各 小 中 学 校 の 保 護 者 へのアンケート 調 査 等 をもとに 協 議 され 中 学 校 の 統 合 に 対 する 賛 成 意 見 が 多 かった 委 員 からは 小 学 校 よりも 中 学 校 の 統 合 を 早 くするべき もう 尐 し 保 護 者 の 意 見 を 吸 い 上 げてから

Size: px
Start display at page:

Download "各 小 中 学 校 の 保 護 者 へのアンケート 調 査 等 をもとに 協 議 され 中 学 校 の 統 合 に 対 する 賛 成 意 見 が 多 かった 委 員 からは 小 学 校 よりも 中 学 校 の 統 合 を 早 くするべき もう 尐 し 保 護 者 の 意 見 を 吸 い 上 げてから"

Transcription

1 平 成 21 年 度 第 2 回 ( 第 9 回 ) 磯 辺 地 区 学 校 適 正 配 置 地 元 代 表 協 議 会 議 事 要 旨 1 日 時 平 成 21 年 9 月 7 日 ( 月 ) 10 時 ~12 時 2 場 所 磯 辺 地 域 ルーム( 磯 辺 第 一 中 学 校 内 ) 3 出 席 者 (1) 委 員 22 名 欠 席 : 高 橋 委 員 池 上 委 員 (2) 事 務 局 古 舘 主 幹 加 茂 主 査 伊 藤 主 査 補 (3) 傍 聴 者 13 名 4 議 題 (1) 磯 辺 地 区 の 中 学 校 の 適 正 配 置 の 方 向 性 (2) 次 回 開 催 日 時 場 所 5 会 議 資 料 (1) 平 成 21 年 度 磯 辺 地 区 学 校 適 正 配 置 地 元 代 表 協 議 会 委 員 名 簿 ( 変 更 版 ) (2) 平 成 21 年 度 に 算 出 した 推 計 による 磯 辺 地 区 の 状 況 (3) 平 成 21 年 度 第 1 回 ( 第 8 回 ) 磯 辺 地 区 学 校 適 正 配 置 地 元 代 表 協 議 会 議 事 要 旨 (4) 教 育 だよりちば74 号 75 号 6 会 議 の 概 要 (1) 磯 辺 地 区 学 校 適 正 配 置 地 元 代 表 協 議 会 委 員 の 変 更 について 委 員 名 簿 ( 変 更 版 )をもとに 役 員 改 選 等 による 委 員 の 変 更 について 事 務 局 より 説 明 があ り 了 解 された 変 更 版 についても ホームページで 公 開 することが 確 認 された (2) 高 洲 高 浜 地 区 学 校 適 正 配 置 地 元 代 表 協 議 会 の 協 議 状 況 について 協 議 の 状 況 について 以 下 のような 報 告 があり 質 疑 応 答 がなされた 高 洲 第 一 小 学 校 と 高 洲 第 二 小 学 校 との 統 合 がまとまり 教 育 長 へ 要 望 書 を 提 出 す ることになった 統 合 時 期 は 平 成 23 年 4 月 統 合 場 所 は 高 洲 第 一 小 学 校 の 位 置 とす る ただし 高 洲 第 一 小 学 校 改 修 中 は 高 洲 第 二 小 学 校 を 仮 校 舎 として 使 用 する 今 後 高 浜 第 二 小 学 校 と 高 浜 第 三 小 学 校 との 統 合 についての 協 議 を 進 める 仮 に 統 合 が 合 意 され 新 設 校 を 開 校 する 場 合 には 高 浜 6 丁 目 は 磯 辺 第 三 小 学 校 へ 学 区 変 更 した いという 希 望 が 出 ている (3) 磯 辺 地 区 の 中 学 校 の 適 正 配 置 の 方 向 性 について まず 資 料 平 成 21 年 度 に 算 出 した 推 計 による 磯 辺 地 区 の 状 況 をもとに 今 年 度 の 推 計 による 磯 辺 地 区 の 小 中 学 校 の 児 童 生 徒 数 学 級 数 の 推 移 参 考 統 合 シミュレーション の 状 況 等 についての 説 明 があり 質 疑 応 答 がなされた 1

2 各 小 中 学 校 の 保 護 者 へのアンケート 調 査 等 をもとに 協 議 され 中 学 校 の 統 合 に 対 する 賛 成 意 見 が 多 かった 委 員 からは 小 学 校 よりも 中 学 校 の 統 合 を 早 くするべき もう 尐 し 保 護 者 の 意 見 を 吸 い 上 げてから 決 定 した 方 がよい といった 意 見 が 出 され 各 委 員 が 協 議 内 容 を 各 団 体 に 持 ち 帰 り 意 見 を 吸 い 上 げ 継 続 して 協 議 すること 次 回 には 方 向 性 を 見 出 すとい うことが 確 認 された (4) 次 回 開 催 日 時 場 所 について 協 議 の 結 果 平 成 21 年 10 月 26 日 ( 月 ) 午 前 10 時 から12 時 磯 辺 地 域 ルームで 開 催 することとした 7 発 言 要 旨 (1) 会 長 挨 拶 これまでの 協 議 では 保 護 者 の 方 の 熱 い 思 いが 伝 わってきた 私 の 思 いとしては 磯 辺 地 区 の 学 校 の 質 をよりよくしたい 充 実 した 教 育 環 境 を 作 っていきたいということである そ れは そこにかかわる 人 たちの 熱 い 思 い 協 力 により 実 現 するものであると 思 う 子 どもた ちのために 尐 しでも 早 く より 良 い 教 育 環 境 を 整 えていきたい 磯 辺 を 住 んでよかったと 思 える 地 域 にすることが 私 の 願 いである (2) 議 題 報 告 高 洲 高 浜 地 区 学 校 適 正 配 置 地 元 代 表 協 議 会 の 協 議 状 況 について 事 務 局 に 説 明 をお 願 いする 9 月 6 日 ( 日 )の 千 葉 日 報 の 記 事 を 見 て ご 存 じの 方 もいると 思 う 高 洲 高 浜 地 区 の 協 議 会 では 高 洲 第 一 小 学 校 と 第 二 小 学 校 との 統 合 が 決 定 され 9 月 9 日 に 教 育 長 に 要 望 書 が 提 出 される 統 合 時 期 は 平 成 23 年 4 月 で 統 合 場 所 は 高 洲 第 一 小 学 校 の 位 置 となる ただし 改 修 中 は 高 洲 第 二 小 学 校 を 仮 校 舎 として 使 用 することになる 今 後 は 高 浜 第 二 小 学 校 と 高 浜 第 三 小 学 校 との 統 合 についての 協 議 を 進 めることが 確 認 されている 仮 に 統 合 が 合 意 され 新 設 校 を 開 校 する 場 合 高 浜 6 丁 目 は 磯 辺 第 三 小 学 校 へ 学 区 変 更 したいという 希 望 が 出 ている 高 浜 第 二 小 学 校 と 高 浜 第 三 小 学 校 との 統 合 場 所 は 決 まっているのか また 高 浜 6 丁 目 が 磯 辺 第 三 小 学 校 に 学 区 変 更 するのは いつ 頃 になりそうか 高 浜 第 二 小 学 校 と 高 浜 第 三 小 学 校 との 統 合 については まだ 方 向 性 を 見 出 した 段 階 であり 具 体 的 な 協 議 はこれから 行 われる 高 浜 6 丁 目 が 磯 辺 第 三 小 学 校 へ 学 区 変 更 するとすれば そ れは 統 合 校 開 校 時 となる 議 題 (1) 磯 辺 地 区 の 中 学 校 の 適 正 配 置 の 方 向 性 について 前 回 に 引 き 続 き 磯 辺 地 区 の 中 学 校 の 適 正 配 置 の 方 向 性 について 協 議 したい 事 務 局 に 資 料 の 説 明 をお 願 いする 2

3 資 料 平 成 21 年 度 に 算 出 した 推 計 による 磯 辺 地 区 の 状 況 をもとに 磯 辺 地 区 の 児 童 生 徒 数 学 級 数 の 推 移 と 統 合 シミュレーションの 説 明 がなされた 特 に 磯 辺 第 三 小 学 校 の 児 童 数 が 昨 年 度 の 推 計 よりかなり 減 尐 しており これは 高 洲 4 丁 目 にあるニチロ 跡 地 の 開 発 が 凍 結 していること 及 びJFEナヴィールからの 住 民 の 退 去 によるものである 現 在 は 滞 って いるが 駅 前 の 利 便 地 でもあり 今 後 開 発 が 進 む 可 能 性 はある また 磯 辺 第 一 小 学 校 脇 の 空 き 地 についても 動 向 を 注 視 していく 必 要 がある 参 考 統 合 シミュレーションについても 今 年 度 の 推 計 をもとにやり 直 している 何 か 質 問 や 意 見 はないか JFEの 状 況 だが 蘇 我 地 区 においても 社 宅 等 の 統 合 や 整 理 が 行 われている この 状 況 は 今 後 も 続 き 高 洲 4 丁 目 のJFEナヴィールもその 対 象 となるだろう 資 料 平 成 21 年 度 に 算 出 した 推 計 による 磯 辺 地 区 の 状 況 の 中 学 校 のシミュレーションの 中 の マリーナストリートで 学 区 調 整 した 場 合 をみると 磯 辺 第 二 中 学 校 が6 学 級 になる 可 能 性 がある 現 在 の9 学 級 から6 学 級 になった 場 合 に 教 育 環 境 として 変 わることは 何 か まず 免 許 外 指 導 を 行 う 教 員 が 出 る 可 能 性 が 高 いということがある おおよそ9 学 級 がその 境 となっており それを 下 回 ると 可 能 性 は 高 くなる 次 に 部 活 動 の 運 営 に 支 障 が 出 る 可 能 性 がある 子 どもの 数 と 教 員 の 数 が 減 るので 部 活 動 数 も 減 るだろう 部 活 動 選 択 の 幅 が 減 り 活 動 を 活 性 化 することも 難 しくなると 考 える また 教 員 の 事 務 負 担 が 増 えることにもつながる と 考 える 第 一 中 学 校 と 第 二 中 学 校 とで 部 活 動 を 共 同 で 実 施 するような 動 きはないのか 今 のところ それはない 今 の 段 階 はわかるが 教 育 委 員 会 としてそういったことを 考 えているのかということを 聞 き たい それは 学 校 レベルで 考 えることではないか 学 校 では 部 活 動 も 含 めて 学 校 長 の 判 断 で 教 育 活 動 を 行 っている 対 象 校 同 士 で 相 談 してで きるかもしれないが 活 動 時 間 やスケジュールの 調 整 子 どもたちの 移 動 時 間 等 を 考 えると 実 際 に 行 うことは 難 しいだろう そういった 負 担 を 考 えると 統 合 した 方 がよいのではないか < 山 崎 委 員 > 高 洲 4 丁 目 のコージースクエア 隣 の 空 き 地 はどうなっているのか また 教 育 だよりちばを みると 千 葉 市 でも 小 中 一 貫 教 育 校 の 設 置 を 推 進 するとあるが どのような 動 向 なのか まず 先 ほどのナヴィールの 動 向 であるが 事 務 局 としても 調 査 は 行 った 他 地 区 のJFE の 建 物 については 更 地 にしたり 民 間 に 売 却 して 中 古 マンションとして 再 生 させたりしている 状 況 はある 高 洲 4 丁 目 については 今 のところそういった 計 画 は 未 確 定 だと 聞 いている 3

4 小 中 一 貫 教 育 については まだ 研 究 段 階 である 小 中 連 携 教 育 については 千 葉 市 でも 取 り 組 んできており 今 年 度 も 幸 町 第 二 中 学 校 と 幸 町 第 三 小 学 校 を 研 究 校 に 指 定 し 研 究 を 推 進 し てもらっている 今 後 その 成 果 を 踏 まえて 一 貫 教 育 校 の 設 置 も 検 討 していくことになる 小 中 一 貫 教 育 推 進 にあたっては メリットもあればデメリットもあり その 検 証 は 必 要 だと 考 え ている なお 仮 に 小 中 一 貫 教 育 校 を 設 置 するとなれば 小 学 校 と 中 学 校 とが 隣 接 している 学 区 が 一 小 学 校 一 中 学 校 である 等 の 立 地 条 件 が 整 っていることが 望 ましいだろう < 山 崎 委 員 > 例 えば 高 浜 中 学 校 と 高 浜 第 三 小 学 校 とは 隣 接 しており 条 件 は 整 っている 高 浜 地 区 の 適 正 配 置 を 考 えるにあたり 小 中 一 貫 教 育 校 の 設 置 を 検 討 することはできないのか 地 元 からの 要 望 により 検 討 することは 可 能 だろう 先 ほどの 免 許 外 指 導 教 員 についてだが 可 能 性 が 高 いのか 必 ず 出 ることになるのか はっきりとはいえないが 出 るだろう 教 員 配 置 の 基 準 を 変 えることはできないのか 教 員 については 県 費 負 担 であり 配 置 も 県 の 基 準 に 基 づいている また その 基 準 は 学 級 数 を 基 本 としている 県 も 努 力 して 配 置 基 準 の 見 直 しも 検 討 している 現 在 も 小 学 校 1 2 年 生 中 学 校 1 年 生 については38 人 学 級 として 教 員 を 配 置 している 中 学 校 の 統 合 により 特 に 部 活 動 については 数 が 増 えて 活 性 化 することはよいことだと 思 う が それに 伴 うグラウンドや 体 育 館 の 使 用 割 り 振 り 等 は 大 丈 夫 なのか 現 在 小 規 模 校 である 磯 辺 第 一 中 学 校 や 磯 辺 第 二 中 学 校 も 以 前 は20 学 級 以 上 あった 学 校 な ので 問 題 はないと 考 える 自 分 たちの 時 代 は 仕 方 なくそれでやってきたが グラウンドや 体 育 館 を 交 代 で 使 用 していた それでは 練 習 不 足 になるし 活 性 化 にはつながらないだろう 部 活 動 も 教 育 活 動 の 一 環 である ので それを 保 障 できるように 教 育 委 員 会 も 考 えるべきだろう 子 どもたちの 数 が 増 えれば 活 動 スペースは 取 りづらくなる 例 えば 跡 施 設 となる 中 学 校 のグラウンドや 体 育 館 を 使 用 することは 可 能 か < 磯 辺 第 二 小 学 校 保 護 者 と 教 師 の 会 代 表 > 真 砂 地 区 では 真 砂 第 二 小 学 校 の 敷 地 も 使 って 真 砂 第 一 中 学 校 の 位 置 に 統 合 中 学 校 を 設 置 す ると 聞 いたが 磯 辺 地 区 でそういったことは 考 えられるのか 今 の 段 階 では 何 とも 言 えない この 地 元 代 表 協 議 会 でよい 案 を 出 し 合 い 検 討 してほしい 先 程 の 部 活 動 を 一 緒 に 行 うということだが 教 育 委 員 会 から 指 導 はできないのか 4

5 地 域 によっては 例 があるが あくまで 学 校 長 同 士 の 話 し 合 いによる 先 ほど 言 ったとおり 活 動 時 間 やスケジュールの 調 整 に 係 る 打 ち 合 わせ 等 の 負 担 や 子 どもたちの 移 動 時 間 等 の 負 担 を 考 えると 実 際 に 行 うことは 難 しいだろう < 石 塚 委 員 > 子 どもたちの 人 数 が 尐 ない 学 校 では 合 同 チームを 組 んで 総 合 体 育 大 会 等 に 出 ているケース はある 部 活 動 にしても 子 どもたちのために 学 校 は 考 えて 運 営 している 第 一 中 学 校 と 第 二 中 学 校 の 現 在 の 状 況 を 打 開 できないかと 考 え 質 問 した 部 活 動 運 営 面 だ けの 理 由 で 統 廃 合 を 考 えない 方 がよいだろう 前 回 から 中 学 校 の 適 正 配 置 について 本 格 的 に 協 議 を 始 めた 前 回 の 協 議 で 磯 辺 第 一 小 学 校 磯 辺 第 二 小 学 校 磯 辺 第 一 中 学 校 では 中 学 校 の 統 合 について 賛 成 の 保 護 者 が 多 いことが わかった 各 学 校 の 保 護 者 の 代 表 者 におかれては 前 回 の 協 議 内 容 について 保 護 者 におろし て 検 討 していただいたことと 思 う その 状 況 を 報 告 してもらい 協 議 を 進 めたい 第 一 小 学 校 の 保 護 者 の 方 から 発 言 してもらってよろしいか < 磯 辺 第 一 小 学 校 保 護 者 会 代 表 > 5 月 にとったアンケート 調 査 では 76%の 方 が( 中 学 校 の 統 合 に) 賛 成 であった 保 護 者 の 意 見 を 集 約 すると 部 活 動 の 充 実 や 免 許 外 指 導 がないことを 望 んでいるため 小 学 校 より 中 学 校 の 統 合 の 方 をより 強 く 望 んでいるという 傾 向 がみられる ( 第 一 小 学 校 は 第 一 中 学 校 に 通 学 する 家 庭 と 第 二 中 学 校 に 通 学 する 家 庭 とがあり ) 第 一 中 学 校 区 の 賛 成 は80% 第 二 中 学 校 区 の 賛 成 は70%である 第 二 中 学 校 区 の 方 が 現 状 に 不 満 がないと 感 じている 保 護 者 が 比 較 的 多 い 為 であると 思 われる < 磯 辺 第 二 小 学 校 保 護 者 と 教 師 の 会 代 表 > 4 月 にとったアンケート 調 査 では 63%の 方 が 中 学 校 の 統 合 に 賛 成 であった その 理 由 と しては 部 活 動 の 数 教 科 担 任 制 の 維 持 等 があげられている ただし 統 合 中 学 校 の 位 置 によ り この 数 値 は 変 化 すると 思 う 夏 休 み 前 にアンケート 調 査 を 行 った 回 答 率 は30%ほどであった 昨 年 度 の 話 し 合 いの 状 況 により 第 三 小 学 校 は 統 合 から 外 れたという 雰 囲 気 があり 関 心 が 薄 れたように 思 う 回 答 のうち30%が 反 対 20% 強 が 賛 成 であった アンケート 調 査 の 文 書 に 統 合 することのメリ ットを 記 述 したが 目 の 前 に 第 二 中 学 校 があり 第 一 中 学 校 まで 通 学 することへの 不 安 はある 自 由 記 述 には まだ 決 まらないのか 中 学 校 については そのままにしてほしい といった 意 見 も 寄 せられた < 石 毛 委 員 ( 磯 辺 第 四 小 学 校 保 護 者 と 教 職 員 の 会 代 表 > 臨 時 の 役 員 会 を 開 き 役 員 の 意 見 を 聞 いた 中 学 校 の 統 合 にはおおむね 賛 成 であった 中 学 校 の 現 状 を 考 えると 中 学 校 の 統 合 を 先 に 進 めてはどうかという 意 見 が 出 ている < 黒 澤 委 員 ( 磯 辺 第 一 中 学 校 保 護 者 会 代 表 > 4 月 下 旪 にアンケート 調 査 を 行 った 77%の 回 答 率 で 統 合 を 行 ってほしいという 意 見 が 65%であり 反 対 は24%であった 賛 成 者 のうち 半 数 は 小 学 校 と 中 学 校 とを 同 時 に 統 合 してほしい という 意 見 であった 理 由 としては 学 校 行 事 や 部 活 動 の 活 性 化 より 多 くの 人 間 関 係 の 構 築 高 校 進 学 時 のギャップ 克 服 等 である 5

6 夏 休 み 前 にアンケート 調 査 を 行 った 前 回 のアンケートは 回 収 率 が45%しかなかったが 今 回 の 回 収 率 は80%であり そのうち 統 合 した 方 がよい が15% 今 後 第 二 中 学 校 が 小 規 模 化 するのなら やむを 得 ない が49% 第 二 中 学 校 が 小 規 模 化 しても このままがよい が20% 統 合 しない 方 がよい が15%であった 統 合 した 方 がよい と やむを 得 ない を 合 わせると64%となり 問 題 意 識 を 持 ってきていると 感 じる 前 回 のアンケート 調 査 と 異 なり 早 く 進 めてほしい という 意 見 もあった < 松 岡 委 員 ( 高 浜 第 二 小 学 校 保 護 者 と 教 職 員 の 会 代 表 > 高 洲 高 浜 地 区 の 地 元 代 表 協 議 会 で 高 浜 第 二 小 学 校 と 高 浜 第 三 小 学 校 との 統 合 の 方 向 性 が 出 ており そうなると 基 本 的 には 高 浜 第 二 小 学 校 は 高 浜 中 学 校 の 学 区 となる しかし その 場 合 でも 磯 辺 第 二 中 学 校 または 磯 辺 地 区 の 統 合 中 学 校 に 通 学 を 希 望 することもできる 磯 辺 地 区 の 中 学 校 の 統 合 について 意 見 を 述 べる 立 場 ではないと 思 うが 希 望 としては 磯 辺 第 二 中 学 校 が 残 ってほしいと 思 う 保 護 者 は 多 いと 想 像 できる 小 学 校 と 中 学 校 どこから 手 をつけていけばよいか その 前 に 中 学 校 の 適 正 配 置 の 必 要 性 について 了 解 されたのかを 確 認 してほしい 統 合 の 必 要 性 はわかる しかし 前 回 も 発 言 したとおり 中 学 校 は 小 学 校 の 後 に 行 った 方 が よい 小 中 一 貫 教 育 の 推 進 状 況 も 見 据 えて じっくりと 行 ってはどうか < 藤 岡 委 員 > 中 学 校 の 統 合 は 早 く 進 めてほしい もしできれば 小 学 校 と 中 学 校 併 せて 行 ってほしい 約 70%の 保 護 者 が 賛 成 をしている 状 況 を 考 えれば 統 合 の 方 向 でよいのではないか < 関 委 員 > 統 合 には 賛 成 である 基 本 的 には 賛 成 である しかし 教 員 の 配 置 基 準 を 見 直 してほしいという 条 件 付 きである < 水 谷 委 員 > 統 合 は 必 要 だと 思 う しかし 保 護 者 のアンケート 調 査 の 回 答 率 を 知 りたい 話 を 聞 いてい ると 学 校 による 温 度 差 を 感 じる レベルをそろえてもらわないと 判 断 が 難 しい 教 員 の 配 置 は 県 に 任 されているのか 一 般 の 教 員 は 県 費 で 雇 用 されている 非 常 勤 教 員 については 市 費 で 雇 用 することはでき る 教 育 環 境 整 備 については 千 葉 市 教 育 委 員 会 としても 検 討 しているし 今 後 も 必 要 な 支 援 は 行 っていきたい < 尾 身 委 員 > 高 浜 6 丁 目 の 子 どもたちは 磯 辺 第 三 小 学 校 に 学 区 変 更 されればこれまで 通 り 磯 辺 第 二 中 学 校 に 通 学 することになる 統 合 はやむを 得 ないという 気 持 ちもあるが 理 解 不 足 の 面 があるの ではないか 6

7 < 山 崎 委 員 > 第 一 中 学 校 も 第 二 中 学 校 も しばらくは3 学 級 ずつある 当 面 そのままでよいのではないか 地 域 のエゴで 尐 し 言 わせてもらえば 高 浜 第 二 小 学 校 の 保 護 者 には 磯 辺 第 二 中 学 校 に 通 学 させ たいという 保 護 者 が 多 いと 思 う < 安 達 委 員 > 基 本 的 には 賛 成 である この 問 題 は10 年 くらい 前 から 上 がっており 早 くしてほしいとい う 声 も 聞 く 新 しい 学 校 として 生 まれ 変 わるということでよいのではないか < 近 藤 委 員 > 小 規 模 校 のよさもあるが 統 合 も 必 要 だろう < 今 井 委 員 > 賛 成 である 中 学 校 を 先 に 行 った 方 がよい 先 ほど 第 二 中 学 校 では 中 学 校 の 統 合 に 賛 成 の 意 見 が 多 い と 言 ったが 議 論 を 尽 くして ほしい という 声 も 依 然 としてあることは 承 知 してほしい 第 三 小 学 校 のアンケート 調 査 は 意 識 を 調 査 した 程 度 のもので 議 決 ではない 回 収 率 も30% であったことも 考 慮 してほしい 今 日 は 中 学 校 の 適 正 配 置 の 必 要 性 を 理 解 できたか できないかということでよいのではな いか 中 学 校 の 適 正 配 置 についての 概 ねの 理 解 が 図 れれば 協 議 をステップアップできるだろう これまでの 意 見 を 聞 いていると おおむね 中 学 校 の 統 合 に 賛 成 というようにとらえた 早 め に 統 合 した 方 がよいという 声 もある 新 しい 統 合 中 学 校 を 創 設 するということでいかがか 今 後 の 進 め 方 について 事 務 局 から 提 案 はあるか 一 つの 考 え 方 として まずは 今 後 も 小 規 模 な 状 況 が 続 く 可 能 性 が 高 い 学 校 について 考 えて はどうかということである つまり 中 学 校 2 校 及 び 磯 辺 第 二 小 学 校 と 磯 辺 第 四 小 学 校 である その 際 中 学 校 の 統 合 を 先 に 進 めるという 考 え 方 もある 仮 に 中 学 校 の 統 合 を 先 に 進 めると 第 一 小 学 校 が 抱 える 中 学 校 進 学 の 際 に 子 どもたちが 分 散 しまう という 課 題 は 解 決 する 磯 辺 第 一 小 学 校 と 磯 辺 第 三 小 学 校 については 高 洲 4 丁 目 と 第 一 小 学 校 脇 の 空 き 地 の 開 発 状 況 により 児 童 生 徒 数 の 増 加 が 見 込 まれるので しばらく 様 子 を 見 るという 考 え 方 もあろう いずれにしても 保 護 者 や 地 域 の 皆 様 の 納 得 がいく 進 め 方 を 協 議 してもらいたい 先 ほどの 委 員 の 皆 さんの 意 見 は それぞれが 所 属 するコミュニティーの 総 意 なのか 保 護 者 の 代 表 は 保 護 者 の 意 見 を 吸 い 上 げながら 発 言 しているのだが < 藤 岡 委 員 > 私 は 地 域 の 代 表 として 発 言 したり 意 思 表 示 したりしている < 安 達 委 員 > 校 長 先 生 から 依 頼 を 受 けた 時 評 議 員 の 一 人 としての 意 見 でよいと 聞 いている < 今 井 委 員 > 第 二 小 学 校 評 議 員 の 総 意 ではなく 委 員 として 意 見 を 申 し 上 げている 7

8 それぞれ 立 場 が 違 うので 状 況 は 異 なるだろう 保 護 者 の 代 表 は 各 学 校 の 保 護 者 の 意 向 を 吸 い 上 げながら 発 言 せざるを 得 ないが 一 委 員 としての 発 言 も 当 然 あってよいだろう 私 たち 地 域 の 委 員 は 基 本 的 には 保 護 者 の 意 見 を 尊 重 しようと 考 えていることは 理 解 してい ただきたい また 子 どもたちの 将 来 を 考 えていることには 変 わりはない 町 会 の 集 まりの 中 で 話 はしているが 昨 今 個 人 情 報 の 取 り 扱 いが 厳 しく 子 どものいる 家 庭 を 調 べることすら 難 しい 自 治 会 として 意 見 を 集 約 することは 難 しいことをご 理 解 いただきた い < 藤 岡 委 員 > 先 程 の 質 問 は 自 治 会 として 全 世 帯 の 意 向 を 聞 かないと 決 められないということか 100%まとめてほしいということではない 保 護 者 の 代 表 は 各 学 校 の 保 護 者 の 代 弁 者 と なっている その 違 いは 理 解 してほしい < 水 谷 委 員 > 磯 辺 第 三 小 学 校 の 回 答 率 が3 割 しかないことが 気 になる 学 校 による 温 度 差 があるように 感 じる < 吉 岡 会 長 > アンケートの 回 収 率 が 悪 い 理 由 としては 統 合 はやむを 得 ない (この 代 表 協 議 会 に) 任 せる という 意 思 の 表 れではないか 先 程 の 結 果 は 統 合 に 対 しての 総 意 を 問 う 調 査 ではなかったので その 集 約 意 見 として 捉 え られるのは 困 る 自 治 会 としての 賛 否 の 裏 付 けも 必 要 なのではないか アンケートを 取 るのなら 全 員 に 出 してもらった 方 がよい 数 値 としての 裏 付 けがないと 保 護 者 に 対 して 説 明 できないということもある 一 方 自 治 会 は 保 護 者 の 意 向 に 沿 って 判 断 していきたいと 考 えているので 自 治 会 としてのアンケート 調 査 は 必 要 ないだろう この 協 議 会 の 結 果 を 説 明 する 形 の 方 がよい < 山 崎 委 員 > 私 の 自 治 会 では これまでに6 回 ほどの 説 明 会 を 行 ってきたが 参 加 者 数 は 毎 回 30 人 程 度 である 私 としては 参 加 しない 多 くの 住 民 はこの 件 に 対 して お 任 せする として 判 断 し 参 加 した 方 々の 意 見 を 協 議 会 でお 話 しさせていただいている 私 の 自 治 会 では 自 治 会 組 織 の 中 に 統 合 問 題 に 関 する 委 員 会 を 作 って 報 告 している この 委 員 会 での 討 議 内 容 を 踏 まえて 本 協 議 会 で 発 言 している また 居 住 者 には 自 治 会 報 を 通 して 協 議 会 の 討 議 内 容 の 要 旨 を 報 告 している 今 回 は 協 議 内 容 を 持 ち 帰 り 検 討 してもらい 次 回 の 協 議 会 で 方 向 性 をつけたい 中 学 校 を 先 に 統 合 した 方 が 小 学 校 の 統 合 もまとまりやすい や 小 学 校 を 先 に 統 合 し その 後 中 学 校 の 統 合 を 検 討 した 方 がよい 等 の 意 見 があったと 思 う 8

9 教 育 委 員 会 として 方 向 性 が 決 まればよいのか 大 まかな 統 合 の 合 意 はできると 思 うが 自 治 会 としてはそれ 以 上 のことはできないと 思 うのだが < 別 所 副 会 長 > 統 合 の 時 期 や 統 合 校 の 位 置 等 についても この 協 議 会 で 協 議 していくことになる 確 かに 統 合 の 合 意 がなされた 後 は 教 育 委 員 会 にお 任 せという 方 法 もあるが 統 合 の 順 序 時 期 や 統 合 場 所 についても 協 議 していただきたい 磯 辺 第 三 小 においては 新 しい 情 報 をおろ してもらい 意 見 を 吸 い 上 げてほしい 議 題 (2) 次 回 開 催 日 時 場 所 について 次 回 は 10 月 26 日 ( 月 )に 行 いたいがよろしいか 保 護 者 の 代 表 として 自 分 が 出 席 したいので できれば 土 曜 日 に 行 ってほしい < 磯 辺 第 二 小 学 校 保 護 者 と 教 師 の 会 代 表 > 保 護 者 代 表 が 出 席 できない 日 程 では 困 る 土 曜 日 の 方 が 都 合 がよい 次 回 は 中 学 校 の 方 向 性 が 決 まる 大 切 な 日 なので 考 慮 してはどうか < 吉 岡 会 長 > 土 曜 日 は 地 域 の 行 事 やそれに 伴 う 会 議 等 が 目 白 押 しで 協 議 会 の 開 催 は 難 しい 代 理 の 方 に 出 席 してもらうこともできるので 提 案 どおりでどうか ( 賛 成 多 数 ) 様 々な 都 合 や 意 見 があったが 原 案 通 り 10 月 26 日 としたい (4) 連 絡 議 事 要 旨 については 案 を 作 成 し 委 員 の 皆 様 に 確 認 をいただいた 上 で 完 成 版 とし 教 育 委 員 会 のホームページ 上 に 公 開 したい 各 委 員 におかれては 指 定 した 期 限 までに 確 認 して 回 答 をお 願 いしたい (メール 可 )また 期 限 までに 回 答 がないものについては 了 承 した もの として 取 り 扱 いたい 欠 席 する 場 合 だが 事 前 に 電 話 連 絡 をお 願 いしたい また 代 理 出 席 も 可 能 なので その 点 も 含 めてご 連 絡 願 いたい (5) 閉 会 < 吉 岡 会 長 > 本 日 も 活 発 に 協 議 いただき ありがたく 思 う 子 どもたちの 健 やかな 成 長 に 資 するように 話 し 合 っていくことが 大 切 だと 思 う 今 後 ともよろしくお 願 いしたい 9

本 市 においては 言 語 特 区 ということでこれまでに 10 年 間 英 語 の 時 間 に 取 り 組 んできているが 成 果 の 検 証 はどのように 行 っているのか また 目 標 を 達 成 したかどうか 判 断 する 客 観 的 な 指 標 はあるのか ( 事 務 局 ) 数 値 的

本 市 においては 言 語 特 区 ということでこれまでに 10 年 間 英 語 の 時 間 に 取 り 組 んできているが 成 果 の 検 証 はどのように 行 っているのか また 目 標 を 達 成 したかどうか 判 断 する 客 観 的 な 指 標 はあるのか ( 事 務 局 ) 数 値 的 第 1 回 沼 津 市 総 合 教 育 会 議 議 事 録 〇 開 催 日 時 平 成 28 年 5 月 26 日 ( 木 曜 日 )15 時 00 分 ~16 時 00 分 〇 開 催 場 所 沼 津 市 立 第 四 小 学 校 多 目 的 ホール 〇 出 席 者 市 長 栗 原 裕 康 教 育 長 服 部 裕 美 子 教 育 委 員 三 好 勝 晴 教 育 委 員 土 屋 葉 子 教 育 委 員

More information

会議録

会議録 第 4 回 秦 野 市 公 立 幼 稚 園 あり 方 検 討 委 員 会 1 日 時 平 成 24 年 2 月 7 日 ( 火 ) 午 前 10 時 ~ 正 午 2 場 所 秦 野 市 役 所 本 庁 舎 3 階 3A 会 議 室 3 出 席 委 員 逢 坂 委 員 小 林 委 員 佐 藤 委 員 佐 々 木 委 員 桐 山 委 員 横 尾 委 員 大 澤 委 員 梅 原 委 員 野 々 山 委 員

More information

会議録

会議録 会 議 録 ( 要 旨 ) 会 議 名 平 成 25 年 度 第 4 回 武 蔵 村 山 市 行 政 評 価 委 員 会 開 催 日 時 平 成 26 年 2 月 4 日 ( 火 ) 午 前 9 時 57 分 から 午 前 11 時 47 分 まで 開 催 場 所 市 役 所 301 会 議 室 出 席 者 及 び 欠 席 者 出 席 者 : 坂 野 委 員 ( 委 員 長 ) 榎 本 委 員 (

More information

あかね みどり 学 童 保 育 所 に3 月 までそれぞれ 勤 務 していた 職 員 がいるの で 必 要 に 応 じて 施 設 長 と 打 ち 合 わせをしており 特 段 問 題 はないと 思 う あかね 学 童 保 育 所 については 4 月 当 初 出 欠 カードというものを 取 り 入 れた

あかね みどり 学 童 保 育 所 に3 月 までそれぞれ 勤 務 していた 職 員 がいるの で 必 要 に 応 じて 施 設 長 と 打 ち 合 わせをしており 特 段 問 題 はないと 思 う あかね 学 童 保 育 所 については 4 月 当 初 出 欠 カードというものを 取 り 入 れた 会 議 録 会 議 名 事 務 局 ( 担 当 課 ) 開 催 日 時 開 催 場 所 出 席 者 平 成 27 年 度 第 1 回 小 金 井 市 学 童 保 育 所 運 営 協 議 会 児 童 青 少 年 課 平 成 27 年 4 月 27 日 ( 月 ) 19 時 00 分 ~21 時 30 分 802 会 議 室 委 員 飯 田 委 員 長 小 澤 副 委 員 長 岩 野 委 員 小 倉 委

More information

<332D322E8B638E969776985E816991E63189F1939D8D879084906988CF88F589EF816A2E786477>

<332D322E8B638E969776985E816991E63189F1939D8D879084906988CF88F589EF816A2E786477> 第 1 回 滝 野 川 第 六 小 学 校 紅 葉 小 学 校 統 合 推 進 会 議 事 要 録 日 時 場 所 参 加 者 (1) 日 時 : 平 成 28 年 3 月 15 日 ( 火 )19 時 00 分 ~20 時 57 分 (2) 場 所 : 北 区 役 所 滝 野 川 分 庁 舎 大 会 議 室 (3) 出 席 者 : 統 合 推 進 会 20 名 傍 聴 者 :0 名 1 自 己 紹

More information

平成15年度16年1月教育委員会会議録

平成15年度16年1月教育委員会会議録 於 二 宮 町 教 育 委 員 会 事 務 局 平 成 26 年 9 月 26 日 二 宮 町 教 育 委 員 会 会 議 録 ( 定 例 会 臨 時 会 ) 二 宮 町 教 育 委 員 会 1. 開 会 時 間 10 時 00 分 2. 閉 会 時 間 11 時 55 分 3. 委 員 長 名 小 林 德 博 4. 署 名 委 員 5. 出 席 委 員 議 席 番 号 出 欠 席 氏 名 1 小

More information

会議録H26.8.18

会議録H26.8.18 琴 浦 町 教 育 委 員 会 会 議 録 日 時 場 所 出 席 委 員 平 成 26 年 8 月 18 日 ( 月 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 午 後 3 時 05 分 琴 浦 町 生 涯 学 習 センター 第 1 会 議 室 石 前 富 久 美 高 塚 良 平 委 員 前 畑 一 子 委 員 田 中 宣 彦 委 員 小 林 克 美 欠 席 委 員 その 他 出 席 者 なし 岩 船 戸

More information

< 図 1> (1) 事 前 調 査 用 地 調 査 は 土 地 登 記 簿 建 物 登 記 簿 戸 籍 簿 等 の 調 査 及 び 公 図 等 の 転 写 を 行 うことから 始 まる これらにより 土 地 等 の 権 利 者 を 探 す (2) 用 地 調 査 の 説 明 土 地 等 の 権 利

< 図 1> (1) 事 前 調 査 用 地 調 査 は 土 地 登 記 簿 建 物 登 記 簿 戸 籍 簿 等 の 調 査 及 び 公 図 等 の 転 写 を 行 うことから 始 まる これらにより 土 地 等 の 権 利 者 を 探 す (2) 用 地 調 査 の 説 明 土 地 等 の 権 利 別 紙 2 土 地 売 買 契 約 等 に 伴 う 留 意 事 項 の 文 書 確 認 について 前 茂 充 近 畿 地 方 整 備 局 用 地 部 用 地 対 策 課 ( 540-8586 大 阪 府 大 阪 市 中 央 区 大 手 前 1-5-44) 被 補 償 者 が 用 地 買 収 により 補 償 金 を 受 け 取 ることによって 所 得 税 や 住 民 税 が 増 えたり 各 種 年 金

More information

<91E6323089F18B638E96985E88C42848509770292D322E786477>

<91E6323089F18B638E96985E88C42848509770292D322E786477> 第 20 回 東 京 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 平 成 21 年 11 月 24 日 開 催 ) 東 京 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 20 回 ) 議 事 概 要 ( 東 京 地 方 裁 判 所 委 員 会 事 務 局 ) 第 1 日 時 平 成 21 年 11 月 24 日 ( 火 )15:00~17:00 第 2 場 所 東 京 地 方 裁 判 所 第 1 会 議 室 第

More information

Taro-理事の手引き(最終案).jtd

Taro-理事の手引き(最終案).jtd 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 の 手 引 き 埼 玉 県 福 祉 部 福 祉 施 設 監 査 課 編 集 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 1 理 事 の 役 割 1 2 法 人 と 理 事 の 関 係 2 3 理 事 の 要 件 (1) 理 事 に 期 待 される 要 件 3 (2) 理 事 の 定 数 欠 員 の 補 充 4 (3) 理 事 の

More information

Microsoft Word - ③第7回議会報告会報告書(東部上)

Microsoft Word - ③第7回議会報告会報告書(東部上) 第 7 回 山 ノ 内 町 議 会 報 告 会 実 施 結 果 報 告 書 ( 東 部 上 ) 日 時 平 成 26 年 1 月 23 日 ( 木 ) 午 後 7 時 ~ 午 後 9 時 場 所 沓 野 区 和 合 会 館 参 加 人 数 住 民 参 加 者 :30 人 議 員 15 人 事 務 局 1 人 地 元 協 力 団 体 沓 野 区 沓 野 組 渋 湯 組 横 湯 組 議 員 役 割 分

More information

( 副 委 員 長 あいさつ) 5 検 討 (1) 委 員 会 の 運 営 等 について 委 員 長 :それでは 当 委 員 会 で 検 討 を 進 めるにあたっての 必 要 事 項 について 事 務 局 から 説 明 してください 事 務 局 : 次 第 の5(1) 委 員 会 の 運 営 につい

( 副 委 員 長 あいさつ) 5 検 討 (1) 委 員 会 の 運 営 等 について 委 員 長 :それでは 当 委 員 会 で 検 討 を 進 めるにあたっての 必 要 事 項 について 事 務 局 から 説 明 してください 事 務 局 : 次 第 の5(1) 委 員 会 の 運 営 につい 第 1 回 町 田 市 特 別 支 援 教 育 推 進 計 画 検 討 委 員 会 議 事 概 要 日 時 2014 年 6 月 30 日 ( 月 ) 17:00~18:30 場 所 教 育 センター 4 階 会 議 室 出 席 委 員 大 南 英 明 委 員 ( 委 員 長 ) 山 口 好 司 委 員 ( 副 委 員 長 ) 西 久 保 律 子 委 員 明 官 茂 委 員 杉 村 共 英 委 員

More information

第 11 回 ( 定 例 ) 宍 粟 市 教 育 委 員 会 会 議 録 1 開 会 閉 会 の 年 月 日 時 及 び 場 所 平 成 27 年 3 月 16 日 ( 月 ) 午 後 4 時 30 分 ~ 午 後 6 時 10 分 兵 庫 県 宍 粟 市 山 崎 町 中 広 瀬 133 番 地 6

第 11 回 ( 定 例 ) 宍 粟 市 教 育 委 員 会 会 議 録 1 開 会 閉 会 の 年 月 日 時 及 び 場 所 平 成 27 年 3 月 16 日 ( 月 ) 午 後 4 時 30 分 ~ 午 後 6 時 10 分 兵 庫 県 宍 粟 市 山 崎 町 中 広 瀬 133 番 地 6 平 成 26 年 度 第 11 回 宍 粟 市 教 育 委 員 会 会 議 録 ( 要 点 筆 記 ) 日 時 平 成 27 年 3 月 16 日 午 後 4 時 30 分 から 場 所 宍 粟 市 役 所 401 会 議 室 1 第 11 回 ( 定 例 ) 宍 粟 市 教 育 委 員 会 会 議 録 1 開 会 閉 会 の 年 月 日 時 及 び 場 所 平 成 27 年 3 月 16 日 (

More information

・日程第5 会議録署名委員の指名

・日程第5 会議録署名委員の指名 平 成 26 年 7 月 臨 時 会 議 平 成 26 年 度 第 2 回 みどり 市 臨 時 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 26 年 7 月 22 日 みどり 市 教 育 委 員 会 平 成 26 年 度 第 2 回 みどり 市 臨 時 教 育 委 員 会 会 議 録 招 集 日 時 : 平 成 26 年 7 月 22 日 ( 火 ) 午 後 1 時 30 分 から 招 集 場 所 :みどり

More information

事 務 局 : 道 路 資 産 台 帳 は 法 律 上 の 道 路 台 帳 とは 別 で 新 公 会 計 制 度 を 導 入 した 時 に それに 合 うような 形 にエクセルで 建 設 部 が 作 成 し 管 理 している 鵜 川 委 員 : 会 計 データの 台 帳 ということか 事 務 局 :

事 務 局 : 道 路 資 産 台 帳 は 法 律 上 の 道 路 台 帳 とは 別 で 新 公 会 計 制 度 を 導 入 した 時 に それに 合 うような 形 にエクセルで 建 設 部 が 作 成 し 管 理 している 鵜 川 委 員 : 会 計 データの 台 帳 ということか 事 務 局 : 第 2 回 町 田 市 会 計 基 準 委 員 会 議 事 要 旨 日 時 場 所 出 席 者 2014 年 7 月 16 日 ( 水 ) 午 前 10 時 00 分 ~ 午 前 12 時 00 分 町 田 市 庁 舎 10 階 10-3 会 議 室 委 員 鵜 川 正 樹 委 員 長 米 田 正 巳 委 員 事 務 局 会 計 課 傍 聴 者 なし 1. 開 会 会 計 管 理 者 から 開 会

More information

Microsoft Word - 鷹山.doc

Microsoft Word - 鷹山.doc 平 成 24 年 度 まちづくりミーティングの 質 問 と 回 答 の 要 旨 鷹 山 地 区 :7 月 2 日 ( 月 ) 午 後 7 時 30 分 ~9 時 参 加 者 数 62 人 < 質 問 > Q 文 書 配 布 の 量 をなるべく 減 らそうという 傾 向 があるが 町 報 だけでは 紙 面 が 少 なすぎるのではない か 学 校 だより 等 が 配 布 になるため 情 報 が 得 られる

More information

1. 事 務 局 挨 拶 本 日 の 欠 席 委 員 の 報 告 委 員 15 名 のうち 1 名 欠 席 過 半 数 出 席 のため 協 議 会 の 開 催 宣 言 ~これより 委 員 長 により 議 事 進 行 ~ 2. 委 員 長 進 行 委 員 長 前 回 の 協 議 会 にて 安 全 安

1. 事 務 局 挨 拶 本 日 の 欠 席 委 員 の 報 告 委 員 15 名 のうち 1 名 欠 席 過 半 数 出 席 のため 協 議 会 の 開 催 宣 言 ~これより 委 員 長 により 議 事 進 行 ~ 2. 委 員 長 進 行 委 員 長 前 回 の 協 議 会 にて 安 全 安 平 成 27 年 度 第 2 回 多 摩 市 安 全 安 心 まちづくり 推 進 協 議 会 要 約 日 時 : 平 成 27 年 10 月 19 日 ( 月 ) 会 場 :401 会 議 室 委 員 出 席 者 14 名 藤 本 哲 也 ( 委 員 長 )/ 山 田 祐 子 ( 副 委 員 長 )/ 上 野 博 / 小 川 太 一 / 溝 口 幸 夫 / 田 村 清 太 郎 / 山 田 美 音 /

More information

当 日 配 布 資 料 にて 説 明 会 見 第 二 小 学 校 計 画 訪 問 について 別 添 資 料 にて 説 明 法 中 校 区 のALT 交 代 について 平 成 27 年 7 月 27 日 から 交 代 中 学 校 職 場 体 験 について 別 添 資 料 P13の 説 明 4 人 権

当 日 配 布 資 料 にて 説 明 会 見 第 二 小 学 校 計 画 訪 問 について 別 添 資 料 にて 説 明 法 中 校 区 のALT 交 代 について 平 成 27 年 7 月 27 日 から 交 代 中 学 校 職 場 体 験 について 別 添 資 料 P13の 説 明 4 人 権 平 成 27 年 6 月 第 9 回 教 育 会 議 事 録 開 催 日 時 平 成 27 年 6 月 30 日 ( 火 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 午 後 5 時 06 分 開 催 場 所 南 部 町 役 場 天 萬 庁 舎 2F 会 議 室 出 席 佐 藤 長 細 田 森 岡 井 上 永 江 説 明 員 板 持 教 育 清 水 総 務 学 校 教 育 書 記 渡 邊 欠 席 なし 開 会

More information

第7回定例回(10.7)

第7回定例回(10.7) 第 11 回 知 多 市 教 育 会 定 例 会 会 議 録 平 成 2 5 年 10 月 1 1 日 知 多 市 教 育 会 第 11 回 知 多 市 教 育 会 定 例 会 会 議 録 招 集 年 月 日 招 集 場 所 平 成 25 年 10 月 11 日 知 多 市 役 所 2 階 教 育 会 室 開 会 午 前 9 時 35 分 閉 会 午 前 10 時 30 分 出 席 出 席 した 職

More information

会 議 録 ( 敬 称 略 ) 会 議 の 名 称 開 催 日 時 開 催 場 所 平 成 27 年 度 第 2 回 茨 木 市 中 心 市 街 地 活 性 化 協 議 会 平 成 28 年 2 月 1 日 ( 月 ) 午 後 2 時 00 分 開 会 午 後 4 時 00 分 閉 会 茨 木 商

会 議 録 ( 敬 称 略 ) 会 議 の 名 称 開 催 日 時 開 催 場 所 平 成 27 年 度 第 2 回 茨 木 市 中 心 市 街 地 活 性 化 協 議 会 平 成 28 年 2 月 1 日 ( 月 ) 午 後 2 時 00 分 開 会 午 後 4 時 00 分 閉 会 茨 木 商 平 成 27 年 度 第 2 回 茨 木 市 中 心 市 街 地 活 性 化 協 議 会 - 会 議 録 - 会 議 録 ( 敬 称 略 ) 会 議 の 名 称 開 催 日 時 開 催 場 所 平 成 27 年 度 第 2 回 茨 木 市 中 心 市 街 地 活 性 化 協 議 会 平 成 28 年 2 月 1 日 ( 月 ) 午 後 2 時 00 分 開 会 午 後 4 時 00 分 閉 会 茨

More information

2011年5月26日

2011年5月26日 2016 年 6 月 10 日 全 国 私 立 学 校 教 職 員 組 合 連 合 ( 全 国 私 教 連 ) 中 央 執 行 委 員 長 永 島 民 男 2015 年 度 私 立 高 校 中 学 生 の 経 済 的 理 由 による 退 学 と 学 費 滞 納 調 査 のまとめ 1. 調 査 の 目 的 今 回 の 調 査 は 2015 年 度 (2015 年 4 月 ~2016 年 3 月 末 )に

More information

6. 議 事 概 要 青 木 会 長 それでは 諮 問 事 項 についての 説 明 を 事 務 局 からお 願 いします 事 務 局 資 料 1~2 ページ 平 成 27 年 度 通 学 区 域 審 議 会 開 催 の 経 緯 を 説 明 事 務 局 資 料 2~16 ページ 諮 問 事 項 1~2

6. 議 事 概 要 青 木 会 長 それでは 諮 問 事 項 についての 説 明 を 事 務 局 からお 願 いします 事 務 局 資 料 1~2 ページ 平 成 27 年 度 通 学 区 域 審 議 会 開 催 の 経 緯 を 説 明 事 務 局 資 料 2~16 ページ 諮 問 事 項 1~2 平 成 27 年 度 第 1 回 我 孫 子 市 通 学 区 域 審 議 会 議 事 概 要 1. 日 時 平 成 27 年 5 月 8 日 ( 金 ) 午 後 1 時 15 分 ~2 時 45 分 2. 場 所 消 防 本 部 大 会 議 室 3. 出 席 委 員 青 木 章 委 員 芹 澤 一 夫 委 員 猪 瀬 義 明 委 員 直 井 淳 委 員 山 宮 文 昭 委 員 上 野 茂 委 員 髙

More information

<5461726F2D8E518D6C8251834183938350815B83678C8B89CA8169503531>

<5461726F2D8E518D6C8251834183938350815B83678C8B89CA8169503531> ( 参 考 Ⅱ) 千 葉 県 教 育 委 員 会 と 千 葉 大 学 教 育 学 部 との 連 携 事 業 アンケートの 結 果 A 千 葉 大 学 教 育 学 部 との 連 携 による 基 礎 教 養 講 座 受 講 者 アンケート (アンケート 回 収 数 :76 名 ).あなたは 将 来 教 員 になることを 志 望 していますか?. 教 員 になることを 目 指 している(6 名 ). 教

More information

しては 一 般 職 員 の 期 末 勤 勉 手 当 を 今 年 度 国 の 人 事 院 勧 告 を 考 慮 して0.15 月 分 引 き 上 げる 議 案 を 出 す 予 定 です 今 回 の 諮 問 案 は 一 般 職 員 の 引 き 上 げを 考 慮 して 同 月 分 特 別 職 についても 引

しては 一 般 職 員 の 期 末 勤 勉 手 当 を 今 年 度 国 の 人 事 院 勧 告 を 考 慮 して0.15 月 分 引 き 上 げる 議 案 を 出 す 予 定 です 今 回 の 諮 問 案 は 一 般 職 員 の 引 き 上 げを 考 慮 して 同 月 分 特 別 職 についても 引 平 成 26 年 度 我 孫 子 市 特 別 職 報 酬 等 審 議 会 概 要 1. 会 議 名 称 我 孫 子 市 特 別 職 報 酬 等 審 議 会 2. 開 催 日 時 平 成 26 年 11 月 6 日 ( 木 ) 午 前 9 時 から 3. 場 所 議 事 堂 第 一 委 員 会 室 4. 出 席 者 委 員 米 澤 会 長 飯 田 委 員 中 尾 委 員 寺 本 委 員 石 﨑 委 員

More information

平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 議 事 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 19 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午

平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 議 事 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 19 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午 第 6 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 参 考 資 料 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 の 議 事 概 要 平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係

More information

文教常任委員会付託審議報告書

文教常任委員会付託審議報告書 平 成 27 年 度 第 9 回 下 野 市 教 育 委 員 会 定 例 会 議 事 録 1 日 時 平 成 27 年 12 月 18 日 ( 金 ) 午 後 1 時 00 分 から 午 後 5 時 15 分 2 場 所 下 野 市 役 所 石 橋 庁 舎 201 会 議 室 3 出 席 委 員 委 員 長 永 山 伸 一 職 務 代 理 者 三 橋 明 美 委 員 熊 田 裕 子 委 員 石 嶋

More information

用 途 の 制 限 について 前 回 からの 修 正 につい て 高 さ 制 限 について 準 工 業 地 域 を 地 区 計 画 で 第 一 種 住 居 地 域 なみに 制 限 する というのはどういうこ とか 今 回 は 地 区 計 画 の 修 正 案 ということだ が 前 回 から 何 が 修

用 途 の 制 限 について 前 回 からの 修 正 につい て 高 さ 制 限 について 準 工 業 地 域 を 地 区 計 画 で 第 一 種 住 居 地 域 なみに 制 限 する というのはどういうこ とか 今 回 は 地 区 計 画 の 修 正 案 ということだ が 前 回 から 何 が 修 新 曽 中 央 中 東 地 区 地 区 計 画 等 の 原 案 に 関 する 説 明 会 及 び 意 見 受 付 における 質 疑 応 答 の 概 要 説 明 会 開 催 状 況 第 1 回 平 成 26 年 7 月 18 日 ( 金 ) 午 後 7 時 ~ 沖 内 会 館 出 席 者 57 名 第 2 回 平 成 26 年 7 月 19 日 ( 土 ) 午 前 1 0 時 ~ 新 田 会 館 出

More information

平成15年4月25日

平成15年4月25日 平 成 26 年 度 桑 名 市 教 育 会 1 月 定 例 会 日 時 平 成 27 年 1 月 20 日 ( 火 ) 午 後 5 時 ~ 午 後 6 時 場 所 桑 名 市 教 育 室 出 席 大 橋 昌 宏 ( 長 ) 米 田 真 理 ( 長 職 務 代 理 者 ) 松 岡 守 稲 垣 陽 子 伊 藤 茂 一 ( 教 育 長 ) 出 席 職 員 近 藤 信 也 教 育 部 長 伊 藤 正 広

More information

<8E9197BF95D22E786264>

<8E9197BF95D22E786264> 9. 魚 津 市 民 バス 事 業 再 構 築 活 性 化 プログラム 検 討 経 過 説 明 会 9.1 交 通 事 業 者 等 説 明 会 (1) 日 時 平 成 22 年 3 月 1 日 ( 月 ) 午 後 7 時 00 分 ~ 午 後 8 時 30 分 (2) 場 所 新 川 文 化 ホール 104 会 議 室 (1 階 ) (3) 出 席 者 1) 交 通 事 業 者 等 魚 津 交 通

More information

第42回埼玉県大規模小売店舗立地審議会議事録

第42回埼玉県大規模小売店舗立地審議会議事録 第 75 回 埼 玉 県 大 規 模 小 売 店 舗 立 地 審 議 会 議 事 録 1 日 時 平 成 25 年 8 月 16 日 ( 金 )13:30~16:00 2 場 所 JA 全 農 さいたま 高 砂 ビル 401 会 議 室 3 出 席 者 委 員 6 名 ( 敬 称 略 ) 海 野 恵 美 子 尾 崎 晴 男 佐 谷 和 江 森 田 茂 夫 横 山 栄 清 水 武 信 ( 左 記 は

More information

総務建設常任委員会協議会会議録

総務建設常任委員会協議会会議録 総 務 建 設 常 任 委 員 会 協 議 会 会 議 録 1 開 会 日 平 成 26 年 1 月 30 日 午 前 10 時 20 分 開 会 午 前 11 時 23 分 閉 会 2 場 所 第 1 委 員 会 室 3 出 席 委 員 渡 辺 順 子 委 員 長 吉 川 重 雄 副 委 員 長 高 橋 英 俊 委 員 二 宮 加 寿 子 委 員 三 澤 龍 夫 委 員 関 威 國 委 員 鈴 木

More information

こととされている 会 長 の 選 出 について 御 推 薦 等 御 発 言 はないか ( 各 委 員 から 意 見 なし) ( 事 務 局 ) 御 意 見 が 無 いようであるので 事 務 局 案 として 大 脇 委 員 にお 願 いしたいと 考 えるが いかがか ( 各 委 員 から 異 議 なし

こととされている 会 長 の 選 出 について 御 推 薦 等 御 発 言 はないか ( 各 委 員 から 意 見 なし) ( 事 務 局 ) 御 意 見 が 無 いようであるので 事 務 局 案 として 大 脇 委 員 にお 願 いしたいと 考 えるが いかがか ( 各 委 員 から 異 議 なし 第 14 回 熊 本 県 本 人 確 認 情 報 保 護 審 議 会 議 事 録 1 日 時 平 成 27 年 12 月 21 日 ( 月 ) 午 後 3 時 から 午 後 5 時 まで 2 場 所 県 庁 行 政 棟 本 館 13 階 展 望 会 議 室 3 出 席 者 < 審 議 会 委 員 > 大 脇 会 長 上 田 委 員 德 永 委 員 中 嶋 委 員 山 野 委 員 渡 辺 委 員

More information

急 に 住 民 投 票 となり あまりわからないまま 実 施 するにもかかわら 住 民 投 票 条 例 は 議 員 提 案 により 可 決 されたので 市 として 理 由 につ ず 最 終 的 に 市 議 会 で 議 論 するのであれば 無 駄 ではないか いてお 答 えできないが 仮 に 移 転

急 に 住 民 投 票 となり あまりわからないまま 実 施 するにもかかわら 住 民 投 票 条 例 は 議 員 提 案 により 可 決 されたので 市 として 理 由 につ ず 最 終 的 に 市 議 会 で 議 論 するのであれば 無 駄 ではないか いてお 答 えできないが 仮 に 移 転 住 民 投 票 に 関 する 市 民 説 明 会 ( 市 長 とのタウンミーティングと 同 時 開 催 ) 市 民 意 見 要 旨 10 月 17 日 ( 土 )14:00~15:30 和 泉 市 コミュニティセンター1 階 大 会 議 室 意 見 概 要 有 権 者 に 投 票 に 関 する 情 報 を 浸 透 させることができるのか 本 日 が 第 1 回 目 であるが これから21 小 学 校

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3236944E937891E63189F1934A90818E7389EE8CEC95DB8CAF895E89638BA68B6389EF8B638E96985E>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3236944E937891E63189F1934A90818E7389EE8CEC95DB8CAF895E89638BA68B6389EF8B638E96985E> 平 成 26 年 度 第 1 回 笛 吹 市 介 護 保 険 運 営 協 議 会 会 議 録 開 催 日 時 : 平 成 26 年 6 月 16 日 ( 月 )13:30~15:00 出 席 者 : 委 員 13 名 欠 席 1 名 事 務 局 :11 名 ( 保 健 福 祉 部 長 介 護 保 険 課 高 齢 福 祉 課 ) 傍 聴 者 なし 1. 開 会 2. 委 嘱 状 交 付 3. 市 長

More information

目 次 議 会 運 営 委 員 会 理 事 会 の 会 議 記 録 について 3 決 算 特 別 委 員 会 について (1) 設 置 構 成 について 3 (2) 審 査 方 法 日 程 質 疑 持 ち 時 間 について 3 定 例 会 の 日 程 について 4 その 他 (1) 一 般 質 問

目 次 議 会 運 営 委 員 会 理 事 会 の 会 議 記 録 について 3 決 算 特 別 委 員 会 について (1) 設 置 構 成 について 3 (2) 審 査 方 法 日 程 質 疑 持 ち 時 間 について 3 定 例 会 の 日 程 について 4 その 他 (1) 一 般 質 問 議 会 運 営 委 員 会 理 事 会 記 録 平 成 27 年 8 月 3 日 ( 月 ) 杉 並 区 議 会 目 次 議 会 運 営 委 員 会 理 事 会 の 会 議 記 録 について 3 決 算 特 別 委 員 会 について (1) 設 置 構 成 について 3 (2) 審 査 方 法 日 程 質 疑 持 ち 時 間 について 3 定 例 会 の 日 程 について 4 その 他 (1) 一

More information

市長挨拶

市長挨拶 第 63 回 北 見 市 行 政 評 価 委 員 会 会 議 録 要 旨 日 時 場 所 出 席 者 平 成 27 年 2 月 25 日 ( 水 ) 午 後 2 時 00 分 ~ 午 後 2 時 45 分 北 見 市 役 所 北 2 条 仮 庁 舎 3 階 庁 議 室 行 政 評 価 委 員 : 矢 萩 委 員 長 上 野 副 委 員 長 松 浦 委 員 渡 邊 委 員 事 務 局 : 我 妻 企

More information

Microsoft Word - 8-2疑義照会回答(厚生年金保険 適用)決裁・更新用  修正板

Microsoft Word - 8-2疑義照会回答(厚生年金保険 適用)決裁・更新用  修正板 疑 義 照 会 ( ) その 他 3 保 険 任 意 単 独 被 保 険 者 資 格 取 得 日 に 保 険 任 意 単 独 被 保 険 者 の 資 格 取 得 日 に 申 請 日 の 受 理 日 より 以 前 の 日 に 遡 及 することの 可 否 をご 教 示 願 います 保 険 任 意 単 独 被 保 険 者 の 資 格 取 得 日 には 厚 生 年 金 保 険 法 第 10 条 第 1 項

More information

守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学 校 づくりについて 2 第 4 東 小

守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学 校 づくりについて 2 第 4 東 小 守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 平 成 27 年 2 月 守 口 市 教 育 委 員 会 守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学

More information

平成13年度桶川市教育委員会第4回定例会進行表

平成13年度桶川市教育委員会第4回定例会進行表 会 議 録 (1) 会 議 の 名 称 開 催 日 時 平 成 26 年 桶 川 市 教 育 会 第 10 回 定 例 会 平 成 26 年 10 月 28 日 ( 火 ) ( 開 会 ) 午 後 2 時 00 分 ( 閉 会 ) 午 後 4 時 30 分 開 催 場 所 地 域 福 祉 活 動 センター 会 議 室 1 2 出 席 者 欠 席 者 6 名 なし 議 長 長 傍 聴 なし 職 員 職

More information

6 潤 いの 時 間 の 英 会 話 の 実 施 に 当 たっては 学 校 の 意 向 を 十 分 に 尊 重 すること 市 で 作 成 したプログラム カリキュラムについては 学 校 の 実 態 にあわせて 柔 軟 に 運 用 することができるこ とを 周 知 徹 底 すること 英 会 話 の 授

6 潤 いの 時 間 の 英 会 話 の 実 施 に 当 たっては 学 校 の 意 向 を 十 分 に 尊 重 すること 市 で 作 成 したプログラム カリキュラムについては 学 校 の 実 態 にあわせて 柔 軟 に 運 用 することができるこ とを 周 知 徹 底 すること 英 会 話 の 授 さいたま 市 教 育 委 員 会 教 育 長 桐 淵 博 様 2013 年 6 月 6 日 さいたま 市 教 職 員 組 合 執 行 委 員 長 山 本 仁 さいたま 市 の 教 育 施 策 学 校 運 営 並 びに 教 育 条 件 整 備 等 についての 要 求 書 さいたま 市 の 教 育 条 件 の 整 備 等 に 対 する 貴 職 のご 尽 力 に 対 し 敬 意 を 表 します 昨 年 度

More information

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定)

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定) 5 月 定 例 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 日 時 平 成 27 年 5 月 8 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 午 後 2 時 40 分 開 催 場 所 県 教 育 委 員 会 室 出 席 委 員 委 員 長 藤 田 義 嗣 委 員 ( 委 員 長 職 務 代 理 者 ) 土 井 真 一 委 員 河 上 ひとみ 委 員 宇 野 正 章 委 員 ( 教 育 長 ) 河 原

More information

平 成 27 年 度 第 3 回 中 央 区 子 ども 子 育 て 会 議 会 議 録 ( 要 旨 ) 平 成 28 年 2 月 10 日 ( 水 ) 午 後 6 時 半 ~ 中 央 区 役 所 8 階 大 会 議 室 1. 開 会 事 務 局 から 委 員 出 欠 と 配 布 資 料 について 説

平 成 27 年 度 第 3 回 中 央 区 子 ども 子 育 て 会 議 会 議 録 ( 要 旨 ) 平 成 28 年 2 月 10 日 ( 水 ) 午 後 6 時 半 ~ 中 央 区 役 所 8 階 大 会 議 室 1. 開 会 事 務 局 から 委 員 出 欠 と 配 布 資 料 について 説 名 称 開 催 年 月 日 場 所 出 席 者 会 議 記 録 平 成 27 年 度 第 3 回 中 央 区 子 ども 子 育 て 会 議 平 成 28 年 2 月 10 日 ( 水 )18:30~ 中 央 区 役 所 8 階 大 会 議 室 委 員 山 本 真 実 ( 職 務 代 理 者 ) 塙 佳 生 佐 久 間 貴 子 山 下 智 子 鈴 木 和 子 太 田 禎 子 古 田 京 山 下 久 子

More information

平成18年深谷市教育委員会第4回定例会会議録

平成18年深谷市教育委員会第4回定例会会議録 平 成 28 年 深 谷 市 教 育 委 員 会 第 7 回 定 例 会 会 議 録 深 谷 市 教 育 委 員 会 平 成 28 年 深 谷 市 教 育 委 員 会 第 7 回 定 例 会 日 時 平 成 28 年 7 月 12 日 ( 火 ) 開 会 午 後 3 時 00 分 閉 会 午 後 3 時 55 分 場 所 教 育 庁 舎 3 階 大 会 議 室 出 席 委 員 教 育 長 小 栁 光

More information

議 事 協 議 事 項 1 平 成 27 度 高 砂 市 議 会 9 月 定 例 会 提 出 議 案 に 係 る 意 見 の 聴 取

議 事 協 議 事 項 1 平 成 27 度 高 砂 市 議 会 9 月 定 例 会 提 出 議 案 に 係 る 意 見 の 聴 取 平 成 27 年 第 11 回 ( 臨 時 ) 高 砂 市 教 育 委 員 会 会 議 録 ( 要 旨 ) 日 時 平 成 27 年 9 月 3 日 午 後 2 時 30 分 場 所 高 砂 市 役 所 南 庁 舎 2 階 特 別 会 議 室 出 席 委 員 藤 井 委 員 長 衣 笠 委 員 山 名 委 員 吉 田 委 員 圓 尾 教 育 長 出 席 事 務 局 職 員 大 西 教 育 部 長 木

More information

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指 学 校 事 務 職 員 の 資 質 向 上 - 研 修 プログラムの 工 夫 - 事 務 指 導 員 西 田 邦 子 Nishida kuniko 要 旨 学 校 運 営 の 重 要 な 一 翼 を 担 っている 学 校 事 務 職 員 としての 重 要 性 を 認 識 し 教 育 行 政 の 専 門 家 として 学 校 経 営 に 主 体 的 にかかわるためには 学 校 事 務 職 員 の 資 質

More information

1 件 名 平 成 27 年 度 滝 沢 市 青 少 年 問 題 協 議 会 2 日 時 平 成 28 年 2 月 29 日 ( 月 )14:00~16:00 3 場 所 滝 沢 市 公 民 館 2 階 視 聴 覚 室 4 委 員 会 長 柳 村 典 秀 滝 沢 市 長 ( 青 少 年 問 題 協

1 件 名 平 成 27 年 度 滝 沢 市 青 少 年 問 題 協 議 会 2 日 時 平 成 28 年 2 月 29 日 ( 月 )14:00~16:00 3 場 所 滝 沢 市 公 民 館 2 階 視 聴 覚 室 4 委 員 会 長 柳 村 典 秀 滝 沢 市 長 ( 青 少 年 問 題 協 平 成 27 年 度 滝 沢 市 青 少 年 問 題 協 議 会 会 議 録 目 次 会 議 概 要 2P 会 議 内 容 4P 会 議 録 署 名 人 署 名 9P 滝 沢 市 生 涯 学 習 文 化 課 平 成 27 年 度 滝 沢 市 青 少 年 問 題 協 議 会 1 1 件 名 平 成 27 年 度 滝 沢 市 青 少 年 問 題 協 議 会 2 日 時 平 成 28 年 2 月 29 日

More information

1立山地区まちづくり活動の早期促進について

1立山地区まちづくり活動の早期促進について 次 第 1 市 長 あいさつ 2 連 合 自 治 伒 長 あいさつ 3 議 員 紹 介 4 市 側 出 席 者 紹 介 5 地 区 からのご 要 望 ご 提 案 と 回 答 開 催 日 時 平 成 24 年 6 月 2 日 ( 土 ) 場 所 小 江 原 地 区 ふれあいセンター 地 元 出 席 者 数 16 名 1 小 江 原 第 二 団 地 入 口 バス 停 のバスベイの 確 保 について 小

More information

教育「保障」と、教育「投資」|旺文社教育情報センター

教育「保障」と、教育「投資」|旺文社教育情報センター 今 月 の 視 点 -30 教 育 保 障 と 教 育 投 資 公 共 財 である 教 育 に 公 財 政 の 充 実 を! 旺 文 社 教 育 情 報 センター 21 年 6 月 国 民 の 教 育 を 受 ける 権 利 や 義 務 教 育 の 無 償 については 憲 法 及 び 教 育 基 本 法 で 明 確 に 保 障 されている しかし 現 下 の 厳 しい 経 済 情 勢 の 影 響 で

More information

活 動 内 容 と 今 後 の 取 組 について 今 回 の 会 議 開 催 前 に 準 備 会 議 を 3 回 開 催 した 中 でこの 会 議 が 取 り 組 む 燃 えるご みの 減 量 化 に 向 けた 活 動 を 6 項 目 決 め これについて 実 践 をしていきます ど の 取 組 み

活 動 内 容 と 今 後 の 取 組 について 今 回 の 会 議 開 催 前 に 準 備 会 議 を 3 回 開 催 した 中 でこの 会 議 が 取 り 組 む 燃 えるご みの 減 量 化 に 向 けた 活 動 を 6 項 目 決 め これについて 実 践 をしていきます ど の 取 組 み 生 駒 市 ごみ 減 量 市 民 会 議 ( 第 1 回 ) 会 議 録 1. 開 催 日 時 平 成 28 年 7 月 29 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 午 後 3 時 30 分 2.セイセイビル 404 会 議 室 3. 会 議 次 第 (1) 代 行 の 互 選 について (2) 活 動 内 容 と 今 後 の 取 組 について (3) ごみ 減 量 化 に 向 けて アンケート(

More information

(1) 学 校 運 営 について( 教 務 主 任 ) (2) 生 徒 指 導 について( 生 徒 指 導 主 事 ) (3) 進 路 指 導 について( 進 路 指 導 主 事 ) (4) 連 携 型 中 高 一 貫 教 育 の 取 り 組 みについて( 連 携 コーディネータ) (5) 部 活

(1) 学 校 運 営 について( 教 務 主 任 ) (2) 生 徒 指 導 について( 生 徒 指 導 主 事 ) (3) 進 路 指 導 について( 進 路 指 導 主 事 ) (4) 連 携 型 中 高 一 貫 教 育 の 取 り 組 みについて( 連 携 コーディネータ) (5) 部 活 別 紙 様 式 1 学 校 評 議 員 による 会 議 実 施 報 告 書 岐 阜 県 立 八 百 津 高 等 学 校 学 校 長 高 木 久 美 学 校 住 所 加 茂 郡 八 百 津 町 伊 岐 津 志 2803-6 電 話 0574-43-1231 F A X 0574-43-3918 1 会 議 の 名 称 平 成 27 年 度 第 1 回 八 百 津 高 校 を 育 てる 会 学 校 評

More information

5. 職 務 代 理 者 の 選 出 6. 議 題 (1) 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 の 概 要 及 び 中 央 区 の 現 状 について (2) 中 央 区 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 進 捗 状 況 の 管 理 について (3) 報 告 事 項 1 保 育

5. 職 務 代 理 者 の 選 出 6. 議 題 (1) 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 の 概 要 及 び 中 央 区 の 現 状 について (2) 中 央 区 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 進 捗 状 況 の 管 理 について (3) 報 告 事 項 1 保 育 名 称 開 催 年 月 日 場 所 出 席 者 会 議 記 録 平 成 27 年 度 第 2 回 中 央 区 子 ども 子 育 て 会 議 平 成 27 年 12 月 15 日 ( 火 )18:30~ 中 央 区 役 所 8 階 大 会 議 室 委 員 区 側 出 席 者 西 郷 泰 之 ( 会 長 ) 山 本 真 実 ( 職 務 代 理 者 ) 小 森 信 政 塙 佳 生 佐 久 間 貴 子 山

More information

2009年度 第2回常磐短期大学FD研究会 「これからの幼児教育について」

2009年度 第2回常磐短期大学FD研究会 「これからの幼児教育について」 これからの 幼 児 教 育 について 幼 児 教 育 保 育 学 科 山 路 純 子 はじめに 本 日 は,これからの 幼 児 教 育 について, 社 会 情 勢 の 変 化 に 対 応 した 法 改 正 の 状 況 を 概 観 しながら 幼 保 一 体 化 の 教 育 を 主 に 取 り 上 げ, 今 後 の 発 展 の 動 向 を 考 えながら, 本 校 のような 養 成 校 の 役 割 などについて

More information

平成23年度学校評価アンケートの分析

平成23年度学校評価アンケートの分析 平 成 24 年 2 月 17 日 平 成 23 年 度 東 京 都 立 保 谷 高 等 学 校 学 校 運 営 連 絡 協 議 会 学 校 評 価 アンケートの 分 析 評 価 基 準 について A:そう 思 う B:ややそう 思 う C:あまりそう 思 わない D そう 思 わない E:わからない A 及 び Bを 肯 定 的 な 意 見 として 全 体 における 割 合 を%で 表 示 した

More information

記 所 は 保 存 年 限 があり 古 いものは 所 有 していない 市 では 過 去 のものも 保 管 しているので よ りいい 保 存 方 法 があれば 検 討 していきたい 会 長 : 滅 失 証 明 に 関 しては 毎 年 現 場 を 見 ていて その 後 滅 失 したものを 現 場 確 認

記 所 は 保 存 年 限 があり 古 いものは 所 有 していない 市 では 過 去 のものも 保 管 しているので よ りいい 保 存 方 法 があれば 検 討 していきたい 会 長 : 滅 失 証 明 に 関 しては 毎 年 現 場 を 見 ていて その 後 滅 失 したものを 現 場 確 認 会 議 録 会 議 の 名 称 開 催 日 時 開 催 場 所 出 席 者 議 題 会 議 資 料 の 名 称 記 録 方 法 西 東 京 市 使 用 料 等 審 議 会 平 成 年 度 第 回 会 議 平 成 年 月 日 ( 木 曜 日 ) 午 後 時 から 時 まで 田 無 庁 舎 階 庁 議 室 委 員 : 小 藤 田 委 員 水 野 委 員 山 田 委 員 米 田 委 員 事 務 局 : 池

More information

Microsoft Word - 01 表紙

Microsoft Word - 01 表紙 高 校 生 等 に 対 する 修 学 支 援 制 度 ガイドブック 平 成 27 年 12 月 兵 庫 県 教 育 委 員 会 事 務 局 高 校 教 育 課 目 次 ページ はじめに 1 兵 庫 県 の 各 部 局 が 所 管 する 事 業 一 覧 表 2 兵 庫 県 の 各 部 局 が 所 管 する 事 業 6 兵 庫 県 内 の 各 市 町 が 所 管 する 事 業 一 覧 表 25 兵 庫

More information

平成17年第5回 吉川市教育委員会会議録

平成17年第5回 吉川市教育委員会会議録 副 本 平 成 28 年 第 7 回 吉 川 市 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 28 年 7 月 28 日 ( 木 ) 吉 川 市 教 委 告 示 第 7 号 平 成 28 年 第 7 回 吉 川 市 教 育 委 員 会 会 議 を 次 のとおり 招 集 する 平 成 28 年 7 月 25 日 吉 川 市 教 育 委 員 会 教 育 長 染 谷 行 宏 1 日 時 平 成 28 年 7

More information

具 体 的 な 交 渉 内 容 1 6 月 期 期 末 手 当 及 び 勤 勉 手 当 について 協 議 の 要 旨 6 月 期 期 末 勤 勉 手 当 について 算 定 基 礎 月 収 額 の 2.30か 月 分 プラス2 万 円 の 組 合 から の 要 求 に 対 して 当 局 は 給 与 条

具 体 的 な 交 渉 内 容 1 6 月 期 期 末 手 当 及 び 勤 勉 手 当 について 協 議 の 要 旨 6 月 期 期 末 勤 勉 手 当 について 算 定 基 礎 月 収 額 の 2.30か 月 分 プラス2 万 円 の 組 合 から の 要 求 に 対 して 当 局 は 給 与 条 = 尼 崎 市 職 員 労 働 組 合 との 交 渉 状 況 = 平 成 27 年 度 第 1 号 通 算 第 540 号 平 成 27 年 6 月 17 日 尼 崎 市 役 所 総 務 局 人 事 管 理 部 給 与 課 6 月 期 期 末 勤 勉 手 当 及 び 平 成 27 年 度 の 欠 員 等 について 6 月 8 日 午 後 3 時 から 午 後 5 時 まで 中 央 公 民 館 小 ホールにおいて

More information

1. 開 会 のあいさつ 2. 事 務 連 絡 本 日 の 欠 席 委 員 は 須 崎 委 員 ( 第 1 号 委 員 ), 龍 神 委 員 ( 第 2 号 委 員 ), 根 本 委 員 ( 第 3 号 委 員 )の3 名 須 崎 委 員 代 理 で 萩 本 氏, 龍 神 委 員 代 理 で 保 坂

1. 開 会 のあいさつ 2. 事 務 連 絡 本 日 の 欠 席 委 員 は 須 崎 委 員 ( 第 1 号 委 員 ), 龍 神 委 員 ( 第 2 号 委 員 ), 根 本 委 員 ( 第 3 号 委 員 )の3 名 須 崎 委 員 代 理 で 萩 本 氏, 龍 神 委 員 代 理 で 保 坂 平 成 21 年 度 第 4 回 国 分 寺 市 まちづくりセンター 運 営 委 員 会 議 事 要 旨 開 催 日 時 : 平 成 22 年 1 月 20 日 ( 水 )15:00~17:00 開 催 場 所 : 国 分 寺 市 役 所 第 5 庁 舎 1 階 会 議 室 1 開 会 のあいさつ 2 事 務 連 絡 (1) 平 成 21 年 度 第 2 回 国 分 寺 市 まちづくりセンター 運

More information

避難所についての内閣府等のこれまでの対応

避難所についての内閣府等のこれまでの対応 ( 資 料 5 関 連 : 参 考 資 料 ) 避 難 所 の 確 保 と 質 の 向 上 に 関 する 検 討 会 について 平 成 27 年 7 月 22 日 内 閣 府 ( 防 災 担 当 ) 1. 取 組 指 針 での トイレ に 関 する 主 な 規 定 P9 第 1-2-(2) 福 祉 避 難 所 の 整 備 福 祉 避 難 所 とは 要 配 慮 者 のために 特 別 の 配 慮 がなされた

More information

南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革 (1) 土

南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革 (1) 土 南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 平 成 25 年 5 月 神 奈 川 県 南 足 柄 市 南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革

More information

保 護 者 からの 意 見 要 望 については 実 現 に 努 めるとともに 実 現 の 可 否 にかかわらず 説 明 を 行 う 職 員 は 意 見 要 望 を 伝 えられる 場 ( 懇 談 会 個 人 面 談 アンケート)を 定 期 的 に 設 けるよ うにする 3 地 域 の 子 育 て 支

保 護 者 からの 意 見 要 望 については 実 現 に 努 めるとともに 実 現 の 可 否 にかかわらず 説 明 を 行 う 職 員 は 意 見 要 望 を 伝 えられる 場 ( 懇 談 会 個 人 面 談 アンケート)を 定 期 的 に 設 けるよ うにする 3 地 域 の 子 育 て 支 20160119 版 2016 年 度 メリーポピンズ 稲 城 ルーム 事 業 計 画 書 1 基 本 方 針 保 育 理 念 にんげん 力 を 育 てる にんげん 力 を 身 につけるために 必 要 なあそび 野 外 体 験 を 提 案 実 践 し 自 分 で 考 え 行 動 し てみる 思 考 を 育 みます 二 大 保 育 方 針 1センスオブワンダー 自 然 の 中 に 沢 山 足 を 運

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B638E96985E81698A549776816A91E63589F1288753816A8251>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B638E96985E81698A549776816A91E63589F1288753816A8251> 議 事 録 会 議 の 名 称 第 5 回 学 校 規 模 学 校 配 置 適 正 化 検 討 会 開 催 日 時 平 成 24 年 12 月 25( 火 ) 14 時 00 分 ~ 開 催 場 所 小 川 総 合 支 所 3 階 大 会 議 室 出 席 者 出 席 水 本 徳 明 戸 田 見 成 萩 原 茂 菊 地 稔 小 埜 正 美 福 田 智 彦 西 村 浩 一 立 原 幸 子 中 島 淨 邊

More information

種 目 地 図 46 番 帝 国 種 目 数 学 61 番 啓 林 館 種 目 理 科 61 番 啓 林 館 種 目 音 楽 17 番 教 出 種 目 美 術 38 番 光 村 種 目 保 健 体 育 2 番 東 書 種 目 技 術 家 庭 2 番 東 書 種 目 英 語 2 番 東 書 以 上 南

種 目 地 図 46 番 帝 国 種 目 数 学 61 番 啓 林 館 種 目 理 科 61 番 啓 林 館 種 目 音 楽 17 番 教 出 種 目 美 術 38 番 光 村 種 目 保 健 体 育 2 番 東 書 種 目 技 術 家 庭 2 番 東 書 種 目 英 語 2 番 東 書 以 上 南 平 成 27 年 度 第 1 回 京 丹 波 町 教 育 委 員 会 臨 時 会 議 事 録 Ⅰ 開 催 日 時 平 成 27 年 8 月 21 日 ( 金 ) 午 前 10 時 から Ⅱ 開 催 場 所 和 知 支 所 1 階 小 会 議 室 Ⅲ 出 席 委 員 大 西 弘 二 委 員 長 櫻 井 博 規 委 員 長 職 務 代 理 者 藤 本 英 子 委 員 藤 田 道 子 委 員 竹 吉 美

More information

5 議 事 概 要 (1) 冒 頭 安 倍 総 理 大 臣 から 概 要 以 下 のとおり 挨 拶 を 行 った 特 定 秘 密 保 護 法 は 国 民 と 国 の 安 全 を 守 るために 必 要 不 可 欠 な 法 律 で ある 安 全 保 障 環 境 が 厳 しさを 増 す 中 諸 外 国 は

5 議 事 概 要 (1) 冒 頭 安 倍 総 理 大 臣 から 概 要 以 下 のとおり 挨 拶 を 行 った 特 定 秘 密 保 護 法 は 国 民 と 国 の 安 全 を 守 るために 必 要 不 可 欠 な 法 律 で ある 安 全 保 障 環 境 が 厳 しさを 増 す 中 諸 外 国 は 第 1 回 情 報 保 全 諮 問 会 議 議 事 要 旨 1 日 時 平 成 26 年 1 月 17 日 ( 金 ) 午 前 11 時 頃 から 正 午 頃 までの 間 2 場 所 総 理 官 邸 2 階 小 ホール 3 出 席 者 ( 構 成 員 ) 宇 賀 克 也 東 京 大 学 大 学 院 法 学 政 治 学 研 究 科 教 授 塩 入 みほも 駒 澤 大 学 法 学 部 准 教 授 清 水

More information

06_第3回燕市総合戦略審議会議事録

06_第3回燕市総合戦略審議会議事録 平 成 27 年 度 第 3 回 燕 市 総 合 戦 略 審 議 会 議 事 録 日 時 平 成 27 年 7 月 17 日 ( 金 )9:30-11:20 場 所 燕 市 役 所 (3 階 ) 会 議 室 301 欠 席 代 理 出 席 委 員 古 川 伸 夫 委 員 田 野 隆 夫 委 員 小 林 理 恵 子 委 員 大 倉 龍 司 委 員 海 津 武 彦 委 員 宮 崎 和 子 委 員 1.

More information

北 島 会 長 : 基 本 計 画 ( 案 ) 総 合 戦 略 ( 案 ) 各 提 言 書 について 事 務 局 から 説 明 を お 願 いします ( 事 務 局 説 明 ) 北 島 会 長 : 皆 様 が 長 い 時 間 をかけて 議 論 したことが 提 言 書 としてまとまりました 概 ねこれ

北 島 会 長 : 基 本 計 画 ( 案 ) 総 合 戦 略 ( 案 ) 各 提 言 書 について 事 務 局 から 説 明 を お 願 いします ( 事 務 局 説 明 ) 北 島 会 長 : 皆 様 が 長 い 時 間 をかけて 議 論 したことが 提 言 書 としてまとまりました 概 ねこれ 第 7 回 古 河 市 総 合 計 画 審 議 会 及 び 古 河 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 会 議 会 議 録 日 時 平 成 28 年 2 月 25 日 ( 木 ) 午 前 10 時 00 分 ~ 午 前 11 時 00 分 場 所 総 和 庁 舎 3 階 特 別 会 議 室 出 席 者 ( 委 員 ) 計 13 名 青 栁 初 男 秋 山 政 明 枝 竜 二 北 島 富

More information

第1章 総則

第1章 総則 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 うとともに 地 区 内 の 環 境 の 整 備 改 善 を 図 るための 事 業 を 行 うことにより 組 合 員 の 事 業 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 し 併 せて 公 共

More information

○西村委員長

○西村委員長 平 成 27 年 度 精 華 町 いじめ 防 止 対 策 推 進 委 員 会 議 事 要 旨 1 開 会 平 成 27 年 7 月 17 日 ( 金 ) 午 後 2 時 30 分 閉 会 平 成 27 年 7 月 17 日 ( 金 ) 午 後 4 時 20 分 2 出 席 委 員 桶 谷 委 員 長 草 地 委 員 桑 原 委 員 岩 井 委 員 ( 欠 席 委 員 なし) 3 出 席 事 務 局

More information

平成20年度袖ケ浦市個人情報審議会

平成20年度袖ケ浦市個人情報審議会 袖 ケ 浦 市 地 域 総 合 支 援 協 議 会 会 議 1 開 催 日 時 平 成 26 年 5 月 20 日 ( 火 ) 午 前 10 時 開 会 2 開 催 場 所 袖 ケ 浦 市 役 所 旧 館 3 階 大 会 議 室 3 出 席 委 員 委 員 関 口 三 枝 子 委 員 小 川 雅 夫 委 員 石 井 啓 委 員 立 川 久 雄 委 員 小 川 武 美 委 員 佐 藤 美 紀 委 員

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B8C8D8293638FAC8A778D5A8CF689808C7689E692F18CBE8F91>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B8C8D8293638FAC8A778D5A8CF689808C7689E692F18CBE8F91> 旧 高 田 小 学 校 跡 地 公 園 計 画 についての 提 言 書 平 成 26 年 3 月 27 日 旧 高 田 小 学 校 公 園 づくり 検 討 会 はじめに 豊 島 区 におかれましては 日 頃 から 雑 司 が 谷 南 池 袋 地 区 のまちづくりにご 理 解 とご 協 力 をい ただきありがとうございます ご 存 知 のように 当 地 区 は 東 京 の 防 災 都 市 づくり 推

More information

Microsoft Word - 第1回.docx

Microsoft Word - 第1回.docx 会 議 録 会 議 名 開 催 日 時 開 催 場 所 第 1 回 東 浦 町 高 齢 者 福 祉 推 進 協 議 会 平 成 26 年 10 月 7 日 ( 火 ) 午 後 1 時 30 分 から3 時 10 分 東 浦 町 勤 労 福 祉 会 館 2 階 会 議 室 C 出 席 者 吉 田 正 和 氏 安 田 裕 政 氏 近 藤 静 香 氏 戸 田 幸 子 氏 尾 野 大 輔 氏 神 谷 英 一

More information

た また 2 年 ほど 前 から 交 通 課 のおまわりさんと 一 緒 に 高 齢 者 宅 を 回 っ て 警 察 からの 話 を 各 家 庭 にしているので 高 齢 者 に 対 する 浸 透 はしてい ると 思 う ( 警 察 ) 地 元 に 密 着 しているのは 民 生 委 員 であるので 先

た また 2 年 ほど 前 から 交 通 課 のおまわりさんと 一 緒 に 高 齢 者 宅 を 回 っ て 警 察 からの 話 を 各 家 庭 にしているので 高 齢 者 に 対 する 浸 透 はしてい ると 思 う ( 警 察 ) 地 元 に 密 着 しているのは 民 生 委 員 であるので 先 会 議 録 平 成 26 年 7 月 30 日 作 成 平 成 30 年 3 月 末 日 廃 棄 会 議 名 京 都 府 東 山 警 察 署 協 議 会 ( 第 1 回 ) 開 催 日 平 成 26 年 6 月 27 日 ( 金 曜 日 ) 時 間 午 後 2 時 から 午 後 4 時 05 分 までの 間 (125 分 ) 場 所 京 都 府 東 山 警 察 署 出 席 者 宮 野 会 長 加 藤

More information

8 月 19 日 ( 水 ) 県 市 町 村 教 育 委 員 会 研 修 総 会 における 宣 言 要 望 文 起 草 委 員 会 ( 下 村 職 務 代 理 10:30~ 長 野 市 役 所 ) 8 月 19 日 ( 水 ) 総 合 教 育 会 議 (14:00~ 庁 舎 公 室 ) 8 月 27

8 月 19 日 ( 水 ) 県 市 町 村 教 育 委 員 会 研 修 総 会 における 宣 言 要 望 文 起 草 委 員 会 ( 下 村 職 務 代 理 10:30~ 長 野 市 役 所 ) 8 月 19 日 ( 水 ) 総 合 教 育 会 議 (14:00~ 庁 舎 公 室 ) 8 月 27 平 成 27 年 7 月 東 御 市 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 1 日 時 平 成 27 年 (2015 年 )7 月 24 日 ( 金 ) 午 前 9 時 30 分 から 午 後 0 時 00 分 まで 2 場 所 中 央 公 民 館 応 接 室 3 議 題 3 議 題 (1) 協 議 ( 審 議 検 討 ) 議 案 第 19 号 就 学 援 助 費 支 給 の 認 定 について

More information

相模原市都市計画審議会 会議録

相模原市都市計画審議会 会議録 様 式 3 会 議 名 ( 審 議 会 等 名 ) 第 196 回 会 議 録 相 模 原 市 都 市 計 画 審 議 会 事 務 局 ( 担 当 課 ) まちづくり 計 画 部 都 市 計 画 課 電 話 042-769-8247( 直 通 ) 開 催 日 時 平 成 26 年 8 月 18 日 ( 月 ) 14 時 ~15 時 45 分 開 催 場 所 相 模 原 市 役 所 本 庁 舎 第 2

More information

議 題 1 意 見 書 について 2 実 施 計 画 について 3 次 回 会 議 開 催 予 定 について 4 その 他 会 議 の 記 録 ( 要 約 ) 事 務 局 委 員 長 挨 拶 の 後 委 員 長 の 議 事 進 行 により 議 題 に 入 る 1 意 見 書 について 意 見 書 に

議 題 1 意 見 書 について 2 実 施 計 画 について 3 次 回 会 議 開 催 予 定 について 4 その 他 会 議 の 記 録 ( 要 約 ) 事 務 局 委 員 長 挨 拶 の 後 委 員 長 の 議 事 進 行 により 議 題 に 入 る 1 意 見 書 について 意 見 書 に 様 式 第 3 号 ( 第 9 条 関 係 ) 会 議 録 ( 要 点 筆 記 ) 会 議 名 第 7 回 嵐 山 町 行 政 改 革 推 進 委 員 会 開 催 日 時 平 成 17 年 9 月 26 日 ( 月 ) 開 会 閉 会 午 前 9 時 00 分 午 前 11 時 10 分 開 催 場 所 嵐 山 町 役 場 町 民 ホール 会 議 次 第 1 会 議 録 について 2 実 施 計 画

More information

平 成 27 年 4 月 定 例 東 温 市 教 育 委 員 会 会 議 録 開 会 の 日 時 及 び 場 所 平 成 27 年 4 月 22 日 ( 水 ) 午 前 10 時 15 分 東 温 市 庁 舎 4 階 405 会 議 室 議 事 に 出 席 した 委 員 教 育 長 職 務 代 行 者 菅 原 正 夫 委 員 遠 富 英 子 委 員 大 政 美 智 子 委 員 本 田 隆 彦 議

More information

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 仕 様 書 1 委 託 業 務 概 要 (1) 委 託 業 務 名 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 (2) 担 当 課 保 健 福 祉 部 保 護 課 (3) 契 約 期 間 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで (4) 支 払 条 件

More information

市費アンケート集約.xls

市費アンケート集約.xls 監 査 に 向 けて 準 備 したこと 市 費 監 査 アンケート 報 告 該 当 校 8 校 のうち 8 校 に 回 答 をいただきました 被 服 消 耗 品 出 納 簿 の 作 成 確 認 物 品 処 理 書 ( 受 入 払 出 ) 作 成 ( 図 書 エプロン) 確 認 切 手 はがき 回 数 券 SUGOCA 現 物 確 認 ICカード 管 理 簿 貸 出 簿 作 成 確 認 USB 管 理

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E2091E63289F18C6F89638AE989E688CF88F589EF8B638E96985E2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E2091E63289F18C6F89638AE989E688CF88F589EF8B638E96985E2E646F63> 平 成 21 年 度 第 2 回 経 営 企 画 委 員 会 議 事 録 1. 開 催 年 月 日 平 成 21 年 11 月 24 日 ( 火 ) 2. 開 催 場 所 グリーンヒルホテル 明 石 3. 出 席 者 松 本 副 会 長 小 川 副 理 事 長 勝 本 副 委 員 長 高 山 副 委 員 長 ( 委 員 ) 前 田 委 員 三 木 委 員 黒 田 委 員 瀧 本 委 員 村 尾 委

More information

適 正 な 負 担 増 となるようお 願 いしたい 特 に 運 営 費 が 多 額 となっている 0 歳 児 の 保 育 料 を 別 だてにすることを 前 回 この 委 員 会 で 提 案 した 0 歳 児 の 最 高 額 は 今 の 改 定 区 の 平 均 値 を 参 考 とすべきものと 考 える

適 正 な 負 担 増 となるようお 願 いしたい 特 に 運 営 費 が 多 額 となっている 0 歳 児 の 保 育 料 を 別 だてにすることを 前 回 この 委 員 会 で 提 案 した 0 歳 児 の 最 高 額 は 今 の 改 定 区 の 平 均 値 を 参 考 とすべきものと 考 える 平 成 27 年 度 第 4 回 保 育 園 学 童 保 育 保 育 料 検 討 委 員 会 ( 議 事 要 旨 ) 日 時 : 平 成 28 年 2 月 2 日 ( 火 ) 午 後 7 時 から 場 所 : 消 費 者 生 活 センター 2 階 大 集 会 室 出 席 委 員 : 松 原 委 員 和 泉 委 員 塩 野 目 委 員 秋 成 委 員 菅 谷 委 員 岡 委 員 加 藤 委 員 江 尻

More information

審議会等の会議開催のお知らせ

審議会等の会議開催のお知らせ 会 議 録 1 会 議 名 上 越 市 新 クリーンセンター 生 活 環 境 保 全 協 議 会 2 議 題 ( 公 開 非 公 開 の 別 ) ⑴ 委 嘱 状 交 付 ( 公 開 ) ⑵ 会 長 副 会 長 の 選 出 ( 公 開 ) ⑶ 議 事 ( 公 開 ) 1) 新 クリーンセンターの 建 設 工 事 進 捗 状 況 について 2) 今 後 のスケジュールについて 3) 意 見 交 換 ⑷

More information

佐 々 木 委 員 : 分 かりやすくなったと 思 うが 教 育 大 綱 と 教 育 基 本 構 想 との 関 連 について 内 容 について 整 理 できないか 教 育 大 綱 があって 教 育 基 本 構 想 もある 各 学 校 の 学 校 教 育 基 本 構 想 などは 町 の 教 育 基 本

佐 々 木 委 員 : 分 かりやすくなったと 思 うが 教 育 大 綱 と 教 育 基 本 構 想 との 関 連 について 内 容 について 整 理 できないか 教 育 大 綱 があって 教 育 基 本 構 想 もある 各 学 校 の 学 校 教 育 基 本 構 想 などは 町 の 教 育 基 本 第 三 回 総 合 教 育 会 議 開 催 日 時 : 平 成 28 年 1 月 8 日 ( 金 )9:30~11:15 場 所 : 岡 垣 町 役 場 新 館 庁 議 室 出 席 者 : < 岡 垣 町 総 合 教 育 会 議 構 成 員 > 町 長 宮 内 實 生 教 育 委 員 長 大 村 武 彦 教 育 委 員 花 田 悦 子 教 育 委 員 佐 々 木 敏 幸 教 育 委 員 細 山 田

More information

第10回 農地部会 議事録

第10回 農地部会 議事録 第 22 回 小 山 市 農 業 委 員 会 農 業 振 興 部 会 議 事 録 第 22 回 小 山 市 農 業 委 員 会 農 業 振 興 部 会 は 平 成 25 年 10 月 25 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 小 山 市 役 所 3 階 会 議 室 4にて 開 催 された 議 事 議 案 第 1 号 農 政 講 演 会 の 講 演 テーマについて 本 日 の 出 席 委 員 は

More information

8. 審 議 内 容 ( 司 会 進 行 : 事 務 局 ) 1 開 会 事 務 局 より 開 会 の 挨 拶 2 委 員 長 挨 拶 今 回 でまちづくりビジョンが 最 終 的 な 形 となる 今 後 ビジョンを 具 体 化 するための 取 組 を 地 域 住 民 と 行 政 が 一 緒 に 進

8. 審 議 内 容 ( 司 会 進 行 : 事 務 局 ) 1 開 会 事 務 局 より 開 会 の 挨 拶 2 委 員 長 挨 拶 今 回 でまちづくりビジョンが 最 終 的 な 形 となる 今 後 ビジョンを 具 体 化 するための 取 組 を 地 域 住 民 と 行 政 が 一 緒 に 進 第 5 回 北 杜 市 中 部 横 断 自 動 車 道 活 用 検 討 委 員 会 会 議 録 1. 会 議 名 第 5 回 北 杜 市 中 部 横 断 自 動 車 道 活 用 検 討 委 員 会 2. 開 催 日 時 平 成 26 年 3 月 24 日 ( 月 ) 午 後 2 時 ~ 午 後 3 時 30 分 3. 開 催 場 所 北 杜 市 役 所 西 会 議 室 4. 出 席 者 ( 敬 称

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3139944E9378918D89EF979D8E9689EF95B689C891E5906293CD8F6F81458B638E96985E2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3139944E9378918D89EF979D8E9689EF95B689C891E5906293CD8F6F81458B638E96985E2E646F63> 滑 協 第 19-11 号 平 成 19 年 8 月 22 日 文 部 科 学 大 臣 伊 吹 文 明 殿 社 団 法 人 日 本 滑 空 協 会 会 長 牧 野 健 平 成 18 年 度 事 業 報 告 および 収 支 決 算 書 (お 届 出 ) 当 法 人 の 平 成 18 年 度 事 業 報 告 および 収 支 決 算 について 別 紙 のとおりお 届 けします 添 付 1. 平 成 18

More information

目 次 1.はじめに 1 2. 多 摩 川 土 手 の 天 端 の 現 状 1 3. 市 としての 方 向 性 1 4.3つのコンセプトとその 基 本 的 な 考 え 方 2 参 考 資 料 5

目 次 1.はじめに 1 2. 多 摩 川 土 手 の 天 端 の 現 状 1 3. 市 としての 方 向 性 1 4.3つのコンセプトとその 基 本 的 な 考 え 方 2 参 考 資 料 5 狛 江 市 多 摩 川 土 手 の 天 端 の 整 備 に 関 する 考 え 方 狛 江 市 平 成 28 年 3 月 目 次 1.はじめに 1 2. 多 摩 川 土 手 の 天 端 の 現 状 1 3. 市 としての 方 向 性 1 4.3つのコンセプトとその 基 本 的 な 考 え 方 2 参 考 資 料 5 1.はじめに 狛 江 市 では, 多 摩 川 土 手 の 天 端 のあり 方 について

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

< 圧 縮 記 帳 の 効 果 > 圧 縮 記 帳 を 適 用 した 場 合 に 得 られる 税 務 上 の 効 果 はどのようなものでしょうか 前 述 のように 圧 縮 記 帳 の 制 度 目 的 は 補 助 金 等 の 受 贈 益 に 対 して 直 ちに 課 税 しないことにより 補 助 目 的

< 圧 縮 記 帳 の 効 果 > 圧 縮 記 帳 を 適 用 した 場 合 に 得 られる 税 務 上 の 効 果 はどのようなものでしょうか 前 述 のように 圧 縮 記 帳 の 制 度 目 的 は 補 助 金 等 の 受 贈 益 に 対 して 直 ちに 課 税 しないことにより 補 助 目 的 税 務 東 日 本 大 震 災 における 税 務 上 の 取 扱 い YAC 税 理 士 法 人 代 表 社 員 清 水 川 浩 司 ( 税 理 士 ) Ⅰ.はじめに 東 日 本 大 震 災 に 関 する 税 務 上 の 取 扱 いについては 昨 年 より 既 に 東 日 本 大 震 災 の 被 災 者 等 に 係 る 国 税 関 係 法 律 の 臨 時 特 例 に 関 する 法 律 ( 以 下 震

More information

(3)オブザーバー 2 名 公 益 財 団 さわやか 福 祉 財 団 鶴 山 芳 子 社 会 福 祉 法 人 聖 労 院 羽 田 ゆかり (4) 傍 聴 者 4 名 4 次 第 (1) 開 会 (2) 挨 拶 高 齢 福 祉 担 当 部 長 より (3) 配 布 資 料 の 確 認 資 料 1 清

(3)オブザーバー 2 名 公 益 財 団 さわやか 福 祉 財 団 鶴 山 芳 子 社 会 福 祉 法 人 聖 労 院 羽 田 ゆかり (4) 傍 聴 者 4 名 4 次 第 (1) 開 会 (2) 挨 拶 高 齢 福 祉 担 当 部 長 より (3) 配 布 資 料 の 確 認 資 料 1 清 平 成 27 年 度 第 3 回 生 活 支 援 介 護 予 防 サービス 提 供 主 体 等 協 議 体 会 議 録 ( 議 事 要 旨 ) 1 開 催 日 時 平 成 28 年 3 月 31 日 ( 木 ) 午 後 1 時 30 分 から 午 後 4 時 00 分 2 場 所 健 康 センター 研 修 室 3 出 席 者 (1) 地 縁 団 体 阿 久 津 州 美 男 内 野 光 裕 地 域 福

More information

富 田 林 市

富 田 林 市 ファミリー サポート センターを 上 手 に 活 用 するために 援 助 活 動 補 償 保 険 Q&A 富 田 林 市 ファミリー サポート センター 平 成 27 年 6 月 -1- 富 田 林 市 ファミリー サポート センター ファミリー サポート センターは 子 育 てを 援 助 したい 会 員 と 援 助 を 受 けたい 会 員 の 相 互 援 助 の 会 です ファミリー サポート センター

More information

鹿 児 島 厚 生 年 金 事 案 600 第 1 委 員 会 の 結 論 申 立 人 は 申 立 期 間 に 係 る 脱 退 手 当 金 を 受 給 していないものと 認 められるこ とから 申 立 期 間 に 係 る 脱 退 手 当 金 の 支 給 の 記 録 を 訂 正 することが 必 要 で

鹿 児 島 厚 生 年 金 事 案 600 第 1 委 員 会 の 結 論 申 立 人 は 申 立 期 間 に 係 る 脱 退 手 当 金 を 受 給 していないものと 認 められるこ とから 申 立 期 間 に 係 る 脱 退 手 当 金 の 支 給 の 記 録 を 訂 正 することが 必 要 で ( 平 成 22 年 12 月 15 日 報 道 資 料 抜 粋 ) 年 金 記 録 に 係 る 苦 情 のあっせん 等 について 年 金 記 録 確 認 鹿 児 島 地 方 第 三 者 委 員 会 分 1. 今 回 のあっせん 等 の 概 要 (1) 年 金 記 録 の 訂 正 の 必 要 があるとのあっせんを 実 施 するもの 1 件 厚 生 年 金 関 係 1 件 (2) 年 金 記 録 の

More information

事 務 局 ( 中 村 係 長 ) 議 事 に 入 らせていただきます 議 長 でございますが 犯 罪 のない 安 全 で 安 心 なまちづくり 条 例 施 行 規 則 第 3 条 第 5 項 の 規 定 により 会 長 が 議 長 となるとさ れておりますが 本 日 の 議 題 におきまして 会

事 務 局 ( 中 村 係 長 ) 議 事 に 入 らせていただきます 議 長 でございますが 犯 罪 のない 安 全 で 安 心 なまちづくり 条 例 施 行 規 則 第 3 条 第 5 項 の 規 定 により 会 長 が 議 長 となるとさ れておりますが 本 日 の 議 題 におきまして 会 平 成 25 年 度 第 1 回 犯 罪 のない 安 全 で 安 心 なまちづくり 推 進 協 議 会 開 催 日 時 平 成 25 年 11 月 25 日 ( 月 ) 15 時 から 開 催 場 所 君 津 市 役 所 6 階 601 会 議 室 出 席 委 員 栁 井 範 佳 委 員 奈 良 輪 政 五 委 員 榎 本 敏 男 委 員 石 井 武 委 員 岩 本 孝 史 委 員 定 岡 繁 委

More information

Microsoft Word - 230922会議録

Microsoft Word - 230922会議録 平 成 23 年 第 9 回 君 津 市 教 育 委 員 会 会 議 録 日 時 : 平 成 23 年 9 月 22 日 ( 木 ) 午 後 2 時 00 分 場 所 : 議 会 第 4 委 員 会 室 平 成 23 年 第 9 回 君 津 市 教 育 委 員 会 会 議 録 1 日 時 平 成 23 年 9 月 22 日 ( 木 ) 午 後 2 時 00 分 開 会 午 後 2 時 41 分 閉

More information

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc)

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc) 1 月 臨 時 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 年 月 日 平 成 2 6 年 1 月 3 1 日 ( 金 ) 開 催 時 間 午 前 1 0 時 0 0 分 開 催 場 所 本 館 6 階 6 0 4 会 議 室 出 席 委 員 百 瀨 委 員 長 安 藤 委 員 長 職 務 代 理 者 木 下 委 員 御 喜 田 委 員 浦 上 委 員 ( 教 育 長 ) 出 席 職 員 伊 藤 教 育

More information

<4D F736F F D208FAC93638CB48E7391CF906B89FC8F438E968BC D837C815B B E95E CC2E646F63>

<4D F736F F D208FAC93638CB48E7391CF906B89FC8F438E968BC D837C815B B E95E CC2E646F63> 小 田 原 市 庁 舎 耐 震 改 修 事 業 プロポーザル 応 募 要 領 平 成 24 年 6 月 小 田 原 市 目 次 1.プロポーザルの 目 的 P.2 2. 事 業 の 概 要 P.2 3.プロポーザルのスケジュール P.3 4.プロポーザル 参 加 者 の 資 格 要 件 等 P.3 5. 一 次 審 査 に 係 る 事 務 手 続 P.5 6. 二 次 審 査 に 係 る 事 務 手

More information

平 成 25 年 度 第 1 回 観 光 交 流 拠 点 施 設 等 整 備 事 業 に 係 る 基 本 構 想 調 査 基 本 計 画 策 定 業 務 委 託 プロポーザル 審 査 委 員 会 議 事 録 概 要 日 時 : 平 成 25 年 12 月 24 日 ( 火 ) 午 前 10 時 00

平 成 25 年 度 第 1 回 観 光 交 流 拠 点 施 設 等 整 備 事 業 に 係 る 基 本 構 想 調 査 基 本 計 画 策 定 業 務 委 託 プロポーザル 審 査 委 員 会 議 事 録 概 要 日 時 : 平 成 25 年 12 月 24 日 ( 火 ) 午 前 10 時 00 審 議 会 等 の 会 議 結 果 報 告 1. 会 議 名 平 成 25 年 度 第 1 回 観 光 交 流 拠 点 施 設 等 整 備 事 業 に 係 る 基 本 構 想 調 査 基 本 計 画 策 定 業 務 委 託 プロポーザル 審 査 委 員 会 2. 開 催 日 時 平 成 25 年 12 月 24 日 ( 火 ) 午 前 10 時 00 分 ~ 午 後 0 時 30 分 3. 開 催

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3234944E93788F7493AC814091C38C8B8A549776485097702E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3234944E93788F7493AC814091C38C8B8A549776485097702E646F63> 平 成 24 年 職 員 組 合 春 闘 要 求 および 回 答 要 求 事 項 回 答 1.2012 年 度 重 点 要 求 について (1) 賃 金 と 労 働 条 件 に 関 する 事 項 は 必 ず 組 合 と 協 議 し 合 意 を 図 るこ (2) 退 職 者 を 正 規 職 員 で 完 全 に 補 充 するこ (3) 職 場 毎 の 定 員 を 根 拠 を 示 して 明 らかにするこ

More information

誤 解 の 多 い 法 解 釈 Q 通 算 5 年 になる 前 や 雇 用 契 約 期 間 の 満 了 前 に 契 約 を 打 ち 切 っても 大 丈 夫 ですか? 労 働 契 約 法 では 契 約 期 間 中 の 契 約 解 除 について 使 用 者 は 期 間 の 定 めのある 労 働 契 約

誤 解 の 多 い 法 解 釈 Q 通 算 5 年 になる 前 や 雇 用 契 約 期 間 の 満 了 前 に 契 約 を 打 ち 切 っても 大 丈 夫 ですか? 労 働 契 約 法 では 契 約 期 間 中 の 契 約 解 除 について 使 用 者 は 期 間 の 定 めのある 労 働 契 約 I n stitu te of Re se a rc h for Sm a ll an d Me d iu m En te r pr i se 中 小 総 研 労 働 契 約 法 改 正 でアルバイトはいなくなるか(IRSME13005) 平 成 25 年 5 月 24 日 山 本 貢 郎 5 年 以 上 の 反 復 更 新 を 経 た 雇 止 めの 禁 止 有 期 契 約 労 働 者 を 雇 用

More information

13回会議録【概要】

13回会議録【概要】 第 13 回 兵 庫 県 本 人 確 認 情 報 保 護 審 議 会 会 議 録 1 会 議 の 日 時 及 び 場 所 (1) 日 時 平 成 26 年 12 月 22 日 ( 月 )13 時 ~14 時 30 分 (2) 場 所 兵 庫 県 庁 第 3 号 館 7 階 第 7 委 員 会 室 2 出 席 委 員 の 氏 名 柴 田 眞 里 申 吉 浩 塔 下 佳 里 中 川 丈 久 永 吉 一

More information