【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮)

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮)"

Transcription

1 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 平 成 25 年 12 月 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 研 究 会

2 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン はじめに 1. 目 的 2. 経 営 者 保 証 の 準 則 3. ガイドラインの 適 用 対 象 となり 得 る 保 証 契 約 4. 経 営 者 保 証 に 依 存 しない 融 資 の 一 層 の 促 進 (1) 主 たる 債 務 者 及 び 保 証 人 における 対 応 1 法 人 と 経 営 者 との 関 係 の 明 確 な 区 分 分 離 2 財 務 基 盤 の 強 化 3 財 務 状 況 の 正 確 な 把 握 適 時 適 切 な 情 報 開 示 等 による 経 営 の 透 明 性 確 保 (2) 対 象 債 権 者 における 対 応 5. 経 営 者 保 証 の 契 約 時 の 対 象 債 権 者 の 対 応 (1) 主 たる 債 務 者 や 保 証 人 に 対 する 保 証 契 約 の 必 要 性 等 に 関 する 丁 寧 かつ 具 体 的 な 説 明 (2) 適 切 な 保 証 金 額 の 設 定 6. 既 存 の 保 証 契 約 の 適 切 な 見 直 し (1) 保 証 契 約 の 見 直 しの 申 入 れ 時 の 対 応 1 主 たる 債 務 者 及 び 保 証 人 における 対 応 2 対 象 債 権 者 における 対 応 (2) 事 業 承 継 時 の 対 応 1 主 たる 債 務 者 及 び 後 継 者 における 対 応 2 対 象 債 権 者 における 対 応 7. 保 証 債 務 の 整 理 (1)ガイドラインに 基 づく 保 証 債 務 の 整 理 の 対 象 となり 得 る 保 証 人 (2) 保 証 債 務 の 整 理 の 手 続 (3) 保 証 債 務 の 整 理 を 図 る 場 合 の 対 応 1 一 時 停 止 等 の 要 請 への 対 応 2 経 営 者 の 経 営 責 任 の 在 り 方 3 保 証 債 務 の 履 行 基 準 ( 残 存 資 産 の 範 囲 ) 4 保 証 債 務 の 弁 済 計 画 5 保 証 債 務 の 一 部 履 行 後 に 残 存 する 保 証 債 務 の 取 扱 い 8.その 他 1

3 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン はじめに 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 等 ( 以 下 中 小 企 業 という )の 経 営 者 による 個 人 保 証 ( 以 下 経 営 者 保 証 という ) 1 には 経 営 への 規 律 付 けや 信 用 補 完 として 資 金 調 達 の 円 滑 化 に 寄 与 する 面 がある 一 方 経 営 者 による 思 い 切 った 事 業 展 開 や 保 証 後 において 経 営 が 窮 境 に 陥 った 場 合 における 早 期 の 事 業 再 生 を 阻 害 する 要 因 となっているなど 企 業 の 活 力 を 阻 害 する 面 もあり 経 営 者 保 証 の 契 約 時 及 び 履 行 時 等 において 様 々な 課 題 が 存 在 する このため 平 成 25 年 1 月 中 小 企 業 庁 と 金 融 庁 が 共 同 で 有 識 者 との 意 見 交 換 の 場 と して 中 小 企 業 における 個 人 保 証 等 の 在 り 方 研 究 会 を 設 置 した 本 研 究 会 において 中 小 企 業 における 経 営 者 保 証 等 の 課 題 全 般 を 契 約 時 の 課 題 と 履 行 時 等 における 課 題 の 両 局 面 において 整 理 するとともに 中 小 企 業 金 融 の 実 務 の 円 滑 化 に 資 する 具 体 的 な 政 策 的 出 口 について 継 続 的 な 議 論 が 行 われ 同 年 5 月 課 題 の 解 決 策 の 方 向 性 とともに 当 該 方 向 性 を 具 体 化 したガイドラインの 策 定 が 適 当 である 旨 の 中 小 企 業 における 個 人 保 証 等 の 在 り 方 研 究 会 報 告 書 が 公 表 された また 日 本 再 興 戦 略 ( 同 年 6 月 14 日 閣 議 決 定 )においても 新 事 業 を 創 出 し 開 廃 業 率 10% 台 を 目 指 すための 施 策 として 当 該 ガイドラインが 位 置 付 けられている 同 年 8 月 本 報 告 書 にて 示 された 方 向 性 を 具 体 化 することを 目 的 として 行 政 当 局 の 関 与 の 下 日 本 商 工 会 議 所 と 全 国 銀 行 協 会 が 共 同 で 有 識 者 を 交 えた 意 見 交 換 の 場 とし て 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 研 究 会 を 設 置 した この 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン は 本 研 究 会 における 中 小 企 業 団 体 及 び 金 融 機 関 団 体 の 関 係 者 学 識 経 験 者 専 門 家 等 の 議 論 を 踏 まえ 中 小 企 業 の 経 営 者 保 証 に 関 する 契 約 時 及 び 履 行 時 等 における 中 小 企 業 経 営 者 及 び 金 融 機 関 による 対 応 について の 中 小 企 業 団 体 及 び 金 融 機 関 団 体 共 通 の 自 主 的 自 律 的 な 準 則 として 策 定 公 表 する ものである 1. 目 的 このガイドラインは 中 小 企 業 金 融 における 経 営 者 保 証 について 主 たる 債 務 者 保 証 人 2 ( 保 証 契 約 の 締 結 によって 保 証 人 となる 可 能 性 のある 者 を 含 む 以 下 同 じ ) 及 1 このガイドラインは 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 の 経 営 者 保 証 を 主 たる 対 象 としているが 必 ずしも 対 象 を 当 該 保 証 に 限 定 しているものではない 2 併 存 的 債 務 引 受 を 行 った 経 営 者 であって 対 象 債 権 者 によって 実 質 的 に 経 営 者 保 証 人 と 同 等 の 効 果 が 期 待 されているものも 含 む 2

4 び 対 象 債 権 者 ( 中 小 企 業 に 対 する 金 融 債 権 を 有 する 金 融 機 関 等 であって 現 に 経 営 者 に 対 して 保 証 債 権 3 を 有 するもの あるいは 将 来 これを 有 する 可 能 性 のあるものをいう また 主 たる 債 務 の 整 理 局 面 において 保 証 債 務 の 整 理 ( 保 証 債 務 の 全 部 又 は 一 部 の 免 除 等 をいう 以 下 同 じ )を 行 う 場 合 においては 成 立 した 弁 済 計 画 により 権 利 を 変 更 さ れることが 予 定 されている 保 証 債 権 の 債 権 者 をいう 以 下 同 じ )において 合 理 性 が 認 められる 保 証 契 約 の 在 り 方 等 を 示 すとともに 主 たる 債 務 の 整 理 局 面 における 保 証 債 務 の 整 理 を 公 正 かつ 迅 速 に 行 うための 準 則 を 定 めることにより 経 営 者 保 証 の 課 題 に 対 す る 適 切 な 対 応 を 通 じてその 弊 害 を 解 消 し もって 主 たる 債 務 者 保 証 人 及 び 対 象 債 権 者 の 継 続 的 かつ 良 好 な 信 頼 関 係 の 構 築 強 化 とともに 中 小 企 業 の 各 ライフステージ( 創 業 成 長 発 展 早 期 の 事 業 再 生 や 事 業 清 算 への 着 手 円 滑 な 事 業 承 継 新 たな 事 業 の 開 始 等 をいう 以 下 同 じ )における 中 小 企 業 の 取 組 意 欲 の 増 進 を 図 り ひいては 中 小 企 業 金 融 の 実 務 の 円 滑 化 を 通 じて 中 小 企 業 の 活 力 が 一 層 引 き 出 され 日 本 経 済 の 活 性 化 に 資 することを 目 的 とする 2. 経 営 者 保 証 の 準 則 (1)このガイドラインは 経 営 者 保 証 における 合 理 的 な 保 証 契 約 の 在 り 方 等 を 示 す とともに 主 たる 債 務 の 整 理 局 面 における 保 証 債 務 の 整 理 を 公 正 かつ 迅 速 に 行 うた めの 準 則 であり 中 小 企 業 団 体 及 び 金 融 機 関 団 体 の 関 係 者 が 中 立 公 平 な 学 識 経 験 者 専 門 家 等 と 共 に 協 議 を 重 ねて 策 定 したものであって 法 的 拘 束 力 はないもの の 主 たる 債 務 者 保 証 人 及 び 対 象 債 権 者 によって 自 発 的 に 尊 重 され 遵 守 され ることが 期 待 されている (2)このガイドラインに 基 づき 経 営 者 保 証 に 依 存 しない 融 資 の 一 層 の 促 進 が 図 られ ることが 期 待 されるが 主 たる 債 務 者 である 中 小 企 業 の 法 人 個 人 の 一 体 性 4 に 一 定 の 合 理 性 や 必 要 性 が 認 められる 場 合 等 において 経 営 者 保 証 を 締 結 する 際 には 主 たる 債 務 者 保 証 人 及 び 対 象 債 権 者 は このガイドラインに 基 づく 保 証 契 約 の 締 結 保 証 債 務 の 整 理 等 における 対 応 について 誠 実 に 協 力 する (3) 主 たる 債 務 者 保 証 人 及 び 対 象 債 権 者 は 保 証 債 務 の 整 理 の 過 程 において 共 有 した 情 報 について 相 互 に 守 秘 義 務 を 負 う (4)このガイドラインに 基 づく 保 証 債 務 の 整 理 は 公 正 衡 平 を 旨 とし 透 明 性 を 尊 重 する 3 中 小 企 業 の 金 融 債 務 について 経 営 者 により 実 質 的 に 経 営 者 保 証 と 同 等 の 効 果 が 期 待 される 併 存 的 債 務 引 受 がなされた 場 合 における 当 該 経 営 者 に 対 する 債 権 も 含 む 4 中 小 企 業 における 個 人 保 証 等 の 在 り 方 研 究 会 報 告 書 参 照 3

5 3.ガイドラインの 適 用 対 象 となり 得 る 保 証 契 約 このガイドラインは 以 下 の 全 ての 要 件 を 充 足 する 保 証 契 約 に 関 して 適 用 されるもの とする (1) 保 証 契 約 の 主 たる 債 務 者 が 中 小 企 業 であること (2) 保 証 人 が 個 人 であり 主 たる 債 務 者 である 中 小 企 業 の 経 営 者 であること ただ し 以 下 に 定 める 特 別 の 事 情 がある 場 合 又 はこれに 準 じる 場 合 5 については この ガイドラインの 適 用 対 象 に 含 める 1 実 質 的 な 経 営 権 を 有 している 者 営 業 許 可 名 義 人 又 は 経 営 者 の 配 偶 者 ( 当 該 経 営 者 と 共 に 当 該 事 業 に 従 事 する 配 偶 者 に 限 る )が 保 証 人 となる 場 合 2 経 営 者 の 健 康 上 の 理 由 のため 事 業 承 継 予 定 者 が 保 証 人 となる 場 合 (3) 主 たる 債 務 者 及 び 保 証 人 の 双 方 が 弁 済 について 誠 実 であり 対 象 債 権 者 の 請 求 に 応 じ それぞれの 財 産 状 況 等 ( 負 債 の 状 況 を 含 む )について 適 時 適 切 に 開 示 していること (4) 主 たる 債 務 者 及 び 保 証 人 が 反 社 会 的 勢 力 ではなく そのおそれもないこと 4. 経 営 者 保 証 に 依 存 しない 融 資 の 一 層 の 促 進 経 営 者 保 証 に 依 存 しない 融 資 の 一 層 の 促 進 のため 主 たる 債 務 者 保 証 人 及 び 対 象 債 権 者 は それぞれ 次 の 対 応 に 努 めるものとする (1) 主 たる 債 務 者 及 び 保 証 人 における 対 応 主 たる 債 務 者 が 経 営 者 保 証 を 提 供 することなしに 資 金 調 達 することを 希 望 する 場 合 には まずは 以 下 のような 経 営 状 況 であることが 求 められる 1 法 人 と 経 営 者 との 関 係 の 明 確 な 区 分 分 離 主 たる 債 務 者 は 法 人 の 業 務 経 理 資 産 所 有 等 に 関 し 法 人 と 経 営 者 の 関 係 を 明 確 に 区 分 分 離 し 法 人 と 経 営 者 の 間 の 資 金 のやりとり( 役 員 報 酬 賞 与 配 当 オーナーへの 貸 付 等 をいう 以 下 同 じ )を 社 会 通 念 上 適 切 な 範 囲 を 超 えないものとする 体 制 を 整 備 するなど 適 切 な 運 用 を 図 ることを 通 じて 法 人 個 人 の 一 体 性 の 解 消 に 努 める 5 このガイドラインは 中 小 企 業 の 経 営 者 ( 及 びこれに 準 ずる 者 )による 保 証 を 主 たる 対 象 と しているが 財 務 内 容 その 他 の 経 営 の 状 況 を 総 合 的 に 判 断 して 通 常 考 えられるリスク 許 容 額 を 超 える 融 資 の 依 頼 がある 場 合 であって 当 該 事 業 の 協 力 者 や 支 援 者 からそのよ うな 融 資 に 対 して 積 極 的 に 保 証 の 申 し 出 があった 場 合 等 いわゆる 第 三 者 による 保 証 に ついて 除 外 するものではない 4

6 また こうした 整 備 運 用 の 状 況 について 外 部 専 門 家 ( 公 認 会 計 士 税 理 士 等 をいう 以 下 同 じ )による 検 証 を 実 施 し その 結 果 を 対 象 債 権 者 に 適 切 に 開 示 することが 望 ましい 2 財 務 基 盤 の 強 化 経 営 者 保 証 は 主 たる 債 務 者 の 信 用 力 を 補 完 する 手 段 のひとつとして 機 能 して いる 一 面 があるが 経 営 者 保 証 を 提 供 しない 場 合 においても 事 業 に 必 要 な 資 金 を 円 滑 に 調 達 するために 主 たる 債 務 者 は 財 務 状 況 及 び 経 営 成 績 の 改 善 を 通 じた 返 済 能 力 の 向 上 等 により 信 用 力 を 強 化 する 3 財 務 状 況 の 正 確 な 把 握 適 時 適 切 な 情 報 開 示 等 による 経 営 の 透 明 性 確 保 主 たる 債 務 者 は 資 産 負 債 の 状 況 ( 経 営 者 のものを 含 む ) 事 業 計 画 や 業 績 見 通 し 及 びその 進 捗 状 況 等 に 関 する 対 象 債 権 者 からの 情 報 開 示 の 要 請 に 対 して 正 確 かつ 丁 寧 に 信 頼 性 の 高 い 情 報 を 開 示 説 明 することにより 経 営 の 透 明 性 を 確 保 する なお 開 示 情 報 の 信 頼 性 の 向 上 の 観 点 から 外 部 専 門 家 による 情 報 の 検 証 を 行 い その 検 証 結 果 と 合 わせた 開 示 が 望 ましい また 開 示 説 明 した 後 に 事 業 計 画 業 績 見 通 し 等 に 変 動 が 生 じた 場 合 には 自 発 的 に 報 告 するなど 適 時 適 切 な 情 報 開 示 に 努 める (2) 対 象 債 権 者 における 対 応 対 象 債 権 者 は 停 止 条 件 又 は 解 除 条 件 付 保 証 契 約 6 ABL 7 金 利 の 一 定 の 上 乗 せ 等 の 経 営 者 保 証 の 機 能 を 代 替 する 融 資 手 法 のメニューの 充 実 を 図 ることとする また 法 人 個 人 の 一 体 性 の 解 消 等 が 図 られている あるいは 解 消 等 を 図 ろう としている 主 たる 債 務 者 が 資 金 調 達 を 要 請 した 場 合 において 主 たる 債 務 者 にお いて 以 下 のような 要 件 が 将 来 に 亘 って 充 足 すると 見 込 まれるときは 主 たる 債 務 者 の 経 営 状 況 資 金 使 途 回 収 可 能 性 等 を 総 合 的 に 判 断 する 中 で 経 営 者 保 証 を 求 めない 可 能 性 上 記 のような 代 替 的 な 融 資 手 法 を 活 用 する 可 能 性 について 主 たる 債 務 者 の 意 向 も 踏 まえた 上 で 検 討 する イ) 法 人 と 経 営 者 個 人 の 資 産 経 理 が 明 確 に 分 離 されている ロ) 法 人 と 経 営 者 の 間 の 資 金 のやりとりが 社 会 通 念 上 適 切 な 範 囲 を 超 えない ハ) 法 人 のみの 資 産 収 益 力 で 借 入 返 済 が 可 能 と 判 断 し 得 る 6 停 止 条 件 付 保 証 契 約 とは 主 たる 債 務 者 が 特 約 条 項 (コベナンツ)に 抵 触 しない 限 り 保 証 債 務 の 効 力 が 発 生 しない 保 証 契 約 であり 解 除 条 件 付 保 証 契 約 とは 主 たる 債 務 者 が 特 約 条 項 (コベナンツ)を 充 足 する 場 合 は 保 証 債 務 が 効 力 を 失 う 保 証 契 約 である 7 Asset Based Lending 流 動 資 産 担 保 融 資 5

7 ニ) 法 人 から 適 時 適 切 に 財 務 情 報 等 が 提 供 されている ホ) 経 営 者 等 から 十 分 な 物 的 担 保 の 提 供 がある 5. 経 営 者 保 証 の 契 約 時 の 対 象 債 権 者 の 対 応 対 象 債 権 者 が 第 4 項 (2)に 即 して 検 討 を 行 った 結 果 経 営 者 保 証 を 求 めることが 止 むを 得 ないと 判 断 された 場 合 や 中 小 企 業 における 法 人 個 人 の 一 体 性 に 一 定 の 合 理 性 や 必 要 性 が 認 められる 場 合 等 で 経 営 者 と 保 証 契 約 を 締 結 する 場 合 対 象 債 権 者 は 以 下 の 対 応 に 努 めるものとする (1) 主 たる 債 務 者 や 保 証 人 に 対 する 保 証 契 約 の 必 要 性 等 に 関 する 丁 寧 かつ 具 体 的 な 説 明 対 象 債 権 者 は 保 証 契 約 を 締 結 する 際 に 以 下 の 点 について 主 たる 債 務 者 と 保 証 人 に 対 して 丁 寧 かつ 具 体 的 に 説 明 することとする イ) 保 証 契 約 の 必 要 性 ロ) 原 則 として 保 証 履 行 時 の 履 行 請 求 は 一 律 に 保 証 金 額 全 額 に 対 して 行 うも のではなく 保 証 履 行 時 の 保 証 人 の 資 産 状 況 等 を 勘 案 した 上 で 履 行 の 範 囲 が 定 められること ハ) 経 営 者 保 証 の 必 要 性 が 解 消 された 場 合 には 保 証 契 約 の 変 更 解 除 等 の 見 直 しの 可 能 性 があること (2) 適 切 な 保 証 金 額 の 設 定 対 象 債 権 者 は 保 証 契 約 を 締 結 する 際 には 経 営 者 保 証 に 関 する 負 担 が 中 小 企 業 の 各 ライフステージにおける 取 組 意 欲 を 阻 害 しないよう 形 式 的 に 保 証 金 額 を 融 資 額 と 同 額 とはせず 保 証 人 の 資 産 及 び 収 入 の 状 況 融 資 額 主 たる 債 務 者 の 信 用 状 況 物 的 担 保 等 の 設 定 状 況 主 たる 債 務 者 及 び 保 証 人 の 適 時 適 切 な 情 報 開 示 姿 勢 等 を 総 合 的 に 勘 案 して 設 定 する このような 観 点 から 主 たる 債 務 者 の 意 向 も 踏 まえた 上 で 保 証 債 務 の 整 理 に 当 たっては このガイドラインの 趣 旨 を 尊 重 し 以 下 のような 対 応 を 含 む 適 切 な 対 応 を 誠 実 に 実 施 する 旨 を 保 証 契 約 に 規 定 する イ) 保 証 債 務 の 履 行 請 求 額 は 期 限 の 利 益 を 喪 失 した 日 等 の 一 定 の 基 準 日 におけ る 保 証 人 の 資 産 の 範 囲 内 とし 基 準 日 以 降 に 発 生 する 保 証 人 の 収 入 を 含 まない ロ) 保 証 人 が 保 証 履 行 時 の 資 産 の 状 況 を 表 明 保 証 し その 適 正 性 について 対 象 債 権 者 からの 求 めに 応 じ 保 証 人 の 債 務 整 理 を 支 援 する 専 門 家 ( 弁 護 士 公 認 会 計 士 税 理 士 等 の 専 門 家 であって 全 ての 対 象 債 権 者 がその 適 格 性 を 認 める 6

8 ものをいう 以 下 支 援 専 門 家 という )の 確 認 を 受 けた 場 合 において そ の 状 況 に 相 違 があったときには 融 資 慣 行 等 に 基 づく 保 証 債 務 の 額 が 復 活 する ことを 条 件 として 主 たる 債 務 者 と 対 象 債 権 者 の 双 方 の 合 意 に 基 づき 保 証 の 履 行 請 求 額 を 履 行 請 求 時 の 保 証 人 の 資 産 の 範 囲 内 とする また 対 象 債 権 者 は 同 様 の 観 点 から 主 たる 債 務 者 に 対 する 金 融 債 権 の 保 全 のために 物 的 担 保 等 の 経 営 者 保 証 以 外 の 手 段 が 用 いられている 場 合 には 経 営 者 保 証 の 範 囲 を 当 該 手 段 による 保 全 の 確 実 性 が 認 められない 部 分 に 限 定 す るなど 適 切 な 保 証 金 額 の 設 定 に 努 める 6. 既 存 の 保 証 契 約 の 適 切 な 見 直 し (1) 保 証 契 約 の 見 直 しの 申 入 れ 時 の 対 応 1 主 たる 債 務 者 及 び 保 証 人 における 対 応 主 たる 債 務 者 及 び 保 証 人 は 既 存 の 保 証 契 約 の 解 除 等 の 申 入 れを 対 象 債 権 者 に 行 うに 先 立 ち 第 4 項 (1)に 掲 げる 経 営 状 況 を 将 来 に 亘 って 維 持 するよう 努 めることとする 2 対 象 債 権 者 における 対 応 主 たる 債 務 者 において 経 営 の 改 善 が 図 られたこと 等 により 主 たる 債 務 者 及 び 保 証 人 から 既 存 の 保 証 契 約 の 解 除 等 の 申 入 れがあった 場 合 は 対 象 債 権 者 は 第 4 項 (2)に 即 して また 保 証 契 約 の 変 更 等 の 申 入 れがあった 場 合 は 対 象 債 権 者 は 申 入 れの 内 容 に 応 じて 第 4 項 (2) 又 は 第 5 項 に 即 して 改 め て 経 営 者 保 証 の 必 要 性 や 適 切 な 保 証 金 額 等 について 真 摯 かつ 柔 軟 に 検 討 を 行 うとともに その 検 討 結 果 について 主 たる 債 務 者 及 び 保 証 人 に 対 して 丁 寧 か つ 具 体 的 に 説 明 することとする (2) 事 業 承 継 時 の 対 応 1 主 たる 債 務 者 及 び 後 継 者 における 対 応 イ) 主 たる 債 務 者 及 び 後 継 者 は 対 象 債 権 者 からの 情 報 開 示 の 要 請 に 対 し 適 時 適 切 に 対 応 する 特 に 経 営 者 の 交 代 により 経 営 方 針 や 事 業 計 画 等 に 変 更 が 生 じる 場 合 には その 点 についてより 誠 実 かつ 丁 寧 に 対 象 債 権 者 に 対 して 説 明 を 行 う ロ) 主 たる 債 務 者 が 後 継 者 による 個 人 保 証 を 提 供 することなしに 対 象 債 権 者 から 新 たに 資 金 調 達 することを 希 望 する 場 合 には 主 たる 債 務 者 及 び 後 継 7

9 者 は 第 4 項 (1)に 掲 げる 経 営 状 況 であることが 求 められる 2 対 象 債 権 者 における 対 応 イ) 後 継 者 との 保 証 契 約 の 締 結 について 対 象 債 権 者 は 前 経 営 者 が 負 担 する 保 証 債 務 について 後 継 者 に 当 然 に 引 き 継 がせるのではなく 必 要 な 情 報 開 示 を 得 た 上 で 第 4 項 (2)に 即 して 保 証 契 約 の 必 要 性 等 について 改 めて 検 討 するとともに その 結 果 保 証 契 約 を 締 結 する 場 合 には 第 5 項 に 即 して 適 切 な 保 証 金 額 の 設 定 に 努 めるととも に 保 証 契 約 の 必 要 性 等 について 主 たる 債 務 者 及 び 後 継 者 に 対 して 丁 寧 かつ 具 体 的 に 説 明 することとする ロ) 前 経 営 者 との 保 証 契 約 の 解 除 について 対 象 債 権 者 は 前 経 営 者 から 保 証 契 約 の 解 除 を 求 められた 場 合 には 前 経 営 者 が 引 き 続 き 実 質 的 な 経 営 権 支 配 権 を 有 しているか 否 か 当 該 保 証 契 約 以 外 の 手 段 による 既 存 債 権 の 保 全 の 状 況 法 人 の 資 産 収 益 力 による 借 入 返 済 能 力 等 を 勘 案 しつつ 保 証 契 約 の 解 除 について 適 切 に 判 断 することとする 7. 保 証 債 務 の 整 理 (1)ガイドラインに 基 づく 保 証 債 務 の 整 理 の 対 象 となり 得 る 保 証 人 以 下 の 全 ての 要 件 を 充 足 する 場 合 において 保 証 人 は 当 該 保 証 人 が 負 担 する 保 証 債 務 について このガイドラインに 基 づく 保 証 債 務 の 整 理 を 対 象 債 権 者 に 対 して 申 し 出 ることができる また 当 該 保 証 人 の 申 し 出 を 受 けた 対 象 債 権 者 は 第 2 項 の 準 則 に 即 して 誠 実 に 対 応 することとする イ) 対 象 債 権 者 と 保 証 人 との 間 の 保 証 契 約 が 第 3 項 の 全 ての 要 件 を 充 足 すること ロ) 主 たる 債 務 者 が 破 産 手 続 民 事 再 生 手 続 会 社 更 生 手 続 若 しくは 特 別 清 算 手 続 ( 以 下 法 的 債 務 整 理 手 続 という )の 開 始 申 立 て 又 は 利 害 関 係 のない 中 立 かつ 公 正 な 第 三 者 が 関 与 する 私 的 整 理 手 続 及 びこれに 準 ずる 手 続 ( 中 小 企 業 再 生 支 援 協 議 会 による 再 生 支 援 スキーム 事 業 再 生 ADR 私 的 整 理 ガイドラ イン 特 定 調 停 等 をいう 以 下 準 則 型 私 的 整 理 手 続 という )の 申 立 てを このガイドラインの 利 用 と 同 時 に 現 に 行 い 又 は これらの 手 続 が 係 属 し 若 しくは 既 に 終 結 していること ハ) 主 たる 債 務 者 の 資 産 及 び 債 務 並 びに 保 証 人 の 資 産 及 び 保 証 債 務 の 状 況 を 総 合 的 に 考 慮 して 主 たる 債 務 及 び 保 証 債 務 の 破 産 手 続 による 配 当 よりも 多 くの 回 収 を 得 られる 見 込 みがあるなど 対 象 債 権 者 にとっても 経 済 的 な 合 理 性 が 期 待 できること 8

10 ニ) 保 証 人 に 破 産 法 第 252 条 第 1 項 ( 第 10 号 を 除 く )に 規 定 される 免 責 不 許 可 事 由 が 生 じておらず そのおそれもないこと (2) 保 証 債 務 の 整 理 の 手 続 このガイドラインに 基 づく 保 証 債 務 の 整 理 を 実 施 する 場 合 において 主 たる 債 務 と 保 証 債 務 の 一 体 整 理 を 図 るときは 以 下 のイ)の 手 続 によるものとし 主 たる 債 務 について 法 的 債 務 整 理 手 続 が 申 し 立 てられ 保 証 債 務 のみについて その 整 理 を 行 う 必 要 性 がある 場 合 等 主 たる 債 務 と 保 証 債 務 の 一 体 整 理 が 困 難 なため 保 証 債 務 のみを 整 理 するときは 以 下 のロ)の 手 続 によるものとする イ) 主 たる 債 務 と 保 証 債 務 の 一 体 整 理 を 図 る 場 合 法 的 債 務 整 理 手 続 に 伴 う 事 業 毀 損 を 防 止 するなどの 観 点 や 保 証 債 務 の 整 理 についての 合 理 性 客 観 性 及 び 対 象 債 権 者 間 の 衡 平 性 を 確 保 する 観 点 から 主 たる 債 務 の 整 理 に 当 たって 準 則 型 私 的 整 理 手 続 を 利 用 する 場 合 保 証 債 務 の 整 理 についても 原 則 として 準 則 型 私 的 整 理 手 続 を 利 用 することとし 主 た る 債 務 との 一 体 整 理 を 図 るよう 努 めることとする 具 体 的 には 準 則 型 私 的 整 理 手 続 に 基 づき 主 たる 債 務 者 の 弁 済 計 画 を 策 定 する 際 に 保 証 人 による 弁 済 も その 内 容 に 含 めることとする ロ) 保 証 債 務 のみを 整 理 する 場 合 原 則 として 保 証 債 務 の 整 理 に 当 たっては 当 該 整 理 にとって 適 切 な 準 則 型 私 的 整 理 手 続 を 利 用 することとする (3) 保 証 債 務 の 整 理 を 図 る 場 合 の 対 応 主 たる 債 務 者 保 証 人 及 び 対 象 債 権 者 は 保 証 債 務 の 整 理 に 当 たり 以 下 の 定 め に 従 うものとし 対 象 債 権 者 は 合 理 的 な 不 同 意 事 由 がない 限 り 当 該 債 務 整 理 手 続 の 成 立 に 向 けて 誠 実 に 対 応 する なお 以 下 に 記 載 のない 内 容 ( 債 務 整 理 の 開 始 要 件 手 続 等 )については 各 準 則 型 私 的 整 理 手 続 に 即 して 対 応 する 1 一 時 停 止 等 の 要 請 への 対 応 以 下 の 全 ての 要 件 を 充 足 する 場 合 には 対 象 債 権 者 は 保 証 債 務 に 関 する 一 時 停 止 や 返 済 猶 予 ( 以 下 一 時 停 止 等 という )の 要 請 に 対 して 誠 実 かつ 柔 軟 に 対 応 するように 努 める イ) 原 則 として 一 時 停 止 等 の 要 請 が 主 たる 債 務 者 保 証 人 支 援 専 門 家 が 連 名 した 書 面 によるものであること(ただし 全 ての 対 象 債 権 者 の 同 意 があ 9

11 る 場 合 及 び 保 証 債 務 のみを 整 理 する 場 合 で 当 該 保 証 人 と 支 援 専 門 家 が 連 名 し た 書 面 がある 場 合 はこの 限 りでない ) ロ) 一 時 停 止 等 の 要 請 が 全 ての 対 象 債 権 者 に 対 して 同 時 に 行 われていること ハ) 主 たる 債 務 者 及 び 保 証 人 が 手 続 申 立 て 前 から 債 務 の 弁 済 等 について 誠 実 に 対 応 し 対 象 債 権 者 との 間 で 良 好 な 取 引 関 係 が 構 築 されてきたと 対 象 債 権 者 に より 判 断 され 得 ること 2 経 営 者 の 経 営 責 任 の 在 り 方 本 項 (2)イの 場 合 においては 対 象 債 権 者 は 中 小 企 業 の 経 営 者 の 経 営 責 任 について 法 的 債 務 整 理 手 続 の 考 え 方 との 整 合 性 に 留 意 しつつ 結 果 的 に 私 的 整 理 に 至 った 事 実 のみをもって 一 律 かつ 形 式 的 に 経 営 者 の 交 代 を 求 めないことと する 具 体 的 には 以 下 のような 点 を 総 合 的 に 勘 案 し 準 則 型 私 的 整 理 手 続 申 立 て 時 の 経 営 者 が 引 き 続 き 経 営 に 携 わることに 一 定 の 経 済 合 理 性 が 認 められる 場 合 には これを 許 容 することとする イ) 主 たる 債 務 者 の 窮 境 原 因 及 び 窮 境 原 因 に 対 する 経 営 者 の 帰 責 性 ロ) 経 営 者 及 び 後 継 予 定 者 の 経 営 資 質 信 頼 性 ハ) 経 営 者 の 交 代 が 主 たる 債 務 者 の 事 業 の 再 生 計 画 等 に 与 える 影 響 ニ) 準 則 型 私 的 整 理 手 続 における 対 象 債 権 者 による 金 融 支 援 の 内 容 なお 準 則 型 私 的 整 理 手 続 申 立 て 時 の 経 営 者 が 引 き 続 き 経 営 に 携 わる 場 合 の 経 営 責 任 については 上 記 帰 責 性 等 を 踏 まえた 総 合 的 な 判 断 の 中 で 保 証 債 務 の 全 部 又 は 一 部 の 履 行 役 員 報 酬 の 減 額 株 主 権 の 全 部 又 は 一 部 の 放 棄 代 表 者 から の 退 任 等 により 明 確 化 を 図 ることとする 3 保 証 債 務 の 履 行 基 準 ( 残 存 資 産 の 範 囲 ) 対 象 債 権 者 は 保 証 債 務 の 履 行 に 当 たり 保 証 人 の 手 元 に 残 すことのできる 残 存 資 産 の 範 囲 について 必 要 に 応 じ 支 援 専 門 家 とも 連 携 しつつ 以 下 のような 点 を 総 合 的 に 勘 案 して 決 定 する この 際 保 証 人 は 全 ての 対 象 債 権 者 に 対 して 保 証 人 の 資 力 に 関 する 情 報 を 誠 実 に 開 示 し 開 示 した 情 報 の 内 容 の 正 確 性 について 表 明 保 証 を 行 うとともに 支 援 専 門 家 は 対 象 債 権 者 からの 求 めに 応 じて 当 該 表 明 保 証 の 適 正 性 についての 確 認 を 行 い 対 象 債 権 者 に 報 告 することを 前 提 とする なお 対 象 債 権 者 は 保 証 債 務 の 履 行 請 求 額 の 経 済 合 理 性 について 主 たる 債 務 と 保 証 債 務 を 一 体 として 判 断 する イ) 保 証 人 の 保 証 履 行 能 力 や 保 証 債 務 の 従 前 の 履 行 状 況 ロ) 主 たる 債 務 が 不 履 行 に 至 った 経 緯 等 に 対 する 経 営 者 たる 保 証 人 の 帰 責 性 10

12 ハ) 経 営 者 たる 保 証 人 の 経 営 資 質 信 頼 性 ニ) 経 営 者 たる 保 証 人 が 主 たる 債 務 者 の 事 業 再 生 事 業 清 算 に 着 手 した 時 期 等 が 事 業 の 再 生 計 画 等 に 与 える 影 響 ホ) 破 産 手 続 における 自 由 財 産 ( 破 産 法 第 34 条 第 3 項 及 び 第 4 項 その 他 の 法 令 に より 破 産 財 団 に 属 しないとされる 財 産 をいう 以 下 同 じ )の 考 え 方 や 民 事 執 行 法 に 定 める 標 準 的 な 世 帯 の 必 要 生 計 費 の 考 え 方 との 整 合 性 上 記 ニ)に 関 連 して 経 営 者 たる 保 証 人 による 早 期 の 事 業 再 生 等 の 着 手 の 決 断 に ついて 主 たる 債 務 者 の 事 業 再 生 の 実 効 性 の 向 上 等 に 資 するものとして 対 象 債 権 者 としても 一 定 の 経 済 合 理 性 が 認 められる 場 合 には 対 象 債 権 者 は 破 産 手 続 にお ける 自 由 財 産 の 考 え 方 を 踏 まえつつ 経 営 者 の 安 定 した 事 業 継 続 事 業 清 算 後 の 新 たな 事 業 の 開 始 等 ( 以 下 事 業 継 続 等 という )のため 一 定 期 間 ( 当 該 期 間 の 判 断 においては 雇 用 保 険 の 給 付 期 間 の 考 え 方 等 を 参 考 とする )の 生 計 費 ( 当 該 費 用 の 判 断 においては 1 月 当 たりの 標 準 的 な 世 帯 の 必 要 生 計 費 として 民 事 執 行 法 施 行 令 で 定 める 額 を 参 考 とする )に 相 当 する 額 や 華 美 でない 自 宅 等 (ただし 主 たる 債 務 者 の 債 務 整 理 が 再 生 型 手 続 の 場 合 には 破 産 手 続 等 の 清 算 型 手 続 に 至 らな かったことによる 対 象 債 権 者 の 回 収 見 込 額 の 増 加 額 又 は 主 たる 債 務 者 の 債 務 整 理 が 清 算 型 手 続 の 場 合 には 当 該 手 続 に 早 期 に 着 手 したことによる 保 有 資 産 等 の 劣 化 防 止 に 伴 う 回 収 見 込 額 の 増 加 額 について 合 理 的 に 見 積 もりが 可 能 な 場 合 は 当 該 回 収 見 込 額 の 増 加 額 を 上 限 とする )を 当 該 経 営 者 たる 保 証 人 ( 早 期 の 事 業 再 生 等 の 着 手 の 決 断 に 寄 与 した 経 営 者 以 外 の 保 証 人 がある 場 合 にはそれを 含 む )の 残 存 資 産 に 含 めることを 検 討 することとする ただし 本 項 (2)ロ)の 場 合 であっ て 主 たる 債 務 の 整 理 手 続 の 終 結 後 に 保 証 債 務 の 整 理 を 開 始 したときにおける 残 存 資 産 の 範 囲 の 決 定 については この 限 りでない また 主 たる 債 務 者 の 債 務 整 理 が 再 生 型 手 続 の 場 合 で 本 社 工 場 等 主 たる 債 務 者 が 実 質 的 に 事 業 を 継 続 する 上 で 最 低 限 必 要 な 資 産 が 保 証 人 の 所 有 資 産 である 場 合 は 原 則 として 保 証 人 が 主 たる 債 務 者 である 法 人 に 対 して 当 該 資 産 を 譲 渡 し 当 該 法 人 の 資 産 とすることにより 保 証 債 務 の 返 済 原 資 から 除 外 することとする また 保 証 人 が 当 該 会 社 から 譲 渡 の 対 価 を 得 る 場 合 には 原 則 として 当 該 対 価 を 保 証 債 務 の 返 済 原 資 とした 上 で 上 記 ニ)の 考 え 方 に 即 して 残 存 資 産 の 範 囲 を 決 定 す るものとする なお 上 記 のような 残 存 資 産 の 範 囲 を 決 定 するに 際 しては 以 下 のような 点 に 留 意 することとする 11

13 a) 保 証 人 における 対 応 保 証 人 は 安 定 した 事 業 継 続 等 のために 必 要 な 一 定 期 間 の 生 計 費 に 相 当 する 額 や 華 美 でない 自 宅 等 について 残 存 資 産 に 含 めることを 希 望 する 場 合 には そ の 必 要 性 について 対 象 債 権 者 に 対 して 説 明 することとする b) 対 象 債 権 者 における 対 応 対 象 債 権 者 は 保 証 人 から a)の 説 明 を 受 けた 場 合 には 上 記 の 考 え 方 に 即 して 当 該 資 産 を 残 存 資 産 に 含 めることについて 真 摯 かつ 柔 軟 に 検 討 す ることとする 4 保 証 債 務 の 弁 済 計 画 イ) 保 証 債 務 の 弁 済 計 画 案 は 以 下 の 事 項 を 含 む 内 容 を 記 載 することを 原 則 とす る a) 保 証 債 務 のみを 整 理 する 場 合 には 主 たる 債 務 と 保 証 債 務 の 一 体 整 理 が 困 難 な 理 由 及 び 保 証 債 務 の 整 理 を 法 的 債 務 整 理 手 続 によらず このガイドライ ンで 整 理 する 理 由 b) 財 産 の 状 況 ( 財 産 の 評 定 は 保 証 人 の 自 己 申 告 による 財 産 を 対 象 として 本 項 (3)3に 即 して 算 定 される 残 存 資 産 を 除 いた 財 産 を 処 分 するものとし て 行 う なお 財 産 の 評 定 の 基 準 時 は 保 証 人 がこのガイドラインに 基 づく 保 証 債 務 の 整 理 を 対 象 債 権 者 に 申 し 出 た 時 点 ( 保 証 人 等 による 一 時 停 止 等 の 要 請 が 行 われた 場 合 にあっては 一 時 停 止 等 の 効 力 が 発 生 した 時 点 をいう ) とする ) c) 保 証 債 務 の 弁 済 計 画 ( 原 則 5 年 以 内 ) d) 資 産 の 換 価 処 分 の 方 針 e) 対 象 債 権 者 に 対 して 要 請 する 保 証 債 務 の 減 免 期 限 の 猶 予 その 他 の 権 利 変 更 の 内 容 ロ) 保 証 人 が 対 象 債 権 者 に 対 して 保 証 債 務 の 減 免 を 要 請 する 場 合 の 弁 済 計 画 に は 当 該 保 証 人 が 上 記 の 財 産 の 評 定 の 基 準 時 において 保 有 する 全 ての 資 産 ( 本 項 (3)3に 即 して 算 定 される 残 存 資 産 を 除 く )を 処 分 換 価 して( 処 分 換 価 の 代 わりに 処 分 換 価 対 象 資 産 の 公 正 な 価 額 に 相 当 する 額 を 弁 済 す る 場 合 を 含 む ) 得 られた 金 銭 をもって 担 保 権 者 その 他 の 優 先 権 を 有 する 債 権 者 に 対 する 優 先 弁 済 の 後 に 全 ての 対 象 債 権 者 (ただし 債 権 額 20 万 円 以 上 (この 金 額 は その 変 更 後 に 対 象 債 権 者 となる 全 ての 対 象 債 権 者 の 同 意 によ り 変 更 することができる )の 債 権 者 に 限 る なお 弁 済 計 画 の 履 行 に 重 大 な 影 響 を 及 ぼす 恐 れのある 債 権 者 については 対 象 債 権 者 に 含 めることができる ものとする )に 対 して それぞれの 債 権 の 額 の 割 合 に 応 じて 弁 済 を 行 い そ 12

14 の 余 の 保 証 債 務 について 免 除 を 受 ける 内 容 を 記 載 するものとする 8 また 本 項 (2)ロ)の 場 合 においては 準 則 型 私 的 整 理 手 続 を 原 則 として 利 用 することとするが 保 証 人 が 上 記 の 要 件 を 満 たす 弁 済 計 画 を 策 定 し 合 理 的 理 由 に 基 づき 準 則 型 私 的 整 理 手 続 を 利 用 することなく 支 援 専 門 家 等 の 第 三 者 の 斡 旋 による 当 事 者 間 の 協 議 等 に 基 づき 全 ての 対 象 債 権 者 との 間 で 合 意 に 至 っ た 場 合 には かかる 弁 済 計 画 に 基 づき 本 項 (3)5の 手 続 に 即 して 対 象 金 融 機 関 が 残 存 する 保 証 債 務 の 減 免 免 除 を 行 うことを 妨 げない 5 保 証 債 務 の 一 部 履 行 後 に 残 存 する 保 証 債 務 の 取 扱 い 以 下 の 全 ての 要 件 を 充 足 する 場 合 には 対 象 債 権 者 は 保 証 人 からの 保 証 債 務 の 一 部 履 行 後 に 残 存 する 保 証 債 務 の 免 除 要 請 について 誠 実 に 対 応 する イ) 保 証 人 は 全 ての 対 象 債 権 者 に 対 して 保 証 人 の 資 力 に 関 する 情 報 を 誠 実 に 開 示 し 開 示 した 情 報 の 内 容 の 正 確 性 について 表 明 保 証 を 行 うこととし 支 援 専 門 家 は 対 象 債 権 者 からの 求 めに 応 じて 当 該 表 明 保 証 の 適 正 性 についての 確 認 を 行 い 対 象 債 権 者 に 報 告 すること ロ) 保 証 人 が 自 らの 資 力 を 証 明 するために 必 要 な 資 料 を 提 出 すること ハ) 本 項 (2)の 手 続 に 基 づき 決 定 された 主 たる 債 務 及 び 保 証 債 務 の 弁 済 計 画 が 対 象 債 権 者 にとっても 経 済 合 理 性 が 認 められるものであること ニ) 保 証 人 が 開 示 し その 内 容 の 正 確 性 について 表 明 保 証 を 行 った 資 力 の 状 況 が 事 実 と 異 なることが 判 明 した 場 合 ( 保 証 人 の 資 産 の 隠 匿 を 目 的 とした 贈 与 等 が 判 明 した 場 合 を 含 む )には 免 除 した 保 証 債 務 及 び 免 除 期 間 分 の 延 滞 利 息 も 付 した 上 で 追 加 弁 済 を 行 うことについて 保 証 人 と 対 象 債 権 者 が 合 意 し 書 面 での 契 約 を 締 結 すること 8.その 他 (1)このガイドラインは 平 成 26 年 2 月 1 日 から 適 用 することとする (2)このガイドラインに 基 づく 保 証 契 約 の 締 結 保 証 債 務 の 履 行 等 を 円 滑 に 実 施 する ため 主 たる 債 務 者 保 証 人 対 象 債 権 者 及 び 行 政 機 関 等 は 広 く 周 知 等 が 行 われ るよう 所 要 の 態 勢 整 備 に 早 急 に 取 り 組 むとともに ガイドラインの 適 用 に 先 立 ち 8 公 正 な 価 額 に 相 当 する 額 を 弁 済 する 場 合 等 であって 当 該 弁 済 を 原 則 5 年 以 内 の 分 割 弁 済 とする 計 画 もあり 得 る 13

15 各 々の 準 備 が 整 い 次 第 このガイドラインに 即 した 対 応 を 開 始 することとする (3)このガイドラインは 遡 及 的 に 適 用 されないため 保 証 人 が 本 項 (1)の 適 用 日 以 前 に 保 証 債 務 の 履 行 として 弁 済 したものについては 保 証 人 に 返 還 できない (4) 主 たる 債 務 者 及 び 保 証 人 が このガイドラインに 即 して 策 定 した 弁 済 計 画 を 履 行 できない 場 合 は 主 たる 債 務 者 保 証 人 及 び 対 象 債 権 者 は 弁 済 計 画 の 変 更 等 につ いて 誠 実 に 協 議 を 行 い 適 切 な 措 置 を 講 じるものとする (5)このガイドラインによる 債 務 整 理 を 行 った 保 証 人 について 対 象 債 権 者 は 当 該 保 証 人 が 債 務 整 理 を 行 った 事 実 その 他 の 債 務 整 理 に 関 連 する 情 報 ( 代 位 弁 済 に 関 す る 情 報 を 含 む )を 信 用 情 報 登 録 機 関 に 報 告 登 録 しないこととする 以 上 14

自然災害による被災者の債務整理に関するガイドライン

自然災害による被災者の債務整理に関するガイドライン 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガイドライン 平 成 27 年 12 月 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガイドライン 研 究 会 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガイドライン 研 究 会 名 簿 ( 平 成 27 年 12 月 ) < 委 員 > ( 敬 称 略 五 十 音 順 ) 石 毛

More information

「経営者保証に関するガイドライン」に基づく保証債務の整理に係る課税関係の整理

「経営者保証に関するガイドライン」に基づく保証債務の整理に係る課税関係の整理 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン に 基 づく 保 証 債 務 の 整 理 に 係 る 課 税 関 係 の 整 理 目 次 平 成 26 年 1 月 16 日 制 定 Q1 主 たる 債 務 と 保 証 債 務 の 一 体 整 理 を 既 存 の 私 的 整 理 手 続 により 行 った 場 合... 2 Q2 主 たる 債 務 について 既 に 法 的 整 理 ( 再 生 型 )が 終

More information

東日本大震災の被災地における不動産の価格等調査のための運用指針(No1)(案)

東日本大震災の被災地における不動産の価格等調査のための運用指針(No1)(案) 平 成 28 年 5 月 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガ イドライン に 対 応 する 不 動 産 の 価 格 等 調 査 の ための 運 用 指 針 ( 研 究 報 告 ) 個 人 債 務 者 の 債 務 整 理 における 不 動 産 の 評 価 公 益 社 団 法 人 日 本 不 動 産 鑑 定 士 協 会 連 合 会 実 務 指 針 不 動 産 鑑 定

More information

(3) 口 座 振 替 の 推 進 の 取 組 み 口 座 振 替 は 納 期 限 を 忘 れる 心 配 がなく 納 付 に 出 向 く 手 間 を 省 略 するなど 利 便 性 の 高 い 納 付 方 法 である また 納 付 書 の 印 刷 において 紙 の 使 用 量 が 少 ない など 環

(3) 口 座 振 替 の 推 進 の 取 組 み 口 座 振 替 は 納 期 限 を 忘 れる 心 配 がなく 納 付 に 出 向 く 手 間 を 省 略 するなど 利 便 性 の 高 い 納 付 方 法 である また 納 付 書 の 印 刷 において 紙 の 使 用 量 が 少 ない など 環 滞 納 整 理 事 務 要 綱 ( 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 第 1 自 主 納 付 の 推 進 及 び 滞 納 整 理 の 促 進 に 伴 う 基 本 方 針 市 税 は 本 市 が 取 り 組 むさまざまな 公 共 サービス 等 の 原 資 になっており 市 民 福 祉 の 充 実 や 市 民 ニーズに 対 応 する 施 策 の 推 進 に 役 立 てられている これら 施 策 の

More information

3. 窓 口 相 談 ( 第 一 次 対 応 ) 窓 口 相 談 の 業 務 手 順 は 以 下 のとおりとする 1 実 施 部 門 は 相 談 に 応 じる 時 間 を 定 め 保 証 人 及 び 支 援 専 門 家 (ガイドライン 第 5 項 (2)ロに 規 定 する 支 援 専 門 家 以 下

3. 窓 口 相 談 ( 第 一 次 対 応 ) 窓 口 相 談 の 業 務 手 順 は 以 下 のとおりとする 1 実 施 部 門 は 相 談 に 応 じる 時 間 を 定 め 保 証 人 及 び 支 援 専 門 家 (ガイドライン 第 5 項 (2)ロに 規 定 する 支 援 専 門 家 以 下 中 小 企 業 再 生 支 援 協 議 会 等 の 支 援 による 経 営 者 保 証 に 関 する ガイドラインに 基 づく 保 証 債 務 の 整 理 手 順 本 手 順 は 産 業 競 争 力 強 化 法 第 127 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 中 小 企 業 再 生 支 援 業 務 を 行 う 者 として 認 定 を 受 けた 者 ( 以 下 認 定 支 援 機 関 という )

More information

社会福祉法人みなと工房定款

社会福祉法人みなと工房定款 社 会 福 祉 法 人 港 福 会 定 款 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 社 会 福 祉 法 人 ( 以 下 法 人 という )は 多 様 な 福 祉 サービス がその 利 用 者 の 意 向 を 尊 重 して 総 合 的 に 提 供 されるよう 創 意 工 夫 することに より 利 用 者 が 個 人 の 尊 厳 を 保 持 しつつ 自 立 した 生 活 を 地 域 社 会

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年6月2日・法律第48号)

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年6月2日・法律第48号) 公 益 財 団 法 人 はごろも 教 育 研 究 奨 励 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 はごろも 教 育 研 究 奨 励 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 静 岡 県 静 岡 市 清 水 区 に 置 く 2 この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 を 経 て 必 要

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務 職 場 積 立 NISAに 関 するガイドライン 第 1 章 総 則 1. 制 定 の 趣 旨 NISA 推 進 連 絡 協 議 会 は NISA 推 進 連 絡 協 議 会 に 参 加 する 業 界 団 体 等 に 属 する 金 融 商 品 取 引 業 者 及 び 金 融 機 関 等 ( 以 下 NISA 取 扱 業 者 という )が 取 り 扱 う 職 場 積 立 NISAについて 適 正 かつ

More information

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015 居 宅 介 護 サービス 事 業 等 の 手 引 き Ⅴ 居 宅 療 養 管 理 指 導 平 成 27 年 6 月 島 根 県 高 齢 者 福 祉 課 平 成 27 年 度 報 酬 改 定 反 映 版 [ 注 意 事 項 ] 介 護 予 防 サービスについては 居 宅 介 護 サービスと 同 趣 旨 の 場 合 記 載 を 省 略 した 事 項 があります 掲 載 した Q&A は 一 部 ですので

More information

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc 参 考 資 料 6 不 動 産 投 資 信 託 及 び 不 動 産 投 資 法 人 に 関 する 規 平 成 13 年 3 月 16 日 制 定 平 成 13 年 5 月 24 日 改 正 平 成 13 年 9 月 21 日 改 正 平 成 16 年 3 月 19 日 改 正 平 成 17 年 11 月 18 日 改 正 平 成 18 年 4 月 21 日 改 正 平 成 19 年 2 月 16 日

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 の 運 用 方 針 昭 和 60 年 4 月 30 日 総 人 第 261 号 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 19 日 閣 人 人 第 67 号 第 二 条 関 係 一 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 施 行 令 ( 昭 和 二 十 八 年 政 令 第 二 百 十 五 号 以 下 施 行 令 という ) 第 一 条 第 一 項 第 二 号

More information

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い 実 務 対 応 報 告 第 23 号 信 託 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 上 の 取 扱 い 平 成 19 年 8 月 2 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 20 年 12 月 26 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている (1) 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に

More information

(Microsoft Word - \211^\211c\213K\226\361.doc)

(Microsoft Word - \211^\211c\213K\226\361.doc) 永 平 寺 町 商 工 会 運 営 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 永 平 寺 町 商 工 会 定 款 第 7 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 永 平 寺 町 商 工 会 ( 以 下 本 商 工 会 という )の 円 滑 な 運 営 及 び 業 務 の 執 行 に 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目 的 とす る 第 2 章 会 員 ( 加

More information

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 協 会 は 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 と 称 し 英 文 では Type II Financial Instruments Firms Associationと 表 示 する ( 主 たる 事 務 所 ) 第 2 条 本 協

More information

( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務 に

( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務 に 資 料 3 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 する ガイドラインの 概 要 平 成 27 年 2 月 16 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 経 済 の 好 循 環 を 確 実 なものとする 観 点 から 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 等 を 行 うとともに 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 低 所 得 者 への 配 慮 として 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導

More information

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい 総 行 公 第 59 号 平 成 26 年 7 月 4 日 各 都 道 府 県 知 事 ( 人 事 担 当 課 市 町 村 担 当 課 区 政 課 扱 い) 各 指 定 都 市 市 長 ( 人 事 担 当 課 扱 い) 各 人 事 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 臨 時 非 常 勤 職 員 及 び 任 期 付 職 員 の 任 用 等 について 現 在

More information

社会福祉法人改革等について

社会福祉法人改革等について 社 会 福 祉 法 人 改 革 について 平 成 27 年 12 月 1. 社 会 福 祉 法 人 改 革 の 経 緯 社 会 福 祉 法 人 制 度 を 巡 る 状 況 平 成 25 年 6 月 8 月 平 成 26 年 6 月 規 制 改 革 実 施 計 画 閣 議 決 定 全 社 会 福 祉 法 人 の 平 成 25 年 度 以 降 の 財 務 諸 表 の 公 表 保 育 所 の 第 三 者

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

厚生年金基金の制度改正201404

厚生年金基金の制度改正201404 厚 生 年 金 基 金 の 制 度 改 正 に 係 る 解 説 ~ 政 省 令 告 示 の 公 布 および 通 知 の 発 出 を 受 けて~ 2014 年 4 月 AD908- 年 14-01 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. はじめに 2013( 平 成 25) 年 6 月 19 日 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しおよび

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

<817992B78DE88253825882568D868BB497C095E28F438D488E96817A48323820874093FC8E448CF68D9081698E7B8D48945C97CD955D89BF8C5E816A3136303830312E786C7378>

<817992B78DE88253825882568D868BB497C095E28F438D488E96817A48323820874093FC8E448CF68D9081698E7B8D48945C97CD955D89BF8C5E816A3136303830312E786C7378> 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 ) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します 平 成 8 年 9 月 6 日 分 任 支 出 負 担 行 為 担 当 官 九 州 地 方 整 備 局 長 崎 河 川 国 道 事 務 所 長 垣 原 清 次 工 事 概 要 () () 工 事 名 工 事 場 所 長 崎 497 号 橋 梁 補 修 工 事 長 崎 県 佐 世 保 市 塩 浜 町 地 先

More information

消 費 生 活 センターに 関 する 条 例 の 制 定 施 行 規 則 第 8 条 地 方 消 費 者 行 政 ガイド ライン 施 行 規 則 において 都 道 府 県 及 び 消 費 生 活 センターを 設 置 する 市 町 村 が 消 費 生 活 センターの 組 織 及 び 運 営 及 び 情

消 費 生 活 センターに 関 する 条 例 の 制 定 施 行 規 則 第 8 条 地 方 消 費 者 行 政 ガイド ライン 施 行 規 則 において 都 道 府 県 及 び 消 費 生 活 センターを 設 置 する 市 町 村 が 消 費 生 活 センターの 組 織 及 び 運 営 及 び 情 資 料 2-2-1 消 費 者 安 全 法 の 改 正 に 伴 う 関 係 内 閣 府 令 及 びガイドラインの 概 要 ( 案 ) 1. 趣 旨 不 当 景 品 類 及 び 不 当 表 示 防 止 法 等 の 一 部 を 改 正 する 等 の 法 律 ( 平 成 26 年 法 律 第 71 号 以 下 景 表 法 等 改 正 等 法 という )により 消 費 者 安 全 法 ( 平 成 21 年

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464>

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464> 国 住 街 第 64 号 平 成 19 年 6 月 20 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 建 築 基 準 法 道 路 関 係 規 定 運 用 指 針 の 策 定 について( 技 術 的 助 言 ) 建 築 基 準 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 ( 平 成 19 年 国 土 交 通 省 令 第 66 号 以 下 改 正 省 令 という

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63> Ⅱ 整 備 法 第 119 条 に 規 定 する 公 益 目 的 支 出 計 画 等 について ( 一 般 社 団 法 人 一 般 財 団 法 人 への 移 行 関 係 ) 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及 び 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監 査 教 育 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 市 町 村 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部

根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監 査 教 育 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 市 町 村 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 1 部 改 案 旧 照 文 昭 和 百 傍 線 部 改 部 改 案 現 服 服 管 研 修 研 修 罰 罰 附 附 総 総 休 懲 戒 服 管 研 休 懲 戒 服 研 修 修 福 祉 益 保 護 福 祉 益 保 護 根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監

More information

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド)

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド) 投 資 契 約 書 目 次 第 1 章 本 契 約 の 目 的 払 込 手 続 等... - 1 - 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 )... - 1 - 第 2 条 ( 本 株 式 の 発 行 及 び 取 得 )... - 1 - 第 3 条 ( 払 込 手 続 き)... - 1 - 第 4 条 ( 前 提 条 件 )... - 1 - 第 2 章 発 行 会 社 及 び 経 営 株 主

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63> Ⅱ マンション 標 準 管 理 委 託 契 約 書 コメント 1 全 般 関 係 1 この 契 約 書 は マンションの 管 理 組 合 ( 以 下 管 理 組 合 という )とマンショ ン 管 理 業 者 の 間 で 協 議 がととのった 事 項 を 記 載 した 管 理 委 託 契 約 書 を マンション の 管 理 の 適 正 化 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 12 年 法 律

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

<5461726F2D8A678F5B92CA92428169926E95FB8CF68BA4926391CC9770816A>

<5461726F2D8A678F5B92CA92428169926E95FB8CF68BA4926391CC9770816A> 建 設 省 経 振 発 第 8 号 平 成 11 年 1 月 28 日 改 正 国 総 建 第 199 号 国 総 建 整 第 156 号 平 成 20 年 10 月 17 日 都 道 府 県 知 事 政 令 指 定 都 市 長 あて 建 設 省 建 設 経 済 局 長 公 共 工 事 に 係 る 工 事 請 負 代 金 債 権 の 譲 渡 を 活 用 した 融 資 制 度 について 建 設 投 資

More information

01表紙

01表紙 公 の 施 設 の 指 定 管 理 者 制 度 に 関 するガイドライン 平 成 28 年 4 月 経 営 管 理 部 行 政 改 革 推 進 室 公 の 施 設 の 指 定 管 理 者 制 度 に 関 するガイドライン 目 次 1 指 定 管 理 者 制 度 の 概 要 1 (1) 指 定 管 理 者 制 度 1 (2) 指 定 管 理 者 の 権 限 の 範 囲 1 (3) 公 の 施 設 に

More information

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9>

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9> 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 市 町 村 税 関 係 ) ( 平 成 22 年 4 月 1 日 総 税 市 第 16 号 ) ( 改 正 ) 平 成 22 年 8 月 23 日 総 税 市 第 60 号 平 成 23 年 6 月 30 日 総 税 市 第 34 号 平 成 23 年 12 月 2 日 総 税 市 第 70 号 平 成 24 年 4 月 1 日 総 税

More information

45,000 50 4,150 45,000 超 55 6,400 (ロ)(イ) 以 外 の 一 般 贈 与 課 税 価 格 税 率 控 除 額 2,000 千 円 以 下 10% - 千 円 3,000 15 100 4,000 20 250 6,000 30 650 10,000 40 1,25

45,000 50 4,150 45,000 超 55 6,400 (ロ)(イ) 以 外 の 一 般 贈 与 課 税 価 格 税 率 控 除 額 2,000 千 円 以 下 10% - 千 円 3,000 15 100 4,000 20 250 6,000 30 650 10,000 40 1,25 贈 与 税 1. 贈 与 税 とは 贈 与 税 は 個 人 が 個 人 から 財 産 の 贈 与 ( 贈 与 者 の 死 亡 によって 効 力 が 生 ずる 死 因 贈 与 は 相 続 税 の 適 用 となり 除 かれます)を 受 けたときに 課 される 税 金 です 法 人 からの 贈 与 は 贈 与 税 ではなく 所 得 税 ( 一 時 所 得 等 )として 課 税 されます 2. 贈 与 税

More information

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税 相 続 税 法 の 改 正 目 一 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 の 創 設 に 伴 う 相 続 税 及 び 贈 与 税 の 納 税 義 務 等 の 見 直 し 536 次 二 保 険 に 関 する 調 書 の 見 直 し 541 三 その 他 の 見 直 し 543 はじめに 本 稿 では 平 成 27 年 度 税 制 改 正 に 盛 り 込 まれた 事 項

More information

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気 別 添 2 て 電 気 事 業 法 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 の 設 立 の 認 可 の 基 準 につい 電 気 事 業 法 ( 昭 和 39 年 法 律 第 170 号 ) 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 推 進 機 関 という )の 設 立 の 認 可 に 係 る 審 査 基 準 については

More information

社会福祉法人 吉寿会定款

社会福祉法人 吉寿会定款 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 社 会 福 祉 法 人 ( 以 下 法 人 という )は 多 様 な 福 祉 サービスがその 利 用 者 の 意 向 を 尊 重 して 総 合 的 に 提 供 されるよう 創 意 工 夫 することにより 利 用 者 が 個 人 の 尊 厳 を 保 持 し つつ 自 立 した 生 活 を 地 域 社 会 において 営 むことができるよう 支 援 することを

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

匿名組合出資契約

匿名組合出資契約 匿 名 組 合 契 約 書 SBIソーシャルレンディング 株 式 会 社 ( 以 下 営 業 者 と 言 う )と ( 以 下 本 匿 名 組 合 員 と 言 う )は 20 年 月 日 付 で 以 下 のとおり 匿 名 組 合 契 約 ( 以 下 本 契 約 と 言 う )を 締 結 する ( 目 的 ) 第 1 条 本 契 約 は 本 匿 名 組 合 員 が 営 業 者 に 対 し 本 契 約

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

③【ワード(全体版)】150121_H27税制改正PR版

③【ワード(全体版)】150121_H27税制改正PR版 平 成 2 7 年 度 税 制 改 正 の 概 要 ( 厚 生 労 働 省 関 係 ) 平 成 27 年 1 月 厚 生 労 働 省 目 次 < 子 ども 子 育 て> P.1 < 雇 用 就 労 の 促 進 > P.1 < 健 康 医 療 関 係 > P.2 < 医 療 保 険 関 係 > P.5 < 介 護 社 会 福 祉 関 係 > P.6 < 年 金 関 係 等 > P.7 < 生 活 衛

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

大 阪 府 における 公 益 通 報 制 度 に 関 する 取 組 について 大 阪 府 総 務 部 法 務 課 コンプライアンス 推 進 グループ 1 通 報 窓 口 体 制 について 2 コンプライアンス 委 員 について 3 通 報 処 理 の 流 れについて 4 処 理 件 数 について 5 その 他 ( 資 料 ) 大 阪 府 職 員 等 のコンプライアンスの 推 進 に 関 する 要 綱

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について 資 料 2 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 概 要 基 本 理 念 個 人 番 号 及 び 法 人 番 号 の 利 用 に 関 する 施 策 の 推 進 は 個 人 情 報 の 保 護 に 十 分 に 配 慮 しつつ 社 会 保 障 制 度 税 制 災 害 対 策 に 関 する 分 野 に おける 利 用 の 促 進 を 図 るとともに 他 の

More information

平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 の 作 成 下 落 修 正 の 検 証 報 告 書 の 作 成 審 査 申 出 困 難 事 例 等 の 対 応 等 新 設 街 路 の 設 定 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅰ Ⅱ 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 主 要

平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 の 作 成 下 落 修 正 の 検 証 報 告 書 の 作 成 審 査 申 出 困 難 事 例 等 の 対 応 等 新 設 街 路 の 設 定 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅰ Ⅱ 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 主 要 秋 田 市 固 定 資 産 土 地 評 価 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 秋 田 市 ( 以 下 甲 という )が 受 託 者 ( 以 下 乙 という ) に 対 し 秋 田 市 固 定 資 産 土 地 評 価 業 務 を 委 託 するために 定 めたものである ( 目 的 ) 第 2 条 甲 が 委 託 する 秋 田 市 固 定 資 産 土

More information

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会 1 税 目 1. 国 税 ( 所 得 税 ) 要 望 カテゴリー 1 69. その 他 所 得 税 ( 国 税 ) 不 動 産 所 得 と 事 業 所 得 を 統 合 すること 事 業 所 得 と 不 動 産 所 得 の 区 分 は 資 産 所 得 の 合 算 課 税 が 行 われていたころの 名 残 であり 不 動 産 所 得 にも 一 定 の 労 務 の 提 供 及 びリスクの 負 担 があり

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090DD97A78E9E92F18F6F8F9197DE976C8EAE8F572E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090DD97A78E9E92F18F6F8F9197DE976C8EAE8F572E646F63> 社 会 福 祉 法 人 設 立 提 出 書 類 様 式 集 平 成 5 年 4 月 座 間 市 福 祉 部 福 祉 長 寿 課 目 次 第 号 様 式 ( 第 条 関 係 ) 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 書... 様 式 社 会 福 祉 法 人 設 立 計 画 概 要... 3 様 式 定 款 案... 様 式 3 財 産 目 録... 様 式 4 贈 与 契 約 書... 3

More information

野 洲 市 生 活 困 窮 者 支 援 事 業 実 施 規 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 市 民 一 人 ひとりが 役 割 をもって 社 会 に 参 加 できるよう 市 が 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という

野 洲 市 生 活 困 窮 者 支 援 事 業 実 施 規 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 市 民 一 人 ひとりが 役 割 をもって 社 会 に 参 加 できるよう 市 が 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という 要 綱 様 式 等 参 考 資 料 集 野 洲 市 生 活 困 窮 者 支 援 事 業 実 施 規 則 P.1 野 洲 市 生 活 困 窮 者 支 援 事 業 相 談 申 込 書 P.2 野 洲 市 市 民 相 談 総 合 推 進 委 員 会 設 置 要 綱 P.4 野 洲 市 自 立 相 談 支 援 事 業 実 施 要 綱 P.6 野 洲 市 支 援 調 整 会 議 設 置 要 綱 P.8 野 洲

More information

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) の 公 表 について 平 成 27 年 1 月 8 日 本 規 定 案 ( 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) )は 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 す るための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 27 号 )に 基 づき 特 定 個 人 情 報 の 適

More information

○福島県社会保険労務士会会則

○福島県社会保険労務士会会則 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 ( 名 称 ) 第 1 章 総 第 1 条 本 会 は 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 と 称 する ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 2 条 本 会 は 事 務 所 を 福 島 県 福 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 社 会 保 険 労 務 士 会 の 会

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

Ⅱ. 本 報 告 書 の 概 要 企 業 再 生 債 権 管 理 ニュースレター 1. 本 報 告 書 において 検 討 された 3 つの 制 度 モデル 本 検 討 会 においては 商 取 引 債 権 者 も 債 権 カット 対 象 となることにより 事 業 価 値 維 持 が 困 難 となるとい

Ⅱ. 本 報 告 書 の 概 要 企 業 再 生 債 権 管 理 ニュースレター 1. 本 報 告 書 において 検 討 された 3 つの 制 度 モデル 本 検 討 会 においては 商 取 引 債 権 者 も 債 権 カット 対 象 となることにより 事 業 価 値 維 持 が 困 難 となるとい 2015 年 9 月 号 事 業 再 生 ADR への 多 数 決 原 理 導 入 に 向 けた 動 き ~ 本 年 3 月 の 有 識 者 検 討 会 報 告 書 について~ Ⅰ. はじめに Ⅱ. 本 報 告 書 の 概 要 Ⅲ. 今 後 の 課 題 と 展 望 森 濱 田 松 本 法 律 事 務 所 弁 護 士 山 崎 良 太 TEL 03 5223 7790 ryota.yamasaki@mhmjapan.com

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378> 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 改 訂 案 現 行 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という )について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年

More information

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 資 料 ( 個 人 所 得 課 税 ) 平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 済 的 利 益 などから 発 生 形 態 に 応 じて 設

More information

2 経 営 者 との 間 で 経 営 者 保 証 に 係 る 契 約 を 締 結 する 際 の 債 権 者 の 対 応 ( 適 切 な 説 明 適 切 な 保 証 金 額 の 設 定 等 ) 3 既 存 の 保 証 契 約 の 適 切 な 見 直 し( 保 証 契 約 の 解 除 申 入 れがあった

2 経 営 者 との 間 で 経 営 者 保 証 に 係 る 契 約 を 締 結 する 際 の 債 権 者 の 対 応 ( 適 切 な 説 明 適 切 な 保 証 金 額 の 設 定 等 ) 3 既 存 の 保 証 契 約 の 適 切 な 見 直 し( 保 証 契 約 の 解 除 申 入 れがあった LM ニュースレター Vol.9 平 成 26 年 8 月 経 営 者 保 証 に 関 するガイドラインを 利 用 した 保 証 債 務 整 理 日 本 商 工 会 議 所 と 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 が 事 務 局 となっている 経 営 者 保 証 に 関 するガイ およ 任 ドライン 研 究 会 より 昨 年 12 月 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 1 (

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この 公 益 認 定 等 に 関 する 運 用 について ( 公 益 認 定 等 ガイドライン) 平 成 20 年 4 月 ( 平 成 25 年 1 月 改 定 ) 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法

More information

僅 追 加 型 証 券 投 資 信 託 パン パシフィック 外 国 債 券 オープン 約 款 明 治 安 田 アセットマネジメント 株 式 会 社 運 用 の 基 本 方 針 約 款 第 22 条 に 基 づき 委 託 者 の 定 める 運 用 の 基 本 方 針 は 次 のものとします 1. 基 本 方 針 この 投 資 信 託 は 安 定 した 収 益 の 確

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031333032313920959489EF8E9197BF8254825881798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031333032313920959489EF8E9197BF8254825881798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63> 民 法 ( 債 権 関 係 ) 部 会 資 料 59 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 中 間 試 案 のたたき 台 (4)(5) ( 概 要 付 き) 改 訂 版 目 次 第 26 契 約 に 関 する 基 本 原 則 等... 1 1 契 約 内 容 の 自 由... 1 2 原 始 的 に 履 行 請 求 権 の 限 界 事 由 が 生 じていた 契 約 の 効 力...

More information

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え 疑 義 照 会 ( ) 1. 二 以 上 事 業 所 勤 務 被 保 険 者 の 保 険 料 登 録 P1 1 2. 定 期 保 険 料 の 調 査 決 定 及 び 納 入 告 知 P2 1~2 3. 調 査 決 定 の 変 更 P3 1~2 4. 歳 入 金 の 還 付 P5 1 5. 還 付 請 求 P6 1 6. 歳 入 金 の 徴 収 P7 1 7. 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 P8

More information

東京土建国民健康保険組合

東京土建国民健康保険組合 東 京 土 建 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 4 5 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 46 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 47 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 48 年 2 月 20 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 2 月 25 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 7 月 24 日 一 部 改 正 昭 和 50 年 2 月 19 日 一 部

More information

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業 平 成 28 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 案 ) 速 報 ( 平 成 27 年 12 月 10 日 現 在 ) 0 1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 1-1 23.9% 平 成 28 年 4 月 1 日 以

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A0338C8E8C888E5A9640906C82CC8C888E5A8145905C8D9082CC837C8343839383672888F38DFC9770292E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A0338C8E8C888E5A9640906C82CC8C888E5A8145905C8D9082CC837C8343839383672888F38DFC9770292E646F63> 3 月 決 算 法 人 の 決 算 申 告 のポイント 平 成 23 年 4 月 7 日 九 州 北 部 税 理 士 会 福 岡 支 部 夜 間 研 修 税 理 士 有 田 義 博 目 次 平 成 22 年 度 税 制 改 正 から... 1 いわゆる 自 販 機 節 税 封 じ( 消 費 税 )... 1 1. 平 成 22 年 度 改 正 の 内 容... 1 2. 適 用 時 期 ( 改 正

More information

代 行 制 度 を 基 本 的 な 枠 組 とする 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 今 後 の 在 り 方 について 本 試 案 では 代 行 部 分 は 公 的 年 金 の 一 部 である という 基 本 認 識 に 立 って 1 早 急 な 対 応 が 求 められる 代 行 割 れ 問 題

代 行 制 度 を 基 本 的 な 枠 組 とする 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 今 後 の 在 り 方 について 本 試 案 では 代 行 部 分 は 公 的 年 金 の 一 部 である という 基 本 認 識 に 立 って 1 早 急 な 対 応 が 求 められる 代 行 割 れ 問 題 第 1 回 厚 生 年 金 基 金 制 度 に 関 す る 専 門 委 員 会 平 成 2 4 年 1 1 月 2 日 資 料 3-1 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しについて ( 試 案 ) この 試 案 は 代 行 制 度 を 基 本 的 な 枠 組 みとする 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 今 後 の 在 り 方 について 広 く 国 民 の 論 議 に 供 するため 議 論

More information

Taro-資料編2

Taro-資料編2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 るための 基 本 的 な 方 針 平 成 25 年 10 月 29 日 告 示 1055 号 平 成 七 年 一 月 の 阪 神 淡 路 大 震 災 では 地 震 により 六 千 四 百 三 十 四 人 の 尊 い 命 が 奪 われ た このうち 地 震 による 直 接 的 な 死 者 数 は 五 千 五 百 二 人 であり

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 令 等 の 司 法 審 査 8 (4) 特 定 独 立 行 政 法 人 等 に 係 る 不 当 労

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

1 目的

1 目的 第 5 回 区 域 区 分 定 期 見 直 し 基 本 方 針 1 目 的 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )は 無 秩 序 な 市 街 地 の 拡 大 による 環 境 悪 化 の 防 止 計 画 的 な 公 共 施 設 整 備 による 良 好 な 市 街 地 の 形 成 都 市 近 郊 の 優 良 な 農 地 との 健 全 な

More information

H27施行通知

H27施行通知 総 税 企 第 3 9 号 平 成 27 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 議 会 議 長 各 指 定 都 市 市 長 殿 各 指 定 都 市 議 会 議 長 総 務 大 臣 地 方 税 法 同 法 施 行 令 同 法 施 行 規 則 の 改 正 等 について 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 2 号 ) 地

More information

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

スター報酬規定

スター報酬規定 第 1 章 総 則 スター 綜 合 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 程 平 成 27 年 1 月 1 日 施 行 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 当 事 務 所 所 属 の 弁 護 士 が,その 職 務 に 関 して 受 ける 弁 護 士 の 受 託 業 務 の 対 価 等 に 関 する 基 準 を 示 すことを 目 的 とする ( 個 別 契 約 による 修 正 ) 第

More information

様式第2                                        (別添)

様式第2                                        (別添) 外 部 用 科 学 技 術 学 術 政 策 局 研 究 振 興 局 及 び 研 究 開 発 局 委 託 契 約 事 務 処 理 要 領 平 成 20 年 1 月 改 正 平 成 19 年 2 月 制 定 文 部 科 学 省 科 学 技 術 学 術 政 策 局 研 究 振 興 局 研 究 開 発 局 目 次 1. 科 学 技 術 学 術 政 策 局 研 究 振 興 局 及 び 研 究 開 発 局 委

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 に 関 する 要 望 項 目 制 度 改 正 の 要 望 第 1 酒 税 の 減 税 要 望 等 について 1ページ 1 今 日 の 酒 類 業 界 の 厳 しい 現 状 を 勘 案 し 酒 税 の 大 幅 な 減 税 をしてもらいたい 2 酒 類 は 酒

平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 に 関 する 要 望 項 目 制 度 改 正 の 要 望 第 1 酒 税 の 減 税 要 望 等 について 1ページ 1 今 日 の 酒 類 業 界 の 厳 しい 現 状 を 勘 案 し 酒 税 の 大 幅 な 減 税 をしてもらいたい 2 酒 類 は 酒 平 成 27 年 8 月 平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 に 関 する 要 望 書 酒 類 業 中 央 団 体 連 絡 協 議 会 幹 事 日 本 洋 酒 酒 造 組 合 日 本 酒 造 組 合 中 央 会 日 本 蒸 留 酒 酒 造 組 合 ビ ー ル 酒 造 組 合 全 国 卸 売 酒 販 組 合 中 央 会 全 国 小 売 酒 販 組 合 中 央 会 日 本 ワ イ ナ リ ー 協

More information

Microsoft Word - 04 兵庫県耐震改修促進計画(H28

Microsoft Word - 04 兵庫県耐震改修促進計画(H28 兵 庫 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 資 料 編 ) ( 平 成 28 年 3 月 改 定 ) 兵 庫 県 目 次 1 関 係 法 令 (1) 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律 (2) 基 本 方 針 2 地 震 動 予 測 結 果 による 震 度 分 布 図 3 耐 震 化 率 関 係 データ (1) 住 宅 (2) 多 数 利 用 建 築 物 4 これまでの

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健 1 第 1 章 関 係 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン( 平 成 4 年 7 月 4 日 ) 国 土 交 通 省 土 地 建 設 産 業 局 建 設 市 場 整 備 課 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです ALINCO INCORPORATED 最 終 更 新 日 :2016 年 6 月 17 日 アルインコ 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 小 山 勝 弘 問 合 せ 先 : 管 理 本 部 総 務 部 TEL:06-7636-2200 証 券 コード:5933

More information

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等 入 札 説 明 書 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 に 係 る 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 )に 基 づく 一 般 競 争 入 札 については 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 公 告 日 平 成 25 年 9 月 18 日 2 分 任 経 理 責 任 者 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 財 務

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 規 程 第 25 号 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 を 次 のとおり 定 める 平 成 18 年 11 月 9 日 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 高 橋 文 雄 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 改 正 平 成 20 年 5 月 22 日 中 日 本 高 速

More information