 収 規 程 78 4. 同 保 険 料 減 免 規 程 79 5. 同 常 務 理 事 専 決 規 程 79 6. 同 支 部 規 程 80 7. 同 職 員 事 務 分 掌 規 程 81 8. 同 会 計 事 務 規 程 82 9.

More information

障害基礎年金受給権が生じた場合の納付済保険料の取扱いの見直し

障害基礎年金受給権が生じた場合の納付済保険料の取扱いの見直し (1) 障 害 基 礎 年 金 受 給 権 が 生 じた 場 合 の 納 付 済 保 険 料 の 取 扱 い の 見 直 し( 新 規 案 件 ) 1 相 談 内 容 私 の 娘 は 20 年 以 上 前 から 精 神 疾 患 があり 平 成 25 年 に 主 治 医 を 替 え たところ 当 該 医 師 から 病 状 から 判 断 して 障 害 年 金 を 受 給 できるので はないか 一 度 障

More information

社会福祉法人の手引き

社会福祉法人の手引き 社 会 福 祉 法 人 の 運 営 の 手 引 き ( 平 成 23 年 3 月 版 ) 川 崎 市 健 康 福 祉 局 総 務 部 監 査 指 導 課 - 1 - 目 次 Ⅰ 社 会 福 祉 法 人 について 1 社 会 福 祉 法 人 1 2 社 会 福 祉 法 人 の 要 件 1 3 社 会 福 祉 事 業 2 (1) 第 一 種 社 会 福 祉 事 業 2 (2) 第 二 種 社 会 福 祉

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド)

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド) 投 資 契 約 書 目 次 第 1 章 本 契 約 の 目 的 払 込 手 続 等... - 1 - 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 )... - 1 - 第 2 条 ( 本 株 式 の 発 行 及 び 取 得 )... - 1 - 第 3 条 ( 払 込 手 続 き)... - 1 - 第 4 条 ( 前 提 条 件 )... - 1 - 第 2 章 発 行 会 社 及 び 経 営 株 主

More information

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え 疑 義 照 会 ( ) 1. 二 以 上 事 業 所 勤 務 被 保 険 者 の 保 険 料 登 録 P1 1 2. 定 期 保 険 料 の 調 査 決 定 及 び 納 入 告 知 P2 1~2 3. 調 査 決 定 の 変 更 P3 1~2 4. 歳 入 金 の 還 付 P5 1 5. 還 付 請 求 P6 1 6. 歳 入 金 の 徴 収 P7 1 7. 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 P8

More information

Taro-理事の手引き(最終案).jtd

Taro-理事の手引き(最終案).jtd 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 の 手 引 き 埼 玉 県 福 祉 部 福 祉 施 設 監 査 課 編 集 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 1 理 事 の 役 割 1 2 法 人 と 理 事 の 関 係 2 3 理 事 の 要 件 (1) 理 事 に 期 待 される 要 件 3 (2) 理 事 の 定 数 欠 員 の 補 充 4 (3) 理 事 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知)

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知) 保 保 発 0116 第 3 号 平 成 27 年 1 月 16 日 健 康 保 険 組 合 理 事 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 保 険 課 長 ( 公 印 省 略 ) 健 康 保 険 組 合 の 平 成 27 年 度 予 算 の 編 成 について 平 成 27 年 度 の 予 算 については 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という )の 実 情 や 以 下 に 掲 げる 事

More information

1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと

1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと Tax news letter www.kotaka-tax.com tax.com 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 の 主 な 改 正 点 に 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 されました 本 ニュースレターでは 特 に 個 人 富 裕 層 中 小 企 業 オーナー 並 びに 中 小 企 業 に 関 する 主 な 改 正 点 についてご 紹 介 いたします

More information

厚 生 年 金 基 金 制 度 見 直 し 法 施 行 による 当 基 金 の について 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しを 定 めた 厚 生 年 金 基 金 制 度 見 直 し 法 が 昨 年 6 月 に 国 会 で 成 立 し 本 年 4 月 1 日 より 施 行 されました この

厚 生 年 金 基 金 制 度 見 直 し 法 施 行 による 当 基 金 の について 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しを 定 めた 厚 生 年 金 基 金 制 度 見 直 し 法 が 昨 年 6 月 に 国 会 で 成 立 し 本 年 4 月 1 日 より 施 行 されました この 基 金 だより 重 要 なお 知 らせ 事 業 主 並 びに 加 入 員 の 皆 さまへ 東 日 本 硝 子 業 厚 生 年 金 基 金 は 方 針 を 議 決 しました 日 頃 より 当 基 金 の 事 業 運 営 にご 理 とご 協 力 をいただき 感 謝 申 し 上 げます さて 平 成 25 年 6 月 に 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 原 則 廃 止 を 旨 とする 厚 生 年 金

More information

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業 平 成 28 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 案 ) 速 報 ( 平 成 27 年 12 月 10 日 現 在 ) 0 1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 1-1 23.9% 平 成 28 年 4 月 1 日 以

More information

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) の 公 表 について 平 成 27 年 1 月 8 日 本 規 定 案 ( 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) )は 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 す るための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 27 号 )に 基 づき 特 定 個 人 情 報 の 適

More information

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年6月2日・法律第48号)

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年6月2日・法律第48号) 公 益 財 団 法 人 はごろも 教 育 研 究 奨 励 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 はごろも 教 育 研 究 奨 励 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 静 岡 県 静 岡 市 清 水 区 に 置 く 2 この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 を 経 て 必 要

More information

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱 防 府 市 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 齢 者 のうち 国 民 年 金 制 度 上 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできない 在 日 外 国 人 及 び 帰 国 者 等 に 対 し 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 ( 以 下 給 付 金 という )を

More information

厚 生 年 金 基 金 解 散 に 関 する Q & 解 散 関 係 Q1.なぜ 基 金 を 解 散 するのか? 平 成 25 年 6 月 に 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 原 則 廃 止 を 前 提 とした 厚 生 年 金 基 金 制 度 見 直 し 法 が 成 立 し 平 成 26 年 4

厚 生 年 金 基 金 解 散 に 関 する Q & 解 散 関 係 Q1.なぜ 基 金 を 解 散 するのか? 平 成 25 年 6 月 に 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 原 則 廃 止 を 前 提 とした 厚 生 年 金 基 金 制 度 見 直 し 法 が 成 立 し 平 成 26 年 4 厚 生 年 金 基 金 解 散 に 関 するQ & 目 次 解 散 関 係 Q1.なぜ 基 金 を 解 散 するのか Q2. 基 金 の 解 散 方 法 について Q3. 基 金 の 解 散 日 について Q4. 基 金 解 散 後 確 定 給 付 企 業 年 金 へ 移 行 するなどの 後 継 制 度 の 選 択 肢 について Q5. 解 散 に 向 けて 事 業 所 は 何 をすればよいのか Q6.

More information

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9>

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9> 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 市 町 村 税 関 係 ) ( 平 成 22 年 4 月 1 日 総 税 市 第 16 号 ) ( 改 正 ) 平 成 22 年 8 月 23 日 総 税 市 第 60 号 平 成 23 年 6 月 30 日 総 税 市 第 34 号 平 成 23 年 12 月 2 日 総 税 市 第 70 号 平 成 24 年 4 月 1 日 総 税

More information

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について 日 環 協 第 8 号 平 成 2 5 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 土 壌 汚 染 対 策 法 政 令 市 市 長 殿 公 益 財 団 法 人 日 本 環 境 協 会 理 事 長 森 嶌 昭 夫 土 壌 環 境 保 全 対 策 推 進 助 成 金 交 付 事 業 実 施 要 領 の 変 更 について 当 協 会 の 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 の 御 協 力 を

More information

KT6 定年制職員就業規程

KT6 定年制職員就業規程 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 第 2 条 適 用 範 囲 第 2 章 勤 務 第 1 節 勤 務 心 得 第 3 条 職 務 の 遂 行 第 4 条 禁 止 事 項 第 5 条 許 可 及 び 届 出 事 項 第 2 節 勤 務 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 6

More information

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額 国 民 年 金 法 目 次 第 1 章 総 則 及 び 被 保 険 者 1 1 目 的 2 2 管 掌 等 2 3 権 限 の 委 任 等 3 4 用 語 の 定 義 4 5 被 保 険 者 7 6 資 格 の 取 得 12 7 資 格 の 喪 失 14 8 被 保 険 者 期 間 の 計 算 と 種 別 の 変 更 16 9 国 民 年 金 原 簿 等 18 第 2 章 費 用 21 1 国 庫

More information

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 76 号 ) 改 正 平 成 21 年 5 月 19 日 09 規 程 第 6 号 改 正 平 成 21 年 11 月 17 日 09 規 程 第 24 号 改 正 平 成 22 年 6 月 22 日

More information

静岡県公立大学法人職員就業規則

静岡県公立大学法人職員就業規則 平 成 21 年 4 月 1 日 規 程 第 7 号 地 方 独 立 行 政 法 人 静 岡 県 立 病 院 機 構 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 9 条 ) 第 2 節 評 定 ( 第 10 条 ) 第 3 節 昇 任 及 び 降 任 等 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第

More information

第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 試 用 期 間 ( 採 用 の 方 法 ) 第 3 条 職 員 の 採 用 は 公 募 により 行 うものとし 公 募 に 応 じた 採 用 希 望 者 の 中 から 試 験 又 は 選 考 に 合 格 し 所 定 の 手 続 きを 経 たものを 職 員 とし

第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 試 用 期 間 ( 採 用 の 方 法 ) 第 3 条 職 員 の 採 用 は 公 募 により 行 うものとし 公 募 に 応 じた 採 用 希 望 者 の 中 から 試 験 又 は 選 考 に 合 格 し 所 定 の 手 続 きを 経 たものを 職 員 とし 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 16 規 程 第 2 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 17 規 程 第 15 号 平 成 17 年 10 月 27 日 17 規 程 第 36 号 平 成 18 年 3 月 22 日 18 規 程 第 3 号 平 成 20 年 12 月 25 日 20 規 程

More information

資    料 (法人課税)

資    料 (法人課税) 平 成 23 年 度 改 正 関 係 参 考 資 料 ( 国 際 課 税 関 係 ) 1 外 国 税 額 控 除 制 度 の 適 正 化 外 国 税 額 控 除 制 度 は 国 際 的 二 重 課 税 を 排 除 するために 外 国 で 納 付 した 外 国 税 額 を 国 外 所 得 に 対 しわが 国 で 納 付 すべき 法 人 の 税 額 ( 控 除 限 度 額 )の 範 囲 内 で 控 除

More information

第1章 総則

第1章 総則 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 うとともに 地 区 内 の 環 境 の 整 備 改 善 を 図 るための 事 業 を 行 うことにより 組 合 員 の 事 業 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 し 併 せて 公 共

More information

Taro-匿名組合 151009 栄

Taro-匿名組合 151009 栄 匿 名 組 合 の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 匿 名 組 合 とは 匿 名 組 合 契 約 とは 当 事 者 の 一 方 が 相 手 方 の 営 業 のために 出 資 をし その 営 業 から 生 ず る 利 益 を 分 配 することを 約 する 各 当 事 者 が 出 資 をして 共 同 の 事 業 を 営 むことを 約 する 契 約 である( 商 法 535) 出 資 は 財 産 出 資 のみ

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

2 会 長 は 前 項 の 申 込 みを 承 諾 したときは 共 済 事 業 制 度 加 入 承 諾 書 と 本 退 職 共 済 規 程 を 共 済 契 約 者 に 送 付 するものとする 3 事 業 主 が 施 設 を 新 設 し 新 たにその 施 設 の 職 員 を 加 入 者 としようとする

2 会 長 は 前 項 の 申 込 みを 承 諾 したときは 共 済 事 業 制 度 加 入 承 諾 書 と 本 退 職 共 済 規 程 を 共 済 契 約 者 に 送 付 するものとする 3 事 業 主 が 施 設 を 新 設 し 新 たにその 施 設 の 職 員 を 加 入 者 としようとする 公 益 社 団 法 人 千 葉 県 社 会 福 祉 事 業 共 助 会 退 職 共 済 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 益 社 団 法 人 千 葉 県 社 会 福 祉 事 業 共 助 会 ( 以 下 共 助 会 という ) 定 款 第 4 条 に 規 定 する 事 業 ( 以 下 共 済 事 業 という )の 運 営 に 必 要 な 事 項 を 定 めるこ

More information

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 組 合 は 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 共 済 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行 によって 他 人

More information

Microsoft Word - koukankisoku(28.9

Microsoft Word - koukankisoku(28.9 大 阪 手 形 交 換 所 規 則 ( 昭 和 47 年 2 月 7 日 総 会 決 議 ) 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 大 阪 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 2 号 の 規 定 にもとづき 協 会 が 設 置 運 営 する 大 阪 手 形 交 換 所 ( 以 下

More information

59501-59800 育児休業給付【25.12】

59501-59800 育児休業給付【25.12】 業 務 取 扱 要 領 59501-59800 雇 用 継 続 給 付 関 係 ( 育 児 休 業 給 付 ) 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 雇 用 保 険 課 目 次 59501- 第 1 制 度 の 概 要 等 1 59520 59501-1 制 度 の 概 要 1 59510 59501 (1) 育 児 休 業 給 付 の 受 給 資 格 1 59502 (2) 給 付 の 種 類

More information

P786 1. 適 用 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 1 回 講 義 資 料 法 人 経 営 強 制 適 用 個 人 経 営 ( 強 制 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 強 制 適 用 5 人 未 満 任 意 適 用 ( 任 意 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 任 意 適 用

P786 1. 適 用 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 1 回 講 義 資 料 法 人 経 営 強 制 適 用 個 人 経 営 ( 強 制 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 強 制 適 用 5 人 未 満 任 意 適 用 ( 任 意 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 任 意 適 用 2015 年 度 厚 生 年 金 保 険 法 ココだけは 絶 対 に 外 せない!! 会 社 員 などお 仕 事 をされていて 勉 強 時 間 が 限 られる 方 はこちらから 優 先 して 勉 強 すると 良 い でしょう 過 去 問 によく 出 題 されている 箇 所 優 先 で 選 びました 優 先 すべき 箇 所 は 太 文 字 表 示 しております 第 1 回 講 義 厚 生 年 金 保

More information

00_改正税法の概要_白表紙

00_改正税法の概要_白表紙 所 得 税 法 等 ( 扶 養 控 除 関 係 )の 改 正 1 年 少 扶 養 親 族 に 対 する 扶 養 控 除 の 廃 止 ⑴ 年 少 扶 養 親 族 ( 扶 養 親 族 のうち 年 齢 16 歳 未 満 の 者 をいいます )に 対 す る 扶 養 控 除 が 廃 止 されました ( 平 成 23 年 分 以 降 適 用 ) ⑵ 上 記 ⑴の 改 正 にあわせて 扶 養 控 除 の 対 象

More information

3 地 方 率 等 推 移 -2- 昭 和 30 年 昭 和 31 年 昭 和 32 年 昭 和 33 年 昭 和 34 年 昭 和 35 年 第 1 課 方 式 率 引 下 標 準 率 100 分 15 制 限 率 第 2 課 方 式 及 び 第 3 課 方 式 について 準 拠 率 を 法 制

3 地 方 率 等 推 移 -2- 昭 和 30 年 昭 和 31 年 昭 和 32 年 昭 和 33 年 昭 和 34 年 昭 和 35 年 第 1 課 方 式 率 引 下 標 準 率 100 分 15 制 限 率 第 2 課 方 式 及 び 第 3 課 方 式 について 準 拠 率 を 法 制 3 地 方 率 等 推 移 -1- 昭 和 25 年 均 等 割 標 準 率 400~1,800 円 制 限 率 500~1,000 円 第 1 課 方 式 ( 所 得 割 ) 制 限 率 100 分 18 制 限 率 100 分 20 第 2 課 方 式 制 限 率 100 分 20 第 3 課 方 式 制 限 率 100 分 20 賦 課 期 日 8 月 1 日 昭 和 26 年 昭 和 27

More information

<5461726F2D8A678F5B92CA92428169926E95FB8CF68BA4926391CC9770816A>

<5461726F2D8A678F5B92CA92428169926E95FB8CF68BA4926391CC9770816A> 建 設 省 経 振 発 第 8 号 平 成 11 年 1 月 28 日 改 正 国 総 建 第 199 号 国 総 建 整 第 156 号 平 成 20 年 10 月 17 日 都 道 府 県 知 事 政 令 指 定 都 市 長 あて 建 設 省 建 設 経 済 局 長 公 共 工 事 に 係 る 工 事 請 負 代 金 債 権 の 譲 渡 を 活 用 した 融 資 制 度 について 建 設 投 資

More information