金 時 鐘 長 篇 詩 集 新 潟 の 詩 的 言 語 を 中 心 に リ ズ ム と 抒 情 の 詩 学 一 橋 大 学 大 学 院 言 語 社 会 研 究 科 LD26 呉 世 宗

Size: px
Start display at page:

Download "金 時 鐘 長 篇 詩 集 新 潟 の 詩 的 言 語 を 中 心 に リ ズ ム と 抒 情 の 詩 学 一 橋 大 学 大 学 院 言 語 社 会 研 究 科 LD26 呉 世 宗"

Transcription

1 Title リズムと 抒 情 の 詩 学 : 金 時 鐘 長 篇 詩 集 新 潟 の 詩 的 言 語 を 中 心 に Author(s) 呉, 世 宗 Citation Issue Date Type Thesis or Dissertation Text Version publisher URL Right Hitotsubashi University Repository

2 金 時 鐘 長 篇 詩 集 新 潟 の 詩 的 言 語 を 中 心 に リ ズ ム と 抒 情 の 詩 学 一 橋 大 学 大 学 院 言 語 社 会 研 究 科 LD26 呉 世 宗

3 五 感 の 形 成 は 今 日 ま で の 世 界 史 全 体 の 一 つ の 仕 業 で あ る カ ー ル マ ル ク ス 経 済 学 哲 学 草 稿 ( 一 八 四 四 年 ) か ら 山 に 桜 を 植 ゑ て か ら 人 に や ま と 男 子 の 歌 う た は せ む 与 謝 野 鉄 幹 東 西 南 北 ( 明 治 二 九 年 七 月 ) 思 う に 希 望 と は も と も と あ る も の と も い え ぬ し な い も の と も い え な い そ れ は 地 上 の 道 の よ う な も の で あ る も と も と 地 上 に は 道 は な い 歩 く 人 が 多 く な れ ば そ れ が 道 に な る の だ 魯 迅 故 郷 ( 一 九 二 一 年 )

4 目 次 序 章 1 第 一 節. 本 研 究 の 目 的 1 第 二 節. 研 究 環 境 及 び 新 潟 研 究 史 5 第 三 節. 本 研 究 の 構 成 9 第 一 章. ま み れ る こ と の な い 純 粋 な 短 歌 か ら 垢 じ ま な い 抒 情 へ 12 は じ め に 12 第 一 節. 短 歌 的 抒 情 に よ る 実 存 と 情 景 の 変 質 14 第 二 節. 日 本 近 代 詩 歌 か ら の 影 響 21 第 二 章 明 治 二 〇 年 代 に お け る リ ズ ム と 抒 情 の 再 編 制 過 程 28 第 一 節. 時 枝 誠 記 の リ ズ ム 理 論 場 面 に つ い て 28 第 二 節 新 体 詩 抄 初 編 の 役 割 32 二 一. は じ め に 32 二 二. 音 調 と 平 常 ノ 語 33 二 三. 徳 と し て の 本 音 36 第 三 節 韻 律 に つ い て の 諸 議 論 4 三 一. 音 数 律 の 限 界 4 三 二. リ ズ ム と 理 と し て の 余 情 44 第 四 節. 本 質 と し て の 内 容 と そ の 再 編 46 四 一. 内 容 の 感 情 化 森 鴎 外 46 四 二. 内 容 の ナ シ ョ ナ ル な 編 制 日 清 戦 争 故 郷 詩 詩 論 49

5 第 五 節. リ ズ ム と 抒 情 の 結 合 共 同 化 す る リ ズ ム 57 五 一. 高 山 樗 牛 の 詩 論 58 五 二. 島 村 抱 月 の 詩 論 59 第 三 章 金 素 雲 訳 乳 色 の 雲 の 金 時 鐘 へ の 影 響 66 は じ め に 66 第 一 節. 金 素 雲 訳 乳 色 の 雲 の 受 容 の 仕 方 佐 藤 春 夫 を 中 心 に 68 第 二 節. 半 創 作 的 翻 訳 と は 何 か 朝 鮮 詩 集 の 基 調 73 第 三 節. 翻 訳 の 方 法 及 び 思 想 私 と 対 象 の 分 節 自 己 触 発 こ こ ろ の 翻 訳 76 第 四 節. 金 時 鐘 訳 再 訳 朝 鮮 詩 集 に つ い て 82 四 - 一. 表 現 さ れ た リ ズ ム 82 四 - 二. 論 理 の 工 夫 84 四 - 三. 対 象 と 私 心 の 対 象 化 抒 情 を は ず す こ と 呼 び か け 88 第 五 節. 翻 訳 が 認 識 に 与 え る 影 響 に つ い て 植 民 地 状 況 を 中 心 に 95 第 六 節. 本 章 の ま と め 11 第 四 章 小 野 十 三 郎 詩 論 と 金 時 鐘 の 関 係 14 は じ め に 14 第 一 節. 小 野 の リ ズ ム が 批 判 す る も の 16 一 一. 生 活 16 一 二. 音 楽 ア ラ ラ ギ 派 と 萩 原 朔 太 郎 を 中 心 に 19 第 二 節. 批 評 言 葉 生 活 素 朴 さ 科 学 115 第 三 節. リ ズ ム と 批 評 119 第 四 節. 金 時 鐘 に お け る リ ズ ム と は 批 評 で あ る 自 然 と 距 離 12

6 第 五 章 距 離 の 多 角 的 表 現 長 篇 詩 集 新 潟 の 方 法 論 に 至 る ま で の 過 程 134 は じ め に 134 第 一 節. 地 平 線 134 一 一. 時 代 背 景 134 一 二. 地 平 線 の 表 現 に つ い て 136 第 二 節. 日 本 風 土 記 距 離 の 多 様 な 表 現 148 第 六 章 道 と 変 身 164 は じ め に 164 第 一 節. 道 と 光 165 第 二 節. 擬 態 と し て の 日 本 語 と 擬 態 と し て の 自 己 の 交 差 分 裂 す る 自 己 176 第 三 節. 擬 態 と し て の 自 己 と 朝 鮮 語 の 関 係 184 第 七 章 意 志 日 本 語 へ の 報 復 と 距 離 の 問 題 化 に つ い て 194 第 一 節. 意 志 に つ い て 194 第 二 節. 蛹 と 日 本 語 停 滞 と 日 本 語 へ の 報 復 の 発 現 214 第 三 節. 身 体 に よ る 距 離 へ の 問 い か け と 世 界 の 開 示 224 三 一. 吹 田 枚 方 事 件 224 三 二. 排 泄 と 身 体 225 三 三. も よ お す 身 体 と 世 界 235 第 八 章 歴 史 と 自 己 金 時 鐘 の リ ズ ム の 思 想 246 は じ め に 246 第 一 節. 汀 線 日 本 と 朝 鮮 の は ざ ま 249 第 二 節. 故 郷 に つ い て 26

7 二 一. つ ぶ や き 語 り の 行 方 26 二 二. 重 層 化 す る 故 郷 265 二 三. 故 郷 と つ ぶ や き の 関 係 274 第 三 節. 船 か ら 骨 へ 証 言 と し て の 詩 278 三 一. 証 言 と 詩 の 重 な り あ い 278 三 二. 船 航 海 し な い も の 279 三 三. 水 死 人 無 音 な る 残 余 284 三 四. 炎 そ し て 船 出 来 事 の 現 わ れ と 喪 失 289 三 五. 骨 か ら 灰 へ 灰 か ら 骨 へ 295 第 四 節. 小 括 新 潟 に 現 れ る リ ズ ム の 思 想 298 結 論 38 参 考 文 献 318 金 時 鐘 簡 易 年 表

8 序 章 第 一 節. 本 研 究 の 目 的 註

9

10

11

12 第 二 節. 研 究 環 境 及 び 新 潟 研 究 史

13

14

15

16 第 三 節. 本 研 究 の 構 成

17

18

19 第 一 章. ま み れ る こ と の な い 純 粋 な 短 歌 か ら 垢 じ ま な い 抒 情 へ は じ め に

20

21 第 一 節. 短 歌 的 抒 情 に よ る 実 存 と 情 景 の 変 質

22

23

24

25

26

27

28 第 二 節. 日 本 近 代 詩 歌 か ら の 影 響

29

30

31

32

33

34

35 第 二 章 明 治 二 〇 年 代 に お け る リ ズ ム と 抒 情 の 再 編 制 過 程 第 一 節. 時 枝 誠 記 の リ ズ ム 理 論 場 面 に つ い て 註

36

37

38

39 第 二 節 新 体 詩 抄 初 編 の 役 割 二 一. は じ め に

40 二 二. 音 調 と 平 常 ノ 語

41

42

43 二 三. 徳 と し て の 本 音

44

45

46

47 第 三 節 韻 律 に つ い て の 諸 議 論 三 一. 音 数 律 の 限 界

48

49

50

51 三 二. リ ズ ム と 理 と し て の 余 情

52

53 第 四 節. 本 質 と し て の 内 容 と そ の 再 編 四 一. 内 容 の 感 情 化 森 鴎 外

54

55

56 四 二. 内 容 の ナ シ ョ ナ ル な 編 制 日 清 戦 争 故 郷 詩 詩 論

57

58

59

60

61

62

63

64 第 五 節. リ ズ ム と 抒 情 の 結 合 共 同 化 す る リ ズ ム

65 五 一. 高 山 樗 牛 の 詩 論

66 五 二. 島 村 抱 月 の 詩 論

67

68

69

70

71

72

73 第 三 章 金 素 雲 訳 乳 色 の 雲 の 金 時 鐘 へ の 影 響 は じ め に 註

74 고 향 에 고 향 에 돌 아 와 도 그 리 던 고 향 은 아 니 러 뇨 산 꽁 이 알 을 품 고 뻐 꾹 이 제 철 에 울 건 만 마 음 은 제 고 향 진 히 지 않 고 머 언 로 떠 도 는 구 름 뻐 꾹 이 서 울

75 第 一 節. 金 素 雲 訳 乳 色 の 雲 の 受 容 の 仕 方 佐 藤 春 夫 を 中 心 に 의 서 울

76

77

78

79

80 第 二 節. 半 創 作 的 翻 訳 と は 何 か 朝 鮮 詩 集 の 基 調 알 수 없 어 요 들 국 화 나 는 들 에 핀 국 화 를 사 랑 합 니 다 빛 과 향 기 어 느 것 이 못 하 지 않 으 나 넓 은 들 에 가 엾 게 피 고 지 는 꽃 일 래 나 는 그 꽃 을 무 한 히 사 랑 합 니 다 나 는 이 땅 의 을 사 랑 합 니 다 외 로 우 나 마 음 대 로 피 고 지 는 꽃 처 럼 빛 과 향 기 조 금 도 거 짓 없 길 래 나 는 그 들 이 읊 은 를 사 랑 합 니 다

81 피 고 지 는 외 로 우 나 마 음 대 로 이 땅 나 땅

82

83 第 三 節. 翻 訳 の 方 法 及 び 思 想 私 と 対 象 の 分 節 自 己 触 発 こ こ ろ の 翻 訳 바 람 도 없 는 공 중 에 의 을 내 이 며 고 요 히 떨 어 지 는 오 동 잎 은 누 구 의 발 자 취 입 니 까 님 의

84 내 고 장 은 청 포 도 가 익 어 가 는 시 절 이 마 을 전 설 이 주 저 리 주 저 리 열 리 고 먼 데 하 늘 이 꿈 꾸 며 알 알 이 들 어 와 박 혀 하 늘 밑 푸 른 바 다 가 가 슴 을 열 고 흰 돛 단 배 가 곱 게 밀 려 서 오 면 내 가 바 라 는 손 님 은 고 달 픈 몸 으 로 를 입 고 찾 아 온 다 고 했 으 니 내 그 를 맞 아 포 도 를 따 먹 이 면 두 손 은 함 빡 적 셔 도 좋 으 련 만 아 이 야 우 리 식 탁 엔 은 쟁 반 에 하 이 얀 모 시 수 건 을 마 련 해 두 렴 하 늘 바 다 흰 돛 단 배 포 도 손 은 쟁 반 하 이 얀 모 시

85 예 전 엔 미 처 몰 랐 어 요 너 는 모 양 할 수 도 없 도 다 봄 가 을 없 이 밤 마 다 돋 는 달 도 예 전 엔 미 처 몰 랐 어 요 먼

86 너 는 나 의 가 장 안 에 서 살 었 도 다 너 를 돌 려 보 낼 아 마 이 웃 도 찾 지 못 하 였 노 라 은 밀 히 이 르 노 리 이 너 를 아 주 싫 여 하 도 라 모 양 할 수 도 없 도 다 이 웃

87 눈 내 리 서 는 쌓 이 고 쌓 여 선 다 시 녹 고 마 는 눈 이 여 눈 물 겹 게 도 서 럽 지 아 니 한 가 하 루 동 안 쌓 여 다 간 또 다 시 하 루 밤 에 녹 고 마 는 이

88

89 第 四 節. 金 時 鐘 訳 再 訳 朝 鮮 詩 集 に つ い て 四 - 一. 表 現 さ れ た リ ズ ム

90 어 디 로 궂 은 어 디 로 내 마 음 은 어 디 로 가 야 옳 으 리 까 쉬 임 없 이 궂 은 비 는 내 려 오 고 지 나 간 날 괴 로 움 의 쓰 린 기 억 내 게 어 둔 구 름 되 어 덮 이 는 데

91 들 려 요 들 어 요 내 발 을 빨 어 다 오 四 - 二. 論 理 の 工 夫 아 시 아 의 의 의 빛 보 다 도 검 고 의 에 엎 드 려 히 머 리 숙 여 드 리 는 의 들 의 흐 느 끼 는 그 어 깨 와 등 위 에 물 결 쳐 흐 르 는 머 리 털 의 빛 갈 보 다 도 짙 으 게 검 은 아 시 아 에 아 시 아 의

92 붉 게 붉 게 붉 게 다 타 죽 는 해 죽 을 줄 알 고 도 빨 갛 게 타 면 안 죽 을 줄 알 면 서 도 제 몸 을 제 태 워 버 리 는 해 니 내 더 욱 절 함 이 라

93 히 움 직 인 다 는 둥 근 를 밟 았 거 니 밟 았 거 니

94 그 리 운 마 음 자 랑 스 럽 내 다 버 러 지 도 싫 다 하 올 버 러 지 도 싫 다 하 올 이 몸 이 불 현 듯 그 대 생 각 어 인 일 가 그 리 운 마 음 자 랑 스 럽 내 다 바 로 그 때 난 데 없 는 바 람 일 어 그 대 와 나 의 어 린 눈 흐 리 워 져 얼 결 에 서 로 손 목 쥐 었 읍 내 다 그 러 나 바 람 은 나 누 워 불 지 아 니 하 렸 으 련 만 찢 기 이 는 옷 같 이 우 리 는 갈 렸 읍 니 다

95 四 - 三. 対 象 と 私 心 の 対 象 化 抒 情 を は ず す こ と 呼 び か け 동 백 잎 에 빛 나 는 마 음 빛 나 는 빛 나 는 뒷 산 에 우 수 수 감 나 무 닢 하 나 도 안 남 았 겠 다

96 이 는 반 가 운 푸 른 물 모 래 를 비 치 고 흰 돛 대 섬 을 감 돌 며 들 건 너 자 주 빛 봄 안 개 시 름 없 이 올 적 에 저 산 에 꽃 꺾 으 려 동 산 에 임 뵈 오 려 가 고 오 는 흰 옷 이 는 바 가 운 아 아 그 땅 을 바 라 그 대 와 함 께 가 볼 거 나

97

98 유 린 가 봐 니 유 리 창 과 마 음 여 버 내 마 음 은 유 린 가 봐 겨 울 하 늘 처 럼 이 처 럼 작 음 한 숨 에 도 흐 려 버 리 니

99 서 운 한 나 의 마 음 잃 은 것 없 이 서 운 한 나 의 마 음 것 서 운 한 봄 비 나 즉 하 고 그 윽 하 게 부 르 는 소 리 있 어 나 아 가 보 니 아 나 아 가 보 니 졸 음 잔 뜩 실 은 듯 한 젖 빛 구 름 만 이 무 척 이 나 가 쁜 듯 이 한 없 이 게 으 르 게 푸 른 하 늘 위 를 거 닌 다 아 잃 은 것 없 이 서 운 한 나 의 마 음

100 밤 하 늘 은 내 마 음 구 석 구 석 이 별 이 라 네 흐 르 네 도 도 네 나 의 로

101 내 귀 가 듣 는 발 자 욱 오 너 의 것 이 냐 오 너 라 너 를 부 른 다 네 가 오 누 냐 나 의 아 씨 여 너 를 부 른 다 나 의 로 마 돈 나 지 난 밤 이 새 도 록 내 손 수 닦 아 둔 로 가 자 로 낡 은 달 은 빠 지 려 는 데 내 귀 가 듣 는 발 자 욱 오 너 의 것 이 냐 마 돈 나 오 너 라 가 자 앞 산 그 르 매 가 도 깨 비 처 럼 발 도 없 이 이 곳 가 까 이 오 도 다 아 행 여 나 누 가 볼 는 지 가 슴 이 뛰 누 나 나 의 아 씨 여 너 를 부 른 다 마 돈 나 뉘 우 침 과 두 려 움 의 외 나 무 다 리 건 너 있 는 내 열 이 도 없 느 니 아 바 람 이 불 도 다 그 와 같 이 가 볍 게 오 려 무 나 나 의 아 씨 여 네 가 오 느 냐 마 돈 나 별 들 이 웃 음 도 흐 려 지 려 하 고 어 둔 밤 물 결 도 잦 아 지 려 는 도 다 아 안 개 가 사 라 지 기 전 으 로 네 가 와 야 지 나 의 아 씨 여 너 를 부 른 다 아씨

102 第 五 節. 翻 訳 が 認 識 に 与 え る 影 響 に つ い て 植 民 地 状 況 を 中 心 に

103 고 향 고 향 고 향 은 찾 어 무 얼 하 리 일 가 흩 어 지 고 집 흐 너 진 데 저 녁 까 마 귀 가 을 풀 에 울 고 마 을 앞 시 내 도 옛 자 리 바 뀌 었 을 라 어 린 때 꿈 을 엄 마 무 덕 위 에 남 겨 두 고 떠 도 는 구 름 따 라 멈 추 는 듯 불 려 온 지 여 나 무 해 고 향 은 이 제 찾 어 무 얼 하 리 하 늘 가 에 새 기 쁨 을 그 리 어 보 랴 남 겨 둔 무 엇 일 래 못 잊 히 우 랴 모 진 바 람 아 마 음 껏 불 어 쳐 라 흩 어 진 꽃 잎 쉬 임 어 디 찾 는 다 냐 험 한 발 에 짋 힌 고 향 생 각 아 득 한 꿈 엔 달 려 가 는 일 이 언 만 서 로 의 굳 은 뜻 을 남 께 앗 긴 옛 사 랑 의 생 각 같 은 쓰 린 심 사 여 라

104 마 을 앞 시 내 도 옛 자 리 바 뀌 었 을 라 일 가 흩 어 지 고 집 흐 너 진 데 일 가 마 을 앞 시 내 도 옛 자 리 바 뀌 었 을 라 마 을 앞

105 으 로 을 내 겠 소 으 로 을 내 겠 소 밭 이 한 참 가 리 괭 이 로 파 고 호 미 론 풀 을 매 지 요 구 름 이 꼬 인 다 갈 리 있 소 세 노 래 는 공 으 로 들 으 랴 오 강 냉 이 가 익 걸 랑 함 께 와 자 셔 도 좋 소 왜 사 냐 건 웃 지 요

106 왜 사 냐 건 웃 지 요

107

108 第 六 節. 本 章 の ま と め

109

110

111 第 四 章 小 野 十 三 郎 詩 論 と 金 時 鐘 の 関 係 は じ め に 註

112

113 第 一 節. 小 野 の リ ズ ム が 批 判 す る も の 一 一. 生 活

114

115

116 一 二. 音 楽 ア ラ ラ ギ 派 と 萩 原 朔 太 郎 を 中 心 に

117

118

119

120

121

122 第 二 節. 批 評 言 葉 生 活 素 朴 さ 科 学

123

124

125

126 第 三 節. リ ズ ム と 批 評

127 第 四 節. 金 時 鐘 に お け る リ ズ ム と は 批 評 で あ る 自 然 と 距 離

128

129

130

131

132

133

134

135

136

137

138

139

140

141 第 五 章 距 離 の 多 角 的 表 現 長 篇 詩 集 新 潟 の 方 法 論 に 至 る ま で の 過 程 は じ め に 第 一 節. 地 平 線 一 一. 時 代 背 景

142

143 一 二. 地 平 線 の 表 現 に つ い て 조 벽 암 윤 세 평 김 순 석 생 활 과 독 담 재 일 조 선 문 학 회 내 일 부 시 인 들 의 경 향 에 대 하 여

144

145

146

147

148

149

150

151

152 입 니 까 이 라 니 요 나 에 게 무 슨 이 있 겠 읍 니 까 나 는 당 신 에 게 대 하 여 을 지 키 려 고 하 였 읍 니 다 마 는 은 야 속 히 도 지 켜 지 지 아 니 하 였 읍 니 다

153 그 리 고 마 지 막 은 하 나 있 읍 니 다 그 러 나 그 은 소 리 없 는 메 아 리 와 같 아 서 할 수 가 없 읍 니 다 소 리 없 는 메 아 리 메 아 리 메 아 리 매 미

154

155 第 二 節. 日 本 風 土 記 距 離 の 多 様 な 表 現

156

157

158

159

160

161

162

163

164

165

166 Poesia Points de suspensions : Entretiens

167

168

169

170

171 第 六 章 道 と 変 身 は じ め に

172 第 一 節. 道 と 光

173

174

175

176

177

178

179

180

181

182

183 第 二 節. 擬 態 と し て の 日 本 語 と 擬 態 と し て の 自 己 の 交 差 分 裂 す る 自 己

184

185

186

187

188

189

190

191 三 節. 擬 態 と し て の 自 己 と 朝 鮮 語 の 関 係

192

193

194

195

196 개 장

197

198 빨 パルゲ ン イ 갱 이 빨 갱 이 개 장

199 The Location of Culture

200

201 第 七 章 意 志 日 本 語 へ の 報 復 と 距 離 の 問 題 化 に つ い て 第 一 節. 意 志 に つ い て

202

203

204

205

206

207

208

209

210

211

212

213 Le volontaire et l'involonta ire

214

215

216

217

218

219

220

221 第 二 節. 蛹 と 日 本 語 停 滞 と 日 本 語 へ の 報 復 の 発 現

222

223

224

225

226

227

228

229

230

231 第 三 節. 身 体 に よ る 距 離 へ の 問 い か け と 世 界 の 開 示 三 一. 吹 田 枚 方 事 件

232

233 三 二. 排 泄 と 身 体

234

235

236

237

238

239

240

241

242 三 三. も よ お す 身 体 と 世 界

243

244

245

246

247

248

249

250

251

252

253 第 八 章 歴 史 と 自 己 金 時 鐘 の リ ズ ム の 思 想 は じ め に

254

255

256 第 一 節. 汀 線 日 本 と 朝 鮮 の は ざ ま

257

258

259

260

261

262

263

264

265

266

267 第 二 節. 故 郷 に つ い て 二 一. つ ぶ や き 語 り の 行 方

268

269

270

271

272 二 二. 重 層 化 す る 故 郷

273

274 눈 이 내 리 느 니 북 국 에 는 날 마 다 밤 마 다 눈 이 내 리 느 니 희 색 하 늘 속 으 로 흰 눈 이 포 부 슬 때 마 다 눈 속 에 파 묻 히 는 하 아 얀 북 조 선 이 보 이 느 니 가 끔 가 다 가 당 나 귀 울 리 는 눈 보 라 가 강 건 너 로 굵 은 모 래 를 쥐 어 다 가 취 위 에 얼 어 떠 는 의 귓 불 을 때 리 느 니 의 밤

275

276

277

278

279

280

281 二 三. 故 郷 と つ ぶ や き の 関 係

282 고 향

283

284

285 第 三 節. 船 か ら 骨 へ 証 言 と し て の 詩 三 一. 証 言 と 詩 の 重 な り あ い

286 三 二. 船 航 海 し な い も の

287

288

289 Marge de la philosophie,

290

291 三 三. 水 死 人 無 音 な る 残 余

292

293

294

295

296 三 四. 炎 そ し て 船 出 来 事 の 現 わ れ と 喪 失

297

298

299

300 Testimony : crises of witnessing in literature, psychoanalysis, and history Quel che resta di Auschwitz : l'archivio e il testimone : Homo sacer III

301

302 三 五. 骨 か ら 灰 へ 灰 か ら 骨 へ

303

304

305 第 四 節. 小 括 新 潟 に 現 れ る リ ズ ム の 思 想

306

307

308

309

310

311

312

313

314

315 結 論 1 本 研 究 の 理 論 的 枠 組 み

316 2 金 時 鐘 の 思 想 的 背 景 と 新 潟 に 向 か う 方 法 論 的 な 深 化

317 3 長 篇 詩 集 新 潟 か ら 見 え る 金 時 鐘 の 抒 情 と リ ズ ム の 詩 学

318

319

320 今 後 の 課 題 Culture and Imperialism,

321

322

323

324

325 参 考 文 献 金 時 鐘 著 書 共 著 跋 文 雑 誌 新 聞 掲 載 文 等

326 対 談 鼎 談 イ ン タ ヴ ュ ー シ ン ポ ジ ウ ム 等 第 一 章

327 第 二 章

328

329 Vom Wesen des Rhythmus

330 第 三 章 의 서 울

331 서 울 第 四 章

332

333 第 五 章 Points de suspensions : Entretiens 第 六 章

334 Location of Culture 第 七 章 Le volontaire et l involontaire

335 第 八 章

336 Quel che resta di Auschwitz : l'archivio e il testimone : Homo sacer II Testimony : crises of witnessing in literature, psychoanalysis, and history,

337 結 論 Culture and Imperialism

338

339 金 時 鐘 簡 易 年 表 年 金 時 鐘 の 作 品 ( 原 野 の 詩 に 収 録 されたもののみ) * 日 本 風 土 記 に 収 録 されたもの ** 拾 遺 集 に 収 録 されたもの) 金 時 鐘 に 関 する 主 な 出 来 事 日 本 朝 鮮 半 島 の 出 来 事 一 八 六 六 年 シャーマン 号 事 件 ( 七 月 ) 一 九 〇 九 年 新 信 濃 川 掘 削 事 業 (~ 一 九 二 二 年 ) 一 九 二 九 年 金 時 鐘 出 生 ( 十 二 月 ) 一 九 三 一 年 満 州 事 変 勃 発 ( 九 月 ) 一 九 三 五 年 済 州 島 へ 移 住 この 頃 普 通 学 校 へ 入 学 一 九 三 六 年 南 次 郎 朝 鮮 総 督 に 就 任 ( 八 月 ) 一 九 三 七 年 盧 溝 橋 事 件 ( 七 月 ) 日 中 戦 争 勃 発 皇 国 臣 民 の 誓 詞 制 定 ( 十 月 ) 文 学 作 品 評 論 その 他 の 事 象 一 九 三 八 年 朝 鮮 陸 軍 特 別 志 願 兵 令 公 布 ( 二 月 ) 第 三 次 朝 鮮 教 育 令 改 正 ( 三 月 ) 一 九 三 九 年 一 九 四 〇 年 創 氏 改 名 令 施 行 ( 二 月 ) 金 素 雲 訳 乳 色 の 雲 ( 五 月 ) 一 九 四 一 年 一 九 四 二 年 光 州 の 中 学 校 に 入 学 国 民 学 校 規 定 改 正 朝 鮮 語 の 授 業 廃 止 ( 三 月 ) 一 九 四 三 年 一 九 四 四 年 一 般 徴 用 令 を 朝 鮮 半 島 に 適 用 ( 九 月 ) 一 九 四 五 年 済 州 島 で 解 放 を 向 か える( 八 月 ) 済 州 島 人 民 委 員 会 で 活 動 開 始 ( 十 二 月 ) 終 戦 / 解 放 ( 八 月 ) 浮 島 丸 事 件 ( 八 月 ) 一 九 四 六 年 一 九 四 七 年 南 朝 鮮 労 働 党 に 予 備 党 員 として 入 党 ( 二 月 ) 以 後 パルチ ザンとして 活 動 を 始 める 一 九 四 八 年 郵 便 局 事 件 ( 五 月 ) 失 敗 後 潜 伏 する 一 九 四 九 年 日 本 へ 逃 亡 ( 五 月 ) 一 九 五 〇 年 夢 みたいなこと 日 本 共 産 党 へ 入 党 ( 五 月 ) ( 四 月 ) 真 昼 ( 六 月 ) 一 本 の 錆 びた ス ゼ ( 八 月 ) 夜 の つぶやき ( 九 月 ) 一 九 五 一 年 飢 えた 日 の 記 ( 五 月 ) 在 日 朝 鮮 人 ( 五 月 ) 距 離 は 苦 痛 を 食 って いる ( 六 月 ) 一 九 五 一 年 六 月 二 十 五 日 の 晩 餐 会 ( 六 月 ) 梅 雨 の 夜 ( 七 月 ) キャメラ ( 七 月 ) 夏 の 狂 詩 ( 七 月 ) 夜 よ はよ 来 い ( 八 月 ) 流 民 哀 歌 ( 十 月 ) 朝 鮮 評 論 の 編 集 に 加 わる( 二 号 か ら) 済 州 島 四 三 事 件 ( 四 月 ) 済 州 島 単 選 反 対 運 動 ( 五 月 ) 李 承 晩 韓 国 大 統 領 に 選 出 ( 五 月 ) 大 韓 民 国 樹 立 ( 八 月 ) 朝 鮮 民 主 主 義 人 民 共 和 国 樹 立 ( 九 月 ) 済 州 島 焦 土 化 作 戦 ( 十 一 月 ごろ) 水 葬 朝 鮮 戦 争 勃 発 ( 六 月 ) 在 日 本 朝 鮮 統 一 民 主 主 義 統 一 戦 線 結 成 ( 民 戦 )( 一 月 ) 日 本 共 産 党 第 四 回 全 国 協 議 会 ( 二 月 ) 日 本 共 産 党 第 五 回 全 国 協 議 会 ( 十 月 ) 朝 鮮 評 論 創 刊 ( 十 月 ) 小 野 十 三 郎 詩 論 許 南 麒 火 縄 銃 のうた 一 九 五 二 年 巨 済 島 1~3 ( 二 月 ) ひぐらしの 歌 ( 九 月 ) 秋 の 歌 (1~4) ( 十 一 月 ) 吹 田 事 件 でのデモに 参 与 ( 六 月 ) 中 西 朝 鮮 小 学 校 開 校 ( 四 月 ) 吹 田 枚 方 事 件 ( 六 月 ) 破 壊 活 動 防 止 法 施 行 ( 七 月 ) 第 五 回 全 国 協 議 会 ( 五 全 協 )( 十 月 )

340 一 九 五 三 年 眼 ( 一 月 ) 春 ( 一 月 ) タロー ( 二 月 ) 第 一 回 の 卒 業 生 の み なさんへ ( 二 月 ) 開 票 ( 四 月 ) ふところ ( 五 月 ) 停 戦 譜 江 夜 ( 七 月 ) 母 国 朝 鮮 に 捧 ぐるの 歌 ( 九 月 ) 斎 藤 金 作 の 死 に ( 十 一 月 ) 生 きのびるもの ( 十 一 月 ) 悪 夢 ( 十 一 月 ) 年 の 瀬 ( 十 二 月 ) ヂンダレ 創 刊 ( 二 月 ) 民 戦 の 職 業 常 任 とな る( 四 月 ) 鄭 仁 と 知 り 合 う( 十 二 月 ごろ) 朝 鮮 戦 争 休 戦 協 定 締 結 ( 七 月 ) スターリン 死 去 ( 三 月 ) 一 九 五 四 年 薄 明 ( 一 月 ) 卓 の 上 ( 一 月 ) 南 の 島 ( 三 月 ) * 処 分 法 ( 六 月 ) * たしかにそういう 目 がある ( 九 月 ) 知 識 ( 九 月 ) 墓 碑 ( 九 月 ) 耐 乏 生 活 ( 十 一 月 ) あなたは もうわた しを 差 配 できない ( 十 二 月 ) 腸 チフス で 入 院 このころ 長 谷 川 龍 生 倉 橋 健 一 黒 田 喜 夫 梁 石 日 らと 知 り 合 う 南 日 北 朝 鮮 外 相 声 明 ( 八 月 ) 四 三 事 件 ほぼ 終 結 ( 九 月 ) 金 素 雲 訳 朝 鮮 詩 集 ( 十 一 月 ) 一 九 五 五 年 規 律 の 異 邦 人 ( 三 月 ) 生 きるってこと ( 四 月 ) 富 士 ( 五 月 ) 期 待 ( 五 月 ) * 浦 戸 丸 浮 揚 ( 六 月 ) 驟 雨 ( 八 月 ) 子 供 と 月 ( 八 月 ) あせた 乳 房 ( 九 月 ) 遠 い 日 ( 九 月 ) 地 平 線 ( 十 二 月 ) 自 序 日 共 在 日 朝 鮮 人 運 動 について 発 表 ( 一 月 ) 在 日 本 朝 鮮 人 総 聯 合 会 結 成 ( 五 月 ) 六 全 協 ( 七 月 )= 武 装 闘 争 方 針 の 否 定 一 九 五 六 年 政 策 発 表 会 ( 五 月 ) 盲 貫 銃 創 ( 五 月 ) 除 草 ( 五 月 ) 無 風 地 帯 ( 五 月 ) 私 の 家 ( 五 月 ) ぼくがぼくであると き ( 六 月 ) 鍵 を 持 つ 手 ( 六 月 ) 裏 庭 ( 七 月 ) インディアン 狩 り ( 八 月 ) 謝 肉 祭 ( 八 月 ) 一 万 年 ( 八 月 ) 白 い 手 ( 八 月 ) 運 河 ( 十 月 ) 道 路 がせまい ( 十 一 月 ) 猪 飼 野 二 丁 目 ( 十 二 月 ) 金 時 鐘 特 集 ヂ ンダレ 15 号 ( 五 月 ) ハンガリー 革 命 ( 十 月 )

341 一 九 五 七 年 ニュールック ( 一 月 ) ** カメレオン 音 を 出 す ( 二 月 ) 淀 川 べり ( 五 月 ) 日 本 の 臭 い ( 七 月 ) 長 屋 の 掟 ( 十 一 月 ) 家 出 ( 十 一 月 ) 的 を 掘 る ( 十 一 月 ) かもの 群 れ ( 十 一 月 ) 発 情 期 ( 十 一 月 ) 日 曜 日 ( 十 一 月 ) 若 いあなたを 私 は 信 じた ( 十 一 月 ) 表 彰 ( 十 一 月 ) ** 雨 と 墓 と 秋 と 母 と ( 十 一 月 ) ** 犬 を 喰 う ( 十 一 月 ) 日 本 風 土 記 ( 十 一 月 ) * 南 京 虫 * 木 靴 * 夜 の 街 で 1 * 夜 の 街 で 2 一 九 五 八 年 ** 大 阪 風 土 記 ( 一 つのうた しらぬ 火 河 口 ) ( 一 月 ) ** 歯 の 条 理 ( 一 月 ) ** 穴 ( 四 月 ) ** しゃりっこ ( 十 月 ) 一 九 五 九 年 ** 海 の 飢 餓 ( 五 月 ) ** 八 月 を 生 きる ( 九 月 ) 一 九 六 〇 年 ヂンダレ 18 号 ( 七 月 )に 評 論 盲 と 蛇 の 押 問 答 と 大 阪 総 連 を 発 表 する 評 論 第 二 世 文 学 論 ( 六 月 ) ヂンダレ 2 号 ( 終 刊 )( 実 質 的 に 解 散 状 態 ) 梁 石 日 鄭 仁 らと カリオンの 会 結 成 カリオン 創 刊 ( 六 月 ) 日 本 赤 十 字 社 と 朝 鮮 民 主 主 義 人 民 共 和 国 赤 十 字 社 との 間 における 在 日 朝 鮮 人 の 帰 還 に 関 する 協 定 (カルカッタ 協 定 ) ( 八 月 ) 千 里 馬 運 動 (~ 六 一 年 ) 日 赤 帰 還 案 内 公 表 ( 九 月 ) 第 一 次 帰 国 船 出 発 ( 十 二 月 ) 日 米 安 保 闘 争 4 19 蜂 起 ( 四 月 ) 一 九 六 一 年 日 本 共 産 党 党 籍 離 脱 朴 正 熙 らによるクーデター( 五 月 ) 一 九 六 二 年 一 九 六 三 年 ** 猟 銃 ( 三 月 ) 一 九 六 四 年 近 畿 学 院 ( 朝 鮮 総 聯 の 速 成 党 学 校 ) への 指 名 学 習 を 拒 否 ( 七 月 ) 朝 鮮 総 聯 による 統 一 試 範 をだた 一 人 拒 否 ( 七 月 ) 一 九 六 五 年 第 二 次 統 一 試 範 も 拒 否 ( 五 月 ) 朝 鮮 総 聯 と 決 別 する ( 七 月 ) 一 九 六 六 年 大 阪 文 学 学 校 の 講 師 となる( 七 月 ) 日 韓 基 本 条 約 締 結 ( 六 月 ) 一 九 六 七 年 金 石 範 鴉 の 死 一 九 六 八 年 金 嬉 老 事 件 ( 二 月 ) 一 九 六 九 年 一 九 七 〇 年 長 篇 詩 集 新 潟 ( 八 月 ) 一 九 七 一 年 ** 涸 れた 時 を 佇 む もの ( 十 一 月 ) 一 九 七 八 年 猪 飼 野 詩 集 ( 十 月 ) 一 九 七 九 年 ** 大 阪 港 ( 十 二 月 ) 一 九 八 三 年 光 州 詩 片 ( 十 一 月 ) 一 九 九 一 年 原 野 の 詩 ( 十 一 月 ) 一 九 九 九 年 化 石 の 夏 ( 九 月 ) 二 〇 〇 二 年 二 〇 〇 七 年 再 訳 朝 鮮 詩 集 ( 十 一 月 ) 帰 還 未 了 者 の 帰 還 に 関 する 暫 定 措 置 の 合 意 書 ( 二 月 ) 吹 田 事 件 五 〇 周 年 記 念 シンポジウム

:. 蔿 蔿 蔿 蔿, 蔿

:. 蔿 蔿 蔿 蔿, 蔿 Title 旺 山 許 蔿 [ウィ](ワンサン ホウィ)の 逮 捕 後 の 動 向 考 察 ( fulltext ) Author(s) 李, 修 京 Citation 東 京 学 芸 大 学 紀 要. 人 文 社 会 科 学 系. I, 63: 119-135 Issue Date 2012-01-31 URL http://hdl.handle.net/2309/125470 Publisher

More information

2007 6 Ⅱ. 韓 国 に 吹 く 多 文 化 ブームの 現 状 1. 韓 国 社 会 における 外 国 人 数 の 増 加 2000 2008 21 90 4 OECD 5.9% 2 2009 1,168,477 3 49,593,665 2.2% 83.6% 73,725 6.7% 107,

2007 6 Ⅱ. 韓 国 に 吹 く 多 文 化 ブームの 現 状 1. 韓 国 社 会 における 外 国 人 数 の 増 加 2000 2008 21 90 4 OECD 5.9% 2 2009 1,168,477 3 49,593,665 2.2% 83.6% 73,725 6.7% 107, 5 2011.3 李 善 姫 Ⅰ. はじめに 1 2000 2000 2006 NGO 2007 1 006 2007 6 Ⅱ. 韓 国 に 吹 く 多 文 化 ブームの 現 状 1. 韓 国 社 会 における 外 国 人 数 の 増 加 2000 2008 21 90 4 OECD 5.9% 2 2009 1,168,477 3 49,593,665 2.2% 83.6% 73,725 6.7%

More information

US5_01hyomokA0619.indd

US5_01hyomokA0619.indd 日 本 学 術 振 興 会 アジア 研 究 教 育 拠 点 事 業 東 アジア 海 文 明 の 歴 史 と 環 境 ニューズレター 海 雀 Umi-Suzume 第 5 号 2008. 6. 25 四 川 大 地 震 の 波 紋 ~ 四 川 文 明 東 アジア 海 文 明 との 関 連 鶴 間 和 幸 (2) 国 際 シンポジウム 東 アジア 海 文 明 の 広 がりと 変 容 渤 海 黄 海 の

More information

2-1_鄭.indd

2-1_鄭.indd 조선통신사의문학 戶 諉 김양수 조선후기 외교의 주인공들 에 나타난 의 활동과 새로 발견된 일본사행록들 김양수 조선후기 우봉김씨의 발전 조선후기 외교의 주인공들 賫 槩 戶 槩 남옥 지음 김보경 옮김 붓끝으로 부사산 바람을 가르다 소명출판사 潝 辝 潝 이상태 백두산정계비 설치와 김지남의 역할 조선후기 외교의 주인공들 潝 潝 양흥숙 세기 전반 의 파견과

More information

<955C8E862E6169>

<955C8E862E6169> 外 国 人 免 费 法 律 咨 询 0 Nov.18 (Wed.), 20 13:00-16:00 YOKE (YOKOHAMA ASSOCIATION FOR NTERNATIONAL COMMUNICATIONS AND EXCHANGES) Yokohama International Organizations Center 5F, 1-1-1 Minatomirai, Nishi-ku,Yokohama

More information

5 1 2008 4 2 2009 4 2010 3 5 2 3 2 2010 4 1 2009 1 10 200 46 2009 4 3 5 2009 3 2006 2 4 5

5 1 2008 4 2 2009 4 2010 3 5 2 3 2 2010 4 1 2009 1 10 200 46 2009 4 3 5 2009 3 2006 2 4 5 5 1 2008 4 2 2009 4 2010 3 5 2 3 2 2010 4 1 2009 1 10 200 46 2009 4 3 5 2009 3 2006 2 4 5 2009 11 2010 4 30 2009 6 2010 4 2010 2015 2015 2010 3 3 3 10 2010 8 2009 1 1 2009 12 22 2 2009 3 2009 2 4 2009

More information

神 戸 法 学 雑 誌 64 巻 3 4 号 はじめに

神 戸 法 学 雑 誌 64 巻 3 4 号 はじめに Title Author(s) Citation Kobe University Repository : Kernel 日 韓 会 談 中 断 期 対 韓 請 求 権 主 張 撤 回 をめぐる 日 本 政 府 の 政 策 決 定 過 程 : 初 期 対 韓 政 策 の 変 容 と 連 続 1953-57 年 (Policy making process of the Japanese government

More information

1861 1883 1912 9 30 3 1914 4 2 1916 4 19 1919 4 6 6 4 5 1909 1923 14 3 1915 103-105 1910 1906-1918 1979 4 1941 120 5 476 1988 2013 146

1861 1883 1912 9 30 3 1914 4 2 1916 4 19 1919 4 6 6 4 5 1909 1923 14 3 1915 103-105 1910 1906-1918 1979 4 1941 120 5 476 1988 2013 146 6 1.はじめに 15 1 2 1 1915 7 2 1995 258 김민철 식민지조선의 경찰과 주민 일제 식민지지배의 구조와 성격2005 6 145 1861 1883 1912 9 30 3 1914 4 2 1916 4 19 1919 4 6 6 4 5 1909 1923 14 3 1915 103-105 1910 1906-1918 1979 4 1941 120 5 476

More information

永長大田楽における貴族と民衆

永長大田楽における貴族と民衆 No.27 2003 7 에이쵸원년에교토의상하사람들을많이휩쓸려들게한유명한대전악소동은중앙정권과민중 농민들을자극했고중세기사회에큰영향을끼친것은더말할것도없다 당시참가자들의모습은 낙양전악기 중우기 등에서엿볼수있으며피리를불고북을두드리며세차게또한미칠듯춤추던상황을그려볼수있다 그렇다면왜다른예능도아니고오직전악이란형태로서만표현할수밖에없었은가? 본논문에서는 10 세기의왕권력에전악이이용된이유로서전악춤에는주술적인기능이잠재여있고또민중들이전악열풍을일으킨것도전악에는악령을몰아내고악귀제거의기능이작용하고있다고예측되며그것을가지고여러가지의사회불안을해소하려고한의도를파악할수있다

More information

<97B489A48B7B82CC8B4C89AF2883758362834E292E696E6462>

<97B489A48B7B82CC8B4C89AF2883758362834E292E696E6462> GCOE レポートシリーズ 18 号 の 刊 行 にあたって 水 都 大 阪 の 記 憶 を 掘 り 起 こすさまざまな 試 みが 行 われている 市 内 に 網 の 目 状 にはりめ ぐらされていた 河 港 都 市 の 生 命 である 運 河 の 埋 め 立 てと 港 湾 部 の 防 潮 堤 整 備 により 実 感 をながらく 有 せなかった 水 都 の 記 憶 の 再 生 を 大 阪 市 と 大

More information

Hello

Hello 3강. 명동에 가려면 몇 호선을 타야 해요? ( 明 洞 に 行 くには 何 号 線 に 乗 らなければいけませんか ) 학습목표: 대중교통 이용하기 学 習 目 標 : 公 共 交 通 を 利 用 する こんにちは 今 日 は 公 共 交 通 の 利 用 について 勉 強 しましょう 皆 さんは 韓 国 でどのような 交 通 機 関 を 一 番 多 く 使 いますか 韓 国 の 交 通 機

More information

名 古 屋 韓 国 学 校 2016 年 度 授 業 案 内 月 火 水 木 金 土 時 間 講 座 / 教 科 書 担 任 受 講 レベル 19:00 ~20:30 10:00 ~11:30 13:30 ~15:00 13:30 ~15:00 19:00 ~20:30 10:30 ~12:00 1

名 古 屋 韓 国 学 校 2016 年 度 授 業 案 内 月 火 水 木 金 土 時 間 講 座 / 教 科 書 担 任 受 講 レベル 19:00 ~20:30 10:00 ~11:30 13:30 ~15:00 13:30 ~15:00 19:00 ~20:30 10:30 ~12:00 1 책 보 퉁 이 チェッポトンイ とは? 貧 しくてカバンなど 買 えなかったけれど 勉 強 がしたい 勉 強 をしようという 思 いで 風 呂 敷 で 本 を 包 んで 学 校 に 通 った 時 代 がありました その 本 の 包 みのことを チェッポトンイ と 言 いますが その 昔 の 必 死 の 思 いを 込 めて 名 付 けました 입학과 진학을 축하드립니다. 入 学 と 進 学 おめでとうございます

More information

文献史料からみた豊臣前期大坂城の武家屋敷・武家地

文献史料からみた豊臣前期大坂城の武家屋敷・武家地 1 澤 歴 博 館 紀 13 号 1-18ページ 015 旨 頃 具 特 象 流 散 進 展 容 易 問 題 1 発 掘 調 査 づ 個 別 位 全 像 全 通 得 象 没 幅 改 編 判 全 ほ 3 ご 区 提 4 澤 : 頃 : 頃 : 頃 惣 堀 惣 ン 堀 曲 輪 空 誕 結 識 馬 曲 輪 エ ア 概 観 特 徴 課 題 整 理 廣 解 積 極 取 組 環 具 主 類 索 表 1 結 玉

More information

カチの声 13号

カチの声 13号 国 際 交 流 基 金 ソウル 日 本 文 化 センター 日 本 語 部 第 13 号 2006.7 目 次 翻 訳 を 語 る (13) P.2 中 川 李 枝 子 P.4 日 本 文 学 の 中 の 韓 国 (5) 鷲 沢 萌 & 君 はこの 国 を 好 きか 日 本 人 の 目 (13) ベタベタとタプタプ 韓 国 人 の 目 (13) 恋 人 とヨンイン 研 究 会 探 訪 (2) 忠 北

More information

2

2 1 2 3 GHQ Liberated peoples GHQ GHQ GHQ GHQ 4 GHQ GHQ W.J.Sebald GHQ W.H.Sullivan GHQ GHQ GHQ 5 SCAP 6 GHQ GHQ SCAP SCAP GHQ J.Bassin a b c 7 a b c d e b 8 b b GHQ 9 10 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

More information

Far Eastern Plaza Hotel (The Mall) When you are dropped off at Far Eastern Plaza Hotel, you will be on Sec. 2, Dūnhuà South Road After passing a parki

Far Eastern Plaza Hotel (The Mall) When you are dropped off at Far Eastern Plaza Hotel, you will be on Sec. 2, Dūnhuà South Road After passing a parki WALKING DIRECTIONS FROM AIRPORT BUS (1960) STOP If you plan to come to hostel by bus, please take Airport Bus no. 1960 (NT$145 per person) to Far Eastern Plaza Hotel. Our hostel is about 10 minutes walking

More information

Kachi no Koe

Kachi no Koe 国 際 交 流 基 金 ソウル 日 本 文 化 センター 日 本 語 部 第 9 号 2005.3 翻 訳 を 語 る (9) 梁 石 日 日 本 人 の 目 (9) 広 くて 短 い 韓 国 狭 くて 長 い 日 本 日 本 語 上 達 のために(7) 八 方 美 人 データから 見 える 日 本 の 横 顔 (9) メールのあいさつ 日 本 語 名 文 鑑 賞 (7) 竹 P.2 P.7 P.9

More information

2014 年 2 月 号 福 音 新 聞 ( 第 3 種 郵 便 物 許 可 ) 第 727 号 < 書 評 翻 訳 広 告 > 東 京 教 会 副 牧 師 及 び 教 育 伝 道 師 の 招 聘 日 本 人 が 見 た 驚 くべきキリストの 国 韓 国 2012 年 日 本 基 督 教 団 の 牧

2014 年 2 月 号 福 音 新 聞 ( 第 3 種 郵 便 物 許 可 ) 第 727 号 < 書 評 翻 訳 広 告 > 東 京 教 会 副 牧 師 及 び 教 育 伝 道 師 の 招 聘 日 本 人 が 見 た 驚 くべきキリストの 国 韓 国 2012 年 日 本 基 督 教 団 の 牧 1963 年 9 月 20 日 第 3 種 郵 便 物 許 可 ( 毎 月 一 日 発 行 ) 在 日 大 韓 基 督 教 会 宣 教 100 110 周 年 標 語 감사의 백년, 소망의 백년 感 謝 の 百 年 希 望 の 百 年 ( 데살로니가전서 5:18) 2014 年 2 月 1 日 ( 土 ) 第 727 号 発 行 所 福 音 新 聞 社 (1 部 100 円 ) 169-0051

More information

Kachi no koe 14i

Kachi no koe 14i 国 際 交 流 基 金 ソウル 日 本 文 化 センター 日 本 語 部 第 14 号 2006.11 翻 訳 を 語 る(14) P.2 角 田 光 代 小 説 と 映 画 P.4 日 本 文 学 の 中 の 韓 国 (6) 日 本 人 の 目 (14) P.7 韓 国 では 公 園 でも 出 前 が!! 韓 国 人 の 目 (14) P.8 お 一 人 様 ブーム! でも 一 人 で 出 前 は

More information

Kachi no Koe No,10

Kachi no Koe No,10 国 際 交 流 基 金 ソウル 日 本 文 化 センター 日 本 語 部 第 10 号 2005.8 目 次 翻 訳 を 語 る (10) 重 松 清 カチの 声 第 10 号 記 念 日 本 人 の 目 韓 国 人 の 目 (10) 特 集 座 談 会 特 派 員 の 目 から 見 た 日 本 と 韓 国 P.2 P.7 ~ P.4 日 本 文 学 の 中 の 韓 国 (2) 日 韓 友 情 のゆくえ~

More information

目 次 1 はじめに 3 2 韓 国 の 親 権 養 育 権 制 度 の 概 要 (1) 親 権 養 育 権 に 係 る 法 令 4 (2) 親 権 に 服 する 子 4 (3) 親 権 の 帰 属 4 (4) 離 婚 後 における 親 権 者 養 育 権 者 の 分 離 分 属 6 (5) 親 権

目 次 1 はじめに 3 2 韓 国 の 親 権 養 育 権 制 度 の 概 要 (1) 親 権 養 育 権 に 係 る 法 令 4 (2) 親 権 に 服 する 子 4 (3) 親 権 の 帰 属 4 (4) 離 婚 後 における 親 権 者 養 育 権 者 の 分 離 分 属 6 (5) 親 権 韓 国 の 親 権 監 護 権 山 梨 学 院 大 学 法 務 研 究 科 金 亮 完 目 次 1 はじめに 3 2 韓 国 の 親 権 養 育 権 制 度 の 概 要 (1) 親 権 養 育 権 に 係 る 法 令 4 (2) 親 権 に 服 する 子 4 (3) 親 権 の 帰 属 4 (4) 離 婚 後 における 親 権 者 養 育 権 者 の 分 離 分 属 6 (5) 親 権 行 使 親

More information

Ⅲ. 基 金 創 立 30 周 年 記 念 事 業 1. 日 韓 の 女 性 作 家 による 朗 読 と 鼎 談 ことばの 調 べにのせて 基 金 創 立 30 周 年 記 念 事 業 として また 日 韓 文 化 交 流 会 議 を 支 援 する 形 で 基 金 創 立 30 周 年 にあたる20

Ⅲ. 基 金 創 立 30 周 年 記 念 事 業 1. 日 韓 の 女 性 作 家 による 朗 読 と 鼎 談 ことばの 調 べにのせて 基 金 創 立 30 周 年 記 念 事 業 として また 日 韓 文 化 交 流 会 議 を 支 援 する 形 で 基 金 創 立 30 周 年 にあたる20 Ⅲ. 基 金 創 立 30 周 年 記 念 事 業 Ⅲ. 基 金 創 立 30 周 年 記 念 事 業 1. 日 韓 の 女 性 作 家 による 朗 読 と 鼎 談 ことばの 調 べにのせて 基 金 創 立 30 周 年 記 念 事 業 として また 日 韓 文 化 交 流 会 議 を 支 援 する 形 で 基 金 創 立 30 周 年 にあたる2013 年 12 月 15 日 に 県 立 神 奈

More information

CW6_A1157D07.indd

CW6_A1157D07.indd 韓 国 語 教 育 におけるテキストとしての 韓 国 小 説 とその 表 現 ( 其 の 二 ) Korean Novel and the Expression as Text for Korean Language Education 2 SHIN Daiki 要 旨 韓 国 語 小 説 における 文 章 の 特 徴 に 関 して 前 節 までの 考 察 によると 最 近 の 新 進 作 家 が

More information

00_20本文.indd

00_20本文.indd 第一部 障害者権利条約履行のための国内法研究 に関する報告 50 障害者権利条約履行のための国内法研究 障がい者基本法制定を中心に キム ドンキ 牧園大学社会福祉学科教授 イ ソック 韓国障がい者財団事務総長 ソン ヒョンソク 韓国障がい者連盟広報局長 1 序論 障がい者問題に対する当事者の自覚と障がい者団体の活動は 障がい者との 関連法制度の政策発展に大きく寄与してきた 韓国政府と市民社会は 障がい

More information

8.この 取 決 めは 国 際 法 及 び 各 参 加 者 に 適 用 される 国 内 法 令 の 下 で 法 的 な 拘 束 力 を 与 え ることを 意 図 するものではない 参 加 者 は 既 存 の 国 際 約 束 に 基 づくそれぞれの 権 利 及 び 義 務 に 影 響 を 与 えること

8.この 取 決 めは 国 際 法 及 び 各 参 加 者 に 適 用 される 国 内 法 令 の 下 で 法 的 な 拘 束 力 を 与 え ることを 意 図 するものではない 参 加 者 は 既 存 の 国 際 約 束 に 基 づくそれぞれの 権 利 及 び 義 務 に 影 響 を 与 えること 北 朝 鮮 による 核 及 びミサイルの 脅 威 に 関 する 日 本 国 防 衛 省 大 韓 民 国 国 防 部 及 びアメリカ 合 衆 国 国 防 省 の 間 の 三 者 間 情 報 共 有 取 決 め 日 本 国 防 衛 省 大 韓 民 国 国 防 部 及 びアメリカ 合 衆 国 国 防 省 ( 以 下 参 加 者 という )は 秘 密 情 報 の 共 有 について 相 互 の 利 益 を 有

More information

2 교육원 활동 아름다운 동행 제24호 修 交 50 周 年 記 念 横 浜 日 韓 友 好 レセプション 汐 見 台 中 学 校 韓 国 文 化 体 験 教 室 運 營 10월1일(목) 요코하마 한일 우호의 밤 행사(주중철 10월21일(수) 시오미다이 중학교에서 한국문화체험출장 주

2 교육원 활동 아름다운 동행 제24호 修 交 50 周 年 記 念 横 浜 日 韓 友 好 レセプション 汐 見 台 中 学 校 韓 国 文 化 体 験 教 室 運 營 10월1일(목) 요코하마 한일 우호의 밤 행사(주중철 10월21일(수) 시오미다이 중학교에서 한국문화체험출장 주 제24호(2015년 겨울) 2015 年 12 月 23 日 發 行 아름다운 동행 神 奈 川 韓 国 綜 合 教 育 院 新 聞 創 刊 2010 年 5 月 10 日 発 行 神 奈 川 韓 国 綜 合 教 育 院 住 所 235-0016 神 奈 川 県 横 浜 市 磯 子 区 磯 子 3-10-28 Tel 045-753-2021 [ 発 行 人 編 輯 人 院 長 權 奇 元 / 主

More information

Japan

Japan The 11 th Japan-Korea-Taiwan Conference Of Non-Governmental Social Welfare Organizations 第 十 一 屆 日 韓 台 民 間 社 會 福 利 組 織 高 峰 論 壇 2006 年 6 月 20 22 日 台 北 台 灣 目 次 Contents 1. 會 議 議 程 Conference Program 2. 會

More information

00_20本文.indd

00_20本文.indd 140 第 二 部 韓 国 と 日 本 の 若 手 研 究 者 による 報 告 慢 性 疼 痛 と 障 害 認 定 をめぐる 課 題 障 害 者 総 合 支 援 法 のこれからに 向 けて 大 野 真 由 子 ( 日 本 学 術 振 興 会 特 別 研 究 員 PD / 立 命 館 大 学 ) 1 背 景 と 目 的 日 本 では 2012 年 6 月 に 障 害 者 総 合 支 援 法 ( 障 害

More information

Titleエジプトにおける 私 的 土 地 所 有 権 の 確 立 Author(s) 加 藤, 博 Citation Issue 1983-12-14 Date Type Thesis or Dissertation Text Version publisher URL http://hdl.handle.net/10086/18306 Right Hitotsubashi University

More information

Microsoft Word - オンライン・フォーラム2016-3-2.docx

Microsoft Word - オンライン・フォーラム2016-3-2.docx 早 稲 田 大 学 比 較 法 研 究 所 オンライン フォーラム シリーズ 国 際 シンポジウム 格 差 の 拡 大 固 定 化 と 貧 困 生 活 困 窮 者 法 制 の 課 題 - 東 アジア 諸 国 との 比 較 を 踏 まえて- 日 時 :2015 年 7 月 4 日 ( 土 ) 主 催 : 早 稲 田 大 学 比 較 法 研 究 所 後 援 : 公 益 財 団 法 人 社 会 科 学 国

More information

日 本 語 と 韓 国 語 における 新 語 の 対 照 研 究 : 種 語 における 来 要 素 を 中 心 に D106625 李 賢 正 広 島 大 学 大 学 院 国 際 協 力 研 究 科 博 士 論 文 2014 年 9 月

日 本 語 と 韓 国 語 における 新 語 の 対 照 研 究 : 種 語 における 来 要 素 を 中 心 に D106625 李 賢 正 広 島 大 学 大 学 院 国 際 協 力 研 究 科 博 士 論 文 2014 年 9 月 博 士 論 文 日 本 語 と 韓 国 語 における 新 語 の 対 照 研 究 : 種 語 における 来 要 素 を 中 心 に 李 賢 正 広 島 大 学 大 学 院 国 際 協 力 研 究 科 2014 年 9 月 日 本 語 と 韓 国 語 における 新 語 の 対 照 研 究 : 種 語 における 来 要 素 を 中 心 に D106625 李 賢 正 広 島 大 学 大 学 院 国 際

More information

2014 年 3 月 号 福 音 新 聞 ( 第 3 種 郵 便 物 許 可 ) 第 728 号 < 第 95 周 年 2.8 独 立 宣 言 記 念 式 > 在 日 本 韓 国 YMCA で 挙 行 < 西 南 地 方 会 > 別 府 教 会 で 新 年 正 初 査 経 会 都 諸 職 会 191

2014 年 3 月 号 福 音 新 聞 ( 第 3 種 郵 便 物 許 可 ) 第 728 号 < 第 95 周 年 2.8 独 立 宣 言 記 念 式 > 在 日 本 韓 国 YMCA で 挙 行 < 西 南 地 方 会 > 別 府 教 会 で 新 年 正 初 査 経 会 都 諸 職 会 191 1963 年 9 月 20 日 第 3 種 郵 便 物 許 可 ( 毎 月 一 日 発 行 ) 在 日 大 韓 基 督 教 会 宣 教 100 110 周 年 標 語 감사의 백년, 소망의 백년 感 謝 の 百 年 希 望 の 百 年 ( 데살로니가전서 5:18) 2014 年 3 月 1 日 ( 土 ) 第 728 号 発 行 所 福 音 新 聞 社 (1 部 100 円 ) 169-0051

More information

001修正表紙outline1.ai

001修正表紙outline1.ai 目 次 会 長 挨 拶 山 上 賢 一 (YAMAGAMI Kenichi) 弁 護 士 ( 日 韓 弁 護 士 協 議 会 会 長 ) 4 会 長 挨 拶 李 載 厚 (LEE Jae-Hoo) 辯 護 士 ( 韓 日 辯 護 士 協 議 會 會 長 ) 6 祝 辞 梶 谷 剛 (KAJITANI Gho) 弁 護 士 ( 日 本 弁 護 士 連 合 会 会 長 ) 8 祝 辞 千 璣 興 (CHUNG

More information

1 일본어 학습방법 1 목표와 계획 일본에 서 우선 먼저 일본 배우고 싶어요! 만, 바빠서 공부할 시간이 없어요. 무슨 하면 까요? 켄 씨는 어디서 어떤 일본 사용하죠? 장차 어떤 일을 하고 요? 그 것에 따 필요한 일본어가 달 요. 컴퓨터 매뉴얼을 읽기가 어렵습니다.

1 일본어 학습방법 1 목표와 계획 일본에 서 우선 먼저 일본 배우고 싶어요! 만, 바빠서 공부할 시간이 없어요. 무슨 하면 까요? 켄 씨는 어디서 어떤 일본 사용하죠? 장차 어떤 일을 하고 요? 그 것에 따 필요한 일본어가 달 요. 컴퓨터 매뉴얼을 읽기가 어렵습니다. 第 三 章 日 本 語 学 習 の 情 報 일본어 학습정보 1 일본어 학습방법 1 목표와 계획 일본에 서 우선 먼저 일본 배우고 싶어요! 만, 바빠서 공부할 시간이 없어요. 무슨 하면 까요? 켄 씨는 어디서 어떤 일본 사용하죠? 장차 어떤 일을 하고 요? 그 것에 따 필요한 일본어가 달 요. 컴퓨터 매뉴얼을 읽기가 어렵습니다. 아이가 다니는 보육원에서 보내는 편

More information

インターネットとは (1) 8 インターネットは 世 界 的 なネットワーク 2

インターネットとは (1) 8 インターネットは 世 界 的 なネットワーク 2 ウェブ 日 本 語 (ウェブ 検 索 実 習 ) 서일대학 일본어과 담당교수 : 장희선 http://seoiljp.tistory.com seoiljp@gmail.com 1 インターネットとは (1) 8 インターネットは 世 界 的 なネットワーク 2 インターネットとは (2) 8 インターネットは 道 路 のようなもの 3 インターネットのサービス 8 インターネットは 単 なる

More information

表1

表1 目 次 ごあいさつ / 인사말 1 プロジェクトの 概 要 / 프로젝트 개요 3 < 私 のナラティブ: 自 分 と 新 宿 区 との 関 わり> 5 新 大 久 保 の 原 風 景 母 のライフヒストリーに 寄 り 添 って 川 村 千 鶴 子 11 신오오쿠보의 마음속 깊은 풍경 -어머니의 라이프 스토리의 곁에 다가서서- 카와무라 치즈코

More information

untitled

untitled 愛 知 淑 徳 大 学 論 集 - 交 流 文 化 学 部 篇 - 第 2 号 2012.3 55-75 比 較 の 程 度 を 表 す 韓 国 語 の 強 意 語 の 一 考 察 - 機 能 語 化 された 語 の 共 起 関 係 を 中 心 に- A Study of Korean Emphatic Expressions Indicating "Comparative Level" : Focusing

More information

(Microsoft Word - \203\215\201[\203J\203\211\203C\203Y\203T\201[\203r\203Xv.4.doc)

(Microsoft Word - \203\215\201[\203J\203\211\203C\203Y\203T\201[\203r\203Xv.4.doc) ローカライズサービス 事 業 案 内 株 式 会 社 アレックスソリューションズ 1/4 Copyright(c), Alexsolutions, Inc. 2007 事 業 案 内 Solution Guidance ローカライズとは ある 国 で 作 られた 製 品 を 別 の 国 地 域 で 販 売 する 際 その 国 の 言 語 法 令 慣 習 に 合 うように 製 品 を 修 正 改 訂

More information

000outline表紙-3 [更新済み].ai

000outline表紙-3 [更新済み].ai 目 次 会 長 挨 拶 新 堂 幸 司 (SHINDO Koji) 弁 護 士 ( 日 韓 弁 護 士 協 議 会 会 長 ) 4 會 長 挨 拶 黄 桂 龍 (HWANG Kye-Ryong) 辯 護 士 ( 韓 日 辯 護 士 協 議 會 會 長 ) 6 祝 辞 本 林 徹 (MOTOBAYASHI Tohru) 弁 護 士 ( 日 本 弁 護 士 連 合 会 会 長 ) 8 祝 辭 朴 在 承

More information

 

  고령사회와 소셜워커의 역할 이 성희 시립 서부노인전문요양센터 원장 현대사회의 사회복지는 인구의 급속한 고령화, 국민의식의 다양화, 개별화, 수득수준의향상, 가정형태의 변화 등으로 인해 핵가족화, 동거율 저하, 저 출산, 부양의식이 변화로 인해 가족의 복지적인 기능이 한계가 지적 되고 있다. 그러므로 앞으로 노인복지에 대한 기본 방향은 1지방자치 단체의 역할

More information

-March

-March ,... ~. -March ,.,. -March. %,. %,. %,. %. %,,,,,,,, A,,,,,,,, %........ B,,,,,,,, B/A %........ % A B A B,,,,,,.,,,,,,.,,,,.,,,.,,.,....,,,,.. % -March ... %. %. %. %. % -March A B B/A % C C/B %,,,,,,.,.,,,,,,..,,,,,,.,.,,,,,,..,,,,,,..,,,,,,..,,,,..,,,,,,..,,,..,,,..,,,..,,,,,,..,,,..,,,..,,,,,,..,,,,,,..,,,,,,..,,,,,,..,,,,,,..,,,..,,,..

More information

話 を 翻 訳 する 理 由 としては まず 日 本 の 学 界 では 朝 鮮 半 島 の 政 治 や 文 化 など 諸 々の 事 象 に 関 する 学 究 的 な 関 心 が 急 速 に 高 まっている 研 究 状 況 が 挙 げられる その 研 究 状 況 と 連 動 して 韓 国 と 北 朝

話 を 翻 訳 する 理 由 としては まず 日 本 の 学 界 では 朝 鮮 半 島 の 政 治 や 文 化 など 諸 々の 事 象 に 関 する 学 究 的 な 関 心 が 急 速 に 高 まっている 研 究 状 況 が 挙 げられる その 研 究 状 況 と 連 動 して 韓 国 と 北 朝 北 朝 鮮 における 言 語 政 策 一 一 金 正 日 の 第 4 次 談 話 主 体 文 学 論 Jl 5 章 6 節 の 翻 訳 一 一 文 嬉 員 北 朝 鮮 では 1994 年 7 月 8 日 の 金 日 成 死 亡 後 その 後 継 者 となる 金 正 日 が 最 高 指 導 者 として 新 体 制 を 造 り 出 した その 後 2011 年 12 月 17 日 の 金 正 日 の 急

More information

korean_0

korean_0 4 生 活 (1) 住 居 1アパートや 家 を 借 りるとき アパートや 家 を 借 りるときは, 不 動 産 業 者 に 依 頼 するのが 一 般 的 です 家 賃, 部 屋 の 広 さ, 部 屋 の 数, 日 当 たり, 利 用 する 公 共 交 通 機 関 などの 要 望 を 伝 え, 条 件 に 合 った 物 件 があれば 案 内 してくれます 部 屋 の 広 さは 6 畳,8 畳 というように

More information

4 社 会 奉 仕 活 動 をちゃんとする 決 心 をすれば それだけですばらしいことですね 철저 [ 徹 底 ] 하다형 형용사] 徹 底 ; 底 までつらぬき 通 すこと; 物 のすみずみまで 行 きとどくこと -다가는 <1> <어미> 語 尾 -다가 と 補 助 詞 -는 との 合 成 語

4 社 会 奉 仕 活 動 をちゃんとする 決 心 をすれば それだけですばらしいことですね 철저 [ 徹 底 ] 하다형 형용사] 徹 底 ; 底 までつらぬき 通 すこと; 物 のすみずみまで 行 きとどくこと -다가는 <1> <어미> 語 尾 -다가 と 補 助 詞 -는 との 合 成 語 第 12 回 韓 国 語 能 力 検 定 高 級 書 取 解 説 [31~34]빈칸에 가장 알맞은 것을 고르십시오. (각 4 점) 31. 가:통학 버스의 막차 시간이 너무 일러서 학생들의 불만이 많다고 들었습니다. 나:그래서 말씀인데? 1 통학 버스는 날마다 정확한 시간에 운행을 하나요 2 통학 버스를 타고 다니면 시간을 절약할 수 있을까요 3 통학 버스를 타고 다니기엔

More information

Microsoft Word - 02coverKJ.doc

Microsoft Word - 02coverKJ.doc パネルディスカッション 鳶 確 巨 什 朕 芝 地 方 分 権 としあわせな 地 域 社 会 作 り - 地 域 社 会 福 祉 協 議 体 と 地 域 社 会 福 祉 運 動 - 走 号 歳 映 引 楳 差 廃 走 蝕 紫 噺 幻 級 奄 - 走 蝕 紫 噺 差 走 漠 税 端 人 走 蝕 紫 噺 差 走 錘 疑 - 趙 聖 鐵 繕 失 旦 韓 国 社 会 福 祉 士 協 会 会 長 廃 厩 紫

More information

東 亞 文 化 交 流 : 空 間 疆 界 遷 移 國 際 學 術 研 討 會 素 包 括 有, 由 於 工 業 各 國 的 海 外 投 資 與 國 際 轉 包 制 的 增 加, 以 及 主 要 各 大 都 市 為 了 因 應 世 界 性 的 經 濟 體 制 的 統 馭 和 管 理, 而 朝 向 中

東 亞 文 化 交 流 : 空 間 疆 界 遷 移 國 際 學 術 研 討 會 素 包 括 有, 由 於 工 業 各 國 的 海 外 投 資 與 國 際 轉 包 制 的 增 加, 以 及 主 要 各 大 都 市 為 了 因 應 世 界 性 的 經 濟 體 制 的 統 馭 和 管 理, 而 朝 向 中 東 亞 國 家 社 會 多 元 化 構 造 佐 々 木 衞 (Sasaki Mamoru) 神 戸 大 学 文 学 部 教 授 海 港 都 市 研 究 センター 主 任 1 問 題 提 出 在 北 東 亞 ( 注 1) 裡, 日 本 中 國 韓 國 的 文 化 彼 此 跨 越 了 國 界 深 入 滲 透 到 人 們 的 生 活 當 中 以 電 影 和 音 樂 為 開 端, 媒 體 食 物 服 裝 等

More information

土 屋,ナスティオン,ムムチョウ, 愛 知 教 育 大 学 教 育 実 践 真 総 島 合 : センター 経 済 のグローバル 紀 要 第 11 号 化 と 教 育 の 役 割 の 間, 日 本 政 府 は, 厳 密 な 国 境 管 理 を 行 なった しか し, 日 本 以 外 の 地 域 は,

土 屋,ナスティオン,ムムチョウ, 愛 知 教 育 大 学 教 育 実 践 真 総 島 合 : センター 経 済 のグローバル 紀 要 第 11 号 化 と 教 育 の 役 割 の 間, 日 本 政 府 は, 厳 密 な 国 境 管 理 を 行 なった しか し, 日 本 以 外 の 地 域 は, 愛 知 教 育 大 学 教 育 実 践 総 合 センター 紀 要 第 11 号,pp.101~108(February,2008) 愛 知 教 育 大 学 教 育 実 践 総 合 センター 紀 要 第 11 号 経 済 のグローバル 化 と 教 育 の 役 割 土 屋 武 志 ( 社 会 科 教 育 講 座 ) ナ ス テ ィ オ ン (スラバヤ 国 立 大 学 (インドネシア)) ム ム チ ョ

More information

siryoshu_docx

siryoshu_docx ( 日 韓 文 化 交 流 のための 韓 国 文 学 翻 訳 活 性 化 方 案 ) 일시: 2011년 3월 11일(금) 오후 2시~6시 장소: 교보 컨벤션홀 (광화문 교보빌딩 23층) 공동주최: 대한출판문화협회, 주한일본대사관 후원: 교보문고 대산문화재단 진 행 순 서 사회 및 진행: 다테노 아키라 ( 舘 野 晳 / 자유기고가, 번역가)

More information

00_20本文.indd

00_20本文.indd 韓 国 障 害 運 動 の 過 去 と 現 在 155 韓 国 障 害 運 動 の 過 去 と 現 在 障 害 民 衆 主 義 と 障 害 当 事 者 主 義 を 中 心 に ユン サモ ( 韓 国 障 害 者 人 権 フォーラム 政 策 委 員 ) 1 はじめに マイク オリバーは 障 害 者 団 体 を 登 場 の 順 序 によって 5 段 階 に 分 けている 1) 第 一 に 政 府 機 関

More information

DRAFT CHAIRMAN’S OPENING PLENARY SPEECH

DRAFT              CHAIRMAN’S OPENING PLENARY SPEECH GLOBAL PEACE CONVENTION Opening Plenary Session Dr. Hyun Jin Moon December 11, 2009 Manila, Philippines Your excellencies, distinguished participants, ladies and gentlemen. It is indeed an honor to be

More information

第 30 回 日 韓 教 育 文 化 交 流 研 究 発 表 会 -1- 目 次 Ⅰ. 参 加 者 名 簿 4 Ⅱ. 開 会 の 辞 日 本 教 育 連 盟 会 長 6 韓 国 教 員 団 体 総 連 合 会 会 長 7 Ⅲ. 研 究 発 表 日 本 側 11 韓 国 側 25-3- 日 本 教 育 連 盟 参 加 者 名 簿 番 号 氏 名 所 属 団 体 役 職 学 校 職 名 連 盟 役 職

More information

Microsoft Word - ゼミ集(完成版)

Microsoft Word - ゼミ集(完成版) 2009 年 度 イムゼミ 集 どのように 学 ぶかを 学 ぶのがすべてである (ジョン ネスビッツ) 1 Ⅰ.スタディツアー コーヒーショップ チムジルバン 空 港 キャンパス トイレ コンビニ 地 下 鉄 < 目 次 > 小 野 華 奈 p.4 垣 下 友 希 p.16 畑 野 友 里 恵 p.27 佐 志 原 彩 華 p.36 杉 野 由 可 子 p.47 原 田 有 紀 子 p.61 森 田

More information

Title 地 学 雑 誌 -- 創 刊 ( 明 治 二 十 二 年 )より 関 東 大 震 災 まで 日 本 の 近 代 地 理 学 の 系 譜 研 究 資 料 第 三 Author(s) 石 田, 龍 次 郎 Citation 一 橋 大 学 研 究 年 報. 社 会 学 研 究, 11: 1-95 Issue 1971-03-31 Date Type Departmental Bulletin

More information

<31312EC0CFBABBB3AAB0A1C0CC2E687770>

<31312EC0CFBABBB3AAB0A1C0CC2E687770> 제2회 국제학술대회 191 日 本 の 司 法 制 度 改 革 における 新 法 科 大 学 院 制 度 の 展 望 改 革 の 光 と 陰 長 井 圓 * 1) Ⅰ.はじめに 本 日 は 高 名 で 伝 統 のある 慶 北 大 学 に 招 待 を 頂 き 報 告 の 役 割 を 与 えて 下 さったことを 光 栄 に 存 じ 厚 く 感 謝 申 し 上 げます これを 機 会 に 慶 北 大 学

More information

一 橋 日 本 語 教 育 研 究 2013 年 pp.83 94 2 号 日 本 語 複 合 動 詞 の 韓 国 語 化 20 世 紀 前 後 に 韓 国 で 発 行 された 新 聞 を 中 心 に 要 旨 金 芝 媛 本 稿 は 日 本 語 複 合 動 詞 が 名 詞 化 して 韓 国 に 伝

一 橋 日 本 語 教 育 研 究 2013 年 pp.83 94 2 号 日 本 語 複 合 動 詞 の 韓 国 語 化 20 世 紀 前 後 に 韓 国 で 発 行 された 新 聞 を 中 心 に 要 旨 金 芝 媛 本 稿 は 日 本 語 複 合 動 詞 が 名 詞 化 して 韓 国 に 伝 日 本 語 複 合 動 詞 の 韓 国 語 化 20 世 紀 前 後 に 韓 国 で 発 行 さ Title れた 新 聞 を 中 心 に Author(s) 金, 芝 媛 Citation 一 橋 日 本 語 教 育 研 究 (2): 83-94 Issue 2014-02-14 Date Type Journal Article Text Version publisher URL http://hdl.handle.net/10086/27977

More information

Title 東 京 地 学 協 会 報 告 ( 明 治 一 二 - 三 〇 年 ) : 明 治 前 半 の 日 本 地 理 学 史 資 料 として Author(s) 石 田, 龍 次 郎 Citation 一 橋 大 学 研 究 年 報. 社 会 学 研 究, 10: 1-84 Issue 1969-03-31 Date Type Departmental Bulletin Paper Text

More information

<352EBEDFBDBAC4EDB4CF2DC7CAB8A72E687770>

<352EBEDFBDBAC4EDB4CF2DC7CAB8A72E687770> 한일 역사현안 관련 야스쿠니신사 연구논저 목록 발 간 사 동북아역사재단은 동북아시아에서의 역사갈등을 해소하여 서로 간의 역사를 존 중하고 신뢰를 구축하기 위한 기관입니다. 올바르게 역사를 인식하는 것은 그 첫 단계의 일입니다. 우리 재단에서는 일본의 역사왜곡과 우경화 동향 및 그에 대한 비판 자료를 수집 정리하여 체계적인 대응 논리의 확립을 위한 도구로 활용하고자

More information

韓 国 朝 鮮 語 2016 년 4 월 개정판 요코하마시 교육위원회

韓 国 朝 鮮 語 2016 년 4 월 개정판 요코하마시 교육위원회 平 成 28 4 改 訂 版 横 浜 市 教 育 委 員 会 韓 国 朝 鮮 語 2016 년 4 월 개정판 요코하마시 교육위원회 目 次 学 校 通 知 文 小 中 学 校 共 通 転 入 時 に 必 要 なもの 児 童 生 徒 指 導 票 1 持 ち 物 2-(1)~(5) 学 校 徴 収 金 3-(1) 特 別 集 金 3-(2) 保 健 調 査 票 ( 小 学 校 用 ) 4-(1) 保

More information

<B4EBC7D1BAAFC8A3BBE7C7F9C8B82DC0DAB7E1C1FD202832C2F7C6EDC1FD292E687770> 법의 지배와 일제피해자의 권리구제 대한변협 일변연 공동심포지엄 일정표 법의 지배와 일제피해자의 권리구제 전체사회:이명숙 대한변협 인권이사 시 간 일 정 개 회 식 개회선언:이명숙 대한변협 인권이사 개 회 사:김평우 대한변협 협회장 13:00 ~ 13:50 타카기 미츠하루 일변연 부회장 인 사 말:김영선 한나라당 의원 이종걸 민주당 의원 발표자 소개:이명숙 대한변협

More information

陳 南 澤 2. 日 韓 會 話 について 本 書 は1894 年 ( 明 治 27 年 )8 月 に 参 謀 本 部 により 東 京 神 田 の 八 尾 活 版 所 で 刊 行 された 韓 国 語 学 習 書 で 小 さいサイズ( 横 8.2cm 縦 12.9cm)の 会 話 集 である 本 書

陳 南 澤 2. 日 韓 會 話 について 本 書 は1894 年 ( 明 治 27 年 )8 月 に 参 謀 本 部 により 東 京 神 田 の 八 尾 活 版 所 で 刊 行 された 韓 国 語 学 習 書 で 小 さいサイズ( 横 8.2cm 縦 12.9cm)の 会 話 集 である 本 書 大 学 教 育 研 究 紀 要 第 10 号 (2014) 47-58 1894 1894 年 刊 年 刊 日 韓 會 話 の の 韓 国 語 について 陳 南 澤 * 1) Characteristics of Korean in "Nikkan Kaiwa" published in 1894 JIN Namtaek 要 旨 本 稿 では 開 化 期 の 韓 国 語 学 習 書 である 日 韓

More information

第 3 回 大 阪 大 学 チュラーロンコーン 大 学 日 本 文 学 国 際 研 究 交 流 集 会 2012 年 6 月 2 日 太 宰 治 黄 金 風 景 韓 国 語 訳 関 連 報 告 カンソンクック キムユニ 翻 訳 者 : 康 盛 国 金 侖 姫 Ⅰ. 太 宰 治 作 品 の 翻 訳 状

第 3 回 大 阪 大 学 チュラーロンコーン 大 学 日 本 文 学 国 際 研 究 交 流 集 会 2012 年 6 月 2 日 太 宰 治 黄 金 風 景 韓 国 語 訳 関 連 報 告 カンソンクック キムユニ 翻 訳 者 : 康 盛 国 金 侖 姫 Ⅰ. 太 宰 治 作 品 の 翻 訳 状 Title ワークショップ 異 言 語 環 境 において 日 本 近 代 小 説 を 読 む 太 宰 治 黄 金 風 景 を 例 に : 韓 国 語 Author(s) 康, 盛 国 ; 金, 侖 姫 Citation 多 言 語 翻 訳 太 宰 治 黄 金 風 景 P.57-P.65 Issue 2012-11-16 Date Text Version publisher URL http://hdl.handle.net/11094/32738

More information

12주차 초급1 교안

12주차 초급1 교안 12주차 초급1 교안 なん 10과 何 にん かぞく 人 家 族 ですか 몇 식구입니까? 학습목표 -가족의 호칭과 조수사에 대하여 학습한다. 필수문장 읽히기 なんにんかぞく 何 人 家 族 ですか 몇 식구입니까? はは あね わたし にん かぞく 父 ちちと 母 と 姉 と 私 の 4 人 家 族 です 아버지, 어머니, 누나, 저 네 식구입니다. KEY 家 族 (かぞく)가족

More information

現 物 賃 金 と 経 済 発 展 途 上 国 農 村 家 計 の 労 働 供 給 と 食 糧 Title 確 保 に 焦 点 を 当 てて Author(s) 黒 崎, 卓 Citation 経 済 研 究, 59(3): 266-285 Issue 2008-07-25 Date Type Journal Article Text Version publisher URL http://hdl.handle.net/10086/19624

More information

속표지( 표지확정시 교체) 2015 중등 일본어 교사 원격직무연수 교재 題 目 1. デパート 7 2. 部 屋 探 し 17 3. 銀 行 27 4. 病 院 37 5. スマートフォン 47 6. 緊 急 事 態 55 7. 地 震 63 8. 特 産 品 73 9. 験 担 ぎ 81 10. 占 い 91 11. 料 理 101 12. 食 事 マナー 111 13. PTA 123

More information

これからのICT・メディア市場で何が起こるのか

これからのICT・メディア市場で何が起こるのか 22 JAN. VOL.22 これからの IC T メディア 市 場 で 何 が 起 こるのか 村 総 合 研 究 所 では IT 市 場 の 主 要 分 野 を 野 対 象 とし た 市 場 予 測 を 行 う I T ナ ビ ゲ ー タ ー を2 年 から 制 作 し ブロードバ ンド モ バ イル ネットビ ジ ネ ス メ ディア 等 の 各 市 場 に お け る 構 造 変 化 を 読 み

More information

大 分 県 に 暮 らす 外 国 人 の 皆 さんへ 日 本 に 暮 らす 外 国 人 の 数 は 年 々 増 加 しており ここ 大 分 県 でも10,000 人 をこえる 外 国 人 が 暮 らしています * ことばの 壁 や 生 活 習 慣 の 違 いなど 乗 り 越 えなけれ ばならない 課 題 はいくつかありますが それらの 解 決 策 のひとつとして 外 国 人 医 療 ハンドブックの

More information

商 家 奉 公 人 と 雑 業 者 -- 近 世 都 市 労 働 市 場 における 二 重 構 Title 造 の 形 成 -- Author(s) 斎 藤, 修 Citation 経 済 研 究, 36(3): 251-267 Issue 1985-07-15 Date Type Journal Article Text Version publisher URL http://hdl.handle.net/10086/22564

More information

1. 2. 1. 手 続 早 見 表 1 2.はじめに 3 2014 年 度 学 年 暦 留 学 生 の 地 域 別 受 入 れ 状 況 七 曜 表 目 次 7. 住 まい 23 京 都 大 学 国 際 交 流 会 館 公 共 団 体 等 設 置 の 宿 舎 学 生 寮 一 般 的 な 民 間 のア

1. 2. 1. 手 続 早 見 表 1 2.はじめに 3 2014 年 度 学 年 暦 留 学 生 の 地 域 別 受 入 れ 状 況 七 曜 表 目 次 7. 住 まい 23 京 都 大 学 国 際 交 流 会 館 公 共 団 体 等 設 置 の 宿 舎 学 生 寮 一 般 的 な 民 間 のア HANDBOOK for INTERNATIONAL STUDENTS 2014/ 2015 京 都 大 学 KYOTO UNIVERSITY 1. 2. 1. 手 続 早 見 表 1 2.はじめに 3 2014 年 度 学 年 暦 留 学 生 の 地 域 別 受 入 れ 状 況 七 曜 表 目 次 7. 住 まい 23 京 都 大 学 国 際 交 流 会 館 公 共 団 体 等 設 置 の 宿 舎

More information

Title だ が 使 われるとき Author(s) 三 枝, 令 子 Citation 一 橋 大 学 留 学 生 センター 紀 要, 4: 3-17 Issue 2001-07-31 Date Type Departmental Bulletin Paper Text Version publisher URL http://hdl.handle.net/10086/8580 Right Hitotsubashi

More information

Title 内 部 請 負 と 内 部 労 働 市 場 -- 労 働 過 程 変 革 の 歴 史 理 論 -- Author(s) 尾 高, 煌 之 助 Citation 経 済 研 究, 39(1): 81-90 Issue 1988-01-14 Date Type Journal Article Text Version publisher URL http://hdl.handle.net/10086/22433

More information

たが パク ジェボム 君 が 書 いた 文 は 誤 訳 であっても 多 くの 人 々を 傷 つける 可 能 性 のある 文 だったことは 明 らかで そんな 状 況 でパク ジェボム 君 を 庇 い 7 人 の 2PM 活 動 をすることはパク ジェボム 君 に 対 し 一 部 大 衆 のイメージを

たが パク ジェボム 君 が 書 いた 文 は 誤 訳 であっても 多 くの 人 々を 傷 つける 可 能 性 のある 文 だったことは 明 らかで そんな 状 況 でパク ジェボム 君 を 庇 い 7 人 の 2PM 活 動 をすることはパク ジェボム 君 に 対 し 一 部 大 衆 のイメージを 2PM 간담회 - 왜 팬들은 분노 했는가! 2PM 懇 談 会 - なぜファンは 怒 ったのか! < 下 記 の 内 容 は 2009 年 9 月 誤 訳 で 韓 国 を 離 れてる 時 から 2010 年 2 月 27 日 2PM 懇 談 会 が 行 われるまでの 流 れを 時 間 軸 に 合 わせて 述 べたものたである > --------------------------------------------------------------------

More information

一 九 三 〇 年 代 二 つのスポーツインターナショナル 関 係 史 Title (I) Author(s) 上 野, 卓 郎 Citation 一 橋 大 学 研 究 年 報. 社 会 学 研 究, 37: 89-207 Issue 1999-03-15 Date Type Departmental Bulletin Paper Text Version publisher URL http://hdl.handle.net/10086/9533

More information

1. 2. 3. 4. 5. 1. 手 続 早 見 表 1 2.はじめに 3 2011 年 度 学 年 暦 留 学 生 の 地 域 別 受 入 れ 状 況 七 曜 表 目 次 7. 住 まい.21 京 都 大 学 国 際 交 流 会 館 公 共 団 体 等 設 置 の 宿 舎 学 生 寮 一 般 的

1. 2. 3. 4. 5. 1. 手 続 早 見 表 1 2.はじめに 3 2011 年 度 学 年 暦 留 学 生 の 地 域 別 受 入 れ 状 況 七 曜 表 目 次 7. 住 まい.21 京 都 大 学 国 際 交 流 会 館 公 共 団 体 等 設 置 の 宿 舎 学 生 寮 一 般 的 HANDBOOK for INTERNATIONAL STUDENTS 2011/ 2012 京 都 大 学 교토대학 韓 国 朝 鮮 語 版 1. 2. 3. 4. 5. 1. 手 続 早 見 表 1 2.はじめに 3 2011 年 度 学 年 暦 留 学 生 の 地 域 別 受 入 れ 状 況 七 曜 表 目 次 7. 住 まい.21 京 都 大 学 国 際 交 流 会 館 公 共 団 体 等

More information

国 人 が 名 古 屋 にやって 来 た 7 月 22 日 ~28 日 今 年 も9 人 の 大 学 生 たちが 本 校 に 来 て 会 話 授 業 フェスティバル 子 供 たちとの 運 動 会 開 催 と 近 年 にない 暑 さの 中 を 頑 張 ってくれました 今 回 は 彼 らに 今 時 の

国 人 が 名 古 屋 にやって 来 た 7 月 22 日 ~28 日 今 年 も9 人 の 大 学 生 たちが 本 校 に 来 て 会 話 授 業 フェスティバル 子 供 たちとの 運 動 会 開 催 と 近 年 にない 暑 さの 中 を 頑 張 ってくれました 今 回 は 彼 らに 今 時 の 책 보 퉁 이 チェッポトンイ とは? 貧 しくてカバンなど 買 えなかったけれど 勉 強 がしたい 勉 強 をしようという 思 いで 風 呂 敷 で 本 を 包 んで 学 校 に 通 った 時 代 がありました その 本 の 包 みのことを チェッポトンイ と 言 いますが その 昔 の 必 死 の 思 いを 込 めて 名 付 けました 学 校 法 人 愛 知 韓 国 学 園 名 古 屋 韓 国

More information

Title 日 本 の 敗 戦 と 原 爆 投 下 問 題 Author(s) 藤 原, 彰 Citation 一 橋 論 叢, 79(4): 485-497 Issue 1978-04-01 Date Type Departmental Bulletin Paper Text Version publisher URL http://hdl.handle.net/10086/13323 Right

More information

Title 市 場 経 済 移 行 と 経 路 依 存 性 : 体 系 的 レビュー Author(s) 溝 端, 佐 登 史 ; 堀 江, 典 生 Citation 経 済 研 究, 64(4): 338-352 Issue 2013-10-25 Date Type Journal Article Text Version publisher URL http://hdl.handle.net/10086/26664

More information

Title 中 河 与 一 作 品 年 譜 : 大 正 四 年 ~ 昭 和 三 年 Author(s) 石 川, 偉 子 Citation 言 語 社 会, 2: 354-373 Issue 2008-03-31 Date Type Departmental Bulletin Paper Text Version publisher URL http://doi.org/10.15057/16512

More information

非文字資料研究センター 2011年度 第1回公開研究会

非文字資料研究センター 2011年度 第1回公開研究会 漢 陽 大 学 校 東 アジア 文 化 研 究 所 神 奈 川 大 学 非 文 字 資 料 研 究 センター 学 術 交 流 提 携 記 念 2011 年 度 第 1 回 公 開 研 究 会 日 時 : 2011.12.16 ( 金 ) 13:00 16:30 会 場 : 神 奈 川 大 学 横 浜 キャンパス16 号 館 地 下 1 階 視 聴 覚 B 室 モダン 京 城 の 都 市 と 建 築

More information

4-6- 10 - 한국어의 목차는, 67 페이지에 있습니다. / Contents Never hesitate to ask for advice when you need help Consultation services for foreign residents Shinjuku

4-6- 10 - 한국어의 목차는, 67 페이지에 있습니다. / Contents Never hesitate to ask for advice when you need help Consultation services for foreign residents Shinjuku Guide to Living in Shinjuku 2014 Rules and customs for living in Japan that everybody should know 4-6- 10 - 한국어의 목차는, 67 페이지에 있습니다. / Contents Never hesitate to ask for advice when you need help Consultation

More information

M A 문화권에 분포하는 오래된 공통언어현상이, 이들 세 언어에 공통하는 기초언어였던 가능성을 여기서 지적할 수 있다. 朝 鮮 語 ( 韓 国 語 )には 非 アルタイ 語 の 基 層 言 語 があるという 説 がある( 金 芳 漢 1983 ソウル 1985 東 京 ) 原 始 韓

M A 문화권에 분포하는 오래된 공통언어현상이, 이들 세 언어에 공통하는 기초언어였던 가능성을 여기서 지적할 수 있다. 朝 鮮 語 ( 韓 国 語 )には 非 アルタイ 語 の 基 層 言 語 があるという 説 がある( 金 芳 漢 1983 ソウル 1985 東 京 ) 原 始 韓 東 北 アジア 文 化 学 会 第 10 回 国 際 学 術 大 会 基 調 講 演 Ⅰ モンスーン アジア 文 化 圏 の 中 の 東 北 アジアの 位 置 몬순 아시아 문화권에서의 동북아시아의 위치 2005.6.11.sat.10:00-19:00, 於 学 習 院 大 学 西 2 号 館 安 部 清 哉 ABE Seiya ( 学 習 院 大 学 文 学 部 ) HP-http://page.freett.com/abeseiya/

More information

<3037B3EDB9AE5FC5E4B9CCBEDFB8B628C6EDC1FD292E687770>

<3037B3EDB9AE5FC5E4B9CCBEDFB8B628C6EDC1FD292E687770> 로컬리티 인문학 3, 2010. 4, 211~270쪽 기억이라는 문제, 혹은 사회의 미결성(openness)에 관하여 오키나와 전후사( 戰 後 史 )를 중심으로 冨 山 一 郎 * 1) 국문초록 사회가 어떠한 상흔을 몰래 감추며 성장하고 있다고 한다면, 그 상흔을 드러내게 하는 것은 기존의 사회가 아직도 결정되어 있지 않은 형태로 드러나는 것을 의미한 다. 본고에서는

More information

個 人 の 苦 境 から 歴 史 伝 統 における 有 情 を 体 得 する : Title 沈 従 文 の 土 地 改 革 期 の 家 書 を 読 む Author(s) 張, 新 穎 Citation 言 語 社 会, 3: 164-186 Issue 2009-03-31 Date Type Departmental Bulletin Paper Text Version publisher

More information

Title 国 民 年 金 国 民 健 康 保 険 未 加 入 者 の 計 量 分 析 Author(s) 湯 田, 道 生 Citation 経 済 研 究, 57(4): 344-357 Issue 2006-10-25 Date Type Journal Article Text Version publisher URL http://hdl.handle.net/10086/20334 Right

More information

Title 英 語 の 不 定 詞 に 見 られる 主 格 的 機 能 の 発 達 Author(s) 山 川, 喜 久 男 Citation 一 橋 大 學 研 究 年 報. 人 文 科 学 自 然 科 学 研 究, 2: 87-128 Issue 1960-03-31 Date Type Departmental Bulletin Paper Text Version publisher URL

More information

Title 体 験 話 法 の 機 能 について : 二 重 の 視 点 性 の 観 点 から Author(s) 三 瓶, 裕 文 Citation (37): 17-32 Issue 2012-05 Date Type Journal Article Text Version publisher URL http://hdl.handle.net/10086/25722 Right Hitotsubashi

More information

Microsoft Word - base64change

Microsoft Word - base64change 187 韓 国 における 言 語 的 性 差 研 究 の 現 状 と 問 題 点 金 世 晶 1. はじめに 性 差 を 持 たない 言 語 はおそらくないだろう しかし その 違 いの 程 度 は 言 語 によって 異 なり 性 差 の 大 きい 言 語 もあれば 小 さい 言 語 もある 日 本 語 は 性 差 の 大 きい 言 語 の 代 表 で 終 助 詞 人 称 代 名 詞 美 化 語 感

More information

02 다문화 포커스 多 文 化 フォーカス 2014년 12월 10일 (월간) 제57호 演 劇 で 韓 国 文 化 を 学 ぼう! 연극으로 한국문화 배워요! 仁 川 外 国 人 力 支 援 センター ミチュホル 外 国 人 劇 団 인천외국인력지원센터 미추홀 외국인 극단 外 国 で 最

02 다문화 포커스 多 文 化 フォーカス 2014년 12월 10일 (월간) 제57호 演 劇 で 韓 国 文 化 を 学 ぼう! 연극으로 한국문화 배워요! 仁 川 外 国 人 力 支 援 センター ミチュホル 外 国 人 劇 団 인천외국인력지원센터 미추홀 외국인 극단 外 国 で 最 201412 www.dasarangnews.com 世 界 的 なゴルフ 大 会 プレジデントカップ 세계적 골프대회 프레지던츠컵 2015 年 仁 川 松 島 で 開 催 2015년 인천 송도에서 개최 Wanted dasarang 032)881-9441 Photo News 미국 대표팀과 유럽을 제외 한 국가 대표선수가 모인 세계 연합팀(인터내셔널팀)의 골프대 항전인 이

More information

1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 2012 年 7 月 9 日 ( 月 )から 新 しい 在 留 管 理 制 度 が 始 まります 新 制 度 の 開 始 に 伴 い 本 冊 子 で 紹 介 している 各 種 手 続 の 中 で 特 に 記 載 の 無 い 項 目

1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 2012 年 7 月 9 日 ( 月 )から 新 しい 在 留 管 理 制 度 が 始 まります 新 制 度 の 開 始 に 伴 い 本 冊 子 で 紹 介 している 各 種 手 続 の 中 で 特 に 記 載 の 無 い 項 目 HANDBOOK for INTERNATIONAL STUDENTS 2012/ 2013 京 都 大 学 KYOTO UNIVERSITY 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 2012 年 7 月 9 日 ( 月 )から 新 しい 在 留 管 理 制 度 が 始 まります 新 制 度 の 開 始 に 伴 い 本 冊 子 で 紹 介 している 各 種 手 続 の

More information

Title 市 場 創 成 期 における 参 入 行 動 に 関 する 分 析 視 角 Author(s) 高 橋, 秀 直 Citation 一 橋 研 究, 33(3,4 合 併 号 ): 1-12 Issue 2009-01 Date Type Departmental Bulletin Paper Text Version publisher URL http://doi.org/10.15057/17986

More information

Title 健 康 ブーム の 社 会 心 理 史 : 戦 後 篇 Author(s) 津 田, 真 人 Citation 一 橋 論 叢, 118(3): 503-521 Issue 1997-09-01 Date Type Departmental Bulletin Paper Text Version publisher URL http://hdl.handle.net/10086/10714

More information

Title 現 代 技 術 革 新 と 人 事 労 務 の 問 題 Author(s) 津 田, 真 澂 Citation 一 橋 大 学 研 究 年 報. 社 会 学 研 究, 24: 3-80 Issue 1986-04-10 Date Type Departmental Bulletin Paper Text Version publisher URL http://doi.org/10.15057/9577

More information

GPIB Installation Guide (Multilingual)

GPIB Installation Guide (Multilingual) GPIB Installation Guide インストールガイド 安 装 指 南 安 裝 指 南 설치 안내서 June 2005 371416B-01 Installation Support Worldwide Technical Support and Product Information ni.com National Instruments Corporate Headquarters

More information

Title 敗 戦 後 論 と 津 田 左 右 吉 Author(s) 小 屋 敷, 琢 己 Citation 一 橋 研 究, 26(3): 51-65 Issue 2001-10-31 Date Type Departmental Bulletin Paper Text Version publisher URL http://hdl.handle.net/10086/5639 Right Hitotsubashi

More information

Title 日 本 軍 の 山 西 残 留 に 見 る 戦 後 初 期 中 日 関 係 の 形 成 Author(s) 張, 宏 波 Citation 一 橋 論 叢, 134(2): 187-208 Issue 2005-08-01 Date Type Departmental Bulletin Paper Text Version publisher URL http://hdl.handle.net/10086/15542

More information

Title 第 12 回 世 界 客 家 大 会 の 情 報 解 析 序 説 Author(s) 中 川, 學 Citation 一 橋 論 叢, 113(6): 671-687 Issue 1995-06-01 Date Type Departmental Bulletin Paper Text Version publisher URL http://hdl.handle.net/10086/12206

More information

途 上 国 における 災 害 援 助 物 資 の 村 内 分 配 -- 血 族 社 会 の 相 Title 互 扶 助 と 階 層 -- Author(s) 高 崎, 善 人 Citation 経 済 研 究, 62(2): 141-152 Issue 2011-04-25 Date Type Journal Article Text Version publisher URL http://hdl.handle.net/10086/22312

More information