資料2-1

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "資料2-1"

Transcription

1 下 水 道 と 合 併 処 理 浄 化 槽 の 連 携 事 例 資 料 2-1

2

3 平 成 18 年 (2006 年 )1 月 31 日 広 島 市 Ⅰ 市 街 化 区 域 外 の 生 活 排 水 処 理 に 係 る 整 備 方 針 について 1 衛 生 的 で 快 適 な 生 活 環 境 の 実 現 と 良 好 な 水 環 境 の 保 全 を 図 るため 遅 れてい る 市 街 化 区 域 外 の 整 備 を 本 市 が 計 画 的 に 推 進 し 生 活 排 水 処 理 の 100% 普 及 を 目 指 す 整 備 を 効 率 的 効 果 的 に 行 うため 次 の 方 法 で 進 める (1) 地 域 ごとに 集 合 処 理 ( 下 水 道 農 業 集 落 排 水 )と 個 別 処 理 ( 浄 化 槽 )の 経 済 比 較 を 行 い 各 地 域 で 最 もコストのかからない 整 備 方 法 を 選 択 しながら 整 備 を 進 める (2) 整 備 方 法 は 異 なっても 市 民 に 提 供 するのは 同 じ 生 活 排 水 処 理 サー ビスであることから 使 用 料 は 同 程 度 とし 建 設 一 時 金 である 分 担 金 につい ては 既 に 整 備 を 行 っている 事 業 ( 湯 来 町 下 水 道 農 業 集 落 排 水 )との 均 衡 を 図 る (3) 計 画 的 な 整 備 と 適 切 な 維 持 管 理 を 行 うため 浄 化 槽 は 従 来 の 個 人 設 置 型 ( 個 人 が 設 置 管 理 ) から 市 町 村 設 置 型 ( 市 が 設 置 管 理 ) へと 転 換 する (4) 地 域 再 生 法 に 基 づく 汚 水 処 理 施 設 整 備 交 付 金 制 度 を 活 用 し 各 整 備 方 法 ( 下 水 道 農 業 集 落 排 水 及 び 浄 化 槽 ) を 連 携 させて 効 率 的 に 整 備 を 進 める (5) 効 率 的 な 事 業 の 経 営 を 行 うため 各 整 備 方 法 で 異 なる 会 計 方 式 を 企 業 会 計 に 統 合 するとともに 組 織 も 一 元 化 する 2 平 成 20 年 度 (2008 年 度 )から 本 格 的 に 整 備 着 手 することとし 来 年 度 以 降 条 例 規 則 の 制 定 国 の 許 認 可 取 得 など 準 備 を 進 める 説 明 資 料 別 紙 1

4 別 紙 市 街 化 区 域 外 の 生 活 排 水 処 理 に 係 る 整 備 方 針 について の 説 明 資 料 本 市 の 生 活 排 水 処 理 は 次 の 基 本 方 針 のもとに 進 める 基 本 方 針 衛 生 的 で 快 適 な 生 活 環 境 の 実 現 と 良 好 な 水 環 境 の 保 全 を 図 るため 遅 れている 市 街 化 区 域 外 の 整 備 を 本 市 が 計 画 的 に 推 進 し 生 活 排 水 処 理 の 100% 普 及 を 目 指 す なお 広 島 市 基 本 計 画 においても 快 適 な 生 活 環 境 の 整 備 を 進 めるため 市 街 化 区 域 外 におい ては 農 業 集 落 排 水 等 地 域 ごとに 最 適 な 手 法 を 活 用 した 生 活 排 水 処 理 を 進 める こと 水 質 汚 濁 の 防 止 など 環 境 にやさしい 社 会 の 実 現 を 図 るため 公 共 下 水 道 の 普 及 拡 大 をはじめ 浄 化 槽 農 業 集 落 排 水 施 設 の 整 備 などによる 下 水 の 適 正 処 理 を 促 進 する ことが 位 置 づけられている さらに 国 においては 平 成 15 年 (2003 年 )10 月 社 会 資 本 整 備 重 点 計 画 の 閣 議 決 定 で 生 活 排 水 処 理 の 100% 普 及 を 目 指 すとし 平 成 14 年 (2002 年 度 )の 浄 化 槽 市 町 村 整 備 推 進 事 業 の 採 択 要 件 の 緩 和 平 成 17 年 度 (2005 年 度 )の 汚 水 処 理 施 設 整 備 交 付 金 制 度 の 創 設 といった 生 活 排 水 処 理 を 進 めるために 制 度 の 整 備 を 進 めている 以 下 本 市 の 生 活 排 水 処 理 の 現 状 課 題 及 び 今 後 の 対 応 について 述 べる 1 本 市 の 生 活 排 水 処 理 の 現 状 等 (1) 現 状 1 市 街 化 区 域 内 市 街 化 区 域 内 での 生 活 排 水 処 理 は 昭 和 26 年 度 (1951 年 度 )から 都 市 計 画 事 業 として 下 水 道 整 備 に 着 手 し 事 業 を 進 めてきた 結 果 平 成 16 年 度 (2004 年 度 ) 末 には 市 街 化 区 域 内 の 約 98%の 市 民 に 生 活 排 水 処 理 サービスの 提 供 を 行 い 整 備 は 概 成 している また 生 活 排 水 処 理 施 設 ( 下 水 道 )の 整 備 及 び 維 持 管 理 に 要 する 費 用 については 昭 和 61 年 度 (1986 年 度 )までは 維 持 管 理 費 のみが 使 用 料 で 賄 われ 資 本 費 分 については 全 て 一 般 会 計 からの 繰 入 れとしていたが 昭 和 62 年 度 (1987 年 度 )からは 資 本 費 についても 段 階 的 に 使 用 料 で 賄 うこととし 一 般 会 計 の 負 担 割 合 を 削 減 してきた 現 在 では 資 本 費 の 85% 相 当 額 が 使 用 料 で 賄 われており 引 き 続 き 資 本 費 の 100%を 使 用 料 で 賄 うよう 経 営 改 善 を 進 めていく 2 市 街 化 区 域 外 市 街 化 区 域 外 での 生 活 排 水 処 理 は 平 成 2 年 度 (1990 年 度 )から 農 業 集 落 排 水 事 業 及 び 浄 化 槽 への 設 置 補 助 事 業 に 着 手 し 平 成 8 年 度 (1996 年 度 )からは 旧 湯 来 町 において 下 水 道 の 整 備 にも 着 手 した 下 水 道 農 業 集 落 排 水 及 び 浄 化 槽 の 各 事 業 は 個 々の 制 度 ( 国 及 び 本 市 の 所 管 組 織 事 業 の 採 択 要 件 国 庫 補 助 金 など)のもとで 実 施 してきたが 平 成 16 年 度 (2004 年 度 ) 末 その 整 備 は 進 捗 中 のものを 含 め 市 街 化 区 域 外 の 約 39%(24,000 人 /62,000 人 )の 市 民 にサービスを 提 供 2

5 するにとどまっており それぞれ 次 のような 状 況 にある 下 水 道 ( 下 水 道 局 所 管 ) 旧 湯 来 町 で 平 成 8 年 度 (1996 年 度 )に 事 業 着 手 安 佐 北 区 三 入 の 桐 陽 台 団 地 は 平 成 13 年 度 (2001 年 度 )に 公 共 下 水 道 へ 接 続 市 街 化 区 域 外 での 整 備 率 は 約 10%(6,000 人 /62,000 人 ) 農 業 集 落 排 水 ( 経 済 局 所 管 ) 白 木 町 井 原 地 区 で 平 成 2 年 度 (1990 年 度 )に 事 業 着 手 現 在 白 木 町 井 原 地 区 や 三 田 地 区 など 12 地 区 で 事 業 を 行 っている 市 街 化 区 域 外 での 整 備 率 は 約 21%(13,000 人 /62,000 人 ) 浄 化 槽 ( 環 境 局 所 管 ) 設 置 補 助 事 業 を 平 成 2 年 度 (1990 年 度 )に 開 始 個 人 が 設 置 及 び 維 持 管 理 を 行 い 市 が 設 置 費 の 一 部 を 補 助 市 街 化 区 域 外 での 整 備 率 は 約 8%(5,000 人 /62,000 人 ) (2) 課 題 1 下 水 道 農 業 集 落 排 水 浄 化 槽 の 各 事 業 を 個 々の 制 度 ( 国 及 び 本 市 の 所 管 組 織 事 業 の 採 択 要 件 国 庫 補 助 金 など)のもとで 独 自 に 実 施 していることから 市 街 化 区 域 外 での 整 備 が 進 んでいない 下 水 道 市 街 化 区 域 内 の 整 備 を 優 先 してきた 市 街 化 区 域 外 では 湯 来 町 の 整 備 を 継 続 しており その 他 の 市 街 化 区 域 外 での 整 備 計 画 が 定 まっていない 農 業 集 落 排 水 農 業 振 興 策 の 一 環 として 農 業 振 興 地 域 内 で 施 行 するものであるが 整 備 は 家 屋 の 比 較 的 密 集 した 地 区 で 行 われるため 家 屋 が 散 在 した 地 区 の 整 備 が 進 んでいない 浄 化 槽 個 人 が 設 置 及 び 維 持 管 理 を 行 うため 下 水 道 などの 集 合 処 理 に 比 べ 個 人 現 の 費 用 負 担 が 大 きく 整 備 が 進 んでいない 状 湯 来 町 下 水 道 建 設 時 の 分 担 金 30 万 円 / 戸 使 用 料 43,800 円 / 年 戸 農 業 集 落 排 水 建 設 時 の 分 担 金 約 30 万 円 / 戸 43,800 円 / 年 戸 浄 化 槽 建 設 時 の 個 人 負 担 金 約 57 万 円 / 戸 維 持 管 理 費 72,000 円 / 年 戸 2 個 人 管 理 である 浄 化 槽 は 点 検 清 掃 等 保 守 管 理 に 適 正 を 欠 く 状 況 がみられる 3 下 水 道 農 業 集 落 排 水 浄 化 槽 の 各 事 業 を 個 々の 制 度 のもとで 独 自 に 実 施 していることか ら 家 屋 が 密 集 し 本 来 下 水 道 などの 集 合 処 理 による 整 備 が 有 利 な 地 区 においても 浄 化 槽 が 設 置 されるなど 効 率 的 な 整 備 が 行 われていない 4 現 行 の 制 度 や 体 制 のもとでは 上 記 1~3の 課 題 ( 整 備 の 遅 れ 不 適 切 な 維 持 管 理 非 効 率 な 整 備 )を 解 決 して 効 率 的 効 果 的 な 生 活 排 水 処 理 の 整 備 推 進 を 図 ることが 難 しい 状 況 にあ る このことは 市 民 の 衛 生 的 で 快 適 な 生 活 環 境 の 実 現 を 妨 げるとともに 川 や 海 といった 公 共 用 水 域 の 水 質 に 悪 影 響 を 及 ぼす 一 因 となる 3

6 2 今 後 の 本 市 の 対 応 前 述 の 課 題 を 解 消 し 生 活 排 水 処 理 を 進 めるためには 1 市 街 化 区 域 外 の 生 活 排 水 処 理 について 地 域 ごとに 市 が 最 も 効 率 的 な 整 備 方 法 ( 下 水 道 農 業 集 落 排 水 及 び 浄 化 槽 )を 選 択 し コストを 抑 えながら 計 画 的 に 事 業 を 推 進 する 下 水 道 市 街 化 区 域 外 でも 家 屋 が 密 集 し 集 合 処 理 が 有 利 な 地 区 での 整 備 を 進 め ていく 農 業 集 落 排 水 農 業 振 興 地 域 内 で 家 屋 が 密 集 し 集 合 処 理 が 有 利 な 地 区 での 整 備 を 引 き 続 き 進 めていく 浄 化 槽 集 合 処 理 区 域 以 外 で 個 人 負 担 の 軽 減 を 図 ることにより 整 備 を 進 めてい く 2 とりわけ 浄 化 槽 については 個 人 による 設 置 管 理 が 計 画 的 な 整 備 や 適 正 な 維 持 管 理 の 支 障 になっていることから 下 水 道 や 農 業 集 落 排 水 と 同 じように 市 による 事 業 を 推 進 する 3 事 業 を 推 進 するにあたり 市 民 の 理 解 と 協 力 を 得 ていくためには これまで 市 が 整 備 してきた 地 域 との 負 担 の 均 衡 を 考 慮 する 必 要 がある 以 上 のことを 踏 まえ 下 記 の5つの 方 法 により 市 街 化 区 域 外 の 整 備 を 進 める 最 もコストのかからない 方 法 で 整 備 するため (1) 地 域 ごとに 集 合 処 理 ( 下 水 道 農 業 集 落 排 水 )と 個 別 処 理 ( 浄 化 槽 )の 経 済 比 較 を 行 い 各 地 域 で 最 もコストのかからない 整 備 方 法 を 選 択 しながら 整 備 を 進 める 地 域 ごとに 処 理 施 設 を 使 い 続 けるために 必 要 となる 費 用 ( 当 初 建 設 費 を 耐 用 年 数 で 除 し 維 持 管 理 費 を 加 えたライフサイクルコスト)が 最 も 安 価 となる 方 法 を 選 択 し 整 備 を 行 う なお 比 較 する 費 用 は 社 会 全 体 ( 市 民 市 国 の3 者 )で 負 担 する 額 とする 区 分 ライフサイクルコスト a. 各 地 域 で 効 率 的 な 整 備 方 法 を 選 択 した 場 合 ( 今 回 計 画 案 ) 11 億 3 千 万 円 / 年 b. 各 整 備 方 法 を それぞれの 制 度 のもとで 独 自 に 進 める 場 合 ( 従 来 構 想 ) 13 億 9 千 万 円 / 年 c. 区 域 外 の 生 活 排 水 を 全 て 浄 化 槽 で 処 理 するとした 場 合 16 億 8 千 万 円 / 年 注 ) 既 に 集 合 処 理 により 整 備 を 行 っている 区 域 は 除 く 4

7 市 民 負 担 の 均 衡 を 図 るため (2) 整 備 方 法 は 異 なっても 市 民 に 提 供 するのは 同 じ 生 活 排 水 処 理 サービスであることから 使 用 料 は 同 程 度 とし 建 設 一 時 金 である 分 担 金 については 既 に 整 備 を 行 っている 事 業 ( 湯 来 町 下 水 道 農 業 集 落 排 水 )との 均 衡 を 図 る 1 使 用 料 整 備 方 法 は 異 なっても 市 民 に 提 供 するのは 同 じ 生 活 排 水 処 理 サービスであることから 他 の 公 益 サービスと 同 様 に 使 用 料 は 市 街 化 区 域 の 内 外 及 び 整 備 方 法 に 関 係 なく 同 程 度 とする 参 考 市 民 生 活 に 欠 かせない 公 益 サービスは サービス 提 供 区 域 内 で 同 じ 料 金 体 系 としている (サービス 内 容 が 同 じであれば 地 域 に 関 わらず 同 じ 料 金 ) 水 道 給 水 区 域 内 ( 広 島 市 府 中 町 坂 町 )で 同 一 料 金 体 系 ご み 行 政 区 域 内 で 同 一 料 金 体 系 < 大 型 ごみ 収 集 運 搬 料 金 > 電 気 配 電 区 域 内 ( 中 国 地 方 )で 同 一 料 金 体 系 電 話 事 業 区 域 内 ( 西 日 本 )で 同 一 料 金 体 系 生 活 排 水 処 理 にかかる 現 状 の 使 用 料 体 系 ( 集 合 処 理 では 既 に 同 程 度 の 使 用 料 としている) 下 水 道 排 水 区 域 内 で 同 一 使 用 料 体 系 < 整 備 区 域 は 市 街 化 区 域 内 > 農 業 集 落 排 水 供 用 済 の 10 地 区 で 同 一 使 用 料 体 系 < 事 業 開 始 当 初 から 下 水 道 と 同 程 度 の 使 用 料 とした> ( 湯 来 町 下 水 道 合 併 時 に 広 島 市 の 農 業 集 落 排 水 と 同 じ 使 用 料 とした ) 下 水 道 従 量 制 41,700 円 / 年 戸 農 業 集 落 排 水 人 頭 制 43,800 円 / 年 戸 ( 湯 来 町 下 水 道 ) 個 人 施 行 の 浄 化 槽 維 持 管 理 費 72,000 円 / 年 戸 従 量 制 41,700 円 / 年 戸 2 分 担 金 建 設 一 時 金 である 分 担 金 については 市 街 化 区 域 外 でこれまで 行 ってきた 事 業 ( 湯 来 町 下 水 道 農 業 集 落 排 水 )との 均 衡 を 図 ることとし 整 備 方 法 に 関 わらず 同 程 度 とする 分 担 金 の 額 は 既 に 整 備 が 進 んでいる 湯 来 町 下 水 道 及 び 農 業 集 落 排 水 の 分 担 金 を 考 慮 して 定 め 浄 化 槽 もそれに 合 わせる 参 考 生 活 排 水 処 理 にかかる 現 状 の 分 担 金 等 ( 市 街 化 区 域 外 の 集 合 処 理 は 既 に 同 程 度 の 分 担 金 としている) 湯 来 町 の 下 水 道 農 業 集 落 排 水 個 人 施 行 の 浄 化 槽 ( 市 からの 補 助 金 を 除 いた 設 置 費 用 ) 30 万 円 / 戸 約 30 万 円 / 戸 約 57 万 円 / 戸 30 万 円 / 戸 ( 浄 化 槽 は 市 町 村 設 置 型 ) 吉 田 向 原 甲 田 町 ( 現 安 芸 高 田 市 )や 吉 和 村 ( 現 廿 日 市 市 ) 等 本 市 の 近 隣 町 村 において も 分 担 金 は 概 ね30 万 円 / 戸 としている 5

8 浄 化 槽 の 計 画 的 な 整 備 と 適 切 な 維 持 管 理 を 図 るため (3) 計 画 的 な 整 備 と 適 切 な 維 持 管 理 を 行 うため 浄 化 槽 は 従 来 の 個 人 設 置 型 ( 個 人 が 設 置 管 理 ) から 市 町 村 設 置 型 ( 市 が 設 置 管 理 )へと 転 換 する 個 人 設 置 型 浄 化 槽 市 町 村 設 置 型 浄 化 槽 ( 整 備 維 持 管 理 は 個 人 ) ( 整 備 維 持 管 理 は 市 ) 使 用 料 分 担 金 は 利 用 者 が 負 担 浄 化 槽 は 下 水 道 等 と 同 じように 市 が 設 置 主 体 となることで 計 画 的 な 整 備 と 適 切 な 維 持 管 理 が 行 われるため 水 質 保 全 上 有 利 である また 整 備 費 についても 個 人 設 置 型 に 比 べ 国 の 補 助 率 が 高 く 市 と 市 民 の 負 担 が 軽 減 で きるとともに 起 債 の 発 行 もできるなど 有 利 となっていることから 転 換 を 図 る 浄 化 槽 の 整 備 を 促 進 するために 個 人 設 置 型 浄 化 槽 に 係 る 個 人 負 担 額 を 既 に 整 備 を 行 っ ている 他 事 業 と 均 衡 を 図 る 方 法 として 設 置 補 助 金 の 増 額 や 維 持 管 理 補 助 金 の 創 設 といった ことが 考 えられるが その 財 源 はいずれも 単 市 となる また 浄 化 槽 の 種 別 の 違 いにより 整 備 費 の 負 担 内 訳 は 下 表 のとおりとなるが 浄 化 槽 の 種 別 整 備 費 (3,500 戸 分 ) 市 の 負 担 市 民 の 負 担 国 の 負 担 計 個 人 設 置 型 (A) 18 億 1 千 万 円 10 億 5 千 万 円 4 億 4 千 万 円 33 億 円 市 町 村 設 置 型 (B) 11 億 5 千 万 円 10 億 5 千 万 円 11 億 円 33 億 円 差 引 (B)-(A) 6 億 6 千 万 円 - 6 億 6 千 万 円 - 市 民 負 担 は 30 万 円 / 戸 1 個 人 設 置 型 浄 化 槽 への 国 庫 補 助 率 は 整 備 費 の 13.3% 市 町 村 設 置 型 浄 化 槽 への 国 庫 補 助 率 は 整 備 費 の 33.3%であり 結 果 市 の 負 担 は 市 町 村 設 置 型 の 方 が 少 ない 2 個 人 管 理 の 浄 化 槽 は 適 切 な 維 持 管 理 がなされる 担 保 もない 以 上 のことから 個 人 設 置 型 への 補 助 金 で 整 備 を 進 めるより 市 町 村 設 置 型 を 採 用 して 整 備 を 進 める 方 が 財 源 上 も 水 質 保 全 上 も 有 利 である 各 事 業 を 連 携 させて 効 率 的 に 整 備 するため (4) 地 域 再 生 法 に 基 づく 汚 水 処 理 施 設 整 備 交 付 金 制 度 を 活 用 し 各 整 備 方 法 ( 下 水 道 農 業 集 落 排 水 及 び 浄 化 槽 )を 連 携 させて 効 率 的 に 整 備 を 進 める 国 下 水 道 農 業 集 落 排 水 国 下 水 道 農 業 集 落 排 水 融 通 可 能 浄 化 槽 浄 化 槽 従 来 の 補 助 金 今 回 の 交 付 金 汚 水 処 理 施 設 整 備 交 付 金 制 度 は 従 来 の 事 業 種 別 ごとの 補 助 金 制 度 に 比 べ 各 事 業 間 年 度 間 での 資 金 融 通 が 可 能 であるなど 市 の 自 主 性 裁 量 性 の 高 い 制 度 であり 効 率 的 な 整 備 を 促 進 しやすいことから この 制 度 を 活 用 し 各 整 備 方 法 を 連 携 させて 整 備 を 進 める 6

9 効 率 的 な 事 業 経 営 を 行 うため (5) 効 率 的 な 事 業 の 経 営 を 行 うため 各 整 備 方 法 で 異 なる 会 計 方 式 を 企 業 会 計 に 統 合 するととも に 組 織 も 一 元 化 する 下 水 道 : 企 業 会 計 ( 湯 来 町 域 : 特 別 会 計 ) 農 業 集 落 排 水 : 特 別 会 計 下 水 道 局 経 済 局 浄 化 槽 : 一 般 会 計 環 境 局 企 業 会 計 ( 下 水 道 事 業 会 計 ) 下 水 道 担 当 部 局 各 整 備 方 法 を 連 携 させて 効 率 的 な 整 備 を 進 めるにあたっては 会 計 方 式 を 企 業 会 計 に 統 合 し 経 営 状 況 を 明 確 化 するとともに 組 織 も 一 元 化 して 効 率 的 な 生 活 排 水 処 理 事 業 の 経 営 を 行 っていく 必 要 がある 事 業 実 施 に 向 けてのスケジュール 平 成 20 年 度 (2008 年 度 )から 本 格 的 に 整 備 着 手 することとし 来 年 度 以 降 条 例 規 則 の 制 定 国 の 許 認 可 取 得 など 準 備 を 進 める また 施 設 の 維 持 管 理 についても 適 切 かつ 効 率 的 に 行 うため 管 理 運 営 方 式 等 の 検 討 を 進 める 平 成 18 年 度 (2006 年 度 ) 条 例 規 則 要 綱 の 制 定 許 認 可 の 取 得 組 織 体 制 の 整 備 等 平 成 19 年 度 (2007 年 度 ) 工 事 発 注 のための 実 施 設 計 等 平 成 20 年 度 (2008 年 度 ) 本 格 的 な 整 備 着 手 事 業 計 画 スケジュール 項 目 整 備 方 針 H17 年 度 H18 年 度 H19 年 度 H20 年 度 ~ H32 年 度 整 備 方 針 の 決 定 組 織 一 部 組 織 改 正 本 格 改 正 事 務 手 続 き 財 源 条 例 規 則 等 ( 使 用 料 分 担 金 含 む) 地 元 対 策 PR そ の 他 収 支 計 画 下 水 道 事 業 財 政 収 支 計 画 制 定 改 正 公 表 懸 案 事 項 の 解 決 建 設 計 画 決 定 地 域 再 生 計 画 申 請 認 可 建 設 計 画 許 認 可 特 環 下 水 認 可 農 集 認 可 設 計 発 注 等 工 事 浄 化 槽 事 業 開 始 本 格 的 に 事 業 開 始 整 備 事 業 完 了 運 営 維 持 管 理 7

10 参 考 都 市 計 画 税 の 下 水 道 事 業 への 充 当 について 市 街 化 区 域 内 では 都 市 計 画 事 業 ( 街 路 公 園 新 交 通 下 水 道 整 備 )や 土 地 区 画 整 理 事 業 の 費 用 にあてるため 市 街 化 区 域 外 には 課 税 されない 都 市 計 画 税 が 土 地 及 び 家 屋 に 対 して 賦 課 されて いる そこで 都 市 計 画 税 の 下 水 道 事 業 への 充 当 について 整 理 する 下 水 道 事 業 には 汚 水 私 費 雨 水 公 費 の 原 則 があり 汚 水 は 使 用 料 で 賄 い 雨 水 は 市 税 で 賄 う こととなっているが 現 状 において 汚 水 は 使 用 料 で 賄 いきれておらず 汚 水 資 本 費 の 15%が 一 般 会 計 より 充 当 されている しかしながら その 税 源 は 普 通 税 等 であり 都 市 計 画 税 は 汚 水 ではなく 雨 水 に 充 当 されている このことは 都 市 計 画 税 の 運 用 にあたっての 国 の 通 達 にも 示 されているとおりである 市 街 化 区 域 外 では 生 活 排 水 ( 汚 水 )を 対 象 として 整 備 を 進 め 雨 水 整 備 は 行 わないことから 都 市 計 画 税 が 賦 課 されていないことを 考 慮 する 必 要 はない 一 方 現 状 では 下 水 道 の 汚 水 事 業 が 使 用 料 で 全 額 賄 われておらず 資 本 費 の 15% 相 当 の 普 通 税 等 が 充 当 されている このことは 下 水 道 の 受 益 を 得 ていない 市 街 化 区 域 外 の 市 民 も 下 水 道 事 業 の 財 政 負 担 を 普 通 税 等 を 通 じ 負 っていることから 市 街 化 区 域 内 と 同 様 に 生 活 排 水 処 理 サービスを 速 やかに 提 供 する 必 要 がある 国 からの 通 達 都 市 計 画 税 について( 昭 和 31 年 5 月 24 日 建 設 計 発 第 114 号 ) 都 市 計 画 事 業 のうち 使 用 開 始 後 使 用 料 を 徴 収 することができ 当 該 施 設 の 運 営 が 原 則 として 独 立 採 算 制 をとるものについては 別 に 地 方 債 等 による 所 要 の 建 設 費 を 支 弁 する 方 途 もあるので 原 則 として 都 市 計 画 税 を 充 当 しないこと 8

11 Ⅱ 市 街 化 区 域 外 の 整 備 方 針 策 定 にあたって 今 後 の 検 討 項 目 1 地 域 ごとの 整 備 計 画 事 業 を 進 めるには 地 域 単 位 で 個 別 に 事 業 をまとめて 管 理 する 方 式 が 適 切 と 考 えられる そこ で 地 域 振 興 の 観 点 から 整 備 優 先 順 位 や 維 持 管 理 体 制 などを 定 めていく 必 要 がある 2 施 設 の 利 用 促 進 対 策 集 合 処 理 の 施 設 整 備 が 完 了 した 区 域 では 迅 速 な 接 続 が 進 むように 普 及 促 進 対 策 を 進 めると ともに 早 期 接 続 による 分 担 金 の 報 奨 制 度 などの 導 入 検 討 が 必 要 である また 既 存 の 浄 化 槽 を 市 が 管 理 できるよう 積 極 的 な 引 取 りが 促 進 できるような 対 策 が 必 要 である そのためにも 下 水 道 などで 採 用 している 普 及 相 談 員 を 配 置 したり パンフレット 配 布 などの PRにも 努 めることが 重 要 となる 3 条 例 規 則 等 の 整 備 汚 水 処 理 施 設 整 備 交 付 金 制 度 を 積 極 的 に 活 用 するためには 地 域 再 生 法 に 基 づく 地 域 再 生 計 画 を 定 める 必 要 がある 各 条 例 はもとより 使 用 料 徴 収 施 設 整 備 貸 付 金 などの 規 則 の 見 直 し ま た 要 綱 基 準 要 領 などの 整 理 が 必 要 となる 4 コスト 縮 減 等 による 一 般 会 計 からの 繰 り 入 れ 抑 制 下 水 道 や 農 業 集 落 排 水 の 集 合 処 理 事 業 では 建 設 費 や 維 持 管 理 費 が 大 きな 費 用 となるため 健 全 な 事 業 経 営 のために コスト 縮 減 に 努 めるとともに 未 利 用 地 の 処 分 や 水 洗 化 率 の 一 層 の 向 上 による 財 源 の 確 保 にも 努 め 一 層 のコスト 縮 減 を 図 り 一 般 会 計 からの 繰 り 入 れを 更 に 抑 制 して いくことが 必 要 となる 9

12 5 その 他 の 課 題 下 水 道 事 業 では 現 行 の 財 政 収 支 計 画 ( 平 成 16 年 度 ~ 平 成 19 年 度 )において 市 街 化 区 域 外 の 整 備 は 行 わないこととしている しかし 平 成 32 年 度 の 整 備 完 了 を 目 指 すため 3つの 事 業 を 合 せた 次 期 財 政 収 支 計 画 を 策 定 することとし 財 源 の 確 保 に 努 める 必 要 があ る 公 共 下 水 道 及 び 公 共 関 連 特 環 の 使 用 料 は 従 量 制 であるが その 他 の 施 設 の 使 用 料 は 人 頭 制 になるため 使 用 料 体 系 が 異 なることに 対 応 した 徴 収 体 制 の 確 立 が 必 要 となる また 事 業 所 等 の 使 用 料 設 定 について 詳 細 に 検 討 する 必 要 がある 農 業 集 落 排 水 は 農 村 部 を 事 業 区 域 としていることから 区 域 内 に 田 畑 等 が 広 範 囲 に 含 ま れているが この 一 部 が ほ 場 整 備 事 業 の 予 定 地 となっているため 事 業 進 度 を 調 整 す る 必 要 がある 既 存 の 浄 化 槽 は 個 人 と 浄 化 槽 業 者 が 契 約 し 維 持 管 理 等 を 行 っているが 浄 化 槽 市 町 村 整 備 推 進 事 業 になれば 既 存 浄 化 槽 を 市 が 引 取 り 管 理 していくこととなるため 浄 化 槽 業 者 ( 保 守 点 検 業 者 清 掃 業 者 )との 調 整 等 が 必 要 となる また し 尿 収 集 は 将 来 的 にほ ぼ 無 くなることから 下 水 道 整 備 に 伴 うし 尿 収 集 業 務 量 減 少 対 策 実 施 要 綱 などを 踏 まえ し 尿 業 者 に 対 する 合 理 化 計 画 を 立 案 し 転 業 対 策 等 を 具 体 化 する 必 要 がある 市 街 化 区 域 の 内 外 を 問 わず 残 存 する 汲 取 り 便 所 のし 尿 対 策 を 進 める 必 要 があり し 尿 収 集 計 画 等 の 管 理 を 含 めた 体 制 づくりが 必 要 である 農 業 用 水 路 などで 浄 化 槽 の 放 流 先 の 確 保 が 困 難 な 地 区 は 放 流 できる 地 区 まで 放 流 管 を 整 備 する 必 要 がある 土 地 建 物 等 の 状 況 によっては 民 有 地 内 に 浄 化 槽 を 設 置 することが 困 難 な 場 合 があり 道 路 への 設 置 などの 検 討 が 必 要 となる 個 人 で 整 備 された 浄 化 槽 の 引 き 取 りにあたっては 引 き 取 りの 優 先 順 位 や 引 き 取 りの 基 準 などのルールが 必 要 となる 浄 化 槽 を 設 置 するために 無 償 土 地 使 用 契 約 などのルール 作 りが 必 要 である 処 理 施 設 を 地 域 単 位 で 一 括 して 管 理 していくこととしているが 管 理 規 模 などを 検 討 す る 必 要 がある 処 理 施 設 の 整 備 に 伴 う 宅 内 排 水 設 備 の 改 造 への 貸 付 け 制 度 を 統 一 する 必 要 がある 10

13 11

14 市 街 化 区 域 外 の 生 活 排 水 処 理 に 係 る 関 連 条 例 の 改 正 内 容 について( 案 ) 平 成 19 年 (2007 年 )8 月 23 日 区 分 現 行 公 共 下 水 道 ( 市 街 化 区 域 内 ) 広 島 市 下 水 道 事 業 の 設 置 等 に 関 する 条 例 下 水 道 農 業 集 落 排 水 処 理 施 設 特 定 環 境 保 全 公 共 下 水 道 広 島 市 下 水 道 条 例 小 規 模 下 水 道 ( 市 街 化 区 域 内 の ものを 含 む ) 広 島 市 下 水 道 事 業 の 設 置 等 に 関 する 条 例 湯 来 地 区 その 他 の 地 区 広 島 市 農 業 集 落 排 水 処 理 施 設 条 例 市 営 浄 化 槽 ( 新 設 ) 下 水 道 事 業 ( 設 置 ) 改 正 1 広 島 市 下 水 道 事 業 の 設 置 等 に 関 する 条 例 を 改 正 する ⑴ 下 水 道 事 業 として 次 の3 事 業 ( 新 規 3 事 業 )を 追 加 する 1 特 定 環 境 保 全 公 共 下 水 道 事 業 ( 現 在 の 湯 来 地 区 環 境 保 全 公 共 下 水 道 に 加 え 市 街 化 区 域 外 で 行 う 公 共 下 水 道 事 業 を 含 む ) 2 農 業 集 落 排 水 事 業 3 市 営 浄 化 槽 事 業 ⑵ 下 水 道 事 業 の 計 画 区 域 を 本 市 の 一 部 から 本 市 の 全 域 に 拡 大 する ⑶ 上 記 ⑵に 伴 い 下 水 道 事 業 の 計 画 人 口 を120 万 8,300 人 に 変 更 する 現 行 広 島 市 下 水 道 事 業 の 設 置 等 に 関 する 条 例 ( 企 業 会 計 ) 広 島 市 特 別 会 計 条 例 広 島 市 下 水 道 事 業 の 設 置 等 に 関 する 条 例 ( 企 業 会 計 ) 広 島 市 特 別 会 計 条 例 会 計 改 正 1 広 島 市 下 水 道 事 業 の 設 置 等 に 関 する 条 例 を 改 正 する ⑴ 新 規 3 事 業 を 企 業 会 計 ( 地 方 公 営 企 業 法 第 2 条 第 2 項 の 財 務 規 定 等 を 適 用 )とする 2 上 記 1に 伴 い 広 島 市 特 別 会 計 条 例 を 改 正 し 次 の2つの 特 別 会 計 を 廃 止 する ( 改 正 附 則 で 廃 止 ) 1 農 業 集 落 排 水 事 業 特 別 会 計 2 特 定 環 境 保 全 公 共 下 水 道 事 業 特 別 会 計 現 行 広 島 市 下 水 道 条 例 広 島 市 農 業 集 落 排 水 処 理 施 設 条 例 管 理 及 び 使 用 ( 使 用 料 を 含 む ) 改 正 1 広 島 市 下 水 道 条 例 を 改 正 する ⑴ 小 規 模 下 水 道 及 び 農 業 集 落 排 水 処 理 施 設 の 供 用 が 開 始 された 区 域 内 に 建 築 物 を 建 築 しようとする 者 に 対 し これらの 処 理 施 設 に 下 水 を 流 入 させるための 排 水 設 備 を 設 置 すべきことを 義 務 付 ける ただし 建 築 基 準 法 に 違 反 しない 場 合 は 適 用 を 除 外 する ⑵ 上 記 ⑴の 区 域 内 に 建 築 物 を 所 有 する 者 に 対 し 小 規 模 下 水 道 及 び 農 業 集 落 排 水 処 理 施 設 に 下 水 を 流 入 させるための 排 水 設 備 を 供 用 開 始 の 日 から1 年 以 内 に 設 置 すべきことを 義 務 付 ける ただし 公 共 下 水 道 と 同 様 に 特 別 な 理 由 がある 場 合 は 期 間 を 延 長 する ⑶ 上 記 ⑴の 区 域 内 に 建 築 物 を 所 有 する 者 で くみ 取 便 所 を 設 置 しているものに 対 し 供 用 開 始 の 日 から3 年 以 内 に 水 洗 便 所 に 改 造 すべきことを 義 務 付 ける ただし 公 共 下 水 道 と 同 様 に やむを 得 ない 事 情 がある 場 合 は 適 用 を 除 外 する ⑷ 特 定 環 境 保 全 公 共 下 水 道 及 び 農 業 集 落 排 水 処 理 施 設 について その 使 用 料 金 の 体 系 を 現 行 の 世 帯 の 人 数 により 料 金 額 を 一 律 に 定 めて 徴 収 する 人 員 制 から 公 共 下 水 道 と 同 様 に 水 道 水 の 使 用 量 に 応 じて 料 金 額 を 算 定 し 徴 収 する 従 量 制 に 変 更 する ⑸ 市 街 化 区 域 外 の 集 中 処 理 施 設 ( 公 共 下 水 道 小 規 模 下 水 道 及 び 農 業 集 落 排 水 処 理 施 設 ) 以 外 の 地 域 に 所 在 する 住 宅 ( 一 定 の 併 用 住 宅 を 含 み 販 売 目 的 のものを 除 く ) について 本 市 がその 所 有 者 からの 申 請 に 基 づいて 市 営 浄 化 槽 ( 放 流 管 を 含 む ) を 新 設 し その 維 持 管 理 を 行 う なお 設 置 部 分 の 土 地 の 無 償 使 用 など 設 置 に 必 要 な 条 件 を 設 ける ⑹ 市 営 浄 化 槽 の 対 象 地 域 内 に 既 設 の 浄 化 槽 ( 合 併 浄 化 槽 に 限 る ) のうち 一 定 の 条 件 ( 適 正 な 管 理 が 行 われているなど)に 合 致 しているものは 本 市 が 無 償 で 引 き 取 り 市 営 浄 化 槽 として 維 持 管 理 を 行 う ⑺ 市 営 浄 化 槽 を 使 用 する 者 から 水 道 水 等 の 使 用 量 に 応 じて 使 用 料 ( 従 量 制 )を 徴 収 する ⑻ 集 中 処 理 施 設 における 通 常 の 維 持 管 理 費 以 上 に 必 要 となる 浄 化 槽 ブロアー( 送 風 機 )の 電 気 代 及 び 清 掃 ( 年 1 回 ) 定 期 点 検 ( 年 3から4 回 ) 時 に 必 要 な 水 道 代 は 使 用 者 の 負 担 とする 2 上 記 1の 改 正 に 伴 い 広 島 市 農 業 集 落 排 水 処 理 施 設 条 例 を 廃 止 する ( 改 正 附 則 で 廃 止 ) 現 行 広 島 圏 都 市 計 画 ( 広 島 平 和 記 念 都 市 建 設 計 画 ) 下 水 道 受 益 者 負 担 に 関 する 条 例 広 島 市 湯 来 地 区 特 定 環 境 保 全 公 共 下 水 道 事 業 分 担 金 条 例 広 島 市 湯 来 地 区 農 業 集 落 排 水 事 業 分 担 金 条 例 広 島 市 農 業 集 落 排 水 事 業 分 担 金 条 例 分 担 金 水 洗 便 所 設 備 資 金 貸 付 金 改 正 現 行 改 正 広 島 市 水 洗 便 所 設 備 資 金 貸 付 条 例 1 広 島 市 湯 来 地 区 特 定 環 境 保 全 公 共 下 水 道 事 業 分 担 金 条 例 を 改 正 する ⑴ 条 例 名 を 広 島 市 下 水 道 事 業 分 担 金 条 例 に 改 称 する ⑵ 分 担 金 の 受 益 者 ( 賦 課 対 象 者 )は 市 街 化 区 域 外 の 特 定 環 境 保 全 公 共 下 水 道 ( 都 市 計 画 事 業 として 行 わない 公 共 下 水 道 をいう ) 小 規 模 下 水 道 農 業 集 落 排 水 処 理 施 設 及 び 市 営 浄 化 槽 を 使 用 する 者 とする ⑶ 分 担 金 の 金 額 は 1 戸 当 たり30 万 円 ( 公 共 ます1 個 又 は 市 営 浄 化 槽 1 基 を 単 位 とする )とする ⑷ 分 担 金 の 賦 課 徴 収 は 対 象 処 理 施 設 に 排 水 設 備 を 接 続 した 日 ( 検 査 確 認 日 )の 年 度 の 翌 年 度 とする ⑸ 分 担 金 の 納 付 は 5 年 度 分 割 ( 年 4 期 計 20 回 払 い)とする ただし 一 括 全 納 も 認 める ⑹ 分 担 金 を 一 括 全 納 した 場 合 に 限 り 全 納 報 奨 金 (8% 相 当 額 )を 交 付 する( 規 則 で 定 める ) ⑺ 集 中 処 理 施 設 の 区 域 外 からの 区 域 外 流 入 者 に 対 しても 分 担 金 を 賦 課 する ただし 既 に 許 可 を 得 ている 区 域 外 流 入 者 ( 市 街 化 区 域 内 の 集 中 処 理 施 設 への 区 域 外 流 入 者 に 限 る )の 分 担 金 の 金 額 は 受 益 者 負 担 金 相 当 額 ( 土 地 1m2 当 たり187 円 )と30 万 円 のいずれか 低 い 方 の 額 とする 2 上 記 1の 改 正 に 伴 い 現 行 の 農 集 に 係 る2 分 担 金 条 例 を 廃 止 し 次 の 経 過 措 置 を 設 ける ⑴ 湯 来 地 区 の 特 定 環 境 保 全 公 共 下 水 道 事 業 及 び 農 業 集 落 排 水 事 業 については 現 行 の 分 担 金 の 扱 いを 考 慮 し 供 用 開 始 後 3 年 以 内 に 排 水 設 備 を 設 置 した 場 合 に 限 り 分 担 金 額 を20 万 円 とする ⑵ 湯 来 地 区 以 外 の 農 業 集 落 排 水 事 業 地 区 ( 井 原 高 南 地 区 を 除 く )については 条 例 施 行 後 3 年 以 内 に 排 水 設 備 を 設 置 した 場 合 に 限 り 平 成 20 年 3 月 末 時 点 での 事 業 費 額 を 基 に 算 定 した 分 担 金 額 と30 万 円 のいずれか 低 い 方 の 額 とする ⑶ 井 原 高 南 地 区 の 農 業 集 落 排 水 事 業 については 平 成 21 年 度 までは 整 備 工 事 が 継 続 し 事 業 費 が 確 定 しない ため 同 年 度 までは 現 行 の 分 担 金 条 例 の 規 定 を 継 続 して 適 用 する 利 子 補 給 制 度 ( 要 綱 ) 利 子 補 給 制 度 ( 要 綱 ) 利 子 補 給 制 度 ( 要 綱 ) 1 広 島 市 水 洗 便 所 設 備 資 金 貸 付 条 例 を 改 正 する ⑴ 特 定 環 境 保 全 公 共 下 水 道 小 規 模 下 水 道 農 業 集 落 排 水 処 理 施 設 及 び 市 営 浄 化 槽 の 各 区 域 内 の 建 築 物 についても くみ 取 便 所 の 改 造 又 は し 尿 浄 化 槽 の 廃 止 に 係 る 費 用 の 一 部 を 貸 し 付 ける 対 象 とする 12

15 公 共 下 水 道 事 業 等 に 係 る 事 業 比 較 表 平 成 19 年 (2007 年 )8 月 23 日 上 段 : 現 行 下 段 : 改 正 案 公 共 下 水 道 都 市 計 画 事 業 ( 市 街 化 区 域 内 ) 特 定 環 境 保 全 公 共 下 水 道 ( 都 市 計 画 事 業 以 外 ) 湯 来 地 区 以 外 湯 来 地 区 農 業 集 落 排 水 処 理 施 設 市 営 浄 化 槽 目 的 ( 下 水 道 法 ) ( 下 水 道 法 ) 下 水 道 の 整 備 を 図 り もって 都 市 の 健 全 な 発 達 及 び 公 衆 衛 生 の 向 上 に 寄 与 し あわせて 公 共 用 水 域 の 水 質 の 保 全 に 資 することを 目 的 とする 下 水 道 の 整 備 を 図 り もって 都 市 の 健 全 な 発 達 及 び 公 衆 衛 生 の 向 上 に 寄 与 し あわせて 公 共 用 水 域 の 水 質 の 保 全 に 資 することを 目 的 とする ( 下 水 道 法 ) 下 水 道 の 整 備 を 図 り もって 都 市 の 健 全 な 発 達 及 び 公 衆 衛 生 の 向 上 に 寄 与 し あわせて 公 共 用 水 域 の 水 質 の 保 全 に 資 することを 目 的 とする ( 農 業 集 落 排 水 処 理 施 設 条 例 ) 排 水 処 理 施 設 の 整 備 を 図 り 農 業 集 落 における 農 業 用 用 排 水 の 水 質 保 全 及 び 生 活 環 境 の 改 善 に 資 することを 目 的 とす る 生 活 排 水 の 適 正 な 処 理 の 促 進 を 図 り もって 市 民 の 生 活 環 境 の 向 上 及 び 公 共 用 水 域 の 水 質 の 保 全 に 資 すること を 目 的 とする 排 水 の 対 象 とする 下 水 都 市 計 画 事 業 区 域 内 ( 市 街 化 区 域 都 市 計 画 事 業 区 域 外 ( 市 街 化 区 域 内 )の 住 宅 店 舗 事 業 所 工 場 からの 外 )の 住 宅 店 舗 事 業 所 工 場 からの 下 水 下 水 湯 来 地 区 の 事 業 区 域 内 における 住 宅 店 舗 事 業 所 工 場 からの 下 水 農 業 集 落 排 水 事 業 区 域 内 の 住 宅 店 舗 事 業 所 からの 下 水 ( 雨 水 を 除 く ) 左 記 以 外 の 区 域 における 住 宅 ( 建 売 住 宅 等 の 事 業 用 を 除 く ) 及 び 併 用 住 宅 ( 居 住 部 分 の 床 面 積 が1/2 以 上 で そ の 必 要 人 槽 が 併 用 住 宅 の 必 要 人 槽 の 1/2 以 上 のものに 限 る )からの 下 水 ( 雨 水 を 除 く ) 排 水 設 備 の 設 置 義 務 等 ( 処 理 施 設 との 接 続 義 務 ) 排 水 設 備 の 設 置 供 用 開 始 後 1 年 以 内 くみ 取 り 便 所 への 供 用 開 始 後 改 造 3 年 以 内 排 水 設 備 の 設 置 供 用 開 始 後 1 年 以 内 くみ 取 り 便 所 への 供 用 開 始 後 改 造 3 年 以 内 公 共 下 水 道 に 合 わせる なし 浄 化 槽 設 置 は 申 請 制 とする ただし 設 置 者 には 排 水 設 備 の 接 続 ( 設 置 ) 義 務 を 課 する 使 用 料 料 金 徴 収 事 務 水 道 使 用 量 による 従 量 制 水 道 局 に 委 託 世 帯 人 数 による 人 員 制 公 共 下 水 道 に 合 わせる ( 従 量 制 ) 直 営 世 帯 人 数 による 人 員 制 公 共 下 水 道 に 合 わせる ( 水 道 局 に 委 託 する ) ただし 水 道 給 水 計 画 区 域 以 外 の 区 域 については 組 合 との 協 議 等 もあり 現 在 調 整 中 ( 委 任 規 程 の 改 正 による ) 直 営 公 共 下 水 道 に 合 わせる ( 従 量 制 ) ただし 電 気 水 道 の 料 金 は 個 人 負 担 使 用 再 開 使 用 休 止 日 割 計 算 使 用 日 数 15 日 以 上 月 の 全 額 使 用 日 数 15 日 未 満 月 の 半 額 公 共 下 水 道 に 合 わせる ( 日 割 計 算 ) 使 用 日 数 15 日 以 上 月 の 全 額 使 用 日 数 15 日 未 満 月 の 半 額 対 象 者 処 理 区 域 内 に 所 在 する 土 地 の 所 有 者 処 理 区 域 内 に 所 在 する 建 築 物 の 所 有 者 で 排 水 設 備 の 確 認 を 受 けた 者 ( 湯 来 地 区 ) ( 湯 来 地 区 以 外 ) 処 理 区 域 内 に 所 処 理 区 域 に 所 在 在 する 建 築 物 の 所 する 建 築 物 の 所 有 有 者 で 排 水 設 備 の 者 確 認 を 受 けた 者 処 理 区 域 内 に 所 在 する 建 築 物 の 所 有 者 で 排 水 設 備 の 検 査 確 認 を 受 けた 者 分 担 金 額 187 円 /m2( 受 益 者 負 担 金 ) 30 万 円 / 戸 ただし 供 用 開 始 後 3 年 以 内 の 接 続 者 は20 万 円 / 戸 ( 湯 来 地 区 ) ( 湯 来 地 区 以 外 ) 30 万 円 / 戸 ただし 供 用 開 始 後 3 年 以 内 の 接 続 者 は20 万 円 / 戸 処 理 区 域 毎 の 建 設 費 の5%を 計 画 戸 数 で 除 した 額 / 戸 30 万 円 / 戸 ( 湯 来 地 区 ) ( 湯 来 地 区 以 外 ) 分 分 担 金 額 の 経 過 措 置 供 用 開 始 後 3 年 以 内 の 接 続 者 は20 万 円 / 戸 とする ただし 一 括 納 付 のみ( 現 実 施 区 域 ) 供 用 開 始 後 3 年 以 内 の 接 続 者 は20 万 円 / 戸 とする た だし 一 括 納 付 の み( 現 実 施 区 域 ) 事 業 参 加 同 意 者 で 条 例 施 行 又 は 供 用 開 始 から3 年 以 内 に 接 続 した 場 合 に 限 り 従 前 の 額 (ただし 小 河 内 地 区 は30 万 円 / 戸 ) とする ( 湯 来 地 区 ) ( 湯 来 地 区 以 外 ) 条 例 施 行 前 に 農 集 の 事 業 参 加 同 意 者 が 今 回 の 計 画 変 更 で 浄 化 槽 区 域 に なった 場 合 の 分 担 金 額 は 条 例 施 行 後 3 年 以 内 に 設 置 したときに 限 り 従 前 の 農 集 の 分 担 金 額 とする 担 金 賦 課 時 期 供 用 開 始 した 翌 年 度 排 水 設 備 の 計 画 を 確 認 したとき 排 水 設 備 の 計 画 を 確 認 したとき 供 用 開 始 の 翌 年 度 納 入 方 法 納 入 回 数 納 期 納 付 書 による 納 付 5 年 分 割 ( 年 4 期 の 計 20 回 払 い) 第 1 期 8 月 1 日 から 同 月 末 日 第 2 期 10 月 1 日 から 同 月 末 日 第 3 期 12 月 1 日 から 翌 年 1 月 4 日 まで 第 4 期 翌 年 2 月 1 日 から 同 月 末 日 排 水 設 備 の 検 査 確 認 をした 年 度 の 翌 年 度 納 付 書 による 納 付 分 担 金 額 納 付 期 日 を 通 知 した 日 の 翌 日 から2か 月 を 経 過 する 日 ( 一 括 ) ( 湯 来 地 区 ) ( 湯 来 地 区 以 外 ) 納 付 書 による 納 納 付 書 による 納 付 付 と 口 座 振 替 を 本 人 の 希 望 により 選 択 納 付 書 による 納 付 (なお 口 座 振 替 を 選 択 できるよう 金 融 機 関 と 調 整 中 また 湯 来 地 区 は 納 付 書 による 納 付 のみ) 全 額 一 括 ( 湯 来 地 区 ) ( 湯 来 地 区 以 外 ) 全 額 一 括 5 年 分 割 ( 年 4 期 の 計 20 回 払 い) 公 共 下 水 道 に 合 わせる ただし 湯 来 地 区 の 特 定 環 境 保 全 公 共 下 水 道 及 び 農 業 集 落 排 水 処 理 施 設 の 供 用 開 始 後 3 年 以 内 に 接 続 する 者 に 対 する 経 過 措 置 (20 万 円 / 戸 )の 対 象 者 については 現 行 どおり( 一 括 納 付 ) ( 湯 来 地 区 ) ( 湯 来 地 区 以 外 ) 分 担 金 額 納 付 期 日 を 通 知 した 日 の 翌 日 から2か 月 を 経 過 する 日 ( 一 括 ) 第 1 期 8 月 1 日 から 同 月 31 日 まで 第 2 期 10 月 1 日 から 同 月 31 日 まで 第 3 期 12 月 1 日 から 翌 年 1 月 4 日 まで 第 4 期 2 月 1 日 から 同 月 末 日 まで 公 共 下 水 道 に 合 わせる ただし 湯 来 地 区 の 特 定 環 境 保 全 公 共 下 水 道 及 び 農 業 集 落 排 水 処 理 施 設 の 供 用 開 始 後 3 年 以 内 に 接 続 する 者 に 対 する 経 過 措 置 (20 万 円 / 戸 )の 対 象 者 については 現 行 どおり( 一 括 納 付 ) 13

16 公 共 下 水 道 都 市 計 画 事 業 ( 市 街 化 区 域 内 ) 特 定 環 境 保 全 公 共 下 水 道 ( 都 市 計 画 事 業 以 外 ) 湯 来 地 区 以 外 湯 来 地 区 農 業 集 落 排 水 処 理 施 設 市 営 浄 化 槽 分 担 金 期 限 前 納 付 報 奨 制 度 利 用 促 進 報 奨 制 度 徴 収 猶 予 減 免 あり 期 別 の 負 担 金 額 100 分 の0.3 前 納 月 数 の 累 計 なし ( 農 地 ) 6 年 間 ( 災 害 盗 難 長 期 療 養 等 ) 1 以 内 減 免 率 有 公 共 の 用 に 供 する 土 地 物 件 労 力 の 提 供 者 生 活 扶 助 世 帯 減 免 の 必 要 がある 土 地 ( 宗 教 団 体 社 会 福 祉 事 業 学 校 等 ) なし ( 災 害 盗 難 長 期 療 養 等 ) 1 年 以 内 なし 新 設 する( 規 則 改 正 で 対 応 ) 分 担 金 額 8%(ただし 一 括 納 付 の 場 合 のみ) あり 供 用 開 始 から3 年 以 内 の 排 水 設 備 計 画 の 確 認 の 場 合 は 分 担 金 の 額 は20 万 円 / 戸 ( 湯 来 地 区 ) ( 湯 来 地 区 以 外 ) あり 供 用 開 始 から3 年 以 内 の 排 水 設 備 計 なし 画 の 確 認 の 場 合 分 担 金 の 額 は20 万 円 / 戸 設 けない (ただし 鹿 ノ 内 地 区 農 集 については 平 成 21 年 度 からの 供 用 開 始 のため 平 成 20 年 度 に 条 例 を 再 度 改 正 し 現 行 の 湯 来 地 区 の 利 用 促 進 報 奨 制 度 ( 供 用 開 始 から3 年 以 内 は20 万 円 / 戸 )を 置 く 必 要 がある ) 減 免 率 有 物 件 労 力 の 提 供 者 生 活 扶 助 世 帯 減 免 の 必 要 がある 建 物 ( 宗 教 団 体 社 会 福 祉 事 業 学 校 等 ) 特 定 環 境 保 全 公 共 下 水 道 に 合 わせる 特 定 環 境 保 全 公 共 下 水 道 に 合 わせる ( 災 害 その 他 特 別 な 事 由 ) 1 年 以 内 災 害 その 他 特 別 な 事 由 ( 生 活 扶 助 世 帯 ) 区 域 外 流 入 工 事 の 施 工 区 域 外 流 入 許 可 者 に 対 しては 将 来 の 供 用 開 始 の 翌 年 度 に 187 円 /m2の 受 益 者 負 担 金 を 賦 課 する 広 島 市 排 水 設 備 指 定 工 事 店 現 在 の 市 街 化 区 域 外 から 市 街 化 区 域 内 への 区 域 外 流 入 許 可 者 に 対 しては 将 来 下 水 道 認 可 区 域 に 入 った 時 点 で 受 益 者 負 担 金 を 賦 課 すると 説 明 してい る 条 例 施 行 前 の 区 域 外 流 入 許 可 者 に ついては 市 街 化 区 域 外 の 公 共 下 水 道 区 域 に 編 入 された 翌 年 度 に 30 万 円 / 戸 又 は187 円 /m2の 安 い 方 の 分 担 金 を 賦 課 する 条 例 施 行 以 後 の 区 域 外 流 入 許 可 者 については 排 水 設 備 の 検 査 確 認 の 翌 年 度 に30 万 円 / 戸 を 賦 課 する 現 在 の 区 域 外 流 入 許 可 者 に 対 して は 将 来 特 定 環 境 保 全 公 共 下 水 道 の 認 可 区 域 に 入 った 時 点 で 20 万 円 の 分 担 金 を 賦 課 すると 説 明 している 条 例 施 行 前 の 区 域 外 流 入 許 可 者 に ついては 特 定 環 境 保 全 公 共 下 水 道 の 認 可 区 域 に 編 入 された 翌 年 度 に 20 万 円 / 戸 の 分 担 金 を 賦 課 する 条 例 施 行 以 後 の 区 域 外 流 入 許 可 者 については 排 水 設 備 の 検 査 確 認 の 翌 年 度 に30 万 円 / 戸 を 賦 課 する 広 島 市 排 水 設 備 指 定 工 事 店 ( 事 業 参 加 同 意 者 に 限 り 流 入 を 認 めて いるため 区 域 外 流 入 許 可 者 はいな い ) 条 例 施 行 以 後 の 区 域 外 流 入 許 可 者 に ついては 排 水 設 備 検 査 確 認 の 翌 年 度 に30 万 円 / 戸 を 賦 課 する 公 共 下 水 道 に 合 わせる 広 島 市 排 水 設 備 指 定 工 事 店 の 監 理 のもと 検 査 市 長 が 認 めた 検 査 員 ( 検 査 員 証 交 付 ) 市 長 が 認 めた 検 査 員 ( 検 査 員 証 交 付 ) 検 査 員 の 規 定 なし ( 検 査 員 証 交 付 なし) 公 共 下 水 道 に 合 わせる 排 水 設 備 検 査 結 果 の 通 知 貸 付 制 度 補 助 金 検 査 済 証 は 未 交 付 水 洗 便 所 設 備 資 金 貸 付 制 度 (いずれ か) くみ 取 便 所 の 改 造 に 伴 う 工 事 限 度 額 52 万 円 / 戸 し 尿 浄 化 槽 廃 止 に 伴 う 工 事 限 度 額 50 万 円 / 基 生 活 扶 助 世 帯 ( 建 物 所 有 者 ) 排 水 設 備 新 設 等 工 事 に 要 する 経 費 として 市 長 が 認 める 額 (し 尿 浄 化 槽 の 廃 止 工 事 を 含 む ) 検 査 済 証 は 未 交 付 公 共 下 水 道 に 合 わせる 利 子 補 給 制 度 限 度 借 入 額 52 万 円 / 戸 利 率 3.5% 期 間 10 年 検 査 済 証 を 交 付 公 共 下 水 道 に 合 わせる ( 水 洗 便 所 設 備 資 金 貸 付 制 度 の 貸 付 対 象 範 囲 に 含 める( 利 子 補 給 制 度 は 廃 止 する ) ) 公 共 下 水 道 と 同 じ 公 共 下 水 道 に 合 わせる 生 活 扶 助 世 帯 ( 居 住 世 帯 ) 排 水 設 備 新 設 等 工 事 に 要 する 経 費 として 市 長 が 認 める 額 (し 尿 浄 化 槽 廃 止 工 事 は 含 まない ) 個 人 設 置 市 設 置 設 置 最 終 ま す 個 人 管 理 市 設 置 とする 市 管 理 管 理 市 管 理 とする 普 及 啓 発 活 動 員 水 洗 化 普 及 相 談 員 の 設 置 水 洗 化 普 及 相 談 員 の 設 置 ( 湯 来 地 区 ) ( 湯 来 地 区 以 外 ) なし 公 共 下 水 道 に 合 わせる ( 水 洗 化 普 及 相 談 員 を 設 置 する ) 地 元 管 理 組 合 そ の 他 過 料 排 水 設 備 の 確 認 を 受 けずに 工 事 し た 指 定 工 事 店 以 外 が 工 事 し た 使 用 料 の 徴 収 逃 れを 行 った 等 条 文 の 義 務 規 定 に 対 応 する 過 料 が 規 定 されている 公 共 下 水 道 と 同 じ 使 用 料 の 徴 収 逃 れを 行 った 場 合 のみ 規 定 されている 公 共 下 水 道 に 合 わせる 14

17 1 広 島 市 下 水 道 条 例 昭 和 47 年 10 月 6 日 条 例 第 9 6 号 改 正 昭 和 49 年 3 月 30 日 条 例 第 27 号 昭 和 49 年 7 月 22 日 条 例 第 63 号 昭 和 51 年 3 月 31 日 条 例 第 36 号 昭 和 52 年 3 月 31 日 条 例 第 32 号 昭 和 54 年 12 月 21 日 条 例 第 55 号 昭 和 55 年 3 月 11 日 条 例 第 36 号 昭 和 55 月 7 月 12 日 条 例 第 69 号 昭 和 56 年 3 月 24 日 条 例 第 31 号 昭 和 57 年 3 月 24 日 条 例 第 28 号 昭 和 57 年 4 月 10 日 条 例 第 44 号 昭 和 58 年 3 月 15 日 条 例 第 17 号 昭 和 58 年 7 月 8 日 条 例 第 35 号 昭 和 58 年 9 月 28 日 条 例 第 42 号 昭 和 59 年 9 月 22 日 条 例 第 48 号 昭 和 60 年 2 月 27 日 条 例 第 37 号 昭 和 60 年 3 月 19 日 条 例 第 69 号 昭 和 61 年 3 月 8 日 条 例 第 1 号 昭 和 62 年 3 月 19 日 条 例 第 17 号 昭 和 62 年 9 月 18 日 条 例 第 38 号 昭 和 63 年 3 月 25 日 条 例 第 19 号 平 成 元 年 3 月 30 日 条 例 第 19 号 平 成 元 年 9 月 8 日 条 例 第 44 号 平 成 3 年 3 月 20 日 条 例 第 12 号 平 成 3 年 9 月 26 日 条 例 第 53 号 平 成 4 年 3 月 6 日 条 例 第 6 号 平 成 5 年 7 月 5 日 条 例 第 30 号 平 成 5 年 10 月 1 日 条 例 第 37 号 平 成 6 年 3 月 9 日 条 例 第 2 号 平 成 6 年 6 月 30 日 条 例 第 39 号 平 成 6 年 9 月 9 日 条 例 第 49 号 平 成 7 年 3 月 20 日 条 例 第 30 号 平 成 7 年 3 月 20 日 条 例 第 31 号 平 成 7 年 12 月 18 日 条 例 第 66 号 平 成 8 年 3 月 6 日 条 例 第 3 号 平 成 9 年 3 月 27 日 条 例 第 10 号 平 成 9 年 12 月 19 日 条 例 第 71 号 平 成 10 年 3 月 5 日 条 例 第 7 号 平 成 10 年 10 月 2 日 条 例 第 102 号 平 成 11 年 12 月 20 日 条 例 第 64 号 平 成 12 年 3 月 6 日 条 例 第 3 号 平 成 12 年 3 月 29 日 条 例 第 42 号 平 成 12 年 12 月 25 日 条 例 第 78 号 平 成 13 年 12 月 28 日 条 例 第 67 号 平 成 15 年 3 月 20 日 条 例 第 25 号 平 成 16 年 3 月 30 日 条 例 第 27 号 平 成 17 年 3 月 30 日 条 例 第 70 号 平 成 17 年 7 月 8 日 条 例 第 131 号 平 成 17 年 12 月 21 日 条 例 第 169 号 平 成 19 年 9 月 28 日 条 例 第 54 号 広 島 市 下 水 道 条 例 ( 昭 和 27 年 広 島 市 条 例 第 18 号 )の 全 部 を 改 正 する 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 4 条 ) 第 2 章 公 共 下 水 道 ( 第 5 条 ~ 第 20 条 ) 第 3 章 小 規 模 下 水 道 及 び 農 業 集 落 排 水 処 理 施 設 第 1 節 小 規 模 下 水 道 ( 第 21 条 ~ 第 32 条 ) 第 2 節 農 業 集 落 排 水 処 理 施 設 ( 第 33 条 第 34 条 ) 第 4 章 市 営 浄 化 槽 ( 第 35 条 ~ 第 43 条 ) 第 5 章 使 用 料 及 び 手 数 料 ( 第 44 条 ~ 第 51 条 ) 第 6 章 占 用 ( 第 52 条 ~ 第 57 条 ) 第 7 章 雑 則 ( 第 58 条 ~ 第 63 条 ) 第 8 章 罰 則 ( 第 64 条 ~ 第 66 条 ) 附 則 第 1 章 総 則 (この 条 例 の 趣 旨 ) 第 1 条 本 市 が 設 置 し 又 は 管 理 する 下 水 道 の 管 理 及 び 使 用 に 関 しては 法 令 その 他 別 に 定 め があるもののほか この 条 例 の 定 めるところによる 15

18 ( 用 語 の 定 義 ) 第 2 条 ろによる この 条 例 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は それぞれ 当 該 各 号 に 定 めるとこ (1) 下 水 生 活 若 しくは 事 業 ( 耕 作 の 事 業 を 除 く )に 起 因 し 若 しくは 付 随 する 廃 水 ( 公 共 下 水 道 以 外 の 下 水 道 にあつては 規 則 で 定 めるものを 除 く 以 下 汚 水 という ) 又 は 雨 水 をいう (2) 下 水 道 公 共 下 水 道 小 規 模 下 水 道 農 業 集 落 排 水 処 理 施 設 及 び 市 営 浄 化 槽 をいう (3) 公 共 下 水 道 下 水 道 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 79 号 以 下 法 という ) 第 2 条 第 3 号 に 規 定 する 公 共 下 水 道 をいう (4) 小 規 模 下 水 道 団 地 における 下 水 を 排 除 し 又 は 処 理 するために 本 市 が 管 理 する 施 設 で 汚 水 を 集 合 して 処 理 し 公 共 の 水 域 に 放 流 するための 処 理 施 設 及 びこれを 補 完 する 施 設 を 有 するものをいう (5) 農 業 集 落 排 水 処 理 施 設 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 ( 昭 和 44 年 法 律 第 58 号 ) 第 6 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 農 業 振 興 地 域 として 指 定 された 地 域 における 汚 水 を 排 除 し 及 び 処 理 するために 本 市 が 管 理 する 施 設 で 汚 水 を 集 合 して 処 理 し 公 共 の 水 域 に 放 流 するた めの 処 理 施 設 及 びこれを 補 完 する 施 設 を 有 するものをいう (6) 市 営 浄 化 槽 第 35 条 第 1 項 の 市 営 浄 化 槽 区 域 における 汚 水 を 処 理 するために 本 市 が 管 理 する 浄 化 槽 ( 浄 化 槽 法 ( 昭 和 58 年 法 律 第 43 号 ) 第 2 条 第 1 号 に 規 定 する 浄 化 槽 ( 同 法 第 3 条 の2 第 2 項 又 は 浄 化 槽 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 12 年 法 律 第 106 号 ) 附 則 第 2 条 の 規 定 により 浄 化 槽 とみなされるものを 除 く ) をいう 第 41 条 において 同 じ ) をいう きょ (7) 排 水 設 備 下 水 を 下 水 道 に 流 入 させるために 必 要 な 排 水 管 排 水 渠 その 他 の 排 水 施 設 を いう (8) 使 用 者 下 水 を 下 水 道 に 排 除 してこれを 使 用 する 者 をいう ( 昭 52 条 例 32 昭 60 条 例 69 平 3 条 例 53 平 12 条 例 3 平 15 条 例 25 平 17 条 例 70 一 部 改 正 ) ( 代 理 人 の 選 定 ) 第 3 条 市 長 は 義 務 者 ( 公 共 下 水 道 にあつては 法 第 10 条 第 1 項 の 規 定 により 小 規 模 下 水 道 又 は 農 業 集 落 排 水 処 理 施 設 にあつては 第 22 条 ( 第 34 条 において 準 用 する 場 合 を 含 む )の 規 定 により 市 営 浄 化 槽 にあつては 第 37 条 の 規 定 により 排 水 設 備 を 設 置 しなければならない 者 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 使 用 者 で 市 内 ( 公 共 下 水 道 にあつては 安 芸 郡 府 中 町 内 の 排 水 区 域 ( 法 第 2 条 第 7 号 に 規 定 する 排 水 区 域 をいう 以 下 同 じ ) 内 を 農 業 集 落 排 水 処 理 施 設 に あつては 山 県 郡 安 芸 太 田 町 内 の 農 業 集 落 排 水 処 理 施 設 区 域 ( 第 33 条 第 2 項 の 規 定 により 告 示 された 区 域 をいう 以 下 同 じ ) 内 を 含 む 以 下 この 条 において 同 じ ) に 住 所 ( 法 人 にあつ ては その 主 たる 事 務 所 ) 又 は 居 所 を 有 しないものに 対 し この 条 例 に 規 定 する 事 項 を 処 理 させるため 市 内 に 住 所 ( 法 人 にあつては その 主 たる 事 務 所 ) 又 は 居 所 を 有 する 者 のうち から 代 理 人 を 選 定 させることができる 以 下 省 略 16

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

一宮市町内会に対する防犯カメラ設置補助金交付要綱

一宮市町内会に対する防犯カメラ設置補助金交付要綱 瀬 戸 市 防 犯 カメラ 設 置 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 域 防 犯 のために 必 要 な 箇 所 に 防 犯 カメラを 設 置 する 連 区 自 治 会 及 び 瀬 戸 防 犯 協 会 連 合 会 ( 以 下 連 区 自 治 会 等 という )に 対 し その 設 置 費 用 を 補 助 することにより 安 全 安 心 なまちづくりを 推

More information

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A>

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A> 平 成 25 年 度 国 土 交 通 省 税 制 改 正 事 項 ( 住 宅 関 係 抜 粋 ) 平 成 25 年 5 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 平 成 25 年 度 住 宅 関 連 税 制 の 改 正 概 要 ( 主 要 事 項 目 次 ) 1. 消 費 税 率 引 上 げを 踏 まえた 住 宅 取 得 対 策 P2 1 住 宅 ローン 減 税 P2 2 投 資 型 減 税 ( 現 金

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について 資 料 5 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 の 見 直 し( 案 )について 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 ( 現 行 制 度 )の 概 要 目 的 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 は 民 間 社 会 福 祉 施 設 経 営 者 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 昭 和 36 年

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾 付 議 第 3 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 に 係 る 意 見 聴 取 に 関 する 議 案 平 成 26 年 2 月 高 知 県 議 会 定 例 会 提 出 予 定 の 条 例 議 案 に 係 る 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 ( 昭 和 31 年 法 律 第 162 号 )

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

宿泊施設トイレ整備推進事業要綱

宿泊施設トイレ整備推進事業要綱 茨 城 県 宿 泊 施 設 のトイレ 整 備 推 進 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 平 成 31 年 茨 城 国 体 全 国 障 害 者 スポーツ 大 会, 平 成 32 年 東 京 オリンピック パ ラリンピックを 見 据 え, 県 内 宿 泊 施 設 の 受 入 体 制 の 強 化 を 図 るため, 宿 泊 施 設 内 のトイレを 改 修 する

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc 佐 野 市 生 活 排 水 処 理 構 想 ( 案 ) 平 成 27 年 12 月 佐 野 市 目 次 1. 生 活 排 水 処 理 構 想 について 1.1 生 活 排 水 処 理 構 想 とは P.1 1.2 生 活 排 水 処 理 施 設 の 種 類 P.1 2. 佐 野 市 の 現 状 と 課 題 2.1 整 備 状 況 P.2 2.2 主 な 汚 水 処 理 施 設 P.2 2.3 生 活

More information

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提 国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 財 務 省 主 計 局 給 与 共 済 課 長 調 査 主 任 土 谷 晃 浩 加 塩 雄 斗 1.はじめに ( 以 下 19 年 一 元 化 法 案 という )において 厚 退 職 給 付 ( 退 職 金 + 年 金 ( 事 業 主 分 ))の 官 民 均 衡 を 図 る 観 点 から 国 家 公 務 員 の 退 職 手

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら) 作 成 交 付 主 な 記 載 事 項 全 国 ( 外 国 人 含 む)に 郵 送 で 配 布 希 望 者 に 交

通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら) 作 成 交 付 主 な 記 載 事 項 全 国 ( 外 国 人 含 む)に 郵 送 で 配 布 希 望 者 に 交 1 マイナンバー 制 度 の 導 について( 案 ) 平 成 27 年 7 22 日 部 会 議 資 料 総 務 部 ( 政 管 理 課 情 報 政 策 課 庶 務 課 ) 市 活 部 ( 市 窓 課 籍 住 記 録 課 ) 通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら)

More information

●労働基準法等の一部を改正する法律案

●労働基準法等の一部を改正する法律案 第 一 八 九 回 参 第 六 号 労 働 基 準 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 労 働 基 準 法 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 労 働 基 準 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 四 十 九 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 三 十 五 条 第 一 項 中 少 くとも を 少 なくとも に 改 め 休 日 を の 下 に 直 前 の 休

More information

1 予 算 の 姿 ( 平 成 25 当 初 予 算 ) 長 野 県 財 政 の 状 況 H25.11.15 現 在 長 野 県 の 予 算 を 歳 入 面 から 見 ると 自 主 財 源 の 根 幹 である 県 税 が 全 体 の5 分 の1 程 度 しかなく 地 方 交 付 税 や 国 庫 支

1 予 算 の 姿 ( 平 成 25 当 初 予 算 ) 長 野 県 財 政 の 状 況 H25.11.15 現 在 長 野 県 の 予 算 を 歳 入 面 から 見 ると 自 主 財 源 の 根 幹 である 県 税 が 全 体 の5 分 の1 程 度 しかなく 地 方 交 付 税 や 国 庫 支 長 野 県 における 行 政 財 政 改 革 の 取 組 について 参 考 資 料 3 1 行 政 財 政 改 革 を 推 進 するための 計 画 1 財 政 改 革 推 進 プログラム(H14~H18 ) 2 長 野 県 行 財 政 改 革 プラン(H19~H23 ) 3 長 野 県 行 政 財 政 改 革 方 針 (H24~H28 ) 事 務 事 業 の 見 直 し 民 間 委 託 など 外 部

More information

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や 参 考 資 料 1-17 民 間 都 市 整 備 事 業 建 築 計 画 に 関 わる 関 連 制 度 の 整 理 都 市 開 発 諸 制 度 には 公 開 空 地 の 確 保 など 公 共 的 な 貢 献 を 行 う 建 築 計 画 に 対 して 容 積 率 や 斜 線 制 限 などの 建 築 基 準 法 に 定 める 形 態 規 制 を 緩 和 することにより 市 街 地 環 境 の 向 上 に

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A>

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A> 恵 庭 市 教 員 住 宅 のあり 方 基 本 方 針 平 成 25 年 2 月 恵 庭 市 教 育 委 員 会 目 次 1. 教 員 住 宅 の 現 状 (1) 教 員 住 宅 の 役 割 1 (2) 教 員 住 宅 の 実 態 1 (3) 環 境 の 変 化 1 (4) 教 員 の 住 宅 事 情 1 2 2. 基 本 方 針 の 目 的 2 3.あり 方 検 討 会 議 の 答 申 内 容

More information

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内 砥 部 町 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 るため 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平 成 22 年 3 月 26 日 付 け 国 官 会 第 2317 号 )

More information

て 位 置 付 けられているもので, 本 市 が 指 定 するものをいう ⒀ 防 火 対 策 次 のいずれかの 防 火 上 の 対 策 を 行 うことをいう ア 外 壁 で, 道 からの 延 焼 のおそれのある 部 分 ( 建 築 物 の 敷 地 が 接 する 道 に 面 する 当 該 建 築 物

て 位 置 付 けられているもので, 本 市 が 指 定 するものをいう ⒀ 防 火 対 策 次 のいずれかの 防 火 上 の 対 策 を 行 うことをいう ア 外 壁 で, 道 からの 延 焼 のおそれのある 部 分 ( 建 築 物 の 敷 地 が 接 する 道 に 面 する 当 該 建 築 物 京 都 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 25 年 4 月 15 日 制 定 平 成 26 年 3 月 31 日 改 正 平 成 27 年 4 月 10 日 改 正 平 成 28 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 本 市 に 存 する 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 を 促 進 するため, 当 該 木 造 住 宅 の

More information

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は 加 西 市 賃 貸 共 同 住 宅 等 建 設 促 進 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 賃 貸 共 同 住 宅 等 を 新 築 した 者 に 対 して 補 助 金 を 交 付 することにより 賃 貸 共 同 住 宅 等 の 建 設 を 促 進 し 人 口 の 増 加 に 資 することを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次

More information

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等 8 資 料 ( 1 ) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) ( 2 ) 最 近 の 主 な 制 改 正 一 覧 (1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し

More information

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 )

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 ) 加 古 川 市 域 の 市 街 化 調 整 区 域 では 加 古 川 市 都 市 計 画 マスター プラン( 土 地 利 用 方 針 )に 基 づき 地 域 の 皆 さんが 主 体 となっ て 定 める 地 区 計 画 制 度 により 周 辺 環 境 と 調 和 した 適 切 な 建 築 開 発 行 為 が 容 認 されます この 地 区 計 画 制 度 を 有 効 に 活 用 し 市 街 化 調

More information

幕別町定住促進住宅建設費補助金交付要綱

幕別町定住促進住宅建設費補助金交付要綱 幕 別 町 マイホーム 応 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 幕 別 町 への 移 住 促 進 と 町 内 居 住 者 の 定 住 に 資 するため 住 宅 を 新 築 又 は 購 入 する 者 に 対 し 当 該 住 宅 の 取 得 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 す ることにより 人 口 減 少 の 著 しい 子 育 て 世 代

More information

っては いずれか 一 方 の 事 業 を 補 助 金 の 交 付 の 対 象 とする 3 第 1 項 各 号 に 掲 げる 事 業 において 国 県 若 しくは 本 市 からの 補 償 金 の 交 付 又 は 損 害 保 険 契 約 によ る 損 害 てん 補 その 他 これに 類 するものを 受

っては いずれか 一 方 の 事 業 を 補 助 金 の 交 付 の 対 象 とする 3 第 1 項 各 号 に 掲 げる 事 業 において 国 県 若 しくは 本 市 からの 補 償 金 の 交 付 又 は 損 害 保 険 契 約 によ る 損 害 てん 補 その 他 これに 類 するものを 受 福 井 市 集 会 所 建 設 等 事 業 補 助 要 綱 昭 和 50 年 4 月 1 日 告 示 第 26 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 集 会 所 の 建 設 等 に 要 する 経 費 につき 補 助 金 を 交 付 することについて 福 井 市 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 48 年 福 井 市 規 則 第 11 号 以 下 規 則 という )によるほか 必

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

を 行 うこと 又 は 必 要 な 機 能 を 追 加 することをいう ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 3 条 補 助 金 の 交 付 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は, 次 条 に 規 定 するこの 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 者 ( 以

を 行 うこと 又 は 必 要 な 機 能 を 追 加 することをいう ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 3 条 補 助 金 の 交 付 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は, 次 条 に 規 定 するこの 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 者 ( 以 玉 野 市 空 き 家 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 25 年 3 月 29 日 告 示 第 98 号 改 正 平 成 25 年 9 月 27 日 告 示 第 297 号 平 成 27 年 4 月 1 日 告 示 第 155 号 玉 野 市 空 き 家 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 空 き 家 の 有 効 活 用 による

More information

<4831398CF6955C976C8EAE8140816982DE82C28E73816A2E786C73>

<4831398CF6955C976C8EAE8140816982DE82C28E73816A2E786C73> 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (18 年 度 末 ) むつ 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について A B B/A 17 年 度 の 件 費 率 18 年 度 65,960 32,435,254 2,134,451 5,440,498 16.77 18.00 (2)

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

市街化区域と市街化調整区域との区分

市街化区域と市街化調整区域との区分 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 平 成 27 年 9 月 埼 玉 県 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 趣 旨 本 県 では 昭 和 45 年 に 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )を 都 市 計

More information

1

1 精 華 町 個 人 情 報 保 護 条 例 改 正 に 向 けての 考 え 方 ( 案 ) 平 成 27 年 4 月 精 華 町 0 1 目 次 1 個 人 情 報 保 護 に 関 する 法 体 系 と 番 号 法 における 特 定 個 人 情 報 の 保 護 措 置... 1 2 番 号 法 と 精 華 町 個 人 情 報 保 護 条 例 における 個 人 情 報 の 定 義 上 の 差 異...

More information

平成10年第4回市議会定例会

平成10年第4回市議会定例会 平 成 27 年 第 2 回 市 議 会 定 例 会 提 出 予 定 議 案 の 概 要 新 座 市 提 出 議 案 ( 合 計 16 件 )の 内 訳 専 決 処 分 の 承 認 を 求 める 案 件 2 件 条 例 2 件 ( 新 座 市 税 条 例 等 の 一 部 を 改 正 する 条 例 ほか1 件 ) 条 例 案 件 4 件 一 部 改 正 4 件 ( 新 座 市 個 人 情 報 保 護

More information

(3) 下 水 道 接 続 のみとなる 配 管 工 事 (4) 浄 化 槽 設 備 の 工 事 (5) 解 体 工 事 (6) 市 等 の 他 の 補 助 制 度 ( 国 が 実 施 するエコポイント 制 度 を 除 く )を 利 用 する 工 事 (7) 前 各 号 に 掲 げるもののほか 市 長

(3) 下 水 道 接 続 のみとなる 配 管 工 事 (4) 浄 化 槽 設 備 の 工 事 (5) 解 体 工 事 (6) 市 等 の 他 の 補 助 制 度 ( 国 が 実 施 するエコポイント 制 度 を 除 く )を 利 用 する 工 事 (7) 前 各 号 に 掲 げるもののほか 市 長 四 日 市 市 告 示 第 356 号 四 日 市 市 住 宅 リフォーム 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 を 次 のように 定 める 平 成 27 年 8 月 10 日 田 中 俊 行 四 日 市 市 住 宅 リフォーム 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 住 宅 のリフォームを 促 進 し 地 域 経 済 の 活 性 化 をより 確 かなも

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

ろによる ⑴ 子 世 帯 満 12 歳 に 達 する 日 以 後 の 最 初 の3 月 末 日 までの 間 にある 者 及 びそ の 親 を 世 帯 構 成 員 ( 当 該 世 帯 を 構 成 する 世 帯 員 ( 世 帯 主 を 含 む )をいう 以 下 同 じ )に 含 む 世 帯 又 は 出

ろによる ⑴ 子 世 帯 満 12 歳 に 達 する 日 以 後 の 最 初 の3 月 末 日 までの 間 にある 者 及 びそ の 親 を 世 帯 構 成 員 ( 当 該 世 帯 を 構 成 する 世 帯 員 ( 世 帯 主 を 含 む )をいう 以 下 同 じ )に 含 む 世 帯 又 は 出 大 分 市 三 世 代 近 居 同 居 ハッピーライフ 推 進 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 を 次 のように 定 め る 平 成 28 年 5 月 11 日 大 分 市 長 佐 藤 樹 一 郎 大 分 市 三 世 代 近 居 同 居 ハッピーライフ 推 進 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 新 築 等 住 宅 事

More information

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入 入 札 公 告 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します なお 本 業 務 の 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 27 年 度 予 算 の 執 行 が 可 能 となってい ることを 条 件 とします 平 成 27 年 2 月 17 日 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 契 約 担 当 役 鉄 道 建 設 本 部 九 州

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

所令要綱

所令要綱 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 要 旨 一 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 の 一 部 改 正 ( 第 1 条 関 係 ) 1 個 人 所 得 課 税 ⑴ 次 に 掲 げる 書 類 等 については それぞれ 次 に 定 める 個 人 番 号 の 記 載 を 要 しな いこととする ( 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 第 3

More information

03 平成28年度文部科学省税制改正要望事項

03 平成28年度文部科学省税制改正要望事項 平 成 28 年 度 文 部 科 学 省 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 8 月 28 日 H27 税 制 改 正 要 望 事 項 1. 寄 附 税 制 の 拡 充 (1) 国 立 大 学 法 人 等 への 個 人 寄 附 に 係 る 税 額 控 除 の 導 入 等 所 得 税 等 新 設 (2) 学 校 法 人 への 個 人 寄 附 に 係 る 所 得 控 除 上 限 額 の 引

More information

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464>

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464> 5. 滋 賀 県 建 設 工 事 監 督 要 領 5-1 滋 賀 県 工 事 監 督 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 滋 賀 県 建 設 工 事 執 行 規 則 ( 昭 和 58 年 4 月 20 日 滋 賀 県 規 則 第 30 号 以 下 執 行 規 則 という )に 定 めるもののほか 県 が 施 行 する 請 負 工 事 の 監 督 について 必 要 な 事 項 を 定

More information

既 存 建 築 物 の 建 替 市 街 化 調 整 区 域 で 許 可 を 不 要 とする 取 扱 いについて 既 存 建 築 物 の 建 替 は 以 下 の1)~3)をすべて 満 たしている 場 合 に 可 能 です 1) 建 替 前 の 建 築 物 ( 以 下 既 存 建 築 物 という )につ

既 存 建 築 物 の 建 替 市 街 化 調 整 区 域 で 許 可 を 不 要 とする 取 扱 いについて 既 存 建 築 物 の 建 替 は 以 下 の1)~3)をすべて 満 たしている 場 合 に 可 能 です 1) 建 替 前 の 建 築 物 ( 以 下 既 存 建 築 物 という )につ 市 街 化 調 整 区 域 において 開 発 行 為 を 行 おうとする 者 は 開 発 許 可 を 開 発 行 為 が 伴 わない 建 築 物 の 新 築 等 を 行 おうとする 者 は 建 築 許 可 をあらかじめ 市 長 から 得 る 必 要 がありますが ここでは 許 可 を 不 要 とする 場 合 について 説 明 しています 区 分 市 街 化 調 整 区 域 建 築 物 を 建 築 したい

More information

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平 個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 1 消 費 税 率 10%の 引 上 げ 時 期 が 平 成 29 年 4 月 1 日 へ 変 更 されたことに 伴 い 消 費 税 率 の 引 上 げによる 住 宅 投 資 への 影 響 の 平 準 化 及 び 緩 和 の 推 進 のため 次 に 掲 げる 住 宅 取 得 等 に 係 る 措 置 について 適

More information

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案)

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案) 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 に お け る 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 ( 案 ) 平 成 2 4 年 12 月 三 郷 市 ま ち づ く り 推 進 部 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 における 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 開 発 行 為

More information

Microsoft Word - H25普通会計決算状況 .docx

Microsoft Word - H25普通会計決算状況 .docx 平 成 25 年 度 佐 倉 市 決 算 ( 普 通 会 計 )の 概 要 各 地 方 公 共 団 体 は 毎 年 度 決 算 状 況 を 1 枚 のカード( 決 算 カード)にまとめて 公 表 していま す この 決 算 状 況 のまとめは 総 務 省 が 行 う 地 方 財 政 状 況 調 査 の 会 計 区 分 である 普 通 会 計 に より 算 定 されます これは 一 般 会 計 及 び

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 110 105 100 (H20.4.1) 96.7 (H25.4.1) (H25.7.1) 106.4 106.2 (H25.4.1), 105.2 (H25.4.1) 参 考 値 98.3 (H25.7.1) 103.1 (H20.4.1) (H25.4

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 110 105 100 (H20.4.1) 96.7 (H25.4.1) (H25.7.1) 106.4 106.2 (H25.4.1), 105.2 (H25.4.1) 参 考 値 98.3 (H25.7.1) 103.1 (H20.4.1) (H25.4 鉾 田 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 )23 年 実 質 収 支 (24 年 度 末 ) A B B/A 度 の 人 件 費 率 人 千 千 千 % 24 年 度 51,778 20,041,814 1,173,725

More information

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議 第 6 回 税 理 士 試 験 固 定 資 産 税 はじめに 第 一 問 については 個 別 理 論 題 の 出 題 であった 1については 固 定 資 産 評 価 員 及 び 固 定 資 産 評 価 補 助 員 に 関 する 出 題 であったが 個 別 理 論 での 出 題 であり 判 断 に 迷 う 点 もなく 高 得 点 を 取 ることが 可 能 な 問 題 であった については 区 分 所

More information

資料2 利用者負担(保育費用)

資料2 利用者負担(保育費用) 新 制 度 の 保 育 料 ( 利 用 者 負 担 額 )について 資 料 2 新 制 度 における 保 育 料 については 子 ども 子 育 て 支 援 法 に 基 づき 現 行 の 保 育 制 度 と 同 様 世 帯 の 所 得 の 状 況 その 他 の 事 情 を 勘 案 し 国 が 定 める 水 準 を 上 限 として 市 町 村 が 定 めることになりま す 国 が 定 める 水 準 については

More information

税制面での支援

税制面での支援 税 制 面 での 支 援 平 成 28 年 熊 本 地 震 によって 直 接 間 接 的 に 被 害 を 受 けた 中 小 企 業 個 人 に 対 しては さ まざまな 税 制 面 での 支 援 が 行 われています ( 確 定 申 告 などの 期 間 延 長 については その 他 手 続 きなどの 支 援 ( 特 例 措 置 ) をご 参 照 ください) 1. 災 害 に 関 するおもな 税 務

More information

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc 第 1 章 定 款 規 約 山 梨 県 土 地 改 良 事 業 団 体 連 合 会 定 款 昭 和 33 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 33 年 10 月 9 日 認 可 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 会 は 土 地 改 良 事 業 を 行 う 者 ( 国 県 及 び 土 地 改 良 法 第 95 条 第 1 項 の 規 定 により 土 地 改 良 事 業 を 行 う

More information

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の 消 防 法 施 行 令 別 表 第 1(6) 項 ロに 掲 げる 施 設 の 概 要 ( 細 目 欄 の 印 は275m2 未 満 の 施 設 が 想 定 されるものを 示 す ) 細 目 根 拠 法 令 規 定 規 模 要 件 根 拠 規 定 構 造 要 件 根 拠 規 定 参 考 資 料 10 老 短 期 入 所 施 設 ( ) (ショートステイ) 第 20 条 の3 ( 老 短 期 入 所 施

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203237303430315F8B9E93738E73966894C6834A8381838990DD927591A390698E968BC695E28F958BE08CF0957497768D6A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203237303430315F8B9E93738E73966894C6834A8381838990DD927591A390698E968BC695E28F958BE08CF0957497768D6A2E646F63> 京 都 市 防 犯 カメラ 設 置 促 進 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 地 域 団 体 又 は 事 業 者 等 が 犯 罪 の 抑 止 を 目 的 として 防 犯 カメ ラを 設 置 する 事 業 に 対 する 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 に 関 し, 京 都 市 補 助 金 等 の 交 付 等 に 関 する 条

More information

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 共 同 立 法 行 革 プラットフォーム 法 案 について ( 総 合 的 な 行 財 政 改 革 を 推 進 するための 基 盤 の 整 備 に 関 する 法 律 案 ) 1. 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 について (1) 構 成 ( 共 同 代 表 ) 前 原 誠 司 衆 議 院 議 員 ( 民 主 党 )

More information

(Microsoft Word - \213\213\227^\201E\222\350\210\365\212\307\227\235\214\366\225\\\201iH27.03.01\)\201iHP\227p\201j.doc)

(Microsoft Word - \213\213\227^\201E\222\350\210\365\212\307\227\235\214\366\225\\\201iH27.03.01\)\201iHP\227p\201j.doc) 津 島 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 市 職 員 の 給 与 は 地 方 自 治 法 地 方 公 務 員 法 等 の 定 めに 基 づき 市 の 条 例 規 則 により 定 められてい ます 今 回 はその 状 況 を 公 表 します 平 成 26 年 4 月 1 日 の 数 値 は 平 成 26 年 の 地 方 公 務 員 給 与 実 態 調 査 地 方 公 共 団 体 定 員 管

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 清 瀬 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) 25 年 度 千 74,247 27,195,534 A 768,602 千 4,616,550 B 千 17.0 B/A 昨 年 度 の 件 費 率 17.3

More information

<3234944E93788CF6955C976C8EAE8169974E908592AC816A2E786C73>

<3234944E93788CF6955C976C8EAE8169974E908592AC816A2E786C73> ( 地 方 公 共 団 体 における 職 員 給 与 等 の 公 表 について の 一 部 改 正 について( 平 成 2 年 3 月 29 日 付 け 総 行 給 第 2 号 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 )に 基 づき, 今 回 の 公 表 から 様 式 を 一 部 変 更 している ) 別 紙 3 総 括 ⑴ 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民

More information

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について 参 考 資 料 7 災 害 時 の 賃 貸 住 宅 居 住 者 の 居 住 の 安 定 確 保 について 平 成 24 年 11 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 1. 東 日 本 大 震 災 で 住 居 を 失 われた 方 への 居 住 の 安 定 の 確 保 震 災 発 生 復 旧 期 復 興 期 東 日 本 大 震 災 住 宅 が 滅 失 避 難 所 等 2012.3.11 17:00 時

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 ページ 変 更 後 変 更 前 表 紙 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 平 成 27 年 3 月 変 更 安 中 市 6 2. 計 画 策 定 の 方 針 (3) 計

新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 ページ 変 更 後 変 更 前 表 紙 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 平 成 27 年 3 月 変 更 安 中 市 6 2. 計 画 策 定 の 方 針 (3) 計 新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 安 中 市 新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 ページ 変 更 後 変 更 前 表 紙 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 平 成 27 年 3 月 変 更 安 中 市 6 2. 計 画 策 定 の 方 針 (3) 計 画 の 期 間 本 計

More information

1_扉-配布用.indd

1_扉-配布用.indd 私 立 高 校 の 学 費 負 担 を 軽 減 する 制 度 のご 案 内 平 成 26 年 度 の 内 容 です 私 立 高 等 学 校 等 に 通 学 する 生 徒 の 学 費 負 担 を 軽 くする 制 度 をご 紹 介 します 下 記 の3つの 制 度 はあわ せて 受 けることができます また いずれも 保 護 者 の 所 得 による 制 限 があります ⑴ 就 学 支 援 金 : 私 立

More information

資料2 年金制度等について(山下委員提出資料)

資料2 年金制度等について(山下委員提出資料) 資 料 2 年 金 制 度 等 について 平 成 27 年 3 月 9 日 山 下 馨 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 理 事 公 的 年 金 制 度 の 仕 組 み 公 的 年 金 制 度 は 加 齢 などによる 稼 得 能 力 の 減 退 喪 失 に 備 えるための 社 会 保 険 ( 防 貧 機 能 ) 現 役 世 代 は 全 て 国 民 年 金 の 被 保 険 者 となり

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

スライド 1

スライド 1 総 則 関 係 説 明 資 料 自 治 税 務 局 企 画 課 平 成 27 年 4 月 10 日 ( 金 ) 平 成 26 年 度 税 制 改 正 における 猶 予 制 度 の 見 直 し 平 成 26 年 度 与 党 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 25 年 12 月 12 日 自 由 民 主 党 公 明 党 )( 抄 ) 4 円 滑 適 正 な 納 税 のための 環 境 整 備 納 税 者

More information

存 しておくべきこと (2) 知 事 の 承 認 を 受 けて 財 産 を 処 分 することにより 収 入 があった 場 には その 収 入 の 全 部 又 は 一 部 を 県 に 納 付 すべきこと (3) 補 助 事 業 により 取 得 し 又 は 効 用 の 増 加 した 財 産 については

存 しておくべきこと (2) 知 事 の 承 認 を 受 けて 財 産 を 処 分 することにより 収 入 があった 場 には その 収 入 の 全 部 又 は 一 部 を 県 に 納 付 すべきこと (3) 補 助 事 業 により 取 得 し 又 は 効 用 の 増 加 した 財 産 については 宮 崎 県 まちなか 商 業 再 生 支 援 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 21 年 4 月 1 日 商 工 観 光 労 働 部 商 工 政 策 課 ( 趣 旨 ) 第 1 条 県 は 商 店 街 等 と 多 様 な 主 体 が 連 携 して 行 う 新 たな 振 興 策 や 起 業 への 取 組 及 び 商 店 街 の 活 性 化 への 取 組 を 促 進 するため 予 算 で

More information

省 九 州 地 方 整 備 局 長 若 しくは 宮 崎 県 知 事 に 意 見 を 提 出 することができる ( 役 員 の 任 命 ) 第 8 条 理 事 長 及 び 監 事 は 宮 崎 県 知 事 が 任 命 する 2 理 事 は 理 事 長 が 任 命 する 3 副 理 事 長 は 理 事 長

省 九 州 地 方 整 備 局 長 若 しくは 宮 崎 県 知 事 に 意 見 を 提 出 することができる ( 役 員 の 任 命 ) 第 8 条 理 事 長 及 び 監 事 は 宮 崎 県 知 事 が 任 命 する 2 理 事 は 理 事 長 が 任 命 する 3 副 理 事 長 は 理 事 長 宮 崎 県 住 宅 供 給 公 社 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 地 方 公 社 は 住 宅 を 必 要 とする 勤 労 者 に 対 し 住 宅 の 積 立 分 譲 等 の 方 法 により 居 住 環 境 の 良 好 な 集 団 住 宅 及 びその 用 に 供 する 宅 地 を 供 給 し もつて 住 民 の 生 活 の 安 定 と 社 会 福 祉 の 増 進 に 寄

More information

能勢町市街化調整区域における地区計画のガイドライン

能勢町市街化調整区域における地区計画のガイドライン 参 考 資 料 2 第 2 回 懇 談 会 (H27.8.10) 能 勢 町 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 25 年 8 月 大 阪 府 豊 能 郡 能 勢 町 目 次 1.ガイドラインの 趣 旨 1 2. 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 1 3. 地 区 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 4. 地 区 計 画 策 定 にあたっての

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 8 節 市 街 化 調 整 区 域 内 の 建 築 許 可 の 手 続 き 8-1 法 第 43 条 に 基 づく 建 築 許 可 の 手 続 き 8-1-1 建 築 許 可 等 の 手 続 きフロー 市 街 化 調 整 区 域 における 建 築 許 可 に 関 する 標 準 的 な 手 続 きについては 次 のフローのと おりとなります 建 築 主 地 目 が 農 地 の 場 合 建 築 許

More information

Taro-事務処理要綱250820

Taro-事務処理要綱250820 大 分 県 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 事 務 処 理 要 綱 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 知 事 は 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 の 貸 付 事 務 を 円 滑 に 処 理 するため 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 ( 昭 和 54 年 法 律 第 25 号 ) 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 施 行 令 ( 昭 和 54 年 政 令 第 124

More information

南伊豆町空き家バンクリフォーム等補助金交付要綱

南伊豆町空き家バンクリフォーム等補助金交付要綱 南 伊 豆 町 空 き 家 バンクリフォーム 等 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 27 年 4 月 16 日 要 綱 第 15 号 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 南 伊 豆 町 空 き 家 バンク 設 置 要 綱 ( 平 成 23 年 要 綱 第 14 号 ) に 定 める 空 き 家 の 有 効 活 用 をとおして 町 内 への 移 住 及 び 定 住 の 促 進 による

More information

6. 共 有 等 に 係 る 固 定 資 産 の 判 定 3 共 有 に 係 る 固 定 資 産 については それぞれの 共 有 者 が 他 に 固 定 資 産 を 所 有 している 場 合 であっても その 資 産 とは 別 個 に 共 有 されている 固 定 資 産 を 別 の 人 格 が 所

6. 共 有 等 に 係 る 固 定 資 産 の 判 定 3 共 有 に 係 る 固 定 資 産 については それぞれの 共 有 者 が 他 に 固 定 資 産 を 所 有 している 場 合 であっても その 資 産 とは 別 個 に 共 有 されている 固 定 資 産 を 別 の 人 格 が 所 第 64 回 税 理 士 試 験 固 定 資 産 税 はじめに 第 一 問 については 免 税 点 及 び 固 定 資 産 課 税 台 帳 からの 出 題 であった 問 1の 免 税 点 については 判 断 に 迷 う 点 もないことから 高 得 点 を 取 ることが 可 能 な 問 題 であった 問 の 固 定 資 産 課 税 台 帳 については 事 例 部 分 の 解 答 方 法 に 迷 う 問

More information

Microsoft Word - 1-3 利子補給金交付要綱

Microsoft Word - 1-3 利子補給金交付要綱 宮 城 県 新 しい 公 共 支 援 事 業 つなぎ 融 資 利 子 補 給 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 県 は,NPO 等 との 協 働 業 務 を 促 進 して 新 しい 公 共 の 拡 大 と 定 着 を 図 るため, 行 政 から 受 託 した 業 務 の 実 施 に 際 して 金 融 機 関 等 からの 借 入 れ(つなぎ 融 資 )を 利 用 するNPO 等 に 対

More information

とする ( 減 免 額 の 納 付 ) 第 6 条 市 長 は 減 免 を 受 け た 者 が 偽 り そ の 他 不 正 な 方 法 に よ り 減 免 の 決 定 を 受 け た こ と を 知 っ た と き 前 の 申 告 が あ っ た と き 又 は 同 条 第 2 項 の 規 定 によ

とする ( 減 免 額 の 納 付 ) 第 6 条 市 長 は 減 免 を 受 け た 者 が 偽 り そ の 他 不 正 な 方 法 に よ り 減 免 の 決 定 を 受 け た こ と を 知 っ た と き 前 の 申 告 が あ っ た と き 又 は 同 条 第 2 項 の 規 定 によ 羽 曳 野 市 固 定 資 産 税 減 免 事 務 取 扱 要 綱 制 定 平 成 2 8 年 3 月 2 5 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は 羽 曳 野 市 税 条 例 ( 昭 和 57 年 羽 曳 野 市 条 例 第 28 号 以 下 条 例 という ) 第 75 条 に 規 定 す る 固 定 資 産 税 の 減 免 ( 以 下 減 免 と い う )の 取 扱 い に つ

More information

大阪府住宅供給公社定款

大阪府住宅供給公社定款 大 阪 府 住 宅 供 給 公 社 定 款 ( 認 可 昭 和 40 年 11 月 1 日 ) 一 部 変 更 認 可 平 成 19 年 9 月 3 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 地 方 住 宅 供 給 公 社 は 住 宅 を 必 要 とする 勤 労 者 に 対 し 住 宅 の 積 立 分 譲 等 の 方 法 により 居 住 環 境 の 良 好 な 集 団 住 宅 及 びその

More information

国 税 クレジットカード 納 付 の 創 設 国 税 のクレジットカード 納 付 については マイナンバー 制 度 の 活 用 による 年 金 保 険 料 税 に 係 る 利 便 性 向 上 に 関 するアクションプログラム( 報 告 書 ) においてその 導 入 の 方 向 性 が 示 されている

国 税 クレジットカード 納 付 の 創 設 国 税 のクレジットカード 納 付 については マイナンバー 制 度 の 活 用 による 年 金 保 険 料 税 に 係 る 利 便 性 向 上 に 関 するアクションプログラム( 報 告 書 ) においてその 導 入 の 方 向 性 が 示 されている 平 成 28 年 度 改 正 関 係 資 料 ( 納 税 環 境 整 備 関 係 ) 国 税 クレジットカード 納 付 の 創 設 国 税 のクレジットカード 納 付 については マイナンバー 制 度 の 活 用 による 年 金 保 険 料 税 に 係 る 利 便 性 向 上 に 関 するアクションプログラム( 報 告 書 ) においてその 導 入 の 方 向 性 が 示 されている ( 参 考 )

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 年 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 福 岡 県 技 能 労 務 職 歳 1,19,98 9,9 歳 8,

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 年 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 福 岡 県 技 能 労 務 職 歳 1,19,98 9,9 歳 8, 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 年 度 の 件 費 率 年 度,,1,9 1, 9,9 1.1 1. 件 費 には 村 長 副 村 長 教 育 長 の 給 与 議 会 議 員 各 種 委 員

More information

<819A955D89BF92B28F91816989638BC690ED97AA8EBA81418FA48BC682CC8A8890AB89BB816A32322E786C7378>

<819A955D89BF92B28F91816989638BC690ED97AA8EBA81418FA48BC682CC8A8890AB89BB816A32322E786C7378> 平 成 27 年 度 施 策 評 価 調 書 施 策 の 名 称 等 整 理 番 号 22 評 価 担 当 課 営 業 戦 略 課 職 氏 名 施 策 名 ( 基 本 事 業 ) 商 業 の 活 性 化 総 合 計 画 の 位 置 づけ 基 本 目 主 要 施 策 4 想 像 力 と 活 力 にあふれたまちづくり 商 業 の 振 興 2 施 策 の 現 状 分 析 と 意 図 施 策 の 対 象 意

More information

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477>

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477> Ⅳ 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しについて 見 直 しの 背 景 と 基 本 的 考 え 方 総 務 省 では 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 今 後 のあり 方 等 について 検 討 を 行 うため 平 成 年 6 月 8 日 から 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 等 研 究 会 を 開 催 し その 研 究 会 で 報 告 書 が 取 り まとめられました

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

Microsoft Word - 都市計画法第34条第11号及び第12号

Microsoft Word - 都市計画法第34条第11号及び第12号 市 街 化 調 整 区 域 に お け る 区 域 指 定 の 許 可 基 準 等 に つ い て 1 背 景 取 手 市 では 都 市 計 画 法 ( 1) の 規 定 に 基 づき 昭 和 45 年 から 市 内 を 市 街 化 区 域 ( 2) と 市 街 化 調 整 区 域 ( 3) に 区 分 ( 線 引 き)し 市 街 化 調 整 区 域 では 原 則 市 街 化 を 抑 制 する 区

More information

6 構 造 等 コンクリートブロック 造 平 屋 建 て4 戸 長 屋 16 棟 64 戸 建 築 年 1 戸 当 床 面 積 棟 数 住 戸 改 善 後 床 面 積 昭 和 42 年 36.00m2 4 50.40m2 昭 和 43 年 36.50m2 3 50.90m2 昭 和 44 年 36.

6 構 造 等 コンクリートブロック 造 平 屋 建 て4 戸 長 屋 16 棟 64 戸 建 築 年 1 戸 当 床 面 積 棟 数 住 戸 改 善 後 床 面 積 昭 和 42 年 36.00m2 4 50.40m2 昭 和 43 年 36.50m2 3 50.90m2 昭 和 44 年 36. 市 営 住 宅 建 替 えPFI 等 導 入 可 能 性 調 査 業 務 委 託 仕 様 書 1. 適 用 範 囲 本 仕 様 書 は 十 和 田 市 ( 以 下 発 注 者 という )が 実 施 する 市 営 住 宅 建 替 えPFI 等 導 入 可 能 性 調 査 業 務 委 託 ( 以 下 本 業 務 委 託 という )に 適 用 するものとする 2. 業 務 目 的 十 和 田 市 営 住

More information

Taro-01 議案概要.jtd

Taro-01 議案概要.jtd 資 料 1 平 成 28 年 第 1 回 志 木 市 議 会 定 例 会 市 長 提 出 議 案 等 概 要 1 2 第 1 号 議 案 企 画 部 政 策 推 進 課 志 木 市 将 来 ビジョン( 第 五 次 志 木 市 総 合 振 興 計 画 将 来 構 想 )の 策 定 について ( 政 策 推 進 課 ) 1 将 来 ビジョンとは? 2 志 木 市 がおかれている 状 況 3 まちづくりの

More information

3 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 概 要 (1) 価 格 カルテル 山 形 県 の 庄 内 地 区 に 所 在 する5 農 協 が, 特 定 主 食 用 米 の 販 売 手 数 料 について, 平 成 23 年 1 月 13 日 に 山 形 県 酒 田 市 所 在 の 全 国 農 業 協

3 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 概 要 (1) 価 格 カルテル 山 形 県 の 庄 内 地 区 に 所 在 する5 農 協 が, 特 定 主 食 用 米 の 販 売 手 数 料 について, 平 成 23 年 1 月 13 日 に 山 形 県 酒 田 市 所 在 の 全 国 農 業 協 平 成 26 年 度 における 東 北 地 区 の 独 占 禁 止 法 の 運 用 状 況 等 について 平 成 27 年 6 月 10 日 公 正 取 引 委 員 会 事 務 総 局 東 北 事 務 所 第 1 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 処 理 状 況 1 公 正 取 引 委 員 会 は, 迅 速 かつ 実 効 性 のある 事 件 審 査 を 行 うとの 基 本 方 針 の 下, 国

More information

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A>

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A> 平 成 23 年 平 成 24 年 改 正 等 に 伴 う 理 論 マスタ-の 改 訂 ( 理 論 マスターに 貼 付 可 能 ) 平 成 23 年 改 正 等 2ー4 給 与 所 得 者 の 特 定 支 出 控 除 の 特 例 Ⅲ 申 告 要 件 ( 法 57の23) この 規 定 は 確 定 申 告 書 修 正 申 告 書 又 は 更 正 請 求 書 にこの 規 定 の 適 用 を 受 け る

More information

係 に 提 出 する 2 財 形 担 当 係 は 前 項 の 規 定 による 財 形 貯 蓄 等 の 申 込 みがあった 場 合 には 当 該 申 込 みの 内 容 を 点 検 し 財 形 貯 蓄 等 の 契 約 の 要 件 ( 第 6 条 に 規 定 する 基 準 を 含 む )を 満 たしている

係 に 提 出 する 2 財 形 担 当 係 は 前 項 の 規 定 による 財 形 貯 蓄 等 の 申 込 みがあった 場 合 には 当 該 申 込 みの 内 容 を 点 検 し 財 形 貯 蓄 等 の 契 約 の 要 件 ( 第 6 条 に 規 定 する 基 準 を 含 む )を 満 たしている 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 財 産 形 成 貯 蓄 等 関 係 事 務 取 扱 規 則 平 成 13 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 改 正 平 成 14 年 3 月 29 日 規 則 第 11 号 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 5 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22

More information

Microsoft Word - 全国エリアマネジメントネットワーク規約.docx

Microsoft Word - 全国エリアマネジメントネットワーク規約.docx 全 国 エリアマネジメントネットワーク 規 約 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 会 は 全 国 エリアマネジメントネットワーク( 以 下 本 会 という )と 称 する ( 目 的 ) 第 2 条 本 会 は 全 国 のエリアマネジメント 組 織 による 連 携 協 議 の 場 を 提 供 し エリアマネジメン トに 係 る 政 策 提 案 情 報 共 有 及 び 普 及 啓

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

<5461726F31322D819B328250944E93788B8B975E814592E888F58AC7979D>

<5461726F31322D819B328250944E93788B8B975E814592E888F58AC7979D> 能 代 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 ( 参 考 ) 区 分 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 前 年 度 の ( 年 度 末 ) A B B/A 人 件 費 率 20 年 度 人 千 円 千 円 千 円 % % 61,416 23,586,992 339,618

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 該 当 なし ( 事 委 員 会 を 設 置 していないため) 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 年 度 ( )

(5) 給 与 改 定 の 状 況 該 当 なし ( 事 委 員 会 を 設 置 していないため) 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 年 度 ( ) 1 総 括 増 毛 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (24 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 の 件 費 率 平 成 24 年 度 5,9 4,748,27 24,475 1,134,346 23.9 24.1 (2) 職

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937890C590A789FC90B38FDA8DD72E747874>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937890C590A789FC90B38FDA8DD72E747874> 平 成 22 年 度 税 制 改 正 [ 詳 細 ] 法 人 税 関 連 の 改 正 グループ 内 取 引 等 に 係 る 税 制 対 象 となる 100%グループ 内 法 人 とは 完 全 支 配 関 係 ( 原 則 として 発 行 済 株 式 の 全 部 を 直 接 又 は 間 接 に 保 有 する 関 係 )のある 法 人 をいいます (1)100%グループ 内 の 法 人 間 の 資 産 の

More information

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている.

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている. 別 紙 高 山 村 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 月 日 ) A B B/A 24 年 度 の 件 費 率 年 度 千 千 千 2,9 2,64,628 6,8 467,928 8. 2.4 (2) 職 員 給 与 費

More information

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た 市 民 税 減 免 取 扱 要 綱 函 館 市 財 務 部 目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た た め, 生 活 が 著 し く 困 難

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 ( 各 年 4 月 1 日 現 在 ) 110 105 (H25.4.1) 104.1 (H25.4.1) (H25.7.1) 105.2 104.1 (H25.7.1) 103.1 (H25.4.1) 106.9 (H25.7.1) 104.0 100 9

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 ( 各 年 4 月 1 日 現 在 ) 110 105 (H25.4.1) 104.1 (H25.4.1) (H25.7.1) 105.2 104.1 (H25.7.1) 103.1 (H25.4.1) 106.9 (H25.7.1) 104.0 100 9 茅 野 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 24 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 の 人 件 費 率 24 年 度 人 % % 55,760 22,775,329 804,761 3,955,168

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 及 び 平 均 給 与 の 状 況 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 埼 玉 県 43.3 類 似 団 体 平 均 年 齢 44. 43.5 42.

2 職 員 の 平 均 給 与 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 及 び 平 均 給 与 の 状 況 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 埼 玉 県 43.3 類 似 団 体 平 均 年 齢 44. 43.5 42. の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 出 額 件 費 件 費 率 実 質 収 支 ( 平 成 27 年 1 月 1 日 ) A B B/A 平 成 26 年 度 千 千 千 57,249 18,943,425 843,562 2,87,314 14.8 件 費 には 特 別 職 に 支 給 される 給

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 12 章 市 街 化 調 整 区 域 内 の 土 地 における 建 築 等 の 制 限 1 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ( 都 市 計 画 法 第 42 条 ) 法 律 ( 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ) 第 四 十 二 条 何 人 も 開 発 許 可 を 受 けた 開 発 区 域 内 においては 第 三 十

More information

2 導 入 に 係 る 各 課 の 役 割 部 署 名 危 機 管 理 室 主 な 事 務 番 号 法 に 規 定 さ れ た 事 務 へ の 個 人 番 号 の 導 入 に 関 す る こ と 制 度 導 入 に 向 け た 事 務 の 総 括 に 関 す る こ と 個 人 番 号 の 独 自

2 導 入 に 係 る 各 課 の 役 割 部 署 名 危 機 管 理 室 主 な 事 務 番 号 法 に 規 定 さ れ た 事 務 へ の 個 人 番 号 の 導 入 に 関 す る こ と 制 度 導 入 に 向 け た 事 務 の 総 括 に 関 す る こ と 個 人 番 号 の 独 自 飯 能 市 社 会 保 障 税 番 号 制 度 ( マ イ ナ ン バ ー 制 度 ) 導 入 基 本 方 針 平 成 2 7 年 8 月 4 日 市 長 決 裁 行 政 手 続 に お け る 特 定 の 個 人 を 識 別 す る た め の 番 号 の 利 用 等 に 関 す る 法 律 ( 平 成 2 5 年 法 律 第 2 7 号 以 下 番 号 法 と い う ) 等 の 通 称 マ イ

More information

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同 半 田 市 立 学 校 職 員 に 係 る 自 家 用 自 動 車 の 公 務 使 用 に 関 する 取 扱 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 公 務 の 円 滑 な 執 行 に 資 するため 半 田 市 立 学 校 に 勤 務 する 県 費 負 担 教 職 員 ( 以 下 学 校 職 員 という )が 出 張 に 際 し 職 員 等 の 旅 費 に 関 する 条 例 ( 昭 和

More information

その 他 事 業 推 進 体 制 平 成 20 年 3 月 26 日 に 石 垣 島 国 営 土 地 改 良 事 業 推 進 協 議 会 を 設 立 し 事 業 を 推 進 ( 構 成 : 石 垣 市 石 垣 市 議 会 石 垣 島 土 地 改 良 区 石 垣 市 農 業 委 員 会 沖 縄 県 農

その 他 事 業 推 進 体 制 平 成 20 年 3 月 26 日 に 石 垣 島 国 営 土 地 改 良 事 業 推 進 協 議 会 を 設 立 し 事 業 を 推 進 ( 構 成 : 石 垣 市 石 垣 市 議 会 石 垣 島 土 地 改 良 区 石 垣 市 農 業 委 員 会 沖 縄 県 農 国 営 かんがい 排 水 事 業 石 垣 島 地 区 事 業 の 概 要 本 事 業 は 沖 縄 本 島 から 南 西 約 400kmにある 石 垣 島 に 位 置 する 石 垣 市 の4,338haの 農 業 地 帯 において 農 業 用 水 の 安 定 供 給 を 図 るため 農 業 水 利 施 設 の 改 修 整 備 を 行 うものである 事 業 の 目 的 必 要 性 本 地 区 は さとうきびを

More information

Microsoft Word - 目次.doc

Microsoft Word - 目次.doc 長 寿 医 療 制 度 と 国 民 健 康 保 険 一 体 化 に 関 する 舛 添 大 臣 私 案 イメージ < 現 行 > < 見 直 し 後 > 75 歳 長 寿 医 療 制 度 ( 県 単 位 広 域 連 合 ) 長 寿 医 療 ( 都 道 府 県 ) 1 両 者 を 一 体 化 し 都 道 府 県 が 運 営 75 歳 65 歳 被 用 者 保 険 から 財 政 調 整 国 保 国 保 被

More information